修理

2023年09月19日

気持ちの切り替えネガティブからポジティブへ3

先日開催された「365絶版チャリティミーティング Vol.1」を
ユーチューバーの方のアニメアニキさんが
まだダイジェスト版ですが、動画をUPしてくれました。


こう言う動画を上げて頂けるのは嬉しいですね!
中には、裁判してやろうかなと思っている動画もあり
今そっち方面に強い弁護士を探している所です。
次は24日、箱根ターンパイクで開催される
第18回ヨンフォア&旧車ミーティングです!
当日、色々な方にお会い出来る事を楽しみにしております!


京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換

本当は昨日作業を終わらす予定だったのですが

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (1)朝からハイエース追突事故があり

怪我は無い物の、気分的に仕事に身が入らず

また事故後の修理工場への連絡や

保険会社への事故報告などをやっていたら

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (2)作業時間が削られて仕舞い、その上いかにも

ヤバい方がご来店と言う…事が昨日一日の中に

凝縮され、キツイ一日となって仕舞いましたw

と言う事で、今日は気持ちを改めての作業です。

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (3)レデューサーが装着されている京都H様の車両。

オイルドレンボルトを外すと、オイル排出は

最初の画像の様に細く出るので、レベルゲージから

空気を入れると、何時もの感じでオイルが出ます。

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (4)レデューサー装着車でこの様にならない場合は

リードバルブに何らかの不具合が生じている

と言う事になるので、取り外してチェックです。

乳化したブローバイが詰まっている場合は

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (5)洗剤で洗い流すのですが、パーツクリーナーで

洗浄する事は絶対にやらないで下さい。

リードバルブ下のゴムパッキンが浮いている

場合は、製造元へ連絡し修理を行って下さい。

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (6)今までは無償だったのですが、昨今の世界情勢で

今は有償修理になっております。

と言う事で、クラッチ交換作業の方ですが

サクサクっと進んで取外しが完了です。

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (7)せっかくなので、昨年テストで取り付けた

ベアリング式ニュートラルストッパーを

チェックしましたが、強化シフトドラムセンターと

共に全く摩耗や問題無もく、取り付けた時の

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (8)状態のままだったのをこの様に確認出来ました。

不具合のあったクラッチプレートAですが

写真では分かりにくいのですが、常温でも

歪んでいるので、これで油温が上がれば

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (9)もっとクラッチが切れなくなります。

新品のクラッチ一式を装着し組み立て開始。

この時、フリクションディスクには

初期カジリを防止する為に、エンジンオイルを

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (10)染込ませてから組み付けをする事が大事です。

これでクラッチの交換が完了したので

しっかりと脱脂してから、カバーをセットし

組み立て作業に取り掛かります。

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (11)カバーを取り付けたらアジャスティングボルトを

リフターに当たるまで一旦軽く締めて

そこから90度程度戻してセットします。

次にワイヤー側アジャスティングボルトで

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (12)クラッチレバーとワイヤーの遊びを調整。

最終的にクラッチレバー側のアジャストボルトで

リリースポイントや、レバーの遊びを微調整。

最後にオイルフィルターを交換して

京都H様CB400Fオイル、クラッチ交換230919 (13)エンジンオイルを入れてクラッチ交換が完了。

エンジンを始動させ、クラッチを調整

次に油温を上昇させてクラッチの切れを

確認して全ての作業が完了となります。

大体作業時間は2時間程度、後は確認と調整作業になります。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年09月18日

でっかいおっぱいと追突事故…等価交換4

昨日今庄365スキー場、第一駐車場で開催された
「365絶版チャリティミーティング Vol.1」
今回オブザーバー的に参加させて頂きました。
第一回と言う事もあり、出店ブースや催し物的な物も
第二回に向けて、主催者の方ともお話をして来ました。
このイベントをもっと良い物に育て上げるのは
絶版バイカーの方々のお力だと言う風に、僕は思ってます。
その為にも、カスタムパラノイアも微力ながらですが
次回に向けて企画、タイムスケジュールを主催者の方と
進めて行きたいと思っております。
また昨日は東海、近畿、山陽と遠路遥々お越し下さりまして
ありがとう御座いました!


「365絶版チャリティミーティング Vol.1」

イベント当日の朝5時前に自宅を出発し、現地に6時半頃到着!

365絶版チャリティミーティングVol (1)お手伝いに来て頂いているO様と

手慣れた感じで何時もの感じでブース設営。

流石に太陽が出ると汗が噴き出て来ましたが

日陰に居て、風が吹くと丁度良い感じ。

365絶版チャリティミーティングVol (2)地元のショップの方にご挨拶をして

イベント開始準備は整いました。

心配だったのは、ご来場される台数でした。

今回CPは、自慢のCB400Fourを3台

365絶版チャリティミーティングVol (3)ハイエースに積み込んでの参戦!

ガキの頃、散々悪さをしていたので

35年ぶり位に合う旧友や同級生、後輩も含め

何か今の自分の姿がかなり照れ臭かったw

365絶版チャリティミーティングVol (4)皆大人になっており、大きな子供も居るけど

僕と馬鹿な事ばっかりやって居た仲間も

久しぶりに会って、今の僕の姿に驚いていた…

あの頃の僕がこんなまともな人生を歩けるとは

365絶版チャリティミーティングVol (5)きっと誰も思って居なかっただろうなぁw

そんな事を考えると、僕はまだガキの頃と

あんまり変わって居ない自分の事が

とても照れ臭く、恥ずかしく思ったわ…。

365絶版チャリティミーティングVol (6)歳を重ねた旧友と会う度に

忘れていた記憶が蘇って来る毎に

ろくでも無い事ばかりやっていた記憶しかなく

僕の記憶が無い方からも「僕の事を知っている」

365絶版チャリティミーティングVol (7)と言われる事も多く、あの頃の自分の

所業を思うと「ごめんなさい」

「すみませんでした」と頭を下げるしか無かった。

そんな中でも、沢山の方にご来場頂き

365絶版チャリティミーティングVol (8)激しく嬉しく思い、今回参加出来た事で

何か自分の中のカルマが一つ消化出来た様な

気持ちにもなり、楽しませて貰いました。

今の自分は、あの頃の自分とはちょっとは

365絶版チャリティミーティングVol (9)違って居る筈とも思えた楽しい一日で

義弟、義妹、その甥夫婦やその子供達や

嫁の友達夫婦、娘さんも来てくれたりして

今回のイベントは、僕の中でも大成功だった。

365絶版チャリティミーティングVol (10)ご来場頂いた旧車、絶版車の車両台数は

約250台と言う集計結果を主催者様から伺い

次回に繋げる為に、タイムスケジュールを

練ったり、イベントの中身をもっと濃い物に

365絶版チャリティミーティングVol (11)する為のアイディアを出す事になると思います。

イベント終了時、スタッフの女性の方が

一度もバイクに乗った事が無いと言うので

僕のバイクの後ろに乗って、会場をタンデムで

365絶版チャリティミーティングVol (12)疾走!勿論全神経は背中に集中し

無駄に加速して、無駄にブレーキを掛けて

スタッフの女性も後ろで「気持ちいい!」と

叫びながら、僕も背中が気持ち良かった!

365絶版チャリティミーティングVol (13)で、Lineを交換し今度大阪に遊びに来る事になり

義弟が「兄貴!それは卑怯やわ!」と

クレームが入りましたが、これもカルマだと思い

もしもの事があるかもしれませんが

365絶版チャリティミーティングVol (14)それも素直に受け入れる事にします。

見た目は華奢な身体の女性でしたが

おっぱいは大きく、ノリの良い子でした。

決して、僕は多分下心はありません…。

IMG_6616ちゃんと嫁にもお土産を買って帰り

結構ヘトヘトだったのか知らぬ間に朝になって

目が覚めて身体中が筋肉痛でした。

そして、全ては翌朝に続く事になる…

これもカルマだろうと思います。


CP営業車3号機ハイエース追突事故…

昨日ちょっと食べ過ぎたのか、朝トイレが何時もより長くなり

ハイエース追突事故… (1)出勤時間が何時もより遅れて自宅を出発。

国道1号線に出て直ぐの信号待ちで停車中

何かが破裂した?かと思う様な衝撃と

ドライブレコーダーがピピ!っと反応し

ハイエース追突事故… (2)追突された事に気が付いたのですが

サイドミラーで後方を確認するも

車の姿は無く?よく見ると右ミラーに映る

原チャリと、運転者らしき人影を発見し

ハイエース追突事故… (3)原チャリが追突して来た事を理解する…。

自宅の近くだったので、取り合えず嫁に

電話を掛けていると、事故処理車両が到着?

え?誰が警察に電話したのかな?と思ったら

ハイエース追突事故… (4)たまたま通りかかった枚方警察の

事故処理係りの方達だったので、事故⇒事故処理

待ち時間無し!と言う過去最短の事故処理記録!

追突されるのも久しぶりだったのですが

ハイエース追突事故… (5)原チャリに追突されたのは初めてだった。

運転者は少し出血しており、怪我が心配でしたが

手足の擦り傷と顔面を強打したのだろう

口内からの出血もあったが、意識はハッキリして

警察官との応対もちゃんとしていたので

取り合えずハイエースのリアゲートが開くのを確認した。

来週の箱根イベントで荷物が下せなかったら最悪だからねぇ…。

事故処理も終わり0:10の事故となり、筋肉痛で身体が痛いだけで

怪我は無いはずですが、まだ頸椎が手術で弱っている事が

多少心配ではあったのですが、この事故が車だったら

ノーブレーキでの追突なので、ヤバかったかも知れない。

きっとこれも僕のカルマなのだろう…受け入れるしかないと思った。

店に出勤して、イベントの後片付けと、0:10の事故ですが

相手が原付なので、自賠責しか加入していないだろうし

ファミリーバイク保険に加入していたとしても

その保険がどの程度カバー出来るのかが分からないので

万が一の事も考えると、一応保険屋に事故報告をしたりして居たら

仕事をする時間が無くなって仕舞った…。

気持ちが良い事もあれば、こんな事もあるよねぇ…。

そして店を開けていると、兎に角見た目がヤバい方がご来店…

目がヤバいし、支離滅裂…同じ言葉を連呼する…

下手に追い返して暴れられてバイクに傷でも付けられてもこまるので

相手との距離を取り、適当に話を合わせて、丁重にお帰り頂いた。

きっとこれも、でっかいおっぱいのカルマだったのだろうと思います。

幸も不幸も等価交換、でっかいおっぱいと追突事故も等価交換…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年07月30日

夏季休暇のお知らせ3

【夏季休暇のお知らせ】
気が付けば7月も終わりを迎えようとしており
もう8月も目の前となって仕舞ってましたねぇ…
早い物で8月11日は孫の5歳の誕生日ですが
息子の勤務の都合で合えるかどうか分かりません…
で、今年の夏季休暇ですが一応8月12日(土曜日)〜
8月16日(水曜日)までを夏季休暇と考えて居ります。
12日と16日は既に予定が入っている為出勤はしませんが
それ以外は多分何時も通り、やる事があれば
仕事をしていると思うのですが、一般の作業は受け付けません。
昨年の様に、ツーリング先でトラブった場合のヘルプや
緊急入庫などは、場合によっては受け付ける事もあります。
何方様も、良い夏季休暇をお過ごし下さい。


バッテンキャリパーO/H

バッテンキャリパーサポートが廃盤になってからもう数年が経過し

バッテンキャリパーOH230731 (1)何故かここに来て急に数人の方から

ご依頼を頂き、慌てて特注でサポートを

製作しておりますが、最も肝心となって来る

バッテンキャリパーの入手がかなり困難になり

バッテンキャリパーOH230731 (2)また価格もかなり高騰している中から

何とか数個入手する事が出来ましたが

販売当初より、部品代の価格が高騰してます。

また恐らく、キャリパーサポートの加工も

バッテンキャリパーOH230731 (3)このご時世を考えると、それなりに価格は

当初より高騰していると思います…。

兎に角入手出来たバッテンキャリパーを

分解し、錆や汚れを落としO/Hをする事に。

バッテンキャリパーOH230731 (4)これで取り合えずはご注文分の品物の

確保が出来たので、取り合えずは一安心。

純正部品も揃っているので、キャリパーを

綺麗に仕上げてO/H、仮組して保管するので

バッテンキャリパーOH230731 (5)キャリパー本体もリペイントを済ませます。

塗装は焼き付け塗装で仕上げています。

これを新品の純正部品で組み立てます。

後は発注したキャリパーサポートが

バッテンキャリパーOH230731 (6)出来上がって来るのを待つだけとなってます。

再利用できる部品はなるべく再利用し

コストを抑えたO/Hになる為

新品のボルト類は黒染めになっている物が

ユニクロメッキになっている個所もあり、そこはまぁ少しでも

コストダウンと言う事でご理解をお願いしたいのですが

新品部品で組み立てる事も可能ですので

その場合は別途ご連絡を頂ければ対応致します。


京都I様CB400Fクラッチハウジングダンパーゴム交換

昨日入庫して来た京都I様CB400Fのエンジンからの異音

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパーゴム交換 (1)ゴトゴト音の原因であるクラッチハウジング

ダンパーゴム交換作業の為、今日はその作業。

まずはエンジンオイルを抜いて作業準備。

エンジンオイルは見る限りモチュール7100。

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (1)割とお高い100%化学合成油になりますが

ノーマルエンジン、の408にCP製398cc専用

0.5OSピストンを使っているとの事なのですが

そんなに良いオイルを使う必要性は無いのかな?

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (2)と僕個人的には思うのですが…。

フルレストア、エンジンフルO/Hとの事で

何でもこの車両がここまで仕上がるのに

3年程掛ったらしいのですが、オイル漏れが…

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (3)元々他社の旧車専門店との事で、CB400Fourの

細かい知識は無いと言う前置きが合っての

作業になる為、CB400Fourのウイークポイントや

よくある感じで組み付けが甘い所もこの際なので

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (4)気が付く範囲で手直しをして仕上げます。

ちょっとした組み方の順番が違うだけで

必要が無いクリアランスが出来て仕舞い

その車両にとっては余りよろしく無い仕上がりに

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (5)なって仕舞う事はCB400Fourあるあるですね。

気が付いた所はその都度手直しをやりながら

本来の目的であるクラッチアウターダンパー

ゴムを交換するのが本来の作業なのですが

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (6)どれ程ガタ付きがあるのかと思い触ってみると

思っていた程の酷いガタ付きは無いので

逆に良品と言っても良い程の程度だったし

ゴムを交換しリビルドしても1,000キロ程走れば

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (7)アウターにこの程度のガタ付きは出るので

リビルドする必要性はかなり低いと思います。

でも、シフトドラムセンターとクラッチ板

などの交換はやる予定になっているので

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (8)クラッチを取り外さないといけないのですが

ロックナットは過剰トルクで締められており

ロックワッシャーは折り曲げられていなかった。

ポジティブストッパーのピンは摩耗しているので

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (9)せっかくなので、ここはリビルド品と

交換した方が良いと思います。

次に今回の第二作業目標である

シフトドラムセンターを取り外しました。

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (10)これは以前ご購入頂いた、CP製強化型の

シフトドラムセンターに交換する事は決定事項。

付属部品を移植して取り付け準備が整いました。

エンジンフルO/Hが間違いなく行われている

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (11)と言う事を証明するかの様なちょっとした

間違いはありましたが、まぁここは機能的に

このままでも問題は無く、下手に触ると

地雷を踏むリスクもあるので、このままに…。

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (12)強化シフトドラムセンターに交換して復旧。

ニュートラルストッパーの摩耗は少ないので

このまま使用しますが、時期がもう少し後なら

ベアリング式に交換も出来たのですが、残念です。

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (13)で、問題のクラッチアウターのガタ付きですが

マーカーで印を付けて、その線のズレが

1本分以上あれば、ダンパーゴムを交換しても

良いかなぁと思うのですが、分解時のガタ付きと

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (14)同じで、マーカーの線半分も動かないので

無理にダンパーを交換する必要は無いと判断。

その分の費用を他に掛けるべきだと思うので

ダンパーゴム交換は見送りにする事にします。

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (15)このコードクランパーは何かの流用なのか?

純正を反対側に誤組されており勿体無い。

キャブレターのホース類の取り回しも

美しくないので、この辺りも手直しをします。

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (16)M6×100のボルトを抜いて、純正では無い

コードクランパーを取り外します。

反対側のM6×90に誤組されている純正の

コードクランパーを取り外し正規の場所に

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (17)戻して取り付けをすれば、誤組で使えなかった

貴重な純正コードクランパーが生き返ります。

こんな感じの細かな間違いの手直しを

ついでにやって仕舞えば、見た目もより良くなり

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (18)CB400Fourらしい美しさが映えて来ます。

キャブレターなどのホース類の取り回しも

美しく無いので、正規のルートに

取り回しを戻せば、より美しくなり

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (19)エンジン回りもスッキリして来ると

隠れて見えなかった誤組もまた見えてきます。

エンジンハンガーボルトの差し込み方向が

逆になっているので、これはL側のオイル漏れを

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (20)確認する時にボルトの向きを入れ替えます。

これでクラッチ、シフト関係、R側からの

作業は一先ず完了したので復旧します。

クラッチカバーガスケットは液ガスだらけで

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (21)剥がすのは楽でしたが、当然新品に交換。

クラッチアジャスティングボルトも

調整不良だったので、再調整をしました。

クラッチのリリースポイントが近過ぎるので

京都I様CB400Fクラッチアウターダンパー交換230730 (22)最終的には全てのバランスを調整します。

これでR側の作業が全て完了したので

復旧も完了、後はタンクを外して

クラッチワイヤーガイドの手直しと

京都I様CB400Fステンメッシュオイルフィルター洗浄230730 (1)UBSボルトの誤組手直しが今の所あるのですが

タンクを外して何か他に無い事を願います。

オイルフィルターはお高いステンメッシュ製

との事で、取り外して洗浄をするのですが

京都I様CB400Fステンメッシュオイルフィルター洗浄230730 (2)費用対効果的にステンメッシュフィルターに

どれだけの効果があるのか興味津々です。

オイルフィルターを取り外すと、過剰に

液体ガスケットが塗られているので

京都I様CB400Fステンメッシュオイルフィルター洗浄230730 (3)それの除去に余計な手間が掛かります。

きっと、オイル漏れに悩まされた挙句に

オイルが漏れそうなあらゆる所に

液体ガスケットを塗ったのでしょう…。

京都I様CB400Fステンメッシュオイルフィルター洗浄230730 (4)で、取り外したステンメッシュフィルター。

洗浄してみると、割と金属粉などが取れたので

それなりに効果はありそうですが、元を取るには

かなりのオイル交換をしないと…と言う感じ。

この中のOリングはどのタイミングで交換するのかが今の疑問です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年07月29日

藪蛇3

ベアリング式ニュートラルストッパーの耐久テストが終わり
量産に入るに当たり、現在多くのご注文を頂いており
依頼している業者さんに価格調整をお願いをした所
どうやら藪蛇だった様で、逆に値上げを言われて仕舞い
今、お詫びをして、ご機嫌を直してもらっている所です…。
既にご注文を頂いている方には、当初の価格での販売を致しますが
今の所量産型2ndロットに関しては、色々と折衝中となります…。
当初、数を纏めて依頼すれば、価格調整に応じて頂けると思ってましたが
色々とお話をして行くと、取外しからベアリング式に交換する作業は
全て手作業となる為数があればある程、余計に手間が掛かるとの事でした…。
簡単に考えていた僕が悪いと反省している所です…。


恐怖の姪ご来店

やっぱり予定通り昨日の夕方6時過ぎにやって来た恐怖の姪…。

恐怖の姪ご来店…230728 (1)案の定エンジンからはガラガラと酷い音…。

それを今直ぐに直せと言わんばかりに

文句を垂れる姪には、相変わらず僕は

太刀打ちが出来ず、大人しく言う事を聞く…。

恐怖の姪ご来店…230728 (2)取り合えずエンジンオイルをチェックしてみると

オイルが減って、オイルレベルゲージに

オイルマークが付かないので、オイルを継ぎ足し

エンジンを掛けたのですが、どうやらこの異音は

恐怖の姪ご来店…230728 (3)エンジンからの物では無く、駆動系からの

音だと言う事までは判明したので

後は面倒なので「お前の親父にやってもらえ!」と

言った物の、余りにも酷い音だし、ボルトは1本

恐怖の姪ご来店…230728 (4)脱落しているし…取り合えず聴診器で

異音元をチェックしてみると

遠心クラッチ周辺からの音が酷いので

仕方なくカバーを外す事にして、プーリーや

恐怖の姪ご来店…230728 (5)クラッチ周りのチェックだけやる事にした。

でも音の原因はここでも無く、どうやら

音の原因は、ギアケースの中からの様なので

部品が無いのでこれ以上は無理と言う事で

恐怖の姪ご来店…230728 (6)ギアーケースを丸ごと交換した方が良いと言う

診断結果になったので、自宅に転がっている

エンジンからギアケースを取り外して

移植する方向で、話をして納得してもらった。

恐怖の姪ご来店…230728 (7)で、お駄賃に100円のジュースを買ってもらい

そこから30分程お喋りのお付き合い…。

最近姪の顔も、結婚前の義妹にそっくり過ぎで

かなり笑えたし、酒飲み方の酷さも

姪のおかんそっくり過ぎて笑えたわw


三重K様CB400Fオイルパンドレンボルトねじ山上り

第三回スピードの向こう側ツーリングの時にお目に掛り

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (1)レインボーラインで休憩をしている時

車両の誤組など、ダメ出しを少々させて頂き

その修正をされるついでにオイル交換をしようと

作業をしたらしいのですが、どうやらその時

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (2)ドレンボルトのねじ山が限界を迎えて仕舞い

急遽、ねじ山リコイルのご相談と

誤組ヵ所修正時に本来入っている筈の部品が

不在だった事も新たに判明し、純正部品も

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (3)追加でご注文頂き、その部品もやっと入荷。

と言う事で、オイルパンのリコイルと

座面を油砥石で慣らしてからねじ山修正。

ボール盤でリコイル用の下穴を開けて

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (4)リコイル用タップを立てました。

リコイルを入れる前に、どうせならと思い

オイルパンを綺麗にウエットブラストで

仕上げてからリコイルを入れる事にしました。

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (5)まぁ軽く表面の汚れや腐食を落とす程度での

ウエットブラスト仕上げなので

特に作業料金は発生しませんし

何より僕が勝手にやった事なのですから。

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (6)本気の仕上げになると、もう少し時間も掛かり

もっと艶も出るので、洗浄程度の仕上げです。

これでリコイルを入れてドレンボルトの

ねじ山上り修正が完了となりました。

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (7)オイルパンのリコイルをすると、どうしても

このオイルの通路を塞いで仕舞うので

スラッジや金属粉が出にくくなるので

オイルパンドレンのねじ山上り修正は

三重K様CB400Fオイルパンドレンねじ山上り修正 (8)余りお勧めではないのですが、この所の

部品の高騰が激しいので仕方が無いですね…。

ドレンボルトも丁度当時物のボルトを

再クロメイトメッキした物があったので交換。

丁度滋賀のM様が少量で再メッキに出す物があるので

料金は同じなのでそこに紛れ込ませる事にします。

不在の純正部品もやっと入荷して来たので

これで一緒に発送が出来て、来週には間に合いました。


京都H様CB400Fプラグ交換

ヨシムラマルチテンプメーターの電池切れとの事で

京都H様CB400F油温計電池とプラグ交換230729 (1)急遽クイックで入庫となった

京都H様CB400F、電池交換と合わせて

入庫ついでにスパークプラグも

交換のご依頼となったのですが

京都H様CB400F油温計電池とプラグ交換230729 (2)今朝は正常に作動しているとの事ですが

念の為、電池は新品交換する事にしました。

マルチテンプメーターの電池は時計や

設定の記憶用バックアップ電池になるので

京都H様CB400F油温計電池とプラグ交換230729 (3)電池が無くなるとその設定が全て

リセットされて仕舞うので、交換後に

時間などの設定を再設定する必要があります。

次にプラグもついでにとの事で交換に。

京都H様CB400F油温計電池とプラグ交換230729 (4)プラグの交換時期ですが一般的に言えば

普通プラグの場合だと3,000キロ〜5,000キロを

NGKなどのメーカーは推奨しているのです。

なので、本来ならば3,000キロ走行したとして

京都H様CB400F油温計電池とプラグ交換230729 (5)オイル交換と同時期若しくはオイル交換2回に

1回はプラグも交換した方が良いと言う事を

メーカーは推奨していると言う事になります。

皆さんはどうお考えですかね?

それにしても今朝のこの時間でも気温はかなり高い中

京都から40分掛けてCPにご来店された時の最高油温が105度との事。

しかもオイルクーラー無しの466ccエンジンでです!

流石強化オイルポンプ「極み」とお褒めのお言葉を頂きましたが

クラッチの方が熱ダレなのか、歪んで居るのか…切れが悪く

ニュートラルに入らないので次回のオイル交換に合わせて

クラッチを交換する予定になりました。


京都I様CB400クラッチ関係リビルド入庫

エンジンからのゴトゴトと言う異音原因がクラッチアウターダンパーの

京都I様CB400Fクラッチアウターリビルドと誤組ヵ所手直し (1)ゴムの劣化によるよる物だと言う事で

本日夕方に作業の誤依頼を頂き入庫。

まだエンジンが熱いので、明日以降から

作業に取り掛かろうと思ってます。

京都I様CB400Fクラッチアウターリビルドと誤組ヵ所手直し (2)ついでにシフトドラムセンターなども交換し

その他、クラッチワイヤーガイドの誤組

取り回しの修正もする予定です。

UBSボルトの部分にガイドを取り付けてある為

京都I様CB400Fクラッチアウターリビルドと誤組ヵ所手直し (3)ガソリンタンクが上に乗っかって仕舞ってます。

で、そのUBSボルトはと言うと、これまた

CB400FあるあるのM6×35のボルトが入る所に

左右共に誤組されているのでM6×35は

京都I様CB400Fクラッチアウターリビルドと誤組ヵ所手直し (4)果たして何処に?取り付けられているのか…

ブレーキアームは、たまにはあるねぇと言う

ブレーキドラムパネルを先に付けてから

ブレーキアームを取り付けると

京都I様CB400Fクラッチアウターリビルドと誤組ヵ所手直し (5)カムが奥に入り込み、カムのスプラインが

凹んでいたり、ピポットシャフトも同じで

リターンスプリングがフレームとの隙間に

落ち込み、隙間が出来て仕舞う事もあるあるです。

京都I様CB400Fクラッチアウターリビルドと誤組ヵ所手直し (6)ハーネスクランプが付いて無い物はよく見ますが

こんな所に取り付けられているのは初めてです。

所々、こんな細かな間違いがあるので

出来る範囲で手直しもやって行く事にします。

今日はエンジンが熱々なので、明日から作業に取り掛かります。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年07月20日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日7月21日(金曜日)は耳鼻科にて定期健診と
恒例のエコー検査があるので、臨時休業とさせて頂きます。
前回怪しい物が見付かり、詳しい検査をしましたが
今の所、特段何かをしないといけない物でも無さそうですが
引き続きその何者かがどう言う変化をするとか
育って行く様な物なのか、経過を観察しながら
他にも問題が無いかを3ヵ月毎にチェックして行き
もし何かあれば、早期発見、早期治療が出来る様にする為に
面倒ですが、必要な定期健診になります。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


男は黙って六四分け

理髪店へ行く日も昨日しか僕の時間が空いて無くて

230723の男は黙って六四分け何時もの髪形、男は黙って六四分けです。

嫁曰く「全部剃ったらええねん」と言われますが

これから夏に向けて日差しが強くなるのに

全剃りしたら「頭の皮がズル剝けになるわ!」と

先日髪の毛が不自由な弟の前で、そんな話をしてました…w

若い時に何度か頭を全剃りしましたが、毎日の手入れが大変で

その当時髭剃りで手入れをしてましたが、髭剃りで髪の毛の手入れをすると

髪の毛の方が硬いので、髭剃りを何台潰した事か…

それに蛍光灯の光でも頭皮が熱くなるんだよねぇ…。


CB400F国内新規登録断念

国内新規登録になるCB400Fを先月からお預かりして

国内新規登録のご相談車両登録断念 (1)キャブレターをO/Hしてエンジンの状態を確認し

激しいオイル漏れ以外エンジンには問題は

無かった物のシートレールを含めた

フレーム側はカットされ、一人乗りでなら

国内新規登録のご相談車両登録断念 (2)登録は可能だったのですが予算的な問題から

今回は新規登録を断念し、車両を引き上げに

ご来店された際、サイドスタンドが

根元で折れ車体が倒れたので、ビックリ!

国内新規登録のご相談車両登録断念 (3)よくよく折れたサイドスタンドを見ると

一度切断されていた物を溶接してあり

その溶接も開先を取っている分けでも無く

ただくっ付けている程度で仕上げてあったので

国内新規登録のご相談車両登録断念 (4)車重が掛かっただけでポッキリと折れました…。

スプリングフックも90度位置が違うし

サイドスタンドの下側にも溶接の痕があった。

店での保管はセンタースタンドだった為

Yオクの闇サイドスタンド折れからの右足負傷全然気が付かなかった…これが某Yオクの

闇と言われる部分になるのでしょうねぇ…

サイドスタンドが折れてバイクの下敷きになった。

僕は無駄に右足のスネにズル剝けの怪我を

させられて仕舞いましたが、まぁ幸いにも他に預かっていたバイクに

傷が入らなかった事や、倒れて来たバイクにも

傷が入らなかっただけでも良かったかな…。


大阪F様CB400F継続車検整備

諸々の整備を終えて、車検の予約も取れたので最終チェック!

大阪F様CB400F継続車検整備230718 (1)まずはFCRのファンネルをチェック!

確かインナーネットを入れてあったはずなので

大丈夫なはずなのですが、念の為チェック!

ちゃんとインナーナットが入っていたので

大阪F様CB400F継続車検整備230718 (2)FCRの車検はこのままでも大丈夫です。

最終チェックはヘッドライトの光軸。

光量はLEDにしてあるので大丈夫なので

車検合格の問題は光軸だけになります。

大阪F様CB400F継続車検整備230718 (3)多少ズレている様なので、光軸調整をして

これでOK…で、あ!っと思ったのが

サイレンサー…、危うく忘れてこのまま

車検を受ける所だったので、気が付いて良かった。

大阪F様CB400F継続車検整備230718 (4)サイレンサーもちゃんとした物に交換して

これで問題無く車検に通ると思います。

車検だけスーパー晴れ男なので車検当日

雨も嫌だけど、天気が良過ぎるのも

暑過ぎて嫌だなぁ…CP1号機も車検に行かないと…

因みに空気圧は前後共1Mpaしか入っていませんでした。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月30日

ASウオタニ製SP7月1日より値上げ3

明日7月1日からついにASウオタニSP兇眞余紊欧砲覆蠅泙后
ASウオタニのHPには5月11日から記載されていますが
業者には注文が殺到するので「纏めての注文はお断り」と
念押しされており、一度に2個以上の注文は出来ませんでした。
CB400Four用に限って言えば旧価格は税込み¥90,750だったのですが
改定後の価格は税込み¥94,600となっており
値上げ幅は大凡¥4,000程の値上がりですが
これも今の世界情勢から考えてみても、ここまで値上げをしなかったのは
それだけ企業努力をして居たのだろうと言う事や、値上げ幅も良心的です。
まぁ今回の値上げは仕方は無い事だと思います。
一応は、数個だけですが旧価格の在庫はしてあります。


CP14号機タイヤ交換とオイル交換

来月天候次第ですが、スピードの向こう側ツーリングが

CP14号機フロントタイヤ交換230630 (1)開催されるかも知れないと言う事で

その時に自分のRCフォアが出来上がって無ければ

またCP14号機に乗って行くらしく

先日出撃した際に14号機のタイヤが終了したので

CP14号機フロントタイヤ交換230630 (2)タイヤ交換をやっておけとのご命令…。

今までBEETキャストにはチューブを入れて

使っていたのですが、もうチューブレスでも

良いか…と言う事で、今回はフロントタイヤを

CP14号機フロントタイヤ交換230630 (3)チューブレス化する事にしました。

タイヤサイズも、3.00から90/90にサイズUP!。

リアは3.50なのですが、まだタイヤの山が

かなり残っているので、次回サイズアップと

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (1)チューブレス化をする事にしました。

先日の拉致ツーリングで、市街地の外気温が

34度と言う過酷な気温だった事もあり

信号待ちでオーバーヒート気味になった14号機。

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (2)今回はオイル交換のタイミングで、熱対策に

オイルフィルターケースをビッグフィン

マグネシュウムオイルフィルターケースに

交換するついでに、CB750などに使われている

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (3)フィン付きサンドイッチブロックを入れて

更に放熱効率を上げる事にしました。

勿論ポン付けと言う訳では無いので

加工や、取り付けに必要な部品を作ってます。

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (4)フィン付きサンドイッチブロックを取り付け。

CP14号機にはオイルクーラーを付けないと言う

コンセプトがあるので、走行中の油温は

フル強化オイルポンプ「極み」で冷えるのですが

CP14号機オイル、フィルター、ケース交換230630 (5)外気温が高い市街地では、どうしても信号待ちで

オーバーヒート気味になる事から、その対策です。

これで油温が5度以上は下がるはずです! 

これで次の予告拉致ツーリングで14号機の出撃が

何時でも可能になりました…因みにCP1.5号機も信号待ちで

油温こそ同じ様に上がりますが、オーバーヒートまでには至っていません。


CP1.5号機オイル交換とオイル滲み修理

CP1.5号機の慣らし?1,000キロ走行がやっと終わったので

CP1,5 号機オイル交換230630エンジンオイル交換と、テストで使っていた

シリンダーヘッドのシールワッシャーが

全然では無いにしろ、オイル滲みがあるので

純正に戻す事にするのですが、これもまたついでに

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (1)テストでケミカル品を使って、スタッドからの

オイル滲みが止まるかをテストします。

オイル滲みがあるのはフロント側#2.3の所にある

スタッドボルトからの滲みだと言う事は分かり

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (2)他の所は全然漏れていないので

このシールワッシャーのテスト結果は

35%残念な結果となりました…。

取り外した残骸を見てみましたが

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (3)面圧が全然足りておらず、ゴムシール部分が

熱で剥離して居た事が、オイル滲みの原因で

EX側2本のシールワッシャーが排気温度で

ダメになったのも納得が行きました。

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (4)と言う事で、純正のシールワッシャーに

戻すのですが、ここに新たにケミカル品を使い

スタッドからのオイル滲み対策に使えるかを

テストする事にして、そのケミカル品を使用。

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (5)これが効果があれば、この先使って行く事に

なるかも知れませんが、一部ヘッドにダメージが

残ってしまったので、今の所何とも言えません…。

CP1.5号機も本当はst2のハイカムを入れる

CP1,5号機スタッドオイル滲み修理 (6)予定だったですが、未だに何処に隠したのかが

思い出せないので、ハイカムは現行物の

ヨシムラ中空ハイカムst1のままになってます…

このままの仕様だと、僕は奴にトップスピードで

CP1,5号機ラック&ピニオンカバーオイル交換230630 (1)負けて仕舞うかも知れないのですが

そこはコーナリングテクニックで

カバーしないとかなりヤバいかも知れないw

取り合えずこれでCP1.5号機のオイル滲みと

CP1,5号機ラック&ピニオンカバーオイル交換230630 (2)オイル交換などのメンテナンスは完了。

アゲイン製ラック&ピニオン式カバーを

使っている方が勘違いし易い事の例ですが

このオイルポッド窓にある赤い点の印

CP1,5号機ラック&ピニオンカバーオイル交換230630 (3)ここにオイルレベルを合わせる方が

割と多いのですが、実際ここに合わせると

オイル量は500cc以上足りていません。

エンジンオイルが空の状態から3.5ℓ入れると

オイルはオイルポッド窓の上になりますのでご注意ください。


値上げ前にRCフォア用ASウオタニSP競侫襯僖錙璽ット入荷

先日のツーリングの時、CP14号機のレブリミットが11,000rpmで効き

RCフォア用ASウオタニSP尭荷トップスピードが出なかった事や

進角を3chにしてあったので、2chに変更し

SPウオタニをリセッティングしたのですが

その時RCフォアオーナーと話をして

ウオタニが7月1日より値上げになる事を教えると

即購入を決意したので、その日の内に発注し昨日入荷。

ウオタニ装着車両CP14号機のポテンシャルを実感したので

ダイナSからのバージョンUPとなりました。

これでまた、奴の追撃能力が上がって仕舞うので、僕ももっと走り込まないと!

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月17日

バイク屋あるある負の連鎖3

これは本当によくある事で、入庫して来る車両が
続けて同じ様なトラブルで入庫して来る事。
ここ最近だと、ブレーキが3台、キャブが3台、セルが2台と
言う感じで、数ある車両トラブルの中でも
同じトラブルが続いて入庫して来る事です。
と言う事でこの所、同じようなトラブルで
入庫して来る事が続いており、トラブルの時期も重なるので
PITは常に満タン状態になっており、この梅雨時期や真夏は
突然の雨が降る事もあり、車両を外に出して作業する事が
中々出来ないと言う事もあります。
やはり暖かくなって来ると、皆さん考える事も同じなんでしょうねぇ。
PITが空いて居る時は、全然空いて居るのになぁ…


大阪H様CB400Fフロント周り誤組み手直し

オーナーがご自分で車両弄りを楽しんだり、カスタムしたりする事は

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (1)僕はとても良い事だと思うので、推奨してます。

でも、どうにもならなくなってしまう場合もあり

失敗をする事も少なくなく、電話で説明しても

間違ってないと言う思い込みのツボに入っていると

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (2)その説明も中々伝わらない事もある為

こうやって入庫して来る事がどうしてもあります。

今回の車両もそう言った思い込みのツボに入って

誤組された車両の手直し作業になります。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (3)早くから入庫していたのですが、先に入庫していた

車両に手古摺って仕舞い、中々作業に

取り掛かれなかったのですが、幸いな事に今日は

天気も良く、PITから他の車両を放り出して

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (4)場所を開け作業に取掛かります。

上の画像はこのメーターステーカラーの

誤組が全ての原因になるので、まずこれを

修正するのですが、メーター、ヘッドライトは

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (5)全バラになりますし、ヘッドライトの向きも

かなり上向きになっていたり、ヨシムラの

マルチメーターも電源が入らないなど

後はワイヤー類の取り回しをどうするかになる。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (6)まずはヘッドライトを取り外し、ヨシムラの

マルチテンプメーターの配線をチェック!

で、原因はこれ、アース線が抜けていたので

キーONで作動しないと言う事でした。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (7)アース線を接続し作動確認し、ヨシムラの

マルチテンプメーターは無事に復旧。

次にヘッドライトケースを取り外し

メーターステーを抜き取ります。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (8)するとスマホホルダーの配線がこんな所に…

本来ここに配線が通るだけのスペースは無く

インジケーターが浮いていた為に配線を

通すだけの隙間が出来ていると言う事です。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (9)どうやらアゲイン製トップブリッジ取り付けも

苦労したのでしょう、やっちゃぁいけない

穴を拡大して仕舞っているので、最悪は

ちゃんと出来上がっても、この拡大した穴の分

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (10)メーターステーが動くかも知れません…。

一旦メーター周りを分解し、誤組を手直し。

配線ルートなどもごちゃごちゃして

美しくないので、見えない所ですが美しくします。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (11)問題の誤組ですが、アゲイントップブリッジに

付属するカラーを上に乗せてしまった事で

インジケーターの位置が浮きあがって仕舞い

ヘッドライトステーにメーターステーの

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (12)ねじ山が届かなくなり、取り付ける事が

出来なくなって仕舞っていると言う事になり

本来のカラー取付位置はトップブリッジの下

ヘッドステーの間になるんですよね。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (13)これで後はヘッドライトステーを取り付けて

仕上げる予定だったのですが…ステーに付くはずの

マウンティングカラーCが不在…車両と一緒に

送られて来た箱の中をチェックするも

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (14)この辺りのボルト類も無いし、残念な事に

店の部品箱にも在庫が無かった…。

再メッキ品の中を探して1個だけ見つかった…

本来はこの様な物が取り付くはずなのですが…

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (15)またこのカラーも数ミリ短い物が使われており

ヘッドライトステーのゴムが潰れる為

本来のダンパーゴムとしての効果も低くなる。

部品が無いので、大急ぎで発注しましたが

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (16)週末と言う事もあり、入荷は早くて火曜日

遅くて水曜日になると思います…。

取り合えずメーターステーを仮置きしました。

これが本来の取り付け位置でインジケーターと

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (17)イグニッションキーの位置関係はこの様になる。

後問題はこの余っているブレーキホースや

配線類の整理ですが、これは部品が揃ってから

考える事にするとして、ハンドル交換時に

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (18)やらかしてしまったセルボタンを修理するのですが

クラッチワイヤーのルートがアクセルワイヤーの

上を通っており、クラッチワイヤーが窮屈な

状態になって、アクセルの引き側の玉を

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (19)入れる場所も一つ手前なので、ワイヤーの

張り調整も出来なくなっている状態です。

で、問題のセルボタンですが、ハンドル交換の際に

配線抑えを外してしまったらしく

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (20)セルボタンのスプリングが飛び出したらしい…。

外してみると、テーパー状に巻いてある

スプリングが逆に入っており、これが原因…。

これを元に戻してセルボタンが作動するかを

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (21)チェックしてから、元の状態に復旧。

クラッチワイヤーの取り回しも正規ルートに。

アクセルワイヤーも調整シロが出来る様に

玉を入れる場所をズラして取り付けました。

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (22)ワイヤーなどにくぐっていた配線類を修正。

右ウインカーの配線ルートも違うので修正。

ちょっとした事ですが、ヘッドライトケース裏も

美しくスッキリしたと思いませんか?

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (23)セルボタンでエンジンを始動させ作動チェック。

まさかの部品不足、正規部品が使われて居ない為

今日復旧させる予定が大きくずれ込んだ…。

元々の部品が無いってどういう事なんだろう?

大阪H様CB400Fメーターステー誤組その他修正 (24)と思いもう一度部品を見てみると…

まぁどうやら…ホムセンワッシャーとナットが

使われていたので、気が付かなかったわ…

左:ホームセンター物、右:純正部品。

SHIO HOUSEより画像引用 (1)平ワッシャーも外径が少し小さいですし

メーターステー固定ナットはM6×15の

高ナットが純正で使われており

セレート付きフランジナットは

SHIO HOUSEより画像引用 (2)締め付け傷が入るので、HONDAは

こう言った所のナットは純正で使わないし

CB400Fourに限って言えば、セレート付きは

一切使っている所はありません。
(画像はSHIO HOUSEネットショップから引用)
またメーターステーに高ナットを使うのはそれを使う理由があるからです。

まぁそもそもマウンティングカラーCが入って居ない時点でダメだわ。

と言う事で、また予定がズレて仕舞いました。


枚方M様イントルーダー400タイヤ入荷

PITの都合で、入庫をお待ち頂いている枚方M様イントルーダー400の

イントルーダー用リアタイヤ入荷リアタイヤとオイルフィルターが入荷。

一応7月初め頃の予定とさせて頂いてますが

今、何をやってもドツボなので、このドツボから

抜け出せる事が出来ましたら、ご連絡を致します。

申し訳御座いませんがもう暫くお待ち下さい。


強化シフトドラムセンター2ndロット仕上がり

在庫切れになっていた強化シフトドラムセンターが

シフトドラムセンター2ndロット仕上がり入荷価格改定やっと仕上がって本日入荷してきました。

しかし残念ながら、材料費、加工費の高騰から

当初本体価格¥6,000だった所、¥6,400に価格を

改定せざる負えなくなり、税込み¥7,040に

軽量スターティングリダクションギアー仕上がり (1)価格を改定させて頂きます。

また、軽量スターティングリダクションギアーは

下地処理、加工費含めて¥11,000(税込み)

となっており、お手持ちのギアーを送って頂き

軽量スターティングリダクションギアー仕上がり (2)加工するか、加工済みの物と交換となります。

軽量加工前の重さは300gを超えていたはずです。

高強度ギアーなので、質量も大きく重いですね。

これをセルモーターで回転させエンジンを

始動させるのですが、セルモーターへの回転負荷も減ります。

カスタムエンジンはこう言った事の積み重ねが、結果に出ます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月16日

2025年バイクも希望ナンバー制導入へ?3

もうご存じの方も居られると思いますが
2025年の導入に向けての話で、126cc以上のバイクに
希望ナンバー制度導入を働きかけている事を
国交省が正式に発表したらしい。
それはとても良い事だと思うし、選択肢が増えるし
毎回寝屋川の陸事に「今何番?」と電話する事も無くなる。
でも、今の大阪ナンバーの場合「大阪」の後に
「C」が付いており「大阪C」となっている。
昭和のバイクに「C」などのアルファベットが
付いているだけでも、ちょっと抵抗を感じるなぁと…
まぁナンバープレートの数字には特に拘りは無いので
398や408の数字をバイクに付けようとも思わないし
どちらかと言えば、色々な意味で覚えやすいナンバーは避けたいなぁ…と
僕は個人的にそう思っているだけです。


CB400SFキャブレター不調問題

9割外れのYオクで購入し、預かった時からドツボにハマって居るCB400SFですが

CB400SFアクセルワイヤー、スロットル交換 (1)先日オーナーとお話をし、ちゃんと直す方向で

作業を進める事になったのですが、オーナーは

女性の方で手も小さくて、このハイスロも

本当は邪魔で、セルボタンに指が届かないと

CB400SFアクセルワイヤー、スロットル交換 (2)言う事だったので、アクセルワイヤー切れの

問題もあった事から、この際純正に交換となり

部品が入荷して来たので、早速交換しました。

愚図っているキャブのSJも同じく入荷して来たので

CB400SFキャブレターSJ交換 (1)またエンジンからキャブを取り外して

SJを新品に交換して、同調を取るのに合わせた

パイロットスクリューも元に戻したりして

これでもう一度同調を合わせてみるのですが…

CB400SFキャブレターSJ交換 (2)ひょっとしてバタフライがダメなのか?

と思って比較すると、ダメな分けでは無く

アイドルスクリューで開いているだけで

摩耗して隙間が広がっているとかではないので

CB400SFキャブレター同調調整不具合原因判明 (1)これってひょっとしてインシュレーター?かも

と思いつつ、エンジンに取り付けてみたのですが

結果は…まぁパイロットは正規の開度になり

基準になるはずの#2以外はそこそこ揃っており

CB400SFキャブレター同調調整不具合原因判明 (2)#1もかなり頑張ってここまで同調が揃う様に

持って行けたのですが、これはやっぱり…!

と思い、インシュレーターにパーツクリーナーを

吹き掛けると、エンジンストールするので

CB400SFキャブレター同調調整不具合原因判明 (3)キャブを取り外し、それぞれのインシュレーターを

チェックしてみると案の定#2はガタガタ動き

#1は軽く動くし、最初から割と素直な#3.4は

しっかりしているので、こいつか!と言う事で

Cb400SFラジエターファン作動チェック (2)また追加で部品を発注する事になって手が止まる。

そう言えば、ラジエターファンも回転するのかを

チェックしないといけなかった事を思い出し

バッ直でファンが回転するかを確認します。

Cb400SFラジエターファン作動チェック (3)クリップでカプラーの中の端子を掴んで

直接バッテリーから12Vをファンモーターに

流し込む準備が出来たので、バッテリーに接続!

これ回転しなければ、モーター交換面倒だなぁ…

Cb400SFラジエターファン作動チェック (4)と思いながら、回ってくれ!と願ったのですが

結果は案の定ラジエターファンは回転しない…

クッソ!めっちゃ面倒やんと思いながら

部品を調べて発注してみたら…残念!販売終了!

心の中では良かったと思いながら、どうするのこれ?…って感じです。

これ報告すると多分また、Yオクるんだろうなぁ…。


Dトラ通勤号リアウインカー交換

頸椎の手術をする前、左手足の痺れや麻痺があった頃に

Dトラ通勤号リアウインか交換 (1)Dトラに乗って出勤してバイクから降りる時

左足が自分の体重を支え切れずDトラと共に

転倒し、左後ろのウインカーを破損した…。

新品を注文しようとしたのですが

Dトラ通勤号リアウインか交換 (2)2012年モデルのDトラのウインカーは既に廃盤。

仕方なくその時にYオクで探したのですが

出品されて居なかったので、接着剤とテープで

ウインカーレンズを貼り付けたのですが

Dトラ通勤号リアウインか交換 (3)テープが劣化し剥がれて来たので、再補強…

念の為思い出した様にYオクで探すと

丁度手頃なお値段で出ていたので入札!

そのまま忘れており、100差で落札された…。

Dトラ通勤号リアウインか交換 (4)ちょっとイラっとしたので、少しお高いお値段の

ウインカーを落札し、先日届いたので

やっと今日ウインカーを交換しようと思い

取り外してみると…鬱陶しいわぁ…

Dトラ通勤号リアウインか交換 (5)カプラーからギボシに打ち換えられてるやん!

本当はこのまま使いたかったのに!

と思いながら仕方なくギボシに打ち換えました。

日焼けしていない物だったので反対側も

Dトラ通勤号リアウインか交換 (6)交換しようかと思ったけど、もう面倒なので

諦めて、残ったウインカーは予備にします。

まぁ辛い手術を終えて麻痺も改善されたので

Dトラも直してあげないとね!


強化オイルポンプ「極み」製作準備

この前加工から仕上がって組み立てたのに、現在残り僅かとなっている

強化オイルポンプ「極み」製作準備230616 (1)強化オイルポンプ「極み」ですが

商品の詳細についてのお問合せも増えており

これからの時期に在庫切れになると

ご迷惑をお掛けするといけないので

強化オイルポンプ「極み」製作準備230616 (2)今日少し時間が空いた事もあり、大急ぎで

ベースの純正オイルポンプを分解し

加工送りの準備に取り掛かりました。

純正のローターとケースは使わないので廃棄。

強化オイルポンプ「極み」製作準備230616 (3)その他の部品は綺麗にして使います。

現在のPIT状況…この中央に鎮座している

問題ばかりの某Yオク車両がこのPIT状態の元凶。

天気予報は晴なのですが、取る前の雷雨が

強化オイルポンプ「極み」製作準備230616 (4)発生するかもとの予報の為、外に出せない…。

なので、作業スペースが圧迫されて

何も出来ないし、やれば直るのかと思いきや

流石Yオク車両、問題ばかりしか発生しない…。

強化オイルポンプ「極み」製作準備230616 (5)と言う事で、少しでも空いた貴重な時間を使って

強化オイルポンプ「極み」のベースを下拵え。

これで他の部品が揃い次第、加工に出せます。

在庫切れまでに間に合うか!かなり微妙です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年06月06日

CP営業車3号ハイエース車検仕上がり3

先月から車検に出していたハイエースが
昨日整備から仕上がり納車されました。
車検の間滞っていた仕事が、これで再開出来る様になり
車検や、車両引取りが出来ます。
明日の定休日は下した荷物を積み込んで
ハイエースを現状復旧したいと思います。


CB400SFキャブレター組み立て

キャブレターの交換用部品が多分全部だと思うのですが

CB400SF用部品一部入荷 (1)やっと入荷して来たと思っていたのですが

思っていた部品では無く、しかも全然足りない

今日中に組み立てて仕上げようと思っていたのに

これではキャブレター組み立て作業が出来ない

CB400SF用部品一部入荷 (2)仕方が無いので、入荷して来た一部の

部品だけでも交換して仕舞う事にした。

硬化してワイヤリングされガソリン漏れを

止めているフユーエルホースも交換なのですが

CB400SF用部品一部入荷 (3)片側しか入荷して来ていないのですが

それでも取り合えず片側だけでも交換…。

多分挟んで千切れたダイアフラムは入荷。

でもOリング類が未入荷なので何も出来ない…。

CB400SF用部品一部入荷 (4)ストレーナーがが付いていないコックは

昨日タンクの錆取り乾燥が終わって居るので

取り付ける事が出来るのでこれは取付が

出来るので、タンクに取り付けて仕舞います。

CB400SF用部品一部入荷 (5)サクサクっと取付が完了しました。

後はガソリンを入れて漏れが無いかを

後でチェックする事にします。

他の部品は木曜日以降になるのかなぁ…。

ここ数日で急にPITが満タンになって仕舞い

他の入庫予定ももあるので何とかしないと、この梅雨時期には厳しいです。


寝屋川K様CB400FIGC交換など

もうこうなったら、作業が出来る車両から手を付けて行きます。

寝屋川K様CB400Fイグニッションコイル交換 (1)まずはIGCコイルにリークがある事が

分かったので、オーナーと相談した結果

新品の純正同等品のIGCに交換する事になった。

交換用のIGCなどは全て在庫があるので

寝屋川K様CB400Fイグニッションコイル交換 (2)早速交換作業に取り掛かり、問題のIGCですが

こんな感じで絶縁被覆が捲れて、中の線が

剥き出しになっていたので、ここから火花が

リークして居た事も判明したので、この火花が

寝屋川K様CB400Fイグニッションコイル交換 (3)仮にキャブなどからガソリンが漏れていたり

などを考えると、車両火災経験者としては

とても恐ろしい事と思いますね…。

プラグキャップが割れており、キャップのゴム類も

寝屋川K様CB400Fイグニッションコイル交換 (4)劣化していたので、本当はプラグキャップは

そのまま再使用するつもりだったのですが

新品に交換する事にしてIGCを交換しました。

コイルのホルダーも白いコイル側は強引に

寝屋川K様CB400Fイグニッションコイル交換 (5)取り付けられていた様で、こんな感じに割られ

コイルを取り付けていた感じです…。

ホルダーはウエットブラストで綺麗に仕上げて

新しいIGCを取り付けて、車体にセットが完了。

寝屋川K様CB400Fイグニッションコイル交換 (6)タンクを乗せて、エンジン始動チェックも完了。

タンクのリアークッションゴムも切れ掛けており

ちょっとヤバい状態なので、ゴムが切れた時にでも

新品に交換した方が良いと思います。

寝屋川K様CB400Fブレーキ鳴き対策 (1)次にブレーキ鳴きの手当てに取り掛かるのですが

こればっかりはやってみて止まればラッキーと

言う感覚で思って貰わないと、何とも言えない。

これで止まらなければ、最終手段を取るしか

寝屋川K様CB400Fブレーキ鳴き対策 (2)手立ては無いのですが、じゃぁ最初から

最終手段を取れば良いんじゃないのか?と

なるのですが、やる事をすべてやった上での

最終手段になるので、まずはこの再メッキした

寝屋川K様CB400Fブレーキ鳴き対策 (3)キャリパーホルダーピンを交換します。

多くのブレーキ鳴き原因にはこの

キャリパーホルダーピンが痩せて仕舞い

キャリパーホルダーがガタ付いてブレーキ鳴きの

寝屋川K様CB400Fブレーキ鳴き対策 (5)原因になる事も少なくは無く、再メッキで

痩せたピンを太らせ、交換して使うと言う

方法で改善される場合もあるので、まずはこの

ピンにグリスをしっかり塗って再メッキ品と交換。

寝屋川K様CB400Fブレーキ鳴き対策 (6)これでブレーキ鳴きが止まればラッキーと言う

事になるのですが、取り合えず交換後は

ブレーキ鳴きは収まってくれたので、これで暫く

様子をみて貰う事になると言う事なので

これをすれば絶対にブレーキ鳴きが止まると言う事の確証は出来ません。

あくまでも、痩せたピンを交換しブレーキ鳴きが止まればラッキーと言う事。

最悪な場合はキャリパーホルダーアーム側の穴が広がっている場合もあります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年06月01日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
4月の唾液腺導管癌定期エコー検査で何者かが見付かり
先月の再エコー検査に続き、本日は急遽MRI撮影を
受ける事になり、本日は早仕舞いとさせて頂きます。
明日6月2日(金曜日)はMRI検査結果診断の為
臨時休業とさせて頂きます。
明日の診察で何者かの正体が分かるのかどうかは
僕には分かりませんが、まだもう少しだけ
やりたい事があるので、なるべく悪い物で無い事を願います…。


CB400SF修理入庫

お知り合いの方からのご依頼で入庫して来たCB400SF。

CB400SFキャブレター、フロントフォークOH入庫230530 (1)よくあるパターンのYオクで購入し

直ぐにキャブレターからガソリン漏れと

フロントフォークからのオイル漏れがあり

緊急入庫となりました。

CB400SFキャブレター、フロントフォークOH入庫230530 (2)フロントフォークはR側からのオイル漏れが

割と酷いのですが、見る限りインナーチューブの

状態は悪く無さそうなので、シール類の交換で

オイル漏れは止まると思います。

CB400SFキャブレター、フロントフォークOH入庫230530 (3)問題はキャブレターからのガソリン漏れ…。

フロートチャンバーからではなくその上の

フユーエルジョイントからガソリンが

漏れている様にも思えますし、負圧コックを

CB400SFキャブレターOH分解チェック (1)OFFにしてもガソリンが流れて来るので

コックも怪しく、タンクが錆びている可能性も…。

取り合えず今日はキャブレターを取り外して

分解チェックをする事にして、キャブの部品が

CB400SFキャブレターOH分解チェック (2)どの程度ダメなのか、そして純正部品がまだ

どの程度出るのかなどを調べてから

本格的な修理に取り掛かろうと思います。

キャブからガソリンを抜くと、かなりのゴミと

CB400SFキャブレターOH分解チェック (3)やっぱり錆び混じりの水が出て来ました…

これはもうコックも取り外して、タンク内も

チェックした方が良さそうだなぁ…

ガソリンもこの色じゃぁ腐っているよねぇ…。

CB400SFキャブレターOH分解チェック (4)フロートチャンバーを取り外すとその中は

案の定腐って緑青が湧いていました…。

ボディも洗浄しないとダメですし、勿論ですが

ガソリンの通路も掃除をします。

CB400SFキャブレターOH分解チェック (5)どうやらこのキャブは一度以上分解されており

ダイアフラムを挟んだのか、切れており

その補修なのか、液ガスを塗ってあった。

こんな事で誤魔化しても良いはずは無い。

CB400SFキャブレターOH分解チェック (6)液ガスを剥がしますが、ダイアフラムは

純正で出るのかもこの車両に関しては

僕は何も知らないので、後で何処まで

純正部品が出るのかを調べます。

CB400SFキャブレターOH分解チェック (7)フユーエルジョイント部分からの

ガソリン漏れが認められたので全バラ。

Oリングはバックアップも含めて

ダメだったので、交換しないと漏れは止まらない。

CB400SFキャブレターOH分解チェック (8)インナーパーツも腐ったガソリンで

やられているので、キャブクリーナー漬けにして

緑青や腐ったガソリンを溶かします。

取り合えず使える物は使って、ガソリン漏れを

CB400SFキャブレターOH分解チェック (9)止める事を優先にすると言う事になってます。

腐ったボディや通路もキャブクリで掃除。

取り合えず先に部品が出るのかを調べて

それから、この先の事を考える事にします。

後はまぁ何とかなるでしょうし、フロントフォークはO/Hを

する事は決定しているので、部品を一緒に注文します。


CP1.5号機フロントブレーキ鳴き調整

定休日の昨日はWディスク仕様のCP1.5号機のフロントブレーキ鳴きが結構酷く

CP1,5号機Wディスクブレーキ鳴き対策 (1)何をやってもブレーキ鳴きが止まらないので

鳴きを止める為の最終手段としての作業を

やってみる事にして、これでブレーキ鳴きが

止まればラッキーと言う感じです。

CP1,5号機Wディスクブレーキ鳴き対策 (2)まぁWディスクあるあるなので、ある程度の

ブレーキ鳴きは仕方が無い所もありますが

あの音はちょっと恥ずかしいので…w

ブレーキ鳴き原因は幾つかあるのですが

CP1,5号機Wディスクブレーキ鳴き対策 (3)これはもう最後の手段になり、ディスクが

共鳴しない様に、ホイールとディスクの間に

パッキンを入れ共鳴振動がホイールとディスクに

伝わらない様に分離すると言う最終手段です。

CP1,5号機Wディスクブレーキ鳴き対策 (4)これでも鳴く様であればキャリパー側を

もう一度見直す必要があると言う事になります。

近々走ってみて、ブレーキ鳴きが止まったかを

検証してみたいと思ってます。

CP1,5 号機用パワーシフターユニット交換 (1)そんな事をやって居たらタイミング良く

パワーシフターの交換用ユニットが入荷。

早速交換するのですが、これまた以前と同じで

ギボシが平ギボシになっているので打ち換え。

CP1,5 号機用パワーシフターユニット交換 (3)まぁそもそもCB400Four用じゃないので

CNCレーシングもそんな古いバイクに

パワーシフターを取り付けるとは思っても

いない事だろうねぇ…でも点火システムが

ウオタニになって、取り付ける事が出来るんだよねぇw

サクサクっと交換して、外を見ると雨も降って無いので

ブレーキ鳴きのテストも兼ねて一っ走り!結果は!ブレーキ鳴きは止まったし

パワーシフターも直ったので、CP1.5号機はこれで完全復活したよ!

なのでまた例の方を後ろから虐めてやろうと思います。


CP1号機リアブレーキマスター交換

CP1号機のリアブレーキは2系統になっており

CP1号機リアブレーキマスター交換 (1)その内の1系統はフロントブレーキを握ると

リアブレーキにも制動が掛かる様にしてあり

8:2の割合で、リアブレーキが掛かる様に

設定してあるのですが、フットブレーキ単体でも

CP1号機リアブレーキマスター交換 (2)使える様なシステムになっているのですが

以前の車両火災からの復旧時にサムブレーキから

このブレーキシステムに変更したのですが

リアブレーキマスターが1/2のまま使っており

CP1号機リアブレーキマスター交換 (3)僕はリアブレーキを使う事は無いのですが

リアブレーキマスターが小さく、踏み込み量が

かなり深いので、車検時には苦労するので

今回リアブレーキマスターを1/2Φから14Φへ

CP1号機リアブレーキマスター交換 (4)変更する事にして、8月の車検に備えます。

ついでにブレーキホースも新品に交換。

これでリアブレーキマスターの交換が完了。

1/2Φのマスターは片押しシングル向けで

CP1号機リアブレーキマスター交換 (5)14Φマスターは片押し2ポット向けになります。

本当はもう少し大きいマスターに

変更したかったのですが、部品流用の問題や

取り付けマウントの問題などもあり

そもそも流用品で14Φより大きいサイズが無いので仕方が無いですねぇ。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2023年05月19日

教えてLine通話着信音が鳴らない復旧方法3

先日からLine通話の呼び出し音が鳴らなくなって
知らない間に着信があるので、おかしいなぁと思い
自宅で嫁にLine通話に電話して貰って確認したけど
やっぱり鳴らないし、設定を見ても何も問題が無い?
スマホ自体を再起動させて見たりもしたけど
全然復旧しないので、全然分からなかったのですが
先日、知り合いにその話をしたら「自分のも鳴らなくなった」
との事で、同じ症状だったので復旧方法を聞いたけど
どうやら復旧しないらしい…あらまぁ…
と言う事で、僕のLine通話は着信音が鳴らないので
余程タイミングが良く無ければ、Line通話に気付かないので
電話に出る事は無いと思います…申し訳ないですが
これって僕のせいじゃないよね?


枚方Q坊号CB400ハンドル交換その2

昨日ハンドルのポジションを決めて、短くなったブレーキホースを取り外し

枚方Q坊号CB400ブレーキホース交換準備長いブレーキホースを急いで発注しました。

多分何とか足りるんだろうと思います。

と言う事で、部品入荷待ちとなりました。

逆に長くなったアクセルワイヤーは

枚方Q坊号CB400アクセルワイヤー交換F1タイプのアクセルワイヤーと交換し

これでハンドル周りはスッキリとしました。

ハンドルの角度さえ決まれば、後は部品だけ

入荷待ちとなったのですが、昨日大急ぎで

枚方Q坊号CB400ブレーキホース入荷取り付け (1)発注した部品が早々に入荷して来たので

早速ロングブレーキホースを取り付けます。

長さはこれで何とか届いたのですが

ブーツが破れており、この際なのでブーツも

枚方Q坊号CB400ブレーキホース入荷取り付け (3)新品に交換してホースを取り付けました。

これでブレーキフルードを入れてエアー抜き。

今日は雨なので、明日以降お仕事のご都合が

良ければ、引取り納車となりますので

オーナーと打ち合わせをする事にします。


RCフォアオイル漏れ修理入庫

忙しかった昨日は、お昼ご飯を食べる時間も無く瘦せ細る思いだったw

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命… (1)その忙しい時間の合間に、事務所でちょっと

休憩をしていたら、LineでRCフォアオーナーから

メッセージが…、先日からインスタで

オイル漏れアピールをしていたのを見ていたので

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命… (2)きっとあれだなと思い、2分だけ未読スルーw

でも仕方が無いので嫌々返事をしたら

直ぐにご来店!オイル漏れ箇所の特定作業。

シフトシャフトのオイルシールは交換してまだ

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命… (3)1年も経過していないので、以前オイル漏れがあり

延命処置をした所をオーナーが剥がして

自分でお風呂用液体パッキンを塗った所から

オイルが漏れているんじゃないのかと疑って

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命… (4)現像液を掛けてエンジンを回し、様子をみると

やっぱり延命処置をしたカウンターシャフトから

オイルが滲んで来てるやん!もう諦めて

エンジンO/Hした方が良いんじゃないw

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命… (5)お風呂用液体パッキンは、漏れている所から

浮いて剥がれていたのでペロペロっと

剥がしてから洗浄脱脂をしてから

再び延命処置でちゃんとした液体ガスケットを

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命… (6)こってりと塗って、三度目の延命処置をした。

でも、きっとまた漏れるだろうから

そろそろこのエンジンも覚悟を決めて

昇天させてあげれば良いのに!w

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命チェック (1)もう純正ピストンのリングも使い切って

減っているだろうからねぇ…

あ!ダメだ!ボアアップしてハイカムst2を

入れろと言うだろうから!変な事を言えない!

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命チェック (2)このまま延命させておこう!と言う事で

一晩液体ガスケットを乾燥させてから

現像液を掛けてエンジンを始動させ

オイル漏れチェック!何とまぁ…

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命チェック (3)昨日は気が付かなかったのですが

メインシャフトのブラインドシールからも

オイル漏れがあるじゃないか!クッソ‼

仕方が無いのでお風呂用パッキンを剥がして

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命チェック (4)メインシャフト側も延命処置をして

このままそーっとスプロケカバーを

取り付けて復旧しました…明日には液ガスも

乾燥していると思うし、カウンター側の

RCフォアカウンターシャフトオイルシールオイル漏れ延命チェック (5)オイル漏れは止まって居るので大丈夫でしょう。

念の為現像液はこのまま洗い流さず

漏れチェックの為に残して置く事にします。

明日天気が回復すれば、きっと仕事をサボって

車両を引取りに来ると思うので、このまま様子をみて貰います。


久しぶりに恐怖の姪からの電話…

これも昨日の事、もう夕方の時間も過ぎて目が見えないので

閉店間際の面倒臭い恐怖の姪ご来店… (1)事務所で休憩をしていたら、これもまた

タイミング良く姪からの電話が入って来た…

うわ!このタイミングの電話は絶対に出たら

鬱陶しい奴!とは分かってはいる物の…

閉店間際の面倒臭い恐怖の姪ご来店… (2)仕方なく電話に出ると案の定、ウインカーが

前が付きっぱなしで、後ろが点かへん!と

相変わらず文句からのスタートだった…

そんなもん球切れやわ!この忙しいのに!

閉店間際の面倒臭い恐怖の姪ご来店… (3)と言う、恒例のやり取りがあった末に

PITを開ける為に、作業中の車両を出来る所まで

作業をやって仕舞い、姪を待って点灯しないと言う

ウインカーをチェックすると、球切れでも無く

閉店間際の面倒臭い恐怖の姪ご来店… (4)単純に球がソケットから脱落していただけで

簡単に復旧したけど、ついでに破れたシートに

ガムテープを貼れと言う…何でも破れて

濡れたシートが丁度、あの部分に当たる所らしく

会社に付くとおしっこ漏らしたみたいになるねん!と言うので

仕方なくガムテープを貼ったけど、相変わらず散々お喋りをして

帰ってくれず、嫁も姪の味方なので二人で僕に攻撃をして来て

鬱陶しくてたまらなかった…頼むからもう来るな!


CPテスト用エンジン仕上げ作業

シリンダーヘッドが仕上がって戻って来たので

CPテスト用エンジンシリンダーヘッド下拵え (1)まず今日の作業はテスト用エンジンを

仕上げて仕舞う事にして、26号機エンジンの

下拵え作業スペースを確保する事にします。

まぁ今日は雨と言う事もあり、PITのスペースも

CPテスト用エンジンシリンダーヘッド下拵え (2)圧迫されているので、下拵えだけ済ませます。

まずはバルブをセットするのですが

ノーマルエンジン、ノーマルカムなので

このヘッドから取り外したバルブスプリングの

CPテスト用エンジンシリンダーヘッド下拵え (3)自遊長を測定して、問題無いのでこのまま

洗浄などをして、使う事にします。
 
バルブステムシールも新品を入れ

サクサクっとバルブのセットが完了。

CPテスト用エンジンシリンダーヘッド下拵え (4)純正新品EXスタッドボルトを入れます。

強化品もあるのですが、折れる時折れるし

強化品は折れたら取るのが厄介なので

強化品よりも柔らかい素材の純正を使い

CPテスト用エンジンシリンダーヘッド下拵え (5)定期的に交換した方が、僕は良いと思ってます。

テスト用エンジンなので、インシュレーターは

リプロを使おうかと迷いましたが、このエンジンが

テスト用エンジンなので、やっぱり純正の

インシュレーターを使わないと、何か問題が出るかも知れないと思い

お高い純正新品のインシュレーターを使う事にしました。

これでPITが空き次第、近日中にはテスト用エンジンが完成する予定です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年05月18日

鈴鹿サーキット走行への道最終章3

朝からウエットブラストの作業をやろうとしたら
ブラストの水を取り込むジョイントかホース付近から
激しく水が漏れ出したので、慌てて水漏れ修理。
ニップルなどを取り外して、シールテープを巻いてみて
ホースを繋げると、どうやらホースが劣化しているらしく
ホースバンドを幾ら締めても水が漏れるので
取り合えず応急処置をして、水漏れは止まった…
思えば10数年の間、ホースなんて何もしてなかったなぁ
ホースバンドもきっとダメなんだろうなぁ…。
朝からずぶ濡れになって仕舞いましたw


CP1号機アンダートレイ取り付け

昨日の定休日は朝から病院へ行き、午後からCP1号機に先週入荷して来た

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (1)アンダートレイを取り付ける作業を開始。 

これのアンダートレイをマフラーに

干渉しない様加工して取り付けをします。

チタンマフラーなので、なるべく余裕を持って

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (2)アンダートレイを切り取ってしまいます。

取り付け方法は前側は両サイドに

この様なステーを作って取り付けて

トレイに合わせて曲げて、穴位置を決めて

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (3)アンダートレイに穴を開けます。

リア側は、メインスタンドが使えないので

取り外してあり、その部分のステーを使って

アンダートレイ用のステーを製作して取り付け

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (4)この三点でトレイをぶら下げる形になります。

このスタイルは以前のレーサーで実績があり

問題無く取り付ける事が出来ます。

取り付け穴位置が決まったら穴を開けます。

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (5)前後のステーを仮に取り付けてます。

アンダートレイは他社油流用になるので

色々と削って加工しないと取り付ける事が

出来ないので、全体のバランスと

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (6)位置を合わせ、主にマフラー、エキパイや

テールエンドパイプ部分を少しづつ切り取り

車体に合わせてカットして行くのですが

これが結構手間で、僕にはこの作業は向いてない!

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (7)で、車体に合わせて削ったアンダートレイの

最終形状がこれになりますw

マフラーの加工部分が大きいので

仮にもし何かあってもほぼ、アンダートレイに

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (8)オイルは溜まらないかも知れませんが

取り付ける気持ちと、努力は認めて欲しい。

後はステッカーチューンをやってから

車体に取り付けて、これで完成ですが

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (9)まぁ貼ったステッカーを良くると

「やっぱりな!」と言う感じになってますw

まぁ別に僕は気にしていないので良いんです!

ステッカーチューンもこれで出来上がったので

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (10)車体に取り付けて、色々と妄想にふける…

レースをする分けでは無いからね!

これでも十分良いと納得してます…!

アンダートレイが取り付いただけでも

CP1号機鈴鹿サーキットへの道アンダートレイ取り付け (11)かなりレーサーマシーンチックになったなね!

チタンマフラーだけは擦りたく無いので

無理な走り方はしない様にするつもりです…

タイヤウォーマーも引き取って来たので

CP1号機鈴鹿サーキットへの道タイヤウォーマー引取りこれでCP1号機サーキット走行仕様変更

作業は、これにて完了となりました。

ハイエースが車検なので、来月から本格的に

サーキット走行をする予定で考えてます。


枚方Q坊号CB400 EXスタッドボルト修理とハンドル交換

急遽火曜日にEXマフラースタッドねじ山上がりのご一報を頂き

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (1)本日入庫となった枚方K様CB400が本日入庫。

マフラースタッドEXボルトねじ山上り修理が

本日のメインになるのですが、ついでに

ハンドル交換もやる事になり、作業的には

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (2)ハンドル交換作業の方がメイン作業かなw

エンジンは熱々なので、先にハンドル交換から

ワイヤー、ホース類が短くなる可能性もあり

ハンドルの取付位置を決めるのですが

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (3)先にハンドルスイッチを加工しないと

取り付けが出来ない為、ハンドルスイッチを

F2絞りから抜き取って加工から始めます。

ハンドルスイッチ加工は予定外でしたが…。

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (4)削り粉がスイッチ内部に入るので分解。

復旧が少し面倒な右ハンドルスイッチ

スターティングキルスイッチから

配線逃げ加工作業に取り掛かります。

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (5)スイッチボックスを削るのはサクサクっと

出来るのですが、小さな部品をケース内に

戻すの作業の方がかなり面倒です…。

左右両方共配線の逃げ加工が完了したので復旧。

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (8)仮付けしたハンドルに取り付けるのですが

クラッチワイヤーは何とかギリギリ居た物の

ブレーキホースが全然届かないのは残念です…。

代わりのホースも準備はしていないので

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (9)後でオーナーと相談する事になります。

そんな事をやって居たらエンジンも冷えたので

EXスタッドねじ山上り修正作業に取掛かります。

幸いな事にねじ山上りは#1の内側なので

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (10)工具が入るのは運が良かったです。

マフラーを取り外してねじ山をリコイル修正。

これが#2.3の内側だったら、そりゃあもう最悪。

エンジンをズラすか、ネチネチとした作業を

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (11)やってみて、復旧が出来るかどうか…。

リコイルの下穴を開けて、タップを立てて

これでリコイル修正が完了しました。

他のEXスタッドもかなり錆びているので

枚方Q坊号CB400ハンドル交換とEXスタッド修正 (12)気にはなりますが、触らぬ神に祟り無し!

折れる可能性もあるので、本当は交換した方が

良いのには決まって居るのですが

下手に手を出して折れて仕舞うと怖いので…

このEXスタッドは一度交換されている痕跡があるので

多分交換作業をする事は、大丈夫だとは思いますが

今日の所はこれで勘弁して下さい。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年05月02日

明日から7日までGW休暇3

明日からは予定通りGW休暇を頂きます。
GW後半の天候が悪く、走りに行こうと思って
CP1.5号機のオイル漏れを直したのに
とても残念でなりませんが、鈴鹿サーキットのライセンスも
無事に更新出来たので、スポーツ走行に行ける時に
運転技術向上の為、練習走行をする準備を整えている所です。
こんな事になるのなら、やっぱりレーサーを売らず
周辺機材も処分しなければ良かったと思います…。
今月はハイエースが車検なので、来月から本格的に
スポーツ走行をする予定で、CP1号機を整えたいと思います。


小物部品パウダーコート仕上がり

「急ぎで!」とパウダーコートカトーさんに出していた

メインスタンドストッパーと408タイプホーンステー塗装仕上がり (1)小物部品が塗装から仕上がって戻って来ました。

塗装が上がったのはセンタースタンドストッパーと

408タイプホーンステーになりますが

手裏剣カバー付き408タイプホーンの製作は

メインスタンドストッパーと408タイプホーンステー塗装仕上がり (2)恐らくこれで本当に最後になると思いますし

純正ホーンもこの先手に入らなくなる事も

今回のロットで生産終了の要因になると思います。

正直な所、色々と値上げも続いており

メインスタンドストッパーと408タイプホーンステー塗装仕上がり (3)これ以上商品の値上げが続くのであれば

部品単価が上がる為これ以上の値上げも心苦しく

408タイプ手裏剣カバー付きホーンは

在庫限りで終了する予定で考えて居ります。

理由はこの他にもある分けで、製作を依頼している職人さんが

近々勇退をする事もあり、色々とCPオリジナルで頼んでいた部品も

職人さんの勇退と共に、随時在庫が無くなりし出し廃盤になります…。

ロッカーアームのリビルドも、既に職人さんが退職している為

単価の高い所若しくは、新しい業者を探している所になります…。

エンジンオイルも又6月初めから、また値上がりする事もあり

エンドユーザーの方々には、お財布にはまだまだ中々厳しい状態に

なって行く方向だと思います…。


京都K様CB400国内398ccF1リアスプロケット手直し

先日継続車検整備と、カスタムを終えて納車したのですが

京都K様CB400国内398ccF1スプロケット干渉 (1)ホイールを変更した事による物なのか?

前後ホイールに関係する周辺部品に

不具合が発生しており、フロント側に関しては

応急的に対処したのですが、リア側は少々

京都K様CB400国内398ccF1スプロケット干渉 (2)残念な不具合となってしまった為、本日再入庫。

応急の仮修復を行うのですが…まぁ色々と

何故こうなったのかを説明しながらの手直し作業。

本来純正リアサスを使用している場合は

京都K様CB400国内398ccF1スプロケット干渉 (3)チェーンカバーとドリブンスプロケットの

隙間は十分あるのですが、特にアルミボディの

コニーを取り付けた場合、ボディが太いので

チェーンカバーを押し込んでしまう為

京都K様CB400国内398ccF1スプロケット干渉 (4)ドリブンスプロケットに干渉します。

この場合は干渉しない程度にチェーンカバーを

手前に引っ張り、クリアランスを確保します。

干渉を防ぐにはこれしか手段はありません。

京都K様CB400国内398ccF1スプロケット干渉 (5)干渉してしまったドリブンスプロケットは

取り外して、手直しリペイントをするので

補修が仕上がって来る間は応急ですが

リプロ品のドリブンスプロケットを装着。

京都K様CB400国内398ccF1スプロケット干渉 (6)チェーンカバーとのクリアランス調整も

しっかりと行い、干渉しない事を確認し。

純正ドリブンスプロケットカバー側も

真っ直ぐでは無く、多少振っていた事もあり

一部だけチェーンカバーに干渉していたと言う事でした。


本日のご来店

お電話で、スパークアドバンサーの調子が悪いとの事でご来店は

京都K様CB400国内398cc元F1点火時期調整 (1)京都K様CB400で、電話でお話を伺うと

プラグの火花が弱いとの事でご来店。

改めて色々とお話を伺うと、知り合いの

車屋さんがポイントの接点が減っている

京都K様CB400国内398cc元F1点火時期調整 (2)との事で「交換して置いたで」と言う事…。

点火時期をチェックすると、#2.3は全然ダメで

マフラーからのアフターファイヤーも酷い…

サクサクっと点火時期を調整したら…

京都K様CB400国内398cc元F1点火時期調整 (3)そりぁもう快適にエンジンが吹け上がる様になり

乗って来た時と比べれば、別物になった。

接点クリアランスも滅茶苦茶で、荒れており

接点を磨いて、点火時期を調整しました。

京都K様CB400国内398cc元F1点火時期調整 (4)排気温度は四気筒共、綺麗に揃いました。

作業後に色々とお話をさせて頂き

オイル漏れもあり貴重な国内398ccなので

この先のエンジンO/Hに付いてお話をしました。

大阪H様CB400FFCRアイドルスクリュー交換 (1)次にご来店は大阪H様CB400Fで、先日取り付けた

FCRのアイドルスクリューの不具合の為

別のアイドルスクリューに交換して

アイドリング調整が出来る様に、交換しました。

大阪H様CB400FFCRアイドルスクリュー交換 (2)たまにFCRの個体差で、アイドルスクリューの

長さが足りない物がある事があるので

今回はその対策品のアイドルスクリューを

取り付けて、問題は解決しました。

枚方Y様CB400国内398ccご相談にご来店230502次にご来店は、以前オイルパスキャップBを

取り外す事で、お電話でご相談を頂いていた

枚方Y様CB400国内398ccですが

色々な所からオイル漏れがあり、この先の

メンテナンスに付いてご相談を頂いたので

軽くですが、メンテナンスの手順についてお話をさせて頂きました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年05月01日

鈴鹿SMSCライセンス Eラーニング受講3

今日5月1日になったので、予定通り鈴鹿サーキット
SMSCのライセンス取得の為仕事の合間に
Eラーニングライセンス講習を受講し
その後の10問テストで100%正解しないと
次に進めず第一関門の10問テストに合格したら次の6問の問題に進めます。
その6問の問題にも同じく100%正解しないと
SMSCのライセンスを取得できません!
で、テストの結果は…無事に合格しました!
こんなの1発合格や!とほざいて仕舞い申し訳御座いませんでしたw
今回の試験結果を反省し、安全なスポーツ走行に精進しようと思います。


CP1.5号機シリンダースタッドオイル漏れ修理

GW中の開いて居る時間に作業をしようと思っていたのですが

CP1,5号機シリンダースタッドオイル漏れ修理 (1)ちょっと時間があったので、サクサクっと

ヘッドカバーを取り外し、シールワッシャーを

交換するか、取り合えず増し締めをするかを

考える事にしたのですが、1ヵ所ねじ山上りが…

CP1,5号機シリンダースタッドオイル漏れ修理 (2)取り合えずシリンダーヘッドの増し締めを

行ってみた所、かなり緩んでいたので

今回は増し締めで対応してみる事にしました。

恐らくオイル漏れ原因だと思われる所は

CP1,5号機シリンダースタッドオイル漏れ修理 (3)かなり緩んでいたので、これで止まれば

ラッキーかなぁ…?と言う感じです。

次に、仕事が増えたねじ山上りを修正します。

切り粉がエンジン内に入らない様に養生をし

CP1,5号機シリンダースタッドオイル漏れ修理 (4)パイロットタップでリコイルのねじ山を切り

仕上げに、通常のリコイル用タップでねじ山を

綺麗にさらい、仕上げてからリコイルを入れて

これでねじ山修正が完了しました。

CP1,5号機シリンダースタッドオイル漏れ修理 (5)後はサクサクっと復旧作業に取り掛かります。

これでシリンダースタッドオイル漏れと

ねじ山上り修正作業が完了しました。

後はタコメーターを取り外し分解、指針のズレを

CP1,5号機電タコ指針ズレ手直し (1)直せば、このGWに予定していた作業が完了です。

と言う事でタコメーターを取り外しました。

これでまたネチネチとカシメリングを外し

缶詰の中身を出して、指針ズレを直します。

CP1,5号機電タコ指針ズレ手直し (2)リングを外し缶詰の中身が出て来ました。

使用中は約1,000rpmのズレがあったので

ザックリと指針を1,000rpmズラしてセット。

缶詰の蓋をする前に、動きと回転数を

CP1,5号機電タコ指針ズレ手直し (3)チェックするので、仮に配線を接続し

エンジンを始動させて、作動確認。

でも今この表示があっているのか?と言うのは

どうやって確認するのか?と言う事になりますね

CP1,5号機電タコ指針ズレ手直し (4)そこでこの機械を使って、デジタル表示で

正確な回転数を確認し、電タコの表示と

比較してから缶詰の蓋をするのです。

この装置に設定を入力して、プラグコードに

CP1,5号機電タコ指針ズレ手直し (5)この装置のアンテナを近付けると、何とまぁ!

この様に現在の回転数がデジタル表示されるので

正確な回転数が分かると言う事なんですよね!

これでタコメーターの回転数を合わせて

CP1,5号機電タコ指針ズレ手直し (6)缶詰の蓋を閉めて、電タコ手直しが完了。

これで回転数もバッチリになったけど

GWにやる事が無くなってしまったなぁ…。

まぁ取り合えずこれで時間の余裕が出来たので

CP1,5号機電タコ指針ズレ手直し (7)鈴鹿サーキットSMSCライセンスを

更新出来る様にしっかりとEラーニング講習を

今日受講して、一発で合格出来る様に集中し

鈴鹿のライセンスを更新出来る様に頑張ります。


鈴鹿サーキットSMSCライセンス講習とテスト

予定通り、本日5月1日に鈴鹿サーキットSMSCライセンス取得の為

鈴鹿サーキットSMSCライセンス取得テストその1 (3)Eラーニングを受講し、小テストに

挑みましたが…こんなの一発で合格出来ると

思っての第一問、複数正解があるとは知らず

チェックボックスにチェックを入れなかったり

鈴鹿サーキットSMSCライセンス取得テストその1 (6)問題をしっかり読まず、フフフーンっと

試験を受け、最初は60/100と言う

情けない結果だったので、次は真面目に

と思い、複数正解がある事を学んだのに

鈴鹿サーキットSMSCライセンス取得テストその1 (7)結果は70/100と言う結果で、問題には

Eラーニングでそんな事言って無かった様な

問題も出たりして、見事に引っ掛かったり

チェックボックスにチェックを入れ忘れたり…

鈴鹿サーキットSMSCライセンス取得テストその1 (8)何とか7回目、所要時間約3分で

無事に10問問題に100%正解し

無事に合格しました…。

結果は本意では無いにしろ、出題される問題を

鈴鹿サーキットSMSCライセンス取得テストその2 (1)舐めて掛かったのが失敗の元でした…。

でも次の6問問題は見事1発合格!

5分も掛かってますが、ちゃんと問題を読んで

滅茶苦茶脳をフル稼働したので、この結果となり

鈴鹿サーキットSMSCライセンス取得テストその2 (2)無事に鈴鹿サーキットSMSCライセンスの

更新が出来たので、これでライセンスが復活!

鈴鹿サーキットROCを楽しむ事が出来ます。

入会金や共済金の支払いも終わったので

何処かのタイミングで一度走りに行こうと思ってますが

今月はハイエースの車検があるので、6月以降になるかなぁ。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月29日

本日は早仕舞いと臨時休業のお知らせ3

【早仕舞いと臨時休業のお知らせ】
本日4月29日(土曜日)は嫁の都合で14時までの営業とさせて頂きます。
明日4月30日(日曜日)は急遽ですが親族の集まりがある為
臨時休業とさせて頂きます。
5月1日、2日は通常通りの営業となります。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


Z1シリンダーヘッド抽選結果のお知らせ!

昨日は当選の連絡が来なかったので、やぱり落選したのか…と思って

Z1ヨシムラヘッド今朝出勤してメールをチェックすると!

何と!ヨシムラからのメールが来ているじゃないか!

うぉー!これは当選したのか!ヘッド代をどうしようと

思いながら、メールを読んで、確認をしてみると…

残念な事に、落選のお知らせメールだった…

昨日連絡が来なかったので、諦めていたのに

今日の落選メールで、2回強姦された気分になったわ…


センタースタンドストッパーと408タイプホーンステー

在庫が無くなり掛けていたセンタースタンドストッパーと

408タイプホーンステーとセンタースタンドストッパー塗装送り (1)在庫が無くなっていた408タイプホーンステーが

先日入荷して来たので、早速塗装送りに!

これでまた手裏剣カバー付きホーンが

再販出来る様になりましたが、もうこのロットで

408タイプホーンステーとセンタースタンドストッパー塗装送り (2)408タイプ手裏剣カバー付きホーンの製作は

純正ホーン廃盤の為、完全に終了となります。

センタースタンドストッパーは、これで当分の間

何とか凌げると思いますが、これも無くなれば

CB400Four用部品再メッキ仕上がり230428再販するかどうかをその時に考える事にします。

塗装はパウダーコートになるので

パウダーコートカトーさんへ送ります。

ユニクロメッキもGWを前に仕上がって来ましたが

RCフォア用サイドスタンド部品入荷クロームメッキはまだ当分先になると思います。

先日一旦納車したRCフォアのサイドスタンドの

部品もGW前のタイミングで入荷して来ました。

これもまた多分来週位には取り付けにご来店かな?

本当は今日も一日仕事をする予定だったのですが

嫁の不満が爆発しそうなので、今日の作業は止めてGW明けにやる事にします…。


CP1.5号機GW中にオイル漏れ修理予定

オイル漏れテストで使っていたシリンダースタッドのワッシャーですが

CP1,5号機GW中の作業予定 (1)まだ慣らしが終わって居ない時点ですが

一部のスタッドボルトからオイル漏れが

出だしたので、このGWを利用して

オイル漏れ箇所の検証と修理をしようと思います。

CP1,5号機GW中の作業予定 (2)漏れて居ない所は何ヵ所もあるのに

スタッドボルトの一カ所だけから漏れてます。

また違うワッシャーを使うか、純正を使うかは

分解してから考えようとおもってます。

それと自作電タコの指針ズレも直したいので

タコメーターを分解して、回転数の指針を調整したいと思ってます。

このGWはやる事が沢山あるなぁw


peke_cb400f at 14:00|PermalinkComments(0)

2023年04月28日

Yoshimura F-TUNING HEAD3

今月20日に締め切られたYoshimura F-TUNING HEAD
抽選販売に応募していたのですが、締め切り後
約1週間程度で、当選者には連絡が来るはずなのですが
未だに連絡が来ないし、ヨシムラもGWに入るからねぇ…
また今回もこの手の抽選には外れたのだろうと思います…。
この手の限定品の抽選には決行申し込んでいるのですが
抽選に当たった試しがない!事は結構悔しいですね…
まぁ当選したらしたで、100万近いヘッドを購入するのですが
取り付ける車両が無いので、転売になるんだろうねぇw
大体そう言う下心があるから、この手の抽選には
当選しないんだろうと思うと、複雑な気持ちにはなりますw
まぁ当選しなくて良かったと思う事にしますw

また明日は最近いちご狩りに行ってないので
嫁のご機嫌がかなり悪いので、早仕舞いとさせて頂く予定です…。


京都K様CB400国内398ccF1左フロントキャリパー交換

昨日は滅茶苦茶忙しく、僕だけバタバタしていたのですが

京都K様CB400国内398ccF1フロントブレーキキャリパー交換京都K様CB400のオーナーが早々に

交換用キャリパーをご持参頂いたので

早速交換作業に取り掛かり、早々に交換が

完了したのですが、Wディスク用スピードメーター

ワイヤーに少々問題があって、結構苦労しその問題を解決するべく

作業を行っていたのですが、結果、恒久的な対策が出来ず

納車をお待たせするのも申し訳なく、応急的な処置をして納車となりました。

正味な話、あんな不具合は初めてでした…。


Z750RS修理納車完了

昨年の6月にお預かりしていた5年間不動だった

枚方T様Z750RS初期800番台修理完了 (1)Z750RSの修理がやっと終わった…。

キャブレターはほぼリビルドと言う感じで

仕上げないと、全然ダメだった上に

タンクの錆が酷く、2回も錆取りをする事に…

枚方T様Z750RS初期800番台修理完了 (2)昨年末、車検を受けれる形になったので

オイル交換をしようとしたら、ドレンボルトが

過剰トルク過ぎて、緩まなくてオイルパンを

取り外してナットを溶接し、取り外せました。

枚方T様Z750RS初期800番台修理完了 (3)これでキャブの調整が出来ると思ったら

エンジンが掛からなくなり、原因を調べると

コイルが死亡していたので、交換となった…

で、コイルの交換が終わりエンジンを掛け

枚方T様Z750RS初期800番台修理完了 (4)キャブの調整をしようとすると、今度はセルが

動かなくなり、原因を調べると驚いたのが

ハンドルスイッチの配線がビニールテープで

巻いてあるだけで、そこが断裂、地絡などの

枚方T様Z750RS初期800番台修理完了 (5)不具合を引き起こしている事が分かり

スタイル的に中身だけ交換しました。

一つ治せばまた次の不具合が起こり

その不具合ヵ所を特定するだけでも

枚方T様Z750RS初期800番台修理完了 (6)時間が掛かり、まともに動く様になるまで

結果的に約1年近く掛りました。

いっその事レストアした方が早かったかも…。

5年も不動だった車両を、修理すると言う事が

枚方T様Z750RS初期800番台修理完了 (7)どれだけ大変なのかは中々オーナーには

伝わり辛く理解して頂けなかった事も

ありましたが何とか無事に仕上がり

先日オーナーと打ち合わせをして

やっと納車まで辿り着いたので、ブログに掲載が出来ます。

また電装系が何時故障するか分からないので、出来れば

メインハーネスを含めたその辺りは一新した方が良いかも知れませんし

この先乗り出す事により、エンジン自体もお疲れ気味なので

O/Hも考えた方が良いかも知れません。

因みに故障した各部品の入荷がかなり遅くて、約一年掛ったのですが…。

取り合えずGW明けに継続車検を受ける予定になりました。


逆オカマ貰い事故修理完了

車体側の修理が終わり、部分補修ガラスコーティングに出していた

高槻M様CB400国内398ccF1ガラスコーティング完了高槻M様CB400国内398ccF1の

ガラスコーティング仕上がって

何とかGW前に戻って来たので

早速納車に向かう事にします。

今回の事故では0:10の事故になったのですが

保険会社が同じ保険会社だったっ為、出る財布が同じになるので

修理見積を出してからの協定までの間、値切りが激しかった…

もう今度から事故に遭うなら、別の保険会社に

加入している方にと思ってしまったわ!

まぁ0:10の貰い事故であったとしても、事故に遭わない方が良いですけどね。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月22日

エコー検査結果と膵臓の件1

予定通り昨日、唾液腺導管癌のエコー検査を行いました。
結果は…6.7仟紊硫深圓が見つかり、来月再検査…
場合によっては生検をする可能性もあるとの事でした…。
もう5年生存率40%の半分を消化してしまったので
丁度、平均再発率の2年半で何者かが見つかった。
残り半分の2年半で取り合えずの5年になり
一先ず寛解となるのに、このタイミングで6.7个硫深圓が
見つかってしまい、正直診察室で一瞬血の気が引いた…。
これをまた嫁に報告すると、きっと言う事は決まっており
「生きてる間に店の部品を全部片づけろ」と言うのは目に見えてる。
取り合えずは来月の再検査結果次第で、何も無ければ
膵臓の問題個所はお預けこれまた死ぬ死ぬ詐欺、大成功!
と言う事になるのですが…
また、この画像の膵臓の問題について
主治医とも相談した結果を
息子とも相談をして、この先どうするかを
決めようと思ってましたが
取り合えずはそれ処では無くなったので
膵臓の件はお預けだな。


貰い事故逆オカマ車両復旧作業

今月1日に事故に遭い、保険屋とのやり取りで12日に

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (1)修理見積もりを提出したのですが

担当者から折り返しの連絡が全然無かったので

この月曜日にこちらから作業開始について

催促の電話を入れ、やっと作業OKの返事が出た。

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (2)と言う事で今日は事故復旧作業に

取り掛かる事になりオーナーからも

「GWには乗りたいので」と言われており

こちらは急いで見積もりを作り提出したのに!

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (3)担当は見積もりすら見てなかったらしい!

しかも事故の相手側も同じ保険会社なので

かなり激しく値切って来るし、それでも僕は

良心的な見積もりを提出した上に、ある程度の

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (4)交渉にも応じたにも関わらず、まだその上から

値切って来るので、流石に僕も頭に来たので

こちらが親切心で安く見積もっていた所も

外注業者に発注する事にしてやったので

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (5)返って金額は高くなって仕舞う事になりますが

そんな事は、僕の知った事では無くて

正当な請求になるので、支払って貰うしかなく

逆に僕が動かなくて済むので、助かるしw

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (6)入社3年目のアジャスター兼被害者、加害者の

担当となった、全く残念な担当者と言うお話。

レストア後購入時の納車前にガラスコーティングを

施工して居り、今回もその納期が約一週間との事で

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (7)兎に角大急ぎで修理を完了させました。

まぁこれだから保険屋は担当者次第になるよねw

因みにこの車両、全損の場合は406万円程に

なるらしいけど、そんな金額じゃぁ今は到底

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (8)この車両を作る事は出来ませんわ…。

事故相手が同じ保険会社って言うパターンは

今回で2度目?位かなぁ…こういう場合は

協定を取るのも割と面倒で、出し渋るんですよね。

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (9)まぁ兎に角サッサと修理をしたので、これで

ガラスコーティングに出す事になります。

これで何とかGWには間に合いそうです。

急いでバタバタと仕上げたので、修理中の

高槻M様CB400もらい事故復旧作業 (10)途中経過の写真を撮るのを忘れたけど

アジャスターからも特に修理中の写真云々は

言われてないし、ブログ用にこれだけ

写真を撮って居るんだから、まぁ大丈夫でしょう。

まぁホント保険会社の奴にはムカつくわぁ!

これでガラスコーティングの部分補修に出したので

完成すれば納車が出来るので、GWには間に合いました。


鈴鹿サーキットスポーツ走行への道その4

RCフォア用に特注で注文していたリアサス5僉6僖蹈鵐阿離螢▲汽垢

鈴鹿サーキットSMSCスポーツ走行への道その4 (1)アゲイン製フロントフォーク延長キットも

入荷して来たので、オーナーに報告。

早速取り付けたいと言うのですが

車高が上がると、サイドスタンドが足りなくなるし

鈴鹿サーキットSMSCスポーツ走行への道その4 (2)センタースタンドも使えなくなるので

長めのサイドスタンドを準備中です。

フロントフォークもビロンビロンなので

延長キットを取り付ける際に、O/Hもする予定。

鈴鹿サーキットSMSCスポーツ走行への道その4 (3)で、僕の方も注文していたエアバッグが入荷。

これ本当にレーシングスーツの上から

着れるのかな?と心配になるのですが

何処かのタイミングで試着してみようと思います。

鈴鹿サーキットSMSCスポーツ走行への道その4 (4)車体側にはCO2ボンベを引っ張る為の

伸縮ワイヤーを取り付けました。

ワイヤーが前側なので、脱着もし易くて

下りる時の外し忘れも少ないと思います。

鈴鹿サーキットSMSCスポーツ走行への道その4 (5)お値段もお高いエアバッグ…

まぁ身体を守る為のエアバッグですが

これが作動しない事が一番ですね。

一応は予備のCO2カートリッジも購入。

CP1号機オイルドレンボルト、フィラーキャップワイヤリング (1)まぁ使う事は無いと思うけど、お守りで!

後は、サーキットを走る上で最低限になる

オイルドレンボルトや、フィラーキャップを

ワイヤリングして、これも万が一の時の為に

CP1号機オイルドレンボルト、フィラーキャップワイヤリング (2)オイルをコースにぶちまけない様にして置く事。

これは最低限の基本中の基本になります。

レースをする分けでは無いので、自己管理です。

過去にも大きな事故があった事もありますし

重大な事故原因が自分の車両が原因だったら…サーキットと言えども

大きな問題になる事は間違いなく、これはあくまでも

クローズドコースを走る最低限の事で、サーキットをスポーツ走行

する為のマナーだったり、自分のミスで他人を巻き込まない様にする為にも

オイル回りには十分過ぎる程の注意をしましょう。


恐怖の姪オイル交換にご来店

姪が勤務する職場の社長が「オイル交換したんか?」と

恐怖の姪オイル交換にご来店230422 (1)姪に余計な事を言ったらしく、今日いきなり

電話が入り、オイル交換をしろと言う…

そう言えば!タイミング良く今日弟が来るので

「それなら今日来れば、オイル交換するわw」

恐怖の姪オイル交換にご来店230422 (2)お前のパパがな!、と心の中でほくそ笑んだ。

で、良いタイミングで姪も、弟もやって来たので

お任せで、僕は自分の仕事をしてましたw

姪も嫁が店に来たので、お喋りのお相手も

出来たので、今回は僕に大した被害が無かったので良かったw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月10日

SMSCライセンス復活許可3

先週の土曜日にSMSC事務局から電話が入り
僕のメディカルチェック表について何点か質問がありました。
その内容はやはり、指定難病69 後縦靭帯骨化症の事でしたが
一応緩和手術を済ませた事で、もしもの時に全身麻痺の
リスクがある事を心配しての電話で、主治医から
サーキットでのスポーツ走行についての
許可は下りている事を伝え、また一部処方薬が
鈴鹿の新しい規定に引っ掛かるとの事だったのですが
その薬も、この5月までで処方されなくなる事も伝え
SMSCライセンス更新許可が正式におりました!
後はエアバッグや、スポーツ走行する車両のメンテナンスを進めて行き
サーキットを安全に走れる車両に変更して行く事になりました。


大阪府知事、大阪府議選挙投票日

昨日は大阪府知事と大阪府議の選挙投票日だったので

大阪府知事、大阪府議選挙投票日 (1)千葉S様CB400の試運転に出掛ける前に

投票へ嫁と一緒に行って来ました。

開票結果は聞かずとも、僕が投票した候補者は

必ず当選すると言うジンクスがあるので

大阪府知事、大阪府議選挙投票日 (2)無事に応援する政党、候補者が当選しました。

もっと面白い大阪になると良いね!

確かこれが終わると次は枚方市議選が

始まるはずだったと思うので

また嫁を誘って投票に行くと思います。


千葉S様CB400試運転チェック

嫁と二人で選挙の投票を終えてから、千葉S様CB400の試運転へ。

千葉S様Cb400試運転チェック230409 (1)スタンドでガソリンを満タンにして

まずは記念撮影ポイントへ移動し

お決まりの記念撮影を済ませてからの

試運転走行へ、何時ものホームコースの

千葉S様Cb400試運転チェック230409 (2)ライトコースを軽く一っ走り行って来ました。

アップハンのBS仕様で、リアサスが750用で

かなりリアが固く、フロントとのバランスが悪く

調子に乗ると飛ぶだろうなぁと思いながら

千葉S様Cb400試運転チェック230409 (3)調子に乗って、飛びそうになったわw

BSなので足の置き場が無く姿勢が悪くて

少し辛かったのですが、それでも何時もの

約100キロコースをワインディングもあり

千葉S様Cb400試運転チェック230409 (4)高速走行もあーりので、市街地は6速3,000rpmや

3速4速9,000rpmなど、色々な状況を想定して

試運転チェック走行を終えて来ました。

天気は良かったのに山の外気温が8℃の所もあり

千葉S様Cb400試運転チェック230409 (4)FCRの設定をかなり薄くしたので、この外気温は

少し心配だったのですがまだ少し濃い感じが

するなぁと思いながら試運転をしていました。

関西と関東ではセッティングが多少異なるので

千葉S様Cb400試運転チェック230409 (5)どうしようかと悩んでますがプラグも外側が

少し黒いので、スロー系が少し濃いんだと思い

SAJを再調整して、ご近所を乗り廻します。

ハイカムが入っているのか分からないのですが

タペット音が少し大きい感じで、それ以外は特に問題無く

昨日は無事に走行チェックを終えて店に戻りました。

で、今朝オーナーから連絡が入り、急遽引取り納車をご希望となり

夕方にはご来店予定となり、大急ぎで気になる所の手直しを済ませ

何とか納得出来る所までセッティングを詰めれたので

無事にお引き取り納車が出来ました。


CP1号機FCRメンテナンスと鈴鹿仕様に変更

SMSC事務局からライセンス更新許可が出たので

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (1)早速CP1号機のメンテナンスを開始します。

まずはアイドリング落ち不良だった

特注FCR33Φのガイドローラーを

ワイドローラーに変更してみる事にします。

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (2)交換に関して、特に説明書が付いている事は無く

それなりにFCRの知識が必要になります。

スロットルバルブを取り外したついでに

リップシールも新品に交換して仕舞います。

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (3)で、メインのガイドローラーの交換ですが

ベアリングが圧入されている所以外は

そんなに大変な事も無く、ベアリング入りの

ワイドガイドローラーをしっかりと入れないと

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (4)スロットルバルブの動きが悪くなります。

そもそもアイドリングの落ちが悪くなるのは

このガイドローラー部分のボディの摩耗。

ここにバルブが引っ掛かってアイドリングの落ちが

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (5)悪くなるので、ワイドローラーを入れて

摩耗した部分をまたぐようにすると言う方式。

と言う事で、これで全てのローラーを交換。

これで後は同調を合わせるのですが

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (6)大体元の位置に戻してますが、ここはちゃんと

ワイドローラーの性能を確認する為にも

同調を調整する事にするので、その準備。

FCRの同調調整って工具が入らないので

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (7)割と作業がやり難いんですよねぇ…TT。

で、大体合わせていた物の、やはり少し

同調はズレてましたねぇ…まぁ仕方ないね。

で、結構苦労してソコソコに合わせれたので

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (8)自分のなのでもうこれで良いかぁ…と

適当な感じですが、まぁそれなりには

同調は合っているので、これでOKです!

アイドリングの落ちは期待通りとはならず

CP1号機用FCR33Φアイドリング落ち不良ワイドローラー化 (9)まぁ結果的にそれなりには良くなったので

これで我慢する事にしますし、新品で特注の

FCR33Φも発注したので、取り合えずこれで

サーキット走行をする分には問題無いです。

CP1号機鈴鹿サーキットSMSC対応ステップに変更 (1)で、右ステップも今付いている物だと

確実に1,2コーナーで擦るので、これも

元レーサーから取り外して保管していた

右ステップと交換をする事にします。

CP1号機鈴鹿サーキットSMSC対応ステップに変更 (2)まぁ何でも捨てずに取って置いて良かった。

これでCP1号機のFCRキャブワイドローラー化と

サーキット仕様ステップ交換が完了しました。

後はフロントフォークと前後タイヤを交換して

SMSCライセンス復活への道 Eラーニング受講スポーツ走行が出来る車両にして行きます。

ライセンス更新手続きも来月5月7日までに

Eラーニングを受講し、試験にも合格しないと

ライセンスが更新出来なくなるので、しっかりと勉強します。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月04日

鈴鹿サーキットSMSCライセンス復活への道3

2023年4月1日から11月26日(土曜日)までの間
ETC二輪車定率割引を事前に申し込めば
100キロ以上の日帰り利用で37.5%の割引が受けられる
各ネクスコ及び宮城県道路公社で利用できる
ETC二輪限定土、日、祝日ウェブ事前予約割が利用できるそうです。
バイクシーズン到来に向けて、高速道路を利用される方は
利用されてみては如何でしょうか!
でもそんな事より、二輪車を高速道路利用料金半額制度を
やれって話だと思うんだけどね。


悩めるRCフォアご来店

昨晩の閉店間際、トイレから出て来ると聞き慣れたマフラー音が…

悩めるRCフォアの人生相談思わずそのまま閉店しようかと思ったわw

まぁ色々と相談に乗ってお話をしましたが

取り合えず「Let's begin.」だわ、と言う事で

悩んでいても仕方が無い、まずスタートラインに!

と言う事で、僕もライセンスを復活させる事にし

鈴鹿サーキットへ電話を入れましたが…僕の場合病気の事がライセンス復活に

支障が出るかも知れないと言う事が分かり、その返事が金曜日となった…

また年齢的な事もありエアバッグは必須で!となっているらしい。

でも、もう僕には時間が無いからサッサと動き出すよ!


大阪H様CB400リアサス交換

以前からリアサス交換で、中々良い物が見つからず色々あったのですが

大阪H様CB400リアサス交換 (1)この度やっと、希望のリアサスを手に入れ

交換作業に取り掛かれる事になりご来店。

少しづつご相談を頂き、自分の好みの

形に仕上げていっている道中になります。

大阪H様CB400リアサス交換 (2)今回手に入れたリアサスはIKONサスで

ネットの通販サイトで割と安く買えたらしい。

で、最近付属されなくなったトップのゴムカバーは

モーターステージさんで購入したらしい。

大阪H様CB400リアサス交換 (3)で、ここからが恐れ入ったのがこの部品

当時のKONIスプリングホルダーを

割と高額で購入されている事で、当然これは

交換しろよと言う事ですよね!w

大阪H様CB400リアサス交換 (4)と言う事でスプリングコンプレッサーを使い

リアサスのスプリングを縮めてIKONの

スプリングホルダーを取り外します。

この作業、指を挟みそうでとても怖いんですw

大阪H様CB400リアサス交換 (5)で、無事に当時物KONIのスプリングホルダーに

交換が出来たので、IKONサスから新品の

KONIサスに、これで大変身となりました!

で、オーナーには減衰調整方法やスプリングの

大阪H様CB400リアサス交換 (6)S,M,H切り替え手順などを説明し、これで乗って

自分なりのセッティングを出して貰う事に。

減衰のセットは大体#2で良いと思います。

後は目に付いた細かい所の手直しをやって

大阪H様CB400メッキメーターカバー取り付け (1)追加で、メッキメーターカバーの取り付け。

オーナーから聞いたのですが、スピードメーター側

メッキメーターカバーの取付方法を知らない方が

割といるらしく、トリップメーターのツマミ部分を

大阪H様CB400メッキメーターカバー取り付け (2)切断する方も居るとの事で、同じくオーナーも

トリップメーターのツマミを取り外そうとしたり

かなり悩んだらしいのですが、変な事をされず

分からない事はショップにやって貰った方が

結果的に良い事の方が多いと思います。

これで今回のドレスアップ作業は完了したので、次の計画へ進みます。


千葉S様CB400継続車検車両積み込み

週間的予報では明日の天気が悪く、連続車検だ明けスーパー晴れ男記録も

千葉S様CB400継続車検準備車両積み込みついに途切れる時が来たのかと思ってましたが

面白い位に天候が回復するので、予定通り明日

継続車検へ行き、記録も途切れる事もありません。

明日車検を受けてから、現状復旧をして

午後から試運転時行く予定になってます。

近場の試運転結果が良ければ、今度の定休日に軽く走って来ます。


逆オカマ事故保険会社アジャスター対応

朝一番に寝屋川K様CB400Fを引取り納車し

高槻M様CB400逆オカマもらい事故アジャスター対応その後大阪H様のドレスアップ作業も済ませ

千葉S様の継続車検準備も済ませ、PITを開け

保険会社の技術アジャスターの車両見分に立ち合い

まだ三年目の若いアジャスターの方でしたが

それでもやはりプロの目で車両を見分し、フロントタイヤの接触箇所を特定

残念な事にハヤシキャストに傷が入っているのを見つけてしまった…

オーナーは止まっていた所へ、車がバックでぶつかって来たので

0:10の事故だと思っているのですが

今の所過失割合はまだ何も決まっていないとの事。

それよりも修理するに当たり、手に入らない部品もある事や

ハヤシキャストに傷が入っている事が見つかったので

きっとややこしくなるだろうな…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年04月03日

関西、中部CB400Fourの集い3

昨日は臨時休業を頂いて、姫と共に針テラスへ行き
関西方面、中部方面、他からCB400Fourが60台位集まり
楽しい一日を過ごす事が出来ました。
心配していた首の痛みは出た物の、痛みより楽しい方が勝り
何とか一日耐える事が出来ましたが、今日は首の激しい筋肉痛ですw
また、ヒノキ花粉で目と鼻を持って逝かれてしまい
昨晩から辛い時間を過ごしています。
家ではくしゃみをすると、ちゃPがビックリすると嫁に叱られてます…
首の痛みも今日は筋肉痛になっているので
良いリハビリになったと思います。
僕の車両には、大きなトラブルは無かったのですが
一部計器類の電源が落ちたので、まだ接触不良があるのだと思います。
FCRも回転数が落ちないので、ちょっと考える事にします。


4月1日貰い事故緊急入庫

高槻M様CB400国内398F1、CP19号機がバックして来た車に

高槻M様事故緊急入庫230401 (1)逆オカマされて仕舞い、フロント周りに

ダメージが入っており、フロントフォークが

曲がって居る様で、それよりも心配なのが

入れたばかりのハヤシキャストホイールに

高槻M様事故緊急入庫230401 (2)ダメージが無いかが心配なのですが

取り合えずアジャスターが来るまで

この車両はこのままお預かりになります…

オーナーもかなり大事にしている車両だけに

高槻M様事故緊急入庫230401 (3)ショックも大きいと思いますが

相手側保険会社も国内大手なので

ややこしい事にはならないと思います。

気温が暖かくなって来て、眠っていたライダー達も

動き出す時期になってきているので、色々と気を付けないといけませんね。


関西、中部合同CB400Fourの集い

昨日はインスタなどで繋がっている方々で

関西方面、中部方面CB400Fourの集い (1)関西、中部方面から針テラスに60台以上集合し

圧巻の集いに、姫と参加して来ました。

始めてお会いする方や、お久しぶりの方

お話が出来なかった方など、沢山の方にお会いし

関西方面、中部方面CB400Fourの集い (2)楽しい一日を過ごす事が出来ました。

アゲイン松永社長も参加され、今度再販される

純正マフラーをお披露目して頂きました。

本体価格¥198,000以上の値打ちがある

関西方面、中部方面CB400Fourの集い (3)とても良い仕上がりで、二重管のエキパイの

曲げも難しいのですが良い感じに再現され

これは純正派でなくても、保存部品として

手に入れておくべきマフラーだと思います。

関西方面、中部方面CB400Fourの集い (4)その後、昼食へ行く為分散して移動。

半分はラーメン屋さん、半分はカフェへ

僕はカフェでランチ組となりました。

そこへ食事を終えたラーメン組が合流。

関西方面、中部方面CB400Fourの集い (5)ワインディングを堪能し、西名阪上野PAで

給油と最終集合して、記念撮影などをし

次回のCB400Fourの集いの告知もありました。

今回参加された方々、お疲れさまでした。

関西方面、中部方面CB400Fourの集い (7)また、お会いしたかった方、参加出来なかった方

次回お会い出来る事を楽しみにしております。

最後はヨンフォアムスメ達6名が並び

カメラ親父達の餌食にされていました。

当然ですが、僕もそのカメラ親父の中の一人です!

姫の横にいるファイアー柄タンク、セパハン

ヨシムラミクニTMR MJNに乗った女子の方の車両がかなりかっこ良かった。


CP1号機不具合ヵ所修理

エンジンを回して走れば、チタンマフラーに焼きが入ると思い

CP1号機チタンマフラーの焼け (1)西名阪で高回転で走ってみて、確かに

チタンマフラーに焼き色は入ったのですが

イメージしていた焼き色とはかなりかけ離れた

焼きが入っている感じで、残念だった…。

CP1号機油温計不具合 (1)走行中オイルクーラーIN側油温計の電源が落ち

表示されなくなったので、電源ラインに何らかの

不具合が発生してしまったので、これも直します。

FCRもアイドリングがまた3,000rpmから落ちが

CP1号機用FCR33近日修理予定悪くなったので、色々な補修パーツがある中

取り合えずワイドローラーを購入しました。

入荷次第、時間がある時に交換してみます。

そうじゃないと、信号待ちで油温が…w

CP1号機油温計不具合 (2)走りだすと80度まで一気に下がるんだけどね。

で、オイルクーラーIN側油温計電源部の手直し

黄色い配線がその電源ラインで時計などの

バックアップ電源にもなっており

CP1号機油温計不具合 (3)配線が細かったので、三本纏めてあるのですが

どうやらその中の一本がIN側で、纏めたギボシの

カシメが悪いのだろう、接触不良を起こしている。

なので、接触不良が完全されればと思い

CP1号機油温計不具合 (4)このギボシにハンダを入れてみる事に。

黄色の配線を動かすと、この様に電源が

入るので、断線はしていないと思います。

で、ハンダを用意して接触不良を改善。

CP1号機油温計不具合 (5)ハンダを流し込んでみると、やっぱり思った通り

接触不良は改善された様で、電源が落ちる事も

無くなったので、これで暫く様子を見てみます。

後はFCRの回転落ちの悪さが改善されれば…

CP1号機油温計不具合 (6)でもワイドローラーと言うだけでは

最終的に、またその部分が摩耗するかもねぇ…

そうなれば次は、共立工芸さんから販売されている

SEPベアリングガイドを入れてみるか

新しく発注した特注FCR33Φに交換するかになるなぁ…


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年04月01日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日4月2日(日曜日)は久しぶりに姫と一緒に
リハビリツーリングに行こうと思っておりますが
首の具合が持たなければ、撤退となります…。
コルセットで落ちた首の筋肉を復活させたいと言う目的もあり
ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
CP1号機も長期不動だったので、ここ数日で問題は
解決出来たと思いますが、他が原因のマシントラブルが出るかも知れませんし
エンジン内部品のテストもヘビーユーザー任せになっており
チタン製機械曲げマフラーのテストも兼ねて行って来ます。
姫と同伴なので、ゆっくり楽しみながら走ろうと思ってます。
で、今日は週末と言う事もあり、天気も良い事から
ご来店の方が多く、またユーチューバーの方もご来店され取材を受けましたw
動画がアップされましたらまたご紹介いたします。
そんな感じの忙しい一日でした。


寝屋川K様CB400FフロントブレーキO/H三日目

予定通りブレーキ回りの純正部品が入荷して来たので

寝屋川K様CB400FフロントブレーキOH三日目 (1)早速復旧作業に取り掛かります。

純正のパットAには、元々不在だった

樹脂のリングがこの様に取付いており

この樹脂製リングには、ブレーキ鳴きを

寝屋川K様CB400FフロントブレーキOH三日目 (2)止める役目もある物になりますし

そもそもブレーキパットグリスも塗られておらず

これでよくブレーキO/H済みだと言って

車両を売ったもんだと思うと、闇を感じる所で

寝屋川K様CB400FフロントブレーキOH三日目 (3)しかもブレーキ部品の単価を下げる為だろう

粗悪な社外品を使っている所も悪意すら感じる。

ブレーキパットA,B共にグリスを塗って

キャリパーに取り付け、やっとこれでブレーキの

寝屋川K様CB400FフロントブレーキOH三日目 (5)復旧作業が進められ、仕上げる事が出来ます。

キャリパー取付ボルトも錆びていたので

ついでに新品に交換して置きます。

少しずつですが、こう言った部分の部品も

寝屋川K様CB400FフロントブレーキOH三日目 (6)作業のついでに綺麗にして仕上げて行きます。

パットも新品、スプリングも交換したので

アジャストボルトを調整し、パットB側を調整。

ブレーキフルードを入れて、エアー抜きをします。

寝屋川K様CB400FフロントブレーキOH三日目 (7)やはりブレーキのタッチがかなり変わった…。

最初パットに当たりが付くまでは走行中に

ブレーキをワザと引き摺らせて走って下さい。

またクラッチの状態もチェックしましたが

全然問題無くクラッチが切れる様になり、レバーの遊びも出来ました。

これでまた少しですが、車両のネガな部分の改善が出来て

寝屋川K様CB400FフロントブレーキOH三日目 (8)錆びた部品も新品になりました…あ!…

アジャストロックナットが錆びてましたねw

これもついでに交換して置きます。

アジャストボルトの在庫が無かったので

取り合えずこのまま使う事にしますね。


CP1号機チタン製機械曲げマフラースパイラルサイレンサー装着

今までチタン製機械曲げマフラーにミディアムサイズサイレンサーを取り付け

CP1号機チタン製機械曲げマフラーサイレンサー交換 (1)通勤で使用し、諸々のチェックをしながら

走行していたのですが、少しエンドパイプの

内径が広い様で、サイレンサーのキャップが

チタンマフラー内で振動によりカタカタと言う

CP1号機チタン製機械曲げマフラーサイレンサー交換 (2)音が聞こえて来るので、M6取付ボルト穴部に

負荷が掛かり、チタンと言う材質の性質から

割れて来る可能性も考えられる事から

急遽、スパイラルサイレンサーを装着する事に。

CP1号機チタン製機械曲げマフラーサイレンサー交換 (3)SS素材の場合、ステー部分が溶接の熱で歪み

真円では無くなってスパイラルサイレンサーの

キャップが入れ難かったのですが、素材の違いから

チタン製機械曲げマフラーステー部分の歪は少なく

スパイラルサイレンサーがすんなり入る事や

スパイラルサイレンサーの前後キャップの幅も広いので

サイレンサー取付のM6ボルト穴に対する負荷が軽減され

サイレンサーのカタカタ音もあまり聞こえなくなったので

明日はこれで走行テストをしようと思いますが

昨日一日首のコルセットを外して、作業や、通勤でバイクに乗ったので

既にもう首は筋肉痛になっています…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月30日

4月より自賠責保険値下がり3

世の中値上げばかりでは無く、中には値下がりする物があり
自動車、二輪車などの自賠責保険が4月から
全体的に値下がりする事になってます。
旧自賠責保険価格25ヵ月(二輪車)で¥9,440だったのが
4月から¥8,910になり、¥530安くなります。
24ヵ月の場合は旧価格¥9,270だったのが
新価格¥8,760で¥510安くなります。
実は僕も知らなかったので、お知らせする事が遅くなりました。
嫁は1ヵ月前から知っていらしく、もっと早く行って欲しかった…。
3月31日に車検を受けに行こうとしていた方は
1日待てばワンコイン自賠責代が浮く事になりますね。


バイクシーズンINへ向けての準備

この数日間の移動距離、息子の引っ越して自宅➡姫路➡自宅で往復250キロ

一昨日は自宅➡神戸➡岐阜➡で300キロ、帰りの名神が事故渋滞で

大迂回し、北陸自動車道から若狭舞鶴自動車道➡京都縦貫道➡自宅を走り350キロ

本当は昨日の朝病院へ行ってからCP1号機のメンテナンスをする予定で

千葉S様CB400バッテリー充電完了考えていたのですが、流石に疲れ果てて

身体が動かず、やる気が出なかった。

まぁ千葉S様CB400のバッテリー充電が

何とか無事に終わったのだけは救いです。

CP1号機バッテリー交換フロント周り整備… (1)シーズンINの準備と言っても、まだ首の状態が

何とも言えないので首が持つのであればと思い

久々にCP1号機を出動させようとバッテリー交換。

チタンマフラーも装着した事だし音質や

CP1号機バッテリー交換フロント周り整備… (2)耐久テストも兼ねてみようと思うし

経費が掛かるのでマフラーに磨きも

焼き入れもしていないので

ひょっとして全開で走ればエキパイ部分が

CP1号機バッテリー交換フロント周り整備… (3)良い感じに焼ければなぁ…と思ったりw

フロントタイヤやフロントフォクーも

交換するつもりだったのですが

疲れ果てて身体が動かなかったので

CP1号機バッテリー交換フロント周り整備… (4)昨日の定休日はメイン作業が出来なかった。

取り合えずバッテリーの充電も完了したので

貴重な残りの時間を使って、この先に

予定している、シリンダーヘッド交換準備を

CP1号機交換用シリンダーヘッド下拵え (1)進める事にし、交換候補のシリンダーを

作業台に乗せて、比較してみて

最近手に入れた手前側を使ってみようと思い

取り合えずブラストを当てる準備をします。

CP1号機交換用シリンダーヘッド下拵え (2)かなり腐食はある物の、中の状態は良く

オイル漏れなどの痕跡も無いので使えそう。

バルブはアゲイン製ウエストバルブを使い

強化バルブスプリングに交換するので

CP1号機交換用シリンダーヘッド下拵え (3)全部取り外して、3時間弱ブラストを当てて

こんな感じに仕上がりました。

やはり腐食で地肌がかなりアバタになってます。

それでも、状態は良かったので一安心。

CP1号機交換用シリンダーヘッド下拵え (4)後はプラグホール点検やリタップ掃除。

バルブガイドOリング交換、リーマー加工

ポート研磨をやるのですが、時間が無いかも…

最近は自由人君がやっとこの歳で生活の為に

CP1号機バイク通勤開始まともに仕事をし出し、不自由人になって仕舞い

簡単に呼び出して、強制労働をさせる事が

中々出来なくなってしまった…。

取り合えず天気が良く暖かくなって来たので

今日からリハビリを兼ねてバイク通勤を再開!

で、CP1号機のやる事リストも減らさないと…。


寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫

今日は再メッキに出す部品の整備をしようかと準備をしていた所へ

寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫 (1)寝屋川K様から緊急電話が入りました。

お話を伺うと、どうやらフロントブレーキが

固着しており、ロック気味になっているとの事。

ブレーキが固着して引き摺ったまま走行すると

寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫 (2)最悪はブレーキから出火する恐れもある事から

緊急入庫となり、ご来店頂きました。

車両購入時には、ブレーキO/H済みとの

事だったらしいのですが、フロントを上げて

寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫 (3)チェックしてみたらやっぱり引き摺っており

かなり怪しいので取り合えず分解しようと

マスターカップを開けると、フルードの色が

こんな感じでかなり悪く、フェードで焼けたか?

寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫 (4)サクサクっとフロントブレーキキャリパーを

分解すると、ブレーキグリスは塗って無いし

パットAに入っているはずの樹脂リングも無い。

ピストンシールは使えそうな雰囲気ですが

寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫 (5)怪しいので、交換する事にします。

ピストンは僕も見た事が無い社外品なので

これも純正新品に交換する事にします。

もうこの車両ブレーキの整備がかなりヤバい…。

寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫 (6)キャリパーの塗装は過去のフルード漏れからか

剥がれて仕舞って居たのですが、洗浄したら

塗装がドンドンと剥がれて行く…クッソ!

これはもう自家ペイントで再塗装だな…。

寝屋川K様CB400Fフロントブレーキ固着緊急入庫 (7)見る限り既にオリジナルペイントでも無く

パーツクリーナーで塗装が溶けるので

遠慮なしに塗装を剥がし、ブラストで下地処理。

サクサクっと塗装をして、乾燥待ちになった。

寝屋川K様CB400Fクラッチ交換230330 (1)乾燥後に塗装を焼き付けて仕上げます。

次に、以前からの悩みの種だったクラッチの

切れが悪い事や、調整シロが無いので

以前クラッチスプリングは交換したのですが

寝屋川K様CB400Fクラッチ交換230330 (2)恐らく、クラッチプレートが歪んでいる為に

クラッチが切れないとしか思えないので

クラッチプレート一式を交換する事になった。

こんな事なら、前回の作業でクラッチも

寝屋川K様CB400Fクラッチ交換230330 (3)交換して置けば良かったと反省しながら

クラッチプレートとプレッシャープレートを

分解してみると、明らかにプレートに傷が多く

歪んでいるのであろうと言うのが見て分かる…。

寝屋川K様CB400Fクラッチ交換230330 (4)プレートを重ね、ライトで透かして見ると

所々から光が漏れるので、やはりプレートの

歪が原因でクラッチの切れが悪いと言う結果です。

プレッシャープレートも減っているので

寝屋川K様CB400Fクラッチ交換230330 (5)両方共交換して仕舞い、カバーを取り付けて

レリーズを調整し、アジャストボルトを調整。

今、フロントブレーキが無いのですが

クラッチのリリースポイントを調整し

寝屋川K様CB400Fクラッチ交換230330 (6)シフトチェンジも問題無く出来る様になった。

パワーレバーなので、レバーの遊び量は

少ないのですが、最終的に5伉度の遊びが

確保出来た事と、手元のアジャストボルトで

調整する範囲も増やせたので、ブレーキが直ったら最終チェックをします。

ブレーキパットも社外品で、樹脂のリングが不在だったので

純正品を発注し、入荷するのが土曜日なので今週中には仕上がりますが

日曜日が臨時休業の予定なので、納車はまた来週と言う事で。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年03月27日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月28日(火曜日)は顧問業務再開の為
ご挨拶回りに行きますので、臨時休業とさせて頂きます。
また、ご挨拶が終わり次第、岐阜まで一っ走り
部品を引取りに行く予定になっております。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


千葉S様CB400ハンドルスイッチ復旧

昨日は一日中息子の勤務地移動による引っ越しで

千葉S様CB40048時間サルフェーション充電 (1)嫁と二人共、今日はフラフラな状態です…。

で、今朝出勤してみた所、48時間の

サルフェーション充電が完了していないので

バッテリーはちょっとダメかも知れない…。

千葉S様CB40048時間サルフェーション充電 (2)一旦通常充電でフルになるかやってみます。

ハンドルスイッチの入荷が今日なのでが

何時に届くのか分からないので、部品が届くまで

車両を諸々のチェックを済ませて仕舞います。

千葉S様CB400車両最終チェック230327 (1)リアサスがCB750用との事で長い為

後輪が床に接触して回転しないので

センタースタンドの下に板を入れて

後輪を浮かせて、後輪が回転する様にします。

千葉S様CB400車両最終チェック230327 (2)板を2枚入れてやっと後輪が浮きました。

これで空気圧をチェックし、減っていたので

前後共タイヤにエアーを充填しました。

これで諸々のチェックを済ませ、後は部品待ち。

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ取り付け作動チェック (1)暫くするとお待ち兼ねの部品が届いたので

早速取付作業に取り掛かります!

このハンドルスイッチを取り付ければ

残りのチェックを済ませ、いよいよ車検です!

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ取り付け作動チェック (2)サクサクっとハンドルスイッチを取り付けて

配線を接続しました!これで今までオーナーが

辛く不自由な思いをして乗っていた事が

全て解決する筈です!諸々のチェックを済ませ

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ取り付け作動チェック (3)接続した配線の整線を済ませます。

これでエンジン始動準備がやっと整いました!

タンクを乗せる前に右ハンドルスイッチの

作動を確認!、あ車検仕様にするのを忘れてたw

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ取り付け作動チェック (4)まぁ後から常時点灯仕様にする事にして

まずはちゃんとエンジンが掛かるかをチェックし

問題無くエンジンが始動したので

ガソリンタンクを取り付けます。

で、エンジンを始動させ、ブリッピングでチェック!



千葉S様CB400右ハンドルスイッチ取り付け作動チェック (5)コールドスタートでもこんな感じです。

これで車検を受けに行く事が

出来る様になったので、予定通り

来月5日に車検を受けに行く事にします。

次にギアーを入れて駆動系をチェックします。



ちょっと後輪が暴れるのが気になるなぁ…タイヤはちゃんと入っているので

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ車検対応常時点灯 (1)ホイールバランスが悪いのかなぁ…?

と言う感じですが、その辺は試運転をして

確認をする事にするとして、取り合えず

ヘッドライトのスイッチレバーを取り外し

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ車検対応常時点灯 (2)常時点灯仕様にして、光軸を合わせます。

バッテリーがちょっと弱いのですが

LEDなので余り関係ありませんが

一応車検までの間、再充電もして置きます。

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ車検対応常時点灯 (3)これで車検整備までは完了したので

後は試運転をしてみてからになります。

もうこれ以上問題が無い事を願うだけです。

今日は天気も良く、午後からは暖かいので

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ車検対応常時点灯 (4)本当はこのまま走りたい所ですねw

で、メンテナンス用に使っていたメインスタンド

作業用リフトから下す時にぶら下げたまま

取り外すのをすっかりと忘れていたw

千葉S様CB400右ハンドルスイッチ車検対応常時点灯 (5)シャフトを差し込んであるだけなので

サクッと抜いて、現状復旧が完了。

リアサスが長いので、メインスタンドを使うと

後輪は地面に接地しているのですが

まぁ使う気になればギリギリ使えますし

板を入れれば後輪を浮かす事も出来ます。


有料道路における身体障がい者割引制度の見直しについて

NEXCO東日本、中日本、西日本、首都高速、阪神高速、本四高速など

殆どの有料道路における障碍者割引制度の見直しが

一人一台要件の緩和とオンライン申し込み申請導入が

本日27日今朝の0時から実施されました。

簡単に言えば、今までは事前に登録されていた車両のみしか

割引制度が利用できなかったのですが、例えば車検や事故修理時の代車

レンタカー、親族知人の車両を借りた場合などで有料道路を利用しても

身体障碍者手帳を提示すれば、同じ割引制度を利用できる様になった

と言う事になり、またまだ割引制度を申請をしていない方については

オンラインにて、申請が出来る様になりました。(要マイナンバーカード)

(自動車を保有していない方も利用は可能です)

利用方法については、支払い方法が有料道路毎により違うので

リンク先PDFを参照して下さい。

例えば阪神高速の様に前払いの場合、一般レーンにて障がい者手帳を提示し

ETCカードがあれば、カード払いの手続きを済ませ(非ETC車も可)

車載器にETCカードを挿入し、目的地までそのまま走行する。

後払いの有料道路の場合は、普通にETCレーンから進入し

(非ETC車両は一般レーンを利用して下さい)

出口は一般レーンで停車し、手帳とETCカードを手渡すと言う事になります。

最初はちょっと混乱するかもしれませんが、慣れれば大丈夫だと思います。

また、運転は本人が運転する事が条件になりますが

知的障害、重度障害で要介護者の場合はまた要件が違いますし

業務利用等自動車は対象外になります。

(福祉車両、タクシー利用は重度障害者のみ)

また、障がい者手帳で不正に有料道路を利用したりしてバレると

飛んでも無い請求が来るので、決して、そのような利用はしない方が良いです!

過去にもその様な利用をしてバレて捕まった事例が幾つもあり

その様な利用をしたり、不正に加担すれば権利ははく奪されます。

ですので、利用方法は正しく使いましょう!

でもいつも思うのは、この様なお知らせは自分で調べないと分からない事が多く

公に公表してくれずひっそりと公表される事が多いですね。

因みに、自動車=4輪車〇、二輪車✕ですので!


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月25日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月26日(日曜日)は息子の勤務地移動の為
ゴミ屋敷化している部屋の片付けと
荷物と粗大ごみをハイエースに積み込んで持ち帰ったり
片付けが終わったら、一緒に食事をして帰る事になっている為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


千葉S様CB400不具合原因調査復旧作業

昨日もブログ更新後、オーナーから電話が入り

オーナーがとても喜んで居られたので、僕もその声を聴いて嬉しかったw

今回FCRキャブのセッティング不良や、電装系の不具合原因も判明しましたが

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (1)心配なのはまだ隠れているかも知れない

潜在的な物になると思うのですが、購入後

やっとこれから普通に走り出す事になると

何かしら問題が出て来るかも知れない事です。

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (2)バッテリーはサルフェーション充電中。

冤罪だったSPウオタニのコントロールユニット

進角を遅らせるチャンネルが3chになっており

ちょっと遅らせ過ぎだろうと思うので

千葉S様CB400不具合調査復旧作業 (3)取り合えず2chに変更してみました。

これで来週ハンドルスイッチが

入荷してきたら、諸々のチェックを済ませ

継続車検を受けて、試運転をする事にします。

僕の感触的には、これでやっとまともに走れる車両になった。

と言うイメージになりますが、後は何をされて居るのかが

分からないのが不安要素になりますが、引取り納車までの間に

試運転を重ねるしか手段が無いので、その間に潜在的な物が出れば

それをまた潰して行く作業になります。


旧CP5号機用特注マグタン入荷

BITO R&Dさんに無理を言って作って貰っていた

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (1)マグタンJB1が仕上がって入荷して来ました。

元々の設定にCB400SF初期モデル対応で

しかもJB1と言う設定も無いのですが

ホイールから採寸してワンオフで製作を依頼。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (2)リアホイールは同じなので、フロントのみ

更に加工して貰い、スピードメーターギアーが

取り付けれる様な仕様になっております。

注文から1年半は経過していると思いますが

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (3)ビトーR&D担当者の方がとても親切に

対応して下さり、やっと完成しました。

フロントはポン付けになるのですが

リアーはチェーンラインやアクスルカラーなど

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (4)実車に合わせて加工する必要があり

そもそも前期CB400SFのホイールを

CB400Fourにカスタマイズして取り付けており

前回CP1号機に取り付けたマグタンJB4で

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (5)取り付け可能な実績もある事からJB1で

特注製作を依頼した物になります。

メーターギアーリテーナーを取り付けて

これでフロントホイールの準備は整いました。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (6)JB1マグタンにタイヤを装着しました。

後はブレーキディスクを移植すれば

フロントはポン付けが可能になります。

世界に1セットだけのCB400SFマグタンJB1

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (7)次にリアホイールをチェックします。

リアホイールはCB400Fourに取り付けが

出来る様にカラーなどの加工が必要になる為

実車に合わせて加工する必要があります。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (8)ここはCP1号機で検証済みなので

そのノウハウで、チェーンラインを出して

干渉する部分もある為、加工が必要です。

センターカラーとスプロケットハブボルトを

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (9)加工して、この様にチェーンラインを

合わせる加工をして取り付けます。

スプロケ側の加工データーはあるのですが

ブレーキ側はCP1号機と形状が違う為

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (10)カラーの追い込み寸法や、サポートの加工が

旧CP5号機と違う為、現車から実測して

加工する事になる為、その間お預かりで

加工し、取り付ける事になります。

旧CP5号機用特注マグタンJB1入荷 (11)只今、車検などで混み合っているので

入庫タイミングは調整中になります。

仕上がりのイメージはこのCP1号機の様な

イメージになりますが、ホイール形状が

ソード型になる為、かなり違って見えると思います。

出来上がりが楽しみです。


ハイエースオイル交換とETC2.0取り付け

今日は仕事が休みだと言う弟を呼びだし

ハイエースオイル交換 (1)やっと出来るハイエースのオイル交換と

ETC2.0の取り付け作業の強制労働。

エンジンオイルは上から抜く装置を購入したので

今回初めて使う事になり、もう下に潜らなくても

ハイエースオイル交換 (2)ハイエースのオイル交換が可能になりました。

装置を始めて使ってみて分かったのですが

オイルが硬いのか?思って居た以上に

オイルを抜くのに時間が掛かる事が分かった。

ハイエースオイル交換 (3)大凡6ℓ程装置を使って抜けたので

新しいエンジンオイルを入れて

これでオイル交換は完了しました。

弟がオイルを抜いている間に僕は

ハイエース座席仕様変更 (1)ハイエースの後部座席の仕様変更をする事に。

座席をこの向きにした方が人も乗れるし

バイクを二台乗せる事も楽になり

チャラ男を連れて鈴鹿サーキットにも行けるよw

ハイエース座席仕様変更 (2)釣り道具も取り合えずですが一旦小奇麗に

仮に置き直したので、これで使い勝手をみます。

GWに釣り仲間とハイエース一台で移動すれば

交通費を皆で割れば、安く付くからねw

ハイエースETC交換 (1)オイル交換も終わったので、次はETC交換。

最初は簡単に思って居たのですが

古い方のETCの配線の取り回しが悪く

しかも僕が一番嫌いなカニでメインハーネスを

ハイエースETC交換 (2)挟んで電源を取っているので、流石

車屋流だな…と言う配線に弟もお怒りモード…

て言うか、探していた水中花を見つけたわw

もう運転席は大変な事になってますけどねw

ハイエースETC交換 (3)もっと早く終わると思ってやって来た弟も

かなりのお怒りモードで、やっと取り付け完了。

古いETCはセットアップが終わるまで

仮に設置したままにして置きます。

やっとこれでハイエースもやりたかった事がかなり出来ました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月24日

再販CB400Four用純正マフラー続報3

CB400Four用再販純正マフラーの続報ですが
第三試作品がアゲインに届き、製造元のサンケイ技研工業さん
立会いの下、装着テストを行ったとの事です。
まだエキパイ部分の曲がりやエキパイ間の隙間が
納得出来る仕上がりでは無いと言う作り手の拘りもありますが
今の所の予定では、GW明け位に一般リリース予定との事です。
引き続きご購入予約も受け賜っておりますので
ご予約は、メールにてお願い致します。
メール以外のSNSでのご予約などは、管理上混乱して仕舞い
予約漏れなどの原因にもなりますので、宜しくお願い致します。
本体価格¥198,000(税別)


千葉S様CB400点火系不具合原因調査二日目

昨日からドツボにハマっている点火系不具合原因調査ですが

千葉S様CB400バッテリー充電未完ブログを見たオーナーから電話が入り

今まであったトラブルの症状など、色々と

状況を説明して頂き、かなり参考になりました。

バッテリーも弱っているのか充電が終わってない

テスト用SPウオタニ入荷根本原因を調査する為、部品毎に不具合が無いか

チェックしようと新品のウオタニを発注し

早速届いたのですが、その前に昨晩一晩色々考え

チェックする箇所を考えたのでそれを試します。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (1)まずは昨日ちゃんとチェックしていなかった

このピックアップをチェックをする事に。

配線には問題が無いので、接点に何か

問題があるかも知れないと思い取外して

千葉S様CB400点火系不具合調査 (2)接点部分をチェックしてみましたが

何かが分かる分けでも無く、外観にも

特にパンクしているとかと言う外傷も無い…。

取り合えず新しいウオタニにする前にと思い

千葉S様CB400点火系不具合調査 (3)ダイナSと純正コイルの組み合わせが1セット

転がっていたので、ウオタニから

このセットに変更してみて、エンジンが

始動するかをチェックしてみる事にした。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (4)取り外す前に、元に戻す事も考え

点火時期調整時に見える様10マークに

墨入れをしておかないと、点火時期調整時

このラインが見えないので…w

千葉S様CB400点火系不具合調査 (5)と言う事で、ウオタニを取り外し

原因究明のテスト用にダイナSを取り付け。

ダイナSの電源ラインを作って接続。

コイルはエンジンの上に乗せて仮に配置。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (6)パルスラインと電源を接続して仮置き。

この状態で#1.4側のプラグを接続。

ウオタニに何か問題があって始動しないのなら

これでエンジンは普通に掛かるはずです。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (7)#2.3側のコイルも同じく接続。

これでエンジン始動準備は整いました。

これで取り合えずプラグに火花が飛ぶかを

確認してから、エンジンを始動してみるのですが

千葉S様CB400点火系不具合調査 (8)何とまぁ…点火系を別の物に変えても

プラグに火が飛ばないじゃないか!

と言う事は、新しいウオタニに交換しても

結果は同じ事になると言う事ですねぇ…むー…

千葉S様CB400点火系不具合調査 (9)ひょっとしてこれって、IGコイルの黒に白の

配線が通電していないんじゃないのかな?

と思い、メインハーネス側配線の電圧を測定…

結果はこれ、通電して無いやん…クッソ!

千葉S様CB400点火系不具合調査 (10)原因はこれか!と言う事で、試しに

バッテリーから直接電源を引っ張って

IGCに接続してエンジンが掛かるかを

チェックしてみる事にしました。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (11)まずはプラグに火が飛ぶかをチェック!

飛ぶがな!ほれ!これ、火!飛んでるで!

どういう事なん?メインハーネスが悪い?

オーナーからはメインハーネスを新品に交換したと

千葉S様CB400点火系不具合調査 (12)電話で聞いているので、メインハーネスが

原因では無さそうなので、ウオタニに直接

電源を流してみて、ウオタニに何か問題が

有るのか無いのかを確認して見る事にします。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (13)同じ様にワニ口クリップで、バッテリーから

電源を引っ張って、ウオタニに電源注入!

これでエンジンが掛からなければ、また別の原因を

探さないといけないのですが…で、ウオタニは

千葉S様CB400点火系不具合調査 (14)結果的にシロ!だと判明しました!と言う事で

点火時期を調整、墨入れして置いて良かったw

色々と苦労しましたがウオタニが犯人では

無い事がこれで証明されました。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (15)こんな感じで、今まで通りアイドリングも

ちゃんとするし、問題は何処かの電装部品に

何か怪しい事が起こって居る所まで絞り込めた!

恐らくオーナーもこの症状で悩まされて

千葉S様CB400点火系不具合調査 (16)いたんだろうと思うので、ある意味

この症状が今回の作業中に出た事で

これで原因を掴めば、これは直る不具合だと

確信を持ったので、またここから原因を

千葉S様CB400点火系不具合調査 (17)絞り込む作業に取り掛かります。

過去に一度だけ、このGOP製ヒューズ

サーキットプロテクションに不具合が

あったのですが、症状は違いますが念の為

千葉S様CB400点火系不具合調査 (18)交換してみて、電圧をチェックしましたが

サーキットプロテクションを交換しても

症状は改善されなかったので、これも違う。

取り合えず配線図を見て、ラインを追い掛けると

千葉S様CB400点火系不具合調査 (19)もしかしてこのリプロ品の右ハンドルスイッチ

キルスイッチが壊れているのかも知れない!

と言う所まで絞り込めたのでハンドルスイッチを

純正ハンドルスイッチに仮接続して確認する事に。

千葉S様CB400点火系不具合調査 (20)この車検用F2ハンドルに取付いている

純正右ハンドルスイッチを仮に接続して

犯人かどうかを確認してみようと思うのですが

リプロのハンドルスイッチが犯人じゃ無かったら

千葉S様CB400点火系不具合調査 (21)次の手が無いので、僕的にはこのリプロの

ハンドルスイッチがかなりグレーだと思う!

取り合えずサクサクっと配線を入れ替えて

接続が完了したので、これで電圧が掛かれば…

千葉S様CB400点火系不具合調査 (22)ほれ!見てみぃ!こいつやないか!

ちゃんとテスターに電圧掛かっとるがな!

恐らくリプロ品のキルスイッチが死亡して

IGCに電圧が掛からなかったんだろうと

千葉S様CB400点火系不具合調査 (23)僕は老眼鏡を掛けて配線図を見て思った!

そしてついに犯人を見つけました!

このリプロの右ハンドルスイッチが

僕の一日半を溶かした犯人です!

俺凄い!褒めてやりたい!まぁ所詮安いリプロ品なので

中にはこう言った物も有るのは仕方ないんでしょうねぇ…

でも、不具合を見つけるのってこんな感じでとても大変な事で

手間も、時間も掛かるし、正直余りやりたがる所も少ないかも知れません…

結果から最終的にこんな所の不具合だと分かったとしても

罪が無いオーナーにどれ程請求出来る?って事ですよね…。

当然、そんな無茶な調査費用なんて請求しませんし、出来ません。

それよりも、犯人を特定出来た達成感の方が大きくてめっちゃ気持ち良い!

まぁ愚痴っても仕方ないので、純正のハンドルスイッチを注文しようっとw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月14日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月15日(水曜日)は定休日ですが
明後日3月16日(木曜日)は顧問業務再開の
ご挨拶回りの為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。
明々後日は通常通りの営業ですが3月18日(土曜日)から
3月21日(火曜日)までの間私用の為臨時休業になります。
また3月22日(水曜日)は定休日ですので、電話対応も致しません。
一応通常通りお休みを頂きますが、中では仕事しております。
遊んでばかりで申し訳御座いません。


74'Z750RSカスタム完了納車

防犯上の都合から、ブログにも掲載していなかったのですが

京都Y様Z750RS 74'納車230313京都Y様カワサキZ750RS 74’の

カスタム整備が完了したので

急遽、昨日自走で納車して来ました!

FCR黒アルマイト仕様、ハヤシキャスト

当時物ヨシムラ手曲げマフラーなどを取り付けて

部品を集めるのに時間が掛かったのですが、やっと納車が出来ました。

もうZ系は色々と面倒なので、新規の方はお断りしようかな…。


枚方Q坊号CB400ハヤシキャスト取り付け

CPで取り付けをする最後のハヤシキャストタイヤホイールは

枚方Q坊号CB400ハヤシキャスト交換 (1)枚方Q坊号CB400に取り付けをします。

ここまで来るのに純正スポークホイールから

ニセブンスターキャスト、タカサゴHリムと

経由して、恐らく今回で最終地点に到着。

枚方Q坊号CB400ハヤシキャスト交換 (2)と言う事で、今朝朝一にご来店を頂き

交換作業を開始しとなりました。

交換作業準備は整っているので、後は

サクサクっと交換作業を終わらせて仕舞います。

枚方Q坊号CB400ハヤシキャスト交換 (3)と言う事で、交換作業が完了しました。

やはりCB400Fourにハヤシキャストは

良く似合いますね!取り外したHリムも

今では手に入り難くなっているので

大事に保管して置くか、若しくは今ならそれなりに需要もあると思います。


千葉S様CB400F手直しメンテナンス作業四日目

昨日の続きでオイル漏れ対応の処置をある程度済ませたので

千葉S様CB400FBS誤組みワッシャー手直し (1)今日はその続きと手直し作業の続きから。

まず忘れる前にアゲインBSの誤組み修正から

反対側のブレーキ側は誤組みされておらず

BSとフレームの間にワッシャーがちゃんと

千葉S様CB400FBS誤組みワッシャー手直し (2)入っている事を確認したので、このリア側の

アッパーエンジンマウントボルトに入れられた

平ワッシャーを抜き取って、正規の位置に

戻す所から作業を再開します。

千葉S様CB400FBS誤組みワッシャー手直し (3)サクサクっとボルトを緩めて誤組みされた

平ワッシャーを抜き取り、正規の位置へ。

これで諸々の確認が終われば、カバー類の

復旧作業が終われば締め付けます。

千葉S様CB400Fインジケーター取付ビス不在 (1)次にエンジンオイルを入れてエンジンを始動。

少しタコメーターの動きが怪しいなぁと思いつつ

何気にインジケーターを見ていると

エンジンの振動でインジケーターがガタガタと

千葉S様CB400Fインジケーター取付ビス不在 (2)動くので、カバーのネジが緩んでいるのかと

チェックしたら、インジケーター本体が動く…

どう言う事だ?と思ってインジケータを

チェックして見ると、何とまぁメーターステーに

千葉S様CB400Fインジケーター取付ビス不在 (3)取り付けられているインジケーター左側の

ビスが脱落?しているのか、不在でかろうじて

右側一本が脱落せずに緩んだ状態で

付いていただけだった事が分かった…。

千葉S様CB400Fインジケーター取付ビス不在 (4)取り合えず手持ちの中古インジケーターから

ビスを取り外し、インジケーターを締め込んで

動かない様に固定をして置きました。

そんな軽い罠もありーので、罠を回避しながら

千葉S様CB400Fオイル漏れ最終チェック (1)最終のオイル漏れチェックを進めます。

と言う事でエンジンを掛けるのですが

若干始動性が悪いので、FCRもチェックした方が

良いのかなぁと言う感じでエンジンを始動!

千葉S様CB400Fオイル漏れ最終チェック (2)メインシャフトのブラインド栓の部分と

カウンターシャフトのオイルシール部分に

現像液を掛けて、エンジンを暖気…むー…

これ…滲んで来てるよなぁ…と思いつつ

千葉S様CB400Fオイル漏れ最終チェック (3)もう少しエンジンを温めてから放置して

オイルの滲み具合を観察する事にしたのですが

願いも虚しく、オイル滲みが広がって行く…。

まぁそれでも応急処置は出来る所なので

千葉S様CB400Fオイル漏れ最終チェック (4)現像液を洗浄して、応急処置をする事に…。

取り合えずオイルが漏れている部分に

液体ガスケットを塗って応急処置をして延命。

まぁ次に漏れだしたら諦めて下さい…

千葉S様CB400Fオイル漏れ最終チェック (5)それまでの間の応急的な延命処置ですので

考える時間はあると思います…。

で、せっかくここまで綺麗に洗浄したので

強制的にCP製オイルシールホルダーを装着!

後は液体ガスケットが乾燥してからL側を復旧します。

次回はFCRのセッティング確認と、レデューサー取り付けを予定。

その後、全体的に問題が無ければ、継続車検を受けに行きます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年03月10日

にわかWBCファン3

普段野球は高校野球以外はみる事が無く
プロ野球なんてほぼ見ないのですが
昨日から始まったWBC、初戦は中華人民共和国チーム!
侍Japanの先発は大谷選手と来れば!
にわかWBCファンなもんで、やっぱりTV見るよねぇ!
当然昨日は18時からは仕事もせずにTVを見てましたが
結局試合が始まったのが19時過ぎやないかい!
で、急いで帰宅する帰りの車中でも運転に気を付けながら
WBCを見ながら帰宅し自宅に戻ると
これまたチャンネルを変えてWBC観戦!
いやー面白かった!見応えがある試合でした!


 寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理

国内新規、3年車検の車両を購入された寝屋川K様CB400Fですが

寝屋川K様オイル漏れ修理230310 (1)前回オイル、オイルフィルターを交換したのですが

オイルパスキャップや、カムチェーンテンショナー

セッティングボルトからのオイル漏れがある為

作業の都合上、止む無くオイルを抜きます。

寝屋川K様オイル漏れ修理230310 (2)この所ほぼ隔週位の間隔で、オイル漏れ対策に

ご来店となっている状態になっているこの車両。

オイル漏れの状況から恐らくは、現状渡しで

長年不動だった車両のエンジンが温められ

寝屋川K様オイル漏れ修理230310 (3)そこら中からオイルが漏れだして来て

いるのだろうと思われます…。

漏れていたオイルパスキャップAの部分。

Oリングが潰れて、オイルパスキャップAが

寝屋川K様オイル漏れ修理230310 (4)緩んでオイルが滲んでいたと言う事でした。

カムチェーンテンショナーセッティングボルトも

取り外して、Oリングをチェックした所

やはりここも同じく、Oリングが硬化しており

寝屋川K様オイル漏れ修理230310 (5)セッティングボルトの先端も摩耗していたので

当初はOリングのみの交換予定だったのですが

セッティングボルトも交換する事にしました。

まぁその都度、モグラ叩きの様にオイル漏れを

寝屋川K様オイル漏れ修理230310 (6)潰して行く作業になっている状態ですが

その内、漏れる所は全部手が入ると思います。

ここまでやったらついでにACG側の

オイルパスプラグのOリングもダメだろうと

寝屋川K様オイル漏れ修理230310 (7)言う事で取り外してみると案の定

硬化して潰れており、何時漏れても…

となると、残すはオイルパスキャップB…

ここのOリングも当然ですが、他と同じ状態で

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (1)漏れて来るのも時間の問題、と言うか既に

僅かながら、オイル滲みがありました。

ブローバイガスも多く出るらしいので

吸気系統からチェックをしてみると

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (2)エアークリナーエレメントシールが

前後逆に取り付けられている事が分かった…。

画像では見難いのですがブローバイホースも

朽ちており、ホースの切れ目からガスが出て

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (3)かなりオイリーになって居るのが分かります。

ブローバイ還元装置のブリーザーチャンバー

排出口のスポンジが腐って、錆を呼び

穴を塞いでしまっている事も判明しました。

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (4)これではブローバイガス還元装置は正常に

稼働せず、大気開放になっていたんだろうと

思われるので、錆を取って、朽ちたフィルターを

取り除くと、チャンバーの穴が見えました。

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (5)これでブローバイガスをキャブが吸って

ガスを再燃焼する事が可能になるはず。

で、この前後間違えて取り付けられている

エレメントシールも、正規の方向に付け替えます。

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (6)バンドのビスを緩めて、サクサクっと向きを

正常な方向に変えました、これが正解です。

今までこのパターンの間違いは無かったので

とても斬新だと思いましたw

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (7)何やかんやとエアークリーナーボックスの

手直しなどが終わったので、これで暫く

ブローバイガスの様子をみて貰う事にします。

エアークリナーフィルターは社外の物が

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (8)取り付いていたのですが、ブローバイガスで

フィルターが汚れている様な形跡が無いので

詰りが原因で、ブローバイガスが大気開放状態に

なっていたのかも知れませんね。

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (9)ついでに見付けて仕舞った、朽ちている

ブリーザーホースも交換して置かないと

スイングアーム周りがオイルだらけになる。

で、この様に朽ちたホースを取り外しました。

寝屋川K様ブローバイガス還元装置点検 (10)実はこのホース交換作業ですが

狭くて作業がやり難いので、結構大変w

工具を駆使して何とか取り付けが完了しました。

これでブリーザーチャンバー周辺の

寝屋川K様CB400F実圧縮圧力測定 (1)オイル汚れは無くなるはずです。

で、ついでにエンジンの状態を診断する為に

プラグを抜いてチェックして見ると

#2と#4のプラグが若干オイリーなので

念の為、実圧縮圧力を測定してみる事にしました。

寝屋川K様CB400F実圧縮圧力測定 (2)寝屋川K様CB400F実圧縮圧力測定 (3)






寝屋川K様CB400F実圧縮圧力測定 (4)寝屋川K様CB400F実圧縮圧力測定 (5)








寝屋川K様CB400F実圧縮圧力測定 (6)測定結果は平均0.85Mpaと言う結果で

この走行距離にしてはかなり良い状態でした。

ひょっとしてピストンリングだけは

交換されて居るのかも知れません。

これで今回の作業は一旦完了したので、納車となります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年02月23日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月24日(金曜日)は映画「不檄」(ふれぶみ)
十三シアターセブンへ嫁と映画鑑賞へ行くので
臨時休業とさせて頂きます。
以前映画関係者の方に混じり試写会を見たのですが
一般公開、完全完成版をまだ見ていないので
今現在上映されており、行ける場所、行ける時に
自分も関わった映画を鑑賞したいと思います。
この映画は現在、様々なメディアに取り上げられており
約26年前に実際に起こった事件を元に
関係者しか知りえない事実を元にした映画です。
現在追加上映も決まって来ておりますので
お近くの方は是非見て下さい!


枚方A様CB400ハンドルスイッチ交換

ハイビームが点灯しない原因が左ハンドルスイッチが原因だった為

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (1)この際なので左右共国内仕様に交換します。

右ハンドルスイッチは現行の物は無加工で

取り付けが出来るので、サクサクっと取付。

ハンドルが純正タイプと違いスイッチケーブルを

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (2)中に通せないので、ハンドルに沿って配線。

交換前はハンドルスイッチ配線ルートあるあるで

ショートカットされたルートだったので

ハイビームが点灯しなかった理由の一つに

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (3)切り替えスイッチの問題では無い可能性もあり

配線が断線しているのかも知れない…。

左側ハンドルスイッチは露出配線とする場合

スイッチボックスを加工しないと取り付けが

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (4)出来ない為、スイッチを一旦分解して

配線の逃げ加工をする必要があります。

分解するのは、ケースの削りカスがスイッチ内に

入り込み、不具合の原因になる可能性がある為

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (5)中身を取り出してから配線の逃げ加工をして

ハンドルスイッチを取り付ける為に削ります。

勿論削った部分のバリ、返りも綺麗に面取りをし

ハーネスに傷が入らない様にする必要があります。

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (6)削り終わったら、各スイッチを復旧。

スイッチボックスの位置決めピンは

使わないので切断してあります。

これで取り付け準備が整いました。

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (7)後はスイッチボックスを取り付けて

サクサクっと配線を接続します。

クラッチスイッチは生きていたので再利用。

ホーン用サブハーネスとアースは交換しました。

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (8)で、気になるハイビームですが今までは

インジケーターにも通電していなかったけど

ちゃんとインジケーターにも通電しましたw

勿論ロー、ハイの切り替えも問題無く

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (9)ハイビームもこの通り点灯したので

これで継続車検も含めて、不具合ヵ所の手直しと

そもそものメイン作業だったカスタム&

ドレスアップが作業が全て完了しました。

枚方A様CB400左右ハンドルスイッチ交換取り付け (10)この作業は昨日の定休日、病院が終わってからの

仕上げ作業と言う事になったのですが

ゴリ押しでCBR400Fが入庫して来るので

PITを早く空ける必要に迫られた事もあり

定休日返上で仕上げました、まぁ普段遊び過ぎで休んでいるからねw


千葉S様CB400F作業用リフト搭載

昨日の定休日に枚方A様CB400の作業が終わり

千葉S様CB400F作業準備リフト搭載 (1)作業用リフトが空いたので、次の作業準備で

千葉S様CB400Fをリフトに搭載するに当たり

センタースタンドが使えるのに付いて無い為

作業性が悪くなるので、いつもこういう時に使う

千葉S様CB400F作業準備リフト搭載 (2)作業用で仮のセンタースタンドを

仮付けしてから作業用リフトに搭載する準備。

これで作業性が少しでも上がるので

レーシングスタンドを使わなくても

千葉S様CB400F作業準備リフト搭載 (3)リフトに搭載して作業が行える様になります。

先日外観をチェックした際に見付けた

不安要素ヵ所の手直しを中心に、継続車検整備

他に何が出て来るのか今の所分かりませんが

遠方と言う事もあり、じっくりと診断させて頂きます。


CBR400Fゴリ押し入庫

一昨日の夕方、枚方市のコミュニティ「枚方が好きやん ツーリング部」の

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (1)部長から電話が入り、CBR400Fのセルモータが

調子が悪いとの事で電話が入り、修理の相談を頂き

ツーリング部部長権限の命令で、早速車両を

引取りに向かう事になったのですが

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (2)この時既にPITは満タン状態だったのですが

部長命令と言う事だったので、昨日休日出勤で

CB400の修理を終わらせ、作業スペースを確保し

本日トランポから下ろしてPIT入りとなりました。

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (3)CBRのセルモーターO/Hが怪しいとの事で

O/Hするに当たり純正部品をチェックしましたが

絶版部品が結構多く、取り合えずセルモーターの

状態を確認する為、取り外してチェックをします。

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (5)セルモーターを取り外し、メインシャフトを

手で回してみたのですが、びくとも動かない…

え⁉どういう事?焼き付いているのか?

ベアリング?アーマチュア?と思いながら

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (6)取り合えず12Vを流して確認する事にしたけど

全く動かないので、「あー…これはきっと

焼き付いてダメなんだろうなぁ…」と思い

取り合えず分解して確認する事にする。

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (7)サクサクっと分解すると、中はドロドロで

組み付けグリスなのか、エンジンオイルか

カーボンと混ざってデロンデロンの物が

沢山出て来て、そりゃぁもう大変な事にw

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (8)分解して行くと、コンミューターは手でも

すんなりと回る様になったので、え?

どういう事なの?と表いると

何やらポロポロと部品らしき物が落ちて来た…

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (9)拾い上げて見ると、それは硬い金属状の物で

汚れを拭き取りよくよく見るとそれは

擦り減ったカーボンブラシの破片だった…

どうやらこれが引っ掛かって居た事が原因で

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (10)セルモーターが回転しない事が分かった。

両方共擦り減ってしまったのか?千切れていた…。

これが原因なら部品を交換すれば動く様にはなる

と思うのですが、取り合えずこの汚れを落として

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (11)他にダメージが無いかをチェックしてみると

アーマチュア側の摩耗がちょっとねぇ…

と言う感じになってますが、使って使えない事は

無いかなぁ…どうしようとゴリ押し部長に報告。

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (12)他のデロンデロンに汚れた部品も取り合えず

一旦綺麗に洗浄して、チェックしましたが

消耗品以外は問題無さそうには見えるので

後はメインシャフトが曲がって居ないかを

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (13)チェックして、そのまま使える様であれば

消耗品を購入して組み立てる予定です。

で、マイクロメーターで測定した所

メインシャフトの曲がりは…

枚方A様CBR400Fセルモーター故障修理緊急入庫 (14)最大で4/100程度なので、問題無く使えます。

まぁ一安心ですが、この系統のセルモーター

アーマチュアの状態が悪いので、出来れば

旋盤でブラシの当たり面を出したい所になります。

ちょっと友達の所に行って相談して見よかな…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月21日

CB400Four用ハヤシキャスト予約受け付け開始!3

当初の納期からかなり延び、2月の予定と言う事でしたが
一昨日総販売代理店から連絡が入り、現在検品中と
ベアリングなどを組み込んでいるそうです。
ハヤシキャストのパラノイアの割り当ては今回5セットで
予約を頂いているのは1セットだけとなって居り
現在4セットの余剰が御座います。
予約が殺到する可能性と、予約順を公正に判断したいので
ご入用の方は、メールのみでのご予約とさせて頂いて居り
メールが届いた先着順で管理をさせて頂きます。
ご予約は、本日のブログUP後17時からとさせて頂きます。
フライング予約もNGになりますので宜しくお願い致します。
またキャンセルが発生した場合は繰り上げとさせて頂きますので
ご理解の程よろしくお願い致します。
【23/02/23 09:30時追記】
ハヤシキャストのご予約は予定数に達しましたので
一旦ご予約は終了いたします。
キャンセルが発生した場合は、改めて募集したいと思いますので
よろしくお願い致します。


枚方A様CB400部品入荷待ち

ヘッドライトの件でオーナーとやり取りをした所

枚方A様CB400ハンドルスイッチ交換準備取外し (1)購入時からヘッドライトを使う事は無く

夜間走行も一度も無かったとの事で

今までハイビームが点灯しないと言う事について

認識していなかったとの事でした…。

枚方A様CB400ハンドルスイッチ交換準備取外し (2)恐らくこの先もヘッドライトを点灯する事は

無いと思いますが、この春の継続車検時には

点灯しないと車検を受けれない事もあり

ロービームは点灯するので検挙される事は無くとも

枚方A様CB400ハンドルスイッチ交換準備取外し (3)整備不良になりますし、万が一の事も

無きにしも非ずなので、ここはこの際

しっかりして置いた方が良いですからね。

まぁ納車当時にご来店された時から

枚方A様CB400ハンドルスイッチ不具合ヵ所調査 (1)フロントブレーキが危険な状態だった事もあり

そこは購入店にて手直しをして貰った経緯も

遭った事を、僕も覚えていました…

で、ハイビームが点灯しない原因を詳しく調べると

枚方A様CB400ハンドルスイッチ不具合ヵ所調査 (2)ハンドルスイッチのロービーム側は導通あり!

ハイビーム側に切り替えると導通無し!

やっぱり原因はハンドルスイッチ本体だった…。

原因が分かると余計に何かムカ付きますが

枚方A様CB400純正新品部品入荷 (1)これで僕の気持ちはスッキリしたので

ハンドルスイッチ交換は止む無しとなった。

丁度注文していた部品も入荷して来た事だし

左ハンドルスイッチは加工しないといけないので

枚方A様CB400純正新品部品入荷 (2)まずはブレーキのブリーダーバルブを

取り付けて、フロントブレーキを先に

仕上げて仕舞う事にします。

念の為、アンチシーズを塗って仮締め。

枚方A様CB400フロントブレーキ仕上げエアー抜き (1)次にブレーキフルードを入れてエアー抜き。

Wディスクに社外の別体マスターなので

エアー抜きは少し手間が掛かりますが

フルードを新しくしただけでも

枚方A様CB400フロントブレーキ仕上げエアー抜き (2)ブレーキのタッチがかなり変わりました。

元々付いていなかったブリーダキャップも

せっかくなので今回取り付けました。

これでフロントブレーキの復旧作業は完了。

小雪舞い散る今日は何故かご来店の方が多く

ハンドルスイッチの取付は後日にする事にして、本日の作業はここまでで終了。


本日のご来店

FCR28Φの値上げ前にご購入するに当たり

230221本日のご来店大阪H様CB400Fファンネルなどの仕様をご相談に

本日ご来店は大阪H様CB400F。

ご相談頂いていたファンネルの仕様も決まり

その他の部品もご購入が決定したので

入荷次第、随時取り付けて行く事になりました。

4月1日からタイヤを始め、色々な物が値上がりする事が

各メーカーからのお知らせで既に決まっており

3月中に色々と買いそろえる事になりました。

色々な物が一度に値上がりするので、かなり大きな金額になりますからねぇ…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月17日

嫁の携帯乗っ取りか?3

先日の夜、嫁が風呂に入って暫くすると
嫁の電話がこんな時間なのに何度も鳴るので
何事かと思い、風呂上がりの嫁に電話が鳴っていた事を
教えると、どうやら嫁が風呂に入ったタイミングで
勝手に何度も、そこら中に電話を掛けまくって居たらしく
それを心配した家族からの折り返し電話だった…。
で、誰も触っていないのに、通話状態にもなっていたらしい…。
ぺ「それって誰かに電話乗っ取られてるんとちゃうん?」
しかも嫁が風呂に入るタイミングでそんな事になるなんて…。
で、発進履歴から謝りの電話を入れて、心配した身内にも
事情を説明して一段落となったのですが…。
スマホが勝手に発信履歴から電話を掛けまくる事って
始めてだったし、嫁が風呂に入るタイミングなので
かなり気持ち悪いし…でも何故か僕には電話が掛かって来なかった…w
それってどう言う事なん?
で、その後は今の所大丈夫らしいのですが
2016年までの削除したはずのメールが全て復活して
受信トレイに戻って来ていたらしい…キモ!


枚方A様CB400オイル漏れ修理とドレスアップ

せっかくシリンダーヘッドカバーのオイル漏れを直したのに

枚方A様CB400オイル漏れ箇所処置 (1)今回残念な所からのオイル漏れを

見つけて仕舞い、ブラインドシール部分は

応急処置として上から液ガスでオイル漏れを

止める処理をする事にしました…。

枚方A様CB400オイル漏れ箇所処置 (2)で、シフトシャフト部分は一応オイル漏れは

確認出来なかったのですが、掃除や洗浄を

行ったので念の為、オイルシールホルダーを

強制的に取り付ける事にしました。

枚方A様CB400オイル漏れ箇所処置 (3)オイルポンプのOリング部分からのオイル漏れは

これはもうOリングを交換するしか

方法が無いので、エンジンオイルを抜いて

\オイルポンプを取り外し、交換します。

枚方A様CB400オイル漏れ箇所処置 (4)案の定、オイルポンプのOリングはこの様に

潰れているので、オイル漏れの原因は

Oリングの劣化で確定したので、交換します。

交換するOリングは全部で5個になります。

枚方A様CB400オイル漏れ箇所処置 (5)Oリングを交換しエンジンオイルを入れて

オイル漏れが無い事も確認したのでこれでOK!

で、そもそもの作業予定だったスプロケット部分。

純正17Tのスプロケットが16Tが使われて居た為

枚方A様CB400520コンバート矢印部分の他に、〇部分もチェーンで擦れており

ドライブスプロケットは17Tに戻すのですが

色々と仕様を考えた結果、この際なので

530から520にコンバートする事にします。

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (1)その他の交換部品も早々に入荷し揃ったので

本格的に仕上げて行く事にします。

特注IKONサスも同じく入荷して来ました。

これで今回のカスタム部品が全て揃い

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (2)オーナーのイメージ通りの仕上がりになります。

まずはフロントブレーキホースを交換するのですが

このブリーダーバルブが錆び付いており

緩めるのに折れるんじゃないかと冷や冷や物で

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (3)ここで手間をかなり取られました…。

交換前のステンメッシュホースの

バンジョウアダプターですが…STと20度の

取り付けセンスが残念な様に思えて仕舞う…。

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (4)今回は同じスエッジラインのブレーキホースを

ブラックアウトした物に変更して取り付け。

センス云々と言うよりも、この取り付け方が

スマートじゃないかなぁと思ったよ。

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (5)ここに来てブリーダーが錆びて腐っており

在庫を探したけど、残念な事に無くて

大急ぎで発注する事になったので

ブレーキの仕上げは後日になりました。

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (6)次にこのメッキZ2ミラーもブラックアウト。

全体的に統一感を出す感じの仕上げで

キジマの黒Z2ミラーに交換する事になりました。

で、メッキミラーはサクサクっと取外し

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (7)キジマの黒Z2ミラーに変更しました。

ステーはショーとステーのままです。

角度は最後に微調整するとして

ミラーの交換も完了しました。

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (8)次はヘッドライトをシビエから

イエローレンズのマーシャルに変更。

ヘッドライトケースはあえてメッキですw

でも、メーターロアカバーからの流れから

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (9)そんなに違和感は無いと思います。

イエローマーシャルヘッドライトを装着し

フロント周りはブレーキ以外仕上がる…

筈だったのですが…ヘッドライトが点灯しない…

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (10)ハンドルスイッチはONとOFFのみのタイプで

ポジション球は点灯するのですが

ヘッドライトが点灯しない…勿論他の

ヘッドライトも試しましたがダメなので

枚方A様CB400ドレスアップ仕上げ作業 (11)恐らくタンクを脱着した時か何かの時に

ハンドルスイッチの配線に何かが起こった?

そもそもケーブルの取り回しもショートカットで

配線されているので、何かと怪しいのですが…

何だかここに来て深みにハマりそうな感じです…。

取り合えず後は駆動系やリア回りを明日中に仕上げて

不足部品の入荷待ちの間に、不具合ヵ所を調査します…。

多分ドツボの様な雰囲気しかしない…。

しかも今日はやたらと首が痛いので、流石に心が折れました…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2023年02月14日

4月1日よりFCRキャブレター値上げ3

またまた残念なお知らせになるのですが
BITO R&Dより2月1日付けのお知らせで
FCRキャブレターが4月1日受注分より値上げが決定しております。
CB400Four用で言うなら、¥32,000の大幅値上げになり
現定価¥162,000(税抜き)が新定価¥194,000(税抜き)に
価格が改定される事になりました。
ご購入をお考えの方はお早めにご検討下さい。
また受注が多くなり生産が追い付かなくなる場合は
受注を一時中断する事もあるとの事です。
そうなれば恐らく取引があるショップの受注が優先になり
個人様のご注文は受け辛くなる事が…
と言う様な事は無いとは思いますが…
これだけの価格改定になると、またお金を持って居る
何時もの様に何処かの転売屋さんが大量に発注し
少し寝かせて新価格で販売する事になると思います…。
この様な情報を知らないと、何処で損をするか
分からない世の中になってますねぇ…。


23/02/13の血液検査結果

昨日は臨時休業を頂いて、真性多血症など3ヵ月毎の血液検査へ。

230213の血液検査結果 (1)年末の手術で多少出血しているので

上弦の鬼3赤血球の数値は

何時もより多少は低くなっており

上弦の鬼5ヘマトクリットは安定値で

230213の血液検査結果 (2)数値的には良好と言う結果でした。

糖尿関係の数値的にもまぁそれなりに

コントロールは出来ており

上弦の鬼35、36、37はまぁ数値的には

高いけども特に問題無し!上弦の鬼43尿酸もそれなりw

酒も飲んでいないので肝臓の数値も全く問題無いので

健康な一般の人間の数値をずっとキープしてますw

多分普通の人よりも肝臓だけは健康なのかも知れない!

中性脂肪とかLDLとかの雑魚鬼は大した事はないw


来週の作業準備

明後日オイル交換やオイルポンプ交換などで入庫予定の滋賀N様CB400F用

滋賀N様CB400Fフル強化オイルポンプ「極み」準備 (1)フル強化オイルポンプ「極み」を準備。

エンジンは500ccエンジンで、今取付けている

強化オイルポンプは、33%増量の新型と

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプ。

滋賀N様CB400Fフル強化オイルポンプ「極み」準備 (2)ONシーズンに向けて交換を予定しています。

エンジンオイルはモチュール300Vスクエア。

ひょっとすると、CP製機械曲げマフラーにも

交換するかも知れないので、サイレンサーも

滋賀N様CB400Fフル強化オイルポンプ「極み」準備 (3)ミディアムサイズに交換しないと

500ccエンジンなので抜けが悪くなると思います。

以前のカルテがPCクラッシックで

無くなってしまったので、ちょっと困ってます…。

幸いにもご来店日の天候は良い天気なので、一安心です。
 

枚方A様CB400諸々チェック

確か関東のショップでフルレストア車として購入したと

枚方A様CB400怪しい所チェック (1)オーナーから聞いていたのですが

オイルパンにオイルが垂れていたので

まぁドライブチェーンもチェックしたかったので

スプロケットカバーを取り外してチェックをすると

枚方A様CB400怪しい所チェック (2)ドライブスプロケットは16Tになっていたw

ドリブン35Tで、ドライブ16Tなので

ショートのロングでややこしいなw

チェーンのリンク数もかなり短くなるなぁ…

枚方A様CB400怪しい所チェック (3)で、やっぱりオイル漏れもあるので

漏れている個所をついでに特定する事に。

ややこしい所から漏れて居なければ良いのですが

納車当初からの悪い状態を知っているので

枚方A様CB400怪しい所チェック (4)不安しか無いなぁ…と思いつつ取り合えず

スプロケットを取り外すと、よくある奴で

クランクケースにドライブチェーンが干渉して

ケースが削れているので、この際なので

枚方A様CB400怪しい所チェック (5)チェーンを520にコンバートしようかな?

と思いつつ、現像液を吹き付けて乾燥。

オイル漏れ箇所をチェックしました。

オイルポンプやシフトシャフトのオイルシール部に

枚方A様CB400怪しい所チェック (6)オイルが溜まっており、それがオイルパンに

伝って流れている様でなのですが

このまま暫く放置していると…何やら

怪しい雰囲気があちこちからと出て来ました…。

枚方A様CB400怪しい所チェック (7)メインシャフトのブラインドシール

シフトシャフトのオイルシール

オイルポンプ右下からもオイル滲みがありそう

一旦オイルを洗い流してから再チェックをします。

枚方A様CB400怪しい所チェック (8)綺麗に油分を洗い流して、再度現像液を掛け

乾燥させて、オイル滲みが無い状態にして

エンジンを温めて、何処からオイルが

滲んで来るかをチェックし、場所を特定します。

枚方A様CB400怪しい所チェック (9)エンジンを掛けると…直ぐにこれ…

メインシャフトのブラインドシールは

やっぱダメだな…そのまま暫くエンジンを

温めると、オイルポンプからもジワッと

枚方A様CB400怪しい所チェック (10)オイルが滲んで来たので、Oリングもダメ。

せっかくPIT入りしたこの間に

この嫌なオイル滲みも手を入れた方が

良いと思うのでオイルを抜いてOリング交換。

枚方A様CB400怪しい所チェック (11)メインシャフトのシール部は応急処置だな…

シフトシャフトのオイルシール部からは

オイルは漏れていない様なのですが

この先の事を考えて、ここはやはりCP製

枚方A様CB400怪しい所チェック (12)オイルシールホルダーを入れる事にします。

カスタム用部品がまだ入荷して来ないので

時間はまだたっぷりとある事から

エンジンオイルを抜いてまた後日

オイル漏れ箇所の処置、Oリング交換などの作業に取り掛かります。


大阪H様CB400Fクイック作業タンクキャップ交換

クイック作業のご依頼でご来店は大阪H様CB400F

230214本日のご来店大阪H様CB400F (1)今日はタンクキャップ交換のご依頼でご来店。

タンクキャップ交換も慣れていないと

塗装を傷付けたり、カシメピンを抜くのも

割と大変な作業になりますからね。

230214本日のご来店大阪H様CB400F (2)で、今回のご依頼はADタイプのリプロ品

ゲージ付きタンクキャップ取り付けのご依頼。

言う事で、タンクキャップを取り外す際に

間違ってタンクに傷が入らない様養生して

230214本日のご来店大阪H様CB400F (3)純正タンクキャップを取り外します。

専用工具を使って、カシメピンを抜き取り

純正タンクキャップを取り外して

ゲージ付きタンクキャップを取り付けたのですが

230214本日のご来店大阪H様CB400F (4)僕はそのまますんなりと取付く物だと

思っていたので、ピンもカシメて仕舞い

いざ蓋を締めようとすると、キャップチェックに

タンクキャップ本体が干渉し締まらない事が判明。

230214本日のご来店大阪H様CB400F (5)あーこれなぁ、AD製でも車種が違うと

干渉して閉まらない物もあるので

これもそれと同じだな…と言う事で

取り付けを断念し、現状復旧…。

まぁ干渉している所を削ったりキャップ側のロックピンを曲げたりすれば

取り付くらしいのですが、リスクしか無いので現状復旧となりました。

230214本日のご来店大阪H様CB400F (7)で、次のご依頼ですが、当時物鉄ボディ

減衰付きKONIを手に入れたとの事で

このままでも使える物なのかをチェック!

現状を見る限りではオイル漏れも無いので

230214本日のご来店大阪H様CB400F (8)使ってみてオイル漏れがあるかどうか

と言う判断しか出来ないのですが

少しやれた間のある当時物鉄ボディ減衰付きの

このKONIを綺麗に仕上げる事をご要望…

だったのですが、今の僕の首の状態から、バフ掛けなどの作業が

少々困難なので、取り合えず分解して、アルミ部分はブラストで仕上げて

後はオーナーにコツコツと仕上げて頂く事にしました。

スプリングも艶が飛んでいるので、こうやって分解しておけば

作業性も良いので、これもシコシコと磨けば艶も戻ると思います。

ご要望にお応え出来ずに申し訳ないです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年02月11日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月12日(日曜日)は第二日曜日なので定休日ですが
明後日2月13日(月曜日)は、真性多血症経過観察
血液検査などの為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。
で、今日は午後から嫁のお買い物のお供に出る事になったので
午後からはお休みとさせて頂きます…。


枚方S様車検整備納車

先日車検場で#1.3がカブってしまったので

枚方S様CB400F継続車検納車 (1)気になって、納車前に一応エンジンを

始動させてみたら、また先日と同じ様に

また#1.3がカブってしまった…

毎日昨日までエンジンを掛けて確認していたのに

枚方S様CB400F継続車検納車 (2)本番に弱いタイプなのか?と思いながら

大急ぎでプラグを取り外して見ると

やっぱり#1.3はカブっており、他のプラグも

念の為チェックすると真っ黒だったので

ハイオクか?と思いオーナーに聞いた所レギュラーガソリンとの事なので

取り合えず掃除したプラグを、#3のプラグと#4と入れ替えてみました。

プラグの問題なのか、プラグにカーボンが付いて、火が飛ばないのか?

これが#1.4とか#2.3と言う事なら点火系に何か問題があると疑うのですが

オーナーに現状を報告して、ご理解を頂き納車させて頂きました。

また同じ様な症状になる様であれば

同調チェックやキャブを分解してチェックしてみます。


伊右衛門一家CB250HAWK EXスタッドボルトねじ山上り緊急入庫

CB250HAWKにお乗りの方から緊急のお電話が入り

伊右衛門一家CB250HAWKスタッドボルト不具合 (1)EXスタッドボルトのねじ山上りで

排気漏れするのでとお困りの電話が入り

ヘリサート処理をご希望される電話だった。

直ぐ近くでのトラブルなので

伊右衛門一家CB250HAWKスタッドボルト不具合 (2)取り合えず状況を確認させて頂こうと思い

依頼をお受けし、ご来店を頂きました。

早速状況を確認し、作業が可能なのかを判断。

まぁ2気筒なので、作業は可能だと思ったのですが

伊右衛門一家CB250HAWKスタッドボルト不具合 (3)ネジ山が完全にやられており、かなりの大穴。

パイロットタップも使えない位だった…

それでも何とかタップを立てて、無事に

リコイルが利いてくれたので、一安心。

伊右衛門一家CB250HAWKスタッドボルト不具合 (4)無事にEXスタッドねじ山上りの復旧が

出来上り、マフラーを取り付ける事が

出来たのでマジで良かったです。

クイック作業なので、中々の緊張感がある作業で

失敗が許されない作業になるので、精神的にかなり疲れましたw


peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0)

2023年02月09日

冬場のエンジン、バッテリー管理第三章【完】3

【冬場のエンジン、バッテリー管理第三章】
サーキット走行などの場合は、そのまま高速回転で走行する為
エンジンが冷えた状態からでは危険なので
ブリッピングでエンジン温度を上げてからコースに出ますが
一般道を走行するのであれば、制限速度内で走れば
おのずと暖気と同じ効果があり、バッテリーも充電され
エンジンに熱もちゃんと入るので、マフラー内から燃焼室までの
水分は綺麗に蒸発して仕舞います。
時々ブローバイガスが多いと相談がありますが
そのブローバイガスの多くは水蒸気の場合が殆どになり
普段の管理方法が【第一章】【第二章】の様な管理方法の場合が多いです。
仮にオイル上がりや、下がりがあれば、白煙はマフラーから排出されますが
水蒸気とは明らかに違う白煙になるので分かると思います。
と言う事で、エンジンやバッテリーの最大のメンテナンスは
「乗る事」これだけで済むのですが、これだけ寒いと中々ねぇ…。
しかもご近所の手前、エンジンを空ぶかしする事も中々難しいですからね。
ご近所トラブルに発展し、CPみたいに通報されますしね…。
まぁこれは僕の考えと実践している事なのでご参考までに。
エンジンオイルの乳化は最大の敵!
アイドリングでのエンジン、バッテリー管理は
保護にあらず、負荷にしかならない、と僕は思ってます。


枚方S様CB400F継続車検

昨日の定休日、朝から何時もの京都南へ継続検査に行って来ました。

枚方S様CB400F継続車検230208 (1)車両を下してエンジンを掛けようと

セルを回すも、どうやら#1.3がカブっている…

何でこのタイミングでやねん!とプラグを外し

濡れたプラグを拭き取っていると

枚方S様CB400F継続車検230208 (2)どうもユザー車検の方っぽい方が来て

「うわー!懐かしいバイクやなー、これって

エンジン掛かるの?」と車検場で眠たい事を言う。

「勿論掛りますよ!」と言ってはいる物の

枚方S様CB400F継続車検230208 (3)実際はカブってエンジンは掛からないのですがw

プラグを掃除して何とかラインを通します。

当然ですが全て一発合格!早々に店に戻り

現状復旧作業に取り掛かります。

枚方S様CB400F継続車検230208 (4)まずは車検用シビエLEDヘッドライトを取り外し

アナログ電球提灯式ヘッドライトに戻します。

因みに車検届け出用紙の書類、書式は変更なし

検査方法も特に変更はありませんが

枚方S様CB400F継続車検230208 (5)京都南のくせに全部やるのでちょっと面倒…。

今年一発目の継続車検も、空は曇り空ながらも

雨知らずで無事に記録更新中!

しかも割と真っ直ぐに貼れた車検標章ステッカー

枚方S様CB400F継続車検230208 (6)新しくなったICチップ入り車検書は

思って居たよりかなり小さかった。

この車検証の赤枠部分に何か入ってます。

その下にあるA4サイズの紙には全部書いてます。

枚方S様CB400F継続車検230208 (7)で、今までの車検証ケースにはそのままでは

車検証は入らないので、ICチップ部分を

折り曲げないよ言うにして入れるか?

やっぱりちょっとそのままでは無理な様です。

枚方S様CB400F継続車検230208 (8)ICチップ対応サイズで作ったCP車検証ケースは

自賠責証書のサイズに合わせて作ったので

新しいICチップ入り車検証を折り曲げずに

入れる事は出来ますが、車体に収納する場合は

枚方S様CB400F継続車検230208 (9)更に二つ折り、合計四つ折りすれば

車載出来るかなぁ…?って感じです。

K察も今までは個人情報関係の問題から

車検証の提示は求めて来なかったのですが

車検証の電子化によって、提示を求められる可能性が考えられ

車載していないと、義務違反で逝かれちゃうかも知れないですね…。

CP1号機も今年8月継続車検なので、継続車検を受けたら

電子車検証を積載する様にしようと思ってます。


寝屋川K様CB400Fオイル漏れ再び

オイルパン付近からのオイル漏れがあるとの事で

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (1)今年2回目の入庫になった寝屋川K様CB400F。

今日も朝一番からご来店頂きました。

前回クラッチスプリングを交換したので

念の為クラッチ側からのオイル漏れが無い事を

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (2)確認してからスプロケットカバー側をチェック。

現像液を掛けると、やはりここからか…

前回チェックした時は漏れていなかった場所も

この寒さとエンジンの熱とで、この様に漏れます。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (3)今回はシフトチェンジ側も怪しいので

オイルシールを交換する事にしましたが

メインシャフトのブラインドシールは

O/H作業になる為、延命処置をする事にします。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (4)念の為、カウンターシャフト側もチェック。

カウンターシャフト側は今の所問題無いので

この2ヵ所からのオイル漏れと言う結論になり

シフトシャフト側は引っこ抜いてシール交換。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (5)メインシャフト側は、液ガスを塗り込んで

応急処置をする事にしました。

後は、これ以上酷くなったり、何かのタイミングで

この先エンジンO/Hもお考え頂く事もご説明。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (6)せっかくシフトシャフトのオイルシールも

新品に交換したので、このタイミングで

オイルシールホルダーもご購入頂きました。

これで、オイルシールに負荷も掛からず

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ修理230209 (7)この先の保険にもなりますからね。

クラッチワイヤーもF1サイズの短い物だった為

F2ハンドル用のクラッチワイヤーに交換。

新品はどうしても初期伸びがあるので

また後日調整をさせて頂く事にして、オイル漏れの処置は完了しました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2023年01月30日

通常営業再開のお知らせ3

【通常営業再開のお知らせ】
この28日29日の土日からになりますが
一応プレで通常営業は再開しております。
ですが、やはり余り無理をすると頭痛が激しくなるので
早仕舞いをさせて頂く事がありますので
ご来店の際には、前もってご連絡を頂けると
その分の体力は温存して置きます。
営業時間も今日からですが
通常の時間AM10:00〜PM19:00までに戻してます。


枚方S様CB400F継続車検整備二日目

先日継続車検整備とキャブなどのオーバーフロー対策で

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (1)入庫して来た枚方S様CB400Fの継続車検整備。

バッテリーのサルフェーション充電も終わり

エンジンオイルの交換も終わったので

諸々の点検整備を行って行きます。

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (2)灯火系、保安部品はヘッドライトは提灯なので

定番の光量不足ですね、リアブレーキランプに

問題が見つかったので、その原因は後で調査。

まずは提灯ヘッドランプを車検対応の

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (3)LED化したシビエに交換して対応します。

それ以外ウインカー、ホーンなどもチェックし

車検を受ける事に対して問題が無い事を確認。

光軸は作業用リフトから下した後で

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (4)チェックをし、ズレて居たら調整します。

ヘッドライトの光量はこれでクリアーです。

もうバッ直配線をしなくても良くなったので

ヘッドライトの光量を上げる手間が省けます。

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (5)次にリアブレーキランプが点灯しないので

ブレーキスイッチの調整と、リアブレーキの

踏みシロが深いので、少し調整をしました。

これで、リアブレーキの調整とブレーキランプも

枚方S様CB400F継続車検灯火系保安部品点検 (6)ちゃんと点灯する様になったのでOKです。

ウインカー球が純正と違い小さいので

球切れなどがあるとちょっと面倒ですね。

CPにて中古車両でご購入頂き、約1年程経過。

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (1)納車時にも整備はしております。

フロントブレーキフルードはまだ

1年物ですが、今回の車検に合わせて

ブレーキフルードも交換となります。

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (2)今回色々と部品を交換したり整備をすると

見えない所に問題が見つかったりもします。

ブレーキフルードを交換するのですが

今回ブレーキ鳴きも酷い事から

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (4)オーナーからの依頼でブレーキ鳴きを

止めれたらラッキーと言う感じですが

ブレーキパットを取り外し

フロントブレーキを分解して、サポートを取り外し

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (5)ブレーキ鳴きを止めれればと作業をします。

ブレーキ鳴き原因には幾つか要因があり

ブレーキパットの不良、メンテナンス不足

キャリパーフォルダーの摩耗や

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (6)キャリパーホルダーピンの摩耗などがあり

この車両に関しては、納車時にパットや

ピストン等のメンテナンスは行っているので

消去法で言えばキャリパーホルダーの摩耗

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (7)若しくはホルダーピンの摩耗が考えられ

ホルダー一式を取り外し、ピンを再メッキし

太らせた物に交換してみました。

再メッキのピンをホルダーに差し込むのに

枚方S様CB400F継続車検ブレーキメンテナンス点検 (3)少し硬かったので、これでブレーキ鳴きが

止まってくれればラッキーだと言う事で

取り合えず現状復旧をしました。

これで暫くはブレーキ鳴きは納まるので

この後、鳴かなくなれば、ピンの摩耗が原因だったと言う事になります。

と言う事で今日はここまでで終了、後はキャブのオーバーフローを止める為

キャブを取り外し分解掃除をしてから、車検を受ける事になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年12月14日

当分の間休業のお知らせ

【入院手術の為休業のお知らせ】
いよいよ明日12月15日(木曜日)から入院となり
翌16日には手術となりICU入りとなりますので
当分の間臨時休業となります。
希望はクリスマスまでには帰りたいのですが
嫁が「大掃除の邪魔になるから帰って来るな!」と言うし…
傷の具合にもよりますが、何とか年内には帰りたいと思ってます。
で、今日はこの後午後から嫁が今年最後の
いちご狩りに連れて行けと言うので
僕が嫁に対しての最後のお勤めになるかも知れないのでw
いちご狩りに行って来ます…。
今夜嫁との最後の晩餐に、嫁が「何が食べたい?」と聞かれたけど
特に食べたい物は無いので、イチゴ以外なら何でもOKw
そう言う事で、それでは皆様、メリークリスマス!
2023年、良いお年をお迎え下さい。


2022年最後、恐怖の姪からの電話…

入院が間近となった昨日の夕方に、恐怖の姪からの電話が…

恐怖の姪からの電話で、またズーマーの修理… (1)リアフェンダーを止めている部分から

音がするから直せとのご命令の電話です…。

ズーマーのスイングアームになる部分の

エアークリナーボックスを固定する部分が

恐怖の姪からの電話で、またズーマーの修理… (2)折れて居る事は、前回エンジン交換の時に

知っていたのですが、弟が適当にワイヤリングで

ズーマーのリアフェンダーを固定している部分を

固定していたのですが、ワイヤーが切れて

恐怖の姪からの電話で、またズーマーの修理… (3)エアークリナーボックスの重みで

フェンダーとタイヤが擦れて音がすると言い

姪「ちゃんと直せや!」と僕に言うけど

ぺ「お前のハゲ親父に言えや!」と言った所で

恐怖の姪からの電話で、またズーマーの修理… (4)結局僕が直さないと無理そうなので

ステーを作ろうかと、色々と考えた所

ハンドルホルダークランプの穴ピッチが

奇跡的にもスイングアームとぴったりだったので

恐怖の姪からの電話で、またズーマーの修理… (6)長めのボルトでエアークリナーボックスを

固定する事が出来たので、ステーを作る必要無く

エアクリーナボックスをしっかりと固定出来た!

勿論お駄賃は店の前の100円ジュースです…。

で、その後また30分程、姪の愚痴をお聞きして

納得してたのか、やっとお帰り頂きました。

まぁ100円で修理をさせる身内のだからこんな感じで応急的にやってますが

お客さんのだったら、ちゃんとやりますのでw


Dトラバッテリー上り

せっかくバッテリーを交換した通勤号のDトラですが

Dトラバッテリー上り店のバイクをガレージに移動させた時

Dトラのエンジンを掛けようとしたら

余りにも乗らないので、バッテリーが上がってた。

取り合えずバッテリーを充電するのですが

サイドカバーとシートを取り外さないとバッテリーに

アクセス出来ないのが面倒だった…また暖かくなったら乗る事にしよう…


入院手術最終準備、男は黙って六四分けとスキンフェード

いよいよ明後日の手術に備えて

入院手術準備の男は黙って六四分けスキンフェードヘア (1)明日入院し明後日の手術の為にもですが

息子が勤務する病院の看護師さんと

仲良くなりたいので、入院前にかっこ良く

何時もの男は黙って六四分け!と髭剃り

入院手術準備の男は黙って六四分けスキンフェードヘア (2)右側には過去にガラスが刺さった手術痕w

明後日追加されると思われる手術予定ヵ所。

髪型も何時もの六四分けにスキンフェードカット

後頭部が不細工ですが、違和感が無い髪形w

入院手術準備マウスピース製作で、この髪形で今日いちご狩りにも行きます…。

全身麻酔をして、うつ伏せでの手術になり

挿管もされるので、差し歯を保護する為に

歯医者さんで、マウスピースも作りました。

これで差し歯が取れる事は無いと思います。

これで、入院手術の準備は全て整いました!

病院にPCを持ち込む事が出来ないので、暫くはブログの更新はお休みです。

無事に手術が終わり、元気ならインスタでのご報告になると思います。


peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(6)

2022年12月06日

にわかW杯ファンTV観戦ベスト163

昨日無事にRCフォアの納車を終え、クラッチ交換のついでに
人柱部品のテスト品を取り付けた事を告知しましたw
レポート宜しく!と言い伝え、CPから出発する際
ローギアーに入れたとたん「あ!全然違う!」との第一声w
そうなのよ!、全然シフトの動きが違うのよ!
後は耐久性だけの問題なので、頑張って走行して下さいね。
で、実はタイヤ交換で体力をかなり消耗していたので
家に帰って、ご飯を食べて、W杯観戦予約をして
眠たい目を我慢して起きていたのですが
多分「間も無く試合開始です」的なレポートの後の
CM中に寝てしまったらしく、起きたら後半戦15分過ぎ…
既に得点は1−1の同点だった…
そこからは最後のPK戦まで見てましたが
結果だけで言えば残念な結果でしたが、良い試合だったと思います。
クロアチアのキーパーもPKを日本もセーブしたのは凄いと思いました。
また四年後に、にわかファンになれればと思います。


寝屋川K様CB400Fハンドルスイッチ交換他部品交換

一通りの純正部品やカスタム部品も入荷して来たので

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (1)今日中に仕上げるべく作業を開始。

ガソリンタンクを外すと

まず最初に目に入って来たのは

クラッチワイヤーガイドの取付位置と

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (2)UBSボルトが使われておらず

ステンレスのホムセンボルトだった事。

しかも締まっていない、反対側はM6×40の

フランジボルトが使われていたと言う

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (3)お決まりのCB400Fourあるあるです。

アクセルは遊びが多過ぎて、扱い辛い。

1/8はアクセルが遊んでいるイメージです。

このグリップの繋ぎ目を目安にすると

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (4)この位置までがアクセルの遊びになる。

まるで昨日のRCフォアオーナーの様な

チャラ男風遊び人の様で、本人は遊び人では無く

色気がある男だと、のたまわっていましたw

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (5)と言う事で、仕事が色々増えたなぁと思いつつ

ハンドルスイッチとメインハーネスの

接続部を見ると、ハンドルスイッチあるあるで

お決まりの配線ルートのショートカットや

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (6)ワイヤークランプがこんな所に?

ギボシが丸ギボシから平ギボシに変わっており

しかも圧着パンチの使い方を間違って

使われて居るので、配線しか圧着していない。

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (7)で、端子の向きが違うので潰す方向も違う。

新しいハンドルスイッチは勿論純正新品なので

メインハーネス側の平ギボシを純正同様の

丸ギボシに打ち換えないといけない…

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (8)でも圧着パンチの使い方と端子の向きが違うので

引っ張ると全て抜ける、こりゃぁありがたいw

切断して配線が短くなる事が無いのは助かった。

圧着端子で絶縁被覆を挟んでいないから

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (9)全部スッポ抜けたので、僕の作業的には

良いのですが、電気配線としては全くダメ

アメリカ人がやったのかどうか分からないけど

雑でド素人並みの仕事をスルーして売った所も

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (10)残念な所だと思った、ここ最近逆車408の

価格も昨年と違い一気に暴落したので

やっぱり安かろう悪かろうなお店も増えたな…。

このクラッチスイッチを押す為にだろう

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (11)ネジを打ち込む労力を使う位なら

クラッチレバーを新品に変えた方が早いだろうに。

ハンドルクランプの向きも前後逆。

分かり易い様にホンダさんがポンチマークを

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (12)打ってくれているのにねぇ…残念だわ。

クランプの厚みも前後で違うからプロなら分かる。

で、やっと左ウインカースイッチASSYの交換。

ギボシを純正と同じ物に打ち換えて接続。

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (13)ホーンも手作りステーのややこしい取り付け方で

取り付けられていたので、ステーを取っ払い

ケーブルガイドを正規の位置に戻して

ホーンと共締めをしました。

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (14)不在だったスピードユニットステーを

取り付けて、ハーネスバンドも不在で

このステーが無いとハーネスバンドを

取り付ける事が出来ないので、取り付けました。

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (15)これでハンドルスイッチ交換と

その周辺の手直し作業が終わり

オリジナル通りに復旧が完了しました。

クラッチスイッチは生きてますが

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (16)交換する手間を考えると、新品に交換した方が

手っ取り早いので、新品に交換しています。

フロントタンククッションですが

何でこんな事をしてあるのか理解出来ないなぁ…。

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (17)これも新品に交換して取り付けました。

お決まりのクラッチケーブルガイドの

取り付け位置も修正して、ホームセンターの

ステンレスボルトはリプロ品ですが

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (18)UBSボルトに左右共交換して取り付けました。

クラッチがやたらと重いので、一応ワイヤーを

洗浄してからフッ素オイルを流し込みましたが

多少軽くなった程度なので、恐らく

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (19)クラッチ側スプリングが無駄な強化スプリングに

変更されている可能性が考えられます。

左右のクラッチ、ブレーキレバーは

パワーレバーに変更しておきました。

寝屋川K様CB400Fウインカーハンドルスイッチ他手直し (20)後はUSB電源の取り付けも指示されており

取り合えず賢いキジマのUSBポートを

定番の位置にバッ直で取り付けました。

このポートは端末を接続しないと給電しないし

寝屋川K様CB400Fオイル、フィルター交換 (1)バッテリー電圧が下がると停止すると言う

中々の優れものになるので、バッ直でもOKです。

後はエンジンオイルと、フィルターの交換。

エンジンオイルは若干の乳化があります。

寝屋川K様CB400Fオイル、フィルター交換 (2)しかし今回のオイル交換で一番

気になるのは、この大粒の鉄粉です。

画像では余り分かりにくいのですが

結構な量の鉄粉が出ているのが気になります。

寝屋川K様CB400Fオイル、フィルター交換 (3)カムチェーンが擦れている様な音はしないので

次のオイル交換の時にでも、要チェックです。

で、これもまたCB400Fourあるあるパターン。

オイルフィルタースプリングシートが不在でした。

寝屋川K様CB400Fタイヤ交換は後日 (1)これは何時でも対応出来る様に在庫してます。

で、本当なら今日中にタイヤ交換まで

終わらせる予定だったのですが、昨日の作業で

RCフォアのフロントタイヤチューブ交換時に

寝屋川K様CB400Fタイヤ交換は後日 (2)あの硬いコンチネンタルタイヤを入れる時

チューブを2本挟んで穴を開けてしまったので

寝屋川K様用に使うはずだったチューブを

RCフォアに使ってしまったので

今日の作業でタイヤ交換が出来なくなったと言う事なんですよねw

と言う事で、本日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年12月05日

朝から恐怖の姪からのメッセージ3

昨日は嫁と予定通りいちご狩りへ行って来ました。
制限時間50分の食べ放題ですが、残り10分前にはもう
お腹いっぱいで食べられなくなったw
手術前に糖質を取り過ぎたので、入院が長引かなければ良いのですが…
それも嫁の作戦なのかもしれないのですが
でも嫁は喜んでいたので、それはそれで良かった。
いちご狩りが終わって、一旦自宅に帰り車をハイエースに乗り換え
フロントタイヤがパンクしたRCフォアを引取りに行き
作業スペースがあれば、そのまま作業をするつもりだったけど
ちょっとスペースが無いので、今日中に仕上げる予定で考えてました。
そこへ今朝…また姪からの恐怖のメッセージが入って来て
またリア回りから、変な音がすると言う…。
入院まで10日程なので、姪にはお前の親父に言ってくれと
メッセージを入れたら、かなり逆切れされましたw


RCフォアパンク修理他諸々の作業

昨日、予定通りRCフォアを引取りに行って来ました。

RCフォアパンク引取り221204 (1)驚いたのは普段からチャラ男風で

遊び人のいで立ちですが、意外とちゃんと

仕事をしている姿は初めて見たので驚きましたw

この様にフロントタイヤがパンクしているので

RCフォアパンク引取り221204 (2)積み込みは手伝ってもらいましたが

店に戻って一人で降ろそうとしたのですが

流石に動かないので、弟を呼び付けて

下すのを手伝って貰いました。

RCフォアパンク修理221205 (1)正直今PITをギリギリの状態で回しているので

天気が悪かったりすると、作業は何も出来ない。

昨日も本当は雨予報だったので

嫁といちご狩りに行く事にしたのですけどね。

RCフォアパンク修理221205 (2)と言う事で、今日中にこのRCフォアをやっつけて

さっさとPITから車両を出して、作業スペースを

少しでも広くしたいと思ってます。

パンクしたチューブを交換するのですが

RCフォアパンク修理221205 (3)このコンチネンタル、サイドウォールが硬いので

何かと手間が掛かるタイヤなのがちょっと…

チューブを取り外してみると、大穴が…w

スポークニップル側に凹凸が出来ており

RCフォアパンク修理221205 (4)その部分が裂けたのか?これは酷いw

新しいチューブを入れるのですが、これもまた

タイヤを入れるのにも滅茶苦茶苦労する始末…。

かなり苦労し、何とかタイヤを入れました。

RCフォアパンク修理221205 (5)タイヤホイールを装着する前に、以前この

RC風フェンダーを取り付ける時に

Wディスク対応のフェンダーなので

右側ボトムケース側に、カラー代わりに入れた

RCフォアパンク修理221205 (6)純正のキャリパージョイントホルダーを

このチャンスに回収しておこうと思い

寸法を計測して見ると、手元にある

アルミカラーが使えるので、交換して仕舞います。

RCフォアパンク修理221205 (7)サクサクっと純正ジョイントから

アルミカラーに交換が完了しました。

これで、遠慮なく使える様になったし

僕が貸し出していた部品も回収できましたw

RCフォアパンク修理221205 (8)パンク修理のついでにと言う事で

今更ながらにホイールバランスを

確認しろとのご要望がありチェックをした所

ウエイト調整の必要が無い位バランスが良く

RCフォアトランポ用フック取り付け (1)あえて言うなら、パンクしたせいで

フラッとゾーンが出来ている感じでした。

で、RCフォアが何時でもトラブった時に

トランポしやすい様にと言う事で

RCフォアトランポ用フック取り付け (2)フックを取り付けようとしたら

準備していたボルトがハンドルストッパー分

長さが短くなっていた事が判明した…クッソ!

と言う事で、更に長いボルトを入れて

RCフォアトランポ用フック取り付け (3)取り付けが完了しましたが、まぁ色々と

あの手この手で、僕の手を手古摺らせる車両だわ…

無事にトランポ用フックも取付が完了し

フロントエンブレムを取り付けて

RCフォアUSB取り付け (1)ちゃんと隠れる事も確認しました。

まぁこれを使う日が来ない事を祈るばかりですw

次にUSB電源を追加して欲しいとの事で

レギュレートレクチファイアー化してあるので

RCフォアUSB取り付け (2)必要が無いこの純正のレギュレーターを取り外し

その取り外した部分に、この賢いキジマ製の

USB電源を取り付けました。

配線はもうバッ直配線で取り付けるのですが

RCフォアバッテリー交換221205 (1)このUSB電源器は賢いので、ある程度電圧が

低くなると充電機能は停止する仕組みになっており

余分な電気を使う事が無いのでバッ直で

配線をしても大丈夫なんです。

RCフォアバッテリー交換221205 (2)で、死に掛けていたバッテリーも取り外して

他車種のMFバッテリーを縦置きにして取り付け。

こうする事で、バッテリボックスにウオタニや

ETC車載器を収納するスペースが出来るので

RCフォアクラッチ交換221205 (1)レギュレートレクチファイアー化した車両には

MFバッテリーを縦置きする事が可能になります。

と言う事で、次の作業はクラッチ交換。

シグナルGPで負けた理由がクラッチが

RCフォアクラッチ交換221205 (2)滑っているから…と言う良い分けも

これで出来なくなるよなぁw

車体を傾けたついでに、アンダーカバーが

RCフォアに取り付ける事が可能なのかも確認。

RCフォアクラッチ交換221205 (3)四本出しなので、このぐらいのサイズが

丁度良い感じに取り付ける事が出来そうです。

と言う事で、クラッチカバーを取り外し

クラッチ交換作業の準備をします。

RCフォアクラッチ交換221205 (4)クラッチスプリングは純正では無いのですが

クラッチレバーは差程重たく無いので

アゲイン製のクラッチスプリングかな?

自遊長は少し長めですが、軟らかい強化?

RCフォアクラッチ交換221205 (5)クラッチ交換のついでに色々とRCフォアの

シフト系部品チェックを兼ねて…フフフ…

まぁポジティブストッパーは良い感じに

摩耗してるので、その内交換だなw

RCフォアクラッチ交換221205 (6)で、ヘビーユザーのRCフォアなので

CP製品の人柱になって貰おうと思い

勝手に部品を交換する事にします。

まずはこの摩耗したシフトドラムセンターと

RCフォアクラッチ交換221205 (7)ニュートラルストッパーを取り外して

CP製強化シフトドラムセンターと

ベアリング式ニュートラルストッパーに交換し

その耐久性と使用感を強制的に

RCフォアクラッチ交換221205 (8)レポートして貰う事にしますw

CP製強化シフトドラムセンターは

そのおまけみたいな物になるけど

セットで交換した時の体感や耐久性テストです。

RCフォアクラッチ交換221205 (9)サクサクっとシフト関係部品を交換をして

滑っているクラッチも交換が完了。

フフフ…これでもうシグナルGPで負けても

完全に言い訳は出来なくなったよなぁ…フフフ…。

RCフォアクラッチ交換221205 (10)と言う事で、今日の作業で一番苦労したのは

フロントタイヤのチューブ交換です…。

やっぱり僕はコンチネンタルが嫌いです…。

タイヤチューブ交換で3時間も掛かる位だし

タイヤが入らないので、チューブを2本も穴を開けてしまったわ!


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年12月01日

CB350Four用ピストンリングについて

CB350Fourのピストンリングなどについて
年に一度程度の問い合わせがある程度なので
そんなに深くも考えてはいなかったのですが
一昨日メーカー側に他車種流用品でCB350Four用
ピストンリングがあるのかを調べて貰ったのですが
残念な事に奥行きが0.2舒磴い箸、幅が薄いとかと言う
ピストンリングしか無い事が分かりました。
そこで、新たにCB350Four用ピストンリング製作について
メーカー側とお話をした所、既存の物が無い事から
新たに図面からの製作となる事や、型を作らないといけない事
他に、メーカーとしての考え方が一度に1,000個製作で終わりでは無く
継続して、年間300個製作の方がメリットがあると言われました。
そこで、市場調査の為、仲間内のショップにCB350Fourの需要について
リサーチを行った所、現状としてはやはりCP同様に問い合わせが
年に一度程ある程度である事や、その周辺のアフターパーツの動きも無い事。
また、ピストンリングだけでは無く、どうせピストンリングを作るなら
ピストン毎製作して欲しいと言うお声も頂きました。
その場合の折衷案として、新たにCB350Four用ピストンリングを
図面から作るのではなく、既存の47Φのピストンリングを使い
CB350Four用ピストンを作った方がコスト的には抑えられるのでは?
と言う所で、メーカー側との話は一旦棚上げとなりました。
正直な所、CB350Four用ピストンを作る場合、その金型代と
製作ロット数が恐らく最低でも600個、STD〜0.25ピッチのOSで
1.5OSまでの総数になると思います。
600個のピストンを製作した場合、CB350Fが150台分の数量になり
それが果たして何年で消化出来るのかが問題になります。
また現在の物価高騰、材料費などから考えると単価的にも
かなりな価格になる事は間違いないと思います。
元々CB350Fourは1972年から1974年の2年間しか製造されておらず
月産予定生産台数8,000台(輸出車両含む)の製造であり
国内での人気は低かったと言われており、それでも国内向けに
生産販売されたCB350Fourは7万台程度製造されたそうで
後継機種になり74年12月から販売が開始された
CB400Fourの月産製造予定台数が6,000台で
その内国内408ccは2,200台ちょっと、398ccF1が1,000台ちょっと
同じく398ccでF2が5,500程度なので、その台数と比較すれば
CB350Fourの国内販売台数は2年間で7万台と多い事が意外です。
逆車の帰国子女も増えているので、総生産台数が19万台になるのですが
それ程多くCB350Fourを見る事は少ないと思うのですが…
CB350Fourオーナーがどれだけいるのかによって
この先ピストン製造も考えるべきなのでしょうか…。


CP1.5号機ヨシムラミクニTMR MJN リセッティング

先日の早朝予告拉致ツーリングの際に高速道路に乗り

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (1)高速走行テストも出来たのですが

ハイカムがCP1号機と違いst1と言う事で

上の伸びが無く、回転数や、パワーバンドが

思っていた程では無かった事もあり

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (2)昨日の定休日、病院が終わってから

CP1.5号機のキャブレターをリセッティング。

今回は横着をせず、ちゃんと取り外してから

PJを交換する事にしましたw

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (3)前回はPJを出荷時の#20から#17.5に下げて

プラグの焼け色を確認したのですが

まだ若干スローが濃い感じなので、今回PJを

#17.5から#15へ更に薄くする事にしました。

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (4)また上の伸びが低いので、MJNニードルの

クリップ位置を一番上から一段下げてみる事にし

ハイカムがst1なので、パワーバンドが低いのか

それとも燃料が薄いのかを見極める為に

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (5)クリップ位置を一段下げてみる事にしました。

プラグの焼け色からも、上は薄いのだろうとは

思うのですが、ノッキングを起こす程薄くは無く

この時期の外気温なら、ワインディングであれば

丁度良い感じのパワーだとは思うのですが

もう少しこのTMR MJNと言う物を突き詰めて見たいと思います。


京都O様CB400国内398ccF2キャブレター仕上げ

予定していた作業量がドンドン膨れ上がるので

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (1)一昨日オーナーと相談した所、当初予定していた

キャブレターを一旦仕上げて仕舞い

他の部分は次回に持ち越す事になりました。

と言う事で、キャブレターを取り付ける準備に

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (2)取り掛かる作業を優先に進めます。

吸気系のゴム類はかなり硬化しており

取り付けには苦労しましたが

何とか無事にキャブレターの取付が完了。

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (3)キャブにガソリンを流し込んで

オーバーフローが無い事を確認し

同調調整の準備が整いました。

後はサクサクっと同調調整を行うのですが

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (4)これがまた手古摺るキャブだったので

同調は合っても、バキューム圧が低く

中々バランスが合わないので

同調調整をするのに結構苦労しました。

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (5)中々合わずエンジンはオーバーヒート気味で

休憩をしてエンジンを冷やしながら調整して

何とか納得出来るバキューム圧で同調調整が

出来たので、取り合えず一安心です。

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (6)一旦エンジンを冷やし、時間を開けてから

エンジンを始動させ、始動性などをチェックし

試運転をして最終チェック!

ご来店頂いた時と比べるとそりゃぁもう

エンジン音も違うし、吹け上りも違うので

これでオーナーも納得して頂けると思います。


本日のご来店

先日車両購入後直ぐにご来店頂き、色々とご相談を頂いた

本日のご来店寝屋川K様CB400F221201 (1)寝屋川K様の車両が入庫して来ました。

ボストンからの帰国子女で、恐らくメーターは

実走行の55,000キロと思われる車両。

腰上O/H済みとの事ですが、流石に腰下は

本日のご来店寝屋川K様CB400F221201 (2)お疲れの様で、購入後暫く乗ってみた所

やはり腰下からオイルが漏れ出して来ており

他にもハンドルスイッチの接触不良などの

ネガティブな部分がチョコチョコと発生し

その辺りも含めて修正をする事になりました。

何とか入院までに仕上げたいと思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(3)

2022年11月26日

手術前検査入院と映画試写会3

一泊二日の規則正しい入院生活も終わり
管理された栄養バランスが取れた食事を頂き
シュッっと体重が減ったのに、退院後直ぐに
炭水化物をとりまくって、直ぐに元に戻りましたw
久々に行った昨日の十三ナイト後に帰宅してからも炭水化物を
大量接種したので、もうお腹はパンパンに膨れ上がってますw
また昨日の十三ナイトでは、素人の僕が
色々な芸能人の方や芸能関係の方に交じり
映画の試写会を嫁と楽しんで来ました。
僕が映っているシーンは割と長尺で、演技も下手くそで
嫁と一緒に見たのですが、もう何とも言えない感じで
嫁にケツの穴を見られる位恥ずかしかったのですが
とても良い映画になっていると思います!
映画の完成、一般公開が楽しみな作品でした!


後縦靭帯骨化症手術前検査入院

11月24日と25日は臨時休業を頂き、手術前検査入院をして来ました。

一泊二日脊椎手術前検査入院221124 (1)入院当日午後からの検査で、脊椎に造影剤を入れ

CTで細かくカットした画像を撮影しました。

通常、年間で骨化する靭帯は平均約1个噺世錣

僕の場合、昨年の画像と比べると明らかに骨化が進行し

中枢神経を圧迫している事が分かりこの先の事を考えた上で

頸椎の2番から7番までの背中側にあるボコボコとなっている

椎弓と言う所を割って広げ、その広げた間に人工骨を入れ

ボルト止めをすると言うカスタムでメインフレームを補強。

心配していた首の稼働域ですが普段の生活や車、バイクの

運転などには何も問題は無いそうで、一安心です。

また脊椎に造影剤を入れてのCT撮影で分かった事ですが

一泊二日脊椎手術前検査入院221124 (2)丁度肋骨の辺りになる胸椎の前縦靭帯も

かなりの範囲で骨化が進んで居た事が分かり

前後に動くヵ所が2ヵ所しか無かったw

この部分に関しては、神経など重要な物に

大きな影響は無いのでこのまま放置となるそうです。

放置するのは、治療方法が無いからで

OPLL後縦靭帯骨化症治療方法 (1)逆に後縦靭帯に関しては、中枢神経を圧迫し

最悪は四肢麻痺や全身麻痺となる為

この資料の様な手術をして

圧迫されている神経を開放すると言う事です。

OPLL後縦靭帯骨化症治療方法 (2)糖尿病以降、真性多血症や

唾液腺導管癌を息子に見つけてもらい

今回も、息子の勧めがあった事で

手術をする事を決めました。

OPLL後縦靭帯骨化症治療方法 (3)この病気は偶然見つかる事が多く

首肩手足の痺れや、痛み、排尿、排便などが

困難になり、加齢かなと思う様な症状ですが

この病気を疑ってみる事を

選択肢の中に入れた方が良いと思います。

指定難病なので、手術をする事が決まれば手術費用はお国が負担してくれます。

きちんと税金を納めているので、こういう所で回収しないとね!

切除する骨の椎弓は通常産廃として処理されるのですが

持って帰ろうかなぁと嫁に言ってみたら

嫁「何個外すの?」ぺ「多分7個やろな」

嫁「上から番号書いてもらわなあかんなぁ」

ぺ「そうやな、死んだら棺桶に入れて欲しいわ」と言うと

嫁「えーレオとちゃPにやろうかなぁって思ったのに!」と言う…

ぺ「何でやねん!」嫁「だってレオとちゃP、美味しいから喜ぶやん」

やっぱり結婚以来未だ奴の考えが分からんわ…。


高槻O様CB400ロアケース内燃機送り準備

先日からチョコチョコと作業を進めている高槻O様CB400の

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (1)ボルト折れのロアクランクケースを

ブラストで仕上げて、内燃機屋送りの

準備を今日中にやって仕舞います。

洗浄が終わったロアケースから付属品を取り外し

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (2)ウエットブラストの準備をします。

取り外したクランクメタルをじっくり見ると

割と摩耗している事からやはり

新品に交換した方が良いと判断。

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (3)で、準備が整ったのでサクサクっと

ウエットブラストで仕上げました。

今日はかなり冷え込んでいたので

手が冷くて…もっと早くやって置けば良かった。

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (4)約2時間半のブラスト作業も終わったので

何時ものリタップ掃除をやって仕舞います。

他は特に問題無さそうなので、余計に

M8ボルトが折れて居たのが残念です。

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (5)何とか自分でも除去出来そうな感じですが

失敗すると余計に費用が掛かるので

ここは大人しく内燃機屋さんで

折れたボルトを除去してもらいます。

これで内燃機屋さん送りの部品は全て手入れが完了本日発送です。

後のエンジン部品は時間がある時にボチボチと仕上げます。


京都O様CB400キャブレター不調原因調査

急遽先日お預かりとなった京都O様CB400F2の

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (1)キャブレター不調原因調査を開始するのですが

何気にサイドスタンドが傾き過ぎているので

サイドスタンドをチェックすると

かなり受けの部分が開いているので

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (2)後で修正する事にするのですが

よく見るとスプリングの掛け方が反対なので

ちょっと鬱陶しいなぁ…と言う感じです。

取り合えず実圧縮圧力が11Mpaもあるとの事で

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (3)本当なのか?と思い、まずは

実圧縮圧力を測定する事にします。

準備をしようとシートロックを外すのですが

シリンダーが固着しており、このままだと

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (4)いずれはキーが折れるので、シリンダーに給脂。

タンクを外すとこれもまた定番中の定番

UBSボルトの位置が違いますね。

これも後で修正する事にします。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (5)反対側も勿論違うのですがM6×32が入る所に

UBSボルトが使われているのでM6×32は

何処に使われているのかなぁ?

UBSボルトが入る部分のボルトの長さは?…

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (6)ガソリンタンクを外す時に干渉する

タコメーターケーブルガイド向き…

アクセルワイヤーガイドの取付角度も

結構曲がって居るので、後でホーンを取り外して

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (7)ホーン周りの間違いを修正をする事にします。

インシュレーターとヘッドの接続部ですが

ガソリン染みがあるので、恐らくOリングは

死んでいるのだろうと思います。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (8)#1のプラグを取り外すとかなり真っ黒な上に

ちょっと湿っているので、これはガソリンが

かなり濃いか、エアーが薄いかになる。

まぁあのエアークリーナーからしてもダメですね。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (9)全部のプラグを取り外すと、同じく真っ黒。

これはやっぱりキャブを疑うべきでしょうね。

エンジンを始動する前に、この状態の冷感値で

実圧縮圧力を先に測定する事にします。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (10)オーナーからは#3が1.1Mpaあったと言う事を

他店で言われたらしいのですが…

取り合えず#1から…目一杯頑張っても

実圧縮圧力は0.85Mpaしかないです。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (11)京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (12)






京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (13)
で、#3はかなり頑張って0.7Mpaしかないです。

どう言う測り方をすれば、1.1Mpaになるのか?

まぁ僕が測定した実圧縮はノンレス程度の

実圧縮圧力なので、低いなりに妥当だと思います。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (14)次ぎに念の為、同調を合わせてあるらしいので

本当の所の原因を調べる為、何処に罠があるのか

見極める為に、全てを疑うしか無いので

合わせたと言う同調もチェックします。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (15)結果は…まぁ確かに同調は合ってますが…

規定値16〜24hgに対して5〜6hgって…!

思わず低過ぎるやろ!って突っ込んでましたw

こうなれば全部怪しく思えるので

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (16)念の為点火時期も確認をしてみましたが

流石に点火系はウオタニに交換されているので

点火時期のズレ等には問題無く、合ってました。

まぁプラグにスレッドコンパウンドも

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (17)塗って無いので、疑う所しか目に付かない為

もうこうなればキャブレターを取り外し

中身をチェックして、一つずつ罠を解除しないと

この車両はまともに走れないと思い

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (18)キャブレターを取り外しました。

明日からキャブレターを分解し

インナーパーツのチェックをする事にします。

オーナーから伺った内容通りインナーパーツ部品が

交換されて居るのなら、不調の原因をしっかりと調べないとダメです。

全てを疑う所からなので、それまでに掛けた費用が少し無駄になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年11月12日

急遽明日は名古屋出張3

本当なら定休日の明日はツーリングの予定だったのですが
残念な事に天候不良から中止となってしまい
そこへタイミング良く、修理に出していたフレームと
Z桐囘時物ヨシムラマフラーの修理が仕上がったとの
連絡が入ったので、ついでにもう一機のフレーム修理と
マフラー2本の修理品を持って、午前中に納車を済ませ
午後から名古屋へ一っ走り行って来る事になりました。
入院も控えている事から、PIT内の車両もボチボチと
別の保管場所へ移動させる予定だったので
このタイミングで部品が仕上がって来るのはGood timing!
年末は色々と不用心になるので、入院前の準備も大変です!


恐怖姪のズーマー修理

原付なので、ウエイトローラーなんてどれでもほぼ一緒なので

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (1)ご近所にある御殿山二輪サービスさんへ行き

適当なローラーとスライドピースを仮て来た。

この中から使えそうな物を使って

姪のズーマーの修理をする事にします。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (2)勿論修理担当は弟が担当します。

もうPITがバイクで溢れている状態な上に

今日継続車検整備などで夕方に一台

入庫する予定になっているので

221112のCPPIT状況 (1)例え原付と言えども、さっさと放り出したい所。

今日は天気が良いので、車両をこうやって

外に出し、作業が出来るのですが

閉店後の保管場所が厳しいので

221112のCPPIT状況 (2)PITの保管キャパを超える場合は

入庫台数を調整しないといけない状態です。

まぁ正直CPのバイクが3台あるのが

そもそもPITを圧迫している原因ですけどねw

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (3)で、やっとお昼前に弟がやって来た!

サッサと修理して姪にバイクを取り来て貰い

何時もの様に小うるさい愚痴を

聞かされる前にサッサと帰って欲しいので

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (4)とっとと復旧作業に掛かれ!と言って

使う部品をチョイスし、念の為この前取り外した

壊れたエンジンも持って来てもらったので

プーリー部分を分解してみた所

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (5)取り付いていなかったスライドガイドピースの

大きさが全然違っていたので

部品取り車両から移植する事になった。

これで駆動系の問題は解消されるだろうと思い

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (6)カバーを取り付ける前にエンジンを掛けて

チェックをすると…遠心クラッチから音が…

そう言えばよく見ると遠心クラッチの

アウターが焼けて黒くなっているじゃないか!

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (7)このまま渡すとまた吠えられるので

遠心クラッチも部品取り車から取外し

移植する事になった…本当に以前廃車にした

姪の部品取り車を捨てずに置いてあって良かった。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (8)で、部品取り車から取り外した

遠心クラッチの状態は、まだ良い状態で

使える物で本当に良かったわ!

で、またプーリーを取り外し遠心クラッチを交換。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (9)焼けたアウターも一緒に交換して

これでズーマーの修理も終わったと一安心。

さっさと姪に電話して取りに来させようと

カバー類を取り付けて仕上げました。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (10)ついでにメッキカバーの汚れも以前に

ブツブツ言われていたのでメタコンで

汚れを綺麗に落として、エンジンを掛けて

駆動系の問題が解決したと思ったのですが…

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (11)どうも吹け上りが悪く、かなり不安定…

これ、CDIが死に掛けてるかも…と言う事になり

弟に家に帰ってCDIを部品取り車から

剥ぎ取って来て貰う事になった。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (12)もう…ホンマに姪と同じでややこしい奴やで!

と言う事でCDIが悪いのかをチェック!

念の為接点復活剤を接続部分に塗りました。

で、吹け上りが悪い原因はCDIのパンク…では無く

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (13)単純にエアクリーナーフィルターの

フン詰まりが原因だったw…なんやねんそれ!

もうついでにギアボックスオイルも交換して置け

と言う事で、弟は面倒臭!とぼやきながら

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (14)これでまた何かあれば、こっちが面倒臭いねん!

と言う事でギアボックスのオイルを抜くと

腐って乳化しており、オイルも漏れていたので

出て来た量はほんの少しだったw

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (15)で、フラッシング代わりに新しいオイルを入れ

エンジンを掛けてオイルを回してを繰り返し

ギアボックスのオイル交換が完了しました。

これで取り合ず次のトラブルになる要因も

一つ消したので、姪からの電話やメッセージに悩ませる事も無くなりそう

と言う事でこれで無事に姪のズーマー不調とメンテナンスが完了した…。


修理部品達

明日修理依頼に出していたフレームとマフラーを引取りに行くので

マフラーフレーム修理送り (1)入れ替えでフレームとマフラー2本を持って

名古屋まで一っ走り行く事になり

持って行く部品達を車に積み込む準備。

この中で一番手間が掛かるのはマフラーですが

マフラーフレーム修理送り (2)中でもこの当時物ヨシムラ機械曲げマフラーは

腐食が激しく、この凹んだ部分の鉄板の厚みは

かなり薄いので、相当苦労する所ですし

マフラーエンドパイプがカットされているので

マフラーフレーム修理送り (3)CP製機械曲げマフラーの部品を使って

エンドパイプは修理する事になります。

何時も無理を言って修理をお願いしている

名古屋の業者さんの様に腕が良い所が他に無く

マフラーフレーム修理送り (5)職人さんもそろそろ勇退をお考えになって居られ

今色々とお願いしている修理がこの先

出来なくなるのが一番の困り事です…。

後を継承する方が居ないのはCPも同じ事なので

とても他人事とは言えず、正直病気とかにもなっている場合じゃないんですよね…

でも、仮に人生80年身体が動く内に不動になっていたり

不調や故障で困っているCB400Four達を何時までも

公道で走る姿を見て居たいと思ってますし

正直な所、CPを任せられ経営力がある技術者が現れないかと思ってます。


本日のご来店22/11/12

明日は天気が悪いので、今日は店の前を通るバイカーも多いですね。

221112本日のご来店高槻S様CB400F国内408ccそんな午後にご来店は高槻S様国内408cc。

後学の為に、今回の手直し車両についての

不具合内容をお聞きにご来店頂きました。

そのついでと言う分けでは無いのですが

自車の気になる所をご相談頂き

チョコチョコっと手直しをさせて頂きました。

とても研究熱心な方なので、何時も明日は我が身と思われており

僕のブログを読んで頂き、トラブルシューティングをして居られます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年11月11日

オミクロン対応二価ワクチン接種3

昨日、嫁の指令で三回目のワクチン接種に行って来ました。
今回のワクチンは最新のオミクロン株対応二価ワクチンなのですが
アメリカ大使館の友人から、幾つかのワクチンロットに
製品不良
があるから注意しろと連絡がありました。
今朝ロット番号を照らし合わせてチェックをしましたが
製品不良とされるロット番号には該当しない物だったので一安心。
でも昨日の夜から段々と肩に痛みが出だしており
今朝はもう腕が上がらない位の痛みになってます…。
痛みはどちらかと言うと、何か先が鈍く尖った物で
肩パンを食らった感じの痛みに似ています。
僕の場合それ以外の熱や体調不良は特に無いので
痛みだけを我慢すれば、今日は仕事が出来そうです。


奈良S様修理手直し三日目

昨日接種したワクチン接種後の副反応が心配だったのですが

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (1)肩が痛い位で、仕事は出来るので一安心。

で、今日はクラッチカバーを開けて

シフト関係に不具合が無いかの確認をします。

エンジンオイルは抜かずに作業をするので

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (2)車体は少し傾けての作業となります。

相変わらず過剰トルクなので、+ねべネジも

ショックドライバーを使わないと緩まない…。

肩痛いのに…、何とかクラッチカバーを取り外し

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (3)クラッチ御開帳!、隙間から覗くと

ポジティブストッパーが隙間から見えなかったで

やっぱり折れてるなぁと思いリフターを緩めるも

ここもか!触るとこ全部過剰トルク!

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (4)しかもR側パッキンには液ガスを塗られ再利用?

ロックナットは定番の裏表逆じゃないんだw

クラッチスプリングは純正なのに、何で

クラッチレバーがあんなに重いんだ?と思いつつ

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (5)クラッチを取り外すと、そこには…

えー!こんなの初めてぇぇぇ…!

まさかのポジティブストッパー不在には

流石にビックリしましたw

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (6)これじゃぁまともにシフトチェンジが

出来る筈はないよねぇ…通りで僕が試運転をした時

シフトミスするはずだわ…と思い、僕の試乗診断は

間違って居なかった事に取り合えず一安心w

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (7)ニュートラルストッパーも摩耗しているし

シフトドラムセンターも摩耗している様子なので

シフトチェンジに不自由がある事から

せっかくなので、ここもリフレッシュする事にし

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (8)ニュートラルストッパーは摩耗が少ない中古良品。

シフトドラムセンターはCP製強化タイプの

シフトドラムセンターに交換して仕舞います。

ベアリング式ニュートラルストッパーの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (9)テストが終われば今後は、摩耗している場合

ベリング式ニュートラルストッパーを導入します。

シフトドラムセンターも交換して組み換え。

ドラムストッパープレートやドラムストッパーの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (10)摩耗は意外と無いので、この二点の部品が揃えば

ニュートラルに入り難いなどの思いは不要になる。

で、不在だったポジティブストッパーは

丁度良い中古良品があったので、それを取り付け。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (11)これでシフトチェンジの問題は解決するはず!

クラッチリリースポイントを調整し

恐らくホコリ等で重くなったクラッチワイヤーは

フッ素オイルを流し込みかなり軽くなりました。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (12)これで、シフト関係の不具合問題も解決です。

次にチェーンカバーに干渉しているリアサスを

純正タイプのリアサスに交換するのですが

あくまでも僕の個人的な偏見ですが

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (13)作業性が悪くて余り好きでは無いタンデムバーが

取り付いているので、リアサスを

取り外す場合全部分解しないと…

まぁ面倒なだけなんですけどねw

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (14)でも物によってはシートも破れるし

中にはタンデムバーがあるとシートが

付かない物もあるらしいですね。

で、もうスカスカにダンパーが抜けている

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (15)モンローのリアサスを取り外し

チェーンケースとリアサスの干渉する部分に

穴が開いているのですが、ここにゴムプラグが

ちゃんと入って居る車両は少ないですね。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (16)これで純正タイプのリプロ品リアサスを

取り付ける準備も整いました。

リアサスが動く部分なのにアッパーマウント側は

塗装されておりグリスも塗られて居ないので

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (17)一応この部分は高圧力部分になるので

モリブデングリスを塗ります。

これで、リアサスの動きも良くなり

ダンパーが抜けていたサスから

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (18)狂い咲きじゃない限りそれなりに使える

リプロ品純正タイプリアサスに交換。

今まで押さえつけられていたチェーンカバーも

ドリブンスプロケットカバーとの干渉も無くなり

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (19)これで十分な隙間が確保出来ました。

ドライブチェーンはノンシールタイプで

かなり伸びているので、そろそろ限界ですが

取り合えず、最後の調整をしておきますが

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (20)これ以上伸びれば、交換をご検討下さい。

チェーンカバーと干渉し地肌がむき出しの

ドリブンスプロケットカバーですが

このままだと錆びるのを待つだけなので

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (21)応急的に錆止め代わりに刷毛塗りですが

塗装をして、錆止め処置をしておきます。

これでやっと今回気になった部分や

危険なヵ所、シフト関係の不具合などの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (22)作業が全て完了しました。

取り回しが重たいので、空気圧をチェックすると…

これもまた命懸けのライディングだったねぇ…。

定期的に空気圧はチェックして下さい。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (23)ここまで来れば全てが疑わしく思えるので

念の為、ウオタニの点火時期をチェック!

線一本の微妙な所ですが、まぁ大丈夫でしょう。

取り合えずこれで問題無く走れると思います。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (24)ウオタニのコントロールユニットも

念の設定を確認して見ると…

出荷時のままなので、まぁレブは

このままでも良いとしても、せっかくの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (25)ウオタニなので点火時期は少し調整をしました。

これで試運転をして確認をしましたが

持って来た時とは全然違う車両になり

シフトチェンジも滅茶苦茶スムーズになりました。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (26)抜けたリアサスを交換したので、今度は

フロントフォークの動きがスカスカなので

次回の課題にでもかなぁ…

まぁ本当は見れば見る程気になる所は

幾らでもあるのですが、直接走行性能に問題があるヵ所では無いので

それもオーナーが今後気になれば、手直しすれば良いでしょう。


またもや恐怖の姪からの呼び出し…

姪が先日から「バイクの後ろから音がする!」と

悪魔の姪ズーマー駆動系故障また引取り…半ギレのメッセージが入って居たのですが

どうやらついに走らなくなったらしく

バイクを引取りに来いとのご命令…

仕方無く昨晩引取りに行って来ました…

悪魔の姪不動ズーマー修理221111 (1)エンジンは掛かるけど、走行しないので

恐らく駆動系からと思われる音もするので

多分プーリーだろうなぁ…はぁーめんどくさ!

と言う事で、不動原因を特定する為に

悪魔の姪不動ズーマー修理221111 (2)L側サイドカバーを取り外し、まぁ原因は

プーリーだろうと狙いを定めて開けて見ると…

あのハゲ!この前姪がエンジンを壊した時

エンジン丸毎交換して、ベルトは交換したのだが

悪魔の姪不動ズーマー修理221111 (3)まさか、プーリーがここまで摩耗しているとは…

あいつら親子でワシに手間を掛けさせやがる!

もう原因はこれしか無いので、弟に連絡し

新しいプーリーローラーを買って持って来い!と

Lineを入れたので、新品を買って来るのか

それともこの前分解したエンジンを持って来るのか知らんけど

もういい加減にあのややこしい姪のお相手は勘弁して欲しいw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年11月10日

ハヤシキャスト納期延期のお知らせ

【ハヤシキャスト納期延期のお知らせ】
製造販売元のカーショップオモテさんから連絡があり
鋳造所設備不具合により11月納期予定の
CB400Four用ハヤシキャストの納期が来年2023年2月頃に
延期になりましたので、ご連絡を致します。
楽しみにお待ち頂いて居られる方々へはもう暫くお待ち下さい。

年末の手術に向けて、昨日の定休日に
息子が勤務する病院へ診察へ行って来ました。
方針としては、今後の人生においてこのOPLLと言う
指定難病を抱えたまま、仮に人生80歳まで生きるリスクを
考えると、手術出来る体力がある内に
手術をした方が良いのではないかと言うアドバイスを頂き
取り合えず今月中に一泊二日の検査入院をする事になりました。
また僕の首には2年前のSDC摘出手術痕や
同じく首の右後ろに突き刺さったガラスを摘出した手術痕もある為
何処からアタックするかなども含めて、主治医と話をする事になりました。
また本日は第三回目のコロナワクチン接種の為
早仕舞いをさせて頂きます。
年内は色々とイベント事が多く、ご迷惑をお掛け致しますが
ご理解の程宜しくお願い致します。


CP1.5号機用スピードメーター修理完了

リビルドしたスピードメーターがまさかの

CP1,5号機用スピードメーターノブ修理 (1)トリップメーターノブが脱落すると言う

ハプニングから修理に出しており

今週末予定しているツーリングに間に合うか!

と言う感じでクレーム処理をして頂き

CP1,5号機用スピードメーターノブ修理 (2)修理が完了し無事に戻って来て間に合いました。

で、まぁこれはお決まりの事なので

これ以上は何も言う事はありませんが…

僕なりに振動対策をしているつもりなのですが…

CP1,5号機用スピードメーターノブ修理 (3)他のメーターを付けると、大丈夫なのにねw

と言う事で早速取付をする事に!

これで今度のツーリングに行く準備が整いました!

が!しかし…どうやらまた定休日は雨らしい…

これじゃぁまた月曜日の早朝拉致男が喜び、僕を拉致りに来るじゃないか!


本日のご来店神戸H様CB400オイル交換

先日は398タンク塗装のご依頼を頂き、現在塗装屋さんへ送ってます。

神戸H様CB400オイル交換221110 (1)で、本日は愛機のオイル交換にご来店。

オイルクーラーを付けるかどうかなどのお話や

エンジンの正しい管理方法についても

レクチャーさせて頂きましたが

神戸H様CB400オイル交換221110 (2)とどのつまり、このCB400Fourと言う車両は

乗る事が最大のメンテナンスと言う事で

アイドリングで動態確認をする事が

一番の負担になると言う事になりますので

相棒と長い付き合いをする上で必要なのは

奥様と同等の愛情しかないと思います。

じゃ無いと、30分位厳しく折檻されてしまう位

CB400Fourもへそを曲げて仕舞うかもねw


奈良S様CB400F修理手直し二日目

触れば触る程、余りよろしく無い部分が露呈するんですが…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (1)取り合えず先日の続きから作業を再開。

まずはこの定番になるクラッチケーブルガイド

この取付位置を正規に戻して取り付けます。

で、ウオタニのコイルを取り付けて

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (2)この左右逆取り付けになっている

ウオタニコイルを正規の取付位置に戻します。

右側は#1.4側なのですが、#2.3になってます。

まぁ配線も左右逆にしてあるので

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (4)エンジンはちゃんと掛かるのですが…

点火時期をチェックし難いだろうに…

シリコンコードも適当に切断されており

オイルクーラー側にデロンと垂れており

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (3)僕的にはちょっと見苦しく思ったので整線し

寸法を合わせて切断して取り付けました。

でこの#3コードの取り回しですが

よくあるのがタコメーターケーブル下を

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (5)通してあるのですが、正規のルートは

タコーターワイヤーの上を通るのが正規です。

次にこのクラッチレリーズですが

アジャストボルトの調整が悪く遊びが無い。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (6)ここは全締めから5/8〜1/4戻し程度で

調整しないと、エンジンが温まると

アジャストボルトが熱で伸びて

リフターを押し半クラ状態となり

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (7)クラッチ滑りなどの原因になります。

次もCB400Fourあるあるの誤組み

フロントアクスルシャフトホルダーの

取り付ける向きですが、前後で厚みが違います。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (8)進行方向に向かって厚みのある方がフロント側。

締め付けもフロント側を先にトルクを掛け

最後にリア側を締め付けるのが正解になります。

均等に締め付けると、厚み違いの意味が無い。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (9)で、次はオイルクーラーホースの取り回しと

バンジョウボルト交換、ホース長の調整

手直しに取り掛かります。

丁度良い角度のバンジョウボルトが

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (10)かなり前からメーカー欠品中になっており

手に入らない為、CPにある在庫品の

90度タイプを使って何とかしたいと思います。

丁度バンジョウボルトの色も黒なので

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (11)良い感じになると思いますからね。

取り付け位置、角度を確認し

この長いホースを切断するのですが

ノーマルマフラーなので、取り回しがかなり厳しく

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (12)元々エキパイにホースも当たっており

いずれにしても余りよろしく無い状態。

それをスマートな取り回しにする事にして

サクサクっと修正が完了しました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (13)これで最初に入庫して来た配線やホースが

飛び出て野暮ったい感じから、スッキリとした

感じに仕上がりました、不在っだったタンクの

フロントクッションも取り付けました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (14)硬化し千切れ掛けのリアクッションゴムも

新品に交換したので、これで安心して

タンクの脱着が出来る様になりました。

こう言うゴム部品はまだ純正が出る内に

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (15)交換して置くべき部品だと思います。

ホースやシリコンコードの邪魔になっていた

ホーンも周りがスッキリしたので

正規の位置に取り付ける事が出来ました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (16)本当は今日中にクラッチカバーを取り外し

中の状態をチェックする予定だったのですが

ワクチン接種の時間が迫って来たので

今日の作業はここまでで終了です。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (17)片付けに取り掛かろうとした時に気になった

ブレーキホースとオイルクーラーの干渉。

ハンドルを切ったり、フロントフォークが

伸び縮する度に擦れ、ブレーキホースに

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (18)ダメージが入る恐れがあるので、これは危険。

コールゲートチューブは普段使わないので

スパイラルチューブでブレーキホースを養生。

応急ですが、これでブレーキホースに

ダメージが入る事が軽減出来ると思います。

明日にはリアサスも入荷して来るので

クラッチとリアサスを交換して仕上げます。


新たなフォアオーナーご来店

本日のご来店は、とある業界で有名な方がご来店頂きました。

本日のご来店寝屋川K様CB400221110で、今日がフォア購入後初乗りとの事で

朝からウロウロと走り回ってから

CPへ足をお運び下さり、今後のメンテナンスや

カスタムなど、色々とご相談を頂きました。

今後とも宜しくお願い致します。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2022年11月08日

木曜日は早仕舞い3

明日の定休日は12月の頸椎手術に向けて
息子が勤務する病院の脊椎専門Drの診察を受け
諸々の事を決めて来る予定になってます。
明後日11月10日(木曜日)は嫁の指令で
新型コロナオミクロン対応ワクチンを接種しに行くので
早仕舞いとさせて頂きます。


奈良S様CB400F諸々の手直し修理

色々とご相談を頂き、部品もある程度入荷して来たので

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (1)先日入庫して来た奈良S様CB400Fの

手直し及び作業に今日から取り掛かります。

まずは簡単な所から手直し作業。

入庫の際にパッと見で間違っている所や

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (2)問題があるヵ所の手直しをして行きます。

まずは簡単な所から手直し作業。

トルクロッドのダンパーゴムを新品に交換し

正規の位置に入れて交換取り付けが完了。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (4)次にクラッチスイッチの故障ですが…

ヘッドライトケースを開けて見るとw

そもそも配線が接続されていなかっただけで

配線を接続したら、クラッチスイッチは復旧。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (5)ヘッドライトを外したついでに他もチェック!

メーターバックライト茶に白のラインに

ポジション球の配線が接続されていた

これはこの茶色のパーキングラインに接続。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (8)スピードメーターワイヤーの取り回しルート

わざわざ狭い所を通しており、ワイヤーに

負荷しか掛からないので、折れ曲がらない

負荷が掛からない正規のルートに戻しました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (9)次にタコメーターワイヤーの取り回しですが

ハンドルを左に切ると、ホースバンドに引っ掛かり

ハンドル操作に支障が出るし、ワイヤーにも

負荷が掛り、その内断裂するでしょう。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (10)メータークッションも交換するので

タコメーターワイヤーを取り外すと

既にワイヤーにダメージが入っていました。

まぁタコメーターワイヤーなので取り合えず…。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (11)タコメーターワイヤーの取り回しは

危険なので一応正規のルートに修正。

これでハンドル操作に支障は出なくなります。

まぁこのオイルクーラーホースのバンジョウも

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (12)ダメなので後で交換をするのですが

取り合えずメーター周りの手直しを

先に進めるのですが…まぁ予想通りカラーが不在。

袋ナットもカラーが不在なので突き破ってます。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (13)当然メータークッションラバーはこの様に

朽ち果てているので、このまま走れば

メーターが壊れるのは時間の問題。

この車両は逆車なのですが、スピードメーターは

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (14)貴重な国内物が取り付けられていました。

取り合えずこれでタコメーター側は完了。

スピードメーター側も同じ状態だったので

不在だったカラーとクッションラバーを入れて

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (16)メーター周りの手直しが完了しました。

と言う事で、次はシリンダースタッドからの

オイル漏れの修理に取り掛かるのですが

タンクを外すとフロントクッションが片方不在。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (17)ウオタニが取り付けられているのですが

コイルの配線が左右逆になっており

何かとややこしいので後で修正します。

クラッチケーブルガイドの取付も定番間違い。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (20)ヘブリーザーカバー取付ボルトが一本

M6×32が入る所にM6×28が入っていた…

何処のボルトと間違ったのかなぁ…

短いとねじ山上りの原因になります。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (21)で、ヘッドカバーも定番のボルト入れ間違い

UBSボルトが入る所にM6×40が使われており

M6×40が入る所にUBSボルトが入っており

ねじ山にダメージがある様な手応えだった…。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (22)L側も同じくM6×40の所にUBSボルトが

入っており、UBSボルトの方が短いので

同じく、ねじ山にダメージ…M6×35が一本不明。

ホーンの取付も気になるので手直しです。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (24)ヘッドカバーを開けるとカムチェーンは問題無く

一見大きな問題無さそうに見えたので

まぁカムが減っている程度かなぁと…

思いながらスタッドボルトのオイル滲み対策を

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (25)サクサクっとやっつけて仕舞おうとよく見たら

カムチェーンホール横のスタッドボルトが

袋ナットでは無く普通ナットが使われているので

こりゃぁオイルが漏れて当然だわなぁ…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (26)カムチェーンガイドもよく見ると被覆が剥離し

心金がむき出しになっているので

ヘッドカバー側にもダメージが入ってます。

これをこのまま放置すれば、ヘッドカバーは勿論

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (27)シリンダーヘッドも使い物にならなくなります。

何だか見れば見る程、ドンドン深みにハマって

ヤバい雰囲気しかしないので、触るのが怖いw

取り合えずカムチェーンガイドを新品に交換。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (28)で、何か他の違和感しか無い、袋ナットが

入っていない所のナットを外すと…

何で?こんな長いカラーが入ってるの?

どういう事???…「ほれみてみぃ…ドツボやん」

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (29)と言う心の叫びを押さえながら作業を続行…

すると更にその下にもワッシャーが一枚…

どうやらその下にシールワッシャーが

入っている様なので、一旦全て除去する事に…。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (30)どうやらこの純正シールワッシャーが

一番下らしいのですが、何でここのスタッドが

こんなに長いのか?これはきっと

これ以上先に進むと大きな罠があるに違いない…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (31)そう思い、念の為他のヘッドナットも

取り外してチェックして見るとw

ほれ見ぃ!2枚も入っとるやないか!

えー…!何か嫌…もう先が見えてるやん…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (32)カムチェーンホールの後ろ側には

純正では無い物が使われており

一応シーリングワッシャーぽいのですが

ゴムは硬化しているのでダメですねぇ…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (33)プラグはトルク不足だし、そこら中に罠が…。

と言う事で問題のスタッドボルト部分ですが

仮にボルトが長い原因を調べるとすれば

腰上O/Hは必須になる分けで、僕が思うに

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (34)この部分のスタッドは、他の車種からの

流用部品を使っているのかも知れないし

CB400Four用のスタッドは手に入らないので

オイル漏れが無い事を祈りつつ

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (35)新品のシールワッシャーに交換して復旧しました。

この社外のホーンの取付方法も…取り合えず

この後の作業の事もあり、一旦邪魔なので

取り外して、オイルクーラーホースの

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (36)取り回しを考える事にして、エンジンは一旦復旧。

ヘッドカバーのボルトは過剰トルクだったですが

ねじ山が上がる事も無く無事に取付が完了。

後はウオタニコイルを正規に修正して

オイルクーラー、クラッチ、足回りなどを修正すれば

取り合えずは完了になる予定ですが、まだまだ何かが潜んで居そうな気が…


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年11月06日

TOP GUN MAVERICK3

amazonnpuraimuのビデオも興味がある物は
殆ど見て仕舞ったので、最近ではYouTubeを見ており
見るコンテンツの殆どは、釣りや日本刀、CB400Fourに関する物
自宅のTVでもYouTubeを見れるので、TV番組に
興味が無い時は大体見ているのですが
嫁曰く、CB400Fourの動画になるとYouTubeを見ながら
画面に突っ込んでいるらしいw
あまり意識して無いのですが、恐らくDIY的な物や
「素人が何々する!」系でCB400Fourを弄る動画では
かなり酷いらしく、確かに手際が悪い作業を見ていると
イライラして居たり、DIYで余り見た目が良くない感じで
市販品が売って居るにも関わらず作る人って
再生回数が結構多い傾向だなぁと思った。
DIYでコストを抑えているんだろうけど、時間給的に考えると
「この方の時間給って安いんだなぁ…」って思ってるし
何よりも不細工で残念な仕上がりになっている…。
僕が思うにこう言う動画の再生回数が多いのは
何処かで笑われて居るのかも知れないとか
皆手際が悪い動画を見て、歯痒い気持ちを見て再生回数が上がっているのか?
と思ってしまうし、何よりもそれを見て真似をする方が
居るのかも?と思うと、結構怖い動画だと思った。
で、嫁が言うには「YouTube見ながらブツクサ言うなら
あんたがYouTubeすればええねん!」と簡単に言うのですが
そんな我が身を切り崩してまで、YouTubeをする時間も無いし
叩かれると壊れて仕舞うガラスのハートなので
きっとアンチが喜ぶだけなので、絶対にそんな事はしない!
勉強になる動画は無料な分け無いだろう…。


今日は開店休業日w

TOP GUNのDVD、ブルーレイディスクが届いたし

トップガン マーベリックDVDマグカップ付き (1)新しい釣り竿もセットしないといけないので

今日は仕事をサボってビデオ鑑賞と

釣りのイメージトレーニングがメインなので

仕事をする気は全くありません…w

トップガン マーベリックDVDマグカップ付き (2)早速PCのブルーレイディスクドライブに

CDをセットするも、設定画面から先に進まない…

どうやらアップデートをしないと再生出来ない…

でも何をどう設定してもソフトが動かない!

トップガン マーベリックDVDマグカップ付き (3)何でやねん!ここまで来て!と苛立ちながら

色々と試していると、やっと見れる!

販促品のマグカップ付きTOP GUN!

今から大音量で鑑賞します!

TOP GUNも見終わり、いやー冒頭に出て来るバイクには鳥肌が立ちましたね!

映画の為にブラックアウトされたH2も良いけど、やっぱりね!

最後に出て来るロールスロイスのエンジンを搭載したP-51Dマスタングは

トムクルーズ所有の物だと言うのは周知の事。

まだご覧になって無い方は、映画かDVDで見た方が良いと思います。

そんな感じで、TOP GUN主題歌タイムゾーンを鼻歌で歌いながら

筏用釣り竿手入れと次の準備新しく購入した竿を、嫁に見つかる前に

リールを取り付けて仕掛けを作って

ロッドケースに片付けました!

長年使っていた、和竿は現役引退の為

筏用釣り竿手入れと次の準備 (2)片付けて、僕の思い出宝物庫に片付けます。

で、弟を呼び出し、次の釣行準備をさせてます。

オリジナルブレンドのヌカ団子を何時もより

多めに作って、入院する前にもう一度…いや

後2回は行きたいなぁと思っていたのですが

弟の都合が合わず入院前になりそうです…。


枚方GTK号21号機オイル交換

急に仕事の都合で時間が出来たとの事でご来店。

枚方GTK号21号機CB400Fオイル交換221106 (1)アポ無し、PITの都合はダメ元での

突撃オイル交換作業のご依頼w

まぁ基本的に週末は何時もですが

何があるか分からないので

枚方GTK号21号機CB400Fオイル交換221106 (2)大きな作業はなるべく控えているので

ブログをご覧になられてない方も

突然ご来店される事もある事から

余程の事が無い限り、PIT作業が出来る様に

対応しており問題は無いので、サクサクっとオイル交換。

レデューサーもちゃんと効いており

乳化もしておらずオイルの質も悪くは無いので

交換サイクルも多少は延命出来ると思います。


モリワキ、ヨシムラマフラー達

モリワキJMCAマフラーのカスタムから塗装の手直しをして

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (1)自然乾燥で塗装を乾かしており

幸いな事にここ数日は気温も高かったので

塗装は乾いていると思うので

やっとオーナーに送り返す事が出来ます。

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (2)本当は、私的にはオリジナル塗装を残して

サイレンサーだけを交換する予定で

作業を進めていたのですが、もう後戻りも出来ず

最終的に破壊するしか手段も無く

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (3)残念な事に塗装も焼けてしまったので

補修塗装をする事になり、申し訳ないと

思って居る所です…。

取り付け後、暫くは塗装が焼けるので

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (4)煙が出ると思いますので、エンジンを掛ける際

換気の良い所で、エンジンを掛けて

マフラーを焼いて頂ければと思います。

JMCAマフラーサイレンサー交換をやると言う

発想が無かったので、今回はとても良い勉強になりました。

ありがとう御座います。

埼玉T様ヨシムラ機械曲げマフラー修理依頼で、次のマフラー修理依頼は当時物

ヨシムラ機械曲げマフラーの修理依頼。

腹下はボコボコで、カットされているので

CP製機械曲げマフラー用パーツを流用し

腹下は板金で修正するのですが、この錆の具合から想像すると

ただでさえ薄い鉄板は、それ相応に錆に侵されているのは

過去の経験からも分かる事で、修理には結構な時間と手間暇が掛ります。

かなり気長にお待ち頂けますようお願い致します。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年11月01日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日10月2日(水曜日)は定休日になりますが
明後日10月3日(木曜日)は私用の為臨時休業とさせて頂きます。
また明々後日10月4日(金曜日)は朝から病院の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


22/10/31の血液検査結果

昨日は臨時休業を頂き、真性多血症経過観察と

221031の血液検査結果 (1)恒例の血液検査を行ってきました。

検査結果は相変わらずだったのですが

気になったのは前回に引き続き

リンパ球の数値が低い事。

221031の血液検査結果 (2)これは一般的に、栄養不足(これは無いなぁ)

HIVや癌の再発が主な原因になるのですが

HIVはまずありえないので、やはり…

白血球の数値やCRPの数値が少し高いのですが

これは恐らく、風邪のせいだと思います。

他はまぁ手術にも影響はない程度なので、少し食べ過ぎもあり

恐らく寒くなって来たので、冬眠する為に身体が

栄養を貯め込んでいる為だと思います。


モリワキJMCAマフラー塗装手直し

塗装が終わり、耐熱ステッカーを貼り戻す時に

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (1)タイラップで固定したのですが…

それが裏目に出た様で、どうやら塗装が

完全に硬化しておらず、がっつりと

タイラップの跡が残ってしまった…。

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (2)因みにJMCAプレートのリベット止めは

出来るのですが、これをやると前回も言った様に

犯罪行為になる為、プレートを紛失しない様に

マフラーに養生テープで貼って送り返します。

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (3)今日は残念な事に天気が悪く塗装をするには

不向きな日になるので、取り合えずこの

硬化不足で付いたタイラップの跡を

削り落として、手直しをする準備をします。

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (4)半艶耐熱結スプレーを構厚塗りをしているので

タイラップの跡が付いた下地を慣らすのも

これがまた結構大変だった…。

塗装をする時は何時も銀ちゃん頼みだったからなぁ。

今銀ちゃんも仕事が忙しい、正直体調も余り良くない…

自由人君も自由に生きる為に、今自由をを放棄して仕事に励んでいるので

呼び出すのも申し訳ないので、銀ちゃんに教わった塗装の技術を駆使し

塗装したんだけど、仕上げでミスったわぁ…。


高槻O様CB400エンジン修理

エンジン腰下分解結果報告と、ボルト折れの件などをオーナーに報告し

高槻O様CB400クランクケースボルト折れ (1)腰下未開封状態だった事も含めて

ボルト折れヵ所の修理についても説明し

エンジンフルO/Hになる事について

ご理解とご了承を頂きました。

高槻O様CB400クランクケースボルト折れ (2)またカウンターシャフト部にあるM6×90の

ボルトも曲がって居た事から

ギアー抜けによる何らかのダメージが

ボルトに影響があったのかも知れません。

今回腰下を割って交換するはずだったカウンターシャフト1stギアーの

ガタ付き度合いを動画で撮影してみました。



ここまで激しい摩耗は過去最悪で、軽圧入のブッシュ本体もすっぽ抜け…。

高槻O様CB400カウンターギアー1stギアーブッシュ摩耗 (1)本当ならミッション、シフトドラム

シフトフォーク一式の交換を考えてましたが

結果的にエンジンフルO/Hとなった事もあり

今悩んでいるのは、不具合原因の1stギアーと

高槻O様CB400カウンターギアー1stギアーブッシュ摩耗 (2)ドグが摩耗して仕舞っている5thギアーだけを

交換して、費用を抑えるべきかそれとも

元々予定していた一式交換してしまうか…

他の部品をチェックしてからどうするべきなのか

余計なクランクケースのボルト折れさえ無ければ

仕上げ作業に取り掛かれるはずだっただけに…

作業の方向性を考える事にします。


CP1.5号機最終形体へ

再メッキに出していたリアフェンダーが

CP1,5号機完全形体仕上がり (1)仕上がって来たので早速仮に取り付けていた

FRP製リアフェンダーから

純正メッキリアフェンダーに仕様変更します。

これでCP1.5号機は当初の予定通りの形になる。

CP1,5号機完全形体仕上がり (2)サクサクっとFRPフェンダーを取り外し

配線を移植して、リアフェンダーの取付と

純正テールライトの取付が完了しました。

パット見は普通にキャストホイールが付き

CP1,5号機完全形体仕上がり (3)キャブがヨシムラミクニTMR MJNになって

カッコ付けのビキニカウルが付いている

程度のカスタムにしか見えないのですが

その心臓部になるエンジンは…ムフフ

とまぁこう言う仮性包茎車両が出来上がりました。

皮剝けるとスッゴイんだぜ!俺の!ワハハ。

カウルは高速仕様で威力を発揮するし、やっぱり有るのと無いのとでは

疲れ方が違いますからねぇ!

後は上が伸びないので、キャブのセッティングを見直す予定です。

でもまだ300キロしか走って居ないので、慣らし中なんだけどなぁ…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年10月30日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日10月31日(月曜日)は真正多血症経過観察と
血液検査の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

昨日は夫婦揃って風邪気味で体調不良の為
早仕舞いとなり、早々に帰宅しました。
朝の水道管破裂現場はまだ緊急工事中でしたが
上から目線の役に立たないK察官は引き上げて
民間の警備会社が交通整理をしており
やはり民間の警備会社は手慣れた物で
特に現場での混乱も無くスムーズにう回路へ誘導してましたが
そのう回路は大渋滞だった事は言うまでもなく
仕方が無いと諦めも付く。
で、体調不良は念の為高原検査を行った所
結果はコロナ陰性、普通の風邪だったので、一安心でした。


408用手裏剣カバー付きホーン廃盤在庫限り

ホンダ純正ホーンが廃盤になったので

CB400F408cc用手裏剣カバー付きホーン在庫限り (1)408用手裏剣カバー付きホーンセットは

在庫限りで販売は終了となります。

手裏剣カバーのみは需要があれば

引き続き製作は可能ですが

CB400F408cc用手裏剣カバー付きホーン在庫限り (2)市場の動きを見る限りでは

そこまで拘る方も少ないのか?

余り必要ではないのかなぁ…と言う感じです。

リプロ商品でも廃盤になる事はあります。

毎度の事ですが無くなってからの問い合わせがちょくちょくとあります。

今の所残り6セットですが、後5セットは作れると思いますが

CPでもレストア車に使用するので、ご入用の方はお早めに!


高槻O様ミッション系修理作業開始

かなり前からの不具合で、昨日やっと入庫して来た高槻O様CB400の

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (1)ミッション系不具合修理に今日から

本格的に取り掛かります。

カルテを見たら、保全的にクラッチ類の

部品交換は済ませているので

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (2)やはり不具合の根本はエンジン内に何らかの

不具合が発生しているのだろうと思います。

オイルパン内に異物が無かったので

取り合えずは一安心と言った所です。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (3)L側をサクサクっと取外しました。

オイルポンプはCP製流量50%増量型

ハイパワーフル強化オイルポンプが

取り付けられていました。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (5)そう言えばメインシャフトのオイルシールから

オイル滲みがあったので、応急処置をした事を

これを見て思い出したので、今回のトラブルで

まぁ腰下分解も丁度良かったのかも知れない。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (6)オイルポンプも取り外し、これでL側の

分解作業は完了となります。

このままR側を分解してしまい

エンジンを今日中に下して仕舞います。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (7)で、サクサクっとR側も分解が完了。

エンジンマウントボルトも全て取り外しました。

エアークリーナーボックスのゴムが朽ちており

組み立ての際に新品に交換します。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (9)純正キャブレター、ブリーザーカバーなどを

取り外し、エンジンを下す準備が整いました。

ミッション系の具具合原因にもよりますが

多分やる気があれば、明日には仕上がるかもw

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (10)と、この時はのん気にそんな事を考えながら

何時もの様に、エンジン…どーん!

フレームからエンジンが下りました。

台車に乗せてエンジン組み立て室まで運搬。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (11)今日は嫁が居たので、前回のGTH号の

エンジンを作業台へ乗せる時の様に

腰に負担を掛けたく無かったので

嫁にエンジンのバランスだけ取って貰い

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (12)エンジンを作業台へ搭載しました!

ここまで来れば後はサクサクっと

腰下分解準備に取り掛かります。

ヘッドカバーを取り外し、カムチェーンを外し

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (13)クランクケースのボルトを緩めて行くのですが…

何とまぁ…M8×60のフランジボルトが

折れた!…折れたと言うよりも

ボルトの錆具合からして、折れていた…。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (14)取り合えず現実逃避をしながら他のボルトを緩め

クランクケースを割って、ミッション不具合の

原因を調べる事に…、パッと見はドグなどに

何か不具合がある様には見えませんが

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (15)まず1stギアー側シフトフォークの摩耗。

1stギアーが抜ける時、隣にある5thギアーの

ドグが抜ける為、この様にシフトフォーク側に

擦れた痕が付く事が原因となります。

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (16)案の定1stギアーブッシュは今まで見た事が

無い位、ブッシュの摩耗が激しく

カウンターシャフトに入った状態でも

激しくガタガタだったのと、ドグが入る所の摩耗も

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (17)かなり摩耗しており、5thギアー側ドグも

ツルツルに擦り減っていたので

1stギアー抜け原因はブッシュの摩耗が

原因と言う事で確定しました…が…

高槻O様CB400ミッション系トラブルエンジン修理 (19)問題はロアケース内に残った折れたボルト…

折れた部分は完全に錆ており、かなり前から

折れて居たと言う証拠になります…。

この車両が販売されたショップは分かって居り

最終的にCPで委託販売と言う形で入荷して来た車両になります。

また腰下は未開封エンジンの様に見える事から

腰上のみのO/Hエンジンと言う事が今回分かりました。

なので1stギアーブッシュの交換やベアリング類

ダンパーゴム類も当時のままで未交換になる為、今回全部交換になります。

この様に1速ギアー抜けの症状が出だしたら

原因は1stギアーブッシュの摩耗による物だと言う事が

これで今回はっきりと分かりました。

しかし、本当なら1週間も掛からずに仕上がる予定だったのに

この折れたボルトのせいで、時間が掛かる事になり

腰上も分解する事になる為、オーナーと要相談となります…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年10月28日

SNSなどにおける「公然」とは3

令和のこの時代になりSNSなどでの「公然」の場では
ある程度のガイドラインも出来ており
第三者の許可無く、顔が分かる画像や
個人を特定出来る様な書き込み、記事を掲載する事はNG。
また名誉棄損罪などは親告罪になっているので
相応の事を公然にSNSを使って広めればこれに払拭する。
今では「いいね」を押したりしても賠償命令が出る時代。
そう言った事を、僕が人格者だと思って居た方が
やってしまったので、残念な方になってしまい
その方の取り巻きも、関係が無いのに同調し調子に乗っている。
まぁ言いたい事は沢山あったけど、その方との関係修復も
出来ないだろうと思い、もうどうでも良いと思っていたのですが
その事を思い出して仕舞い、今日は少しイライラした。
親告罪なので、その事実を僕が認識してから半年以内に
親告する事が出来るのですが、もう半年以上経過しており
その方とのお付き合いをこちらからご遠慮させて頂き
ストレスも無くなって、精神的にも楽になりました。
ただまた思い出して仕舞い、ちょっとムカついて来たので
ここに記録として書き残す事にしました。


京都GTH号メインシャフト交換組み立て

在庫切れだったミッションのスプラインブッシュが入荷して来たので

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (1)早速交換するメインシャフトを組み上げて

エンジンを仕上げて仕舞います。

クランクとミッションのオイルシールは

オイル漏れでもしたら大変なので全て交換。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (2)腰下だけのO/Hは余りやら無いのですが

腰上に問題が無いので、フルでやるより

多少でもお財布に優しくなるので

オーナーにはこの方法を勧めました。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (3)何時もの記念撮影を終えて、サクサクっと

ロアケースの締め付けが完了したのですが

油温計センサーの配線が断裂してしまったので

これは交換になって仕舞いました…

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (4)初期のセンサー配線と、今のセンサーとでは

メーカーの配線保護処理が違っているので

配線が断裂し易いんですよねぇ…。

スタッドボルトも3ヵ所緩んでおり

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (5)スタッドボルトからオイルが伝い漏れしていた。

今CP1号機と1.5号機でテスト中の

両面ゴムシールをこの車両にも人柱になって貰い

耐久テストをする事にしました。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (6)またベアリング式ニュートラルストッパーの

テストも、同じく人柱になって貰い

これも耐久テストを行って貰います。

シフトドラムセンターもCP製強化に交換です。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (7)これでメインシャフト交換作業と

テスト部品も組み込んだエンジンが

仕上がったので、エンジン搭載準備まで

仕上げて仕舞い、エンジン搭載までやります。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (8)シリンダーヘッドのプラグホールの

ねじ山が上がってしまったので

プラグホールのねじ山上りの修正は

リコイル修正では修正出来ないので

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (9)プラグホールリペアキットで修正する事が

余分な仕事になって仕舞いました。

まぁそう言うトラブルは時折ある事なのですが

人によっては、大騒ぎする人が居るのは困り物。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (10)プラグを斜めに入れただろとか言い出して

詫びを入れろとか、色々とゴリ押しされたり

人格者だと思っていたのに令和のこの時代に

SNSと言う公然の場を使ったのでOUTだな。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (11)と言う事で、エンジン搭載準備が整ったので

何時もの様にエンジンをどーん!搭載完了!

エンジンマウントボルトを仮止めし

L側の仕上げ作業から取り掛かります。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (12)で、サクサクっとL側を仕上げました。

メインシャフト以外は問題は無かったので

この辺りのダメージは無いはずですが

一応汚れを落としながらチェックしてから取り付け。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (13)オイルパン、オイルフィルターケースも

取り付けが完了し、後はR側を組み込んで

エンジンオイルを入れれば完成。

L側からの作業はこれで完了となったので

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (14)次にR側もサクサクっと仕上げて仕舞い

FCRとウオタニも取付が完了。

点火時期をチェックするので

ポイントカバーとクラッチレリーズカバーは

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (15)取り付けずに、これで取り合えず残すは

CP製機械曲げマフラーだけとなりました。

メインシャフトの部品さえあれば

正味2日あれば仕上がっていた感じだなw

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (16)マフラーを取り付ける前に、この状態で

先にエンジンオイルを入れてから

CP製機械曲げマフラーを取り付けます。

これで火入れの準備が整いました。

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (17)早速火入れをし、点火時期をチェックし調整。

ウオタニのチャンネルも3chから2chに調整し

レブを11,000rpmに設定しました。

最後にクラッチリリースポイントを調整し

京都GTH号メインシャフト交換仕上げ作業221028 (18)少し試運転をして、問題無いので

これでメインシャフト交換作業が完了。

またこの作業とは別になりますが

人柱部品も複数取り付けたので

色々と部品のデーターも収集出来ると思います。

これで明日、明後日には納車が出来ます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年10月18日

第一回枚方が好きやんプレゼンツイベント無事終了3

SDC摘出手術後から間も無く2年になりますが
昨日はエコー検査と診察を受けて来ました。
甲状腺の腫瘍は今の所問題無く
変な痛みはありますが、患部近くに転移や再発は見られず
遠隔転移が無ければ、検査結果は良好でした。
このまま後三年何事も無ければ、寛解となりますが
リスクが無くなったと言う分けでは無く、完治では無く
一応の医療的ガイドラインで言うだけの寛解と言う形になります。
さぁ次は頸椎の手術だな!


恐怖の姪車両引取りご来店

ズーマーの修理が終わりその日の閉店間際に車両を引取りに

恐怖の姪車両引取りご来店221015姪がご来店、何時もの様に30分以上の

愚痴とお喋りに付き合わされた上に

「もうちゃんと直っとるんやろな!」と

そこは僕に言われても…自分の親父に聞けや!と

心の中で叫びつつ「ちゃんとチェックしてあります」と言い

ご気分を良くされたのか何時も通り店前に置いてある100円の自販機から

ジュースをおごって貰い、納得された様でご帰宅して頂いた…


第一回枚方が好きやんプレゼンツ道頓堀プロレス

16日の日曜日は、臨時休業を頂いて第一回枚方が好きやんプレゼンツ

第一回枚方が好きやんプレゼンツ道頓堀プロレス (1)道頓堀プロレス興行イベントに、メインの

枚方が好きやん部活動のPRに参加して来ました。

公園内に搬入が終わり、ブース設営準備に

メンバーがお手伝いに来て頂いたので

第一回枚方が好きやんプレゼンツ道頓堀プロレス (2)かなり助かり、ブース設営もサクサクっと

出来上がり、体験展示車両も配置しました。

ミーティングを終えて11時30分イベント開始。

僕は早速、焼きそばとフランクフルトと

第一回枚方が好きやんプレゼンツ道頓堀プロレス (3)カレーライスを買いにキッチンカーへw

そしてプロレスリング上では歌が始まり

皆がそちらを見ている間、皆の荷物が

置き引きに合わない様、ブースで見張りw

第一回枚方が好きやんプレゼンツ道頓堀プロレス (5)多分20年ぶり位になるレスラーで議員の

スペルデルフィンに合ったw

枚方市長もご来場頂いたり、歌手で市議会議員の

泉 大介氏もお手伝いに参加して頂き

第一回枚方が好きやんプレゼンツ道頓堀プロレス (6)とても楽しく盛り上がったイベントになった。

一番下の甥も嫌々ながらですがw

遊びに来てくれて嫌々の記念撮影w

第一回と言う事もあり、少々バタバタでしたが

第一回枚方が好きやんプレゼンツ道頓堀プロレス (7)名前を忘れましたがユーチューバーの女子の方に

CB400に跨って貰ったり、アイドル歌手の方や

女子レスラーの方などにも跨って貰い

写真撮影をして貰いました。

CP1,5号機車検準備 (1)やはりCB400Fourの人気は高い様で

おっさんホイホイの様に皆さん跨って

そのお子さんも共に記念撮影をしていました。

少しでも枚方が元気になった楽しいイベントで

CP1,5号機車検準備 (2)参加して良かったと思ってます。

で、今日はその後片付けでハイエースから

CP1.5号機とテントや机を下して

次回のイベントに備えて後片付けをします。

CP1,5号機車検準備 (3)イベントに間に合わせる為に仕上げたので

不足していたホーンサブコードや

クラッチケーブルガイドの取付が

まだだったのですが、その部品も昨日

CP1,5号機車検準備 (4)入荷して来たので、早速取付ます。

まずはクラッチケーブルガイドを取り付け。

砂型クラッチアウターの精度が悪く

クラッチが切れないので、様子を見てから

CP1,5号機車検準備 (6)アウターを交換しようと思ってます…。

ホーンサブコードも在庫切れだったので

ホーンも鳴らなかったのですがw

でもこれでホーンも鳴る様になったので

車検を受ける事が出来るので、暇が出来た時に車検を受ける事にします。


枚方T様Z750RSドレンボルト除去

本当なら先月車検を受けて納車する予定だったのですが

枚方T様A750RSオイルドレンボルト除去 (1)オイル交換の際にドレンボルトが過剰トルク過ぎ

頭を舐めて緩まなかった事があり

オイルパンを取り外して溶接して取外しました。

もう予定外の事ばかりが起こる車両に

枚方T様A750RSオイルドレンボルト除去 (2)かなり苦労していますが、これで後は

キャブの同調調整をして、継続車検を受ければ

やっと納車が出来そうな所まで仕上がりました。

もうこれ以上トラブルは無いはずだと思う…

いや、もうトラブルは勘弁して欲しいかもねw


京都GTH号エンジン修理準備

オーナーとの打ち合わせも終えたので、早速修理作業準備に

京都GTH号エンジン修理準備221018 (1)今日から取り掛かろうと思います。

まずはエンジンオイルを完全に抜き

エンジンを下す準備に取り掛かります。

元々エンジンオイルを交換する予定だったので

京都GTH号エンジン修理準備221018 (2)CP製機械曲げマフラーを取り外し

残りの残尿的なオイルをオイルパンから抜き

オイルフィルターケースを取り外して

このまま暫く放置してからエンジンを下します。

京都GTH号エンジン修理準備221018 (3)そう言えば昨日YouTubeで見た動画に

オイルレベルゲージのロアとアッパー線の

間でオイルを入れている方を見たのですが

エンジンオイルを規定量の3.5ℓ入れると

アゲイン製ラック&ピニオン式カバーオイルポッド窓 (1)レベルゲージのアッパー側の線の位置まで

上がるんだけどね…、先日も説明した

アゲイン製ラック&ピニオン式カバーも

もう一度説明しますが、オイルポッド窓の

アゲイン製ラック&ピニオン式カバーオイルポッド窓 (2)赤い印は、汎用品のオイルポッド窓なので

赤い印までのオイル量だと約500cc以上

オイルが足りていないので、エンジンオイルの

適量は、オイルポッド窓の上になります。

CP1号機は乾式クラッチなので、そもそもエンジン内の

容積が少ないので3.5リトル入れるとエンジンオイル量としては

少し多いのですが、それでも僕は3.5ℓ入れてます。

この様にオイルポッド窓に気泡が見えたら

オイルが減っていると言う事です。

間違いだらけの素人メンテナンス (1)昨日チヌ釣りのYouTubeを見ていたのですが

「素人おっさん」と言う天下御免のお題目を使い

結構勘違いしてCB400Fourのメンテナンスを

間違いだらけの素人メンテナンス (2)している人って結構多いんだと思った…。

フロントタイヤも交換してたけど

トルク管理しているのは良いとしても

アクスルフォルダーの向きが逆だし締める順番も間違っているので

アクスルホルダーに負荷が掛かって割れて仕舞う場合がある…

まぁ本人が楽しんで弄るのは否定はしませんが

間違い、勘違いで壊れて自分だけが被害に遭う分には自己責任だけど

それが原因で他人を巻き込む様な事故でも起きれば…ねぇ…怖いね。

ブレーキキャリパーアジャストも怪しいね…。

今ユーチューバーもどきの人が、CB400Fourをお題目に

自己流整備の動画を上げている事が多くみられますが

それを見て間違った整備を間違ったまま公開して、被害が広がる事が怖いですね。


本日のご来店

以前カワサキZ900RSに乗ってご来店頂いた

221018本日のご来店 (1)大阪H様がCB400Fを購入されご来店。

シフトアップの際にギア抜けするとの

ご相談だったので、試運転をしたのですが

特に何か問題がある様には感じなかったので

221018本日のご来店 (2)最近取り付けたと言うアゲイン製BSの

シフトペダル取り付け角度などをチェック!

これは既に修正後の画像になり

修正前は撮影を忘れましたw

人の足首は例えば直立状態から背伸びする様に足首を動かすのと

前に倒れ込む様な動きでは、足首の動く角度が違うので

シフトアップの際の足首の動く範囲は少ない為

シフトペダルを掻き揚げ切れて居ない事がハーフニュートラルや

シフトアップし切れていない事が多く、今回もまたそれに類似するのだろうと

思われるシフトペダルの角度だった為、ペダルを下に下げました。

221018本日のご来店 (3)またリンクボールのゴムカバーも無く

油分も抜けていたので、このままだと錆て

摩耗する事もある為、リンクボールに

グリスを入れゴムカバーを装着しました。

221018本日のご来店 (4)これでまだシフトアップでギア抜けする場合は

ポジティブストッパーの破損若しくは

ミッションギアードグの摩耗による物になり

大事な作業になって来ますが、試運転をした所

221018本日のご来店 (5)どうやらその様な心配は無さそうに感じたので

シフトペダルの角度を下に下げました。

シフトチェンジアームもカバーに干渉しており

恐らくシフトスピンドルのスプラインが捻じれて

ポンチマークがズレて居るのだろと言う事で

チェンジアームのポンチマークを一コマずらして調整をしました。

で、後はオーナーにシフトアップ時のギア抜けについて

色々とレクチャーし納得頂きました。

カムチェーンの音も少しあるので、この先色々なアイテムを導入し

手を入れて行く事になりそうです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年09月29日

指定難病OPLL年末手術予定4

一昨日関西医大整形外科へ行き主治医の診察を受け
指定難病OPLL(後縦靭帯骨化症)の手術をする意思を告げ
今年の年末に向け、息子が勤務する病院で
手術する方向で調整する事になりました。
何事も無ければ入院期間は10日から2週間程になります。
コロナ禍と言う事もあり、面会が出来ないと言う事もあり
息子が勤務する病院で手術をするだけでも、息子に時間があれば
病棟に顔でも出してくれるだけでも心強いと思った次第です。
また息子が勤務する病院に居られる整形外科のDrも腕が良いとの事で
先日息子と話をし、息子曰く「全身麻痺のリスクを抱えて生きるより
手術をして全身麻痺のリスクを下げた方が良い」と言われ
今回手術をする決心が付いたと言う事になります。
手術は決して簡単な手術では無く、頸椎の骨を割り開き
骨化した靭帯が圧迫している中枢神経を開放すると言う手術で
頸椎の骨を割る時、神経に傷が入れば麻痺を起こす
可能性もあると言う事ですが、それは余程腕が悪いらしいw
来月もう一度息子と話をして、手術する方向で調整を進めます。


出張修理

CB400Fのリアホイールベアリングのガタ付きがあるとの事で

出張修理リアホイールベアリング交換 (1)先日、必要な工具を持って出張修理へ。

リテーナー側ベアリングは恐らく

50年近く一度も交換されて居ない物と思います。

ブレーキドラム側は交換が簡単なので

出張修理リアホイールベアリング交換 (2)どうやら交換されて居る様でした…。

古いベアリングを抜いて洗浄し

リテーナーのねじ山をタップで掃除をしました。

これで交換準備は整いました。

出張修理リアホイールベアリング交換 (3)で、こちらが取り外したベアリングになり

左側は交換歴があるベアリングで

右側は50年近く経過した物になります。

これだけグリスの色も違うので

出張修理リアホイールベアリング交換 (4)ベアリングがどういう状態だったかは

言わずとも分かると思います。

新品のベアリングとリテーナーセットを入れ

これで出張リアホイールベアリングの

交換作業は無事完了となりました。


枚方T様Z750RSキャブレターリビルド

ちょっと時間は掛かって仕舞いましたが

枚方T様Z750RSキャブレターリビルド完了 (1)キャブレターのリビルドが終わり

後は取り付けて同調調整をするだけとなり

恐らくこれでエンジンの調子は良くなるはず。

時間の関係で今回は取付までは出来ませんでしたが

枚方T様Z750RSキャブレターリビルド完了 (2)これがリビルドし終わったキャブになります。

チョークバルブリビルド、インナーパーツ交換

手間は掛かりましたが綺麗に仕上がりました。

キャブを取り付ける前に、エンジンオイルを

枚方T様Z750RSキャブレターリビルド完了 (3)抜こうとしたのですが、ドレンボルトが

過剰トルク過ぎて、全然緩まずボルトの頭を

舐めそうなので、マフラーを外して

作業をする事にしました。

ブレーキフルードは完全に腐っており、ドロドロだったし…

長期不動車なので、色々な所が大変な事になっています。


マスタングエアコン修理完了

中華製の2万円もしない、ド安いコンプレッサーが不具合原因だった

マスタングエアコン修理完了 (1)エアコンのガス漏れが原因だったと言う罠。

取り外した中華製コンプレッサーの

至る所からガスが漏れていたらしい…。

今回はヤナセからコンプレッサーを取り寄せて

マスタングエアコン修理完了 (2)取り付けたので、もうこんな問題はないはず。

これが取り外したクソ中華製コンプレッサー!

安かろう悪かろうのお手本になります。

通常、純正品などであればリビルド品になり

世の中に出回る事もあるのですが

この中華製だけはゴミにしかなりません…。


CP1.5号機トランポ用フック取り付け

イベントデモ車両扱いのCP1.5号機なので

CP1,5号機フロントフック取り付け (1)トランポに積載し搬送する事が多くなると思い

フロント側にトランポ用フックを取り付けます。

取り付ける場所はステムのフォーククランプ部。

ここにはフロントエンブレムが取り付くので

CP1,5号機フロントフック取り付け (2)後で分かりますが、目立たない様になります。

勿論ボルトも短くなるので、数ミリ長い

純正ボルトに交換して取り付けをします。

これがその部品一式になります。

CP1,5号機フロントフック取り付け (3)これを取り付けると、こんな感じ。

エンブレムを外した状態、これでトランポする時

楽に車に固定が出来る様になります。

ここにフロントエンブレムを取り付けると

CP1,5号機フロントフック取り付け (4)フックが隠れて見えないので

全く違和感がありません。

海外の製品になりますが、ステンレス製で

錆る事も無く、今まで何度も使ってますが

何もトラブル無く使っている物になり、積載固定もかなり楽になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年09月26日

早仕舞いと臨時休業のお知らせ3

本日は出張修理の為、早仕舞いとさせて頂きます。
また明日9月27日(火曜日)はOPLL経過観察と
MRI撮影及び、今後考えている手術についての相談を
主治医とする予定になっています。
また偶然にもマスタングのエアコン修理が終わったので
ついでに引き上げて来る事にします。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


寝屋川M様CB400部品交換

粗悪なリプロ部品を取り付けてある事が分かり

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (1)交換した純正部品を再メッキしたので

その部品の交換作業にご来店頂きました。

他にも取り外した部品は念の為

再メッキをしたので、この状態で保管も出来ます。

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (2)作業準備を進めている所へ寝屋川M様がご来店。

何でもバッテリーが上がって居たらしく

充電をしていたのですが、満充電になる前に

充電器を外してのご来店との事だったので

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (3)バッテリー電圧と発電電圧を測定。

バッテリーの電圧は問題無かったのでOKですが

発電の上がり方がとても遅く5,000rpmで

結構回しておかないと15V近くまで上がらない

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (4)と言う事でオーナーと相談した結果

FOUR ONEさんから販売されている

コンバージョンキット軽量化版を発注しました。

で、本題のアクスルシャフト交換作業。

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (5)まずはフロントタイヤを取り外し

社外品のアクスルシャフトを取り外しました。

社外品のアクスルシャフトは408タイプの物で

上が398タイプの純正品になります。

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (6)取り外し前の写真を撮り忘れたのですが

フォーククランプ部分の長さが長いので

アクスルシャフトが飛び出ており

ナットの掛かりがその分薄かったのですが

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (7)こんな感じにクランプとシャフトが面になり

安心してトルクを掛ける事が出来ました。

次にリアアクスルシャフトも社外品なので

純正に交換、シャフトの方向も逆なので修正。

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (8)リアはサクサクっと交換が完了しました。

拘る方には純正が一番だと思います。

キャッスルナットはまだ純正が出るのですが

取り合えず再メッキ品と交換して取り付けました。

寝屋川M様CB400前後アクスルシャフト純正に交換 (9)リアに関してはリプロ品が悪いと言う

分けでは無く、フロントがダメだった事や

シャフトの向きが逆だったと言う事で

ついでに交換する事になりました。

FOUR ONEさんのコンバージョンキットですが

ラッキーな事に在庫があったので、今週土曜日には入荷する予定です。


出張修理の準備

午後から出張修理に出る事になっているので

出張修理の準備工具と部品 (1)必要な部品と工具を持って出掛ける準備。

リアホイールベアリングがガタガタとの事で

ベアリングプーラーとHONDA純正SST

ベアリングリテーナーリムーバーとタップを準備。

出張修理の準備工具と部品 (3)交換用純正部品のベアリングリテーナー

ダストシール、非接触C3隙間のベアリング

これでリアホイールO/Hセットが揃いました。

ベアリングがガタガタらしくどうなっているやら…

出張修理の準備工具と部品 (2)追加でタンクコックも依頼されましたが

398タンクなのか408タンクなのかが

分からないとの事なので、どちらでも良い様に

両方持って行く事にしました。

出張修理の準備工具と部品 (4)追加で同調調整もと言う事になり

4連バキュームゲージも持参して

同調調整をする事になりました。

今日は帰りが遅くなりそうです。


peke_cb400f at 14:00|PermalinkComments(0)

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241