2022年07月28日

マスタングエアコンガス充填4

本当なら昨日はCP1号機の慣らし運転に
出ようと思って居ましたが
どうやら天候がヤバいと言う事で
CP1号機の慣らしを諦めて、マスタングの
エアコン修理に一っ走り行って来ました。
結果はどうやらコンプレッサーからのガス漏れがあった様で
ガスを2本充填して、取り合えずエアコンは復活!
今までが何だったんだと言う位、悪魔的でキンキンに冷えました。
後はコンプレッサーからのガス漏れ頻度がどの程度なのかによって
今後の修理方針も変わってきます。
取り合えずこの夏だけでも持ち応えて欲しい!


22/07/27の男は黙って六四分け

昨日はやっと時間が出来たので、何時もの理髪店へ行き

220727の男は黙って六四分け何時もの男は黙って六四分け!

午後からCP1号機の試運転に行くつもりだったけど

天気が怪しいので、取り止めしたので

綺麗にセットしてもらいました。

マスタングエアコンガス漏れ充填220717 (1)暫くすると案の定ゲリラ豪雨が来たので

マスタングに乗ってエアコンガスチェックへ

知り合いのお店に一っ走り行ってみてもらうと

やはりガスが少ないので、ガス漏れ箇所を

マスタングエアコンガス漏れ充填220717 (2)探して見ると、コンプレッサーの

ブラインド栓辺りからガス漏れの跡があった…。

取り合えずガスを充填してもらい、これで暫く

漏れ具合の様子を見る事になりました。

帰りは寒い位快適に帰れましたが

エアコンを見てもらったおにーちゃんに

「乗ってる車全部エアコンが故障するなんてw」と大うけだったらしいw


白い向日葵とパイナップル観察日記

嫁が植えた白い向日葵が咲いたのですが…

白い?向日葵とパイナップル観察日記220727 (1)全然白くないし!普通に黄色いし!

横芽が出ているので、一本の茎から

向日葵が三つぐらい咲きそうな感じです。

まだ咲いていない茎もあるので、今度は

白い?向日葵とパイナップル観察日記220727 (2)白い向日葵が咲くかも知れないなぁ…

で、パイナップルの方も日に日に成長し

小さいながらももう、立派なパイナップルですw

あとどれ位で収穫できるのかなぁ…楽しみです。


京都GTH号CB400F用ガソリンタンク修理リペイント完了

先月の転倒事故でタンクにダメージを受けた京都GTH号の

京都GTH号CB400Fタンク板金塗装仕上がり (1)ガソリンタンク板金塗装が仕上がって

戻って来たので、早速タンクキャップや

キャップチェックなどを取付けて仕上げ。

早ければ明日にはご来店予定となりました。

京都GTH号CB400Fタンク板金塗装仕上がり (2)このタンクを装着すれば転倒事故からの

車両完全復旧となります。

板金の影響なのかタンクキャップが少し

締まりにくくなっている様ですが

取り合えずこれで完全復旧となります。

これからもお気を付けてお楽しみ下さい。


姫路Y様CB400エンジン下拵え二日目

昨日オーナーから連絡を頂き、エンジン部品の詳細について打ち合わせ。

姫路Y様CB400エンジン組み立て板ごしらえ二日目 (1)特に目立った部品の買い物はしていないとの事で

僕的には部品の仕分けをせずに済んで

かなり助かったと思います。

と言う事で、今日はリタップ掃除から作業再開。

姫路Y様CB400エンジン組み立て板ごしらえ二日目 (2)アッパーケースにスタッドボルトを入れて

クランクケースのブラストとリタップ掃除が

完了し、このクランクケースは問題無く

使用可能だと言う判断になりました。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (1)と言う事で、次は部品取りエンジンを分解し

臓物関係を摘出して部品チェックをします。

この部品取りエンジン、どうやら一度

開封された痕跡があるので、ちょっと心配…。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (2)クラッチカバーを取り外すと…!

多分ミッション用スラストワッシャーが

何処からとも無く出現したので、不安を感じた。

取り合えず何事も無く部品が使える事を願い

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (3)クラッチリフターを取り外すと、これも定番。

強化クラッチスプリングと、ロックナットが

逆に入れられているw、まぁこれ位は軽い物。

でもクラッチダンパーのガタ付きが無いので

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (4)割と状態が良い物なのかも知れないと思い

更に分解をすると、シフトドラムセンターの

摩耗も極めて少ないので、走行距離は

意外と少ないエンジンだったかも知れない。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (5)でも、一度分解されている事で本来なら

入っているはずの絶版部品のオイルポンプ

Oリングガイドピンが入っておらず

Oリングも入っていなかった…これは

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (6)絶対にオイル漏れした筈なのに…。

クランクケースを割って中をチェック。

プライマリチェーンスライダーも

摩耗が少ないので、これを使う事にする。

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (7)気になるミッション、カウンターシャフト

2ndギアー焼き付きですが、見る限りでは

その心配は無さそうなので一安心です。

で、クラッチを取り外した時、何処からとも無く

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (8)現れたスラストワッシャーですが

カウンターシャフト1stギアーと

ニードルベアリングの間に入るはずの物が

入って居なかったので、組み付け時にミスったか?

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (9)カムチェンテンショナーアームも定番の

摩耗により固着していますが、まだ軽傷なので

これ位なら、修正して再利用は可能な範囲。

全体的に臓物関係の状態は極めて良好!

姫路Y様CB400部品取りエンジン分解 (10)これなら不動エンジンからの部品取り

だったにせよ、問題無く使用可能です。

こんな事今時滅多にありませんw

これはラッキーと言えるでしょう。

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (1)と言う事で、クランクを洗浄して

クランクを測定し、メタルを選択します。

臓物を移植しなくて済むのであれば

クランクメタルもそのまま使えるレベルですが

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (2)クランクケースは交換するので

クランクを測定する事になります。

コンロッドメタルもこのまま使っても

問題が無いレベルですが、ここだけ中古と言うのも

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (3)バランスが悪いし、一度分解されている事から

測定の信頼性としては未確認になる為

コンロッドメタルも交換する事にします。

エンジン用純正在庫部品を用意して

姫路Y様CB400部品取りエンジンクランクメタル測定 (4)不足分などは発注をしましたが

シリンダーヘッド用シールワッシャー

銅ワッシャーが納期未定となっていたのですが

在庫があるので、この辺りは問題ありません。

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (1)次にシリンダーをチェックするのですが

お預かりした時、シリンダーは既に

54.5Φにボーリングされている状態ですが

平面は汚れたままなのでブラストで

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (2)仕上げるのですが、汚れたままと言う事は

歪測定はしていないだろうと言う事なので

ブラスト後にシリンダーの歪測定を実施。

シリンダーのブラストが終わった時気付いたのが

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (3)スリーブのクロスハッチが薄い事で

表面はかなりツルツルに仕上がっている…。

クリアランスもどれ位で仕上げたのかは不明。

嫌な雰囲気がプンプンと臭う…

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (4)で、シリンダー歪測定結果は規定値越えでNG。

平面研磨が必要になりますし、何より

ボーリング後のシリンダー保管状態が悪い!

せっかく真円でボーリングをしてあるのに

姫路Y様CB400エンジンシリンダーブラストチェック (5)お預かりした時は簡易的な梱包だったので

それまでの保管状態が悪ければ

スリーブが変形して仕舞います…。

で、怪しい臭いしかしないので、ピストンを

姫路Y様CB400エンジンピストンシリンダークリアランス測定 (1)シリンダーに入れて見ると、ピストンがスコスコ。

明らかにクリアランスが広いと言う感覚なので

今更どうしようもないのですが、確認の為

シリンダーとピストンのクリアランスを測定。

姫路Y様CB400エンジンピストンシリンダークリアランス測定 (2)ヨシムラ54.5Φピストンスカート部外径は

加工精度が良く、全て揃って−0.01なので

これがクリアランスの基準数値となり

シリンダーをボーリングするのですが

姫路Y様CB400エンジンピストンシリンダークリアランス測定 (3)何時もボーリングを依頼する場合のクリアランスは

3/100〜4/100でボーリングをして貰っており

シリンダー側は54.5Φに対して0.02〜0.03个

クリアランスで削る事になります。

普通ならクロスハッチももっとしっかりと入れて加工するのですが

このシリンダーの内径はとても広く54.5个紡个靴54.55个發△

ピストンとの合計でクリアランスは6/100もある事になり

通常の倍のクリアランスになる分けで恐らくこのままエンジンを組めば

慣らしが終わった頃にはマフラーから白煙が出るでしょう…。

さて困りましたねぇ…このスリーブは残念ですが使えません。

【今までの教訓】
・全部揃っているは、揃っていない。
・人の仕事は信用しない。
・バラバラの車両はロクな事が無い。
・完璧なメンテナンス車両は存在しない。
・某Yオク購入部品、車両は外れが標準。
・僕もたまにミスをするけど、ミスをしない努力はしている。
・一度の失敗に二度目は無く、その分クオリティが上がるが費用も上がる。
・預かってから時間が経つほど何処までやったか忘れる。
・「何時でも良い」はモチベーションが上がらないので何時でも良くなる。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) エンジン | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241