部品

2019年01月12日

減らないPIT3

予約作業のCB1300は無事に納車が出来ましたが
仕方が無いのですが、予定外の事故入庫が多く
事故処理の見積りを保険屋からせかされてます…
PITは常に満タン状態な上に今日の天気…
僕の導線だけは何とか確保出来ているぐらいです。
姫のエンジンは分解したままで
全く何も進んでいません…
来週は定休日の16日から18日まで臨時休業になります。


フィレ肉と赤ワイン対戦

昨晩は牛フィレ肉だったので 、仕方なく赤ワインと対決。

赤ワインと対戦 (1)我が家では肉はサーロインよりも

脂の少ないフィレにしています。

肉を頂くんだったらやっぱり

赤ワインですよね。

赤ワインと対戦 (2)で、アルコールを摂取する時は

白ご飯を食べないようにしていますが

昨日は鏡割りだったので

食後には御汁粉を頂いたので

結果炭水化物を摂取してしまったと言う罠。


GTH号納車メンテナンス

ブレーキが若干引き摺り気味なのと、効かない事もあり

アゲインのブレンボキットに変更する事になりましたが…

190112のPIT状況天候が怪しいので作業スペースは

最小限にして、雨が降る前に

作業を終わらせようと思ってます。

多分今日クロスカブと、アドレスは

GHT号フロントブレーキ強化 (1)引取りに来てくれると思うのですが…

取合えずGTH号納車に向けて

フロントブレーキを強化。

お馴染みのアゲインブレンボキットです。

GHT号フロントブレーキ強化 (2)年末のセールの時に購入して

今日やっと取付けとなりました。

ディスク板、交換完了。

取外した純正キャリパー等は

GHT号フロントブレーキ強化 (3)奥さんが乗るCB250へ移植するとの事。

これでフロントブレーキキットの

交換が完了しました。

今日引取りに来れるか聞いてみよう!

GHT号フロントブレーキ強化 (4)車検に合わせての作業だったので

ブレーキフルードも勿論交換。

次の計画はバックステップへ

変更する事を考えているらしいです。

GHT号フロントブレーキ強化 (5)継続車検も終わっているので

明日定休日ですが納車となりました。

僕は不在なので、嫁が対応します。

明後日は14日、15日は通常営業です。


アドレスV125G納車、Z50Z入庫…

大仏君が気を使ってくれて、圧迫されているPITからアドレスを

持って帰ってくれたのですが

Z50Z再び入庫その代わりにまたZ50Zが入庫してきた。

軽くチェックしたけどキャブも問題無く

プラグにも問題は無いけど

エンジンが掛からず

直ぐにカブってしまうので、アドレスの変わりにZ50Zが入ってきた。


CP1号レーサー用フロント

ディスクのオフセットの計算ミスから

CP1号レーサー35Φステム変更 (1)結果CB750FBのステムに

変更してみました。

ステムの長さが長いので

加工が必要になりますが

CP1号レーサー35Φステム変更 (2)肝心なのはブレーキディスクの

オフセットがバッチリになりました。

後はカラーとフェンダーステーの

製作とサムブレーキのカラーなどが出来れば

レーサーと組替えて、鈴鹿でテストしてみます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月09日

火災?事件?放火?2

台風21号で壊れたシャッターの修理日がやっと決まり
今月の24日にシャッターの交換工事をする事になりました。
当日は工事が終わるまでバイクの出し入れが出来ないので
事務仕事かウエットブラストがメインになると思います。
あ!24日って嫁の誕生日だ!
どうしようか…またノープランだな。


深夜のサイレン 

ウトウトとしていた深夜24時を少し過ぎた頃に

自宅近くで消防車のサイレンが鳴るので何処で火事?と思って

190109深夜の火災?事件?放火? (1)窓を開けて見ていると

数台の消防車と救急車が来たけど

それ以上にパトカーの数の方が多かった。

規制線が張られ、火元は何処やねんと見ていると

190109深夜の火災?事件?放火? (2)刑事が乗った車両が数台やって来た。

火事?事件か?と思って

寒いのに窓を開けて見ていると

急に煙が広がってきた!

190109深夜の火災?事件?放火? (3)え?どう言う事?事件?放火?

関西電力の車両も来たぞ?

火事には間違い無さそうだけど…

大阪ガスも来た!火事だけど様子がおかしい

190109深夜の火災?事件?放火? (4)もう目も冴えてしまっているし

見ていた時間も1時間近くになって

やっと鎮火したと思って

もう寝ようと思った頃には深夜2時だった。

190109深夜の火災?事件?放火? (5)ふと左側の方向を見ると!

今度は最初の場所から

数十メートル離れた場所から煙が!

放火なのか?もう寒さに耐えれなかったので

規制線を張っている警察に「あっちも燃えてるで!」と言って寝た。

後で聞いたら家一軒が全焼して、おばちゃんが一人亡くなったらしい…

まだ原因は不明。


CP1号レーサー仕様変更への道その2

一応、T.O.Tへ向けて一通り足回り仕様変更用部品が揃ったので

CP1号レーサーフロント周り仕様変更用部品眠い今日の定休日に組立て開始。

交換用純正新品部品も揃ってます。

加工部品やフロント周り一式と

予備部品も揃ったので

CP1号レーサーフロント周り組立て (1)フロントフォークなどを

洗浄して組立てが完了しました。

今回Wディスクにして35Φにする為

CB750Fのアウターを流用し

CP1号レーサーフロント周り組立て (2)GB400のインナーを組合わせて

減衰を強めにしたかったので

オリフィスを加工しました。

フォークのオイル量は取合えず

CP1号レーサーフロント周り組立て (3)GBに合わせて入れてみました。

フルボトム110mmです。

オイルを入れて減衰の具合をチェック

まぁ良い感じなので、これでテストします。

CP1号レーサーフロント周り組立て (4)ステムもGB400用で

少し細工をすれば無加工で使えます。

CB400F用のボトムコーンレースを

打ち込んで完成です。

CP1号レーサーフロント周り組立て (5)トップブリッジもGB400を流用。

不要な部分をカットして

取合えずフロントフォークと

ステム関係は完成しました。

CP1号レーサーフロントブレーキキャリパーサポート (1)次にキャリパーサポートを

取付けるのでウエットブラストで

仕上げました。

キャリパーのO/Hは後日にします。

CP1号レーサーフロントブレーキキャリパーサポート (2)出来上がったフロントフォークと

ステムを仮組みして

キャリパーサポートをセット。

ここでディスクのオフセットの計算を

CP1号レーサーフロントブレーキキャリパーサポート (3)6mm間違っていた事が分かった。

通りでCB750Fのアクスルシャフトが

長いと思っていたのですが…

さて何処をどう変更しようかなぁ…


枚方十日恵比寿

15時に嫁と二人で枚方十日恵比寿へ行く道中の信号待ちで

電動カート?に乗っていたおばちゃんがひっくり返って

動けない状態を見つけたけど、誰も助けようとしないので

嫁に「車止めろ」と言って二人で助けようとしている所へ

自転車に乗ったおっさんが来たので「ちょっと手伝って!」と言ったけど

スルーされたので、ブチ切れた!「おっさん手伝わんのか!」

結果嫁と二人で助けた後におっさんが「大丈夫ですか?」

「お前アホか?」と思わず言ってしまったわ!もう世の中狂っとるわ!

助け終わって車に乗り込んだら、巡回のパトカーが来たけど「遅いわ!」

枚方十日恵比寿祭り (1)そんな事もありながら

やっと枚方十日恵比寿のお参りに。

寒いからなのか、丁度人も少なく

駐車場もガラガラだった。

枚方十日恵比寿祭り (2)まだ一等の自転車が残っていたので

嫁は当てる気満々でお参りを済ませて

くじ引きをしたけど…結果は残念でした。

まぁ今年もそんなもんだな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月08日

CB350F改部品移植3

昨日から2019年の営業を初め
世の中も日常に戻ってき始め、大量の荷物が届き
ありがたい事に、電話がひっきりなしに鳴るのですが
作業をしているタイミングで
僕の場合、事務所の電話を受けに行くまで時間が掛かるので
電話に出れない事も多く、ご迷惑をお掛けしております。
出来るなら、少し長めに電話を鳴らして頂ければ
出れると思いますので、よろしくお願い致します。
でもまぁ大体、事務仕事が終わって
作業を始めようと工具を持つタイミングで電話が鳴る事が
半分ぐらい、事務所に居る場合に鳴るのは2割
ウエットブラストをしているタイミングだと
全然分かりません、申し訳ない。


S君号クロスカブ事故処理

事故相手が加入している保険が、僕の嫌いな保険会社だった。

S君クロスカブ号事故査定しかもアジャスターが事故の現車を

確認しに来る訳でも無く

最近はバイク便が写真を撮影して

帰るパターンが多くなって来てます。

少し忙しいので、まだ見積りすら取掛かれてないので

もう少しお待ち下さい。


銀ちゃんレーサー号分解

フレームからエンジンまで作りこんだ銀ちゃんレーサー号。

銀ちゃんレーサー号フロント分解 (1)今日そのフレームを涙の分解…

CB400F CPレーサーで唯一

エンジンブローしなかったマシーン

鈴鹿のC-500チャンピオン車両。

銀ちゃんレーサー号フロント分解 (2)まずはフロントをサクッと分解

分解して行くと銀ちゃんテイストが

至る所に残っていました。

費用もかなり掛かったマシーン

銀ちゃんレーサー号リアー分解 (1)次にリア周りの分解に取掛かります。

ここも銀ちゃんテイストが

たっぷりありました。

リアーホイール取外し完了。

銀ちゃんレーサー号リアー分解 (2)次にスイングアームを取外し

これで移植に必要な部位は

全てフレームから取外しました。

これで銀ちゃんレーサー号のフレームは

銀ちゃんレーサー号リアー分解 (3)宝物庫で永い眠りに入ります。

取外したスイングアームは

バッテリー液で塗装が剥がれ

錆びも沸いていたり

銀ちゃんレーサー号リアー分解 (4)飛び石などで傷だらけだったので

一旦綺麗にしてからタッチアップ仕上げ。

リアはこのまま移植に取掛かりますが

フロントの仕様をどうするかも考え中。

CB350F改23号機足回り組立て一日目 (1)銀ちゃんレーサー号に付いている

インナーフェンダーは

少々手篭めにされているので

別のインナーフェンダーを

CB350F改23号機足回り組立て一日目 (2)加工して使います。

これで取付けが完了したので。

リア周りを仕上げて行きます。

まずはスイングアームをセット。

CB350F改23号機足回り組立て一日目 (3)リアホイールとブレーキを

取付けようとすると

リアブレーキマスターが

タンデムステップに干渉…

CB350F改23号機足回り組立て一日目 (4)まぁブレーキの圧力スイッチも

付けないといけないので

ゆっくり考える事にします。

取合えずリア周りは一応完成。

中古ですが状態の良いドライブチェーンを

使おうと思って用意していたのですが

純正用520コンバートチェーンで長さが2リンク違ったので

CB350F改23号機足回り組立て一日目 (5)新品に交換しないとダメです。

メインハーネス、サブハーネス

レギュレートレクチファイアー

などを準備した時点で、予算はかなりオーバー

CB350F改23号機足回り組立て一日目 (6)取合えず銀ちゃんが用意した

ステムを使ったのですが

加工が面倒だったので

部品庫からNC31用加工済みを

引っ張り出してフロント周りを組んでみました。

CB350F改23号機タンククリアランスチェック (1)取合えずセパハンは下に入れましたが

タンクに当たるかも知れないので

一応タンクをセットして

クリアランスをチェック!

CB350F改23号機タンククリアランスチェック (2)この角度なら左右共OKです。

23号機のオーナーは体格が良いので

セパハンを上に付けても

良いかも知れないねぇ。

まぁ取合えず今日はここまでで終了。

S君のクロスカブの見積りを仕上げます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月07日

仕事初め3

2019年、今日から本格的に通常営業に戻ります。
事故入荷などで、PITも既にパンパンに
なっている状態からのスタートになり
どれから手を付けて行けば一番効率が良いのかと
考えながら片付けて行く事にします。


仕事初めのPIT状況

年末にまさかの事故で入庫してきたS君のクロスカブ。

またS君のクロスカブ年末の事故入庫この時は仕方が無いけど

まだPITに余裕があると

思っていたのですが

先日寝屋川まで友人のバイクを

引取りに行って来た時に、結構厳しいかも…と思っていた所へ

KAトライアル号不動車コーナーへ移動GTH号が後輪パンクの為

緊急入庫して来る事になり

KA号を不動車コーナーへ移動。

他にもお預かりする予定の

車両もあるので、新年早々PITのやりくりに困ってます。

京都GTH号緊急入庫 (1)そして午後からレッカーで

搬送されて来たGTH号を受取り

パンク修理と、継続車検

フロントブレーキ強化などの作業も

京都GTH号緊急入庫 (2)引き続きやる事になりました。

後輩のアドレスV125Gも入って来るので

どうしよかなぁ…

取合えず保管スペースは多少確保出来た。


ブログNG車AK号フロントフォーク

昨日修正が終わったAK号のボトムケースを取付ける前に

ブログNG車AK号L側アウターケースバフ掛け (1)まず右側同様綺麗に

バフ仕上げをしてから

組立てに入ろうと思います。

バフ掛け前のビフォー。

ブログNG車AK号L側アウターケースバフ掛け (2)そしてこれがバフ掛け後のアフター

まぁこんなもんで良いでしょう。

では早速組立てに入ろうと思います。

仮付けしていたインナーを取外して

ブログNG車AK号フロントフォーク仕上げ (1)フロントフォークを仕上げて

車体に取付けが完了しました。

フロントフェンダーが無いのと

エンジンガードが

ブログNG車AK号フロントフォーク仕上げ (2)まだ仕上がって来ないので

ここまでで終了です。

一応フロントタイヤをセットして

NOSのディスクカバーもセットしました。


さよなら銀ちゃんレーサー号

CPライダー1だった銀ちゃんですが

さよなら銀ちゃんレーサー号古傷の膝が老化と共に使えなくなり

泣く泣く、レースから引退。

レーサー車両は23号機として

生まれ変わる為に分解する事が決まり

CB350F改23号機組み替え開始 (1)今日から本格的に作業に取掛かります。

まずは車高が上がるので

サイドスタンドを350Fの物から

CB750Fのサイドスタンドに変更。

CB350F改23号機組み替え開始 (2)スタンドの取付け位置が

フォアとは違い前にあるので

他の部品と干渉するかも知れないけど

4本出しマフラーを付けるならこっちが良いかも。

CB350F改23号機組み替え開始 (3)次に銀ちゃんレーサー号を分解開始。

マフラーは恐らくタンデムステップに

干渉するので、ショート管か

特注4本出しマフラーにするかになりそうです。

CB350F改23号機組み替え開始 (4)まぁ、普通にショート管でも良いけどね。

レーサーなのでACGが付いてません

カバーを外すとオイルパスプラグの

Oリング部分からだと思われるオイル滲みあり。

CB350F改23号機組み替え開始 (5)エンジンマウントボルト等を全て抜き

エンジンを下ろす準備が整いました。

FCRキャブを付けたまま下ろそうと

思ったけど、重いので、少しでも軽くする為

CB350F改23号機組み替え開始 (6)結果取外してエンジンを

どーん!

しました。



CB350F改23号機組み替え開始 (7)次にCB350Fのフレームにエンジンを

どーん!する準備に取掛かり

準備が整ったので



CB350F改23号機組み替え開始 (8)少し体勢が低くて腰に負担が掛かったけど

無事にエンジンを

どーん!

出来ました。

CB350F改23号機組み替え開始 (9)これで後は足回りを移植して行き

保安部品を取付けて行けば

一応は仕上がるのですが

まだ細かい所を決めて無いので

CB350F改23号機組み替え開始 (10)そこから先の作業が

遅くなると思います。

エンジンマウントボルトを

全部入れて締め付けます。

CB350F改23号機組み替え開始 (11)取合えず今日はここまでかな。

早々にある程度まで仕上げて

不動車コーナーへ戻す予定です。

何も無ければ明日には立ち上がるかなぁ


本日のご来店

新規の方でGSX250Eのメーター修理のご依頼です。

20190107本日のご来店 (1)以前タコメーターだけをアゲインで

修理したと言う経緯があって

修理の詳細を電話して聞き

スピードメーターの修理をする事になり

20190107本日のご来店 (2)サクサクッとメーターを取外して

代わりのメーターを取付けて

修理に出します。

この時期時間が掛かると思うので

暫くお待ち頂く事になると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月06日

明日から通常営業4

結構長い冬期休暇を頂きましたが
ほぼほぼ仕事をしていたと思います。
一応明日は仕事始め、通常営業となりますので
よろしくお願い致します。


1月4日白ワインと対戦 

少し正月太りをしてしまったようで、お腹が苦しい感じです。

20190104白ワインと対戦 (1)越前の新鮮な甘エビと

再戦する事になったので

今度こそ白ワインを頂こうと思い

アルコールストック部屋から

20190104白ワインと対戦 (2)今度は間違えなく白ワインをチョイス。

白ワインで頂く甘エビは最高でした。

サクッと白ワインも退治。

今年もアルコールの摂取量は

例年通り変わらない気がする…


新年会

大阪万博も決まり、これから忙しくなる事を期待して

新年会大阪市内の某所に本社がある

某会社での新年会に参加してきました。

まずは氏神様に社員一同がお参り

余り新年会で鱈腹呑む事は少ないのですが

会社で行われた新年会では

多分、瓶ビールを少なくて4本とロック気味水割り芋焼酎を5.6杯頂き

その後二次会で缶ビールを2本?焼酎をほぼ1本飲んで

今年初の記憶をなくして帰宅しました。


新年の挨拶回り

今朝はお世話になっている所へ新年のご挨拶周りをする予定でいたのですが

泥酔し深夜に帰宅したので今朝起きて

何か忘れている気がすると思って居た所へ

関係の方から電話が入り思い出し急いで準備。

CP1号レーサー用フロントフォークオリフィス加工挨拶回りとCP1号レーサー用

フロントフォークのオリフィスを

加工してもらいました。

姫のフレームも修正を依頼して来て

サイドカバーの塗装状況も聞いたのですが

1月中に出来上がれば良い方かなぁ…

RSCフルクロスミッションRSCのフルクロスミッションも

引き取って来ました。

見れば見るほど、感心させられる

加工がされているので

これを参考に、今後のカスタムも進められれば良いかなぁ。

銀ちゃんレーサー号分解準備明日から作業をする予定の

不動車コーナーから下ろした

銀ちゃんレーサー号のエンジンオイルを

今晩一晩掛けて抜いて準備だけして置きました。


ブログNG車AK号アウター修正

傷が入っていたアウター、ボトムケースの修正が完了しました。

ブログNG車AK号フロントボトムケース修理完了 (1)これでフロントフォークは組めますが

エンジンガードがまだ少し先になるので

仕上げはまだ先になります。

明日バフ掛けをしてから

ブログNG車AK号フロントボトムケース修理完了 (2)取付けを行う予定です。

傷が下の方だったのが救いで

歪みも無く修正が出来ました。

色々と部品を探していたら

ブログNG車AK号新品フロントブレーキディスクカバー存在すら忘れていたもう一つ新品の

フロントディスクカバーが見つかった。

傷も少なく状態が良いので

こちら側を取り付ける事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月30日

2019年に向けて4

先日から車を洗車しようと思いながら
洗車機の行列に嫌気が挿してます。
明日は大晦日なので何とか年内には
ハイエースの洗車をしたいなぁ・・・


孫と面会

息子の仕事の都合もあり、中々孫に合えないのですが

孫と面会181229昨日やっと愛おしい孫と

面会が出来ました。

生後四ヶ月ですがかなりでかいので

オムツや服もサイズが全然合わないらしいw

早く喋ったり、歩いたりしないかなぁ・・・w


不定期巡回

お店は冬期休暇に入ってますが、不定期に店に来て

メールチェックや、郵便物などを確認に来ています。

ご近所のCB400オーナー通勤途中にある美容室には

新たに購入されたCB400が

飾ってありました。

良い車両にめぐり合えて良かったと思ってます。

CB350F改用フレーム搬入そんな今日は2019年から

作業に取掛かる予定の

CB350F改用のフレームを搬入。

年明け後にはまず新年会から始まり

CB550F腰上O/H、アドレスV125G納車、姫号フレーム修正送り&エンジンO/H

トライアルバイク引き取り、東京出張、CB1300ラジエター復旧

CB400F車検&ブレーキカスタム、CB400F足回りマッスル化

CB400F腰上O/Hなど既に予定がパンパンです。

CP1号機TOT用フロント周り製作中そんな中また懲りずにT.O.Tに向けて

レーサー用の部品を集めてます。

今度こそ、本気で作ろうと思い

以前集めた部品を処分したにも関わらず

また部品を集めだすと言う負のスパイラルが2019年も続きます。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2018年12月26日

定休日のカスタムパラノイア3

定休日はラーメンデーと決めていたのですが
嫁が何故か勘違いをして
何時も通りお昼のお弁当を作ってくれたので
仕方なくラーメンを食べるのを止めて
何時も通りのお弁当を頂きました・・・


滋賀の地酒と対戦三日目

滋賀との対戦も後半戦を向かえ三日目に突入!

滋賀の地酒と対決三日目 (1)まず昨晩の対戦相手は「萩乃露」

昨日はおやつにミスドを頂いたので

晩御飯は野菜と湯豆腐だけにしました。



滋賀の地酒と対決三日目 (2)で、何時も通りサクサクっと退治して

後はきゅうりのQちゃんを肴にして

第二ラウンドへ



滋賀の地酒と対決三日目 (3)第二ラウンドは「美冨久」と対戦開始。

これもサクサクッと退治。

今更ながらに気が付いたのは

この瓶は300ml入りだったので

滋賀の地酒と対決三日目 (4)約1合半と言う事なので

そりゃぁ酔わないはずだわと思いました。

そして今晩が最終戦になります。

合計で滋賀の地酒2.4ℓとの対戦も終わります。


男は黙って七三分け・・・

まぁ色々と事情がありまして、パンチパーマは風体が悪いのと

男は黙って七三分け20181226業務上の都合から

やはり七三分けだなぁと思った次第です。

来年16日17日と東京へ出張も

決まった事もあり、やむなく七三分け継続です。


名古屋AK号速度警告灯ステッカー

昨日フロント周りを組んでから、しまった!と思って

名古屋AK号速度警告灯ステッカー (1)取付けたハンドルを取外し

速度警告灯ステッカーを

貼る事にしました。

まぁ実際にはハンドルの下になるので

名古屋AK号速度警告灯ステッカー (2)見えなくなってしまうのですが

そこは拘る所なので

手直しでハンドルを外して

速度警告灯ステッカーを貼りました。

名古屋AK号速度警告灯ステッカー (3)多分こんなステッカーがある事すら

知らない方も居ると思いますが

オリジナルコンディション重視の

仕上げに拘ってみました。


CP製バッテンキャリパー用サポート

プロライダーの小室 旭氏につくばサーキットで使ってもらっている

CP製バッテンキャリパーサポートinつくばサーキットCP製バッテンキャリパーサポート

ご存知の通り、つくばサーキットは

ブレーキをかなり使うコースなので

ノーマルブレーキでは厳しいコースです。

しかもそれをタンデムでコースを疾走するプロライダー小室 旭氏。

フォアのエンジンもCPで仕上げ、ブレーキもCP製で

ノーマルルックの18インチスポークで走るんだから

プロライダーって本当に凄いよね!

peke_cb400f at 16:30|PermalinkComments(0)

2018年12月25日

平成最後のイブ4

以前から交渉していたCB400F用
RSC製クロスミッションがやっと手に入る事になりました。
鈴鹿サーキットのフルコース用で作られたらしく
ヘアピンはローギアーで回れるぐらいの
ギアー比になっているので
街乗りで言えば、セカンドギアー的な感じになる。
一般道では使い辛いミッションになります。
新しいレース用エンジンを作ろうかなぁw


滋賀の地酒と対戦二日目

嫁と二人だけの平成最後のイブの昨晩も

滋賀の地酒シリーズと対戦二日目 (1)滋賀の地酒シリーズと対戦二日目。

まずは「○市」から対戦開始!

洋風のクリスマスディナーを肴に

日本酒でメリークリスマス!

滋賀の地酒シリーズと対戦二日目 (2)「○市」をサクッと退治。

嫁は軽く食事を済ませて

サッサとケーキを出してくるので

慌てて二本目と対戦へ

滋賀の地酒シリーズと対戦二日目 (3)二本目は「富鶴」と対戦開始ですが

今度はクリスマスケーキを肴に

サクッと退治しまして

倒した写真を撮り忘れました。

嫁と二人だけのイブ (1)結構お腹は一杯でしたが

ケーキを二人で分けて頂きました。

もう今年も残り僅かとなって来たなぁと

振り返りながら・・・

嫁と二人だけのイブ (2)サンタは我が家にはやって来ず

嫁は孫にクリスマスプレゼントを

送っていた。

来年はどんな年になっているのかなぁ

そんな事を思うのはまだ早いかw


Z50Zエンジン不動修理

昨日緊急入庫してきたZ50Zの修理をサクサクッとやってしまいます。

最初はキャブが怪しいと思っていたのですが

Z50Z電装系不良修理 (1)何故か今日はプラグに火が飛ばないので

まず何処かの接触不良を疑い

チェックすると、キースイッチが

緩んでおり、アース不良かと思ったけど

Z50Z電装系不良修理 (2)それでも無かったので

ポイントをチェックしたけど問題なし。

これは配線が怪しいと的を決めて

まずコイルの抵抗をチェックしたけど

Z50Z電装系不良修理 (3)問題は無かったので

キースイッチとメイン電源系の接点を

取外してチェックしたら

少々緑青が沸いていたので

Z50Z電装系不良修理 (4)接点復活剤を掛けて配線を接続したら

プラグに火が飛ぶようになり

無事にエンジンが掛かりました。

まぁ手間は掛かったけど

Z50Z試運転181225原因が分かって良かった。

取合えず試運転。

100キロ以上の負荷が掛かっても

しっかり走るので大丈夫だと思うよw


名古屋AK号フロント周り仮復旧

ステムとトップブリッジが仕上がってきたので

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (1)早速フロント周りの仮組みを

始めて行きます。

まずはステムに純正ボールベアリング用

ボトムコーンレースを打ち込んで

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (2)フレーム側にもグリスをたっぷり塗って

ボールベアリングを並べて

トップコーンレースを入れました。

これでステムを入れて

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (3)トップスレッドを締め込みます。

バネ計りで締め込みの具合を

計り、調節しながら締めて行きます。

締め過ぎても緩過ぎてもダメです。

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (4)取合えずフロントフォークを入れて

メーター周りをセットしました。

左のアウターケースの修理がまだなので

インナーチューブだけ仮にセットしました。

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (5)メーター周りをセットして

ヘッドライトステーを取付けて

シビエのライトケースも取付けて

配線を接続まで完了したので

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (6)名古屋AK号はちょうちんから

シビエに進化しました。

後は来年になりますが

時間がある時にでも

名古屋AK号用純正新品NOSディスクカバーブレーキマスターを

交換しようと思ってます。

純正新品未使用俗に言うNOSの

ディスクカバーですが、袋を開けると

少々保管傷があったのが残念だったかな。


姫号不動車コーナーからPITへ移動

一昨年の左直事故も何だかんだとあって時間は掛かりましたが

姫号作業準備不動車コーナーからPITへ移動修理代は保険からちゃんと出たので

作業をするタイミングだけの

問題だった姫号ですが

やっと作業に取掛かれるので

不動車コーナーから下ろしました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月22日

スピードワーニングユニット3

何とか予定通り年内残り2台の納車が
出来そうな目処が立ち
姫号のフレーム修正と
エンジンフルO/Hに取掛かれそうです。
同時進行で関東の問題児号も取掛かれそうで
来週辺りに打合せにご来店予定となりました。
でもその車両、嫁に内緒って言うのが
面倒だわ・・・


三重の地酒「作」純米吟醸と対戦 

昨晩は嫁が会社の忘年会だったので、自宅でレオとちゃPとお留守番。

三重の地酒「作」純米吟醸と対戦181221 (1)一人寂しく三重の地酒「作」(ザク)と対戦!

誠司、行きまーっす!と呑んだのですが

まるで水の様な呑み口で

とてもフルーティーな味わいでワインレベル

三重の地酒「作」純米吟醸と対戦181221 (2)「嫁にしか殴られた事がないのに!」

とサクっと退治してやりました。

次は同じ「作」の純米大吟醸と

対戦するのが楽しみになってきた!


スピードワーニングユニット2ロット目完成

いきなり在庫が売れてしまい、無くなったので大急ぎで発注。

スピードワーニングユニット2ロット目完成何とか年内に完成して

昨晩納品されてきました。

まぁ年末のこの時期に在庫を抱えるのも

少々辛いタイミングですが

必要として下さっている方が居るだけで、作る甲斐があります。


Z1000Mk競ラッチワイヤー交換

クラッチの不具合から乗れなくなっていたZ1000Mk兇任垢

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (1)こんな日にしか作業できないので

狭いPITで太い身体をねじ込んで

クラッチカバーを取外しました。

何とかワイヤーを取外しました。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (2)レリーズが磨耗している可能性も

考えて居たのですが

若干の磨耗とベアリングの当りが

少し出て居る程度でしたが交換します。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (3)クラッチワイヤーは新品だったのですが

エンジンの熱で溶けており

これが原因だった事が判明しました。

多分また同じようになるだろうから

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (4)何か対策を考えないとダメだろうなぁ

新品のクラッチレリーズは早くに

手に入れていたので

サッサと交換してしまいます。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (5)取合えずクラッチは復旧しましたが

また熱でワイヤーが溶けそうなので

今度は少し熱対策を考えて

断熱を少し考えます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月18日

セカンダリードライブギアー3

明日は定休日で血液検査の日です。
この所腰痛も激しいので、ついでに腰に
ブロック注射をしてもらいます。
病院が終わってから、平成最後になるはずの
1号機のエンジンをどーん!しようと思ってます。
シリンダーヘッドは10年近く前に構想していた物で
今回少し方向を変更してキャリロのコンロッドに
14Φのピストンピンを使用して、ローコンプながら
割とレーシーな感じのするピストンを装着しました。
どんなエンジンに仕上がるのか楽しみです。
1号機が復活したら今度はZ1000Mk兇
余り乗らなくなるかもねぇw


強化セカンダリードライブギアー 

今までこの強化セカンダリーギアーに交換して

セカンダリードライブギアー在庫数ネコ無きなどの報告が無いので

そう言う意味でも意外とイケテル部品だと

思いますが、在庫は残り3個となってしまい

次の入荷は全く未定となりました。

ご入用の方はお早めにお願いします。


tanji号エンジン搭載

色々とあって、予定が少し遅れましたが

tanji号エンジン搭載181218 (1)今日やっとtanji号のエンジンを

搭載して仕上げに取掛かれるようになり

早速朝一から作業に取掛かっております。

天気も良いので、作業スペースを開けて

tanji号エンジン搭載181218 (2)エンジン搭載準備が整ったので

どーん!搭載完了です!

後は年内納車めがけてサクサクと

仕上げて行きます。

tanji号エンジン搭載181218 (3)エンジンハンガーボルトを入れて行くと

やはりフロントエンジンハンガーの

ボルトが全然入りません・・・

フレーム、ダウンチューブが内側に入ってます。

tanji号エンジン搭載181218 (4)そして格闘する事約2時間・・・

ひねくり回してやっと全ての

エンジンハンガーボルトを

入れる事が出来ました。

多分フロントのエンジンハンガーを取るには

他のボルトを全て抜かないと取れないと思います・・・

tanji号エンジンL側仕上げ181218 (1)で、やっと仕上げ作業に取掛かり

L側の仕上げが完了しました。

今回フル強化オイルポンプを

強制的に投入したりました。

tanji号エンジンL側仕上げ181218 (2)オーナーが気にしていたACGカバーですが

今回はエンジン内部に全力注入したので

外から後で触れる所は後回しにしました。

恐らく以前のあの状態からすれば

tanji号エンジンR側仕上げ181218 (1)全然違うフォアになっているはずです。

R側、クラッチを取付けました。

リフターベアリングも当然新品に交換。

ロックナットは散々使い回されているので

tanji号エンジンR側仕上げ181218 (2)新品に交換して取付け完了。

カバーも取付け完了ですが

今回塗装はしませんでした。

クラッチワイヤーを取付けて調整。

tanji号エンジンオイルパンフィルターケース181218 (1)オイルパン、オイルフィルターケースを

取付けて、今日はここまでで終了。

エンジンハンガーボルトの取付けに

結構手間が掛かったので

その分今日の完成にならなかったかなぁ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年12月09日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月10日(月曜日)は別事業打合せの為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


奇跡の国内408キャブレターO/H分解

車体に取付けられていたキャブレターは残念な事に

腐ったガソリンに犯されておりフルO/Hしないと使えない状態だった。

また、新たにオーナーが持参したキャブレターは外観的には

とても綺麗で、状態も良さそうだったのですが

残念な事に、キャブレター本体が腐っており

MJを差し込む部分が腐って使えない状態だったので

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (1)二個一に組替えて、インナーパーツも

新品に交換する方向になりました。

まずは後から持ち込まれた

概観の綺麗なキャブを分解しました。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (2)こんな感じで本体以外は綺麗なので

再メッキをしなくても良いぐらいです。

この綺麗な部品を使って

車体に付いていたキャブレターに

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (3)綺麗な部品を入替えて使えば

それなりの状態のキャブレターが

出来上がると思います。

分解した車体側のキャブレター部品と

比べて見ても状態の違いが分かると思います。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (4)でも残念な事に、車体に付いていた

キャブレターも、チョークレバーの

スプリングと硬球が不在でした・・・

仕方が無いので、ここの部品は在庫から出します。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (5)腐ったガソリンに犯されたボディも

完全に分解が完了しました。

通路が詰まっているぐらいで

腐食してないので、こちらのボディを使います。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (6)概観が綺麗だった方のボディは

MJが納まる部分が溶けて

朽ちて居るのが分かりますね。

残念ですがこのボディはもう使えません。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (7)取合えずこれで両方のキャブが

バラバラになりました。

これで組立ては良いとこ取りの

二個一で仕上げます。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (8)その前にガソリンの通路が詰まった

ボディをキャブクリーナーを通して

通路の掃除をしてから

後日ボディを綺麗に洗浄する事にします。

今日は定休日なのでここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年12月07日

年内何台完成、納車出来るか!3

2018年も1/4が終わろうとしているのですが
CPのPIT状況は全然変わっておらず
不動車コーナーに6台(内レーサー1台と委託車1台)
その中でエンジンO/H中、フルレストア予定などの車両が4台。
PITに8台(内作業リフトに1台で完成は2019年予定)
修理とメンテナンス中などが7台・・・(内1台が1号機)
完成間近が2台から3台で、入庫予定が5台?
結果、全然減らないと言う事かぁ・・・


京都H号継続車検

1台でも減らしたいので、手離れの良い車両を優先して仕上げます。

2018京都H号継続車検整備 (1)まずは京都H号の継続車検。

ほぼ整備は終わっており

後はオイルフィルターを交換するだけ

なのですが、当時物ヨシムラ後期なので

2018京都H号継続車検整備 (2)マフラーを取外さないと

オイルフィルターケースが取れない。

ケースを取外すと、おやまぁw

スプリングシートが不在でした。

2018京都H号継続車検整備 (3)何でだろうと思いつつ

スプリングシートを入れてオイル交換完了。

ブレーキフルードを交換して

そのまま継続車検へ行き

2018京都H号継続車検整備 (4)車検が完了したので

何時でも納車が出来ます。

これで1台PITから減ります。

オーナーと電話で相談した所

土曜日に引取り納車予定となりました。


三重U号事故復旧完了

継続車検とタンクのリペイントがタイミング良く終わり

三重U号ホタル復旧車検の為に取外したホタルを

現状復旧しました。

構造変更もご依頼でしたが

三重県の陸運事務所まで行かないと出来ないので

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (1)今回は見事にスルーして

継続車検を受けて通してきました。

ガソリンタンクのキャップチェックが

入荷してきたので早速取付けて

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (2)これで2台目が完成したので

PITのスペースが空く予定です。

後は引取り納車の予定を

オーナーと相談して決める事にします。

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (3)これでスペースが出来ると思うので

次の入庫予定の方と日程の

調整打合せをする事にします。

その前にtanji号のロッカーアームが

仕上がって来てくれると助かるんだけどね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月06日

平成最後の師走の予定3

毎年11月から始まる忘年会も
今年は都合が合わなくて、忙しくもあったので
CP忘年会の企画すら出来ませんでした。
今の所決まっている平成最後の
師走の臨時休業や忘年会、年末年始の予定は下記の通りです。
12月9日:定休日
12月10日:別事業、業務打合せの為臨時休業
12月11日:恒例バイク馬鹿仲間達の激しい忘年会(大阪)
12月12日:定休日(朝から病院&血液検査)
12月13日:暴風暴年会(名古屋)
12月14日:まじめな忘年会(神戸)
来週は仕事をする暇も無く、ハードな週になりそうです。
クリスマスも多分家庭に問題児に、おっさん女にと忙しかも
年末年始の予定は12月29日〜2019年1月7日ぐらいから営業かな?
早ければ4日から営業しているかも。
多分年末年始の休みを利用して1号機を仕上げると思います。


三重U号継続車検

修理中に車検が切れてしまったので

三重U号継続車検完了 (1)そのまま継続車検のご依頼を頂き

流石にホタルは車検が通らないので

取付けていたホタルを取外して

継続車検へ行って来ました。

三重U号継続車検完了 (2)心配していたホイールは何とかスルー

高さが変わっているので

構造変更になるのですが

三重の陸事まで行かないと行けないので

三重U号継続車検完了 (3)それもフフフーンとスルー出来て車検は合格です。

そのタイミングで仕上がってきたタンク!

納車前に激しくグッド!です。

早速付属部品を取付けて納車準備へ!

三重U号継続車検完了 (4)元々フユーエルコックは

交換する予定だったのですが

車両も綺麗になりタンクも綺麗に

なったのに、ここだけ何か残念なので

三重U号継続車検完了 (5)この際タンクキャップも新品に交換します。

失敗したのがキャップチェックの在庫が

無かったので今日大急ぎで発注したので

明日には入荷すると思います。

三重U号継続車検完了 (6)で、新品のタンクキャップを取付けました。

キャップチェックは明日入荷したら

直ぐに取付けます。



三重U号継続車検完了 (7)タンクコックも新品に交換。

天気が悪いので車両が出せず

取外したホタルを取付ける事も

出来ないので、まぁ明日午後には完成です。

三重U号継続車検完了 (8)車両にタンクを乗せて

これで99%完成したので

9割はレストア車両になります。

逆にやってない所と言ば

リアフェンダー周り位になりましたw


京都H号継続車検準備

今日の残念な天気で作業の予定が大きく狂ってしまったのですが

京都H号継続車検準備 (1)京都H号の継続車検準備を進めます。

黄色いヘッドライトは年式により

NGな場合があり、しかも光量も

少々低いので交換して行きます。

京都H号継続車検準備 (2)ヘッドライトにバッ直の配線をして

車検用ヘッドライトに交換しました。

整備関係がこの天気で出来ないので

明日には作業を終わらせる予定です。

2018京都H号継続車検準備 (3)取合えずエンジンオイルを抜きます。

オイルフィルターは当時物ヨシムラ後期の

マフラーを取外さないと交換出来ないので

明日交換する予定です。


tanji号腰上内燃機加工仕上がり

毎年の事ですが、この時期は内燃機屋さんも大忙しで

tanji号腰上内燃機加工完了 (1)やっと仕上がってきたtanji号の腰上。

ロッカーアームはまだ少し

時間が掛かるので

先に出来上がったヘッドとシリンダーを

tanji号腰上内燃機加工完了 (2)送ってもらう事にして

下拵えと仕込みをしてしまいます。

まずはヘッドの下拵えから

歪が無かったので面研はしていません。

tanji号シリンダーヘッド下拵え&仕込み (2)バルブガイドを打ち替えたので

シートカット、フェースカットして

バルブの擦り合せをしました。

バルブスプリングをセットして

tanji号シリンダーヘッド下拵え&仕込み (3)純正インシュレーターや

純正スタッドボルトなども

全て新品に交換してしまいます。

これでシリンダーヘッドの

tanji号シリンダー下拵え&仕込み (1)仕込み下拵えが完了しました。

次にシリンダーとピストンの

下拵えと仕込みに取掛かります。

シリンダーはスリーブを交換したので

tanji号シリンダー下拵え&仕込み (2)シリンダー上面の平面研磨を

0.075mmしてあります。

シリンダーにOリングを入れます。

後は脱脂してシリンダーの仕込みが完了したので

tanji号腰上仕上げ (1)398専用0.25OSピストンに

ピストンリングを入れて

コンロッドに接続完了!

シリンダー挿入準備が整いました。

tanji号腰上仕上げ (3)で!シリンダー挿入完了!!

純正ヘッドガスケットを入れて

シリンダーヘッド搭載準備が

整いました!で!!

tanji号腰上仕上げ (4)どーん!シリンダー搭載完了!!!

サクサクッとトルクを掛けて

締付け完了!!!!

若干のカジリがあるカムシャフトを

tanji号腰上仕上げ (5)中古良品と交換して、カムシャフトも

搭載完了しました!!!!!

ロッカーアームのリメイクがまだなので

今日はここまでで終了です。

フレーム搭載前に増し締めする事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月03日

CB550Four3

お客様のご都合に合わせて
なるべく早く入庫させて、作業に取掛かろうと
PITのやりくりをしているのですが
天気が悪くなるとそれも中々困難になり
車両を濡らす訳に行かないので前もって
作業をする車両の配置を考えているのですが
本当にどうにもならんわ・・・


CB550Four

京都のH様の継続車検で、納税証明書が無かったので夕方に持って来て頂いた。

京都H号CB550F増車CB400Fの車検が終わった後に

最近増車したCB550Fourの腰上O/Hも

予定しているので、このタイミングで

まずは車両の現状をチェック。

思ったよりも状態は良く、エンジンのメカノイズも少ない良い車両でした。

腰上をO/Hする予定でのご相談です。


奇跡の国内408車検整備

昨日ブレーキの不具合原因が判明し、それの修正途中で作業が終わったので

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (1)今日はその続きからです。

キャリパーは焼付け塗装をして

その他の部品は新品と既存の物を使います。

パットグリスは塗られて無かったので

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (2)グリスを塗って、割れていたパットAの

スペーサーを中古良品から取外しセット

車体にキャリパーを取付け。

キャリパーホルダーも調整。

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (3)ブレーキフルードを入れてエアー抜き。

これでフロントブレーキが

ちゃんと使えるようになりました。

何故ブレーキが間違った組まれ方に

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (4)なっていたかは分かりませんが

これで問題はありません。

念の為リークチェックもしておきます。

次にオイルとオイルフィルターの交換。

奇跡の408オイル交換 (1)エンジンオイルを抜いている間に

吸気系もチェックしておきます。

オイルの状態は綺麗な方ですが

少々乳化しているので交換がベストです。

奇跡の408オイル交換 (2)毎度おなじみ使い回された

ドレンボルトのクラッシュワッシャー

CPでは当然オイル交換毎に交換します。

ここまで潰れると取外すのに苦労しますw

奇跡の408オイル交換 (3)エアークリーナーの状態をチェックしようと

シートを開けて見ると、貴重な純正工具が

ちゃんと入っていました。

ツールトレイソリッドが無かったのは残念。

奇跡の408オイル交換 (4)で、エアークリーナーの状態はと言うとw

エアーリーナーケーススリッドも

不在だったけど、エアークリーナーの

フィルターが取外されていた。

奇跡の408オイル交換 (5)何かの理由があるのかな?

取合えずエレメントスプリングの

向きが間違っていたので

正規の向きに直しておきました。

奇跡の408オイル交換 (6)エンジンオイルを抜いて

オイルフィルターケースを取外すと

あら・・・スプリングの居場所が違います。

こうなると当然、スプリングシートも

奇跡の408オイル交換 (7)不在だろうなぁと見ると

案の定不在で、フィルターのゴムも

逆付けのスプリングでやられて

めくれ上がってました。

奇跡の408オイル交換 (8)で、新しいスプリングシートを入れて

これが正規の順番ですね。

最初にスプリング、スプリングシート

最後にオイルフィルターが入ります。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (1)次にバッテリーを取付けて

保安部品のチェックですが

割れたサイドカバーは別の物を用意して

塗り直しをする予定です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (2)バッテリー側のサイドカバーを取外すと

下の方が少々色が剥がれていました。

これをどうするかはオーナーと

相談してから決める事にします。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (3)充電が終わったバッテリーを取付け

多分ヘッドライトブースターと思われる

配線があったので、これも一緒に接続。

ツールボックスの中にあったIGC用は

何処から電源を取ってるのかなぁ?

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (4)で、取合えず保安部品をチェックする為

イグニッションON!

前後ブレーキ、ナンバー灯OK

ホーンOK、パッシングOK

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (5)ウインカー・・・NG

アース不良かと思ったけど

調べるとリレーが死に掛けていたので

リレーを交換する事になります。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (6)ちょうちんヘッドライトOK・・・

ハイビームもOKですが

このままだと光量不足なので

ヘッドライトを車検用に変更です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (7)その前にウインカーリレーの交換。

点滅しないので、コンパチを入れると

1回だけ点滅しますw

コンパチで直るかと思ったけど無理なので

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (8)リレーを交換しました。

純正リレーですが二極の物に

統合されているので

緑色のアース線は浮きます。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (9)これでウインカーは点滅するように

なったのですが、インジケーター側の

ランプが点灯してないやん・・・

玉切れの可能性が高いので

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (11)インジケーターカバーを取外して

球を交換したら

ちゃんと点灯点滅するようになった。

これでウインカー関係は完了です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (12)次にちょうちんヘッドライトを取外すと

やっぱりケースの中にヘッドライト用の

リレーが入っていたので

バッ直の配線をしなくて済みました。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (13)ちょうちんヘッドライトから

車検用H4シビエに変更が完了。

これで光量もアップするので

車検は大丈夫なはずです。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (14)ヘッドライトを点灯させると

少し分かり辛いですが

かなり明るくなってます。

これでエンジンを掛ければOKでしょう。

奇跡の国内408エンジン始動 (1)エンジンを点火する前にプラグのチェック

んー#4だけ汚れてない・・・

これは何かの罠かなぁ・・・

と思い念の為点火系をチェック。

奇跡の国内408エンジン始動 (2)社外品のコイルから#4の

シリコンコードを引っ張ってみると

簡単に抜けたけど

これは#4だけじゃなく構造上抜けるようだ・・・

プラグにも火花は飛ぶので火入れには問題はなさそうなので

エンジンオイルを入れて火入れの準備。

奇跡の国内408エンジン始動 (3)多分オーバーフローは

するだろうなぁと思いながら

ガソリンを流し込んで暫く見ていると

案の定オーバーフローしだしたのだが・・・

奇跡の国内408エンジン始動 (4)最初に出て来たガソリンの色は

緑色だったので、あかんやつやん・・・

キャブのガソリンは抜いてあった

との事でしたが、タンクコックにホースが

奇跡の国内408エンジン始動 (5)繋がっていたのでジワジワとガソリンが

キャブの中に滲み込んでしまい

フロートに溜まったガソリンが

腐ってしまっているに違いないでしょう。

#1.4からガソリンがジャージャー漏れ・・・

奇跡の国内408エンジン始動 (6)取合えずエンジンを掛けてみると

アイドリングもしないので

SJも詰まっていると思いますし

2気筒から3気筒しか火が入っていないので

恐らくMJも詰まっていると思います。

奇跡の国内408総括これでキャブレターは取外してO/Hが決定。

ゴム関係もかなり硬化しているので

触ると全部千切れてしまいます。

まぁ取合えず今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月01日

走行距離課税ってばかなの?3

走行距離課税とはこれまた突飛な考えの課税を考えたなぁと・・・
環境問題などでハイブリッド減税をしてハイブリッド車の
販売を後押しした物の、ガソリンが売れなくなり税収入減。
インフラ整備されている都市部は車を持つ必要が無くなるし
そもそも維持費が掛かるから車買わないし
持っていても乗らないし。
この走行距離課税って乗用車だけなのか?
運送、宅配業は相当な距離を走るけど
運賃の値上げになるんじゃないのかなぁ。
故障した車両を引取りに行く場合も
当然レッカー代も上がるから
保険会社のレッカー無料が維持できるのか?
バイクならメーター新品に交換するか
脱着可能なメーターにするわw
人間が生きて行くだけでどれだけ税金を取るんだ?
息するだけで税金を払っているようなもんだな。
政治家って馬鹿なのか?


Z1000Mk競瓮鵐謄淵鵐構ね

ガソリンコックからのガソリン漏れと

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (1)ヘッドカバーからのオイル滲みも

日に日に酷くなってきているので

そろそろ限界だなぁ・・・と

時間の余裕的にも今日やってしまわないと!

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (2)ガソリンタンクを外して

ヘッドカバーの増し締め。

10Nmで増し締めをしてみると

ここから

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (3)ここまで、こんな感じで

全体的に45度程度締まりました。

これでオイル滲みが

止まってくれれば良いのですが。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (4)キャブレターのスロットルバルブの

戻りが悪いので、トップキャップを外して

耐ガソリン製のフッ素オイルを

吹き付けてみました。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (5)ついでに取外したトップキャップを

ブラストで仕上げてから

バフ仕上げしてみようと思い

四個とも全部やってみた。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (6)タンクバンドも伸びて劣化して

千切れかけているのが分かっていたので

部品は早くに準備してあったので

ついでに交換。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (7)取外したガソリンタンクも

コックからのガソリン漏れがあるので

これも一緒に交換します。

コックは廃盤なので、ガスケットだけ交換です。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (8)取外したガスケットは特に

硬化している感じではなかった。

トヨタでさえ高過ぎると言う理由で

仕入れなかった耐ガソリン製の

フッ素グリスを塗って、交換完了です。

このグリス、本当に良いグリスで、僕はキャブのOリングにも塗るのですが

知らない人が見ると、液ガスを塗られていると勘違いするようですw

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (9)これもついでの作業でプラグ交換。

純正タイプのプラグが付いているのですが

こんな感じで真っ黒になってます。

エンジンの始動性も悪く、行く行くは

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (10)ウオタニに変更しないと

40年近く経った無接点の

ピックアップポイントも

何時パンクするか分からないので

その準備の為に、先にプラグをブリスクにしてみました。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (11)タンクコックも綺麗になって

キャブもそれなりに良い感じになり

これでガソリンと、オイル漏れが止まれば

良いのになぁと。


CB400F用キャブレター部品再メッキ仕上がり

先日分解した部品取り用キャブレターの再メッキが仕上がって

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (1)戻ってきたので、早速部品チェックと

メッキの仕上がり具合と

紛失の有無チェックをやって

分類毎に分けて発送の準備をします。

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (2)メッキの乗りは良く仕上がっていますが

軽くザッと見る限りで

何やら足りない感じがする・・・

取合えず数を数えて仮組みして

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (3)何が足りないのかをチェックすると

3.4個の部品が不足しているようです。

足りない分は在庫から出しますが

最初から無かった部品については

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (4)補充するのは厳しいと思います。

取合えず再メッキ部品を仮組みする為に

リンクアームをブラストで仕上げます。

部品が細かいので組付けた方が管理しやすい。

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (5)で、再メッキ部品の仮組みをして行くと

やはり部品が数点無くなっていました・・・

在庫部品から不足分を探して

最初に取付いていた全部の部品を揃えました。

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (6)不足していた部品はこの四点。

貴重な部品なのでなるべく

紛失して欲しくないんだけど

それを余り言うとやってくれなくなるので・・・

明日には伝票を纏めてご連絡致します。


AJカラーCBX1000タイプアムロ仕様タンク

今日AJCBX1000AMR仕様CB400F用タンクのオーナーがやって来て

AJCBX1000アムロ仕様CB400Fタンク仕上がり (1)タンクキャップなどを取付けて

最終の仕上げをやりに来ました。

本人は「ええわぁ・・・最高や!」と

言ってましたが・・・

AJCBX1000アムロ仕様CB400Fタンク仕上がり (2)僕にはさっぱり理解できませんが

兎に角、オーナーの理想通りに

タンクの塗装が仕上がったので

良かったです。


2オーナー国内408入庫

長らく入庫をお待ち頂いていた、寝屋川の408が車検整備の為に入庫。

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (1)古いBMWのレストアをやっている

お店の方の車両なので、自社の積車で

搬送されてきました。

見るとほぼ全てオリジナルの状態でした。

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (2)タンクのキャップチェックも

当時の三角キャップが付いており

シートもラインオフ、ウインカーは一重

残念なのは左側のサイドカバーが割れている事。

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (3)走行距離も実走の7300キロ

当然、型式番号、類別区分は残っており

この国内408、僕が欲しいと思った!

状態もとても良く保管されており

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (4)この状態の車両は中々無いと思います。

こんなお宝車両がまだ眠っているんですね。

ナンバーも切らず税金を払い

このままで眠っていた国内408。

これは凄く良い!これ欲しい!!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月30日

平成最後の大修復2019年仕様3

11月も今日で終わり、明日から12月師走ですねぇ
毎年の事ですが、1年経つのが早いと思うし
エンジンブローも毎年の事ですが
そのエンジンブローから始まった2018年・・・
平成も最後の年になり、2019年に向けて
毎年エンジンのバージョンUPをしてますが
何時になったらこのルーティーンも終わるのだろうか・・・


1号機エンジン下拵え 

キャリロのコンロッドの加工が終わったので

ロアケースとコンロッドのクリアランスチェックの為仮組み。

1号機キャリロコンロッド取付け下拵え (1)元々小端が13Φの物を発注したのですが

ピストンピンが13Φだと弱く

曲がってしまい、ピストンが割れるのは

以前から分かって居た事なんです・・・

それで今回13Φから14Φのピストンピンを使う為に加工。

最初から14Φか15Φを発注しておけば良かったぐらいの加工費でした・・・

1号機キャリロコンロッド取付け下拵え (2)締付けトルクも純正より

遥かに強く締めるのと、コンロッド自体の

重量が純正よりも5g重くなります。

まぁ1号機は軽量クランクになっているので

問題はありませんが、メタル合わせなどは記号が無いので

プラスチゲージを使うか、データーを信用するかです。

1号機キャリロコンロッド取付け下拵え (4)クランクにコンロッドをセットして

ケースに干渉しないかをチェック。

少しクリアランスが狭い所があったので

少し追い込み加工をしたので大丈夫でしょう。

1号機キャリロコンロッド取付け下拵え (5)これでロアケースの加工と

クランク、コンロッドの下拵えが完了。

後は他の部品の加工が終わるのを

待つばかりとなりました。


14号機スタビライザー取付け

他の部品を探していたら、ひょこっと出て来た懐かしい部品。

14号機スタビライザー変更 (1)せっかく見つけたのでこのまま片付けたら

また何処かに埋もれてしまうので

14号機に取付ける事にしました。

長い間放置していたせいなのか

14号機スタビライザー変更 (2)少々くすんでいるので

まずはバフ掛けから開始。

ここまでやってから探し物の事を

思い出したけど何を探していたのかを忘れた。

14号機スタビライザー変更 (3)元々14号機にはアゲイン製スタビライザーを

取付けていたのですが

ここだけ少し雰囲気が違うので

交換してみる気分になった。

14号機スタビライザー変更 (4)で、交換してみると雰囲気も変わり

こっちの方がこの車両には良いかな。

暫くはこのままで使ってみようと思います。

所で、元々は何を探していたんだろうか?・・・

14号機やっと100キロ181130最近Z1000Mk兇望茲辰討い覆い里

天気も良く温かいので

14号機で通勤しており

作ってからやっと100キロ走りましたw


三重U号継続車検

今日オーナーから電話が入り、車検が切れている事を聞き

三重U号継続車検181130 (1)そのまま継続車検のご依頼を頂きました。

車検証のコピーを見ると今月始めに

車検が切れて居た事が分かったので

そのまま継続車検の準備に取掛かります。

三重U号継続車検181130 (2)国内408ですがメーターアップステーと

ハンドルが変更されているので

車高と車幅が違って来るので

構造変更になります。

ハンドル位置はオーナーと相談して決めようと思っていたのですが

僕が取り回しをしやすい角度と幅に調整。

三重U号継続車検181130 (3)ヨシムラミクニTMR-MJNも

デュアルスタックファンネルなので

直キャブになる為

このままでは車検はダメなので

三重U号継続車検181130 (4)FCR用のラムエアーを装着。

へドライトの光軸を合わせて

保安部品などの再チェック。

基本フルレストア状態なので

三重U号継続車検181130 (5)特に整備をする箇所も無いのですが

ホイールがちょっとヤバイかも・・・

何か手を打って置いた方が良いかなぁ。

と考えながら、まぁ出たとこ勝負ですw

三重U号継続車検181130 (6)サイレンサーが少しうるさいけど

国内408なのでこのままでも

多分大丈夫でしょう!

これで継続車検の準備が完了・・・

三重U号継続車検181130 (7)と思ってみていたら

バックミラーが片方だけだったので

取合えず左側にミラーを取付けました。

これで後は書類が揃えば何時でも

継続車検に行けるのですが、タンクの塗装仕上がりが

全く未定なので、(年末?)オーナーさえ良ければこの状態で

一旦納車させてもらおうかなぁ・・・と・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月29日

一部の部品が仕上がった!3

定休日の昨日はゆっくり寝てやろうと思っていたのに
何時もの時間に目が覚めたので、二度寝してやったけど
それでも10時には起きてしまったので
仕方なく、事務処理をする為店に出勤。
諸々の業務を済ませてから嫁と「塩元帥」で
ラーメン食べて早めの帰宅をしたけど
結果暇過ぎて、食べてばかりになってしまった。


BIG−1ワンオフラジエター修理依頼

昨日の定休日は、出張作業へ出掛けて行きました。

K様BIG1ワンオフラジエター修理依頼181128 (1)相変わらずのPITが満タンで

お預かりする事が出来ない事もあり

お客様のガレージへ出向きCB1300の

ラジエター取外し作業です。

K様BIG1ワンオフラジエター修理依頼181128 (2)かなりカスタムされた車両でワンオーナー車。

ほぼほぼ手が入っているのですが

ラジエターが若干リジット気味なので

電動ファン取付けブラケット辺りに

どうやらクラックが入っている感じです。

取合えずラジエター屋さんへ持って行き相談してきます。


クロスカブ修理

フォアオーナーのS君からの依頼でクロスカブの事故修理。

クロスカブ修理 (1)ハンドルを真直ぐにすると

タイヤは左を向くので

真直ぐに走る事が出来ません。

部品を取外して、サクサクッと修理。

クロスカブ修理 (2)これで真直ぐに走る事が出来ます。

あ!フェンダーも凹んでるやん・・・

見積もりに入れてなかったわ!

ブレーキレバーも曲がってた!しまった。

クロスカブ修理 (3)取合えず部品入荷待ち状態ですが

今日午後には純正部品は入って来るはず。

マフラーカバーも傷が入っているので

交換しますがパラノイアステッカーは

クロスカブ修理 (5)見積りに入れて無かったなぁ・・・w

ステップとブレーキペダルにもダメージ

ステップ関連部品は既に絶版もあり

えらい早いなぁと思った。

クロスカブ修理 (6)ややこしいのが社外品のバーエンド

シルバーは完売なので

同じ物の色違いを発注しましたが

入荷が遅れていると連絡が入った・・・

クロスカブ修理 (7)取合えず今日入荷してきた

マフラーカバーを取付けました。

この手の部品で出る物は

意外と作りが悪くて取付けに苦労した。


ヨシムラ手曲げマフラーセラコート仕上がり

修理をした当時物ヨシムラ手曲げマフラーの塗装を

当時物ヨシムラ手曲げマフラーセラコート仕上げセラコートで仕上げてみました。

イベントで展示していたマフラーですが

ご入用の方が居られましたら

販売予定となっておりますので

ご連絡をお願い致します。


一部塗装仕上がり

先に急いでいる三重U号のガソリンタンクの塗装よりも

アースジェットカラーCBX1000仕様アムロモデルタンクどうでも良いカスタムペイントの方が

先に仕上がってきてしまった・・・

何故か気に入ったアースジェットカラーに

CBX1000仕様アムロモデルのタンク・・・

傷付くと嫌なので、さっさと持って帰って欲しい。

三重U号サイドカバー塗装仕上がり (1)で、三重U号用のサイドカバーも

一緒に仕上がってきたのですが

カスタムペイント用だと思ったらしい・・・

取合えず新品のグロメットを入れて

三重U号サイドカバー塗装仕上がり (2)車体に取付けました。

後はタンクだけですので

もう暫くお待ち下さい。

順番が間違ってなかったらPITも空いたのに・・・


tanji号内燃機加工一部完了

内燃機屋さんに連絡して、加工が終わった物から

1号機用キャリロコンロッド仕上がり先に送り返して貰う事になり

僕のキャリロのコンロッドと

tanji号用クランクが

先に仕上がってきたので

tanji号用クランクダイナミックバランス仕上がり (1)tanji号の腰下が組める状態になった。

今回のダイナミックバランスで

tanji号のクランクはかなり

バランスが悪かったらしく

tanji号用クランクダイナミックバランス仕上がり (2)結構な加工が施されていた。

ここまでの加工も今まででは

そう無かったのですが

今回はかなり酷い状態だったのが

tanji号用クランクダイナミックバランス仕上がり (3)この加工を見れば分かると思います。

#2のウエイト以外は

かなりバランスが悪かったようで

この影響なのか分かりませんが

コンロッドメタルのダメージが酷かったのか?

tanji号腰下組立て仕込み (1)そんな事も考えながら

腰下組立ての仕込みを始めます。

必要な新品部品を取出して

欠品が無いかチェックして

tanji号腰下組立て仕込み (2)ダイナミックバランスをしたクランクに

コンロッドメタルを入れて

ボルト、ナットも新品に交換して

クランクにセットしました。

tanji号腰下組立て仕込み (3)再メッキしたボルト類を選別して

仕込み作業は完了。

具をポイポイっと入れて

組立て開始!

tanji号腰下組立て (1)そして何時もの記念撮影!

ここからは一気に仕上げて行くので

何時もの如く

画像はありません。

tanji号腰下組立て (2)で、腰下の組立てが完了しました。

シリンダーやヘッドがあれば

今日中にエンジンは完成するんですが

まぁこればっかりは仕方ない。

tanji号腰下組立て (3)ミッション関係の具をセットして

シフトチェンジを確認。

問題無くサクサクと動くので

取合えず腰下は完成しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年11月26日

追い込み営業3

予定している段取りが全て塗装で止まってしまい
色々と困っている状態ですが
師走も目の前に迫って来て、予定している作業にすら
取掛かれない状態が続き、更には入庫の予定も
定まらない状態になって来ています・・・
このままじゃぁお客様に迷惑を掛けてしまうのですが
塗装が仕上がらない⇒納車出来ない⇒結果PITが常に満タン
この負の連鎖を何とかしないと・・・何とも出来ないけどね・・・


姫号レストア準備

このままでは埒が明かないし、何時になったら取掛かれるか

分からないので、不動車コーナーに上げた姫号の

姫号フルレストア準備レストア準備に取掛かります。

取合えずエンジンオイルを

二、三日掛けて抜いて

エンジンを下ろす準備に取掛かる事にしました。

今週末に継続車検入庫もあり、CB550Fの腰上O/Hも予定。

姫号フルレストアの他にも寝屋川国内408車検整備、銀ちゃんレーサー号分解

クロスカブなどもあり、今手を付けている、tanji号エンジンO/H

ブログNG車、三重U号、足回りマッスル化号

CP1号機のエンジンO/Hなどは全て外注仕上がり待ち状態です。

で、今朝内燃機屋さんに連絡して、出来上がっている部品だけでも

先に送ってもらうように連絡したので

近日中にはtanji号の腰下の組立てが出来ると思います。


ブログNG車破損部品交換

何も出来ないので慌てる必要もないのですが・・・

ブログNG車AK号部品交換 (1)取合えず出来る所を先に仕上げます。

不在のL側リアウインカーワッシャー

タンデムバーを緩めてウインカーステーを

取外すと、こんな感じでワッシャー不在。

ブログNG車AK号部品交換 (2)で、ワッシャーを入れて組み直しました。

これでウインカーのダンパーが

本来の仕事をしてくれるようになります。

本当は左右非対照のワッシャーですが

ブログNG車AK号部品交換 (3)こっちの方がカッコ良いからねぇw

フロントR側の傷付いたウインカーレンズ

これも新品に交換します。

本体や、ステーが無傷なのが奇跡ですね。

ブログNG車AK号部品交換 (4)一重文字ウインカーレンズを探していたのですが

俗に言う二重文字ウインカーだったので

これも被害的にはラッキーだったかも知れません。

これでレンズも新品になりました。

ブログNG車AK号部品交換 (5)次にR側メーターセットリングの交換。

メーターステーの歪みもちゃんと修正しました。

ダンパーラバーはまだ大丈夫そうなので

このまま移植する事にします。

ブログNG車AK号部品交換 (6)これで交換が完了しましたが

メーターリムにはダメージが残ってます。

これを交換するのは大変なのと

タコメーター側本体にも

ブログNG車AK号部品交換 (7)少々ダメージがあるので

ボロ隠しじゃないですが

キジマのメッキメーターカバーを

被せるのも一つの手段かなぁ・・・と

これをきっちり修正するのであれば、また別途ご相談になります。

ブログNG車AK号部品交換 (8)キジマのブレーキパワーレバーにも

ダメージがあり、純正バーエンドゴムも

ボロボロになっており

これも交換してしまいます。

ブログNG車AK号部品交換 (9)新品のパワーレバーとバーエンドゴム

キジマのパワーレバーの○は大きいので

入れるのには苦労するんですが

何とか強引にゴムを入れて

ブログNG車AK号部品交換 (10)ブレーキ側のパワーレバーも

交換が完了しました。

後はエンジンガードの修理と

ステム、トップブリッジ、タンクの塗装が終われば

直ぐに完成するんですけどねぇ・・・


部品取りキャブレター再メッキ

三重のM様からのご依頼で、不足部品やキャブ部品の再メッキのご依頼。

三重M様部品取りキャブレターなどメッキ依頼 (1)届いた荷物を開けてみると

聞いてはいたのですが

残念な事にサンドブラストをされて

使い物にならない状態でした。

三重M様部品取りキャブレターなどメッキ依頼 (2)某Yオクで部品取りとして

購入したとの事なので、別に良いのですが

カシメピンが入っている所に

何やら罠がありそうです・・・

三重M様用再メッキ部品その他の絶版部品再メッキ済みの物

408タイプリアアクスルシャフト

キャブレターインシュレーターバンド

エンジンロアハンガーボルト10×74などは

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (1)在庫があります。

パテ埋めされた怪しい部分を剥がすと

何やら打ち込まれているので

一度分解はされているようです。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (3)1stアイドルスクリュー部分に

本来あるはずの平ワッシャーが不在。

ここはキャブ1基に1個なので

在庫分も厳しいはずです・・・

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (4)オーバーフローチューブ側の

クランプはありますが

フユーエルホースクランプ側は不在。

これも1基に1個なので、在庫としては厳しい。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (5)アクセルワイヤーホルダー部分の

再メッキをするには分解が

必要になるので、どうしようかと

考え中なので後回し。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (6)サクサクッと全バラして

クロメイトメッキをする部品を

全て取外しました。

さて、こうなったらリンクプレートも

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (7)分解しないとアンバランス過ぎるねぇ・・・

と思いカシメピンのセンターにポンチを入れ

穴を開けようとしたのですが

どうやらステンレス製のピンが入っているようで

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (8)穴が逃げまくるので

仕方なく奥の手を使い取外し成功!

あるはずのスラストワッシャーが不在。

でもまぁ無事に全バラする事が出来ました。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (10)入っていたステンレス製ピンの残骸・・・

こんな面倒臭い事しやがって!

こいつのせいでかなり

手間が掛かり過ぎました。

三重M様キャブレター部品取り再メッキ依頼分解 (11)シャフトも錆びているので

一応シャフトも再メッキします。

リンクプレートは使うかどうか分かりませんが

念の為、ウエットブラストで仕上げました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月25日

表向き予算三千億の利権3

1970年の大阪万博は、小学生の頃に遊びに行き
名古屋で開催された21世紀最初の万博「愛地球博」は
関係者として、藤井フミヤプロデュース、名古屋市パビリオン
大地の塔の中にある虚映直径40mになる万華鏡に携わり
打ち上げパーティにも呼んで頂き、藤井フミヤさんから
万博万華鏡関連グッズも頂きましたが、門外不出の品です。
そしてついに2025年に55年振りに大阪で開催される万博が決定した。
その約3,000億円にも及ぶ利権とIRに絡んでいけたら
きっと楽しいだろうなぁと思うw


ヨシムラ機械曲げ修理依頼

以前からご相談を頂いていた神奈川のM様からのご依頼で

M様ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (1)修理をする事になった

当時物ヨシムラ機械曲げが

今日届きました。

早速箱から出してチェック。

M様ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (2)底擦りは電話で伺っていたより

結構なダメージだった。

ここの修正が結構手間なんです。



M様ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (3)その他のダメージもチェック

凹みや擦り傷、変形など

結構なダメージ具合だったし

腐食や溶接のピンホールもあったので

M様ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (4)M様ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (5)






M様ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (6)M様ヨシムラ機械曲げ修理依頼 (7)







少々時間と手間が掛かりそうです。

打検チェックをしてみましたが鉄板の腐食は少ないのはラッキーな方です。


本日のご来店

守口、門真方面の方でチーム「燃焼」の方がご来店。

181126本日のご来店「チーム燃焼」 (1)中々見かけない80年代の

スズキGSX400空冷四気筒。

この車両も部品が無いので

維持するのも大変でしょうね、良い音してました。

181126本日のご来店「チーム燃焼」 (2)同じチームのCB400Fの方。

こちらはじっくりとチェックすると

フロントブレーキに致命的な

欠品が見つかったので、即ダメだし。

その場で修正を済ませましたが、知らずに乗っていたので怖いですね。


タンク塗装仕上がり予定

タンク塗装仕上がり予定の連絡があり

一番どうでも良いカスタムペイントタンクとサイドカバーが

先に仕上がって来るらしい・・・

それよりも黄色タンクの方を急いで欲しかった。

ブログNG車のタンクは来年になるらしい・・・

色々と困ったと思ってます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月24日

続くキャパオーバー状態3

愛しい人を失い、悲しみに暮れる姪に掛ける言葉も見つからず
もどかしい思いで、昨晩は一睡も出来ませんでした・・・
僕も10代の頃に沢山の友人を事故で亡くしました。
その時は人の死について理解はしていなかったと思う。
今は、残りの人生をどうやって全うするかですが
先に逝ってしまった友人達の事を忘れずに何時も生きて来たと思います。
病気なら時間的に多少の余裕があり心の準備も出来るでしょうが
事故はほんの1.2秒のタイミングで生か死か運命が変わり
心の準備も無いまま逝ってしまうから余計に辛く感じます。
ある意味、生きて行くのも辛いと思う事は多いのですが
それを乗り越えて、自分の人生を全うする事が
残った者の使命なんだと思います。
まだ若い姪にはそれを理解するには時間が掛かるでしょう・・・


1000年前の満月

余りも満月が綺麗だったので撮影してみました。

1000年に一度の満月何でも1000年前にこの満月を見た偉人が

俳句を読んだらしい・・・知らんけどw

でも薄雲が掛かり綺麗だったので

記念に撮影してみました。


三代目号リアサス交換

レース用レベルのリアサスを取付けていたので

三代目号リアサス交換181125 (1)乗り心地が悪かったらしく

ずっと悩んでいたのですが

当時物新品の鉄コニーを手に入れたので

交換してみる事になりご来店。

三代目号リアサス交換 (2)YSSを取外すには、リアホイールを

取外さないとサスの交換が出来ないので

リアホイールをサクサクッと取外して

リアサスをYSSから当時物鉄コニーに変更。

三代目号リアサス交換 (3)これで乗り心地が良くなれば良いのですが

取合えずスプリングはソフト設定から

試し乗りへ出掛けて行かれました。

これでダメなら、ICONにするそうです。


本日のご来店

現在進行しているCB400Fの足回りマッスル化計画で

本日のご来店CB650F181124今までと違うスタイルにするので

手探り状態ですが進めて行っています。

車高が少々高くなるので

部品もそれに合わせて変更して行きます。

本日のご来店CB650F181124 (2)今回リアサスを持参されました。

僕達が乗っているレーサーレベルの

車高になり、18インチのマグタン仕様。

身体が大きい方なので、車拡も大きく見え

丁度良いかも知れないのですが、取合えず出来上がりが楽しみです。


クロスカブ事故入庫

単純な100:0の事故で、オーナーは穏便に済ませようと「2.3万で良いわ」

本日のご来店CB650F181124 (3)と言っているにも関わらず。

当てた側が明細を出せとか

ややこしい事を言っているらしく

CPに持ち込まれてきました。

余計に高く付くのにねぇ・・・

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月23日

訃報1

一昨日21日の事、京都府八幡市の国道1号線交差点で
大阪方面から右折するミキサー車と
京都方面から直進、自宅がある枚方へ帰るバイクが接触、バイクは大破。
バイクを運転していた17歳の少年が死亡した・・・
その少年は姪の彼氏だったと言うのは、今日弟から聞きビックリしました。
姪の彼氏にしては、印象はまじめでCPにも来たいと言っており
一緒にツーリングにも行こう!と言っていた所でした。
Z1000Mk兇好きだと言っていたので
バイト先に乗って行ってやろうとも思っていたのに・・・本当に残念です。
記事には見通しが良いと書いてあるけど
実際京都方面に右折車が並ぶと見通しは悪く
まず矢印が出るまでは右折出来ないレベルの交差点です。
ご冥福をお祈り致します。


自由人君抜悌

昨日やっと指のピンを抜いたらしい自由人君ですが

自由人君抜悌まだ骨はくっ付いてないらしい。

恐らく感染症のリスクを考えて

一旦抜いたのだろうと思いますが

レントゲンで見ると既に軟骨が白くなっているので

もう元の様にチンコは握れないと思うと、不憫でならない。


ブログNG車AK号タンク塗装送り

タンクカバーを掛けて復旧作業を進めていたので

ブログNG車AK号用ガソリンタンク板金送り (1)この凹んだタンクを板金塗装に出す事を

すっかり忘れていた・・・なので

恐らく年内の完成は厳しいかも知れない。

取合えずガソリンを抜くのですが

ブログNG車AK号用ガソリンタンク板金送り (2)こう言う事故の時に限って

大体の車両のガソリンはほぼ満タン・・・

もうガソリンを保管する容器が無いので

別のガソリンタンクに移し変えます。

ブログNG車AK号用ガソリンタンク板金送り (3)ガソリン臭がすると運んでくれないので

しっかりガソリンを抜いて洗浄。

完全に密封してから発送となります。

最後にパーツクリーナーで洗浄して

ブログNG車AK号用ガソリンタンク板金送り (5)ブログNG車AK号用ガソリンタンク板金送り (6)







蓋を閉めて発送準備が完了しました。

ブログNG車AK号リアウインカー&ステー交換 (1)次にリアウインカーとステーの交換。

作業性が悪いので余り好きではない

タンデムバーが付いてます。

シートも破れるので好きじゃないんです・・・

ブログNG車AK号リアウインカー&ステー交換 (2)ウインカーダンパーゴムの間に

本来入っているはずのワッシャーが不在。

まぁよく端折られる存在ですが

合った方が良いに決まってる。

ブログNG車AK号リアウインカー&ステー交換 (3)傷付いたウインカーと

曲がったウインカーステーを交換。

ついでにワッシャーも入れます。

因みに反対側も入っていませんでした・・・

ブログNG車AK号リアウインカー&ステー交換 (4)これでウインカー&ステーは新品になり

ワッシャーも入って本来の姿になりました。

反対側は気が向いた時に入れようかな・・・

やっぱりタンデムバーが嫌いですw

ブログNG車AK号フレーム歪みチェック (4)ステムの曲がり方が酷いので

念の為フレームの歪みチェック。

画像で見ると真ん中を真直ぐな線として

くの字に曲がっているのが分かると思います。

ブログNG車AK号フレーム歪みチェック (1)しかもシャフトは画像右前に・・・

なのでアナログな方法ですが

フレーム修正をする時とやり方は

そう変わりませんが

ブログNG車AK号フレーム歪みチェック (2)最近タコ糸がレーザーになったぐらい。

フレーム、特にネック部分は

心配していたような事は無く

このままで大丈夫だと思います。

ブログNG車AK号フレーム歪みチェック (3)曲がっていたハンドルストッパーは

ある程度は修正したのですが

まだ1.2mm振っているので

実際はステムを取付けてみないと

ブログNG車AK号テーパーローラーベアリングボトムレース取外し何とも言えないかなぁ・・・。

取合えずテーパーローラーベアリングの

ボトムレースを取外しました。

幸いな事に奥までしっかり入っておらず

ブログNG車AK号トップ&ボトムレース圧入緩かったので簡単に外せたのはラッキーだった。

で、純正のレースを入れてみると

しっかりとSSTで入れないと入らないぐらい

きっちりと納まったので

テーパーローラーベアリングのレース外径って小さいんじゃないの?


久々に三重U号

まだまだ外装の塗装が終わっていない三重U号ですが

三重U号セパハン角度仮調整セパハンの位置を仮に決めようと思い

タンクを乗せて位置決め。

まぁ本当は抜いたガソリンが満タンなので

置き場所に困っただけですけどねw

最終的にはオーナーのポジションに合わせます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

人生初の職務質問?3

昨晩何時もの所でポケモンのジムバトルをやっていると
パトカーが来たけど、一回目はスルーして走り去って行ったのですが
二回目にやってきた時に、今度は降りて来たので
心の中で「キタキター!人生初の職務質問!」と
すると若い警察官が手帳を見せて、警察「ここで何をやっているんですか?」
と丁寧に質問して来るので「ポケモンやで」と答えて
「これ職質かw、俺人生初の職質やわw」
「ええ事教えたるわ、今日ハズレ引いたでw」と言ってやった。
「お前ら警察官やったら、ポケモンのジムの場所ぐらい知っとかなあかんで」
「ポケモンしろやw」と言ったら、警察「いや、やらないです・・・」
で一言二言話して帰ろうとするので
「おいおいもっと警察24時みたいに、ガンガン来いよ!」と言うと
警察「あれはヤラセなんで、あんな事しませんから」と言って
名前すら聞かず、免許証や持ち物の検査もしてくれず立ち去って行った・・・
やんやねん!もう・・・楽しい時間になると思ってたのに・・・残念だったわ・・・
きっと若い警察官の練習代にされただけだった感じです。


大仏君ご来店

先日125ccのスクーターが欲しいと言う事で、相談があった

大仏君ご来店181122大仏君が、暇つぶしにご来店・・・

全く迷惑な話で、話が長くて

僕の仕事の邪魔にしかならないのだが

久し振りなので、色々と話が弾むw

お陰で今日の予定が全然出来なかった・・・


タイヤ保護カバーまもる君

タイヤの劣化防止の為に、いままではラップを巻いていたのですが

タイヤ保護カバーまもる君 (1)待望の新製品が出たので

購入してみました。

お値段は色で違いますが

3,000円少々とお手頃な価格。

タイヤ保護カバーまもる君 (2)巻いたまま転がす事も可能ですが

乗って走る事は基本不可ですw

CPでも取り寄せが可能です。

では早速レーサー用のレインタイヤに

タイヤ保護カバーまもる君 (3)今まではこう言う風に

ラップで巻いて更に日よけ代わりに

毛布を被せていたのですが

ラップを巻くのも取外すのも面倒なんですが

タイヤ保護カバーまもる君 (4)この「まもる君」はタイヤウォーマーを

巻くのと同じように巻くだけで

タイヤの劣化、硬化、直射日光から

完全に遮断してくれるので

タイヤ保護カバーまもる君 (5)とても便利なアイテムです。

見た目もスッキリとして良いので

絶対お勧めの一品だと思います。

これでレインタイヤの保護は完璧。

タイヤ保護カバーまもる君 (6)次にレーサー号にも「まもる君」を巻きます。

車両のカラーに合わせて

「まもる君」の色も黄色にしてみました。

これでタイヤの保護も楽になりました。


ブログNG車フロントフォーク組立て

片方だけですが、部品点数を減らす為にフロントフォークの組立て。

ブログNG車AK号フロントフォーク組立て (1)何だかボトムケースのバフも

くすんでしまっているのが

少し残念なので、せっかくなのと

ボトムケースに子傷もあるので

ブログNG車AK号フロントフォーク組立て (2)傷は深くなさそうなので

どうせならバフるかぁ・・・

と言う事でバフの準備を



ブログNG車AK号フロントフォーク組立て (3)暇つぶしの大仏君が居るので

ちゃんと仕事している所を

撮影したるわぁと言うので

バフってる所を撮影してもらった。

ブログNG車AK号フロントフォーク組立て (4)で、完成!しました。

子傷も消えて、曇っていたのも

スッキリしたので

片方だけですが、組立て開始。

ブログNG車AK号フロントフォーク組立て (5)インナーパーツのピストンリングも

新品に交換しました。

他の使える部品はそのまま使いますが

シール関係は全部新品に交換です。

ブログNG車AK号フロントフォーク組立て (6)フォークオイルを入れて完成。

後は部品が揃えば完成なんですが

まだまだ掛かりそうです。

取合えずここまで仕上げたので

ブログNG車AK号フロントフォーク組立て (7)傷を付けたくないので

ボトムケースを養生して

フロントフォーク1本完成です。

後は部品が入荷した順番で仕上げて行きます。


14号機ACGカバー交換

FOUR ONE製純正タイプのACGを取付けている14号機の

14号機ACGカバーHMに交換 (1)純正ACGカバーを当時物HMマーク入り

ACGカバーに交換しようと思い

取外して取付けが可能かを

チェックしてみます。

14号機ACGカバーHMに交換 (2)コイル取付けボルトの長さなども

変わるので計測しながら

中身を移植してみます。

アゲイン製もカスタム感があって良いのですが

14号機ACGカバーHMに交換 (3)FOUR ONE製の純正タイプに取付けれる

ACGも純正感が損なわれないので

これはこれで良いのですが

HMカバーに取付けが出来るかは

14号機ACGカバーHMに交換 (4)分からなかったので

人柱に交換してみました。

発電には全然問題は無く

取付けボルトの長さだけ変更すれば

問題なく取付け出来ました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月21日

定休日のカスタムパラノイア3

定休日の今日は、お昼にラーメンを食べるか
セブンイレブンのおでんを食べるか散々迷って
おでんを食べる事にしました。
昨晩から悩んでいたので、やっとスッキリしましたが
やっぱりラーメンも食べたいので
小腹が空いたらラーメンを食べに行こうかと思案中。


安室ちゃんファイナル

昨晩は弟から貰った泡盛「安室」と再戦!

さよなら安室ちゃん本当に呑みやすい泡盛なので

サクサクッと退治!

安室ちゃん!二日間ありがとう!!

さよなら安室ちゃん!



「AWAMORI」浴びよあわぁ〜もり〜ぃ♪ 君だけの〜ぉ〜為のAWAMORI♪〜

空き瓶は弟に返却しますw


ブログNG車純正部品入荷

復旧作業の見積りを作っているのですが

塗装や加工に出した部品の伝票が上がって来ないと

ブログNG車AK号純正部品入荷 (1)大体の見積もりしか出来ませんが

被害が被害なので、結構なお値段ですが

オーナーが予測している金額よりは

半分とは言いませんが、かなり下回ってます、

ブログNG車AK号純正部品入荷 (2)入荷してきた純正部品。

まだ出るだけでもありがたいですね。

後はホムセンボルトナットは

純正に交換しますので。

ブログNG車AK号純正部品入荷 (3)傷ついたブレーキマスターですが

宝物庫を探して、それなりの上物が

見つかったので取合えず一安心です。

国内398ラインオフ車から取外した物です。

ブログNG車AK号純正部品入荷 (4)フロントブレーキディスクカバーが

見当たらないので、探しておいて下さい。

もし何らかのダメージがあるのなら

それはそれでまた考えます。

ブログNG車AK号純正部品入荷 (5)壊れた純正ヘッドライトは

仕方なくシビエに交換する事になりました。

シビエも状態の良い物が少なくなっており

値段の付けようが無いのですが

色々と参考にして考えました。

後は明日入荷予定のインナーチューブと、多分時間が掛かると思う

塗装や修正部品関係が出来次第になると思います。


三台目の自販機撤去

自販機の営業の人に、交通量は多いけど人通りは少ないので

伊藤園自販機撤去181121 (1)そんなに売れないよ!って言っているのに

置かせて欲しいと言われて、最初は

サントリーの自販機を置いたけど

売れないので撤去され、無いと不便なので

個人契約でまたサントリーの自販機を置いたけど

今は出入り禁止にした保険屋のおばはんに頼まれて

伊藤園の自販機を置いたけど、やっぱり売れ行きが悪いので

伊藤園自販機撤去181121 (2)今日撤去する事になった・・・

まぁピーチネクターを飲み過ぎて

糖尿病になったのですが

無いとなると不便なので、自販機屋に電話をして

100円自販機を置いて貰えるか審査中です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月20日

腕時計購入3

台風21号などの復旧で塗装業務もかなり混雑しており
何時もならとっくに仕上がっているはずの物も
まだ出来上がる目処すら立ってないのが現状で
年内仕上がるかどうかと言う事らしい・・・
なので、車両はとっくに出来上がっているのに
納車が出来ないので困っています・・・


安室と対戦開始

昨日、アムラーの弟が持って来てくれた琉球泡盛の「安室」と対戦開始。

安室と対戦開始泡盛なのに口当たりも良く飲みやすい。

まるで安室ちゃんのように優しい飲み口。

引退と共にこの泡盛も手に入らないらしく

呑んだ後の空き瓶は弟に引き渡さないといけないw


ブログNG号作業リフトへ搭載

塗装の仕上がりが遅くなり納期未定と言う事で

ブログNG車AK号フロント周り分解 (1)三重U号を作業リフトから降ろして

ブログNG号を搭載して

フロント周りの分解をする準備。

取合えずフロント周りは全バラです。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (2)フロントアクスルシャフトのクランプに

使われているナットですが

ホムセンボルトのようで対辺が12mmですが

純正は対辺は14mmを使います。

エンジンマウントナットもホムセンボルトが使われてた。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (3)タコメーターにダメージがあり

メーターステーにもダメージがあります。

これぐらいなら簡単に修正出来るので

貴重な純正部品を廃棄する必要はないですね。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (4)部分的な捩れを修正しましたが

取外して全体を見てみると

全体的にもかなり捩れている事が分かった。

また今度きっちり修正します。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (5)中でもラッキーな事は貴重な

純正ヘッドライトステーに

ダメージが少ない事です。

仮に曲がっていても少しだけだと思います。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (6)フロントフォークを抜いて

ステムを取外しましたが・・・むー・・・

やっぱり曲がっているなぁ・・・

しかもテーパーローラーベアリングだし・・・

ブログNG車AK号フロント周り分解 (7)真直ぐなインナーチューブを差込むと

こんな感じでガッツリと

曲がっているのが良く分かります。

なので、ステムは使えません。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (8)フレーム側をチェックすると

ハンドルストッパーが画像左に曲がり

円が変形しているのも分かります。

フレームもストッパーが食い込んだ痕跡あり。

こう言う時にテーパーローラーベアリングは簡単に抜けないので

修正も苦労するのでテパーロラーは嫌いなんです・・・。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (9)トップブリッジもダメージがあり

塗装が剥離している所に力が掛かっており

ステムを変更しても、これだけズレてます。

簡単に曲がるので、これもダメです。

ブログNG車AK号フロント周り分解 (10)画像左側が下がっているのが

分かると思います。

なので、トップブリッジもダメです。

さてどうやってボトムレースを抜こうかなぁ・・・と

ブログNG車AK号フロント周り分解 (11)トップレースを触ると動いたので

手で触ると・・・何の抵抗も無く抜けた・・・

これあかんやん!圧入なのに

手で抜けるという事は、ガタ付いていたはずです。

さて、ハンドルストッパーとボトムレースをどうしようかなぁ


腕時計購入

嫁に内緒で腕時計を買ってしまったのが今日届いた・・・

腕時計購入 (1)普段付けている時計はROLEXの

10ポイントダイヤで文字盤が

コンピュターグラフィックの物。

阪神大震災の年、平成7年に購入した物で

45万ぐらいだったのですが、今プレミア価格で90万以上するのは驚き!

新品の価格が税込み¥1,008,000だったのも驚き。

腕時計購入 (2)で、ちょっと僕好みのメカニチックで

文字盤にスカルがあって手巻きの

ファンション時計を購入してみました。

まぁバレのも時間の問題なので

小松さんから貰った事にしようと思ってます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月19日

女子大生からのヘルプコール!3

昨晩18時頃に後輩の不細工な嫁から
久しぶりに電話が掛かってきたので
何か遭ったのか?と思い電話に出ると
バイトの女子大生が乗る新型のPCXが
動かなくなったと言う事だった。
現行のPCXは割とセンサー系の不具合や
バッテリー上がりが多いと聞くので
直ぐに「行く!」と言ってお店を早仕舞いして向かった。
着座センサー、サイドスタンド、ブレーキなどをチェックしたけど
うんともすんとも言わないので、ハイエースに積んで
女子大生と自宅まで二人でドライブして来ました。


ブログNG車AK号用補修パーツ

昨日から取掛かっているブログNG車両用の補修パーツの整備。

ブログNG車AK号用補修パーツ準備 (1)ステム、トップブリッジにダメージが

ある可能性も高いので

中古良品を宝物庫から取出して

塗装を剥離してリペイント準備。

ブログNG車AK号用補修パーツ準備 (2)ブラストで塗装を綺麗に剥がしました。

念の為ステムトップブリッジは

2セット用意しておきます。

多分リメイク済みの物は探せばあると

思いますが、探す方が面倒だったり・・・

ブログNG車AK号用補修パーツ準備 (3)純正のフロントフォークスプリングは

昨年かなりの量を断捨離してしまったので

中古良品が無くなっていたので

部品取りのフロントフォークから取外します。

ブログNG車AK号用補修パーツ準備 (4)アウターケースのM6ボルトが

所々折れているので、部品取りですが

行く行くは修理しないと足りなくなる

かも・・・と思ってドンドンゴミが溜まって行く。

ブログNG車AK号用補修パーツ準備 (5)分解したフロントフォークから

スプリングを抜いてチェックをすると

本体も綺麗だし、ヘタって居なかったのが

一番の当たりだったのはラッキーだった。

ブログNG車AK号用補修パーツ準備 (6)取外したスプリングですが

こんなに曲がってます。

まぁ真直ぐに修正すれば使えない事も

無いとは思いますが・・・


聖山 倫加

後輩の娘が「聖山倫加」と言う芸名で今年7月に

聖山倫加Jump up Joyと言うユニットで

デビューしたらしい。

元々後輩もジャニーズ系だったのですが

少々やんちゃすぎた事もあり

芸能人には向いて無かったのですが

その娘が芸能人になりました。

皆さん応援をよろしくお願い致します。

来年、ヨンフォア、バイクイベントにも呼んでもらおうかな

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)

2018年11月18日

部品達とブログNG車両3

今日は朝から暖かくて絶好のツーリング日和。
レオ&ちゃP遊びに行く181118こんな日に仕事してるなんて考えられへん!
嫁は朝からレオとちゃPを連れて
友達の所へ遊びに行くって言うし・・・
何でも淀川神社で屋台?が出るらしい。
夕方まで遊んで来ると言うので
今日は一人で事務処理と電話番も
する事になりました。


Z1000Mk郷А垢範海譴

何時もの朝、何時ものルーティーンでフォアとMk兇涼筏い鬚靴討い襪

ガソリンコックから何かが落ちたような気がしたので

Z1000Mk競ソリン、オイル漏れ (1)よくよくコックを見ると

コックからガソリンが漏れてるやん・・・

もう最悪だわ、クラッチも相変わらず

原因不明で引っ掛かる事もあるし

Z1000Mk競ソリン、オイル漏れ (2)何ならヘッドカバーの増し締めを

しないと、ガスケットが沈んで

オイルが滲み出しているし・・・

フォアを直すとZが壊れて行くので

どっちの車両も40数年前からの対抗心は変わってないらしい。


1号機エンジン臓物洗浄

今回のエンジンブローでクランクケースは全損だけど

1号機用エンジン部品洗浄 (1)臓物関係は見る限り殆ど大丈夫な感じ。

ブロンズヘッドガスケットは

三回目の再利用になります。

最低限のゴム類やベアリングは交換します。

1号機用エンジン部品洗浄 (2)1号機の部品で軽量化してあるのは

クランクともう一つが

スターターリダクションギアー

左は軽量化した物、右は純正ですが

こうやって見ると何も変化が無いのですが、実は

1号機用エンジン部品洗浄 (3)裏を見るとこうなってます。

車で言うとフライホイールの

軽量化と同じになります。

これも削り過ぎると割れるので

強度はちゃんと保っているのです。

なので、僕のエンジンを同じように作ると

軽く100万円は掛かるので、なるべく壊したくないのが本音ですw


破損部品修理

ブログNGなので詳しくは書けないのですが

AK号部品修理 (1)やっと今日から破損部品の修理に

取掛かる事が出来ます。

まずは曲がって傷ついたエンジンガード

取外してチェック、これぐらいなら修理可能。

AK号部品修理 (2)曲がった取付け部分は大まかに修正。

まだ少し捩れがあるので

少しずつ修正をして行きます。

そして何とかこれでOKかなぁ?と

AK号部品修理 (3)上下とも曲がり、捩れもこれで

大体修正出来たと思います。

一応平らになったので

タロッティのエンジンガードを

AK号部品修理 (4)購入するより、唯一無二の

エンジンガードを使った方が良いし

多分傷の修理と、再メッキの

費用を考えれば、タロッティよりも

高くなるかも知れないけど、何時でも手に入る物とそうでない物の違いと

バイクの個性は大事にしたいと思います。

AK号部品修理 (5)続いてフロントフォークO/H。

少し問題はある物の

何とかなると思うので

ホークオイルを抜いて分解準備。

何か、触る所全てのボルトのトルクが掛かって無いんだけど・・・

AK号部品修理 (6)とりあえずアウターを取外しました。

傷の入ったアウターも位置的に

利用可能なので修正をする事にします。

それにしても本当に何処のボルトにも

AK号部品修理 (7)トルクが掛かっていない・・・

インナーパーツを救い出す為に

曲がったインナーチューブを切断。

多分スプリングは曲がっていると思うけど

AK号部品修理 (8)スプリングに傷を付けないように

切込みを入れて、最後は手で折ります。

むー・・・やっぱり曲がってるなぁ。

どうするかはオーナーと相談します。

AK号部品修理 (9)救い出したインナーパーツですが

何とまぁO/Hされているのに

肝心のオリフィスのピストンリングは

40年以上物だった・・・残念。

AK号部品修理 (10)二本目はもっと曲がりが酷く

切り込みは四箇所入れて部品を救出します。

切り込みの深さは長年の経験から

刃を入れた時の色の変化で分かるので

AK号部品修理 (11)完全に切断する分けでは無く

こんな感じで1mm以下ぐらいまで

刃を入れれば簡単に折れるんです。

取合えず復旧への道が始まりましたが

基本ブログNGなので、部分的にUPして行きます。


tanji号エンジンボルト再メッキ仕上がり

絶版エンジンボルト類の再メッキに出していた

tanji号用エンジン用ボルト類再メッキ完了tanji号用のボルト類が

再メッキから戻ってきました。

これで後はエンジンが内燃機加工から

戻ってくれば仕上げ作業に取掛かれます。

銀ちゃん用キックスターターアーム再メッキ (1)ついでにクロームメッキに出していた

銀ちゃん用キックアームも

仕上がって戻ってきたので

早速組立てます。

銀ちゃん用キックスターターアーム再メッキ (2)使う事は無いと思うのですが

アクセサリー的に付けたいと言うので

隠してあったキックアームを見つけて

「これ頂戴!」と強制的に再メッキとなり

後はキックギアーを取付けて、キックアームを取付けるらしい・・・

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月17日

毎日のルーティン3

朝店に来てメールチェックを済ませ。
SNSのメッセージを読んでから
シャッターを開けて、バイクを外に出し
エンジンを掛けて暖気。
油温が100度になるまでブリッピングなどをやりながら
エンジンの調子をチェック。
雨の日はPIT内でこれをやる。
閉店1時間〜30分前にもこれをやります。
これが毎日のルーティーン。


tanji号下拵え八日目

メインになる部品が内燃機加工から戻ってくる前に

tanji号部品修理改良下拵え (1)残り全ての部品の下拵えと

仕込みを済ませて置きます。

塗装を残して汚れを除去したカバー類

クラッチカバーはちょっと腐食もあり

tanji号部品修理改良下拵え (2)塗装が結構剥がれてしまいました・・・

新品のオイルシールを入れて

再メッキ済みのクラッチレリーズと交換。

アジャスティングボルトはリプロ新品。

tanji号部品修理改良下拵え (3)ヘッドカバーもロッカーアームの

カジリ修正中なので、タコメーターギアーに

新品のオイルシールを入れて

組付け完了です。

tanji号部品修理改良下拵え (4)今回色々と焼き付きが多かったので

フル強化オイルポンプを入れる為

オイルラインの加工をします。

穴が小さいと流量が上がった分流速も上がるので

tanji号部品修理改良下拵え (6)メイン強化オイルポンプの能力に合わせ

オイルラインを加工しました。

ほんの僅かな事ですが、加工した方が

よりベスト!小さなゴミが詰まる事も

tanji号部品修理改良下拵え (5)これで多少は解消されるので

エンジンを開けたらやった方が良いだけで

強化オイルポンプを付けたからと言って

絶対やらないといけない物ではありません。

tanji号部品修理改良下拵え (7)カムチェーンテンショナーアームも

固着寸前だったので、修正加工。

まぁ強制調整ボルトを使うので

この様に酷くなる事はもうありませんが

tanji号部品修理改良下拵え (8)これはこれでこのまま組めませんからね。

削れて出来たバリを取ります。

もうある程度削れているので

干渉度合いも少ないのですが

tanji号部品修理改良下拵え (9)これでちゃんと動く様になりました。

完全に硬化している

カムチェーンスリッパーダンパーも

新品に交換するだけで当然ですが

メカノイズは減少します。

tanji号部品修理改良下拵え (10)ちょっと錆が酷くヤバイかなぁ・・・

と思っていたガバナを分解。

油分が無く錆が酷く抜けなかった・・・

苦労しましたが何とか抜けたので錆取り。

tanji号部品修理改良下拵え (11)思って居たよりも磨耗は少ない?

状態は良さそうに見えるので

このまま使ってみる事にします。

硬めのグリスを塗り込んで

tanji号部品修理改良下拵え (12)ガバナの修正も完了しました。

これで後は内燃機加工から

部品が戻って来るまで

やる事がなくなりました。

tanji号純正新品エンジン部品全て入荷純正部品も全て入荷して揃ったので

暇つぶしに仮組みするぐらいだし

1号機のエンジンも同じく内燃機加工から

戻って来ないと何も出来ないわ。


CB400F用部品リビルド依頼

クラッチアウターダンパー、ポジティブストッパー、1stギアーブッシュ

CB400F用部品リビルド依頼181117 (1)などのリビルドご依頼で

今日送られてきた部品達。

朝荷物が届けば、その日の内に送り返す為

早速リビルド作業に取掛かりますが

CB400F用部品リビルド依頼181117 (2)溶接がある場合は別になります。

ポジティブストッパーの磨耗した

ピンの交換完了、1stギアーブッシュ

交換が完了しました。

CB400F用部品リビルド依頼181117 (3)続いてクラッチアウターダンパー

カシメピンをを取外して

40年以上前のダンパーゴムとご対面。

崩れている物もありましたが

まだ若干ゴム感は残ってましたが、縮んでしまっているのでダメです。

CB400F用部品リビルド依頼181117 (4)これも、サクサクッと交換完了。

これでご依頼の作業が完了したので

本日送り返します。

お急ぎの方は前もってご連絡をいただけると

直ぐに作業に取り掛かれるように準備してます。


本日のご来店

枚方市のコミニティ「枚方が好きやん」バリアフリー部の方で

本日のご来店181117イベントがあると色々な扮装をして

イベントを盛り上げに出掛けている方です。

今日は渚体育館のイベントへ行かれて

その帰りに顔を出してくれました。

もう時期クリスマスなので、次はサンタクロースだねぇw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月15日

燃焼室容積計測

昨晩24時頃の事・・・突然階段から大きな音がしたので
ビックリして何事かと思って見ると・・・
嫁が階段を踏み外して転がっていた・・・
大急ぎで抱き起こし外傷が無いか
痛い場所は何処なのかと聞いたけど
嫁はトイレと眠い方が優先だったらしく
僕の手を振り払ってサッサとトイレを済ませベッドへ戻った・・・
今朝「痛ないんか?」と聞くと「痛いわ」と言っていたので
多分大丈夫なんだろうと思う。
何時もの事だけど、こう言う時嫁は僕の言う事を聞かない。


tanji号下拵え七日目

今日は残りのエンジンカバー類の仕上げ作業。

tanji号エンジンアッパーケース下拵え (1)まずはアッパーケースから

洗浄して油分を落として乾燥済み。

塗装はウレタン系の塗装をされていますが

今回これは剥がさずに汚れだけを除去します。

tanji号エンジンアッパーケース下拵え (2)内部はオイル焼けしているので

これはウエットブラストで

綺麗にしてしまいますが

外側の塗装は温存します。

tanji号エンジンアッパーケース下拵え (3)で、取合えず内部のオイル焼けと

塗装の上にこびり付いた汚れを

綺麗に除去して、リタップ掃除。

念の為、スタッドボルトをチェックすると

tanji号エンジンアッパーケース下拵え (4)何とまぁ・・・全部緩んでました。

なので全部抜いてリタップ掃除。

これで一応クランクケースの

下拵えは完了しました。

tanji号エンジンカバー類下拵え (1)後はカバー類の残り分を仕上げるのですが

予定していたACGカバーの修正は

塗装が出来なくなったので

このまま使うか・・・少し考えます。

tanji号エンジンカバー類下拵え (2)クラッチカバーのガスケットを剥がし

綺麗に洗浄したのですが

エアブローしただけで、少々塗装が

剥がれたので、これもどうしようかと

悩んでいる所ですが、取合えずエンジンケースの下拵えは完了。


1号機復活への道その3

随分前に燃焼室を加工して放置していたヘッドを使う事になり

平成最後の1号機復活への道その3シリンダーヘッド容積測定 (1)内燃機加工から仕上がってきました。

日が落ちるとメスシリンダーのメモリが

見えなくなってしまうので

明るい内に燃焼室の容積測定をしてしまいます。

平成最後の1号機復活への道その3シリンダーヘッド容積測定 (2)まずは強化バルブスプリングを移植。

新しいシリンダーヘッドの

EX側バルブガイドにはステムシールを

取付けれるIN側のバルブガイドを入れてます。

平成最後の1号機復活への道その3シリンダーヘッド容積測定 (3)旧シリンダーヘッドから

強化バルブスプリングを移植。

因みに現行の強化バルブスプリングは

噂では、廃盤になったらしいので

平成最後の1号機復活への道その3シリンダーヘッド容積測定 (4)今CPで在庫している限りになるらしい。

強化バルブスプリングを移植して

燃焼室の容積を測定しましたが

多分かなり前に良い所まで合わせている感じ。

平成最後の1号機復活への道その3シリンダーヘッド容積測定 (5)少しスキッシュエリアを削り

何度も測定しては削るを繰り返し

きっちりと容積を合わせました。

今回平面研磨は0.12mmだったとの事です。

後はシリンダーの平面研磨が0.4mm〜0.5mmだと思うので

ボアが57.3Φになり、ピンハイトが少し下がり少しローコンプになるので

壊れるリスクも低くなるけど、机上の計算だから

結果はどうなるのかなぁ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年11月12日

息子の挙式披露宴5

昨日は月例ツーリングの予定でしたが
一昨日までの緊張感から開放されせいなのか
バイクに乗る気力すらありませんでした・・・
なので、気持ちは走りに行きたかったのですが
身体が言う事を聞かなかったので
店には行く事が出来ませんでした。
お集まりの皆様にはご迷惑をお掛け致しまして
大変申し訳御座いませんでした。


息子の挙式披露宴

挙式当日の朝、理髪店開店時間前に店を開けて頂き

男は黙って吉川晃司髪型の最終仕上げをして頂きました。

何処からどう見ても下町ロケット

少し太めの吉川晃司にしか見えません!

パンチも良いけど七三分けも良いね!

息子の挙式披露宴181110 (1)嫁の着付け等がある為、早めに式場へ

大阪のホテルモントレーで

挙式披露宴です。

ご列席の方は100名で半分は医者w

息子の挙式披露宴181110 (2)なので、何があっても命は助かりますw

嫁の着付けも終わり

息子夫婦の支度中に孫のお世話。

もう首も座っている感じでした。

息子の挙式披露宴181110 (3)久しぶりに夫婦二人揃って記念撮影

見方に寄っては、反社会勢力○長と

その極妻風に見えるらしいけど

至って普通のややこしい人間です。

息子の挙式披露宴181110 (4)息子と嫁が並ぶと相撲部屋の

親方と女将さんか

反社会勢力の杯事か

襲名披露風らしい。

息子の挙式披露宴181110 (5)新郎新婦。

仏式の挙式ですが

新郎の父親なんて始めてなので

オロオロするばかりでした。

息子の挙式披露宴181110 (8)そして挙式が始まります。

緊張感の無い嫁の妹家族w

お陰で和みますが・・・w

無事に杯事が終わり披露宴へ

息子の挙式披露宴181110 (9)自分の席に着席すると

こう言うちょっとしたポイントが

緊張感を高めるのですが

きっと涙は出ないんだろうなぁと思いました。

息子の挙式披露宴181110 (10)そして新郎新婦入場。

ご列席の方々、沢山の方に祝って頂き

息子を誇らしくも思い、大学教授の方々から

嬉しいお祝いのお言葉を頂きました。

新郎新婦を撮影しようとカメラを向けると

息子の挙式披露宴181110 (15)ほぼほぼ見切れる弟の後頭部・・・

どの角度から撮影しても映る後頭部。

本当に後頭部なのか?

面長な額じゃないのか?

一通りのご挨拶や撮影が終わりお色直しへ

その間にご列席頂いた方々のテーブルにご挨拶を済ませ。

息子の挙式披露宴181110 (21)和装から洋装に着替えた二人が入場。

もう今時の披露宴は我々の時代と

全然様相が変わっているので

全然分からないですわ。

息子の挙式披露宴181110 (22)ご列席の皆様の撮影が一段落した所で

我々夫婦もひな壇へ上がり記念撮影。

この時点で僕もシャンパン、赤、白ワイン

瓶ビール5.6本飲んでますが

息子の挙式披露宴181110 (27)全然酔っ払っていないのに

嫁からは調子に乗って呑み過ぎやと

叱られてましたが、全然酔ってません。

息子の大親友、畑本君は幼い頃から

息子の挙式披露宴181110 (35)僕の事を、反社会勢力の人だと

思っていたらしいのですが

やっと誤解は解けたらしい。

めぐみ&めぐみ・・・面倒だわ。

息子の挙式披露宴181110 (41)何処にも泣くポイントなんて無いわと

高をくくっていたので

締めの挨拶の事なんかすっかり忘れて

甥と遊んでいたりして油断していたら

息子の挙式披露宴181110 (42)4時間に及ぶ披露宴もお開きの時間になり

扉の前に立たされた時に

いきなり涙腺崩壊寸伝になった・・・

で、結果的に・・・

息子の挙式披露宴181110 (45)やっぱり堤防決壊!

式場の思う壺にはまってしまい

暗記していた最後の挨拶は全部飛んで

頭の中は真っ白のまま、何を喋ったのかすら

息子の挙式披露宴181110 (50)覚えがないまま、無事に息子夫婦の

挙式披露宴がお開きとなりましたが

帰宅の道中に嫁からお説教・・・

そんなもん、お前がやってみろや!

まぁ息子達に伝えたい事は山ほどあったけど

子供と嫁と幸せを感じる家庭を築いてくれれば良い。


tanji号下拵え五日目

意外とダメージが多いtanji号・・・まだまだ部品チェックは進みます。

tanji号臓物チェック二日目 (1)メインシャフトを見ると

ニードルローラーベアリング部が

磨耗している事が分かります。

これもついでに交換した方が良いですね。

tanji号臓物チェック二日目 (2)交換したカウンターシャフトと

セット物のメインシャフトと比較すると

磨耗度合いが良く分かります。

ここまでやってこれを交換しない方が不自然。

tanji号臓物チェック二日目 (3)取合えずミッションを全バラして

状態のチェックをして

特に問題は無いので

メインシャフトとギアーを使います。

tanji号臓物チェック二日目 (4)せっかく分解したので

似非WPCで仕上げてから

組立てる事にします。

で、似非WPC完了。

tanji号臓物チェック二日目 (5)サクサクッと組立てて

今回交換対象となった部品を並べて

記念撮影・・・余り良い画像とは言いませんが

状態が良くなるのでヨシとしましょう。

こうなると次に気になるのは

tanji号臓物チェック二日目 (6)シフトドラムとフォークの磨耗です。

取合えずケースから全ての臓物を取外し

洗浄して似非WPC仕上げをして

状態をチェックします。

tanji号臓物チェック二日目 (7)幸いな事にシフトフォークの磨耗は少なく

このまま使っても問題ないレベルでした。

ミッションの磨耗具合からすると

これはこれでラッキーで一安心。

tanji号臓物チェック二日目 (8)他の臓物やワンウェイクラッチも

特に問題が無かったので

このまま使う事にします。

後はクラッチアウターダンパーの交換だけです。

tanji号臓物チェック二日目 (9)所ですっかり忘れていたのですが

ロッカーアームのチェック!

よくよく見ると少々カジリがありました。

今更ですが悩ましいです・・・。

tanji号臓物チェック二日目 (10)で、最後の臓物クラッチアウター

ダンパーを交換します。

カシメを取外すとカッチカチに硬化し

プラスティックのようになった

tanji号臓物チェック二日目 (11)ダンパーが出てきました。

サクサクッと新しいリビルド品に交換。

これで臓物関係のチェックと

不具合部品の交換はほぼ完了しました。

後はロッカーアームとカムシャフトをどうするかだなぁ・・・


本日のご来店

初めての方ですが、以前から気になっていたとの事。

181112本日のご来店ハーレーXL1200にお乗りの方。

フォアを買おうと思ったら

ハーレー2台は買えると仰ってました。

ハーレーのお値段が良く分からないので

何とも言えませんでしたw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)

2018年11月09日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日11月10日(土曜日)は息子の挙式披露宴の為
臨時休業とさせて頂きます。
第二日曜日は定休日ですので連休になります。
CP月例ツーリングも予定しておりますので
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


tanji号エンジン下拵え四日目

エンジンO/H下拵え四日目に突入しましたが

tanji号クランク測定 (1)何かと予定外の不具合も見つかっており

これ以上は勘弁して欲しいと思ってます。

今日は臓物関係の下拵えをして行きます。

まずはクランクの測定から開始。

tanji号クランク測定 (2)その前に気になるのが

オイルシールの硬化により

クランクにオイルシールのリップから

受けたダメージがあり、左右共

tanji号クランク測定 (3)少し爪に引っかかる状態になってます。

状態としては微妙な状態で

漏れらければラッキーと言う感じ・・・

取合えず下処理をしてみます。

tanji号クランク測定 (4)tanji号クランク測定 (5)







これで爪が引っかかる事も無く多少ダメージは処理出来たと思います。

tanji号クランク測定 (6)クランクからコンロッドを取外してみると

コンロッドメタルがかなり

やばい状態になっていました。

もう少し遅ければ大惨事に・・・

tanji号クランク測定 (7)中でも一番酷かったのは

#1のコンロッドメタル

恐らくこの辺りがエンジンオイルの

金属粉だったのだろうと思われます。

tanji号クランク測定 (8)クランクシャフトの測定をします。

測定結果は微妙でした・・・

クランクメタルも3/5が廃盤の物になり

どうするべきか悩みます。

tanji号クランク測定 (9)コンロッドの小端内径も測定。

ギリギリ使用可能範囲内ですが

出来れば状態の良い物に

交換したいぐらいです。

tanji号クランク測定 (10)特に#3の磨耗が酷く

写真で撮影してもこれぐらい

分かる状態なのでこれも悩み所です。

物はあるにはあるのですが・・・

tanji号クランク測定 (11)取合えず別の398クランクを

引っ張り出して測定してみましたが

やはりクランクケースとの相性が悪く

そんなに大差はありませんでした・・・

倉庫にも398クランクがあったはずなので、一応コンロッドと一緒に

tanji号臓物チェック (1)探してみる事にします。

続いて臓物関係をチェックして行きます。

当然ですがポジティブストッパーは

NGなのでリビルドになります。

tanji号臓物チェック (2)ミッション関係のチェックで

1stギアーブッシュはかなりガタガタ

当然ですがデフォで交換になります。

心配だったカウンターシャフトの2ndギアー

焼きが入っているので多分ダメでしょう・・・

tanji号臓物チェック (3)で、ベアリングを取外してみると

案の定焼き付いており2ndギアーが

抜けて来ません・・・

残念ですがカウンターシャフトはご臨終です。

tanji号臓物チェック (4)取合えず1stギアーブッシュを抜いて

似非WPC処理をしてから

新しいブッシュを圧入しました。

代わりになるカウンターシャフトは

tanji号臓物チェック (5)在庫してありますので

こちらと交換になります。

O/H予定には入れてなかったのですが

フル強化オイルポンプの取付けを推奨します。

tanji号臓物チェック (7)取合えず中古良品のカウンターギアーを

分解して状態をチェック!

磨耗も少なく状態も良いので

これを使うしか選択肢はないかなぁ・・・

tanji号臓物チェック (8)似非WPCで仕上げて組立て完了。

Oリングも新品になりました。

倉庫にクランクを探しに行きましたが

398クランクが見当たらなかったので

tanji号臓物チェック (9)クランクはこのまま使う事にして

コンロッドの良い物が見つかったので

最低でもコンロッドは交換した方が

よりベストだと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

月例ツーリングのお知らせ3

【月例ツーリングのお知らせ】
二週続けてイベントがあったり
土曜日に息子の挙式披露宴があったりで
コースは全然考えていませんが、早々に考えます。
集合は何時も通りCPに8:00〜8:30出発で
走ろうと思っておりますので、よろしくお願い致します。


男は黙って七三分け

今週10日土曜日に息子の挙式披露宴があるので

パンチ禁止の男は黙って七三分け181107風体の悪いパンチ禁止の為

今朝一番に何時もの理髪店へ行き

下町ロケット、吉川晃司風の

七三分けに仕上げてきました。

土曜日の朝一にもう一度仕上げてから燕尾服を着る事になります。


tanji号シリンダーヘッド下拵え

定休日の今日ですが、仕事が溜まりつつあるので

tanji号シリンダーヘッド下拵え (1)少しでも片付けたいと思い

tanji号シリンダーヘッドの下拵え。

ブラストが終わったヘッドの

ねじ山をリタップ掃除。

tanji号シリンダーヘッド下拵え (2)痛んでいたカムチェーンガイドの

ホルダー部分のバリを慣らしましたが

もう少しちゃんと修正しないと

ダメージが進行するだけです。

tanji号シリンダーヘッド下拵え (3)棚落ちした#2の燃焼室のダメージも

取合えずバリ取りをしたので

これでちゃんと使えると思います。

ダメージが少なくて良かったかな?

バルブは曲がっていなかったのはラッキーでした。

tanji号シリンダーヘッド下拵え (4)バルブガイドがまだ入荷してないので

交換は部品が入荷してからになります。

その前にシリンダーヘッドの歪み測定。

ギリギリ規定値内でしたが

ノックピンが入る所にダメージが見つかりました。

tanji号エンジン用新品部品達今回使う在庫してある分の

エンジン関係の部品を出しましたが

在庫切れしていた物も幾つかあったので

後日発注致します。

一応見積りを作りましたが、予定外の不具合分予算がオーバーしてました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月26日

本日は半休、日曜日から月末まで連休3

都合により本日の営業は14時までとさせて頂きます。
明日は通常営業ですが、明後日は
泉大津フェニックスで開催されるイベント
WORLD MOTO」でブース出展の為臨時休業になります。
天候も良さそうなので、バイクシーズン終盤のコースに
是非ご来場下さい。


本日の業務

イベント準備で少々バタバタしており、通常業務はお休み。

今夜は大阪で親睦会もある事から、半休になります。

エストレイアシリンダーヘッド内燃機屋送り以前からご相談を頂いていた

エストレイアのシリンダーヘッド

バルブガイド交換と擦り合わせのご依頼

EX側のバルブガイドがガタガタなので

交換してバルブを擦り合わせる為に内燃機屋送りとなります。

三重U号タンクリペイント (1)三重U号のガソリンタンクも発送準備。

ガソリンを抜いて付属品を取外し

塗装屋さんへ送ります。

タンクキャップの滑り材が一個しかなかったのと

三重U号タンクリペイント (2)398コックもリザーブ用のゴムが

無かったのと、398タンク用コックを取外すと

ほぼほぼ再使用が困難な状態になるので

コックは新品に交換になります。

8号機弟のタンクカスタムペイント送り弟のカスタムペイント用タンクも

カラーリングやステッカーの配置も

決まったので、同じく今日

発送する事にします。

大阪M号新品部品今後の作業の流れとしてはまず

大阪M号のシリンダーヘッドを仕上げて

作業用リフトを空ける事を優先します。

必要な部品は揃ったので

後は時間だけ有れば仕上がります。

三重U号大体の部品は揃った? (1)次に三重U号のフロントフェンダーや

配線、ヘッドライト、電装品などを取付けて

作業用リフトに搭載して

エンジンを仕上げてしまします。

三重U号大体の部品は揃った? (2)三重U号の必要な部品も

大方揃っているはずなので

最終的にはタンクなどの塗装の

仕上がり待ちになると思います。

この作業が終わり次第、tanji号のエンジンO/H見積り作業に取掛かりますが

今月末は仕事にならず、月曜日は関西医大へ行き瀉血。

火曜日は午後から神戸へ行く事が決まっており

水曜日は定休日ですが、中で仕事すると思います。

peke_cb400f at 14:00|PermalinkComments(0)

2018年10月25日

イベント準備3

昨日は姫の二十数回目の誕生日で
本当ならバースディーツーリングへ行き
ランチに美味しいフレンチでも食べてと思っていたのですが
火曜日からの天気予報が不安定だったので
仕方なく少しだけタンデム走行してから
ディナーはリクエストの焼肉へ行きました。
プレゼントしたカドヤの革ジャケットもピッタリだったし
後は来年に向けて姫のバイク修理だけです。


和泉大津フェニックス WORLD MOTOの準備

今週28日に泉大津フェニックスで開催される「WORLD MOTO」の

WORLD MOTOの準備 (1)積込み準備を今日中にしてしまわないと

明日は用事で実務が出来ないのと

土曜日の天候が怪しいのとで

今週は仕事になりそうにありませんから。

WORLD MOTOの準備 (2)レストア・カスタムコンテストに出す

銀ちゃん号と14号機も積込みました。

当時物ヨシムラ手曲げマフラー

塗装が間に合わなかったのでこのままです。

WORLD MOTOの準備 (3)ブース用テントなど一式積込みが完了。

後の積めなかった物は

嫁の車に積込んで

当日は2台で走る事になります。


三重U号純正部品入荷

少々作業が止まっていましたが、発注していた純正部品が入荷。

三重U号純正ウインンカー入荷丁度今日J社のアジャスターから

電話があり、少々ネゴられましたが

無事協定となりました。

これで本格的に復旧作業に取掛かれます。


大阪M号シリンダーヘッド下拵え

今日シリンダーヘッド関係の部品が内燃機屋さんから戻ってきたので

大阪M号腰上OH下拵え (1)早速下拵え作業に取掛かります。

カジリのあるカムシャフトは

中古良品と交換になります。

向かって左側が中古良品です。

大阪M号腰上OH下拵え (2)同じくカジリのあったロッカーアームは

新品同様にリメイクをしました。

今後はオイル管理をしっかりして下さい。

まぁ乗る事が最大のメンテナンスです。

大阪M号腰上OH下拵え (3)ヘッドカバーにリメイクした

ロッカーアームを仕込んで

タコメーターギアーのオイルシールも

交換したので、ヘッドカバーは完成です。

大阪M号腰上OH下拵え (4)次にシリンダーヘッドに

摺り合わせしたバルブを

セットして行きます。

バルブステムシールも新品になります。

大阪M号腰上OH下拵え (5)これでバルブの組付けが完了。

バルブガイドは決して

ガタガタではありませんが

予算の都合もあるので交換はしていません。

大阪M号腰上OH下拵え (6)インシュレーターのOリングは新品に交換。

スタッドボルトも純正新品に交換。

これでシリンダーヘッドカバーと

シリンダーヘッドの下拵えが完了。

大阪M号腰上OH下拵え (7)近日中には仕上げ作業に取掛かります。

今回右側に少し見える部品

ピストンリング、ピストンピンなども

新品に交換してます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月20日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日10月21日(日曜日)は、枚方市民のコミュニティで
僕が顧問をさせて頂いている「枚方が好きやん ツーリング部」の
第二回公式ツーリング為、臨時休業とさせて頂きます。
また、10月22日(月曜日)は出張の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


三重U号作業再開四日目

先日から作業を再開している三重U号の作業再開も四日目に突入。

三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (1)部品が揃っていないので

細かい所を先に仕上げてしまいます。

まずはインジケーターカバーの交換。

純正ですが割れているのでリプロ品に交換。

三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (2)中身を入れ替えるのですが

アース線のギボシが千切れていたので

これを修正してから

インジケーターカバーにセットします。

三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (3)こんな感じで修正完了。

これで新品のインジケーターカバーに

セット出来るようになったので



三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (4)サクッと組付け完了です。

ヘッドライトステーの在庫が無かったので

取合えず車体に仮付けします。

フロントフォークをセットして

三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (6)トップブリッジを取付けて

速度警告灯も千切れていたので

リプロ新品に交換して取付けました。

BEETのセパハンも仮に取付けました。

三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (7)フロントブレーキキャリパーも

仮付けするのですが

Oリングが一個入って無かった。

で、キャリパーホルダーの状態が

三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (8)他と比べると気に入らないので

キャリパーホルダーをバフ掛け

新品部品に交換できる物は

全部新品に交換する事にしました。

三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (9)フロントフェンダー入荷待ちなので

フロントブレーキキャリパーも

仮付けして置きます。



三重U号フロント周り&電装関係仕上げ (10)ハンドル周りもスイッチ類を

BEETのセパハンに移植。

これで今あるフロント周りの

部品取付け仮組みが完了しました。

三重U号自立 (1)もうここまで仮組みしたので

ローリング出来る状態にしないと

スペース的に厳しくなるので

取合えずリアータイヤホイールをセット。

三重U号自立 (2)フロントタイヤホイールも

仮付けでセットしました。

これで取合えずローリングが

出来る状態になりました。

三重U号自立 (5)メインスタンドも使える様になりました。

後は不足部品と細々した作業が

残っている位で、ここからはボチボチと

仕上げて行く事になります。

まだ保険屋との示談も済んでないので

オーナーも僕も費用の立替がきついです・・・

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月19日

そらふね3

今年の春に血液の癌、赤血病、真性多血症の告知を受け
余命宣告を受け半年から一年半と言われ
増えた血液を捨てながら治療を受けて半年以上が経ちました。
治療をしていれば死亡率はかなり低くなり全体の30%
白血病化が20%、治療をしていていれば10年生存率は70%なので
決して悲観的ではありませんが
昨日急に右手が動かなくなり震え出したのは少しビックリした。
恐らく精神的ストレスからだと思います。
まぁ何処にでも雑魚キャラはいますからね気にしません。
その時が来たら、笑ってやろうと思います。



三重U号作業再開三日目

昨日はボトムケースのバフ掛けしか出来なかった

三重U号フロントフォーク組立て (1)三重U号の作業三日目に突入。

サクサクッとフロントフォークを

組立てました。

フォークオイルを入れて

三重U号フロントフォーク組立て (2)フロントフォークの修理組立てが

やっと完了しました。

で、どう言う段取りで仕上げようかと

考えながら、組付ける部品を選択。

三重U号シリンダーヘッド増し締め (1)まずはエンジンヘッドの増し締め

特に緩んではいなかったけど

スタッドボルトからの

オイル滲みがあるので、座面が悪い感じです。

三重U号シリンダーヘッド増し締め (2)交換出来る部品は交換して

エンジンを搭載する準備は整いました。

どのタイミングで搭載しようかなぁと

悩んでいる所です。

三重U号エアークリーナBOX下拵え (1)エアークリーナーBOXも下拵え

BOXも塗装をしたので

ラバー類は全て新品に交換になります。



三重U号エアークリーナBOX下拵え (2)これをエンジン搭載前に

フレームにセットしておきます。

乗せてからでも良いけど

僕は先にセットする派です。

三重U号エンジン搭載?フレーム搭載w (1)で、エンジンを搭載するのですが

今回はエンジンにフレームを

乗せると言うイメージになります。

エンジンを横にして高さを調節し

三重U号エンジン搭載?フレーム搭載w (2)フレームを

どーん!

フレーム搭載完了です?

仮ボルトを入れてエンジンを固定し

三重U号エンジン搭載?フレーム搭載w (3)フレームを持ち上げて立たせます。

足回りを仕上げようと思っていたら

少々部品が不足しているので

今日はここまでで終了です。

三重U号破損部品時間が経ち過ぎているので記憶が・・・

ちょっと部品を整理して

何が壊れていて、何が必要なのかを

もう一度整理する事にします。

三重U号用在庫部品在庫分をかき集めましたが

フロントフェンダー、ヘッドライトステー

などが在庫切れだった。

純正部品も少々不足しているので

発注する事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月15日

CP月例ツーリング4

今週21日の日曜日は
枚方市民のコミュニティツーリングがあり
臨時休業のよていとなっております。
今日現在のPIT状況は空いておりますが
三重U号の仕上げ作業や名古屋tanji号の
エンジンO/H作業に取掛かるとスペース的に
何時も通りになると思いますので
作業のご依頼をご予定されておられる方は
前もってご連絡をいただくとありがたいです。


CP10月度月例ツーリング

昨日は絶好のツーリング日和で、沢山のライダーとすれ違いました。

あちらこちらでもイベントが開催されていましたね。

前日の天気予報が何処を見てもバラバラでどうしようかと思いましたが

昨日は晩秋を感じさせるぐらいの気温でしたが、天候には恵まれました。

CP10月月例ツーリング (1)そして例の如く集合予定時刻より

かなり早くCP前に集合していたのは二人で

弟とSさんwでしたw

定刻に芦屋から参加して下さったのは

初めて参加されるM様でした。

CPを予定時刻に出発し第二集合場所の京都東ICでまってましたが

誰も来なかったので出発。

途中インスタ映えするメタセコイヤ並木で記念撮影。

CP10月月例ツーリング (2)CP10月月例ツーリング (3)







オーガニックデトックスな二人です。

CP10月月例ツーリング (4)マラソン大会もあったりで

メタセコイヤ並木の中では

駐停車が出来無そうなので

並木の入口でバイクを並べて撮影。

後は敦賀までかっ飛んだのですが皇太子様が敦賀入りすると知り

CP10月月例ツーリング (8)全ての交差点には警察官がいたし

上空にはヘリも飛んでいた。

そんな中敦賀の友人と合流し

穴場ルートを案内してくれて

CP10月月例ツーリング (9)これも穴場の十割そば「いたどり」で昼食。

中々の隠れた人気店らしく

メニューも豊富にあった中

僕はざる蕎麦の大盛りを頂きました。

CP10月月例ツーリング (10)十割蕎麦の割りに蕎麦は切れず

味もおいしゅう御座いました。

定食っぽい蕎麦には

デザートも付いてました。

CP10月月例ツーリング (12)お腹も満たされたので出発!

ホスト役の地元の明主が案内する

楽しいコースを堪能して

越前海岸で休憩してから

CP10月月例ツーリング (14)何時ものしおかぜラインをかっ飛んで

しおかぜラインの終点、基点になる

和スイーツが味わえるお店「あん」で

血糖値を上昇させます。

CP10月月例ツーリング (15)これまた特注のフルーツ盛り。

僕的にはこの喫茶「あん」を

ライダーズカフェ化したいなぁと

思っていますw

CP10月月例ツーリング (17)和スイーツもお手頃な価格

食べ放題?かと思うぐらいのお値段。

嫁にもお土産に嫁好みの

和スイーツをお持ち帰りしました。

CP10月月例ツーリング (20)敦賀半島の東浦から西浦を抜けて

夏はエロいおねーちゃん達が

わっさわっさ居る水晶が浜で

小休止して、帰りのルートを相談。

CP10月月例ツーリング (21)これまた走りやすく楽しいルートを

案内してくれて、小浜の道の駅

名田庄でホストの友人と別れて

美山方面へかっ飛んで走りました。

CP10月月例ツーリング (22)後続車両と合流待ちの度に

所々で犬のようにマーキングしている

オーガニックデトックス男のS君。

これで迷わず帰れるそうです。

次は常神半島へ行き、美味しい新鮮なイカ刺しを

食べたいなぁと思ってます。

結構マッタリとした感じになりましたが

13時間の長丁場CP月例ツーリングを堪能してきました。


Z1000Mk競掘璽噺魎

峠を走ると、どうしてもマフラーを擦ってしまうので

Z1000Mk兇△鵑拡瓦シートに交換181015 (1)車高を上げたいと思い

その計画の第一弾として

あんこ抜きシートに交換します。

なので純正シートを取外しました。

Z1000Mk兇△鵑拡瓦シートに交換181015 (2)多分2.3cmぐらいは下がると思う

あんこ抜きされたシートをを購入。

質感はオリジナル風、艶が無いのかな?

上側があんこ抜きシートです。

Z1000Mk兇△鵑拡瓦シートに交換181015 (3)右足の装具がシート表皮に

ダメージを与えてしまっているのも

勿体無いのですが、もう遅かったです。

サイドカバーにも少々装具のダメージが・・・

Z1000Mk兇△鵑拡瓦シートに交換181015 (4)金具はオリジナルを使用して

あんこ抜きシートの交換完了です。

足が両方ともちゃんと付く様になったので

かなり良い感じです。

これで後はフロントフォークスプリングを交換して

リアーはYSSで車高を上げる事にします。


タンク錆取り

弟がタンクをまたカスタムペイントするらしく

8号機カスタムペイントベースタンク錆取り (1)錆取りをしろと持ってきたので

付属品を取外せと!と作業中。

キャップチェックのネジが錆付いて

取れないので苦労して外してます。

8号機カスタムペイントベースタンク錆取り (2)で、何とか取外して

ワコーズのピカタンを投入!

後はちゃんとやっといてねと言うので

その作業に対しての等価交換にと

エアーホースリール修理 (1)壊れたエアーホースリールの

修理を強要したった。

劣化したホースを交換するのですが

持っていたホースとサイズが違っていたので

エアーホースリール修理 (2)修理は部品が揃ってからとなりました。

取合えずエアーホースリールを

裏口側に取付けて

裏口での作業用にします。

エアーホースリール修理 (3)これで自由人君も

ポート研磨作業がやり易くなり

車のタイヤのエアー補充も

簡単に出来るようになると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月13日

明日CP月例ツーリング開催です3

明日のCP月例ツーリングは予定通り開催しますので
第一集合場所CPに8:00集合8:30出発
第二集合場所京都東ICに9:00集合9:15分出発です。
時間厳守でガソリンを満タンにしてから集合願います。
気温が低いと思いますので、それなりのスタイルが良いでしょう。
空冷に良い期間が少なくなって来ているので
安全に楽しみましょう。


OFFシーズンの管理方法

オイル交換についてユーザーからよく聞く話ですが

「余り乗って無いから」とか「3000キロも走ってない」とか

都市伝説的なオイルについての情報や持論をお持ちの方。

鉱物油に拘る方などいらっしゃいますが

基本的にエンジンの状態にあったオイルを、乗ろうが乗るまいが

年四回、3ヶ月毎or3,000キロ毎に交換する事がベストですが

3,000キロを三ヶ月で乗ろうと思ったら一日30キロ以上

週230キロ以上乗らないと3ヶ月で3,000キロなんて無理な話ですね。

また「乗らない時期には、定期的にエンジンを掛けている」と

言われますが、それってエンジンの動体チェック程度でしょ?

しっかりと油温を上げて、エンジンにしっかり熱を入れ

ブリッピングをして、オイルを回してますか?

エンジンが温まるとオイルの粘度が下がるので

強化オイルポンプを入れていても吐出圧力が落ち流量も下がりますから

シリンダーヘッドまでオイルは上がって無いですし

油膜が切れてクランクメタルもカジるので

一旦そうなると後は加速的に磨耗が進行します。

貴方のOFFシーズンの管理は正しい管理ですか?


ニューアイテム(SST)

プラグホールを傷めてしまった時に

ニューアイテム プラグホール修正機 (1)エンジンを搭載したまま

簡単に修正出来る

SSTを見つけたので

早速購入して実用性のテストをしてみる事に!

ニューアイテム プラグホール修正機 (2)人柱は大阪M号のヘッドですが・・・w

ヘッドは取外していない事を想定。

工具をプラグホールに挿入。

ギリギリ挿入出来るサイズです。

ニューアイテム プラグホール修正機 (3)今度は挿入した修正機の先端にある

摘みを正回転で止まる所まで回すと

修正機の先端がホールインアンカーの

様に開いて、プラグのねじ山と

ニューアイテム プラグホール修正機 (5)同じサイズに開きます。

画像ではグリスを塗ってませんが

グリスを塗った方が良いですね。

そしてこれを引き上げて行くと

ニューアイテム プラグホール修正機 (6)痛んだプラグホールのねじ山を

綺麗に掃除しながら上がってきます。

この時に切り粉などは修正機に塗った

グリスに引っ付いて一緒に上がって来るので

ニューアイテム プラグホール修正機 (7)中にゴミや切り粉が落ちないのを

確認出来たので、安心して使える工具です。

ただ完全にプラグホールが

逝っちゃった場合はリコイルしかないでしょうね。


大阪M号下拵え六日目

シリンダーヘッドのねじ山をチェックして

大阪M号シリンダーヘッド他内燃機屋送りプラグホール修正機の人柱になった

大阪M号のシリンダーヘッド。

これで下拵えが終わったので

今日内燃機屋さんへ発送します。

それと以前から他のエンジンで稀に起こる現象があり

原因はバルブガイドのOリングが加水分解状態になり

バルブガイドの外からのオイル下がりが起こる事が判明。

まぁ以前から交換するガイドのOリングが

腐っていたのは分かっていたのですが

Oリングだけを交換する事は余りよろしくないので

バルブガイドとOリングをセットで交換した方が良いです。

その分費用が掛かる話になるので、今後はバルブガイド交換を

推奨して行く事にします。

大阪M号ピストン取付けシリンダー挿入 (1)昨日に引き続きまた話がそれましたが

大阪M号のピストンに新しい

ピストンリングをセットして

曲がっていたピストンピンも新品に交換して

大阪M号ピストン取付けシリンダー挿入 (2)コンロッドにセット完了です。

シリンダーも挿入完了。

カムチェーンスライダーは

新品に交換してます。

大阪M号ピストン取付けシリンダー挿入 (3)シリンダーヘッドガスケットや

オリフィス、ノックピンのガイドも

セットが完了しました。

後は今日発送したヘッドが内燃機屋さんから

仕上がって来れば、仕上がります。


本日のレッカー入庫

今日の午前中は色々な方から電話が殺到して、別の意味で忙しかった。

名古屋tanji号レッカー入庫181013そんな今日はレッカー入庫の日です。

まず一台目は名古屋からtanji号。

エンジンフルO/Hと継続車検の為

車体だけ計画的に搬送となりました。

街道レーサーT号レッカー入庫181013 (1)続いての搬送は、朝から電話で

不具合原因をやり取りしていた

街道レーサーT号がレッカーで入庫。

電話での相談で問題が解決したと思ったのですが

街道レーサーT号レッカー入庫181013 (2)どうやら違う所に原因があった事が

判明したのですが、スタイル上の問題で

イグニッションの取回しがかなり厳しく

結果、接触不良だと言う事が判明。

街道レーサーT号レッカー入庫181013 (3)しかもカプラーのツメが折れており

接触不良から緑青錆が沸いていたのと

振動などによる接触不良が

主な原因だと言う診断結果です。

何か改善策を考えておきます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月06日

ノーベル医学・生理学賞3

皆さんもご存知かと思いますが
がん免疫療法に使う薬が開発されて数年経ち
その開発者の京都大学特別教授の本庶佑氏が
ノーベル・生理医学賞を受賞したとの事。
開発された薬のオプジーボは肺がん、胃がん、皮膚がんなど
他に7種類ぐらいのがんに使われて効果があったらしいけど
お値段が当初一瓶100mgが73万円だったらしく
夢の薬だったけど亡国の薬とも言われていたのですが
大幅に値下げされる予定らしく今後17万円ぐらいになるらしいけど
それでも高いよねぇ・・・まぁ命の値段と考えれば安いのかな?
でもがん細胞が無い遺伝子レベルの血液のがんの代表
白血病や僕の赤血病にはがん細胞が無いので
効果は無いのは当然の事だけど、白血病ならまだ
骨髄移植で治る可能性もあるけど
赤血病(真性多血症)は5万人に1人の病気でJAK2遺伝子の異常です。
薬も無く治療方法は増えた血液を瀉血して捨てるだけで
放置すれば余命半年から1年半・・・
今この病気を研究しているのは順天堂大学などです。


大阪N号腰上O/H下拵え二日目

昨日から本格的に腰上O/H作業に取掛かっている

181006本日のご来店 (1)大阪M号の作業ですが

どうやら今日は仕事が出来る日じゃ

無い感じで、本日一番目のご来店は

スタンダードプードルのアース君。

まだ6歳ですが中々賢い子です。

181006本日のご来店 (2)続いてのご来店は自由人君。

折れた指の手術も終わり

チタンワイヤーを入れてます。

6週間後には取外すらしい。

181006本日のご来店 (3)顔の傷も結構治っていて

ズタボロだった唇も

綺麗に再生してました。

もう時期50歳になるのに

181006本日のご来店 (5)犬よりどあほう男の自由人君。

事故の見積もりや、被害者請求を

保険屋にする為の書類作りなどを

やる代わりに、大阪M号のガスケット剥がしを

やらせたのですが、全然使い物になりませんでしたw

181006本日のご来店 (6)そんな事をやっているとMさんの

お友達N様がご来店されました。

前後タイヤの空気圧適当に入れたらしく

リアで4Mpa、フロントは6Mpaと入れ過ぎ・・・

これコーナーで飛びますよ!と

タイヤの空気を入れ過ぎると何がいけないかを説明して

適正な空気圧に調整して、リアショックもKONIの

減衰付き物だったので、減衰の調整もレクチャーしたりなど

CP月例ツーリングも参加して下さるそうなので

14日にでも都合が合えば参加して下さいね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年09月22日

ヨンフォアミーティングの準備3

今日明日の貴重な晴れ間を利用して
第16回ヨンフォア&旧車ミーティングの
準備を済ませてしまおうと思い
作業はほったらかしで
積み込み作業を始める事にしましたが
今日、明日、明後日と予定が立て混んでおり
PITの状況も悲惨な状態なので
スペース確保も同時にやってしまいます。


日田祇園 薫長と対戦

熊本の前後から少し呑み過ぎだとは思ってますが

日田祇園 薫長と対戦 (1)好戦的な挑戦者が次々と控えているので

僕としても確実に倒していかないと!

で昨晩の対戦相手は

「日田祇園の薫長」と対戦開始。

日田祇園 薫長と対戦 (2)今まで対戦した事が無い始めてのお酒。

でもとても呑みやすくて美味しかった。

美味しいお酒と言うものは

気が付く頃には無くなってますね・・・


秋の晴れ間にヨンフォアミーティング準備

台風24号の進路も気になりますが、30日に開催される

秋の長雨の合間にPIT整理 (1)第16回ヨンフォア&旧車ミーティングの準備や

入庫車両受入れの準備の為

PITの整理をしてしまいます。

まずはハイエースに積んだままの

レーサーを下ろして、イベントの準備に取掛かります。

秋の長雨の合間にPIT整理 (2)不動車コーナーも整理して

レーサー号と三重U号を

不動車コーナーに乗せました。

これでU号分のスペースが空きました。

第十六回ヨンフォア旧車ミーティングinもちやの準備レーサーを下ろして14号機を積込んだので

PITは±0ん?、三重U号のフレームを

不動車コーナーに上げたので−0.5?

取合えず、少しスペースが空きました。


CB750F足回り移植企画

大阪T様からのご依頼で、CB750Fの足回りに

CB750F移植計画 (1)ビトーのマグタンホイールを

フィッテングして、CB400Fに取付ける

と言う企画のご依頼を頂きました。

各パーツをチェックすると

CB750F移植計画 (2)色々と面白い事も分かったり

これ、どうしようか・・・と

言う所もあったりですが

僕の頭の中では良い感じのイメージに

CB750F移植計画 (3)仕上がるような感じになってます。

その為に色々と妄想してから

測定をして、下絵を描いて、部品を探し

纏まった感じの車両に仕上げようと思います。


委託販売車両入荷

車両乗り換えの為に委託販売で中古車両が入庫。

委託車両入荷398登録現在車検切れ、価格はASKです。

398登録になっているので

中型免許(普通二輪)で乗れます。

現車確認可能ですので、是非お問い合わせ下さい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年09月08日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日9月9日は第二日曜日で定休日ですが
明後日9月10日は真性多血症治療で瀉血の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


レース、イベント準備

いよいよ来週に迫ってきた九州鉄馬レース!

煽り運転抑止アイテム (1)その準備をボチボチですがはじめてます。

まずは、煽り運転抑止アイテム

割と車の運転は大人しい方なので

結構煽られる事もあるので

煽り運転抑止アイテム (2)その抑止の為に電光掲示板を導入

車間距離を詰められたら

スイッチONで警告文字が

流れる仕組みになっています。

煽り運転抑止アイテム (3)煽り運転抑止アイテム (4)







これで煽られなくなれば良いのですが

簡易ベッド (1)次に後部座席に簡易式の

エアーベッドを設置します。

12Vの送風機みたいな奴で

空気をエアーベッドに入れて

簡易ベッド (2)膨らませると、こんな感じになって

眠れるはずなのですが

耐過重が微妙なのが心配です…

まぁ防災グッズとしても使えますからね。

まっきーレーサー号納車180908準備それとレース用レインタイヤも

積込むついでに、まっきーレーサー号も

邪魔なので強制的に納車します。

勝手に納車するからって

修理費用を払わないとか言うパワハラ的な事は言わないでねw


JBマグタンホイールフッティング企画

大阪のT様からご相談を頂いている企画で

JBマグタンフッティング企画 (1)CB400FにJBマグタンホイール

18インチを移植する企画です。

フロントはCB750Fを流用するので

ステムの加工だけで

ブレーキなどの取付けには

問題は無いと思います。

JBマグタンフッティング企画 (2)一番手間の掛かる所はリアで

スプロケはJBから販売されている

520サイズの38Tを使う事にします。

問題はスプロケの取付け方法で

JBマグタンフッティング企画 (3)ナットが外側に出ているのが厳しいので

ここをどうにかする事と

勿論チェーンラインなのですが

フロントは10mmオフセットの

520コンバートを使うとして

スプロケダンパーも何か考えないと厳しい。

JBマグタンフッティング企画 (4)ホイールは高級品なので

なるべく無加工にしたいと思うので

CP特注CB400F用スイングアームを

使うとして、後はリアブレーキの

JBマグタンフッティング企画 (5)キャリパーサポートとトルクロッド

カラーの製作ぐらいは

大した事では無いので

チェーンラインがややこしいのと

フロントフォークがCB750Fを使うのでCB400Fより約100mm長く

35Φのインナーで短い物を探します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年09月01日

CP月例ツーリングのお知らせ3

【CP月例ツーリングのお知らせ】
今月のCP月例ツーリングのお知らせです。
9月9日(日曜日)に予定している「敦賀祭りツーリング」
毎年9月1日から10日までの間
敦賀でお祭りが開催されます。
メインは1日〜4日ぐらいまでかな?
台風21号が心配されますが、9日の予定をお知らせします。
第一集合場所CP、8:00〜8:30出発。
第二集合場所京都東IC、9:15〜9:30出発
敦賀市内の某所ガレージにバイクを保管しお祭りを堪能して
しおかぜラインを走って、お茶して帰る予定です。


金沢地酒対決第二ラウンド

昨晩は金沢地酒呑み比べ第二ラウンド!

金沢地酒呑み比べ第二ラウンド (1)まずは「加賀鶴」と対戦開始。

65%まで磨き上げた米の味がする

呑みやすいお酒。



金沢地酒呑み比べ第二ラウンド (2)サクッと退治して

次の対戦。






金沢地酒呑み比べ第二ラウンド (3)続いては「越の寒中梅」

これは辛口なので、どちらかと言えば

僕好みの味でした。



金沢地酒呑み比べ第二ラウンド (4)これもサクッと退治して

金沢地酒呑み比べ2日目

第二ラウンドも無事勝利に終わりました。

いよいよ今夜は最終戦です。


新型強化オイルポンプ

気が付いたら在庫切れだったので

新型強化オイルポンプ180901 (1)大急ぎでオイルポンプを

加工に出して、仕上がってきたので

早速組立てに入ります。

まずは綺麗に洗浄して

新型強化オイルポンプ180901 (2)サクサクッと組立て完了です。

今回はアゲイン製ミッション用

強化オイルポンプも2個組立てて

フル強化オイルポンプ2個と

メイン強化オイルポンプ3個の5個を作りました。


香川F村号エンジンオイル

適当に仕上げられたり締付けトルク不足だったりと

色々問題が発覚した香川F村号ですが

今回僕が触った所に関しては、完璧に手直ししました。

香川F村号エンジンオイルモチュール300Vで、エンジンオイルですが

オーナーと打ち合わせした結果

モチュール300Vを入れる事にしました。

余り乗らないと言う事もあり

300Vだと油膜切れも起こり難いオイルなので

ノーマルエンジンにはお高いですが

エンジンにしてみれば良いチョイスだと思います。

明日午後には、お引取り納車予定となりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月30日

風雨雹被害は火災保険で3

意外と知られていないのは火災保険の使い方。
「火災保険」と言う名目で加入しているので
火事の時にしか使えない保険だと思っている人が多く
昨今の異常気象、台風、雹、竜巻などで
家が壊れた場合の修理費用は
火災保険でまかなう事が出来るので
契約書の約款を読み直してみて下さい。
我が家も雨どいが壊れたので近日見積りの予定です。


香川F村号カバー類交換四日目

今週日曜日に引取り納車予定の香川F村号の作業。

残りはシリンダーヘッドカバーとハンドル交換、ETC取付けなどで

香川F村号ヘッドカバー交換 (1)今日はシリンダーヘッドの交換ですが

色々と間違いがありますね。

お決まりのクラッチワイヤーガイドの

取付け位置や、ヘッドカバーのボルトなど

香川F村号ヘッドカバー交換 (2)ブリーザーカバーのボルトは

フランジボルト6×32なのですが

六角ボルトに平ワッシャーが使われてます。

平ワッシャーをエンジン内に落とすとか

そう言うリスクもあるので、基本エンジンボルトに間しては

香川F村号ヘッドカバー交換 (3)ワッシャーは使いません。

ヘッドカバーを外すとIN側#1.2と

EX側#2のアウター側バルブスプリング

誤組されてますね。

香川F村号ヘッドカバー交換 (4)インナー側も怪しいですね。

反対側を見ると、IN側#3.4と

EX側#4も上下逆に誤組されてます。

カムやロッカーアームにカジリは無く良い状態。

香川F村号ヘッドカバー交換 (5)ヘッドカバーを外したついでに

増し締めもやってしまいます。

全体的に約90度程度締まりました。



香川F村号ヘッドカバー交換 (6)カムチェーンガイドやスリッパーは

問題無さそうですが

外してチェックまでは今回しません。

予算の都合もありますが見てしまうとねぇ…

香川F村号ヘッドカバー交換 (7)カムチェーンの伸び具合もチェック。

伸びは無く良い感じなので

取合えずカムチェーンもOKです。



香川F村号ヘッドカバー交換 (8)で用意されたバフ済みのヘッドカバー

タペットキャップのOリングは

硬化しているので交換します。



香川F村号ヘッドカバー交換 (9)ロッカーアームをセットしようと

用意された部品をチェックすると

全体的に軽いカジリがあるので

これを取付けるぐらいなら

香川F村号ヘッドカバー交換 (10)取外したヘッドカバーの

ロッカーアームの方が

状態が良いので

こちらを使う事にします。

香川F村号ヘッドカバー交換 (11)取外したヘッドカバーから

ロッカーアームとシャフトを

抜こうとすると、シャフトの入れ方が

逆に入っているので、抜くのに苦労しました。

香川F村号ヘッドカバー交換 (12)本当はこちら側が外側になり

抜きやすい様にねじ山が切ってあり

ボルトをねじ込んで抜くように

加工してあるんですよねぇ…

香川F村号ヘッドカバー交換 (14)ロッカーアームを移植して

ヘッドカバーの取付けが完了。

ハンドルスイッチのハーネスバンド不在。

誰が取付けたのか、ウオタニの配線。

香川F村号ヘッドカバー交換 (15)アクセルワイヤーの上を通してあるので

ワイヤー類と干渉しており

将来的に絶縁被服が剥がれたり

ワイヤーに絡んだりしてショートし

香川F村号ヘッドカバー交換 (16)最悪は炎上する事もありえますから

配線ルートを変更しました。

これでヘッドカバーの交換が完了。

次にハンドルをF2に変更してETCの取付け。

香川F村号ハンドル交換 (1)ハンドルスイッチを外すと

これもまた取付けビスが

適当な物が使われていた。

ハンドルクランプも締付け不足だった。

香川F村号ハンドル交換 (2)で、ハンドルスイッチの配線を入替えて

F2ハンドルに交換完了。

まずはブレーキフルードを入れて

エアー抜きからやってしまいます。

香川F村号ハンドル交換 (3)次にハンドルスイッチの配線接続

サクサクッと接続完了で

不在だったハーネスバンドもセット完了

アクセルワイヤーを取付けようと

香川F村号ハンドル交換 (4)キャブレターにワイヤーを

引っ掛けるのですが?何かおかしいぞ!

と思いよくよく見ると再メッキされた

ワイヤー引き金具のカシメ部分が溶けて

外れ掛かっているじゃなか!

このフォア、誤組やトルク不足なども多いし

こんな状態のキャブレターでは、試運転もしたくない車両ですねぇ。

まぁオーナーは走るより、磨いたりする方がメインだと言うのですが

ウオタニやETCを付けると言う事は、走るつもりなんじゃないのかな?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)

2018年08月27日

右直?左直事故3

昨日は臨時休業を頂いて
4in to1オーナーズクラブツーリングに参加し
数年ぶりに龍神スカイラインを走りました。
先頭を走る松永社長を追いかけて
貴重なマフラーを擦りまくってしまい
もうじき穴が開きそうです…
丁度ごまさんタワーで休憩中に知り合いの方から
神戸で事故ったとメッセージが入りレッカーの手配などで
バタバタしましたが、何とか手配も出来ました。
怪我は左手?腕骨折との事で、今日病院へお見舞いに行く予定です。
バイクの状態はかなり酷く全損状態でした…


4in to1オーナーズクラブツーリング

昨日は臨時休業を頂き、涼を求めて龍神スカイラインへ

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (1)数年ぶりに行ってきました。

集合場所はアゲインで10台集合。

その内1台は針テラスへ向い

8台のフォアと、1台のZ1000Mk僑

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (2)涼を求めて龍神スカイラインへ向いましたが

地上も高地も温度差は差ほども無く

入っている方が涼しかったw

路面には台風の影響で枝葉が散乱し

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (3)道路が陥没していたので

死ぬかと思った。

で、怪鳥号はナンバー灯とブレーキランプが

配線は合っているのに何故か反対になっていた。

最後はナンバー灯すら点かなくなったw

4in to1オーナーズクラブツーリングin龍神180826 (4)丁度そこへ知り合いの方から

事故の報告が入り、レッカーの手配などで

少しバタバタしてしまい

写真を撮る暇も無かったけど

久々に龍神を走って楽しかった。


AK号部品入荷

明日継続車検予定の名古屋AK号

名古屋AK号部品入荷仕上げ (1)不足部品が入荷してきたので

早速仕上げ作業に取掛かります。





名古屋AK号部品入荷仕上げ (2)まずはリアブレーキパネルと

トルクロッドの接続部に入る

ワッシャーを正規のサイズに戻します。



名古屋AK号部品入荷仕上げ (3)これで正規の形に戻りました。

ダンパーゴムを全面で押さえる事が

目的なので、普通のワッシャーだと

サイズが小さくてゴムが見えてしまいます。

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (1)次にフロントブレーキパットAの

交換と調整ですが、キャリパーホルダーの

位置が内側に入っている事が気になります。

ローターの何も接触しない部分に

キャリパーホルダー見本一本の筋があるのも少し気になる。

大体の車両の場合キャリパーホルダーの

位置はセンター若しくはパットBが

磨耗している場合は外側になりますが

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (2)名古屋AK号はその間逆になってます。

何処かで不整合があるのかも知れない。

磨耗度合いはもう少し使えそうですが

ブレーキの事なのでパットは新品に交換。

パットBと状態を比べると、明らかに中古品のような感じでした。

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (3)キャリパーホルダーに磨耗や曲がりは

目視&測定レベルでは問題無かったし

中古良品と比べても特に問題ない。

キャリパー本体も問題無いので

名古屋AK号ブレーキパットA交換 (4)このまま使っても大丈夫なんだろうと

思いますが、キャリパーホルダーが

何故内側に寄ってしまっているのか

原因を追究したい気分です。

で、予算的にも30%ちょっとオーバーしてしまいました…


香川F村号カバー類交換作業三日目

クラッチアウターのガタつきも修正する事になったので

香川F村号クラッチアウターOH (1)早速クラッチを取外すのですが

リフター取付けボルトは

過剰トルクで折れるかと思った。

ロックナットは例の如く

マイナスドライバー的な物で叩かれており

しかも全然トルクが掛かってない状態でした。

この状態のロックナットは

締付ける時に工具が滑ってしまうので

香川F村号クラッチアウターOH (2)ロックナットは新品と交換になります。

で、クラッチアウターを分解。

ついでにブラストで綺麗に仕上げてから

組立てる事にします。

香川F村号クラッチアウターOH (3)ブラストと下拵えが終わったので

ダンパーを新品に組替えてしまいます。





香川F村号クラッチアウターOH (4)はい、これでクラッチアウターの

O/Hが完了しました。

もうガタガタしませんから

エンジンからのノイズも消えます。

香川F村号クラッチカバーガスケット掃除クラッチアウターを外したので

ガスケット剥がしも楽に行えますし

剥がしたゴミも残らないので

綺麗に剥がせます。

香川F村号R側クラッチカバーエンジンガード取付け (1)ガスケット剥がしが一番手間ですね。

これでR側のカバー類の交換は完了。

触る所のボルトの殆どが締付け不足で

走ったらバラバラになりそうです。

香川F村号R側クラッチカバーエンジンガード取付け (2)R側もエンジンガードを取付けました。

これでクランク周りの作業は完了。

後はヘッドカバーとハンドル交換に

ETCの取付けだけなので、今月中には終わります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年08月24日

命名「響」君3

台風20号が過ぎましたが
台風一過とは行かず、微妙な天気です。
今気になるのは、昨年同様に熊本で開催される
鉄馬レース当日に台風が来る事ぐらいです。
まぁ雨も嫌ですけどね。
今年こそは鉄馬レースに参加したいと思います。


台風被害

TVで見ていた限り、相当量の雨が降ると言っていたので

台風の準備 (1)スーパー堤防の淀川が

氾濫する事は無いにしろ

店の裏が毎回川の様になるので

店内に水が浸入して来ないようにと

台風の準備 (2)土嚢代わりにシートを張って

ブロックを置いて雨仕舞いをして

早々に閉店して帰りました。

帰りの道中でも風がどんどん酷くなり

家に着いたと同時に雨が降り出したので、良いタイミングでした。

台風の準備 (3)で、今回の台風による被害は

何時もの自販機の横にある

ゴミ箱の蓋が飛んで行ったぐらいで

それ以外は今の所何も無さそうです。


川辺と対戦

昨日は早仕舞いした事もあり暇だったので

川辺と対戦 (1)早い時間から米焼酎「川辺」と

対戦開始!

台風のニュースを見ながら

ついつい進んでしまい

川辺と対戦 (2)サクッと退治してやりました。

意識が戻った時にはもう

台風は過ぎ去っていました。

まぁ何事も無くてよかった。


命名

生まれて来る前から息子が名前は決めていたらしく

命名 響君名前は「響」と言います。

何でこの名前にしたのかと聞くと

漢字一文字にしたかったらしい。

まぁキラキラネームじゃなかったので良かった。


名古屋AK号仕上げ

天候不良で作業が少し遅れてしまいましたが

作業スペース確保来週の車検に向けて急ピッチで

作業を進める為、スペースを確保するのに

14号機とZ1000Mk兇鬟魯ぅ─璽垢

積込んでPITを広くしました。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (1)まずはクラッチスイッチの

取付けからですが

拘りの当時物新品部品が手に入ったので

現行の物よりも、あえて当時物を使います。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (2)ちょうちんヘッドライト外すと

クラッチスイッチはジャンパーされており

先日もローギアーに入っているのに

オーナーがセルを回し転倒しそうになってた。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (3)次にリジット気味のスピードメーター

針が踊るらしく、そのままだと

メーターの針が脱落してしまう恐れもあり

クッションゴムをチェック。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (4)ゴム類は問題ないようで

新品を使われている感じです。

カラーの長さを測定すると

こちらも長い方を使われていたのですが

名古屋AK号車検整備と部品交換 (5)リジット状態を解消する為に

さらに1.5mm長いカラーに交換して

メーターがリジットにならない様に変更。

ヘッドライトもちょうちんから

名古屋AK号車検整備と部品交換 (6)車検用H4シビエに変更しました。

マフラーはトーキョー鉄管で

サイレンサーはラージ?

これも車検用のサイレンサーに

名古屋AK号車検整備と部品交換 (7)変更したので、音もこれで大丈夫です。

何でもトーキョー鉄管のサイレンサーは

手に入らないらしくて

高いらしいねぇ。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (9)次にブレーキパネルとトルクロッドの

接続部分にゴムダンパーが

入ってなく、スプリングワッシャーが

入っているので、これも正規の物に変更。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (10)ワッシャーの在庫が無かったので

取合えず仮にワッシャーは

そのまま使います。

ここ、入れる順番も良く間違えられられます。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (11)次にテールレンズとブラケットの

ダンパーゴムを交換します。

408タイプのゴムが入っているので

これはこれで絶版なので貴重ですが

名古屋AK号車検整備と部品交換 (12)車両は398だし、リジット状態だし…

テールライトブラケットの取付けボルトも

CB750Four用のボルトが使われており

これだとゴムが潰れるので、リジット状態に…

名古屋AK号車検整備と部品交換 (13)これは前回テールライトブラケットを

交換した時に分かった事です。

これを正規の物に交換して

リジット状態から開放します。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (14)テールライトのベースゴムも

リプロ品ですが398タイプに変更します。

ボルトは拘りのブタ鼻です。

これでテールライトもリジットから開放。

名古屋AK号車検整備と部品交換 (15)外装関係の部品交換は

これで終了です。





名古屋AK号車検整備と部品交換 (16)後はオーナー指定のエンジンオイル

モチュール5100を入れて





名古屋AK号車検整備と部品交換 (17)ドライブチェーン交換。

チェーンはかなり伸びていたので

リアブレーキを調整。

イグニッションキースイッチの

名古屋AK号車検整備と部品交換 (18)接触が少し悪いですね。

後はブレーキフルードの交換ですが

かなり減ってますね。

ブレーキパットをチェックしてみると

名古屋AK号車検整備と部品交換 (19)ん?何かおかしいぞ!

取合えず分解してみるか。





名古屋AK号車検整備と部品交換 (20)で、ブレーキキャリパーを分解して

パットを取外してみると

パットAだけが異常磨耗?中古品?

丁度在庫が切れていたので

名古屋AK号車検整備と部品交換 (21)車検後に交換する事にします。

取合えずブレーキフルードだけ交換。

新品のパットを入れるので

フルードは少なめにしておきます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月23日

台風20号接近に付き3

予報では夕方以降から雨が
強くなってくるらしいのですが
僕の場合災害難民ゆえに
風が強くなって来る前の17時に雨仕舞いをして
閉店して自宅に帰ります。
心配なのは今夜から明日朝に掛けての降水量。
淀川のスーパー堤防も600mm程度の
降水量を想定して作られているらしいけど
今回の台風は1000mm近く降るらしいので
淀川の堤防が決壊したら、終わりだな。
そんな今日は気圧が低いせいなのか
身体がだるくて仕方が無い…


長崎焼酎呑みくらべ

定休日の昨日はサッサと帰宅して

長崎焼酎呑み比べ (1)まだ明るい内から対戦開始。

昨晩の対戦相手は長崎の地焼酎

5本呑みくらべセット

ボトル一本に100ml入ってます。

長崎焼酎呑み比べ (2)まずは芋焼酎「芋大尽」の味見から

内容量が100mlなので

本当の味見程度の量でロックで呑むと

一口か二口で無くなってしまう…

長崎焼酎呑み比べ (3)次の味見は麦焼酎の「長崎の鐘」

これも味わう前に無くなってしまい

よく分からなかった。

このペースだと味見にならない…

長崎焼酎呑み比べ (4)次はじゃがいもの焼酎「じゃがたらお春」

もうこの段階では味見はもう

どうでもよくなってきている。

クイクイっと呑んで次!

長崎焼酎呑み比べ (5)もう何の焼酎を呑んでいるのか

全然分かりませんが

「旭西海」の味見です。

もうこの時点で400ml呑んでいるので

長崎焼酎呑み比べ (6)いい加減出来上がってきてますからね。

で、最後は「わかめ 平戸若女」と言う

焼酎を呑んで、呑み比べセットを

退治してやりました。


キャブレターオーバーフロー修理

香川F川号の純正キャブレターのオーバーフローが止まらないので

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (1)車体から取外して送ってもらいました。

フロートチャンバーのOリングは

新品に交換してありますので

ご心配は無用です。

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (2)オーバーフローの原因と思われる

フロートバルブを新品に交換。

これでオーバーフローは治まると思いますが

フロートが引っ掛かったりする場合もありますので

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (3)その際はキャブを叩いたり

走ったりして見て下さい。

また車体に組付け時にも

オーバーフローする場合がありますので

香川F川号キャブレターフロートバルブ交換 (4)同じように対応して下さい。

#2のフロートチャンバー取付け部が

一箇所ねじ山上がりがあったので

リコイルをしておきました。

一箇所リコイルの爪が折れて無かった所がありましたが

リコイル不良ではなく、爪の折り忘れでした。


高知U様再メッキ仕上がり

お盆前だった事もあり、メッキに時間が掛かってしまいましたが

高知U様再メッキ仕上がりバックプレートのカシメピンの加工と

シャフトのメッキなどキャブ部品等の

再メッキが終わり戻ってきました。

少し時間が経ち過ぎたので

一緒に送られてきたメモを見ているのですが

何処まで仕上げれば良かったのか、記憶が不鮮明なので

お時間のある時にでもご連絡下さい、申し訳御座いません。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2018年08月22日

Z1000Mk Fブレーキマスター4

台風20号が近づく中、今日はフェーン現象で
激しく暑い一日でしたね。
定休日の今日、午前中は自宅で寝てたのですが
K松さんからの電話で起こされたので
仕方なくそのまま出勤の準備…
余りにも暑いので、コンビニでピノを
大量購入してきましたw


案納退治

孫が生まれた日にシャンペンを飲んで、それでも足りなかったので

案納退治焼酎とダブルヘッダーだったあの日。

昨晩その焼酎の「案納」と再戦!

サクッと退治してやりましたが

まだ少し飲み足りなかったので

長崎の焼酎飲み比べセットを飲もうと思ったけど

今晩対戦する事にしました。


定休日は枚方塩元帥

「俺らー」へ行きたいのですが、中々タイミングが合わず

定休日は塩元帥 (1)今週も「枚方塩元帥」へ

何時もの如く一番に並びました。

今日は暑くて外で待つ気がしないよねぇ…

そして開店時間が来て一番に入店。

定休日は塩元帥 (2)何時ものネギ塩らーめんに

チャーシュートッピングを発注。

味も塩元帥らしく安定してきた。

次は京田辺にある怪しいラーメン屋

「きたろう」へ行こうと思います。


Z1000Mk競侫蹈鵐肇屮譟璽マスター交換

ブレーキフルード漏れが見つかってから

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄叱魎 (1)色々と部品を集めて研究。

予備部品と交換用ブレーキマスターが

出来上がったので、定休日の今日

交換作業を始めます。

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄叱魎 (2)ブレーキフルードを抜いてから

部品を一点づつ取外して行きます。

マスターカップの下にあるOリング

これ今まで見た物も全部潰れてました。

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄叱魎 (3)ブーツも劣化しているので交換ですね。

部品一点づつ取外して

O/Hの準備も整いましたが

取付けるマスターは部品を集めて

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄叱魎 (4)O/Hした中で一番状態のいい物を

組合わせて仕上げたマスターを

そのままポン付けし、フルードを入れて

エアー抜きが完了しました。

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄叱魎 (5)マスターカップを取付けて

これでZ1000Mk兇離侫蹈鵐肇屮譟璽

交換作業は完了しました。

次に取外したマスターをO/Hします。

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄OH (1)マスターからインナーを取外して

汚れを洗浄して、塗装を剥がし

リペイントの準備とPP部品は

黄ばみを漂白します。

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄OH (2)お湯に塩素系漂白剤を入れて

PPパーツの黄ばみを取っている所。

結構黄ばみが取れて

綺麗に仕上がりますが、時間が掛かります。

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄OH (3)マスターは塗装を剥がして

マスキングをしてリペイント。

乾燥したら焼き付けをして

仕上げるのですが

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄OH (4)既にその工程を終えたマスターがあるので

その部品を使い組立てます。

Oリングは部品として出ないので

フッ素系のOリングを別で探しました。

Z1000Mk競侫蹈鵐肇泪好拭璽轡螢鵐澄OH (5)マスターにインナーパーツを組込んで

漂白して白くなったマスターカップを

組付けて、僕用の予備品が

出来上がりました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2018年08月09日

ジニアス製品の拘りとは3

最近は自宅ガレージでもバイクのキーを
ちゃんと抜くようにしているのですが
昨日自宅に帰宅後、自宅ガレージのシャッターを
閉め忘れていたようで
今朝出勤時に血の気が引きました…
幸いな事にZ1000Mk兇鰐技だったのですが
一晩人目に晒されたので、この先が不安です。


二輪限定高速道路ツーリングプラン

最近、二輪車高速道路半額運動をやっており

その一環なのか良く分かりませんが

高速道路を利用した二輪限定ツーリングプランがあったので

試しに申し込んでみました。

僕が申し込んだのは名神・北陸道・京都縦貫道コース

Z1000Mk兇縫咼ニカウル装着 (1)今月18日に行く予定です。

なのでZ1000Mk兇砲六合わないと

思いつつビキニカウルを装着しました。

マフラーを交換してから***キロ以上出すと

Z1000Mk兇縫咼ニカウル装着 (3)車体がぶれるのでステダンでも

装着しようかと思っていたのですが

丁度ビキニカウルが転がっていたので

取付けて試運転した所

+20キロでも安定して走れるので、これで高速道路ツーリングに

安心して行けると思います。

Z1000Mk兇縫咼ニカウル装着 (4)で、車体をチェックしていると

オイルっぽい汁が出ていたので

調べるとブレーキフルードが漏れていた。

タンクにも垂れてたのもショック…

近日中にO/Hする予定です。


レーシンググローブオーダー

昨日は予定通りレーシンググローブのオーダーの為

ジニアスでレース用グローブオーダー採寸 (1)ジニアスへ行ってきました。

車で行こうかとも思いましたが

午前中に店で事務仕事を済ませたら

少し遅くなり、道も狭いのでバイクで向い

ジニアスでレース用グローブオーダー採寸 (2)到着後直ぐに僕の手をスキャナーで

取込んでデーターを保存した上で

細かい箇所の採寸をするですが

高橋社長も驚きのサイズだったらしく

ジニアスでレース用グローブオーダー採寸 (3)中指の外周が8cm、手の平外周が23.6cm

小指付け根下から親指付け根下で

29cmと言う測定結果に

社長も測り間違ったと思ったぐらいで

ジニアスでレース用グローブオーダー採寸 (4)ジニアスグローブオーダー史上

1!最大級の手のサイズだそうですw

何でも1番は良い事だと思ったけど

サイズが特殊になると追加料金が

発生すると書かれてあるので、そういう意味では僕の手は残念なサイズです…

また、レーシンググローブ以外でジニアスのツーリンググローブ

オーダーご希望の方が3人以上居れば、ジニアスへ行かなくとも

高橋社長がCPにやって来て採寸してくれるのでご希望の方はご連絡下さい。

ジニアス製品の良さは使えば分かるし、修理も可能なグローブで

3シーズンと、ウインター用も製作しており

コスパ的にもこっちの方が絶対に良いと思います。

僕のツナギも転倒してみてその良さが分かった!NO PAIN NO GAIN

アゲインへ部品をもらいに (1)その後久しぶりにアゲインへ行き

まっきーレーサー用エンジンの

ピストンピンを貰ってきました。

生憎松永社長は不在だったので

アゲインへ部品をもらいに (2)仕事中の工場長ケンケンを弄って

遊んでから帰りました。

何だかケンケンも頭皮も

結構お疲れのような気がしたなぁ…

アゲインへ部品をもらいに (3)で、昨日アゲインから持ち帰った

まっきーレーサー用のピストンピンで

今日から腰上の仕上げ作業に

取掛かれるようになりました。


作業用キャスター付き椅子破壊

足の悪い僕の仕事の相棒だった椅子が突然壊れてしまい

体重に耐え切れず… (1)椅子から転がり落ちて

腰を強打した…

ただでさえ腰痛が酷く

痛み止めを飲まない夜は歩けないぐらいです。

体重に耐え切れず… (2)そんな僕の相棒も、耐過重的には

限界だったらしく

設計者の考えを上回るぐらい

負担を与えていたらしい…

体重に耐え切れず… (3)で、大急ぎで新しい相棒を購入。

今度は背もたれがあるので

これがバイクに当たって

傷が付きそうなので

体重に耐え切れず… (4)背もたれを取外す事にしました。

これでバイクに傷が付くと言う

リスクはなくなりました。

後は耐過重、耐久性だけの問題です。

その前に体重を減らせって話ですが

ジニアスでオーダーして作ったツナギのサイズに合わなくなるので

現状維持しないと…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年08月04日

CP月例ツーリングのお知らせ3

【CP月例ツーリングのお知らせ】
8月12日(日曜日)に予定しているCPツーリングですが
ご存知の通り、我坂本家に家族が増える事もあり
今の所未定とさせて頂きます。
恐らく孫が生まれたと言うのに
ツーリングをしていると、嫁や息子夫婦に
反感を食らい、孤立してしまうと思うので
詳細は孫が出てきてから決める事にします。


名古屋NKコンビご来店

リプロ品テールライトブラケットのクラックがある事が

名古屋NKコンビご来店 (1)前回のチェックで分かったので

諸々のリプロ部品から

純正リメイク品に交換する事になり

命の危険がある酷暑の中ご来店。

名古屋NKコンビご来店 (2)まずはN様の車両から取掛かります。

リアフェンダーなどを丸ごと

純正品に交換するので

フェンダー一式を取外し交換。

名古屋NKコンビご来店 (3)次はK様のテールライトブラケット

拘りの車両なので純正部品に交換。

今月車検に合わせて

総合点検も実施予定となってます。

名古屋NKコンビご来店 (4)クラックの入ったリプロテールライト。

まだ被害は最小ですが

行く行くは大変な事になりますから

純正再メッキ品に交換します。

名古屋NKコンビご来店 (5)ついでにナンバーホルダーに

プラグゴムを取付けるのですが

既に申し訳程度のゴムが

付いていたので剥がして

名古屋NKコンビご来店 (6)純正のプラグゴムを取付けました。

これでナンバーからの

ビビリ音も解消されると思います。

K号は今月中に車検入庫予定なので

残りの作業はその時にする事になります。


書類紛失最終章CB350F電装系修理

高槻のH様ご依頼の書類紛失再発行最終章はCB350F

CB350F発電不良調査 (1)今回持ち込まれた車両は

充電or発電しないと言う罠です。

なので、おのずと光量不足となり

車検も厳しい状態になります。

CB350F発電不良調査 (2)で、その原因を調査しようと

思っていたのですが

土曜日の今日は何時もより

ご来客も多く、原因調査は後日にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(3)

2018年07月28日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日7月29日(日曜日)は
台風12号上陸の為臨時休業とさせて頂きます。
明後日7月30日(月曜日)は
真性多血症治療の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

台風12号が今夜辺りに本土上陸となり
まだ大阪北部地震の影響で屋根にブルーシートが
掛かっている地域も多く、豪雨被害の地域への
影響も心配されます。
今朝も少し長い揺れがありましたが
僕自身幸いな事に、そのような被害には遭っておらず
何事もない日常生活を送れている事に感謝しながら
被害も無く不自由も無い人は経済が滞らない様に
極力普通の生活を送る事が、役目だと思ってます。
後は、不自由このな身体なので災害難民にならないように
自分の身は自分で守る事に徹します。


フランス産白ワインと対戦

赤ワインに続き昨晩は同じ銘柄の白ワインと対戦。

フランス産白ワインと対戦 (1)もう来週の血液検査は諦めました。

ワインの不都合な所は

コルク栓を抜くと

飲み切らないといけない所で

フランス産白ワインと対戦 (2)仕方なく、やもうえずに

退治してしまわないと

味が変わってしまう所かなぁw

まぁワインは仕方ない。


リアフェンダー再々メッキ

純正リアフェンダーを再メッキしてから長期放置してあったので

リアフェンダー類再々メッキ (1)メッキがくすんでしまい

湿気で錆も進行していたので

リアフェンダー周りを

再々メッキに出しました。

リアフェンダー類再々メッキ (2)メッキの弱点になる裏側は

補強用の鉄板の合わせ面から

錆汁が流れて来るのが難点になります。

なので、今回はメッキが上がってきて直ぐ

リアフェンダー類再々メッキ (3)錆止め代わりにシルバーで

ペイント処理をしました。

目ざといお客様からのご要望で

僕のコレクションを販売して欲しいと

リアフェンダー類再々メッキ (4)言われたのですが

出して恥ずかしい物を

売るわけに行かないので

再々メッキをして

錆止め処理をしました。

これで、一通りの物は揃いました。

新品のイグニッションキースイッチ一式に関しては

当日ご相談と言う事で…。


4耐決勝・8耐フリー走行・8耐TOP10TRIL

ウエット路面の中9時から始まった鈴鹿4時間耐久レース

2018鈴鹿4耐決勝 (1)元々今日は仕事をする気は無いので

FBのLIVE配信を見てます。

明日の8耐は恐らく

2018鈴鹿4耐決勝 (2)台風通過後にスタートとなる感じですが

それにしても、逆方向から来る

台風の風の影響が気になります。

2018鈴鹿4耐決勝 (3)4時間耐久も終盤になり

路面はドライ

#99ヤマハタイランドRTが

2018鈴鹿4耐決勝 (4)昨年に続きトップを快走して

残り時間1時間ちょっとの所で

ダンロップやスプーンでで転倒車両があり

2018鈴鹿4耐決勝 (5)セーフティーカーが計3回入りましたが

#99ヤマハタイランドRTが

安定の2年連覇と言う結果になりました。


Z1000Mk競張ぅ鵐蝓璽疋丱襯屮譽妊紂璽機室萇佞

Z1000Mk桐僖痢璽泪襯ャブ仕様でのレデューサーキットが無いので

Z1000Mk兇縫譽妊紂璽機室萇佞 (1)レデューサーを取付けたいのだけど

エアークリーナーBOX内に

レデューサーを仕込むぐらいしか

方法が無いと聞き

Z1000Mk兇縫譽妊紂璽機室萇佞 (2)少しでもカスタム感を出したいので

90度ホース類を駆使して

何とかレデューサーを取付けて

みたのですが、少しイメージと違う。

Z1000Mk兇縫譽妊紂璽機室萇佞 (3)色々とホースの角度を変えてみたり

中々手ごわかったのですが

何とか仮に取付ける事が出来たので

後は、見た目をかっこ良くしたいので

Z1000Mk兇縫譽妊紂璽機室萇佞 (4)今度ゆっくりとステーを作って

取付け方法を考える事にします。

これで多少は燃費も上がり

オイルの劣化も抑えられてます。

GPZ750用レデューサーキット (1)実際の取付けイメージは

GPz750みたいな感じで

最終的にはこのように

仕上げたいと思ってます。

GPZ750用レデューサーキット (2)GPz750とパーツに互換性が無いので

ステーやホース類は

自分で作る事になりますが

最終的イメージはこんな感じです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年07月27日

鈴鹿8耐フリー走行・公式予選3

台風12号がせまる中
枚方市民のコミニュティツーリングも
延期の方向になりそうです。
CPの営業も、この土日は台風の影響が心配されるので
通常営業は止めようと思ってます。
そんな中、日曜日に開催される予定の鈴鹿8耐の
フリー走行、公式予選、夜間走行のライブ動画を
見ながら仕事をしているので
今日は殆ど仕事してないかもね。


フランス産赤ワインと対戦

昨日は嫁と塩元帥で早めの晩御飯を済ませたので

フランス産赤ワインと対戦 (1)お中元で頂いたハムをつまみながら

フランス産赤ワインと対戦。

レギュラーサイズの赤ワインですが

僕のコップに入れると

フランス産赤ワインと対戦 (2)3杯でなくなってしまいサクッと退治。

飲んでから思い出したのは

月曜日の血液検査です。

まぁ、もう今更どうあがいても

結果は良い筈が無いので、どの程度飲んだらこの数値になるのか

研究してみる事にします。


ゼファー400χフロントフォークO/H

知り合いの車屋さんからのご依頼で

ゼファー400χフロントフォークOH (1)今日ゼファー400χの

フロントフォークO/Hをする事になり

朝から作業に取掛かります。



ゼファー400χフロントフォークOH (2)ブレーキキャリパーを取外すと

パットがそろそろ限界でした。

これは報告だけはしておきます。



ゼファー400χフロントフォークOH (3)フォークからのオイル漏れや

オイルシール、ダストシールも

劣化しているので新品に交換。

フォークオイルは交換されているのか

ゼファー400χフロントフォークOH (4)状態はまだ良かったですね。

インナーチューブも社外品ですが

新品に交換となります。

それ以外はカワサキ純正部品。

ゼファー400χフロントフォークOH (5)サクサクッと交換作業が完了。

規定量のフォークオイルを入れて

車体に組付けて作業完了。



ゼファー400χフロントフォークOH (6)今日は天気も荒れる予報なので

PIT作業は空模様を見ながら

しかも鈴鹿のライブ配信を見ながらの

作業でしたが、午前中には終わりました。


内職

8耐のライブ配信が見たいので

内職3回目純正シートロック用の蓋を

組立てる内職をしながら

ライブ配信を見てました。

本番は台風が来る予報ですが

デメキン今日の予選もかなり荒れてましたね。

DVDの「デメキン」も届いたので

色々と見る物が多過ぎて

違う意味で忙しい中

鈴鹿8耐予選8耐の予選でベストタイムを叩き出した

カワサキのチームグリーン

ライダーはジョナサン・レイ

鈴鹿8耐予選2トップのタイムは全て

僕が東コースを一生懸命2周する間に

フルコースを1周した上にラップされるタイム。

もうちょっとで鈴鹿のコースレコードになるタイムに

見ていて興奮しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)