2022年07月30日

FCRキャブ予定より早く入荷3

昨日仕事中に左手人差し指をベルトサンダーで削ってしまい
結構な怪我をして、出血したので応急処置をして
嫁に怪我の事を話したら、「バチが当たってんねん!」と言う…
「一体何のバチやねん!」と心の中で猛抗議!
そう、言葉に出しては何も言えないから…。
右足の怪我の時も主治医から「切断するかも…」と言われた時
嫁は「はい、どうぞ」と言っていたとアゲイン松永社長が言っていたし
車両火災で僕が燃えている時も「あのまま燃えれば良いのに」と
言っていたと松永社長がドン引きで言ってましたw
先日、事務処理をして居た時左側に何かの気配を感じたので
そっと見ると、5cm位の大きな蜘蛛がいたのでビックリして
大きな声で叫んだら、後ろにいた嫁はもうそこには居らず
どんな速度でそこまで移動したんや⁉と言う様な所にいた…。
ウンコしている時に発生した大阪北部地震の時もそうだけど
嫁の暴言ともいえる言動と、身体能力は僕には理解できないし
それを指摘する事も出来ない…。


京都GTH号CB400F事故完全復旧

割と早くタンクの塗装が終わって届いたのでオーナーに連絡。

京都GTH号タンク修理完了交換 (1)昨日夕方にご来店され交換しました。

この黄色タンクはご家族には

好評だった様ですが、オーナーは

拘りのバーニッシュブルータンクが

京都GTH号タンク修理完了交換 (2)一番の好みとの事で、僕のCP1.5号機も

やっぱり408ccだけに与えられた至高の色

バーニッシュブルーにするつもり準備してます。

またオーナーからニュートラルストッパーの

テスト車両にとの申し出を頂いたので、CP1号機である程度

テストが終わったら、ヘビーユーザーのGTH号に取り付ける事にしました。


京都T様CB400用FCR入荷

これも予定よりかなり早く入荷して来たのでビックリしているのですが

京都T様CB400用FCR入荷組み立て (1)京都T様CB400用FCRが早々に

入荷して来たので、早速組み立てと

大まかなセッティングをやってしまう事に。

まずはMJをビトー出荷時デフォルトのMJ

京都T様CB400用FCR入荷組み立て (2)#125から変更する為にフロートチャンバーを

取り外し、取付いているMJを確認してから

MJを適切な番手に交換するのですが

一応年間を通して乗れる仕様にしようと思い

京都T様CB400用FCR入荷組み立て (3)#1.4と#2.3のMJを別々のジェットにします。

一応#1.4はMJを#110に交換して

#2.3は一番手上げて#112を取り付けました。

実際は取り付けてからの走行テストになります。

京都T様CB400用FCR入荷組み立て (4)次にJNのクリップ位置を変更します。

ビトー出荷時クリップ位置は

デフォルトで真ん中ですが

これではアイドリングも濃く

京都T様CB400用FCR入荷組み立て (5)繋がりも余り良くないので

取り合えずクリップ位置を一番上に

上げてセットしたので、これでテスト走行。

仮セットが終わったのでスピゴットを取り付け

京都T様CB400用FCR入荷組み立て (6)ビトー純正アルミファンネルに

インナーネットを入れてファンネルを取り付け。

一応これで仮セットが完了したので

後は車体に取り付けて調整をします。

京都T様CB400用FCR入荷組み立て (7)ガソリンホースにフィルターを取り付けて

ホース径を純正コック対応サイズに変換。

これで何時でも取付が可能です。

本日夕方取り付けにご来店される事になしました。


姫路Y様CB400エンジン下拵え四日目

昨日の続きで、今日はシリンダーヘッドカバーなどの下拵え。

姫路Y様CB400プライマリーギアードリブンハブ交換 (1)昨日分解組み立てを行った時に

シャフトが入り難く、動きが渋かった

プライマリードリブンの調査をした所

ハブ側に問題がある事が確定したので

姫路Y様CB400プライマリーギアードリブンハブ交換 (2)恐らく加工精度の問題だろうと思い

狭い部分を削ってみたけど硬くて

ヤスリで削れるような代物ではないw

なので、手持ちの中古良品と交換する事に!

姫路Y様CB400シリンダーヘッドカバー下拵え (1)これでシャフトはスムーズに挿入が可能になった。

次はシリンダーヘッドカバーの仕上げ。

付属品を取り外して、ブラスト仕上げの

準備に取り掛かります。

姫路Y様CB400シリンダーヘッドカバー下拵え (2)タペットキャップはかなりダメージがあり

このまま使えない為新品に交換する事にします。

取り外してロッカーアームには

ダメージは見られないのですが

姫路Y様CB400シリンダーヘッドカバー下拵え (3)CP製リビルドロッカーアームと交換して

組み立てる事になっております。

ヘッドカバーの塗装を剥がして

ブラスト仕上げの準備が整いました。

姫路Y様CB400シリンダーヘッドカバー下拵え (4)で、サクサクっとブラスト仕上げが完了。

この他のカバー類も中古と新品があり

ブローバイカバーと特にACGカバーは

新品なのですが、貴重な塗装を剥がして

姫路Y様CB400シリンダーヘッドカバー下拵え (5)ブラスト仕上げをご希望されており

新品未使用のACGカバーの塗装を剥がす事に

激しく罪悪感を感じるのですが…。

で、ヘッドカバーもリタップ掃除をして

姫路Y様CB400シリンダーヘッドカバー下拵え (6)リビルド済みのロッカーアームを取り付け。

タコメーターギアーオイルシール交換。

これでヘッドカバーも下拵えが完了。

箱の量もかなり減って来ましたw

姫路Y様CB400シリンダーヘッドカバー下拵え (7)ほぼエンジン部品の下拵えが終わったので

後は、内燃機屋さん送りの部品を纏め

内燃機屋さん送りの準備が出来そうです。

再メッキ部品も奥の箱から探し出し

姫路Y様CB400カムチェーンテンショナーアーム修正 (1)メッキ送りと、黒物部品をチェックします。

摩耗固着したカムチェーンテンショナーアーム

これもちゃんと動く様に修正をします。

削れてバリが立って動かないので

姫路Y様CB400カムチェーンテンショナーアーム修正 (2)バリが出ている部分を削って仕上げ。

これでカムチェーンテンショナーアームも

動く様になり、修正が完了しました。

この段階で見る限りの不足部品は

姫路Y様CB400セルモーターチェック (1)カムチェーンギアー、ノックボルト

シリンダーヘッドスペシャルナットが

今の所見当たりません…。

セルモーターも貴重なターミナルナットが

姫路Y様CB400セルモーターチェック (2)取り外されているので、代替のナットなどを

入れる事になるのですが、一応念の為

カーボンブラシの状態をチェック。

どうやら一度開けられているようですが

軸受けにグリスが無いので手入れが必要です。

ブラシも半分ほど残っていますが、交換した方が望ましいでしょう。


北海道I様からのご依頼

オイルパスキャップBに油温センサーの取り付け依頼で

北海道I様からのご依頼ヨシムラプログレス用センサー加工 (1)北海道I様から在庫確認などの

メールが届き、在庫はあるので

サクサクっと加工してセンサーを

取り付ける事にします。

北海道I様からのご依頼ヨシムラプログレス用センサー加工 (2)加工はセンタードリルで穴位置を決め

タップ下穴を開けて、センサー用の

タップを立ててセンサー取り付け準備が

整い、プログレス用センサーを取り付け。

北海道I様からのご依頼ヨシムラプログレス用センサー加工 (3)オイルパスキャップB用Oリング付きです。

諸々の手続きが完了次第

早々に発送を致しますので

到着まで暫くお待ち下さい。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) キャブレター | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241