2022年05月13日

1976年 昭和51年型2代目トヨタカリーナ2000GT3

かなり前から探していた2代目トヨタカリーナ2000GTが
ちょっと前から出ていたのですが
マスタングを買ってしまったので
中々購入に踏み切れず躊躇していたのですが
昨日思い切って、販売店に連絡をした所
丁度その日に車両を見に来られた方が居て
購入を検討する事になったらしく
もしその話が流れたら、電話を貰う事になっていたのですが
残念な事に、商談が成立した様で今日HPを見ると
車両が取り下げられていました…。
恐らくもうこう言った個体に出会う事は無いかも知れない…。
別にマスタングが嫌いなわけじゃないんだけど
本当に欲しかったカリーナ2000GTを買いそびれた事を
今は後悔すると共に、このタイミングで売れてしまった事に
縁が無かった事と、ある意味マスタングのハイパワーに
惚れ込んでいる自分が居て、嫁がOKを出してくれるなら
マスタングを手放さずに、カリーナ2000GTと2台
所有出来れば良いなぁと思って居たのでしたが
それはまず無理な話だったと思います…。


京都Y様ダックスST70レストア

オーナーからは一区切りとして、一定の金額に達したら

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (1)一旦連絡を入れて欲しいと言う事だったので

取り合えず予定の金額に達するまで

モンゴリ師匠の自由人君が組み立て作業を

行っており、僕は設定額の計算をしながら

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (2)組み立て用部品を発注していました。

そしてその予定額に達した所で

一旦作業は中断するのですが

取り合えず、仮組でローリング状態まで

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (3)組み立てて、オーナーと相談する事に。

絶版部品も多い事や、アフターパーツが

モンゴリと比べて圧倒的に少ない事もあり

部品の選択肢が無い事もあり

京都Y様ダックスST70レストア途中経過報告 (4)オーナーが希望するカスタム案に

少しでも近付ける様に仕上げている所です。

完成までまだ軽く2.30万は掛かると見積もり

ここまでの現状をオーナーに報告し

OKを頂いてから、先に進める事になります。


京都T様CB400エンジンO/H腰下分解

昨日は腰上分解とエンジンを取り外す所までの作業で

京都T様エンジンOH腰下分解 (1)色々な問題がある事が分かったのですが

今日は腰下の分解作業に取り掛かります。

まずは分解前に諸々の外観チェック!

一見すると腰下は未開封の様に見えます。

京都T様エンジンOH腰下分解 (2)ピストンリングも交換歴は無さそうに見え

セカンドリングは完全に摩耗しており

ピストンのスカッフもかなりありそうです。

かろうじて圧縮があり、エンジンが掛かっていた

京都T様エンジンOH腰下分解 (3)そんなイメージがする状態に見えます。

カムチェーンガイドも劣化していたのですが

スリッパーもかなり擦り減っており

腰上を分解した際に、この辺りの消耗品は

京都T様エンジンOH腰下分解 (4)交換されていない可能性があります…。

少しデトネ気味なピストン…

このまま使えるかなぁ…。

一応測定してみますが恐らくはダメだと思います。

京都T様エンジンOH腰下分解 (5)シフトドラムセンターの摩耗

これは定番ですが、今回は定番と違い

CP製強化シフトドラムセンターを作ったので

これだけ摩耗していても全然平気ですw

京都T様エンジンOH腰下分解 (6)シリンダースタッドボルトは手で緩む物もあり

オイルが回って居るので、緩めれる物は

全て取り外してしまいます。

アルミと鉄の熱膨張率が違うので

京都T様エンジンOH腰下分解 (7)ここが緩むとオイル漏れの原因になります。

腰下非分解は確定の様だったので

プライマリーチェーンはダルンダルンに

伸びているので、交換となります。

京都T様エンジンOH腰下分解 (8)で、サクサクっと上下ケースを割って分離。

クランクメタルはカジリこそありませんが

摩耗が認められる為、交換する事が

望ましい状態だと思います。

京都T様エンジンOH腰下分解 (9)カムチェーンテンショナーアームは

完全に固着し、ちょっと修正も難しい…

中古良品に交換するかリプロ品に交換になります。

久々にここまで酷いのを見ました。

京都T様エンジンOH腰下分解 (10)ミッションのギアーはまぁそれなりな状態。

可もなく不可も無くと言った所。

ベアリングを交換してこのまま使っても

問題は無いと思います。

京都T様エンジンOH腰下分解 (11)そこで気になるのは、カウンターシャフト

2ndギアーの焼き付きですが

外から見る限りでは、焼き付きは無さそうです。

ミッション関係は取り合えずは一安心です。

京都T様エンジンOH腰下分解 (13)と言う事でここから見積もりに取り掛かるのですが

暫くの間はブラスト作業になる為

電話に出る事が困難になります。

今日も天気が悪いので、PIT作業も出来ないので

京都T様エンジンOH腰下分解 (14)シリンダーのガスケットを剥がして

午後からはブラストを当てる事にします。

泣きながらガスケットを剥がさないと

ダメかと思ったけど、簡単に剥がれて良かったw

京都T様エンジンOH腰下分解 (15)で、シリンダーをブラストするのですが

オイル焼けの汚れが酷く何時もより時間が掛かり

ここまで仕上げるのに3時間位掛かった…。

もうシリンダーヘッドは明日だなぁ…

朝からやれば明日中にはシリンダーヘッドは終わると思う。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) エンジン | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241