部品

2019年05月18日

不穏な動きを見せる女3

姪の事故ですが、昨日病院へ行き診察を受け
軽い打撲と擦過傷程度で
骨折はしてなかったので一安心です。
そして姫も今月の合同ツーリングが中止になり
何やら不穏な動きを感じさせられる電話がありました。
ひょっとすると来週僕は拉致られるかも知れない…。


CBR400Fメンテナンス開始

長くお待たせしてしまったCBR400Fの作業フロント周り全般

CBR400Fメンテナンス開始190518 (1)リアタイヤと駆動系の交換作業を開始。

車体は真直ぐなはずなのに

何か、斜めになってるフロント部分に

何か罠があるんじゃないかと警戒しつつ

CBR400Fメンテナンス開始190518 (2)フロントタイヤを取外しました。

フロントブレーキキャリパーの

締め付けトルクが全然だったのには

やっぱりそんなモンだなぁと言う感じ。

CBR400Fメンテナンス開始190518 (3)フロントハブベアリングは純正でしたが

恐らく一同も交換されて無いようなので

ついでに交換してしまいます。

取外したベアリングのダメージは

CBR400Fメンテナンス開始190518 (4)それなりな感じでしたが

交換しておいた方が安心ですからね。

メーターギアーリテーナーは

変形していたので新品に交換しました。

CBR400Fメンテナンス開始190518 (5)そのまま続いてタイヤ交換。

これでフロントタイヤホイールの

メンテナンス部品交換は完了。

次にフロントフォークの交換ですが

CBR400Fメンテナンス開始190518 (6)アクスルホルダーを

メッキした物がないので

取外したアクスルホルダーを使うのですが

メッキに黒塗装ではアンバランスなので

CBR400Fメンテナンス開始190518 (7)塗装を剥がしてブラスト仕上げで

組付けるので、その準備をします。

塗装を剥がしてブラストをしても

メッキのボトムケースとはアンバランスなので

CBR400Fメンテナンス開始190518 (8)更にバフ仕上げをして

少しでも違和感の無いように仕上げました。

後はブレーキキャリパーの掃除と

フロント周りの交換をします。

CBR400Fメンテナンス開始190518 (9)フロントフォークを取外してO/Hします。

まぁここまで来るのに色々と罠もあり

苦労しましたが…。

ナンバー灯が点灯しないのも一応調査。

CBR400Fメンテナンス開始ハンドルスイッチ修理190518 (1)右ハンドルスイッチは

ハンダが外れ掛けていたのと

修理した痕跡があったので

団子になったハンダを綺麗にやり直しましたが…

CBR400Fメンテナンス開始190518 (9)配線は後回しにして、取合えず

フロントフォークのO/Hを開始。

まぁこれもよくある話ですが

誤組やあるべき部品が無かったりで

CBR400Fメンテナンス開始190518 (10)苦労しながらフロントフォークを

組替えているのですが

バックアップリングが

こんなとこに入っていたり

CBR400Fメンテナンス開始190518 (11)フロントフォークの誤組は数知れず…

本当ならこうなります。

で、何とかフロントフォークを

O/Hし終わったのは良いのですが

CBR400Fメンテナンス開始190518 (12)ステムとトップブリッジも

メッキ部品に交換しようと分解していると

ナンバー灯が点灯しない原因が

こんな所にありました…。

CBR400Fメンテナンス開始190518 (13)道理で電圧が掛からないはずだと…

イグニッションキースイッチを分解して

ハンダで修理したら、ナンバー灯もちゃんと

点灯する様になりました。

CBR400Fメンテナンス開始190518 (14)だがしかし!それよりも!!

メッキでステムシャフトが太って

トップブリッジは入らないし

ステムナットも入らないので

CBR400Fメンテナンス開始190518 (15)ねじ山のメッキを

ネチネチと剥がして

何とか締めれるようになりましたが

トップブリッジを入れるのに

CBR400Fメンテナンス開始190518 (16)ステムシャフトもメッキを削り

やっとトップブリッジを

締めれ付けれるようになりました。

ここからはナットを締め付けながら

CBR400Fメンテナンス開始190518 (17)トップブリッジをセットして

フロントフォークを取付ける事が

出来る様になりました。

ここまでで予定していた作業時間が

CBR400Fメンテナンス開始190518 (18)かなりオーバーしてしまいましたが

フロント周りの作業は何とか目処が付き

後は細かい仕上げ作業なのですが

スタビライザーを取付けようと思い

CBR400Fメンテナンス開始190518 (19)準備をして、いざ取付けようとしたら

ピッチも違うし、外径も違うので

最初に「これ違うんじゃないの?」って

思っていた通り取付けは出来ませんでした。

CBR400Fメンテナンス開始190518 (20)必死で作業をしてたので

間がかなり開きましたがリアタイヤ交換

チェーン、スプロケット交換

ベアリング交換も交換しましたが

残念な事に、リアハブベアリングはすっぽ抜けたので

ホイール側がかなり磨耗しています。

CBR400Fメンテナンス開始190518 (21)何とか形にはなりましたが

まだヘッドカバーのオイル漏れとか

キャブの同調とかもあるので

今日はこのまま残業になります。

peke_cb400f at 18:30|PermalinkComments(0)

2019年05月17日

姪 原チャリで単独事故2

姪が朝から電話をしてきた。
絶対にろくでもない電話だと思ったら案の定
原チャリで単独事故をしたらしいのだが
僕の先日の車両火災の件を見ている姪には
きつくは言えるはずも無く
ましてや朝は丁度病院でまさに火傷治療の
診察券を出している所だった…。
怪我の具合とか色々聞いて大した事がないらしいので
取合えず家に帰るように言って
弟に連絡を取って壊れたバイクの引取りの段取りを打合せした。
全く我家の血筋の者にはろくな奴がいない…。


CBR400F部品入荷待ち

昨日入庫してきたCBR400Fの部品が一部入荷して来るので

CBR400F部品入荷待ち190517取合えず店で部品入荷待ちの間に

作業の準備だけでも先にしておきます。

予定外に作業時間が掛かりそうなので

段取りを考えないといけないのと

荷物が届いたら姪のバイクを引取りにいかないと…。

CBR400Fスプロケハブベアリング圧入 (1)姪のバイクの引取りから帰ってきて

入荷した部品のチェックを済ませて

スプロケハブベアリングを入れる準備。

片側がオープンタイプなのでグリスを追加し

CBR400Fスプロケハブベアリング圧入 (2)油圧プレスでスプロケハブベアリングと

ダストシールを圧入します。

部品を預かった時にこの辺は

チェックをして置くべきだったと反省。

CBR400Fスプロケハブベアリング圧入 (3)これでスプロケットの交換と

ベアリング、ダストシールの交換が終わりました。

明日から本格的に部品交換作業に

取り掛かります。


姪の事故車両引上げ

夜勤明けの弟と連絡が取れたので最寄り駅で待ち合わせ。

姪のズーマ引上げ (1)事故現場近くのスーパーの駐車場に

止めていた姪の事故車両を

ハイエースに二人掛で積込んで

弟の自宅まで運びました。

姪のズーマ引上げ (2)パッと見何とも無いように見えましたが

フレームの一部になっている

アルミ合金素材のフレームが破損。

右ハンドルスイッチ破損…。

姪のズーマ引上げ (3)フロントフォークもガッツリと曲がって

タイヤと干渉している状態なので

やっぱり一人で積込みは出来なかった。

弟と二人でバイクを抱えて積込みました。

姪のズーマ引上げ (4)取合えず病院へは

連れて行く事にはなったけど

このバイクの状態からして

よくまぁ軽症で済んだと思います。

これも坂本家の血筋がなせる術なのでしょうか…。

部品代を調べたら5万〜6万ぐらいは掛かるので廃車した方が良いかもね。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2019年05月14日

機械曲げマフラー年内販売予定3

数年前から企画していた当時物機械曲げ
ヨシムラマフラーの三次元測定が終わり
年内には製作する予定まで何とか辿り着きました。
製作の目処が立ちましたら
初期ロッドの予約を承る予定としております。
現代の技術を使い、当時物の本物から忠実に測定した
極めて本物に近いレプリカマフラーが完成する予定です。


久保田祭り二日目

昨晩は久保田の「碧寿」と対戦してみました。

久保田祭り二日目碧寿と対戦190514 (1)呑んでいる時は火傷の痛みは無いので

久保田の旨さもあってスコスコと進み

例の如く、サクッと退治して

久保田祭りは終了しました。

久保田祭り二日目碧寿と対戦190514 (2)で案の定、3時間ほどすると

肝臓がアルコールを分解した後に

火傷の痛みが倍増してきたので

やっぱり治るまでアルコールは控える事にします。


令和最初の継続車検完了

午後から少し怪しい天気になってきましたが

令和最初の旧2号機継続車検完了旧2号機と12号機の

令和最初の継続車検が完了しました。

旧2号機の次の車検満了は

令和3年5月です。

令和最初の12号機姫号継続車検完了姫号も継続車検が完了し

これも同じく次の車検満了日は

令和3年6月です。

多分明日にはZEPHYR 750の部品も

入荷するはずなので、近日中には令和最初の新規登録へ行く事になると思います。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2019年05月13日

2号機12号機継続車検3

一昨日は枚方は日本で一番暑い日だったらしく
昨日もそこそこ暑い一日だった。
そんな今日も暑い一日で
僕のやる気を削ぎ取って行く…。
足の火傷も2度の所はほぼ乾燥して皮膚が出来て来たけど
2度深の所はまだまだ掛かるらしい。


久保田祭り

大した事無いと思っていた火傷の二日後23日の夜に呑みに行って

久保田祭り190512 (1)次の日から歩けなくなったw

先週もちょっと良い所に呑みに行って

夜中に足が痛くなって眠れなかった。

でももうそろそろ呑んでも

久保田祭り190512 (2)大丈夫かも知れないと思って

昨晩から久保田祭り

まずは「萬寿」と対戦してみたら

夜中に目が覚めてやっぱり痛かったw

こんな事で負けてたまるか!と思って今晩も久保田と対戦します!


明日2号機12号機継続車検

12号機はエンジンフルO/Hとフレーム修正をしたのに

男でも出来たのか全然乗りに来ない!

明日2号機12号機継続車検 (1)まぁ彼氏でも出来れば

僕達下僕も解放されると思うのだけど…

明日の継続車検の準備を整えて

まず12号機を積込みます。

明日2号機12号機継続車検 (2)次に旧2号機も積込み完了。

2台とも手間の掛からない

良い子ですが、旧2号機は

ヘッドカバーガスケット辺りに

少しオイル滲みがあるのですが、これはオーナーがクラッチワイヤーに

ラスペネを入れ過ぎたからなのかも知れない。

クラッチレバーまでラスペネまみれだし…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月11日

今日から春の交通安全期間3

恒例の交通安全期間が今日から始まりました。
今回の交通算全期間にはある意味
先日のような凄惨な事故をなくす為にも
警察には交通の安全を守ると言う大前提を厳守して
交通指導に当って貰いたいと思います。
覆面PCやヘリコプターを使って取締をやってまんねん的な
取締られる側にしてみれば「運が悪かった、やり方が卑怯」としかとられないのは
第87代国家公安委員長の古屋さんが言う言葉に近いと思います。
警察は抑止力を使い、覆面ではなく白黒PCを走らせ
ネズミ取では隠れたり、変装して取締る行為を止めるべきで
信号無視を減らしたければ交差点の真ん中に立つぐらいの事をしてこそ
本当の警察がやるべき交通の安全を守る仕事だと思う。
4281通達の如く(未だこの通達は有効な通達である)
点数主義に堕した取締りの為の取締り、検挙の為の検挙では無く
公務員として民間人の不利益にならないよう公平性に徹した取締りをしてこそ
運転者も交通の安全意識が高くなると思っています。
今、交通事故死亡率が減っているのは取締りを強化しているからでは無く
車が人の命を守っているから死亡率が減っているだけの事であって
それを交通取締りの成果と思わないで欲しいと強く思う。


旧2号機継続車検入庫

昨日遅くに旧2号機が継続車検のために入庫してきました。

旧2号機継続車検入庫姫号も6月はじめに車検が切れるので

2台纏めて継続車検に行く予定ですが

その前にZEPHYR 750の仕上げと

CBR400Fのメンテナンスも承っているので

まずはZEPHYR 750を先にやっつけないと。


ZEPHYR 750C4一部部品入荷

カワサキの部品は何故か入荷が遅い部品がたまにあるので参ります…。

ZEPHYR 750部品一部入荷 (1)まず今日入荷してきた

カワサキ純正新品のレギュレーター

これを交換してしまいます。



ZEPHYR 750部品一部入荷 (2)サクッと交換完了。

これでバッテリーに充電が

ちゃんと出来る様になります。



ZEPHYR 750部品一部入荷 (3)次に排気漏れいていたEXガスケット交換。

これも純正新品に交換します。

古いEXガスケットを取外して

新しいEXガスケットを入れて

ZEPHYR 750部品一部入荷 (4)マフラーを取付けます。

一人なので足の痛みに耐えつつ

マフラーを取付けました。



ZEPHYR 750部品一部入荷 (5)次はブローバイホースの取付け

最初から何か社外のホースが

付いていたのかは今となっては

分かりませんが

ZEPHYR 750部品一部入荷 (6)それらしい微妙なホースが

シートカウルの中に入っていたので

多分これを使おうとしていたのかな?

純正新品のブローバイホースを取付け。

ZEPHYR 750部品一部入荷 (7)バッテリーもGSユアサのバッテリーが

入荷してきたので、希硫酸を入れて充電中。

充電が完了したら取付けします。

今日のZEPHYR 750の作業はここまで。

後数点の部品が入荷してきたら車検を受けて納車になります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年05月10日

部品入荷待ち3

触れば触るほど、どんどん深みにはまって行く
ZEPHYR 750C4のメンテナンス作業。
あるべき部品が付いて無かったり
誤魔化したような部品が付いていたり
壊れていたりで、その都度部品を発注するので
全然前に進まないので、今日は気分転換作業をします。


1号機火災からの復活への道その4

まだフレーム関係の作業が出来る状態では無いので

1号機火災復活用電装部品配線ギボシ打変え (1)周辺部品を集めて復活へ向けて進めています。

23号機と同じプッシュキャンセルスイッチの

配線をカプラーからギボシに加工しました。

アース線が数本余っているのと電源ラインも

1号機火災復活用電装部品配線ギボシ打変え (2)数本余るので、今度の1号機の配線は

割りとスッキリしそうな感じです。

スターティングキルスイッチも

カプラーからギボシに加工。

1号機火災復活用電装部品配線ギボシ打変え (3)ブレーキスイッチの配線もあるけど

これはまた別の配線に利用出来そう。

サクサクッとカプラーから

ギボシに打ち変えが完了しました。

1号機火災復活用電装部品配線ギボシ打変え (4)ACGのステーターコイルも

新品を購入しました。

ACの配線が微妙に燃えており

修理も出来そうですが

1号機火災復活用電装部品配線ギボシ打変え (5)この際なので新品を購入しました。

何時かまた時間がある時にでも

燃えた配線を交換して

予備部品にしようと思います。

1号機火災復活用電装部品配線ギボシ打変え (6)アゲインのACGカバーを

ブラストで仕上げてバフ仕上げして

新品のステーターコイルを取付け

これも配線を加工してしまいます。

1号機火災復活用電装部品配線ギボシ打変え (7)サクサクッと、これで完成です。

今度のエンジンカバー類は

全部バフ仕上げになります。

後はクラッチとポイントカバーだけです。

1号機火災復活用520ccピストン入荷 (1)エンジンの仕様は520ccにまたボアアップ。

ピストンも入荷してきました。

ピストンピンは14Φと圧縮圧も

少し低いピストンになります。

1号機火災復活へ向けてクラッチ、ポイントカバーバフ掛け (1)ラック&ピニオンのラッチカバーと

ポイントカバーを車体から取外して

ブラストで燃えカスを取除き

バフ仕上げが完了しました。

1号機火災復活へ向けてレデューサー修理完了 (1)そこへ丁度タイミング良く

マエカワエンジニアリングに

修理に出していたレデューサーが

修理が終わり戻ってきました。

1号機火災復活へ向けてレデューサー修理完了 (2)早速オイルキャッチタンクに装着。

着実に1号機は復活へ向けて

少しずつ進んで行ってます。

後はPITが空けば一気にエンジンを下ろします。

1号機火災復活へ向けてクラッチ、ポイントカバーバフ掛け (2)乾式クラッチとカバー類も取外して

シール関係を取外し分解。

カバー類はバフ掛けをして

シールやOリング、スプリング等新品に交換。

1号機火災復活へ向けてクラッチ、ポイントカバーバフ掛け (3)ちょっと部品が足りないので

今日は仮組みのここまでで終了。

次のエンジンのミッションは

RSCのフルクロスミッションを搭載するので

キックが使えなくなるので、ブラインド栓を入れます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月07日

息子と親子三人水入らず…2

昨日は勤務明けの息子が実家に一人で帰ってきた。
息子の嫁には「実家に行くけど、どうする?」って
一応は聞いたみたいだけど「やめとく」って事で
またあの息子の嫁が孫の顔を見せてくれない!
ほんまにあの女ムカツクわぁ。


ZEPHYR 750C4腰上仕上げ

10連休もやっと終わって、今日から世の中が正常な日常に戻ってくれた。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目ベースパッキン (1)ZEPHYR750の作業もこれで四日目

シリンダーベースパッキンを

剥がす作業をやってしまいます。

これが終われば腰上の組立て準備に取掛かります。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目ベースパッキン (2)シコシコとベースパッキンを

やっと剥がし終えました。

これでピストンの取付け準備に

取掛かるのですが

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (1)シリンダーヘッドが内燃機加工から

仕上がって戻ってきたので

このまま仕上げに取掛かります。

ヘッドカバーガスケットそ剥がして

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (2)バルブステムシールをIN側、OUT側

両方共交換するので

バルブを取外します。



大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (3)ピストンにピストンリングを入れて

コンロッドに接続準備も完了。





大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (4)で、コンロッドにピストンを

取付けも完了しました。





大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (5)シリンダー挿入。








大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (6)シリンダーヘッド搭載。








大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (7)カムシャフト搭載。

バルタイもOKです。





大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (8)ヘッドカバーも取付け完了。








大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス四日目組立て (9)キャブレターとマフラーも取付。

これで火入れの準備が完了。

フロントフォークもO/Hを予定しています。

取合えず今日はここまでかな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月05日

息子より孫だな3

明日息子が午前中だけ実家に帰って来るらしいけど
孫は連れて来ないらしい。
息子よりも孫の顔を見たいのに
残念で仕方が無いわ…。


ZEPHYR 750C4エンジンO/Hピストン

シリンダーヘッドカバーのボルト折れさえ無ければ

GW前に仕上げて車検を受けれたのですが…。

腰上O/Hとなり作業を続けています。

もう時期GWも終わるので内燃機屋さんも仕事を再開するので

大阪T号ZEPHYR750 ピストン取外しカーボン除去 (1)僕もZEPHYRの作業を再開。

ピストンを取外してカーボン除去と

ピストンリングの交換です。

オイル下がりか上がりかが分からないので

大阪T号ZEPHYR750 ピストン取外しカーボン除去 (2)シリンダーヘッド側の

バルブステムシールも交換します。

で、コンロッドからピストンを

取外しました。

大阪T号ZEPHYR750 ピストン取外しカーボン除去 (3)ピストンのカーボンを除去完了。

特に#2.3のピストンのカーボンは

結構こびり付いていた上に

オイリー感が他と比べると多かった。

大阪T号ZEPHYR750 ピストン取外しカーボン除去 (4)後はクランクケースの

ベースパッキンを剥がすだけなんだけど

体勢的に足が辛いので

ボチボチ時間を掛けて剥がす事にします。


トーマスベホリR吹き抜け修正

本人は「ゆっくりで良いよ」と親切心で言ってくれるのですが

こちらの都合もあるのでサッサと仕上げて

トーマスベホリR号ガスケット吹き抜け応急修正 (1)引取ってもらいたいのが本音なので

吹き抜けさえ押さえ込めば

問題なく走れるようになるので

応急処置をする事にします。

トーマスベホリR号ガスケット吹き抜け応急修正 (2)昨日の内に代一段の作業として

吹き抜けたガスケット部分に合うよう

中古のガスケットをカットして

少し薄く削ってエポキシを塗って差し込んで固定。

トーマスベホリR号ガスケット吹き抜け応急修正 (3)これで大丈夫なのですが念の為

エポキシが乾燥した上に更に

第二段としてコンクウェストを塗り込み

エポキシを押さえ込みました

これで乾燥すれば大丈夫だと思います。



エポキシだけで吹き抜けが止まっているのをエンジンを掛けてチェック。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年05月03日

ハイエース車検準備3

今日もガーゼ交換に行ってきましたが
昨日結構動いていたのでやっぱり今日も出血大サービス。
出血するとガーゼが貼り付くので
剥がす時が激しく痛い!
今日はなるべく大人しくしておこうと思ったけど
GW明けも何かと忙しいので
動かないと仕方が無い…、


23号機仕上げ

GW明けに登録と納車を予定している23号機の

23号機バッテリー充電 (1)配線を仕上げてしまいます。

まずバッテリーの充電から

バッテリーを接続して

ハンドルスイッチの動作確認をします。

23号機エンジンオイル モチュール300V (1)その間にエンジンオイルを

オイルジョッキに移し変え。

お高いオイルなのでしっかりと

最後まで搾り取ります。

バッテリーの充電も終わったので車体に取付けてターミナルを接続して

23号機配線チェック仕上げ (1)ハンドルスイッチの灯火系作動チェック

左ウインカーはOKでしたが

右ウインカーが点灯しないので

色々と調べたら、結果オーナーから送られてきた

23号機配線チェック仕上げ (2)安物社外品ハンドルスイッチの

不良だと言う事が判明した。

しかもヘッドライトスイッチに

Pが無くONとOFFだけなので

23号機配線チェック仕上げ (3)キーをひねるとポジションが点灯する。

このハンドルスイッチはダメだわ。

恐らく原付モンゴリ用だと思う。

取合えず他の灯火系は全てOKです。

23号機配線チェック仕上げ (4)左右のタコメーターにパルス線の

配線を接続して、タコメーターもOK

ヨシムラのテンプメーターが

表示しないので電池交換。

23号機配線チェック仕上げ (5)これで左ウインカースイッチ以外は

全てチェック完了です。

配線の整線済ませて

エンジン火入れの準備に取掛かります。

クランキングでエンジンオイルを回して

少しトラウマですがタンクにガソリンを入れて

セルを回すと1発で始動!&ストールw

無事にエンジンには火が入りましたが左ウインカースイッチはダメです。


本日のご来店

この所姿を見せないなぁと思っていた9号機のIさんですが

半年近く前に、自転車に乗っていてトラックに巻き込まれ

190503本日のご来店大怪我をしていたと聞いており

心配をしていたのですが

今日お元気そうな顔を見せにご来店。

左足を痛々しく引き摺ってました…。

バイクも余り乗れて居ないらしいのですが

マフラーをノーマルに交換してそれなりに楽しんで居た様です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月02日

営業再開へ向けて3

足の火傷から12日ほど経過しましたが
実際の所、特に目に見えて回復しているとは言えず
多少、痛みが和らいだ?慣れた感じですが
ガーゼは常に浸出液で黄色くなってますし
昨日は動き過ぎた事で、今日のガーゼには出血の痕がありました。
痛み止めも常に飲んでないと、やっぱり痛いし
左足首から下は何故かしびれがあります。
最初の病院では火傷は2度と聞いていたのですが
どうやら部分的に2度深の所があるらしいです。
まぁズボンから炎が上がってたからねぇ…。
何とかGWが終わるまでには、仕事が再開出来る様になりたいけど
かなり厳しい状態だと思います。


1号機復活用部品達その2

強制労働者がまだ来ないので時間潰しに

全焼した車両から溶けずに燃え残った部品を取外して

1号機復活用部品熱で溶けなかった部品達バフ掛けウエットブラストで汚れを取除き

バフ掛けして仕上げました。

スプロケットカバーとレイダウンキットです。

次の仕様はレイダウンも少し変更します。

1号機復活用絶版部品マグネティックスイッチカバー (1)宝物庫から絶版部品の新品

マグネティックスイッチカバーを引っ張出し

リプロ品のターミナルケーブルなどを

セルリレーに仕込んでおきます。

1号機復活用絶版部品マグネティックスイッチカバー (2)これで電源ラインと

セルモーターのラインの

組立てが完了しました。

もう溜め込んだ新品部品大放出です。

1号機復活用絶版部品シフトドラムセンターASSY (1)絶版新品シフトドラムセンター

これはASSYじゃなく各部品で持っていた物

これを組立てて使っちゃいます!

絶版新品ニュートラルストッパー

1号機復活用絶版部品シフトドラムセンターASSY (2)ギアーシフトドラムストッパーも

新品があったはずなんだけど見つからない。

シフトドラムセンターは新品なので

溝すらありません!

1号機復活用絶版部品シフトドラムセンターASSY (3)新品のピンをドラムセンターに入れて

これで組立てが完了し

ASSY品になりました。

RSCのシフトドラムセンターと

1号機復活用絶版部品シフトドラムセンターASSY (4)互換性があるのかが少し心配ですが

まぁ互換性が無ければ無いで

これはまた宝物庫に保管となるだけ。

そうなれば多分もう使う事は無いと思う。

1号機復活用絶版部品ワイヤーハーネスホルダー次にこれも絶版部品の

ワイヤーハーネスホルダー。

今までは中古良品を再メッキしてましたが

もうこれで最後になるかも知れないので

1号機復活へ向けてL側ステップバフ掛け1号機復活に向けて全部吐き出す事にします。

燃えた車体からL側のバックステップを取外し

ブラストを当ててバフ仕上げしました。

取合えず今日の1号機絶版新品部品はここまで。


京都H号CB550F腰上O/H仕上げ二日目

弟が仕事の都合で中々来ないので

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (1)時間が勿体無いと思い

また足から出血するかも知れないけど

一人でキャブの取付けを

やってみる事にしたのですが

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (3)やっぱり思っていた通りの激痛で

キャブをインシュレーターに

押し込む事が出来ない…。

仕方が無いので弟が来るまで待機…。

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (4)で、やっと弟がやって来たので

キャブをインシュレーターに

押し込んでもらったけど

やっぱり弟一人でも無理だったw

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (5)で、弟は僕のハイエースの車検準備。

ちょっとした細工をしてもらい

今後の車検に対応しやすく

秘密の作業をしてもらいます。

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (6)その間にキャブレターを仕上げて

アクセルワイヤーも取付け完了。

朽ちていたブローバイホースを

エアークリーナーチャンバーに接続して

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (7)これでキャブレター周りの作業は完了。

後はマフラーを付けるだけですが

弟がハイエースの作業を終えるのを

待っている間に実圧縮圧力を測定。

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (8)#1.4は平均して0.95Mpaと

まずまずなのですが





京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (9)#2.3はちょっと低いので

余りよろしくないかなぁ…

素直に0.25OSを入れておけば

良かったのかもなぁ…。

京都H様CB550F仕上げキャブ取付け (10)#2.3のイグニッションコイルも

何だか怪しい感じもするし

プラグキャップもすっぽ抜けるので

次は点火系を見直した方が良いと思います。

京都H様CB550F仕上げマフラー取付け (1)プラグを締付けてタンクを乗せ

ガソリンホースを接続して

キャブにガソリンを流し込んで

マフラーを取付ける準備が整ったけど

京都H様CB550F仕上げマフラー取付け (2)やっぱり一人では無理なので

弟に手伝ってもらいました。

多分今日はこうなると思っていたので

この日に合わせて作業を進めておいて良かった。

京都H様CB550F仕上げマフラー取付け (3)二人でマフラーを取付けて

火入れの準備も整いました。

で、セルを5.6回ほど回して

エンジンが無事に始動しました。

京都H様CB550F仕上げ点火時期調整 (1)で、点火時期を調整するのですが

O/H前とではかなり違っていたので

調整をするのですが

Fマークの線が老眼で見えない…。

京都H様CB550F仕上げ点火時期調整 (2)仕方なく老眼鏡を掛けて

点火時期を調整。

TマークとFマークの線が近いので

全然見えない線も老眼鏡を掛ければバッチリ!

京都H様CB550F完成本当ならこれで試乗に行くのですが

この足ではちょっと無理!試乗が出来ない

と言う事でしっかりとエンジンを温めて

エンジン音やオイル漏れなどをチェックして

23号機作業用リフト搭載PITの車両入れ替え。

23号機を作業用リフトに搭載して

今日の作業はここまでで終了です。

明日から23号機の配線などの仕上げ作業です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月01日

令和最初のブログ更新5

「平成」も終わり新元号の「令和」になったのですが
僕は平成から令和に掛けて火傷の痛みと戦いながら
今日も病院へ通っています。
僕にとって平成の最後と令和の始まりは
一生忘れる事が無いでしょう。
昭和の終わりは現場で仕事をしていると現場監督が
「天皇陛下が死んだから帰れ!仕事してると右翼が来る!」
と言う事で午前中には帰りました。
その後は街からネオンも消え、TVコマーシャルも殆どが自粛。
平成元年は自粛から始まりましたが
今回の令和はお祭り騒ぎ状態の始まりでした。
「昭和」「平成」そして新しい時代「令和」の三つの時代を生き
出来る事なら次の時代も迎えてから
騒ぎを起こさず静かに逝ければ良いかもね。
平成万歳!令和万歳!明仁上皇様万歳!新天皇徳仁様万歳!


悲鳴を上げながら京都H号CB550F腰上仕上げ

本当なら平成中に納車するはずだった京都H様のCB550Fですが

京都H号CB550F腰上OHヘッドカバー取付け (1)今日から令和になった事もあり

入庫待ちの方もおられるので

痛みを堪えて出来る所まで

CB550Fを仕上げる事にしました。

京都H号CB550F腰上OHヘッドカバー取付け (2)ヘッドカバーを搭載して締め付け。

タペット調整も終えました。

後はキャブレターを

取付けるだけなのですが

京都H号CB550F腰上OHヘッドカバー取付け (3)もうこれ以上は痛過ぎて無理!

エアークリーナーチャンバーは

何とか取付ける事が出来ましたが

キャブレターとマフラーは

痛過ぎて一人では無理!足から汁が結構出てるし…。

明日強制労働者がハイエースの作業をやりにノコノコとやってくるので

騙し騙し手伝わせる事にしようとたくらんでいます…w。


1号機復活用部品達

全焼してしまった1号機を復活させる為に宝物庫から

1号機復活用絶版新品部品 (1)絶版部品をかき集めてます。

CB750K0〜K2までのテールライトユニット

1個は当時物ASSYが出て来たし

もう一つは部品で出る分ですが

ベースパッキンAは既に廃盤になってます。

1号機復活用絶版新品部品 (2)コンビネーションパイロットASSY

これも絶版部品ですが純正新品を使います。

宝物庫にはこれを含めて3個新品があったw

残りはまた今度燃えた時にでも…。

1号機復活用部品 (1)コックピットのメーター類は一つに纏めて

デュアルテンプと油圧が見れる

ACTIVEのデジタルモニターに変更して

取付ける事にします。

アゲイン製のACGローターが付いているのですが

ローターは燃えているので新品に交換します。

1号機復活用部品 (2)で、サブハーネスを1号機用に作りました。

1号機はACの配線3本とニュートラルスイッチの

計4本の配線しか必要が無いので

油圧配線とレギュレーターの配線を端折りました。

焼失したETCカード再発行焼失してしまったETCカードも

再発行してもらい届きました。

バイクイ用ETCが一般販売された日

2005年11月1日に装着したのですが

1号機ETC2.0にバージョンアップ前にもお知らせしたように

旧スプリアス規格に基づいた車載機は
(2007年以前の物)
電波関連令法改正の為使えなくなるので

この際なのでETC車載機も

バージョンアップして2.0を搭載します。

全焼した1号機のタンクとシートフグのように膨らんで使えなくなったタンクと

燃えてしまった新品を下ろした

ジュリアーリシートの代わりに

中古品の中から状態が良い

1号機復活用部品 (3)純正シートとリペイント用の

408タンクを宝物庫から探し出しました。

これで後はサイドカバーをどうするかなぁ…。

セルモーターも燃えているので

1号機復活用部品セルモーターリビルド (5)別の物をリビルドします。

テーブルの上の作業なら痛みも少ないです。

1号機はセルモターが見えるので

軸受けアウターカバー側は

1号機復活用部品セルモーターリビルド (6)バフったりました。

ローターケースは再メッキ品を使い

カーボンブラシも新品に交換。

これでセルモーターのリビルドも完了。

1号機復活用部品セルモーターリビルド (7)出力側のカバーは見えないので

ブラスト仕上げです。

燃えて無くなった絶版部品がまだあるので

それもボチボチ探し出す事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)

2019年04月29日

平成最後のブログ更新1

4月21日の車両火災で火傷をしてから
毎日の激痛とガーゼ交換の為の通院。
膝の裏にも火傷があり
唯一の左足もまともに使えない状態になってます。
いっその事、入院した方が良かったと思うぐらいです。
徳島東消防署ともまだ火災後の処理、被害額などの
やり取りをしている状態です。
火災発生時の画像もYou TubeにUPされていたのを見ました。
本当に世間騒がせで、皆さんに迷惑をお掛けしており
申し訳なく思っております。
生きると言う罪と、生かされると言う罰を感じながら
毎日激痛と言う刑も受けています。
5月10日から12日にツクバサーキットで開催されるT・O・Tには
行けなくなりましたが、6月2日に鈴鹿サーキットで開催されるレース
ファン&ランの申し込みが始まったので
一応参加の方向で申し込みをしました。


車両火災、火傷から10日

21日の車両火災から10日ほど経過しましたが

火傷で毎日微熱少し動くと毎日熱が出ます。

平熱が低い僕にとっての

37度は、普通の人の38度か39度になり

物凄く辛くてしんどい日々です。

火傷治療190430炎で焼かれたふくらはぎの皮膚は

まだまだ再生する訳も無く

僕にとってのGWは10日所か

20日あっても足りないぐらいだと思います。

せめて痛みだけでも何とかなれば

様子を見ながら営業を再開させる事が出来ると思うのですが

膝の裏も焼けているので、曲げるとこれまた痛いんです…。

1号機火災復旧用部品集めそんな中でも燃えた1号機を

復活させるべく、手持ちの絶版部品などを

かき集めて、ヨシムラジャパンさんと電話で

当時TMR MJN32Φを作ってくれた方と

再製作に付いて打合せも進めております。

フレームに関しては火が入ってしまったので強度が落ちていますが

フレームも強度を復活させて、エンジンは更に520ccにボアアップし

RSCのフルクロスミッションを搭載させて

復活させる予定でまた妄想が始まってます。

まさか平成最後のブログがこんなブログになるとは思っても居ませんでしたが

1号機は必ず復活させますし、僕もまた1号機に乗って走り回ります。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(4)

2019年04月18日

徳島絶版バイクミーティング準備3

久し振りにZ1000Mk兇離┘鵐献鵑魍櫃韻茲Δ
セルを回してもエンジンが掛からなかったので
嫁にキックでエンジンを掛けてもらった。
後でよく考えたら、クラッチを握らないと
セルは回らない構造だった事を思い出し
クラッチを握ってセルを回したら
素直にセルが回りエンジンも始動した。
やっぱり定期的に乗らないとダメだなぁw


枚方市議会選挙

徳島絶版バイクミーティングと21日の枚方市議会選挙の

枚方市議会議員選挙期日前投票190416 (1)投票が重なってしまったので

火曜日の帰りに図書館へ行き

期日前投票をしてきました。

期日前投票は久し振りだったけど

枚方市議会議員選挙期日前投票190416 (2)図書館でも出来るのは知らなかった。

投票した候補者が

トップ当選すると良いなぁ。

まぁいずれにしても当選は間違いないはず。


ハイパワーオイルポンプ5個製作

エンジンの冷却効率をより良くと思い試験的に2個作り

ハイパワーオイルポンプ5個限定製作1個は1号機でテスト中。

もう一つはCPレーサー1号機に取付け予定。

で、全部で7個を作った事になり

その内の1個はキムレーサー号で

平成最後の徳島絶版バイクミーティングの準備テストしてもらうのと、一つは

オイルクーラーを装着していない

14号機にも取付ける予定で

商品見本として2個を徳島に持って行きます。

取合えず1号機の積込みも終わりました。


CBR400F用フロントフォークO/H用部品入荷

知り合いから依頼されているCBR400F用

CBR400F用フロントフォーク、ステム部品入荷フロントフォークO/H用部品などが

入荷してきましたが5点ほど

絶版だったので現在思案中です。

Oリングはサイズを見て考える事にします。


CB550F用絶版部品入荷

海外に在庫であったCB550F用絶版部品が数点入荷してきました。

京都H号用CB550F用絶版部品入荷これで京都H号CB550Fの部品が

全て揃いました。

後はシリンダーヘッドの

内燃機加工が終わって戻ってくれば

仕上げ作業に取掛かれます。


ZEPHYR 750C4メンテナンス

今日から本格的にZEPHYR 750C4の作業に取掛かります。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始前の罠 (1)まずはシートを取外して…と

シートロックキーを回すのですが

キーは動くけど、完全にロックが

外れないと言う罠から…。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始前の罠 (2)これは何かコツがあるのか?と

色々と試行錯誤をしているけど

全然シートロックが外れそうに無く

キーが曲がってきたので少し冷静に。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (1)で、やっとコツが分かって

シートを取外す事が出来ました。

今日は暑いので、既にこの時点で

汗だくにw

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (2)無事にシートとタンクを取外して

作業に取掛かれる状態になりました。

ヘッドカバーのシール関係は

今日入荷してくるはずなので

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (3)キャブの取外しから先に進めます。

知って知らずかエアークリーナBOXの

蓋のビスは締まっていなかった。

まぁこれぐらいの罠は良い方だな。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (4)フロントフォークもオイル漏れが

見つかりました。

メーター実走30,000キロなら

交換時期だと思うのでこれもO/Hします。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (1)で、火が入らない原因を特定したら

やっぱりキャブだったので

取外しました。

恐らく中は腐っていると思いつつ

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (2)#2のフロートチャンバーを

外してみると案の定緑色状態だった。

SJもMJもしっかりと詰まってました。

#2がこれなら他もダメだろうと

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (3)他も取外してみたら案の定

腐食したガソリンがMJに

纏わり付いている状態だった。

これも洗浄で何とかなると思います。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (4)キャブ本体側のプライマリーも

しっかり詰まっていました。

全部分解して洗浄して

ジェットリーマでお掃除。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッドカバー取外し (1)キャブのインナーパーツを

洗浄している間にヘッドカバーを

取外していたら、何とまぁヘッドカバーの

取付けボルトが折れていた。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッドカバー取外し (2)しかも2本も折れていた上に

バレないように液ガスで固定されていた。

明らかに確信犯ですねぇ

二本連なって折れているので

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッドカバー取外し (4)これを修正するにはヘッドを

下ろさないとダメなので

オーナーと相談した所OKが出たので

ヘッドを取外しました。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッド取外し (1)オイル下がりかオイル上がりが

ありそうで、燃焼室が湿っている

この際なのでステムシールと

ピストンリングも交換しておきます。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッド取外し (2)ここまでやったらやらないと勿体無い。

ヘッドは洗浄して折れたボルトを

取る為に内燃機屋さんへ

大急ぎで発送しました。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (5)また無理をお願いする事に…。

で、取合えず当初の予定だった

キャブレターのO/Hは完了しました。

この車両を何処で手に入れたのかを聞くと

2.3年前に某Yオクで買ったらしい、まぁそれなら仕方がないかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年04月04日

Nos噴射装置仮取付け3

近大サプリで花粉症の改善はある物の
今の時期マスクは手放せないのだけど
マスクのゴムで耳が千切れそうに痛い!
アイディア商品の中にそう言ったアイテムがあったと思うけど
近くの100円ショップは軒並み閉店しているので
色んな物が買えなくて困ってます。
auのUSB充電も買えない。


1号機Nos噴射装置取付けと故障

昨日の定休日は1号機のイベント用カスタムでNos装置の取付け。

Nos噴射装置取付け配線 (1)まずはボンベの取付け位置を

決めるのですが、良い場所がない。

これは何か別にステーを作って

取付けるしか無いだろうなぁ。

Nos噴射装置取付け配線 (2)取合えずボンベを仮に取付けました。

ここならボンベのバルブ開閉操作も

走りながら出来るからねぇ

ガソリンポンプもかなり悩んで取付け。

Nos噴射装置取付け配線 (3)まずNosガス噴射装置の配線と

スイッチを取付けて作動チェック

取合えずNosガスは噴射するので

ドライショットはOkです。

Nos噴射装置取付け配線 (4)ウエットショットは配線を別にして

切り分けて噴射出来るようにします。

取合えずウエットショットの

スイッチ以外は完成しました。

油圧クラッチロッド折れ油圧シリンダー交換 (1)早速試運転にと思い少し走り出した所で

バチン!と言う音と共にエンジンストール!?

なんだ?何があった??と気付けば

油圧クラッチ用のシリンダーロッドが断裂!

ロッドが折れただけなので油圧はあるので

2ndギアーに入れてセルでエンジンを始動させ店まで自走で引き返し

油圧クラッチロッド折れ油圧シリンダー交換 (2)予備の油圧シリンダーがあったはずと

探し出して交換し無事復旧。

出先じゃなくて良かったと思いました。

応急処置方法も考えたので

出先でロッドが折れた時は、応急処置で何とかなると思います。

で、Nos噴射装置のテストは止めて帰宅しました。


足回りマッスル化六日目

いよいよ最終段階に入ってきた大阪T号の足回りマッスル化。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (1)今日はブレーキホースなどが

入荷してきたので早速取付け開始!

別売りブレーキマスターカップを取付け。

ブレンボは何でも物売りなんで面倒…。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (2)ミラーホルダーもブレーキと

クラッチ用があり、左右非対称で

オフセットしていますが

どちらも取付け可能なので最後に

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (3)オーナーに選んでもらいます。

ブレーキホースも接続しました。

フロントフォークが伸びきった状態で

ホースの余り具合などを考慮して発注しました。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (4)何か最近ブレーキフルードばかりの

作業をしている気がするのですが…。

マスターカップにブレーキフルードを入れて

何時ものエアー抜き開始。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (5)で、エアー抜きも終わって

後残すは、5cmロングタコメーターワイヤーの

入荷待ちだけとなりました。

これで近日中には完成となります。


新型強化オイルポンプ

ハイパワーオイルポンプは受注生産になりますので

新型強化オイルポンプ190404レギュラー製品の新型強化オイルポンプを

何時も通り作りました。

1個はフル強化オイルポンプになってます。

ハイパワーオイルポンプは

CP1号レーサー用、オイルクーラーの付いていない14号機用

ご注文を頂いている方の3個は確保してあります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年04月02日

弁護士投入3

昨日夕方に自由人君がご来店。
弱った顔をしているので大体の予想は付く。
そして話をしている内に、昨年の事故の件で
某素人保険会社J○社から休業補償を
50%減額と言われたらしく、100:0の事故で何を眠たい事を!
それ以上の話は代理人を立ててくれと言われたらしいけど
兵糧攻めにあっている自由人君に弁護士を雇う
金なんてあるわけが無い事を百も承知で言って来る
素人保険会社○A社に僕が切れたので
僕がお世話になっている敏腕弁護士を投入する事にしました。
これで自由人君は小金持ちになれると思う。
話の決着が付いたらリジットな御鮨屋さんへ
連れて行って貰う事が条件です。


1号機Nos化高圧ソレノイド問題

昨日Nos装置の作動チェックをしていました。

1号機用Nos装置作動チェックガソリン電動ポンプ作動OK

低圧側ソレノイド作動OK

高圧側ソレノイド作動NGで

修理を試みたのですがダメで

新しい高圧ソレノイドを購入したのですが、何故か今日直ってた…。

高いソレノイドを購入したけど、直ったやん!

まぁまた何時壊れるか分からないので、予備品だな…。

でも、これでウエットショットが出来るようになった。


大阪T号足回りマッスル化五日目

部品入荷待ちで作業は止まっていますが、オーナーからの希望で

実圧縮圧力を測定する事になりました。

大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (1)大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (2)






大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (3)大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (4)







恐らくノンレスエンジンだと思いますが

平均実圧縮圧力は1.0Mpaとかなり良い感じです。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントフェンダー取付け (1)フロントフェンダー取付け用

超低頭ボルトが入荷してきたので

早速フロントフェンダーを取付けます。

本当はM6×16なのですが、あえてM6×20の

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントフェンダー取付け (2)長さのボルトに変更しました。

フェンダーを取付けてタイヤを仮組み

少しタイヤとフェンダーの間が広いので

19インチ用なのかな?わからんわ。

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (1)リアブレーキホースとバンジョウなどが

入荷してきたので早速圧力スイッチと

ホースを接続しブレーキフルードを入れ

エアー抜きまで終わらせて

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (2)ブレーキホースを固定して

リアブレーキは完成しました。

これでリア回りは完全に完了です。

キャリパーサポートが動くので

踏み込みが深くなりそうな気がするなぁ…。

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (3)スピードメーターケーブルも

長さの関係もありメーターアップステーを

使っている事などもあるので

CB750F用を使用しました。

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (5)フロントブレーキはブレンボのラジアル

RCSタイプを購入して取付け。

ブレーキホースの長さは

現物合わせになりますから

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (6)長さを測って発注しました。

ミラーホルダーが無いので

右オフセットタイプの

ミラーホルダーを購入したのですが

どちらにオフセットしたら良いのか分からないので

左右両方を発注しておきました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月30日

ハイパワーオイルポンプテスト3

目標としてた今月中に体重二桁は無理そうなので
平成中に体重二桁にする事に変更します。
どうしてもデブ好きの嫁の罠に
まんまと乗っかってしまい「だからデブはあかんねん」と
訳の分からぬ罵声を浴びせられると言うプレーを
奴は楽しんでいるのだと思います。


190330今朝の体重

昨晩嫁が「今日はラーメンやでw、チャーハンも食うか?」と

190330今朝の体重悪魔の囁きに僕は仕方なく

チャーハンはキャンセルして

ラーメンだけを食べたのですが

そこにも嫁の罠があり1.5人前だった。

おかげで今朝の体重は2キロ増ですが、まぁソフトクリームも食べたし

罠のように冷蔵庫の中に大きなシュークリームがあったので

食べてしまったわ…。


1号機ハイパワーオイルポンプテスト

今日は天気が悪くなるらしいので、何時もより少し早めに出勤して

1号機新型強化からハイパワーオイルポンプへ (1)出来上がったばかりのオイルポンプを

1号機に取付けてテストをする為

新型強化オイルポンプを取外して

ハイパワーオイルポンプに交換。

1号機新型強化からハイパワーオイルポンプへ (2)まずミッション用強化オイルポンプを

取外して新しいポンプに移植。

新型強化オイルポンプを取外して

油圧センサー用配管を取外して

1号機新型強化からハイパワーオイルポンプへ (3)ハイパワーオイルポンプを取付けました。

これで暫くテストしてみます。

油温が少しでも下がれば効果ありですが

効果が無いはずは無いと思ってます。


大阪T号足回りマッスル化三日目

リアは昨日で終わったので、今日からフロント回りの作業。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (1)板を数枚引いてメインスタンドが

使えるようにしてみました。

これでフロント回りを

分解して行きます。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (2)サクサクッとフロントフォークまで

分解が完了しました。

これでヘッドライトやメーター回りも

取外して、ステムを交換します。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (3)レースの状態は悪くなかったので

そのまま洗浄して再利用。

ハンドルロックも出来るように加工して

公認車検の準備もしておきます。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (4)ステムを取付けてフロントフォークをセット。

リアサスに長さを合わせると

フロントフォークの突き出しが25mmで

ギリ、バーハンの取付けが可能でした。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (5)CB750F用のスピードメーターギアー

これをこのまま取付けるのも

残念なのでバフ掛けをして

取付ける事にしたのですが

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (6)それがちょっと裏目に出てしまい

ギアーがバフに巻き込まれて

中のギアーが何処かに飛んで

探しても見つからない…。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (7)まぁ取合えずヤフオクで

再度購入する事にします…。

フェンダーが無いのが後で気が付き

取合えずブレーキホースの長さを測る為

仮組みだけ済ませました。

メーターアップステーに変更したので、ワイヤー類を発注しないと。

で、今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月29日

29日のブログ

操作ミスで29日のブログを消してしまったので
覚えている範囲で書き直しました。


190329今朝の体重

確かこの日までは順調に体重も減っていたはず。

190329今朝の体重55歳になってから

もっとも体重が減った日でした。

このままの調子で行けば

3月中にには二桁の目標が達成出来るはずだった。


大阪T号足回りマッスル化二日目

CP特注スイングアームを装着するので

大阪T号足回りマッスル化二日目リアサスロアマウントボルト変更 (4)リアサスのアッパーマウント側も

オフセットして取付け。

この3mmのオフセットが結構重要なんです。

これでリアサスも真直ぐになります。

大阪T号足回りマッスル化二日目リアタイヤホイール取付け (1)タイヤが入らないので

店のスロープを利用して

更にメインスタンドの下に

板を入れて車体を持ち上げました。

大阪T号足回りマッスル化二日目リアタイヤホイール取付け (2)60mm車体が上がるので

タイヤホイールが入らないし

メインスタンドも使えなくなりますが

メインスタンドは使えるようと考えます。

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (1)アゲインBSにリアブレーキマスターを

取付けて見ると、色々と問題も判明。

サブフレームを外に振った事で

マスター接続カラーのボルトが

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (2)サブフレームと干渉する事になった。

寸法を測定して加工範囲を考えて

カラーを削り、ボルトを交換すれば

サブフレームと干渉しなくなると思い

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (3)カラーを加工してボルトも変更。

ボルトを入れる向きも変えて

サブフレームと干渉しなくなりました。

これでリア回りは一先ず完成です。


ハイパワーオイルポンプ試作

アゲイン製ローターケースとCP製ハウジング加工で他車種流用の

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (1)ハイパワーオイルポンプを

作ろうと思い、試作品が完成。

純正比49.5%増量、強化比14.5%増量。

新型オイルポンプは純正比35%増量です。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (2)画像左側は新型強化オイルポンプ

画像右は今回のハイパワーオイルポンプ

ローターさえあればまだ2mmぐらい

大きな物が使える事になります。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (3)取合えず試作品を組立てて

テストをする準備を整えます。

これをまず1号機に取付けて

油温の上昇をチェックしてみます。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (4)アゲイン&CPコラボ製品

ハイパワーオイルポンプの完成。

後はテストでどうなるかです。

流量が増えた分流速が早くなります。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (5)増えた分の流量がシリンダーヘッドに

上がりジャブジャブとオイルを流して

エンジンの熱を奪ってくれます。

ピストンクーラーの流速も上がり

ピストンも冷えやすくなりますが

オイルクーラーの流れが速くなるので

冷える前にエンジンに戻る事にもなりますが、結果はどうなるかお楽しみに。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月28日

イベント準備開始3

最近SNSなどでラーメンの画像をみると
何故か無性に腹が立つ!
画像を見ながら、「美味しそう!」「どんな味なんだろう」と
思いながら下唇を噛み締めてラーメンの画像を見ています。
なるべくラーメンの画像をインスタに上げないで欲しい。
特にS君とかのインスタには必ずラーメンが掲載されるので
20分ぐらい写真を見ている時があるわw


190327と28日の体重

月曜日の夜にフルコースとアルコールを頂いて

190327の体重少しリバウンドしましたが

アルコールのカロリーなんて

吸収しないので気にはしてなかったので

昨日の体重は直ぐに元に戻り

160328今朝の体重今朝計ると昨日から1キロ減!

禁ラーメン、たこ焼き生活の成果が

ボチボチ出て来たかな。

新元号発表までに目標二桁だったけど

平成中に目標二桁確定だな。


1号機油圧クラッチマスター交換

昨日の定休日はイベントに向けて1号機のカスタム。

1号機油圧クラッチマスター交換 (1)油圧クラッチマスターを

ニッシンからフランドーの

ラジアルタイプに変更して

サムブレーキの取付け位置を調整。

1号機油圧クラッチマスター交換 (2)あわ良くば、クラッチが軽くなればと

思っていたけど、期待するほどの

差は無かったのは残念だった。

でもフォーククランプのサムブレーキの

取付け位置も調整シロが出来たので良かったかな。

来週はブレーキマスターとNos装置の取付けに取掛かります。


ハイエースリアワイパー交換

フロントワイパーを交換して雨の日の視界も良くなったので

ハイエースリアワイパー交換190328 (1)リアワイパーももう寿命だったので

交換する事にしました。

もうゴムが逝かれて全然ダメで

こんな感じの筋が出来てます。

ハイエースリアワイパー交換190328 (2)で、リアも新しいワイパーに交換。

これでリアの視界も良くなります。

しかしまぁガラスに付いている汚れが

全部花粉だと思うと寒気がするわ!


沖縄A様シリンダーヘッド仕上げ

やる事が多過ぎて、先に簡単に仕上がる物から作業を進めて

沖縄N様シリンダーヘッド仕上げ (1)納品をしてしまいます。

新しくしたウエストバルブに

バルブスプリングを装着して

クロモリ強化スタッドボルトを取付けます。

沖縄N様シリンダーヘッド仕上げ (2)サクサクッと取付け完了です。

キャブレターの同調調整を

するであろうから、バキュームゲージの

アタッチメントを取付けるM5ビスと

沖縄N様シリンダーヘッド仕上げ (3)アルミワッシャーは取付けずに

交換した部品や他の部品と合わせて

一緒に発送致します。

大変お待たせ致しました。


大阪T号足回りマッスル化一日目

特注フロントフォークスプリングが入荷してきたので

大阪T号足回りマッスル化一日目 (1)今日から足回りマッスル化

作業を開始します。

タイヤはオーナーと相談して

ピレリースポーツデーモンにしました。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (2)早速JBマグタンにタイヤを

装着するのですが、ホイールは

中古品なので、チョコチョコ傷があります。

マグなので、タッチアップしておきます。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (3)取合えず前後ホイールにタイヤを

セットしたので、これで足回りマッスル化

部品の準備は整ったので

リアからマッスル化して行きます。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (5)リアブレーキディスクローター

取付けのボルトが少し長く

リアディスクフランジと干渉するのが

今更ながらに分かった…。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (6)ボルト穴はこんな感じなので

どちらを加工した方が良いか考えて

リアディスクフランジ側を加工した方が

今後ボルトを加工しなくても良いと言う

大阪T号足回りマッスル化一日目 (7)答えになったので、ボルトは無加工で

リアディスクフランジ側を加工して

リアディスクを取付けました。

これでタイヤホイールの準備は完了。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (8)次に車体側のインナーフェンダーを

取外して、スイングアームに

干渉しないようにカットをします。

綺麗なインナーフェンダーなので

大阪T号足回りマッスル化一日目 (9)少し勿体無いのですが

サクッとカットしてやりました。

これでスイングアームと干渉は

しなくなります。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (10)ステップやブレーキペダル

純正のリア周りを取外し

マッスル化パーツ取付け準備が

整いました。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (11)取外したリア側フレームですが

よく考えたらタンデムステップが

無くなってしまいます…。

これはまた何か考えるとして

大阪T号足回りマッスル化一日目 (12)CPスペシャル角スチールスイングアームを

取付けて、CB750Fに使っていた

60mm長いリアサスを取付けようとしたら

何とまぁ長くて付かない?

大阪T号足回りマッスル化一日目 (13)取合えずリアホイールを

セットしたいので315mmのICONを

取付けようとしたのですが

結果サブフレームが内側に

入っている感じで干渉しているので

スイングアームにリアサスを取付ける事が出来なかった。

で、サブフレームを広げないとダメなんですが

センタースタンドスタンドは車高が60mm上がりどの道使えないので

サブフレームを広げて取付ける事をオーナーと相談したので

明日サブフレームを広げる事にします。


本日のご来店

カワサキTR350のエンジンが掛からなくなったと言う

カワサキTR350エンジン不動チェックお電話を頂き、本日ご来店となり

セオリー通り原因を調べます。

プラグに火は飛んでいるのですが

カーボンで真っ黒だったので掃除したら

素直にエンジンが始動してくれました。

キャブのオーバーフローもありそうで

カブっている事もエンジン不動の要因かも知れませんが

大事で無く安心しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月26日

ハイパワーオイルポンプ製作企画3

平成最後の恒例徳島絶版バイクミーティングが
4月21日に何時ものマリンターミナルで開催されます。
また恒例の必死の徳島県警の知ったかぶり
こじつけ道交法違反検問も
同時開催されると思うので、検挙されないように
しっかりと車両点検をしてご来場下さい。
後は天候に恵まれれば言う事無しですね。


190325と26日今朝の体重

昨日は顧問業務の為、臨時休業で久し振りに大阪で会食。

190325の体重その日の朝の体重は

少し増加していましたが

この日はまぁまだ余裕でした。

そして午後から大阪へ出掛け打合せを済ませ

久し振りに心斎橋を歩きましたが、外国語が飛び交っているのには

190326今朝の体重今更ながらに驚きました。

お客さんと食事をしながらビールを5.6杯?

その後久し振りに北新地へ行き

ブランディー?ロックを5.6杯?

結果は当然の結果となりましたが、特に罪悪感はありませんw

また今日から頑張ります!


ハイパワーオイルポンプ

515ccになった1号機のターボ化に向けて

油温上昇をどうするかと言う課題があるのですが

以前から考えていた案があり今回そのテスト用強化オイルポンプを

ハイパワーオイルポンプ用トロコイドギアー (1)試験的に作る事にしました。

画像左からCB400F純正トロコイドギアー

中央が新型強化オイルポンプ用ギアー

アゲイン製もスペックはCPと同じなので

ハイパワーオイルポンプ用トロコイドギアー (2)このトロコイドギアーを使ってます。

そして一番右が他車種流用の

トロコイドギアーでノーマル比49.5%増量

強化比14.5%増量となります。

ハイパワーオイルポンプ用トロコイドギアー (3)これをアゲイン製強化オイルポンプの

トロコイドギアーハウジングを流用し

CP製オイルポンプハウジング加工物と

2個一で組立てる事が出来るのは

ハイパワーオイルポンプ用トロコイドギアー (4)アゲイン製強化オイルポンプが

アゲイン自社で開発した時に

既にこの組合せのオイルポンプで

出来る事は分かってましたが

ハイパワーオイルポンプ用トロコイドギアー (5)そこまで必要性が無かった事もあり

保留していたのですが

1号機のターボ化とその前のNos化に伴い

試験的に作ってみます。

ハイパワーオイルポンプ用トロコイドギアー (6)アゲインのハウジングに

他車種流用のトロコイドローターを

入れてみて、ハウジングの加工を

どれぐらい追い込めば良いかをチェック。

ハイパワーオイルポンプ用トロコイドギアー (7)これで加工数値も分かったので

これを内燃機屋さんへ送って

試作品を作ってもらう事にします。

出来上がればテスト開始となります。

1号機用Nosキット1号機用に準備したNos噴射キットも

今日届いたので、これで何とか

徳島絶版バイクミーティングに

間に合うかなぁ?


色々部品入荷

何故か今日は営業も銀行も含めてご来客が多い一日で

中々思うように仕事が進まなかったのですが

沖縄N様シリンダーヘッド加工仕上がりそんな中、沖縄N様ご依頼の

シリンダーヘッドが仕上がって

戻って来ました。

近日中に仕上げて発送準備を致します。

足回りマッスル化大阪T号用前後タイヤ入荷足回りマッスル化の大阪T号の

タイヤも入荷してきたのですが

タイミング悪く銀ちゃんがやって来て

これも仕事が進まなかったw

自由人君もご来店190326入れ替わりでやって来たのは

自由人君…。

もう仕事をする時間の大半を奪われる

そんな今日一日でした。


黄色い号継続車検

フロントブレーキスイッチが突然死して、緊急分解修理をして

黄色い君号継続車検完了継続車検を受けてきました。

マフラーのインナーバッフルを

交換するのを危うく忘れ掛けていたけど

無事に継続車検が完了したので

早く取りに来なさい!


コムアキ号フレーム塗装送り

色見本を送って塗装する色が決まったので

コムアキ号フレーム塗装送り早速塗装に出す事にします。

色はイノバックスGメタリックです。

今よりは明るいシルバーになり

メタリックなので輝きもあります。

コムアキ号妄想仕様 (1)完成イメージはこんな感じの

プロトタイプに近い感じになります。





コムアキ号妄想仕様 (2)この画像のプロトタイプは

北米仕様ですが

小室さんが20代の頃から妄想していた

スタイルがこんな感じらしいです。


本日のご来店

CPの隣のS市から始めてご来店はH様。

190326本日のご来店S市からのH様これからボチボチと仕上げて行くそうで

まずはご挨拶にご来店頂きました。

さっと見させて頂き1.2点ほど

ダメだしをさせて頂きましたw

今後ともよろしくお願い致します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年03月24日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月25日(月曜日)は顧問業務の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


190324今朝の体重

まぁ何時も通りと言えば何時も通り少し増えました。

190324今朝の体重後8日後には新元号も発表され

目標の今月中に二桁にと思ってますが

このペースだと厳しいかも…。

取合えず5月には時代も変わるので

平成の内に100キロを切りたいと思います。


黄色い号シフトスピンドル交換

セブンスターキャスト化も何とか終わり、次に邪魔な黄色い君の車両の

黄色い君号シフトスピンドル交換190324 (1)修理を済ませて、サッサと継続車検を

受けて納車してしまわないと

仕事が溜まる一方です。

天気もまぁまぁなので今日中に全部終わらせます。

黄色い君号シフトスピンドル交換190324 (2)クラッチカバーを外すと

8ディスククラッチと

強化セカンダリーギアーとの

久し振りのご対面。

黄色い君号シフトスピンドル交換190324 (3)8ディスククラッチを外すと

案の定シフトスピンドルが破損してます。

これであの部品はここの部品で

間違い無かったと言う事です。

黄色い君号シフトスピンドル交換190324 (4)早速破損したシフトスピンドルを

取外しました。

中古良品と比較しても欠損部分は

明らかですね。

黄色い君号シフトスピンドル交換190324 (5)中古良品のシフトスピンドルを入れて

他のパーツも問題が無いかチェックして

特に今の所問題は無いので

これで復旧に掛かります。

黄色い君号シフトスピンドル交換190324 (6)壊れたシフトスピンドルと

その相方とのご対面。

折れた部分も合致したので

これでシフトスピンドルの復旧は完了。

黄色い君号シリンダーヘッド増し締め190324 (1)次はシリンダーヘッドの

増し締め準備。

ヘッドガスケットからの

オイル滲みがあるので増し締めで

黄色い君号シリンダーヘッド増し締め190324 (2)何とか止まればラッキーです。

ヘッドカバーを開けるとこれまた久し振り

ヨシムラハイカムst1とご対面。

カムチェーンが少し緩んでいるので

黄色い君号シリンダーヘッド増し締め190324 (3)ついでに調整をしてしまいます。

カムチェーン強制調整ボルトを

装着してあるので調整は楽ちん。

ロックナットを緩めるSSTを作りましたけどね。

黄色い君号シリンダーヘッド増し締め190324 (4)シリンダーヘッドを増し締めすると

やはりこのスペシャルナット部分が

緩んでいたのでワッシャーを交換して増し締め。

両サイドのナットは絶対緩んでます。

黄色い君号シリンダーヘッド増し締め190324 (5)増し締めも完了したので

これでオイル滲みが解消してくれれば

ラッキーだと思って下さい。

これで止まれば、もう大丈夫なはずです。

黄色い君号継続車検準備完了ヘッドカバーを取付けて

エンジンオイルも入れて

これで継続車検の準備も整いました。

来週車検予定です。


本日のご来店

足回りマッスル化計画の大阪T号が本日入庫してきました。

190324大阪T号マッスル化入庫特注部品の入荷が予定より

かなり遅れて入荷してきたので

作業予定もかなり遅れてしまいました。

PITが空き次第作業に取掛かります。

190324本日のご来店続いてのご来店は黄色い君のお友達

7F君がご来店。

ガッツリと仕事の邪魔をして

納得して帰って行きました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月23日

セブンスター廃棄3

明日息子がレクサスの点検に家族で枚方に来るので
「食事でも?」と言う話をしています。
なので日曜日は場合に寄っては
早仕舞いになるかも知れません。
17時頃にお約束のご来店があるのですが
息子の都合次第?
いや息子の嫁の気持ち次第になると思います。
何でも僕達世代の常識は通用しない
考え方の持ち主らしく、強要的な事はNGらしい。


190323今朝の体重

昨日は野菜と肉の食事でしたが、ポテトサラダが出たので

190323今朝の体重「ポテトサラダって糖質が多いんやで」

と嫁に言いつつ、食後のデザートと

アイスクリームを食べてしまったので

少し増えたかもと思ってましたが

予定通り103.8キロとなり、やっと104キロの低い壁を越えました。


大阪H号Wディスク化

昨日オーナーに電話で現状を報告し

セブンスターのキャストは残念ですが廃棄する事になりました。

大阪H号Wディスク化組立て (1)でもWディスク化はノーマルホイールでも

問題なく装着出来るので

そのまま継続する事になったので

早速フロントフォークを取付け

加工したフロントフェンダーとキャリパーホルダーをセット

大阪H号Wディスク化組立て (2)5mm長いフロントフォークは

そのまま5mm突き出し…。

時期を見てインナーチューブを

交換する事を提案しようと思います。

大阪H号エンジンオイル交換 (1)エンジンオイルも交換のご依頼だったので

抜いてみると、何とまぁこれも

黄色い君並みに酷く真っ黒でしたが

幸いな事に鉄粉などは極めて少なかった。

大阪H号タイヤワックス除去洗浄 (1)タイヤホイールを元に戻す前に

転倒の危険性があるタイヤワックスを

除去する為に洗浄をしてしまうのですが

これがまた結構しつこいタイヤワックス!

大阪H号タイヤワックス除去洗浄 (2)こうなればケミカル品には

ワコーズのケミカル品で対抗!

水なしで洗浄出来る製品

フォーミングマルチクリーナーを

ぶっ掛けてタイヤワックスを落としました。

大阪H号セブンスターキャスト加工 (1)オーナーと相談してセブンスターは

廃棄処分にとの事で取外しましたが

加工不良の干渉箇所が判明したので

取合えずパチモンに負けてたまるかと思い

大阪H号セブンスターキャスト加工 (2)廃棄するぐらいならと考え

干渉箇所をベルトサンダーで削り倒し

何とか干渉しないようになったので

再び取付ける事にしました。

大阪H号セブンスターキャスト加工 (3)これでリア側のセブンスターは

何とか取付けが出来ました。

これってパチモンに勝利したのかなぁ?

取合えず本物のハヤシキャストを探します。

大阪H号セブンスターキャスト加工 (4)次はフロントのキャストを

取付ける準備に掛かります。

W用キャリパーをセットして

BRCのメーターギアーも入荷してきたので

大阪H号フロントセブンスターキャストメーターギアー (1)早速交換してフロントを仕上げます。

基本的にこのカラーが無いので

この手作りメーターギアーが使えないし

恐らくこの溶接では千切れるのは目に見えてる。

大阪H号フロントセブンスターキャストメーターギアー (2)で、やっとパチモンセブンスターを

装着出来るようになりました。

後はオーナーに走行前後の

ホイールチェックをして貰えば

大阪H号セブンスターキャスト装着完了何とか使えると思います。

月曜日は臨時休業になる予定なので

明日か火曜日に引取り納車の

予定となりました。


黄色い君シフト系トラブル

オイル交換で発覚したシフトスピンドルの破損。

黄色い君用シフトスピンドルシャフト代わりの部品を宝物庫から

探し出してきました。

PITの都合がよくなれば

交換作業に取掛かろうと思います。


CBR400F用オイルクーラー入荷

知り合いの方が当時乗っていたと言うCBR400Fを購入。

CBR400F用オイルクーラー入荷エンジンの調子も良いらしいのですが

色々と部品を購入した結果三桁になったらしい。

その内の部品の一つでアールズの

オイルクーラーをCPでご購入されました。

近日PITが空き次第入庫予定かな?。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月22日

情緒不安定3

55歳を機に始めたダイエットですが
ここ最近押さえている食欲のせいなのか
ちょっとした事でイライラしてしまいます。
自分でも切れるポイントが分からないぐらい
イライラして情緒不安定になっていると思う。
でも痩せてやる!


190322今朝の体重

ここに来てやっと体重に変化が出てきた!

190322今朝の体重今朝は104.6キロの壁を越えて

600グラムも減り104キロになった。

多分明日には103キロ代になっていると思う!

今日も一生懸命働こう!


問題児号に問題発生

車検の準備をしようとエンジンオイルを入れるために

黄色い問題児号に問題発生 (1)マグネットオイルドレンボルトを見ると

何かが引っ付いていた?何だこれ?

それは見た事がある形の物でした。

まぁよく気付かずに走れている物だと思った。

黄色い問題児号に問題発生 (2)その部品はシフトスピンドルの部品で

シフトチェンジの際に

ポジティブストッパーを叩いて

シフトアップやダウンをさせる為の

大事な部品の一部なので、修理するならオイルは入れられない。

仕方が無いのでオイルは入れずに他のメンテナンスを済ませます。

これでまたPITの都合が悪くなった。


大阪H様Wディスク下拵え

リアをパチモンセブンスターキャストに変更してつまづいたので

アゲインの工場長に電話して相談してみたら

過去にベアリングが粉々になっていた車両もあったらしい…。

それからアゲインでは、パチモンのセブンスターはお断りレベルとの事で

今回CPでもオーナーに諦めてもらう方向で話をしてみます。

大阪H号Wディスク化準備 (1)その間、Wディスク化する為に

部品を整備する事にしました。

まずは固着したキャリパーピストンを

油圧で押し出して取り外します。

大阪H号Wディスク化準備 (2)ブレーキレバーが動かなくなるぐらい

硬く固着してましたが

何とか動き出してくれたので

これでピストンは取外せます。

大阪H号Wディスク化準備 (3)取外したピストンとキャリパー…。

こりゃぁ酷いわ。

中には錆とフルードの結晶がたっぷり。

ピストンとシールは当然交換ですね。

大阪H号Wディスク化準備 (4)塗装も溶けていたので

一旦綺麗に剥がしてリペイントします。

今車両に取付けいる方のブレーキも

若干引き摺り気味なので

それも含めてオーナーと相談する事にします。

大阪H号Wディスク化準備フロントフォーク (1)次にW用フロントフォークの下拵え。

溶接して粗仕上げのままで

取付いている物はくすんではいる物の

バフ仕上げされているので

大阪H号Wディスク化準備フロントフォーク (2)左右のバランスを合わせる為に

バフ仕上げをする事にしました。

これで取合えずバフ掛けも完了。

一先ず交換準備は整いました。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (1)一応フロント側もセブンスターをセットして

どの道Wディスク化はするので

フロント周りを分解したけど

長さバラバラのホームセンターボルトと

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (2)クソみたいに緩々の締付けトルクだった。

取外したフロントフォークの

トップキャップを交換しようと思ったけど

何か違和感があったので長さを測定

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (3)インナーチューブが5mm長い上に

トップキャップのネジピッチも違うので

交換する事は出来なかった。

アウターは同じなので取付けは可能です。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (4)自作?メーターギアーにスペーサーが

付属してなかったので

多分ダメだろうなぁと思いつつ

アクスルシャフトを手で締めただけで

大阪H号ヨシムラ限定マフラー交換 (1)案の定ロックしてダメだったので

BRCのWディスク用メーターギアーを発注。

取合えず、マフラーを先に交換する事に。

この70Φのマフラーから

大阪H号ヨシムラ限定マフラー交換 (2)限定販売のヨシムラ手曲げマフラー

5ロット目發噺魎垢靴泙后

袋から出すと新品ですが

ビニールで擦れた痕があったのは残念。

大阪H号ヨシムラ限定マフラー交換 (3)マフラーだけはサクッと交換が

完了したのは安定のヨシムラだからか?

今となっては結構なお値段になっている

限定マフラーですねぇ。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (5)部品が入荷してこないので

引き続きWディスク化の作業。

引き摺り気味だった左ブレーキを分解。

綺麗に掃除してチェック!

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (6)ピストンなどには問題が無いので

シールだけ交換する事にしました。

ブレーキマスターもW用の5/8に

交換して取付けました。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (7)スピードメーターワイヤーも

W用に変更です。

これで大方の部品はW用に変更出来ました。

後は部品の入荷を待つだけです。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (8)フロントフェンダーもついでに

W用にカットして加工。

これは僕のサジ加減になります。

取合えず今日はここまでかな。

後はオーナーと相談して進めます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年03月21日

右の鼻の穴死亡3

やはり今年は花粉の量が多いのか
僕の鼻の右側が逝ってしまった。
血液混じりの鼻水しか出ないし
出血もアスピリンのせいで中々止まらない
今年は結構辛いわ。


190321今日の体重

ひょっとしたら1キロの増減はうんこが出るか出ないか

190321今朝の体重だけのような気がしてきた。

今日の体重+日々の食事+暫く便秘=体重増加

体重増加−便通あり=体重1キロ減

これの繰り返しのような気がしてきた。

ここから考えると僕のうんこは1キロ出るって事になるなぁ。


千葉から陸送入庫

入庫時期未定で色々とご相談を頂いていた千葉のH号が

H様号千葉からの陸送入庫本日予定通り陸送にて入庫してきました。

エンジンフルO/Hの予定となってます。

車両は無事に受取りましたので

まずはご一報まで。


大阪H様セブンスターキャスト

前後タイヤが入荷してきたので、早速タイヤを装着します。

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (1)キャストですがセブンスターなので

エアー漏れする可能性があるので

チューブを入れます。

ハヤシキャストの再販は情報によると

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (2)早くて2.3年後と言う情報もあり

後はBO次第かも知れない。

前回の再販に5.6年掛かったのは

職人さんの怪我により遅れたと言う話もあります。

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (3)タイヤは入れ終わったのですが

PITはこんな感じで作業スペースが

ちょっと厳しいので、まず片付けから

レーサーを不動車コーナーに戻して

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (4)荷物を片付けて?置き場所を変えて

やっと作業スペースが出来上がりました。

取合えず部品が揃っている

リアホイールを交換する事にします。

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (1)リアタイヤの取外し準備をしていると

チェーンカバーは入庫時の雨で

汚れているのに、タイヤは綺麗です。

きっとタイヤワックスをしているのでしょう。

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (2)納車の時にでもオーナーに転倒のリスクを

説明する事にします。

アクスルシャフトが逆だとかは良いとして

トルクロッドにRピンが入ってないとか

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (3)スイングアーム側のボルトは

純正では無く、なまくらボルトな上に

当然割りピンも入っていない。

知らないとは言え、これは恐ろしい

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (5)オーナーは気を悪くするかも知れませんが

走る棺桶レベルなので、見て見ぬふりは

当然出来ませんし、次にこれを見つけた人が

何と思うか、仮に何かがあれば…

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (6)リアタイヤホイールを交換するだけで

これだけ問題が見つかるのも

実際よくある事です。

楽しいバイクライフがどうなる事か。

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (7)今回見つけた不具合箇所を

全て修正してタイヤホイールをセット。

アクスルシャフトも正規の方向から入れて

締め付けると…何とまぁ

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (8)タイヤホイールが回らなくなる。

アクスルナットを緩めてみて

かろうじてタイヤが回転する程度…。

偽物セブンスターの中でも最悪な方だな。


黄色い君継続車検準備

狭いPITを空ける為にも仕事が速い物からやっつけるのですが

黄色い君継続車検準備彼の人間性の問題でしょうか

取合えず後回しになってますが

エンジンオイルだけでも先に

抜いておこうと作業を開始。

レデューサーが効いてオイルが出ないけど

きったねぇ真っ黒なオイルが出てきました。

今日は余り手を汚したくないので、これにて終了!


23号機スピードメーター配線

天気が悪いと作業に制限が掛かるので、何かと段取りが悪いです。

23号機デジタルスピードメーター配線 (1)そんな今日は時間が余ったので

23号機のデジタルメーターの配線を

仕方なくやっつける事にしました。

電源、ウインカー、ハイビーム、ニュートラル

23号機デジタルスピードメーター配線 (2)常時電源はキャンセルで

ギボシをセットして、ハンダ上げ。

デジタルメーターのカプラーに接続し

全ての配線を接続しました。

23号機デジタルスピードメーター配線 (4)後はタコメーターパルス配線と

速度センサーなどの整線をすれば

23号機の作業は完了になります。

PIT全体が片付いたら配線チェックをして

無理やりにでも納車したいと思います。


本日のご来店

鬼の居ぬ間に何とやら…で、息子が気を使ってくれて

190321孫ご来店 (1)孫を連れてご来店!

去年の結婚式に抱っこしてから

4ヶ月ぶりに孫を抱っこw

もうつかまり立ちも出来るようになった。

190321孫ご来店 (2)体重も増えて身体はムッチムチw

始めて親子孫三代の写真撮影。

まだ当分の間敵対者とは

臨戦態勢が続くと思います。

このブログを敵が目にしたら、息子はどえらい目に合うかも知れない

でも、皆に孫を見てもらいたいw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年03月20日

明日から大忙し3

商談中だったマグナ250は、スクーターと迷ったらしく
結果キャンセルとなりました。
取合えず少しでも早くスペースを空けたいので
早々に処分を考えている所です。
明日は関東からの陸送入庫が一台あり
他にも2台ほど自走での入庫予定があるのですが
天気が悪いので、延期になるかも知れない。


190320今朝の体重

定休日の今朝は頚椎の痛み止め注射を打ちに病院へ。

190320の今日体重で、何時もの体重測定ですが

昨日と変動無しでした…。

まぁ食べても増えてないだけ

良いのかなぁ?と思ってます。

190320頚椎ブロック注射 (1)で、病院へ行き頚椎の痛み止め

何時ものブロック注射。

これで明日から鉄人並みに

働けると思います。

家庭用放射線測定器少し気になる所があり

家庭用放射線測定器を購入。

これでγ線の測定と電磁波の測定が出来ます。

僕の血液の病気の原因が何なのか

分かればと思ったのですが、取りあえず原因は分からなかった。


1号機サムブレーキ交換

ベビーフェイスで作ってもらったバーハン用サムブレーキから

1号機サムブレーキ変更 (1)フォーククランプタイプの

サムブレーキに交換してしまいます。

今まで使っていたバーハンクランプの

サムブレーキは綺麗にして売ろうかな。

1号機サムブレーキ変更 (2)で、少し手間取りましたが

良い感じに取付けが出来ました。

今度クラッチレバーをラジアルタイプに

変更したら、取付け位置ももう少し

良い感じの所になると思います。


23号機デジタルメーター

エースウェルのマルチデジタルスピードメーターを

23号機デジタルスピードメーター取付け (1)ついでに取付けました。

配線はまた今度やる気が出た時にでも

やっつける事にします。

ぱっと見は純正に見えるメーターですが

23号機デジタルスピードメーター取付け (2)シートに座ってコックピットを見れば

こんな感じになってます。

後はやる気次第なので

僕にやる気をくれ!

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2019年03月19日

入庫ラッシュの始まり3

僕の友人が怪我で骨折をしてしまい
明日手術らしくて、瞬間接着剤を持って
お見舞いに行くつもりで準備をしていたのですが
スケジュールの調整がどうしても合わず
行けなくて動画が取れないのがとても残念で仕方が無い。


1キロの攻防

毎日の体重測定で、104キロから105キロを上下するだけで

190319今朝の体重104キロの壁をどうしても割らない。

もう胃はかなり小さくなっていて

ちょっと食べただけで満腹なのに…。

やっぱりアイスクリームがダメなのかな?


一先ず商談中

先日引き上げてきたマグナ250ですが

マグナ250商談中早速問い合わせがあり

一先ず商談中となりました。

乗っていた車両なので

調子は悪くない状態です。

ちょっとチョッパーなので、僕には運転し辛いですけどねw


入庫ラッシュ

昨日から始まった入庫ラッシュで、またPITが満タンになります。

入庫ラッシュの始まり黄色い君の継続車検入庫と

CB550F腰上O/Hに続き

CB400F足回りカスタムのご依頼入庫。

まずは持ち込まれた部品チェック。

Wディスク化するのですが、持ち込まれた部品だけでは足りません。

大阪H様用セブンスターキャスト本当はハヤシのキャストが

欲しかったらしいのですが

手に入らず、仕方なく偽物のセブンスター

これもリスクをオーナーに説明。

大阪H様用Wディスク用キャリパー固着W用のマスターも入っていないので

オーナーはポン付けだと

思っているかも知れない。

因みにキャリパーピストンは固着してます。

大阪H様W用フロントフォークチェック (1)次にフロントフォークをチェック。

今W用が中々手に入らないので

昔みたいに溶接して作るのが多いです。

熱で歪が出るので動きをチェック。

大阪H様W用フロントフォークチェック (2)その前にトップキャップボルトが

CB350F系の物が付いてました。

まぁこれはこれで貴重ですが

左右非対称ならちょっとねぇ。

大阪H様W用フロントフォークチェック (3)で、動きをチェックしてみたら

フォークドレンボルトから

フォークオイルが漏れ出した。

ダメだな…。

大阪H様車両入庫取合えず車両も入庫してきました。

逆車408cc77'モデルです。

ハヤシキャストもご注文頂きました。

取合えずそれまでの繋ぎでセブンスターを

装着して走るとの事で、リスクも説明致しました。

Wディスク化するにあたり不足部品もかなりあるので

部品の拾い出しと、速度メーター用のカラーも無いので作らないと。


コムアキ号用CB350Fスイングアーム改

フレーム塗装の色見本を送ったので、色が決まれば塗装に入ります。

コムアキ号用CB350F改スイングアーム (1)CB350F用スイングアーム改も完成。

タンデムステップ用ブラケットを

溶接して、さらにCB350F用の

スイングアームには無い

コムアキ号用CB350F改スイングアーム (2)グリスニップルも取付け出来るよう

台座を溶接してニップルの向きも

CB400Fと同じ様に仕上げました。

これで何時でも塗装に出せます。


23号機用デジタルメーター

いよいよ最終の仕上げになった23号機用の

23号機用エースウェルスピードメーターデジタルスピードメーターが出来上がり

後は配線を接続するだけで完成になります。

なので、サッサと納車させて下さい。

出来上がれば邪魔なんですw

23号機用速度センサーハンダ付け (1)取合えずセンサーステーを作って

センサーを取付けましたが

取付け角度など、実際に走行してみないと

振動などで、センサーが誤作動してしまう。

23号機用速度センサーハンダ付け (2)センサーの配線をハンダでくっ付けて

熱伸縮チューブで保護しました。

後はやる気さえあれば

メーター側の配線も作るのですが

23号機スピードメーター配線…なんでだろう…

全然やる気が出ないw

まぁ明日の定休日に色々とやる事もあるし

時間が余れば内職でもしようかなぁ。


1号機用サムブレーキ

ベビーフェイスに注文していた、フロントフォーククランプタイプの

1号機用フロントフォーククランプサムブレーキ入荷サムブレーキが出来上がって

入荷してきました。

受注生産なので2ヶ月ぐらい掛かりましたが

これでハンドル周りが多少スッキリします。

近日取付け予定ですが、そんな暇があるのかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月14日

本日は早仕舞い3

【本日は早仕舞い】
急な事ですが、本日は所用のため
営業時間は16時までとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


3月14日と今朝の体重

多分脳が飢餓状態になっているのか、夢でバナナやアイスクリームを

190313日の体重沢山食べる夢を見るようになった。

昨日の定休日の朝の体重…

ひょっとしたら夢で食べた物も

身体が吸収しているのかも知れない。

190314今朝の体重で、今朝の体重…変化無し。

正直余り食べてないので

この所出る物も出ない

多分ある程度纏まった時に出れば

一気に体重が減るような気がする。


1号機シリンダーヘッド増し締め

昨日の定休日は、特に何もする事が無かったので

1号機シリンダーヘッド増し締めとリコイル (1)これからのシーズンINに向けて

1号機のメンテナンスの為

シリンダーヘッドの増し締めと

ねじ山上がりの修正をしてました。

1号機シリンダーヘッド増し締めとリコイル (2)全体的に少しだけ締まったのですが

スペシャルナットの所はかなり緩んでいた。

その他は特に問題は無いけど

タコメーターの配線に何か問題がありそう。

1号機シリンダーヘッド増し締めとリコイル (3)ヘッドカバーを外したついでに

ねじ山上がりを1箇所修正して

ヘッドカバーを締めたんだけど

結果トルクを掛けた時に

1号機シリンダーヘッド増し締めとリコイル (4)ねじ山上がりが一箇所増えて

ヤバイ所が6箇所増えた…。

もう…また今度開ける事があれば

リコイル修正をしないといけなくなった。

1号機ターボ化計画バンジョウボルト入荷1号機ターボ化用部品も入荷してきたので

オイルラインの配管イメージを妄想。

後はタービンを何処に持って来て固定し

エキパイをどうするか、加給気の配管ルートを

どう言う風に配管するかを妄想しないと!


23号機部品入荷

スタックのタコメーターを付けたけど

23号機メータークッション取付け (1)メータークッションラバーと

純正の取付けナットなどが

未入荷だったのですが

入荷してきたので早速取付け

23号機メータークッション取付け (2)これで後はエースウェルの

スピードメーターだけとなりました。

全ての配線を済ませて灯火系

保安部品のチェックを済ませれば完成です。


ZRX400ナンバー取得

今週末に納車予定の2台のZRX400のナンバーを取得しました。

ZRX400連番ナンバー取得 (1)お知り合い同士の方なので

ナンバーも連番になるように登録。

日曜日は臨時休業で、嫁と二人で

納車旅行へ行ってきますので

臨時休業とさせて頂きます。

さて、ETCのセットアップに行ってきます。


CP1号レーサー仕様変更

明日一日だけですが作業の予定が無いので

CP1号レーサー仕様変更の準備やっとCP1号レーサーの

仕様変更作業が出来そうです。

来週からはまた忙しくなるので

明日中には仕上げる予定です。

仕上がったら、鈴鹿に試運転をしに行かないと

足回りデチューンなので、どうなるのか分かりません。

190314自由人君オイル交換にご来店そんな良いタイミングで

久し振りにやって来た自由人君。

オイル交換の為、愛車に

モチュール300Vスクエアを入れます。

贅沢なカブですが、このオイルじゃないとダメらしいw

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2019年03月12日

SNSの良い所3

3月3日未明にレース用機材などを積んだ
トラックごと盗まれた宇井陽一さんのニュースが
今朝の情報番組「ビビット」にも取上げられてました。
少しは進展があったような書き込みもあるので
見つかるのが早い事を期待しています。
こんな事でレーサー人生を終わらせて欲しくは無いですからね。
盗難事件では珍しくメディアも、警察も動いたのは
あらゆるSNSで拡散した皆さんの力だと思ってます。


190312の体重

痩せれない一番の要因はやはりデブ好き嫁の罠だった。

190312今朝の体重昨晩は止めているラーメンと

チャーハンだった…。

当然文句を言おう物なら

「もう作らん!」と逆切れされるので

190312今日のお昼ご飯黙って食べるしかない…。

せっかくラーメンを我慢してるのに

僕の体重は中々減りそうにないなぁ…

明日は定休日だけど仕事しよっかな。


コムアキ号完全分解

平行作業で色々と進めてきたのですが

来週からまたえらい事になりそうな予定になってきたので

コムアキ号分解バラバラw (1)今日はコムアキ号を完全に

分解する作業をメインにやります。

事務処理を終えて10:30作業開始!

まずはエンジンをどーん!します。

コムアキ号分解バラバラw (2)

どーん!

下りました。

殆どの具が付いているので重いw

コムアキ号分解バラバラw (3)エンジンが下りたので

サクサクッとフロント周りを分解。

何か締め付けトルクが緩い所や

微妙な間違いがボロボロと出てくるけど

コムアキ号分解バラバラw (4)そんな事は気にしないで

組立てる時に修正すれば良い。

で、11:30分解完了。

フォア1台バラバラは昼飯前です。

コムアキ号分解バラバラw (5)エンジンは下ろしたついでに

増し締めするとして

リペイントするフレームの色見本を

パウダーコートカトーさんに頼んであるので

それからどの色にするかを決めて塗り直しです。

コムアキ号エンジン増し締め&リコイル (1)事務処理などを済ませ

ゴソゴソしてたのですが

かなり時間が余ったので

ついでにシリンダーヘッドの増し締め。

コムアキ号エンジン増し締め&リコイル (3)ヘッドカバーを外す時に一箇所

ねじ山上がりがあったので

これもついでに修正しておきます。

他も念の為チェックしたのですが

コムアキ号エンジン増し締め&リコイル (5)ヘッドカバーを乗せて

締め付けをするとまた一箇所

ヤバイ所が出たので

少し締付けトルクを下げて締めました。


三重M様のご依頼完了

純正マフラー、ヘッドライトリムなどの再クロームメッキのご依頼で

三重M様マフラーなど再クロームメッキ仕上がりと追加部品 (1)再クロームメッキが

1ヶ月半掛かりましたが

やっと仕上がってきました。

発送準備をしていたら、追加で

三重M様マフラーなど再クロームメッキ仕上がりと追加部品 (3)スイングアームピポットボルトと

エンジンハンガーアッパーボルト

タンクコック用カシメピンなど

追加でご注文頂きました。

一応エキパイ用純正ボルトも入れておきます。


1号機ターボ化計画部品集め中

悩んでいたオイルラインの配管は何とかクリアーが出来たので

1号機ターボ化計画部品集め中190311次は油温センサーを付けるか

それとも油圧センサーを付けるか

両方付ける場合はどうすれば良いのかを

悩んでいる所です。

取合えず手っ取り早くNosを噴射出来るようにとも

考えたりしている所です。


ハイエースワイパー交換

この所の不安定な天気の中

ハイエースワイパー交換190312 (1)タイミング悪くハイエースの

ワイパーゴムが千切れてしまったので

大急ぎで交換用ワイパーを発注し

今日入荷してきたので早速交換。

ハイエースワイパー交換190312 (2)千切れたワイパーゴムは

助手席側だったのでまだ良かったけど

これで雨の日も安全に走れます。

今週金曜日は天気が崩れそうなので

ワイパーを使うのが楽しみw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月11日

スタックタコメーター3

自宅リビングの蛍光灯の器具が
どうやら壊れたらしく点かなくなった。
新築時に購入してから20年も使った蛍光灯の器具です。
これを機にリビング照明を蛍光灯から
LEDに変更しました。
リビングは見違えるような明るさになった。
明るさの設定は1,000ぐらいあるらしいけど
そんなに必要は無いけど、「アレクサ」とか
対応してる家電製品に変更して行かないと行けない時代だな。


190310と0311の体重

今回の本気度が嫁に伝わったのか、食事も低カロリーになってきた。

190310今朝の体重10日の朝の体重は何と!

104.8キロにまで減っていたので

昨晩は豆腐メインの食事にして

今朝の体重を測るのが楽しみだった。

190311今朝の体重で、今朝の体重は?…あれ?

一体何があったのか理解が出来ない?

どう言う事やねん!

何かの罠なのか?

190311今日のお昼ご飯そう言えば昨日は殆ど寝てたから

カロリーを消費しなかったからかもなぁ

今日のお昼も何時も通り少なめ。

後は一生懸命仕事してカロリーを消費します。


ウエストバルブ入荷

沖縄N様からのご依頼作業の続きで部品が入荷してきました。

沖縄N様バルブガイドリーマ加工 (1)ウエストバルブと純正バルブを比較。

これはIN側ですが、傘までの部分

ウエストが絞られているので

軽いポート研磨をしたのと

沖縄N様バルブガイドリーマ加工 (2)同じ程度の給排気効率が上がります。

早速バルブガイドのリーマ加工。

新品のバルブガイドは内径が小さいので

リーマを通さないとバルブは入りません。

沖縄N様バルブガイドリーマ加工 (3)一回のリーマ加工でこれだけ削れます。

これを全てのバルブガイドに施工して

ウエストバルブを入れて、抵抗が無いかを

チェックして作業は完了。

これで内燃機屋さんへ送ります。


コムアキ号フレーム分解準備

PITの都合でまだ完全に分解が出来ないコムアキ号ですが

コムアキ号フレーム分解準備取合えずエンジンを下ろす

準備を進めて行きます。

オイルパンとオイルフィルターケースを

取外したので、後はスペースが出来れば

コムアキ号NG箇所 (1)一瞬で全バラとなります。

その前に気になる所をチェック!

ドリブンギアーフィキシングボルトと

リアサス取付けボルトのクリアランスと

コムアキ号NG箇所 (2)リアサス取付けボルトのアンバランス

ロックナットを使っているけど

面一なので、余り効果が無いし

見た目のアンバランスが気になる。

コムアキ号NG箇所 (3)ロックナットも普通サイズなので

せっかくなのでここはもう少し

スマートに仕上げる事に

しましょうかねぇ。

コムアキ号NG箇所 (5)次にドリブンスプロケットですが

520コンバートされているのですが

ただ単純に薄いドリブンギアーを

取付けているので、遊びが多過ぎます。

コムアキ号NG箇所 (6)まぁスプロケットも磨耗しているので

ついでにCPオリジナルCB400F用

520コンバートスプロケットに

交換する事にします。

CB400F520コンバート用スプロケット (1)これがそのCPオリジナル

520コンバートスプロケットですが

520チェーン用にINサイド側と

OUTサイド側を削っているので

CB400F520コンバート用スプロケット (2)ワッシャーやサークリップとの

隙間も純正と同じ隙間になるので

遊びがありません。

CPオリジナル製品、ザムで作って貰ってます。

納期は三ヶ月です。


23号機スタックタコメーター

完成間近の23号機のスタックのタコメーター加工が仕上がりました。

23号機スタックタコメータフィッテング (1)スタックのタコメーターは

外径が大きいので、純正のケースに

入りきらないので、ケースを加工して

上から入れる感じになります。

23号機スタックタコメータフィッテング (2)まぁ気になれば気になるでしょうが

色々と試した結果、これが一番良いかもね。

1号機も銀ちゃん号もそれぞれ

取付け方は違いますが、これはこれで良いかもね。

23号機スタックタコメータフィッテング (2)スタックのタコメーターを

セッティングするスイッチですが

もう必要はないのですが

配線とライトを追加すれば設定で

23号機スタックタコメータフィッテング (3)シフトアップタイミングライトを

点灯させる事も出来ますから

一応取付けて置く事にします。

面倒だけど、スイッチ用ブラケットを製作。

23号機スタックタコメータフィッテング (5)ついでに配線を保護する為に

スパイアラルチューブを巻いて

断線しないように処理をして

配線の出口にはグロメットを入れました。

23号機スタックタコメータフィッテング (6)まだ純正部品などが

入荷してないのですが

取合えずセッティング用スイッチを

先に固定してから

23号機スタックタコメータフィッテング (7)スタックのタコメーターを

仮置きしました。

これで後はエースウェルの

スピードメーターが仕上がれば

配線を接続して一応は完成になります。

何時引取り準備が出来るのか分からないので

バッテリーを接続して、電装系のチェックをどうしようかと思案中です。

デジタル騒音計それとT.O.T用にデジタル音量計も

購入してみました。

お店の中の平常時音は60dBだった。

意外と五月蝿い店だなw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月08日

CB550F腰上O/H部品下調べ3

息子が新築マンションを買うと言うので
ネットでどんなマンションなのかを調べると
全てのSNSにマンションのコマーシャルが
入るようなって鬱陶しいわ…。
僕が家を建てたのは35歳の時だけど
息子は30歳でマンションを買うらしい。
入居は2020年9月らしいけど、あの嫁はきっと
新居には入れてくれないんだろうなぁ…。


少しリバウンド

昨晩は、控えていた炭水化物だったのに炊き込みご飯だったので

ぎん伶退治 (1)これがまた美味しくて…

茶碗2杯も食べてしまった。

発酵飲料水も退治したので

少しカロリーが多かった。

ぎん伶退治 (2)ついでに血圧を測定したけど

この所の健康的な生活のおかげなのか

すこぶる血圧の状態も良い

心拍数が高いのは発酵飲料水のせいだろう。

190308今朝の体重で、今朝体重を測ったら

600グラムも増えていた。

炭水化物恐るべし。

まぁ昨日は0アイスクリームだったので良いかな。

190308今日のお昼ご飯で、今日のお昼ご飯は

昨日の残りの炊き込みご飯。

しかも量が何時もよりかなり多い…

これはまたデブ好き嫁の罠だな。

今日は1/3か半分だけ食べて終わりにしよう。


CB550F部品調査

京都H様からのご依頼のCB550F腰上O/Hの準備の為

京都H号CB550F腰上OH部品チェック部品が何処まで必要で

何が出るのかを調べていますが

一応O/Hするに当って

最低限必要な部品をピックアップ

何点かは絶版なので海外からNOS部品を輸入しないと厳しい状態。

実際はエンジンを開けてみないと何とも言えないけど

0.25mmオーバーサイズピストンも海外にあったので

何とかなりそうな感じですが、計算すると部品代が結構なお値段になります。

まぁそれでも予算内には納まると思いますが…。


沖縄N様シリンダーヘッド

先日ウエットブラスト仕上げをしたシリンダーヘッドですが

沖縄N様シリンダーヘッドバルブスプリング測定 (1)オーナーと相談して

次の段階へ進みます。

まずは取付いていたバルブスプリングの

自由長を測定します。

沖縄N様シリンダーヘッドバルブスプリング測定 (2)測定の結果全て規定値内なので

問題なく使えます。

強化バルブスプリングも視野に入れてましたが

仕様的に純正スプリングで問題ないでしょう。

沖縄N様シリンダーヘッドバルブガイド交換 (1)次に今CPで推奨している

バルブガイドとOリングの

交換に取掛かります。

バルブはウエストバルブに変更します。

沖縄N様シリンダーヘッドバルブガイド交換 (2)取合えずバルブガイドを取外しました。

Oリングはまだ生きていたので

そんなに熱は掛かっていなかったかも?

でも、これも外さないと分からない事。

沖縄N様シリンダーヘッドバルブガイド交換 (3)サクサクッと新品のバルブガイドに

新品のOリングを入れて

バルブガイドを挿入しました。

リーマを通さないといけないのですが

ウエストバルブがまだ入って来ないので、入荷後にリーマ加工をします。


コムアキ号用CB350Fスイングアーム

やっと今日からプロライダー小室 旭選手からのご依頼作業の

コムアキ号用CB350Fスイングアーム加工準備 (1)一部に取掛かります。

CB350F用スイングアームのリメイクと

408対応用に諸々の加工をする準備。

このCB350Fスイングアームは

コムアキ号用CB350Fスイングアーム加工準備 (2)初期タイプなので少々厄介です。

取合えずアンダーラバーブッシュを

CPオリジナルSSTを使って

抜き取ります。

コムアキ号用CB350Fスイングアーム加工準備 (3)少々梃子摺りましたが

無事にブッシュを抜く事が出来ました。

後はCB400Fのチェーンカバーを

取付け出来る様に穴を加工。

コムアキ号用CB350Fスイングアーム加工準備 (4)次にCB400Fの408スイングアームから

ピリオンステップ取付けの

ブラケットを取外して

CB350Fのスイングアームに移植。

コムアキ号用CB350Fスイングアーム加工準備 (5)慎重に削って取外しました。

これでCB350Fにタンデムステップが

取付けられるようになります。

拘りの純正ノーマル風強化スイングアーム。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年03月07日

セカンダリードライブギアー3

最近またちょくちょくお問い合わせがある
セカンダリードライブギアーですが
諸般の事情により、昨年末完売したロットから
再販の目処が立っておりません。
初期ロットの時もでしたが、余り反応が無いと
再製造も考えなくなり、結果無くなってからの問い合わせが
多くなったので、セカンドロットを作ったのですが
その際にも製造が最後になる可能性がある事をお伝えしました。
例えどんなリプロ品と言えども
売れない物を作る事は無いと思います。
ですが、セカンダリードライブギアーに関しては
再販の可能性はあると思っても良いかも知れません。


3月5日6日

多分本気のダイエット生活を始めて四日目になります。

ぎん伶泠と対戦開始190305取合えず3月5日の夜は身体に良いと思う

発酵飲料をメインに筑前煮や

鯛の塩焼き、ポークソテーで

たんぱく質を摂取して、炭水化物は無し。

男は黙って七三分け190306翌朝は何時もの理髪店へ行き

男は黙って七三分け…。

これで数グラムは体重が減ったかもw

幸いな事に天候が不安定だったので

バイクに乗って「俺ラー」を食べにも行けなかった。

で、昨晩は野菜中心の鍋とたんぱく質の豚肉を食べて

炭水化物抜きの発酵飲料水だけと、食後は嫁の手作りフルーツヨーグルト。

乳製品のアイスクリームを少し食べ過ぎたのはダメだったかなぁ…

190307今朝の体重で、今朝体重計に乗って

三日間の成果を見てみたら

2キロは減っていたので

この調子で少しずつ減らせば今月中には

190307今日のお昼ご飯80キロ代に減っている計算になるな!

で、今日のお昼ご飯です。

これで何キロカロリーなんかな?

気になるので嫁に聞いてみよう。


22号機火入れ

幾ら充電してもバッテリー液が減るだけなので

22号機高槻S号バッテリー液補充ダメかも知れないけど

一応バッテリー液を補充して

再充電をしたのですが

やっぱりダメでしたが、バッテリー最後の仕事で

22号機高槻S号実圧縮圧力測定取合えず実圧縮圧力を測定。

平均0.9Mpaとまずまずでした。

これで火入れの準備を整えて

セルを回すも、バッテリーが死亡。

22号機高槻S号バッテリー交換仕方なく新しいバッテリーに交換。

レギュレートレクチファイヤーも

付いているので密閉式に変更しました。

充電が完了するまで少し休憩。

22号機高槻S号バッテリー交換 (2)事務仕事を1時間ほど先に済ませていると

バッテリーの充電が完了したので

早速取付けてエンジン始動!

見事セル1発で蘇りました。

22号機高槻S号火入れ (1)念の為点火時期をチェックして

キャブのASも調整しました。

エンジンはすこぶる調子が良いので

これでこの車両に隠された不具合も解消。

22号機高槻S号火入れ (2)後はこれで今シーズン楽しんでもらい

増し締めが必要であれば

都度対応して行く事にします。

これで次はCB550Fの腰上O/Hに取掛かれます。

22号機高槻S号完成 (1)17日までの間にこの22号機も含めて

3台納車の予定があるので

22号機の納車打合せと

CB550Fオーナーと入庫の打合せを

22号機高槻S号発電量チェック (1)先に済ませる事にします。

念の為発電量もチェック。

5,000rpmで15V程度まで上昇。

4,000rpmで14V程度だったので

少し元気が良いかもねぇ


ZRX400福井H号セルモーター組立て

セルモーターのカーボンブラシが入荷してきたので

ZRX400セルモーターOH組立て (1)早速組立てを開始します。

旧品と新品とを比べると

かなり磨耗している事が

分かると思います。

ZRX400セルモーターOH組立て (2)サクサクッとセルモターの

ブラシ交換が完了したので

早速取付けに掛かりますが

手がでかいので、ちょっと苦労しつつも

ZRX400セルモーターOH組立て (3)やっと取付けが完了したので

早速動作確認をしてみたら

やはり全然調子が良いので

これでこのZRX400福井H号の

ZRX400セルモーターOH組立て (4)整備は完了したと思います。

何かと手が掛かってしまいましたが

これで少しでも長く乗れると思うので

まぁ仕方が無いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月28日

優秀な人材募集!3

昨日も顧問業務の為打合せ。
人材不足に悩まされながらも四月から
本格的に少数精鋭ではありますが
新しいプロジェクトが始まりますが
まだまだ優秀な人材が足りません!
自分のライフスタイルを変えるチャンスかも知れないので
興味がある方は、ご連絡下さい。


大高と対戦

26日の夜は「大高」と対戦、久々に連戦です。

190226大高と対戦 (1)この日は前日越前から送られてきた

カニの残りで鍋だったので

仕方なく「大高」と対戦開始!

少し辛口らしいけど、僕にはまだ甘口w

190226大高と対戦 (2)サクッと退治してやりました。

そして今日思い出したけど

明後日は僕の55歳の誕生日でした。

予定では3月2日、3日は旅行へ行く予定です。


部品入荷ZRX400福井K号作業

二台目のZRX400用前後ブレーキパットと23号機用の

ZRX400と23号機用部品入荷部品が入荷してきましたが

雨で身体の調子が悪いのか

少しやる気が出ませんし

定休日明けの事務仕事も溜まってるし…

銀ちゃんの荷物入荷火曜日に突然入荷してきた

銀ちゃんの大きな荷物もあるしw

雨でPITの車両を入れ替え出来ないし

取合えずやる気を出す為に

ZRX400福井H号マフラーにパラノイアステッカーZRX400福井H号のマフラーに

パラノイアステッカーを貼ってみたw

気に入ってくれるかは不明です。

取合えず少しやる気が出来てきたので

ボチボチ始めるかぁ!


ZRX400福井K号ブレーキパット交換

入荷してきたZRX400のブレーキパット交換作業を開始。

ZRX400福井K号ブレーキパット交換 (1)まずはフロントブレーキからですが

この社外品のブレーキホースの

取回しが不細工なので

後で修正する事にします。

ZRX400福井K号ブレーキパット交換 (2)で、ブレーキマスターカップを開けると

ダイアフラムは死亡してるし

プレートも入っていなかった。

その上バンジョウボルトの締付けトルクも

ZRX400福井K号ブレーキパット交換 (3)全く掛かって無かったのには驚いたw

サクサクッとブレーキパットを交換して

締付け不足のバンジョウも

全て増し締め完了です。

ZRX400福井K号ブレーキパット交換 (4)ブレーキホースのルートも変更ました。

こっちの方が見た目は

スマートですよね。

締め付けトルクもOKです。

ZRX400福井K号ブレーキパット交換 (5)フルードも交換完了

これでフロントブレーキパットの

交換とフルード交換が完了。

次はリアブレーキパットの交換。

ZRX400福井K号ブレーキパット交換 (6)これもサクサクッと取外して

綺麗に洗浄、掃除。

新しいパットと交換。

ブレーキフルードも交換。

ZRX400福井K号ブレーキパット交換 (7)エンジンオイルとラジエターの

不凍液も交換したので

これでZRX400福井K号の

納車整備は一通り完了しました。

後はダイアフラムとプレートが入荷すればOKです。


23号機エキパイ取付け

23号機オーナーが取合えずフォアの純正エキパイを

23号機エキパイ取付け (1)装着しろと言うので

まずCB350F用のタンデムステップを

取付けて干渉部分が無いかをチェック。

特に問題無いので、4本出しマフラーも

23号機エキパイ取付け (2)付けれると思います。

で、取合えずオーナーの希望通り

フォアのエキパイを取付けました。

純正マフラーも取付けれると思いますが

ステーを作らないとぶら下がってしまうのでダメですね。

23号機リアブレーキ圧力スイッチ取付け (1)タンデムステップとの位置関係もあるので

ついでにリアブレーキマスターに

ブレーキランプ用圧力スイッチを

取付けてしまいます。

23号機リアブレーキ圧力スイッチ取付け (2)今付いている90度のバンジョウでは

ホースの取回しが厳しいので

20度のバンジョウに変更して

圧力スイッチを取付けて

23号機リアブレーキ圧力スイッチ取付け (3)配線を接続しましたが

配線ルートと配線の長さを

適当にしたので、ちょっと短かったw

まぁ良いかぁ…と空を見るw

で、今日はここまでにして置こうと思った。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月26日

ホンダ絶版純正部品一部車種再販3

ホンダが人気車種であるNSR250Rに続き
CB750FourやCB750Fの部品再販を決定したらしい。
人気車種と言えば、永遠に不滅の人気車
CB400Four(74'〜77')もかなりの人気車種なんだが
突然の部品廃盤ばかりで困っているのになぁ…。
どないするねん、これまたほんまに。


里の曙退治

この所色々と忙しくて家呑みする時間も余りなかったのですが

越前からカニがやって来た!昨晩、嫁の妹夫婦が越前から

カニを送ってくれたので

こりゃぁ呑まないとダメだわ!

と言う事で、久々に家呑み!

里の曙退治美味しいカニを肴に

「里の曙」をサクッと退治!

今晩も対戦したい相手がいるのですが

明日は定休日ですが朝から顧問業務なので

少々控えめに対戦しようかなぁ…。


CP1号機ターボ化計画オイルライン部品入荷

ターボ化に当り幾つかの問題の内、タービンのオイルラインを

1号機ターボ化計画ユニオンボルト&バンジョウ入荷どうするかと言う課題で、まず#6サイズの

ユニオンを取付けてバンジョウボルトを

取付け、オイルラインの検証をしてみた。

結果的に見た目の良さは良いのだが

これだとエンジンからのオイルライン取出しが厳しいと思うので

もう少し別の方法でオイルラインの取出し方法を考えます。


ZRX400ブレーキ組立て

早ければ来月初めには納車が出来る予定の

ZRX400福井H号用前後ブレーキOH用部品入荷福井H号用のブレーキ部品が

やっと入荷してきた。

まだ不足部品はありますが

取合えずはこれで前後ブレーキO/Hが

ZRX400福井H号フロントブレーキキャリパー組立て (1)出来きるので、早速開始!

サクサクッと新しい部品を組込んで

フロントブレーキキャリパーの

O/Hが完了しました!

ZRX400福井H号フロントブレーキキャリパー組立て (2)で、取付け。

これで引き摺っていたブレーキから

開放されて、パットも新品になりました。



ZRX400福井H号フロントブレーキキャリパー組立て (3)同じくR側も取付け。

ブレーキフルードを入れて

エアー抜きも完了です。



ZRX400福井H号フロントブレーキマスター組立て (1)次にリアブレーキマスターの組立て

これもサクサクっと組立てが

完了したので



ZRX400福井H号フロントブレーキマスター組立て (2)タンデムステップステーに取付けて

ブレーキスイッチスプリングと

リターンスプリングを接続して

リアブレーキマスターもセット完了。

ZRX400福井H号リアーブレーキキャリパー組立て (1)で、リアブレーキキャリパーも

取付けが完了したので

ブレーキフルードを入れて

エアー抜き完了です。

ZRX400福井H号整備完了 (2)残りのカバー類などの部品も

届いたので取付け準備をして取付け。

これで一先ず納車整備など

打合せした物は全て完了。

ZRX400福井H号整備完了 (3)後は住民票などが届けば

登録の準備に取掛かります。

納車はオーナーがツーリングがてら

引取りに来るそうです。


京都I号408タンクコック取付け

昨日オーナーから電話が入りました。

京都I号408タンクコック取付け (1)で、新品のタンクコックを

取付ける事になったので

在庫してあった408コックを探し出して

取付ける事になりました。

京都I号408タンクコック取付け (2)コックは締付け過ぎると

パッキンが痛んでしまうのでダメです。

丁度良い所で、キュっと締まれば

ガソリンは漏れてきません。

ビビリ過ぎてもダメですけどねw


23号機純正エキパイ

昨日23号機オーナーから「純正エキパイだけでも付けて」欲しいと

23号機のわがまま (1)メッセージが来たけど

一応用意していたエキパイは

あるにはあるんですが

実は部品が足りない…。

23号機のわがまま (2)#2.3のチャンバーバンドが無いんですw

当然絶版部品なので手に入れるには

部品取りのボロボロマフラーからでも

取らないとダメな貴重な部品です。

23号機のわがまま (3)当然ですが、CPの宝物庫を探せばあります。

取付けるにはフランジや割りカラーも

要るんだけど、もう当初の予算は

かなりオーバーしてるけど、いいのかな?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月25日

民事での請求失効期間とその援用

CPの店舗を平成23年に借りた時に日本賃貸住宅保障機構との契約で
¥6,500の年間保障委託料を支払う契約になっていたのですが
先週末に日本賃貸住宅保障機構蠅ら請求書が届き
今年の分も含めて6年分の¥39,000の請求書が届いた。
契約では1年毎の支払となっているのですが
6年間一度も請求書が届いた事も無いし
もしかしたら新手の詐欺かと思ったので電話をしてみた。
電話で「これは新手の詐欺か?」と話をして、民事での請求失効
含まれているのに6年分の請求はおかしくないか?と言ったら
あっさりと失効していない昨年分と
今年の分の2年間だけで良いと言う返事が即答で返ってきた。
余計に詐欺じゃないかと怪しい気もするけれど、本物の会社だったw
だが、請求の失効期間を知っている上で、あわよくば6年分の請求をして
払ってもらえればと言う日本賃貸住宅保障機構蠅浪しい会社だと思った。


ツーエイト号ETC取付け

この所ETCばかり取付けている気がしますがw

ツーエイト号ETC用電源配線今日は朝一からツーエイト号に

ETCの取付けのご依頼です。

ETC本体はオーナー持ち込みです。

ご来店までの間に電源用配線と

ツーエイト号作業スペース確保アンテナ用のステーを作って

ZRX400を外に放り出して

PITを空けてスタンバイ完了!

すると間も無くご来店なツーエイト号。

ツーエイト号ETC取付け (1)早速ETC取付け作業に取掛かります。

オーナーと車載機本体収納場所を

打合せしてから、配線の取回しを考えて

電源、インジケーターランプ、アンテナを

ツーエイト号ETC取付け (2)セットして取付けが完了。

動作確認を済ませて取付けはOKです。

セットアップはオーナー自らでお願いし

ツーエイト号のETC取付け作業は完了です。


京都I様タンクサイドカバーリペイント仕上がり

一時期に比べて、結構早く仕上がってきた京都I号の

京都I号タンクサイドカバーリペイント仕上がり (1)タンクとサイドカバーの

リペイントが終わり戻ってきました。

オーナーが気にされていた部分も

完璧に仕上がってます。

京都I号タンクサイドカバーリペイント仕上がり (2)と言うか、これが「当たり前」

なんですけどねぇ。

タンクのパテ埋め部分はしっかり

板金してから仕上げています。

京都I号タンクキャップ取付け (1)では最後の仕上げに、しっかり養生して

ワンタッチのキャップチェックを

取付けてカシメます。

これでキャップチェックは完了。

京都I号タンクキャップ取付け (2)次にタンクコックの取付けですが

最初に付いていたピンは

リプロのEリングで固定する

タイプの物だったので

京都I号タンクキャップ取付け (3)同じリプロですが

拘りのカシメタイプに変更して

取付ける事にします。

もうこれが無くなったら次は作らないと思う。

京都I号タンクキャップ取付け (4)で、タンクキャップを取付けて

カシメピンで固定完了です。

拘るなら、とことん拘る方が

マニア的には良いと思います。

京都I号タンクキャップ取付け (5)次の問題はタンクコック。

この傷が入ったコックを取付けても

良いのかどうかをオーナーと

打合せしてないので

都合の良い時にでも連絡をお願い致します。


23号機ウインカー&ヘッドライト

23号機用の前後純正タイプリプロウインカーが入荷してきたので

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (1)早速取付けを開始。

まずはリアウインカーから。

サクサクッと取付け完了。

やっぱりこれだよなぁw

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (2)次に予定とは変わってしまいましたが

フロント側ヘッドライトステーと

ウインカーを取付ける準備。

ダンパーゴムなどは勿論純正新品です。

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (3)これでヘッドライトステーに

ダンパーラバーとウインカーが

セット出来ました。

後は下側にステーを取付ける部品を

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (4)加工して取付けるだけなので

早速ステーを製作して

ヘッドライトステーを取付け。

ケースも取付けて配線を接続。

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (5)まだメーター周りの配線を

作らないとダメなんだけど

取合えず妄想用画像を撮影。

最初からこうして置けば

僕に余計な手間も掛けさせずに済んだし、こっちの方がええやん!


4オクターブの声を持つ男 泉 大介さん

枚方市政対策委員の、泉 大介さんがご来店!

泉大介 枚方枚方市政対策委員この方の歌を聴くと

涙が出てくるぐらいで

僕は直ぐにファンになってしまいました。

これからの枚方市を背負って立つ男

その先はきっと日本も背負ってくれると思いますので

この若い力を持った「泉 大介」さんを応援して下さい!


すばらしい歌声ですが、4オクターブの声を持つだけじゃないです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年02月21日

1号機熱対策の迷宮3

屋根工事の進捗状況が全く読めないので
色々と困っているのですが
作業予定の車両が現在で7台も溜まっています。
22号機、23号機、ZRX400、コムアキ号
吹田K号、足回りマッスル化のT号は部品入荷待ち状態。
後は何時でも良いのですが、1号機とCP1号レーサー
部品の入荷とPITの都合で順番は前後しますが
随時作業は進めて行ってますので
もう暫くお待ち下さい。


1号機オイルクーラー電動ファン

昨日1号機に取付けたオイルクーラーコア9インチ13段は 

今の所今までとは明らかに油温の上がり具合が違いますが

1号機オーバーヒート対策用電動ファン (1)念の為、オイルクーラーコアに

取付けようと思い電動ファンを購入。

サイズは120mm角なので

ギリギリオイルクーラーコアと同じぐらい

でも厚みが33mmなので

1号機オーバーヒート対策用電動ファン (2)取付けスペースが少々厳しい…。

ホースの取回しを少し変更すれば

何とかなりそうです。

両耳はカットだな。

1号機オーバーヒート対策用電動ファン (3)後は現状でこのファンが必要かなのかを

実際に走ってチェックしてみるのですが

ファンのスイッチを何処に付けるかも

スペース的に厳しいので

新しいサムブレーキをBabyFaceさんに発注している所です。


ZRX400フロント周り整備

ブレーキホースなどまだ入荷していない部品もあるのですが

ZRX400用フロントフォークOH用部品入荷フロントフォークの部品が

入荷してきたので早速O/Hを

開始して行きます。

フロントブレーキも同時にO/Hするのですが

ZRX400フロントブレーキOH (1)回ブレーキキャリパーもO/Hするので

ブレーキフルードも抜き取ります。

マスターカップを開けると

フルードはかなり減ってました。

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (1)フロントタイヤホイール

フェンダーを取外し

フロントフォークも取外しました。

今回オーナーと相談した上での

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (2)メンテナンスなので

ブレーキホースも

交換するので取外しました。

これでフロント周りのO/H、交換部品は

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (3)全て取外したので

まずはフロントフォークオイルを抜きます。

フォーク二本で1ℓ以上のフォークオイルが

入っているはずなのに、全然入ってない。

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (4)で、フォークオイルを搾り出して

抜いている間に、フロントタイヤを

サクサクッと交換完了です。

タイヤは同じメーカーのタイヤをチョイス。

ZRX400フロントホークOH (1)次にフロントフォークを分解。

カワサキの車両はホンダと工具が

違うのですが、Z1000Mk兇鯒磴辰討ら

色々と揃えたんですよねw

ZRX400フロントホークOH (2)綺麗に洗浄して、インナーの点錆びも磨き

曲がりも無い事もチェックしたので

これで新しい部品をセットして

組み込みます。

ZRX400フロントホークOH (3)で、サクサクッと組立てが完了しました。

スライドメタルも当然新品ですが

ピストンリングがオリフィスとASSYで

しかも廃盤で交換できなかった。

ZRX400フロントホークOH (4)で、後はフォークオイルを入れるだけ

これがまた結構な量が入るので

少しビックリしました。

同じ41Φなのにホンダとは倍以上の量です。

ZRX400フロントホークOH (5)フォークオイルを入れて

フロントフォークのO/Hが完了。

ブレーキホースなどの入荷が遅れているので

ブレーキは取付けが出来ません。

ZRX400フロントホークOH (6)取合えずフロントフォークをセットして

タイヤホイールを取付けました。

これでフロントフォークのO/Hと

タイヤ交換が終わりました。

ZRX400フロントブレーキOH (2)フロントフォークのO/Hが完了したので

次は取外したブレーキキャリパーのO/H。

ゴム部品以外で使える所は

使うつもりのO/Hなのですが

ZRX400フロントブレーキOH (3)分解してみるとピストンなども

ほぼほぼダメなので

交換した方がベストだと判断しました。

洗浄してから、必要な部品を発注。

ZRX400フロントブレーキOH (4)取りあえずフロントブレーキキャリパーは

部品が入荷するまでの間

作業が出来ないので

今日はここまでで終了。


23号機部品入荷

昨日入荷してきた520コンバートのドライブチェーンを

23号機ドライブチェーン取付け (1)今日、早速取付けました。

これで後はマフラーをどうするか?

ぐらいになったかなぁ?

フロント関係、ウインカーなどが

23号機メーター周り追加純正部品入荷少々仕様変更となったので

追加の部品が入荷してきました。

これで少し予算がオーバーしたのと

メーター加工費用などが追加となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月20日

定休日のカスタムパラノイア3

今日辺りから気温が高くなり
毎年恒例の花粉が飛ぶらしいんだけど
今の所特にくしゃみが出るとか
目が痒いとかが無いので、ひょっとしたら
近大サプリを飲んでいたので、花粉症から開放されたのかも!
と、激しく期待を持っている所です。


お通夜 

昨日は早仕舞いをさせて頂き

お通夜 (1)顧問業務をやっている会社で

勤めている社員の

お父様が亡くなられたので

同じ職場で勤務している従業員と共に

お通夜 (2)お通夜へ行ってきました。

結構早く到着してしまったので

駐車場で時間潰しをしてから

お通夜の時間になったので参列してきました。

お通夜やお葬式の時に毎回思うのですが

僕が死んだ時、嫁はどんなお葬式をしてくれて

誰が来てくれるのかなぁ…と。


頚椎ブロック注射

定休日の今日は何時もの病院へ行き

頚椎ブロック注射190220 (1)頚椎にブロック注射を

打ってもらいました。

以前ほど頻繁に注射を打たなくても

何となく一ヶ月は我慢出来るようには

頚椎ブロック注射190220 (2)なった物の、4週目近くになると

結構キツイんですよね。

まぁこれで暫くの間ですが鉄人です。

で、同じ病院で銀ちゃんに合ったw

もう病院で知り合いに合うなんて、ジジイのレベルだと思ったわ。


部品入荷

水曜日の定休日に届きがちな荷物のおかげで今日も出勤。

23号機用520コンバートドライブチェーン入荷案の定23号機用の

ドライブチェーンが

入荷してきました。

明日取付ける事にします。

1号機用ラウンド9インチ13段オイルクーラーコア入荷次に入荷してきたのは

1号機用ラウンドタイプ9インチ13段の

オイルクーラーコアが入荷。

今付いている物は9インチ7段で

それで十分に冷えていたのですが、515ccになったとたん

1号機用ラウンド9インチ13段オイルクーラーコア取付け油温が異常に上がるので

止む無く交換する為に購入しました。

まぁターボ化もするので

本当は16段が欲しかったのですが

納期が2ヶ月だったので既存の7段のほぼ倍の13段にしました。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2019年02月19日

アイラブじーじぃ2

自宅の横に新築で引っ越してきた
新婚のご夫婦さんに、この1月赤ちゃんが生まれ
昨日嫁が抱っこさせてもらったらしい…。
我が家の嫁は孫を抱っこすらさせてくれないのに…
実はそこの新婚さんの旦那さんは
息子と同い年で、高校こそ違えど息子の事は
噂で聞いて知っているらしいw
で、昨日インスタで知ったよだれ掛け
嫁に買って送ってやれと言ったら
嫁に「ただの嫌味にしかならんわ」と言われた。
その通りの目的なんだけどな!


23号機の続き

昨日大方の電装関係を仕上げた23号機の続きで

23号機用ACGブラスト仕上げ (1)今日はACGの取付けです。

まずはこのベースになるACGを

分解してウエットブラストで

仕上げて取付ける準備をします。

23号機用ACGブラスト仕上げ (2)サクサクッと分解して

ウエットブラストで仕上げました。

これで発電装置が装着出来て

街乗り号として公道を走れます。

23号機用ACGブラスト仕上げ (3)ブラスト仕上げしたACGカバーに

中古良品のコイルをセット。

パッキンとノックピン、スクリューは

新品を使います。

23号機用ACGブラスト仕上げ (4)サクサクッとACGを取付けて

スプロケットカバーもセット完了したので

シフトペダルも接続しました。

これでL側の作業は完了です。

23号機ヘッドライト取付け (1)次にヘッドライトを取付けるのですが

昨日見た時に「あれ?これサイズが…」と

180Φのヘッドライトを用意しろと言ったのに

今日取付けてみるとやっぱり162Φだった。

それならフォア用のヘッドライトステーを付けたのに!

23号機ヘッドライト取付け (2)仕方が無いのでそれを無理やり付けると

安物のウインカーもポロリw

本体がプラだし、リジットなので

多分走行中に壊れるだろうな。

23号機バックミラー&スイッチ、レバー取付け (1)右側ハンドルにスターティングキルS/Wを

取付けて、絶対に後ろなんか見えない

クソみたいな短いミラーを取付けました。

後はフロントブレーキ圧力スイッチを付けるだけ。

23号機バックミラー&スイッチ、レバー取付け (2)左側にクラッチレバーを取付けて

同じくクソみたいなミラーをセット。

せめてヨシムラの油温計だけでも

格好良く付けたいなぁw

23号機スタックタコメーター取付けイメージスタックのタコメーター取付けイメージ

スピードメーターもエースウェルの

デジタルメーターを取付ける予定です。

メーターの取付けはこれまた加工が必要です。

23号機用左側プッシュキャンセルスイッチ左側ハンドルスイッチには

汎用のプッシュキャンセルスイッチを

取付けるのですが、カプラーなので

ギボシに打ち替えないと…めんどくさ…

23号機本日の作業はここまで!で、今日は早仕舞いなので

作業はここまでで終了です。

これで電装系は8割ぐらいは

終了したかな?

明日は定休日です。

peke_cb400f at 14:00|PermalinkComments(3)

2019年02月18日

明日の営業時間3

【早仕舞いのお知らせ】
明日2月19日(火曜日)は兵庫県でお通夜の為
お店の営業時間は14時までとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが
ご理解の程よろしくお願い致します。


23号機部品加工

リアフェンダーを取付けて少しはフォアらしくなった23号機。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (1)今日からボチボチメーター周りの

加工取付けを始めて行こうと思います。

まずはキーボックス取付け穴をM6から

M8へ広げNC31のトップブリッジに合わせます。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (2)コックピットはあくまでもフォアらしく

フォア用メーターステーを取付けれる用に

ステーを出して、アルミカラーで

高さを調節したり、ステーに角度を

23号機イグニッションキースイッチ取付け (3)付けたりして、インジケーターの位置を

調節しますが、インジケーターカバー側も

加工が必要になります。

で、23号機用に用意したインジケーターが

23号機イグニッションキースイッチ取付け (4)何処に行ったか分からないので

お昼ご飯を食べてから探すと

あっさりと出てきたので

インジケーターの中身を入れて取付け。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (5)カバー側は加工しないと

トップブリッジに干渉するので

少し余分目に切り取ります。

まぁ10mmぐらいかな?w

23号機イグニッションキースイッチ取付け (6)チビッてカットすると後の処置が

余計に面倒なので、少し大目にカット!

一応10mmの目安の線を引いて

割らないように切取ります。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (7)で、取付け。

良い感じです。

これでイグニッションキーと

インジケーターカバー、メーターステーの

23号機イグニッションキースイッチ取付け (8)取付けが完了しました。

インジケーターの位置を微調整して

一先ず完成したので



メインハーネス&電装部品取付け (1)メインハーネスを這わせます。

まだブレーキとクラッチスイッチの

配線も加工しないといけないけど

その辺は後からになりそうです。

メインハーネス&電装部品取付け (2)エアークリーナーBOXに電装部品を

取付けて、メインハーネスと接続。

マグネティックサブコードの

在庫が無かった事が分かり

メインハーネス&電装部品取付け (3)エアークリーナーボックスの

接続はここまでで終了。

セルモーターに配線を接続して

ASGサブハーネスも取付け完了。

メインハーネス&電装部品取付け (4)残りの電装部品で不足しているのは

ホーンとアース線、ヘッドライトソケット

マグネティックサブコードぐらいかなぁ

取合えずダイナコイルをセットして

メインハーネス&電装部品取付け (5)これで電装関係の仕上げは

7割程度は完成しました。

今度、届いたヘッドライトを

取付けてみてチェックしてみます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月17日

ZRX打合わせ3

ZRXのオーナーがわざわざ福井県からご来店。
実車を見ながら、色々と打合わせをしました。
追加の作業も増えて、部品の追加も増えました。
納車はもう少し暖かくなってからになりそうなので
ボチボチと納車整備を進めて行く事にします。


GSX250Eスピードメーター取付け

リビルトが終わったGSX2550Eのスピードメーターの取付けに

GSX250Eスピードメーター交換 (1)朝一番に早速京都からご来店。

仮に付けていたメーターは

針が折れてしまってました。

少し仕様が違うのか、速度警告灯付きと

GSX250Eスピードメーター交換 (2)リビルトした方は速度警告灯が

無いタイプでした。

オーナーは3月ぐらいになると

思って居たらしいのですが

早々に出来上がって良かったです。


22号機高槻S号メインハーネス交換

古いタイプのレギュレートレクチファイアーが付いていたので

22号機高槻S号メインハーネス撤去 (1)出火してしまった22号機の 

メインハーネスを交換します。

残念な事にダメージは大きいのですが

ポジティブに考えて全焼しなかって良かった。

22号機高槻S号メインハーネス撤去 (2)ダメージが入ったメインハーネスを

サクサクッと撤去完了。

本体側も少々焦げてますが

まぁ大丈夫でしょう。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (1)続いて新しいメインハーネスを

這わせて行きます。

ヘッドライトケース内の配線

接続完了です。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (2)ハンドルスイッチ部も接続完了。

これで後はエアークリーナーボックス

テール側の配線を済ませば

メインハーネスの交換は完了です。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (3)サクサクッと復旧完了しました。

これで電装パーツ関係も

全て接続が完了したので

灯火系等保安部品のチェックも完了。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (4)燃えてメインハーネスにダメージを与えた

レギュレートレクチファイアーを取外して

新しく、最新タイプになった

レギュレートレクチファイアーを

22号機高槻S号セカンドマシーンでご来店取付けて整線している所へ

22号機オーナーがセカンドマシーンに

乗ってタイミング良くご来店。

これで後はエンジンの内燃機加工が終われば

新たなエンジンで完全復旧となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月16日

今日から屋根復旧工事3

屋根の工事担当者が嘘か本当なのか
喉の手術をしたらしく、工事開始日の連絡が
出来なかったと言う…言い訳で
今日から屋根復旧工事スタート朝何時も通り車で店に来ると
もう既に工事が始まっていた…。
担当の人と話をしてから
一旦帰宅してバイクに乗換えて再出勤。
裏口に車を置かれているのにも
少しイラっとしたけど
車に乗って来れないのは今日だけみたいだし
日曜日は休みで、雨の日は作業が出来ないらしいのだけど
やっぱり屋根屋さんも忙しいらしく工事期間が延びるらしい…。


大阪31C?!

昨日の帰りに僕の前を走っていたレクサスのナンバープレートに

大阪31Cのレクサス何か違和感があったので良く見ると

大阪310?大阪31C!

一瞬目がおかしくなったのかと思い

まじまじと見るとやっぱり末尾は

「0」では無くて「C」だったw

初めて見るからビックリしたわ。


22号機高槻S号見積り

昨日から本格的に作業を開始した22号機ですが

22号機シリンダーヘッド歪み測定 (1)予想していた以上に費用が掛かりそう…

取合えずシリンダーヘッドの

歪み測定を実施。

規定値内なので一安心です。

22号機シリンダーヘッド歪み測定 (2)オイル下がりのあった#1のバルブと

バルブガイドのクリアランスには

問題が無かったので、やはりガイドの

Oリングが朽ちているんだろうと思います。

メインハーネスとレギュレートレクチファイアーが今回

余分な作業になり、当初の予算よりもオーバーしたのですが

22号機高槻S号バルブガイド交換 (1)見積りを作ってOKが出たので

まずは内燃機屋さんへ送る為に

バルブガイドの交換と

Oリングの交換をやってしまいます。

22号機高槻S号バルブガイド交換 (2)古いバルブガイドを抜いて

新しいバルブガイドに

新しいOリングを入れましたが

これで完成ではありません。

22号機高槻S号バルブガイド交換 (3)EX側とIN側にリーマーを通して

これでバルブガイドとOリングの

交換が完了したので

内燃機屋さんへ送ります。


22号機作業開始一日目

全然やる気はないのですが、やらないと仕方が無いので作業開始。

23号機ボチボチ作業開始一日目 (1)まずはリアフェンダーの組立てから

中古のリプロフェンダーを

取付けるつもりだったのですが

面倒臭かったのでテールレンズだけリプロです。

23号機ボチボチ作業開始一日目 (2)部品を探していると

ヘッドライトステーが出てきたので

見つけたついでに取付けました。

午後からは発注していた部品が

23号機ボチボチ作業開始一日目 (3)入荷してきたので早速

リアフェンダーを取付け。

リプロの予定が純正中古良品に

格上げになりましたw

23号機ボチボチ作業開始一日目 (4)シートロックも取付けて位置合わせ

二段階ロック機能がちょっときついので

取付け位置と二段階ロック位置を

調整して取付けました。

23号機ボチボチ作業開始一日目 (5)リアウインカーステーも取付けて

今日入荷してきた部品は

これで全部取付け完了です。

次はメインハーネスを気が向いた時に

やっつけようかなぁ…それよりもメインキーとメーターステーの

取付け加工が先だな。


GSX250Eスピードメーターリビルト

今年の初めにご来店されたGSX250Eの

京都K様GSX250Eメーターリビルト完了 (1)スピードメーターのリビルトが

出来上がりました。

今までフォアのメーターしか

リビルトをした事が無いので

京都K様GSX250Eメーターリビルト完了 (2)この仕上がりが如何な物かと思いますが

取合えず中身は大丈夫だと思うので

オーナーに仕上がった事を連絡し

明日にはご来店の予定となりました。


本日のご来店

後輩が何処かで貰ってきたと言う大量のバイクの

190216本日のご来店 (1)チョロQを持ってご来店。

要るのがあったらやるでと言うので

おもちゃ箱の中をチェックッすると

色々と出て来たので

190216本日のご来店 (2)僕の好みの物だけ頂きました。

CB750FB、CB750 K0、CB1100R、CB400F398

Z750FX、Z750RS、CBX400F、モンキー50

この8台のチョロQを頂きました。

190216本日のご来店 (3)その後神戸からRS250の方がご来店。

入れ替わりで高槻のウルフ号がご来店。

少し早いですが今年の車検のご相談や

強化オイルポンプのご購入予約を頂きました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月14日

減らしても減らしても…3

息子がアベノハルカスの近くに建設予定の
高層マンションを購入する予定らしく
もう内覧会にも行っているらしい。
自分の家を持つと言う事は男として良い事だと思う。
でも僕が死んだら、僕の家も余るんだけどなぁ
僕も後9年経過したら、赤血病(真性多血症)の消耗期に入るので
20%の確率で白血病化するかも知れないのに
もう時期55歳だから9年経ったら64歳だけどなw


定休日の僕

何時もの事ですが、定休日と言えどもゆっくりしている訳でもなく

190213定休日の自宅ガレージ一昨日ハイエースに積込んだ

銀ちゃん号を自宅ガレージに移動し保管

これで不動車コーナーから2台

PITから2台の車両を引き上げてきましたが

190213定休日のPIT内昨日のCPのPIT内はこんな状態w

PITは−2台+2台=±0台

結果全然変化無しですが

今日1台減る予定で姫号も仕上がるので

自宅ガレージへ持って帰る予定です。

190213定休日に嫁の車の車検で、午後からは高槻へ嫁の車の

継続車検へ行ってきました。

高槻の検査場は混むし面倒だし

費用は全部僕が出さないといけないのが

訳が分かりません。


吹田K号構造変更継続車検

構造変更と継続車検のご依頼で入庫してきた吹田K号

吹田K号構造変更継続車検整備 (1)多分CPで販売してから

7.8年は経つはずですが

調子が良くノントラブルで乗って頂いてます。

今回構造変更がある為CPでの車検です。

吹田K号構造変更継続車検整備 (2)この際なので、総合点検もしてしまいます。

ですが意外とメンテナンスはしっかりと

行き届いていると思われます。

フルードが少し少ないので

吹田K号構造変更継続車検整備 (3)ブレーキパットをチェックしました。

パットAが微妙ですが

狂い咲き組みの方では無いので

一応相談してから決めます。

吹田K号構造変更継続車検整備 (4)点火時期もバッチリだったし

他には特に問題が無いので

日ごろのメンテナンスが良いのでしょう。

後は車検までの間にチョコチョコッと

全体をチェックして行きます。


姫号火入れ

折れたオイルクーラーのユニオンが入荷してきたので

姫号火入れ調整 (1)早速取付けて火入れの準備を進めます。

M10×1.25なので油断をすると

直ぐに折れてしまいます。

実は今日はこれで2本目w

姫号火入れ調整 (2)オイルクーラーのホースを

無事に接続が完了して

これで一安心です。

これでエンジンオイルを入れて

姫号火入れ調整 (3)クランキングして実圧縮圧力を測定。

平均0.925でかなり良い状態です。

やはり磨耗が少ないと言うのが

姫号の良い所ですね。

姫号火入れ調整 (7)これで火入れの準備に取掛かります。

キャブの同調もチェックして

ズレていれば調整をします。

キャブにガソリンを流し込んで

姫号火入れ調整 (8)セル2回目で姫号のエンジンに

火が入りました!

事故から2年弱、作業開始から

約3ヶ月の眠りから目覚めました。

姫号火入れ調整 (9)で、早速点火時期を調整。

接点が少々磨り減ってきているので

もうソロソロ交換した方が良いかも。

点火時期もOKとなったので

姫号火入れ調整 (10)次にキャブの同調をチェック。

少々バラついているし

バキューム圧も低いので

調整をする事に。

姫号火入れ調整 (11)サクサクッとバッチリ調整完了。

バキューム圧も上がって

良い感じになりました。

良い感じになると

姫号火入れ調整 (12)燃調も良くなり、気持ち良くなったら

マフラーから気持ちが良い汁が

垂れて来るようになったので

どや!ええか?ええのんか?って感じです。

姫号火入れ調整 (13)これで姫号の修理と

エンジンフルO/Hが完了しました。

軽く試運転をしてチェックも済ませました。

ヨシムラのテンプメーターの

姫号ハイエースに積込み配線コネクターに接触不良があり

配線を交換しないと直らないんだけど

もうこのタイプは廃盤なので

新しい物に交換しないとダメだろうなぁ…

でもエンジンも調子よくて、今までよりもきっと気持ち良いと思うよ!

で、自宅ガレージへ運ぶ為ハイエースに積込みも完了しました。


1号機ターボ化計画のミスw

アクチェーター用のホースをちょっと洒落た物に変更しようと思い

1号機ターボ化計画アクチェーター用ホース痛恨のミスw (2)極軟質ナイロンチューブを

購入したのは良いんだけど

ホースの内径サイズを間違って

発注してしまったらしいのですが

1号機ターボ化計画アクチェーター用ホース痛恨のミスw (3)ホース長も2mと思っていたのが

実は20mだったと言う罠…

この使えない20mのホースを

この先使う事があるのかは分かりません…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月12日

何故か今日は変に忙しい3

先日嫁と店の外に居た時に
刑事らしい人が乗った車が店の裏を通ったので
僕の鼻先が反応して、「あれ多分刑事やわw」と言うと
嫁が「あんたの事捕まえにくるんやわ」と言う…
いや今の刑事はそんな捜査方法しないし
それ以前に多分警察に追われる覚えは無いわ!
そんな今日は少し喉が痛い。


銀ちゃん号ガレージへ移動

不動車コーナー車両ガレージへ移動3台目昨日ハイエースに積込んだ14号機は

自宅ガレージへ移動が完了しました。

屋根の修理で営業がどうなるのか

さっぱり分からないのが一番不安です。

銀ちゃん号自宅ガレージへ移動準備積込みで、今日は銀ちゃん号を

ハイエースに積込んで

自宅ガレージへ移動させます。

次は姫号が完成したら

姫号も自宅ガレージへ移動します。


京都I様タンク、サイドカバーリペイント依頼

先日持ち込まれたガソリンタンクのリペイント依頼で

京都I様タンク&サイドカバーリペイント依頼 (1)塗装屋さんへ送る前に

付属品を取外して

残ったガソリンを乾燥してから

発送する準備をします。

京都I様タンク&サイドカバーリペイント依頼 (2)コックからのガソリン漏れも気になるので

分解してみると、何かがコックに

傷を付けている事が分かった。

ここの部品はリペア品が無いので

お高い408コックはまるごと交換になります…。


22号機高槻S号腰上O/H開始

お預かりしてから少々日にちが経過してしまいましたが

22号機高槻S号部品入荷 (1)発注していたメインハーネスや

レギュレートレクチファイアーが

入荷してきたので、早速作業を

開始します。

22号機高槻S号腰上OH作業開始 (1)まずは外装を取外して

キャブレターも取外しました。

不動車コーナーがガラガラなので

取外した部品も余裕で置けます。

22号機高槻S号腰上OH作業開始 (2)サクサクッとマフラー

エキパイを取外して

問題がある#1のEX側バルブを

チェックしてみると…

22号機高槻S号腰上OH作業開始 (3)何とまぁオイル下がりのような

痕跡がありました。

やはりバルブガイドのOリングが

朽ちている可能性があります。

まぁいずれにしても、ピストンリングも交換しますけどね。


沖縄からのご依頼

とある縁で作業のご依頼を頂き、今日第一便で届いた

沖縄からのシリンダーヘッドカスタム依頼 (1)シリンダーヘッドの状態をチェック

状態は中々良さそうですが

歪み測定をやってみないと

何とも言えません。

沖縄からのシリンダーヘッドカスタム依頼 (2)カスタムベースになるシリンダーヘッド

オーナーとよく打合わせして

作業を進めて行きたいと思います。

後日にでもバルブを取外して

ブラスト仕上げから方向性を決めて行きます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年02月11日

最強寒波ツーリング3

筋肉痛と少しの脱力感と喉の痛みがある
三連休最後の日、昨日は定休日で
1号機の慣らしがてら最強寒波の中走ってきて
ターボ化計画以前の問題が発覚したので
まずその対策を考えないと結果壊れる事に
なる事が分かったので、この時期に走って良かったと思った。


第三回枚方が好きやん公式ツーリング

枚方市のコミニュティ「枚方が好きやん」の中にあるツーリング部の

第三回枚好きツーリング部公式ツーリング (1)第三回公式ツーリングに

最強寒波の中参加してきました。

今回の参加台数は11台で

和歌山方面へ向かう事になりました。

第三回枚好きツーリング部公式ツーリング (2)市街地メインの走行だったのですが

1号機が515ccになって初のツーリングで

最強寒波なのにこの油温はアリエナイ…。

これじゃぁターボ化所の騒ぎじゃない!

第三回枚好きツーリング部公式ツーリング (3)まずは熱対策をする事にします。

市街地を抜け外気温が3度になり

油温も100度から115度になりましたが

弟のフォアはオーバークールだったらしい…。

第三回枚好きツーリング部公式ツーリング (4)まぁそれが普通なのですが50cc違うぐらいで

この油温の差は想定外でした。

取合えず昼食ポイントの

「山田ヒロキチ商店」さんに無事到着。

第三回枚好きツーリング部公式ツーリング (5)ここではニンニクたっぷりの

トンテキを頂いたのですが

最近薄味になっているので

僕には少し濃い味でしたが、美味かった。

第三回枚好きツーリング部公式ツーリング (6)その後はお決まりのスイーツ。

「むか新」へ寄り最強寒波の中でも

ソフトクリームを頂いて

嫁にもお土産を買って岐路へ付きました。

途中三連休なので必死のK察の取り締まりもありましたが

安全運転ツーリングなので何も問題ありません。


PIT確保の為

来週から店の屋根工事が始まるので通勤も車がNGと言う事もあり

Myマシーン移動PITから車両を外に出せない事もあるので

まずは僕のCB400FとZ1000Mk兇

自宅に持って帰りました。

PITの状況と工事の状況次第で

修理、メンテナンスなどの入庫にも制限が掛かる可能性もあり

銀ちゃん号や14号機なども随時自宅に持って帰る事になるかも知れません。

1号機熱対策用追加オイルクーラーそれと1号機の油温対策で

オイルクーラーをアクティブの

ラウンドタイプのコアを追加しうと思い

必要な部品を追加発注しました。


姫号フロントブレーキマスター交換

火入れ間近の姫号ですが、オイルクーラーホースの

姫号オイルクーラーバンジョウ折れ取回しを変更した折に緩んでいたので

増し締めをした所、ユニオンが折れてしまい

この部品が入荷してこないと

火入れが出来なくいので、入荷待ちです。

で、今日はブレーキマスターの交換作業から取掛かります。

姫号フロントブレーキマスター交換 (1)毎回転倒しそうになるとバイクを

投捨てるのでブレーキマスターに

何か問題が発生しているのか

フルード漏れをするようになった為の交換。

姫号フロントブレーキマスター交換 (2)レバーもツーリング2回毎に曲げてくるので

今回一緒に交換する事にします。

不具合のあるマスターを取外しました。

マスターからのフルード漏れ原因は

姫号フロントブレーキマスター交換 (4)後日調査するとして

これでブレーキマスターの交換完了です。

後はオイルクーラーのユニオン入荷待ち

特殊なので日にちが掛かるらしい…。


店内不動車移動

来週からの屋根修復工事に伴い作業スペースを確保する為に

店舗天井修理準備 (1)不動車コーナーから14号機を下ろし

ハイエースに積込んで

自宅ガレージへ移動させる事にしました。

屋根の修復工事が終わればまた定位置へ…

店舗天井修理準備 (2)銀ちゃん号も明日には自宅ガレージへ

移動させる予定です。

23号機も下ろしてボチボチと

作業を進めるつもりです。

これで不動車コーナーもスッキリしました。

姫号が完成したら不動車コーナー行きです。

22号機もそろそろ作業に取掛かる予定で、その後コムアキ号全バラ

最後に23号機の作業をやる気がある時にする予定。

そうだ!ZRX400も納車整備をしないといけないわ

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月07日

今月の作業予定3

ここ数日酒も呑む暇もなくバタバタしてました。
多分今晩は落ち着いて呑めると思います。
今月の予定は姫号を仕上げて
22号機の腰上O/H、CB550Fの腰上O/H、ZRX400の納車整備
コムアキ号全バラフレーム塗装
わがまま仕様の23号機の部品を集めたり
CB400Fの車検、嫁の車の車検…
CP1号レーサー足回り変更に
1号機ターボ化計画の部品集めと妄想など
相変わらずやる事が一杯です。


XJR400納車

昨日の定休日はXJR400のナンバープレートが届いたので

XJR400納車 (1)取付けて納車準備を済ませて

ハイエースに積込みまで済ませました。

オーナーの帰宅が遅いので

一旦家に帰ってからの納車。

XJR400納車 (2)早めに晩御飯を食べて

帰宅の連絡待ちからの納車へ

オーナーは早速試運転がてら

ガソリンスタンドまで走って行きました。


姫号フレーム組立て

今日は朝から姫号のフレームを仕上げようと準備。

姫号フレーム組立てPITを空けて姫号のフレームを

組立てる段取りをしようと

している所へやって来たのは…

自由人君…。

190207開店直後のご来店まだ事故の影響で手がまともに動かず

色々とこの先の事で無料人生相談w

障害が残りそうなので、色々と調べてたり

今の状態で良くて9級の障害認定ぐらいだろう。

姫号エンジン増し締め&仕上げ (1)そんな無料人生相談をしていても

仕事は進まないので

姫号のエンジン増し締めをしながら

自由人君の人生相談を聞く事に…。

姫号エンジン増し締め&仕上げ (2)増し締めはほんの少し締まった程度。

ヘッドカバーを取付けていたら

自由人君も納得して帰宅。

これで作業に集中出来るw

姫号エンジン増し締め&仕上げ (3)まぁ午前中の時間を少し奪われましたが

自由人君の遺失利益と後遺障害の

計算をしたら少なくとも800万は

貰えるんじゃないのかな?でもJ社だからなぁ…

姫号フレーム仕上げフロント周り (1)取合えず無料人生相談も終わったので

姫号のフレーム組立てに取掛かります。

ステムを取外してベアリングに

グリスアップしておきます。

姫号フレーム仕上げフロント周り (2)ハンドリングの過重を一定にする為

バネ計りを使って締付け具合を

ちゃんと調整します。

割りと締付けがメカニック次第に

姫号フレーム仕上げフロント周り (3)なる場合があるらしいよ。

サクサクッとフロント周りを

ザックリと仕上げました。

次はメーター、ヘッドライト関係です。

姫号フレーム仕上げフロント周り (4)サクサクッとメーター、ヘッドライトを

取付けて配線を接続してしまいます。

ETCやテンプメーター、USBなど

全ての配線接続が完了。

姫号フレーム仕上げフロント周り (5)おっと、ベホリからのプレゼントの

当時物キジマのメッキメーターカバーを

セットするのを忘れる所だった。

事故で受けたメーターのダメージも隠せます。


1号機ターボ化計画部品集め

2020年の仕様として進めているターボ化計画の部品集め

1号機ターボ化計画アクチェーターチューブアクチェーターに接続するホースを

仮にチューブで接続してみました。

これを繋いでおかないと

ブースト圧が上がりっぱなしなって

ノッキングを起こしてまた壊れるからねぇw

1号機ターボ化計画パワーフィルター装着タービン側の吸気口には

そこいらに転がっていた

パワーフィルターを仮に取付けて

タービンの取付け位置や

フレーム、エンジンとのクリアランスをチェックしようと思います。

1号機ターボ化計画部品集めTUM-MJN用BOXアダプター入荷ヨシムラジャパンに発注していた

TMR-MJNの純正エアクリボックス用

アダプターが入荷してきました。

これ1個¥7,800になります。

23号機用エキパイターボのコンプレッサー側に接続する

EXマニホールドを

適当なマフラーから作ろうかと

思っていたのですが

やっぱこれで作った方がカッコいいと思って

宝物庫から引張り出したのですが

これはまだ状態が良いので23号機用に置いておきます。

1号機ターボ化用加工ベースエキパイもう一つ自宅宝物庫から嫁に

探して持って来てもらったエキパイですが

これは傷が無いメッキベース用なので

これは勿体無いなぁ…

まだあったはずだから、もう一度探そうかな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月04日

明日も臨時休業

【臨時休業のお知らせ】
急な用事ですが、明日2月5日(火曜日)は
顧問業務の為臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが
よろしくお願い致します。


右足6ヶ月定期検査

本当は先月末に定期検査をすいるはずだったのですが

190204の右足とお宝 (1)癌治療の瀉血と重なったので

右足定期検査を一週間ずらして

今日6ヶ月検査へ行って来ました。

2007年の事故から12年が経ちました。

190204の右足とお宝 (2)相変わらず大きなお宝も映ってますが

約2年骨が付かず10回以上の手術と

骨盤の骨や、人工骨、骨の元の粉や

超音波治療を行い、ロッキングプレートを入れ

約2年後に左右に動く偽関節もやっと大腿骨が繋がり始めて

徐々に人工骨も自分の骨と馴染んできました。

ここまで10年掛かりましたが、凝りもせずバイクに乗ってます。


ZRX400買取

嫁の実家の妹夫婦の友達からの依頼で

ZRX400買取車両チェック (1)ZRX400を探して来いと言う事で

病院からの帰りにバイクを見に

近くのお店にお邪魔してきました。

BDSでも中々出品されないのですが

ZRX400買取車両チェック (2)ここには3台のZRX400があり

その中でこの車両の購入が決まりました。

後もう一台ZRX400を探せと依頼があり

フォア屋なのですが、ZXR400を探してますw


RSCクロスミッション

昨日カットしたアッパーケースにクロスミッションを入れたのですが

イマイチ安定しないので、ロアケースのカットモデルを作り

RSCクロスミッションカットモデルその2その中にRSCクロスミッションを入れ

動きも分かる様にとポジティブストッパー

ニュートラルストッパー、ドラムストッパー

シフトシャフトも組込んでみました。

これでイベントにも持って行けるかな?

クロスミッションがほぼ使われていないのか

4速の動きが渋いのが少しある事も分かりました。


1号機ターボ化計画妄想中その2

EXマニーホールドを作るに当り

1号機ターボ化計画取付け位置検証 (1)タービンの取付け位置をどうするか

また固定方法をどうするかなど

色々と妄想思案中です。

大体の取付け位置はこの当りかなぁ?と

1号機ターボ化計画取付け位置検証 (2)タービンはエンジンの右側に寄せて

そのまま排気パイプを繋げる感じ?

吸気はパワーフィルターを入れて

取合えずインタークーラー無しで

純正エアークリーナーチャンバーへ加給気を吸わせる為に

ヨシムラミクニTMRの純正エアークリナーチャンバー用

砂型鋳造アダプターをヨシムラジャパンに発注しました。

後はオイルラインをどうするか考えないと…。

まぁあくまでも洒落、見世物のレベルの直線番長仕様が狙いですw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2019年01月27日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月28日(月曜日)は2019年初の癌治療(瀉血)の為
臨時休業とさせて頂きます。
また本日は嫁が遊びに行って不在なので
レオとちゃPの食事の用意をしないといけないので
早仕舞いです。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


スパークリングワインと対戦

明日は血液検査なのですが、そんな事は気にしない主義なので

スパークリングワインサンライズと対戦 (1)スパークリングワインの

「サンライズ」と対戦。

強炭酸の辛口でしたが

美味しく頂きました。

スパークリングワインサンライズと対戦 (2)例の如くサクッと退治。

流石に今晩は明日の血液検査なので

今晩の対戦は控えようかなぁと

思案中ですw


久々に開店直後の男ご来店

今年に入ってから、倉庫の中を断捨離している銀ちゃん。

開店直後の男マジェ250キャブOH (1)息子が乗らなくなったマジェ250も

処分しようとしているのですが

長期放置で、キャブがオーバーフロー。

キャブを取外して分解掃除と

開店直後の男マジェ250キャブOH (3)油面調整などをして

動く様にして処分するらしい。

バッテリーも死亡しているので交換。

これで不具合が直りエンジンが

掛かってくれると良いのですが…。


自由人君カブ用タイヤ入荷

去年事故で壊れた自由人君の愛車用タイヤが入荷してきました。

自由人君カブ用タイヤ入荷 (1)ホイールは前後アルミリムに変更。

タイヤは生意気にピレリーの

CITY DEMONをチョイスしました。

カブに使った事は無いタイヤですが

自由人君カブ用タイヤ入荷 (2)インプレ的に耐久性に優れており

ドライ、ウエットともまぁまぁの性能

操作性もまぁまぁな感じらしいとの事です。

このタイヤは一応チューブレス用。

自由人君カブ用タイヤ装着 (1)タイヤホイールが揃ったので

早速アルミリムホイールに

ピレリーCITY DEMONを装着します。

フロントはタイヤを入れるのに

自由人君カブ用タイヤ装着 (2)少々苦労しましたが

リアはサクッと入りました。

これで自由人君のカブが

アルミホイール化へと進化します。

自由人君カブ用タイヤ装着 (3)で、早速鉄リムホイールを取外して

ドライブチェーンと

スプロケットを交換します。

ハブごと新品に交換したので

自由人君カブ用タイヤ装着 (4)鉄リムホイールはお持ち帰りに

スプロケットは純正42T

ドライブチェーンはタケガワを

使うようにと、自由人君の指定です。

自由人君カブ用タイヤ装着 (5)前後タイヤホイールを交換して

取合えず完成しました。

アルミリム、結構良い感じです。

次はフロントフォークとハンドルかな?


DS250クラッチワイヤー入荷

最初の修理打合わせの時に見落としたクラッチワイヤーと

DS250クラッチワイヤー入荷 (1)アジャスティングボルトなどが

早々に入荷して来てくれたので

とても助かりました。

で、早速取付け作業に取掛かります。

DS250クラッチワイヤー入荷 (2)少々のメンテナンス性の悪さは

相変わらずなDS250ですが

サクサクッと交換が完了しました。

これで明日納車が出来るので

姫号のフレームを搬入出来るようになります。


ヨタ8

車のレストアやカスタムはお金が掛かるから

20代の頃に止めてバイクの世界に首を突っ込んだのですが

結果、1号機に注ぎ込んだ費用は1千万ぐらいは掛かってますけどね…。

トヨタS800レストアベース (1)2009年に一瞬だけレストアを考えた

トヨタスポーツ800ですが

130Zにも1千万以上お金を掛けていたので

やっぱり止めておこうと思い

トヨタS800レストアベース (2)確かこの当時にレストアベース車を

50万で売ったと思います。

今、完車なら400万〜600万ぐらいらしい。

まぁ保管場所の問題もあったと思うけど

トヨタS800レストアベース (3)今「貴婦人」SR311が欲しくて

たまらないのですが

ヨタ8でも良かったかなぁと

今更ながらに後悔しています。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年01月26日

明日は早仕舞い2

明日1月27日は嫁が朝から東海方面へ遊びに行くので
レオとちゃPにご飯を上げないといけない事もあり
明日の営業時間は18時までになります。
明後日は今年最初の癌治療(瀉血)の為
臨時休業になる予定です。


DS250部品交換メンテナンス

作業をする予定が今日しか無い事もあり

DS250部品交換191026 (1)今朝は朝一からDS250が

入庫してきました。

天気予報では今年最大の寒波らしいけど

幸いな事に雨も雪も降ってなかった。

DS250部品交換191026 (2)で、早速キャブのインシュレーター

交換作業に取掛かります。

タンクを外すのにシートを全部

外さないといけないと言う

DS250部品交換191026 (3)メンテナンス性の悪さに少し

イラっとしながらインシュレーターを

何とか取外しました。

左が古い方でもう限界ですね。

DS250部品交換191026 (4)Oリングなども新しくして

インシュレーター取付け完了です。

これで一番面倒な作業が終わったので

後はサクサクッとやっつけようと思って

DS250部品交換191026 (5)クラッチホルダーとレバーを取外したら

アジャスティングボルトにも

ダメージがあって、ワイヤーもダメだった…

ここの部品は注文してなかったわ…

DS250部品交換191026 (6)取合えずホルダーとレバーを

新品に交換してから

オーナーに連絡して今日の納車は

部品が不足しているので無理だと伝え

DS250部品交換191026 (7)急いで不足部品を発注して

ドライブチェーンの交換をしようと

準備をしていたら、急に猛吹雪になり

大急ぎでバイクを店内に戻したけど

DS250部品交換191026 (8)暫くすると雪も止んだので

作業を再開しようとしている所へ

自由人君がご来店し、部品の注文。

少し僕の時間を取られました。

DS250部品交換191026 (9)で、再度作業を再開しようと

純正のドライブチェーンを見ると…

生意気にエンドレスチェーンだった。

もう、手間しか掛からないバイクだわ。

DS250部品交換191026 (10)とことんメンテナンス性の悪い

DS250を分解しまくって

やっとドライブチェーンの

交換が完了しましたが、スプロケもダメだわ。

DS250部品交換191026 (11)今度から純正ドライブチェーンは

絶対に発注しないと心に決め

ピンタイプのドライブチェーンを

発注する事にします。

取合えずクラッチワイヤーを交換するので、今日はここまで。

久々のピノミッキーマーク一息付こうと思いおやつに

ピノを頂いた所、苦労した僕に

ミッキーマークのご褒美!

久々に出ましたw


22号機高槻S号炎上緊急入庫

予定では今日からエンジン腰上O/Hで入庫となる22号機が

22号機高槻S号緊急入庫 (1)CPへ来る道中、左サイドカバーから

火が出て停車し消化すると言う

一つ間違えれば全焼になっていたかも

知れないトラブルです。

22号機高槻S号緊急入庫 (2)で、緊急搬送での入庫となりました。

出火原因はレギュレートレクチファイアー

販売当時トラブルが割と多かった

タイプの物が取付けられていたのかも…

22号機高槻S号緊急入庫 (3)火はメインハーネスまで燃やしており

腰上O/Hだけの予定が

メインハーネスも交換する事になりました。

でも全焼は免れ、不幸中の幸いだったのかも…


CP店舗補修工事予定

台風の影響でお店の屋根にダメージが入り雨漏りがするので

強風でブルーシートが!ブルーシートで養生をしていますが

今日の強風に煽られ飛んで行きそうな

勢いなので、管理会社に電話した。

一応の処置はして貰ったので一安心。

そしてどうやら予定では来月の中頃にやっと

屋根の修理に取掛かれそうだと言う事になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月25日

久々の全面開放オープン3

嫁の誕生日だった昨晩は鮨でもと思っていたのですが
急に嫁が「今日は中華の口やねん」と言うので
予定を変更して中華料理を食べに行った。
中華料理と言っても実は自宅近所の「王将」へ行きたいと言うので
仕方なく「王将」へ15年以上ぶりに行って来ました。
まぁ安上がりなお誕生日のお食事でしたけどね。


CP全面開放オープン

約半年振りぐらいになると思うのですが

190125久々の全面開放なCP今日からシャッターを全面開放して

バイクも外に出してPITも全面開放。

エンジンを掛けていなかったバイクも

久々に暖気出来ました。

CPディスプレイ変更 (1)ついでにCP20号機になる予定車両を

お立ち台から下ろして

ディスプレーを変更してしまいます。

20号機予定車両と委託販売車両を

CPディスプレイ変更 (2)お立ち台から入替えて

ディスプレーを変更してみました。

これで委託車両が少しでも目立つので

早く売れれば良いのになぁ。


三重M様と僕の憂鬱

超強力ラベル剥がしを購入して硬化したガムテープを剥がそうと

無力な雷神 (1)結構な時間を掛けてガムテープを

剥がす作業をしていたのですが

結果から言えば、ガムテープは

本体を腐食させており

無力な雷神 (2)ガムテープを剥がした所は

肌が荒れている状態なので

黒染めも同様にガムテープに犯されて

無駄な抵抗だったと言う事です。

黒染めにチャレンジなので、素直に諦めてガムテープを

完全に除去しました。

剥がれた黒染め部分は

上から黒染め液で再生する事にするので

取合えず養生をして、材料が入荷してからテストして再生を試みます。


姫号エンジンO/Hピストンリング

今日の予定は朝からDS250の部品交換メンテナンスのつもりだったのですが

姫号エンジンOHピストンリング&ピストンピンセット (1)僕の勘違いで明日以降だったらしい

なので仕方なく時間潰しに

姫号のピストンにピストンリングを

セットする事にしました。

姫号エンジンOHピストンリング&ピストンピンセット (2)ピストンピンも純正新品に交換。

あっという間に下拵えが完了したので

何をして、今日の時間を埋めようかと

思案中です…。

明日は22号機高槻S号も入庫予定で、来週からは姫号の仕上げや

ブログNG車AK号も多分仕上げ作業になると思います。


セコムセンサー取付け工事

シャッター修理に伴いセンサーを取外していたのですが

セコムセンサー設置工事また新たにセコムさんにセンサーを

取付ける工事に来てもらいました。

防犯の通信も2022年に向けて

5Gへと移行して行くらしく

また枚方市は防犯カメラや、交差点カメラがほぼ全域に設置されており

依然と違い(我々の殺伐とした時代、殺人事件が多かった頃)

よりも遥かに治安がかなり良くなっています。

今日はこんな感じなので

20代の頃に購入しようとしていたSR311の

動画でも見て時間を潰します。


1964年式のSR311を当時買っておけば良かったなぁ…

今更ながらに欲しいが止まらない。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月24日

永遠の27歳3

今日は嫁の誕生日
27歳で歳を重ねるのを止めた日です。
毎年色々と考えるのですが、結果毎年ノープランなので
今年の今日もノープランです。
まぁ鮨でも食べに行く事にします。
昨晩は嫁のノートPCがトロイの木馬に行かれたらしく
復旧で半徹な上に、今朝は給湯器の電源が入らなくなったと
言うので「給湯器しばいてこい」と言ったら
本当にしばきに行ったけど直らないので
電気屋さんに電話しろと言って出勤して来ました。
ねむたいです…。


台風21号被害シャッター修理

昨年の台風21号で被害を受けたシャッターの修理が

シャッター復旧工事セコムセンサー取外し今日やっと着工される事になり

今朝は何時もより早めの出勤。

まずはセコムさんのセンサーを

取外して貰います。

シャッター復旧工事シャッター材料搬入そこへ丁度タイミング良く

シャッター屋さんも到着。

軽く打合わせを済ませて

材料を搬入します。

シャッター復旧工事シャッター撤去そして壊れたシャッターは

物の30分で分解。

流石プロ、もちは餅屋ですね。

2018年の負の遺産も2019年に掛けて

シャッター復旧工事シャッター組立てこうやって徐々に復旧していってます。

組立ても早いわw、このペースで

日に3.4件は回って復旧工事をしても

まだ先が見えないらしいよ…

シャッター復旧工事シャッター復旧完了もう今年はこんな被害の

無い年になって欲しいですね。

これでCPのシャッターは

完全復旧致しました。

中から外を見る景色が久々に広く感じました。


姫号エンジンOH臓物整備

多分来週には姫号のフレーム修正が終わる予定らしい。

姫号エンジンOHミッションベアリング交換 (1)で、今日はシャッター修理工事の為

PITからバイクが出せないので

姫号の臓物整備をする事にしました。

まずはミッションから作業開始。

姫号エンジンOHミッションベアリング交換 (3)CPではデフォルト作業になっている

1stギアーブッシュの交換から。

全体的に姫号のエンジンは

磨耗が少なく状態は良い方です。

姫号エンジンOHミッションベアリング交換 (4)カウンターシャフトベアリング交換。

これも予測通り2ndギアーに

焼き付きも無く状態が良くて

一安心でした。

姫号エンジンOHミッションベアリング交換 (5)ミッションベアリング交換完了。

取外したギアー類は何時もの

似非WPC仕上げで仕上げました。

これでミッション関係は完了です。

姫号エンジンOHプライマリーギアーOH (1)次の臓物はプライマリーギアーなど

その他細かい部品を洗浄して

ゴム類の交換になります。

お決まりのプライマリーダンパーラバーは

姫号エンジンOHプライマリーギアーOH (2)カッチカチに硬化しているので

交換になりますし

カムチェーンダンパーラバーや

オイルパイプなどのゴム類も全て交換。

姫号エンジンOHプライマリーギアーOH (3)これで下拵えは全て完了しました。

ピストンピンも少し曲がっていたので

新品に交換します。

テンショナーアームはリプロ品に交換。

姫号エンジンOH交換廃棄部品達そしてこれが姫号の臓物の残骸です。

メタルやピストンの状態が良かったので

フレーム修正も含めて

予算内に納まりそうです。


三重M様の憂鬱三日目

マフラー関係などクロームメッキ関係は下処理を済ませて

三重M様の憂鬱三日目 (1)再メッキに送りました。

で、残すは純正新品NOSの

ドリブンスプロケットにこびり付いた

ガムテープの残骸です。

三重M様の憂鬱三日目 (2)今回ベースを痛めないようにと

細心の注意を払い色々な溶剤を試しましたが

全然歯が立たないので仕方なく

今まで使った事がない超強力ラベル剥がし

「雷神」を購入!因みに「風神」って言うのもありましたw

缶に記載されている説明を読み、何が入っているのかと見たのですが

何も記載されておらず、発がん性物質が入っている位の

事が書かれている程度で、臭いはキシレンやトルエン系の臭いがする位。

三重M様の憂鬱三日目 (3)こんなので本当に超強力なのか?

と思う感じですが、黒染めの母体に

ダメージを与えるとダメなので

取合えずテストで一箇所に塗布して様子を観察。

缶の説明には1〜2分放置してふき取れと書いてあったので

三重M様の憂鬱三日目 (4)取合えずその通りにして拭き取ってみて

母体には何もダメージが無い事は

確認出来たけど、ガムテープの残骸にも

何も変化が無いじゃないか!

三重M様の憂鬱三日目 (5)こりゃぁダメかも知れないなぁと思いながら

母体にダメージが入らない事は

確認出来たので、取合えず全部に塗布して

2分以上様子を見る事にした。

三重M様の憂鬱三日目 (6)臭いを嗅いだ時の直感で思ったのは

「多分無理だろうな」と思ったけど

取合えず謳い文句を信頼してみたのだが

こりゃぁ全然ダメだわ…

三重M様の憂鬱三日目 (7)色々と考えて取合えずヒートガンで

暖めてみようと思いやってみたら

単純に揮発して消えて無くなり

そのガスを吸い込んで気分が悪くなっただけ…。

三重M様の憂鬱三日目 (8)仕方なく超硬刃の薄いスクレッパーで

小さなガムテープの残りを

「雷神」を塗りながらシコシコと

削り取ったら、黒染め部分も

ガムテープの残骸に一緒に持って行かれたわ…ダメだこれ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月22日

今日でブラスト作業は終了3

春のシーズンinに向けて現在お客様から
値段が安くて良い車両を探すようにと
沢山の車両を依頼されてます。
XJR400R、ZRX400、アドレスV125G(二台目)などですが
フォア屋なので、フォアも買ってくださいw
フォア398登録1台ありますし、カワサキZ1-Rも1台あります。


三重M様のご依頼作業

古く硬化したガムテープを色んな手段を使って剥がそうと

純正新品NOSドリブンスプロケットガムテープ剥がし (1)色々とチャレンジしています。

溶剤に漬け込みましたが変化が無いので

ヒートガンで暖めてみたりしましたが

全然歯が立た立たなかった…

純正新品NOSドリブンスプロケットガムテープ剥がし (2)シンナーを塗って見ましたが

これも全くダメでした。

シンナーは揮発性が早いので

少し手段を変えて

純正新品NOSドリブンスプロケットガムテープ剥がし (3)ペーパーにシンナーを染み込まして

ラップで巻いて暫く放置する

作戦に変更しましたが

これも全然ダメなので

大人しく最強レベルのシール剥がしを購入する事にしました。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (1)次にクロームメッキ部品など

メッキ屋さんへ出す前に下準備。

内側はバフ仕上げ出来ないので

錆びたまま出すと、残念な仕上りになります。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (2)錆を取り除こうとブラストを当てると

何故か錆びている部分が増えてくるので

よくよく見ると、錆びの上から

塗装をされていました。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (3)これは最悪のパターンで

メッキ屋さんにも槽が汚れるので

叱られる奴で、ヘタをすると

もうメッキをやってくれなくなる場合が

三重M様再メッキのご依頼下準備 (4)あるので、出す前にしっかりと

状態を管理して置きます。

マフラーバンドなどは

ねじ山がメッキの幕厚で埋まってしまうので

ボルトを差し込んで置きます。

送られて来たボルトの中に1本だけ曲がっているボルトがありました。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (5)まだ純正部品で出る部品ですが

これはユニクロメッキだと思いますが

このまま出すと紛失する事が多々あり

メッキ屋さんには紛失したからとは言えません。

三重M様再メッキのご依頼下準備 (6)なので、出来れば細かく大事な部品は

針金やワイヤーなどで連結して下さい。

それでも紛失する時はありますが…

メッキ代より新品を購入した方が安いですが…

取合えず再メッキに出す準備は整いました。


姫号エンジンO/Hブラスト最終

フルウエットブラストも今日で四日目に入り最後のパーツです。

姫号エンジンOHクラッチカバーブラスト仕上げ (1)まずはクラッチカバーから

パッキンを剥がして

オイルシールなども取外します。

レリーズのOリングも交換です。

姫号エンジンOHクラッチカバーブラスト仕上げ (2)剥がれ残ったパッキンを剥がして

レリーズカバーとフィラーキャップも

ブラスト仕上げが完了しました。

これで後は組立ての下拵え

姫号エンジンOHクラッチカバーブラスト仕上げ (3)リタップ掃除を済ませて

新しいオイルシールを入れて

これでクラッチカバーの

下拵えが完了しました。

姫号エンジンOHACGカバーブラスト仕上げ (1)次にACGカバーをブラストで

仕上げるので分解します。

ローターも錆があるので

同じくブラスト仕上げになります。

姫号エンジンOHACGカバーブラスト仕上げ (2)サクサクッとブラスト仕上げ完了。

後は組立てればACGカバーの

下拵えが完了です。

これで残すはヘッドカバー。

姫号エンジンOHヘッドカバーブラスト仕上げ (1)ロッカーアームを取外し

タコメーターギアーの

オイルシールも取外し

タペットキャップのOリングも取外しました。

姫号エンジンOHヘッドカバーブラスト仕上げ (2)これでウエットブラスト仕上げが

完了したので、姫号のエンジン部品

全てのウエットブラストが

やっと終わりました。

姫号エンジンOHヘッドカバーブラスト仕上げ (3)ヘッドカバーもサクサクッと

下拵えを終わらせて

クランクとシリンダーが仕上がるのを

待つばかりとなりました。

オイルラインも加工完了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月21日

棚卸し3

嫁が毎年恒例の棚卸しをし始めました。
もうある程度は商品を覚えて来てはいますが
まだ分からない事もあり、時間も掛かるので
毎年今頃から棚卸しが始まります。
恒例行事ですが、毎回面倒臭いですわ…。


チリ産赤ワインと対戦

昨晩は焼酎を呑もうかワインを呑もうかと悩みましたが

チリ産赤ワインサンライズと対戦 (1)チリ産赤ワインがあったので

赤ワイン「サンライズ」と対戦。

割と辛口で渋みも強いワインでしたが

呑めば全てのアルコールは同じなので

チリ産赤ワインサンライズと対戦 (2)サクッと退治しました。

呑みながら思い出したのが

24日の木曜日が嫁の誕生日だった事

一瞬「しまった!」と思ったけど

まだ日にちがあるので、何か考えますw


姫号エンジンO/Hアッパーケース

昨日ロアケースのブラストと下拵えが終わったので

姫号アッパーケースウエットブラスト&下拵え (1)今日はアッパーケースのブラスト

純正の塗装を剥がすので

リムーバーを掛けて暫く放置。

放置している間に

姫号アッパーケースウエットブラスト&下拵え (2)他のカバー類をウエットブラストで

先に仕上げる事に。

L側カバー、オイルパン、フィルターケース

ブリーザーカバーなどです。

姫号アッパーケースウエットブラスト&下拵え (3)アッパーケースもブラストが終わり

これで残すはACGカバーと

クラッチカバー、ヘッドカバー

だけになりました。

姫号アッパーケースウエットブラスト&下拵え (4)アッパーケースも例の如く

リタップ掃除、エアブローをして

メディアを完全に除去します。

これを直ぐにしないと残ったメディアが

姫号アッパーケースウエットブラスト&下拵え (5)固まって取れなくなり

後でえらい事になります。

リタップを済ませて

スタッドボルトをセット。

姫号アッパーケースウエットブラスト&下拵え (6)カムチェーン強制調整ボルトに変更し

アッパーケースの下拵えも完了。

これで後はミッション関係をO/Hして

内燃機加工から仕上がり次第

エンジン組立て作業に取掛かれます。


ツーエイト号用パルス充電器入荷

バッテリー電力不足で悩んで居られるツーエイト号用の

ツーエイト号用パルス充電器入荷パルス充電器が入荷してきました。

これで勤務時間中にでも充電や

メンテナンスモードでバッテリーの

電圧管理が出来るようになります。


三重の悩み多きM様からのご依頼

以前から色々とご相談を頂いていた三重のM様からのご依頼。

三重M様の憂鬱 (1)純正新品NOSのドリブンスプロケットを

ご購入されたらしいのですが

長期に及び保管された梱包の

ガムテープが本体に貼り付いてしまい

三重M様の憂鬱 (2)取れないので、何とかならないかと

ご相談を頂き、送ってもらいました。

メッキ部分はまぁ何とかなったのですが

チェーンカバー部分は黒染めなので

擦り取る分けにも行かないので、取合えず溶剤に漬込み

でガムテープを浮かせる作戦に挑戦中です。

三重M様の憂鬱 (3)一緒に送られて来たマフラーなどの

再クロームメッキ部品。

少々錆などがあるので

下処理を済ませてから

再クロームメッキへ送る事にします。

アクスルシャフトもクロームメッキだったのかな?

ヘッドライトリムに少々傷があるのですが、多分大丈夫だと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)