部品

2021年12月31日

やる事リスト覚書20213

【2020年持ち越し分2021/2/20現在】
CB400FエンジンフルO/H  5基   4基  (21年1月23日更新)
CB400Fエンジン腰上O/H  2基
CB400FキャブレターO/H  2基  1基 (21年2月20日更新)
CB400Fフルレストア  3台
CB400Fセルモーターリビルド 4個  3個  1個  (21年2月4更新) 
CB400F用CPマフラーYタイプ機械曲げ製作  金型製作開始
CB400F用RC風フロントフェンダー製作
CB400F用RSCポイントカバー2ndロット製作中、仕上がり未定
CB400F408ccタイプ用リプロホーンステー  追加製作 
CB350F旧CP1号レーサー改め24号機登録
モンキーZ50Jフルレストア

【2021年2月23日現在のやる事リスト覚書】
CB400Fリアホイールスプロケダンパー交換  2個  1個   (1月11日更新) 
CB400F用セブンスターフロントホイールブラスト仕上げ  (1月3日更新) 
CB400F用セブンスターホイール組み立て  (1月4日更新) 

CB400FキャブレターO/H  1基  (1月24日更新)
CB400エンジンO/H  1基  キャブレターO/H  1基  (1月6日更新)
CB400F国内408用メーターリビルド  1SET  (1月11日)
CB400Fフル強化オイルポンプ「極み」取付、総合チェック  (1月13日)
CB400F総合整備点検  部品入荷待ち  (2月13日13更新)
CB400Fハンドル交換、クラッチ交換  (2月22日)
CB400Fエンジン修理  (2月23日)

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月22日

放射線照射の影響と医療用麻薬3

昨晩は痛みが酷くほとんど眠れませんでした。
痛みの種類としては、上皮は恐らく神経が切断されている事から
余り感じませんが首の中が焼けるように痛くて
時々激しく痛みがあります。
で、ついに髪の毛も抜け始めてきました。
抜けてると言うよりも、根元から焼き切れている感じで
左の襟足付近はかなりツルツルになってきましたw
明日は休みなので、明後日が放射線照射の折り返しとなり
いよいよ後半に突入するのですが、ついに痛み止めに
モルヒネ系飲み薬の麻薬を使う事になりました。
これで痛みが多少でも楽になれば、眠れる様になると思います。


CB400国内398cc25号機用エンジン臓物下拵え

今日は腰下の臓物関係部品の下拵えをする事にします。

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (1)まずはコンロッドを分解します。

少々錆も出ているので錆を取ります。

コンロッドメタルなどの部品入荷予定が

木曜日の午後からなので、部品が入荷次第

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (2)腰下の組み立てに取り掛かろうと思ってます。

錆が浮いていたコンロッドに

似非WPCで処置を済ませて錆を取り

コンロッドを仕上げました。

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (3)次にプライマリーギアーを洗浄して

状態をチェック、本体に問題は無いので

新品のニードルベアリングと

純正新品のダンパーラバーを入れて

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (4)他の部品も似非WPCで仕上げて

プライマリギアーの下拵えも完了です。

そう言えば1号機のプライマリーギアーも

悪くなったので交換したいけど面倒なので放置。

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (5)次にミッションギアーの下拵え

見栄えは油切れで悪いのですが

走行距離が少なく、極めて摩耗が少ないので

宝物庫に隠してあった物ですw

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (6)少し錆も回っているのでギアーを分解して

洗浄とこれも似非WPCで仕上げてから

組み立てる事にします。

貴重なCB400国内398ccのエンジンなので

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (7)手間は惜しまず、良いエンジンを作ります。

ギアーやメインシャフトも似非WPCで

綺麗に仕上がったので、これで組み立てます。

溝付きベアリングは当然新品です。

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (8)これでメインシャフトの下拵えが完了。

見栄えは悪かったけど、ちゃんと手を入れれば

こんなに綺麗になりますし

状態が良い貴重なミッションです。

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (9)次にカウンターシャフトを分解。

これもセット物なので同じように

油切れで薄っすらと錆が回っており

見栄えは悪いですが、摩耗が少ない事が一番です。

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (10)1stギアーブッシュ交換と

新品の溝付きベアリングを入れて

カラーのOリングも交換しました。

ギアー類は似非WPC仕上げで錆を取り

CB400国内398cc25号機用臓物下拵え (11)サクサクっと組み立てが完了しました。

これで25号機の臓物関係の

下拵えが完了です。

後はシリンダーの内径を測定したいんだけど

作業スペースが無いので、腰下を組み立ててからにします。


14号機RCフェンダーWディスク用フロントフォーク

14号機にRCフェンダーを取り付けてWディスクにする計画で

14号機用Wディスクフロントフォーク組み立て (1)Wディスク用ボトムケースを

準備していたのですが

フェンダーの塗装に時間が掛かっており

ちょっと気持ちも萎えてしまったので

14号機用Wディスクフロントフォーク組み立て (2)取り合えず組み立てだけしました。

バフまで当てて仕上げたのですが

RCフェンダーの塗装が仕上がって

戻って来た時にまたやる気が出たら

Wディスク仕様にするかも知れません。

取り合えず傷つけたく無いし邪魔なので

終活も兼ねて一旦やる気をリセットする事にします…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年02月21日

本日は絶好のバイク日和3

この所毎週末が暖かくて、今日も絶好のバイク日和!
通勤途中では多くのライダー達がお出掛けの様で
またコンビニなどでは待ち合わせの方も居られました。
僕も今日はバイクで出勤したかったけど
体力的に不安があるので諦めました…。
来月中旬で放射線照射が終わり
その時にどれだけの身体的影響が残っているか
また100%には絶対戻らない中でどれだけ回復するのか
それ次第になるのかなぁ…。


CB400F国内408ccCP20号機外装取り付け

絶好のタイミングでタンクとサイドカバーの塗装が仕上がて

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (1)戻って来たので、早速取付ます。

本当は自分のバイクにしようと目論んで

カラーリングはバーニッシュブルーにと

思っていたのですが、嫁が終活しろと言うので

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (2)仕方なくライトルビーレッドにしました。

サイドカバーを取り付けて、タンク側は

ガソリンコックやキャップチェック

タンクキャップを取り付けて車体にセットします。

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (3)タンクの準備も整ったので車体に搭載!

これでやっとフォアらしく見えます。

バーニッシュブルーも良いけど

やっぱり定番のライトルビーレッドも良いね!

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (4)後はメーターのリビルドが終わって

取り付ければ、20号機が完成します。

多分今月中には出来上がるかな?

CB400F国内408cc CP20号機ワンオーナー

間も無く完成となります。


CB400国内398cc25号機用エンジン組み立て準備

エンジン組み立て室にスペースが出来たので

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (1)早速今日から組み立て準備に取り掛かります。

まずはクランクシャフトの測定から。

既にダイナミックバランスは終わっているので

メタルを発注し腰下組み立てに取り掛かります。

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (2)アッパーケースにユニクロメッキした

スタッドボルトを入れて

クランクケースに対して直角に入っているか

測定をして、曲がっている物は

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (3)真っ直ぐに修正します。

ロアケースにも部品を組み込んで

後はクランクメタルを入れれば

下拵えが完了します。

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (4)アッパーケースも部品を入れて下拵え。

他の部品もボチボチと準備をして行きます。

他の新品純正部品は揃っているので

メタルが入荷すれば腰下は完成します。

シリンダーは後日内径を測定してから

ピストンサイズを決めてボーリングをする予定です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年02月11日

生きてます2

ブログの更新を暫くしていなかったので
色々とご心配をお掛けしており申し訳ございません。
体調の方は現在、放射線の影響で喉の腫れや
痛みがあり、放射線の影響では無いと思うのですが
タイミング悪く差し歯が折れてしまい
その治療が今のタイミングで出来るのかと言う所なども
ありましたが、放射線の影響は少ないようなので
差し歯の治療も可能になりました。
唾液も出にくくなっているし、声も出しにくくて声変わりしてますw
後は左腕の激しい痛みだけが今の所の問題です。
喉の腫れは、幸いな事に幸か不幸か叱られながらも嫁の誕生日に送った
ミラブルのウルトラファインミストのおかげで
軟らかいシャワーを患部に当てるだけで綺麗になりますw
放射線照射はまだ1/3も終わって無くてまだ7回で
まぁ先が思いやられると言った感じです…。
今日は祝日なので放射線照射はお休みですが
明日は放射線照射と診察があるので
午前中は潰れるので半休、午後からの営業になると思います。


半袖一家Y様CB400F総合点検

乗らなくなって三年ほど放置されていたY様のCB400Fですが

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (1)今回総合点検で入庫となりました。

体調の事もあるので

作業はスローペースになると思います。

オーナーと諸々の打ち合わせを終えて

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (2)まずはエンジンオイルの交換から開始。

3年間放置と言う事もあり

エンジンオイルは余り汚れておらず

乳化もしていない感じです。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (4)ついでにオイルフィルターも交換。

ついでのついでにフィルターケースは

何時もの様にウエットブラストで

仕上げてから取り付けました。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (5)次にブレーキフルードの交換。

まずはフロントからですが

フルードの量も減っていますが

何よりもこの色からすれば4年以上は

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (6)経過してる感じがします。

フルードを抜いて入れ替えが完了です。

ブレーキパットは全然問題無いので

フルードが減っている原因は分かりません。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (7)次にリアブレーキフルードも交換。

リアの汚れはまだ2年程度な感じです。

これもリセットでフルードを全部抜いて

新しいフルードを入れます。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (8)ちょっと綺麗になりましたねw

と言う分けで今日はここまでで終了。

明日はエンジンを始動させてみて

発電、充電などに不安があるとの事なので

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (10)電装系をチェック知る予定。

なので、取り合えず今日はバッテリーの

サルフェーション充電をしようと思ったのですが

何かおかしいと思ってチェックしてみると

バッテリーはリチュームイオンバッテリーだったので

専用の充電器が無いと充電が出来ない…危なかったわw

まぁそういう事で、バッテリー上りの原因は

リチュームイオンバッテリーだと思います。


仕事サボっている間に

ここ数日仕事をサボっている間に

モンキーZ50J用部品他20号機用部品など不足入荷色々な部品が仕上がって戻ってきており

モンキーZ50J用フロントフェンダーの

再メッキや、20号機25号機用の

不足部品なども入荷してきました。

CB400国内398cc25号機用純正キャブレター用再メッキ部品入荷25号機用のキャブレターに

再メッキに出していた部品も

仕上がって戻って来ています。

これでキャブは組めるのですが…。

CB400Four20号機、25号機用エンジン部品塗装仕上がり20号機、25号機用エンジンなどの

塗装部品もまだ梱包すら開けてないのですが

仕上がって戻ってきています。

まぁボチボチと仕上げて行く事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月04日

久々に息子が帰宅3

放射線照射が始まって今日で3日目になります。
実は初日の日の放射線照射前に上半身の衣服を脱ぐ時
自分で作ったパワーストーンネックレスの
0.45mmのワイヤーが切れてパワーストーンが
放射線照射室中に転がって大変だったw
でもパワーストンのワイヤーが切れる時って言うのは
パワーストンネックレスvr2一つの節目と言われているので
放射線照射初日に切れたと言うのは
良い方に考えれば願いが叶う時
身代りとなって切れる時などと
言われる事があります。
今回ワイヤーで作ったので
早々切れる物では無いと思っていましたが
まさかあのタイミングで切れるなんて…
と思い、早速今度は1mmのワイヤーを買ってきて作り直しました。
次は中々切れないと思います。
で、昨日の定休日に息子が帰宅、病院がクラスターで外来患者の
診察が出来ないので、当直を含めて週二日しか仕事が出来ないらしい。
一緒に食事をしながら、ワクチン接種の話や昨年の所得税の金額のが
CB400国内398ccのレストア車が買える位納めないといけない事など
色々な話をして、ついでに僕の身体をチェックしてもらった。
緊急事態宣言中なので、孫にも合えない中、久々に楽しい晩餐でした。
で、明日は放射線照射後に耳鼻科受診の為、午前中は半休になると思います。


CB400Four用セルモーターリビルド4個目

去年からの宿題だった、セルモーターリビルド最後の4個目の

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (1)リビルド作業に取り掛かります。

これが完成すれば一応宿題も終わり

予備部品が出来るので

余裕も出来る様になります。

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (2)で、サクサクと分解して

必要な消耗部品は交換

その他の部品は洗浄、ブラストをして

ボディやビス類は再メッキ部品と交換。

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (4)で、これで組み立て準備が整いました。

後は何時もの様にサクサクっと組み立て。

多分この辺の部品のリビルドは

やる気次第でサクサクっと出来るから

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (5)何時も後回しになるんだろうなぁ…。

と言う事で、去年からの持ち越し作業だった

セルモーターリビルド作業はこれにて完了。

やっと去年予定していた分が一つ片付きました。


キャブレターリビルド準備

これは去年からの持ち越し作業には含まれない予備の予備になる

予備純正キャブリビルド下拵え (1)リビルド予定以外のキャブの下拵え。

部品取りのボディが多いので

組み立てすら出来ないのですが

綺麗なボディなので、下拵えだけを済ませました。

CB400国内398cc25号機用キャブレター部品入荷 (1)次にCB400国内398cc25号機用

純正キャブレター用の部品が入荷して来たので

取り合えずJNを取り付けて下拵え

取り合えず手が付けられる所で

CB400国内398cc25号機用キャブレター部品入荷 (2)再メッキ部品の仕上がり待ち状態まで

下拵えを済ませました。

フロートチャンバーなどのバフ掛仕上げの

納期が1ヵ月程度掛かるらしいので

組み立てはまだ当分先になるなぁ。


CB400Four408ccタイプホーン組み立て

408ccタイプホーンASSYの在庫が無くなって来たので

408ccタイプホーンASSY (1)取り合えず2個だけですが組み立て。

国内398ccの生産台数はF2で約5,500台

F1で約1,000台程度になり、国内408ccは

約2,200台で、逆車408ccは約200,000台。

国内車両の現存数はまぁ半分位かなぁ?

逆輸入輸車はどれ位だろか?また輸出国残留車もかなり残っている感じで

海外でも人気は高く海外では408ccが本当のCB400Fourと言う認識が高い。

と言う分けで、拘りを持つ方も多くなってきた感じで

408ccタイプホーンASSYも少しずつ人気アイテムになって来ている感じです。

と言う事で、放射線照射の影響なのか顎下辺りが腫れてきたのと

頭痛が酷いので、今日は早仕舞いで帰ります…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年01月31日

念の為令和の破壊王用ヘッド準備3

今月中に入庫を予定していた
令和の破壊王の車両ですが、PITの都合が悪く
予定より遅れてしまいました。
準備が出来次第、早急にご連絡を致しますので
もう暫くお待ち下さい。
コロナの影響もあり外注作業が混み合っており
諸々の遅れが蓄積している状態です。
で、今日は少し体調が悪いので、念の為早仕舞いで帰宅して
自宅療養をする事にします。


CB400FCP21号機GTK号初回点検二日目

シリンダーヘッドやスタッドボルトからのオイル滲みは

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (1)確認されないので、シリンダーヘッドへの

負荷を考えて保全的増し締めは行わず

追加作業の油温計を取り付けます。

まずは電源ラインの配線加工から

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (2)ギボシを付けて、ハンダで仕上げました。

ヨシムラの油温計取付位置は

F2ハンドルなのでこの位置になります。

これで配線の取り回しをしてから

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (3)ヘッドライトケース内で電源ラインの

配線を接続して、センサーまでの配線の

取り回しも済ませました。

油温計の設定を済ませてから

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (4)イグニッションを入れて作動確認。

バッテリー側の電圧とヨシムラ油温計の

電圧表示誤差を測定します。

アイドリングで約0.5V程度電圧計の表示が

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (5)低い様ですが、回転数を上げると

誤差は差ほどでも無いので

問題は無いと思います。

油温の設定値は115℃で警告です。

CP21号機CB400FGTK号ブレーキ鳴き応急処置 (1)次にフロントブレーキが若干ですが

ブレーキ鳴きがするので

軽く原因を調べてみましたが

部品交換が必要になるかも知れないので

応急的に処置をしておきましたが、根本的な原因を探さないと

また直ぐにブレーキ鳴きすると思います。


シリンダーヘッド整備

近々使う予定があると思うので

シリンダーヘッド手入れ塗装剥離 (1)シリンダーヘッドの整備をしようと思い

宝物庫から取り出してきたのですが

残念な事に塗装がされていた…。

仕方が無いので塗装を剥がしてから

シリンダーヘッド手入れ塗装剥離 (2)ウエットブラストで仕上げる事に

取り合えずリムーバーをぶっ掛けて放置。

恐らくウレタン塗装なので中々塗料が 

リムーバーでは浮いて来なかったのですが

シリンダーヘッド手入れウエットブラスト仕上げ (1)何とか塗装を剥がす事が出来たので

ウエットブラストで仕上げます。

塗装をされていた割には

ベースの状態が良かったので

シリンダーヘッド手入れウエットブラスト仕上げ (2)仕上がりは良い状態に仕上がりましたが

ねじ山上りが多く、ほぼ全てのヘッドカバー

取り付けボルトのねじ山はリコイル修正を

しないとダメそうでした。

歪もあるので平面研磨が必要になります。

後はバルブガイドのOリングを交換して、内燃機屋さんへ送れば

シリンダーヘッドの部品整備は完了となります。

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(0)

2021年01月26日

血液検査数値的にほぼ健康体3

一昨日誕生日だった嫁に、サプライズ失敗な上に
ぼろクソに叱られたプレゼントの
ミラブルのシャワーヘッドを渡しました…。
で、嫁の反応はと言うと、結構喜んでいるご様子で
説明書をしっかりと読んで、早速シャワーヘッドを取り付けて
食後にお風呂に入っていました。
使った感想を聞くと、ミスト状なのでシャワーの温度が下がるのと
お風呂の中がミストだらけで、結構乾燥掃除が大変らしいけど
割と手足の末端まで温かさが継続しているらしい
後は取り合えず1週間使ってみて
お肌の具合に良い変化が出る事が楽しみです。


210125の血液検査結果

昨日は2018年1月に発症確定した血液の癌

210125の血液検査結果 (1)真正多血症検査の為、関西医大の

血液内科を受診して来ました。

首の手術をしたせいなのか

赤血球の数値はかなり下がりましたし

210125の血液検査結果 (2)アルコールを飲んでいないので

γ-GTPやコレステロール値なども正常。

ヘモグロビンA1cや尿酸値も正常値で

唯一高かったのが血糖値と中性脂肪が高い位。

もう糖尿病も治り掛けているんじゃないかと思ったわ。

SDCになって、調子に乗って食べ過ぎてさえいなければ

血液の数値的には健康体になっているんじゃなのかなw


キャブレターステープレート用ブッシュ製作

キャブレターをリビルドするに当たり

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (1)時々悪戯をされているキャブレターがあり

ステープレートのカシメ側にある

ブッシュが割れている物があるので

今回そのブッシュを補修部品として

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (2)試験的に製作してみる事にしました。

ブッシュを圧入するSSTも作るので

寸法を拾い出して、図面を引いてと

費用を掛けて作ってみました。

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (3)で、完成したブッシュがこれで

取り合えず10個だけ作ってみました。

シャフトの位置決め穴は圧入後に開けるので

穴は開いていません。

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (4)圧入用治具を使って作ったブッシュを

軽圧入すると、ブッシュはセンターまで

圧入される様になる仕組みになっています。

これでフェルトパッキンなどを

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (5)ちゃんと入れる事が出来る様になります。

ブッシュを入れてから、カシメピン部分に

穴を開けるので、穴位置がズレる事は無く

これで使えなくなって諦めて

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (6)捨てようかと思っていたステープレートも

元通り使える様になりました。

シャフトの位置決め用部分に穴を開けます。

キリを通すと内側に返りが少し出ます。

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (7)タップを切ってから内側のバリ取りをして

これでブッシュが割れたステープレートが

復活して使える様になりました。

CPでもこれで2個ステープレートが復活して

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (8)キャブレター組み立て用に使える

ステープレートが2枚から4枚に増えて

予備部品を探さなくても良くなった。

もし、ステープレートのブッシュを割ってしまい

CB400国内398ccCP25号機用ステープレート組み立て困っている方が居られましたら

ご相談にも乗れると思います。

ついでに25号機用のステープレートも

再メッキ部品で組み立てて

キャブレター組み立ての準備をして置きました。


フロントホイールハブねじ山修正ご依頼

フロントホイールハブのベアリングリテーナー部のねじ山が

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (1)痛んでしまったとの事でご相談を頂き

早速送って頂いたホイールをチェック。

何とまぁかなりのダメージが入っていました。

まぁタップを立てれば何とか修正は

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (2)出来ると思うので、早速リタップ。

ハブのねじ山はかなりのダメージで

少々手古摺りましたが

タップは奥までキッチリと入りました。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (3)で、リタップして再生出来たねじ山です。

これなら何とか締め込む事が

出来ると思うので、ベアリングを入れて

組み立てをしてしまいます。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (4)ディスタンスカラーを見ると…。

錆が酷いので、せっかくなので

錆を取ってから錆止め代わりの

グリスを塗ってからベアリングを入れます。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (5)で、ウエットブラストで仕上げて

ディスタンスカラーの錆を綺麗に取りました。

ホイールベアリングの交換なんて

そうそうはしないので、錆が怖いよねぇ。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (6)で、ベアリングを入れて、SSTを使い

リテーナーをねじ込んで行きますが

アンチシーズを塗って締め込んでも

結構な抵抗がありましたが

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (7)無事に奥まで締め込む事が出来ました。

一緒に送られてきたダストシールを入れ

ディスク側の作業は完了です。

で、ディスタンスカラーに

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (8)錆止め代わりのグリスを

たっぷり塗り込んで、もうこれ以上

錆びない様にしてからハブの中に入れて

メーターギアーボックス側の

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (9)ベアリングを入れて完成です

これでご依頼のフロントホイールハブ

ベアリングリテーナーねじ山修正と

組み込み作業が完了しました。


CB400F国内408ccCP20号機シリンダーヘッド増し締め

ブロンズメタルヘッドガスケットを使い出してから今まで

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン増し締め (1)増し締めを一応行ってきたのですが

差ほど締まる事が無いので

組み付け後の増し締めはしなくても

良いんじゃないかと思います。

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン増し締め (2)後は初回点検でも、当時物ヨシムラ手曲げ

マフラー以外のマフラーであれば

緩む事も無いと思います。

取り合えずオイルパイプをセット。

CB400F国内408ccCP20号機用フル強化オイルポンプ「極み」取付ついでにフル強化オイルポンプ「極み」も

取り付けてしまう事にしました。

これで後はカバー類の塗装が

仕上がって来るのを待つだけとなりました。


京都K様CB400キャブレター追加作業

一昨日仕上がった京都K様の純正キャブレターに追加で

京都K様CB400用キャブレターマジックスプリング取り付け (1)アクセルが軽くなるマジックスプリングを

取り付ける事になりました。

丁度在庫もあったので

早速純正のリターンスプリングを取り外し

京都K様CB400用キャブレターマジックスプリング取り付け (2)マジックスプリングに交換するのですが

時間を掛けず、確実に交換するには

あっさりとステープレートを取り外した方が

交換しやすいので、サクサクっと取り外し。

京都K様CB400用キャブレターマジックスプリング取り付け (3)まぁ過去に色々と交換作業を試したのですが

結果、急がば回れと言う事でしたw

これでリターンスプリングの交換が完了。

これで残りの部品が揃って

作業スペースが確保出来れば、火入れが出来る様になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月22日

心配していた事が…3

息子が勤務する病院で先日クラスターが発生し
外来患者さんの診察は全て中止となったらしく
入院患者のみの治療になったとの事。
幸い息子は濃厚接触者もおらず、検査結果も陰性だが
脳外科医が仕事が出来ない環境になっており
救える命が救えなくなっている…。
医療従事者はワクチンを先行して受けれるらしいけど
息子はアレルギーもあるので、それも心配だし
僕も嫁も基礎疾患があるので、ワクチン接種は先に受けれるけど
嫁に聞いたら、ワクチン摂取はしないらしい。
日本政府も日本の製薬会社やFフィルム社などにお金を出せば
きっと安全なワクチンが作れると思うけどなぁ…。


CB400国内398cc25号機用不足部品取り付け

どのタイミングで25号機の下拵えを止めたら良いのか

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (1)ドンドンと分からなくなってきたのですがw

取り合えず純正ヘッドライトステーに

不足部品を取り付けて

メーター周りを仕上げてしまいます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (2)ヘッドライトステーにダンパーラバーを入れ

メーターステーを固定出来ました。

血統書付きの国内398ccなので

一つ一つの部品に拘って仕上げて行きます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (3)メーターステーが取付いたので

メーターセットリングを取り付け。

ダンパーラバーを入れました。

398cc用メーターはリビルド品があるので

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (5)そのメーターを取付ました。

まだ少し発注漏れがあったので

ヘッドライト、メーター周りは

これにて作業は一旦終了です。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (1)チェーンカバーも拘りの純正部品の

再メッキ品を使います。

拘るので再メッキは高いのですが…。

それも血統書付き車両なので拘ります。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (2)サクサクっと取り付けが完了しました。

ホイールハブはバフ仕上げだけの状態で

ベアリングやスポークはまだ組んで無く

ローリング状態にはまだ出来ないので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (1)付けた部品の点数だけ車重も重くなるけど

部品管理をし易く為に、取り付けなくても

組める物を組み立てて行きます。

で、必要な部品をピックアップしました。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (2)まず再メッキしたキックアームから

組み立てを開始です。

ほぼ全部の部品が絶版部品なので

貴重なキックアームの部品を

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (3)宝物庫から取り出して組み立て。

キックアームのブラインド蓋はリプロ品です。

それ以外は純正部品で組み立てました。

これでキックアームの下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (4)次にステップを組み立てました。

シフトペダルも純正品を再メッキしたので

仕上げる時にステップにセットします。

これでステップも下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (5)次にOEM品の新品IGCを組み立て。

OEM品なので、今までトラブルは一度も無く

信頼出来る部品になります。

これでIGCも下拵えが完了です。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (6)次にスターターマグネチックスイッチに

リプロ品ですが、配線を接続して

電装部品の下拵えを済ませます。

これで下拵えが終わったので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (7)エアークリーナーBOXに取り付け。

これで電装部品関係は

ほぼ下拵えが終わったかな?

後はメインハーネスを這わすだけです。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (8)もう25号機の作業もキリが無いので

この辺で一旦終わらせようと思い

作業用リフトからフレームを下しました。

明日からは20号機のエンジン組み立て作業に

取り掛かれそうなので、20号機のエンジンを仕上げてから

キャブレターやセルモーターのリビルドに取り掛かろうと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月21日

放射線照射スケジュール決定3

一昨日、関西医大へ行き放射線照射前検査のCT撮影と
放射線照射時に頭部を固定する為のマスクを作ってきました。
放射線照射開始日は2月2日(火曜日)の朝9時から
カレンダー通り平日毎日3月17日まで放射線照射を行います。
そして週に一度金曜日、放射線照射後に放射線科の診察があり
朝の開店時間が1時間〜午前中程度は遅れる事になります。
後は放射線照射により身体的な影響による体力、気力が
回復するまでの期間がどれ位な物になるのか
約30回に及ぶ未経験な予防的放射線照射次第と言う事になります。
後半はかなり辛くなるかも知れないとの事で
通常の業務に支障をきたす可能性もあるかも知れません。


部品整備 再メッキ

溜まった部品を再メッキに出そうと思い

CB400Four用部品再メッキ送り210121ブラストで汚れや錆を落として

再メッキ部品の下地処理を済ませました。

キャブレターのシャフトは特別なメッキ仕上げで

他はユニクロメッキで仕上げます。

CB400F国内408cc用部品達オイルパンのセパレターもメッキした方が

エンジンオイルにも優しい事が分かっているので

CPではメッキに出す事にしています。

これは20号機用の残りの部品達です。

クランクさえ仕上がって来れば後は早いのに…。

あ!キャブとセルモーターも作らないと!


CB400国内398ccCP25号機用不足純正部品入荷

CB400用純正部品を整理して、不足部品をチェックし発注し

CB400国内398cc用純正部品一部入荷 (1)25号機用の不足部品達が入荷。

これで外装以外の部品はほぼ揃ったかな?

1台分の純正部品を揃えると

これだけの量になるので

CB400国内398cc用純正部品一部入荷 (3)それなりの費用が掛かるのは

ご理解頂けると思います。

では早速取付が出来る部品を

邪魔にならない程度に取り付けて行きます。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (1)まずスイングアームのリアショック

アンダーラバーブッシュを

何時ものCP製オリジナルSSTを使って

サクサクっと圧入して行きます。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (2)ウインカーステー等は仮付けしておき

ウインカーは車両が立ち上がって

ローリング出来る様になってから取り付けないと

保管時に傷が付く可能性があるからねぇ。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (7)25号機に使う予定のウインカーは

当時物新品、一重レンズの

貴重なウインカーと言う事もあり

取り付けは一番最後になると思います。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (3)エアークリーナーBOXも

不足部品が入荷して来たので

しっかりと固定する事が出来たので

電装部品もしっかりと取付ました。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (4)次にハンドルスイッチを入れた

F2ハンドルをトップブリッジにクランプ。

インジケーターも取り付けました。

メーターセットリングはまだ未入荷なので

CB400国内398cc用純正部品取り付け (6)その他入荷した部品を使って

サイドスタンドや、取付が出来る物を

サクサクっと取り付けて

今日はここまでで終了です。

前後フェンダーやフロントフォークを取り付けると重たくなるので

暫くはこのままの状態になるかなぁ。


CB400F改520cc1号機部品交換

今日は気温が高いと言う事で、今年初乗りで店まで乗ってきましたが

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (1)朝の外気温は6.4℃だったわ…

で、今日は以前からの問題で

ヘッドライトのLED球が眩し過ぎて

時々煽られて交通トラブルの元になるので

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (2)やむなくハロゲン球に戻すついでに

インジケーターの中身も交換します。

まずは6,500KのLED球を取り外します。

ついでにインジケーターの配線を抜き

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (3)中身を交換してしまいます。

CP1号機はオイルランプを使わないので

CB500T用のインジケーターカバーを取り付けて

中身は新品のCB400Four用を

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (4)入れてあったのですが、ヘッドライトの

LED球を交換するついでに

インジケーターの中身もCB500T用に

交換してしまい、新品だったCB400Four用の

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (5)中身とカバーを保存して置こうと思い

LED球からH4ハロゲン球に

交換するタイミングで作業をしました。

本当は5,000KのLED球が欲しかったんだけど

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (6)売り切れてしまい手に入らなかったので

6,500Kを取り付けたのですが

これが明る過ぎて苦労をしていました。

一応車検対応のLED球との事だったので

取り付けたのですが、6,500Kの明るさはロービームでも

対向車は眩しいらしく、これで交通トラブルも無くなると思います。

貴重で1号機には不必要なインジケーターも回収出来たし

今年初乗りも出来たので、一石四鳥ぐらいにはなったな!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2021年01月18日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月19日(火曜日)は関西医大にて
放射線照射前検査の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


誕生日サプライズ失敗プレゼント

もう嫁にバレてしまっているサプライズ失敗の

サプライズ失敗の嫁の誕生日商品入荷誕生日プレゼントが今日届きました。

バレた時は予想道理の激オコでしたが

プレゼントはしっかりともらってくれるので

まぁそれだけでも良かったかなぁ…

普段からの感謝の気持ちを込めて、誕生日に渡す事にします。


CB400国内398ccF2 CP25号機部品整備二日目

邪魔にならない程度まで部品整備を進めようと思い

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (1)フレーム関係の部品や再メッキ部品

塗装に出してあった黒物部品などを

仮に取り付けて部品管理をして行きます。

純正部品を使ってサクサクっと組み付け

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (2)細々した部品の在庫が無い事も分かり

不足部品をまとめて発注をしました。

余り部品を取り付けると置き場所に困るので

取り合えず今日の仮組はここまでかな。

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (3)ローリングするのもまだ先なんだけど

スイングアームも取り付けました。

リアサスのロアブッシュも在庫切れだった。

この先組み立てに必要になる

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (4)新品の電装関係の部品や、ワイヤー類

F2ハンドルなども纏めて箱に入れて

25号機用部品をピックアップして

不足部品をチェックして、部品を発注しましたが

本気で作り出すのは当分先の予定を考えています。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月17日

25号機国内398ccF2製作準備3

定例の不動車コーナー車両バッテリー充電と
エンジンを始動させて、しっかりと熱を入れると言う
管理作業も現在2台だけとなって
かなり負担も減り、助かっていますが
それでも完全不動車が3台あり
ちゃんと動かすには、キャブレターをO/Hしないとダメなのと
バッテリーを交換する事です。
京都K様CB400と間も無く完成予定のCB400F国内408cc
モンキーZ50Jが完成すれば、また不動車コーナーも
一杯になって来るし、CB400国内398ccを
何時作り出そうかと思っている所です。


CB400F国内408ccCP20号機、CB400国内398ccCP25号機部品整備

放射線照射が始まる前にこの車両が完成しないと

CB400F国内408cc用CP20号機用IGCコイル組み立て (1)PITの都合や、気力体力面が

低下するかも知れないので…。

取り合えず今下拵えが出来る物を作ります。

まず純正OEM新品IGCの組み立て。

CB400F国内408cc用CP20号機用IGCコイル組み立て (2)サクサクっと組み立てて完成です。

スパークアドバンサーも純正品

NDのNOS品を使います。

次にフル強化オイルポンプ「極み」を準備。

CB400F国内408cc用CP20号機用フル強化オイルポンプ委「極み」 (1)ミッション用大流量強化オイルポンプも

装着して、圧力スイッチも取り付け。

ノーマルエンジンですが、もう「極み」は

CPレストア車両にはマストアイテムです。

CB400国内398cc25号機部品整備 (1)もうこれで完全にエンジンを組んでしまえば

作業用リフトに搭載出来る状態です。

で、今その作業用リフトに乗っているのは

CB400国内398ccF2のフレームですが

CB400国内398cc25号機部品整備 (2)これを下手に組んでしまうと

置き場所に困るので、取り合えず部品整備。

細かな所は仕上げて行きますが

まだ形にはしない予定です。

キャブレターも組まないといけないのですが

エンジン組み立て室に鎮座している国内408ccのエンジンを

仕上げて仕舞わないと、スペースが無さ過ぎる…。


ホーンステー、センタースタンドストッパー

拘りの408タイプ手裏剣カバー用ホーンステーと

ホーンステー、センタースタンドストッパー塗装送りセンタースタンドストッパーが

残り僅かになったので製作。

後はこれを塗装に出すだけです。

手裏剣カバーやホーンASSYも

拘りの方が多いのか、よく売れているので作って良かったと思います。


本日のご来店

ジャイロキャノピーのエンジンをご自分でO/Hすると言う

本日のご来店210117 (1)「枚方が好きやんツーリング部」の

K様が2回目のご来店。

エンジンをO/Hするに当たり

ベースエンジンを購入したので

本日のご来店210117 (2)そのエンジン部品をウエットブラストで

仕上げる為に本日もご来店です。

もうブラスト作業も今日で2回目なので

手慣れた感じでサクサクと仕上げて行きます。

本日のご来店210117 (3)今回はシリンダーヘッドやカバー類と

オイルポンプなどの細かい部品を

ブラストで仕上げいました。

まだシールやゴム類などの部品も出るらしく

オイルポンプは全部分解してブラストを当ててました。

完成が楽しみですね!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月16日

早くもサプライズ失敗3

嫁の誕生日を来週に控えた昨晩の事
カードの利用明細を嫁がチェックしていて
とある高額商品の購入がバレてしまった…。
で、予想通りの結果になり叱られました。
僕も素直に購入した理由を答えれば良いのに
気持ちを伝えるのが下手なので上手く伝えれられなくて…
でも、結局サプライズは失敗したけど
受け取ってはくれそうな感じの話になった。


CB400F国内408ccCP20号機部品下拵え

既に仕上げ段階に入ったCP20号機ですが

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (1)クランクのダイナミックバランス待ちで

作業は止まっている状態ですが

取り合えずシリンダーヘッドを下拵え。

ヘッド下面は平面研磨をしました。

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (2)純正新品のステムシールを入れて

バルブスプリングをセットして組み付け。

エンジンの仕様はピストン0.5OS位ですが

オイルポンプはフル強化オイルポンプ「極み」を

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (3)取り付ける予定になっているので

オリフィスなどのオイルラインも

加工済みとなっています。

EXスタッドとインシュレーターを取り付けて

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (1)シリンダーヘッドが完成しました。

タイヤとチューブなどを発注したので

ローリング用に使っていた仮の

アルミHリムを取り外して

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (2)D.I.Dの鉄リムを装着する準備を整え

これでタイヤチューブが入荷して来れば

ホイールに装着して、足回りは完成です。

ブレーキディスクは平面研磨仕上げです。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (3)そうこうしている内に注文していた

前後タイヤ、チューブなど一式が

入荷してきたので、早速ホイールに

取り付けて仕上げる事にします。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (4)サクサクっと鉄リムホイールに

新品のタイヤを前後とも装着。

エアーを充填し、これでタイヤホイールを

車体に取り付け出来ます。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (5)で、装着完了!

国内CB400F408ccCP20号機が

本仕様の足回りになりました。

後はエンジンとキャブを仕上げれば

タンクとサイドカバーを残すだけとなります。

多分来週にはエンジンも仕上がると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月15日

令和の破壊王入庫準備3

ここ数日昼間の天気が良いのですが
朝晩は寒いので、バイク通勤もちょっと…w
まだ今年はバイクに乗っていないのと
1号機を少し弄りたい所もあるのですが
まだ当分先になりそうだなぁ。
1号機用の部品は既に準備は出来ているんだけどねw
特に大きな変更をするんじゃないので
作業自体は簡単なんだけど、自分のバイクって
やっぱり面倒臭いよねw


PIT作業スペース確保

京都K様のCB400国内398ccの車体側レストア作業は

京都K様CB400ピリオンステップ取付 (1)取り合えずピリオンステップの

ピンが入荷して来たので取り付けて

暫くの間、部品が入荷するまで作業は一時中断。

まだ動かないモンキーも邪魔だわぁ…。

作業スペース確保不動車コーナーへ移動210115 (1)車両を不動車コーナーへ移動させる為

作業用リフトから車両を下して

CB400F国内408ccCP20号機を

作業用リフトへ搭載する準備をするのですが

作業スペース確保不動車コーナーへ移動210115 (2)まだエンジンが出来ていないので

作業用リフトにも搭載が出来ない状態。

エンジンが完成して搭載すれば

作業用リフトに搭載し、PITに余裕が出来るので

その後に令和の破壊王の車両入庫予定となっております。


CB400F国内408ccCP20号機エンジン臓物整備

そろそろクランクのダイナミックバランスが終わって

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (1)戻って来る頃だろうと思って

エンジン臓物関係の整備を開始。

まずミッションベアリング類交換。

カウンターシャフト2ndギアー焼き付き無しです。

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (2)プライマリーギアーダンパーラバー交換と

ニードルローラーベアリング交換なども

完了したので、後は細かい部品を洗浄して

状態をチェックすれば

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (3)20号機用エンジンの臓物関係部品の

チェックは完了です。

これでクランクのダイナミックバランスが

終わって戻って来れば

何時でも腰下組み立て作業に取り掛かれます。

あぁシリンダーヘッドの下拵えもしないといけないな!


京都K様CB400用純正キャブレターリビルド分解

エンジン、フレーム側の作業が一旦終わり

京都K様CB400キャブレターリビルド (2)車体は不動車コーナーへ移動させたので

次はキャブレターのリビルド作業の

ご依頼に取り掛かります。

フロートチャンバーとトップキャップは

京都K様CB400キャブレターリビルド (3)バフ仕上げとの事なので

先に取り外してバフ屋さんへ送り

その間にメッキ部品を取り外して

リビルドをして行きます。

京都K様CB400キャブレターリビルド (4)一見綺麗だったキャブレターですが

ゴム、Oリング類は硬化していたので

O/Hは正解だったようです。

キャブ本体の状態は極めて良好の様なので

京都K様CB400キャブレターリビルド (5)きっと良いキャブが出来上がると思います。

フロートチャンバーとトップキャップは

一旦ブラストで仕上げたので

これで発送準備に取り掛かります。

仕上がって戻って来る間にボディの方は仕上げる予定です。

20号機用のキャブも作らないといけないので

キャブレター作業集中日を作らないといけないなぁ。

あぁ部品も発注しないと!


CB400国内398ccF2レストア準備

まだ当分先ですが、今手掛けているCB400F国内408cc1オーナー車が完成たら

CB400国内398ccF2レストア準備これが次に取り掛かる398cc用フレーム

3オーナー車、これも408同様に

エンジン、フレ番マッチで類別、型式は

F2ですが枠内に残っている

エンジンの仕様はCP製398専用0.25OSピストンを使う予定で

エンジンケースの仕上げも、ある程度出来上がっていますが

まだ作業前の今なら、オーダー可能ですのでよろしくお願いいたします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月14日

精神衛生上休日も出勤3

正直な所、放射線照射による身体への影響が
どんな風に出て来るのかが不安で、体調不良や、体力の低下により
通常業務がどれだけ普通に出来るのかが気になってます。
なので、年末年始や定休日も休まず出勤して
少しでも作業を進めて置かないといけないと言う
脅迫観念みたいな感じの物が僕を覆っています。
実際は放射線照射が始まってみないと分からない事ばかりなのですが
最初は放射線照射を拒否していた僕を、嫁や息子が放射線照射をして
少しでも長く生きる確率を上げる事を進めてくれたので
その意見に従う事にした物の、全くの未知な領域なので
今は不安しか無く、その不安を取り除く事が仕事をする事になってます。
人によって放射線の影響が違うらしいけど
不安で辛い事には違いは無いです…。
昨日はそんな事を考えながら仕事をしている所へ
僕の事を気遣ってわざわざ遠方からご来店頂き
色々なお話を聞かせて頂き、また元気を頂きました。
ありがとうございました。


CB400F国内408ccCP20号機組み立て作業再開三日目

昨日の定休日も何処にも出掛ける予定が無かったので店に出勤して

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (1)残りの黒物部品の整備をしようと思って

ステップ周りの部品を組み立てようと

部品を探して集めた所、無いと思っていた

スリーウェイジョイントも見つかったので

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (2)それじゃぁと言う事で、フロントブレーキを

仕上げて仕舞おうと思いホース類を接続。

これがあればヘッドライトケース周りも

仕上げられるので、仕上げもグンっと進みます。

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (3)で、ブレーキマスターにホースを接続し

ブレーキフルードをを入れてエアー抜き。

これでフロントブレーキも使える様になり

ヘッドライト周りの作業も進められます。

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (4)取り合えず最初の目的だった黒物部品の

メインステップを組み立てました。

これで黒物部品は全て下拵えが完了。

後はエンジンとキャブを仕上げれば

CB400F国内408ccCP20号機ヘッドライトケース取り付け配線 (1)20号機は今月中には完成となります。

ヘッドライトケースを取り付けて

接続できる配線も接続、残りはメーター周り。

メーターもリビルドに出さないと!

CB400F国内408ccCP20号機ワイヤー類取付 (1)とまぁ昨日の定休日はここまで作業をして帰宅。

で、今日は取り合えず不足部品が

入荷して来るまでクラッチ、アクセル

スピードメーター用ワイヤー類を取付て

CB400F国内408ccCP20号機ワイヤー類取付 (2)ハンドルスイッチなどの配線も

仮に整線を済ませました。

国内408ccなので、速度警告灯が付属するので

CP製スピードワーニングユニットも取付。

CB400F国内408ccCP20号機メーターセットリング取付 (1)で、今日も細かい所の不足部品が

入荷して来たので、サクサクっと取付。

特に見た目が大きく変わった所は無く

まぁメーターセットリングが付いた位かな。

早くエンジンを乗せないと出来上がった感が全然ないねw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月12日

密かに嫁をリサーチ3

嫁の誕生日を2週間後に控えて
今年は忘れない様にと思って
それとなく嫁が気になっていそうな物を
普段の会話でリサーチ!
で、あ!これだ!と言う物を見つけて
早速注文をしたのですが
多分手渡した時、一瞬喜んだ後にきっと
「何でこんな高いもんこうたん!」と怒ると思う…。
それでも良いと思ったから買った。
後は24日までバレない様に隠して置くだけだなぁ。


CB400F国内408ccCP20号機組み立て再開二日目立ち上げ

今日一部の不足部品が入荷して来る予定なので

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (1)取り合えず出来る所から作業開始。

まずはフロントブレーキマスターを

組み立てる所から開始でです。

インナーキットは新品に交換して組み付けます。

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (2)アルマイトの焼けが極めて少ない

貴重なブレーキマスターを使います。

サクサクっと組み付けが完了。

クランプは新品がまだ出るので

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (3)新品を使ってハンドルにを取り付け。

その他の部品も勿論新品です。

これで取り合えずブレーキマスターも完成

でもフロントブレーキの仕上げは当分先です。

CB400F国内408ccCP20号機フロントフォーク組み立て (1)次に不足していたフロントフォークの

部品が入荷して来たので

組み立てに取り掛かります。

これが出来上がれば今日中に立ち上がります。

CB400F国内408ccCP20号機フロントフォーク組み立て (2)で、サクサクっとフロントフォークを

組み立てて、ステムに取り付けました。

フロントフェンダーなども取り付け

タイヤホイールは仮のHリムを取り付けて

CB400F国内408ccCP20号機自立 (1)取り合えずフロントだけですが

やっと自立する事が出来ました。

フロントブレーキはスリーウエィジョイントが

まだ仕上がって来ていないので使えません。

CB400F国内408ccCP20号機自立 (2)トップブリッジを締め付けて

イグニッションキースイッチを取り付け

国内408ccなので速度警告灯を取り付けました。

なるべく販売価格を抑えるつもりで作るのですが

CB400F国内408ccCP20号機自立 (3)貴重な国内408ccワンオーナー車なので

どうしても仕上がりに拘ってしまう…。

このまま自分が所有したい気持ちもあるので

別に売れなくても良いと思って作ってます。

残りの不足部品は15日位には入荷して来るかな?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月11日

CB400F国内408ccCP20号機製作再開3

何とか今月中に令和の破壊王の車両を
入庫させようと思い、昨年から溜まっている作業を
休みも返上で作業を進めており
現在クイック作業なども含めて全て
ご予約を頂いている状態になっております。
また重整備に関しては、PITが停滞気味になっており
調整が必要ですので、ブログをご覧頂いておられる方々には
ご協力をお願いしております。
来月から放射線照射が始まる事による身体的影響が
未知数な事もありますので、なるべくご迷惑が掛からない様に
作業を進めたいと思っております。


巷で噂のらーめん「たにの」

今枚方で噂の、京都府八幡市の男山に昨年12月26日にオープンした

京都府八幡市男山ラーメンたにの (1)らーめん屋さんの「たにの」へ

昨日嫁と二人で行って来ました。

駐車スペースはお店の裏に2台?ぐらいの

駐車スペースがあり、店内の座席は

京都府八幡市男山ラーメンたにの (2)コロナ対策なのか4席しか無いのですが

感染対策もしっかりとしている感じでした。

基本的なメニューは拉麺その一、その二

その三と言うメニューと金曜日限定メニュー。

京都府八幡市男山ラーメンたにの (3)で、僕はその二の明石蛸とボルチーニ茸スープ

麺大盛を発注し、嫁はその一の

天然羅臼昆布と黒毛和牛スープを発注。

待つ事しばし、出て来た拉麺の器の大きさが…

京都府八幡市男山ラーメンたにの (4)これは嫁が発注した拉麺その一

天然羅臼昆布と黒毛和牛スープ

レギュラーサイズで、スープを味見。

今まで味わった事が無い部類のスープでした。

京都府八幡市男山ラーメンたにの (5)で、僕が発注した拉麺その二

明石蛸とボルチーニ茸スープの麺大盛w

これも今まで味わった事が無いスープで

蛸の味と柚子の様な柑橘系のスープで

とても美味しく、変わり種のラーメンでした。

来月から始まる放射線照射で、味覚障害が出る前に来たかったので

行列が出来る前に来れて良かった。


CB400リアホールスプロケダンパー交換

インスタのDMで作業のご相談を頂いていた方からのご依頼で

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (1)CB400リアホイールスプロケハブダンパー

交換作業のご依頼です。

ダンパーゴムは完全に朽ちており

ボロボロになって取れました…。

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (2)アウターカラーは残ったままなので

何時も通り破壊して取外しました。

綺麗に掃除をして、純正新品の

スプロケダンパーを入れて、出来上がり。

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (3)ブレーキドラム側のベアリングが緩く

ポロっと落ちてきたのが少し残念ですが

スプロケットも入れて完成となりました。

これで乗り心地も変わると思います。


京都K様CB400仕上げ作業三日目

探しまくったACGカバーが昨日届いたのですが

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (1)まずはフロントフェンダーを取り外して

再メッキ送りの準備に取り掛かります。

綺麗なフェンダーなのに何故?って事ですが

実はこのフェンダー、Wディスク用に

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (2)ワンオフ加工がされており

まずは取付に問題が無いかを

チェックしてから一旦取り外し

再メッキに出す事になっていたのです。

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (3)勿論Wディスク用フェンダーの

プレス金型は無いので

全て手作りでの加工になります。

これで同じような加工で

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (4)RCフェンダーも量産が出来れば良いなぁ…

見た目は全く違和感が無いので

再メッキをすれば純正品と見紛う位の

出来栄えになっている拘りの一品ですね!

京都K様CB400ACGカバー取り付け (1)再メッキの仕上がりが楽しみです。

で、ACGカバーも届いてきた事なので

早速コイルを入れて仕上げに取り掛かります。

これでエンジンに取り付けて

京都K様CB400ACGカバー取り付け (2)エンジンガードも締め付けが出来ました。

スプロケットカバーはドライブチェーンが

届いてから取付になります。

同じくコーションステッカーも届き

京都K様CB400Aコーションステッカー貼り付け (1)早速貼り付けるのですが

唯一僕の天敵作業なので

結果はご想像にお任せします…。

まぁ自分では上手く貼れたと満足していますが…。

京都K様CB400限定ヨシムラマフラー取付 (1)フロントフェンダーの引取りに合わせて

限定ヨシムラマフラーもお持ち頂いたので

マフラーをエンジンに取り付けました。

その際に今後の作業についてオーナーと相談。

純正キャブレターフルリビルドもご依頼を頂いた事もあり

純正新品や拘りの部品が多いので、仕上がりはまだ当分先になりそうです。


CP20号機CB400F国内408cc組み立て再開

今月中に立ち上げまで済ませたい20号機の組み立て作業を再開。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (1)フレームにステムなどを組み付けました。

整理してあった純正部品ももう

何処にどの部品を入れたのかを忘れたので

一々部品を探さないといけない所からです…。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (2)フロントフォーク用部品が足りないので

立ち上げは早くても今週末になりそうです。

取り合えずハンドルスイッチを組み付けて

ローリング用にステアリングを取付ました。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (3)メインハーネスを這わせて

ハンドルスイッチと接続。

インジケーターも取付が完了しました。

この時点で付いて無い部品は発注漏れです。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (5)ヒューズボックスが何処に行ったのか

分からないのですが、何とか見つかって

ハーネス類も新品を取付ました。

まぁ今日はここまでで一旦終了となります。

フロントフォークの部品が入荷して来たら

サクサクっとローリング出来る様にして作業用リフトに搭載予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月09日

今年こそ忘れない様に!3

今日思い出した今年最初のイベントは1月24日
永遠の27歳である嫁の誕生日!
せっかく思い出したのだから
今年こそ忘れない様に、何かプランを考えておかないと!
奴は余り望み事を言わないので、何が良いかなぁ。
余計なお金を掛けると怒られるしなぁ。
何か良い物無いかな?今時外食も怖いんで
やっぱりプレゼントが良いのかなぁ…。


京都K様CB400仕上げ作業二日目

昨日オーナーと少し打ち合わせをして、テールライトユニットの

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン (1)ゴムパッキンは398後期タイプに

交換する事になり、在庫が1個あったはずなので

朝から部品を探しだして見つけました。

取り合えず部品はあったので

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (1)後で交換する事にして、先に残りの

黒物部品をピックアップして

組み立てて仕舞おうと思い

メインステップの部品を出して来て

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (2)ネジ穴部分の塗装をタップで掃除して

組み立て準備に取り掛かるのですが

ゴム類が届いていないのと

組み立てに必要な部品も届いてない事が分かった。

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (3)仕方が無いのでステップアーム類は

後で取り付ける事にして

ステップバーをフレームに取り付けて

ロアエンジンマウントを締め付けて仕舞います。

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (4)R側も同じくブレーキペダルと

ステップバーを取り付けて締め付けが完了。

ブレーキスイッチも不在なので

ここまでで終了です。

京都K様CB400仕上げ二日目残りの黒物部品達 (1)フロントブレーキ関係はインナーパーツ

マスター、スリーウエイジョイント

圧力スイッチ、ホース、ボルト類が

全然ないのでヘッドライトも取付が出来ません。

京都K様CB400仕上げ二日目純正新品IGC組み立て (1)これで取り合えずは黒物関係は終わったので

電装部品の純正新品のIGCを組み立て。

コイルだけの部品には配線クリップが無いんだね

サクサクっと組み立ててましたが

京都K様CB400仕上げ二日目純正新品IGC組み立て (2)IGCをフレームに取付るボルトも無いので

組み立てだけで終了です。

残りの不足部品の全容も見えて来たので

不足部品をザックリと調べると

キャブはO/H予定ですがその周りのゴム類などの部品と

エアークリーナ周辺部品、ゴム、金属ダクト関係、インレットネット

エアークリナーチャンバー他一式、ブリーザーチャンバー

電装品でレクチファイアー、電源ラインの配線類、ホーン、バッテリー

ハーネスクリップD、全ワイヤー類一式、フロントブレーキ関係部品一式

リアブレーキスイッチ、フロント圧力スイッチ、IGC取付ボルト

スピードユニットステー一式、クラッチケーブルガイド、速度パイロットランプ

ドライブチェーン、キックアーム、ステップ関係一式、シフトペダルゴム

タンクフロントクッションゴム、バッテリーバンド、左右ミラー

シートとタンク、サイドカバーやマフラーなどは打ち合わせ済みですが

マフラーはもう取付が出来るので、何時でも持って来て頂ければOKです。

後は細かいボルト類ですが、それぐらいは何も問題ありません。

キャブ以外この辺の部品が揃えば、1日もあれば完成します。

こちらで準備出来る部品も幾つかありますが、リプロ品も多く

絶版部品も多いので、純正新品てんこ盛り車両に使って良い物なのか…。

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン交換 (1)で、取り合えずテールライトユニットの

ベースパッキンをCB400国内398cc後期の

ベロ付きパッキンに交換して取付ます。

カラーも違う物が入っていたので交換です。

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン交換 (3)はい!これでテールライトユニットの

ベースパッキン交換が完了。

フレーム番号からも後期タイプのゴムで

マッチしていると思います。

京都K様CB400仕上げ二日目チェーンカバーボルト取付 (1)そこへタイミング良く発注していた

不足純正部品が入荷して来たので

チェーンカバー取付用ボルトを取付けて

チェーンカバーの取付が完了。

京都K様CB400仕上げ二日目チェーンカバーボルト取付 (4)後はピリオンステップピンが不在なので

取り付けが出来なかった位で

オーナーから送られてきた部品もかなり減り

残りは予備的な部品が入った箱1個と

京都K様CB400仕上げ二日目残りの部品達 (1)使う小さい箱1個とヘッドライト類一式が

入っているケースだけになりました。

この辺の部品は一番最後になる様な

部品だらけなので、今特に慌てては使いません。

京都K様CB400仕上げ二日目エンジンガード仮付け (1)以前オーナーとお話をしたWディスクの

ブレーキパイプのメッキはどうしようかなぁ…。

取り合えずエンジンガードを仮に取付ました。

ロアエンジンハンガーボルトが短いので

京都K様CB400仕上げ二日目作業終了210109 (1)他の純正ボルトを流用して取付。

フロントエンジンハンガーボルトは

付属のボルトで取り付けました。

クラッチレバーの部品もあったので取付

20号機フレーム組み立て再開準備210109後は部品が無いので

まぁ今日はここまでだな。

明後日からは20号機のフレームを

仕上げにでも取り掛かろうかなぁ。

明日は第二日曜日で定休日なのですが

ご来店のご予約があるので、午前中は出勤します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2021年01月08日

一応本日より仕事始め3

昨日関西医大へ行き、今後の放射線照射についての
お話と、検査及びスケジュール
身体に起こる変化などについて詳しく打ち合わせをしてきました。
放射線照射開始予定日は2月2日から開始予定。
それまでの間に造影剤を入れてのCT撮影と
放射線照射する個所の型取りや歯科受診などがあります。
歯科受診は放射線を照射する事により
歯の付け根が溶けたりすると
歯の治療が出来なくなったりする事があるらしい。
後は放射線を照射する事による障害についての説明で
禿げるかも知れない事やw、味覚障害が起こる事
聞く所によれば、土や粘土を食べている感覚になるらしく
食事も離乳食見たいな物になるかも知れない…。
他は火傷や、唾液が出無くなる事でこれは全て
放射線照射が終われば日にち薬で90%近くは治るらしい。
一応仕事の事もあるので、朝一の計画での放射線照射を希望しておりますが
お店の開店時間が遅れる様になると思いますし
後半、体力的に辛くなれば入院する可能性もあります。
なので、今月中に美味しい物を食べて置こうと思った。


京都K様CB400レストア仕上げ作業1日目

放射線治療が始まる前にと思い、冬期休暇中に作業を進めていた

京都K様CB400スピード、タコメーター取付 (1)京都K様CB400の仕上げ作業に

今日から取り掛かります。

まずは一番目立つ所の純正新品スピードメーターと

タコメーターを取付ました。

京都K様CB400セルモーターOH (1)次にセルモーターを分解掃除して

カーボンブラシを交換するのですが

外側は割と綺麗な状態なので

洗浄だけでのO/Hをします。

京都K様CB400セルモーターOH (2)分解するとやはり、使用回数が少ない個体で

カーボンブラシの摩耗も少なく

このままでも使えるレベルでしたが

せっかくなので中も洗浄してブラシも交換します。

京都K様CB400セルモーターOH (3)これで取り合えずセルモーターの

分解掃除は完了したので

エンジンに取り付けて仕上げて仕舞います。

やっぱり良い状態のベースエンジンでしたね。

京都K様CB400L側仕上げ中 (1)で、L側の仕上げ作業に取り掛かるのですが

店中を探しても見つからないので

ACGカバーがまだ届いてないと思うのですが

取り合えず途中ですがここまでで一旦終了です。

京都K様CB400取り付け用部品チェック (1)次にオイルパンにメッキした

セパレーターを取り付けて

ボルトやガスケットの部品をチェック。

全部揃っているので、これは取付が出来ます。

京都K様CB400取り付け用部品チェック (2)L側の部品もチェック!ACGカバー以外は

全部あるので、これも取り合えずは

揃っていると言う事なので

外付け記憶媒体の画像をチェックした所

京都K様CB400取り付け用部品チェック (3)やっぱりこちらにはまだ届いて無いと思います。

次にオイルフィルターケースと

その周辺部品ですが、フィルターの

スプリングが不在なので

京都K様CB400取り付け用部品チェック (4)CPの在庫から出して組み付けます。

R側クラッチカバーとクラッチなどの部品

これは一式あったので組めるのですが

レリーズカバーが見当たらない?

京都K様CB400R側仕上げ中 (1)何処か一緒にあるはずだと思います。

で、サクサクっとクラッチを組み付けて

後は不足部品が少々と、行方不明部品を

探し出さないと!…。

京都K様CB400オイルパン、フィルターケース取付 (1)オイルパンとオイルフィルターケースも

取り付けが完了しました。

で、思い出したのがブローバイカバーは

見つかったのですが、塗装に出していた?

京都K様CB400取り付け用部品チェック (5)レリーズカバーとACGカバーは

いくら探しても無いし、初めから見て無いので

こちらにはまだ届いてないのかも?

と思っていたのですが…あ!っと思い

京都K様CB400取り付け用部品チェック (6)別の袋に入っていたカバー類を

忘れていた事を思い出したw

当時物ホンダロゴ入りキジマのカバー

でもやっぱりACGカバーは無いなぁ…。

京都K様CB400ブリーザーカバー仕上げ中 (1)まぁ取り合えずブリーザーカバーを

取り付けて、エンジンの仕上げは

8割方仕上がった感じになりました。

そこへタイミング良く発注していた

京都K様CB400ナンバーブラケット用カラー入荷取付 (1)絶版ナンバーブラケット用カラーの

リプロ品が入荷して来たので早速取付。

使うのは3個ですが、送料がもったいないので

4台分を注文しました。

京都K様CB400ナンバーブラケット用カラー入荷取付 (2)このリプロ品のカラーを

ナンバーブラケットの

ダンパーラバーに入れて

ボルトを締め付ければ

京都K様CB400ナンバーブラケット用カラー入荷取付 (3)これでナンバーブラケットは仕上がりました。

後はテールライトユニットゴムを

どうするかを決めて頂ければ

リア回りは仕上がります。

京都K様CB400仕上げ一日目終了210108 (1)取り合えず、今日取付が出来る物は

これで一応全部取付が完了したので

本日の京都K様のCB400レストア

ビルダー作業は、これにて終了です。

不足部品がまだかなりあるので

明日は残りの部品をチェックして組める物を探します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月07日

午後から放射線科受診3

本当なら今日から仕事始めの予定でしたが
午後から放射線科を受診するので
仕事始めは明日からと言う事にしました。
まぁ実際は1月2日から仕事はしてるので
何時が仕事始めだったのかは分かりませんがw
放射線照射が僕の身体に対する影響が未知数なので
お受けしている仕事は、元気な内に済ませて置こうと思って
まぁ結果的にお正月も仕事をしていたと言う事になるんですけどね。
仕事をしている時は痛みも忘れて没頭出来るし
多分僕の免疫力を上げるのはCB400Fourを触っている時が
一番幸せで、楽しいんだと思います。
なので、元気を維持する為にも仕事をさて下さい!


京都K様CB400不足部品取り付けローリング

病院へ行く前に昨日入荷して来た部品を、取り付け作業を済ませます。

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (1)まずはフロント周りの仕上げ作業から

フロントブレーキ用スタッドボルトが

不足していたのでまずはこれを取り付けて

フロント周りを仕上げて仕舞い

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (2)タイヤホイールを取り付けて

ローリング出来る状態に仕上げて仕舞います。

作業用リフトに乗せて仕舞えば

作業効率も上がるし、PITもスペースが

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (3)確保出来るので、次の車両の入庫や

20号機の仕上げも進められますからね。

不足部品はオーナーにも都度報告してあり

供給されている部品には入っていないので

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (4)都度部品をチェックして

不足している部品を発注してますが

少しですが後から箱の下から出て来たり

別便で送られて来た箱に入っていたりもしますが

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (5)その部品も微々たる物なので

待っている方が時間が掛かる為

不足部品はこちらで手配をしています。

これでフロントフォーク関係部品の取付けが完了。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (1)次にフロントフェンダーの不足部品で

フェンダーブレス用純正ロックピースです。

これはパーツリストに部品番号が無いので

独自に純正部品を調べて見つけました。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (2)で、サクサクっとフロントフェンダーの

取り付けがやっと完了しました。

これで後はフロントタイヤホイールを

取り付ければローリング出来る状態になります。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (3)で、先日下拵えをしていた

フロントタイヤホイールを取付ます。

ブレーキ回りの細かい部品も不足していますが

取り合えずはこれでローリングが出来ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (1)その前にマフラーブラケット取付の

ボルトも入荷して来たので

ブラケットを取り付けて

メインスタンドストッパーも取付ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (2)これでメインスタンドを跳ね上げても

フレームに干渉する事も無くなり

安心してローリング出来る様になり

作業用リフトに搭載が出来ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (3)で、作業用リフトの上を片付けて

京都K様CB400を搭載!

ここから先は部品が揃ってさえいれば

掛かっても3日あれば完成するのですが…。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (4)取り合えず不足部品のボルト類を取付て

部品点数を減らします。

シートロック取付ボルト

これでシートロックも取付が完了。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (5)次にインジケーター取付ビス。

キースイッチの芯にセットして

インジケーターの取付が完了です。

これでメーター類も取付が出来るかな?

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (6)仮止めしていたレギュレーターも

ワッシャーが入荷して来たので

これで固定が完了し、後は電源ラインの

ハーネスが届けば、電装関係は終わりです。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (7)絶版のナンバーブラケット用のカラーですが

只今手配中ですが、明日には入荷して来ると

思いますので、入荷次第取り付けます。

テールライトユニットのワッシャーも

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (8)取付たのですが、ベースパッキンは

貴重な398前期物、408タイプが付いており

取付のカラーとの互換性が無いので

隙間がありブラブラになってます。

これもまた相談する事になると思います。


CP20号機CB400F国内408エンジン

多分クランクのダイナミックバランスは早く出来上がると思うのですが

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (1)キャブ用の部品も作ってもらうので

仕上がって届くのは、ちょっと遅れるかな?

取り合えずクランクメタルが入荷したので

アッパーケースとロアケースに取り付けて

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (2)何時でも腰下が組み立て出来る様にと

スタンバイは完了しました。

後はミッションベアリングなどの交換と

ギアー類のチェックを済ませれば

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (3)腰下の下拵えが完了します。

コンロッドも新品のメタルベアリングを

セットしたので、クランクさえ戻って来れば

何時でもエンジンは仕上がる様になってます。

さてソロソロ病院へ行く時間なので、今日はここまでです。

peke_cb400f at 12:30|PermalinkComments(2)

2021年01月06日

明日の営業について3

【明日の営業についてのお知らせ】
本来なら明日が仕事始めの予定でしたが
明日は関西医大にて放射線科受診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


1号機バッテリーメンテナンス

明日からまた寒波がやって来るそうで、中々バイクに乗る機会が少なく

2021年1号機バッテリーメンテナンス (1)気温が上がるまでは乗らないと思うので

またバッテリーが上がってしまいそうです。

なので、乗らない間は充電器を

接続して置こうと思い、車から充電器を下し

2021年1号機バッテリーメンテナンス (2)1号機に接続して放置して置く事にしました。

予防的放射線照射が始まると

66Gyの放射線を照射する事から

味覚障害と、何より火傷でヘルメットが

被れなくなるかも知れないので、暫くバイクに乗るのは

お預けになるかも知れないなぁ…。


駐車禁止除外指定車証期限切れ

てっきり今年の4月に期限が切れて、更新をするつもりだったのですが

駐車禁止除外指定車期限切れ更新 (1)実は去年の4月に期限が切れていた事が判明した

駐車禁止除外指定車証の更新に

今日、枚方警察へ行ってきました。

平成から令和に年号が切り替わって

駐車禁止除外指定車期限切れ更新 (2)すっかりと勘違いをしており

知らずにこのまま使っていたら

無駄に反則金を取られる所でしたが

無事に更新も終わったので

これでまた使える様になりました。


初荷ホンダ純正部品達入荷

今日は定休日ですが、諸々の純正部品達が本日初荷で入荷するので出勤。

20号機CB400F用メタルベアリング入荷210106まずはCB400F国内408cc用

クランク、コンロッドメタルが入荷。

早ければ今月中にはエンジンが

仕上がると思います。

CB400F408ccタイプ用ホーン用ダンパー類入荷210106CB400F408ccタイプ用ホーンステー用

ダンパーラバーとカラーも入荷。

拘りの408用手裏剣カバーも

ボチボチとお買い上げ頂いております。

モンキーZ50J用不足部品入荷210106モンキーZ50J用の不足部品も一部入荷。

これで今月中には形になると思いますが

フロントフェンダーにちょっとした

手違いがあり、完成は遅れる感じです。

京都K様CB400用不足部品諸々入荷210106京都K様CB400用不足部品類も入荷。

この部品全てが京都K様用では無いのですが

これでフロント周りが組めるので

ローリング状態に出来る様に仕上げられます。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2021年01月05日

まだ冬期休暇中、身体慣らし作業3

今朝は昨日と比べるとかなり寒い朝だった。
こんな事なら暖かだった昨日
少しでもバイクに乗って走って来れば良かったと思った。
1号機のバッテリーが上がって無いかと思い
家に帰ってエンジンを掛けてみたけど
バッテリーは上がってはいなかったのですが
今度いつ乗るのか分からないので
念の為充電器を接続して置く事にしました。
春はまだ先だなぁ…


京都K様CB400レストア車組み立て

もう組み立てを開始してから何日が経過しているのかも忘れたな。

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (1)今日まずは昨日持ち込まれた当時物の

セブンスターキャストのブラストと

組み立て作業から取り掛かる事にします。

まずはブラストからですが

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (2)リアと同じく、オリジナル塗装を残して

リムなどをブラストで仕上げ

時間は掛かりましたがフロント側も

割と塗装は綺麗に残りました。

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (3)で、リテーナー部分をリタップ掃除。

カラー類も錆を取って錆止め代わりの

グリスを塗って、ベアリングにも

追加でグリスを入れて

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (4)これでベアリングを手入れした

キャストホイールに組み込みます。

サクサクっとフロント側が完成。

少し傷があったり、塗装が剥がれた部分は

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (5)タッチアップして仕上げました。

同じくリアホールもベアリングを打ち込み

セブンスターホイールのリメイクが完成。

今、本物のセブンスターも結構なお値段だし

京都K様CB400用スピードメーターギアー組み立て (1)BEET初期キャストもとんでもない値段に

跳ね上がっているのを見てビックリです。

次に今レストア中車両用の

スピードメーターギアーを組み立てます。

京都K様CB400用スピードメーターギアー組み立て (2)これもサクサクっと組み立てが完了。

これでフロントホイールの準備が出来ます。

立ち上げに必要なボルトが数本

不足しているのですが、もうここまで来たら

京都K様CB400立ち上げ準備210105 (1)少々強引ですが立ち上げ準備に

取り掛かろうと思い、メインスタンドと

サイドスタンドを取り付けました。

もうスイングアームも取り付けようと思い

京都K様CB400スイングアーム取り付け (2)カラーを手入れして、取付準備に取り掛かります。

まずチェーンカバーにリアサス干渉用の

純正クッションゴムを取り付けて

チェーンカバーとリアサスの防振対策。

京都K様CB400スイングアーム取り付け (3)これを付けて無いとノイズも出るし

何より稀少な減衰付きアルミボディの

コニーリアサスに傷が入るからねぇ。

まぁ強引ですが今日中に立たせるので

京都K様CB400フロントホイール下拵え (1)先に取り付けが出来る物を取付ました。

次にフロントタイヤホイールですが

セブンスターキャストじゃなく

タカサゴのHリムを取り合えずですが

京都K様CB400フロントホイール下拵え (2)仮に取付る事になっているので

タイヤホイール取付の準備なのですが

ディスク裏が塗装されているので

まずはこれを剥がす所から…。

京都K様CB400フロントホイール下拵え (3)これでWディスク用フロントタイヤホイールの

組み立てが完了し、取付準備が整いましたが

フロント周りは不足部品が多いので

フロントタイヤホイールを取り付けるのは

京都K様CB400リアホイール下拵え (1)不足部品が入荷してからになります。

次にリアブレーキドラムを組み立てて

リアタイヤホイールの準備を整えて

取り付け準備をします。

京都K様CB400リアホイール下拵え (3)サクサクっとブレーキドラムを組み立てて

リアタイヤホイールにリメイクされた

純正ドリブンスプロケットを取付て

ブレーキドラムパネルもセットが完了です。

京都K様CB400エンジン搭載 (1)で、フレームを強制的に立ち上げて

リアタイヤホイールを取付ました。

フロントは取り合えず雰囲気だけでもと思い

転がして入れてみましたw

京都K様CB400エンジン搭載 (2)じゃぁここまで出来たんだからと言う事で

フレームの塗装がメラミンなので

しっかりと養生をして

エンジン搭載準備が整いました。

京都K様CB400エンジン搭載 (3)で!何時もの様に

はい

どーん!

エンジン搭載完了!

京都K様CB400エンジン搭載 (4)エンジンマウントボルトを仮に取り付け。

エンジンガードは邪魔なので最後に取付けます。

これで一応ですが京都K様CB400国内398ccが

産まれ立ての子鹿の様に立ち上がりました。

この先は部品が入荷してからかなぁ…エンジンは組めるけど

出来れば先にローリング状態にしたいからねぇ。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2021年01月04日

今日も時間潰し3

昨晩は甥とゲーム三昧でしたが
双六や人生ゲーム的な桃鉄令和版をやって遊んでいましたが
小学校二年生の甥に桃鉄は中々過酷なゲームで
仲良くゲームで遊びたいとか、億単位のお金を稼ぐと言う
次元は中々理解出来ない様で、ゲームを始める前に
拗ねたり、泣いたり、怒ったりしない事を約束したけど
案の定、拗ねて泣いてゲームを放棄したw
仕方が無いので、甥の得意なゲームで対戦するんだけど
僕に操作方法や何をするかを全く教えてくれないと言う
姑息な手段に出てきやがった!
まぁそれでも機嫌良く遊んで、泊まって行ったので良かった。
孫ともこうやって遊べる日が来る事が楽しみだわ。


CB400F国内408cc20号機腰下組み立て準備

昨日クランクの測定を済ませて、メタルベアリングを発注し

CB400F20号機用エンジン腰下下拵え210104 (1)今日は腰下の組み立て下拵え。

ロアケースに部品を入れて組み込み。

これで後はクランクメタルをセットするだけ。

次にアッパーケースの下拵え。

CB400F20号機用エンジン腰下下拵え210104 (2)アッパーケースも具をポイポイっと

放り込んで下拵え。

クランクメタルベアリングは入荷次第

ミッション関係はまた次の時にでも

手入れをする事にして、これで後はクランクのダイナミックバランスが

終わって戻って来れば、腰下の組み立てが出来ます。


京都K様CB400不足部品入荷

セブンスターのリアホイールが割と上手く仕上がったので

京都K様CB400用セブンスターキャストフロント側 (1)フロント側も同じくブラスト仕上げと

ベアリングなどの組み込みもご依頼を頂き

本日持ち込んで頂きました。

オリジナルの風合いを残す事になり

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (1)あえてバフ掛けはやらない方向です。

不足していた部品も一部届いたので

早速組める物を選んで部品チェック!

若干部品が足りないのでスイングアームや

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (2)センタースタンドはまだ取付が出来ません。

リアブレーキロッドとピポットシャフトを

接続して取付準備が整いました。

ロアエンジンハンガーボルトも入荷です。

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (3)フロント周り、クラッチスイッチと

フロントフォークとステムを

締め付けるM8ボルトも入荷して来たので

取り付けてフロントフォークの固定が完了。

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (4)エアークリーナーボックスに

エアーダクトを取り付けて

サイドカバーブラケットも取付て

前後ウインカーも取り付けたので

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (5)メインハーネスを這わせて

ハンドルスイッチの配線を接続し

その他の電装部品も取り付けて接続。

まだ不足部品があるので仮止め個所もありますが

取り付けて行き部品点数を減らして行く事が目的で

最終的に何が無いのかが分かればKOです。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2021年01月02日

暇なので仕事始め3

本当なら今日は母親の誕生日なので
毎年兄弟が集まってのお食事会をするのですが
このコロナ禍の中での今年は中止しました。
今年は例年とは違いお酒も甘酒程度でまだ飲んでいませんw
で、このままだと堕落するだけなので
何かをしようと思って今日からお店に出てますが
特に何もする事が無いわw
7日から通常営業予定で、ご来店のご予約を頂いておりますが
午後から関西医大の放射線科を受診する事をすっかり忘れていたので
ご来店予定の方に連絡を取って時間帯を調整する事にします。


当時物CB400F用セブンスターキャスト

京都K様からのご依頼で、本物の当時物セブンスターキャストの

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (1)スプロケハブダンパー交換のご依頼。

オリジナルペイントを残して

ブラストもご依頼なのですが

年月も経過しており、ホイールの腐食や

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (2)塗料の密着具合にもよるのですが

オリジナルペイントを残すのは

かなり厳しい課題になりそうです。

取り合えずダンパー部分に

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (3)ラスペネを入れ内部に滲みこませ

抜け易い様にします。

塗装部分以外の地肌は全体的に

年月を感じさせられる具合に仕上がっています。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (4)まぁ取り合えずスプロケダンパーを抜くのですが

アウターカラーは緩んでいるけど

ダンパーゴムが完全に朽ちており

インナーカラーとゴムだけが

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (5)何時も通り抜けました。

こうなれば破壊しか手段が無いので

ホイールに傷を付けない様に

ネチネチと破壊して行き取り除きます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (6)後はブラストでオリジナル塗装を

残す方向で、これもまたネチネチと

ブラストを当てて行きました。

塗装が浮いている所は多少剥がれましたが

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (7)それでも割とオリジナル塗装は

残せた方だと思います。

で、まずはベアリングリテーナー部分を

リタップ掃除をして仕上げます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (8)次に今回のメインの依頼である

スプロケハブダンパーを挿入!

毎回同じ事を書きますが

これで乗り心地は全然変わってきます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (9)で、スプロケハブダンパーの交換が完了!

お正月で身体が鈍るので今年の仕事始め

はこんな感じで軽くスタートしました。

明日は何をしようかなぁ。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2)

2020年12月31日

やる事リスト覚書20203

【12月30日現在の作業予定やる事リスト覚書】
エンジンフルO/H  5基  4基  5基  4基  5基  6基  5基(12月26日更新)
エンジン腰上O/H  3基  2基 (7月31日更新)
キャブレターO/H  2基  1基  3基  2基 (12月26日更新)
フルレストア  3台  2台  4台  3台 (12月19日更新)
21号機 国内新規408製作 フレーム塗装送り(6月26日更新)
21号機エンジンフルO/H 部品整備中 (6月26日更新) 
21号機ご成約  (8月1日更新)
21号機登録準備  納車完了  (10月27日更新)
リアディスク公認改造、車検など 1台  (7月1日更新)
通常継続車検 1台(6月現在)終了 (6月26日更新)
7月?日クイック作業予約  2台  1台 (7月16日更新)
8月6日クイック作業予約  1台  
セルモーターリビルド 4個(7月11日更新)
強化オイルポンプ「極み」製作 10個  5個  10個 (12月30日更新)
強化オイルポンプ「極み」5個仕上がり(7月4日更新)
強化オイルポンプ「極み」5個仕上がり(12月12日更新)
ミッション用大流量オイルポンプ製作 30個 
(6月25日30個製作発注、納期3週間〜4週間)

ミッション用大流量オイルポンプ 本体価格¥19.500 (7月30日更新)
398車両販売 商談中 ご成約納車整備 1台(6月26日更新)
398ガラスコーティング完了、納車完了  (8月7日更新)
398買い取り商談  3台  2台(7月14日更新)
逆車408買い取り商談  2台   1台(7月14日更新)
CB350F買い取り商談  1台  (7月14日更新)
CPマフラーYタイプ機械曲げ製作 3D測定完了、金型製作開始(12月12日更新)
RC風フロントフェンダー製作   (試作9月26日更新)
ブロンズメタルヘッドガスケット製作 SUS製試作品完成  (7月10日更新)
ブロンズメタルヘッドガスケット完成  本体価格¥8.000
STDサイズ(各種OS対応)54.5サイズ、500cc以上対応  (7月26日更新)
RSCポイントカバー製作(7月5日現在見積り中)
RSCポイントカバー製作開始(9月8日更新)
RSCポイントカバー1stロット完売  (11月12日更新)
RSCポイントカバー2ndロット製作中、仕上がり未定  (12月3日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cメンテナンス (7月16日完了)
ミツオカ自動車BUBU505-C駆動系修理  (7月20日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第一弾終了  (7月21日更新)  
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第二弾 終了  (8月1日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第三弾 終了  (8月12日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第四弾 終了  (10月29日更新)

408用ホーンステーリプロ品製作  (7月17日更新)
408用ホーンステーパウダーコート塗装送り  (7月26日更新)
408用リプロホーンステー完成 本体価格¥5,000(税抜き) (8月6日更新)
408cc用手裏剣ホーンカバー製作企画   (9月17日)
408cc用手裏剣ホーンカバー試作品完成テスト中  (9月25日)

408cc用手裏剣ホーンカバー完成  (11月5日更新)
408cc用手裏剣ホーンカバー本体価格  未定  近日販売開始
408cc用ホーンASSY手裏剣カバー付き本体価格 ¥19,000(11月6日更新)
クイック作業予約7月18日  1台   (7月20日更新)
逆車国内新規408商談 及び試運転など  7月18日予定 
逆車408買い取り商談8月11日車両引取り  予定  (8月2日更新)
国内408cc 20号機製作開始  近日  塗装送り  (9月17日更新)
国内408cc 20号機商談中  (9月17日更新)
旧CP1号レーサー改め24号機組み立て  (9月15日)
旧CP1号レーサー改め24号機登録準備  (10月29日更新)
モンキーZ50Jフルレストア開始  (9月19日)
レストアベース国内408cc買い取り商談  (9月29日)
国内398ccF2買い取り11月8日車両引取り  (11月7日更新)

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月29日

家族会議3

昨晩勤務を終えた息子が実家の我が家に帰って来て
久しぶりに家族三人での食事をしました。
今までこれが当たり前だった日々の事を思い出しながら
この先の治療について、息子と話し合う事も出来たし
今回僕の病気について自分なりに色々と調べてくれたみたいで
予防的放射線照射のメリットについても説明をしてくれた。
予防的放射線照射をするメリット>放射線照射をしないデメリット
予後癌転移確率の低下>再発転移の可能性
放射線照射による影響、デメリット>火傷や入院加療などのデメリット
そういう事を詳しく教えてくれたので
放射線照射をして積極治療に前向きになれました。
また一方で5年先の事、残された嫁の事、自宅をどう処分するかや
万が一の時、延命治療はしなくても良いと言う事を伝えました。
息子は「まぁ、それは転移が見つかってからでもいいんとちゃうん」
と言う事でしたが、レオ15歳、ちゃP14歳、誠司56歳この中で
誰が先に逝くかと言う話になり、そこは誠司だと嫁は言っていた事が
やっぱり嫁らしいと思いながら、ムカついたw


京都K様CB400フレーム組み立て

エンジン組み立てが終わったので、年末追い込み営業で

京都K様CB400スイングアーム組み立て201229 (1)今日から本格的にフレーム組み立て作業に

取り掛かっておりますが

既にこの時点で肝心な部品類が無いので

フレームを立ち上げる事が出来ない感じです。

京都K様CB400スイングアーム組み立て201229 (2)まずスイングアームを仕上げるのですが

ピポットブッシュが入る所の錆が酷く

錆取りに苦労しましたが

何とか磨き倒してブッシュを圧入。

京都K様CB400スイングアーム組み立て201229 (3)これでスイングアームの準備は

整ったのですが、肝になるカラーが無いので

フレームに取り付ける事が出来ませんし

ピポットシャフトのワッシャーも見当たりません。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (1)取り合えずフレームに取り付けれる物を

先に取り付けてしまう事にして

エアークリナーボックスを取付ましたが

ここも小さな部品が1個不足してます。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (2)取り合えず目に入ったエンジンハンガーの

ボルト類を取り付けましたが

長いロアマウントボルトが不在のようで

センタースタンドなどの部品も不在です。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (3)フレームにボトムレースを打ち込む時に

気が付いたのですが、これもよくある事で

このハンドルストッパーが

捲れ上がっていた事です。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (4)僕の所で塗装に出す時には

こう言ったダメージの有無を確認し

悪ければ修正してから塗装に出します。

まぁ幸いにも今回は大丈夫そうです。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (5)ベアリングを入れてステムをセットし

締め付けをバネ測りでチェックして

ステムの取付は完了したので

トップブリッジも取付ました。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (6)サイドスタンドやセンタースタンドの

取り付け用部品も無いのですが

サイドスタンドのコの字受けが開いてました。

こう言うのも本来CPでは塗装前に

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (7)修正してから塗装に出すのですが…

何とか塗装を傷めずに、開いていた受けの

隙間を縮める事が出来ました。

肝心な一点物純正部品が無いので

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (8)フレームの組み立てもここまでしか出来ず

予定は大幅に狂ってしまいました。

ちょっとした純正部品は持っているので

店から出せば良いのですが

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (9)特殊な部品になると在庫切れも多く

リアブレーキアームとピポットを連結する

ピンやスプリットピンの在庫は

探せばあると思いますが、探す方が大変なので

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (1)部品の組み立てもここまでで終了!

次に組める物はフロントフォークしか

組める物が無いので、部品を確認してから

取り合えずフロントフォークを

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (2)組み立てる事にしました。

純正オリジナル風で仕上げた

イタリア製Wディスク用アウターケースに

インナーチューブを入れて組み立てが完了。

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (3)仕上げに傷が入らない様に

しっかりと養生をしてあります。

で、フォークオイルを入れて

フロントフォークの組み立てが完了。

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (4)組み立てた物の置き場所に困り

取付ボルトが見つからないのですが

取り合えずフレームに仮付けまで済ませて

これ以上の作業は出来ない所までは

出来上がったので、本年の組み立て作業はここまでで終了です。

今まで全ての部品持ち込み車両のビルダー作業で

全部部品が揃っていると言われ、全て揃っていた例は過去一度も無く

部品を探す方の仕事量が多いのは間違いないw


年末追い込み強制労働四日目

通常営業での強制労働も今日が最終日となり

モンキーZ50J外装関係仕上げ201229 (1)明日から冬期休暇に入るのですが

強制労働予備日になっているので

そういう意味では余裕はあります。

で、今日はモンキーZ50Jの仕上げ作業ですが

モンキーZ50J外装関係仕上げ201229 (2)ここに来て細かい部品の発注漏れが

色々と出て来たので、完全に仕上がるのは

来年発注漏れ部品が入荷してからに

なる事が確定となりました。

モンキーZ50J外装関係仕上げ201229 (3)その上フロントフェンダーの再メッキが

下地処理の状態で戻ってきていると言う罠!

まぁ年末のこの時期にどうあがいても、

もう無理だわなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月28日

年末追い込み強制労働三日目3

2020年最後の日曜日の昨日は
遠方から沢山の方がCPにご訪問下さりとてもありがたく思い
僕の元気な顔を見て頂く事が出来て良かったと思います。
この先の事は、神のみぞ知る事ですが
人間には限りがある命があるからこそ
その日までの生き方が大事なんだと思います。
なので、これから僕が生きる為に出来る事をして行きます。
免疫力を上げる為に、楽しく仕事をして楽しく遊びます。
今晩息子も仕事が終わったら姫路から帰って来るので
取り合えず5年先の事について家族会議をする予定です。


名古屋I様CB400登録、納車

今朝は早朝に大阪を出発して、中部陸運支局まで一っ走り!

名古屋I様CB400登録納車201228 (1)8時過ぎに到着し、窓口が開くまで

ボーっとして時間潰し…。

まぁこれも予定通りなので問題無し。

今年最後の営業日の中部陸事も

名古屋I様CB400登録納車201228 (2)人が少なくガラガラだったので

年末最後だからそんなに人も居ないのかと

思っていたのですが、開店時間が迫って来ると

ドンドンと人が集まり出して

名古屋I様CB400登録納車201228 (3)まさに「密」状態!コロナ禍カオスでしたが

重量税の印紙購入と、受付が早かったので

サクサクっと書類が出来上がりました。

なので、こんな場所からはサッサと離れて

名古屋I様CB400登録納車201228 (4)オーナーの所まで一っ走りして

納車を済ませてきました。

と言う事で今日が2020年最後の登録、納車です。

CB400国内新規398登録、セミレストア

これにて完遂致しました。


モンキーZ50J組み立て三日目

年末追い込み強制労働三日目の小金持ちの自由人君の作業も

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (1)今日で三日目となりました。

昨晩エンジン組み立て完了後に

フレーム関係の部品チェックを済ませていた

小金持ちの自由人君。

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (2)僕が名古屋から戻って来ると

今日も朝からちゃんと作業をやっていた。

特に手伝う事も無いので

この後は取り合えず放置プレーですが

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (3)絶版部品や発注漏れの純正部品が

ポロポロと出て来た感じでらしいけど

今の所何とか組み立ては出来る状態です。

フロントフォークとステムを組み立てて

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (4)足回りをセットして行きます。

純正のリアサスは廃盤なので

取り合えずオリジナルのまま使います。

これでエンジン搭載準備も整った所で

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (7)どーん?スッと?

エンジン搭載完了?フレーム搭載完了?

これで後はスタンドを取り付けて

前後のタイヤを取り付ければモンキーZ50Jが

自立する所まで出来上がりなのですが、今日はここまでで終了。

部品代や再メッキバフ代などを嫁が計算したら

50万を超えていたので、嫁は少しお怒りモード…

まぁ中途半端にレストアしても勿体無いからねぇ。


コンプレッサー室に照明設置

以前コンプレッサー室に部品棚を作ってから思っていた事で

コンプレッサー室照明設置 (1)部品を探す時に照明が無いので

照明が無いと、何かと苦労する事から

弟が居る内にこのコンプレッサー室に

照明を付けて貰う事にしました。

コンプレッサー室照明設置 (2)照明器具は余っていたので、それを取り付けて

VA線とスイッチボックスを近くの

ホームセンターコーナンで購入してきました。

照明器具はサクサクっと取付が完了したのですが

コンプレッサー室照明設置 (3)コンプレッサー室には200Vしか無いので

VAで露出外線を引き、這わせて

コンプレッサー室に100Vを引き込み

設置したスイッチBOXに接続すれば

コンプレッサー室照明設置 (4)ほーぅら!コンプレッサー室が

こんなに明るくなりました。

これで部品を探す時に苦労する事は

無くなるので、これはかなり良い!


京都K様CB400フレーム組み立て準備

殆どの部品はオーナーからの提供部品で、塗装もオーナー拘りの

京都K様CB400フレーム組み立て準備部品チェック201228 (1)メラミン焼き付け塗装になっており

僕はその提供された部品を使って

組み立てるビルダー作業なので

まずはフレームを立ち上げる為に必要な

京都K様CB400フレーム組み立て準備部品チェック201228 (2)部品を拾い出してチェックをしました。

数点不足している部品はあるので

それに関してはCPから出す事になってます。

取り合えずロアダンパーもついでに取り外して

京都K様CB400フレーム組み立て準備部品チェック201228 (3)ピポットブッシュも取付しようと思って

CP製SSTでダンパーを取り外したのですが

塗装の塗りムラが酷いのでタッチペンで補修…。

あぁ…そう言えばスイングアームの

センターカラーも無いなぁ…これでやる気が失せたので、今日はここまで

モンキーZ50Jが小さいくせに作業スペースを広く取っているので

このお正月の間にでも立ち上げる事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月25日

無法状態のサンタクロース達3

昨晩の帰り際に何時も通り駐車場から車を
バックさせようとしていると
結構な速度でサンタクロースが乗った三輪バイクが
僕の後ろを通過した!
何時も通りの勢いで車をバックさせていたら…
プレゼントをもらえない処か、余計なプレゼントをもらう所だった。
で、自宅に向かい走る道中の橋の上で
同じような三輪バイクに乗ったサンタクロースが
ひっくり返っていた…三輪バイクでもコケるんだなぁと思った。
全く迷惑なサンタクロースだらけだったわ!
でも、孫の所にもサンタさんがやって来たみたいで
沢山のおもちゃをもらって喜んでいる姿がたまらなく可愛い!
自宅に帰り食後に案の定ケーキが出て来たけど
バタークリームケーキだったので、胃にもたれて1/4しか食べられなかったわw
でも後何回クリスマスを迎えれるのかとしみじみ思った。

 
20号機CB400F国内408エンジン下拵え

まぁ販売用の車両を作る時間も余り無いのですが

20号機CB400F国内408エンジンスタッドボルト取付空いた時間を使って、少しずつエンジンを

組み立てて行っている状態で

塗装が終わったアッパーケースに

スタッドボルトを立てました。

20号機用エンジンケース下拵え (1)後は時間さえあれば

サクサクっと出来上がるのですが

まぁ2021年内中には完成すると思います…。

取り合えずエンジンケースや

20号機用エンジンケース下拵え (2)カバー類を整備して

オリジナル風の塗装で仕上げようと思い

部品整備を始めました。

せっかくの国内物なので

20号機用エンジンケース下拵え (3)ちょっと拘って作ろうと思っていますが

まだ今ならオーダーは可能なので

仕様のご相談は可能です。

ご相談が無い場合は僕の好みで仕上げます。

CB400F国内398ccF2、3オーナー、型式、類別枠内の車両も

2021年内には出来上がるかなぁ…。


名古屋I号CB400車検登録

11月にフレーム組み換え作業でお預かりし

名古屋I様CB400予備車検登録完了201225部品交換や不具合を直しつつ、入院手術もあり

分解から組み立てまで実質の作業時間は

1週間程度で、本日予備検を受けに寝屋川へ行き

無事に予備検が通ったので、納車準備。

陸事最終営業日の28日(月曜日)に登録納車に

名古屋までとんぼ返りで行ってきます。


本日のご来店

中型免許を取得した小金持ちの自由人君がご来店w

中型二輪免許取得小金持ちの自由人君ご来店201225 (1)愛車のカブを原付から51cc以上の

原付二種登録にして欲しいとご来店。

そんな事よりもモンキーを組み立てろ!

と言う話で、明日から作業に掛かるらしい。

中型二輪免許取得小金持ちの自由人君ご来店201225 (2)取り合えず今日中にナンバーを返納してから

販売証明で88cc登録に切り替える事になり

必要な書類を揃えて、月曜日には原付二種で

登録をする事になりました。

これでスピード違反で検挙されるリスクは減ったけど

今度は音量規制で止められるだろうから

任意捜査を拒否する強い心と、その場から直ぐに開放される知恵を伝授しました。

逆輸入車のCB400Fの場合だと音量測定を拒否するのはもっと簡単で

本当なら車検証に製造年月日が入っている事がベストなんだけど

登録時の車検証によっては本来記載されるべき

平成11年6月30日以前に製造された物や、製造年が入っていない物があるのですが

これはメーカー側から言わせれば、所管の陸運事務局の職務怠慢だとの事。

で、初年度が平成11年以降になっている車両はそう言う意味では特に面倒。

でも、1974年に型式認定を受けている事は間違い無いないので

メーカーに問い合わせてくれと言っても良いし

逆輸入車の当時の音量測定方法の基準として

無音で20m離れて測定する事が条件になるのですが

恐らく相手も中々引き下がらないと思うので

基本的に任意捜査には協力しないと言う方向がベストです。

他にも色々とその場から離れる方法もありますが

でもまぁ、違反を助長するつもりは無くて

ただ違法な取り締まりに対しての対抗措置だと思って下さい。

明らかにダメな物はダメなので、そこは大人の対応で諦めて下さい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月19日

無宗教と言う宗教3

昨日は急遽お店を早仕舞いして
名古屋までとんぼ返りの思い出作りの一人旅。
少し時間もあったので、せっかく名古屋へ来たんだからと
アニーズさんへ寄って、無事に生還した事のご報告を済ませて
用事を済ませてから、風来坊でプチ忘年会。
風来坊もコロナの影響で昨日から時短営業だったので
30分位しか楽しめなかったけど
帰りはハンドルキーパーもいたので
安心して、久しぶりの生中を5杯位は飲んだと思いますが
久しぶりなのに相変わらず全然酔っ払わなかったw
でも楽しい思い出作りが出来ました。


ロザリオ風天然石ネックレス

別に信仰しているような宗教は無いのですが

パワーストーン天然石ネックレスのお守り製作201218 (1)何か急に思い立って天然石66個を使って

ロザリオ風ネックレスを作ってみた。

本当は先端に18金の六芒星の

ペンダントトップを付けようと思ってたけど

何処に行ったのか分からなかったので適当な物を付けてみました。

ロザリオ風天然石ネックレスには万能の石クラック水晶をメインに

ブルー、レッドなどのタイガーアイや

パワーストーン天然石ネックレスのお守り製作201218 (2)星星天珠、カルサイト、、スモーキー

ターコイズ、アメジスト、ルチルなど色々な石を

インスピレーションで並べて作ってみました。

で、浄化中、66個と言う数も色んな意味を

パワーストーン天然石ネックレスのお守り製作201218 (3)自分なりに良い方に解釈を考えました。

風水では6と言う数字の意味には

深い物があるらしく、五感に加えての第六感

6をひっくり返せば9になりまた別の意味にもなる

と言う自分勝手な解釈ですが、信じるか信じないかは貴方次第w


大阪H様CB400F継続検査整備現状復旧完了

昨日継続車検を受けてきた大阪H様のCB400Fの

大阪H様CB400F継続車検整備現状復旧完了201219 (1)現状復旧作業の続きから開始。

バッ直配線を取り外して

H4ヘッドライト車検用シビエから

提灯ヘッドライトへの現状復旧。

大阪H様CB400F継続車検整備現状復旧完了201219 (2)これで全ての作業が終わったのですが

クラッチが滑り始めているので

次のオイル交換の時にでも

クラッチ交換をお勧めする事にします。

もっと早くに分かっていれば良かったのですが…。


大阪N様CB40F用純正キャブレターリビルド

やはり放置していると忘れている事が多くなるので

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド作業二日目 (1)やる時には集中してやらないと…

で、今日は本気で集中してやろうと思い

再メッキした部品から必要な部品を取り出して

キャブレター本体に組み付けようとしたのですが

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド作業二日目 (2)どうやらキャブレター本体の洗浄すら

する事を忘れていたようだったので

大急ぎで洗浄をするのですが

粉末パーツクリーナーと熱湯を

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド作業二日目 (3)バケツに注いだだけでも

汚れがかなり浮き上がってきた…。

と言う分けで、今日のキャブレター組み立て作業は

ここで心が折れて終了、洗浄だけ済ませて

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド作業二日目 (4)乾燥を終わらせてから組み立てる事にします。

手洗い洗浄でこんなにも汚れが落ちました。

これで後は水洗いをしてエアブローと

自然乾燥が終わってから

何とか23日までには仕上げたいと思っています。

名古屋I様CB400ワイヤーとクラッチ交換

スピードメーターワイヤーだと思い込んでいたメーターワイヤーが

名古屋I様CB400ワイヤー類交換 (1)ロングタコメーターワイヤーだった…。

なのでスピードメーターワイヤーは交換せず

STDサイズのタコメーターワイヤーと

アクセルとクラッチワイヤーだけを

名古屋I様CB400ワイヤー類交換 (2)交換する事にしたのですが

取り外してから交換するワイヤーの

長さを確認したら、ワイヤーにはSTDの印が…

長さも比較してみた所やはり短かったので

名古屋I様CB400ワイヤー類交換 (3)F1ハンドル用だと言う事で

結局STDのタコメーターワイヤーだけ

交換する事になった…持ち込まれた部品だったで

まさかそんな事はと思っていたので

名古屋I様CB400CRキャブワイヤー取り付け方法加工 (1)ワイヤーの長さを確認する事を

していなかったと言う失敗でしたw

まぁ仕方が無いので現状復旧をして

CRキャブを取付て、一先ずワイヤー交換作業は

名古屋I様CB400CRキャブワイヤー取り付け方法加工 (2)また今度と言う事にしておくのですが

CRキャブの引き側ワイヤーが

純正タイプのワイヤーなので

固定が出来ないので、ナットを加工して

名古屋I様CB400CRキャブワイヤー取り付け方法加工 (3)純正ナットを加工し割りナットを作り

引き側のワイヤーを固定します。

これでワイヤーが脱落したり

遊びが大きくなるような事はありません。

名古屋I様CB400CRキャブワイヤー取り付け方法加工 (4)ついでにレデューサーの位置も変更。

ブリーザーホースが細かった事や

取り付け位置も少々不憫な位置に付いていたので

ホースを交換してダイレクトで大気開放です。

名古屋I様CB400CRキャブワイヤー取り付け方法加工 (5)CRキャブも取り付けが完了して

今まで遊びがちだったワイヤーも

これでしっかりと固定が出来ました。

せっかくのセミレストアですから

名古屋I様CB400クラッチ交換 (1)気が付いたネガティブな所は修正して行きます。

で、以前クラッチを交換したのは

2016年10月14日なので約4年になり

殆ど乗っていないはずですが

名古屋I様CB400クラッチ交換 (2)今回保全的にクラッチを交換する事に。

カバーを取り外してクラッチを分解して

プレートなどの交換が完了しました。

これでエンジンオイルを入れるのですが

名古屋I様CB400一先ず完成201219 (1)バッテリーのサルフェーションが

終わらないので、取り合えず通常充電中。

なので火入れは明日以降になるかな?

書類関係の受付は年末は15日までだったので

既に提出済みなので、審査が終われば年内には登録が出来るはずです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月17日

年末のクソ忙しい時期に三連休の弟3

最近急に寒くなりましたねぇ
バイク通勤ももう指先が痛くなってきましたw
天気予報では今年は雪が多く降るらしいので
弟が居る内に、ハイエースのタイヤを
スタッドレスに交換しようと思っていますが
色々と忙しいので、まぁ週末から来週ぐらいには
スタッドレスに交換しようと思っています。


男は黙って六四分け201216

入院前に理髪店へ行き髪を整えて、手術の為髭も剃ってから

201216男は黙って六四分け早くも1ヵ月が経とうとしている師走の昨日。

伸びた髪を整えに、何時の理髪店へ行き

何時もの男は黙って六四分け!

で、また髭を伸ばす事にしました。

何か1ヵ月前と比べると、顔が少し痩せたかなぁ…。


大阪H様CB400F部品入荷仕上げ

弟が昨日の定休日を含めて明日も休みなので三連休になり

大阪H様CB400Fフロントブレーキ仕上げ201217大幅に作業予定を変更する事になりました。

まずは明日継続車検へ行く予定の

大阪H様CB400Fの固着していた

フロントブレーキ部品が入荷して来たので

大阪H様CB400F継続車検準備完了201217仕上げ作業に取り掛かります。

まさかのフロントブレーキパットまで

交換する事になってしまったこの車両。

早速フロントブレーキを仕上げて

継続車検の準備が完了したので

これで明日、金曜日に継続車検を受けに行く事が出来ます。


名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目

仕事の打ち合わせをして、予定では今日火入れまでやる予定だったのですが…

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (1)まだまだ他にやる事が沢山あるのに

何の為の打ち合わせ、段取りなんだか…

ムカつきながら、まぁ何時も通り一人で作業。

名古屋I様のCB400エンジンのオイルパンに

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (2)艶が無かったので、セパレーターを取り外し

ブラストで仕上げて、セパレーターも

メッキした物に交換して取付ました。

ACGとオイルパンとオイルフィルターケースの

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (3)取り付けが完了しました。

これでエンジンの残りの仕上げは

細々した部品を取り付けるだけとなりました。

そう言えばバッテリーの準備をていなかったので

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (4)急いでサルフェーション充電をしている間に

ドライブチェーンを張って

スプロケカバーとステップも取付たので

L側の作業も完了しました。

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (5)ブリーザーカバー、IGCを取り付けて

レデューサーのホースを交換して

大気開放するルートも変更しておきました。

当時物ヨシムラ手曲げマフラーも

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (6)取り付けが完了しました。

後はエンジンオイルを入れて

CRキャブを取付れば火入れが出来る

状態なのですが、ワイヤー類を新品に

交換するのかをちゃんと聞いて無かったので本日はここまでで終了です。

弟が居なくても、何時もこんな感じで一人でも作業を進められていたので

当てにするからムカつきます…もうここまで来ればほぼ完成です。


量産型強化オイルポンプ「極み」4,5ロット目

年末セール中の強化オイルポンプ「極み」が残り僅かになったので

量産型強化オイルポンプ「極み」4 (1)大急ぎで4,5ロット目の製作に

取り掛かってますが、もう年内の完成は

厳しい状態だと思います。

加工するのはオイルポンプローターハウジングと

量産型強化オイルポンプ「極み」4 (2)心臓部になるインナーローターに

ピンを入れる溝を放電加工します。

なので年内の完成はかなり厳しい状態で

やはり年末セールに追加での在庫は

間に合わないと思いますので、在庫が完売した時点でセールは終了となります。


大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド準備

慌てなくても良いよと言われてかなり前からお預かりしていた

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド準備CB400F用純正キャブレターの

リビルドなんですが、既に準備は整っており

純正部品も揃えてあり、再メッキも済んでいます。

後は集中する時間だけがなかったので

明日集中する時間を作って仕上げる事にします。

遅くなって申し訳御座いません。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月12日

明後日は審判の日3

腫瘍摘出手術から20日以上が経過し
傷口の状態も良くなりましたが
耳下と顎下に今までとは違う痛み、違和感を感じる様になりました。
で、明後日12月14日(月曜日)に摘出した腫瘍及び
リンパ節の病理検査結果を予定通り嫁と二人で聞きに行きます。
仮に今転移が見られないとしても、今後再発や
既に遠隔転移している可能性もあり
今後3か月毎の全身検索や予防的放射線治療は
基本的に、絶対にやって行かないと行けないのは決定事項です。
もし、転移が認められた場合でも基本は同じで
それ以上は何も出来ません。
なので本当に高悪性唾液腺導管癌(SDC)の場合
これと言った抗がん剤も無いのですが
以下のスコアによっては、SDC用抗がん剤では無いので
保険適応外になりますが、何とかなると言う論文もあります。
AR(アンドロゲン受容体)HER-2(人上皮増殖因子受容体2型)
ER(エストロゲン受容体)PR(プロゲステン受容体)などの
スコアが高ければ、前立腺がんや、乳がんなどの抗がん剤も
保険適用外ですが使える可能性があるらしい。
現在のT,N,M分類はT:3,N:0,M0でステージ靴箸覆辰討い泙垢
これ以上ステージが上がらない事を願うだけです。
また放射線治療や、仮に抗がん剤治療が始まれば
仕事をどうするのかなども考えないといけなくなるのかも…。


大阪H様CB400F継続車検準備

まだフロントブレーキ関係の部品は入荷して来ていませんが

大阪H様CB400F継続車検ヘッドライト交換201212 (1)継続車検の準備の為、ヘッドライトを提灯から

H4のシビエとバッ直配線を仮敷設し

継続車検の準備をしておきます。

まぁ何時も通りの作業ですね。

大阪H様CB400F継続車検ヘッドライト交換201212 (2)提灯ヘッドライトを取り外して

バッ直配線を仮敷設し

切り替えスイッチを取り付けて

これで準備が完了しました。

大阪H様CB400F継続車検ヘッドライト交換201212 (3)H4バルブのシビエを取り付け。

これで光量もUPしたので

車検は問題無く通ります。

後はブレーキ回りの部品入荷待ちとなりました。


本日は2台納車

京都H様のCB400F継続車検とレアパーツ盛りだくさんの

ジャイアン号納車201212神戸ジャイアン号のCB400一応の初回点検。

本日無事に納車が出来ました。

ジャイアン号のセブンスターは

本物の当時物セブンスターキャストで

その他ふんだんにレアパーツを使って仕上げた車両になります。

ジャイアンがフォアに乗って帰る姿を見た嫁が

「モンキーに乗ってるみたいw」とつぶやいてましたw


強化オイルポンプ「極み」2020年末セール

量産型強化オイルポンプ「極み」の3ロット目の加工が仕上がって

強化オイルポンプ「極み」5個限定年末セール20201212 (1)戻ってきたので早速組み立てに取り掛かります。

組み立てながら思ったのが

この先このオイルポンプを

後何個作れるのかが分からないので

強化オイルポンプ「極み」5個限定年末セール20201212 (2)このオイルポンプを少しでも

多くのオーナーに使ってもらいたいと思い

今回願掛けの願い、意味も込めて

2020年末セールをする事にしました。

5個限定販売、(Oリング付き)売り切れ終了です。

受付開始日は明後日月曜日午前10時から、2020年12月28日19時までの

2週間限定で電話でのみの受付になります。
カスタムパラノイア(072-380-9715)
価格61,000+消費税+送料となります。

ミッション用大流量オイルポンプを同時にご注文頂けると

組み換え無料サービスです。

強化オイルポンプ「極み」5個限定年末セール20201212 (3)この時期だとオイルクーラー装着車両は

冷え過ぎ注意です。

この機会に如何でしょうか。

年内はもう5個作る事は出来ないと思いますが

一応加工に出す為に、加工ベースを5個ブラスト仕上げしました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2020年12月11日

弟年内でCP卒業3

手伝いをしてくれていた弟が年内で手伝いを終えて
京都市内の某会社に経験値や資格、バックボーンなどから
年齢の割に好待遇で採用される事が決まったらしい
数か月一緒に仕事をし、その間に今回の病気が判明し
僕が入院している間に業務をこなしてくれた弟。
このタイミングで弟と仕事をして
久しぶりに一緒に沢山遊べた事は偶然では無く
必然だったのかも知れないような気がします。
心配なのはマイペースな所と、喋り過ぎる所だなw
本当はこのままCPで仕事を覚えてもらい
僕の次を見てもらいたかったのですがそれは叶わなかった。
この先CPの看板がどうなるかはまだ分かりません。


BUBU505-Cブレーキ不具合修理

先週末、走行中にブレーキが利かなくなり危うく突っ込む所だったのが

BUBU505‐Cリアブレーキパイプ破損修理 (1)先日不具合が認められた左後輪を

取外して原因を調査した結果

ブレーキパイプ配管からフルードが

漏れて流れ出している事が判明したので

BUBU505‐Cリアブレーキパイプ破損修理 (2)ブレーキパイプを取り外してチェックした所

配管のフレア加工部分が断裂しており

そこからブレーキフルードが漏れた事が判明。

30年位の付き合いがある近所のブレーキ屋さんで

BUBU505‐Cリアブレーキパイプ破損修理 (3)配管のフレア加工をやってもらい

昨日無事に復旧しました。

これが断裂したブレーキパイプのフレア部分。

こんな所が断裂したのは初めてで

アフターパーツも無いので、現物を修理、フレア加工をしてもらいました。

終活をするので手放そうと思っていた時にこんな事になって

BUBU505-Cがへそを曲げているのかな?


大阪H様CB400Fタイヤホイール交換継続車検準備

CB400Fのタイヤキャストホイールの準備も整い

大阪H様CB400Fキャストホイール交換201211 (1)不足していた純正部品も入荷して来たので

交換取付作業に取り掛かります。

その前にホイールバランスを

チェックするのを忘れていたので

大阪H様CB400Fキャストホイール交換201211 (2)バランスチェックから開始です。

やはりフロント側は前回と同じ位

バランスが悪く、ウエイトを30gも貼り

バランスが取れました。

大阪H様CB400Fキャストホイール交換201211 (3)リアは15gのウエイトで済んだので

精度はまぁ良い方でした。

これでタイヤホイールのバランスも取れたので

交換準備に取り掛かります。

大阪H様CB400Fキャストホイール交換201211 (4)サクサクっとリアタイアホイールを取り外し

ドリブンスプロケットを交換。

危険なキャストの方のフィキシングボルトは

サイズが小さくて使えないので純正新品に交換

大阪H様CB400FフロントブレーキキャリパーOH部品交換 (1)リアタイヤホイールの交換が完了しました。

続いてフロントタイヤホイールを取り外し

引き摺って固着している

フロントブレーキキャリパーをO/H

大阪H様CB400FフロントブレーキキャリパーOH部品交換 (2)ピストンを押し出してみるとやはり

嫌な錆痕がありました。

で、ブレーキパットはと言うと

ご覧の様な有様でフルード沁み沁みで

大阪H様CB400FフロントブレーキキャリパーOH部品交換 (3)使い物にならない状態になっています。

ブレーキパットの在庫が1セットしか

無かったので、大急ぎで発注しましたが

もう週末なので、火曜日以降になりました…。

大阪H様CB400FフロントブレーキキャリパーOH部品交換 (4)ピストンを取り出してみましたが

目立つような錆や傷も無く

左右共このまま使えそうなので

今回は交換せずに使う事にします。

大阪H様CB400FフロントブレーキキャリパーOH部品交換 (5)でもシールはもうダメなので

シールとブレーキパットは新品に交換します。

これで取り合えずキャリパーを掃除して

シールを交換してピストンを入れ

大阪H様CB400FフロントブレーキキャリパーOH部品交換 (6)後はパットの入荷待ちとなりました。

今日のブレーキのO/Hは残念ながら

ここまでで終了となりましたが

フロントタイヤホイールはセット出来るので

大阪H様CB400Fキャストホイール交換201211 (5)ディスクやアクスルシャフト関係を

ハヤシキャストに移設して

ローリング出来る様に仕上げるのですが

何だかデジャブの様にこのディスクも

大阪H様CB400Fキャストホイール交換201211 (6)やっつけ塗装がされていたので

これも塗装を剥がしてから

ハヤシキャストに部品を移設して

フロントフォークにタイヤホイールを

大阪H様CB400Fオイル漏れ調査 (1)取り付けて、キャストホイール交換作業は

これにて完了しました。

後はブレーキパット入荷待ちです。

で、次にシフトシャフト付近からの

大阪H様CB400Fオイル漏れ調査 (2)オイル滲み調査に取り掛かります。

オイルシールホルダーには

乳化したエンジンオイルが付着していますが

メインシャフトのブラインド付近も

大阪H様CB400Fオイル漏れ調査 (3)オイリーな感じになっているので

オイル漏れ箇所を特定する事にして

ドライブスプロケットを取り外し

怪しい所に現像液をぶっ掛けて

大阪H様CB400Fオイル漏れ調査 (4)オイル滲み個所を特定する事にしました。

念の為エンジンを掛けてオイルを温めて

滲み個所が他に無いかもチェック!

既にシフトシャフトのオイルシールから

大阪H様CB400Fオイル漏れ調査 (6)オイル滲みが出ているのですが

どうやら外側よりもオイルシールの

リップ部分からの滲みだと言う事が

分かったので、やっぱりシフトシャフトの

大阪H様CB400Fオイル漏れ調査 (7)オイルシールを交換する事にしました。

多分数年前にオイルシールホルダーを

入れた時にも交換をしているはずなのですが

乗らない事によりオイルシールが硬化して

大阪H様CB400Fオイル漏れ調査 (8)リップ部分からオイルが

滲み出したのだと思います。

やっぱり乗る事もメンテナンスになるので

細目に乗ってあげて下さい。

大阪H様CB400Fキャストホイール交換201211 (7)継続車検も来週初めの予定だったのが

純正部品の在庫が無かったので

来週末位に延期になりました。

ちょっとPITの予定が狂ったかなぁ…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年12月10日

冬期休暇年末年始のお知らせ3

【年末年始の営業についてのお知らせ】
2020日年本年の年末営業日について
12月29日(火曜日)が仕事納めとなり
12月30日(水曜日)から予定では
2021年1月6日(水曜日)までか冬期休暇を予定していますが
来週月曜日の病理検査次第によってはまだ分かりませんが
放射線治療などが始まると、体調の具合によっては
どうなるのかがまだ分かりません。
また本年12月14日(月曜日)は午後から
病理検査結果と今後の治療方針について
関西医大へ行く事になっておりますので
僕は不在になりますが、弟が店番をやっています。
まだ何も決まっていないのですが
この先癌サバイバーとして生きて行く事から
出来るだけ元気に営業したいと思っていますので
よろしくお願いいたします。


枚方Q坊号CB400Fカスタム&部品交換

危険なキャストホイールからHリムに交換する事になった

枚方Q坊号CB400Fカスタムと部品交換 (1)枚方Q坊号のCB400Fが本日入庫。

ご注文頂いたホイールが仕上がるまで

貸し出していたHリムを交換するついでに

他の錆びた部品類も新品に交換します。

枚方Q坊号CB400Fカスタムと部品交換 (2)まずはリアタイヤホイールから

サクサクっと交換が完了しました。

絶版部品は再メッキ品と交換して

純正部品で錆ている部品の中で

枚方Q坊号CB400Fカスタムと部品交換 (3)新品で出る純正部品は

全て純正新品に交換したので

これでもうほぼ気になる所は

綺麗になったと思います。

枚方Q坊号CB400Fカスタムと部品交換 (4)続いてフロントタイヤホイールも交換。

キャリパーアジャスティングボルトや

スプリングなども新品に交換。

フォーククランプのナットも

枚方Q坊号CB400Fカスタムと部品交換 (5)対辺12mmのホームセンターナットから

純正新品の対辺14mmのナットに交換しました。

面圧が必要な所なので、流石にホームセンターの

ナットではダメですからね。

枚方Q坊号CB400Fカスタムと部品交換 (6)クラッチワイヤーも素線切れがあるので

新品に交換となりました。

これで今回のカスタムと部品リペア作業が終わり

車両も部品交換により綺麗になり

安全に走れる車両になりました。


京都H様CB400F継続車検

本日京都H号の継続車検に行ってきました。

京都H様CB400F継続車検車検は特に問題も無く一発合格!

車検証シールも割と真っ直ぐに

貼れた方だと自画自賛!

ステッカーのノリを掃除するのに

パーツクリーナーで洗浄したら、ナンバーの緑の塗料が溶けて来たw

たまにこう言うナンバープレートがありますよね。


大阪H様CB400ハヤシキャストホイール準備

これもまた危険なキャストホイールから

東大阪H様用ハヤシキャストと新品タイヤ (1)オーナーは大人の方なので、安全安心な

ハヤシキャストホイールに交換する事になり

その準備に取り掛かります。

キャストホイールにエアーバルブを取り付け。

東大阪H様用ハヤシキャストと新品タイヤ (2)タイヤも入荷して来たので

ハヤシキャストホイールに

タイヤを装着する準備を進めます。

後は不足の純正部品と

東大阪H様用ハヤシキャストと新品タイヤ (3)引き摺っているフロントブレーキの

純正部品が入荷して来れば

交換作業に取り掛かり、来週には

継続車検に向かう予定になってます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(4)

2020年12月08日

アメとムチと無知3

病気になってから嫁が免疫力を上げろとか
健康に良いから青汁を飲めとか
朝ごはんもちゃんと食べろとか言い
僕の健康の為に色々と心配りをしてくれる一方で
僕の大事なCB400Four用部品を「どうせもう使わんのやろ!」と言い
終活をしろと僕のお宝部品を
某YオクやMカリなんかに出品して売りさばいている最中なのに対して
僕も未だ密にCB400Fourの部品を集めていますw
嫁にしてみればゴミにしか見えない物らしいけど
僕にしてみれば大事なお宝になる物なので
現在我が家の水面下では激しい攻防戦が繰り広げられている…。
大体飴1に対して鞭が4位の割合になるかなw


大阪H号メンテナンス

車検切れて放置してあった大阪H様のCB400Fourの継続車検と

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (1)メンテナンスのご依頼なのですが

ブレーキは引き摺っておりバッテリーも死亡

恐らくキャブもダメかも知れない事など

内容は盛り沢山になってます。

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (2)取り合えず必要だと思われる部品を先に発注

オイル交換も先に済ませるのですが

オイル交換は何度かやっていると

お聞きしていたので、恐らくその時に

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (3)スプリングシートもフィルターと一緒に

捨てられてしまったのだと思います。

その間にバッテリーを充電しておきます。

で、充電が完了するまでの間に

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (4)死亡しているバッテリーを取り外し

新しいエンジンオイルを入れて

エンジン始動準備を進めています。

バッテリーの充電も完了したので取り付け

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (5)保安部品をチェックすると

右後ろのウインカーが点灯しない位で

他は問題無さそうだけど

スイッチ類の接点が余りよろしく無い感じ。

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (7)コックをONにすると案の定

キャブからガソリンが漏れてオーバーフロー

エンジンを始動するのですが調子は悪く

オイル下がりで白煙が凄い

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (9)で、点灯しないウインカーレンズを

取り外して、新しい球に交換をしました。

案の定ウインカー球は切れていたので

これで保安部品のチェックも完了。

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (10)後は諸々の整備をしてから

調子が悪い部分をどうするか

オーナーと相談しながら整備して

車検を受ける事にします。


三重M号納車

今年2月初め頃にお預かりした三重M様のCB400で

三重M様CB400国内398cc納車201208まぁ追加作業もあったりで10ヶ月経過し

外注作業で時間が掛かった事がなどもあり

納車まで10ヶ月も掛かった理由で

その間色々な事があった車両ですが

本日やっとオーナーの元へ納車となりました。


CB400Four在庫車状況

少しですが在庫車両のお問合せがあるので

CB400F逆車408cc中古車398登録可能現在のCPの在庫車両をお知らせ致します。

CB400F逆車408cc中古車(価格ASK)
(398登録可能)
CB350Four改中古車(価格ASK)

今直ぐに動かせるのはこの2台になります。

CB400国内398ccF2用クランクケースブラスト25号機この他に製作途中(オーダー可能)車両が

CB400国内398ccF2が1台、これは

型式指定番号03307、類別区分番号0020枠内記載

3オーナー、エンジン、フレ番マッチCP25号機

CB400Four国内408cc20号機と398ccF225号機フレーム現在エンジンフルO/H準備中なのが1台と

製作途中、フレーム塗装済の

CB400F国内408cc、エンジン、フレ番マッチ

1オーナー、型式、類別枠落ち、CP20号機。

他にCB400F逆車408ccベース車両が1台と

手付かずのCB400国内398ccベース車両が宝物庫に眠っており

フレームも数台、398、408エンジンも数基在庫があります。

モンキー初期Z50J改72ccフルレストア途中が1台と

ミツオカ自動車BUBU505-C改も1台御座いますので、ご相談をお承ります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月04日

セミレストア車両組み立て3

本当に今更ですが、退院してから嫁が免疫力を上げろと言い
そう言った系統の食事が中心になっています。
朝もちゃんと食べて、お昼ご飯は青汁…。
夜は糖質やカロリー控えめで
しかも免疫力が上がると言う食材を食べてますが
少し緩和されたのは、食後のおやつですw
この先もう太りたくても太れなくなるんじゃないかと
おやつを食べながら思ってます。
やっぱり食べれる内に食べて、太れる内に太っておかないと
痩せるまでの幅が少ないよねw
あんまりネガティブな事を書くと
何時も僕が悪さをすると怒ってくれてくれた
中学校の同級生の女子が、今もあの頃の様に怒るので
うかつな事を書けないw
でも、今でも怒ってくれる同級生に感謝しています。
今思えばあの頃、何時も女子達に怒られていたような記憶しかないわw


弟からのサプライズ退院祝い

今まで弟がこんなサプライズをしてくれた事が無いので

弟からのサプライズ退院祝い (1)かなり照れ臭い所もあるのですが

退院祝いに特注で作ってくれた

筏釣り用パラソルスタンドを

僕にサプライズでプレゼントをしてくれた。

弟からのサプライズ退院祝い (2)しかもレーザー加工でCPロゴまで入れた

一点物になり、これはかなり嬉しかった。

また無理な発注を快く快諾して頂いた

浅利研磨さんにも感謝しています。

弟からのサプライズ退院祝い (4)まぁ僕が早死にしたら

このパラソルスタンドは

自動的に弟の手元に行くのですがw

これで死ぬまでに50cm越えの黒鯛を

釣らないといけないのと、パラソルスタンドはあるけど

パラソルが無いので、買わないといけなくなった罠w


三重M号納車日決定、試運転

今、手術の痕が痛くてヘルメットが被れないので

三重M号試運転201204 (1)試運転は弟に試運転のチェックポイントを伝授して

三重M号の試運転に乗ってもらいました。

アイドリングも安定しており

加減速もスムーズで、異音も無く

三重M号試運転201204 (2)特に問題は無いので、このまま予定通り

来週火曜日には納車予定となります。

腰上O/Hでピストンリングを交換しており

ONシーズンは逃してしまいましたが

慣らしは普通に走れば、問題無く快適に走れると思います。


名古屋I号組み立て作業開始

今週末から来週初めに掛けて、入庫予定が一気に5台になってしまったので

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (1)今日中に名古屋I号を組み立てて

ローリング出来る状態まで

仕上げて仕舞う事にしました。

まずはこの状態で先に取り付ける部品を

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (2)サクサクっと取り付けてしまいます。

メインスタンド、ステムなどを取付けて

ステムの締め付け具合も測定。

これで後はサクサクっと

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (3)部品を取り付けて行くのですが

まだ十分使えるのですが

ゴム類などの消耗品はこのタイミングで

全て交換してしまいます。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (4)スイングアームのアンダーラバーも

CPオリジナルSSTでサクサクっと抜き取り

手入れをしてから、純正新品の

アンダーラバーを入れます。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (5)チェーンカバーにはサスペンションとの

干渉材になるゴムが入っていませんでしたが

オーナー提供の部品類をチェックすると

ちゃんと入っていたので

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (7)チェーンカバーにゴムを入れました。

これで後はアンダーラバーを圧入して

細々した部品も新品に交換して

スイングアームを取り付ける準備が整いました。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (8)で、サクサクっとスイングアームを取り付けて

リアサスもセットが完了です。

エアークリーナーBOXも取付が完了したので

これで立ち上げ準備も整いました。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (9)まずはフロントフォークとフェンダーを取付て

F2からF1ハンドルに変更して取付。

フロントタイヤ当時物ハヤシキャストホイールを

取り付けて名古屋I号を自立させました。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (11)次にインナーフェンダーと

リアフェンダーを取り付けて

リアタイヤ当時物ハヤシキャストホイールを

取り付けこれでローリング出来る様になり

作業用リフトに搭載が出来たので、後は2日程時間を掛ければ

完成すると思いますが、ありがたい事に今回の入院手術で

退院、復帰をお待ち頂いていたお客様からの作業依頼が一気に増えて

かなりPITが混み合ってきてます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年12月03日

年内追い込み作業3

どうやらオリエンタルラジオの藤森氏が
CB400Fourの398を購入したらしい。
オリジナル度の高い良い個体のようだ。
気になるのは、メインハーネスがクリップDで
ステムに固定されていない事と
ヘッドライト横のリフレクターが付いてないのと
拘ればクラッチレバーは旧タイプのゴムありなのに
ブレーキレバーは現行タイプが付いている事や
シートロックのシャッターが取れてるのと
フロントブレーキキャリパーのホースが
純正じゃなくステンメッシュになっている事が
良い個体になのに対して、個人的に残念に思う。
シートとガソリンタンクはリプロっぽい感じもするね。
ヨシムラの集合も現行で販売されている
機械曲げストレートサイクロンなのは
個人的にはちょっと残念に思うけど
芸能人だからJMCA認定の集合管じゃないとまずいよね。
お店の方の言葉には、共感出来る所が多いと思いましたが
しっかりメンテナンスをしていれば
そうそう出先で動かなくなる事はないけどね。
これでまた芸能人にCB400Fオーナーが一人増えましたね。


枚方Q坊号用部品入荷

先日スポークを張って取付準備をしていた枚方Q坊号の

枚方Q坊号フロントブレーキディスク取り付け (1)不足していた純正部品が入荷して来たので

早速組み付けてタイヤホイール交換の

下拵えを済ませてしまいます。

社外品のボルトナットが割と使われているので

枚方Q坊号フロントブレーキディスク取り付け (2)作業した所は、少しづつついでに手を入れて

綺麗に仕上げて行くのですが

フロントブレーキディスクの汚れを除去していると

何とまぁハブと接する面が塗装されていた…。

枚方Q坊号フロントブレーキディスク取り付け (3)ここは機械加工をされている所で

ハブとディスクが平面にならないといけない所

そこを塗装する事によって、塗膜が例え薄くとも

塗装をしてはいけない所になります。

枚方Q坊号前後タイヤホイール下拵え完了 (1)もう!これだわなぁ…と思いながら

やっつけ塗装なのでスクレッパーで簡単に塗装を

剥がしてからフロントホイールにディスクを装着。

スピードメーターギアーとアクスルシャフトを

フロントタイヤホイールにセット、リアスプロケットも取り付けて

これでタイヤホイールの準備が整いましたので

交換作業日の打ち合わせをオーナーと進める事にします。


三重M号2個目マフラー再メッキ仕上がり

まさかのオーナー持ち込みマフラー詰りが原因で

三重M号マフラー再メッキ仕上げ (1)お預かりからの期間がかなり長くなりました。

2本目のマフラー再メッキが仕上がって

戻ってきたので、オーナー拘りの仕上げで

マフラーを仕上げて装着します。

三重M号マフラー再メッキ仕上げ (2)再メッキされたマフラーの排気口は

耐熱艶あり塗装で仕上げます。

その他も拘りのオリジナル風防錆塗装で

仕上げて取り付け準備が整いました。

三重M号用バッテリー充電中 (1)で、不動車コーナーから車両を下すのですが

残念な事にバッテリーは既に死亡しており

新しいバッテリーを充電追加で購入し

希硫酸を入れて充電をしています。

三重M号マフラー、バッテリー取り付け仕上げ (1)その間に新しく再メッキした

マフラーを取付ました。

やはりリアサスが長いので

ギリでアクスルシャフトとの干渉はありませんが

三重M号マフラー、バッテリー取り付け仕上げ (2)取り付ける際には、コツコツとマフラーが

アクスルシャフトに当たるので

あまり気色の良い物ではないですねw

取り合えずこれでやっと完成したのですが

三重M号タペットクリアランス確認 (1)エンジンを掛けてみると

タペットクリアランスが広いのか

少し音が出るので、再調整をする事にしたけど

特にクリアランスが広くなっている個所は無く

三重M号カムチェーンテンショナーチェック (1)カムチェーンの音のような感じがするので

チェックしてみると、これがまた何とまぁ

テンショナーセッティングボルトの

ねじ山が上がってしまっている事が分かり

三重M号カムチェーンテンショナーセッティングボルトリコイル (1)それでテンショナーアームが緩んで

音がする事が判明した…。

こうなればセッティングボルトを

リコイルするしか手立てはないのだが

三重M号カムチェーンテンショナーセッティングボルトリコイル (2)セッティングボルトの周りには

液ガスが塗られていたので

どうやらねじ山上りの傾向はあったようです。

このまま納車も出来ないので

三重M号カムチェーンテンショナーセッティングボルトリコイル (3)取り合えずセッティングボルトのねじ山を

リコイル修正をする事にしました。

はい、これでセッティングボルトの

リコイルは完了しましたが

補助的に強制調整ボルトを入れた方が良いと思います。


組み立て待ちのフレーム達

不動車コーナーのスペースが空いたので

組み立て待ちフレーム達201203 (2)色々あって作業が進んでおらず

溜まる一方のフルレストア車両の

フレーム達をやる気を出すために

取り合えず並べてみました…。

国内408が1台(20号機)と398が3台の計4台分のフレーム達。

やる気と時間があれば、年内に立ち上げる事は出来ると思いますが…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年12月01日

死ぬ死ぬ詐欺3

昨日一番下の弟夫婦が家族で退院のお祝いにお店にやって来た。
小学校2年生になって、少し生意気になった甥を
ハグしたら、何故だか勝手に涙がボロボロと流れ出た…。
この甥が大きくなっても、自分の叔父には
こんな面倒な叔父が居た事を覚えていてくれるのだろうかと…。
弟に今回の病気について今分かっている事を伝えたけど
弟曰く「仏の顔も三度までって言うけど、もう5.6回じゃすまんよなw」
と言い、「まぁどうせまた死なんのやろ」と言う。
「死ぬ死ぬ詐欺や!」と弟達も認めるこの強運で
今回もまた乗り切って見せると思ったw


枚方Q坊号用Hリムタイヤ組み立て

早くも2020年も今日から12月となってしまいましたねぇ…

枚方Q坊号用Hリム組み立て (1)入院中に溜まっていた仕事を

さっさと片付けないと!

年越しになってしまうわ!

で、昨日の続きで組み立てたハブに

枚方Q坊号用Hリム組み立て (2)スポークをセットしてHリムを取付て

サクサクっとスポークを張ります。

これでハブにスポークとHリムがセット出来たので

後はタイヤをセットするのですが

枚方Q坊号用Hリムタイヤ取付 (1)「喉が痛くて力が出ないよー!」

って感じで、痛みを堪えながら

組み立てたホイールにタイヤをセット。

冬場はタイヤのゴムが固いし

枚方Q坊号用Hリムタイヤ取付 (2)夏は暑過ぎるし、今日は痛いしw

タイヤ交換作業が嫌いになってきたわ!

と言いつつも、前後タイヤホイールの

組み立てが完了したので

枚方Q坊号用Hリムタイヤ取付 (3)付属品を取り付けようとしたのですが

再メッキしたボルト類をなど部品を

チェックした所、純正のディスク用ナットが

無い事が今更ながらに判明したので

大急ぎでナットを今日発注したので、今週中には部品は揃うと思います。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2020年11月30日

本日よりボチボチ通常営業再開3

まだ手術の痛みは残りますが、本日より出勤し
ボチボチと身体を慣らして行きます。
感染症の事もあるので、余り身体も動かせません。
余り喋ると喉が腫れてきて、声も出にくくなります。
今後の治療方針で決まっている事は
予防保全的な放射線治療で、60Gy程度の放射線を照射し
癌細胞を死滅させるのですが、やはり火傷などもあると思いますし
ご飯が食べられなくなると思います。
12月14日に病理検査の結果発表があり
その日が審判の日になり、その場には嫁も同席します。
そこで病状、余命宣告があるパターンかな?
まぁドラマなどでよくある感じだと思います。


名古屋I号フレーム分解

僕が入院中に弟に作業の指示を出しておいた

名古屋I号フレーム分解201130名古屋のI号フレームの分解が

完了していました。

後は取り外した部品を別に準備したフレームに

移植して行くだけになってます。

身体が完調なら三日もあれば組み立てが出来るのですが

時折頭痛も激しくなるので、遅くとも年内には仕上げます。


枚方Q坊号用前後ハブ下拵え

部品は既に揃っていたのですが、これもまた入院の為放置状態で

枚方Q坊号用前後ハブ下拵え (1)ご迷惑をお掛けしております。

バフ掛けも終わりリテーナー部の

リタップ掃除をやってから

諸々の部品を組み立てて行きます。

枚方Q坊号用前後ハブ下拵え (2)フロント側もリタップ掃除。

これで組み立て準備が整ったので

ベアリングを圧入しリテーナーを

締め付けてダストシールも圧入し

枚方Q坊号用前後ハブ下拵え (3)これでフロントハブの下拵えは完了。

今回分解した部品などは全て

再メッキをしてリフレッシュしました。

同じくリアハブもベアリングや

枚方Q坊号用前後ハブ下拵え (4)スプロケハブダンパーなどを圧入し

組み立てが完了しました。

これで後はHリムにスポークを張れば

枚方Q坊号用前後Hリムホイールが完成です。

枚方Q坊号用前後ハブ下拵え (5)次にスピードメーターギアーBOXも

同じくバフ仕上げしたので

具材を入れて組み立てをして仕上げます。

グリスもたっぷりと入れて

枚方Q坊号用前後ハブ下拵え (6)サクサクっと組み立てが完了です。

まぁリハビリには丁度良い出だしかな。

明日はこのハブとHリムに

スポークを張りタイヤをセットして

枚方Q坊号用前後ハブ下拵え (7)入庫準備を整えます。

立った10日弱の入院生活で

ここまで体力が落ちているとは…。

体重は4キロ減ったのですが

これは筋肉が落ちたんだろうと思います。

暫くの間は体調と相談しながらの作業になりそうですねぇ…。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2)

2020年11月13日

臨時休業のお知らせと今後の予定3

【臨時休業のお知らせ】
明日11月14日(土曜日)と明後日11月15日(日曜日)は
入院前にどうしてもやって置きたい私用があるので
勝手ではありますが、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。
【今後の予定についてのお知らせ】
11月16日(月曜日)は入院前のPET検査の為僕は不在です。
PET検査とは放射性物質を体内に注射して
全身に癌が回っているかを一度に調べる検査になります。
11月17日(火曜日)は入院前の麻酔科検診と歯科検診の為不在となります。
11月18日(水曜日)は手術に備えて何時もの理髪店へ行き
髭剃りと六四分けをして、男前にしておいて入院し
美人看護師をナンパしようと思ってます。
午後からは店に出勤して、やり残した事をやる予定です。
11月19日(木曜日)は入院の為、臨時休業とさせて頂きます。
11月20日(金曜日)は手術の為臨時休業とさせて頂きます。
それ以降は1週間入院の予定でしたが
腫瘍が少し大きくなっている感じなので
入院が2週間になる可能性が出てきました。
これは今更なんですが、僕のわがままで手術を伸ばした事で
腫瘍が大きくなり、痛みも日に日に激しくなってきており
声も出にくくなっている事から、検査及び手術、病理検査の結果次第で
入院期間が延びる可能性がある事になってしまいました。
相変わらずご迷惑、ご心配をお掛け致しますが
必ず戻って参りますので、よろしくお願いいたします。
で、都合により本日は早仕舞いとさせて頂きます。


GTH号フロントタイヤ交換

ヘビーユーザーのGTH号のタイヤ交換が

GTH号フロントタイヤ交換201112 (1)交換時期のタイミング的に

入院時期になりそうなので

少し早めですが昨晩タイヤ交換にご来店。

オイル交換はまた次回になります。

GTH号フロントタイヤ交換201112 (2)まぁタイヤもここまで使っているので

もう交換時期っちゃぁ時期ですわねw

ご来店時間も無理をお願いして

閉店間際にご来店を頂きました。

GTH号フロントタイヤ交換201112 (3)二人で作業をするのでサクサクっと

車体からタイヤホイールを取り外して

サクサクっとタイヤを取り外して

交換が完了したので

GTH号フロントタイヤ交換201112 (4)サクサクっとタイヤホイールを取付。

これにてGTH号のフロントタイヤ交換が

入院前に無事に完了しました。

次はオイル交換とフィルター交換になりますが

オイル交換は僕が不在でも可能ですのでご来店前にご連絡をお願いします。


RSCポイントカバーなどの部品達

昨日入荷して来たRSCポイントカバーですが

RSCポイントカバー残り僅か201113大人の事情で、某Yオクには出品しませんので

ご購入の際には直接お電話かメール若しくは

SNSなどのDMでも可能です。

好評に付き、元型変更後の初期ロットは

残り僅かになって来ており、次のロットの入荷は未定となっておりますので

ご入用の方はお早めにお願いします。

本日までのご注文分は全て発送致しましたので、到着まで暫くお待ち下さい。

またお取り置きや、次ロットのご予約も承っております。

インナーネット(インナープロテクター)入荷201113小型ボディ用FCR用インナーネットも
(インナープロテクター)
入荷して来ましたので

お問合せを頂いていた方への発送準備に

取り掛かりますのでよろしくお願いいたします。

お値段は小型ボディ用で(FCR28)1枚3,000円+消費税となっております。


高知O号用ワイヤーハーネスクリップD

ワイヤーハーネスクリップD、これも部品が無く困っていたのですが

高知O号用ワイヤーハーネスクリップD取付 (1)リプロ品が出来上がったので

取り付けられていない車両には

絶対お勧めの部品になります。

これが無いとハンドルを切るたびに

高知O号用ワイヤーハーネスクリップD取付 (2)メインハーネスにストレスが掛かり

ヘッドライトケース内の配線が抜けたり

最悪は断線する可能性もあります。

高知O号にも取付られていなかったので

高知O号用ワイヤーハーネスクリップD取付 (3)保全的にですが、ついでに取り付けました。

これでメインハーネスにストレスが掛からず

メインハーネスのマイナートラブルも回避出来ます。

後はキャブの問題をどうするかを

オーナーと打ち合わせをしたいと思いますが、時間的に退院後になると思います。


名古屋I号セミレストア作業開始

まさかこんな事になるとは思っていなかったので

名古屋I号セミレストア準備201113 (1)本格的には退院後になると思いますが

セミレストアの準備に取り掛かります。

高知O号のメイン作業も終わった事から

作業用リフトも空くので

名古屋I号セミレストア準備201113 (2)名古屋I号をリフトに搭載する準備。

まずは貴重な当時物ヨシムラ手曲げマフラーを

取外してから、セミレストアの準備に

取り掛かります。

名古屋I号セミレストア準備201113 (3)作業用リフトに車両を搭載して

エンジンオイルを抜くのですが…

綺麗なオイルで良いのですが

あーレデューサーが入っているなぁ…

名古屋I号セミレストア準備201113 (4)オイルが落ちて来ないわw

と言う事で、レベルゲージを取り外して

空気をクランクケース内に吸入させて

エンジンオイルを抜き取ります。

後は時間がある時にサクサクと作業を進める事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年11月09日

後十日!そして心が強くなった日3

つい先日まで思っても居なかった病気が分かり
色々な煩わしさもあったりで流石に心が付いて行けず
実際に諦めかけていた日もあったのは事実ですし
日に日に声も出し辛くなって来ているのが分かります…。
でも、日本には僕よりも辛い病気と闘っている方も居られると思うと
僕はその中でも沢山の方からの応援を頂いている事で
それだけでも幸せ者なんだと思える事が出来て
この病気と前向きになれるようになりました。
こんな事を言うとまた怒られるかも知れないのですが
昨日関西の暴君から心配して電話が入りました。
暴君のキャラ的には心配をする様なキャラではないのですが
数十年の間に暴君とも何度も喧嘩したりしていた事もあったりで
そんな優しさは人には微塵も見せないキャラ設定だったのですが
昨日の電話では嬉しくて涙が出てしまった…。
今の僕には応援下さっている皆様に心から「ありがとうございます」
としか言えませんが、必ずまた復活します。


国内398ccF2車両引取り

昨日の定休日は某所へ国内398ccの引取りに行ってきました。

国内398cc引取り201108今回の発注は少々ややこしいのですが

セミレストア?ほぼレストアで仕上げる

のとは別にベース車両の398ccF2を1台

引き取ってきたので、これもその内仕上げます。

名古屋I号セミレストア入庫今回入庫して来たのこの車両は

ほぼレス仕上げでの仕様変更となるので

一旦全バラしてから、劣化した部品を交換して

新たにフレームを組み立てると言うご依頼です。

24号機用ヨシムラマフラー修理完了取付 (1)で、昨日は早い時間に店に戻る事が出来たので

修理が終わった僕のレーサーに付けていた

当時物ヨシムラマフラーを24号機に

取り付ける事にしました。

24号機用ヨシムラマフラー修理完了取付 (2)仮に24号機に取り付けていた

当時物モリワキを取り外したのですが

#3EXスタッドのねじ山が1ヵ所上がってしまい

その修正を済ませてから

24号機用ヨシムラマフラー修理完了取付 (3)当時物モリワキマフラーから

当時物ヨシムラマフラーの

レーサー仕様に付け替え作業をやりました。

サイレンサーはCP製Yタイプ99%の

24号機用ヨシムラマフラー修理完了取付 (4)ラージに交換して24号機に取り付けが完了です。

もう寒くなってしまったし、乗る時間が無く

登録もまだしていないので

試運転は当分出来ないのですが

24号機用ヨシムラマフラー修理完了取付 (5)これで24号機がレーサーから僕が思う

街乗り仕様に完全に仕上がりました。

後は登録をして速度センサーのチェックと

ETCの登録をすれば、また調子に乗って

峠を走る事が出来る様になりますし、サーキットも走れます。

マシーンスエンジンペック:CB350FEベース500cc、メガサイクルハイカムst2

強化バルブスプリング、強化カムチェーン、IN,EXポート研磨

ワンオフ1.2.3クロスミッション、アゲイン製8クラッチディスクなど。

ツクバサーキット、T.O.Tドーバー2レギュレーション仕様になってます。

鈴鹿サーキットFUN!&RUN C-350クラス優勝、C-500クラス優勝車両ですw


ヨシムラマフラーなど入荷

リプロ品の機械曲げ中古マフラーと、ヨシムラ限定マフラーの2本が入荷。

BRCリプロ機械曲げ入荷 (1)両方とも走行距離は100キロ未満です。

まずはリプロ機械曲げから

長期保管の為少しだけ錆びはありますが

保管状態が良かったので状態はかなり良いです。

BRCリプロ機械曲げ入荷 (2)委託販売になりますので

価格はお問合せ下さい。

本物ではありません、リプロ品ですので

ご理解の程よろしくお願いいたします。

BRCリプロ機械曲げ入荷 (3)サイレンサーは溶接してあるタイプで

勿論腹下にも擦り傷はありません。

リプロ品も中々手に入らないので

この機会に是非如何でしょうか?

限定ヨシムラ手曲げマフラー入荷 (1)次はヨシムラ限定手曲げマフラーです。

これも取付走行距離は100キロ未満の物で

しかも製造シリアル發楼豬總鞍召砲覆蠅泙后

購入先はSHIO HOUSEで購入した物になります。

限定ヨシムラ手曲げマフラー入荷 (2)箱は勿論の事、証明書もありますし

サイレンサーもオリジナル2種類と

CP製99%Yタイプのサイレンサーが

現在取り付けられている状態になってます。

このマフラーもまた今では手に入り難い物で

購入先も含めてシリアル皸豬總鞍召噺世Φ重な物になります。

これも委託販売になりますので、下記までお問合せをお願いいたします。

カスタムパラノイア:072-380-9715担当坂本若しくは

custom.paranoia(アットマーク)maia.eonet.ne.jpまでお願いいたします。


高知O号エンジン仕上げ

一昨日腰上を組み上げた高知O号エンジンの仕上げ作業に取り掛かります。

高知O号エンジン仕上げ搭載 (1)まずはシリンダーヘッドの

増し締めから開始。

ほんのちょっとだけ締まったかな?

って言う程度なので、このブロンズメタルGSは

高知O号エンジン仕上げ搭載 (2)増し締めをしなくても良いかも知れないねぇ。

ヘッドカバーを搭載して締め込み。

代替えのシリンダーヘッドになりますが

ねじ山上りも無く極めて良好でした。

高知O号エンジン仕上げ搭載 (3)ロッカーアーム、タペットクリアランス調整。

純正カムなので0.05mmのシックネスで

クリアランス調整をしました。

タペットキャップは何度か痛い目に遭っているので

高知O号エンジン仕上げ搭載 (4)特に遠方になる車両の方には

新品のタペットキャップに交換する事を

推奨しておりますので

これで熱で割れる事もありません。

高知O号エンジン仕上げ搭載 (5)不動車コーナーから高知O号フレームを下し

エンジン搭載準備に取り掛かります。

フレームの汚れを洗浄して養生をして

エンジン搭載準備が整いました。

高知O号エンジン仕上げ搭載 (6)何時もは一人でやるのですが

丁度腰の具合が悪いのと

弟がいるので、二人なら楽勝で

エンジンが搭載できますねw

高知O号エンジン仕上げ搭載 (7)で、何時もの感じで

どーん!

エンジン搭載完了しました!

これで作業用リフトに搭載して

高知O号エンジン仕上げ搭載 (8)僕が入院するまでに仕上げて

火入れとキャブ調整を済ませる予定です。

車検が切れているので試運転は出来ませんが

過去の事例から考えても

余程キャブの調子が悪くない限り問題無く走ってくれると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年10月31日

MRI検査3

昨日はお店を早仕舞いして関西医大へ行き
腫瘍の検査の為、MRI撮影をしてきました。
取り合えず上半身だけの撮影を済ませたので
結果は来週月曜日になるのかな?
その時にまたあの痛い生体検査もやるのかなぁ…。
6日にも関西医大へ行くので
そこで今後の治療方法を決めるのかなぁ…。
全然わからんわ。


中古車両整備

今お立ち台に上げている車両のフロントタイヤが

逆車408中古車整備 (1)パンクしているみたいなのでカッコ悪い

なのでお立ち台から降ろして

前後とも別のタイヤホイールに交換して

ついでにオイル漏れ修理と

逆車408中古車整備 (2)動態チェックもやる事にします。

リアタイヤは硬化しており

スリップサインも出ている状態です。

前後ともタイヤホイールを取り外して

逆車408中古車整備 (3)宝物庫に使っていい無い

中古タイヤホイールセットがあるので

そのタイヤホイールに交換してしまいます。

ついでにオイル漏れ箇所も調べて修理をします。

逆車408中古車整備 (4)バッテリーを繋げてエンジンを始動させましたが

どうやら1気筒動いていない様子なので

マフラーを触ると#1に火が入っていない様子。

プラグを抜いて調べると火は飛んでいるので

逆車408中古車整備 (5)恐らくキャブの詰りが原因だろうと思います。

キャブのオーバーフローもあるので

商談が入ってからキャブの掃除など

メンテナンスをする事にします。

逆車408中古車整備 (6)オイル漏れ箇所はどうやら

シフトシャフトのオイルシールから

オイルが滲んでいるようなので

これも後で交換をする事にします。

逆車408中古車整備 (7)で、前後タイヤホイールを交換して

オイル滲みがあるオイルシールを取り外して

新品のオイルシールに交換したので

これでオイル滲みが止まってくれると思います。

逆車408中古車整備 (9)逆車408中古車、398登録可能(別途費用)。

キャブ要分解掃除、車検整備込み

エンジンは数年前にCPにて腰上O/H済。

価格はお問合せ下さい。


GTH号用FCRキャブレター入荷

9月初めに発注し、納期2.5ヵ月との回答だった

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (1)GTH号用キャブレターが

やっと本日入荷してきたので

早速組み立てと、セッティングをして

取り付け準備を整えます。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (2)まずはJNのクリップ位置変更。

出荷時のクリップ位置は真ん中なので

JNを薄めにするのでクリップ位置を

上に上げて低中速の繋がりを良くします。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (3)持ち込まれたアルミファンネルを

取り付けるので、ついでに

インナーネットを取付ます。

これで大きな物は吸い込まなくなります。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (4)アルミファンネルを取り付けて

ガソリンホースとフィルターを取付て

ホースサイズも純正タンクコックに変換しました。

これで後はMJをGTH号に合わせて

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (5)交換すれば良いのですが

肝心のMJが車の中に入れてあるので

自宅に取りに戻ってから交換をします。

取り合えずこれからの時期や

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (6)安全マージンを考えてMJの

内外の番手を揃えずに#2.3を濃い目に

#1.4はそれよりも薄目にセッティングし

MJを取付ました。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (7)後は車体に取り付けて実際に走って

繋がりをチェックしますが

大体データー通りになるので

これでほぼ決まりになると思います。


姫号試運転

今夜姫が久しぶりにお泊りにやって来るので

姫号試運転201031 (3)一緒に晩御飯を食べるのですが

その前に、前回シフト系の不具合で

緊急入庫となった事もあり

もう一度確認の為に姫号の試運転。

特に問題無くシフトチェンジが出来るので安心して走れると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月30日

20号機フレーム組み立て開始3

在庫が不足している純正部品を発注しようとしたら
また一つ部品が無くなっている事がわかった…。
まさかその部品が?!って言う感じだったのでビックリです。
長期欠品中の部品も含めて、何時入荷するか分からないし
このまま絶版になるかも知れないと思うと
店の純正部品の在庫整理をして、常に余分に持っておかないと
もう何も出来なくなってしまう…。


国内408cc20号機フレーム組み立て開始1日目

まだ仕様は決まっていませんが、仕様に関係なく組める所から

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (1)20号機のフレーム組み立てを開始。

普通にレストアで仕上げるか

オーダーで良い部品を使って仕上げるか

いずれにしても少々お高くはなります。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (2)まずは仕様に関係が無い部品や

エアクリーナーボックスなどを取付ます。

足回りもオーダーか普通のレストアかで

仕様が異なって来るのでまだ組みません。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (3)スイングアームは仕様に関係ないので

新品のブッシュなどに交換して

フレームに組み付けをします。

リアサスは取り合えずリプロ品になるかな?

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (4)これも毎度お馴染みになった

リアサスロアダンパーラバーブッシュを

CPオリジナルSSTで圧入しました。

CPのレストア車両はゴム類は全て交換します。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (5)スイングアームのピポットブッシュも

何時もの如く当然交換です。

圧入の際には破損に注意しながら

油圧プレスで圧入します。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (6)スイングアームをフレームに取り付け。

後はステムを取り付けるのですが

部品の在庫が無かったのでこの先はまた後日。

これで後は足回りの仕様が決まれば

何時でもローリング出来る状態になります。


MRI検査準備0号機搭載

今日のMRI検査に行くために0号機をハイエースに搭載。

0号機ハイエースに搭載MRI撮影へ201030今日は少し膝が痛くて余り歩けないので

完全に0号機に乗って病院を徘徊します。

まぁ暫く検査の間0号機のお世話になるなぁ…。

入院手術もまた同じく0号機が大活躍するかな。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2020年10月26日

量産型強化オイルポンプ「極み」製作準備3

土日連休で臨時休業を頂いて、出掛けていたのですが
車から降りる時に足を踏み外してしまい
曲がらない右足に全体重が掛かって
膝を痛めてまともに歩けなくなったり
スマホを落とし、運悪くスマホの画面が割れて
時々充電も出来なくなってしまった…。
保険に入っているんだけど、それでも13,000円ぐらい掛かるらしい。
こんな事なら仕事をサボって出掛けるんじゃ無かったわ!
まぁ色々と楽しかったけどね。


20号機国内408フレーム塗装完了

モンキーの黒物部品や、20号機用フレームとエンジンケースの

20号機国内408フレーム塗装仕上がり (1)塗装が終わり戻ってきました。

PITの都合や部品の都合で

組み立て作業はまだ少し先になりますが

一応商談中なので、作業に取り掛かれる

20号機国内408フレーム塗装仕上がり (2)状態になってから、本格的な商談に

入ろうと思ってますが

商談がキャンセルされた場合は

普通のフルレストア車に仕上げる予定です。

またその際には仕様のオーダーも可能ですので

ここでお知らせをしてから、組み立て作業に取り掛かります。


高知U号用ACGカバー手直し塗装完了

欠品していたエンジン部品

高知U号用ACGカバー塗装手直し完了 (1)ACGカバーの手直し塗装も終わり

戻ってきたので、早速チェック!

手直しは問題無く仕上がっていたので

これで高知U号エンジンに取り付けが出来ます。

高知U号用ACGカバー塗装手直し完了 (2)で、早速コイルを取り付けて

組み立ては完了しました。

後はこれをエンジンに取り付けて

やっと完成となります。

高知U号用ACGカバー塗装手直し完了 (3)これで高知U号エンジンが完成となりました。

後は梱包を済ませて発送の準備をします。

他の手直し部品は出来上がり次第発送予定で

追加作業の部品は暫く掛かると思います。


高知O号純正キャブレター分解チェック

CRキャブから純正キャブに戻す事になった高知O号の

高知O号用キャブレター分解チェック (1)キャブレター分解チェックを開始。

外観を見る限り状態はそんなに

悪くないけど少し気になる所があり

フロートチャンバー取付+ナベネジが

高知O号用キャブレター分解チェック (2)ステンレスの長い物になっており

本来不要なスプリングワッシャーと

恐らくねじ山上りなのだろう

五ヵ所がナットで締められていた。

高知O号用キャブレター分解チェック (3)オーナーからはキャブが詰まっていると

聞いていたので、それなにの覚悟で

分解したのですが、ガソリンが腐っているとか

そんな様な状態では無く、綺麗に保管されていた。

高知O号用キャブレター分解チェック (4)取り合えずインナーパーツを取り外して

チェックをしてみましたがMJもSJも

ニードルホルダーにも何も問題が無いので

後詰まっているとすればガソリンの

高知O号用キャブレター分解チェック (5)入り口ラインになる分けだけど

取り合えずパーツクリーナーで

給油ラインをチェックしたけど

全然問題無いので一体何が詰まっていたんだろう?

高知O号エアークリーナーチャンバーリアラバー腐食恐らくこのまま使えると思うけど

まぁインナーパーツぐらいの交換と

ねじ山上り修正ぐらいはした方が良いかもねぇ。

でもこのエアークリーナーチャンバーの変形と

朽ち掛けているリアーダンパーラバーをどうするかを

後でオーナーと相談します。


強化オイルポンプ「極み」製作準備

量産化の2ndロットの在庫数が少なくなって来たので

量産化強化オイルポンプ「極み」3ロット目製作準備 (1)3ロット目になる強化オイルポンプ「極み」の

製作準備に取り掛かります。

まずはベースになるオイルポンプを

分解してハウジングなど必要な部品を

量産化強化オイルポンプ「極み」3ロット目製作準備 (2)取りだしてブラストで仕上げる準備。

今の所使わないローターケースとローターは

雑部品箱へ、ポイになってます…。

今まで結構な数の強化オイルポンプを

量産化強化オイルポンプ「極み」3ロット目製作準備 (3)作って来たので、その残骸の数が結構あり

処分もどうするかを悩んでいる所です。

まぁまた何かに使えるかも知れないので

捨てずに取って置く事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月23日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日10月24日(土曜日)と10月25日(日曜日)は
私用の為臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


高知O号エンジン組み立て下拵え

ボルトの再メッキの事をすっかり忘れていたので

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (1)組み立てがまだ少し先になるので

今日もエンジン部品の準備と

組み立て下拵えを先に済ませます。

まず代替えの仕上げ済みのシリンダーヘッドを

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (2)宝物庫から取り出して最後の組み立て。

EXスタッドボルトを取り付けて

CRキャブから純正キャブに変更するので

インシュレーターも#1.4だけ交換して取付。

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (3)次にクラッチカバーにオイルシールをセット。

レリーズ関係は再メッキがまだなので

取り付けは出来ませんが

取り合えずカバーの下拵えは完了です。

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (4)シリンダーにもOリングを挿入します。

元々このシリンダーには408タイプの

ピストンが使われており、残念な仕様だったので

今回CPオリジナル398専用0.25OSピストンで

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (5)ボーリングをして仕上げてあります。

次にシリンダーヘッドカバーを

ブラスト仕上げしてから組み立てをします。

ロッカーアームやカムシャフトに大きな

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (6)カジリが無かったので、このまま使います。

ヘッドカバーのブラストが終わり

リタップ、エアブロー掃除も完了したので

タコメーターギアーとロッカーアームを

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (7)ヘッドカバーに組み付けました。

これでヘッドカバーの下拵えも完了です。

後はついでにクラッチも新品に交換して

セットをしておく事にします。

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (8)クラッチアウターなどはスラッジで

汚れがかなり酷かったのですが

ガタツキは少ないのは唯一の救い。

フリクションプレートなど一式を

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (9)新品に交換しておけば、これで

エンジンが組み上がった時に

サクッと取付ができます。

取り合えずエンジン部品関係の下拵えは

ほぼ完了したので、後はボルト類の再メッキ待ちと

キャブレター分解掃除を残すだけとなりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月22日

人に生かされる事、生きる事の罪と義務3

本当に今まで何度も死に掛けてきたのに…
右足の事故の時も死ぬ事を覚悟して輸血を断り
3リットルもの出血をしたにも関わらず死なずに生かされ
生きる罪と義務を背負い辛い思いもして
本当は例え苦しんででも、今のゴタゴタした煩わしさから
解放されるのなら、これで死ねるのなら…
と考えたりもしていたのですが…。
こんな時に頂いた人の温かい言葉が心に響き
治療に前向きになる事が出来る様になったと思います。
で、この先腫瘍摘出手術に向けて暫くの間検査が続きますが
余程の事が無い限りはお店は僕の代わりに
弟が何とか仕事をこなしてくれると思います。
今後の予定で決まっているのは10月30日(金曜日)MRI検査。
11月2日(月曜日)再診コンサル、2回目の生体検査?。
11月6日(金曜日)検査結果発表?余り良く分かっていないのですが
先日の検査では声帯には問題は無く綺麗だったそうです。
まだ検査段階なので、手術日も決まっていませんし
仮に決まっても、結構予定が詰まっているらしいので
そんなに早く手術は出来ない感じかなぁ?

吉川晃司とTOKIOの「宙船」これ余計に沁みるわ。


高知O号エンジン組み立て開始

やっと見積もりも出来上がり、オーナーからOKも頂き

高知O号エンジン組み立てクランク下拵え (1)昨日不足していた純正部品が

入荷して来たので、早速今日からえ

エンジン組み立て作業に取り掛かります。

まずはクランクの下拵えから開始。

高知O号エンジン組み立てクランク下拵え (2)コンロッドに新品のメタルを組み込み

クランクにセットしました。

同じく純正新品のプライマリーチェーンと

強化カムチェーンもセットが完了。

高知O号エンジン組み立てロアケース下拵え (1)次にクランクケースの下拵え。

まずはロアケースを仕込むのですが

すっかり忘れていたのは

ボルト類の再メッキがまだ仕上がって

高知O号エンジン組み立てアッパーケース下拵え (1)戻ってきていなかった事を思い出した!

なので、取り合えず下拵えが出来る所を

先に仕上げる事にしました。

で、取り合えずアッパーケースも下拵え。

高知O号プライマリーギアー下拵え (2)新品のプライマリーダンパーラバーを

入れようとしたら嫌にガタつくので

フラットスクリューを増し締めして

緩み止めで、頭を叩きました。

高知O号プライマリーギアー下拵え (3)緩んでいると言うよりも中が摩耗して

ガタツキが出ていると言う方が

正しいのですが、使用には特に問題はありません。

取り合えずボルト類の再メッキが仕上がって

戻って来るまで、組み立てはお預けとなりました…。


トップブリッジ、ステム修正

以前修正をしたステムですが、3か所の計測ポイントで

高知U号ステム歪再再々修正 (1)0.4mmの開きがあるとの事で

再再々度の修正手直しのご用命。

純正新品未使用の物を測定しても

0.2mm〜0.3mm程度の誤差はあります。

高知U号ステム歪再再々修正 (3)で、今回は純正以上の完璧な修正を

求められており、それなりに時間を掛けて

修正を試みている所です。

今回それなりの費用を最初に頂いているので

高知U号ステム歪再再々修正 (4)こうなれば意地でも一日掛かりで

徹底的にとことんやります。

で、ステムの修正は計測誤差はあると思いますが

0〜0.1mmの範囲で修正が出来たのですが

高知U号ステム歪再再々修正 (5)トップブリッジを入れると0.3〜0.4mmの

開きが出る事が分かったので

トップブリッジを修正し4ヵ所で計測して

0mm〜0.3mmにまで修正が出来ました。

もう、純正未使用品以上のクオリティにまで

修正が出来たのですが、これで納得してもらえるのかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月19日

明日の営業について3

明日10月20日(火曜日)は喉の腫瘍検査の為
僕は不在ですが、弟が店を開けています。
恐らく色々な検査があるので
僕が店に戻れる時間が分かりません。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

沖縄からの強化オイルポンプ「極み」のレポートを頂きました。
僕の沖縄に対する勝手なイメージですが
冬場でもそこそこ暖かく、湿気も少なく
交通量も少ないイメージでいたのですが
沖縄のフォアオーナーとお話をした所
確かに一年中暖かいのですが、湿気は多く
渋滞も多いとの事で、市街地を走ると信号待ちで
油温がグングンと上がるそうで、今回「極み」と
大流量ミッション用強化オイルポンプを導入され
油温の上昇がなだらかになり、渋滞では油温は上がる物の
走行すれば、直ぐに油温は下がるのでオーナーの理想道理だと言う
レポートを頂きました。
本土はこれから晩秋から冬に向かうので
オイルクーラーが付いているとオーバークールになる可能性があります。
先週の定休日にプチ弾丸ツーリングをした僕の車両で
オイルクーラー入口で110℃〜で出口は90℃と言うデーターでした。
ゆっくり走ると100℃以下だったので、良い感じで走れました。


パラソルスタンド製作

弟に持ち運びが嵩張らず丈夫な筏釣り用のパラソルスタンドを

筏用パラソルスタンド1号 (1)マルチサイズのパイプ径で材料は

ステンレスで作れと言われて

色々とステンレス材を取り寄せて

材料費は僕持ちで、強制的に作らされました。

筏用パラソルスタンド1号 (2)市販品では中々都合が良い物が無いらしく

パラソルのパイプ経は28mm〜32mmまで

使用が可能で、パイプの固定も

しっかり出来る様になっています。

もう冬なので、雨の日にしか使う事は無いと思いますが

来年に向けてこんな物を作らされました。

使ってみて便利であれば、もっとクオリティを上げて作ってみます。


CBR400Rリアホイールフィッティングの妄想

17インチ4.5サイズのCBR400Rのリアホイールを

CBR400R用リアホイールの妄想1号機にフィッティングをしてみようと思い

試しに某Yオクで購入して計測。

幅がかなり広く、スプロケットハブの加工が

かなり必要な事が分かり、どうするか考えてます。

ブレーキ側は使えそうなので、後はスプロケットハブを20mm位

加工すれば何とかなるのですが…。


高知O号エンジン下拵え二日目

昨日は私用で臨時休業を頂きました。

高知O号オイルポンプで、今日からまた高知O号エンジン下拵えの再開

まだオイルポンプの仕様については

打ち合わせが出来ていませんが

ミッション用オイルポンプを分解してみると

高知O号クランクメタル測定201019 (1)Oリングは潰れて硬化していました。

どの道このオイルポンプはO/Hになるのですが

強化を入れるのであれば、O/Hの必要が無くなり

近日部品が揃えば組み立てに入るので

高知O号クランクメタル測定201019 (4)オリフィスの加工もどうするかが決められます。

で、クランク、コンロッドメタルの

ダメージが酷いので、コンロッドメタルは

交換となるので、測定を実施します。

高知O号クランクメタル測定201019 (5)で、問題のクランクメタルの測定結果は

#3と#4の外径が3/1000〜4/1000ほど太いので

絶版のメタルになるのですが、寸法的には

まだ出るメタルで対応が可能なので

高知O号エンジン部品達 (1)新品に交換した方が良いと言う

判断に至ったので、クランクメタルは

全て新品に交換する事にする事にします。

なので、部品を発注となるので

組み立ては部品が揃い次第となりました。

取り合えず在庫しているエンジンに必要な純正部品やオリジナル部品を出して

在庫切れの物はチェックをして部品を発注。

本格的に組み立てが始まるのは22日以降になると思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月13日

CB400Four盗難1

【盗難情報 拡散希望】
また仲間のCB400Fourが盗難に遭いました…。
場所は東大阪方面で12日早朝に盗難に遭ったようです。
サーボ号盗難201012車両はとても特徴がある車両です。
詳細はSNSで拡散されているので
あえてここでは書きませんが
我々と共に一緒に走った仲間のバイクです。
ちょっとオーナーには申し訳ないのですが
自分なりに今回の盗難について分析してみました。
何故保管場所が分かり
何故12日の早朝に盗難されたのか?
何故この特徴があるCB400Fourだったのか?
保管場所が分かった事に関して
11日にSNS上でCB400Fourの集まりがある事が知れ渡っていた事。
そして盗難に遭った事が翌日の早朝だった事で
窃盗団の立場に立って考えれば、CB400Fourが集まる情報が
安易に手に入った事で、そこに行けばバイクに何らかの媒体(GPS)などを
取り付けられる環境にあった可能性があり
また早朝の時間帯だったと言う事は、他にもGPS的な物を取付られている
可能性がある車両があるかも知れなく、数件回っている内に朝になった。
その中で盗むのにリスクが少なかったと言う可能性。
同じバイクが集まる事で、周りの目を引き犯人が容易に
バイクに近づく事が出来た、変に話しかけて来たり
写真を撮る者が居た可能性や見知らぬ人間がバイクに近寄っていないのか?
その時にココセコムなどが装備されていない事もチェック出来る事や
盗んだバイクは数日人目に付かない別の場所に放置して
追跡されていない事を確認してから手を付ける場合もあるらしい。
特徴があるが故に売れない事は前提にある。
処分しやすい部品は割と早く処分する可能性がある。
分解は数人で掛かれば数時間で終わる。
証拠を隠すために、最近では盗難方法が分からないように
破壊した物全てを持ち帰る、フレーム番号を削る若しくは
書類があればフレーム番号を打ち換えて、自分の所有物にしてしまう。
残念な事ですが、バイクは割と色々な方法で見つからない様に出来てしまう事。
高価なバイクの保管場所の情報だけでも売り買いされているらしい事。
その情報を流すのは、割と近い人間が多いらしい事。
先日の集まりに参加された方は、一度自分のバイクに何か変な物が
付いていないかを確認して見て下さい。
また記憶を辿って、見知らぬ人間がバイクに近寄ってきていないかを
よく思い出して下さい。
最近クラブのツーリングなどはBBSなどでは告知しておらず
ラインでやり取りしているので、このようなリスクは少ない。
また今年はバイクイベントが無かったのですが
イベント会場でもGPSを取り付けられる事があるらしい。
フォアに限らずバイク全般のオーナーは気を付けて自衛に心掛けて下さい。
本当に腹立たしい事です!


バッテリーメンテナンス

三重M号のバッテリーが弱っており

バッテリーメンテナンス201013 (1)充電は出来る物のサルフェーションでは

エラーが出てしまいます。

まぁバッテリーに関しては納車の時にでも

オーナーと相談する事にします。

バッテリーメンテナンス201013 (2)で、そろそろ内燃機加工から戻って来るであろう

高知O号のバッテリーも

サルフェーションが終わり

2Aでゆっくりと充電をしています。


枚方Q坊号用貸し出しH型リムセット

オーナーが今度の休みの時にツーリングに出掛けるそうなのですが

枚方Q坊号用貸し出しアルミHリムあの危険なキャストホイールに

オーナーの命を預けるには

余りにもリスクがあり過ぎるので

オーナーが妄想している間

枚方Q坊号タイヤホイール貸し出し交換 (1)使っていないタカサゴのHリムを

貸し出す事にしました。

危険だと分かって乗っていると言えど

余りにもリスクが高過ぎるので

枚方Q坊号タイヤホイール貸し出し交換 (2)キャストホイールを取り外して

H型アルミリムに交換してしまいます。

取り外したキャストに取付いている部品は

ついでに再メッキに出します。

枚方Q坊号タイヤホイール貸し出し交換 (3)で、安全が担保された安心のホイールに

交換が完了し、これで後は天気が良ければ

楽しいツーリングに出掛けられるはずです。

次のタイヤホイールの仕様も打ち合わせを

済ませたので、ボチボチと仕上げに取り掛かります。


モンキーZ50J用社外部品入荷

モンゴリの神様の小金持ちの自由人君からのアドバイスで

モンキーZ50J用社外部品入荷 (1)社外品のBIGキャブレターを購入。

それが今日入荷して来ました。

エンジンが72ccなのでこれ位が

丁度良いらしい。

モンキーZ50J用社外部品入荷 (2)で、マフラーも抜けが良い物をと言う事で

同じメーカーのマフラーを発注し

揃って入荷して来ました。

これでモンキーZ50J用の部品は

モンキーZ50J用社外部品入荷 (3)ほぼ揃った感じになります。

多分使わないであろう純正マフラーは

どうするか後で考える事にします。

これで後はフレーム修理と塗装が仕上がれば

まぁ年内には組み立てに取り掛かれると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年10月10日

半休のお知らせ3

【半休のお知らせ】
10月11日(第二日曜)は定休日ですが
10月12日(月曜日)は真正多血症治療の為
午前中を半休とさせて頂きます。
午後からは通常営業を予定しておりますので
ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。


高知U号部品達

追加でご相談を頂いている部品達、強化オイルポンプ「極み」と

高知U号用追加部品達大流量ミッション用強化オイルポンプ

シフトシャフトオイルシールホルダー

キャブレターダストパッキン(A/C)

長期欠品中のヨシムラマルチ油温計は

高知U号用部品達発送準備中 (1)次の入荷予定が11月下旬になっていたのですが

在庫が一つだけあったので

一応これで揃ったかなぁ?

まだ何か一つ抜けている気がするけど

高知U号用部品達発送準備中 (2)その他お預かりして出来上がった部品達も

只今発送の為梱包をしている所で

タイヤホイールと部品で2個口になります。

エンジンと一部再メッキ忘れの部品は後日です。

高知U号当時物アルミボディKONI OH完了 (1)部品達を梱包している所へタイミング良く

オーナーが当時から使用していたと言う

思い入れのある、当時物アルミボディKONIが

納期三か月だと聞いていたのですが

高知U号当時物アルミボディKONI OH完了 (2)O/Hから仕上がって戻ってきたので

早速中をチェックしてみます。

やはり専門メーカーの業ですね!

内部のシールやダンパーは勿論の事

アッパーマウントまで交換されています。

その昔KONIをO/Hする為にこのソロバンゴムを作ろうと考えて

断念した事を思い出します。

今では当時出来ないとされていたアルミボディのKONIも

この様に新品同様に再生出来る様になりました。


0号機メンテナンス

ノーパンクタイヤに交換してからはメンテナンスをする頻度も下がったのですが

0号機メンテナンス201010月曜日に使うので念の為各所をチェック。

まともに歩けなかった頃は

かなりお世話になった0号機ですが

今では遠出か、病院に行く時に使う程度になり

フルオーダー、フルオプションの0号機、今でも時々お世話になってます。


姫号試運転

雨が止んで路面が乾いたので、ミッション系のトラブルで緊急入庫して来た姫号の

姫号ミッション系トラブル修理試運転201010復旧確認の為に試運転をします。

トラブルの原因は恐らくですが

複数の要因が重なって、シフトチェンジが

出来なくなった物と思われるのですが

一応不安要素部品を全て交換したので、これで復旧したと思います。

試運転でのシフトチェンジも軽やかで

スコスコとシフトチェンジが出来るので大丈夫だと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年10月09日

部品発送準備3

お店の前にある建物が解体される事になり
今日から工事に取り掛かる事になった。
元々人気があった四川ラーメン屋さんが入っていた
店舗兼住宅なのだが、一昨年地主の方が亡くなられて
売りに出されていた土地で、CPの駐車場も同じ地主で
高い駐車場代を払う位ならいっその事売ってくれと
管理会社に申し込んでいるのだが
ノラリクラリとして一向に話が前に進まないので
取引銀行から不動産会社を紹介してもらい
交渉を代理してもらう段取りをしている所です。


高知U号エンジン仕上げ部品発送

先週にはエンジン搭載準備まで出来上がっていた高知U号エンジン。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (1)オーナーと打ち合わせをした所

取り合えず仮組で仕上げて発送する事になり

諸々の部品を組み立てて

発送準備に取り掛かります。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (2)まずはクラッチを取り付けるのですが

部品を洗浄してチェックをすると

クラッチプレッシャープレートに

何やら変な筋が入っている事に気が付いた。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (3)恐らくクラッチ板に何か金属ゴミか

何かが挟まって、溝が出来たのだろうと

思われますが、使用には問題ない範囲なので

このまま使う事にしました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (4)クラッチスプリングは社外品の

強化タイプが使われていたようです。

これも取り合えずこのまま使う事にして

クラッチを組み付ける事にしました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (5)新しいクラッチディスクセットを入れて

ロックワッシャーやナットも

新品に交換して組み立てが完了。

リフターベアリングも新品に交換です。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (6)塗装で仕上げたカバーを取り付けて

クラッチアジャストを調整。

リターンスプリングは錆びていたので

新品に交換してR側は取り合えず完成です。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (7)次にL側の仕上げに取り掛かります。

ニュートラルスイッチはエンジン搭載後に

差し込んだ方が良いので入れていません。

オイルポンプは「極み」のフル強化を

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (8)ご検討されておられるのですが

まずはノーマルと比較する為に

一旦ノーマルオイルポンプを取付る事にして

取り合えずセルモーターを取り付けました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (9)ノーマルオイルポンプを分解して

ブラストで仕上げてから組み立て。

これを一旦エンジンに取付ます。

油温管理の為にヨシムラの油温計を

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (10)取り付ける予定になっていますが

2ndギアーは油膜が切れれば焼き付くので

ミッション用強化オイルポンプは

早い目に交換した方が良いでしょう。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (11)ACGカバーが塗装の手直しになっているので

取り付けがまだ出来ないのですが

取り合えずL側はここまで完了です。

オイルフィルターケースも仮付けしました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (12)で、最後にオイルパンを取付ます。

セパレーターはユニクロメッキ仕様に

変更して取付ました。

この方がオイルが乳化した時に錆びないからね。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (13)オイルパンの取付ボルトは仮締めで

オイルパン取付が完了しました。

これでエンジン配送時の手作り木箱に

エンジンを入れるのですが

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (14)忘れていたのですが

どうやらL側のスプロケットカバーは

取り外してあったらしく入らなかったので

取外して架台にエンジンを取付ました。

エンジン組み立て室作業台開放201009これで後はACGカバー待ちとなったので

他の部品は先に発送する事にします。

これでやっとエンジン組み立て室の

作業台もスペースが空いたので

次のエンジン組み立て準備に取り掛かれます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月06日

色々と衣替え3

天気が良い日はバイクかBUBU505-Cで通勤をしており
昨日の帰り際にはもうスイングトップだけでは
流石に寒いと思う位になったので
今朝からは革ジャンを着て出勤をしました。
で、昼は暑い位の天気なので
身体が温度の変化に付いて行かないので
今日は何か気怠い感じがします。


1号機チェーンカバー取り付け

今CPで流行りのチェーンカバーを今日のチャンスに

1号機チェーンカバー取り付け (1)取り付けをしようと言う事になり

急遽作業に取り掛かる事になりました。

別に必要なのか?と思うけど

何か皆が付けるので、じゃぁ僕もって感じですw

1号機チェーンカバー取り付け (2)チェーンカバーは既にバフ仕上げ済みで

暫く放置していた状態です。

バフ掛け前に取り付け位置を決めて

加工も済ませてあるので

1号機チェーンカバー取り付け (3)後はスイングアームにチェーンカバー

取り付け用のブラケットや

ナッターを仕込むだけになっています。

で、作業性を考えてスイングアームを取り外して

1号機チェーンカバー取り付け (4)フロント側にチェーンカバー取り付け

ブラケット用のナッターを打ち込むので

取外し前に位置を決めた部分に

ドリルで下穴を開けて

1号機チェーンカバー取り付け (6)ナッターを打ち込みました。

このブラケットを取り付ける為のボルトは

チェーンと干渉する場合があるので

使用するボルトは超低頭ボルトを使います。

1号機チェーンカバー取り付け (7)で、チェーンカバーに合わせて

ブラケットやステーを作り取り付けて

チェーンカバーを仮合わせ。

良い感じに出来上がってます。

1号機チェーンカバー取り付け (8)これで裏側のステーを固定して

車体にスイングアームを戻して

今度はちゃんとチェーンカバーを

取り付けてしまいます。

1号機チェーンカバー取り付け (9)まぁ特に必要は無いチェーンカバーですが

中々良い感じに取付が出来ました。

純正チェーンカバーも良いけど

これはこれでカスタム感があって

良いかも知れないと、取り付けて思いました。

このチェーンカバー取り付けに関して

人柱が僕の前に2人いたので、意外とサクサクっと作業が終わったねw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月05日

ヨーロッパから部品輸入

今日は息子の32回目の誕生日。
僕がまだ息子位の年齢の時は昭和の終盤だったので
今とは違い何でもありな世の中で
枚方警察にも何度か怒鳴り込みに行った事もあったなぁ…。
交通課の連中も机の上に足を上げていたりして
お前それでも警察官なのか?と言うような態度だったなぁw
警察も今とは大違いだった事を思い出します。
そして悪さばかりしていた息子が
今では脳外科医になるなんて、思いもしなかったw


CB400F用純正新品ステム輸入

先日ヨーロッパのサプライヤーから購入した部品が

ヨーロッパから純正新品部品入荷 (1)今日DHLで配送されて荷物が届いた。

中身は先日購入したフォアの

絶版新品部品達ばかりです。

今回関税は掛からなかったけど?

ヨーロッパから純正新品部品入荷 (2)消費税は取られたなぁ…。

絶版純正新品部品で今回一番大きな物は

このステム2本で購入時の1€の相場は

¥122,809で割と安く買えた方だと思います。

某Yオクの中古品より少し高い感じのお値段で新品が買えるので購入をしました。

これは暫く宝物庫行きになります。


キャブレターリブルド分解3基目

昨日の続きでキャブレターリビルド3基目を分解するのですが

キャブレターリビルト3基目201004 (1)もう昨日から飽きているので

肝になる部品だけを取り外してしまえば

後はどうにでもなるので

バックプレートだけを取り外して分解

キャブレターリビルト3基目201004 (2)シャフトを取り外して再メッキに出します。

ここさえあれば他の部分の部品は

在庫があるので何とでもなりますからね

取り合えずキャブのリビルド分解3基目は

親方号用純正キャブ部品ブラスト完了ここまでで一旦終了となります。

昨日分解した部品はブラストで

下地処理が完了したので

これで再メッキに出します。


シリンダーヘッド整備

シリンダーヘッドの在庫が少なくなってきているので

部品整備シリンダーヘッド組み立て201005 (1)ボチボチと使える様に整備をして

保管をしている所です。

で、幾つかある未整備の

シリンダーヘッドの中から

部品整備シリンダーヘッド組み立て201005 (2)状態が良い物から順番に整備をして

保管をして置く事にします。

今日はその第一個目んぼシリンダーヘッド

バルブの摺り合わせも終わっているので

バルブスプリングをセットしてこれで何時でも使える様に保管しておきます。


本日のご来店

店の前の府道13号線をたまに走っているヨンメリを

本日のご来店201005たまに見かけるのですが

今日はそのオーナーの方がご来店。

何でも不動の398があるらしくそれを購入して

CPでレストアをする件でご相談にご来店。

不動と言えども398ccで、お値段もかなり格安なので

それは買った方が良いですよ!と言うお話など

購入後のレストアプランなどをご相談頂きました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)