部品

2022年08月11日

明日から夏季休暇、早くも遠足病3

明日からの夏季休暇を前に昨晩は遠足病で
2時過ぎに寝たのに4時にはもう目が覚めていたw
マスタングのマフラー交換や、BBQ、魚釣り
CP1号機エンジン慣らしなどを
この夏季休暇中に予定しているので
もう辛抱たまらん!と思って居る所へ
台風8号が発生するらしい…。
もう勘弁して欲しい。


カキモト改

昨日予定通りマスタングのマフラーワンオフ製作へ

カキモトレーシングマスタングマフラーワンオフ製作 (1)カキモトレーシングに行って来ました。

朝10時の開店時間に合わせて到着。

マフラーエンドの位置を打ち合わせして

マフラーの製作を開始!

カキモトレーシングマスタングマフラーワンオフ製作 (2)17時前に仕上がったので引取りに行き

マフラーサウンドを確認した。

思った程大きな音では無いと感じたけど

カキモトのメカの方は結構大きいと言ってたw

カキモトレーシングマスタングマフラーワンオフ製作 (3)多分僕の耳が老化しているので

そんなに五月蠅いとは感じなかったと思う。

帰りの阪神高速では、マフラーサウンドを

楽しみながら走るので、無駄に加速するw

カキモトレーシングマスタングマフラーワンオフ製作 (4)社内でも感じるマフラーサウンドに酔いしれ

思った事は、嫁に叱られるレベルの音だと思った。

でも、嫁の耳も老化しているのか?

「ノーマルより静かやん」と言うので

取り合えずは大丈夫そうだw



サイレンサーは入って無いので、直管マフラーです…w

実は嫁の旧姓が柿本で、元を辿ると大阪と言う事なので

ひょっとしたら遠い親戚関係なのかもねぇw

だから嫁は古い車が好きなのかも知れない。


CP1.5号機エンジンヘッドカバー下拵え

今日はエンジン部品でまだ下拵えが終わっていないヘッドカバーを

CP1,5号機用ヘッドカバー下拵えウエットブラスト (1)仕上げて仕舞う事にします。

ブリーザーカバーはブラスト済みの物が

あったので、これを使う事にします。

タペットキャップは古い物は割れるので

CP1,5号機用ヘッドカバー下拵えウエットブラスト (2)キジマ製フィン付きのタペットキャップに

変更して取り付ける事にします。

タコメーターギアーとロッカーアームを取り外し

ブラストで仕上げて仕舞います。

CP1,5号機用ヘッドカバー下拵えウエットブラスト (3)サクサクっと、ブラストが完了。

塗装をリムーバーで剥がしてから

ブラストすれば良かったわ…。

後で分かったのですが、ちょっと塗装が残ってた。

CP1,5号機用ヘッドカバータコメーターギアーカラー加工 (1)取り外したタコメーターギアーですが

これは以前から保管していたCB350Fから

取り外した物になり、リン青銅製カラーなので

純正なのかは分かりませんが

CP1,5号機用ヘッドカバータコメーターギアーカラー加工 (2)このカラーにはオイルラインの穴加工が

三ヵ所施されていたので、資料として

保管していた物になります。

なので、今回取り外したカラーも

CP1,5号機用ヘッドカバータコメーターギアーカラー加工 (3)この様な加工を施して組み立てる事にします。

綺麗に120度ピッチでの穴開けは出来なかったw

でも一応三ヵ所にオイルラインの穴を開けました。

タコメーターギアーシャフトが焼ける事は

CP1,5号機用ヘッドカバーロッカーアームシャフト加工 (1)無いと思いますが、まぁ理に適ってます。

取り外したロッカーアームシャフトですが

CP1号機のロッカーアームシャフトには

オイルラインの穴開け加工が施されていた物を

CP1,5号機用ヘッドカバーロッカーアームシャフト加工 (2)取り付けて使用しており、CP1.5号機も

同じ様にオイルラインの穴を開けて

摩耗防止と言う意味で、ロッカーアームに

オイルが回り易くする事にします。

CP1,5号機用ヘッドカバーロッカーアームシャフト加工 (3)取り付けイメージ的にはこんな感じ。

ロッカーアームの位置に穴を開けて

オイルがシャフト内にオイルが溜まり易くなり

ロッカーアームにオイルが少しでも回ります。

CP1,5号機用ヘッドカバーロッカーアーム波ワッシャー (1)ロッカーアームのサイドスプリングは

取り外して、ベアリング用波ワッシャーを

間に入れてロッカーアームの動きに

抵抗が少なくなる様にします。

CP1,5号機用ヘッドカバーロッカーアーム波ワッシャー (2)これはCP1号レーサーなど、サーキットで

使った事があり、一度もトラブルは無く

今までのレーサー車両全てに取り付けてます。

取り付けは手間が掛かりますが

CP1,5号機用軽量クランク下拵え (1)純正のサイドスプリングより動きは良いです。

そこへタイミング良くクランクの

軽量加工が終わって戻って来たので

キャリロのコンロッドをセットして

CP1,5号機用軽量クランク下拵え (2)ロアケースとのクリアランスを確認します。

締め付けトルクは最終的に51Nmと言う

激しいトルクで締め付けて取り付けました。

まぁそれ位のトルクで締め付けても

CP1,5号機用軽量クランク下拵え (3)このコンロッドの場合それだけ強度が

高いと言う事になるので、安心して使えるし

キャリロに変えてから、コンロッドが原因の

エンジンブローは一切ありません。

CP1,5号機用軽量クランク下拵え (4)ロアケース内側フィンを削ったので

キャリロのコンロッドとの隙間を確認。

かなり余裕でクリアランスが

確保出来ているので、#1.4はOKです。

CP1,5号機用軽量クランク下拵え (5)次に#2.3とキャリロとのクリアランスをチェック

問題なのはコンロッドボルトとケースの

クリアランスになりますが、#2.3も問題無し。

これで加工したロアケースとコンロッドとの

CP1,5号機用取り付け予定パー達 (1)クリアランスは問題が無いので

ロアケースの下拵えを進める事が出来ます。

その他1.5号機に使う部品も続々と入荷。

CP1号機は乾式クラッチですが、CP1.5号機は

CP1,5号機用取り付け予定パー達 (2)8ディスククラッチを使います。

ACGカバーには貴重なHMマークが入った

キジマのカバーを使い、FOUR ONE製

コンバージョンキットを使う事にします。

CP1,5号機用取り付け予定パー達 (3)クラッチカバーはメンテナンス性を考え

アゲイン製ラック&ピニオン式クラッチカバーを

使う事にして、オイルポッド窓もあるので

オイル管理や、メンテナンスがかなり向上し

CP1,5号機用取り付け予定パー達 (4)クラッチも軽くなるので一石二鳥いや

三鳥、四鳥位のメリットがあります。

セルモーターはリビルド済みの物を使い

L側スプロケカバーはCP1号機と同じ仕様で

カットしたスプロケカバーを使います。

CP1.5号機のエンジンはこれで100万以上掛かる仕様となる分けです…。

取り合えず今日はここまでで作業は終了ですが

ハイカムst2を何処に隠したのかが思い出せなくて

朝から探し回っている状態…、最悪はヨシムラ中空st1かなぁ…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年08月09日

2022年10月30日Z祭り開催3

2022年10月30日にPMCさん主催「Z祭り」
淡路しづかホール駐車場で開催される事が決まりました。
Z1生産から50周年と言う節目となり空冷Zから
現行Z900RSまでをメインとして開催されるイベントになります。
ありがたい事にカスタムパラノイアにもブース出展の
案内状が届きましたが、ちょっと場違いかなぁと言う気もしますし
これと言ってZ系の部品も無い事から辞退するつもりでいますが
会場へはCB400Fに乗って行こうかとも思ってますので
イベント参加に関してはZ系車両に限らず
全ての二輪、四輪でも参加は可能ですので
スケジュールを開けて置いて下さい。


製品不良オイルクーラー代替品到着

ダックスST70用に購入したG‐クラフト製オイルクーラーの

ダックスST70用G-クラフト製オイルクーラー代替品入荷不具合対応として、メーカーから

代替新品のオイルクーラーが届きました。

後はこれを交換取り付けをして

ヨシムラミクニTMR MJNのジェット類が

入荷して来れば、セッティングを出して納車となります。


CB400Four強化オイルポンプ「極み」

今月に入り丁度在庫切れになっていた所へ

強化オイルポンプ「極み」仕上がり220809 (1)オイルポンプがタイミング良く

加工から仕上がって戻って来たので

早速組立作業に取り掛かります。

今回も5個加工をしたのですが

強化オイルポンプ「極み」仕上がり220809 (2)その内の1個はCP1.5号機用になる為

一般販売分は4個になります。

強化オイルポンプ「極み」心臓部トロコイドギアー

放電加工をしてセンターピンが両持ちになる様

強化オイルポンプ「極み」仕上がり220809 (3)強化加工してあり、この加工が一番時間が掛かる。

CP1.5号機用強化オイルポンプも組み立て。

エンジンにはピストンクーラーも仕込んである為

油圧を通常5.0Mpaなのに対して

強化オイルポンプ「極み」仕上がり220809 (4)6.0Mpaへ油圧を上げる為、リリーフバルブの

スプリング特注加工したワッシャーを入れて

リリーフバルブを押さえる力を強くし

開放するタイミングを遅らせて

強化オイルポンプ「極み」仕上がり220809 (5)6.0Mpa程度の圧力まで上昇する様にします。

最後の一個、特注ブラックアルマイト仕様

大流量ミッション用強化オイルポンプを取付。

これで強化オイルポンプ「極み」の組み立て完了。

直ぐに無くなる可能性があるので、次のロット製作準備も進めます。


CP1.5号機用エンジン再下拵え

昨日はロアケースの加工を済ませたので

CP1,5号機用エンジンクランクケースブラスト (1)今日は嫌々ですがクランクケースの

ブラスト作業に取り掛かります。

アッパーケースは色々と加工をするので

ブラスト荒仕上だけ済ませ、加工送りに出します。

CP1,5号機用エンジンクランクケースブラスト (2)ロアケースは昨日加工を終わらせたので

仕上げまでブラストを済ませて

リタップ掃除をしながらチェックします。

軽量加工クランクが仕上がって来たら

CP1,5号機用エンジンクランクケースブラスト (3)キャリロのコンロッドにケースが

干渉しないかをチェックしてから

組み立て下拵えに掛かります。

キャリロのコンロッドも小端14Φから15Φに

CP1,5号機用キャリロコンロッド加工仕上がり拡大加工したので、CP1号機と同じ

ピストンを使って、ヘッド加工無しの

実圧縮を測定してみたいと思ってますし

CPカスタムエンジンテスト用車両になり

今後も色々なテストパーツを組み込んで仕上げる予定です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年08月08日

調子に乗ってごめんなさい3

先月末の血液検査結果が良かったので
三ヶ月間の節制生活が緩んで、ちょっと食べ過ぎて
3キロも体重が増えてまた三桁に戻ってしまった…。
痩せるのには時間が掛かるのに
太るのにはそんなに時間が掛からないなぁ…。
明後日はマスタングのマフラー交換にカキモトレーシングへ
朝から行くのですが、昨日某Yオクで結構良い日本刀が出ていたので
購入する気満々で密かに入札していたのですが
夜食事後嫁に「あんた何でまた刀買おうとしてるん?」
「あんなん飾ってるだけで何がええの?」とチクリと…いや
刀だけにザックリと一刀両断された…。
まぁ女性には男の趣味は理解できないと思います…。
なので、値段が張る古刀の購入は諦めた…けど
じゃぁ飾るだけじゃない使える現代刀ならええんちゃうんと思い
ちょっと良い現代刀を買って、弟の友達の「藁切り抜刀斎」に
弟子入りしようかと思ってますw
現代刀が買えたら、今持って居る刀を売る事になるだろうなぁ…


CP1.5号機用エンジンクランクケース下拵え

本当は12日も通常営業の予定だったのですが嫁が実家に帰ると言うので

CP1,5号機エンジン再下拵え (1)運転手で御供する事になった。

で、今日はダックスの部品も入荷して来ないので

CP1.5号機エンジンの下拵えを嫌々やる事に…。

面倒なのはこのノックピンが腐食し

CP1,5号機エンジン再下拵え (2)抜けないので、これを除去して仕舞わないと

先に進めないので、色々な道具を駆使して

ノックピンを除去する作業をやって仕舞います。

完全に錆ているのでかなり面倒なのですが…

CP1,5号機エンジン再下拵え (3)何とかACGカバーノックピンと

クランクケースノックピンを破壊して除去。

ここだけでもう汗だく…。

自分のなので、余計に面倒臭い!

CP1,5号機エンジン再下拵え (4)で、これだけじゃなくまだ一カ所あって

オイルポンプOリングガイドピンも同じく

錆びて抜けない…ここが一番面倒な所で

半分以上がエンジン内に入っているので

CP1,5号機エンジン再下拵え (5)ちょっとづつ破壊しながら除去!

これでロアケースは使える様になった。

一応この前の様な罠が無い事をチェックして

次の下拵えに取り掛かります。

CP1,5号機エンジン再下拵え (6)キャリロのコンロッドを使うので

クランクケース内のこのフィンが

コンロッドと干渉して仕舞うので

フィンを削ってコンロッドとのクリアランスを

CP1,5号機エンジン再下拵え (7)確保する必要があるので、この様に削ります。

#2.3はクリアランスが全然無い為全て削ります。

#1.4はケースとのクリアランスがまだ広いので

フィンを全部削らなくても良いので

CP1,5号機エンジン再下拵え (8)ザックリと削って、後で現物合わせで微調整。

次にピストンクーラーのノズルを

クランクに取り付けるので、オイルラインに

穴を開けてタップを立てます。

CP1,5号機エンジン再下拵え (9)無事にピストンクーラーノズル取り付け用

タップ下穴が四か所開ける事が出来ました。

何時もここの作業はめちゃくちゃ緊張しますw

次にCPオリジナルピストンクーラーノズルを

CP1,5号機エンジン再下拵え (10)沈めて取り付け固定するので

45度の面取りを使い角度を付けます。

CP製ピストンクーラーノズルは

かなり特殊設計なので3个離織奪廚任

CP1,5号機エンジン再下拵え (11)折れにくい形状になっているので

この面取り作業は必須となっており

ましてやキャリロのコンロッドを使うので

面取りをする事によりクリアランスも十分に

CP1,5号機エンジン再下拵え (12)確保出来る様になってます。

これで3个離織奪廚髻∪泙蕕覆ね佑某欺鼎

立ててピストンクーラーノズル取り付け穴

加工も完了しました。

CP1,5号機エンジン再下拵え (13)次に本当なら当時物RSCフルクロスミッションを

某Yオクで落札し、組み込む予定だったのですが

落札購入出来なかったので、アゲイン製

1.2.3速クロスミッションを入れる事になった。

CP1,5号機エンジン再下拵え (14)アゲイン製1.2.3速クロスミッションは

1stギアーが小さくなる分、キックシャフトの

ギアーが大きくなって使えるのですが

キックギアーが大きい為、ケースを削って

キックギアーがケースに干渉しない様に削ります。

もう今日はこの時点で汗だくになっているので

ブラスト仕上げをする気力も無く、本日の作業はこれにて終了。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年08月07日

夏季休暇について2

【夏季休暇についての変更】
当初予定していた夏季休暇8月10日(水曜日)から
8月17日(水曜日)までの予定でしたが
8月11日(木曜日)と8月12日(金曜日)は
通常通り営業する事になり、8月10日(水曜日)は定休日
8月12日(金曜日)から8月16日(火曜日)までを
夏季休暇とさせて頂きます。
また8月17日(水曜日)は定休日になりますので
よろしくお願い致します。


京都Y様ダックスST70仕上げ

一応部品が揃ったので、自由人君を呼び出して仕上げ作業。

京都Y様ダックスST70仕上げ (1)特注マフラーと、納期が一番掛った

オイルクーラーを取り付けて

仕様変更をして、今日中に火入れ予定で

呼び出した自由人君を強制労働。

京都Y様ダックスST70仕上げ (2)オーナーと打ち合わせしてワンオフ製作の

ORM特注ダウンマフラーを取り付けて

オイルクーラーも取り付けて火入れ準備。

PITの車両が多い為、作業スペースは

京都Y様ダックスST70仕上げ (3)不動車展示コーナーでの作業になりますw

 この暑さでは大事なバイクを外に出して

炎天下の下に放置する分けにも行かないので

極力紫外線に触れない室内保管をしています。

京都Y様ダックスST70仕上げ (4)ハンドルはオーナーと打ち合わせた結果

コンチから元の純正タイプに戻しました。

ダックスのスタイル的にも、走行操作性にも

やはりこのSTDなスタイルが一番良いとなり

京都Y様ダックスST70仕上げ (5)元に戻す結果となりました。

ワンオフORM製ダウンマフラーを装着!

オーナーの希望により市販のダウンマフラーより

マフラーエンドを100伉垢作って貰いました。

京都Y様ダックスST70仕上げ (6)やっと入荷して来たG−クラフト製

オイルクーラーを装着し、エンジンオイルは

モチュール300Vを入れてエンジン始動準備が

整い、後は配線を接続するだけとなったので

京都Y様ダックスST70仕上げ (7)一旦PITの車両を外へ出し、ダックスを

不動車コーナーから下して火入れ準備。

ヨシムラミクニTMR MJNもセッティングを

しないとここに来て自由人君が言いだす!

G-Craftジークラフト製オイルクーラーオイル漏れ原因「もっと早よから言えや!」と𠮟りつけて

MJやPSを追加で注文…取り合えずこのままで

キック3回で無事にエンジンが始動した物の

オイルクーラーからオイル漏れするので取外して

元から組み立てられているオイルクーラーを分解してみると

オイルクーラーにOリングが入って居ない事が判明!

もう!超激オコ!メーカーがこんなミス、不良品を送って来るなんて

考えられない!速連絡するも今日は日曜日なので

写真を撮ってメールで連絡、明日電話をする事にします…。


姫路Y様CB400残りの部品ブラスト

昨日ワコーズのリムーバーが入荷して来たので

姫路Y様CB400ACGカバーラジアルオイルフィルターブラスト (1)早速ラジアルオイルフィルターケースと

純正新品ACGカバーの塗装を剥離し

ブラストで仕上げて仕舞う事にします。

まぁかなり勿体無いので躊躇しましたが…。

姫路Y様CB400ACGカバーラジアルオイルフィルターブラスト (2)で、サクサクっとブラスト処理を済ませ

これで、姫路Y様CB400用エンジン部品全ての

ブラスト仕上げが完了しました。

あの塗装から考えると、純正新品でも

姫路Y様CB400ACGカバーラジアルオイルフィルターブラスト (3)表面には多少なりとも傷があるなぁ…。

で、ACGカバーには、FOUR ONE製

コンバージョンキットを取り付けます。

ACGカバーAは当時物新品キジマ製

姫路Y様CB400ACGカバーラジアルオイルフィルターブラスト (4)HONDAロゴ入りを取り付けました。

これでラジアルオイルフィルターケースと

ACGカバーの下拵えが完了しました。

純正新品クランクメタルも入荷して来ましたが

姫路Y様CB400ACGカバーラジアルオイルフィルターブラスト (5)まだ内燃機加工が終わらないので、恐らく

8月末から9月に掛けてになると思います。

セルモーターターミナルナットも代替品の

純正ナットを装着したので、内燃機加工が

仕上がって来れば、エンジンは何時でも組み立てる事が出来ます。


CP1.5号機用新クランクケース下拵え

今まで準備していたクランクケースが使えなかったので

CP1,5 号機用クランクケース再下拵え (1)新たに別のクランクケースを準備。

スタッドボルトが一本抜けないので

数日前からラスペネを入れていおり

今日スタッドボルトを抜いてみる事に!

CP1,5 号機用クランクケース再下拵え (3)緩まないか、折れるか…どうなるか…。

はい、あっさりと折れました!

やっぱり緩まないスタッドボルトは

触らない方が良いよねぇ…。

CP1,5 号機用クランクケース再下拵え (4)で、この時気が付いたアッパーケースの不具合。

スプロケットカバー取り付け穴が欠損していた。

まぁここは使わないので別にいいので

このままだと不細工なので削り取ります。

CP1,5 号機用クランクケース再下拵え (5)セルモーターの形状に合わせたR形状に

合わせて削り取ると、ボルトが入る所の

肉厚が薄いので穴が開きましたw

ここも溶接で肉盛りして整形する事にします。

ロアケースも色々と問題があり、ノックピンが錆び付いて抜けない!

もうこの暑さでやる気が失せたので、また今度除去する事にします。

先は遠いなぁ…。

て言うか、今日は三年ぶりの鈴鹿8耐開催日なので

LIVE配信をTV観戦しないといけないので、仕事所では無いのだ!


京都T様CB400リアブレーキスイッチ入荷

リアブレーキスイッチ故障の為、ブレーキランプが点灯しないと言う

京都T様CB400リアブレーキスイッチ入荷不具合が発生している京都T様CB400。

先日の調査で原因が特定出来たので

ブレーキスイッチを発注していた物が

入荷して来ましたので、またお時間がある時にでも

交換にご来店ください。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年08月06日

毎月初め恒例恐怖の姪ご来店

昨日の雨は酷かったけど、枚方では特に大きな被害は
出ていない感じですが、嫁の実家がある福井県
嶺北南部方面ではかなりの被害が出ているらしい。
嫁の妹から何か連絡があった分けでは無いので
詳しい事も分からないし、何か被害があった分けでは
無いとは思うのですが、主要道路は通行止めと聞きますし
帰宅難民も相当数出ているとの事。
情報が少ないのも心配だなぁ…。


恐怖の姪ご来店、姪のクレーム処理係り

昨日、雨が上がってそろそろ店仕舞いだなぁと思って居た所へ

恐怖の姪ご来店220805 (1)完全に忘れていたのですが、毎月恒例

突撃!恐怖の姪がご来店されました…。

今月は何でもフロントブレーキを握ると

「ガガガー!って言う」との事でクレーム…

恐怖の姪ご来店220805 (2)面倒臭えと思いながらチェックすると

フロントフォークがガタガタ動くので

どうやらステムナットが緩んでいる可能性がある。

「お前のハゲおやじに直してもらえ!」と言うと

恐怖の姪ご来店220805 (3)「あのハゲ連絡付かへんねん!」との事w

リアサスも死んでるし、何なら以前弟が

リアタイヤを交換する時取り外した

マフラーステーボルトが2本共脱落していたw

一応注文はしたけど、姪のハゲおやじのクレームを俺に言うなや!


寝屋川M様CB400仕上げ作業

昨日の続きで今日はまずフロントブレーキマスターからフルード漏れがある為

寝屋川M様CB400フロントブレーキマスターOH (1)マスターインナーバーツ交換から開始。

マスターカップを開けると、ハンドルの角度から

フルードが溢れそうな位入って居り

マスターインナーパーツからじゃ無く

寝屋川M様CB400フロントブレーキマスターOH (2)マスターカップから溢れているのかも?

と思いましたが、溢れた様な痕跡が無く

取り合えずインナーパーツを交換する事にして

ブレーキマスターを取り外しました。

寝屋川M様CB400フロントブレーキマスターOH (3)2年程前にO/Hしたとの事なので

インナーパーツは腐っては居らず

組み方も間違えてはいないので

マスターに何かしらの不具合があるのかも?

寝屋川M様CB400フロントブレーキマスターOH (4)と思いながら取り外したインナーパーツを見ると

かなりの引っ搔き傷があるので、これは…

マスター側もダメかも知れないと思い

中をチェックしましたが、僕の目で見える様な

寝屋川M様CB400フロントブレーキマスターOH (5)傷は分からなかったので、取り合えず組み立て。

車体に取り付けてエアー抜きを済ませました。

これでまた漏れる様であれば、マスターに

傷が入っている可能性が高いので

寝屋川M様CB400スロットルパイプ交換 (1)マスター毎交換と言う事になると思います。

次にこのアクセルなんですが、これも問題があり

実はアクセルカラーが加工されて短くなって居り

グリップがハンドルやスイッチに擦れ

寝屋川M様CB400スロットルパイプ交換 (2)抵抗となりアクセルが戻らないので

短く加工されたアクセルカラーは

もう交換するしか手段は無い。

どうせ交換するのならと思い

寝屋川M様CB400スロットルパイプ交換 (3)アクセルカラーを純正流用ハイスロタイプの

アクセルカラーに交換する事にしました。

これは加工されて短くなっているアクセルカラー

露出しているハンドル部分にグリップが干渉し

寝屋川M様CB400スロットルパイプ交換 (4)抵抗となるので、アクセルの戻りが悪くなる。

また貫通タイプのグリップなので

ハンドルスイッチとも干渉して仕舞い

同じく戻りが悪くなると言う事です。

寝屋川M様CB400スロットルパイプ交換 (5)アクセルの動きを良くする様にグリスを塗り

ハンドルスイッチとの隙間を少し開けて

間にはフッ素オイルを塗布して抵抗が少ない様に

処置をしましたが、簡単なのはこの間に

寝屋川M様CB400キャブレター分解掃除 (1)滑り材を入れる事が手っ取り早いんですけどね。

次にキャブレターオーバーフロー対策の為

キャブレターを取り外しました。

オーバーフローと言ってもそんなに

寝屋川M様CB400キャブレター分解掃除 (2)激しい物では無いのですが、この際なので

キャブレターを取り外して油面チェック!

油面は特に狂いも無かったのですが

一応2ヵ所程微調整をして置きました。

寝屋川M様CB400キャブレター分解掃除 (3)で、フロートバルブ部分も全て掃除。

インナーパーツは新しい物なので

そんなに悪くはないと思うので

恐らく小さなゴミが噛んだ程度だと思います。

寝屋川M様CB400キャブレター分解掃除 (4)オーバーフローチューブも短かったので

正規の長さの物に交換してキャブを取り付け。

これでガソリンを流し込みましたが

オーバーフローはありませんでしたが

寝屋川M様CB400クラッチ調整 (1)基本この車両にはサイドスタンドしか無く

オーバーフローのリスクはあると思います。

次にクラッチなのですが、少々オーナーの

調整方法がちょっと特殊なので…

寝屋川M様CB400クラッチ調整 (2)クラッチワイヤーにはオイルが通されているのか?

それとも、オイルシールからのオイル漏れか?

よくワイヤーにエンジンオイルや潤滑剤を入れ

動きを軽くする方は多いと思いますが

寝屋川M様CB400クラッチ調整 (3)オイルを入れた後、この様に余分なオイルが

レリーズ内に溜まり、オイル漏れか何か

分からないので、僕はフッ素オイルを入れてます。

クラッチアジャストボルトの切れ目は

運転席に座った状態で、見える位置にセットします。

そうすれば、クラッチワイヤーの素線切れ早期発見や

走行中のホコリなどがワイヤーに付着しにくくなります。

寝屋川M様CB400スピードメーターカラー交換 (1)で、忘れていたのがスピードメーターの針が

振動で揺れるとの事で、カラーを長い物に

交換する事を忘れていたので交換。

取り外したメーターセッティングカラーは

寝屋川M様CB400スピードメーターカラー交換 (2)純正の一番短いタイプの物が入っていました。

取り合えずこれでスピードメーターの

針の振れは様子を見て下さい。

と言う事で雨が降らない内に試運転。

寝屋川M様CB400試運転チェック手直し (1)作業前の試運転は雨で出来なかったので

比較は出来ませんが、ハンドルの高さや

アクセルの遊びなどを手直ししました。

オーナーが言っていたふら付きは差程

寝屋川M様CB400試運転チェック手直し (2)気になりませんでしたが、ハンドル幅が

620个判秬汽魯鵐疋襪茲100伉短く

またセパハンと言う事で前荷重になる事で

ふら付きが有るのかも知れません。

リアサスがコニーなのに対してフロントはノーマル?

そう言う細かい所のバランスの違いも走行性能に影響があります。

試運転をした時に、CP1号機でオートシフター慣れしていたので

最初はちょっとシフトチェンジがややこしかったw

クラッチは思った程重たくは無いとは思うのですが…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年08月01日

夏季休暇についてのお知らせ3

【夏季休暇についてのお知らせ】
早くも今日から8月になり、もう来週からは夏季休暇。
予定では8月10日(水曜日)は定休日でマスタングのマフラー交換。
8月11日(木曜日)〜13日(土曜日)までは弟の都合次第で
夏季休暇になるかも知れません。
8月14日(日曜日)は第二日曜日で定休日。
8月15日(月曜日)は夏季休暇
8月16日(火曜日)は夏季休暇とOPLL経過観察診察の為お休み
8月17日(水曜日)は定休日になります。
来週前半は流動的ですので、ご来店間にご連絡を頂くか
ブログでご確認をお願い致します。


姫路Y様CB400エンジン下拵え六日目

昨日内燃機加工が必要な部品は発送しましたが、恐らく出来上がりは

姫路Y様CB400セルモーター分解掃除 (1)お盆明けになると思います。

問う事で、今日はセルモーター分解チェック!

全部バラバラにすると完全ドライな上に

中からはブラシのカスが出て来ず

姫路Y様CB400セルモーター分解掃除 (2)出て来たのは大量の錆び!

どうやら一度分解されている様で

完全に脱脂されている状態で、オイルシールも

錆びのカスでやられている可能性があるので

姫路Y様CB400セルモーター分解掃除 (3)取り外して、新品に交換する事にしました。

取り外したオイルシールを見ると

これもまた交換されて居る様だった。

取り合えず錆の粉を綺麗に洗浄して組み立て。

姫路Y様CB400セルモーター分解掃除 (4)コンミューター軸受け側に入っている

フェルトパッキンは腐っているので交換。

このフェルトパッキンはキャブで使う物と

同じなので、流用して使います。

姫路Y様CB400セルモーター分解掃除 (5)新しいフェルトパッキンを入れて

このフェルトパッキンオイルを染込ませ

軸受けの摩耗を軽減させる為の物になります。

更にスラストワッシャーなどにも

姫路Y様CB400セルモーター分解掃除 (6)シリコングリスを塗ってから組み付けます。

カーボンブラシも交換されていたので

このまま使う事にして組み立て準備が

整ったので、組み立てて動作確認。

姫路Y様CB400セルモーター分解掃除 (7)無負荷では問題無く作動しました。

取り合えずこれでセルモーターの分解掃除と

回転部の給脂が完了しました。

セルモーターの回転部分などは完全ドライだと

姫路Y様CB400オイルライン加工 (1)摩耗するだけなので、適正な状態にしましょう。

次にオイルラインの加工をします。

オイルポンプがCP製フル強化オイルポンプ

「極み」を取り付ける予定なので

姫路Y様CB400オイルライン加工 (2)オリフィスと、オイルパイプを加工します。

オイルパイプと、オリフィスバルブの穴径は

1个開いているのですが、それを全て1.2个

穴を拡大した物と加工前の比較です。

姫路Y様CB400オイルライン加工 (3)オリフィスバルブはセンターの穴も拡大してます。

オイルパイプも錆が酷く、ホルダーゴムや

Oリングも朽ちていたので、新品に交換。

これでオイルラインの加工も完了しました。

CP在庫NOS品ACGカバー (2)後はオイルフィルターケースとACGカバーの

塗装を剥がしてブラストで仕上げるだけです。

因みに左から姫路Y様、CP在庫CB400Four用

右がCB350Four用になっておりCB400Fと

CB350Fでは塗装がCB350Fの方はクリアー塗装仕上げになってます。

姫路Y様の新品部品の塗装は最後の方に部品で出た物だと思います。

姫路Y様予備部品取りエンジン…これでエンジン部品の大まかな部品は

全て把握できたので、この部品取り

予備エンジンは、狭いPITを有効利用したく

ちょっと嵩張るので一旦宝物庫に持ち帰り

エンジン部品、ボルト類再メッキ送り準備 (1)保管する事にして、エンジン部品やボルト類を

再メッキ送りにする準備をやって仕舞います。

フレーム関係のボルトは特に無かったので

新品のボルトを使う事になると思います。

エンジン部品、ボルト類再メッキ送り準備 (2)貴重な部品はワイヤリングをして紛失防止。

その他のボルト類はブラストでオイルや

汚れを落として下地処理をしてから

再メッキへ送る準備をして置かないと

メッキ屋さんが槽が汚れる!と言って怒るので…

じゃぁ部品を無くすなよ!と言いたい所ですが

それを言うともうメッキをしてくれなくなるので…。


京都Y様ダックスST70用オイルクーラー入荷

今のペースで行くと恐らく第四便CP機械曲げマフラーの仕上がりは

京都Y様ダックスST70用オイルクーラー入荷お盆明けになりそうな感じなので

荷物置き場にしたいお立ち台のダックスも

このお盆休み中に仕上げて納車したいと思っており

そこへオイルクーラーがやっと入荷して来た!

特注ダウンマフラーも仕上がって来ているので

早々に仕上げて納車しようと思ってます。


CP1.5号機用クランクケースの不具合

まぁここまで来て、クランクケースをブラストする時に判明した

CP1,5号機用クランクケース不具合ヵ所 (1)クランクケースの不具合なのですが…。

ここでケースを変更する事は簡単なのですが

合えて、恐らくオイルラインにクラックが

入っているだろうこのパテ盛り箇所の

CP1,5号機用クランクケース不具合ヵ所 (2)パテを除去して、ケースのダメージ具合を

確認し、直して使える様にしてやろうと思い

ネチネチとパテを剥ぎ取る事にしました!

で、やっとナットが露出してきたので

CP1,5号機用クランクケース不具合ヵ所 (3)一気にナットを除去してみると、パテでは

クラックが埋め切れておらず、オイル滲みの

痕跡が残っていたので、残ったパテを取り除き

アルミの地肌を出す事が出来ました。

CP1,5号機用クランクケース不具合ヵ所 (4)クラックの程度は恐らく赤丸部分だと思いますが

探傷チェックしようと思ったら、浸透液が無い!

取り合えず浸透液を発注して、クラック箇所を

特定し、直るかどうかやってみる事にします。

長いボルトを入れてしまい、クランクケースを割ってしまうと言う

この手の物は結構見るので、ちゃんと直せる方法が確立すれば

使えるエンジンケースも増えるかもねぇ。

取り合えず試しにやってみる事にします。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月31日

ラッキーズ製試作バナナ管試乗3

昨日ラッキーズ試作品のバナナ管のお披露目に
関係者の方がご来店されました。
まだ試作段階なので、スタイル的なコメントはありませんが
バナナ管装着車両に試乗させて頂きました。
バッフルありだと静か過ぎるので
バッフル無しバージョンでの試乗をしたのですが
エンジンはノーマルなのにとてもパワフルで
トルク感もあり、音も紳士的な音だったのには驚きです!
ラッキーズの方はもう少し音質を高くしたいとの事でしたが
僕は十分良い感じの音だと思ったし
車検も問題無く通るレベルだと思います。
スタイル的にもう少し煮詰めてから一般リリースとの事ですので
仕上がりを楽しみにして居て下さい。
きっと満足するバナナ管になると思います。


京都T様CB400FCR装着試乗

FCR28Φが予定よりかなり早く入荷して来たので

京都T様CB400FCRキャブレター取り付け (1)オーナーも昨日早々にご来店。

偶然にも本日ツーリングの予定だったらしく

少々非力だった純正キャブパワフィル仕様から

FCR28Φに交換をする事になりました。

京都T様CB400FCRキャブレター取り付け (2)純正キャブはスローが薄い為

エンジンストールが頻発して居た事もあり

この際なので、FCRの導入となった事も

交換要因の一つだと思います。

京都T様CB400FCRキャブレター取り付け (3)サクサクっとキャブを交換して

新品のFCRにガソリンを流し込み

エンジンを始動!、快適なエンジン音!

セッティングの事もあり、試乗しましたが

京都T様CB400FCRキャブレター取り付け (4)低速走行も、高速走行もストレスなく走るし

低、中、高の繋がりにも問題は無いので

セッティングもバッチリ一発で決まりました。

オーナーからは「別の車両になり、とても快適」と

ご報告を頂いたので、きっと今日のツーリングは

相当楽しいツーリングになると思います。


CP中古車枚方S様CB400Fボトムケースリコイル

先日の納車整備の際には気が付かず

枚方S様CB400Fボトムケースリコイル修正 (1)まさかこんな所のねじ山が…!と言う

ボトムケースキャリパーホルダーピンの

スタッドボルトのねじ山が上がっていた…

ここのねじ山が上がりは過去には無かったはず。

枚方S様CB400Fボトムケースリコイル修正 (2)ブレーキも関係する場所なので

兎に角大事にならなくて良かったとしか

言い様がない部分のねじ山上り。

オーナーは緩んでいたので増し締めをしたと

枚方S様CB400Fボトムケースリコイル修正 (3)仰っていますが、完全に僕の見落としだと思う

少し時間を頂き大急ぎでリコイル修正をしました。

まぁつくづく中古車って恐ろしいと思った…。

兎に角、大事にならなくて良かったとしか

言い様がない様な、事故事例だと思いました。


CP1号機オートシフター問題と点火時期調整試乗

CP1号機には当時物RSCフルクロスミッションが取り付けられており

CP1号機正シフトから逆シフトに変更 (1)シフトも正シフトでななく元から

逆シフトになっている為、シフトアームを

逆にして、逆シフトを正シフトにしており

そういう意味ではオートシフターも逆になるので

CP1号機正シフトから逆シフトに変更 (2)試しにシフトアームを正シフト側に戻し

RSCの逆シフトでシフトチェンジをしてみると

案の定、オートシフターが正常に作動する様になり

まるでモトGPマシーンに乗っているかの如く

CP1号機ウオタニ進角調整2chから4chへ変更アクセルを開けながらシフトチェンジが

激しくスムーズになりました。

まだ逆シフトに慣れていないので

時々シフトアップとダウンを間違えますが

オートシフター問題はこれで解決しました。

後は点火時期を4度進角から8度進角に変更したりと

点火系のセッティングに少々手古摺っています。


姫路Y様CB400エンジン下拵え五日目

昨日オーナーとエンジンの件で打ち合わせ

姫路Y様CB400シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (1)不足部品は元から無い事も判明した。

と言う事で、まず今日はシリンダーヘッド

バルブガイドOリング交換をやって仕舞います。

この作業を内燃機屋さんでやってもらうと

姫路Y様CB400シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (2)安い所で、リーマー加工も含めて1ヵ所辺り

¥2,700〜になると思いますし

+純正のOリング代が必要になるので

1ヵ所辺り¥3,000×8ヵ所で¥24,000+消費税

姫路Y様CB400シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (3)と言う事になり、かなり財布には厳しいですが

CPでは交換工賃はほぼ半額程度でやってます。

まぁホンダ純正SSTとバルブガイドリーマー

IN、EXを揃えると結構な金額にはなりますが

姫路Y様CB400シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (4)以前まではこのバルブガイドOリングを

交換する概念も無かったのですが

ある時このOリングが原因のオイル下がりの

トラブルがあり、かなりの問題になった

姫路Y様CB400シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (5)と言う経緯があり、それから今では

デフォルトでOリングを交換する事になった。

それまで交換せずとも不具合は無かったので

こう言うトラブルシューティングがあるからこそ

姫路Y様CB400シリンダーヘッドバルブガイドOリング交換 (6)エンジンO/Hのクオリティが上がるので

トラブル事例は、僕の糧となります。

オーナー提供のウエストバルブをセットして

スタッドボルト座面の荒れも修正します。

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (1)これでヘッドの下拵えは完了しました。

ピストンクリアランスが広いスリーブは

オーナーに報告して交換する事になり

一番低価格になるSHIO HOUSE製

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (3)54Φ、54.5Φ用スリーブを取り寄せたので

スリーブ交換、ボーリングと言う事になります。

次に残りのエンジンカバー類をブラスト仕上げ

オイルパンとACGカバーはNOS品になりますが

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (4)オイルパンは腐食が激しいので微妙ですが

使えない事は無いと思うので、このまま使います。

ACGカバーは綺麗なのですが、塗装を剥がして

これもブラスト仕上げになります。

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (5)ブリーザーカバーも新品ですが

これも若干の腐食と、白ボケしているので

ブラストで仕上げて仕舞います。

ラジアルタイプオイルフィルターケースと

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (6)ACGカバーは塗装を剥がすのですが

リムーバーを使い果たしたので

ワコーズからリムバーが届いたら剥離して

ブラストを当てるので、後になります。

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (7)次にクラッチカバーは部品取りエンジンから

取り外した物を使うのですが、レベルゲージが

不在なので、これもまたオーナーとお話です。

社外レリーズカバーは残念な事に

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (8)割れ欠けのダメージがあった。

これで殆どのエンジンカバー類のブラストと

不足部品は把握出来たと思います。

ブラストが終わったカバー類はリタップ掃除をして

姫路Y様CB400エンジンケースブラスト仕上げ (9)取り付けや交換が出来る部品は下拵えをして

これでシリンダーヘッド、シリンダー

ピストン、クランクを内燃機屋さんへ送り

加工を済ませれば、エンジン組み立て作業が

開始出来ると思いますし、お盆前後にフレーム修正が

仕上がって来る予定なので、そこから塗装送りになるので

エンジン組み立て仕上がり予定は8月末頃。

フレーム塗装仕上がりが3ヵ月程度掛かるので

そこから僕が仕上げるのに一週間もあれば出来上がると思います。

【22/07/31現在のエンジン不足部品覚書】
カムチェーンテンショナーホルダー1個(絶版部品)
シリンダーヘッドスペシャルナット2個(絶版部品)
カムチェーンギアー1個(BRCリプロ品発注)
カムチェーンノックボルト2本(純正部品発注)
オイルレベルゲージ1個(絶版部品)
SP競Εタニ00113or00113P(持ち込み?CP手配?)
キャブレター(CR?FCR?TMR?)


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月29日

CP1号機慣らしでバイク通勤開始

車のエアコンは取り合えず直って快適になったのですが
CP1号機エンジンの慣らしをしないといけないので
昨日から通勤号として走っています。
時々オートシフターだと言う事を忘れてクラッチを握ってしまうw
シフトアップのIGCカットタイミングをもう少し調整したいけど
説明書がイタリア語なので、和訳しても意味がさっぱり分からない…
シフトダウンは問題無いのですが、ニュートラルにして信号待ちで
信号が変わる時、ローギアーに入れるとエンジン回転数が
低いので、シフターがIGCカットしてしまい
エンジンストールしてしまうので、少しアクセルを煽らないと
いけない事もあり、焦るとちょっと面倒かも知れないw
それに、これで合っているのかも分からないので
もっと勉強しないといけないなぁ…。
でもクラッチを握る回数がかなり減ったので
左手の負担もかなり減っているから、痛みもかなり軽減されています。


CP1号機チタンEXスタッドボルト増し締め

お高いチタン製EXナット脱落防止の為に

CP1号機チタンEXナット増し締め220729ガスケットが安定するまで増し締め。

ナットが緩むと言うよりも

ガスケットが沈んでナットが緩むので

脱落する前に、定期的に増し締めをしておかないと

1個でも脱落するとかなりの痛手になるからねぇ…。


姫路Y様CB400エンジン下拵え三日目

今日はシリンダーヘッドの下拵えから作業に取り掛かります。

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドブラスト (1)オーナーは余り興味は無いと思いますが

このシリンダーヘッドは貴重な砂型。

使用歴があり、しかもポート研磨済みの物を

金型などと幾つか選択肢があったヘッドから

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドブラスト (2)僕がチョイスしましたw。

まずは不要な付属品を取り外して

ヘッドカバー取り付けネジ部分を目視でチェック。

一カ所リコイルしてありますが問題は無さそう。

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドブラスト (3)バルブはアゲイン製ウエストバルブを使用。

EXスタッドボルトは逆向きに入っているので

抜き取ってしまい、後で新品を入れます。

EXガスケットは倍の8枚入ってましたw

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドブラスト (4)これでブラスト準備が整いました。

ブラスト完了後にリタップ掃除をして

ねじ山の状態を確認し、歪測定を実施。

その後バルブガイドのOリングを交換。

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドブラスト (5)と言う作業の流れになります。

で、サクサクっとブラストが完了。

中々良い砂型ヘッドだと思います。

僕もCP1.5号機は保管している新品の

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドブラスト (6)砂型ヘッドで仕上げようかなぁと思ったw。

ブラストも終わり全てのタップ穴を

リタップ掃除と、ねじ山上りのチェック

一カ所ねじ山上りが見つかったので

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドブラスト (7)サクサクっとリコイル修正。

これでヘッドカバーのねじ山は

全て大丈夫だと思います。

スタッドボルトの座面は荒れているので

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドハイカム取付チェック (1)内燃機屋さんで座グリ修正をします。

次にヨシムラ中空ハイカムst1を

この砂型ヘッドに搭載するので

クリアランスをチェックします。

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドハイカム取付チェック (2)作りがゴツイ砂型ヘッドなので

ハイカムを搭載する際、カム山がヘッドの

オイルだまりの隔壁と干渉するので

この隔壁を削らないとハイカムとヘッドが

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドハイカム取付チェック (3)干渉して仕舞い、具合が悪いのです。

削ると言っても、この隔壁の角を落とすだけで

大きな加工になる分けではありません。

リューターか、ベルトサンダーでサクサクっと

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドハイカム取付チェック (4)こんな風に角を落とすだけなので

作業的には簡単です。

一応これでst2のハイカムも搭載可能です。

砂型ヘッドはこう言う作りが少々難儀ですw

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドハイカム取付チェック (5)これでカム山とヘッドの隔壁との隙間が

確保出来たので、カムを搭載してチェック!

全てのカム山とのクリアランスはOKです。

これを知らないまま、エンジンを組んでしまうと

姫路Y様CB400エンジン砂型シリンダーヘッドハイカム取付チェック (6)後で削るとなると、かなり大事になります。

で、シリンダーヘッドの歪測定の結果は

規定値内で平面研磨は無し!

バルブガイドのOリングは部品が入荷次第

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (1)交換する事にして、次は臓物関係の

下拵えに取り掛かる事にします。

まずはミッション、カウンターシャフトから

分解掃除とベアリング交換。

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (2)1stギアーブッシュも打ち換えをします。

ドライブスプロケット取り付け部分や

オイルシールカラー部分が錆びているので

全部分解して、錆取りとギアー類の洗浄。

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (3)そしてこれが洗浄完了後のカウンターシャフト。

錆とギアー類の汚れも綺麗に落としました。

ベアリングも新品に交換して組み付けます。

この時Oリングも交換するのですが

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (4)このOリングは元々メーカーから

部品では出ておらず、このOリングを交換しないと

オイル漏れリスクが上がります。

オイルシールカラーの穴とカウンターシャフトの

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (5)穴を合わせてプレスで圧入します。

後は元通りに組み立て復旧すればOK。

穴位置を合わせるのはオイルの流れに

抵抗が無いようにする為で、オイルの流れを

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (6)滞らせない様にした方が、オイル漏れリスクを

少しでも軽減できるからです。

次にメインシャフトの洗浄とベアリング交換。

メインシャフトの方が簡単なので

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (7)サクサクっと交換と洗浄が完了です。

これでミッションの分解掃除が完了。

後は誤組みをしていないかをしっかりと

確認してないと、後から大変です。

姫路Y様CB400ミッション分解掃除 (8)基本ギアーは収まる所にしか収まらない様に

なっているのですが、シャフトに入れる時

ギアーを反対に入れて組む事があります。

分解組み立てに慣れているとギアーの裏表

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (1)順番を間違える事は無いのですが

ちゃんと分解した順番に並べて

写真を撮った方が良いでしょうね

次にシフトドラムとシフトフォーク

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (2)スターティングリダクションギアーを洗浄。

ベアリングも新品に交換してしまい

この辺の部品は後でクランクケースに

仕込んで仕舞います。

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (3)部品取りエンジンのキックシャフト

スプライン部分が錆ているので分解掃除。

フリクションスプリングを取り外す時は

無理をすると折れるので要注意です!

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (4)スナップリングが取り外しにくいので

分解するのは結構面倒なのですが

スラストワッシャーなどの部品を

無くさない様にして部品管理をしましょう。

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (5)スプラインやギアーなどの洗浄が完了し

元通り組み立てました。

ほーぅらこんなに綺麗になりましたw

これでキックシャフトも仕上がりました。

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (6)次にプライマリーギアー一式を分解掃除。

シャフトの摩耗が少ないせいなのか?

動きが渋くて、何故かシャフトが抜けないし

入り難いので、シャフトの先端に何か問題が?

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (7)取り合えず分解して洗浄と部品交換。

分解チェックしましたが、シャフトが

ドリブンスプロケットハブに入り難い原因は

全然分からない…

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (8)取り合えずダンパーやニードルベアリングを

新品にし交換して仮組を終わらせました。

シャフトが入り難い原因は、また時間がある時

じっくりと見てみる事にします。

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (9)部品取りエンジンから取外したコンロッド。

これも錆が酷いので、洗浄して錆取り。

右側は錆取り前のコンロッドです。

コンロッドもこんなに綺麗になりました。

姫路Y様CB400エンジン臓物分解掃除 (10)その他の部品も錆取りと、ブラスト仕上げ。

これで臓物関係はほぼ下拵えが終わりました。

後はカムチェーンテンショナーアームの

修正とダンパー交換とシフト関係の部品位で

姫路Y様CB400クランクケース組み立て下拵え (1)クランクケースの臓物関係の下拵えは終わります。

注文した部品はまだ入荷して来ていませんが

取り合えず、状態が良い物を選別して

クランクケースに部品を取り付けて

姫路Y様CB400クランクケース組み立て下拵え (2)組み立て準備を済ませました。

クランクのダイナミックバランスや

シリンダーの問題などもあり

お盆休みも近い為、本格的なエンジン組み立ては

お盆休み明けになるかなぁ…?

今問題のシリンダークリアランスの広さですが

最初にクロスハッチの薄さに違和感を感じ、念の為にと

ピストンを入れてみた所、思いの他にクリアランスが広いと感じたので

測定をしたのですが、一応多分分かると思うのですが

動画でピストンのガタ付きを撮影してみました。



何時もと違う、3/100のクリアランスの広さが分かる僕です!

でもクロスハッチがちゃんと入っていたら

オーナーが言う様に、ちゃんとボーリングされて居る物だと思い

組み立てていたと思います。


沖縄からのお便り

沖縄S様からご丁寧な暑中見舞いのお便りが届きました。

沖縄S様からの便り最初は何か分からなかったのですがw

それに沖縄のブルーシールも届き

御心遣いにとても感謝しております。

これでこの夏を快適に過ごせる気がします!

ありがとう御座いました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月28日

マスタングエアコンガス充填4

本当なら昨日はCP1号機の慣らし運転に
出ようと思って居ましたが
どうやら天候がヤバいと言う事で
CP1号機の慣らしを諦めて、マスタングの
エアコン修理に一っ走り行って来ました。
結果はどうやらコンプレッサーからのガス漏れがあった様で
ガスを2本充填して、取り合えずエアコンは復活!
今までが何だったんだと言う位、悪魔的でキンキンに冷えました。
後はコンプレッサーからのガス漏れ頻度がどの程度なのかによって
今後の修理方針も変わってきます。
取り合えずこの夏だけでも持ち応えて欲しい!


22/07/27の男は黙って六四分け

昨日はやっと時間が出来たので、何時もの理髪店へ行き

220727の男は黙って六四分け何時もの男は黙って六四分け!

午後からCP1号機の試運転に行くつもりだったけど

天気が怪しいので、取り止めしたので

綺麗にセットしてもらいました。

マスタングエアコンガス漏れ充填220717 (1)暫くすると案の定ゲリラ豪雨が来たので

マスタングに乗ってエアコンガスチェックへ

知り合いのお店に一っ走り行ってみてもらうと

やはりガスが少ないので、ガス漏れ箇所を

マスタングエアコンガス漏れ充填220717 (2)探して見ると、コンプレッサーの

ブラインド栓辺りからガス漏れの跡があった…。

取り合えずガスを充填してもらい、これで暫く

漏れ具合の様子を見る事になりました。

帰りは寒い位快適に帰れましたが

エアコンを見てもらったおにーちゃんに

「乗ってる車全部エアコンが故障するなんてw」と大うけだったらしいw


白い向日葵とパイナップル観察日記

嫁が植えた白い向日葵が咲いたのですが…

白い?向日葵とパイナップル観察日記220727 (1)全然白くないし!普通に黄色いし!

横芽が出ているので、一本の茎から

向日葵が三つぐらい咲きそうな感じです。

まだ咲いていない茎もあるので、今度は

白い?向日葵とパイナップル観察日記220727 (2)白い向日葵が咲くかも知れないなぁ…

で、パイナップルの方も日に日に成長し

小さいながらももう、立派なパイナップルですw

あとどれ位で収穫できるのかなぁ…楽しみです。


京都GTH号CB400F用ガソリンタンク修理リペイント完了

先月の転倒事故でタンクにダメージを受けた京都GTH号の

京都GTH号CB400Fタンク板金塗装仕上がり (1)ガソリンタンク板金塗装が仕上がって

戻って来たので、早速タンクキャップや

キャップチェックなどを取付けて仕上げ。

早ければ明日にはご来店予定となりました。

京都GTH号CB400Fタンク板金塗装仕上がり (2)このタンクを装着すれば転倒事故からの

車両完全復旧となります。

板金の影響なのかタンクキャップが少し

締まりにくくなっている様ですが

取り合えずこれで完全復旧となります。

これからもお気を付けてお楽しみ下さい。


姫路Y様CB400エンジン下拵え二日目

昨日オーナーから連絡を頂き、エンジン部品の詳細について打ち合わせ。

姫路Y様CB400エンジン組み立て板ごしらえ二日目 (1)特に目立った部品の買い物はしていないとの事で

僕的には部品の仕分けをせずに済んで

かなり助かったと思います。

と言う事で、今日はリタップ掃除から作業再開。

姫路Y様CB400エンジン組み立て板ごしらえ二日目 (2)アッパーケースにスタッドボルトを入れて

クランクケースのブラストとリタップ掃除が

完了し、このクランクケースは問題無く

使用可能だと言う判断になりました。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (1)と言う事で、次は部品取りエンジンを分解し

臓物関係を摘出して部品チェックをします。

この部品取りエンジン、どうやら一度

開封された痕跡があるので、ちょっと心配…。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (2)クラッチカバーを取り外すと…!

多分ミッション用スラストワッシャーが

何処からとも無く出現したので、不安を感じた。

取り合えず何事も無く部品が使える事を願い

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (3)クラッチリフターを取り外すと、これも定番。

強化クラッチスプリングと、ロックナットが

逆に入れられているw、まぁこれ位は軽い物。

でもクラッチダンパーのガタ付きが無いので

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (4)割と状態が良い物なのかも知れないと思い

更に分解をすると、シフトドラムセンターの

摩耗も極めて少ないので、走行距離は

意外と少ないエンジンだったかも知れない。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (5)でも、一度分解されている事で本来なら

入っているはずの絶版部品のオイルポンプ

Oリングガイドピンが入っておらず

Oリングも入っていなかった…これは

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (6)絶対にオイル漏れした筈なのに…。

クランクケースを割って中をチェック。

プライマリチェーンスライダーも

摩耗が少ないので、これを使う事にする。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (7)気になるミッション、カウンターシャフト

2ndギアー焼き付きですが、見る限りでは

その心配は無さそうなので一安心です。

で、クラッチを取り外した時、何処からとも無く

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (8)現れたスラストワッシャーですが

カウンターシャフト1stギアーと

ニードルベアリングの間に入るはずの物が

入って居なかったので、組み付け時にミスったか?

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (9)カムチェンテンショナーアームも定番の

摩耗により固着していますが、まだ軽傷なので

これ位なら、修正して再利用は可能な範囲。

全体的に臓物関係の状態は極めて良好!

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (10)これなら不動エンジンからの部品取り

だったにせよ、問題無く使用可能です。

こんな事今時滅多にありませんw

これはラッキーと言えるでしょう。

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (1)と言う事で、クランクを洗浄して

クランクを測定し、メタルを選択します。

臓物を移植しなくて済むのであれば

クランクメタルもそのまま使えるレベルですが

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (2)クランクケースは交換するので

クランクを測定する事になります。

コンロッドメタルもこのまま使っても

問題が無いレベルですが、ここだけ中古と言うのも

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (3)バランスが悪いし、一度分解されている事から

測定の信頼性としては未確認になる為

コンロッドメタルも交換する事にします。

エンジン用純正在庫部品を用意して

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (4)不足分などは発注をしましたが

シリンダーヘッド用シールワッシャー

銅ワッシャーが納期未定となっていたのですが

在庫があるので、この辺りは問題ありません。

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (1)次にシリンダーをチェックするのですが

お預かりした時、シリンダーは既に

54.5Φにボーリングされている状態ですが

平面は汚れたままなのでブラストで

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (2)仕上げるのですが、汚れたままと言う事は

歪測定はしていないだろうと言う事なので

ブラスト後にシリンダーの歪測定を実施。

シリンダーのブラストが終わった時気付いたのが

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (3)スリーブのクロスハッチが薄い事で

表面はかなりツルツルに仕上がっている…。

クリアランスもどれ位で仕上げたのかは不明。

嫌な雰囲気がプンプンと臭う…

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (4)で、シリンダー歪測定結果は規定値越えでNG。

平面研磨が必要になりますし、何より

ボーリング後のシリンダー保管状態が悪い!

せっかく真円でボーリングをしてあるのに

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (5)お預かりした時は簡易的な梱包だったので

それまでの保管状態が悪ければ

スリーブが変形して仕舞います…。

で、怪しい臭いしかしないので、ピストンを

姫路Y様CB400エンジンピストンシリンダークリアランス測定 (1)シリンダーに入れて見ると、ピストンがスコスコ。

明らかにクリアランスが広いと言う感覚なので

今更どうしようもないのですが、確認の為

シリンダーとピストンのクリアランスを測定。

姫路Y様CB400エンジンピストンシリンダークリアランス測定 (2)ヨシムラ54.5Φピストンスカート部外径は

加工精度が良く、全て揃って−0.01なので

これがクリアランスの基準数値となり

シリンダーをボーリングするのですが

姫路Y様CB400エンジンピストンシリンダークリアランス測定 (3)何時もボーリングを依頼する場合のクリアランスは

3/100〜4/100でボーリングをして貰っており

シリンダー側は54.5Φに対して0.02〜0.03个

クリアランスで削る事になります。

普通ならクロスハッチももっとしっかりと入れて加工するのですが

このシリンダーの内径はとても広く54.5个紡个靴54.55个發△

ピストンとの合計でクリアランスは6/100もある事になり

通常の倍のクリアランスになる分けで恐らくこのままエンジンを組めば

慣らしが終わった頃にはマフラーから白煙が出るでしょう…。

さて困りましたねぇ…このスリーブは残念ですが使えません。

【今までの教訓】
・全部揃っているは、揃っていない。
・人の仕事は信用しない。
・バラバラの車両はロクな事が無い。
・完璧なメンテナンス車両は存在しない。
・某Yオク購入部品、車両は外れが標準。
・僕もたまにミスをするけど、ミスをしない努力はしている。
・一度の失敗に二度目は無く、その分クオリティが上がるが費用も上がる。
・預かってから時間が経つほど何処までやったか忘れる。
・「何時でも良い」はモチベーションが上がらないので何時でも良くなる。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月23日

受難続き3

今考えるとそれは多分月曜日の朝から始まったと思う。
まず、日頃から時々転倒しているけど
その日は大コケをして左膝に青タンとスネに擦り傷…
某Yオクで落札したフロントフォークが届き
ん?何かおかしいぞ!と思い中をチェックした所
フロントフォークの中にはスプリングも、オリフィスも
ロックピースも入っておらず、ボトムケースと
使えないインナーチューブだけだった…
そんな説明は何処にも書いていなかったので
出品者に聞いて見ると「動作未確認です」だってw
久々にYオクでやられたわ!ふざけやがって!
で、水曜日に部品を引取りに名古屋へ行き
そのままアゲインへ納品に行って自分の店に戻ってから
事務処理をして家に帰ろうとしたら
ハイエースのエンジンが掛からない…バッテリー?
と思いキャパシターを接続するもセルが回らないので
色々と相談したら、セルモーターが死んでいるかも…
と言う事で、翌日保険会社に連絡をしてレッカー移動。
保険の特約でレンタカーを借りて、人生初のハイブリッド車に乗ったw
まぁそんな悪い事ばかりでも無く、兵庫K様CB400は無事に納車。
枚方S様CB400Fも本日無事に納車となり
久しぶりにPITに余裕が出来たし、昨日のSDCエコー検査結果も
来月のMRI撮影まで様子を見る事になり、気持ちにも余裕が出来たw
来週は真正多血症の血液検査なのですが、この三か月間
ダイエットと、糖質カット、炭水化物を控えて脱三桁となったので
きっと血液検査結果は良くなっているはず!


CP1.5号機用部品整備

時間の合間を見て、ボチボチと部品を準備しているCP1.5号機。

CP1,5号機用フロントWディスク平面研磨仕上げ (1)平面研磨が終わったフロントディスクが

先日加工から戻って来たので

インナーの塗装をして仕上げました。

塗装をしていい所と、してはいけない所を

CP1,5号機用フロントWディスク平面研磨仕上げ (2)ちゃんと養生をして焼き付け塗装が完了。

リベットも純正同様塗らずに仕上げ

ハブと接する面も無塗装で仕上げています。

これをこのまま置いておくと必要な時

CP1,5号機用フロントWディスク平面研磨仕上げ (3)また探す事になるのでホイールにセットして

保管をして置く事にします。

スピードメーターギアーをリビルドしたと

思って居たのですが、見当たらない!

CP1,5号機用スピードメーターギアー分解掃除 (1)多分僕の勘違いだと思うので

今日は少し時間に余裕があるし

1.5号機用にスピードメーターギアーを

リビルドして取り付ける事にします。

CP1,5号機用スピードメーターギアー分解掃除 (2)上の画像二つは既にヘアライン仕上げで

仕上げてあるので、一番程状態が悪い

スピードメーターギアーをチョイスし分解。

ブラストを当てて、バフでし上げる事にします。

CP1,5号機用スピードメーターギアー分解掃除 (3)部品も洗浄して、ケースもブラストで仕上げ

バフを当てて、これで一応見た目は

綺麗に見えるかな?w

後はこれを組み立てて仕上げます。

CP1,5号機用スピードメーターギアー分解掃除 (4)グリスをたっぷりと入れて、サクサクっと

これでCP1.5号機用スピードメーターギアーの

分解掃除とバフ仕上げが完了したので

早速メルバのキャストに取り付けます。

CP1,5号機用スピードメーターギアー分解掃除 (5)はい!これでCP1.5号機用フロント

Wディスク仕様のホイールが完成!

これで後はCP1.5号機のフレームが

塗装から仕上がって来たら、何時でも

立ち上げまでは出来ると思います。


京都Y様ダックスST70用ORM特注ダウンマフラー

オーナーの希望で、ダックスST70用マフラーを

京都Y様ダックスST70用ORM特注ダウンマフラー入荷 (1)ORMさんで特注製作してもらい

そのマフラーが入荷して来ました。

通常よりマフラーの全長が100伉垢なっており

ORMさんの計算で、88cc対応仕様で製作して貰い

京都Y様ダックスST70用ORM特注ダウンマフラー入荷 (2)更に、交換用ラージサイレンサーも

同時に製作して頂きました。

因みに、スパイラルサイレンサー対応になりますが

オーナーはその辺は余り興味が無いので

京都Y様ダックスST70用ORM特注ダウンマフラー入荷 (3)これを取り付ける事になると思います。

で、画像に映り込んでしまっている

このフロントフォークが、例の動作未確認と言う

中身が入っていないフロントフォークになります。

まぁこう言う悪質な奴は、ブラックリストに入れましたw


テスト用ニュートラルストッパー完成

以前からSHIO HOUSE塩畑さんからのリクエストがあった

ミニチュアベアリング仕様ニュートラルストッパー試作エスト (1)ニュートラルストッパーローラーを

ミニチュアベアリングローラーで

作れないかと言うリクエストがあったので

今回1号機のエンジン仕様変更に合わせて

ミニチュアベアリング仕様ニュートラルストッパー試作エスト (3)耐久テストをして、問題が無ければ

一般リリースになる予定で、更に調子が良いのなら

シフトドラムストッパーもベアリング化し

ハーフニュートラルや、ギア抜けなどの

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (1)テストをする予定になっており

これが秘密だった部品になります。

ベアリング自体は高回転モーター様なので

耐久性には問題は無いはずなのですが

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (2)回転軸方向の軸受けと違う使い方になるので

耐久性がどれ程あるのかを実機でテストします。

まだ試作品が2個あるので、人柱になる

耐久テスト参加希望者を一名募集します。

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (3)純正部品改造流用部品になるので

ヘビーユーザーが望ましく思ってます。

交換に当たり、Rカバーガスケットなどの

消耗品とCP製シフトドラムセンターも

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (4)無償提供致しますし、もしテスト中に

不具合が発生した場合のフォローも致します。

なるべくなら、近県の方が望ましいです。

と言う事なのですが、まずは自分の車両でテストし

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (5)使えそうなら、モニターの方に取り付けます。

これでアゲイン製乾式クラッチの取付も完了。

センターオイルシールのオイルシールが

抜けてオイル漏れする場合がある為

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (6)スペーサーを入れて組み付けてあります。

これでやっとエンジンが仕上がりました。

エンジンオイルを入れてクランキングしながら

実圧縮圧力を測定したのですが

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (7)僕が思っていたよりも実圧縮圧力が高く

今までレギュラーガソリン仕様だったのが

ハイオクガソリン仕様になりました。

と言うか、キャブのセッティングもやり直し…

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (8)この実圧縮圧力なら、燃焼室を加工しなくても

良いかも知れないので、CP1.5号機のヘッドは

加工無しで組もうと思いましたw

頑張れば1.4Mpaまで実圧縮が上がるかも…。

CP1号機エンジン仕上げ火入れ前 (9)マフラーはチタンマフラーの製作が間に合えば

機械曲げチタンマフラーを取り付ける

予定だったのですが、まだ第四便が

仕上がって来ないので、第四便が出来上がったら

チタンマフラーに交換する事にします。

火入れは明日以降の予定にするのですが、オートシフターの配線や

動作確認もしないといけないなぁ…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月21日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日7月22日(金曜日)はSDCエコー検査結果で見つかった
甲状腺腫瘍の件なのか何なのか…主治医から嫁呼び出し…
今後の治療方向の話なのかどうなのか…
それとも…悪い話なのか全然分かりませんし
通常の経過観察以外にも何かあるのか?
色々な事を考えて仕舞うのですが
取り合えず平常心で、診察に行く事にします。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


兵庫K様CB400事故復旧作業五日目

フロント周りの被害は軽微だったので

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (1)今日は破損した部品の交換作業に入り

事故の完全復旧を目指します。

曲がったハンドルストッパー部分の

溶接で肉盛りも終わり、リペイントをして

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (2)今日は破損したメーターセットリングと

キジマのメーターカバーを交換します。

恐らくメーターステーも多少は曲がって

いると思うのですが、オーナーは

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (3)一応純正新品を用意して下さってました。

当時物キジマメーターカバーを両方共

取り外して、新品に交換するのですが

新品のキジマのメーターカバーは

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (4)リングビスの長さから、現行の物じゃなく

恐らく少し古いタイプのキジマ

メッキメーターカバーだと思います。

タコメーターを取り外してダメージが入った

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (5)純正メーターセットリングを取り外すと

やはりメーターステーが曲がっていましたが

修正出来ない事は無いので、ちょいちょいっと

曲がりを修正してみました。

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (6)これで新しい純正メーターセットリングを

取り付けてタコメーターをセット。

これで傷が入ったセットリングの

交換が完了しました。

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (7)修正したヘッドライトステーを取り付けて

奇跡的にも壊れていなかった

純正ヘッドライトケースも取り付けて

配線を接続し、灯火系、保安部品をチェック!

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (8)灯火系などに問題は無いので

純正のヘッドライトですが少し形状が違う

当時物ヘッドライトをオーナーも不本意ながら

取り付けて復旧が完了しました。

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (9)エンジンを始動させて、諸々のチェック!

ウインカーがハイフラなのですが

確か何処かに速度調整のツマミが

あったはずなのですが、分からないので

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (10)取り合えずこのままの状態でタイヤと

ハンドルが真っ直ぐになっているか

発進時にフラ付きや何かの抵抗が無いかを

チェックしてみた所、僕の感覚では発進時に

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (11)少しフラ付きがある様に思ったのですが

オーナーに確認して貰う事にして

タンクを取り外し、ガソリンを抜き乾燥させ

ガソリン臭を消してから塗装屋さんへ送ります。

兵庫K様CB400事故復旧作業一旦完了 (12)と言う事で、取り合えずこれで兵庫K様CB400の

事故復旧作業は完了しました。

オーナーは着せ替え用タンクを所有しており

この状態ですが、一旦納車する事になります。


CP1.5号機用タンクリペイント完了

6月に塗装送りにした、CP1.5号機用バーニッシュブルータンクの

CP1,5号機用バーニッシュブルータンク仕上がり (1)塗装が仕上がって戻って来ました。

早速純正タンクキャップを取り付け。

CP1.5号機は一見当時風カスタム仕上げで

仕上げて、エンジンはCP1号機とほぼ同等の

CP1,5号機用バーニッシュブルータンク仕上がり (2)排気量523ccで仕上げる予定になってます。

キャップチェックは、貴重な拘りの

三角キャップを取り付けました。

今クランクも軽量加工に出しているので

仕上がってきたら、エンジンは先に組めそうですが

お客様の作業も沢山あるので、時間がある時にボチボチと

仕上げる事になるかなぁ…まぁそんな感じです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年07月19日

CB400Four用純正マフラー再販について4

【CB400Four用純正マフラー再販についてのお知らせ】
この情報は非公開だったので、ずっと黙っていましたが
何か知らない内に公開情報になっていたのでお知らせします。
この度CB400Four用純正マフラーがHONDAから承認を貰い
CB400Four純正マフラー製造会社三恵技研(SANKEI)より
数量限定若しくは期間限定受注生産にて再販される事が決まりました。
勿論、HONDAロゴ入り、SANKEIロゴ入りになります。
三恵技研さんの話ではシリアルナンバーが入るとの事です。
当時の製作図面も見つかり、細部にまで拘り製作し
以前ブログでご紹介した、マフラーテールコーン溶接部分は
CB400Fourデザイナー、故 佐藤允弥氏が拘った仕上げになります。
本体価格は¥198,000+TAXになる予定です。
試作品が出来上がったら、三恵技研さんから届く予定です。
一応CPでもこの純正マフラー販売代理店となるのですが
当初この再製作、再販に当たり数量限定なのか受注生産になるのかは
情報統制があり、また僕も詳しい事を聞かない様にしておりました。
まだ色々と知っていても言えない事ばかりなので
詳細はまた改めてお知らせする事になると思いますが
今現在CPでの購入予約の受付は可能になっておりますが
まだ試作品製作段階ですので手に入るまでは
それなりに時間が掛かりますので、その辺をご理解下さい。
HONDAロゴは入りますが、メーカーに注文しても販売はされておらず
購入は限られた販売代理店からしか購入は出来ません。
転売、及び転売業者排除の為、ある程度の縛りはあり
取扱店も限られた所からの、販売になります。
またシリアルナンバーについて、番号選択は出来ません。
予約順と、入荷順に従っての発送になりますので
ご理解の程よろしくお願い致します。
購入予約受付に関して、混乱防止の為メールのみでの受付とさせて頂きます。
【再販マフラー詳細】
エキゾーストマフラーCOMP 18300-377-305 1本
エキゾーストパイプ#1 18320-377-000 1本
エキゾーストパイプ#3 18420-377-000 1本
R.プレチャンバーバンド 18431-375-000 1個(ボルト付き)
L.プレチャンバーバンド 18434-375-000 1個(ボルト付き)


兵庫K様CB400事故復旧作業四日目

昨日は臨時休業を頂き私用を済ませ

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (1)本日は整形外科受診の為臨時休業。

で、割と早く病院も終わったので

シャッターは締めてますが、兵庫K様の

CB400事故復旧作業の続きに取り掛かります。

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (2)一番被害があったメーターヘッドライト周りですが

純正ヘッドライトリムは修復不能なのですが

奇跡的にも、ヘッドライトケースは無傷!

これはラッキーとしか言い様がありませんね!

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (3)純正ヘッドライトステーは曲がって居るので

無傷だったケースを取り外して

ヘッドライトステーを取り外しました。

ウインカー部分と下部取り付け部分の曲がりと

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (4)ヘッドライトケース取り付け部分が

かなり曲がっており、これを修正するのは

かなり大変な作業になりそうです…。

ヘッドライト周りを外したついでに

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (5)このハンドルストッパーも修正するのですが

L側ストッパーは今回の事故ダメージで

ハンドルを右に切ると、フロントフォークと

トップブリッジがタンクに干渉して仕舞います。

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (6)またR側のハンドルストッパーですが

これは以前からのダメージがあり

タンクとフォークのクリアランスが

本来なら5伉度はあるのですが

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (7)この車両は通常より少し狭いので

どうしようかと悩んでいる所になります。

取り合えず曲がったヘッドライトステーを

プレスで少しずつ修正をしてみました。

兵庫K様CB400事故復旧作業ヘッドライトステー修理 (8)湾曲していた部分はある程度元に戻ったかな?

上部ステーの曲がりも直して、修正時に入った

塗装の傷もリペイントして修正を済ませ

後は取り付けてから、全体的な物をチェック。

兵庫K様CB400事故復旧作業ハンドルストッパー修理 (1)と言う事で、ヘッドらいと周りが無い内に

ハンドルストッパーの修理に取り掛かります。

取り外せる配線は取り外して、後は溶接が出来る様

邪魔なワイヤー、配線類は横にどかせて固定。

兵庫K様CB400事故復旧作業ハンドルストッパー修理 (3)これでトーチが入るし、配線類も熱は入らない。

タンクは乗せたままですが、これは溶接で

ハンドルの切れ角を確認する為、少しづつ

肉盛りをして確認する為です。

兵庫K様CB400事故復旧作業ハンドルストッパー修理 (4)バッテリーのマイナスや、マイナス端子は

念の為、全て取り外してあるので

溶接のアース不良があっても大丈夫だし

アースも溶接する部分の直ぐ横で取ってます。

兵庫K様CB400事故復旧作業ハンドルストッパー修理 (5)これで両方共ステムのストッパー側に

肉盛りが出来きて、ハンドルの切れ角も

タンクに干渉しない様になりました。

これで後はヘッドライト周りを

兵庫K様CB400事故復旧作業ハンドルストッパー修理 (8)復旧するだけになりました。

これでハンドルの切れ角は

左右共同じ位になったかな!

焼けた所はリペイントしておきます。

明日は定休日で、部品などの引取りに名古屋へ出掛ける事になりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月17日

3年ぶり、夏を告げる祇園祭

3年ぶりに開催される祇園祭。
いよいよ本格的な夏になるなぁと感じますね!
祇園祭にはもう何十年も行ってないけどw
もう渋滞が凄いし、車を止める所が無いからねぇ…
と言う事で、本日は予定通り午後からお休みを頂きます。
明日も私用に付きお休みを頂きます。
明後日はOPLL経過観察の為病院へ行くので臨時休業になります。
よろしくお願い致します。


兵庫K様CB400事故復旧作業三日目

昨日はCB350Four用スイングアームの取付に手古摺り

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (1)予定していた作業が出来なったのですが

今日は午前中だけですが、早出出勤をして

少しでも事故復旧作業を進めてしまいます。

今日はこの曲がったフロント周りを分解して

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (2)被害状況を確認し、復旧作業に取り掛かります。

まずはこの曲がったフロントフェンダーですが

何とかしてある程度の修正が出来ればと思い

フェンダーのブレスを取り外して修正を試みます。

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (3)フェンダーの曲がりは大体こんな感じで

修正が出来たので、最後に組み付けながら

修正をする事にして、曲がったブレスも

ある程度まで修正を済ませました。

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (4)次にフロントタイヤホイールを取り外し

ホイールにダメージが無い事も

確認出来たので、被害としてはまだ

意外と軽傷だと思います。

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (5)フロントフォークを取り外して

捻っているステム、トップブリッジを修正。

後はフロントフォークのインナーが

曲がって居ない事を願いながら測定。

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (6)R側フロントフォークの曲がりをチェック。

何ヵ所かを測定しましたが、大きな曲がりは

無い様なので、取り合えずは一安心。

次にL側のフロントフォークをチェック!

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (7)多少曲がりはある様ですが、まぁこれ位なら

我慢出来る範囲だと思いますし

インナーチューブにはシワや段付きも

特に認められないので、このまま使っても

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (8)問題は無いと思うので、復旧します。

ステムトップブリッジも大きなダメージは無く

転倒で捻じれて居た程度だと思います。

フロントフェンダーもソコソコ良い感じに

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (9)修正が出来たので、ブレスを付けて

仕上げる事にするのですが

このロックピースが割れていたので

純正新品と交換してブレスを取り付けます。

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (10)フェンダーの曲がりもかなり分からない位に

修正が出来ましたが、擦れた傷は残ってます。

でも言われないと分からないと思います。

後は擦れた部分は錆止めの塗装をして置きます。

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (11)フロント周りの捻じれは取れたのですが

フロントフォークとトップブリッジが

タンクに干渉して仕舞います…。

今回転倒した時に付いたタンクの傷凹みヵ所と

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (12)一致するので、これは転倒した時に

ハンドルストッパーにダメージが入り

ハンドルの切れ角が増えた為、この様に

タンクに干渉してしまうと言う事なので

兵庫K様事故復旧作業フロントフォークチェック (13)このハンドルストッパーを修正しないと

この問題は解決しないと言う事になります。

曲がったヘッドライト周りを取り外した時に

この部分の修正をする事にして

今日の作業はここまでで終了となります。


peke_cb400f at 11:00|PermalinkComments(2)

2022年07月16日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日7月17日(日曜日)は午前中のみの営業となります。
明後日7月18日(月曜日)は私用の為臨時休業となります。
明々後日7月19日(火曜日)はOPLL経過観察診察の為臨時休業となります。
7月20日(水曜日)は定休日になりますので、合計4連休になって仕舞います。
また7月22日(金曜日)はSDC経過観察診察の為臨時休業になります。
来週は仕事より休んでいる方が多いのですが
合間を見て仕事はしていると思いますが
お店は21日と22日しか開いていません。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


強化パラソルフレーム装着チェック

前回の釣行で曲がってしまった、アルミフレームパラソルを

強化パラソルフレーム取付チェックステンレスパイプで強化したのですが

まだ装着チェックをしていなかったので

パラソルを車から降ろして、装着!

良い感じにステンレス強化フレームになり

これでもう曲がる事は無いと思うw


兵庫K様CB400事故復旧作業二日目

昨日はキャブレターオーバーフローとシリンダーヘッドの

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (1)増し締めなどを終わらせたので

今日はリアタイア交換に合わせて

スイングアームも交換するのですが

転倒歴があり、サブフレームが内側に

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (2)入り込んでいる為、これを修正しないと

スイングアームの交換が出来ない。

反対側のサブフレームとスイングアームの

隙間はこんなにあります。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (3)で、こちらは一応転倒歴が無いはずの物。

本来、これ位は隙間があるのですが

右側に転倒すると、マフラーにサブフレームが

押されて、スイングアーム側に入り込みます。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (4)これをタイヤを外すタイミングで修正をして

スイングアームをCB350Four用と交換し

スイングアームの剛性を上げると言う作業。

スイングアームは既に塗装されていますが

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (5)リアショックのアンダーラバーは

交換されておらず、このままでは残念なので

新品に交換してから取り付ける事にします。

CP製スイングアームアンダーラバー脱着専用

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (6)SSTを使って、サクサクっと交換しました。

これでスイングアームの準備は整いました。

後、チェーンカバー取り付け部分のタップを

バカ穴に加工して置けば完璧です。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (7)と言う事で、タイヤホイールを取り外し

サブフレームがどれ位曲がって居るのかと

サブフレーム間の幅を測定して見ると

サブフレーム間の幅は思った程

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (8)狭くはなってはいなかった…

L側が広いのか?何だか嫌な予感しか

感じなかったのですが、取り合えず

サブフレームの幅を広げる事にして

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (9)CB400Four用スイングアームを

取り外してCB350Four用スイングアームを

取り付ける準備に取り掛かります。

一人で作業する事や、フレームを固定する事が

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (10)出来ないので、R側だけを引っ張り出す事は

少々困難な作業になる為、サブフレーム間に

パンダジャッキを入れてサブフレームを

広げるのですが、L側も広がる為後で

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (11)L側は元の位置に修正する事になります。

またR側を広げ過ぎるとメインスタンドが

掛からなくなるので、程々に広げました…

センターカラーにはモリブデングリスを

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (12)たっぷりと塗って入れたのですが

恐らくスイングアームに入っているブッシュは

純正のブッシュでは無い様で、動きが渋かった。

しかも、フレーム若しくはスイングアーム

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (14)それともピポットシャフトが曲がって居るのか

ピポットシャフトを入れる時、ねじ山が潰れた…。

仕方が無いので、僕の手持ちを入れたのですが

少し硬かった程度ですが、何とか入りました。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (16)元々入っていたピポットシャフトも

ねじ山にダメージがあったので、やはり…

フレームに何らかのダメージがあるのかも…?

取り合えずスイングアームとサブフレームとの

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (17)クリアランスは確保出来て装着も完了。

グリスニップルからモリブデングリスを入れて

スイングアーム交換作業は完了しました。

こんなに苦労するとは思って居なかった。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (18)後はメインスタンドがストッパーにちゃんと

掛かってくれる事を願うだけなので

チェーンカバーを取り付けて

交換したタイヤホイールを装着します。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (19)何故か少しドライブチェーンが張ったので

チェーンアジャスターで調整をしました…。

思っていたよりも作業が手古摺りましたが

何とか取り付けが完了しました。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (20)で、最後の所になるメインスタンドと

ストッパーの掛かり具合ですが

やはり掛かりが薄くなっているので

センタースタンド側で修正をして

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (21)ストッパーゴムとの掛かりを深くしました。

何処かのバランスが悪いと、色々な所で

ちょっとづつバランスを取って行かないと

何処かで不整合が出て来ます。

今回フレーム側が悪いのか、CB350Fourのスイングアームやブッシュなど

少しづつアンバランスが出て来た可能性がありますが

無事にオーナーからの依頼はクリアー出来ました。

兵庫K様CB400事故復旧作業スイングアーム交換 (22)因みに念の為入らなかったCB350Four用

ピポットシャフトを別のフレームに差し込んで

チェックした所、入るには入ったのですが

やはり多少曲がって居る様で

ピポットシャフトが入る位置を探さないと

奥までピポットシャフトは入り難かった。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年07月15日

パイナップル観察日記

ここ数日は天気が悪いのですが
水やりをしなくて済んでいるので助かってるかな?
毎朝出勤して来て、シャッターを開ける時
パイナップルの安否確認と、成長具合が今の日課。
日に日にパイナップルらしくなって来ているので見ていて楽しい。
嫁が植えた朝顔と白い向日葵もスクスクと成長しているので
花鳥風月の花の段階に入り、歳を取ったなぁと思います。
先日も嫁の妹に言われたのですが
「おねーちゃん、こんな男と何十年もよう一緒におるな」…
最近は僕も丸くなっていると思っているのに
周りからはそう思われて居ない事が多いのが
僕は納得できない!


CP製ハイパワー強化オイルポンプ

以前ハイパワー強化オイルポンプをご購入頂いた方が

CP製ハイパワー強化オイルポンプ (1)エンジンに未装着のままで保管してあった

強化オイルポンプを今回フルレストアに合わせ

「極み」にバージョンアップされる事になり

引き取らせて頂いた物になるのですが

CP製ハイパワー強化オイルポンプ (4)アゲイン製ミッション用強化オイルポンプの

新品を何個か在庫してあったので

ハイパワー強化オイルポンプに取り付けて

フル強化オイルポンプにしてみました。

近日中に某Yオクに出品する予定ですので

よろしくお願い致します。


再メッキパーツ

幾つかのクロームメッキパーツをお預かりしており

CB400Four用メッキ部品下地処理メッキ送り「仕上がりは何時でも良いよ!」と言われ

結構放置状態だったのですが

やっと下地処理を済ませて

メッキ屋さんへ送る事になりましたw

何時でも良いよと言われると、本当に何時になるか分かりません…

ごめんなさい。


CP1.5号機用クランクケース準備

ちゃんと仕事をやり出したら、忘れない内にやって仕舞わないと

CP1,5号機用クランクケースブラスト (1)これもまた、何時本気でやり出すか

分からないので、クランクケースを

やっとブラストで仕上げました。

アッパーケースはボーリングに出すのですが

CP1,5号機用クランクケースブラスト (2)ロアケースに少々問題が見つかった…

ついでなので、このロアケースの問題も

直せる物かをテストしようと思います。

これが直せたら使えるエンジンも増えるかもね。


兵庫K様CB400事故復旧作業

まだ部品は揃って無いし、PITの都合もある事から

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (1)本格的な復旧作業にはまだ取り掛かれないのですが

まずはキャブレターオーバーフロー原因から

調査に入る事にします。

転倒してから急に#2からガソリンが

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (2)オーバーフローする様になったとの事で

単純にフロートが引っ掛かっているだけだと

思うのですが、全ての不安要素を排除する為

分解掃除をする事にします。

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (3)フロートチャンバーを取り外し

キャブの中を目視で見る限りでは

ゴミなどは存在していなかった…?

フロートをチェックすると#1の方が

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (4)油面が高いのに、何故か#2は油面が低かった。

これは何かおかしいなぁ?と思い

フロートを取り外しバルブをそっと抜いて

バルブの中を覗き込んで見ると!

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (5)あ!何か細長い物が居る!こいつだ!!

と言う事で、そーっとほじくり出して

物をチェックすると、何とまぁ

細い真鍮状の針金みたいな物が出て来た!

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (6)何でこんな物が入り込んでいるんだ?

と言う疑問?何処からこんな物が入り込んだ?

キャブレターには真鍮部品が色々と使われており

何処かから剥離した物か?と見まわすも

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (7)何も見つからないので、バルブに詰まっていた

物の特定は出来なかったけど

オーバーフロー原因はこれでハッキリとしたので

大きな心配はしなくても良さそうかなぁ。

兵庫K様CB400事故復旧作業キャブレター掃除 (8)これで油面を調整して復旧完了です。

車体に取り付ける前にシリンダーヘッドの

増し締めも依頼されているので

キャブを取り付ける前に増し締め作業。

兵庫K様CB400事故復旧作業シリンダーヘッド増し締め (1)ヘッドカバーを取り外します。

この時ねじ山上りが2ヵ所見つかりましたが

1ヵ所はカムチェーンが通る例の場所なので…

取り合えずシリンダーヘッドを増し締め。

兵庫K様CB400事故復旧作業シリンダーヘッド増し締め (2)全体的にはほぼ締まらなかったので

ちょっとトルクを多めに掛けて少し

締まった程度なのでこれで様子を見て下さい。

カムチェーンも緩んでいたので調整をして

兵庫K様CB400事故復旧作業シリンダーヘッド増し締め (3)1ヵ所はねじ山上りの修正が出来る場所なので

ガムテープで切り粉がエンジン内に入らない様

しっかりと養生をしてパイロットタップを立てて

ヘリサートを入れてねじ山修正が完了。

兵庫K様CB400事故復旧作業シリンダーヘッド増し締め (4)カムチェーンホール横は多少ですが

トルクが掛かったので、また次の機会があれば

修正する事になると思います。

ヘッドカバーガスケットを交換し

兵庫K様CB400事故復旧作業シリンダーヘッド増し締め (5)タペットキャップOリングも新品に

交換してヘッドカバー取り付けも完了。

分解掃除が完了したキャブレターを取り付けて

エンジンキャブレター周りの作業は完了。

兵庫K様CB400事故復旧作業シリンダーヘッド増し締め (6)これでキャブにガソリンを流し込み

オーバーフローが収まった事も確認。

エンジンを始動させて実働チェック!

エンジンが冷えているせいなのか?

兵庫K様CB400事故復旧作業シリンダーヘッド増し締め (7)タコメーターの動きが鈍いのか?

アイドリングが低いのですが

問題無くエンジンは始動しています。

今朝車両を動かす時に、車両がやたらと重いなぁ…

兵庫K様CB400事故復旧作業リアタイヤ入荷 (1)と思っていいたら、何故かリアタイアの

空気が無くなっていたのですが

タイヤは交換する予定だったので既に発注済み。

本日サイズアップしたリアタイヤが

兵庫K様CB400事故復旧作業リアタイヤ入荷 (2)入荷して来たので明日リア回りの

作業に取り掛かるのですが

エアーが抜けている原因を調べたら

タイヤに何かが刺さっているのを発見!

兵庫K様CB400事故復旧作業リアタイヤ入荷 (3)釘か何かかと思って抜いてみたら

残りのエアーがシューっと抜けて来たので

やっぱりこれがパンクの原因だったのか!

と思い、刺さった物をチェックすると

兵庫K様CB400事故復旧作業リアタイヤ入荷 (4)何とまぁ先が尖った石だった…!

ひょっとすると転倒した原因はリアタイヤの

空気圧不足が原因で転倒したのかも…?

いずれにせよ、スリップサインが出ているタイヤは

小石でもパンクすると言う事で、早めの交換が望ましいでしょう。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月07日

ハイエースエアコンとシート修理

以前からですが、ハイエースのエアコンの送風量が少なく
エバポレーターが詰まっているんだろうなぁっとは
思っていたのですが、流石にこの暑さには危険を感じるので
エバポレーターの掃除に出して来ました。
ついでにレカロのシートも修理に出す事にしたのですが
納期が2週間〜なので、当分は純正シートになります。
仕上がりが楽しみです。


高槻S様CB400F継続車検

流石車検スーパー晴れ男!天気予報は曇り時々雨の予報だったけど

高槻S様CB400F継続車検220706 (1)検査場に行ってみると、路面は乾き始め

空は曇り処か、太陽が出て熱い!

で、何時もの京都南はのんびりとした空気感w

ササっと受付と書類のチェックをしてもらい

高槻S様CB400F継続車検220706 (2)1コース4番目に並ぶ、何時も通りの込み具合で

9時検査スタート、光軸、光量など何時も通り

一発合格で、9時10分全ての検査が合格し

新しい車検証が出来上がり、店に戻るw

高槻S様CB400F継続車検220707 (3)で、今日は現状復旧作業に取り掛かります。

まずはバッ直配線を取り外し復旧。

俗に言うブースターリレーを取り付けると

毎回のこの作業をしなくて済むし

高槻S様CB400F継続車検220707 (4)実際にヘッドライトも明るくなるのですが

夜乗らない、そんなにライトを使わないのであれば

特に取り付ける必要な無い物になるかな?

で、車検標章ステッカーを何時もの様に

少し斜めに貼る!これで高槻S様CB400Fの継続車検が完了しました。


35年ぶりのカキモトレーシング

今から35年以上前、GS130Z改の頃トラストやカキモトに

マスタングマフラーワンオフ製作35年ぶりの柿本レーシング (1)よく出入りしていたのを思い出し

久しぶりにカキモトレーシングに行って来ました。

当時の顔見知りのスタッフはもう誰も居らず

何だか少し寂しかったけど、営業スタイルは

マスタングマフラーワンオフ製作35年ぶりの柿本レーシング (2)良い意味で当時とあまり変わっていない。

マスタングのマフラー製作についてスタッフと

色々とお話をして、一旦マフラーを取り外して

直管で排気音を聞き、音質をチェック!

マスタングマフラーワンオフ製作35年ぶりの柿本レーシング (3)僕的には直管でも良いと思った物のw

そこは大人のチューニング、重低音で

身体に感じる音を楽しむようなイメージの

マフラーを製作して貰う事にしました。

でも多分かなり音量は大きくなると思うけどねw


初期Z750RSキャブレーター分解掃除

防犯上の為、Z750RSの作業保管場所を別の所に移しており

枚方T様初期Z750RSキャブレター分解掃除 (1)昨日はそこでキャブレターの分解掃除。

掃除したプラグは既に真っ黒だったので

取り合えずは、キャブレターの調整をしてから

点火系やタペット調整をする予定になってます。

枚方T様初期Z750RSキャブレター分解掃除 (2)取り外したキャブはかなりデロンデロンに

汚れていたのですが、綺麗に洗浄をして

パッキンなどの部品入荷待ち状態です。

内部の状態はかなり良いのは助かりました。

枚方T様初期Z750RSキャブレター分解掃除 (3)これで調子が上がればラッキーです。

ZによくあるACGからのオイル漏れは

今の所無いのですが、不動から5年が経過し

あちこちのゴムが死んでいるので

ACGのゴムも交換する事にします。


京都GTH号CB400Fガソリンタンクタンクライナー除去完了

結構時間が掛かって仕舞いましたが

京都GTH号CB400Fタンクライナー除去完了板金塗装送りやっとタンクライナーの除去が完了し

板金塗装に出せる状態になりました。

念の為の錆取りをして、エアブローをしたら

残っていたタンクライナーのカスが

店中に飛び散ってえらい事になったけど、タンクライナーが綺麗に取れました。


CP中古車CB400Fメンテナンス準備

お立ち台に上がっていた、現在商談中の逆車CB400Fを下し

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (1)代わりにエリックのハンターカブ

CT110を乗せました。

一応現状渡し車両なのですが

商談中の方には電装系とキャブ

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (2)オイル漏れなどの整備は最低限必要な事は

お伝えしており、インジケーターランプが

点灯しないので、ヘッドライトケース内の

配線をチェックするとインジケーター側のギボシが

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (3)断線して居た事が判明したので修理をしました。

後はメインハーネス交換などの電装部品チェック

シリンダーヘッドカバー付近からの

オイル漏れ修理とキャブレターのオーバーフロー

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (4)エンジン自体の調子は良いので

まずはそこら辺の整備と、納車整備を

行う予定で、お立ち台から車両を下しました。

契約が決まり次第、整備に取り掛かる予定です。

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (5)キャブのオーバーフローはかなり酷いので

開けてみないと分かりませんが

それでもお買い得な車両だと思います。

問題はオイル漏れの重症度位で

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (6)ヘッドカバーを開けた時に増し締めや

シーリングワッシャーなどの交換を

行うかも知れず、それでオイル漏れが

止まってくれたらラッキーだと言う事で!

来週には事故修理車両も入庫して来るので

ご購入希望の方に早々に連絡をして、作業に取り掛かります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月05日

台風4号上陸明日の天気は?3

梅雨明けから直ぐ気温が40度近くまで跳ね上がり
そして台風も上陸してきやがった!
明日の定休日は朝から高槻S様の継続車検に行って
カキモトレーシングにマスタングのマフラー製作の
相談と見積もりをしてもらうつもりだったけど
仕事の都合で行けるかどうか微妙な感じになって来た。
まぁ兎に角明日の車検は雨さえ降らなければそれで良い。


京都GTH号CB400Fタンクライナー除去仕上げ

今朝出勤して来ると、店の中が懐かしいトルエンの臭いが充満して

京都GTH号CB400Fタンクライナー除去仕上げ (1)色々と都合が悪いので、タンクに入っている

溶剤を全部捨てて、中の状態をチェック

隅っこの方は少し残っているけど

ほぼタンクライナーは取れたので

京都GTH号CB400Fタンクライナー除去仕上げ (2)板金が出来る状態になった。

溶剤を廃油入れに流し込んで

剥離したタンクライナーはこんな感じです。

まだ中にもかなり残っているので

京都GTH号CB400Fタンクライナー除去仕上げ (4)タンクを水荒いして、残ったタンクライナーの

残骸を洗い流したら、排水溝のフィルターが

こんな感じになって詰まってしまったw

嫁に怒られるので、後で綺麗に掃除して置きます。

京都GTH号CB400Fタンクライナー除去仕上げ (5)で、念の為タンクの錆取りも実施。

タンク内に錆びは余り無いけど

これで残ったタンクライナーも多少は取れる。

でも、明日このタンクの乾燥をしないと

いけなくなったのはタイミングが悪かったかなw


アルミパイプからステンレスパイプに変更

前回製作した筏釣り用パラソルスタンドの強度は大変良かったのですが

筏釣り用強化パラソルシャフト (1)パラソル本体のシャフトが軽量の為

アルミパイプ仕様になっており

強化したパラソルスタンドには問題が無く

強風でもちゃんと耐えたのですが

筏釣り用強化パラソルシャフト (2)パラソル本体のアルミパイプが

パラソルスタンドの根元から曲がったw

なので、SUSの外径、肉厚、内径が同じ物を

購入して、強化版のパラソルを作ろうと思い

筏釣り用強化パラソルシャフト (3)材料を探して発注したのですが…

切り売りは無く、850个離僖ぅ徑澆靴気

4mの材料を購入しないと手に入らなかった…。

まぁ仕方が無いけど残った3m以上のパイプは

筏釣り用強化パラソルシャフト (4)もう使う事は無いと思う…。

取り合えず必要な寸法に切断して

オリジナルのアルミパイプと同じ様に

加工をして、使える様にします。

筏釣り用強化パラソルシャフト (5)で4mのパイプから850个離僖ぅ廚鮴K\擇蝓

残った3mのパイプは邪魔なだけだけど

そっと奥に片付けました…材料費と送料も

まぁ高いんだけどねぇ…もう使わない…。

筏釣り用強化パラソルシャフト (6)で、オリジナルと同じ様に加工をする為に

寸法を測定し、使える様に加工をします。

この四角い抜き穴はどうやって加工しようかと

かなり悩みましたが、シコシコと削りました。

筏釣り用強化パラソルシャフト (8)パラソルの高さを調節する穴も開けて

ステンレスなので、内側に結構なバリが出て

それを綺麗に取るのも結構手間と時間が掛かり

やっと形になりました!

筏釣り用強化パラソルシャフト (9)パラソルのストッパーアダプターを取り付けて

これでシャフトの強化が出来上がりました。

パラソルスタンドと、シャフトの補強が出来たので

今度はパラソル側が曲がるかも知れないなぁ…。

お高いパラソルで、風抜き穴はあるんだけどねぇ…。

これで次の釣行が楽しみになって来ました!


RCフォア涙の乗り換え準備

もうご存じの方も多いと思うのですがRCフォア乗り換えの為

220707本日のご来店枚方旧RCB400Fノーマルに戻しながら乗車中のこの車両。

車両販売の事や、この先の事について色々と

関係者の方々が協力し合いをしており

オーナーの希望に添え、良い方向になる様

オーナーと相談をしている所です。

旧RCフォア、新オーナー募集中です!

よろしくお願い致します。


CP1.5号機テスト用ピストン入荷

現在エンジンO/H中のCP1号機ですが

CP1,5号機用ハイコンプピストン選定 (1)ついでに1.5号機用エンジンのピストンの

選定もやってしまう事にして

候補のピストンを仕入れて検証をします。

CP1.5号機は燃焼室の加工はせずに

CP1,5号機用ハイコンプピストン選定 (2)ハイコンプピストンを使おうとしています。

ピストンピン径は15Φでキャリロ社の

コンロッドを使い、新たに軽量クランクも

製作して、キャブはFCRでは無く

CP1,5号機用ハイコンプピストン選定 (3)ヨシムラミクニTMR MJN仕様でと思ってます。

ピストンも想定通りの形状で523cc〜528ccまで

対応が可能なピストンで、そこまでハードな

ハイコンプでも無いので、問題はピストンと

CP1,5号機用ハイコンプピストン選定 (4)バルブのクリアランス位になりますが

バルブリセスの加工は特に気にしていません。

シリンダーヘッドも問題無く搭載出来るし

CP1.5号機のエンジンは仮組をして

バルブクリアランスを測定して、加工する必要があるのかを

今後の課題になると思います。

ピストンピンが15Φになると、流用出来るピストンが多く

エンジンもキャリロのコンロッドにしてから壊れていないので

この所、財布にとても優しくて助かってます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年07月04日

CP中古車商談中3

お立ち台に上げていた中古車両の逆車408ccを
ご購入頂く予定になり、現状価格から諸々の整備費と
諸経費などを見積し、提出しご納得頂けたら
ご購入と言う方向で、現在商談をしております。
商談が成立すれば、整備に取り掛かる事になるので
サクサクっと仕上げて、納車をする予定です。
その他にも修理入庫の予定もあるので
台風が通り過ぎてから、また忙しくなりそうです。


京都GTH号タンクライナー除去中

以前テストしたタンクライナー除去は、テスト用で手に入れたタンクの

京都GTH号タンクライナー除去途中経過タンクライナー施工不良があった事もあり

結構直ぐ綺麗に取れたのですが

流石僕がやった奴に限っては

しっかりと施工されているので

京都GTH号タンクライナー除去仕上げ (1)前回のテストで思った程綺麗に取れないw

少し時間が掛かりそうな感じですが

確実に溶けているので後は時間との勝負…

タンクをイングリモングリして

京都GTH号タンクライナー除去仕上げ (2)溶剤を動かして流して見ると、結構取れた!

と言う事でラッカーシンナーを3ℓ補充しました。

これでもうちょっと放置してみるのですが

前回はこのパターンでタンクライナーが

ほぼ取れたので、ここまで来れば多分大丈夫でしょう。


CP1号機シリンダー痛恨の加工ミス

今までシリンダースリーブを他車種流用で使用していた事もあり

CP1号機スリーブの長さ痛恨のミス (1)今回用意したボーリング済みの物は

CB400Fourのサイズでスリーブを作ったので

1.5伉スリーブの出が長く、クランクケースの

ボーリングが浅い為、干渉する事が分かった…。

CP1号機スリーブの長さ痛恨のミス (2)ピストンピンサイズを14Φから15Φに

上げる事に伴いボアも57.5Φ、519ccから

57.75Φにボアアップし523ccに変更するので

あらかじめボーリングして用意してあったのですが

CP1号機スリーブの長さ痛恨のミス (3)スリーブの長さまでは気が回らなかった…。

なので、今まで使っていた短いスリーブ側の

シリンダーを急遽57.75Φにボーリングを

する事にして、内燃機屋さんへ送ります。

CP1号機スリーブの長さ痛恨のミス (4)まぁこれがお盆休み中の事だったら

どうしようもない事になっていたので

早めに作業に取り掛かって良かったと思います。

このクランクケースとシリンダーの隙間が…。

CP1号機スリーブの長さ痛恨のミス (5)クランクケース側のボーリングが浅いので

干渉すると言う事になります。

てっきり僕は最後まで削ってある物だと

思っていた事も悪いのですが…

CP1号機スリーブの長さ痛恨のミス (6)次の1.5号機のクランクケースは

このシリンダーでボーリングをしてもらいます。

次やるとすれば58Φにボーリングして

限界の528ccになると思います。

CP1号機2022年仕様シリンダーヘッドリコイル (1)一応ピストンの上死点を出して

ピストンと燃焼室をハートに加工した

シリンダーヘッドとのクリアランスを測定し

干渉しない事は確認出来たので

実圧縮もかなり上がる計算になってます。

シリンダーヘッドも3ヵ所リコイル修正をしました。

CP1.5号機もシリンダーヘッド燃焼室を加工し

クランクも軽量化するので、同じ仕様のエンジンになる予定です。


京都Y様ダックスST70特注マフラー製作

今手に入るダックスマフラーの形状がどれも同じなので

京都Y様ダックスST70特注マフラー製作今回特注で製作する事になり。

一応今の形から変更する為にサンプルで

現状のマフラーを送る事になりました。

オーナーの好みに合わせて、何でも作ります。

他の部品も今月中には入荷する予定なので

ダックスも今月中には仕上がると思います。


リプロテールライトブラケット用補修部品

リプロ品のテールライトブラケットの下側取り付け部分の強度が低く

リプロテールライトブラケット補修部品 (1)クラックが入り割れて仕舞う事が多いのですが

そこが割れてしまっただけで使えなくなるのは

とても惜しいので、純正と同じ強度を持たせた

補修部品を試作してみました。

リプロテールライトブラケット補修部品 (2)溶接での補修となり、メッキもされて居ないので

最終的には再メッキか、シルバーで塗装を

するかになってしまうのですが

強度不足で割れてしまったリプロ品の

テールライトブラケットがこれで蘇ります。

まだ量産はしていませんが、一応試作が完成しました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年07月03日

タンクライナー除去3

昨日まで猛暑日で、今朝の酷い大雨には参った!
もう玄関から出たくない位酷い降り方だったねぇ。
何か今週の天気は、こんな感じの天気になるらしいけど
もう少し雨も降り方ってもんがあるんじゃないかと思った。
今週車検の予定があるんだけど、大丈夫なのか?
車検だけスーパー晴れ男にもついに土が付くのか!


大阪U様CB400Fourリアハブスプロケダンパー交換

先日持ち込まれた、リアタイアホイールの

大阪U様CB400Four用リアハブスプロケダンパー交換 (1)スプロケハブダンパー交換のご依頼。

スプロケを取り外すと、ダンパーは既に

剥離状態の様に痛んでいた…。

タイヤが取付いている状態なので

大阪U様CB400Four用リアハブスプロケダンパー交換 (2)ダンパーを抜いた後の掃除方法が大変ですが

取り合えずダンパーを破壊して取り外します。

スプロケダンパーを取り外すとリアハブ内が

錆でドロドロになっているので

大阪U様CB400Four用リアハブスプロケダンパー交換 (3)パーツクリーナーで綺麗に洗浄して汚れを除去。

新しいスプロケダンパーを打ち込みます。

これがハブだけなら、作業はもっと

やり易いのですが、タイヤまで付いているので

大阪U様CB400Four用リアハブスプロケダンパー交換 (4)結構作業がやり難くなります…。

今回はこの状態で手に入れたらしいので

仕方がありませんが、ベアリングリテーナーも

奥まで捻じ込まれていないので、きっと

ねじ山もダメかも知れないなぁ…取り合えずは完成です。


京都GTH号ガソリンタンク内タンクライナー除去

凹んでしまった408純正タンクですが

京都GTH号タンクライナー除去 (1)タンク内にタンクライナー処理をしてあるので

板金が出来ない為、タンクライナーを

除去してから板金塗装に出します。

以前テストした溶剤を一斗缶で購入し

ワコーズタンクライナー除去溶剤一斗缶実際に使うのは4ℓ程で十分だと言うのは

検証済みなので、ガソリンを抜いて

乾燥させていたタンクにこの溶剤を流し込み

タンクライナーを除去します。

京都GTH号タンクライナー除去 (2)こんな感じでタンクの中はランクライナーが

施されている状態になります。

ここに溶剤を流し込んで時々撹拌させて

タンク内部全体に施されているタンクライナーを

京都GTH号タンクライナー除去 (3)溶かすのですが、溶剤がきついので

少し手に掛かっただけで、ピリピリと痺れるし

臭いもきつく、いかにも身体に悪そうな

溶剤なので、取り扱いには注意が必要で

京都GTH号タンクライナー除去 (4)一般ルートでは販売されなくなっていました。

揮発性も高いので、タンクコック部分は

ゴムの蓋をするのですが、この蓋も直ぐに

揮発する溶剤でデロンデロンに伸びて仕舞います。

これで暫く放置しながら、時々混ぜたりする管理が必要になります。


CP1号機エンジン分解腰下

昨日腰上を分解して下したエンジンですが

CP1号機腰下分解掃除220703 (1)今日は腰下の分解作業に取り掛かります。

まずはピストンを取り外しました。

14Φのピストンピンは曲がって無かったw

かなりローコンプピストンなんですが

CP1号機腰下分解掃除220703 (2)ピストンリングが現行の物になる為

オイル上がりが酷かったので

もうこのピストンを使う事は無いと思います。

何でこんなフラットなピストンを使うのかは

CP1号機腰下分解掃除220703 (3)後でご理解頂けると思います。

当時RSCから出ていたフルクロスミッション用

シフトドラムセンターですが、逆シフトなので

CP製シフトドラムセンターが使えるかどうかと

CP1号機腰下分解掃除220703 (4)思って比較してみた所、ストッパープレートの

形状が違うだけで、シフトドラムセンターは

純正と同じだったので、こりゃぁやっぱり

CP製強化シフトドラムセンターを使うよねぇ!

CP1号機腰下分解掃除220703 (5)取り付けた時はこんなに摩耗してなかったのにね。

で、サクサクっと腰下を割りました。

当分見る事が無かったはずの臓物達…。

次開けるのは、せめて2.3年後にしたいなぁw

CP1号機腰下分解掃除220703 (6)貴重なRSCフルクロスミッション!

WPCで仕上げてあり、特に摩耗もありません。

ベアリングも問題無いので、洗浄して使います。

勿論オイルシールは新品に交換になります。

CP1号機腰下分解掃除220703 (7)軽量クランクとキャリロコンロッド14Φ。

ジュラルミンカムチェーンテンショナーアーム。

キャリロコンロッドの締め付けトルクが

何Nmだったのか思い出せないので調べないと…。

CP1号機腰下分解掃除220703 (8)シリンダーヘッドを洗浄してカーボンを除去。

当時車のシリンダーヘッド燃焼室加工の定番

溶接で肉盛りし俗に言うハート型の

燃焼室に加工してあるので、ピストンが

CP1号機腰下分解掃除220703 (9)フラットじゃないとだめなんですよねぇ…

と言う事で、ロアケースの洗浄が終わり

取り合えず乾燥させてます。

後でパーツクリーナーで洗浄してエアブローです。

CP1号機腰下分解掃除220703 (10)続いてアッパーケースの洗浄も完了!

クランクメタルは問題無く使えるので

用意はしてあったのですが、このまま使います。

ただプライマリ−チェーンがかなり

CP1号機腰下分解掃除220703 (11)伸びていたので、交換する事にしました。

軽量スターティングリダクションギアー

車で言うフライホイールの軽量ですね。

CP1号機のエンジンはこんな感じになってます。

CP1号機腰下分解掃除220703 (12)で、プライマリーギアーが滑っていたので

本体をチェックすると、定番の不具合が出ていた。

CB400Fourのウイークポイントの一つですね。

で、乾式クラッチと言う事もあり

CP1号機腰下分解掃除220703 (13)ダンパーラバーもヘタっておりガタガタな上に

ドリブンスプロケットハブ取り付けの

M6皿ビスが断裂していた事も判明した…。

やっぱりパワーが上がると、こう言う所に

CP1号機腰下分解掃除220703 (14)マージンのしわ寄せが来るんだなぁ…。

で、今回使うのはCB350F用NOS品

新品のプライマリーギアーを使います。

これはCB400Four用と違いカバーが無いので

CP1号機腰下分解掃除220703 (15)同じ様な不具合などがあればオイルパンを外し

このカシメている所を腰下を割らずに

修理が出来るかも知れないと思い

今回はこれを使う事にしました。

CP1号機クランクコンロッド組み立て220703 (1)ボルト折れは想定外でしたが、ダンパーゴムが

思いの他にヘタっていたり

せめてボルトは強度を上げる事も

今後の課題にするとして、取り合えず

CP1号機クランクコンロッド組み立て220703 (2)プライマリーチェーンは少し伸びているので

新品に交換する事にしました。

で、キャリロコンロッドボルトの

締め付けトルクを調べていたら

CP1号機クランクコンロッド組み立て220703 (3)箱の中に表が入っていて、よく見ると

締め付けトルクが書いてあったので

記憶と照らし合わせて中間ぐらいで

締め付ける事にしました。

CP1号機クランクコンロッド組み立て220703 (4)これでクランクに新しいキャリロの

15Φコンロッドが取り付きました。

もうここまで来れば、後はサクサクっと

出来ちゃうので、ポイポイっと具を入れて

CP1号機腰下組み立て220703 (1)はい!何時もの記念撮影!

2022年仕様のCP1号機エンジン腰下の

組み立て準備が整いました!

で、サクサクっとボルトを締め付けて

CP1号機腰下組み立て220703 (2)取り合えず腰下が完成しました!

テスト用部品がまだ仕上がって来ないので

腰下の組み立てはここまでで一旦終了。

後は明日以降腰上の組み立てに取り掛かります。

本気だとエンジン分解組み立ても、結構早いねw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月23日

初期Z750RS火の玉3

先日引き取って来たZ750RSは、初期の火の玉で
ノンレス、ワンオーナー、フレ番800番台と言う車両だった!
これはヤバい!と言う事で、車両は店には置けないので
他の所で管理をする事にしました。
オーナーと打ち合わせをする都度運んで来るのですが
管理上オーナーにも保管場所は言えません…
面倒ですが、盗難リスクを減らす為にも
貴重な車両を管理する上で必要な事ですから…。
ブログに載せるのも作業が終わって、納車してからになりそうだなぁ。


京都Y様Z750RSプラグ交換

純正キャブレターのセッティングがかなり濃い上に

京都Y様Z750RSプラグ交換 (1)プラグがイリジュウムに交換されており

エンジン始動時にカブると何度も面倒なので

プラグをイリジュウムから普通のプラグに

交換してしまう事にしました。

京都Y様Z750RSプラグ交換 (2)キャブは純正から乗り易く扱いやすい

FCRに交換する予定になっています。

取り外したプラグはやはり真っ黒で

#2.3はやっぱりカブって濡れてました。

京都Y様Z750RSプラグ交換 (3)点火と燃料がが管理されたインジェクション車と

アナログでカブる可能性があるキャブ車に

イリジュウムプラグを取り付けると

カブった時に面倒だと言う理由になります。

イリジュウムがダメって言う事では無く、エンジンの調子が良くて

点火系にも燃料供給にも問題が無い車両があれば

イリジュウムでも問題は無く、かえって調子が良いかもね。


CP14号機バリアブルスロットル

ヨシムラミクニTMR MJNを取り付けてある14号機なのですが

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (1)ハイスロ過ぎて純正でも扱い難いスロットルを

他社純正バリアブルスロットルパイプに交換し

取り付けていたのですが、貫通タイプな上に

グリップ交換が出来ないし、何ならグリップが短く

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (2)以前から気に入らなかったのですが

今回他社製バリアブルスロットを加工し

CB400Four用グリップを取る付けられる様に

やっと加工をして取り付ける事にしました。

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (3)と言う事でこの一体になった

バリアブルスロットルのグリップを切断し

パイプだけにし、パイプを加工して

CB400Four用純正グリップに

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (4)交換して取り付けて、やっとスッキリ!

ヨシムラから販売されているロースロでも

まだ扱い辛く、価格も高いのですが

こちらも本体価格や手間を考えれば

お高くなってしまうのですが、これでかなり扱い易くなりますし

CB400Four純正グリップが付けれたので、費用よりスタイルですねw


京都T様CB400内燃機加工仕上がり

内燃機加工に出してから約1ヵ月程で戻って来たエンジンクランク。

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (1)ダイナミックバランスとラッピングが

終わったので、クランクメタル再計測です。

オーナーがエンジンの振動が凄いのでとは

聞いていたのですが、ダイナミックバランスの

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (2)加工痕を見ると、かなりバランスが悪かった事が

分かる位、バランス加工がされていました。

これでエンジンの振動は解消されるはずです。

爪が日掛かる位荒れていたクランクも

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (3)ラッピング加工でこんな感じで

綺麗に仕上がってます。

これでメタルを痛める事も無くなりました。

と言う事で、メタル測定をもう一度やり直し。

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (4)最初の測定と比べた測定結果は

1ヵ所だけクランクメタルが変わっただけで

他は前回の測定と同じ程度だったので

クランクメタルも、今出る物が使えるので一安心。

早速メタルを発注したので、部品が入荷すれば

エンジンの組み立て作業に取り掛かれると思います。

早ければ、今月中には納車が出来るかも!


京都GTH号事故復旧作業三日目

追加注文した部品が本日入荷して来たので

京都GTH号ハンドルストッパー交換 (1)最終の仕上げに取り掛かります。

まずは破損していたハンドルストッパーを交換。

右が既存の旧アゲイン製ハンドルストッパー

左が同じアゲイン製新型ハンドルストッパー

京都GTH号ハンドルストッパー交換 (2)形もカッコ良くなり、強度も上がってますね。

これでタンクとセパハンのクリアランスが

確保出来る様になりました。

次に傷が入り曲がったメーターセットリングを

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (1)取り付ければメーターも取り付けが出来ます。

ヘッドライトケース内配線を接続。

メーターを取り付けた後、ヘッドライトを

取り付ける前に電装品の作動チェック。

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (2)メーターを取り付けて、曲がっていた

メーターステーの修正具合を確認。

これでメーターの復旧が完了しました。

ヘッドライトも純正タイプのヘッドライトに

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (3)交換して取り付け、電球を専用H4に変更

光軸を合わせて復旧が完了です。

後はオーナーが持ち帰ったACGカバーを

取り付ければエンジン始動チェックも出来ます。

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (4)ガソリンタンクは修理まで3ヵ月は掛かるので

代替のタンクを取り付けてあります。

これで何とか土曜日の納車に間に合いました。

土曜日の天気も回復しているので

予定通り納車が出来そうです。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年06月19日

販売協力認証店3

今回新たに製作されたWディスク用ボトムケースや
純正タイプボトムケースですが
北海道釧路市の(有)カーショップオモテ&
大阪狭山市(有)アゲインのコラボ製作製品になり
企画製作から1年以上を費やした製品になります。
今回カスタムパラノイアはその製品の
販売協力店に認証されております。
これからもCB400Fourの色々なパーツが
リプレイスされて行く事になると思いますので
楽しみにしておいて下さい。


Wディスク用ボトムケース

告知から早速ご注文を頂いているWディスク用ボトムケースですが

Wディスク用ボトムケース (1)仕上がり状態はこの様になっております。

付属品には純正アクスルホルダー×2個

スタッドボルト8×50が4本とナットワッシャー類

スタッドボルト8×45が2本付属しています。

Wディスク用ボトムケース (2)ロックピースやスプリング、シートパイプは

純正品を流用して下さい。

キャリパーホルダーピン取り付けナット等は

付属していませんので94001-08000-0Sと

Wディスク用ボトムケース (3)94111-08000は別途ご購入下さい。

その他インナーチューブやオイルシールなど

組み立てに必要な部品も付属しません。

周辺部品で欠品中だったWディスク用

Wディスク用ボトムケース (4)スピードメーターワイヤーは急遽

アゲインさんが製作してくれたので

詳細はアゲインまでお問合せ下さい。

同じくWディスク用フロントブレーキパイプは

Wディスク用ボトムケース (5)BRCさんがタイミング良く再販を開始。

現在欠品しているのはWディスク用の

メーターギアーアタッチメントが

欠品中となっております。

恐らく近々販売されると思いますが、ご購入を予定されている方は

周辺部品もお早めに入手した方が良いでしょう。

また現在キャリパーホルダーセットも製作中となって居ります。


事故入庫京都GTH号復旧作業

昨日緊急入庫して来た京都GTH号の復旧作業に今日から取り掛かります。

京都GTH事故復旧作業 (1)転倒時に傷付いたACGカバーは取外し

割れが無い事をチェックした所

幸いな事に割れなどが無かったので

オーナーが持ち帰りご自分で傷を消すそうです。

京都GTH事故復旧作業 (2)結構傷が深い部分もあるので

修正をするのは大変だろうと思います。

梅雨のこの時期の貴重な晴れ間がある内に

フロント周りを分解して、破損した部品を

京都GTH事故復旧作業 (3)取り外したり、フロントフォークの

曲がりチェックなどをして、組み直します。

曲がったヘッドライトとステー類も

全て取り外して新品に交換します。

京都GTH事故復旧作業 (4)取り外したフロントフォークですが

曲がり具合をチェックしてみた所

左右共、若干の曲がりはありますが

インナーチューブを触ってチェックした所

京都GTH事故復旧作業 (5)致命的になる様なシワや段差的な物は

特に無く、転倒した時にインナーチューブが

多少曲がって居る程度なので

取り合えずこのまま使う事にします。

京都GTH事故復旧作業 (7)両方共丁度ステムの取り付け辺りからの

曲がりがありますが、この程度なら

走行に支障はない程度だと思いますし

修正をする位なら交換をした方が良いでしょう。

京都GTH事故復旧作業 (8)取り合えずこれで破損した物は全て取り外し

在庫で持っている部品を取り付けて行き

復旧作業に取り掛かります。

不足部品に関しては本日発注しましたが

京都GTH事故復旧作業 (9)ガソリンタンクは暫く時間が掛かるので

代替のタンクを取り付ける事にします。

取り合えずこれでフロント周りの

破損した部品を一通り取外し、在庫である

京都GTH事故復旧作業 (10)部品に関しては取り付けが完了しました。

後はステップ、シフトペダルの修正と

リアウインカー交換などと、大きく凹んだ

ガソリンタンクをリペイントに出す準備を

整えるのですが、これがまた厄介だったりするし、時間も掛かる。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月18日

部品入荷遅れ2

来週の結婚記念日を忘れない様にと思い
特にプランも思いつかなかったので
僕にはサプライズは無理だと思い
嫁に「外食をしようか?」と言ったら「別にいい」と
断れたので「何か欲しい物はある」と聞いたら
「別にない」と言う…、そこで僕には良く分からないのが女心
本当に何も必要が無いのか?本当は何かをした方が良いのか?
僕はそう言う所を言葉にして貰わないと全然理解が出来ない。
誰か女心を教えて下さい。


本日のご来店

予定では今日入荷して来るはずの純正部品の入荷が

遅れて月曜日の入荷になってしまった…。

なので、今日の作業予定が大幅に狂ってしまった!

梅雨時期なので、作業予定が狂うと色々と困るんだけどなぁ。

まぁたまにはのんびりするかぁ…と思って居た所へ

220618本日のご来店京都K様以前にもご相談にお見えになった

京都K様がオイル漏れのご相談にご来店。

エンジンをチェックし、ついでにダメ出しと

手直しをしながら、エンジン発電系をチェック

オイル漏れはありますが、オーナーが何処まで我慢出来るか位で

キャブもエンジンもオイル漏れ以外、特に気になる所は無さそうでした。

色々とお話をする中で、元々はF1の型式、類別が残って居たらしく

安易にハンドルを交換したまま車検に出して仕舞ったとの事です…。


京都GTH号事故入庫

やっとPITも空いたので、予定外ですが先日緊急回避の際に

京都GTH号事故緊急入庫 (1)転倒し破損してしまったGTH号が入庫。

横断歩道が無い道路の中央をお婆さんが横断中

急に進行方向を変えてバイクの進路を塞いだ為

避けて左側に転倒するしか選択肢が無く

京都GTH号事故緊急入庫 (2)進路を塞いだお婆さんは怪我も無く

罪の意識も全く無いと言う事故だったのですが

人身事故に至らなかった事だけは幸いです。

ライダーへのダメージはそれなりの擦過傷や

京都GTH号事故緊急入庫 (3)打ち身、捻挫などの軽傷で済んだ事も

速度が出ていなかった事もあったので

良かったとしか言い様がありません。

バイクはこの様にダメージはありますが

京都GTH号事故緊急入庫 (4)この程度であれば修理費用は掛かりますが

まだ軽傷なので修理は可能です。

何はともあれ、どちらとも身体が無事だった事が

一番だったと言う事ですね。

京都GTH号事故緊急入庫 (6)ご購入頂いたばかりのCP製機械曲げマフラー側に

ダメージが無かった事も良かったと思います。

この際なので、少し仕様変更も含めて

復旧する事にして、本日お預かりとなりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年06月17日

Wディスク用ボトムケースと54.0Φ、54.5Φピストンリングについて3

新しく金型から製作されたCB400Four用
Wディスクボトムケースの走行テストが終わり
先日から一般リリースが開始され
早くも注文が殺到している状態になっておりますが
Wディスク用の周辺パーツが一部欠品している状態で
現在製作中となっており、キャリパーサポートも製造中です。
Wディスク用ボトムケースは100セット程の製作ですので
ご入用の方はお早めにお買い求めください。
また純正タイプのボトムケースもリプレイスされております。
両方共表面の仕上げはバフ仕上げになってます。
価格はWディスク用ボトムケースセット¥78,000+TAX
純正タイプボトムケースセット¥70,000+TAX
またCB400Four補修用54.0Φ及び54.5Φピストンリングについてですが
まだご予約の受付はしておりませんが、ありがたい事に
既に数件購入希望の方からご連絡を頂いております。
ご注文の内容によっては製作個数を変更するかも知れませんが
現在54.0Φは25セット中残り20セット分で
54.5Φは100セット中残り90セットの予定になっております。
ご予約はお承りますが、ご入金などは製品が出来上がってからで
構いませんし、キャンセルも可能ですが購入のご予約は
管理上の都合から、メールにてお願い致します。
宜しくお願い致します。


CP14号機車検整備

多分車検を受けるにしても、梅雨明けか夏が終わってからだと思いますが

CP14号機継続車検整備 (1)保全的に考えて、オイル交換や

ブレーキフルードの交換を早い内に

今日PITも開いて居る事もあり

時間がある時にやってしまう事にしました。

CP14号機継続車検整備 (2)まずはエンジンオイルを抜くのですが

当然の事ながらレデューサーが付いているので

エンジンオイルはこんな感じでしか出て来ません。

また汚れはありますが、入荷はしていませんね。

CP14号機継続車検整備 (3)オイルレベルゲージを開けると、こんな感じで

エンジンオイルはドレンから勢い良く出て来ます。

これがエンジン内が負圧か正圧かの違いで

少しでもオイルの劣化を延命させるのです。

CP14号機継続車検整備 (4)前回のオイル交換は1,000キロの慣らしを

終えてから、800キロしか走行していませんw

でも100%鉱物油は腐るので走行距離は

特に関係無いく、定期交換が望ましいのです。

CP14号機継続車検整備 (5)と言いながら、放置してましたがw

ブレーキフルードの色はマスターを

再アルマイトしたので、分かりにくいですが

2年物の仕上がりになっているのは分かります。

CP14号機継続車検整備 (6)で、これが交換後になりますw

室内保管が多く、走行もしていないし

再アルマイトで分かりにくいですが

透明度の違いは分かりますよねw

CP14号機継続車検整備 (7)ヘッドライトは既にバッ直リレーを

組み込んであるので光量は問題無いのですが

一部配線ルートの手直しがあるので

ヘッドライトを取り外して配線ルートの

CP14号機継続車検整備 (8)手直しをやって仕舞います。

まぁ今日はここまでで終了です。

後は車検を受ける時に仕上がる事にしますが

弟達とツーリングに行く日が決まれば

CP1号機エンジンOH夏季休暇中に予定車検を受けようかなぁ…と言う感じ?

CP1号機も全然乗っていないので

夏季休暇中にでもエンジンを下して

エンジンの仕様を変更し、新しいピストンを入れ

CP14号機継続車検整備 (9)テストする事にしようかなぁと言う感じかな。

あ!光軸をチェックするのを忘れてたw

かなり下向きになっていたので調整。

これで何時でも大丈夫なはずです。


Wディスク用部品準備と整備

昨年からWディスク用ボトムケースを製作中だったのは知っていたので

Wディスク用部品準備 (1)やっと出来上がったか!と言う感じで

待ち兼ねて居た所で、CP1.5号機に

取り付ける部品を整備する事にしました。

ブレーキディディスクは平面研磨とリペイント

Wディスク用部品準備 (2)キャリパーホルダーはバフ仕上げに出します。

塗装を剥がして、こびり付いたブレーキダストを

ウエットブラストで綺麗に落とします。

これでディスクは平面研磨に出して

サポートはバフ仕上げに出します。

どうしてもノーマルルックの当時風カスタム車の408が欲しいのと

CP1号機が乗れない時の代車みたいな感じで

エンジンの仕様はCP1号機同等の仕上げにする予定です。

Wディスク用ボトムケースや純正タイプのボトムケースを

ご購入をご希望される方は、在庫がある内にご連絡下さい。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月16日

本日は早仕舞い3

昨晩夜にTVを見ながら思い出したのが
来週6月21日は毎年恒例
多分35回目か36回目の結婚記念日だった!
後5日で何かのプランを考えようと思うけど
多分毎年恒例のノープランに終わるか
また忘れて当時思い出して、右往左往するパターン。
美味しい物を食べに行くとかになると
今僕が食事制限中なので、食べれる物は限られているし
糖質も取れないので、ケーキとかもNGになっているので
全く何も思い浮かばないわ…。
このまま思い出した事を忘れるか、スルーするか、それとも…。


大阪T様CB400他継続車検納車

本日は早仕舞いで、4台纏めて継続車検をご依頼頂いた

大阪T様CB400本日納車へ大阪T様の車両を納車しに行きます。

先月お預かりしてから1ヵ月弱も

掛かって仕舞いましたが、やっと納車が出来ます。

CB400に関しては2年間での走行距離は100キロ

他の車両は走行距離は変わっていない物もあり

今回の車検整備はブレーキの引き摺りや、キャブのO/Hもあったりで

結構大変な作業になりましたが、やっと本日納車となりました。


Z750RSカスタム ハヤシキャスト装着

貴重な純正フルノーマルのZ2ですが、前回純正仕様で乗って居た事もあり

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (1)オーナーからのご依頼で今回はカスタムして

乗りたいとの事なので、まずは足回りを

スポークからハヤシキャストに変更します。

ハヤシキャストも中々手に入らなかったのですが

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (2)何とか再販物の新品を手に入れる事が

出来た物になり、通常なら1年以上待たないと

手に入らない物だったのを探して購入。

お値段は少しプレ価格でした…。

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (3)ベアリングなどの部品やタイヤも入荷。

早速組立作業に取り掛かります。

サクサクっとベアリングを入れて

タイヤを装着するのですが…

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (4)やはり価格もですが新品と言う事もあり

滅茶苦茶気を使いながらの作業でした。

前後共タイヤ装着も無事に完了したので

純正スポークタイヤホイールを取り外し

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (5)ハヤシキャストに交換をして行きます。

スプロケハブベアリングもついでに交換。

ダストシールも同じく新品に交換をして

組み付けをしてしまいます。

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (6)汚れも洗浄して、新しくグリスを塗って

スプロケハブの準備も整いました。

本当はマフラーが手に入っていれば

マフラーを取り外して作業をしたかったのですが

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (7)マフラーがまだ見つかっていないので

マフラーを取り外さずにタイヤホイールの

交換をやってしまいました。

これでリア側は交換が完了です。

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (8)次にフロント側のスポークタイヤホイールを

取り外して、小物部品を移植して

ホールを交換して仕舞います。

フロントはフェンダーが邪魔なので

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (9)車体を結構釣り上げないとタイヤホイールが

抜けないのが大変なんですよね。

これで何とかフロントも交換が完了です。

キャブもFCRに交換する予定になっており

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (10)後はマフラーを入手出来れば取り付けて

納車が出来るのですが、Z特有ヵ所の

ACGカバーからオイルが漏れてき出したので

作業がまた一つ増えて仕舞いました。

プラグもイリジュウムプラグになっているので交換しないと…。


本日のご来店

以前CB400Fourの部品を買い取りしたK様がご来店。

本日のご来店枚方K様GPX250R何とまぁ実物は多分初めて見たと思う

カワサキGPX250Rに乗ってのご来店。

ここまで仕上げるのに、色々な部品を流用し

仕上げたそうで、そのお話をたっぷりと

お聞きしました…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月14日

CB400Four用54.0Φ、54.5Φピストンリング製作開始3

以前CB400Fourオーナーの方からご相談を頂いており
色々と考え、メーカーとも協議した結果
POP.Y及び、ヨシムラピストン対応補修用
ピストンリングを製作する事にしました。
製作するピストンリングについての詳細は以下の通りになります。
ピストンリングメーカー:帝国ピストン
54.0Φ用ピストンリング製造個数:100個25台分
54.5Φ用ピストンリング製造個数:400個100台分
販売予定価格(各4個セット販売のみ):12,800円+TAX、送料無料
(条件付きで、単品販売も可能の予定、トップ及びセカンドリングを破損した場合
オイルリングを曲げてしまった場合などに対応出来る様にします)
製作納期:約8ヵ月〜1年
今の所の予定としてはこんな感じになっており
新規製作となりますので、納期もかなり掛かります。
取り合えず最初の製造個数はこの様な予定になっておりますので
入荷後販売が開始されましたら、次のロット製作に関しても
納期は余り変わらないと思いますので、ご入用の方はお早めに。
よろしくお願い致します。
また別途、各メーカーピストンリングの製作も可能ですが
ミニマムロット1個から製造可能です。(キャンセル不可)
場合によってはサンプル品が必要になります。


パイナップルの花?

ケニアのエリック曰く「パイナップルは放って置いても勝手に大きくなるよ」

パイナップルの花とエリックが言うので、特に栄養をやるとか

鉢植えでも大丈夫との事らしいので

この3年ちょっとの間、放置していたのですが

ここ数週間の間に、今まで見た事が無い様な

パイナップルの花?なのか実になる物なのかが日に日に大きくなってきてます。

これが花になってから実になるのか?それともこれが実なのか

さっぱり分かりませんが、いずれにしても収穫が楽しみですw


京都T様CB400Hリム組み立て

予定通り今日は雨なので、リムにスポークを張って

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (1)ホイールを組み立てる事にします。

Hリムも大幅値上げとなり、また入荷も

世界情勢からの事情で1年先になると

タカサゴ担当者の方から直接聞きました。

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (2)そんなHリムの在庫も最後の1個となり

京都T様CB400用に使う事になったので

今日は天気が悪いので、昨日の内に

作業スペースを確保して置いたので

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (3)スポーク張りをやって仕舞います。

Hリムなのでかなり気を遣う作業になるので

同じ姿勢だと、足や腰に響いて痛みが出るので

休憩しながらの作業になってしまうのです。

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (4)それでも時間は掛かりますが

何とかスポーク張りが出来上がりました。

ここからは何時も通りの作業で

出来上がったHリムにタイヤを装着します。

京都T様CB400用Hリムタイヤ装着 (1)タイヤの装着が完了したら、アクスルシャフトなど

ホイールに付属品を取り付けて

タイヤホイールを取り付ける準備を整えます。

フロントブレーキディスクと

京都T様CB400用Hリムタイヤ装着 (2)スピードメータギアーの取り付けが完了。

これでフロントタイヤホイールを車体に

取り付ければ、フロント側は仕上がりです。

スピードメーターワイヤーケーブルガイドが

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (1)フロントフェンダーに無かったので

黒色ですが純正のガイドを取り付けます。

拘りの当時物の白色系ガイドは

色が汚くなっていると言う理由から

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (2)最近は捨てられる事もあるらしく

拘っている方の年代的にも

我々レベルの変態しか居なくなった

絶滅危惧種かも知れないね。

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (3)サクサクっとフロントタイヤホイールを装着。

これでフロントブレーキのエアー抜きも

出来るので、後でエアー抜きをする事にします。

これでフロント周りはかなり光が蘇って来ました。

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (4)リアタイヤホイールも同じくサクサクっと

取り付けが完了、スプロケットはCPの

宝物庫に有った530/38Tのゴールドが見つかり

使わないので交換、35Tから38Tに変更しました。

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (5)これでエンジン以外の追加作業は完了。

後は内燃機加工が仕上がって来て

エンジンを組み立てて搭載し、キャブレターを

分解掃除しセッティングをすれば完成です。

多分梅雨明けまでには出来上がりそうです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年06月13日

今日も車検だけスーパー晴れ男3

正直、この二日間余り眠れませんでした…。
今何か別の事を考えないと、メンタルが壊れそうです。
一度は覚悟したはずなのに、この1年半で生を意識した為
色々な思いが頭の中を駆け巡っています。
まだ何も結果は出ていないからなのか
余計に不安になって、情緒不安定な状態なのかなぁ?
今の思いを心に貯めると、破裂しそうなのでこうやって誰かに
伝える事で、悪い物が抜けて行く様な気がします。
相変わらず僕の身内は「どうせまた死ぬ死ぬ詐欺やな」と言いますw
僕もそうであって欲しいので、兎に角今を乗り越えたい。
気が付くと、仕事をしている時が一番余計な事を考えていない。
昨日が定休日だった事も間が悪かったのかも知れない。
何かを努力するんじゃなく、仕事して、遊んで
遊ぶ為に仕事して、自然に余計な事を考えない様になれば
きっと今の気持ちや考えは消えるはず。
俺、何時になったら完全復活が出来るんだろう…。


大阪T様CB400継続車検

確か車検の予約が取れた時の予報では雨マークだったのですが

大阪T様CB400継続車検220613 (1)車検予約日が近づくに連れ、天気は回復。

しかもピンポイントで晴マークと言う

流石の車検だけ晴れ男継続中です。

今朝も何時もより早起きをして

大阪T様CB400継続車検220613 (2)何時もの京都南にやって来ましたが

駐車場は相変わらずの風景

早めに到着してますが、先頭よりも

前から3番目、これ位のポジションが最適です。

大阪T様CB400継続車検220613 (3)検査はサクサクっと全て一発合格!

9時15分には終わって店に戻り

車検対応仕様から現状復旧。

バッ直配線も取り外しました。

大阪T様CB400継続車検220613 (4)サイレンサーも車検対応用から元に戻し

現状復旧が完了、音量は測られない物の

集合管を付けていると、一応検査官の耳で

確認されるし、今日の検査官はハンドルロックも

大阪T様CB400継続車検220613 (5)チェックする検査官で、検査官毎に

それぞれ癖があり、幅は測るけど高さは

スルーしたりもしますが、ラインが空いていると

結構じっくりと見られるので、タイミングもあるね

で、今日は車検標章シールのクリアーフィルムが大きくズレてしまい

大失敗だったけど、相変わらず微妙な角度に貼れているので

多分絶好調だと思います。


京都T様CB400追加作業ハンドル交換

午後からは京都T様CB400の追加作業でハンドルを交換します。

京都T様CB400ハンドル交換 (1)エンジンボアアップに伴い操作性向上の為

この絞りハンドルでは、操作性が悪いので

苦慮の末、F2絞りにハンドルを交換する事に。

ハンドルスイッチが加工されているのが

京都T様CB400ハンドル交換 (2)若干気になる所ですが、今度取り付ける

F2絞りは純正同等にハンドルスイッチの配線が

ハンドルの中を通す仕様になっているので

加工されたハンドルスイッチの穴から

京都T様CB400ハンドル交換 (3)ホコリや水分の侵入が気になる所ですが

まずは操作性向上を前提にF2絞りに変更と

言う事で、サクサクっと交換が完了しました。

エンジンパワーが上がりドリブンスプロケットが

京都T様CB400ハンドル交換 (4)35Tから38Tに戻す事など、加速力が上がるので

現状のハンドルでは危険だと言う事や

グリップを握る手首の位置も辛いので

楽に乗れる様にハンドルをF2絞りに仕様変更。

京都T様CB400リアアクスルシャフト手入れ (1)これで今までよりも操作性が向上するので

安全に楽しめる様になりました。

所で明日は天気が悪そうなので

スポークを張ろうと思っているのですが

京都T様CB400リアアクスルシャフト手入れ (2)その前にリアアクスルシャフトも

再メッキしたので、メッキでちょっと太っており

リアハブに入らないので、メッキを一皮剥きます。

これでリアアクスルシャフトも手入れが完了。

明日スポークを張って、タイヤをセットし時間があれば

タイヤホイールを取り付けようと思ってます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月11日

エコー検査結果(仮)3

昨日予定通り唾液腺導管癌(SDC)の術後エコー検査と
経過観察の診察を受けて来ました。
エコー検査の方ですが、喉のシコリの他に
甲状腺の左葉に5伉度の何者かが見つかりました…。
病院のガイドライン的には1儖焚爾硫深圓に関して
何か特別な検査をするとか、生検や細胞診をするとかは無く
取り合えず1儖幣紊紡腓くなるまで待つか
若しくはDr.の判断で検査をするかと言う事らしいです。
エコー検査中に技師の方が「甲状腺に何かがありますねぇ」と仰り
検査後の診察までの1時間ちょっとの待ち時間の間
正直流石にメンタルはやられていたのか、色々な事を考えた。
最初に仕事の事、予定している作業、店、終活について
やりたい事ややり残した事、で最終的には女だなって思ったw
ポジティブだった考え方がドンドンとネガティブになり
最悪は悪性リンパ腫と言う方向になり
全身転移か…と、思う様になってしまった。
11時過ぎに病院が終わって店に戻り、甲状腺の癌について
色々調べたんだけど、僕みいたなSDCからの転移の症例は見つからず
甲状腺が原発になる癌の再発位しか論文は無かった。
それは高悪性腫瘍唾液腺導管癌(SDC)と言う物自体の
症例が少ないからなのですが、取り合えず息子にラインで
今日の検査結果を報告した所、物の3分程で返事が返って来て
息子が言うには「甲状腺癌は日本の全人口で5%位あるメジャーな癌で
珍しいわけでは無く、例え悪化したからと言って、予後には影響
せんから大丈夫」と返事が返って来たので、流石専門は違っても
医者だなぁと思ったのですが、最後の一行に
「転移じゃ無ければやけど」と書かれていた…。
え⁉…じゃぁ転移ならどうなん?と思った物のそれ以上聞く事はしなかった。
それはきっと息子の優しさだと思ったから。
僕の主治医が、「来月奥さんと一緒に来て下さい」と言うので
取り合えず最低でも1ヵ月余裕はあるし、8月にMRI検査もある。
このままではメンタルを持って行かれそうなので
へそくりを貯めて、まずは女遊びを再開しようと思ってます!


大阪T様CB400継続車検準備

この梅雨に入るのかどうなのかと言う時期に

大阪T様CB400継続車検準備神がかり的な車検予約で、今日は雨で

明日、明後日は晴と言う相変わらずの

車検だけスーパー晴れ男継続中。

今日雨が降る前に明後日朝の車検準備の為

車両をCP営業車3号に積み込み、車検準備が整いました。

予定通り明後日朝一に継続車検に向かいます。


520コンバート特注スプロケット

本当は今月初めに入荷して来ていたのですが

CB400Four520特注35Tブラックアルマイトスプロケット僕の発注ミスでブラックアルマイト仕様を

一般的なゴールドで仕上げて仕舞い

再アルマイト加工に出していたスプロケットが

ブラックにアルマイトされ戻って来ました。

本日ドライブスプロケットとセットで発送致します。

遅くなり申し訳御座いませんでした。

それにしても価格が今の世界情勢からなのか

異常な価格に値上がりになってしまってます…。


京都T様CB400部品組み立て

追加でブレーキキャリパーO/H作業のご依頼を頂き

京都T様CB400フロントブレーキOH完了 (1)部品も入荷して来たので、早速組立。

キャリパーのO/Hと塗装も終わり

白ボケしたディスクカバーも綺麗になって

錆びたボルト、フロントブレーキパイプも交換。

京都T様CB400フロントブレーキOH完了 (2)伸びたダイアフラムも新品に交換。

これでフロントブレーキ回りの

リフレッシュが完了しました。

後はホイールにスポークを張れば

京都T様CB400用ヨシムラハイカムst1入荷 (1)足回りの仕様変更などが完了します。

で、予想外にも意外と早く入荷して来た

ヨシムラハイカムst1が入荷して来ました。

ヨシムラもスズキ資本が投入されたのか

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (1)今までよりも、業販部品購入が面倒になった。

再メッキも仕上がって戻って来たので

早速部品チェックに取り掛かります。

一見する限りでは肝心な物は無くなって無いかな。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (2)取り合えず各パート毎に仕分けして

部品チェックの為、仮組をして確認。

肝心な部品の紛失は無さそうなので

後はまぁ少しなら無くなっていても大丈夫です。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (3)と言う事で、再メッキが仕上がった部品を

セット出来る物はセットして行き下拵え。

ブレーキカムフェルトパッキンは新品に交換。

オイルパンセパレーターは防錆の為メッキ仕上げ。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (4)アクスルシャフトとメーターギアーをセット

リアブレーキシューも純正リメイク品を

ブレーキドラムパネルにセットし組み立て。

ゴム類なども新品に交換して仮組は完了。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (6)これで再メッキ部品のチェックと足回り

エンジン関係の組み立て用ボルト準備は完了。

ハンドルもF2絞りが入荷して来ているので

ボチボチと交換する準備に取り掛かります。

これだけ綺麗になって来ると、他にも色々と気になる所が

出て来るのですが、キリが無いので程々にして置きます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月06日

事故?雨の中朝から現場検証3

先日店の前の道路にチョークで色々と書いてあったので
何か事故でもあったのかなぁと思って居たのですが
今日この雨の中、一般車両を通行止めにして
警察が沢山来て現場検証をやっていた。
現場検証を見ていると、恐らく車同士の事故だと思うけど
これだけ大掛かりになるとすると
きっと大きな事故だったんだろうと思い
店のビデオに何か残っていないかチェックしたんだけど
2週間の間に3件の事故があって、どれか分からんわw


京都T様追加作業

エンジンの下拵えは完了し、足回りの作業はスポーク張りとタイヤ入荷待ち。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (1)スポーク張り作業は、作業スペースの空き待ち

タイヤも発注済みなので、何とか来週までには

スポークを張って足回りを仕上げる予定です。

それまでに追加作業を頂いたブレーキ回りの

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (2)作業に取り掛かる事にします。

オーナーからはキャリパーの塗装を

依頼されたのですが、錆びたボルト類が…。

もう少し早ければ一緒に再メッキに出せたのに…。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (3)サクサクっとブレーキキャリパーを分解。

塗装はオリジナル塗装ですが

キャリパーが腐食して塗装が浮いてました。

原因はブレーキフルードが漏れていた様で

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (4)それでキャリパーが腐食したのだろうと思います。

残念ながらピストンも電食で錆ているので

これをこのまま使う分けにも行きませんので

シールとピストンは交換になります。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (5)キャリパーの塗装を追加でご依頼だったのですが

キャリパーサポートやブレーキパイプ

リターンスプリングなどその他ボルト類が

錆びているので、キャリパーが奇麗になると

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (6)こう言った所が結構目立つんですよね…。

色飛びしたディスクカバーとかも

これだと残念な仕上がりになってしまう…。

どうしようかと悩んだで色々周りを見ると

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (7)フェンダーを取り付けてある社外のボルトも

錆びているし…あちこちのボルトも錆びが

目に付くので、この辺のボルトは純正に

交換しても知れているので

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (8)交換しようかなぁと色々チェックをすると

フェンダー取り付けボルトも社外品で

しかも錆びているし、こういう場合

ボルトの長さも怪しいものが多く

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (10)案の定キャリパーサポートとフェンダーの

共締めボルトはフランジボルトになっており

取り外してみると、めちゃくちゃ短い!

もうこりゃぁやるしかないなぁと言う事で

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (11)キャリパーサポートを取り外しました。

まぁボルトが短いとか見て仕舞った物なので

スルーする分けには行かないですよねぇ…。

Oリングも1個しか入って無かったし…。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (12)ここまで分解したついでにちょっと手を入れて

取り合えず塗装を剥がし、ブラストで仕上げ。

キャリパーは腐食も取れたので塗装をして

サポートはこのままにするかそれとも

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (9)フロントホークが軽くバフってあるので

それに合わせるか迷う所ですねぇ…。

因みにブレーキマスターのダイアフラムも

伸びて死んでいるので、交換になります。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (13)一カ所手を付けると、ここもあそこもと

ドンドンとやる事が増えて行く…。

仕上がりのアンバランスさが気になるので

キャリパーサポートはバフ仕上げをしました。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (14)取り付けるとこんな感じになります。

ボルトも全て純正新品に交換したので

絶対こっちの方が足元が奇麗に見えますよねぇ

と言う事で、後は塗装が仕上がるのと

ブレーキ関係の部品入荷待ちと言う事になりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月05日

パイナップルと朝顔3

3年程前に植えたパイナップルに少し変化が出て来て
中央部に小さな芽が出て来た様な感じです。
このまま順調に育ってくれれば
この夏には収穫できるのかなぁ?
毎朝店に来て、パイナップルを見るのが楽しみになって来た。
で、嫁は店の花壇に朝顔を植えるらしい。
何か前にもツル系の植物を植えた事があって
成長し過ぎてえらい事になっているんだけどねぇ…


京都T様CB400エンジンO/H打ち合わせ

昨日の夕方にT様の弟さんが所有するGPz400でご来店。

京都T様CB400エンジンOH打ち合わせエンジンO/Hなどの打ち合わせと

追加作業のご依頼なども頂き

現在のエンジン仕上がり状況も確認して貰い

満足頂けた様で、引き続きこのまま続行です。

エンジンボアアップによるパワーアップに対応し

操作性が良いハンドルに交換する事になりました。


寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換

先日お電話でタペットキャップが緩んでしまっているとご連絡を頂き

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (1)月曜日に作業の予定だったのですが

天候が悪い為、急遽昨日の夕方にご来店。

タペットキャップはリード製を取り付けている為

リード製タペットキャップあるあるで

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (2)Oリング溝が純正などと比べると溝が浅く

リード製に付属するOリングは純正より

外径が細い為、エンジンの熱で直ぐにダメになり

緩んでしまう事が多いのが特徴になります。

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (3)で、Oリングを純正と交換をするのですが

Oリング溝が浅い為、色々とデメリットを説明し

了解を頂いた上でOリングの交換をする事に。

締め付け工具もヘキサゴンの12个世半し小さく

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (4)14个世搬腓くて入らないので

インチのヘキサゴンレンチが必要になります。

で、取り合えずOリングを交換して締め付け。

Oリングが潰れるので、また次のオイル交換の

時にでも増し締めチェックをする事になります。


奈良Y様CB400Fオイルクーラー取り付け

本日朝一からの作業で、何とか天気も持ってくれと思いながら

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (1)オイルクーラー取り付けなどにご来店頂いた

奈良Y様CB400Fの作業に取り掛かります。

何か見る度に色々と仕様が変わって居り

光り具合もドンドンと進化していますねw

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (2)では、オイルクーラー取り付け作業に

取り掛かるのですが、オイルクーラーを

クランプで取り付ける位置を決めてから

フレームを傷付かない様に薄いゴムを貼ります。

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (3)タンクや、マフラーとのクリアランスをチェックし

アゲイン製のオイルクーラーを取り付けるのですが

通常は下入り、下出し仕様になるのですが

CP特注ホースで、上入り、上出しに変更します。

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (4)取り付け位置が決まり、固定も出来たので

マフラーを取り外し、エンジンオイルを

抜いている間に他の作業を進めます。

ガソリンタンクを下し、ブローバイホースに

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (5)レデューサーを取り付けるので

ホースをカットする位置を決めて

レデューサーを取り付けて仕舞います。

FCRが取付いているので、レデューサーは

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (6)ツインリードバルブレデューサーを取り付け。

これでエンジン内が負圧になりオイルの劣化

乳化、酸化を延命出来る上に、アクセルOFF時の

エンジンブレーキを軽減出来るので

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (7)乗り易くもなり、燃費も向上するので

ガソリンが高騰している今、ヘビーユーザーには

かなり良いアイテムになりますね!

で、サンドイッチブロックをセットし

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (8)ホースの取り回しも完了したので

オイルフィルターケースをラジアルタイプに

変更してオイルクーラーの取付が完了しました。

エンジンが光り過ぎで、写真がハレーションを…

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (9)取り外したマフラーなどを取付けて

エンジンオイルを入れて、オイル漏れチェック!

オイル漏れも無く、無事にオイルクーラーの

取り付け作業が完了しました。

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (10)これからの時期には必須アイテムになりますが

強化オイルポンプ「極み」が取付いているので

暖気も時間が掛かりますが、気温が低い時は

オーバークールに注意して油温管理をして下さい。

次は足回りのカスタムを予定しています。


旧CP5号機久しぶりにご来店

今年初めに納車した旧CP5号機が久しぶりにご来店。

CP旧5号機久しぶりにご来店余り見かけなかったので、久々に見れて

何だか僕も嬉しかったし、オーナーも

よく走るので、乗っていて楽しいとの事。

本日のご来店は、もう一台Z400Jを所有しておられ

その車両の整備についてご相談にご来店頂きました。

PITの都合が付き次第、入庫予定と言う事になりました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月04日

近所に出来たホルモン焼き屋さん3

昨日営業終了後に、最近店の近所に出来た
ホルモン屋さんへ行ってみたんだけど
何とまぁ残念な事に、満席になっていた…。
こじんまりとしたお店で、カウンターの中には若い女性が一人
しかも可愛いので、今度はちゃんと予約してから行こうと思った。
噂ではお肉も美味しいらしいので、常連になってしまいそうw
今度自由人君も誘って行ってみようと思った。
多分アルコールを飲んでいた時にこのお店があったら
家には帰っていないかも知れないw


チタン製M6EXスタッドナットリリース

この前から実走テストを行っていたチタン製EXスタッドナットですが

チタン製EXスタッドナットリリース (1)最初の内は一回走る毎に増し締めチェックを

行っていたのですが、ある程度増し締めも

落ち着き、特にどうなのかと言われても

お高いチタン製ナットですが?と言う感じで

チタン製EXスタッドナットリリース (2)目で見て分からないチタンの特性や高級感以外

加速が良くなるとか、燃費が良くなるとか

そう言う体感的な物は一切ありませんw

強いて言うなら、EXナットが軽くなった!

と言うだけの物になるのですが、洒落で「高級チタンEXナット使うてるねん!」

って言う方向けに、如何でしょうか?

仮に1個脱落してしまった場合でも、単品売りもあります。


京都T様CB400エンジンO/Hオイルライン加工

エンジンO/Hの下拵えも順調に進んでおり

京都T様CB400オイルライン加工 (1)今日はオイルラインの加工をやって仕舞います。

フル強化オイルポンプ「極み」のセットを

取り付けてあるので、このエンジンO/Hの

タイミングで、オイルラインを加工します。

京都T様CB400オイルライン加工 (2)オリフィスやオイルパイプのオリジナル穴径は

1个開いているのですが、このままでは

流量が増えた分流速が上がってしまうので

この穴径を大きくし増えたオイルの流量を

京都T様CB400オイルライン加工 (3)効率良くシリンダーヘッドに送ります。

穴径も試行錯誤し0.5仟腓くしたりして

何度かのテスト結果から最終的に

オリジナルの1个ら0.2仟腓くし

京都T様CB400オイルライン加工 (4)1.2个乏搬腓靴申蠅、オリフィスの強度的にも

限界だろうと言う所になりました。

硬化したオイルパイプホルダーとOリングも交換

ついでにオイルパスキャップなどを

京都T様CB400オイルライン加工 (5)ウエットブラストで仕上げて

これも新品のOリングをセットして

ロアケースに取り付けまで済ませました。

これでほぼエンジン組み立ての下拵えは完了。

後は内燃機加工が仕上がって戻って来れば、組み立てに取り掛かります。

本日夕方にオーナーがご来店される事になって居り

今後の事も含めて色々と打ち合わせをする予定です。


高槻I様CB250HAWK手直し

前回オイル交換などの作業を行った高槻I様のCB250HAWKですが

高槻I様CB250HAWKオイル漏れ修理 (1)オイルフィルターを交換した時に

Oリングを挟んで仕舞い、フィルターケースから

オイルが漏れており、その手直しなのですが

色々と都合が合わず、今日まで手直し作業が

高槻I様CB250HAWKオイル漏れ修理 (2)伸び伸びになっていました。

で、オイル漏れを起こしているフィルターの

Oリングを取り外してみると…やっぱりだわ…

これを新品に交換して、オイルを入れて

オイル漏れ手直し作業が完了しました。

ご迷惑をお掛けして申し訳御座いませんでした。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月03日

ホンダNシリーズリコール3

嫁が乗るホンダのN-VAN事N-WANなどのNシリーズと
一部S660など8機種の燃料ポンプのインペラに
形成不良があったらしく、リコール
となったらしい。
で、調べた所嫁の車はリコール対象外だった。
そんな事より、昨日転倒した時に首がむち打ち状態になり
今日は激しく首が痛い…、幸いですがコルセットをしていたので
手足の麻痺が出る様な事は無かったのは良かった。
下手なこけ方をすると、骨化した後縦靭帯が骨折して
中枢神経に傷が入り、首から下の麻痺になる事が
死ぬ事より一番怖いわ…。
そんな事や、昨日夕方に予告なしでやって来た恐怖の姪…。
もう21か22歳になるのですが、未だに車はあるけど免許が無いので
原チャリに乗っているので面倒臭く、タイヤの空気圧をチェックしに来て
今度、焼き鳥の秋吉に連れて行け!とのご要望もあり
都合が合えば、行く事になった…。


京都T様CB400部品整備

昨日一通りの分解作業が終わったので、ボルト類を再メッキに出す為

京都T様CB400部品再メッキ下地処理 (1)汚れや錆などを取り除く下地処理をします。

大事な部品はワイヤリングをして

アクスルシャフトなどは汚れ錆を落として

メッキをブラストで剥がして仕舞います。

京都T様CB400部品再メッキ下地処理 (2)これ結構手間が掛かるのですが

この作業をちゃんとやって置かないと

メッキの仕上がりが悪かったり

アクスルシャフトがメッキで太ってしまい

京都T様CB400部品再メッキ下地処理 (3)後々面倒な作業をしないといけなくなります。

で、紛失される事も想定した上で

再メッキに出す部品を写真撮影をして

証拠も残しますが、失くされたら同じです…。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (1)で、昨晩リアハブの事で色々と悩んだのですが

使って使えない事は無いだろうと思い

取り合えずこのリアハブを使う前提で

一旦仕上げて仕舞う事にしました。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (2)昨日からラスペネ漬けにしていたのですが

スプロケハブダンパーのゴムは死亡しており

ゴムだけが簡単に抜けて仕舞う位に

劣化しており、綺麗にアウターカラーが残った。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (3)まぁ殆どの場合、こう言う具合になるので

アウターカラーは破壊して取り外す事になります。

サクサクっと破壊し、残ったアウターカラーを

全て破壊して取り除きました。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (4)後はウエットブラストで仕上げるのですが

ブレーキドラム側のベアリングケースの

摩耗度合いによっては使えないのですが

ベアリングが落ちない程度の摩耗なら

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (5)少し細工をして使う事が出来るので

僅かな希望を持って、リタップ掃除も済ませ

リアハブの下拵えが完了しました。

これで細工をして使えればラッキーです。

京都T様CB400リアハブ組み立て (1)ではリアハブに細工をしてベアリングを

入れてみる事にするのですが

これでダメなら、このリアハブは交換。

また今回は使えても次回は使えないと

京都T様CB400リアハブ組み立て (2)言う事もあるので、タイヤ交換時には

その辺りのチェックも行って行く事になります。

オートポンチを打って、ロックタイトの

ハメ合い用を塗ってベアリングを入れます。

京都T様CB400リアハブ組み立て (3)ポンチで叩いてあるので、油圧プレスで

圧入する際に、結構抵抗がありました。

乾燥10分なので、ベアリングを入れて

暫く放置している間、タペットキャプを

京都T様CB400タペットキャップブラスト (1)ブラストで仕上げて仕舞います。

1個は純正になっているのですが

何故かはわかりませんが、408タンクなら

コックに干渉する場合があるので

京都T様CB400タペットキャップブラスト (2)純正を使う事はありますが、398だし

何なら#2だったかのIN側に純正キャップが

取り付けられていたので、理由は分かりません。

またキジマのキャップのねじ山にはダメージが…

京都T様CB400リアハブ組み立て (4)そうこうしている内に10分以上が経過し

取り合えず抜ける様な気配は無いので

スプロケハブダンパーを圧入して仕上げました。

まぁこれで当分は大丈夫だと思います。

京都T様CB400リアハブ組み立て (5)スプロケハブダンパーを圧入し終えたので

ベアリングリテーナーを締め込みます。

勿論カジるので、アンチシーズを塗ってから

SSTを使って締め込んだので、ちゃんと奥まで

京都T様CB400ヘッドカバー仕上げ (1)ベアリングリテーナーは締まりました。

前回ヘッドカバーの下拵えをした時

シーリングボルトが在庫切れだったので

発注した物が今日入荷して来たので

京都T様CB400ヘッドカバー仕上げ (2)中途半端だったヘッドカバーも仕上げます。

このシーリングボルトもメーカー在庫が

25個だったので、絶版が怖いので

取り合えず残りの24個を買い占めました。

メーカー在庫は残り1個になってます…ごめんなさい。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年06月02日

今更のクラブハウス3

一時期爆発的に流行った、クラブハウスと言う
SNSの会員登録をして承認されたのですが
今では流行りも下火になったらしく
使い方も全然わからないので放置しています。
知り合いの方で既に会員になっている方が
何人か居られるようなのですが
全然使い方が分からないので、音声配信を聞く事も出来ないw
そもそも誰の音声配信を聞きたいとか言う事も無く
取り合えず会員にはなった物の…て言う感じですw
今思えばYouTubeやInstagramで十分だと思ったわ…w


マスタングリアウインドゥにエアルーバー取り付け

昨日の定休日は天気も良かったので、何処かに出掛けようかとも

マスタングにエアルーバー取り付け (1)思ったのですが、荷物が届く事もあり

取り合えず荷物を受け取ってから

ドライブにと思い、出勤してその時間潰しに

塗装が仕上がったエアルーバーを貼り付けました。

マスタングにエアルーバー取り付け (2)結果は、やっぱり弟にやって貰えば良かったと

残念な結果になったので、エアルーバーの

取り付け後のアップ画像はありませんw

遠目で見ればカッコ良い感じにはなってますが…。

まぁ僕の実力はこんな物なので、仕方が無いです…。


大阪T様CB400Fメーター球交換

もう6月になってしまいましたが、やっと来週には車検に行ける様になった

大阪T様CB400Fメーターバックライト球交換 (1)大阪T様CB400Fですが、先日ヘッドライトの

光量UPの為に灯火系をチェックした際に

Sメーターのバックライトが消えていたので

メーターを取り外してチェックしてみると

大阪T様CB400Fメーターバックライト球交換 (2)バックライトが2個共点灯せず、球切れか?と

チェックをしたら1個は点いたり消えたりするし

1個は完全に球切れだったので交換したけど

結局2個共交換をする事にしました。

たまにメーターのバックライトをチェックする検査官も居るので

こう言う所の球切れで不合格になると面倒なので

電球は新品に交換してから、継続車検に向かいます。


特注スプロケット仕上がり…

納期2.3ヵ月と言う事で、2月末に発注した530/35Tスプロケットが

特注530スプロケット35T仕上がり…今日やっと仕上がって届いたのですが

昨今の世界情勢から価格も大幅に跳ね上がり

しかもアルマイトがゴールドで届いた…。

メーカーのミスかと思い慌てて問い合わせた所

BKはブラックの意味じゃなく、ブランクのBKだった…。

そう言えば今までの注文は備考欄にカラー指定を書いてたなぁ…

と言う事で、僕の発注ミスなので別途費用を自腹で出し

ブラックに再アルマイトしてもらいます。

申し訳ありませんがもう暫くお待ち下さい。


京都T様CB400足回りカスタム分解

今回、エンジンフルO/Hと同時に足回りのカスタムも同時に行う事になり

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (1)天気が良い今日の内にタイヤホイールを

取り外し、カスタムの準備に取り掛かります。

ブレーキダストの量が異常なのが気になる

このリアタイヤホイールですが…

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (3)取り外してみると、ブレーキシューは

ベズラー社製のブレーキシューだった。

しかもスプロケットは35Tだったので

ブレーキの引きシロがかなり引っ張られていた。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (4)ベズラー社製のブレーキシューを

使っていたから、ブレーキダストが多く

リアハブはかなり痛んでいる状態なのが

ちょっと気になる所になります…。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (5)取り合えず前後のタイヤホイールを取り外し

転倒防止を行い、タイヤホイールを分解し

ホイールを組み替える準備に取り掛かります。

まずはベアリングリテーナーを取り外すのですが

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (6)ベアリングリテーナーが少し飛び出しており

緩んだのか?締められなかったのか?

どうやら一度は触られている感じがします。

純正SSTを使ってベアリングリテーナーを

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (7)取り外すのですが、リテーナーがちゃんと

締まっていなかった理由は、焼き付いてしまい

締められなかった事が理由だと思います。

取り外すのにも結構苦労しました…。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (8)で、最悪なのは、リテーナーを取り外していると

ブレーキ側のベアリングがベアリングプーラーを

使わなくても、ポロっと落ちた事です…。

このリアハブちょっと厄介だなぁ…。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (9)取り合えずスポークを切断しましたが

これを使うかどうかはオーナーと要相談です。

使って使えない事は無いけどと言うレベルで

これはダメだわって言える程では無いのが厄介。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (10)フロントは問題無く使えるので

取り合えずフロントは仕上げる事にします。

サクサクっとスポークを切断し

ベアリングなどを取り外し、ブラスト準備。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (11)取り合えずリアハブは手を付けず

このままの状態で、打ち合わせ後に

どうするかを決めてからにします。

ブレーキドラムパネルとフロントハブは

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (12)サクサクっとウエットブラストで仕上げました。

35Tのリアスプロケットどうしようかなぁ

純正は38Tなので、これもオーナーと相談だね。

35Tのまま使うのなら、チェーンの長さを

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (13)2L程短くしないと、調整シロが色々と…。

で、フロントハブはサクサクと仕上げます。

ベアリングリテーナーのねじ山もリタップ掃除。

これでアンチシーズを塗って締め付ければ

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (14)焼き付く事も無くなります。

新品のベアリングを圧入して組み立て。

ディスタンスカラーも錆止めのグリスを塗り

組み立てて、ベアリングリテーナーと

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (15)ダストシールを装着し、フロントハブと

ブレーキドラムパネルは仕上がりました。

本当ならこれで前後ハブが仕上がって

Hリムを組む予定だったのですが

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (1)急遽作業予定を変更して

スピードメーターギアーを分解し

これもウエットブラストで仕上げて

綺麗にしてから、組み立てる事にします。

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (2)このドロドロのスピードメータギアー…。

サクサクっと分解して汚れたグリスを洗浄。

ギアーケースはウエットブラストで仕上げます。

フロントハブが奇麗なのにSメーターギアーが

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (3)汚いのって残念でしかないので

ついでに綺麗に仕上げます。

ブラストと洗浄が完了したので組み立てます。

こうやって見ると簡単な作業に見えますが

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (4)分解を失敗すると、使えなくなりますから

簡単には考えないで下さいね。

綺麗なグリスを入れて組み立てが完了です。

代替のリアハブとなった場合はどうしようかなぁ…

宝物庫にリアハブはあるにはあるけど…悩ましい所です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年05月24日

警戒を厳にせよ!3

Z750RSが店にあると、この所不穏な動きがある様な気がして…
昨日も電話で自販機の営業らしき人物から電話が入ったのだが
言葉使いが営業らしからぬ喋り方だったり
恐らく車のラジオか音楽を聞いているのか?後ろが五月蠅いので
少し詰めてやったら、あっさりと引き下がったw
まぁ基本Z2は今通勤で乗っているので
店には無いんだけど、Z2に乗っていると売ってしまった
Z1000Mk兇鯒磴ぬ瓩靴燭なって来たわ!w


寝屋川M様CB400緊急継続車検

昨日継続車検の準備を整えて、朝一から京都南へ!

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (1)でも予約は午後からしか取れていなかったので

受付の方に「今日は空いているから良いけど」
心の叫び(何時も空いとるやないか!)
「混雑していたら今度からお断りします」
心の叫び(何時もならスルーてくれるのに…)
ぺ「はい、すみません午前と午後を間違えました」
心の叫び(まぁ確信犯なんだけどね…)
寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (2)と言う事で無事に朝一から継続車検を受ける事に。

で、意気揚々とラインに並んで9時からの

始業時間を待つ事10分程、検査官がやって来て

灯火系、保安部品をチェックし、ハンドルロック

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (3)高さ、幅を測定したのだが…しまった!幅が

100亟岼磴辰涜りないわ!で、何とかその場を

誤魔化そうとしたんだけど無理だったので

究極の裏技を使って、ハンドル幅だけ再検査。

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (4)他は全て一発合格だったのに!

5分程余計に時間が掛かってしまったけど

無事に継続車検は合格し、お店の開店時間前に

戻って来る事が出来きて、本日納車予定なので

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (5)現状復旧作業に取り掛かります。

まずはハンドルから復旧に取り掛かります。

幅を合わせる為、グリップのワイヤリングを

切断したので、まずはグリップを

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (6)ワイヤリングで再固定したけど

結局接着剤も塗る事になった…。

よくまぁ現場でグリップが抜けて良かったわw

ハンドル位置も元の位置に戻しましたが

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (7)何かフロント周りに違和感がある感じで

測定すると右ハンドルが5亶い…。

取り付け位置的には問題無いんだけどね。

ハンドルはこれで現状復旧が完了です。

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (8)検査場で乗り回したけど異音も無かったし。

次にヘッドライトを車検用H4から

車検非対応らしいLEDに戻します。

ポジション球が何時も抜けるらしいのですが

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (9)やり方次第で抜けない様に出来ます。

サイレンサーも車検対応ウール巻きから

元のサイレンサーに戻します。

当然国内なので、本当はサイレンサーを

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (10)交換する必要は無いんだけど

今めちゃくちゃ五月蠅くて大変なので…

検査官も人間なので、大人しく下手下手でw

で、最後に車検標章ステッカーを貼るのですが

ここ最近からすれば、ありえない位曲がった…。

何で、このステッカー類を貼ると言うセンスだけが欠落しているんだろう…。


大阪T様CB400オイルポンプ交換

継続車検でお預かりしている大阪T様CB400の強化オイルポンプを

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (1)交換する作業を午後から開始!

現在取り付いているのは数量限定製作

流量50%増量ハイパワー強化オイルポンプと

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプセット。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (2)これをCP製強化オイルポンプ「極み」と

大流量ミッション用強化オイルポンプの

フルセットに交換するので、組み立てます。

サクサクっと強化オイルポンプ「極み」に

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (3)大流量ミッション用強化をセットして

これでフル強化オイルポンプの組み立てが

完了したので、ハイパーワー強化オイルポンプと

交換する準備が整いました。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (4)で、エンジンからハイパワー強化オイルポンプを

取り外し、圧力スイッチを移設。

新品のOリングに交換して取り付けます。

この辺の作業はもはや手慣れた物で

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (5)サクサクっと交換が完了です。

エンジンオイルが乳化して居た事もあるので

オイルフィルターを交換してから

エンジンオイルを入れて、オイル漏れチェック!

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (6)走行距離も2年程で数百キロなので

オイルフィルターはそんなに汚れてませんが

前回の車検から2年経過し、オイルの劣化や

乳化がある為、今回はオイルフィルターも交換。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (7)エンジンオイルを入れ、エンジンを温めて

各箇所からのオイル漏れが無いかをチェック!

テンプメーターのバックアップ電池も

切れているようですねぇ…。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (8)で、交換した各箇所のオイル漏れは無く

エンジンの調子も良好なので

これでオイル、フィルター交換と

オイルポンプ交換作業は完了です。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (9)次に前回取り付けたFCRを車検対応や

エンジン保護をする為、インナーネットを

FCRに取り付ける事になったので

FCRキャブレターを取り外しました。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (10)ファンネルを取り外しASやパイロットから

漏れたガソリンを洗い流して

インナーネットをセット!これでファンネルを

復旧すれば、車検対応のFCRになりました。

14時からご来店予約の方が居られるので、今日の作業はここまでで終了です。


大阪S様CB400フロントブレーキ圧力スイッチ交換

先日フロントブレーキの圧力スイッチが故障して居た事が分かったたらしく

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (1)ブレーキランプが点灯しないとの事で

この前からご相談を頂いていた

大阪S様CB400が昨日仕事の都合が付いたらしく

連絡が入り本日入庫となったのですが

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (2)予定時間から遅れるとの連絡を頂き

暫し休憩…、で、ご来店されたので

早速交換作業に取り掛かります。

まずはハーネス側に問題が無いかをチェックし

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (3)ハーネス側には問題が無かったので

ブレーキスイッチ本体の不具合で確定。

この結構出来上がったブレーキフルードを抜いて

ブレーキスイッチを取り外し交換。

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (4)ブレーキスイッチの締め付けトルクも

規定値で締めないと、緩いと漏れるし

締め過ぎるとスイッチが破断してしまうので

トルクレンチでしっかりと管理しましょう。

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (5)ブレーキフルードを交換してエアー抜き。

ブレーキランプが点灯する事を確認し

これにてブレーキランプの不具合修理が完了。

次はオイルクーラーと強化オイルポンプ「極み」を

入れる計画で、今後の構想を考える事になりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年05月23日

坂本家遺産問題解決3

僕の叔母が亡くなってから十数年経ち
住之江にある大正時代に建設され廃墟化した
建物と土地の相続問題で、末の妹に当たる僕の母親を含めた
9人に相続権があると言う事で
廃墟となり崩れかけている建物を撤去しないと
いけなかった問題ですが、僕の友人に詳しい方が居られたので
相談に乗って頂き、相続権を放棄する形で話を進めた所
大阪地方裁判所から通知が届き、無事に解決する事になりました。
大した金額でも無いのに、裁判をして相続人全員が
その相続権を持っている事になる為、問題が解決するまで
疎遠になっていたとはいえ約1年使い
80を過ぎた叔母の労力も大変だったと思います。
ご相談に乗って頂いた友人にはとても感謝しております。
財産は残す物では無く、使い果たして死ぬ方が残された家族には
きっと楽なんだろうと思いました。
それと僕の父方は医者の家系で、僕だけが医者にならなかった事も
息子が医者になった事で、色々と面倒な話もあり
僕を医者にさせなかった母親にも感謝していますw


昨日は熱中症でダウン

昨日は夕方からかなり調子が悪くなり、心拍数は100近くあるのに

血圧は何時もなら150/100前後なのにwかなり低く106/60でフラフラして

体温は平熱の35.7度なのに身体は熱く3時間程ダウンして

兎に角身体を冷やして34.4度まで下げて横になってましたw

恐らく昨日の気温上昇に身体が付いて行かず

マスクを付けたままの作業で、水分も取らず集中して作業し

恐らく軽い熱中症だったんだろうと思います。

過去にも一度熱中症になり、その怖さを知っているので

これからの季節皆様も適度な水分と塩分補給をして体調管理をしましょう。


寝屋川M様緊急継続車検入庫

昨夜の線状降水帯による雷雨には驚きましたが

寝屋川M様CB400緊急継続車検入庫220523今朝はも良くなったので、一安心です。

で、本日も元気よくお店を開店!

すると間も無く寝屋川M様が予定通りご来店。

車両をお預かりして、早速作業に取り掛かります。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (1)まずは車検非対応らしいLEDヘッドランプを

面倒なのでCP車検用シビエH4ライトに

交換するついでに、光量が足りないので

バッ直配線も入れて光量を上げます。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (2)サクサクっと配線を接続して

スイッチの取付も完了したので

H4バルブのヘッドライトを取り付け。

これでヘッドライト周りは完了です。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (3)次に車検証がF2の型式、類別が残った

貴重な国内398ccなので、このセパハンの

幅を広げて780个帽腓錣擦泙靴拭

高さは昔の基準ではブレーキマスターだったのが

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (4)何故か今はメーターの一番高い所で測られるので

F1は1040个覆里任垢、構造変更や国内新規の

F1ハンドルだと1060个砲覆辰討い觧が多く

F2は1080个覆里如誤差の範囲で行けるのは

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (5)まぁ…良いかぁ…って感じですねぇ…。

次に当時物ヨシムラ手曲げマフラーの

サイレンサーですが、流石にこれじゃぁ不味く

近接測定は無いにしろ、検査官に舐めてんのか

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (6)って言われそうなので、サイレンサーは

車検対応のウールを巻いたサイレンサーに

交換し、継続車検を受けますw

これでほぼ車検準備が整ったので

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (7)ヘッドライトの光軸をチェック!

大体良い感じですが、これは今バッ直配線の

スイッチはOFFな状態で、回転数も低く

これでは光量不足になって不合格です。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (8)なので、バッ直配線のスイッチをONに!

回転数を上げていないので分り難いですが

確実に光量はUPしているので、これで

ヘッドライトもOKになりました。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (9)ここで、以前見た時から気になっていた

このインジケーターとキーボックスの

位置関係なのですが、インジケーターが

キーボックスにもたれ掛かって居り、このままだと

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (10)振動でインジケーターが破損して仕舞う事が

懸念なれる事から、メーターステーの

取り付け方法をチェックする事にしました。

本来純正のトップブリッジとメーターステーの

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (11)取付はリジットになっているのですが

このメーターステーには手作りなのか何なのか

ゴムを挟んでいれてある為、メーターの重さで

インジケーターがキーボックスに

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (12)もたれ掛かって居た事が判明したので

このホームセンターワッシャーとナットを

全て取り除き、より良い方法でメーター類の

取り付け方法を考える事にします。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (13)この社外のトップブリッジはメーターステー

取り付け部分の厚みが5个靴無為

ゴムで挟んで帳尻合わせをしていたんだろうと

言う事だと思うので、本来のメーターステーを

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (14)取り付けるトップブリッジの厚み分に合わせ

間に5个離▲襯潺ラーを入れて高さを調整。

これでほぼ純正と同じ程度の厚みが確保出来

後は普通のナットで取り付けられていた

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (15)メーターステーに、ヘッドライトステーは

取り付いていないのですが純正の仕様と

同じ様にワッシャーとカラーを入れ

関係無いのですが、一応ゴムも入れて

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (16)純正の長ナットで締め付けました。

後はインジケーターの取付位置を調整し

キーボックスにもたれ掛かったり

干渉しない位置に調節をして取り付けました。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (17)この時点でまた作業に集中してしまい

二時間も経っていたので、一旦休憩をし

水分塩分補給と身体を冷やしながら、事務仕事。

モリワキに電話したり、部品販売店に電話したり…

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (18)午後からは、オーナーが気になっていると言う

フロントホイールからの異音原因の調査で

取り合えずフロントタイヤを取り外して

異音の原因になりそうなところを調べます。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (19)よくアリがちなのはSメーターワイヤーの

素線切れなどのダメージがある事ですが

この車両に関してはそのような感じでは無かった。

所で、アクスルシャフトクランプですが

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (20)前の画像でも分かりますが、前後反対に

取り付けられていました。

これは間違って取り付けられたのか

意図的に取り付けられたのかと

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (21)反対側を見てみると、どうやらこれは

意図的に反対に取り付けられている

可能性が高いんだろうなぁと…

まぁこれも修正しますけど。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (22)少し前から違和感があったのですが

取り外したタイヤホイールのアクスルナット

ナットの対辺寸法が22个里呂困覆里

これは23个砲覆辰撞錣浸と

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (23)ナットの掛かりが浅い様な気がするので

後でチェックする事にします。

ブレーキディスク取付ナットはUナットに

変更されていますが、緩み止めがかろうじて…。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (24)で、やっぱりこのアクスルナットですが

違和感しか無く、22个23个辰討匹Δ覆痢

ナットのねじ山も嫌に深いし、ナット内径も

少し広く感じるのは気のせいかなぁ?

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (25)と、そんな事を思いながらSメーターギアーを

取り外してみると…やっぱりドライやん…。

何なら擦れて鉄粉も出てるし…。

音の原因はこれの可能性が高いかなぁ?

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (26)一応ベアリングもチェックしたけど

全然問題が無いので、Sメーターギアーが

ドライの為、何かの時に擦れて

異音が出るんじゃないかと推測。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (27)一応鉄粉を洗浄して、グリスを入れました。

これで直ってくれると良いのにね。

で、違和感があるフロントアクスルシャフトを

宝物庫から398タイプのアクスルシャフトを

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (29)引っ張り出して現物を比較検証。

上が僕の398タイプになるシャフトで

下が今回取り外したアクスルシャフト

やっぱり5价擦い笋鵝

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (30)ナット側も比較すると、右が対辺22个諒で

左の対辺23个諒は、ねじ山の深さが深いのと

少し内径が広い感じがしますね。

ボルトは短く、ナットのねじ山は深いので

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (31)ネジ山の掛かりが浅いと言う事ですねぇ…。

ま、取り合えずこれで様子を見てもらい

クランプも取付方向を正規にして取り付けました。

何だか、これだけしかやって無いのに

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (32)色々と難がありそうな嫌な感じです…。

取り合えず明日朝一に継続車検を受けて来るので

車両を積み込んで準備を整えました。

上手く行けば開店前には戻って来れると思います。

車検が無事に合格したら、現状復旧作業に取り掛かり

明日には納車をする事になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年05月22日

ヨシムラ当時物機械曲げマフラー用アフターパーツ3

かなり悩んでいたカリーナ2000GTを買いそびれ
それに拗ねたのか、マスタングのバッテリーが死亡…。
物欲が余り無くなったのですが、以前からサルを
飼いたかったので、大手ペットショップを
結構前から探していたのですが、中々見つからず
先日マーモセットのメスを見つけたので
購入するに当たり、嫁に話をした所
嫁「お前の世話だけでも大変やのに!」
「サルの世話は誰がするん!」と叱られ
サルは糞尿する場所は覚えない事や
マンモ臭が酷い事などを指摘され
結構心は折れてしまったのですが、更に嫁が言うには
嫁「あんたより長生きする動物は飼わへん!」と言われ
僕は心が灰になりました…。


愛知県K様CB400メンテナンスとマフラーアフターパーツ


CP製機械曲げマフラーサイレンサーをヨシムラ機械曲げマフラーの

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (1)アフターパーツとして、ご注文頂き

わざわざ愛知県からご来店頂いたK様御夫婦。

心配だった天気は少し愚図られた様でしたが

無事にご来店頂きました。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (2)インスタでしか拝見出来ていなかった

ピンクのCB400でしたが、やっと

現車を生でこの目で見られて感激しましたw

作業はヘッドカバーガスケット交換作業の

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (3)ご依頼と当時物ヨシムラ機械曲げマフラー

サイレンサーを、CP製機械曲げマフラー用

サイレンサーと交換し、本物はより本物らしく

とのご依頼で本日ご来店頂きました。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (4)少し手古摺りましたが特注サイレンサーを抜くと

マフラーの中はカーボンがかなり固まっており

カーボンを取り除いて、CP製機械曲げマフラー用

サイレンサーを挿入し、交換が完了です。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (5)このサイレンサー交換作業が出来るのも

当時物ヨシムラ機械曲げマフラーを忠実に

再現しているから出来ると言う事です。

次にシリンダーヘッドカバーガスケット交換ですが

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (6)シリンダーヘッドのねじ山上りが2カ所あり

その作業も追加となった事や、ついでに

シリンダーヘッド増し締めも実施し

カムチェーンもチェックなどヘッド周りも点検。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (7)何ヵ所かのナットは緩んでいました。

気になったのは、プラグの色ですが

後で試乗をさせて頂きましたが

少しガソリンは薄い感じで、今後の課題です。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (8)シリンダーヘッドのねじ山上りも

この際なので、修正をしてしまいます。

切り粉がエンジン内に入らない様

ガムテープでしっかりと養生をして

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (9)リコイルタップでネジ山を作り

リコイルを入れて、ねじ山上りを修正。

これでねじ山上り個所は修正が完了。

メイン作業を終えて、後はダメ出しへと…w

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (10)色々と気になる所もありチェックし

点火系の手直しや、CB400Fourあるあるの

間違いなどを手直して、僕が見て気になった所は

オーナーに確認をして頂いてから勝手に手直しw

試運転を何度かさせて頂き安全に楽しめる車両に近付けました。

今後の課題も何点か見つかったので、より良いヨンフォアライフを

オーナーと楽しみながらメンテナンスをして行く事になりそうです。


大阪T様CB400継続車検準備

バッテリーが死亡していたNC36のエンジンを始動させたら

大阪T様CB400継続車検準備オイル交換キャブからガソリンが漏れてきたので

キャブレターパッキン交換となりました。

で、旧CB400の方はエンジンオイルを抜いて

現在取付いている数量限定オイル流量50%増量

CP製ハイパワー強化オイルポンプから強化オイルポンプ「極み」と

大流量ミッション用強化オイルポンプに交換する事になりました。

今日のこの暑さで少し脱水症状になったので、本日の作業はここまで

明日も緊急で入庫があり、まだ継続車検の作業なども出来ていませんが

色々と手古摺りそうなので、お時間は頂く事になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年05月11日

定休日の時間潰し3

今日は久々に用事が無い完全OFFになった定休日だったので
暇しているであろう、某青い方を誘って
一っ走り行こうと思って居たのですが…
残念な事に生憎の天気…
マフラー取り付けチタンナットのテストも出来ると
思って居ただけに残念です。
暇は僕にとってとても苦痛なので、取り合えず出勤。
そう言えば今日荷物が午後から2個程入荷して来るので
その間事務処理をしたり、細かい作業をしたりして
時間潰しをする事になった。
で、先日東京へ一緒に行った自由人君に
途中のSAで美味しい物でも食べようと言っていたのですが
僕の食事制限や、SAも混雑して居た事から
食事抜きでの帰阪となったので、今日の夕方は
自由人君と一緒に食事に行く事にします。


京都T様CB400エンジンO/H準備

一昨日はオイルパンからエンジンオイルを抜いて放置してあったのですが

京都T様エンジンOH準備親方管取外し今日はマフラー、親方管を取り外し

オイルフィルターケースを取り外し

オイルフィルターからもオイルを抜き

このまま明日の本格的なエンジン分解まで

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (1)暫く放置して置く事にしました。

で、前から気になっていたシートロック。

定番のメインとシートロックキーが別々だったのが

以前から気になって居た事もあり

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (2)部品取りの純正シートロックの鍵無しを

ピッキングで解錠し、中身を取り出し

メインキーのキー溝に合わせて組み替えて

ワンキーで全て使える様にする為

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (3)部品取りのプレートから合う物を組み替えて

京都T様CB400のメインキーに合う様に

プレートを組み替えました。

元々付いていたシートロックは

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (4)CB400Fourオリジナルでは無く

普通のシャッター付きロックだったので

せっかくなので、オリジナルの蓋付キーに

変更して取り付ける事にしました。

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (5)取付ボルトも六角穴付きボルトだったので

純正の皿ビスに交換して、CP製シートロック用の

蓋を取り付ける事にして、仕上げました。

これでメインとシートロックがワンキーで

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (6)使える様になり、不便さが無くなり

更にオリジナル感もアップしました。

貴重な国内398ccなので、僕が拘りたいと

思っていただけですが、僕の暇と言う苦痛から

解放された時間を半日過ごす事が出来ましたw


【追記:シングルリードバルブレデューサー入荷】

先日手に入ったシングルリードバルブレデューサーは自分用にと

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (1)取り込んだ所なのですが、運良くもう一個

手に入ったので、これは近日中に

某Yオクに出品する事にしました。

90度ニップル付きになります。

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (2)中の状態もチェックしましたが

目立った汚れも無く、綺麗な状態だったので

軽く拭き掃除だけして組み立てて

作動状態をチェックしました。

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (4)少し傷はありますが、中は問題無く

とても良い状態だったので

余り使われていないと思います。

ご入用の方は是非ご検討下さい。

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (5)中古品ですがホースもおまけで付きます。

そのままで取り付けも可能ですが

ホースを新品に交換する際に寸法の

基準にもなると思います。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0)

2022年05月07日

明日は嫁一人旅3

明日の定休日は、僕は自由人君とお出掛けとなるので
嫁は新しく購入した車で一人旅に出掛けるそうです。
どちらとも夕方には帰って来る予定にしています。
所でついに車の税金が来て、その金額に嫁は激オコ…。
「どうすんのこれ!」と言われたけど、そんなもん…
お国からの請求書なので「払っといて下さい…」と言うしか無い。
レクサス、ハイエース、マスタング、CB400Four×2、Dトラと
お国の為に税金を払う献身的な国民だと、僕は思っているのに
嫁に怒られるのは納得が行かない!…と心の中で叫んでます。


京都T様CB400エンジンオイル漏れ修理入庫

以前から多少のオイル漏れはあった物の

京都T様CB400エンジンオイル漏れOH入庫220507 (1)何とか延命をしていたのですが

その延命処置にも限界を感じたらしく

この度エンジンフルO/Hで入庫となる事に。

今、通常で3ヵ月程日程が掛かるのですが

京都T様CB400エンジンオイル漏れOH入庫220507 (2)内燃機屋さんも酷く込み合っており

仕上がりは未定で、また最近の物価高騰

値上がりの影響もあり、エンジンの状態によっては

O/H費用も嵩んでくる可能性もあります。


22/05/07本日のご来店

7月の中頃に車検が切れると言う事で、打ち合わせにご来店された

220507本日のご来店高槻S様CB400F血統症付き高槻S様CB400F国内408cc

車検に合わせて強化オイルポンプ「極み」と

ミッション用大流量強化オイルポンプも

一緒に交換のご依頼を頂きました。

高槻S様CB400F国内408cc用フル強化オイルポンプ「極み」 (1)これで旧価格の強化オイルポンプ「極み」は

全て完売となり、新価格¥75,000+TAXと

なって仕舞います…申し訳御座いません。

ミッション用大流量強化オイルポンプは

高槻S様CB400F国内408cc用フル強化オイルポンプ「極み」 (2)今回のロットの値上げは見送りですが

次回製作ロットは値上がりとなります。

取り合えずご購入予約と言う事で

ミッション用を本体に組み込み準備をします。

高槻S様CB400F国内408cc用フル強化オイルポンプ「極み」 (3)サクサクっと組み込みが完了。

後は車検のタイミングでエンジンオイルを

抜いた時に、オイルポンプを交換する予定です。

来月20日以降入庫予定で段取りをします。


純正マフラーのお話

本日入庫予定の2台がオーナーのご都合が悪くなった為

予定が狂って仕舞まったので、純正マフラーに付いてのお話。

これは知っている方は知っているのですが

この先CB400Fourオーナーに語り継いで貰いたいと言う事です。

ホンダ純正マフラーのちょっとした事ですが

エンドパイプの溶接部分に違いがあるのをご存じでしょうか?

実は初期のラインオフ物の純正マフラーの溶接ビード部分には

例えば前期物と後期物、部品で販売された物があり

初期純正マフラー初期のラインオフ車両のマフラーは

デザイナーの佐藤さんが拘ったと言われる

細い溶接ビードになっているんです。

「CB400Fourのマフラーにはこの細い

後期純正マフラー溶接ビードじゃなきゃダメだ!」

と言うこの車両をデザインした拘りがあり

マフラー製造元にはデザイナーがNGを出した

純正マフラーが当時沢山転がっていたそうです。

後期や部品で販売された物になると

この溶接ビードがいつの間にか太くなってますが

何故こうなったのかはと言う理由は

色々あるのですが、その明言は控えて置きます。

純正マフラーの溶接ビードの太さにまで拘ってデザインされたCB400Four。

CB400Fourオーナーとして覚えておいて下さい。


peke_cb400f at 17:30|PermalinkComments(2)

2022年05月05日

子供の日と母の日3

昨日は弟夫婦とその息子とオカン達とで
食事したりお買い物したりして
甥には子供の日でおもちゃをおねだりされたり
オカンも終活をしているらしく
戸棚とかに仕舞ってあったお宝を持って来た。
その中には30年ほど前の母の日に渡した
未使用の金の耳かきもあったw
松竹梅のデザインが気に入ったので当時購入した物だった。
嫁は売れと言うけど、ある意味オカンの形見になるかも…。
で、僕は老眼鏡を買ってもらったw


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

GWも終盤を迎え、弟と梅雨入り前にはツーリングや魚釣りに行こうと

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (1)言う話にはなったけど、実現するかどうかは

真ん中の弟次第と言う事になった。

で、今日も先日の続きでダックスのエンジンを

モンゴリ師匠が仕上げる事になります。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (2)クラッチカバーの取り付けが完了!

次に腰上シリンダーを取り付ける準備。

シリンダーはタケガワのボアアップキット

シリンダーヘッドは加工されているので

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (3)そのまま使うのですが、INマニのねじ山が

痛んでいる為、ヘリサートをする事に…。

まぁこれを奴にやらせたのは失敗でしたが…。

何とかリカバリーも出来たので問題無し。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (4)次にタコ棒でバルブの摺り合わせ。

CB400Fourと違いIN、OUTの二か所なので

やる気も出るよねw、これが8個だと

流石に内燃機屋さんへ送った方が

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (5)時間の節約にもなりますからねw

強化バルブスプリングとハイカムを

組み込んで、これでシリンダヘッドの

下拵えが完了しました。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (6)SPタケガワの88ccピストンキットを

セットしてシリンダーを挿入し

シリンダーヘッドを組み込めば

これでエンジンもほぼ完成です。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (7)サクサクっと取り合えずこれでエンジンは完成。

後は発注漏れ部品が入荷して来れば

仕上げ作業に取り掛かれます。

キャブのインマニのサイズを間違ったので

再発注になるし、再メッキ部品もGW明けに出すので

暫く掛かりそうです。


大阪M様CB400Fレデューサー交換

先日お電話を頂いた大阪M様が予定通りご来店。

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (1)シングルリードバルブレデューサーから

ツインリードバルブレデューサへの

交換作業のご依頼でご来店です。

貴重なシングルリードバルブになる為

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (2)現在部品代及び交換工賃は無償での

バージョンアップを行ております。

取り外したシングルリードバルブを分解し

一応中の状態をチェックします。

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (3)多少の入荷や汚れはありますが

全然問題が無いレベルになります。

多分取り付けてから4.5年は経過しており

全くのノーメンテだったのですが

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (5)余り乗って居られなかったとの事で

状態は良かったのだろうと思います。

今までシングルが手に入れば、必要な方に

販売をしていたのですが、ふと思えば

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (6)CP1.5号機用に一個要るじゃないか!

と思って居た所だったので、タイミング的に

これを逃すと、自分の分が手に入らないので

これは自分用に確保して置く事にします。

申し訳ないのですが、次回の機会にでも…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年05月02日

半年ぶりの孫との再会3

昨日は臨時休業を頂き、孫との再会!
半年ぶりで嫁の事はあんまり覚えて無かったけど
僕の事は金の車椅子のイメージが強かったのか
直ぐに「ジイジ!」と思い出してくれたw
孫と楽しい半日を過ごしましたが
悪さばかりして走り回る孫を
ずっと追い掛けるので、もう嫁はヘトヘトw
流石に僕も疲れ果てました…w
確か30年前にも同じような経験をした記憶が
鮮明に蘇って来るので、息子に「お前もこんなんやってんで」と
入園して2週間が経過する幼稚園では既に
先生が一人、常に付きっ切りな状態も30年前と同じw
流石我が血を受け継ぐ孫だと思った。


22/04/30のご来店

30日土曜日の夕方に、バタバタっとご来店の方が来られ

220430のご来店神戸ジャイアン号CB400 (1)その中で、何年かぶりにやっと

神戸のジャイアンが、フルレストアした

CB400に乗ってご来店頂きました。

レアなパーツ盛り沢山のジャイアン号。

220430のご来店神戸ジャイアン号CB400 (2)ヨシムラ規制前初期手曲げマフラー

初期セブンスターキャストなどが

取付いていると言うお宝車両。

フレームはそれに反して398cc最後期になります。

CP製機械曲げマフラーや64Φスパイラルサイレンサーも

ご購入頂いており、今後も色々と仕様変更されると思います。

所で、マフラーの材料も年内また上がるだろうと言われており

そうなると、もうこれ以上の値上げも如何な物かと思う所もあり

機械曲げマフラー製作も値上げしてまで販売は如何な物かと思っております。

フッ素ゴム、樹脂関係は入手が困難になっているとも聞いてます。

全てが僕が思う様な、売れる金額では無くなってしまうと

物を作る事が辛くなってきますね…。


舐めたポスティングチラシ

今朝出勤してポストをチェックすると、何かが入っていたので

舐めたポスティングチラシ取り出してみてみると…思わず

「舐めやがって」と呟いてしまったw

何処のポストにこんなの入れてるや?

と思いましたが、ポスティングする方は

そんな事は何も考えていないんだろうなぁと思った。

「え?こんなのも買い取ってくれるの⁇」ってコピーと画像を見ると

物の価値を知らない人を騙す様で悪意を感じるし、ムカつくよねw


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

エンジン部品にダメージがある事が分かり

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (1)エンジンの組み立ては部品入荷待ちとなり

今日はフレーム組み立て作業を開始。

フレームも本来あるはずの部品が無かったり

ボルトはホームセンターボルトだったり…

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (2)塗装をしてから気が付いたのですが

フレームのブレーキストッパー部分が

変形していた…これは上手に修正します。

色々と部品の発注漏れもあったりで

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (3)取り合えず今日はここまでしか出来なかった。

エンジン組み立ても出来ないし

フレームも仕上げられないしGW中だし…

GW明けに部品を再メッキに

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (4)出さないといけない部品も出て来た…。

簡単に思って居たダックスですが

これまた手間が掛かるねぇ。

部品一つでもしっかりと手を入れて

妥協せずキッチリと仕上げて行きます。


ヨシムラピストンキット廃盤

既にご存じの方も居るとは思いますが

ヨシムラ54 (1)ヨシムラ54.5Φピストンキットが

廃盤となって居り、ピストンリングも

同じく廃盤となっています。

CPの部品箱を探してみた所

ヨシムラ54 (2)新品のピストンリングが一台分出てきました。

でも残念な事に、ピストンの在庫は

見つからないので在庫は無いと思います。

GW明けに補修用のピストンリングが

まだあるか、そして見つかるかを調べてみる事にします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月30日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日5月1日(月曜日)は孫と遊ぶ為
どんな事があっても絶対に休みます!
ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程
よろしくお願い致します。


枚方N様BMWS1000RR継続車検完了

少々手古摺りましたが、GW前の28日に無事継続車検合格。

枚方N様BMW1000RR継続車検完了 (1)変更点を元に戻し現状復旧も

完了したので、車検標章ステッカーを貼る。

車検標章ステッカーはBMWだからと言っても

決して真っ直ぐには貼らない…。

枚方N様BMW1000RR継続車検完了 (2)今回の車検で問題だったのは

そもそもこのリアウインカーの取り付け距離。

中央部で150舒幣緻気い箸い韻覆い里任垢

そこは何とか誤魔化せたの物…

枚方N様BMW1000RR継続車検完了 (3)実は見落としていたフロント側ウインカー

正面から見た時の面積が少ない事と

Eマークが無い事などで、これは無理って事になり

結局純正ウインカーに交換する事になった。

枚方N様BMW1000RR継続車検完了 (4)何とかGWに間に合う様にと言う事で

ラインも予約が一杯な所を

強引に捻じ込んで、検査を受けて

オーナーのご意向に沿える様に努力し

本日無事に納車する事が出来ました。


神戸H様CB400試運転チェック

色々と問題があった神戸H様のCB400ですが

神戸H様CB400試運転チェック220430 (1)念の為、納車前に試運転チェックを済ませます。

今日の晴れ間を利用して何時もの所までですが

一っ走り行って記念撮影を済ませて戻ります。

乗った感じは吹け上りも良く安定の純正キャブ。

神戸H様CB400試運転チェック220430 (2)特にストレスも無く良い感じ。

これで、普通には楽しめると思いますが

エンジンを長い事掛けずにいたら

オイル下がりでプラグが濡れて

エンジンが掛からなくなる可能性があります。


CP1.5号機用RCフロントフェンダー組み立て

本格的な組み立ては、まだ当分先になると思いますが

CP1.5号機用RCフロントフェンダー作り置き (1)CP1.5号機用にRCフロントフェンダーを

メッキスタビと、バーニッシュブルー塗装で

仕上げたフェンダーに組み付けて

何時でも車両組み立てが出来る様に

CP1.5号機用RCフロントフェンダー作り置き (2)フェンダーを仕上げて置く事にしました。

今回は塗装が別になる為、ちょっと大変で

しっかりと養生をしてからリベットを

カシメて仕上げる事になります。

CP1.5号機用RCフロントフェンダー作り置き (3)サクサクっとカシメピンを叩いて潰して

CP1.5号機用RCフェンダーが仕上がりました。

後はこれを付ける日が何時になるのか…。

フレームすらまだ塗装に出していないからねぇ…。

残りはシルバー塗装仕上げのRCフェンダーが1個になって居ります。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月29日

GWに嫁、旅に出るらしい3

新しい車を購入した嫁は、このGW中に車に乗って
高速道路を利用して旅に出たいらしい…w
まぁ好きな様にすれば良いけど
男も女も車好きだと、欲しい車を手に入れたら
やたらと旅に出たがるよねw


22/04/27の男は黙って六四分け

先日の定休日にやっと髪を切りに行けた事をすっかり忘れていました。

男は黙って六四分け220427前回は映画撮影の為、髪型を

オールバックにして貰っていたので

伸びた髪の量も多かったから結構鬱陶しかった。

今日は本当なら2台クイックで入庫する予定が

天候が悪いので、延期になって仕舞いました。

このGW天気が日替わりみたいな感じだね。

先日の火曜日も雨予報で、覚悟して海に行ったけど

朝からの予報が午後からポツポツ降り出した程度で

17時には一旦上がったけど、帰りの豪雨は酷かったなぁ…。

で、肝心の釣果ですが…今回は海に行ければ良かったので

別に魚の顔を見に行った分けじゃないので…w


ご近所からの頂き物

この時期の僕の楽しみは、やっぱり筍です!

お隣から筍のおすそ分け (1)お隣の方が竹林を購入してから

毎年この時期になると皆で筍堀に出るので

そのおすそ分けを頂いています。

ちょっと育ち過ぎていますがw

お隣から筍のおすそ分け (2)のお刺身と天ぷら、ワカタケ煮が楽しみ。

タケノコご飯はやステーキは減量中なので

今回は我慢になりますが、今夜から暫く

タケノコ三昧になりそうですw


枚方Q坊号CB400緊急入庫

昨日の事ですが、ソロツーリングに出掛けた帰りの夕方。

枚方Q坊号CB400緊急入庫220428 (1)枚方Q坊号CB400が緊急入庫となりました。

以前から入庫の予定はあったのですが

今日の天気が悪くなる事もあり

昨日17時頃に緊急入庫となりました。

枚方Q坊号CB400緊急入庫220428 (2)まず、前回作業した部分でヘッドライトが

点灯しなくなったとの事だったので

開けてみると、アース線がスッポ抜けていました。

メインハーネス側も45年以上経過しており

枚方Q坊号CB400緊急入庫220428 (3)差し込みが広がって緩かった事で

すっぽ抜けてしまったと思います。

ついでにタコメーター側のバックライトも

球切れだったので交換をしました。

クラッチもかなり滑り出してきているし

今後電装系もリフレッシュして行かないと、トラブルの原因になりそうです。


ダックスST70カスタムエンジン組み立て

相変わらずお金と言う概念を持ち合わせていない

ダックスST70カスタムエンジン組み立て開始 (1)自由な生活をしている自由人君を

電話で呼び出して、現金払いで日当を渡し

ダックスの組み立て作業をやらせるボランティア。

組み立てに必要な部品は全て揃ったのですが

ダックスST70カスタムエンジン組み立て開始 (2)このエンジン、かなり程度が悪くて

ダメばっかりだった所に、このキックギアー

歯が欠けていて、絶版部品だったので

某Yオクで探して購入しました。

ここ、無理にキックすると割れるんですよね…。

まだまだ悪い所だらけなので、苦労しそうです。


BMW継続車検準備

社外品のウインカーを付けており、Eマークも無いウインカーを付けていた

BMW1000RR継続車検準備 (1)BMW1000RRの継続車検のご依頼で

リアウインカーは何とか誤魔化せたのですが

フロント側のウインカーがNGとなり

結局純正ウインカーに交換する事になった。

BMW1000RR継続車検準備 (2)問題のウインカーですが、丸なら正面から見た

面積が最低で30Φ、15弌15弌3.14で計算し

それ以下だと車検は通りません…。

このウインカーの場合、四角形なので、縦×横で

BMW1000RR継続車検準備 (3)面積が半分だった為、フロントNGとなり

結局リアも幅が15儖焚爾覆里妊瀬瓩箸覆

手間は掛かりますが、純正ウインカーに

交換する事になりました…。

BMW1000RR継続車検準備 (4)オーナーの希望で、車検合格後に

また元の仕様に戻す事になってます。

フロント側がNGだったのは完全に

見落としてましたが、そもそも強引に

BMW1000RR継続車検準備 (5)車検を通そうとしたので、何も言えませんw

で、リアウインカー一式を交換しようとしたら

ギボシがすっぽ抜け…全く怖い話ですわ…。

これで車検を受ける事にはなったので

BMW1000RR継続車検準備 (6)何も問題無く継続車検を受ける事が出来ます。

ウインカー一個、ビス一本を取り外し

ウインカーのカプラーを取り外す為に片側

カウルのトルクスネジを8ヵ所取り外さないと

交換出来ないとか、ネイキッド車両には考えられない手間です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月24日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日4月25日(月曜日)は真正多血症経過観察と
血液検査の為、臨時休業とさせて頂きます。
今回の血液検査には、前立腺がんの検査も入っています。
特定の数値が高ければ、原発の前立腺がんの可能性があり
数値が高くなく、画像診で怪しい物があれば
遠隔転移の可能性があると言う事らしいですが
念の為の検査になるので、多分大丈夫だと思います。
今癌は二人に一人が発症する病気で、その殆どが
早期発見であれば、治る病気となっていますので
健康だからとか、若いからとかと言わずに
積極的に検査をしましょう!
次に明後日4月26日(火曜日)は私用の為臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


嫁N-VAN納車

昨日嫁が待望のN-VANが正規販売中古車ディーラーから納車されました。

嫁のN-VAN納車 (1)新車でも購入を考えていたホンダN-VAN

恐らくこの先いつ起こるか分からない災害時

レオとちゃPを連れて避難所へは行けないので

車での生活も視野に入れたのだろうと思います。

嫁のN-VAN納車 (2)座席はフルフラットになり、便利で

ハーレーも積める程の広さと高さがあります。

助手席側はピラーレスで乗り降りも楽ちん。

色も嫁が希望していた色で、状態がかなり良い!

嫁のN-VAN納車 (3)で、早速ステッカーチューンw

ステッカーを貼るのは弟の役目となって

呼び出された弟が貼り、N-VANならぬ

「N-WAN」だそうですw

嫁のN-VAN納車 (4)レオとちゃPの為に買った車でなので

今朝僕が助手席に乗せてもらったけど

シートに納車時のビニールシートを敷かれたw

でもレオとちゃPはそのままでOKらしい…

嫁のN-VAN納車 (5)で、今まで乗っていたエブリイは30万で

ジモティかメルカリで売ろうと思っていたのですが

弟が欲しいと言う事で、嫁分割ローンで

弟が20万で購入したらしい。

弟もルークスを娘にやるらしいので、丁度良かったらしいよ!


チタンEXスタッドナット検証中

以前もご報告した通り、特注でチタン製機械曲げマフラーをご注文頂き

チタンEXスタッドナットテスト中 (1)材料を探している時「こんなのもあるよ」と

チタン製EXスタッドボルト用ナットを

現在テスト中なのですが、チタン製品の

メリット、デメリットを説明すると

チタンEXスタッドナットテスト中 (2)まずメリットから、錆びない、強い、軽いは

当たり前の事ですが、熱収縮率が鉄より低く

低い熱伝導率、弾性にも富んでいます。

で、何よりも高級感と言った所でしょうか。

チタンEXスタッドナットテスト中 (3)デメリットは、価格が高い、熱伝導率は低いが

熱容量が低いので直ぐに熱くなる。

鉄との電位差があり、鉄が錆びますがこれは

スレッドコンパウンドやグリスを塗れば

大した問題では無い、部品としての自己主張が低いので目立たないw

締め付けトルクは15Nmになるのですが

スタッドボルト側が持つかどうか…と言う所になります。

その他にも調べればメリット、デメリットは分かると思います。

緩みテストが終われば、一般販売リリースとなります。


ミッション用大流量強化オイルポンプ3ロット目加工仕上がり

在庫切れから再製作までかなり時間が掛かりましたが

ミッション用大流量強化オイルポンプ3ロット目 (1)今回のロットでの値上げは見送りとなり

価格は今まで通りの価格になりますが

第四ロット目からは価格を改定します。

本日入庫予定の車両がこの雨で作業が延期となり

ミッション用大流量強化オイルポンプ3ロット目 (2)予定が空いてしまったので、梱包の内職。

BOでフル強化オイルポンプもご注文を

頂いていたので、「極み」にも組み付けて

発送準備も同時に進めます。

ミッション用大流量強化オイルポンプ3ロット目 (3)サクサクっと「極み」にミッション用

大流量強化オイルポンプを組み込みました。

大変長らくお待たせしておりましたが

本日発送の準備に取り掛かります。

ミッション用大流量強化オイルポンプ3ロット目 (4)途中で、ちょっと飽きて来た所で丁度

梱包用の袋が無くなったので

今日の梱包内職作業はここまでで終了。

明後日の準備もしながら、今日はのんびりと

作業を進め過ごす事が出来そうです。


体幹訓練準備

4月26日(火曜日)雨模様なのは残念ですが

26日火曜日の体幹訓練準備 (1)弟と二人で小浜方面に体幹訓練をしに行くので

今日丁度タイミングが良かったので

道具の手入れと、仕掛けなどの準備を

済ませる事にして、ハイラックスから

26日火曜日の体幹訓練準備 (2)道具を下して、チェックと掃除をして

リールにはフッ素グリスを塗りました。

仕掛けも作って、アジやヒラメも狙いますが

本命は黒鯛、チヌです!今年初の体幹訓練。

帰りは当然ですが、遠回りをして敦賀まで行き

嫁にヨーロッパ軒のお土産を買う事になりそうです…w


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月21日

CP製機械曲げマフラー一般予約受付開始3

【CP製機械曲げマフラー一般予約受付のご案内】
先行予約分の第四便がGW明けには仕上がるの事もあり
一般販売の予約を受け付け致します。
予約の受付方法は、管理上の都合の為
メールのみでの受付となります。
メールに記載して頂く内容としては
ご指名、〒番号、ご住所、電話番号を記載して下さい。
頂いた個人情報は他に漏らす事はありません。
またマフラーに関してのご案内のみで使用する物です。
ご予約のキャンセルは可能です。
商品のご案内:機械曲げマフラー本体1本、STDサイズサイレンサー付き。
EX取り付けフランジナット8個、ステー取り付け純正ボルト8×16×2本
純正スタンドスタッパーラバーA×1個
パラノイア耐熱ステッカー1枚、カスタムパラノイアステッカー大小各1枚づつ
説明書1枚となり、純正EXガスケットは付属しません。
(純正EXガスケット別売り4個セット¥1,892税込み)
価格はマフラー本体価格¥130,000+TAX=合計¥143,000
送料無料ですが一部離島、北海道¥1,000、沖縄¥2,000が別途掛かります。
mail:custom.paranoia(アットマーク)maia.eonet.ne.jp
(@マークに変更して下さい)
ご予約が多くなり過ぎましたら、一旦予約の受付を停止します。
以上宜しくお願い致します。


神戸H様CB400油温計取付と継続車検準備

よくよく考えれば、GWも間近となっている事から

神戸H様CB400エンジンオイル沈殿物診断 (1)継続車検の準備に取り掛からないと

ちょっとPITの都合などもありヤバいので

継続車検の準備に取り掛かります。

先日抜いたエンジンオイルをチェックすると

神戸H様CB400ヨシムラ油温計取り付け (1)多少の鉄粉はある物の、ビックリする様な

物は無く、多少オイルが乳化している

程度だったので、聞いていた様な

鉄粉はありませんでした。

神戸H様CB400ヨシムラ油温計取り付け (2)で、オイルを抜いたので、本来お聞きしていた

ヨシムラの油温計を取り付けて仕舞います。

昨年から既に諸々の準備をしていたので

サクサクっと取り付けるだけです。

神戸H様CB400ヨシムラ油温計取り付け (3)油温計本体を取り付けるスペースが

USBのコンセントが占拠しており

この位置にしか取り付ける事が出来なかった。

国内398ccなので、速度警告灯があるし…

神戸H様CB400ヨシムラ油温計取り付け (4)ヘッドライトケース内の電源とアースに

油温計の配線を接続、何かヘッドライトが

見た事が無いヘッドライトなので

車検が通るのか少し心配ですが

神戸H様CB400ヨシムラ油温計取り付け (5)一応はリレーも接続されているので

大丈夫なんだろうと思います。

油温計も取り付けて、設定も完了。

これで後はパワーフィルターと

アクセルワイヤーが入荷して来れば車検準備は整います。


強化オイルポンプ「極み」価格改定分加工仕上がり

強化オイルポンプ「極み」の旧本体価格分は残り1個となっており

強化オイルポンプ「極み大幅価格改定220421 (1)本体価格¥67,000+TAXですが

今回の分から本体価格が¥75,000+TAXに

大幅に価格が改定となりますが

頑張って送料は無料とさせて頂きます。

強化オイルポンプ「極み大幅価格改定220421 (2)価格改定の理由は昨今の世界情勢や

材料費、加工ベースのオイルポンプ本体

加工費高騰による為の値上がりとなります。

また今回のロットが完売した場合の

強化オイルポンプ「極み大幅価格改定220421 (3)次のロットの入荷は未定となって居ります。

欠品中ミッション用大流量強化オイルポンプも

間も無く仕上がって来る予定となっております。

ミッション用大流量強化オイルポンプは

今回の値上げは見送り、次ロットより値上がりとなります。


RC風フロントフェンダー塗装仕上がり

現品限り、再製作の見込みは難しく考えてはいない

RCフロントフェンダー塗装仕上がり (1)本物のRCレーサーのフロントフェンダーから

型取りをした、精巧な手作りフェンダーの

塗装がやっと仕上がってきました!

2個限りで、1個はご購入予定のお話中

RCフロントフェンダー塗装仕上がり (2)もう一個は商談中となっております。

価格は別途お問合せ下さい。

手作りとなりますので、多少の個体差はあります。

フェンダー本体はFRP製となっており

RCフロントフェンダー塗装仕上がり (3)スタビライザーも手作りとなっており

Wディスク対応になっております。

シングルディスクにも取り付けは可能ですが

スペーサーが必要になります。

CP製RCフロントフェンダーRCB400Fourに取り付け (5)これは以前有名なRCフォアに取り付けた

取り付け例の画像になります。

現在RCフォアはシングルディスク仕様に

なっているのですが、スペーサーを入れれば

CP製RCフロントフェンダーRCB400Fourに取り付け (4)シングルでも取付は可能です。

純正フェンダーからガラッと雰囲気が変わって

とてもレーシーに見えますし、軽量である事や

スタビライダーもスチール製なので

RCフロントフェンダー取り付け例 (2)本体がFRPフェンダーであっても

フロントが捩れる事は少なく

普通のFRPフェンダーよりも強度はあります。

Wディスク対応なので、スペーサー代わりに

キャリパーホルダージョイントを入れてあります。

手作り、在庫のみですので価格はハッキリ言うと高いです。

貴方の理想の車両の為に、また他に取る付けている方がいないので

オリジナリティが際立つフロントフェンダーになります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月18日

近日CP製機械曲げマフラー一般販売予約開始予定3

まだ先行予約分の4便目の納期は決まっていませんが
GWも近い事から、5便目の製作に関しての予定もあり
少し早めではありますが、近日中に一般予約の
受付を始める事になります。
先行予約の際に、メール以外からの予約が結構あり
管理が大変だった為、一般予約がどれだけあるか分かりませんが
メールのみの受付とさせて頂きます。
ある程度予約が落ち着いて来たら、電話や、各SNSなどでも
ご注文をお受け出来る様になると思います。
Yオク等のサイトで販売する事はヤフー税の問題から
当面考えていませんが、高額クーポンなどを利用したいと
いう声があれば、Yオクでの販売も念頭に置く事になるかも知れません。
機械曲げマフラーと言う所から、金型が潰れれば
金型を修理したり、再製作すると言う労力や費用も掛かる事から
金型などの再製作は無い可能性があります。
マフラーとしては一般的にもかなり高額な物になるのですが
何時も言う様に、無くなってからの問い合わせがあっても
どうする事も出来ないので、何本この世に残せるのかは分かりません。
材料費高騰からCP機械曲げマフラー本体価格が変更となり
旧価格¥120,000+TAXから新価格¥130,000+TAXになります。
送料は無料、一部離島は別途、北海道+¥1,000、沖縄+¥2,000を頂きます。
先行予約特典は終了し、純正EXガスケットは付属しません。


神戸H様CB400純正キャブレター取り付け調整

オーナーからのメールで、新たに色々な事が分かりましたが

神戸H様CB400純正キャブレター取付前チェック (1)エンジンにどれだけ問題があるのかは

今の所わかっていませんが…

取り合えずFCRの調子は確実に良くなったので

次に純正キャブレターを取り付けて

神戸H様CB400純正キャブレター取付前チェック (2)調整準備に取り掛かります。

念の為、フロートチャンバーを取り外して

内部の点検などをしてから車体に取り付けます。

フロートチャンバー内はサンドブラストの痕跡…

神戸H様CB400純正キャブレター取付前チェック (3)危険な臭いしかしません…

油面もこんな感じで、全然狂ってます。

MJは社外の#80が取り付けられてましたが

SJは新品かどうかは分かりませんが

神戸H様CB400純正キャブレター取付前チェック (4)純正の#40が取り付けられていたので

まぁ大丈夫だと思います。

ビシッと油面調整をして、ガソリンの

各通路などをチェックし、洗浄をして置きます。

神戸H様CB400純正キャブレター取付前チェック (5)パーツクリーナーを通してガソリンの通路を

洗浄して、問題が無い事を確認しました。

後はエアブローをしてゴミを吹き飛ばして

組み立てて車体に取り付ける準備をします。

神戸H様CB400純正キャブレター取付前チェック (7)外観のチェックも済ませて問題は無さそう。

Oリング類も特に問題は無かったので

多分このままで使えるとは思いますが

同調調整のナットは緩んでいたので

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (3)実機からの取外しでは無さそうに思うので

同調調整はしないとダメそうです。

まだパワーフィルターが入荷して来ないので

直キャブですが取り付けてチェックします。

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (4)キャブにガソリンを流し込んでエンジン始動!

特に問題無くエンジンは始動してくれたので

まぁこれは良かったと言う所ですが

同調は全然合っておらず、バキューム圧も

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (5)かなり低いので、やっぱりねwと言う感じ

なので、予定通り同調調整を行います。

ある程度合わせたのですが、バキューム圧が

どうしても上がらないなぁと思って

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (7)それでも一番揃う所に合わせて

ロックナットを締めると…

ここはチェックした時に気付かなかった…

プレートが千切れていました…クッソ!

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (8)バキューム圧は低いのですが

取り合えずは同調は一応揃っています…。

んーこれはひょっとしたら…チェックしていない

ASの開度が悪いのかもと思って居ると

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (9)げー…エンジンが掛かっているのに

キャブからガソリンがオーバーフロー…

きっとゴミがバルブに噛んだんだろうなぁ…

まぁ同調プレートも千切れている事だし

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (10)後でもう一度取り外して掃除だなぁ…

取り合えずASの開度をチェックすると

3回転以上開いていたので、規定通りの

全閉から2回転戻しに合わせると

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (11)やっぱりバキューム圧が上がって

丁度良い、狙いの所までバキューム圧が

上がってくれて、同調もバッチリになったw

このキャブ割と使えるキャブで良かったw

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (12)で、エンジンも温まりブリッピングをすると

今までFCRで出ていた白煙が殆ど出ない!

どう言う事?全然理解が出来ない。

白煙は生ガスでも無かったのに⁇

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (13)納得出来る根拠が無いので何とも言えないけど

純正キャブにした事で改善されているのか?

全然訳が分からないので、不安しかない。

でもまぁ取り合えず問題点を改善する為

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (14)一旦車体からキャブを取り外して

フロートチャンバーを取り外し

残ったガソリンをチェックすると

掃除し切れていない、結構なゴミが出て来た…

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (15)せっかく同調が合っているのですが

千切れていた同調プレートも交換します。

交換するプレートはリプロ品では無く

純正中古良品に交換する事にしました。

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (16)サクサクっと交換が完了です。

これでまた同調調整をしないと…。

プレートが千切れてはいた物の

一度はちゃんと同調が出ているので

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (17)多分大丈夫だろうと思い組み立てようと

ワッシャーを見たら…これ間違ってるやん…

小さい方のワッシャーはアイドルスクリューの

スプリング下に入る奴やん…で

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (18)アイドルスクリューを取り外してみると

やっぱり入っていなかったので

正規の場所に収めて、足りないワッシャーは

部品取り再メッキ済み部品から探し出して

神戸H様CB400純正キャブレター同調調整 (19)同調プレートに取り付けました。

これで後は取り合えずのパワーフィルターが

入荷して来れば、もう一度取り付けて同調調整。

その後、車検整備に取り掛かります。


静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック

キャブレターの不調と言う事でお預かりしたのですが

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (1)丁度良いタイミングでテストが出来る

良いエンジンがあるのでw

諸々のチェックをしてエンジンに取り付けて

純正キャブレターをチェックして仕舞います。

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (2)オーナーが気にしていた所のリンクアームの

隙間部分ですが、まず同調プレートの変形と

ダストパッキンが不在なので広く見える事。

取り外してチェックしましたが

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (3)特に心配する様な要素はそれ以外には

何も見つかりませんでした。

本当ならダストパッキン(A/C)が入っていれば

気にならない位の隙間だと思います。

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (4)取り外した同調プレート、変形して

曲がって居た同調プレートを

元の様に真っ直ぐに修正をしました。

これを元の位置に戻して締め付けてみると

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (5)まぁそれなりにリンクアームは真っ直ぐに

納まっていると思います。

ダストパッキンを入れるとなると

全バラになるので、取り合えずこのままです。

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (6)#1.2側も同じく同調プレートが

変形しているので、ついでにここも取り外し

真っ直ぐに修正をしてしまいます。

この他もチェックして、一カ所気になる所が

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (8)見つかりましたが、後で修正する事にして

このキャブをテストが出来るエンジンに

取り付けてチェックをしようと思ったのですが

ガソリンホースが無かったのが残念だった…

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (9)仕方が無いので、新品のガソリンホースを

適当に切断して接続し、テストが出来る

状態にして、他人のエンジンですが

勝手にテストさせて貰う事にしましたw

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (10)サクサクっと取り付けて調整準備が整いました。

何だかここ最近、キャブばっかり弄ってるな…

でもまぁ、タイミング的には割と

良いタイミングで色々と助かったかもね!

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (11)同調はプレートを外し、修正したので

狂っていますが、サクサクっと同調調整。

何ならこのキャブかなり調子が良いキャブで

オーナーが言う様な不調では無いので

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (12)エンジン側の方が怪しい気がします。

バキューム圧も理想的な所で揃っているし。

神戸H様のエンジンの調子も純正キャブなら

問題が無い事も確定した感じになった。

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (13)で、気になっている所も修正します。

このリンクアームの隙間がプレート側に

かなり寄っているのが気になっていた所で

リンクアームの隙間にも影響します。

静岡S様CB400Four純正キャブレターチェック (14)ボルトを緩めると…ちゃんと締まっていなかった。

隙間を広げたので、リンクアームが抵抗が無い

居たい場所に戻したので、多少なりとも

アクセルの抵抗は軽減され、気になっていた

リンクアームの隙間も改善されました。

後はオーナーと相談して、これで良いのかの判断を頂く事にします。

中はチェックしていませんが、キャブは見た目よりかなり良いと思います。


某青い方CB400F継続ユーザー車検

先日から色々とご自分や、友人の方々と車両の整備をして

枚方某青い方CB400Fユーザー継続車検 (1)バッテリーなども交換を済ませ、本日

ユーザー車検へ向かおうとし、書類の書き方を

伝授したのですが、車検証と自賠責証はコピー…

納税証明書も無かったので、これは書類不備で

枚方某青い方CB400Fユーザー継続車検 (2)スタートラインにも立てないよ…と言う事で

一旦自宅に戻り、車検証などを探す事になり

車検証は見つかったのですが

自賠責が見つからないとの事で

最悪は25ヵ月加入すれば問題は無いので後は納税証明書だけとなったので

枚方北市役所まで行き、納税証明書を発行。

寝屋川なら、検査場で確認出来るのですが

京都南での継続車検になる為納税証明書が必要になると言う事です。

結果は合格でしたが、光軸で2回落とされて

3回目は大負けに負けてもらって無事に合格となりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年04月17日

マスタングの受難2

先日の事、病院から戻って来る時、店の裏の細い道を
マスタングで走っていると、前からフラフラと
おじいがチャリンコに乗ってやって来るので
危ないので、最徐行をしチャリンコとも十分な間を開けて
すれ違おうとしたら、助手席側のミラー(左ハンドルなので右側)を
おじいが手でシバイてきたので、びっくりして最初は
ぶつかったのかと思って、怪我でもしていたら面倒なので
モタモタしているおじいの所まで車をバックさせ、おじいに
「お前なにしとんねん!ミラー叩いたんか?当たったんか?」と
おじいに聞くと、「知らん…、当たって無い」とシラを切るので
ちょっと虐めてやったら、帰り際に捨て台詞を吐いて行った…
ムカつくジジイだわ!と思って、昨日もマスタングで
閉店後に何時ものルートを帰宅すると、パチンコ屋らから
左右を確認せず飛び出して来るスクーターが
かなり前方に飛び出して来たので、「アブねぇクソガキだな!」と
思ったら前の青信号の交差点で急に止まるので
こちらも急ブレーキで止まって、クソガキに「お前死にたいんか?」
と言うとクソガキが反抗的に「どっちに行こうかと迷ったんや!」と
「何や!おっさん!」と言うので、このクソボケと思いながら
年齢からすると後輩の息子位の年齢なので「お前何処の子や?」
「親ごと泣かしたろかw」と暫し言い合いになったw
手でも出して来るかと思ったけど、最後は捨て台詞を吐いて
信号無視して逃げて行った…その内見つけたるねん!
で、今朝は天気も良いので、バイクで出勤しようとしたら嫁が
「今日パーマ屋さん行くねん、自転車出されへん」と
車で出勤しろと圧を掛けてくる…、この所の受難から
車での出勤はしたく無かったのに、仕方なく車で出勤。
案の定、何かとトラブりそうな種が転がっていたわ…
ジジイもクソガキも最後は良い逃げしやがって!腹の立つ!!
こっちは心穏やかに〆の道を歩こうとしてるのに!
改めて春なんだなぁと思ったわw


久しぶりの某青い方CB400Fご来店

先日から何度かご連絡を頂いており、何度かご来店も頂いていたのですが

某青い方ご来店220416昨日、約5年程ほぼ不動で、ノーメンテの

某青い号CB400Fの車検が、来週で切れる

との事でエンジンも一気筒死んでいたので

その修理や、バッテリー交換にご来店。

暫く単身で地方に行っておられたのですが

仕事もリタイアして新しい人生をスタートされるので

僕も遊び相手に困らなくなりましたw


神戸H様CB400キャブレター調整

取り合えずエンジンは白煙以外問題は無く

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (1)FCRキャブレターの調子も良くなり

エンジンの吹け上りも、アイドリングも

問題無く、空燃比も良くなったので

マフラーからは水が出る様になったのだけど

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (2)まさかのFCRトップカバーのねじ山上り…

道理で取り外す時におかしいなと思ったわ…。

エンジンフルO/Hしてあるのに何でこんなに

考えられへん事ばっかり起こるのだろう…。

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (3)で、やはりエンジンが温まって来ると

店の中が火事にでもなっているんじゃないかと

人に思われる位白煙が凄いので、これはもはや

キャブだけの問題で収まりそうにないだろなぁ…

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (4)次は純正キャブを取り付けてみるのですが

アクセルワイヤーがFCR用に加工されており

当初の予定通り純正キャブを使うのであれば

アクセルワイヤーも交換しないとダメです。

神戸H様FCRキャブレタートップカバーねじ山リコイル (1)オーナーからもメールが入っており

費用の事もあるので白煙の原因次第で

この先の事をどうするかを良く話し合って

作業を進める事にします。

神戸H様FCRキャブレタートップカバーねじ山リコイル (2)取り合えずFCRのねじ山上りを修正。

切り粉が入らない様に完全に養生。

ここのねじ山を上げてそのままだなんて

完全に確信犯と言えると思います。

神戸H様FCRキャブレタートップカバーねじ山リコイル (3)タップを立てて、リコイルを挿入。

これでFCRのトップカバーねじ山上りの

修正は完了したので、このFCRは取り合えず

使い物になり復活しました。

後は純正キャブをチェックして、取り付けてどうなるかです。


高槻I様CB250HAWKスポークホイール

昨年からコムスターホイールからスポークホイールに変更するべく

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (1)色々と準備をしていたのですが

鉄リムの入荷が遅れて居た事もあり

作業は遅れていたのですが、やっと入荷!

ついでに26号機用ホイールもスポークを張って

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (2)部品を準備する事にしました。

タイヤは車体が仕上がってから装着予定。

取り合えずこれで26号機用ホイールが

組み上がったので、続いては高槻I様の

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (3)CB250HAWK用ホイールの

スポーク張りをやって仕舞います。

まぁ足が痛いので、同じ態勢での作業は

長く出来ないので、足を伸ばしながら

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (4)スポーク張りをやるので、時間が掛かります…。

で、やっと2セット出来上がった!

CB250HAWK用のタイヤなどは既に

入荷しているので、タイヤを入れて

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (5)足回り交換作業の準備に取り掛かります。

サクサクっと前後ホイールに

タイヤを入れて、足回りカスタムの

準備が整ったので、オーナーに連絡をしたのですが

入庫予定の連絡が入らないので、また当分お預けになるかもねぇ…


CP製機械曲げマフラーセラコート仕上がり

先週塗装屋さんに催促の電話をし一週間待ってくれとの事で

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (1)今日マフラーが塗装から仕上がって

戻って来たのだw、やっぱり催促しないと

後回しにされてるんだろうなぁ…

早速梱包を開けて仕上がり具合をチェック!

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (2)おー!中々良い感じの半艶セラコートで

仕上がっていたのですが…サイレンサーも

取り外されてセラコートで塗られてる…

これはかなりヤバいぞ!と思い

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (3)サイレンサーを入れてみると、案の定…

塗膜分の厚みでサイレンサーが入らない…。

せっかく綺麗に仕上がっているマフラーですが

サイレンサーが入らないのは致命的。

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (4)ご丁寧にマフラー内側もしっかりと

塗装されているので、絶対にサイレンサーは

入らないので、こればかりは仕方が無いと

諦める事にして、泣く泣く塗装を剥がす事にした。

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (5)塗膜は結構分厚く、リューターの先に

サンドペーパーを取り付けて

サイレンサーのキャップ部分の塗装を

気を使いながら時間を掛けて剥がしました。

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (6)マフラー内部の塗装も泣く泣く剥がし

これでサイレンサーが入ってくれればラッキー!

と思いながらサイレンサーを差し込んで行くと

多少抵抗はありましたが、何とかサイレンサーは

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (7)途中で止まる事無く、割とすんなり

入ってくれたので良かったですが

入り口付近の塗装はサイレンサー挿入傷が入り

ちょっと残念な感じになってしまいました…。

ヨシムラミクニTMR MJNトップカバーリンクルブラック仕上がり (1)多分抜くのも大変だと思います…。

で、後から送ったヨシムラミクニTMR MJN用

トップカバーのリンクルブラック塗装

通称チジミ塗装も仕上がって戻って来たので

これでリビルドした純正キャブレター一式と

シャンパンゴールド仕上げのドレンボルトと一緒にやっと発送できます。

長らくお待たせいたしました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月11日

嫁車買う3

ホンダの車N-VANを嫁が先月から本格的に探しており
あちこちの知り合いに声をかけていた所
とある所から下取り車で出て来たと連絡が入り
早速、嫁が現車確認をしに行った所
車のカラーもピッタリで無傷、フルオプション付き、Sランク
それに嫁が取り付けようと思って居た社外部品なども
全て取付いており、もう嫁の為に出て来た車両と
言っても良い位、完璧だったらしく
昨日、一部入金を済ませて来たらしい。
「今度は絶対にぶつけへん!」と言っていますが
そう言いながら過去何度も僕の店に突っ込んできているのに…
でも、もう学習したらしいよ!


2022年初のツーリング

枚方市のコニュニティー「枚方が好きやんツーリング部」企画

ひら好きツーリング220410 (1)2022年初のツーリングに参加して来ました!

出発前のミーティングを終えて総勢11台で

出発したのですが、走る事10分程で

僕の勘違いから、はぐれてしまい

ひら好きツーリング220410 (3)ソロツーリングとなってしまいました。

連絡を取りながら半泣き状態で

昼食ポイント、奈良のライダーズカフェ

「ビンテージ」さんに先着してしまったw

ひら好きツーリング220410 (4)で、一人待つ事45分…無事に皆さんと合流!

大手ハンバーガー屋さんのハンバーガーは

ちょっと苦手で食べれないけど

ここのハンバーガーはとてもジューシーで

ひら好きツーリング220410 (6)美味しく頂く事ができました。

で、次の目的地吉野の桜を

見に行く予定だったのですが

僕は呼び出しが入り、またソロで帰阪…

ひら好きツーリング220410 (5)帰りの道中ではアフターファイアーの音と

排気漏れで音が急に変わったので

きっとあれだな…と思い

恥ずかしい音を立てながら店に戻り

マフラーをチェックしたらやっぱりだった。

増し締めしたのに…まぁマフラー交換後あるあるですねw

近々高価で特殊なEXナットが入荷して来るので、それに交換する事にします。


枚方Q坊号CB400ドレスアップと継続車検

部品が入荷して来ず、中々仕上がらなかった枚方Q坊号ですが

枚方Q坊号CB400継続車検準備完了 (1)取り合えず部品交換作業が終わったので

継続車検を受ける為、バッテリーを充電して

バッテリーの準備が整ったので交換します。

元々付いていたバッテリーは弱っていたのと

枚方Q坊号CB400継続車検準備完了 (2)希硫酸が減って居た事やバッテリー上りもあり

車検で光量不足の心配があったので

新品に交換する事にしました。

ドレンホースも短いので、長いホースに交換。

枚方Q坊号CB400継続車検準備完了 (3)これで車検準備が整ったのですが

ハンドルを交換してあるので

構造変更で新規ラインを通らないといけない為

寝屋川で継続車検を受けるのですが

予約が一杯で取れないので、何とかねじ込んでみようと思います。


寝屋川Y様CB400F国内408ccメンテナンスとマフラー交換

急遽土曜日に入庫となり、お預かりした貴重なノンレス国内408cc

寝屋川Y様CB400F国内408メンテナンスとマフラー交換 (1)数年後には僕の物になるかも知れない

貴重な車両で、この先もオリジナルを維持し

ちゃんと保管して置かないといけない車両。

これ程、状態が良い国内408はもう無いだろう。

寝屋川Y様CB400F国内408メンテナンスとマフラー交換 (2)怖いのは数年後の購入価格になりますが…w

取り合えず当日、エンジンオイルを抜いて放置。

フロントブレーキも固着しているので

ブレーキもO/Hする事になりました。

寝屋川Y様CB400F国内408メンテナンスとマフラー交換 (3)で、今日はその作業に取り掛かります。

まずはエンジンオイルを入れてエンジンを始動。

走行距離は実走の7400キロと言う

奇跡の国内408ccで、普段見る様なヤレ感や

寝屋川Y様CB400F国内408メンテナンスとマフラー交換 (5)朽ちた車両では無く、時が巻き戻った車両。

でも保管状態が良くても、時間は残酷な物で

痛む所はちゃんと痛んでます…。

フルードも漏れており、ピストンも錆て

寝屋川Y様CB400F国内408メンテナンスとマフラー交換 (6)ピストンシールもダメなので交換。

中も腐食しているので、綺麗に掃除します。

何と言っても数年後には僕の車両になる

予定の車両なので、大事にしないと!w

寝屋川Y様CB400F国内408メンテナンスとマフラー交換 (8)フルードで腐食した部分は綺麗にして

部分塗装で仕上げる事にします。

塗装が乾く間、それ以外の部品を整備して

時間が勿体無いので、先にマフラーを交換。

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (1)この車両にはちゃんとした純正マフラーも

あるのですが、この70Φの重たいマフラーが

唯一勿体無いと思って居た所です。

オーナーも「音がちょっと…」と言う思いがあり

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (2)今回CP製機械曲げマフラーをご購入頂き

そのマフラーに交換取り付けをします。

で、マフラーとガスケットを取り外しました。

ガスケットは恐らくラインオフ物でしょうね

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (3)オーナーからパラノイアステッカーを

CP製機械曲げマフラーに貼っておいてねw

と言われていたので、やはり人の物に

僕が一番苦手な作業をするとなると

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (4)いつも以上に緊張してしまう…。

取り合えず、耐熱ステッカーをカット!

まぁステッカーのカットは在庫もあり

心に余裕があるので、全然緊張しないのですが

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (5)で、ここから一番緊張する作業w

この時点で見えていないのに老眼鏡も掛けず

耐熱ステッカーを貼る為の養生テープを

貼ったのですが、既に養生テープがズレてた。

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (6)見えていないから本人は真っ直ぐだと思い

耐熱ステッカーを貼るのだが…あれ?

しまった!曲がったっと思いつつ

実はソコソコ真っ直ぐに貼れていた件w

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (7)取り合えず一番難しい作業は出来たので

マフラーをエンジンにセット!

溶接の歪が無いマフラーだったので

スポッと入り、フランジもちゃんと収まり

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (8)走行距離も少なく、転倒していないので

機械曲げマフラーステーもサブフレームに

ぴったりと沿って、乗っかっています。

ここに隙間がある車両がやはり多いので

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (9)次の4便目は、隙間を少し広めにする事に

仕様を変える事にしました。

これがオイルパンに貼り付く様に沿うマフラー

名刺一枚分に拘ったマフラーです。

寝屋川Y様CB400F国内408マフラー交換 (10)でも、車両個体差、転倒などによる

サブフレームの変形に対応しないと

オイルパンに干渉してしまうので

マフラー屋さんからも言われていた様に

泣く泣くですが隙間を広くする事にします。

マフラー製造もGWも直ぐにやって来る事や

マフラー屋さんも他の仕事が忙しくなって来ているので

4便目の納期が微妙になって来た感じで、そうなると

一般販売予約開始をどうしようかと今一番悩ましく思って居る所です。

寝屋川Y様CB400F国内408クラッチワイヤー掃除 (1)所で、思い出したのがクラッチワイヤーの掃除。

クラッチが重い事からレリーズカバーを開けると!

どうやらここも未開封の様で

中は新車の頃の輝きが残ったままだった!

寝屋川Y様CB400F国内408クラッチワイヤー掃除 (2)で、クラッチワイヤーは固着している状態…

グリスとホコリと錆びでワイヤーが動かない!

掃除をして、フッ素オイルを入れてやっと

それなりに動き出した程度…クラッチワイヤーも

ラインオフ物なんだろうなぁ…となると交換するのが勿体無く思ったので

時間を掛けてフッ素オイルを流し込んで、何とか普通に動く様になった。

で、クラッチワイヤーの掃除に思った以上手間が掛かってしまい

今日の作業はここまでで終了です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年04月09日

ひよこ組組長4

昨日は孫の入園式だったのですが、コロナの関係で
やはり入園式は2人までしか参加出来ないので
息子から送られてくる写真や動画を
嫁と二人で見るしか無かったのですが
まぁ何と言うか…孫の入園式の行動が
30年ぐらい前に見た光景を思い出させる位
流石僕のDNAを受け継いでいると言うか…
園の先生も手を焼く程の暴れっぷりで
椅子を投げる、蹴とばす、人妻に手を出すは
隣の席の女の子にも積極的に手をつないだりと
まぁやっぱりなぁ…と言う動画で、息子の時と全く同じ…
椅子にはじっと座っていない、教室を徘徊する
お道具箱は開けずにいられない…
きっと直ぐに親は呼び出しを食らうんだろうなぁw
先生やお友達の親に謝る人生が始まりそうだな。
月曜日にはひよこ組はもう孫に制圧されていると思う。


枚方Q坊号部品入荷せず…

オーナーからご注文を頂いていた部品が入荷して来ず

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (1)流石にこの時期、この陽気、気温に

なって来たらもう待てませんよねぇ…

なので取り合えず、未入荷の部品は

一旦保留して、仕上げる事にしましたが…

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (2)取り外したインジケーターカバーは

既に朽ちており、再取り付けは困難なので

中古品のインジケーターカバーから

ロアカバーを取り外して、取り合えず移植。

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (3)メッキインジケーターカバーが入荷したら

作業はやり難くなるのですが、再度分解…。

ですが、当分入荷して来そうに無いので

取り合えずは現状復旧をしておきます。

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (4)メーター類も取り外したついでに

クッションラバーを交換してしまいます。

これで当分はメーター周りを触る事は

無いと思うので、このタイミングで保全的に

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (5)交換しておいた方が良いと思います。

メーター周りの化粧袋ナットも

錆びて居たり、社外のホムセンナットから

純正袋ナットに全て交換しました。

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (6)これでメーター周りは仮ですが

復旧が完了したので、次に作業を進めます。

次はヘッドライトケースを取り付けて

配線を接続して復旧します。

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (7)メインハーネスにダメージはありますが

これはまた次の課題と言う事で…

インジケーターカバーを交換する際に

もう一度配線を外さないといけないのが

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (8)ちょっと残念なのですが、仕方が無いです。

全ての配線を接続し灯火系などを

チェックしてからヘッドライトを取り付けて

仕上げれば、復旧が完了となります。

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (9)よくあるのが、ヘッドライトを付けた時に

ケース内の配線が抜けたりする事もあるので

ヘッドライトを装着後も灯火系をチェックして

光軸を合わせて、これで仕上がりました。

枚方Q坊号ドレスアップと継続車検準備完了 (10)バッテリーが弱いので、バッテリーは新品に

充電をしてから交換して、バッ直配線もして

車検を受けないと、元々光量不足な車両なので

普通には光量不足で車検は通らないのですが

これで光量不足は大丈夫だと思います。


親方1号機タイヤ交換

ご注文頂いた部品がまだ揃っていないのですが

親方1号機前後タイヤ交換 (1)取り合えず入荷している親方一号機の

タイヤ交換などの作業にご来店。

まだヨシムラミクニTMR MJNの

デュアルスタックファンネルがまだ

親方1号機前後タイヤ交換 (2)入荷日未定になっているので

取り合えずタイヤ交換を先に済ませようと

作業に取り掛かった所、キャリパーサポート

取り付けのボトムケース側M6のねじ山が

親方1号機前後タイヤ交換 (3)上がって居た事が判明したので修正して

フロントタイヤを交換しました。

今回はタイヤサイズをUPしたので

迫力が出た感じがしますね。

親方1号機前後タイヤ交換 (4)まぁちょっとフロントで手古摺りましたが

リアはサクサクっと…と思ったけど

リアも少し手古摺りましたw

これで親方1号機と2号機のタイヤ交換は完了。

次は親方2号機にウオタニを取り付ける予定です。


CP機械曲げマフラー第三便残り入荷

本日予定通り第三便の残り7本が入荷して来ました。

CP製機械曲げマフラー第三便目残り7本入荷10月15日から11月4日までに

ご予約を頂いた方々へ、随時メールにて

ご連絡を致しますので、宜しくお願い致します。

また、本物の当時物ヨシムラ機械曲げの

機械曲げマフラー用補修部品 (1)マフラー補修用部品として

エンドパイプやマフラーステーを

CP製機械曲げマフラーとは別に

ご注文を頂いており、入荷しました。

機械曲げマフラー用補修部品 (2)まぁ複雑な気持ちではありますが

それだけパーフェクトなマフラーだと言う

評価を頂いたと言う事だと思って居ます。

R部分などは少し長めにしてありますので

機械曲げマフラー用補修部品 (3)オリジナルマフラーの状態に合わせて

加工して取り付けが出来ると思います。

正直マフラー加工屋さんは

部品を出すのは嫌がってますけどw

機械曲げ用STDサイズサイレンサーも補修用としてご注文を頂き

STDサイレンサーも入荷して来ましたので

頂いたメールに返信をするのですが

かなり埋もれているので、探すのが大変ですw

もし良ければ、改めてご連絡を頂ければ助かります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月08日

明日CP製機械曲げマフラー第三便残り入荷4

明日4月9日(土曜日)にCP製機械曲げマフラー第三便の
残りが入荷して来る事になしました。
これで10月14日から11月4日までに
ご予約を頂いた方々へ発送のご連絡が出来ます。
第四便目の入荷は今の所未定ですが
一般販売予約も、早ければ今月20日頃から開始出来そうです。
何度も申し上げますが、このマフラーは当時の
ヨシムラ機械曲げマフラーを忠実に再現した物になりますが
ヨシムラジャパン様とは一切関係ありませんし
カスタムパラノイアとヨシムラジャパン様とのお付き合いもある事から
ヨシムラジャパン様の業務に支障が出る様な行為はお控え下さい。
また製作に当たり、ヨシムラジャパン様には報告済みとなっており
この機械曲げマフラーは、ヨシムラレプリカや偽物では無く
カスタムパラノイア製機械曲げマフラーですので
ご理解の程よろしくお願い致します。
先日愛知県在住の方がパステルロードさんの偽ステッカーを販売した事で
逮捕されたと言うニュースを聞きましたが
CP製機械曲げマフラーは、当時のマフラーを忠実に再現してますが
ヨシムラジャパンの偽物と言う位置付けでは無く
また当時のヨシムラ製機械曲げマフラーと比べても
見分けは付きにくい所がありますが、マフラー本体一部に付いては
あえて分かる様にしてあるのですが、本物と比べないと分かりません。
この先、心無い方が某Yオクに当時物ヨシムラ製と表示したり
また、ちょっと手を加え見分けが付かない様加工され
当時物として販売されない事を強く願いますし
もしその様な行為があれば、皆様のご協力を頂き
適切な方法での対処について、ご協力をお願い致します。
カスタムパラノイア製として某Yオクに出品される分には問題ありません。
また耐熱ステッカーはパラノイアのステッカーを付属してますが
貼る貼らない、また何処のステッカーを貼るのかは
エンドユーザーの好みなので、特に何も規制はありません。


RSC製カムチェーンテンショナースリッパー製作断念

僕のコネクション、また知り合いの紹介などで

RSC製カムチェーンテンショナースリッパー製断念 (1)当時のRSC製カムチェーンテンショナーを

再現した物を作ろうとしたのですが

やはり大手メーカーを相手に商売を

している様な会社に多くても100や200で

RSC製カムチェーンテンショナースリッパー製断念 (2)製作する事を相談しても門前払い…

製作する桁が違うと言う事で

小ロットでの製作はやってくれませんでした…。

こういう時って、自分の力不足を痛感させられ

RSC製カムチェーンテンショナースリッパー製断念 (3)精神的ダメージが大きいですねw

でも、何時かこう言う物を再現して

作れれば良いなぁとは思ってます。

またこれからも、CB400Fourに関する部品を

RSC製カムチェーンテンショナースリッパー製断念 (4)開発、または絶版部品の複製をして

後世に形として残して行きたいと思っております。

良い物は残り、不要な物は淘汰される今の世の中。

この先、バイクもカーボンニュートラルによって

化石燃料で走る物が無くなって行く様になる中で

昭和の歴史として残すべき物として、CB400Fourは残って行くと思います。


CP1号機足回り調整覚書

ここ数日天気も良く、気温も高いので

CP1号機イニシャル調整220408 (1)CP1号機で通勤しているのですが

ちょっとした曲がり角での操作性が悪く

乗り難さを感じたので、フロントフォークの

イニシャルを調整してみる事にしました。

CP1号機イニシャル調整220408 (2)確かフロントフォークスプリングは

強化スプリングが入っていたと思うのですが

取り合えずイニシャルを3回転戻しました。

かなり1Gの沈み込みは軟らかくなった。

CP1号機イニシャル調整220408 (3)これまた通勤で少し走ってみて

今の僕に一番合っている所を探します。

リアサスもオーリンズですが

バネレートを上げてあるので

CP1号機フロントブレーキ調整 (1)前後のバランスを合わせるのが難しい…

体重もだけど…w

フロントブレーキのタッチが変わり過ぎたので

念の為エアー抜きも兼ねてもう一度

ブレーキフルードを交換しました。

タッチが良くなったので、ちょっとエアーが噛んでいたのかも…。


本日のご来店220408

CP製機械曲げマフラーと強化オイルポンプをご購入頂き

220408本日のご来店大阪Y様CB400 (1)走行テストを兼ねてご来店された

大阪Y様CB400、マフラーの取付状態と

強化オイルポンプのレポートを頂きました。

オイルクーラー付き車両、油温センサーは

220408本日のご来店大阪Y様CB400 (2)オイルクーラー出口側からの測定で

高速道路平均100キロ巡行、平均油温75℃

高速を降り信号待ちで、油温がググっと上り

90℃になったとレポートを頂きました。

その後色々と楽しいお話や、ためになるお話をして

お帰りの時にはCP製機械曲げマフラーサウンドを聞かせて頂きました。

今度、またゆっくり焼き鳥でもお願いしますw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月04日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日4月5日(火曜日)はOPLL定期健診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。
明後日4月6日(水曜日)は定休日ですが
弟夫婦、甥の三人と僕と嫁の計5人で
いちご狩りに行く事になっています。


大阪北部地震

昨晩、閉店間際の18:58頃そろそろ閉店準備をしようとしている所へ

22040318:58分大阪北部地震 (1)下から突き上げる様にドン!グラグラ…

「お!来たか!」と思いながら

店の中の物の動きを観察していたら

純正テールレンズの箱だけがコロコロっと落ちた。

22040318:58分大阪北部地震 (2)震源は大阪北部、深さは10キロ

マグニチュード4.0、枚方の震度は3だった。

バイクの方は一応地震対策の為

レーシングスタンドを立ててあったので

22040318:58分大阪北部地震 (3)軽く揺れた程度だったけど

この揺れが長く、もっと激しかったりすると

レーシングスタンドだけで持つかどうか…。

PITに余裕がある時は、サイドスタンドにして

ギアーをローギアーに入れて保管するのですが

お預かりしている車両が多い時期になると…結構厳しくなるので…

兎に角いつ来るか分からない災害に出来る限り備える事にします。


CP機械曲げマフラー専用スパイラルサイレンサー在庫数

以前お知らせしたCP製機械曲げマフラー専用スパイラルサイレンサーの

CP製機械曲げマフラー専用スパイラルサイレンサー (1)お知らせが遅れてしまったのですが

在庫数の件ですが、昨日ご注文が入り

残り9本限りとなって居ります。

今後の製作に付いては未定となっております。

CP製機械曲げマフラー専用スパイラルサイレンサー (2)サイレンサーもSTD、ミディアム

スパイラルとありますが

本来機械曲げマフラーは中高回転時の

音の変化、いわゆる鳴きを楽しむ

CP製機械曲げマフラー専用ミディアムサイレンサー (1)マフラーと言う所が本来の姿だと

僕は思っており、ミディアムに関しては

僕のエンジンが520ccと言う事もあり

STDだと抜けが悪く製作したのですが

CP製機械曲げマフラー専用ミディアムサイレンサー (2)これがまた音質は少し野太いのですが

ちゃんと鳴きもある事は嬉しい誤算でした。

458cc、466ccも同じく鳴きがあったので

音を楽しむと言う意味ではミディアムも

CP製機械曲げマフラー専用STDサイレンサー (1)取り付けはありだと思いました。

またSTDサイズに関しては、当時物の

ヨシムラ機械曲げを所有の方からの評価も高く

音質もヨシムラと比較しても当時物と

遜色ない音だと言う評価を頂けた事は、只々嬉しい限りです。

どれを選ぶのかはユーザーの好みですが

今後アフターパーツを製作し、ユーザーが求める選択肢を

どれだけ提供出来るのかは、製作側として悩ましい所です。

またSTDサイレンサーの特徴として、ウールは巻いていないのですが

アイドリングから低回転域の音量、音質は静かで

中高回転域になると、鳴きが加わる事から楽しいとの報告を頂いております。

国内398ccの車検もSTDサイレンサーで問題無く合格しました。


親方2号機SPウオタニ用サーキットプロテクション入荷

在庫切れだったSPウオタニ用サーキットプロテクションが入荷。

親方2号機SPウオタニ用サーキットプロテクション入荷これでウオタニ関連の部品はプラグが

入荷して来れば、何時でも作業が

出来る状態になりました。

追加の純正部品も今日明日中には出荷予定。

今週末、木曜日、金曜日辺りには作業が出来ると思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年04月03日

CP製機械曲げマフラー一般予約について3

CP製CB400Four用機械曲げマフラー先行予約分の
製造、発送が順調で、ご購入頂いた方々から
予想以上に評価も良く、かなりのハイクオリティと
音質の良さや、パワーが上がった
また最低地上高が手曲げよりあるので
マフラーの底打ちをしなくなったなどのご意見を頂いております。
ですが、幾つかのマフラーはEXパイプの溶接による
熱歪があり、サクッと入らない物もあるとのご意見も頂きました。
またサブフレームがタイヤホイール側に入り込み
少々苦労をされている車両もありましたが、それらを加味しても
中々の高評価を頂いております。
しかも車検対応の実績も出来ました。
と言う事で、製造も順調に進んできている事から
当初、一般販売予約は早くても五月頃からを予定しておりましたが
今のペースで先行予約分が販売完了となる事を考えると
一般販売予約開始予定は4月20日頃から開始出来るかも知れません。
価格は材料費高騰などから当初の12万+TAXから
13万+TAXに価格を改定させて頂きます。
また付属品に付きましても、純正EXガスケットが付属しなくなりますが
追加での販売対応は可能です。
その他の付属品に関しては、引き続き付属しますので
先行予約分の製造、発送が落ち着きましたら予約の受付を開始します。
ただし、予約受付に関しては当分の間メールのみでの受付になります。
これは、ご注文の順番などの管理上の問題があった為ですので
ご理解の程宜しくお願い致します。


CP1号機オイルクーラー電動ファン故障

一昨日の夜から、昨日の朝出勤時久しぶりに1号機に乗った所

CP1号機電動ファン故障 (1)オイルクーラーに取り付けてあった

電動ファンが作動しなくなっていた…

ON:OFFスイッチの故障か?それとも

電動ファン本体の故障なのかを特定する為

CP1号機電動ファン故障 (2)配線を取り外して、原因調査をする事に…

テスターでスイッチ側の導通をチェック

問題無し…と言う事はファンの故障と言う事?

取り合えずバッ直で配線に12Vを流してみた所

CP1号機電動ファン故障 (3)全然動かないので、電動ファンの故障が確定。

取り合えず、工業製品で防水の12Vの

電動ファンを検索、定格入力10.8V

定格電圧0.8A、定格回転数4,100rpm

CP1号機電動ファン故障 (4)使用電圧範囲が10.8V〜13.8Vの

防水電動ファンを注文したけど

使用電圧範囲の上限が少し心配かな…

エンジン始動時は電源をOFFにするか

温度センサーの配線もあるので、何処かから信号を入れるかという感じです。


親方2号機用SPウオタニ下拵え

先日親方1号機に取り付けたSPウオタニが良い感じとの事なので

親方2号機用SPウオタニ取り付け下拵え (1)親方2号機にもSPウオタニを

取り付けることになったので

まだ在庫もあった事から

取り付け下拵えをやって仕舞います。

親方2号機用SPウオタニ取り付け下拵え (2)まずは何時ものローターに墨入れ。

老眼鏡を掛けてもタイミングライトの光では

マークが見えにくく、エンジン側のマークからも

遠くなるので、マーカーペンで墨入れをします。

親方2号機用SPウオタニ取り付け下拵え (3)コイルにシリコンコードを入れて

その他諸々の下拵えが完了しました。

SPウオタニ専用のサーキットプロテクションの

在庫が無かったので、これも発注しました。

その他、追加の部品も発注したので、入荷が早ければ

今週末には取り付けが出来るかも知れません。


26号機用部品整備リアハブO/H

未だにD.I.Dの鉄リムが入荷して来ないので、色々と困っているのですが

CP26号機用部品整リアハブOH (1)取り合えず、雨も小降りの内に

リアハブのスプロケダンパー

アウターカラーの破壊をして

取り外す作業の続きをやって仕舞います。

CP26号機用部品整リアハブOH (2)サクサクっとダンパーのアウターカラーを

切断して取外しが完了しました。

この作業、慣れないと結構難しいです。

これでリアハブO/Hの3/5は完了となります。

CP26号機用部品整リアハブOH (3)後はブラストで仕上げて、組み立て準備。

少し腐食はありますが、ブレーキドラム内の

摩耗が少ないのはラッキーです。

これで後は組み立てて行くだけとなったので

CP26号機用部品整リアハブOH (4)まずはベアリングリテーナーのねじ山を

リタップ掃除して、リテーナーが

スムーズに入る様に手入れをすれば

後は組み立てるだけとなります。

CP26号機用部品整リアハブOH (5)C3隙間接触ゴムシール型ベアリングを

リアハブに圧入して組み付けて

スプロケハブダンパーも特性SSTで

圧入してリアハブを組み立てます。

CP26号機用部品整リアハブOH (6)ベアリングリテーナーもホンダ純正

SSTを使って締め付ければ

これで26号機用リアハブのO/Hが完了です。

後はD.I.Dのリムが入荷して来れば

CP26号機用部品整リアハブOH (7)前後ホイールの準備が整います。

フレームがまだ修理から当分

仕上がって来ないので、本格的な

組み立て作業はまだ先になりますが

それまでボチボチと部品を整備して、揃えて置くので

出来上がりはまだまだ先になります。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241