2022年09月15日

久々のバイク通勤3

心臓の痛みの件で、昨日は病院へ行って来ました。
痛みは暫くすれば良くなるだろうとの事で
それまでは余り過度な運動を控えて
ストレスを貯めない様な生活を送る様にとの事。
まぁ人間生きていると色々なストレスだらけなので
なるべくストレスを残さない様にしたいのにね。
まぁ色々な事を考えるとストレスしか無いんだけどねぇ…。
で、今日は少し体調が良かったので久しぶりにバイク通勤。
交差点手前の角を左へ曲がろうとしたら
対向車が大きく膨らんで右折して来たので
危うく踏みつぶされる所で、回避したけど
バイクのミラーが電信柱と接触した…。
対向車はそのまま走り去ったけど、何故大きく内側周りで
右折して来たのかと言うと、角に車が止まって居た為
その車を避けて走行して来たからだった。
よっぽどその止まっている車の運転手を
引きずり出してやろうかと思ったけど
もうしんどいのと、ぶつかる所を回避出来た事で
面倒臭いと思って、今回は勘弁してやった。
僕の場合下手な事故にでもなって、打ち所が悪いと
全身麻痺のリスクがあるから
こんな下らない事故に巻き込まれたくないなぁ…
生きてると、こう言う色々なストレスがあるよねぇ…。


フル強化オイルポンプ「極み」組み立て

現在の在庫数が残り僅かとなってしまっており

フル強化オイルポンプ「極み」組み立て220913 (1)在庫切れになれば次の入荷は

現在製作中物が仕上がるのが

約1か月後 となります。

ミッション用大流量オイルポンプの在庫は

フル強化オイルポンプ「極み」組み立て220913 (2)まだ余裕があるので当分は大丈夫です。

今回も「極み」にミッション用を組み付け依頼。

交換組み付け工賃はサービス、無料です。

組み付け方に少しコツがあるので

フル強化オイルポンプ「極み」組み立て220913 (3)「極み」と一緒にご購入頂いた方が

組み付け不良からのオイル漏れの心配をせず

何かと安心出来ると思います。

こんな感じでトロコイドローターを交換。

フル強化オイルポンプ「極み」組み立て220913 (4)ボルトを締め付ける順番もあり

均一に締め付けないと、ギアーの収まりが悪く

オイルポンプの動きに抵抗が出る事があります。

また組み付けオイルを入れた方が

トロコイドギアーの初期馴染みにも良いです。


CP1.5号機部品仮付け

部品管理の為、フレームに付属部品を取り付けて行きます。

CP1,5号機ヘッドライトシビエ取り付けまずはヘッドライトを取り付け。

ヘッドライトは隠し持っていた

シビエにLEDスフィアライトを入れて仮止め。

ETC配線も残っているので、仮止めですね。

CP1,5号機ステップ周り組み立て取り付け (1)次にステップ周りを組み立てて仕舞います。

左シフト側は純正のバックステップタイプを

リビルドした物を取り付けるのですが

右側は僕の足の都合で77'モデルのステップと

CP1,5号機ステップ周り組み立て取り付け (2)ブレーキを使う仕様にする事にします。

と言う事で左側純正ステップを仕上げました。

シフトペダルなどは純正良品再メッキになります。

黒物はリペイント、他は純正新品を使用。

CP1,5号機ステップ周り組み立て取り付け (3)エンジンロアボルトとステップを

仮に共締めをして部品を仮組しました。

これで最終的に部品の抜けが無い事を

確認して置けば、エンジンが仕上がれば

CP1,5号機ステップ周り組み立て取り付け (4)後は一々部品を探さなくても

サクサクっと組み立てが出来ると

言う事になるので、多少ですが手間が省けます。

右ブレーキ側は僕の足の都合で

CP1,5号機ステップ周り組み立て取り付け (5)77'モデルのステップとブレーキペダルを

使う為、左右でステップの位置が違います。

CB750Kシリーズみたいな感じですねw

77'モデルだとリアブレーキも使える様になります。

CP1,5号機エンジンハンガー取り付け (1)次にフロントエンジンハンガーですが

ステンレス製レーザーカットをして作った

エンジンハンガーを使う事にします。

その前にバフで仕上げてから取り付けます。

CP1,5号機エンジンハンガー取り付け (2)サクサクっとバフ仕上げが完了。

平らな製品なので、バフ仕上げは割と楽に

仕上げる事が出来ました。

最初は綺麗に鏡面で仕上げたのですが

CP1,5号機エンジンハンガー取り付け (3)パーツクリーナーとウエスで拭き上げたら

ちょっと曇ってしまった…まぁ良いかぁ…w

エンジンハンガーのボルトも純正新品の

ボルトを使って仮止めをして置きます。

CP1,5号機エンジンハンガー取り付け (4)リアアッパー側のエンジンハンガーは

純正をパウダーコートでリペイントした物を

エンジンマウントボルトで仮止めして

同じ様に取り付けました。

CP1,5号機エンジンハンガー取り付け (5)ボテゴケするので、やっぱり僕には

エンジンガードは必須になるので

イタリア、タロティのエンジンガードを

何時も通り取り付けました。

これでエンジンハンガーボルト類、ステップ類の下拵えが完了。

後はエンジン内燃機加工待ち、エンジン組み立て、キャブレター入荷待ち

リアフェンダー再メッキ仕上がり待ちとなりました。


peke_cb400f at 14:00│Comments(0) 部品 | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241