2021年01月22日

心配していた事が…3

息子が勤務する病院で先日クラスターが発生し
外来患者さんの診察は全て中止となったらしく
入院患者のみの治療になったとの事。
幸い息子は濃厚接触者もおらず、検査結果も陰性だが
脳外科医が仕事が出来ない環境になっており
救える命が救えなくなっている…。
医療従事者はワクチンを先行して受けれるらしいけど
息子はアレルギーもあるので、それも心配だし
僕も嫁も基礎疾患があるので、ワクチン接種は先に受けれるけど
嫁に聞いたら、ワクチン摂取はしないらしい。
日本政府も日本の製薬会社やFフィルム社などにお金を出せば
きっと安全なワクチンが作れると思うけどなぁ…。


CB400国内398cc25号機用不足部品取り付け

どのタイミングで25号機の下拵えを止めたら良いのか

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (1)ドンドンと分からなくなってきたのですがw

取り合えず純正ヘッドライトステーに

不足部品を取り付けて

メーター周りを仕上げてしまいます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (2)ヘッドライトステーにダンパーラバーを入れ

メーターステーを固定出来ました。

血統書付きの国内398ccなので

一つ一つの部品に拘って仕上げて行きます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (3)メーターステーが取付いたので

メーターセットリングを取り付け。

ダンパーラバーを入れました。

398cc用メーターはリビルド品があるので

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (5)そのメーターを取付ました。

まだ少し発注漏れがあったので

ヘッドライト、メーター周りは

これにて作業は一旦終了です。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (1)チェーンカバーも拘りの純正部品の

再メッキ品を使います。

拘るので再メッキは高いのですが…。

それも血統書付き車両なので拘ります。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (2)サクサクっと取り付けが完了しました。

ホイールハブはバフ仕上げだけの状態で

ベアリングやスポークはまだ組んで無く

ローリング状態にはまだ出来ないので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (1)付けた部品の点数だけ車重も重くなるけど

部品管理をし易く為に、取り付けなくても

組める物を組み立てて行きます。

で、必要な部品をピックアップしました。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (2)まず再メッキしたキックアームから

組み立てを開始です。

ほぼ全部の部品が絶版部品なので

貴重なキックアームの部品を

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (3)宝物庫から取り出して組み立て。

キックアームのブラインド蓋はリプロ品です。

それ以外は純正部品で組み立てました。

これでキックアームの下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (4)次にステップを組み立てました。

シフトペダルも純正品を再メッキしたので

仕上げる時にステップにセットします。

これでステップも下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (5)次にOEM品の新品IGCを組み立て。

OEM品なので、今までトラブルは一度も無く

信頼出来る部品になります。

これでIGCも下拵えが完了です。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (6)次にスターターマグネチックスイッチに

リプロ品ですが、配線を接続して

電装部品の下拵えを済ませます。

これで下拵えが終わったので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (7)エアークリーナーBOXに取り付け。

これで電装部品関係は

ほぼ下拵えが終わったかな?

後はメインハーネスを這わすだけです。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (8)もう25号機の作業もキリが無いので

この辺で一旦終わらせようと思い

作業用リフトからフレームを下しました。

明日からは20号機のエンジン組み立て作業に

取り掛かれそうなので、20号機のエンジンを仕上げてから

キャブレターやセルモーターのリビルドに取り掛かろうと思います。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) 部品 | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

deny from all order deny,allow deny from amazonaws.com deny from sedna-aca.com deny from 52.73.147.241