2022年06月

2022年06月30日

医薬品不足らしいよ3

色々な物が高騰し、不足している中で
とうとう医薬品も不足が出始め
僕が飲んでいる薬のメトホルミン500が品薄となり
メトホルミン250を2錠飲む事で、品薄の500を補う形になった。
メトホルミンは美容系にも使われる薬なのですが
この先色々な医薬品不足が気になる所ですねぇ…。


CP製特注チタン機械曲げマフラー用材料入荷

大阪N様からの特注依頼品になるCP製機械曲げチタンマフラー用の

CP機械曲げチタンマフラー用特注パイプ入荷 (1)材料が入荷して来ました。

何かと物価が高騰する中のチタン材

しかもメインになるパイプ径は規格外なので

特注で巻いてもらったので、その分価格も

CP機械曲げチタンマフラー用特注パイプ入荷 (2)涙物の価格になってますし、アルミフランジの

ストッパーリングは、チタン丸棒から削り出し

作ってもらった物で、これも涙物です…w

一応3本分製作出来る様、材料を発注しましたが

そんなに売れる物と思って居ないので

1本は僕が使おうかなぁ…と思って居ます。

で、多分これでもうチタン製機械曲げマフラーは作らないと思います。


高槻S様CB400F継続車検整備

先日お預かりした高槻S様CB400F国内408ccの

高槻S様CB400F継続車検整備 (1)継続車検整備を先に済ませて仕舞う事にして

車検の予約を取らいないと、また予約だけで

一週間程度は待つ事になるかも知れない。

で、昨日の定休日にエンジンオイルを抜いて

高槻S様CB400F継続車検整備 (2)丸一日放置してエンジンオイルを抜いてました。

今回はオイルフィルターも合わせて交換し

ついでにハイパワーフル強化オイルポンプから

CP製フル強化オイルポンプ「極み」に

高槻S様CB400F継続車検整備 (3)バージョンアップをする事になり

オイルを抜いたついでに強化オイルポンプも

同時に交換をしてしまいます。

ミッション用が大流量になる事や50%増量よりも

高槻S様CB400F継続車検整備 (4)更に効果がある66%増量の「極み」に交換して

この異常な猛暑からエンジンを守り

快適な走行を楽しむ為に交換をします。

ホントこの暑さは、空冷エンジンには厳しいし

高槻S様CB400F継続車検整備 (5)オイルクーラーを装着していない事もあり

今回の車検整備に合わせ、大流量ミッション用

強化オイルポンプと強化オイルポンプ「極み」の

フルセットで交換する事になりました。

高槻S様CB400F継続車検整備 (6)で、カムチェーンの音もしているので

ついでにカムチェーンを調整しようと

思ったのですが、どうせまた直ぐに

プッシュバーが動いてカムチェーンが緩むので

高槻S様CB400F継続車検整備 (7)カムチェーン強制調整ボルトを

取り付けて調整する事にしました。

これなら一度調整をすればほぼノーメンテ。

カムチェーンスライダーが摩耗しない限り

高槻S様CB400F継続車検整備 (8)触る必要が無くなりますし、今度音がすれば

それはスライダー交換時期と言う事になります。

ブレーキフルードの状態は良いのですが

言ってもこれも2年物なので当然交換。

高槻S様CB400F継続車検整備 (9)更にヘッドライトの光量を上げる為

バッ直配線を接続して、継続車検に臨みます!

取り合えず車検予約を先に取ってから

後の細かい作業をやっるので、車検だけ通るだけの

高槻S様CB400F継続車検整備 (10)整備をしてから、後で諸々の作業をやります。

光軸も調整したので、これで大丈夫。

灯火系、保安部品も問題無いので予約を入れると

継続車検の予約が取れたのは来週月曜日だった。

何か意外と空いていたなぁ…w、まぁ他の作業も詰まっているので

気になる所も含めて車検を受けてからの整備になります。


京都T様CB400エンジン仕上げ作業二日目

先日エンジンを搭載し、エンジンマウントボルトだけ締めて

京都T様CB400エンジンOH組み立て二日目 (1)放置状態だった、京都T様CB400の

エンジン仕上げ作業二日目になります。

まず今日はL側から仕上げに取り掛かります。

フル強化オイルポンプ「極み」を取り付けて

京都T様CB400エンジンOH組み立て二日目 (2)後はACGカバーやセルモーターなどを取り付け

最後にスプロケカバーを取り付け

サクサクっとL側の組み付けが完了です。

両側のカバー類はブラストで仕上げていません。

京都T様CB400エンジンOH組み立て二日目 (3)次にR側クラッチなどの取り付けです。

クラッチプレートなどはまだ使えそうなので

交換せずに再利用する事にして

ベアリングと、クラッチスプリングは交換。

京都T様CB400エンジンOH組み立て二日目 (4)クラッチのロックワッシャーやロックナットは

少々手籠めにされているので、新品に交換。

ウオタニのピックアップも取り付けて

クラッチレリーズのOリングとオイルシールは

京都T様CB400エンジンOH組み立て二日目 (5)新品に交換してカバーを取り付けました。

これでR側も組み立てが完了しました。

ブローバイカバーを取り付けて

オイルフィルターのサンドイッチブロック取り付け

京都T様CB400エンジンOH組み立て二日目 (6)オイルフィルターケース、オイルパンも取り付け。

これでエンジンカバー類の取付が完了です。

後は吸排気関係を取り付ければ

火入れとなるのですが、その前に

京都T様CB400エンジンOH組み立て二日目 (7)エンジンオイルを入れ、クランキングをして

気になる実圧縮圧力を測ってから

キャブレターを調整する事にします。

マフラーも加工をご依頼されているので

明日中にはその辺りが仕上がると思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | エンジン

2022年06月28日

マスタング用マフラー購入への道3

念の為昨日嫁に何か欲しい物はあるのか聞いてみた所
何もないと言うので、3回位確認をして
強いていうならキッチンをリフォームしたいとの事だったけど
昨年、コンロと排気ファンを一式を交換した所なので
シンクの交換はまだええかなぁ、との事だった。
これで堂々とマスタングのマフラーを買える!
明日は病院と用事があるので柿本レーシングには行けないけど
7月中には見積もりをして貰いに行こうと思う!


京都T様CB400エンジン搭載

今回エンジンを仕上げて、色々な懸念事項がありましたが

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (1)取り合えず一晩置いて、僕も一晩考え

不具合があるのなら何かしらの話を

聞いているはずだろうし、販売メーカーも

継続して販売しているのであれば

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (2)問題は無いのだろうと言う方向で考えて

このまま仕上げる事にしました。

サクサクっと増し締めをした所思って居た以上

全体的に1/8回転程度も締まったので

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (3)これで熱を入れるとまた沈むかもねぇ…。

多少ヘッドが沈んだ所で気になる問題が

解決する分けでも無いんだけどね…。

これでヘッドカバーを搭載して

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (4)サクサクっとタペット調整を済ませます。

ヨシムラ中空ハイカムst1を搭載してあるので

タペットクリアランスは説明書通りの

クリアランスで調整を済ませました。

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (5)タペットキャップを取り付けて

いよいよエンジン組み立て作業台から移動

エンジン搭載準備に取り掛かります。

関西も今日梅雨明け宣言が出たので

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (6)PITから車両を出して、作業スペースも

たっぷりと出来て、エンジン様のお通りです。

で、何時もの様にエンジン搭載準備が

整ったので…

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (7)どーん!

搭載完了!

本当なら、これでサクサクっと

仕上げ作業に取り掛かるのですが

京都T様CB400エンジン増し締め、搭載 (8)今日は先にやって仕舞わないといけない

作業があるので、取り合えずエンジンマウントに

ボルトを入れて締め付けだけ済ませました。

明後日から本格的に仕上げ作業に取り掛かります。


これまでのZ750RS

お預かりしてからチョコチョコと作業をしていた初期Z2ですが

枚方T様Z750RS車検整備車両引取り (1)今日保管場所を移動するので

今日までの流れを公開する事にしました。

今月の20日に車両を引き取ってきて

車両整備の為、店に運び込み諸々のチェック。

枚方T様Z750RS車検整備車両引取り (2)車検証を見てワンオーナーの800番台だと分かり

これはヤバい車両を預かってしまったと

かなり後悔をしましたが、まずはちゃんと

ローリング出来る状態にする為

枚方T様Z750RS車検整備車両引取り (3)まず最初に前後タイヤにエアーを入れます。

エンジンはバッテリーが上がっており

掛からないので、エンジンの状態は不明。

後でオーナーと電話でお話をして打ち合わせ。

枚方T様Z750RS車検整備車両引取り (4)エンジンは15年ぐらい前にフルO/Hして

ボアアップもしているとの事で

キャブはZ1の物を使用している。

構造変更がされている為書類は型式、類別枠外

枚方T様Z750RS車検整備車両引取り (5)この車両をちゃんと動く様にして

乗りたいとの事で、作業に取り掛かるのですが

バッテリーが減って居り、多分ダメだろうと

思いながらサルフェーション充電をしたら

枚方T様Z750RS車検整備車両引取り (6)何とか復活したので、エンジンを掛けて

状態をチェックした所、タペット音の他に

カムチェーンらしき賑やかな音がするし

何よりアイドリングしないので

枚方T様Z750RSバッテリー充電エンジン始動チェック (1)キャブもダメなんだろうなぁと言う事で

車検を含めたザックリとした見積もりを

オーナーに提示し、お任せコースとなった。

で、本格的に整備に取り掛かるのですが

枚方T様Z750RSバッテリー充電エンジン始動チェック (2)アイドリングしない原因はどうやら

#2.3に火が入って居ない事が分かった。

なので、取り合えず今日はポイントや

IGCをチェックして、エンジンに火が

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (1)入らないと言う原因を調査する事にしました。

と言う事でまずはポイントからチェック!

ポイント本体には問題が無い事が分かったので

次はIGCが怪しいと言う事でタンクを

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (2)外そうとホースを抜くと…何とまぁ

タンクコックのホースジョイントが

根元から抜けたわ!…クッソ…

まぁ後これはから考えるとして…

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (3)イグニッションコイルは純正では無く

社外品に交換されてので、やっぱりこれが

一番怪しいのかなぁと…取り合えずIGCを

入れ替えて作動チェックをしようとしたら

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (4)今度は#2のプラグキャップの中身が取れた…。

もう!…触る所が全部崩れて行く…。

でもこれが原因じゃ無いので

配線を入れ替えてIGCの作動チェックをすると

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (5)火が飛ばなかった#2.3のコイルのご機嫌が

急に良くなり、#2.3に火が入る様になった。

と言う事で、現状復旧をしてエンジンを始動すると

今度はちゃんと4気筒共に火が入り

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (6)まぁまぁキャブの調子は悪い物の

ちゃんとアイドリングをする様になった。

念の為配線に接点復活剤を塗布して

これでエンジンは無事に始動する事が出来ました。

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (7)次にハンドルをコンチハンドルから

純正ハンドルに交換して継続車検を受けるので

サクサクっとハンドルスイッチなどを取り外し

純正ハンドルに交換して車検準備なのですが

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (8)今度は右ハンドルスイッチが死亡した…。

色々と原因を調べたけど、もう心が折れたので

今日はこれにて終了し、車に積み込んで

別の保管場所に移動する事にします。

枚方T様Z750RS点火系不具合調査 (9)何か、Z2が2台も入って来る事も珍しいので

CB400Fと並べて記念撮影をしてみました。

フォア専門で今までやってましたが

こんな光景は一度も見た事ないわw

何か良いね!w


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | 電装品

2022年06月27日

旅行かマフラーかw3

先日嫁に久しぶりに旅行に行こうか?と聞いたら
嫁「レオ爺とちゃP爺が居るから無理」と断られた…。
正直ちょっとイラっとしたけど、確かに仕方が無い。
で、普段ならコソコソとする所を堂々と
柿本レーシングに電話して、マスタングのマフラーについて
相談して、今度マフラーの見積もりをして貰う事にした。
マフラーを買う気は満々なのですが、何か罪悪感があるので
もう一度、今度は何か欲しい物は無いかを聞いてからにする。


高槻S様CB400F国内408cc継続車検整備

本日予定通り継続車検整備の入庫となった

高槻S様CB400F継続車検整備入庫220627高槻S様CB400F由緒正しき国内408cc

ご購入時の納車されたタンクカラーは

バーニッシュブルーだったのですが

お着換え用に赤タンクとサイドカバー一式を

ご購入され、て楽しんで居られてます。

どうやら梅雨明けっぽいので、早々に仕上げて納車予定です。


京都T様CB400エンジンO/H組み立て

先週腰下の組み立てを終えて、今日は腰上の組み立て。

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (1)今回はBRC製54.0Φのボアアップキット。

始めて使うので、色々と検証します。

以前なら当時のヨシムラ54.0Φの

ピストンキットだったら、ピストンリングが

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (2)手に入らないので、使わずに捨てていたなぁ…w

今ではピストンリングが手に入る様になり

BRC製のピストンも購入出来ますからねぇ。

残念なのはヨシムラが廃盤にした事ですね。

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (3)ピストン形状はバルブリセスの形状が

当時のヨシムラ54.0Φとは若干異なる所。

あ!ネームが入ってるわw良いのかな?

ピンハイトは若干低いのですが恐らくこれは

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (5)408エンジン対応型になっている可能性が

考えられますね、逆に言うと当時の

ヨシムラピストンは398専用だったと言う事で

408ccエンジンに使用する場合は

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (6)ベースパッキンを2枚入れる様にと書いてあり

そのままベースパッキンを2枚入れると

カムチェーンが掛からないと言う悲劇もあったw

ピストンリングの溝位置は若干違いますが

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (7)ピストンリングの厚みなどはヨシムラと同じ。

CPで現在製作中のピストンリングも

ヨシムラピストンと同じサイズになるので

BRC製ピストンにも対応する事になります。

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (8)このピストンで気になる事と言えば、ヨシムラより

ピストンの肩からトップリングまでの距離が
(圧縮高1と圧縮高2の寸法差)
薄いので、キャブのセッティングが悪いと

デトネや棚落ちなどのリスクが気になります。

京都T様CB400エンジンOH腰上組み立て (9)ヘッドガスケットも強化タイプと言う事で

1个ら1.6亳になっており、総合的に

実圧縮圧力はちょっと低いのかも知れませんね。

もっとメカ的な事を厳密に言えば

京都T様エンジン点火時期確認 (1)ヘッドガスケットが0.6亳いと

カムチェーンが0.6弌2=1.2佇張ります。

クランクを合いマークに合わせると

カムチェーンギアーがズレ、バルタイが遅れます。

京都T様エンジン点火時期確認 (2)物理的に点火時期が早くなり、エンジン始動性や

ノッキングしやすいが加速走行は良くなる。

などの影響が出て来ますが燃費は良くなるかもw

恐らく圧縮が低くなり、ボアアップした分

本来のパワーが出るのかは不明、プラグの焼け色にも影響がでるので

CR、FCR、TMRなどキャブのセッティングの迷宮に入ると思います。

まぁ今回このピストンキットで何処まで影響が出るのかは分かりませんが

仮に何かやるとすれば、カムチェーンギアーを長穴に加工するとかかなぁ…。

それとも、そもそもだけどこのヘッドガスケットを使わずに

ヨシムラ製54.5Φ用、アゲイン製メタル54.5Φ用、CP製ブロンズメタル54.5Φに

する事が望ましいのかも知れないなぁ…。

でもまぁ悪い話は何も聞いていないので、知らないだけかもだけど

取り合えず実圧縮を測ってみてからだな、貴重なエンジンを壊さない為にも

既にご使用されている方のお話を聞いてみたいと思います。

また、適切なキャブセッティングと点火時期調整をお勧めします。

取り合えず明日増し締めしてエンジンを車体に搭載となるかな?


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2022年06月25日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日6月26日(日曜日)は私用の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが
よろしくお願い致します。
それと今日は1時間ほど早仕舞いです。


A様CB400エンジンフルウエットブラスト四日目

エンジンのブラストが終わり、後はリタップ掃除を残すのみとなり

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (1)昨日も少し残業をしての仕上げ作業。

まずはシリンダーヘッドからリタップ掃除。

既にリコイル修正箇所もあるので

それも含めてのリタップ掃除になります。

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (2)オーナーから依頼されていた

#2キャブレターブースト調整用M5の

ねじ山も痛んでいたのでリコイルで修正。

後は念の為全てのねじ山をリタップ掃除をしながら

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (3)ねじ山に問題が無いかをチェックして行きます。

勿論プラグホールのねじ山もリタップ掃除をして

ねじ山に問題が無いかをチェックします。

この部分は殆どのヘッドのねじ山が痛んでいます。

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (4)次にシリンダーヘッドカバー取り付け用

M6のねじ山上りをリコイル修正します。

一旦パイロットタップでネジを切ってから

通常の修正用タップを通してリコイル用の

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (5)ねじ山を作り、リコイルを入れて行きます。

このヘッドは8ヵ所を修正したので

M5と合わせて9カ所の修正をしました。

本当ならEXボルトも抜くのですが

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (6)持ち込まれた状態から下手にEXボルトを

触って折れて仕舞うと、貰い事故になるので

あえて抜かずにオーナーに任せる事にしました。

黒色の印部分は既にリコイルされていた所です。

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (7)次にクランクケース、ロアケースの

リタップ掃除に取り掛かります。

ロアケースのねじ山には特に問題は無く

リタップ掃除が終わりました。

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (8)もうこの時点で手にはマメが出来てますw

次にアッパーケースのリタップ掃除なのですが

よく見るとスタッドボルトが逆に入っていた…

触ってみると緩んでいたので、抜き取って

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (9)ついでにリタップをしてからスタッドを

正規の方向に差し込みましたが

仮締めでトルクは掛けていませんから

忘れずに締め付けて下さい。

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (10)これでアッパーケース側も問題無く

リタップ掃除が終わりました。

次はオイルパンドレンボルト部分を

リタップ掃除して、セパレター側のM6も

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (11)リタップ掃除をしようとしたら

タップが斜めに入ろうとするので、よく見たら

以前ボルトが折れた様で、破片が中に居る…

折れたボルトの破片を除去しリコイル修正。

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (12)こう言う事があるので、自分で分解した物と違い

単体で持ち込まれた、エンジンのブラストは

全てを疑わないと、危うくタップを折って

どえらい貰い事故になる所でした。

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (13)次はヘッドカバーのリタップ掃除。

このシーリングボルト部分のリタップ掃除は

シーリングボルト専用のタップが必要なので

持って居ない所も多く、リタップ掃除などは

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (14)余りされないし、オイルが滲んで来ると

ドレンプラグワッシャーを交換せずに

過剰トルクで締められて痛んでいる事が多いです。

最後はひび割れて使えるかどうか分からない

A様CB400エンジンリタップ掃除リコイル修正 (15)ACGカバーをリタップ掃除して完了です。

火曜日に引取りに来ると言う事なので

間に合って良かったけどリコイル修正は想定外

仲間内の作業なので残業と言う事になった。

一般の方の作業を止めてまでは作業をする分けにも行かないからねぇ。


京都T様CB400エンジンO/H腰下組み立て

今日は午前中少し時間があったので

京都T様CB400エンジンOH腰下組み立て (1)京都T様CB400のエンジン腰下を

サクサクっと仕上げる事にしました。

何時もの様に下拵えした具をポイポイっと

クランクケースに放り込んで記念撮影!

京都T様CB400エンジンOH腰下組み立て (2)で、サクサクっと腰下の組み立てが完了。

今日が平日なら、シリンダーヘッドも

搭載が出来たのですが、午後からは

メンテナンスなどのご予約もあるので

京都T様CB400エンジンOH腰下組み立て (3)今日は腰下だけを仕上げます。

折れていたネガティブストッパーは

修正済みのポジティブストッパーと

交換して取り付ける事になります。

京都T様CB400エンジンOH腰下組み立て (4)摩耗したシフトドラムセンターもせっかくなので

CP製強化タイプシフトドラムセンターに

交換してしまう事にしました。

これを変えるだけで、シフトチェンジが

京都T様CB400エンジンOH腰下組み立て (5)新車の様にスムーズになります!マジで。

シフト関係の具をセットして、シフトの

作動チェック!マジでスムーズです。

過去このチェック作業を何度もやっていますが

抵抗無くシフトチェンジが出来るので、今後はデフォルトで交換だな。


枚方GTK号CB400Fオイル交換

CP21号機になる枚方GTK号、オーナーに大切にして頂いており

枚方GTK号CB400Fオイル交換とレデューサー取り付け (1)定期的オイル交換にご来店頂いております。

今回は早くにレデューサーの修理も終わり

戻って来ているので、オイル交換と

フィルター交換に合わせて

枚方GTK号CB400Fオイル交換とレデューサー取り付け (2)レデューサーも取り付け復旧となります。

お仕事も忙しく、マンションを売却し

一軒家をご購入され忙しくして居られ

余り乗る機会が無かったとの事ですが

枚方GTK号CB400Fオイル交換とレデューサー取り付け (3)オイルは綺麗ですが、多少乳化してました。

今回の一軒家ご購入はCB400Fの為の一軒家購入

と言っても過言ではないとの事ですw

で、エンジンオイルを抜いている間に

枚方GTK号CB400Fオイル交換とレデューサー取り付け (4)修理から戻って来たレデューサーを取り付け。

今回はオイルフィルターも交換になるので

オイルフィルターもオイル交換2回に1回の

定期交換となります。

ここまで大事にされているCB400F、CP21号機は

良いオーナーに恵まれて本当に良かったと思います。


京都GTH号仮復旧納車

緊急回避で転倒し入庫して来たGTH号がタンク以外復旧したので

京都GTH号事故復旧仮納車 (1)少し天気は悪いのですが本日仮納車。

オーナーが持ち帰って傷を磨いて消した

ACGカバーを組み立てて車両に取り付け

スプロケカバーとBSをセットして復旧完了。

京都GTH号事故復旧仮納車 (2)ガソリンタンクは、タンクライナーを浮かし

タンク内を洗浄してから板金塗装に送るので

まだ時間が掛かる為、仮のタンクを装着し

タンクの板金塗装が仕上がるまでの期間

京都GTH号事故復旧仮納車 (3)一旦仮納車と言う事にさせて頂きました。

タンクの仕上がりまでは通常であれば

約3ヵ月程掛かると思います。

暫くは色も違うし、398タンクですが

貸し出せるタンクが無いので、これで我慢して下さい…

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | メンテナンス

2022年06月24日

珍しく久しぶりに残業3

Z1、Z2用40thアニバーサリー手曲げマフラーを
探しているのですが、某Yオクで見ると
何と言う値段やねん!と言う価格に驚いてます。
もう少し現実的な価格でなら購入も考えるのですが
良識のある何方か、譲って頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。


A様CB400エンジンフルウエットブラスト三日目

昨日は少し残業をしてガスケットを剥がして洗浄して置いた

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げ二日目 (1)シリンダーとシリンダーヘッドを

ウエットブラストで仕上げました。

この二点を仕上げればエンジンのブラストが

頑張れば三日で終わると言う事になる…w

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げ二日目 (2)でもリタップ掃除がまだなので

後一日は残業をしないとダメかもねぇ。

これでシリンダーもブラストが完了です。

次にシリンダーヘッドのブラストに

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げ二日目 (3)取り掛かるのですが…気が付かなかったのが

シリンダーヘッドに塗装をされて居た事…

これでかなり手古摺ったのですが

何とかブラストが完了したので

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げ二日目 (4)後はリタップ掃除なのですが

シリンダーヘッドをエアブローで

水気を吹き飛ばしていると

2か所程ねじ山が出て来た…なんじゃこれ!

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げ二日目 (5)って思って目視でシリンダーヘッドを

チェックすると、いかにも怪しいねじ山が

数か所もあったし、修正してある2ヵ所も

下手糞なリコイル修正で、抜く事も出来ない様な

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げ二日目 (6)どうしようもない仕上がりだった。

これでリタップ掃除をすれば

最悪は全部リコイルになるかも知れない…

オーナーに報告した所「よろしく!」との事w

△マークの所は下手糞な修正なので、どうしようも無いのですが

他はまぁ手付かずなので、修正は可能です。


京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え

クランクメタル入荷待ち状態の内に

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え (1)シリンダーヘッドの下拵えを済ませます。

シリンダヘッド下面は平面研磨済み。

バルブ摺り合わせも終わっており

問題があったEXスタッドボルト部分

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え (2)M8に拡大された所と折れたボルト部分。

M8部分は真鍮のブッシュを打ち込んで修正。

折れたEXスタッドボルトは切削し

リコイル修正をしてあります。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え (3)このヘッドの下拵えを済ませます。

バルブスプリングはハイカムst1を入れるので

念の為ヘタった純正スプリングから

強化バルブスプリングに変更して組み立て。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え (4)これで高回転も安心して回せます。

この強化バルブスプリングはアメリカの

R/D社製強化バルブスプリングになり

以前CPが輸入した物になります。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え (5)在庫はもう1個しか無い、どうしようか…。

メガサイクルの強化バルブスプリングは

硬過ぎて折れた事があるので使いたくないな。

R/Dのリテーナーはジュラルミンで軽量化

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え (6)スプリングシートはズレ防止仕様の凹タイプ

アウター側ジュラルミンリテーナーにも

スプリングシートが入っているので

摩耗防止になっています。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え (7)今のリテーナーはチタンになっているらしい。

新品のEXスタッドボルトを入れて

インシュレーターはOリングを交換し取り付け。

これでシリンダーヘッドの下拵えが完了です。

京都T様CB400クランクメタル入荷組み立て下拵え (1)そんな事をしていると午後、予定外に

注文していたクランクメタルが入荷!

時間的には今日は下拵えのみな時間なので

クランクメタルの配置とコンロッドを

京都T様CB400クランクメタル入荷組み立て下拵え (3)セットする事だけ済ませる事にしました。

これでクランクケース側メタルの配置

取り付けが完了しました。

分解前のメタルの摩耗状態や

京都T様CB400クランクメタル入荷組み立て下拵え (4)クランクバランスがこんなに悪かったので

オーナーが言う様に、振動はかなりあったと

思いますし、あのまま走行していたら

エンジンが大惨事になってかも知れませんね。

取り合えずこれでエンジン組み立ての下拵えが出来ましたが

明日はご来店の方が多いので、エンジンの組み立ては

月曜日から本格的に開始します。


本日のご来店

インスタ繋がりで、CB750K2に乗って暑い中ご来店頂きました。

220624本日のご来店寝屋川CB750K2CB750K2の今後のメンテナンスなどに

ついてのご相談や、CB400Fourご購入の

ご相談なども合わせてお話をさせて頂きました。

今後とも宜しくお願い致します。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2022年06月23日

初期Z750RS火の玉3

先日引き取って来たZ750RSは、初期の火の玉で
ノンレス、ワンオーナー、フレ番800番台と言う車両だった!
これはヤバい!と言う事で、車両は店には置けないので
他の所で管理をする事にしました。
オーナーと打ち合わせをする都度運んで来るのですが
管理上オーナーにも保管場所は言えません…
面倒ですが、盗難リスクを減らす為にも
貴重な車両を管理する上で必要な事ですから…。
ブログに載せるのも作業が終わって、納車してからになりそうだなぁ。


京都Y様Z750RSプラグ交換

純正キャブレターのセッティングがかなり濃い上に

京都Y様Z750RSプラグ交換 (1)プラグがイリジュウムに交換されており

エンジン始動時にカブると何度も面倒なので

プラグをイリジュウムから普通のプラグに

交換してしまう事にしました。

京都Y様Z750RSプラグ交換 (2)キャブは純正から乗り易く扱いやすい

FCRに交換する予定になっています。

取り外したプラグはやはり真っ黒で

#2.3はやっぱりカブって濡れてました。

京都Y様Z750RSプラグ交換 (3)点火と燃料がが管理されたインジェクション車と

アナログでカブる可能性があるキャブ車に

イリジュウムプラグを取り付けると

カブった時に面倒だと言う理由になります。

イリジュウムがダメって言う事では無く、エンジンの調子が良くて

点火系にも燃料供給にも問題が無い車両があれば

イリジュウムでも問題は無く、かえって調子が良いかもね。


CP14号機バリアブルスロットル

ヨシムラミクニTMR MJNを取り付けてある14号機なのですが

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (1)ハイスロ過ぎて純正でも扱い難いスロットルを

他社純正バリアブルスロットルパイプに交換し

取り付けていたのですが、貫通タイプな上に

グリップ交換が出来ないし、何ならグリップが短く

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (2)以前から気に入らなかったのですが

今回他社製バリアブルスロットを加工し

CB400Four用グリップを取る付けられる様に

やっと加工をして取り付ける事にしました。

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (3)と言う事でこの一体になった

バリアブルスロットルのグリップを切断し

パイプだけにし、パイプを加工して

CB400Four用純正グリップに

CP14号機バリアブルスロットル改純正仕様 (4)交換して取り付けて、やっとスッキリ!

ヨシムラから販売されているロースロでも

まだ扱い辛く、価格も高いのですが

こちらも本体価格や手間を考えれば

お高くなってしまうのですが、これでかなり扱い易くなりますし

CB400Four純正グリップが付けれたので、費用よりスタイルですねw


京都T様CB400内燃機加工仕上がり

内燃機加工に出してから約1ヵ月程で戻って来たエンジンクランク。

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (1)ダイナミックバランスとラッピングが

終わったので、クランクメタル再計測です。

オーナーがエンジンの振動が凄いのでとは

聞いていたのですが、ダイナミックバランスの

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (2)加工痕を見ると、かなりバランスが悪かった事が

分かる位、バランス加工がされていました。

これでエンジンの振動は解消されるはずです。

爪が日掛かる位荒れていたクランクも

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (3)ラッピング加工でこんな感じで

綺麗に仕上がってます。

これでメタルを痛める事も無くなりました。

と言う事で、メタル測定をもう一度やり直し。

京都T様CB400内燃機加工仕上がりクランクメタル計測 (4)最初の測定と比べた測定結果は

1ヵ所だけクランクメタルが変わっただけで

他は前回の測定と同じ程度だったので

クランクメタルも、今出る物が使えるので一安心。

早速メタルを発注したので、部品が入荷すれば

エンジンの組み立て作業に取り掛かれると思います。

早ければ、今月中には納車が出来るかも!


京都GTH号事故復旧作業三日目

追加注文した部品が本日入荷して来たので

京都GTH号ハンドルストッパー交換 (1)最終の仕上げに取り掛かります。

まずは破損していたハンドルストッパーを交換。

右が既存の旧アゲイン製ハンドルストッパー

左が同じアゲイン製新型ハンドルストッパー

京都GTH号ハンドルストッパー交換 (2)形もカッコ良くなり、強度も上がってますね。

これでタンクとセパハンのクリアランスが

確保出来る様になりました。

次に傷が入り曲がったメーターセットリングを

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (1)取り付ければメーターも取り付けが出来ます。

ヘッドライトケース内配線を接続。

メーターを取り付けた後、ヘッドライトを

取り付ける前に電装品の作動チェック。

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (2)メーターを取り付けて、曲がっていた

メーターステーの修正具合を確認。

これでメーターの復旧が完了しました。

ヘッドライトも純正タイプのヘッドライトに

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (3)交換して取り付け、電球を専用H4に変更

光軸を合わせて復旧が完了です。

後はオーナーが持ち帰ったACGカバーを

取り付ければエンジン始動チェックも出来ます。

京都GTH号メーターヘッドライト取り付け復旧 (4)ガソリンタンクは修理まで3ヵ月は掛かるので

代替のタンクを取り付けてあります。

これで何とか土曜日の納車に間に合いました。

土曜日の天気も回復しているので

予定通り納車が出来そうです。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2) 部品 | エンジン

2022年06月22日

定休日のカスタムパラノイア3

昨日は35年目か36年目の結婚記念日を忘れずにいたのですが
嫁に「花を買いに行こうか!」と言った所
嫁「花なんかなにすんの?」と言われ
ぺ「じゃぁ美味しいお魚を食べに行こう!」と言えば
嫁「いらん」
ぺ「じゃぁリジットなお鮨屋さんへ行こう!」と言えば
嫁、一瞬迷い「いらん」と言うので
ぺ「取り合えず外食しよう」と言ったら
嫁「じゃぁかっぱ寿司行く!」と言うので
昨晩は回転寿司で結婚記念日を迎える事になりましたw
で、僕は嫁にパナマ帽?中折れ帽を買ってもらいました。


A様CB400エンジンブラストのご依頼

昨日病院が終わる頃にご来店の約束をしていたA様がご来店。

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (1)CB400Four乗り仲間の方で、仕事の都合で

遠方からの出張に合わせてご来店。

詳しい事を聞いていなかったのですが

ご来店され時に聞いたのがエンジンを

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (2)フルウエットブラストのご依頼でしたw

で、昨日は取り合えず引取りなどの

時間的な事もあったので、色々な都合から

軽い物からブラストを開始したのですが

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (3)この擦り傷が入ったACGカバーのブラストが

終わってチェックした所…残念な事に

クラックが入って居た事が判明した…。

まぁ使えれば良いのですが…

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (4)で、簡単な物だけでも先に済ませようと

カバー類を先にブラストで仕上げました。

まぁこの中でもオイルフィルターケースに

一番時間が掛かったのですがw

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (5)この時気が付いたのが、クラッチカバーが無い事

忘れたのか?それともブラストをする

必要が無かったのか分かりませんが…

で、定休日の今日は何時も通り出勤し

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (6)その続きのブラストをやって仕舞います。

今日はクランクケースのブラストから開始。

アッパーケースの塗装を浮かしている間に

ロアケースをブラストで仕上げて仕舞うのですが

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (7)これがまた泥がこってり系だったので

3時間程掛かってやっとこんな感じに

仕上がりました…、時間があればこの泥も

先に溶かしてからブラストをするのですが

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (9)今日中にある程度済ませて置かないと

明日からの作業予定がビッチリと

詰まっているので、休日出勤と

残業でやるしかなさそうだなw

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (10)ここから先は時間が掛かるオイルパンや

シリンダーヘッドとシリンダーになり

今日中にオイルパンは終わらせたいし

まだリタップ掃除も済んでいない。

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (11)で、何とかコテコテのオイルパンも

ブラスト仕上げが終わったので

定休日の本日作業は予定通り終了。

明日は時間を見てシリンダーのブラストだなぁ…。

A様CB400エンジンウエットブラスト仕上げのご依頼 (12)その前にガスケットの状態を一応

チェックして見ると、ちゃんと残ってたw

なので、先にガスケット剥がしを

やって仕舞い、明日からの作業準備を

終わらせてしまう事にしました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2022年06月20日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日6月21日(火曜日)はOPLL経過観察診察の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。
また明日は35か36回目の結婚記念日になるのですが
全くプランが思いつかずどうしたら良いのか分かりません…。
花を送ろうか、それとも夕方に車両引取りがあるので
その帰りに外食するか…単純に少しでも喜んで貰いたいだけなのですが
こういう時に自分のプランニングの無さで、胃が痛くなる。


CP1.5号機製作開始

Wディスク用ボトムケース完成に伴い、以前から計画していた

CP1,5号機フレーム塗装送り (1)CP1.5号機の製作に取り掛かろうと思い

以前から集めていた部品をついに使う時が来た!

まずはフレームの塗装からになりますが

足回りはメルバキャストにWディスク

CP1,5号機フレーム塗装送り (2)リアサスは新品コニーか新品マルゾッキ

フロントフェンダーはRC風フェンダー

キャブレターはヨシムラミクニTMR MJN

エンジンの仕様は500ccでマフラーは

CP1,5号機フレーム塗装送り (3)当然CP製機械曲げ、タンクカラーは

408だけに与えられた至高のバーニッシュブルー
(本当はスーパーカブと同じ色w)
長期的計画になるので、ボチボチと

仕上げようと思って居ます。


京都GTH号事故復旧作業二日目

昨日は破損した部品を取り外し、損害状況を確認しながら

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (1)手元にある部品を組み付けて一旦

ローリングが出来る様に復旧。

今日は電装関係などをメインに

復旧作業に取り掛かります。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (2)ウインカースイッチASSYのダメージは

パッと見は軽そうに見えるのですが

損傷個所は最悪な所にダメージがある為

ウインカースイッチASSY毎交換になります。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (3)せめてマジッククラッチレバーだけでも

救出を試みたのですが、残念な事に

ワイヤーを取り外す時、クラッチレバーは

その使命を全うし役目を終えました…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (4)クラッチワイヤーアジャストボルトも

曲がっており、ウインカースイッチ本体の

ダメージの為、取り外す事が出来ないし

曲がって居るのでこの辺りの部品は

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (5)全て交換する事にして、セパハンの為

純正新品スイッチ配線の逃げ加工を

してから取り付ける事になるので

アルミの削りカスがスイッチ内に入らない様

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (6)スイッチを分解してから加工に取り掛かります。

ウインカースイッチ側は純正ハンドル対応で

今のキルスイッチ側の様に配線の逃げ加工は

されていないタイプになります。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (7)で、配線を取り外し、回り止めピンも切断し

スイッチケースを削り配線を挟まない様に

加工をする必要があると言う事です。

ピンが抜けなかったので切断しました

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (8)配線に負荷が掛からない事を確認して

ハンドルに取り付けが完了しました。

マジッククラッチレバーも新しい物に交換。

これでハンドル周りは仕上がりましたが

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (9)仮のタンクを乗せてハンドルの切れ角などを

チェックした所、左側だけタンクに当たるので

ハンドルストッパーをチェックしたら

ハンドルストッパーも潰れていたので発注…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (10)ウインカーとリフレクターも純正新品に交換。

中身はLED球なので付属の電球から

LEDに交換して作動チェック!

LED球にはダメージが無かった。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (11)次にリアウインカーにも擦り傷があり

オーナーから傷を見るとメンタル的な

ダメージを思い出すので、新品に交換との事

まだレンズは使えそうなので、予備にでも…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (12)と言う事でリアウインカーも新品に交換。

電球もLEDに交換して作動チェックし

問題無く点滅したので、これでハンドルスイッチと

ウインカーなどの電装品交換作業は完了。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (1)後の部品は入荷待ちなので、休み明けになるかな?

で、次はメカ的ダメージの修復に取り掛かります。

シフトペダルの曲がりは簡単に修正できますが

今回はステップのステープレートから曲がっており

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (2)どれだけ修正出来るか分かりませんが

アゲイン製BS修正にチャレンジします。

まずは簡単なシフトペダルから大体の形に

サクサクっと修正、余り曲げ過ぎると折れます。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (3)次はメインのステープレートの曲がりですが

こんな感じで、フレームに沿って

結構曲がっており、普通にプレスしても

真っ直ぐにはならないので

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (4)色々と試行錯誤しながら、下にアルミ板を入れて

ワザと段差を作り、曲がって居る所だけに

プレスの力が掛かる様にし修正を試み

何度かの修正をして、ほぼほぼですが

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (5)何とか良い感じに修正が出来ました。

取り付けると多分、言われないと

分からない位にはなったと思うので

ステープレートの修正もこんなもんかな…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (6)取り外したBSのパーツを組み付けて

車体に仮取り付けをしてみました。

まぁ良いんじゃないでしょうか!

割と苦労したので、これで勘弁して下さい。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (7)転倒で削れてバリが立っているステップなどを

ヤスリで削ってバリを取って、タッチペンで

黒く塗ってみたので、割とこれでパッと見た目

分からない感じになったかなぁ?

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (8)と言う事で、次の問題なのですが

この凹んだ貴重な純正408タンクなのですが

厄介なのが、この当時錆取りをした後に

CPで流行っていたタンクライナーを施工してあり

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (9)板金が出来ないと言うのを後で知る事になった…

このタンクライナーを除去する方法を

ワコーズに聞いたのですが「取れません」

と言う返事だったと言う罠w

で、僕自身が色々と調べ前回テストした物が割と良かったので

今回は本番で、やってみる事にします。

ワコーズの担当の方も出入りしているショップから聞かれるそうで

先日その溶剤を教えてあげた所ですw

取り合えずガソリンを抜いて乾燥させてからタンクライナーを溶かします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) レストア | 修理

2022年06月19日

販売協力認証店3

今回新たに製作されたWディスク用ボトムケースや
純正タイプボトムケースですが
北海道釧路市の(有)カーショップオモテ&
大阪狭山市(有)アゲインのコラボ製作製品になり
企画製作から1年以上を費やした製品になります。
今回カスタムパラノイアはその製品の
販売協力店に認証されております。
これからもCB400Fourの色々なパーツが
リプレイスされて行く事になると思いますので
楽しみにしておいて下さい。


Wディスク用ボトムケース

告知から早速ご注文を頂いているWディスク用ボトムケースですが

Wディスク用ボトムケース (1)仕上がり状態はこの様になっております。

付属品には純正アクスルホルダー×2個

スタッドボルト8×50が4本とナットワッシャー類

スタッドボルト8×45が2本付属しています。

Wディスク用ボトムケース (2)ロックピースやスプリング、シートパイプは

純正品を流用して下さい。

キャリパーホルダーピン取り付けナット等は

付属していませんので94001-08000-0Sと

Wディスク用ボトムケース (3)94111-08000は別途ご購入下さい。

その他インナーチューブやオイルシールなど

組み立てに必要な部品も付属しません。

周辺部品で欠品中だったWディスク用

Wディスク用ボトムケース (4)スピードメーターワイヤーは急遽

アゲインさんが製作してくれたので

詳細はアゲインまでお問合せ下さい。

同じくWディスク用フロントブレーキパイプは

Wディスク用ボトムケース (5)BRCさんがタイミング良く再販を開始。

現在欠品しているのはWディスク用の

メーターギアーアタッチメントが

欠品中となっております。

恐らく近々販売されると思いますが、ご購入を予定されている方は

周辺部品もお早めに入手した方が良いでしょう。

また現在キャリパーホルダーセットも製作中となって居ります。


事故入庫京都GTH号復旧作業

昨日緊急入庫して来た京都GTH号の復旧作業に今日から取り掛かります。

京都GTH事故復旧作業 (1)転倒時に傷付いたACGカバーは取外し

割れが無い事をチェックした所

幸いな事に割れなどが無かったので

オーナーが持ち帰りご自分で傷を消すそうです。

京都GTH事故復旧作業 (2)結構傷が深い部分もあるので

修正をするのは大変だろうと思います。

梅雨のこの時期の貴重な晴れ間がある内に

フロント周りを分解して、破損した部品を

京都GTH事故復旧作業 (3)取り外したり、フロントフォークの

曲がりチェックなどをして、組み直します。

曲がったヘッドライトとステー類も

全て取り外して新品に交換します。

京都GTH事故復旧作業 (4)取り外したフロントフォークですが

曲がり具合をチェックしてみた所

左右共、若干の曲がりはありますが

インナーチューブを触ってチェックした所

京都GTH事故復旧作業 (5)致命的になる様なシワや段差的な物は

特に無く、転倒した時にインナーチューブが

多少曲がって居る程度なので

取り合えずこのまま使う事にします。

京都GTH事故復旧作業 (7)両方共丁度ステムの取り付け辺りからの

曲がりがありますが、この程度なら

走行に支障はない程度だと思いますし

修正をする位なら交換をした方が良いでしょう。

京都GTH事故復旧作業 (8)取り合えずこれで破損した物は全て取り外し

在庫で持っている部品を取り付けて行き

復旧作業に取り掛かります。

不足部品に関しては本日発注しましたが

京都GTH事故復旧作業 (9)ガソリンタンクは暫く時間が掛かるので

代替のタンクを取り付ける事にします。

取り合えずこれでフロント周りの

破損した部品を一通り取外し、在庫である

京都GTH事故復旧作業 (10)部品に関しては取り付けが完了しました。

後はステップ、シフトペダルの修正と

リアウインカー交換などと、大きく凹んだ

ガソリンタンクをリペイントに出す準備を

整えるのですが、これがまた厄介だったりするし、時間も掛かる。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 修理 | 部品

2022年06月18日

部品入荷遅れ2

来週の結婚記念日を忘れない様にと思い
特にプランも思いつかなかったので
僕にはサプライズは無理だと思い
嫁に「外食をしようか?」と言ったら「別にいい」と
断れたので「何か欲しい物はある」と聞いたら
「別にない」と言う…、そこで僕には良く分からないのが女心
本当に何も必要が無いのか?本当は何かをした方が良いのか?
僕はそう言う所を言葉にして貰わないと全然理解が出来ない。
誰か女心を教えて下さい。


本日のご来店

予定では今日入荷して来るはずの純正部品の入荷が

遅れて月曜日の入荷になってしまった…。

なので、今日の作業予定が大幅に狂ってしまった!

梅雨時期なので、作業予定が狂うと色々と困るんだけどなぁ。

まぁたまにはのんびりするかぁ…と思って居た所へ

220618本日のご来店京都K様以前にもご相談にお見えになった

京都K様がオイル漏れのご相談にご来店。

エンジンをチェックし、ついでにダメ出しと

手直しをしながら、エンジン発電系をチェック

オイル漏れはありますが、オーナーが何処まで我慢出来るか位で

キャブもエンジンもオイル漏れ以外、特に気になる所は無さそうでした。

色々とお話をする中で、元々はF1の型式、類別が残って居たらしく

安易にハンドルを交換したまま車検に出して仕舞ったとの事です…。


京都GTH号事故入庫

やっとPITも空いたので、予定外ですが先日緊急回避の際に

京都GTH号事故緊急入庫 (1)転倒し破損してしまったGTH号が入庫。

横断歩道が無い道路の中央をお婆さんが横断中

急に進行方向を変えてバイクの進路を塞いだ為

避けて左側に転倒するしか選択肢が無く

京都GTH号事故緊急入庫 (2)進路を塞いだお婆さんは怪我も無く

罪の意識も全く無いと言う事故だったのですが

人身事故に至らなかった事だけは幸いです。

ライダーへのダメージはそれなりの擦過傷や

京都GTH号事故緊急入庫 (3)打ち身、捻挫などの軽傷で済んだ事も

速度が出ていなかった事もあったので

良かったとしか言い様がありません。

バイクはこの様にダメージはありますが

京都GTH号事故緊急入庫 (4)この程度であれば修理費用は掛かりますが

まだ軽傷なので修理は可能です。

何はともあれ、どちらとも身体が無事だった事が

一番だったと言う事ですね。

京都GTH号事故緊急入庫 (6)ご購入頂いたばかりのCP製機械曲げマフラー側に

ダメージが無かった事も良かったと思います。

この際なので、少し仕様変更も含めて

復旧する事にして、本日お預かりとなりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2) 部品 | 修理

2022年06月17日

Wディスク用ボトムケースと54.0Φ、54.5Φピストンリングについて3

新しく金型から製作されたCB400Four用
Wディスクボトムケースの走行テストが終わり
先日から一般リリースが開始され
早くも注文が殺到している状態になっておりますが
Wディスク用の周辺パーツが一部欠品している状態で
現在製作中となっており、キャリパーサポートも製造中です。
Wディスク用ボトムケースは100セット程の製作ですので
ご入用の方はお早めにお買い求めください。
また純正タイプのボトムケースもリプレイスされております。
両方共表面の仕上げはバフ仕上げになってます。
価格はWディスク用ボトムケースセット¥78,000+TAX
純正タイプボトムケースセット¥70,000+TAX
またCB400Four補修用54.0Φ及び54.5Φピストンリングについてですが
まだご予約の受付はしておりませんが、ありがたい事に
既に数件購入希望の方からご連絡を頂いております。
ご注文の内容によっては製作個数を変更するかも知れませんが
現在54.0Φは25セット中残り20セット分で
54.5Φは100セット中残り90セットの予定になっております。
ご予約はお承りますが、ご入金などは製品が出来上がってからで
構いませんし、キャンセルも可能ですが購入のご予約は
管理上の都合から、メールにてお願い致します。
宜しくお願い致します。


CP14号機車検整備

多分車検を受けるにしても、梅雨明けか夏が終わってからだと思いますが

CP14号機継続車検整備 (1)保全的に考えて、オイル交換や

ブレーキフルードの交換を早い内に

今日PITも開いて居る事もあり

時間がある時にやってしまう事にしました。

CP14号機継続車検整備 (2)まずはエンジンオイルを抜くのですが

当然の事ながらレデューサーが付いているので

エンジンオイルはこんな感じでしか出て来ません。

また汚れはありますが、入荷はしていませんね。

CP14号機継続車検整備 (3)オイルレベルゲージを開けると、こんな感じで

エンジンオイルはドレンから勢い良く出て来ます。

これがエンジン内が負圧か正圧かの違いで

少しでもオイルの劣化を延命させるのです。

CP14号機継続車検整備 (4)前回のオイル交換は1,000キロの慣らしを

終えてから、800キロしか走行していませんw

でも100%鉱物油は腐るので走行距離は

特に関係無いく、定期交換が望ましいのです。

CP14号機継続車検整備 (5)と言いながら、放置してましたがw

ブレーキフルードの色はマスターを

再アルマイトしたので、分かりにくいですが

2年物の仕上がりになっているのは分かります。

CP14号機継続車検整備 (6)で、これが交換後になりますw

室内保管が多く、走行もしていないし

再アルマイトで分かりにくいですが

透明度の違いは分かりますよねw

CP14号機継続車検整備 (7)ヘッドライトは既にバッ直リレーを

組み込んであるので光量は問題無いのですが

一部配線ルートの手直しがあるので

ヘッドライトを取り外して配線ルートの

CP14号機継続車検整備 (8)手直しをやって仕舞います。

まぁ今日はここまでで終了です。

後は車検を受ける時に仕上がる事にしますが

弟達とツーリングに行く日が決まれば

CP1号機エンジンOH夏季休暇中に予定車検を受けようかなぁ…と言う感じ?

CP1号機も全然乗っていないので

夏季休暇中にでもエンジンを下して

エンジンの仕様を変更し、新しいピストンを入れ

CP14号機継続車検整備 (9)テストする事にしようかなぁと言う感じかな。

あ!光軸をチェックするのを忘れてたw

かなり下向きになっていたので調整。

これで何時でも大丈夫なはずです。


Wディスク用部品準備と整備

昨年からWディスク用ボトムケースを製作中だったのは知っていたので

Wディスク用部品準備 (1)やっと出来上がったか!と言う感じで

待ち兼ねて居た所で、CP1.5号機に

取り付ける部品を整備する事にしました。

ブレーキディディスクは平面研磨とリペイント

Wディスク用部品準備 (2)キャリパーホルダーはバフ仕上げに出します。

塗装を剥がして、こびり付いたブレーキダストを

ウエットブラストで綺麗に落とします。

これでディスクは平面研磨に出して

サポートはバフ仕上げに出します。

どうしてもノーマルルックの当時風カスタム車の408が欲しいのと

CP1号機が乗れない時の代車みたいな感じで

エンジンの仕様はCP1号機同等の仕上げにする予定です。

Wディスク用ボトムケースや純正タイプのボトムケースを

ご購入をご希望される方は、在庫がある内にご連絡下さい。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 部品 | メンテナンス

2022年06月16日

本日は早仕舞い3

昨晩夜にTVを見ながら思い出したのが
来週6月21日は毎年恒例
多分35回目か36回目の結婚記念日だった!
後5日で何かのプランを考えようと思うけど
多分毎年恒例のノープランに終わるか
また忘れて当時思い出して、右往左往するパターン。
美味しい物を食べに行くとかになると
今僕が食事制限中なので、食べれる物は限られているし
糖質も取れないので、ケーキとかもNGになっているので
全く何も思い浮かばないわ…。
このまま思い出した事を忘れるか、スルーするか、それとも…。


大阪T様CB400他継続車検納車

本日は早仕舞いで、4台纏めて継続車検をご依頼頂いた

大阪T様CB400本日納車へ大阪T様の車両を納車しに行きます。

先月お預かりしてから1ヵ月弱も

掛かって仕舞いましたが、やっと納車が出来ます。

CB400に関しては2年間での走行距離は100キロ

他の車両は走行距離は変わっていない物もあり

今回の車検整備はブレーキの引き摺りや、キャブのO/Hもあったりで

結構大変な作業になりましたが、やっと本日納車となりました。


Z750RSカスタム ハヤシキャスト装着

貴重な純正フルノーマルのZ2ですが、前回純正仕様で乗って居た事もあり

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (1)オーナーからのご依頼で今回はカスタムして

乗りたいとの事なので、まずは足回りを

スポークからハヤシキャストに変更します。

ハヤシキャストも中々手に入らなかったのですが

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (2)何とか再販物の新品を手に入れる事が

出来た物になり、通常なら1年以上待たないと

手に入らない物だったのを探して購入。

お値段は少しプレ価格でした…。

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (3)ベアリングなどの部品やタイヤも入荷。

早速組立作業に取り掛かります。

サクサクっとベアリングを入れて

タイヤを装着するのですが…

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (4)やはり価格もですが新品と言う事もあり

滅茶苦茶気を使いながらの作業でした。

前後共タイヤ装着も無事に完了したので

純正スポークタイヤホイールを取り外し

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (5)ハヤシキャストに交換をして行きます。

スプロケハブベアリングもついでに交換。

ダストシールも同じく新品に交換をして

組み付けをしてしまいます。

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (6)汚れも洗浄して、新しくグリスを塗って

スプロケハブの準備も整いました。

本当はマフラーが手に入っていれば

マフラーを取り外して作業をしたかったのですが

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (7)マフラーがまだ見つかっていないので

マフラーを取り外さずにタイヤホイールの

交換をやってしまいました。

これでリア側は交換が完了です。

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (8)次にフロント側のスポークタイヤホイールを

取り外して、小物部品を移植して

ホールを交換して仕舞います。

フロントはフェンダーが邪魔なので

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (9)車体を結構釣り上げないとタイヤホイールが

抜けないのが大変なんですよね。

これで何とかフロントも交換が完了です。

キャブもFCRに交換する予定になっており

京都Y様Z750RSタイヤホイール交換 (10)後はマフラーを入手出来れば取り付けて

納車が出来るのですが、Z特有ヵ所の

ACGカバーからオイルが漏れてき出したので

作業がまた一つ増えて仕舞いました。

プラグもイリジュウムプラグになっているので交換しないと…。


本日のご来店

以前CB400Fourの部品を買い取りしたK様がご来店。

本日のご来店枚方K様GPX250R何とまぁ実物は多分初めて見たと思う

カワサキGPX250Rに乗ってのご来店。

ここまで仕上げるのに、色々な部品を流用し

仕上げたそうで、そのお話をたっぷりと

お聞きしました…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) カスタム | 部品

2022年06月14日

CB400Four用54.0Φ、54.5Φピストンリング製作開始3

以前CB400Fourオーナーの方からご相談を頂いており
色々と考え、メーカーとも協議した結果
POP.Y及び、ヨシムラピストン対応補修用
ピストンリングを製作する事にしました。
製作するピストンリングについての詳細は以下の通りになります。
ピストンリングメーカー:帝国ピストン
54.0Φ用ピストンリング製造個数:100個25台分
54.5Φ用ピストンリング製造個数:400個100台分
販売予定価格(各4個セット販売のみ):12,800円+TAX、送料無料
(条件付きで、単品販売も可能の予定、トップ及びセカンドリングを破損した場合
オイルリングを曲げてしまった場合などに対応出来る様にします)
製作納期:約8ヵ月〜1年
今の所の予定としてはこんな感じになっており
新規製作となりますので、納期もかなり掛かります。
取り合えず最初の製造個数はこの様な予定になっておりますので
入荷後販売が開始されましたら、次のロット製作に関しても
納期は余り変わらないと思いますので、ご入用の方はお早めに。
よろしくお願い致します。
また別途、各メーカーピストンリングの製作も可能ですが
ミニマムロット1個から製造可能です。(キャンセル不可)
場合によってはサンプル品が必要になります。


パイナップルの花?

ケニアのエリック曰く「パイナップルは放って置いても勝手に大きくなるよ」

パイナップルの花とエリックが言うので、特に栄養をやるとか

鉢植えでも大丈夫との事らしいので

この3年ちょっとの間、放置していたのですが

ここ数週間の間に、今まで見た事が無い様な

パイナップルの花?なのか実になる物なのかが日に日に大きくなってきてます。

これが花になってから実になるのか?それともこれが実なのか

さっぱり分かりませんが、いずれにしても収穫が楽しみですw


京都T様CB400Hリム組み立て

予定通り今日は雨なので、リムにスポークを張って

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (1)ホイールを組み立てる事にします。

Hリムも大幅値上げとなり、また入荷も

世界情勢からの事情で1年先になると

タカサゴ担当者の方から直接聞きました。

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (2)そんなHリムの在庫も最後の1個となり

京都T様CB400用に使う事になったので

今日は天気が悪いので、昨日の内に

作業スペースを確保して置いたので

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (3)スポーク張りをやって仕舞います。

Hリムなのでかなり気を遣う作業になるので

同じ姿勢だと、足や腰に響いて痛みが出るので

休憩しながらの作業になってしまうのです。

京都T様CB400用Hリムスポーク張り (4)それでも時間は掛かりますが

何とかスポーク張りが出来上がりました。

ここからは何時も通りの作業で

出来上がったHリムにタイヤを装着します。

京都T様CB400用Hリムタイヤ装着 (1)タイヤの装着が完了したら、アクスルシャフトなど

ホイールに付属品を取り付けて

タイヤホイールを取り付ける準備を整えます。

フロントブレーキディスクと

京都T様CB400用Hリムタイヤ装着 (2)スピードメータギアーの取り付けが完了。

これでフロントタイヤホイールを車体に

取り付ければ、フロント側は仕上がりです。

スピードメーターワイヤーケーブルガイドが

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (1)フロントフェンダーに無かったので

黒色ですが純正のガイドを取り付けます。

拘りの当時物の白色系ガイドは

色が汚くなっていると言う理由から

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (2)最近は捨てられる事もあるらしく

拘っている方の年代的にも

我々レベルの変態しか居なくなった

絶滅危惧種かも知れないね。

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (3)サクサクっとフロントタイヤホイールを装着。

これでフロントブレーキのエアー抜きも

出来るので、後でエアー抜きをする事にします。

これでフロント周りはかなり光が蘇って来ました。

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (4)リアタイヤホイールも同じくサクサクっと

取り付けが完了、スプロケットはCPの

宝物庫に有った530/38Tのゴールドが見つかり

使わないので交換、35Tから38Tに変更しました。

京都T様CB400用Hリム車体取り付け (5)これでエンジン以外の追加作業は完了。

後は内燃機加工が仕上がって来て

エンジンを組み立てて搭載し、キャブレターを

分解掃除しセッティングをすれば完成です。

多分梅雨明けまでには出来上がりそうです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2) 部品 | カスタム

2022年06月13日

今日も車検だけスーパー晴れ男3

正直、この二日間余り眠れませんでした…。
今何か別の事を考えないと、メンタルが壊れそうです。
一度は覚悟したはずなのに、この1年半で生を意識した為
色々な思いが頭の中を駆け巡っています。
まだ何も結果は出ていないからなのか
余計に不安になって、情緒不安定な状態なのかなぁ?
今の思いを心に貯めると、破裂しそうなのでこうやって誰かに
伝える事で、悪い物が抜けて行く様な気がします。
相変わらず僕の身内は「どうせまた死ぬ死ぬ詐欺やな」と言いますw
僕もそうであって欲しいので、兎に角今を乗り越えたい。
気が付くと、仕事をしている時が一番余計な事を考えていない。
昨日が定休日だった事も間が悪かったのかも知れない。
何かを努力するんじゃなく、仕事して、遊んで
遊ぶ為に仕事して、自然に余計な事を考えない様になれば
きっと今の気持ちや考えは消えるはず。
俺、何時になったら完全復活が出来るんだろう…。


大阪T様CB400継続車検

確か車検の予約が取れた時の予報では雨マークだったのですが

大阪T様CB400継続車検220613 (1)車検予約日が近づくに連れ、天気は回復。

しかもピンポイントで晴マークと言う

流石の車検だけ晴れ男継続中です。

今朝も何時もより早起きをして

大阪T様CB400継続車検220613 (2)何時もの京都南にやって来ましたが

駐車場は相変わらずの風景

早めに到着してますが、先頭よりも

前から3番目、これ位のポジションが最適です。

大阪T様CB400継続車検220613 (3)検査はサクサクっと全て一発合格!

9時15分には終わって店に戻り

車検対応仕様から現状復旧。

バッ直配線も取り外しました。

大阪T様CB400継続車検220613 (4)サイレンサーも車検対応用から元に戻し

現状復旧が完了、音量は測られない物の

集合管を付けていると、一応検査官の耳で

確認されるし、今日の検査官はハンドルロックも

大阪T様CB400継続車検220613 (5)チェックする検査官で、検査官毎に

それぞれ癖があり、幅は測るけど高さは

スルーしたりもしますが、ラインが空いていると

結構じっくりと見られるので、タイミングもあるね

で、今日は車検標章シールのクリアーフィルムが大きくズレてしまい

大失敗だったけど、相変わらず微妙な角度に貼れているので

多分絶好調だと思います。


京都T様CB400追加作業ハンドル交換

午後からは京都T様CB400の追加作業でハンドルを交換します。

京都T様CB400ハンドル交換 (1)エンジンボアアップに伴い操作性向上の為

この絞りハンドルでは、操作性が悪いので

苦慮の末、F2絞りにハンドルを交換する事に。

ハンドルスイッチが加工されているのが

京都T様CB400ハンドル交換 (2)若干気になる所ですが、今度取り付ける

F2絞りは純正同等にハンドルスイッチの配線が

ハンドルの中を通す仕様になっているので

加工されたハンドルスイッチの穴から

京都T様CB400ハンドル交換 (3)ホコリや水分の侵入が気になる所ですが

まずは操作性向上を前提にF2絞りに変更と

言う事で、サクサクっと交換が完了しました。

エンジンパワーが上がりドリブンスプロケットが

京都T様CB400ハンドル交換 (4)35Tから38Tに戻す事など、加速力が上がるので

現状のハンドルでは危険だと言う事や

グリップを握る手首の位置も辛いので

楽に乗れる様にハンドルをF2絞りに仕様変更。

京都T様CB400リアアクスルシャフト手入れ (1)これで今までよりも操作性が向上するので

安全に楽しめる様になりました。

所で明日は天気が悪そうなので

スポークを張ろうと思っているのですが

京都T様CB400リアアクスルシャフト手入れ (2)その前にリアアクスルシャフトも

再メッキしたので、メッキでちょっと太っており

リアハブに入らないので、メッキを一皮剥きます。

これでリアアクスルシャフトも手入れが完了。

明日スポークを張って、タイヤをセットし時間があれば

タイヤホイールを取り付けようと思ってます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2022年06月11日

エコー検査結果(仮)3

昨日予定通り唾液腺導管癌(SDC)の術後エコー検査と
経過観察の診察を受けて来ました。
エコー検査の方ですが、喉のシコリの他に
甲状腺の左葉に5伉度の何者かが見つかりました…。
病院のガイドライン的には1儖焚爾硫深圓に関して
何か特別な検査をするとか、生検や細胞診をするとかは無く
取り合えず1儖幣紊紡腓くなるまで待つか
若しくはDr.の判断で検査をするかと言う事らしいです。
エコー検査中に技師の方が「甲状腺に何かがありますねぇ」と仰り
検査後の診察までの1時間ちょっとの待ち時間の間
正直流石にメンタルはやられていたのか、色々な事を考えた。
最初に仕事の事、予定している作業、店、終活について
やりたい事ややり残した事、で最終的には女だなって思ったw
ポジティブだった考え方がドンドンとネガティブになり
最悪は悪性リンパ腫と言う方向になり
全身転移か…と、思う様になってしまった。
11時過ぎに病院が終わって店に戻り、甲状腺の癌について
色々調べたんだけど、僕みいたなSDCからの転移の症例は見つからず
甲状腺が原発になる癌の再発位しか論文は無かった。
それは高悪性腫瘍唾液腺導管癌(SDC)と言う物自体の
症例が少ないからなのですが、取り合えず息子にラインで
今日の検査結果を報告した所、物の3分程で返事が返って来て
息子が言うには「甲状腺癌は日本の全人口で5%位あるメジャーな癌で
珍しいわけでは無く、例え悪化したからと言って、予後には影響
せんから大丈夫」と返事が返って来たので、流石専門は違っても
医者だなぁと思ったのですが、最後の一行に
「転移じゃ無ければやけど」と書かれていた…。
え⁉…じゃぁ転移ならどうなん?と思った物のそれ以上聞く事はしなかった。
それはきっと息子の優しさだと思ったから。
僕の主治医が、「来月奥さんと一緒に来て下さい」と言うので
取り合えず最低でも1ヵ月余裕はあるし、8月にMRI検査もある。
このままではメンタルを持って行かれそうなので
へそくりを貯めて、まずは女遊びを再開しようと思ってます!


大阪T様CB400継続車検準備

この梅雨に入るのかどうなのかと言う時期に

大阪T様CB400継続車検準備神がかり的な車検予約で、今日は雨で

明日、明後日は晴と言う相変わらずの

車検だけスーパー晴れ男継続中。

今日雨が降る前に明後日朝の車検準備の為

車両をCP営業車3号に積み込み、車検準備が整いました。

予定通り明後日朝一に継続車検に向かいます。


520コンバート特注スプロケット

本当は今月初めに入荷して来ていたのですが

CB400Four520特注35Tブラックアルマイトスプロケット僕の発注ミスでブラックアルマイト仕様を

一般的なゴールドで仕上げて仕舞い

再アルマイト加工に出していたスプロケットが

ブラックにアルマイトされ戻って来ました。

本日ドライブスプロケットとセットで発送致します。

遅くなり申し訳御座いませんでした。

それにしても価格が今の世界情勢からなのか

異常な価格に値上がりになってしまってます…。


京都T様CB400部品組み立て

追加でブレーキキャリパーO/H作業のご依頼を頂き

京都T様CB400フロントブレーキOH完了 (1)部品も入荷して来たので、早速組立。

キャリパーのO/Hと塗装も終わり

白ボケしたディスクカバーも綺麗になって

錆びたボルト、フロントブレーキパイプも交換。

京都T様CB400フロントブレーキOH完了 (2)伸びたダイアフラムも新品に交換。

これでフロントブレーキ回りの

リフレッシュが完了しました。

後はホイールにスポークを張れば

京都T様CB400用ヨシムラハイカムst1入荷 (1)足回りの仕様変更などが完了します。

で、予想外にも意外と早く入荷して来た

ヨシムラハイカムst1が入荷して来ました。

ヨシムラもスズキ資本が投入されたのか

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (1)今までよりも、業販部品購入が面倒になった。

再メッキも仕上がって戻って来たので

早速部品チェックに取り掛かります。

一見する限りでは肝心な物は無くなって無いかな。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (2)取り合えず各パート毎に仕分けして

部品チェックの為、仮組をして確認。

肝心な部品の紛失は無さそうなので

後はまぁ少しなら無くなっていても大丈夫です。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (3)と言う事で、再メッキが仕上がった部品を

セット出来る物はセットして行き下拵え。

ブレーキカムフェルトパッキンは新品に交換。

オイルパンセパレーターは防錆の為メッキ仕上げ。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (4)アクスルシャフトとメーターギアーをセット

リアブレーキシューも純正リメイク品を

ブレーキドラムパネルにセットし組み立て。

ゴム類なども新品に交換して仮組は完了。

京都T様CB400ボルト類再メッキ完了 (6)これで再メッキ部品のチェックと足回り

エンジン関係の組み立て用ボルト準備は完了。

ハンドルもF2絞りが入荷して来ているので

ボチボチと交換する準備に取り掛かります。

これだけ綺麗になって来ると、他にも色々と気になる所が

出て来るのですが、キリが無いので程々にして置きます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 治療 | 部品

2022年06月09日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日6月10日(金曜日)はSDC経過観察の診察と
エコー検査の為臨時休業とさせて頂きます。
また、新たに大きくなった喉のシコリについても
主治医と相談をし、この先どうするのかなどを話し合います。
恐らく、まずはこの大きくなったシコリが
何者なのかを検査する事になると思います。
今は頭の中では最悪な事を想定していますが
それが検査の結果で特に問題が無い物であれば
ラッキーだと思う様に考えているので
今の所メンタル的にも全然大丈夫です!
しかも仕事も忙しくさせて頂いているので
余計な事を考える時間も無いので、とてもありがたく思ってます。


大阪T様CB400F継続車検

今朝何時もより少し早起きをして

大阪T様CB400F継続車検 (1)大阪T様CB400Fの継続車検を受けに

京都南検査場へ向かったのですが

国道1号線が少し渋滞していたので

到着が8時50分になってしまった…。

大阪T様CB400F継続車検 (2)駐車場は何時も通りガラガラなんですが

渋滞で到着が遅れた分、特装車が3台も…

ラインはこれでも混んでいる方ですw

で、何とか高さを測られない様

大阪T様CB400F継続車検 (3)「暑いですねぇ。」とか色々話しかけて

車幅を測ったタイミングで車両に跨り

エンジンを掛けて次の工程に進んでやったら

高さを測りたそうにしていたけど

大阪T様CB400F継続車検 (4)無事にスルーが出来たので一安心w

光軸、光量も一発合格で9時20分には

書類も出来上がって大急ぎで店に戻り

9時40分位には戻る事が出来ました。

大阪T様CB400F継続車検 (5)念の為高さを出す為のスマホホルダーを取り外し

車検仕様から現状復旧をして、何時もの…

車検標章シールを慎重に貼るのですが

まぁ僕の能力的にこんなもんですわ…。

お預かりから結構時間が経過しましたが、無事に継続車検整備が完了です。


枚方Q坊号CB400ドレスアップ

以前の入庫時に間に合わなかった部品も入荷してきており

枚方Q坊号CB400ドレスアップ部品交換 (1)朝一のご来店予定だったのですが

今朝の車検が愚図ったらダメなので

ご来店時間を1時間遅らせて頂いた

枚方Q坊号CB400が予定通りにご来店。

枚方Q坊号CB400ドレスアップ部品交換 (2)追加でフロントフェンダーの交換作業の

ご依頼も頂き、早速作業に取り掛かります。

社外のボルトなどが取付いているので

この辺りの部品も純正新品に交換して

枚方Q坊号CB400ドレスアップ部品交換 (3)フロントフェンダーを取り付ける事に。

リプロのフロントフェンダーなので

取り付けは少々手古摺りましたが

無事にフロントフェンダーの交換作業が完了。

枚方Q坊号CB400ドレスアップ部品交換 (4)次に前回部品が入荷して来なかった為

交換出来なかったインジケーターカバーを

メッキインジケーターカバーに交換します。

ヘッドライトケースの配線を取り外さないと

枚方Q坊号CB400ドレスアップ部品交換 (5)インジケーターカバーは交換出来ないので

本当は前回のタイミングでやりたかった作業。

部品の入荷がこんなに遅くなるなんて

思って居なかったは大きな誤算でしたw

枚方Q坊号CB400ドレスアップ部品交換 (6)まぁ仕方が無いのでサクサクっと交換をして

配線を接続し、灯火系をチェックしてから

ヘッドライトやインジケーターカバーを

取り付けて、これでやっと完成です。

ボルト、ワッシャー類も全て純正新品に交換して行っているので

購入当初から比べると、かなり良い感じになって来てます。


マスタングのエアルーバー

先日マスタングに取り付けたエアルーバーなんですが

マスタングのエアルーバー左ハンドルなので、ただでさえ右横後方が

見えにくいのに、エアルーバーを取り付けたら

余計に右横後方が見えなくなってしまった…。

こうやって離れて見ると、一体感があって

カッコ良い様に見えるのですが、実際は水鳥の足の様な感じで

エアルーバー何か付けるんじゃなかったと思った…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | カスタム

2022年06月08日

定休日のカスタムパラノイア3

昨日は可愛い女将さんがやっている
焼肉屋さんへ行って来ました。
可愛い女将さんと楽しいお喋りをしながら
美味しい焼肉を頂きました。
なので、今日も焼肉を食べに行く事にしますw


男は黙って六四分け

先月は忙し過ぎて、理髪店に行く暇が無かったので

男は黙って六四分け220608今朝急遽予約を取って何時もの理髪店へ行き

何時もの男は黙って六四分けにしてもらい

何時も通り良い感じに仕上がったので

焼肉屋の女将さんに昨日と違って

男前になった僕を見てもらい、何とかならないかと妄想…。


CB400Fourガソリンタンク穴埋め

散髪も終わったので、午後から店に出勤し意気揚々と

CB400Fourガソリンタンク穴埋め (1)昨日穴埋めしたガソリンタンクに

ワコーズの錆取り剤ピカタンを入れたら

誰かの希望通り、漏れて来やがった!

大急ぎでピカタンを抜き、穴をチェックすると

CB400Fourガソリンタンク穴埋め (2)昨日埋めた穴以外の他に3か所位

穴が開いていた事が分かった…。

チックショウ!!もうこうなったらと思い

今日は仕事をするつもりは無かったのですが

CB400Fourガソリンタンク穴埋め (3)急いで穴が開いて居る所を再びロウ付け!

何だかやればやる程、怪しい穴の数が増えて来て

合計5カ所の穴埋めをしてやった!

これでもう完全に穴は埋まったはずなので

近日中にまた水漏れチェックをする事にします…。


筏釣り用パラソルスタンド製作

先日の釣行で日よけのパラソルスタンドが風に煽られて

筏釣り用パラソルスタンド製作 (1)根元が変形してしまい、千切れそうになり

元々のパラソルスタンドの鉄板が3个世辰燭里

今度は4个SUSフラットバーを使って

次回の釣行に間に合うように自作する事にした。

筏釣り用パラソルスタンド製作 (2)持ち運びに嵩張らない様にする事と

軽量化も兼ねて、T字タイプにして製作。

ステンレスなので簡単には錆びないし

このサイズならバッカンにも入るw

筏釣り用パラソルスタンド製作 (4)弟から誕生日に貰ったパラソルスタンドは

風に煽られて、こんな感じに変形し

ボルトが千切れそうなので、もう使えない…

なのでこれはオブジェとして飾る事にします。

筏釣り用パラソルスタンド製作 (5)4个離侫薀奪肇弌爾任垢、SUS部材を

突合せでの溶接なので接続部分に補強を入れて

8个慮さに補強を入れました。

これに、使っていたパラソルスタンドの軸が

筏釣り用パラソルスタンド製作 (6)使える様にM20のSUSボルトを溶接。

溶接の熱でフラットバーが歪むので

後で歪取りをしないといけないのですが

もう一本のボルトは少し加工して

筏釣り用パラソルスタンド製作 (7)角度を付けて溶接をしてみました。

元々パラソルも、ある程度の角度調整が

出来る様になっているのですが

それだけではちょっと不十分なので

筏釣り用パラソルスタンド製作 (8)太陽の向きや雨が降る方向にパラソルを

もっと傾けられるようにと思い

スタンドの取付ボルトを斜めにして

もっと角度を調整出来る様にしてみました。

筏釣り用パラソルスタンド製作 (9)スタンドを入れてみて、どれ位傾くかをチェック!

角度的には10度位かなぁ?パラソル側でも

10度位は調整出来るので、多分これで最大

20度以上は角度が調整出来るので

実践で使うのが楽しみです。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0) 修理 | お気楽

2022年06月07日

喉に新たなシコリが…3

先月の診察でSDCを摘出した傷の上辺りに
5伉度の皮下腫瘍が見つかったのですが
先週あたりから喉に違和感があったので
昨晩、皮下腫瘍を触ってみると5伉度だった物が
25舒未飽蕕辰討い燭里如⊆命燭鮖って
先週撮影した写真と比べてみたら、かなり大きくなっていたので
画像を息子に送って見てもらったのですが
皮下腫瘍の先端が白くなっていたので、息子が言うには
「噴流っぽく見えるけどな」との事だったので
白くなった先端部分を潰してみたら、よくある白い塊が
少し出て、後は鮮血が少し出血した程度で皮下の物は取れたのですが
その奥にある大きなシコリは残ったままで
その場所から動く訳でも無く、痛みも無い…
仮に癌が再発するとすれば、平均2年〜2年半なんだけど
僕はまだ摘出後1年半しか経っていないのに…。
今割と身も心も多少は充実しているのに、再発だったら嫌だなぁ…。
SDCの統計上ですが転移、再発患者の8割が死亡しているので
今週、検査と診察があるのでしっかりと相談する事にします。


大阪T様CB400F継続車検準備

この時期、車検だけスパー晴れ男記録もついに途切れるのかと

大阪T様CB400F継続車検思って諦めて居たのですが、何とまぁ

やっと取れた車検予約の日は晴マークw

流石車検だけ晴れ男、この11年継続している!

これって何かの記録に残らない物なのかねぇw

今の所今日は曇り、明日は曇りのち晴れ、明後日は晴れのち曇りって

神掛かって居るとしか思えないわw


CB400FR HSR九州鉄馬密着

以前ご紹介した九州の仲間が運営するYouTubeの第二弾をご紹介します。



熊本の大将に密着取材し、HSRで開催される鉄馬レースファイナルです。

チャンネル登録よろしくお願い致します。


タンク錆取りと穴埋め

急遽ガソリンタンクが必要になったので

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (1)使えるタンクの錆取りを実施。

黄色の398タンクですが代替に使える物は

今の所これしか無いので錆取りをして

取り合えず直ぐに使える様にします。

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (12)ワコーズのピカタンを入れて

活性化させる為お湯を入れ、錆取りです。

錆取りは24時間で十分なので

それ以上やっても意味はありません。

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (2)以前塗装に出そうと思って居た408タンクですが

穴が開いていたので、塗装が出来なかったので

今日、その穴埋めをする事にしました。

穴は小さいのですが、数が結構あって

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (3)今ロウ付け出来る職人が居ないらしく

自分でやるしか無かったので

ずっと放置していた物になります。

と言う僕も久しぶりなので上手く出来るのか?

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (4)と思いながら、穴が開いている個所を

チェックして、他にも穴が開いて居ないかを確認。

取り合えずこれだけだと思うけど

錆が酷いと、穴も広がるからねぇ…。

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (5)この日の為にアセチレン溶接用吹管を

購入していたのですが、全然使わずにいた物を

今日やっと使う事になりました。

久しぶりの作業なので、多少の不安と

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (6)老眼で目が見えないと言うハンディが

あるのですが、身体が覚えている作業なので

最初は団子になってしまいましたが

直ぐに修正も出来て、穴もちゃんと埋まり

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (7)良い感じに穴が埋まったと思います。

後は仕上げれば良いだけですが

熱を入れ過ぎると、タンクが歪むのですが

まぁそこは板金で何とかリカバリーが

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (8)出来ると思うので、まずはちゃんと

穴を埋める事に集中して、しっかりとロウを

穴に溶かし込む事だけに集中して

穴埋めが完了しました。

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (9)後は余分に溶けたロウを削って仕上げます。

中々良い感じに穴は埋まっていますw

これなら大丈夫だろうと思い

全ての溶接個所を仕上げて行くのですが

CB400Four用ガソリンタンク穴埋めと錆取り (11)やっぱり心配していた老眼の影響で

溶接する所を一カ所間違ってしまい

穴が開いたまんまだったわw

せっかく仕上げたけど、直ぐに手直しをして

仕上げたので、今度、水漏れチェックをする事にします。


奈良Y様CB400Fキャストホイール整備

以前からご相談を頂いていたキャストホイールをご持参頂きました。

奈良Y様CB400F用キャストホイールの憂鬱 (1)ただ残念なのは、取り外したダストシールや

ベアリングと肝心なディスタンスカラーなどを

不要品として処分している事が残念です。

多分サークリップもあるかも知れません…。

奈良Y様CB400F用キャストホイールの憂鬱 (2)こう言った古いキャストホイールの場合

ダストシールは勿論の事ですがシールのサイズや

ディスタンスカラーも特殊な場合もあり

またベアリングも純正流用ではない場合が

奈良Y様CB400F用キャストホイールの憂鬱 (3)稀にあり、取り外した部品を廃棄したのは致命的。

しかもタイヤを取り外すと中から

アルミが腐食した粉がポロポロと落ちて来た…。

ホイールを仕上げる場合、タイヤを取り外し

奈良Y様CB400F用キャストホイールの憂鬱 (4)内側も仕上げ塗装をしないと、腐食は進行します。

更に残念なのはスプロケハブダンパーを

入れる穴が摩耗しており、新品のダンパーが

手で緩々に入る事で、これを使う事はこの先

奈良Y様CB400F用キャストホイールの憂鬱 (5)リスクしか無いと言う事になります。

残った2個のダンパーも緩く、楽に抜けました。

単純に錆で太って抜けなかっただけです。

以前当時物セブンスターでも同じ様な事があり

そのセブンスターを使っていた車両は

走行中に大変な事になって居た事を思い出しました。

修正する手段が無い分けでは無いのですが

まずここまで作業をする順番が違うので、最初からやり直しになるかも…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2) メンテナンス | 修理

2022年06月06日

事故?雨の中朝から現場検証3

先日店の前の道路にチョークで色々と書いてあったので
何か事故でもあったのかなぁと思って居たのですが
今日この雨の中、一般車両を通行止めにして
警察が沢山来て現場検証をやっていた。
現場検証を見ていると、恐らく車同士の事故だと思うけど
これだけ大掛かりになるとすると
きっと大きな事故だったんだろうと思い
店のビデオに何か残っていないかチェックしたんだけど
2週間の間に3件の事故があって、どれか分からんわw


京都T様追加作業

エンジンの下拵えは完了し、足回りの作業はスポーク張りとタイヤ入荷待ち。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (1)スポーク張り作業は、作業スペースの空き待ち

タイヤも発注済みなので、何とか来週までには

スポークを張って足回りを仕上げる予定です。

それまでに追加作業を頂いたブレーキ回りの

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (2)作業に取り掛かる事にします。

オーナーからはキャリパーの塗装を

依頼されたのですが、錆びたボルト類が…。

もう少し早ければ一緒に再メッキに出せたのに…。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (3)サクサクっとブレーキキャリパーを分解。

塗装はオリジナル塗装ですが

キャリパーが腐食して塗装が浮いてました。

原因はブレーキフルードが漏れていた様で

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (4)それでキャリパーが腐食したのだろうと思います。

残念ながらピストンも電食で錆ているので

これをこのまま使う分けにも行きませんので

シールとピストンは交換になります。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (5)キャリパーの塗装を追加でご依頼だったのですが

キャリパーサポートやブレーキパイプ

リターンスプリングなどその他ボルト類が

錆びているので、キャリパーが奇麗になると

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (6)こう言った所が結構目立つんですよね…。

色飛びしたディスクカバーとかも

これだと残念な仕上がりになってしまう…。

どうしようかと悩んだで色々周りを見ると

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (7)フェンダーを取り付けてある社外のボルトも

錆びているし…あちこちのボルトも錆びが

目に付くので、この辺のボルトは純正に

交換しても知れているので

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (8)交換しようかなぁと色々チェックをすると

フェンダー取り付けボルトも社外品で

しかも錆びているし、こういう場合

ボルトの長さも怪しいものが多く

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (10)案の定キャリパーサポートとフェンダーの

共締めボルトはフランジボルトになっており

取り外してみると、めちゃくちゃ短い!

もうこりゃぁやるしかないなぁと言う事で

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (11)キャリパーサポートを取り外しました。

まぁボルトが短いとか見て仕舞った物なので

スルーする分けには行かないですよねぇ…。

Oリングも1個しか入って無かったし…。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (12)ここまで分解したついでにちょっと手を入れて

取り合えず塗装を剥がし、ブラストで仕上げ。

キャリパーは腐食も取れたので塗装をして

サポートはこのままにするかそれとも

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (9)フロントホークが軽くバフってあるので

それに合わせるか迷う所ですねぇ…。

因みにブレーキマスターのダイアフラムも

伸びて死んでいるので、交換になります。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (13)一カ所手を付けると、ここもあそこもと

ドンドンとやる事が増えて行く…。

仕上がりのアンバランスさが気になるので

キャリパーサポートはバフ仕上げをしました。

京都T様CB400追加作業ブレーキ回り (14)取り付けるとこんな感じになります。

ボルトも全て純正新品に交換したので

絶対こっちの方が足元が奇麗に見えますよねぇ

と言う事で、後は塗装が仕上がるのと

ブレーキ関係の部品入荷待ちと言う事になりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) レストア | 部品

2022年06月05日

パイナップルと朝顔3

3年程前に植えたパイナップルに少し変化が出て来て
中央部に小さな芽が出て来た様な感じです。
このまま順調に育ってくれれば
この夏には収穫できるのかなぁ?
毎朝店に来て、パイナップルを見るのが楽しみになって来た。
で、嫁は店の花壇に朝顔を植えるらしい。
何か前にもツル系の植物を植えた事があって
成長し過ぎてえらい事になっているんだけどねぇ…


京都T様CB400エンジンO/H打ち合わせ

昨日の夕方にT様の弟さんが所有するGPz400でご来店。

京都T様CB400エンジンOH打ち合わせエンジンO/Hなどの打ち合わせと

追加作業のご依頼なども頂き

現在のエンジン仕上がり状況も確認して貰い

満足頂けた様で、引き続きこのまま続行です。

エンジンボアアップによるパワーアップに対応し

操作性が良いハンドルに交換する事になりました。


寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換

先日お電話でタペットキャップが緩んでしまっているとご連絡を頂き

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (1)月曜日に作業の予定だったのですが

天候が悪い為、急遽昨日の夕方にご来店。

タペットキャップはリード製を取り付けている為

リード製タペットキャップあるあるで

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (2)Oリング溝が純正などと比べると溝が浅く

リード製に付属するOリングは純正より

外径が細い為、エンジンの熱で直ぐにダメになり

緩んでしまう事が多いのが特徴になります。

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (3)で、Oリングを純正と交換をするのですが

Oリング溝が浅い為、色々とデメリットを説明し

了解を頂いた上でOリングの交換をする事に。

締め付け工具もヘキサゴンの12个世半し小さく

寝屋川M様CB400タペットキャップOリング交換 (4)14个世搬腓くて入らないので

インチのヘキサゴンレンチが必要になります。

で、取り合えずOリングを交換して締め付け。

Oリングが潰れるので、また次のオイル交換の

時にでも増し締めチェックをする事になります。


奈良Y様CB400Fオイルクーラー取り付け

本日朝一からの作業で、何とか天気も持ってくれと思いながら

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (1)オイルクーラー取り付けなどにご来店頂いた

奈良Y様CB400Fの作業に取り掛かります。

何か見る度に色々と仕様が変わって居り

光り具合もドンドンと進化していますねw

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (2)では、オイルクーラー取り付け作業に

取り掛かるのですが、オイルクーラーを

クランプで取り付ける位置を決めてから

フレームを傷付かない様に薄いゴムを貼ります。

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (3)タンクや、マフラーとのクリアランスをチェックし

アゲイン製のオイルクーラーを取り付けるのですが

通常は下入り、下出し仕様になるのですが

CP特注ホースで、上入り、上出しに変更します。

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (4)取り付け位置が決まり、固定も出来たので

マフラーを取り外し、エンジンオイルを

抜いている間に他の作業を進めます。

ガソリンタンクを下し、ブローバイホースに

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (5)レデューサーを取り付けるので

ホースをカットする位置を決めて

レデューサーを取り付けて仕舞います。

FCRが取付いているので、レデューサーは

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (6)ツインリードバルブレデューサーを取り付け。

これでエンジン内が負圧になりオイルの劣化

乳化、酸化を延命出来る上に、アクセルOFF時の

エンジンブレーキを軽減出来るので

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (7)乗り易くもなり、燃費も向上するので

ガソリンが高騰している今、ヘビーユーザーには

かなり良いアイテムになりますね!

で、サンドイッチブロックをセットし

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (8)ホースの取り回しも完了したので

オイルフィルターケースをラジアルタイプに

変更してオイルクーラーの取付が完了しました。

エンジンが光り過ぎで、写真がハレーションを…

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (9)取り外したマフラーなどを取付けて

エンジンオイルを入れて、オイル漏れチェック!

オイル漏れも無く、無事にオイルクーラーの

取り付け作業が完了しました。

奈良Y様CB400F20号機オイルクーラー取り付け (10)これからの時期には必須アイテムになりますが

強化オイルポンプ「極み」が取付いているので

暖気も時間が掛かりますが、気温が低い時は

オーバークールに注意して油温管理をして下さい。

次は足回りのカスタムを予定しています。


旧CP5号機久しぶりにご来店

今年初めに納車した旧CP5号機が久しぶりにご来店。

CP旧5号機久しぶりにご来店余り見かけなかったので、久々に見れて

何だか僕も嬉しかったし、オーナーも

よく走るので、乗っていて楽しいとの事。

本日のご来店は、もう一台Z400Jを所有しておられ

その車両の整備についてご相談にご来店頂きました。

PITの都合が付き次第、入庫予定と言う事になりました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) カスタム | 部品

2022年06月04日

近所に出来たホルモン焼き屋さん3

昨日営業終了後に、最近店の近所に出来た
ホルモン屋さんへ行ってみたんだけど
何とまぁ残念な事に、満席になっていた…。
こじんまりとしたお店で、カウンターの中には若い女性が一人
しかも可愛いので、今度はちゃんと予約してから行こうと思った。
噂ではお肉も美味しいらしいので、常連になってしまいそうw
今度自由人君も誘って行ってみようと思った。
多分アルコールを飲んでいた時にこのお店があったら
家には帰っていないかも知れないw


チタン製M6EXスタッドナットリリース

この前から実走テストを行っていたチタン製EXスタッドナットですが

チタン製EXスタッドナットリリース (1)最初の内は一回走る毎に増し締めチェックを

行っていたのですが、ある程度増し締めも

落ち着き、特にどうなのかと言われても

お高いチタン製ナットですが?と言う感じで

チタン製EXスタッドナットリリース (2)目で見て分からないチタンの特性や高級感以外

加速が良くなるとか、燃費が良くなるとか

そう言う体感的な物は一切ありませんw

強いて言うなら、EXナットが軽くなった!

と言うだけの物になるのですが、洒落で「高級チタンEXナット使うてるねん!」

って言う方向けに、如何でしょうか?

仮に1個脱落してしまった場合でも、単品売りもあります。


京都T様CB400エンジンO/Hオイルライン加工

エンジンO/Hの下拵えも順調に進んでおり

京都T様CB400オイルライン加工 (1)今日はオイルラインの加工をやって仕舞います。

フル強化オイルポンプ「極み」のセットを

取り付けてあるので、このエンジンO/Hの

タイミングで、オイルラインを加工します。

京都T様CB400オイルライン加工 (2)オリフィスやオイルパイプのオリジナル穴径は

1个開いているのですが、このままでは

流量が増えた分流速が上がってしまうので

この穴径を大きくし増えたオイルの流量を

京都T様CB400オイルライン加工 (3)効率良くシリンダーヘッドに送ります。

穴径も試行錯誤し0.5仟腓くしたりして

何度かのテスト結果から最終的に

オリジナルの1个ら0.2仟腓くし

京都T様CB400オイルライン加工 (4)1.2个乏搬腓靴申蠅、オリフィスの強度的にも

限界だろうと言う所になりました。

硬化したオイルパイプホルダーとOリングも交換

ついでにオイルパスキャップなどを

京都T様CB400オイルライン加工 (5)ウエットブラストで仕上げて

これも新品のOリングをセットして

ロアケースに取り付けまで済ませました。

これでほぼエンジン組み立ての下拵えは完了。

後は内燃機加工が仕上がって戻って来れば、組み立てに取り掛かります。

本日夕方にオーナーがご来店される事になって居り

今後の事も含めて色々と打ち合わせをする予定です。


高槻I様CB250HAWK手直し

前回オイル交換などの作業を行った高槻I様のCB250HAWKですが

高槻I様CB250HAWKオイル漏れ修理 (1)オイルフィルターを交換した時に

Oリングを挟んで仕舞い、フィルターケースから

オイルが漏れており、その手直しなのですが

色々と都合が合わず、今日まで手直し作業が

高槻I様CB250HAWKオイル漏れ修理 (2)伸び伸びになっていました。

で、オイル漏れを起こしているフィルターの

Oリングを取り外してみると…やっぱりだわ…

これを新品に交換して、オイルを入れて

オイル漏れ手直し作業が完了しました。

ご迷惑をお掛けして申し訳御座いませんでした。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2022年06月03日

ホンダNシリーズリコール3

嫁が乗るホンダのN-VAN事N-WANなどのNシリーズと
一部S660など8機種の燃料ポンプのインペラに
形成不良があったらしく、リコール
となったらしい。
で、調べた所嫁の車はリコール対象外だった。
そんな事より、昨日転倒した時に首がむち打ち状態になり
今日は激しく首が痛い…、幸いですがコルセットをしていたので
手足の麻痺が出る様な事は無かったのは良かった。
下手なこけ方をすると、骨化した後縦靭帯が骨折して
中枢神経に傷が入り、首から下の麻痺になる事が
死ぬ事より一番怖いわ…。
そんな事や、昨日夕方に予告なしでやって来た恐怖の姪…。
もう21か22歳になるのですが、未だに車はあるけど免許が無いので
原チャリに乗っているので面倒臭く、タイヤの空気圧をチェックしに来て
今度、焼き鳥の秋吉に連れて行け!とのご要望もあり
都合が合えば、行く事になった…。


京都T様CB400部品整備

昨日一通りの分解作業が終わったので、ボルト類を再メッキに出す為

京都T様CB400部品再メッキ下地処理 (1)汚れや錆などを取り除く下地処理をします。

大事な部品はワイヤリングをして

アクスルシャフトなどは汚れ錆を落として

メッキをブラストで剥がして仕舞います。

京都T様CB400部品再メッキ下地処理 (2)これ結構手間が掛かるのですが

この作業をちゃんとやって置かないと

メッキの仕上がりが悪かったり

アクスルシャフトがメッキで太ってしまい

京都T様CB400部品再メッキ下地処理 (3)後々面倒な作業をしないといけなくなります。

で、紛失される事も想定した上で

再メッキに出す部品を写真撮影をして

証拠も残しますが、失くされたら同じです…。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (1)で、昨晩リアハブの事で色々と悩んだのですが

使って使えない事は無いだろうと思い

取り合えずこのリアハブを使う前提で

一旦仕上げて仕舞う事にしました。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (2)昨日からラスペネ漬けにしていたのですが

スプロケハブダンパーのゴムは死亡しており

ゴムだけが簡単に抜けて仕舞う位に

劣化しており、綺麗にアウターカラーが残った。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (3)まぁ殆どの場合、こう言う具合になるので

アウターカラーは破壊して取り外す事になります。

サクサクっと破壊し、残ったアウターカラーを

全て破壊して取り除きました。

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (4)後はウエットブラストで仕上げるのですが

ブレーキドラム側のベアリングケースの

摩耗度合いによっては使えないのですが

ベアリングが落ちない程度の摩耗なら

京都T様CB400リアハブブラスト整備 (5)少し細工をして使う事が出来るので

僅かな希望を持って、リタップ掃除も済ませ

リアハブの下拵えが完了しました。

これで細工をして使えればラッキーです。

京都T様CB400リアハブ組み立て (1)ではリアハブに細工をしてベアリングを

入れてみる事にするのですが

これでダメなら、このリアハブは交換。

また今回は使えても次回は使えないと

京都T様CB400リアハブ組み立て (2)言う事もあるので、タイヤ交換時には

その辺りのチェックも行って行く事になります。

オートポンチを打って、ロックタイトの

ハメ合い用を塗ってベアリングを入れます。

京都T様CB400リアハブ組み立て (3)ポンチで叩いてあるので、油圧プレスで

圧入する際に、結構抵抗がありました。

乾燥10分なので、ベアリングを入れて

暫く放置している間、タペットキャプを

京都T様CB400タペットキャップブラスト (1)ブラストで仕上げて仕舞います。

1個は純正になっているのですが

何故かはわかりませんが、408タンクなら

コックに干渉する場合があるので

京都T様CB400タペットキャップブラスト (2)純正を使う事はありますが、398だし

何なら#2だったかのIN側に純正キャップが

取り付けられていたので、理由は分かりません。

またキジマのキャップのねじ山にはダメージが…

京都T様CB400リアハブ組み立て (4)そうこうしている内に10分以上が経過し

取り合えず抜ける様な気配は無いので

スプロケハブダンパーを圧入して仕上げました。

まぁこれで当分は大丈夫だと思います。

京都T様CB400リアハブ組み立て (5)スプロケハブダンパーを圧入し終えたので

ベアリングリテーナーを締め込みます。

勿論カジるので、アンチシーズを塗ってから

SSTを使って締め込んだので、ちゃんと奥まで

京都T様CB400ヘッドカバー仕上げ (1)ベアリングリテーナーは締まりました。

前回ヘッドカバーの下拵えをした時

シーリングボルトが在庫切れだったので

発注した物が今日入荷して来たので

京都T様CB400ヘッドカバー仕上げ (2)中途半端だったヘッドカバーも仕上げます。

このシーリングボルトもメーカー在庫が

25個だったので、絶版が怖いので

取り合えず残りの24個を買い占めました。

メーカー在庫は残り1個になってます…ごめんなさい。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) レストア | 部品

2022年06月02日

今更のクラブハウス3

一時期爆発的に流行った、クラブハウスと言う
SNSの会員登録をして承認されたのですが
今では流行りも下火になったらしく
使い方も全然わからないので放置しています。
知り合いの方で既に会員になっている方が
何人か居られるようなのですが
全然使い方が分からないので、音声配信を聞く事も出来ないw
そもそも誰の音声配信を聞きたいとか言う事も無く
取り合えず会員にはなった物の…て言う感じですw
今思えばYouTubeやInstagramで十分だと思ったわ…w


マスタングリアウインドゥにエアルーバー取り付け

昨日の定休日は天気も良かったので、何処かに出掛けようかとも

マスタングにエアルーバー取り付け (1)思ったのですが、荷物が届く事もあり

取り合えず荷物を受け取ってから

ドライブにと思い、出勤してその時間潰しに

塗装が仕上がったエアルーバーを貼り付けました。

マスタングにエアルーバー取り付け (2)結果は、やっぱり弟にやって貰えば良かったと

残念な結果になったので、エアルーバーの

取り付け後のアップ画像はありませんw

遠目で見ればカッコ良い感じにはなってますが…。

まぁ僕の実力はこんな物なので、仕方が無いです…。


大阪T様CB400Fメーター球交換

もう6月になってしまいましたが、やっと来週には車検に行ける様になった

大阪T様CB400Fメーターバックライト球交換 (1)大阪T様CB400Fですが、先日ヘッドライトの

光量UPの為に灯火系をチェックした際に

Sメーターのバックライトが消えていたので

メーターを取り外してチェックしてみると

大阪T様CB400Fメーターバックライト球交換 (2)バックライトが2個共点灯せず、球切れか?と

チェックをしたら1個は点いたり消えたりするし

1個は完全に球切れだったので交換したけど

結局2個共交換をする事にしました。

たまにメーターのバックライトをチェックする検査官も居るので

こう言う所の球切れで不合格になると面倒なので

電球は新品に交換してから、継続車検に向かいます。


特注スプロケット仕上がり…

納期2.3ヵ月と言う事で、2月末に発注した530/35Tスプロケットが

特注530スプロケット35T仕上がり…今日やっと仕上がって届いたのですが

昨今の世界情勢から価格も大幅に跳ね上がり

しかもアルマイトがゴールドで届いた…。

メーカーのミスかと思い慌てて問い合わせた所

BKはブラックの意味じゃなく、ブランクのBKだった…。

そう言えば今までの注文は備考欄にカラー指定を書いてたなぁ…

と言う事で、僕の発注ミスなので別途費用を自腹で出し

ブラックに再アルマイトしてもらいます。

申し訳ありませんがもう暫くお待ち下さい。


京都T様CB400足回りカスタム分解

今回、エンジンフルO/Hと同時に足回りのカスタムも同時に行う事になり

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (1)天気が良い今日の内にタイヤホイールを

取り外し、カスタムの準備に取り掛かります。

ブレーキダストの量が異常なのが気になる

このリアタイヤホイールですが…

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (3)取り外してみると、ブレーキシューは

ベズラー社製のブレーキシューだった。

しかもスプロケットは35Tだったので

ブレーキの引きシロがかなり引っ張られていた。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (4)ベズラー社製のブレーキシューを

使っていたから、ブレーキダストが多く

リアハブはかなり痛んでいる状態なのが

ちょっと気になる所になります…。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (5)取り合えず前後のタイヤホイールを取り外し

転倒防止を行い、タイヤホイールを分解し

ホイールを組み替える準備に取り掛かります。

まずはベアリングリテーナーを取り外すのですが

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (6)ベアリングリテーナーが少し飛び出しており

緩んだのか?締められなかったのか?

どうやら一度は触られている感じがします。

純正SSTを使ってベアリングリテーナーを

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (7)取り外すのですが、リテーナーがちゃんと

締まっていなかった理由は、焼き付いてしまい

締められなかった事が理由だと思います。

取り外すのにも結構苦労しました…。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (8)で、最悪なのは、リテーナーを取り外していると

ブレーキ側のベアリングがベアリングプーラーを

使わなくても、ポロっと落ちた事です…。

このリアハブちょっと厄介だなぁ…。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (9)取り合えずスポークを切断しましたが

これを使うかどうかはオーナーと要相談です。

使って使えない事は無いけどと言うレベルで

これはダメだわって言える程では無いのが厄介。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (10)フロントは問題無く使えるので

取り合えずフロントは仕上げる事にします。

サクサクっとスポークを切断し

ベアリングなどを取り外し、ブラスト準備。

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (11)取り合えずリアハブは手を付けず

このままの状態で、打ち合わせ後に

どうするかを決めてからにします。

ブレーキドラムパネルとフロントハブは

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (12)サクサクっとウエットブラストで仕上げました。

35Tのリアスプロケットどうしようかなぁ

純正は38Tなので、これもオーナーと相談だね。

35Tのまま使うのなら、チェーンの長さを

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (13)2L程短くしないと、調整シロが色々と…。

で、フロントハブはサクサクと仕上げます。

ベアリングリテーナーのねじ山もリタップ掃除。

これでアンチシーズを塗って締め付ければ

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (14)焼き付く事も無くなります。

新品のベアリングを圧入して組み立て。

ディスタンスカラーも錆止めのグリスを塗り

組み立てて、ベアリングリテーナーと

京都T様タイヤホイールカスタム準備 (15)ダストシールを装着し、フロントハブと

ブレーキドラムパネルは仕上がりました。

本当ならこれで前後ハブが仕上がって

Hリムを組む予定だったのですが

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (1)急遽作業予定を変更して

スピードメーターギアーを分解し

これもウエットブラストで仕上げて

綺麗にしてから、組み立てる事にします。

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (2)このドロドロのスピードメータギアー…。

サクサクっと分解して汚れたグリスを洗浄。

ギアーケースはウエットブラストで仕上げます。

フロントハブが奇麗なのにSメーターギアーが

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (3)汚いのって残念でしかないので

ついでに綺麗に仕上げます。

ブラストと洗浄が完了したので組み立てます。

こうやって見ると簡単な作業に見えますが

京都T様CB400スピードメーターギアーOH (4)分解を失敗すると、使えなくなりますから

簡単には考えないで下さいね。

綺麗なグリスを入れて組み立てが完了です。

代替のリアハブとなった場合はどうしようかなぁ…

宝物庫にリアハブはあるにはあるけど…悩ましい所です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241