2022年01月06日

2022年まだ冬期休暇中の時間潰し3

まだ冬期休暇中なのですが、身体が鈍るので
お正月からボチボチと身体を動かしています。
遅ればせながら、本年も宜しくお願い致します。

今年は昨年から色々と問題があった僕が幼い頃過した
大阪住之江の玉手近くにある、亡くなった叔母の土地建物相続問題が勃発し
現在廃墟化している事から、結構ややこしくなって居り
廃屋を解体するか、相続を放棄するかと言う問題が発生!
オカンはこういう事は面倒なので、僕が代理人になって
この問題を処理する事になりました。
ちょっとややこしいので、知り合いに相談してみようと思ってます。


リアセブンスターキャスト入荷

年末にちょっとしたトラブルがあり

大阪N様リアセブンスター無事入荷220106 (1)一瞬行方不明になった大阪N様のセブンスターが

今朝CPに無事届きました。

と言う事で、早速仕上げ作業に

取り掛かる事にしました。

大阪N様リアセブンスター無事入荷220106 (2)リアも同じくZZベアリングが

使用されていたので、接触ゴムシール

C3隙間のベアリングを挿入!

これで安心して長く乗れる様になりました。

大阪N様リアセブンスター無事入荷220106 (3)リテーナーにダストシールを圧入し

ホイールに装着して締め込み。

緩み止めにポンチを打ち込んで

リアホイールの組み立てが完了です。

大阪N様リアセブンスター無事入荷220106 (4)タイヤも6日入荷予定なので

チェンジャーにホイールをセットして

タイヤが入荷して来るのを待つ事しばし…。

今年初荷になる、オーナー指定のTT100GP

大阪N様リアセブンスター無事入荷220106 (5)サイズはSTDの3.00と3.50より少し太く

お値段も高くなるのですがフロント90/90-18

リアは110/90-18と少しだけ太めになる

TT100GPのタイヤを入れます。

大阪N様リアセブンスター無事入荷220106 (6)サクサクっとタイヤをホイールにセット!

やはり綺麗なアルミキャストホイールは

タイヤレバーを使うにも気を使いますねw

これでやっとセブンスターキャストの

大阪N様リアセブンスター無事入荷220106 (7)塗装とベアリング交換が完了し

タイヤも装着が完了しました。

年末のキャストホイール行方不明問題には

流石に血の気が引きましたわ…

塗装屋の社長も平謝りだったので、多分間違えた相手側からも

相当クレームを言われたんだろうと思いますが

僕は見つかれば良かったし、付き合いも長いので輩は言いません。

まぁ結果的に完成して良かったです。


守口O様CB400F2エンジンレストア作業二十三日目

ギリ昨年末に入荷する予定だった部品が

守口O様エンジン組み立て下拵え (1)業者の不手際により入荷が遅れ

8日に部品が入荷して来る事になった…

その間エンジンを仕上げる事が出来ないので

予定していた冬期休暇中にエンジンを仕上げようと

守口O様エンジン組み立て下拵え (2)下拵えをメインにボチボチとやっていました。

で、ロアケースの仕込みも終わり

アッパーケースは、めり込んでいた

ガイドピンを除去し、新たに内燃機屋さんに

守口O様エンジン組み立て下拵え (3)特注で長いガイドピンを製作してもらいました。

これでニードルローラーベアリングも

安心して固定出来る様になりました。

これでアッパーケースの下拵えに取り掛かります。

守口O様エンジン組み立て下拵え (4)まずアッパーケースの修理加工などの

邪魔になる取り外したスタッドボルトを

差し込んで、下拵えの準備を整えます。

このスタッドボルトは、緩む場合がある為

守口O様エンジン組み立て下拵え (5)中強度のネジロックを塗布し締め込みます。

アッパー消す上面からボルトの角度を測定し

アッパーケース上面に対して直角になる様に

この時に調整をしてしまいます。

守口O様エンジン組み立て下拵え (6)クランクメタルも悩んだのですが

クランクを測定した結果、新品で出るサイズの

メタルサイズだったので、全て新品に交換。

やらない後悔よりベターでベストを選択。

守口O様エンジン組み立て下拵え (7)次に加工が終わったシリンダーの下拵え。

シリンダースリーブにOリングを押し込み

入れますが、しっかり入れないと

スリーブからオイルが上がって来て

守口O様エンジン組み立て下拵え (8)オイル滲みの原因になります。

シリンダーヘッドも諸々の

手直しなどが終わっているので

下拵えに取り掛かります。

守口O様エンジン組み立て下拵え (9)座面が荒れており、スタッドボルトからの

オイル滲みの原因になるので

座面を6カ所綺麗に仕上げました。

これ、絶対にやった方が良いです。

守口O様エンジン組み立て下拵え (10)で、下手くそなりコイルをされていた所ですが

リコイルリムーバーも届かないので

特殊工具を製作してもらい、奥にあった

リコイルを取り除き、新たにリコイルを

守口O様エンジン組み立て下拵え (11)内燃機屋さんでやってもらいました。

この一カ所だけでも結構お高く付くので

リコイルの失敗はお財布にも致命的です…。

シリンダーヘッドを洗浄してから

守口O様エンジン組み立て下拵え (12)バルブスプリングをセットして行きます。

純正新品バルブステムシールを入れて

バルブスプリングのセットは完了です。

EXスタッドボルトも純正新品に交換しました。

守口O様エンジン組み立て下拵え (13)インシュレーターも純正新品に交換して

取り付けが完了しました。

安いリプロ品もありますが、少々高くても

まだ新品で出るので、信頼の純正部品を使います。

守口O様エンジン組み立て下拵え (14)最後にクランクシャフトにコンロッドをセット。

コンロッドメタルも在庫数が少ない物もあり

新品がある内に交換しようかと思いましたが

コンロッドメタルのダメージが少ないので

守口O様エンジン組み立て下拵え (15)このまま使う事にしました。

プライマリーチェーンはみた所新しいので

伸びていないかを、新品と比較しました。

左が新品、右が旧品になりますが

守口O様エンジン組み立て下拵え (16)問題は無いので、これもこのまま旧品を使います。

コンロッドを締め付けて、カムチェーンだけ

強化カムチェーンに交換しました。

これでエンジン組み立ての下拵えが完了!

明日は関西医大でSDC経過観察の為のMRI撮影と診察があるので

この所の痛みと、発熱も頻繁にある事も相談して来る事にします。


peke_cb400f at 14:00│Comments(0) エンジン | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241