2022年03月28日

CP製機械曲げマフラー取り付け方法2例3

蔓延防止も解除され、昨晩はお友達と枚方ナイト!
でも僕は今アルコールを断っているので
ウーロン茶をロックで!焼き鳥を頂きますw
で、静かに話をしながら飲んでいる所へ
調子に乗った団体客が大騒ぎでご来店…。
余りにも大声で騒ぐので、しばいたろか!と思ったけど
まぁ枚方だから仕方がないかぁ…と言う事で我慢して
お会計を済ませた帰りに、お店の方に
「ここの店は何時もあんな感じでうるさいんか?」と言った。
本当はお店側がバカ騒ぎする客に注意をしないと
今時はいけないんじゃないのかなぁ?と思ったわ。
大国のハゲジジイも、枚方のバカ騒ぎ野郎達も
一辺どつかれて、髪の毛ぬかれたらええねん!


守口O様CB400F2レストア作業三十七日目

もうじき4月になるので、税金の関係から登録は来月にする予定で

守口O様CB400F2車検前マフラー交換220327 (1)取り合えず、腐りかけている純正マフラーを

車体から取り外して、タイミング良く

昨日入荷して来たCP製機械曲げマフラーに

交換してから、車検を受ける事になりました。

守口O様CB400F2車検前マフラー交換220327 (2)サクサクっとマフラーを取り外します。

純正マフラー装着車両のこの国内398ccには

このマフラーブラケットが元々ありますが

社外マフラーを取り付けている398ccや

守口O様CB400F2車検前マフラー交換220327 (3)ヨーロッパの398タイプフレームで

社外マフラーを取り付けている車両には

このブラケットが付いていない場合があり

CP製機械曲げマフラーを装着する場合は

守口O様CB400F2車検前マフラー交換220327 (4)このブラケットは必要な部品になります。

で、早速入荷したCP製機械曲げマフラーを

交換取り付け、EXスタッドボルトは

問題無くアルミフランジを取り付けれたのですが

守口O様CB400F2車検前マフラー交換220327 (5)どうやらこの車両、転倒歴があるようで

サブフレームがタイヤ側に約10mm程

入り込んでいたので、EX側を仮止めして

マフラーを押し込んで取り付けたのですが…

守口O様CB400F2車検前マフラー交換220327 (7)マフラーをフレーム側に寄せた分だけ

マフラー本体もエンジン側に寄り

干渉しない程度の隙間を確保したはずの

オイルパンとほんの少し干渉しています。

守口O様CB400F2バッテリー交換交換220327 (1)そう言えば純正マフラーも、取り付けには

苦労した事を思い出しました…。

で、バッテリーも解放型のお高い物が

取り付けられていたのですが

守口O様CB400F2バッテリー交換交換220327 (2)バッテリー上りからの影響なのか

バッテリー本体が少し弱って居た事もあり

またレギュレートレクチファイアー化してあるので

バッテリーを密閉式のMFバッテリーにしました。

守口O様CB400F2車検前マフラー交換220327 (6)これで車検準備は整ったのですが

年度末なので、税金の問題があるので

登録は4月に入ってから車検登録をする事にして

やっと作業用リフトから車両を下しました。

これで納車が済めば、PITが少し広くなります。


枚方Q坊号CB400作業用リフト搭載

やっと作業用リフトが空いたので、枚方Q坊号を搭載して

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (1)諸々作業をやりやすい態勢にします。

まだ肝心な部品が入荷して来ないので

仕上げる事が出来ないままなので…

そうやって預かっている内に

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (2)CP製機械曲げマフラーがタイミング良く

入荷して来たので、オーナーにちゃんと

確認を取ってから、マフラー交換取外し

取り付け作業に取掛ります。

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (3)サクサクっとアゲインマフラーを

取り外したのですが…あ!

そうだ!この車両のマフラーステーは

斬新な手作り品だったわ!

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (4)確か在庫が1個あったはずと探し出し

純正の取付ボルトも見つかったので

これでマフラー取付は問題無く作業が

出来るので、一安心だったのですが…

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (5)取り合えずマフラーブラケットを取り付け。

これでご予約頂いていたCP製機械曲げマフラー

第三便を取り付ける事が出来るのですが

心配していたサブフレームはやっぱり…

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (6)取り合えずEX側ガスケットを交換し

マフラーを入れてアルミフランジをセット。

ここまでは問題無く作業は出来た。

で、問題だったのは、やはりマフラーステー

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (7)サブフレームが曲がって居たのですが

少しややこしい曲がり方になっており

手前から奥側に掛けて広がり気味になっていたので

M8×45のボルトを緩めてフリーにしてから

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (8)M8×16のマフラー固定ボルトを入れてから

EX側マフラーフランジ取付ボルトを締め付けて

マフラーステーを締め付け、最後に

マフラーステーのボルトを締め付けて

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (9)何とか取り付ける事が出来ました。

今回はオイルパンとの隙間は干渉も無く

良い感じに取り付ける事が出来たので良かった。

多かれ少なかれ、サブフレームは

枚方Q坊号CB400CP製機械曲げマフラー取り付け (10)曲がって居る車両の方が圧倒的に多く

サブフレームが曲がって居ない車両は少ないけど

そう言った車両に機械曲げマフラーを

取り付けるには、ちょっと苦労すると思うので

取り付け方法の例として、ブログで掲載出来る検体があるので

自分の車両に取り付ける際の参考にして下さい。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) レストア | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241