キャブレター

2018年05月20日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日5月21日(月曜日)は第三回
真性多血症治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


tanji号イグニッション接触不良再び

昨日急遽入庫のご連絡を頂いたtanji号。

tanji号イグニッションスイッチ接触不良再び (1)前回カバーが割れていたので

交換して接触不良が解消したと

思っていたのですが残念な事に

接点側の問題だったと言う事が

tanji号イグニッションスイッチ接触不良再び (2)今回判明したので、接点を交換して

イグニッションの接触不良問題が

無事に解決しました。

結果、何かあちこちが割れていたのと

接点が磨耗して居た事が原因だった。


下僕?号A様ご来店

姫の下僕が沢山居過ぎて

もう何人の男を手玉にしているのかも分かりません・・・

下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (1)その下僕の内のA様が姫のために

ヘルメットシールドを献上品として

持参して下さいました。

それで色々とお話をしていたら

下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (2)割とディープな話になったりで

すっかりと話し込んでしまいましたw

で、ついでにじっくりと観察して

色々とダメだしw

下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (3)トルクロッドのゴムの順番間違い

よくある間違いですね。

で、早速修正作業w



下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (4)ブレーキパネルとトルクロッドの間に

挟まっているゴム

これがよくある間違いですね。



下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (5)正規に入れるとこうなります。

サクサクッと修正完了。

その他フロントブレーキもダメだし



下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (6)サイドスタンドスプリングも

上下が反対ですね。





下僕何号?Aさんご来店からのダメだしw (7)Aさんはその場でサクサクっと修正。

エンジンも調子が良さそうですが

今後の事を考えて

まずはオイルパンを外して

チェックからと言う事になりました。


京都T号用マフラー、ボトムケース

塗装に出していた京都T号の当時物ヨシムラマフラーと

京都T号用マフラーフロントフォークアウター塗装完了 (1)ボトムケースの塗装が終わり

パウダーコートカトーさんから

戻って来ました。

これで近日中に仕上げますので

京都T号用マフラーフロントフォークアウター塗装完了 (2)暫くお待ち下さい。

明日は病院なので

明後日から本格的に仕上げ作業に

取掛かれると思います。


GS400再復活

ガソリンが腐ってキャブレターがダメだったGS400が

GS400再復活無事に復活してくれました。

バッテリーは要交換です。

エンジンも快調で異音もありません。

如何でしょうか?




Z750RSバッテリー&ガソリンコック入荷

京都のY様のZ750RSのバッテリーが入荷してきたので

Z750RSバッテリーとGSコック入荷 (1)早速充電開始。

今晩閉店後に車両を引き取りに

行って来ます。

明日は病院なので

Z750RSバッテリーとGSコック入荷 (2)火曜日に納車出来ると思います。

コックも悪いのでピンゲルに交換。

純正は出ないので、数ある中で

一番信頼出来るピンゲルにしました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年03月22日

孫は♂3

昨年9月に入籍した息子夫婦。
入籍後即効で妊娠し7月に予定していた
結婚式が11月に延期となりました。
子供が出来たと報告があった時に
孫♂僕は直ぐに「男の子やな」と直感した。
僕嫁が妊娠した時も「男の子」と的中!
弟の子供も「女の子」だと的中!
下の弟の子も「男の子」と的中!
そして息子の子供も「男の子」と
身内は全て100%的中してます。
僕には男女どちらかが直感的に分かる
能力があるのかなぁ?早く出て来ないかなぁw


3月も男は黙ってパンチ

4月1日に息子の結婚式の衣装合わせがあるのと

男は黙ってパンチ!18032126日に別件の打合せがあるので

何時もより少し遅くなったけど

昨日何時もの理髪店へ行き

何時ものパンチ!

結婚式の髪型イメージw結婚式の当日は風体が悪いので

吉川晃司風のイメージにしようと思っているので

少し髪を伸ばしてから理髪店へ行こうと

計画をしています。

後は痩せればそっくりさんだなぁ・・・

多分僕の人生で最初で最後の

燕尾服、似合うかなぁw


13号機キャブ手直し

同調、点火時期を調整してほぼ完成した13号機に

13号機タンク搭載からのキャブ手直し (1)キャンディーレッドに親子ライン入りの

ガソリンタンクを乗せて

ガソリンを入れ、キャブにガソリンを

流し込んだらフロートチャンバーから

13号機タンク搭載からのキャブ手直し (2)ガソリンが滲み出てきた・・・

多分パワーフィルター仕様にし

MJを交換した時

フロートチャンバーが変な閉まり方になり

隙間が出来たんだろうと思い、キャブを取外すと

案の定+ナベビスが痛んでおり、#1のヘサートが緩んでいた事が判明。

ヘリサートを交換して手直しが完了しました。


タンクコーティング乾燥

定休日を含めて二日間乾燥させた

大阪S様タンクコーティング完了S様のタンクが出来上がりました。

明日引取りにご来店予定です。

その際にまた色々と相談があるそうです。

何でも承りますよ!w


強化オイルポンプ

以前CP製新型強化オイルポンプをご購入して頂いた

新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (1)三重県のM様からのご依頼で

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプ

の組付け作業のご依頼です。

一見簡単そうに見えますが

新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (2)取り付けには微妙なテクニックが必要。

まずは純正ミッション用オイルポンプを

取外しますが、これは多分問題ありません。



新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (3)ミッション用強化オイルポンプの

トロコイドギアーと交換すると

厚さの違いが分かると思います。

ここからがミソで、ギアーのセンターを

新型強化オイルポンプとミッション用強化オイルポンプ (4)出しながら仮締めして行き

締め付ける順番でトロコイドギアーの

センターが決まります。

適当にやるとセンターが微妙にズレます。

クランクケースの再メッキボルトも同梱しますので

交換が出来ましたら、取外したボルトを送り返して下さい。


EN125USBスマホ用電源

僕の通勤&代車に使うEN125に

EN125USB電源取出し (1)スマホ用USB電源を配線しようと思い

スマホホルダーを取付けて

ここにUSB配線アダプターを



EN125USB電源取出し (2)取付けて、一番短いスマホ電源用

USB配線を購入して取付けました。





EN125USB電源取出し (3)SUZUKIの配線は全然分からないけど

テスターで電源を探すと

全部カプラーに入っていた・・・

ハーネスを傷付けたくないので

EN125USB電源取出し (4)色々と考えて配線を分岐して

USB電源を確保出来ました。

これで通勤号で充電が

出来る様になりました。


本日のご来店

店の裏手側から入って来るのは身内か郵便局の人ぐらいなのに

180322本日のご来店自由人君と話しをしている所へ

見知らぬ人が入って来たので・・・

あれ?よく見ると猫君だった。

仏像みたいになっていたので

何時悟りを開いたのかと思ったわ。

3回目の結婚をして幸せ太りだなと言う話をしてたら

僕の病気の事を聞いたらしく、顔を出しくれました。

ありがとうね。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年03月13日

今日からアスピリン3

昨日初めての瀉血をやってからの今朝
頭痛とめまいは随分良くなりました。
血液をサラサラにする薬アスピリンも
今朝から飲み始めました。
これで少しは身体も楽になって行くと思います。


13号機エンジン組立て

先日の下見ツーリングで1号機のTMR-MJNのレスポンスが悪く

スローが濃くてエンジンストールする時にカブるので

MJNのクリップ位置を上げてみました。

これでまた今度試運転をしてみます。

13号機シリンダーヘッド搭載 (1)水曜日に作業集中日で13号機の

エンジンを仕上げる予定でしたが

今週の予約も詰まって来ているので

予定を早めて今日シリンダーヘッドを

13号機シリンダーヘッド搭載 (2)搭載して締め込みます。

今月中に仕上げる予定に

変更はありません。



13号機シリンダーヘッド搭載 (3)シリンダーヘッドの締め込み完了。

明日増し締めして

フレームに搭載出来れば

搭載予定です。

13号機シリンダーヘッド搭載 (4)純正中古良品カムを取付けて

カムチェーンを掛けました。

取合えずこれで13号機のエンジンは

一段落です。

13号機シリンダーヘッドカバー下拵え (1)次にすっかり忘れていた

ヘッドカバーの下拵え。





13号機シリンダーヘッドカバー下拵え (2)サクサクッと下拵えを終えて

これで明日の準備が整いました。

明日は病院へ行ってから

エンジン搭載をするか考える事にします。


新型強化オイルポンプ組立て

ハウジングの加工が終わって戻ってきたので

新型強化オイルポンプ180313 (1)強化オイルポンプの

在庫を作ります。

フル強化オイルポンプ1個と

メイン強化オイルポンプ4個の

新型強化オイルポンプ180313 (2)在庫が出来上がりました。

これで在庫の余裕も増えました。

アゲイン製のミッション用を

組付けての販売も可能です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年03月04日

大忙しの日曜日3

今日は久々に気温が高い日曜日になり
初乗りに出る方も多いと思います。
僕も来週の下僕強制ツーリングに行く前に
軽く走って調子をチェックしたい所ですが
中々そう言う分けにも行きませんねぇ・・・
下血から少しまた血液が増えてきたのか
軽い頭痛とめまいが始まりました。
もう何処かの血管に穴でも開けたろかな。


GTH号メンテナンス

昨日お預かりしたGTH号のオイル交換とフィルター交換。

GTH号オイル&フィルター交換 (1)まずは前日にオイルを抜いて

一晩放置して置き

今朝一番から作業に取掛かりました。



GTH号オイル&フィルター交換 (2)オイルフィルターも交換なので

フィルターケースを外したついでに

汚れを取る為、ウエットブラスト仕上げで

交換取付け完了です。

GTH号ヨシムラ油温計取付け (1)今回これからの時期に備えての

第一弾として油温計も取付けます。

まずはセンサーを取付けて



GTH号ヨシムラ油温計取付け (2)油温計本体の取付け

配線を済ませ設定を合わせました。

油温は115℃で警告ランプが点灯します。

発電の表示誤差は0.8Vぐらいでした。

GTH号純正キャブ用リモートスクリュー取付け純正キャブレターに

リモートアイドルスクリューを取付けて

今回のご依頼は完了しました。

次のステージはオイルクーラーです。

予定通り夕方にお引取り納車が出来ました。


三代目号にヨシムラミクニTMR-MJN

408ベースの466ccヨシムラ中空ハイカムst1仕様の三代目号に

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (1)純正エアークリーナーチャンバー仕様の

TMR-MJNを取付けます。

現在FCR28のパワーフィルター仕様が

付いている三代目号。

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (2)まずはこのFCR28を取外し

ついでにインシュレーターも

新品に交換します。



三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (3)サクサクッとFCRを取外しました。

三代目号はエアークリーナー部分に

補強を入れてあるので

純正エアークリーナー仕様の

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (4)TMR-MJNを取付けるには

エアークリーナーダクトガイドと

エレメントシールの加工が必要になり

まずはその加工を済ませてから

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (5)インシュレーターを交換して

純正エアクリーナーチャンバーと

TMR-MJNをサクサクっと取付けました。

やっぱりカッコ良いですね!

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (7)タンクを乗せたのですが

リプロのタンクだったので

スロットルワイヤーブラケットとの

隙間が微妙です。

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (10)キャブにガソリンを流し込んで

サクッと火入れが完了。

466ccハイカムst1仕様の三代目号

試運転をさせてもらいましたが

セッティングは丁度良いかも!しかも下から上までしっかりと回り

ハイスロでパワーが有り過ぎる感じなので6.000rpmで怖いぐらいでした。

三代目号ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (11)ついでにオイル交換も済ませ

来週の下僕ツーリングへの備えも

完了しました。

余ったFCRは最強レベルの雨男が

狙っているらしいよ!

そして自宅に戻る三代目さん、TMR-MJNに変わった愛機に跨り

出発する時のパワーに思わず「うわぁ〜」と声を上げながらご帰宅されました。


本日のご来店

こんなに良い天気になるとは誰も思ってなかったらしく

本日のご来店180304 (1)着込み過ぎて暑い今日は

弟のアースジェット号が午後からご来店。

オイル交換をしたいらしいのですが

PITでは三代目号の作業中なので

本日のご来店180304 (2)作業が終わるまで待機し

オイル交換はセルフで作業。

11日の下僕ツーリングに

参加するのかな?w

本日のご来店180304 (4)続いてのご来店は滋賀から

抹茶ん号大メンテ終了の

試運転がてらにご来店。

相変わらずピカピカですね。

今回の大メンテの苦労話を色々と聞かせてもらいました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

そろそろシーズンINでっせ5

この時期、急に暖かくなると気になるのが花粉ですが
何故か今年はくしゃみも、目の痒みも一切無く
鉄の身体を取戻した様な気がします!
今まで散々悩まされた花粉症ですが
別の病気と等価交換?ランクアップしてる?
取合えず花粉症を退治したりましたわ!
来週3月11日は姫企画の下見ツーリングがあるので
下僕達は覚悟を決めて参加準備をして下さい。


54歳のお誕生会

昨晩は嫁と二人でお誕生会。

誠司54歳を迎える (1)お誕生日は必ず嫁の作った散し寿司。

これは我が家では恒例です。

大体いつも半分以上は僕が食べて

残った分は翌日のご飯になりますけどね。

誠司54歳を迎える (2)この時期はひな祭りと重なるので

お誕生日のケーキも必ず

ひな祭り用のケーキになります。

何時もありがとう。


新型強化オイルポンプ

そろそろ在庫の新型強化オイルポンプが少なくなってきたので

新型強化オイルポンプ加工180302 (1)13号機のシリンダーヘッドを

内燃機屋さんへ送るのに合わせて

一緒にハウジング加工に出します。

まずは分解してから状態をチェックし

新型強化オイルポンプ加工180302 (2)問題が無ければ

ウエットブラストで仕上げて

内燃機屋さんへ送りました。

この時期内燃機屋さんも混んでいるので

仕上がりの予定は全然分かりません。


三重U号TMR-MJN取付け

昨日入庫してきた三重U号の作業に取掛かります。

180303今日のPIT今週は後2台入庫予定なので

PITは何時もの光景になりつつあり

例の如く雨が降ったら何も出来なくなります。

天気予報では月曜辺りから崩れそうです。

三重U号シリンダーヘッド増し締め (1)TMR-MJNを取付けて

試運転もしないといけないので

大急ぎでキャブを取外しましたが

その前に

三重U号シリンダーヘッド増し締め (2)シリンダーヘッドの増し締めから

スタッドボルトの辺りから滲みが

あるのですが、場所の特定が

出来ないので、1本ずつチェックしました。

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (1)ヘッドカバーを締め付けて

待望のヨシムラミクニTMR-MJN28Φを

車体に取付けました。

カッコ良い!

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (2)ブローバイガスを処理する為に

オイルキャッチタンクをセット。





三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (3)ガソリンタンクをかさ上げする為に

タンククッションラバーに

8mm程度のゴムを貼り付けます。



三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (4)純正アクセルワイヤーの場合

このストッパーを取外し

割りナットを入れないとダメなので



三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (5)破壊して割りナットを入れて

Wナットにします。





三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (6)ハンドルの関係でアクセルワイヤーの

取回し角度がかなりキツく

アクセルが戻らないので

ルートを色々と変更してみました。

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (7)一番アクセルワイヤーの戻りが

良さそうな取回しルートは

ここしか無さそうです。

後はフォークの内側か外側か・・・

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (8)398のノーマルコックなので

ガソリンホース径を変更する為に

ガソリンフィルターでホース径を

変更しました。

三重U号TMR-MJNデュアルスタックファンネル装着 (9)タンクを乗せて取合えず完成。

ホースをコックに接続して

キャブにガソリンを流し込み

エンジン始動準備が整いました!で



エンジン始動!セッティングはこのままでも良いかも知れない。

CB400F 408ccベース466cc、ヨシムラ中空ハイカムst1

ヨシムラミクニTMR-MJN28Φデュアルスタックファンネル仕様。

 

追加動画:CB400 398cc0.5OSピストン、ヨシムラハイカムst1

ヨシムラミクニTMR-MJN28Φ純正エアークリーナー仕様。



更に追加:CB400F 408ccベース510ccアゲインハイカムst2

世界に2個しかないヨシムラミクニTMR-MJN32Φ

デュアルスタックファンネル仕様。


本日のご来店

やはり暖かくなるとやって来るのがCP問題児・・・

本日のご来店180303 (1)冬眠から目覚めたらしく

今バイク磨きを集中的に

やっているらしいのだけど



本日のご来店180303 (3)冬眠している間に空気圧も

減ってしまったので

エアーを入れにご来店。

エンジンのヘッドカバーからも

本日のご来店180303 (2)オイル滲みがあるのですが

タペットキャップのOリングとと

ヘッドカバーガスケットを交換すれば

止まると思いますが

今PITが一杯なので、暫く我慢して乗ってください。

本日のご来店180303 (4)その後にご来店はご近所の

イントルーダーM様。

車検の時期が近づいて来たので

入庫時期のご相談にご来店です。

この車両は大幅にスペースが必要になるので

3月後半に入庫予定としました。

GTH号入庫180303続いての入庫は京都からGTH号

明日オイル交換、フィルター交換と

油温計取付けとキャブレターに

リモートアイドルスクリューを取付けて

午後に納車予定となっております。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年03月02日

誠司 今日から54歳3

53歳も数回人生が終わり掛けていたにも関わらず
今日無事に54歳を迎える事が出来ました。
53歳を振り返ると、波乱な1年だったと思います。
いや53年間波乱な人生を生きてきたのだと思います。
記憶がある中で最初に幼稚園へ向かう途中
僕の人生で初めてバイクに跳ねられた事から始まり
小学校の頃にトレーラーに跳ねられたり
車に引かれたり、ぶつかったりと幾度と無く学習能力が無くて
入院生活の方が長かったような思い出しかありません。
車、バイク事故なんて数知れず・・・ICUには4回それでも死なない
胆道閉塞で3.4回死に掛けたりもしました。
息子のおかげで糖尿病や、真性多血症の早期発見など
これからも生きると言う罰と生きて行く罪を背負い迷惑を掛けながら
55歳を迎える事が出来るようにして行こうと思ってます。
昨日は姫が京都から神戸に引っ越した先から
わざわざお誕生日のプレゼントを届けに来てくれました。
これで今年も姫の下僕から抜ける事は出来なくなりました。


ヨシムラミクニTMR-MJN組立て

昨日入荷してきたキャブレターの下拵え作業を開始。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (1)まずは今週末にご来店予定の

三代目号用TMR-MJNの組立てから

純正エアクリチャンバー仕様です。

何でもこのタイプが一番売れているらしい。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (2)エンジンは466ccなのですが

色々な情報から考えてAPJを交換して

純正チャンバー用のアダプターを

組付けて仕上げます。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (3)MJも情報から考えて交換します。

皆割りとセッティングに苦労していると

聞くのですが、僕もまだ何も分かってないので

色々と試行錯誤させてもらいます。

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (4)ガソリンホースの差込部分は

ホースバンドやクリップは無く

インシュロックバンドで止める様に

バンドが付属しているのですが

ヨシムラミクニTMR-MJN三代目号用組立て (5)不細工なので、メッキのホースクリップに

変更して取付ける様にしています。

左右のホース長を同じ長さに合わせて

Tジョイントで接続して完成。

TMR-MJN三重U号用デュアルスタックファンネル組立て (1)次は本日入庫予定の三重U号用TMR-MJN

デュアルスタックファンネル仕様です。

これは全くの未知数で付属のMJ類も

純正エアクリ仕様とデュアルスタック仕様では

中身の仕様も全然違いました。

TMR-MJN三重U号用デュアルスタックファンネル組立て (2)取合えず出荷時のSTD仕様で取付けてから

セッティングを詰めてみようと思います。

ファンネル仕様なので取外しが楽な分

セッティングもやり易いですからね

TMR-MJN三重U号用デュアルスタックファンネル組立て (3)デュアルスタックファンネルを取付けて

同じくメッキのホースクリップで

ホースを固定して完成しました。

これから始まるTMR-MJNセッティング地獄

ヨシムラミクニTMR-MJN取付け準備完了早く抜け出したいと思います。

取合えず2基とも取付け準備は整いました。

三代目号は日曜日に取付け&セッティング

三重U号は明日取付けをして

三重U号入庫180302試乗&セッティングになります。

そして今日夕方に入庫してきたU号

少し時間を頂いて、セッティングなどを

しようと思っています。

場合によればダイノジェットに乗せてセッティングをするかも知れません。


GTH号用油温計準備

今週末にオイル交換などで入庫してくる京都のGTH号に

GTH用ヨシムラ油温計取付け準備 (1)取付ける予定のテンプメーターの

準備をしておきます。

オイルパスキャップの加工と

配線の加工を済ませておくのです。

GTH用ヨシムラ油温計取付け準備 (2)まずは電源用配線に

ギボシを入れてハンダで固定。

これCPの配線では必ずハンダを流します。



GTH用ヨシムラ油温計取付け準備 (3)配線類を付属のスパイラルチューブで

巻いて、オイルパスキャップに

センサー用のタップを立てて

これで取付け準備が完了しました。

旧2号機用クラッチワイヤー週末のご来店をお待ちしております。

旧2号機のクラッチワイヤーも

準備が完了していますので

何時でもご来店ください。


本日のご来店

この光景を見ると「あぁもう春なんだなぁ・・・」と思う

180302本日のご来店僕の誕生日に合わせたかの様にご来店は

乗りもしない街乗り号のメンテナンスに

やって来た銀ちゃん・・・

最近は仕事が忙しいらしいのですが

暖かくなると、虫が騒ぐらしいよw



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年03月01日

体調管理と維持管理3

大阪の某テーマパークでジェットコースターが緊急停止したと
しつこいぐらい報道されているけど
ちゃんと異常を検出して緊急停止したのだからそれで正解だと思う。
乗客の方は不安な思いをしたと思いますが
あのUSJがちゃんとエバキュエーション出来た事には
個人的にちょっと驚きです。
過去に遭った、風と雷の神の事故は点検ミスではなく
運営側が点検費用、部品交換費用を抑えたかった事が
本当の原因だったはずです。
1回の非破壊検査費用が約100万位〜で+点検費用、交換費用など
それさえちゃんとしていればボギー台車の車軸が折れるなんて事はありえない。
これも個人的にですが、文京区にある某アトラクションも
ある意味同じで基本社員はほぼ居らず、アルバイトが殆ど
点検報告書を提出しても当時の担当者は読む事もしなかった・・・
あくまでも個人的にですが今国内で一番安全な遊園地、テーマパークは
ねずみの国しか無いと思ってます。
そう言う意味ではバイクも同じで、点検をしてちょっとやばいなぁ・・・
と思う所は保全的に部品交換を推奨していますが
お金が掛かる事だしねぇ、余程の不具合があっても
オーナーに報告してからどうするかを決める訳ですが
そこに命が乗っていると言う事を、僕は大前提に考えてます。


健康管理

メカの管理については厳しく大きな事を言ってしまいがちですが

180301今朝の血圧自分の身体の管理に関しては甘いです。

今朝起きてからの血圧で問題ありません。

下血も止まった感じなので

取合えず一安心かな・・・?

180301右手の腫れ (2)手の肌荒れは酷くなってきてます。

これは真性多血症の

症状の一つらしい・・・?

そう言えば花粉症が出て来ないので

治っているような気がする!


クランクメタル測定

408クランクだったのでオーナーに確認した所

2018年エンジン3基目クランク測定そのまま進めて良いとの事だったので

早速クランクの測定を開始。

測定結果、特に問題なく使えます。

早速メタルを発注します。


茨木D号LED化その2

入荷が遅れていたフロントウインカー以外のLEDが入荷。

茨木D号LED化不足分入荷 (1)これでヘッドライトのH4バルブ以外

LED化になります。

あぁまだウインカーリレーとヘッドライトが

入荷してないわ・・・

茨木D号LED化その2 (1)北米仕様のリアウインカーは

フロントのW球と違い

シングル球になってます。



茨木D号LED化その2 (2)外した電球には錆が付着しているので

接点復活剤を拭き付けて

LED球を装着しました。



茨木D号LED化その2 (3)次にインジケーターのLED化

走行中はオイルランプは点灯しませんが

電球の球切れもあるからねぇ

問題は配線が+−逆バージョンじゃ無い事を願う。

茨木D号LED化その2 (4)交換して点灯をチェック

オイルランプの配線は逆バージョンでは

無かったので一安心です。

このLED球はローヘッドなのが良い所です。

茨木D号LED化その2 (5)次に忘れがちなメーターのバックライト

車検上常時点灯で登録されているので

ここもボディブローの様に電力を

消費してしまいますからね

茨木D号LED化その2 (6)で、電球の点灯を確認しました。

ところでメーターマウントラバーが

ご臨終なので、オーナーに

メーターが壊れる前に交換を推奨しておきます。

茨木D号LED化その2 (7)メーターバックライトLED球に交換しました。

ここの色はアンバーです。

インジケーターをアンバーにすると

全部オレンジ色に見えるので

茨木D号LED化その2 (8)各色の通りにLEDを用意したんです。

何気にタコメーターを見ると

メーターカバーのリングが

ちゃんと収まっていませんね・・・

茨木D号LED化その2 (9)LED化するついでに

メーターカバーのリングを

正規の位置に修正しておきました。

これで後はウインカーリレーと

ヘッドライトの入荷待ちだけだったと思います。


ヨシムラミクニTMR-MJNセカンドロッド入荷

昨日は定休日だったので配送は無く、本日の入荷となった

ヨシムラミクニTMR-MJNセカンドロッド入荷 (1)ヨシムラミクニTMR-MJN

セカンドロッドです。

本当はもう一基余分に発注してあったのですが

反応が無かったのでキャンセルしました。

ヨシムラミクニTMR-MJNセカンドロッド入荷 (2)ヨシムラ製品は商品代引きなので

購入者が居ないのであれば

余計な在庫を抱える事になるので

流石にちょっと厳しいです。

三代目号が日曜日にご来店予定なので、それまでの間に仕込みしておきます。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年02月28日

ヨシムラミクニTMR-MJN出荷連絡3

一昨日の出血の件で
念の為、昨日一日排泄を我慢して
今朝自宅でゆっくり優しく排泄してみたのですが
やっぱり大量に出血しており
嫁を呼んでその出血量をを見てもらいました。
嫁は「下血やな」「次は吐血するで」と言う・・・
「今まで散々不摂生してるのに、こんなんなるん当たり前やろ!」
「死ぬのビビッテんのか?」と激しく怒られました。
一応息子に症状を連絡して、どうするのが良いか指示待ちです。


定休日に13号機エンジン腰下組立て

エンジンを組立てるには、やっぱり邪魔が入らない定休日に限ります。

13号機腰下仕上げ (1)下拵え昨日の内に終わっているので

臓物を入れて組付けます。

で、何時もの記念撮影。



13号機腰下仕上げ (2)何時もの様にサクサクっと

腰下組立て完了しました。





13号機腰下仕上げ (3)シフト関係の具を取付けるのも

いつも通り取付けて

ミッションの動きをチェックして

腰下の組立てが完了しました。

13号機腰上シリンダー挿入 (1)中古良品純正STDサイズの

ピストンをセット。

当然ピストンリングは新品です。



13号機腰上シリンダー挿入 (2)同じくシリンダーも

磨耗の極めて少ない良品を

挿入しました。

シリンダーヘッドなどを内燃機屋さんへ

送るタイミングを外してしまったので今日はここまで。

本当なら今日ヨシムラミクニTMR-MJNが入荷してくるのですが

生憎定休日なので、持って来ないと思いますが

これで作業スペースが出来たので、入荷次第組立て作業に取掛かります。


健康管理

ここ最近の出血騒ぎで、毎日血圧を測定出来る様にと思い

血圧測定計購入 (1)手首式血圧計を購入しました。

もし出血量が異常だったりしたら

血圧が下がるのと

真性多血症で血圧が高いのとで

血圧測定計購入 (2)頭痛が激しい時の状態など

比較したいと思い購入してみました。

早速設定をしてから測定してみると

結果は高いけど

今日は頭痛もめまいも何時もよりらくなので

下から出血したから、体調が良くなったのかな?

息子からの返事は「痔とちゃうんか?まだ続くようなら病院へ行け」

との事でした・・・肛門課か?


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2018年02月03日

色々とバージョンアップ3

54歳を目の前にした節分の今日。
嫁の誕生日に行ったリジットなお鮨屋さんで
恵方巻きも発注してあったので
今回の節分は贅沢な恵方巻きになります。
年々病院の数が増えてきているので
少しでも病院へ行く回数を減らしたいと願う事にします。
現在、治療を行っているのは
頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、糖尿病、右足半年点検、歯医者
一つ増えて真性多血症の治療となってます。
それとついでに、嫁の車に付いている
ドライブレコーダーのバージョンアップソフトをDLして
バージョンアップをさせられました。


TMR-MJNの研究中

ガソリンホースの取回し方法を間違えた事に気付きました。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNガソリンホース取回し変更 (1)このホースの取回し方だと

先に#1.2にガソリンが流れ込むので

フロートチャンバーの下でホースが

繋がっているとは言え#3.4は

走り方によっては、常にガソリンが不足している状態になるので

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNガソリンホース取回し変更 (2)ガソリン供給口を真ん中にして

Tジョイントで#1.2と#3.4に

振り分ければ、上下で均等にガソリンが

供給される事になります。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNガソリンホース取回し変更 (3)特に398コックの場合は

大容量コックが付けられないので

高速巡航ではガソリンが不足すると思います。

ブリッピングしても何気に

キャブに安定感が感じられるようになりました。

三代目号TMR−MJN取付け準備 (1)次にセカンドロッドで入荷してくる予定の

三代目号と、三重のU号用TMR-MJN。

特に三代目号の取付け方法の発注が

少し手間が掛かる発注なので

三代目号TMR−MJN取付け準備 (2)色々と取付け方法を考えていた所へ

タイミング良くやって来た三代目号!

色々と打合せをして、また後日車両を

お預かりして、TMR-MJNの

取付けの為の下拵えをする為にお預かりする事になりました。

後は最近顔を出さなくなった

最強レベル雨男のエンジン強制ボアアップ計画をどうするかです。

明日は弟が来る予定なので、ハイエースのオイル交換です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年02月02日

TMR-MJNセッティング3

昨日から沢山の方からのメッセージや
お電話を頂きましてありがとう御座います。
おかしな病気には成ってしまいましたが
治療をして行けば何とか成って行くのだろうとと思います。
主な治療方法は瀉血と言い
多くなった血液を抜き、抜いた分生食を継ぎ足して
濃くなっている赤血球を薄めてヘモグロビンの数値を
下げると言う方法なのですが
昨晩考えたのですが、ヘモグロビンの数値が薄まって下がるのなら
血糖値や尿酸値も同じように薄まって
下がるんじゃないかと期待しています。


ヨシムラミクニTMR-MJNセッティング

アイドリングが不安定なのでTMR-MJNのセッティングマニュアルを

TMR-MJN OWNER'Sマニュアル熟読しましたが普通のキャブや

FCRと大差は無いので

後はTMR-MJNの癖さえ理解できれば

セッティングは問題無いと思います。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (1)TMR-MJNにはチョークが付いているので

始動性に問題は無いはずなのですが

そのチョークを引いても

始動性の悪さは変わりませんし

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (2)アイドリングが上がる訳でも無く

スロー系統のセッティングを出さないと

アイドリングすらしないし

ブリッピングで油温を上げるにしても

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (3)直ぐにエンジンストールしてしまいます。

なので、取合えずエンジンを温めて

インシュレーターを軟らかくしてから

キャブを取り外します。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (4)エンジンも温まり取外しやすくなったので

TMR-MJNをエンジンから取り外しました。

良く考えるとホースの取回しがダメだ・・・

#1.2に優先的にガソリンが流れるね。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (5)MAJはブラインド栓になっており

ここはセッティングでは

使わない様になっていました。



14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (6)PAJを取外して番手を見ると

#65が入っていた。

セッティング用に入っていたPAJは

#60と#70が入っていたので#60に交換。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (7)パイロットスクリューの開度は

約1/8回転開きだったので

ここは絞らずにこのままにして

MJNのクリップ位置を変更しました。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (8)車体に取付けるのですが

ノーマルキャブと大差が無いので

取付け取外しは結構面倒です。

やはりここはファンネル仕様の方が良いです。

14号機ヨシムラミクニTMR-MJNスローセッティング (9)エンジンを掛けると予想通り

安定したアイドリングをしてくれました。

これで後は車検を取って

中高速のセッティングをする事になります。


iPhoneバッテリー交換

バッテリー残量が58%もあるのに電源が切れるようになったので

iPhoneバッテリー交換へ (1)午後から嫁と枚方Tサイトにある

予約してあるAppleストアーへ行き

iPhoneのバッテリー交換に行ってきました。

予約時間は15:20で

iPhoneバッテリー交換へ (2)少し早めに付いたので

バックアップや何やかんやを

嫁に設定してもらってる間に

順番が回ってきたので

iPhoneバッテリー交換へ (3)僕のiPhoneの診断をしてもらうと

やっぱりバッテリーに異常が見つかったので

交換してもらおうと思っていたのですが

残念な事にiPhone7のバッテリーは

在庫切れと言う事で、また予約を取ってバッテリーの在庫があるのか

確認してから行く事になった。

予約の時にPCで予約して機種も分かっているし

バッテリー交換での予約だったのに、ナメとるな!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年02月01日

結果発表!2

昨日は関西医大病院へ行き
血液検査の結果を聞きに行ってきました。
赤血球はもちろんの事、ヘモグロビンの量も多く
診断の結果は「真性多血症」で確定しました。
この病気は大きな括りで言えば血液の癌で
JAK2(ジャックツー)遺伝子の異常により
血液を造れという指令が出る為に起こる病気で治療方法はありません。
これを治療せずに放置している場合の余命は
半年から1年6ヶ月と言われてます。
なので、瀉血(しゃけつ)と言う方法で多過ぎる血液を抜き
生理食塩水で薄める治療を続けて行く事で
心筋梗塞、脳梗塞、肺塞栓症などのリスクを減らす事です。
今の症状としては、めまい、頭痛、耳鳴りぐらいなので
自覚症状だとは別に思って居なかったのですが
糖尿病の時の様に、息子に言われた通り血液内科で診察してもらった結果
息子のおかげでまた命拾いをした感じの僕なのですが
いときんさんとCB400Four同じフォア乗りの
ET-KINGのいときんさんが
38歳の若さで肺腺癌で
昨日お亡くなりになられました。
舞洲でのイベントや淡路などでお会いし
メジャーデビューとなり
アゲインでフォアを購入した
同じフォア乗りのいときんさんのご冥福をお祈りいたします。
通夜は3日午後7時から、葬儀・告別式は4日午前10時半から
大阪市の「やすらぎ天空館」で執り行うとの事です。


真性多血症

診断結果に特に大きなショックも受けなかったと思います・・・

血液検査結果 (1)自分で色々調べて、息子に聞いて

覚悟は出来ていたので、特にって感じですが

治らないと言うのは鬱陶しい話です。

診察の順番を待ってる間に

ドトールコーヒーで朝食を頂きました。

血液検査結果 (2)そして順番が来て診察室に入ると直ぐに

担当Dr.から「真性多血症です」と

あっさり告知され「あ・・・あぁ・・・そうですか・・・」

で、この先の方針や総合的な検査をする事になり

血液検査結果 (3)まずは遺伝子検査の為にまた採血・・・

JAK2遺伝子の検査費用は5万円ですが

順天堂病院でこの病気を研究しているらしく

そこへ血液を送って検査をしてもらうと

無料で検査してもらえると言う事です。

そんな訳で2月は、検査月間になり心臓の超音波検査と

部品取りした骨盤の腸骨(ちょうこつ)がどれだけ残っているのかを

CT撮影で検査して、局部麻酔で背中からの骨髄検査などをした後に

瀉血をする事になると言う段取りになってます。

2月は臨時休業が多くなりますので、ご迷惑をお掛けいたします。

明日は14:30で早仕舞いになります。


ヨシムラミクニTMR-MJN初期ロッド入荷

1月中旬に入荷予定だったのですが

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (1)諸般の事情で遅れて

本日入荷して参りました。

早速開封してチェック!



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (2)セットされているMJは#90

セッティング用に#95と#85と

MAJも2セット入っていました。



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (3)MJNニードルの番手はZになってました。

クリップ位置は上から三段目で

セットされてました。



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (4)純正エアークリーナー仕様ですが

ファンネル仕様用のアタッチメントが

標準でセットされているので

純正エアークリーナー仕様に変更。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (5)ガソリンホースとTジョイントも付属。

Lジョイントは付いてませんので

用意してあった物でホースを接続。



ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (6)車体にセットしましたが

これがまたインシュレーターに

入れるのに中々苦労します。

エアークリーナーチャンバーをセットして

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (7)タンクを乗せてホース変換アダプターで

ホース軽を変換し398タンクコックに接続。

変換アダプターは付属していません。

408タンクの場合はSHIO HOUSE製の

408タンク専用大容量コックに交換する事が必要になってきます。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (8)CPにも在庫は用意してあります。

次にアクセルワイヤーですが

純正タイプを使う場合は

戻し側に割ナットを入れるか

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (9)アクセルワイヤー用のタイコに

交換する際にナットを追加する

必要がありますがハイスロ仕様で

FCRからTMRに仕様変更する場合は

そのまま使えますが、ノーマルキャブからTMRに交換する場合

ワイヤーの取回し方法を正規取回しの

ヘッドライトステーの内側からフロントホーク側に変更するか

10センチロングに変更しないとワイヤーがキャブに届きません。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (10)14号機の場合は後者を選択し

10センチロングのアクセルワイヤーで

正規ルートの取回しにして

やっと火入れが出来ました。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (11)点火時期を調整しましたが

アイドリングが安定しないので

MASを小さくするかPSを絞るか

調整が必要になります。

ヨシムラミクニTMR−MJN初期ロッド入荷 (12)取合えず完成した14号機。

来週車検を受けてくる事にします。

アイドリングの調整なども

慣らしで走ってみてから考えます。

その後に全体のセッティングを見ながら

慣らしが終わってからパワーチェックをしてみる予定です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(8)

2018年01月19日

TMR-MJN入荷遅れ3

昨日ヨシムラジャパンから電話が入り
1月中旬発送予定だった初期ロッド
ヨシムラミクニTMR-MJNの
発送が1月末に成りますと
遅れる旨の電話が入りました。
セカンドロッド以降は一応予定通り
2月末発送予定との事で、今注文すると納期は
6月末以降になるかもっと遅く成るそうです。
セカンドロッドで3基注文してあり
1基は余分に注文してあるので
先に欲しい方はセカンドロッドが入荷してから
早い者勝ちでお譲りする事は可能です。


14号機作業リフトから降車

ヨシムラミクニTMR-MJNの入荷が遅れると言う事で

14号機作業リフトから降車14号機を作業用リフトから降ろして

13号機のエンジン下拵えの準備に

取掛かる準備をしています。

本当なら多分今日辺りに

14号機は火入れが出来ていたと思います・・・


闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換

作業スペースが出来た内に、闇を抱えたエンジンヘッドの

闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (1)バルブガイドを交換する事にしました。

既に準備は整っているので

作業スペースだけあれば良かったのです。



闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (2)EX側のバルブガイドを

バルブガイドリムーバーを使って

4本とも抜き取ります。



闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (3)抜いた後直ぐに新しいバルブガイドを

入れて行きます。





闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (4)これでEX側のバルブガイドは

全部交換完了です。





闇を抱えたエンジンヘッドバルブガイド交換 (5)新品のバルブガイドは

リーマーを通して内径を

バルブのシャフト軽に合わせて削るのですが

まだ新しいバルブが届いて無いので

リーマーを通すのは、第一段階までになります。


産廃処理

店の中を狭くしている一部の原因となる鉄屑を片付けて

19号機部品チェック店内を少しでも広くする為に片付けながら

次に作る予定の19号機用パーツを

宝物庫から掘り出しました。

後は13号機が完成してから

フレーム関係を塗装に出す予定です。

ドンドン作って、宝物庫の片付けをして行かないと!

片付けだけで今日はもうへとへとになりました・・・

片付け終わってから翌々何の為に片付けていたのかを思い出し

13号機のエンジンを出し忘れていた事に気が付いた・・・

それに今日は嫁が新年会で夕方に出掛ける事もあり

レオとチャッピーにご飯を上げないといけないので

今日は早仕舞いする事にします。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年01月18日

駐車問題と注射で問題解決3

今年に入りまだバイクに乗ってないので
昨日軽く走ろうかと思って居たのに
生憎の雨で乗れませんでした。
仕方なく、自宅で犬達とゴロゴロして過ごしてました。
我が家では毎週水曜日は何故かパスタの日なのですが
嫁が「焼肉食いたい」と言うので
自宅裏の焼肉屋へ行きました。
来週は嫁の誕生日なのでリジットな御鮨屋さんです。


駐車トラブル

お正月にお店に兄弟全員が偶然集まった時に

出入り口に付き駐車禁止 (1)以前から運転が余りお上手ではない方が

一人店の裏の駐車場に居るのですが

正月早々弟がグズグズ言われたらしく

トラブルになりかけたのですが

弟に止められ、それならばと言う事で色々とグッズを発注していた物が入荷。

出入り口に付き駐車禁止 (2)「出入り口に付き駐車禁止」の看板と

カラーコーンを設置しました。

営業中に監視している訳ではないので

時々ご来店の方もここに車を止める事も多く

トラブル防止の為にもここは駐車禁止とさせて頂きます。

バイクは敷地内であれば駐車可能です。


船中八策退治と第二ラウンド

火曜の夜は「船中八策」との最終戦だったのですが

船中八策退治と第2ラウンド開始2本目が控えて居たのを知っていたので

残りが少なかった一本目を

サクッと退治して

そのまま第二ラウンドへ突入!

嫁が言っていた坂本竜馬の件の意味もやっと分かったw


ブロック注射

首の痛みと肩の痛みから頭痛が激しかったので

ブロック注射180117 (2)昨日病院へ行きブロック注射を

打ってもらい、痛みも無くなり

鉄人復活となりました。

足の麻痺はどうやら腰に問題が

ある事が分かったので、何とか対処出来そうです。


焼肉

昨晩はパスタの日だったのですが

嫁と焼肉 (1)嫁と焼肉を食べに行く事になり

仕方が無いのでビールを6杯飲んで

対応の悪い店員を相手に

余り美味しくない焼肉を食べて

嫁と焼肉 (2)最後はイチゴのデザートを

ビールのつまみにしてました。

〆にめぐみちゃん特製ソフトクリームを食べ

不満ながらも満足して帰宅しました。


13号機用キャブレター組立て

不足していたキャブレターのインナーパーツが入荷。

13号機用キャブレター純正部品入荷CP製リプロダストパッキンも用意して

これで13号機のキャブレターが

組立てられるようになりました。

では早速組立て開始。

13号機用キャブ組立て (1)JNをスロットルバルブにセット。

フェルトパッキンもついでに

新品に交換します。



13号機用キャブ組立て (2)硬化して崩れたダストパッキン

CP製リプロのダストパッキンと

交換します。



13号機用キャブ組立て (3)#1〜#4までJNを入れて

ボディを連結しました。





13号機用キャブ組立て (4)誤組のプレートを修正し

ボディを固定しました。





13号機用キャブ組立て (5)純正のインナーパーツを組込んで

油面の調整も完了したので

フロートチャンバーを取付けようと

思ったら・・・

13号機用キャブ組立てフロートチャンバーリコイル追加10箇所 (1)ここでまたねじ山上がりが

7箇所もある事が分かった・・・

液体ガスケットでギリねじ山が

何とかなっていたのか?

13号機用キャブ組立てフロートチャンバーリコイル追加10箇所 (2)仕方なく1箇所づつ

修正をする事にしました。

全部で16箇所の内3箇所直して

追加で7箇所、合計10箇所・・・

13号機用キャブ組立てフロートチャンバーリコイル追加10箇所 (3)まぁブツブツ独り言を言いながら

13号機用キャブが完成しました。

来週辺りからエンジンの準備にでも

取掛かろうかなと思ってます。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年01月16日

ホームセンター閉店3

お店の近くにあったホームセンターが
昨年末で閉店となり
その跡地で今日から工事が始まった。
希望としては新たに大手のホームセンターが
出来る事を願うのですが
この所マンションや介護施設が多くなってきているので
ホームセンターの跡地がどうなるのか・・・


13号機用キャブレター洗浄

えげつない量の液ガスが塗られているので

13号機用キャブレター掃除 (1)その除去に苦労しています。

取合えずウエットブラストを

当ててみましたが

液ガスにウエットブラストは歯が立ちません。

13号機用キャブレター掃除 (2)フロートチャンバーの中にも

流れ込んでいる液ガスは

ガソリンを入れると次第に溶けて行き

色んな所を詰まらせます。

13号機用キャブレター掃除 (3)しかし溶剤に漬けても

全然溶けないので最後の手段で

リムーバーを掛けたらやっと活性して

軟らかくなった所でネチネチと

13号機用キャブレター掃除 (4)液体ガスケットを剥がして

最後にウエットブラストで仕上げました。

これでフロートチャンバーは

綺麗になりました。

13号機用キャブレター掃除 (5)誤組されたリンクアームと

壊れたリンクアーム・・・





13号機用キャブレター掃除 (6)誤組を直すと

部品が2つ足りませんでした・・・

不足している部品と破損している

リンクアームを

13号機用キャブレター掃除 (7)キャブの部品庫から

ワッシャーを探し出して使います。

これでリンクアームの問題は

解決しました。

13号機用キャブレター掃除 (8)ボディ側も液体ガスケットが

こってりと残っており

当然ながら余分な液ガスも

ボディの中に流れ込んでます・・・

13号機用キャブレター掃除 (9)それをネチネチと綺麗に剥がして

後はボディ本体の汚れを

専用の洗剤で洗い流すのですが

寒いのでお湯を沸かして

13号機用キャブレター掃除 (10)ボディを洗浄します。

暫くの間漬け込んで

表面の汚れを浮かせて落とします。

その後は手洗いで隅々まで洗います。

13号機用キャブレター掃除 (11)お湯が熱過ぎるのですが

ブラシで隅々まで汚れを落とします。

液ガスも残っていたりして

手洗いも結構手間が掛かりました。

13号機用キャブレター掃除 (12)で、やっと洗浄が終わり

仕上がったボディをチェックすると

中々良い状態のキャブのようなので

良いキャブが出来るでしょう。

13号機用キャブレターリコイル (1)#3にねじ山上がりが1箇所ありました。

M4のリコイルキットで修正。





13号機用キャブレターリコイル (2)これで#3のねじ山上がりの修正が

完了しました。

後残り2箇所は



13号機用キャブレターリコイル (3)#1のボディ

これもリコイルで修正したので

後は組立てるだけなのですが

JNの在庫が無かったので

組立ては木曜日以降になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年01月15日

今月のGB3

今月の月刊誌Mr.Bike BGに
ヨシムラミクニTMR-MJNの
特集記事が記載されてました。
思えば2年以上前にヨシムラジャパンに電話し
営業担当の方と話をして適当にあしらわれ
しれでもしつこく技術開発の方と話をしているタイミングで
FCRの値上がりがあった事を話をすると
それは知らなかったらしく、そこから最終的に川口さんと
前向きに話を進めますと言う事になり
やっと此処まで来た!と言う事なのですが
僕だけのネゴだけじゃなく、最終的にフォアオーナーからの
問い合わせや要望もドンドン多くなってきたと聞いてます。
雑誌にはその内のオーディエンスの一人にしかなっていませんが
SHIO HOUSE 塩畑さんの車両提供の協力があったからこそ
実現出来たのだと思います。
値段は予想よりも高かったのですが
僕が持っている32Φではセッティングが出なかったし
開発に苦労していたのは事実なので、仕方が無いでしょうね。


むらさきいも退治

飲むとサラサラ血になるという「むらさきいも」を退治。

むらさきいも退治これを飲んで血行が良くなり

体調も良くなるのかと期待していたのですが

首の痛みや、頭痛、めまい、肩の痛み

今は右下肢の麻痺と足首の痺れや麻痺が

全然治らないので、息子に電話で聞いたら

頭痛と下肢の麻痺は関係無いと言われました・・・

嫁は「もう右足が腐ってきとるから、切ってしまえ!」と言う・・・

「切って義足付けた方が楽やで、足も曲がるしなぁ」

ターミネーターの足僕はその言葉に

義足ならバックステップに足が置けるので

右のバンク角が増えるなぁと

その気になってしまった・・・

義足を作るとすれば

やっぱりこのタイプがええかなぁ。

今の義足は結構かっこいいから、悩むなぁ・・・


レクサス洗車と乗換えの商談

昨日レクサス枚方へ今年初の洗車に行ってきました。

レクサス洗車と乗換えの商談 (1)購入してから早くも3年経ち

担当の廣田さんから乗換えの提案があり

今後のランニングコストと

乗換えとの比較を計算してもらう事になり

レクサス洗車と乗換えの商談 (2)マイナーチェンジしたNX300hの

見積もりを作って貰いました。

車体価格が少し上がっているけど

その分安全性能も向上している

レクサス洗車と乗換えの商談 (3)誤発進抑制機能や人を検地し停止したり

車線のふらつき防止など

車体の剛性も上がりモニターが大きくなって

当然より良くなっていたけど

帰ってから家族会議をした結果、残念ながらこのまま乗る事になった。


船中八策と対戦開始

昨晩から痛み止めが割りに、超辛口の「船中八策」と対戦開始!

船中八策と対戦開始嫁は、坂本竜馬がどうのこうのと言ってたけど

さっぱり意味が伝わりません・・・

超辛口と言う事でしたが、飲むと

そんなに辛口でもない感じ?

僕には丁度良いかもねw


13号機用キャブレター分解

フレームもほぼ出来上がったので、次にキャブレターの準備。

13号機用ブレーキパネル仕上げ (1)その前にブレーキパネルに

リビルドしたブレーキシューをセットして

ブレーキパネルを完成させました。

これでハブ関係は完成しました。

13号機用キャブレターOH分解 (1)で、純正キャブのO/Hに取掛かります。

パット見る限りフロートチャンバーは

液体ガスケットがこってりと

塗られている感じですね・・・

13号機用キャブレターOH分解 (2)案の定フロートチャンバーには

こってりと液体ガスケットが塗られ

プラハンで叩かないと取れなかった・・・

ねじ山上がりが3箇所ありました。

13号機用キャブレターOH分解 (3)取合えず分解完了。

恐らく分解してから使ってない感じですが

部品は中古品のままのようですし



13号機用キャブレターOH分解 (4)スロットルバルブのリンクアームは

ポッキリと折れてました・・・





13号機用キャブレターOH分解 (5)ステープレート側のリンクアームは

左右逆に取付けられていました。

ここでコストを掛けると

全体の費用が上がってしまいますが

13号機用キャブレターOH分解 (6)キャブが肝心なので仕方ないかなぁ。

取合えず全バラして洗浄。

やっぱりインナーパーツは

全部交換ですね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年12月28日

1号機腰上OH開始

メーカーが冬期休暇に入りました。
物流が再開されるのは恐らく
年明け8日以降になるらしく
それまでの間、純正部品の入荷はありません。
ある程度の在庫部品はありますが
全てを網羅出来る純正部品は在庫で無いと思います。
純正部品の物流が再開するまでの間は
ややこしい事をしない方ですね。


2017年最後の男は黙ってパンチ!

小雪舞い散る昨日は今年最後の理髪店へ行き

171227今年最後の男は黙ってパンチ!今年最後の何時ものパンチ!

少し短めにカットして貰いました。

2018年はちょっとイメージチェンジを

してみようかとマスターに相談してますw


1号機腰上O/H

不動車を不動車コーナーへ移動させて広くなったPITに

1号機を移動させて、腰上O/Hの準備が整いました。

1号機FCRからヨシムラミクニTMR-MJN32Φへ (1)ヨシムラミクニTMR-MJN32Φが余ったので

この特注FCR33を取外して

レーサーに使おうかと計画してます。

なのでエンジンを分解する前に

1号機FCRからヨシムラミクニTMR-MJN32Φへ (2)TMR-MJN32Φを取付けて

先日スロー系のセッティングをしたので

そのチェックの為にエンジンを掛けて

ブリッピングなどでチェック。

1号機FCRからヨシムラミクニTMR-MJN32Φへ (3)寒いので試運転をする気も無く

無負荷なので何とも言えませんが

良い感じだと思います。

CPオリジナル408タンク用

大容量ツインノズルコックも干渉せず、ギリギリ納まりました。

後はパワーチェックしてセッティングするだけです。

1号機エンジン腰上OH分解 (1)で、エンジンを少し冷ましてから

腰上O/H作業に取掛りました。

マフラーを擦らない様に車高を上げたのに

フロントサスの沈み具合が良くなり

余計に擦るようになってしまった機会曲げマフラー・・・

1号機エンジン腰上OH分解 (2)ヘッドカバーを外す時に

ねじ山上がりが2箇所ありました・・・

他は問題ありませんね。



1号機エンジン腰上OH分解 (3)ヘッドを外すと#2.3のスリーブに

結構な傷が見つかりました。

白煙の原因はこれですね。

これではシリンダーは使えませんね・・・

1号機エンジン腰上OH分解 (4)ピストンリングに問題が見つかったので

エンジンがブローした訳では無いので

やっぱり今年はエンジンを壊してません!

多分壊して無いはずです!!

1号機エンジン腰上OH分解 (5)#2.3のピストンにもダメージがあるので

改めてバックアップを用意しておいて

良かったと思います。

これで早ければ年内には火入れが出来そうです。

今年はエンジンを壊さずに済んだなぁ・・・


闇を抱えたエンジン洗浄三日目

先日分解チェックした強化オイルポンプRタイプを洗浄し

闇を抱えたエンジンオイルポンプOH (1)内部のチェックを済ませ

このまま使っても問題が無いので

組立て作業に取掛かります。

Oリングは新品に交換。

闇を抱えたエンジンオイルポンプOH (2)サクサクッと組立て完了。

これで全ての部品の洗浄が終わりました。

後はヘッドのポート研磨と内燃機加工。

キャリロのコンロッドボルトの入荷時期と

オーナーから送られて来る部品待ち状態です。

2018年も既に予定がほぼ決まっており

まず1号機腰上O/Hとパワーチェック。

CPレーサー1号機のパワーチェック。

14号機のエンジンを1月中旬までに組立て。

闇を抱えたエンジンの組立てと

もう一台バルブの傘が折れたエンジンO/H。

そう言えば姫号の修理予定もあるなぁ・・・

15号機組立てと19号機の組立て準備など

年明けも病気をしている場合じゃないね。


14号機エンジン塗装完了

仕上がりは来年になるかと思っていた14号機の

14号機エンジン塗装完了 (1)エンジン塗装が終わって

今日戻って来ました。

これでお正月の間に下拵えを済ませ

組立て作業に取掛かれます。

14号機エンジン塗装完了 (2)まぁヨシムラミクニTMR-MJNの

初期ロットが入荷して来るまでに

完成すれば良いので

のんびり作業が出来ますね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年12月25日

年内追い込み営業3

真夜中に酷く激しい耳鳴りがかなり長くするので
身体がおかしくなったのかと思って
目が覚めた・・・
で、その耳鳴りの原因は
TVを着けっぱなしで寝てしまった事による
試験電波の音だった・・・
それが分かるまでの間
死ぬんじゃないかと思った。


イブの対戦相手

クリスマスイブは嫁と犬達と過ごし、シャンペンと対戦。

イブにシャンペンを退治 (1)少し分け有りなシャンペンですが

この日の為に取って置いたので

二人でシャンペンで乾杯。

まぁ9.5割は僕が飲みましたが

イブにシャンペンを退治 (2)久しぶりの飲み切り対戦も

圧勝で終わりました。

飲み足りないのは仕方ない。

後はお正月に取って置きます。


ヨシムラミクニTMR-MJN32Φ

今回のレーサーの仕様変更にキャブも含まれているので

ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (1)7号機から取外したTMRの

セッティングの確認と変更をして

レーサーに付いているFCRと

パワーチェックで比較してみる事にします。

ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (2)【覚書】

PSの開度を調整

1回1/4



ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (3)SJ

STDサイズ





ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (4)MJ

取合えず#180から調整開始。





ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (5)MJNノズルクリップ位置

上から5段目





ヨシムラミクニTMR−MJNリセッティング (6)年明けに今のFCRで

パワーチェックしてから

TMRに交換してセッティングしてみます。

ノーマルエンジンには大き過ぎる32Φ

レーサーに使えるるかなぁ・・・


闇を抱えたエンジンヘッド下拵え

#2の燃焼室がぐちゃぐちゃになったのでヘッドを作り直しです。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (1)一緒に送られて来た代替のシリンダーヘッド

これから下拵えをして

ポート研磨や内燃機加工へ出す準備に

取掛かります。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (2)EXスタッドボルトはオリジナルでしたが

素直に全部綺麗に取れました。

ボルトは曲がってましたが問題は無いです。

ガスケットは6枚でしたw

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (3)状態が良さそうなヘッド

バルブを取外してウエットブラストで

仕上げて汚れを取り

全体をチェックします。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (4)約2時間でヘッドのブラストが完了。

#1の燃焼室に何故かバリがありますが

他は問題なさそうです。

後は歪の具合ですね。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (6)取合えずリタップ掃除をして

ねじ山に問題が無いかを

チェックしてから歪の測定をします。



闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (7)気になった燃焼室内の傷。

バリが立っているので

後で削ってしまいます。



闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (8)取合えず歪測定。

画像の反対方向の向きで

ギリギリ規定値内の歪がありますが

問題無い範疇なのでこのまま使います。

年明けに自由人君に出頭するよう言ってあるので

強制労働、ポート研磨の刑罰を執行します。

闇を抱えたエンジン代替シリンダーヘッド下拵え (9)燃焼室内にあった謎の傷。

とりあえずバリを削ったので

これで問題はありません。

#3のプラグホールのねじ山が微妙な感じ。

闇を抱えたエンジン洗浄 (1)クランクケースの洗浄と

液ガス剥がしをやって

組立ての下拵えを進めます。

完成予定は来年?

闇を抱えたエンジン洗浄 (2)ロアケースとメタルガスケットの

洗浄、液ガス剥がしが終わりました。

明日はアッパーケースと臓物関係の

洗浄と、液ガス剥がしをやり

ベアリングの具合をチェックしてみます。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年11月17日

14号機レストア作業開始3

夏の終わりぐらいに事務所のエアコンの
冷房が効かなくなってしまい
まぁ暖房が使えれば来年にでも買い換えようと
思っていたのですが
この所の急激な気温の低下に我慢できず
暖房を使おうと思ってスイッチを入れたんだけど
残念な事に、暖房も使えなかった・・・
ちょっと予定外だったのでどうするか考え中です。


京都N号キャブ調整入庫

PITの空き具合で中々入庫出来なかった京都N号が入庫。

京都N号入庫キャブ調整 (1)純正キャブレターのアイドリングが

落ちなくなる現象があり

その調整の為に入庫して来ました。



京都N号入庫キャブ調整 (3)症状をチェックすると2,000rpmで

アイドリングが一度止まって

暫くすると安定する現象です。

純正キャブでこの現象の原因は

数箇所あるので、その部分をチェック&調整しても変化が無いので

京都N号入庫キャブ調整 (5)恐らくこの同調プレートが

一番怪しいとは思いつつ

同調が狂っているのかを

チェックする事に。

京都N号入庫キャブ調整 (6)案の定バキューム圧も低いし

同調もバラバラになっていた。

これが原因だろうと言うのは

間違い無いのですが・・・

京都N号入庫キャブ調整 (7)同調を合わせても

バキューム圧が低いし

アクセルを煽るとその度に

同調がずれて行く・・・

京都N号入庫キャブ調整 (8)キャブレターの調子はO/Hした所なので

決して悪くは無いはずで

タコメーターの表示では500rpmでも

ちゃんとアイドリングするぐらい調子が良い。

このタコメーターの動きも怪しいけどね。

京都N号入庫キャブ調整 (12)結構苦労してバキューム圧を

上げて同調を取ったけど

基本的な症状は変わりが無いので

ここは素直に・・・

京都N号入庫キャブ調整 (14)オーナー自作の同調プレートを

取外して、仕切り直す事にしました。

何故この同調プレートが

ダメなのかと言うと

京都N号入庫キャブ調整 (15)純正中古良品の同調プレートと比べると

この通りで1.5mm厚のステンレスプレート

純正はバネ鋼で薄く出来てます。

これだけプレートが厚いと

左右どちらかに引っ張られてしまい、まともな同調は出ないのです。

京都N号入庫キャブ調整 (16)純正と交換して同調を調整。

サクッと同調も合い、アイドリングの

落ちが悪くなる事も無くなりました。

何かこうキャブをやりだすと

キャブの仕事ばかりになるねw


14号機フレーム小物塗装準備

作業スペースの関係などで全然手が付けられなかった14号機。

14号機フレーム小物塗装準備やっと奥から取出せる用になったので

発掘作業をして、塗装に出す準備に

取掛かろうとしている所に

何故かやって来る奴・・・

不動銀ちゃん号のカスタム続き (1)不動車コーナーから街乗り号を下ろして

先日の作業の続きをやるそうな・・・

今日の作業場所は青空PIT



不動銀ちゃん号のカスタム続き (2)前回購入したセパハンは

思っていた感じとは違うらしく

今回はまた違うセパハンに変更して



銀ちゃん街乗り号久々に実働やっと乗れる状態になった。

とりあえず感触をチェックする為に

試運転に出て行きましたが

帰ってきたらまた不動車コーナー行きです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年11月16日

追突事故から1年3

最近でこそ、煽り運転が社会問題になって来ましたが
去年の11月に嫌がらせ運転の末
相手の車が急ブレーキを掛けた結果
追突してしまった事故の物損についてやっと決着が付きました。
本来追突事故の場合100:0になる訳ですが
当初70:30の提示で示談交渉を相手方保険会社から
申し入れて来たので、不満はある物の結果追突してしまったのは
こちら側になるので、それでも良いと思っていたのですが
当事者の相手側が80:20じゃないと納得しないとごね出したので
物損が解決するまで1年も掛かってしまい
結果相手側保険会社からの提示案は60:40となりました。
これはありえない回答なので
これにて物損の被害は解決する事になりました。
また当方弁護士と相手方保険会社代理人との間でも
故意による事故だと言う認識で合意し
本来自分の為の自分側の保険会社も相手側当事者に対して
過失割合が60:40にも関わらず0回答と言う事になったらしい。
流石外資系の保険会社ですw
刑事処分も双方不起訴、行政処分も無し、民事についても相手方保険会社が
こちら側に付くと言うありえない結果にとても満足しています。
これから煽り運転が元で事故が発生した場合の見方が変わって来るのは
間違いないでしょう。


レクサス2ヶ月ぶりの洗車

昨日の定休日は午前中は病院へ行き

レクサス2ヶ月ぶりの洗車171115天気も良いので午後からレクサスの

洗車を2ヶ月ぶりにして来ました。

毎回オーナーズラウンジで頂く

オレンジジュースと

割と高級なお茶菓子を頂き、洗車が終わるまで待って

自宅に戻ってそのまま転寝して久しぶりにのんびりとしてました。

そう言えば先日12日モテギで行われたスパーGT500最終戦。

 

年間チャンピオンの掛かったワコーズとKeeperのレクサスと

モチュールGT-Rの厳しいせめぎ合いで(一般道で言う煽り運転?)

年間優勝はKeeperレクサス、2位がモチュールGT-R

3位がフロントを大破しながら完走したワコーズレクサスと言う結果だった。

色々と裏話も聞けましたが、ここではとても書けない内用です・・・


純正キャブレターO/H

ずっと放置していた純正キャブレターの分解掃除。

長期放置純正キャブ分解掃除 (1)取外してこんなに長期放置に

なるとは思っていなかったので

ガソリンを抜いても無く

腐っているんだろうなぁ・・・と

長期放置純正キャブ分解掃除 (2)開けると案の定異臭が・・・

腐ったガソリンに犯された

ジェット類達。



長期放置純正キャブ分解掃除 (3)スロットルバルブも固着しているので

じっくり時間を掛けて

復旧作業に取掛かります。

暫くするとスロットルバルブも動き出したので

長期放置純正キャブ分解掃除 (4)ニードルホルダーを取外して

これもキャブレタークリーナーに

漬け込んで洗浄。

汚れが取れたら組立て開始。

長期放置純正キャブ分解掃除 (5)MJのOリングを新品に交換して

サクサクッと組立て

油面調整完了。



長期放置純正キャブ分解掃除 (6)はい、復旧完了です。

長期放置や取外したら

フロートチャンバーのガソリンを必ず

抜いてから保管しましょう。


ウルフ号納車

新しいオーナーの仕事が忙しく都合が中々合わなかったのですが

ウルフ号納車 (1)今日オーナーの都合が出来て

本日お引取りにご来店する事になり

大急ぎで再度納車前チェックを入念にし

引取り準備も整い、暫くするとご来店。

ウルフ号納車 (2)車両の説明などを済ませ無事納車となり

これで今日からウルフ号となりました。

これでまたCP近くにフォアオーナーが

一人増えました。

一緒にツーリングに行ける日が楽しみです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2017年11月11日

ヨシムラ ミクニTMR-MJNお披露目3

最近唇が荒れる事をトイレでう○こしながら
嫁に相談したら「これやるわ」とリップクリームを貰った。
僕の人生で始めてうんこしながらリップを塗る姿を
嫁が見て「何でそんな唇の形にするの?」と言うけど
塗った事が無いので、塗り方なんかわからんし
しかもうんこしてるし・・・


ヨシムラミクニTMR-MJN

T・O・Tが開催されているつくばサーキットの

ヨシムラブースにてお披露目されている

CB400F用ヨシムラミクニTMRMJNお披露目 (1)ヨシムラミクニTMR-MJNですが

現地特派員からの情報によると

販売価格は270,000円(税抜き予定価格)

1月中旬からの販売予定で

CB400F用ヨシムラミクニTMRMJNお披露目 (2)近日受注開始との事です。

月産3基なので手に入れるには

中々壁が高いですね。

後の情報は月曜日に

CB400F用ヨシムラミクニTMRMJNお披露目 (3)ヨシムラジャパンに電話して聞きますが

CP用で最低でも1基は

確保したいと思っています。

このサイドリンクワイヤーブラケットに

コストが結構掛かったと言う話です。

このキャブを作ってもらう話をヨシムラの担当の方と話をしてから

2年以上掛かりましたが、やっと出来上がりました。


昨日の銀ちゃん

不動車コーナーに乗ったままの銀ちゃん号のカスタム作業は

銀ちゃん不動街乗り号フロント回り作業タイムアップ結局時間切れ、タイムアップで

未完成のまままた不動車コーナーに鎮座。

もう定位置化してきてます。

時々電話で「売り物ですか?」と

問い合わせがありますw。


久保田千寿退治

一晩で退治してしまう所を二日に分けて

久保田千寿退治「久保田千寿」を退治。

一日目に半分以上飲んでいたので

二日目はコップに1杯しか残ってませんでした。

後はワインとシャンペンを何時のタイミングで

対戦するかを考えてます。


tanji号メンテナンス

都合で先に継続車検を受けたtanji号のメンテナンス作業。

tanji号メンテナンス二日目 (1)抜いたエンジンオイルの沈殿物をチェック

前回よりは鉄粉の量が少ないので

何かが悪化していると言う事は

無いと思います。

tanji号メンテナンス二日目 (2)オイルフィルターでろ過された鉄粉です。

こちらはどの車両もこんな物なので

そう心配する事も無いと思います。

多分カムチェーンテンショナーアームが

削れて出来た鉄粉が殆どだと思いますが

時期相応にスリッパーの交換も考えた方が良いと思います。

tanji号メンテナンス二日目 (3)次にブレーキフルードの交換。

2年物にしては綺麗な感じなので

ひょっとすると1年物かも知れない。



tanji号メンテナンス二日目 (4)それでもブレーキフルードは

車検の都度交換です。

その他諸々チェックも完了し

フロントブレーキパットが

tanji号メンテナンス二日目 (5)もうそろそろなのと

ACGカバー下からの

オイル漏れチェックの為

L側カバーを外してチェック

tanji号メンテナンス二日目 (6)オイルシールホルダー入ってますね!

泥と油が混ざった物を

綺麗に洗い流しました。

オイル漏れの怪しい所は

tanji号メンテナンス二日目 (7)ミッション関係のシール部分がオイリーで

上から垂れ流れて来た痕跡も無く

オイルプラグのOリングかも知れない。

とりあえず現状でチェック出来る所は

ここまでかな。

納車はオーナーと相談してから決めます。


本日のご来店

急激に気温が下がってきたこの頃ですが

171111本日のご来店 (1)急遽、京都T様が車両引き取りに

ご来店して下さいました。

これでPITにスペースが出来たので

来週入庫の予定をお聞きしている

車両の入庫受け付けが可能になりました。

171111本日のご来店 (2)その後は姫が洗車にご来店。

先日名張までソロツーリングに行ったので

バイクがドロドロになっているので

明日の為に洗車をしてます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2017年10月28日

禁酒まで後4日〜20日ぐらい3

血液検査が今のペースで2ヵ月置きになると
次の血液検査は12月の中頃になってしまう。
そうなると11月中から、12月中頃までの1ヶ月は
忘年会があってもアルコールを控えなければ
この前の結果より悪くなってしまうと
強制入院させられるかも知れない・・・
それまでに数値を下げないと!


王道楽土退治

とても飲みやすい芋焼酎「王道楽土」を昨晩

王道楽土退治やっぱり退治してしまいました。

今月中に今あるアルコールを

全部退治したら、来月からまた

禁酒生活が始まる予定になります。

本当なら来月から忘年会も始まるのですが12月本番の忘年会に備えて

少し自重しないと・・・あ!でも4日の夜は飲むかな?w


姫朝帰り

昨日洗車が終わってからバイクに乗って歯医者へ行った姫が

朝帰りの姫… (1)何と!朝帰りしてきた・・・

男でも出来たのかと心配したけど

どうやらそうじゃないらしい・・・



朝帰りの姫… (2)しかしまぁ・・・ゴジラロックを

引き摺って帰ってきて

一歩間違えれば後輪に巻き込んで

危なかったぞ!


marugo号エンジン仕上げ

先日シリンダーヘッドを搭載したmarugo号エンジンを

marugo号エンジン増し締め仕上げ (1)増し締めチェック。

全体的に10度程度締まりました。

シリンダーヘッドのスタッドボルト座面が

少し荒れている所があるので心配です。

marugo号エンジン増し締め仕上げ (2)ヘッドカバーを乗せて

純正新品ボルトに交換しました。

UBSボルトはリプロ新品を使用。

タペットクリアランスも調整完了。

marugo号エンジン増し締め仕上げ (3)これで一先ずエンジンO/Hは完了。

後はフレームが完成してくれば

下拵えを済ませば、後はサクサクッと

出来上がる予定です。


中古車両398作業リフトへ移動

marugo号のエンジンが仕上がったので作業リフトから下ろして

中古398作業リフトへ移動変わりに中古車の398を乗せて

本格的にメンテナンスに取掛かる準備。

エンジンオイル、ブレーキフルードの交換や

バッテリー交換、ワイヤー、ホース類の交換など

中古車量398キャブOH (1)メニューは結構あり、その上に

キャブレターのスロットルバルブも

固着してしまっているので

大体の想像は付きますねぇ・・・

中古車量398キャブOH (2)フローとチャンバーを外してみると

案の定緑色になって異臭が・・・

MJもSJも詰まっている感じです。

とりあえず全部取外して

中古車量398キャブOH (3)本体側もガソリンの通路を洗浄。

スロットルバルブも動き出したので

まぁよかったです。



中古車量398キャブOH (4)ジェット類などもキャブクリーナーに

漬け込んで洗浄します。

Oリングは全部交換になります。



中古車量398キャブOH (5)洗浄したパーツをチェックして

本体にセット。

油面調整。



中古車量398キャブOH (6)これで車体に取付けて

キャブのO/Hは完了です。

バッテリーが死亡しているので

エンジンを掛けれない。

中古車量398新品バッテリー充電中古いバッテリーを取外し

新しいバッテリーに交換する為に

バッテリー液を入れて充電が完了すれば

エンジン始動チェックをするので

今日はここまでかな。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年10月27日

398中古車両整備3

今日久々に自由人君が自ら出頭して来たけど
自分が乗るカブのカスタム用パーツを
発注しに来ただけで、用事が終わったら
サッサと逃げられてしまった。
残念な事をしてしまった。


王道楽土と対戦開始

昨晩から芋焼酎「王道楽土」と対戦開始。

王道楽土と対戦開始芋焼酎独特の香りは少なく

癖も無くてとても飲みやすい焼酎です。

飲みやすいと言う事になると

無くなるもの早いと言う事ですなぁ・・・w


398中古車両整備

先日入庫して来た中古車両の398ですが

4年程前にCPが販売した車両で、その車両が戻って来ました。

398中古車両整備 (1)少しカスタムされていますが

4年間で400キロぐらいしか走ってなく

バッテリーも上がり、余り乗ってないので

キャブも少し調子が悪い

398中古車両整備 (2)明日から天気も悪くなりそうなので

今日中にある程度の整備をしておきます。

曲がったウインカーステーに

ヨーロピのウインカーが付いてます。

398中古車両整備 (3)ステーを新品に交換して

純正風ウインカーに交換しました。





398中古車両整備 (4)何気にエンジンを見ると

タペットキャップが割れてました・・・

これも交換します。



398中古車両整備 (5)ハンドルはハリケーンから

純正タイプのF1に交換。

ワイヤー、ホース類も交換。



398中古車両整備 (6)純正エキパイに

スリップオンマフラーを

装着しました。



398中古車両整備 (7)キャブからはガソリンの

腐った臭いがするので

取外して分解する事にしました。

オーナー候補の方に近日中に連絡して

車両を見て頂いてから、商談に入りたいと思います。


姫号洗車

先日のツーリングでドロドロになった姫号の洗車に

姫号洗車にご来店 (1)姫がご来店。

汚れたバイクを見て

物思いにふけってます。

洗車をするにあたり秘密兵器を出し

姫号洗車にご来店 (3)その威力に驚きながらも

気に入ってもらえたらしく

HONDAのジャケットを羽織り洗車開始。

外から見るとまるで女子従業員みたいですw

姫号洗車にご来店 (4)ドロドロだった姫号も

洗車が済んで泥汚れが落ちて

綺麗になりました。



姫号洗車にご来店 (5)綺麗になったと思ったら

早速フォアに跨りお出掛けw

後ろから走り去る姫を見てると

カッ飛んで走り去って行きました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年09月03日

第五回淡路島バイクフェスタ3

【第五回淡路島バイクフェスタ】
10月22日(日曜日)に開催される
第五回淡路島バイクフェスタに参加する事になりました。
何分人手不足ですので、当日お手伝いを頂ける方が
居られましたら、宜しくお願い致します。

ユーロ4の規制に準じて排ガス規制が厳しくなり
日本の二輪の名車達が次々と生産終了
追い込まれて行ってます。
これは2016年10月1日から生産されている車両に対しての規制になり
2017年9月1日から施行されています。
CB400Fなどの旧車で国内新規登録は普通に旧車を理解しているショップでも
製造年が平成11年になり、保安基準もそれに準じ
音量測定や、排ガス測定ヘッドライトの常時点灯など面倒な検査が増えます。
また登録方法を間違えると当時の基準ではなく
ユーロ4の規制に引っ掛かる事にもなりかねませんので
その辺りの事情に詳しいお店で登録をした方が良いです。
CPではコンプライアンスに則り、全てのCB400、CB400Fの製造年を
車検証の備考欄に記載出来る事により、車検時のメリットが大きく変わります。


悩み多きS号CRキャブセッティング

ついにまともに走れなくなり、先日お預かりした悩み多きS号。

悩み多きS号CRキャブセッティング完了色々と調べた結果CRキャブの

セッティングだけで何とか走れるようになり

JNの番手は通常よりも太くクリップ位置も微妙。

MJは濃く、SJも濃い目の番手が入っており

ASは少し開き気味で、濃い設定で薄く持って行っている感じだったので

MJを薄目に交換して、JNのクリップ位置で中間から上を濃い目に振り

ASを絞って全体のつじつまを合わせました。

今の時期は少し濃い目ですが、これからの時期には良い感じでしょう。


BMW R100RS納車

昨日は家族会議の為早仕舞いするタイミングでBMWの納車を

BMW R100RS納車テスト走行も兼ねて自走で行ってきました。

ブレーキが全然効かないので

余り回しませんでしたが

乗ってて楽しいバイクでした。

これから始まるバイクライフを楽しんで下さい。


開店と同時男ご来店

仕事が激しく忙しい銀ちゃんが、久しぶりにご来店。

銀ちゃん鉄馬の準備にご来店今月九州熊本で開催される「鉄馬」に

参加する為のメンテナンスです。

エンジンオイル交換、バッテリー充電・・・

タイヤ交換をどうするか悩んでました。


ネガティブストッパー

シフトチェンジの時に活躍するポジティブストッパーの先端が折れて

ポジティブストッパー修理 (1)シフトアップに支障をきたすように

なった状態の事をネガティブストッパーと

僕は呼んでます。

この折れた角の部分はシフトアップの時に

シフトドラムセンターのピンを叩いて

シフトドラムを送り込む役目をしている物ですが

そもそも、しっかりとシフトペダルをかき上げれていれば

こんな事にはなりにくいはずです。

ポジティブストッパー修理 (2)そしてこのカシメのピンは

磨耗するとシフトダウンの時に

ギヤー抜けの要因になります。

ここはカシメが緩んだり磨耗するのは

仕方が無い部分ではあります・・・

ポジティブストッパー修理 (3)折れてしまい行方の分からない部分は

レーザーカットで作って

手作業で角度を合わせて

レーザー溶接で復活させます。

ポジティブストッパー修理 (4)手間もコストも掛かるのですが

今の所これしか方法がありません。

シフトアップの時にガッツンと振動が酷かったり

ギア抜けやシフトが下がったりする場合は

まずここが折れて居る事が殆どです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年08月26日

モンキー・50周年スペシャル オーダーエントリー当選番号3

​モンキー・50周年スペシャル オーダーエントリー
応募数45333件倍率90倍
今日26日14時から抽選がYou Tubeで生配信されるので
13時頃から少しソワソワしてましたが
結果、PCでは全然見れませんでした・・・
モンキー50周年トークショー (1)







モンキー50周年トークショー (2)






結局スマホのアプリで見てましたが、残念な事に抽選は外れた感じ・・・
一番近くて42番違いぐらいでした。
月曜日には公式ページに当選番号が掲載されます。


九州ライダーマガジン、月刊with BIKE

先月行った九州は熊本のHSRで開催された鉄馬走行会の時に

九州ライダーマガジン、月刊with BIKE (1)受けた撮影とインタビューの記事が

九州ライダーマガジン、月間with BIKEに掲載され

それを光さんが集め送って頂いた物が

届きました、ありがとう御座います。

九州ライダーマガジン、月刊with BIKE (2)改めてこんなに大きく

掲載して頂いた物を読ませてもらうと

少し照れくさいですが

顔は完全に二日酔いの顔ですw

九州ライダーマガジン、月間with BIKEweb版も公開されてますので

宜しくお願い致します。


街道レーサーT号キャブ交換

先日テスト用キャブと交換してO/Hを終えた純正キャブを

街道レーサーT号キャブ交換同調調整 (1)街道レーサーT号に付けていた

テスト用キャブを取外して

取付け作業に取掛ります。



街道レーサーT号キャブ交換同調調整 (2)IN側マニーホールドのビスを

取外す時に気が付いた事。

締めが甘い事とスラストワッシャーの使い回し

その上#4にはワッシャーすら入っていなかった。

街道レーサーT号キャブ交換同調調整 (3)ひょっとして微妙に二次エアーを

吸っていた可能性もありますが

バッチリ同調を合わせたら

今までくしゃみをしていたキャブが

調子良くなってくれたので、これで暫く様子を見てもらう事になりました。


99%本物のサイレンサー

大人の事情で詳しい事が書けないので、察して頂ければ・・・

DSCN1715今大人の事情でYタイプと言われている

サイレンサーの当時の金型が見つかり

製作していた人も関わり

作ったサイレンサーの試作品が

DSCN1716出来上がりました。

あえて言えば、当時の仕上がりより

綺麗に良く出来上がっている事ぐらいかな。



DSCN1717音の当時の記憶なんて

全然あてになりませんし

そもそも、サイレンサーなんて

付けて無かったか穴だらけだったからねぇ・・・

今回センターパイプもボアアップ車両用に、少し大きいサイズも作りました。

STDサイズ22.2mm、中25.4mm、大28.6mmとあり

試作のテストが終わったら、量産に取掛ります。

【テスト車両募集】

1.ノーマルエンジン、ノーマルキャブ車でヨシムラマフラーが取付いている車両。

2.ヨシムラボアアップ車両、FCRなどが取付いてヨシムラマフラーが取付いている車両。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2017年08月19日

明日は臨時休業3

【臨時休業のお知らせ】
明日は臨時のCP月例ツーリングの為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。
またツーリングにご参加を希望
予定されておられます方々は8月15日のブログに
記載してありますように、時間厳守でお願い致します。


街道レーサー純正キャブO/H組立て

やる気の無かった昨日と違い

街道レーサーT号純正キャブレター組立て (1)今日はやる気満々なので

朝からキャブの組立て作業。

まずはボディを綺麗に洗浄。



街道レーサーT号純正キャブレター組立て (2)純正新品のジェットニードルセット

クリップの位置はSTDに三段目でセット。

ニードルホルダーに入れると

精度が良いのでこんな感じです。

街道レーサーT号純正キャブレター組立て (3)ついでにカチカチに硬化していた

ダストシールも新品に交換。





街道レーサーT号純正キャブレター組立て (4)サクサクッとボディを連結。







街道レーサーT号純正キャブレター組立て (5)フロートをセットして

油面調整完了。





街道レーサーT号純正キャブレター組立て (6)SJはSTDの#40に変更しました。







街道レーサーT号純正キャブレター組立て (7)これで街道レーサーT号の

純正キャブレターO/Hは完了。

後は車体に取付けて

同調調整作業を26日に予定しています。


本日のご来店

久しぶりにご来店は半袖一家のN様。

半袖一家N様オイル交換170819オイル交換にご来店。

最近は年2回ぐらいしか

乗らないペースらしいので

バッテリーも上がってしまってました。

アゲインのACGとレギュレートレクチファイアーが付いているので

密閉式メンテナンスフリータイプのバッテリーでもOKなので

一度使ってみてください。

170819本日のご来店 (1)続いてのご来店はジャイアン号。

マフラーのサイレンサー交換と

諸々のご用事の為にご来店。

まだ200キロぐらいしか走ってないらしいのですが

今の所、特に手直しなどはありません。

170819本日のご来店 (2)続いてのご来店は銀ちゃん。

明日のツーリングの準備にやって来た。

ついでにレーサーのメンテナンスと

街乗り号のメンテナンスをやって

明日に備えてました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年08月12日

関西の暴君ご来店3

明日の定休日は嫁と犬達と
納車日帰り旅行に行ってきます。
最初は犬達を置いて行くと言ってたのですが
時間までに帰れるとも限らないので
僕が面倒を見るので連れて行く事になりました。
お墓参りに、納車、食事会、ご挨拶、お買い物と
スケジュールはびっしりです。
因みに、おCB400SFのオーナーは納車待ちで
ずっと眠れないらしいw
渋滞の具合を見て、どのルートで行くかは明日の朝決めます。


街道レーサーT号キャブ分解

購入した時にO/Hしたと聞いていたので

街道レーサーT号純正キャブOH (1)疑ってなかったキャブレターですが

開けてみてガックリでしたねぇ・・・

最初はフロートチャンバーだけにしようかと

思っていたのですが

街道レーサーT号純正キャブOH (2)結局信用出来ないので

全部分解してチェックする事にしました。

まずは液体ガスケットを剥がします・・・



街道レーサーT号純正キャブOH (3)いい加減飽きて来るぐらい

コッテリと塗られてました。

大方本体は取れたのですが

まだフロートチャンバーが残ってます。

街道レーサーT号純正キャブOH (4)バタフライも全閉がズレてました

この時ニードルホルダーが

ポロポロっと落ちてきたので

「おおラッキー!」と思ったけど

街道レーサーT号純正キャブOH (5)新品だけどよく見ると・・・

社外品じゃねーか!

くっそ!やっぱり全バラ決定。



街道レーサーT号純正キャブOH (6)キャブレターダストシールは

硬化して千切れているのが

2個あり、後は変形したのが1個

まともそうなのが1個・・・

この際なので全部交換します。

街道レーサーT号純正キャブOH (7)#4のJNを取外すと

クリップ位置が1段上になり

ニードルが下に下がってました。

老眼の僕でも入れ損なうことは無いのに・・・

街道レーサーT号純正キャブOH (8)ニードルホルダーにJNを入れてみると

流石社外品クオリティ・・・

だめだこりゃ。



街道レーサーT号純正キャブOH (9)#2.3のJNのクリップ位置は

マニュアル通りにセットされていたので

やっぱり入れ損なっただけかと

思っていたら

街道レーサーT号純正キャブOH (10)#1のJNはクリップ位置が

一番上だったので

これは間違ったのではなく

社外品を使ったので

つじつま合わせか何かの細工をしたんだろうと思う。

街道レーサーT号純正キャブOH (11)フロートチャンバーに塗られていた

液体ガスケットの残骸・・・

これでもまだ綺麗に取れないので



街道レーサーT号純正キャブOH (12)一旦ブラスト処理して

吹き飛ばす事にした。





街道レーサーT号純正キャブOH (13)ついでにトップキャップもブラスト処理。







街道レーサーT号純正キャブOH (14)これで後は隅っこに残った

液体ガスケットをネチネチと

コリコリと取り去って



街道レーサーT号純正キャブOH (15)後は部品の入荷待ち状態になりました。

再メッキとかMJ、SJ、フロートバルブなどは

純正部品を使っているのに

JNだけ社外品なのは残念。

街道レーサーT号純正キャブOH (16)Oリングなんかも全部純正部品に

交換してあるのに

肝になるJNがあんなんじゃ

ダメだわなぁ・・・

もうアゲイン、SHIO HOUSE以外でO/H済みだって言うキャブは

絶対に信用しない事にする。


関西の暴君ご来店

諸々の打ち合わせなどの御用時でご来店された

関西の暴君ご来店関西4in to1オーナーズクラブの暴君。

パワーバランスが崩れるから

ブログに載せるなと、ガリガリ君で買収され

詳しい事は伏せておきますが

これからも関西4in to1オーナーズクラブの暴君として君臨してゆくらしいよ。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年08月11日

夏季休暇の営業3

【夏季休暇の営業について】
気が付けばもう今日からお盆休みに入ってました。
このお盆休みの営業は、通常通り営業致します。
お盆休み明けの代休も特に考えていないので
多分通常通りに営業するつもりではいますが
予定は未定です。


街道レーサー号T号中規模修繕

オイルパンのねじ山上がりとクラッチの交換に合わせて

キャブの分解チェックの為に朝一からご来店。

街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (1)朝方は少し雨が降ったので

少し心配でしたが

何とか持ちそうなので作業開始。



街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (2)まずはクラッチが切れないので

プレートの歪みが原因で

切れないような症状だと判断して

クラッチの交換作業から。

街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (3)クラッチを分解して洗浄し

部品をチェックをすると

クラッチセンターカラーに傷があり

本体にも傷が入ってます。

これはミッション系統の油圧が不十分な事、油膜切れなどが原因でこうなります。

まだ症状は軽いのでこのまま使う事にして組立て。

街道レーサーT号クラッチ、オイルパン交換 (4)次にオイルを抜いて置いたので

オイルパン本体の交換。

単純にドレンボルトの

ねじ山上がりの為交換です。

街道レーサーT号クラッチスイッチ取付け不在のクラッチスイッチも

取付けたので、これで一々

ニュートラルに戻さなくても

エンジンが掛けれます。

街道レーサーT号キャブレター取外し (1)キャブレターも不安なので

取外して中身のチェック。





街道レーサーT号キャブレター取外し (2)フロートチャンバーのOリングは

液体ガスケットを塗られてました・・・





街道レーサーT号キャブレター取外し (3)油面もバラバラ・・・







街道レーサーT号キャブレター取外し (5)スロージェットは#38が

使われているので、薄いだろうと思うので

#40に交換します。



街道レーサーT号キャブレター取外し (6)とりあえず在庫が無かったので

テスト用キャブに交換して

エンジンオイルは硬めの鉱物油100%

モチュールの3000を入れました。

街道レーサーT号IGC交換 (1)一旦ご帰還なされたのですが

やっぱり調子がよろしく無いと言うことで

出戻りとなり、調べると#2.3のIGCが

怪しいと言う事になり

街道レーサーT号IGC交換 (2)IGCを純正タイプに交換しました。

エンジンを掛けると機嫌が良くなった

感じでしたが、プラグをチェックすると

真っ黒でダメだったので交換となり

それなりに落着いてくれました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年07月22日

500台限定モンキー3

生産終了と言いながら
大阪の靴屋の店じまいセールみたいに
結構引っ張るホンダのモンキーに
限定500台の50周年スペシャルモデルオーダー
始まってしまったので、つい・・・
オーダーしてしまいました・・・
車体価格¥432,000
抽選にハズレますように・・・


GTH号オイル交換

先週オイル交換の予定だったのですが

170722GTH号オイル交換熊本に行っていたので

一週間延期してもらい

本日オイル交換にご来店頂きました。

エンジンの調子も良く楽しく

快適に走られているそうで安心しました。


BMWキャブレターO/H

オーナーのご依頼で、車検を受ける事になったBMW。

BMWキャブレターOH (1)今日から本格的に作業開始

キャブレターをO/H。

まずはL側から取外しました。



BMWキャブレターOH (2)スロットルバルブが固着しています・・・

これは梃子摺りそうです。





BMWキャブレターOH (3)中を開けるとガソリンは

抜いてあったようですが

コックから染込んだガソリンが腐食して

インナーパーツはご臨終状態です。

BMWキャブレターOH (4)固着したスロットルバルブを取外しました。

ダイヤフラムは生きてますが

ジェットニードルが何故か曲がってました。

O/Hキットを探さないと・・・

BMWキャブレターOH (5)通路はキャブクリで掃除

フロートも交換した方が良いかなぁ

色々と調べながらの作業で

中々進みません。

BMWキャブレターOH (6)とりあえずキャブレターは

インナーパーツさえ手に入れば

蘇る事が確認出来たので

部品を手配しました。

BMWタイヤ交換、ブレーキ調整 (1)次にフロントブレーキとタイヤ交換。

フロントブレーキマスターは

こんな所にありました。

レバーからはワイヤーが出てたのでビックリです。

BMWタイヤ交換、ブレーキ調整 (2)フロントタイヤを取外して

固着気味のピストンの揉み出しと

フルード交換を同時にやります。

幸いピストンにも問題は無かったので

BMWタイヤ交換、ブレーキ調整 (3)ブレーキフルードを交換して

ブレーキの調整とグリスアップ

タイヤを交換。



BMWタイヤ交換、ブレーキ調整 (4)これでフロント周りの作業は完了。

良い感じになりました。





BMWタイヤ交換、ブレーキ調整 (5)次にリアタイヤを取外しました。







BMWタイヤ交換、ブレーキ調整 (6)タイヤ交換完了。

とりあえず今日の作業はここまで

後はキャブの部品が入荷次第

仕上げ作業に取掛かります。


本日のご来店

クラッチが切れないのとキャブの調子が悪いと言う事でご来店は

170722本日のご来店街道レーサーT号

クラッチを調整しても全然ダメなので

恐らくクラッチ板が歪んでいるんだろうと

言う結論に達しました。

近日クラッチ交換の予定になりましたが

帰りに多分オーバーヒートでエンジンが止まったらしい・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2017年05月23日

sbs社 DUAL CARBONブレーキパット3

気になる今週末の鈴鹿の天気は
車検だけスーパー晴れ男の勝利!と言った所で
かなり天候が回復して来ました。
これで戦場のコンディションも良くなり
後は本番でクラス優勝をするだけです。


神聖と対戦開始

明日血液検査だって事をすっかり忘れて

神聖と対戦開始「神聖」と対戦を開始してしまいました。

仕方が無いので今晩も飲んで

強気の血液検査に出向く事にします。

鉄の肝臓の本領発揮します!


sbs社製CARBON AINTERブレーキパット完成

CB400系 sbs社製DUAL CARBON

sbs社製ブレーキパット入荷カーボンシンターメタルブレーキパットが

完成し入荷して来ました。

定価¥6,800(税抜き)になります。

是非一度お試し下さい。


7号機継続車検準備

4月に車検が切れたまま放置されていた7号機。

7号機継続車検2017その継続車検を明日病院の診察が終わって

午後から受けに行ってきます。

その後はレクサスの洗車へ行くので

明日の定休日も全然ゆっくり出来ません・・・


三重U号火入れ

ヨシムラミクニTMRキャブレターが販売されるまでの繋ぎで

三重U号キャブレター分解チェック (1)純正キャブレターを暫く使う予定なので

MJだけでも少し大きくして

使う事になった三重U号。

今日火入れ予定なので早速分解。

三重U号キャブレター分解チェック (2)臓物はちゃんと純正品を使ってますね。

今回サッとチェックをして

MJだけ番手を上げるだけの作業。

なので純正のMJ#75から社外品ですが

三重U号キャブレター分解チェック (3)MJを#80に変更しました。

で、フロートチャンバーを締めようとしたら

3本ネジ上がり・・・リコイルするのも

勿体無いので

三重U号キャブレター分解チェック (4)仕方なく5mm長いビスを入れて

誤魔化しました。

上の方はまだネジが生きてたからねぇ



三重U号マフラー&キャブ装着 (1)マフラーを取付けようとしたら

クラックを発見・・・

まぁこれもその内と言う事で。



三重U号マフラー&キャブ装着 (2)マフラーを装着して

以前電装系の調査をして

不具合箇所を特定したあったので

新しいコンタクトブレーカーを取付け

三重U号マフラー&キャブ装着 (3)キャブもセット完了。

エンジンオイルも入れて

ほぼほぼ火入れの準備が整いました。



三重U号配線仮接続電装系は必要最低限の配線を接続。







三重U号火入れ (1)新品純正タイプのIGCをセット。







三重U号火入れ (2)クランキングをしながら

何時もの実圧縮圧力の測定。

平均1.1Mpaとまずまず。



三重U号火入れ (6)セルを3回回したら

サクッと火が入りました。





三重U号火入れ (7)点火時期を調整。

キャブのASを調整して

アイドリングも安定しました。



三重U号火入れ (8)純正キャブですがフケ上がりも良いので

試運転が楽しみです。

後は残りの部品が揃い次第

仕上げ作業に取掛かる事になります。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月20日

自由出勤の自由人の罠3

来週末、大阪の天候は回復傾向になってきましたが
鈴鹿サーキットのの天候はまだ厳しい予報です。
やはり最強レベル雨男の勝利となってしまうのか・・・
こうなれば奴を大阪に拘束するしか
本当に手立てが無いような気がして来た。


エンジンブロースーパーカブ修理

昨日の自由人君は昼過ぎまで自宅で寝ており

エンジンブロースーパーカブエンジンOH (1)午後14時ぐらいにノコノコやって来て

作業の続きをやり出した。

まぁ奴に任せたのだから

仕方が無いんだけど・・・

エンジンブロースーパーカブエンジンOH (2)ある程度エンジンが仕上がった時点で

パッキンセットの中にセルモーター用の

パッキンが入っていなかった事がわかり

慌てて発注したけど

エンジンブロースーパーカブエンジンOH (3)入荷してくるのが日曜日以降。

それなら朝から出勤していれば

発注が間に合って

今日入荷してくるのに!と鞭打ちの刑!

エンジンブロースーパーカブエンジンOH (4)とりあえずエンジンを搭載。

この時点で通常営業終了時間となっている

遅刻してきた上に

残業にまで付き合わされると言う罠・・・

エンジンブロースーパーカブエンジンOH (5)

どーん!

搭載完了。



エンジンブロースーパーカブエンジンOH (6)完成した風ですが

セルモターカバーのパッキン待ち状態。

このボンクラ野郎め!

今日の段取りもあるので

エンジンブロースーパーカブエンジンOH (7)滋賀のN号と共にスーパーカブも

不動車コーナーへ移動。

今日の作業スペースを確保しました。



滋賀N号部品入荷滋賀N号用の部品も既に入荷していますが

完成間近のぐっさん号と三重U号の作業

14号機の作業の他に今日キャブ復旧作業の

K号と山形のO号の組立て作業が控えているので

合間に時間がある時が出て来ると思うので

その時にでもボチボチ進めます。


三重U号メインハーネス交換

エンジンは仕上がったのですが

三重U号メインハーネス交換 (1)搭載する前にメインハーネスの交換と

ハンドルをセパハンに交換する作業を

先にやってしまいます。



三重U号メインハーネス交換 (2)配線を外す為にヘッドライトを外した所

ウインカーのアース線が不在

アースはどうやっているのかと思うと

ウインカーから配線が出てた。

三重U号メインハーネス交換 (3)当然カラーも入っていません。







三重U号メインハーネス交換 (4)サクサクッとメインハーネスを

取外しました。





三重U号メインハーネス交換 (5)ライトステーのダンパーラバーも

潰れているし、何ならTカラーも

全然短い物が入っていたので



三重U号メインハーネス交換 (6)ついでに交換してしまいます。

次にトップブリッジを取外して

ハンドルを交換。



三重U号メインハーネス交換 (7)まぁメインハーネスを取外した時に

千切れているのは分ってました。

リフレッシュするかどうかは

オーナーと相談します。

三重U号メインハーネス交換 (8)とりあえずハンドル交換と

メインハーネスの交換は完了。

後は整線して、不足部品を手配すれば

メインハーネスの交換は完了です。


箕面K号キャブ交換

キャブレターのO/Hが完了したので

箕面K様キャブレターOH取付け (1)テスト用のキャブを交換にご来店。







箕面K様キャブレターOH取付け (2)サクサクッとテスト用と

オリジナルキャブの

交換作業は完了。



箕面K様キャブレターOH取付け (3)同調調整に少し手間取りましたが

バッチリバキューム圧が合いました。

試運転しても調子は良いのですが

エンジンのトルクが低いので

低中速で少しギクシャクしますが、上は全然良くなりました。


ぐっさん号キャップチェック入荷

発注漏れのキャップチェックが入荷して来たので

ぐっさん号タンクキャップチェック取付け早速取付けました。

これでぐっさん号の第一ミッションは完了。

エンジンの調子はまずまずなので

次のステップへ妄想は進みます。


本日のご来店

以前からご相談を頂いていた関東の方がご来店。

170520本日のご来店 (1)ブログNGなので

一部だけの画像になります。

エンジンO/Hになるのですが

これからメニューを考えてから作業になります。

170520本日のご来店 (2)入れ替わりでご来店は

何時もカスタムカブに乗って来られる方

コツコツと仕上げていたフォアが完成したので

お披露目にご来店下さいました。

ツーリングにも参加して下さいね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

ファン&ランまで残り2週間3

鈴鹿サーキットで毎年開催される
ファン&ランまで残り2週間となり
準備に調整にと追われるようになってきました。
ファイナルを変更して昨日走ってみて
良い感じに走れるそうかな?と言う感じです。
キャブは当日の気温を想定して薄めにしましたが
プラグも一緒に変更したので
焼け色がどんな物なのかよく分らなかったけど
トルクフルな気がします。
周回を重ね、ベホリの後姿が見えると
犬のように加呼吸になる癖があるので
もっとメンタルを鍛えないとなぁ・・・
C−350クラスで優勝したいので色々と作戦を考えないと!


鈴鹿サーキットROC170512

相変らずの遠足病で5時に起床するつもりが2.:30に起床・・・

また眠れないまま鈴鹿サーキットへ移動。

170512鈴鹿サーキットROC (1)サニトラと違いハイエースでの移動は

かなり楽な移動でした。

ぎっくり腰が気になりますが

痛み止めを飲んで走行準備が整いました。

170512鈴鹿サーキットROC (2)さいとうRは01枠しか予約が

取れなかったらしいので

チーム監督として、僕の03枠を譲って

練習走行してもらう事にしました。

170512鈴鹿サーキットROC (3)ニューベホリRも完成してから

鈴鹿サーキットを余り走って無いので

まだまだ練習不足ですが

今年こそベホリに完全勝利したいです。

170512鈴鹿サーキットROC (4)安定の銀ちゃんR号も最後の練習走行。

最終コーナーのトラウマを克服出来るか!

レース前なので、皆壊したり

転倒しないように最後の調整や確認がメイン。

01枠

フロントタイヤのグリップ感が薄いので途中でPITへ戻りました。

走行台数35台とフルで渋滞気味な上に、緑ベストの方も多かった。

170512鈴鹿サーキットROC (21)03枠では3台が絡む転倒の内

緑ベストの方が2台いました・・・

さいとうRは相変らずストレートで

身体を起して走行してます。

170512鈴鹿サーキットROC (22)銀ちゃんR号の足回りは良い感じに

仕上がっていそうです。

キャブのセッティングが悪そうですが

それでもタイムは4秒台です。

170512鈴鹿サーキットROC (27)ニューベホリRも足回りはバッチリと安定。

タイムも良いタイムを出しているので

油断してたらヤバイかも知れない・・・

何か精神的にダメージを与えないと!

170512鈴鹿サーキットROC (28)帰りは3人で何時もの「俺らー」へ

混んでいるかと思いきや

待つ事無くすんなりと着席。



170512鈴鹿サーキットROC (29)170512鈴鹿サーキットROC (30)







久し振りの「俺らー」を堪能しましたが・・・

夜は嫁と河童ラーメン夜は嫁が近くのラーメン屋に

行きたいと言うので

まさかの本日二杯目のラーメンになり

更に替え玉まで頂いちゃいました。


今日のお仕事

GW中にお越し頂いた箕面のK様からお預かりしていたキャブの

箕面K様キャブOH完了 (1)O/H作業を進めてしまわないと

ジャイアン号の火入れが出来ないと言う

関連があり、部品が入荷してきたので

サクサクと作業を進めます。

箕面K様キャブOH完了 (2)社外品のJNと純正のJNの微妙な差。

右が社外品で左が純正品。

この微妙な差が重要なんです。



箕面K様キャブOH完了 (3)サクサクッと肝心な部分だけ

社外品から純正部品に交換して

高過ぎた油面も調整完了。



箕面K様キャブOH完了 (4)ダストシールもカッチカチに

硬化してたので交換しました。

これで後はK様のエンジンに取付けて

同調調整を行います。


三重U号エンジン腰下組立て

午後になって届いた荷物の中に、内燃機屋さんから届いた荷物があった。

三重U号エンジン腰下組立 (1)中には三重U号のエンジン部品が

加工から仕上がって戻ってきたので

早速洗浄して組立てを開始。



三重U号エンジン腰下組立 (2)コンロッドをセットして

クランクの準備が整いました。





三重U号エンジン腰下組立 (3)何時もの如く

サクサクッと具を入れて

記念撮影。



三重U号エンジン腰下組立 (4)はい

腰下が組み上がりました。





三重U号エンジン腰下組立 (7)シフト関係の具もセット完了。

動作もOK!

腰上は明日にでも

仕込み作業に取掛かります。


本日のご来店

数日前にご相談を頂いていたカブが入庫。

エンジンロックカブ入庫ご相談を頂いた時よりも

症状は悪化しており

エンジンがロックしています・・・

とりあえず開けて中を見てみます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月03日

残業と休日出勤3

最近のデジカメの進歩に改めて驚いた昨晩。
GPS機能だのWi-Fi機能だのが付いていて
逆に言えば僕には必要の無い機能かな。
位置情報はOFFにしてWi-Fiも登録しなかったし
GPSもOFFで使用します。
恐らくまだ沢山の機能があると思いますが
壊れるまで使う事は無いと思います。


山形からご来店

GWを利用して遥々山形からご来店のO様。

山形からご来店のO様車両組立依頼 (1)今回来阪の目的は

血統証付き国内408の組立て作業の

ご依頼ですが、これまた僕を悩ます車両。

拘るべき血統証付き車両なので

山形からご来店のO様車両組立依頼 (2)エンジンも含めて、よりオリジナルに近く

仕上げたい車両ですが

当然予算の都合もありますからね。

ただ、CP的に言えば山形で

CPが仕上げた車両が他の方に見られると思うとねぇ・・・

オーナーも悩み所ですが、僕も悩みます。


ぐっさん号純正キャブ組立て

昨日組立てるつもりだったぐっさん号のキャブを

ぐっさん号キャブ仕上げ (1)休日出勤で組立て作業をしないと

予定が完全に狂ってしまいそうなので

せめて今日中に同調調整まで

やりたい所です。

ぐっさん号キャブ仕上げ (2)フロートチャンバー取付けボルトの

ネジ山上がりが3箇所あり修正。

JNを新品に交換して連結。



ぐっさん号キャブ仕上げ (3)ビロンビロンに伸びていた

リターンスプリングを予備から出して

リンクプレートを接続して

同調プレートも中古良品に交換。

ぐっさん号キャブ仕上げ (4)ヘリサートが3箇所かと思っていたら

全部で10箇所ヘリサート修正して

具を入れました。



ぐっさん号キャブ仕上げ (5)油面調整完了。







ぐっさん号キャブ仕上げ (6)これで取付け準備が整ったので

エンジンに取付けて同調の準備を

しようと思ったら・・・



ぐっさん号キャブ仕上げ (7)キャブのフィルターが

パックリと割れたので

別の物に交換しました。



ぐっさん号ヒューズボックス交換ヒューズボックスもダメだったので

今後の事も考えて

サーキットブレーカーに交換。

エアークリーナーボックスの

ぐっさん号キャブ同調調整 (1)ボルト、ゴム類も新品に交換して

キャブを取付けて同調の準備が

整いました。



ぐっさん号キャブ同調調整 (2)サクサクッと同調も合ったので

これで昨日の作業分は取戻しました。

後は前後のタイヤを交換すれば

第一ミッションは完了します。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年05月01日

今日から始まる怒涛の5月3

【今月のざっくり予定覚書】
2日充電不良車両入庫予定
3日定休日、ご来客の予定
4日クイックメンテナンス車入庫予定
7日車検車両入庫、点検、カスタム
8日出張準備
9日出張、エンジン引取り
10日二日酔い?
11日臨時休業、車検
12日臨時休業鈴鹿サーキットROC予定
13日CP1号レーサー、ツーリング車両メンテナンス予定
14日CP月例ツーリング予定
15日メンテナンス他作業依頼車両入庫
17日定休日、車検予定
22日鈴鹿サーキットROC予定
23日さいとうRメンテナンス予定
24日定休日、血液検査と車検予定
25日ファン&ランの準備
26.27日臨時休業、鈴鹿サーキットファン&ラン
29日〜31日メンテナンス車検入庫予定
合間にお預かりしている車両の仕上げとレースの準備になり
PITが空き次第車検やメンテナンス車両の受け入れ予定。


三重U号エンジン下拵え二日目

作業台をもう少し広くしたいので、三重のU号エンジン下拵え二日目

三重U号エンジン下拵え完了 (1)ヘッドカバーの下拵えが完了。

最近入庫して来る車両によく見られるのが

EX側ロッカーアームの誤組み



三重U号エンジン下拵え完了 (2)パーツリストを見て組むと

必ず間違えます。

これが正解!



三重U号エンジン下拵え完了 (3)クラッチカバー、プライマリーギヤー

コンロッドなどの下拵えも完了したので

作業台は完全に明け渡されました。

後は内燃機加工が終わり次第

エンジンの組立て作業に取掛かれます。


ぐっさん号キャブチェックと配線

今回取合えずエンジンを掛けて乗れるようにするぐっさん号の

ぐっさん号キャブ分解チェック (1)キャブレター分解チェック。

作業スペースが確保出来たので

早速取掛かります。



ぐっさん号キャブ分解チェック (2)分解すると思っていたほど酷く

中は腐っていなかったので一安心。

スロージェットは社外品でした。



ぐっさん号キャブ分解チェック (3)自作同調プレートとクチャクチャの

リターンスプリングは交換する予定。





ぐっさん号キャブ分解チェック (4)ジェットニードルとニードルホルダーを

取外すと、JNのクリップ位置が一番上に

JNもニードルホルダーも

かなり磨耗している上に

ぐっさん号キャブ分解チェック (5)殆どの穴が詰まっていたので

状態は最悪レベルです。

これでキャブの状態がわかったので

部品の交換で何とかなると思います。

ぐっさん号配線手直し (1)ハンドルを交換した事もあり

元々配線ルートが間違っていたので

配線の取回しもやり直し

不在のクラッチスイッチもセットします。

ぐっさん号配線手直し (2)ハンドルスイッチの配線を

メインハーネスから外して

取回しを修正します。



ぐっさん号配線手直し (3)スワローハンドルになり

少々配線が余ってますが

正規のルートに配線をやり直しました。



ぐっさん号配線手直し (4)クラッチスイッチも追加完了。

これでエンストの時に慌ててニュートラルに

戻す必要が無くなります。

さて、これでキャブO/Hの見積もりと

追加作業などの見積もりを早急に作り連絡します。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月15日

強制労働の指令3

昨日の帰りから降り始めた雪。
2017年最強寒波到来 (1)接近センサーは雪で反応して
ピーピーうるさいし・・・
この調子なら明日は本当に
休もうかと思った。
レクサスも見る見るうちに
雪まみれになるし
翌日の朝を楽しみに就寝。
2017年最強寒波到来 (2)目覚めるとそんなに大した量ではないけど
裏路地の路面はそこそこ凍結しているし
雪も降っているのを確認して
もう一度ベッドに戻った。
1時間程すると太陽が出て来て
雪もあっという間に溶け出したので
仕方なく出勤してきました。
鈴鹿ROC降雪中止本当なら今日は鈴鹿サーキットで
さいとうさんとROCで走る予定だった・・・
最強レベルの雨男と
最強レベルの寒波が一体となり
流石の鈴鹿サーキットも
やっぱりコースクローズになっていたw
恐るべしはさいとうなのか?
まぁ彼が絡むと大体天気が悪いのは
2017年も変わりが無いと言う事ですね。
この寒さで店の中も極寒で仕事する気にもなりません。


さいとうRシート手直し

FRPのシングルシートの位置が完全に決まったら

さいとうRシングルシート固定手直し (1)シートを固定する穴が全然違う。

来週には塗装へ出すので

穴を開けなおす手直し。



さいとうRシングルシート固定手直し (2)ちょいちょいっと穴を削って

大き目のワッシャーを入れてから

ハンドル付きのネジで止めました。

後は水曜日の天気が心配なぐらいです。


京都N号予備キャブ組立て二日目

昨日は途中で心が折れたので仕上げまでは出来なかった

京都N号予備キャブ組立仕上げ (1)京都N号用の予備キャブの

組立て作業の再開。

油面をサクサクッと合わせて



京都N号予備キャブ組立仕上げ (2)フロートチャンバーをセットして

取り合えず完成。

問題の箇所は後日オーナーと相談してから

どうするかを決める事にします。


1号機復活への道その6

余りにも寒いので仕事をする気にもなれないので

1号機復活への道その6 (2)1号機のハンドルスイッチの

加工をする事にしました。

まずスターティングキルスイッチの

ポッチを切除して

1号機復活への道その6 (3)配線のカプラーを取外して

CB400Fに対応出来る様に

配線を加工します。



1号機復活への道その6 (5)ギボシに交換してハンダ上げ。

ブレーキスイッチは

圧力スイッチじゃないので

配線が届かなければ延長を製作します。

1号機復活への道その6 (8)次に左側スイッチも同じ様に

カプラーからギボシタイプに加工。

配線色がフォアと違うのですが

データーがあるので一々探す必要はありません。

1号機復活への道その6 (9)同じくギボシをハンダ上げして

ハンドルスイッチの加工が完了しました。

元々が短い配線ですが

セパハンになったので

1号機復活への道その6 (10)延長線を作らなくても

多分届くと思います。

これでまた一歩1号機の復活へ

近付きました。


嫁からの指令

恐らく人間の本能で感じるであろう

この人だけには逆らってはいけないと感じる事。

2017嫁の指令棚作り (1)今回その被害者になってしまったのは

旧2号機のOさん・・・

何でも今流行りの棚を作れと

言う事になったらしい。

2017嫁の指令棚作り (2)材料も全て調達してもらい

嫁の希望通りの棚を作りに

わざわざやって来たOさん・・・



2017嫁の指令棚作り (3)恐らく同じ経験をした者だけが分かる

拒否出来ない圧力を掛けられて

休みを返上しての作業です。

当然僕も強制労働をさせられます。

2017嫁の指令棚作り (4)一通りの部品が出来上がった後は

雪の降る中嫁はご機嫌さんで

棚になる木材にオイルステンを

ニコニコしながら自分の世界に入り

2017嫁の指令棚作り (5)オイルステンを塗ってました。

そして完成し喜んでたようで

今から自分の部屋に置くと言って

さっさと帰って行きました。

どうやらとても気に入ったらしく、友達の分も一つ作れとか言い出しています・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月14日

明日は天候次第で臨時休業3

今朝の冷え込みは予報通りでしたが
天気が良かったのには拍子抜けでした。
雪でも降っていたら、休もうと思っていたのにw
右目の痛みは随分楽になり失明するような事は
無いと思いますが、もう二、三日は養生したいと思います。
明日予定では鈴鹿サーキットROCへ行く予定でしたが
道中も含めて雪模様らしいので
諦めて仕事する事にします。
鈴鹿サーキット上空WEBカメラ
15時ぐらいに雪が降り出したので
積る前に帰ろうかと思ったり、明日雪が積っていたら
臨時休業したろうかなと目論んでます。


交野警察調書追加

昨日は夕方から交野警察へ出向き追加の調書を取って来ました。

170113交野警察調書追加警察が何処まで本気なのかは

分かりませんが、警察の出来る仕事を

ちゃんとやっている印象です。

後は検察がこの事件をどう判断し

起訴するのか不起訴になるのかと言う事です。

当り屋まがいの行為がまかり通るのであれば

司法なんてクソ食らえ!で、証拠がハッキリしないようにやれば

やりたい放題と言う事を検察が認める事にもなり兼ねないと思います。

民事の方は、第三者の事故調査会社に調査を依頼したので

それも調査の結果次第では状況がひっくり返る可能性もあります。

徹底抗戦の構えでこの戦いに挑には、保険を最大限に利用する為に

弁護士特約、弁護士費用特約や第三者事故調査費用などが

使える保険に加入しておく事が一番大事な事です。


1号機復活への道その5

弟に持ち帰られたイニシャルアジャスターをメーカーを変えて再購入し

1号機復活への道その4イニシャルアジャスター (1)今日届きました。

お値段は弟に持って返れられた物の

倍以上するのですが



1号機復活への道その4イニシャルアジャスター (2)材質が軟らかいようで残念な感じです。

取合えずノーマルと交換完了。

多分強化スプリングとオリフィス加工で

良い線が出ているので

意外とイニシャルアジャスターは、こけおどし程度の飾りになりそうな感じです。


京都N号予備用キャブ整備

土曜日なので午前中はリハビリへ行き、午後から作業。

京都N号予備キャブ部品チェック (1)京都N号の予備用キャブの

組立て作業依頼です。

まずは部品の点数と状態をチェック。



京都N号予備キャブ部品チェック (2)ほぼ揃っているようですが

ボルト関係が純正とステンレスとが

混ざっているのですが、基本オリジナルで

組立てるのがCP流です。

京都N号予備キャブ部品チェック (3)残念なのはメインジェットホルダーの

爪の部分が一個折れていた。

これはどうしようか・・・

これはオーナーと相談ですねぇ。

京都N号用予備キャブ組立 (1)リンクプレートを組立てましたが

小さな部品が数点無かったので

在庫部品から出して組立て完了。



京都N号用予備キャブ組立 (2)次にボディの組立てですが

これも再メッキ部品の不足が少々あり





京都N号用予備キャブ組立 (3)不足部品を探しながら

組立てているのでペースはスローですが

お昼ごはんを食べる事も忘れてるぐらい

集中してやってます。

京都N号用予備キャブ組立 (4)取り合えずボディの連結が完了。







京都N号用予備キャブ組立 (5)ダストパッキンは硬化してしまっているので

ここはCP製ダストパッキンを

当然の如く使います!!



京都N号用予備キャブ組立 (6)上半分の組立てが完了しました。

メインジェットホルダーに問題が無ければ

このままの勢いで仕上げて仕舞うのですが



京都N号用予備キャブ組立 (7)残念ですが今日はここまで

後日オーナーと相談してから

フロート部分の仕上げに取掛かります。

結果、再メッキ部品の不足が

結構ありましたねぇ・・・


シグナスお持ち帰り

この寒い中、仕事をサボり気味でご来店のOさん

シグナスお持ち帰り昨年末の事故で壊れたシグナスを

お持ち帰りの為にご来店です。

積み込む前に乗ってみたけど

やっぱりハンドリングが重たくて

まともには走れる状態では無かったので、全損にして良かったと思います。

これから色々と面倒な手続きがありますが

弁護士特約に加入していたので、後はお任せになるそうです。

事故は何かと面倒ですよねぇ・・・



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

明日の営業時間3

【明日の営業時間について】
明日は血液検査の為営業時間は
17時までとさせて頂きます。
この一ヵ月半の努力の成果が明日分かり
これからの食生活、健康管理についても
方向性が決まる審判の日になります。


坂本エンジニアリング新年会

会社の代表者だった僕の事故で解散する事になった

元坂本エンジニアリングの新年会へ昨晩行って来ました。

坂本エンジニアリング元従業員達との新年会 (1)年月と言う物は残酷な物で

入社当時はふさふさだった髪も

結構な感じでハゲ散らかしてしまってますが

僕の右腕的存在で切り盛りしていた彼。

今も彼が居ないと困るぐらいの存在らしい。

坂本エンジニアリング元従業員達との新年会 (3)プライベートのピコ太郎・・・

ではありませんが、かなりピコ太郎寄り。

今が旬なので、是非物真似してもらいたい。



坂本エンジニアリング元従業員達との新年会 (4)まだ全員揃ってませんがスタートです。

残念な僕はウーロン茶。

明日が検査なので我慢です。



坂本エンジニアリング元従業員達との新年会 (7)遅れてやってきた何時もの仲間。

他のメンバーは出張などで来れませんでしたが

楽しい時間を過ごす事が出来ました。

僕は野菜メインでウーロン茶を

3ℓぐらい飲んで、お腹一杯になりました・・・


京都N号キャブO/Hからの罠

インナーパーツにこびり付いた腐ったガソリンの除去に

京都N号キャブOH取付け (1)計三日キャブクリーナーに漬け込んで

やっとジェット類の穴が通り

本体にセット出来ました。


京都N号キャブOH取付け (2)後はサクサクッと組立てて







京都N号キャブOH取付け (3)本体に取付け完了です。







京都N号新型フル強化オイルポンプ交換 (1)次に追加作業で

新型フル強化オイルポンプに交換。





京都N号新型フル強化オイルポンプ交換 (2)サブハーネスは自作かな?

ちょっとメンテナンス性が悪いです。





京都N号新型フル強化オイルポンプ交換 (3)ノーマルオイルポンプを取外して

新型フル強化オイルポンプに

変更しました。



京都N号イグニッションキー交換 (1)次にイグニッションキーの

コンタクトベースが割れているらしく

デブゴン状の物で固定されている。



京都N号イグニッションキー交換 (2)とりあえずイグニッションキーを

取外してチェックする事に。

いずれにしてもこのデブゴン状の物を

除去しないと先へは進めないので

京都N号イグニッションキー交換 (3)削り取って行くと・・・おや?

どうやら本体が割れている感じです。





京都N号イグニッションキー交換 (4)正常な物と比べてみると

コンタクトベースの爪が掛かる所が

凹んでいるので割れているのは

間違い無さそうです。

京都N号イグニッションキー交換 (5)色々悩んだ結果・・・

宝物庫から秘蔵のラインオフ物を出して

暫く悩んでから、やむなく交換を選択。



京都N号イグニッションキー交換 (6)キーボックスのカバーのメッキが

くすんでいるのでそこだけ交換して

イグニッションキーは交換としました。

本当は出したくなかった部品なんですけどね。

京都N号ヘッドライトセッティングカラー取付けヘッドライトセッティングカラーを入れて

これでご依頼の作業は完了ですが

ヨシムラのテンプメーターが故障しており



京都N号復活オイルランプのLED球もご臨終・・・

取合えずエンジンは復活しましたが

電装関係の自作部分が多く

改善するには悩みそうですが

一先ず完成となりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月06日

GPS Tracr3

年末にサニトラのブレーキランプが
切れていた事が分かったので球の交換。
そう言えば来月には車検を受けないといけない。
オイル漏れが激しいのが気になるねぇ。


石鎚退治

去年の8月に小指を骨折してから

アルコールをほぼ飲んでなかった上に

糖尿病が発覚してしまい、完全に飲めない日々が続いていたのですが

石鎚退治封を切ってから冷蔵庫でずっと保管していた

石鎚を一日お猪口一杯飲んで

やっと退治してやりました。

これで思い残す事はありません。


GPS Tracr入荷

もう何時発注したのかも忘れるぐらい以前に発注し

GPS Trackr入荷 (1)完全に詐欺られたと諦めていたのですが

国際郵便がGERMANYから届いた。

忘れていたので何でGERMANYから

国際郵便が届いたのかと不思議で

GPS Trackr入荷 (2)何かやばい物でも送られてきたのかと

恐る恐る開けてみるとGPS Tracrだった。

1個買えば2個付いて来るのか

2個買えば1個付いて来るのか忘れたけど

GPS Trackr入荷 (3)やっと届いたので、アプリをDLして

バイクの鍵や、盗難時に追跡出来る様に

あちこちに仕込んでみたけど

意外とピンポイントで場所が分かり

25m以内でブルーツースが届く範囲なら、音も鳴らせるので

失せ物は探し易い感じだった。

これは割りと使えるかも知れない。


京都N号キャブチェック

昨日お預かりした京都のN号ですが

オーナーのご希望により作業前にまずはダメだしから。

京都N号作業前チェック (1)まずテールレンズブラケットは

カラーが不在のようで

ゴムが潰れてリジット状態のようです。



京都N号作業前チェック (2)Wディスク化されているフロント。

スピードメーターワイヤーが

フェンダーブレスのワイヤーガイドを

通っておらずスルーされてました。

京都N号作業前チェック (3)同じくスピードメーターワイヤー

これはよくあるパターンで

ルートが悪くメーターワイヤーが

屈折してしまってます。

京都N号作業前チェック (4)スピードワーニングユニットの向きと

配線ルートもよくありがちなミス

この状態でハンドルを切ると



京都N号作業前チェック (5)右に切れば配線がパツンパツンに

張ってしまい





京都N号作業前チェック (6)左に切ると緩みますが

この動作を何回も行えば

配線断裂のリスクが上がります。



京都N号作業前チェック (7)手作りメインスタンドストッパー

恐らく薄いアルミ素材なのでしょう。

ひん曲がってます。

これはCP製強化タイプのストッパーと交換。

京都N号作業前チェック (8)内圧コントロールバルブは良いのですが

このタイプは乳化したオイルが詰まり

中のボールが固着するトラブルが多く

逆に内圧が上がりオイルシールが

抜けるトラブルが多いので、この商品はCPではお勧めしない商品です。

京都N号作業前チェック (9)メカニック泣かせなのが

結束バンドのカットの仕方で

斜めにカットされて手を切る事も多々あります。

CPでは結束バンドをカットする場合は

片刃のニッパを使うようにしているので、バンドの先端は出ません。

京都N号作業前チェック (10)これもメンテナンス性が悪いETCなどの配線。

ツールトレーを取外せ無い事により

エアークリーナーが外しにくかったりなど

メンテナンス性が下がります。

京都N号修正後 (1)取合えず修正変更出来る所から

作業に取掛かります。

スピードメーターワイヤーを

正規のフェンダーブレスガイドを通し

京都N号修正後 (2)メーター側のルートも

オリジナルと同じルートに修正。

やっぱりこのルートがワイヤーに対する

過度な屈折が少なくなります。

京都N号修正後 (3)配線を修正する為にヘッドライトの

取付けビスを外すと

セッティングカラーが不在でした。



京都N号修正後 (4)スピードメーターは国内仕様のようなのに

ワーニングユニットに接続する配線が

メーターから出ておらず

速度警告灯はダミーのようです。

京都N号修正後 (5)速度ワーニングユニットの

取付け方向を直して

配線ルートの修正。



京都N号修正後 (6)HIDやETCの配線も同じルートだったので

ついでに修正しておきました。

右にハンドルを切った時に

ストッパーに挟む事もありますからね。

京都N号修正後 (7)自作のメインスタンドストッパーは

やはりアルミ素材だったので

CPオリジナル強化タイプの

メインスタンドストッパーに交換しました。

恐らくこのままだと気付かない内にスタンドがストッパーから外れて

スタンドがチェーンと干渉していたと思います。

京都N号修正後 (8)次にメインの作業でキャブの取り外しに

取掛かろうと思い何気に見ると

インレットネットが上下逆に

取付けられていました。

京都N号修正後 (9)これが正解です。

これでキャブの取外し作業に

取掛かろうとしたのですが



京都N号キャブ取外し (1)フレーム補強がかなり大きく

エアークリーナーチャンバーとの

隙間が取れなかったのでしょう

加工されているのですが

エアークリーナーチャンバーをこれ以上後ろに下げれないので

京都N号キャブ取外し (2)かなり苦労してキャブを取外しました。

補強の逃げ加工も急いでやったのか

削った後のバリ取りをしていなくて

手を切るところでした・・・

京都N号キャブ取外し (3)取外したキャブの#1のフロートチャンバー

ビスが1個脱落してました。

全体的にフロートチャンバーの

締め付けは緩いようです。

京都N号キャブ取外し (4)#4のフロートチャンバーを外すと

案の定ガソリンが腐ってました。

とりあえずインナーパーツを取外して

使える物かどうかをチェックします。

京都N号キャブレター分解掃除 (1)#1.2.3は腐ったガソリンで

酷い事になってました。

これじゃぁエンジンは掛かるはずも無い・・・



京都N号キャブレター分解掃除 (2)インナーパーツはSJ、MJ共に

腐ったガソリンで詰まっており

ニードルホルダーも同じく詰まってました。



京都N号キャブレター分解掃除 (3)取合えず復活する事を願って

キャブクリーナーの風呂へ入れて

腐ったガソリンを溶かす事に。



京都N号キャブレター分解掃除 (4)フロートチャンバーに沈殿した

腐ったガソリンもキャブクリで

溶かしてみる事に。



京都N号キャブレター分解掃除 (5)キャブ本体側の通路も

キャブクリで洗浄して

詰まりの無い事をチェック。

最低でもOリング関係は交換ですねぇ

勿体無いですが、こうなるとインナーパーツも新品の状態からは

大きく掛け離れてしまいます。

せめてスロージェットだけでも新品にするかなぁ・・・悩み所です。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年12月08日

事故後1ヶ月3

最近自分では「人に優しくなれた」と思っていますし
地元では全般的に、余り無茶をしないようにと
心掛けているつもりですが
瞬間湯沸かし器な所はまだまだ
人として小さいと反省すべきなんだと思います。
昨日の事、すれ違いの困難な道路で対向車が来たので
道を譲って待っていたのですが
その譲り方がが悪いと、相手に文句を言われたので
流石に切れた!・・・けれども、狂った奴の為に
僕の貴重な時間を使うのも勿体無いので
顔だけ覚えておく事にした。


京都H号継続車検

昨日は朝から若干ご機嫌がよろしくなかったけど

161207京都H号継続車検 (1)京都H号の継続車検へ

軟弱化した僕の心と身体。

サニトラに積んで車検へ行こうかと思ったけど

意外とポカポカだったので、試運転がてら

161207京都H号継続車検 (2)自走で車検へ行く事にした。

エンジンの調子は良かったけど

足回りに少々違和感を感じながら

何時もの京都南

161207京都H号継続車検 (3)継続検査はハンドル幅に少々問題があったけど

無事にラインは一発で通過したんだけど

何と自賠責保険が保険屋のミスで

24ヶ月になっていた事が最後に発覚・・・

20161208京都H号継続車検完了今日書類だけ再検査となってしまった。

まさかの事だったので、チェック不足だったなぁ。

自賠責保険の再交付をしてもらい

京都南へ行って書類だけチェックを済ませ

無事に継続車検を通過しました。


交野警察意外とちゃんと仕事している件

店に戻って片付けて、朝からろくな事が無くストレスが溜まっていたので

交野警察交通課気合注入!事故から一月放置されていた事もあり

新しく出来た交野警察へ行って

担当者を呼び出し、少し大きな声で

紳士的に話をしてきたけど

事故の相手はまだ眠たい事を言っているらしく、嘘の上塗りをして

保険金詐欺まがいの事をやっている感じだけど

必死過ぎる相手に交野警察は意外とちゃんとやっている風で

相手の切り崩しを集中してやっている印象だった。


キャブO/H二日目

香川のT様よりご依頼の純正キャブO/H。

香川T様キャブOH組立て二日目 (1)組立ても二日目に入り

サクサクッと仕上げ作業です。





香川T様キャブOH組立て二日目 (2)今更ですが、一般受けしないけど

自分で作って良かったと思う

キャブレターダストパッキン(A/C)

純正キャブO/Hのマストアイテム。

香川T様キャブOH組立て二日目 (3)4個つながりました。

いいね!





香川T様キャブOH組立て二日目 (4)臓物を入れて

油面を合わせ





香川T様キャブOH組立て二日目 (5)組立てが完了しました。

テスト用エンジンが無いので

同調をどうしようかと考えて



香川T様純正キャブ同調調整 (1)7号機で同調調整。

本当はこのキャブを使うエンジンで

調整した方がより良いのですが

7号機のエンジンも調子が良いからね。

香川T様純正キャブ同調調整 (2)キャブの状態も良くエンジンも良いので

サクサクッと同調調整完了。

アイドリングも安定してます。



香川T様純正キャブ同調調整 (3)バキューム圧もバッチリ。

これで完成しました。

キャブのガソリンを抜いて

発送準備に取掛かります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年12月06日

チューニング3

天気は良いけど外は寒い
外には白い物がフワフワ飛んでいるので
雪かと思ったけど
ケセランパサランみたいな物が飛んでいた。
明日は車検なので、自走で行くか
それともサニトラに乗せて行こうかと
激しく悩み中。


さいとうR用エンジン仕様決定

最近ではエンジンの仕様も色々と選択肢のある中で

話し合って最終的に決まった仕様でさいとうRのエンジンを作ります。

さいとうR用エンジン仕様決定 (1)ピストンはポテンシャルの高い

アゲインピストン466ccWPC仕上げ。





さいとうR用エンジン仕様決定 (2)このピストンのカーボンを取り使います。

リムバーを何度もかけて

カーボンを除去中です。

その合間に

さいとうR用エンジン仕様決定 (4)500cc化しないので

アッパーケースにスタッドボルトを

セットして行きます。



さいとうR用エンジン仕様決定 (5)真直ぐに

サクサクッと出来上がりました。





さいとうR用エンジン仕様決定 (6)ピストンのカーボンも除去完了。

これからボチボチと

ピストンの重量合わせ諸々をやって

チューニングして行きます。


香川T様キャブ部品際メッキ完了

ほぼ予定通りにキャブ部品の再メッキが仕上がって戻って来ました。

今回何故予備の再メッキパーツを使わなかったと言うと

香川T様純正キャブ用部品再メッキ完了 (1)肝になる部品にダメージがあり

交換する事が出来ないので

現物を再メッキする事になりました。



香川T様純正キャブ用部品再メッキ完了 (2)またクロメイトメッキ仕上げ部品にも

不足部品があり、メッキの色合いにも

その時々の出来上がりに差があるので

交換とはならなかったのです。

香川T様純正キャブ組立て (1)今日仕上げるまでの時間が無いので

ボチボチと組立て開始。





香川T様純正キャブ組立て (2)意外と部品が不足しているので

予備部品から色目の合う物を探して

組付けて行きます。



香川T様純正キャブ組立て (3)一先ずメッキ部品の組込みはほぼ完了。

今週中には同調調整まで終わらせて

発送する予定ですので

もう暫くお待ち下さい。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月29日

受け継ぐ3

一日の摂取カロリーを
約2,000キロカロリーで管理して
今日で三日目になりますが
昨晩体重を量ると二日で2キロ減!
このペースで減量出来るとすれば
年内には70キロ代になってしまう!
長年費用を掛けて維持してきたこのわがままボディ
その身体に合わせて作ったツナギも
全て無駄になってしまう。


さいとうR用エンジン

黄色い君から下ろしたエンジンの臓物だけを

さいとうR用シリンダーヘッド (1)さいとうR号に使うのですが

シリンダーヘッドはダメージが酷く

使えそうにないので



さいとうR用シリンダーヘッド (2)別で用意したシリンダーヘッドに

強化バルブスプリングを移植。

バルブはアゲイン製ウエストバルブ

ポート研磨済みです。

さいとうR用シリンダーヘッド (3)サクサクッと

強化バルブスプリングを入替え

ステムシールやOリングも新品に交換。

クロモリスタッドボルトに交換。

さいとうR用シリンダーヘッド (5)シリンダーヘッド関係はこれで

準備が整いました。

カムはアゲインst1になります。



さいとうR用シリンダーブラスト仕上げ (1)次にシリンダー取掛かります。

昨日取外したシリンダー

現行のヨシムラガスケットの一つ前で

ビッチリとくっ付いてます。

さいとうR用シリンダーブラスト仕上げ (2)これをリムバーで

サクサクっと剥がし





さいとうR用シリンダーブラスト仕上げ (3)ウエットブラストで仕上げました。

Oリングも交換です。





さいとうR用腰下臓物取出し (1)では次は腰下クランクケースから

臓物を取出します。

これもサクサクッと分解



さいとうR用腰下臓物取出し (2)パッカーン!

クランクケースを割りました。





さいとうR用腰下臓物取出し (3)クロスミッションなどの臓物を取出します。

エンジンブローの根源になる

コンロッドはキャリロのH型コンロッドに変更。

12月ぐらいには輸入してくると思います。


純正キャブレターインナーパーツ入荷

香川のT様よりご依頼を頂いている純正キャブレターO/H。

香川T様キャブレター部品入荷 (1)本日純正インナーパーツが

入荷して来ました。

再メッキに出した部品が

恐らく来週ぐらいには

香川T様キャブレター部品入荷 (2)仕上がって戻って来ると思います。

取合えずJNをスロットルバルブに

セットしてみました。



香川T様キャブレター部品入荷 (3)再メッキが上がり次第

サクサクッと仕上げますので

もう暫くお待ち下さい。

作業台の上も片付けないと!



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年11月27日

病は気から!3

嫁に糖尿病になった事を告げると
「色々と処分していかなあかんなぁ」
「店の物も片付けろ!」と言われた。
これは終活しろと言う事だろう。
僕も気持ち的に落ち込んでいると
身体がその気持ちに反応するように
あちこちが不調になった気がしています。
気持ちを切り替えて行こうと思います。


2016CP忘年会

僕の糖尿病が発覚した昨晩は、予定通り忘年会を開催。

2016CP忘年会 (1)2016CP忘年会 (2)







2016CP忘年会 (7)多くの方が参加者して下さり

楽しい忘年会になりました。

僕も最後のアルコールを大量摂取。

今日から糖尿病の治療に専念します。


ヨシムラ機械曲げ修理依頼

また当時物ヨシムラ機械曲げの修理をご依頼頂きました。

ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (1)蝦夷号用機械曲げよりは状態が良く

この程度なら綺麗に修理出来ます。

本物の当時物だからこそ

費用を掛けて修理する価値がある。

ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (2)時間は掛かりますが

これでまた世の中に貴重な機械曲げが

蘇る事になります。

修理後オーナーの希望では

手放す事も考えているらしいので、金銭的に折り合いが付けば

対応も可能ですので、ご相談を下さい。


香川T様キャブレターO/H

先日ご依頼を頂いたキャブレターのO/H作業を開始。

香川T様キャブレター分解 (1)まずはプレートを取外し

シャフトと共にウエットブラストで

仕上げて、シャフトは再メッキへ



香川T様キャブレター分解 (2)ブラストで仕上げたプレートに

M4のタップを立てて

カシメピンの代わりにねじ込みます。

これで何時でも分解する事が

容易になりましたが、恐らくそうそう分解する事も無いでしょうね。

香川T様キャブレター分解 (4)アイドルスクリューのスプリングが

オリジナルのスプリングではなく

ワッシャーも入っていません。



香川T様キャブレター分解 (6)ダストパッキン(A/C)は硬化して

パリパリになって割れてますが

CP製リプロ品があるので

心配無用!

香川T様キャブレター分解 (7)各パーツもウエットブラストで仕上げて

汚れを取りました。





香川T様キャブレター分解 (9)#1に付いているチョークレバーは

入っているべき部品が入ってません。

不足部品は在庫部品を使います。



香川T様キャブレター分解 (10)キャブの金属部品を全部取外し

再メッキに出す準備が整いました。





香川T様キャブレター分解 (12)次にボディの掃除に取掛かります。

フロートチャンバーは

オーナーと相談した結果

ウエットブラストで仕上げる事になりました。

香川T様キャブレター分解 (13)で、サクサクッとブラスト仕上げ。

トップキャップがメッキ仕上げなので

フロートチャンバーもそれなりにね。



香川T様キャブレター分解 (14)ボディは手洗いです。

粉末のパーツクリーナーを

お湯で溶かしてブラシで汚れを取ります。

これで準備が整いました。

後はメッキが仕上がってくれば組立て作業に取掛かります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月20日

行列が出来る店3

今日は鈴鹿で
【RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2016】
が開催されていました。
地上波で見れないので鈴鹿のUstremで観戦していたり
ご来店の方とお話をしていたので
仕事はほどほどになってしまいました。


18号機火入れ前

昨日はブログUP後に作業集中タイムに突入し

18号機用キャブ完成 (1)18号機用のキャブを仕上げました。

インナーパーツは純正新品。

油面を合わせて



18号機用キャブ完成 (2)フロートチャンバーを組付けました。

昨日はここまでで終了。

あのキャブがこんな感じに蘇りました。

後は同調を調整するだけです。

18号機純正キャブ取付け (1)そして今朝一番にキャブを

車体に取付けました。





18号機純正キャブ取付け (2)アクセルワイヤーもセット完了。

408フルレストア車の完成まで

あと少し。



18号機純正キャブ取付け (3)オイルパンとオイルフィルターケースを

取付けたので、本当なら

今日にも火入れ予定だったのですが

クラッチアウターのリビルドが

18号機純正キャブ取付け (4)明後日ぐらいになりそうなので

18号機の作業はここまで。

ちょっと予定から遅れてます。

雑誌の取材にも間に合うかなぁ・・・


本日のご来店

今日は珍しく旧2号機オーナーのご来店が無かったし

さいとうさんの襲撃も無かった。

まぁ天気も微妙なので誰も来ないかなぁと思っていたら

161120本日のご来店 (1)CB1100EXのIさんがご来店。

勿論CB400Fオーナーの方でCP9号機です。

EXはご来店の度に仕様が変わっているので

間違い探しみたいに舐め回す様にチェックw

色々と勉強になる発想とカスタムです。

ずっと立ち話で申し訳なかったかなぁ。

161120本日のご来店 (2)そうこうしていたら

お電話でエンジンO/Hのご相談を

頂いていた方が香川からご来店。

この時点でエンジンからは

誤組みの音が聞こえてきてました。

香川国内408 (1)メーターは実走と言う状態の良い国内408で

オイル漏れは無いのですが

カムチェーンテンショナーアームが

固着しているらしいので

香川国内408 (2)エンジンをO/Hした方が良いのかどうかの

ご相談でしたが、エンジンが冷えてから

ヘッドカバーを開けてチェックして見る事になり

お預かりとなりました。

香川国内408 (3)まぁちょこちょこっと間違いがるので

ついでの作業があれば

間違いは修正して行く予定。



香川国内408 (4)取合えずまだエンジンが暖かいので

常温になってから実作業に取掛かります。

まぁOリングやヘッドカバーガスケットは

交換になるとは思います。

香川国内408 (5)パッと見、最低2本は

ボルトの入れ間違いがあるのは

分かってましたが

どうやら2本所では無かった。

香川国内408 (6)まだ暖かいのですが念の為

タペットクリアランスのチェック。

少し広い感じがしました。

で、ヘッドカバーを外してみると

香川国内408 (7)香川国内408 (8)







案の定EX側ロッカーアームの誤組みでした。

香川国内408 (9)カムチェーンは特に緩みは

ありませんでしたが

テンショナーアームがどれだけ

固着しているのか

明日チェックしてみます。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月19日

18号機エンジン搭載3

今日のお昼前にあった地震にはちょっとビビリました。
店中のバイクが横に揺れていたので
どれを押えようかと考えましたが
実際は揺れがドンドン大きくなるような気がして
動く事すら出来なかった。
TVを点けて震度を見ると震度3だった。
この所チョコチョコ揺れてるので
もう時期大きいのが来るのかなぁ・・・


18号機エンジン搭載キャブ仕上げ

CB1300の継続車検も終り、PITにもスペースが出来たので

18号機エンジン搭載 (1)早速フレームにエンジンを搭載します。

多分12月は何かと忙しくなるので

23日頃までには火入れを予定しているので

サクサクッと仕上げます。

18号機エンジン搭載 (2)で、どーん!

搭載完了。

そこへ銀ちゃんがご来店。

来週雑誌の取材がある感じなので

銀ちゃん号を雑誌に載せる事を一応報告しました。

18号機L側仕上げ (1)銀ちゃんが帰ってから作業再開。

まずはL側から仕上げます。

うーん・・・ドライブチェーンを発注するのを

忘れていましたw

18号機L側仕上げ (2)セルモーターはリビルド済み。

オイルポンプはノーマルタイプをO/H。

配線関係はリプロ新品。



18号機R側 (1)次にR側に取掛かります。

ポイントはガバナと同じ絶版のND製。

勿論新品を装着しました。

クラッチをセットしようと思ったら

18号機R側 (2)クラッチアウターがガタガタだった・・・

そう言えばこの前8号機に極上品を

取付けたんだった・・・

エンジンの組立てはここまで。

18号機用純正キャブ組立て (1)次にインナーパーツが入荷して来たので

キャブの仕上げに取掛かります。

サクサクッと組立てる予定が

営業回りの方がやって来て

18号機用純正キャブ組立て (2)僕の手が止まるので

これも余計に時間が掛かってしまい

何時もの倍以上掛かって



18号機用純正キャブ組立て (3)やっとここまで完成。

後はMJ,SJ,フロートバルブをセットすれば

今日中に出来上るので

今から集中作業です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkTrackBack(0)

2016年11月18日

お問い合わせありがとう御座います。3

中古車の398について多くのお問い合わせを頂いております。
詳細は現オーナーの希望により書けませんが
CPでフルレストアして1年半
走行距離は2,000キロちょっと
最終的な仕様としましては、ノーマル仕様になりますが
それまでにご制約が決まれば
仕様変更は可能です価格はASKですので
お問い合わせ下さい。
また現在製作中の408も年末セールで
オーナーを募集しております。
今を逃すと、CB400Fオーナーになり辛い!
赤字覚悟CP18号機オーナーになりませんか?


18号機純正キャブO/H

今日は営業の方のご来客や電話が多い日で

18号機用キャブOH二日目 (1)手が止まりながらですが

キャブ本体の分解と洗浄をやってました。

見た目はもう土に返りそうな

キャブでしたが

18号機用キャブOH二日目 (2)手洗い洗浄でこんなに綺麗になりました。

フレーム、エンジンにも負けないぐらい

状態が良いです。



18号機用キャブOH二日目 (3)ボディ用の再メッキ部品を

拾い出してボディの組立てをしようと

思っていると、事故の件で電話が・・・

思うように仕事が進まない。

18号機用キャブOH二日目 (4)今日はエンジン搭載までやろうと

思っていたのに、結局ここまでで終了。

明日インナーパーツが入荷して来るので

サクサクッと仕上げて

エンジン搭載まではやりたいね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月17日

忘年会の予定3

まだ確定ではないのですが
11月26日(土曜日)に恒例のCPメンバー忘年会を
開催する予定です。
詳細は幹事の店長(某青い方)と早々に打合せをして
決めたいと思っておりますので
一応予定は空けておいて下さい。


BIG1継続車検

定休日の昨日、たまたま午後の予約が取れたので

161116CB1300継続車検 (1)CB1300の継続車検へ行って来ました。

午後の予約でしたが

午前中にねじ込んでやろうと思い

11時に検査場へ行ったのですが

161116CB1300継続車検 (2)どうやらこの時間は流石の京都南でも

激しく混んでいるらしく

ここまで混んでいるのは始めて見ました。

そして並ぶ事1時間・・・

161116CB1300継続車検 (3)全て1発!無事に継続車検に合格。

その日は寒かったのでさっさと帰宅して

事故の夜診まで久し振りに家で

数時間ゆっくりと出来ました。


18号機用キャブレターO/H

キャブレターの事をすっかり忘れていた18号機。

18号機用ベースキャブO/Hベースのキャブレター・・・

まずはこれを分解して

使える物かどうかを

チェックする事にします。

18号機用純正キャブOH (1)フロートチャンバーを開けてみると

タール状の物は無く状態はかなり良い

#2は水でも入ったのでしょうか?

それでも概観と比べても中身はいいね!

18号機用純正キャブOH (2)意外と状態が良く使えそうなので

取合えず分解。

固着も無く、無駄に錆びた感じです。



18号機用純正キャブOH (3)バックプレートから位置決めの

ノックピンをボール盤で穴を開けて

シャフトを抜き取りました。



18号機用純正キャブOH (4)作業に集中していたので

途中の写真はありませんが

再メッキ済みのシャフトと部品を取付け

バックプレートは完成。

18号機用純正キャブOH (5)次、トップキャップと

フロートチャンバーなどの小物部品

良い感じに腐れてます。



18号機用純正キャブOH (6)ウエットブラスト仕上げですが

綺麗に蘇りました。

細かい部品はキャブクリーナーで洗浄中。

本体は明日洗浄します。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2016年10月21日

ロードパルLメンテナンスその23

今日から嫁がまた2泊3日で遊びに行った。
僕も現地集合で行こうかと思ったけど
月曜日も鈴鹿サーキットへ行く事もあり
週末も天気が悪いので行くのを止めました。
月曜日の天気が心配だなぁ。
それよりも今日の地震結構長い時間揺れてましたねぇ・・・
震源地は大丈夫なんだろうか?


ロードパルLキャブO/H

ロードパルのキャブがオーバーフローするのでO/Hする事にした。

ロードパルLキャブOH (1)サクサクッと車体から

キャブを取外しました。





ロードパルLキャブOH (3)キャブを分解すると、Oリンング

フロートチャンバーのガスケットなどの

ゴム類はパリパリに硬化していたので

ガソリンが漏れても当然。

ロードパルLキャブOH (4)ボディを洗浄。

フロートチャンバーはウエットで

仕上げました。



ロードパルLキャブOH (5)キャブの部品もまだ出るんですねぇ。

まぁ出ない物もありますが

今回はオーバーフローと言うより

パッキン類の硬化によるガソリン漏れですね。

ロードパルLキャブOH (6)サクッと組立てて

サクッと車体に取付け

エンジンの始動性も上がり

より快適になりました。


17号機フレーム塗装仕上がり

今日17号機用のフレーム関係が塗装から仕上がってきました。

17号機用フレーム塗装完了時間が出来次第フレームの組立てに

取掛かる予定です。

フルレストアになりますが

今ならまだお好みの仕様に出来ます。

オーナー募集中です。

サニトラ用ヘッドカバー結晶塗装ついでにサニトラ用ヘッドカバーの

結晶塗装が仕上がって来ました。

カスタム感を出すだけなので

青色の結晶塗装にしてみました。

これでまた弟の仕事が出来ました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月10日

名古屋な日3

体育の日の今日、嫁は名古屋まで遊びに行きました。
何時に帰って来るのかも知りませんが
東京からF1を見に来た友達と
名古屋で遊ぶそうですが
最近は名古屋と聞くと、連れて行けとか言うので
自分で遊びに行く分には全然好きにして下さい状態。
僕は名古屋と聞くとちょっと腰が引けて来てますけどね・・・


名古屋T号キャブレター

先日お預かりしたキャブレターのO/Hが終わったので

名古屋T号キャブ取付け調整 (1)今日はテスト用キャブからO/H済みキャブに

交換する作業をやります。

早朝名古屋からご来店のT様

朝の峠はもう寒かったそうです。

名古屋T号キャブ取付け調整 (2)サクサクッとキャブを交換して

同調調整に少し梃子摺り

オーバーヒート気味になったり・・・



名古屋T号キャブ取付け調整 (3)それでも何とかバッチリと

同調を合わせる事が出来ました。

試乗チェックも済ませましたが

ガス欠で危うく押して帰って来る所でした。

名古屋T号サイドグリップ取付けサイドグリップが付いて無かったので

メインスタンドが上げ辛かった。

本来こう言う物が付いていると言う事も

知らなかったそうです。

これで荷物を縛ったりも出来るので、ある方が良いですね。


旧2号機レデューサー取付け

もぎ取り車両からもぎ取った今では手に入らない

シングリリードバルブレデューサーの取付けにご来店。

旧2号機BSエンド加工ふと先日取付けたBSを見ると

僕がアドバイスした通り

ステップエンドにフジツボを

加工して取付けてました。

中々良いんじゃないかな。

旧2号機レデューサー取付け (1)さて今日の本題の作業は

シングルリードバルブレデューサーの

取付け作業。

このブローホースの間に入れるのですが

旧2号機レデューサー取付け (2)絶版のシングルリードバルブしか

入らない上に、90度ニップルが必要になります。

FCRならツインリードバルブで良いのですが

ノーマルキャブにはシングルリードバルブしか

ここに収まりません、オーナー曰く「鈍感だから効果が分かるかなぁ・・・」と

言いながら一っ走り、「これは凄い!」と効果が分かったようです。

旧2号機レデューサー取付け (3)ついでに以前から取付ける予定だった

キャブのリモートスクリューも取付けました。

ちょっとシリンダーヘッドからオイル滲みが

出てきたので、我慢できなくなったら

そろそろですかねぇ・・・


名古屋I号車検整備

部品が入荷するまでの間、ボチボチと作業を進めてます。

名古屋I号ブレーキフルード交換 (1)ブレーキフルード2年物。

ダイヤフラムは若干お疲れ気味。

今回交換するか次の車検の時か

迷う程度です。

名古屋I号ブレーキフルード交換 (2)ブレーキフルードの交換は完了。

無色透明が新しい証拠です。

明日はハイカムの交換作業の予定。

ヘッドカバーガスケットやタペットキャップの

Oリングも交換しないとダメかも知れません。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月30日

諸々の準備3

中途半端な秋雨前線のおかげで
バイクに乗る事も出来ませんねぇ
まぁ僕の場合は、骨折が治るまでの間は
辛抱しないとねぇ・・・
あーバイク乗りたい!


名古屋T号キャブO/H完了

昨日から取掛かっている名古屋T号のキャブO/H。

名古屋T号キャブOH完了 (1)取外したトップキャップとフロートチャンバー

ついでにブラストで腐食や汚れを

洗浄してしまいます。

本気のブラストじゃないので

名古屋T号キャブOH完了 (2)サクサクッと仕上げても

これだけ綺麗になっちゃいます。

本気でやるともっと綺麗になるのですが

あえてこれぐらいで押えておかないと

名古屋T号キャブOH完了 (3)車体との全体のバランスがねぇ。

油面もバッチリ、JN、MJ、SJ

全部新品に交換しました。



名古屋T号キャブOH完了 (4)ホース類も新品に交換。

これで調子も良くなりますね。

幾らエンジンの調子が良くても

キャブ次第でエンジンの調子は全然違います。


レストア車両用部品

怪我して溜まっている仕事はまだまだあります・・・

レストア車用部品達 (1)まずは朽ちたエアークリーナーボックスから

使える部品を取外して

リメイクする準備。



レストア車用部品達 (2)これも貴重なスリーウエィジョイント

ステーも貴重品。





レストア車用部品達 (3)全部バラバラにして

リメイクの準備。





レストア車用部品達 (4)408スイングアーム

曲がってないスイングアームも

少なくなってきました。

リアショックダンパーラバーを取外します。

レストア車用部品達 (5)純正ステップも結構集めました。

77’ステップは僕用に丁度良いので

良い物があったらリメイクしておきます。



レストア車用部品達 (6)これもバラバラにしてリメイクします。

フレームが仕上がり次第

組立てに取掛かります。



レストア車用部品達 (7)前後のホイールハブ

これも分解O/Hして仕上げます。

純正風、ウエット仕上げ、バフ仕上げ

どの仕上げでも出来ます。

レストア車用部品達 (8)あ!シリンダーを発見!

398が1個と408が2個

ブラストしないと・・・

まだ他に398シリンダーは2個あったなぁ。

408シリンダーも4個ぐらいあったはず。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月29日

久々の純正キャブO/H3

ポケモンGOのおかげで
朝晩の通勤時間が2時間になって約1ヶ月
ええ加減疲れてきたなぁと・・・
集めたポケモンも100匹、レベルはもうじき25
ちょっと飽きてきたけど
せめて図鑑はコンプリートしたいなぁ・・・と・・・
まぁ嫁との会話もポケモンのお陰で
弾んでいるので、まぁいいかぁ。


18号機アッパーケース

今朝はアッパーケースのブラストをしようと思い

具を取り出していると・・・あれ?プッシュバーが・・・

18号機用アッパーケースプッシュバーセッティングボルト折れセッティングボルトが折れてました・・・

先日内燃機屋さんに

「逆タップの折れ込みお断り」と言われたので

このまま内燃機屋さんへ送る事にしました。

全然気が付かなかった・・・


ヨシムラ手曲げ修理完了

修理に出していた当時物ヨシムラ手曲げが戻ってきました。

当時物ヨシムラ手曲げ修理完了塗装行きこのままパウダーコートカトーさんへ

耐熱半艶塗装をしてもらいます。

長らくお待たせしておりましたが

もう暫くお待ち下さい。


名古屋T号純正キャブO/H

午後から部品が入荷して来たので

名古屋T号キャブOH (1)久々に純正キャブのO/Hを開始。

が、左手の小指が折れてると

思った様に今までみたいに

作業ははかどりません・・・

名古屋T号キャブOH (2)何とかバラバラにしましたが

ここからが意外と左手を使う。

時々小指から「ポキッ」っと音が鳴ります。

また折れた?

名古屋T号キャブOH (3)そんな思いをしながらJNを取外す。

ニードルホルダーはご覧の通り

えらい事になってました。

これじゃぁ調子が良い筈無い。

名古屋T号キャブOH (4)取合えず#1.2はO/H完了。

#3.4もこの調子で今日中に組み上げます。

汚れが酷いので、手が真っ黒に・・・



名古屋T号キャブOH (5)これでキャブ本体のO/Hは完了。

バックプレートも真っ黒なので

洗浄してから取付けます。



名古屋T号キャブOH (6)トップキャップとフロートチャンバーは

せっかくなのでブラストで

仕上げて取り付ける事にします。

今日はここまで。

これぐらいの作業は半日で終わる筈なのに・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年08月26日

17号機製作開始3

最近中古車を探してご来店される方が多いのですが
中古車は入れば直ぐに出てしまうので
よほどタイミングが合わなければ
CPで中古車を見つける事は難しいです。
何故かCPはオーダーやレストア、エンジンO/Hが多く
たまに修理と車検などがあるぐらいで
PITはほぼほぼ満車状態で
余り売れないレストア車を作った方が
面倒じゃ無くて良いんですよねw


7号機キャブ不調

ヨシムラミクニTMRを装着していた7号機を

7号機純正キャブ掃除 (1)ノーマルキャブレターに戻した所

そのノーマルキャブレターの

特に#3が不調なので

取外して分解掃除。

7号機純正キャブ掃除 (2)ついでにMJは#80から#85へ変更。

スロージェットとニードルホルダーを

取外して洗浄して

同じくボディ、ガソリンの通路も洗浄。

7号機純正キャブ掃除 (3)見る限りでは問題無いので

キャブを組上げて7号機にセット。

後はアクセルワイヤーを繋げるだけ…

でもTMR仕様にしていたので

ついでにF1用に交換するのですが、部品の入荷待ちです。

17号機用ベースフレーム… (1)部品を待っている間に

17号機用フレームを修正する

準備に取り掛かります。

しかし本当に酷いねぇ…

17号機用ベースフレーム… (2)ウエットブラストで仕上げて

リメイクに出す部品は塗装を剥離。

マスターシリンダーも分解して

リメイクに出します。

17号機用ベースフレーム… (3)ブラスト完了です。

この辺りの部品をリメイクして

17号機に取付ける予定の部品となります。

フレームはブラスト屋さんに出してから

穴が開いてないかもチェックします。

7号機純正キャブ掃除 (4)そんな事をやっていたら

荷物が届いたのでサクサクッと

7号機の復旧作業完了。

エンジンも調子が良くなりました。

7号機不動車コーナーへ移動調子が良くなったけど

今日は天気が悪くなるらしいのと

邪魔なのと色々な事情で

不動車コーナーへ移動となりました。

不動車イエロー号タンク内ガソリン処理 (1)ついでにイエロー号が不動になって

そろそろ半年近くになるので

タンク内のガソリンを抜いて

錆防止にガソリン劣化防止剤を投入。

不動車イエロー号タンク内ガソリン処理 (2)FCRもダメになるといけないので

取り外しました。

このFCRも恐らく

質流れ品になるかもw

姫号不動車コーナーへ退避少し開いたスペースがあったので

姫号も不動車コーナーへ移動

これは明日尾張から暴れん坊が来るから

退避処置の為に不動車コーナーへ移動しました。


奈良I号仕上げ

奈良のI号用アクセルワイヤーも一緒に入荷したので

奈良I号ワイヤー取回し変更 (1)早速取付け、全てのワイヤーホース類に

ストレスが掛かるような取回しを

ハンドルに合わして変更。

アクセルワイヤーも角度が良くなりました。

奈良I号ワイヤー取回し変更 (2)エンジンも快調なので

後はオイルさえ漏れなければOK。

アクセルのフィーリングも良くなりましたし

見た目もゴチャゴチャしていません。

試運転しても良い感じです。

さて、完成したのですが納車はどうしましょうか?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)