2022年05月

2022年05月31日

久しぶりに姫と揃っての晩餐3

昨晩は久しぶりに姫が我が家にやって来て
僕が釣って来た天然真鯛や鱧料理を
皆で美味しく頂きました。
自分で釣った魚なので、美味しいのは当たり前ですが
自宅で初めて食べた真鯛のカルパッチョ、これ最高だった。
自分で捌いた鱧の天ぷら、包丁が悪くて背びれが少し残ったけど
骨切りも割と上手く出来ていたので、これも最高に美味しかった。
台湾ガザミと鯛の荒汁、出汁が良く出て来れも最高!
今夜もまだ残った鯛やらの、魚尽くしになりますw
でも鱧があんなに美味しいのなら、捌くのは大変だけど
また鱧を釣りたいと思ったわw
何より、久しぶりに姫の顔を見れたのも良かった。


京都T様CB400エンジン部品O/H

今日も天気が悪いので、昨日の続きでエンジンO/H。

京都T様CB400カムチェーンテンショナー交換 (1)部品整備を引き続き行います。

過去最悪レベルに固着している

カムチェーンテンショナーアームの

交換用の代替品を準備、これも少し削れているので

京都T様CB400カムチェーンテンショナー交換 (2)手入れをして、使える様にしました。

これで臓物関係の部品整備は全て完了。

後はオイルパンやヘッドカバー類を分解し

整備とウエットブラスト仕上げをすれば

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (1)大体部品整備は終わりかなぁ?

まずはヘッドカバーのカジリのある

ロッカーアームを取り外して

ヘッドカバーのブラストからやっつけて

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (2)ブローバイカバーもブラストをして

ヘッドカバーを組み立てて行く事にします。

これでロッカーアームとタコメーターギアーの

取り外しが完了しました。

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (3)ヘッドカバーには剥離したカムチェーンガイドの

ダメージが残っています…。

まぁ状態が良いとは言えませんが

この先要注意ヵ所になります。

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (5)ヘッドカバー類のブラスト準備が整ったので

早速ウエットブラストで仕上げて仕舞います。

ロッカーアームはカジリがある為

リビルド品に交換する事になります。

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (6)で、サクサクっとウエットブラストが完了。

少し腐食があるので、地肌は少し荒れて

ポツポツとアバタになってます。

まぁこれは問題無く使えるので

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (7)後はバフるとかになりますが

ブローバイカバーはあまり見えないので

そんなに費用を掛ける事も無いでしょう。

で、何時ものリタップ掃除も行って

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (8)リビルド済みのロッカーアームと

タコメーターギアーを取り付けました。

シーリングボルトも錆びていたので

この際交換する事にしたのですが在庫切れw

京都T様CB400シリンダーヘッドカバーブラスト下拵え (9)ヨシムラst1ハイカムを搭載するので

ロッカーアームはリビルド品ですが

カジリの無い物に交換をして取り付けました。

これでヘッドカバーブローバイカバーの

京都T様CB400オイルパンブラスト (1)ブラスト下拵えが完了となったので

オイルでデロンデロンに汚れていた

オイルパンを洗浄してある程度汚れを洗い流し

ブラスト仕上げの準備も整いました。

京都T様CB400オイルパンブラスト (2)オイルパンのセパレーターを取り外して

部品の残骸が無いかをチェックしましたが

ポジティブストッパーの破片は無かったので

何処かの段階で取り除いたか若しくは

京都T様CB400オイルパンブラスト (3)オイル交換の時に流れ出たかのどれかかな?

で、オイルパンのブラストも完了です。

フィン欠けも無く良い状態のオイルパンが

ウエットブラストで綺麗に仕上がりました。

京都T様CB400オイルパンブラスト (4)これもドレンボルトやセパレーター取り付けの

ねじ山をリタップ掃除したので

オイルパンの下拵えも完了しました。

これでエンジンケース関係の部品下拵えは

ほぼ完了となったので、後は内燃機加工が仕上がって来れば

エンジン組み立て作業に取り掛かれる事になります。


大阪T様CB400F継続車検準備追加作業

継続車検の予約が全然取れないので、また平日の朝一に行く事にして

大阪T様CB400F継続車検光量UPバッ直配線 (1)念の為、ヘッドライトの光量を

バッ直配線で光量を上げる事にしました。

何で今更と言う事なのですが

以前ヘッドライトを外した時に

大阪T様CB400F継続車検光量UPバッ直配線 (2)バッ直配線が入れてあったので「あれ?」っと

思って居たのですが、特にリレーなどが

入っている分けでは無いのが怪しいので

チェックしてみると、何の配線なのか

大阪T様CB400F継続車検光量UPバッ直配線 (3)分からないので、バッ直配線を入れてみると

結果光量がかなり上がったので

ヘッドライトとは全然関係が無い配線?

まぁ光量がUPしたので、光軸を合わせました。

大阪T様CB400F継続車検光量UPバッ直配線 (5)これで来週の平日には大阪T様の車両だけでも

先に継続車検を受ける準備が整いました。

問題は高さだけが心配ですが

まぁ何とかなると思いますが…

今結構厳しいので、叱られるかも知れないな…w

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | 電装品

2022年05月30日

車検切れ車両の行政処分と刑事処分

昨日は臨時休業を頂いて、和歌山の堅田漁港へ
久しぶりに弟と二人で漁に出掛けました。
気温も結構高かったのですが、海風は気持ちが良く
魚も沢山釣れて、楽しい一日を過ごす事が出来ました。
釣果は天然真鯛の45僂鯑にアベレージ35儖幣紊7枚
46僂離悒瀬い一枚、結構大き目のアジが2匹
30僂離イワリ1枚、これから旬を迎える80僂療形樺腓1匹で
本命の黒鯛は0枚と言う結果でしたが、楽しい一日でした。
タイフーン級のでっけぃボラも1匹掛かってしまったのですが
釣り上げる前に、針を切って逃がしたので
でっけぃボラは事実上釣り上げていませんw
この日の黒鯛の一番でかいサイズは54.5僂
大外道でクエの50僖ーバーでした。
釣って帰ると嫁が「こんなんどうするの!」とご気分は斜め…
「鱧なんて捌かんで!、あんたがやりや!」と言う事で
自分で鱧を捌いて骨切りまで済ませたので
今夜は鱧と真鯛のご馳走になります。


車検、保険切れ車両について

今月の21日に兄弟三人でツーリングに行こうと言う事になってましたが

CP14号機車検切れ (1)残念ながら当日は雨だったので中止に。

で、この前納税証明書が届いたので

各車検証毎に振り分けていたのですが

何とまぁ!CP14号機は先月の4月29日で

CP14号機車検切れ (2)車検が切れて居た事が分かった!

兄弟ツーリングが雨で中止になって良かった…。

無車検車両:行政処分−6点、刑事処分

6か月以下の懲役または30万円以下の罰金。

無保険車両:行政処分−6点、刑事処分1年以下の懲役または50万円以下の罰金。

両方だと、−12点と罰金80万円以下若しくは1年半の懲役です。

ちょくちょく車検が切れていたと言う事を聞きますので

皆様もお気を付け下さい。


寝屋川M様CB400オイル交換

昨日は海を堪能してきて、日焼けと少し疲れが残る月曜日になり

寝屋川M様CB400オイル交換と今後の妄想に付いて (1)やる気が減退する月曜日ですが

本日朝一から作業ご依頼のご予約があり

疲れがとか言っている場合でも無く

オーナーには関係の無い話ですからw

寝屋川M様CB400オイル交換と今後の妄想に付いて (2)まずはエンジンオイルを抜いて交換準備。

オイルは汚れていますが、汚れる事が

エンジンオイルの仕事で、オイル自体には

何も問題も無く、鉄粉も極めて少なく良好。

寝屋川M様CB400オイル交換と今後の妄想に付いて (3)オイルフィルターも交換する事になり

先日ブラスト仕上げをしたラジアルタイプの

オイルフィルターケースに交換します。

で、オイルフィルターケースを取り外すと

寝屋川M様CB400オイル交換と今後の妄想に付いて (4)これもCB400Fourでよくあるあるの

スプリングシートが不在で、フィルターの

ゴム部分にスプリングが直接当たり

筋が付いているのですが、これが酷くなると

寝屋川M様CB400オイル交換と今後の妄想に付いて (5)フィルターのゴムがズレてしまい

フィルターとしての役目を果たさなくなります。

で、センターボルトも新品に交換して

スプリングシートもちゃんと入れ

寝屋川M様CB400オイル交換と今後の妄想に付いて (6)ラジアルタイプのオイルフィルターケースに交換

放熱効果とかは別の話で、これは好みの問題です。

この後、今後の手直しヵ所のご相談も頂いており

ボチボチとオーナーの好みに仕上げて行きます。


マスタング用ルーバー塗装仕上がり

ちょっと前に出来上がっていたのですが、引取りに行く時間が無く

マスタングV8GT5.0 12y用ルーバー塗装仕上がりかなり放ったらかしだったのですが

リアウインドウガラス用のルーバーが

塗装から仕上がって戻って来ました。

自分で貼るとろくな事が無いのは分かっているので

今度弟を呼び出して貼って貰う事にします。


京都T様CB400エンジンO/H部品整備

午後から天気が悪くなって来たので、お預かり車両をPITへ戻し

京都T様CB400ミッション関係OH (1)京都T様CB400のエンジン部品整備作業。

今日はミッション関係を仕上げる事に。

まずはメインシャフトからの作業。

ベアリング交換とメインシャフトのチェック

京都T様CB400ミッション関係OH (2)メインシャフトには特に問題は無く

このまま使っても良い状態なので

ベアリングだけ交換して、セカンドギアーだけ

洗浄して、組み立ててメインは完了です。

京都T様CB400ミッション関係OH (3)次にシフトドラムとシフトホークをチェック!

オイル焼けの汚れが酷いので

まずは洗浄してオイル焼けを取り除いてから

部品の診断に入ります。

京都T様CB400ミッション関係OH (4)綺麗に洗浄が終わった所で、よく摩耗する

箇所をチェックしましたが

センターギアーシフトフォークに

多少の摩耗や擦れ、ピンなどに摩耗はありますが

京都T様CB400ミッション関係OH (5)この程度なら問題無いと思います。

次にプライマリードリブンスプロケット。

分解してチェックをしてみると

ドリブンスプロケットハブとクラッチアウターに

京都T様CB400ミッション関係OH (8)ガタ付きが見られたので、分解してチェック!

こちらもオイル焼けがあるので

チェックをする前にまずは分解し洗浄してから

本体のチェックをする事にします。

京都T様CB400ミッション関係OH (9)サクサクっと洗浄を済ませてチェック!

+皿ビスの緩みは無いのですが

よくある事で多少の摩耗があったのでしょう。

特に問題は無いので、洗浄後に組み立てをして

京都T様CB400ミッション関係OH (10)まぁ増し締めみたいな感じで締め込みます。

締め込むとこんな感じで全体的に

1/8回転程締まったので、この分のガタ付きが

あったと言う事になります。

京都T様CB400ミッション関係OH (11)緩み止めを塗った上に更にカシメて

緩まない様に処置をし済ませます。

その他、スタータードリブンギアーには

摩耗などは無かったので、ダンパーゴムと

京都T様CB400ミッション関係OH (12)ニードルローラーベアリングを交換して

プライマリギアーASSYのO/H部品交換は

完了したので、これでメカノイズも

結構軽減されると思います。

京都T様CB400ミッション関係OH (13)ワンウェイギアーは結構壊れる所なので

怪しい所はしっかりと手をを入れて仕上げます。

次に一番不具合があるカウンターシャフトの

分解洗浄とベアリング交換を行います。

京都T様CB400ミッション関係OH (14)パッと見る限りでは2ndギアーの焼き付きは

無いと思いますが、分解してみないと…。

で、サクサクっと分解して心配だった

2ndギアーに焼き付きが無い事を確認しました。

京都T様CB400ミッション関係OH (15)カウンターシャフトのドライブスプロケットを

取り付ける部分が錆ている事が多いですよねぇ

なので、分解したついでにカウンターシャフトの

錆取りと、各ギアーの洗浄も済ませました。

京都T様CB400ミッション関係OH (16)割といい加減に入れられるこのミッションの

オイルラインにあるオイルシールカラーですが

ベアリングを交換した時の注意点ですが

このオイル注入用の穴位置を合わせる事です。

京都T様CB400ミッション関係OH (17)これを合わせた方が、ミッションへのオイルを

オイルポンプから送る際に、オイルが抵抗無く

ミッションに流れる為、オイルシールからの

オイル漏れリスクがかなり減ります。

京都T様CB400ミッション関係OH (18)カラーOリングも交換、1stギアーブッシュ交換。

次にこのコネクティングロッドも洗浄します。

ボアアップするので、コンロッドボルトも

交換した方が良く、見積もりには上げて無いので

京都T様CB400ミッション関係OH (19)今度オーナーと相談する事にします。

これで後は完全に固着して使えなくなった

カムチェーンテンショナーアームを

準備すれば、クランクケース内部品の

下拵えは完了する事になり、内燃機加工が終わって戻って来れば

もう一度メタル測定をして、クランク、コンロッドメタルを

発注する事になる予定です。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2) メンテナンス | エンジン

2022年05月27日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日5月28日(土曜日)と明後日5月29日(日曜日)は
私用の為臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


京都T様CB400エンジンO/Hアッパーケースブラスト

今朝の天候は微妙なので、取り合えず昨日の続きで

京都T様CB400エンジンOHアッパーケースブラスト仕上げ (1)京都T様エンジンO/Hでアッパーケースの

ブラスト仕上げを先にやって仕舞います。

天気が回復してきたら、PITから車両を出して

車検整備などの作業を行います。

京都T様CB400エンジンOHアッパーケースブラスト仕上げ (2)アッパーケースもロアケース同様

汚れが酷かったので、ブラスト作業は

大体2.5時間程掛かりましたが

ここまで綺麗に仕上がりました。

京都T様CB400エンジンOHアッパーケースブラスト仕上げ (3)これで後はリタップ掃除とエアブロー

この作業も時間的に言えば

1時間程度は掛かるので、意外と

大変なんですよねぇ、リタップだけじゃなく

京都T様CB400エンジンOH腰下下拵え (1)チェックもしながらになりますからね。

これで、クランクケースのブラストが完了。

次にエンジン組み立ての下拵えに取り掛かります。

ロアケースにオイルシールやベアリング

京都T様CB400エンジンOH腰下下拵え (2)プライマリーチェーンスライダーを取り付け

アッパーケースにはまずスタッドボルトを

真っ直ぐに入れ直して、諸々の部品を

取り付けて行き、下拵えを済ませます。

京都T様CB400エンジンOH腰下下拵え (3)スタッドボルトを真っ直ぐに入れて

締め込みが完了しました。

せっかくなのでカムチェーンスライダー調整の為

カムチェーン強制調整ボルトを今回使います。

京都T様CB400エンジンOH腰下下拵え (4)プッシュバーをセットし、セッティングボルトは

消耗品なので、リプロ品ですが新品に交換。

スターティングリダクションギアーと

プライマリーチェーンスライダーもセット

京都T様CB400エンジンOH腰下下拵え (5)これでクランクケースの下拵えが完了です。

後はミッション関係の下拵えを

ボチボチと仕上げて、組み立て準備を済ませます。

これで内燃機加工が仕上がれば

エンジン組み立て作業に取り掛かる事になります。


大阪T様CB400F継続車検整備

午後から良い感じに天候が回復したのでPITから車両を引っ張り出して

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (1)全く手つかずだった大阪T様CB400Fの

継続車検整備に取り掛かります。

まずはオイル交換からなのですが

L側からのオイル漏れもあるので

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (2)オイル漏れ箇所の特定をする事にします。

L側カバーを取り外すと、思った通り

シフトシャフトのオイルシールから

オイル漏れがある様なので

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (3)オイルシールを抜き取り新品に交換します。

T様のCB400Fですが、CPでエンジンを

フルO/Hしてから2.3年経過しているのかなぁ?

カルテのデーターが全部ぶっ飛んでいるので

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (4)履歴が分からないのですが、多分何処かで

車両を購入してきて、CPでエンジンを

フルO/Hしたはずなのですが…。

令和元年に国内新規で登録しているので

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (5)恐らくエンジンオイルも3年は交換していない

可能性があり、オイルの劣化により

ゴムに対しての攻撃性が上がり

CB400Fourの弱点であるシフトシャフトの

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (6)オイルシールからオイル漏れ

しているのだと思います。

取り合えずこれでオイル漏れは止まります。

次にブレーキフルードを交換。

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (7)まぁ普通に3年物の仕上がりのフルード

と言った感じなのですが、今はもう無い

当時物ダイアフラムが伸び切っており

ダメなので、新品と交換する事に。

大阪T様CB400F継続車検整備オイル交換 (8)これでブレーキフルードの交換も完了。

保安部品や灯火系をチェックした所

ヘッドライトケース内の配線が怪しいので

ヘッドライトを取り外してチェックしてみると

ギボシが緩んで色んな配線が抜けてしまい、ちょっとビックリでしたw

これで、取り合えず来週には継続車検を受けに行けそうだと思い

大阪T様CB400F継続車検準備完了 (1)車検証をチェックすると…

これまたF2で登録されてるやん…。

逆車なので、構造変更しようかなぁ…。

と思いつつ、新規で寝屋川へ行くと

大阪T様CB400F継続車検準備完了 (2)時間が掛かるので、幅は何時もの方法で…

高さはスマホホルダーを取り付けて

これで寸法は車検証通りになりました…。

まぁいい加減怒られそうだけどねぇ…。

余りまねしないで下さいね。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | メンテナンス

2022年05月26日

ハンターカブCT110オーナー急募!3

自由人君のお友達で母国ケニア在住のエリックの
お母さんが血液の癌になり、その薬代が必要だと言う事で
大事にしていたハンターカブCT110を売る事になり
CPに車両を持ち込んで来ました。
走行距離6,000キロちょっとで、状態が良いハンターカブで
近々店頭販売やYオクに出します。
理由が理由だけに、僕は無償でエリックの希望に
添える様努力しようと思ってます。
心の広い方で、ハンターカブCT110オーストラリア仕様の
購入をご検討される方を募集しています。

 
拗ねたマスタングバッテリー復活

カリーナ2000GTに浮気心を出したせいで、マスタングが拗ねて

マスタング拗ねてバッテリー死亡バッテリーが死んでしまったので

サルフェーション充電をしてから

2Aでゆっくりと充電をしていたのですが

何とか機嫌が戻りバッテリは復活しました。

でも、やっぱり怖いのでバッテリーは交換する事にします。

ごめんねマスタング、もう浮気しないから。


大阪T様CB400継続車検整備

PITの都合で中々継続車検整備が出来で居なかったのですが

大阪T様CB400継続車検整備 (1)やっと今日、大阪T様CB400の

継続車検整備が出来ました。

走行距離は4年でトータル100キロになり

ブレーキフルードは前回の車検時にも交換し

大阪T様CB400継続車検整備 (2)使わなくてもこの通り2年物の仕上がり。

当然ですがブレーキフルードも交換しないと

次はまた2年後になりますからね。

フルードは古くなればなるほど水分を吸収し

大阪T様CB400継続車検整備 (3)ブレーキマスターやキャリパーを攻撃します。

ヘッドライトもこのままでは光量不足なので

バッ直配線スイッチを接続します。

で、この車両は書類に型式、類別が残っている

大阪T様CB400継続車検整備 (4)貴重な車両になるのですが

類別がF2なので、幅が足りないので

今回も奥の手を使う事に…。

高さはメーターUPステーが付いているのでOK。

大阪T様CB400継続車検整備 (5)次に保安部品、灯火系をチェックしていると

さっきまで点いていたナンバー灯が

あれ?っと思ったら消えていたので

テールレンズを外してチェックすると

大阪T様CB400継続車検整備 (6)ナンバー灯のニクロム線が断裂していた。

振動で、点いたり消えたりするので

今日気が付いて良かったわw

テールランプ球を交換して解決。

大阪T様CB400継続車検整備 (7)で、忘れていたのがマフラーのサイレンサー

CP製ミディアムが取付いているので

ここはウール巻きSTDサイズに交換します。

これで継続車検準備が整いました。

ハイパワーフル強化オイルポンプ分解掃除 (1)で、ちょっと時間があったので

先日交換したハイパワー強化オイルポンプを

分解掃除してしまいます。

取り付けしてからの走行距離は100キロ程で

ハイパワーフル強化オイルポンプ分解掃除 (2)とても綺麗な状態になります。

トロコイドギアーのローターピンは「極み」と違い

片持ちピンですが、強度的に問題はありません。

中を洗浄をし、Oリングなどを新品に交換して

ハイパワーフル強化オイルポンプ分解掃除 (3)分解掃除が完了、組み立てます。

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプも付属。

取り付け後の実走行約100キロになります。

一応フル強化オイルポンプ「極み」の下取り。

ハイパワー強化オイルポンプは流量50%増量になり

それに対して「極み」は66%増量になります。


京都T様CB400エンジンO/Hロアケースブラスト

少し作業が止まっていた京都T様CB400ですが

京都T様CB400ロアケースブラストリタップ仕上げ (1)今日と明日は天候が悪いので

PITから車両を出しての作業が出来ない事もあり

エンジンO/Hの続きをやる事にします。

まずはロアケースからウエットブラスト仕上げ。

京都T様CB400ロアケースブラストリタップ仕上げ (2)未開封と言う事もあり結構汚れが酷かったので

3時間近く掛かりやっと綺麗に仕上がりました。

ブラストもこの時期汗だくになりながらの

作業でしたが、水分補給をしながらの作業。

京都T様CB400ロアケースブラストリタップ仕上げ (3)隅々まで綺麗になった所で、何時もの

リタップ掃除もやって仕舞います。

何時もならこのままアッパーケースも

ブラスト仕上げをやってしまうのですが

京都T様CB400ロアケースブラストリタップ仕上げ (4)熱中症が怖いので、今日はこれで止めて

明日も天気が悪いらしいので

アッパーケースは明日に取って置く事にして

油分の洗浄だけ済ませました。

寝屋川M様オイルフィルターケースブラスト仕上げ (1)ついでに寝屋川M様から依頼されていた

オイルフィルターケースも同じく

ウエットブラストで仕上げて仕舞います。

塗装がされているのですが、塗膜が薄く

寝屋川M様オイルフィルターケースブラスト仕上げ (2)剥がれ掛けているので、このままブラスト。

仕上がりはこんな感じで仕上がりました。

次回のオイル交換時にフィルターと

フィルターケースを交換する予定になってます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | エンジン

2022年05月24日

警戒を厳にせよ!3

Z750RSが店にあると、この所不穏な動きがある様な気がして…
昨日も電話で自販機の営業らしき人物から電話が入ったのだが
言葉使いが営業らしからぬ喋り方だったり
恐らく車のラジオか音楽を聞いているのか?後ろが五月蠅いので
少し詰めてやったら、あっさりと引き下がったw
まぁ基本Z2は今通勤で乗っているので
店には無いんだけど、Z2に乗っていると売ってしまった
Z1000Mk兇鯒磴ぬ瓩靴燭なって来たわ!w


寝屋川M様CB400緊急継続車検

昨日継続車検の準備を整えて、朝一から京都南へ!

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (1)でも予約は午後からしか取れていなかったので

受付の方に「今日は空いているから良いけど」
心の叫び(何時も空いとるやないか!)
「混雑していたら今度からお断りします」
心の叫び(何時もならスルーてくれるのに…)
ぺ「はい、すみません午前と午後を間違えました」
心の叫び(まぁ確信犯なんだけどね…)
寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (2)と言う事で無事に朝一から継続車検を受ける事に。

で、意気揚々とラインに並んで9時からの

始業時間を待つ事10分程、検査官がやって来て

灯火系、保安部品をチェックし、ハンドルロック

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (3)高さ、幅を測定したのだが…しまった!幅が

100亟岼磴辰涜りないわ!で、何とかその場を

誤魔化そうとしたんだけど無理だったので

究極の裏技を使って、ハンドル幅だけ再検査。

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (4)他は全て一発合格だったのに!

5分程余計に時間が掛かってしまったけど

無事に継続車検は合格し、お店の開店時間前に

戻って来る事が出来きて、本日納車予定なので

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (5)現状復旧作業に取り掛かります。

まずはハンドルから復旧に取り掛かります。

幅を合わせる為、グリップのワイヤリングを

切断したので、まずはグリップを

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (6)ワイヤリングで再固定したけど

結局接着剤も塗る事になった…。

よくまぁ現場でグリップが抜けて良かったわw

ハンドル位置も元の位置に戻しましたが

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (7)何かフロント周りに違和感がある感じで

測定すると右ハンドルが5亶い…。

取り付け位置的には問題無いんだけどね。

ハンドルはこれで現状復旧が完了です。

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (8)検査場で乗り回したけど異音も無かったし。

次にヘッドライトを車検用H4から

車検非対応らしいLEDに戻します。

ポジション球が何時も抜けるらしいのですが

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (9)やり方次第で抜けない様に出来ます。

サイレンサーも車検対応ウール巻きから

元のサイレンサーに戻します。

当然国内なので、本当はサイレンサーを

寝屋川M様CB400緊急継続車検220524 (10)交換する必要は無いんだけど

今めちゃくちゃ五月蠅くて大変なので…

検査官も人間なので、大人しく下手下手でw

で、最後に車検標章ステッカーを貼るのですが

ここ最近からすれば、ありえない位曲がった…。

何で、このステッカー類を貼ると言うセンスだけが欠落しているんだろう…。


大阪T様CB400オイルポンプ交換

継続車検でお預かりしている大阪T様CB400の強化オイルポンプを

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (1)交換する作業を午後から開始!

現在取り付いているのは数量限定製作

流量50%増量ハイパワー強化オイルポンプと

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプセット。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (2)これをCP製強化オイルポンプ「極み」と

大流量ミッション用強化オイルポンプの

フルセットに交換するので、組み立てます。

サクサクっと強化オイルポンプ「極み」に

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (3)大流量ミッション用強化をセットして

これでフル強化オイルポンプの組み立てが

完了したので、ハイパーワー強化オイルポンプと

交換する準備が整いました。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (4)で、エンジンからハイパワー強化オイルポンプを

取り外し、圧力スイッチを移設。

新品のOリングに交換して取り付けます。

この辺の作業はもはや手慣れた物で

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (5)サクサクっと交換が完了です。

エンジンオイルが乳化して居た事もあるので

オイルフィルターを交換してから

エンジンオイルを入れて、オイル漏れチェック!

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (6)走行距離も2年程で数百キロなので

オイルフィルターはそんなに汚れてませんが

前回の車検から2年経過し、オイルの劣化や

乳化がある為、今回はオイルフィルターも交換。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (7)エンジンオイルを入れ、エンジンを温めて

各箇所からのオイル漏れが無いかをチェック!

テンプメーターのバックアップ電池も

切れているようですねぇ…。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (8)で、交換した各箇所のオイル漏れは無く

エンジンの調子も良好なので

これでオイル、フィルター交換と

オイルポンプ交換作業は完了です。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (9)次に前回取り付けたFCRを車検対応や

エンジン保護をする為、インナーネットを

FCRに取り付ける事になったので

FCRキャブレターを取り外しました。

大阪T様CB400オイルポンプ交換220524 (10)ファンネルを取り外しASやパイロットから

漏れたガソリンを洗い流して

インナーネットをセット!これでファンネルを

復旧すれば、車検対応のFCRになりました。

14時からご来店予約の方が居られるので、今日の作業はここまでで終了です。


大阪S様CB400フロントブレーキ圧力スイッチ交換

先日フロントブレーキの圧力スイッチが故障して居た事が分かったたらしく

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (1)ブレーキランプが点灯しないとの事で

この前からご相談を頂いていた

大阪S様CB400が昨日仕事の都合が付いたらしく

連絡が入り本日入庫となったのですが

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (2)予定時間から遅れるとの連絡を頂き

暫し休憩…、で、ご来店されたので

早速交換作業に取り掛かります。

まずはハーネス側に問題が無いかをチェックし

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (3)ハーネス側には問題が無かったので

ブレーキスイッチ本体の不具合で確定。

この結構出来上がったブレーキフルードを抜いて

ブレーキスイッチを取り外し交換。

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (4)ブレーキスイッチの締め付けトルクも

規定値で締めないと、緩いと漏れるし

締め過ぎるとスイッチが破断してしまうので

トルクレンチでしっかりと管理しましょう。

大阪S様CB400フロントブレーキスイッチ交換 (5)ブレーキフルードを交換してエアー抜き。

ブレーキランプが点灯する事を確認し

これにてブレーキランプの不具合修理が完了。

次はオイルクーラーと強化オイルポンプ「極み」を

入れる計画で、今後の構想を考える事になりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2022年05月23日

坂本家遺産問題解決3

僕の叔母が亡くなってから十数年経ち
住之江にある大正時代に建設され廃墟化した
建物と土地の相続問題で、末の妹に当たる僕の母親を含めた
9人に相続権があると言う事で
廃墟となり崩れかけている建物を撤去しないと
いけなかった問題ですが、僕の友人に詳しい方が居られたので
相談に乗って頂き、相続権を放棄する形で話を進めた所
大阪地方裁判所から通知が届き、無事に解決する事になりました。
大した金額でも無いのに、裁判をして相続人全員が
その相続権を持っている事になる為、問題が解決するまで
疎遠になっていたとはいえ約1年使い
80を過ぎた叔母の労力も大変だったと思います。
ご相談に乗って頂いた友人にはとても感謝しております。
財産は残す物では無く、使い果たして死ぬ方が残された家族には
きっと楽なんだろうと思いました。
それと僕の父方は医者の家系で、僕だけが医者にならなかった事も
息子が医者になった事で、色々と面倒な話もあり
僕を医者にさせなかった母親にも感謝していますw


昨日は熱中症でダウン

昨日は夕方からかなり調子が悪くなり、心拍数は100近くあるのに

血圧は何時もなら150/100前後なのにwかなり低く106/60でフラフラして

体温は平熱の35.7度なのに身体は熱く3時間程ダウンして

兎に角身体を冷やして34.4度まで下げて横になってましたw

恐らく昨日の気温上昇に身体が付いて行かず

マスクを付けたままの作業で、水分も取らず集中して作業し

恐らく軽い熱中症だったんだろうと思います。

過去にも一度熱中症になり、その怖さを知っているので

これからの季節皆様も適度な水分と塩分補給をして体調管理をしましょう。


寝屋川M様緊急継続車検入庫

昨夜の線状降水帯による雷雨には驚きましたが

寝屋川M様CB400緊急継続車検入庫220523今朝はも良くなったので、一安心です。

で、本日も元気よくお店を開店!

すると間も無く寝屋川M様が予定通りご来店。

車両をお預かりして、早速作業に取り掛かります。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (1)まずは車検非対応らしいLEDヘッドランプを

面倒なのでCP車検用シビエH4ライトに

交換するついでに、光量が足りないので

バッ直配線も入れて光量を上げます。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (2)サクサクっと配線を接続して

スイッチの取付も完了したので

H4バルブのヘッドライトを取り付け。

これでヘッドライト周りは完了です。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (3)次に車検証がF2の型式、類別が残った

貴重な国内398ccなので、このセパハンの

幅を広げて780个帽腓錣擦泙靴拭

高さは昔の基準ではブレーキマスターだったのが

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (4)何故か今はメーターの一番高い所で測られるので

F1は1040个覆里任垢、構造変更や国内新規の

F1ハンドルだと1060个砲覆辰討い觧が多く

F2は1080个覆里如誤差の範囲で行けるのは

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (5)まぁ…良いかぁ…って感じですねぇ…。

次に当時物ヨシムラ手曲げマフラーの

サイレンサーですが、流石にこれじゃぁ不味く

近接測定は無いにしろ、検査官に舐めてんのか

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (6)って言われそうなので、サイレンサーは

車検対応のウールを巻いたサイレンサーに

交換し、継続車検を受けますw

これでほぼ車検準備が整ったので

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (7)ヘッドライトの光軸をチェック!

大体良い感じですが、これは今バッ直配線の

スイッチはOFFな状態で、回転数も低く

これでは光量不足になって不合格です。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (8)なので、バッ直配線のスイッチをONに!

回転数を上げていないので分り難いですが

確実に光量はUPしているので、これで

ヘッドライトもOKになりました。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (9)ここで、以前見た時から気になっていた

このインジケーターとキーボックスの

位置関係なのですが、インジケーターが

キーボックスにもたれ掛かって居り、このままだと

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (10)振動でインジケーターが破損して仕舞う事が

懸念なれる事から、メーターステーの

取り付け方法をチェックする事にしました。

本来純正のトップブリッジとメーターステーの

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (11)取付はリジットになっているのですが

このメーターステーには手作りなのか何なのか

ゴムを挟んでいれてある為、メーターの重さで

インジケーターがキーボックスに

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (12)もたれ掛かって居た事が判明したので

このホームセンターワッシャーとナットを

全て取り除き、より良い方法でメーター類の

取り付け方法を考える事にします。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (13)この社外のトップブリッジはメーターステー

取り付け部分の厚みが5个靴無為

ゴムで挟んで帳尻合わせをしていたんだろうと

言う事だと思うので、本来のメーターステーを

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (14)取り付けるトップブリッジの厚み分に合わせ

間に5个離▲襯潺ラーを入れて高さを調整。

これでほぼ純正と同じ程度の厚みが確保出来

後は普通のナットで取り付けられていた

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (15)メーターステーに、ヘッドライトステーは

取り付いていないのですが純正の仕様と

同じ様にワッシャーとカラーを入れ

関係無いのですが、一応ゴムも入れて

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (16)純正の長ナットで締め付けました。

後はインジケーターの取付位置を調整し

キーボックスにもたれ掛かったり

干渉しない位置に調節をして取り付けました。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (17)この時点でまた作業に集中してしまい

二時間も経っていたので、一旦休憩をし

水分塩分補給と身体を冷やしながら、事務仕事。

モリワキに電話したり、部品販売店に電話したり…

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (18)午後からは、オーナーが気になっていると言う

フロントホイールからの異音原因の調査で

取り合えずフロントタイヤを取り外して

異音の原因になりそうなところを調べます。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (19)よくアリがちなのはSメーターワイヤーの

素線切れなどのダメージがある事ですが

この車両に関してはそのような感じでは無かった。

所で、アクスルシャフトクランプですが

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (20)前の画像でも分かりますが、前後反対に

取り付けられていました。

これは間違って取り付けられたのか

意図的に取り付けられたのかと

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (21)反対側を見てみると、どうやらこれは

意図的に反対に取り付けられている

可能性が高いんだろうなぁと…

まぁこれも修正しますけど。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (22)少し前から違和感があったのですが

取り外したタイヤホイールのアクスルナット

ナットの対辺寸法が22个里呂困覆里

これは23个砲覆辰撞錣浸と

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (23)ナットの掛かりが浅い様な気がするので

後でチェックする事にします。

ブレーキディスク取付ナットはUナットに

変更されていますが、緩み止めがかろうじて…。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (24)で、やっぱりこのアクスルナットですが

違和感しか無く、22个23个辰討匹Δ覆痢

ナットのねじ山も嫌に深いし、ナット内径も

少し広く感じるのは気のせいかなぁ?

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (25)と、そんな事を思いながらSメーターギアーを

取り外してみると…やっぱりドライやん…。

何なら擦れて鉄粉も出てるし…。

音の原因はこれの可能性が高いかなぁ?

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (26)一応ベアリングもチェックしたけど

全然問題が無いので、Sメーターギアーが

ドライの為、何かの時に擦れて

異音が出るんじゃないかと推測。

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (27)一応鉄粉を洗浄して、グリスを入れました。

これで直ってくれると良いのにね。

で、違和感があるフロントアクスルシャフトを

宝物庫から398タイプのアクスルシャフトを

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (29)引っ張り出して現物を比較検証。

上が僕の398タイプになるシャフトで

下が今回取り外したアクスルシャフト

やっぱり5价擦い笋鵝

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (30)ナット側も比較すると、右が対辺22个諒で

左の対辺23个諒は、ねじ山の深さが深いのと

少し内径が広い感じがしますね。

ボルトは短く、ナットのねじ山は深いので

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (31)ネジ山の掛かりが浅いと言う事ですねぇ…。

ま、取り合えずこれで様子を見てもらい

クランプも取付方向を正規にして取り付けました。

何だか、これだけしかやって無いのに

寝屋川M様CB400緊急継続車検準備 (32)色々と難がありそうな嫌な感じです…。

取り合えず明日朝一に継続車検を受けて来るので

車両を積み込んで準備を整えました。

上手く行けば開店前には戻って来れると思います。

車検が無事に合格したら、現状復旧作業に取り掛かり

明日には納車をする事になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2022年05月22日

ヨシムラ当時物機械曲げマフラー用アフターパーツ3

かなり悩んでいたカリーナ2000GTを買いそびれ
それに拗ねたのか、マスタングのバッテリーが死亡…。
物欲が余り無くなったのですが、以前からサルを
飼いたかったので、大手ペットショップを
結構前から探していたのですが、中々見つからず
先日マーモセットのメスを見つけたので
購入するに当たり、嫁に話をした所
嫁「お前の世話だけでも大変やのに!」
「サルの世話は誰がするん!」と叱られ
サルは糞尿する場所は覚えない事や
マンモ臭が酷い事などを指摘され
結構心は折れてしまったのですが、更に嫁が言うには
嫁「あんたより長生きする動物は飼わへん!」と言われ
僕は心が灰になりました…。


愛知県K様CB400メンテナンスとマフラーアフターパーツ


CP製機械曲げマフラーサイレンサーをヨシムラ機械曲げマフラーの

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (1)アフターパーツとして、ご注文頂き

わざわざ愛知県からご来店頂いたK様御夫婦。

心配だった天気は少し愚図られた様でしたが

無事にご来店頂きました。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (2)インスタでしか拝見出来ていなかった

ピンクのCB400でしたが、やっと

現車を生でこの目で見られて感激しましたw

作業はヘッドカバーガスケット交換作業の

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (3)ご依頼と当時物ヨシムラ機械曲げマフラー

サイレンサーを、CP製機械曲げマフラー用

サイレンサーと交換し、本物はより本物らしく

とのご依頼で本日ご来店頂きました。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (4)少し手古摺りましたが特注サイレンサーを抜くと

マフラーの中はカーボンがかなり固まっており

カーボンを取り除いて、CP製機械曲げマフラー用

サイレンサーを挿入し、交換が完了です。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (5)このサイレンサー交換作業が出来るのも

当時物ヨシムラ機械曲げマフラーを忠実に

再現しているから出来ると言う事です。

次にシリンダーヘッドカバーガスケット交換ですが

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (6)シリンダーヘッドのねじ山上りが2カ所あり

その作業も追加となった事や、ついでに

シリンダーヘッド増し締めも実施し

カムチェーンもチェックなどヘッド周りも点検。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (7)何ヵ所かのナットは緩んでいました。

気になったのは、プラグの色ですが

後で試乗をさせて頂きましたが

少しガソリンは薄い感じで、今後の課題です。

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (8)シリンダーヘッドのねじ山上りも

この際なので、修正をしてしまいます。

切り粉がエンジン内に入らない様

ガムテープでしっかりと養生をして

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (9)リコイルタップでネジ山を作り

リコイルを入れて、ねじ山上りを修正。

これでねじ山上り個所は修正が完了。

メイン作業を終えて、後はダメ出しへと…w

愛知県K様CB400メンテナンス部品交換とダメ出し (10)色々と気になる所もありチェックし

点火系の手直しや、CB400Fourあるあるの

間違いなどを手直して、僕が見て気になった所は

オーナーに確認をして頂いてから勝手に手直しw

試運転を何度かさせて頂き安全に楽しめる車両に近付けました。

今後の課題も何点か見つかったので、より良いヨンフォアライフを

オーナーと楽しみながらメンテナンスをして行く事になりそうです。


大阪T様CB400継続車検準備

バッテリーが死亡していたNC36のエンジンを始動させたら

大阪T様CB400継続車検準備オイル交換キャブからガソリンが漏れてきたので

キャブレターパッキン交換となりました。

で、旧CB400の方はエンジンオイルを抜いて

現在取付いている数量限定オイル流量50%増量

CP製ハイパワー強化オイルポンプから強化オイルポンプ「極み」と

大流量ミッション用強化オイルポンプに交換する事になりました。

今日のこの暑さで少し脱水症状になったので、本日の作業はここまで

明日も緊急で入庫があり、まだ継続車検の作業なども出来ていませんが

色々と手古摺りそうなので、お時間は頂く事になります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 部品 | メンテナンス

2022年05月19日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日5月20日(金曜日)は前立腺検査の為
臨時休業とさせて頂きます。
また明後日5月21日(土曜日)は私用に付き
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


久々に定休日に一っ走りラーメン盗み食いへ

昨日の定休日は暑過ぎる位の良い天気だったので

定休日は俺らーソロツーリング (1)久しぶりに宇治川ラインをパトロール!

のついでに、糖質カット、炭水化物抜きの

ダイエット中なので、嫁に内緒で「俺らー」を

盗み食いして来ましたw

定休日は俺らーソロツーリング (2)何時もの濁とろ塩チャーシューメンマトッピング

安定の味に精神的にも満足したので

罪悪感も無く美味しく頂きました。

らーめんを頂き汗を掻きましたが

バイクに乗って風を受けると、「えぇきょっちゃー!」でした。


四台纏めて継続車検車両引取り

昨晩大阪T様の車検切れ車両4台を纏めて引取りに行って来ました。

継続車検纏めて四台車両引取り (1)まずはCB1300 SC40になります。

これは最近増車された車両になり

CPでは今回が始めてのメンテナンスと継続車検。

色々と問題がありそうな車両でした…。

継続車検纏めて四台車両引取り (2)次はCB750 RC42、この車両は以前にも

CPで車検を受けた車両ですが

エアーが抜けて重たいと思いエアーを

入れようとした所、エアーバルブが…

RC42エアーバルブ断裂ポッキリと折れてしまいました。

この車両も少し手間が掛かりそうで

マフラーもNGだったので、純正マフラーに

交換してからの車検になりそうです。

継続車検纏めて四台車両引取り (3)次の車両は最近高騰して来たCB400 NC36

こちらの車両はバッテリーが死亡しており

最近増車された車両で、取り合えず

バッテリー交換からの車体チェックです。

継続車検纏めて四台車両引取り (4)最後にCPでずっとメンテナンスをして来た

旧CB400国内398cc、型式、類別が残った

貴重なF2になりますが、ハンドルがF1に

変更されており、これも少々手間が掛かります。

継続車検纏めて四台車両引取り (5)まだガレージには以前車検修理した

ゼファーやモンキーなどもあり

色々とご相談を頂いております。

一度に4台の車検は厳しいので

何度かに分けて車検を受けるのですが、色々と問題がありそうです。


大阪T様継続車検入庫

今月28日に車検が切れるとの事で、今朝ご入庫頂いた

大阪T様継続車検入庫220519大阪T様CB400Fですが、今朝お預かりした

書類の中に納税証明書が入っておらず

郵送で後日送って頂く事になりました。

来週にはもう一台車検入庫があるので

作業の段取りを考えないと、完全にPITは破裂寸前です。


京都T様エンジンO/Hクランクメタル測定

注文していたボアアップピストンが入荷して来たので

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (1)内燃機屋さんへ送る準備の為

クランクメタル、コンロッドメタルの

測定をやって、部品を発注する準備をして

見積もりを仕上げ、オーナーからOKが出たら

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (2)内燃機屋さん送りとなるのですが

クランクを洗浄して、よくよくクランクを

眺めて見ると…あ!これは…まずいなぁ…。

と言う状態だった事が判明した。

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (3)クランクメタル#1〜#5まで一部分に

全て爪が引っ掛かる位の

ダメージがある事が判明した…

ラッピングで何とかなると思いますが

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (4)メタルクリアランスがどうなのかは

測定してみてから、更にラッピングの

仕上がりの程度にもよっては

メタルが二種類しか出ない中で

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (5)リカバリー出来るのかが問題になります。

費用も余計に掛かって仕舞う事から

これはオーナーと相談しないと…

このままの状態でエンジンを仕上げて

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (6)ボアアップしてしまうと、ほぼ確実に

クランクが踊り、エンジンブローに繋がる…。

ひょっとしてクランクケースがロアと

アッパーが違う可能性も考えましたが

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (7)腰下は非分解の様だったので

可能性は低いと思いますが

アッパーケースのクランクメタルのダメージを

ロアケースと比べると明らかに違うし

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (8)エンジンは載せ替えられている。

ロアケースのクランクメタルは

アッパーケース側と比べてもダメージがある。

むー…、ドライで回されただけなんだろうか?

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (9)取り合えずクランクシャフトをX軸側と

Y軸で比較する為に測定を実施。

まずは摩耗していないX軸を測定し

数値を記録し、次にY軸側を測定してみると

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (10)まぁデジタルメーターだからと言う事はありますが

平均して5/1000个遼猝廚漏稜Ы侏茲泙靴拭

これをラッピング加工すると

クランクの全体的な外径は小さくなるのですが

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (11)測定の基準になる数値が1/100仟紊覆里

何とかなる事を願うしかない感じです。

因みにコンロッド側も同じ様な傷があったので

恐らくドライで回された可能性が濃厚。

京都T様CB400エンジンOHクランクメタル測定 (12)取り合えずオーナーと相談してから

内燃機加工へ送る事にします。

その間の保管方法は、このCB400Four

クランク専用保管ケースに入れて保管です。

一応測定結果からは#1.2はグリーン、#3.4.5がブラウンなので

#3.4.5の方が外径が細いので、何とか範囲内に納まってくれればと言う感じ。


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

今日も色々と部品が入荷して来たので

京都Y様ダックスST70レストア&カスタムハンドル交換 (1)引き続き強制労働の自由人君を呼び出し

カスタム作業を続行させます。

今回前後ブレーキシューも交換し

ハンドルもオーナーからの指定で

京都Y様ダックスST70レストア&カスタムハンドル交換 (2)CB400FourのF1風ハンドルに交換しました。

キックシャフトもスプラインが痛んでいた為

新品に交換をして取り付けました。

これで後は入荷待ちの部品が揃えば

京都Y様ダックスST70レストア&カスタムハンドル交換 (3)完成となるのですが、部品が全て揃うのは

7月以降の予定になります。

マフラーも当時風の良い感じの

ダウンマフラーが無いので、取り合えず仮止め

京都Y様ダックスST70レストア&カスタムハンドル交換 (4)ついでに僕のモンキーのキックシャフトも

純正から同じキタコに交換して貰い

マフラー取付角度も調整をしたので

キックが長くなり、今まで純正キックで

モンキーZ50Jキックペダル交換 (1)キックのストロークが足りず

エンジンを掛けるのも一苦労だった

モンキーもエンジン始動性が

良くなるはずだったけど…

やっぱりキャブが小さくてダメだったわw


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) レストア | カスタム

2022年05月17日

Z750RS Z2嫁入り準備3

今週から来週に掛けて車検入庫予約が6台もあり
PITのやりくりをどうしようかと悩んでいる所です。
車検は1か月前から受けれるので、来週切れるとか言う
ギリギリまで待たなくても、余裕をもって
車検を受ける様にしましょうw
そうすれば前もって準備も出来ますし
こちらの都合ですが、PITの作業スペースも確保出来ます。
狭いお店で申し訳ないのですがご協力をお願い致します。


CB400FR HSR鉄馬密着

九州の仲間がやっているYouTubeチャンネルで

熊本の大将が密着取材されている動画です。



チャンネル登録よろしくお願いします。


カワサキZ750RS Z2点火系調整

Z2の嫁入り先が決まりそうな話があるので

Z750RS点火系調整 (1)現状渡しの車両で、キャブは要調整ですが

せめて点火系だけでもチェックして置こうと思い

点火時期チェックとIGC、プラグなどを

チェックする事にしました。

Z750RS点火系調整 (2)まずは基本的な所のポイントをチェック。

接点クリアランスが狭いのでまず接点を

磨いてからクリアランス調整をして

点火時期をチェック、#2.3が少しズレていたので

Z750RS点火系調整 (3)調整をしてから、ついでにタンクを外して

プラグをチェックすると、やはりキャブは

要調整が必要で、プラグは真っ黒だったので

取り合えず掃除はしたけど、キャブ車に不似合いな

イリジュウムプラグなのは残念だけど、調子は良くなりました。


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

今日もモンゴリ師匠の自由人君昨日の続きから作業を開始。

京都Y様ダックスST70レストア&カスタム仕上げ前 (1)フロント周りをサクサクっとやっつけます。

ヘッドライトなどの電装パーツも取り付け

配線も接続が完了し、フロントフェンダーも

取り付けて、一応形にはなりました。

京都Y様ダックスST70レストア&カスタム仕上げ前 (2)シートロックやブレーキ回りの

再メッキパーツも仕上がって来たので

取り付けをすれば、後は入荷待ちの部品が

揃えば、完成となるのですが…

京都Y様ダックスST70レストア&カスタム仕上げ前 (3)入荷予定が7月なので、この先は当分

放置になるので、PITの作業スペース確保の為

ダックスはお立ち台に上げて

ゴリラとモンキーの横に並べて保管となります。

ハンドルもオーナーの希望でコンチハンドルに交換となるので

ワイヤー類も特注で作って貰う事になります。


ケニア エリックのスパーカブ90パンク修理

エリックのスーパーカブ90のパンク修理ですが

ケニア エリックスーパーカブ90リアタイアパンク修理 (1)モンゴリ師匠の自由人君がいる時で

丁度良かったと思いますw

少しでもPITを開けて車両保管スペースを

確保したいので、サクサクっと修理をして

ケニア エリックスーパーカブ90リアタイアパンク修理 (2)エリックにカブを引き上げて貰わないとw

作業前に何か刺さっているかチェックしたけど

何も刺さっていないので、洗剤を掛けてチェック

すると、ちゃんとエアー漏れしていたので

ケニア エリックスーパーカブ90リアタイアパンク修理 (4)チューブがダメなのは確定したので

これで交換作業を開始する事に。

サクサクっとリアタイヤホイールの

取り外しが完了しました。

ケニア エリックスーパーカブ90リアタイアパンク修理 (5)で、ホイールからタイヤを取り外しも完了。

チューブに開いている穴をチェックして

タイヤに異物が無いかをチェックするのですが

この時に異物が残っていると

ケニア エリックスーパーカブ90リアタイアパンク修理 (6)指を怪我する事が結構あるんですよねぇ…

で、タイヤの内側にも何も異物は無かったので

チューブを入れてホイールにタイヤをセット

これでチューブの交換が完了です。

ケニア エリックスーパーカブ90リアタイアパンク修理 (7)タイヤホイールを車体にセットして

これでエリックのスーパーカブ90

パンク修理作業が完了したので

エリックに連絡、車両引取りをお願いして

パンク修理作業が完了しました。

念の為フロントタイヤのエアーもチェック!

やはり減っていたので、エアーを充填。

今日の夕方か明後日にはエリックがご来店され引取りの予定。

これでPITに保管スペースの余裕が出来ました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 電装品 | 修理

2022年05月16日

サングラスと老眼鏡とハイカムと純正カム3

昨日ある方から某Yオクに初期ヨシムラハイカムst1が
出品されているので本物か?と言う問い合わせがあり
某Yオクを調べてみると、画像を見る限りでは
初期ヨシムラのハイカムには見えなかったし
カムのプロフィールも書いてあったので
僕が所有している初期ヨシムラハイカムst1のサンプル品を
宝物庫から取り出して、ノギスで計測したけど
数字が見えなかったので、嫁に老眼鏡を持って来てもらって
ノギスを見たんだけど、全然数字が見えなかったので
僕の目がおかしくなったのかと思って老眼鏡を見てみると
それはレイバンのサングラスだったわw
で、先日買ってもらったちゃんとした老眼鏡で見ると
流石にノギスの数字が良く見えるw
その数値はヨシムラのハイカムとは全然違うし
何なら純正カムを測ったらそのまんま純正だったわw
そんな純正カムを、ヨシムラのハイカムと言って
高価な値段で間違って買わないようにね。


枚方RCB400Fダイナコイル取り付け

先日寝屋川M様がSPウオタニに変更する為取り外したダイナコイルですが

枚方N様RCB400Fダイナコイル取り付け (1)ダイナコイルの持ち主がRCB400Fと

お友達で、取り外したダイナコイルを

RCB400Fに取り付けをする事になり

今朝入庫する事になりました。

枚方N様RCB400Fダイナコイル取り付け (2)現状はCBXタイプのコイルが付いており

それよりはダイナコイルの方が良いと言う事で

交換する事になった訳なのですが

作業を進めていると…この車両も同じように

枚方N様RCB400Fダイナコイル取り付け (3)プラグキャップのすっぽ抜けが3ヵ所…w

取り合えずシリコンコード毎ダイナコイルに

移植するので、コードの長さを調整して

プラグキャップもしっかりとねじ込みました。

枚方N様RCB400Fダイナコイル取り付け (4)これで点火系もダイナコイルになり

パワーアップしたので、早速お友達を呼び出し

ついでにシフトを逆シフトに変更との事で

1UP5Downに変更をしたので、くれぐれも

枚方N様RCB400Fダイナコイル取り付け (5)シフトミスをしない様に、逆シフトだと

頭に入れて走って下さいと言ったのですが

お友達と二台で出発する時、早速シフトミスw

そんな感じで二台で仲良く軽く一っ走りの

お出掛けに出て行かれました。

お友達の寝屋川M様も5年悩んでいたタコメーター問題も解決し

SPウオタニで強化した点火系を体感で分かる位パワーアップしたそうです。


CPお立ち台車両入れ替え

暫くの間お立ち台に乗せるCB400Fourが無く

CPお立ち台、久々にCB400F搭載 (1)モンキーとゴリラを乗せていたのですが

やっと中古車ですが、ベース車両を

お立ち台に乗せる事が出来ました。

車検は令和5年2月まで残っており直ぐ乗れます。

CPお立ち台、久々にCB400F搭載 (2)現状での車両価格はお安く設定しており

ここからどの様に仕上げるかは

オーナー次第と言う事になり

色々とご相談を頂ければ、対応可能です。

エンジン実働で、キャブレター分解掃除調整を致します。


京都Y様ダックスST70レストア

昨日ダックスのオーナーにカスタムの現状を確認して頂き

京都Y様ダックスST70レストア&カスタムキャブ取り付け (1)100点満点の合格点を頂き、作業続行に

GOサインが出たので、一部部品の入荷が

7月になる物を除いて仕上げ作業に

モンゴリ師匠の自由人君が今日遅刻したけど

京都Y様ダックスST70レストア&カスタムキャブ取り付け (2)引き続き作業に取り掛かります。

テールランプなどの電装部品を取り付け

キャブはヨシムラミクニTMR MJNをチョイス

デュアルスタックファンネル仕様です。

京都Y様ダックスST70レストア&カスタムキャブ取り付け (3)取り合えず今日はここまでで終了.

続きはまた明日以降になります。

追加でハンドルなども変更する事になり

カスタム部品入荷待ちとなってます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 電装品 | 販売

2022年05月15日

本日は大忙し3

最近インスタの広告が姑息過ぎてかなり鬱陶しい。
最初は広告とは全然気が付かなかったけど
良く見ると何だこれ!って言う事が分かってから
一つ一つ消して行っているんだけど、段々面倒になって来た。
何か良い方法ないのかなぁ?
皆どうしているんだろう…。


ケニアのエリックご来店

自由人君の親友wでケニアのエリックが開店前にご来店…。

ケニア エリック号リアタイアアンク修理入庫自分が乗るカブのリアタイアが

パンクしたので修理のご依頼。

今日日曜日だし、チューブを注文しても

早くて火曜日だな。

因みに都市伝説的なケニアのお話はほぼほぼ間違いないそうで

エリックの視力も数キロ先のライオンが見えて居たそうです。

でも日本で生活をする様になり視力は低下したらしいよw

梅干しも大好きなエリックに時々、超スッパ辛い梅干しを今度上げるw


京都T様CB400エンジンO/H計測準備

昨日オーナーがご来店、エンジン部品を持参されたのでチェック。

京都T様CB400シリンダー手入れとエンジンカスタム計画 (1)シリンダーヘッドはややこしい

ポート研磨をされていたので

使うのは危険と判断となり

398ccシリンダーは使えるので

京都T様CB400シリンダー手入れとエンジンカスタム計画 (2)測定の結果状態が良かった

オリジナルのシリンダーとピストンは

温存し保管をする事になり

このシルバーで塗装されたシリンダーを使い

京都T様CB400シリンダー手入れとエンジンカスタム計画 (3)ボアアップする事になりました。

スリーブは見る限りでも

ボアアップレベルの状態なので

398シリンダーですがこれをベースに

京都T様CB400シリンダー手入れとエンジンカスタム計画 (4)ボアアップする事になりました。

意外と状態が良かったシリンダーと

ピストンは保管用として、カーボンを落とし

スリーブも錆びない様にオイルを塗って保管。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え歪測定 (1)次にシリンダーヘッドの下拵え

ブラストが終わったヘッドのバルブガイドを

取り外して、Oリングを交換します。

やはりEX側のOリングは加水分解されており

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え歪測定 (2)手で触ると崩れて行く位まで劣化してます。

過去にここからのオイル下がりが原因で

とある方面の方とややこしい事になり

それからデフォルトで交換をする様になった。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え歪測定 (3)本人はオイルは1,000キロで交換して

添加剤も入れていると言ってましたが

それでもオイル管理が悪く乳化したオイルで

3回エンジンブローさせ、それも僕の責任らしい。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え歪測定 (4)まぁそんな事も良い勉強になったので

その経験を活かしてエンジンO/Hのクオリティも

向上させて頂いていると思っています。

シリンダーヘッドの歪は規定値を超えており

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え歪測定 (5)平面研磨は決定となりました。

一度抜いたバルブガイドはリーマーを通して

摩耗度合いやクリアランスも確認して

問題が無ければそのまま使います。

京都T様CB400シリンダーヘッド下拵え歪測定 (6)バルブガイドのリーマーはINとOUTで

サイズが違うので、そのSSTも揃えてあります。

これでシリンダーヘッドを内燃機屋さんへ

送る準備が整ったので、次に昨日持ち込まれた

京都T様CB400ボアアップ用シリンダーブラスト、歪測定 (1)ボアアップ用398ccシリンダーを仕上げます。

最初は塗装をされていたのかと思って

リムーバーを掛けたのですが、どうやら

ドライブラストで仕上げられて居た様だったw

京都T様CB400ボアアップ用シリンダーブラスト、歪測定 (2)ドライは塗装も剝がす程のパワーがあり

メディアが砂だとアルミの表面に刺さって残り

ガラスビーズだと熱でガラスが溶けて残るので

結果艶も出ないし、メディアが残るのです。

京都T様CB400ボアアップ用シリンダーブラスト、歪測定 (3)ウエットはパワーこそありませんが

水で冷やしながら時間を掛けて表面を

研いで行くので、水洗いさえしっかり行えば

メディアが残る事は無く、その分艶も出ます。

で、シリンダーの歪も無く平面研磨無しで使えるので

このままボーリングになります。


京都GTH号CB400Fドライブチェーン&リアサス交換

前回のオイル交換時にドライブチェーンが限界だった事と

京都GTH号CB400Fドライブチェーンとリアサス交換 (1)リアサスが軟らかい事から、コーナーで

ギャップを踏み、CP製機械曲げマフラーを

擦ってしまった事から、リアサスも交換になり

部品が入荷したので、本日PIT入りとなりました。

京都GTH号CB400Fドライブチェーンとリアサス交換 (2)サクサクっとドライブチェーンをカットして

新品のドライブチェーンと交換。

伸びはかなり酷く、下手をすれば

切れている可能性もある状態だった。

京都GTH号CB400Fドライブチェーンとリアサス交換 (3)リアサスは純正タイプリプロから

IKONサスのメッキボディ黒SPに交換。

減衰付きなので、色々調整が出来ます。

1Gでの沈み込みも5个曚苗垢なりました。

京都GTH号CB400Fドライブチェーンとリアサス交換 (4)リアサスの調整方法をレクチャーして

後はオーナーの好みに合わせて貰います。

本来ならリアサスが良くなったら

フロントも考えたい所ですが

それは次回の課題と言う事で。


神戸H様CB400アクセルワイヤー手直し調整

先日納車した神戸H様のCB400ですが

神戸H様CB400アクセルワイヤー調整 (1)アクセルワイヤーの調整不足で

ハンドルを左に切ると、遊びが無くなり

回転数が上がるので、アクセルワイヤーの

再調整に足を運んで頂きご来店頂きました。

神戸H様CB400アクセルワイヤー調整 (2)原因は分かっているので、チョコチョコっと

アクセルワイヤーの遊びを調整し

ハンドルを切ってもワイヤーの遊び分で

スロットルが引っ張られない様に調整。

これで手直し作業は完了し、ハンドルを切っても

回転数が上がる事は無くなりました。

わざわざ神戸からご来店頂き申し訳御座いませんでした。

後はガソリンのオーバーフロー問題で、408コックの交換を

近々行う事になりそうです。


本日のご来店

沖縄へ行ったCP号がオーナーと共に京都へお引越しされ

沖縄I様CB400京都からのご来店CPとの距離も近くなり、気軽に来店出来る

距離となり、色々とご相談にご来店。

PIT INのタイミングをご相談しました。

オーナーがちょっとしたミスをしてしまい

その修正などをする予定でお預かりをする事になりましたが

今かなりPITが混み合っているので、改めてご連絡を致します。


peke_cb400f at 17:30|PermalinkComments(0) カスタム | エンジン

2022年05月14日

T.O.T SATSUKI STAGE3

いよいよ今日からつくばサーキットで
皐月ステージが今日明日と開催されます。
心配だった天候は回復傾向の様なので
きっと楽しいレースになると思います。
LIVE配信もあると聞いていたのですが
何処を見れば良いのかが分からないし
この土日は僕も忙しいので、例えLIVE配信されていても
レース観戦をする時間が無いのは残念です…。
参加されている皆さん、大阪から応援しております!


京都T様CB400エンジンO/H測定

昨日エンジンを完全に分解し、今日は諸々の測定をします。

京都T様CB400シリンダー&ピストン測定 (1)まずは昨日ブラスト仕上げした

シリンダーの歪測定を実施。

腰上O/H歴はある物の、まだ平面研磨は

されていないのはラッキーです。

京都T様CB400シリンダー&ピストン測定 (2)取り合えず歪測定から実施しましたが。

シリンダーの歪はギリ規定値内なので

平面研磨は無しで行けそうなので

これはラッキーでした!

京都T様CB400シリンダー&ピストン測定 (3)次にシリンダースリーブ内径を測定。

基準値を51Φにして測定をすると

4ヵ所平均内径50.95个覆里

ひょっとすると!このままいけるかも!

京都T様CB400シリンダー&ピストン測定 (4)広い所でも50.96なので、計測誤差の

範囲としても0.01个砲覆襪里

心配していたほどの摩耗ではない感じですが

問題はピストン側の摩耗が気になる所。

京都T様CB400シリンダー&ピストン測定 (5)ピストンのスカッフが多かったので

ピストン側に摩耗があるのだろうと思いながら

4個共外径を測定した所、51个魎霆爐

ピストン外径を測定したら50.99〜50.985。

京都T様CB400シリンダー&ピストン測定 (6)クリアランスとしては4/100〜4.5/100になり

ピストンリングとピストンピン交換のみで

問題無く使える範囲で、これは奇跡だな!

後はオーナーがOSにするかどうかの判断になる。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (1)次にシリンダーヘッドの付属品を取り外して

測定準備の下拵えに取り掛かります。

誤組みされていた4ヵ所のバルブスプリングは

インナー側も反対だったので、そのまま間違って

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (2)誤組みされていた様ですし、何なら

OUT側にはバルブステムシールは必要が無く

バルブガイドの形状から入らないのですが

4ヵ所共そっと入れられていたのは初めて見たw

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (3)なので、取り外したバルブステムシールの

残骸は8個になりましたw

この前マフラーを交換した時にEXガスケットを

交換したのですが、これも取り外しとなります。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (4)ねじ山上りも、取り合えず今の所は

分解時に確認が出来た4ヵ所が

ねじ山上り確定となるので、この4か所は

リコイル修正となります。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (5)EXマフラースタッドボルトですが

取り外してみると、1ヵ所M8/M6スタッドに

変更されている事が分かった…

これどうしようかなぁ…。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (6)と思って居ると、#1外側EXスタッドボルトも

ダメで、強引に曲げてフランジが入る様に

手を入れられており、ここもダメなので

EXスタッドボルトの修正は2ヵ所になります。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (7)これで取り合えず、シリンダーヘッドの

付属品取り外しが完了したので

ガスケットを剥がして、ウエットブラストで

仕上げてから測定に取り掛かります。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (8)ウエットブラストを当てだしてから

思い出したのが、#3のプラグホールの件。

ブラストを当てる前にこのヘッドが

使える物かをチェックしないと!

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (9)燃焼室側からプラグホールを覗いて見ると

入り口側のねじ山がガチャガチャって

なってるのが分かりますね…。

リタップ修正をしてみてダメなら

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (10)別の方法を考えないとダメなので

タップをねじ山が痛んでいない

燃焼室側から入れてリタップ修正を試みます。

で、念の為入り口側からも入れて

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (11)プラグを差し込んでトルクチェック。

プラグもスムーズに入るしガタ付きも無く

トルクもちゃんと掛かるので

取り合えずはこれで行けそうです。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (12)と言う事でウエットブラストで仕上げ。

ヘッドも汚れが酷いので3時間掛かった…。

これでシリンダーヘッドもブラストが完了。

後はリタップ掃除をして仕上げるだけ

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (13)と思って居たのですが、ヘッドのフィンが

曲がって居るのが目に付いてしまい

気に入らないので、修正をする事にしました。

割れると元も子もないので、慎重に…。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (14)で、ここまで修正が出来ました。

一番下のフィンも曲がって居たので

計2ヵ所のフィン修正をして、仕上げてから

もう一度ブラストで慣らして完成です。

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (15)後はリタップ掃除をするだけなのですが

リコイル修正箇所が4ヵ所あり

リタップ掃除をしていると、EXスタッドボルトの

ねじ山も2ヵ所危険な所を発見したので

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (16)合計で6カ所のねじ山をリコイルする事になった。

プラグホールもヘッドのねじ山も

何時もちゃんとチェックしているのですが

部品取りエンジンの中には状態が悪い物もあり

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (17)後でねじ山が上がる事はよくある事で

特にプラグホールのねじ山上りの場合は

色々と面倒な事を言って来る方も居られる…。

提供された部品の状態は分からない事もあるし

京都T様CB400シリンダーヘッド分解測定準備 (18)新品じゃないんだから、運が悪い事もあるし

ちゃんとチェックした上で組み立ててますが

面倒な事になった事もあります…。

大体面倒な事を言う方は奇しくも

同じ地方の方なんだよねw

そう言う土地柄なのだろうかねぇ…。

後はシリンダーの歪測定と、バルブガイドOリング交換なんだけど

16時頃からご来店予定があり今日の作業はここまでで終了となります。


奈良Y様CB400Fオイル交換にご来店

昨日までの雨が、幸いな事に天気も回復した事から

奈良Y様CB400Fオイル交換 (1)オイル交換にご来店は、奈良Y様のCB400F。

何か見る度に少しづつピカピカ度が

上昇している車両ですねw

綺麗に纏まったカスタムだと思います。

奈良Y様CB400Fオイル交換 (2)来月はオイルクーラー取り付けなどの

作業を予定しており、それに伴い

ツインリードバルブレデューサーも

取り付け予定で、足回りのカスタムも計画中。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2022年05月13日

1976年 昭和51年型2代目トヨタカリーナ2000GT3

かなり前から探していた2代目トヨタカリーナ2000GTが
ちょっと前から出ていたのですが
マスタングを買ってしまったので
中々購入に踏み切れず躊躇していたのですが
昨日思い切って、販売店に連絡をした所
丁度その日に車両を見に来られた方が居て
購入を検討する事になったらしく
もしその話が流れたら、電話を貰う事になっていたのですが
残念な事に、商談が成立した様で今日HPを見ると
車両が取り下げられていました…。
恐らくもうこう言った個体に出会う事は無いかも知れない…。
別にマスタングが嫌いなわけじゃないんだけど
本当に欲しかったカリーナ2000GTを買いそびれた事を
今は後悔すると共に、このタイミングで売れてしまった事に
縁が無かった事と、ある意味マスタングのハイパワーに
惚れ込んでいる自分が居て、嫁がOKを出してくれるなら
マスタングを手放さずに、カリーナ2000GTと2台
所有出来れば良いなぁと思って居たのでしたが
それはまず無理な話だったと思います…。


京都Y様ダックスST70レストア

オーナーからは一区切りとして、一定の金額に達したら

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (1)一旦連絡を入れて欲しいと言う事だったので

取り合えず予定の金額に達するまで

モンゴリ師匠の自由人君が組み立て作業を

行っており、僕は設定額の計算をしながら

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (2)組み立て用部品を発注していました。

そしてその予定額に達した所で

一旦作業は中断するのですが

取り合えず、仮組でローリング状態まで

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (3)組み立てて、オーナーと相談する事に。

絶版部品も多い事や、アフターパーツが

モンゴリと比べて圧倒的に少ない事もあり

部品の選択肢が無い事もあり

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (4)オーナーが希望するカスタム案に

少しでも近付ける様に仕上げている所です。

完成までまだ軽く2.30万は掛かると見積もり

ここまでの現状をオーナーに報告し

OKを頂いてから、先に進める事になります。


京都T様CB400エンジンO/H腰下分解

昨日は腰上分解とエンジンを取り外す所までの作業で

京都T様エンジンOH腰下分解 (1)色々な問題がある事が分かったのですが

今日は腰下の分解作業に取り掛かります。

まずは分解前に諸々の外観チェック!

一見すると腰下は未開封の様に見えます。

京都T様エンジンOH腰下分解 (2)ピストンリングも交換歴は無さそうに見え

セカンドリングは完全に摩耗しており

ピストンのスカッフもかなりありそうです。

かろうじて圧縮があり、エンジンが掛かっていた

京都T様エンジンOH腰下分解 (3)そんなイメージがする状態に見えます。

カムチェーンガイドも劣化していたのですが

スリッパーもかなり擦り減っており

腰上を分解した際に、この辺りの消耗品は

京都T様エンジンOH腰下分解 (4)交換されていない可能性があります…。

少しデトネ気味なピストン…

このまま使えるかなぁ…。

一応測定してみますが恐らくはダメだと思います。

京都T様エンジンOH腰下分解 (5)シフトドラムセンターの摩耗

これは定番ですが、今回は定番と違い

CP製強化シフトドラムセンターを作ったので

これだけ摩耗していても全然平気ですw

京都T様エンジンOH腰下分解 (6)シリンダースタッドボルトは手で緩む物もあり

オイルが回って居るので、緩めれる物は

全て取り外してしまいます。

アルミと鉄の熱膨張率が違うので

京都T様エンジンOH腰下分解 (7)ここが緩むとオイル漏れの原因になります。

腰下非分解は確定の様だったので

プライマリーチェーンはダルンダルンに

伸びているので、交換となります。

京都T様エンジンOH腰下分解 (8)で、サクサクっと上下ケースを割って分離。

クランクメタルはカジリこそありませんが

摩耗が認められる為、交換する事が

望ましい状態だと思います。

京都T様エンジンOH腰下分解 (9)カムチェーンテンショナーアームは

完全に固着し、ちょっと修正も難しい…

中古良品に交換するかリプロ品に交換になります。

久々にここまで酷いのを見ました。

京都T様エンジンOH腰下分解 (10)ミッションのギアーはまぁそれなりな状態。

可もなく不可も無くと言った所。

ベアリングを交換してこのまま使っても

問題は無いと思います。

京都T様エンジンOH腰下分解 (11)そこで気になるのは、カウンターシャフト

2ndギアーの焼き付きですが

外から見る限りでは、焼き付きは無さそうです。

ミッション関係は取り合えずは一安心です。

京都T様エンジンOH腰下分解 (13)と言う事でここから見積もりに取り掛かるのですが

暫くの間はブラスト作業になる為

電話に出る事が困難になります。

今日も天気が悪いので、PIT作業も出来ないので

京都T様エンジンOH腰下分解 (14)シリンダーのガスケットを剥がして

午後からはブラストを当てる事にします。

泣きながらガスケットを剥がさないと

ダメかと思ったけど、簡単に剥がれて良かったw

京都T様エンジンOH腰下分解 (15)で、シリンダーをブラストするのですが

オイル焼けの汚れが酷く何時もより時間が掛かり

ここまで仕上げるのに3時間位掛かった…。

もうシリンダーヘッドは明日だなぁ…

朝からやれば明日中にはシリンダーヘッドは終わると思う。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2022年05月12日

昭和49年ZA Z750RS入荷3

以前PCが壊れた時、バックアップデーターを入れる
ドライブを、HDDからSSDにしたのですが
どうやら今回そのSSDが逝かれてしまったらしく
色々なデーターが取り出せなくなってしまた…
取り合えず復旧に掛けてみる事にしますが
今度から大事なデーターはクラウドに預ける様に
する事も考えないといけないかも知れないなぁ…。


Z2A Z750RS 8,000番台2オーナー

昨日は自由人君と二人で焼き鳥を食べている所へ連絡が入り

初年度昭和49年カワサキZ750RS2オーナー入荷 (1)急遽車両を引取りに一っ走り行く事になり

焼き鳥を食べ終わった後そのまま

自由人君を拉致し、車両引取りにw

車両は初年度昭和49年10月岡山県登録

初年度昭和49年カワサキZ750RS2オーナー入荷 (2)カワサキZ750RS 2オーナーのZ2で

フレーム番号は8,000番台、型式、類別は

枠内に残っている車両になります。

外装はリペイントされており

初年度昭和49年カワサキZ750RS2オーナー入荷 (3)走行距離は20,990キロ(購入時19,900キロ)

エンジンはステムシール交換と

タペットシム調整のみ実施で、それ以外は

社外のカウルが付いているだけのオリジナル状態で

初年度昭和49年カワサキZ750RS2オーナー入荷 (4)キャブは始動時に少し調子が悪いので要調整。

エンジンからの白煙はありません。

現在お一人が現車確認の予定になって居ります。

保安上の関係から保管場所は店ではない為

現車確認は前もってご連絡下さい。

現オーナーは64歳で家族が邪魔だとか

もう本人が歳で乗れないと言う事で手放す事にした車両。

購入後1,000キロしか乗って居らず、状態は良い車両になります。

他にもいっぱいあったお宝パーツは

知らない間にスクラップで処分されたらしいです…。


京都T様CB400エンジンO/H分解

今日から本格的に京都T様CB400のエンジン分解作業に取り掛かります。

京都T様CB400エンジンOH分解 (1)カバー類を分解しているとほぼほぼ

CPで触っていない所は緩んでいた…。

と言うかロックナットも締まっていなかった。

クラッチは強化クラッチスプリング…

京都T様CB400エンジンOH分解 (2)そして残念な事に、ポジティブストッパーは

先端が折れていたので、シフトアップで

ギアー抜けが多かったはずだと思います。

ピンも摩耗しているので、丸ごとリビルドです。

京都T様CB400エンジンOH分解 (3)かろうじて緩み止めのロックワッシャーで

取り付けられていたクラッチを取り外し

R側の分解が完了しましたが…

組み間違いもあったりした事が分かりました。

京都T様CB400エンジンOH分解 (4)L側もサクサクっと分解が完了。

こちらもセルモーター配線固定ナットが

ちゃんと締まっていなかった…。

これでL,R共部品の取外しが完了です。

京都T様CB400エンジンOH分解 (5)サクサクっとオイルパンも取り外し。

流石にオイルパンのボルトは

しっかりと締まっていましたw

これで腰下部品の取外しは完了です。

京都T様CB400エンジンOH分解 (6)次に腰上分解に取り掛かります。

バッテリーやSPウオタニを取り外し

キャブレターなど付属部品を取り外し

腰上分解作業に取り掛かります。

京都T様CB400エンジンOH分解 (7)プラグを取り外して行くと#3のプラグを

取り外す時に違和感を感じたので

良く見てみるとプラグのクラッシュワッシャーが

潰れておらず、ねじ山もオイリーだった。

京都T様CB400エンジンOH分解 (8)ちゃんと締まっていたプラグと比較すると

この様に#3プラグのワッシャーは

潰れておらず、ねじ山がオイリーなのが

良く分かると思います…むー…斜めだな…。

京都T様CB400エンジンOH分解 (9)ヘッドカバーを外す為にタペットキャップを

外すのですが、半分は緩んでいた…

取り外したロッカーアームはカジリがあり

両サイドは摩耗している状態だった…

京都T様CB400エンジンOH分解 (10)シリンダーヘッドのねじ山上りは4ヵ所あり…。

一度分解されたらしく、バルブスプリングの

アウタースプリングは4ヵ所誤組みされていた…

多分インナーもアウトな箇所はあるだろう…。

京都T様CB400エンジンOH分解 (11)カムシャフトも摩耗しており、最悪なのは

カムチェーンガイドの樹脂が剥離して

シリンダーヘッドにダメージを与えている事だが

まだ被害としてはマシな方なのはラッキーです。

京都T様CB400エンジンOH分解 (12)と言う事でここららの作業はサクサクと

進めて行くのですが…シリンダーヘッド

締め付け袋ナットはかなり緩んでおり

中には銅ワッシャーを使う所がアルミだったり

京都T様CB400エンジンOH分解 (13)スペシャルナットの所は本来なら

ゴム付きのシールワッシャーなのですが…。

使われているのは銅ワッシャーですが

まぁ漏れなければ、それはそれで良かったけど…

京都T様CB400エンジンOH分解 (14)シリンダーヘッドを取り外しましたが

ヘッドガスケットの吹き抜けや

オイル滲みの痕跡は無かったので

スタッドボルトやヘッドカバーからの

京都T様CB400エンジンOH分解 (15)オイル漏れが主な原因だったと思います。

まぁ見えない所の不具合も見つかったので

良い機会だったと思いますし

漏れるオイルの量が酷かったからね。

京都T様CB400エンジンOH分解 (16)シリンダーを取り外してピストンリングを

チェックしてみると、ピストンリングも

既に限界の様で、ピストンもかなりの

スカッフがあるのでシリンダーの摩耗が心配。

京都T様CB400エンジンOH分解 (17)これでエンジンを下す準備が整ったので!

はい!どーん!!

エンジンが下りました!

明日は腰下を分解しながらチェックして行きます。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) 販売 | エンジン

2022年05月11日

定休日の時間潰し3

今日は久々に用事が無い完全OFFになった定休日だったので
暇しているであろう、某青い方を誘って
一っ走り行こうと思って居たのですが…
残念な事に生憎の天気…
マフラー取り付けチタンナットのテストも出来ると
思って居ただけに残念です。
暇は僕にとってとても苦痛なので、取り合えず出勤。
そう言えば今日荷物が午後から2個程入荷して来るので
その間事務処理をしたり、細かい作業をしたりして
時間潰しをする事になった。
で、先日東京へ一緒に行った自由人君に
途中のSAで美味しい物でも食べようと言っていたのですが
僕の食事制限や、SAも混雑して居た事から
食事抜きでの帰阪となったので、今日の夕方は
自由人君と一緒に食事に行く事にします。


京都T様CB400エンジンO/H準備

一昨日はオイルパンからエンジンオイルを抜いて放置してあったのですが

京都T様エンジンOH準備親方管取外し今日はマフラー、親方管を取り外し

オイルフィルターケースを取り外し

オイルフィルターからもオイルを抜き

このまま明日の本格的なエンジン分解まで

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (1)暫く放置して置く事にしました。

で、前から気になっていたシートロック。

定番のメインとシートロックキーが別々だったのが

以前から気になって居た事もあり

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (2)部品取りの純正シートロックの鍵無しを

ピッキングで解錠し、中身を取り出し

メインキーのキー溝に合わせて組み替えて

ワンキーで全て使える様にする為

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (3)部品取りのプレートから合う物を組み替えて

京都T様CB400のメインキーに合う様に

プレートを組み替えました。

元々付いていたシートロックは

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (4)CB400Fourオリジナルでは無く

普通のシャッター付きロックだったので

せっかくなので、オリジナルの蓋付キーに

変更して取り付ける事にしました。

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (5)取付ボルトも六角穴付きボルトだったので

純正の皿ビスに交換して、CP製シートロック用の

蓋を取り付ける事にして、仕上げました。

これでメインとシートロックがワンキーで

京都T様CB400シートロックワンキー仕様に変更 (6)使える様になり、不便さが無くなり

更にオリジナル感もアップしました。

貴重な国内398ccなので、僕が拘りたいと

思っていただけですが、僕の暇と言う苦痛から

解放された時間を半日過ごす事が出来ましたw


【追記:シングルリードバルブレデューサー入荷】

先日手に入ったシングルリードバルブレデューサーは自分用にと

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (1)取り込んだ所なのですが、運良くもう一個

手に入ったので、これは近日中に

某Yオクに出品する事にしました。

90度ニップル付きになります。

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (2)中の状態もチェックしましたが

目立った汚れも無く、綺麗な状態だったので

軽く拭き掃除だけして組み立てて

作動状態をチェックしました。

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (4)少し傷はありますが、中は問題無く

とても良い状態だったので

余り使われていないと思います。

ご入用の方は是非ご検討下さい。

CB400Four純正キャブ用シングルリードバルブレデューサー入荷 (5)中古品ですがホースもおまけで付きます。

そのままで取り付けも可能ですが

ホースを新品に交換する際に寸法の

基準にもなると思います。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0) 部品 | エンジン

2022年05月09日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日5月10日(火曜日)は指定難病後縦靭帯骨化症
OPLL経過観察の診察の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


寝屋川M様SPウオタニ取り付け

昨日は自由人君と二人で、関東往復1300キロ弾丸ツアーに出掛けていました。

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (1)まだ疲れは残っていますが

幸いな事に渋滞にも巻き込まれず

検挙もされずに無事に帰阪出来ました。

で、今日は寝屋川M様CB400に

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (2)SPウオタニを取り付ける作業から開始。

配線ルートなど諸々ルート違いがあり

それも修正しながらのSPウオタニ取り付け。

元々付いていたダイナSの配線取り回しも

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (3)ハーネスクランプの位置事変更されていたり

オーナーからの要望で、ハーネスクランプの

錆が気になるとの事だったのでついでに

ハーネスクランプを再メッキ品と交換しました。

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (4)リアブレーキスイッチの配線も

バッテリーの下を通っているので

何かの時に断線、地絡の恐れがあるので

この辺りの配線ルートは全て

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (5)正規のルートに修正して置きました。

ホンダオリジナルの配線ルートには

それなりの理由があるので

間違った配線ルートだと

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (6)何かとトラブルの原因になります。

これでR側の配線ルートも修正が完了。

ハーネスクランプも綺麗になってスッキリです。

その他にもよく見るとメーターステーや

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (7)メーターがリジットだったりする為

タコメーターが5、6,000rpmで踊ったりする

定番の問題も取り合えず出来る修正をして

ローターやピックアップの交換が完了。

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (8)コイルを取り付けて、シリコンコードは

オーナー指定の黒色にして取り付けました。

コード無しは配線を作らないといけないので

ちょっと手間が掛かりますが

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (9)セット物のグレーはちょっと…と言う方には

前もってご連絡頂ければ、各カラーを準備し

各色コード仕様等に変更は可能ですが

只今在庫切れも多くなっています。

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (10)コントロールユニットの配線も接続し

火入れ前にヒューズを交換しようと思ったら

既に15Aのサーキットプロテクションが

導入されていたので、20A管ヒューズに

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (11)交換が出来なかったので、同じGOP製

SHIO HOUSE特注SPウオタニ専用

サーキットプロテクションに交換。

これで火入れをし、点火時期とユニットの

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (12)設定を済ませ、次にインジケーター球の

LEDが切れたらしく、また青色が紫になるとの事で

CPでも既に廃盤になっている、色付きLED球に

交換して取り付けをしました。

寝屋川M様CB400国内398ccSPウオタニ取り付け (13)LED球の光は白色や電球色もありますが

青色レンズを通すと紫色になる為

インジケーターの色に合わせたLED球を

CPでは使用しており、インジケーター表示に

違和感が無い様にしていたのですが少々お値段も高く

余りそこまで拘る方も余り居られないので廃盤終了となっております。

その他、オーナーが気になる所をチェックしましたが

色々と問題がある事が分かり、その部分も今後改善して行く方向になりそうです。


京都T様エンジンフルO/H準備

今日からエンジン分解作業に取り掛かる予定でしたが

京都T様CB400エンジンOH準備 (1)天候も怪しく、朝から忙しかったので

エンジンオイルを抜いて準備をして置きます。

既に作業用リフト上にはエンジンから下たる

オイルがこぼれている状態ですが…。

京都T様CB400エンジンOH準備 (2)取り合えずエンジンオイルを抜いて

休み明けから本格的にエンジン分解作業に

取り掛かる事にする準備を進めます。

明日、明後日はお休みになりますので

木曜日からエンジン分解に取り掛かります。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2022年05月07日

明日は嫁一人旅3

明日の定休日は、僕は自由人君とお出掛けとなるので
嫁は新しく購入した車で一人旅に出掛けるそうです。
どちらとも夕方には帰って来る予定にしています。
所でついに車の税金が来て、その金額に嫁は激オコ…。
「どうすんのこれ!」と言われたけど、そんなもん…
お国からの請求書なので「払っといて下さい…」と言うしか無い。
レクサス、ハイエース、マスタング、CB400Four×2、Dトラと
お国の為に税金を払う献身的な国民だと、僕は思っているのに
嫁に怒られるのは納得が行かない!…と心の中で叫んでます。


京都T様CB400エンジンオイル漏れ修理入庫

以前から多少のオイル漏れはあった物の

京都T様CB400エンジンオイル漏れOH入庫220507 (1)何とか延命をしていたのですが

その延命処置にも限界を感じたらしく

この度エンジンフルO/Hで入庫となる事に。

今、通常で3ヵ月程日程が掛かるのですが

京都T様CB400エンジンオイル漏れOH入庫220507 (2)内燃機屋さんも酷く込み合っており

仕上がりは未定で、また最近の物価高騰

値上がりの影響もあり、エンジンの状態によっては

O/H費用も嵩んでくる可能性もあります。


22/05/07本日のご来店

7月の中頃に車検が切れると言う事で、打ち合わせにご来店された

220507本日のご来店高槻S様CB400F血統症付き高槻S様CB400F国内408cc

車検に合わせて強化オイルポンプ「極み」と

ミッション用大流量強化オイルポンプも

一緒に交換のご依頼を頂きました。

高槻S様CB400F国内408cc用フル強化オイルポンプ「極み」 (1)これで旧価格の強化オイルポンプ「極み」は

全て完売となり、新価格¥75,000+TAXと

なって仕舞います…申し訳御座いません。

ミッション用大流量強化オイルポンプは

高槻S様CB400F国内408cc用フル強化オイルポンプ「極み」 (2)今回のロットの値上げは見送りですが

次回製作ロットは値上がりとなります。

取り合えずご購入予約と言う事で

ミッション用を本体に組み込み準備をします。

高槻S様CB400F国内408cc用フル強化オイルポンプ「極み」 (3)サクサクっと組み込みが完了。

後は車検のタイミングでエンジンオイルを

抜いた時に、オイルポンプを交換する予定です。

来月20日以降入庫予定で段取りをします。


純正マフラーのお話

本日入庫予定の2台がオーナーのご都合が悪くなった為

予定が狂って仕舞まったので、純正マフラーに付いてのお話。

これは知っている方は知っているのですが

この先CB400Fourオーナーに語り継いで貰いたいと言う事です。

ホンダ純正マフラーのちょっとした事ですが

エンドパイプの溶接部分に違いがあるのをご存じでしょうか?

実は初期のラインオフ物の純正マフラーの溶接ビード部分には

例えば前期物と後期物、部品で販売された物があり

初期純正マフラー初期のラインオフ車両のマフラーは

デザイナーの佐藤さんが拘ったと言われる

細い溶接ビードになっているんです。

「CB400Fourのマフラーにはこの細い

後期純正マフラー溶接ビードじゃなきゃダメだ!」

と言うこの車両をデザインした拘りがあり

マフラー製造元にはデザイナーがNGを出した

純正マフラーが当時沢山転がっていたそうです。

後期や部品で販売された物になると

この溶接ビードがいつの間にか太くなってますが

何故こうなったのかはと言う理由は

色々あるのですが、その明言は控えて置きます。

純正マフラーの溶接ビードの太さにまで拘ってデザインされたCB400Four。

CB400Fourオーナーとして覚えておいて下さい。


peke_cb400f at 17:30|PermalinkComments(2) エンジン | 部品

2022年05月06日

恐怖の姪からの連絡3

昨日は弟が娘とその彼氏を連れ貴重なGWの休みを利用し
敦賀まで日帰りドライブ旅行に出掛けたとの事で
ヨーロッパ軒でお食事をして、恒例のお土産を
買って帰って来てくれて、おすそ分けを頂き
とてもハッピーな晩御飯を頂けました。
で、今朝その娘、姪から「今日店開いてる?」とメッセージが…
うわ!めんどくさ!と思いながら「開いてる」と返信。
何でも後輪タイヤの空気圧が無いと言う事で
警察に止められたらしく、多分仕事終わりの夕方に
店に来るんだろうと思います…
この前空気を入れたのに、こんなに早くなくなるなんて
何か原因がありそうだなぁ…めんどくさ!


神戸H様CB400引取り納車

GWは終わってしまいましたが

神戸H様CB400キャブレターオーバーフロー (1)本日一応の修理と仕様変更が終わった

神戸H様CB400を引取り納車に

わざわざご来店頂きました。

タンクコックや純正キャブにはまだ

神戸H様CB400キャブレターオーバーフロー (2)問題が隠れてそうで、コックをOFFにして

ある程度キャブのガソリンを消費してから

帰るのですが、翌朝必ずオーバーフローの

痕跡があるので、ガソリンコックも

神戸H様CB400キャブレターオーバーフロー (3)ダメなんだろうなぁ…と思いホースを抜いて

暫く放置していると、コックからジワーっと

ガソリンが出て来る…このコックの漏れと

何度掃除しても出て来るキャブのゴミ…

神戸H様CB400引取り納車 (1)これがオーバーフローの原因だと思いますが

今回は一旦これで納車させて頂く事にして

コックの交換など、後日ご相談と言う形で

ご説明させて頂きました。

神戸H様CB400引取り納車 (2)で、レギュレートレクチファイアーの

純正タイプカプラーをご持参頂いたので

仮接続していた差し込みを純正タイプの

カプラーに差し込んで、これで全てが完成。

神戸H様CB400引取り納車 (3)発電量もアイドリングで14.3Vまで上がり

アイドリングも電圧は安定しており

エンジンの調子も良くなりオーナーにも

喜んで頂けて、自走でご帰宅となりました。


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

昨日ダックスST70のエンジンの組み立てが終わったので

京都Y様ダックスST70エンジン搭載今日はエンジンをフレームに搭載し

仕上げに取り掛かるのですが

発注漏れ部品がまだ入荷して来ない事や

オイルクーラーの取り付け位置の問題もあり

オイルクーラーを別で発注をしたのですが

納期は早くても7月末になりそうな雰囲気です…


CP14号機純正エアクリーナーカスタム

ヨシムラミクニTMR MJN純正エアークリナーチャンバー仕様の

CP14号機エアクリーナーカスタム (1)CP14号機用エアークリーナを

カスタムする事にしたのですが

点火系をSPウオタニに交換して

プラグもブリスクに交換しても

CP14号機エアクリーナーカスタム (2)始動時にカブったり、プラグも黒いので

純正エアクリーナーフィルターを取っ払い

骨組みだけにし、二輪汎用のスポンジタイプ

エアクリーナーフィルター15个鮗茲衂佞韻

CP14号機エアクリーナーカスタム (3)エアーの吸い込み量を多くしてみる事に。

多分これでヨシムラミクニTMR MJNの

ガソリン量とエアーの吸い込み比が

上手く合ってくれれば良いかなぁと…。

CP14号機エアクリーナーカスタム (4)取り合えず期待を込めて交換してみました。

純正のエアーフィルターもお高いので

これでバッチリになれば、お財布にも優しく

エンジンにも優しくなってくれると思います。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(4) 修理 | エンジン

2022年05月05日

子供の日と母の日3

昨日は弟夫婦とその息子とオカン達とで
食事したりお買い物したりして
甥には子供の日でおもちゃをおねだりされたり
オカンも終活をしているらしく
戸棚とかに仕舞ってあったお宝を持って来た。
その中には30年ほど前の母の日に渡した
未使用の金の耳かきもあったw
松竹梅のデザインが気に入ったので当時購入した物だった。
嫁は売れと言うけど、ある意味オカンの形見になるかも…。
で、僕は老眼鏡を買ってもらったw


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

GWも終盤を迎え、弟と梅雨入り前にはツーリングや魚釣りに行こうと

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (1)言う話にはなったけど、実現するかどうかは

真ん中の弟次第と言う事になった。

で、今日も先日の続きでダックスのエンジンを

モンゴリ師匠が仕上げる事になります。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (2)クラッチカバーの取り付けが完了!

次に腰上シリンダーを取り付ける準備。

シリンダーはタケガワのボアアップキット

シリンダーヘッドは加工されているので

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (3)そのまま使うのですが、INマニのねじ山が

痛んでいる為、ヘリサートをする事に…。

まぁこれを奴にやらせたのは失敗でしたが…。

何とかリカバリーも出来たので問題無し。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (4)次にタコ棒でバルブの摺り合わせ。

CB400Fourと違いIN、OUTの二か所なので

やる気も出るよねw、これが8個だと

流石に内燃機屋さんへ送った方が

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (5)時間の節約にもなりますからねw

強化バルブスプリングとハイカムを

組み込んで、これでシリンダヘッドの

下拵えが完了しました。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (6)SPタケガワの88ccピストンキットを

セットしてシリンダーを挿入し

シリンダーヘッドを組み込めば

これでエンジンもほぼ完成です。

京都Y様ダックスST70エンジンOH組み立て (7)サクサクっと取り合えずこれでエンジンは完成。

後は発注漏れ部品が入荷して来れば

仕上げ作業に取り掛かれます。

キャブのインマニのサイズを間違ったので

再発注になるし、再メッキ部品もGW明けに出すので

暫く掛かりそうです。


大阪M様CB400Fレデューサー交換

先日お電話を頂いた大阪M様が予定通りご来店。

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (1)シングルリードバルブレデューサーから

ツインリードバルブレデューサへの

交換作業のご依頼でご来店です。

貴重なシングルリードバルブになる為

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (2)現在部品代及び交換工賃は無償での

バージョンアップを行ております。

取り外したシングルリードバルブを分解し

一応中の状態をチェックします。

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (3)多少の入荷や汚れはありますが

全然問題が無いレベルになります。

多分取り付けてから4.5年は経過しており

全くのノーメンテだったのですが

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (5)余り乗って居られなかったとの事で

状態は良かったのだろうと思います。

今までシングルが手に入れば、必要な方に

販売をしていたのですが、ふと思えば

大阪M様CB400Fレデューサー交換220505 (6)CP1.5号機用に一個要るじゃないか!

と思って居た所だったので、タイミング的に

これを逃すと、自分の分が手に入らないので

これは自分用に確保して置く事にします。

申し訳ないのですが、次回の機会にでも…。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2022年05月03日

大阪北部、京都南部地震3

昨夜の地震は少し揺れが長かったなぁ…。
この所京都南部、大阪北部とほぼ同じ付近が震源で
震源の深さも10キロと毎回同じ地震が起きており
発生する周期も短くなり震度も大きくなって来ている。
今朝店に来てみると、まぁ細かい物が倒れていたり
落ちたりしている程度だった。
平成7年に発生した阪神淡路大震災の前にも確か
川西か何処かで群発地震が発生していたと言う記憶がある。
また内陸には大きな活断層も点在している事から
その内大きなのが来るのか、何かの全長なのか…?
地震対策、発生時のシミュレーションも嫁としているが
嫁は、レオとちゃPだけ抱えて自分だけ逃げるから
大丈夫らしし、買った車が避難場所になると言う…
俺わい!


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

壊れていたキックギアーの中古良品が入荷して来たので

ダックスST70キックギアー入荷 (1)今日はエンジン組み立ての強制労働。

昨日はサボりやがった自由人君ですが

今日はちゃんと出勤して来ました。

このキックギアーも廃盤だったけど

ダックスST70キックギアー入荷 (2)某Yオクに出品されていて良かったわ。

キックシャフトも加工されていたのですが

これはまだ純正新品部品が出るので

シャフトは新品に交換します。

ダックスST70キックギアー入荷 (3)何でキックシャフトが加工されているのかは

今のところ不明ですが、後で何かが

分かるのかも知れませんが、取り合えず

こう言う物は正規の状態では無いので

ダックスST70キックギアー入荷 (4)正規の状態に戻して組み立てます。

ひょっとすると社外のキックアームが

取り付けられているので加工されているのかも

知れませんが、大手メーカーがそんなパーツを

ダックスST70エンジン組み立て (1)出すはずが無いと思って居ます。

これでエンジン組み立て作業に取り掛かれます。

まだ発注漏れ部品が幾つかあったのですが

モンゴリ師匠の自由人君がストックを

ダックスST70エンジン組み立て (2)幾つか持っているので、その辺は大丈夫。

チェックを済ませた臓物をクランクケースに

ポイポイと放り込んで、サクサクっと

組み込んでカバーをします。

ダックスST70エンジン組み立て (3)これでL側は完成です。

そもそも使われている部品がどんな部品を

使っているのかが分からないので

怪しい所は全部交換して組み付けます。

ダックスST70エンジン組み立て (4)R側もサクサクっと仕上げます。

オイルクーラーは取付いていたのですが

オイルポンプはノーマル、純正だった。

中途半端な仕上げ方だし、取付いている部品が

ダックスST70エンジン組み立て (5)ちょっと古いので、オイルクーラーの

取り出し口も変更しないといけないし

そもそも変な物が付いていたので

余り効果は無かったと思うよ…。

ダックスST70エンジン組み立て (6)クラッチを分解して新品に交換して

エンジンに組み付け、これでクランクケースの

組み立ては完了となりました。

これで後はカバーを取り付けるだけです。


京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換

何度か作業予約を頂いていたのですが

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (1)中々ご来店のタイミングが合わず

やっと本日16時にご来店となった

京都GTH号CB400Fのオイル交換と

CP製機械曲げサイレンサーをミディアムから

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (2)スパイラルサイレンサーに交換する作業です。

まずはオイルを抜く所から開始!

おっと!レデューサー装着車だったw

オイルを抜く間にCP製機械曲げマフラーの

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (3)サイレンサーをミディアムから

スパイラルサイレンサーに交換するのですが

カーボンなどを除去しないと入らないので

マフラー内の掃除をしてしまいます。

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (4)以前ミディアムに交換する時に

マフラーの中は磨いてあるので

ウエスでカーボンだけ掃除しました。

これでスパイラルサイレンサーを挿入!

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (5)やはり綺麗に掃除をするとサイレンサーも

素直にスッと入ってくれますが

ステー部分にある歪の所だけは

プラハンで上手に入り口を合わせて入れます。

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (6)サイレンサーキャップが入り口に入れば

後は普通に入るので、ボルト穴を合わせ

締め付ければ、スパイラルサイレンサーに

交換が完了となります。

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (7)今回はオイルフィルターも交換です。

ドライブチェーンも伸び切っているので

次回はドライブチェーンを交換するのと

足回りも強化しないとリアサスが軟らかく

京都GTH号CB400Fオイル交換とスパイラルサイレンサー交換 (8)コーナーでギャップを踏んでしまったらしく

CP機械曲げマフラーが…ガッツリと路面に…。

と言う事で、リアサスも交換する事になりました。

多分納期はかなり掛かると思います。

ドライブチェーンは何時でも交換出来ると思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | カスタム

2022年05月02日

半年ぶりの孫との再会3

昨日は臨時休業を頂き、孫との再会!
半年ぶりで嫁の事はあんまり覚えて無かったけど
僕の事は金の車椅子のイメージが強かったのか
直ぐに「ジイジ!」と思い出してくれたw
孫と楽しい半日を過ごしましたが
悪さばかりして走り回る孫を
ずっと追い掛けるので、もう嫁はヘトヘトw
流石に僕も疲れ果てました…w
確か30年前にも同じような経験をした記憶が
鮮明に蘇って来るので、息子に「お前もこんなんやってんで」と
入園して2週間が経過する幼稚園では既に
先生が一人、常に付きっ切りな状態も30年前と同じw
流石我が血を受け継ぐ孫だと思った。


22/04/30のご来店

30日土曜日の夕方に、バタバタっとご来店の方が来られ

220430のご来店神戸ジャイアン号CB400 (1)その中で、何年かぶりにやっと

神戸のジャイアンが、フルレストアした

CB400に乗ってご来店頂きました。

レアなパーツ盛り沢山のジャイアン号。

220430のご来店神戸ジャイアン号CB400 (2)ヨシムラ規制前初期手曲げマフラー

初期セブンスターキャストなどが

取付いていると言うお宝車両。

フレームはそれに反して398cc最後期になります。

CP製機械曲げマフラーや64Φスパイラルサイレンサーも

ご購入頂いており、今後も色々と仕様変更されると思います。

所で、マフラーの材料も年内また上がるだろうと言われており

そうなると、もうこれ以上の値上げも如何な物かと思う所もあり

機械曲げマフラー製作も値上げしてまで販売は如何な物かと思っております。

フッ素ゴム、樹脂関係は入手が困難になっているとも聞いてます。

全てが僕が思う様な、売れる金額では無くなってしまうと

物を作る事が辛くなってきますね…。


舐めたポスティングチラシ

今朝出勤してポストをチェックすると、何かが入っていたので

舐めたポスティングチラシ取り出してみてみると…思わず

「舐めやがって」と呟いてしまったw

何処のポストにこんなの入れてるや?

と思いましたが、ポスティングする方は

そんな事は何も考えていないんだろうなぁと思った。

「え?こんなのも買い取ってくれるの⁇」ってコピーと画像を見ると

物の価値を知らない人を騙す様で悪意を感じるし、ムカつくよねw


京都Y様ダックスST70レストア&カスタム

エンジン部品にダメージがある事が分かり

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (1)エンジンの組み立ては部品入荷待ちとなり

今日はフレーム組み立て作業を開始。

フレームも本来あるはずの部品が無かったり

ボルトはホームセンターボルトだったり…

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (2)塗装をしてから気が付いたのですが

フレームのブレーキストッパー部分が

変形していた…これは上手に修正します。

色々と部品の発注漏れもあったりで

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (3)取り合えず今日はここまでしか出来なかった。

エンジン組み立ても出来ないし

フレームも仕上げられないしGW中だし…

GW明けに部品を再メッキに

京都Y様ダックスST70フレーム組み立て (4)出さないといけない部品も出て来た…。

簡単に思って居たダックスですが

これまた手間が掛かるねぇ。

部品一つでもしっかりと手を入れて

妥協せずキッチリと仕上げて行きます。


ヨシムラピストンキット廃盤

既にご存じの方も居るとは思いますが

ヨシムラ54 (1)ヨシムラ54.5Φピストンキットが

廃盤となって居り、ピストンリングも

同じく廃盤となっています。

CPの部品箱を探してみた所

ヨシムラ54 (2)新品のピストンリングが一台分出てきました。

でも残念な事に、ピストンの在庫は

見つからないので在庫は無いと思います。

GW明けに補修用のピストンリングが

まだあるか、そして見つかるかを調べてみる事にします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) レストア | 部品

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241