2022年06月20日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日6月21日(火曜日)はOPLL経過観察診察の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。
また明日は35か36回目の結婚記念日になるのですが
全くプランが思いつかずどうしたら良いのか分かりません…。
花を送ろうか、それとも夕方に車両引取りがあるので
その帰りに外食するか…単純に少しでも喜んで貰いたいだけなのですが
こういう時に自分のプランニングの無さで、胃が痛くなる。


CP1.5号機製作開始

Wディスク用ボトムケース完成に伴い、以前から計画していた

CP1,5号機フレーム塗装送り (1)CP1.5号機の製作に取り掛かろうと思い

以前から集めていた部品をついに使う時が来た!

まずはフレームの塗装からになりますが

足回りはメルバキャストにWディスク

CP1,5号機フレーム塗装送り (2)リアサスは新品コニーか新品マルゾッキ

フロントフェンダーはRC風フェンダー

キャブレターはヨシムラミクニTMR MJN

エンジンの仕様は500ccでマフラーは

CP1,5号機フレーム塗装送り (3)当然CP製機械曲げ、タンクカラーは

408だけに与えられた至高のバーニッシュブルー
(本当はスーパーカブと同じ色w)
長期的計画になるので、ボチボチと

仕上げようと思って居ます。


京都GTH号事故復旧作業二日目

昨日は破損した部品を取り外し、損害状況を確認しながら

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (1)手元にある部品を組み付けて一旦

ローリングが出来る様に復旧。

今日は電装関係などをメインに

復旧作業に取り掛かります。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (2)ウインカースイッチASSYのダメージは

パッと見は軽そうに見えるのですが

損傷個所は最悪な所にダメージがある為

ウインカースイッチASSY毎交換になります。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (3)せめてマジッククラッチレバーだけでも

救出を試みたのですが、残念な事に

ワイヤーを取り外す時、クラッチレバーは

その使命を全うし役目を終えました…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (4)クラッチワイヤーアジャストボルトも

曲がっており、ウインカースイッチ本体の

ダメージの為、取り外す事が出来ないし

曲がって居るのでこの辺りの部品は

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (5)全て交換する事にして、セパハンの為

純正新品スイッチ配線の逃げ加工を

してから取り付ける事になるので

アルミの削りカスがスイッチ内に入らない様

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (6)スイッチを分解してから加工に取り掛かります。

ウインカースイッチ側は純正ハンドル対応で

今のキルスイッチ側の様に配線の逃げ加工は

されていないタイプになります。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (7)で、配線を取り外し、回り止めピンも切断し

スイッチケースを削り配線を挟まない様に

加工をする必要があると言う事です。

ピンが抜けなかったので切断しました

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (8)配線に負荷が掛からない事を確認して

ハンドルに取り付けが完了しました。

マジッククラッチレバーも新しい物に交換。

これでハンドル周りは仕上がりましたが

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (9)仮のタンクを乗せてハンドルの切れ角などを

チェックした所、左側だけタンクに当たるので

ハンドルストッパーをチェックしたら

ハンドルストッパーも潰れていたので発注…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (10)ウインカーとリフレクターも純正新品に交換。

中身はLED球なので付属の電球から

LEDに交換して作動チェック!

LED球にはダメージが無かった。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (11)次にリアウインカーにも擦り傷があり

オーナーから傷を見るとメンタル的な

ダメージを思い出すので、新品に交換との事

まだレンズは使えそうなので、予備にでも…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目電装部品交換 (12)と言う事でリアウインカーも新品に交換。

電球もLEDに交換して作動チェックし

問題無く点滅したので、これでハンドルスイッチと

ウインカーなどの電装品交換作業は完了。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (1)後の部品は入荷待ちなので、休み明けになるかな?

で、次はメカ的ダメージの修復に取り掛かります。

シフトペダルの曲がりは簡単に修正できますが

今回はステップのステープレートから曲がっており

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (2)どれだけ修正出来るか分かりませんが

アゲイン製BS修正にチャレンジします。

まずは簡単なシフトペダルから大体の形に

サクサクっと修正、余り曲げ過ぎると折れます。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (3)次はメインのステープレートの曲がりですが

こんな感じで、フレームに沿って

結構曲がっており、普通にプレスしても

真っ直ぐにはならないので

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (4)色々と試行錯誤しながら、下にアルミ板を入れて

ワザと段差を作り、曲がって居る所だけに

プレスの力が掛かる様にし修正を試み

何度かの修正をして、ほぼほぼですが

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (5)何とか良い感じに修正が出来ました。

取り付けると多分、言われないと

分からない位にはなったと思うので

ステープレートの修正もこんなもんかな…。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (6)取り外したBSのパーツを組み付けて

車体に仮取り付けをしてみました。

まぁ良いんじゃないでしょうか!

割と苦労したので、これで勘弁して下さい。

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (7)転倒で削れてバリが立っているステップなどを

ヤスリで削ってバリを取って、タッチペンで

黒く塗ってみたので、割とこれでパッと見た目

分からない感じになったかなぁ?

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (8)と言う事で、次の問題なのですが

この凹んだ貴重な純正408タンクなのですが

厄介なのが、この当時錆取りをした後に

CPで流行っていたタンクライナーを施工してあり

京都GTH号CB400F事故復旧作業二日目メカ部分修理 (9)板金が出来ないと言うのを後で知る事になった…

このタンクライナーを除去する方法を

ワコーズに聞いたのですが「取れません」

と言う返事だったと言う罠w

で、僕自身が色々と調べ前回テストした物が割と良かったので

今回は本番で、やってみる事にします。

ワコーズの担当の方も出入りしているショップから聞かれるそうで

先日その溶剤を教えてあげた所ですw

取り合えずガソリンを抜いて乾燥させてからタンクライナーを溶かします。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) レストア | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241