部品

2020年04月07日

2台まとめて継続車検3

いよいよ今日緊急事態宣言が発表される事になり
外出自粛を要請される事になりそうですが
不要不急の外出は自粛しても仕事はしてもい良いらしい。
緊急給付金についても、6月に給付されるらしいけど
頂くには壁が高く、個人事業主には最高100万円が
給付されるらしいけども…だ!
6月に給付されても、日銭で何とか成り立っている所は
6月まで待てないよ…しかも壁が高すぎるわ。



イントルーダー&Z750RS継続車検

先週イントルーダーの継続車検に向かう向かうはずだったのですが

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (1)寸前で色々とトラブルが出た為

延期となり、今日Z750RSと二台まとめて

寝屋川へ継続車検へ向かいました。

まずはややこしく無い方の

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (2)イントルーダーからラインへ突入!するも…

遭えなく光軸が45度下を向いていると言う事で

1本目は見事に撃沈となった…

上下は固定されているのでどうするかなぁと…。

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (3)で、次にややこしいはずのZ750RSを

ラインに突入!…見事に一発合格!

むー…取合えずイントルーダーの光軸を

裏技で細工して何とか合格!

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (4)二台とも無事に継続車検を獲得!

で、店に帰ってからZ750RSに

検査票章を貼る!

割と真直ぐに貼れた!

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (5)続いてイントルーダーにも

車検票章を貼る!…

しまった!若干曲がったぞ!

まぁ昨日の青い方よりはマシなのでOKです…

これで取合えず大物2台の継続車検が完了しました。


店番と言う強制労働

継続車検へ向かう為に、弟を呼び出してお店の留守番をしてもらう

電装部品製作の強制労働と店番 (1)そのついでにCB400Four用の

サブハーネスを時間潰しにと

弟思いの僕は配線類などを用意して

あげると言う、弟思いの優しさ。

電装部品製作の強制労働と店番 (2)車検から戻って来ると

しっかりと時間潰しでサブハーネスを制作。

これで当分はサブハーネスに

困らずに済むようになるかと思ったのですが

電装部品製作の強制労働と店番 (3)残念な事に、ハーネスチューブが

無くなってしまったので

ACGのサブハーネス制作は

ここまでで終了なってしまった。

電装部品製作の強制労働と店番 (4)それじゃぁテールライトのサブハーネスを

作れば良いじゃないかと言う事で

テールライト用サブハーネスを

5セット作って、今日の内職は完了です。


1号機ヘッドライト光軸再調整

昨晩いつも通りバイクで自宅へ帰る途中の事

1号機ヘッドライト再調整 (1)対向車からハイビームにされて幅寄せされた…

何でだろうと思い考えてみたら

フロントタイヤを交換した為

フロントが上がってヘッドライトの光軸が

1号機ヘッドライト再調整 (2)少し上がった為、眩しかったのだろうと

言う事ぐらいしか思い当たらないので

仕方なくもう一度光軸を調整する事に…

今度はロービームをかなり下まで下げてみました。

1号機ヘッドライト再調整 (3)これならきっと対向車ももう

眩しくは無いと思けど、車検の時は

再調整する必要があるな。

まぁ余計なトラブルを

回避する為だから仕方がないなぁ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月05日

断捨離と部品整理3

このご時世、何時どうなるかわからないので
念のため遺書を書こうと思って居るのですが
結果、遺書って何をどう書くの?って感じです。
遺言みたいなたいそうな財産も無いし
嫁が勝手に処理するだろうから
まぁ嫁にしてみればゴミみたいな
バイクの部品に関しては
どうするか分かる様にする事からだなw


1号機フロントタイヤ交換

今朝も天気が良いのでバイクで通勤していると

200405桜と1号機 (1)そう言えばもう桜も満開だなぁと思って

少し寄り道をして桜の木の下に

1号機を止めて今年初の桜とツーショット!

桜をマジマジ見る心の余裕が無い昨今

1号機タイヤホイール交換 (1)何だかやる気が出てきたので

フロントタイヤを交換するスイッチが入った!

ついでなので、フロントホイールを

マグタンに交換する事にしました。

1号機タイヤホイール交換 (2)レースで使ったタイヤですが

真ん中がほぼ新品状態ですし

両サイドも街乗りレベルでは

全然使えるのでエコでお財布にも優しい

1号機タイヤホイール交換 (3)T.O.T用にブレーキディスクを

NSR用に交換してあったので

ブレーキディスクは今取付いている

ブレーキング製のディスクを使います。

1号機タイヤホイール交換 (4)交換するタイヤホイールの準備が出来たので

1号機からCBR250RRの

タイヤホイール取外しも完了しました。

マグホイールと互換性があるのでポン付けです。

1号機タイヤホイール交換 (5)取外したCB250RRのホイールから

ブレーキング製ブレーキディスクを

移植して取付るのですが

スピードセンサーのピックアップ方法を

1号機タイヤホイール交換 (6)少し変更しないといけないので

取合えずディスク板を取付けて

ピックアップ方法を変更しました。

これで後は車体に取付けて

1号機タイヤホイール交換 (7)スピードセンサーとピックアップ側の

位置を微調整して

フロントタイヤホイールの

交換が完了したので、試運転をして

1号機シビエヘッドライト位置調整OKスピードセンサーとメーターの動きを確認。

スタックのスピードメーターの動きも

問題なく速度を表示したのでOKです。

ヘッドライトも昨晩走行したら

対向車の反応が今までと違うので、まぁ良かったかな。


本日のご来店

今日も弟が店にやって来て、何やら怪しい動きをしていると思ったら

万引き男ご来店 (1)案の定ゴソゴソとタンクを外し

昨日探し出して、ブラストで綺麗に仕上げた

キジマのタペットキャップの

交換をし始めやがった!

万引き男ご来店 (2)でも流石にOリングだけは

新品に交換しないといけないので

Oリングはご購入となりましたが

少しだけぼった食ってやったわw

某青い方継続車検のご相談そこへ久しぶりにご来店されたのは

某青い方、岡山から一時帰阪して

3号機の継続車検を明日自分で行くとの事で

書類の書き方や自賠責の手配を済ませ

車検の受け方のコツなども伝授し、念の為光軸もチェックしました。


HONDAエンブレムペーパーウエイト


断捨離中に見つけたHONDAロゴのタンクエンブレムを使って

HONDAタンクエンブレムもペーパーウエイトに (1)ペーパーウェイトを作ってみました。

イベントなどで物が風で飛ぶ時もあるので

こう言った物を置いていた方が

お洒落かなぁ…と思ってw

HONDAタンクエンブレムもペーパーウエイトに (2)裏側に真鍮製のプレトーを貼り付けているので

意外と重くて、これは使えると思います。

Firlady280Zのペーパーウエィトと並べると

何か良い感じがするのは気のせいかな?w

商品陳列整理まぁ自己満足ですけどね。

で、断捨離の延長で在庫部品を整理。

色んな所から余計な在庫部品が見つかったわw

まぁこれで部品の整理が出来て

在庫管理もやり易くなりました。

後は遺書の書き方を調べないといけないなぁ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月04日

通常業務中の顧問業務、個人面談3

今日は午後から顧問業務の個人面談を
CPの店内で行いました。
コロナの影響で業務委託先が
無期限の休業となったため
今後の業務についての面談でしたが
やる事、仕事は沢山あるので
今の所、特に問題では無い範囲かなぁ?


1号機ヘッドライト交換

ヘッドランプをLEDに変更した為、ロービームで走行していても

1号機ヘッドライシビエにト交換 (1)対向車のドライバーは眩しいみたいで

運転しながら目を覆ったり

パッシングや、幅寄せ、怪訝な顔をされるので

純正のヘッドライトだとLEDの光が散って

1号機ヘッドライシビエにト交換 (2)眩しいのかも知れないと思い

もう試しに、仕方なくシビエを購入し

交換してみる事にしました。

純正よりシビエのレンズカットの方が

1号機ヘッドライシビエにト交換 (3)境目がはっきりしているので

良いかなぁと思い

対向車の迷惑にならないと思って

交換してみる事にしました。

1号機ヘッドライシビエにト交換 (4)で、光軸を合わせてみました。

まずはロービームですが

やはり少し高いので少し低めに設定。

これで対向車の迷惑にならないと思う。

1号機ヘッドライシビエにト交換 (5)で、これがハイビーム

少し光軸が下っぽいですが

車検まではこのままで行こうと思います。

LEDなのにバッ直リレーが付いているのが

1号機ヘッドライシビエにト交換 (6)何だか残念でならないです…。

ま、取合えずこれで走行してみて

対向車の反応を見てみる事にします。

正規の車検の光軸を優先するか

1号機ヘッドライシビエにト交換 (7)対向車の迷惑にならない方を選択するか…。

ハイビームをギリギリまだで下げて

ロービームの光の反射が

このラインぐらいになりました。

1号機ヘッドライシビエにト交換 (8)ハイビームは中心から少し下がって

これぐらいかなぁ?

少し光が散っているので

的もかなり広い…まぁ車検が通ればOKなんですが

1号機フロントタイヤ間も無く交換時期フロントタイヤも交換時期なのですが

もう面倒臭くなったので

また次回にでも交換する事にします。

まぁ次のツーリングが終わったら交換かな?

なんせ、自分のバイクのメンテナンスは面倒臭いので

誰かにやって貰いたいぐらいです。


大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫

1号機のフロントタイヤを交換するか悩んでいた時に

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (1)タイミングよくご来店されたのは

大阪T様のマッスル号。

オイルパスキャップBからの

オイル漏れとの事で入庫となりました。

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (2)仮に僕がやる気があったとしたら

タイヤ交換中だったので

少々お待ち頂く事になっていたと思います。

で、物を見てみると確かにオイルパスキャップ付近

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (3)念の為ポイントカバーを外して

クランクシャフトからのオイル漏れが

無い事を確認して、パスキャップを取外し

Oリングを見てみると、やはり潰れていた。

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (4)取外したオイルパスキャップは

ウエットブラストで綺麗にしてから取付。

綺麗にして置けば、またオイル滲みがあれば

何処からなのかが分かると言う利点もあります。

他のオイルパスプラグや、キャップAも恐らくOリングは死んでいるので

漏れて来るのは時間の問題なので、オイル交換やフィルター交換の時にでも

ボチボチと交換をして行けば良いと思います。

またシリンダーヘッドカバーからもオイル滲みがあるので

それもまたGW明けぐらいに、リアディスクブレーキの

構造変更の強度試験をするので、そのタイミングで作業予定となりました。


断捨離のお手伝い

今日はお休みの弟がやって来て「断捨離を手伝ったるわ!」と

断捨離のお手伝い? (1)バイクに乗ってご来店。

8日の水曜日に兄弟二人で

ちょっと走りに行こうとなったので

色々と店から部品を万引きしてます…。

断捨離のお手伝い? (2)断捨離も手伝ったるわと言って

店内を荒らしまくった後に

コンプレッサー室も整理したるわ

と言いながら、何か物色してる。

断捨離のお手伝い? (3)そして探し出したのが

キジマのタペットキャップが

山盛り?出てきたのを集めて

何かニコニコしている…。

断捨離のお手伝い? (4)まぁコンプレッサー室は

それなりに片付けてくれたので

それはそれで良かったし

あれほど探していた部品も出てきたw

断捨離のお手伝い? (5)で、弟は探し出したキジマの

タペットキャップを勝手に

ウエットブラストでニコニコしながら

仕上げ出した…多分万引きするつもりだろう…。


奈良I様嵐のヨンフォア

数年前にエンジンをO/Hしたエンジンなのですが

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (1)少しオイルが漏れていると

以前から相談を受けていたのですが

中々タイミングが合わず

今日やっとタイミングが合ったので

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (2)オイルとフィルター交換をする事に。

少しエンジンから異音するので

諸々のチェックをしました。

オイル交換をしながら、ふとタイヤ見ると

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (3)明らかに空気圧が低いと思ったので

チェックすると、案の定リアは

1.5Mpaとかなり低い状態だったので

オーナーにタイヤの空気圧に関して教育w

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (4)フロントもチェックすると

1.2Mpaとこれもまた危険な空気圧だった。

I様の乗り方だと、かなり危険な状態。

無事CPにたどり着いた物だ…。

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (5)で、オイル漏れ箇所を探すと

原因はタコメーターギアー部の

オイルシールからのオイル漏れと

原因が判明したので、取合えず一安心。

次回日程を調して諸々のメンテナンスをする事になりました。


顧問業務 個人面談

CPの諸々の業務が終わってから、顧問業務を開始。

顧問業務個人面談200404コロナ関係の問題があり

勤務先が出勤停止となる事から

今後の事に関しての個人面談を実施。

休業に関して少々ややこしい話もありましたが

まぁ一応の個人面談は完了しました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月02日

大内イベント延期3

4月12日に開催予定だったZ400FX&CB400Four
合同ミーティングが延期になったと
昨日、主催者側から連絡がありました。
それと同時に5月にツクバで開催されるレース
T.O.Tも中止となりました。
残念ですが、今の時期は仕方がありませんねぇ。
今は自分自身を守る事に徹しないと
いけない時期だと思います。


イントルーダー継続車検延期

今日は弟を呼び出して、イントルーダーの継続車検にと…。

イントルーダー継続車検中止 (1)嫌に取回しが重いと思ったら

フロントタイヤにエアーが

入って無かったのでエアーを入れて

タイヤを見ると激しいオゾンクラックが…

イントルーダー継続車検中止 (2)こりゃぁ何とかなるレベルでは無い上に

ヘッドライのロービームも玉切れの上に

H4バルブが青いので、これもNG。

取合えず玉切れと、青H4バルブはダメなので

イントルーダー継続車検中止 (3)普通のH4バルブに交換したのですが

ここでバッテリーの突然死!

エンジンも掛からないし

全ての表示が点灯しなくなった…。

イントルーダー継続車検中止 (4)バッテリーをチェックすると

電圧が4.2Vしかないので

こりゃぁダメだと言う事で

取合えずエンジンを掛ける為に

イントルーダー継続車検中止 (5)必殺のキャパシターを接続して

エンジンを掛けたけど

やっぱりバッテリーが死んでいるので

エンジンは直ぐにストールするし

イントルーダー継続車検中止 (6)タイヤも含めてダメなので

今日は継続車検を諦めて

仕切り直す事にしました。

そんなインケツな一日でした。


CB400Four用ハブリペア

今日の予定が狂ってしまったので、その内作業をする予定だった

ハブリペア4回目 (1)CB400Fourのハブをリペアする事に

リアハブのブレーキドラム内は

全く摩耗が無い極上物のハブで

恐らく購入後直ぐに取外して

ハブリペア4回目 (2)キャストを入れたのかも知れない。

スプロケハブダンパーは昨日から

ラスペネ漬けにしていたのですが

ダンパーのアウター側は残ってしまいました。

ハブリペア4回目 (3)で、何時もの如くアウター側カラーを

破壊して取外しが完了したので

前後ハブをブラストで仕上げる事にします。

その約1時間後…。

ハブリペア4回目 (4)前後ハブのブラストが完了!

最終的には貴重なD.I.DのHリムと

バフ仕上げにして組付けようと思っています。

ブラストも完了したので

ハブリペア4回目 (5)何時ものベアリングリテーナーを

リタップ掃除!

これをして置かないと

ベアリングリテーナーが

ハブリペア4回目 (6)素直に入らないハブもありますからね!

これでD.I.DのHリムとハブを

バフ屋さんへ送る準備が整いました。

特に使う用事は無いけれど

ハブリペア4回目 (7)せっかくの良いリアハブなので

貴重なD.I.DのHリムと組み合わせて

お宝として、また無駄に自己満足で

保管しておくか、それとも貴重な国内408を

組立てる時に使うかも知れません。


本日のご来店

新規の方で、車両を何時もメンテナンスいるバイク屋さんが

枚方T様ノンレス2オーナーZ750RS継続車検入庫200402閉店したとの事で、駆け込まれたZ750RS

ノンレス、2オーナーですが

激しく調子が良い車両です。

車検が明日切れるとの事で

CPに駆け込み入庫となりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月24日

臨時休業のお知らせ

【臨時休業のお知らせ】
明日3月25日(水曜日)は定休日で
姫のわがままツーリングに出掛けますが
明後日3月26日(木曜日)は顧問業務の為
臨時休業にさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


さよなら委託車両

LEDのヘッドライトに交換した1号機ですが

1号機ヘッドライト光軸再調整200324ロービームでもドライバーの方へ

どうやら迷惑を掛けているようで

申し訳ないので、今朝は1号機のヘッドライトの

光軸を少し下げる調整をしてみました。

さよなら委託車両最後のチェックで、今日は委託販売でお預かりしていた車両が

現状販売で、納車になったので

最後のチェックを済ませます。

今週末車幅の大きい車両が入庫してくる事もあり

PITも多少広くなるので助かります。

で、午後から無事に納車となりました。


純正部品の研究

CB400Fourのカスタムに流用出来る部品が無いかと

部品流用研究 (1)日々色々な部品を手に入れて

研究をしていおり

今回はコンロッドの研究です。

CB400Fourに流用出来ないかを

部品流用研究 (2)寸法などをチェックしました。

全長はCB400Fourと同じで

小端部の内径が大きいのがミソ

結果、加工をすれば使えると思いますが

今は別にいいかな…と言う結果でした。

こうしてまた、必要のない部品が宝物庫に眠る事になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月23日

ツーリングのお知らせ3

【ツーリングのお知らせ】
明後日3月25日(水曜日)に
姫のわがままツーリングを予定しています。
集合場所:カスタムパラノイア
出発時間:おおよそ9時頃
ツーリングに向かう方向は、一応和歌山方面ですが
変更する場合があります。
平日ですがお時間のある方は、姫の面倒を見て下さい…。


CB550Fリアタイヤ交換

CB400FourとCB550Fourの二台を

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (1)CPでメンテナンスさせて頂いている

京都H様からのご依頼で

今回はCB55Fのリアタイヤ交換と

リアショック交換のご依頼。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (2)今回は作業がやり易いように

作業用リフトに車両を搭載!

少し苦労しましたが、何とか

リアタイヤホイールを取外しました。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (3)タイヤホイールを取外したついでに

リアサスを純正からIKONに

変更するのですがロアマウントボルトが

マフラーに当たって抜けません!

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (4)何処かのバイク屋さんは10分もあれば

交換出来るよ!と言っていたらしい。

マフラーとタンデムステップを共締めで

固定しているボルトを抜いて

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (5)タンデムバーを取外して

やっとリアサスを取外せました。

取付る時にはアッパー側にグリスを塗ります。

ここも動く所なのでグリスを塗るだけで

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (6)リアサスの動きが違います。

これで左右ともリアサスを純正から

IKONに交換が完了しました。

スイングアームは少し曲がっていました。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (7)タイヤを新しい物に交換して

車体に取付けるのですが

トルクロッドのダンパーラバーが朽ちており

ワッシャーもロックピンも入っていなかった。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (8)で、これが本来の姿になります。

実は取外す時トルクロッドのナットは

少し緩んでいましたし

ワッシャーが入っておらず

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (9)ダンパーゴムが潰れていたので

そりゃぁ緩むよねぇ…。

リアアクスルシャフトにも

割りピンが入っていなかったので

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (10)メンテナンス性を重視して

Rピンを入れておきます。

これが入って無いと車検も通りません。

で、これで作業は完了です。

作業の都合によってはマフラーを外す事も考えていたけど

外さずに全ての作業が完了しました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年03月22日

通勤ルート上の怪奇現象3

まぁ嫁はもう慣れているのですが
僕は生まれつき霊感と言う物が強いらしく
度々そう言った類の物を見る事がありますが
特にそう言った方々に何をしてあげられる事も無いので
毎回丁重にお帰り頂いています。
ここ数ヶ月の間に気が付いたのですが
僕の通勤ルートに古墳があり、その横は火葬場とお墓があり
その上空30mぐらい上を光の玉が飛んでいたり
白い何かの形の物が浮遊していたりする事に
気が付いたので、嫁にその話をすると
「そうらしいで、あそこよく見えるって言う人多いで」と言う。
「何だ…よく見える場所なのか、じゃぁもう良いわ」
と言う事でした。
因みに夜中僕が誰かと会話している所や
般若信教を唱えている録音を嫁は持っているらしいw


姫号バッテリー充電完了

昨日姫号のガソリンコックを締め忘れていたので

姫号バッテリー充電完了200322姫号のキャブからは潮が吹いていたので

店の中がガソリン臭かった…。

俺のコックをぶち込んでおけば良かったぜ!

と言うわけで、バッテリーの充電は完了です。

これでツーリングの準備は整いましたが

行き先を漠然とした和歌山方面と言うのですが

お店が開いているかも分からないので、無難な所へ行くように

姫に提案する事にします。


強化プライマリー セカンダリーギアー入荷再販

売り切れから数年が経ち、お問い合わせも多かったのですが

強化プライマリーセカンダリーギアー再販入荷この度やっと、強化セカンダリーギアーが

入荷して来たので、再販出来るようになりました。

これもまた売切れると次は何時になるかは

保証できませんので、ご入用の方はお早めに!

因みに、過去今までに渡り、強化セカンダリーギアーに交換した事によって

猫なき現象が出るとの報告もありませんし

逆に猫鳴きが止まったと言う報告は頂いております。

価格は1万円+消費税=1,1万円になります。


エンジン断捨離

断捨離の一環でもありますが、使わないエンジンがまだ沢山あるので

CB350FEエンジン断捨離 (1)宝物庫から持って来ました。

既にセルモーターなどは外されています。

ひょっとしたらお宝が入っている

かも知れないので、念の為

CB350FEエンジン断捨離 (2)ヘッドカバーを外してチェックしましたが

残念ながらお宝は入っていませんでした。

で、これでも重量が35キロぐらいあり

重いので、佐川急便しか集荷してくれない事もあり

少しでも軽くする為に取外せる物は取外します。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月20日

見せるカスタム

やはり関西大手の某テーマパークは
予想通り休園を29日まで延期しましたねぇ。
3月31日は開園記念日と言う事もあり
何とか休園は29日までで終わらせたい所かも知れませんが
果たしてどうなるのかは微妙な所だと思います。
因みに枚方パークも休園しているようで
今月一杯は休園を延期するらしい。
何処も感染源にはなりたくないだろうからねぇ。
今日から始まるこの三連休も皆大人しくしているんだろうねぇ…。
しらんけど。
厚労省も、大阪府も兵庫県もこの三連休は
大人しくして居ろって言ってるからね。


スプロケットカバーカット

カスタム感を出す為や、普段見えない所を見える様にとか

L側スプロケットカバー加工 (1)軽量化などの意味もあって

スプロケットカバーをカットして

見せるカスタムをするので

そのベースになるCB350Fのスプロケットカバーを

L側スプロケットカバー加工 (2)カットして加工する準備をしています。

完成イメージはこんな感じになります。

普段見えない所が見えるので

オイルポンプのカスタム感も分かります。

L側スプロケットカバー加工 (3)で、少し失敗しましたが

何とかカットが完了したので

切断面を面取りして仕上げが完了。

元々の地肌が荒れていた事もあり

L側スプロケットカバー加工 (4)全体的に少し削って地肌を慣らして

ウエットブラストで仕上げました。

これでバフ仕上げをすれば

それなりにカスタム感溢れる

スプロケットカバーになりました。


本日のご来店

三連休初日、天気も良く絶好のバイク日和の今日は

本日のご来店200320 (1)コロナの影響など関係なく

沢山の方がご来店されました。

インパルスにお乗りの方。

CB400Fourの購入をご検討されており

ご相談にご来店頂きました。

本日のご来店200320 (2)続いてのご来店はご近所の高槻ウルフ号。

少々エンジン始動時にもたついたりして

アイドリングもカブっている様になる

との事で、点火時期をチェックすると

ウルフ号点火時期調整 (1)かなりズレていたので、接点を磨いて

クリアランス調整をして点火時期を調整。

エンジンは快適に動き出し

アイドリングも安定してくれました。

ウルフ号点火時期調整 (3)機械式なので、ちょっとぐずり出したら

まずは接点のクリアランスをチェックし

点火時期を調整すれば、また元の様に

機嫌良く動いてくれます。

これでお仕事がお休みの今日、後半戦は相棒と一緒に楽しんで来てください。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月19日

今日は早仕舞い3

新型コロナの影響で部品の入荷が遅れ気味。
担当地域のクロネコヤマトの所長と話す事があったので
色々聞いたけど、仮に物流現場でコロナ感染者が出たら
集荷、配送、は停止、集配センターも閉鎖となるらしい。
しかも集配達員は複数の人と接触するので
そうならないように
かなり厳重に管理しているらしいよ。
関西最大級のテーマパークも22日開園再開を
目指しているらしいけど、今の現状では開園は厳しいと思う。
恐らく延期になるんじゃないのかなぁ…。
所で今、ひらパーってやってるのかな?


男は黙って七三分け


定休日の昨日は、枚方K号の納車を終えてから

200318男は黙って七三分け何時もの理髪店へ行き、何時もの

男は黙って七三分けをして来ました。

理髪店もやはりコロナの影響で

定期的に来店される高齢の方が

出歩くのを控えているらしく、何時もよりは来客数も減っているらしい。


1号機インジケーター表示不良

ヘッドライトをハイビームにした時に点灯するはずの

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (1)インジケーターの青色が点灯しないので

インジケーターのLED球の不具合かと思い

カバーを外してチェックをする事にした。

ハイビームとニュートラルを入れ替えて

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (2)LED球をチェックしたけど

球には何も問題が無いので

ここ数日の間にヘッドライトを何度も

開け閉めしたので、ひょっとすると配線が?…

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (3)と思いヘッドライトケースを取外し

配線をチェックすると…案の定

インジケーターへの配線が抜けていたわ。

クッソ!配線を復旧して

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (4)インジケーターが点灯するかをチェック!

無事点灯しました。

一昨日の夜の帰りにヘッドライトを付けて

帰宅したけど、ロービームでも対向車の

ドライバーは眩しそうにしていたのが申し訳ないと思った。


CB550F用リアタイヤ入荷

予定より二日遅れて入荷してきたCB550F用リアタイヤ。

CB550F用リアタイヤ入荷やはり流通が少し滞っているのか?

これで来週予定通りに入庫頂いて

作業に取掛れます。

後は天候次第ですね。


セブンスターキャストスプロケダンパー

京都K様からのご依頼で、セブンスターキャストの

京都K様セブンスターキャストダンパー挿入 (1)スプロケダンパーを新品に入替え。

部品が入荷してきてきたので

早速スプロケハブダンパーを

CPオリジナルSSTで挿入します。

京都K様セブンスターキャストダンパー挿入 (2)サクサクっと挿入が完了!

これでセブンスターキャストの

組立が完了しましたので

またお時間のある時にでも

お引き取りにご来店下さい。


小金持ちの自由人君ご来店

僕の知り合いの弁護士を投入して、やっと事故の保険金が入って

小金持ちの自由人君ご来店200319金持ちになった自由人君が

愛車のオイル交換に来店。

小金持ちなので愛車のカブに

モチュール300Vを入れます。

今仕事が忙しいらしいので今度時間が出来た時にでも

リジットな高級鮨屋さんへ連れて行ってもらう事にします。

と言う事で、今日は16時から顧問有無の為、早仕舞いとなります。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2020年03月16日

断捨離は続くよ何処までも3

多分きっかけはZ1000Mk兇鮟菠してからだと思いますが
まずは僕にとって不要な物から処分を本格的に開始!
次の段階は、持っていても使わない物。
これは沢山あると思います。
もうお気付きだと思いますが、レース活動も中止したので
レーサーも分解して街乗りにしようと計画中ですが
今CB400Fourだけでも2台持て余している状態なので
レーサーを街乗りにしても果たして管理出来るのか?
とも思い始めています。
ただエンジンはかなりの費用と、貴重な部品を使っているので
このまま使わないのも勿体無いと思う事が既にもう
ダメ人間な証だと思いますし、昨日弟にも言われたわw


CB350FEエンジンブラスト

レーサー用予備エンジンにとCB350Fのエンジンを

CB350FEエンジンブラスト1個目 (1)沢山買い集めていたのですが

数えたら5基もあったので処分します。

クランクケースだけの物は

ブラストで仕上げてO/Hベースにでも

CB350FEエンジンブラスト1個目 (2)使って貰えたら良いと思い

まずは塗装の剥離から。

暫くして塗装が浮いて来たので

洗浄してみると…

CB350FEエンジンブラスト1個目 (3)あ…やられた…くっそー!!

シリンダースタッドボルトが

折れとるやないか!

しかも二本も折れてるし…

CB350FEエンジンブラスト1個目 (4)その上クランクケースも割れたのか

デブゴンで盛ってあるし…。

これをコストを掛けて直してまで

使うだけの価値は無いので

部品取りだけして、廃棄処分となります。

これでまた一つエンジンの断捨離が出来ましたとさ…。


枚方K号オイル漏れチェックその後

オイルシールやOリングなどの死んだゴム類が原因で

枚方K号オイル漏れチェックその後 (1)オイル漏れ、オイル滲みが酷かった

枚方K号のその後ですが

特にオイルが垂れた痕跡も無いので

これで何とかなったと思います。

枚方K号オイル漏れチェックその後 (2)後一か所だけOリングを交換すれば

当分の間は大丈夫だと思います。

納車はお仕事の関係で、CPの定休日の

水曜日になりますが

次回オイル交換の時にオイルフィルターと

オイルパスキャップAのOリングを交換すれば、良いと思います。


マフラー割れ修理

CB350Fのエンジンは残念でしたが、まだまだ断捨離は続きます。

マフラークラック修理 (1)今度はマフラーのクラックを修理。

このアルミフランジのマフラーですが

クラックが入っているので

修理してから処分します。

マフラークラック修理 (2)クラック部分は集合部から

1曲げ部分にクラックが入っています。

鉄板の肉厚が薄いのでガス溶接で

裏波を出して強度も上げて溶接をします。

マフラークラック修理 (3)まず塗装をベルトサンダーで剥がし

段違いにズレている位置も修正してから

本体を溶接して仕上げます。

マフラーの中はカーボンなど不純物るので

マフラークラック修理 (4)多少なり沸いてしましましたが

母材をしっかりと溶かし込んで

上からガス溶接用軟鋼棒で肉盛りをして

しっかりと溶接が出来たと思います。

マフラークラック修理 (5)溶接が沸いてしまって

ビードがガタガタなので

ベルトサンダーで表面を仕上げました。

後は塗装すれば完成です。


当時物、本物セブンスターキャスト

京都のK様からのご依頼で、当時物のセブンスター組立です。

京都K様当時物セブンスターキャスト組立 (1)多分CPで取扱った本物のセブンスターは

これで3セット目ぐらいで

BEETより取扱いは少ないと思います。

しかも今回は仕上がっているのですが

京都K様当時物セブンスターキャスト組立 (2)スプロケットハブダンパーの

アウターカラーが残留していたので

アウターカラーを破壊し取外しての

組立ご依頼になります。

京都K様当時物セブンスターキャスト組立 (3)なんせ仕上がっている状態なので

かなり気を使いながら破壊して取外しました。

ベアリングリテーナーのリタップ掃除を済ませ

組立準備は整いましたが

京都K様当時物セブンスターキャスト組立 (4)ダンパーが在庫切れなので

取合えずベアリングを組立て

リアホイールはスプロケハブダンパー

入荷待ち状態まで出来上がりました。

京都K様当時物セブンスターキャスト組立 (5)フロントホイールもリタップ掃除を済ませ

ベアリングを取付けたので

フロント側は完成しました。

これで後は部品が入荷してくれば

サクサクっと仕上げますので、暫くお待ち下さい。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月10日

3月25日水曜日は姫ツー3

昨日は姫がご来店となり
姫が「飯食いに行くぞ!」と言う事で
早仕舞いで家族三人で食事に行ってきました。
本当なら酒でも飲んでと思っていたのですが
今月末に血液検査があるので控えておきました。
で、今月25日(水曜日)に和歌山方面へ
ツーリングに行く事になったので
お時間のある方は、ご参加をお願い致します。


まっきーR号シリンダーボーリング完了

この時期内燃機屋さんは混んでいるのですが

まっきーR号シリンダーボーリング&平面研磨完了 (1)1気筒だけなのでサクサクっと

ボーリングと平面研磨を終わらせて頂き

早速今日戻って来たので

取合えずシリンダーを洗浄して

まっきーR号シリンダーボーリング&平面研磨完了 (2)#3.4ピストンをWPCに送る準備をします。

WPCが終わればサクサクっと

エンジンを組んで、火入れまで済ませます。

早ければ今月中にはまっきーR号復活かな?


各種強化オイルポンプ制作準備

強化オイルポンプの在庫も少なくなってきており

強化オイルポンプ各種制作準備中でも新型強化オイルポンプの

在庫は0なので、新型を2個と

ハイパワーを2個、極みを2個作る事にし

その準備が完了しました。

CP1号レーサー用オイルポンプ取外し (1)で、ついでにCP1号レーサーに取付いていた

ハイパワーフル強化オイルポンプを

取外して、メインを極みにバージョンUPし

ミッション用をCP製大流量に交換するので

CP1号レーサー用オイルポンプ取外し (2)取外して分解掃除とR仕様から

STD仕様に変更して、Oリングなども

新品に交換しました。

必要としている方へと思い

CP1号レーサー用オイルポンプ取外し (4)Yオクに出品する事にします。

ハイパワーフル強化オイルポンプSTD仕様。

使用時間は10時間未満ですので

興味のある方はYオクをご覧ください。

尾張もぎ取りセンター送りついでに尾張もぎ取りセンターからの圧力で

僕のレーサーに使っていたPラップを

銀杏と自家栽培自然薯と交換しろと言うので

何とも言えない交換率ですが

CP1号レーサーから取外しました…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月09日

納期未定部品が増えてきた3

一昨日取付けたLEDヘッドライトは
予想通り残念なLEDでしたが、電圧は下がらなかったので
今度はもっと良い物を購入する事にします。
最近は気温も暖かいので、お店の定休日には一っ走り行こう!
と思っているのですが、公休日に限って天気が悪かったり
気温が低かったりで、何でその日だけなんだろうと思います。
お酒を飲みに行こうとしても
嫁と外食に行こうと思ってもだけど
新型コロナの影響も考えると
人が大勢いる場所に行くのも考え物だねぇ…
13日に息子夫婦と食事に行く予定なんだけど
何処に行けば安全で良いのか全然わからない。
もし嫁や僕が感染したら、二人とも基礎疾患があるので
恐らく重篤化するんだろうねぇ…。
因みに今朝の体温は34.7℃で絶好調でした。
¥も暴落しているし、このままじゃぁ日本の経済も危ない。
大陸依存の製品や部品は軒並み入荷未定になってる。
バイクの部品も在庫切れが増えてきた。
そう言えばギターの練習も全然してないなぁ…。


1号機LEDヘッドライト球交換

先日ヘッドライトを安物のLED球に変更したけど

1号機LED球再び交換 (1)全然残念な光だったので

他の物を色々と探したんだけど

良い物が中々なくて

仕方なく手持ちの物で明るいLED球に変更。

別の物が入荷してくるまで、これで我慢します。


シーズンINに向けて プラグのお話

最近よく聞かれるのがスパークプラグの交換時期や

プラグの焼けについて聞かれる事が多く

シーズンINの参考までにプラグについて説明します。

一般的にノーメンテの場合での交換時期は20,000キロが目安ですが

時として、プラグの突然死もあります。

メンテナンスをすれば30,000キロでも良い場合もあります。

まっきーRプラグの場合 (1)また多くのプラグガイシの

カシメ部分に茶色く汚れが付きますが

これは寿命とかではなく、よくある事で

コロナ汚れと言う現象になります。



NGKプラグメーカーからも動画が配信されているので参考までに。

まっきーRプラグの場合 (2)電極の消耗や不具合も

NGKメーカーHPに分かり易く

説明があるので参考にして下さい。

メーカーHPを参考にすると

まっきーRのプラグの状態は良好と言えるでしょうね。


三重M号キャブレターパーツウエットブラスト仕上げ

すっかり忘れていたのですが、部品を整理して思い出した。

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (1)キャブレターのフロートチャンバーと

キャップのウエットブラスト仕上げのご依頼。

残念な事にサンドブラストで処理されていました。

まぁメディアにもよりますが

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (2)サンドブラストには威力があり

メディアが刺さって残ったり

その威力の為オーバーフローパイプを

破壊したりする事もあるので

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (3)フロートチャンバーにはお勧めではないので

何時もはわざわざチェックしないのですが

今回は念の為パイプをチェックしてみた所…

何とまぁ懸念していた事が見つかりました。

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (4)#1.2用のフロートチャンバーの

オーバーフローパイプが見事に破裂して

クラックが入っていました。

他も腐食が見られるのですが

穴は開いて無いような感じです…。

と言う事で、今日は姫がご来店となりましたので

皆でご飯を食べに行く事になり、今日は早仕舞いです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年03月07日

ドキュメンタリスト、演出家3

僕の一番下の弟の嫁の弟になる人物が先日TV出演されたらしく
嫁からラインで連絡が入った。
身内全員がその本人が何をやっているのか
よく理解していないのが本音なのですが
色々と調べると、何でも世界的に有名な人物になっているらしい。
ドキュメンタリスト 高島 太士 日テレNEWS24
まぁ結局の所余り分からないです。
身内なので、応援をよろしくお願い致します。
ドキュメンタリスト:演出家:高島 太士
時が時ならば、徳川400年の歴史を繋ぐ
枚方宿、鍵屋の令和の当主となる人物だが
今は枚方市に敷地建物を寄贈し、枚方市の指定文化財になってます。
実質の財産管理は長女(義妹)が管理しており
流石に僕にもお宝は見せてくれないし
世の中に出せない物も、実際あるらしい。


1号機ヘッドライトLED化

火災炎上後の復活で点火系をウオタニにしたのですが

1号機ヘッドライトLED化 (1)ウオタニのユニットが電気を結構食うので

ヘッドライトをLED化する事にしました。

このH4ハロゲン球では夜充電しないので

電圧確保の為にH4バルブをLEDに変更します。

1号機ヘッドライトLED化 (2)で、サクッとLED球に交換してみました。

まずはロービーム、電圧降下も

かなり抑えられましたが

これで夜走れるかは、今晩テストします。

1号機ヘッドライトLED化 (3)で、ハイビームに切り替えてみました。

まぁ目が眩むほど眩しいっちゃ

眩しいですが、光の届く範囲が分からないので

全ては今日の帰りにチェックします。


リアハブリペア続き

先日途中まで作業を進めていたリアハブリペアの続きです。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (1)まずはウエットブラストから再開。

リアハブは割と時間が掛かりましたが

ベースの状態が良かったので

1時間ほどでブラストが完了しました。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (2)ついでにブレーキドラムパネルも

ブラストで仕上げてしまいます。

ちょっと腐食がある物ですが

腐食度合いはブラストしてみないと分からない。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (3)で、ブラストを終えて地肌を見ると

割と残念な地肌でした…。

まぁ良いかぁ、まだ別に状態が良い物もあるし

と思いながら、リアハブとパネルをバフ掛け。

リアハブリメイクバフ仕上げ (1)途中で飽きてきたので、仕上がりはまぁ…。

パネルの地肌はやはりバフを当てても

どうにもならなかったなぁ…。

取合えずリアハブのバフ掛けも程々に

リアハブリメイクバフ仕上げ (2)ベアリングリテーナーをリタップ掃除。

ベアリングを圧入して

ベアリングリテーナーを締め込んで

あれ?スプロケハブダンパーが無いぞ!?

リアハブリメイクバフ仕上げ (3)と、なって探しまくり、諦め掛けていたら

全然違う所からスプロケハブダンパーを

発見した!そう言えば、無くすと行けないと思い

わざわざ別の所に保管してあったわ…。

リアハブリメイクバフ仕上げ (4)で、最近よく登場するCPオリジナルSSTで

スプロケハブパーダンパーを

油圧プレスで圧入して

リアハブのリペアが完了しました。

リアハブリメイクバフ仕上げ (5)一応バフ仕上げ仕様の前後ハブと

ブレーキドラムパネル一式が

これで完成したので

当分はリペアをしなくても良いかな?


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年03月06日

無車検−6点、無保険−6点3

昨晩リコ嬢のRZ50が無事納車となり
少しだけPITに余裕が出来ましたが
近日オイル漏れ車両が入庫予定になっているので
オイル漏れの状況によっては
時間が掛かる場合もありますので
作業のご依頼をご予定頂いている方は
前もってご連絡を頂ければ助かります。


14号機車検切れ

昨日保険代理店から電話があり14号機の自賠責が昨日で切れる

14号機車検切れ (1)との事だったので、車検証を見ると

何とまぁ2月5日に車検が

切れているじゃないか!

危うく車検切れ、保険切れで乗る所だったわ!

14号機車検切れ (2)まぁ3月は年度末で車検場が混み合うので

継続は4月に入ってから受ける事にします。

でもまぁ、レストアで仕上げて早くも2年

その間に200キロも乗っていないと言う…

そりゃぁバッテリーも死亡するよねぇ…。


まっきーR号腰下組立

エンジンブローして、今回は腰上だけのダメージだけで済んだ

まっきーR号エンジン腰下洗浄まっきーR号の腰下組立作業に

今日から取掛る事にします。

クランクケースとクランクなどの部品の

洗浄を終え下拵えが完了したので

まっきーR号エンジン腰下組立 (1)組立を開始!まずはクランクに

別で用意した同じウエイト記号Cと

同じ内径記号1のコンロッドを用意して

コンロッドをクランクに接続します。

まっきーR号エンジン腰下組立 (2)アッパーケースにプッシュバーを

取付けるのですが、セッティングボルトが

取外されており、探しても無いし

Oリングしか残って無かったので

まっきーR号エンジン腰下組立 (3)新しいカムチェーンセッティングボルトを

取付けて、プッシュバーを固定。

臓物を放り込んで、何時もの記念撮影。

これでサクサクっとロアケースを被せ

まっきーR号エンジン腰下組立 (4)サクサクっとボルトを締め込んで

まっきーR号エンジンの

腰下の組立が完了しました。

腰上はボーリング中なので

まっきーR号エンジン腰下組立 (5)新しいピストンはWPCに出すので

腰上の組立はまだ当分先になりそうです。

取合えずシフト関係の具をセットして

R側は取合えず完了です。

まっきーR号エンジン腰下組立 (6)L側もACGレーシングカバーを取付けて

昨日準備したハイパワーフル強化

オイルポンプR仕様を取付けたので

取合えずL側も完了です。

まっきーR号エンジン腰下組立 (7)破壊を免れた#1.2のピストンは

WPC済なので、シリンダーボーリングから

ピストンが戻ってきたら、前回破壊された

#4と今回の#3のピストンをWPCに出します。

まっきーR号エンジンシリンダーヘッド下拵え (1)次に破壊されたシリンダーヘッドから

部品を取外して、移植準備に取掛ります。

必要な部品を取外しましたが

EXスタッドボルトは何故か曲がっているので

まっきーR号エンジンシリンダーヘッド下拵え (2)取外しを断念しました。

次に銀ちゃんから提供された

シリンダーヘッドに移植して行きます。

まぁほぼ仕上がっているので

まっきーR号エンジンシリンダーヘッド下拵え (3)強化部バルブスプリングと

インシュレーターを取付けるだけですけどね。

Oリングは新品に交換します。

これでシリンダーヘッドの下拵えも完了です。


三重M号用拘りのヘアライン仕上げ

諸々部品がバフ屋から戻ってきたので

三重M様用拘りのヘアライン仕上げ (1)早速梱包を開けて仕上がり具合を

チェックします。

今まで出していた所が廃業してしまったので

新規開拓になりますから

三重M様用拘りのヘアライン仕上げ (2)バフ屋さんもこちらの要望に苦労らしい

リアハブとブレーキドラム

良い感じに仕上がってます。

粗いヘアライン仕上げを発注ので

三重M様用拘りのヘアライン仕上げ (3)仕上がりはこれぐらいの方が

クリアー塗装をした時に

ヘアラインが消えなくて

目に見えて残る位になります。

三重M様用拘りのヘアライン仕上げ (4)アウターボトムケースの仕上がりも

上出来でクリアー塗装すると

良い感じに仕上がりそうです。

特にアウターは目立つのでこれ位で良い感じ。

三重M様用拘りのヘアライン仕上げ (5)スピードメーターギアーも

おまけ的ですが、良い感じに

仕上がっているので

これで後は塗装屋さんへ送る事にします。

まぁハブはスポークを張るとスポークと擦れて

クリアー塗装は多少剥がれるんですけどね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月05日

花粉症克服か?!4

気が付けば今、スギ花粉が飛散しているらしいけど
近大サプリを飲み続けていたおかげなのか
今年はスギ花粉の症状が全く出ていない。
昨今のマスク不足の影響もあるので
花粉症の僕にはマスク不足は中々厳しい時期ですが
花粉症の症状が出ないのはラッキーです。
次はヒノキ花粉がどうなっているかだな。
それにしてもついに枚方市からも
新型コロナウィルス感染者が出たので
そろそろヤバイ感じだなぁ…。
このままだと、経済がマヒしてしまう。


一日遅れのお誕生会

誕生日の3月2日は顧問業務があり、帰りが遅くなったので

誠司56歳一日遅れのお誕生会 (1)一昨日の3日に嫁の手作りちらし寿司と

何時ものひな祭り用お誕生日ケーキで

毎年恒例のお誕生会をしてもらいました。

お酒は旧2号機オーナーのOさんが

誠司56歳一日遅れのお誕生会 (2)誠司56歳のお祝いに持参して頂いたぎん怜

ラベルには僕の名前入りの日本酒を頂いたので

早速対戦を開始しました。

よくよく考えたら、今月末に血液検査と

エコー検査があるので、さっさと退治してまた暫く禁酒しますw


14号機オイルポンプ交換


大流量ミッション用強化オイルポンプのテスト中なのですが

14号機オイルポンプハイパワーから極みに交換 (1)メイン強化オイルポンプが

ハイパワー強化オイルポンプなので

オイルクーラーを取付けたくない事もあり

メインポンプを「極み」に変更します。

14号機オイルポンプハイパワーから極みに交換 (2)サクサクっとハイパワータイプの

メイン強化オイルポンプを取外しました。

大流量ミッション用強化オイルポンプを取外して

メイン強化の「極み」に移植。

14号機オイルポンプハイパワーから極みに交換 (3)分解して諸々のチェックが出来たので

ミッション用強化オイルポンプも

良い感じに仕上がっていると思います。

フル強化「極み」オイルポンプが組み上がったので

14号機オイルポンプハイパワーから極みに交換 (4)14号機に取付けが完了しました。

まだまだテストをするので

一般リリースはもう少し後になりますが

今の所良い感じでテストは進んでます。

まっきーR用ハイパワーフル強化オイルポンプ (1)で、14号機から取外した

ハイパワー強化オイルポンプを

分解掃除後にR仕様に変更して

まっきーR号のオイルポンプに

まっきーR用ハイパワーフル強化オイルポンプ (2)バージョンアップして使う事にしました。

まっきーR号から取外した

強化オイルポンプも分解掃除。

ミッション用強化オイルポンプも付けたままで

まっきーR用ハイパワーフル強化オイルポンプ (3)中古品として売っちゃいます。

1号機で使っていたミッション用

強化オイルポンプを取付けて

まっきーR号の新たな心臓になる

ハイパワーフル強化オイルポンプR仕様を取付ける事にします。

14号機バッテリー突然死交換 (1)で、取付けたオイルポンプに

オイルを回そうと思い

エンジンを掛けようとしたのだが

バッテリーの突然死でセルが回らない…。

14号機バッテリー突然死交換 (2)仕方なく新しいMFバッテリーに交換して

エンジンを始動させて

エンジンにしっかりと熱を入れるのだが

流石のオイルポンプ「極み」!

中々エンジンが温まらなかったわw


三重M号用ヘッドライチユニットナット

色々とホンダ純正部品を調べ倒して

三重M号用純正ヘッドライト用ヘッドライトユニットナット (1)やっと使えそうな部品を見つけ

発注した物が入荷して来たので

早速ヘッドライトの組立を仕上げます。

サイズもピッタリなので一安心。

三重M号用純正ヘッドライト用ヘッドライトユニットナット (2)ヘッドライトに取付けると

こうなります。

シールドビームには+ナベねじに

穴が開いておりRピンを入れる仕様になってます。

これで後は部品がヘアライン仕上げから戻り塗装へ送れば

車両入庫の段取りになってます。


リアハブリペア

一昨日にフロントハブのリペアをしていたのですが

フロントハブバフ仕上げ仕様りペアベアリングリテーナー取付不足部品のベアリングリテーナーが

入荷してきたので、早速取付けて

ダストシールも圧入して

フロントハブのバフ仕上げ仕様が完成!

リアハブリペア分解 (1)続いてリアハブのリペアに取掛ります。

これもバフで仕上げて

前後共揃えてストックしておきます。

まずはスポークの切断から。

リアハブリペア分解 (2)クリッパーでスポークを切断しました。

これでこじんまりと作業が出来ます。

ホイールリムは状態が良いので

再メッキベースにします。

リアハブリペア分解 (3)ハブだけになったので

古いベアリングを取外し

ベアリングリテーナーも取外しました。

ブレーキドラムの摩耗も少ない良い物です。

リアハブリペア分解 (4)いつも通りスプロケットハブダンパーを

破壊して取外すのですが

今回は4戦1勝3敗と言う戦績で

1勝はラッキーでしたねぇw

リアハブリペア分解 (5)クリアー塗装剥離して

ウエットブラストの準備まで終えて

今日はここまでで終了です。

後日ブラスト処理後に、バフ仕上げをます。


リコ嬢RZ50復活?

マニホールド関係の部品が入荷してきたとの事で

リコ嬢RZ50マニホールドガスケット交換 (1)部品を持参してきたリコ嬢。

硬化したホース類も購入してきたので

早速キャブを取外しマニホールドと

リードバルブり外してみた所

リコ嬢RZ50マニホールドガスケット交換 (2)案の定リードバルブガスケットは

朽ちておりバラバラになった。

マニホールド本体は使えそうだけど

念の為交換をします。

リコ嬢RZ50マニホールドガスケット交換 (3)まぁマニホールドのOリングも

ダメそうだしねぇ…。

やっぱマニホールド毎交換だなぁ…。

リードバルブのガスケットなど

リコ嬢RZ50マニホールドガスケット交換 (4)全ての部品を交換して

キャブを取付けて火入れの準備が整ったので

セルを回すもバッテリーが既に

パワー不足なので、押し掛けでエンジン始動!

リコ嬢RZ50マニホールドガスケット交換 (5)無事にエンジンも始動しました。

これでASを調整、アイドリングスクリューで

アイドリングを調整いたら

ウオーターポンプ付近から水漏れ?

リコ嬢RZ50マニホールドガスケット交換 (6)取合えずアイドリング調整は終わったけど

水温がかなり上がってランプが

点灯したのか、単純に水がだけなのか?

あぁそう言えば、リコ嬢は自宅の自室で

キャブを取外していたらしいので、多分冷却水は入っていないよなぁw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月03日

余命宣告から2年3

昨日は午後から顧問業務があり
毎年恒例の自宅でのお誕生会は今晩に延期になりました。
2018年3月12日に、一応の余命宣告半年から一年半を受け
それから2年経ち、無事に56歳を迎える事が出来ました。
「憎まれっ子世に憚る」の如くまだまだ生きて
僕の生きた証を残せれば良いなぁと思って居ますので
これからも宜しくお願い致します。


まっきーR号腰下分解2020


まだまだそんなに慌てて作業を進める事も無いのですが

まっきーR号腰下分解 (1)少しの時間を見つけて

その合間に作業をボチボチと進めます。

で、今日は腰下を割って部品のチェック!

ピストンがあんな事になっている割に

まっきーR号腰下分解 (2)腰下は全然何とも無いようですが

部品を洗浄すると

細かく砕けたピストンの残骸が結構出るので

まずはしっかり洗浄をして組立に入る事にします。


またまたホイールハブのリペア

不思議と一回やり出したら続く作業がある中で

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (1)またホイールハブのリペア作業です。

取合えずフロントハブのリペアから

作業を開始します。

今回の仕上げはバフ仕上げを予定。

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (2)サクサクっとベアリングと

ベアリングリテーナーを取外し

ウエットブラストの準備に掛かります。

ベースの状態は良いんだけど

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (3)ディスタンスカラーが錆びてます。

クリアー塗装がされているので

リムーバーで剥がしてから

ブラスト作業に取掛ります。

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (4)サクサクっとブラストも完了したので

バフを当てますが

バフ屋さんのプロの様な

仕上がりにしようと思うと

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (5)かなりの手間が必要になるので

仕上がりとしてはあくまでも

素人バフの仕上がりですね…。

まぁバフ専門の方はやっぱり違います。

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (6)一応バフで仕上がった

フロントホイールハブの

ベアリングリテーナーを

リタップ掃除して

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (7)新しいベアリングを圧入しました。

まだリアがあると思うと

やる気が失せるので

リアは明日の定休日にボチボチとやります。

フロントハブリペアバフ仕上げ仕様 (8)ベアリングリテーナーが

明日入荷予定なので

今日はここまでで終了です。

明日完成予定です。


BEETキャスト取外し仕様変更

午後からは足回り仕様変更のS号が入庫してきました。

大阪S号BEETキャスト取外し (1)BEETキャストを取外して

Hリムへの仕様変更第一歩が始まります。

キャストからHリムへ仕様変更と言うのも

中々無いとは思いますが

大阪S号BEETキャスト取外し (2)やはり一周回るとスポークって所でしょう。

サクサクっとBEETキャストを取外し

取合えず純正ラインオフ鉄リムに

交換が完了しました。

大阪S号BEETキャスト取外し (3)ついでに大きなオイルクーラーも

取外すので、エンジンオイルも抜きます。

エンジンはボアアップしてあるのですが

取合えずオイルクーラーはナシで行くらしい。

大阪S号BEETキャスト取外し (4)エンジンオイルを抜いて

オイルクーラーを取外しました。

大きなオイルクーラーを取外したので

そこにステアリングダンパーを

大阪S号BEETキャスト取外し (6)新たに取付けました。

雰囲気はかなり変わりましたね。

当分はこの仕様で楽しむそうです。

取外したBEETキャスト後期物は

大阪S号BEETキャスト取外し (7)もう、必要が無いと言う事で

CPで暫くお預かりする事になり

欲しいと言う方に販売すると言う

事になりましたので、興味のある方は

大阪S号BEETキャスト取外し (8)お問い合わせ下さいますようお願い致します。

キャストから鉄リムなり

大きなオイルクーラーも取外したので

ダサ渋い仕様になりました。

これはこれで、中々良いと思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月02日

今日で誠司多分56歳!3

余り知られていないと思いますが
今年の確定申告期間が2月17日から普通であれば
3月16日までなのですが
コロナウイルスの影響で最終日が4月16日まで
延期されています。
毎年の事ですが、税務署は多くの方が来て
てんやわんやの大騒ぎになるので
一ヵ月延期する事になったらしいけど
僕が思うに、4月16日前は、結果的に大騒ぎになると思う。

あ!今日は僕の誕生日だったのを、FBのメッセージをみて思い出した。
沢山の方からのお祝いのメッセージを頂きましてありがとう御座いました!
誠司多分56歳!まだまだ使える奴ですので
今後ともよろしくお願いいたします。
さて、今日も頑張って、夕方からの顧問業務に行ってきます!


GTH号オイル&タイヤ交換

昨日、日曜日の夕方に急遽ご予約を頂いたGTH号の作業。

GTH号オイル交換とタイヤ交換 (1)エンジンオイル交換と

タイヤ交換のご依頼です。

今回エンジンオイルには何時もより多めの

鉄粉が混じっていたのが気になります。

GTH号オイル交換とタイヤ交換 (2)タイヤはヘビーユーザーなので

かなりの頻度での交換になってますが

そろそろチューブも限界気味なので

次回交換時にはチューブも交換した方が良いです。

鉄粉に関しては、何時もより急に多くなった程度なので

まだそんなに大事では無いと思います。

点火系の不具合も何故か出なくなったとの事なのですが

原因が分かっていないので、また再発するかも知れませんが

願うならこのまま何事も無く動いていて欲しいですねぇ。


14号機フロントフォーク仕様変更

CJフェンダーを取付けている14号機ですが

14号機フロントフォークダストシール交換 (1)ダストシールとCJフェンダーの

クリアランスが取れないので

加工して取付けているのですが

今回ダストシールを変更して

14号機フロントフォークダストシール交換 (2)CJフェンダーとのクリアランスを

ちゃんと確保出来るように

部品を交換します。

今の状態ですがこれは実は

14号機フロントフォークダストシール交換 (3)こんな感じにカットして

使っていたのですが

これだと水分、湿気などが入り

余り宜しく無いので

14号機フロントフォークダストシール交換 (4)内側固定のダストシールに

変更してみる事にしました。

交換後の比較ですが

まぁこれはこれで良い感じかな?

14号機フロントフォークダストシール交換 (5)本当はCB250のフロントフォークを

流用すれば、アウターダストシールの

段差が無いのですが、CB250の

ダストシールが絶版なので

同じ33φ系の内側固定のダストシールを流用しました。

外形も同じですが、高さに0.5mm程の問題があるので

それをクリアーする為に色々と小細工をしているので

暫くはテストしてみます。


高知からピストン測定のご依頼

先日から398をよりオリジナルな状態にしたいと

高知O様398STD純正ピストン測定 (1)高知のO様からご相談を頂いており

今日398のSTDピストンが届きました。

早速測定の準備に取掛かるのですが

その前に外観をチェック!

高知O様398STD純正ピストン測定 (2)ピストンのスカート部にある

スカッフと縦傷をチェック!

特に問題ない範囲だと思います。

ピストンリングはもうダメですけどね。

高知O様398STD純正ピストン測定 (4)ピストンリングを外して

ピストンピンも抜きました。

ピストンピンは曲がっているので

交換した方が良いでしょう。

高知O様398STD純正ピストン測定 (5)ピストンのカーボンを落として

ピストンリングの溝の隙間を測定。

これも特に問題なく規定値内なので

このまま使えます。

高知O様398STD純正ピストン測定 (7)これで後はいよいよ肝心な

ピストンのスカート部の

外径を測定します。

で、測定結果は!

高知O様398STD純正ピストン測定 (8)これも全て基準値内で

摩耗は無いので、このまま使えます。

後はシリンダースリーブの内径ですが

現在0.5mmOSピストンが入っている

との事なので、スリーブ交換と、STDピストンに合わせて

スリーブのボーリングが必要になります。


仕様変更BEETキャスト取外し準備

ホイールをBEETキャストからHリムに仕様変更をご希望の大阪S号オーナーが

大阪S様用貸し出し前後タイヤホイールの準備 (1)後期BEETキャストから

Hリムに仕様変更をする間に

CPの在庫鉄リムタイヤホイールを

貸し出す事になったので

大阪S様用貸し出し前後タイヤホイールの準備 (2)移植して使う余分な部品を取外し

準備をしておきます。

タイヤはTT900が装着されてますが

まだまだ使えるタイヤですので

Hリムの準備が出来るまで貸し出しとなります。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2)

2020年03月01日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月2日(月曜日)は、顧問業務の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。
と言う事で、これを書いていて思い出したのですが
明日3月2日は誠司多分56歳?の誕生日です。
もう正確な年齢がわからんわw


金沢のお酒[「宗玄」と対戦

気付けばもう3月で明日は顧問業務があるので

金沢のお酒宗玄と対戦&即退治 (1)昨晩は少し早めの一人お誕生会で

久々の対戦をしたりました。

対戦相手は金沢のお酒「宗玄」です。

森伊蔵も一升瓶一本あったのですが

金沢のお酒宗玄と対戦&即退治 (2)一晩で呑み切るのも勿体無いので

呑み切りサイズの一升瓶!

甘口でフルーティーなお酒だったので

サクッと退治したりました。

二日酔いも無く、後味すっきりで良いお酒でした。

でも、今日は朝から余りやる気が無かったので

Fairlady280Z文鎮先日自宅ガレージで見つけた

昔乗っていたFairlady280Zのエンブレムに

錘になる金属を貼り付けて

ペーパーウエイトを作ってみました。

中々良い感じの文鎮が出来上がりました。

先日の事ですが、お客様から純正ヘッドライトステーの件で

純正ヘッドライトステー合いマーク打刻ミス品画像付きで問い合わせがあり

こんなヘッドライトステーある?

と言う事で、僕も見た事がないエラーパーツで

ある意味貴重なパーツなのかも知れません。

画像を見て直ぐに分かる方は、もう重症のフォアマニアです。


21号機用リアハブリビルド

先日取掛り出した21号機に取付ける予定の

リアホイールハブリビルド二日目 (1)リアハブリビルドの続きで

今日はベアリングの取外しから

作業を再開。

これで後は身軽にする為

リアホイールハブリビルド二日目 (2)スポークを切断して

リムとハブを分離しました。

リムはまた拘りの再メッキをして

再利用するかも知れないので

リアホイールハブリビルド二日目 (3)持ち帰り保管をしておきます。

一度以前保管していたのを全て処分してから

必要になった事もあるので…。

で、スプロケハブダンパーを

リアホイールハブリビルド二日目 (4)破壊して取外しましたが

まだアウター側が例の如く

ハブに残っているので

アウター側も破壊して取外しました。

リアホイールハブリビルド二日目 (5)これで分解は完了したので

ウエットブラストで仕上げて

組み立てに取掛るのですが

その前にベアリングリテーナーの

リアホイールハブリビルド二日目 (6)ねじ山をリタップ掃除で仕上げてから

新しいベアリングを圧入。

リテーナーのタップですが

ハブより重いんですよねw

リアホイールハブリビルド二日目 (7)次に新しいスプロケハブダンパーを

CPオリジナルSSTを使って圧入します。

普通に圧入すると金属部分が

変形する事もあるので

リアホイールハブリビルド二日目 (8)内外に同じ圧力が掛かるように

凸になっている部分には

特殊な加工をしてあります。

これでハブダンパーも完了。

リアホイールハブリビルド二日目 (9)最後にベアリングリテーナーを

ホンダ純正SSTで締め込んで

リアハブも完成しました。

前後ともウエットブラスト仕上げです。

リアホイールブレーキパネルリビルド二日目 (9)ついでにブレーキドラムパネルも

ウエットブラストで仕上げて

アームなども組付けて

下拵えが完了しました。

リアホイールブレーキパネルリビルド二日目 (10)後は21号機の組立をいつやるか

と言う感じになりましたが

他の部品もボチボチと整備して

揃える事にします。


まっきーR号復旧用部品達

銀ちゃんがまっきーR号復旧用部品を

まっきーR号用リペアパーツ整備 (1)自分の予備部品から提供してくれた。

バルブやポート等が仕上がっている

シリンダーヘッドとアゲイン製

交換用中古ピストン一式です。

まっきーR号用リペアパーツ整備 (2)ピストンピンは曲がっているので交換。

リングはまだ使えそうですが

恐らく新品に交換すると思います。

バルブリセスを加工してあるので

まっきーR号用リペアパーツ整備 (3)同じく#3のピストンを使います。

まずはカーボンをリムーバーで

溶かして剥がして、整備を済ませます。

その間、スリーブを準備します。

まっきーR号用リペアパーツ整備 (4)シリンダー側は過去に歪もあり

平面研磨されているのですが

念の為スリーブのつばの高さの方が高い事を

チェックしてOKなのでこれを使います。

まっきーR号用リペアパーツ整備 (5)サクサクっと#3に代わりのスリーブを挿入。

ボーリングも#3だけしますが

歪は無くてもスリーブのツバが

シリンダー上面から少し出ているので

まっきーR号用リペアパーツ整備 (6)平面研磨はしないとダメです。

ピストンのカーボンも取り終わったので

後は内燃機加工へ送るだけです。

内燃機加工が終わったら

ピストンをWPC処理するので、早々に送ります。


本日のご来店

何時ものパトロールでご来店のKZ1000の方と

200301本日のご来店 (1)後輩XJRに乗ったT君がご来店。

T君はXJRのヘッドライトが時々消える

との事で、色々と調査したのですが

原因がはっきりしないので

200301本日のご来店 (2)取合えずハンドルスイッチの

接触不良を疑い、接点復活剤を塗布したけど

症状は改善されないので

ヘッドライトケーケースを開けてみたら

HIDが付いており、ユニットか球の

不具合だと判明したので、にHIDを取外してH4に変更したら

ちゃんと点灯するようになったので、今度LEDに変更するらしい。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月29日

巷の噂3

今、日本では新型コロナウイルスで連日大騒ぎになっており
日経平均も一時は1000円程度の下落もあり
米国では債権の金利逆転現象により
長期よりも短期の方が金利が上がっている状態になってます。
これはリーマンショックや9.11以降と類似していると
その筋に詳しい方が言っていました。
話はそれましたが、新型コロナウイルスの事ですが
何故か今現在、大阪だけが感染者が1名?4名?となっていますが
実際はもっと居るんじゃないかともっぱら巷の噂になってます。
その噂も根拠が無い訳では無く、PCR検査をして貰えず
たらい回しの上結果、自宅待機と言う指示だけになっているのが
大阪の現状になってます。
恐らく大阪はもう既に、感染者が大勢居ても
おかしくは無いと思うけどなぁ…。
まぁあくまでも、個人的見解です。
それと4月26日(日曜日)開催予定だった
「徳島絶版バイクミーティング」も新型コロナの影響を懸念し
開催を中止する事になりました。
その他、MCショーや殆どのイベントは中止になっている。
このままだと日本の経済も疲弊して行くねぇ…。
恐らく純正部品の生産も出来なくなり
入荷が遅れる事にもなりそうな予感です。


孫と遊ぶも…

昨日、臨時休業だったのですが

2月28日孫と遊ぶも…タイミング良く孫と遊べる事になり

嫁と孫の顔を見に行ったんだけど

暫くすると息子の嫁が探しに来て

挨拶もせずにサッサと連れて帰った…。



相変わらずむかつく女です。


三重M号用部品組立

オリジナル仕様にする為の部品は見積り待ち状態となっており

三重M号用エキパイマフラー組立 (1)今日はお預かりした部品の

組立作業に取掛ります。

まずはエキパイの組立から開始!

部品をチェックして揃えました。

三重M号用エキパイマフラー組立 (2)で、ガスケットを入れて

エキパイを挿入!バンドを締め付けます。

ボルトもクロームメッキなので

アンチシーズを塗ってから締付けて完成。

三重M号用エキパイマフラー組立 (3)次に、マフラー側にも

新品のガスケットを入れ

バンドをセットして、同じくボルトに

アンチシーズを塗って、準備完了。

三重M号用純正ヘッドライト組立 (1)次、純正ヘッドライトの組付け

リムを再メッキされた様でバラバラ

H4バルブなどを入れて

ヘッドライトを組立てるのですが

三重M号用純正ヘッドライト組立 (2)ヘッドライトとリムを固定する

ユニットホルダーナットが無いので

今日はここまでで終了です。

で、不足部品を発注しようとしたのですが

残念な事に、在庫ナシでした…困りましたねぇ。

取合えずホンダ純正で流用出来そうな物を探す事にします。


まっきーR号エンジン被害状況チェック

レーサー号エンジン復旧に向けて被害状況をチェック!

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (1)作業用リフトを片付けて

エンジンを組立て室から移動させ

まっきーR号エンジンの分解を開始!

まずはヘッドカバーを取外すと

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (2)#3IN側のバルブコッターが

外れて上に乗っかっていましたが

これは最終的にこうなったんだと思うので

コッターが外れたからでは無い。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (3)バルブスプリングを取外し

バルブを触ってみたけど動かない。

シャフト曲がってしまって

動かないのだと思います。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (4)取合えずは全バラを予定しているので

乾式クラッチは全て取外し

セカンダリーギアーを緩めておいて

シリンダーヘッドを取外します。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (5)取外したシリンダーヘッドの

状況を見てみると、#3の燃焼室に

かなりのダメージあり

IN側のバルブの傘が無い。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (6)ここまで酷いとは思って無かったので

トラブル発生後にかなり走っている。

流石にこのヘッドは使えないなぁ。

と言う事でヘッドはNGです。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (7)シリンダーを見るとポッカリと

大きな穴が開いており、スリーブもNG

コンロッドの小端にもバルブの傘が

何度も打ち付けてダメージが入ってます。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (9)ピストン一式勿論の事、コンロッド

シリンダースリーブ内側にもダメージあり。

エンジン内ボールベアリングも

ゴロゴロするので全バラは確定でしょう。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (11)コンロッドのウエイト記号と

大端番号を確認する為に、#3だったので

コンロッドを取外しました。

まぁ被害としてはまだマシな方でしょうね。

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (12)ピストンの首がロックしたので

シリンダースリーブにもダーメジが入り

スリーブにクラックが入っていました。

コンロッドも宝物庫を探したら

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (14)ラッキーな事に、同じウエイト記号Cで

コンロッド大端番号1があったので

これを使う事にします。

4本揃いのコンロッドだと

まっきーR号エンジンブロー被害調査 (15)そこからは中々出せないのですが

今までブローしてきたエンジンの

使えるコンロッドの残りを

保管してあったのが使えます。

ピストンは予備が無いので、新品に交換する事になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年02月27日

不動車入庫3

毎年この時期はスギ花粉で悩まされるのですが
何故か今年は今の所その症状が出ていない?
天気予報などではもう
スギ花粉が飛散していると言っていますが
全然何ともないので、ひょっとしたら!
毎年この時期に飲んでいる近大サプリのおかげで
体質が改善されたのかも知れない!
しかも今世間ではマスク不足と言われるのですが
昨年購入した在庫がまだあるので
それはそれでラッキーです。

追記
【臨時休業のお知らせ】
明日2月28日(金曜日)は右足火傷治療の為、
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


398ccクランクケースブラスト

クランクケースのウエットブラスト仕上げの

398cc用クランクケースブラスト仕上げ (1)ご依頼で持ち込まれた

398cc用クランクケースの

ブラスト作業です。

まぁ、クランクは必要無かったのですがw

398cc用クランクケースブラスト仕上げ (2)まずはアッパーケースから作業。

先に塗装を剥離してしまいます。

まだ塗装の状態は良かったのですが

ウエットブラスト仕上げをご希望なので

398cc用クランクケースブラスト仕上げ (3)サクサクっとブラストで仕上げました。

塗装を剥がしたケースの状態も

かなり良かったので

仕上がりも良い感じで仕上がりました。

398cc用クランクケースブラスト仕上げ (4)次にロアケースのブラストですが

残念な事に塗装をされているので

まずは塗装の剥離から開始。

塗装を剥がして洗浄して

398cc用クランクケースブラスト仕上げ (5)塗装されているので余計な手間が

結構掛かりましたが

何とかロアケースのブラストが完了。

これで398ccクランクケースの

ブラスト作業が完了しました。


不動車まっきーR号入庫

予定通り本日不動車のまっきーレーサー号が入庫。

不動車まっきーR号入庫即不動車コーナーへ移動 (1)取合えず不動車は邪魔なので

このまま不動車コーナーへ

移動させて保管となります。

その他の部品もフレームの下で

不動車まっきーR号入庫即不動車コーナーへ移動 (2)スペース確保の為保管します。

と言う事で、不動まっきーR号は

無事に不動車コーナーに

収まりました。

不動車まっきーR号エンジン (1)ブローしたエンジンは

作業台に搭載したので

近日中に分解して、破壊具合を検証して

復旧の見積りを考える事にします。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年02月25日

鬼の霍乱3

先週の水曜日は定休日で自宅でのんびりしており
翌日の木曜日、金曜日と臨時休業で
少々激務だった顧問業務があり記憶も不鮮明…。
その翌日から体調不良となってしまい
熱が36.9℃まであがってました。
200225の体温絶好調!普通の方なら微熱程度なのですが
平熱が低い僕にしてみれば
36.9℃はもう高熱になるので
巷で話題の新型ウィルスの
感染条件?になる37.5℃が
4日間以上続くと言う条件には
中々当てはまらないと思うけどなぁ…
平熱が低い人は結構いるみたいで普通に平熱の体温が36.5℃は
平熱が低い人にしてみれば、微熱になるんですよね。


リコ嬢RZ50不具合調査

リコ嬢曰く「キャブは大丈夫ですw」と言う言葉が胡散臭いので

リコ嬢のRZ50キャブ分解チェック (1)リコ嬢の目の前で分解をする事になり

キャブを取外して諸々のチェック。

まぁ詰まりは無かったけれども

MJやSJはちゃんと締まって無かったわw

リコ嬢のRZ50キャブ分解チェック (2)分解したついでにフロートチャンバーを

ウエットブラストで仕上げてみました。

リコ嬢はキャブが2色になったと

喜んでいましたw

で車体に取付けてエンジンを掛けるも賞状に変化はなく

PSを調整してみたら多少変化があったのですが

色々調べる内に、これって二次エアーを吸っているんじゃ?

リコ嬢のRZ50キャブ分解チェック (3)と思いマニホールドに

パーツクリーナーを掛けると

アイドリングが安定するので

リードバルブのガスケットとか

INマニ本体に何か問題がある事が判明したので

部品入荷待ちとなりました…。


不動車入庫の為不動車コーナーへ

予定では今週中に不動車が入庫予定なので

不動車入庫予定の為不動車コーナーへ移動作業スペースを確保する為に

姫号を不動車コーナーへ移動しました。

これで後はリコ嬢のRZ50が無くなれば

かなりのスペースが確保出来ます。


19号機用純正マフラー再メッキ仕上がり

昨年末にメッキに出していた

19号機用純正マフラー再メッキ仕上がり19号機用純正マフラーが

再メッキから仕上がって戻ってきました。

これを取付ければ、やっと19号機が

完成となります。

19号機再メッキ純正マフラー取付 (1)作業スペースも確保出来たので

早速この再メッキベースの

純正エキパイとマフラーを

再メッキした物と交換します。

19号機再メッキ純正マフラー取付 (2)サクサクっと取外しが完了しました。

割りカラーは新品なのでそのまま使います。

フランジは新品を用意してあるので

新品に交換して取付ます。

19号機再メッキ純正マフラー取付 (3)取外したエキパイとマフラー

これはこれでまたレストア車を作る時に

再メッキにだします。

マフラーは少しへ凹んでいるのですが

19号機再メッキ純正マフラー取付 (4)再メッキ時に修正をしてもらいます。

新しいエキパイを組付けて

バンドで固定するのですが

このバンドの取付位置を間違って

19号機再メッキ純正マフラー取付 (5)取付けている車両も多いですね。

これで美しいエキパイが取付きました。

やはりこのラインの美しさが

一番カッコイイと思います。

19号機再メッキ純正マフラー取付 (6)で、再メッキしたマフラーも取付が完了。

これで19号機の作業は全て完了し

19号機は完成となりました。

準備期間は別で、制作開始から約3か月です。


21号機組立準備

逆車国内新規登録になるCP21号機を

フロントホイールハブリビルド (1)組み立てる準備もボチボチ開始。

まずはフロントハブの仕上げから。

ベアリングを抜き取りハブだけにして

ウエットブラストで仕上げます。

フロントホイールハブリビルド (2)サクサクっとウエットブラストが完了。

逆車408ですが、フルレスになるので

今回はなるべくコストを下げて

仕上げ方向を考えていますが

フロントホイールハブリビルド (3)それでもやる所はしっかりとやります。

新しいベアリングを入れました。

希望によっては398ccエンジンを搭載し

398登録も可能です。

リアホイールハブリビルド準備 (1)で、同じくリアハブも

下拵えをするのですが

今日は少々電池切れになってきたので

タイヤだけ外して仕舞い

リアホイールハブリビルド準備 (2)今日はここまでで終了。

明日は定休日なので

続きは明後日以降にやる事にします。

流石に今日はしんどいねぇ…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月18日

3連休のお知らせ3

明日2月19日は定休日ですが、翌日20日〜21日に掛けて
20日は顧問業務、21日は左足治療と顧問業務の為
トータルで3連休になります。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


リコ嬢RZ50エンジン復活

プラグキャップの不良が原因で

リコ嬢RZ50エンジン始動 (1)プラグに火が飛ばなかった事がわかり

新しいプラグキャップが

早くも入荷したので早速取付ました。

今回はNGK製の物に変更です。

リコ嬢RZ50エンジン始動 (2)エンジンを取付ける前に

プラグに火が飛ぶ事を確認して取付。

チョークを引いてセルを回すと

すんなりとエンジンが始動したけど

リコ嬢RZ50エンジン始動 (3)チョークを戻すとエンジンが止まる…。

リコ嬢曰く「キャブは綺麗です」との事だけど

多分スローがダメなのかも知れない。

取合えず硬化したガソリンホースを交換して

リコ嬢RZ50エンジン始動 (4)タンクを乗せて復旧は完了しました。

2ストなので店の中でエンジンを掛けると

大変な事になるので、外に出してエンジンを始動

チョークを引いていると機嫌よく

エンジンは掛かっているのだが

戻すとダメなのでやっぱりキャブは怪しい。


三重M号拘りの部品整備三日目

拘りのオリジナル仕上げの為の部品整備も今日で三日目になり

三重M号部品整備 (1)開けていない袋を開けると

交換予定のエンジンハンガーボルトや

スイングアームのピポットシャフトがあり

記載されていた部品名が一部間違ってました。

三重M号部品整備 (2)ピポットシャフトは2本あり

リアアクスルシャフトは再メッキをするのかな?

作業指示に記載されて無い部品もありますが

大体は理解しているつもりです。

三重M号部品整備 (3)スピードメーターギアーも2個あり

1個はブラストで仕上がっているので

仕上げていない方を分解しました。

これもオリジナルに拘るのであれば

三重M号部品整備 (4)ヘアライン仕上げとクリアー塗装になります。

オイルレベルゲージはシルバーになるのですが

エンジン側の色と合わせるのであれば

実車の色見本が必要になります。

三重M号部品整備 (5)キャリパーホルダーもオリジナルは

シルバーで塗装されているので

取合えずウエットブラストで仕上げましたが…

下にあるのが僕の手持ちになる色見本です。

三重M号部品整備 (6)ただオーナーから送られてきた

キャリパーホルダーの腐食が残念なので

これも含めて全て要ご相談

打合せが必要だと思います。

三重M号部品整備 (7)次に追加作業でフロントフォークも

オリジナル風仕上げのご依頼を頂き

早速レストア車に置いてあった

フロントフォークを分解して

三重M号部品整備 (8)下拵えを始めます。

フォークオイルをドレンボルトから抜き

インナーチューブを取外して

ウエットブラストで下拵えをします。

三重M号部品整備 (9)バフ仕上げ後にヘアラインを入れるので

スタッドボルトも取外して

アウターケースだけにします。

で、ウエットブラストで仕上げて

三重M号部品整備 (10)これで一通りの下拵えは出来ましたが

色々問題がある部品や

作業依頼に含まれていない物も含め

何処までオリジナル風に仕上げるのか

打合せをしないと先には進めない感じかなぁ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月17日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月17日(月曜日)は顧問業務の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


三重M号用拘り仕上げ用部品下拵え

昨日中に仕上げたかったのですが、色々と忙しく出来ませんでした。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (1)で、今日は雨なので集中して

下拵え作業に取組む事が出来ます。

まずはスプロケハブダンパーの破壊から

ダンパーのインナーリングを取外し

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (2)ダンパーゴムを切り取り

アウターリングだけ残った状態になりました。

この残ったアウターリングを

ネチネチと破壊して取除きます。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (3)スプロケハブダンパーの

アウターリングを綺麗に破壊すると

こんな感じで取れます。

これを4ヵ所共繰り返して

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (4)全てのスプロケハブダンパーの

取外しが完了しました。

結構面倒ですが、工具と時間と慣れがあれば

サクサクっと取除く事が出来るようになります。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (5)抜き取ったリアハブ側に

傷はこの様にほぼ無い状態になります。

これでブラスト仕上げをして

バフ屋さんへ送る準備をします。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (6)で、ウエットブラストが完了!

ブラストをせずに送る事も可能ですが

その分費用が高くなりますから

CPで出来る所はやってしまいます。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (7)最後にベアリングリテーナーの

ねじ山をリタップ掃除して

これで三重M号用リアハブの

下拵えが完了しました。

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (1)次に純正マフラーは再メッキされた物なので

オリジナル風に塗装を施します。

マフラー出口の黒耐熱塗装。

半艶仕上げになります。

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (2)シルバーの錆止め耐熱塗装は

オリジナルと同じで無骨な雰囲気で

ハケで手塗りの塗装になります。

メッキの行き届いていない場所や

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (3)溶接で出来た巣穴を錆から守る為の

塗装になるので、見えない所をメインに

ハケで手塗りの仕上げになります。

これでマフラー側は完了です。

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (4)エキパイもチャンバー接続部分の

溶接個所に同じく手塗りの

耐熱錆止め塗装を施します。

この無骨さがオリジナルのような

仕上がりと言える感じになると言う事です。

取合えず今日の作業はここまでで終了です。


リコ嬢のRZ50修理

プラグに火が飛ばない現象を解決するべく

リコ嬢RZ50修理の続き (1)試行錯誤しながら点火系の

電装部品を交換しているのですが

何とかIGCまで電気が来る所まで着きました。

このテスターが緑色の時は通電ナシで

リコ嬢RZ50修理の続き (2)セルを回して接点から信号が出ると

テスターがこのように赤で点滅します。

なのでケーブルまでは通電アリ

と言う事になるので

リコ嬢RZ50修理の続き (3)プラグも新品を発注した物が

入荷したので、新品に交換して

チェックをする事にしたのですが…



リコ嬢RZ50修理の続き (4)何故かプラグに火が飛ばない。

シリコンケーブルはテスターで

確認出来ているのに…

プラグキャップがダメなのか?

リコ嬢RZ50修理の続き (5)と思い、フォア用のプラグキャップに

交換してみると…。

なんとまぁ

ちゃんと火が飛ぶではないか…

取合えずプラグキャップを発注した所で

バッテリーも弱ってきたので、本日の作業はここまでで終了。

何かキャブも怪しい気がするわ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月15日

拘りのオリジナル仕上げ3

昨日のバレンタインで
嫁は初めてチョコを買わずに
代わりに手作りのチョコレートパフェを作ってくれた。
どうやらチョコ好きの嫁も食べたかったらしい。
まぁチョコパもアリかも知れないと思った。
美味しく二人で頂きました。


不動車コーナーM号バッテリー死亡

サルフェーション充電の時間は最大48時間を目安にするのですが

不動車コーナーM号バッテリー死亡 (1)不動車コーナーM号のバッテリーも

サルフェーション開始から

48時間経過したのですが

サルフェーションが完了しないので

不動車コーナーM号バッテリー死亡 (2)取合えず通常モードで

充電を試してみる事にしましたが…

通常モードに切り替えた数秒後

充電器からエラーの警告音が鳴る。

不動車コーナーM号バッテリー死亡 (3)Er3が表示されているので

このバッテリーは充電電圧を

受け付けれる状態ではないと言う事なので

残念ですが復活する見込みがありません。

何か他のバッテリーを接続してエンジンを始動させる事にします。


三重M号用拘り仕上げ部品下拵え

昨日リアハブの状態が悪い事をオーナーに報告し

三重M号用リアハブ廃棄費用を掛けるだけの価値が

無いと言う事を伝えたのですが

やはり昨日下拵えしたリアハブは

残念ですが廃棄処分となりました。

三重M号用代替えリアハブ (1)代わりのリアハブは宝物庫から

ブレーキドラム内径の摩耗が少ない

状態が良い物を準備しました。

フロントのアウターケースも追加で

ご注文を頂きましたのでまた宝物庫から探し出してみる事にします。

三重M号用代替えリアハブ (2)取合えず用意したリアホールから

リテーナーとベアリングを取外し

スプロケハブダンパーも

破壊して取外す準備をしました。

三重M号用代替えリアハブ (3)レストア車用に保管していたので

ブレーキドラム内の摩耗は

極めて少ないとても良い状態の

リアハブなので、何処に出しても

三重M号用代替えリアハブ (4)恥ずかしく無い代物です。

タイヤを取外してスポークを切断。

これでハブだけになりました。

後は残ったスプロケハブダンパーの残骸を

三重M号用代替えリアハブ (5)ネチネチと破壊して取り除き

ブラストで仕上げるだけとなりました。

ちょっと今日は別件の顧問業務で

個人面談業務があるので

本日の作業はここまでで終了です。


本日のご来店

顧問業務の件で打合せがあり、弟を呼んだのですが

200215本日のご来店 (1)体調不良の弟の代理犬のボーダーコリーの

ZERO君がご来店…。

少々興奮気味だし、レストア車両に

マーキングをされても困るので

200215本日のご来店 (2)お店の前で待機してもらいました…。

そこへ以前もご相談でご来店頂いた
 
悩み多きフォアオーナーのM様がご来店。

やはりカムチェーンの音が気になるとの事。

200215本日のご来店 (3)で、カムチェーンの調整を

試みる事になったのですが

セッティングボルトは8Mに拡大されており

更に残念な事に拡大されたM8ボルトの

ねじ山も上がっている状態で

テンショナーも固着しており調整が出来なかったので

この状態から抜け出すにはエンジンを分解するしか方法無い事を説明しました。

ただオイル漏れも無くエンジンの調子も良いので

今では無くても、今後何かの時、何かのタイミングか若しくは

余程カムチェーンの音が気になって仕方がなくなった時で良いと思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月14日

本日は臨時休業でした3

告知するのを忘れていましたが
本日はは左足火傷治療の為臨時休業を頂いてました。
今月の臨時休業の予定ですが
2月17日(月曜日)は顧問業務の為臨時休業の予定です。
2月20日(木曜日)は顧問業務の為早仕舞いです。
2月21日(金曜日)は火傷治療の為臨時休業です。
2月28日(金曜日)は火傷治療の為臨時休業です。
早い所火傷治療が終われば、臨時休業の回数も減るのですが…
もう火傷してから10ヶ月も経過しています。


三重M号用パーツ入荷

昨日の遅い便で入荷してきた三重M号用パーツ達。

三重M号用組付け部品入荷 (1)諸々の作業のご依頼で

まずはパーツを仕上げてから

車両入庫予定となっております。

拘りの純正同等仕上げをご希望なので

三重M号用組付け部品入荷 (2)普通のレストアと違い手間が掛かります。

まず一番時間が掛かるハブ関係の

リビルドから取掛ります。

まずは不要な部品を取外して行きます。

三重M号用組付け部品下拵え (1)ベアリングリテーナーや

ベアリングを取外しました。

フロントハブは水没していた感じで

ベアリングも錆ており

三重M号用組付け部品下拵え (2)ディスタンスカラーも

かなりの錆びがありますが

使えない物では無いので

錆を取って使う事にします。

三重M号用組付け部品下拵え (3)リアハブスプロケダンパーを

抜いたのですが、どうやら過去に

無理やり抜いて新しいダンパーを

入れたようですが、かなりのダメージが…。

三重M号用組付け部品下拵え (4)取合えずウエットブラストで

下地処理を済ませます。

純正同等仕上げなので、

バフを掛けてからヘアライン加工後に

三重M号用組付け部品下拵え (5)クリアー塗装仕上げになるのですが

本来フロントハブのディスク面は

機械切削仕上げで塗装はしないのですが

バフ仕上げになると思います。

三重M号用組付け部品下拵え (6)ウエットブラストも終わりました。

錆の酷かったフロントハブの

ディスタンスカラーの錆びも

綺麗に除去出来ました。

三重M号用組付け部品下拵え (7)リアハブの傷が酷く

スプロケハブダンパー部分や

あちこちに打痕があるので

これをこのまま使って良い物か…?

三重M号用組付け部品下拵え (8)取合えずベアリングリテーナーの

ねじ山をリタップ掃除して完成しました。

これで後はバフ屋さんへ送る準備が

整ったのですが…

本当にこれを使って良いのかなぁ?

この純正風仕上げの見本を一緒に送って

純正風仕上げ見本 (1)純正風仕上げ見本 (2)






純正風仕上げ見本 (3)純正風仕上げ見本 (4)







同じ様に仕上げてもらいます。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2020年02月13日

BEETキャスト入荷予定オーナー募集3

ウインドウズ7のサポートが終わり
OSをW10にバージョンUPした物の
グラフィックボードがクソになり
CPUも負荷が掛かり過ぎているのか?
メモリーもダメ?マザーボードもダメ?
近々PCの中身を更新しようと思います。
文字を打っても、キーボードを叩く速度が速いと
変換がおかしいとか、時々脱字になってしまう…。


大流量ミッション用強化オイルポンプテスト運転 

昨日の定休日は気温が高かったので

1号機ミッション用オイルポンプテスト走行からの「俺らー」 (1)1号機に取付けた大流量ミッション用

強化オイルポンプのテスト走行で

一っ走り何時もの宇治川ラインへ

行ってきました。

1号機大人げない音のサイレンサーに交換 (1)出発前に少し本気で走ろうと思い

フン詰まりな大人のサイレンサーから

大人げないサイレンサーに交換して

サウンドも楽しみます。

1号機大人げない音のサイレンサーに交換 (2)静かなサイレンサーを取外して

大人げないサイレンサーに交換し

フン詰まりからも解放されるサイレンサー

これを取付けて一っ走り!

1号機ミッション用オイルポンプテスト走行からの「俺らー」 (2)油温が100度まで上がらず

オイルクーラーの出口で80度ほどですが

520ccエンジンで今まで使っていた

メイン強化オイルポンプだとこの時期でも

1号機ミッション用オイルポンプテスト走行からの「俺らー」 (3)110度までは上がっていたのですが

それも丁度良い位の油温で

シフトもよりスムーズだったので

大流量ミッション用強化オイルポンプの効果が

体感出来たので、ご褒美に「俺らー」へ行って

お腹も満たされて帰宅しました。


不動車メンテナンス二日目

14号機のサルフェーション充電も終わったので

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック14号機 (1)エンジンを始動させて

動態チェックをする事にします。

14号機にも大流量ミッション用

強化オイルポンプが付いているので

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック14号機 (2)テスト走行をしたいと思い

不動車コーナーから降ろしたのですが

何かと忙しくて、中々乗れていません。

なので、今日はバッテリーのメンテナンスと

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック14号機 (3)エンジン動態チェックをやる事にします。

これも4〜5,000rpmでブリッピングをし

エンジンにしっかりと熱を入れて

発電量や異音などのチェックをします。

まだ慣らしも終わって無いし

大流量ミッション用強化オイルポンプのテストもかねて

次の休みの時にでも走ってこようかなぁ…。

同じく不動車コーナーにある銀ちゃん号もバッテリーのメンテナンス。

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(1)毎日一台ずつ動態チェックをして行きます。

まずはサルフェーション充電から。

まぁ明日には動態チェックが出来るかな?

銀ちゃん最近忙しいのか

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(2)全然遊びに来ないなぁ。

とか思っている内に充電も終わったので

早速エンジンを始動させて

動態チェックを済ませようとしたのですが

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(3)店にある管理用のスペアーキーで

イグニッションをONにして

セルを回そうとするも

リレーだけが動く音しかしない…。

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(4)あぁ…銀ちゃんのバッテリーも

ここに来てついに死亡したらしく

充電が終わった直後にも関わらず

電圧は9.3Vしかないので

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(5)このバッテリーはご臨終です。

取合えずキャパシターを接続して

セルを回して、エンジンを始動。

動態チェックだけ済ませる事にしました。

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(6)で、エンジンは無事始動しました。

銀ちゃん号のエンジンは

かなりレスポンスが良いので

ブリッピングしていると

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(7)レーサーのようなエンジンです。

これもまたしっかりと熱を入れて

異音などをチェックして

銀ちゃん号の動態チェックは完了です。

これもまた同じく不動車コーナーにあるM号で

不動車バッテリーメンテナンスM号(1)アクセス出来るようになったので

M号からバッテリーを取外しました。

バッテリーは完全に上がっており

希硫酸も減っているので

不動車バッテリーメンテナンスM号(2)補充してからバッテリーを

サルフェーション充電をする事にします。

希硫酸は思った程減ってはおらず

少しだけ継ぎ足す程度でした。

不動車バッテリーメンテナンスM号(3)これでサルフェーション充電をします。

解放型バッテリーなので

サルフェーションには

時間が掛かると思います。

後はキャブレターのガソリンが腐って無ければ良いのですが…。


BEETキャスト入荷予定

最近では余り手に入り難くなったBEETキャストですが

後期タイプBEETキャストオーナー募集参考画像 (1)近日中に入荷の予定あります。

これは現物の参考画像になります。

フロントのベアリングリテーナーは

溶接されています。

後期タイプBEETキャストオーナー募集参考画像 (2)リアーホイール側の参考画像です。

本物の後期タイプになります。

価格はそれなりの価格になりますが

手に入り難くなったBEETのキャストなので

この機を逃すと、次の入荷予定はありません。

またHリムなどの下取りも可能ですので、ご連絡をお願い致します。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年02月06日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月7日(金曜日)は左足火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


19号機フロントフェンダー交換

仮に取付けていた19号機のフロントフェンダーを

19号機フロントフェンダー交換 (1)本仕様用に交換をするのですが

今取付いている物が悪い分けでは無く

より良い物があったからと言うことです。

中々状態が良い物も少なくなってきて

19号機フロントフェンダー交換 (2)中でも77'タイプのフロント側ブレスの無い

フロントフェンダーも数が少ないので

余計に手に入り難い部品になります。

手前が取外した物で奥がより良い物です。

19号機フロントフェンダー交換 (3)サクサクっと交換が完了しました。

交換した物の方が光り方も良いですね。

これで後は純正マフラーの再メッキが

仕上がって戻って来れば完全なる完成となります。

19号機ナンバープレートホルダー取付ついでにナンバープレートホルダーも取付。

マフラーが再メッキが仕上がり戻ったら

一応車検を受けようと思っています。

19号機の車両本体価格はかなり頑張って

380万になっておりますので、よろしくお願い致します。

まぁこの車両は別に売れなくてもいいんだけどねw


終活せよ!

先日嫁から言われたのが「突然死しそうな人間の顔しとるから」

今のうちに店の部品を片付けろ!とのお達しがあり

僕にしてみれば宝物だけど

嫁にしてみれば不要な金属の塊でしかなく

少しずつではありますが、処分をしながら

また新たに部品を購入しているので、減っている様で

実は増えている可能性の方が高いのですが

それ以上に、僕の死期を予言するかのような嫁ってどうなん?

そろそろ店の後継者を真剣に考える必要がありそうなのかな?


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月04日

節分、恵方巻の件3

昨日は顧問業務でお休みを頂きました。
結構ハードな一日で、今日は歩き過ぎたのか
体中が筋肉痛になってます。
昨日帰宅したのが21時半頃で
そこから食事だったのですが、節分の恵方巻だったのですが
恵方巻はその年の恵方を向いて、無言で、一気に食べるのが
正しい食べ方なのですが、過去一度も
最後まで無言で食べた事がありません!
必ず食べている途中で何かを喋ってしまってます。
無言で食べきるのはかなりの至難の業だと僕は思います。


人生初の西日本最大某テーマパーク体験

今日は激しい筋肉痛で、仕事処では無いので事務仕事をメインに…

昨日は顧問業務の為、僕の人生で初めての

西日本最大の某テーマパークを見学させて頂きました。

顧問業務某テーマパーク巨大なサメまた客先のご厚意で恐竜のアトラクションや

魔法を使い悪と戦うアトラクション

巨大なサメと遭遇するアトラクション

アメリカンな街並みでのパレード見学などを

初めて体験させて頂きました。

またこの業務に携わりたいと言う

メカエンジニアも引き続き募集しておりますので、よろしくお願いいたします。


特注カラーYSSリアサス入荷

親方からのご依頼で

特注カラーYSSリアサス (1)YSS製リアサスの

特注カラーが入荷してきました。

正にワンオフカラーなので

他には無い仕様になってます。

特注カラーYSSリアサス (2)アルミ部品は赤アルマイト仕上げで

黒ボディに黒スプリングと言う仕様です。

ワンオフになりますので費用は掛かりますが

この様に他にない、自分だけの仕様も可能です。

カタログに載っていない自分仕様のYSSリアサス!如何ですか!


エレキギター用アンプAC/DC電源コネクター

もう確実に嫁にバレていると確信していますが

エレキギター用アンプAC電源配線入替え (1)未だに何も責められていないので

激しく恐怖感を感じているのですが

練習用に購入したギターのアンプの

電源コネクターがセンター+じゃなくて

エレキギター用アンプAC電源配線入替え (2)センターGNDなのでAC/DCコネクターの

配線を入れ替えて、センター+に変更します。

9V乾電池でも使えるのですが

ACアダプターを別で購入した所

エレキギター用アンプAC電源配線入替え (3)配線が逆だと判明したので

配線を入れ替えてギターの練習を

嫁がいない時間帯にやっています。

ギターは上手く隠せていると思うので

きっとギターを見られたら、叱られるのだと思います…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月30日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月31日(金曜日)は左足火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


ウエットブラスト洗浄

本当は何時も年末に掃除をするんだけど

ウエットブラスト掃除 (1)昨年末は少しバタバタしていたので

今日朝一から掃除に取掛ります。

フィルターには結構な汚れが詰まっていたので

ブラストの効率もかなり悪かったと思います。

ウエットブラスト掃除 (2)汚れを綺麗に洗浄して

新しい水を張って、メディアを投入!

これで本体の掃除とメディアの

入れ替えが完了しました。

ウエットブラスト掃除 (3)仕切り板も綺麗に洗浄して

ターンテーブルも洗浄しました。

これで後はゴム手袋を交換します。

多分これが一番面倒なんですよねぇ…。

ウエットブラスト掃除 (4)気分を変えて黄色いゴム手袋を

青のゴム手袋にしてみました。

黄色と違って汚れが目立たないかもね。

これでまた1年使えます。


強化オイルポンプ「極み」量産準備

まだ試作で作った物が2個あるので、量産の準備だけしておきます。

強化オイルポンプ「極み」量産準備 (1)綺麗になったウエットブラストで

早速オイルポンプローターハウジングなどを

ブラスト仕上げを済ませました。

これを加工してアゲイン製ローターケースを

強化オイルポンプ「極み」量産準備 (2)流用して「極み」を作ります。

強化オイルポンプ「極み」用の肝になる

ローター本体ですが

これも加工をしないと使えません。

強化オイルポンプ「極み」量産準備 (3)CB400Fourのインナーローターピンは

片持ちですが、ここまで大きくなると

曲がるかも知れないので

両方にピンを出し、強化してあります。

純正のローター2個と比較すると、マックス66%増量ローター

「極み」の大きさがよく分かると思います。

季節によってはオーバーヒートの心配よりもオーバークールの

心配が必要になるかも?オイルクーラー要らずになると思います。


強風の影響

先日吹き荒れた強風の影響で、光回線ケーブルが落下して

光回線ケーブル (1)垂れ下がっていたので

元の位置に戻そうとしたのですが

僕一人での脚立作業は危ないので

嫁に手伝ってもらい直そうと思って居た所へ

光回線ケーブル (2)上手い具合にノコノコとやって来るのは自由人君w

当然強制労働で、垂れ下がっている

光回線用ケーブルを元に戻してもらい

復旧が完了しました!

しかし、何時も彼は良いタイミングでやって来るよねw


FCRトップキャップ塗装手直し

O/Hを済ませた親方号用FCRのトップキャップに

親方号用FCRトップキャップ結晶塗装手直し (1)以前結晶塗装をしたのですが
 
塗膜が厚くなり過ぎて、結晶と言うより

シワ塗装になってしまったので

塗装の手直しをする事にしました。

親方号用FCRトップキャップ結晶塗装手直し (2)失敗した塗装を剥がして

ブラスト仕上げで下地処理を済ませ

マスキングをしてから、再度結晶塗装!

これで少し乾燥させてから焼きます。

親方号用FCRトップキャップ結晶塗装手直し (3)余り思った時には仕上がらなかったけど

前回よりは上手く出来たので

まぁヨシとしましょう…。

親方の許可も貰って無いので

塗装は事後報告になりますけどね…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月28日

40年ぶりにエレキギターが欲しいw3

何故かこの所エレキギターが欲しくなって
10代の頃にバンドを結成しようとしていた
友人に連絡を取ってます。
その彼は今もその業界に携わっている友人で
色々詳しい方なので、今相談に乗ってもらっている所です。

当時友人のケン坊が持っていた
フェンダーなど数あるギターの中で
今欲しいのがギブソンのSG、確か黒だったと思います。
あの頃色々と練習したけど、上手く引けなくてベンチャーズや
KISSだとデトロイトロックシティとか
ディープ・パープルをよく練習してたなぁ…。


枚方K号納車

昨日は少し早仕舞いをして、枚方K号の納車へ嫁と二人で行ってきました。

帰りに嫁が枚方で一番美味しいお蕎麦屋さんへ行こうと言うので

行ったのですが、結局見つからなかった…。

蕎麦は好きなんだけど、血液が増えるので最近は余り食べなくなったなぁ

枚方K号納車後の食事 (1)で、急遽予定を変更して

香里園にある「アンチョビー」さんへ行き

煮干しラーメンを食べる事になった。

ここは一度行ってみたかった所で

枚方K号納車後の食事 (2)嫁はあっさりスープを発注。

で、ちょっとだけスープの味見。

煮干しの味が濃くて美味しいけれど

僕好みではなかった。

枚方K号納車後の食事 (3)で、僕が発注した濃厚スープに

チャーシュートッピングの方が

僕には合っているようで

とても美味しかったなぁ。


門真T号臓物下拵え

エンジンのブラストも終わり、内燃機加工待ち状態の内に

門真T号臓物下拵え (1)エンジンの臓物関係の下拵えを

済ませてしまいます。

ミッションとプライマリーギアーを

分解してベアリングなどを交換します。

門真T号臓物下拵え (2)やはり余り動いてないエンジンなので

状態はかなり良い状態ですが

消耗品は全て交換してしまいます。

1stギアーブッシュも打ち換えです。

門真T号臓物下拵え (3)で、ミッションプライマリギアー関係の

O/H下拵えが完了しました。

その他の小物部品も下拵えが完了。

次に固着していた

門真T号臓物下拵え (4)カムチェーンテンショナーアームを

ちゃんと動くように修正して

ダンパーを上下とも交換。

これで後はカバー類の下拵えを済ませます。

門真T号エンジンカバー類下拵え (1)まずはヘッドカバーの下拵えから。

タコメーターギアーとオイルシールをセット

ロッカーアームの状態も良く

そのまま使えるので洗浄して取付。

門真T号エンジンカバー類下拵え (2)これでシリンダーヘッドカバーの

下拵えが完了。





門真T号エンジンカバー類下拵え (3)次にACGカバーの組立。

カバーBは取合えずそのまま使います。

ナベねじ類は新品に交換します。



門真T号エンジンカバー類下拵え (4)これでACGカバーも下拵えが完了。

錆びていたローターも

綺麗にウエットブラストで仕上げてます。



門真T号エンジンカバー類下拵え (5)次にクラッチカバーのオイルシールを

2個とも新品に交換して

アジャスティングボルトの

Oリングも新品に交換して組立。


門真T号エンジンカバー類下拵え (6)レリーズのリターンスプリングが

錆びて朽ちており、痩せてしまい

折れ掛けていたので

新品に交換しました。

門真T号エンジンカバー類下拵え (7)次にケースの下拵え。

オイルパスキャップを取付けて

新品のボールベアリングをセット。

シフトシャフトのオイルシールを入れて

門真T号エンジンカバー類下拵え (8)オイルシールホルダーもセット。

極上プライマリーチェーンスライダーを取付けて

クランクメタルをセットすれば

ロアケース下拵えも完了です。

門真T号エンジンカバー類下拵え (9)最後はアッパーケースの下拵え。

緩んでいたシリンダースタッドボルトを

緩み止めを塗って締め付けます。



門真T号エンジンカバー類下拵え (10)シリンダースタッドボルトを

シリンダーと接する面に対して

直角、真直ぐに入れて

スタッドボルトの下拵えが完了。

門真T号エンジンカバー類下拵え (11)カムチェーン強制調整ボルトも入れて

クランクメタル、スライダー

リダクションギアー、シフトドラムと

シフトフォークなどをセットして

アッパーケースも下拵えが完了したので

後は内燃機加工からクランク、シリンダー、シリンダーヘッドが

戻って来れば、組立に取掛れます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月26日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月27日(月曜日)は右足定期健診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


W7からW10へバージョンUP

W7のサポートが今月14日に終わったのでPCを作り変えるか

W7からW10へバージョンアップ色々と悩みながら、昨晩

バージョンUPにチャレンジ!

過去に何度もエラーでバージョンUPが

できなかったのですが、どうやら

デバッグも終わったのか、約3時間掛りましたが

W10にバージョンUPする事が出来ました。

これで当分は大丈夫ですが、やたらと作動が遅い!

パスワードも全部消えているので、全て再設定をやったりと

今日はPCの再設定で日が暮れそうです。


19号機ミッション用大流量オイルポンプ取付

モニター募集をしていたミッション用大流量強化オイルポンプですが

19号機にミッション用大流量強化オイルポンプ装着 (1)結局、19号機に取付けて

自分でテストをする事にしました。

19号機のメイン強化オイルポンプは

ハイパワー強化オイルポンプですが

19号機にミッション用大流量強化オイルポンプ装着 (2)諸々の条件にはぴったりなので早速

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプから

CP製ミッション用大流量強化オイルポンプに

交換してひとっ走りしてみると

やはりミッションの入り具合がとても良くて

心配していたクラッチにも何も問題はありませんでした。

もう少し乗り込んでみてから、量産に入ろうと思います。


4月12日開催!Z400FX&CB400Four合同MTG in 上野大内ドライブイン

FB上ではCPが主催になっておりますが

Z400FX&CB400Four合同MTG in 上野大内ドライブインCPはブース出店でお手伝いをさせて頂きます。

Z400FXだけのミーティングは

今年で5回目になり、今回はCB400Fourも

合同で開催されるミーティングになります。

中京圏内では初になると思いますので、徳島や関東方面は遠くて来られ無い方。

入場料無料ですので、ツーリングがてら気軽に参加出来るイベントですので

車両に関係なくお立ち寄りください!


リコ嬢ご来店

久々にご来店はリコ嬢の乗るRZ50ですが

久々のリコ嬢ご来店 (1)自宅イングに放置してあったらしく

エンジンが掛からなくなって

CPにバイクを持ってきたのだが

バッテリーも死んでいて使い物にならず

久々のリコ嬢ご来店 (2)他のバッテリーを接続して

セルを回しても、プラグに火が飛ばない

色々調べた結果、IGCとCDIが怪しいので

部品を揃えてから再チャレンジとなりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月25日

試運転日和・・・3

昨日は火傷治療の後、1号機に乗り
ミッション用大流量オイルポンプの試運転で
走り回ってました。
メイン強化オイルポンプが「極み」なので
エンジンが520ccですが、この気温だと
油温は80℃〜90℃で若干オーバークール気味。
それでもまぁミッションの入りはスムーズです。
で、嫁の誕生日だったので試乗もそこそこにして
嫁はイタ飯を食べたいと言ってたけど
結局ちょっと良い所の焼肉屋さんへ行ってきました。


19号機GSタンク塗装仕上がり

昨年末にリペイントに出していた19号機用のGSタンクが

19号機用タンク塗装仕上がり塗装から仕上がってきたので

早速キャップやコックなどを取付けて

19号機に装着しました。

タンクにはガソリンは当分入れないので

防錆代わりにモチュールのガソリン劣化防止剤を投入!

後はマフラーが再メッキから戻って来たら完成となります。

惜しげも無く新品部品を投入した19号機の価格は

結構な価格となってしまいましたが、普通にベース車両の価格と

フルレストアの価格+α程度なので、多分お得なお値段だと思います。


枚方K号ハンドルスイッチ交換試運転

ウインカースイッチの不良が判明したので

枚方K号ウインカースイッチ交換 (1)オーナーに報告した所

新品に交換する事になったので

またまたハンドルを取外して

ウインカースイッチASSYを取外し

枚方K号ウインカースイッチ交換 (2)新品に交換しました。

ハンドル交換の時に分かっていれば

こんなに手間を掛けずに済んだのに・・・。

又これで試運転をしてから

枚方K号ナンバープレート取付けボルト交換問題が無ければ納車の予定です。

で、オーナーから持込まれた「大」文字入り

ナンバー取付けボルトに交換しました。

お仕事柄、この手のボルトは結構あるらしい。

もし他府県の物があるのなら「愛」と「和」が欲しいですw

枚方K号シート交換 (1)シートも入荷してきたので早速取付け・・・

なのですがシートロックのゴムが

朽ちていたので新品を探したけど無いので

取合えず中古品と交換して取付け。

枚方K号シート交換 (2)タンデムバーが付いていると

シートが破れるので

少しでも延命する為に

タンデムバー取付けステーに

枚方K号シート交換 (3)ゴムを貼って養生をします。

まぁこれでも破れる時は破れますが

多少なりとも延命が出来ますから

無いよりはマシです。

枚方K号シート交換 (4)で、シートの交換が完了しました。

アゲイン製の純正表皮前後アンコ抜き

在庫切れだったのですが

やっと入荷してきました。

枚方K号試運転FCR調整 (1)で、FCRのセッティングを兼ねて

ガソリンもハイオクを入れて

今日を逃すと次何時試運転が出来るか

分からないので試運転に一っ走り!

枚方K号試運転FCR調整 (2)少しだけJNのクリップ位置を

変更しましたが、余り変化が無いし

これ以上濃くしたら繋がりが悪くなる。

僕みたいなハードな乗り方はしないと思いますが

枚方K号サイドスタンド修正 (1)下から上まで綺麗に回り良い感じです。

速度警告灯の点灯も確認出来たのでOKです。

後は納車の打合せを済ませます。

で、サイドスタンドにして気付いたのですが

枚方K号サイドスタンド修正 (3)車体が倒れ過ぎているので

サイドスタンドをチェックしてみると

裏側のナットも無いし

案の定コの字が開いているのと

枚方K号サイドスタンド修正 (4)フレーム側のブラケットも

痩せているので車体が倒れていた。

開いていたサイドスタンドの

コの字を狭くして取付け

枚方K号サイドスタンド修正 (5)不在だった裏側のナットも取付けて

車体の傾きも改善されました。

納車の打ち合わせも完了し

明日の納車となりました。


GTH号点火系不具合調査二日目

点火系の不具合らしい症状が出るとの事なのですが

GTH号点火系不具合調査試運転僕がチェックすすると症状が出なく

原因が分からないので

今日は少し乗り込んでみたのですが

全然不具合が出ないので、さっぱり分かりません。



試乗出来る時間も余り無いので、取合えず店内でエンジンを回してみても

全然調子が良いので、さっぱり分かりません。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月21日

そして映画シャコタンブギへ3

クズ人生から這い上がり、企業して安定しだした頃。
誠司23歳シャコタンブギ映画撮影 (1)結婚を1ヶ月後に控えた敦賀で
「シャコタンブギ」の実車映画が
撮影されると言う話を聞き
敦賀中の仲間達がエキストラで
映画に参加する事になる。
スタンバイ中の木村一八と佐野量子。
撮影スタッフは敦賀の
誠司23歳シャコタンブギ映画撮影 (2)ビジネスホテルに宿泊し
劇中車は駐車場に止められていた
これは金山一彦演じる
先輩、ハジメのソアラで
木村一八は後輩のコージ
佐野量子はユミ役で登場する。
松本浩一演じるアキラが乗る
誠司23歳シャコタンブギ映画撮影 (3)フェアレディZS30
通称「うんこ色のZ」です。
その他、マコトの乗る赤のカマロや
ジュンちゃんのハコスカなど
色々な車両があった。
エキストラに参加する車両は皆
カッティングシートでドレスアップするので
誠司23歳の頃のGS130Z (1)当時カーショップやホームセンターで
販売しているカッティングシートは
品切れ状態だったw
撮影は深夜まで続き
終わったのは夜中の3時を回っていた。
その間エキストラに出た食事は
巻き寿司やイナリ寿司だったw

誠司23歳シャコタンブギ映画撮影 (4)多くのエキストラのメインシーンは
敦賀の港大橋から始まり
駅前ロータリーを
大暴走するシーンで
最初は30台程の予定だったのが
結果300台ぐらい集まり
収集が付かなくなって
誠司23歳シャコタンブギ映画撮影 (5)そのまま流れ解散のまま暴走が続いた。
暴走中にハコスカが
民家の壁に激突したりしてたなw
あの映画はとても
楽しい思い出になったなぁ。
敦賀警察も公認の大暴走だった。
今まだ生きているのか分からないけど
誠司23歳の頃のGS130Z (2)敦賀の友達のユタカが乗る
シャコタンクラウンの
シーンが目立ってカッコ良いw
この「シャコタンブギ」実写版の
リンクが何故か貼れないので
フルムービーはこちらからどうぞ!
あの頃はあれで楽しかったなぁ。
撮影が終わった翌日の敦賀の国道の道端には
ダミーの竹やりマフラーが散乱してたw


門真T号エンジンブラスト三日目

エンジンのオリジナル塗装は部妙ですが割りと綺麗に残っています。

門真T号エンジンブラスト三日目 (1)ACGカバーは何故かCB350F仕様で

塗装がされているので

少しつじつまが合わないのですが

今日はロアケースのブラストから開始。

門真T号エンジンブラスト三日目 (2)まずは部品を取外してオイルを洗浄。

残ったガスケット類を剥がしてから

ブラスト仕上げに取掛かります。

水が冷たいですが、ブラスト開始から約2時間後

門真T号エンジンブラスト三日目 (3)ブラスト作業が完了しました。

もう手が悴んで痛いので

エアブローで水気を飛ばしてから

少し休憩して手を温めてから

門真T号エンジンブラスト三日目 (4)今度はリタップ掃除をしてしまいます。

この時期のウエットブラストは

ゴム手袋ぐらいじゃ本当に全然辛い・・・。

だけど綺麗に仕上がる達成感が救いです。

門真T号エンジンブラスト三日目 (5)次にアッパーケースのブラスト準備。

臓物を全て取り除きます。

プライマリーチェーンスライダーも

全く磨耗していないと言う状態です。

門真T号エンジンブラスト三日目 (6)シリンダースタッドボルトも

緩んでいる物は全て取外して

残ったオイルを洗い流して

純正塗装を剥がす準備まで完了した所で

取合えず今日はここまでで終了です。


枚方K号新規登録車検

予定通り本日枚方K号の新規登録車検を受けて

枚方K号新規車検からの試運転 (1)無事にナンバーを取得出来たのですが

何時もの如く惜しい番号で

三桁のキリ番に1台遅かった番号でした。

早速ナンバーを取付けてFCRのセッティングや

枚方K号新規車検からの試運転 (2)エンジンの状態をチェックしに一っ走り!

で、早速の不具合と言うか

セルモーターコンミューター軸受けが

磨耗している音や、左ハンドルスイッチの不良。

若干クラッチが滑り始めている以外は調子は良い方です。

FCRはもう少しリセッティングするぐらいかな?

試運転がてらオーナーの職場へ寄って、今の現状を報告しに行き

取合えずハンドルスイッチは交換する事になりました。

明日から天気が悪くなりそうなので、良いタイミングで試乗が出来ました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月18日

どうやらインフルエンザらしい3

21歳後半から22歳に掛けて
誠司22歳の頃のGS130Z (1)事故で潰れた、280Z2シーターから
HKSst1インタークーラーターボキットの
エンジンを取外して
新しく買ったZの2ℓエンジン2/2に
FJ20ピストンとL14コンロッドを流用し
3ℓにボアアップしたエンジンに
コンピューターチューニングと
誠司22歳の頃のGS130Z (2)追加インジェクションを2本入れて
当時大阪唯一と言っても良い
車のパーツ量販チェーン店のA社横の
ガレージで、昼間の仕事をしたあとの深夜
車好きの仲間4人が集まり
「Garage MID4」と言う深夜に営業する
カスタムショップを開店していた。
誠司22歳の頃のGS130Z (3)急な部品が必要になると、量販店へ行き
唯一掛売り(ツケ)をするぐらいの関係性になった。
その頃は昼も本業を起業していたので
そこそこの月収もあり
気が付けば車に月24万のローンを払っていた。
車検は普通に通らないので
闇車検で通常の倍近い費用を掛けて通していた。
燃費なんて物は1k/2ℓと言うぐらい悪く
月のガソリン代が10万を越えるぐらいだった。


絶不調なので部品整備

状況から考えてもどうやら風通の風邪じゃぁ無く

OGKカブトFF-V内装交換 (1)やっぱりインフルエンザじゃないのかと・・・

でも症状はそこまで酷くなく熱は微熱

しかも残念な事に食欲もある・・・。

ただ、しんどいので今日は大きな作業は止めて

OGKカブトFF-V内装交換 (2)ヘルメットの内装交換をする事にした。

もうヘルメットを被ると臭いしw

カビも繁殖しているので

内装だけでもリニューアルします。

OGKカブトFF-V内装交換 (3)で、取外した内装です・・・。

もうこれを見たらこのヘルメットを

被る気がしませんねぇ・・・

これはこのままゴミ箱へポイ!

OGKカブトFF-V内装交換 (4)で、新しい内装をセットして

ヘルメットのリフレッシュが完了。

チークパットが新品なので

ヘルメットに頭が入らなくなってしまった・・・。


キーシリンダーカスタム

ホンダ純正キー無しキーシリンダーを分解して

CP1号レーサー仕様変更イグニッションキースイッチ統一 (1)1号機のキーシリンダーをコピーします。

ベースになるキーシリンダーを分解して

ブレードを入替えて1号機のキーに

合わせて組み直します。

CP1号レーサー仕様変更イグニッションキースイッチ統一 (2)ブレードのパターンを一箇所づつ

何度か入替えて、1号機のキーに合った

キーシリンダーのコピーが出来上がりました。

これを組立てて、仕様変更中の

CP1号レーサー仕様変更イグニッションキースイッチ統一 (3)CP1号レーサーに取付けて

公道復帰をする予定です。

何本もキーを持つのが面倒なので

1キーで2台のフォアに使えるようになりました。

イグニッションキーシリンダー組替え2個目 (1)ついでに逆車に付いていたキーセットを

ハンドルロックが使えるタイプに変更します。

これも同じくキーが無いキーシリンダーを

分解して部品取りをします。

イグニッションキーシリンダー組替え2個目 (2)これを組替えるとシートロックと

イグニッションキーが使える

セットが出来上がるので

拘りの純正キーセットになります。

イグニッションキーシリンダー組替え2個目 (3)これで1号機のキーシリンダーと

シートロック、キーシリンダーセットが

2個出来上がりました。

また素材が手に入って時間が出来たら作ります。


枚方K号用FCR入荷

昨年末に発注したFCRが今日やっと入荷してきました!

枚方K号FCR取付け&車検準備 (1)で、早速組立てに入るのですが

その前に諸々の設定を

変更して行きます。

恐らくボアアップされていると思うので

枚方K号FCR取付け&車検準備 (2)まずは出荷時にSTDでセットされている

全てのJNのクリップ位置を変更します。

出荷時のままだと、ボアアップされていても

ガソリンが濃くて低中速の繋がりが悪いのです。

枚方K号FCR取付け&車検準備 (3)JNのクリップ位置を変更し終わったら

次にMJが出荷時は#125になっているので

これも上では濃過ぎるので

MJもデーターに基いて変更してしまいます。

枚方K号FCR取付け&車検準備 (4)初期設定の変更が終わったら

スピゴットを取付けますが

二次エアーを吸わないように

液ガスを塗ってスピゴットを取付けます。

枚方K号FCR取付け&車検準備 (5)で、次にファンネルを取付けるのですが

車検対応のインナーネットを入れてから

ファンネルを取付けます。

ラムエアーと価格は同額ですが

枚方K号FCR取付け&車検準備 (6)ラムエアーは手入れも大変だし

劣化すると燃えてしまいますからね。

リモートスクリューも変更して

ガソリンホースにストレーナーを取付けて完成!

枚方K号FCR取付け&車検準備 (7)これで車両に取付けが完了です。

アクセルワイヤーが新品なので

先々少し伸びるので、若干張り気味に

ワイヤーを取付けました。

枚方K号FCR取付け&車検準備 (8)地球に優しいブローバイガス還元装置

としても使える、オイルキャッチタンクも

取付けました。

これでキャブにガソリンを流し込んで

枚方K号FCR取付け&車検準備 (9)いよいよ枚方K号の火入れです!

アイドリングも安定しており

ブリッピングも良い感じです。

ナンバーが無いので乗れないのですが

枚方K号FCR取付け&車検準備 (10)外から店内まで少しだけ試運転。

中々良い出だしでトルクもあるので

やはりボアアップされているのは確定かな。

クラッチワイヤーも新品なので

少し遠いですが、結構初期伸びがあるのでこんなもんかな?

シートがまだ入荷して来ないのですが、バーエンドも取付けたので

来週には一旦車検を受ける予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年01月11日

誠司17歳の青春時と暗黒時代3

定休日も入れて3連休になったのですが
今日から通常業務に戻ります。
まだ今の所今月の臨時休業予定は4日ほどありますが・・・。
誠司17歳 (1)さて、誠司16歳の頃はバイク事故で
何度も入院をしていた。
で、結局17歳の春に中型免許を取得し
友人から譲ってもらったフォーク靴
ピンク色にして調子に乗ってました。
中の良かった友人も全部で7人亡くなり
4人は無免許で車に乗り一度に死亡。
誠司17歳 (2)当時大型免許は条件違反だったので
1人は大型バイクで事故死。
1人はFXで大型トラックと激突死。
1人はバットで殴られて死亡し
その犯人も知り合いだった。
まともな仕事もしたけど
半分はアングラな仕事や遊び人だった。
誠司18歳抗争事件もあったりして
敦賀も住み難くなったので
色々あり、又大阪へ戻ってきたのが
21歳の頃、今の嫁と結婚するつもりで
企業して、多少はまともな人生を
送る事になったかなぁ・・・。
この先はまた後日にでも。


令和2年初の頚椎ブロック注射

200108の頚椎ブロック注射定休日の8日はまず何時もの病院へ行き

今年初の頚椎ブロック注射を

ブチューっと1発打ってきました。

これでまた暫くは楽になります。


令和2年初の男は黙って七三分け

病院も終わったので、午後から今年初の七三分けに何時もの理髪店へ。

200108男は黙って七三分け丁度9日に顧問業務もあったので

身なりを整えて本社ビルに出社です。

今年も顧問業務がより忙しくなりそうで

個人面談も今月後一回ありますし

現場の安全パトロールもあるので

今月は半分ほどしかお店の業務が出来そうにないかなぁ。


枚方K号ドレスアップカバーと誤組み手直し

日々妄想が膨らむ枚方K号オーナーからの追加のご依頼で

枚方K号ドレスアップカバー交換 (1)ドレスアップカバーを装着する事になり

まずポイントカバーに

コルクの樹陰製ガスケットを

貼り付けます。

枚方K号ドレスアップカバー交換 (2)はい!

これで準備が完了です。

ボンドが乾燥したら取付けです。



枚方K号ドレスアップカバー交換 (3)次に車両側のカバーを取外します。

R側はポイントカバーと

クラッチレリーズかばーを

ドレスアップカバーに変更です。

枚方K号ドレスアップカバー交換 (4)サクッと交換が完了しました。

ガラッと見た目も変わりましたね。

このカバーはオーナーが自ら

磨いたカバーです。

枚方K号ドレスアップカバー交換 (5)ついでにコンタクトブレーカーの

ワイヤーハーネスクランプも

ややこしい所に付いていたので

正規の位置に戻しておきました。

枚方K号ドレスアップカバー交換 (6)L側もドレスアップカバーに交換。

L側はACGカバーBだけの交換です。

左右共カバーを交換するついでに

取付けボルトも新品に交換してしまいます。

枚方K号ドレスアップカバー交換 (7)これもサクッと交換が完了。

少しづつオーナー好みの

車両に仕上がって行ってます。

ドレスアップカバーも交換が完了したので

枚方K号リアアクスルカラー誤組手直し (1)先日オーナーとお話をしていた時に

気が付いたリアアクスルカラーの

左右誤組みの手直しに掛かります。

これが原因でリアフェンダーが

枚方K号リアアクスルカラー誤組手直し (2)歪に見えたとも思います。

量販店でタイヤ交換をする時に

良くある間違いですね。

アクスルシャフトを抜いてカラーを比較。

枚方K号リアアクスルカラー誤組手直し (3)オイルシールの痕跡もあるので

気の利いたメカニックなら

理解出来ると思いますが

何の気も無く作業をすると間違えます。

枚方K号リアアクスルカラー誤組手直し (4)正規の位置に戻してリアフェンダーを

後ろから改めて見ると

以前より多少はややこしく歪んでは

無いように見えるので

枚方K号リアアクスルカラー誤組手直し (5)少しだけフェンダーをひねって

見栄え良く修正をしました。

カラーが逆だった時はこれぐらいでは

修正が出来ないぐらいだったので

枚方K号純正ミラーに交換 (1)原因が分かって良かったです。

ミラーも社外の純正タイプの

ショートステーが付いていたのですが

ミラーのホルダーが緩んでクルクル回るので

枚方K号純正ミラーに交換 (2)オーナーはZ2ミラーと悩んだのですが

実用性重視で純正新品ミラーに

交換する事になりました。

これで後方の視界もバッチリです。


CP1号レーサー仕様変更

不動車コーナーに上がっていたCP1号レーサーを

CP1号レーサー仕様変更2020 (1)仕様変更する為に下ろして

エンジンオイルを抜き

エンジンを下ろす準備を始めました。

カウル類を取外してオイルを抜きます。

CP1号レーサー仕様変更2020 (2)すっかり忘れていましたが

レデューサーが効いており

オイルが落ちて来ないのは何時もの事。

で、一日掛けてオイルを抜きました。

CP1号レーサー仕様変更2020 (3)エンジンオイルを抜ききったので

オイルパン、オイルフィルターを取外し

オイルクーラーのサンドイッチブロックも

取外して、エンジンを下ろす準備を進めます。

CP1号レーサー仕様変更2020 (4)サクサクッと部品を取外して

エンジンを下ろす準備が整いました!

で!

はい

CP1号レーサー仕様変更2020 (5)どーん!

CP1号レーサーからエンジンが下りました。

又今度時間がある時にでも

フレームを分解して行きます。


本日のご来店

銀ちゃんのお仕事関係の方でZ2に乗っておられるY様のご紹介で

200111本日のご来店ご来店された門真のT様がご来店。

某Yオクでご購入されたらしいのですが

購入時のインプレとは全然違い

結構手間が掛かった車両らしい・・・。

現在はエンジンからの異音とオイル漏れが残りの課題らしいのですが

ご近所のバイク屋さんでは色々と限界らしくご相談にご来店となりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月07日

今年初の臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月8日(水曜日)は定休日ですが
明後日1月9日(木曜日)は顧問業務の為
臨時休業とさせて頂きます。
また、明々後日1月10日(木曜日)は火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


ヨシムラ機械曲げ当時物雑誌広告

姫路の紙フェチ先輩からのお年玉で

ヨシムラ機械曲げ広告1今製作中の機械曲げマフラーの参考にと

当時の雑誌に掲載された

ヨシムラの雑誌広告画像を頂きました。

これを見ると、色々な事が分かりますね

ヨシムラ機械曲げ広告2当時の機械曲げの価格を今に直せば

大体12万ぐらいになるのかな?

僕が16歳の時にアルバイトしていた

ラーメン屋の時給が1時間360円だったなw

貴重な資料を頂きました。

今思えば、何で当時はあんなに不人気だったんだろうねぇ。


枚方K号ハンドル回りカスタム

昨年末にオーナーとカスタムに付いて打合せを済ませており

枚方K号ハンドル交換 (1)今日からハンドルのカスタムに取掛かります。

F1ハンドルからF2絞りに交換するのですが

ワイヤー、ホースなどを交換しないといけません。

ブレーキもO/Hを先に済ませてしまったのですが

枚方K号ハンドル交換 (2)ホースも交換なので、フルードを抜きます。

よく見るとクラッチスイッチも不在だった。

これも追加しておきますね。

で、ブレーキフルードを抜いてから

枚方K号ハンドル交換 (3)昨年配線ルートをやり直した

ハンドルスイッチの配線を外して

サクッとF1ハンドルを取外しました。

ハンドルからハンドルスイッチを取外し

枚方K号ハンドル交換 (4)新しいF2絞りハンドルに入れて

サクッと車体に取付完了。

不在だったハンドルスイッチの

配線も追加しておきました。

枚方K号ハンドル交換 (5)で、再びハンドルスイッチの配線を接続。

F2絞りになったので

ハンドルスイッチの配線の長さも

ギリギリになりました。

枚方K号ハンドル交換 (6)グリップとクラッチワイヤーと

クラッチレバーを取付けて

L側は取合えず完成したけど

グリップが伸びているのでスカスカです。

枚方K号ハンドル交換 (7)クラッチワイヤーを交換したついでに

ワイヤーガイドの取付け位置を

正規の位置に変更してしまいます。

で、ボルトを2本外しただけなのに

枚方K号ハンドル交換 (8)M6×32が入る所にM6×35が入っていた。

入れてあった理由はねじ山上がりが原因だった。

他にもスペシャルナット部分に

UBSボルトが入っていませんね。

枚方K号ハンドル交換 (9)こう言う微妙な所をヘタに触ると

大怪我をするので、何かの時にやるか

何かあってからでも良いかなぁ・・・。

こう言った所はオーナーからの依頼後と言う事で

枚方K号ハンドル交換 (10)クラッチワイヤーガイドは正規の位置に。

で、R側スイッチ&スロットル

ワイヤーも取付が完了しました。

ブレーキホースもF2用に変更してます。

枚方K号ハンドル交換 (11)そして再びブレーキフルードを入れて

エアー抜きまで完了しました。

始めにお預かりして打合せた時に

ハンドルも交換する予定だったので

枚方K号ハンドル交換 (12)諸々先走ってやるんじゃなかったw

と言う感じで、FCRは借り物ですが

これでほぼ完成形となり、取合えず後は

FCRの入荷待ちとなりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年12月29日

年末追い込み営業一応仕事納め4

本年も大変お世話になりました。
一応今日が仕事納めとなります。
年明けの営業は1月5日からの営業となっております。
来年は僕にどんな事があるのでしょう?
皆様にとっては良いお年でありますように
又来年もよろしくお願い致します。


GTH号カスタム二日目

昨日は少し残業をして、ハンドル周りの目処が立つまで作業をしてました。

GTH号セパハン位置決め (1)問題だったのはハンドルの幅と

フロントブレーキマスターで

メーターを取付けた事により

制限が出来たので、そこが一番苦労しました。

GTH号セパハン位置決め (2)仮にリペイントベースのタンクを乗せて

ポジションなどの確認。

ノーマルハンドルの幅よりは絞り気味ですが

もうこの場所にしか納まりが付きません。

GTH号セパハン位置決め (3)ハンドルの垂れ角もここしかない

と言うポジションにしか

納まらなかたっけど

結構良い感じのポジションになりました。

GTH号セパハン位置決め (4)オーナーが一番気にしていた

ハンドルストッパーですが

タンクを取付けた状態で

ハンドルを切りストッパーに当てると

GTH号セパハン位置決め (5)丁度タンクに干渉します・・・。

角度も変えようにも

もうどうしようもないので

ハンドルストッパーを入れる事になります。

GTH号クラッチワイヤー素線切れ (1)仕上げに掛かろうとした所で

最後の極めつけは、クラッチワイヤーの

素線切れが判明した事です。

オーナーからは「最近クラッチの切れが悪い」

と言われていたので、見てみるとクラッチレバーの遊びが増えていたので

GTH号セパハン仕上げ (1)ワイヤーの伸びだと思っていましたが

どうやら素線切れが原因だったようで

昨晩はここれ完全に心が折れて作業は終了。

で、今朝一番にクラッチワイヤーを交換!

GTH号セパハン仕上げ (2)ハンドルストッパーも取付けて

タンクに干渉しない事をチェック!

丁度タンクに当っていたので

ストッパーを入れた分だけ隙間が出来てます。

GTH号セパハン仕上げ (3)ハンドルスイッチを接続して

ヘッドライトを取付けて

ワイヤー類の取回しも良い感じなので

GTH号のセパハン化が完成しました。

GTH号アゲインBS取付け (1)次にアゲインバックステップ取付け。

これはもう手馴れた物で

サクサクッと取付けてしまいます。

まずはL側から交換して行きます。

GTH号アゲインBS取付け (2)ノーマルステップを取外して

付属の平ワッシャーをフレーム側に装着。

これが入っていない車両は結構多いです。

エンジンアッパーマウントボルトを抜いて

アゲインBSにボルトを通して共締め。

GTH号アゲインBS取付け (3)シフトペダルのタイロッドの長さを

きちんと調節して車体に取付け。

ペダルの位置をネジシロを測りながら

タイロッドを伸ばす方向で調整して完成。

GTH号アゲインBS取付け (4)次にR側の交換作業に取掛かります。

純正ステップとブレーキペダルを取外し

リアエンジンハンガー下側のボルトを外す。

R側も同じくロアエンジンボルトに

GTH号アゲインBS取付け (5)よく忘れられる平ワッシャーを入れて

ブレーキピポットシャフトに

これもよく入っていないカラーを入れて

オフセットさせて準備が完了。

GTH号アゲインBS取付け (6)BSを仮付けしタイロッドの長さを調節して

大体90度角に合わせて締め付けます。

ストッパーでブレーキペダルの角度を合わせ

全て締め終わったら作動確認と

GTH号2019年最後のカスタム完了 (1)ブレーキランプの点灯確認をして

完成となります。

これで京都GTH号のセパハン化と

バックステップの取付が完了。

GTH号2019年最後のカスタム完了 (2)ハンドルの切れ角と幅は狭くなりましたが

見た目はオーナーの理想通りになったかな?

ポジションを確認しましたが

そんなに辛いポジションじゃないと思います。

これで本年の業務は全て完了となりました。

2020年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(4)

2019年12月27日

年内の営業残り二日3

昨日は急遽、午前から午後に掛けて
顧問業務の打合せがあり半日以上が潰れてしまい
今日は臨時休業で関西医大病院へ行き
年末で患者がごった返す中
火傷治療で午前中を潰してしまいました。
年内の営業予定日も残り二日となってしまったので
今日は午後から出勤して、少しでも作業を進めていました。


諸々の部品入荷

残りが僅かとなってしまったキャブレターダストパッキン(A/C)の

CB400F用キャブレターダストパッキン2ロット目完成セカンドロットが完成し入荷して来ました。

今回金型代は掛かっていないのですが

材料費の値上がりがあったのですが

価格は据え置きとさせて頂きます。

1号機用特注ドリブンスプロケット35T入荷で、1号機用特注ドリブンスプロケットも

このタイミングで入荷してきました。

35Tで今回はブラックアルマイト仕上げです。

発注後仕上がりまで約3ヶ月掛かるので

冬季休暇用FCROH用部品入荷何時も余分に発注してます。

冬期休暇中の時間潰し用親方号用FCRの

O/H用部品も入荷してきたので

堕落せずに年末年始を過ごせると思います。


枚方K号用部品入荷

メーター周りのゴム類などの純正部品も同じく入荷。

枚方K号Rステップボルト折れ修正 (1)ついでにステップのボルトが不在だった所に

ボルトを入れようとしたのですが

よく見ると・・・折れてるやーん!

と言う結果だったので

枚方K号Rステップボルト折れ修正 (2)何とか楽に除去しようと試みたのですが

錆びてびくともしないので

仕方無くステップを取外し

折れたボルトを削り取り下穴を開けて

枚方K号Rステップボルト折れ修正 (3)リタップをする羽目になってしまった。

ピンなどの部品も錆びていたので

在庫部品を探り、一通りの部品が見つかったので

リペアとリペイントで仕上げました。

枚方K号Rステップボルト折れ修正 (4)で、下拵えも終わったので

組立てに掛かります。

取外した部品を全てリペイントしようかとも

悩んだのですが、アンバランスになるので止めて

枚方K号Rステップボルト折れ修正 (5)不在だったボルトを取付ける事が出来ました。

結果的に結構な大仕事と

なってしまいましたが

まぁ残りのボルトも錆びてやばかったので

枚方K号Rステップボルト折れ修正 (6)これはこれで良しとしましょう。

錆びた部品は新品純正部品に交換して

ステップの組立てが完了したので

車体に取付けます。

枚方K号Rステップボルト折れ修正 (7)ハイ!これでステップは復活。

まぁ見てしまった事だし

簡単に取れればラッキーだったのですが・・・

グリスアップもしたので当分は問題ないでしょう。

枚方K号メーター回り部品交換 (1)次にメーター周りの部品が入荷してきたので

復旧に取掛かります。

新品のセットリングとダンパーラバーです。

両方のメーターゴムをリフレッシュ!

枚方K号メーター回り部品交換 (2)まずはタコメーターのセットリングに

ダンパーラバーをセットして

タコメーターを復旧して配線も接続して

スピードメーター側も同じく

枚方K号メーター回り部品交換 (3)新品のメーターセットリングを取付けて

復旧が完了しました。

速度警告灯関係の配線も接続したので

後は車検対応光量UPのバッ直配線をセットして

取合えずは復旧させてFCRの入荷待ちとなります。


GTH号カスタム入庫

昨日の夕方に諸々のカスタムの為入庫してきた京都GTH号。

GTH号カスタム入庫191226今回のカスタムメンテナンス作業メニューは

シリンダーヘッド増し締め、タペット調整。

オイル、オイルフィルター交換。

アゲインBS取付け、トップブリッジ交換と

クラッチレバー交換、ハンドルをセパハン化にカスタムするご依頼です。

明日から本格的に作業に取掛かり、何とか年内に納車する予定です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2019年12月26日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月27日(金曜日)は毎週恒例火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


枚方K号カスタムへの道その1

色々と悩み多き枚方K号ですが、取合えず自分のスタイルにする為

枚方K号純正マフラー取外し (1)カスタム道を進む事になりました。

まず純正マフラーから集合管に変更する為

マフラーを取外し交換します。

純正マフラーには少し転倒痕がありますが

枚方K号純正マフラー取外し (2)エキパイに傷は無いのでまだ良い方です。

マフラーステーは手作り品の力作です。

ステップのラバーストッパーのボルトが

1本不在です、折れてなければ良いのですが・・・。

枚方K号オイル漏れ (1)エンジンを掛けてから

暫く放置してあったのですが

オイルが2.3滴落ちていたので

何処かのシールから漏れているのでしょう。

枚方K号オイル漏れ (2)オイルパンは結構オイリーなので

運が良ければ、シフトシャフトのオイルシール

運が悪ければ、ミッション系からの

オイル漏れの可能性があります。

枚方K号オイル漏れ (3)オイルパスキャップBからも

オイル漏れがあります。

ここはOリングを交換すれば

止まると思いますが、運が悪ければ・・・。

枚方K号ダメ出し (1)マフラーを外したついでにダメ出しを・・・

リアエンジンハンガーボルト

入れ方が逆ですが、機能的に問題が無いので

何かのついでがあれば正規に戻します。

枚方K号ダメ出し (2)リアブレーキペダルのピポットシャフト

ここはよくあるのですが

リターンスプリングを挟んでいるので

凹んでいる状態、ここは修正しておきます。

枚方K号ダメ出し (3)で、これが修正後です。

ピポットシャフトがちゃんと出てます。

ブレーキの事ですからちゃんとしておかないと

何が起こるかわかりませんから。

枚方K号ダメ出し (4)クラッチカバーと共締めのコードクランパーB

本来の取付け位置は一段下の場所。

この場所だからと言って特に支障は無いので

何かのついでがあれば修正しておきます。

枚方K号ダメ出し (5)リアフェンダーが曲がっているのですが

テールライトユニットと比べると

少しくの字になっているので

転倒して居る事もあるので、運が悪ければ

フレームのクレードル部分が曲がっている可能性があります。
     (シートレール部分)
枚方K号アゲインマフラー取付け (1)手作り力作のマフラーステーに

メインスタンドストッパーを取付けました。

拘りが無ければ、このステーでも良いかな。

純正タイプのリプロ品もあります。

枚方K号アゲインマフラー取付け (2)新品の純正EXガスケットをセットして

いよいよアゲインマフラーを

取付ける準備が整いました。

マフラーはオーナー持込なのですが

枚方K号アゲインマフラー取付け (3)梱包を開けると残念な事に

何かの衝撃を受けて塗装が剥がれて

少し変形していました・・・。

CPはアゲイン正規部品取扱い代理店ですが

枚方K号アゲインマフラー取付け (4)正規ルート以外から購入した物に関しては

クレーム処理が出来ませんので

止む無くこのまま取付けました。

取合えずマフラーの交換は完了です。

枚方K号アゲインマフラー取付け (5)衝撃を受けた部分はこんな感じで

変形してしまってます。

荷姿から考えると、恐らく手荒な配送若しくは

箱ごと落下してしまった可能性があります。

枚方K号アゲインマフラー取付け (6)取合えず耐熱塗装が剥がれた部分は

アゲインが使っている耐熱塗料と

同じ塗料を吹き付けて

錆びないようにしておきます。

今後部品購入前には一度ご相談頂いた方が良いかな。

枚方K号メーター回り (1)次にメーター回りの部品交換などに取掛かります。

逆車の398タイプヨーロッパフレームで

398登録をしてあるのですが

ラッキーな事にスピードメーターが国内物だった。

枚方K号メーター回り (2)そこで速度警告灯を付けたいとの事で

速度警告灯ランプを取付けました。

スピードワーニングユニットは無いので

後で取付けをします。

枚方K号メーター回り (3)トップブリッジのホーククランプボルト

入れ方が逆になってますが

ここはヘッドライトステーを取外さないと

入れ替えが出来ないので・・・。

枚方K号メーター回り (4)ヘッドライトを取外して速度警告灯の

配線を入れたついでにメーターの

バックライトなどの配線を取外し

メーターセットリングを取外す準備。

枚方K号メーター回り (5)転倒した時に付いたと思われる傷が

スピードメーターの化粧の

セットリングに入っているので

交換をする為です。

枚方K号メーター回り (6)メーターを取外すと

クッションラバーが朽ちて溶けてます。

この車両の全てのゴム類は恐らく

45年物だと思います。

枚方K号メーター回り (7)当然タコメーター側のクッションラバーも

同じように朽ちて溶けています。

メーターが壊れるので無条件に

強制交換となります。

枚方K号メーター回り (8)幸いな事にまだ完全に朽ちていた訳ではなく

綺麗に取り除く事が出来ました。

最悪な場合は溶けてしまい

セットリングにへばり付いて取れない事もある。

枚方K号メーター回り (9)スピードワーニングユニットを

取付けるステーが不在なので

純正の再メッキ品を取付ける事にします。

これでハーネスバンドも取付ける事が出来ます。

枚方K号メーター回り (10)で、サクサクッと取付けが完了し

スピードワーニングユニットと

Oリングからハーネスバンドに昇格。

全体的に社外のボルト、ナットが多く

ボルトの向き、入れ方がオリジナルではなく、統一性が無いと思うのは

変態的思考のマニアだから気になるんだろうなぁ・・・。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2019年12月24日

ノープランのイブ3

すっかり忘れていたのですが
今夜はクリスマスイブとなってしまった。
しかも孫にもプレゼントを買ってないし・・・。
てか、もう後1週間で今年も終わりやーん。


真性多血症経過観察治療

昨日は臨時休業を頂き、何時もの関西医大病院へ行き

191223の血液検査真性多血症の経過観察の為

血液検査を受けてきました。

ヘマトクリットは一応ギリで

瀉血は無しとなりましたが

次回脾臓のエコー検査となりました。

また堕落した生活を送っていたので血糖値とA1cの数値が上昇しているので

掛かり付け医に結果を見せると怒られると思いますが

尿酸値が正常値になったので、差し引き0と言う事で・・・。

アルコールは控えているのでγ-GTは164と僕にしてみれば低い方なので

Dr.には怒られましたが、僕は全然普通の数値だと思ってます。

中性脂肪とかコレステロールが高いのは

冬山での遭難や海難事故の時に死なない為の身体作りですw


大阪T号ハヤシキャスト取付け二日目

不足部品と、追加部品が入荷してきたので

諸々部品入荷 (1)早速仕上げ作業に取掛かります。

一緒に京都GTH号用カスタムパーツも入荷。

特注ブラックアルマイト仕上げの

トップブリッジとアゲインBSキットです。

諸々部品入荷 (2)大急ぎで発注したBRC製

エキスターナルサークリップも

何とか間に合って入荷してきました。

これで大阪T号の仕上げが出来ます。

諸々部品入荷 (3)CPに持込まれるアゲインBSが

取付いている車両に多いのが

カラーが不在の車両が多いので

アゲインから予備品を購入しました。

諸々部品入荷 (4)FCR用車検対応インナーネットも
(インナープロテクター)
在庫が切れていたのでついでに発注しました。

ラムエアーは燃えるので怖いですから

お勧めの商品になります。

諸々部品入荷 (5)銀ちゃんからのご依頼品のLEDヘッドランプ

5000Kも入荷しました。

3000Kは車検合格実績がありますが

5000Kはまだ実績がありません。

諸々部品入荷 (6)6500Kは明る過ぎて青白くなるらしい。

残りはGTH号用特注ブラックアルマイト仕上げの

トップブリッジキットと、同じくアゲイン製

ブラックアルマイトのBSキットです。

GTH号の部品も一応揃ったので、入庫時期を打ち合わせる事にします。


大阪T号ハヤシキャスト仕上げ

大急ぎで発注したエキスターナルサークリップが入荷してきたので

大阪T号ハヤシキャストリアエキスターナルサークリップ早速取付けて、リアを仕上げます。

ちょっとキツイ感じですが

何とか納まったので取合えずOKです。

やっぱり純正品が良いのかなぁ・・・。

大阪T号追加作業フロントエンブレム取付け追加のフロントメッキエンブレムも

取付けて、今回の作業は完了しました。

リアブレーキもスムーズに動く様になり

キャストも安全なハヤシキャストになったので

大阪T号ハヤシキャスト取付け完了安心して楽しく走れるようになりました。

オーナーも年末で色々と忙しく

納車の日程を打ち合わせる事にします。

この所フロントエンブレムの取付が多いので

19号機フロントエンブレム取付けついでに19号機もフロントエンブレムを

取付けてみました。

やっぱりこれ良いね!

年明けにはマフラーを再メッキに出すつもりで

タンクも仕上がって来ると思います。


年末年始の時間潰し用FCR

先日取外した親方1号機のFCRのO/Hを

年末年始の時間潰しFCR OH(1)年末年始にの時間潰しにと思い

在庫部品をチェックしておきます。

本当は19号機で時間潰しをしようと

思っていたんだけど、ほぼ完成しちゃったし。

年末年始の時間潰しFCR OH(2)よくあるエアベントのTジョイントが

折れているので、交換となります。

その他のパッキン、ゴム類や

フラットバルブのローラーも交換するのですが

在庫が無い物があったので発注しておきます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年12月22日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月23日(月曜日)は今年最後の真性多血症治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


親方1号機TMR-MJN取付け

今日の天気が心配だったのですが

親方1号機ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (1)予定通り本日FCRからTMRへの

交換作業に取掛かります。

まずはFCRの取外しからですが

このFCRに特に問題がある訳では無く

親方1号機ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (2)取外したFCRは一先ずO/Hとなります。

で、ヨシムラミクニTMR-MJNの

取付けが完了しました。

割りナットを入れ、タンク嵩上げゴムを貼って

親方1号機ヨシムラミクニTMR-MJN取付け (3)外装を取付けて完成です。

エンジン始動時の説明や

ハイスロ過ぎる事の注意点を説明し

後は慣れてもらうしかないかなぁ。

これで親方1号機のキャブレター交換が完了しました。


大阪T号ハヤシキャスト取付け

PITの都合が良くなったので、昨晩営業終了後に車両を

大阪T号パチセブンスターからハヤシキャストへ交換 (1)引取りに行ってきました。

リアブレーキに不具合があるので

それもついでに直す事にもなりましたが

例の如く部品が足りませんでした。

大阪T号パチセブンスターからハヤシキャストへ交換 (2)まずはフロントタイヤホイールから

タイヤも新品TT100GPに交換して

ハヤシキャストに変更が完了しました。

やっぱり本物のハヤシキャストの方が良いですね。

大阪T号アゲインBS不足部品取付け (1)次にリアホイールの交換なのですが

その前にアゲインBSの部品不足もあり

リアーブレーキピポットシャフトが

飛び出ているし、BSのプレートと干渉して

大阪T号アゲインBS不足部品取付け (2)動きが悪いのでホイールを取外したついでに

ワッシャーとカラーを入れる事にします。

フレームとの間に入るべきワッシャーが不在。


ボルトも飛び出し過ぎてちょっと不細工です。

大阪T号アゲインBS不足部品取付け (3)工具箱を探したら残り1個だけ

アゲインBS用カラーが見つかりました。

僕の細くて美しい小指にも入らないぐらい

小さなカラーですが、必要な部品です。

大阪T号パチセブンスターからハヤシキャストへ交換 (3)必要な部品も見つかったので

リアタイヤホイールを取外しました。

取外したついでにリアブレーキの

ピポットシャフトを取外してみた所

大阪T号パチセブンスターからハヤシキャストへ交換 (4)オイルッ気は全く無くて

案の定錆びてました。

錆を取ってモリブデングリスを塗って

元に戻すのですが、その時に不足していた

大阪T号アゲインBS不足部品取付け (4)アゲインBS用カラーも取付けます。

これでバックステッププレートとの

干渉も無くなりますし、ピポットシャフトに

グリスアップもしたので大丈夫です。

大阪T号アゲインBS不足部品取付け (5)バックステップのプレートと

フレームの間に入れないといけない

ワッシャーも入っていないので

ついでにバックステップを緩めて

大阪T号アゲインBS不足部品取付け (6)ワッシャーを左右に1枚ずつ入れます。

これでロアエンジンマウントボルトの

左右の出シロも揃えて締め付けます。

フレームとの干渉もこれで無くなります。

大阪T号パチセブンスターからハヤシキャストへ交換 (5)で、メインのハヤシキャストですが

スプロケットハブのフィキシングボルトと

ナットは純正新品に交換したのですが

エクスターナルサークリップが

パチセブンスターの物だと厚みがぶ厚くて入らないので

中古品を探したのですが見当たらないので

BRCのリプロ品を大急ぎで発注となり、今日の作業はここまでとなりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年12月21日

量産型強化オイルポンプ「極み」試作完成3

昨日は臨時休業を頂き、火傷治療へ行って来ました。
傷口も順調に回復へ向い、火傷の傷も最大幅で
20mmにまで小さくなりました。
年内は後27日に病院へ行く事になってます。


令和元年最後の「俺らー」

年末も近づいて来て、昨日は病院も2時間半も掛かって仕舞い

令和元年最後の「俺らー」 (1)治療が終わってから、偶然にも

今年最後の「俺らー」営業日とも知らずに

行ってきました。

13時を少し過ぎたぐらいでしたが

令和元年最後の「俺らー」 (2)ラッキーにも混雑も無く着席。

令和元年最後になる何時もの

濁とろチャーシュー大、めんまトッピングを

発注して、思い残す事も無く頂けました。


親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN下拵え

親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN準備 (2)今回、親方1号機にTMR-MJNを

取付ける事になり、その下拵え。

明日ご来店予定なので

取付け準備を進めておきます。

親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN準備 (3)サクッと組立てが完了しました。

後は実機に取付けてから

調子を合わせる事になります。

500ccのファンネル仕様は初めてなので

親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN準備 (4)セッティングデーターを考える事にします。

取合えずはこのMJNのクリップ位置を変更。

これは今までの感じから全般的に

クリップ位置を変更しないと

濃過ぎる傾向にあるようです。


強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作

油温の上昇がかなり抑えられると評判の高い

強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作仕上がり (1)メイン強化オイルポンプ「極み」を

レギュラー化するに当り

改めて試作を作りました。

流量が純正比66%増量になるので

強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作仕上がり (2)アイドリングでエンジンを温めるのも

時間が掛かり、カスタムエンジンでも

オーバーヒートしにくくなる事も

データーが取れた事もあり

強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作仕上がり (3)この際レギュラー化に踏み切りました。

ローターの加工費なども掛かってますので

まだ計算は出来ていませんが

ハイパワー強化オイルポンプよりも

お値段的には高くなります。

これに新たに製作中の純正比2倍の増量になる

ミッション用大流量強化オイルポンプを組合わせれば

最強のフル強化オイルポンプが出来上がる事になります。

取合えずは、ミッション用が出来上がればこれに取付けて

モニターテストを募集しますので、ご協力をお願いします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年12月19日

臨時休業のお知らせ4

【臨時休業のお知らせ】
明日12月20日(金曜日)は毎週恒例の火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


枚方K号プチカスタムと手直し

先日の打合せの時にオーナーからのご依頼で

枚方K号フロントエンブレム取付 (1)フロントエンブレム取付の

ご依頼を頂き、CPで在庫してある

フロントエンブレムを

早速取付ました。

枚方K号フロントエンブレム取付 (2)取付ける前と後では見た目も

全く変わって見えますね。

こう言う細かい所のカスタムも

洒落ていて良い感じです。

枚方K号シフトペダル手直し (1)何気にK号を眺めていると

お!間違い発見!!w

これも何故だかよくあるのですが

ギアーチェンジアームの誤取付け

枚方K号シフトペダル手直し (2)正解はこちらになります。

ちょっとした事ですが

シフト操作に多少なりとも影響があるので

正規の方向に付け替えました。


尼崎Y号シートクッションゴム取付け

FRPベースのカスタムシートが取付いている尼崎Y号ですが

尼崎Y号シートクッションゴム取付け (1)残念な事に本来有るべきはずの

クッションゴムが付けられていない。

このゴムが無いと乗り心地は勿論の事

他にも色々と影響を及ぼすので

尼崎Y号シートクッションゴム取付け (2)新品のシートクッションゴムを取付け。

例え社外のFRPシートと言えども

取付けれる穴が開いているのであれば

取付けるべきであり

その存在も知らないだろうから、気にもならなかったのだと思います。

変態的マニアと違い最近のオーナーは何が正解なのかを知らないので

今あるべき姿が、本来の姿だと思っていると思います。

この先CB400Fourを残して行くに当り

それを教え伝えるのも、変態的マニアの役割だと思います。


19号機23日目火入れ

適当なマフラーが無いので、どうしようかと思っていたのですが

19号機ノーマルマフラー仮取付無難に純正ノーマルマフラーを取付け。

再メッキに出そうと思って放置していた

中古品なので、車体と比べると

かなり残念なマフラーになります。

19号機ACG交換 (1)純正マフラーを取付けたら

ACGもやっぱり純正が良いと思い

アゲイン製ACGカバーを取外して

純正ACGカバーに交換する事にしました。

19号機ACG交換 (2)大急ぎで良品のACGカバーを

ブラストして、バフ仕上げしました。

やっぱりこっちの方がしっくり来るなぁ。

と言う事で、純正ACGに変更しました。

19号機サーキットプロテクター交換壊れたサーキットプロテクションも

新たに入荷してきたので

新型の新品に交換しました。

壊れた方は調べると本体がダメでした。

これで電装関係は全てOKなので、実圧縮圧力を測定。

19号機実圧縮圧力測定 (1)19号機実圧縮圧力測定 (2)






19号機実圧縮圧力測定 (3)19号機実圧縮圧力測定 (4)







やはりポート研磨したシリンダーヘッドと

19号機火入れ準備完了 (1)ウエストバルブの威力だと思いますが

1.1Mpaと中々の実圧縮圧力になりました。

これで火入れとなるので準備に取掛かります。

これでエンジンを掛けて同調調整と

19号機点火時期調整 (1)点火時期をチェックします。

で、セル1回でエンジンが無事始動!

点火時期を調整、同調は少しズレているので

これで同調を調整します。

19号機キャブ同調調整 (1)枚方K号で同調を取ったのですが

やはり個体差があるので

バキューム圧がかなり低いです。

これを19号機のエンジンに合わせて調整。

19号機キャブ同調調整 (2)で、サクッと完了しました。

このキャブ意外と良い調子のキャブだったのと

エンジンもノーマルピストンが使えた事が

調子が良い車両になったと思います。

19号機キャブ同調調整 (3)まぁアナログのタコメーターですが

綺麗に1,000rpmでアイドリングを

してくれています。

良い車両が出来上がりました!

19号機発電能力計測 (1)ACGを純正に変更したので

発電能力も測定しましたが

5,000rpmで14.76Vと元気ビンビンの

発電能力だったので、問題ありません。



19号機火入れ、点火時期、同調調整後の状態です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(8)

2019年12月16日

最強おかあさんといっしょとアンパンマン2

孫にクリスマスプレゼントを送ろうと
色々と悩んでいる所です。
息子がLINEで送って来る写真や動画を見ていると
おかあさんといっしょを見て喜ぶ姿や
アンパンマンでテンションが上がるのは
何処の子供でも同じなんだと改めて思った。
最強2代巨塔に最近はパプリカまで一緒に踊るようになっている。


枚方K号インシュレーター交換

FCRの入荷予定が1.5ヶ月の予定なのですが

枚方K号インシュレーター交換 (1)多分年内には納品されると思うので

今日は怪しいインシュレーターの

交換から作業を開始します。

剥離しており、硬化もありFCRに変更する事から

枚方K号インシュレーター交換 (2)もう限界だと言う判断となりました。

取外して見るとOリングももう限界。

死んでいる状態とも言えるでしょう。

二次エアーを吸っている可能性はあります。

枚方K号インシュレーター交換 (3)取付ボルトも変更されているのですが

20mmの長さの物が使われており

場合によっては底付きして

締まり切らない事もあります。

枚方K号インシュレーター交換 (4)全てのインシュレーターを取外すと

#2以外のOリングは死んでました。

逆に何故#2だけが死んでいないのか?

恐らく二次エアーを激しく吸っていたのかも?

枚方K号インシュレーター交換 (5)ボルトの長さも正規の長さに変更。

純正は+ナベネジですが

焼き付いて取れなくなるので

六角穴付きに変更するのは

枚方K号インシュレーター交換 (6)今後のメンテナンス的にも良いので

あえてここは拘らずに

六角穴付きに変更します。

インシュレーターバンドも社外の物だったので

使わないエアークリナーチャンバーから取外して付替えました。

枚方K号ハンドルスイッチギボシ修正 (1)次にハンドルスイッチの配線を修正。

先日配線ルートを正規のルートに戻す時

結線違いがあったのですが

ハンドルスイッチ側のギボシが変更されていた。

枚方K号ハンドルスイッチギボシ修正 (2)それを正規の配線に接続しようと思うと

メス&メスになるので、変更されていた

ハンドルスイッチ側をオスに戻して接続。

何であんな事になっていたのかなぁ?

これで取合えずはFCRの入荷待ちとなりました。


19号機21日目仕上げと手直し

昨日のヘッドライトケース割れでやる気を無くした19号機の

19号機フロントブレーキ仕上の続きと手直しをやってしまいます。

まずフロイントブレーキマスターに

フルードを入れてエアー抜き。

パットに当りが出るまで少し効きが悪いかな。

19号機ヘッドライトケース交換×2 (1)次に割れたヘッドライトケースの交換。

配線を接続しているので面倒だけど・・・

ため息交じりで手直し作業に取掛かり

ゴソゴソと何とか割れたヘッドライトケースを

19号機ヘッドライトケース交換×2 (2)配線を接続したまま取外しました。

後はここに別のヘッドライトケースを

入れて仕舞えば、交換は完了となります。

配線を丁寧にヘッドライトケースの中に入れて

19号機ヘッドライトケース交換×2 (3)ヘッドライトを装着しようとすると・・・

パーァン!・・・あ・・・また割れたやん!!

何でやねん!!もう!!!

これは原因が別にありそうだと思い

19号機ヘッドライトケース交換×2 (4)シビエのヘッドライトを見てみると

僅かにこの爪が起き上がって居る事が

判明したわ・・・くっそこれかい!!

ムカツクわぁと思いながら

19号機ヘッドライトケース交換×2 (5)吐きそうな気分になりながら

大体の場所に角度を合わせて

割れた2個目のヘッドライトケースを取外し

三つ目のヘッドライトケースを探します。

19号機ヘッドライトケース交換×2 (6)見つかった物は少し塗装が悪かったので

塗装の手直しをしてから取付ます。

もうこれで3個目になるので

少しビビっているので、先に合わせてみます。

19号機ヘッドライトケース交換×2 (7)で、3個目にしてやっと無事に取付が完了。

ちょっと塗装が雑かったので

結果的にリプロ品に交換しようと思ってます・・・。

ちょっともう・・・ほんまにムカツクわぁ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年12月14日

今年の僕の漢字3

僕の今年の漢字はやっぱり「火」しかないな。
4月の車両火災から現在も火傷治療で通院中だし
運が悪ければ死んでたかも知れない
大きな事件ですからねぇ。
まぁそれから「火」がトラウマ的に怖くなったのは
言うまでもないです。


ハヤシキャスト下拵え

PITが混み合っていたので中々作業が出来なかったのですが

大阪T号用ハヤシキャストセットアップ (1)今日は一番にハヤシキャストの組立て

下拵えに取掛かります。

まずホイールだけのバランスを

チェックしてみました。

大阪T号用ハヤシキャストセットアップ (2)これでタイヤを入れてから

ウエイトを貼るのですが

タイヤを入れても場所に変化が無いので

ホイール本体のバランスが悪いようです。

大阪T号用ハヤシキャストセットアップ (3)バランスを調整して行くと・・・。

何ぼほどウエイトを貼るねん!

て、言うぐらいウエイトを30g貼って

フロントのホイールバランスが取れました。

大阪T号用ハヤシキャストセットアップ (4)同じようにリアーもホイールだけと

タイヤ装着後のバランスに然程差は無く

どんだけ貼るねん!って感じで

60gも貼る事になりました。

もう金型も限界が来ているらしく

今回のロットの1/3ぐらいは廃棄だったらしいので

そろそろ販売終了も間近か?それともまた新しい金型製作からかな?


19号機19日目仕上げ作業

ガソリンタンクの塗装が年内は絶対無理らしいので

19号機仕上げ作業開始 (1)そんなに慌てるつもりは無いのですが

出来る所からボチボチと進めて行きます。

枚方K号のテストで使った

リビルド済みの純正キャブを取付け。

19号機仕上げ作業開始 (2)リプロ新品エアークリーナーチャンバーと

エアークリーナーボックスを取付けて

CB350F用スイングアームと

IKON製リアサスを取付けました。

19号機仕上げ作業開始 (3)インナーフェンダー、リアフェンダー

ウインカーなどを取付けて

タイヤホイールも取付けが完了。

前から順番に後ろへと部品を取付けて

19号機仕上げ作業開始 (5)やっとフォアらしくなってきました。

ハイパワーフル強化オイルポンプを取付け

1号機から取外したアゲイン製ACGも取付け

全体的にもう出来上がっている感のある

19号機仕上げ作業開始 (7)車両に仕上げて行きますので

その分お値段を計算すると

それなりの価格になります。

オイルパンオイルフィルターケースと

バフ仕上げのスプロケットカバーを仮に装着し

L側は取り合えず完成と言う所で、本日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年12月12日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月13日(金曜日)は毎週恒例の関西医大での
火傷治療の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


枚方K号ハンドルロック

オーナーと色々相談した結果、一旦は現状のハンドルロックを復活させ

枚方K号ハンドルロックピッキング (1)新規車検登録をした後にでも

国内398仕様に変更してもいいのでは?

と言う事で、キーの無いハンドルロックを

破壊せずピッキングで取外しました。

枚方K号ハンドルロックピッキング (2)このキーシリンダーを鍵屋さんへ持込んで

スペアーキーを製作してもらい

ハンドルロックを復活させます。

破壊して中身を入替えるのは最終手段で

枚方K号ハンドルロックキー製作取付け (1)オリジナルキーシリンダーを復活させた方が

リスクもコスパ的にも良いと言う事です。

で、出来上がってきたハンドルロック用キー

これを差し込んで、ハンドルロックが

枚方K号ハンドルロックキー製作取付け (2)復活となりました。

スペアーも一応作ってます。

車体に取付けてハンドルロックの

作動チェック!

枚方K号ハンドルロックキー製作取付け (3)これでハンドルロックが使えるようになり

一先ず新規車検登録が受けれる形になった。

後はFCRが入荷してきてから

今後の方向も打合せしたいと思います。


尼崎Y号サイドスタンド修理完了

前期408フレームと国内398の900番台の持病である

尼崎Y号サイドスタンド補修完了 (1)サイドスタンドの折れ込み修理で

エンジンを下ろしての作業となり

サイドスタンドブラケットを取外して

後期タイプの補強入りブラケットを取付け

尼崎Y号サイドスタンド補修完了 (2)修理が完了した尼崎Y号のフレーム。

ダウンチューブの腐りも然程無く

状態が良かったがせめてもの救いです。

これでフレームの修理が完了しました。

尼崎Y号サイドスタンド補修完了 (3)裏側もしっかりと溶接が出来たので

エンジンを下ろした甲斐があります。

不在だったナットも取付けて

これでサイドスタンドの修理が完了しました。

尼崎Y号エンジン搭載 (1)下ろしたエンジンの軽い整備も終わり

汚れているフレームを綺麗にして

搭載準備が整いました。



尼崎Y号エンジン搭載 (2)どーん!

搭載が完了!!

めっちゃ重たーぃ!!!

無事搭載が完了したので

尼崎Y号エンジン搭載 (3)曲がったフロントエンジンハンガーや

ボルト等を全部仮に入れましたが

全て問題なくボルトが取れました。

ウエットブラストで綺麗にしたオイルパンと

尼崎Y号エンジン搭載 (4)オイルフィルターケースを取付けて

サクサクッとL側の組立ても完了。

不明だったヘッドカバーのUBSボルトは

オイルパンに使われていた事か今更分かった。

尼崎Y号エンジン搭載 (5)スプリングワッシャーが不在だった

ロアエンジンボルトですが

こんな感じでオイルラインに干渉するので

割れるのですが、運良く割れていなかった。

尼崎Y号エンジン搭載 (6)スプリングワッシャーを入れて

ロアエンジンボルトの締め付けが完了。

これで全てのエンジンマウントが取付き

曲がったフロントエンジンハンガーも

尼崎Y号エンジン搭載 (7)問題無く取付けられました。

R側も仕上げが完了です。

クラッチワイヤーが短いので

ルートは近道ですが、エンジンに干渉しているので

尼崎Y号エンジン搭載 (8)熱で中のテフロンが溶けると思います。

重いニセムラマフラーを取付けました。

重いのでEXスタッドボルトに負担が掛かり

この先スタッドボルトが折れる事があります。

尼崎Y号エンジン搭載仕上げ (1)CRキャブが濃いとの事なので

取付け前にMJをチェックすると

#95が取付いていたので

まぁノーマルエンジンだし・・・。

尼崎Y号エンジン搭載仕上げ (2)エンジンオイルを入れて、エンジンを始動。

黒煙は出るけど、ブリッピングでは良い感じだし

上まで吹けるので、このままでも良いんじゃ・・・。

エンジンの状態が如何な物かと言う

尼崎Y号エンジン搭載仕上げ (3)レベルになって来ると思います。

念の為、点火時期をチェック!

問題なし!!

CRキャブは奥が深いので追求すると大変です。

尼崎Y号エンジン搭載仕上げ (4)タンクとシートを取付けて完成です。

年末年始のお預かりに関しては

PITが混み合って来るので

ちょっと厳しいと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年12月10日

大流量ミッション用強化オイルポンプ打合せ3

明日の定休日は大流量ミッション用強化オイルポンプの
製作についての打合せに、加工業者さんの所へ行きます。
またレギュラー化するメイン強化オイルポンプ「極み」の
試作見積もりと、レギュラー化する見積りが出来たので
それも含めて打合せをしてきます。


枚方K号フロントブレーキキャリパーO/H

オーナーとは色々と打合せをして、カスタムする方向になり

キャブはFCRを投入する事になったのですが

枚方K号オイル上がり?下がり? (1)今朝もノーマルキャブでエンジンを掛け

チェックをしたのですが

オイル上がりか下がりが酷いので

最低でも腰上のO/Hが必要だと思います。

エンジンが温まると白煙も少なくなり、マフラーの水抜き穴からと

#3のエキパイ接続部からのオイル漏れが多少納まる程度です。

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (1)で、今日のメインメニューは

フロントブレーキキャリパーのO/H。

キャリパーセッティングボルトを取外すと

正規ボルトでない上に長さも短く、均一でもない。

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (2)まぁボルトは交換するとして

ブレーキフルードを見ると

まぁ約3〜4年物ぐらいの

出来上がり具合でした。

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (3)ダイアフラムも伸び切っているので

この際新品に交換した方が良いと思います。

ブレーキフルードを抜いて

キャリパーからピストンを取外すと

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (4)案の定錆びて使い物にならない状態。

ブレーキパットはまだもう少し使えるので

このまま使う事にしますが

ピストンとパッキンは交換です。

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (5)洗浄と整備を済ませてキャリパーを組立て

ブリーダーバルブのキャップも

無かったので、新品を出して

ボルトも正規品を用意して取付け。

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (7)ブレーキフルードを入れて

エアー抜きまで終わらせて

キャリパーアジャストスクリューで

ブレーキを調整して出来上がり。

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (6)古いダイアフラムを良く見てみると

気が付かなかったけど

もう破れていたので

交換して正解でした。

枚方K号フロントブレーキキャリパーOH (8)キャリパーの塗装が剥がれ他部分を

タッチアップで補修しました。

もう引き摺る事も無く

軽くローリング出来る様になりました。

枚方K号ハンドルスイッチ配線ルート変更 (1)オーナーがハンドルも交換したいと

言っていたのは後から思い出したのですが

ハンドルスイッチの配線ルートが

違っているのが気になって

枚方K号ハンドルスイッチ配線ルート変更 (2)正規のルートに配線を変更しました。

ハンドルスイッチ配線の

接続間違いも見付かったので

まぁ結果オーライと言う事で。

枚方K号灯火系保安部品チェックとンドルロック (1)配線を弄ったついでに、新規登録車検前の

灯火系保安部品などをチェック。

ウインカーがかなりハイフラなのでNG

ハンドルロックもネック部分の鍵が無いらしい

でもメインキーはハンドルロック機能が付いているので

フレームにハンドルロック受けを取付ければ車検には問題ないのですが

フロント周りを全部分解しないといけないので費用的にもかなり掛かる事から

ネックのロック用キーを作れないかと鍵屋さんに相談している所で

ヨーロッパタイプハンドルロックハンドルロック用キーシリンダーは

まだ部品で出るので、最悪は破壊して

新しいハンドルロックキーに

交換でも良いかなぁと・・・。


19号機下拵え17日目

昨日19号機用リペイントベースタンクの錆取りを開始して

19号機用リペイントベースタンク錆取り完了24時間経過したので、錆取り剤を抜き

タンクを洗浄して乾燥まで終わらせました。

やはり冬場なので、夏の様には行きませんが

それなりに錆は取れたので

これでリペイントに出す事にします。


尼崎Y号フロントエンジンハンガー修正

何かのダメージで曲がっていた尼崎Y号のフロントエンジンハンガーの

尼崎Y号用フロントエンジンハンガー修正曲がりを修正してリペイントを済ませ。

オーブンで焼き付けます。

今週中にはサイドスタンドの修理が終わり

復旧出来ると思いますが

お正月は実家に帰省するらしく

シャッター付きガレージに保管してあるのですが

防犯上少々不安らしいので、CPでお預かりになるかも分かりません。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年12月06日

ハヤシキャストCP在庫分完売です3

今回のハヤシキャストですが
今日一番にご連絡を頂いた大阪のT様がご購入となり
CP在庫分は完売となりました。
沢山のお問い合わせを頂きまして有難う御座いました。
まだアゲインには最新情報ではありませんが
2セットあると聞いておりますので
ご購入をご希望の方は、アゲインへお問い合わせ下さい。


強化オイルポンプ達

CB400F、CB350F用メイン強化オイルポンプ「極み」の

CB400Fミッション用ハイパワー強化オイルポンプローター (1)レギュラー化開発に取掛かりました。

それに伴いミッション用

ハイパワー強化オイルポンプの

開発にも取掛かる準備を進めております。

CB400Fミッション用ハイパワー強化オイルポンプローター (2)画像左から純正、アゲイン製となり

右側がCP製トロコイドギアーになります。

これは純正ノーマルのトロコイドギアーで

今回開発する物は純正比2倍の増量になります。

CB400Fミッション用ハイパワー強化オイルポンプローター (3)画像のアゲイン製でも十分ですが

机上計算値で純正比45%の増量です。

これにCP製ハイパワーであったり

「極み」を装着する場合に

CB400Fミッション用ハイパワー強化オイルポンプローター (4)メインポンプからの分岐で

ミッションへ供給されるオイル量が

45%の制限から開放されて

2倍の増量となるので、よりミッションや

クラッチへのオイル供給が増えるのでシフトチェンジにも

より良い影響を与える物だと考えています。

圧力は一定で、流量だけがふえるので問題ありません。

試作品が出来上がれば、1号機実機でのテスト及び

モニターをお願いすると思いますので、その際にはご協力者を

一定の条件下で募集する予定です。

カワサキゼファー750系強化オイルポンプまたゼファー750 C1、C2、C3、C4、C5、C6用

及び、Z400FX、GPZ400、Z400GP用

大容量オイルポンプ本体も取扱いを

開始しましたので宜しくお願い致します。

画像左が大容量オイルポンプで右が純正となります。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2019年12月05日

ハヤシキャスト入荷しました。3

【顧問業務 夜勤の為臨時休業】
本日は朝何時も通り出勤して事務処理を済ませ
今夜の夜勤に備えて、午後から仮眠を取る為
臨時休業をさせて頂いております。


枚方K様車両引取り

以前から車両購入をお考えになっており

枚方K様車両引取りバッテリー充電 (1)ご相談をいただいていた枚方のK様

某Yオクでご購入されたのですが

購入後暫くしてからエンジンが掛からなくなり

3日の夜に引取りに行ってきました。

枚方K様車両引取りバッテリー充電 (2)まだちゃんと見れていないのですが

フロントブレーキは引き摺ってます。

取合えずエンジンを掛ける為に

バッテリー充電をしておきます。

ちょっと手こずりそうな予感がします・・・。


頚椎ブロック注射からの令和最後の男は黙って七三分け

先月のカツオツアーで皆が呑み過ぎで

191204頚椎ブロック注射ちょっとしたアクシデントがあり

左手が痺れている事もあり

水曜日にブロック注射を打ってもらい

多少は楽になりました。

令和元年最後の男は黙って七三分けその後何時もの理髪店へ行き

令和最後の男は黙って七三分けを

やってもらいました。

段々とパンチより似合ってきてる気がするけどなぁ


諸々部品入荷

色々と新製品を考えているのですが、加工業者が見付からない・・・。

キジマ真鋳製デコレーションボルト入荷そんな昨日は、キジマからの新製品

当時風キジマ復刻版真鍮製デコレーション

ナット&ボルトが予定よりも早く入荷。

1セット¥4,000(税別)になっております。

各種強化オイルポンプ組立てで、各種強化オイルポンプも

加工から仕上がって来たので

サクサクッと組立てました。

上手く行けば「極み」がレギュラー化出来るかも!

乾式クラッチバックアップ用部品入荷乾式クラッチ用のバックアップ部品も

入荷してきました。

何時廃盤になるかも分からないので

常に部品をキープして置かないとねぇ。

ハヤシキャストも入荷したのですが、少々入荷に時間が掛かり

ご予約をいただいて居た方からキャンセルとなり1セット余ってますので

ご入用の方はご連絡をして下さい、早い者勝ちになります。


19号機下拵え14日目シリンダーヘッド

内燃機加工から戻ってきた19号機用のシリンダーヘッドの組立て。

19号機シリンダーヘッド下拵え (1)新品で出る部品は全て新品を使用。

絶版となり出ない部品は宝物庫から

新品を投入して仕上げます。

バルブとスプリング以外は新品で出ます。

19号機シリンダーヘッド下拵え (2)インシュレーターも純正新品が

まだ出るので、新品を投入!

リプロ品もあるんだけどゴムが少し薄いので

純正部品が廃盤になるまでは純正を使います。

19号機シリンダーヘッド下拵え (3)バルブの摺り合わせと平面研磨をした

シリンダーヘッドですが

ポート研磨もしてあり、バルブはアゲイン製

ウエストバルブにしてあります。

19号機シリンダーヘッド下拵え (4)サクサクッと組立てて

シリンダーヘッドの下拵えが完了。

クロスミッションも投入するので

楽しいノーマルエンジンになりそうです。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0)

2019年12月03日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月4日(水曜日)は定休日ですが
明後日12月5日(木曜日)は顧問業務の為
日勤からの夜勤となるため、臨時休業とさせて頂きます。
また明々後日12月6日(金曜日)は左足火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


19号機下拵え13日目ホイールにタイヤ装着

ラインオフの純正再メッキリムにスポークを張り

19号機用タイヤ入荷取付け (1)今日タイヤとチューブが

入荷してきたので

早速ホイールにタイヤを装着します。

タイヤは定番のTT100GP。

19号機用タイヤ入荷取付け (2)まずはフロントホイールから

サクサクッとタイヤとチューブを入れて

フロントタイヤの取付が完了。

因みにブレーキディスクは平面研磨済みです。

19号機用タイヤ入荷取付け (3)続いてリアホイールにタイヤを装着。

これもサクサクっと完了。

今週末にはフレームとエンジンが

修理から仕上がって来るので

フレームは塗装へ送り、エンジンの組立てに取掛かります。


棚卸し部品整備二日目

昨日でかなり飽きているのですが、棚卸し部品整備二日目に入り

191203棚卸し二日目シリンダーヘッドブラスト (1)今日もシリンダーヘッドを

ウエットブラストで仕上げて保管します。

まだまだ未整備のシリンダーヘッドが

棚から溢れてあるのでゾッとします・・・。

191203棚卸し二日目シリンダーヘッドブラスト (2)これで今日は2個目のブラスト

もういい加減飽きてきてるので

今日は2個だけにして置きます。

後の残りはまた気分が乗った時にでも・・・。


尼崎Y号サイドスタンド修理見積り

昨晩尼崎から入庫してきたY号の修理見積りを作るので

尼崎Y号サイドスタンド修理見積り (1)タンクとシートを取外しました。

シートヒンジのフレーム側が曲がっており

シートがちゃんと起き上がらないので修正。

他にもダメな所は沢山ありますが・・・。

尼崎Y号サイドスタンド修理見積り (2)398タイプ408後期タイプの補強入り

サイドスタンドブラケットを溶接するに当り

408のブラケットを取外したり

補強プレートの溶接をする為に

エンジンを下ろすか下ろさないでやるかで費用が変わってきますが

その差は出来上がりの差だと言う事になります。

エンジンが乗っていると、残っているサイドスタンドブラケットを

取外し難いのと、裏側の溶接がやりにくいので

オーナーに2パターンの見積りを作ってその差を説明してからの作業になります。

尼崎Y号サイドスタンド修理見積り (3)次にインシュレーターからのガソリン漏れで

Oリングを交換するのですが

これもエンジンを下ろすかどうかで

ついでの作業になるかならないかで

多少ですが工賃に反映されるので、今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)