2022年07月07日

ハイエースエアコンとシート修理

以前からですが、ハイエースのエアコンの送風量が少なく
エバポレーターが詰まっているんだろうなぁっとは
思っていたのですが、流石にこの暑さには危険を感じるので
エバポレーターの掃除に出して来ました。
ついでにレカロのシートも修理に出す事にしたのですが
納期が2週間〜なので、当分は純正シートになります。
仕上がりが楽しみです。


高槻S様CB400F継続車検

流石車検スーパー晴れ男!天気予報は曇り時々雨の予報だったけど

高槻S様CB400F継続車検220706 (1)検査場に行ってみると、路面は乾き始め

空は曇り処か、太陽が出て熱い!

で、何時もの京都南はのんびりとした空気感w

ササっと受付と書類のチェックをしてもらい

高槻S様CB400F継続車検220706 (2)1コース4番目に並ぶ、何時も通りの込み具合で

9時検査スタート、光軸、光量など何時も通り

一発合格で、9時10分全ての検査が合格し

新しい車検証が出来上がり、店に戻るw

高槻S様CB400F継続車検220707 (3)で、今日は現状復旧作業に取り掛かります。

まずはバッ直配線を取り外し復旧。

俗に言うブースターリレーを取り付けると

毎回のこの作業をしなくて済むし

高槻S様CB400F継続車検220707 (4)実際にヘッドライトも明るくなるのですが

夜乗らない、そんなにライトを使わないのであれば

特に取り付ける必要な無い物になるかな?

で、車検標章ステッカーを何時もの様に

少し斜めに貼る!これで高槻S様CB400Fの継続車検が完了しました。


35年ぶりのカキモトレーシング

今から35年以上前、GS130Z改の頃トラストやカキモトに

マスタングマフラーワンオフ製作35年ぶりの柿本レーシング (1)よく出入りしていたのを思い出し

久しぶりにカキモトレーシングに行って来ました。

当時の顔見知りのスタッフはもう誰も居らず

何だか少し寂しかったけど、営業スタイルは

マスタングマフラーワンオフ製作35年ぶりの柿本レーシング (2)良い意味で当時とあまり変わっていない。

マスタングのマフラー製作についてスタッフと

色々とお話をして、一旦マフラーを取り外して

直管で排気音を聞き、音質をチェック!

マスタングマフラーワンオフ製作35年ぶりの柿本レーシング (3)僕的には直管でも良いと思った物のw

そこは大人のチューニング、重低音で

身体に感じる音を楽しむようなイメージの

マフラーを製作して貰う事にしました。

でも多分かなり音量は大きくなると思うけどねw


初期Z750RSキャブレーター分解掃除

防犯上の為、Z750RSの作業保管場所を別の所に移しており

枚方T様初期Z750RSキャブレター分解掃除 (1)昨日はそこでキャブレターの分解掃除。

掃除したプラグは既に真っ黒だったので

取り合えずは、キャブレターの調整をしてから

点火系やタペット調整をする予定になってます。

枚方T様初期Z750RSキャブレター分解掃除 (2)取り外したキャブはかなりデロンデロンに

汚れていたのですが、綺麗に洗浄をして

パッキンなどの部品入荷待ち状態です。

内部の状態はかなり良いのは助かりました。

枚方T様初期Z750RSキャブレター分解掃除 (3)これで調子が上がればラッキーです。

ZによくあるACGからのオイル漏れは

今の所無いのですが、不動から5年が経過し

あちこちのゴムが死んでいるので

ACGのゴムも交換する事にします。


京都GTH号CB400Fガソリンタンクタンクライナー除去完了

結構時間が掛かって仕舞いましたが

京都GTH号CB400Fタンクライナー除去完了板金塗装送りやっとタンクライナーの除去が完了し

板金塗装に出せる状態になりました。

念の為の錆取りをして、エアブローをしたら

残っていたタンクライナーのカスが

店中に飛び散ってえらい事になったけど、タンクライナーが綺麗に取れました。


CP中古車CB400Fメンテナンス準備

お立ち台に上がっていた、現在商談中の逆車CB400Fを下し

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (1)代わりにエリックのハンターカブ

CT110を乗せました。

一応現状渡し車両なのですが

商談中の方には電装系とキャブ

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (2)オイル漏れなどの整備は最低限必要な事は

お伝えしており、インジケーターランプが

点灯しないので、ヘッドライトケース内の

配線をチェックするとインジケーター側のギボシが

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (3)断線して居た事が判明したので修理をしました。

後はメインハーネス交換などの電装部品チェック

シリンダーヘッドカバー付近からの

オイル漏れ修理とキャブレターのオーバーフロー

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (4)エンジン自体の調子は良いので

まずはそこら辺の整備と、納車整備を

行う予定で、お立ち台から車両を下しました。

契約が決まり次第、整備に取り掛かる予定です。

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (5)キャブのオーバーフローはかなり酷いので

開けてみないと分かりませんが

それでもお買い得な車両だと思います。

問題はオイル漏れの重症度位で

CP中古車お立ち台入れ替えメンテナンス準備 (6)ヘッドカバーを開けた時に増し締めや

シーリングワッシャーなどの交換を

行うかも知れず、それでオイル漏れが

止まってくれたらラッキーだと言う事で!

来週には事故修理車両も入庫して来るので

ご購入希望の方に早々に連絡をして、作業に取り掛かります。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) ツーリング | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241