2021年08月07日

良い方のお知らせ3

【MRI撮影結果のお知らせ】
興味の無い方はスルーして下さい。
先日撮影したMRIの診断結果を昨日聞きに耳鼻科と
放射線科へ行って来ました。
耳鼻科の主治医も、放射線科の主治医も同意見で
MRIでの診断結果は癌の再発、転移、骨壊死などの兆候は
確認出来ませんでしたが、皮下に少し炎症がありそうなのですが
実際の所痛みの原因がハッキリしないので
入院検査を打診されましたが、ちょっと無理なので
通院検査で痛みの原因を調べる事になりました。
その間、何時も飲んでいる痛み止めを2倍にして
更に、中程度モルヒネ麻薬「オキノーム5咫廚
痛みをコントロールする事になりました。
なので、痛みの原因はまだ分かりませんが
取り合えずは癌再発、転移の兆候は今の所無さそうだと言う結果でした。
ご心配をお掛け致しまして、申し訳御座いませんでした。


沖縄A様CB400エンジン仕上げ

今日から本格的に沖縄A様のエンジン仕上げ作業に取り掛かります。

沖縄A様CB400エンジン仕上げL側210807まずはL側から作業を開始。

ACG、ハイパワーフル強化オイルポンプ

セルモーターなどをサクサクっと取付けて

ドライブチェーンをセットでL側は完成しました。

沖縄A様CB400エンジン仕上げR側210807 (1)次にR側クラッチなどを取付けて行きます。

リビルド済みクラッチアウターと

交換するのかと思っていたのですが

既存の物もリビルド済みだったので

沖縄A様CB400エンジン仕上げR側210807 (2)そのまま取り付けをしました。

でもパッキン類は社外品から全て

純正品に交換して取り付けました。

これでクラッチの取付は完了したので

沖縄A様CB400エンジン仕上げR側210807 (3)クラッチカバーを取り付けます。

取り合えずこれでR側部品組み付け完了。

お昼になったので嫁がお弁当を

買ってきてくれたので、お昼休み。

13時モルヒネ服用210807ご飯を食べていたら、顎を動かすので

また顎の痛みと、頭痛が激しくなって来た…。

もう朝飲んだ痛み止めが切れたのか…

仕方が無いので、モルヒネを飲んで暫く休憩。

沖縄A様CB400エンジン仕上げブリーザーカバー210807 (1)流石モルヒネ!痛みは直ぐに消えたので

作業を再開、ブリーザーカバーを取り付け。

ここのガスケットも社外品だったので

純正品に交換して取り付けたのですが…

沖縄A様CB400エンジン仕上げブリーザーカバー210807 (2)おいおい…またかよ…一本ボルトが奥まで

入らないのでブリーザーカバーを取り外し

見てみると…やっぱりだ!wクッソ!

しかもリコイルはこのエンジン特有の

沖縄A様CB400エンジン仕上げブリーザーカバー210807 (3)リコイル不良クセで奥まで入っているので

ヘリサートリムーバーで抜き取るのに

結構苦労して、やっと抜き取る事が出来た。

シリンダーヘッドでかなり痛い目に遭って

沖縄A様CB400エンジン仕上げブリーザーカバー210807 (4)修理にかなりの費用が掛かったので

このエンジンに関してのリコイルはもう

懲り懲り…ちゃんと学習したので

急がば回れで、しっかりと養生をして

沖縄A様CB400エンジン仕上げブリーザーカバー210807 (5)リコイルタップをやり直して通して

リコイルもちゃんと入れました。

ブリーザーカバーを取り付けるのに

2時間も掛かってしまった。

沖縄A様CB400エンジン仕上げブリーザーカバー210807 (6)ボルトが短かった理由もこれで納得。

リコイルの場所も外側で良かった…。

今日中にキャブまで取り付けたかったけど

余計な所で手間が掛かってしまった。

沖縄A様CB400エンジン仕上げオイルパンフィルターケース210807 (1)もう今日はオイルフィルターケースと

オイルパンを取り付けて今日の作業は

予定終了にします。

火入れの準備でバッテリーを

沖縄A様CB400エンジン仕上げオイルパンフィルターケース210807 (2)サルフェーション充電しておきます。

この後問題がこれ以上無ければ

明後日の月曜日にキャブを取り付けて

火入れとなる予定で、火が入ってから

キャブの状態をチェックしてみる事にします。


1号機用レデューサー修理完了

この前の車検整備の時に判明したレデューサーの故障ですが

1号機用ツインリードバルブレデューサー修理完了取り付け210807 (1)早くも修理が終わり戻って来たので

早速取り付けて仕舞う事にしました。

せっかくオイル交換をしたのに

レデューサーが無いと不安ですからねぇ

1号機用ツインリードバルブレデューサー修理完了取り付け210807 (2)1号機をPITに入れてオイルキャッチタンクを

取外して、レデューサーを取り付けました。

これでエンジンオイルの酸化、乳化が防げて

クランクケース内が負圧になります。

1号機用ツインリードバルブレデューサー修理完了取り付け210807 (3)普段から自分の車両もちゃんと

メンテナンスをしておかないから

こう言う事になるんですよねぇ…

でも、自分のバイクのメンテナンスって

やっぱり面倒臭いんですよねぇ…w


peke_cb400f at 17:00│Comments(2) エンジン | レストア

この記事へのコメント

1. Posted by shimizu@nagano   2021年08月07日 17:21
5 PeKeさん、一言だけ…転移なくてほんと良かったです! どうか痛みも引きますように…
2. Posted by PeKe   2021年08月09日 09:14
>>1

> PeKeさん、一言だけ…転移なくてほんと良かったです! どうか痛みも引きますように…

shimizu@naganoさん

ありがとう御座います。
ご心配をお掛けしており申し訳御座いません。
痛みの原因はまだ分かっていませんが
まぁその内何とかなるでしょうw
バイクの方も何とか早い内のタイミングが良い時にでも
何とか手当をしないといけないですね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241