2022年08月05日

マスタングバッテーリー、エアコン復活3

バッテリー充電が終わり、今朝はマスタングで出勤。
雨で気温が低いせいもあるのか、エアコンは寒い位
良く効くので、今の所大丈夫かな?
来週はいよいよマスタングのマフラー交換!
激しく楽しみですが、音量が気になる所で
嫁に怒られるかも知れないなぁ…。


寝屋川M様CB400ハンドル交換

昨日雨の切れ目で濡れずにご来店され

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (1)無事に入庫となった寝屋川M様CB400。

作業はハンドル交換とメインハーネスの

ルートを正規のルートに引き直す事や

フロントブレーキマスターO/Hなど

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (2)その他ちょっとした作業のご依頼なのですが

今回も色々と罠が仕込まれており

電装系なので、手間しか掛からないと言う…

取り合えずヘッドライトの位置を上げるのですが

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (3)何でもこれ以上は上げられないと

言われたらしいのですが、何で?って感じです。

メーターとヘッドライトとの間隔が

少し広過ぎるので、社外のヘッドライトステーの

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (4)取り付けボルトを緩めて上げれる所まで

ヘッドライトケースを上げました。

これが出来ないと言う事が理解できません。

と言う事で、ここからハンドル交換などの

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (5)作業に取り掛かるのですが…ここからが色々な

深みにハマって行く事になります…。

メインスタンドが無いのでトップブリッジを

取り外してアタック開始をするのですが

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (6)このトップブリッジを取り外す時にも

違和感があったのですが…それはまた後で

まずはメインハーネス取り回しルートですが

ハーネスクランプDが意味も無く

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (7)スリーウエイジョントと共締めされており

メインハーネスのルートも

そんな所を通したら断線するよ!って感じの

ショートカットルートを通しているので

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (8)何故ハーネスクランプDがあんな所に

取り付けられていたのかは理解できません。

ハンドルを交換するのでハンドルスイッチを

取り外すと色々なビスが使われており

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (9)一本はM5×35を使わないといけないのに

M5×25を使われているし…ねじ山潰れるがな!

スピードメーターワイヤーのルートも

かなりショートカットされているので

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (10)これも正規のルートに戻しました。

メインハーネスを正規のルートに戻すので

ハーネスクランプDを正規の位置に

取り付けるのですが、ステアリングダンパーが

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (11)取り付けられているのは別に良いのですが

取付ボルトが短く、ねじ山が二山しか

ステムに掛かって居らず、これは危険!

純正の長いボルトに交換して

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (12)メインハーネスを正規のルートで這わせました。

アクセルワイヤーも取り外したついでに

フッ素オイルを流し込んで、ワイヤーの

滑りを良くし、アクセルワーク抵抗が

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (13)少なくなる様にしましたが…そもそも…

次に左ハンドルスイッチを取り付けるのですが

位置決めピンが残っていたので

新品のハンドルに穴を開けるのが忍びないと思い

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (14)この位置決めピンは抜く事にします。

サクサクっとピンを抜きました。

今回は素直に抜けたので、位置決めピンの

復旧は可能なので、ハンドルスイッチが

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (15)動く様であれば、穴を開ける事にします。

で、メインハーネスのルートが違う事により

色々な配線にストレスが掛かって居り

まずはホーンのサブハーネスギボシすっぽ抜け。

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (16)これはどうやらやり換えた痕跡があるので

施工不良も考えられますが、これはまだ序章…。

ハンドルスイッチの配線ルート修正して

メインハーネスに接続が完了!

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (17)当然ですが接続ミスはありません!

次にヘッドライトケース内配線を接続。

おや?っと思いポジションランプの配線が

メーターバックライトの配線に間違えて

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (18)接続されているのを発見した。

このポジションランプは緊急時の

パーキングランプになる為

ここに接続するのは大きな間違い!

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (19)この単色茶色の配線に接続し修正完了。

ヘッドライトケース内の配線を全て接続し

トップブリッジを復旧しようとしたら

あぁあの違和感はこれだったか…

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (20)どうやらステムかフロントフォークが

曲がって居る可能性が考えられますが

この感じからするとステムが曲がって居る

可能性の方がかなり高いと思います。

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (21)左右共フロントフォークがトップブリッジより

後ろ側にズレており、フロントフォークより

ステムにダメージがある可能性の方が高い。

フロントフォークならステム下から曲がるので

トップブリッジがこの様にズレる可能性は低い。

で、仮組をしてハンドルスイッチなどの動作確認をすると

イグニッションキーONでセルが回り、インジケーターランプも点灯しないし

インジケーターのウインカーランプの挙動がおかしい…



キーONでセルが回るのはセルボタンの接触が原因だった事が分かり

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (22)インジケーターのHIビームランプが

点灯しない事は、これも配線が断裂して居た事。

それよりもヘッドライトスイッチの挙動も

かなり変だと言う事に後で気が付いた…。

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (23)そもそもヘッドライトOFFなのにポジションが

点灯していたので、あれ?何か間違えたかな?

と思って色々と調べたのですが接続ミスは無いので

ヘッドライトを仮接続、この近所のバイク屋さんで

リビルドされたハンドルスイッチを操作すると

スイッチOFFでヘッドライト点灯、ONでヘッドライト消灯と言う

配線復旧ミスじゃないか?と言う所になった。



寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (24)念の為元のハンドルスイッチに戻して

ヘッドライトの動作チェックをすると

正常に作動するので、拘りの当時物

ハンドルスイッチをリビルド復旧する際

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (25)何かを間違えて復旧させている可能性が濃厚。

インジケーターの挙動、特にウインカーの

挙動がおかしいので、インジケーターを

別の物に交換して動作チェックをすると

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (26)正常に作動する事も確認して

既存の右ハンドルスイッチを接続し

ヘッドライトの動作確認をすると

全て正常に作動する事も確認出来たので

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (27)やはり拘りの当時物リビルドハンドルスイッチが

不具合の原因だと言う事が確定したので

色々な不具合を個別でチェックして行くと

インジケーター側の配線が断裂して居た事が

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (28)判明したので、配線を復旧させると

インジケーターの動作は正常になったので

取り合えず一つの問題は解決しました。

恐らくメインハーネスの配線ルートが違う事が

寝屋川M様CB400ハンドル、右スイッチ交換作業 (29)各サブハーネスにストレスを与えた結果

色々な所の配線が断裂して行くと言う事が分かる

分かり易い例だと言う事が理解出来ると思います。

ハンドルスイッチは、このまま取付て置きますが

オーナーと相談の上元に戻す方向で考えてますので

リビルドした近所のバイク屋さんで修正してもらって下さい。

この様な電装系の不具合は原因調査に時間が掛かるので

今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 17:00│Comments(0) カスタム | 電装品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241