2022年04月17日

マスタングの受難2

先日の事、病院から戻って来る時、店の裏の細い道を
マスタングで走っていると、前からフラフラと
おじいがチャリンコに乗ってやって来るので
危ないので、最徐行をしチャリンコとも十分な間を開けて
すれ違おうとしたら、助手席側のミラー(左ハンドルなので右側)を
おじいが手でシバイてきたので、びっくりして最初は
ぶつかったのかと思って、怪我でもしていたら面倒なので
モタモタしているおじいの所まで車をバックさせ、おじいに
「お前なにしとんねん!ミラー叩いたんか?当たったんか?」と
おじいに聞くと、「知らん…、当たって無い」とシラを切るので
ちょっと虐めてやったら、帰り際に捨て台詞を吐いて行った…
ムカつくジジイだわ!と思って、昨日もマスタングで
閉店後に何時ものルートを帰宅すると、パチンコ屋らから
左右を確認せず飛び出して来るスクーターが
かなり前方に飛び出して来たので、「アブねぇクソガキだな!」と
思ったら前の青信号の交差点で急に止まるので
こちらも急ブレーキで止まって、クソガキに「お前死にたいんか?」
と言うとクソガキが反抗的に「どっちに行こうかと迷ったんや!」と
「何や!おっさん!」と言うので、このクソボケと思いながら
年齢からすると後輩の息子位の年齢なので「お前何処の子や?」
「親ごと泣かしたろかw」と暫し言い合いになったw
手でも出して来るかと思ったけど、最後は捨て台詞を吐いて
信号無視して逃げて行った…その内見つけたるねん!
で、今朝は天気も良いので、バイクで出勤しようとしたら嫁が
「今日パーマ屋さん行くねん、自転車出されへん」と
車で出勤しろと圧を掛けてくる…、この所の受難から
車での出勤はしたく無かったのに、仕方なく車で出勤。
案の定、何かとトラブりそうな種が転がっていたわ…
ジジイもクソガキも最後は良い逃げしやがって!腹の立つ!!
こっちは心穏やかに〆の道を歩こうとしてるのに!
改めて春なんだなぁと思ったわw


久しぶりの某青い方CB400Fご来店

先日から何度かご連絡を頂いており、何度かご来店も頂いていたのですが

某青い方ご来店220416昨日、約5年程ほぼ不動で、ノーメンテの

某青い号CB400Fの車検が、来週で切れる

との事でエンジンも一気筒死んでいたので

その修理や、バッテリー交換にご来店。

暫く単身で地方に行っておられたのですが

仕事もリタイアして新しい人生をスタートされるので

僕も遊び相手に困らなくなりましたw


神戸H様CB400キャブレター調整

取り合えずエンジンは白煙以外問題は無く

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (1)FCRキャブレターの調子も良くなり

エンジンの吹け上りも、アイドリングも

問題無く、空燃比も良くなったので

マフラーからは水が出る様になったのだけど

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (2)まさかのFCRトップカバーのねじ山上り…

道理で取り外す時におかしいなと思ったわ…。

エンジンフルO/Hしてあるのに何でこんなに

考えられへん事ばっかり起こるのだろう…。

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (3)で、やはりエンジンが温まって来ると

店の中が火事にでもなっているんじゃないかと

人に思われる位白煙が凄いので、これはもはや

キャブだけの問題で収まりそうにないだろなぁ…

神戸H様CB400FCRキャブレター調整完了 (4)次は純正キャブを取り付けてみるのですが

アクセルワイヤーがFCR用に加工されており

当初の予定通り純正キャブを使うのであれば

アクセルワイヤーも交換しないとダメです。

神戸H様FCRキャブレタートップカバーねじ山リコイル (1)オーナーからもメールが入っており

費用の事もあるので白煙の原因次第で

この先の事をどうするかを良く話し合って

作業を進める事にします。

神戸H様FCRキャブレタートップカバーねじ山リコイル (2)取り合えずFCRのねじ山上りを修正。

切り粉が入らない様に完全に養生。

ここのねじ山を上げてそのままだなんて

完全に確信犯と言えると思います。

神戸H様FCRキャブレタートップカバーねじ山リコイル (3)タップを立てて、リコイルを挿入。

これでFCRのトップカバーねじ山上りの

修正は完了したので、このFCRは取り合えず

使い物になり復活しました。

後は純正キャブをチェックして、取り付けてどうなるかです。


高槻I様CB250HAWKスポークホイール

昨年からコムスターホイールからスポークホイールに変更するべく

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (1)色々と準備をしていたのですが

鉄リムの入荷が遅れて居た事もあり

作業は遅れていたのですが、やっと入荷!

ついでに26号機用ホイールもスポークを張って

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (2)部品を準備する事にしました。

タイヤは車体が仕上がってから装着予定。

取り合えずこれで26号機用ホイールが

組み上がったので、続いては高槻I様の

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (3)CB250HAWK用ホイールの

スポーク張りをやって仕舞います。

まぁ足が痛いので、同じ態勢での作業は

長く出来ないので、足を伸ばしながら

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (4)スポーク張りをやるので、時間が掛かります…。

で、やっと2セット出来上がった!

CB250HAWK用のタイヤなどは既に

入荷しているので、タイヤを入れて

CP26号機用リムとCB250HAWK用リム組み立て (5)足回り交換作業の準備に取り掛かります。

サクサクっと前後ホイールに

タイヤを入れて、足回りカスタムの

準備が整ったので、オーナーに連絡をしたのですが

入庫予定の連絡が入らないので、また当分お預けになるかもねぇ…


CP製機械曲げマフラーセラコート仕上がり

先週塗装屋さんに催促の電話をし一週間待ってくれとの事で

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (1)今日マフラーが塗装から仕上がって

戻って来たのだw、やっぱり催促しないと

後回しにされてるんだろうなぁ…

早速梱包を開けて仕上がり具合をチェック!

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (2)おー!中々良い感じの半艶セラコートで

仕上がっていたのですが…サイレンサーも

取り外されてセラコートで塗られてる…

これはかなりヤバいぞ!と思い

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (3)サイレンサーを入れてみると、案の定…

塗膜分の厚みでサイレンサーが入らない…。

せっかく綺麗に仕上がっているマフラーですが

サイレンサーが入らないのは致命的。

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (4)ご丁寧にマフラー内側もしっかりと

塗装されているので、絶対にサイレンサーは

入らないので、こればかりは仕方が無いと

諦める事にして、泣く泣く塗装を剥がす事にした。

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (5)塗膜は結構分厚く、リューターの先に

サンドペーパーを取り付けて

サイレンサーのキャップ部分の塗装を

気を使いながら時間を掛けて剥がしました。

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (6)マフラー内部の塗装も泣く泣く剥がし

これでサイレンサーが入ってくれればラッキー!

と思いながらサイレンサーを差し込んで行くと

多少抵抗はありましたが、何とかサイレンサーは

CP製機械曲げマフラー特注セラコート仕上げ仕上がり (7)途中で止まる事無く、割とすんなり

入ってくれたので良かったですが

入り口付近の塗装はサイレンサー挿入傷が入り

ちょっと残念な感じになってしまいました…。

ヨシムラミクニTMR MJNトップカバーリンクルブラック仕上がり (1)多分抜くのも大変だと思います…。

で、後から送ったヨシムラミクニTMR MJN用

トップカバーのリンクルブラック塗装

通称チジミ塗装も仕上がって戻って来たので

これでリビルドした純正キャブレター一式と

シャンパンゴールド仕上げのドレンボルトと一緒にやっと発送できます。

長らくお待たせいたしました。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) キャブレター | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241