カスタム

2020年09月08日

事件ですか⁉3

昨晩自宅に帰って車を駐車場に入れようとしていると
どう見ても刑事にしか見えない女性一人を含めた
6人の刑事がワラワラと集まって来たので
え!俺?でも何も心当たりがない…事もないかも…
と思っていると、その場を仕切っている人を中心に
何やら捜査方針の打ち合わせを始めだした。
まぁ正直、俺じゃないのか!良かったw
って感じですけどねw
で、何を話しているのかと思い、わざわざ近づいてみたけど
声が小さ過ぎて何を言っているのか分からなかったw
きっと何かがあって、捜査しているに違いないと思った。
でも、目的は俺じゃないと思う。


高知O号エンジンブラスト開始

昨日ブラスト準備をしていた高知O号のエンジンブラストを

高知O号シリンダーブラスト今日から開始します。

で、サクッとシリンダーの

ブラストが完了。

温度管理後に測定をする事にします。

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (1)次にシリンダーヘッドのブラスト準備。

ブラストに不要な部品を取り外して行きながら

部品の状態もチェックして行きます。

まず気になったのはEXスタッドボルトで

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (2)8本中7本が逆向きに入れられてました。

この画像で言うと、向かって左側の

#2内側のみが正しい入れ方でした。

また曲がっている物もあったので当然交換です。

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (4)取り外したインシュレーターは2個社外品でした。

バルブスプリングを取り外すと

嫌にバルブが緩いのでチェックをしてみると

IN側もOUT側も少々ガイドが摩耗しているようで

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (5)バルブが上下に動く事が確認出来ました。

よって、バルブガイドのOリングを

交換するついでに、バルブガイドも

交換した方が良いと思います。

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (6)恐らく結構オイル下がりがあったと思います。

次に#2IN側の同調パイプ取付のM5+ネジが

締まっていなかったので取り外すと

案の定液ガスが塗られていたので

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (8)ねじ山が上がっていると思われます。

取り合えずリムーバーを塗って

ガスケットと塗装を剥離して洗浄。

これでヘッドのブラストに取り掛かります。

高知O号シリンダーヘッドブラスト (1)で、ブラストが完了しました!

これでリタップ掃除をやってから

測定に取り掛かるのですが…

一点すっかり忘れて居た事があったわ…

高知O号シリンダーヘッドブラスト (2)まぁこの同調パイプ取付用M5のねじ山は

使う気があれば修正すれば良いし

他のねじ山も怪しい所は沢山ありましたが

どれもこれもそんな問題じゃなくて

高知O号シリンダーヘッドブラスト (3)そもそもこのヘッドが使えないと言う事を

すっかりと忘れていました…。

このカムチェーンガイドの部分が

大きく削られてしまっているので

このヘッドは使えないと言う事でした…。

さて困ったなぁ…どうしようか…。


大阪K号継続車検メンテナンス

オーナーからは特に何もしなくても良いと言う指示が出ており

大阪K号継続車検メンテナンス (1)唯一の作業はブレーキフルードの交換のみ。

他はチェックだけして

不整合や気になる所があれば作業をする

と言うオーダーになっています。

大阪K号継続車検メンテナンス (2)取り合えずブレーキフルードを交換して

諸々の点検などを終わらせました。

特に問題が無いので、このまま継続車検を

受ける事になると思います。


旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道のそ6

電タコメーターの缶詰が出来上がったので

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (1)早速24号機に取り付けてみました。

特に文字盤に拘りがある分けでも無いので

まぁ中々良い感じに出来上がりました。

これで電タコの作業は完了したので

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (3)次に毎度お馴染みのACEWELLの

デジタルスピードメーターを

加工取付に取り掛かります。

まずは純正メーターベースを加工して

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (4)取り付ける高さを調整して

このデジタルメーターを取り付けます。

まぁ何時もの感じでこんな感じに取付。

これはバックライトが要らないので楽ちんです。

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (5)で、缶詰の蓋をして、取り合えず完成です。

後は配線を加工して取り付けるのですが

何処までの機能を使うかで配線の加工を

やらないといけないので、面倒だなぁ…。

明日の定休日にでもボチボチと加工しようかなぁ…。


8号機チェーンカバー取り付け

今日は銀ちゃん号に続き弟の8号機もチェーンカバーの

8号機用チェーンカバーバフ仕上げ完了取付作業に取り掛かります。

加工後にバフ屋さんへ送り

バフ仕上げから戻ってきたチェーンカバー。

今日はこれをサクサクっと取付てしまいます。

8号機チェーンカバー取り付け (1)で、取り合えず再フィッティング。

中々良い感じになってます。

て言うか、CP1号レーサーから強奪された

僕のスイングアームを返して欲しいわ!

8号機チェーンカバー取り付け (2)チェーンカバーの固定方法は三か所で

外側はステーを製作してボルト止め

内側はスイングアームにナッターを入れて

間にカラーを入れて隙間を調整して取付。

8号機チェーンカバー取り付け (3)タイヤエッジの逃げ加工は

元々逃げ加工がされているので

無加工でタイヤが取り付けが出来ます。

まぁ良い感じに出来上がったと思います。

8号機チェーンカバー取り付け (4)取り合えず完成となったので

全体の仕上がった雰囲気は

こんな感じになりました。

まだ色々と作業の途中らしいので

今日は無駄に残業させられそうです…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月07日

定休日の第二日曜日は魚釣りの予定3

日中少しは涼しくなった?若しくは
今週末多少は気温が下がる予定で
弟と二人で魚釣りに行く事になりました。
只、今心配なのは右足の痛みが激しくなっている事で
沖の筏の上でふらついて、そのまま海へ落ちた時に
果たして弟が助けてくれるかどうかが一番の心配です。
まぁ一応ライフジャケットは持っているので
沈む事は無いと思うけど、ひょっとしたら弟が
嫁の特命を受けて、もし海に落ちたらそのままにしておけと言う
指令が出る可能性も考えられるなぁ…。


高知U号ラインオフリム再メッキ仕上がり

拘りの純正D.I.Dラインオフリムが再メッキから仕上がって

高知U号前後リム再メッキ仕上がりスポーク張り (1)戻ってきたので、早速スポークを張って

仕上げまで完成しました。

タイヤとチューブなどを発注したので

明日には前後タイヤホイールが

高知U号前後リム再メッキ仕上がりスポーク張り (2)仕上がると思います。

今メッキ屋さんもかなり忙しく

混雑している感じなので

仕上がりまでかなり時間が掛かっています。

RCレーサー風フロントフェンダーステーメッキ仕上がりRCレーサー風フェンダー用スタビライザーも

メッキに出してみた物が仕上がって

戻ってきたので、後はこれにフェンダーを

カシメてみて、取り付けの確認をしてみます。

銀ちゃんオリジナル加工BS再メッキ仕上がり銀ちゃん号用オリジナルBSも

メッキのやり直しから戻ってきた。

でも今週末は魚釣りに行くので

お店は誰も居ませんので

また今度か、自宅にお持ち帰りになるかな?


大阪T様マッスル号用フロントエンブレム

フロントフェンダーを交換して全体的に完成度が高まってきたので

大阪T様マッスル号用フロントエンブレム取付ステー加工 (1)次のステップに移る感じで

まずはフロントエンブレムを

取り付ける事になったのですが

ステムが違うので、取り付けステーの

大阪T様マッスル号用フロントエンブレム取付ステー加工 (2)幅を加工して取付が出来る様にしました。

先日取付位置を確認して測定したあったので

ステーの折り曲げを広げて

取り付け寸法を変更しました。

大阪T様マッスル号用フロントエンブレム取付ステー加工 (3)CB400Fの場合はステムの

フォーククランプボルトがM8なので

M8→M6に変換するアルミカラーを取り付けて

ステムに取り付けれる様にしてあります。

大阪T様マッスル号用フロントエンブレム取付ステー加工 (4)これで加工も完成したので

後は車体側に取り付けてから微調整かな?

またご都合の良い日を打ち合わせしてから

ご来店をお願いいたします。


高知O号エンジンブラスト準備

エンジン組み立て室が停滞気味なのでちょっと困っているのですが

高知O号シリンダーブラスト準備計測と内燃機加工送りの準備をする為に

まずシリンダーのガスケット剥がしと

塗装を剥がして、ブラストの準備を始めます。

ヘッドとクランクケースも内燃機屋さんへ

送らないといけないので

先にその辺りの外注作業を終わらせる為に

ブラストを終わらせる事にします。


旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道その5

電装関係の取付が終わったので

24号機用他車種流用タコメーター製作 (1)次は電タコの加工に取り掛かります。

電タコは他車種流用になりますが

何度か流用した実績もあり

加工方法も良く分かっているので

24号機用他車種流用タコメーター製作 (2)サクサクっと取付加工が出来ます。

まずは配線を接続、電源、GND、パルスの

三本だけで良いのですが

バックライトが無いので何時もこれだけが

24号機用他車種流用タコメーター製作 (3)悩みの種になりますが

今回は自分のと言う事もあり

面倒臭いので、バックライトは無しで

防水、防振対策をして仕上げてみました。


大阪K号継続車検入庫

本日のご来店は大阪K様、台風の影響も心配される中

大阪K様継続車検入庫幸いにも雨にも当たらずにご来店です。

過去にCPでフルレストアした車両で

全然問題無く調子も良く走るので

車検の時にしかご来店されませんw

前回はブレーキパットを交換したのですが

今回は消耗品も余り交換無しで継続車検が出来そうです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年09月05日

仕事サボらず営業中3

本当なら明日臨時休業を頂いて
弟と二人で魚釣りに行く予定があったのですが
巨大台風が来ると言うので
これは真面目に仕事をしろと言う事なのだと思い
仕事をさぼって魚釣りに行く事を中止にしたのですが
今日明日は結構良い天気らしいわ…。
まぁそんなもんだなと思った。
でもそんなのんきな事が言えるのも
台風10号が関西方面に来ないからであって
明日は我が身と思いつつ、常に準備と心構えをしています。
台風10号の進路上の方々のご無事を願うばかりです。


大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換

台風の影響で天候が心配だったのですが

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (1)逆に暑いぐらいの天気の中ご来店は

大阪T様のマッスル号。

今日はかねてからの課題である

フロントフェンダーの交換作業になります。

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (2)今取付いているCB750F用フェンダーだと

タイヤとの隙間が広く

ちょっと不細工だったので

色々と悩んでいたのですが

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (3)CPレーサー1号機の足回りをT.O.T仕様の

35Φに変更する時にCB750Fの足回りを

流用して、フロントフェンダーを取り付けたので

マッスル号にもフロントフェンダー流用が

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (4)反映出来る事が分かったので取り付けました。

CP1号レーサーはタイヤウォーマーを巻くので

隙間は広めにセットしましたが

マッスル号はかなり攻め気味でステーを製作。

仕上がりも引き締まって見える様になりました。

後まぁ電装系の不具合を二か所程チェックして

やっと課題のフロントフェンダーが完成となりました。


高知O号バッテリーラバー交換

純正部品が少し入荷して来たので

高知O号エアークリーナーボックスラバー交換 (1)高知O号のバッテリーケースの

朽ちたラバー類を交換します。

このラバーが朽ちていると

バッテリーに衝撃が伝わるので

高知O号エアークリーナーボックスラバー交換 (2)セルが割れたりする場合もありますからねぇ

で、取外した朽ちたラバー類…

もう取り外す時には、崩れて千切れ

バラバラになってしまいました。

高知O号エアークリーナーボックスラバー交換 (3)で、純正新品のラバーを装着完了。

入っているはずのカラーも無かったし

まぁ見る限りゴム類は全滅だと思いますが

何かのついでに交換しないと

作業量が大変な事になりそうです。


旧CP1号機改め24号機公道復帰への道その4電装部品取り付け

メインハーネスを取り付ける前に電装部品を先に取り付けます。

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (1)まずはヘッドライトカバーを取り付けて

配線、ホース、ワイヤー類の

取り回しを確認しながら

ヘッドライトも仮に取り付けてみました。

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (2)結果、色々と課題が見つかりました。

次に電装部品関係を取り付けました。

点火系はウオタニを取り付けるので

ヒューズもウオタニ対応のヒューズ

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (4)サーキットプロテクションを取り付け。

元レーサーマシーンだったので

発電は不要だったのでACGを取り付けました。

これで発電関係も大丈夫です。

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (5)これで後は左側ハンドルバーに

クラッチスイッチと配線を作って

プッシュキャンセルスイッチを加工取り付け

メインハーネスを這わせれば

電装関係はウオタニ、ETCとUSB電源、油温計等だけとなります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月04日

緊急速報と右足の痛み3

今朝福井県嶺北地方での地震速報の後に
携帯電話から緊急速報のアラームが鳴ったので
え!こっちにも地震が来るのか⁉とビックリした。
慌てて携帯を見ると880万人規模の訓練だったけど
3回もアラームが鳴るとオオカミ少年並みに
鬱陶しいわ…。
それにしても昨晩から天気が悪いせいなのか
右足の痛みが激しいのも鬱陶しいわぁ…。


高知O号フロントタイヤホイール交換

昨日フロントディスクブレーキの不足部品が入荷して来たので

高知O号フロントタイヤホイール交換 (1)早速今日、フロントタイヤホイールの

交換作業を始めます。

まずアクスルシャフトクランプを

取り外すのですが、取り付けナットが

高知O号フロントタイヤホイール交換 (2)対辺12mmと13mmのナットが使われており

本来ここは面圧が必要なので

対辺14mmのナットが入る所になります。

なので、ナットも交換しておく事にします。

高知O号フロントタイヤホイール交換 (3)旧アルミホイールからアクスルシャフトと

メーターギアーなどを取り外したら

あるはずのメーターギアー用Oリングが

不在だったので、新品のOリングを入れました。

高知O号フロントタイヤホイール交換 (4)で不在だったアゲインディスクキット用の

部品を取り付けて、ブレーキディスクをセット

これが本来の姿になりますし

ボルトの長さもこれが適正な長さです。

高知O号フロントタイヤホイール交換 (5)ブレーキや足回りの事なので

この辺は危険なので拘りたい所ですね。

ナットもM8×対辺14mmのナットに交換。

これで取り合えずフレーム側の作業は

高知O号フロントタイヤホイール交換 (6)一旦完了と言う事になるかな。

念の為空気圧をチェックすると

前後とも空気圧は0だったので

取り合えず規定値までエアーを充填。

高知O号フロントタイヤホイール交換 (7)チューブでもチューブレスでも

定期的に空気圧は点検して置きましょう。

特に貴重はキャストホイールなどは

パンクするとホイールがダメになるからねぇ。


旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道その3

他の純正部品の入荷が8日の予定なので

旧CP1号レーサー改め24号機メーター周り仕上げ (1)手待ちのその間に、CB400F用の

リプロメーターステーと

ヘッドライトステーを取り付けて

タコメーターとスピードメーターを

旧CP1号レーサー改め24号機メーター周り仕上げ (2)取り付ける準備が整いました。

インジケーターの電球をLED化。

他の所もLED化にしようと思っています。

後はメーター類を仕上げて取り付けます。

旧CP1号レーサー改め24号機メーター周り仕上げ (3)リプロのヘッドライトステーが付いたので

フロントは取り合えず純正ウインカーを

取り付けて、電球はLED球に交換しました。

フロントから見ればフォアっぽく見えるかなぁ?

旧CP1号レーサー改め24号機メーター周り仕上げ (4)ウインカーレンズは拘りの一重レンズを

取り付けてみましたが、多分全体的には

統一感の無い仕上がりになると思います…。

まぁ取り合えずこんな感じで仕上げてみます。

旧CP1号レーサー改め24号機リア周り仕上げ (1)で、リア回りは全く統一感の無い仕上げw

アクティブのLEDウインカー付きの

ライセンスホルダーを取り付けて

申し訳程度のテールライトを取り付けました。

旧CP1号レーサー改め24号機オイルクーラーマフラー取付 (1)やっぱり全然統一感が無い仕上がりですw

レースで使っていた放置気味の

オイルクーラーを取り付けました。

コアが大きくオイルポンプが「極み」なので

旧CP1号レーサー改め24号機オイルクーラーマフラー取付 (2)オーバークールになるかも知れないなぁ…。

ヨシムラマフラーが修理中なので

同じく当時物のモリワキマフラーを取り付けて

アンダートレーを取り付けました。

旧CP1号レーサー改め24号機サムブレーキ取付 (1)サムブレーキを取り付けたいのですが

取付場所が無いのが今の悩み事です。

取り合えずフロントフォークを20mm下げて

上に取り付けてみました。

旧CP1号レーサー改め24号機外装関係仕上がり (1)これで後はメインハーネスや

ハンドルスイッチとヘッドライトなどの

電装部品を取り付ければ

一応の公道復帰状態にはなりそうです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月22日

不良3

まぁ僕も人の事を言えた柄ではないのですが
昭和の時代の若い頃はまともな人生は歩けないし
歩こうともしていなかった時期もあったけど
今は割と真面目な社会人として生きているつもりです。
で、もう30年以上の付き合いがある後輩なのですが
多少の事は目をつむって、少し距離を開けて付き合ってきたのですが
余りにも鬱陶しい事を言い出したので
少し付き合い方も考えようと、別の後輩と話をしています。
もう面倒臭いわぁ…。


21号機エンジン腰下組み立て開始

GTH号のエンジンが無事に搭載出来たので

21号機腰下組み立て準備部品整備 (1)次の21号機用エンジンを組み立てます。

まずはクランクの組み立てから

既にダイナミックバランスは終わっているので

コンロッドを取り付けてチェーンをセット。

21号機腰下組み立て準備部品整備 (2)次にロアケースの下拵え。

実はこのエンジン、走行距離が少なく

摩耗も殆ど無いエンジンなので

かなりの掘り出し物なんですよね。

21号機腰下組み立て準備部品整備 (4)77'モデル国内新規になりますが

まぁ全体的な状態は余り良くなかったので

フルレスとなる車両になった分けです。

アッパーケースも下拵えが完了。

21号機腰下組み立て準備部品整備 (5)後は臓物の整備と、下拵えを済ませて

組み込めば腰下は完成なのですが

ニードルローラーベアリングの在庫が

無かったので、入荷する来週まで

組み立てはお預けです。


銀ちゃん号チェーンカバー取り付け

今日は珍しく開店前に来なかった銀ちゃんは、朝駆けしてたらしいw

銀ちゃん号チェーンカバー取り付け (1)で、早速自分の作業スペースを確保して

チェーンカバー取り付けを開始。

僕はこの二人の作業手順を学習して

自分の車両に取り付ける時は

銀ちゃん号チェーンカバー取り付け (2)もっと楽に取付が出来る様に

工夫しようと思い、横目で苦労している

作業風景を眺めています。

弟も取付加工に半日以上掛ったし

銀ちゃん号チェーンカバー取り付け (3)銀ちゃんも同じく半日以上掛かって

やっと完成しました。

三人ともちょっとずつフェンダーの形が違うので

僕も同じように苦労するのかなぁ…。

で、完成したタイミングでゲリラ豪雨が来たので

只今帰れずにお店で屯していらっしゃいますw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月18日

GTH号完全復活へ向けて3

夏季休暇中に孫のお誕生会をやった時に
息子と少し話をしたのですが
担当している患者さんの、脳の手術について
何かと辛い告知をする事もあるそうで
この前の手術前に患者さんに告知したのは
「手術をして良くても歩けなくなります。」と告知して
執刀したらしいのですが、手術は大成功と言う事で
歩けないと告知したのに、歩けるまで回復したらしい。
そりゃぁ患者さんも、家族も大喜びだったらしく
僕も息子を誇らしく思い、僕も同じく歩けない時期があったので
その話を聞いて、涙が出ました。
あの身体で、繊細な脳の手術が出来るんだから
今の医療って凄いですね!


8号機カスタム

三重M号問題が解決したので、PITの余裕を持たせてあった事もあり

8号機タンデムステップ取付 (1)入庫予約を調整していたのですが

昨日あっさりと問題個所が分かった事で

今日のPIT作業は特に予定が無く

弟の8号機を少しカスタムします。

8号機タンデムステップ取付 (3)銀ちゃんと同様に娘とタンデムをするので

チェーンカバーと、タンデムステップを

取り付けるので、今日時間がある時に

加工をしてステーを取り付けます。

8号機タンデムステップ取付 (4)元々リアサスはレイダウン用の

アッパーマウントを取り付けていたので

そのマウントを流用してタンデムステップの

ステーを取り付けました。

8号機タンデムステップ取付 (5)もでR側はリアブレーキマスターカップが

邪魔なので、マスターカップを

交換しないとタンデムステーが

干渉してしまうので、アルミビレットの

8号機タンデムステップ取付 (6)マスターカップに変更して

タンデムステップステーを取り付けました。

フジツボで化粧して

何気に取って付けた感も無く

8号機チェーンカバー加工取付 (1)良い感じで取り付けが出来ました。

そんな事をやっていたら、タイミング良く

チェーンカバーが入荷して来たので

早速洗浄して車体にフィッテングして

干渉する所をケガいてカットし取り付け準備を済ませて

またPITに空きがある時に取付をします。


BUBU505-Cフロントスクリーン交換

特注で発注していたBUBU505-C用のフロントガラスが

BUBU505-Cフロントアクリル板を強化ガラスに交換 (1)夏季休暇前に入荷していたのですが

交換する時間が無かったので

今日、時間がある内に交換してしまいます。

まずこの安っぽいアクリル製のスクリーンを

BUBU505-Cフロントアクリル板を強化ガラスに交換 (2)取り外しますが強化ガラスなので

アクリルより1mm分厚く4mmなので

ゴムを加工しないと中には入らない。

で、ゴムを加工して、脱落しない様に

BUBU505-Cフロントアクリル板を強化ガラスに交換 (3)ワコーズのガスケットを塗って

車両用強化ガラスをセットしました。

まぁ余り変化は無いのですが

曇ったアクリル板よりも

車両用強化ガラスの方が、絶対良い感じだと自己満足してます。


GTH号入庫

PITの都合で入庫のタイミングをお待ち頂いていたのですが

GTH号復活入庫200818目途が付いたので、昨日連絡を入れて

本日入庫となりました。

交換用のエンジンは出来上がっているので

サクサクっと積み替えて調整をするだけです。

早ければ今週中には作業が完了する予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月16日

久々に開店前の男ご来店3

防犯対策強化の為に、今回店内に防犯用ライブカメラを増設。
録画した画像と音声はクラウドに保存されるようになってます。
また夜間はモーション機能も付いており
スマホと連動しているので、異常を検出した時点で
お知らせも来るようになってます。
まぁ嫁にも監視される事になるので
諸刃の剣ですけどねw


弟と二人で暑気払い 

昨日はお店を少し早仕舞いをして、香里園にある焼き鳥屋「秋吉」へ

弟と暑気払い (1)弟と二人で暑気払いに行ってきました。

久しぶりの秋吉で、食欲がそんなに

あるわけでも無いので、ボチボチと注文。

結果、僕が控えめの生ビール7杯と串95本

弟と暑気払い (2)弟が串60本と言う事で

全盛期の半分程度の本数でした。

不思議と秋吉の生ビールは進むので

アルコール度数が低いような気がするわw

で、今日もお腹の中には焼き鳥が残ってました。


お盆休みの開店前の男ご来店

まぁそろそろそう言う感じでやって来るとは予想してましたが…。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (1)まだ9時過ぎの店内では既に

奴がウエットブラストを当ててましたw

それは銀ちゃん号にチェーンカバーを

取り付ける為の作業をやっているのだ。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (2)で、弟が僕を店裏の駐車場に呼ぶので

見に行くと、銀ちゃんの車のタイヤに

何かが刺さっているじゃなかw

取り合えず面倒臭いのでスルーですが

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (3)一応銀ちゃんにはお知らせ。

まぁ本人も面倒臭そうだったので

取り合えず後回しになったw

それよりも今日の銀ちゃんの目的は

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (4)最近引っ越したので、不動車コーナーから

銀ちゃん号を引き上げる為の準備と

チェーンカバー取り付けなどの作業が

最優先事項になっているらしい。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (5)取り合えずチェーンカバーを合わせて

加工する個所を現物合わせで

ケガキを入れて加工をするらしい。

ある程度の加工ポイントが決まったので

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (6)少しずつチェーンカバーを切り取っては

車体に合わせて妄想しては

切り取りを何度か繰り返して

何とか妄想通りに仕上がったらしく

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (7)次はお決まりのバフ掛けw

これが終われば取付ステーを作って

チェーンカバーを取り付けて

新しい住居に銀ちゃん号を持って帰るらしい。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (8)おかげで今日は全く仕事になりません。

バフ掛けも終わり、納得したようで

後は取付方法を考えるだけとなって

今日はここまでで終了らしい。

銀ちゃん号にも大流量ミッション用強化オイルポンプ装着 (1)で次の作業は、銀ちゃん特注

ブラックアルマイト仕様

ミッション用大流量オイルポンプの

取付作業に取り掛かります。

銀ちゃん号にも大流量ミッション用強化オイルポンプ装着 (2)スプロケットカバーを取り外して

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプを

取り外して、CP製大流量ミッション用

強化オイルポンプに交換します。

銀ちゃん号にも大流量ミッション用強化オイルポンプ装着 (3)で、サクサクっと交換が完了。

これで銀ちゃん号にも

CP製フル強化オイルポンプセットの

取り付けが完了しました。

銀ちゃん通勤車フロントタイヤに異物 (1)これで一仕事終わったので

車のタイヤの異物はこのままスルーかな?

と思っていたのですが

銀ちゃんは忘れてなかったらしいので

銀ちゃん通勤車フロントタイヤに異物 (2)刺さっていた異物を抜き取ると

案外浅かったので、タイヤへのダメージは

ほぼ無かったし面倒臭い事を

やらなくて済んだのはラッキーでした。

不動車コーナー一台減車取り合えず銀ちゃん号は不動車コーナーから

新居へ移動する事になったので

7年間置きっぱなしの不動車コーナーが

一台減ったので、何かと便利になったけど

何となく寂しくもなったかなぁ…。


1号機もリアタイヤに異物が

これまた弟が呼ぶので何事かと思って

1号機リアタイヤに異物が刺さっていたw (1)銀ちゃんの作業スペースを確保する為に

炎天下の中外に放り出された1号機の

リアタイヤにも何やら異物が刺さっていた…。

取り合えず暫く乗っていないし

1号機リアタイヤに異物が刺さっていたw (2)エアーも抜けていないので

引っこ抜いてみたけど

大丈夫そうなので一安心。

これだけの穴だとタイヤ交換レベルだったな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月21日

ネガティブな所は直ぐカスタムする3

今朝の体重は昨日より300グラム減の
90キロジャスト!
一瞬89.9グラムが見えたのですが
残念ながら80キロ代への突入は
明日以降に持ち越しとなりました。
明日は定休日なので、明後日には80キロへ
突入しているはずだし、明日は理髪店へ行き
伸びた髪も切るので、確実に体重は減るはずです!


21号機用フロントフォーク組立

昨日仕上げようとしていた21号機用のフロントフォークですが

21号機用ボトムケースブラスト仕上げ (1)ウエットブラストのガラスを

注文した所、明日には到着するのですが

取付は明後日になってしまうので

見えなくて効率は悪いのですが

21号機用ボトムケースブラスト仕上げ (2)弟にブラスト作業をやって貰います。

で、二日掛かりでやっとブラストが

終了したので、組立に取掛ります。

多分フレームの塗装がもうじき仕上がって来るので

21号機用フロントフォーク組立 (1)ローリング出来るようにと、準備をします。

新品のインナーチューブと当然ながら

純正新品部品を使って組立ます。

ピストンリングは必ず交換はデフォルトです。

21号機用フロントフォーク組立 (2)で、サクサクっと組立が完了!

これで後はタイヤホイールを組立てれば

フレームがいつ届いても

組立に取掛れます。


BUBU505-Cカスタム

やっと駆動系の不具合が直り、ちゃんと走れるようになったのですが

BUBU505-Cハイギヤー交換 (1)偶然にも駆動系を修理する際に

AF35の出力軸を流用したので

ハイスピードギアーに交換出来る事になったので

またギアーボックスを開けますw

BUBU505-Cハイギヤー交換 (2)まずトップスピードが頑張って45キロと

遅く危ないので、せめて60キロは出る様にと

ハイスピードギアーに交換してから

プーリーのウエイトローラーで下のトルクを

BUBU505-Cハイギヤー交換 (3)上げる様に調整しようと思ってます。

AB19系のエンジン部品はほぼ絶版なので

ボアアップをするならAF18系統の

エンジンに乗せ換える予定にしています。

BUBU505-CリアサスYSSに交換 (1)BUBU505-Cは、まぁミッドシップエンジン

みたいな構造なので、フロント荷重が軽く

ステアリングのラック&ピニオンが結構

クイックなので、ギャップを踏むと

BUBU505-CリアサスYSSに交換 (2)フロントが飛ばされてしまい

飛んでも無い方向に行ってしまうので

リアサスを4cmロングのYSSに交換して

フロント荷重にしてみる事にします。

BUBU505-CリアサスYSSに交換 (3)4cmロングなので、ワイヤー類などが

張って仕舞わないかを確認して取付ました。

中々良い感じで、これで半リジットな

乗り心地から解放されると思います。

BUBU505-Cハイギヤー交換 (4)で、ギアーボックスから出力軸ギアーを

取外して、ハイスピードギアーと比較。

歯数は数えていませんが、大きさから

出足は悪くなるのは分かりますねぇ…。

BUBU505-Cハイギヤー交換 (5)取合えずハイスピードギアーを入れたけど

プライマリーギアーに互換性が無い事が

今更ながらに発覚してしまい

カバーを取付ける事か出来ない…。

BUBU505-Cハイギヤー交換 (6)計測すると7mmもAF35のギアーの方が

長いので、どうするかを考えた結果

カバー側を加工した方が早いので

今日も残業は決定となってしまった…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月28日

部品発注間違いとか…3

まぁこの所多いのですが
パーツリストの文字が見えないのに
老眼鏡を掛けずに読んでいると
よくあるのが中番辺りから一段下を見ている事…。
なので、その度不良在庫が増えると言う罠。
今回もエンジン2台分のOリング16個を頼んだつもりが
届いたのはエンジン16台分のOリングだったw
16台分全部使いきってやるわ!


GTH号腰下組立

シリンダーヘッドのバルブガイドOリングの発注ミスがあり

GTH号腰下組立準備 (1)Oリング交換は延期になったので、先に

腰下の組立を先にやっつけてしまいます。

まずはロアケースの下拵えを終わらせて

次にアッパーケースの下拵えに取掛り

GTH号腰下組立準備 (2)このままの勢いで組立ようと

思っていたのですが…。

何とまぁ信頼できる液体ガスケットが

切れてしまっていたわ…。

仕方なく今日はここまでで終了です。


19号機プチカスタム

オーナーの妄想が止まらないので

19号機カスタム (1)早い事仕上げてしまおうと

まず純正マフラーを取外して

タロティのエンジンガードを取付けました。

マフラーは当時物ヨシムラ手曲げを

19号機カスタム (2)取付けるので、ヨシムラ公認のアゲイン製

集合管対応センタースタンドを取付ます。

これでヨシムラ手曲げタイプの集合管にも

センタースタンドが取付られます。

19号機カスタム (3)CP製センタースタンドストッパーを取付け

当時物ヨシムラ手曲げマフラー

セラコート仕上げの取付も完了しました。

これでマフラーの養生を取外すと

19号機カスタム (4)こんな感じに仕上がりました。

僕は機械曲げが好きなんですが

手曲げは手曲げで中々良いですよねw

エンジンサウンドも純正とは違い迫力も出ました。

19号機カスタム (5)次に足付きを良くする為に

アゲイン製オリジナル表皮タイプの

フロント側あんこ抜きシートに交換。

タンデムバーも同時に取付けました。

19号機カスタム (6)19号機として生まれた車両ですが

オーナーの好みに合わせて

カスタムが完了しました。

良い感じに仕上がったので

ヨシムラ機械曲げマフラーと手曲げマフラーの

競演画像を撮影してみましたw


銀ちゃん号A.S.T製BS改

A.S.T製バックステップステーをカスタムして

銀ちゃん号オリジナルBS交換とブレーキマスターOH (1)銀ちゃんの膝に優しい仕様に変更した物が

銀ちゃんが今日ブラっと遊びに来た

タイミングに、メッキから仕上がって

戻って来たし、PITもタイミング良く空いており

銀ちゃん号オリジナルBS交換とブレーキマスターOH (2)早速取付るそうですw

リアブレーキホースも交換するついでに

マスターもO/Hするので

アルバイトの弟に取っ払いで作業をやらせます。

銀ちゃん号オリジナルBS交換とブレーキマスターOH (3)でも結果、僕が横からマスターO/Hを

弟に指導するので、僕がやった方が早いし

説明するのも面倒臭い…。

まぁ弟もマスターO/Hを覚えたから良いけど…。

銀ちゃん号オリジナルBS交換とブレーキマスターOH (5)こちらはA.S.T製の改造前のステップ位置。

アゲインのBSと同じ位置になります。

この角度が銀ちゃんの膝に優しくないので

このステップ位置を数センチ下手前に

銀ちゃん号オリジナルBS交換とブレーキマスターOH (6)ずらした物がこの位置になります。

同じ方向の画像を撮影すれば良かったのですが

今日は色々と忙しくて、バタバタしていたので

写真を撮影する時間が余り無かった。

スイングアームのピポットシャフトの位置を基準に見て下さい。

まぁ今日中の完成は出来なかったので、完成はまた次回に持ち越しです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月18日

現在のCPのPIT状況3

おかげ様で仕事は沢山あるのですが
中々思う様に進んでおらず
ご迷惑をお掛けしている状態ですが
通常メンテナンスや継続車検、車両販売、製作などは
問題無く出来る状態ですが、前もってのご連絡を頂ければ
作業の予定が組めますので、ご連絡を宜しくお願い致します。
現在のPIT状況は重整備車両が1台、フルレストア車両が1台
エンジンフルO/Hが3基、キャブレターフルO/Hが1基
フルレストア準備車両1台、販売車両(19日まで商談中)が1台
お預かりの不動車コーナーに4台と言う状況になっております。


定休日の男 

昨日の定休日は何時もの病院へ行った後店で事務処理をして

定休日の男銀ちゃん号ブレンボ「幻」取付 (1)本当ならそれで帰る所なのですが

急遽仕事が休みになったと言う事で

不動車コーナーからバイクを下して

フロントブレーキなどの交換作業を

定休日の男銀ちゃん号ブレンボ「幻」取付 (2)始めだした定休日の男…。

すったもんだがありましたが

無事に取付が完了しました。

ブレーキフルードを入れてエアー抜きも完了し

定休日の男銀ちゃん号ブレンボ「幻」取付 (3)早速試運転へ一っ走り

今まで付けていたブレンボのカニよりも

かなりブレーキの効きが良くなり

ちゃんと止まれるようになったらしいよ!

定休日の男銀ちゃん号ブレンボ「幻」取付 (4)これで取合えず銀ちゃん号2020仕様は

一先ず完了なのかな?

何かまだ色々言ってたけど

すっかり忘れましたw


右足修理

15キロ以上のダイエットで、僕の右足もカモシカの様に細くなり

右足修理200617 (1)右足の装具が合わなくなったので

いつもお世話になっている大阪義肢の

新川さんにお店に来てもらい

右足の型取りをしてもらいました。

右足修理200617 (4)太ももで約4cm減となり

お腹もかなり凹んでしまったので

右足装具をどう言う風に固定するかを打合せ。

痩せる事は良い事なんだけど

それに伴いズボンも右足装具もサイズが合わなくなってしまうと言う罠…。


三重M号エンジン不動中

色々とバタバタしていたので、すっかりと忘れていたのですが

三重M号リアショックロアボルト交換 (1)リアサスのロアマウントボルトを

交換するのを忘れていたので

純正品に交換しました。

これでスプロケのフィキシングボルトと

三重M号リアショックロアボルト交換 (2)干渉する事も無くなったので

良くなりましたが、リアサスの長さが

純正より10mm長いので

ちょっとした問題もある事が判明。

三重M号リアショックロアボルト交換 (3)純正マフラーとアクスルシャフトや

ドライブチェーンアジャスターなどが

干渉しており、恐らくサブフレームも

曲がっている可能性があります。

三重M号リアショックロアボルト交換 (5)通常は姫号の様に、これ位の隙間があるのですが

リアサスが10mm長いのと、サブフレームが

内側に曲がっている可能性があるので

この隙間が全然ありません。

そう言えば純正マフラーを取付けるのに結構苦労しましたからねぇ…。

三重M号エンジン不動中で、よれよりも問題はエンジンが掛からない事で

バッテリーを充電してはセルを回して

少しずつエンジンを温めて行くと

かろうじてエンジンが掛かる事が分かったので

やっぱり圧縮が低い事が原因だろうと思います。

三重M号ブレーキ周り部品交換作業 (1)で、これも忘れていたのですが

フロントブレーキのブリーダーバルブ交換。

これも持ち込み部品の中に入っていたので

交換しろと言う事なんだろうと思い

三重M号ブレーキ周り部品交換作業 (2)ブレーキフルードを抜いて交換するのですが

ブレーキフルードの色は2年物以上のような

良い感じの色合いに仕上がっていました…。

まぁ交換するには丁度良いかもねぇ。

三重M号ブレーキ周り部品交換作業 (3)ダイアフラムは当時物タイプですが

もう伸び切っており、ダイアフラムとしての

機能は終了している状態な代物なので

現行の新品に交換する事にします。

三重M号ブレーキ周り部品交換作業 (4)新品と比べるとこんなにも違います。

当時の新品もこれ位の復元力は

あったはずなのですが、流石に限界です。

穴こそ開いていませんが、溶ける手前な状態です。

三重M号ブレーキ周り部品交換作業 (5)ブレーキフルードを抜いて

ブリーダーバルブを交換し

新しいブレーキフルードを入れてエアー抜き。

こんなに色が違うのがハッキリと分かります。

三重M号ブレーキ周り部品交換作業 (6)交換したブリーダーバルブですが

まぁ少し錆びている程度です。

ブレーキも調整をしたので

これでブレーキ周りの作業も完了です。

三重M号174キロスケールスピードメーター (1)そこへタイミング良くリビルドに出していた

メーター類が戻ってきました。

今回のご依頼は、この398のフレーム番号が

三桁なので、メーターは190キロスケールが

三重M号174キロスケールスピードメーター (2)正解になるのですが、オーナーはそれを知らずに

174キロスケールでリビルドをしていたので

今回は拘りの190キロスケールに

このメーターを使って文字盤を変更しました。

14号機190キロスケールスピードメーター (1)因みに14号機もフレーム番号が三桁なので

スピードメーターも190キロスケールです。

398のフレーム番号が1005000番代までが

190キロスケールになります。

三重M号174キロスケールスピードメーター (3)で、早速メーターを取付けて

フロント周りを仕上げます。

オドメーターはそのまま距離を引き継いで

リビルドをしてもらっています。

三重M号174キロスケールスピードメーター (5)シビエのヘッドライトから

純正のH4に変更して取付けました。

これでエンジンが掛かってくれれば

納車が出来るのですが…。

やればやる程状態がかなり厳しい事がハッキリとしてきています。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月01日

「不正改造車を排除する運動」強化月間3

今日6月1日より全国で車両運送法に基づき
「不正改造車を排除する運動」強化月間になります。
主にマフラーやタイヤのはみだしなどの
取り締まりに重点が置かれますが細かい所は割愛。
警察だけではなく国交省職員立ち合いにより
取り締まりを実施される事もあります。
現場での計測基準としては、警察官の耳で判断して
任意捜査により音量測定に協力してもらい
測定の結果によって、車両運送法違反及び
道交法違反の整備不良で検挙されます。
尚、これは任意捜査なので拒否も出来る権利がありますが
多くの場合、拒否をすると警察官に取り囲まれる場合もあります。
その場合は、不当監禁になります。
また、「今エンジンが故障したので掛かりません」と言い
レッカー搬送でその場から離脱する事も問題ありません。
多少の知識は知っておいても無駄にはなりませんし
後は鉄のハートで乗り切る覚悟が有るか無いかです。
でも、明らかな違法行為は当然ダメで
これは違反を助長する物でなく、知識として知って置く事が
違法な取り締まりを受けなくても済む場合があると言う事です。
僕が乗る逆車のCB400Four(74’〜77’)はこの規制には該当しません。
1985年以前に型式認定を受けた車両は音量規制がなく
極論を言えば、どれだけ大きな音を立てても問題が無いと言う事になります。


三重M号フロント周り作業

昨日は事務仕事と電話対応などに加え

三重M号フロント周り作業 (1)遊び疲れの余り実務は出来なかったのですが

今日中に仕上げる予定で、本格的に取掛ろうと

作業用リフトから下そうとしたら

後輪に何かが引っかかるので見ると

三重M号フロント周り作業 (2)リアショックのロアボルトが長過ぎて

スプロケットのフィキシングボルトと

ナットに干渉していました。

仕方なく緩めたのですが

三重M号フロント周り作業 (3)純正ボルトに交換する事にします。

アクスルシャフトのクランプ取付ナット

ここもよく使われるM8の社外品ナットで

対辺が12mmとか13mmが使われるのですが

三重M号フロント周り作業 (4)純正のナットは対辺が14mmになります。

フロントフェンダー取付のM6ボルトも

フランジでは無く六角ボルトになり

長さもフランジには無い設定です。

三重M号フロント周り作業 (5)取合えずサクサクっとフロント周りを

取外しが完了しました。

すっかり忘れていたのですが

ブレーキディスクローターの塗装を

三重M号フロント周り作業 (6)追加で依頼されている事を忘れていました…。

明日にはV6ワルキューレが入庫して来るので

最悪でもローリング出来る状態にしないと…!

大急ぎでフロントフォークを分解。

三重M号フロント周り作業 (7)フロントフォークの部品はちゃんと

準備してあったのですが

フェンダーなどのボルトは探さないと…。

取合えず部品を洗浄して組立準備が整いました。

三重M号フロント周り作業 (8)オリフィスのピストンリングも

ヘタっているので新品に交換します。

フォークオイルは綺麗だったのに

ここは交換してなかったみたいです。

三重M号フロント周り作業 (9)で、サクサクっとフロントフォークの

組立が完了したので

フォークオイルを入れて

仕上げに取掛ります。

三重M号フロント周り作業 (10)サクサクっとフロントフォークを取付けて

キャリパーホルダーの状態が良い方を

取付ようとしたのですが

事前にオーナーが準備した物は腐食が激しく

取付いていた方は、キャリパーホルダーピンが固着して抜けない…。

三重M号フロント周り作業 (11)ディスクを取外して塗装の準備と

スピードメーターリテーナーを取外すと

入っているはずのOリングが不在で

水が入ったのか、内側が激しく錆びてます…。

三重M号フロント周り作業 (12)取合えずローリングをさせないと行けないので

アクスルシャフトを取付けて仮組。

不足部品と固着した部品と錆びた部品…。

ここまで綺麗に仕上げているのいに残念です。

三重M号フロント周り作業 (13)追加作業のブレーキディスクローターの

塗装をするので、ブラストで下地処理をして

部品が届くまでの間に仕上げる事にします。

今日中に仕上げる予定だったのですが

三重M号フロント周り作業 (14)不足部品や、細かいジャブ的な問題があるので

取合えず今日はここまでですが

錆びたり腐食した部品は付けたく無いし

どうしようかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年05月31日

外出自粛解除4

FCRキャブレターの10%程度値上げに関して
ビトーR&Dさんへ問い合わせをした所
CB400Four用のキャブレターの値段は
据え置き価格のままで¥162,000(税抜き)ですが
CRキャブレターに関しては¥137,000(税抜き)から
明日から、改定価格¥148,000(税抜き)になるとの事でした。


外出自粛解除後の貴重な一日

昨日は臨時休業を頂いて、漁協にも確認の電話をし

自粛解除の魚釣り (1)梅雨入り前の貴重な晴れ間を利用して

約20年ぶり位で海へ行って来ました。

本命は黒鯛(チヌ)でしたが、アジ、キス、サバ

ヘダイ、真鯛と一番の大物はこのイラでした。

自粛解除の魚釣り (2)久しぶりに一日中太陽を浴びて

とても良いリフレッシュが出来たと思います。

海には観光地か!と思うぐらい沢山の人で

皆考える事は同じなんだと思いました。

それでも僕達は三密にならないよう

貸し切りの筏で釣りを楽しんできました。


本日のご来店

一日仕事をさぼったので、事務仕事がちょっと溜まっているし

200531本日の銀ちゃん (1)疲れも残っている所へ銀ちゃんがご来店。

A.S.T製BS改の銀ちゃんスペシャルBSの

手直しをしろと言う事で

銀ちゃんがステーを作り直して、僕が溶接。

200531本日の銀ちゃん (2)で、メッキに出すそうです。

地肌の仕上げは銀ちゃんが自分でやって

ついでにまた何やらアイテムを取り出して

バフを当てて、銀ちゃん号2020年仕様に

色々と部品を仕入れて、妄想を膨らませています。


三重M号残務状況

本当なら今日明日中にフロント周りを終わらす予定だったのですが

三重M号残務状況 (1)今日は余りにも疲れが残り

作業は何も進んでいません。

残務的にはこのキャブレターO/Hリビルド。

全バラをして、再メッキされた部品と

三重M号残務状況 (2)交換をする事が残っております。

取合えずキャブレターの部品チェックをして

不足部品が無いかを確認してから

分解作業に取掛るのですが

三重M号残務状況 (3)予定では4日以降に取掛ります。

明後日にV6エンジンのワルキューレが

オイル漏れ修理の為入庫してくる予定。

なので、作業スペースを確保しないと!

フロント周りの作業が残っているので

作業リフトから車両を下して、明日中には仕上げる予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年05月19日

21号機 逆車国内新規408製作準備3

ボチボチと21号機の製作に取掛ろうと
準備をしている所です。
逆車国内新規登録になりますので
398登録も可能になります。
オーダーを頂ければ、製作費用なども
ご相談の上で製作が可能になりますので
その分自分好みで、リーズナブルになります。
また、ミッション用大流量強化オイルポンプの
テストもそろそろ終わるので
こちらもそろそろ製作に掛かる予定です。


21号機用部品

取合えず黒物部品をチェックした所、既に塗装済みの物があった。

21号機用黒物準備 (1)まずは408用スイングアーム。

これはもう後の作業としては

リアショックロアダンパーを

入れるだけの所まで出来てました。

21号機用黒物準備 (2)その他の黒物、エアークリーナーBOXや

メインスタンド、エンジンハンガー

リプロ新品のヘッドライトステー関係など

逆車408なので、コストを抑える為に

21号機用黒物準備 (3)リプロ品を併用して仕上げるつもりです。

なので後はこのフレームの塗装と

小物関係の塗装だけ出せば

フレームの組立は出来そうです。

21号機用黒物準備 (4)その小物関係の部品を探して

フレームと一緒に置きました。

ステップとステム、トップブリッジ

サイドスタンドなどで、全部になるかな?

21号機用フロントフォークOH… (1)取合えずフロントフォークを先に

O/Hしようと思い、昨日引っ張り出した

フロントフォークを見ると

CB400F用じゃなかった…しまったわ。

21号機用フロントフォークOH… (2)で、別のフロントフォークを引っ張り出して

腐ったフォークオイルを抜く時に

両方ともL側だった事に気が付いた…。

くっそ!これでもう今日はやる気なし!


三重M号入庫

かなり以前から部品を準備しつつ、ご相談を頂いていた

三重M号入庫からのダメ出し (1)三重のM号が本日入庫してきました。

取合えずエンジンを始動してみると

始動性が悪く、激しく調子が悪いので

これは点火系に問題があると思い

三重M号入庫からのダメ出し (2)ポイントカバーを開けてチェックしてみると

まず1.4の接点は引っ付いており

2.3の接点はギャップが広過ぎていた。

タイミングライトを当てると1.4はFマークに

三重M号入庫からのダメ出し (3)だが2.3はフル進角状態なので

これは変だと思ってポイントを外すと…

何とまぁ…溶接されており

他の部品は取っ払われていた…ダメだわと

三重M号入庫からのダメ出し (4)そうこうしている内に2.3が死んだので

IGCをチェックすると

配線がすっぽ抜けた…これが原因だったけど

そもそも+と−の配線が違っており

三重M号入庫からのダメ出し (5)しかもIGC自体の取付が左右逆で

黄色と青の配線が逆だったので

何かとややこしいかったけど

テスト品と色々入れ替えてみて

三重M号入庫からのダメ出し (6)エンジン不調原因が特定出来たのだが

見る限り新しい純正TEC製のポイントが

色々な間違いからなのか

ポイントがパンクしている事が判明した。

三重M号入庫からのダメ出し (7)テスト用の部品でエンジンは快適になったので

あちこちと見回すと、メジャーな間違いが

これ、クラッチケーブルがエンジンに

接触するので中が溶けてしまうんです。

三重M号入庫からのダメ出し (8)暫くするとエンジンの下に

オイルが一滴落ちてきたので

調べるとL側のシフトシャフトにオイルが

伝っているので、オイルシールだと思う。

三重M号入庫からのダメ出し (9)ケーブルガイドもメジャーな感じに

取付られているし、ケーブルバンドは

千切れてタイラップで処理されいた。

オーナーはこう言う所を直して欲しいとの事。

三重M号入庫からのダメ出し (10)で、サクサクっと修正。

ハーネスバンドはまた後で取付けます。

ヘッドカバーのボルトはお決まりの

UBSボルトが不在だった。

三重M号入庫からのダメ出し (11)リアブレーキペダルもメジャーな間違いで

リターンスプリングを挟んでいるので

ペダルは奥まで入り切っておらず

こんな状態になってます。

三重M号入庫からのダメ出し (12)ブレーキのピポットシャフトを押し出すと

リターンスプリングの一巻き分が出てきます。

ブレーキに関する場所なので

万が一もあり得る事から、ここも修正します。

三重M号入庫からのダメ出し (13)で、よく見るとブレーキロッドの取付部に

Rピンの頭が出ているじゃないか!

これは危険!ここは割りピンが入る所。

Rピンだと脱落する可能性もあるからだ。

三重M号入庫からのダメ出し (14)トルクロッドの取付ボルトもガタ付くので

覗いてみると、スプリングワッシャーが

不在だったので、ガタついている。

これも長い目で見れば、ボルトが断裂する。

三重M号入庫からのダメ出し (15)クラッチスイッチは何故か、無理やり

ハンドルの中に通されているのだが

結果、ハンドルスイッチ本体に挟まれているので

何れは断裂してショートしてしまう可能性がある。

三重M号入庫からのダメ出し (16)オイルフィルターケースもメジャーな

上下が逆になっているのだけれど

どうせ間違えるのなら斜めじゃなく

真直ぐにでもしていればいいのにね。

オーナーにこれを全て自分でやったのか?と尋ねたら

近所のバイク屋さんにやってもらったとの事だった…。

それ以上オーナーに何も言えなかった…。

貴重なフレーム番号3桁、エンジン番号マッチの38番違いの車両。

これから色々と修正して行きます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年05月08日

諸々の部品が一気に入荷3

一応の我慢週間が終わり、多少なりともCPも
元の忙しさに戻りつつあるような雰囲気ですが
皆が我慢していた分、一気に忙しくなりそうな
雰囲気がするので、もうそうなったら後は
早い者勝ちになると思いますので
梅雨入り前のご相談も今のうちにお問い合わせ下さい。


出勤前の男

何時もの開店前の男よりも早く

CP四輪カスタム担当車高調取付 (1)僕が出勤して来る前に店に来ていたのは

昨日バイクの強制カスタムを強いられた弟でした。

何でも昨日の強制カスタムの刑で

カスタム心に火が付いたらしく

CP四輪カスタム担当車高調取付 (2)自分の車に車高調を取付けるらしい。

車高調は去年の早い時期に既に購入済みで

そのままやる気が起こらず放置されていた物を

引っ張り出して、店の駐車場で交換作業です。

CP四輪カスタム担当車高調取付 (3)元々購入時に取付けていたRS・Rの

ダウンサスを取外して今回車高調を

取付けるらしい、何でもRS・Rのスプリングが

硬いらしい…知らんけどw

CP四輪カスタム担当車高調取付 (4)フロント側は完了したらしいので

次はリア側の交換作業に取掛っていますが

少々手古摺っていたみたいです。

後はラテラルロッドなどを交換すれば

CP四輪カスタム担当車高調取付 (5)作業は完了するらしい。

で、出来上がりはこんな感じになりました。

かなり下がっていますが

法定基準値内の仕様です。

後はホイールを16インチに交換するだけらしいよ

知らんけどw

【CP四輪部ネットで購入した車高調取付致します】
取付費用は車種によりますが2万〜3万円になります。
要電話予約でお願いします。072-380-9715 担当:坂本まで


強化オイルポンプ「極み」とその他の部品入荷

昨日8号機の強化オイルポンプを交換したので

強化オイルポンプ「極み」OH (1)時間がある内にO/Hをしてしまおうと

分解した所…あ!これ「極み」の試作品

プロトタイプやん!…と分解してから

気が付いた…しまったわ…。

強化オイルポンプ「極み」OH (2)まぁ仕方がないので取合えずO/Hを済ませました。

何か無駄に中古品を作ってしまったと言う

感じになってしまいましたが

1,500キロ走行とは言えども中古品なので

量産タイプ強化オイルポンプ「極み」 (1)中古品として売りに出す事にします。

で、GW前にハウジングの加工が終わって

アゲインのローターケース入荷待ち

状態だったのですが

量産タイプ強化オイルポンプ「極み」 (2)本日不足分が入荷して来たので

早速組立作業に取掛ります。

サクサクっと量産タイプの強化オイルポンプ

「極み」の在庫が2個出来上がりました。

小金持ちの自由人君ご依頼のオイルキャッチタンク加工 (1)小金持ちの自由人君ご依頼の

エイプ用オイルキャッチタンクが

仕上がって戻ってきました。

出来上がった事を電話したけど、寝てるなぁ…

GTH号エンジン復活用部品入荷次に入荷して来たのはGTH号の

エンジン復活用部品がヨシムラから届いた。

早速ピストンを取り出して

内燃機屋さんへ発送しました。

三重M様ご依頼の純正風仕上げパーツ仕上がり (1)次に入荷して来たのは三重M様ご依頼の

拘り純正仕上げのパーツ達。

ヘアライン仕上げでクリアー塗装した

ボトムケースやスピードメーターギアーなど

三重M様ご依頼の純正風仕上げパーツ仕上がり (2)ホールリムも再メッキが仕上がったので

スポークも張り終えた状態になりました。

後はタイヤを発注して

車両の入庫準備を整えるだけとなりました。

三重M様ご依頼の純正風仕上げパーツ仕上がり (3)ボトムケースのスタッドボルトや

スピードメーターギアーの組立は

明日組み立てる事にします。

段々とPITが狭くなって来るので

小金持ちの自由人君ご来店200508まっきーRを早い目に納車したいなぁ…。

夕方になりやっと小金持ちの自由人君がご来店。

出来上がったオイルキャッチタンクを見ながら

今夜はハァハァと取付法を妄想するらしいよ

知らんけどなw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月07日

今日から通常営業3

緊急事態宣言は延期されましたが
一応我慢週間は終了したので、休業要請も出ていないこの業界…
CPは今日から通常営業となります。
まぁ我慢週間中でも、例年通り人間が堕落しないように
中は動いていましたけどね。
で、我慢週間中に発注した部品などが
その内、一気に入荷してくると思うと
混乱しそうな気がします。


8号機強制カスタム

GWが明けて世の中が動き出したのですが

発注した部品が発送されるのが今日になるので

明日から本格的に忙しくなると思いますが、今日は暇です。

8号機用強制カスタムパーツ達 (1)そんな退屈な日ですが天気も良いので

弟を呼び出して、強制的にカスタムを

強要しようと思い、レーサーで使っていた

軽量スプロケットカバーに交換するついでに

8号機用強制カスタムパーツ達 (2)今取付いているハイパワー強化オイルポンプから

今度は「極み」に変更する様に強要。

残念な事に、大流量ミッション用

強化オイルポンプはまだ出来上がってない。

8号機用強制カスタムパーツ達 (3)で、更にスプロケットカバーを

交換するついでに、1号機から取外して

CB350Fレーサーに使う予定だった

アゲイン製ACGカバーキットも取付ける様に強要。

因みに、長野の雪国号が導入してくれた強化オイルポンプ「極み」の

レポートが下記のように届いてます。

CB400F/408cc/ノーマルキャブ/ノーマルマフラー/エンジンOH:2013年6月
オイルクーラーなし/オイルポンプ「極み」+againミッション用強化オイルポンプ
オイル:モチュール5100 4T 15w-50 気温:20〜25度前後

一般道・平地で60km/h前後= 80後半〜100度付近
一般道・平地で混雑、30〜40km/h= 110度前後
一般道・登り、40〜60km/h= 100〜110度前後
高速・平地で100〜110km/h走行= 100度前後
高速の登りを100〜110km/h走行= 110度+α

「極み」導入以前は強化オイルポンプ初版+againミッション用強化オイルポンプ
(中略)
上記温度に+15〜20度弱くらいでした。

「極み」導入以降に油温を観察していて、油温の変化の激しさに気づきました。
(中略)
以前に比べてエンジン負荷に対して油温変化がクイックで
オイルポンプの効果は大きいと考えます。

と言う内容のレポートを頂き、とてもありがたく思いました。

8号機やっとご来店200507で、やっと弟が店に来たのですが

どうやら店に来る道中でK察官に

絡まれていたらしくて、遅かったらしい。

ある程度司法の知識を教育して有る事から

違法捜査まがいを強要して来るK察官と

応援のPCに囲まれて音量を測らせろと強要したり

不当な監禁行為と不当な任意捜査をきっぱりと拒否して

8号機オイル交換200507弟にもてあそばれて凹まされ

無事に解放されたらしい。

そんな事もありーので取合えずオイル交換。

そのタイミングで、強化オイルポンプと

8号機強制カスタム (1)ACGカバーを一緒に交換してしまいます。

まずは純正ACGカバーを取外ます。

取外した純正部品はそのまま

没収になりますけどねw

8号機強制カスタム (2)カバーを取外したら次にローターも取外し

マグネットローターを取付けました。

エンジンガードは邪魔なので

ボルトを抜いて緩めておきます。

8号機強制カスタム (3)で、サクサクっとアゲイン製の

ACGカバーキットを取付けました。

本当は僕の街乗りレーサーCB350Fに

使うつもりだったのに…。

8号機強制カスタム (4)1,500キロぐらしか使っていない

ハイパワー強化オイルポンプから

「極み」に強制交換となりました。

取外したハイパワー強化オイルポンプは

8号機強制カスタム (5)また分解掃除をするのですが

もうオイルポンプは「極み」を量産するので

ハイパワーは使わないと思います。

と言う事で、取合えず強制カスタムは完了。

次はミッション用大流量強化オイルポンプが完成した時に

強制カスタムの刑になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年04月29日

我慢週間一日目2

GW 我慢週間一日目が始まりましたが
今朝はゆっくり寝ていようと思っていたのに
結局何時もと同じ時間に起床して
店に向かう事になる…。
それしかやる事がないからで
家に居ても、嫁と気まずい雰囲気になるからなぁ…。
ほんまに辛いGWですわ。


1号機仕様変更

以前セパハンをバトルからハリケーンに交換しようとした時に

GW中に1号機セパハン交換200429 (1)油圧クラッチのホースが短くて

交換を断念したのですが

かなり前にホースは購入していたので

暇な今日は1号機のセパハンを交換します。

GW中に1号機セパハン交換200429 (2)今のバトルのセパハンが悪い分けじゃなく

ポジション的に腰に優しくしようと

思ったのと、スタックのタコメータを

取付けるにあたり、油温計などを

GW中に1号機セパハン交換200429 (3)何処に移動させるかと悩んだ挙句

ハリケーンのセパハンだと

ハンドルバーの長さがバトルより長いので

取付スペースが出来ると思った次第です。

GW中に1号機セパハン交換200429 (4)で、まずはブレーキ側からハンドルを

交換する作業に取掛りました。

色んな物が取付いているので

ハンドルを外すだけでも面倒なんだなぁ…。

GW中に1号機セパハン交換200429 (5)で、ハンドルを交換して

ブレーキレバーを取付けようとしたら

そりゃぁクラッチのホースが短いんだから

ブレーキホースも短いわなぁ…。

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (1)で、ハンドル交換は諦めて

スタックのタコメーターを取付ける事に。

配線をやり替えて、油温計などのメーターを

取外して別の所に移動させるのですが

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (2)ハンドル交換が前提だったので

油温計と油圧計は何とか

取付ける事が出来たけど

デュアルテンプメーターを

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (3)取付けるスペースが無い…。

困ったなぁと取合えず現実逃避して

1号機の復旧作業に取掛りましたが

このメーターだけはどうにもならなかった…。

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (4)仕方なく裏のベルクロを使って

マスターカップのリストバンドに

メーターを貼り付けて、空を見上げる…。

まぁまた今度考えよう…。

ブレーキホースも注文しておこうと思った。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(4)

2020年04月25日

日本初の目覚まし時計?3

土曜日の今日、天気も良く気温も高いので
絶好のツーリング日和だなぁと
思いながらシャッターを開けて開店して暫くすると
店の電話が鳴る、最初は今ご相談を頂いている方からの電話。
で、次に掛かって来た電話がマズかった…。
京都のGTH号オーナーからの電話だった。
聞くとどうやらエンジンをやってしまっている感じで
レッカー搬送される事となった…。
怪我は無いのは何よりですが、エンジンの被害度合いが心配だ…。


SEIKO製目覚まし時計

詳しい事が良く分からないので

120年前のSEIKO製日本初の目覚まし時計か? (1)何方かご存じの方でもと思い

数年前に嫁が電子ピアノを

ある施設にお譲りした所

そこの施設のご年配の方が

120年前のSEIKO製日本初の目覚まし時計か? (2)ご自分のお父様が使っていた時計との事で

貴重な物を頂いたのですが

オブジェ的に飾ってあった物を

嫁が何を思ったのかゼンマイを巻いたら

120年前のSEIKO製日本初の目覚まし時計か? (3)ちゃんと動く事が今更ながらに分かり

色々と調べた所、SEIKO製だったので

セイコーミュージアムで検索すると

文字盤こそ違えぞ、約120年前明治32年発売

120年前のSEIKO製日本初の目覚まし時計か? (4)日本初の目覚まし時計だと言う事だった。

アラーム用の針は取れてしまっていますが

ちゃんとベルも叩き音が鳴ります。

で、これがどう言う物かを知りたくなった!

と言う事で、何方か文字盤のローマ数字と洋数字の違いなど

詳しく分かる方が居ないかなぁと思った次第です。


銀ちゃん号用カスタムBS製作

A.S.T製のBSを加工して、銀ちゃんの膝に優しい仕様の

銀ちゃん号用BS製作 (1)BSを作る為に、CP開店の朝一から

ご来店の銀ちゃん。

サッサとPITの作業スペースを確保して

BSのカスタム作業準備が整いました。

銀ちゃん号用BS製作 (2)で、僕が用意したフレームに

加工ベース用BS素材をセットして

位置決め作業に取掛ります。

お互いであーでもない、こーでもないと言い

銀ちゃん号用BS製作 (3)BSの高さや取付位置を決めて

銀ちゃんの膝に優しいBS製作を

まぁ二人で割と楽しく進めて行き

大体こんなもんじゃない?と言う事で

銀ちゃん号用BS製作 (4)取付位置も決まったので

溶接で仮付けをしてから

後でしっかりと溶接をします。

これで更にヒールガードも取付けるので

銀ちゃん号用BS製作 (5)ガードも加工して溶接で仮付け

まぁ中々良いんじゃないでしょうか。

銀ちゃんらしい感じで仕上がったかな?

取合えずL側のBS仮加工が完了。

銀ちゃん号用BS製作 (6)次にR側のBSベースを接続。

これでR側の位置も決まりました。

本付けは左右共取外してから

ガッチリと溶接してしまいます。

銀ちゃん号用BS製作 (7)R側はリアブレーキのマスターを

取付けるので、マスターホルダーの

プレートも取付けました。

取合えず形的にはこんな感じらしいです。

銀ちゃん号用BS製作 (8)で、L側の本溶接が完了…。

出来上がりの溶接も

随分下手くそになった物だと

我ながら技術の衰えを感じました。

銀ちゃん号用BS製作 (9)で、R側も本溶接が完了。

やっている内に少しずつ

感を取り戻してきた感じもします。

これで後は銀ちゃんがグラインダーなどで

銀ちゃん号ご近所を流しに出撃!下手くそな溶接を仕上げるだけとなりました。

これで僕が作業するBSのカスタムが

終わったと思ったら、何やらゴソゴソと

不動車コーナーから降ろしたついでに

エンジンメンテナンスがてらご近所を一回りしに出て行きました。


京都GTH号エンジンブロー レッカー入庫

朝の嫌な報告の電話からレッカーで運ばれてきたのは

京都GTH号エンジンブローレッカー入庫 (1)京都GTH号…。

何処がどうなってしまったのか…。

かなりダメージの具合が気になりますが

エンジンから臓物は飛び出していないので

京都GTH号エンジンブローレッカー入庫 (2)まだ被害は少ない方なのか?

取合えず#1からプラグを外して行くと

やはりプラグは白いので、燃料が薄い…。

で、#3のプラグを外そうとすると…硬い…。

京都GTH号エンジンブローレッカー入庫 (3)ここだな、と思い何とか取外して

プラグの先端を見て見ると…

あぁ…ダメだわ…これだとヘッドはダメだな。

取合えずは腰上を開けて被害状況を確認です。

状態にっては、恐らくはフルO/Hも念頭に入れておいて下さい。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月21日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日、4月22日(水曜日)は定休日ですが
明後日4月23日(木曜日)は私用のため
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


1号機リア周り仕様変更

CP1号レーサー号からの部品取りで、今回はオーリンズのリアサスと

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (1)スイングアームを交換しようと思い

コロナ自粛時間潰し仕様変更を開始!

まずはこの硬いYSSを取外し

レイダウンキットを取外します。

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (2)レーサーから取外した交換用パーツ。

スイングアームとオーリンズのリアサスです。

この時点では問題点に気が付いて

無かったのですが…お気付きでしょうか?

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (3)取合えずリアタイヤホイールを取外しました。

リアサスだけの交換でも

タイヤホイールを取外さないといけないので

スイングアームもついでに交換すると

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (4)言う事なのですが…。

取合えずレイダウンキットと

YSS製リアサスをサクサクっと

取外しが完了しました。

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (5)次にスイングアームも交換するので

取外しに掛かるのですが…

まだこの時点では妄想が先走って

肝心な事に気が付いていません…。

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (6)で、取外してから気が付いたのですが

CP1号レーサーのスイングアームには

タンデムステップが付いていない事が

この時点でやっと気が付いたのだった…。

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (7)クッソ!…と思いましたが

交換して取付けてから気が付いていたら

と思うと、この時点でも早い方だったかも…。

取合えず元のスイングアームを掃除してから

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (8)再度車体に取付けて、リアサスも

交換が完了しました。

メインスタンドが使えるかどうかもチェック

ギリですが、使えましたww

1号機リアサスをYSSからオーリンズに変更 (9)これで取合えず1号機の

リア周り仕様変更は完了です。

次はフロント周りの仕様変更をする予定で

部品はもう揃ってありますが

問題はスタックのタコメーターだな…。


21号機用フレーム

逆車408を格安で仕上げる予定なのですが

21号機用フレームで銀ちゃんBS制作出来上がってしまうと、PITを圧迫するので

作り込むにも躊躇してしまいますが

銀ちゃんがオリジナルのBSを作ると言うので

その型合わせ用に逆車408フレームを

カット用CB350F用スプロケカバー宝物庫から持って来ました。

ついでに、カットして使うCB350F用

スプロケットカバーも持って来ました。

見せるカスタムに必要なアイテムなので

近日中に加工に出す予定です。


CPノベリティグッズ案

イベント用に色んなグッズを考えているのですが

今年のイベントは開催されるのかが心配ですねぇ…。

ノベリティグッズ ピストン置時計アラーム付き (1)で、今考えているのが

使えなくなったCB400Fourのピストンを

加工して、ステンレスの曲げ物で

ベースを作って、ピストンを固定した

ノベリティグッズ ピストン置時計アラーム付き (2)はめ込み式の時計でも作ろうかと

妄想している所です。

ステンレスの曲げ物制作に関しては

あてがあるので、相談してみますが

ノベリティグッズ ピストン置時計アラーム付き (3)ピストンの加工もあてはあるので

問題はないのですが、はめ込み式時計の

入手先にあてが無く、出来れば格安で

CPロゴ入れてもらいけれども

そうなると数が必要になるよなぁ…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月31日

色々と大変だ!2

嫁のFBが何者かに乗っ取られており
何処かの会社の代表になっていたw
中身を見ると某大陸の通販サイトになっていた。
スマホも半分ぐらい乗っ取られている感じで
時々中国語のアナウンスが聞こえてくる。
さっさとFBのアカウントを取り戻さないと
大変な事になるんじゃないのかなぁ…。


真正多血症治療

昨日は関西医大へ行き、何時もの血液検査に加えて

200330の血液検査結果 (1)脾臓のエコー検査もあったけど

以前より少し大きくなっているぐらいで

特に問題は無かったし

赤血球は相変わらず多いけど

ヘマトクリットは平均値なので一安心でしたが

血糖値とヘモグロビンA1cの数値が異常な数値なので

このままだとかなりヤバイ状態と言う事が分かったので

ひょっとすると、入院治療になるかも知れない…。

志村けんさんも不本意な亡くなり方だと思うし

僕も孫とこれから楽しく遊びたいので

余り不本意な死に方はしたくないと言うか

中途半端な形で家族に迷惑を掛けたく無いので

逝く時は潔く逝きたいなぁ…。

厚労省新型コロナアンケートそんな時に厚労省からラインにアンケートが来たけど

最初は何か新手の詐欺紛いかと思ったけど

どうやら本物みたいでランダムに

8300万人にメッセージを送ったらしい…

どうせなら、もっと金目の物が当たって欲しいわ。


1号機車検用シフトパターン表示

たまたま壊れたCB400Fourのスプロケットカバーがあったので

1号機車検対応シフトパターンマーク (1)ジグソーでカットして加工しました。

ちょっと傷が入ったけど

これ位なら問題無いレベルなので

車検も通ります。

1号機車検対応シフトパターンマーク (2)カットして加工したシフトパターン表示を

この1号機のスプロケットカバーに

貼り付けようと思ってます。

取付位置等も妄想して、現物合わせで加工。

1号機車検対応シフトパターンマーク (3)1号機のスプロケットカバーを取外しました。

以前はシフトパターンの表示を

昔カセットテープなんかに擦って貼った

シールを貼っていたのですが

1号機車検対応シフトパターンマーク (4)ちょっと不細工なので

CB400Fourから切り取って

カットモデルのCB350Fourの

スプロケットカバーに貼り付けてみました。

1号機車検対応シフトパターンマーク (6)何となく違和感が有る様な無い様な…

まぁCB40Four純正品加工なので

これで良いかなぁと思う事にします。

後は接着が落ちなければ良いかな。


まっきーR不足部品入荷

先日、最後の仕上げ段階になって、EXマフラーガスケットの

まっきーR号仕上げマフラー取付け (1)在庫が無い事が分かり、作業が止まっていた

まっきーRですが、大急ぎで部品を発注し

今日部品が入荷してきたので

早速仕上げ作業に取掛りました。

まっきーR号仕上げマフラー取付け (2)これで後はオーナー指定の

エンジンオイルを入れれば

火入れとなります。

マフラーの締め忘れも無し!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年03月20日

見せるカスタム

やはり関西大手の某テーマパークは
予想通り休園を29日まで延期しましたねぇ。
3月31日は開園記念日と言う事もあり
何とか休園は29日までで終わらせたい所かも知れませんが
果たしてどうなるのかは微妙な所だと思います。
因みに枚方パークも休園しているようで
今月一杯は休園を延期するらしい。
何処も感染源にはなりたくないだろうからねぇ。
今日から始まるこの三連休も皆大人しくしているんだろうねぇ…。
しらんけど。
厚労省も、大阪府も兵庫県もこの三連休は
大人しくして居ろって言ってるからね。


スプロケットカバーカット

カスタム感を出す為や、普段見えない所を見える様にとか

L側スプロケットカバー加工 (1)軽量化などの意味もあって

スプロケットカバーをカットして

見せるカスタムをするので

そのベースになるCB350Fのスプロケットカバーを

L側スプロケットカバー加工 (2)カットして加工する準備をしています。

完成イメージはこんな感じになります。

普段見えない所が見えるので

オイルポンプのカスタム感も分かります。

L側スプロケットカバー加工 (3)で、少し失敗しましたが

何とかカットが完了したので

切断面を面取りして仕上げが完了。

元々の地肌が荒れていた事もあり

L側スプロケットカバー加工 (4)全体的に少し削って地肌を慣らして

ウエットブラストで仕上げました。

これでバフ仕上げをすれば

それなりにカスタム感溢れる

スプロケットカバーになりました。


本日のご来店

三連休初日、天気も良く絶好のバイク日和の今日は

本日のご来店200320 (1)コロナの影響など関係なく

沢山の方がご来店されました。

インパルスにお乗りの方。

CB400Fourの購入をご検討されており

ご相談にご来店頂きました。

本日のご来店200320 (2)続いてのご来店はご近所の高槻ウルフ号。

少々エンジン始動時にもたついたりして

アイドリングもカブっている様になる

との事で、点火時期をチェックすると

ウルフ号点火時期調整 (1)かなりズレていたので、接点を磨いて

クリアランス調整をして点火時期を調整。

エンジンは快適に動き出し

アイドリングも安定してくれました。

ウルフ号点火時期調整 (3)機械式なので、ちょっとぐずり出したら

まずは接点のクリアランスをチェックし

点火時期を調整すれば、また元の様に

機嫌良く動いてくれます。

これでお仕事がお休みの今日、後半戦は相棒と一緒に楽しんで来てください。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月07日

ドキュメンタリスト、演出家3

僕の一番下の弟の嫁の弟になる人物が先日TV出演されたらしく
嫁からラインで連絡が入った。
身内全員がその本人が何をやっているのか
よく理解していないのが本音なのですが
色々と調べると、何でも世界的に有名な人物になっているらしい。
ドキュメンタリスト 高島 太士 日テレNEWS24
まぁ結局の所余り分からないです。
身内なので、応援をよろしくお願い致します。
ドキュメンタリスト:演出家:高島 太士
時が時ならば、徳川400年の歴史を繋ぐ
枚方宿、鍵屋の令和の当主となる人物だが
今は枚方市に敷地建物を寄贈し、枚方市の指定文化財になってます。
実質の財産管理は長女(義妹)が管理しており
流石に僕にもお宝は見せてくれないし
世の中に出せない物も、実際あるらしい。


1号機ヘッドライトLED化

火災炎上後の復活で点火系をウオタニにしたのですが

1号機ヘッドライトLED化 (1)ウオタニのユニットが電気を結構食うので

ヘッドライトをLED化する事にしました。

このH4ハロゲン球では夜充電しないので

電圧確保の為にH4バルブをLEDに変更します。

1号機ヘッドライトLED化 (2)で、サクッとLED球に交換してみました。

まずはロービーム、電圧降下も

かなり抑えられましたが

これで夜走れるかは、今晩テストします。

1号機ヘッドライトLED化 (3)で、ハイビームに切り替えてみました。

まぁ目が眩むほど眩しいっちゃ

眩しいですが、光の届く範囲が分からないので

全ては今日の帰りにチェックします。


リアハブリペア続き

先日途中まで作業を進めていたリアハブリペアの続きです。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (1)まずはウエットブラストから再開。

リアハブは割と時間が掛かりましたが

ベースの状態が良かったので

1時間ほどでブラストが完了しました。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (2)ついでにブレーキドラムパネルも

ブラストで仕上げてしまいます。

ちょっと腐食がある物ですが

腐食度合いはブラストしてみないと分からない。

リアハブリメイクウエットブラスト仕上げ (3)で、ブラストを終えて地肌を見ると

割と残念な地肌でした…。

まぁ良いかぁ、まだ別に状態が良い物もあるし

と思いながら、リアハブとパネルをバフ掛け。

リアハブリメイクバフ仕上げ (1)途中で飽きてきたので、仕上がりはまぁ…。

パネルの地肌はやはりバフを当てても

どうにもならなかったなぁ…。

取合えずリアハブのバフ掛けも程々に

リアハブリメイクバフ仕上げ (2)ベアリングリテーナーをリタップ掃除。

ベアリングを圧入して

ベアリングリテーナーを締め込んで

あれ?スプロケハブダンパーが無いぞ!?

リアハブリメイクバフ仕上げ (3)と、なって探しまくり、諦め掛けていたら

全然違う所からスプロケハブダンパーを

発見した!そう言えば、無くすと行けないと思い

わざわざ別の所に保管してあったわ…。

リアハブリメイクバフ仕上げ (4)で、最近よく登場するCPオリジナルSSTで

スプロケハブパーダンパーを

油圧プレスで圧入して

リアハブのリペアが完了しました。

リアハブリメイクバフ仕上げ (5)一応バフ仕上げ仕様の前後ハブと

ブレーキドラムパネル一式が

これで完成したので

当分はリペアをしなくても良いかな?


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年03月02日

今日で誠司多分56歳!3

余り知られていないと思いますが
今年の確定申告期間が2月17日から普通であれば
3月16日までなのですが
コロナウイルスの影響で最終日が4月16日まで
延期されています。
毎年の事ですが、税務署は多くの方が来て
てんやわんやの大騒ぎになるので
一ヵ月延期する事になったらしいけど
僕が思うに、4月16日前は、結果的に大騒ぎになると思う。

あ!今日は僕の誕生日だったのを、FBのメッセージをみて思い出した。
沢山の方からのお祝いのメッセージを頂きましてありがとう御座いました!
誠司多分56歳!まだまだ使える奴ですので
今後ともよろしくお願いいたします。
さて、今日も頑張って、夕方からの顧問業務に行ってきます!


GTH号オイル&タイヤ交換

昨日、日曜日の夕方に急遽ご予約を頂いたGTH号の作業。

GTH号オイル交換とタイヤ交換 (1)エンジンオイル交換と

タイヤ交換のご依頼です。

今回エンジンオイルには何時もより多めの

鉄粉が混じっていたのが気になります。

GTH号オイル交換とタイヤ交換 (2)タイヤはヘビーユーザーなので

かなりの頻度での交換になってますが

そろそろチューブも限界気味なので

次回交換時にはチューブも交換した方が良いです。

鉄粉に関しては、何時もより急に多くなった程度なので

まだそんなに大事では無いと思います。

点火系の不具合も何故か出なくなったとの事なのですが

原因が分かっていないので、また再発するかも知れませんが

願うならこのまま何事も無く動いていて欲しいですねぇ。


14号機フロントフォーク仕様変更

CJフェンダーを取付けている14号機ですが

14号機フロントフォークダストシール交換 (1)ダストシールとCJフェンダーの

クリアランスが取れないので

加工して取付けているのですが

今回ダストシールを変更して

14号機フロントフォークダストシール交換 (2)CJフェンダーとのクリアランスを

ちゃんと確保出来るように

部品を交換します。

今の状態ですがこれは実は

14号機フロントフォークダストシール交換 (3)こんな感じにカットして

使っていたのですが

これだと水分、湿気などが入り

余り宜しく無いので

14号機フロントフォークダストシール交換 (4)内側固定のダストシールに

変更してみる事にしました。

交換後の比較ですが

まぁこれはこれで良い感じかな?

14号機フロントフォークダストシール交換 (5)本当はCB250のフロントフォークを

流用すれば、アウターダストシールの

段差が無いのですが、CB250の

ダストシールが絶版なので

同じ33φ系の内側固定のダストシールを流用しました。

外形も同じですが、高さに0.5mm程の問題があるので

それをクリアーする為に色々と小細工をしているので

暫くはテストしてみます。


高知からピストン測定のご依頼

先日から398をよりオリジナルな状態にしたいと

高知O様398STD純正ピストン測定 (1)高知のO様からご相談を頂いており

今日398のSTDピストンが届きました。

早速測定の準備に取掛かるのですが

その前に外観をチェック!

高知O様398STD純正ピストン測定 (2)ピストンのスカート部にある

スカッフと縦傷をチェック!

特に問題ない範囲だと思います。

ピストンリングはもうダメですけどね。

高知O様398STD純正ピストン測定 (4)ピストンリングを外して

ピストンピンも抜きました。

ピストンピンは曲がっているので

交換した方が良いでしょう。

高知O様398STD純正ピストン測定 (5)ピストンのカーボンを落として

ピストンリングの溝の隙間を測定。

これも特に問題なく規定値内なので

このまま使えます。

高知O様398STD純正ピストン測定 (7)これで後はいよいよ肝心な

ピストンのスカート部の

外径を測定します。

で、測定結果は!

高知O様398STD純正ピストン測定 (8)これも全て基準値内で

摩耗は無いので、このまま使えます。

後はシリンダースリーブの内径ですが

現在0.5mmOSピストンが入っている

との事なので、スリーブ交換と、STDピストンに合わせて

スリーブのボーリングが必要になります。


仕様変更BEETキャスト取外し準備

ホイールをBEETキャストからHリムに仕様変更をご希望の大阪S号オーナーが

大阪S様用貸し出し前後タイヤホイールの準備 (1)後期BEETキャストから

Hリムに仕様変更をする間に

CPの在庫鉄リムタイヤホイールを

貸し出す事になったので

大阪S様用貸し出し前後タイヤホイールの準備 (2)移植して使う余分な部品を取外し

準備をしておきます。

タイヤはTT900が装着されてますが

まだまだ使えるタイヤですので

Hリムの準備が出来るまで貸し出しとなります。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2)

2020年01月07日

今年初の臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月8日(水曜日)は定休日ですが
明後日1月9日(木曜日)は顧問業務の為
臨時休業とさせて頂きます。
また、明々後日1月10日(木曜日)は火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


ヨシムラ機械曲げ当時物雑誌広告

姫路の紙フェチ先輩からのお年玉で

ヨシムラ機械曲げ広告1今製作中の機械曲げマフラーの参考にと

当時の雑誌に掲載された

ヨシムラの雑誌広告画像を頂きました。

これを見ると、色々な事が分かりますね

ヨシムラ機械曲げ広告2当時の機械曲げの価格を今に直せば

大体12万ぐらいになるのかな?

僕が16歳の時にアルバイトしていた

ラーメン屋の時給が1時間360円だったなw

貴重な資料を頂きました。

今思えば、何で当時はあんなに不人気だったんだろうねぇ。


枚方K号ハンドル回りカスタム

昨年末にオーナーとカスタムに付いて打合せを済ませており

枚方K号ハンドル交換 (1)今日からハンドルのカスタムに取掛かります。

F1ハンドルからF2絞りに交換するのですが

ワイヤー、ホースなどを交換しないといけません。

ブレーキもO/Hを先に済ませてしまったのですが

枚方K号ハンドル交換 (2)ホースも交換なので、フルードを抜きます。

よく見るとクラッチスイッチも不在だった。

これも追加しておきますね。

で、ブレーキフルードを抜いてから

枚方K号ハンドル交換 (3)昨年配線ルートをやり直した

ハンドルスイッチの配線を外して

サクッとF1ハンドルを取外しました。

ハンドルからハンドルスイッチを取外し

枚方K号ハンドル交換 (4)新しいF2絞りハンドルに入れて

サクッと車体に取付完了。

不在だったハンドルスイッチの

配線も追加しておきました。

枚方K号ハンドル交換 (5)で、再びハンドルスイッチの配線を接続。

F2絞りになったので

ハンドルスイッチの配線の長さも

ギリギリになりました。

枚方K号ハンドル交換 (6)グリップとクラッチワイヤーと

クラッチレバーを取付けて

L側は取合えず完成したけど

グリップが伸びているのでスカスカです。

枚方K号ハンドル交換 (7)クラッチワイヤーを交換したついでに

ワイヤーガイドの取付け位置を

正規の位置に変更してしまいます。

で、ボルトを2本外しただけなのに

枚方K号ハンドル交換 (8)M6×32が入る所にM6×35が入っていた。

入れてあった理由はねじ山上がりが原因だった。

他にもスペシャルナット部分に

UBSボルトが入っていませんね。

枚方K号ハンドル交換 (9)こう言う微妙な所をヘタに触ると

大怪我をするので、何かの時にやるか

何かあってからでも良いかなぁ・・・。

こう言った所はオーナーからの依頼後と言う事で

枚方K号ハンドル交換 (10)クラッチワイヤーガイドは正規の位置に。

で、R側スイッチ&スロットル

ワイヤーも取付が完了しました。

ブレーキホースもF2用に変更してます。

枚方K号ハンドル交換 (11)そして再びブレーキフルードを入れて

エアー抜きまで完了しました。

始めにお預かりして打合せた時に

ハンドルも交換する予定だったので

枚方K号ハンドル交換 (12)諸々先走ってやるんじゃなかったw

と言う感じで、FCRは借り物ですが

これでほぼ完成形となり、取合えず後は

FCRの入荷待ちとなりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年12月29日

年末追い込み営業一応仕事納め4

本年も大変お世話になりました。
一応今日が仕事納めとなります。
年明けの営業は1月5日からの営業となっております。
来年は僕にどんな事があるのでしょう?
皆様にとっては良いお年でありますように
又来年もよろしくお願い致します。


GTH号カスタム二日目

昨日は少し残業をして、ハンドル周りの目処が立つまで作業をしてました。

GTH号セパハン位置決め (1)問題だったのはハンドルの幅と

フロントブレーキマスターで

メーターを取付けた事により

制限が出来たので、そこが一番苦労しました。

GTH号セパハン位置決め (2)仮にリペイントベースのタンクを乗せて

ポジションなどの確認。

ノーマルハンドルの幅よりは絞り気味ですが

もうこの場所にしか納まりが付きません。

GTH号セパハン位置決め (3)ハンドルの垂れ角もここしかない

と言うポジションにしか

納まらなかたっけど

結構良い感じのポジションになりました。

GTH号セパハン位置決め (4)オーナーが一番気にしていた

ハンドルストッパーですが

タンクを取付けた状態で

ハンドルを切りストッパーに当てると

GTH号セパハン位置決め (5)丁度タンクに干渉します・・・。

角度も変えようにも

もうどうしようもないので

ハンドルストッパーを入れる事になります。

GTH号クラッチワイヤー素線切れ (1)仕上げに掛かろうとした所で

最後の極めつけは、クラッチワイヤーの

素線切れが判明した事です。

オーナーからは「最近クラッチの切れが悪い」

と言われていたので、見てみるとクラッチレバーの遊びが増えていたので

GTH号セパハン仕上げ (1)ワイヤーの伸びだと思っていましたが

どうやら素線切れが原因だったようで

昨晩はここれ完全に心が折れて作業は終了。

で、今朝一番にクラッチワイヤーを交換!

GTH号セパハン仕上げ (2)ハンドルストッパーも取付けて

タンクに干渉しない事をチェック!

丁度タンクに当っていたので

ストッパーを入れた分だけ隙間が出来てます。

GTH号セパハン仕上げ (3)ハンドルスイッチを接続して

ヘッドライトを取付けて

ワイヤー類の取回しも良い感じなので

GTH号のセパハン化が完成しました。

GTH号アゲインBS取付け (1)次にアゲインバックステップ取付け。

これはもう手馴れた物で

サクサクッと取付けてしまいます。

まずはL側から交換して行きます。

GTH号アゲインBS取付け (2)ノーマルステップを取外して

付属の平ワッシャーをフレーム側に装着。

これが入っていない車両は結構多いです。

エンジンアッパーマウントボルトを抜いて

アゲインBSにボルトを通して共締め。

GTH号アゲインBS取付け (3)シフトペダルのタイロッドの長さを

きちんと調節して車体に取付け。

ペダルの位置をネジシロを測りながら

タイロッドを伸ばす方向で調整して完成。

GTH号アゲインBS取付け (4)次にR側の交換作業に取掛かります。

純正ステップとブレーキペダルを取外し

リアエンジンハンガー下側のボルトを外す。

R側も同じくロアエンジンボルトに

GTH号アゲインBS取付け (5)よく忘れられる平ワッシャーを入れて

ブレーキピポットシャフトに

これもよく入っていないカラーを入れて

オフセットさせて準備が完了。

GTH号アゲインBS取付け (6)BSを仮付けしタイロッドの長さを調節して

大体90度角に合わせて締め付けます。

ストッパーでブレーキペダルの角度を合わせ

全て締め終わったら作動確認と

GTH号2019年最後のカスタム完了 (1)ブレーキランプの点灯確認をして

完成となります。

これで京都GTH号のセパハン化と

バックステップの取付が完了。

GTH号2019年最後のカスタム完了 (2)ハンドルの切れ角と幅は狭くなりましたが

見た目はオーナーの理想通りになったかな?

ポジションを確認しましたが

そんなに辛いポジションじゃないと思います。

これで本年の業務は全て完了となりました。

2020年もよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(4)

2019年12月28日

年末追い込み営業初日3

いつの間にか令和元年も残り僅かになりました。
振り返ると今年も波乱万丈な1年でした。
平成も終わろうかとしていた4月22日の車両火災により
1号機全焼から、令和に年号が変わる頃に1号機復活。
昭和のバイクを平成で燃やし、令和に復活させると言う荒業で
今だ足の火傷治療の中で、6月には念願の
鈴鹿FUN!&RUN C-350クラス優勝!など良い事もありました。
レーサーのエンジン修理も3台ぐらい?
フルレストアは多分8台ぐらいかなぁ?
エンジン腰上やフルO/Hだけでも15基はやったかなぁ?
令和2年はどんな年になるのかなぁ。


GTH号メンテナンス&カスタム

京都GTH号エンジンの増し締めからカスタムまでを

GTH号シリンダーヘッド増し締めタペット調整 (1)年内に何とか納めたいので

まずはシリンダーヘッドの

増し締めから始める事にします。

サクサクッとヘッドカバーを分解して

GTH号シリンダーヘッド増し締めタペット調整 (2)シリンダーヘッドの増し締めですが

スペシャルナットの所だけ緩んでいたので

シールワッシャーを交換して増し締め。

オイルパイプホルダーゴムが

GTH号シリンダーヘッド増し締めタペット調整 (3)劣化していたので左右共交換しました。

タペットクリアランスもEX側#1〜3が

広くなっていたので調整をしました。

これでシリンダーヘッド関係の作業は

GTH号シリンダーヘッド増し締めタペット調整 (4)完了したので、現状復旧をして

オイル交換の準備に掛かります。

寒いのでオイルが硬いので

少しエンジンを温めてからオイルを抜きます。

GTH号エンジンオイル、フィルター交換 (1)適当な温度になった所で

エンジンオイルを抜きます。

オイルを見ると少し乳化気味なのが

気になりますし、ブローバイホースから

GTH号エンジンオイル、フィルター交換 (2)水がかなり出てくるので

レデューサーを付けた方が良いかも・・・。

取合えずオイルフィルターも交換して

エンジンオイルを入れてメンテナンスは完了。

GTH号ウインカースイッチ加工 (1)次にハンドル回りのカスタムに

取掛かるのですが

まずは純正ハンドルと配線を取外し

ウインカースイッチ側を加工します。

GTH号ウインカースイッチ加工 (2)位置決めのピンを抜き取り

配線ルートを加工するので

スイッチの内部を全て取外してから

リューターで配線ルートを削ります。

GTH号ウインカースイッチ加工 (3)で、これが加工後。

ピンを抜いて、配線ルートを削取りました。

スイッチなどを取外すのは

削りカスがスイッチ内部に入らないようにする為。

GTH号ウインカースイッチ加工 (4)加工が終わったのでスイッチを復旧。

これでスイッチをクランプしても

配線を挟む事はありません。

手間な作業ですが、確実な方法です。

GTH号トップブリッジ交換 (1)で、次に純正のトップブリッジを取外して

フォークボルトをアゲインの

アルミ削り出しのボルトに交換してから

セパハンを入れて調整です。

GTH号トップブリッジ交換 (2)まずはフォークボルトを純正から

アゲインのアルミ削り出しの

フォークボルトに交換して

当時物BEETセパハンを入れて

GTH号トップブリッジ交換 (3)トップブリッジを取付けて締め付け。

ここまではまぁ普通に

組立ては出来るのですが

ここから色々と試行錯誤しないと

GTH号トップブリッジ交換 (4)ワイヤー類などの取回しや

ハンドルの幅や垂れ角をどうして行くかを

セットして行くのですが

取合えず仮に幅と垂れ角を決めて締付け。

GTH号トップブリッジ交換 (6)クラッチ側ハンドルスイッチを取付け

ワイヤーの取回しが厳しいので

レバーはマジックレバーに変更して

大体の良い感じの位置に仮付け。

GTH号トップブリッジ交換 (7)スターティングキルスイッチを取付けて

スロットルワイヤーの取回しも中々厳しく

ブレーキマスターを取付けると

これまた厳しい位置になったので

今日はこれで心が折れて、今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年12月26日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月27日(金曜日)は毎週恒例火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


枚方K号カスタムへの道その1

色々と悩み多き枚方K号ですが、取合えず自分のスタイルにする為

枚方K号純正マフラー取外し (1)カスタム道を進む事になりました。

まず純正マフラーから集合管に変更する為

マフラーを取外し交換します。

純正マフラーには少し転倒痕がありますが

枚方K号純正マフラー取外し (2)エキパイに傷は無いのでまだ良い方です。

マフラーステーは手作り品の力作です。

ステップのラバーストッパーのボルトが

1本不在です、折れてなければ良いのですが・・・。

枚方K号オイル漏れ (1)エンジンを掛けてから

暫く放置してあったのですが

オイルが2.3滴落ちていたので

何処かのシールから漏れているのでしょう。

枚方K号オイル漏れ (2)オイルパンは結構オイリーなので

運が良ければ、シフトシャフトのオイルシール

運が悪ければ、ミッション系からの

オイル漏れの可能性があります。

枚方K号オイル漏れ (3)オイルパスキャップBからも

オイル漏れがあります。

ここはOリングを交換すれば

止まると思いますが、運が悪ければ・・・。

枚方K号ダメ出し (1)マフラーを外したついでにダメ出しを・・・

リアエンジンハンガーボルト

入れ方が逆ですが、機能的に問題が無いので

何かのついでがあれば正規に戻します。

枚方K号ダメ出し (2)リアブレーキペダルのピポットシャフト

ここはよくあるのですが

リターンスプリングを挟んでいるので

凹んでいる状態、ここは修正しておきます。

枚方K号ダメ出し (3)で、これが修正後です。

ピポットシャフトがちゃんと出てます。

ブレーキの事ですからちゃんとしておかないと

何が起こるかわかりませんから。

枚方K号ダメ出し (4)クラッチカバーと共締めのコードクランパーB

本来の取付け位置は一段下の場所。

この場所だからと言って特に支障は無いので

何かのついでがあれば修正しておきます。

枚方K号ダメ出し (5)リアフェンダーが曲がっているのですが

テールライトユニットと比べると

少しくの字になっているので

転倒して居る事もあるので、運が悪ければ

フレームのクレードル部分が曲がっている可能性があります。
     (シートレール部分)
枚方K号アゲインマフラー取付け (1)手作り力作のマフラーステーに

メインスタンドストッパーを取付けました。

拘りが無ければ、このステーでも良いかな。

純正タイプのリプロ品もあります。

枚方K号アゲインマフラー取付け (2)新品の純正EXガスケットをセットして

いよいよアゲインマフラーを

取付ける準備が整いました。

マフラーはオーナー持込なのですが

枚方K号アゲインマフラー取付け (3)梱包を開けると残念な事に

何かの衝撃を受けて塗装が剥がれて

少し変形していました・・・。

CPはアゲイン正規部品取扱い代理店ですが

枚方K号アゲインマフラー取付け (4)正規ルート以外から購入した物に関しては

クレーム処理が出来ませんので

止む無くこのまま取付けました。

取合えずマフラーの交換は完了です。

枚方K号アゲインマフラー取付け (5)衝撃を受けた部分はこんな感じで

変形してしまってます。

荷姿から考えると、恐らく手荒な配送若しくは

箱ごと落下してしまった可能性があります。

枚方K号アゲインマフラー取付け (6)取合えず耐熱塗装が剥がれた部分は

アゲインが使っている耐熱塗料と

同じ塗料を吹き付けて

錆びないようにしておきます。

今後部品購入前には一度ご相談頂いた方が良いかな。

枚方K号メーター回り (1)次にメーター回りの部品交換などに取掛かります。

逆車の398タイプヨーロッパフレームで

398登録をしてあるのですが

ラッキーな事にスピードメーターが国内物だった。

枚方K号メーター回り (2)そこで速度警告灯を付けたいとの事で

速度警告灯ランプを取付けました。

スピードワーニングユニットは無いので

後で取付けをします。

枚方K号メーター回り (3)トップブリッジのホーククランプボルト

入れ方が逆になってますが

ここはヘッドライトステーを取外さないと

入れ替えが出来ないので・・・。

枚方K号メーター回り (4)ヘッドライトを取外して速度警告灯の

配線を入れたついでにメーターの

バックライトなどの配線を取外し

メーターセットリングを取外す準備。

枚方K号メーター回り (5)転倒した時に付いたと思われる傷が

スピードメーターの化粧の

セットリングに入っているので

交換をする為です。

枚方K号メーター回り (6)メーターを取外すと

クッションラバーが朽ちて溶けてます。

この車両の全てのゴム類は恐らく

45年物だと思います。

枚方K号メーター回り (7)当然タコメーター側のクッションラバーも

同じように朽ちて溶けています。

メーターが壊れるので無条件に

強制交換となります。

枚方K号メーター回り (8)幸いな事にまだ完全に朽ちていた訳ではなく

綺麗に取り除く事が出来ました。

最悪な場合は溶けてしまい

セットリングにへばり付いて取れない事もある。

枚方K号メーター回り (9)スピードワーニングユニットを

取付けるステーが不在なので

純正の再メッキ品を取付ける事にします。

これでハーネスバンドも取付ける事が出来ます。

枚方K号メーター回り (10)で、サクサクッと取付けが完了し

スピードワーニングユニットと

Oリングからハーネスバンドに昇格。

全体的に社外のボルト、ナットが多く

ボルトの向き、入れ方がオリジナルではなく、統一性が無いと思うのは

変態的思考のマニアだから気になるんだろうなぁ・・・。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2019年12月21日

量産型強化オイルポンプ「極み」試作完成3

昨日は臨時休業を頂き、火傷治療へ行って来ました。
傷口も順調に回復へ向い、火傷の傷も最大幅で
20mmにまで小さくなりました。
年内は後27日に病院へ行く事になってます。


令和元年最後の「俺らー」

年末も近づいて来て、昨日は病院も2時間半も掛かって仕舞い

令和元年最後の「俺らー」 (1)治療が終わってから、偶然にも

今年最後の「俺らー」営業日とも知らずに

行ってきました。

13時を少し過ぎたぐらいでしたが

令和元年最後の「俺らー」 (2)ラッキーにも混雑も無く着席。

令和元年最後になる何時もの

濁とろチャーシュー大、めんまトッピングを

発注して、思い残す事も無く頂けました。


親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN下拵え

親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN準備 (2)今回、親方1号機にTMR-MJNを

取付ける事になり、その下拵え。

明日ご来店予定なので

取付け準備を進めておきます。

親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN準備 (3)サクッと組立てが完了しました。

後は実機に取付けてから

調子を合わせる事になります。

500ccのファンネル仕様は初めてなので

親方1号機用ヨシムラミクニTMR-MJN準備 (4)セッティングデーターを考える事にします。

取合えずはこのMJNのクリップ位置を変更。

これは今までの感じから全般的に

クリップ位置を変更しないと

濃過ぎる傾向にあるようです。


強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作

油温の上昇がかなり抑えられると評判の高い

強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作仕上がり (1)メイン強化オイルポンプ「極み」を

レギュラー化するに当り

改めて試作を作りました。

流量が純正比66%増量になるので

強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作仕上がり (2)アイドリングでエンジンを温めるのも

時間が掛かり、カスタムエンジンでも

オーバーヒートしにくくなる事も

データーが取れた事もあり

強化オイルポンプ「極み」レギュラー化試作仕上がり (3)この際レギュラー化に踏み切りました。

ローターの加工費なども掛かってますので

まだ計算は出来ていませんが

ハイパワー強化オイルポンプよりも

お値段的には高くなります。

これに新たに製作中の純正比2倍の増量になる

ミッション用大流量強化オイルポンプを組合わせれば

最強のフル強化オイルポンプが出来上がる事になります。

取合えずは、ミッション用が出来上がればこれに取付けて

モニターテストを募集しますので、ご協力をお願いします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年09月10日

明日は我身3

台風15号の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
昨晩、こんな大変な時に千葉の友人から連絡が入り停電中との事ですが
取合えずは無事だと報告を頂き、なによりです。
水害など他にもあるそうですが
小さな子供もいらっしゃるので心配です。
もう後はライフラインの復旧を
待つしか手立てがありません。
近年の異常気象はまだこの先も続くだろうし
発電機は常に品薄状態がまだ続いてます。
中古品も足元を見るような価格になってますから
その日の為に備えを怠らない方がいいですね。


京都GTH号火入れ

予定通り本日、京都GTH号の火入れ作業に取掛かります。

まずは何時もの実圧縮圧力の測定から

京都GTH号実圧縮圧力測定 (1)京都GTH号実圧縮圧力測定 (2)






京都GTH号実圧縮圧力測定 (3)京都GTH号実圧縮圧力測定 (4)







#1〜#4まで1.2Mpaと綺麗に揃ってます。

京都GTH号火入れ同調調整準備完了これで今日からハイオク仕様になります。

念の為キャブレターの同調をチェック。

狂っていれば当然調整をします。

ちょっとバッテリーが弱いので充電中。

京都GTH号火入れ同調調整 (1)で、エンジンを始動!

セル2発で新生GTH号が蘇りました。

バキューム圧が低く少し同調も

狂っていたので調整をする事に。

京都GTH号火入れ同調調整 (2)サクサクッとバッチリ調整が完了。

後で試運転をしてみます。

これで作業用リフトから車体を下ろします。

ヨシムラのテンプメーターを交換したので

京都GTH号油温センサー交換 (1)互換性が無いセンサーも交換します。

センサー自体は問題ないのですが

本体が故障してしまったので

やむなく交換と言う事です。

京都GTH号油温センサー交換 (2)これでテンプメーター一式

新品に交換が完了しました。

ノーマルキャブでもそこそこパワーは上がるので

新生GTH号を楽しんで下さい。



まだ少し重い感じです。

京都GTH号試運転取合えず試運転に行ってみたら

ヘッド付近から何かが割れる音が聞こえたので

エンジンを止めて見てみたら

タペットキャップが浮いていたので

京都GTH号タペットキャップ交換 (1)あぁ熱でタペットキャップが

割れた音だったんだと一安心。

もうこれで3個目になるので

全部交換する事にしましたが

京都GTH号タペットキャップ交換 (2)キジマのタペットキャップしか

在庫がもう無かったので

この際なのでキジマのタペットキャップに

交換する事にしました。

京都GTH号タペットキャップ交換 (3)まぁ発熱量も増えているので

少しでも面積が広い方が

良いと思います。

これで京都GTH号も完成しました。


大阪T号特注リアサス入荷

発注ミスから予定より1週間遅れてしまったのですが

大阪T号リアサス入荷 (1)本日YSSの特注リアサスが入荷。

今度はちゃんと寸法を確認しました。

ノーマル315mmに対して

YSS特注リアサスは360mmです。

大阪T号リアサス入荷 (2)今取付いている物が365〜370mmぐらいで

硬過ぎて動かないのと長いので交換です。

センスタが使えないのでまずは

メンテナンススタンドでリアタイヤを取外します。

大阪T号リアサス交換 (1)リアタイヤを取外してから

メンテナンススタンドを取外し

センタースタンドで立たせてから

リアサスを取外すと言う工程です。

大阪T号リアサス交換 (2)取外したリアサスと新しく取付ける

YSSを並べて比較してみました。

ちょっと短くなったのは間違いありませんが

センタースタンドは使えないと思います。

大阪T号リアサス交換 (3)で、リアサス交換完了です。

これでまたメンテナンススタンドを掛けて

タイヤホイールをセットします。

タイヤホイールが18インチなので

大阪T号リアサス交換 (4)前後のバランスからどうしても

車高は高いですねぇ。

メインスタンドはやはり使えません。

跨ってみましたが、足付きは少し良くなりました。

大阪T号リアサス交換 (5)リアサスの減衰はハーフぐらいにセット

フロントにイニシャルを掛けるか

リアのイニシャルを抜くかを

最終的に調整しないと、フロントフォークが

リアサスに負けている状態になってます。


1号機油圧クラッチレリーズシャフトまた断裂

まぁレリーズアームシャフトの角度的に無理があったと思いますが

1号機油圧クラッチレリーズシャフト断裂 (1)今朝通勤時に油圧クラッチのシャフトが

又断裂してしまった…。

で、何とか店には辿り着いたのですが

予備に整備した油圧クラッチレリーズと

1号機油圧クラッチレリーズシャフト断裂 (2)交換作業をサクサクッとしました。

今度はレリーズの角度を浅くして

ストロークを短く加工したシャフトに

交換してみました。

これで耐久性が上がってくれれば良いのですが…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年09月08日

鈴鹿ミニモト4耐3

4耐今日鈴鹿サーキットで開催された
ミニモト4耐レースを観戦しながら休日出勤で
京都GTH号の仕上げ作業をやっていた所へ
早速銀ちゃんがハイパワー強化オイルポンプを
取付けようとやって来たけど
残念ながら僕には銀ちゃんのリクエストに
答える暇が無いので、又来週と言う事にしてもらいました。
今PITは予定がかなり狂っておりパツンパツンなのに
レーサー直せ、街乗り直せ、オイルポンプ交換しろとか
身内からのリクエストが多いけど順番があるし、段取りもあるし
待たせているお客さんにも「身内優先かい!」と怒られるからな。


京都GTH号エンジン仕上げ

ミニモトが気になって、作業もボチボチだったけど

レース序盤から波乱含みで、応援していた#2 NRマジックが

ヘアピン手前で他車と絡んで転倒してしまったので

京都GTH号エンジン仕上げ二日目 (1)逆に、作業に集中出来る様になった…。

シリンダーヘッドの増し締めを済ませて

ヘッドカバー搭載準備が整いました。

ヘッドカバーガスケットも新品に交換して

京都GTH号エンジン仕上げ二日目 (2)ヘッドカバーを搭載して

タペットクリアランス調整まで完了。

タペットキャップのOリングも新品にして

キャップを締め付けて行くと…

京都GTH号エンジン仕上げ二日目 (3)古いタペットキャップによくある事で

締め付けてトルクを掛けると割れるやつ…。

取合えず1個だけだったので

中古品と交換しておきました。

京都GTH号エンジン仕上げ二日目 (4)ブリーザーカバーとホーンを取付けて

エンジンの作業はこれで完了です。

後はキャブレターとIGCとマフラーを

取付ければ火入れの準備が整います。

京都GTH号エンジン仕上げ二日目 (5)で、キャブレターとIGCコイルを取付けて

本日の予定はこれでほぼ完了。

明日の月曜日は顧問業務のため

臨時休業になりますからもう少し作業を進めて

京都GTH号エンジン仕上げ二日目 (6)これでマフラーも取付けたので

明後日、火曜日に火入れが

予定通り出来るまで完成しました。

休日出勤の今日の作業はこれにて予定終了。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2019年09月02日

枚方ライトアップフェスティバル3

昨日開票された枚方市長選挙は
安定の現職市長が無事当選したようで
それを祝うかのような、枚方淀川河川敷で開催された
くらわんか花火大会復活への前哨戦になる
ライトアップフェスティバルの花火大会が
CPのお店からも良く見えました。
余りにも綺麗な花火だったので、写真や動画を撮影する事も
すっかり忘れて見入っていました。


赤羽ナイト米山風くろうまと対戦開始

赤羽ナイトで飲んだシャリ金宮に結構な衝撃を受け

8月29日くろうま仕込み (1)こんな焼酎の呑み方があるのか!

と思い、自宅でもやってみようと

帰宅した8/29の夜に焼酎の

くろうまをタッパーに入れて

8月29日くろうま仕込み (2)冷凍庫へ入れて凍らせる事にチャレンジ!

赤羽で聞いた所によると

5日ほど凍らせると聞いていたのですが

毎日冷凍庫の中をチェックしていて

9月1日米山風くろうまと対戦開始 (1)三日目の昨晩、我慢出来ずに冷凍庫から

タッパーを取出してみたけど

半分ぐらいしか凍ってなかったけど

もうスイッチが入っているので

9月1日米山風くろうまと対戦開始 (2)スプーンですくってジョッキに投入!

これで飲んでみたけど似て非なる物。

冷凍不足なので直ぐに溶けてしまう。

なのでもう少し我慢する事にしました。


大阪T号カスタム作業二日目

今朝オーナーと打合せて、ハンドルは別のセパハンに変更する事になりました。

大阪T号新型強化オイルポンプ交換 (1)で、今日はまず強化オイルポンプに

交換する作業から開始します。

BSが付いているのでスプロケットカバーを

外すだけでも少し手間が掛かります。

大阪T号新型強化オイルポンプ交換 (2)ノーマルのオイルポンプを取外して

油圧スイッチはこのまま使うので

取外して新型フル強化オイルポンプに移植。

新品のOリングに交換して

大阪T号新型強化オイルポンプ交換 (3)新型フル強化オイルポンプに変更が完了。

クランキングをしてエンジン始動。

直ぐにオイルランプは消灯します。

オイル漏れも無いので

これでオイルポンプの交換作業は完了です。

大阪T号ETC取付け (1)次にETCの取付けに掛かります。

本体を何処に置こうかと思い

ツールトレイを見ると先客がいたので

サイドカバー内に入れようかと思い

大阪T号ETC取付け (2)おかしな配線を少し修正までやったのですが

サイドカバーがカーボン製で

少し開け閉めが窮屈なのでETCカードの

出し入れ時に破損するかも知れないので

大阪T号ETC取付け (3)先客に少し席を譲ってもらい

使ってないエアークリーナーダクト等を

取外して配線を取回して

安定の位置に取付けました。

アンテナとインジケーターも安定の場所にセットしました。


京都GTH号ACGカバー取付け

昨日オーナーが磨き上げたACGカバーを

京都GTH号ACGカバー取付け (1)持参して下さったので

早速取付け作業に取掛かります。

結構腐食していたのですが

綺麗に仕上がってます。

京都GTH号ACGカバー取付け (2)サクサクッと具を入れて

サクサクッと組み付けが完了しました。

中々良い感じだと思います。

腰上の加工状況はまだ何も連絡が無いので

もう暫くは掛かると思います。


1号機スタックス電気式ピードメーター取付け

本当なら大阪T号の作業をしているのですが

1号機スタック電気式スピードメーター取付けリアサスの長さを確認不足でミスり

多少時間の余裕が出来たので

1号機にスタックの電気式スピードメーターを

取付けてみました。

これで後は設定をするだけです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年09月01日

脱輪とインケツな一日2

今朝、枚方市長選挙へ行ってから
何時もより遅れて出勤したのですが
自宅前の道は抜け道になっており
細い道なのに結構な交通量でスピードもかなり出して
入って来る車が多く、今朝も京都ナンバーの車が
勢い良く入ってきたので、慌てて左へハンドルを切ったら
ハイエースの左前輪が側溝に脱輪…。
脱出を試みたけど、丁度タイヤの幅の側溝で
はまり込んでどうしようも無い所へ
巡回中の警察官が2人来たので、手伝ってくれるのかと思ったら
「これは事故になるので、免許証と車検証を…」と言うので
「お前この状況でそんな事よー言えるな!」と必死でジャッキアップ。
突っ込んできた相手の車は、事故と聞きそそくさと逃げて行った。
朝から面倒臭い始まりでした。


枚方市長選挙投票

脱輪前に嫁と二人で枚方市長選挙の投票に行って来ました。

190901枚方市長選挙投票今回は関係する党の方が

僕に挨拶に来なかったので

当選は硬いと見ているのだと思います。

まぁ今の市長は市民の声を

ちゃんと聞いてくれるので、大丈夫でしょう。


サイドスタンド補修パーツ

1号機も今回の修理でサイドスタンドを

サイドスタンド補修パーツ補強入りタイプに変更しました。

ちょこちょこと需要があるこの

サイドスタンド補修用パーツ。

レストアするならここから始める重要な部品です。


大阪T号仕様変更のご依頼作業一日目

リアサスが硬過ぎて動かないのと、車高が高過ぎて足が届かないので

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (1)足回り仕様変更のご依頼です。

まずはフロントフェンダーと

タイヤの隙間がかなり開いているので

フェンダーを下げるのと車高の調整。

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (2)バーハンだとフォークの突き出しに

制限があるので、セパハンに交換。

で、20mm突き出して合計で

40mmの突き出しになり車高を下げました。

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (3)で、フロントフェンダーの隙間を

30mm下げて取付けたのですが

オーナーが持ってきたフェンダーは

薄いFRP製のフェンダーなので

取付けるとかなり歪んでいました。

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (4)タイヤをセットしてみると

隙間は良い感じなのですが

タイヤのエッジが擦るので

30mmを15mmに穴を空け変えて

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (5)再度取付けて見るのですが

やはりフェンダーの歪みがあるので

タイヤの真ん中に納まりません。

今朝の脱輪から今日はもうインケツだわ…。

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (6)15mm穴を上げても擦るので

ん?…これって何処までも擦るんじゃね?

と思い、タイヤを外してフェンダーを

当ててみたら、フェンダーのRが狭くて全然ダメ。

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (7)今まで取付いていた物を見ると

スタビライザー部分にしっかりと

タイヤのエッジが擦っているので

何処までやっても擦ると言う事だった…。

先にフェンダーをタイヤに合わせて見ればよかったわ…。

大阪T号フロントフェンダー交換と車高調整 (8)仕方が無いので取合えず現状復旧。

このフェンダーを下げても

タイヤに干渉するかも知れないので

オーナーと相談する事にします。

大阪T号セパハン交換 (1)次に突き出しを20mm増やしたので

バーハンからセパハンに変更したのですが

オーナーが持込んだこのセパハン

僕の思っていたイメージとはちょっと…。

大阪T号セパハン交換 (2)幅をF1ハンドルと同じぐらいの

700mmにセットしようと思うと

メーターに干渉するので

取付け角度はこうなります。

大阪T号セパハン交換 (3)正面から見ると、体勢がかなり厳しいかな。

幅を狭くすると取回しが厳しく

角度によってはタンクに当るので

これもオーナーと要相談として

一旦これで見てもらう事にします。

大阪T号リアサス発注ミスリアサスはYSSを取付けようとしたのですが

発注ミスでSTDサイズのサスが届いていた。

てっきり長い方だと思っていたので

箱も開けずにいたので、これは僕の確認不足です。

もう今日は何をやってもダメそうなので

ETCと強化オイルポンプは又明日交換する事にします…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年08月26日

明日は10時開店、10時閉店です

予定では明日、超早仕舞いの予定ですが
10時開店、10時閉店の勢いなので
ほぼ臨時休業になると思います。
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。


京都GTH号エンジンカスタム分解

予定通り昨日入庫してきた京都GTH号のカスタム作業に

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (1)今日から早速取掛かります。

まずはマフラーを取外して

腰上分解の準備を進めます。

ACGカバーはオーナーが磨きたいとの事で

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (2)昨日PIT INの時に取外しました。

ヘビーユーザーなので

2017年にCPで購入されてから2年半で

2万キロを走破しているので

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (3)Oリング、ガスケット類はもう限界で

オイル滲みが始まっていました。

そのタイミングでのエンジンカスタム

と言う事になります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (4)リメイクしたロッカーアームを

装着していたGTH号ですが

オイル管理も良く、2万キロ走っても

表面は当りが付いたぐらいで問題ありません。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (5)元々強化カムチェーンを入れてあり

カムチェーンの伸びも無く

しかもCB350F用ダンパー付き

カムチェーンギアーを入れてあるので

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (6)メカノイズも軽減され静かです。

僕の1号機とレーサーは軽量化の為

408タイプを入れてあるんですが

本当はCB350Fのギアーを入れたいぐらいです。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (8)ヘッドとシリンダーの取外しが完了。

思い出したのはクランクケースの

アッパーケースは純正仕様の

塗装仕上げだった事を思い出しました。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (9)2万キロ走行したピストンリング。

吹き抜けも無くセカンドリングはまだ

1万キロは走れそうな感じの磨耗具合です。

まぁ少し早めの腰上O/H的な感じですね。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (1)カムチェーンスリッパーは

多少磨り減っていますがまだ使えます。

ガイドも全然問題ありません。

両方共上下を逆にして使います。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (2)今からシリンダーとクランクケースの

ガスケットを剥がすのが大変ですが

先に内燃機屋さんへ送る方を

優先して作業を進めます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (3)流石にシリンダーヘッドのバルブは

リークがあるので摺り合わせが必要です。

ついでにバルブガイドのOリングも

交換してしまいます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (4)EXバルブをエアーで吹付けると

ブクブクと泡が出るのが分かります。

バルブスプリングも強化に変更予定。

取合えずお昼ご飯を食べて

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (5)シリンダーヘッドの下拵えを始めました。

EXスタッドボルトを抜いて

インシュレーターも取外しました。

インシュレーターやOリングはまだ健全ですが

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (6)Oリングは交換となります。

バルブを取外して、カーボンを取る為

ついでにウエットブラストで

仕上げてしまいます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (7)ブラストで綺麗になった所で

バルブガイドを抜き取りました。

バルブガイドはそのままで大丈夫なので

Oリングのみ交換になります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (8)で、取外したOリングですが

やはりEX側だけがボロボロに

崩れて、朽ち果てている状態でした。

IN側はまだマシですが同じく新品に交換です。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (9)新しいOリングに交換して

バルブガイドを入れて

一応リーマーを通して

これでOリング交換は完了です。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (10)シリンダーヘッドの座面が

6箇所荒れているので

ここは修正しておかないと

オイル漏れの原因になります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (11)次にシリンダーのガスケット剥がしに

取掛かります。

ワコーズのリムーバーをぶっ掛けて

暫く放置しておくと

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (12)こんな感じで簡単に剥がれました。

ここのOリングは熱で硬化していたので

パリパリに割れて取れました。

で、シリンダーもブラストで仕上げます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (13)これでシリンダーもブラストが

完了しました。

後は測定をしてから

内燃機加工へ送ります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (14)で、シリンダーの測定結果は!

ギリで規定値内だったので

シリンダーはヨシムラピストンの

ボーリング加工だけとなります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (15)続いてシリンダーヘッドは!

残念!ギリ規定値外だった…。

シリンダー側がギリ規定値内なので

ここはやむなく平面研磨しておいた方が

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (16)より良いと思います。

取合えず発送準備が整ったので

早速内燃機加工へ送ります。

後はクランクケース側の下拵えだけど

塗装をしてあるのでリムーバーが使えないので

シコシコと剥がすしか方法が無いね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年08月25日

超早仕舞いのお知らせ3

【超早仕舞いのお知らせ】
明後日8月27日(火曜日)はエンジンの引取りが終わり次第
早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


コムアキ号納車準備

中々納車が出来なかったコムアキ号の納車に28日に行く事になり

コムアキ号バッテリー充電昨日から諸々の最終チェック。

だけど元々バッテリーが弱かった事もあり

バッテリーが上がっていたので

昨日からサルフェーション充電。

今朝は満充電になっていたので

エンジンを始動させて最終チェックを済ませました。


千葉H号オイル漏れ修正完了

昨日何度かエンジンを温めて、冷やしてを繰り返した後に

千葉H号オイル漏れ修正完了 (1)一晩放置してチェックしていた千葉H号。

今朝チェックするも、オイル漏れも無く

油圧が掛かる所では無いので

これで大丈夫だと思います。

千葉H号オイル漏れ修正完了 (2)カバーを装着して完全復旧。

最後に少し試運転をしてから

オーナーに納車日の相談をしました。

ちゃんとした原因は不明のままですが

千葉H号最終試運転いずれにしても内側からの破壊が原因と思われ

これはあくまでも推測ですが

過去に長いボルトを入れられ

今回その箇所の亀裂が広がったのかも…。

まぁ今回は上手く修正が出来たので

このまま何事も無く長く楽しめれれば良いと思います。


1号機ブレーキレバー交換

この前のボテゴケで骨折してしまったブレーキレバー

1号機ブレーキレバー交換 (1)アフターパーツの入荷が

9月中頃だったので

どうしようかと思っていたのですが

オプションで例の可動式レバーがあったので

1号機ブレーキレバー交換 (2)発注したら直ぐに届いたので

今の内に交換してしまいます。

まぁ過去にこう言った可動式レバーを装着して

ボテゴケした際、思ったような事に

1号機ブレーキレバー交換 (3)ならなかったのは

言うまでもありませんが…。

まぁレバーガードもあるし…。

でもこのレバーガードも僕の思惑と違い

1号機ブレーキレバー交換 (4)ボテゴケした際にレバーを

守りきれなかったのですが…。

そもそもレバーガードの使い方が

違うんだけどねw

何ならレバーガードの方がレバーより高いしw

レバーガードガードが欲しいぐらいだわ。


GTH号エンジンカスタム入庫

消費税増税前、また作業工賃値上げ前にエンジンカスタムの

京都GTH号エンジンカスタム入庫190825 (1)ご予約を頂いた、京都GTH号が

本日入庫して来ました。

エンジンが冷えてからの作業になり

実務的な作業は明日からですが

京都GTH号エンジンカスタム入庫190825 (2)月曜日には分解して測定などを済ませて

内燃機加工送りにする予定を考えてます。

納期の日程は内燃機加工の

混み具合次第ですので、暫くお待ち下さい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月21日

あ!しまった!!3

しまった!
今日は結婚記念日だった!
せっかく先日思い出したのに
忘れてた…
どうしよう…。


大阪S様ハイパワーフル強化オイルポンプ交換

朝一番に片道40キロほどの道のりを自走でご来店下さったS様。

大阪S様ハイパワーオイルポンプ交換190621 (1)この夏に向けて熱対策を

色々と考えて居られるとの事で

オイルクーラーも実用性を重視しようかと

お悩みのご様子の中

大阪S様ハイパワーオイルポンプ交換190621 (2)CP&アゲインコラボ製品の

ハイパワーオイルポンプに

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプも

セットでフル強化オイルポンプに変更です。

大阪S様ハイパワーオイルポンプ交換190621 (3)エンジンは熱々ですが作業時間は

30分程なのでサクサクッと交換。

これでハイパワーフル強化オイルポンプに。

行き帰りの油温の違いのレポートを頂きました。

朝まだ気温が低い時間でこちらへ到着した時の油温はMAX125度ぐらいで

帰りの気温が上がっている時間でMAX115度との事で

「100度を超えた状態からの信号待ちから少し動くだけですぐに

2〜4度くらいの温度の下がりも体感できました。」

とレポートをメールで頂きました。

走行中はもっと油温が下がっていると思います。


1号機火災からの復活への道その17

特注ブロンズヘッドガスケット58Φは後3週間程で

入荷予定の連絡があったのでガスケットが入荷次第

更にボアアップした520ccでRSCフルクロスミッションエンジンを仕上げます。

1号機用純正新品408ホーン (1)で、今日は拘りの408用純正新品ホーンの

ダンパーラバーや新品カラーが入荷したので

取付けて一人で激しく妄想してます。

以前の1号機は398タイプの

1号機用純正新品408ホーン (2)メッキホーンだったので

今回は拘りの手裏剣カバー付き

純正新品ホーンを投入します。

フレームは補強とフレーム修正も終わって

現在塗装に行ってます。

塗装が仕上がれば組めるけど

G20の頃に重なりそうな感じなのでもっと遅れそうな予感がします。


千葉H号エンジン見積り

エンジンO/Hに付いて、オーナーと大まかな打合せを終えたので

千葉H号シリンダーブラスト歪み測定 (1)見積りをする為にシリンダーな

どエンジンのブラスト仕上げ作業に取掛かります。

まずはシリンダーからですが

オーナーとの打合せでヨシムラ54.5Φに

千葉H号シリンダーブラスト歪み測定 (2)ボアアップをする事になりました。

そして約2時間後、ブラストが終わり

艶っぽいシリンダーになりました。

これでシリンダーのブラストは完了。

千葉H号シリンダーブラスト歪み測定 (3)で、歪み測定をした結果!

ギリで許容範囲内だったので

平面研磨代が浮きました。

次はシリンダーヘッドなのですが

千葉H号シリンダーヘッド分解前先にやる事が出来たので

ヘッドは明日に持ち越しとなりました。

明日も朝からハイパワーフル強化オイルポンプ

交換作業とシリンダーヘッド増し締めがあります。


沖縄A様キャブレターリメイク

お昼にお電話を頂き、キャブレターのO/Hの方向性が決まったので

沖縄A様キャブレター分解再メッキ送り (1)作業を再開する事になりました。

再メッキに出すので分解開始です。

サクサクッと分解をして行くのですが

バタフライを止めている+ビスが

沖縄A様キャブレター分解再メッキ送り (2)ホームセンター物に交換されているので

カシメタイプじゃないので

今度取付ける時は、緩み止めを塗って

締め付けるようにしないと緩んだら怖いからね。

沖縄A様キャブレター分解再メッキ送り (3)ジェットニードルと、ニードルホルダーは

純正新品に交換されているようで

未使用なのか、磨耗傷一つもありません。

これだけでも部品代はかなり浮きます。

沖縄A様キャブレター分解再メッキ送り (4)でこれが分解したキャブレターの部品達。

メッキは剥がれて錆びている部品も

結構あり、リンクボールのスプリングも

油ッ気が無くて錆びてました。

沖縄A様キャブレター分解再メッキ送り (5)これを再メッキに出すのですが

紛失率を下げる為、ワイヤリング出来る物は

全てワイヤリングしてしまいます。

まぁこれでも無くなるけどね…。

沖縄A様キャブレター分解再メッキ送り (7)ヘタに無くした事を言うと

もうメッキしてくれなくなるので自己防衛。

で、ブラストで錆びとメッキを剥がして

下地処理を済ませたので

これでメッキ屋さんへ送ります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月15日

明日は父の日らしいよ!3

昨日ぎっくり腰になって早々に帰宅し
痛み止めとシップを貼って
ベッドで横になって養生をしたおかげで
今日は何とか出勤出来るぐらいまで回復しました。
もうおかしな奴の相手をしてからろくな事が無いな。
今日は余り無理をせずにボチボチ作業を進めます。


千葉H号の続き

昨日狭いPITで無理な体勢を取り作業を進めた事で

千葉H号エンジンOH R側分解の続き (1)腰を痛めてしまい作業の途中で

そのまま放置してしまった

千葉H号の作業の続きから開始。

クラッチリフターを外すと

千葉H号エンジンOH R側分解の続き (2)よくあるパターンでロックナットは逆で

クラッチアウターのガタつきもまぁ多い

シフトドラムを送るポジティブストッパー

ピンが磨耗しているので

これもシフトチェンジ時にハーフニュートラルになる原因です。

千葉H号エンジンOH R側分解の続き (3)シフトドラムセンターには

若干の磨耗はありますが

それほど深くは無いので

まだ使える範囲だと思います。

千葉H号エンジンOH R側分解の続き (4)取合えずこれでR側の部品を

全て取外しました。

後は天気が回復して

腰の具合が良くなった時に

腰上を分解してエンジンを下ろします。


沖縄A様エンジンカスタムのご依頼

昨日届いたシリンダーとキャブレターの作業を進めます。

沖縄A様シリンダーブラスト歪み測定 (1)シリンダーはブラスト仕上げの

ご指示を頂きましたので

早速ブラストを当てる事にします。

残ったガスケットも取れるかな?

沖縄A様シリンダーブラスト歪み測定 (2)分厚く残ったガスケットは

ブラストを当ててもやはり取れないので

スクレッパーで取除いて

綺麗に仕上げました。

沖縄A様シリンダーブラスト歪み測定 (3)少し打痕や凹みがあったので

整形しながらブラストで仕上げて

シリンダーのブラスト作業が完了しました。

これで後は歪み測定なのですが

沖縄A様シリンダーブラスト歪み測定 (4)残念な事に少しだけ許容値を

超えているので

平面研磨をお勧めします。

火曜日にはピストンが入荷して来るので

ピストン入荷次第、内燃機屋さん送りになります。

沖縄A様キャブレター部品チェック (1)次にキャブレターの部品チェックですが

このメッキされたシャフトが気になった。

メッキの状態からクロームメッキの感じだし

端っこはめくれ上がっているし

沖縄A様キャブレター部品チェック (2)抜く時の打痕みたいな物もある。

分解してあったキャブのプレートに

シャフトを入れてみると

全然メッキで太ってしまい入らない。

CPクオリティキャブリビルド (1)CPで行うこのシャフトのメッキは

特殊な方法のメッキなので

メッキで太って入らなくなる事は無い。

残念だけどこのシャフトは使えません。

CPクオリティキャブリビルド (2)キャブ本体もリメイクをご希望なのですが

分解する手間は同じなので

後は何処までリメイクするのか?

これはCPクオリティのバックプレート

CPクオリティキャブリビルド (3)そしてこっちがCPクオリティの

キャブレターフルリメイクです。

仮に見える所だけ錆びている所だけと言う

発注であっても、全バラするので手間は同じです。

沖縄A様キャブレター部品チェック (3)後はメッキ代が少し掛かる程度の

違いだけなのですが

シャフトを交換するつもりだったのなら

何処まで錆びた部品を交換しましょうか?

沖縄A様キャブレター分解 (1)キャブレター本体はO/Hのご依頼で

取合えず分解しました。

肝になるSJは社外品の#35と薄めです。

これは純正の#40に交換した方が良いでしょう。

沖縄A様キャブレター分解 (2)取合えずボディーまで取外しました。

JNやシャフトを交換するのであれば

更に分解をする必要もあり

ボディの錆びた部品を交換するのも

同じくここから分解する必要があります。

一度分解された跡もあり、あるはずの部品が無くなっていたりで

キャブ1基に1個の部品なので、手持ちの部品は出せません…。

この先の進め方はオーナーと相談してから進めます。

夕方から天気がかなり荒れるらしいし

腰の具合もあるので、今日はここまでで作業は止めて帰ります。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2019年04月05日

足回りマッスル化完成3

体重は現在102.4キロまで減ってます。
この調子で行けば来週中には目標の二桁に
なれると思ってますが、日曜日に花見があるので
そこで少しリバウンドするかも知れない…。
最近は薄味にも慣れて、量もそれほど食べなくなりました。
それと明日は11:30頃から3時間ぐらい
僕は不在ですがお店は、嫁が店番をしています。


足回りマッスル化七日目

最後の部品5cmロングのタコメーターワイヤーが

大阪T号足回りマッスル化完了 (1)入荷してきたので早速取付け。

これで大阪T号足回りマッスル化計画は

完結となりました。

これで一応全ての部品の取付けが終わり

大阪T号足回りマッスル化完了 (2)大阪T号の足回りマッスル化作業は

やっと終わりました。

作業している時間より

待っている時間の方がかなり長かったのですが

大阪T号足回りマッスル化完了 (3)やっと完成しました。

車高がかなり高いので

サイドスタンドを立てても

これだけ傾きます。

大阪T号足回りマッスル化完了 (4)実はこれ、メインスタンドも

立てているのですが

60mmも車高が上がっているので

メインスタンドは使えません。

大阪T号足回りマッスル化完了 (5)車体を真直ぐにすると

メインスタンドと地面の隙間が

こんなにあります。

なので、メインスタンドを使う時は

大阪T号タペットクリアランス調整 (1)こんな風にゲタを入れて使って下さい。

これで取合えずタペットクリアランスの

調整をしてみる事にします。

実圧縮が結構高かったので

大阪T号タペットクリアランス調整 (2)問題は無いとは思いますが

少しだけ狭かったので調整しました。

これでタペットクリアランスも

OKなんですが、タペットキャップの

大阪T号タペットクリアランス調整 (3)Oリングがこんな感じに潰れているので

ついでに交換しておきます。

まだゴム感は残ってましたが

Oリングが■リングになってました。

後は次の車検の時にでも公認車検を取る事にします。


京都H号CB550F腰上O/H分解

やっと作業に取掛かれるCB550Fの腰上O/H

京都H様CB550F腰上OH分解 (1)タンクを取外して分解の準備。

空間が多いので余分な物を

外さなくて良いので結構楽ちんw。

IGCキャップがすっぽ抜けましたけどね。

京都H様CB550F腰上OH分解 (2)キャブを取外そうと

エアークリーナーボックスを見ると

フィルターは入っていませんでした。

むー…。

京都H様CB550F腰上OH分解 (3)取合えずボックスを取外して

キャブを取外しました。

インシュレーターは少々硬化してますが

このまま使えると思います。

京都H様CB550F腰上OH分解 (4)ブリーザーカバーを外します。

液ガスたっぷりですが

このガスケットは絶版部品になります。

既に新品の入手手段は確保してあります。

京都H様CB550F腰上OH分解 (5)同じくロッカーアームシャフトカバーの

Oリングも液ガスだらけです。

ここはまだ部品はでるので

新品と交換する事になります。

京都H様CB550F腰上OH分解 (6)ヘッドカバーを取外しました。

ここも液ガスだらけですね。

ロッカーアームにダメージが

無いのは幸いです。

京都H様CB550F腰上OH分解 (7)カムシャフトを取外す前に

一応点火時期の確認をしておこうと

#1.4のTマークに合わせて

カムスプロケットを見てみると!

京都H様CB550F腰上OH分解 (8)何とまぁ!…

45度はズレているではないか!

どうやればこんな間違いになるのか?

念のため上死点を確認してみると

京都H様CB550F腰上OH分解 (9)全然ズレていたので、良くこんなので

走れていた物だと思います。

このINマニのスタッドも絶版ですが

このまま使えるので使うかはオーナーと相談。

京都H様CB550F腰上OH分解 (10)シリンダーヘッドのナットや

ボルトを取外してシリンダーヘッドを

取外しました。

ピストンは上死点に居ます。

京都H様CB550F腰上OH分解 (11)オイル漏れ箇所のガスケットが

吹き抜けていたので

これが主なオイル漏れの原因でしょう。

これもまだ純正が出るので助かります。

京都H様CB550F腰上OH分解 (12)で、シリンダーを取外しました。

ベースパッキンは残念な事に

純正は絶版ですが、これも純正新品を

準備出来ています。

京都H様CB550F腰上OH分解 (13)カムチェーンスリッパーは交換です。

これもまだ純正が出ます。

ガイドもまだ純正がでるので

交換する事にします。

京都H様CB550F腰上OH分解 (14)例の如くピストンリングが割れてます。

ピストンにダメージが無ければ良いのですが

取合えず腰上分解は完了しました。

ここから仕上げて測定して見積りを作ります。

大体の見積りは出来ているのですが

測定してみないと分からない所もあるので。


久々の旧2号機オイル交換

昨年の大阪北部地震や、台風21号などの影響で

190405旧2号機オイル交換にご来店 (1)普段の仕事量に増して

復旧工事の依頼などで

全くフォアに乗れていなかった

旧2号機のOさんがオイル交換にご来店。

190405旧2号機オイル交換にご来店 (2)カルテを見ると1年前の4月21日に

オイルを交換したので

約1年ぶりのオイル交換でしたが

オイルはさほど汚れてなかったので

聞くと、1年前の徳島絶版バイクミーティングの時に交換したらしい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年04月04日

Nos噴射装置仮取付け3

近大サプリで花粉症の改善はある物の
今の時期マスクは手放せないのだけど
マスクのゴムで耳が千切れそうに痛い!
アイディア商品の中にそう言ったアイテムがあったと思うけど
近くの100円ショップは軒並み閉店しているので
色んな物が買えなくて困ってます。
auのUSB充電も買えない。


1号機Nos噴射装置取付けと故障

昨日の定休日は1号機のイベント用カスタムでNos装置の取付け。

Nos噴射装置取付け配線 (1)まずはボンベの取付け位置を

決めるのですが、良い場所がない。

これは何か別にステーを作って

取付けるしか無いだろうなぁ。

Nos噴射装置取付け配線 (2)取合えずボンベを仮に取付けました。

ここならボンベのバルブ開閉操作も

走りながら出来るからねぇ

ガソリンポンプもかなり悩んで取付け。

Nos噴射装置取付け配線 (3)まずNosガス噴射装置の配線と

スイッチを取付けて作動チェック

取合えずNosガスは噴射するので

ドライショットはOkです。

Nos噴射装置取付け配線 (4)ウエットショットは配線を別にして

切り分けて噴射出来るようにします。

取合えずウエットショットの

スイッチ以外は完成しました。

油圧クラッチロッド折れ油圧シリンダー交換 (1)早速試運転にと思い少し走り出した所で

バチン!と言う音と共にエンジンストール!?

なんだ?何があった??と気付けば

油圧クラッチ用のシリンダーロッドが断裂!

ロッドが折れただけなので油圧はあるので

2ndギアーに入れてセルでエンジンを始動させ店まで自走で引き返し

油圧クラッチロッド折れ油圧シリンダー交換 (2)予備の油圧シリンダーがあったはずと

探し出して交換し無事復旧。

出先じゃなくて良かったと思いました。

応急処置方法も考えたので

出先でロッドが折れた時は、応急処置で何とかなると思います。

で、Nos噴射装置のテストは止めて帰宅しました。


足回りマッスル化六日目

いよいよ最終段階に入ってきた大阪T号の足回りマッスル化。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (1)今日はブレーキホースなどが

入荷してきたので早速取付け開始!

別売りブレーキマスターカップを取付け。

ブレンボは何でも物売りなんで面倒…。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (2)ミラーホルダーもブレーキと

クラッチ用があり、左右非対称で

オフセットしていますが

どちらも取付け可能なので最後に

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (3)オーナーに選んでもらいます。

ブレーキホースも接続しました。

フロントフォークが伸びきった状態で

ホースの余り具合などを考慮して発注しました。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (4)何か最近ブレーキフルードばかりの

作業をしている気がするのですが…。

マスターカップにブレーキフルードを入れて

何時ものエアー抜き開始。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントブレーキホース入荷 (5)で、エアー抜きも終わって

後残すは、5cmロングタコメーターワイヤーの

入荷待ちだけとなりました。

これで近日中には完成となります。


新型強化オイルポンプ

ハイパワーオイルポンプは受注生産になりますので

新型強化オイルポンプ190404レギュラー製品の新型強化オイルポンプを

何時も通り作りました。

1個はフル強化オイルポンプになってます。

ハイパワーオイルポンプは

CP1号レーサー用、オイルクーラーの付いていない14号機用

ご注文を頂いている方の3個は確保してあります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年04月02日

弁護士投入3

昨日夕方に自由人君がご来店。
弱った顔をしているので大体の予想は付く。
そして話をしている内に、昨年の事故の件で
某素人保険会社J○社から休業補償を
50%減額と言われたらしく、100:0の事故で何を眠たい事を!
それ以上の話は代理人を立ててくれと言われたらしいけど
兵糧攻めにあっている自由人君に弁護士を雇う
金なんてあるわけが無い事を百も承知で言って来る
素人保険会社○A社に僕が切れたので
僕がお世話になっている敏腕弁護士を投入する事にしました。
これで自由人君は小金持ちになれると思う。
話の決着が付いたらリジットな御鮨屋さんへ
連れて行って貰う事が条件です。


1号機Nos化高圧ソレノイド問題

昨日Nos装置の作動チェックをしていました。

1号機用Nos装置作動チェックガソリン電動ポンプ作動OK

低圧側ソレノイド作動OK

高圧側ソレノイド作動NGで

修理を試みたのですがダメで

新しい高圧ソレノイドを購入したのですが、何故か今日直ってた…。

高いソレノイドを購入したけど、直ったやん!

まぁまた何時壊れるか分からないので、予備品だな…。

でも、これでウエットショットが出来るようになった。


大阪T号足回りマッスル化五日目

部品入荷待ちで作業は止まっていますが、オーナーからの希望で

実圧縮圧力を測定する事になりました。

大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (1)大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (2)






大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (3)大阪T号足回りマッスル化六日目実圧縮圧力測定 (4)







恐らくノンレスエンジンだと思いますが

平均実圧縮圧力は1.0Mpaとかなり良い感じです。

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントフェンダー取付け (1)フロントフェンダー取付け用

超低頭ボルトが入荷してきたので

早速フロントフェンダーを取付けます。

本当はM6×16なのですが、あえてM6×20の

大阪T号足回りマッスル化六日目フロントフェンダー取付け (2)長さのボルトに変更しました。

フェンダーを取付けてタイヤを仮組み

少しタイヤとフェンダーの間が広いので

19インチ用なのかな?わからんわ。

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (1)リアブレーキホースとバンジョウなどが

入荷してきたので早速圧力スイッチと

ホースを接続しブレーキフルードを入れ

エアー抜きまで終わらせて

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (2)ブレーキホースを固定して

リアブレーキは完成しました。

これでリア回りは完全に完了です。

キャリパーサポートが動くので

踏み込みが深くなりそうな気がするなぁ…。

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (3)スピードメーターケーブルも

長さの関係もありメーターアップステーを

使っている事などもあるので

CB750F用を使用しました。

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (5)フロントブレーキはブレンボのラジアル

RCSタイプを購入して取付け。

ブレーキホースの長さは

現物合わせになりますから

大阪T号足回りマッスル化六日目リアブレーキホース取付け (6)長さを測って発注しました。

ミラーホルダーが無いので

右オフセットタイプの

ミラーホルダーを購入したのですが

どちらにオフセットしたら良いのか分からないので

左右両方を発注しておきました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年04月01日

激痩せ3

ちょっと予定が狂ってT号の足回りマッスル化に
梃子摺っており、PITの空きが遅れそうです。
早ければ今週中には殆どの部品が揃い
ローリング出来るようになると思います。
1号機のラジアルマスターも
実際に走ってみると、ブレーキのタッチ良くて
一安心でした。
そして新元号の発表を生放送で見ようと思っていたのに
作業に集中して忘れてしまい見れなかった…。
「令和」万葉集からの引用?大陸との決別元号と言う事か?。
予想は大ハズレだったわw



190401今朝の体重

今朝トイレに入ると久々の便通があって、しかもかなり大量に。

190401今朝の体重 (1)期待を込めて体重を測ると!

何と!二桁になっているではないか!

一体どれだけの量が出たんだ!?

一応の目標達成に朝から大騒ぎ!…

だったら良いのにねぇ…と言う希望も虚しく

190401今朝の体重 (2)本当の体重は現状維持。

今朝も何も出なかったし

一度に5キロも出るなんて無いよね。

まぁエイプリールフールと言う事でご勘弁を。


大阪T号足回りマッスル化五日目

昨日オーナーとほぼ最終の打合せを終えて、部品の打合せも完了。

大阪T号マッスル化五日目諸々作業 (1)今日はフロントフォークの

スタッドボルトの交換だけです。

専用のアクスルシャフトクランプを

取付けるので、スタッドボルトを交換。

大阪T号マッスル化五日目諸々作業 (2)1本だけかなり梃子摺りましたが

無事にスタッドボルトの除去が完了。

フロントフォークとクランプの幅が

どうやっても微妙に合わないのですが…

大阪T号マッスル化五日目諸々作業 (3)取合えずスタッドボルトの

交換が完了しました。

これで後は部品の入荷待ちです。

昨日の事ですが、ブレーキホースを発注するのに

大阪T号マッスル化五日目諸々作業 (4)純正のスリーウエイジョイントを

取付けようとしたのですが

入る場所が無かったので

仕方なくブレーキホースはマスターから

キャリパーまで二本で下ろして来る事にしました。


1号機Nos配管

この前間違って購入したサイズのホースに合わせて

CP1号機用Nos配管準備 (1)Nos用の配管ニップルを発注。

20mの不良在庫もこれで多少は浮かばれます。

ガスの噴射装置を4気筒分に分割するので

色々と配管方法を考えました。

CP1号機用Nos配管準備 (2)キャブの寸法を測り仮接続。

後はタンクの取付け位置と

噴射ノズルの取付け方法などを考えて

配線とスイッチを繋げれば良い。

CP1号機用Nos配管準備 (3)噴射用リレー側もニップルを交換。

これで後は取付け位置を決めて

配管を済ませて、スイッチ類を繋げれば

多分使えるはずと思い

CP1号機用Nos配管準備 (4)まず電磁弁の作動チェックをしてみると

高圧弁の電磁弁が動かない…

低圧弁は動くのは確認出来たけど

肝心のNosガスを噴射する

CP1号機用Nos配管準備 (5)高圧弁が動かないのは

ちょっと予定外だった…。

分解してみたけど動きそうにも無い

ここに来てこれは困った。

CP1号機用Nos配管準備 (6)これじゃぁウエットショットも

ドライショットも出来ないなぁ

さてどうしようかなと

コイルを取外してみたけど

CP1号機用Nos配管準備 (8)見た目は何ともなっていないのだけど

低圧側のソレノイドと入れ替えてみたら

動いたので、高圧側のコイルの

不具合だろうと思われるけど

新品を買った方が良いかなぁ…。


CP1号レーサーテスト用ハイパワーオイルポンプ

中々しっかりとオイルポンプのテストが出来ていないのですが

CP1号レーサーテスト用ハイパワーオイルポンプ (1)CP1号レーサー用にも一つ

準備をしておきます。

多分14日のツーリングでしっかりテストが

出来ると思っていますが。

CP1号レーサーテスト用ハイパワーオイルポンプ (2)アゲイン製のローターケースに

他車種流用トロコイドギアーを入れて

CP製加工ハウジングと接続する準備が

整いました、リリーフバルブはRタイプ。

CP1号レーサーテスト用ハイパワーオイルポンプ (3)取合えずこれでCP1号レーサー用の

ハイパワーオイルポンプが完成。

取付けは14日のツーリングが

終わってからにします。

CP1号レーサーテスト用ハイパワーオイルポンプ (4)サーキットも全然走れてないので

完全にテストが終わるのは

何時になるか分かりませんが

今の所通勤で使う分には

効果がありそうな感じです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月31日

4月のCPツーリングの予定3

【4月のCPツーリング】
平成最初で最後のCPツーリング開催のお知らせ。
日程:4月14日(第二日曜日)
集合場所:池田市古江町点セブンイレブン
集合時間:8時集合、8時半出発
福井県小浜方面へ向います。
今回は4in to1オーナーズクラブツーリング企画に
完全乗っかりとなります。
平成最後のツーリングを楽しみましょう!


190331今朝の体重

ラーメンがまだ出てこなくて、昨日は昼食を抜いてみましたが

190331今朝の体重出るものが出ないので体重も

横這い状態のままです。

多分今僕のお腹の中には

2キロぐらいのうんこが溜まっていると思うわw


GTH号リアタイヤ交換

CB400Fourのヘビーユーザー京都のGTH号が平成最後の

GTH号メンテナンス190331 (1)タイヤ交換にご来店。

ついでに平成最後のオイル交換も。

シリンダーヘッドからオイル滲みがあるので

ついでに増し締めもご依頼です。

GTH号メンテナンス190331 (2)ヘビーユーザーのGTH号

リアタイヤはもう少し使えそうですが

ギリギリまで使うんじゃなく

余裕を持っての交換になります。

GTH号メンテナンス190331 (3)エンジンオイルも定期的に交換ですが

今回は結構汚れていました。

そう言えば今年は初めてだったかな?

去年は秋に変えたぐらいかな?

GTH号メンテナンス190331 (4)サクサクッとリアタイヤは交換完了。

リアブレーキもチェックしましたが

特に問題はありませんでしたので

ご安心して下さい。

GTH号メンテナンス190331 (5)エンジンも冷えた所で

増し締めを実施したのですが

特に締まる所も無かったと思っていたら

一箇所だけ完全に緩んでいた?

GTH号メンテナンス190331 (6)いや、よく見るとナットのねじ山が

上がっていた事がオイル滲みの

原因だったと判明したので

この先の事も考えて4ヶ所のナットを交換。

これでオイル滲みも解消されると思います。


大阪T号足回りマッスル化四日目

今朝T号オーナがーフロントフェンダーを持参して下さったので

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (1)早速取付けてみようと準備を

開始したのですが

フェンダーが入らなかったので

よくよく見ると

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (2)フェンダーのスタビライザーに

ツヨメの折り返し兼ブレーキホースクランプが

付いており、この折り返しが

タイヤと干渉する事が判明したので

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (3)オーナーと相談してカットする事に。

アウター側フェンダー取付けのねじ山が

三箇所ぐらいやばいので

トルクが掛けられなかったけど

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (4)まぁこれで何とかなりそうな感じです。

フェンダーの色はまた後日塗装かな?

フロント周りのブレーキ部品が

入荷次第、仕上げに取掛かります。


1号機フロントブレーキマスター交換

ブレンボのラジアルマスターが欲しかったけど

1号機フロントブレーキマスター交換 (1)流石に高いし、嫁にばれるので

クラッチに合わせてフランドーの

ラジアルマスターを購入しました。

コスパ的にもビジュアル的にもねぇ…。

1号機フロントブレーキマスター交換 (2)油圧クラッチレリーズがフランドーだし

クラッチもフランドーのラジアルだし

統一感と費用対効果を優先に考えて

このニッシンのブレーキマスターから

1号機フロントブレーキマスター交換 (3)フランドーのラジアルマスターに

変更してみましたが、マスター径が

少し大きかったかなぁ?

微妙ですが調整出来るので良いかも。

平成最後の徳島絶版バイクミーティング平成最後の徳島絶版バイクミーティングの

案内も届いたので、後はNosを取付けて

ハイパワーオイルポンプのテストも

終わらせないといけないし

仕事もしないといけないし、今年は何かと忙しいです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月30日

ハイパワーオイルポンプテスト3

目標としてた今月中に体重二桁は無理そうなので
平成中に体重二桁にする事に変更します。
どうしてもデブ好きの嫁の罠に
まんまと乗っかってしまい「だからデブはあかんねん」と
訳の分からぬ罵声を浴びせられると言うプレーを
奴は楽しんでいるのだと思います。


190330今朝の体重

昨晩嫁が「今日はラーメンやでw、チャーハンも食うか?」と

190330今朝の体重悪魔の囁きに僕は仕方なく

チャーハンはキャンセルして

ラーメンだけを食べたのですが

そこにも嫁の罠があり1.5人前だった。

おかげで今朝の体重は2キロ増ですが、まぁソフトクリームも食べたし

罠のように冷蔵庫の中に大きなシュークリームがあったので

食べてしまったわ…。


1号機ハイパワーオイルポンプテスト

今日は天気が悪くなるらしいので、何時もより少し早めに出勤して

1号機新型強化からハイパワーオイルポンプへ (1)出来上がったばかりのオイルポンプを

1号機に取付けてテストをする為

新型強化オイルポンプを取外して

ハイパワーオイルポンプに交換。

1号機新型強化からハイパワーオイルポンプへ (2)まずミッション用強化オイルポンプを

取外して新しいポンプに移植。

新型強化オイルポンプを取外して

油圧センサー用配管を取外して

1号機新型強化からハイパワーオイルポンプへ (3)ハイパワーオイルポンプを取付けました。

これで暫くテストしてみます。

油温が少しでも下がれば効果ありですが

効果が無いはずは無いと思ってます。


大阪T号足回りマッスル化三日目

リアは昨日で終わったので、今日からフロント回りの作業。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (1)板を数枚引いてメインスタンドが

使えるようにしてみました。

これでフロント回りを

分解して行きます。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (2)サクサクッとフロントフォークまで

分解が完了しました。

これでヘッドライトやメーター回りも

取外して、ステムを交換します。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (3)レースの状態は悪くなかったので

そのまま洗浄して再利用。

ハンドルロックも出来るように加工して

公認車検の準備もしておきます。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (4)ステムを取付けてフロントフォークをセット。

リアサスに長さを合わせると

フロントフォークの突き出しが25mmで

ギリ、バーハンの取付けが可能でした。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (5)CB750F用のスピードメーターギアー

これをこのまま取付けるのも

残念なのでバフ掛けをして

取付ける事にしたのですが

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (6)それがちょっと裏目に出てしまい

ギアーがバフに巻き込まれて

中のギアーが何処かに飛んで

探しても見つからない…。

大阪T号足回りマッスル化三日目フロント回り仮組み (7)まぁ取合えずヤフオクで

再度購入する事にします…。

フェンダーが無いのが後で気が付き

取合えずブレーキホースの長さを測る為

仮組みだけ済ませました。

メーターアップステーに変更したので、ワイヤー類を発注しないと。

で、今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月29日

29日のブログ

操作ミスで29日のブログを消してしまったので
覚えている範囲で書き直しました。


190329今朝の体重

確かこの日までは順調に体重も減っていたはず。

190329今朝の体重55歳になってから

もっとも体重が減った日でした。

このままの調子で行けば

3月中にには二桁の目標が達成出来るはずだった。


大阪T号足回りマッスル化二日目

CP特注スイングアームを装着するので

大阪T号足回りマッスル化二日目リアサスロアマウントボルト変更 (4)リアサスのアッパーマウント側も

オフセットして取付け。

この3mmのオフセットが結構重要なんです。

これでリアサスも真直ぐになります。

大阪T号足回りマッスル化二日目リアタイヤホイール取付け (1)タイヤが入らないので

店のスロープを利用して

更にメインスタンドの下に

板を入れて車体を持ち上げました。

大阪T号足回りマッスル化二日目リアタイヤホイール取付け (2)60mm車体が上がるので

タイヤホイールが入らないし

メインスタンドも使えなくなりますが

メインスタンドは使えるようと考えます。

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (1)アゲインBSにリアブレーキマスターを

取付けて見ると、色々と問題も判明。

サブフレームを外に振った事で

マスター接続カラーのボルトが

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (2)サブフレームと干渉する事になった。

寸法を測定して加工範囲を考えて

カラーを削り、ボルトを交換すれば

サブフレームと干渉しなくなると思い

大阪T号足回りマッスル化二日目R側BS、ブレーキマスター取付け (3)カラーを加工してボルトも変更。

ボルトを入れる向きも変えて

サブフレームと干渉しなくなりました。

これでリア回りは一先ず完成です。


ハイパワーオイルポンプ試作

アゲイン製ローターケースとCP製ハウジング加工で他車種流用の

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (1)ハイパワーオイルポンプを

作ろうと思い、試作品が完成。

純正比49.5%増量、強化比14.5%増量。

新型オイルポンプは純正比35%増量です。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (2)画像左側は新型強化オイルポンプ

画像右は今回のハイパワーオイルポンプ

ローターさえあればまだ2mmぐらい

大きな物が使える事になります。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (3)取合えず試作品を組立てて

テストをする準備を整えます。

これをまず1号機に取付けて

油温の上昇をチェックしてみます。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (4)アゲイン&CPコラボ製品

ハイパワーオイルポンプの完成。

後はテストでどうなるかです。

流量が増えた分流速が早くなります。

CP&アゲインコラボ ハイパワーオイルポンプ (5)増えた分の流量がシリンダーヘッドに

上がりジャブジャブとオイルを流して

エンジンの熱を奪ってくれます。

ピストンクーラーの流速も上がり

ピストンも冷えやすくなりますが

オイルクーラーの流れが速くなるので

冷える前にエンジンに戻る事にもなりますが、結果はどうなるかお楽しみに。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月28日

イベント準備開始3

最近SNSなどでラーメンの画像をみると
何故か無性に腹が立つ!
画像を見ながら、「美味しそう!」「どんな味なんだろう」と
思いながら下唇を噛み締めてラーメンの画像を見ています。
なるべくラーメンの画像をインスタに上げないで欲しい。
特にS君とかのインスタには必ずラーメンが掲載されるので
20分ぐらい写真を見ている時があるわw


190327と28日の体重

月曜日の夜にフルコースとアルコールを頂いて

190327の体重少しリバウンドしましたが

アルコールのカロリーなんて

吸収しないので気にはしてなかったので

昨日の体重は直ぐに元に戻り

160328今朝の体重今朝計ると昨日から1キロ減!

禁ラーメン、たこ焼き生活の成果が

ボチボチ出て来たかな。

新元号発表までに目標二桁だったけど

平成中に目標二桁確定だな。


1号機油圧クラッチマスター交換

昨日の定休日はイベントに向けて1号機のカスタム。

1号機油圧クラッチマスター交換 (1)油圧クラッチマスターを

ニッシンからフランドーの

ラジアルタイプに変更して

サムブレーキの取付け位置を調整。

1号機油圧クラッチマスター交換 (2)あわ良くば、クラッチが軽くなればと

思っていたけど、期待するほどの

差は無かったのは残念だった。

でもフォーククランプのサムブレーキの

取付け位置も調整シロが出来たので良かったかな。

来週はブレーキマスターとNos装置の取付けに取掛かります。


ハイエースリアワイパー交換

フロントワイパーを交換して雨の日の視界も良くなったので

ハイエースリアワイパー交換190328 (1)リアワイパーももう寿命だったので

交換する事にしました。

もうゴムが逝かれて全然ダメで

こんな感じの筋が出来てます。

ハイエースリアワイパー交換190328 (2)で、リアも新しいワイパーに交換。

これでリアの視界も良くなります。

しかしまぁガラスに付いている汚れが

全部花粉だと思うと寒気がするわ!


沖縄A様シリンダーヘッド仕上げ

やる事が多過ぎて、先に簡単に仕上がる物から作業を進めて

沖縄N様シリンダーヘッド仕上げ (1)納品をしてしまいます。

新しくしたウエストバルブに

バルブスプリングを装着して

クロモリ強化スタッドボルトを取付けます。

沖縄N様シリンダーヘッド仕上げ (2)サクサクッと取付け完了です。

キャブレターの同調調整を

するであろうから、バキュームゲージの

アタッチメントを取付けるM5ビスと

沖縄N様シリンダーヘッド仕上げ (3)アルミワッシャーは取付けずに

交換した部品や他の部品と合わせて

一緒に発送致します。

大変お待たせ致しました。


大阪T号足回りマッスル化一日目

特注フロントフォークスプリングが入荷してきたので

大阪T号足回りマッスル化一日目 (1)今日から足回りマッスル化

作業を開始します。

タイヤはオーナーと相談して

ピレリースポーツデーモンにしました。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (2)早速JBマグタンにタイヤを

装着するのですが、ホイールは

中古品なので、チョコチョコ傷があります。

マグなので、タッチアップしておきます。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (3)取合えず前後ホイールにタイヤを

セットしたので、これで足回りマッスル化

部品の準備は整ったので

リアからマッスル化して行きます。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (5)リアブレーキディスクローター

取付けのボルトが少し長く

リアディスクフランジと干渉するのが

今更ながらに分かった…。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (6)ボルト穴はこんな感じなので

どちらを加工した方が良いか考えて

リアディスクフランジ側を加工した方が

今後ボルトを加工しなくても良いと言う

大阪T号足回りマッスル化一日目 (7)答えになったので、ボルトは無加工で

リアディスクフランジ側を加工して

リアディスクを取付けました。

これでタイヤホイールの準備は完了。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (8)次に車体側のインナーフェンダーを

取外して、スイングアームに

干渉しないようにカットをします。

綺麗なインナーフェンダーなので

大阪T号足回りマッスル化一日目 (9)少し勿体無いのですが

サクッとカットしてやりました。

これでスイングアームと干渉は

しなくなります。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (10)ステップやブレーキペダル

純正のリア周りを取外し

マッスル化パーツ取付け準備が

整いました。

大阪T号足回りマッスル化一日目 (11)取外したリア側フレームですが

よく考えたらタンデムステップが

無くなってしまいます…。

これはまた何か考えるとして

大阪T号足回りマッスル化一日目 (12)CPスペシャル角スチールスイングアームを

取付けて、CB750Fに使っていた

60mm長いリアサスを取付けようとしたら

何とまぁ長くて付かない?

大阪T号足回りマッスル化一日目 (13)取合えずリアホイールを

セットしたいので315mmのICONを

取付けようとしたのですが

結果サブフレームが内側に

入っている感じで干渉しているので

スイングアームにリアサスを取付ける事が出来なかった。

で、サブフレームを広げないとダメなんですが

センタースタンドスタンドは車高が60mm上がりどの道使えないので

サブフレームを広げて取付ける事をオーナーと相談したので

明日サブフレームを広げる事にします。


本日のご来店

カワサキTR350のエンジンが掛からなくなったと言う

カワサキTR350エンジン不動チェックお電話を頂き、本日ご来店となり

セオリー通り原因を調べます。

プラグに火は飛んでいるのですが

カーボンで真っ黒だったので掃除したら

素直にエンジンが始動してくれました。

キャブのオーバーフローもありそうで

カブっている事もエンジン不動の要因かも知れませんが

大事で無く安心しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月21日

右の鼻の穴死亡3

やはり今年は花粉の量が多いのか
僕の鼻の右側が逝ってしまった。
血液混じりの鼻水しか出ないし
出血もアスピリンのせいで中々止まらない
今年は結構辛いわ。


190321今日の体重

ひょっとしたら1キロの増減はうんこが出るか出ないか

190321今朝の体重だけのような気がしてきた。

今日の体重+日々の食事+暫く便秘=体重増加

体重増加−便通あり=体重1キロ減

これの繰り返しのような気がしてきた。

ここから考えると僕のうんこは1キロ出るって事になるなぁ。


千葉から陸送入庫

入庫時期未定で色々とご相談を頂いていた千葉のH号が

H様号千葉からの陸送入庫本日予定通り陸送にて入庫してきました。

エンジンフルO/Hの予定となってます。

車両は無事に受取りましたので

まずはご一報まで。


大阪H様セブンスターキャスト

前後タイヤが入荷してきたので、早速タイヤを装着します。

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (1)キャストですがセブンスターなので

エアー漏れする可能性があるので

チューブを入れます。

ハヤシキャストの再販は情報によると

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (2)早くて2.3年後と言う情報もあり

後はBO次第かも知れない。

前回の再販に5.6年掛かったのは

職人さんの怪我により遅れたと言う話もあります。

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (3)タイヤは入れ終わったのですが

PITはこんな感じで作業スペースが

ちょっと厳しいので、まず片付けから

レーサーを不動車コーナーに戻して

大阪H様セブンスターキャストタイヤセット (4)荷物を片付けて?置き場所を変えて

やっと作業スペースが出来上がりました。

取合えず部品が揃っている

リアホイールを交換する事にします。

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (1)リアタイヤの取外し準備をしていると

チェーンカバーは入庫時の雨で

汚れているのに、タイヤは綺麗です。

きっとタイヤワックスをしているのでしょう。

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (2)納車の時にでもオーナーに転倒のリスクを

説明する事にします。

アクスルシャフトが逆だとかは良いとして

トルクロッドにRピンが入ってないとか

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (3)スイングアーム側のボルトは

純正では無く、なまくらボルトな上に

当然割りピンも入っていない。

知らないとは言え、これは恐ろしい

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (5)オーナーは気を悪くするかも知れませんが

走る棺桶レベルなので、見て見ぬふりは

当然出来ませんし、次にこれを見つけた人が

何と思うか、仮に何かがあれば…

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (6)リアタイヤホイールを交換するだけで

これだけ問題が見つかるのも

実際よくある事です。

楽しいバイクライフがどうなる事か。

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (7)今回見つけた不具合箇所を

全て修正してタイヤホイールをセット。

アクスルシャフトも正規の方向から入れて

締め付けると…何とまぁ

大阪H様リアセブンスターホイール交換 (8)タイヤホイールが回らなくなる。

アクスルナットを緩めてみて

かろうじてタイヤが回転する程度…。

偽物セブンスターの中でも最悪な方だな。


黄色い君継続車検準備

狭いPITを空ける為にも仕事が速い物からやっつけるのですが

黄色い君継続車検準備彼の人間性の問題でしょうか

取合えず後回しになってますが

エンジンオイルだけでも先に

抜いておこうと作業を開始。

レデューサーが効いてオイルが出ないけど

きったねぇ真っ黒なオイルが出てきました。

今日は余り手を汚したくないので、これにて終了!


23号機スピードメーター配線

天気が悪いと作業に制限が掛かるので、何かと段取りが悪いです。

23号機デジタルスピードメーター配線 (1)そんな今日は時間が余ったので

23号機のデジタルメーターの配線を

仕方なくやっつける事にしました。

電源、ウインカー、ハイビーム、ニュートラル

23号機デジタルスピードメーター配線 (2)常時電源はキャンセルで

ギボシをセットして、ハンダ上げ。

デジタルメーターのカプラーに接続し

全ての配線を接続しました。

23号機デジタルスピードメーター配線 (4)後はタコメーターパルス配線と

速度センサーなどの整線をすれば

23号機の作業は完了になります。

PIT全体が片付いたら配線チェックをして

無理やりにでも納車したいと思います。


本日のご来店

鬼の居ぬ間に何とやら…で、息子が気を使ってくれて

190321孫ご来店 (1)孫を連れてご来店!

去年の結婚式に抱っこしてから

4ヶ月ぶりに孫を抱っこw

もうつかまり立ちも出来るようになった。

190321孫ご来店 (2)体重も増えて身体はムッチムチw

始めて親子孫三代の写真撮影。

まだ当分の間敵対者とは

臨戦態勢が続くと思います。

このブログを敵が目にしたら、息子はどえらい目に合うかも知れない

でも、皆に孫を見てもらいたいw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年03月19日

入庫ラッシュの始まり3

僕の友人が怪我で骨折をしてしまい
明日手術らしくて、瞬間接着剤を持って
お見舞いに行くつもりで準備をしていたのですが
スケジュールの調整がどうしても合わず
行けなくて動画が取れないのがとても残念で仕方が無い。


1キロの攻防

毎日の体重測定で、104キロから105キロを上下するだけで

190319今朝の体重104キロの壁をどうしても割らない。

もう胃はかなり小さくなっていて

ちょっと食べただけで満腹なのに…。

やっぱりアイスクリームがダメなのかな?


一先ず商談中

先日引き上げてきたマグナ250ですが

マグナ250商談中早速問い合わせがあり

一先ず商談中となりました。

乗っていた車両なので

調子は悪くない状態です。

ちょっとチョッパーなので、僕には運転し辛いですけどねw


入庫ラッシュ

昨日から始まった入庫ラッシュで、またPITが満タンになります。

入庫ラッシュの始まり黄色い君の継続車検入庫と

CB550F腰上O/Hに続き

CB400F足回りカスタムのご依頼入庫。

まずは持ち込まれた部品チェック。

Wディスク化するのですが、持ち込まれた部品だけでは足りません。

大阪H様用セブンスターキャスト本当はハヤシのキャストが

欲しかったらしいのですが

手に入らず、仕方なく偽物のセブンスター

これもリスクをオーナーに説明。

大阪H様用Wディスク用キャリパー固着W用のマスターも入っていないので

オーナーはポン付けだと

思っているかも知れない。

因みにキャリパーピストンは固着してます。

大阪H様W用フロントフォークチェック (1)次にフロントフォークをチェック。

今W用が中々手に入らないので

昔みたいに溶接して作るのが多いです。

熱で歪が出るので動きをチェック。

大阪H様W用フロントフォークチェック (2)その前にトップキャップボルトが

CB350F系の物が付いてました。

まぁこれはこれで貴重ですが

左右非対称ならちょっとねぇ。

大阪H様W用フロントフォークチェック (3)で、動きをチェックしてみたら

フォークドレンボルトから

フォークオイルが漏れ出した。

ダメだな…。

大阪H様車両入庫取合えず車両も入庫してきました。

逆車408cc77'モデルです。

ハヤシキャストもご注文頂きました。

取合えずそれまでの繋ぎでセブンスターを

装着して走るとの事で、リスクも説明致しました。

Wディスク化するにあたり不足部品もかなりあるので

部品の拾い出しと、速度メーター用のカラーも無いので作らないと。


コムアキ号用CB350Fスイングアーム改

フレーム塗装の色見本を送ったので、色が決まれば塗装に入ります。

コムアキ号用CB350F改スイングアーム (1)CB350F用スイングアーム改も完成。

タンデムステップ用ブラケットを

溶接して、さらにCB350F用の

スイングアームには無い

コムアキ号用CB350F改スイングアーム (2)グリスニップルも取付け出来るよう

台座を溶接してニップルの向きも

CB400Fと同じ様に仕上げました。

これで何時でも塗装に出せます。


23号機用デジタルメーター

いよいよ最終の仕上げになった23号機用の

23号機用エースウェルスピードメーターデジタルスピードメーターが出来上がり

後は配線を接続するだけで完成になります。

なので、サッサと納車させて下さい。

出来上がれば邪魔なんですw

23号機用速度センサーハンダ付け (1)取合えずセンサーステーを作って

センサーを取付けましたが

取付け角度など、実際に走行してみないと

振動などで、センサーが誤作動してしまう。

23号機用速度センサーハンダ付け (2)センサーの配線をハンダでくっ付けて

熱伸縮チューブで保護しました。

後はやる気さえあれば

メーター側の配線も作るのですが

23号機スピードメーター配線…なんでだろう…

全然やる気が出ないw

まぁ明日の定休日に色々とやる事もあるし

時間が余れば内職でもしようかなぁ。


1号機用サムブレーキ

ベビーフェイスに注文していた、フロントフォーククランプタイプの

1号機用フロントフォーククランプサムブレーキ入荷サムブレーキが出来上がって

入荷してきました。

受注生産なので2ヶ月ぐらい掛かりましたが

これでハンドル周りが多少スッキリします。

近日取付け予定ですが、そんな暇があるのかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月09日

定休日は何時も雨3

何時も家に帰ると駐車場から自宅までの間に
星空を眺めながら帰るんですが
昨晩は、西の空に上から真直ぐに
火の玉が落下してきたのを目撃した。
一瞬「あ!」っと思ったけど
多分小さな隕石だったんだろう。
嫁に言ったら「拾てこい」と言うけど
そんなもん拾えるかぁ!


190309今日の体重

こっそりダイエットをしている事が嫁にバレてしまい

190309今朝の体重嫁は何故か薄笑い…。

昨晩の晩御飯はご飯たっぷりの

オムライスだった…。

そこでご飯が多いとか言おうものなら

「もう作らん!」とキレられるので、仕方なく完食。

食後のヨーグルトを頂き、今朝の体重はヤバイと思っていたけど

まぁ横這い状態なので一安心。

この先どうやってデブ好きの嫁の罠をかわそうかなぁ…。


23号機ワイヤー類取回し

もう少しで完成予定の23号機、まだ部品が揃ってないので

23号機ワイヤー類取回し (1)今日はワイヤー類の取回しの

確認とセッティングを

やってしまいます。

アクセルワイヤーとクラッチワイヤーですが

23号機ワイヤー類取回し (2)少しでも取回しが悪いと

アクセルの戻りも悪くなり

クラッチも重くなるし

変な取回し方をすればかっこ悪い。

23号機ワイヤー類取回し (3)取合えず操作性重視で

ワイヤーの取回しをしてみました。

これで後はメーターが出来上がれば

灯火系のチェックを済ませるだけになります。


コムアキ号全バラ準備

今週PITスペースが空き、作業リフトも空いているので

コムアキ号全バラ準備 (1)このタイミングでコムアキ号の

全バラ準備をして行きます。

まずはエンジンオイルを抜いて

エンジンを下ろす準備から。

コムアキ号全バラ準備 (2)ついでにマフラーも取外しました。

作業リフトが今週しか空かないので

全バラの下拵えが終わったら

サクサクッと分解してしまうので

コムアキ号全バラ準備 (3)まずは外装を取外しました。

ETCやヘッドライトブースターなど

他の配線もあるので

それぞれ配線系統を分けて取外します。

コムアキ号全バラ準備 (4)取合えずメインハーネスを

フレームから取外しました。

他の配線はなるべくルートが

分かる様に取外します。

コムアキ号全バラ準備 (5)リアウインカーも取外したので

リアフェンダーも取りはずしました。

これで後はエンジンを下ろして

バラバラにするだけになりました。

後は天気次第かな。


ハイエースオイル交換

弟の都合が中々合わずハイエースのオイル交換時期が

ハイエースオイル交換190309 (1)少し遅くなりましたが

明日は天気が悪いので

夜勤明けの弟を呼び出して

例の如く強制作業!

ハイエースオイル交換190309 (2)エンジンオイルの量も6ℓなので

ペール缶も直ぐに無くなってしまいます。

そしてどうやら弟も自分の車の

オイル交換をするらしいのだが

ルークスオイル交換190309 (1)オイル代は作業工賃と相殺すると

言いやがった…クソが!

で、とっととハイエースのオイル交換を

終わらせて、自分の車のオイル交換準備。

ルークスオイル交換190309 (2)交換するエンジンオイルは

モチュール8100

クソ贅沢な車です。

強制的に幾らか請求する事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月18日

明日の営業時間3

【早仕舞いのお知らせ】
明日2月19日(火曜日)は兵庫県でお通夜の為
お店の営業時間は14時までとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが
ご理解の程よろしくお願い致します。


23号機部品加工

リアフェンダーを取付けて少しはフォアらしくなった23号機。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (1)今日からボチボチメーター周りの

加工取付けを始めて行こうと思います。

まずはキーボックス取付け穴をM6から

M8へ広げNC31のトップブリッジに合わせます。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (2)コックピットはあくまでもフォアらしく

フォア用メーターステーを取付けれる用に

ステーを出して、アルミカラーで

高さを調節したり、ステーに角度を

23号機イグニッションキースイッチ取付け (3)付けたりして、インジケーターの位置を

調節しますが、インジケーターカバー側も

加工が必要になります。

で、23号機用に用意したインジケーターが

23号機イグニッションキースイッチ取付け (4)何処に行ったか分からないので

お昼ご飯を食べてから探すと

あっさりと出てきたので

インジケーターの中身を入れて取付け。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (5)カバー側は加工しないと

トップブリッジに干渉するので

少し余分目に切り取ります。

まぁ10mmぐらいかな?w

23号機イグニッションキースイッチ取付け (6)チビッてカットすると後の処置が

余計に面倒なので、少し大目にカット!

一応10mmの目安の線を引いて

割らないように切取ります。

23号機イグニッションキースイッチ取付け (7)で、取付け。

良い感じです。

これでイグニッションキーと

インジケーターカバー、メーターステーの

23号機イグニッションキースイッチ取付け (8)取付けが完了しました。

インジケーターの位置を微調整して

一先ず完成したので



メインハーネス&電装部品取付け (1)メインハーネスを這わせます。

まだブレーキとクラッチスイッチの

配線も加工しないといけないけど

その辺は後からになりそうです。

メインハーネス&電装部品取付け (2)エアークリーナーBOXに電装部品を

取付けて、メインハーネスと接続。

マグネティックサブコードの

在庫が無かった事が分かり

メインハーネス&電装部品取付け (3)エアークリーナーボックスの

接続はここまでで終了。

セルモーターに配線を接続して

ASGサブハーネスも取付け完了。

メインハーネス&電装部品取付け (4)残りの電装部品で不足しているのは

ホーンとアース線、ヘッドライトソケット

マグネティックサブコードぐらいかなぁ

取合えずダイナコイルをセットして

メインハーネス&電装部品取付け (5)これで電装関係の仕上げは

7割程度は完成しました。

今度、届いたヘッドライトを

取付けてみてチェックしてみます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年09月02日

明日、明後日の営業について3

【明日、明後日の営業時間についてのお知らせ】
大型台風21号が明日明後日に掛けて
近畿地方上陸の恐れがある為
台風の進路及び暴風域によっては早仕舞い若しくは
臨時休業とさせて頂く場合がありますので
ご来店を予定されておられる方は
前もってご連絡をお願い致します。
因みに明日は事故修理車両のフレームが塗装から仕上がったので
引取りに行くので午前中は不在になります。
また、今ニュースで話題の逃走犯らしき人物が
枚方でひったくり事件を起こしているらしいので
台風に紛れて侵入したりする場合もあるので
店に泊り込むかも知れません。


北陸三県地酒対決最終戦

石川県の地酒セットかと思って

北陸三県地酒対決最終戦 (1)この三日間対戦していたのですが

昨晩対決した「玄」は富山県の地酒

まっきーみたいに結構な辛口で

インスタの馬刺しを肴に対戦。

北陸三県地酒対決最終戦 (2)画像の馬刺しに対抗して、我が家では

牛ヘレステーキを頂きながら

サクッと「玄」を退治したりました。

そしていよいよ最終ラウンドは

北陸三県地酒対決最終戦 (3)福井県の地酒「一本義」

これは昔から良く知っているお酒ですが

生酒と言う事もあり

余り味わった事の無いお酒でした。


名古屋AK号引取り納車

名古屋からほぼ毎週と言って良いぐらい

180902名古屋NKコンビご来店朝一からご来店のN様K様のコンビが

AK号お引取りにご来店。

交換した部品等の説明をして

お引取り納車が無事に完了しました。

次はN号の継続車検とエンジン腰上O/H等のご相談を頂きました。


大阪T様ご来店

CB650にお乗りの大阪T様、今回CB400Fをご購入されらしく

180902大阪T様ご来店キャブや足回りのカスタムの

ご相談にご来店頂きました。

足回りのカスタムに関しては

初めてのパターンになるので

色々と打ち合わせをして、リアディスク化は公認をとる事になります。

とりあえず来週、キャブの調整でご来店となりました。


香川F村号お引取り納車

予定通り作業が完了した、香川F村号をお引取りにご家族でご来阪。

180902香川F村号引取り納車 (1)作業用リフトからバイクを降ろし

久しぶりに作業用リフトが

空きました。

まぁ直ぐに次の車両が乗るんですがw

180902香川F村号引取り納車 (2)香川からエルグランド?

に乗ってお引取りですが

奥様とお嬢様はCPには

ご興味が無かったらしく

180902香川F村号引取り納車 (3)梅田でお買い物らしく

積込みのお手伝い。

座席を確保出来るように

車両を積込むのですが

きっとお嬢様からブーイング物だと思うと

男親の立場は辛いなぁと思います。


大阪K号継続車検

続いての入庫は大阪K号、継続車検の為入庫。

大阪K号継続車検入庫今週は台風やツーリングに

多血症治療など色々と個人的な

予定もあるので

来週中に車検へ行く予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年08月31日

香川F村号仕上げ3

最近自由人君を見掛けないので
ひょっとしたら…
第一発見者になりたくないので
誰かが見つけるか、生きて現れるか
どちらにしても放置して置きます。
出来れば、腐敗していない事を願います。


金沢地酒呑み比べ

息子の嫁の実家からお中元で届いた金沢の地酒と対戦開始!

金沢地酒日本酒呑み比べセット対戦一日目 (1)600mlの小瓶が6本で一升

これだけ種類があると

どれから退治してやろうかと

悩みますねぇw

金沢地酒日本酒呑み比べセット対戦一日目 (2)取合えず呑んだ事がない地酒の

「風よ水よ人よ」と対戦を

する事にしました。

フルーティーで呑み易くて美味しかった。

金沢地酒日本酒呑み比べセット対戦一日目 (3)次は定番の「立山」と対戦開始。

これは安定の味「立山」と

言った所ですね。

今晩はどれと対戦しようかなぁw


Z1000Mk競咼ニカウル

ETCツーリングの為に仮に取付けたビキニカウルですが

Z1000Mk競ウル交換 (1)こんな安物じゃなく

ちゃんとした物を付けたいと思い

色も揃えたいし、出来ればZ1R風に

したなぁとか考えながら

Z1000Mk競ウル交換 (2)某Yオクで探してポチッと購入。

色は全然違いますが

行く行くは色を揃えて

ラインを入れたいと思ってます。


香川F村号カバー類交換五日目

今日はETCの取付けをメインに作業を開始。

香川F村号ETC取付け (1)まずは本体を置く場所を決めます。

ウオタニのユニットもあるので

スペース的に考えても

ここぐらいがベストかなぁ…と

香川F村号ETC取付け (2)カードの出し入れなども考えると

ここしかないですねぇ。

ここにベルクロで固定しました。

で、配線を纏めて隠しました。

香川F村号ETC取付け (3)本体の場所が決まれば

後は何時もの感じで

インジケーターは見やすい位置に

貼り付けました。

香川F村号ETC取付け (4)アンテナは目立たない場所でも

通信に支障が無い場所に

ステーを製作して取付け。

これでETCの取付けは完了ですが

車検証が入ってなくセットアップが出来ないので

ご自分で量販店などでセットアップして下さい。

香川F村号オイルパン、フィルターケース、マフラー取付け (1)最後にオイルパンと

オイルフィルターケースを取付けて

これでカバー類の交換作業は完了。

エンジンオイルをどうするのか

香川F村号オイルパン、フィルターケース、マフラー取付け (2)何を入れるか伺って無いので

伺ってから入れる事にします。

マフラーも取付けが完了し

これで全ての作業が完了致しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月18日

回転式ガトリングマフラー3

今日の営業は午前中だけになり
午後からは私用を兼ねたツーリングに出掛けてきます。
ETC二輪限定ツーリングプランを利用して
名神・北陸道・京都縦貫道周遊コースを走って
私用を済ませて深夜に帰阪する予定です。
高速代3,000乗り放題でついでにSA巡りをしてきます。


Z1000Mk競泪侫蕁叱魎

ちょっと遊びで、銀ちゃんが以前DS400に取付けていた

Z1000Mk兇鵬鹽昭哀トリングマフラー装着 (1)回転式ガトリングマフラーを

取付けてみました。

あくまでも遊びなので

多分直ぐに飽きると思いますが

Z1000Mk兇鵬鹽昭哀トリングマフラー装着 (2)まぁネタ的に良いかなぁと思って

KER KERマフラーに

ピッタリだった事もあって

取付けてみただけです。


ほぼ直管なので、これはまずい音ですわ。


tanji号フロントタイヤ交換

早仕舞いの今日は営業開始時間を1時間早めて

名古屋tanji号フロントタイヤ交換 (1)9時からの営業開始で

tanji号のフロントタイヤ交換作業。

オーナーも早めにご来店下さったので

定刻よりも早めに作業開始となりました。

名古屋tanji号フロントタイヤ交換 (2)もう十分に元は取っているであろう

フロントタイヤ

ここまで使うと危険なレベルですね。

オーナーも前回ご来店の時には

名古屋tanji号フロントタイヤ交換 (3)次回タイヤ交換の予定を仰ってました。

オイル交換も合わせて作業している間に

純正シートロック蓋をご購入頂きました。

オーナーは蓋がある事もご存知では無かった。

名古屋tanji号フロントタイヤ交換 (4)シートロックを車体から取外し

ホコリまみれの内部を洗浄して

グリスアップしてから

蓋の取付けです。

名古屋tanji号フロントタイヤ交換 (5)サクサクッと取付け完了。

これが本来の姿です。

シャッターキーじゃないので

中にホコリが入りキーシリンダーの

名古屋tanji号フロントタイヤ交換 (6)磨耗に繋がるので

あるべき物はあった方が良いですよね!

付いているのと無いのとでも違いますね。

オイル漏れも少し酷くなってきたので

9月頃にエンジンO/Hの打合せをしました。


本日のご来店

今日は名古屋の方ばかりで、メッセンジャーでもベホリから問合わせがあったw

180818本日のご来店 (1)名古屋と言えばCB750Four

流石名古屋と言う綺麗なK1です。

ナンバープレートホルダーに

プラグゴムが入って無かったので入れました。

180818本日のご来店 (2)今日のご来店目的ですが

名古屋AK号の継続車検と

オイル漏れなどの修理と

部品交換などとダメだしのご依頼で入庫。

近日中に作業に取掛かります。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(2)