2022年01月28日

昨日のCP前交差点事故過失割合例3

昨日18時25分頃CP前交差点で
大阪方面から京都方面向けの車が右折。
そこへ自転車が自転車走行通行帯がある道路の歩道を逆走し
右折車と横断歩道上で接触すると言う事故が発生した。
では、昨日の事故の過失割合についてですが
まぁこれが結構ややこしい区分けになっている。
・基本的に自転車(軽車両)にも左側通行が義務付けられている。
・13歳未満若しくは70歳以上、身体の不自由な方や
 安全の為歩道通行がやもうえない場合は歩道を走行しても良い。
・自転車走行通行帯(ナビライン)を走行する事は努力義務的な部分がある。
など…、まぁ自転車側には交通弱者救済と言う盾がある…
単純に言えばお互いの信号が青で自転車は歩道を逆走して直進
車は青信号の右折で、横断歩道上での右直巻き込み接触事故の場合
自転車側に大きな過失がない限りは自転車10:自動車90の
過失割合から始まるのですが、過失割合の修正要素で
自転車走行通行帯があるのに歩道を逆走してきた事が
自転車側にどれだけの過失があるかと言う事になり
場合によっては過失割合が50:50になるケースもある。
車を運転する方にしてみれば自転車のマナーの悪さには
大いに迷惑している事は少なからず経験はしている事だろう。
今回の事故で防犯カメラを見ると、自転車側は無灯火の様に見えるので
単純に過失割合が10+される事になると20:80と言う事になり
そこへ逆走、歩道走行の修正要素が加算される場合もある。


奈良Y様CB400Fカスタム&ドレスアップ二日目

ヘッドカバー交換用不足部品の入荷が早ければ土曜日になるので

奈良Y様CB400Fフロントフォークスタビライザー取り付け (1)今日はフロントフォークにスタビライザーを

取り付ける作業をやる事にします。

今回取り付けるスタビライザーは

当時風スタビライザーになりますが

奈良Y様CB400Fフロントフォークスタビライザー取り付け (2)結構取り付けクリアランスが厳しく

アルミ素材も軟らかいので

しっかりとインナーチューブにセットしないと

ねじ山を舐めてしまう可能性があるので

奈良Y様CB400Fフロントフォークスタビライザー取り付け (3)念の為、フロントフォークを取り外して

スタビのネジを入れた状態から

フロントフォークに入れてから

スタビライザーを組み立てる事にします。

奈良Y様CB400Fフロントフォークスタビライザー取り付け (5)もしフルボトムしてもフェンダーに

干渉しない程度の寸法を確保してから

ボルトを締め込みます。

このスタビの場合ここまでせずとも

奈良Y様CB400Fフロントフォークスタビライザー取り付け (6)簡単に取付く場合、ステムや

フロントフォークが曲がって居ると言う

可能性が高いので、それはそれでややこしい。

でもこの車両の場合はCP20号機になるので

そんなややこしい部品は使っていない為、手間は掛かりますが

確実に取付をする為に、フロントを全バラして組み立てました。

後はFCRがタイミング良く入荷して来れば良いのになぁ…


長野K様純正キャブレターリビルド

今日は少し時間があるので、今の内にお預かりしている

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (1)純正キャブレターのリビルド作業に

取り掛かる事にします。

一度O/Hはされており、現在はヨシムラミクニ

TMR MJNを車両に取り付けているとの事。

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (2)綺麗にしてオブジェにでもするのかなぁ?

取り合えず分解作業に取り掛かるのですが

インナーパーツ類は新しいのですが

全て社外品が使われていますが

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (3)オブジェならこのままでも良いのかなぁ…?

キャブレターボディの状態はまぁまぁで

上の中ですが、ガソリンラインが腐食しており

詰まっているのが分かります。

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (4)サクサクっと分解しましたが

ちょっとボルトの締め付けが緩い感じで

このまま長い間使っていたら

振動で緩んでいたかも知れないかな。

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (5)社外品とは言え、JNも交換しているのに

ダストパッキン(A/C)は交換されていなかった。

せっかく分解するんだから交換出来る物は

交換して置いた方が良いと思うのですが…。

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (7)スロットルバルブのリンクアームを固定する

M5のボルト部分に回り止めの為に

折り曲げるプレートがあるのですが

これも曲げ忘れていたし、リンクボール部には

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (8)グリスっ気は一切無かったのもどうなのかな?

リンクボール部分のグリスに関しては賛否あり

グリスを塗って動きを良くする方と、逆に

グリスにホコリが溜まり動きが悪くなる

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (9)と言う意見もありますが、基本密閉状態になり

その為に作ったダストパッキン(A/C)なので

リンクボール部分は基本密閉状態にして置かないと

グリスを塗らなくともホコリは付着する。

長野K様CB400Four用純正キャブレターリビルド分解 (10)なので、リンクボールに適度なグリスを

塗布するのは問題無いと僕は思ってます。

ステープレートからシャフトのカシメを

ドリリングして取り外しました。

一応、フルリビルドと言う事なのでボディの洗浄や

金属部品再メッキも行いますが、使えるキャブにするのか?

オブジェにするのかで、インナーパーツをどうするのかを

オーナーと相談する事にします。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) カスタム | キャブレター

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241