2022年12月02日

にわかW杯サッカーファン3

今朝は朝4時起きなので激しく寝不足です。
理由は当然ですが、スペインVS日本のW杯LIVE観戦。
前半戦開始後直ぐに、ゴールを決められてしまったので
もうダメなんだろうなぁと思いつつ、うとうとしながら見ていて
半分夢の中では、競技場に居る夢を見てましたw
で、後半戦が始まりこれもまた直ぐに日本が同点ゴールを決め
続いて直ぐに逆転すると言う!凄い!
でも残り時間があり過ぎるので、そこからはハラハラしながら見て
後半戦が45分を過ぎ、アディショナルタイムが7分になり
その7分は今までの45分より長く感じ、この前から痛みがある
胸の痛みが増す位、力が入った7分でした。
そこからはもう完全に目が覚めてしまったので
今日はかなり眠いと言う事で、胸の痛みはまた別の話なんですけどねw
それと凄い生命力を持った蝿との格闘もここ数日間あって
その事はまた後日。


寝屋川K様CB400F部品交換オイル漏れチェック

昨日お預かりした寝屋川K様CB400Fですが

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (1)以前ご来店頂いた時のご相談で

部品交換のご依頼を頂いていおり

その部品は既に入荷しているので

まずはその部品を交換して仕舞います。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (2)シートは貼り換えられているので

純正表皮パターンのシートに交換するついでに

不在だったエアークリーナーボックスの蓋も

取り付けて仕舞う事にします。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (3)蓋の取付はサクッと出来るのですが

気になったのはこのバッテリー端子。

+−の方向は合ってますが、そもそも

バッテリーの配置が逆になっているので

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (4)端子がフレーム側にある事が気になります。

まぁバッテリーサイズは同じでも

L,Rが逆な物を取り付けてあるのでこうなります。

気になると言うのは振動などで端子がフレームに

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (5)接触しないかと言う所が気になる点です。

で、シートの交換も完了しました。

やっぱり純正表皮パターンが良く似合いますね。

次にリアブレーキペダルを交換します。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (6)酷く曲がって居た物ですが、ある程度オーナーが

修正をしたのですが、元からかなり上に

上がっていたので、中々元の位置まで戻す事は

かなり至難の業だと思う事から

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (7)新品のリプロ品ですが、交換する事にします。

ここもCB400Fourあるあるの所ですね。

ブレーキピポットシャフトが面より凹んでます。

これはブレーキリターンスプリングがシャフトと

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (8)フレームの間に噛み込んでいるのでこうなります。

またピポットシャフトの動きが悪かったので

洗浄して見ると錆汁が…ある程度洗浄して給油し

ピポットシャフトの動きを良くしました。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (9)ブレーキスイッチのリターンスプリングが

加工されており、少し短いのでスプリングも

交換した方が良いかなぁと思いながら

取り合えずスイッチを調整したのですが

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (10)スイッチ側も錆びて動きが悪いので給油し

動きを良くしてから調整したのですが

やはりリターンスプリングが短く

加工されている事や、動きが悪いなどで

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (12)ブレーキランプが点灯しっぱなしになるので

仕方なく諦めて、ブレーキスイッチと

リターンスプリングを新品に交換して調整。

これでリアブレーキの動きも、ブレーキスイッチも

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (13)当然ですが動作は良くなったので

取り合えず当初予定していた部品交換は完了。

追加の部品は入荷待ちになります。

で、忘れる前にやって置かないといけない事があり

寝屋川K様CB400Fタンクガスケット手直し221202 (1)どうやらタンクキャップガスケットが

裏表逆に取り付けられているようなので

取り合えず取り外して確認をする事にします。

手っ取り早い確認方法は中身を取り外す事。

寝屋川K様CB400Fタンクガスケット手直し221202 (2)タンクを養生して中身を取り出し

ガスケットを見て見ると、やはり裏表が逆。

本来タンク側がゴムの厚い方になるので

逆の場合は密閉性が少なくなって仕舞います。

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (1)タンクキャップの手直しをサクサクっと終えて

次にフレームについているステアリングロックの

キーが無いので、ハンドルロックが出来ない。

これでよく国内新規車検が通った物だと思った。

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (2)でもどうやら車検はU字ロックでも良いらしいよw

で、キーが-無いので新品に交換して仕舞う事に。

まずはシリンダーの抜け止めピンを取り外します。

で、ここからが問題で、本当ならキーが無いと

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (3)シリンダーが抜け居ない構造になっているので

以前にシリンダー交換の時にもやった

ピッキングでシリンダーを回てし抜くのですが

これがまた全然シリンダーが動かなくて

寝屋川K様CB400Fステアリングロックキーピッキング (4)かなり時間が掛かってシリンダーを抜いたのですが

抜いてから分かったのですが、ここも錆が酷く

これじゃぁキーシリンダーも動かないはず…

もっと早く気が付けば苦労しなくても良かった…。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (14)これで後は部品が入荷して来るのを待つだけです。

次はこの変色したワイヤーハーネスバンド

ここまで汚れていると、これはこれである意味

貴重なオリジナルの当時物パーツが付いていた

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (15)と言う事になると思うのですが、オーナーから

新品に交換して欲しいとのご要望があり

僕個人的には、良い味があって交換しなくてもと

思うのは、もう変態的なマニア感が出てますw

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (16)次にACGカバーやシフトチェンジアーム付近からの

オイル滲みがあるので、カバー類を取り外し

オイル漏れ箇所の特定と交換出来るヵ所なのか

それとも残念な場所からなのかを特定します。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (17)で、スプロケカバーを外すのですが

他にも問題があって、インジケーターの

オイルランプが時折点灯しないと言う問題で

プレッシャースイッチが原因なのかも調査。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (18)現状で、イグニッションキーをONにすると

オイルランプは点灯しなかったので

一応オイルプレッシャースイッチを注文して

念の為、他に原因が無いかをチェックします。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (19)テスターでプレッシャースイッチの導通を

チェックしましたが、スイッチ自体に

問題は無い様なので、サブハーネスが

かなり硬化しており、ハーネスクランプも

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (20)何か強引な曲げ方をされているので

サブハーネスを触ってチェックして見ると

インジケーターのオイルランプが点灯するので

硬化したサブハーネスの断線が原因だと判明。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (21)と言う事で、サブハーネスを交換するに当たり

セルモーターを取り外すのですが

セルモーター周辺が嫌にオイリーなので

これはOリングがダメなんだろうなぁと思いつつ

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (22)セルモーターを取り外してみると

やはり〇部分にはオイル漏れの痕跡があり

セルモーターのOリングが硬化して潰れていた。

まぁよくあるパターンで、ついでのついでに

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (23)不具合が見つかるパターンですね。

オイリーな部分は洗浄をしてしまいます。

ACGハーネスにもオイルが伝っているので

オイル漏れの原因はここなのかも知れません。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (24)オイルを洗浄し、プレッシャースイッチの

サブハーネスを交換してインジケーターの

オイルランプの点灯をチェックして

問題が無いので、ハーネスクランプで挟み込み

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (25)硬化しているセルモーターのOリングを取り外し

Oリングを新品に交換して、セル本体も洗浄。

エンジン側のオイリーな部分も全て

洗浄をして仕舞、セルモーターを取り付けます。

寝屋川K様CB400F部品交換221202 (26)で、これが洗浄後のクランクケース側です。

オイル混じりのホコリを洗い流したので

パーツクリーナーを結構使いました…。

でもまだここだけがオイル漏れの原因なのかは

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (1)まだハッキリと分からないので

スプロケットを取り外し、ミッション部の

オイルシールなどをチェックします。

カウンターシャフトのオイルシールには

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (2)スプロケット取り付けボルトの寸法が

長い物を使われたのでしょう…ダメージが…。

ここも汚れを一旦綺麗に洗い流して仕舞ます。

まだ汚れとしては幾分かは綺麗な方ですが…

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (3)油分と汚れを全て洗い流し現像液を掛けて

乾燥させながら、オイル滲みが無いかを

チェックし、次にエンジンを始動させ

エンジンを温めて行き油圧を掛けて行きます。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (4)で、その結果は!何とまぁオイル漏れは

今の所無し!と言う診断になりました。

これはある意味奇跡ですが、この先も

漏れないと言う確証はありません。

寝屋川K様CB400Fオイル漏れ箇所チェック221202 (5)ACGカバー側も取り外し、同じく現像液を掛け

乾燥をさせてオイル漏れをチェック!

流石にオイルパスプラグからのオイル漏れ位は

あるだろうと思っていましたが、これもまた

今の所オイル滲みも無いので、オイル漏れの原因は

セルモーターのOリング硬化による物だけと言う事になりました。

エンジン自体は特に気になる異音も無いと思いますが

まぁ相応にはプライマリーチェーンの音がしたりはしていますが

それ以外に気になる所も少ないので、暫くはこのままでも良いと思います。


peke_cb400f at 17:00│Comments(2) 部品 | メンテナンス

この記事へのコメント

1. Posted by シーシー   2022年12月02日 22:54
Dear
Cpオーナー坂本様‥ 昨日、またまた本日も更なるご足労おかけいたしまして💦💦
すいません&ありがとうございます。
U山様のご友人のT氏からのご紹介いただき
CP様に出逢えてました事、また帰国子女、蒼い彗星
(鈍碧(笑))に出逢えた事に感謝致します。
2. Posted by PeKe   2022年12月03日 09:11
>>1

> Dear
> Cpオーナー坂本様‥ 昨日、またまた本日も更なるご足労おかけいたしまして💦💦
> すいません&ありがとうございます。
> U山様のご友人のT氏からのご紹介いただき
> CP様に出逢えてました事、また帰国子女、蒼い彗星
> (鈍碧(笑))に出逢えた事に感謝致します。

シーシー様

どの車両も最初は殆ど同じ様な状態な事が殆どで
オーナーが時間と愛情を掛けてやれば
ちゃんと答えてくれると思ってます。
何とか入院までには、納車出来る様に努力いたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241