2022年09月29日

指定難病OPLL年末手術予定4

一昨日関西医大整形外科へ行き主治医の診察を受け
指定難病OPLL(後縦靭帯骨化症)の手術をする意思を告げ
今年の年末に向け、息子が勤務する病院で
手術する方向で調整する事になりました。
何事も無ければ入院期間は10日から2週間程になります。
コロナ禍と言う事もあり、面会が出来ないと言う事もあり
息子が勤務する病院で手術をするだけでも、息子に時間があれば
病棟に顔でも出してくれるだけでも心強いと思った次第です。
また息子が勤務する病院に居られる整形外科のDrも腕が良いとの事で
先日息子と話をし、息子曰く「全身麻痺のリスクを抱えて生きるより
手術をして全身麻痺のリスクを下げた方が良い」と言われ
今回手術をする決心が付いたと言う事になります。
手術は決して簡単な手術では無く、頸椎の骨を割り開き
骨化した靭帯が圧迫している中枢神経を開放すると言う手術で
頸椎の骨を割る時、神経に傷が入れば麻痺を起こす
可能性もあると言う事ですが、それは余程腕が悪いらしいw
来月もう一度息子と話をして、手術する方向で調整を進めます。


出張修理

CB400Fのリアホイールベアリングのガタ付きがあるとの事で

出張修理リアホイールベアリング交換 (1)先日、必要な工具を持って出張修理へ。

リテーナー側ベアリングは恐らく

50年近く一度も交換されて居ない物と思います。

ブレーキドラム側は交換が簡単なので

出張修理リアホイールベアリング交換 (2)どうやら交換されて居る様でした…。

古いベアリングを抜いて洗浄し

リテーナーのねじ山をタップで掃除をしました。

これで交換準備は整いました。

出張修理リアホイールベアリング交換 (3)で、こちらが取り外したベアリングになり

左側は交換歴があるベアリングで

右側は50年近く経過した物になります。

これだけグリスの色も違うので

出張修理リアホイールベアリング交換 (4)ベアリングがどういう状態だったかは

言わずとも分かると思います。

新品のベアリングとリテーナーセットを入れ

これで出張リアホイールベアリングの

交換作業は無事完了となりました。


枚方T様Z750RSキャブレターリビルド

ちょっと時間は掛かって仕舞いましたが

枚方T様Z750RSキャブレターリビルド完了 (1)キャブレターのリビルドが終わり

後は取り付けて同調調整をするだけとなり

恐らくこれでエンジンの調子は良くなるはず。

時間の関係で今回は取付までは出来ませんでしたが

枚方T様Z750RSキャブレターリビルド完了 (2)これがリビルドし終わったキャブになります。

チョークバルブリビルド、インナーパーツ交換

手間は掛かりましたが綺麗に仕上がりました。

キャブを取り付ける前に、エンジンオイルを

枚方T様Z750RSキャブレターリビルド完了 (3)抜こうとしたのですが、ドレンボルトが

過剰トルク過ぎて、全然緩まずボルトの頭を

舐めそうなので、マフラーを外して

作業をする事にしました。

ブレーキフルードは完全に腐っており、ドロドロだったし…

長期不動車なので、色々な所が大変な事になっています。


マスタングエアコン修理完了

中華製の2万円もしない、ド安いコンプレッサーが不具合原因だった

マスタングエアコン修理完了 (1)エアコンのガス漏れが原因だったと言う罠。

取り外した中華製コンプレッサーの

至る所からガスが漏れていたらしい…。

今回はヤナセからコンプレッサーを取り寄せて

マスタングエアコン修理完了 (2)取り付けたので、もうこんな問題はないはず。

これが取り外したクソ中華製コンプレッサー!

安かろう悪かろうのお手本になります。

通常、純正品などであればリビルド品になり

世の中に出回る事もあるのですが

この中華製だけはゴミにしかなりません…。


CP1.5号機トランポ用フック取り付け

イベントデモ車両扱いのCP1.5号機なので

CP1,5号機フロントフック取り付け (1)トランポに積載し搬送する事が多くなると思い

フロント側にトランポ用フックを取り付けます。

取り付ける場所はステムのフォーククランプ部。

ここにはフロントエンブレムが取り付くので

CP1,5号機フロントフック取り付け (2)後で分かりますが、目立たない様になります。

勿論ボルトも短くなるので、数ミリ長い

純正ボルトに交換して取り付けをします。

これがその部品一式になります。

CP1,5号機フロントフック取り付け (3)これを取り付けると、こんな感じ。

エンブレムを外した状態、これでトランポする時

楽に車に固定が出来る様になります。

ここにフロントエンブレムを取り付けると

CP1,5号機フロントフック取り付け (4)フックが隠れて見えないので

全く違和感がありません。

海外の製品になりますが、ステンレス製で

錆る事も無く、今まで何度も使ってますが

何もトラブル無く使っている物になり、積載固定もかなり楽になります。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) 修理 | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241