メンテナンス

2023年09月15日

イベント準備車両積み込み3

いよいよ明後日に迫って来た、北陸で初めて開催される
旧車ミーティングの準備などで、無駄にバタバタとしており
ハイエースから釣り道具を下したりしている所です。
何とか今日明日中に積み込みを終わらせたいので
仕事所では無いのですが、そんな中でも新製品の案を考えたり
試作品を作ってみたりやっている所です。
お陰様でベアリング式ニュートラルストッパーも好評で
モタモタしていると、在庫が足りなくなる状態で
ご迷惑をお掛けするかも知れません…
純正スイングアームのニードルベアリング化についても
第三案が思惑通り、上手く行ったとしても当分は
耐久性のテストを行う事や、改良点があれば、またやり直しです。
一般リリースは暫く先になりそうですが
ニードルローラーベアリングとしての実績はありますし
最終案は内輪を炭素鋼で製作するので、心配している様な
フレチングやフレーキング、電食などは無いと思います。


イベント準備CP1号機洗車

今週末の天候が少し怪しい感じもするのですが

イベント準備CP1号機洗車 (1)まだ中止の連絡も無いので、準備を進めます。

24日の箱根のイベントもあるので、何れにせよ 

今日はCP1号機の洗車をやって仕舞います。

まずはアンダーカウルを取り外します。

イベント準備CP1号機洗車 (2)洗車する時はアンダーカウルを外さないと

中に水が溜まって仕舞うので、雨天走行時は

ドレンキャップを外してると、カウルの中に

水は溜まらなくなるので、ツーリング中や

イベント準備CP1号機洗車 (3)サーキット走行時に雨が降り出したら

ドレンキャップを取り外して走行します。

次に洗車前に、カウルにこびり付いた

虫の死骸を、インセクトリムーバーを吹き掛け

イベント準備CP1号機洗車 (4)リカリになった虫を溶かして拭き取ります。

これで洗車準備が整ったので、前回同様に

洗い上げて行き、少しでも見栄えを良くします。

普段あまり洗わないので、こういう時に

イベント準備CP1号機洗車 (5)嫁に手伝って貰う理由も出来るので

洗車をしておけば、暫くの間は洗車を

しなくても済むので、良いねぇw

天気も曇り空なので、この前の様に

イベント準備CP1号機洗車 (6)汗だくにならなくて丁度良い洗車日和w

水も直ぐに乾燥しないので、シミにもならない。

元々全然洗車なんかしていなかったので

隅っこに汚れが結構溜まっていたので

イベント準備CP1号機洗車 (7)今回は割と念入りに洗車をしました。

そんな事をやって居たら、空模様が怪しく

なって来たので、せっかく洗車したので

早々にエアブローをして拭き上げて終了。

イベント準備CP1号機洗車 (8)取り外したアンダートレイを取り付けて

CP1号機の洗車もこれにて完了です。

後は明日、明後日で積み込みをして

365絶版チャリティミーティングに備えます。

久しぶりのミーティングなので、忘れ物が無い様にしないとね!


イベント準備車両積み込み

今日は少し時間に余裕が出来たので

365チャリティミーティングの準備車両積み込み (1)急遽予定を変更しイベント準備の為

車両などの積み込みを始めます。

まずは釣り道具などを下して、テーブルなどの

備品を先に積み込んで仕舞い、今日洗車した

365チャリティミーティングの準備車両積み込み (2)CP1号機から積み込みを開始します。

以前CB400Fourを3台乗せる事が出来たので

今回も3台乗せる気で考えていたのですが

座席を動かしたので、3台目が微妙な感じ…。

365チャリティミーティングの準備車両積み込み (3)取り合えずCP1.5号機は試運転もまだなので

試運転をやって積み込みをする事にします。

テーブルは積んだし、テントの準備もOK

後はCPオリジナル商品や、部品関係を

CP1,5号機試運転チェック (1)明日積み込めば、明後日の準備は全て整うはず!

取り合えず時間がある時にCP1.5号機の試運転。

スイングアームはもっと走り込まないと

全然分かりませんがフロントブレーキは

ジャックナイフする勢い位で止まるので、本来ならシングルでも十分ですが

Wにしてかなり防御力が上がり、全体の戦闘能力はCP1号機並みになりましたw


本日のご来店

少し前にクラッチを交換した京都I様がご来店。

京都I様CB400F230915本日のご来店ミッションの接続もスコスコと入る様になり

ご満足頂けているとのご報告を頂きました。

で、本日のご来店の本題なのですが

作業予約のご相談にご来店頂いたのですが

今月は毎週末イベントがある為、来月10月14日(土曜日)に

社外部品を純正部品に変更したり、メンテナンス作業のご依頼を承りました。

もう今月は週末土日はイベント準備やイベントで不在になりますし

月曜日はイベントの後片付けなどになるので

仕事をする時間が無いです…ごめんなさい。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年09月11日

4回目コロナワクチン無料接種券3

今更なのか何なのか?良く分からないのですが
僕に4回目のワクチン無料接種券が届いた。
4回目のワクチンを打つのをどうしようか?と
相談したら「好きな様にしたらええやん」
「私はもう3回で十分やし打たへん」と言う…
まぁ僕はせっかく無料と言う事もあるし
身体的リスクも高いので、打って置こうと思いますが
今月は何かと忙しいので、来月に予約しよっかな!


ビラーゴ250トライク一般整備

一昨日は前後ブレーキの分解掃除に手間取って仕舞い

ビラーゴ250トライクエンジンオイルギアーオイル交換 (1)オイル交換などをやる予定だったのですが

時間的に無理だったので、今日はエンジンオイルと

ギアボックスのオイル交換をやって仕舞います。

まずはエンジンオイル交換から開始です。

ビラーゴ250トライクエンジンオイルギアーオイル交換 (2)抜いたエンジンオイル量は2ℓ程度だったので

本来は250ccエンジンのくせに4ℓとなっていた。

ギアーボックスのオイルはこんな感じで乳化し

腐っており、交換して良かったと思いました。

ビラーゴ250トライクエンジンオイルギアーオイル交換 (3)新しくギアーオイルを入れるのですが

このギアーボックス、海外製品なので

そもそもどれだけ入れれば良いのか分からず

色々と調べて、多分これだろうと思う物を見つけ

ビラーゴ250トライクドライブチェーンメンテナンス (1)恐らく適量と思われるギアーオイル量を入れた。

次にドライブチェーンのメンテナンスですが

ジャッキで後輪を持ち上げて、立ち馬を入れ

後輪をから回し出来る様にしてからの作業です…。

ビラーゴ250トライクドライブチェーンメンテナンス (2)エンジンを掛けて後輪を回転させながら

掃除をするのですが、この方法は危険なので

余りお勧めはしませんので、ご注意下さい。

ノンシールチェーンなので、まず錆びを取って

ビラーゴ250トライクドライブチェーンメンテナンス (3)綺麗に洗浄し、モチュールのチェーンルーブを

満遍なくチェーンに塗りたくりました。

土曜日にオーナーが住民票を持ってご来店。

これで早ければ、今日中に登録にが出来て

公道復帰となると思います。

もうトライクに乗ろうなんて思わない位、運転が難しいバイクでした…。


純正スイングアーム ニードルローラーベアリング化試作その2

一回目のスイングアームニードルローラーベアリング化試作で

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (1)大体の方向性が掴めたので、取り外した

スイングアームを更にバージョンアップする為

洗浄をして、試作品第二弾の加工準備。

今度はベアリングを左右に1個づつ増やし

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (2)全部で4個のベアリングを使い、最初に思った

感じになるのかどうかと、試作品第三弾に

向けての布石となる検証データーを増やし

試作品第三弾をほぼ完成形にしようと思います。

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (3)と言う事で、台風の影響で部品の入荷が

遅れていたのですが、ベアリングがやっと入荷。

イメージ的にはこの様な感じでベアリングが

合計4個になるのですが、恐らくこれも

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (4)今思っているイメージとは違うと思いますが

これも恐らく最終形状案、第三案の答えに

近付けると思うので、その為の第二試作案です。

アウターを片側に2個圧入、ニードルベアリングは

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (5)片側に4個入れるので、全部で8個になります。

スイングアームがCB350Four用なので

フェルトパッキンも新品を入れておきます。

今考えている第三案では、スイングアームの

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (6)内径をベアリングに合わせて、0.6亞搬膕湛

する必要がありますし、センターカラーも

新たに製作する必要があるので、突き詰めれば

費用は掛かりますが、ノーマルルックの車両で

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (7)実はスイングアームをニードルベアリング化

してあり、ヨーイングやチャタリングの原因に

なると思われる部分を強化出来ると思います。

今回はそのベアリングの数を、第一案から

スイングアームニードルベアリング化試作その2 (8)倍に増やした、試作品第二案になるので

第三案が仕上がるまでの間、走行テストをして

純正との違いが分かれば良いなぁと思ってます。

交換はトライク納車後、PITに作業スペースが

確保出来たら作業に取り掛かろうと思ってます。

恐らくその頃には、フロントブレーキホースも入荷していると思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年09月09日

ニードルベアリング式純正スイングアーム第二案3

純正スイングアーム流用、試作第一弾のスイングアームは
予想通りの感触では無かった物の、スイングアームその物の
全体的なクリアランスは改善されたので、次は第二弾として
ニードルベアリングを左右に2個入れてみる事にします。
それを考えている内に、多分完成形になるであろうと
思われる案も浮かびましたが、これは加工が必要になる為
ニードルベアリング化をする費用は倍増すると思いますが
恐らく、これ以上の物は無いと思いますし
確実にニードルローラーベアリングの動きにはなると思います。
懸念事項は、どの社外品スイングアーム尾も同じですが
コロベアリングが一回転しない事によるフレーキングや
フレッチング、電食などになると思いますが
試作品第三弾が出来上がって来たら、これも耐久テストを行います。


ベアリング式ニュートラルストッパー入荷

本日追加製作したベアリング式ニュートラルストッパー2ndロットが入荷。

ベアリング式ニュートラルストッパー2ndロット仕上がり取り急ぎ3thロットを加工に送りました。

BOでお待ち頂いて居られる方へ

随時入荷のお知れせ連絡を致します。

偏摩耗しているニュートラルストッパーも

この先これで摩耗する事なく、しかも転がり抵抗が低くなるので

シフトチェンジ時の抵抗が低くなるアイテムになります。

1ロット5個での製作になりますので、無くなり次第BOになります。


ビラーゴ250トライク一般整備

流石に店の作業スペースを圧迫するので

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備フロントブレーキ (1)先に諸々の整備をやって仕舞う事にします。

まずはフロントブレーキの分解掃除から

腐食が酷いので、どの程度やられているのか

分解しないと分からないのですが

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備フロントブレーキ (2)ブレーキフルードの色を見ればかなりの期間

ノーメンテ状態だと言うのは分かります。

後は罠さえ無ければ良いのですが…

キャリパーのブレーキフルードを抜いて分解。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備フロントブレーキ (3)まぁ2POTピストンの固着はありがちな事

ここまでは予想通りと言っても良い感じです。

固着の程度はまだましな方だったのは良かった。

固着したピストンを取り外して掃除。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備フロントブレーキ (4)本当はピストンシールも交換したい所ですが

まぁフルード漏れが無いので、こうやって

分解掃除を行い、ピストンの固着を

取るだけでも、当分は大丈夫でしょう。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備フロントブレーキ (5)この250ccトライクには車検が無い事や

トライクに限らず250ccには車検が無い為

ブレーキ回りの整備は、ほぼ放置されてますね。

これでフロントブレーキの分解掃除が完了。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備フロントブレーキ (6)後はサクサクっと組み立てて、エアー抜き。

ハンドルがアップハンのチョッパースタイル。

なのでマスターカップの位置がかなり斜めに…

これでギリ零れない程度のフルード量です。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備フロントブレーキ (7)ブレーキマスターのゴリゴリも無くなり

フロントブレーキは、良く効く様になりました。

本当はゴム類、シール関係を交換した方が

良いのですが、取り合えず乗れる様にとの事。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (1)次にリアブレーキに取り掛かるのですが

マスターカップが何処に有るのかと探すと

リアフェンダーにあたる部分の裏にあったw

こう言うカスタム車両は、一々色々と探すので

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (2)今日も「探す男」大活躍だなぁ…。

フェンダー裏からマスターカップを取り出して

中を見てみると、フルードの状態としてはまだ

フロントよりましな方ですが、直射日光に

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (3)晒されて居ないのに、ここまでの色合いは

これもノーメンテの証でしょうねぇ…

前後共ブレーキパットはかなり残っているので

走行も殆ど無く、放置されて居たのでしょう。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (4)RL側のピストンの固着も酷く中々取れず

かなり苦労しましたが、やっと全部の部品を

バラバラにすることが出来たので

ここから洗浄をして、スライドピンや

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (5)ピストンの動きを良くして組み立てます。

で、こんな感じで洗浄も終わったので

これで組み立てに掛かれます。

部品にも大きな問題が無かったのは良かった。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (6)ブレーキグリスを塗って、ブレーキダストも

綺麗に取って、組み立ても完了しました。

このブレーキサポートの取付ボルトですが

サポートの厚みが6个靴無いのに

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (7)取付ボルトには、特に緩み止め対策も無かった…

なので、一応ネジロックをボルトに塗布し

締め付けて置く事にするのですが

多分このまま乗り続けていたら、恐らく

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (8)キャリパーサポート取付ボルトは緩んでいた

かも知れないと思います…。

これでRL側ブレーキの分解掃除が完了したので

次はRR側ブレーキの分解掃除に取り掛かります。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (9)リアブレーキも何を流用しているのか?

よく分からないのですが、ブレーキパットは

左右共同じ物なので、品番さえ分かって居れば

ブレーキパットを交換する時に困らないので

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (10)画像で記録し、カルテ化しておきます。

まぁピストンの固着は全部だったので

それなりに手間が掛かりましたけどね…

特にリアは左右共固着が酷かった…。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (11)ピストンにラスペネを吹き付けて

ヒートガンでキャリパーを温めたりして

やっとピストンが取れると言うのを3回やった…。

ブレーキの分解掃除だけで、こんなに手間が

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (13)掛るとは思っていなかった事が、唯一の計算外w

リアブレーキのエアー抜きですが、これがまた

結構手間が掛かって、今日の殆どの作業時間は

リアブレーキのエアー抜きに手間を取られた。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (14)ホースが長いからなのか、中々エアーが抜けず

苦労して仕舞い、結果キャリパー側から

フルードを入れてエアー抜きが出来ました。

後から気が付いたのですが、リアブレーキと

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備リアブレーキ (15)マスターの中間にマニホールドが見付かった…。

まぁそれでもダメだったからキャリパー側から

ブレーキフルードを押し込む事になったけどね…。

リアキャリパーと、ブレーキペダルが遠くて…。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備前後タイヤチェック (1)今日中にエンジンオイルとギアボックスの

オイルも交換しようと思っていたのですが

今日の作業はこれにて終了です。

忘れない内に前後タイヤのエアーチェック!

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備前後タイヤチェック (2)取り合えずエアーはフロント1.75Mpa。

リア2.50Mpaで入れて置きましたが

フロントタイヤはオゾンクラックが酷く

早々にタイヤ交換した方が良いと思います。

ヤマハビラーゴ250トライク一般整備前後タイヤチェック (3)で、ブレーキの効き具合をチェックする為に

店の前で前後ブレーキをチェック!

効きも良くなり、ゴリゴリも無くなった。

でもこのトライク、リアが重過ぎてフロントに

接地感が全然無いので、滅茶苦茶怖いし、ハンドルがクイック過ぎるので

そもそもトライクに乗った事が無いので、僕は乗るのが怖いと思った。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年08月31日

Dトラ盗難予告状3

僕のDトラに盗難予告状が挟まれてあったのですが
買い取り価格の数字が解読不可能な文字が書かれていた。
きっと、買い取るつもりは無いので、解読不能な文字を
書いてあるだけなんだろうなぁと思った…
このままだと僕のDトラは近日中に盗難合うかも知れない。
雨が降っていなければ、Dトラで出勤するのですが
車で出勤する時の日中は、ご近所も含め
誰も居ないので、ハンドルロックをしてあっても
堂々とバイクを持って行く事が出来ると思います…。
危うし!僕のDトラ!


枚方市長選挙期日前投票

昨日の定休日は、宝物庫で部品を探す男をしてましたが

枚方市長選挙期日前投票280830 (1)思っていた様な物は見つからなかった…。

今週は枚方市長選挙があり投票日の

来月3日は私用があり投票に行けないので

枚方市長選挙の期日前投票へ行ってから

枚方市長選挙期日前投票280830 (2)店に出勤し事務処理をして、午後から

外回りの仕事へ行って来ました。

と言う事で、今週日曜日は体幹トレーニング

リハビリの為臨時休業の予定で、月曜日は

血液内科と、耳鼻科の受診でCT撮影もあるので2連休になる。


CB1100EX継続車検

全然写真は撮影していなかったのですが

CB1100EX継続車検&プチカスタム (1)CB1100EXの継続車検整備一式と

リアサス交換、電装系を少し弄ったり

放置期間が長かったのであろう

フロントブレーキの引き摺りもあり

CB1100EX継続車検&プチカスタム (2)ブレーキピストンの揉み出しや

パットの面取りなどを済ませて仕上げ

継続車検も更新出来たので、一応納車準備。

まだリアサイドバッグに干渉するウインカーを

CB1100EX継続車検&プチカスタム (3)どうするのかの返事が無い状態です。

予想通り苦労したリアサス交換作業。

マフラーを外さないと交換出来なかったので

かなり手間が掛かって仕舞ってます…。

CB1100EX継続車検&プチカスタム (4)放置期間が長かったのでしょうか

色々と手間が掛かってますが

これで普通に乗る事は出来る状態になり

オーナーに仕上がりの旨連絡を入れたのですが

CB1100EX継続車検&プチカスタム (5)やはりリアウインカーとサイドバッグが

干渉している事で、その対策用部品が

ガレージで見つかったとの事らしく

その部品を発送したとの事なので

その部品が到着次第、ウインカーとサイドバッグが

干渉しない様に仕上る事になりました。


滋賀M様CB400用スイングアーム仕上げ

スイングアームニードルローラーベアリング化に関して

滋賀M様CB400用スイングアームピポットシャフトブッシュ軽圧入 (1)オーナーとしっかり打ち合わせをして

色々と意見を交換し、懸念事項が多いと言う

結論に達し、やはり無難に純正部品で

仕上げる事になり、純正のピポットブッシュを

滋賀M様CB400用スイングアームピポットシャフトブッシュ軽圧入 (2)軽圧入をして仕上げる事になったので

シャフト部、縁の余分な塗装を削り取って

ピポットブッシュの軽圧入準備。

この部分の塗膜を両サイド取らないと

滋賀M様CB400用スイングアームピポットシャフトブッシュ軽圧入 (3)フレームに取り付ける際、幅が広くなり

取り付けに苦労する事になります。

こんな感じで塗膜を剥離してから

ピポットブッシュを軽圧入します。

滋賀M様CB400用スイングアームピポットシャフトブッシュ軽圧入 (4)この辺の手入れをしっかりやって置かないと

ベークライト製の純正ピポットブッシュは

簡単に割れて仕舞い、面倒な事になる…。

スイングアームに使うグリスは高荷重耐性の

滋賀M様CB400用スイングアームピポットシャフトブッシュ軽圧入 (5)二硫化モリブデングリスを使う事をお勧めします。

スイングアームにグリスを塗ってから

純正ピポットブッシュを軽圧入します。

この時の注意事項は、真っ直ぐに圧入する事。

滋賀M様CB400用スイングアームピポットシャフトブッシュ軽圧入 (6)圧力がブッシュのツバに均等に当たる様にして

押し込まないと、ブッシュのツバが割れます。

これを左右同じ様に軽圧入出来れば完成。

失敗すると今度はブッシュが簡単には

Cb400Fourニードルベアリング化ボツネタ (1)抜けないので、地獄を見る事になります…。

と言う事で滋賀M様CB400用スイングアームの

組み立てが完了しました、後はヘッドライトの

ベゼルが仕上がって来れば、納品発送が出来ます。

Cb400Fourニードルベアリング化ボツネタ (2)僕も以前からに純正スイングアームの

ニードルローラーベアリング化を過去に

色々と考えていたのですが、いつの間にか

企画自体忘れており、ベアリングも購入して

Cb400Fourニードルベアリング化ボツネタ (3)考えていたのですが、今回滋賀M様から指令を受け

スイングアームのニードルローラーベアリング化を

テストしろとの指令が下ったので

ピポットシャフトや、ブッシュなどを測定。

このベアリングはボツネタなのですが

色々考え、調べ、丁度良さそうな物が見付かったのですが

スイングアーム自体に個体差や、歪がある可能性があり

スイングアームも測定して、オールラウンドで取り付けが可能で

僕の懸念事項を払拭出来る純正スイングアームをほぼ無加工で

フルニードルローラーベアリング化では無く

ハーフニードルローラーベアリング化する案を考えたので

部品を発注しましたが、机上の考えでは良いアイディアだと思うので

上手く行けば良いのですが…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年08月29日

今日も探す男3

近所にあるガソリンスタンドのレギュラーガソリン
販売価格が昨日見たら、1ℓ/¥185になっていたのでビックリ!
先週まで1ℓ/¥180だったと思うのですが…
今月末まで会員割引特典で¥5引きなので
今日マスタングにガソリンを入れて置く事にして
明日の定休日にはハイエースで車両引取りなどに出て
明後日には軽油も満タンにして置く事にしようと思います。
それと枚方市長選挙が今週末投票日なのですが
3日は私用で不在になるので、明日期日前投票に
行って来る事にしようと思ってます。


ZX25R閉店間際のご来店

昨日電話でオイル交換をしろと行って来た

ZX25Rこんち号オイル交換 (1)悪ガキだった頃から付き合いがある

後輩のT.こんち君が今年の4月に購入したと言う

ZX25Rに乗って夕方にご来店。

カラーは残念な事に黒だったのですが

ZX25Rこんち号オイル交換 (2)これしか手に入らなかったらしい…。

新車なのに、既にあちこち傷だらけで

とても残念な感じですが、この傷も含めて

全ての傷は息子の仕業で、100万もするZX25Rの

ZX25Rこんち号オイル交換 (3)扱いが雑過ぎる事が、とても残念だと思った。

今時の子供は物欲も無く、物を大事にしない!

僕もカラーが緑色なら欲しいと思ったけどねw

と言う事で、オイル交換を済ませたのですが

予想に反して、ちゃんとお金を払って行ったので

悪ガキだった頃と違い、まともな大人になっている後輩だったw

その後、合うのも久しぶりだったので、色々と話し込んでしまった。


28/08/29の探す男

幾ら探しても、余りにも見つからないので今日も未練がましく

230829の探す男 (1)部品を探しているのですが、残念な事に

見付かった部品は、この前から探していた

キャブの部品が見つかっただけだった…。

でも、この部品が見つかった事により

230829の探す男 (2)作れるキャブが3基だったのが4基になり

テスト用キャブも含めると、5基作れる。

何時でも使えるオブジェ化したキャブと

合わせると、合計6基になるので

230829の探す男 (3)当分キャブを作る事も無いと思うw

腐食したガソリンがこびり付いている部品は

キャブクリ風呂に入れて汚れを溶かすと

こんなに真っ黒な液体になったし、臭えし…。

230829の探す男 (4)今はもう本当は何を探していたのかを

どうでも良くなってきて仕舞

忘れそうになって来ている気がして来たし

何故か、ずっとキャブを組み立てている様な

230829の探す男 (5)感じになっているのですが、本当は違う!

キャブクリで汚れは取れたのですが

腐食や錆は残っているので、ウエットブラストで

最終仕上げをする事にしました。

230829の探す男 (6)これで見つかった部品の整備も終わったので

小箱に分けて入れて、しっかりとキャブ部品

専用の箱に纏めて入れたので、もうキャブの

部品に関しては探す事は無いと思いますが

ひょとしたら、まだ何処かにキャブの部品が見つかるかも知れないけどねw

一体何時になったら、今本気で探している部品が出て来るのかなぁ…

230829の探す男 (7)ブログの過去記事を読み直してみる事にし

一緒にワイヤリングして再メッキに出していた

部品の切れ端は見つかったので、やっぱり

部品毎に分けて保管してある事は間違いない!

230829の探す男 (8)で、これまた別の箱を探していたら

以前探していた物が色々と見つかった…w

数が中途半端なので、多分ちゃんと探せば

全部揃うはずなのですが、もうこれだけ見つかれば

230829の探す男 (9)オイルパイプも逆に余って来るレベルです…。

多分今探している本命の部品はちゃんと

箱に仕舞って、何処かに保管してあるはずなので

その箱の置き場所を見付けないと出て来ないなぁ。

次は僕の記憶の引き出しを探してみる事にします…。


滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1

ここ数日ずっと部品を探している内に、色々な物が見付かったw

230829の探す男 (10)その中で、かなり前に作ったSSTも見つかり

そう言えば、塗装が仕上がった滋賀M様の

スイングアームの組み立てをしないと!

と思い出したので、忘れない内に作業開始!

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (1)片付けてあったスイングアームを出したのですが

まだピポットシャフトの件で、オーナーと

どうするのか話をしていなかったなぁ…。

校長先生からのアドバイスもあり

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (2)純正スイングアームをカスタムし

ニードルローラーベアリング化をどうするか

まだ決まって居ないのですが、取り合えず

リアショックアンダーラバーブッシュを

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (3)CPオリジナルSSTで軽圧入するのですが

パウダーコートの吹き返しと軽く錆もあるので

ペーパーフラップで磨いて、塗装と錆びを

除去してから取り付けに掛ります。

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (4)まずはアンダーラーバー挿入口から

サッと磨いて、塗装の吹き返しと錆びを

磨いて、両方共除去が完了したので

次にピポットシャフト部分も同じ様に

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (5)塗装と、錆を磨いて内面を仕上ます。

ニードルローラーベアリング化をする場合や

そのまま純正のピポットブッシュを

軽圧入するにしても、ここまでの手順は同じ。

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (6)錆止めと、軽圧入時の焼き付き防止の為に

磨いた部分にグリスを塗って、取り付け準備。

ここのブッシュを新品に交換するだけで

乗り心地は確実に変わるのですが

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (7)まぁ言っても、体感で分かるのかどうかは

乗り手の感性だと思いますが、僕はその違いを

分かる方だと思ってますが…、で、ブッシュを

取り外す時にも使うのですが、圧入する時にも

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (8)使える様に作ってあるSSTなので、サクッと

アンダーラバーブッシュを軽圧入しました。

これで後は、問題のピポットブッシュなのですが

僕は、純正部品のピポットブッシュをお勧め。

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (9)ニードルローラー化する部品の現物をまだ

見ていないので、何とも言えない部分や

取り付けた後の事で気になる部分もあるので

オーナーとじっくり話をして、オーナーの意向を

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (10)ちゃんと確認してから、どうするのかを決め

僕が懸念している事も含め、校長先生からの

アドバイスも説明するのですが、オーナーも

機械物に対しての理解度は僕よりも豊かなので

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (11)この画像でも大体の事は分かると思いますし

ピポットブッシュのツバの厚みに対しての

スイングアームピポットシャフト部の全長。

スイングアームの外径に対して取り付ける

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (12)ダストシールキャップの内径もですが

社外品のスイングアームに付いている

ニードルローラーベアリングの形状と

比較すると、その辺りの意味合いについて

滋賀M様CB400用スイングアーム組み立てその1 (13)分かって頂けるとは思いますが、現物側が

どの様に作られているのかが未知な事はありますが

恐らくその辺は抜かりなく考えられて

作られて居るとは思うので、最終判断は

オーナーに決めて貰う事にします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年08月24日

恒例、探す男3

ついこの前再メッキした部品が余ったので
失くさない様にと思い、大事に片付けたのですが
その部品の中に、使ってみようと思っていた
部品があったはずなので、昨日探していたのですが
これまた例の如く、何処に片付けたのかが分からない…
しかもこれまた、以前探していたキャブの部品が
「そんなとこにあったのか!」と言う様な所から
ポロっと出て来た…「ちゃうんねん、これはもうええねん…」と
思いながら探していると、以前探していた物が
次々と出て来るのですが、今探している肝心な物が一向に出て来ない!
最近では、かなり大事な部品は事務机の上に置いており
常に身に付く様にしているのですが、今直ぐ必要では無く
それでも何時か使う貴重な部品は個別に整理して片付けているのですが
それも何処に片付けたのかが思い出せない…
で、未だにCP1.5号機に使う予定のst2のハイカムは見つからない…。


男は黙って六四分け

昨日の定休日は一も通り、何時もの理髪店へ行き

男は黙って六四分け230823何時もの男は黙って六四分け。

疲れが溜まっているのか、終始夢心地で

眠って居ましたが、安定の六四分けです。

午後からは店に出勤して、ゴソゴソと…

定休日なのにじっとしてられないんですw


リペイントベースタンク錆取り

錆取りをやるには、この暑い時期が一番良いので

リペイントベースタンク錆取り (1)時間がある定休日を利用してタンクの錆取り。

24時間放置するので、火曜日にタンク内に

ワコーズのピカタンを入れ24時間放置します。

定休日は何時もの理髪店へ行き

リペイントベースタンク錆取り (2)午後には店に出勤するので

錆取り時間的には丁度良い時間になる。

これが火曜日のお昼にセットした状態です。

後は誰も来ないし、ゆっくりする時間がある

リペイントベースタンク錆取り (3)定休日なので、ピカタンを抜いて中を

真水で洗浄し、エアブローをし水分を飛ばし

何時もならここからヒートガンで

乾燥させるのですが今の時期枚方市は

リペイントベースタンク錆取り (4)異常な気温で暑い為日の当たる所に

放置しているだけで水分は勝手に蒸発してくれる

予定だったのですが、何故か今日は曇り空…

仕方が無いので、何時も通りヒートガン登場…。

リペイントベースタンク錆取り (5)今日は楽勝で乾燥出来ると思っていたのに!

何で今日に限って、しかも午後から曇ってる!

時々中をライトで照らし確認をします。

これで乾燥していれば、これにてリペイント

リペイントベースタンク錆取り (6)ベースのタンク錆取りが完了となります。

一番水が溜まるタンク下の溶接部分が

しっかり乾燥していれば、これで錆取りと

乾燥が完了、後は錆びない様に処理をして

暫く保管してから塗装送りに出す事にします。


マスタング用ACデルコ製バッテリー

保証期間中に充電が出来なくなってしまったバッテリーを

マスタング用ACデルコバッテリー新品入荷メーカーに送り返し、調査して貰った所

バッテリー本体の不具合と言う回答で

新品のバッテリーが届いたのですが

お盆前に調査依頼をして既に約1ヵ月…

そんなもん今更新品のバッテリーが届いた所で…と言う感じなので

多分嫁が某Yオクに出品すると思います…。

そもそもお盆に車に乗るのに、今頃新品が届いても遅いわな!

まぁメーカーの対応と言うのは得てして、こんな物ですねぇ…。


純正キャブレターO/H仕上げと同調調整

純正キャブレターO/H集中企画で、やる気がある内にと…

純正キャブレターOH仕上げ (1)ボディの方は早くから仕上がっていたのですが

フロートチャンバーやトップキャップの

バフ仕上げが遅れており、仕上げが等が

遅れていたのですが、部品が揃ったので

純正キャブレターOH仕上げ (2)純正キャブレターを仕上げて仕舞います。

まだ2基分のキャブレターを仕上げる予定で

CP27号機、CP28号機用に使う予定で作る

純正キャブレターになる予定です。

純正キャブレターOH仕上げ (3)サクサクっとフロートチャンバーを

取り付けたので、これでもう仕上がったも同じ。

テスト用エンジンもあるので、最大限に利用し

同調調整もやって仕舞うのですが

純正キャブレターOH仕上げ (4)今の所の予定では、CP26号機には

キャブレター調整テスト用で作った

398エンジンを搭載する事になると思います。

トップキャップやホース類を接続して

純正キャブレターのリビルドが仕上がりました。

本当は午後から色々と作業をやる予定だったのですが

土砂降りの雨が降ってきたので、予定していた作業は延期…

明日は一応キャブの同調調整をする予定です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年08月22日

ハイエースのドラレコもう故障?3

ちょっと前にエレコムのドラレコが、恐らくですが外気温が高くなり
車内の温度が上がった事により液晶画面がチラ付き故障したので
信頼のユピテルSN-ST3300Pに交換したばかりなのに
この前の枚方市が日本一の猛暑に見舞われた時なのか
何時なのかは分かりませんが先日、ハイエースで出掛け高速道路を走行中に
ふとドラレコに目をやると、ドラレコが作動していない…。
ドラレコ本体に付いているボタンや、電源ラインを
シガーから抜き差ししてみても、全く反応しなくなったので
多分これも熱で壊れたのか?!と思いながらコンビニに寄って
エンジンを掛けると、作動しなかったドラレコが作動し出した…?
取り合えずユピテルの保証書を探し、Webで説明書を読むと
「動作温度範囲ー10℃〜+60℃」と書いてあるのですが
屋外駐車車両でこの外気温だと、車内温度はかなりの温度。
動作温度範囲はかなり超えて来ると思いますが
それはあくまでも、動作可能範囲の温度になり通電していない状態なので
一応メーカーには今回の症状を報告して置く事にします。


デジタル測り設定ミス

そう言われると確かにロッカーアームの重さが重過ぎるなぁと…w

デジタル測り設定ミス (1)そう思って、デジタル測りの設定操作を

遠い記憶の中から思い出してgn(グレイン)

だったのをg(グラム)表示に変更して

削ったロッカーアームを再測定しましたw

デジタル測り設定ミス (2)まぁ重さの単位設定は間違ってましたがw

その誤差は最大で0.05gで平均約33.33gだったw

久しぶりに使うので、電池を交換した為

初期設定に戻っていたと言う事でしたw

デジタル測り設定ミス (3)僕も最初は46gだと思っていたのですが

,の位置が違うぞ?って思い、重さの設定が

gnだった所を、完全に見落として仕舞い

何の疑いも無く、誤情報を発信して仕舞いました…

このデジタル測りにはgとgnの他にOZ、T、otz、dwt、ctも測れる設定があり

何か変だなぁと思いながら、デジタルだからと言う思いから

疑いもしなかった、と言うオチになって仕舞いました。

ごめんなさい。


ブローバイチャンバー漂白

ブローバイチャンバーとはエアークリーナーBOXの下に付いている物で

ブローバイチャンバー洗浄 (1)ブローバイガスを大気開放せずに

エアークリーナー戻し再燃焼させる為の物。

環境に配慮する部品の一つで

純正キャブ装着車両には付いているのですが

ブローバイチャンバー洗浄 (2)ホースが劣化している物も少なくなく

ガスと、オイルが付着し場合によっては

スイングアームの汚れや、リアタイヤにも

冷えたブローバイガスが液状化して付着する。

ブローバイチャンバー洗浄 (3)フルノーマルでレストアする時の必需品。

しかし、殆どの物はドロドロになった物が

付着しており、中は酷く汚れているので

半月ほど漂白剤に漬けていたのですが

ブローバイチャンバー洗浄 (4)外観はソコソコ綺麗になったのですが

内部はここまでしか汚れが落ちないので

今度はケミカル品を使ってみる事にして

数日放置したいたのですが、結果的に

ブローバイチャンバー洗浄 (4)ほんの少しだけ汚れが落ちた程度で

劇的に綺麗にはならなかった…。

ウエットブラストも当ててみたのですが

素材的にウエットブラストでは効果は無く

ブローバイチャンバー洗浄 (5)本体に浸透した物は表面処理だけでは

汚れが綺麗に取れる事は無かった…。

なので、今色々な化学薬品に漬け込んで

内部の汚れが落ちるのかをテストしている所。

ブローバイチャンバー洗浄 (6)まぁ外観はほぼ新品状態まで汚れは

落ちているのですが、僕の性格上気にいらない。

でももう、持ち駒が無いので今度は有機溶剤に

2日程漬け込んでから、洗浄したら

ブローバイチャンバー洗浄 (7)こんな感じになったので、まぁ90点と言った所。

元の汚れの状態はこんな感じだったので

これと比べると、綺麗には見えますが…

絶対何か良い方法があるはずだと思います。

ブローバイチャンバー洗浄 (8)このブローバイチャンバーに染込んだ汚れは

多分有害な物なんだろうと思います。

これを大気開放するんだから、そりゃぁまぁ

人体にもよろしくは無い物なんだろうと思います。

取り合えず次はこの酷く汚れているブローバイチャンバーで

汚れを何処まで落とせるかテストしてみる事にします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(4)

2023年08月19日

ガソリン代高騰、予想よりも加速化3

以前ガソリン代が¥200を突破する日が
10月以降と思い書きましたが、一部地域では早くも
ガソリン代が¥200を突破してい居るらしい…
枚方近辺のガソリンスタンドの価格は¥180を超えている…。
なので今、マスタングでの通勤は控えており
ハイエースか、天気が良ければDトラで通勤をしてます。
流石にレギュラー¥180でもキツイのに
現実的になりつつある、1ℓ/¥200代は相当厳しいよねぇ…。
物流コストも確実に上がって来るだろうから
そのシワ寄せは、末端の消費者が被らないといけないのに
お店の経営に関しても経費も上がって来るし
まだまだ色々な物の値段は上がる一方になりそうだなぁ。


電気メーター交換

以前ガラケーからスマホに交換した時、左手の手の平に穴が開き

電気メーターアナログからデジタル表記絵交換 (1)手の甲には無数の水膨れが出来た事があり

原因はスマホの電磁波による火傷だった。

それからと言う物、電磁波にはかなり敏感になり

最近では電気メーターも通信機能付きメーターが

電気メーターアナログからデジタル表記絵交換 (2)普及し始めた頃から、電磁波が強い所に居ると

頭痛に悩まされていたので、電気メーターは

関電にお願いをしアナログのまま使ってました。

で、関電側もどうやらその様な声が多かった為

通信機能が無い電気メーターを作ったらしく、新しくメーターを交換となった。

でもそんな事よりも、電波?電磁波アレルギーが

僕だけじゃなかったと言う事が一番安心出来たと思った。


CB1100EX継続車検整備入庫

お盆前にご相談を頂いていた大阪N様からのご依頼で

大阪O様CB1100EX継続車検整備 (1)CB1100EXの継続車検整備をする事に。

マフラーはガスレポ付きなので問題無し。

ビキニカウルは高さが変わるのでNG

リアサスをオーリンズに交換と後は一般整備。

大阪O様CB1100EX継続車検整備 (2)諸々の作業を終えてからの予約になるし

今からだとお盆明けなので、仕上がりは

まぁ2週間ぐらいかなぁ…。

リアサス交換ですが、マフラーを外さないと

大阪O様CB1100EX継続車検整備 (3)交換出来そうにないよななぁ…

無理にやって、マフラーに傷が入るのも嫌だし

しかも最近の車両にはセンタースタンドが

無いので結構やり難いよねぇ…。


探していた部品達一部発見!

あちこちに隠し、散らばっていたリビルド予定のキャブレターボディや

CB400Four用OHベース純正キャブレターボディ (1)部品を探し出して、分かり易い所に再保管。

まだ自宅ガレージにも沢山あるんだけど

その中でもボディの状態が良い物だけをチョイス。

この箱の中はA-品になりますが

CB400Four用OHベース純正キャブレターボディ (2)A級品は個別に箱に入れてありましたw

なので、このキャブレターボディを使って

優先的にリビルドをする事にします。

メッキ部品は全部取り外してあるので

CB400Four用OHベース純正キャブレターボディ (3)後はボディの洗浄をするだけの状態です。

フロートチャンバーなどはブラストで荒仕上し

最終的にバフ仕上げをする予定になってます。

キャブの部品を探していた所、以前探していた

オイルパイプ発見!オイルパイプが山ほど出て来た…。

必要な時に探していたオイルパイプで

その時は出て来なかったのに!

ちゃんと入れ物に入れて保管してあったわ!

でもまだCP1.5号機に取り付ける予定のハイカムst2は出て来ない…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年08月17日

台風一過3

一昨日は久しぶりに近畿地方に台風が上陸!
元々台風が通過するルートは全然違うルートだったのが
今回も迷走した台風が、結局近畿方面を直撃し列島を縦断…。
数年前の台風を思い出すと、エアコンの室外機が
暴風で飛ばされたり、シャッターに穴が開いたりと
酷い有様だったので、店の被害が心配だったのですが
少し進路がズレたので、枚方はそんなに心配する程でも無かったけど
息子が勤務する八尾の病院では停電になったらしいし
他にも停電になった所が多かったらしいのですが
僕の住んでいる地域では停電にはならなかったので良かったし
大きな被害も無く良かったと思います。
今回の台風で、被害を受けた地域の方にはお見舞い申し上げます。


ダックスST70

以前から大阪H様からご相談を頂いていたDAX ST70を探しており

DAX ST70嵐の納車 (1)この度、やっとご希望の予算内で

手に入れる事が出来たDAX ST70。

業者オークションで購入、関東出品だったので

先日BDSまで引取りに行ってきました。

DAX ST70嵐の納車 (2)本当はのそのまま納車をしたかったのですが

H様のご都合が合わず、台風7号の中15日に納車。

DAX ST70は元々の現存台数が少なく

中々出ない車両だったのですがたまたま

2台出ており1台目はかなり程度も良く結果落札額は

予算オーバーだったのですが、2台目は何とか予算内で落札が出来た。

これから、このDAXをオーナー自らレストアにチャレンジ!

問題は、以前CPでフルカスタムした時、DAXの純正部品や

社外部品の少なさがネックで、遊びのつもりのレストアでも

どっぷりとハマると僕のモンキーZ50Jの様に

どえらい出費になるしモンキーもやりたい事が沢山あり過ぎて

未だ完成していないので、ソコソコでw


量産型べリング式ニュートラルストッパー1stロット仕上がり

大変長らくお待たせしておりました

量産型ベアリング式ニュートラルストッパー1stロット量産型ベアリング式ニュートラルストッパーが

仕上がって入荷して参りました。

少々お値段的にはお高いかと思いますが

費用対効果は等価交換だと思います。

まだ在庫は少し残っておりますが

早々に2ndロットの製作に取り掛かっております。

取り付ければ、その性能を即実感出来ると思います。


CP1号機継続車検

昨日お盆休みの間にCP1号機の継続車検に行って来ました。

CP1号機CB400F継続車検230816 (1)積み込みはDAXを納車し、台風7号で大荒れの時

ずぶ濡れになりながら積み込みを済ませました。

天気予報では翌日も雨が残るとの事だったので

流石に今回の車検だけスーパー晴れ男継続は

CP1号機CB400F継続車検230816 (2)諦めたのですが、翌朝朝寝坊をして仕舞い

しまった!と思いながら京都南へ向かう道中

全然晴れてるし、暑いし、多分お盆休みと言う

理由でも無く、何時も通り空いている

CP1号機CB400F継続車検230816 (3)安定の京都南検査場だったので、寝坊してもOK!

順番は前から3番目でしたが、この位置でも

雨が降って無いのが一番良かったと思う。

検査は当然ですが、全て一発合格!

CP1号機CB400F継続車検230816 (4)サッサと店に戻ってCP1号機を下して現状復旧。

やっぱりマフラーの音は言われましたが

音量に関してはちゃんとやってあったので

問題無くクリアー、でもかなり踏ん詰まりだった。

CP1号機CB400F継続車検230816 (5)音量以外は大人の公認改造車になっているので

何も問題はありませんし、光軸も一発合格。

車検だけスーパー晴れ男もここまで来ると

もはや神憑りだと思いますねw

これでまた2年遊べる車両になりましたがCP1号機は今秋

サーキットで走らせる為にシリンダーヘッドを交換する予定になってます。

その間はCP1.5号機で走り回る事にします。

と言うか、今はCP1.5号機の方が走って居て楽しいと思うw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年08月11日

8月11日今日は孫の5歳の誕生日5

息子の仕事の都合が悪く、お盆でも患者さんはお休みでは無いので
孫の5歳の誕生日には会う事が叶わなかったのですが
また日を改めて孫の誕生日を祝う事にします。
今日で5歳になったのですが、勉強は今小学三年生レベルの
勉強をやっているらしく、英語もお塾に通ってそれなりに分かるらしい!
頭の良さは、流石僕の血を引く子だと思いましたが
心配なのは、僕の血が濃いと育て方次第で悪い方にも…
今幼稚園でもある意味問題児なので、この先小学校や中学でも…
明日から16日(水曜日)まで夏季休暇入ります。
皆様も良い夏休みをお過ごし下さい。


CP1号機継続車検整備

今月末に車検が切れるCP1号機をお盆休み中に

CP1号機継続車検準備230810 (1)継続車検を受ける予定なので、諸々の整備。

まぁサーキット仕様に変更した時に

整備は終わっているので、タイヤの空気圧と

ヘッドライトの光軸調整位を調整する程度と

CP1号機継続車検準備230810 (2)サイレンサーをミディアムからスモールに

交換して、騒音対策も済ませるのですが

そもそもCP製機械曲げマフラーは

アイドリング付近での音はかなり静かなので

CP1号機継続車検準備230810 (3)何時も測られる事も無いのですが、念の為w

今付いているサイレンサーは特注ORM製

CP製機械曲げマフラー専用で作って貰った

スパイラルサイレンサーを装着しています。

CP1号機継続車検準備230810 (4)多分サーキット走行を目的にしてあったので

CB400Fourは1986年6月以前の規制前で

そもそも近接測定は無いのですが

車検場で舐めた様な、余りにも酷いのはダメ。

CP1号機継続車検準備230810 (5)前回大丈夫だった筈ですが、一応念の為再測定。

マフラーから45度、距離は50僂琉銘屬

最高出力の75%で測定するのが1986年6月以降に

製造、新規登録された車両になるのですが

CP1号機継続車検準備230810 (6)僕のCB400Fは逆車で、公認改造車になり

排気量が524cc、最高出力が10,250rpmで

車検証に記載があるので、確か現行の音量

数値が適用される筈だったと思う…。

CP1号機継続車検準備230810 (7)前回は確か4,300rpmでの測定だった様な

記憶があるなぁ、ちょっと距離を間違ったので

再測定をしてみたのですが、これは測られると

やっぱりヤバいかも知れないので

CP1号機継続車検準備230810 (8)サイレンサーを交換して詰め物をします…。

国内車両や、車検証に製造年が記載されている

車両や、平成元年1989年まで登録された

二輪に関して厳密に言えば、近接での音量に

CP1号機継続車検準備230810 (9)明確な数値は無いので、基本的に音量測定を

される事は無いのですが、検査官の認識不足から

測定を要求される事もあるので、そこは検査官に

指摘しても良いんじゃないのかなぁ…と思います。

CP1号機継続車検準備230810 (10)一応7,500rpmまで回転数を上げて測定しました。

まぁ音量的に下げる事は、これが限界なので

もう飽きて来たしどうでも良くなったので

これで車検を受ける事にしようと思います。

CP1号機継続車検準備230810 (11)でも確か、公認改造を取った時にも音量を

測定しているはずなので、もうどうでも良い…w

後はこれで光軸を合わせて、継続車検当日は

自走で何時もの京都南へ行っても良いのですが

CP1号機継続車検準備230810 (11)サーキットで使う予定の新品タイヤを使うのが

勿体無いので、車検当日はハイエースに

積み込んで行く事にしようと思います。

あ!ハンドルロックのチェックを忘れてた!

CP1号機継続車検準備230810 (12)と思いチェックすると、何とまぁ…

ハンドルロックピンがが当たって

ハンドルロックが掛けれらなかった…

そう言えば確か、ハンドルの切れ角を

CP1号機継続車検準備230810 (13)弄った様な記憶があるなぁ…クッソ!

仕方が無いのでフレーム側を削って

ハンドルロックが使える様に加工する事にした。

まぁ気が付いて良かったわ。

CP1号機継続車検準備230810 (14)これでCP1号機の継続車検準備は完璧に

整った筈なので、1発合格は間違いない。

気になるのは台風7号の進路と天気位。

車検だけスーパー晴れ男!ついに今回

自分の車両で、車検だけスーパー晴れ男連続記録が途切れるのか!

まぁ自分のだし雨でも良いけどね、なのでお客さんの継続車検は

車検だけスーパー晴れ男は継続だな!w

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年08月08日

365絶版チャリティミーティングVol.13

【365絶版チャリティミーティングVol.1】
230917今庄旧車ミーティング日時:2023年9月17日
時間:9:00〜14:00
住所:福井県南条郡南板取85-36
場所:今庄365スキー場 第一駐車場で
開催が予定されている(雨天中止)
北陸初の二輪限定絶版車ミーティングがあります。
第一回と言う事もありこのイベントを盛り上げに
このイベントが第二回、第三回へと続き、規模も大きくなる様
是非皆さんのご参加、お力をお借りしたいと思っており
キッチンカーも数店出店する事になっております。
何卒、予定を調整頂きご来場をお願い致します。
尚現在先月の豪雨災害の為、ミーティング会場までの道路を
修復中との情報もあり、また会場である今庄365スキー場側も
災害を受け、給排水に問題があるとの事ですが
主催者側代表の方とお話を進めており、今の所
ミーティングは予定通り開催する見込みになっておりますが
道路状況の復旧や、会場側の給排水復旧状況次第で
諸々変更がある可能性もありますので、最新情報が分かり次第
改めてお知らせ致しますので、よろしくお願い致します。


RCフォアオイル交換

正直言うと、オイル滲みの応急処置をやって居たので

RCフォアオイル交換230808 (1)オイル交換をするのを忘れていました。

生意気にもこのRCフォアにもレデューサーが

付いているので、別にエンジンが熱く無くても

手が汚れないので、いいですね!

RCフォアオイル交換230808 (2)オイルはかなり汚れてますが、これはこれで

汚れる事がオイルのお仕事になるので

全然問題ではありませんし、ちゃんと定期的に

走っているので、オイルが乳化する事も無く

RCフォアオイル交換230808 (3)健全な汚れ方なので、何の心配も無いです。

オイルフィルターもしっかり仕事してるし

定期的な交換オイルやフィルター交換や

乗る事も含めてオーナーの仕事になります。

RCフォアオイル交換230808 (4)僕の様に乗らないバイクばかりになると

余計にあちこち調子が悪くなるので

余計に維持費が掛かって仕舞います…。

ついでにこの薄汚れたオイルフィルターケースも

RCフォアオイル交換230808 (5)エンジンO/Hを促す為に、ブラスト仕上げw

これだけ中途半端に所々綺麗になると

きっと奴は綺麗なエンジンが気になる筈w

さぁ!エンジンO/Hどうしますww

RCフォアヘッドライトベゼルねじ山上り (1)次にヘッドライトの取付けですが

取り付けビスが閉められず脱落するので

ガムテで脱落防止をされている状態。

この部分にはカラーが入っていない事は

RCフォアヘッドライトベゼルねじ山上り (2)以前チェックした時に分かっている

で、ねじ山も完全に舐めて仕舞っているので

まずカラーが入っていない事もダメですが

このヘッドライト自体、何だか怪しい…。

RCフォアヘッドライトベゼルねじ山上り (3)ヘッドライトを取り外してみると

ベゼル取り付け部分がかなり安っぽい作りで

ねじ山もズルズルになっているし

これはちょっと復活させるのは厳しいかも…

RCフォアヘッドライトベゼルねじ山上り (4)本来ならナッターでも入れれば

良いのでしょうが、M5のナッターなんか

そもそも持って無いし…ベロを潰して

ねじ山をリタップし、ねじ山を再生。

RCフォアヘッドライトベゼルねじ山上り (5)これでヘッドライトの取付が出来ると思って

不在だった純正カラーを出して、ちゃんと

取り付ける事にしたのですが、どうやら

そもそもこの怪しいヘッドライトベゼルの

RCフォアヘッドライトベゼルねじ山上り (6)作りが悪く、カラーを入れると穴がケースの

センターに居ないので、ビスを入れる事が

出来ない事から、カラーをワザと入れてない

のだろうと、言う事が判明したしので

RCフォアフロントエンブレムゴム交換 (1)カラーを取り外して元通りに復旧するしか

方法が無い…、そもそも外径も合って無いし…

後は、フロントエンブレム取り付けゴム

このゴムも劣化しており、エンブレムが緩々で

RCフォアフロントエンブレムゴム交換 (2)何時脱落してもおかしくない状態なので

ゴムを純正新品に交換し、これでHONDAロゴの

フロントエンブレムもしっかりと固定する事が

出来る様になり、脱落する不安も無くなった。


滋賀M様CB400Four用部品再メッキ仕上がり

ほんの少しだけの再メッキのご依頼だったのですが

滋賀M様CB400用部品再メッキ仕上がり (1)クロメイトメッキはパンチングプレートだけで

余りにも費用が勿体無いので、仕方なく

急いで、当分需要が無い純正キャブの部品を

分解して、費用を折半する事にして

滋賀M様CB400用部品再メッキ仕上がり (2)再メッキに出した物が仕上がって戻って来ました。

ユニクロもこの前出したばっかりだったので

どう搔き集めても大した量にはならずこれだけ…。

メッキ代や送料は全て折版にさせて頂くつもり。

滋賀M様CB400用部品再メッキ仕上がり (3)追加でステップのメッキも間に合って

養生をして一緒に再メッキに出したのですが

一部養生のビニールテープが剥がれて仕舞い

メッキが乗って仕舞いましたが、恐らく

滋賀M様CB400用部品再メッキ仕上がり (4)塗装屋さんで下地処理の為、サンドブラストを

当てられると思うので、一応メッキ部分は

養生テープで保護をしましたが、このメッキが

無事に残って来るのかは分かりませんが

滋賀M様CB400用部品再メッキ仕上がり (5)CB400Fourの事は分かっている塗装屋さんだし

何時もこの部分の塗装は塗装はされないので

大丈夫だと思いますが、このパターンは

今まで一度も無いので、どうなる事か…

一応何時も塗装の仕様書には記載しているので

今回も注意点として記載しておきます。

取り外した純正キャブレターの非分解部分のシャフトも

何時も通りの再メッキが仕上がって戻って来てます。

これで時間がある時に、純正キャブを仕上げる事が出来ます。


バッテンキャリパー部品再メッキ仕上がり

一緒にユニクロメッキに出していたバッテンキャリパー用の

バッテンキャリパー再メッキ部品で組み立て (1)部品が仕上がって戻って来たので

ちょっとお安いバージョンの

バッテンキャリパーとして仕上げます。

再ユニクロメッキした部品から

バッテンキャリパー再メッキ部品で組み立て (2)バッテンキャリパーに必要な

良い状態の部品をチョイスします。

再メッキした物はスライドピンやスリーブ

ハンガーピン、ボルト類などですが

バッテンキャリパー再メッキ部品で組み立て (3)これだけを新品部品に交換して使うと

数千円部品代が高くなるので

何でもSDGsな世の中に合わせ、使える物は

使える様にして、再利用すると言うエコな仕様。

バッテンキャリパー再メッキ部品で組み立て (4)サクサクっとキャリパーを組み立てて

SDGs仕様で仕上ると、こんな感じです。

後は追加製作しているバッテンキャリパー用

サポートが、今幾らで仕上がって来るかによって

今の全体価格が決定する事になります。

CP1.5号機は車両の仕様上Wディスクなので、バッテンキャリパーも

Wディスク仕様で仕上げるのですが、正直シングルで十分止まるので

CP1.5号機はオーバークオリティな贅沢仕様になってしまいますw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年08月07日

令和5年ヨンフォアミーティング開催3

【令和5年 ヨンフォアミーティング開催のお知らせ】
もうあれから4年ぶりになるのかと思うと…。
2023年9月やっとヨンフォアミーティングが開催される事が決まり
待ってました!と言う思いになりますね!
主催のスキャン(株)さんから連絡が入りましたので
現在分かっている事を下記の通りお知らせ致します。
日時:2023年9月24日(日曜日)
場所:箱根 アネスト岩田 ターンパイク箱根
時間などの詳細は未定ですが、雨天中止、10月に予備日あり
地上との気温差があるらしいので、防寒対策が必要らしい
またブース出店社側も風が強いらしいので、防風対策が必要。
との事を主催スキャン(株)福田社長とお話をして伺いました。
当日が晴れる事を願って、皆様予定の調整をよろしくお願い致します。


RCフォア前後タイヤ交換

本当は昨日タイヤ交換をする予定だったのですが

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (1)RCフォアオーナーも慌てて居ないとの事や

クイック作業の予約が週末にバタバタっと入り

鈴鹿8時間耐久レースをLIVEで見ないと

いけなかったりしたので、作業を一日ズラし

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (2)今日、朝から作業を開始しました。

コンチネンタルが昨今の世界情勢の煽りから?

入荷して来ないので、今回のタイヤはTT100GP

フロントタイヤはまだ使うらしいのですが

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (3)チューブにコブが出来ているのでもうダメ…

安全の為チューブは新品に交換します。

コンチネンタルはこの時期でも取り外すのに

滅茶苦茶苦労したので、次回この取り外した

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (4)コンチネンタルは今より硬くなっているだろう…

もう真面目にコンチはお断りしようかな…。

同じサイズのTT100GPだと簡単に入るのに!

タイヤ交換をしてタイヤホイールを装着。

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (5)フロントブレーキも調整を済ませます。

これでフロント側のタイヤ交換が完了。

空気圧はフロント側は一応1.75Mpaにしました。

次にリア側のタイヤ交換に取り掛かります。

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (6)センタースタンドが使えないので

車両をスロープ側に移動させ作業をします。

センタースタンドの下に10个離灰鵐僖佑鯑れて

後輪がギリギリ浮くので、この車両の場合

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (7)ここでしかタイヤ交換作業が出来ませんし

マフラーが邪魔でメンテナンススタンドが

使えないので、こうするしか手段が無い。

当初3.00インチTWと3.50インチTLを通販の

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (8)安売りで相当な安価で購入予定だったのですが

インチ表記の方がタイヤ幅は細く

1インチが25.4弌3.00だと76.2个砲覆

フロント90.0个茲13.8从戮リアも同じで

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (9)3.50インチ=88.9个砲覆21.1从戮

持ち込みでの交換だと交換工賃

廃タイヤ処分費を頂く事になりますし

タイヤの送料が無料でも、多分CPでの

RCフォア用前後タイヤTT100GP交換 (10)通常価格より交換費、処分費を計算すると

このタイプのタイヤになれば多分価格は違い

かなり微妙な価格になると思いますし

安売り通販だと製造年が一番気になる所です。

これでリアタイヤも交換が終わり、空気圧は2.00Mpaにしました。

ホイールがワイドHリム185と215なので

TT100GPのタイヤサイズはフロント90/90-18 51Hと

リア110/90-18 61Hが適正タイヤサイズになり

TT100GPのスピードレンジがHレンジで210

コンチネンタルのスピードレンジがVなので240

ノーマルのCB400Fourでそこまで出ないから

僕は使った事が無いので分かりませんが、CP1号機同様タイヤ頼みな所もある?

CP1号機ピレリディアブロCP1号機なんかタイヤがピレリスパコルなので

スピードレンジがWで270劼任垢

このタイヤを選んだ理由はタイヤのコンパウンドが

軟らかい事が第一でサーキットを走る上での

メリットがあるからで、だって、このタイヤを使って鈴鹿を走ると

コケる気がしない位グリップ力があるから、タイヤ頼みになるし

プラシーボ効果なのか、タイヤとアスファルトが一体化して

アスファルトの感触が手に伝わって来る気がしますw

でも実際、そこまでの速度は僕のCB400Fでも出ないし

ハイサイドするだけのパワーも無いからねw

CP1,5 号機DL TT100GPでもタイヤの温度が低かったらグリップしない事や

路面がウエットだとかなりヤバいと言う

デメリットはあるけどね、なので街乗り

ワインディング走行ならCP1.5号機は

RCフォア何時ものオイル滲み応急処置… (1)TT100GPで十分楽しい走りが出来ます。

次に、何時もの所からのオイル滲み…。

オーナーからは直せとの事ですが、根本的に

直す事は不可能、あくまでも応急処置でしか無く

RCフォア何時ものオイル滲み応急処置… (2)エンジンO/Hまでの延命をしているだけです。

漏れる都度、液ガスを塗っているだけなので

オイル滲みが止まる事は絶対にありません。

8万キロ乗ったエンジンなので、限界です。

RCフォア何時ものオイル滲み応急処置… (3)ある意味僕の身体の病気と同じ感じですが

このエンジンの場合、O/Hすればオイル滲みは

僕の病気と違い完治する、今は都度対処療法で

延命をしているだけなので、直りません。

RCフォア何時ものオイル滲み応急処置… (4)オイルが滲んでいる個所を特定したので

綺麗に洗浄して、また液ガスモリモリ…

所詮液ガスなので、また必ずオイルは

滲んで来ますので、その辺りをご理解下さい。

RCフォア何時ものオイル滲み応急処置… (5)こうやれば直ると勘違いして欲しくない事や

悪意がある方に変に知恵を付けて仕舞う事で

被害者が出る事もあり兼ねないと言う事もあり

直る事は無いと言う表現になります。

RCフォア何時ものオイル滲み応急処置… (6)まぁその代わり、今日は涼しい事もあり

この薄汚れたスプロケカバーを無料で

ブラスト仕上げをして、エンジンO/Hを

促すと言う罠を仕掛ける事にしましたw

RCフォア何時ものオイル滲み応急処置… (7)取り付けると、薄汚れていたスプロケカバーが

ほーぅら!こんなに綺麗になりました!

やっぱりエンジンはこれ位美しくないと!

どう?やる気が出て来たでしょ?w

何時でもエンジンを下すスペースを確保しておきますよ!w

オイル交換やフィルター交換はまた明日にします。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年08月06日

鈴鹿8時間耐久レースLIVE放送観戦3

2023年鈴鹿8時間耐久レースが本日開催され
色々なメディアでレースが配信される事になり
気持ちが中々仕事モードに入らないのですが
昨日しっかりと遊んだので、今日は放送を聞きながら
今日もちゃんと真面目に仕事します。
無事に予選を通過したちんねん師匠(54歳)が出走するので
例年に無く楽しみな鈴鹿8時間耐久レースになります。
#26頑張れちんねん師匠!motorcycle#27


マスタングバッテリー交換

先日発注したバルタのバッテリーが入荷して来ました。

マスタング用バルタ製バッテリー入荷 (1)バッテリーなどの物は普通一般家庭向けに

配送してくれないので、営業所止めになり

お店なら、店舗まで配送してくれます。

最近、開放式バッテリーの配送は厳しくなり

マスタング用バルタ製バッテリー入荷 (2)一般向けには通販では注文出来ない様に

なっているのかなぁ…?まぁ開放式はかなり

面倒にはなっており、密閉式ならまだその辺の

手続きはややこしくは無いと思います。

マスタング用バルタ製バッテリー取り付け (1)と言う訳でマスタングに取り付ける前に

サルフェーション充電をしてから、2Aでゆっくり

通常充電を済ませて、車両に取り付けます。

ACデルコのバッテリーはまだ1年しか

マスタング用バルタ製バッテリー取り付け (2)使ってないのに、もう充電すら出来なくなって

サルフェーションも受け付けなくなっているので

取り合えず2年保証があるので、僕はもう

どうでも良いんだけど、嫁が販売元に連絡し

マスタング用バルタ製バッテリー取り付け (3)新しいバッテリーに交換可能なのかを

問い合わせをしてみる事にするらしい。

と言う事で、今朝充電が終わったので

早速マスタングのエンジンを始動させ

久しぶりにマスタングが復活したw


奈良Y様CB400Fオイル交換

クイック作業でオイル交換のご違例でご来店は奈良Y様CB400F。

奈良Y様CB400Fオイル交換230806 (1)朝一でご来店頂きオイル交換になります。

毎回ご来店される時にはちょっとずつ

仕様が変えられているので、ご来店の都度

それを見つけるのも楽しみな車両ですw

奈良Y様CB400Fオイル交換230806 (2)暑過ぎるこの時期は早起きをして朝駆けをし

フォアライフを楽しんでいるとの事。

熱々のオイルなので、レデューサー装着車は

オイル交換の際にドバっとオイルが出ないので

奈良Y様CB400Fオイル交換230806 (3)火傷しなくて済むので、かなり助かります。

ある程度オイルが垂れたら、オイルレベルゲージを

緩めて、クランクケース内に空気を入れて

正圧にし、熱々のエンジンオイルを流します。

奈良Y様CB400Fオイル交換230806 (4)正圧になると、オイルが排出される量が

一気に増えますが、飛び散らない様に

コントロールも出来るので、かなり便利w

サクサクっとオイル交換を済ませて

炎天下になる前にご帰還されましたが、既にもう暑いんですけどねw

あ!11時だ!鈴鹿8時間耐久レースのLIVEが始まる!

お預かり車両2台をお引き取り納車も済んだので

一応仕事しながら、第44回鈴鹿8時間耐久レースを観戦します。


京都T様CB400オイル交換

こちらも久しぶりにご来店となった京都T様CB400。

京都T様CB400オイル交換230806 (1)急にお仕事が忙しくなったらしく

中々ご来店が出来なかったとの事で

久しぶりに見るお姉ちゃんと、何時も元気な

お兄ちゃんと末っ子の男の子も大きくなり

京都T様CB400オイル交換230806 (2)ご家族揃ってご一緒にご来店頂きましたw

と言う事で日はオイル交換でのご来店と

以前ご来店頂いた時、アゲイン製マフラー

親方管接続用スプリングが外れていたので

京都T様CB400オイル交換230806 (3)スプリングも脱落が分かってから準備しており

オイル交換をする前に、脱落していた

スプリングを先に取り付ける事にします。

何故脱落したのか?原因は分かりませんが

京都T様CB400オイル交換230806 (4)よくあるのは振動によりスプリングが断裂する事。

今回スプリングを取り付けましたが

また断裂する可能性もありますので

時々で良いので、スプリングの有無を

京都T様CB400オイル交換230806 (5)チェックをして置いて下さい。

で、この車両にもレデューサーが取り付いており

ドレンボルトを外しても、オイルは一気に流れ出ず

チョロチョロとしか出ないので、これも同じく

オイルレベルゲージから空気を入れ調整しながら緩めて行くと

ドレンから排出される熱々のオイルの流量を

コントロールしながらオイルを抜く事が出来るので

オイルが飛び散らないので助かります。

エンジンオイル自体は余り乗って居ない様に思えたオイルで

オイルの汚れは差程でも無かったのですが少し日にちが空き

梅雨を挟んでいる為なのかオイルの劣化も何時もより悪かった。

まぁ大体どの車両でも梅雨を挟むと結構オイルの状態が悪くなっているので

梅雨明けのエンジンオイルは要注意です。


RCフォア前後タイヤ入荷

RCフォアオーナーお気に入りのタイヤ、コンチネンタルの入荷が

RCフォア用前後タイヤTT100GP入荷 (1)恐らく昨今の世界情勢からなのか

全く入荷の目途が立たない事から

前回の「スピードの向こう側ツーリング」で

CP14号機のタイヤTT100GPでも十分に

RCフォア用前後タイヤTT100GP入荷 (2)RCフォアオーナーの走りに対応出来る事を

体感したので、取り合えず繋ぎでTT100GPを

前後交換する事になり、発注した物が入荷。

車両は一昨晩、既に入庫しお預かりしており

RCフォア用前後タイヤTT100GP入荷 (3)時間がある時に作業をやろうと思ってました。

二晩放置したRCフォアから何やらエロい

赤と黒のシミが垂れてた…ささっと拭き取って

見なかった事にしようと思ったw

RCフォア用前後タイヤTT100GP入荷 (4)リアタイヤもまだ両端は使えるから

真っ直ぐばかり走らないで、もっとコーナーを

ズリズリに攻めて走れば良いのにw

でも今日は鈴鹿8時間耐久をTV観戦するので

作業はまた後日にする事にします、ごめんねw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年07月25日

RCフォアからの宣戦布告3

先日、RCフォアにCRキャブを取り付けたらしく
セッティングも80,000キロ走ったエンジンにしては
かなり良いセッティングを出して貰ったらしいのですが
CRキャブを装着した自分の車両の今の状態で
この前のツーリングでCP14号機のクラッチを壊したくせに
先日CP14号機のクラッチを修理し、8ディスク化したのなら
ヨシムラミクニTMR MJNを装着したCP14号機とで勝負しろと
予告拉致戦闘モードツーリングと言う宣戦布告をして来やがった!
時間があれば、キャン!と言わせてやろうと思ってますが
CP14号機のステップを変更しないと、右足を乗せることが出来ず
ツーリングに出れないのですが、正直交換が面倒臭いのですがw
CP1.5号機も、今のブレーキのままだと戦闘力は高くても
防御力が低いので、下手に勝負すると残りのHPが0になって仕舞うし…w
なので、当分はのらりくらりと宣戦布告予告拉致ツーリングを
何とかかわそうと目論んでいる所になります。


バッテンキャリパーO/H分解

ちょっと前にCP1.5号機で行った「スピードの向こう側」ツーリングで

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画 (1)ワインディングを楽しく走ったのですが

純正仕様に拘って作ったCP1.5号機に

ウイークポイントが見つかった。

車両としてはCP1号機よりも楽しく走れる物の

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画 (2)ブレーキがWディスク化しているにも関わらず

全然止まらないので、コーナーの進入が

かなり厳しい物があり、全然曲がれない…

と言うウイークポイントが判明したので

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画 (3)スタイルより安全マージンと、機能性を重視し

以前製作して反応が薄くて廃盤になった

純正ブレーキディスク対応フロントブレーキ

バッテンキャリパーサポートを再製作を

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画 (4)依頼をしていますが、小ロットの為価格が…

純正のバッテンキャリパーの価格も

以前と比べるとかなり高騰しており

当初よりもかなり現実的では無い

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画 (5)価格帯になりそうですが、補修用の純正部品は

まだ全部出るので、頑張って某Yオクで購入。

やっぱりハズレもありましたが、それでも何とか

必要数は確保出来たので純正部品を発注し

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画キャリパーOH (5)先日欠品無く全て入荷して来ましたが

残り数の少ない物が何点かありました。

キャリパーサポートはまだ製作中ですが

取り合えずバッテンキャリパーをO/Hして

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画キャリパーOH (7)製作中のキャリパーサポートが出来上がり次第

CP1.5号機に装着する事にする予定で

キャリパーをO/Hする事にし、その準備が

整ったので組み立て作業に取り掛かります。

CP1,5号機フロントブレーキ強化計画キャリパーOH (8)自分のCP1.5号機用なので、剥げたアルマイトや

腐食した部分はブラストで仕上げてから

焼き付け塗装を施して仕上げました。

これでバッテンキャリパーのO/Hが完了したので

後は、追加で特注しているキャリパーサポートが仕上がれば

ブレーキの効きも良くなるので、曲がれなかったコーナーも

ちゃんと曲がれる様になるので、RCフォアを蹴散らしてやろうと思います。


大阪F様CB400F継続車検車両積み込み

明日の定休日に車検予約が取れたので

大阪F様CB400F継続車検積み込み230725涼しい早朝の時間帯に何時もの京都南へ行き

継続車検を受けて来る事にします。

暑いので、なるべく何時も通り一発合格で

帰って来ようと思っています。

この時期、二輪の継続車検って暑くて結構辛い…。

車に乗ってエアコン掛けて涼んで並んで居る人を見ると

かなり恨めしく思いますねぇ…w

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年07月22日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日7月23日(日曜日)は免疫力向上と体幹強化の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


沖縄I様CB400オイル交換

沖縄からオイル交換?と思われるかも知れませんが

沖縄I様CB400オイル交換230722 (1)お仕事の都合で、近畿圏内に赴任中の

沖縄I様CB400がオイル交換にご来店。

明日お仲間6名で、初の針T.R.Sデビューとの事。

沖縄ナンバーのCB400Fourを見掛けましたら

沖縄I様CB400オイル交換230722 (2)お声掛けの方をよろしくお願い致します。

明日針T.R.Sデビューとなる事から

このダメージがあるアクセルグリップを

新品に交換してのお披露目になります。

沖縄I様CB400オイル交換230722 (3)この辺の部品は常に在庫してあるので

サクサクっと交換を済ませてからオイル交換。

かなりエンジンが熱そうなので、エアブローで

少しエンジンを冷ましてからオイルを抜きますが

沖縄I様CB400オイル交換230722 (4)かなり油温も上がって居り、冷やしても無理w

シャバシャバでオイルが飛び散って仕舞う…

こんな時レデューサーが取り付いていると

シャバシャバのオイルでも飛び散る事は無いです。

エンジンオイルの状態は、余り乗って居られない様で

そんなに汚れても居らず、気になるオイルの乳化もありませんでした。

一昨日まで明日の天気は曇り予報だったのに、昨日梅雨も明けて仕舞い

暑くなりそうなので、油温管理や熱中症に気を付けて楽しんで来て下さい。


CP14号機クラッチ交換

第三回スピードの向こう側ツーリングで、クラッチクラッシャーの

CP14号機クラッチ8ディスク化 (1)RCフォアオーナーが、レストア後まだ

2,000キロ程度しか走っていない

ノーマルエンジンのCP14号機に乗り

当時物のヨシムラ機械曲げマフラーを擦るし

CP14号機クラッチ8ディスク化 (2)クラッチまで滑らせて仕舞う

と言う暴虐無人な走りっぷりだった為

クラッチが逝ってしまったのですが

ある意味CP14号機のエンジンのポテンシャルが

CP14号機クラッチ8ディスク化 (3)それだけ高かったと言う事だろうと思い

その為クラッチが持たなかったと言う事だと…。

で、クラッチを交換する事になったのですが

この際なので、アゲイン製8ディスククラッチを

CP14号機クラッチ8ディスク化 (4)CP14号機に導入する事にしました。

クラッチを交換するついでにCP14号機の

レストア後に色々と開発した部品をCP14号機にも

導入する事にしCP製強化シフトドラムセンターと

CP14号機クラッチ8ディスク化 (5)間も無く耐久テストが終わる、ベアリング式

ニュートラルストッパーも取り付ける事にした。

カバーを開けて思い出したのがこの

新品未使用品だった砂型クラッチアウター。

CP14号機クラッチ8ディスク化 (6)こう言う見えない所にも拘り、武骨な新品砂型を

使って居た事を思い出したわw

このエンジンを組む時にはまだ

シフトドラムセンターや、当然ですが

CP14号機クラッチ8ディスク化 (7)ベアリング式ニュートラルストッパーは

作って居ない頃だったので、ついでに

この部品も全部交換して仕舞います。

ニュートラルストッパーも新品だったので

CP14号機クラッチ8ディスク化 (8)ガタ付きも無く、全然良い状態ですが

ベアリング式の方がシフトチェンジの

抵抗が少ないので、このタイミングに合わせて

シフトドラムセンターとセットで交換します。

CP14号機クラッチ8ディスク化 (9)エンジンにこびり付いたガスケットを

泣きながら、ネチネチと剥がす作業…

これ、クラッチカバー側もやらないと…。

クラッチ交換作業の中で一番時間が掛かった。

CP14号機クラッチ8ディスク化 (10)ベアリング式ニュートラルストッパーと

強化シフトドラムセンターを装着しました。

本当はこのエンジンにもクロスミッションを

入れたかったのですが、確かこの時ミッションが

CP14号機クラッチ8ディスク化 (11)在庫切れだったか何かで、入れられなかった。

これでシフト関係の部品も最新の物になった。

後は8ディスクを入れれば完成となります。

2,000キロでクラッチが滑る事は想定外でしたが

CP14号機クラッチ8ディスク化 (12)まぁついでにシフト関係の部品を最新の物に

バージョンアップ出来たし、アゲイン製

8ディスククラッチも入れれたので

まぁ、これはこれで良しとしましょう!

CP14号機クラッチ8ディスク化 (14)で、クラッチカバー側のガスケットも

泣きながら、ネチネチと剥がしました…。

純正新品のガスケットを入れてカバーをセット

これでCP14号機のクラッチ、シフト関係は

CP14号機クラッチ8ディスク化 (15)最新の物になりました!で、一番驚いたのが

純正中古良品で組み込んだはずの

シフトドラムセンターのこの摩耗…。

たった2,000キロ走っただけなのに

ここまで減って居たのには驚きました。

やっぱり強化品に交換出来て良かったです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年07月17日

10月からレギュラーガソリン200円代?3

今、政府の経産省から石油元売り企業に給付されている
補助金の給付が9月末で終了する事になっており
現在の日本全国のガソリン平均小売価格が
約173円位らしいのですが、補助金の給付が1ℓ/5円から始まり
上限1ℓ/35円?までから徐々に給付額も減らされており
その給付金が9月末で打ち切られる事により
巷の噂レベルですが10月1日からレギュラーガソリンの価格が
1ℓ/200円になるかも知れないと、もっぱらの噂になってます。
ガソリン販売価格都道府県別平均
そうなると、個人の懐事情もですが輸送に関わる燃料費も上がり
その結果、全ての物の価格も高騰する事になるとすれば
最終的に消費者がコストを転嫁されたその全てを負担する事になる。
そもそもですが、こうなったのはあの大国のハゲのせいですよね!
誰かあのハゲの残りの髪の毛を全部抜いて、シバキ倒して
戦争を終わらせてくれないかなぁ…と思っている人は
少なからず居るはずで、しかも北の独裁国も調子にのってるよな!
もう既に対岸の火事では無く、日本だけでも無く
あの大国に攻撃を受けていると思っても良いかも知れないね。


大阪F様CB400F継続車検整備

昨日、国内新規登録の予定でお預かりしていたCB400Fの状態が悪く

CP26号機クラッチレバー取り付け (1)登録を断念した事によりPITのスペースも

空いたので、作業スペースを確保する為に

エンジン搭載前のCP26号機を不動車コーナーへ

移動させる事にしたのですが、たまたま

CP26号機クラッチレバー取り付け (2)純正新品のクラッチレバーの在庫が

他の物を探していたら見つかったので

忘れない内に早速取り付けて仕舞います。

これでCP26号機のフレームが一応仕上がった。

CP26号機不動車コーナーへ移動 (1)エンジン搭載は当分先になりそうなので

不動車コーナーへ移動させて、更に作業スペースを

広く確保し、大阪F様CB400Fの車検整備を

開始出来る様になりました。

大阪F様CB400F継続車検整備 (1)灯火系、保安部品のチェックは済んで居るので

今日の作業ははオイル交換から開始です。

レデューサーがちゃんと効いているので

オイルは下りて来ませんね。

大阪F様CB400F継続車検整備 (2)今回オイルフィルターも交換するのですが

毎回オイルフィルターは持ち込みで、別に

持ち込みがダメな分けでは無いのですが

前回もそうだったのですが、オイルフィルターの

大阪F様CB400F継続車検整備 (3)Oリングが毎回どれか入っていない!

このオイルフィルターも多分前回

返却した奴かも知れない…もういい加減に

して欲しいので、今回は小さいOリングを

大阪F様CB400F継続車検整備 (4)使い回しで、オイルフィルターを消費して

もう、部品が足りないオイルフィルターを

持って来ない様にする事にしてやった!

ブレーキフルードも交換してブレーキをチェック。

大阪F様CB400F継続車検整備 (5)ブレーキパットの減りは少なく、まだ使えます。

後はヘッドライトをLED化してあるので

光軸を調整して、その他諸々の整備を行い

今週は車検に行けそうに無いので

早くても来週26日位になりそうかなぁ…。

もう彼は、次からオイルフィルターの持ち込み禁止です!


モンキーZ50Zオイル交換

昨年の4月ぶりになる枚方S様のモンキーZ50Zがオイル交換にご来店。

枚方S様モンキーZ50Zオイル交換230717 (1)前回ご来店の時にブレーキランプの球切れで

電球を交換したのですが、僕の勘違いで

6Vモンキーに12V用の電球を装着していた…

なので、今日オイル交換と共に電球も

枚方S様モンキーZ50Zオイル交換230717 (2)12Vから6Vの物に交換して仕舞います。

まずはオイルを抜きながら、テールレンズを

取り外して、電球を交換して仕舞います。

まぁ12Vでも使えない事は無いのですが

枚方S様モンキーZ50Zオイル交換230717 (3)ブレーキランプが薄暗いですからねぇ…。

1年以上越しですが、ずっと気になっており

これでやっとこれで電球が交換が完了し

スッキリして、オイル交換も完了しました。

枚方S様モンキーZ50Zオイル交換230717 (4)テールライトの電球のお値段は12Vでも6Vでも

同じなんですよねぇ…w

って言うか、僕のモンキーZ50Jの電球は

ちゃんと6Vになっているのかなぁ…?

大丈夫なんだろうかと心配になって来たw

僕のZ50Jはメインハーネスをリプロにしたので

電装系に色々と問題があるので、元に戻そうかなぁ…

キャブもTMR MJNを入れたいけど、新しく手に入れたBIGキャブを

取り付けたいなぁと思ってますし

マフラーも気に入らないので交換しようかな。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月30日

ASウオタニ製SP7月1日より値上げ3

明日7月1日からついにASウオタニSP兇眞余紊欧砲覆蠅泙后
ASウオタニのHPには5月11日から記載されていますが
業者には注文が殺到するので「纏めての注文はお断り」と
念押しされており、一度に2個以上の注文は出来ませんでした。
CB400Four用に限って言えば旧価格は税込み¥90,750だったのですが
改定後の価格は税込み¥94,600となっており
値上げ幅は大凡¥4,000程の値上がりですが
これも今の世界情勢から考えてみても、ここまで値上げをしなかったのは
それだけ企業努力をして居たのだろうと言う事や、値上げ幅も良心的です。
まぁ今回の値上げは仕方は無い事だと思います。
一応は、数個だけですが旧価格の在庫はしてあります。


CP14号機タイヤ交換とオイル交換

来月天候次第ですが、スピードの向こう側ツーリングが

CP14号機フロントタイヤ交換230630 (1)開催されるかも知れないと言う事で

その時に自分のRCフォアが出来上がって無ければ

またCP14号機に乗って行くらしく

先日出撃した際に14号機のタイヤが終了したので

CP14号機フロントタイヤ交換230630 (2)タイヤ交換をやっておけとのご命令…。

今までBEETキャストにはチューブを入れて

使っていたのですが、もうチューブレスでも

良いか…と言う事で、今回はフロントタイヤを

CP14号機フロントタイヤ交換230630 (3)チューブレス化する事にしました。

タイヤサイズも、3.00から90/90にサイズUP!。

リアは3.50なのですが、まだタイヤの山が

かなり残っているので、次回サイズアップと

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (1)チューブレス化をする事にしました。

先日の拉致ツーリングで、市街地の外気温が

34度と言う過酷な気温だった事もあり

信号待ちでオーバーヒート気味になった14号機。

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (2)今回はオイル交換のタイミングで、熱対策に

オイルフィルターケースをビッグフィン

マグネシュウムオイルフィルターケースに

交換するついでに、CB750などに使われている

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (3)フィン付きサンドイッチブロックを入れて

更に放熱効率を上げる事にしました。

勿論ポン付けと言う訳では無いので

加工や、取り付けに必要な部品を作ってます。

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (4)フィン付きサンドイッチブロックを取り付け。

CP14号機にはオイルクーラーを付けないと言う

コンセプトがあるので、走行中の油温は

フル強化オイルポンプ「極み」で冷えるのですが

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (5)外気温が高い市街地では、どうしても信号待ちで

オーバーヒート気味になる事から、その対策です。

これで油温が5度以上は下がるはずです! 

これで次の予告拉致ツーリングで14号機の出撃が

何時でも可能になりました…因みにCP1.5号機も信号待ちで

油温こそ同じ様に上がりますが、オーバーヒートまでには至っていません。


CP1.5号機オイル交換とオイル滲み修理

CP1.5号機の慣らし?1,000キロ走行がやっと終わったので

CP1,5 号機オイル交換230630エンジンオイル交換と、テストで使っていた

シリンダーヘッドのシールワッシャーが

全然では無いにしろ、オイル滲みがあるので

純正に戻す事にするのですが、これもまたついでに

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (1)テストでケミカル品を使って、スタッドからの

オイル滲みが止まるかをテストします。

オイル滲みがあるのはフロント側#2.3の所にある

スタッドボルトからの滲みだと言う事は分かり

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (2)他の所は全然漏れていないので

このシールワッシャーのテスト結果は

35%残念な結果となりました…。

取り外した残骸を見てみましたが

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (3)面圧が全然足りておらず、ゴムシール部分が

熱で剥離して居た事が、オイル滲みの原因で

EX側2本のシールワッシャーが排気温度で

ダメになったのも納得が行きました。

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (4)と言う事で、純正のシールワッシャーに

戻すのですが、ここに新たにケミカル品を使い

スタッドからのオイル滲み対策に使えるかを

テストする事にして、そのケミカル品を使用。

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (5)これが効果があれば、この先使って行く事に

なるかも知れませんが、一部ヘッドにダメージが

残ってしまったので、今の所何とも言えません…。

CP1.5号機も本当はst2のハイカムを入れる

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (6)予定だったですが、未だに何処に隠したのかが

思い出せないので、ハイカムは現行物の

ヨシムラ中空ハイカムst1のままになってます…

このままの仕様だと、僕は奴にトップスピードで

CP1,5号機ラック&ピニオンカバーオイル交換230630 (1)負けて仕舞うかも知れないのですが

そこはコーナリングテクニックで

カバーしないとかなりヤバいかも知れないw

取り合えずこれでCP1.5号機のオイル滲みと

CP1,5号機ラック&ピニオンカバーオイル交換230630 (2)オイル交換などのメンテナンスは完了。

アゲイン製ラック&ピニオン式カバーを

使っている方が勘違いし易い事の例ですが

このオイルポッド窓にある赤い点の印

CP1,5号機ラック&ピニオンカバーオイル交換230630 (3)ここにオイルレベルを合わせる方が

割と多いのですが、実際ここに合わせると

オイル量は500cc以上足りていません。

エンジンオイルが空の状態から3.5ℓ入れると

オイルはオイルポッド窓の上になりますのでご注意ください。


値上げ前にRCフォア用ASウオタニSP競侫襯僖錙璽ット入荷

先日のツーリングの時、CP14号機のレブリミットが11,000rpmで効き

RCフォア用ASウオタニSP尭荷トップスピードが出なかった事や

進角を3chにしてあったので、2chに変更し

SPウオタニをリセッティングしたのですが

その時RCフォアオーナーと話をして

ウオタニが7月1日より値上げになる事を教えると

即購入を決意したので、その日の内に発注し昨日入荷。

ウオタニ装着車両CP14号機のポテンシャルを実感したので

ダイナSからのバージョンUPとなりました。

これでまた、奴の追撃能力が上がって仕舞うので、僕ももっと走り込まないと!

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月25日

「初志貫徹」3

和歌山の浜田渡船で先日開催された筏釣り
第一回マルキュー製ヌカ配合講習会に参加し
プロアングラー浜田博光講師や
寝屋川のDAM社長タックルアドバイザー監修の元
僕の腕前をご披露させて頂き
YouTube浜田博光チャンネル「初志貫徹」にも初出演!
新しいテクニックもご教授頂きました。
潮の悪い中でも、良型チヌを釣り上げる事が出来たので
更に腕を磨いて行こうと思いました。


筏釣り師、かかり釣り師の方は是非ご覧ください。


CB400Fカスタムエンジン下拵え五日目

大きなエンジンケースのブラストが終わったので

CB400FカスタムエンジンSPカム使用前チェック (1)残りのカバー類を仕上げて行くのですが

その前に、確認して置かないといけない事が

あるので、ブラスト前に確認をして置きます。

これは部品毎に個体差がある為の確認項目で

CB400FカスタムエンジンSPカム使用前チェック (2)SPなハイカムを使う場合に確認をします。

それはSPハイカムとヘッドカバーの相性で

カム山とロッカーアームのサイドスプリングや

その山とのクリアランスを確認するのですが

CB400FカスタムエンジンSPカム取付前加工 (1)このSPなハイカムは相性が悪いらしく

ロッカーアームのサイドスプリングと

ヘッドカバーの山に干渉する事が判明しました。

SPなハイカムを保護する為にこの部分を

CB400FカスタムエンジンSPカム取付前加工 (2)加工しないといけないのですが、この山だけを

削り落としても、サイドスプリングと干渉し

SPなハイカムを傷付けて仕舞う事から

先人の方達も、色々苦労をしていた訳ですが…

CB400FカスタムエンジンSPカム取付前加工 (3)取り合えずはこの山を削り取って仕舞い

SPなハイカムとのクリアランスを確保します。

サイドスプリングはCP1号機や1.5号機

テスト用398ccエンジンにも取り付けた

CB400FカスタムエンジンSPカム取付前加工 (4)ウエーブワッシャーを入れる事になります。

CP1号レーサーにも取り付けて耐久性なども

問題が無い事はテスト済みとなっており

問題無く使えるのですが、組み付けが少々…

CB400FカスタムエンジンSPカム取付前加工 (5)少々処かかなり苦労する物になりますが

フリクションロスにも繋がる事からかなり

お勧めのアイテムになります。

で、削ったヘッドカバーとSPハイカムとの

CB400FカスタムエンジンSPカム取付前加工 (6)クリアランスを確認して、これでOK!

他にもクリアランス的に問題が無いかを

ヘッドカバーをチェックして、これで

ヘッドカバーの加工が完了したので

CB400Fカスタムエンジンヘッドカバー組み立て下拵え (1)ウエットブラストで仕上げます。

もうこの辺りのエンジンカバー類になると

シリンダーやヘッドなどよりも作業は楽だし

クランクケースの様に大きくもないので

CB400Fカスタムエンジンヘッドカバー組み立て下拵え (2)サクサクブラスト作業が進みます。

リタップ掃除の数も少ないので

手にマメが出来る事も無く、これもサクサクと

リタップ掃除が終わるのですが…

CB400Fカスタムエンジンヘッドカバー組み立て下拵え (3)ここから先の作業が滅茶苦茶苦労する…。

これがSPなハイカムじゃなかったら

純正のサイドスプリングを鼻歌交じりで

組み込めば楽に終わるのですが…

CB400Fカスタムエンジンヘッドカバー組み立て下拵え (4)これをやった方にしか分からない

作業性の悪さと、何度も失敗するので

積もるイライラを乗り越えて、ロッカーアームの

サイドスプリングをウエーブワッシャー化!

CB400Fカスタムエンジンヘッドカバー組み立て下拵え (5)これでヘッドカバーとSPハイカムが

干渉する事なく、使える様になりました。

この作業をやって置かないと、SPなハイカムに

傷が入るし、カムジャーナルも痛みます。

CB400Fカスタムエンジンカバー類ブラスト仕上げ (1)安易に交換出来ると思うと、痛い目に遭います。

ブラスト作業も終盤になり追い込みに!

オイルフィルターケースの塗装を剥がし

ブリーザーカバーと一緒にブラスト仕上げ。

CB400Fカスタムエンジンカバー類ブラスト仕上げ (2)オイルフィルターケースは小さくても

フィンが付いているので、割と手間が掛かります。

ブリーザーカバーは2個あったので、どちらか

状態が良い方を使う事にして、サクサクっと!

CB400Fカスタムエンジンカバー類ブラスト仕上げ (3)取り合えず残すはオイルパンだけになりました。

セパレーターを取り外すのですが、大体まともに

外れない+ナベネジを苦労して取外しました。

セパレーターの下はオイルにまみれた

CB400Fカスタムエンジンカバー類ブラスト仕上げ (4)スラッジがガッツリとこびり付いているので

綺麗に洗浄してからブラストで仕上げます。

取り外したセパレーターは地金の状態なので

大体この様に錆ている物が多いですね。

CB400Fカスタムエンジンカバー類ブラスト仕上げ (5)セパレーターはエンジンオイルに浸かって居ても

乳化したオイルで地金が錆びて来ますし

こうやってブラストで錆を取った直後から

ドンドンと錆色に変色して来るので

CB400Fカスタムエンジンカバー類ブラスト仕上げ (6)錆防止の為に、CPではメッキを施してます。

メーカーが地金のまま組んだのは

セパレーターがオイルの中にあると言う事や

コストダウンの為とも言われています。

CB400Fカスタムエンジンカバー類ブラスト仕上げ (7)スプロケットカバーは加工してあるので

現車から取り外した物を使う予定。

クラッチカバーは、ひょっとしたら

アゲイン製ラック&ピニオン式カバーに

変更するかも知れない事や、現車から取り外した物を使うかも知れない。

ACGカバーに関してはアゲイン製ACGカバーが付いているので

そちらを使うので、今は手元にありません。

取り合えずエンジンカバー類のブラストはこれにて一旦終了です。


枚方M様イントルーダー400クラッシックオイル交換&タイヤ交換

PITの都合と天候が回復している合間に、急遽入庫して頂いた

枚方M様イントルーダー400クラッシックリアタイヤ交換 (1)枚方M様イントルーダー400クラシック。

タイヤは既に入荷済みなので、入庫タイミングは

PITと天気とオーナーの都合次第と言う事で

暫くお待ち頂いており、本日入庫となりました。

枚方M様イントルーダー400クラッシックリアタイヤ交換 (2)フロントは以前交換した事は覚えているのですが

リアを交換した記憶がある様な…無い様な…。

ドライブシャフト駆動なので、作業がどうだったか

と言うだけの事なのですが…しかもホイールが

枚方M様イントルーダー400クラッシックリアタイヤ交換 (3)かなりデカいので、重いんだろうなぁ…とw

そんな事を思いながら作業を開始するのですが

純正マフラーを外さないと、アクスルシャフトに

アタック出来ないので、絶対にやった覚えがない。

枚方M様イントルーダー400クラッシックリアタイヤ交換 (4)袴の様なリアフェンダーが被っているので

タイヤホイールを取り出すのにも車体を

かなりリフトアップしないとタイヤホイールが

抜けないので、絶対に一度もやって居ないw

枚方M様イントルーダー400クラッシックリアタイヤ交換 (5)色々とメンテナンス性が悪いので、エアバルブを

念の為チェックして置く事にしたのですが

案の定、かなりヤバい状態だったので

エアバルブも交換する事にしました。

枚方M様イントルーダー400クラッシックリアタイヤ交換 (6)新しいタイヤに交換して現状復旧。

その後エンジンオイルも交換したのですが

抜いたエンジンオイルの量が4ℓも出て来たので

どう考えても1ℓ多く、オイルはガソリン臭い…

もうエンジンが限界かも知れない…?若しくは負圧タンクコックの不具合?

オーナーに事情を説明する事にします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月13日

謎の体重減少3

僕の特殊能力である三桁ある体重ですが
食事は何時も通りで特に気を使っている訳でも無く
食べたい物を食べて、飲みたい物を飲んで
アイスクリームも食べて居るのですが
体重が増えるでもなく、少しずつ減少して来ている…
人間太れなくなったら、ヤバいと聞くのですが…
先日の首周りの何者か分からない物をMRIで検査して
その何者かが深層部まで伸びて居ない事を確認したのですが
何もしていないのに体重が減るのって、ちょっと怖い…
弟からも「お腹が凹んで来るわ!」と言われるし
ズボンも緩くなってきている…
本当に大丈夫なんだろうかと、心配になって来るねぇ…


委託販売車両のご案内

保管場所の問題で、今回泣く泣く手放す事になったCB400Four。

CB400F委託販売のご依頼 (1)逆車408cc、1977モデル車検令和7年2月8日迄

初年度登録平成4年4月登録。

今年のロット製ハヤシキャスト装着。

CP製機械曲げマフラー装着。

CB400F委託販売のご依頼 (2)タンクに凹みあり、フレーム番号2100***

取り外した純正ホイール、純正エキパイと

アゲイン製スリップオンマフラーあり。

CPにて中古車でご購入頂き、整備もボチボチと

CB400F委託販売のご依頼 (3)行っている最中の車両になります。

保管場所が改築の為、車両を保管する事が

出来なくなり、安全に保管す場所が確保出来ず

今回泣く泣く手放す事になりました。

CP中古車枚方S様CB400FフロントブレーキOH (4)走行距離不明、整備履歴は僕のブログに

掲載しておりますが、参考まで今まで整備した

カルテ代わりの記録画像を掲載します。

メインハーネス交換、キャブO/H済み

CP中古車枚方S様CB400Fヘッドカバーガスケット交換 (2)シリンダーヘッド増し締め、ガスケット類交換。

現在オイル漏れなし、ブレーキ関係O/H済み

現状渡し、現車確認は土日対応可能です。

価格応談、多分お買い得な価格だと思います。

CP中古車枚方S様CB400Fヘッドカバーガスケット交換 (3)CP中古車枚方S様CB400Fヘッドカバーガスケット交換 (4)






CP中古車枚方S様CB400Fヘッドカバーガスケット交換 (5)CP中古車枚方S様CB400F試運転






CP中古車枚方S様CB400F点火時期調整 (1)CP中古車枚方S様CB400F点火時期調整 (2)






CP中古車枚方S様CB400F納車整備 (5)DSCN4407






枚方S様CB400Fハヤシキャストタイヤホイール取付 (4)枚方S様CB400Fハヤシキャスト取り付け準備 (1)






枚方S様CB400Fハヤシキャスト取り付け準備 (2)枚方S様CB400Fハヤシキャスト取り付け準備 (3)






枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (1)枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (2)






枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (3)枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (7)






枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (8)枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (9)






枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (1)枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (2)






枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (3)枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (4)






枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (5)枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (6)






枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (7)


ザックリとした整備カルテ画像です。

少しブレーキ鳴きはあります。

現在も乗って居るので、走行距離は伸びます。

走る曲がる止まる事に関しては普通に出来ます。

お問合せはカスタムパラノイア坂本まで

(072)380-9715 ご検討の程よろしくお願い致します。


CB400SFフロントホークO/H組み立て

僕のミスで右手に怪我をして仕舞、作業が中断したCB400SFの

CB400SFフロントフォークOH組み立て (1)フロントフォークO/H作業ですが 

右手の傷口の治療も終えて、ちょっと大げさな

感じになって仕舞ってますが、切れた傷口を

縫う事も無く包帯ぐるぐる巻きになってます。

CB400SFフロントフォークOH組み立て (2)何とか天気も回復し狭いPITの中ですが

フロントフォークの組み立て作業を再開。

先日、怪我さえしていなければこんな物

サクサクとその日の内に終わっていたはず…

CB400SFフロントフォークOH組み立て (3)傷口の痛みはまだかなりありますが

耐えられない程でも無く、兎に角傷が塞げれば

仕事も遊びも出来ると思うので、ちゃんと養生して

感染症にも注意して、無事にCB400SFの

フロントフォークO/Hが完了しました。

後は、キャブレター関係の部品が入荷して来れば

サッサと仕上げて納車したいのですが、この車両見れば見る程

問題があるので、オーナーにはその辺を説明してから納車します。


国内新規登録予定逆車408ccキャブレター掃除

先日ご相談で入庫して来た逆車408ccのキャブレターを掃除して

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (1)取り合えずエンジンを始動させるのですが

フレーム加工の問題が大きいので

この後どうするのかは全く分かりません…

なので、PITを圧迫する時間が増えます…。

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (2)キャブを取り外す為に、タンクを取り外すのですが

タンクもボルト止めされているので

何かにおいてかなり手が掛かる車両です…。

取り合えずタンクを外してキャブレターを

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (3)取り外しにアタックを開始をするのですが

この状態を見て、思ったのは「ヤンキーめ!」

この状態で安全に走れる事を担保するには

かなり手間と費用が掛かるよなぁ…と思った。

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (4)キャブレターも戻し側ワイヤーが付いていない。

キャブを止めているバンドはアメリカ文化仕様で

多く使用されるマイナスビスに変更されている。

アメリカには+頭ネジの文化は余り無いですね。

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (5)取り外したキャブを見て思った事は…

オーナーから取り合えずエンジンが掛かる様に

して欲しいと言われたのですが、これエンジンを

掛けたとて、その先が僕には見えないです。

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (6)ガソリン漏れも酷い様で、フレートチャンバーに

漏れたガソリンが変色してこびり付いてます。

中を見るのがちょっと怖い感じはするのですが

まずフロートチャンバーを止めているビスが

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (7)色々と変更されているし、長さも長かったり…

と言う事でフロートチャンバーを開けて

中を見ましたが、心配する程腐っておらず

ちょっと安心しましたが、Oリングなどの

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (8)ゴム類は全部ダメなので、交換になります。

インナーパーツを取り外し、キャブクリで

通路を掃除して、通路が通っている事を確認。

フロートバルブのOリングもダメだろうから

大阪Y様CB400FキャブレターOH分解 (9)交換になるかなぁ…何か勿体無い気がする…。

インナーパーツ類もスロージェットは案の定

詰まっていたので、キャブクリ風呂に入れて

通路に詰まって居る物を溶かします。

大阪Y様CB400FキャブレターOH組み立て (1)後はOリングなどを交換して組み立て

結局フロートバルブは腐食があったので

念の為新品に交換する事にしました。

通路も通ったので綺麗に洗浄したので

大阪Y様CB400FキャブレターOH組み立て (2)これで組み立て準備が整いました。

MJはOリングを交換して取り付けました。

SJとJNは取り合えずそのまま使います。

フロートの油面を合わせて、これで中はOK!

大阪Y様CB400FキャブレターOH組み立て (3)フロートチャンバーのガスケットも潰れて

硬化していたので交換して取り付け。

これでキャブレターの分解掃除と部品交換が

完了したので、後日作業スペースが出来たら

エンジンに取り付けて同調調整をする事にしますが

エンジンオイルがあちこちから出て来るだろうから

この後どうするんでしょうかねぇ…。


本日のご来店

一仕事終わって事務所で休憩しながら事務処理をしている所へ

6月13日本日のご来店久しぶりにご来店はCPの問題児の枚方A様が

CB400に乗ってご来店、また何かあったのかと

心配したのですが、マフラーをCP製機械曲げに

交換してから「音がめっちゃ気持ちいい!」と

言う事で、ご報告にご来店だったのでホッと一安心w

久しぶりだったので色々とお話をして、またマフラーの音を

響かせながらご帰宅されましたw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月10日

臨時休業のお知らせ2

【臨時休業のお知らせ】
明日6月11日(日曜日)は第二日曜で定休日ですが
明後日6月12日(月曜日)は急遽ですが顧問業務の予定が入り
神戸まで打ち合わせに行く事になったので
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けしたしますが、よろしくお願い致します。


京都H様CB400Fエンジンオイル、リアタイヤ交換

梅雨の晴れ間にご来店頂いた、京都H様CB400F。

京都H様CB400Fタイヤ交換とオイル交換230610 (1)これから夏に向けてのメンテナンスで

オイル交換と、リアタイヤ交換作業のご依頼。

タイヤも、オイルも6月に値上がりしているので

タイミング的にもう少し早ければ…

京都H様CB400Fタイヤ交換とオイル交換230610 (2)まずタイヤ交換から作業に取り掛かります。

ヘビーユーザーの京都H様のリアタイヤ

カルテを見ると、丁度2年前の6月に交換。

キッチリとタイヤも使い切っていますね。

京都H様CB400Fタイヤ交換とオイル交換230610 (3)オイルもタイヤも2年前とで価格がかなり

値上がりしているので、お財布には厳しいです…

でもキャブをFCRにしてレデューサーを取り付け

CP製機械曲げマフラーに交換し、サイレンサーを

京都H様CB400Fタイヤ交換とオイル交換230610 (4)ORM製スパイラスサイレンサーにしただけで

純正キャブより燃費が向上しているらしく

ℓ/25.6と466ccエンジンになっているのに

かなり燃費が良いので、オーナーはその部分では

京都H様CB400Fタイヤ交換とオイル交換230610 (5)ハイオクガソリンと相殺しても、その部分で

満足して居られる様で、2年前のタイヤ代や

オイル代の元は取れていると思いますw

エンジンオイルもこの時期のオイルと比較すると

やはりレデューサーが取り付いている事で、乳化せず綺麗に汚れてました。


CB400SFフロントフォークO/H

雨が降る前にキャブレターの同調調整をやって仕舞い

CB400SFキャブレター同調調整 (1)とっとと、この車両を納車をしたいと思ってます。

エンジンを始動させ、バキューム圧を見ると

割とズレていましたが、こんなのサクサクっと

終わらせる事が出来るだろと思ってましたが…。

CB400SFキャブレター同調調整 (2)その考えは甘く、かなり苦労して調整しても

マニュアルで指定されているバキュームの

負圧差は30Hg以内とされているのですが

エンジンもお疲れ気味で、圧縮漏れもしており

CB400SFラジエターファン不動か?しかも基本になる#2のキャブの調子が悪く

バキューム圧が上がらない…そんな作業を

2時間程やっていたのですが、ラジエターの

ファンが何時までも回らないので、これも怪しい。

CB400SF純正エアクリーナーBOX (2)そこへオーナーが純正のエアクリチャンバーを

ご持参されたのですが、色々と部品が無いので

キャブレターの取付は部品が入荷してからですが

同調調整が上手く出来ないので、色々と原因を

CB400SFフロントフォークOH (1)調べるたり、聞いたりした話では

非分解部分のOリングがダメかもと

言う事らしいのですが、…もうちょっと

勉強する事にして、今日は先に雨が降る前に

CB400SFフロントフォークOH (2)ロントフォークのO/Hをやって仕舞います。

天気予報では、今日を逃すと天候が悪いので

PITも満タンになっている事から、今日中に

フロントフォークのO/Hをやって仕舞わないと

CB400SFフロントフォークOH (3)明日以降、身動きが取れなくなって仕舞う…

フロントアクスルボルト緩んでました…

原因は後から分かったのですが

どうやらオイル漏れをしている左側の方は

CB400SFフロントフォークOH (4)オリフィスを止めるソケットボルトを舐めて

緩まなかったのでしょう…フォークオイルも

腐ってましたので…その時にアクスルボルトを

締め忘れたのでしょうねぇ…

CB400SFフロントフォークOH (6)インナーチューブの錆を落とし

舐めたボルトを取り外して分解した時に

親指の付け根をフロントフォークの部品で

深く切って仕舞い、出血が止まらない…。

右手負傷… (1)取り合えず応急処置をして、分解と洗浄だけは

終わったのですが、傷口は割と深くて

そもそもサラサラ血になる薬を飲んでいるので

出血が全然止まらない…僕の場合感染症の

右手負傷… (4)リスクも考えると、ここは止む無く作業を止めて

傷口の手当てと出血を止める事を優先に…

ちょっと大げさに見えるのですが、仕方が無い。

と言う事で、残念ですが今日の作業はここまで

右手の怪我は仕事も遊びにも使う大事な手…

この手の怪我はかなりヤバいので

ここは出血を止める事と、感染症に気を付ける事を優先に考えます…。


大阪H様CB400F不動、手直し入庫

ご自分でハンドル交換にチャレンジした所、色々ミスったらしく

大阪H様CB400F不動レッカー入庫 (1)エンジンが不動になり、本日雨が降る前に

急遽レッカー入庫となって仕舞いました。

今回はキャラバンで搬送されて来たのですが

このキャラバンのポテンシャルが凄い!

大阪H様CB400F不動レッカー入庫 (2)これほっしいわぁ…と思ったけど、1台積なので

コスパ悪過ぎだなぁwと思ってみてましたが

カッコ良いと言う出落ちだなwと言う事ですね。

今回、何をやらかしてしまったのかは事前に

大阪H様CB400F不動レッカー入庫 (3)事情聴取済みなので、不具合ヵ所を調べて

カスタムもしつつ、復旧作業を結果的に

やる事になったのですが、自分の車両を

自分でカスタムする事は否定しませんし

大阪H様CB400F不動レッカー入庫 (4)むしろ自分で触る事を応援をし推奨してます。

まずはこのアゲイントップブリッジの誤組みと

部品を交換する時、そこの部分だけを分解し

取り外そうと考え、返って余計な物を分解し

取り返しがつかなくなり、セルボタンの部品が外れてしまったらしい…

我々の仕事は、急がば回れ、横着禁止が鉄則です。

ここまで自分でやっているので、僕が知らない所も触られていると言う

可能性もあるので、フロント周りは全バラ組み直しとなります。

不具合ヵ所を探りながらなの作業になるので、あっさりと復旧するか

手古摺るのかは、やってみないと分かりません。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(4)

2023年06月05日

思い出した!6月の恒例行事3

危うく忘れる所だった今月のイベントで
毎年恒例の結婚記念日と誕生日なのですが
カレンダーを見ると、その当日はかなり前から
既に予定を入れて居た事が分かった…。
このまま忘れたふりをして、スルーするか
それとも、予定をキャンセルして結婚記念日を優先するか…
まぁ毎年大した事もやって居ないし、嫁も毎年結婚記念日を
忘れているのか、忘れているフリをしているのか…
去年は確か食事に行ったんだったけなぁ…思い出せない。
まだ時間はあるので、色々と考える事にします。


寝屋川M様オイル交換

天候不良で先週の作業が延期になったのですが

寝屋川M様オイル交換230605 (1)幸いな事に、この梅雨入りの時期の

貴重な晴れ間にご来店頂いた

寝屋川M様CB400のオイルとフィルター交換。

PITには今作業中のCB400SFが鎮座しており

寝屋川M様オイル交換230605 (2)フロントフォークの分解をしてしまうと

転がせなくなるし、部品もまだ入荷して無く

取り合えずの作業スペースは確保出来る状態なので

サクサクっとオイル交換を済ませました。

寝屋川M様オイル交換230605 (3)オイルドレンボルトにオイル滲みが

あったらしく、CPではオイル交換毎に

クラッシュワッシャーは交換しているので

何処から漏れているのかは今の所不明ですが

オイルドレンボルトは新品に交換しました。


寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ引き摺り

以前ブレーキキャリパーが引き摺っていたのでO/Hしたのですが

本日のご来店寝屋川K様CB400Fブレーキ引き摺り修正 (1)その後もまだ引き摺りがあるとの事で

本日緊急入庫となった寝屋川K様CB400F。

諸々の点検を含めてお預かりとなったのですが

そもそものブレーキ引き摺り原因ですが

本日のご来店寝屋川K様CB400Fブレーキ引き摺り修正 (3)パワーレバーとリプロのブレーキマスターとの

相性が悪く、ピストンを軽く押している状態。

なので、ピストンが戻り切らない状態になり

ブレーキを引き摺っていた物だろうと言う事で

本日のご来店寝屋川K様CB400Fブレーキ引き摺り修正 (4)チェックをしてみた所、案の定思った通りで

対策として、マスターを交換するか

レバーを加工するかになるのですが

現実的に費用面で考え、レバーを加工する事にして

本日のご来店寝屋川K様CB400Fブレーキ引き摺り修正 (5)レバー全体を約1伉度削り落として加工。

マスターしrんだーを押していたパワーレバーに

少し遊びが出来る様に摺り合わせをし削り

これで、ブレーキレバーに遊びが出来たので

本日のご来店寝屋川K様CB400Fブレーキ引き摺り修正 (6)ピストンを押す事も無くなるはずで

ブレーキを引き摺る事は無いと思います。

ついでにキャブレターのアイドルスクリューを

リモートアイドルスクリューに交換をご依頼。

本日のご来店寝屋川K様CB400Fブレーキ引き摺り修正 (7)これでアイドリング調整も手を置くに入れて

熱い思いをする事も無くやり易くなるので

とても便利なアイテムになり、操作性も向上。

アイドリングを調整していると、何やらパチパチと

本日のご来店寝屋川K様CB400Fイグニッションコイルリーク (1)おかしな音がするので、あぁこれがオーナーが

言っていた音だと思い、IGCをチェックすると

白いIGCの#4に接続されているシリコンコードの

根元が断線し、露出している事が分かった。

本日のご来店寝屋川K様CB400Fイグニッションコイルリーク (2)こればかりはもうどうしようもないので

IGCを交換するしか方法が無いので

この問題をどう対処するかをオーナーと

相談の上、決めて行こうと思います。


高槻S様CB400F国内408ccオイル交換

明日からまた天候が崩れるらしく、急遽オイル交換のご依頼でご来店。

本日のご来店高槻S様CB400Fオイル交換 (1)ご購入からもう5.6年?は経過してますが

調子良く走っている車両になります。

梅雨時は湿気が多く、オイルが乳化し易いので

梅雨明け後にエンジントラブルが増えるのは

本日のご来店高槻S様CB400Fオイル交換 (2)エンジンオイルの乳化が原因になる事が多い為

この時期のエンジンオイル交換タイミングは

エンジンにとっては割と重要なタイミング。

タイミングを逸すると、梅雨明けにエンジンが

えらい事になっている実例を見た事があるので

この時期のオイル交換タイミングはかなり大事ですし

雨で乗れないからと言う事で、メンテナンスがてらと思い

下手にエンジンを温めると、水分が蒸発せずにエンジンオイルが

乳化するだけなので、管理も難しい時期だと思います。


CB400SFタンク錆取り

昨日タンクにワコーズのピカタンを入れて一日放置。

CB400SFタンク錆取り ()今日、タンク内の溶剤を全部抜いて洗浄し

乾燥させるのですが、CB400SFのタンクは

完全に水を抜く事がかなり難しく

結構な手間が掛かったわ…。

CB400SFタンク錆取り (2)タンクの中からはこのサイズの錆の塊が

ボロボロと出て来るし、穴でも開いたら

どうしようかと思う位、錆が出て来ました。

後は完全乾燥させて水分を飛ばすのですが

CB400SFタンク錆取り (3)タンクコーティングはやりません。

安易にタンクコーティングをやると

タンクリペイント時、タンクの凹み部分に

板金が必要だったりすると、タンクコーティングが

剥がれて仕舞う為、後の処理が大変になって仕舞います。

CB400SFも既に旧車となっており、部品も出なく貴重な為

なるべくタンクコーティングは避けたいですね。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月27日

遺失物横領、占有離脱物横領罪3

先日店先のベンチが黄砂で汚れていたので
ウエスで拭いている時、ふと農業用水路に目をやると
緑色の四角い物が落ちていたので、よくよく見ると
遺失物横領罪、占有離脱物横領罪それは財布だった!でも僕の身体では
そこへ降りる事が出来ないので
嫁が店に来てから、用水路に降りてもらい
その財布を拾って中を確認した所
案の定、現金は無く落とし主の免許証や
キャッシュカードや仕事で必要だろう
カード類が入っており、免許証で住所を確認した所
ご近所だったので、警察に届けるのも
手続きが面倒だったので直接自宅に届けに行ってきました。
お話を伺うと15日に財布を落とし、中のお金は少なかったとの事。
念の為、店の防犯カメラで財布を捨てた人物を特定する為に
今チェックをしているところです。
またうかつだった事は、素手で財布を触ってしまった事…。
悪意が無いだけに、今考えるとその辺は軽率だったと思うし
今は中を開けてみる事も、何かと面倒な事になるらしい。
下手をすると、親切心が仇になる事も…。


京都K様CB400継続車検とセブンスターキャスト

昨日の定休日の午後は雨予報の中、継続車検に行ってきました。

京都K様CB400国内398ccF1継続車検230426 (1)前日までの天気予報では完全に雨でした…。

しかし!路面はまだ濡れていますが

雨は既に上がっており、太陽が出れば完璧!

もうこれは神憑り的な奇跡だと思ったw

京都K様CB400国内398ccF1継続車検230426 (2)これまた幸いな事にコースに並ぶと一番!

で、サクサクっと検査を受けるのですが…

何とまぁスピードメータが動かない…!

検査官もまさかスピードメーターが動かないとは

京都K様CB400国内398ccF1継続車検230426 (3)思っても居らず、先にハンコを押していたw

取り合えず「出直しまーす!」と言って

他の検査は全て一発合格なので、急いで店に戻り

メーターが動かない原因は大体想像が付く…

京都K様CB400国内398ccF1継続車検230426 (4)レストア時の事も少しづつ思い出して来て

そう言えば、アタッチメントのシム調整にも

かなり苦労した事など…カルテや画像も見返し

徐々に記憶が蘇ってきたと言う感じです。

京都K様CB400国内398ccF1継続車検230426 (6)アタッチメント調整用シムが、こんな感じで

約7个離轡爐把汗阿靴燭里如▲アーBOXと

ギアBDXリテーナーの嚙み合わせが微妙で

スピードメーターが動かなくなっていた

京都K様CB400国内398ccF1継続車検230426 (7)と言う事で、メーターが動かない理由だった…。

早速フロントタイヤホイールを分解して

調整をするのですが、シムを6个膨汗阿垢襪

アクスルシャフトが動かなくなり、微妙です…

京都K様CB400国内398ccF1継続車検230426 (8)取り合えず今日中に車検だけ通せる様に

シム調整をして、再度京都南へ行き

スピードメーターの測定を行い、無事に合格!

と言う事で、継続車検は何とかなりましたw

京都K様CB400タイヤホイール交換 (1)店に戻り、メーターギアーボックスの固定が

出来ていないので、再度分解しましたが

スポークタイヤホイールをキャストホイールに

交換するので、応急でメーターを動く様にした

京都K様CB400タイヤホイール交換 (2)フロント側をまた分解し、オーナーが

キャストホイールを持って来て頂いたので

キャストホイールに交換するついでに

メーターギアーボックスのシム調整を

京都K様CB400タイヤホイール交換 (3)取り付けるキャストホイールに合わせて

再調整をするのですが、元々取付いていた

メターギアーアタッチメントの具合が悪く

シム調整ではどうにもならなかったので

京都K様CB400タイヤホイール交換 (4)店に在庫であったBRC製メーターギアー

アタッチメントに交換し、シム調整をしたら

バッチリ調整が出来た…無駄にジタバタしたわw

これでメーターギアーの問題も解決したので

京都K様CB400タイヤホイール交換 (5)フロント側の復旧はこれにて完了!

次はリアホイール、これは本物の当時物

オリジナル塗装が残ったセブンスター!

以前僕が腐食を取ったりし手入れをした物。

京都K様CB400タイヤホイール交換 (6)当時物なので巣穴が怖いので、念の為

前後共チューブを入れる事が望ましく

オーナーとお話をし、安全の為チューブを

入れてからタイヤを組み付ける事にしました。

京都K様CB400タイヤホイール交換 (7)バランスはフロントがかなり悪かったので

結構なウエイトを貼る事になりましたが

ホイールが黒だと言う利点があったので

なるべく目立たない高級タイプのウエイトを

京都K様CB400タイヤホイール交換 (8)貼って、バランス調整をしました。

リアスプロケットなどの部品を移植して

これで組み付け準備も整ったので、交換作業。

サクサクっとHリムのリアタイヤホイールを

取り外し、セブンスターに交換が完了。

後は左フロントブレーキキャリパーを交換すれば完成となります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月23日

GWの営業についてのお知らせ3

【GWの営業についてのお知らせ】
今年のGW休暇についてのお知らせですが
4月30日(日曜日)と、5月3日(水曜日)から
5月7日(日曜日)までお休みを頂く事に致します。
本当は5月4日、5日でツーリングに行く予定だったのですが
諸々の事情により、ツーリングが中止になったので
体幹トレーニングと首の筋力強化をする事にします。
また鈴鹿サーキットSMSCのEラーニングを5月1日から受講し
7日までに全ての試験に全問正解、100%合格しないといけないので
もし、1日の受講で合格しなかった場合は7日までに合格する為に
試験勉強に励もうと思いますのでよろしくお願い致します。


枚方市議会員選挙

今朝は出勤前に嫁と枚方市議会員選の投票に行ってからの出勤です。

枚方市議選挙投票230423 (1)応援する候補者の方とは、直接何度か

お会いしており、その方の人柄も良く

前回の選挙でも投票させて頂き

日頃からも応援させて頂いております。

枚方市議選挙投票230423 (2)所属する政党は何時も僕が今好きな政党で

大阪を面白く変えてくれるであろうと思う政党。

何か、選挙の謳い文句で報酬カットとか

言って候補者も方も居るけれども

そんなのモチベーションが上がらんのじゃないかと思ってますし

ちゃんと仕事した分は、正当なお給料として貰うべきだと思います。


RCフォアスポーツ走行への道 その5リア車高UP

元々の車両コンセプトはRCフォア、四本出しマフラーでの

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (1)サーキット走行であり、その為にコースを

安全に走る為に、必要なカスタムを施す為に

先日、強制的に入庫して来たRCフォアの

作業をボチボチと始めて行きます。

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (2)オーナーがやらかしたらしいクラッチカバー

M6×40の+ナベネジを交換しろと言うので

まずはナベネジを一本交換しました。

多分ドライバーの方がダメなんじゃないのかな?

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (3)エンジンオイルも交換しろと言うので

抜くのですが、オイルが落ちて来ないので

そう言えばレデューサーが付いている事を思い出し

フィラーキャップからエアーを入れる。

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (4)ドレンボルトを取り外したついでに、サーキットの

レギュレーションで定められている、オイル漏れの

対策で、ドレンボルトのワイヤリング用の穴を開け

サーキットで走る時にワイヤリングが出来る様に

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (5)ドレンボルトに数か所の穴を開けました。

これでワイヤリングをすれば、コースでの

オイル漏れで他人に迷惑を掛ける事も

無くなり、しいては自分の為でもあります。

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (6)貴重な減衰付きアルミボディのKONIリアサス。

でも、足回りはスポーツ走行をする上で

劣化した物を使ってリスクを背負いながら

走るより、しっかりした物に変更して更に

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (7)車高も上げて、バンク角を稼ぎます。

アクスルシャフトのキャッスルナットが

痛んでい居るとの事なので、新品に交換。

まだこのキャッスルナットは新品が出ますからね。

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (8)リアタイヤホイール、リアサスを取り外し

YSS特注リアサス50弌60丱蹈鵐阿

リアサスに交換したので、アクスルシャフトが

この四本出しマフラーの下に来たので

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (9)メンテナンス性も向上し、タイヤ交換作業も

滅茶苦茶やり易くなったし、予定通り

先日購入したメンテナンススタンドを

掛けれる様になり、ちゃんと使える様になった。

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (10)しかし、純正のセンタースタンドはもう

使う事が出来ないし、フロント側を延長すれば

サイドスタンドも短くなり、車体が倒れ込むので

長いサイドスタンドに変更する予定です。

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (11)で、シフトペダルアームのあるあるで

ピロボール部のゴムカバーが無く剥き出し

ここホコリが溜まって摩耗したりする事もあり

本当はゴムカバーが入っているのですが

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (12)大体の車両にはついていないですよねぇ…。

ピロボールにグリスをしっかり入れます。

これだけでもシフトチェンジ時の抵抗が

軽くなるのですが、このままだとグリスが飛び

RCフォア足回りスポーツ走行仕様に変更 (13)またピロボールにもホコリも付きやすくなるので

ゴムカバーを被せると言う事になります。

オーナーからも車両のチェックをしっかりと!

と、言われているのでこう言う所の部品も

本来あるべき部品なので、取り付けました。

次はフロントフォークのO/Hだなぁ…


枚方K様CB400Fオイル交換

日曜日の午後からは枚方K様CB400Fのオイル交換作業。

枚方K様CB400Fオイル交換230423 (1)時期的にはまだ少し早いけどこの所の温かさなら

眠って居た車両達もやっぱり動き出すよねぇw

まだ気温は安定してませんが、まぁそろそろ

シーズンインの季節になり、寒い期間眠っていた

枚方K様CB400Fオイル交換230423 (2)車両を冬眠から起こし、動き出す気温になり

メンテナンスの時期にもなって来ましたね!

レデューサーを取り付けた事により

オイル交換のスパンも多少は延命出来る様になり

年四回のオイル交換が、年三回に減ったので

以前レデューサーを付けた事により結果、お財布にも優しくなりましたねぇ。

次は安全の為にもブレーキを強化したり、点火系もカスタムしたいとの事

でもまず今年は車検があるので、まずはそれからですねw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月18日

事件現場並みの出血…3

先日の事、自宅でぼーっとしていた時
何だか足元が冷たくて、ヌルヌルと嫌な感触がするので
何事かと思って見てみると、僕の足元には
結構な血溜まりが出来ていたので、てっきり僕は
レオ爺が吐血したのかと思う位、ビックリした!
ある意味ちょっとした事件現場並みの血で
絨毯もかなりの量の血が…!それを見て足を動かすと
その動かして足を置いた場所にも血が付くので
あ!この血は僕の血なんだと思って
出血して居る所を探して見ると、足の甲に小さな傷があって
そこから大量の出血をしていたのを見つけた…
そう、事件現場並みの出血は僕の右足からだったのですが
傷口は引っ搔いた程度の傷だった…僕は真正多血症なので
サラサラ血になる薬を飲んでいるので
ちょっとした出血でも中々止まらないのです…。
絨毯を僕の血で汚して仕舞った事でまた嫁に叱られるので
必死に拭いたのですが、足からの出血が止まらないので
そこら中が血で汚れて仕舞うので、まず僕の出血を止めてから
絨毯の血を拭いたのですが、拭ききれなかったので
諦めました…まぁ翌朝きっちりと嫁に叱られて
絨毯の血も、もう落ちないと言われました…
そんな事言っても、小さな傷で痛みも無くて血が止まらなくて
どうしようも無かったしなぁ…。


京都K様CB400国内398ccF1継続車検整備

昨日お預かりした書類も初心でナンバープレートも貴重な国内398ccF1。

京都K様CB400継続車検整備車両点検 (1)フルレストア車両の整備に取り掛かります。

まず目に付いたのがこのブレーキキャリパー

アジャストスクリューのロックナットが

脱落して不在だった事で、当然緩んでます。

京都K様CB400継続車検整備車両点検 (2)これを拘りの純正ナットを取り付けて修正。

ふと、左側を見てみると…どうやらこちらも

締め忘れなのか、アジャストボルトが緩んで

フロントブレーキは危険な状態だった…。

京都K様CB400継続車検整備車両点検 (3)こちらもアジャストボルトを調整して

ロックナットを締め付けました。

この様な状態だとピストンが押し戻される為

いざと言う時に最悪はブレーキが一切効きません!

京都K様CB400継続車検整備車両点検 (4)オイル交換の前にエンジンを始動させて

ヘッドライトの光軸をチェック!HIビームの

光軸がかなり下がっていたので、調整をしました。

ヘッドライトにはバッ直リレーと純正タイプ用

H4ヘッドライト球を取り付けてあるので

ヘッドライトの光量はこのままでも大丈夫なはずです。

後は保安部品、灯火系のチェックをしてオイル交換などを済ませます。

京都K様CB400継続車検整備車両点検 (5)レストア後の走行距離はまだ600キロ程で

エンジンオイルこそ汚れてはいませんが

オイルはそれなりに乳化してしました。

まだ慣らしも終わっていない状態ですが

エンジンオイルの乳化はエンジンにとって危険ですね!

今回は三種の神器の書類は全て揃っているので問題ありませんw


枚方T様CB400旧CP5号機リアホイルアクスルカラー加工準備

先日スプロケット側アクスルカラーなどを加工送りにしたので

CP旧5号機用リアマグタンホイールアクスルカラー加工 (1)次はディスクブレーキ側のアクスルカラーの

寸法を測定し、カラーの加工寸法を測ります。

基本的にCP1号機と構造は同じなのですが

リアブレーキがCP1号機と異なる事や

CP旧5号機用リアマグタンホイールアクスルカラー加工 (2)そもそもCB400SFの全長が違うので

このアクスルカラーも数ミリは加工しないと

取り付けが出来ない事になっているはずなので

寸法を測定してスイングアーム内寸の全長を

CP旧5号機用リアマグタンホイールアクスルカラー加工 (3)測定し計算をして、何ミリ削るのかを計算します。

一応CP1号機のキャリパーサポートと

アクスルカラーとの隙間を測定した所、約6个

加工してあったので、同じであればこの寸法で

CP旧5号機用リアマグタンホイールアクスルカラー加工 (4)削れば、ポン付けになるはずなのですが…

現状はホイールベアリングからだと8个覆里

後は旧5号機のキャリパーサポートの寸法を

測定して、何ミリ加工すれば良いのかを見ます。

CP旧5号機用リアマグタンホイールアクスルカラー加工 (5)取り合えずCP1号機を測定し、実寸で比較。

キャリパーサポート実寸の参考寸法は

内外で29个世辰燭里任垢、CP1号機と

旧CP5号機のキャリパサポート形状が違うので

CP旧5号機用リアマグタンホイールアクスルカラー加工 (6)この状態だと参考にしかならないのですが

実寸では31个世辰燭里如△海譴蓮

ひょっとしたら無加工で取り付けが出来るかも!

と期待を持って、ホイール側カラーの寸法を

CP旧5号機用リアマグタンホイールアクスルカラー加工 (7)測定した所、残念な事に5个世辰燭里

マグタン側アクスルカラーは3伉度は

削らないとスイングアーム内に入らないと言う

計算になるので、やっぱり加工しないと

マグタンホイールは入らないわ…残念、世の中そんなに甘くなかったねw


大阪H様CB400FレデューサーとFCR取り付け

先日入荷したFCRの組み立てが終わり取り付け準備が整っており

大阪H様CB400FFCRキャブレター取り付け (1)今日の午後から取り付けにご来店。

FCR交換前、純正キャブレターが

取り付いている、最後の?写真を撮影。

取り付け完了後のアフターと比較します。

大阪H様CB400FFCRキャブレター取り付け (2)まずはエアークリーナーエレメントや

ダクトガイドなど、を取り外し

キャブレターとチャンバーを取り外して

これで取り付け準備が整いました。

大阪H様CB400FFCRキャブレター取り付け (3)その前に、レデューサーを取り付けるのですが

本当は、レデューサーを取り付ける前と後で

効果の比較をして欲しかったのですが

まぁ純正キャブとFCRを交換してからでも

大阪H様CB400FFCRキャブレター取り付け (4)その効果はきっと分かると思いますが

これでレデューサーの取付も完了したので

最後にFCR本体を取り付けます。

オーナーからエンジンの仕様を聞いており

大阪H様CB400FFCRキャブレター取り付け (5)基本セッティングも出来ているので

FCRを取り付けてから試運転チェックをします。

本当ならオイルキャッチタンクを付けたい所…

ですが、現在在庫切れなので、CP1.5号機にも

オイルキャッチタンクが付いてません…。

と言う事で試運転も終わり、データー通りのセッティングで

バッチリOK!と言う感じで仕上がりました。

試運転時、ブレーキが純正で全然止まらなかったなぁ…

オーナーにも乗って貰いましたが、レスポンスやパワー感の違いに

驚いておられ、FCRに慣れるまでは、安全運転でとお伝えしました。

次はこれからの時期に備えて、冷却系のカスタムを考えているとの事です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月14日

自動車検査標章貼り付け位置変更について3

四輪車の事ですが、既にご存じの方もいらっしゃるとは思いますが
検査標章ステッカーの貼り付け位置が令和5年7月3日より
令和5年月3日施行検査標章貼り付け位置右ハンドルの場合右上、左ハンドルの場合左上
の運転席側に変更となります。
それに伴い、取り締まりも強化されるとの事で
指定の位置に貼って居なかったり、そもそも僕の様に
18歳で自動車を購入してから一度も貼った事は無く…。
今回この様に検査標章貼り付け位置のアナウンスは
されていますが、違反になる事などについての
アナウンスは余り聞かないのですが、実は本来
道路運送車両法第109条の8の罰則規定では
貼り付け表示すらしていない場合も含めて
そもそも50万円以下の罰金刑に科せられるのです。
なので今後は恐らく、K察は今まで以上に必死になって
取り締まりを強化すると思います。
二輪車も同じく、貼って居なかったりIC車検証を携帯していない場合
取り締まりの対象となるのは間違いないと思います。
今までならコピーでも大目に見て貰えていたのですが
これも同じく携帯していなければ、同じ道路車両運送法で50万円の罰金です。
個人情報保護法の絡みから、車検証がIC化された事をきっかけに
今後は車検証の提示を求められる場合があるかも知れません。


奈良Y様CB400F継続車検合格現状復旧

今回の継続車検で一番の悩みの種となったハンドルロックですが

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (1)キーボックス側を魔改造した事により

無事にハンドルロック問題はクリアーし

車検も無事に通過出来たので、現状復旧作業。

ETCのインジケーターも元の位置に戻し取り付け。

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (2)イグニッションの作動確認もOKです。

魔改造したイグニッションキースイッチですが

魔改造なので、お見せする事は出来ません。

出来れば次は、元の状態で車検を受けれる様に

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (3)戻して頂ければ助かりますが…まぁ今回の車検で

作った魔改造イグニッションキースイッチ…

出来れば使いたくないのですが、また使うかもねぇ

国内408ccだったので、音量測定をされたので?

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (4)これも、本来なら基準に合ったマフラーを

取り付けて走る様にしましょう!

と言う事が、本来のあるべき姿になりますし

違法改造車両になりますので注意しましょう…。

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (5)蛍も取り付けているだけでNGになります。

ヘッドライトも、ご自身の安全の為にも

適正な明るさにした方が、より安全に走る事が

出来ると思いますので、このブログを参考に

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (6)古いバイクですが、現行の条件に合う様に

安全な車両にして維持して行ければ

良いと思いますので、何時でもご相談下さい。

本来、車検さえ通れば良いと言うのはダメなので

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (7)毎回ですが、車検対策をする画像を載せるのは

ご自分で悪意も無くカスタムして仕舞い

違法な状態になっている車両とは知らず

楽しんで居られる方は多いとは思いますが

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (8)決してこのブログで車検の抜け道を指南したり

違法行為を助長するものではありません…。

例えばご自分でユーザー車検を受けるに当たり

この様な車両の場合は車検は通らない事がある

と言う注意喚起の意味があると思って下さい…と言う事が前提になります…。

奈良Y様CB400F継続車検合格、現状復旧 (9)で、本来なら音量測定は1986年以降から99dbで

それ以前の車両に関して、近接測定と言う

概念が無いはずなので、一昨日の検査官が言う

「国内車両なので…云々」と言い音量を測る事は

本来無いはずで、検査官の思い違いだとは思うので

寝屋川支局にちゃんと聞いてみた所、やはり1986年6月以前の車両や

逆車の場合平成元年、1989年までの車両に関しては

国内だろうが、逆車だろうが「近接騒音測定の明確な数値は無い」と

言う回答だったので、検査官の勘違いだろうと仰ってました。

まぁそれでも環境に配慮すると言う考えや、目に余る様な物はNGでしょう。

因みに、CP1号機、1.5号機はそもそも逆車をベースにした

公認改造車になりますので、問題は一切ありません。


鈴鹿サーキットSMSCスポーツ走行の準備

もう着る事も無いだろうと思い、マネキンに着させていた僕のツナギ。

鈴鹿サーキットスポーツ走行準備ツナギの手入れ (1)ホコリにもまみれてみるので、マネキンから

ツナギを脱がせて、綺麗に拭きあげてから

ワックスを塗り込んで、再び着る準備をします。

まぁそれも嫁にやって貰うので、相変わらず

鈴鹿サーキットスポーツ走行準備ツナギの手入れ (2)ブツクサと文句を言われて居るのですが…

「そんなもん、もうあんたの身体に合うとでも

思って言ってるん⁉もう着れるはずないやん」

「どうするのこれ?着られんやろ!」と言いながら

鈴鹿サーキットスポーツ走行準備ツナギの手入れ (3)僕のツナギにワックスを塗り込んでくれる

優しい嫁に罵倒されても感謝してます…。

大丈夫…きっと着れるから…大丈夫…。

と心の中で訴えながら、本当に心から

嫁には感謝してます…罵声さえなければもっと感謝するのに…。


枚方T様CB400足回りカスタム

約2年弱お待ち頂いていた、ビトーR&D特注JB1の

枚方T様CB400スプロケ部品加工送り (1)取り付け作業を本日から行います。

先日CP1号機のリアタイヤ交換時に

スプロケ側のリアアクスルカラー加工寸法を

測定したので、先にスプロケ側を加工に出します。

枚方T様CB400スプロケ部品加工送り (2)まずスプロケハブボルトが長いのでギリギリまで

削ってもらい、アクスルカラーも以前計算した

CP1号機と同じ加工寸法になる事から

この部分だけ先に加工に送りました。

枚方T様CB400フロントホイール特注マグタン取り付け (1)で、本日予定通り枚方T様CB400が入庫。

フロントタイヤホイールは特注加工で

製作してあるので、ポン付けで取り付くはず!

と言う事で交換作業に取り掛かります。

枚方T様CB400フロントホイール特注マグタン取り付け (2)まず当初マグタンを発注する際に問題だった

この初期CB400SFのホイールを取り外します。

初期以降との違いはスピードメーターギアーが

あるか無いかとブレーキディスクも初期以降では

枚方T様CB400フロントホイール特注マグタン取り付け (3)PCDの寸法が違う事から、特注で製作して貰い

更に、そもそも設定が無かったJB1で特注し

製作をして貰ったと言う事になります。

と言う事で、ディスク板の付け替えが完了!

枚方T様CB400フロントホイール特注マグタン取り付け (4)これでフロントタイヤホイールは

問題無く取り付けが完了しました。

マグタンホイールとCB400SFの純正ホイールの

重さは全然違いますね!流石マグタンです。

これで後はリアホイールアクスルカラーなどの加工仕上がり待ちとなりました。

勿論この車両も公認改造車両になりますので、一切問題はありません。

純正風カスタムはそれなりに、ガッツリカスタムは公認改造を取って

正々堂々と乗った方が、この先カーボンニュートラル時代になって行けば

色々と縛りもきつくなる様な気がします…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月13日

鈴鹿サーキットスポーツ走行への道3

バイクを外に出していると、時々おかしな方がやって来る。
先日は80歳過ぎの大先輩がご来店されたのですが
その方は何度もショーウインドウを覗き込んで居た方で
特にバイクに興味がある分けでも無く、展示している車両の
価格に興味があったので、「先輩の時代は雷族だったでしょう」と
いう話から、妙になつかれたのですが、CB400Fourについて
色々とお話をして、納得したのかお帰りになりました。
その次にご来店は、50代の男性で明らかに挙動がおかしい方だった…。
まず真っ直ぐに歩けていないし、履いているジーパンも
腰パンレベルまで下がっており、午前中だと言うのに
かなり酒臭い!こいつはヤバいと思い、ぴったりと張り付き
ろれつが回って居ないので、何を言っているのか分からないし
いきなりバイクに跨ろうとするので、押さえ込んで阻止した。
こいつが暴れたら、バイクだけは何としても守ろうと思い
酔っぱらいの相手をしながら、バイクとの間に入り込んで
近付けない様にしたり、押さえ込む方法を頭の中で
シミュレーションし、動ける位置にポジショニングしてたw
30分位相手にして、いい加減僕もイライラしたので
適当な事を言って何とか帰って頂いたのですが
フラフラと自転車に乗り、車道にはみ出ていたので
車に跳ねられるんじゃないのかと思い、見えなくなるまで
お見送りしてやったわ!何時もならパトカーも良く通る道なのに
こんな時に限って一台も通らなかったなぁ。


男は黙って六四分け23/04/12

何時もなら朝一から行く理髪店ですが、この時期入学式や入社式が

男は黙って六四分け230412再会される様になり、朝は混み合っていたので

昨日の定休日は時間が取れなくてお昼前に

何時もの理髪店へ行き伸びた髪を整髪し

何時もの六四分けをして貰いました。

朝少し時間があたので、先日弟に取り付けをして貰ったETCの

セットアップをやって貰ってから、理髪店へ行く位時間に余裕があった。

相変わらずの男前に仕上がった髪型ですが、我がままボディが…ねぇ…w


奈良Y様CB400F強引に継続検査

車検入庫時にオーナーが書類を忘れたので

奈良Y様CB400F継続車検230412 (1)水曜日に車検予約が取れなかった…

そこで昨日の午後理髪店が終わってから

とぼけた感じで日にちを間違ったふりをして

何時もの京都南へ行き、継続車検を

奈良Y様CB400F継続車検230412 (2)強引に受けてきましたが、そりゃぁもう

予約日を間違えたと言う事で 、ごっつい事

受付嬢から怒られ、もうごめんなさいしか

言わず、後は頭を下げてましたw

奈良Y様CB400F継続車検230412 (3)車検を受けさせて貰い僕の安い頭を下げて

車検を受けさせて頂けるなら儲け物です。

女性から叱られるのは嫁からの耐性があるので

こういう時には役に立つんだなぁと思った。

奈良Y様CB400F継続車検230412 (4)で、ここまで来るのに1時間並んだ…ほんとこれ

雨が降ってれば、かなり悲惨な事になってるな。

で、やっと僕の順番が来たのですが、残念な事に

休憩時間になったので、14時半までボーっと…

休憩が終わりラインが再開したら、しっかりとハンドルロックと

FCRキャブのファンネルのネットも指摘されましたが

これはインナーネットを付けているので問題無し!

で、何故か「国内408ccなので」と言う理由で近接での音量を測られた?!

まぁ測定されても問題が無い様にしているので構わないのですが…

回転数は4,250rpm、車幅や車高は測られずにクリアーしましたが

多分検査官の認識が間違っているはずなので

今後の事もあるので明日にでも寝屋川運輸支局の

検査・整備・保安部門へ電話して、1986年6月以前に製造された二輪の

近接音量測定について、ちゃんと質問する事にします。

雨も午後には上がっており、車検が終わったらまたポツポツと…w

相変わらずラッキーな車検だけ晴れ男?雨無し男継続中。


CP1号機フロントフォーク、タイヤ交換とRCフォア

CP1号機をスポーツ走行仕様に変更するので

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (1)オイル漏れがあるフロントフォークの

O/Hをする予定だったのを、旧CP1号レーサーで

使っていたフロントフォークに交換して

安全に走行出来る様に仕様変更をします。

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (2)ついでに前後タイヤも交換して仕舞います。

どうやらこの前のツーリングで走ったので

両方共のフロントフォークからのオイル漏れ…

まぁ車両のメンテナンスとしては丁度良かった。

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (4)サクサクっとタイヤを外してフロントフォークも

取り外して、これで交換が完了しました。

オイル漏れで取り外したフロントフォークは

また時間がある時にO/Hをして置く事にします。

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (5)フロントタイヤもオゾンクラックが入り

スリップサインも出ているので

ついでに新品に交換して仕舞います。

これで、CP1号機は当分公道を走る事は無いなぁ。

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (6)フロントホークは元々旧CP1号レーサーに

付いていた物なので、イニシャルを調整すれば

使えると思うし、減衰は今SなのでMやHに

調整出来る様に作ってあり、車体が重いので調整。

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (7)スマホホルダーやレーダー探知機を取り外し

GO Proを取り付けて、サーキット走行動画を

撮影して、以前と同様に後で動画を見ながら

反省点をチェックしようと思います。

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (8)ナビは取り外すのが面倒なので、このままですw

次にリアタイヤも新品に交換して仕舞います。

フロントよりも山は残ってますが、これも

オゾンクラックが入っているので交換です。

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (9)リアのタイヤ交換は楽なので、サクサクっと

タイヤホイールを取り外し、タイヤ交換が完了。

タイヤウォーマやラップタイマーを処分したので

ラップタイマーだけは新しく買いますが

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (10)タイヤウォーマーは必要ないかなぁ…。

これで後はセンタースタンドを取り外せば

スポーツ走行が可能な車両になると思います。

後は前後サスのセッティング、東コースを

CP1号機鈴鹿サーキットスポーツ走行仕様に変更 (11)走りながら現地でやるだけかな?

やっぱり僕の旧CP1号レーサーを売るんじゃ

無かったと今更ながら後悔してますw

一緒に走るRCフォアも着々と準備が進んでおり

RCフォアレーシングスタンド使用チェック先日はメンテナンススタンドを購入したので

マフラーに干渉しないかをチェックしました。

多少の問題はありますが、何とかなると思います。

RCフォアもフロントホークがビロンビロンで

抜けているので、近日足回りをリフレッシュする予定になってます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月11日

ユーチューバーご来店とロマンス詐欺のお相手3

先日ユーチューバーの方がご来店され
CPの撮影をされて行かれ、その動画が土曜日に公開されました。
一部の表現が違って居る所もありますが
初めてユーチューバーの方にお店を撮影して頂いたので一度ご覧下さい。
銀猫チャンネル【植物とオートバイのある暮らし】


CP25号機CB400国内398ccF2ラインオフシート因みに500万円のフルレストア車両のシートは
オリジナルで貼り換えはしていませんし
タンデムベルトの縫い目を見て頂ければ
分かると思いますが、ラインオフの物で
白ステッチになり、この車両についていた
貴重でとても綺麗なオリジナルシートです。
黒ステッチは、後に部品で出た物になります。
細かい言い回しの違いはご愛嬌と言う事で
余り突っ込まないで下さいねw


千葉S様CB400納車後の最後の罠

昨日無事に納車が出来た、千葉S様のCB400なんですが

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (2)走行時の回転数が9,000rpmで頭落ちする事で

嫌な違和感を感じたので、カルテに保存した

写真を見直して、気が付いた事がありました。

この車両のウオタニの元々のチャンネル設定を見て

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (3)僕も思い込みでこのチャンセル設定が

合っていると思い込み、チャンネルの左右を

勘違いして居た事に気が付いたのです…。

画像右側は進角の設定になり、左はレブになるので

SPウオタニch設定の罠 (1)元々の進角が5chなので−10度進んでおり

レブが3chだったのを2chにした事により

元々が3chで設定されていたレブを2chにした為

9,000rpmでレブリミットが効いていたと言う事。

SPウオタニch設定の罠 (2)最初から色々な事に疑義を感じていたので

ある意味変な先入観を持っていたのだろう…

こんな所をバイク屋が間違うはずが無いと

思い込んでいた為に、僕も勘違いをして仕舞い

チャンネル設定を変更したにも関わらず最初の間違いに気が付かなかった事で

レブリミットを始め、進角のチャンネル設定を間違っている事に

気が付かなかったのですが、その違和感には気付いていたので

直ぐオーナーに連絡をし、左右のチェンネル設定を入れ替えて頂きました。

思い込みと言うのは恐ろしいと思ったし、最後の罠がこれだった…。

人のやった事は信じない様にしようと、改めて思いました。

これでちゃんと走る車両になると、今後の心配はオイル漏れになると思います…


久々に不自由人君緊急呼び出し!

CP1号機のシリンダーヘッドが色々ともう限界なので

CP1号機用交換用シリンダーヘッド加工準備 (1)以前から交換準備をしていたのですが

全然作業をする時間が無くて、作業が進まず

ポート研磨をもする時間が無いので

一昨日、嫌がる自由人君改め、不自由人君を

CP1号機用交換用シリンダーヘッド加工準備 (2)強引かつ強制的に呼び出して僕のエンジン用

シリンダーヘッドのポート研磨をやらせます!

ポート研磨をするに当たり、バルブガイドの

Oリング交換を先に済ませました。

CP1号機用交換用シリンダーヘッド加工準備 (3)で、不自由人君と打ち合わせをしながら

シリンダーヘッドの手入れやリタップ掃除。

プラグホールも確認の為、リタップ掃除。

このヘッドフィン周りは腐食していたのですが

CP1号機用交換用シリンダーヘッド加工準備 (4)スタッド座面の傷も浅く、状態が良かったし

何よりギリギリですが歪は規定値内で

平面研磨をしなくても済んだ事で

その分、費用が助かりました。

CP1号機用交換用シリンダーヘッド加工準備 (5)兎に角、今回1号機は鈴鹿サーキットSMSCで

スポーツ走行をする事になった事もあり

安全に走る為に、やっと重い腰を上げて

本気のメンテナンスと、仕様変更をして行きます。

ポート研磨が終わったら、アゲイン製ウエストバルブを装着して

1号機のヘッドを交換する予定になってます。


ロマンス詐欺のお相手

フェイスブックにしょっちゅうコメントを入れて来るロマンス詐欺野郎達。

FB1時間がある時はからかって遊んでいますw

一体いつの写真を拾って来たのか?

これ九州HSRで開催された鉄馬レースの時に

撮影して貰った写真だけど、何処に有ったのか?

FB2FB3







FB4FB5







FB5FB6







FB7FB9







息子の職業を騙って、適当に相手をしてたら案の定

FBの友達申請を言って来たので、話の流れから適当な事を言ったら

向こうから僕の事をキックして来て、フラれてしまった…。

何か無駄に僕の心が傷付いた気がするわ!…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月08日

2020年ユーロ5と2024年ユーロ6の影響3

内燃機関を使う自動車や二輪車が2020年から施行された
ユーロ5の影響で、電気自動車など電動化に向けて
世界が動き出し、色々な物が電動化され、二輪車で言えば
ロングセラーだったHONDAのCB400SFが生産終了
50ccバイクに至っては規制に合わせた車両作りに
莫大な開発費が掛かり、結果数十万円の原動機付自転車になり
また市場から消えた名車も数知れず…内燃機関が無くなり
電動化により他に消える物もあり、排気ガスを出さない為
マフラーも無くなる為、今までマフラーを製造していた所は
大きく舵を切らないといけない所になってます。
また、電動化の影響は排気側だけでは無く吸気側つまり
キャブレターについても同じ事になる分けで
これはまだ噂の段階ですが、ミクニが撤退しそれに追従する形で
ケイヒンも…と言う噂が、実しやかに言われる事を耳にします。
当然、内燃機関の製造が終われば、吸排気システムも必要が無くなるので
キャブレター事業は縮小若しくは廃業と言う事になるのは当然であろう。
となると、旧車乗りもこの先スポーツキャブが入手出来なくなる
と言う事になって行くだろうから、必然的に乗れなくなる可能性もある。
各キャブレターメーカーも、今の世界情勢問題もあるのですが
キャブレター本体が、かなりの値上げをしてきているので
そう遠く無い未来に、キャブレターが無くなると言う事が
あると思って居た方が良いと思います。


奈良Y様CB400F継続車検整備二日目

昨日は車検整備と言うよりも、車検対応仕様変更作業と言った

奈良Y様CB400F継続車検整備ヘッドライト交換 (1)作業がメインになっていたのですが

今日もその続きで、車検対応対策に

変更をする作業がメインになりそうです。

まずはこの提灯ヘッドライトを車検対応へ変更。

奈良Y様CB400F継続車検整備ヘッドライト交換 (2)ヘッドライトを交換する為取り外すと

先日のデジャブの様にこの車両のソケットの

端子も緩んでおりすっぽ抜けだったので

端子を加工して抜けない様に、また差し込みも

奈良Y様CB400F継続車検整備ヘッドライト交換 (3)緩かったので、端子を締め付け、緩んでいた

差し込み部分をしっかりとソケットで

ホールド出来る様に締め付けて車検対応

LEDヘッドライトに変更にしました。

奈良Y様CB400F継続車検整備マフラー音量問題 (1)で、マフラーの音量問題ですが基本的に

この年代の車両は近接測定が無いので

このままでも良いのですが、やはり検査官も

流石に見てみぬふりはしない事から

奈良Y様CB400F継続車検整備マフラー音量問題 (2)マフラーを交換しようと思い、準備してましたが

そうだ!良い物があったわ!と思い出し

ゴソゴソと奥から取り出したのがこの

配管用断熱材で、真ん中に穴が開いて居るので

奈良Y様CB400F継続車検整備排気音問題 (1)排ガスが詰まる事も無く、上手に詰め込めば

サイレンサーから飛び出す事も無いだろうと

言う事で、試しに装着してみる事にしました。

保温材の方が少し外径は大きいのですが

奈良Y様CB400F継続車検整備排気音問題 (2)何とかマフラー内に突っ込んでみました。

排気ガスの通り道もあるので、排ガスが

詰まる事も無く排出される事は間違いない。

で、早速エンジンを掛けて音量をチェック!

奈良Y様CB400F継続車検整備排気音問題 (3)マフラーの中から断熱材の破片が

沢山飛び出て来ましたが、明らかに

排気音は静かになった!これなら検査官の

耳にも問題無い音になったので、マフラーを

奈良Y様CB400F継続車検整備排気音問題 (4)交換しなくても大丈夫になりました。

で、一応分かり易い様に音量を簡易的に測定。

アイドリングで85db以下なので、問題無し。

車検が終わったら詰め物を抜いて比較しますね。

奈良Y様CB400F継続車検整備ブレーキフルード交換 (1)これでやっと普通の整備に掛かれます。

まずはブレーキフルード交換。

ブレーキフルードは間違い無く2年物ですが

ハードブレーキなのか、フルードは好水特性なので

奈良Y様CB400F継続車検整備ブレーキフルード交換 (2)色合いもこんな感じになってます。

フルードを入れ替えるとこの様に透明です。

これでエアー抜きをしてブレーキフルード

交換作業が完了しました。

奈良Y様CB400F継続車検整備リアタイヤ交換 (1)次にリアタイヤ交換作業になるのですが

リアスプロケットのガタ付きが気になると

オーナーが仰るので、この症状の場合多くは

70个離錺奪轡磧爾筌好廛蹈吋奪繁楝里

奈良Y様CB400F継続車検整備リアタイヤ交換 (2)摩耗している事が多い為SHIO HOUSEから

出ているリプロの70丱錺奪轡磧爾

厚みがSTD、0.3弌0.5亳の物を用意し

ここから合う物を選択し、交換してガタ付きが

奈良Y様CB400F継続車検整備リアタイヤ交換 (3)無い様にするしか方法が無く、0.3亳の物を

チョイスして入れてみた所、ピッタリだったw

これでスプロケットのガタ付きは完全に

無くなったので、オーナーも納得して頂けるはず。

奈良Y様CB400F継続車検整備リアタイヤ交換 (4)タイヤも交換するのですが、ホイールサイズが

純正サイズ185ホイールに110/90-18のタイヤを

無理やり入れているので、タイヤを取り外す際

チューブがダメになったので、チューブも交換。

奈良Y様CB400F継続車検整備オイル交換 (1)後は大きな作業としてはオイル交換となり

エンジンオイルを抜くのですが…

レデューサーが入っている事を忘れていたので

オイルが落ちて来ないわw

奈良Y様CB400F継続車検整備オイル交換 (2)レベルゲージを開放し、負圧になってる

クランクケース内に空気を入れて

エンジンオイルが流れ出て来ました。

オイル交換が終われば、灯火系や保安部品を

奈良Y様CB400F継続車検車両点検 (1)チェックし、車両全体の点検をするのですが

エンジンオイルを入れてエンジンを始動すると

ポロポロと部品が零れ落ちて来た!…

あぁこれメーターステー取り付けボルトやん…

奈良Y様CB400F継続車検車両点検 (2)元々メーターアップステーが付いていたので

車高が変わり構造変更になるので、オーナーに

純正に交換して貰っていたのですが

恐らく締め忘れなんだろうと思いますw

奈良Y様CB400F継続車検車両点検 (3)まぁ入庫時に脱落しなくて、店で脱落する分には

ラッキーだと言う事で、取り付けし復旧しました。

昨日忘れた継続車検三種の神器を発送したと

オーナーから連絡がありましたが

奈良Y様CB400F継続車検京都南予約可能状況何便で発送したのか聞くのを忘れたのですが

普通郵便なら土日は集荷も配達もしないので

三種の神器、書類到着は来週になる…。

レターパックとかなら今日到着するはずです…。

奈良Y様CB400F継続車検大阪予約可能状況今朝京都南検査場の状態を念の為チェックしましたが

むー…今週の車検予約がかなり厳しい状態になってます…。

因みに大阪は全滅で再来週、最悪は今月末までダメ…。

三種の神器、車検証、自賠責保険、納税証明書が

13時にレターパックで到着したので、大急ぎで京都南を予約し

何とか金曜日に予約を取る事が出来ました!

後は検査に一発で合格しないと、16日のツーリングに間に合わなくなる…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月07日

あれから16年と死ぬ死ぬ詐欺とSMSCライセンス復活へ3

昨日4月6日はちゃP16歳の誕生日。
2007年の今日4月7日は僕の右足事故から16年で17年目に入ります。
あの事故で死んでいてもおかしくなかったのに16年も生きてます。
その後2016年2型糖尿病発症、2017年真性多血症発症をし余命宣告。
治療方が無いので、増えた血液を抜いて捨てると言う
対処療法で未だにちゃんと生きてますw
2020年高悪性腫瘍 唾液腺導管癌発症11月末全摘手術。
5年以内に転移、再発した場合はかなり厳しい状況になる中
今2年半を消耗し、今の所再発、転移の兆候は認められない。
2022年指定難病69 後縦靭帯骨化症が見つかり12月に対処療法手術を受け
左半身の麻痺や痺れから解放され、現在回復期間中。
そして今年2023年膵臓に問題が見つかったので
年内手術をするかどうかを相談する事になってます。
僕的には膵臓の手術をすれば、インスリンの分泌も増えて
糖尿病もかなり改善されるんじゃないのか!と期待していますが
Dr.曰く胆汁の量も増えるので、ご飯が美味しくなるよwとの事…w
そう言えば中学生の頃の事自転車で転倒し後頭部強打で記憶喪失…即入院。
小学生の頃トレーラーにひかれる事1回、乗用車に弾かれる事1回
17歳の頃にもトレーラーにひき逃げされた事があるわw
同じく17歳バイクで、対向車との右直事故での正面衝突、左足骨折。
何時だったか忘れたけど、ガラスが首に刺さり入院
その後数年が経過し、首の中にまだガラスの破片が
残っている事が分かり摘出手術を受けましたが
奇跡的に血管や神経にダメージが無かったとか
飲酒運転居眠りノーブレーキの車に追突されるなど
交通事故は数えきれない程あり、最初の事故は幼稚園児の時に
カブにはねられた事故からが僕の事故人生の始まりかもねw
2019年イベント会場での車両火災で炎に包まれ
思考回路が停止し動けなかった中から無事に生還…。
それを見ていた嫁が言った一言「あのまま焼け死ねばいいのに」
と言う名言は、現場にいた方は全員知っているらしい…。
そう言えば1998年の札幌ススキノ1:7乱闘事件で意識不明と言うのもあったなw
その事件の時、警察は殺人事件になると思い緊急配備をし7人全員逮捕。
軽く覚えているだけでもそんなことばかりなので
身内からは「死ぬ死ぬ詐欺や!」と言われながら
未だに死なずに生きてますが…何か、問題でも…。
きっと僕は生きている事が苦行なんだと思います。
でも、思えば僕の人生面白い人生だわw


奈良Y様CB400F継続車検整備

継続車検三種の神器の車検証、自賠責、納税証明書がまだ届いてませんが

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (1)取り合えず来週の車検に向けて作業を開始!

整備他、車検準備に取り掛かるのですが

天気が悪いので、今日出来る事は少しだけ…

型式番号、類別区分番号が残っている貴重な

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (2)国内408ccなので、構造変更をする分けにも

行かないとと言う事で、ハンドル幅と高さを

測定してみると、このままの状態で良く

構造変更無しで継続車検が受けれる事が分かった。

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (4)が!しかし…ハンドルロックが出来ないので

車検が通らない…ハンドルロックを加工するか

純正F1ハンドルに戻すしか手段が無いのですが

フレーム側加工は貴重な国内408にやりたくない

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (5)このセパハンを取り外すには、フロント周りを

分解して、フロントフォークを抜かないとダメで

ヘッドライトステーも取り外すとなると

フロント周りは全バラで、F1ハンドルに戻し

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (6)配線を接続しないといけなくなる…となれば

かなりの手間が掛かる事になるので

頭を捻って考えていたら、ステムボルトに

トルクを掛けて締めたら捻じ切れました…

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (7)切れたボルトは純正ボルトでは無く

なまくらホムセンボルトをステムに…

明らかに強度不足のなまくらボルトなので

純正のボルトに交換するのですが、ボルトの長さが

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (8)ハンドルストッパー対応サイズにしないと

M8×32では締めシロが無い上に、恐らく

車体側を保護する目的だろう、余分に一枚

平ワッシャーが間に入っていましたが、過保護過ぎ

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (10)ステムにねじ山の掛かりが浅くなるだけ…。

取り合えず選択肢が少ないので、部品取りの

イグニッションキーを組み立て、車検対応式

ハンドルロック可能イグニッションキーを

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (11)作ってみる事を考えて、何度か作り変えながら

色々考え、やっとセパハン用ハンドルロック

車検対応式のイグニッションキーが完成!

画像はイメージなので、完成画像ではありません。

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (12)作る手間は掛かりましたが、こちらの方が

セパハンをF1ハンドルに交換するよりも遥かに

手間を掛ける事無く、ハンドルロックが出来て

車検を通す事が出来る様になったので

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (13)今後はややこしい車両の場合にこれを使います。

オリジナルのイグニッションキーを外すと…

うぅ…ETCのインジケーターがこんな所に…

本当はイグニッションキーを取り外すのも

奈良Y様CB400F継続車検整備ハンドルロック問題 (14)結構大変な作業なのですが、ハンドルを交換する

手間を考えたら、こちらの方がかなり楽ですし

フレーム側を加工しなくても良い事や

余計な作業をせず済む事の方がメリットがある。

奈良Y様車検NG蛍取外し (1)次にこれも車検NGで、光らなくても

付いているだけで落とされる場合がある

この蛍球も取り外すのですが、取り外す前提が無い

配線の取り回しの為、メンテナンス性も悪い…

奈良Y様車検NG蛍取外し (2)まぁこれもここに付いていなければ問題は無く

OKなので、配線を取り外したり切断もせず

この場所から撤去し、ランプその物を隠しました。

これで蛍問題も解決しましたが、問題はマフラー

奈良Y様CB400F継続車検整備マフラーサイレンサー問題 (1)取り合えずサイレンサーを取り外してみましたが

幾ら何でもこのマフラーのサイレンサーに

詰め物をした所で、全部出て来るだろうから

マフラーは交換して車検を受ける事にします…。

今日はハンドルロック対応イグニッションキースイッチ製作に

時間が掛かって仕舞ったので、ここまでで終了です。


鈴鹿サーキットSMSCライセンス復活に向けて

先日鈴鹿サーキットSMSC事務局に電話をし

鈴鹿サーキットライセンス復活への道鈴鹿サーキットの規約変更に伴い、僕の身体的な

問題からライセンス復活について色々事務局側と

相談をしていた所なのですが事務局から返事があり

一応はライセンス復活に関しての第一関門は突破し

ホームページから更新手続きが出来る様になりましたが

身体的ハンディキャップや持病、現在治療中の難病と癌などの

病歴や服用している処方薬が審査に引っ掛かる場合もありますが

その辺りの第一ステップが完了しました。


千葉S様CB400継続検査不備書類提出

昨日の夕方に速達でオーナーから納税証明書が届いたので

千葉S様CB400継続車検完了 (1)今日、嫁に京都南へ車検証と納税証明書を

持って行ってもらい、無事に継続検査が

合格となり、新しい車検証の発行が出来ました。

これで今度の定休日の第二日曜に、予定通り

千葉S様CB400継続車検完了 (2)ガッツリと試運転に行ける事になりました。

検査場でも乗り回していたので、特に何も

不安も心配もしていないので、何時もの

100キロコースを走って来ようと思ってます。

千葉S様CB400継続車検完了 (3)ステップがBSなので、右足を置く所が

無く身体的に100キロが限界だと思いますが

しっかりと試運転をして来る事にします。

ガソリンもハイオクを満タンに入れたので

試運転出発準備も整ってます!後はやる気だけですw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月06日

継続車検、書類不備の罠3

昨日の事、嫁と話をしている中で、店のロゴ入りTシャツや
トレーナー、バッグなどを作ったと言うので
僕がこの前姪に取られたトレーナーも作ってくれたのかと
嫁に聞いたら「そんなのもう暖かいねんからいらんやん」
「それに今作っても来年まであんたが生きてるかどうかわからんし!」
「肺に転移したら、そりゃもう早いでぇw」
「あっという間に苦しんで死ぬわw」と言うし
「転移したら、あんたもう仕事は全部断って店の部品さっさと片付けてや!」
「片付けなんだら、全部鉄屑で捨てるからな!」
と一方的に言うし、そもそも転移する事が前提になってるし!
ちょっとムカついたけど、まぁそう言われればそうやな…と
心にかなり刺さる物があったのは、間違いなかったけど
「絶対にそんなに簡単に死なんからな!」と心の中で叫びました…


奈良Y様CB400F継続車検入庫

4日19時前に自走で入庫頂いた奈良Y様CB400Fですが

4月4日奈良Y様CB400F継続車検入庫 (1)残念な事に継続車検を受ける為に必要な

三種の神器、車検証、自賠責、納税証明書を

全部忘れてご来店となり、後日郵送となりました。

16日のツーリングまでに車検を受け納車するべく

4月4日奈良Y様CB400F継続車検入庫 (2)整備を先に済ませるのですが、貴重な国内408cc

型式指定番号、類別区分番号も残っている車両。

なので、構造変更はNGになる事から

メーターアップはオーナーがご自分で復旧。

4月4日奈良Y様CB400F継続車検入庫 (3)ハンドルは幅さえ合わせればセパハンでも

問題は無いのですが、ハンドルロックが

出来ないので、これもNGになりますが

まぁこの辺は何とでもなります。

4月4日奈良Y様CB400F継続車検入庫 (4)マフラーは特注の60Φとの事ですが

このサイレンサーと音は流石にNGなので

何とかしないと…、それと蛍も点灯しなくても

付いているだけで車検NGになります。

4月4日奈良Y様CB400F継続車検入庫 (5)タイヤも検査官によってはNGになりますが

これは交換予定で、タイヤ値上げ前に

購入してあるので、問題ありません。

後はこの二日間、天候が悪い為予定外の

2023年4月5日のPIT状況事故入庫車両が入ってきたのがヤバい状況で

更に来週は2台入庫して来る事になってます。

なので、天気が悪いと作業がかなりヤバい…

今日明日だけ、何とかしのいで作業を進めます。

奈良Y様CB400F車検予約書類は無いけど取り合えず予約だけでもと思い

僕の仕事の都合や、諸々の予定を考えて

水曜日の午前中に予約しようと思って居たのですが

まさかの午前中は既に埋まっていると言う…

どうしよう…いつ行こうか…


千葉S様CB400継続車検…

昨日の定休日に、予定通り千葉S様CB400の継続車検を受けに

千葉S様CB400継続車検230405 (1)何時もの京都南へ!朝一から行ってきました!

駐車場には何時も通り車が居ないので

こりゃぁ今日もサクサクだなぁと思いながら

重量税や、ライン代を払って、書類審査を受けて

千葉S様CB400継続車検230405 (2)ラインに並ぶと…僕の前には予備検の特装車や

ややこしそうなラムトラックが並んでいて

案の定時間が掛かりましたが、それでも5台目

サクサクっとラインを通して、当然何時も通り

千葉S様CB400用納税領収書ラインは全て一発合格!…だったのですが…

何とまぁ書類不備で車検NGとなりました…

まぁこれはよくある事なのですが、納税証明書と

納税領収書を間違って持って来られる方が居て

店で書類を作成する時チェックをするのですが各地方によって

納税証明書が違うので、僕もてっきりこれが納税証明書だと思ってましたし

念の為、陸運事務局にも問い合わせをして確認してから車検を受けたのに…。

まぁ結果的に書類不備となり、車検は不合格となり2週間以内に

納税証明書を持って書類だけ再審査になりました…。

千葉S様CB400車両現状復旧 (1)雨が降る前に試運転に行く予定でいましたが

走れないので、取り合えず車両を現状復旧。

書類だけなので車体は検査場へ持って行く

必要は無くて良い為、ラムエアーを取り外します。

千葉S様CB400車両現状復旧 (2)常時点灯仕様の為取り外したヘッドライトの

切り替えスイッチも復旧して仕舞います。

まぁ今日は結果的に、ヘッドライトスイッチまでは

見られなかったのですが、見られると面倒なので

千葉S様CB400車両現状復旧 (3)取り外して置いた方が無難だったと言う事です。

と言う事で、スイッチの現状復旧が完了し

作動チェックもOKで、これで問題無く

ヘッドライトスイッチの復旧が完了です。

千葉S様CB400車両現状復旧 (4)次にヘッドライトをLEDからH4に戻します。

光軸は合わせて検査に挑んだのですが

1−1では光軸が高く✕が出たので、慌てて

その場でチョコチョコと高さを微調整して

千葉S様CB400車両現状復旧 (5)結果、ラインは一発合格となりました。

ヘッドライトを取り外すと…何とまぁこれは…

ヘッドライトソケットの接点が緩んで抜けている…

検査場で外れていたらヤバかった…

千葉S様CB400車両現状復旧 (6)抜けた接点はバネ状部分の爪が緩んでいたので

伸ばして差し込み、抜けない事を確認して

ヘッドライトを取り付けて、無事に復旧!

最後の最後まで色々と手の掛かる子だねぇw

これでヘッドライトの復旧が終わったので、試運転に出る予定で

「俺らー」に行こうと思ってたのに…残念w

納税証明書は昨日オーナーに連絡して送って貰い、今日夕方に届きました。

明日書類だけを持って京都南へ行き車検証を交付してもらい

定休日の日曜日にたっぷりと試運転へ行って来ます。


RCフォア明日の為に其の一

昨年からの構想で、走行技術向上の為鈴鹿サーキットで

RCフォア明日の為に其の一 (1)スポーツ走行をする為の準備として

メンテナンススタンドを購入し

早くも入荷して来たので、早速組み立て。

拘りのRCフォアは、あのスタイルで鈴鹿を走る為

RCフォア明日の為に其の一 (2)センタースタンドは取り外さないと

バンク角が無い事や、車高を上げる事から

メンテナンススタンドが必要だと言う事で

先日購入する事になり発注した物になります。

RCフォア明日の為に其の一 (3)と言う事で組み立て作業に取り掛かるのですが

使っている内に緩んでしまう事がある所に

ネジロックを塗って組み立てが完了しました。

今度実機を持って来て、スタンドの高さと幅を

決める事にするので、時間がある時に店に寄って下さい。

その時SMSC新規入会手順も説明します。


CP1号機用FCRアイドリング落ち不良改善アイテム

もうダメかも知れないと思い、新品の特注FCR33を発注したのですが

CP1号機用FCR33Φ用ワイドローラー先日のCB400Fourの集いの際に聞いた

ワイドローラーを発注し、購入してみました。

時間がある時にでも交換する事にしますが

これを使っても、恐らく最終的には同じ様に

ボディが摩耗するのだろうとは思うので

取り合えずはFCR延命と言う位置付けだと思ってます。

交換してみてからレポートを書く事にします。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月25日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月26日(日曜日)は息子の勤務地移動の為
ゴミ屋敷化している部屋の片付けと
荷物と粗大ごみをハイエースに積み込んで持ち帰ったり
片付けが終わったら、一緒に食事をして帰る事になっている為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


千葉S様CB400不具合原因調査復旧作業

昨日もブログ更新後、オーナーから電話が入り

オーナーがとても喜んで居られたので、僕もその声を聴いて嬉しかったw

今回FCRキャブのセッティング不良や、電装系の不具合原因も判明しましたが

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (1)心配なのはまだ隠れているかも知れない

潜在的な物になると思うのですが、購入後

やっとこれから普通に走り出す事になると

何かしら問題が出て来るかも知れない事です。

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (2)バッテリーはサルフェーション充電中。

冤罪だったSPウオタニのコントロールユニット

進角を遅らせるチャンネルが3chになっており

ちょっと遅らせ過ぎだろうと思うので

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (3)取り合えず2chに変更してみました。

これで来週ハンドルスイッチが

入荷してきたら、諸々のチェックを済ませ

継続車検を受けて、試運転をする事にします。

僕の感触的には、これでやっとまともに走れる車両になった。

と言うイメージになりますが、後は何をされて居るのかが

分からないのが不安要素になりますが、引取り納車までの間に

試運転を重ねるしか手段が無いので、その間に潜在的な物が出れば

それをまた潰して行く作業になります。


旧CP5号機用特注マグタン入荷

BITO R&Dさんに無理を言って作って貰っていた

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (1)マグタンJB1が仕上がって入荷して来ました。

元々の設定にCB400SF初期モデル対応で

しかもJB1と言う設定も無いのですが

ホイールから採寸してワンオフで製作を依頼。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (2)リアホイールは同じなので、フロントのみ

更に加工して貰い、スピードメーターギアーが

取り付けれる様な仕様になっております。

注文から1年半は経過していると思いますが

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (3)ビトーR&D担当者の方がとても親切に

対応して下さり、やっと完成しました。

フロントはポン付けになるのですが

リアーはチェーンラインやアクスルカラーなど

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (4)実車に合わせて加工する必要があり

そもそも前期CB400SFのホイールを

CB400Fourにカスタマイズして取り付けており

前回CP1号機に取り付けたマグタンJB4で

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (5)取り付け可能な実績もある事からJB1で

特注製作を依頼した物になります。

メーターギアーリテーナーを取り付けて

これでフロントホイールの準備は整いました。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (6)JB1マグタンにタイヤを装着しました。

後はブレーキディスクを移植すれば

フロントはポン付けが可能になります。

世界に1セットだけのCB400SFマグタンJB1

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (7)次にリアホイールをチェックします。

リアホイールはCB400Fourに取り付けが

出来る様にカラーなどの加工が必要になる為

実車に合わせて加工する必要があります。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (8)ここはCP1号機で検証済みなので

そのノウハウで、チェーンラインを出して

干渉する部分もある為、加工が必要です。

センターカラーとスプロケットハブボルトを

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (9)加工して、この様にチェーンラインを

合わせる加工をして取り付けます。

スプロケ側の加工データーはあるのですが

ブレーキ側はCP1号機と形状が違う為

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (10)カラーの追い込み寸法や、サポートの加工が

旧CP5号機と違う為、現車から実測して

加工する事になる為、その間お預かりで

加工し、取り付ける事になります。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (11)只今、車検などで混み合っているので

入庫タイミングは調整中になります。

仕上がりのイメージはこのCP1号機の様な

イメージになりますが、ホイール形状が

ソード型になる為、かなり違って見えると思います。

出来上がりが楽しみです。


ハイエースオイル交換とETC2.0取り付け

今日は仕事が休みだと言う弟を呼びだし

ハイエースオイル交換 (1)やっと出来るハイエースのオイル交換と

ETC2.0の取り付け作業の強制労働。

エンジンオイルは上から抜く装置を購入したので

今回初めて使う事になり、もう下に潜らなくても

ハイエースオイル交換 (2)ハイエースのオイル交換が可能になりました。

装置を始めて使ってみて分かったのですが

オイルが硬いのか?思って居た以上に

オイルを抜くのに時間が掛かる事が分かった。

ハイエースオイル交換 (3)大凡6ℓ程装置を使って抜けたので

新しいエンジンオイルを入れて

これでオイル交換は完了しました。

弟がオイルを抜いている間に僕は

ハイエース座席仕様変更 (1)ハイエースの後部座席の仕様変更をする事に。

座席をこの向きにした方が人も乗れるし

バイクを二台乗せる事も楽になり

チャラ男を連れて鈴鹿サーキットにも行けるよw

ハイエース座席仕様変更 (2)釣り道具も取り合えずですが一旦小奇麗に

仮に置き直したので、これで使い勝手をみます。

GWに釣り仲間とハイエース一台で移動すれば

交通費を皆で割れば、安く付くからねw

ハイエースETC交換 (1)オイル交換も終わったので、次はETC交換。

最初は簡単に思って居たのですが

古い方のETCの配線の取り回しが悪く

しかも僕が一番嫌いなカニでメインハーネスを

ハイエースETC交換 (2)挟んで電源を取っているので、流石

車屋流だな…と言う配線に弟もお怒りモード…

て言うか、探していた水中花を見つけたわw

もう運転席は大変な事になってますけどねw

ハイエースETC交換 (3)もっと早く終わると思ってやって来た弟も

かなりのお怒りモードで、やっと取り付け完了。

古いETCはセットアップが終わるまで

仮に設置したままにして置きます。

やっとこれでハイエースもやりたかった事がかなり出来ました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月23日

気合のスギ花粉、ダウン寸前のヒノキ花粉3

もう完治したと思っていたスギ花粉症ですが
今年はとても花粉の量が多かった事もあり
結構しんどい思いをしていたのですが
気合で何とか乗り越えた物の、ヒノキ花粉に変わってから
酷い有様になって仕舞ったので、急遽近大サプリを発注!
昨日から飲んでいるのですが、今の所多少マシになった程度です。
それでも飲まないよりは楽なので、今期のヒノキ花粉は
このまま気合と、近大サプリで乗り切ろうと思います。
何か最近では根治出来る様な薬や治療法も出来たらしいね!


千葉S様CB400F車検整備

何とか今月中に継続車検を受けようと思って居たのですが

千葉S様CB400継続車検整備230323 (1)ちょっと色々と予定が入っているので

今月中は微妙な感じになって来た…。

先日取り付けたレデューサーブローバイホース

最初は下にしてましたが、ホースが長かったので

千葉S様CB400継続車検整備230323 (2)取り合えず後ろまで回してみました。

ヘッドライトはH4球で、バッ直配線無し。

このままだと光量が足りないので

車検対応LEDシビエに交換する事にします。

千葉S様CB400継続車検整備230323 (3)ヘッドライトを外そうと思って思い出したのが

クラッチスイッチの配線が不在だった事。

丁度ヘッドライトを取り外すので、ついでに

クラッチスイッチの配線もやって仕舞います。

千葉S様CB400継続車検整備230323 (4)クラッチレバーを取り外し、配線を入れます。

きっと今まで調子が悪い状態だと思うので

エンジンストールをした時、その都度一々

ニュートラルに戻していたと思います。

千葉S様CB400継続車検整備230323 (5)ヘッドライトを取り外し、クラッチスイッチの

配線を接続したので、これでエンストしても

クラッチを握ればセルを回す事が出来る様になり

その時に慌てる事も無くなると思います。

千葉S様CB400継続車検整備230323 (6)ヘッドライトを車検対応LEDシビエに交換。

ヘッドライトケースが緩々だったので

光軸は後で調整する事にします。

後は灯火系、保安部品をチェックして仕舞います。

千葉S様CB400継続車検整備230323 (7)これで問題が無ければ、継続車検の準備が

整うのですが、そう言えばこの車両の車検証

訳アリで、ICチップ入りの車検証になっていたので

スマホのアプリをDLし、車両の詳細をチェック!

千葉S様CB400継続車検整備230323 (8)車幅、車高、その他情報を確認しました。

まぁ本当はこんな事をしなくても良いんですが

車検を受けた時に付属して来るペーパーがあって

自動車検査証記録事項に全て記載されてますw

千葉S様CB400継続車検整備230323 (9)まぁ今の時代に取り残されない様にと

新しい物は直ぐに導入し、人間側も同じ様に

アップデートして対応力を付けないとねぇ…w

で、この検査証記録事項をよく見ると

千葉S様CB400継続車検整備230323 (10)初年度が平成18年になって居り、備考欄にも

製造年月日が記載されていないので

ヘッドライトが常時点灯やん!

と言う事で、ヘッドライトスイッチを

千葉S様CB400継続車検整備230323 (11)常時点灯になる様に小細工をする事に…。

ヘッドライトスイッチをONにしたまま

切り替えレバーを取り外しました。

切り替えレバーが無いので、これで常時点灯です。

千葉S様CB400継続車検整備230323 (12)灯火系、保安部品をチェックして

何も問題が無い事を確認したのですが

バッテリー電圧が少し低いので一旦充電します。

車検までの間はサルフェーションをして

大阪本局バッテリーの状態を少しでも良い状態にして

車検に臨む準備を整えるのですが

年度末なので、検査場は例年の如く満タン。

まぁ最初から寝屋川本局へ車検を受けに行く

京都南検査場つもりはないですが、一応見てみただけですw

安定の京都南は何時でも取れそうなのですが

僕の都合が来週は顧問業務や、病院などがあり

ちょっとタイミングが悪いので

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (1)早くて4月5日になりそうかなぁ…と

取り合えず5日で予約を取りました。

バッテリーの充電が終わったので最終チェック!

エンジンを始動するも掛からない?何で?

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (2)朝は掛かったのに?と色々調べて行くと

火が飛んでいない事が分かったので

ウオタニのユニットを交換してみたら

一度はエンジンが掛かったのですが、また直ぐに

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (3)エンジンが掛からなくなった?何でなん?

取り合えずS様のウオタニユニットを

CP1.5号機に接続してエンジンを始動してみると

エンジンは始動するのでユニットが原因では無い。

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (4)と言う事はウオタニの配線なのか?

カプラーの接続が怪しいのかも知れないと思い

テスターで全部の配線をチェックしてみる事に。

配線は問題無さそうなので、ユニットを接続し

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (5)セルを回して火花が飛ぶかチェックした所

理由は分からないのですが何故か

復活して火花が飛んだので、復旧してみると

また同じ症状になりエンジンが掛からない…。

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (6)後チェックしていないのはコイルとピックアップ。

少し差し込みは緩かったけど、全部のプラグに

火が飛ばない様な不具合では無いので

コイルでは無いだろうと思う、となると残るは

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (7)ピックアップに問題があるのか?と言う事に

なるのですが、物理的に時々復活すると

言うのも理解出来ないので、ピックアップが

怪しいと思いながらも、チェックしようが無い…

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (8)この時点で、心は既に折れて仕舞っており

火が飛ばない原因は恐らくウオタニに

何かが起こっているのであろうと思うので

調査用に新品のSPウオタニを発注する事にした。

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (9)で、何気に横を見るとトルクロッドに

Rピンが入っていない事を見つけたので

忘れる前にRピンを入れておきました。

根本的な原因が分からないのに、何故か

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (10)時々復活するのが厄介なのがこう言った電装系…。

ひょっとしてこのシリコンレクチファイアーが

死んでいる事も時々あるなぁと思い

試しに新品に交換してみる事にしましたが

千葉S様CB400エンジン不動突然死 (11)交換しても何も変化が無かった…

で、何でこのメインハーネスには、この部品を

固定するゴムが無いんだろう…?と思いながら

原因不明のウオタニ突然死?の原因と

不具合ヵ所特定と復旧方法考えるのですが

花粉で死に掛けている鼻と目で頭が回らない…。

もう今日は煮詰まったのでこれにて終了。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月13日

「和楽家創 元勲」新規開店!3

昨晩は古くからお付き合いがある方が独立して
今月9日に京都府八幡市男山にお店をオープンしたので
予約が昨晩しか取れなかったのですが
ご挨拶がてら、嫁と美味しい料理を頂きに行って来ました。
以前勤めていたお店でも、家族で行ったり
接待などでも色々とお世話になっていたので
当分は予約が取れないだろうと思いますが
ご近所にお立ち寄りの際は是非!
「和楽家創 元勲」京都府 八幡市 男山 泉 18-10
よろしくお願い致します。


千葉S様CB400部品交換メンテナンス三日目

見れば見る所に色々と問題が見つかる千葉S様CB400ですが

千葉S様CB400FフロントブレーキキャリパーOH (1)ブレーキキャリパーの塗装を超特急で終わらせ

仕上がって戻って来たので、早速組み立てます。

パウダーコートでは無いので、ブレーキフルードが

塗装面に掛かると、剥がれますので要注意!

千葉S様CB400FフロントブレーキキャリパーOH (2)サクサクっとキャリパーにシールと

ピストンと、パットを組み込んで

取り付け準備が整いました!

部品は全て純正新品に交換です。

千葉S様CB400FフロントブレーキキャリパーOH (3)ここで、最初に取付いていたキャリパーの

ボルトにスプリングワッシャーが

使われて居たのですが、ここ本当は

スプリングワッシャーじゃなくて

千葉S様CB400FフロントブレーキキャリパーOH (4)キャリパー専用サイズの平ワッシャーを

使う所になるんですよね、キャリパー専用なので

ワッシャーの外径は小さくなってます。

なので、この部品も純正新品と交換です。

千葉S様CB400FフロントブレーキキャリパーOH (5)と言う事でサクサクっとキャリパーを

ホルダーに組み付けて、フルードを入れて

エアー抜きをやって仕舞います。

マスターが社外で、Wディスクになるので

千葉S様CB400FフロントブレーキキャリパーOH (6)割とエアーが抜けない事が多くて

ブレーキフルードも使うし、手間が掛かりますね。

エアーブリーダーも錆びていたので新品に交換。

左右共、最低2回ずつはエアー抜きをして

千葉S様CB400FフロントブレーキキャリパーOH (7)これでやっとブレーキ関係の整備と

部品交換O/Hが完了しました。

エアブリーダーキャップも不在だったので

今回はちゃんと純正を取付ましたが

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (1)このキャップよく脱落するんですよねぇ…

次に、作業用リフトに搭載していたら

オイルパンの下にオイル溜まりが出来ていたので

チェックして見ると、オイルパンがかなり

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (2)オイリーな状態だった事が判明した…

オイル交換をするついでに、オイル漏れ箇所を

特定すると言う作業も追加で加わった…。

車検整備も兼ねているので、オイルを抜きます。

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (3)オイルを抜いてから、L側スプロケットカバーを

取り外して、オイル漏れ箇所を探すのですが

大事になって居ない事を願うだけです…。

アゲインのバックステップが付いているので

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (4)エンジンマウントボルトを緩めるのですが

例の如くアゲインバックステップを

取り付ける際に、ロアエンジンマウントボルトに

平ワッシャーを入れないといけないのですが

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (5)入っていないなぁと思って居たら…w

アッパー側に入れられていたのを見つけた!

この間違いは今まで見た事はないなぁw

まぁ後で取り外して直して置きますが

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (6)これは反対側もチェックした方が良いよねぇ。

と言う事でカバーを外して目視でチェック。

見る限りでは油汚れが多く、何とも言えないので

ここはやはり何時も通り現像液を掛けて

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (7)オイル漏れ箇所を特定する事にします。

ドライブスプロケットを取り外して…

まず洗浄前に現像液を掛けると、むー…

全部怪しく見えるなぁ…オイルポンプからも

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (8)オイル滲みがある様に見えるので

エンジンオイルを入れる前に、怪しい所は

全て交換した方が無難だなぁと言う判断。

オイルポンプとセルモーターを取り外そうと

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (9)配線を外しに掛ると、セルモーターの

ターミナルカバーが不在で、代わりに

劣化したビニールテープが巻かれていたので

このターミナルカバーも後で取り付けます。

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (10)セルモーターを取り外しOリングをチェック。

まだ生きてはいるのですが、ターミナルカバーが

あんな状態だった事もあり、怪しいので

この際なので新品に交換する事にします。

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (11)オイルポンプのOリングは案の定潰れていた。

これは、じわりじわりと漏れるパターンだな。

と言う事で、オイルポンプの取り外した部分の

Oリング5個を新品に交換します。

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (12)次にシフトシャフトのオイルシールですが

ここもまだ微妙には生きて居そうな感じですが

オイルを入れてから、交換して置けば良かったと

ならない様に、保全的に交換しようと思い

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (13)ピックで引っ張ったら、簡単に抜けたので

まぁ怪しいのは間違いないと思いました。

シフトシャフトのオイルシールを交換し

セルのターミナルカバーも取り付けました。

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (14)これでオイルポンプのOリングも

新品に交換してエンジンに取り付けます。

まぁせっかくここまで綺麗に洗浄した事や

オイルシールなども新品に交換したので

千葉S様CB400Fオイル漏れとオイル交換 (15)オイルシールホルダーの取付を推奨してます。

セルモーターも復旧が完了しました。

後はこれでエンジンオイルを入れてから

エンジンを始動させ、メインシャフトの

ブラインド栓やカウンターシャフトのオイルシールから

最悪のオイル漏れが無い事を願うだけとなり

急遽車両納車の予定が入ったので、今日の作業はここまでで終了。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2023年03月06日

本人否認事故⇒民事裁判3

先月バイクや車、警察官も巻き込まれた飛んでも無い悲惨な事故。
本人に悪意があるのか?それとも本当に覚えていないのか?
こう言う本人が覚えていない等と言うパターンの事故については
保険会社側も余り事例が無いとの事で、怪我をした方への補償について
多分加入しているであろう任意保険会社側としては恐らく
本人が事故を認め、保険会社に事故報告をしない限り
一事故で自賠責の上限120万を超える治療費や
任意保険での治療費を含めた、対人、対物保険の補償、支払いに関して
例え本人が刑事事件で逮捕されていても本人否認事故になるため
誰がどう見ても当人が起こしたであろう事故であっても
保険会社としては何も出来ないと言う事になり
このままだと事故の被害者が民事裁判を起こさないと
全ての任意保険に関した保証を受けれないと言う事になり
かなりの労力を奪われる事に成り兼ねない事故になります。
ひき逃げ事件として刑事訴追されていても
事故の補償についてはあくまでも民事となる為
このまま本人が覚えていないと言う事で事故を否認し続けると
何年も掛けて民事裁判をする可能性があります…。
そんな事に成れば本当に面倒臭い話でしですよねぇ…。
民事裁判をするにしても、自分が加入している保険会社の
弁護士特約や弁護士費用特約に加入していないと
民事裁判の金銭面でも苦労する事になります。
この様に防ぎようのない事故もありえる事から
保険会社はしっかりした強い保険会社を選び
どんな事が遭っても、自分が負担にならない様に
ちゃんとした内容で任意保険に加入して
自己防衛をする必要がありますね…。


枚方S様CB400Fハヤシキャスト準備

天候次第ですが予定では今月11日土曜日に

枚方S様CB400Fハヤシキャスト取り付け準備 (1)ご注文頂いたハヤシキャストを取り付けに

ご来店予定なのでそれまでにタイヤを装着し

車体に取り付け準備を済ませます。

このホイールも又エアーバルブを取り付けて

枚方S様CB400Fハヤシキャスト取り付け準備 (2)サクサクとタイヤを装着しました。

タイヤ装着も二セット目に入るので

さほど緊張感も無く、また要領良く

タイヤの装着が完了しました。

枚方S様CB400Fハヤシキャスト取り付け準備 (3)タイヤを装着してからホイールバランスを

チェックするのですが、前回とほぼ同様の

ウエイトを貼る事になったので、製品の精度的に

どれも同じ位の仕上がりだと思います。

枚方S様CB400Fハヤシキャスト取り付け準備 (4)これで、枚方S様CB400Fのハヤシキャスト

タイヤホイール装着準備が整いました。

後は天候次第になりますが、毎日天候が

コロコロ変わるので、天気予報は余り

当てにはならない感じですね…。


千葉S様CB400フロントブレーキO/H

千葉S様CB400の右Wディスク側フロントブレーキキャリパーから

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (1)ブレーキフルードが漏れているので

その原因調査を、O/Hを前提に分解作業。

まぁs他県整備もある事から、この際なので

左側も怪しい感じもする事から

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (2)ブレーキの事なので、同じ様にO/Hをして

安心して乗れる様にしようと思います。

ブレーキフルードは3年物位かなぁ?

全て抜き取って、キャリパーを取り外します。

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (3)ブレーキパットはフルードでベトベトに

なっており、社外品と言う事もあるので

純正に交換しようかな…いずれにしても

このパットは使えないので交換です。

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (4)恐らくピストンシールがダメなんだろうと

ピストンを抜いたら、意外と簡単に抜けたので

何だか微妙な感じ…新品じゃないのかなぁ?

ピストンにはブレーキグリスがベットリと

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (5)塗られてあるので、怪しさしか無いなぁ…。

ピストンも悩ましい微妙な点錆びがあるので

どうしようかと困り物なので、一応錆を取って

このまま使えるかを悩む事にします。

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (6)取り合えずWディスクのR側を分解しました。

やっぱりシールが一番怪しいのと

ピストンの点錆びでフルードが漏れたのかな?

念の為漏れていないL側も分解して左右で比較

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (7)チェックをしてみる事にしたのですが

L側はフルード漏れは多分ギリで無い物の

ブレーキパットの摩耗具合は左右共同じなので

同時期に交換はされている感じです。

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (8)ピストンを抜いてみたのですが、R側も同じく

ブレーキグリスがピストンに塗られており

キャリパーの汚れ具合など、どう見ても

怪しい雰囲気しかしない様な気がしてならない…。

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (9)ピストンはL側以上に点錆びがあるので

これ位の点錆びがある様なら交換も

戸惑わずに出来ますね、この錆が増えたり

大きくなる事はあっても、小さくなる様な事は

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (10)何が合ってもあり得ない事なので。

ブレーキパット同じく社外品でこうなれば

左右共同じなので遠慮なく新品に

交換した方が良いと判断が付きます。

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (11)O/H用部品はありますがフルード漏れが

キャリパー本体の腐食による物では無い事を

確認する為にキャリパーを洗浄したのですが

塗装がフルードでかなりダメージを受けて居た為

千葉S様CB400FフロントブレーキOH (12)キャリパーがオリジナル塗装で無かった事もですが

キャリパーホルダーが奇麗にバフ仕上げされており

せっかくなので、キャリパーもこの際なので

リフレッシュを兼ねて、いっその事と思い

塗装を剥がしてやり直す事にします。

塗装が仕上がるまで、2〜3日程仕上げは遅れますが

中も外もデロンデロンだった事もあるので

一旦綺麗に仕上げてから組み立てる事にします。

と言う事で、今日は歯医者なので早仕舞い、これにて終了です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月03日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のおしらせ】
明日3月4日(土曜日)と3月5日(日曜日)は
私用に付き、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。
また今月は年度末と言う事もあり、定休日以外での
臨時休業予定がかなりあり、下記の通りの予定です。
3月16日(木曜日)、3月18日(土曜日)、3月19日(日曜日)
3月20日(月曜日)、3月21日(火曜日)、3月26日(日曜日)
今の所、上記日程は臨時休業が決まっていますので
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。
因みに今日は嫁と外食に行く事になっているので早仕舞いです。


京都T様CB400オイル交換

先日ご家族でご来店頂き、退院のお祝いをして頂いた

京都T様CB400オイル交換230303 (1)京都T様CB400のオイル交換作業にご来店。

その時にご相談頂いていた燃料系に関する

気になる不具合もあるのですが、今日もう一度

走行して見て現象を検証する事になりました。

京都T様CB400オイル交換230303 (2)恐らくですが、ガソリンフィルターに

ゴミが絡みついている可能性が

考えられるのですが、また同じ症状が出れば

コックを取り外してチェックをする事に。

京都T様CB400オイル交換230303 (3)レデューサーもちゃんと効いているので

エンジンオイルは落ちて来ません。

今回はオイルフィルターも交換となりますが

親方管装着車両なので、ちょっと手間が掛かり

マフラーにオイルが付かない様にしてフィルターケースを取り外します。

親方管接続スプリングが1本脱落して居た事も発見!

スプリングを注文して置きます。


千葉S様CB400F配線手直し

先週入庫してから時間がある時にボチボチと作業をしていた千葉S様CB400F。

千葉S様CB400F配線手直し (1)今日はのそまとめを一気出しします。

まずは入庫時にチェックして分かった

メインハーネスなどの手直しをしながら

車両全体をチェックして行く事にします。

千葉S様CB400F配線手直し (2)タンクを外すとハンドルスイッチの取り回しが

残念な事になっており、このままだと

タンク脱着時に、配線を引っ掛ける恐れもある。

で、元々ステーが付いていた痕跡もあるのに…。

千葉S様CB400F配線手直し (3)純正ハーネスバンドと、リプロ品のステーも

準備したので、これを取り付けて

垂れ下がってマフラーに接触しそうだった

配線を正規の位置に戻して、リスクを回避します。

千葉S様CB400F配線手直し (4)スピードユニットステー兼、ハーネスバンドの

クランプを兼用しているステーを取り付けました。

これが付いていない車両の配線は大体

垂れ下がってますし、付いていても

千葉S様CB400F配線手直し (5)バンドが無いとか…フロントタンククッションと

共に取り付ける貴重なハーネスクランプが

無い事が残念ですが、このままメインハーネスを

クルっと回して取り付けようかと思ったのですが

千葉S様CB400F配線手直し (6)配線の接続、取り回しから無理なので横着をせず

一旦ハンドルスイッチの配線を抜き取って

配線ルートからやり直す事にしました。

元からこの配線の接続方法で接続してあるので

千葉S様CB400F配線手直し (7)正規のルートには戻せないと言う事になりますね。

多分ETCの電源配線だろうと思う配線も

負担が掛からないルートに変更しました。

本当はこの〇印の所にクランプが付くのですが…

千葉S様CB400F配線手直し (8)無いので、仕方なくタイラップで固定します。

このコールゲートチューブに巻かれたETCの

アンテナ用配線も、本当なら同じルートに

変更したい所ですが、まぁコールゲートチューブで

千葉S様CB400F配線手直し (9)保護されているので、このままでも良いかな…。

ステーを取り付けた際に気が付いたのですが

クラッチワイヤークランプも不在で

アクセルワイヤーと共にタイラップで

千葉S様CB400F配線手直し (10)ぶら下げられていました…まぁアクセルワイヤーは

キャブがFCRに変更されている為

ここを通す必要が無いので良いのですが

クラッチケーブルガイドも不在なので

千葉S様CB400F配線手直し (11)ケーブルガイドを取り付ける事にします。

クランプや、ガイドが無いと風圧でワイヤーが

タンクの下で暴れるし、エンジンに接触すると

今のワイヤー類の中に仕込まれている

千葉S様CB400F配線手直し (12)フッ素チューブが溶けて仕舞いますからね。

クラッチケーブルガイドをワイヤーに通すには

面倒ですが、クラッチワイヤーを取り外さないと

リングの中にワイヤーは通せません。

千葉S様CB400F配線手直し (13)取り付け方向を間違えない様にガイドを通し

取り付け位置も正規の位置に取り付けないと

ケーブルガイドを入れる意味が無くなり

ワイヤーがエンジンと接触して仕舞います。

千葉S様CB400F配線手直し (14)次にヘッドライトケースに入るメインハーネス。

この取り回しも違っているので直して

リプロ品ですがワイヤーハーネスクリップDも

取り付けて、メインハーネスなどに負荷が

千葉S様CB400F配線手直し (15)掛からない様、手直しをやって仕舞います。

画像右側を通っているメインハーネスですが

本当は画像左側を通すのが正解になります。

ここもハンドルを動かす度、ケーブルに負荷が掛り

千葉S様CB400F配線手直し (16)またケーブルが固定されて居ないと

ヘッドライトケース内の配線が引っ張られます。

と言う事でステムの画像左側を通す事には

ちゃんと理由があり、ハーネスを固定する目的が

千葉S様CB400F配線手直し (17)そこにはあると言う事になり、これがのそ

ワイヤーハーネスクリップD(リプロ品)です。

これが無いと配線ルートが合っていても

ハーネスには負荷が掛り、最悪は原因不明の

千葉S様CB400F配線手直し (18)疲労断線からの電装系不具合になります。

これで、ハンドルを動かしても、ハーネスには

最小限の負荷しか掛からない様になりますし

ヘッドライトケース内の配線も負荷が掛りません。

千葉S様CB400F配線手直し (19)と言う事で、今日の作業は一旦ここまで…

むー…このオイルは何処から出て来たのか?

次回はフルード漏れらしい物があるR側

フロントブレーキの分解を行う事にします。

電装に関して、特に配線の取り回しについてですが

長い目で見れば、配線に負荷が掛からない正規の取り回しじゃ無い車両は

遅かれ早かれ電装系に原因不明のトラブルが必ず発生します。

HONDAに限らず車両開発、製作している各メーカーは

色々な検証をして、その車両の動きに最適な配線の取り回しになってます。

なので、正解を知らないメカニックが自己流で作業をすると

不整合な仕上がりになり、そのつじつまを合わせる事により

それに付随する所がより不整合になって行き、そこにはリスクしか無く

その不整合な部分を一カ所直すと、つじつま合わせの作業の結果

それに付随する不整合な部分も全て手直しをする事になり

正規の状態にする為、余計な手間暇とオーナーには余計な費用が掛かります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月02日

今日で誠司59歳4

本日令和5年3月2日、無事に59歳を迎える事が出来ました。
事故や、癌、不治の病に侵されながらも
簡単に死なせてもらえない人生を相変わらず歩んでおります。
生きている間に多くの方から得た物を糧にして生かさせて貰ってます。
長い事生きていると、残念な事に失った人間関係もありますが
人が生きている上では避けられない事もあると思います。
このまま何事も無ければ、来年還暦を迎える予定で
また一年、人に迷惑を掛けながら死なない程度に
生きて行こうと思いますので、こんな私ではありますが
今後ともお付き合いの程宜しくお願い致します。
また沢山のメッセージを頂きましてありがとう御座います。
この場を借りて、お礼申し上げます。


京都GTH号CB400F継続車検

昨日の定休日に何時もの京都南へ行き

京都GTH号CB400F継続車検 (1)京都GTH号の継続車検を受けてきました。

昨日はこの時期にしては暑い位の天気で

車検だけスーパー晴れ男も流石に

いい加減にして欲しいと思う位暑かったw

京都GTH号CB400F継続車検 (2)昨日はユーザー車検の方が僕の前に

多く受付に並び、書類記載不良で

やり直しさせられる方が半分ぐらい居て

受付に余分な時間が掛かってしまった…。

京都GTH号CB400F継続車検 (3)まぁラインは何時も通り、全て一発合格!

さっさと店に戻って、現状復旧作業で

ヘッドライトをシビエLEDから純正タイプ

H4ヘッドライトに戻しました。

京都GTH号CB400F継続車検 (4)今週土日が僕が不在になる事もあり

今日、明日の作業予定も決まっているので

時間がある内に納車準備をやって仕舞いました。

これで、今週土日の納車も嫁に対応してもらい

オーナーに引き渡す事が出来ます。

後は細かい部分の説明も伝えておきます。


CB400Four用ハヤシキャスト引取り

昨日の定休日車検が終わり車両を下し午後13時から

CB400Four用ハヤシキャスト引取り (1)ハヤシレーシングさんへお伺いし

キャストホイールを受け取りに行ってきました。

ここへ来るのも何十年ぶりだろうと思い

当時の忘れかけていた懐かしい思い出が蘇ります。

CB400Four用ハヤシキャスト引取り (2)工場の中は当時とあまり変わっていないかな?

この辺の記憶はかなり薄いかなw

本当は2月28日でも引取りは良かったらしいけど

僕の都合としては昨日の定休日がベストだった。

CB400Four用ハヤシキャスト引取り (3)ハヤシキャスト5セットをササっと

ハイエースに積み込んで、急いで店に戻り

車から降ろして、大急ぎで組み付け予定分の

タイヤを1セット発注しました!

CB400Four用ハヤシキャストタイヤ組み付け (1)で、何とか今日の入荷に間に合ったので

取り合えず1セット分タイヤを組み付けます。

お高い新品のハヤシキャストなので

傷付けない様にと思うと、滅茶苦茶気を遣うw

CB400Four用ハヤシキャストタイヤ組み付け (2)ハヤシキャストはチューブレスなので

まずはエアーバルブをしっかりと取り付け。

その後タイヤチェンジャーにホイールを

セットして、タイヤを入れます。

CB400Four用ハヤシキャストタイヤ組み付け (4)前後共無事にタイヤの装着が完了したので

ホイールバランスをチェックして

ちょっとだけウエイトを貼り付けて

これで、大阪H様CB400F用ホイールの

CB400Four用ハヤシキャストタイヤ組み付け (5)準備が整ったので、ホイール交換のついでに

錆びた部品など色々と交換もする事にするので

部品の手配準備をする事にします。

タイヤホイールを新しくするに当たり

CB400Four用ハヤシキャストタイヤ組み付け (6)オーナーは足回りのリフレッシュも同時に

行いたいらしく、色々とお悩みになっていたので

確かバフ済みのブレーキドラムパネルや

再メッキ済みのカムやインジケーターがあるので

一応、この部品を提案をしてみようと思います。

昨日ハヤシレーシングで次ロットの件でお話をした所

次ロットは早ければ、年内に何とか…と言う事でしたので

今回ハヤシキャストをご購入出来なかった方は

お早めに次ロットのご予約を頂けます様お願い致します。

と言う事で、今日はリモート会議があるので、少しだけ早仕舞いです。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月27日

日没の西の空に!

この前から気になっていたのですが
19時に店を閉める時、西の空に大きく輝く星が
この所目に付くようになり、最初あんなの見た事が無いと思って
暫く立ち止まって見ていたのですが特に動く様子も無く
未確認的な物じゃなく星なんだろうなぁと思っていたのですが
それにしても見掛けない星だなと思っていた所
どうやらそれは金星と木星が接近しているらしく
日の入りから20時位までの間に見えるらしい。
こう見えて僕は、星を眺めるのが好きなロマンチストなのです。
しかも僕の誕生日の3月2日は大接近するらしく
さながら天文ショーレベルらしい事も分かった!
やっぱり今年持っている僕なので
きっと何か良い事があるに違いない!


京都GTH号CB400F継続車検整備

昨日入庫して来た京都GTH号CB400Fの継続車検整備を

京都GTH号CB400F継続車検整備 (1)今日からボチボチと進めて行きます。

エンジンオイルは1月末に行っているので

結構綺麗なオイルですが、車検なので交換。

レデューサーも効いている事も確認出来ます。

京都GTH号CB400F継続車検整備 (2)ブレーキフルードの状態は

この程度の汚れで2年物になりますが

車検毎に交換する事は当たり前になります。

この色合いが2年物の汚れの目安になります。

京都GTH号CB400F継続車検整備 (3)ワコーズの新しいブレーキフルードは

この様に無色透明な物になります。

モチュールのブレーキフルードの場合は

3年物の様な色合いになります。

京都GTH号CB400F継続車検整備 (4)他メーカーには緑色などの色が付いている

物もありますが、見たの目の判断的には

ワコーズ製品の方が分かり易いと思います。

ヘッドライトもH4球が付いているのですが

京都GTH号CB400F継続車検整備 (5)バッ直配線をするのも面倒なので

どっち道ヘッドライトを取り外さないと

作業が出来ないので、いっその事ここ最近

LEDで車検をうけているので、ここは何時も通り

京都GTH号CB400F継続車検整備 (6)ヘッドライトをLEDのシビエに交換すれば

バッ直配線をする手間が省けるので

シビエのLEDで車検を受ける事にします。

その他灯火系、保安部品をチェック。

京都GTH号CB400F継続車検整備 (7)リアブレーキの踏みシロが深いので調整。

この所、継続車検も五月蠅くなって来ており

ハンドルロックなんて新規登録の時位しか

チェックしなかったのに、今はキッチリと

京都GTH号CB400F継続車検整備 (8)チェックするので、この車両セパハンにした時

旧タイプのハンドルストッパーだったので

その時のハンドルの切れ角で加工して

ハンドルストッパーを使える様に加工したのですが

京都GTH号CB400F継続車検整備 (9)以前転倒した時にハンドルストッパーが

曲がってしまったので、アゲインの新しい

強化型ハンドルストッパーに変更したら

ハンドルロックの加工をもっと深く削らないと

京都GTH号CB400F継続車検整備 (10)ハンドルロックが使えないと言う事になり

今回、車検に合わせてハンドルロックの爪を

削って、ちゃんと使える様にします。

で、これが削り終えた後になります。

京都GTH号CB400F継続車検整備 (11)以前のタイプよりフレーム側の爪を

結構削らないとハンドルロックが

使えないのですが、これでハンドルロックが

普通に使える様になりました。

危うく忘れたまま車検を受けに行く所でしたが思い出して良かったw

後は全体的に車体をチェックして、近日中に継続車検予約を取る予定。


本日のご来店23/02/27

一仕事終えて、事務所でちょっと休憩していると何やら

230227本日のご来店 (1)チャラくていやらしい音が聞こえて来た…。

そーっと覗いて見ると…あれ?

こんな天気の良い、こんな時間に来るなんて

きっと、いや絶対ろくな事じゃ無いと思い

230227本日のご来店 (2)入り口の鍵を閉めてやったのですが

何か飲みます?と言う誘い文句に騙され

色々とお話をする事になって仕舞い

何でも磨き過ぎてマフラーの耐熱塗装が

230227本日のご来店 (3)薄くなったらしく、遠回しに耐熱塗料を塗れと

何時もの様に威圧して来るので、仕方なく

適当にミストが飛び散らない程度の養生をして

耐熱塗装が薄くなった所をワコーズの

耐熱スプレーで適当に塗ってやったw

で、何時もの様に予告拉致を宣言される所だったのですが

残念な事に明日は作業の予約があるし、そもそも今の首の状態では

バイクにすら乗る事も出来ないので、勘弁して貰いました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月26日

第39回大阪モーターサイクルショー3

来月3月17日〜19日(金曜日〜日曜日)の3日間開催される
第39回大阪モーターサイクルショーなのですが
今年は既に旅行の予定が入って居り
「行かれへんやん!」と言う事が今日になって分かった…。
旅行に関しては昨年から決まって居た事なので
まさかそこに大阪モーターサイクルショーが被って来るとは…。
もう旅行費用は支払い済みなので、酒池肉林旅行は
最優先事項になっており、その為にも体調を整えているので
今年の「第39回大阪モーターサイクルショー」へは
行けない事が今日の時点で決定しました…。


京都GTH号継続車検入庫

予定通り、今月末に継続車検の為入庫となった

代車CP14号機整備 (1)京都GTH号CB400Fがご来店予定なのですが

PITの都合で、代車代わりにCP14号機を

乗って帰って貰うのですが、僕の代わりに

調子を維持して貰う事が本当の目的になりますw

代車CP14号機整備 (2)と言う事で先日から14号機のメンテナンスを

やって居りバッテリーの充電を行ってます。

タイヤの空気圧もかなり減っているので

タイヤの空気圧もチェックするので

代車CP14号機整備 (3)これで乗って貰い、14号機の調子を

人任せで維持する作戦になりますw

まぁ空気圧は酷い物で、数か月経過すると

こんな感じになっていますので

代車CP14号機整備 (4)特に寒い時期に乗っていない車両は

これからのシーズンに向けて、タイヤの

空気圧はチェックしてから乗って下さい。

これで、CP14号機も安心して代車に出せます。

京都GTH号CB400F継続車検入庫230226そうこうしていたら、京都GTH号CB400Fが

予定通りご来店となり、打ち合わせを済ませ

本日継続車検入庫となりました。

3月も既にほぼほぼ予定が詰まっているので

車検に行くタイミングが何時になるか調整する事にします。


CP製機械曲げ特注チタンマフラー間も無く完成

もうね、正直この世界情勢のおかげで材料費はえらい事になっており

CP製機械曲げチタンマフラー製作中間も無く完成 (1)泣きそうな位費用が掛かっています…。

それでも特注オーダーを頂いているので

製作をするのですが、チタンマフラー製作

最低ロットは3本からになります。

CP製機械曲げチタンマフラー製作中間も無く完成 (2)一応今回のCP機械曲げチタンマフラーは

1本特注オーダーで、1本は完成精度を

チェックする為、CP1号機に取り付ける予定。

もう一本は、数名の方からお問合せを

CP製機械曲げチタンマフラー製作中間も無く完成 (3)頂いておりますが、まだ販売価格も

決まっていないので、ちゃんとした

オーダーとしては受けておりませんが

ご購入をご希望される場合は優先的に

CP製機械曲げチタンマフラー製作中間も無く完成 (4)お話を進めさせて頂くつもりで考えてます。

正直、材料費だけでも現行のCP製

機械曲げマフラーが購入出来る程です…。

正直もう作りたくないと思う位厳しいですし

CP製機械曲げチタンマフラー製作中間も無く完成 (5)一本は諸々の製品チェックをする為に

CP1号機に取り付けるので、当然ですが

利益は全く無いのですが、チタンは材料が硬いので

耐振動、耐久性を確認し、把握しないと

CP製機械曲げチタンマフラー製作中間も無く完成 (6)クラックが入り割れる場合もありますから

CP1号機に取り付ける事にしました。

溶接ビートは現行品の拘った溶接ビートとは

材料の違いから異なりますがそれなりに

CP製機械曲げチタンマフラー製作中間も無く完成 (7)溶接ビートも寄せて作ってます。

エンドパイプが特注になるので

サイレンサーは現行のSTDとミディアムが

使える仕様になっています。

塗装をしなくても済むのですが、チタン特有の焼き入れは今回あえてせず

エンジンの熱でどの様に焼けるのかを見てみたいと思ってます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月19日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月20日(月曜日)は急遽ですが私用の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。


千葉S様CB400継続車検整備入庫

昨日の深夜に千葉を出発し、激し目の雨の中今朝来阪を頂いて入庫となった

千葉S様CB400継続車検と車両チェック入庫230219 (1)千葉S様CB400の継続車検他諸々の

作業ご依頼で、トランポにてご来店頂きました。

オーナーと色々と打ち合わせを済をし方針を定め

長く、楽しく、安心して乗れる車両になる様

千葉S様CB400継続車検と車両チェック入庫230219 (2)ダメ出しを含めて、仕上げたいと思います。

取り合えず外観をチェックさせて頂き

トルクロッドのRピンが脱落して居たり

FRCを装着しているのに、スローが今一つな所や

千葉S様CB400継続車検と車両チェック入庫230219 (3)クラッチスイッチケーブルが不在だったりして

エンジンストールすると、一々ニュートラルに

戻さないとセルが回せないので、こう言う所は

操作性が不自由なので、本来あるべき姿にします。

千葉S様CB400継続車検と車両チェック入庫230219 (4)ブレーキディスクが引き摺り気味?の様な

気がしたので、ディスクを見るとディスクが

焼けて居る様に見えたのですが、これ実は

ブレーキフルードが漏れている事も分かりました。

千葉S様CB400継続車検と車両チェック入庫230219 (5)オイルクーラー下辺りに一滴、滴下オイル痕…。

これはブレーキフルードでは無いので

何処から出ているのかを調べないと…

今バンジョウボルトがこの世界情勢の影響で

千葉S様CB400継続車検と車両チェック入庫230219 (6)中々入荷して来ないので、ややこしい事に

なって居ない事を願うだけです…。

メインハーネスはステムに固定されておらず

ハーネスの立ち上げ位置も違うので

千葉S様CB400継続車検と車両チェック入庫230219 (7)配線をやり換えないと固定出来ないですね。

ハンドルスイッチとメインハーネスを

接続する部分が垂れ下がって居り

余りよろしく無い事になっているので

タンクを外した時にどうなっているのかをチェックする事にします。

取り合えずまだ軽く外観を見ただけなのですが

また改めてしっかりとチェックさせて頂きます。


枚方A様CB400ハンドルスイッチ配線チェック

昨日ハンドルスイッチの配線に問題があり

枚方A様CB400ハンドルスイッチ配線手直しチャレンジ少しだけ悪あがきをしようと思い

HIビームが点灯しない事が分かったので

配線を取り外し、テスターでチェックしながら

配線を接続していったのですが…結果から言えば

やっぱりこんなを事時間を掛けてやっても

何も解決しないと言う結論になりました。


北海道I様CB400Four 1stギアーブッシュ交換のご依頼

以前から1stギアーブッシュ交換についてご相談を頂いていた

北海道I様CB40Four 1stギアーブッシュ交換 (1)北海道I様の1stギアーが届いたので

早速ブッシュの交換をして送り返そうと思い

作業に取り掛かる事にします。

定番のブッシュ摩耗になるのですが

北海道I様CB40Four 1stギアーブッシュ交換 (2)前回、高槻O様の事例がある事から

この1stギアーの摩耗が激しくなると

何かと面倒な事になる事が

症例として確認出来たので

北海道I様CB40Four 1stギアーブッシュ交換 (3)発進時のギアー抜けは、要注意レベル

と言う位置付けになりました。

と言う事でサクサクっとブッシュを交換

これで1stギアーブッシュの交換が完了です。


埼玉T様CB400Four408タンクリペイント

本物の当時物ヨシムラ機械曲げ修理とタンクリペイントのご依頼を

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (1)昨年頂いており、錆取りなど諸々の

下地処理を終え、塗装に出していたタンクが

仕上がって戻って来たので、諸々の部品などを

取付けて発送準備に取り掛かります。

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (2)静電気で塗装面にホコリが付くので

養生の開封は最小限にし、ご依頼を頂いている

タンクコーションを貼るのですが…

僕にとってはこの作業が一番大変な作業になる…。

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (3)コーションステッカーを貼る位置を測って

養生テープで位置を決めて滅茶苦茶気を使って

貼っても、その努力が報われない事が

多いのですが、時間は掛かりましたが今回は

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (4)上手く貼れたと思います!

次にタンクキャップを取り付けるのですが

塗装の吹き返しがピンを入れる穴に

入り込んでいるので、塗装を削って

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (5)ピンが入る様に仕上げてから

タンクキャップを取り付けて

自作SSTでピンをカシメて取付が完了。

ここまで来れば緊張も後少しで終わります。

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (6)キャップチェック部分も同じく塗装を削り

塗装が割れない様に、ビスをゆっくりと

ねじ込んで締め付ければ、これでタンクキャップと

キャップチェックの取り付けが完了!

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (7)次にタンクコックを取り付けるのですが

タンクの底に錆が割と多く合ったので

錆取りをして塗装へ送った事から、せっかくなので

タンクコックも新品に交換して仕舞います。

埼玉T様CB400Fタンクリペイント組み立て (8)フィルターが赤いのは錆だけでは無く

ガソリンの色素も付着しているのですが

パッキン、シール類はもうダメだし、コックの

樹脂部分も錆の粉で傷が入っている事が多いので

せっかく錆取りをしたので、コックも新品にした方が良いと思いました。


CP製新型強化オイルポンプO/H

先日CP製33%増量新型フル強化オイルポンプから

CP製新型フル強化オイルポンプ分解掃除230219 (1)CP製フル強化オイルポンプ「極み」に

バージョンアップし、その下取りになった

オイルポンプの分解掃除をやって仕舞います。

トータルの走行距離は不明ですが

CP製新型フル強化オイルポンプ分解掃除230219 (2)オイル管理状態が良いので、中身は問題無し!

製造から10年程は経過しているので

Oリングなどの消耗品は何時もの様に

新品に交換し、洗浄して組み立てます。

CP製新型フル強化オイルポンプ分解掃除230219 (3)旧CPレーサー2号機で使用し、その後街乗りに

仕様変更した車両から取外した物ですが

中の状態はこの様に悪くない状態でなので

まだまだ使える物なので、必要な方へと思い

CP製新型フル強化オイルポンプ分解掃除230219 (4)今日、某Yオクに出品する予定です。

エンジンオイルはモチュール300Vを使用。

状態も良く、アゲイン製ミッション用

強化オイルポンプ付きになります。

CP製新型フル強化オイルポンプ分解掃除230219 (5)サクサクっと洗浄を済ませ

諸々のチェックをして組み立て。

Oリングなどは何時も通り全て新品に交換。

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプの

CP製新型フル強化オイルポンプ分解掃除230219 (6)トロコイドギアーも問題ありません。

と言う事で、分解掃除とOリング交換が完了。

ご入用の方はよろしくお願い致します。

それと合わせてですが、お待たせしておりました

ハヤシキャストについて、一応早ければ今月中に納品される予定となり

CPへの割り当てが、3セットから5セットに増えました。

現在お一人の方からご予約を頂いて居り、残り4セットとなります。

明後日21日のブログ更新後から、メールのみにての予約を承ります。

メールでの申し込みは順番を公平化する為になります。

2月21日17時より4セットのみの予約となり、先着順とさせて頂きます。

メールアドレスは、ブログトップ2023年やる事リスト下に記載してあります。

先着順で、折り返しこちらからご連絡を差し上げますが

1週間以内にご連絡が無い場合はキャンセル扱いとさせて頂き

申し込み順序を繰り上げさせて頂きますし

また商品入荷時でもお客様のご都合が悪くなった場合でも

キャンセルは承りますのでよろしくお願い致します。

2月21日17時よりメールのみでの予約受付ですので

それ以前の申し込みや、電話での申し込みは受付出来ません。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月09日

冬場のエンジン、バッテリー管理第三章【完】3

【冬場のエンジン、バッテリー管理第三章】
サーキット走行などの場合は、そのまま高速回転で走行する為
エンジンが冷えた状態からでは危険なので
ブリッピングでエンジン温度を上げてからコースに出ますが
一般道を走行するのであれば、制限速度内で走れば
おのずと暖気と同じ効果があり、バッテリーも充電され
エンジンに熱もちゃんと入るので、マフラー内から燃焼室までの
水分は綺麗に蒸発して仕舞います。
時々ブローバイガスが多いと相談がありますが
そのブローバイガスの多くは水蒸気の場合が殆どになり
普段の管理方法が【第一章】【第二章】の様な管理方法の場合が多いです。
仮にオイル上がりや、下がりがあれば、白煙はマフラーから排出されますが
水蒸気とは明らかに違う白煙になるので分かると思います。
と言う事で、エンジンやバッテリーの最大のメンテナンスは
「乗る事」これだけで済むのですが、これだけ寒いと中々ねぇ…。
しかもご近所の手前、エンジンを空ぶかしする事も中々難しいですからね。
ご近所トラブルに発展し、CPみたいに通報されますしね…。
まぁこれは僕の考えと実践している事なのでご参考までに。
エンジンオイルの乳化は最大の敵!
アイドリングでのエンジン、バッテリー管理は
保護にあらず、負荷にしかならない、と僕は思ってます。


枚方S様CB400F継続車検

昨日の定休日、朝から何時もの京都南へ継続検査に行って来ました。

枚方S様CB400F継続車検230208 (1)車両を下してエンジンを掛けようと

セルを回すも、どうやら#1.3がカブっている…

何でこのタイミングでやねん!とプラグを外し

濡れたプラグを拭き取っていると

枚方S様CB400F継続車検230208 (2)どうもユザー車検の方っぽい方が来て

「うわー!懐かしいバイクやなー、これって

エンジン掛かるの?」と車検場で眠たい事を言う。

「勿論掛りますよ!」と言ってはいる物の

枚方S様CB400F継続車検230208 (3)実際はカブってエンジンは掛からないのですがw

プラグを掃除して何とかラインを通します。

当然ですが全て一発合格!早々に店に戻り

現状復旧作業に取り掛かります。

枚方S様CB400F継続車検230208 (4)まずは車検用シビエLEDヘッドライトを取り外し

アナログ電球提灯式ヘッドライトに戻します。

因みに車検届け出用紙の書類、書式は変更なし

検査方法も特に変更はありませんが

枚方S様CB400F継続車検230208 (5)京都南のくせに全部やるのでちょっと面倒…。

今年一発目の継続車検も、空は曇り空ながらも

雨知らずで無事に記録更新中!

しかも割と真っ直ぐに貼れた車検標章ステッカー

枚方S様CB400F継続車検230208 (6)新しくなったICチップ入り車検書は

思って居たよりかなり小さかった。

この車検証の赤枠部分に何か入ってます。

その下にあるA4サイズの紙には全部書いてます。

枚方S様CB400F継続車検230208 (7)で、今までの車検証ケースにはそのままでは

車検証は入らないので、ICチップ部分を

折り曲げないよ言うにして入れるか?

やっぱりちょっとそのままでは無理な様です。

枚方S様CB400F継続車検230208 (8)ICチップ対応サイズで作ったCP車検証ケースは

自賠責証書のサイズに合わせて作ったので

新しいICチップ入り車検証を折り曲げずに

入れる事は出来ますが、車体に収納する場合は

枚方S様CB400F継続車検230208 (9)更に二つ折り、合計四つ折りすれば

車載出来るかなぁ…?って感じです。

K察も今までは個人情報関係の問題から

車検証の提示は求めて来なかったのですが

車検証の電子化によって、提示を求められる可能性が考えられ

車載していないと、義務違反で逝かれちゃうかも知れないですね…。

CP1号機も今年8月継続車検なので、継続車検を受けたら

電子車検証を積載する様にしようと思ってます。


寝屋川K様CB400Fオイル漏れ再び

オイルパン付近からのオイル漏れがあるとの事で

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (1)今年2回目の入庫になった寝屋川K様CB400F。

今日も朝一番からご来店頂きました。

前回クラッチスプリングを交換したので

念の為クラッチ側からのオイル漏れが無い事を

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (2)確認してからスプロケットカバー側をチェック。

現像液を掛けると、やはりここからか…

前回チェックした時は漏れていなかった場所も

この寒さとエンジンの熱とで、この様に漏れます。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (3)今回はシフトチェンジ側も怪しいので

オイルシールを交換する事にしましたが

メインシャフトのブラインドシールは

O/H作業になる為、延命処置をする事にします。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (4)念の為、カウンターシャフト側もチェック。

カウンターシャフト側は今の所問題無いので

この2ヵ所からのオイル漏れと言う結論になり

シフトシャフト側は引っこ抜いてシール交換。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (5)メインシャフト側は、液ガスを塗り込んで

応急処置をする事にしました。

後は、これ以上酷くなったり、何かのタイミングで

この先エンジンO/Hもお考え頂く事もご説明。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (6)せっかくシフトシャフトのオイルシールも

新品に交換したので、このタイミングで

オイルシールホルダーもご購入頂きました。

これで、オイルシールに負荷も掛からず

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (7)この先の保険にもなりますからね。

クラッチワイヤーもF1サイズの短い物だった為

F2ハンドル用のクラッチワイヤーに交換。

新品はどうしても初期伸びがあるので

また後日調整をさせて頂く事にして、オイル漏れの処置は完了しました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年02月07日

冬場のエンジン、バッテリー管理第二章3

【冬場のエンジン、バッテリー管理第二章】
昨日の第一章の続きですが、エンジンオイルを回すだけで
アイドリングによるエンジン管理を実践している方で
実際にクランクを何度も潰した方を知っていますし
やはりエンジンオイルは乳化しており
そのようなオイルを結構見る事が多いです。
最近では、店でエンジンを掛けてブリッピングをすると通報されるので
エンジンは掛けていませんが、バッテリー充電器は接続しています。
まぁそもそもエンジンオイルが300Vなので油膜が切れる事が無いので
2.3ヵ月位放置しても問題ありませんし、何よりレデューサーです。
ツーリングヘ出掛ける時もですが、暖気は殆どしません。
アイドリングが安定する程度か、もう何ならそのままゆっくりと走り出し
油温を見てエンジン温度を管理しながら、ぶん回してます。
エンジンにとって、アイドリングだけでの暖気が一番の負荷になります。
現行のバイクや、車にはオートチョークが付いているので
比較にはなりませんが、車もそうですがスクーターなどで
暖気している方を最近は余り見た事がありませんからねぇ…
旧車にとってはどうなんでしょうかねぇ。


枚方S様CB400F継続車検バッテリー交換

明日の定休日に継続車検へ行く予定になっっている

枚方S様CB400Fバッテリー交換 (1)枚方S様CB400Fのバッテリーですが

入庫時にサルフェーション充電をしたのですが

どうやらもうバッテリーが充電をしても

ダメな様なので、交換する事になりました。

枚方S様CB400Fバッテリー交換 (2)開放式バッテリーに希硫酸を入れて

まずはサルフェーション充電をしてから

2Aでゆっくりと充電し交換準備をしており

フル充電が完了、少し減った希硫酸を継ぎ足し

枚方S様CB400Fバッテリー交換 (3)バッテリーを交換しました。

これで明日の車検も問題無く通るはず。

車検証が新しくなってからCPでは初めての

継続車検になるのですが、書類は今まで通りで

枚方S様CB400Fバッテリー交換 (4)まだ良いのかが良く分かっていませんが

まぁ書類位は明日行ってからでも

どうにでもなるので、取り合えず光軸をチェック!

これで枚方S様CB400Fの継続車検準備が整い

枚方S様CB400Fバッテリー交換 (5)ハイエースに積み込んで、明日何時もの

京都南へ新しくなった車検証を受け取りに!

提出書類の書式だけが少し不安ですが

まぁ明日は定休日で、特に予定も無く

時間はあるので玉砕しない様に、行って参ります!


枚方A様CB400部品交換二日目

今日は昨日の続きの作業で、電装部品関係の交換作業に取り掛かります。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (1)前後ウインカーは社外ヨーロピから

純正ウインカーに戻して組み込みます。

ヘッドライトは今付いているシビエから

黄色のマーシャルへ交換をご希望。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (2)ミラーは今のメッキZ2ミラーから

黒のZ2ミラーへ交換、ハンドルグリップは黒から

生ゴムへ交換とのご希望で、ミラー以外の部品は

既に揃っているので、交換します。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (3)ブレーキホースは黄ばんだステンメッシュから

特注黒メッシュに交換し、統一感を出します。

クリアーのステンメッシュは最初は綺麗ですが

経年により黄ばんで来るのが難点ですね。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (4)む!スピードメーターワイヤーが外れてるw

オーナーからは何も聞いていないので

きっとスピードメーターは見てないなw

これもついでに直しておきます。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (5)リア回りはドライブチェーンとスプロケットを

ゴールドに変更して取り付けます。

チェーンカバーも汎用品から純正再メッキ品に

交換となり、一番時間が掛かるのがこの

枚方A様CB400部品交換作業二日目クラッチワイヤーガイド (1)リアサスで、IKONサスを入れるのですが

黒ボディ、赤スプリングの特注品になる為

納期が1ヵ月との事で連絡がありました。

で、今日はこの作業をするその前に

枚方A様CB400部品交換作業二日目クラッチワイヤーガイド (2)昨日在庫切れだと思って取り付けなかった

クラッチワイヤーガイドが見つかったので

忘れる前に取り付けて仕舞いました。

これでクラッチワイヤーをこのガイドに通して

枚方A様CB400部品交換作業二日目クラッチワイヤーガイド (3)ガソリンタンク下の作業が全て完了です。

これで在庫が完全に無くなったので

ガイドの折り曲げが逆になっている

B社製のクラッチケーブルガイドしか

今の所無い為使いますが、かなり前からケーブルガイドの曲げが

間違っている事を社長に伝えてはいたのですが余り上手く伝わって無く

僕は主にSHIO HOSE製を使ってますし、今回の物もSHIO HOUSE製です。

B社製の物を使う時は、間違って曲がって居る部分を加工してから

正規の位置に取り付けているのですが、純正は折り曲げが上側が上向きだけどねw

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (6)まぁそう言う事で交換用バッテリーの

充電も終わり、何時でも交換は可能です。

と言う事で、後はサクサクっと部品を

取り外して、交換して行く事にします。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (7)まずはヘッドライトを取り外して

ウインカーを交換して仕舞います。

ウインカーのアース線になるケースワッシャーが

片側不在なので、今後アース不良になる可能性も

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (9)あるかも知れないので、取り付ける事にします。

交換予定のメッシュブレーキホースも

色々な所を潜り抜けているので、鬱陶しい…

まぁ交換する時にルートを綺麗に揃えます。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (10)脱落していたスピードメーターワイヤーも接続。

社外ヨーロピウインカーから純正新品の

ウインカーに交換しましたがヘッドライトは

ブレーキホース交換後に取り付ける事にします。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (11)ハンドルグリップもキジマ製生ゴムに交換。

ミラーはまだ入荷して来ないので

20日以降にブレーキホースと一緒に交換予定。

これでフロント周りの作業は一旦完了。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (12)リアタイヤホイールを取り外すと直ぐに

目に入ったのが、トルクロッド取り付け部…。

ワッシャー不在、本来割りピンを入れる所が

Rピンになっているので、ボルトの断裂や

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (13)Rピンだと脱落する可能性があるのでかなり危険!

M10ワッシャーを入れてしっかり締め込み

脱落しない様に、Rピンから割りピンに変更。

ブレーキ回りなので、ちゃんとしないと怖いです。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (14)リアウインカーも純正新品に交換が完了。

リアサスも交換予定なので、タイヤホイールを

取り付けると、重たくなり首に負担が掛かるので

取り外したままにして置く事にしました。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (15)社外汎用チェーンカバーを取り外し

純正再メッキ品のチェーンカバーを取り付け。

リプロ品でも良かったのですが

お値段が微妙なので、ちょっと拘ってみました。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (16)リアサスも入荷次第交換しますが、特注品で

納期1ヵ月になりますが、片側だけ取外しました。

タンデムバーが取り付いている車両なので

リアサスを交換するのも手間が掛かります…。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (17)取り外したリアタイヤホイールから

ドリブンスプロケを取り外したのですが

純正丁数38Tに対して35Tが付いてました。

ドライブチェーンも交換するので

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (18)どちらも純正サイズで取り付ける事にします。

バッテリーの充電も完了しているので

電装品の作動チェックの為交換します。

希硫酸のドレンホースも短いので

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (19)同サイズのホースを接続し、一旦長めにカット。

70Φマフラーの時はこのホースが短かった為

塗装が希硫酸にやられていたので、今回は

CP製機械曲げマフラーに交換した事もあり

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (20)この辺は同じ事にならない様にしないとね!

バッテリーを接続し、交換した部品を確認

作動チェックして置くのですが、フロント側は

アース線を接続していないのに、何故か作動するw

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (21)一応エンジンも始動させて、バッテリーチェック。

少しセルスイッチが接触不良な感がありますが

エンジンは快適に始動するので、問題無し。

と言う事で今日の作業はここまでで完了。

枚方A様CB400部品交換作業二日目 (22)後は20日以降に入荷して来る部品と

特注リアサス待ちになります。

黄色マーシャルとドライブチェーンは

入荷してますが、作業の都合上取り付けは

入荷待ち部品が届いてから取り付ける事になります。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月06日

冬場のエンジン、バッテリー管理第一章3

【冬場のエンジン、バッテリー管理第一章】
これはあくまでも僕の意見ですが、色々な事実も含まれており
僕も実践している冬場のエンジン管理やバッテリー管理方法で
管理方法は人それぞれだと思いますがご参考までに。
まず今、冬場の乗らいない時期のエンジン管理や
バッテリー管理ですが、良く聞く事は「週に一度はエンジンを掛けている」
バッテリーはマイナス端子を外していると言う事ですが
僕の車両の場合、たまにエンジンを掛ける程度ですが
ブリッピングでエンジンにしっかり熱を入れるので
バッテリーも充電器に繋げたままだったりしします。
ブリッピングで回転数を上げるので、バッテリーも充電されます。
これをアイドリングで温めるだけでは、バッテリーは充電されませんし
エンジンにとって、アイドリングが一番負荷が掛かります。
また今の時期の湿度が平均50%程度だと思うのですが
空燃比も良い時期なので、マフラーからは水が出ますし
ブローバイガスにも水蒸気がかなり含まれて排出されます。
僕の車両にはレデューサーが装着されているので
エンジン内は負圧状態になって居り、余分な水分はキャブを通り
燃焼室に入る程度になりますが、これもしっかりとエンジンに
熱を入れないと、燃焼室内が結露しスリーブやピストンリング
量次第ですが、クランクケース内に水分が入りエンジンオイルに混ざります。
エンジンオイルに水が入り込むと、オイルは乳化してしまいます。
この状態で、ONシーズンに入りエンジンをぶん回して走ると…怖いですよね。


230204のご来店

基本的にCPでは三段シートはお断りとさせて頂いてますが

枚方A様CB400カスタム&メンテナンス入庫230504 (1)まだ小さいお子様を後ろに乗せる事もあるので

このチョビ三フォアはOKにしています。

と言う事で枚方A様CB400のカスタム企画。

カスタムパーツの打ち合わせをする事になり

枚方A様CB400カスタム&メンテナンス入庫230504 (2)大方の部品は揃って居るのですが

細かな所などの仕様を打ち合わせて

必要な部品を発注し、また特注部品も発注。

マフラーもCP製機械曲げマフラーに交換するので

枚方A様CB400カスタム&メンテナンス入庫230504 (3)重いステー無し70Φマフラーを取り外します。

で、マフラーを交換する前にまずは

ヘッドカバーのオイル漏れ修理から

取り掛かろうと思ってます。

枚方A様CB400カスタム&メンテナンス入庫230504 (4)70Φのマフラーを取り外した事によって

センタースタンドも使える様になり

メンテナンス性も激しく向上し、作業もやり易い

この状態でヘッドカバーオイル漏れ修理など

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (1)ガソリンタンクを外して行う作業を先に

やって仕舞う事にして、一部の部品は特注で

入荷が1ヵ月程度掛かるとの連絡が入り

部品入荷後か、それまでの間お預かりになるか

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (2)どちらかを考えつつ、取り合えず作業を進めます。

クラッチケーブルガイドは不在でタイラップ止め。

#1.4コイルはお決まりの根元で断裂しており

リークしている状態なので、これはまた追々…

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (3)カムチェーンも若干緩んでいるので

もうここは恒久的な処置として

カムチェーン強制調整ボルトを入れます

実は昨日、臨時休業を頂いて海へ行ったのですが

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (4)その際に、首のコルセットを外して遊んでいたので

昨晩から痛みとの戦いとなっているんです…

まぁその分、たっぷりと楽しんで来たので

全ては等価交換と言う事ですねぇw

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (5)ヘッドカバーをめくったついでに

シリンダーヘッドの増し締めもやります。

シリンダーヘッドの増し締めをしてみると

まぁこんな感じで、割と全体的に90度〜です。

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (6)この状態での増し締めと言う、ついで作業は大事。

次にカムチェーン強制調整ボルトをセットし

ヘッドカバーを取り外しているので

現物を見ながら、カムチェーンを張って行きます。

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (7)テンショナーセッティングボルトを緩め様としたら

何とまぁここは手作りのセッティングボルトを

使われていたので、リプロ品になりますが

新品の正規タイプの物に交換する事にします。

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (8)カムチェーン強制調整ボルトを取りてけて

カムチェーンの緩みを現物を確認しながら

調整ボルトを締め込んで、チェーンを調整。

これで、スリッパーが摩耗するまで

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (9)プッシュバーがテンショナーアームを

固定するので、チェーンが緩む事はありません。

これを確認したかったので、マフラーの取り付けを

後回しにしたと言う事なんです。

枚方A様CB400ヘッドカバーオイル漏れ修理他230206 (10)ヘッドカバーガスケットを新品に交換して

タペットキャップもキジマ製に交換。

タペットOリングも勿論潰れてました。

クラッチケーブルガイドは在庫切れだったので

枚方A様CB400カスタム部品交換 (1)入荷次第取り付ける事にします。

これでヘッドカバー周りのオイル漏れ修理は

完了したので、次にIGCプラグキャップを

同じNGK製の赤に変更するのですが

枚方A様CB400カスタム部品交換 (2)プラグキャップをねじ込む為に先端を少し

カットしたい所なのですが、ちょっと寸法的に

カットする事が難しいので、何とかねじ込んで

プラグキャップを固定し交換しました。

枚方A様CB400カスタム部品交換 (3)まぁ…どちらにしてももうこのコイルのコードは

限界に近い状態なので、交換若しくは

他の点火系に変更するしかない感じです…。

とまぁこれでCP製機械曲げマフラーを

枚方A様CB400カスタム部品交換 (4)やっと取り付ける事が出来るので

古いガスケットを取り外すと、まぁ平均数の

8枚の古いガスケットが捕獲出来ました。

と言う事で、やっとCP製機械曲げマフラーを

枚方A様CB400カスタム部品交換 (5)取り付ける事が出来て、センタースタンドも

ちゃんと使える様になりました。

ガソリンコックの切り替えもかなり固いので

取り外して見ると…フィルターにはびっしりと

枚方A様CB400カスタム部品交換 (6)錆びやら、ゴミやら…古い純正フィルターは

ちゃんと仕事して、その任務から解放され

新しいガソリンフィルターに託されました。

これで第一部になるマフラー、ヘッド周り、点火系

枚方A様CB400カスタム部品交換 (7)タンクフィルターなどの部品交換が完了。

エンジンを掛けたいのですが、バッテリーは

空焚き状態になって居り、もう使えない…。

でも、キックではエンジンが掛かるので

枚方A様CB400カスタム部品交換 (8)エンジン、発電、点火系の状態としては良い状態。

この時期はやはり空燃比が良いので

マフラーからは水が出るのですが…

この水が後から一番悪さをするので

枚方A様CB400カスタム部品交換 (9)通報覚悟でしっかりと、水分を飛ばします!

で、明日から外装関係の部品を交換するので

車両を作業用リフトに搭載して仕舞います。

電装系から足回りまで、結構なカスタムになり

枚方A様CB400カスタム部品交換 (10)特注部品もあり、納期までお預かりするのかは

今後打ち合わせしたいと思います。

取り合えずバッテリーは使えないので

新品のバッテリーを充電して交換準備。

ブレーキホース類の納期が2月20日前後なので

まぁ何度もその都度お持ち頂くのは面倒なので当分はお預かりだな…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月02日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月3日(金曜日)は関西医大の診察の為臨時休業とさせて頂きます。
また2月の定休日以外で今決まっている定休日以外での
臨時休業日は今の所、2月5日(日曜日)と
2月13日(月曜日)を予定しております。
早仕舞いの日は2月6日(月曜日)を予定しています。
今の所臨時休業が決まって居るのは上記日程となっております。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


キャブレターダストパッキン(A/C)袋詰め内職

心の中ではどう思って居るのか分かりませんが

キャブレターダストパッキン袋詰め内職 (1)献身的な嫁が、時間を見つけては

キャブレターダストパッキンの

袋詰め内職をやってくれています。

昨日からやっているので、今日で2日目。

キャブレターダストパッキン袋詰め内職 (2)僕も手伝おうとするのですが

どうやら自分のペースがあるらしく

僕が手出しをすると邪魔らしい…。

全部で250SET作るのですが

キャブレターダストパッキン袋詰め内職 (3)パッキング袋が足りないとの事で

今日はここまでで終了との事。

手伝おうとしても鬱陶しがられるし

「私一人で袋詰めした!」と言うのに決まってる!


枚方S様CB400F計測車検整備三日目

2月の予定がもう既に埋まって来ている状態で

枚方S様CB400F継続車検空気圧チェック (1)予定外のクイック作業も厳しいかも…。

只今、鋭利車検整備中の枚方S様CB400Fですが

取り回しがやたらと重たいので、多分…

と言う事で前後タイヤの空気圧をチェック!

枚方S様CB400F継続車検空気圧チェック (2)まぁ予想通りなので、これはオーナーに

タイヤの空気圧管理の重要性を

お伝えしないといけませんね。

空気圧が規定値通り入っているのと

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (1)いないのとでは、取り回しの重さに

差が出るので、直ぐに分かると思います。

次に本日のメインイベントになる

キャブレター分解掃除に取り掛かります。

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (3)サクサクっとキャブを車体から取り外し

オーバーフローなどの原因を調査します。

ついでにガソリンフィルターも取り付ける様

オーナーからご指示を頂いています。

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (4)フロートチャンバーを取り外して

チェックしてみたのですが

特にゴミがあるとかと言うのは無く

何か他に問題がありそうです。

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (5)フロートの油面は全体的に低いので

これは後で調整する事にして

フロートバルブを見てみると残念な事に

社外品で、先端がゴムの物でした。

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (6)ゴムのフロートバルブは最初は良いのですが

年数が経過して来ると、硬化したり

ゴムの部分に段差が出来る場合があるので

やっつけ的には安上がりでオーバーフローも

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (7)割と止まるのですが、長い目で見ると

余りお勧めでは無い様に思います。

ニードルホルダーも残念な事に社外品でしたが

これを交換すると、大事になるので

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (8)今回は社外品のフロートバルブなどの

インナーパーツを交換する事にします。

MJやSJは純正品でしたが、もうOリングが

死んでいる事もあったので、全部交換します。

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (9)一通りのインナーパーツを交換をして

油面も規定値に調整しました。

これでオーバーフローをした事が無いので

もうオーバーフローは大丈夫です。

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (10)フロートチャンバーをセットして

ガソリンホースの間にフィルターを入れます。

これで車体にセットしてガソリンを流し込み

オーバーフローをチェック!問題ありません!

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (11)エンジンを始動させ温めてから

アイドリングを確認!ニードルは社外品ですが

まだ新しく、朽ちても居ない感じなので

それなりに安定しており、吹け上りも問題なし!

枚方S様CB400F継続車検キャブレターオバーフロー修理 (12)まぁ一応これで納めて頂く方向で

継続車検の予約を来週水曜日辺りに

入れる事にしようと思ってます。

CP機械曲げマフラーも良い音ですし

挑戦的にこのままで車検を受けてきますが、車検は問題無く通ります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年01月31日

俺、又手術なのか!3

癌摘出から2年以上経過し、先日のCT検査の結果ですが…
癌の転移、再発が無いかと言う事で、上半身をCTスキャンした所
幸いな事に、転移、再発の兆候は確認出来なかったのですが
実は数十年前から分かっていた事で、僕のすい臓には問題があり
今回もその部分に付いて、主治医から色々とお話がありました。
過去4回ほど胆道閉塞で死に掛けた事があるのですが
一緒にCT画像の診断を聞いていた嫁は半笑いで
嫁「今度は膵臓の手術やなw」とほくそ笑んでいました…。
取り合えず首の手術をしたばかりなので
どうするかは息子と相談しながら暫く悩む事にします…。
胆道閉塞になると、激しくもがき苦しみ最悪は胆汁が膵臓に逆流し
沈黙の臓器膵臓を溶かして仕舞うと、もうそれで終わりです…。
それを過去4回発作的に繰り返して、奇跡的に助かった事で
やっと原因が分かり、この件も身内から「死ぬ死ぬ詐欺や!」と
いまだに言われ続けてますが、次5回目になる胆道閉塞の発作が起きれば
速、救急車を呼んで対処しないと、今度こそ本当に膵臓が溶けて
もがき苦しみながら死ぬので、マジでかなりヤバいんですけどね…。
仮に運悪く5回目の発作が起きて、また助かっても
最低1週間は絶食で入院になるし…。
でもまぁ今年は最強の強運なので、仮に手術をするのなら来年かなw


CP店前事故捜査協力

昨日の閉店前18:30頃、そろそろ閉店準備かなぁと思いながら

1月30日お原付事故 (1)トイレから出て来ると、何時も騒音苦情の

対応でやって来る警察官の方が二人ご来店。

ぺ「え?何もしてないけど通報されたのか?」と

思っていたら、5名の警察官が続々と入店…!

1月30日お原付事故 (2)あ!ヤバい、俺逮捕されるんかも…wと

思って居たらどうやら、店の前で60代の女性が

運転するバイク事故が遭り、その女性に記憶が無く

単独事故なのか、ひき逃げ事故なのかと言う事で

1月30日お原付事故 (3)緊急操作になったと言う事なのですが

店の防犯カメラ映像を見て、単独だと分かると

大勢の警察官は早々に引き上げて行かれました…。

で、一応捜査協力者と言う事で僕の氏名などを

1月30日お原付事故 (4)控えて帰って行ったと言う事でした。

この前の事故と言い、CP前の道路は

結構事故が多いので、店の防犯カメラは

この様に割と活躍しています。

転倒した女性の方は怪我も大した事が無かったらしいので良かったですね。


RCフォアオイル漏れご来店

先週の事、Lineのメッセージでとある部品の鑑定依頼が来たので

当時物ヨシムラハイカムst2鑑定&測定 (1)見てみると、どうやら当時物ヨシムラハイカム

st2だと言う事らしく、状態はその画像では

ハッキリと分からなかったのですが、僕が見る限り

本物である事は間違いないと言う事で

当時物ヨシムラハイカムst2鑑定&測定 (2)早速現物を自慢げに持って来たので、鑑定と

何処か不具合があれば良いのに!と思いながら

荒探しをしたのですが、残念な事にこのカムには

文句の付け所が見つからず、大当たりでした…。

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (1)でもRCフォアにはオーバークオリティなので

使わないんだったら勿体無いので、僕が代わりに

使ってあげようか?と言ったのですが

きっぱりと断られてしまった…クッソ!

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (2)で、今日の朝一番に突然店にやって来て

オイル漏れが!…と言うので、「フン!それは

きっとバチが当たったんだわ!」と言ってやった。

けども、修理をしろと強要して来るので

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (3)仕方なくオイル漏れ箇所を調べると、どうやら

オイルポンプからのオイル漏れなので

Oリング交換をするしか無く、ついでに

オイル交換も強要して来るし、何より

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (4)スプロケットカバーを取り外すのに

アゲインのBSが付いている為、毎回の様に

バックステップを取り外してから

スプロケットカバーを取り外すのが面倒なのだw

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (5)で、取り合えずオイルを抜いてから

オイルポンプを取り外して、Oリングを見ると

一昨年交換したばかりなのに、結構硬化しており

Oリングも割と潰れてしまっていたので

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (6)面倒だけど、Oリング交換をする事になった。

RCフォアはヘビーユーザーなので、エンジンの

熱の影響で部品の劣化も早いんだろうねぇ…。

Oリングを交換して、オイル漏れは復旧。

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (7)後はスプロケットカバーが毎回面倒なので

メンテナンス性を向上させる為に

スプロケットカバーを加工する事になった。

BSを取り付けて、加工位置をケガいて

RCフォアオイル漏れ緊急処置 (8)サクサクっとカバーを削って、今後は一々

スプロケットカバーを取り外す時に

バックステップを取り外さなくても

良い様になったので、メンテナンス性が上がった。

てか、そんなにしょっちゅうカバーを開ける事も無いはず何にねw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年01月30日

通常営業再開のお知らせ3

【通常営業再開のお知らせ】
この28日29日の土日からになりますが
一応プレで通常営業は再開しております。
ですが、やはり余り無理をすると頭痛が激しくなるので
早仕舞いをさせて頂く事がありますので
ご来店の際には、前もってご連絡を頂けると
その分の体力は温存して置きます。
営業時間も今日からですが
通常の時間AM10:00〜PM19:00までに戻してます。


枚方S様CB400F継続車検整備二日目

先日継続車検整備とキャブなどのオーバーフロー対策で

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (1)入庫して来た枚方S様CB400Fの継続車検整備。

バッテリーのサルフェーション充電も終わり

エンジンオイルの交換も終わったので

諸々の点検整備を行って行きます。

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (2)灯火系、保安部品はヘッドライトは提灯なので

定番の光量不足ですね、リアブレーキランプに

問題が見つかったので、その原因は後で調査。

まずは提灯ヘッドランプを車検対応の

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (3)LED化したシビエに交換して対応します。

それ以外ウインカー、ホーンなどもチェックし

車検を受ける事に対して問題が無い事を確認。

光軸は作業用リフトから下した後で

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (4)チェックをし、ズレて居たら調整します。

ヘッドライトの光量はこれでクリアーです。

もうバッ直配線をしなくても良くなったので

ヘッドライトの光量を上げる手間が省けます。

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (5)次にリアブレーキランプが点灯しないので

ブレーキスイッチの調整と、リアブレーキの

踏みシロが深いので、少し調整をしました。

これで、リアブレーキの調整とブレーキランプも

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (6)ちゃんと点灯する様になったのでOKです。

ウインカー球が純正と違い小さいので

球切れなどがあるとちょっと面倒ですね。

CPにて中古車両でご購入頂き、約1年程経過。

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (1)納車時にも整備はしております。

フロントブレーキフルードはまだ

1年物ですが、今回の車検に合わせて

ブレーキフルードも交換となります。

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (2)今回色々と部品を交換したり整備をすると

見えない所に問題が見つかったりもします。

ブレーキフルードを交換するのですが

今回ブレーキ鳴きも酷い事から

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (4)オーナーからの依頼でブレーキ鳴きを

止めれたらラッキーと言う感じですが

ブレーキパットを取り外し

フロントブレーキを分解して、サポートを取り外し

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (5)ブレーキ鳴きを止めれればと作業をします。

ブレーキ鳴き原因には幾つか要因があり

ブレーキパットの不良、メンテナンス不足

キャリパーフォルダーの摩耗や

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (6)キャリパーホルダーピンの摩耗などがあり

この車両に関しては、納車時にパットや

ピストン等のメンテナンスは行っているので

消去法で言えばキャリパーホルダーの摩耗

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (7)若しくはホルダーピンの摩耗が考えられ

ホルダー一式を取り外し、ピンを再メッキし

太らせた物に交換してみました。

再メッキのピンをホルダーに差し込むのに

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (3)少し硬かったので、これでブレーキ鳴きが

止まってくれればラッキーだと言う事で

取り合えず現状復旧をしました。

これで暫くはブレーキ鳴きは納まるので

この後、鳴かなくなれば、ピンの摩耗が原因だったと言う事になります。

と言う事で今日はここまでで終了、後はキャブのオーバーフローを止める為

キャブを取り外し分解掃除をしてから、車検を受ける事になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年01月29日

キャブレターダストパッキン(A/C)3ロット目3

先日の記事でレギュラー、ハイオクガソリンの事を書いたのですが
ノーマルエンジンにハイオクガソリンを入れていると言う方が割と多く
結構な反響の声を多く聞きました。
なので、僕が当たり前だと思って何も言わなかった事。
こう言う都市伝説的な事で書かずにいた事で旧車オーナーなら
知っているであろうと思っていた正しい情報も今後お伝えしようと思いました。
しかし同じく都市伝説的なエンジンオイルについては
各オーナーがお世話になっている各ショップの取引の関係もあり
ショップが推奨するオイルも様々である事、オーナーの好みもある事から
オイルメーカーや種類については個々に聞かれれば応える事にしますが
CPではモチュールをメインに使用し、車両毎にオイルを使い分けており
ノーマルエンジン及び未開封エンジンには
100%鉱物油 3000PLUS 20W50 1ℓ/¥2,050(税抜き)
O/H済み及び450ccボアアップエンジンには
化学合成5100以上のグレード 10W40 1ℓ/¥2,230(税抜き)
狂い咲きエンジン500cc以上には
化学合成300Vスクエア10W50 1ℓ/¥4,200(税抜き)を使用しています。
因みにマスタングにはモチュール100%化学合成
H-TECH100PLUS 5W30を使っており1ℓ/約¥900(税抜き)
ハイエースにはワコーズ100%化学合成
DL-1 5W30 1ℓ/約¥1,400(税抜き)とオイル添加剤を入れて使ってます。
ご参考までに。


本日のご来店

本日オイル交換にご来店は京都GTH号。

京都GTH号オイル交換230129 (1)不運のメインシャフト折れからの復帰で

慣らしの1,000キロ走行が終わったので

2023年初のオイル交換になります。

前回の腰下O/Hの際にテスト部品も取り付け

京都GTH号オイル交換230129 (2)そのインプレについても、評価はRCフォアや

CP1.5号機と同じく、シフトチェンジが

スムーズになり、ニュートラルへの入りも

断然に軽くなっているとの事ですが

まだどの車両も1,000キロ程度の走行になるので

耐久度テストはもう少し距離を乗って頂き

車両4台に取り付けた状態を見てから

一般リリースを予定していますので、もう暫くお待ち下さい。


キャブレターダストパッキン(A/C)3ロット目価格改定のお知らせ

昨年末に在庫切れになったキャブレターダストパッキン(A/C)の

キャブレターダストパッキン3ロット目入荷 (1)3ロット目が仕上がって入荷して来ました。

今回、価格は据え置き予定だったのですが

前回の2ロット目からの値上がりもあり

今回、止む無く1SET¥200(税抜き)値上げを

キャブレターダストパッキン3ロット目入荷 (2)する事になって仕舞いました。

4個1SETになるので、1個辺り¥50の値上げで

1SET¥6,160(税込み)になります。

これを今回も1,000個作ったので製作費に

キャブレターダストパッキン3ロット目入荷 (3)5万円も余計に掛かる事になりますので

ご理解の程、よろしくお願い致します。

現在袋詰めの内職をボチボチとやっており

袋詰めの内職経費は含まれておりませんので

単純にフッ素ゴムの材料費が高騰したと言う事です。


CP店内整理その5

PITの車両が減ったので、このタイミングで不動車コーナーにある

CP店内整理その5 (1)部品を整理する為、メタルラックを設置。

まだ部品を入れる箱が届いていないので

取り合えず部品の配置をイメージする為

仮にラックを組み立てて、部品を仮に置きました。

CP店内整理その5 (2)棚は3段あれば良いだろうと思っていたのですが

1段足りなかったので、追加で発注しました。

来月には部品箱も届くので、届いてからもう一度

ちゃんと整理しようと思ってます。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2023年01月28日

道路交通法第71条6号3

昨日も雪が降り、今朝起きるとご近所の屋根の上には
薄っすらと雪が積もっており、寒い朝となりました。
雪の影響で、部品の入荷が一部遅れている状態ですが
名神高速道路上で30時間以上車が動かないとか
大変だなぁと思いながらTVを見ていました。
そこで、余り知られて居ない道路交通法第71条6号ですが
都道府県によって違反基準が違う様ですが(沖縄を除く)
ノーマルタイヤでの雪道走行は「公安委員会厳守事項違反」となり
違反点数はナシですが、反則金が発生し、大型車は¥7,000
普通車、自動二輪車¥6,000、原動機付自転車¥5,000になります。
都道府県別になる為、違反基準は一般社団法人 日本自動車タイヤ協会
通称JATMA(ジャトマ)の都道府県道路交通法施行細則又は道路交通規則
のページを参考にして下さい。
スタッドレスタイヤに交換していない場合はタイヤチェーンを
搭載していれば良いらしいし、二輪車にもスノータイヤがあるので
履き替える必要があるらしいですが、雪が降る中を
バイクで走ろうと思う方は郵便配達の方位だと思うけどね。


極寒の中2台お引取り納車

予定では本日引取り納車が2台、入庫が1台あるのですが

2台引取り納車230128この寒さなのでどうかなぁ?と思っており

まぁご来店が無ければ、店内の片付けも

まだ残っているので、片付けをしようと思い

どちらでも良いかぁ…と思って居たのですが

高槻O様CB400引取り納車230128朝一に寝屋川K様がご来店頂き、お引き取り下さり

お昼前には高槻O様が引取りにご来店。

高槻方面は今朝路面が凍っていたらしいです。

引取り納車も無事に終わり、これでPITにも

余裕が出来たので今日明日の入庫予定、明日の作業も予定通り行えます。


枚方S様CB400継続車検整備とCP機械曲げマフラー取り付け

午前中は納車と入庫で少しバタバタしましたが

枚方S様CB400F継続車検入庫マフラー交換 (1)皆様が良い感じの時間でご来店頂きました。

継続車検とCP機械曲げマフラー交換などで

本日予定通りにご入庫頂いた枚方S様CB400F

エンジンを始動する時にバッテリーが

枚方S様CB400F継続車検入庫マフラー交換 (2)ちょっと弱いなぁと思いながら

僕がエンジンを掛ける時にはもう既に

バッテリーは死亡してしまっていた…

取り合えず純正マフラー&スリップオンを

枚方S様CB400F継続車検入庫マフラー交換 (4)取り外して、CP製機械曲げマフラー

サイレンサーオリジナル風溶接タイプ

シリアルCP 003を取り付けました。

溶接してあるからと言っても価格は同じです。

枚方S様CB400F継続車検入庫マフラー交換 (5)本当はシリアル發鯑れる様な事をする予定は

無かったのですが、余りにもオリジナルとの

比較が難しくなったので、ある程度朽ちて来た時

某Yオクに出品された場合、僕でも画像での

枚方S様CB400F継続車検入庫マフラー交換 (6)判断が出来なくなる事からシリアル發

マフラーステーに打刻する事にしました。

マフラーの取付が終わり軽く耐熱塗装を焼いて

エンジンオイルを抜いて車検整備準備。

枚方S様CB400F継続車検入庫マフラー交換 (7)バッテリーも充電しないとヘッドライトの

光量が足りなくなると言うよりも

今はLEDで車検を受ける様になったので

一々キックでエンジンを掛ける事がきついので

バッテリーを充電して置く事にします。

追加の作業でキャブレターオーバーフロー、フロントブレーキ鳴き調整も

やる事になったので、少しお時間を頂く事にします。

明日は京都GTH号がオイル交換にご来店予定なので

今日の作業はここまでで終了です。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2022年12月09日

入院手術まで残り一週間3

今日から来週の入院手術の準備に取り掛かっており
毎日の体温測定の記録や、入院に必要な物の
準備も着々と進んでおります。
仕事の方も、全て予定通りこなせており
お客様にご迷惑をお掛けする事も
現在最小限になっていると思います。
頸椎の手術自体は今時の手術ではそんなに危険性は低く
余程の事が無い限り、血管を破ったとか、神経を傷付けた
なんて事は無いと思いますし、麻酔が覚めないと言う事は
稀にありますが、過去何度となく、全身麻酔での手術をしており
麻酔に対する耐性はあると思って居ます。
仮に何かがあったとしても、息子が側に居るので
家族に迷惑が掛からない様に適切な判断をしてくれると思います。
僕も仮に機械で生かされる位なら、尊厳死を望みます。
心配なのは、嫁が息子に何らかの悪だくみの指令を
出していないかだけですねw


埼玉T様タンク塗装送り

本当はもっと早く塗装に出す予定だったのですが

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (1)塗装送りに出す前にタンクの錆を

チェックした所、タンクの底の部分に

錆がある事を確認した為、錆取りをしてから

塗装に送ろうと思いながら、中々時間が無く

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (2)錆取り作業に取り掛かれずにいました。

単純に錆取り剤を入れて放置して置けば

良いんじゃないかと思われがちですが

錆取り剤の時間管理をしておかないと

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (3)錆は取れた物の、タンクの中にカルシュウムが

一気に増殖してしまい、タンクが使い物に

ならなくなってしまうので、錆取りを行う際

時間管理をちゃんとしないとダメなんです。

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (4)で、錆取り剤を入れる前にパテ盛りが無いかを

チェックして見ると、一部塗装が

浮いている所を発見!重さのバランスも悪く

恐らくここにパテ盛りされているのだろうと

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (5)念の為、塗装を剥離してチェックして見ると

案の定パテ盛りしてあり、その部分の塗装が

浮いている事が分かり、幸いにも錆では無かった。

ここは板金して仕上げる事になります。

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (7)タンク内をエアブローしてワコーズの

錆び取り剤ピカタンを注入。

この時期外気温が低いのでお湯を入れて希釈。

ここから24時間放置するのですが

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (8)お湯が冷めると、水の容量が減るので

時折お湯を継ぎ足して管理します。

その時、エアブローをしたら、表面の塗装が

ペロペロっと剥がれたので、隙間にヘラを入れたら

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (9)全部剥がれそうな勢いだったので

塗装も余り良くない塗装だったと思います。

で、24時間経過したので、錆取り剤を洗い流し

タンク底部分の錆が取れた事を確認し。

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (11)ちょっと見えにくいですが、取れてます。

この時、タンクコックのパッキン面も

油砥石で磨き、汚れや錆を取り面を出してます。

これ全部塗装が終わってからやると大変なんでw

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (12)これで、ガソリンコックのパッキン面も

綺麗になったので、ガソリン漏れの心配を

しなくても良くなります。

ここまでが錆取りとその下準備になります。

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (13)次に錆取り剤を水洗いしたので、タンクの中は

水分が残っているので、エアブローをして

水分を飛ばして仕舞いますが、これだけでは

タンクの繋ぎ目に水が残るので

埼玉T様408タンクリペイント錆取り (14)ヒートガンを使って、完全乾燥させます。

本当は、タンク乾燥用ボックスを作ったのですが

嫁が、邪魔だと言う事で、間違って処分して仕舞い

また作らないと…と思いつつそのままなんですw

これで水分を完全に飛ばし終えたタンクを、塗装屋さんに送ります。

錆取りの管理する時間が無く、処置が遅くなって申し訳ないです。


姫路Y様CB400国内398cc二桁フレーム塗装仕上がり

塗装の仕上がりは来年になるかと思って居たのですが

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (1)恐らくパウダーコートカトーさんも残業して

必死で仕上げてくれたのだと思います。

年内に仕上がって戻って来ました。

先日オーナーとお会いした時にお話をしたので

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (2)フレーム一式はこのままの状態で

一旦お持ち帰りになります。

スイングアームは少し手を入れないとダメなので

スイングアームのセンターカラーを入れて

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (3)オーナーに引き渡す事にします。

それ以外は手を付けず、一旦引き渡しです。

センターカラーなどは部品の紛失を

防止する為にも仮組をするのですが

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (4)この大事な部品を失くしてはいけないと

何時もの如く大事に片付けた場所が分からなく

朝からバタバタして探し出しましたw

で、センターカラーと部品を洗浄して

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (5)塗装が済んだCB350Four用スイングアームの

養生を剥がして、中にゴミやメディアが

残っているとダメなので、綺麗に洗浄。

これでセンターカラー組み付け準備が整い

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (6)中にモリブデングリスを注入します。

圧力が掛かる所なので、ここに使うグリスは

モリブデングリスを使って下さい。

グリスを注入し、中に満遍なく塗りたくり

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (7)センターカラーを入れる際にも同じ様に

モリブデングリスを塗りたくり

スイングアームに入れます。

これで後はフェルトパッキンや

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (8)大事なブッシュを入れて完成。

まぁまだブッシュとフェルトパッキンは

純正で新品は出るんですけどね。

取り合えずはこれで、一旦復旧が完了です。

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装仕上がり (9)落下しない様にテーピングをして置きます。

この部分の部品を新品に交換するかどうかは

オーナーにお任せとなるので

これでスイングアームは塗装、現状復旧は完了。

リアショックロアダンパーはまだ入れてません。

後は退院してからエンジンをリハビリがてら仕上げる事にします。


CP1.5号機パワーシフター化

無謀にもRCフォアが僕にシグナルGPを挑んで来た事もあり

CP1,5号機CNCレーシングパワーシフター取り付け (1)またCP1号機と乗り換える際に

正シフトと、逆シフトの違いを

間違えない様にした事もあったので

CP1号機同様にCNCレーシング社製の

CP1,5号機CNCレーシングパワーシフター取り付け (2)パワーシフターを導入する事にしました。

これで例えRCフォアがCRキャブを導入しようが

空力抵抗を減らそうが、負ける事は無い!

そう思い、取り付けて行くのですが

CP1,5号機CNCレーシングパワーシフター取り付け (3)何やら以前とは違い、部品の内容量が?

何か足りないと思ってCP1号機と比べると

電源ユニットが入っていなかった…。

やはりこう言う所は海外製品だなぁ…

早速販売元へ連絡をして、詳細を報告して現在調査中になった…

入院前に取り付けて仕舞おうと思って居たのに!


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年12月08日

来年1月4日から車検証電子化3

まずは普通車からですが、来年2023年1月4日以降に
継続車検を受ける若しくは新規登録をする普通自動車は
今の車検証から電子車検証に変更されます

電子車検証と言っても、紙ベースの物はあり
その中にICタグ化される物に変更されます。
従来のA4サイズから、縦105弌横177.8个
少し厚みのある物に変更され、記載情報も変更され
一部の情報はICタグに格納される事になります。
ICタグに格納される情報は以下の通りになるらしい
自動車車検証の有効期限、使用者の住所、所有者の氏名・住所
使用本拠地の位置、帳票タイプなど
その他はPCやスマホのアプリで読み取りが可能らしい
(一部バージョンのPC、スマホは非対応)
よって、車検証に有効期限が記載されなく無くなる為
車検切れなどは自己管理となり、この先車検切れで走行する車両が
増えるんじゃないのかと言う懸念を僕は感じます。
現在車検標章ステッカーの表示位置は運転席から見える位置へ
変更する事になってますが、僕は今まで一度も貼った事が無いw
本来車検標章ステッカーを貼らずに走行するのは違反になるw
また軽自動車などは2024年からの導入になるらしい。
まぁ恐らく、導入直後はシステムの不具合やバグがあると思うわ。
電子化で車検が簡素化される部分もありますが
手数料が100円〜400円程度上がるらしい…簡素化されるのに何でやねん!


寝屋川K様CB400F前後タイヤ交換

昨日タイヤチューブが入荷して来たので

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (1)早速今日は最後の仕上げとなる

タイヤ交換を実施するのですが、その前に

色々とチェックをすると、アクスルシャフトの

挿入向きが反対、これあるあるですね

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (2)実は左側から入れる方が作業性が良いから

この向きに入れがちなんですよねw

トルクロッドもダンパーゴムが不在で

ナットはホムセンナット対辺13个砲覆辰討泙后

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (3)別に割りピンでも良いんですがここは

メンテナンス性からRピンが良いですね。

フロントアクスルシャフトクランプナットも

ホムセンナット、平ワッシャー無しのステンレス。

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (4)ここは対辺14个離淵奪箸鮖藩僂靴泙后

同じM8ナットですが、アクスルシャフトの

圧力が掛かる部分になり、面圧を出す為に

ナットの対辺が14个鮖箸い泙后

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (4)と言う様な部品の誤組みやホームセンターで

売られている様な、物は全て排除して

タイヤ交換作業をやって仕舞います。

まずはリアタイヤホイールを取り外しました。

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (5)タイヤホイールを取り外して見て思ったのは

ドリブンスプロケット…小っちゃ!

通りでチェーンアジャスターがかなり

引っ張られているなぁと思いました。

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (6)サクサクっとタイヤを取り外して

チューブなどをチェック、リムバンドが

劣化してダメなので交換、チューブはまだ

大丈夫そうなのでそのまま使用。

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (7)アクスルシャフトの向きも修正して取り付け。

トルクロッドの不在だったダンパラバーも

取り付けて、ナットもホムセンナットから

純正の対辺12个吠儿垢掘Rピンで固定。

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (8)次にフロントタイヤホイールを取り外し

タイヤを交換、タイヤが僕の嫌いな

コンチネンタルじゃ無くTT100なので

仕事はサクサクと進むし、今まで過去一度も

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (9)TT100でチューブを挟んだ事はありません!

アクスルシャフトクランプのナットも

ホムセンナットから対辺14个妨魎垢

平ワッシャーも入れて組み付けが完了。

寝屋川K様前後タイヤ交換221208 (10)何とかこれで入院前に納車が出来るので

一安心と言った所で良かった。

細かい所はまだまだですが

それもまたボチボチと見て行く事になります。

長く付き合って行く車両なので、時間を掛けて仕上げましょう!


姫路Y様CB400国内398ccロッキードブレーキキャリパー

今年インテックス大阪で開催された、第38回モーターサイクルショーに

姫路Y様CB400国内398cc用ロッキードキャリパー再アルマイト送り (1)出展されていたアルマイトなどを取り扱っている

(株)コーケンの社長とお話をさせて頂き

この色褪せたロッキードのキャリパーの

再アルマイトについて、色々と打ち合わせを

姫路Y様CB400国内398cc用ロッキードキャリパー再アルマイト送り (2)重ねたので、やっと再アルマイトに出します。

打ち合わせをした結果、アルマイトを落とすのは

ウエットブラストで仕上げる事になりました。

仕上がりの色見などに関しては現物を見てもらい

姫路Y様CB400国内398cc用ロッキードキャリパー再アルマイト送り (3)ブラストをしていない残っている部分の

色見から、調整をして貰う事になったので

表側のアルマイトの色が飛んでいる所だけ

綺麗に下地処理をCP側で済ませました。

姫路Y様CB400国内398cc用ロッキードキャリパー再アルマイト送り (4)何故かと言うと打ち合わせの段階で

ブラストをドライで打つか、薬品で溶かすか

と言う話になったので、メディアが例え

ガラスビーズであっても、熱でガラスビーズが

キャリパーに貼り付き残るし、下手をすれば通路も詰まるし

艶も出ないので流石にドライじゃだめだと言う事で

CPのウエットブラストで下地処理をしてから

(株)コーケンさんへ送りました。

現在納期確認と、見積もりをしてもらっている所です。


強化オイルポンプ「極み」2022最終ロット

何とかギリギリですが、今の所供給は出来ている

強化オイルポンプ「極み」2022ラストロット組み立て (1)強化オイルポンプ「極み」ですが

ここに来てまた新たな心配事が出て来ました!

それは「極み」の心臓部になるトロコイドギアー

その在庫が今手元にあるだけどなり

強化オイルポンプ「極み」2022ラストロット組み立て (2)ひょっとすると、メーカー側が価格改定

値上げの可能性が懸念される事になりました。

今の所、加工費などは据え置きになってますが

トロコイドローターの価格も今年一度

強化オイルポンプ「極み」2022ラストロット組み立て (3)値上がっているのに、この在庫切れからの

値上げがあるんじゃないかと言う心配と

下手をすれば、このまま廃盤になる可能性も

考えられるので、そうなれば今度はまた

強化オイルポンプ「極み」2022ラストロット組み立て (4)別のメーカーで新たに図面から起こして

作り直す事になるかも知れないと言う恐怖感…。

トロコイドローターが廃盤になるかならないかは

暫く様子見となるり、再販の目途も今の所

メーカーからの連絡は無いのですが

一応BOでの注文は受けてくれているので、多分大丈夫だと思いますが

今の所は在庫限りと言うしかないです…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2022年12月02日

にわかW杯サッカーファン3

今朝は朝4時起きなので激しく寝不足です。
理由は当然ですが、スペインVS日本のW杯LIVE観戦。
前半戦開始後直ぐに、ゴールを決められてしまったので
もうダメなんだろうなぁと思いつつ、うとうとしながら見ていて
半分夢の中では、競技場に居る夢を見てましたw
で、後半戦が始まりこれもまた直ぐに日本が同点ゴールを決め
続いて直ぐに逆転すると言う!凄い!
でも残り時間があり過ぎるので、そこからはハラハラしながら見て
後半戦が45分を過ぎ、アディショナルタイムが7分になり
その7分は今までの45分より長く感じ、この前から痛みがある
胸の痛みが増す位、力が入った7分でした。
そこからはもう完全に目が覚めてしまったので
今日はかなり眠いと言う事で、胸の痛みはまた別の話なんですけどねw
それと凄い生命力を持った蝿との格闘もここ数日間あって
その事はまた後日。


寝屋川K様CB400F部品交換オイル漏れチェック

昨日お預かりした寝屋川K様CB400Fですが

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (1)以前ご来店頂いた時のご相談で

部品交換のご依頼を頂いていおり

その部品は既に入荷しているので

まずはその部品を交換して仕舞います。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (2)シートは貼り換えられているので

純正表皮パターンのシートに交換するついでに

不在だったエアークリーナーボックスの蓋も

取り付けて仕舞う事にします。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (3)蓋の取付はサクッと出来るのですが

気になったのはこのバッテリー端子。

+−の方向は合ってますが、そもそも

バッテリーの配置が逆になっているので

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (4)端子がフレーム側にある事が気になります。

まぁバッテリーサイズは同じでも

L,Rが逆な物を取り付けてあるのでこうなります。

気になると言うのは振動などで端子がフレームに

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (5)接触しないかと言う所が気になる点です。

で、シートの交換も完了しました。

やっぱり純正表皮パターンが良く似合いますね。

次にリアブレーキペダルを交換します。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (6)酷く曲がって居た物ですが、ある程度オーナーが

修正をしたのですが、元からかなり上に

上がっていたので、中々元の位置まで戻す事は

かなり至難の業だと思う事から

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (7)新品のリプロ品ですが、交換する事にします。

ここもCB400Fourあるあるの所ですね。

ブレーキピポットシャフトが面より凹んでます。

これはブレーキリターンスプリングがシャフトと

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (8)フレームの間に噛み込んでいるのでこうなります。

またピポットシャフトの動きが悪かったので

洗浄して見ると錆汁が…ある程度洗浄して給油し

ピポットシャフトの動きを良くしました。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (9)ブレーキスイッチのリターンスプリングが

加工されており、少し短いのでスプリングも

交換した方が良いかなぁと思いながら

取り合えずスイッチを調整したのですが

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (10)スイッチ側も錆びて動きが悪いので給油し

動きを良くしてから調整したのですが

やはりリターンスプリングが短く

加工されている事や、動きが悪いなどで

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (12)ブレーキランプが点灯しっぱなしになるので

仕方なく諦めて、ブレーキスイッチと

リターンスプリングを新品に交換して調整。

これでリアブレーキの動きも、ブレーキスイッチも

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (13)当然ですが動作は良くなったので

取り合えず当初予定していた部品交換は完了。

追加の部品は入荷待ちになります。

で、忘れる前にやって置かないといけない事があり

寝屋川K様CB400Fタンクガスケット手直し221202 (1)どうやらタンクキャップガスケットが

裏表逆に取り付けられているようなので

取り合えず取り外して確認をする事にします。

手っ取り早い確認方法は中身を取り外す事。

寝屋川K様CB400Fタンクガスケット手直し221202 (2)タンクを養生して中身を取り出し

ガスケットを見て見ると、やはり裏表が逆。

本来タンク側がゴムの厚い方になるので

逆の場合は密閉性が少なくなって仕舞います。

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (1)タンクキャップの手直しをサクサクっと終えて

次にフレームについているステアリングロックの

キーが無いので、ハンドルロックが出来ない。

これでよく国内新規車検が通った物だと思った。

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (2)でもどうやら車検はU字ロックでも良いらしいよw

で、キーが-無いので新品に交換して仕舞う事に。

まずはシリンダーの抜け止めピンを取り外します。

で、ここからが問題で、本当ならキーが無いと

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (3)シリンダーが抜け居ない構造になっているので

以前にシリンダー交換の時にもやった

ピッキングでシリンダーを回てし抜くのですが

これがまた全然シリンダーが動かなくて

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (4)かなり時間が掛かってシリンダーを抜いたのですが

抜いてから分かったのですが、ここも錆が酷く

これじゃぁキーシリンダーも動かないはず…

もっと早く気が付けば苦労しなくても良かった…。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (14)これで後は部品が入荷して来るのを待つだけです。

次はこの変色したワイヤーハーネスバンド

ここまで汚れていると、これはこれである意味

貴重なオリジナルの当時物パーツが付いていた

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (15)と言う事になると思うのですが、オーナーから

新品に交換して欲しいとのご要望があり

僕個人的には、良い味があって交換しなくてもと

思うのは、もう変態的なマニア感が出てますw

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (16)次にACGカバーやシフトチェンジアーム付近からの

オイル滲みがあるので、カバー類を取り外し

オイル漏れ箇所の特定と交換出来るヵ所なのか

それとも残念な場所からなのかを特定します。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (17)で、スプロケカバーを外すのですが

他にも問題があって、インジケーターの

オイルランプが時折点灯しないと言う問題で

プレッシャースイッチが原因なのかも調査。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (18)現状で、イグニッションキーをONにすると

オイルランプは点灯しなかったので

一応オイルプレッシャースイッチを注文して

念の為、他に原因が無いかをチェックします。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (19)テスターでプレッシャースイッチの導通を

チェックしましたが、スイッチ自体に

問題は無い様なので、サブハーネスが

かなり硬化しており、ハーネスクランプも

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (20)何か強引な曲げ方をされているので

サブハーネスを触ってチェックして見ると

インジケーターのオイルランプが点灯するので

硬化したサブハーネスの断線が原因だと判明。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (21)と言う事で、サブハーネスを交換するに当たり

セルモーターを取り外すのですが

セルモーター周辺が嫌にオイリーなので

これはOリングがダメなんだろうなぁと思いつつ

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (22)セルモーターを取り外してみると

やはり〇部分にはオイル漏れの痕跡があり

セルモーターのOリングが硬化して潰れていた。

まぁよくあるパターンで、ついでのついでに

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (23)不具合が見つかるパターンですね。

オイリーな部分は洗浄をしてしまいます。

ACGハーネスにもオイルが伝っているので

オイル漏れの原因はここなのかも知れません。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (24)オイルを洗浄し、プレッシャースイッチの

サブハーネスを交換してインジケーターの

オイルランプの点灯をチェックして

問題が無いので、ハーネスクランプで挟み込み

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (25)硬化しているセルモーターのOリングを取り外し

Oリングを新品に交換して、セル本体も洗浄。

エンジン側のオイリーな部分も全て

洗浄をして仕舞、セルモーターを取り付けます。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (26)で、これが洗浄後のクランクケース側です。

オイル混じりのホコリを洗い流したので

パーツクリーナーを結構使いました…。

でもまだここだけがオイル漏れの原因なのかは

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (1)まだハッキリと分からないので

スプロケットを取り外し、ミッション部の

オイルシールなどをチェックします。

カウンターシャフトのオイルシールには

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (2)スプロケット取り付けボルトの寸法が

長い物を使われたのでしょう…ダメージが…。

ここも汚れを一旦綺麗に洗い流して仕舞ます。

まだ汚れとしては幾分かは綺麗な方ですが…

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (3)油分と汚れを全て洗い流し現像液を掛けて

乾燥させながら、オイル滲みが無いかを

チェックし、次にエンジンを始動させ

エンジンを温めて行き油圧を掛けて行きます。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (4)で、その結果は!何とまぁオイル漏れは

今の所無し!と言う診断になりました。

これはある意味奇跡ですが、この先も

漏れないと言う確証はありません。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (5)ACGカバー側も取り外し、同じく現像液を掛け

乾燥をさせてオイル漏れをチェック!

流石にオイルパスプラグからのオイル漏れ位は

あるだろうと思っていましたが、これもまた

今の所オイル滲みも無いので、オイル漏れの原因は

セルモーターのOリング硬化による物だけと言う事になりました。

エンジン自体は特に気になる異音も無いと思いますが

まぁ相応にはプライマリーチェーンの音がしたりはしていますが

それ以外に気になる所も少ないので、暫くはこのままでも良いと思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241