2022年09月23日

臨時休業のお知らせ2

【臨時休業のお知らせ】
明日9月24日(土曜日)と明後日9月25日(日曜日)は
私用の為臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


CP1.5号機用不足部品入荷

来月のイベントに向けて、モンキーの整備やCP1.5号機の

モンキーZ50JBIGキャブ取り付け予定 (1)仕上げ作業を進めている所です。

モンキーはBIGキャブを入れようと思い

ハイスロ仕様に変更する予定で部品を選択中で

純正のエアークリーナーは外してあります。

モンキーZ50JBIGキャブ取り付け予定 (2)で、こちらは取り付け用のBIGキャブ。

ハイスロ仕様にしないといけないので

色々と部品を発注しないといけないのですが

今、モンゴリ師匠の自由人君が不自由なので

思う様に部品が発注出来ません…。

CP1.5号機の不足部品も本当なら今日入荷して来るはずなのに

全然入荷して来ないので、今日の作業予定が大きく狂ってしまった…。

他にも届くはず物のが全然届かないので

今日の配送は一体どうなっているのかと思って居たら

台風14号の影響で、センターがオーバーフローしているらしい。

それに今日は秋分の日だからなのか?

もう色んな部品が届かないので、今日はもう帰ろう…。


日本刀四振り目 宗近検証

本物の三条宗近は今から1000年程前平安時代のの刀工なので

日本刀四振り目銘宗近検証 (3)今回の刀は作られた年代が明らかに違う。

1500年頃、室町時代の伊賀国宗近とも違い

刀の茎の錆を見れば違うので、恐らく現代刀。

古刀は安土桃山時代1600年頃までの事を言い

日本刀四振り目銘宗近検証 (1)1600年以降、江戸時代の物は新刀と言う

1870年頃から明治9年廃刀令までは新々刀

明治9年以降からは現代刀と言う括りになり

古刀は大体刃先が鈍っているので切れないけど

日本刀四振り目銘宗近検証 (2)この刀はまだ刃が立っておりこんな感じで切れる。

波紋も綺麗なので大東亜戦争前後の作だろう。

戦時中に打たれた所謂軍刀の殆どは

機械で作られた量産品で、この様な波紋は無い。

この刀は地鉄の肌をちゃんと研がないと分かり難いのですが

柾目肌か綾杉肌の様に見えるので、この刀は是非研ぎたい!

これが日本帝国海軍だと錆防止の為、ステンレス製だったりする為

軍刀は美術的価値が無く、軍刀の登録も難しい。

佩用しているのも将校や上級士官、憲兵隊などの一部の軍人になり

ほぼ儀礼的な飾りの刀になるが、一部は民間から徴用された古刀もある。

この刀はちゃんと研いで試し切りしたい!w


peke_cb400f at 15:00│Comments(0) 部品 | 美術品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241