2022年11月

2022年11月29日

良い肉の日といちご狩り3

嫁曰く「今日は良い肉の日やから、焼肉行くで!」と
言うのですが、今日は夜病院なので帰りは遅くなると言うと
「まぁ別の日でもええけど」との事だったw
特に良い肉の日だからと言う理由でも無さそうな感じだ…
で、また早くも近くのいちご農園がいちご狩りを始めたので
入院を控えており、余り時間的余裕が無いのに
今度の土日の何れか、朝一番にいちご狩りの予約を入れていた…
何でも、イチゴは最初の方が美味しいらしいとの事。
これは嫁の優しさなのか、ただ自分の欲求を満たす為だけの事なのか…?
これはまずあり得ない事だと思ってますが…
どうか嫁の優しさの方であって欲しいと思います。


京都O様CB400国内398F2エンジン不具合ヵ所手直し

本当は昨日の作業予定だったのですが、予告早朝拉致ツーリングの為

京都O様CB400国内398ccF2ヘッドカバー復旧 (1)昨日予定していた作業が出来なかったので

予定より一日遅れの今日、作業を行います。

他にも色々と手直しをする所が出て来る為

当初のキャブレター不調調査手直しは

京都O様CB400国内398ccF2ヘッドカバー復旧 (2)もう済んで居るのですが、キャブを取り付けると

その他の不具合部分の作業がやり難くなるので

キャブを取り付ける前に、その周辺作業を

先にやって仕舞たいので、まずはヘッドカバーの

京都O様CB400国内398ccF2ヘッドカバー復旧 (3)復旧作業から先に取り掛かります。

シリンダーヘッド増し締めOK!

液ガス剥がしをして、カムチェーンの緩みを調整。

丸印は本来フランジボルトなのですが

京都O様CB400国内398ccF2ヘッドカバー復旧 (4)六角ボルトになって居り、お決まりの過剰トルク。

カムチェーンの緩みも調整が終わりヘッドカバーを

取り付けるのですが、UBSボルトが不在だったので

リプロ品を取り付けて、寸法違いのボルトも

京都O様CB400国内398ccF2ヘッドカバー復旧 (5)新品を取り付けてヘッドカバーを復旧。

タペットクリアランスもバラバラだったので

作業がやり易い内に調整をやって仕舞います。

これでヘッド、ヘッドカバーの手直しが終わり

京都O様CB400国内398ccF2ヘッドカバー復旧 (6)諸々の間違いも修正が完了しました。

お決まりのクラッチケーブルガイド取り付け位置

これも正規の場所に修正しましたが

既にクラッチケーブルには擦れたダメージが…。

京都O様CB400国内398ccF2ウオタニ復旧 (1)これで、ヘッドカバーの手直し復旧が終わり

ウオタニのコイルも復旧して接続。

念の為、コントロールユニットの設定値の

確認だけして置こうと思い見て見ると…

京都O様CB400国内398ccF2ウオタニ復旧 (2)進角chが9chにされ−2度に設定されていた。

色々とつじつま合わせをしたのだろうか?

それとも…旧車を取り扱っているショップだと

オーナーからは聞いていたのですが、これは…

京都O様CB400国内398ccF2ウオタニ復旧 (3)取り合えず進角はSTDになる設定

進角が+4度になる2chに設定しておき

後でキャブ調整の時に確認する事にします。

多分この辺の設定も不調原因の一つだと思います。

京都O様CB400国内398ccF2フロントブレーキ復旧 (1)次にリアブレーキの不具合で、配線を増設したと

バイク屋が勝手にやったと言う風に

オーナーから聞いていた部分を調べて見ると

どう見てもフロントブレーキ側の配線に

京都O様CB400国内398ccF2フロントブレーキ復旧 (2)細工がされているので、よくよく調べると

ブレーキ圧力スイッチの配線は本来なら

二本あるはずなのですが、一本の配線が不在。

どうやらこの配線を増設した感じだと分かったけど

京都O様CB400国内398ccF2フロントブレーキ復旧 (3)僕が一番嫌っている、メインハーネスに

傷を付ける事をやっているのですが

何故わざわざそんな手間の掛かる事をやったのか?

元がどうだったのかは分からないけど

単純に圧力スイッチの配線、ギボシが断裂していた?

その配線を増設する為にメインハーネスを切断し

配線を増設したのだろうと思ったので、不本意ながらギボシで接続し

配線、圧力スイッチに問題が無い事を確認して復旧しました。

京都O様CB400国内398ccF2ハンドルスイッチ復旧 (1)で!これは多分元からだと思うのですが

CB400Fourあるあるでお決まりの

ハンドルスイッチ配線ルートのショートカット

僕の性格上、イライラして我慢できないので

京都O様CB400国内398ccF2ハンドルスイッチ復旧 (2)この配線ルートも修正して仕舞う事にします。

この配線ルートだと、いずれは配線に

ストレスが掛り断裂などのトラブル原因になる事は

目に見えているし、後々あの時やらなかった事を

京都O様CB400国内398ccF2ハンドルスイッチ復旧 (3)きっと後悔する事は間違いないです。

と言う事で、サクサクっとハンドルスイッチの

配線を取外し、正規ルートに配線を這わせます。

ハンドルを取り外した時、何で元あった様に

京都O様CB400国内398ccF2ハンドルスイッチ復旧 (4)戻さないのかが理解出来ないと思うし

どう見てもゴチャゴチャして美しくない。

このスピードワーニングユニットの配線ルートも

オリジナルとは全然違うので、これも修正します。

京都O様CB400国内398ccF2ハンドルスイッチ復旧 (5)で、配線を修正した後はこうなります。

どうです?配線がゴチャゴチャしてなくて

美しいと思いませんか?それにハンドルを

動かしても分かると思うのですが

京都O様CB400国内398ccF2ハンドルスイッチ復旧 (6)配線にストレスが掛かって居ない事が一番です。

ホーンのダンパーラバーも朽ちていたので

新品に交換して、各ガイドも正規の形に修正。

こうなった方がCB400Fourの美しさが際立ち

美しいと僕は思うのですが、間違われている全部の車両が

この様に少しでも美しくなっていれば良いのになぁと思います。


月曜恒例予告拉致ツーリング後のRCフォア奇跡の生還

第三回月曜恒例予告拉致ツーリング後にRCフォアに起こった悲劇と言うか

RCフォア用フロントタイヤチューブ入荷 (1)奇跡的に帰宅後直ぐにパンクしたと言う

RCフォアですが、昨日早々に注文した

フロントタイヤ用チューブが今日

早くも入荷してきてしまった…。

RCフォア用フロントタイヤチューブ入荷 (2)その件で昨日嫁と話をしていたのですが

それを聞いていた嫁が言うには

「それってちょいっと空気入れて乗って来るの?」

と言ったのにはかなり笑ったのですが

それは幾ら何でも流石に無理だろうと言い

やっぱり引取りに行かないとダメなんじゃない?と言う事で

一応RCフォアオーナーに連絡した所、引取りに来る事は当然だろうとw

まぁRCフォアのタイミングとPITと天気の都合で引取りに行く事にします。

しかし、流石悪魔的発想をする嫁だと思ったw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | 電装品

2022年11月28日

今日は拉致られて臨時休業…3

来月の手術の為に指定難病の書類を枚方市に提出するので
主治医に書類を郵送した所、明日には書き上げて下さり
返送して頂ける事になり、届き次第枚方市に提出となります。
正規の指定難病認定の書類が出来上がるまで
約三ヶ月程度は掛かるらしいのですが、一応書類を提出した時点で
指定難病認定が受けられる事になるそうです。
なので、入院手術費用や術後の医療費はありがたい事に
お国が面倒を見てくれる事になり
個人が負担する費用は0円になりました。
既に障害年金も頂いているので、今まで支払った税金は
結構回収出来ていると思うので、申し訳ないと思って居るので
お国には違う形で還元したいと思ってますw


第三回予告拉致ツーリング

昨日、月曜日の間男がまた予告拉致メッセージを入れて来たので

第三回予告拉致ツーリング221128 (1)急遽、今日は臨時休業となって仕舞いました…。

しかも今日は仲間の寝屋川Mさんも参加となり

逃亡出来ない様に、前後で挟まれての

強制ツーリングとなりました…。

第三回予告拉致ツーリング221128 (2)途中の信号でRCフォアが無謀にも僕に

シグナルGPを挑んで来たので

ローギアーだけで軽くぶっちぎってやったら

「本気でやったでしょ!、大人げない!」と言うw

第三回予告拉致ツーリング221128 (3)しかもRCフォアは今クラッチが滑り掛けている

等と、言い訳もし始める始末で手に負えないw

また当然ですが、休憩も無し、昼食も無し

唯一の休憩はトイレ休憩とガソリンの給油のみ

第三回予告拉致ツーリング221128 (4)後はずっと走りっ放しの過酷なツーリングで

自分が気に入った写真映えするスポットを

見つけると、バイクを並ばせ、角度が悪いとか

もうちょっと前だの後ろだのと言い

第三回予告拉致ツーリング221128 (5)全く手に負えない、傍若無人ぶりw

朝の山の気温は8℃で、寒いとRCフォアに言うと

「僕はヒーターが入って居るから大丈夫!」と言い

僕は凍えた指で、山道を追走するしか無く

第三回予告拉致ツーリング221128 (6)それでもお昼には外気温も19℃まで上がり

汗を掻く位良い気持で走れたのは助かった。

で、RCフォアは子供の用事があるからと

14時には帰らないといけないと言い出し

第三回予告拉致ツーリング221128 (7)帰りは京都縦貫道でカッ飛んで帰宅。

今日でCP1.5号機の慣らしも終わるのかと

思ったけど、今日の走行距離は220キロだった。

高速でも懲りずに僕に挑戦して来るので

第三回予告拉致ツーリング221128 (8)5速ギアーのままでまたっ千切ってやったし

一般道でもまたシグナルGPを挑んで来たので

また同じ様にローギアーだけで同じ様に

ぶっ千切ってやった、CP1.5号機はカムがst1で

クロスミッションがRSCのフルクロスじゃ無い事もあり

1号機よりはパンチが無い物の、僕のCP1.5号機仮性包茎号は早いわw

そうして無事に店に戻ることが出来たので

キャブのセッティング具合もチェック出来たし

純正ステップの逆シフトも少し操作ミスはあった物の

後は慣れれば大丈夫かなぁと思ってます。

で、キャブもMJはそのままで、PJはもう一番手下げても良いかなぁと

思って居る所へRCフォアからメッセージが入り

バイクの保管場所に付いたとたんフロントタイヤチューブの

バルブが死亡したらしく、一気に空気が抜けてしまったと連絡が入った…

僕はきっとバチが当たったんだろうと思ったけど

高速道路上で無くて良かった、奴はそう言う悪運だけには恵まれているなぁ…。

新品のチューブ注文しておきますが、タイヤがコンチネンタルなので

チューブ交換だけでも面倒なんだよなぁ…w


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) ツーリング | キャブレター

2022年11月27日

年内、中整備及び重整備受付終了のお知らせ

来月の入院手術日は既に決まっており
中整備及び、重整備の受付は終了させて頂きます。
また車検などに付きましては、ご相談の上とさせて頂きます。
まぁ先日の検査入院が終わり、退院時に次の入院予約と
手術の日程を主治医と調整したのですが
当初12月5日(月曜日)と言われたのですが
それは余りにも時間が無さ過ぎると言う事で
12月11日はどうしても外せない用事を予定している事もあり
第二候補を提示してもらい、クリスマスまでに帰宅するのは
少し厳しいかも知れませんが、術後何事も無ければ
大晦日までには帰宅できる予定で進めます。
入院までにはPITの車両を別の保管場所へ移動させたり
結構バタバタしそうな感じになります。
年明けの営業開始についても、体調と相談しながらになると思うので
今の所未定と言う事にさせて頂きます。
前日入院、翌日手術からのICU入りとなる予定で
そのICUも一日なのか二日になるのかは分かりませんし
そのまま召されるかも知れませんw
無事に生還出来ましたら、インスタの方で
ご報告させて頂く事になると思います。


京都O様CB400F2キャブレター不調原因調査二日目分解

昨日の続きで、今日は取り外したキャブレターを分解し

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (1)不具合原因を調査する事にします。

まずはフロートチャンバーを取り外し

インナーパーツがちゃんと交換されている事を

目視で確認しましたが、やはり社外品だった。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (2)MJは純正の通常であれば#75を使う所

このキャブのMJには#72が入っていた。

まぁメインが薄くてもバキューム圧が

あんなに低かったらダメだわなぁ…

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (3)SJも本来なら#40が使われているはずなのですが

使われていたSJは#39が使われていた。

むー…何だこれ?って感じです。

でもこれだけが原因だとは思えない…きっと

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (4)分解した痕跡が無い、JNが原因だと思う。

ニードルホルダーは固着しており

スロットル側から押しても出て来ないので

どう考えても悪い予感しかしない…。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (5)取り合えずは全てを分解し

スロットルバルブを取り外し

JNとニードルホルダーをこの目で見て

確認するしか手が無さそうだ。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (6)で…分解してみると…やはり…と言うか

このJNとニードルホルダーは腐ってた…。

これじゃぁ幾らフロートチャンバー内の

インナーパーツを交換し、油面を合わせ

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (7)低いバキューム圧を揃えた所で

キャブレターの調子が良くなるはずはない!

フーン…あそこの旧車ショップって

この程度なの?って、思われちゃうやん!

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (8)ニードルは腐って居るので分からないですが

恐らく純正だと思うけど、摩耗する間も無く

朽ちてしまっているのだろうなぁ…

全ての仕事があと一歩なのは残念だなぁ…。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (9)取り合えずキャブクリナーに浸して

キャブレターの汚れを洗い流し組み立てます。

Oリング類なども交換されて居ないので

このタイミングで全て新品に交換します。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査二日目分解 (10)朝から作業に取り掛かり5時間程作業台で

分解掃除、組み立てを行って完成。

後はこれで調子が出てくれる事を祈るだけ。

まぁあのニードルと、バキューム圧じゃぁねぇ。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (1)多分このキャブはこれで大丈夫だと思います。

インシュレーター側にガソリン滲みがあり

Oリングはダメなんだろうと言う事で取外し。

やっぱりOリングはぺったんこになってた。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (2)シリンダーヘッドカバーからもオイル滲み。

ここも例の如くガスケットがダメなんだろう…

後で分解してチェックをするのですが

後に、ダメな所が多過ぎる結果になるとは…。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (3)ハンドルスイッチの配線取り回しも定番の

ショートカットルートで取り回されており

ハーネスバンドで固定されておらず

例の如く、結束バンドで固定されていました。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (4)エアークリーナーチャンバーに付いてるはずの

ドレンホースは不在で、キャブのドレンホースも

取り付けられていなかったので、この辺りは

キャブを取り付ける時にやっつける事にします。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (5)で、これがオーナーが言っていた配線で

バイク屋が勝手に配線を増設した

ブレーキランプの電源になる配線だと思う。

これ、何処からどうやって持って来ているのか?

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (6)またリアブレーキランプが点灯しない原因を

ちゃんと調べないといけないので

ちょっと手間が掛かりそうだなぁ。

タペットキャップOリングは勿論ぺったんこ。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (7)アクセルワイヤーガイドの取付角度も

こんな感じなので、タンクを脱着する度

ガチャガチャとタンクを擦るので

これも後で直しておきます。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (8)ヘッドカバー取り付けボルトの長さが無茶苦茶で

ヘッドカバーガスケットは液ガスだらけな上に

取付時に挟んだのだろう、ガスケットが

断裂しているので、そりゃぁオイルが滲むよね。

京都O様CB400F2不具合ヵ所チェック (9)ヘッドカバーを開けたついでにカムチェーンの

音が結構するので、直にチェック!

やっぱり緩いので調整が必要です。

で、バルブスプリングが全部逆と言う事も判明。

腰上は一度開けられている様子ですね。

触れば触る程、仕事が増えて行くのですが…、一度オーナーと相談します。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(4) キャブレター | メンテナンス

2022年11月26日

手術前検査入院と映画試写会3

一泊二日の規則正しい入院生活も終わり
管理された栄養バランスが取れた食事を頂き
シュッっと体重が減ったのに、退院後直ぐに
炭水化物をとりまくって、直ぐに元に戻りましたw
久々に行った昨日の十三ナイト後に帰宅してからも炭水化物を
大量接種したので、もうお腹はパンパンに膨れ上がってますw
また昨日の十三ナイトでは、素人の僕が
色々な芸能人の方や芸能関係の方に交じり
映画の試写会を嫁と楽しんで来ました。
僕が映っているシーンは割と長尺で、演技も下手くそで
嫁と一緒に見たのですが、もう何とも言えない感じで
嫁にケツの穴を見られる位恥ずかしかったのですが
とても良い映画になっていると思います!
映画の完成、一般公開が楽しみな作品でした!


後縦靭帯骨化症手術前検査入院

11月24日と25日は臨時休業を頂き、手術前検査入院をして来ました。

一泊二日脊椎手術前検査入院221124 (1)入院当日午後からの検査で、脊椎に造影剤を入れ

CTで細かくカットした画像を撮影しました。

通常、年間で骨化する靭帯は平均約1个噺世錣

僕の場合、昨年の画像と比べると明らかに骨化が進行し

中枢神経を圧迫している事が分かりこの先の事を考えた上で

頸椎の2番から7番までの背中側にあるボコボコとなっている

椎弓と言う所を割って広げ、その広げた間に人工骨を入れ

ボルト止めをすると言うカスタムでメインフレームを補強。

心配していた首の稼働域ですが普段の生活や車、バイクの

運転などには何も問題は無いそうで、一安心です。

また脊椎に造影剤を入れてのCT撮影で分かった事ですが

一泊二日脊椎手術前検査入院221124 (2)丁度肋骨の辺りになる胸椎の前縦靭帯も

かなりの範囲で骨化が進んで居た事が分かり

前後に動くヵ所が2ヵ所しか無かったw

この部分に関しては、神経など重要な物に

大きな影響は無いのでこのまま放置となるそうです。

放置するのは、治療方法が無いからで

OPLL後縦靭帯骨化症治療方法 (1)逆に後縦靭帯に関しては、中枢神経を圧迫し

最悪は四肢麻痺や全身麻痺となる為

この資料の様な手術をして

圧迫されている神経を開放すると言う事です。

OPLL後縦靭帯骨化症治療方法 (2)糖尿病以降、真性多血症や

唾液腺導管癌を息子に見つけてもらい

今回も、息子の勧めがあった事で

手術をする事を決めました。

OPLL後縦靭帯骨化症治療方法 (3)この病気は偶然見つかる事が多く

首肩手足の痺れや、痛み、排尿、排便などが

困難になり、加齢かなと思う様な症状ですが

この病気を疑ってみる事を

選択肢の中に入れた方が良いと思います。

指定難病なので、手術をする事が決まれば手術費用はお国が負担してくれます。

きちんと税金を納めているので、こういう所で回収しないとね!

切除する骨の椎弓は通常産廃として処理されるのですが

持って帰ろうかなぁと嫁に言ってみたら

嫁「何個外すの?」ぺ「多分7個やろな」

嫁「上から番号書いてもらわなあかんなぁ」

ぺ「そうやな、死んだら棺桶に入れて欲しいわ」と言うと

嫁「えーレオとちゃPにやろうかなぁって思ったのに!」と言う…

ぺ「何でやねん!」嫁「だってレオとちゃP、美味しいから喜ぶやん」

やっぱり結婚以来未だ奴の考えが分からんわ…。


高槻O様CB400ロアケース内燃機送り準備

先日からチョコチョコと作業を進めている高槻O様CB400の

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (1)ボルト折れのロアクランクケースを

ブラストで仕上げて、内燃機屋送りの

準備を今日中にやって仕舞います。

洗浄が終わったロアケースから付属品を取り外し

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (2)ウエットブラストの準備をします。

取り外したクランクメタルをじっくり見ると

割と摩耗している事からやはり

新品に交換した方が良いと判断。

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (3)で、準備が整ったのでサクサクっと

ウエットブラストで仕上げました。

今日はかなり冷え込んでいたので

手が冷くて…もっと早くやって置けば良かった。

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (4)約2時間半のブラスト作業も終わったので

何時ものリタップ掃除をやって仕舞います。

他は特に問題無さそうなので、余計に

M8ボルトが折れて居たのが残念です。

高槻O様CB400ロアケースブラスト仕上げ内燃機送り (5)何とか自分でも除去出来そうな感じですが

失敗すると余計に費用が掛かるので

ここは大人しく内燃機屋さんで

折れたボルトを除去してもらいます。

これで内燃機屋さん送りの部品は全て手入れが完了本日発送です。

後のエンジン部品は時間がある時にボチボチと仕上げます。


京都O様CB400キャブレター不調原因調査

急遽先日お預かりとなった京都O様CB400F2の

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (1)キャブレター不調原因調査を開始するのですが

何気にサイドスタンドが傾き過ぎているので

サイドスタンドをチェックすると

かなり受けの部分が開いているので

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (2)後で修正する事にするのですが

よく見るとスプリングの掛け方が反対なので

ちょっと鬱陶しいなぁ…と言う感じです。

取り合えず実圧縮圧力が11Mpaもあるとの事で

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (3)本当なのか?と思い、まずは

実圧縮圧力を測定する事にします。

準備をしようとシートロックを外すのですが

シリンダーが固着しており、このままだと

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (4)いずれはキーが折れるので、シリンダーに給脂。

タンクを外すとこれもまた定番中の定番

UBSボルトの位置が違いますね。

これも後で修正する事にします。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (5)反対側も勿論違うのですがM6×32が入る所に

UBSボルトが使われているのでM6×32は

何処に使われているのかなぁ?

UBSボルトが入る部分のボルトの長さは?…

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (6)ガソリンタンクを外す時に干渉する

タコメーターケーブルガイド向き…

アクセルワイヤーガイドの取付角度も

結構曲がって居るので、後でホーンを取り外して

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (7)ホーン周りの間違いを修正をする事にします。

インシュレーターとヘッドの接続部ですが

ガソリン染みがあるので、恐らくOリングは

死んでいるのだろうと思います。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (8)#1のプラグを取り外すとかなり真っ黒な上に

ちょっと湿っているので、これはガソリンが

かなり濃いか、エアーが薄いかになる。

まぁあのエアークリーナーからしてもダメですね。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (9)全部のプラグを取り外すと、同じく真っ黒。

これはやっぱりキャブを疑うべきでしょうね。

エンジンを始動する前に、この状態の冷感値で

実圧縮圧力を先に測定する事にします。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (10)オーナーからは#3が1.1Mpaあったと言う事を

他店で言われたらしいのですが…

取り合えず#1から…目一杯頑張っても

実圧縮圧力は0.85Mpaしかないです。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (11)京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (12)






京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (13)
で、#3はかなり頑張って0.7Mpaしかないです。

どう言う測り方をすれば、1.1Mpaになるのか?

まぁ僕が測定した実圧縮はノンレス程度の

実圧縮圧力なので、低いなりに妥当だと思います。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (14)次ぎに念の為、同調を合わせてあるらしいので

本当の所の原因を調べる為、何処に罠があるのか

見極める為に、全てを疑うしか無いので

合わせたと言う同調もチェックします。

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (15)結果は…まぁ確かに同調は合ってますが…

規定値16〜24hgに対して5〜6hgって…!

思わず低過ぎるやろ!って突っ込んでましたw

こうなれば全部怪しく思えるので

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (16)念の為点火時期も確認をしてみましたが

流石に点火系はウオタニに交換されているので

点火時期のズレ等には問題無く、合ってました。

まぁプラグにスレッドコンパウンドも

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (17)塗って無いので、疑う所しか目に付かない為

もうこうなればキャブレターを取り外し

中身をチェックして、一つずつ罠を解除しないと

この車両はまともに走れないと思い

京都O様CB400F2キャブレター不調調査 (18)キャブレターを取り外しました。

明日からキャブレターを分解し

インナーパーツのチェックをする事にします。

オーナーから伺った内容通りインナーパーツ部品が

交換されて居るのなら、不調の原因をしっかりと調べないとダメです。

全てを疑う所からなので、それまでに掛けた費用が少し無駄になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 治療 | 修理

2022年11月22日

良い夫婦の日3

今週はイベント事が多く、かなりバタバタする週になり
以前から僕が誘って、ずっと断られていた温泉旅行も
急に検査入院を前にして、一泊旅行に出掛ける事になった。
検査入院前ですが、急に嫁から旅行誘われると
息子と結託して僕の身体に何かあるんじゃないかと
変に勘ぐってしまうよねぇ…w
そんな意味では少し不安な旅行になりそうですが
取り合えず楽しんで来る事にしますw


高槻O様CB400クランク測定

昨日はご来店の方が多く、予定していた作業が中途半端になって居り

高槻O様CB400クランクメタル測定 (1)今日、少しでも時間がある内に

作業を進める為に、時間がある午前中は

通常通り出勤して、作業を進めます。

今日は昨日作業をしようと思って居た

高槻O様CB400クランクメタル測定 (2)クランクからコンロッドを取り外し

コンロッドメタルの状態確認を行うのですが

コンロッドをクランクから取り外して見ると

メタルにダメージが結構あったので

高槻O様CB400クランクメタル測定 (3)コンロッドメタルは交換になりますねぇ…

なので、クランク測定を実施します。

念の為、クランクメタルを交換する事も

前提に考えて、測定をやって舞います。

高槻O様CB400クランクメタル測定 (4)測定結果はクランクメタルの1ヵ所だけは

廃盤のメタルになりますが、寸法的には

出る部品で使える範囲になるので

この際、クランクメタルも部品がある内に

高槻O様CB400クランクメタル測定 (5)新品に交換する事にします。

この計算式はエクセルで作った計算式で

実測値を入力すれば、適正なメタルを

色で表示する様にプログラムしてあるので

高槻O様CB400クランクメタル測定 (6)部品番号と色を照らし合わせれば

間違える事無く、部品を発注出来る様に

計算式をプログラムしてあります。

コンロッドメタルは今の所全種類

部品が出るのはとても助かりますが、問題はクランクメタルの方で

ご存じの通り、2種類しかメタルが出ないので

その2種類でやりくりするか、メタルの状態によってはそのまま使うか

クランクを交換するかになります。

測定が終わったクランクはクランク専用ボックスに入れて

ダイナミックバランスへ送る事になります。

これで後はボルトが折れて居るロアケースを洗浄

ブラスト仕上げをして内燃機屋さんへ送る事になります。


peke_cb400f at 10:30|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2022年11月21日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日11月22日(火曜日)は検査入院準備や私用の為
臨時休業とさせて頂きます。
また11月24日(木曜日)と11月25日(金曜日)は
手術前検査入院の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


京都T様CB400構造変更継続車検

朝起きるとどうやら深夜に雨が降って居たらしく

京都T様CB400構造変更継続車検221121 (1)路面は濡れていたのですが、そこは…w

車検だけスーパー晴れ男なので

雨に当たる事も無く構造変更車検へ!

まぁ何時もの如く全て一発OK!

京都T様CB400構造変更継続車検221121 (2)マフラーに結構な詰め物をしてあったので

フン詰まりで何度もエンストしましたが

それ以外は何も問題も無く、車両の状態も良く

余り手間の掛からない子でした。

京都T様CB400構造変更継続車検221121 (3)まぁ構造変更で新規になり、国内398ですが

書類も型式、類別共に落ちていたので

心置きなく構造変更をする事にしました。

車検は十日程早くなって仕舞いましたが

次からはこのままの状態で車検を受ける事が出来ます。


寝屋川M様拘り部品取り付け

まぁ僕の責任なんですが、当時の部品と今出る部品の違いを

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (1)寝屋川M様にレクチャーした所

僕が思って居た以上に興味を示して頂き

その部品の再メッキが仕上がって来たので

早速交換作業をする事になりましたw

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (3)その部品はスイングアーム部に取付いている

ドライブチェーンアジャスターになります。

現行の物はこの様にアジャスト量を

目視で確認出来やすく、線が沢山入っていおり

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (4)当時物のチェーンアジャスターには

その線が1本しか入っていないので

ある意味貴重な当時物部品と言う事になり

拘られる方はここも拘られます。

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (5)拘り部品をサクサクっと交換をして

前回スプロケカバーを開けた時に不在だった

ノックピンですが、在庫が無かったので

今回はそれも取り付けてカバーをします。

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (6)まぁこのノックピンは他の場所に比べれば

差程重要な所では無いのですが

無いよりは、あるに越した事はないので

取り付けてカバーの位置決めをしました。

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (7)で、オーナーが自分で良かろうと思い取り付けた

アゲイン製純正キャブレター用リモート

アイドルスクリューにクラッチケーブルガイドを

通して取り付けたのですが、どうやらそのガイドが

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (8)ガソリンタンクに干渉している事が分かり

タンクがガイドに当たり傷だらけになる事や

タンクの収まり具合がよろしくなく

気になるとの事で、余分な物を取り付けるんじゃ

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (9)無かったと言う事で、取り外す事になった。

まぁUBSボルトが入って居らずM6×40の

フランジボルトが取り付けられていたのが

かえって良かったと思うのですが

寝屋川M様CB400拘りの部品取り付け (10)オリジナル通りUBSボルトだと短いので

スペシャルナットのねじ山が上がっていたかも。

後はオイル交換をして、今回の作業は完了。

まだまだ拘り部品の取付や、色々な所の部品を

綺麗に仕上げて行きたいと、ご相談を頂いて居ります。


CP1.5号機とCP14号機

今乗っていて楽しいと思うCP1.5号機はメルバのキャストを入れており

CP1,5号機パンク修理キット搭載 (1)チューブレス仕様になっているので

出先でパンクなどした場合、その場での修理が

可能になる為、パンク修理キットを搭載し

もしもの時に備える事にしました。

CP1,5号機パンク修理キット搭載 (2)エアーが抜けても炭酸ガスボンベもあるので

パンク修理は容易に出来るキットになります。

軽いツーリングではガッツリとした工具や

ツーリングバッグを携行しないので

最低限の工具とチューブレスの利点を生かしパンク修理キットを搭載しました。

CP14号機油温計電池交換 (1)で、CP14号機のヨシムラミクニTMR MJNの

アイドリング落ちが悪くなった件ですが

ガソリンが濃かった事が原因でスロットルバルブが

貼り付いたとか、ゴミが引っ掛かったのか?

CP14号機油温計電池交換 (2)と思い洗浄をしようと思って居たのですが

今日はご機嫌が良い様でアイドリングには

問題は無かったのですが、ヨシムラ旧タイプの

油温計に電池切れマークが点滅していたので

CP14号機油温計電池交換 (4)電池を交換する事にしました。

大体2年毎に電池が無くなる感じかな?

設定はリセットされるので、再設定。

エンジンを温めてもアイドリングは問題無く

CP14号機油温計電池交換 (5)安定しているので、PJを交換した時に

ガソリンが逆流し、スロットルバルブが

貼り付いたのかなぁ?まぁ取り合えず

今日のヨシムラミクニTMR MJNキャブレターは

アイドリングも安定しており問題無しでした。


本日のご来店

キャブレター不調でお悩みの京都O様CB400国内398ccF2がご来店。

京都O様CB400国内398ccF2キャブレター不調入庫 (1)通常走行では問題は無いとの事なのですが

アイドリングが安定しない事が悩みの種で

急遽本日ご来店となりお預かり入庫となりました。

ご来店時から、かなりの不調を訴えるエンジン音…

京都O様CB400国内398ccF2キャブレター不調入庫 (2)サラッと車両を拝見させて頂きましたが

他店でキャブレターをO/Hして貰ったとの事。

普通キャブレターをO/Hしたのであれば

このエアークリーナーは如何な物かと…。

京都O様CB400国内398ccF2キャブレター不調入庫 (3)他にも定番中の定番は相変わらずで

キャブだけで済む問題では無さそうに

思うばかりで、まぁ見て見ぬふりは出来ないので

気に入らない所は全部やっちゃうと思います。

京都O様CB400国内398ccF2キャブレター不調入庫 (4)特にトルクロッド部分は危険なので

しっかりと手を入れる事になると思います。

他にも見れば見る程、気になる所があります。

それはまた作業をしながらボチボチと

京都O様CB400国内398ccF2キャブレター不調入庫 (5)写真を撮って上げて行く事になると思いますし

場所によっては、オーナーとも相談をしなければ

作業を進められない場所も多数ありそうです。

こんなクラッチワイヤーの取り回し云々なんて

京都O様CB400国内398ccF2キャブレター不調入庫 (6)可愛らしい物に見える位、ちょっとちゃんと

手を入れないと、キャブの調子が上がれば

それなりに走る様になるだろうし

フロントブレーキも引き摺っており

ヘッドカバーからもオイル滲みを見て仕舞ったので

色々と手古摺りそうな感じだと思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | カスタム

2022年11月20日

死ぬ死ぬ詐欺今日で無事に2年が経過3

5年生存率40%と言われる高悪性腫瘍唾液腺導管癌(SDC)の
全摘手術から今日で丁度2年が経過しました。
年間10万人に対して0.3人と症例が少ない為
抗がん剤も無く、治療方法も無い癌で
論文を読み漁る限りでは、術後平均2年で再発、転移し
その80%が死亡しているのですが、今の所甲状腺に
5伉度の小さな腫瘍が見つかった程度で
遠隔転移以外での再発、転移は認められておらず
何とか無事に3年目を迎える事が出来ました。
相変わらず身内からは「死ぬ死ぬ詐欺」とか
「今度はあかんのやろうなぁ」と言われながらも生き長らえ
このままK察や閻魔大王からの呼び出しにも応じず
後3年生き長らえ、また身内から「死ぬ死ぬ詐欺」と言われるよう
迷惑を掛けて行こうと思ってます。


高槻O様CB400シリンダーヘッド測定

昨日は女性の原付が店に飛び込んで来たので

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (1)その事故処理対応で、作業は中断となったので

今日は昨日の続きから作業を開始!

まずはシリンダーヘッドをブラストしました。

燃焼室のカーボンやオイル漏れで焼けた部分も

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (2)綺麗にブラスト処理で仕上がりました。

ブラストがお終われば、作業的には

何時ものリタップ掃除になります。

これもサクサクっと終わらせましたが

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (3)やはり#1外側のEXスタッドボルトの

ねじ山がダメかも知れないなぁ…。

次にデフォルト作業のバルブガイドの

Oリング交換をやって仕舞います。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (4)バルブガイドを抜くと…おぉ!流石アゲイン!

腰上O/H済みエンジンのバルブガイドOリングは

交換されていました!このパターンは初めてです。

でも腰上O/Hから年数も経過しており

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (5)せっかく取り外したので、バルブガイドの

Oリングは全て新品に交換して仕舞います。

その後IN側EX側共にリーマを通してチェック!

IN側は良い感じでしたが、EX側はまぁギリかな?

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (6)次に歪測定を実施した所、これもシリンダーと

同様に、規定値を超えて歪んでいるので

平面研磨となって仕舞いました…。

まぁこればかりは致し方ない所ですね。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (7)バルブを入れてEX側のガタ付きをチェック。

バルブに気になる程のガタ付きは無いので

バルブガイドはこのまま使う事にします。

これでシリンダーヘッドの測定は完了です。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド測定 (8)スタッドボルト、シールワッシャーの座面が

2ヵ所荒れていたので、この部分も加工します。

他の部分は大丈夫なので、このヘッドは

バルブの摺り合わせと平面研磨

スタッド座面座グリ加工の為、内燃機屋送りとなります。

残りはクランクと、ロアケースの手入れを今月中に終わらせます。


CP1.5号機逆シフト化用部品入荷

昨日の続きですが、急にCP1.5号機の逆シフト化を思い立ち

CP1,5号機逆シフト化オートシフター取り付け準備 (1)他車種流用の部品を某Yオクで購入し

その部品が早くも本日届きました。

CP1号機や、旧CP1号レーサーに

取り付けていた頃に購入した価格の

CP1,5号機逆シフト化オートシフター取り付け準備 (2)倍以上に部品代は跳ね上がっているのには

どの車両の部品も高騰しているんだなぁと思った。

純正シフトアームは長く、タイロッドは短いので

純正ステップのままで逆シフト化は

CP1,5号機逆シフト化オートシフター取り付け準備 (3)取り付け位置や角度的にもちょっと

厳しくなり、見た目に不細工になる為

他車種のショートタイプ、ロングタイロッドを

流用して逆シフト化し取り付けました。

CP1,5号機逆シフト化オートシフター取り付け準備 (4)純正なので、パッと見はCB400Fourの

チェンジアームに見えるし、タイロッドの角度も

調整が出来る長さなので、丁度良い部品です。

更にこれに、オートシフターを取り付ける

予定なので、チェンジアームをもう少し前に出す事が出来る様になり

角度ももう少し上がって来るので、多少は不自然さも目立たなくなります。


CP14号機ヨシムラミクニTMR MJN PJ交換

昨日CP1.5号機TMR MJNキャブレターのPJを交換したので

CP14号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティング (1)今日はCP14号機のPJを交換します。

14号機のエンジンはほぼノーマルなので

エンジン始動時に失敗するとカブって仕舞う…

なので、スローを薄くし、エアーを濃くしたりと

CP14号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティング (2)色々と試したのですが、物理的に濃いので

今回PJを出荷時の#20から下げる事にしました。

昨日はCP1.5号機524ccエンジンのスローを下げて

良い感じになった事もあり、また作業性は

CP14号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティング (3)横着をせずキャブレターを取り外した方が

色々とやり易いので、外すこと自体は面倒でも

トータルで考えればこっちの方が作業効率が良く

ミスも無いので、取り外してPJを交換しました。

CP14号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティング (4)サクサクっと取り付けてエンジンを始動。

アイドリングの落ちが悪くなったこと以外は

良い感じなので、これはまた別の問題だと思うので

この問題はまた今度考える事にします。

CP14号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティング (5)これで暫く様子をみて、プラグが真っ黒になったり

カブったりしなければ、PJはこの辺りで良いと言う

判断になるので、後は全体のセッティングで

調整すれば何とかなるかも知れません。

取り合えず今日はここまでで終了です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | カスタム

2022年11月19日

突撃!隣のバイク屋さん⁉3

昨日作業の合間に毎度FBに送られてくる
ロマンス詐欺を相手してみたw (1)ロマンス詐欺野郎の相手をしながら
仕事をしてましたw
メッセージで何度かやり取りをしていると
お決まりのLine認証をしろと何時も通り
言って来るので、友達になってやるから
写真を送れと言ってやったら
ロマンス詐欺を相手してみたw (2)それから連絡が来なくなったw
写真を送って来たら、友達になってやったのにw
で、今朝もしつこく友達申請しろと言うので
いい加減面倒になって来たなぁと思いながら
適当に返事をしたら、どうやら相手は
引っ掛からないと思ったのか
メッセンジャーから削除されたw
何だか嫌われた様な気持ちになったけど
結構おもろかったし、二日に渡って良い時間潰しにはなったな。


新型フル強化オイルポンプ中古分解掃除

強化オイルポンプを新型から「極み」にバージョンアップしたので

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (1)その下取りで入荷して来た33%増量の

CP製新型強化オイルポンプの分解掃除。

走行距離は約700キロ程度になってます。

強化オイルポンプ「極み」用加工ベースも

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (2)何とかギリギリですが今の所確保出来てますが

今の所残り10個程度しか加工ベースが

確保出来ておらず、何時かは作れなくなると思う。

まぁ正直このオイルポンプも再加工して

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (3)「極み」に作り変えたい位ですが…

これはこれで必要とされる方がいるので

例え700キロ程しか走行していなくとも

分解掃除をしてチェックをしてから出します。

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (4)まぁミッション用強化オイルポンプの

取り付けボルトが締まって居なかったので

このまま何もせずに出していたら

オイル漏れを起こしていた事でしょう。

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (5)Oリングはまだ全て生きてましたが

全て新品に交換して組み立てました。

単純に分解掃除とOリング交換ですが

一度使用されているので、中の状態を

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (6)確認する必要もありますからね。

これで実走700キロのCP製強化オイルポンプと

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプの

組み合わせ、フル強化オイルポンプの

分解掃除、部品交換が完了しました。


高槻O様CB400エンジンフルO/H測定

暫く放置気味になっていた、高槻O様CB400のエンジンですが

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (1)やっと作業を進められる環境になったので

諸々の測定をして見積もりを出さないと

先へは進めないので、まずはシリンダーを

綺麗に処理をして諸々の測定を実施します。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (2)で、正確に測定をする為や、オイル漏れで焼けた

シリンダーをブラストで綺麗に仕上げました。

これで歪測定とシリンダー内径ボアの測定と

ピストンを測定し、総合的に判断をします。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (3)まずはシリンダー歪測定を実施。

ここが歪んでいると、オイル漏れや

圧縮圧力の吹き抜け原因になります。

結果は残念ながら規定値3/100を遥かに

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (4)超えているので平面研磨となって仕舞いました。

次にシリンダーボア内径を測定します。

基準値は51Φを基準にしてボア径を測定。

どのシリンダーも測定結果は大体平均しているので

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (5)このシリンダーボア内径も平均で51.05Φで

使用限界が51.1Φなので、微妙な数値です。

後はピストン側の摩耗次第によって

CP製398cc専用0.25OSにするかと言う所。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (6)で、ピストンスカート部の外径を測定した所

全てのピストンが基準値で、摩耗が無い状態!

これは測り間違いかと思う位摩耗していないので

何度も測定をしましたが、ピストンは健常なので

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (1)ピストンはOSなどには交換せず

ピストンリングのみの交換で行けそう。

次にシリンダーヘッドの測定に取り掛かります。

ヘッドの部品を取り外してブラストで仕上げ

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (2)当然ですがバルブガイドのOリングも交換。

と言う事でサクサクっと部品を

取り外して行くのですが、EXスタッドが

4本は抜けたのですが、4本が固くてヤバい!

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (3)スタッドの入れ方も間違っているので

一度交換はされて居るのですが

スレッドコンパウンドは塗られて居ないのか

何とか全部取れたのですが、一部のボルトは

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (4)カジッており、ねじ山にダメージが…。

何とか折れずにEXスタッドボルトの除去が完了。

バルブを取り外し、バルブガイドには

ガタ付きも無く、このまま使えそうですが

バルブガイドOリングを交換する時に

リーマーを通すので、その時に判断をします。

でまずは分解したシリンダーヘッドをブラストで仕上げて仕舞う様にと

段取りをしていたら…原付に乗った女性が店にカチコんで来た…


ビーノに乗った女性CPにカチコミ入庫…

シリンダーヘッドのブラスト準備が出来たので

取り合えず先に昼食を済ませてから作業に取り掛かろうと思い

ビーノCPへカチコミ入庫… (1)食事をしていると外からザザー!

ガチャガチャ!ブイーン‼‼と

激しい音が鳴るので、あぁ事故だなぁと思って

覗いて見ると原付に乗った女性の方がご来店…

「いらっしゃいませ…」一体どういう事?外の黒い車とぶつかった?

ビーノCPへカチコミ入庫… (2)何でも車道と歩道の縁石にハンドルを取られ

パニくって仕舞い、ブレーキとアクセルを間違い

店に突っ込んできたとの事だった…

まぁ幸いな事に、今日に限ってフォアは

ビーノCPへカチコミ入庫… (3)外に出しておらず、表のガラス戸も解放しており

被害はシャッターの中柱が曲がっただけだった。

取り合えず女性を救護し、怪我の具合を確認。

幸いな事に女性の怪我も擦り傷程度だった…。

ビーノCPへカチコミ入庫… (4)取り合えず保険屋さんへ連絡をして貰ったけど

残念な事に女性が入って居る保険は

普通の傷害保険で事故などでは全然使い物に

ならない保険だったので、可哀そうに

自腹での修理になる事になった…

その対応をしていたら、結構時間も経ったので

今日の作業はここまでで終了となったと言う訳です。

まぁ使えない保険だったのは残念ですが、まずフォアが無事で

店のガラス戸も割れる事も無かった事で女性の怪我も少なかったのは良かった。

これで保険が使えるんだったら、ガッツリと虐めてやったのに!w


CP1.5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案

カチコミ入庫の件も片付き、思ったのは先日の拉致ツーリングの際

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (1)ゲテモノ1号機も面白いけど、仮性包茎型

正統派のCB400Fourも面白いと思う様になり

CP1号機と1.5号機を乗り分けて行く上で

シフトチェンジが正シフトと逆シフトの違いがあり

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (2)走行シーンによって乗り換える度に

シフトチェンジが正か、逆かで間違えそうなので

CP1.5号機側を逆シフトに変更する事にしました。

純正のチェンジアームでの逆シフト化は

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (3)タイロッドの長さなどの関係から取り付けが

ちょっと厳しくて、アゲイン製ショートタイプの

チェンジアームに交換する事にしました。

本当はCP1号機で使っている他車種流用の

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (4)ショートタイプに変更するつもりだったのですが

旧CP1号レーサーに取り付けた事を思い出し

在庫している物が無かったので、某Yオクで

欲しい物があったので購入し、届くまでの間

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (5)タイロッドの長さやアームの角度的には

ちょっと無理があるのですが、CP1.5号機の

逆シフト化が出来たので、購入した部品が届けば

このCP1号機の様な感じで、オートシフターも

取り付けようかと考えている所です。

CP1号機はご存じの通りRSCのフルクロスミッションを入れてあるので

一見、正シフトの様に見えるのですが、これで逆シフトになってます。

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (1)次にヨシムラミクニTMR MJNのスローが濃く

PJを何種類か注文した物が入荷して来たので

早速交換をしてセッティングをする事にします。

TMR MJNのPJは資料ではどのタイプも同じ

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (2)#20が付いているとの事なので、取り合えず

その下のPJを3種類購入してみました。

CP14号機もかなり濃いので、CP1.5号機で

セッティングを出してからCP14号機も

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (3)PJを交換する事にしますし、親方1号機も

セッティングに悩んで居られるので

色々なデーターが取れると思います。

で、やぱり作業は横着をせずに

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (4)ちゃんとキャブを外し作業をした方が良いです。

アイドリングもかなり良くなった様な感じで

アイドルスクリューを数回戻さないと

アイドリングが1,500rpm以上に上がってました。

これで暫く様子を見る事にします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | キャブレター

2022年11月18日

自動車走行距離税(仮)についての考察3

恐らく導入されるであろう自動車走行距離税(仮)
導入されるとすれば、現在毎年5月頃に支払っている
自動車税が廃止される事になるらしい。
その代わりに自動車走行距離税が導入される事になると言う。
これはハイブリッド車や電気自動車に対応する為に
導入される事が主な目的で、現在ガソリン税も減収になっている。
今後電気自動車が主流になって来ると、まず現在の自動車税は
排気量別で支払う税金が違う分けですが
仮に自動車一律1,000キロ5,000円の走行距離税を払うとすれば
僕のマスタングで言えば年間10,000キロなので50,000円となり
実質は大排気量の方が税金が安くなると言えます。
また物流に関して言えば、年間の走行距離はかなりの物。
その分、輸送費が上がるので物の価格に転嫁される事になり
物価が上がるとも言えるので、自動車に乗らないから
関係が無いとも言えなくなる様な税金になる。
軽自動車や、二輪は管轄が違うのでこれに該当するのかは不明ですが
この走行距離税は、恐らく導入されるのだろうと思ってます。


マスタングオイル交換

約一年で10,000キロ程走行したマスタングから

マスタングオイル、フィルター交換221117 (1)オイル交換しろよ!と言って来るので

昨日急遽オイル交換に行って来ました。

まぁエンジンオイルは持ち込みだったので

申し訳なかったのですがw

マスタングオイル、フィルター交換221117 (2)普段なら、こう言う作業は強制的に

弟にやって貰うのですが…弟も忙しく

中々時間が取れない事や、アメ車なので

工具にも不安があったので、腕の良い所へ行き

マスタングオイル、フィルター交換221117 (3)強引にオイル交換作業をねじ込ませて貰ったw

ついでにオイルフィルターも交換。

もう大方の作業手順は分かったので

次からは工具を揃えて、弟の作業になるかなw

マスタングオイル、フィルター交換221117 (4)オイルはモチュール5W30で価格はオープンなので

1ℓ辺りの平均価格は1,800円位になるのかな?

そのオイルを20ℓのペール缶で購入したのですが

一回当たりのオイル交換量が8ℓだったので

マスタングオイル、フィルター交換221117 (5)20ℓ缶でも2回しか交換出来ないやん!

と使うオイル量にビックリしましたw

アメ車に詳しい友人からはオイルライフは

もっと短い方が良いと言うアドバイスを頂いたので

マスタングオイル、フィルター交換221117 (6)次回からは50%で交換の方が良いのかなぁ…?

ドレンボルト用ゴムパッキンも

大量に購入したので、オイル交換し放題です!

これ全部使いきれるかなぁw


入院準備、預かり車両移動

年末の入院に向けて、防犯の為に長期でお預かりしている車両を

入院準備預かり車両移動 (1)友人のガレージへ移動させる事にしました。

まずはこの貴重で狙われやすいカワサキの

Z750RSを友人のガレージへ移動させる為に

わざわざ引取りに来てもらいました。

入院準備預かり車両移動 (2)取り合えずこれで、Z兇楼多瓦任后

後は自分のバイクばかりなので

ボチボチと自宅ガレージへ移動させる事にします。

暫くの間は今お預かりしている重整備車両以外の

お預かりは防犯上困難になる為、体調が整い次第になりますので

ご理解の程、よろしくお願い致します。


姫路Y様CB400国内398cc二桁フレーム塗装送り

12月から塗装代が上がるので、取り合えず大急ぎで塗装送りに

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装送り (1)出せる部品を集めて、塗装送りの準備。

これ以外の黒物部品は塗装済みなので

この辺りの部品を塗装に出す準備をします。

スイングアームはCB350Four用を使います。

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装送り (2)スイングアームはまずリアショックの

ロアダンパーを毎度おなじみの

CPオリジナルSSTを使って取り外します。

後はチェーンカバー取り付けの穴を加工します。

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装送り (3)タンデムステップは2セットありますが

状態や仕上がりが良い方をチョイスして

組み付ける事にするので、黒物部品は

ある物全て塗装に送ります。

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装送り (4)お値段は、一台分一式にあるので

ちょっと位小物部品が増えても同じです。

CB350F用スイングアームの穴を加工。

CB350Fのチェーンカバーを取り付ける為に

姫路Y様CB400国内398二桁フレーム塗装送り (5)この部分にはタップが立っているのですが

CB400Fourのチェーンカバーはバカ穴なので

タップ穴は必要無いので、バカ穴に加工します。

これでCB400Fのチェーンカバー取付が出来ます。

後は梱包して今日中に発送するのですが

まぁ仕上がりは早くて年内、遅くても2ヵ月〜2.5ヵ月位かなぁ…?


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | レストア

2022年11月17日

映画「不檄-男たちの生きた証」3

相変わらずの値上げラッシュが続いており
12月からはパウダーコーティングカトーさんも
値上げになるとの連絡を頂きました…
また知らぬ間にヨシムラミクニTMR MJNの価格も上がり
純正クリーナー仕様:旧価格¥275,000が新価格¥379,000
ファンネル仕様:旧価格¥321,000が新価格¥369,000
デュアルスタックファンネル仕様:旧価格¥354,000が¥402,000に…
いずれも税別価格になります…
CP製品についても、製造元から値上げの連絡が入ってきており
既に数点、値上げとなっておりますが、頑張って現状価格のままの
商品も幾つかありますが、それも何時まで維持出来るのかは分かりません。
恐らく、今の世界情勢からすれば、まだまだ価格高騰は
続くのではないだろうかと思います…。
僕もCP1.5号機に取り付けたヨシムラミクニTMR MJNは
価格が上がる事を予測して、早めに購入したので5万円は助かりました。


映画「不檄-男たちの生きた証」

僕も出させて頂いているヤクザ映画で、キャッシュにも僕の名前が出ます!

あるシーンでの河本監督の演技指導では

監督「ヤクザ役より顔が怖いので、そのままで良いです」と

言われたシーンが映っていると思いますw

12
18日(日曜日)
不檄シアターセブンで、15時〜22時までの間で2回上映します。

今から約26年前に起きた"暴対法"制定の引き金を

引いたと言われる襲撃事件を題材に

事件関係者が語った実話を元に製作された

フィクション・ノベル映画「不檄(ふれぶみ)」

調書に記すことが不可能だった”実行犯の視点”を組み込みながら

時代の変化に置き去りにされた激動の7ヶ月「男たちが生きた証」を

河本政則×長原成樹の異彩を放つ2人がタッグを組み描く。

【あらすじ】

京都を拠点に、幕末から続く歴史ある組織「京都 壬生会」。

その次期会長の座を狙い、先代の実子である兄弟が骨肉の争いを起こし

兄の組織が解体されその組員は弟の組織(中山会)に吸収合併された。

そして虎視眈々と京都を狙う、武闘派内田会の侵略を阻止しようと

中山会の中から襲撃部隊を結成することとなる。

兄の組織から吸収された新田を筆頭に

7人の男たちが内田会会長暗殺の任務を実行するまでの激動の7ヶ月。

【 キャスト】

主演/襲撃部隊:長原成樹

襲撃部隊:高山トモヒロ/島田まさし/赤松紘季/北川忠明/くどうりゅうや/平宅亮

対策部隊:今野悠夫/吉田ヒロ/所谷駿/広瀬亮/有田正明

中山会:海道力也/横浜銀蠅 翔/城明男/安藤光造

中山会幹部:石井宏一/梅田伸光/村居義博/小林大輔

おテル:末成映薫

タクシー運転手:桂小枝

三条署 刑事:宮本ヒロシ/完山和生/江森拓仁

玉木:春田純一


22/11/16男は黙って六四分け

来月予定されている頸椎の手術では、首の後ろからアタックするらしいと

221116男は黙って六四分け息子から噂で聞いており、何時もの理髪店の

マスターに事情を説明し、来月入院前に

切開する部分の後ろは全剃りになるのでと相談をし

今回は何時も通りの男は黙って六四分け。

今度の検査入院の時に、髪型をどうするかも主治医に聞いて来る事にします。


CB400Fourサービスアーカイブス

今メーカーに注文しても入手困難なCB400Fourサービスアーカイブス

CB400Fourサービスアーカイブス先日Y様からご注文を頂いた分は

無事に入荷して参りました。

当然ですが、僕も一冊未開封で持ってますw

これもまぁ恐らく、手に入らなくなったら

高値で転売されるんだろうなぁ…悲しいね。


京都T様CB400継続車検整備

予定では来週にでも車検と構造変更を受けに

京都T様CB400継続車検整備221117 (1)京都本局へ行く段取りで、作業を進めます。

まずはエンジンオイル交換から開始!

やはり季節の変わり目はオイルの乳化が激しく

エンジンオイル自体は汚れて居なくても

京都T様CB400継続車検整備221117 (2)この様に乳化している事が分かると思います。

FCRを取り付けた事によりツインリードバルブの

レデューサーを取り付ける事が可能になり

今回レデューサーの取付を行いました。

京都T様CB400継続車検整備221117 (3)これでオイルの劣化延命と乳化防止が出来ます。

抜いたオイルを暫く沈殿させるとこんな感じ…

エンジンオイルの乳化が激しい事が分かります。

これを確認せず、廃油ポイみたいな物で

オイルの状態をチェックせず抜く方が居ますねぇ…。

またエンジンオイルの酸化はクランクケース内でオイルが酸素と混ざること以外

金属同士が擦れ合う事によってプラズマが発生し酸化しますが

このレデューサーを取り付ける事によりクランクケース内が負圧になり

酸素とオイルが混ざる事を防ぐ為、オイルの延命に繋がります。

京都T様CB400継続車検整備221117 (4)で、新しいエンジンオイルを回す為

エンジンを掛けてブリッピングしていると

音量を下げる為に詰め込んだウールが吹き飛んだw

こりゃぁダメだと言う事で、中に詰め物を

京都T様CB400継続車検整備221117 (5)入れる順番をウールを先に入れてから

ステンレスウールを少し少なくして入れました。

これで音量もかなり低くなり、排気の抜けも

かなり良くなったので、これでOKです。

京都T様CB400継続車検整備221117 (6)次にブレーキフルードの交換ですが

どうやら一度交換した様な記憶があり

フルードも綺麗な状態だったのですが

車検整備はリセットの意味もあるので

京都T様CB400継続車検整備221117 (7)幾ら綺麗でも、フルードは交換します。

ちょっとだけ透明度が上がりましたねw

その他灯火系、保安部品もチェックし問題無し。

自賠責も加入したので、これで予定通り

来週継続車検へ行けそうなのですが、納車は土日かな?



peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) ツーリング | 部品

2022年11月15日

第二回予告早朝拉致ツーリング3

何か噂では11月16日〜23日の間に
大きな自然災害が来ると言う噂が広まっているようですが
信じない分けでは無いのですが、我が家の防災についても
改めて見直し、チェックをするのにも良いタイミングだと思い
各車両の燃料は常に満タン、携行缶に発電機や水
非常食などをチェックしている所です。
何もない事に越した事はないのですが
何やら不穏な雰囲気が連日発生しているので
やはり気にならないはずも無く…心づもりだけは常に
災害がいつ起きても良い様にと、準備も含めて
やって置く事に越した事は無いと思います。


2022/11/12

姪のズーマーの修理が終わり引取りに来いと連絡をし

恐怖の姪車両引取りご来店… (3)夕方に姪のおばあちゃんとご来店…

姪だけでもややこしいのに、えっちゃんまで
        (姪のおばあちゃん)
連れて来て、修理のお題は何時もの

100円ジュースで、女二人でややこしかった…

何でも会社の方が僕のブログを読んでいるらしく

会社では猫を被っているのか「恥ずかしいから写真を撮るな!」との事w

京都T様CB400構造変更継続車検入庫221112そこへタイミング良く京都T様CB400が

継続車検の為にご来店となり

えっちゃんと姪は早々に帰宅となったけど

それでも30分は何時もの様に…w

で、京都T様の車両をお預かりしたのですが、書類不備だったので

書類は後日郵送とと言う事になりました。

ハンドルを交換しているので、構造変更となる為2週間程今の車検を

捨てないといけなくなりました。


2022/11/13

枚方市のコミュニティで開催予定だったツーリングが雨で中止となり

予定が空いてしまったのですが雨の中奈良S様が車両を引取りに

マフラーフレーム修理送り (1)ご来店頂けたので、納車を済ませ

午後から名古屋まで修理する当時物

ヨシムラ機械曲げマフラーと

GT80のチャンバーと408フレームを積み込んで

マフラーフレーム修理送り (2)雨が降る中名古屋へ向かいました。

修理部品を持って行くだけでは無く

このタイミングで出来上がった

カワサキZ2用当時物ヨシムラマフラーの

マフラーフレーム修理送り (3)修理が仕上がった事と、姫路Y様のフレーム修理も

仕上がり、引取りに行く事も兼ね向かいます。

今回のフレームはサイドスタンドの修理や

フレームの歪修正なども同時に行い

マフラーフレーム修理送り (4)細かな所は朽ちたハーネスクリップも

修正してもらい、フレームの状態を

改善させてからレストアベースに仕上げます。

で、以前から修理に出していたフレームと

京都Y様Z750RS当時物ヨシムラ手曲げマフラー修理 (1)Z桐囘時物ヨシムラマフラーの修理が仕上がり

それと入れ替えに、名古屋まで一っ走り

と言う感じで行って来ました。

Z用マフラーの修理は治具から作ったので

京都Y様Z750RS当時物ヨシムラ手曲げマフラー修理 (2)それなりにかなりの手間が掛かりました。

ボッコボコだったマフラー下面もこの通り

綺麗に修復され、これで塗装をすれば

状態が良い、当時物Z用ヨシムラマフラーに

京都Y様Z750RS当時物ヨシムラ手曲げマフラー修理 (3)戻ると言う事になります。

まぁ費用は掛かりましたが…

貴重な当時物ヨシムラマフラーがこれでまた

綺麗な姿で復活する事になります。

で、こちらは姫路Y様CB400国内398cc

姫路Y様CB400二桁フレーム修理仕上がり (1)貴重な二桁フレームになります。

ハーネスクランプなどが色々と

朽ちて仕舞っているので復元しました。

ダウンチューブにも少しダメージがあったので

姫路Y様CB400二桁フレーム修理仕上がり (2)その部分も修正を行い、サブフレームも

左右共曲がって居たので、修正をしました。

二桁ナンバーと言う事もあり

それ相応に朽ちてますから仕方が無い。

姫路Y様CB400二桁フレーム修理仕上がり (4)サイドスタンドは本来900番台後半まで

408タイプの補強無しタイプなのですが

この際、今後の事もある為補強タイプに

変更して修正をしました。

これでまた貴重な二桁フレームが公道復帰する事になります。

後は黒物部品を纏めて、塗装送りに出す準備をします。


第二回予告早朝拉致ツーリング

月曜日の間男からLineで予告拉致ツーリングのお誘いメッセージが入り

221114第二回早朝拉致ツーリング (1)仕事とCP1.5号機のセッティングや

部品耐久テスト、エンジンの慣らしなどを

天秤に掛けた末、仕方なく拉致られましたw

で、何時もの様にRCフォアが好きなルート

221114第二回早朝拉致ツーリング (2)民家の軒先や獣道、農道を駆使して

針テラスからその先は僕も余り知らないルートを

はぐれない様に必死に付いて行かないと

迷子になって遭難するw

221114第二回早朝拉致ツーリング (3)写真映えするスポットがあると言うので

その映えスポットで写真撮影。

僕はその芸術的センスで撮影するRCフォアさんが

撮影している姿を撮影してましたけどねw

221114第二回早朝拉致ツーリング (5)でも本当にかっこ良く撮影が出来ました。

これが春なら、満開の桜や桜吹雪の中での

写真撮影になったと思います。

で、食事も与えられないまま龍神へ行きます?

221114第二回早朝拉致ツーリング (6)と相変わらず引きずり回されそうになったのですが

何とか龍神向けは回避して、ライダーズカフェ

Vintageさんでかなり遅めの昼食を頂きました。

僕、ハンバーガーは苦手なんですが

221114第二回早朝拉致ツーリング (7)ここのハンバーガーは美味しくて食べれるので

ベーコンエッグバーガーを頂きました。

前回は休日だったので混雑してましたが

やはり平日は空いていたのと、時間が遅かったので

221114第二回早朝拉致ツーリング (8)行列も無く、かなり早く食事を取れました。

また落ち葉舞い散る獣道や農道を駆使して

何とか17時には店に戻ることが出来たので

プラグをチェックし、先日交換したMJの

221114第二回早朝拉致ツーリング (9)状態をチェックした所、プラグは中々良い感じに

焼けていましたが、やはりスローが濃く

PJは下げないとダメだと言う事になりました。

今回の走行距離は約320キロとなり

221114第二回早朝拉致ツーリング (10)524ccエンジンにはピストンクーラーを

取り付けて有る為、オイルを食うので

500cc程度は減っていたので、継ぎ足します。

もうシェイクダウンから普通の慣らしは

20〜30キロ程で終わっている感じで、昨日はアクセル全開

フルスロットルでの走行となりましたw

まぁこのままレースに出れる仕様のエンジンだし

エンジンオイルも最高級オイルなので、そんなに心配はしてませんがw

で、テスト部品のニュートラルストッパーのインプレですが

滅茶苦茶良い!、正直、抵抗がかなり少ないので

特にシフトダウンの時などは抵抗無く動くので、かなり良いです。

後は耐久性だけの問題になると思います。


京都Y様CB400継続車検準備

一部書類不備があり、車検予約をまだ取って居ませんが

京都T様CB400継続車検整備と構造変更 (1)今日からボチボチと、整備に取り掛かります。

まずはこの親方管ですが、サイレンサーは

蓋だけなので、流石にこれはちょっと

無謀過ぎるので、少しだけ音を静かにと

京都T様CB400継続車検整備と構造変更 (2)消音効果を期待して、ステンレスたわしを

詰め込んでみる事にしました。

これでエンジンを掛けてみたのですが

ほんの僅かに音が下がって程度で

京都T様CB400継続車検整備と構造変更 (3)全然効果が無く、蓋からステンレスたわしが

ビロビロと出て来るので、たわしの上から

ウールを巻いて入れて、何とか静かには

なったのですが、フン詰まりでw

京都T様CB400継続車検整備と構造変更 (4)まぁこれで何とかなりそうです。

FCRキャブレターはインナーネットを

取り付けて有り、ラムエアーを付けなくても

これは問題無く車検は通ります。

京都T様CB400継続車検整備と構造変更 (5)ヘッドライトを外してみたのですが

スフィアライト車検対応6000Kの

LEDランプが取り付けて有ったので

これも問題はありません。

京都T様CB400継続車検整備と構造変更 (6)一応光軸をチェックしてみたら

若干低かったので調整をしました。

これで後はブレーキ、エンジンオイルなどを

交換して、諸々の整備をすれば

京都T様CB400継続車検整備と構造変更 (7)車検を受ける事が出来るのですが

以前、F2絞りハンドルからF2ちょい絞りに

ハンドルを変更したので、幅と高さが

車検証とはかなり違う為、構造変更となり

新規ラインを通る事になるので、少しだけ車検期間が早くなります。

取り合えず今日の作業はここまでです。


大阪H様CB400Fハンドルポジション変更など

ハンドルのポジションが低く、長距離走行がキツイとの事でご来店。

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (1)手裏剣カバー付きホーンも在庫が無くなる前に

綺麗にしたいとの事で、交換のご依頼を頂き

作業に取り掛かるのですが…これまた

何時もの感じで色々な罠が仕込まれていたw

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (2)ハンドルポジションの変更は

可変タイプのハンドルを付けていたので

作業的には問題無いのですが

クラッチワイヤーが届かなくなるので

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (3)クラッチワイヤーは交換となるのですが

ハンドルスイッチやブレーキホースの

取り回しが悪く、ヘッドライトを取り外し

ブレーキホースの取り回しを変更しました。

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (4)で、次にクラッチワイヤーも短いので

交換なのですが、安定のフォンフォアあるある

定番のクラッチワイヤーガイドの取付位置…

何でこれだけアナウンスしているのにこんな事に…

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (5)と思い修正しようと思い、ついでに#3の

プラグキャップの配線ルートが悪いので

チョイッと直そうと思ったら…

#4のプラグキャップがすっぽ抜けた…

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (6)えー!これって全部か?と思い

#1からチェックすると、全てすっぽ抜けた…

やるよね!これもあるあるですが

#4はリークが激しかったのか少しだけですが

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (7)緑青が湧いていた…それでもまぁ使える程度で

今回発見が早かったので、問題は無いでしょう。

で、次にホーンを交換するのですが

ホーン交換自体は特に問題無く交換は完了。

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (8)でも配線の取り回しが少しきつく

そもそもハンドルスイッチの配線の取り回しも

そんなとこから?と言う様な取り回しなので

もうこの際、一旦綺麗にしようと言う事になり

大阪H様CB400Fハンドルポジション変更 (9)配線もやり直す事になった…もう大事w

色々と気になる所を修正して

配線の取り回しも直して、やっと完成。

で、肝心のハンドルポジション変更後の

写真を撮り忘れましたが、オーナーにはポジション的に気に入って貰えたのと

配線類のルートも変更したので、オーナー自身で今後は

多少の仕様変更も容易に出来る様になったと思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) ツーリング | メンテナンス

2022年11月12日

急遽明日は名古屋出張3

本当なら定休日の明日はツーリングの予定だったのですが
残念な事に天候不良から中止となってしまい
そこへタイミング良く、修理に出していたフレームと
Z桐囘時物ヨシムラマフラーの修理が仕上がったとの
連絡が入ったので、ついでにもう一機のフレーム修理と
マフラー2本の修理品を持って、午前中に納車を済ませ
午後から名古屋へ一っ走り行って来る事になりました。
入院も控えている事から、PIT内の車両もボチボチと
別の保管場所へ移動させる予定だったので
このタイミングで部品が仕上がって来るのはGood timing!
年末は色々と不用心になるので、入院前の準備も大変です!


恐怖姪のズーマー修理

原付なので、ウエイトローラーなんてどれでもほぼ一緒なので

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (1)ご近所にある御殿山二輪サービスさんへ行き

適当なローラーとスライドピースを仮て来た。

この中から使えそうな物を使って

姪のズーマーの修理をする事にします。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (2)勿論修理担当は弟が担当します。

もうPITがバイクで溢れている状態な上に

今日継続車検整備などで夕方に一台

入庫する予定になっているので

221112のCPPIT状況 (1)例え原付と言えども、さっさと放り出したい所。

今日は天気が良いので、車両をこうやって

外に出し、作業が出来るのですが

閉店後の保管場所が厳しいので

221112のCPPIT状況 (2)PITの保管キャパを超える場合は

入庫台数を調整しないといけない状態です。

まぁ正直CPのバイクが3台あるのが

そもそもPITを圧迫している原因ですけどねw

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (3)で、やっとお昼前に弟がやって来た!

サッサと修理して姪にバイクを取り来て貰い

何時もの様に小うるさい愚痴を

聞かされる前にサッサと帰って欲しいので

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (4)とっとと復旧作業に掛かれ!と言って

使う部品をチョイスし、念の為この前取り外した

壊れたエンジンも持って来てもらったので

プーリー部分を分解してみた所

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (5)取り付いていなかったスライドガイドピースの

大きさが全然違っていたので

部品取り車両から移植する事になった。

これで駆動系の問題は解消されるだろうと思い

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (6)カバーを取り付ける前にエンジンを掛けて

チェックをすると…遠心クラッチから音が…

そう言えばよく見ると遠心クラッチの

アウターが焼けて黒くなっているじゃないか!

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (7)このまま渡すとまた吠えられるので

遠心クラッチも部品取り車から取外し

移植する事になった…本当に以前廃車にした

姪の部品取り車を捨てずに置いてあって良かった。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (8)で、部品取り車から取り外した

遠心クラッチの状態は、まだ良い状態で

使える物で本当に良かったわ!

で、またプーリーを取り外し遠心クラッチを交換。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (9)焼けたアウターも一緒に交換して

これでズーマーの修理も終わったと一安心。

さっさと姪に電話して取りに来させようと

カバー類を取り付けて仕上げました。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (10)ついでにメッキカバーの汚れも以前に

ブツブツ言われていたのでメタコンで

汚れを綺麗に落として、エンジンを掛けて

駆動系の問題が解決したと思ったのですが…

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (11)どうも吹け上りが悪く、かなり不安定…

これ、CDIが死に掛けてるかも…と言う事になり

弟に家に帰ってCDIを部品取り車から

剥ぎ取って来て貰う事になった。

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (12)もう…ホンマに姪と同じでややこしい奴やで!

と言う事でCDIが悪いのかをチェック!

念の為接点復活剤を接続部分に塗りました。

で、吹け上りが悪い原因はCDIのパンク…では無く

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (13)単純にエアクリーナーフィルターの

フン詰まりが原因だったw…なんやねんそれ!

もうついでにギアボックスオイルも交換して置け

と言う事で、弟は面倒臭!とぼやきながら

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (14)これでまた何かあれば、こっちが面倒臭いねん!

と言う事でギアボックスのオイルを抜くと

腐って乳化しており、オイルも漏れていたので

出て来た量はほんの少しだったw

恐怖の姪のズーマー駆動系修理 (15)で、フラッシング代わりに新しいオイルを入れ

エンジンを掛けてオイルを回してを繰り返し

ギアボックスのオイル交換が完了しました。

これで取り合ず次のトラブルになる要因も

一つ消したので、姪からの電話やメッセージに悩ませる事も無くなりそう

と言う事でこれで無事に姪のズーマー不調とメンテナンスが完了した…。


修理部品達

明日修理依頼に出していたフレームとマフラーを引取りに行くので

マフラーフレーム修理送り (1)入れ替えでフレームとマフラー2本を持って

名古屋まで一っ走り行く事になり

持って行く部品達を車に積み込む準備。

この中で一番手間が掛かるのはマフラーですが

マフラーフレーム修理送り (2)中でもこの当時物ヨシムラ機械曲げマフラーは

腐食が激しく、この凹んだ部分の鉄板の厚みは

かなり薄いので、相当苦労する所ですし

マフラーエンドパイプがカットされているので

マフラーフレーム修理送り (3)CP製機械曲げマフラーの部品を使って

エンドパイプは修理する事になります。

何時も無理を言って修理をお願いしている

名古屋の業者さんの様に腕が良い所が他に無く

マフラーフレーム修理送り (5)職人さんもそろそろ勇退をお考えになって居られ

今色々とお願いしている修理がこの先

出来なくなるのが一番の困り事です…。

後を継承する方が居ないのはCPも同じ事なので

とても他人事とは言えず、正直病気とかにもなっている場合じゃないんですよね…

でも、仮に人生80年身体が動く内に不動になっていたり

不調や故障で困っているCB400Four達を何時までも

公道で走る姿を見て居たいと思ってますし

正直な所、CPを任せられ経営力がある技術者が現れないかと思ってます。


本日のご来店22/11/12

明日は天気が悪いので、今日は店の前を通るバイカーも多いですね。

221112本日のご来店高槻S様CB400F国内408ccそんな午後にご来店は高槻S様国内408cc。

後学の為に、今回の手直し車両についての

不具合内容をお聞きにご来店頂きました。

そのついでと言う分けでは無いのですが

自車の気になる所をご相談頂き

チョコチョコっと手直しをさせて頂きました。

とても研究熱心な方なので、何時も明日は我が身と思われており

僕のブログを読んで頂き、トラブルシューティングをして居られます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 修理 | 部品

2022年11月11日

オミクロン対応二価ワクチン接種3

昨日、嫁の指令で三回目のワクチン接種に行って来ました。
今回のワクチンは最新のオミクロン株対応二価ワクチンなのですが
アメリカ大使館の友人から、幾つかのワクチンロットに
製品不良
があるから注意しろと連絡がありました。
今朝ロット番号を照らし合わせてチェックをしましたが
製品不良とされるロット番号には該当しない物だったので一安心。
でも昨日の夜から段々と肩に痛みが出だしており
今朝はもう腕が上がらない位の痛みになってます…。
痛みはどちらかと言うと、何か先が鈍く尖った物で
肩パンを食らった感じの痛みに似ています。
僕の場合それ以外の熱や体調不良は特に無いので
痛みだけを我慢すれば、今日は仕事が出来そうです。


奈良S様修理手直し三日目

昨日接種したワクチン接種後の副反応が心配だったのですが

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (1)肩が痛い位で、仕事は出来るので一安心。

で、今日はクラッチカバーを開けて

シフト関係に不具合が無いかの確認をします。

エンジンオイルは抜かずに作業をするので

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (2)車体は少し傾けての作業となります。

相変わらず過剰トルクなので、+ねべネジも

ショックドライバーを使わないと緩まない…。

肩痛いのに…、何とかクラッチカバーを取り外し

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (3)クラッチ御開帳!、隙間から覗くと

ポジティブストッパーが隙間から見えなかったで

やっぱり折れてるなぁと思いリフターを緩めるも

ここもか!触るとこ全部過剰トルク!

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (4)しかもR側パッキンには液ガスを塗られ再利用?

ロックナットは定番の裏表逆じゃないんだw

クラッチスプリングは純正なのに、何で

クラッチレバーがあんなに重いんだ?と思いつつ

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (5)クラッチを取り外すと、そこには…

えー!こんなの初めてぇぇぇ…!

まさかのポジティブストッパー不在には

流石にビックリしましたw

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (6)これじゃぁまともにシフトチェンジが

出来る筈はないよねぇ…通りで僕が試運転をした時

シフトミスするはずだわ…と思い、僕の試乗診断は

間違って居なかった事に取り合えず一安心w

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (7)ニュートラルストッパーも摩耗しているし

シフトドラムセンターも摩耗している様子なので

シフトチェンジに不自由がある事から

せっかくなので、ここもリフレッシュする事にし

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (8)ニュートラルストッパーは摩耗が少ない中古良品。

シフトドラムセンターはCP製強化タイプの

シフトドラムセンターに交換して仕舞います。

ベアリング式ニュートラルストッパーの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (9)テストが終われば今後は、摩耗している場合

ベリング式ニュートラルストッパーを導入します。

シフトドラムセンターも交換して組み換え。

ドラムストッパープレートやドラムストッパーの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (10)摩耗は意外と無いので、この二点の部品が揃えば

ニュートラルに入り難いなどの思いは不要になる。

で、不在だったポジティブストッパーは

丁度良い中古良品があったので、それを取り付け。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (11)これでシフトチェンジの問題は解決するはず!

クラッチリリースポイントを調整し

恐らくホコリ等で重くなったクラッチワイヤーは

フッ素オイルを流し込みかなり軽くなりました。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (12)これで、シフト関係の不具合問題も解決です。

次にチェーンカバーに干渉しているリアサスを

純正タイプのリアサスに交換するのですが

あくまでも僕の個人的な偏見ですが

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (13)作業性が悪くて余り好きでは無いタンデムバーが

取り付いているので、リアサスを

取り外す場合全部分解しないと…

まぁ面倒なだけなんですけどねw

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (14)でも物によってはシートも破れるし

中にはタンデムバーがあるとシートが

付かない物もあるらしいですね。

で、もうスカスカにダンパーが抜けている

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (15)モンローのリアサスを取り外し

チェーンケースとリアサスの干渉する部分に

穴が開いているのですが、ここにゴムプラグが

ちゃんと入って居る車両は少ないですね。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (16)これで純正タイプのリプロ品リアサスを

取り付ける準備も整いました。

リアサスが動く部分なのにアッパーマウント側は

塗装されておりグリスも塗られて居ないので

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (17)一応この部分は高圧力部分になるので

モリブデングリスを塗ります。

これで、リアサスの動きも良くなり

ダンパーが抜けていたサスから

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (18)狂い咲きじゃない限りそれなりに使える

リプロ品純正タイプリアサスに交換。

今まで押さえつけられていたチェーンカバーも

ドリブンスプロケットカバーとの干渉も無くなり

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (19)これで十分な隙間が確保出来ました。

ドライブチェーンはノンシールタイプで

かなり伸びているので、そろそろ限界ですが

取り合えず、最後の調整をしておきますが

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (20)これ以上伸びれば、交換をご検討下さい。

チェーンカバーと干渉し地肌がむき出しの

ドリブンスプロケットカバーですが

このままだと錆びるのを待つだけなので

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (21)応急的に錆止め代わりに刷毛塗りですが

塗装をして、錆止め処置をしておきます。

これでやっと今回気になった部分や

危険なヵ所、シフト関係の不具合などの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (22)作業が全て完了しました。

取り回しが重たいので、空気圧をチェックすると…

これもまた命懸けのライディングだったねぇ…。

定期的に空気圧はチェックして下さい。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (23)ここまで来れば全てが疑わしく思えるので

念の為、ウオタニの点火時期をチェック!

線一本の微妙な所ですが、まぁ大丈夫でしょう。

取り合えずこれで問題無く走れると思います。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (24)ウオタニのコントロールユニットも

念の設定を確認して見ると…

出荷時のままなので、まぁレブは

このままでも良いとしても、せっかくの

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (25)ウオタニなので点火時期は少し調整をしました。

これで試運転をして確認をしましたが

持って来た時とは全然違う車両になり

シフトチェンジも滅茶苦茶スムーズになりました。

奈良S様CB400F誤組み修正手直し作業三日目 (26)抜けたリアサスを交換したので、今度は

フロントフォークの動きがスカスカなので

次回の課題にでもかなぁ…

まぁ本当は見れば見る程気になる所は

幾らでもあるのですが、直接走行性能に問題があるヵ所では無いので

それもオーナーが今後気になれば、手直しすれば良いでしょう。


またもや恐怖の姪からの呼び出し…

姪が先日から「バイクの後ろから音がする!」と

悪魔の姪ズーマー駆動系故障また引取り…半ギレのメッセージが入って居たのですが

どうやらついに走らなくなったらしく

バイクを引取りに来いとのご命令…

仕方無く昨晩引取りに行って来ました…

悪魔の姪不動ズーマー修理221111 (1)エンジンは掛かるけど、走行しないので

恐らく駆動系からと思われる音もするので

多分プーリーだろうなぁ…はぁーめんどくさ!

と言う事で、不動原因を特定する為に

悪魔の姪不動ズーマー修理221111 (2)L側サイドカバーを取り外し、まぁ原因は

プーリーだろうと狙いを定めて開けて見ると…

あのハゲ!この前姪がエンジンを壊した時

エンジン丸毎交換して、ベルトは交換したのだが

悪魔の姪不動ズーマー修理221111 (3)まさか、プーリーがここまで摩耗しているとは…

あいつら親子でワシに手間を掛けさせやがる!

もう原因はこれしか無いので、弟に連絡し

新しいプーリーローラーを買って持って来い!と

Lineを入れたので、新品を買って来るのか

それともこの前分解したエンジンを持って来るのか知らんけど

もういい加減にあのややこしい姪のお相手は勘弁して欲しいw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | 修理

2022年11月10日

ハヤシキャスト納期延期のお知らせ

【ハヤシキャスト納期延期のお知らせ】
製造販売元のカーショップオモテさんから連絡があり
鋳造所設備不具合により11月納期予定の
CB400Four用ハヤシキャストの納期が来年2023年2月頃に
延期になりましたので、ご連絡を致します。
楽しみにお待ち頂いて居られる方々へはもう暫くお待ち下さい。

年末の手術に向けて、昨日の定休日に
息子が勤務する病院へ診察へ行って来ました。
方針としては、今後の人生においてこのOPLLと言う
指定難病を抱えたまま、仮に人生80歳まで生きるリスクを
考えると、手術出来る体力がある内に
手術をした方が良いのではないかと言うアドバイスを頂き
取り合えず今月中に一泊二日の検査入院をする事になりました。
また僕の首には2年前のSDC摘出手術痕や
同じく首の右後ろに突き刺さったガラスを摘出した手術痕もある為
何処からアタックするかなども含めて、主治医と話をする事になりました。
また本日は第三回目のコロナワクチン接種の為
早仕舞いをさせて頂きます。
年内は色々とイベント事が多く、ご迷惑をお掛け致しますが
ご理解の程宜しくお願い致します。


CP1.5号機用スピードメーター修理完了

リビルドしたスピードメーターがまさかの

CP1,5号機用スピードメーターノブ修理 (1)トリップメーターノブが脱落すると言う

ハプニングから修理に出しており

今週末予定しているツーリングに間に合うか!

と言う感じでクレーム処理をして頂き

CP1,5号機用スピードメーターノブ修理 (2)修理が完了し無事に戻って来て間に合いました。

で、まぁこれはお決まりの事なので

これ以上は何も言う事はありませんが…

僕なりに振動対策をしているつもりなのですが…

CP1,5号機用スピードメーターノブ修理 (3)他のメーターを付けると、大丈夫なのにねw

と言う事で早速取付をする事に!

これで今度のツーリングに行く準備が整いました!

が!しかし…どうやらまた定休日は雨らしい…

これじゃぁまた月曜日の早朝拉致男が喜び、僕を拉致りに来るじゃないか!


本日のご来店神戸H様CB400オイル交換

先日は398タンク塗装のご依頼を頂き、現在塗装屋さんへ送ってます。

神戸H様CB400オイル交換221110 (1)で、本日は愛機のオイル交換にご来店。

オイルクーラーを付けるかどうかなどのお話や

エンジンの正しい管理方法についても

レクチャーさせて頂きましたが

神戸H様CB400オイル交換221110 (2)とどのつまり、このCB400Fourと言う車両は

乗る事が最大のメンテナンスと言う事で

アイドリングで動態確認をする事が

一番の負担になると言う事になりますので

相棒と長い付き合いをする上で必要なのは

奥様と同等の愛情しかないと思います。

じゃ無いと、30分位厳しく折檻されてしまう位

CB400Fourもへそを曲げて仕舞うかもねw


奈良S様CB400F修理手直し二日目

触れば触る程、余りよろしく無い部分が露呈するんですが…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (1)取り合えず先日の続きから作業を再開。

まずはこの定番になるクラッチケーブルガイド

この取付位置を正規に戻して取り付けます。

で、ウオタニのコイルを取り付けて

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (2)この左右逆取り付けになっている

ウオタニコイルを正規の取付位置に戻します。

右側は#1.4側なのですが、#2.3になってます。

まぁ配線も左右逆にしてあるので

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (4)エンジンはちゃんと掛かるのですが…

点火時期をチェックし難いだろうに…

シリコンコードも適当に切断されており

オイルクーラー側にデロンと垂れており

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (3)僕的にはちょっと見苦しく思ったので整線し

寸法を合わせて切断して取り付けました。

でこの#3コードの取り回しですが

よくあるのがタコメーターケーブル下を

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (5)通してあるのですが、正規のルートは

タコーターワイヤーの上を通るのが正規です。

次にこのクラッチレリーズですが

アジャストボルトの調整が悪く遊びが無い。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (6)ここは全締めから5/8〜1/4戻し程度で

調整しないと、エンジンが温まると

アジャストボルトが熱で伸びて

リフターを押し半クラ状態となり

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (7)クラッチ滑りなどの原因になります。

次もCB400Fourあるあるの誤組み

フロントアクスルシャフトホルダーの

取り付ける向きですが、前後で厚みが違います。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (8)進行方向に向かって厚みのある方がフロント側。

締め付けもフロント側を先にトルクを掛け

最後にリア側を締め付けるのが正解になります。

均等に締め付けると、厚み違いの意味が無い。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (9)で、次はオイルクーラーホースの取り回しと

バンジョウボルト交換、ホース長の調整

手直しに取り掛かります。

丁度良い角度のバンジョウボルトが

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (10)かなり前からメーカー欠品中になっており

手に入らない為、CPにある在庫品の

90度タイプを使って何とかしたいと思います。

丁度バンジョウボルトの色も黒なので

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (11)良い感じになると思いますからね。

取り付け位置、角度を確認し

この長いホースを切断するのですが

ノーマルマフラーなので、取り回しがかなり厳しく

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (12)元々エキパイにホースも当たっており

いずれにしても余りよろしく無い状態。

それをスマートな取り回しにする事にして

サクサクっと修正が完了しました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (13)これで最初に入庫して来た配線やホースが

飛び出て野暮ったい感じから、スッキリとした

感じに仕上がりました、不在っだったタンクの

フロントクッションも取り付けました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (14)硬化し千切れ掛けのリアクッションゴムも

新品に交換したので、これで安心して

タンクの脱着が出来る様になりました。

こう言うゴム部品はまだ純正が出る内に

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (15)交換して置くべき部品だと思います。

ホースやシリコンコードの邪魔になっていた

ホーンも周りがスッキリしたので

正規の位置に取り付ける事が出来ました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (16)本当は今日中にクラッチカバーを取り外し

中の状態をチェックする予定だったのですが

ワクチン接種の時間が迫って来たので

今日の作業はここまでで終了です。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (17)片付けに取り掛かろうとした時に気になった

ブレーキホースとオイルクーラーの干渉。

ハンドルを切ったり、フロントフォークが

伸び縮する度に擦れ、ブレーキホースに

奈良S様CB400F誤組みなどの修正二日目 (18)ダメージが入る恐れがあるので、これは危険。

コールゲートチューブは普段使わないので

スパイラルチューブでブレーキホースを養生。

応急ですが、これでブレーキホースに

ダメージが入る事が軽減出来ると思います。

明日にはリアサスも入荷して来るので

クラッチとリアサスを交換して仕上げます。


新たなフォアオーナーご来店

本日のご来店は、とある業界で有名な方がご来店頂きました。

本日のご来店寝屋川K様CB400221110で、今日がフォア購入後初乗りとの事で

朝からウロウロと走り回ってから

CPへ足をお運び下さり、今後のメンテナンスや

カスタムなど、色々とご相談を頂きました。

今後とも宜しくお願い致します。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 修理

2022年11月08日

木曜日は早仕舞い3

明日の定休日は12月の頸椎手術に向けて
息子が勤務する病院の脊椎専門Drの診察を受け
諸々の事を決めて来る予定になってます。
明後日11月10日(木曜日)は嫁の指令で
新型コロナオミクロン対応ワクチンを接種しに行くので
早仕舞いとさせて頂きます。


奈良S様CB400F諸々の手直し修理

色々とご相談を頂き、部品もある程度入荷して来たので

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (1)先日入庫して来た奈良S様CB400Fの

手直し及び作業に今日から取り掛かります。

まずは簡単な所から手直し作業。

入庫の際にパッと見で間違っている所や

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (2)問題があるヵ所の手直しをして行きます。

まずは簡単な所から手直し作業。

トルクロッドのダンパーゴムを新品に交換し

正規の位置に入れて交換取り付けが完了。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (4)次にクラッチスイッチの故障ですが…

ヘッドライトケースを開けて見るとw

そもそも配線が接続されていなかっただけで

配線を接続したら、クラッチスイッチは復旧。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (5)ヘッドライトを外したついでに他もチェック!

メーターバックライト茶に白のラインに

ポジション球の配線が接続されていた

これはこの茶色のパーキングラインに接続。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (8)スピードメーターワイヤーの取り回しルート

わざわざ狭い所を通しており、ワイヤーに

負荷しか掛からないので、折れ曲がらない

負荷が掛からない正規のルートに戻しました。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (9)次にタコメーターワイヤーの取り回しですが

ハンドルを左に切ると、ホースバンドに引っ掛かり

ハンドル操作に支障が出るし、ワイヤーにも

負荷が掛り、その内断裂するでしょう。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (10)メータークッションも交換するので

タコメーターワイヤーを取り外すと

既にワイヤーにダメージが入っていました。

まぁタコメーターワイヤーなので取り合えず…。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (11)タコメーターワイヤーの取り回しは

危険なので一応正規のルートに修正。

これでハンドル操作に支障は出なくなります。

まぁこのオイルクーラーホースのバンジョウも

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (12)ダメなので後で交換をするのですが

取り合えずメーター周りの手直しを

先に進めるのですが…まぁ予想通りカラーが不在。

袋ナットもカラーが不在なので突き破ってます。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (13)当然メータークッションラバーはこの様に

朽ち果てているので、このまま走れば

メーターが壊れるのは時間の問題。

この車両は逆車なのですが、スピードメーターは

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (14)貴重な国内物が取り付けられていました。

取り合えずこれでタコメーター側は完了。

スピードメーター側も同じ状態だったので

不在だったカラーとクッションラバーを入れて

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (16)メーター周りの手直しが完了しました。

と言う事で、次はシリンダースタッドからの

オイル漏れの修理に取り掛かるのですが

タンクを外すとフロントクッションが片方不在。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (17)ウオタニが取り付けられているのですが

コイルの配線が左右逆になっており

何かとややこしいので後で修正します。

クラッチケーブルガイドの取付も定番間違い。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (20)ヘブリーザーカバー取付ボルトが一本

M6×32が入る所にM6×28が入っていた…

何処のボルトと間違ったのかなぁ…

短いとねじ山上りの原因になります。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (21)で、ヘッドカバーも定番のボルト入れ間違い

UBSボルトが入る所にM6×40が使われており

M6×40が入る所にUBSボルトが入っており

ねじ山にダメージがある様な手応えだった…。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (22)L側も同じくM6×40の所にUBSボルトが

入っており、UBSボルトの方が短いので

同じく、ねじ山にダメージ…M6×35が一本不明。

ホーンの取付も気になるので手直しです。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (24)ヘッドカバーを開けるとカムチェーンは問題無く

一見大きな問題無さそうに見えたので

まぁカムが減っている程度かなぁと…

思いながらスタッドボルトのオイル滲み対策を

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (25)サクサクっとやっつけて仕舞おうとよく見たら

カムチェーンホール横のスタッドボルトが

袋ナットでは無く普通ナットが使われているので

こりゃぁオイルが漏れて当然だわなぁ…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (26)カムチェーンガイドもよく見ると被覆が剥離し

心金がむき出しになっているので

ヘッドカバー側にもダメージが入ってます。

これをこのまま放置すれば、ヘッドカバーは勿論

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (27)シリンダーヘッドも使い物にならなくなります。

何だか見れば見る程、ドンドン深みにハマって

ヤバい雰囲気しかしないので、触るのが怖いw

取り合えずカムチェーンガイドを新品に交換。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (28)で、何か他の違和感しか無い、袋ナットが

入っていない所のナットを外すと…

何で?こんな長いカラーが入ってるの?

どういう事???…「ほれみてみぃ…ドツボやん」

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (29)と言う心の叫びを押さえながら作業を続行…

すると更にその下にもワッシャーが一枚…

どうやらその下にシールワッシャーが

入っている様なので、一旦全て除去する事に…。

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (30)どうやらこの純正シールワッシャーが

一番下らしいのですが、何でここのスタッドが

こんなに長いのか?これはきっと

これ以上先に進むと大きな罠があるに違いない…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (31)そう思い、念の為他のヘッドナットも

取り外してチェックして見るとw

ほれ見ぃ!2枚も入っとるやないか!

えー…!何か嫌…もう先が見えてるやん…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (32)カムチェーンホールの後ろ側には

純正では無い物が使われており

一応シーリングワッシャーぽいのですが

ゴムは硬化しているのでダメですねぇ…

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (33)プラグはトルク不足だし、そこら中に罠が…。

と言う事で問題のスタッドボルト部分ですが

仮にボルトが長い原因を調べるとすれば

腰上O/Hは必須になる分けで、僕が思うに

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (34)この部分のスタッドは、他の車種からの

流用部品を使っているのかも知れないし

CB400Four用のスタッドは手に入らないので

オイル漏れが無い事を祈りつつ

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (35)新品のシールワッシャーに交換して復旧しました。

この社外のホーンの取付方法も…取り合えず

この後の作業の事もあり、一旦邪魔なので

取り外して、オイルクーラーホースの

奈良S様CB400F誤組みなどの修正 (36)取り回しを考える事にして、エンジンは一旦復旧。

ヘッドカバーのボルトは過剰トルクだったですが

ねじ山が上がる事も無く無事に取付が完了。

後はウオタニコイルを正規に修正して

オイルクーラー、クラッチ、足回りなどを修正すれば

取り合えずは完了になる予定ですが、まだまだ何かが潜んで居そうな気が…


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 部品 | 修理

2022年11月07日

レデューサー取り付け車両について3

定休日の今週末は僕が顧問をさせて頂いている
枚方市のコミュニティ「枚方が好きやんツーリング部」の
公式ツーリングが開催される予定になっているのですが
どうも天候が怪しいらしく、金曜日には
決行か中止かが決まる事になってます。
他に心配なのは木曜日に嫁の指令で三回目の
ワクチン接種をする事になって居り
その副反応が如何な物なのかが心配です。
CP1.5号機もキャブのセッティングが今一なので
時間がある時にでも弄って、こう言うタイミングで走って
セッティングを出したいと思います。


CP1.5号機キャブレター調整

RCフォアが朝一からご来店する物と思ってPITを開けて待っていたのですが

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJN MJ交換 (1)どうやら朝駆けしているのか?来ないので

CP1.5号機のキャブレターMJを交換する事にし

まずはプラグの状態をチェックしました。

まぁ走行直後の状態では無いので黒いのですが

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJN MJ交換 (2)やはりまだスローは濃い目の様です。

でも今回の目的は上の伸びが無いので

MJを交換するか、MJNノズルのクリップ位置を

下げるかと思って居たのですが

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJN MJ交換 (3)このプラグの状態からすると、下が濃いので

ノズルのクリップ位置はこのままで

取り合えずMJをキャブレター出荷時の

#120から#125にしてみる事にします。

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJN MJ交換 (4)タンクを外すのが面倒だったのでw

キャブだけを取り外し、MJを交換。

これでアクセル全開時のガソリン噴射量が

多少増えるので、これでも薄かったら

更にMJを大きくして行くしか無いと思います。

スローはもっと薄くしようかなぁ…。

取り合えずこれで日曜日のツーリング準備は整いました。


RCフォアオイル交換とレデューサー掃除

月曜日なのでまた早朝から拉致されるのかと思ったけど

RCフォアオイル交換にご来店221107 (1)インスタを見るとどうやら朝から

寝屋川M氏と走りに行っているw

と言う事で走り終わってからの

オイル交換作業にご来店となりましたw 

RCフォアオイル交換にご来店221107 (2)まぁ僕が朝から拉致される事を考えれば

寝屋川M様が身代りになったと思うと

とてもありがたく思いますねぇw

と言う分けで、走りたて熱々のエンジンから

RCフォアオイル交換にご来店221107 (3)エンジンオイルを抜いて交換するのですが

RCフォアにはシングルリードバルブの

レデューサーが付いているはずなのに

熱々のオイルが一気にドレンから流れ出た…。

RCフォアオイル交換にご来店221107 (4)あぁこれはキットレデューサーに何かが

起って居るのだろうと思うので、オーナーに

レデューサーを後で分解チェックする事を伝え

オイルフィルターも交換するのですが

RCフォアオイル交換にご来店221107 (5)これまたこの四本出しマフラーが知恵の輪で…

エンジンオイルを入れてから熱いエンジンの

狭い隙間に手を入れてレデューサーを取り外し

リードバルブを見てみると…あぁやっぱり…

RCフォアオイル交換にご来店221107 (6)乳化したブローバイガスがチンカスの様に

リードバルブに溜まっており、バルブが浮いてる。

分解して中性洗剤で洗浄して微調整をして

無事に復活したので、取り合えずは良かった。

RCフォアオイル交換にご来店221107 (7)で、色々話をしていたついでになりましたが

寝屋川M様のテールライトブラケットに

ちょっとした不安要素があり、以前から

この部分の件は伺っていたので、部品も既に

手配済みだったので、ついでにボルトとカラーを交換し

振動でテールライトブラケットが割れるのを防ぐ為にゴムも追加。

次回21日に残りの作業をやる事にします。

【レデューサー取り付け車両のメンテナンス及び修理について】

エンジンオイル交換時にエンジンオイルが普通に落ちて来る場合

リードバルブに何らかの問題が発生しています。

タンクを取り外したついでや、定期的にレデューサーを分解し

リードバルブの状態をチェックしましょう。

洗浄はパーツクリーナーなどはNGなので

中性洗剤で優しく手洗いをして下さい。

もしリードバルブ下のゴムが浮いて居た場合は

製造元のマエカワエンジニアリングにご相談下さい。

今までは無償でゴムの修理を行って頂けたのですが、2022年6月1日より

ゴムの修理が有償化となりました、工賃などの詳細はメーカーHPをご覧下さい。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) キャブレター | メンテナンス

2022年11月06日

TOP GUN MAVERICK3

amazonnpuraimuのビデオも興味がある物は
殆ど見て仕舞ったので、最近ではYouTubeを見ており
見るコンテンツの殆どは、釣りや日本刀、CB400Fourに関する物
自宅のTVでもYouTubeを見れるので、TV番組に
興味が無い時は大体見ているのですが
嫁曰く、CB400Fourの動画になるとYouTubeを見ながら
画面に突っ込んでいるらしいw
あまり意識して無いのですが、恐らくDIY的な物や
「素人が何々する!」系でCB400Fourを弄る動画では
かなり酷いらしく、確かに手際が悪い作業を見ていると
イライラして居たり、DIYで余り見た目が良くない感じで
市販品が売って居るにも関わらず作る人って
再生回数が結構多い傾向だなぁと思った。
DIYでコストを抑えているんだろうけど、時間給的に考えると
「この方の時間給って安いんだなぁ…」って思ってるし
何よりも不細工で残念な仕上がりになっている…。
僕が思うにこう言う動画の再生回数が多いのは
何処かで笑われて居るのかも知れないとか
皆手際が悪い動画を見て、歯痒い気持ちを見て再生回数が上がっているのか?
と思ってしまうし、何よりもそれを見て真似をする方が
居るのかも?と思うと、結構怖い動画だと思った。
で、嫁が言うには「YouTube見ながらブツクサ言うなら
あんたがYouTubeすればええねん!」と簡単に言うのですが
そんな我が身を切り崩してまで、YouTubeをする時間も無いし
叩かれると壊れて仕舞うガラスのハートなので
きっとアンチが喜ぶだけなので、絶対にそんな事はしない!
勉強になる動画は無料な分け無いだろう…。


今日は開店休業日w

TOP GUNのDVD、ブルーレイディスクが届いたし

トップガン マーベリックDVDマグカップ付き (1)新しい釣り竿もセットしないといけないので

今日は仕事をサボってビデオ鑑賞と

釣りのイメージトレーニングがメインなので

仕事をする気は全くありません…w

トップガン マーベリックDVDマグカップ付き (2)早速PCのブルーレイディスクドライブに

CDをセットするも、設定画面から先に進まない…

どうやらアップデートをしないと再生出来ない…

でも何をどう設定してもソフトが動かない!

トップガン マーベリックDVDマグカップ付き (3)何でやねん!ここまで来て!と苛立ちながら

色々と試していると、やっと見れる!

販促品のマグカップ付きTOP GUN!

今から大音量で鑑賞します!

TOP GUNも見終わり、いやー冒頭に出て来るバイクには鳥肌が立ちましたね!

映画の為にブラックアウトされたH2も良いけど、やっぱりね!

最後に出て来るロールスロイスのエンジンを搭載したP-51Dマスタングは

トムクルーズ所有の物だと言うのは周知の事。

まだご覧になって無い方は、映画かDVDで見た方が良いと思います。

そんな感じで、TOP GUN主題歌タイムゾーンを鼻歌で歌いながら

筏用釣り竿手入れと次の準備新しく購入した竿を、嫁に見つかる前に

リールを取り付けて仕掛けを作って

ロッドケースに片付けました!

長年使っていた、和竿は現役引退の為

筏用釣り竿手入れと次の準備 (2)片付けて、僕の思い出宝物庫に片付けます。

で、弟を呼び出し、次の釣行準備をさせてます。

オリジナルブレンドのヌカ団子を何時もより

多めに作って、入院する前にもう一度…いや

後2回は行きたいなぁと思っていたのですが

弟の都合が合わず入院前になりそうです…。


枚方GTK号21号機オイル交換

急に仕事の都合で時間が出来たとの事でご来店。

枚方GTK号21号機CB400Fオイル交換221106 (1)アポ無し、PITの都合はダメ元での

突撃オイル交換作業のご依頼w

まぁ基本的に週末は何時もですが

何があるか分からないので

枚方GTK号21号機CB400Fオイル交換221106 (2)大きな作業はなるべく控えているので

ブログをご覧になられてない方も

突然ご来店される事もある事から

余程の事が無い限り、PIT作業が出来る様に

対応しており問題は無いので、サクサクっとオイル交換。

レデューサーもちゃんと効いており

乳化もしておらずオイルの質も悪くは無いので

交換サイクルも多少は延命出来ると思います。


モリワキ、ヨシムラマフラー達

モリワキJMCAマフラーのカスタムから塗装の手直しをして

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (1)自然乾燥で塗装を乾かしており

幸いな事にここ数日は気温も高かったので

塗装は乾いていると思うので

やっとオーナーに送り返す事が出来ます。

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (2)本当は、私的にはオリジナル塗装を残して

サイレンサーだけを交換する予定で

作業を進めていたのですが、もう後戻りも出来ず

最終的に破壊するしか手段も無く

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (3)残念な事に塗装も焼けてしまったので

補修塗装をする事になり、申し訳ないと

思って居る所です…。

取り付け後、暫くは塗装が焼けるので

モリワキJMCAマフラーカスタム塗装直し完了 (4)煙が出ると思いますので、エンジンを掛ける際

換気の良い所で、エンジンを掛けて

マフラーを焼いて頂ければと思います。

JMCAマフラーサイレンサー交換をやると言う

発想が無かったので、今回はとても良い勉強になりました。

ありがとう御座います。

埼玉T様ヨシムラ機械曲げマフラー修理依頼で、次のマフラー修理依頼は当時物

ヨシムラ機械曲げマフラーの修理依頼。

腹下はボコボコで、カットされているので

CP製機械曲げマフラー用パーツを流用し

腹下は板金で修正するのですが、この錆の具合から想像すると

ただでさえ薄い鉄板は、それ相応に錆に侵されているのは

過去の経験からも分かる事で、修理には結構な時間と手間暇が掛ります。

かなり気長にお待ち頂けますようお願い致します。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 修理

2022年11月05日

今月も私的イベント盛り沢山…3

先日は海へ出掛けて、太陽の下で大笑いしながら遊んで
20年以上大事に使っていた竿を折って仕舞い
昨日、折れた竿と同じ位する新しい竿を買ったので
カード明細が嫁の目に触れるまでの間にご機嫌取りをする予定。
11月9日には息子が勤務する病院へ行き、脊椎専門の部長が
僕の診察をしてくれる事になり、手術の打ち合わせをする予定。
以前から嫁に僕が旅行に行こうと誘っても断られていたのですが
急に嫁が旅行に行こうとと言いだして
ペットと泊まれるお宿を自分で手配しており
お高い竿をカードで購入した事もあり断れないので
ご機嫌取りの旅行に行く事にしたのですが
コロナ三回目ワクチン接種をしないといけないらしく
来週、嫌々ながら三回目のワクチン接種に行って来ます…。
後はカード明細が先か、入院が先かで僕が嫁に叱られるのか
それとも上手くかわせるのかと言う事が決まります…。
前回の日本刀三振りよりかなり安いので
先月より安いなやないか!と金銭感覚が感覚がマヒしてれば良いのに!


高槻O様CB400エンジンフルO/H分解

今回ミッション系統の不具合により

高槻O様CB400エンジンフルOHに切り替え作業 (1)腰下からのアタックになった

高槻O様CB400ですが…いざ開けてみると

小さくて大きな罠が仕込まれており

結局、エンジンフルO/Hをする事になり

高槻O様CB400エンジンフルOHに切り替え作業 (2)オーナーに状況を説明し、作業を続行。

止む無く腰上を分解する事になりました。

エンジンO/Hで一番費用が掛かるのが

腰上O/Hになるので、当初の見積もりより

高槻O様CB400エンジンフルOHに切り替え作業 (3)遥かに金額が上回って仕舞うので

オーナーには申し訳ないのですが

こればかりは開けてみないとと言う部分があり

致し方ないと言った所になります。

幸いクランクメタルはこのまま使っても問題は無いレベルですが

開けたついでに交換するかどうかはオーナーと相談。

ロッカーアームとカムシャフトはちょっとカジリがあるので

これもオーナーと相談になります。

取り合えず分解が完了したので、これで改めて見積もりを提出します。


奈良S様CB400Fシフト関係不具合のご相談

先日からメールでご相談を頂いていた奈良S様がご来店。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (1)奥様が乗る車両で最近ご購入されたとの事。

ご相談内容はメールでお伺いしており

試運転をして症状を確認する前に

車両の状態を確認させて頂きます。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (2)まず最初に目に入ったのはリアブレーキ

このブレーキペダルボルトの向きが逆で

このままだと締まり切っていないので

スプラインからペダルが滑り大事になる。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (3)なのでシャフトも定番の様になっており

リターンスプリングが落ち込んでます。

ボルトの向きを正常な向きに修正し

シャフトも奥までしっかりと入れました。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (4)次にシフト関係に不具合がありそうとの事で

シフトチェンジアームを見ると、これも…

CB400Fourあるあるのパターンだった。

これじゃぁシフトを掻き揚げ切れないので

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (5)ギアー抜けしたり、ニュートラルに

入れ難かったりするはずですねぇ。

スナップリング下に入るはずの

ワッシャーも不在の様だったので

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (6)ついでにスナップリングを取り外し

ワッシャーを入れようかと思ったのですが

入れる順番が斬新な入れ方で

不在だと思って居たワッシャーは

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (7)ただの居留守だった事が判明したので

居留守をつかわせない様にと

正規の場所に納まって貰いました。

これで恐らくギアーほとんどの抜け問題は

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (8)解決するはずなので、ブレーキと

スフとペダルの問題を正規の状態にして

試運転に出て、チェックをしたのですが

シフトアップでギア抜けするので、恐らく

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (9)ポジティブストッパーに問題がありそうです。

乗っていると、リアから音がするので

これもチェックすると、ドリブンスプロケットが

チェーンカバーと干渉している事も判明した。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (10)そもそもチェーンカバーがスプロケットと

干渉する原因は、リアサスが社外品になっており

無理やりチェーンカバーを取り付けている事。

チェーンもかなり伸びており、これもまた

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (11)オーナーと相談する事にするのですが

フロントもリアも、サスは抜けている問題…。

トルクロッド取り付けも定番の順番違い。

本来ゴムはトルクロッド側に入ります。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (12)スピードメーターも完全リジットになっており

よく見ると、メーターゴムが劣化して

はみ出ているじゃなぁか!これはもう

メーターが壊れる前に交換した方が良いでしょう。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (13)フロントアクスルクランプも定番のミス

前後逆に取り付けられてますね。

前後が逆なのはボルトが折れたり

クランプが割れたりするので、要注意です。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (14)スピードメーターワイヤーの取り回しも

わざわざ窮屈なルートで取り回されてます。

当然、クラッチワイヤーガイドの取付位置も

違う所になって居るのは言うまでもない。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (15)タコメーターワイヤーはショートカットされ

こんな感じにダブついているので

抵抗が増えるので、切れたり

タコメーターの表示に狂いが出たりします。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (16)それに、このオイルクーラーホースの

取り回しと言うか、バンジョウボルトが

ストレートになっている為、ゴムホースの

取り回しがえらい事になっており

取り回しの時、ハンドル操作に支障が出るし

このままだとゴムホースにストレスが掛かるので

長い目で見れば、最悪はバンジョウボルトにダメージが入ったり

ホースにダメージが入り、オイルを拭き出す可能性もある。

奈良S様CB400F色々とご相談にご来店 (17)クラッチカバーも定番の飛び出しがあった様で

修正されていますが、オイル漏れが無く

オーナーも気にならないのであれば

まぁその内でもと言う事で良いかぁ。

取り合えず、シリンダースタッド周辺からのオイル漏れもあり

奥様が安全に走れる様にする為に、危険なダメは全て修正します。

追記:クラッチスイッチも逝ってました…。


沖縄I様CB400オイル交換

本日は、遠路遥々沖縄からオイル交換にご来店では無く

沖縄I様CB400旧7号機オイル交換221105 (1)現在単身でCPのご近所に勤務して居られる

沖縄I様がオイル交換作業などのご依頼を頂き

午後からCPにご来店となりました。

お仕事で余り乗れて居ないとの事なので

沖縄I様CB400旧7号機オイル交換221105 (2)コロナが落ち着くであろう来年こそは

CB400Fourツーリングに是非ご一緒にと

お誘いさせて頂きました。

元々沖縄I様のCB400はCP7号機になり

沖縄I様CB400旧7号機オイル交換221105 (3)フルレストア後2015年5月に登録

弟名義で公道復帰した車両なんですが。

これも今の14号機同様、殆ど乗らずに

不動車コーナーにいた車両が平成30年に

沖縄へ旅立った車両になるので、レストア後7年が経過しており

シリンダーヘッドカバーガスケット辺りからオイル滲みが…

そろそろガスケットも寿命だと思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | メンテナンス

2022年11月01日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日10月2日(水曜日)は定休日になりますが
明後日10月3日(木曜日)は私用の為臨時休業とさせて頂きます。
また明々後日10月4日(金曜日)は朝から病院の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


22/10/31の血液検査結果

昨日は臨時休業を頂き、真性多血症経過観察と

221031の血液検査結果 (1)恒例の血液検査を行ってきました。

検査結果は相変わらずだったのですが

気になったのは前回に引き続き

リンパ球の数値が低い事。

221031の血液検査結果 (2)これは一般的に、栄養不足(これは無いなぁ)

HIVや癌の再発が主な原因になるのですが

HIVはまずありえないので、やはり…

白血球の数値やCRPの数値が少し高いのですが

これは恐らく、風邪のせいだと思います。

他はまぁ手術にも影響はない程度なので、少し食べ過ぎもあり

恐らく寒くなって来たので、冬眠する為に身体が

栄養を貯め込んでいる為だと思います。


モリワキJMCAマフラー塗装手直し

塗装が終わり、耐熱ステッカーを貼り戻す時に

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (1)タイラップで固定したのですが…

それが裏目に出た様で、どうやら塗装が

完全に硬化しておらず、がっつりと

タイラップの跡が残ってしまった…。

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (2)因みにJMCAプレートのリベット止めは

出来るのですが、これをやると前回も言った様に

犯罪行為になる為、プレートを紛失しない様に

マフラーに養生テープで貼って送り返します。

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (3)今日は残念な事に天気が悪く塗装をするには

不向きな日になるので、取り合えずこの

硬化不足で付いたタイラップの跡を

削り落として、手直しをする準備をします。

モリワキJMCAマフラーの罠塗装手直し… (4)半艶耐熱結スプレーを構厚塗りをしているので

タイラップの跡が付いた下地を慣らすのも

これがまた結構大変だった…。

塗装をする時は何時も銀ちゃん頼みだったからなぁ。

今銀ちゃんも仕事が忙しい、正直体調も余り良くない…

自由人君も自由に生きる為に、今自由をを放棄して仕事に励んでいるので

呼び出すのも申し訳ないので、銀ちゃんに教わった塗装の技術を駆使し

塗装したんだけど、仕上げでミスったわぁ…。


高槻O様CB400エンジン修理

エンジン腰下分解結果報告と、ボルト折れの件などをオーナーに報告し

高槻O様CB400クランクケースボルト折れ (1)腰下未開封状態だった事も含めて

ボルト折れヵ所の修理についても説明し

エンジンフルO/Hになる事について

ご理解とご了承を頂きました。

高槻O様CB400クランクケースボルト折れ (2)またカウンターシャフト部にあるM6×90の

ボルトも曲がって居た事から

ギアー抜けによる何らかのダメージが

ボルトに影響があったのかも知れません。

今回腰下を割って交換するはずだったカウンターシャフト1stギアーの

ガタ付き度合いを動画で撮影してみました。



ここまで激しい摩耗は過去最悪で、軽圧入のブッシュ本体もすっぽ抜け…。

高槻O様CB400カウンターギアー1stギアーブッシュ摩耗 (1)本当ならミッション、シフトドラム

シフトフォーク一式の交換を考えてましたが

結果的にエンジンフルO/Hとなった事もあり

今悩んでいるのは、不具合原因の1stギアーと

高槻O様CB400カウンターギアー1stギアーブッシュ摩耗 (2)ドグが摩耗して仕舞っている5thギアーだけを

交換して、費用を抑えるべきかそれとも

元々予定していた一式交換してしまうか…

他の部品をチェックしてからどうするべきなのか

余計なクランクケースのボルト折れさえ無ければ

仕上げ作業に取り掛かれるはずだっただけに…

作業の方向性を考える事にします。


CP1.5号機最終形体へ

再メッキに出していたリアフェンダーが

CP1,5号機完全形体仕上がり (1)仕上がって来たので早速仮に取り付けていた

FRP製リアフェンダーから

純正メッキリアフェンダーに仕様変更します。

これでCP1.5号機は当初の予定通りの形になる。

CP1,5号機完全形体仕上がり (2)サクサクっとFRPフェンダーを取り外し

配線を移植して、リアフェンダーの取付と

純正テールライトの取付が完了しました。

パット見は普通にキャストホイールが付き

CP1,5号機完全形体仕上がり (3)キャブがヨシムラミクニTMR MJNになって

カッコ付けのビキニカウルが付いている

程度のカスタムにしか見えないのですが

その心臓部になるエンジンは…ムフフ

とまぁこう言う仮性包茎車両が出来上がりました。

皮剝けるとスッゴイんだぜ!俺の!ワハハ。

カウルは高速仕様で威力を発揮するし、やっぱり有るのと無いのとでは

疲れ方が違いますからねぇ!

後は上が伸びないので、キャブのセッティングを見直す予定です。

でもまだ300キロしか走って居ないので、慣らし中なんだけどなぁ…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 修理 | エンジン

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241