2022年11月19日

突撃!隣のバイク屋さん⁉3

昨日作業の合間に毎度FBに送られてくる
ロマンス詐欺を相手してみたw (1)ロマンス詐欺野郎の相手をしながら
仕事をしてましたw
メッセージで何度かやり取りをしていると
お決まりのLine認証をしろと何時も通り
言って来るので、友達になってやるから
写真を送れと言ってやったら
ロマンス詐欺を相手してみたw (2)それから連絡が来なくなったw
写真を送って来たら、友達になってやったのにw
で、今朝もしつこく友達申請しろと言うので
いい加減面倒になって来たなぁと思いながら
適当に返事をしたら、どうやら相手は
引っ掛からないと思ったのか
メッセンジャーから削除されたw
何だか嫌われた様な気持ちになったけど
結構おもろかったし、二日に渡って良い時間潰しにはなったな。


新型フル強化オイルポンプ中古分解掃除

強化オイルポンプを新型から「極み」にバージョンアップしたので

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (1)その下取りで入荷して来た33%増量の

CP製新型強化オイルポンプの分解掃除。

走行距離は約700キロ程度になってます。

強化オイルポンプ「極み」用加工ベースも

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (2)何とかギリギリですが今の所確保出来てますが

今の所残り10個程度しか加工ベースが

確保出来ておらず、何時かは作れなくなると思う。

まぁ正直このオイルポンプも再加工して

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (3)「極み」に作り変えたい位ですが…

これはこれで必要とされる方がいるので

例え700キロ程しか走行していなくとも

分解掃除をしてチェックをしてから出します。

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (4)まぁミッション用強化オイルポンプの

取り付けボルトが締まって居なかったので

このまま何もせずに出していたら

オイル漏れを起こしていた事でしょう。

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (5)Oリングはまだ全て生きてましたが

全て新品に交換して組み立てました。

単純に分解掃除とOリング交換ですが

一度使用されているので、中の状態を

下取り新型フル強化オイルポンプ33%増量221119 (6)確認する必要もありますからね。

これで実走700キロのCP製強化オイルポンプと

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプの

組み合わせ、フル強化オイルポンプの

分解掃除、部品交換が完了しました。


高槻O様CB400エンジンフルO/H測定

暫く放置気味になっていた、高槻O様CB400のエンジンですが

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (1)やっと作業を進められる環境になったので

諸々の測定をして見積もりを出さないと

先へは進めないので、まずはシリンダーを

綺麗に処理をして諸々の測定を実施します。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (2)で、正確に測定をする為や、オイル漏れで焼けた

シリンダーをブラストで綺麗に仕上げました。

これで歪測定とシリンダー内径ボアの測定と

ピストンを測定し、総合的に判断をします。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (3)まずはシリンダー歪測定を実施。

ここが歪んでいると、オイル漏れや

圧縮圧力の吹き抜け原因になります。

結果は残念ながら規定値3/100を遥かに

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (4)超えているので平面研磨となって仕舞いました。

次にシリンダーボア内径を測定します。

基準値は51Φを基準にしてボア径を測定。

どのシリンダーも測定結果は大体平均しているので

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (5)このシリンダーボア内径も平均で51.05Φで

使用限界が51.1Φなので、微妙な数値です。

後はピストン側の摩耗次第によって

CP製398cc専用0.25OSにするかと言う所。

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダー測定 (6)で、ピストンスカート部の外径を測定した所

全てのピストンが基準値で、摩耗が無い状態!

これは測り間違いかと思う位摩耗していないので

何度も測定をしましたが、ピストンは健常なので

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (1)ピストンはOSなどには交換せず

ピストンリングのみの交換で行けそう。

次にシリンダーヘッドの測定に取り掛かります。

ヘッドの部品を取り外してブラストで仕上げ

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (2)当然ですがバルブガイドのOリングも交換。

と言う事でサクサクっと部品を

取り外して行くのですが、EXスタッドが

4本は抜けたのですが、4本が固くてヤバい!

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (3)スタッドの入れ方も間違っているので

一度交換はされて居るのですが

スレッドコンパウンドは塗られて居ないのか

何とか全部取れたのですが、一部のボルトは

高槻O様CB400エンジンフルOHシリンダーヘッド分解測定 (4)カジッており、ねじ山にダメージが…。

何とか折れずにEXスタッドボルトの除去が完了。

バルブを取り外し、バルブガイドには

ガタ付きも無く、このまま使えそうですが

バルブガイドOリングを交換する時に

リーマーを通すので、その時に判断をします。

でまずは分解したシリンダーヘッドをブラストで仕上げて仕舞う様にと

段取りをしていたら…原付に乗った女性が店にカチコんで来た…


ビーノに乗った女性CPにカチコミ入庫…

シリンダーヘッドのブラスト準備が出来たので

取り合えず先に昼食を済ませてから作業に取り掛かろうと思い

ビーノCPへカチコミ入庫… (1)食事をしていると外からザザー!

ガチャガチャ!ブイーン‼‼と

激しい音が鳴るので、あぁ事故だなぁと思って

覗いて見ると原付に乗った女性の方がご来店…

「いらっしゃいませ…」一体どういう事?外の黒い車とぶつかった?

ビーノCPへカチコミ入庫… (2)何でも車道と歩道の縁石にハンドルを取られ

パニくって仕舞い、ブレーキとアクセルを間違い

店に突っ込んできたとの事だった…

まぁ幸いな事に、今日に限ってフォアは

ビーノCPへカチコミ入庫… (3)外に出しておらず、表のガラス戸も解放しており

被害はシャッターの中柱が曲がっただけだった。

取り合えず女性を救護し、怪我の具合を確認。

幸いな事に女性の怪我も擦り傷程度だった…。

ビーノCPへカチコミ入庫… (4)取り合えず保険屋さんへ連絡をして貰ったけど

残念な事に女性が入って居る保険は

普通の傷害保険で事故などでは全然使い物に

ならない保険だったので、可哀そうに

自腹での修理になる事になった…

その対応をしていたら、結構時間も経ったので

今日の作業はここまでで終了となったと言う訳です。

まぁ使えない保険だったのは残念ですが、まずフォアが無事で

店のガラス戸も割れる事も無かった事で女性の怪我も少なかったのは良かった。

これで保険が使えるんだったら、ガッツリと虐めてやったのに!w


CP1.5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案

カチコミ入庫の件も片付き、思ったのは先日の拉致ツーリングの際

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (1)ゲテモノ1号機も面白いけど、仮性包茎型

正統派のCB400Fourも面白いと思う様になり

CP1号機と1.5号機を乗り分けて行く上で

シフトチェンジが正シフトと逆シフトの違いがあり

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (2)走行シーンによって乗り換える度に

シフトチェンジが正か、逆かで間違えそうなので

CP1.5号機側を逆シフトに変更する事にしました。

純正のチェンジアームでの逆シフト化は

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (3)タイロッドの長さなどの関係から取り付けが

ちょっと厳しくて、アゲイン製ショートタイプの

チェンジアームに交換する事にしました。

本当はCP1号機で使っている他車種流用の

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (4)ショートタイプに変更するつもりだったのですが

旧CP1号レーサーに取り付けた事を思い出し

在庫している物が無かったので、某Yオクで

欲しい物があったので購入し、届くまでの間

CP1,5号機逆シフト化とオートシフター取り付け案 (5)タイロッドの長さやアームの角度的には

ちょっと無理があるのですが、CP1.5号機の

逆シフト化が出来たので、購入した部品が届けば

このCP1号機の様な感じで、オートシフターも

取り付けようかと考えている所です。

CP1号機はご存じの通りRSCのフルクロスミッションを入れてあるので

一見、正シフトの様に見えるのですが、これで逆シフトになってます。

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (1)次にヨシムラミクニTMR MJNのスローが濃く

PJを何種類か注文した物が入荷して来たので

早速交換をしてセッティングをする事にします。

TMR MJNのPJは資料ではどのタイプも同じ

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (2)#20が付いているとの事なので、取り合えず

その下のPJを3種類購入してみました。

CP14号機もかなり濃いので、CP1.5号機で

セッティングを出してからCP14号機も

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (3)PJを交換する事にしますし、親方1号機も

セッティングに悩んで居られるので

色々なデーターが取れると思います。

で、やぱり作業は横着をせずに

CP1,5号機ヨシムラミクニTMR MJNスローセッティングPJ交換 (4)ちゃんとキャブを外し作業をした方が良いです。

アイドリングもかなり良くなった様な感じで

アイドルスクリューを数回戻さないと

アイドリングが1,500rpm以上に上がってました。

これで暫く様子を見る事にします。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) エンジン | キャブレター

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241