2022年07月02日

ハヤシキャスト販売協力店3

(有)カーショップOMOTEさん取り扱い部品である
ハヤシキャストなどの販売協力店に認証されました。
二輪に限らず四輪のハヤシキャストや
(有)カーショップOMOTEさん取り扱い商品も
お承る事が出来ますので、よろしくお願い致します。
CB400Four用ハヤシキャストの予約も承っておりますので
よろしくお願い致します。


京都T様CB400ウオタニ点火時期調整

やはりエンジン組み立て時に気になっていた事で

京都T様CB400ウオタニコントロールユニット調整 (1)物理的に点火時期が早い事から

エンジンの始動性などに影響があり

せっかくウオタニを取り付けているので

点火時期を遅らせる事にしました。

京都T様CB400ウオタニコントロールユニット調整 (2)調整前はレブはフリー、点火時期もSTDだったのを

レブを9chで11,000rpm、点火時期を遅角させ

8chでエンジン始動性などをチェックしていると

背後から視線を感じたので振り返ると

京都T様CB400ウオタニコントロールユニット調整 (3)信号待ちのパトカーの助手席から若い警察官が

こちらを見ているので、暫くにらみ合い…

すると運転席からも…2:1での攻防が始まったw

信号が青になりPCが動き出し睨み合いも終了。

京都T様CB400ウオタニコントロールユニット調整 (4)で、ウオタニの方ですが、8chで4度遅角させたり

9chで2度遅角させたりして、アイドリングも

1,400rpm以上が何とか1,200rpmで安定

ブリッピングでもエンジンストールする事が

無くなったので、これで暫くは様子を見て貰う事にします。


ハイパワー強化オイルポンプ分解掃除

先日バージョンUPの為取り外した50%増量ハイパワー強化オイルポンプを

DSCN4200分解掃除し、Oリングなどを新品に交換。

走行距離は約3,000キロ程度になります。

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプも

取り付いた、フル強化オイルポンプになります。

DSCN4201当時何個製作できたのか覚えて無いのですが

有っても15個程度だと思います。

その後強化オイルポンプ「極み」の量産が始まり

50%増量のハイパワー強化オイルポンプは

DSCN4202製造を終了した物になります。

このオイルポンプは割とコストが掛かっていたので

今の66%増量の「極み」からコスパを考えると

手間暇や製作コストは高く付いたなぁと思います。

この時期で40度越えの外気温では、空冷エンジンには厳しく

熱でエンジンが歪んで、オイル漏れの要因にもなりますからね。


CP1号機エンジン分解準備

ツーリングがあると聞き、今のエンジンでは楽しく走れ無いので

CP1号機エンジンOH準備220702 (1)お盆休みに仕上げる予定を繰り上げて

CP1号機のエンジン分解準備。

まずはエンジンオイルを抜きます!

何時もの如くレデューサーが効いているので

CP1号機エンジンOH準備220702 (2)オイルが下りて来ないのでエアーを入れ

オイルを出易くしてエンジンオイルを抜きます。

CP製機械曲げマフラーも取り外しました。

多分このマフラーはCP1.5号機に取り付けて

CP1号機エンジンOH準備220702 (3)CP1号機には今度出来上がって来る

チタンマフラーを取り付ける予定ですw

それと新しいエンジンパーツの試作が

出来上がって来れば、それもテストをします。

CP1号機エンジンOH準備220702 (4)1号機も余り乗っていないのでバッテリーは上がり

フロントフォークからはオイル漏れが…。

フォークオイル量って何ccだったけかなぁ…。

取り合えずシールは発注しました。

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (1)オイルを完全に抜く為に、乾式クラッチと

オイルポンプだけでも取り外そうと思い

乾式クラッチを取り外していると

いつの間にか作業に集中して仕舞い

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (2)エンジンを下して仕舞う勢いで

エンジン分解作業に没頭してしまったw

ワンウエイクラッチに不具合もあるし

ピストンリングがダメで、オイル上がりが酷く

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (3)キャリロのコンロッドを14Φから15Φに

仕様変更し、ピストンももう少し

ハイコンプに仕様変更するので

腰下も分解する必要があるので

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (4)フルO/Hと言う事になりました。

R側の分解が終わったので

L側の分解とオイルパンを取り外しました。

もうここまでで良いかなぁと思って居た所

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (5)明日の予定が天候不良の為延期となり

それじゃぁ今日中にエンジンを下さないと

作業スペースが厳しいなぁと言う事で

結局L側も全部分解をして、腰上も分解して

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (6)下して仕舞おうと言う事になったので

サクサクっと腰上も分解をして仕舞います。

ヘッドカバーを取り外した所ねじ山上りが

新たに数か所も見つかった…。

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (7)シリンダーヘッドとシリンダーを取り外し

これで腰上分解は完了しました。

このピストンが現行車の流用になるので

ピストンリングが薄くて摩耗した事が

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (8)オイル上がりの原因になります。

シリンダーヘッドの燃焼室は加工され

ハートの燃焼室仕様になっているので

ハイコンプピストンは使えない為

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (9)今使っているピストンより、ピンハイトを

もう少し高いピストンを使い実圧縮を上げて

ピストンピンの強度も更に上げるので

14Φから15Φの物になります。

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (10)で、どーん!作業時間2時間半。

あっという間にエンジンが下りました。

後は雨が降ろうがPITの都合を考えなくても

作業が出来るので、時間がある時に

CP1号機エンジンOH腰上分解220702 (11)腰下を分解して組み立てる事になります。

本当はこれをお盆休みの時間潰しに

やろうと思って居たのですが

今からボチボチとやらないと、色々な都合で

間に合わなくなってしまう事となった為

急遽CP1号機のエンジンを下す事になりました。

peke_cb400f at 17:00│Comments(0) 電装品 | エンジン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241