2021年08月01日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日8月2日(月曜日)は真正多血症経過観察と
血液検査及び脾臓のエコー検査の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けい致しますがよろしくお願い致します。
脾臓のエコー検査は、真性多血症患者に良く見られる
脾臓の肥大症状があるらしく、その状態をエコー検査で
確認する為の物で、肥大していたら切除するかも知れないらしいよ。
で、ついでにコロナワクチン接種について
血液内科主治医の意見、接種についての見解を聞かせて貰います。
因みに耳鼻科では、血液内科で聞いた方が良いと言われました。


京都T様CB400オイル交換とフル強化オイルポンプ「極み」取付

昨日作業予約を頂いた京都T様CB400のオイル交換作業を

京都T様CB400フル強化オイルポンプ「極み」取付210801 (1)朝一から取り掛かります。

貴重で、高価になった398cc

オーナーも少しずつ手を入れて

自分好みに仕上げている感じです。

京都T様CB400フル強化オイルポンプ「極み」取付210801 (2)で、何時もの如く熱々のエンジンオイルを

抜くのですが、やはり若干白濁しており

オイルが乳化している事が分かりますね。

シフトシャフトからのオイル滲みも

京都T様CB400フル強化オイルポンプ「極み」取付210801 (3)気になった事もあり、エンジンオイルを

抜いたついでに、フル強化オイルポンプ

「極み」も導入する事になりました。

10周年記念セールは昨日で終わってますが

京都T様CB400フル強化オイルポンプ「極み」取付210801 (4)オイル交換作業のご予約を昨日中に

頂いていた事もあり、オイルポンプは

セール対象として処理をする事にしました。

で、既存のオイルポンプを取り外すと

京都T様CB400フル強化オイルポンプ「極み」取付210801 (5)液体ガスケットを塗られていたので

取り外すのに苦労しましたが

無事にフル強化オイルポンプに交換が完了。

シフトシャフトのオイルシールも硬化しており

オイル滲みの原因だったので、ついでに洗浄して交換して更に

せっかく綺麗にしたので、オイルシールホルダーも装着となりました。

両方のパーツ共、帰りに実感が出来るパーツになるので

帰宅の道中は楽しい道中になると思います。

ありがとう御座いました。

【追記】
先程オーナーからお電話で報告があり、油温計は付いていない物

体感してエンジンの発熱量が違う事と

ミッションの入り具合も良くなりましたとご連絡を頂きました。

ご報告ありがとう御座いました。


沖縄A様CB400エンジン搭載準備

昨日組み上がったエンジンをフレームに搭載するのですが

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (1)搭載前にフレーム側に落とすアースラインを

確保してからエンジンを搭載します。

まずロアのアッパーエンジンハンガー

ボルト部分の塗装を剥がして

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (2)塩害防止にグリスをたっぷり塗ります。

元々オーナーは塗装を残したまま

銅線をボルトに巻いてアースを

落としていたのですが、全てが塗装されているので

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (3)完全にアースが取れている事は

無いと思いますし、たまたま何処が

アースに落ちていただけだと思うので

塩害防止の考えは理解出来るので

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (4)最小限だけ塗装を剥がし

尚且つ、確実にアースを落としておかないと

電装系、点火系の不具合にも成り兼ねません。

で、確かに表面的には塗装が完璧ですが

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (5)フレームのボルト穴内部には既に錆があり

塗装が回って居ない事が分かります。

クランクケースも塗装されているので

エンジンにアースを落とすのも厳しい。

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (6)なので、今回フレーム側に集中して

アースを落とす様に塗装を最小限

削り落としました。

ボルトやカラーが完全に接していれば

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (7)錆のリスクも少なくなるはずだし

普段は塗らないグリスも塗って

防錆処置もしっかりとしておきます。

これでロアエンジンマウントボルトから

沖縄A様CB400エンジン搭載準備210801 (8)確実にアースがフレームに落ちる様になった。

で、エンジンを搭載しようと準備をしながら

思い出したのが、不足部品がまだ

入荷してなかった事を思い出したので

どうせなので、搭載してからやりにくい作業をやるより

搭載前に作業を済ませた方が良いと思ったので

ここはやる気モードを切り替えてエンジン搭載は火曜日にする事にしました。


純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作

注文していたハンドルスイッチ色用の配線が入荷して来たので

純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作210801 (1)今日はプッシュキャンセルスイッチ

純正ハンドル対応タイプの

試作品を作ってみる事にしました。

スターティングキルスイッチ側はまだ

純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作210801 (2)本体が入荷して無いので、また次回!

前回テストで作ったカスタムハンドル用の

プッシュキャンセルスイッチは

今度1号機に取り付けようかと思っています。

純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作210801 (3)で、純正ハンドルスイッチの配線長を測って

短い分を購入した配線で継ぎ足し

純正ハンドルでも使える様にしようと言う

試作品のスイッチを作ります。

純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作210801 (4)短い分の配線を少し長めに切断しました。

これで後はハンドルスイッチ側の配線と

接続するのですが、今回試作なので

ハンダで接続をしようと思ってます。

純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作210801 (5)で、実車に取り付けてみた時に

ハンダ部分にストレスがどれ程あるのかを

検証したいと思っています。

配線色が違う物が1本あるので

純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作210801 (6)この延長線で配線色を揃えておき

接続ミスが無い様に変更しておきます。

ハンダで配線を繋げて熱伸縮チューブで保護して

ハーネスチューブを入れようとしたのですが

純正ハンドル対応プッシュキャンセルスイッチ試作210801 (7)同じ1.25sqの配線なのですが

矢崎自動車の配線被覆が少し太いので

内径10Φのチューブでは入らなくなった…。

仕方が無いので内径13Φのチューブを発注して

黒に赤の+ジャンパー配線を作って、今日はここまでで終了です。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) メンテナンス | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241