2022年12月01日

CB350Four用ピストンリングについて

CB350Fourのピストンリングなどについて
年に一度程度の問い合わせがある程度なので
そんなに深くも考えてはいなかったのですが
一昨日メーカー側に他車種流用品でCB350Four用
ピストンリングがあるのかを調べて貰ったのですが
残念な事に奥行きが0.2舒磴い箸、幅が薄いとかと言う
ピストンリングしか無い事が分かりました。
そこで、新たにCB350Four用ピストンリング製作について
メーカー側とお話をした所、既存の物が無い事から
新たに図面からの製作となる事や、型を作らないといけない事
他に、メーカーとしての考え方が一度に1,000個製作で終わりでは無く
継続して、年間300個製作の方がメリットがあると言われました。
そこで、市場調査の為、仲間内のショップにCB350Fourの需要について
リサーチを行った所、現状としてはやはりCP同様に問い合わせが
年に一度程ある程度である事や、その周辺のアフターパーツの動きも無い事。
また、ピストンリングだけでは無く、どうせピストンリングを作るなら
ピストン毎製作して欲しいと言うお声も頂きました。
その場合の折衷案として、新たにCB350Four用ピストンリングを
図面から作るのではなく、既存の47Φのピストンリングを使い
CB350Four用ピストンを作った方がコスト的には抑えられるのでは?
と言う所で、メーカー側との話は一旦棚上げとなりました。
正直な所、CB350Four用ピストンを作る場合、その金型代と
製作ロット数が恐らく最低でも600個、STD〜0.25ピッチのOSで
1.5OSまでの総数になると思います。
600個のピストンを製作した場合、CB350Fが150台分の数量になり
それが果たして何年で消化出来るのかが問題になります。
また現在の物価高騰、材料費などから考えると単価的にも
かなりな価格になる事は間違いないと思います。
元々CB350Fourは1972年から1974年の2年間しか製造されておらず
月産予定生産台数8,000台(輸出車両含む)の製造であり
国内での人気は低かったと言われており、それでも国内向けに
生産販売されたCB350Fourは7万台程度製造されたそうで
後継機種になり74年12月から販売が開始された
CB400Fourの月産製造予定台数が6,000台で
その内国内408ccは2,200台ちょっと、398ccF1が1,000台ちょっと
同じく398ccでF2が5,500程度なので、その台数と比較すれば
CB350Fourの国内販売台数は2年間で7万台と多い事が意外です。
逆車の帰国子女も増えているので、総生産台数が19万台になるのですが
それ程多くCB350Fourを見る事は少ないと思うのですが…
CB350Fourオーナーがどれだけいるのかによって
この先ピストン製造も考えるべきなのでしょうか…。


CP1.5号機ヨシムラミクニTMR MJN リセッティング

先日の早朝予告拉致ツーリングの際に高速道路に乗り

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (1)高速走行テストも出来たのですが

ハイカムがCP1号機と違いst1と言う事で

上の伸びが無く、回転数や、パワーバンドが

思っていた程では無かった事もあり

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (2)昨日の定休日、病院が終わってから

CP1.5号機のキャブレターをリセッティング。

今回は横着をせず、ちゃんと取り外してから

PJを交換する事にしましたw

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (3)前回はPJを出荷時の#20から#17.5に下げて

プラグの焼け色を確認したのですが

まだ若干スローが濃い感じなので、今回PJを

#17.5から#15へ更に薄くする事にしました。

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (4)また上の伸びが低いので、MJNニードルの

クリップ位置を一番上から一段下げてみる事にし

ハイカムがst1なので、パワーバンドが低いのか

それとも燃料が薄いのかを見極める為に

CP1,5 号機ヨシムラミクニTMR MJNリセッティング (5)クリップ位置を一段下げてみる事にしました。

プラグの焼け色からも、上は薄いのだろうとは

思うのですが、ノッキングを起こす程薄くは無く

この時期の外気温なら、ワインディングであれば

丁度良い感じのパワーだとは思うのですが

もう少しこのTMR MJNと言う物を突き詰めて見たいと思います。


京都O様CB400国内398ccF2キャブレター仕上げ

予定していた作業量がドンドン膨れ上がるので

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (1)一昨日オーナーと相談した所、当初予定していた

キャブレターを一旦仕上げて仕舞い

他の部分は次回に持ち越す事になりました。

と言う事で、キャブレターを取り付ける準備に

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (2)取り掛かる作業を優先に進めます。

吸気系のゴム類はかなり硬化しており

取り付けには苦労しましたが

何とか無事にキャブレターの取付が完了。

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (3)キャブにガソリンを流し込んで

オーバーフローが無い事を確認し

同調調整の準備が整いました。

後はサクサクっと同調調整を行うのですが

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (4)これがまた手古摺るキャブだったので

同調は合っても、バキューム圧が低く

中々バランスが合わないので

同調調整をするのに結構苦労しました。

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (5)中々合わずエンジンはオーバーヒート気味で

休憩をしてエンジンを冷やしながら調整して

何とか納得出来るバキューム圧で同調調整が

出来たので、取り合えず一安心です。

京都O様CB400キャブレター取り付け同調調整 (6)一旦エンジンを冷やし、時間を開けてから

エンジンを始動させ、始動性などをチェックし

試運転をして最終チェック!

ご来店頂いた時と比べるとそりゃぁもう

エンジン音も違うし、吹け上りも違うので

これでオーナーも納得して頂けると思います。


本日のご来店

先日車両購入後直ぐにご来店頂き、色々とご相談を頂いた

本日のご来店寝屋川K様CB400F221201 (1)寝屋川K様の車両が入庫して来ました。

ボストンからの帰国子女で、恐らくメーターは

実走行の55,000キロと思われる車両。

腰上O/H済みとの事ですが、流石に腰下は

本日のご来店寝屋川K様CB400F221201 (2)お疲れの様で、購入後暫く乗ってみた所

やはり腰下からオイルが漏れ出して来ており

他にもハンドルスイッチの接触不良などの

ネガティブな部分がチョコチョコと発生し

その辺りも含めて修正をする事になりました。

何とか入院までに仕上げたいと思います。


peke_cb400f at 17:00│Comments(3) キャブレター | 修理

この記事へのコメント

1. Posted by シー   2022年12月01日 21:00
本日お伺い致しました寝屋川のkです💦
今朝も早々からご対応いただきまして
本当にありがとうございました。
「餅は餅や」‥いやいや「愛してやまないフォーワン
はフォーワン屋、様に」♪
(フォーワン=fourの昔ながらの関西風呼び名)

ご多忙、この年末にすいません💦💦
お後はパラノイアのオーナーS様にお任せ致します。 
煮るなど焼くなと、廃車するなと(笑)
よろしくお願い致します。
2. Posted by PeKe   2022年12月02日 09:15
>>1

> 本日お伺い致しました寝屋川のkです💦
> 今朝も早々からご対応いただきまして
> 本当にありがとうございました。
> 「餅は餅や」‥いやいや「愛してやまないフォーワン
> はフォーワン屋、様に」♪
> (フォーワン=fourの昔ながらの関西風呼び名)
>
> ご多忙、この年末にすいません💦💦
> お後はパラノイアのオーナーS様にお任せ致します。 
> 煮るなど焼くなと、廃車するなと(笑)
> よろしくお願い致します。


シー様

カスタムパラノイア坂本です。
昨日は寒い中早朝からのご来店ありがとう御座いました。
しっかり楽しく、長く付き合って行けるフォアに仕上げます。
楽しく乗ってなんぼ、乗る事が最大のメンテナンスなので
しっかりと楽しめるバイクに仕上げますので
暫くお待ち下さい。
3. Posted by ゆうじ   2022年12月03日 09:10
5 こんにちはお世話になっております。ピストンリングの記事読ませていただきました。とても参考になります。ありがとうございます。考えてみれば周りでも350fourは私だけです。気長に探してみることにします。パラノイア製機械曲げ装着のヨンフォアもありますので^_^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241