キャブレター

2019年12月01日

令和元年12月3

令和元年も今日から12月に入り
植村一貴第55回NGKスパークプラグ杯
鈴鹿サンデーロードレースも
今日が最終戦。
FBでライブ配信を見ながらなので
気になって仕事にならない一日でした。
JP250に出場した#6植村一貴師匠は
10位完走と言う結果でした。


1号機クラッチ不具合とACG交換

この前裏表を入替えた1号機の乾式クラッチですが

1号機乾式クラッチ手直し (1)どうも切れが悪く、半クラ状態になるので

クラッチプレートが歪んでいるのかも・・・?

と、思いプレートを交換する事にしました。

プレートは早くに入手してあったので

1号機乾式クラッチ手直し (2)今回のホンダ純正部品システム不具合に

関係なく良かった。

ラック&ピニオンカバーを取外して

今年2度目の乾式クラッチ本体とのご対面。

1号機乾式クラッチ手直し (3)念の為の乾式クラッチ本体の

バックアップパーツASYYもありますが

多分使わなくても大丈夫だと思います。

皿バネが割れていたので中古良品に交換。

1号機乾式クラッチ手直し (4)プレートを新品に交換して復旧。

今度は問題なくクラッチが切れるので

やはりプレートの歪みがあったと思う。

バックアップパーツは又今度使う事になりそう。

1号機乾式クラッチ手直し (5)プレートを重ねて横から透かして見ると

やはり歪みがあるので光が漏れてます。

写真では分かり辛いですが

湿式クラッチでも切れが悪い場合は同じです。

当時物新品HM文字入りACGカバーにコンバージョンキット (1)次に当時物新品HMマーク入り

キジマ製ACGカバーに

FOUR ONE製ACGコンバージョンキットを

取付けて1号機に取付をします。

当時物新品HM文字入りACGカバーにコンバージョンキット (2)キジマの作りが雑いので

全て取付く物ではありませんが

今の所2台取付けて、2台共に使えてます。

で、カバーにコイルを取付けました。

1号機HMダイナモカバー交換 (1)今付いているアゲイン製ACGカバーキットは

問題なく使えるので1号機から取外したら

そのまま19号機に取付けるつもりです。

エンジンガードを取外して

1号機HMダイナモカバー交換 (2)サクッとローターを取外し交換完了。

コイルとローターの干渉も無く

発電も良好で、見た目も良い感じです。

もうこれからはドンドンと

1号機HMダイナモカバー交換 (3)宝物庫の新品部品を使っちゃいます。

後何年この熱量を維持出来るか

全然分からないし、使わないとね!

Z1000mk兇蘯衒したので

これからは壊さないように楽しむ事にします。


もう時期お金持ちになる自由人君ご来店

昨年の事故も、僕がお世話になっている弁護士を入れたので

もう時期お金持ちな自由人君ご来店191201年内には持ち慣れない金額が入ってくる予定の

自由人君がご来店!その後の話を聞くと

弁護士の成功報酬が20%の約束で

代理人を引き受けて頂いているので

自由人君には「弁護士がたったの20万ぐらいで動くと思うなよ!」と

言っていたのですが、やはり弁護士の費用だけでも

200万ぐらいは支払う事になりそうなので

僕との約束のリジットなお鮨は確定しましたw


早くも年末の大掃除

12月に入り今日は天気が良いと言う理由だけで

2019年早くも末の大掃除w嫁が早くも年末の大掃除に取掛かりました。

まずは外回りの掃除と扇風機を分解して

綺麗に掃除して来年の夏までお片づけ。

掃除が終われば今度は棚卸しだな。

めんどくさ・・・。


19号機用下拵え12日目キャブレター仕上げ

早くても月曜日かなぁと思っていた純正部品ですが

19号機用キャブレター仕上げ (1)予想よりも早くSJが入荷してきたので

早速仕上げ作業に取掛かります。

サクサクッとSJを取付けます。

フロートチャンバーはブラストしたまま

19号機用キャブレター仕上げ (3)放置してあったので

大急ぎでバフ仕上げをしてしまい

キャブに取付けて仕上げないと!

で、そのビフォー、アフターです。

19号機用キャブレター仕上げ (4)全部のフロートチャンバーを

バフで仕上げてサクッと本体に取付け。

光具合も良い感じです。

これでキャブレターが仕上がりました。

19号機用キャブレター仕上げ (5)後はホース類を取付けて完成。

分解から組立てまで三日も掛かってしまった。

部品取りで再メッキした物が

ちょっとづつ足りなくなってきたので

再メッキ部品を探す手間が増えた事も三日も掛かった原因かな・・・。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年11月30日

ホンダ純正部品システム障害再発3

11月22日から発生していた
ホンダ純正部品システム障害ですが
一旦はシステムが復旧した物の
部品出荷が滞っていた分の処理が膨大になり
また新たに29日に同じくホンダ純正部品の
システム障害が再発しており
復旧の見込みが未定となっている状態です。
今の所ある程度は在庫部品でまかなう事が出来ますが
在庫切れ純正部品に関しては現在入荷未定となっておりますので
ご注文の際には在庫部品のご確認を頂けます様お願い致します。


19号機下拵え11日目

19号機用キャブレターの下拵え二日目に入りますが

19号機用純正再メッキリムスポーク取付 (1)今日は以前再メッキに出していた

ラインオフ純正D.I.Dリムの再メッキが

仕上がって戻ってきたので

スポークを張ってハブをセット。

19号機用純正再メッキリムスポーク取付 (2)今回再メッキが意外と高かったので

Hリムにすれば良かったと・・・。

でもまぁ貴重な純正ラインオフ物なので

今回は仕方が無いかなぁ。

19号機用純正再メッキリムスポーク取付 (3)タイヤの発注がまだだったので

取合えずリアスプロケットと

フロントディスクとアクスルシャフトを

取付けて、後はタイヤの入荷待ちです。

19号機用キャブ仕上げ二日目 (1)次に先日の続きでキャブの組立て。

メッキーパーツを全て取外して

綺麗に洗浄が完了したボディを

チェックして、組立て準備が完了しました。

19号機用キャブ仕上げ二日目 (2)リンクシャフトをセットして

バタフライなども取付けて

一番目立つチョークレバーも綺麗になり

連結の準備が整いました。

19号機用キャブ仕上げ二日目 (3)リンクアームの取付準備。

新しいフェルトパッキンをセットして

フッ素オイルを染込ませて組立てて行きます。

インナーパーツのJNは在庫があり助かった。

19号機用キャブ仕上げ二日目 (4)CP製リプロ新品ダストパッキン(A/C)を

取付けて、リターンスプリングは

マジックスプリングに変更。

これでプレートを取付けます。

19号機用キャブ仕上げ二日目 (5)プレートを接続して

トップキャップまで取付が完了。

SJが無いので今日はここまでで終了です。

早ければ月曜日には部品が入荷するかも?

19号機用キャブ仕上げ二日目 (6)在庫部品を整理していたら

純正新品のフロートバルブがあったので

取付けてフロートとMJをセットして

後はSJが入荷すれば完成です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年11月28日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日11月29日(金曜日)は火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
恐らく当分の間、金曜日は臨時休業になると思います。
ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。


キジマ真鋳製デコレーションボルト

12月中旬から下旬に掛けての販売予定ですが

キジマ真鋳デコレーションナット&ボルト (1)1970年代に販売されていた

キジマの真鋳製デコレーションボルトが

再販される事になり、そのサンプル品が

CPにも届きました。

キジマ真鋳デコレーションナット&ボルト (2)品番:0301

品名:デコレーションナット

サイズ:ナット M10×P1.25mm

素材:真鍮(2個入り)

取付:Rリアショック上部ナット等

キジマ真鋳デコレーションナット&ボルト (3)品番:0302

品名:デコレーションナット

サイズ:ナット M12×P1.25mm

素材:真鍮(2個入り)

取付:Rリアショック上部ナット等

キジマ真鋳デコレーションナット&ボルト (4)品番:0303

品名:デコレーションボルト

サイズ:ナット M6×P1.0mm

素材:真鍮(2個入り)

取付:ナンバープレート取付ボルト等

パッケージも当時使用されていたチェカー柄仕様を復刻し

当時の風合いを出す為に、仕上げ研磨をしていません。

全てのアイテムに現会長のイニシャルTKマークが打刻されています。

価格は各商品とも税別¥4,000になってます。


19号機下拵え10日目

19号機用キャブレターのリビルドをやろうと思っているのですが

19号機用純正キャブリビルト開始 (1)何かこう今一つ、情熱が沸かないと言うか

やる気が沸かない感じで

じっくりと集中する時間が無いんだと思う。

こんなのやり出したらサクサクっと

19号機用純正キャブリビルト開始 (2)済むんだけどねぇ・・・。

で、2基分のキャブが中途半端な状態で

作業が止まっていた物を仕上げる事に。

部品を探すのが面倒になってきたわ・・・。

19号機用純正キャブリビルト開始 (3)取合えず再メッキしたシャフトを

見つけたので、少しやる気が出てた感じ。

後は分解してシャフトを交換すれば

サクサクッと仕事が進むはず・・・。

19号機用純正キャブリビルト開始 (4)ゴソゴソと部品を仕分けしていたら

少しずつやる気スイッチが温まってきた。

このボディは腐食が激しく使えないので

部品取りとなります。

19号機用純正キャブリビルト開始 (5)取合えず分解した部品の仕分けが完了。

再メッキに出す部品1基分と

僕が加工する部品に分けました。

これで後1基のキャブも分解します。

19号機用純正キャブリビルト開始 (6)取合えずダラダラと再メッキ部品を集め

再メッキしたシャフトを入れて

リンクプレートを完成させました。

これで次はボディを取外します。

19号機用純正キャブリビルト開始 (9)サクサクッと分解が完了し

プレートからシャフトを抜いてブラスト。

ボディは取合えずキャブクリをぶっ掛けて

後で手洗い洗浄だな。

19号機用純正キャブリビルト開始 (10)ダストパッキン(A/C)も3年程前に

250台分×4で1000枚作ったのですが

もう残りが僅かになってきたので

そろそろ2ロッド目を作らないと

キャブのO/Hに困るからなぁ・・・。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年10月10日

ワールドモトCPブース出展決定3

今月末10月27日に泉大津フェニックス多目的広場で開催されれる
昨年に続きワールドモトにブース出展する事が決まりました。
(まぁほぼ強制参加ですがw)
新車、旧車問わずの今年最後になるバイクイベントですので
お時間のある方は是非ご来場下さいますようお願いします。
新車の試乗会などもあります。


頚椎ブロック注射

ツーリングシーズンに備えて、昨日頚椎にブロック注射をして来ました。

191009頚椎ブロック注射これで10月のツーリングは

乗り切れると思います。

何が辛いかって、朝起きる時の

頭の重さが激しく辛い。

その上にヘルメットを被って高速道路は走るとなれば

手が痺れて全然ダメなので、これで大丈夫だと思います。


O/H済みFCR動作チェック

昨日組み上がったFCRなんですが、組み上がった時にビトーさんから電話が入り

OH済みFCRエンジン取付け作動チェック (1)カラーの件での電話で、在庫が確保出来たので

発送するとの事だった・・・。

まぁもう作って組んでしまったけど

また使う事もあるかも知れないので

OH済みFCRエンジン取付け作動チェック (2)そのまま送って貰う事にした。

で、O/HしたFCRをレーサーに取付けて

ガソリンを流し込みオーバーフローは無し。

これで火入れの準備が完了。

OH済みFCRエンジン取付け作動チェック (3)キャブにガソリンが溜まった所で

セルでエンジン始動!

少しアクセルが重いけど

アイドリングもOKで安定しています。

OH済みFCRエンジン取付け作動チェック (4)ブリッピングも良い感じなので

グズグズだったFCRも無事再生完了。

まぁ結構な費用は掛かりましたが

これで使えるようになって良かったです。


高槻ウルフ号継続車検予約

今月末ぐらいに継続車検のご予約でご来店は高槻のウルフ号。

ウルフ号継続車検予約191010早い物でご購入から2年が経過しました。

今月はイベント月間なので

少しバタバタしますが

予定通りに進めたいと思っております。


大阪T号継続車検

継続車検でお預かりしている大阪T号の車検が完了しました。

大阪T号継続車検191010 (1)型式指定番号とF2で類別区分が

残っていたのですが

高さはメーターアップステーが

付いていたのでクリアー

大阪T号継続車検191010 (2)幅はちょっと細工してますがw

この方法は以前検査官に

「舐めてるのか!?」って目で見られましたが

まぁこれで何とか勘弁してもらいます。

大阪T号継続車検191010 (3)と言う訳で無事に継続車検が終わり

元に戻し、納車準備を済ませます。

今日はまだ夕方から2台ほど入庫があるので

納車は明日の予定になります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年10月08日

キャッシュレス・消費者還元事業3

昨日放送された月九ドラマ「シャーロック」を見ました。
ドラマの内用はどうでも良かったし
期待するほど面白いと思わなかった。
番組冒頭、フォアのイグニッションが暗闇で光った時
「おー」と思って、ヘッドライトがノーマルなのに
嫌に明るいなぁとは思った。
番組スポンサーがHONDAだったのも納得。
まぁフォアが出るから毎週見ますけどねw


真性多血症検査結果

昨日は臨時休業を頂き、真性多血症の検査に行ってきました。

真性多血症血液検査191007 (3)血液検査の結果は

相変わらず赤血球の数値が高く

ヘマクリットがまた少し上昇していたのと

糖尿病の血糖値やA1cが上昇していた。

肝臓の数値γ-GTは今までと比べるとほんの少しだけなのに怒られた。

真性多血症血液検査191007 (1)真性多血症血液検査191007 (2)







鉄分をなるべく摂取しないようにしているのにUIBCの数値がかなり高く

これも真性多血症の症状らしい。


ツーリングの準備

台風19号の進路が大体確定し、通過速度的にも12日のフェリーさえ

ツーリング準備欠航しなければ、台風一過を期待して

フェリーに乗船しようと思ってます。

毎回九州へ行こうとすると台風が来るんだけど

よくよく考えたら、名古屋が絡むと

台風が来てる気がするなぁ・・・。

まぁあれだ、台風の目が居るからなぁw


FCRO/H

以前からO/Hをしようと思っていて、時間が無く全然作業が出来なかった

FCR28OH191008 (1)FCRのO/Hを再開する事にしました。

かなり古いFCRなので

何処まで完調になるかは分かりませんが

ボディの磨耗が少ないので希望はあるかな。

FCR28OH191008 (2)まぁ有りがちな感じで

エアベントは折れてます。

もう片方もかなり硬化しているので

ついでに交換します。

FCR28OH191008 (3)ジョイント部のダストゴムカバーも

かなりの劣化状態なので

ここも交換してしまいます。

フラットバルブも見る限りこのまま使えそう。

FCR28OH191008 (4)で、取り合えず分解開始。

フラットバルブのローラーは新品に交換

リップシールも新品に交換。

ベアリング付きのローラーはこのまま使います。

FCR28OH191008 (6)で、ここまで分解する間に

アルミカラーと取付けボルトが

焼き付いて折れてしまったので

仕方なく追加発注、組立てもここまで。

FCR28OH191008 (7)なので、インナーパーツの洗浄をして

取付けに支障の無い物は

組付けて行く事にしました。

殆どのインナーパーツは新品が揃ってます。

FCR28OH191008 (8)まずはPSのOリングは硬化していたので

Oリングを新品に交換。

PSやその他の部品は

そのまま使います。

FCR28OH191008 (9)ボディにPSをセットして

全閉から取りあえず1回転戻しでセット

まぁ細かな調整は仕上がってからでも

良いと思います。

FCR28OH191008 (10)その他、フロートバルブシートと

Oリングは勿論新品、取付けボルトも新品。

SJも新品を用意しました。

これとニードルホルダーはそのまま使います。

FCR28OH191008 (11)サクサクッとセット完了です。

まぁカラーが折れるのが

想定外だったのが残念です。

本当なら今日中に仕上がって

FCR28OH191008 (12)チェックも出来たと思います。

ボディからASとAJを取外して

洗浄をしてしまいます。

ASもAJも腐ったガソリンで詰まってました。

FCR28OH191008 (13)ガソリンの通路は綺麗に掃除出来たので

AJとASを取付けました。

ASは取り合えず全閉から1回転戻しで

一旦セットして、ビトーに部品を発注したら

FCR28OH191008 (14)ジョイントカラーは部品としては

手持ちに無く、20個からなら対応出来る

との事だったので、仕方なく

アルミの丸棒を加工して作った。

FCR28OH191008 (15)これを本体にセットして

作業再開!

これで2番1番キャブを組付ける事が

出来る様になりました。

FCR28OH191008 (16)で、全てのキャブを取付けて

フラットバルブを調節。

FCRの同調は結構ザックリな感じで

バルブが開くタイミングを揃える感じでOKです。

FCR28OH191008 (17)フロートバルブも新品に交換して

取り付けが完了です。

後は固定するだけで

油面もほぼ触る必要はありません。

FCR28OH191008 (18)JNはそのままのビトーから出荷された

STDのFTSを使います。

クリップ位置も真ん中です。

トップキャップを取付けて

FCR28OH191008 (19)STDスピゴットを加工した

ショートスピゴットを取り付け。

これビトーから購入すると

1個辺り8,000円ですから×4+TAXです。

FCR28OH191008 (20)MJをセット#2.3のMJは#118

#1.4のMJは#115をセットしました。

これでフロートチャンバーを

取り付ければ

FCR28OH191008 (21)はい!完成!!

ファンネルが1個割れていたので交換。

明日の定休日にでも車両に取付けて

火入れチェックをしてみます。


キャッシュレス消費者還元事業

今話題の悪名高いキャッシュレス消費者還元事業用

キャッシュレス消費者還元事業主 (1)店頭広報用ツールが、経産省から

今日店に届きましたが

まだ全ての登録が完了していないのですが

取合えず5%還元事業主になってます。

キャッシュレス消費者還元事業主 (3)で、これが噂の数億円掛けたと言う

広報用ツールで、ただのゴミです。

それよりも早い所タブレットとか

登録をサクサクと進めて欲しいわ。

キャッシュレス消費者還元事業主 (2)CPでは今の所

PayPayや諸々のカードは使えるけどね。

auペイや楽天ペイなど諸々の登録手続きも

殆ど済んでますが、まだタブレットが届いてない。

でも一応5%還元対応事業主になってます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年08月04日

お祭り男達の襲撃3

FCRの部品やキャブ本体の見積もりをビトーさんに
お願いしたのですが、FRC本体の納期が
9月初旬だと言う返事があったのですが
まぁそれでも1.2週間ぐらいで届くはずなのですが
丁度お盆と重なる為、ちょっと納期的に厳しいので
アゲインに連絡したら、丁度在庫があったので
そのキャブをこちらに回してもらいました。


いきなり亀八BBQとカラオケ大会

昨日はお祭り男達の襲撃を受けて、午後から強制的に閉店となり

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (1)ホットプレートで亀八風BBQ。

手馴れたお祭り男達に圧倒されて

僕はただただウロウロするだけでした。

そして始まった店内占拠の飲み会。

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (2)思えば約一月ほど前から探りの

ネタ振りがあった事を思い出しました。

準備も整いお昼の12時に宴会がスタート!

時間が経つにつれ酔いも周り

片っ端から知り合いに呼び出しメッセージを送り出したり

dayさんのギターで歌ったりと結構楽しく過ごしてました。

で、呼び出しに引っ掛かってしまったのは

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (3)アゲイン社長松永氏もご来店。

今回は車での参加だった為残念な事に

ノンアルだったので、理性を保ったまま

早々に引き上げて行かれましたw

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (4)で、襲撃犯の手引きをしたK氏は

早々に撃沈して事務所でダウンして

1時間後に復活して来ていました。

トータル6時間に及ぶ店内占拠の大宴会も

主犯格の「次行くぞー!」と言う一声で引上げて行かれました。

こんなサプライズ的な襲撃でしたが、とても楽しい時間でした。


T様キャブレターシャフト再メッキ

今回少し手違いがあり、時間が掛かってしまい申し訳なかったのですが

T様ご依頼キャブレターシャフト再メッキT様ご依頼のキャブレターシャフトの

再メッキが仕上がって戻ってきたので

早速発送させて頂きました。

遅くなり大変申し訳御座いませんでした。


銀ちゃんご来店

昨日来れば良かったのに!w、多分動物的直感で身の危険を感じたのか

銀ちゃんご来店190804 (1)本日開店直後にご来店した銀ちゃん。

多分ハイテンションなので

仕事で徹夜明けだと思うけど

急に乗りもしないフォアのサイレンサーを

銀ちゃんご来店190804 (2)交換すると言い出して

僕が使っていたYタイプのサイレンサーと

アゲイン試作のショートタイプの

ラージサイレンサーと交換。

銀ちゃんご来店190804 (3)多分このショートタイプの

アゲインラージサイレンサーは

これだけだったと思います。

この先レア物に登録されるかも知れないね。

銀ちゃんご来店190804 (4)で、サイレンサーを交換し終わって

ちょっと一っ走り行って来るって事になり

タイヤの空気圧を点検すると

半分ほどしか入っていなかったw

銀ちゃんご来店190804 (5)出発準備も整ったので

多分何時ものコースを

パトロールしてくるんだろうと思います。

お気をつけて行ってらっしゃい!

と言ったその30分程度で「もう暑過ぎ!」と言って戻ってきました。


大阪T号新品FCRセット

お盆もある事から、納期が全然読めなかったので

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (1)アゲインの在庫を分けてもらい

その組立てとセッティングをします。

まずは箱からFCRを取出すと

何も付いていない状態になってます。

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (2)で、JNのクリップ位置を

エンジンの仕様に合わせて変更します。

大阪T号のエンジンはノーマルエンジンなので

クリップ位置を上げて薄めの設定にします。

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (3)次にMJも交換、送られて来た状態の

MJは#125が入っており、これは450に

ボアアップしてあっても、500ccや510cc

更には僕の520ccでもかなり濃くなってます。

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (4)でMJをノーマルエンジンでも少しだけ

濃い目にセットしておきます。

これなら1年を通してでも普通に乗れる

セットだと思いますが、この夏の暑さは

少し濃い目ですが、ONシーズンなら丁度良いと思います。

大阪T号FCR取付け (1)新しいFCRを取付ける前に

腐ったガソリンがオーバーフローして

クランクケース上にあるので

タール化する前に洗浄して綺麗にします。

大阪T号FCR取付け (2)ちょっとてこずりましたが

腐ったガソリンはまぁほぼほぼ綺麗に

除去できたので、新しいFCRを

取付けて火入れの準備をします。

大阪T号FCR取付け (3)で、FCRを取付けて

プラグを掃除して取付け

エンジンオイルを入れて

古いバッテリーを取外して

大阪T号FCR取付け (4)新しいバッテリーを充電している間に

タンク内の古いガソリンを捨てて

新鮮なガソリンを入れました。

これで後はバッテリーの充電待ち。

大阪T号FCR取付け (5)バッテリーの充電が終わりエンジンを始動!

ヨシムラマルチテンプメーターの電圧と

バッテリー電圧の誤差は0.2V程度でした。

エンジンの状態も良好なので試運転へ。

大阪T号試運転1908046,000rpm辺りでタコメーターが踊るのは

メーターアップステーかクッションに

問題があると思いますし

アイドリングの表示も正確ではありませんが

下から上までスムーズに回るのでこれで良いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年08月01日

新型強化オイルポンプについて3

【新型強化オイルポンプについてのご連絡】
レギュラー商品だった強化オイルポンプですが
一部部品の販売終了により供給が安定しない為
取合えず在庫限りとなります。
部品が揃えば製作も可能なので、現在部品を集めておりますが
次ロットより値上げとさせて頂く事になりますので
ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承の程宜しくお願い致します。
因みに在庫は2点と商品見本1点の計3個となっております。


男は黙って七三分け

何でも巷ではグレイヘアーが流行っていると聞いてます。

190731の男は黙って七三分けいっその事白に染めてしまおうかと相談したら

僕の髪の色はブルーグレーらしく

吉川晃司と同じ系統の色で

グレイヘアーの中でも一番カッコいいらしい。

なので、このままの方が良いので染めない方が良いらしいよ。


明石T号エンジン下拵え三日目

今日はシリンダーヘッドカバーとクラッチカバーの下拵え。

明石T号ヘッドカバータコメーターギアーオイルシール交換 (1)シリンダーヘッドカバーは

タコメーターギアーのオイルシール交換。

ロッカーアームに若干のカジリがあるのですが

今回はスルーする事にします。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (1)次にクラッチカバーの下拵え

まずはカバー側に残ったパッキンを

ネチネチと剥がします。

純正塗装が残っておりリムーバーが使えません。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (2)なので仕方なくネチネチと

ガスケットを剥がして

綺麗に剥がせました。

オイルシールなども取外して

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (3)クラッチアジャストボルトの

ねじ山をリタップ。

レリーズカバーのねじ山も錆びが回っていたので

同じくリタップ掃除。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (4)持込まれた部品の中から新品の

クラッチボールリテーナーを探し出し

レリーズレバーも状態が良い方をチョイス。

リターンスプリングが無いと

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (5)思っていたら一緒に入ってました。

クラッチアジャスティングボルトの

Oリングも新品に交換しました。

ここ45年物が多いですね。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (6)これで組立て準備が整いました。

ボールリテーナーはまだ十分使えます。

一度だけ激しく磨耗している物をみましたが

オーナーの意向で新品に交換してしまいます。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (7)これでクラッチカバーの下拵えも完了。

レリーズカバーも状態が良い方に交換。

アジャストボルトも新品を装着し。

オイルレベルゲージのOリングも新品です。

まぁこれで明石T号の部品下拵えは完了です。


大阪T号エンジン不動入庫

約2年前にCPでメンテナンスをした大阪T号が

大阪T号不動CB400F整備入庫 (1)今回は不動車になり入庫。

不動車になったと言う理由は

乗らなかったからと言う事で

恐らくガソリンが腐ってしまい

大阪T号不動CB400F整備入庫 (2)FCRのジェット類を詰まらせたのか…。

クランクケース上には腐ったガソリンが

漏れてきているのでまず間違いは無いと

思うのですが、念のため点火系も

大阪T号不動CB400F整備入庫 (3)チェックをしてみてから

FCRを取外す事にします。

今回、ハイパワーフル強化オイルポンプと

テンプメーターも装着する事になってます。

大阪T号不動CB400F整備入庫 (4)取合えずIGCに電気が流れているかを

IGCテスターでチェックをしてみましたが

IGCには問題はなく電気を供給しているので

次にプラグをチェックしようかと思った時に

大阪T号不動CB400F整備入庫 (5)いきなりインジケーターが消えた…。

何やねんな…もう…と

取合えずサイドカバーを取外して

ヒューズをチェックしてみると

大阪T号不動CB400F整備入庫 (6)見事にメインヒューズが切れていたので

予備のヒューズに交換して

キーを回しても、インジケーターが

点灯しないので、何?もう何やねん…

大阪T号不動CB400F整備入庫 (7)と思っているとインジケーターが

知らない間に点灯したので

あぁ…これバッテリーの突然死やん…。

またサイドカバーを外してテスターで電圧を測ると

6Vぐらいだったのですが、MFバッテリーなので復活しようと頑張って

12Vまで電圧は上がるけどセルボタンを押すと死ぬ…。

このタイミングで色々な事が一度に起こるのでビックリです。

大阪T号不動CB400F整備入庫 (8)取合えずプラグを外してチェック。

まぁ動いてないのでこんなもんでしょう。

良くも悪くも、可もなく不可もなくです。

となるとやはりキャブ本体の問題になる訳で

大阪T号FCRチェック (1)FCRを車体から取外すと

より一層ガソリンが腐った

臭いが強くなってきたので

間違いないんだろうなぁ…と

大阪T号FCRチェック (2)フロートチャンバーを取外すと

くっさー!やっぱりやんw

お店の中が一瞬で臭くなった…涙。

しかもガスケットも死んでいる上に

大阪T号FCRチェック (3)液ガスで固定されてるやん…。

MJもSJもPSも全部腐食したガソリンに

やられているので何処まで

分解すれば良いのかと言う所です。

全バラになるのなら新品を買った方が、調子も良いかもねぇ…。

大阪T号FCRチェック (4)取合えずインナーパーツを取外そうと

分解をしたのですが、フロートバルブが

固着してバルブが抜けなかったし

固定ビスは錆び付いている状態。

大阪T号FCRチェック (5)何とか軽く破壊してバルブは抜きましたが

今度はバルブシートが固定している

ビスが腐っているので

このビスも破壊して取外しました。

大阪T号FCRチェック (6)もうインナーパーツは全滅です。

通路も一部詰まっているのですが

キャブクリーナーを使うと

非分解のパッキンを痛めてしまうので使えない

大阪T号FCRチェック (7)MJは#125が入っているし

パイロットは3回転と1/4開に

セットされていたので

かなり強引なセッティングだな。

取合えずインナーパーツだけキャブクリーナーに漬込んだけど全然ダメだな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年07月25日

久々の三ノ宮ナイト3

昨晩は過去仕事でお世話になった方々と
久し振りに三ノ宮で同窓会。
足を怪我し戦線離脱をして早12年。
皆さんの年齢を聞き、時と言うのは残酷だと思いましたが
その分、良い思い出も沢山あり楽しい三ノ宮ナイトでした。
第二回も楽しみにしています。


ハイエースタイヤ交換

弟の仕事が忙しくて中々タイミングが合わず冬用タイヤのままだった

ハイエースタイヤ交換190724ハイエースのタイヤ交換を昨日の定休日に

大手タイヤ販売店でやって貰いました。

ここ受付とPIT作業の連携が悪く

ローテーションの希望が毎回間逆になる…。

一応電話で指摘しましたが、また行く時間が取れないので

もうこのままで走る事にします。


千葉H号陸送納車

オーナーが自走で帰る予定だったのですが、ゲリラ的な雨も心配され

千葉H号陸送発送190725陸送での納車となり、今日業者が引取りに

本当ならもっと試運転をしたかったのですが

天候も悪く思う様に走れませんでしたが

タンクキャップ以外は問題ないと思ってます。

またこの夏の異常な暑さも考えられるので

くれぐれもオーバーヒートに注意しながら楽しんで下さい。

ありがとう御座いました。


大阪K号キャブレターO/H

先日分解チェックしたキャブレターの部品が入荷してきたので

大阪K号キャブレターOH (1)O/Hを本格的に開始。

サクサクッとプレートを外して

キャブレターを分解しながら

各所をチェックして行きます。

大阪K号キャブレターOH (2)キャブレターダストプレート(A/C)は

4箇所とも硬化しており

取外す時に割れたり、既に割れていたりで

これも交換となります。

大阪K号キャブレターOH (3)取外したJNはクリップ位置が

一段下げられており、下は濃い目の

セッティングになってました。

アイドリング調整をここでやったのかな?と

大阪K号キャブレターOH (4)その帳尻合わせでASは3回転も

開いてあったので、何か意味が分かりません。

きっと社外品と言う事もあり

ひょっとするとボアアップされていたのかも。

大阪K号キャブレターOH (5)連結のエアベントチューブもカチカチに

硬化しており、ゴムが割れました。

これもリプロのチューブと交換します。

フューエルジョイントのOリングも

大阪K号キャブレターOH (6)同じくカチカチに硬化しており

取外す際にゴム製のOリングが

ポロポロと割れてしまいました。

このOリングが死んでいれば

ガソリン漏れの原因になってしまいます。

また白い物は、耐ガソリン性フッ素グリスを塗ってあり耐久性に

効果があるのですが、次のO/Hまで残っているので

液体ガスケットと勘違いされてしまうのが悲しいw

大阪K号キャブレターOH (7)JNとゴム類を交換して

リターンスプリングも交換して

組立てに入ります。

結果リビルドしなかっただけで

大阪K号キャブレターOH (8)ほぼほぼO/Hした状態となってしまいました。

MJ、SJとフロートバルブも新品に交換

油面調整も完了しました。

フロートチャンバーのOリングを取外すのですが

大阪K号キャブレターOH (9)これもカチカチに硬化しており

パリパリと折れるぐらいに酷かった。

液体ガスケットも綺麗に除去して

新しいOリングをセットして

大阪K号キャブレターOH (10)大阪K号用キャブレターの

O/Hが完了しました。

これで後はフレームが塗装から

仕上がって来るのと、シリンダーヘッドの

フィン修正からの内燃機加工が終われば

組立て作業に取掛かれます。


明石T号ミッション組替え

先日シリンダーヘッドやクランクなどを内燃機加工に出した

明石T号ミッション組替えOH (1)明石T号のエンジンのミッションを

今日は仕上げてしまいます。

まずはメインシャフトの組替えから

ギアーをごっそりと入替えます。

明石T号ミッション組替えOH (2)まずはダメなメインシャフトから

各ギアーを取外します。

取外したついでに似非WPC処理をして

新しいベアリングを入れて組立てます。

明石T号ミッション組替えOH (3)はい、これでメインシャフトの

組替えは完了し、ベアリングも

新品に交換が完了したので

メインシャフトは完成です。

明石T号ミッション組替えOH (4)次にカウンターシャフトの

O/Hに取掛かります。

1stギアーブッシュ交換、ベアリング交換

Oリング交換などになります。

明石T号ミッション組替えOH (5)まず1stギアーのブッシュを

治具を使って油圧プレスで抜きます。

抜き終わったら一旦似非WPC処理をしてから

新しいブッシュを圧入します。

明石T号ミッション組替えOH (6)はい、これで1ギアーブッシュの交換が

完了しました。

耐磨耗性に優れたブッシュで表面処理も

WPC以上でドライでも使える物です。

明石T号ミッション組替えOH (7)で、カウンターシャフトの気になる所

2ndギアーの焼き付きですが

ベアリングを取外して状態をチェック!

OK!問題なしで一安心です。

明石T号ミッション組替えOH (8)これも取外せるギアーは似非WPC処理をして

Oリングとベアリングを交換して

カウンターシャフトのO/Hも完了しました。

明日は他のエンジンの具材整備と

別のクランクケースの下拵えを予定してます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年07月15日

FCR28入荷3

結局昨日の定休日は殆ど寝てました。
で、今日は祝日だったのを今朝思い出した。
明日も天気は回復傾向だけど
定休日の水曜日はまた下り坂…。
走りたいのに、残念だわ。


千葉H号火入れ

千葉H号用のFCRが入荷してきたので早速火入れの準備に。

千葉H号用新品FBバッテリー充電中昨日入荷してきた新品のバッテリーに

希硫酸液を入れて一晩

サルフェーション充電をしていたので

今日は朝から2Aで充電です。

千葉H号FCR組立て&取付け (1)で、その間に入荷してきたFCRの組立て。

箱から出してファンネルとINマニを

取付けるだけじゃなくて

メインジェットとスロージェットも

千葉H号FCR組立て&取付け (2)交換してしまいます。

H号にはウオタニが付いているので

点火時期も調整出来ちゃうんで

まぁこの仕様ならこのぐらいのジェットでって

千葉H号FCR組立て&取付け (3)感じで、大体大まかなセッティングが

出来ちゃいますからねぇ

そしてこのエアベントチューブですが

ファンネルの間に納まっている

千葉H号FCR組立て&取付け (4)車両をよく見るのですが

FCRがオーバーフローするとここから

ガソリンが出てくる仕組みなのですが

ここからは液体だけじゃなく気体も出るので

千葉H号FCR組立て&取付け (5)こうやって外に出して出て来る気体を

吸込ませた方が良いし、負圧効果も上がるし

FCR本体に気化したガソリンが

付着しにくくなるからねぇ。

千葉H号FCR組立て&取付け (6)FCRを装着したついでに、1号機で使っていた

中古品ですがオイルキャッチタンクも

装着しておきますね。

ブローバイガスの行き所もこれで確保出来ました。

千葉H号速度警告灯交換 (1)マフラーを取付ける前に千切れた

速度警告灯を交換しておきます。

送られて来た箱の中に入っていたので

交換しておけと言う事だと勝手に判断w

千葉H号速度警告灯交換 (2)配線ルートもオリジナルのルートを通して

配線を這わせてから接続しました。

これでマフラーを取付ければ

火入れの準備が整います。

千葉H号トーキョー鉄管マフラー取付けで、お昼ご飯を食べてから

マフラーを取付けました。

これで火入れの準備が整いましたが

その前に実圧縮圧力を測定。

千葉H号実圧縮圧力測定 (1)千葉H号実圧縮圧力測定 (2)






千葉H号実圧縮圧力測定 (3)千葉H号実圧縮圧力測定 (4)







まぁ平均1.05Mpaと言った所でハイオク仕様となりました。

で、いよいよ火入れです。



点火時期を調整して、暫くアイドリングで油温を上げてからブリッピング。

千葉H号エンジンフルOH&カスタム一先ず完了これで一先ず完成ですが

部品が少し足りないので

不足部品が入荷したら試運転を

したいと思っているのですが

天気がなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年07月12日

FCR32ガソリン漏れ緊急O/H3

1号機が復旧して任意保険も切り替えたので
昨日から試運転をしている所です。
RSCのフルクロスミッションになり街乗りでは
1.2速か、使っても3速ぐらいしか使わなくなった。
どうかするとずーっとローギアーで走ってるw
発進時は520ccのトルクで発進出来るので
そんなに煽らなくてもスムーズに走り出します。
早く6速まで使ってみたいです。


1号機FCRガソリン漏れ

レーサーで使っていたFCR32からガソリン漏れが…又あの悪夢が…。

1号機用FCR32緊急OH190712 (1)最初はオーバーフローかと思っていたけど

どうやらガソリンパイプから

滲んで出て居る事が分かったので

緊急でFCR32をO/Hする事に!

1号機用FCR32緊急OH190712 (2)新品の部品はストックしてあるので

Oリングを交換するついでにVリングと

Uリングとスロットルバルブローラーも

交換する事にします。

1号機用FCR32緊急OH190712 (3)これがガソリン漏れの原因になるOリング。

バックアップリングもあるのに

結構な漏れ具合なので、もう交換しか無いのですが

全バラしないと交換出来ない代物なのが厄介。

1号機用FCR32緊急OH190712 (4)分解するついでなので暫くノーメンテの

放置状態だった事もあり

ついでに他の部品も交換してしまいます。

取外しから分解、部品交換、車両に取付けまで

1号機用FCR32緊急OH190712 (5)大体1時間ちょっとの作業。

これが交換したゴム部品とローラー

これで暫く機嫌良く走ってくれると思います。

使った部品もまた発注しておかないとね。

1号機用FCR32緊急OH190712 (6)車両に取付けてエンジン始動。

同調も良い感じなので

微調整は又今度気が向いたらする事にします。

どの道、下は余り使わない仕様なので。


大阪K号エンジンブラスト四日目

昨日ロアケースのブラストをしてリタップ掃除まで終わらせました。

大阪K号ロアケース下拵え (1)で、今日はそのロアケースの下拵えから。

痛んでいたオイルパスキャップBは

純正中古良品と交換しました。

オイルパスプラグ側も問題なく使えます。

大阪K号ロアケース下拵え (2)ベアリングやスライダーなども取付けて

取合えずロアケースの下拵えは完了。

後はメタルを再利用するかどうするかを

オーナーと相談してからにします。

大阪K号アッパーケースブラスト (1)次にアッパーケースから具を取出して

残ったガスケットを取除き

ブラストの準備に取掛かります。

その前にこれも塗装の上から

大阪K号アッパーケースブラスト (2)塗装をされているので

リムーバーで塗装を剥離してから

ブラスト処理をします。

で、リムーバーをぶっ掛けて放置。

大阪K号アッパーケースブラスト (3)そして約2時間後…。

アッパーケースのブラストが完了しました。

結構汚れが酷かったのと塗装の残りが

隙間に残って大変でした。

大阪K号アッパーケース下拵え (1)次に何時ものリタップ掃除ですが

その前にスタッドボルトの緩みを

取外してチェックしてみるのですが

何とまぁ全部緩んでいたので

大阪K号アッパーケース下拵え (2)ラッキーと言うか何と言うか

全部楽に取れたので

メッキスタッドボルトに変更して

取付ける事にします。

大阪K号アッパーケース下拵え (3)で、リタップ掃除が終わったので

メッキスタッドボルトをセットしました。

取合えず今日のエンジン下拵えはここまで

明日もう少し下拵えをしてから

クラッチカバーのブラストをする予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月27日

何でも鑑定団3

先日TVを見ていたらZ50M型モンキー
俗に言うリジットモンキー、M型モンキーの
側車付きが鑑定に出ていた。
製造から50年経ちフルレストアしたM型モンキーの鑑定額が130万だった。
まぁ今の価格とフルレストアし側車付きなら妥当だと思った。
フォアも後5年で製造から50年経つので
鑑定団に出せるようになるのかなぁ?


1号機火災からの復活への道その21

定休日の昨日は病院からの帰りに店に寄り 

1号機配線地獄二日目 (1)1号機の配線地獄の処理をしてました。

調べたはずのハンドルスイッチの配線を

すっかり忘れてしまったので

また調べ直さないと…。

1号機配線地獄二日目 (2)メーター関係は全てデジタル化したので

配線の量が異常に多いのですが

フロント部分の配線は頭の中に

配線図があるのでここは問題ない。

1号機スイングアーム取付け (1)スイングアームもチェーンスライダーの

型紙を作った事だし、もう邪魔なので

ローリング出来るように

リア周りを仕上げてしまいます。

1号機スイングアーム取付け (2)拘りのドライブチェーンアジャスター

当時物の状態が良い物を

再メッキしました。

何処が現行の物と違うのかと言うと

1号機スイングアーム取付け (3)横線が沢山入っている物が

現行の物になります。

まぁ…下手物車両なのに

そこは拘るのか?と言われると…w

1号機リアホイール取付け (1)取合えずローリング出来る様に

リアホイールを取付けました。

後はウオタニを取付ける予定なので

配線がまだ増えたりしますw


BOTTEGA GODLと対戦

昨晩はC350クラス初優勝記念で頂いたBOTTSGA GOLDと対戦開始。

BOTTEGA GOLDと対戦 (1)シャンペンファイト用ではなく

本物のシャンペンなので呑みます。

嫁も軽くコップ一杯の味見で

サクサクッと呑んで

BOTTEGA GOLDと対戦 (2)サクッと退治しました。

感慨深い思いが駆け巡りました。

空き瓶は洗浄して部屋に飾ります。

ご馳走様でした。


千葉H号エンジン内燃機送り

アッパーケースは塗装を剥がしてウエットブラスト仕上げになりました。

千葉H号クランクストローク測定 (1)取合えず気になるクランクを測定。

結果はやっぱり408クランクに

間違いありませんでした。

なので、ヨシムラピストンを組むと

千葉H号クランクストローク測定 (2)466ccになります。

見積もりに入れ忘れましたが

クランクはダイナミックバランス。

ピストンも入荷してきたので

一式内燃機屋さんへ送りましたがG20の影響で到着は来月になります。


キャブレターシャフト再メッキ仕上がり

沖縄A様の分と、その他のご依頼とCPの在庫分の

キャブレターシャフト再メッキキャブレターシャフトの再メッキが

仕上がって戻って来ました。

特殊な方法のメッキなので

普通にメッキをしてしまうと

太ってしまい、ブッシュとのクリアランスが無くなり

沖縄A様用キャブレター用部品再メッキ仕上がり入らなくなってしまいます。

A様用キャブレターの部品もタイミング良く

再メッキから戻って来たので

早速組立てに入ろうと思います。

沖縄A様キャブレターリビルド (1)まずはボディの洗浄から。

アルカリ性粉末タイプの

パーツクリーナーを入れて

お湯を入れて洗浄します。

沖縄A様キャブレターリビルド (2)余り付け過ぎると、純正キャブ独特の

色が落ちてしまいますし

このキャブのボディは中々良い物なので

表面の汚れだけを落とす感じで洗浄です。

沖縄A様キャブレターリビルド (3)ボディを暫く漬込んでいる間に

キャブのプレートを組立てるのですが

分解時に入って居なかった

チョークリンク部のワッシャーですが

沖縄A様キャブレターリビルド (4)在庫の予備部品を探したのですが

やはり無いので、仕方なく現状復旧。

新品の割りピンを入れて組上げました。

サイズも特殊なので丁度良い物は売ってないです。

沖縄A様キャブレターリビルド (5)で、プレートの組立てが完了しました。

どうせ全バラで手間はほぼ同じなので

メッキ代を+するだけでこんな感じに

仕上がりますからね。

沖縄A様キャブレターリビルド (6)本体の汚れは割りと少なく

アルカリ洗剤溶液は余り汚れてません。

ボディの艶が消える前に

取出して真水で洗浄して出来上がり。

沖縄A様キャブレターリビルド (7)スロットルバルブリンクアームに

付いているフェルトパッキンですが

入っていたのは2個だけで

どうせなので4個共新品に交換します。

沖縄A様キャブレターリビルド (8)で、#1のキャブボディが完成しました。

サクサクッと#2.3.4のボディも組上げて

キャブボディに再メッキされた部品が

取付いて、綺麗に仕上がりました。

沖縄A様キャブレターリビルド (9)ガソリンラインのOリングに

フッ素グリスを塗って挿入するのですが

耐ガソリン性のフッ素グリスなので

ガソリンで溶けずに残りますから

沖縄A様キャブレターリビルド (10)時々液体ガスケットに間違われます…。

お高いフッ素グリスなので

Oリングに優しくガソリンに溶けないので

Oリングはずっと柔らかいままです。

沖縄A様キャブレターリビルド (12)キャブの臓物関係のOリングなどは交換し

SJとMJは新品に交換しました。

油面も合わせましたが

同調はスロットルバルブの隙間を

沖縄A様キャブレターリビルド (13)合わせただけなので

実機のエンジンで同調調整をして下さい。

トップキャップとフロートチャンバーは

交換するらしいので、保護の為装着。

沖縄A様キャブレターリビルド (14)新品のOリングやパッキンは

使わずに一緒に送ります。

交換した部品と古いOリングや

使わなかった部品も一緒に送ります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月20日

坂本家の姪と甥3

小学校の同級生で、途中転校し別の中学に進み
バイクや車の免許を取得してから行動範囲が広がり
一緒に暴走していた友人と約30年ぶりにSNSで繋がった。
当時彼は黄色いスカイランジャパンに乗り
僕はGS130 280Z2シーターに乗り遊んでいたり
同級生や先輩はFJ20スカイライン、ナマクラ、シルビア、べレット2000GT
ブタケツローレル、Z31Tバー、カリーナ、マーク供▲船Дぅ機次▲レスタ
ファミリア323、ジェミニZZ、ソアラ、セド、グロ330,403、ケンメリ
MR2、RX3、RX7、セリカLB、セリカXX、カマロZ28、ポルシェ、BMW
などを乗り回して遊んでいたのを思い出したわ。
懐かしいなぁ、あの頃「写るんです」で撮影した
写真なんかは結局現像もせずに何処かに無くしたなぁ…。


姪のズーマーエンジン始動

最近は日も長くなり18時を回ってもまだ明るいので

姪用3台目原チャリズーマー整備 (3)火曜日はそのまま姪のズーマーの

整備を継続してました。

キャブにアクセスするだけで

これだけの部品を外さないといけないのが

姪用3台目原チャリズーマー整備 (4)激しく苦痛ですが、姪の為なら嫌でも…。

そしてやっとキャブにアクセスが完了し

キャブを取外しました。

やはりガソリンは腐っており

姪用3台目原チャリズーマー整備 (5)ジェット類とオートチョークが

詰まっていたので掃除して

ジェット類の穴が貫通したので

元に復旧させて、ガソリンタンクに

姪用3台目原チャリズーマー整備 (6)ガソリン劣化防止剤をぶち込んで

セルで無事エンジン始動!

最初は少し臭いけど新しいガソリンを

入れて行けば、もっと快調になるはずです。

姪用3台目原チャリズーマー整備 (7)で、サクサクッと現状復旧しました。

程度の良い初期のズーマーで

エンジンの異音も無くて

中々の掘り出し物だと思います。

姪用3台目原チャリズーマー整備 (8)走行距離も実走の9000キロなので

中々出て来ない状態で良いのですが

ここまでやったのに、どうせまた

潰すんだと思うと、我血筋を恨むしかないかな…。


男は黙って七三分け

定休日の水曜日は朝から病院で火傷の治療をしてから何時もの理髪店へ行き

男は黙って七三分け何時もの七三分けにして来ました。

燃えた前髪も又少し伸びたので

良い感じになってきました。

多分来月には髪の毛も完全復旧だと思う。

甥が体調を崩して入院していると聞き、夕方に病院へ

甥 大臥君のお見舞いお見舞いに行ってきました。

もう随分と元気になっているので一安心ですが

一時期CRP値が13近く上がっていたらしい
(正常値は0.0〜0.3)
坂本家の男系は幼少期の頃は何故か

ひ弱な身体なのはこれも血筋なんだと思った。


CB750F強化オイルポンプ案

オイルポンプを各メーカー毎に調べていると色々と分かる事や

安価で強化できそうな物も沢山あるのですが

CB750FなんかはCB900F等のオイルポンプを流用して

CB750F用強化オイルポンプ案 (1)強化するのが一般的なのですが

このローターを他車種からの流用で

トロコイドギアーケースを少し加工すれば

少し大きなローターが使えて

CB750F用強化オイルポンプ案 (2)カバーも交換しなくても済むのですが

費用対効果のバランスが悪いかもねぇ。

まぁボツネタですけどね。

CB400F用のハイパワーオイルポンプは

S様ハイパワーオイルポンプフル強化のご依頼セカンドロットは完売しましたが

サードロットは既に2個BOが入りました。

完成は未定なので、暫くお待ち下さい。

取合えずS様用でハイパワーフル強化

オイルポンプの準備が整いましたので、明日お待ちしております。


沖縄A様キャブレターO/H

まだキャブレターO/Hの方向性は定まっていないのですが

沖縄A様キャブレターOHプレートブラスト (1)取合えずバックプレートを

ブラスト仕上げしてしまいます。

カシメピンの部分はタップを立てて

代わりのピンを入れる方法で

沖縄A様キャブレターOHプレートブラスト (2)何時でもまた分解が可能です。

キャブレターのインナーパーツなどは

在庫があるので、方向性さえ決まれば

何時でも作業に取り掛かれます。


CB550Fキャブレター部品入荷

色々と調査して、低中速での吹け上がりの悪さや

京都H号キャブレターOH二日目 (1)アイドリングの不安定原因も分かり

キャブレターの部品も入荷してきたので

早速キャブのO/Hを開始して

継続車検の準備です。

京都H号キャブレターOH二日目 (2)キャブレターのMJやSJは

社外品が使われていました。

MJはエアークリナーが無いので

#100にしてある感じなのかな?

でもSJのサイズは純正と同じ#38でしたが社外品なのでねぇ…。

京都H号キャブレターOH二日目 (3)同調も合わせようと思ったのですが

#1.2側のプレートが断裂している。

困ったなぁ…CB400Fの物が合うのかと

部品取り箱からプレートを取出して

京都H号キャブレターOH二日目 (4)寸法をチェックすると同じだったw

これで同調調整も出来るので

良かったです。

で、キャブを車体に取付けて

京都H号キャブレターOH二日目 (5)同調調整の準備をするのですが

エンジンを始動させて発電量を

チェックするとなんじゃこれ状態です。

油温計と電圧計は付いているのですが

モニターに表示される電圧はバッテリーと比較するとかなり低く

表示時間のタイムロスがあるので、あてにはなりませんでした。



こんな感じに不安定になるので、ステーターコイルの不具合なのか?

京都H号キャブレターOH二日目 (6)同調もバッチリ合って来たのですが

リターンスプリングが全然ダメなので

もう一度加工してみる事にします。

#1.2のホースも硬化しているのと

ルートが違って短いのでホースも交換。

タンクコックからはガソリンが漏れていますけどね…。

で、キャブの同調と点火時期を再調整したら、別のバイクになりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年06月18日

大阪北部地震から1年3

大阪北部地震から1年が経ち
またこの所頻繁に地震が発生しているのですが
昨晩TVで集団お見合いを見ていて
僕も何か忘れているなぁと思っていた事を思い出した!
それは、そう毎年恒例の今月21日ノープラン結婚記念日w
今年も昨晩思い出すぐらいだから
全くのノープランだけどどうしよう。
何周年目かも思い出せないわ。


京都H号キャブレターO/H

今日午後から継続車検予約を入れてあるCB550Fですが

京都H号CB550FキャブレターOH (1)車検所の話じゃないぐらい

ドンドンと調子が悪くなるので

大急ぎでキャブレターのO/Hを

してみる事にしました。

京都H号CB550FキャブレターOH (2)点火系は問題が無いので

もうキャブしかないと思い取外して

原因を切り分ける為にも

チェックだけでもしておこうと…。

京都H号CB550FキャブレターOH (3)フロートチャンバーを外すと…これだわ。

フロートガスケットに液ガスが

たっぷりと塗られており

中にもはみ出ているので

京都H号CB550FキャブレターOH (4)これがジェットの詰まりを引き起こし

エンジン不調の原因になったと

思われるので、液ガスを剥がして

Oリングは無いので発注となるので

京都H号CB550FキャブレターOH (5)今日の車検はキャンセルです。

更にリターンスプリングはこんな感じで

デロンデロンに伸びているので

延びた部分を加工してみます。

京都H号CB550FキャブレターOH (6)取合えず何とか処理出来たので

後は部品の入荷待ちとなりました。

これで直ると良いのですが

取合えず応急で修復して

京都H号CB550FキャブレターOH (7)一旦車両に取付けてみました。

多少は良くなったのですが

キャブレターの油面が高いのも

不調の原因だと言うのも分かり

リターンスプリングの張力もまだ足りない。

京都H号CB550F発電電圧チェックまた発電電圧も低くアイドリングや

低速ではショウライバッテリーに

十分な充電電圧が供給されないので

不調になる事も判明した。

IGCが悪いのか、コードからリークしている可能性があるのかも分かりません。


ハイパワーオイルポンプ組立て

一応今朝のメールでセカンドロット目の合計12個の予約は終了です。

ハイパワーオイルポンプセカンドロット (1)オイルポンプハウジングの加工も終わり

アゲイン製削り出しローターケースと

トロコイドギアーを組立てます。

サクサクッと組立てて

ハイパワーオイルポンプセカンドロット (2)これで完成、ご予約を頂いている方で

ミッション用もご希望の方の分は組付け済み。

左上から愛媛T様、高槻S様と今日メールで

最後の1個をご注文頂いたS様。

前列ツーエイト号様、とフルレストアのK様の分となっておりますが

K様の分はまだ後でも間に合うかな?

CPで取付けをご希望の方は、前もってご連絡を頂ければ対応可能です。

愛媛のT様分は発送準備をしておりますので、よろしくお願い致します。


沖縄A様1.5OSピストン入荷

本日お電話を頂き軽く打ち合わせをしました。

沖縄A様用シリンダーOSピストンボーリング送り (1)ご依頼を頂いた1.5mmOSピストンが

本日入荷してまいりましたので

内燃機加工へ送ります。

ボーリングと平面研磨を行います。

沖縄A様用シリンダーOSピストンボーリング送り (2)これがCPオリジナルの

398専用1.5mmOSピストンです。

408タイプのOSを398に使うと

パワーダウンの残念なエンジンになります。

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (1)キャブレーターのO/Hに付いてですが

一度分解された痕跡があり

シャフトを抜こうと叩いた痕跡もあり

カシメピンが曲がっているのか引っ掛かります。

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (2)沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (3)







2mm程度左右に動くので、いっその事抜いて再メッキした方が良いですね。

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (4)でカシメピンを取外して

シャフトを抜き取りました。

シャフト側の溝には問題は

ありませんでしたが

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (5)バックプレート側のカシメ部分の

ブッシュは予想通りの状態でしたが

まぁ手入れをすれば使えると思います。

シャフトはメッキに出す事にします。


姪のバイク

坂本家唯一の女子の姪ですが、血筋は同じなのでバイクを壊しまくるし

心と身体は女でも、やる事は男と大差が無いと言うか多分男?

叔父の僕が言うのも何ですが、結構可愛い顔しているのに残念な女で

平気で僕に喧嘩を売って来るような子ですw

姪用3台目原チャリズーマー整備 (1)そんな姪で、原チャリを立て続けに

二台廃車にしたので、三台目のバイクを

購入する事になり、その原チャリの整備を

早々にしないとクレームの電話が掛かってくる。

姪用3台目原チャリズーマー整備 (2)バッテリーを交換してセルが始動し

初爆はあるのですがガソリンが

腐っているのでタンクもキャブも

O/Hしないとダメそう。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月02日

ブログNG車両納車3

当時物ヨシムラ手曲げマフラーセラコート仕上げは
売約済みとなりました。
もうこの先、当時物ヨシムラ手曲げマフラーが
手に入る目処が無いと思います。
また手に入れば、お知らせ致しますので
よろしくお願い致します。


奄美黒糖焼酎と対戦開始

昨晩からの対戦相手は奄美の黒糖焼酎「里の曙」と対戦開始。

里の曙と対戦開始何時も通りロック気味で

グラスに注いで呑むと…

アルコール度数のクセが強過ぎて

43度だったのでビックリしました。

少しの敗北感はありますが、ボチボチとやっつける事にします…


XJR400キャブレターO/H

オーバーフローとジェットの詰まりもあるので

XJR400キャブレターOH完了 (1)部品を発注していたのが

入荷してきたので、早速取外して

O/Hを始めます。

少々苦労しましたが取外しました。

XJR400キャブレターOH完了 (2)中のインナーパーツは洗浄し

スロージェットが1個詰まっており

Oリングやフロートチャンバーの

ガスケットもカッチカチになってました。

XJR400キャブレターOH完了 (3)キャブレターリンクOリングも

硬化していたので全て交換。

フロートバルブも新品に交換。

これでキャブのオーバーフローは直るはず。

XJR400キャブレターOH完了 (4)また少しだけ苦労して取付けた所に

オーナーがご来店…。

ついでにUSBの電源の配線をさせられたw

少しだけ手間取りましたが

XJR400キャブレターOH完了 (5)これでXJR400の納車整備は完了。

タンクコックやキャブレターの

部品代だけで結構な金額になりました。

もう少し車体価格を多く言っておけば良かったわw


姫号PIT入り

ブログNG車両が予定より一日早く引取りに来て頂けたので

姫号フレームPIT入り姫号のフレームをハイエースから

下ろす事が出来ました。

エンジンのシリンダーガスケットも

入荷してきたので、明日エンジンを仕上げます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月31日

作業打合わせ3

今日は朝から見積りやら請求書を
作ってからの、姫号の復旧作業の打合わせも済ませて
23号機も仕上げに向けて
部品などの打合わせを済ませました。
今日は天気が悪いので、バイクは出せないので
狭いPITでの作業なので、車両の入れ替えも出来ない…。


アドレスV125G強制納車

スクーターすら下ろす場所も無いので、昨日ナンバーを取得して

190130アドレスV125G強制納車弟の玄関前に強制納車。

アラームもセットしたので

中に誰か居たらきっと出られないw

これで1台減りました。


越後桜と対戦開始

定休日の昨日は少しの作業と、納車も終えたので

越後桜と対戦開始久々に早く自宅に戻り暇だったので

「越後桜」と対戦開始!

嫁に鶴橋で買ってきてもらった

チャンジャーを肴に五合は呑んでしまった。

嫁に「あんた!もうそんなに呑んだん!?」と飽きれられてしまったけど

全盛期に比べれば半分やないか!


ブログNG車AK号仕上げ

昨日ある程度まで仕上げたブログNG車のAK号の仕上げ作業。

ブログNG車AK号修理仕上げ (1)まずはフロントフェンダーの取付けから

サクサクッと取付けて

ブレーキの調整も完了したので

フロントの足回りの作業は完了です。

ブログNG車AK号修理仕上げ (2)続いてタコメーターの交換。

転倒時のダメージで貴重なタコメーターに

ダメージが入ってしまいました。

メッキカバーで誤魔化すのもNGと言う事で

ブログNG車AK号修理仕上げ (3)タコメーターを取外すと

バックライト球が切れていたので

ついでに交換しておく事にしました。

まぁ真っ黒なので気が付いて良かった。

ブログNG車AK号修理仕上げ (4)と思い交換したのですが

「両方かよ!」と言うオチでしたw





ブログNG車AK号修理仕上げ (5)両方とも交換して点灯する事を確認。

これでオーナーが用意してくれた

タコメーターと交換しようと

セットしたのですが…

ブログNG車AK号修理仕上げ (6)何とまぁ…画像左側のボルトが

折れて短くなってました。

どうしようかと迷いましたが

取合えず見た目重視で

ブログNG車AK号修理仕上げ (7)仕方なくボルトが折れていた方の

ワッシャーを取外して

何とか二山程度ナットが掛かったので

仮復旧させて置きます。

ブログNG車AK号修理仕上げ (8)同じく激しいダメージを受けた

フロントブレーキマスターも

宝物庫からオリジナルアルマイトの

日焼けが極めて少ない国内物の

ブログNG車AK号修理仕上げ (9)ブレーキマスターと交換しました。

ミラーも新品を取付けて

これで修理はほぼ完了です。

後はリペイントしたタンクを

ブログNG車AK号修理仕上げ (10)セットすれば完成です。

タンクキャップとキャップチェックを

取付けて、コックをセットします。

398タンクのコックは

ブログNG車AK号修理仕上げ (11)パッキンが弱いので

漏れないか心配だったのですが

どうやら大丈夫な様でした。

事故入庫から約4ヶ月掛かりましたが

ブログNG車AK号修理仕上げ (12)予算は少し超えるぐらいの

酷いダメージから復帰したので

また今年のシーズンINから

楽しく走れると思います。

ブログNG車AK号修理仕上げ (13)久し振りにエンジンに火も入り

タコメーターもちゃんと動きます。

こちらの都合で申し訳ないのですが

納車の段取りに取掛かりたいと思っておりますので

よろしくお願い致します。


XJR400整備仕上げ

XJR400のタンクコックからガソリンが漏れるので

XJR400タンクコックパッキン交換 (1)修理する為注文していた

部品が入荷してきたので

早速コックの修理に取掛かります。



XJR400タンクコックパッキン交換 (2)サクサクッとタンクコックを取外し

サクサクッとパッキン類を一式交換。

これでコックからのガソリン漏れは

止まります。

XJR400タンクコックパッキン交換 (3)で、車体にタンクを取付けて

コックからガソリンを流して

漏れが無い事を確認しましたが

今度はキャブレターからガソリンが

XJR400タンクコックパッキン交換 (5)結構な勢いで漏れ出したので

キャブレターのO/Hをしないとダメです。

取合えず必要な部品を発注しましたが

何処から漏れているのかが分からないので

一通りの部品を注文して置きます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月14日

五十路の男達3

ポカポカ陽気の平成最後の成人の日に
平成最後の成人の日に…時間を持て余した50過ぎの僕と
今年50になる自由人君と
今年49になる銀ちゃんと
三人並んで店の前で日向ぼっこ…
五十路のおっさん達が仲良く
30年以上もこうやって一緒にいるw
この先60を超えても
70を超えてもこうやって居れたら
きっと面白いやろうなぁ…


日生牡蠣ツアー

昨日の定休日は、「大人の男の集まり限定日生牡蠣ツアー」へ

日生牡蠣ツアー190113 (1)朝8時から行って来ました。

朝から呑みっぱなしのバスツアーで

日生で牡蠣を鱈腹頂いて

二次会の会場へ向かうのですが

日生牡蠣ツアー190113 (2)終了したのは22時だった。

大人の男だけの集まりだったので

多少はゲスイ話で盛り上がったり

カラオケやギターの弾き語りで歌ったりと

久し振りに楽しい休日を過ごしました。


23号機リアブレーキマスター

リアブレーキマスターの取付け方法を色々と思案して

23号機リアブレーキマスター取付け変更 (1)少しだけステーを加工して

取付ける事が出来ました。

後は圧力スイッチを取付ける時に

ホースの取回しを変更する予定です。

23号機リアブレーキマスター取付け変更 (2)フレームにも干渉しなくなり

良い感じになったので

この先は新しいオーナーと

打合わせをしてから進めます。

23号機リアブレーキマスター取付け変更 (3)その間は例の如く不動車コーナーで

眠って貰う事にしました。

これでまた少しスペースが

やっと確保出来ました。


Z50Zエンジン不調調査

今年に入り何かと急がし過ぎるので

Z50Zエンジン不調調整 (1)怪我をしているからとか関係なく

自由人君を呼び出して

モンキーのエンジン不調原因調査。

キャブを分解して油面調整をやったり

Z50Zエンジン不調調整 (2)点火時期を調整したりとやっているのですが

中々手強く梃子摺っており

プラグに火が飛んだり

飛ばなかったりするので

Z50Zエンジン不調調整 (3)ひょとするとハーネスの断線も

考えられるかもなぁ…とチェックすると

やはりハーネスに何かが

起こっている所までは分かった。

さて、どうするかなぁ。


DS250点検のご依頼

最近問題児化してきているご近所のKさんからのご紹介で

DS250シフトペダル交換とダメ出し (1)本日ご来店のDS250に乗るI様

黄色信号の交差点で、止まろうか

それとも行こうかと迷って

止まったのですが、そのまま転倒し

DS250シフトペダル交換とダメ出し (2)シフトペダルがひん曲がったので

交換のご依頼と、不安箇所の

打目だしのご依頼。

曲がったシフトペダルの軸は錆びており

DS250シフトペダル交換とダメ出し (3)動きも渋かったのですが

しっかりとグリスアップして取付け

リアブレーキからも音がするのですが

明らかにグリス切れの音。

つい最近タイヤ交換をして貰ったらしいのですが

量販店では「ブレーキもチェックした方が良いですよ」と

言われたらしいけど、何でタイヤを外したその時に点検しないのか?

DS250シフトペダル交換とダメ出し (4)不思議で仕方が無いと思った。

ドライブチェーンもダメだし

キャブのインシュレーターもダメ。

エンジンが壊れるので、早々に交換を勧めました。


姫号エンジン下拵え

今年は珍しく予定外で新規のご来店が多く

姫号ボチボチエンジン下拵え… (1)それが良いのか悪いのか微妙ですが

忙しくて予定通り作業が進まなくて

姫号のエンジンも分解してから

かなり放置されている状態です。

姫号ボチボチエンジン下拵え… (2)何とかペースを取り戻さないと

ドンドン入庫予約や作業途中の車両が

増えてきてしまい

このままだとまたPITがオーバーフローするので

残業でもしようかと思案中なのと

ブラスト作業が始まると電話にも出れません…


本日のご来店

朝一にGSX250のドライブチェーン交換のご相談の方や

190114本日のご来店状態の良いNC36に乗った方など

何で今日はこんなにご来店が

多いのだろうかと思っていたら

今日はポカポカ陽気で

成人の日だったからだと言う事が夕方になってやっと分かったわ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月15日

今年の漢字3

12月も残り半分になり、流行の今年の漢字を考えてみました。
僕の中での一位はやっぱり「孫」ですねぇ。
あんなに子供が可愛いと思った事は無かったかも知れないです。
で、二位は「癌」でこれは僕の人生で初めての
一応の癌告知と一応の余命宣告でしたが
ずっと治療をしていれば8割死なない癌だったのでまぁ良かったかなぁ・・・
でも、がん保険に入っていれば良かったのになぁ・・・
この癌告知の後にお世話になっている保険会社から
がん保険の案内が来たけど、「遅いわ!」って話でした。
三位はやっぱり「災」ですかねぇ。
地震に台風で被害がありましたが、身内に人的被害が無かった事は
救いだったのかも知れません。
2019年はどんな年になるのか、楽しみですね。

【訃報】
急な事ですが、本日16時過ぎにアゲイン松永社長から連絡を頂き
フォアの部品など色々と設計、製作して頂いていた方が
昨日お亡くなりになられたので
明日ご予約のお客様の作業が終わり切りが良い所で
御通夜の為、臨時の早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


2018/12/13 暴年会in名古屋

一昨日は台風1号、2号のお膝元名古屋へ出向き恒例?の暴年会。

2018年名古屋暴年会 (2)アニーズで少し用事を済ませてから

ホテルにチェックイン!

ロビーではJ-GP3年間三位!小室選手の

サイン会が開催されてましたw

2018年名古屋暴年会 (3)そして第一会場の焼肉屋さんへ行き

まっきーの口上で乾杯!

ここで覚えている限り生ビールを6.7杯?

二次会の会場では焼酎ロック気味の水割りを

しこたま呑んで覚えていませんが、終わったのは日付を超えてました。

そして恒例のコンビニ男気爆買いへ・・・でも何時もなら

6千円〜なのに今回は2千円ぐらいで済んだのですが

2018年名古屋暴年会 (4)会計が終わって袋の中を見ると

何故かコンドームが入っていたわ!

もうこんなの誰と何処で使うねん!

しかも自慢じゃないけど普通サイズは

僕のお宝には小さ過ぎて入らないんだよねw

2018年名古屋暴年会 (5)でも今回知らなかったのですが

小室選手から今年の全日本選手権の

年間パスを頂いて居た事です。

なのでなお更、全戦応援に行けなかった事が

2018年名古屋暴年会 (6)残念で仕方がありません・・・

今思えばそんな2018年だったのかと・・・

2019年もレースに遊びに酒に

ラーメンにと、やる事が一杯あるから

相変わらず忙しい一年になりそうですが、コンドームはどうしようかな・・・


奇跡の国内408キャブレター同調

今週は年末行事でまともに仕事もしておらずに

奇跡の国内408同調調整仕上げ (1)やっと今日、奇跡の国内408の

キャブレター同調調整をやる事が出来るので

サクサクッと準備を進めて行きます。

まずは点火系の調整から・・・

奇跡の国内408同調調整仕上げ (2)あぁ・・・ダイナやったわwと言う事で

ここはこのままでOKなんだと・・・

せっかく開けたのでガバナの動きを

チェックして、給脂だけしておきました・・・が

奇跡の国内408同調調整仕上げ (3)キャブにガソリンを流し込んで

オーバーフローも無くOK!

チョークを引いてセルを2回まわすと

それなりに機嫌良くエンジンが始動しました。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (4)ASを少し開き気味にしていたのですが

同調が合わなかったので

STDな設定に戻してバッチリ合いました。

ブリッピングをすると何かノッキング気味?

奇跡の国内408同調調整仕上げ (5)おかしいなぁ?と思って点火時期を

チェックすると、思いっきり狂っていた・・・

ダイナが壊れているのかと思い

取合えず調整してみると

奇跡の国内408同調調整仕上げ (6)点火時期もバッチリになりましたが

進角がフル進角していないので

どっちに合わすかなぁと言う感じで

蘇ったばかりなので少し悩む事にします。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (7)次に発電系のチェックをします。

同調と点火時期を合わせている間に

エンジンもそこそこ温まったので

5,000rpmキープで発電力を測定。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (8)結構5,000rpmで頑張って

発電量は13.55Vだったので

少々発電不足です。

それともIGCに食われているか?

奇跡の国内408同調調整仕上げ (9)前後タイヤの空気圧をチェック。

まぁ当然ですが全然入ってなかった。

前後ともタイヤはサイズUPされています。

タイヤもですがチューブの劣化が心配ですね。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (10)駆動系、ミッションのチェックを済ませ

油温も結構上がりましたが

今の所白煙も無く良い感じです。

センタースタンドストッパーが少し

気になりましたが、スタンドがチェーンに干渉しないのでOKです。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (11)少しカムチェーンの音がするので

カムチェーンテンショナーの調整。

タペットクリアランスも少し

広い感じの音がするのですが

奇跡の国内408同調調整仕上げ (12)ハイカムを入れてある可能性もあるので

取合えず現状のままにします。

ヘッドカバーを開ける時にでも

中をチェックしてからにします。

これで何時でも車検の準備が整いました。


tanji号ロッカーアーム修正完了

やっと今日tanji号のロッカーアーム修正が終わり戻って来ました!

tanji号エンジン増し締め仕上げ (1)年内は厳しいかなぁと思っていたので

良いタイミングで出来上がって来た。

これで年内納車に向けて最終仕上げに

取掛かろうと思います。

tanji号エンジン増し締め仕上げ (2)まずシリンダーヘッドの増し締めから

数箇所だけ軽く締まった程度でした。

また慣らしが終わった頃にでも

増し締めをした方が良いでしょう。

tanji号エンジン増し締め仕上げ (3)ヘッドカバーにリメイクした

ロッカーアームをセット。

ロッカーアームはリメイクが

出来る様になったけど

相変わらずハズレ落札カムの中古良品も少なくなってきたので

この先は社外品になるかもねぇ・・・

今回落札したエンジン部品も

カムが綺麗かと思ったけどカジってるし

シリンダーフィン欠けと排気量刻印が削られており

tanji号エンジン増し締め仕上げ (4)シリンダーもゴミでしたわw

で、組み上がったヘッドカバーを

ヘッドに被せてタペット調整。

再メッキしたボルト類も数をチェック!

tanji号エンジン増し締め仕上げ (5)今回新品のタペットキャップに交換。

何だかタペットキャップも仕上がりが

雑くなっているので、廃盤も近いかも・・・

大体純正部品の末期って

こんな感じで廃盤になって行くんだよねぇ・・・

これでやっとtanji号のエンジンが仕上がったので

明日、ご予約の作業が終わったらどーん!します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月12日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月13日(木曜日)と
明後日12月14日(金曜日)は
名古屋出張からの忘年会になりますので
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


定休日はラーメンデー

今朝は病院の日だと思っていたので、少し寝坊しながら

病院へ行ったら、予約の日を間違っていて一週間も早かった・・・

血液検査があるので、アルコールを我慢していたのに・・・

多分来週の血液検査の数値はえらい事になってると思います。

仕方が無いので久し振りに「俺らー」へ行こうと

定休日はラーメンデー (1)そのまま向かったのですが・・・

何と残念な事に、まさかの定休日だった。

もう口がラーメンの口になっているので

帰りのルート上で少し迂回して

定休日はラーメンデー (2)店舗が移転して新しくなった

天下一品へ行く事にしました。

ここ京都南の陸事の直ぐ近くなので

今後車検へ行ったら、多分ここに寄ると思う。

定休日はラーメンデー (3)天一では何時ものこってりに

チャーシュー二倍盛りを発注。

何とかラーメンの口が収まったけど

ラーメンを食べに行く道中で

直ぐ目の前で2件もの大きな交通事故があり大渋滞・・・

その大渋滞を潜り抜けてやっと食べれたので

店に戻って事務処理などをする気になりました。


奇跡の国内408キャブレター取付け

昨日はフロートチャンバーのOリングが硬化して

プラスティック状態だったので、Oリングを溶剤で溶かして剥がし

奇跡の国内408キャブレターOH完了 (1)新しいOリングをセットして

キャブレター本体に取付けて

やっと出来上がりました。

ドレンボルトのOリングも交換して

奇跡の国内408キャブレターOH完了 (2)奇跡の国内408のキャブレターO/Hが

完了しました。

二個一作戦は結構手間取りましたが

とても良い状態のキャブが出来上がりました。

奇跡の国内408キャブレター取付け完了 (1)で早速車体に取付け。

車体側のドレンホースも新品に交換。

でも車体側のゴム、ホース類は

全て同じ様に硬化しており

奇跡の国内408キャブレター取付け完了 (2)恐らくエンジンを掛けると

タペットキャップやヘッドカバーなどから

オイル漏れする可能性が高く

最悪はインシュレーターもヤバイかも知れない。

取合えず同調調整は名古屋から帰って来てからやります。


大阪T号足回りマッスル化計画

密かにフォアにビトーのマグタンを取付ける計画を

大阪T号足回りマッスル化計画部品入荷進めているのですが

リアディスク板を専用アタッチメントに

固定するボルトが入荷してきました。

まぁこれも少し加工が必要なのですが・・・

後はフロントフォークの特注スプリングが出来上がれば

一気にマッスル化出来るのですが・・・


自由人君ご来店

今日は木曜日だと思っていたらしく、自由人君がご来店w

定休日なのに自由人君ご来店 (1)折れた薬指も若干くっ付いたらしく

やっと抜釘できたらしいけど

案の定指が曲がらなくなっているし

手はまだ腫上っているのに

定休日なのに自由人君ご来店 (2)相変わらず対応が遅い保険会社のJ社。

抜釘が終わって左腕のMRI撮影をした所

じん帯が切れており、水も溜まって居る事が

今更ながらに分かって、装具で固定w

もう事故から2ヶ月経過してるのにねw

保険会社から兵糧攻めに遭っており、休業補償すらまともに

払って貰えないらしい・・・ほんと鬼だなJ社は。

ポート研磨が出来なくなったらどうしてくれるんだ!!JA!!!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月11日

100円自販機設置3

昨日はルミナリエ渋滞と阪神高速の事故で
帰りがかなり遅くなり、少し疲れ気味です。
しかもひょっとすると年内東京出張もあるかも・・・
そんな感じでまた別の意味でこれから忙しくなりそうです。
2025年に開催される大阪万博の頃には
僕はもう61歳になっていますが
それまで生きていて、身体が動いていてくれれば
まだまだバイクには乗っていると思います。
そして、どの業界でも技術者が人手不足な中
あと5年で製造から半世紀が経過するフォアを
維持管理出来る後継者も作らないと
いけないと、危機感を持ってます。


100円自販機設置

以前の自販機は売り上げが悪く、自販機会社が撤去したので

100円自販機設置 (1)やはり自販機が無いと不便なので

100円自販機を置く事になりました。

これもある程度売れないと

撤去されるので、ご来店された際は

100円自販機設置 (2)1本100円なので、ご協力をお願いします。

自販機の色もCPらしい黄色なので

気に入ってますし、設置する向きも

歩道に面して設置したので一般の方も

購入しやすいんじゃ無いかと期待しています。


奇跡の国内408キャブレターO/H組立て

昨日は臨時休業を頂き、作業が出来なかったので

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (1)今日は朝一からキャブレターボディの

洗浄作業から開始します。

キャブクリーナーで通路などの

洗浄を終わらせた後は

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (2)ボディを入念に洗浄する工程に移ります。

この時毎回超音波洗浄機が

欲しいと思いますねぇw

まぁその内購入するまではネチネチと

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (3)手洗いで仕上げる事にします。

洗剤を水で洗い流して 乾燥中。

見る限りは良いキャブに

仕上がりそうです。

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (5)リターンスプリングですが

車体に付いていた物(右側)は伸びており

汚れもあるので、部品取りキャブの

状態が良い方を使う事にします。

奇跡の国内408キャブレター組立て (1)スロットルバルブからJNを取外し

新品に交換します。

これを交換する為に、面倒ですが

全部分解してついでに可動部分を洗浄し

奇跡の国内408キャブレター組立て (2)グリスアップして動きを良くします。

取外したJNセットと新品のJNセットを

比較すると、車体に付いていた物よりは

磨耗していませんが、これだけ違います。

奇跡の国内408キャブレター組立て (3)世界のトヨタも高過ぎると言って

購入をしなかったフッ素グリス

ご存知の通りフッ素グリスは

耐ガソリン性に優れているので

奇跡の国内408キャブレター組立て (4)ガソリンに溶けないので

知らない人が見ると

液ガスを塗られていると

勘違いする程ガソリンに溶けないので

Oリングに塗る事により、Oリングの寿命を延命出来る物です。

奇跡の国内408キャブレター組立て (5)ホース類も硬化しているので

新品に交換して上側は完成。

後は車体に取付けて

同調調整をするだけにして

奇跡の国内408キャブレター組立て (6)ひっくり返してJNホルダーを入れて

フロートバルブも新品にしました。

MJは純正の#75に対して

給排気の具合から、取合えず#80を入れました。

奇跡の国内408キャブレター組立て (7)フロートをセットして

油面の調整も完了しました。

後はフロートチャンバーを

取付ければ完成なのですが

奇跡の国内408キャブレター組立て (8)今日一日でキャブを一つしか

仕上げられないなんて言うのは

今までには無かったのですが

全てはこの硬化したOリングを

剥がしたりする手間が激しく掛かった為です・・・

もう今日は諦めて、明日定休日ですが病院が終わったら

仕上げる事にしようと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月09日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月10日(月曜日)は別事業打合せの為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


奇跡の国内408キャブレターO/H分解

車体に取付けられていたキャブレターは残念な事に

腐ったガソリンに犯されておりフルO/Hしないと使えない状態だった。

また、新たにオーナーが持参したキャブレターは外観的には

とても綺麗で、状態も良さそうだったのですが

残念な事に、キャブレター本体が腐っており

MJを差し込む部分が腐って使えない状態だったので

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (1)二個一に組替えて、インナーパーツも

新品に交換する方向になりました。

まずは後から持ち込まれた

概観の綺麗なキャブを分解しました。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (2)こんな感じで本体以外は綺麗なので

再メッキをしなくても良いぐらいです。

この綺麗な部品を使って

車体に付いていたキャブレターに

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (3)綺麗な部品を入替えて使えば

それなりの状態のキャブレターが

出来上がると思います。

分解した車体側のキャブレター部品と

比べて見ても状態の違いが分かると思います。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (4)でも残念な事に、車体に付いていた

キャブレターも、チョークレバーの

スプリングと硬球が不在でした・・・

仕方が無いので、ここの部品は在庫から出します。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (5)腐ったガソリンに犯されたボディも

完全に分解が完了しました。

通路が詰まっているぐらいで

腐食してないので、こちらのボディを使います。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (6)概観が綺麗だった方のボディは

MJが納まる部分が溶けて

朽ちて居るのが分かりますね。

残念ですがこのボディはもう使えません。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (7)取合えずこれで両方のキャブが

バラバラになりました。

これで組立ては良いとこ取りの

二個一で仕上げます。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (8)その前にガソリンの通路が詰まった

ボディをキャブクリーナーを通して

通路の掃除をしてから

後日ボディを綺麗に洗浄する事にします。

今日は定休日なのでここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年12月08日

NGK杯サンデーロードレース3

鈴鹿サーキットで開催されているNGKスパークプラグ杯
サンデーロードレース最終戦のナショナルJSB1000の
本日の予選に、我らがちんねん師匠こと
R1に乗る#52田中選手が出場しているので
FBのライブ配信で見ており、全然仕事をする気がしなく
現場に居るメカニックの小まっちゃんに調子を聞いた所
「あいつ全然タイム出てないから、あいつ呼ばわりで良いんです」って
言ってましたw
で、予選結果は20秒で11位と言う結果でした。
明日は決勝です。


奇跡の国内408キャブレターチェック2個目

昨日オーナーが別のキャブレターを持ってご来店されました。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (1)受取った時に軽く見たのですが

見た目はこちらの方が綺麗なので

こちらを使う事にしたのですが

奇跡の国内408のキャブレターの罠は

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (2)まだまだ続きそうな予感しかしません。

インナーパーツは社外品に

なっているんだろうと思います。

その証拠に空き箱が・・・

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (3)交換された残骸を見ると

JNも交換されているし

願わくばフロートチャンバーの

Oリングをエキガスで固定されていなければ・・・

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (4)本体も不足部品があり

チョークレーバーの部品がありません。

しかも硬球も無くなっており

結果全バラになるのに代わりが無いです。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (5)フロートチャンバーを外すと

ほぼ新品状態のフロートチャンバー

ですが、インナーパーツは中古品。

ボディの腐食が目立ちます。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (6)フロートチャンバーのOリングは

硬化しておりペッタンコに

潰れてしまっているので

かなりの時間の経過を感じさせます。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (7)インナーパーツは一部を除き

純正でしたが、Oリングは全滅です。

ニードルホルダーは社外品なので

恐らくニードルも社外品でしょう。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (8)ただ残念なのは本体で

ボディの腐食がかなり酷く

MJが入る所が4箇所とも溶けて

使い物になりそうにありませんでした。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (9)これならまだ腐っていたキャブの

ボディの方が状態が良いので

どっちを使うにしろ全バラは

確定なので、使途不明なインナーパーツや

不足部品などもある事から、良いとこ取りの二個一で

まともなキャブを一基仕上げた方が良いと思います。

まぁ手間はほぼほぼ同じなので、オーナーと相談する事にします。


高槻S号オイル交換

もうOFFシーズンに入ったと思っていたのですが

181208高槻S様22号機オイル、フィルター交換来週はタイヤとオイル交換の予約が入り

今日は高槻S号のオイル交換と

オイルフィルター交換のご依頼を

お電話でご予約を頂きました。

以前から点火系の調子が悪かったので

色々と原因を調べていたのですが、今日その原因が分かりました。

フルレストア後約10年近く放置していた事もあり

オイル上がりが原因では無いかと言う判断に至り

近々ピストンリング交換を予定する事になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月04日

奇跡の国内408の罠3

バイクや車に乗っていてよく煽られる側の立場として
法律の定義や、解釈によってその罪に対して
求められる罰則に相違があるのは
仕方が無いのかも知れないけど
人として心情的に言えば無罪ではないと思いたい。
また、そこまでならやっても良いんだと言う考えを
持つ者も居るかも知れないし、そうすれば良いんだと
考える者もいるようになるのが怖いね。
まぁ確かに抜け穴だらけの法律があるのは事実で
それを理解すれば、武器にも、盾にもなるからねぇ・・・
こんなので法治国家と言う日本の国の上にあぐらをかいて
座っていると明日は我が身なので
自分の身は自分で守れるようにしておかないとねぇ。


奇跡の国内408キャブレターO/H

フロントブレーキ、保安部品などのチェックが終わり

オイル交換などを済ませ、エンジンを始動させるまで

奇跡の国内408キャブレターOH (1)一気に作業は進んだのですが

残念な事にガソリンが腐り

キャブレターの不調が判明したので

キャブレターを取外してO/Hをします。

奇跡の国内408キャブレターOH (2)取外したキャブレターに付けてあった

ガソリンフィルターが硬化、劣化して

ホースを動かしたら千切れました・・・

この際なのでホースも新品に交換します。

奇跡の国内408キャブレターOH (3)取外したキャブレターの

フロートチャンバーを

取外すと・・・くっさ・・・

ドロドロに腐ってる。

奇跡の国内408キャブレターOH (5)しかも液体パッキンを塗られており

ガソリンで溶けてブヨブヨです。

フロートも固着してました。

フルO/Hはしたくないのですが

奇跡の国内408キャブレターOH (6)この様子だとダメかも知れない・・・

オーバーフローしていた#1.4は

やはりガソリンが激しく腐ってました。

#2.3はジェット類がダメです。

奇跡の国内408キャブレターOH (7)インナーパーツを取外して悩む事しばし・・・

フロートバルブは全滅、SJもMJもダメ

通路も若干詰まり気味なので

取合えずニードルホルダーを取外すと

奇跡の国内408キャブレターOH (8)これもかなり腐ったガソリンに犯されて

ドロドロになっているので

ニードルも交換した方が良いだろうなぁ・・・

むーこれは残念だなぁ。

奇跡の国内408キャブレターOH (9)キャブクリーナーで取合えず洗浄。

JNを交換するとなれば全バラなので

その際ボディも洗浄する事にはなるのですが

これは予定外だったかなぁ。

月初めの今日は営業やご来店の方が多いし、何だかクソ熱いので

今日はここまでで終了。


1号機2019年仕様エンジンアッパーケース修理完了

アッパーケースだけ少々修理しないとダメだったので

1号機2019年仕様エンジン用アッパーケース修理完了 (1)分解してそのまま修理へ送った物が

今日修理から戻ってきたので

早速塗装を剥がして

残ったベースパッキンも剥がします。

1号機2019年仕様エンジン用アッパーケース修理完了 (2)最後にウエットブラストで仕上げて

これでアッパーケースの

ボーリング準備が出来ました。

スタッドボルトが三本抜けないので

内燃機やさんで抜いてもらいます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年09月25日

カリスマFCRのO/H準備3

明日息子が帯広から1年の勤務を終えて
大学の医局に戻ってくる事になり
空港までお出迎えに行ってきます。
息子はその足で、嫁と子供を迎えに行き
大阪市内の新しい住まいに転居する段取りをして
10月からの勤務に備える事になります。
何より、孫が大阪に暫くの間でも居ると言う事が
嬉しく思うのですが、色々な意味で近くても遠い距離感が・・・


ハッキングメール支払代金値上げw

先日から届いているハッキングメールが連休明け直ぐの今日

支払額値上げメールwまた送られてきたw

ハッカーも連休だったのかなww

内用は全く同じでメールヘッダーも同じ

でも請求金額が一気に$100も

値上げしてしてきやがったwww

これなら最初の$550か$570の時に払って置けば良かったw

で、結局誰かの所に僕の趣味の画像は届いたのかなぁwww


FCRO/H見積り

本当は分解前にテスト用エンジンに取付けてキャブの状態を

カリスマFCR OH準備 (1)チェックしたいのですが

今テスト用エンジンが無くて

どうしようかと思ってます。

取合えずトップキャップを外して

カリスマFCR OH準備 (2)中を見てみるとフラットバルブの

ローラーに磨耗が見られます。

恐らくリンクアームのローラーも

磨耗していると考えれば

本来ならO/Hするよりも新品の購入を勧めるのですが

FCRも高くなったので、部品代的にも微妙な感じかも知れないので

交換した方が良い部品の見積りを先にする事にします。

カリスマFCR OH準備 (3)JNも低中速の繋がり部分が

磨耗しているように見えるので

アイドリングの不良と

発信時のボコ付きがあるんだろうなぁと

カリスマFCR OH準備 (4)予測が出来きるのでJNを取外して

チェックするとかなり磨耗してました。

またローラーの磨耗具合から

フラットバルブが引っ掛かり

アイドリングが安定しないのだろうと思います。

FCRの手入れや、O/Hでやってはいけない事で

キャブクリーナーで洗浄する事です。

非分解部分のゴム類にダメージを与える為です。

カリスマFCR OH準備 (5)また他の部品を交換しても

非分解部分のゴム類が劣化しているので

完璧に元に戻る事はありません。

加速ポンプのダイアフラムの状態は

まだ良い方ですが、硬化しているので交換になります。


KTM390青空整備

大阪M号の腰上O/Hの見積りを作っていると

何時ものご近所のKさんが、ご自分でリアブレーキパットを交換しようと

KTM390青空整備 (1)チャレンジしていたらしいのですが

何時もの様にどうにもならなくなって

やり方を教えて欲しいとご来店。

見るとパットは外してあるのですが

キャリパーのピストンは全部出てるし

「何でピストン出したん?」と聞くと

「いやブレーキを踏むと出てくるので、何でだろうと思って・・・」

と言う・・・「あかんやん」しかもブレーキフルードは劣化してるし・・・

必要な工具は無いし・・・でそのまま青空整備となったのですが

KTM390青空整備 (2)結果、キャリパーを外さないとダメで

ピストンは入らないし

稼動部分は固着していると言う

酷い状態だったので、教える所では無く

KTM390青空整備 (3)結果全部僕がやる事になり

青空整備となった分けですw

自分でやろうとする事は

理解を深める為には良い事ですが

何時もどうにもならなくなってからなので

余計に手間が掛かると言うパターンです。


22号機点火系不調

先日#1に火が入らないと言う事で調査した22号機ですが

22号機高槻S号点火系調整 (1)どうやらまだ完調ではないと言う事で

再調査にご来店されました。

今回は本格的に調査する事にして

キャブの同調のチェックからしてみました。

22号機高槻S号点火系調整 (2)バキュームゲージをセットしてみると

#2のバキューム圧が低かったぐらいで

キャブの同調調整をしたのですが

それでも#1の調子が悪かったので

プラグを外すと、カブっており火花も飛ばない状態だと分かり

オーナーから事情を聴取すると、プラグキャップがちゃんと

ねじ込まれて無い事が判明したので

しっかりとねじ込んでプラグに火花が飛ぶ事を確認して

エンジンの不調は無事に解決しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月25日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日8月26日(日曜日)は
4in to1オーナーズクラブツーリングの為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが
宜しくお願い致します。


たる繊月退治

昨晩は孫の動画を肴に、米焼酎「たる繊月」と対戦。

たる繊月退治もう動画を見ているだけで

幾らでも飲める!

気が付いたら「たる繊月」を退治していた。

で、珍しく酔っ払ったのか

退治した画像の撮り忘れw


高槻H様種類再発行第四弾最終章

ご相談を受けてから1年弱でやっと最後のCB350Fの

書類紛失CB350F復活書類再発行が完了し

これで4台の車両が蘇りました。

他にZ750FやCB400も含めて

計6台所有しているらしいので

今後は奥様に書類を処分されないように

奥様孝行して下さいね。


高知U様キャブレター部品再メッキ

先日再メッキから仕上がって戻ってきたキャブレターの部品。

キャブレタープレート組立て (1)時間が経ち過ぎてしまい

何処までどうすれば良かったのかを

すっかり忘れていたので

オーナーと再度打合せをしました。

キャブレタープレート組立て (2)再メッキも仕上がりが悪い物もあり

普段なら交換するビス類は特に

仕上がりが悪い物が多いです。

完全分解すると割りピンなんかも

キャブレタープレート組立て (3)手に入らない物もありますが

チョークリンクの部分は

分解しないといけないので

割りピンはあるんですけどね。

キャブレタープレート組立て (5)目立つ所でメッキの仕上がりが

悪い物は手持ちの物に交換して

何とか対応出来るのですが

フロートチャンバーやトップキャップの

キャブレタープレート組立て (6)ビス類は交換するので在庫がありません。

リンクアームも壊れた物しか

入って無かったので

組付けをどうしようかと思ってます。

キャブレタープレート組立て (7)取合えず左右の部品はあるので

ブラストで仕上げてから

壊れた方だけは組付けますが

ブラスト仕上げなので手持ちの物と

キャブレタープレート組立て (8)仕上がり具合が違うと思います。

ワイヤーホルダー部分が

曲がっていたので修正して

取合えずプレートは組上げました。

キャブレタープレート組立て (9)他の部品も不足が無いか

数量をチェックして

仮組み、分類して箱に入れました。

多分余分目に入っていると思います。

キャブレタープレート組立て (10)ボディ側のブラインド栓も

交換との事だったので

メッキに出して無かったので

予備部品の中からブラインド栓を出して

キャブレタープレート組立て (11)ブラインド栓を打ち替えて

ボディの方も作業が完了しました。

他にもクロームメッキの

アクスルシャフトなどあるのですが

発送前に一度ご連絡を下さい。


香川F村号カバー類交換二日目

作業用リフトに搭載してから数日の間作業が止まってましたが

香川F村号カバー類交換L側 (1)今日から作業再開です。

まずはL側から交換作業に取掛かります。

なぜ交換するのかと言うと

塗装されたカバー類をバフ仕上げした物と

香川F村号カバー類交換L側 (2)交換してドレスアップなどをする為です。

で、ACGカバーのパンスクリューですが

ここの長さはM6×55と40が正解なのに

全然短い物が使われてました。

香川F村号カバー類交換L側 (4)交換する部品類はお預かりしてましたが

ガスケット類は入って無かったので

こちらが用意しました。

CP製新型強化オイルポンプも取付け。

香川F村号カバー類交換L側 (5)エンジンハンガー取付けボルトですが

入れる向きが逆なので

エンジンガードを取付けるついでに

正規の向きに入れ替えておきますね。

香川F村号カバー類交換L側 (6)エンジンガードのボルトですが

元のボルトには平ワッシャーが

入ってなかったので追加して入れました。

ここのボルトは長いのでエンジンの

香川F村号カバー類交換L側 (9)オイルラインを突いてしまい

よく割ってしまう所なので注意して下さい。

エンジンハンガーボルトの向きも

正規の方向に修正しておきました。

香川F村号カバー類交換L側 (10)スプロケットカバーを取付けて

これでL側の作業は完了しましたが

よくよく考えるとヘッドカバーを

交換する時に状態によっては

香川F村号R側カバー交換 (2)エンジンを下ろさないと

いけないかも知れなかった事を 忘れてた。

まぁ何事も無い事を願ってR側の

カバー交換作業に取掛かる事にします。

香川F村号R側カバー交換 (3)部品を取外す前にチェック!

キックシャフトは付け根部分の

よく割れる所が割れてました。

この車両、全体的にボルトの締付けが緩い。

香川F村号R側カバー交換 (4)何の力も必要としないぐらい緩い。

その上にクラッチカバー取付けの

パンスクリューも全部5mm短い。

一体どう言う事なんだろう?



クラッチカバーを外すとクラッチアウターの

ガタつきが気になるので、取合えずオーナーと相談してから

R側は仕上げる事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月23日

台風20号接近に付き3

予報では夕方以降から雨が
強くなってくるらしいのですが
僕の場合災害難民ゆえに
風が強くなって来る前の17時に雨仕舞いをして
閉店して自宅に帰ります。
心配なのは今夜から明日朝に掛けての降水量。
淀川のスーパー堤防も600mm程度の
降水量を想定して作られているらしいけど
今回の台風は1000mm近く降るらしいので
淀川の堤防が決壊したら、終わりだな。
そんな今日は気圧が低いせいなのか
身体がだるくて仕方が無い…


長崎焼酎呑みくらべ

定休日の昨日はサッサと帰宅して

長崎焼酎呑み比べ (1)まだ明るい内から対戦開始。

昨晩の対戦相手は長崎の地焼酎

5本呑みくらべセット

ボトル一本に100ml入ってます。

長崎焼酎呑み比べ (2)まずは芋焼酎「芋大尽」の味見から

内容量が100mlなので

本当の味見程度の量でロックで呑むと

一口か二口で無くなってしまう…

長崎焼酎呑み比べ (3)次の味見は麦焼酎の「長崎の鐘」

これも味わう前に無くなってしまい

よく分からなかった。

このペースだと味見にならない…

長崎焼酎呑み比べ (4)次はじゃがいもの焼酎「じゃがたらお春」

もうこの段階では味見はもう

どうでもよくなってきている。

クイクイっと呑んで次!

長崎焼酎呑み比べ (5)もう何の焼酎を呑んでいるのか

全然分かりませんが

「旭西海」の味見です。

もうこの時点で400ml呑んでいるので

長崎焼酎呑み比べ (6)いい加減出来上がってきてますからね。

で、最後は「わかめ 平戸若女」と言う

焼酎を呑んで、呑み比べセットを

退治してやりました。


キャブレターオーバーフロー修理

香川F川号の純正キャブレターのオーバーフローが止まらないので

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (1)車体から取外して送ってもらいました。

フロートチャンバーのOリングは

新品に交換してありますので

ご心配は無用です。

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (2)オーバーフローの原因と思われる

フロートバルブを新品に交換。

これでオーバーフローは治まると思いますが

フロートが引っ掛かったりする場合もありますので

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (3)その際はキャブを叩いたり

走ったりして見て下さい。

また車体に組付け時にも

オーバーフローする場合がありますので

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (4)同じように対応して下さい。

#2のフロートチャンバー取付け部が

一箇所ねじ山上がりがあったので

リコイルをしておきました。

一箇所リコイルの爪が折れて無かった所がありましたが

リコイル不良ではなく、爪の折り忘れでした。


高知U様再メッキ仕上がり

お盆前だった事もあり、メッキに時間が掛かってしまいましたが

高知U様再メッキ仕上がりバックプレートのカシメピンの加工と

シャフトのメッキなどキャブ部品等の

再メッキが終わり戻ってきました。

少し時間が経ち過ぎたので

一緒に送られてきたメモを見ているのですが

何処まで仕上げれば良かったのか、記憶が不鮮明なので

お時間のある時にでもご連絡下さい、申し訳御座いません。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2018年08月19日

第十回FB同窓会3

昨晩は第十回FB同窓会に行ってきました。
送迎役を仰せつかったので
ノンアルでしたが、懐かしい仲間との会話は
終わりがありませんでした。
そろそろ我々より先に旅立った同級生も増えてきて
寂しく思いましたが、元気な内に
身体が動くまで、楽しい同窓会を続けたいと思いました。
最後に〆のラーメンを食べるつもりだったのに
残念な事に二次会が終わった頃には
屋台ラーメン屋さんは売り切れ店仕舞いだったのが
今回の心残りなので、今度弟と
屋台ラーメンナイトツーリングへ行こうと思います。


同窓会ソロツーリング

二輪限定ETCツーリングプランを利用して、京都縦貫道から

ETC二輪限定ツーリングプランソロツーリング (1)舞鶴若狭道、北陸自動車道

名神高速を利用して乗り放題3,000円で

敦賀まで走り同窓会へ向かいました。

京都縦貫道、道の駅京丹波でとりあえず休憩。

ETC二輪限定ツーリングプランソロツーリング (2)お昼を食べて無かったので

ここで軽くフランクフルトと

ソフトクリームを食べて

そのまま舞鶴若狭道へ初めて乗りました。

ETC二輪限定ツーリングプランソロツーリング (3)途中にSAは無く軽いPAが

数箇所ある程度で

ガソリンスタンドが無くて

かなりヤバイ自動車道だと思いました。

ETC二輪限定ツーリングプランソロツーリング (4)三方五湖PAで休憩して

ソフトクリームと若狭牛串焼きを食べて

出発するのですが、ここまでの距離が

156キロだったので、フォアならヤバイ距離です。

ETC二輪限定ツーリングプランソロツーリング (5)敦賀ICまで無事に到着して

そのまま大急ぎで同級生のGSへ掛け込んで

急いで給油、10ℓちょっと入りました。

走行距離は180キロちょっとだったので

ETC二輪限定ツーリングプランソロツーリング (6)リザーブまであと少しでした。

PAに寄りゆっくり来たつもりでしたが

少し早く付いてしまったので

地元の明主となった友人の家で時間潰しして

眺めの良い高台にある温泉施設のビアガーデンで同窓会。

話が弾み過ぎて、写真を取るのすら忘れるぐらい楽しい時間でした。


22号機キャブ調整

22号機高槻S号の低中速の調子が悪いと言う事で緊急入庫。

22号機高槻S号キャブ調整 (1)試運転をしてみると確かに

4,000rpm辺りでフン詰まりだったので

ASの開度をチェックして調整。

プラグをチェックしてみると

22号機高槻S号キャブ調整 (2)真っ黒だったので交換。

少し濡れているのも気になる所。

でも白煙は出ていないので

新品のRプラグに交換して試運転。

22号機高槻S号キャブ調整 (3)調子は良くなったので

これで暫く様子を見てもらう事にします。

後はオイル交換の時に

ポイントのチェックをしてみます。

アイドリング調整がやり辛いと言う事で

純正キャブ用リモートスクリューを装着しました。


電動キックボード

アニーズの寺田社長が鈴鹿サーキットに

サーキット移動用電動キックボード電動キックボードを持って来ており

とても便利だったので

僕もPITでの移動用にと思い

電動キックボードを購入しました。

サイドスタンド付きなのですが

左に転回するとサイドスタンドを擦るので

これも左だけバンク角が浅いです…


香川F村号オイルフィルターケース

実は昨日からめまいがするのですが、今日はもっと酷いので

作業が出来そうに無い中、薬を飲みながら

香川F村号オイルフィルターケース取外し (1)調子が良い間に香川F村号の

作業を少しでも進めて行きます。

エンジンオイルを抜いたので

オイルフィルターを取外します。

香川F村号オイルフィルターケース取外し (2)まぁよくある話ですが

フィルターのスプリングシートが不在。

マメなオーナーなのにこれは以外でした。

これでオイルパンを外すのですが

香川F村号オイルパン取外し (1)一番気になるのはシリンダーヘッド。

最悪はエンジンの下ろして

ねじ山修正をしないといけない。

とりあえずマフラーを取外して

香川F村号オイルパン取外し (2)オイルパンを取外しました。

幸いな事に異物も無く

スラッジも少ない方で

状態としては良い状態だと思います。

香川F村号オイルパン取外し (3)念の為プライマリーチェーンをチェック

若干伸びてはいますが

まぁ問題は無いでしょう。

後はまた明日以降に作業する事にします。


本日のご来店

数ヶ月に一度ぐらいのペースでご来店されるKZ1000

180819本日のご来店最近店の前にZ1000Mk兇

止まっているので久しぶりに

ご来店下さいました。

Zって乗ってみると本当に楽しいバイクですね!

身体が動く内に乗って楽しんでおかないとね!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年07月21日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせと今後の予定】
7月も残り僅かとなってきましたが
何かとイベントごとや、病気の治療の為に今月も臨時休業が多いので
7月と8月の予定されている臨時休業日をお知らせしておきます。
7月22日(日曜日)4in to1オーナーズクラブ合同ツーリング
7月23日(月曜日)右足半年定期健診
7月26日(木曜日)神戸にて打ち合わせ(顧問業務)
7月29日(日曜日)枚方市民のコミュニティ「枚方が好きやん」
(ツーリング部顧問)第一回ツーリング
7月30日(月曜日)真性多血症治療
8月は孫も出てくるので日にちは未定ですが、1日お休みをいただく予定。
8月18日(土曜日)午後15時には同窓会の為、閉店予定。
お盆は休まず営業致しますので、よろしくお願い致します。


暑いので内職

意外と人気の新商品、純正シートロック用蓋キットですが

キットにするには手間が掛かるのが大変なんですが

純正シートロック用蓋組立て内職3セット目 (1)今日も暑くて労働意欲を

削がれているので

内職に没頭する事にします。

おかげ様で好評過ぎて

純正シートロック用蓋組立て内職3セット目 (2)9月30日に開催予定の

ヨンフォア旧車ミーティングまで

在庫が持つかどうかが

心配になってきたぐらいです。

純正シートロック用蓋組立て内職3セット目 (3)20個分の点検とキット組みに

掛かる時間が1時間ほどですが

部品が細かいので結構疲れます。

取合えずこれで3セット目の

20個が完成しました。


高知U様キャブ部品など再メッキのご依頼

お預かりしてから少し時間が経ってしまいましたが

高知U様キャブ部品など再メッキのご依頼 (1)キャブ部品などの部品を

再メッキに出す下地処理が終わり

メッキ屋さんへ送りますが

完全に細かくバラバラになっているので

恐らくキャブの部品は紛失されてしまうと思いますので

その辺はご了承下さい。

高知U様キャブ部品など再メッキのご依頼 (2)キャブのリンクアームを

破損したらしく、溶接で補修との

ご依頼ですが、不純物が多いアルミなので

まともな溶接は出来ないと思いますので

この部品は手持ちの物と交換する事になります。


22号機高槻S号ETC取付け準備

正直な所、すっかり忘れていた22号機にETCを取付ける事…。

22号機高槻S号ETC取付け準備 (1)ETC本体も片付けてしまっていたので

オーナーにはご迷惑をお掛けいたしました。

24日(火曜日)に取付け作業を行う事になり


余裕のある内に、配線を作って

22号機高槻S号ETC取付け準備 (2)当日、サクッと取付けが出来る様に

準備をして置きます。

クーリーの時の様に配線を

カニで挟む様なやっつけ仕事はしません。

後は本体を何処にセットするか良い方法を考えます。


そんな今日は何もやる気がしないのでユーチューブ見てます…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年07月10日

レースウイーク3

今週14日(土曜日)に開催される夏のFUN!&RUN!!に
出場する予定で、準備をしているのですが
ハイエースのフロントガラス修理の為
積込みがまだ出来ません。
恐らく修理が仕上がってくるのが12日午後〜なので
それから大急ぎで積込みに取掛かる事になります。
今回弟は仕事の為ピットクルーが出来ないので
レース当日、お手伝いが居ないので
どうしようかと思案中です・・・


22号機キャブレターO/H

ドレンボルトからキャブクリーナーをぶち込んでみたりしたのですが

22号機キャブレターOH (1)スローが全然ダメな上に

#1.4のオーバーフローが止まらないので

諦めて取外して分解掃除をする事に。



22号機キャブレターOH (2)6年前に間違いなく僕が

リビルドしたキャブレター

久し振りの再開がこんな形とは・・・



22号機キャブレターOH (3)多少汚れはマシになってますが

フロートチャンバーの中のガソリンは

緑色になって腐ってます。

こりゃぁダメだわなぁ・・・

22号機キャブレターOH (4)本体側も大方の汚れは落ちてますが

スローは完全に詰まってました。

取合えず取外せるものは

全部取外してキャブクリーナー漬けです。

22号機キャブレターOH (8)#4のフロートは固着しており

これじゃぁガソリンもジャじゃ漏れだよねぇ





22号機キャブレターOH (9)キャブクリーナー漬けのインナーパーツ

本体側の通路も全部洗浄して

ガソリンがちゃんと流れるようになりました。



22号機キャブレターOH (10)掃除したSJを取付けて

JNも掃除が完了してセット。

MJのOリングを交換しセット完了。

油面調整も終わったので

22号機キャブレターOH (11)キャブをエンジンに取付けて

新しいエンジンオイルを入れて

火入れの準備が整いました。

で、セルを回す事数回

22号機キャブレターOH (12)エンジンは快適に始動してくれました。

新品だったタコメーターのダンパーオイルが

どうやらダメな感じですが

暫く様子を見てもらう事にします。

これで車検の準備も整ったので、早ければ来週には納車出来ると思います。


京都H号点火系不具合調査

昨日お電話を頂いた京都H号が本日ご来店。

PITの都合で今日にして貰ったのですが、タイミング的に恐らく

昨日のさいとうゲリラに襲われる所だったかも知れません。

京都H号点火系不具合調査北海道ツーリングに行く準備をしていたH号

結果フォアでは行かなかったらしく

別のバイクで行ったそうですが

生憎の大雨で散々だったらしいです。

で、今回点火系の不具合が発生したらしいのですが

プラグを交換して試運転をしてみましたが、症状は出なかったので

暫く様子見をして貰う事になりました。

少しプラグが黒かったのでASを調整しました。


純正シートロック用蓋キット組立て内職

予想に反して、おかげさまで多くの方からご購入のご依頼を頂いている

純正シートロック用蓋キット組立て内職 (1)純正シートロック用蓋キットの

発送準備や組立ての内職作業を

仕事の合間を見てやってます。

老眼には厳しい内職ですが

純正シートロック用蓋キット組立て内職 (2)取合えず15個ぐらい検品と

仮組みをしてEリングをセットし

発送準備を随時進めております。

Yオクにも出品してますが

Yオク税が掛かる分もあり、直接ご連絡頂いた方が

多少なりとも安いので良いと思います。


出張修理

姪から「バイクのエンジンは掛かるけどアクセルを開けると止まる」

姪のズーマー故障 (1)とヘルプコールが入ったけど

ハイエースが無いので取合えず

様子を見に行ってきたけど

工具も無く、厚くてやる気もしないのですが

姪のズーマー故障 (2)インジェクションの故障か?

ラジエターのリザーブタンクが

空だったので焼き付いた?



姪のズーマー故障 (3)何とも無いので

取合えず持ち帰る事にしました。

ハイエースが無い時に

タイミングの悪い故障です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年06月22日

32周年目の結婚記念日3

24日に予定していた最強レベル雨男企画
オーナーズクラブツーリングは
昨年同様ちゃんと雨なので中止だそうです。
大体梅雨時期に彼を当番にした事も
雨狙いとしか言いようが無いと思うけどねw
来月のCPツーリングは何処に行こうかな・・・
おや?ツーリング中止の連絡が入ってから
日曜日の天気が回復傾向になってきたぞ!w
どうしよっかなぁ・・・


可も無く不可も無く・・・

昨晩は32周年目の結婚記念日を二人でお祝い?

結婚記念日32周年特にこれと言って思い出を語る分けでも無く

恐らく語れば叱られるだけだし

身の安全の為、あえて何も語らず

ケーキにメッセージだけ書いて貰いました。

思えば結婚した当時はお互いまだ若く、ラブラブな時期も合ったはず・・・

僕は仕事で殆ど家には居らず、外では遊びまわって散財してました。

人一倍いや十倍手の掛かる子供に愛情を120%注いだ嫁は

息子を医者に育て上げ、今ではレオとちゃPに愛情を注いでます。

先日の地震の時には、揺れた!と思った瞬間からレオとちゃPを抱えて

かごに入れ、首輪をはめて逃げる準備を整えていたのを

トイレでウンコしながら見てましたが、最後に「あんた!何しとん!!」って

怒られましたが「いや・・・ウンコ出てるし・・・そんなん言われても・・・」

そんな嫁は、唯一僕の事をグーで殴る女の人で

兄弟や後輩達など誰も逆らう事が出来ない存在です。


ヨシムラミクニTMR-MJN価格改定

ヨシムラジャパンからヨシムラミクニTMRキャブレターの

ヨシムラミクニTMR-MJNファンネル仕様在庫1基 (1)改定価格のお知らせが入りました。

CB400Fに限って言えば

DSF仕様が298,000円から354,000円に

F仕様が265,000円から321,000円に

STDクリーナーBOX仕様が275,000円から331,000円に

8月1日以降受注分から56,000円+消費税の値上がりになります。

CPには現在ファンネル仕様の在庫が1基だけありますので

購入をご検討されている方はお早めに!


ブログNG車両仕上がり火入れ前

今日やっと火入れが出来る状態に仕上がった

ブログNG車両仕上がり (1)ブログNG車両のエンジン。







ブログNG車両仕上がり (2)当時物ヨシムラマフラーも装着完了。

これでやっと作業リフトから降ろせます。

この後はまたオーナーと相談して

どうするかを決めます。


まっきーレーサー号作業リフトへ移動

作業リフトが空いたのでやっとまっきーレーサー号を移動させれます。

まっきーレーサー号作業リフトへ移動 (1)ずっと狭い通路に置いてあったので

このレーシングスタンドに

差し込んである棒の所に何度と無く

僕の弁慶を持って行かれた事か・・・

まっきーレーサー号作業リフトへ移動 (2)ただでさえ傷の治りが遅いのに

同じ所を何度も持って行かれるので

膿んで居る所もあるぐらいです。

でもこれでやっと通路から

まっきーレーサー号作業リフトへ移動 (3)作業リフトに搭載したので

僕の弁慶を持って行かれる事も

無くなったので、後は傷の治癒と

エンジン修理をするだけです。


三重U号事故修理準備

何かと対応が遅い某保険会社なので

三重U号エンジン分解準備月曜日にアジャスター立会いの下

目の前で全バラをする準備をしました。

横からの衝撃を受けているので

ステム部分がやられていると思います。

当然フロントフォークもダメでしょうから

エンジンを下ろしてフレーム全バラ修正になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

夏のファンラン出場予定3

6月18日に申し込みが終わる
夏のファン&ランに(7月14日開催)
出場する予定で申し込みしました。
早速19日にでも練習へ行こうと思っていたのですが
火曜日の天気が微妙なので悩ましく思います。
練習無しのぶっつけで体重だけ落としての
出場になるかも知れない。


店内完全オーバーフロー状態

昨日の店内は完全オーバーフロー状態で

完全オーバーフローの昨日の店内どうやってバイクを片付けようかと悩んだ挙句

Mk兇脇れる事が出来なかった。

不動車コーナーにはレーサー2台と

フォア4台、加工場にはフォア2台

PITにはレーサー1台とフォア6台とGS1台で合計16台の車両となってました。

GSX1400クーリーレプリカも入庫予定でしたが

流石に無理なので、今日の入庫にして貰いました。

三代目号のオイル交換も無理だったので、後日に延期となりました。

申し訳ないです。


名古屋N号オイル交換

今日お引取り納車かと思って大急ぎでオイル交換作業を開始。

名古屋N号オイル交換でも何も連絡していないので

また次の週かなぁ?

まぁ今日は作業が混み合っているので

ゆっくりと作業を終わらせる事にします。

オイルフィルターも交換予定です。


旧2号機キャブO/H

よくよく考えたらレストアしてから10年以上経過している旧2号機。

旧2号機純正キャブOH (1)最近燃費の悪さから

キャブの分解チェックと

部品交換の為に入庫となりました。



旧2号機純正キャブOH (2)で、早速キャブを車体から取外しました。







旧2号機純正キャブOH (3)フロートチャンバーを取外してみると

少しだけ油面が低いぐらいで

特に気になる所は無かった。

ASは2回1/2開だった・・・

旧2号機純正キャブOH (4)サクサクッと全バラ状態にして

各Oリング類は全て交換するのですが

10年経っている割には

まだゴム感がちゃんとあった。

旧2号機純正キャブOH (5)で、燃費が悪かった原因はこれ

JNのクリップ位置が一番下になっていた。

何でこんな事になっているのかは

全然記憶に無い・・・

旧2号機純正キャブOH (6)磨耗も無く状態は良いので

交換せずこのまま使う事にしました。





旧2号機純正キャブOH (7)全バラついでにトップキャップを

バフりました。

何時も強制労働をしてもらっているので

これぐらいはしておかないとねぇw

旧2号機純正キャブOH (8)フロートをセットして

油面を調整して組立て。





旧2号機純正キャブOH (9)勿論フロートチャンバーも

綺麗にバフってます。

これで一先ず今までの強制労働は

チャラかな?w

旧2号機純正キャブOH (10)交換したOリングとダストシール達。

流石にこの頃はダストシールの

リプロ品が無かったので

カチカチになっていたので交換しました。

旧2号機純正キャブOH (11)キャブを車体に取付けて

同調調整の準備も完了です。





旧2号機純正キャブOH (12)サクサクッと同調も綺麗に合って

サクサクッと作業が完了しました。





旧2号機純正キャブOH (13)見た目も良くなり

これで燃費も向上するはずだし

同調もバッチリとなったので

調子は良くなっているはずです。


GSX1400クーリーレプリカ入荷

CB400Fに乗り換えの為に下取り車両として入荷してきた

GSX1400クーリーレプリカ入荷色々調べたのですが

取引台数が少ないので

オーナーと相談して業者オークションに

出品する事にしました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年05月20日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日5月21日(月曜日)は第三回
真性多血症治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


tanji号イグニッション接触不良再び

昨日急遽入庫のご連絡を頂いたtanji号。

tanji号イグニッションスイッチ接触不良再び (1)前回カバーが割れていたので

交換して接触不良が解消したと

思っていたのですが残念な事に

接点側の問題だったと言う事が

tanji号イグニッションスイッチ接触不良再び (2)今回判明したので、接点を交換して

イグニッションの接触不良問題が

無事に解決しました。

結果、何かあちこちが割れていたのと

接点が磨耗して居た事が原因だった。


下僕?号A様ご来店

姫の下僕が沢山居過ぎて

もう何人の男を手玉にしているのかも分かりません・・・

下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (1)その下僕の内のA様が姫のために

ヘルメットシールドを献上品として

持参して下さいました。

それで色々とお話をしていたら

下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (2)割とディープな話になったりで

すっかりと話し込んでしまいましたw

で、ついでにじっくりと観察して

色々とダメだしw

下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (3)トルクロッドのゴムの順番間違い

よくある間違いですね。

で、早速修正作業w



下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (4)ブレーキパネルとトルクロッドの間に

挟まっているゴム

これがよくある間違いですね。



下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (5)正規に入れるとこうなります。

サクサクッと修正完了。

その他フロントブレーキもダメだし



下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (6)サイドスタンドスプリングも

上下が反対ですね。





下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (7)Aさんはその場でサクサクっと修正。

エンジンも調子が良さそうですが

今後の事を考えて

まずはオイルパンを外して

チェックからと言う事になりました。


京都T号用マフラー、ボトムケース

塗装に出していた京都T号の当時物ヨシムラマフラーと

京都T号用マフラーフロントフォークアウター塗装完了 (1)ボトムケースの塗装が終わり

パウダーコートカトーさんから

戻って来ました。

これで近日中に仕上げますので

京都T号用マフラーフロントフォークアウター塗装完了 (2)暫くお待ち下さい。

明日は病院なので

明後日から本格的に仕上げ作業に

取掛かれると思います。


GS400再復活

ガソリンが腐ってキャブレターがダメだったGS400が

GS400再復活無事に復活してくれました。

バッテリーは要交換です。

エンジンも快調で異音もありません。

如何でしょうか?




Z750RSバッテリー&ガソリンコック入荷

京都のY様のZ750RSのバッテリーが入荷してきたので

Z750RSバッテリーとGSコック入荷 (1)早速充電開始。

今晩閉店後に車両を引き取りに

行って来ます。

明日は病院なので

Z750RSバッテリーとGSコック入荷 (2)火曜日に納車出来ると思います。

コックも悪いのでピンゲルに交換。

純正は出ないので、数ある中で

一番信頼出来るピンゲルにしました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年03月22日

孫は♂3

昨年9月に入籍した息子夫婦。
入籍後即効で妊娠し7月に予定していた
結婚式が11月に延期となりました。
子供が出来たと報告があった時に
孫♂僕は直ぐに「男の子やな」と直感した。
僕嫁が妊娠した時も「男の子」と的中!
弟の子供も「女の子」だと的中!
下の弟の子も「男の子」と的中!
そして息子の子供も「男の子」と
身内は全て100%的中してます。
僕には男女どちらかが直感的に分かる
能力があるのかなぁ?早く出て来ないかなぁw


3月も男は黙ってパンチ

4月1日に息子の結婚式の衣装合わせがあるのと

男は黙ってパンチ!18032126日に別件の打合せがあるので

何時もより少し遅くなったけど

昨日何時もの理髪店へ行き

何時ものパンチ!

結婚式の髪型イメージw結婚式の当日は風体が悪いので

吉川晃司風のイメージにしようと思っているので

少し髪を伸ばしてから理髪店へ行こうと

計画をしています。

後は痩せればそっくりさんだなぁ・・・

多分僕の人生で最初で最後の

燕尾服、似合うかなぁw


13号機キャブ手直し

同調、点火時期を調整してほぼ完成した13号機に

13号機タンク搭載からのキャブ手直し (1)キャンディーレッドに親子ライン入りの

ガソリンタンクを乗せて

ガソリンを入れ、キャブにガソリンを

流し込んだらフロートチャンバーから

13号機タンク搭載からのキャブ手直し (2)ガソリンが滲み出てきた・・・

多分パワーフィルター仕様にし

MJを交換した時

フロートチャンバーが変な閉まり方になり

隙間が出来たんだろうと思い、キャブを取外すと

案の定+ナベビスが痛んでおり、#1のヘサートが緩んでいた事が判明。

ヘリサートを交換して手直しが完了しました。


タンクコーティング乾燥

定休日を含めて二日間乾燥させた

大阪S様タンクコーティング完了S様のタンクが出来上がりました。

明日引取りにご来店予定です。

その際にまた色々と相談があるそうです。

何でも承りますよ!w


強化オイルポンプ

以前CP製新型強化オイルポンプをご購入して頂いた

新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (1)三重県のM様からのご依頼で

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプ

の組付け作業のご依頼です。

一見簡単そうに見えますが

新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (2)取り付けには微妙なテクニックが必要。

まずは純正ミッション用オイルポンプを

取外しますが、これは多分問題ありません。



新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (3)ミッション用強化オイルポンプの

トロコイドギアーと交換すると

厚さの違いが分かると思います。

ここからがミソで、ギアーのセンターを

新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (4)出しながら仮締めして行き

締め付ける順番でトロコイドギアーの

センターが決まります。

適当にやるとセンターが微妙にズレます。

クランクケースの再メッキボルトも同梱しますので

交換が出来ましたら、取外したボルトを送り返して下さい。


EN125USBスマホ用電源

僕の通勤&代車に使うEN125に

EN125USB電源取出し (1)スマホ用USB電源を配線しようと思い

スマホホルダーを取付けて

ここにUSB配線アダプターを



EN125USB電源取出し (2)取付けて、一番短いスマホ電源用

USB配線を購入して取付けました。





EN125USB電源取出し (3)SUZUKIの配線は全然分からないけど

テスターで電源を探すと

全部カプラーに入っていた・・・

ハーネスを傷付けたくないので

EN125USB電源取出し (4)色々と考えて配線を分岐して

USB電源を確保出来ました。

これで通勤号で充電が

出来る様になりました。


本日のご来店

店の裏手側から入って来るのは身内か郵便局の人ぐらいなのに

180322本日のご来店自由人君と話しをしている所へ

見知らぬ人が入って来たので・・・

あれ?よく見ると猫君だった。

仏像みたいになっていたので

何時悟りを開いたのかと思ったわ。

3回目の結婚をして幸せ太りだなと言う話をしてたら

僕の病気の事を聞いたらしく、顔を出しくれました。

ありがとうね。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年03月13日

今日からアスピリン3

昨日初めての瀉血をやってからの今朝
頭痛とめまいは随分良くなりました。
血液をサラサラにする薬アスピリンも
今朝から飲み始めました。
これで少しは身体も楽になって行くと思います。


13号機エンジン組立て

先日の下見ツーリングで1号機のTMR-MJNのレスポンスが悪く

スローが濃くてエンジンストールする時にカブるので

MJNのクリップ位置を上げてみました。

これでまた今度試運転をしてみます。

13号機シリンダーヘッド搭載 (1)水曜日に作業集中日で13号機の

エンジンを仕上げる予定でしたが

今週の予約も詰まって来ているので

予定を早めて今日シリンダーヘッドを

13号機シリンダーヘッド搭載 (2)搭載して締め込みます。

今月中に仕上げる予定に

変更はありません。



13号機シリンダーヘッド搭載 (3)シリンダーヘッドの締め込み完了。

明日増し締めして

フレームに搭載出来れば

搭載予定です。

13号機シリンダーヘッド搭載 (4)純正中古良品カムを取付けて

カムチェーンを掛けました。

取合えずこれで13号機のエンジンは

一段落です。

13号機シリンダーヘッドカバー下拵え (1)次にすっかり忘れていた

ヘッドカバーの下拵え。





13号機シリンダーヘッドカバー下拵え (2)サクサクッと下拵えを終えて

これで明日の準備が整いました。

明日は病院へ行ってから

エンジン搭載をするか考える事にします。


新型強化オイルポンプ組立て

ハウジングの加工が終わって戻ってきたので

新型強化オイルポンプ180313 (1)強化オイルポンプの

在庫を作ります。

フル強化オイルポンプ1個と

メイン強化オイルポンプ4個の

新型強化オイルポンプ180313 (2)在庫が出来上がりました。

これで在庫の余裕も増えました。

アゲイン製のミッション用を

組付けての販売も可能です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年03月04日

大忙しの日曜日3

今日は久々に気温が高い日曜日になり
初乗りに出る方も多いと思います。
僕も来週の下僕強制ツーリングに行く前に
軽く走って調子をチェックしたい所ですが
中々そう言う分けにも行きませんねぇ・・・
下血から少しまた血液が増えてきたのか
軽い頭痛とめまいが始まりました。
もう何処かの血管に穴でも開けたろかな。


GTH号メンテナンス

昨日お預かりしたGTH号のオイル交換とフィルター交換。

GTH号オイル&フィルター交換 (1)まずは前日にオイルを抜いて

一晩放置して置き

今朝一番から作業に取掛かりました。



GTH号オイル&フィルター交換 (2)オイルフィルターも交換なので

フィルターケースを外したついでに

汚れを取る為、ウエットブラスト仕上げで

交換取付け完了です。

GTH号ヨシムラ油温計取付け (1)今回これからの時期に備えての

第一弾として油温計も取付けます。

まずはセンサーを取付けて



GTH号ヨシムラ油温計取付け (2)油温計本体の取付け

配線を済ませ設定を合わせました。

油温は115℃で警告ランプが点灯します。

発電の表示誤差は0.8Vぐらいでした。

GTH号純正キャブ用リモートスクリュー取付け純正キャブレターに

リモートアイドルスクリューを取付けて

今回のご依頼は完了しました。

次のステージはオイルクーラーです。

予定通り夕方にお引取り納車が出来ました。


三代目号にヨシムラミクニTMR-MJN

408ベースの466ccヨシムラ中空ハイカムst1仕様の三代目号に

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (1)純正エアークリーナーチャンバー仕様の

TMR-MJNを取付けます。

現在FCR28のパワーフィルター仕様が

付いている三代目号。

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (2)まずはこのFCR28を取外し

ついでにインシュレーターも

新品に交換します。



三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (3)サクサクッとFCRを取外しました。

三代目号はエアークリーナー部分に

補強を入れてあるので

純正エアークリーナー仕様の

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (4)TMR-MJNを取付けるには

エアークリーナーダクトガイドと

エレメントシールの加工が必要になり

まずはその加工を済ませてから

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (5)インシュレーターを交換して

純正エアクリーナーチャンバーと

TMR-MJNをサクサクっと取付けました。

やっぱりカッコ良いですね!

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (7)タンクを乗せたのですが

リプロのタンクだったので

スロットルワイヤーブラケットとの

隙間が微妙です。

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (10)キャブにガソリンを流し込んで

サクッと火入れが完了。

466ccハイカムst1仕様の三代目号

試運転をさせてもらいましたが

セッティングは丁度良いかも!しかも下から上までしっかりと回り

ハイスロでパワーが有り過ぎる感じなので6.000rpmで怖いぐらいでした。

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (11)ついでにオイル交換も済ませ

来週の下僕ツーリングへの備えも

完了しました。

余ったFCRは最強レベルの雨男が

狙っているらしいよ!

そして自宅に戻る三代目さん、TMR-MJNに変わった愛機に跨り

出発する時のパワーに思わず「うわぁ〜」と声を上げながらご帰宅されました。


本日のご来店

こんなに良い天気になるとは誰も思ってなかったらしく

本日のご来店180304 (1)着込み過ぎて暑い今日は

弟のアースジェット号が午後からご来店。

オイル交換をしたいらしいのですが

PITでは三代目号の作業中なので

本日のご来店180304 (2)作業が終わるまで待機し

オイル交換はセルフで作業。

11日の下僕ツーリングに

参加するのかな?w

本日のご来店180304 (4)続いてのご来店は滋賀から

抹茶ん号大メンテ終了の

試運転がてらにご来店。

相変わらずピカピカですね。

今回の大メンテの苦労話を色々と聞かせてもらいました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

そろそろシーズンINでっせ5

この時期、急に暖かくなると気になるのが花粉ですが
何故か今年はくしゃみも、目の痒みも一切無く
鉄の身体を取戻した様な気がします!
今まで散々悩まされた花粉症ですが
別の病気と等価交換?ランクアップしてる?
取合えず花粉症を退治したりましたわ!
来週3月11日は姫企画の下見ツーリングがあるので
下僕達は覚悟を決めて参加準備をして下さい。


54歳のお誕生会

昨晩は嫁と二人でお誕生会。

誠司54歳を迎える (1)お誕生日は必ず嫁の作った散し寿司。

これは我が家では恒例です。

大体いつも半分以上は僕が食べて

残った分は翌日のご飯になりますけどね。

誠司54歳を迎える (2)この時期はひな祭りと重なるので

お誕生日のケーキも必ず

ひな祭り用のケーキになります。

何時もありがとう。


新型強化オイルポンプ

そろそろ在庫の新型強化オイルポンプが少なくなってきたので

新型強化オイルポンプ加工180302 (1)13号機のシリンダーヘッドを

内燃機屋さんへ送るのに合わせて

一緒にハウジング加工に出します。

まずは分解してから状態をチェックし

新型強化オイルポンプ加工180302 (2)問題が無ければ

ウエットブラストで仕上げて

内燃機屋さんへ送りました。

この時期内燃機屋さんも混んでいるので

仕上がりの予定は全然分かりません。


三重U号TMR-MJN取付け

昨日入庫してきた三重U号の作業に取掛かります。

180303今日のPIT今週は後2台入庫予定なので

PITは何時もの光景になりつつあり

例の如く雨が降ったら何も出来なくなります。

天気予報では月曜辺りから崩れそうです。

三重U号シリンダーヘッド増し締め (1)TMR-MJNを取付けて

試運転もしないといけないので

大急ぎでキャブを取外しましたが

その前に

三重U号シリンダーヘッド増し締め (2)シリンダーヘッドの増し締めから

スタッドボルトの辺りから滲みが

あるのですが、場所の特定が

出来ないので、1本ずつチェックしました。

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (1)ヘッドカバーを締め付けて

待望のヨシムラミクニTMR-MJN28Φを

車体に取付けました。

カッコ良い!

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (2)ブローバイガスを処理する為に

オイルキャッチタンクをセット。





三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (3)ガソリンタンクをかさ上げする為に

タンククッションラバーに

8mm程度のゴムを貼り付けます。



三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (4)純正アクセルワイヤーの場合

このストッパーを取外し

割りナットを入れないとダメなので



三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (5)破壊して割りナットを入れて

Wナットにします。





三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (6)ハンドルの関係でアクセルワイヤーの

取回し角度がかなりキツく

アクセルが戻らないので

ルートを色々と変更してみました。

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (7)一番アクセルワイヤーの戻りが

良さそうな取回しルートは

ここしか無さそうです。

後はフォークの内側か外側か・・・

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (8)398のノーマルコックなので

ガソリンホース径を変更する為に

ガソリンフィルターでホース径を

変更しました。

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (9)タンクを乗せて取合えず完成。

ホースをコックに接続して

キャブにガソリンを流し込み

エンジン始動準備が整いました!で



エンジン始動!セッティングはこのままでも良いかも知れない。

CB400F 408ccベース466cc、ヨシムラ中空ハイカムst1

ヨシムラミクニTMR-MJN28Φデュアルスタックファンネル仕様。

 

追加動画:CB400 398cc0.5OSピストン、ヨシムラハイカムst1

ヨシムラミクニTMR-MJN28Φ純正エアークリーナー仕様。



更に追加:CB400F 408ccベース510ccアゲインハイカムst2

世界に2個しかないヨシムラミクニTMR-MJN32Φ

デュアルスタックファンネル仕様。


本日のご来店

やはり暖かくなるとやって来るのがCP問題児・・・

本日のご来店180303 (1)冬眠から目覚めたらしく

今バイク磨きを集中的に

やっているらしいのだけど



本日のご来店180303 (3)冬眠している間に空気圧も

減ってしまったので

エアーを入れにご来店。

エンジンのヘッドカバーからも

本日のご来店180303 (2)オイル滲みがあるのですが

タペットキャップのOリングとと

ヘッドカバーガスケットを交換すれば

止まると思いますが

今PITが一杯なので、暫く我慢して乗ってください。

本日のご来店180303 (4)その後にご来店はご近所の

イントルーダーM様。

車検の時期が近づいて来たので

入庫時期のご相談にご来店です。

この車両は大幅にスペースが必要になるので

3月後半に入庫予定としました。

GTH号入庫180303続いての入庫は京都からGTH号

明日オイル交換、フィルター交換と

油温計取付けとキャブレターに

リモートアイドルスクリューを取付けて

午後に納車予定となっております。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年03月02日

誠司 今日から54歳3

53歳も数回人生が終わり掛けていたにも関わらず
今日無事に54歳を迎える事が出来ました。
53歳を振り返ると、波乱な1年だったと思います。
いや53年間波乱な人生を生きてきたのだと思います。
記憶がある中で最初に幼稚園へ向かう途中
僕の人生で初めてバイクに跳ねられた事から始まり
小学校の頃にトレーラーに跳ねられたり
車に引かれたり、ぶつかったりと幾度と無く学習能力が無くて
入院生活の方が長かったような思い出しかありません。
車、バイク事故なんて数知れず・・・ICUには4回それでも死なない
胆道閉塞で3.4回死に掛けたりもしました。
息子のおかげで糖尿病や、真性多血症の早期発見など
これからも生きると言う罰と生きて行く罪を背負い迷惑を掛けながら
55歳を迎える事が出来るようにして行こうと思ってます。
昨日は姫が京都から神戸に引っ越した先から
わざわざお誕生日のプレゼントを届けに来てくれました。
これで今年も姫の下僕から抜ける事は出来なくなりました。


ヨシムラミクニTMR-MJN組立て

昨日入荷してきたキャブレターの下拵え作業を開始。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (1)まずは今週末にご来店予定の

三代目号用TMR-MJNの組立てから

純正エアクリチャンバー仕様です。

何でもこのタイプが一番売れているらしい。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (2)エンジンは466ccなのですが

色々な情報から考えてAPJを交換して

純正チャンバー用のアダプターを

組付けて仕上げます。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (3)MJも情報から考えて交換します。

皆割りとセッティングに苦労していると

聞くのですが、僕もまだ何も分かってないので

色々と試行錯誤させてもらいます。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (4)ガソリンホースの差込部分は

ホースバンドやクリップは無く

インシュロックバンドで止める様に

バンドが付属しているのですが

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (5)不細工なので、メッキのホースクリップに

変更して取付ける様にしています。

左右のホース長を同じ長さに合わせて

Tジョイントで接続して完成。

TMR-MJN三重U号用デュアルスタックファンネル組立て (1)次は本日入庫予定の三重U号用TMR-MJN

デュアルスタックファンネル仕様です。

これは全くの未知数で付属のMJ類も

純正エアクリ仕様とデュアルスタック仕様では

中身の仕様も全然違いました。

TMR-MJN三重U号用デュアルスタックファンネル組立て (2)取合えず出荷時のSTD仕様で取付けてから

セッティングを詰めてみようと思います。

ファンネル仕様なので取外しが楽な分

セッティングもやり易いですからね

TMR-MJN三重U号用デュアルスタックファンネル組立て (3)デュアルスタックファンネルを取付けて

同じくメッキのホースクリップで

ホースを固定して完成しました。

これから始まるTMR-MJNセッティング地獄

ヨシムラミクニTMR-MJN取付け準備完了早く抜け出したいと思います。

取合えず2基とも取付け準備は整いました。

三代目号は日曜日に取付け&セッティング

三重U号は明日取付けをして

三重U号入庫180302試乗&セッティングになります。

そして今日夕方に入庫してきたU号

少し時間を頂いて、セッティングなどを

しようと思っています。

場合によればダイノジェットに乗せてセッティングをするかも知れません。


GTH号用油温計準備

今週末にオイル交換などで入庫してくる京都のGTH号に

GTH用ヨシムラ油温計取付け準備 (1)取付ける予定のテンプメーターの

準備をしておきます。

オイルパスキャップの加工と

配線の加工を済ませておくのです。

GTH用ヨシムラ油温計取付け準備 (2)まずは電源用配線に

ギボシを入れてハンダで固定。

これCPの配線では必ずハンダを流します。



GTH用ヨシムラ油温計取付け準備 (3)配線類を付属のスパイラルチューブで

巻いて、オイルパスキャップに

センサー用のタップを立てて

これで取付け準備が完了しました。

旧2号機用クラッチワイヤー週末のご来店をお待ちしております。

旧2号機のクラッチワイヤーも

準備が完了していますので

何時でもご来店ください。


本日のご来店

この光景を見ると「あぁもう春なんだなぁ・・・」と思う

180302本日のご来店僕の誕生日に合わせたかの様にご来店は

乗りもしない街乗り号のメンテナンスに

やって来た銀ちゃん・・・

最近は仕事が忙しいらしいのですが

暖かくなると、虫が騒ぐらしいよw



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年03月01日

体調管理と維持管理3

大阪の某テーマパークでジェットコースターが緊急停止したと
しつこいぐらい報道されているけど
ちゃんと異常を検出して緊急停止したのだからそれで正解だと思う。
乗客の方は不安な思いをしたと思いますが
あのUSJがちゃんとエバキュエーション出来た事には
個人的にちょっと驚きです。
過去に遭った、風と雷の神の事故は点検ミスではなく
運営側が点検費用、部品交換費用を抑えたかった事が
本当の原因だったはずです。
1回の非破壊検査費用が約100万位〜で+点検費用、交換費用など
それさえちゃんとしていればボギー台車の車軸が折れるなんて事はありえない。
これも個人的にですが、文京区にある某アトラクションも
ある意味同じで基本社員はほぼ居らず、アルバイトが殆ど
点検報告書を提出しても当時の担当者は読む事もしなかった・・・
あくまでも個人的にですが今国内で一番安全な遊園地、テーマパークは
ねずみの国しか無いと思ってます。
そう言う意味ではバイクも同じで、点検をしてちょっとやばいなぁ・・・
と思う所は保全的に部品交換を推奨していますが
お金が掛かる事だしねぇ、余程の不具合があっても
オーナーに報告してからどうするかを決める訳ですが
そこに命が乗っていると言う事を、僕は大前提に考えてます。


健康管理

メカの管理については厳しく大きな事を言ってしまいがちですが

180301今朝の血圧自分の身体の管理に関しては甘いです。

今朝起きてからの血圧で問題ありません。

下血も止まった感じなので

取合えず一安心かな・・・?

180301右手の腫れ (2)手の肌荒れは酷くなってきてます。

これは真性多血症の

症状の一つらしい・・・?

そう言えば花粉症が出て来ないので

治っているような気がする!


クランクメタル測定

408クランクだったのでオーナーに確認した所

2018年エンジン3基目クランク測定そのまま進めて良いとの事だったので

早速クランクの測定を開始。

測定結果、特に問題なく使えます。

早速メタルを発注します。


茨木D号LED化その2

入荷が遅れていたフロントウインカー以外のLEDが入荷。

茨木D号LED化不足分入荷 (1)これでヘッドライトのH4バルブ以外

LED化になります。

あぁまだウインカーリレーとヘッドライトが

入荷してないわ・・・

茨木D号LED化その2 (1)北米仕様のリアウインカーは

フロントのW球と違い

シングル球になってます。



茨木D号LED化その2 (2)外した電球には錆が付着しているので

接点復活剤を拭き付けて

LED球を装着しました。



茨木D号LED化その2 (3)次にインジケーターのLED化

走行中はオイルランプは点灯しませんが

電球の球切れもあるからねぇ

問題は配線が+−逆バージョンじゃ無い事を願う。

茨木D号LED化その2 (4)交換して点灯をチェック

オイルランプの配線は逆バージョンでは

無かったので一安心です。

このLED球はローヘッドなのが良い所です。

茨木D号LED化その2 (5)次に忘れがちなメーターのバックライト

車検上常時点灯で登録されているので

ここもボディブローの様に電力を

消費してしまいますからね

茨木D号LED化その2 (6)で、電球の点灯を確認しました。

ところでメーターマウントラバーが

ご臨終なので、オーナーに

メーターが壊れる前に交換を推奨しておきます。

茨木D号LED化その2 (7)メーターバックライトLED球に交換しました。

ここの色はアンバーです。

インジケーターをアンバーにすると

全部オレンジ色に見えるので

茨木D号LED化その2 (8)各色の通りにLEDを用意したんです。

何気にタコメーターを見ると

メーターカバーのリングが

ちゃんと収まっていませんね・・・

茨木D号LED化その2 (9)LED化するついでに

メーターカバーのリングを

正規の位置に修正しておきました。

これで後はウインカーリレーと

ヘッドライトの入荷待ちだけだったと思います。


ヨシムラミクニTMR-MJNセカンドロッド入荷

昨日は定休日だったので配送は無く、本日の入荷となった

ヨシムラミクニTMR-MJNセカンドロッド入荷 (1)ヨシムラミクニTMR-MJN

セカンドロッドです。

本当はもう一基余分に発注してあったのですが

反応が無かったのでキャンセルしました。

ヨシムラミクニTMR-MJNセカンドロッド入荷 (2)ヨシムラ製品は商品代引きなので

購入者が居ないのであれば

余計な在庫を抱える事になるので

流石にちょっと厳しいです。

三代目号が日曜日にご来店予定なので、それまでの間に仕込みしておきます。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年02月28日

ヨシムラミクニTMR-MJN出荷連絡3

一昨日の出血の件で
念の為、昨日一日排泄を我慢して
今朝自宅でゆっくり優しく排泄してみたのですが
やっぱり大量に出血しており
嫁を呼んでその出血量をを見てもらいました。
嫁は「下血やな」「次は吐血するで」と言う・・・
「今まで散々不摂生してるのに、こんなんなるん当たり前やろ!」
「死ぬのビビッテんのか?」と激しく怒られました。
一応息子に症状を連絡して、どうするのが良いか指示待ちです。


定休日に13号機エンジン腰下組立て

エンジンを組立てるには、やっぱり邪魔が入らない定休日に限ります。

13号機腰下仕上げ (1)下拵え昨日の内に終わっているので

臓物を入れて組付けます。

で、何時もの記念撮影。



13号機腰下仕上げ (2)何時もの様にサクサクっと

腰下組立て完了しました。





13号機腰下仕上げ (3)シフト関係の具を取付けるのも

いつも通り取付けて

ミッションの動きをチェックして

腰下の組立てが完了しました。

13号機腰上シリンダー挿入 (1)中古良品純正STDサイズの

ピストンをセット。

当然ピストンリングは新品です。



13号機腰上シリンダー挿入 (2)同じくシリンダーも

磨耗の極めて少ない良品を

挿入しました。

シリンダーヘッドなどを内燃機屋さんへ

送るタイミングを外してしまったので今日はここまで。

本当なら今日ヨシムラミクニTMR-MJNが入荷してくるのですが

生憎定休日なので、持って来ないと思いますが

これで作業スペースが出来たので、入荷次第組立て作業に取掛かります。


健康管理

ここ最近の出血騒ぎで、毎日血圧を測定出来る様にと思い

血圧測定計購入 (1)手首式血圧計を購入しました。

もし出血量が異常だったりしたら

血圧が下がるのと

真性多血症で血圧が高いのとで

血圧測定計購入 (2)頭痛が激しい時の状態など

比較したいと思い購入してみました。

早速設定をしてから測定してみると

結果は高いけど

今日は頭痛もめまいも何時もよりらくなので

下から出血したから、体調が良くなったのかな?

息子からの返事は「痔とちゃうんか?まだ続くようなら病院へ行け」

との事でした・・・肛門課か?


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2018年02月03日

色々とバージョンアップ3

54歳を目の前にした節分の今日。
嫁の誕生日に行ったリジットなお鮨屋さんで
恵方巻きも発注してあったので
今回の節分は贅沢な恵方巻きになります。
年々病院の数が増えてきているので
少しでも病院へ行く回数を減らしたいと願う事にします。
現在、治療を行っているのは
頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、糖尿病、右足半年点検、歯医者
一つ増えて真性多血症の治療となってます。
それとついでに、嫁の車に付いている
ドライブレコーダーのバージョンアップソフトをDLして
バージョンアップをさせられました。


TMR-MJNの研究中

ガソリンホースの取回し方法を間違えた事に気付きました。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNガソリンホース取回し変更 (1)このホースの取回し方だと

先に#1.2にガソリンが流れ込むので

フロートチャンバーの下でホースが

繋がっているとは言え#3.4は

走り方によっては、常にガソリンが不足している状態になるので

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNガソリンホース取回し変更 (2)ガソリン供給口を真ん中にして

Tジョイントで#1.2と#3.4に

振り分ければ、上下で均等にガソリンが

供給される事になります。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNガソリンホース取回し変更 (3)特に398コックの場合は

大容量コックが付けられないので

高速巡航ではガソリンが不足すると思います。

ブリッピングしても何気に

キャブに安定感が感じられるようになりました。

三代目号TMR−MJN取付け準備 (1)次にセカンドロッドで入荷してくる予定の

三代目号と、三重のU号用TMR-MJN。

特に三代目号の取付け方法の発注が

少し手間が掛かる発注なので

三代目号TMR−MJN取付け準備 (2)色々と取付け方法を考えていた所へ

タイミング良くやって来た三代目号!

色々と打合せをして、また後日車両を

お預かりして、TMR-MJNの

取付けの為の下拵えをする為にお預かりする事になりました。

後は最近顔を出さなくなった

最強レベル雨男のエンジン強制ボアアップ計画をどうするかです。

明日は弟が来る予定なので、ハイエースのオイル交換です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年02月02日

TMR-MJNセッティング3

昨日から沢山の方からのメッセージや
お電話を頂きましてありがとう御座います。
おかしな病気には成ってしまいましたが
治療をして行けば何とか成って行くのだろうとと思います。
主な治療方法は瀉血と言い
多くなった血液を抜き、抜いた分生食を継ぎ足して
濃くなっている赤血球を薄めてヘモグロビンの数値を
下げると言う方法なのですが
昨晩考えたのですが、ヘモグロビンの数値が薄まって下がるのなら
血糖値や尿酸値も同じように薄まって
下がるんじゃないかと期待しています。


ヨシムラミクニTMR-MJNセッティング

アイドリングが不安定なのでTMR-MJNのセッティングマニュアルを

TMR-MJN OWNER'Sマニュアル熟読しましたが普通のキャブや

FCRと大差は無いので

後はTMR-MJNの癖さえ理解できれば

セッティングは問題無いと思います。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (1)TMR-MJNにはチョークが付いているので

始動性に問題は無いはずなのですが

そのチョークを引いても

始動性の悪さは変わりませんし

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (2)アイドリングが上がる訳でも無く

スロー系統のセッティングを出さないと

アイドリングすらしないし

ブリッピングで油温を上げるにしても

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (3)直ぐにエンジンストールしてしまいます。

なので、取合えずエンジンを温めて

インシュレーターを軟らかくしてから

キャブを取り外します。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (4)エンジンも温まり取外しやすくなったので

TMR-MJNをエンジンから取り外しました。

良く考えるとホースの取回しがダメだ・・・

#1.2に優先的にガソリンが流れるね。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (5)MAJはブラインド栓になっており

ここはセッティングでは

使わない様になっていました。



14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (6)PAJを取外して番手を見ると

#65が入っていた。

セッティング用に入っていたPAJは

#60と#70が入っていたので#60に交換。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (7)パイロットスクリューの開度は

約1/8回転開きだったので

ここは絞らずにこのままにして

MJNのクリップ位置を変更しました。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (8)車体に取付けるのですが

ノーマルキャブと大差が無いので

取付け取外しは結構面倒です。

やはりここはファンネル仕様の方が良いです。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (9)エンジンを掛けると予想通り

安定したアイドリングをしてくれました。

これで後は車検を取って

中高速のセッティングをする事になります。


iPhoneバッテリー交換

バッテリー残量が58%もあるのに電源が切れるようになったので

iPhoneバッテリー交換へ (1)午後から嫁と枚方Tサイトにある

予約してあるAppleストアーへ行き

iPhoneのバッテリー交換に行ってきました。

予約時間は15:20で

iPhoneバッテリー交換へ (2)少し早めに付いたので

バックアップや何やかんやを

嫁に設定してもらってる間に

順番が回ってきたので

iPhoneバッテリー交換へ (3)僕のiPhoneの診断をしてもらうと

やっぱりバッテリーに異常が見つかったので

交換してもらおうと思っていたのですが

残念な事にiPhone7のバッテリーは

在庫切れと言う事で、また予約を取ってバッテリーの在庫があるのか

確認してから行く事になった。

予約の時にPCで予約して機種も分かっているし

バッテリー交換での予約だったのに、ナメとるな!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年02月01日

結果発表!2

昨日は関西医大病院へ行き
血液検査の結果を聞きに行ってきました。
赤血球はもちろんの事、ヘモグロビンの量も多く
診断の結果は「真性多血症」で確定しました。
この病気は大きな括りで言えば血液の癌で
JAK2(ジャックツー)遺伝子の異常により
血液を造れという指令が出る為に起こる病気で治療方法はありません。
これを治療せずに放置している場合の余命は
半年から1年6ヶ月と言われてます。
なので、瀉血(しゃけつ)と言う方法で多過ぎる血液を抜き
生理食塩水で薄める治療を続けて行く事で
心筋梗塞、脳梗塞、肺塞栓症などのリスクを減らす事です。
今の症状としては、めまい、頭痛、耳鳴りぐらいなので
自覚症状だとは別に思って居なかったのですが
糖尿病の時の様に、息子に言われた通り血液内科で診察してもらった結果
息子のおかげでまた命拾いをした感じの僕なのですが
いときんさんとCB400Four同じフォア乗りの
ET-KINGのいときんさんが
38歳の若さで肺腺癌で
昨日お亡くなりになられました。
舞洲でのイベントや淡路などでお会いし
メジャーデビューとなり
アゲインでフォアを購入した
同じフォア乗りのいときんさんのご冥福をお祈りいたします。
通夜は3日午後7時から、葬儀・告別式は4日午前10時半から
大阪市の「やすらぎ天空館」で執り行うとの事です。


真性多血症

診断結果に特に大きなショックも受けなかったと思います・・・

血液検査結果 (1)自分で色々調べて、息子に聞いて

覚悟は出来ていたので、特にって感じですが

治らないと言うのは鬱陶しい話です。

診察の順番を待ってる間に

ドトールコーヒーで朝食を頂きました。

血液検査結果 (2)そして順番が来て診察室に入ると直ぐに

担当Dr.から「真性多血症です」と

あっさり告知され「あ・・・あぁ・・・そうですか・・・」

で、この先の方針や総合的な検査をする事になり

血液検査結果 (3)まずは遺伝子検査の為にまた採血・・・

JAK2遺伝子の検査費用は5万円ですが

順天堂病院でこの病気を研究しているらしく

そこへ血液を送って検査をしてもらうと

無料で検査してもらえると言う事です。

そんな訳で2月は、検査月間になり心臓の超音波検査と

部品取りした骨盤の腸骨(ちょうこつ)がどれだけ残っているのかを

CT撮影で検査して、局部麻酔で背中からの骨髄検査などをした後に

瀉血をする事になると言う段取りになってます。

2月は臨時休業が多くなりますので、ご迷惑をお掛けいたします。

明日は14:30で早仕舞いになります。


ヨシムラミクニTMR-MJN初期ロッド入荷

1月中旬に入荷予定だったのですが

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (1)諸般の事情で遅れて

本日入荷して参りました。

早速開封してチェック!



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (2)セットされているMJは#90

セッティング用に#95と#85と

MAJも2セット入っていました。



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (3)MJNニードルの番手はZになってました。

クリップ位置は上から三段目で

セットされてました。



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (4)純正エアークリーナー仕様ですが

ファンネル仕様用のアタッチメントが

標準でセットされているので

純正エアークリーナー仕様に変更。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (5)ガソリンホースとTジョイントも付属。

Lジョイントは付いてませんので

用意してあった物でホースを接続。



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (6)車体にセットしましたが

これがまたインシュレーターに

入れるのに中々苦労します。

エアークリーナーチャンバーをセットして

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (7)タンクを乗せてホース変換アダプターで

ホース軽を変換し398タンクコックに接続。

変換アダプターは付属していません。

408タンクの場合はSHIO HOUSE製の

408タンク専用大容量コックに交換する事が必要になってきます。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (8)CPにも在庫は用意してあります。

次にアクセルワイヤーですが

純正タイプを使う場合は

戻し側に割ナットを入れるか

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (9)アクセルワイヤー用のタイコに

交換する際にナットを追加する

必要がありますがハイスロ仕様で

FCRからTMRに仕様変更する場合は

そのまま使えますが、ノーマルキャブからTMRに交換する場合

ワイヤーの取回し方法を正規取回しの

ヘッドライトステーの内側からフロントホーク側に変更するか

10センチロングに変更しないとワイヤーがキャブに届きません。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (10)14号機の場合は後者を選択し

10センチロングのアクセルワイヤーで

正規ルートの取回しにして

やっと火入れが出来ました。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (11)点火時期を調整しましたが

アイドリングが安定しないので

MASを小さくするかPSを絞るか

調整が必要になります。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (12)取合えず完成した14号機。

来週車検を受けてくる事にします。

アイドリングの調整なども

慣らしで走ってみてから考えます。

その後に全体のセッティングを見ながら

慣らしが終わってからパワーチェックをしてみる予定です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(8)

2018年01月19日

TMR-MJN入荷遅れ3

昨日ヨシムラジャパンから電話が入り
1月中旬発送予定だった初期ロッド
ヨシムラミクニTMR-MJNの
発送が1月末に成りますと
遅れる旨の電話が入りました。
セカンドロッド以降は一応予定通り
2月末発送予定との事で、今注文すると納期は
6月末以降になるかもっと遅く成るそうです。
セカンドロッドで3基注文してあり
1基は余分に注文してあるので
先に欲しい方はセカンドロッドが入荷してから
早い者勝ちでお譲りする事は可能です。


14号機作業リフトから降車

ヨシムラミクニTMR-MJNの入荷が遅れると言う事で

14号機作業リフトから降車14号機を作業用リフトから降ろして

13号機のエンジン下拵えの準備に

取掛かる準備をしています。

本当なら多分今日辺りに

14号機は火入れが出来ていたと思います・・・


闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換

作業スペースが出来た内に、闇を抱えたエンジンヘッドの

闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (1)バルブガイドを交換する事にしました。

既に準備は整っているので

作業スペースだけあれば良かったのです。



闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (2)EX側のバルブガイドを

バルブガイドリムーバーを使って

4本とも抜き取ります。



闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (3)抜いた後直ぐに新しいバルブガイドを

入れて行きます。





闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (4)これでEX側のバルブガイドは

全部交換完了です。





闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (5)新品のバルブガイドは

リーマーを通して内径を

バルブのシャフト軽に合わせて削るのですが

まだ新しいバルブが届いて無いので

リーマーを通すのは、第一段階までになります。


産廃処理

店の中を狭くしている一部の原因となる鉄屑を片付けて

19号機部品チェック店内を少しでも広くする為に片付けながら

次に作る予定の19号機用パーツを

宝物庫から掘り出しました。

後は13号機が完成してから

フレーム関係を塗装に出す予定です。

ドンドン作って、宝物庫の片付けをして行かないと!

片付けだけで今日はもうへとへとになりました・・・

片付け終わってから翌々何の為に片付けていたのかを思い出し

13号機のエンジンを出し忘れていた事に気が付いた・・・

それに今日は嫁が新年会で夕方に出掛ける事もあり

レオとチャッピーにご飯を上げないといけないので

今日は早仕舞いする事にします。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年01月18日

駐車問題と注射で問題解決3

今年に入りまだバイクに乗ってないので
昨日軽く走ろうかと思って居たのに
生憎の雨で乗れませんでした。
仕方なく、自宅で犬達とゴロゴロして過ごしてました。
我が家では毎週水曜日は何故かパスタの日なのですが
嫁が「焼肉食いたい」と言うので
自宅裏の焼肉屋へ行きました。
来週は嫁の誕生日なのでリジットな御鮨屋さんです。


駐車トラブル

お正月にお店に兄弟全員が偶然集まった時に

出入り口に付き駐車禁止 (1)以前から運転が余りお上手ではない方が

一人店の裏の駐車場に居るのですが

正月早々弟がグズグズ言われたらしく

トラブルになりかけたのですが

弟に止められ、それならばと言う事で色々とグッズを発注していた物が入荷。

出入り口に付き駐車禁止 (2)「出入り口に付き駐車禁止」の看板と

カラーコーンを設置しました。

営業中に監視している訳ではないので

時々ご来店の方もここに車を止める事も多く

トラブル防止の為にもここは駐車禁止とさせて頂きます。

バイクは敷地内であれば駐車可能です。


船中八策退治と第二ラウンド

火曜の夜は「船中八策」との最終戦だったのですが

船中八策退治と第2ラウンド開始2本目が控えて居たのを知っていたので

残りが少なかった一本目を

サクッと退治して

そのまま第二ラウンドへ突入!

嫁が言っていた坂本竜馬の件の意味もやっと分かったw


ブロック注射

首の痛みと肩の痛みから頭痛が激しかったので

ブロック注射180117 (2)昨日病院へ行きブロック注射を

打ってもらい、痛みも無くなり

鉄人復活となりました。

足の麻痺はどうやら腰に問題が

ある事が分かったので、何とか対処出来そうです。


焼肉

昨晩はパスタの日だったのですが

嫁と焼肉 (1)嫁と焼肉を食べに行く事になり

仕方が無いのでビールを6杯飲んで

対応の悪い店員を相手に

余り美味しくない焼肉を食べて

嫁と焼肉 (2)最後はイチゴのデザートを

ビールのつまみにしてました。

〆にめぐみちゃん特製ソフトクリームを食べ

不満ながらも満足して帰宅しました。


13号機用キャブレター組立て

不足していたキャブレターのインナーパーツが入荷。

13号機用キャブレター純正部品入荷CP製リプロダストパッキンも用意して

これで13号機のキャブレターが

組立てられるようになりました。

では早速組立て開始。

13号機用キャブ組立て (1)JNをスロットルバルブにセット。

フェルトパッキンもついでに

新品に交換します。



13号機用キャブ組立て (2)硬化して崩れたダストパッキン

CP製リプロのダストパッキンと

交換します。



13号機用キャブ組立て (3)#1〜#4までJNを入れて

ボディを連結しました。





13号機用キャブ組立て (4)誤組のプレートを修正し

ボディを固定しました。





13号機用キャブ組立て (5)純正のインナーパーツを組込んで

油面の調整も完了したので

フロートチャンバーを取付けようと

思ったら・・・

13号機用キャブ組立てフロートチャンバーリコイル追加10箇所 (1)ここでまたねじ山上がりが

7箇所もある事が分かった・・・

液体ガスケットでギリねじ山が

何とかなっていたのか?

13号機用キャブ組立てフロートチャンバーリコイル追加10箇所 (2)仕方なく1箇所づつ

修正をする事にしました。

全部で16箇所の内3箇所直して

追加で7箇所、合計10箇所・・・

13号機用キャブ組立てフロートチャンバーリコイル追加10箇所 (3)まぁブツブツ独り言を言いながら

13号機用キャブが完成しました。

来週辺りからエンジンの準備にでも

取掛かろうかなと思ってます。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年01月16日

ホームセンター閉店3

お店の近くにあったホームセンターが
昨年末で閉店となり
その跡地で今日から工事が始まった。
希望としては新たに大手のホームセンターが
出来る事を願うのですが
この所マンションや介護施設が多くなってきているので
ホームセンターの跡地がどうなるのか・・・


13号機用キャブレター洗浄

えげつない量の液ガスが塗られているので

13号機用キャブレター掃除 (1)その除去に苦労しています。

取合えずウエットブラストを

当ててみましたが

液ガスにウエットブラストは歯が立ちません。

13号機用キャブレター掃除 (2)フロートチャンバーの中にも

流れ込んでいる液ガスは

ガソリンを入れると次第に溶けて行き

色んな所を詰まらせます。

13号機用キャブレター掃除 (3)しかし溶剤に漬けても

全然溶けないので最後の手段で

リムーバーを掛けたらやっと活性して

軟らかくなった所でネチネチと

13号機用キャブレター掃除 (4)液体ガスケットを剥がして

最後にウエットブラストで仕上げました。

これでフロートチャンバーは

綺麗になりました。

13号機用キャブレター掃除 (5)誤組されたリンクアームと

壊れたリンクアーム・・・





13号機用キャブレター掃除 (6)誤組を直すと

部品が2つ足りませんでした・・・

不足している部品と破損している

リンクアームを

13号機用キャブレター掃除 (7)キャブの部品庫から

ワッシャーを探し出して使います。

これでリンクアームの問題は

解決しました。

13号機用キャブレター掃除 (8)ボディ側も液体ガスケットが

こってりと残っており

当然ながら余分な液ガスも

ボディの中に流れ込んでます・・・

13号機用キャブレター掃除 (9)それをネチネチと綺麗に剥がして

後はボディ本体の汚れを

専用の洗剤で洗い流すのですが

寒いのでお湯を沸かして

13号機用キャブレター掃除 (10)ボディを洗浄します。

暫くの間漬け込んで

表面の汚れを浮かせて落とします。

その後は手洗いで隅々まで洗います。

13号機用キャブレター掃除 (11)お湯が熱過ぎるのですが

ブラシで隅々まで汚れを落とします。

液ガスも残っていたりして

手洗いも結構手間が掛かりました。

13号機用キャブレター掃除 (12)で、やっと洗浄が終わり

仕上がったボディをチェックすると

中々良い状態のキャブのようなので

良いキャブが出来るでしょう。

13号機用キャブレターリコイル (1)#3にねじ山上がりが1箇所ありました。

M4のリコイルキットで修正。





13号機用キャブレターリコイル (2)これで#3のねじ山上がりの修正が

完了しました。

後残り2箇所は



13号機用キャブレターリコイル (3)#1のボディ

これもリコイルで修正したので

後は組立てるだけなのですが

JNの在庫が無かったので

組立ては木曜日以降になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年01月15日

今月のGB3

今月の月刊誌Mr.Bike BGに
ヨシムラミクニTMR-MJNの
特集記事が記載されてました。
思えば2年以上前にヨシムラジャパンに電話し
営業担当の方と話をして適当にあしらわれ
しれでもしつこく技術開発の方と話をしているタイミングで
FCRの値上がりがあった事を話をすると
それは知らなかったらしく、そこから最終的に川口さんと
前向きに話を進めますと言う事になり
やっと此処まで来た!と言う事なのですが
僕だけのネゴだけじゃなく、最終的にフォアオーナーからの
問い合わせや要望もドンドン多くなってきたと聞いてます。
雑誌にはその内のオーディエンスの一人にしかなっていませんが
SHIO HOUSE 塩畑さんの車両提供の協力があったからこそ
実現出来たのだと思います。
値段は予想よりも高かったのですが
僕が持っている32Φではセッティングが出なかったし
開発に苦労していたのは事実なので、仕方が無いでしょうね。


むらさきいも退治

飲むとサラサラ血になるという「むらさきいも」を退治。

むらさきいも退治これを飲んで血行が良くなり

体調も良くなるのかと期待していたのですが

首の痛みや、頭痛、めまい、肩の痛み

今は右下肢の麻痺と足首の痺れや麻痺が

全然治らないので、息子に電話で聞いたら

頭痛と下肢の麻痺は関係無いと言われました・・・

嫁は「もう右足が腐ってきとるから、切ってしまえ!」と言う・・・

「切って義足付けた方が楽やで、足も曲がるしなぁ」

ターミネーターの足僕はその言葉に

義足ならバックステップに足が置けるので

右のバンク角が増えるなぁと

その気になってしまった・・・

義足を作るとすれば

やっぱりこのタイプがええかなぁ。

今の義足は結構かっこいいから、悩むなぁ・・・


レクサス洗車と乗換えの商談

昨日レクサス枚方へ今年初の洗車に行ってきました。

レクサス洗車と乗換えの商談 (1)購入してから早くも3年経ち

担当の廣田さんから乗換えの提案があり

今後のランニングコストと

乗換えとの比較を計算してもらう事になり

レクサス洗車と乗換えの商談 (2)マイナーチェンジしたNX300hの

見積もりを作って貰いました。

車体価格が少し上がっているけど

その分安全性能も向上している

レクサス洗車と乗換えの商談 (3)誤発進抑制機能や人を検地し停止したり

車線のふらつき防止など

車体の剛性も上がりモニターが大きくなって

当然より良くなっていたけど

帰ってから家族会議をした結果、残念ながらこのまま乗る事になった。


船中八策と対戦開始

昨晩から痛み止めが割りに、超辛口の「船中八策」と対戦開始!

船中八策と対戦開始嫁は、坂本竜馬がどうのこうのと言ってたけど

さっぱり意味が伝わりません・・・

超辛口と言う事でしたが、飲むと

そんなに辛口でもない感じ?

僕には丁度良いかもねw


13号機用キャブレター分解

フレームもほぼ出来上がったので、次にキャブレターの準備。

13号機用ブレーキパネル仕上げ (1)その前にブレーキパネルに

リビルドしたブレーキシューをセットして

ブレーキパネルを完成させました。

これでハブ関係は完成しました。

13号機用キャブレターOH分解 (1)で、純正キャブのO/Hに取掛かります。

パット見る限りフロートチャンバーは

液体ガスケットがこってりと

塗られている感じですね・・・

13号機用キャブレターOH分解 (2)案の定フロートチャンバーには

こってりと液体ガスケットが塗られ

プラハンで叩かないと取れなかった・・・

ねじ山上がりが3箇所ありました。

13号機用キャブレターOH分解 (3)取合えず分解完了。

恐らく分解してから使ってない感じですが

部品は中古品のままのようですし



13号機用キャブレターOH分解 (4)スロットルバルブのリンクアームは

ポッキリと折れてました・・・





13号機用キャブレターOH分解 (5)ステープレート側のリンクアームは

左右逆に取付けられていました。

ここでコストを掛けると

全体の費用が上がってしまいますが

13号機用キャブレターOH分解 (6)キャブが肝心なので仕方ないかなぁ。

取合えず全バラして洗浄。

やっぱりインナーパーツは

全部交換ですね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年12月28日

1号機腰上OH開始

メーカーが冬期休暇に入りました。
物流が再開されるのは恐らく
年明け8日以降になるらしく
それまでの間、純正部品の入荷はありません。
ある程度の在庫部品はありますが
全てを網羅出来る純正部品は在庫で無いと思います。
純正部品の物流が再開するまでの間は
ややこしい事をしない方ですね。


2017年最後の男は黙ってパンチ!

小雪舞い散る昨日は今年最後の理髪店へ行き

171227今年最後の男は黙ってパンチ!今年最後の何時ものパンチ!

少し短めにカットして貰いました。

2018年はちょっとイメージチェンジを

してみようかとマスターに相談してますw


1号機腰上O/H

不動車を不動車コーナーへ移動させて広くなったPITに

1号機を移動させて、腰上O/Hの準備が整いました。

1号機FCRからヨシムラミクニTMR-MJN32Φへ (1)ヨシムラミクニTMR-MJN32Φが余ったので

この特注FCR33を取外して

レーサーに使おうかと計画してます。

なのでエンジンを分解する前に

1号機FCRからヨシムラミクニTMR-MJN32Φへ (2)TMR-MJN32Φを取付けて

先日スロー系のセッティングをしたので

そのチェックの為にエンジンを掛けて

ブリッピングなどでチェック。

1号機FCRからヨシムラミクニTMR-MJN32Φへ (3)寒いので試運転をする気も無く

無負荷なので何とも言えませんが

良い感じだと思います。

CPオリジナル408タンク用

大容量ツインノズルコックも干渉せず、ギリギリ納まりました。

後はパワーチェックしてセッティングするだけです。

1号機エンジン腰上OH分解 (1)で、エンジンを少し冷ましてから

腰上O/H作業に取掛りました。

マフラーを擦らない様に車高を上げたのに

フロントサスの沈み具合が良くなり

余計に擦るようになってしまった機会曲げマフラー・・・

1号機エンジン腰上OH分解 (2)ヘッドカバーを外す時に

ねじ山上がりが2箇所ありました・・・

他は問題ありませんね。



1号機エンジン腰上OH分解 (3)ヘッドを外すと#2.3のスリーブに

結構な傷が見つかりました。

白煙の原因はこれですね。

これではシリンダーは使えませんね・・・

1号機エンジン腰上OH分解 (4)ピストンリングに問題が見つかったので

エンジンがブローした訳では無いので

やっぱり今年はエンジンを壊してません!

多分壊して無いはずです!!

1号機エンジン腰上OH分解 (5)#2.3のピストンにもダメージがあるので

改めてバックアップを用意しておいて

良かったと思います。

これで早ければ年内には火入れが出来そうです。

今年はエンジンを壊さずに済んだなぁ・・・


闇を抱えたエンジン洗浄三日目

先日分解チェックした強化オイルポンプRタイプを洗浄し

闇を抱えたエンジンオイルポンプOH (1)内部のチェックを済ませ

このまま使っても問題が無いので

組立て作業に取掛かります。

Oリングは新品に交換。

闇を抱えたエンジンオイルポンプOH (2)サクサクッと組立て完了。

これで全ての部品の洗浄が終わりました。

後はヘッドのポート研磨と内燃機加工。

キャリロのコンロッドボルトの入荷時期と

オーナーから送られて来る部品待ち状態です。

2018年も既に予定がほぼ決まっており

まず1号機腰上O/Hとパワーチェック。

CPレーサー1号機のパワーチェック。

14号機のエンジンを1月中旬までに組立て。

闇を抱えたエンジンの組立てと

もう一台バルブの傘が折れたエンジンO/H。

そう言えば姫号の修理予定もあるなぁ・・・

15号機組立てと19号機の組立て準備など

年明けも病気をしている場合じゃないね。


14号機エンジン塗装完了

仕上がりは来年になるかと思っていた14号機の

14号機エンジン塗装完了 (1)エンジン塗装が終わって

今日戻って来ました。

これでお正月の間に下拵えを済ませ

組立て作業に取掛かれます。

14号機エンジン塗装完了 (2)まぁヨシムラミクニTMR-MJNの

初期ロットが入荷して来るまでに

完成すれば良いので

のんびり作業が出来ますね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年12月25日

年内追い込み営業3

真夜中に酷く激しい耳鳴りがかなり長くするので
身体がおかしくなったのかと思って
目が覚めた・・・
で、その耳鳴りの原因は
TVを着けっぱなしで寝てしまった事による
試験電波の音だった・・・
それが分かるまでの間
死ぬんじゃないかと思った。


イブの対戦相手

クリスマスイブは嫁と犬達と過ごし、シャンペンと対戦。

イブにシャンペンを退治 (1)少し分け有りなシャンペンですが

この日の為に取って置いたので

二人でシャンペンで乾杯。

まぁ9.5割は僕が飲みましたが

イブにシャンペンを退治 (2)久しぶりの飲み切り対戦も

圧勝で終わりました。

飲み足りないのは仕方ない。

後はお正月に取って置きます。


ヨシムラミクニTMR-MJN32Φ

今回のレーサーの仕様変更にキャブも含まれているので

ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (1)7号機から取外したTMRの

セッティングの確認と変更をして

レーサーに付いているFCRと

パワーチェックで比較してみる事にします。

ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (2)【覚書】

PSの開度を調整

1回1/4



ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (3)SJ

STDサイズ





ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (4)MJ

取合えず#180から調整開始。





ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (5)MJNノズルクリップ位置

上から5段目





ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (6)年明けに今のFCRで

パワーチェックしてから

TMRに交換してセッティングしてみます。

ノーマルエンジンには大き過ぎる32Φ

レーサーに使えるるかなぁ・・・


闇を抱えたエンジンヘッド下拵え

#2の燃焼室がぐちゃぐちゃになったのでヘッドを作り直しです。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (1)一緒に送られて来た代替のシリンダーヘッド

これから下拵えをして

ポート研磨や内燃機加工へ出す準備に

取掛かります。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (2)EXスタッドボルトはオリジナルでしたが

素直に全部綺麗に取れました。

ボルトは曲がってましたが問題は無いです。

ガスケットは6枚でしたw

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (3)状態が良さそうなヘッド

バルブを取外してウエットブラストで

仕上げて汚れを取り

全体をチェックします。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (4)約2時間でヘッドのブラストが完了。

#1の燃焼室に何故かバリがありますが

他は問題なさそうです。

後は歪の具合ですね。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (6)取合えずリタップ掃除をして

ねじ山に問題が無いかを

チェックしてから歪の測定をします。



闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (7)気になった燃焼室内の傷。

バリが立っているので

後で削ってしまいます。



闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (8)取合えず歪測定。

画像の反対方向の向きで

ギリギリ規定値内の歪がありますが

問題無い範疇なのでこのまま使います。

年明けに自由人君に出頭するよう言ってあるので

強制労働、ポート研磨の刑罰を執行します。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (9)燃焼室内にあった謎の傷。

とりあえずバリを削ったので

これで問題はありません。

#3のプラグホールのねじ山が微妙な感じ。

闇を抱えたエンジン洗浄 (1)クランクケースの洗浄と

液ガス剥がしをやって

組立ての下拵えを進めます。

完成予定は来年?

闇を抱えたエンジン洗浄 (2)ロアケースとメタルガスケットの

洗浄、液ガス剥がしが終わりました。

明日はアッパーケースと臓物関係の

洗浄と、液ガス剥がしをやり

ベアリングの具合をチェックしてみます。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年11月17日

14号機レストア作業開始3

夏の終わりぐらいに事務所のエアコンの
冷房が効かなくなってしまい
まぁ暖房が使えれば来年にでも買い換えようと
思っていたのですが
この所の急激な気温の低下に我慢できず
暖房を使おうと思ってスイッチを入れたんだけど
残念な事に、暖房も使えなかった・・・
ちょっと予定外だったのでどうするか考え中です。


京都N号キャブ調整入庫

PITの空き具合で中々入庫出来なかった京都N号が入庫。

京都N号入庫キャブ調整 (1)純正キャブレターのアイドリングが

落ちなくなる現象があり

その調整の為に入庫して来ました。



京都N号入庫キャブ調整 (3)症状をチェックすると2,000rpmで

アイドリングが一度止まって

暫くすると安定する現象です。

純正キャブでこの現象の原因は

数箇所あるので、その部分をチェック&調整しても変化が無いので

京都N号入庫キャブ調整 (5)恐らくこの同調プレートが

一番怪しいとは思いつつ

同調が狂っているのかを

チェックする事に。

京都N号入庫キャブ調整 (6)案の定バキューム圧も低いし

同調もバラバラになっていた。

これが原因だろうと言うのは

間違い無いのですが・・・

京都N号入庫キャブ調整 (7)同調を合わせても

バキューム圧が低いし

アクセルを煽るとその度に

同調がずれて行く・・・

京都N号入庫キャブ調整 (8)キャブレターの調子はO/Hした所なので

決して悪くは無いはずで

タコメーターの表示では500rpmでも

ちゃんとアイドリングするぐらい調子が良い。

このタコメーターの動きも怪しいけどね。

京都N号入庫キャブ調整 (12)結構苦労してバキューム圧を

上げて同調を取ったけど

基本的な症状は変わりが無いので

ここは素直に・・・

京都N号入庫キャブ調整 (14)オーナー自作の同調プレートを

取外して、仕切り直す事にしました。

何故この同調プレートが

ダメなのかと言うと

京都N号入庫キャブ調整 (15)純正中古良品の同調プレートと比べると

この通りで1.5mm厚のステンレスプレート

純正はバネ鋼で薄く出来てます。

これだけプレートが厚いと

左右どちらかに引っ張られてしまい、まともな同調は出ないのです。

京都N号入庫キャブ調整 (16)純正と交換して同調を調整。

サクッと同調も合い、アイドリングの

落ちが悪くなる事も無くなりました。

何かこうキャブをやりだすと

キャブの仕事ばかりになるねw


14号機フレーム小物塗装準備

作業スペースの関係などで全然手が付けられなかった14号機。

14号機フレーム小物塗装準備やっと奥から取出せる用になったので

発掘作業をして、塗装に出す準備に

取掛かろうとしている所に

何故かやって来る奴・・・

不動銀ちゃん号のカスタム続き (1)不動車コーナーから街乗り号を下ろして

先日の作業の続きをやるそうな・・・

今日の作業場所は青空PIT



不動銀ちゃん号のカスタム続き (2)前回購入したセパハンは

思っていた感じとは違うらしく

今回はまた違うセパハンに変更して



銀ちゃん街乗り号久々に実働やっと乗れる状態になった。

とりあえず感触をチェックする為に

試運転に出て行きましたが

帰ってきたらまた不動車コーナー行きです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年11月16日

追突事故から1年3

最近でこそ、煽り運転が社会問題になって来ましたが
去年の11月に嫌がらせ運転の末
相手の車が急ブレーキを掛けた結果
追突してしまった事故の物損についてやっと決着が付きました。
本来追突事故の場合100:0になる訳ですが
当初70:30の提示で示談交渉を相手方保険会社から
申し入れて来たので、不満はある物の結果追突してしまったのは
こちら側になるので、それでも良いと思っていたのですが
当事者の相手側が80:20じゃないと納得しないとごね出したので
物損が解決するまで1年も掛かってしまい
結果相手側保険会社からの提示案は60:40となりました。
これはありえない回答なので
これにて物損の被害は解決する事になりました。
また当方弁護士と相手方保険会社代理人との間でも
故意による事故だと言う認識で合意し
本来自分の為の自分側の保険会社も相手側当事者に対して
過失割合が60:40にも関わらず0回答と言う事になったらしい。
流石外資系の保険会社ですw
刑事処分も双方不起訴、行政処分も無し、民事についても相手方保険会社が
こちら側に付くと言うありえない結果にとても満足しています。
これから煽り運転が元で事故が発生した場合の見方が変わって来るのは
間違いないでしょう。


レクサス2ヶ月ぶりの洗車

昨日の定休日は午前中は病院へ行き

レクサス2ヶ月ぶりの洗車171115天気も良いので午後からレクサスの

洗車を2ヶ月ぶりにして来ました。

毎回オーナーズラウンジで頂く

オレンジジュースと

割と高級なお茶菓子を頂き、洗車が終わるまで待って

自宅に戻ってそのまま転寝して久しぶりにのんびりとしてました。

そう言えば先日12日モテギで行われたスパーGT500最終戦。

 

年間チャンピオンの掛かったワコーズとKeeperのレクサスと

モチュールGT-Rの厳しいせめぎ合いで(一般道で言う煽り運転?)

年間優勝はKeeperレクサス、2位がモチュールGT-R

3位がフロントを大破しながら完走したワコーズレクサスと言う結果だった。

色々と裏話も聞けましたが、ここではとても書けない内用です・・・


純正キャブレターO/H

ずっと放置していた純正キャブレターの分解掃除。

長期放置純正キャブ分解掃除 (1)取外してこんなに長期放置に

なるとは思っていなかったので

ガソリンを抜いても無く

腐っているんだろうなぁ・・・と

長期放置純正キャブ分解掃除 (2)開けると案の定異臭が・・・

腐ったガソリンに犯された

ジェット類達。



長期放置純正キャブ分解掃除 (3)スロットルバルブも固着しているので

じっくり時間を掛けて

復旧作業に取掛かります。

暫くするとスロットルバルブも動き出したので

長期放置純正キャブ分解掃除 (4)ニードルホルダーを取外して

これもキャブレタークリーナーに

漬け込んで洗浄。

汚れが取れたら組立て開始。

長期放置純正キャブ分解掃除 (5)MJのOリングを新品に交換して

サクサクッと組立て

油面調整完了。



長期放置純正キャブ分解掃除 (6)はい、復旧完了です。

長期放置や取外したら

フロートチャンバーのガソリンを必ず

抜いてから保管しましょう。


ウルフ号納車

新しいオーナーの仕事が忙しく都合が中々合わなかったのですが

ウルフ号納車 (1)今日オーナーの都合が出来て

本日お引取りにご来店する事になり

大急ぎで再度納車前チェックを入念にし

引取り準備も整い、暫くするとご来店。

ウルフ号納車 (2)車両の説明などを済ませ無事納車となり

これで今日からウルフ号となりました。

これでまたCP近くにフォアオーナーが

一人増えました。

一緒にツーリングに行ける日が楽しみです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2017年11月11日

ヨシムラ ミクニTMR-MJNお披露目3

最近唇が荒れる事をトイレでう○こしながら
嫁に相談したら「これやるわ」とリップクリームを貰った。
僕の人生で始めてうんこしながらリップを塗る姿を
嫁が見て「何でそんな唇の形にするの?」と言うけど
塗った事が無いので、塗り方なんかわからんし
しかもうんこしてるし・・・


ヨシムラミクニTMR-MJN

T・O・Tが開催されているつくばサーキットの

ヨシムラブースにてお披露目されている

CB400F用ヨシムラミクニTMRMJNお披露目 (1)ヨシムラミクニTMR-MJNですが

現地特派員からの情報によると

販売価格は270,000円(税抜き予定価格)

1月中旬からの販売予定で

CB400F用ヨシムラミクニTMRMJNお披露目 (2)近日受注開始との事です。

月産3基なので手に入れるには

中々壁が高いですね。

後の情報は月曜日に

CB400F用ヨシムラミクニTMRMJNお披露目 (3)ヨシムラジャパンに電話して聞きますが

CP用で最低でも1基は

確保したいと思っています。

このサイドリンクワイヤーブラケットに

コストが結構掛かったと言う話です。

このキャブを作ってもらう話をヨシムラの担当の方と話をしてから

2年以上掛かりましたが、やっと出来上がりました。


昨日の銀ちゃん

不動車コーナーに乗ったままの銀ちゃん号のカスタム作業は

銀ちゃん不動街乗り号フロント回り作業タイムアップ結局時間切れ、タイムアップで

未完成のまままた不動車コーナーに鎮座。

もう定位置化してきてます。

時々電話で「売り物ですか?」と

問い合わせがありますw。


久保田千寿退治

一晩で退治してしまう所を二日に分けて

久保田千寿退治「久保田千寿」を退治。

一日目に半分以上飲んでいたので

二日目はコップに1杯しか残ってませんでした。

後はワインとシャンペンを何時のタイミングで

対戦するかを考えてます。


tanji号メンテナンス

都合で先に継続車検を受けたtanji号のメンテナンス作業。

tanji号メンテナンス二日目 (1)抜いたエンジンオイルの沈殿物をチェック

前回よりは鉄粉の量が少ないので

何かが悪化していると言う事は

無いと思います。

tanji号メンテナンス二日目 (2)オイルフィルターでろ過された鉄粉です。

こちらはどの車両もこんな物なので

そう心配する事も無いと思います。

多分カムチェーンテンショナーアームが

削れて出来た鉄粉が殆どだと思いますが

時期相応にスリッパーの交換も考えた方が良いと思います。

tanji号メンテナンス二日目 (3)次にブレーキフルードの交換。

2年物にしては綺麗な感じなので

ひょっとすると1年物かも知れない。



tanji号メンテナンス二日目 (4)それでもブレーキフルードは

車検の都度交換です。

その他諸々チェックも完了し

フロントブレーキパットが

tanji号メンテナンス二日目 (5)もうそろそろなのと

ACGカバー下からの

オイル漏れチェックの為

L側カバーを外してチェック

tanji号メンテナンス二日目 (6)オイルシールホルダー入ってますね!

泥と油が混ざった物を

綺麗に洗い流しました。

オイル漏れの怪しい所は

tanji号メンテナンス二日目 (7)ミッション関係のシール部分がオイリーで

上から垂れ流れて来た痕跡も無く

オイルプラグのOリングかも知れない。

とりあえず現状でチェック出来る所は

ここまでかな。

納車はオーナーと相談してから決めます。


本日のご来店

急激に気温が下がってきたこの頃ですが

171111本日のご来店 (1)急遽、京都T様が車両引き取りに

ご来店して下さいました。

これでPITにスペースが出来たので

来週入庫の予定をお聞きしている

車両の入庫受け付けが可能になりました。

171111本日のご来店 (2)その後は姫が洗車にご来店。

先日名張までソロツーリングに行ったので

バイクがドロドロになっているので

明日の為に洗車をしてます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)