カスタム

2017年09月22日

姫無念のレッカー3

実家にフォアでサプライズ帰省した姫が
昨日実家から戻って来る途中の
龍野西SAでクラッチトラブルの為
無念のレッカー移動で帰って来ました・・・
トラブルの原因はクラッチレリーズが原因だった。
まぁ怪我も無く、合同ツーリングの時じゃなかったから
良かったとしましょう。


山形O号発電不良チェック

昨日あっけ無く火入れとなった山形O号の発電不良の原因調査。

山形O号発電不良調査 (1)朽ち掛けているレクチファイアーが

原因では無いとすれば後は

三相交流ステーターコイルの発電量。



山形O号発電不良調査 (2)測定すると三相とも

全然元気が無い事が判明したので





山形O号発電不良調査 (3)テスト用ACGと交換してみる事に。

これで三相交流の発電量を測定。





山形O号発電不良調査 (4)ビンビンに元気なので

レギュレーターは推定無罪。





山形O号発電不良調査 (5)バッテリー側でDCの発電量を測定すると

約14.9Vまで発電するので

レギュレーターも15V未満で制御しているので

これで無罪確定で、犯人は

ステーターコイル!君だ!!

リプロの在庫があると思っていたけど、無いので今日はここまで。


2017合同ツーリングの準備

来月開催されるオーナーズクラブ合同ツーリングに参加予定なのと

山中湖で開催されるヨンフォアミーティングにも参加予定なので

時間を見つけて、色々と準備を進めて行ってます。

2017合同ツーリングの準備 (1)ぎりスリップラインは出ていないロッソ

ですが、エアーが抜けるので

仕方なくタイヤ交換をする事にしました。



2017合同ツーリングの準備 (2)今回使うのはディアブロスーパーコルサ

レーサーで使っていた物ですが

まだ真ん中が減ってなくまだ公道では

十分使えるので、タイヤを交換するのですが

2017合同ツーリングの準備 (3)そのついでにフロントフォークを

仕様変更する為に、部品をかき集め

NC31のアウターに減衰カートリッジ付きの

インナーに組替えて交換する為に分解。

2017合同ツーリングの準備 (4)NC31のアウターは

クリアー塗装を剥がして

ブラストを当ててバフ仕上げ



2017合同ツーリングの準備 (5)インナーとカートリッジは整備して

Oリングやスライドメタルを交換し

SFKのオイルシールに交換します。



2017合同ツーリングの準備 (6)ボトムケースは軽くバフ掛け完了。







2017合同ツーリングの準備 (7)早速組付け開始。

サクサクッとカートリッジをセット

フォークオイルは#20を使用。



2017合同ツーリングの準備 (8)はい完成!

減衰のセットを少し間違ったかも・・・

まぁ何時でも修正出来るので

組付ける時にでも修正して組付けます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年09月01日

猫鳴き退治と明日の営業時間3

【明日の営業時間について】
明日9月2日(土曜日)は家族会議の為
遅くても15時には閉店予定となります。
ご迷惑をお掛け致しますが
宜しくお願い致します。
日曜日は通常営業の予定です。

クラッチからの猫鳴きに悩んでいたオーナーから昨日電話があり
先日送った部品クラッチアウターとセカンダリードライブギヤーを
全部交換して猫鳴きが収まったと報告を頂きました。
オーナーも結果を喜んでおられ
僕もこれでまたCB400F乗りの方の悩みが解消され
とても嬉しく思います。
どうせバイクを乗るなら、楽しく乗らなきゃね!


姫号ブレーキ強化

CB400のウイークポイントの一つであるフロントブレーキ

姫号フロントブレーキバッテンキャリパーに変更 (1)姫にオカマを掘られた時に思った事で

この先就職しここから離れる事になり

何かと守る事が出来なくなり

事故も心配事の一つなので

姫号フロントブレーキバッテンキャリパーに変更 (2)やっぱりちゃんと止まれるようにしないと・・・

ブレーキ鳴きが酷かったので

ダンピングシムを入れてありましたが

キャリパー変更に伴いこれは取払います。

姫号フロントブレーキバッテンキャリパーに変更 (3)バッテンキャリパー用サポートを

仮に取付けました。

なんと言っても拘ったのが

純正ディスクカバーが付く事です。

姫号フロントブレーキバッテンキャリパーに変更 (4)キャリパーサポートの強度的に

サポートはこのサイズになります。

その分しっかりと止まります。



姫号フロントブレーキバッテンキャリパーに変更 (5)個体差があるので1mmのシムで

フロントブラケットをディスクの

センターに取付けて締付けます。

ボルトの長さから2mm分のシムが

標準で付属しているので、、内側に一枚入れたら余った分は外側に入れて下さい。

シムが不要な車両もありますがボルトがディスクに干渉するので

クリアランスに注意して下さい。

姫号フロントブレーキバッテンキャリパーに変更 (6)純正フロントフェンダーはブレスが干渉するので

今回はブレスの無い純正の77'フェンダーに変更。

オリジナル度数も保たれます。



姫号フロントブレーキバッテンキャリパーに変更 (7)エアー抜きして交換完了。

当りはまだ付いて無いけれど

この時点で既によく効きます。

これで当たりが付けば

もうオカマを掘る事も無いでしょう・・・。


BMW納車前

明日オーナーの都合がよければ納車を予定しているBMWの磨き上げ。

BMW R100RS納車準備&試運転 (1)この車両を納車出来れば

スペースもかなり確保出来て

本来の作業に戻れると思います。

こんなに時間が掛かるとは思っていなかったので・・・

BMW R100RS納車準備&試運転 (2)シートやカウルなどの汚れを取り

納車の準備に取掛かってます。

カウルの塗装も浮いているので

多分シーズンオフには外装のリペイントや

BMW R100RS納車準備&試運転 (3)プチレストアも計画されているらしい。

とりあえずガソリンスタンドまで試運転。

1000ccの割りに車体も軽い

実走90,000キロの割にはパワーもあり

乗って楽しい車両でしたがブレーキがフォアのWディスクより効かない・・・。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2017年08月31日

BMWやっと仕上がり3

昨日は絶好のバイク日和
暑くも無く丁度良い感じの気温でしたが
僕のバイクは寝屋川での改造申請が長引き
残念な事に乗るチャンスを逃してしまった。
でも何だかんだとありましたが
どうやら担当の上司から謝罪も入り
無事に改造申請が終り、手元に戻ってきたので
これからのONシーズンにガンガン走れます。


久々の俺らー

ハイエースの修理がまだ終わらず、何かと不便なのですが

久々の「俺らー」 (1)久しぶりに「俺らー」へ行く時間が出来たので

一人で向かっている所に嫁から電話が・・・

「何処行くん?」「俺らー」「うわ!自分だけ!」

「そんなもん帰って来る時間が遅いがな」

久々の「俺らー」 (2)で、一人で久々の「俺らー」を堪能。

閉店10分前に行ったのに20分待ちだった。

相変わらず鉄板の味で満足して

帰宅しました。


BMW車検準備

まさかのヘッドライトで手間取ってしまったBMWの車検準備。

BMW復旧車検へ (1)ウエットブラストで仕上げた

フロントカバーを取付けて





BMW復旧車検へ (2)ガードカウルも取付けました。

後はヘッドライトなんだけど





BMW復旧車検へ (3)試しに洗浄液で洗って

パーツクリーナーで洗浄。

エアーブローしたけど



BMW復旧車検へ (4)余り変わらず・・・どうしようかと悩んで

マジックリンのガラスマイペットを入れて

お湯で洗い流してみたら



BMW復旧車検へ (5)割と綺麗になったので

車体に取付けて車検準備が整いました。

光軸を合わせれるように

カバーは付けません

BMW登録完了無事に新規車検が合格し

新しいナンバープレートを頂きました。

これから始まるバイクライフを

出来る限りサポートさせて頂きます。

1号機改造申請継続車検完了

影で色々な圧力が動いているのかどうかは定かではありませんが

1号機改造申請継続車検170831 (1)1号機の改造申請と継続車検が

無事に終り戻ってきました。





1号機改造申請継続車検170831 (2)幅、高さ、排気量、ブレーキの変更をして

これで違法改造車ではなくなりました。


姫ソロ練習

お昼頃にご来店した姫は、今日もソロ練習に

170831姫ソロ練習外道女のフロントブレーキが何かと心配で

またオカマを掘るかも知れないので

CP製バッテンキャリパーサポートと

バッテンキャリパーを付ける事にします。


悩み多きS号入庫

エンジン不調でまた入庫して来たS号

悩み多きS号入庫 (1)CRキャブのセッティングをチェックすると

かなり濃いのでJNのクリップ位置と

MJは#115が入っていたので

#105に変更してみた。

悩み多きS号入庫 (2)念の為実圧縮圧力を測定

全て1.25Mpaあったので

エンジンは問題無さそう。

点火系若しくはCRキャブに

問題があるかもしれないので、またお預かりになりました・・・



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年06月22日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日6月23日(金曜日)は都合により
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


31年目の結婚記念日

昨日は結婚してから30回目、31年目の結婚記念日だったので

170621結婚記念日 (1)嫁と二人で外食してきました。

微妙な感じで無言の乾杯・・・

特に昔話を語らう事も無く

話題は息子の結婚相手の話題。

170621結婚記念日 (3)良いお肉はお腹にもたれるので

少しだけにして、あっさりとした

馬刺しとユッケがメインだったりw

帰りにはケーキ屋さんに寄って

31年目の結婚記念日は無事終了。


三重U号フロント周り

今日は雨も降らないのでPITも広々と使えるので

三重U号フロントタイヤホイール交換準備 (1)予定通り三重U号の

フロント周り分解作業。

まずはスポークホイールから

キャストへ移植する部品を取外し

三重U号フロントタイヤホイール交換準備 (2)キャストホイールへ移植。

これで交換準備は整いました。

ここからが余分な作業になり



三重U号フロントフォークOH (2)フロントフォーク交換作業になるのですが

フェンダーやキャリパーサポートの

ボルト関係が全部短いボルトが

入っていたので、これも交換となります。

三重U号フロントフォークOH (3)フロントフォークを取外しました。

丁度良いタイミングで

フロントブレーキマスターも

入荷してきました。

三重U号フロントフォークOH (7)フロントフォークを分解して

インナーをチェックすると・・・

うひゃー!これは酷い傷です。

修正できるかなぁ・・・

三重U号フロントフォークOH (9)とりあえず凸ってる部分を削り

ホークシールに傷が入らないように

処理をしましたが

ガッツリ凹傷が残りました。

三重U号フロントフォークOH (10)バフで表面を仕上げて

凹の境目を慣らしてみました。

これで漏れなければラッキーと

思うしかないです。

三重U号フロントフォークOH (12)新しいシールに交換して

フォークオイルを入れて

フロントフォークのO/Hが完了。



三重U号フロントタイヤホイールセットサクサクッとフロントホークを組付けて

タイヤホイールをセットしました。

アルミホイールになり重量も

かなり軽くなりました。

三重U号フロント周り仕上げ (1)やっと届いたブレーキマスターを取付け

ブレーキフルードを入れてエアー抜き

ラジアルマスターなので

握りこみが独特になりましたねぇ

三重U号フロント周り仕上げ (2)ヘッドライトケースを取付けて

配線を繋ぎ、これで後はバックステップを

取付ければ完成となるのですが・・・

とりあえずセパハンの取付け位置や

三重U号灯火系チェックライディングポジションのチェックと

灯火系のチェックを済ませました。

久々にエンジンに火を入れてチェック。

また慣らし運転が始まります。

三重U号アルミエンジンハンガーとバックステップ用ボルト (1)で、バックステップを取りつけるのですが

左からバックステップ用ボルト

アルミエンジンハンガー用ボルト

一番右が両方を使う場合のボルトになります。

ここまではちゃんと用意をしてあったので

三重U号アルミエンジンハンガーとバックステップ用ボルト (2)これで完成すると思っていたのですが

リアーエンジンハンガー用ボルトも

長い物に交換しないといけない事を

すっかり忘れていたので

今日はここまでとなってしまいました・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月13日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
6月15日木曜日は都合により臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが
よろしくお願い致します。


雪国号納車

車検整備でお預かりした雪国号が本日納車。

雪国号納車2017オーナーがご来店され

また自走で長野県まで帰ります。

休憩しながらでも6時間

長野の夕暮れは寒いらしいです。

お気を付けてお帰り下さい。

そして丁度タイミング良く、箕面K号のオーナーもご来店され

調子が良くなったK号をお引取りになられました。

あ!しまった!!

雪国号オーナーに車検証を渡すのを忘れてた!

送ります・・・


山形O号部品チェック

入梅してから雨が降らないので今の内に

山形O号部品チェック (1)山形からやって来た408の

部品チェックに取掛かれるようになった。





山形O号部品チェック (2)山積みになっていた部品を

PITに並べて部品チェック。

ザックリと仕分けに取り掛かります。

フロントフォークはどう仕上げようか・・・

山形O号部品チェック (3)黒物は全部揃っているよですが

絶版部品のゴム類やカラー

ボルトなどが見当たりません。



山形O号部品チェック (4)ダブっている部品も何点かありましたが

肝になる部品がないので

メインスタンドのスプリングが掛けれない。

出せる部品は出して自立させたいなぁ・・・と

山形O号部品チェック (5)スピードメーターはリビルド?

細かい打合せを全然してないので

見積もりを作るにも何も出来ない状態。

ハンドルはF1?F2?

山形O号部品チェック (6)ブレーキ関係の部品と

エンジン関係のボルト類やオイルシール

Oリングなどはほぼほぼ揃ってますが

エンジンをどうするのかも決まってません。

山形O号スタンド取付け (1)とりあえず作業を進めて行く事にします。

確認の為メインスタンドシャフトを取外しました。

やっぱりグリスが塗られてないので

グリスアップしてから取付け。

山形O号スタンド取付け (3)メイン、サイドスタンド共にスプリングをセット。

リプロ品のブリーザーパイプガイドも取付け

トルクロッドが無いのでアゲイン製か

純正再メッキかどちらにしようか・・・

山形O号エアークリーナーボックス取付け (1)次にエアークリーナーボックス

ブリーザーチャンバーが

見当たらないのですが

ダイレクトで大気開放でも良いかなぁ・・・

山形O号エアークリーナーボックス取付け (2)新品のゴム類をセットして

フレームに組付けました。





山形O号エアーダクト、インナーフェンダー取付け (1)エアーダクトとインナーフェンダー

かなり汚れているので

洗浄します。



山形O号エアーダクト、インナーフェンダー取付け (2)アフター、エアークリーナーボックスの

エレメントシールゴムは

宝物庫から出しました。

インレットバンドは再メッキ品と交換。

山形O号エアーダクト、インナーフェンダー取付け (3)ネットは見つからないので

これもリプレイス品を付ける事に

なると思います。



山形O号自立 (1)ローリング用仮リアホイールを

取付けて、不動車コーナーから

下ろして作業を進めます。



山形O号自立 (2)念の為、トップブリッジを取外して

ベアリングのグリスをチェック。

問題無さそうなのでこのまま締付けて

ローリング用フロントフォークをセット。

山形O号自立 (3)同じくローリング用フロントホイールもセット。

ハンドルもローリング用を取付けました。

ここからは部品があれば

早いよ!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月03日

今月のPIT状況3

脳梗塞で倒れた友人と昨晩連絡が取れました。
まだ血圧がかなり高いのですが
ICUに入って居るわけででも無いそうなので
とりあえずは一安心。
また死に損なったなぁと言うと「お互いやな」と言われた。
病院に賑やかしの見舞いに行くわと言うと
付き合いの長い彼は「来るな!」と言うw
どうせろくでも無い見舞いになるのは
よく分っているからだろうな・・・残念w


今月のPIT状況と作業状況

不動車コーナーに銀ちゃんRを置くスペースが確保出来た事なので

銀ちゃんR号不動車コーナーへ移動レースが終わった銀ちゃんRを

暫くここで休ませる事になりました。

次の出動は何時になるのかなぁ?



雪国号バッテリー充電雪国号もバッテリーを一晩充電しましたが

どうやらこのバッテリーでは

電圧が低く、光量が厳しいと思われるので

新しいバッテリーに交換する事にします。

後は部品待ち状態の三重U号と今日から本格的に作業に取り掛かる

滋賀N号が作業リフトに乗ってます。

後輩の友人S号の入庫タイミングが未定。

山形のO号の作業スペースがかなり必要になりそうなぐらいと

14号機フレームの修理状況、エンジンO/Hが3基と言う具合になってます。


滋賀N号リフレッシュ作業開始

やっと今日から作業に取掛かる滋賀N号。

滋賀N号仕様変更と電装系リフレッシュ (1)外装を取外して

ハンドル交換と

電装系リフレッシュ準備。



滋賀N号仕様変更と電装系リフレッシュ (2)ポジション的に乗るのが辛いので

F1ハンドルに交換。

ハンドルスイッチ類もテーピングだらけで

信頼性が低いので、新品に交換。

滋賀N号仕様変更と電装系リフレッシュ (4)サクッとF1ハンドルにチェンジ完了。

ワイヤー類も全て交換。

ブレーキも純正マスターに交換予定。



滋賀N号仕様変更と電装系リフレッシュ (6)メインハーネスも取外しました。

少し部品が足りないので

組付けは部品が入荷後になりそうです。

出来る範囲は先に仕上げる事にします。


本日のご来店

ホリデー車検先から電話が入り、光量不足で通らないと

K様ヘッドライト車検対応ヘルプコールを頂いたK様がご来店。

ヘッドライトをシビエに交換し

バッ直スイッチを取付けて

無事に継続車検に合格されました。

T様オイル交換 (1)悩み多き街道レーサーT号もご来店。

エンジンの調子が良くなり

高速道路を走ってきたら

エンジンからオイルが漏れてきたと

T様オイル交換 (2)ご相談にご来店。

まぁ我慢出来る所まで我慢しましょう!

とりあえずオイル管理をする事を勧めて

オイル交換。

T様オイル交換 (3)すると今度はドレンボルトの

ねじ山が上がっており

シールテープで誤魔化されていた事が判明。

次回オイルパン交換と言う方向になりました。

もう何があってもビックリしなくなったそうですw

170603本日のご来店とんでもない状態から1年ほど掛けて

自分で仕上げたと言うGPzに乗ってご来店。

車両を拝見させて頂きましたが

苦労の痕跡が分ります。

都合が合えば一緒にツーリングに行きましょう!



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年05月29日

心体笑快者3

筋肉痛は無いけど、この疲れと脱力感・・・
不本意な成績に終わった悔しさもあるけれど
これはレース、だが仲間達と楽しく過ごし
お互いが技術向上、タイムを縮める為に
切磋琢磨した結果、僕も公式自己ベストを更新したが
仲間がそれ以上に技術とマシーンのスペックを
上げて来たと言う事だろう。
またこれで来年に向けてやる事が増えたなぁ。


柏原産白ワインと対戦

鉄の肝臓の数値が劇的に改善されているのと

柏原産白ワインと対戦&退治 (1)レース前夜祭、反省会と飲み通しだったので

昨晩は肝臓を休ませる為に

優しい柏原産の白ワインと対戦開始。

若いワインですが口当たりがよく飲みやすい。

柏原産白ワインと対戦&退治 (2)なので、気が付けば

ペロッと全部飲んで退治してしまった。

嫁が味見したかったらしいのだが

今回は残念でした。


7号機継続車検リベンジ

納税証明書の期限が明日までなので

7号機継続車検リベンジ2017年5月 (1)今朝は早起きして何時もの京都南へ

ヘッドライトの光量が心配だったので

バッテリーを充電し、仮ナンバーを付けて

自走で向かいました。

7号機継続車検リベンジ2017年5月 (2)偶然友達のバイク屋さんも

CBX1000の継続車検に来ていたのですが

残念な事にヘッドライトで落とされた。

そんな僕は今回一発クリアー!

7号機継続車検リベンジ2017年5月 (3)店に戻って現状復旧。

イベント仕様に戻しました。

またこれで山中湖へ向かいます。



7号機継続車検リベンジ2017年5月 (4)バッテリーの為にも車両維持の為にも

乗る事が一番のメンテナンス。

これでまた2年公道を走れるので

弟を誘ってツーリングに出るようにします。


三重U号部品待ち

アルミホイールやブレーキマスターなどの部品入荷待ちですが

三重U号ハンドル周りとACGカバー (1)遊んだ分作業をサクサク進めます。

まずはハンドル周りの

仕上げ作業から取掛かります。



三重U号ハンドル周りとACGカバー (2)ハンドルスイッチ配線接続

ワイヤー類のセット完了。

少し長いなぁ、F1より短いワイヤーは特注。

これで後はブレーキマスター待ちとなりました。

三重U号ハンドル周りとACGカバー (3)オーナーから送られてきたACGカバー

付いていた物は色目が悪いので

こちらと交換となりました。



三重U号ハンドル周りとACGカバー (4)ACGカバーの下側には

転倒による傷があるので





三重U号ハンドル周りとACGカバー (5)出来る限り傷を慣らしてから

ウエットブラストで仕上げます。





三重U号ハンドル周りとACGカバー (6)まぁこんな感じで

ほぼほぼ傷は分らなくなりました。

これを交換。



三重U号ハンドル周りとACGカバー (7)ACGカバーの交換完了。

コイル取付けボルトは

ちゃんと締まってなかったので

交換して良かったです。

三重U号外装関係仕上げ (1)R側のカバーも取付けました。

バックステップも入荷待ち状態なので

今日の作業はここまで



三重U号外装関係仕上げ (2)サイドカバーとタンクを乗せて

妄想用画像を撮影。

部品が入荷すれば

完成まであと少しです。


14号機作業準備

三重U号の作業も見えて来た所で

14号機作業準備やっと14号機の作業に取掛かれそうになり

不動車コーナーから下ろした14号機。

明日から作業に取掛かろうと思ってます。

お待たせいたしました。


本日のご来店

ご近所の方で、中学生の頃事故に遭い

ご近所のカスタム電動車椅子 (1)車椅子生活を余儀なくしていますが

身体障害者ライフをされているH氏

でも決してマイナス思考ではなく

活発な方です。

ご近所のカスタム電動車椅子 (3)この車椅子はアメリカ製で

価格は国内398のフルレストア車が

楽に購入出来る車両で

速度もかなり出る代物です。

ご近所のカスタム電動車椅子 (4)また凄く多機能で

カスタムパーツも豊富にあるらしい。

これでも最上級品と比べると

ワンランク下らしい。

僕も欲しいわ!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月30日

大忙しのGWがスタート!3

今日はさいとうさんと来月末に開催される
鈴鹿ファン&ランの打合せ。
初出場になるさいとうさんに
事前の段取りや注意事項などを説明して
安全にレースを終える事を目標にしてもらいます。
12日、22日の練習後の作業予定も日程に組込んで
マシーンの最終チェックを済ませる予定です。


大阪H号フロント周りカスタム

中々日程が合わず延び延びになってしまったカスタム作業。

大阪H号フロントフェンダー交換 (1)今日やっと作業に取り掛かれる

フロントフェンダー交換作業と

スタビライザー取付け



大阪H号フロントフェンダー交換 (2)アゲインのスタビライザーを取付ける場合

フロント周りは全部分解しないと

取付けが出来ないので

丁度良いタイミングです。

大阪H号フロントフェンダー交換 (3)スタビライザーを取付けて

最近人気のCJフェンダーを取付けました。

キャストホイールにCJフェンダーで

レーシーな感じに仕上がりました。

エンジンオイルも交換して、これからの少ないバイクシーズンを楽しんで下さい。


姫号継続車検整備

姫がCB400を購入してから1年ちょっと経過して

姫号2017継続車検整備 (1)継続車検の時期になりました。

んー・・・僕のカメラの明暗調整も

おかしくなってしまってもう限界だな。

姫号も女の子の日が目立ち

姫号2017継続車検整備 (2)時々お漏らしをするので

怪しい所をチェックしたのですが

腰下全体が酷くオイリーなので

場所が特定出来なくて、暫く様子を見ます。

姫号2017継続車検整備 (3)多分エンジンオイルも納車後

初めての交換になると思います。

マメに交換するのは当たり前なのですが・・・

今後しっかりと調教する事にします。

姫号2017継続車検整備 (4)三代目さんから進呈された

再メッキされたエキパイを装着。

これで魔性の姫号のマフラーが

綺麗になりました。

姫号2017継続車検整備 (5)ブレーキフルード2年物。

普段から何かと手を掛けているので

特にこれと言った不具合も無いので

軽いメンテナンスでOKです。

姫号2017継続車検整備 (6)連休明けに継続車検に行ってきます。

5月から毎週車検になりそうな勢いなので

行ける時に行っておかないと

えらい事になりそうです。


三重U号エンジン下拵え

連休明けにとのんびりと考えていたのですが

三重U号エンジン下拵え (1)作業台のスペースの関係で

三重U号の下拵えを先に済ませて

作業台のスペースを確保します。

アッパーケースの下拵え完了。

三重U号エンジン下拵え (2)ロアケースも下拵えが完了。







三重U号エンジン下拵え (3)後はこの細々した部品を

洗浄して片付ければ

作業台にスペースが出来ます。

これでぐっさん号のキャブの

分解チェック作業が出来る様になりました。


大阪S君号車両チェック

後輩の友人が乗る国内408の現状チェックのご依頼で

大阪S君号車両チェック (1)ご来店されたS君の車両。

例の如く間違い探しをすれば

キリが無いぐらいの車両で

ロッカーアームの誤組み音がするエンジン・・・

大阪S君号車両チェック (2)シフトチェンジがやりにくいと言うので

見ると、例のよくある間違い。

本人はまさか自分の車両が間違っているとは

思いもしなかったらしいよ。

大阪S君号車両チェック (3)クラッチも切れていないので調整。

信号待ちでニュートラルに

入らないぐらい半クラ状態でした。



大阪S君号車両チェック (4)トルクロッドの取付けボルトには

割りピンが入っていません。





大阪S君号車両チェック (5)クッションゴムも何時もの間違いと

Rピンもナシ。

試運転すると取り回しが重たいので

ステムナットの締め過ぎと

大阪S君号車両チェック (6)案の定、空気圧が低い・・・

せっかくのBEETキャストが

勿体無い事になってしまいます。

その他にも沢山・・・

大阪S君号車両チェック (7)メインハーネスの取り回しも

よくある間違い、整備ミスのオンパレード

フロントブレーキも調整不良でした。

PITが開き次第入庫予定となりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月23日

出頭3

枚方警察から呼び出されていたので
昨日出頭し、僕としての姿勢を伝えた上で
お話合いをしていたのですが
最終的に僕の一番嫌いなタイプの方が
横からしゃしゃり出てきてお話し合いは決裂。
僕としては紳士的に話をするつもりだったのですが
「帰れ!」と言われたので、仕方なく帰りました。
一番可愛そうなのは、間に挟まれたその方の部下でしょうね。


祝い酒極の黒と対戦開始

21日の夜は祝い酒2本勝負の1本目。

祝い酒極の黒と対戦開始九州限定の「極の黒紫芋」と対戦開始。

大阪から心を込めての祝杯です。

良いタイミングでこの焼酎と

対戦が開始出来たと思います。


黄色い号継続車検

前日の雨で車検スーパー晴れ男継続も危ぶまれましたが

黄色い号継続車検2017 (1)昨日は天気も回復して車検晴れ男継続中。

久し振りの京都南の駐車場には

僕専用の駐車スペースまで出来ていた。



黄色い号継続車検2017 (2)年度末なので、込み合ってましたが

意外とサクサク進み

光軸も全て一発クリアーで



黄色い号継続車検2017 (3)無事に継続車検を取得。

この不細工な検査証ステッカーに

透明シールを貼るのですが

そのまま貼るとはみ出るので

透明シールの合わせマークの所でカットして貼ればOKです。


自由人君も出頭

CPに出頭するようにと自由人君にも

20170323自由人君出頭 (1)呼び出し命令を出していたので

彼も素直に出頭して来た。

これから数日間、強制労働の刑です。

今日は寒いとぼやいてましたが

20170323自由人君出頭 (2)僕は帰れとは言わず

「甘えるな!働け!」と言って

まぁ今日は仕方が無いので

店の中での強制労働にしてあげました。

特命Y崎号アッパーケース洗浄特命Y崎号エンジンのアッパーケースを

ブラスト仕上げしようと洗浄してるんだけど

エアー圧が足りなくなるので

今日からポート研磨優先での作業になります。


ジャイアン号用スピードメーターギヤーO/H

明日にはジャイアン号の内燃機加工が終わって戻って来る予定で

平面研磨に出しているブレーキディスクも仕上がって来るのですが

ジャイアン号用スピードメーターギヤーOH (1)ディスク板は塗装に出します。

その下拵えでメーターギヤーを

O/Hしてしまいます。

サクサクッと分解して

ジャイアン号用スピードメーターギヤーOH (2)サクサクッと部品の洗浄と

ついでにギヤーボックスを

軽くバフ仕上げしてみました。

これを組立てます。

ジャイアン号用スピードメーターギヤーOH (3)サクッと組立て完了。

明日からはエンジンの

組立て作業に入るので

こう言う細かい所は今の内に!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月05日

開店前の男と最強レベルの雨男3

せっかくのの日曜日なのに
昨日の天気は一体何だったなんだと
思うぐらい今日は冷たい雨。
昨晩は久し振りに閉店間際にも関わらず
4組の方がご来店となり
帰る時間も久し振りに遅くなった。


開店前の男

この所夜勤続きで閉店前に来れなくなっている銀ちゃんですが

170205の開店前の男お店が開く前の時間が丁度

夜勤明けの睡眠前になるので

開店前の男になってます。

今日もレーサー2017年仕様変更の為に

開店前から作業に勤しんでます。


茨木T号カバー類ブラスト一日目

幾ら待っても来るはずのさいとうさんが来ないので

茨木D号カバー類ウエットブラスト一日目 (1)昨日お預かりしたフォアの

エンジンカバー類のブラスト作業を

ボチボチとする事にしました。

まずはL側から

茨木D号カバー類ウエットブラスト一日目 (2)サクサクッとブラスト完了。

ガスケットとボルト類も交換しました。

そんな事をやっていると

こっそりさいとうさんがやって来たので

茨木D号カバー類ウエットブラスト一日目 (3)今日の作業はここまで

明日の準備の為エンジンオイルを抜いて

オイルパン、フィルターケースと

クラッチカバー、ヘッドカバーの順番で

作業を進めて行く事にします。


心折れる雨男

先週までは「雨が降っても朝から来ますわ!」と

豪語していたさいとうさんも、流石に今日の雨には心が折れたらしく

車でご来店して来たので「あかん!バイクに乗り換えて来い!」と

さいとう街乗り号リア足回り変更 (1)強制的に帰宅させ

その間に、サクサクッと作業を

進めれる様にタイヤホイール交換の

準備に取り掛かります。

さいとう街乗り号リア足回り変更 (4)新しいタイヤとアルミリムに

CB350F用スイングアームに

520コンバートチェーンセット

新しいバックステップを準備して待ち構えます。

さいとう街乗り号リア足回り変更 (1)雨も上がり出して、バイクで

で戻って来たさいとうさん。

この雨のせいでメンタル的に

少し凹んでいる感じです。

さいとう街乗り号リア足回り変更 (2)リア周りを全部取外して

バックステップも新しく購入した物に

交換となります。

結局リアサスはそのまま使う事に・・・

さいとう街乗り号リア足回り変更 (3)CB350F用スイングアームと

GB400のハブとアルミリム一式

タイヤも新品に交換。



さいとう街乗り号リア足回り変更 (4)スプロケットも530から520にコンバート。

カスタムとしてはかなりの物です。

エンジンはノーマルですが

峠はそれなりに楽しく走れる仕様です。

これで後1.2回サーキットを走る頃には

17号機さいとうRも完成する予定です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

新年会のお知らせ3

【新年会のお知らせ】
忘年会に参加出来なかった方からの強い要望で
新年会を開催する事に決まりました。
日程:2月11日
時間:19時から開始
場所:何時もの十笑 〒573-1178 大阪府 枚方市渚西2-32-6
参加される方は10日までに参加
表明をお願い致します。


試作品とか

今日は午前中に予定通り事故調査会社の方と弁護士先生とで

170203のお熱現場で事故の状況を説明してました。

ひょっとすると、交通事故では無く

刑事事故扱いになる可能性もありそう。

そうなると大逆転の可能性も・・・

まぁ調査報告書待ちと言う所です。

熱もすっかり下がり、今日は絶好調!

これが僕の一番調子が良い体温ですw

IP7用携帯オリジナルケース試作携帯電話ケース?カバー?の試作品で

CPロゴとタンクとサイドカバーの

文字を入れてタンクカラーで作ってみました。

各機種対応ですので

ご希望の方はご連絡下さい。

バッテンキャリパーOHブラストバッテンキャリパー企画も

順調に進んでいます。

近日中には試作のキャリパーサポートが

出来上がってきます。

ACGカバーBこれは頼まれ物ですが

ダイナモカバーBの一点物。

こんなのも作れます。

栓抜きは懐かしい昔の栓抜きw

170203銀ちゃんご来店 (1)夜勤中の銀ちゃんも久々にご来店。

レーサーの足回りを変更する準備の為

部品を集めて整備中です。

また早くなるのかねぇ・・・


三代目号カスタム

2017年仕様に変更中の三代目号の作業に取掛かります。

三代目号カスタムエンジンガード取付け (1)まずは、付いている事で

もしもの時に役に立つ

タロッティエンジンガードの取付け。



三代目号カスタムエンジンガード取付け (2)サクッと取付け完了。

僕は見た目も良いので好きですが

メンテナンス性は少々悪くなります。

でも、エンジンガードが守ってくれる

メリットの方が大きいと思ってます。

三代目号カスタムエンジンガード取付け (4)次にアクセルワイヤーの交換。

カスタム前に使っていたF1用で

少し錆も目だって来た事や



三代目号カスタムエンジンガード取付け (5)FCRに変更した事により

ワイヤーが少し短くなり

ルートを少し変更しなくては

ワイヤーが届かない事もあったりで

三代目号カスタムエンジンガード取付け (6)少し長いアクセルワイヤーに

交換する事にしました。

これでルートも正規のルートを通せて

少し余裕が出来ました。

エンジンの増し締めは週末の作業予定が詰まっているので

月曜日以降に作業予定です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2017年01月31日

名古屋へ納車からの夜会3

170131今日のお熱残念な事に今日も
熱が下がらなかったけど
名古屋の最悪コンビに
「残念な奴だと」言われるので
出来る限りの準備をしてから
納車へ向う事にしました。
まぁ明日は定休日なので
ゆっくり出来るからね。
明日は「俺らー」へ
絶対に行かないとダメからね。


大阪H号フロント側カスタム

不足していた部品が入荷して来たので早速作業。

大阪H号フロントキャスト交換ブレンボブレーキ (1)先ずはHリムを取外して

アクスルシャフトとメーターギヤーを

取外してハヤシキャストに

移植する準備。

大阪H号フロントキャスト交換ブレンボブレーキ (2)ハヤシキャストにはアゲインの

ブレンボ用ディスクを取付けて

セット完了。



大阪H号フロントキャスト交換ブレンボブレーキ (3)このタイミングでキャリパーも

サクサクッと交換して

ホイールをセット



大阪H号フロントキャスト交換ブレンボブレーキ (4)フルードを入れてエアー抜き。

これで今回、大阪H号の

カスタムが完了しました。

予定通り週末に納車が出来ます。


コムアキ号納車

名古屋に仕事でやって来る小室さんと

コムアキ号納車準備完了今夜、夜会があるので

そのタイミングでコムアキ号の納車。

まぁどっちがメインなのかは定かで無いけど

どの道アルコール抜きなので

今夜中に帰ってきます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月28日

お熱下がらず・・・3

170128のお熱相変らず熱が下がらず困ってますが
ドーピングしながら何とか
身体を動く様にしています。
小さい時から平熱が35.5度ぐらいなので
37度の熱はかなり辛いのです。
なので36.5度は微熱になります。
インフルエンザに感染した記憶は
2.3回ぐらいですが
39度以上の熱が出ると
多分死ぬんだろうなぁと思うぐらいです。
今食欲も落ちていて
最近調子に乗って102キロに
体重がリバウンドしたのが、この熱のお陰で97キロまで減りました。
MAX体重から比べると11キロも減った事になります。
明日は車両引取り、明後日は足の定期健診、明々後日は車両納車の予定なので
何とか熱だけでも下げたいですねぇ。


大阪H号カスタム入庫

フロントブレーキの部品がまだ揃っていないのですが

大阪H号カスタム (1)今日予定通り足回りのカスタムで

入庫して来た大阪H号の作業。





大阪H号カスタム (2)足回りはHリムから

ハヤシキャストに変更。

リアのHリムを取外し



大阪H号カスタム (3)ハヤシキャストに部品を移設して

交換準備完了。





大阪H号カスタム (4)これでリアの足回りの変更が

完了しました。

フロント側はアゲインブレンボの

入荷待ちなので入荷後に作業予定です。

大阪H号カスタム (5)次にクラッチを8ディスクに交換。

エンジンオイルはこの前

交換したばかりなので

車体を大きく傾けて作業。

大阪H号カスタム (6)ノーマルクラッチから

8ディスクに交換完了。

スプリングはバネレートの低い物に交換して

クラッチを軽くしました。

大阪H号カスタム (7)時間も余ったので

ついでにシリンダーヘッドの増し締め

今回も特に緩みはありませんでした。

週明けには不足部品も入荷してくると思います。

明日は午前中車両引取りに出てますが

弟が店番をしていますので、通常営業です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月23日

2017年仕様の妄想者達3

今日から暫くの間、カスタム等の
ご依頼入庫が続きます。
クイック作業も出来る様に作業スペースは
確保してありますが、天候に左右される場合も多く
出来れば事前にご連絡を頂ければ助かります。
398の中古車製作のタイミングは
諸々の事が片付いてからになると思いますので
もう暫くお待ち下さい。
因みにまだ商談にもなっておりません。


1号機復活への道その11

今日入庫予定の三代目号が午前中に来なかったので

1号機ステッカーチューン (1)暇つぶしに1号機のステッカーチューン。

余りステッカーを貼るのは

好きではないのですが

使っている部品を紹介するのに

1号機ステッカーチューン (2)いいかなぁと思って貼ってみました。

フロントフォークのステッカーは

貼る順番を間違えた感はありますが

CPスペシャルフロントフォークです。

フロントフェンダーの蒸着メッキが出来上がり明日入荷予定なので

取付ければ試運転が出来ますが、ちょっと寒いよねぇ・・・


マニア向けフロントブレーキキャリパーの妄想

先日さいとう街乗り号に取付けたブレーキキャリパーが洒落てるので

何とかノーマルの足回りにも取付けられないかと考察。

マニア向けバッテンキャリパー (1)イメージ的には前側に取付けるか

ディスクカバーを外して後ろに付けるか

この両方を考えている所で

フェンダーブレスの無い車両は

マニア向けバッテンキャリパー (2)前に取付ける事が出来そうで

ディスクカバーもそのまま残せますが

ノーマルフェンダーの場合はボトムの

後ろに付けるしか無さそうです。

マニア向けバッテンキャリパー (3)マスターはノーマルマスターを使い

ブレーキ鳴きも無くなるはずで

一番のメリットは、止まると言う事

マニア向けですが

バッテンキャリパーを付けれる様に色々と妄想中です。


2017年仕様天候不良の為断念・・・

ノーマルで乗り続けるのも、当時風で乗るのも

常に変化や進化を求めるのもこれ全てオーナーの拘りや個性。

またそう言った楽しみ方が出来るのもCB400Fならではないでしょうか。

三代目号用部品本日ご来店予定だった三代目号も

その妄想者の一人なのですが

入庫の準備も整っていたのですが

今日の天気の悪さでご来店は諦めたそうです。

きっと、さいとうさんが近くに居るんだと思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月08日

2017年1号機復活へ向けて3

我らCB400Fourのバイブル的HPだった
CB ROMANがひっそりと閉鎖されてました・・・
島ツーなども主催していたちばちゃんが
諸々の諸事情からバイクを降りた事や
フォアの情報がそこそこ出回るようになり
HPも動いていなかったのですが・・・
CB400Fourの情報では老舗のHPだったのに残念です。
主宰のちばちゃんとは、まだかろうじて繋がっているので
フォアの修理を含め島ツー復活など
プッシュしていたのですが・・・
何時か復帰する事を強く願います。


1号機復活への道

フレームの修正をしないといけないのが一番面倒なのですが

1号機修理用フロント周り (1)取合えずフロントフォークの準備から

セパハン仕様に変更するので

フォークもSP加工とSPパーツで

組上げる事にしました。

1号機修理用フロント周り (2)取あえずはフロントフォークが完成。

イニシャルアジャスターの

ネジピッチが違うのが残念だった・・・



1号機修理用フロント周り (3)ついでにステムも交換します。

速度警告灯を点灯したいだけなのですが

これも加工に出します。

フェンダーもお高い蒸着メッキに出しました。

Dio ZX引き上げ後輩から修理依頼で預かっていたZX

修理費用が結構掛かるので処分する事になり

弟が欲しがっていたので

たまには飴を与える為にあげる事にしました。


定休日の雨男さいとう襲撃

今日は天気が崩れるらしいとの事だったので

昨晩は残業してさいとう街乗り号のブレーキと電装部品の仕上げ

さいとう街乗り号ブレーキと電装関係仕上げ (1)エアー抜きを終えてから

ETCのアンテナをブレーキマスターに

貼り付けてみましたw



さいとう街乗り号ブレーキと電装関係仕上げ (2)油温計はメーターセッティングボルトに

共締めして取付けてみました。





さいとう街乗り号ブレーキと電装関係仕上げ (3)ブレーキキャリパーは

バッテンキャリパーで良い感じです。

これでブレーキは雨の日でも

よく効くようになりますね。

さいとう街乗り号ブレーキと電装関係仕上げ (4)セパハン仕様に変更が完了した

さいとう街乗り号が完成しました。

昨日の残業での作業はここまで。



さいとう街乗り号BS取付け (1)そして今日、雨男のさいとうさんが

雨の中ご来店。

BSやリア周りをどうするのか

相談した結果。

さいとう街乗り号BS取付け (2)取合えずBSだけ交換する事になり







さいとう街乗り号BS取付け (3)サクサクッと交換完了。







さいとう街乗り号BS取付け (4)これでまたバージョンUPした

さいとう街乗り号。

次はスイングアームとリアホイールに

リアサスを交換すれば一先ず完成です。

さいとう街乗り号BS取付け (5)そしてやっぱりこの雨の中

ポジションが変わったマシーンに乗り

ポテンシャルを確認しながら

帰宅されました。

雨でもブレーキが効くようになったので安全に帰れたそうです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月07日

2017初のさいとう襲撃3

昨日の帰りに何時もの道を制限速度で走っていたら
後ろから某有名進学塾の送迎バスに
かなりしつこく煽られたので
信号待ちの時に写真を撮ってから
その有名進学塾に電話を入れた。
小中学校の生徒を乗せるバスが
そんな危険な走り方をする事が許せなかったので
ドライバーに指導と改善を強く要望し
その回答を丁重にしてもらった。
もう交通トラブルはコリゴリだわ。


京都N号メンテナンス

N号のステム周りがブレーキを掛けるとガタつくとの事で

フロントタイヤを持ち上げて前後に動かしてみたけど

問題は感じれなかったので

取合えずステムの増し締めチェックをする事にした。

京都N号ステムナット増し締めチェック (1)ステムナットを外すと

ワッシャーが裏表逆だったので





京都N号ステムナット増し締めチェック (2)ついでに入替えておきました。

国内物の場合、速度警告灯があるので

ステムナットを緩める時には

外しておかないと千切れるので注意。

京都N号ステムナット増し締めチェック (3)こんな感じでトップブリッジを少し浮かせれば

トップスレッドを締め付けれます。





京都N号ステムナット増し締めチェック (4)締めてみたけど全然締まらない。

テーパーローラーベアリングなので

こう言った症状は結構あります。

レーサーの場合ストレートから

1コーナへ進入する際の減速で、ステアリングが激しくガタつくので

純正のベアリングが一番安定していると思います。


2017さいとう襲撃

去年から街乗り号用足回りカスタム部品の準備が整っていたのですが

中々作業のタイミングが合わずに年を越て仕舞っていた。

さいとう街乗り号足回りカスタム (1)そんな今日、お昼頃にやって来たさいとうさん

16時までにフロント周りを

カスタムしてしまおうと言う強行です・・・

ご飯も飲み物も一切与えられず

さいとう街乗り号足回りカスタム (2)必死になってフロント周りを分解していたら

さいとうさんはうどんを食べに行っていた・・・

僕はなるべく作業時間を短縮する為に

分解しなくても作業が進められる所は

さいとう街乗り号足回りカスタム (4)そのままにして取外し。

何だかんだとトラブルもあったのですが

オリジナル感を残した状態で

フロントフォークを35φにして

さいとう街乗り号足回りカスタム (6)セパハンに仕様変更が出来ました。

ワイヤー類の取り回しに苦労しましたが

割と感じ良く出来上がったと思います。



さいとう街乗り号足回りカスタム (7)ワンサイズUPのアルミリムで2キロ軽量。

フェンダーがRCっぽくて良い感じです。

16時までには出来上がらず

この時点で17時になりました。

さいとう街乗り号足回りカスタム (8)さいとうさんはタイムリミットになったので

僕のロードパルで帰宅w

明日定休日なのですが

連続して予告襲撃して来るそうです・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年12月23日

年内のお仕事3

今年のクリスマスはケーキ無し
アルコール無し
プレゼント無し
チキンが少々・・・
サンタのおっさんへ
来年こそは良い子になるので
健康な身体を下さい。
僕の好きなクリスマスソング
 
昨晩の体重100.8キロ、体脂肪率32%
年内二桁目標達成出来そうです。


大阪H号BS取付け

追加作業依頼その2、バックステップ取付け。

大阪H号バックステップ取付け (1)少しづつノーマルルックから

自分好みのスタイルへ

バージョンアップして行くH号



大阪H号バックステップ取付け (2)ご注文のアゲインBS取付け完了です。

ステップは人気の旧タイプに戻ってます。

これで予定通り

明日の納車準備が整いました。


YSSリアサス用UPホルダー

コスパ的にもお手頃価格なYSSリアサスですがYSSに関わらず

YSSリアサスCB400F用ジュラコンUPホルダー (1)UPホルダー部分はゴムだけの物が多く

ゴムが潰れて動きが悪くなります。

より良い物を突き詰めて行くと

何でも作って行かないとダメです。

YSSリアサスCB400F用ジュラコンUPホルダー (2)このUPホルダー部分

お高い物はベアリングになっています。

これを安くて簡単に強化出来て

動きも良くなれば良いですよね!

YSSリアサスCB400F用ジュラコンUPホルダー (3)そこで作ってもらったのが

ジュラコン製のUPホルダー

これに交換するだけで動きも良くなり

ゴムのように潰れる事もありません。

YSSリアサスCB400F用ジュラコンUPホルダー (4)取外しはちょっと指先の力が必要ですが

簡単に取外す事ができます。

ゴムなのでイメージ的にはこんな感じで

内側から外側へゴムが押され潰れます。

YSSリアサスCB400F用ジュラコンUPホルダー (5)これをジュラコンに変更。

軽圧入になります。

これでUPホルダーが潰れる事も無くなり

動きもスムーズになります。

下コの字タイプ一式4,800円になります。

さいとうR用シングルシート (1)さいとうR用のシングルシートも入荷。

3連休だったので本当は水曜日に

届いていた物です。

これを加工して

さいとうR用シングルシート (2)さいとうRにフッテング

元々開いていた穴位置が

10mm、15mmとズレていた・・・

まぁ何とかフッテング出来ました。

後はタンクカバーの加工と塗装をして仕上げれば完成です。


本日のご来店

世間的には年末で忙しいと思われる中

161223本日のご来店遊びにご来店されたのは

旧2号機オーナー。

天気予報は晴れのはずなのに

何故か雨が降る・・・

Oさんもまさかの雨男か!?


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月19日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月20日は鈴鹿サーキットROCの為臨時休業。
明後日12月21日は定休日。
明々後日12月22日は左手小指骨折診断の為臨時休業。
結果三連休になってしまいます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


大阪H号レデューサー取付け

追加作業のご依頼でバックステップとレデューサーの取付け。

大阪H号ツインリードバルブレデューサー取付け (1)まず今日はレデューサーの取付けから。

シングルリードバルブは廃盤なので

ツインリードバルブになりますが

FCRが付いているので取付け可能です。

大阪H号ツインリードバルブレデューサー取付け (2)サクッと取付け完了。

付けて直ぐに体感出来るアイテムです。

燃費向上、エンジンオイルの劣化延命。

低速ギヤーでの取回しも良くなります。


CP1号レーサー積込み

明日は2016年鈴鹿サーキットROC

走り納め&さいとうさん鈴鹿サーキットデビューの日

CP1号レーサーのメンテナンスもバッチリ整い準備万端です。

161219走り納めCP1号レーサー積込み (1)最後にタイヤのエアーチェックを

危うく忘れて積み込む所でした。

前後とも1.5Mpa残ってたので

タイヤを潰して走る分には良いかもね。

161219走り納めCP1号レーサー積込み (3)ダイエットで体力が低下しているのが分かるぐらい

積み込みだけでフラフラしてました。

多分低血糖になってたと思うので

明日は糖分補給を忘れずに走ります。

明日の天気は雨男のパワーが思っている以上に強く

晴れ男と雨男の間を取って曇りで落着きそうです・・・


さいとうRパイロットランプ交換

LEDパイロットランプが入荷して来たので早速交換。

さいとうR用LRDパイロットランプ (1)今まで使っていたキタコのLEDランプは

全体的に耐久性が低く

振動で断線してしまう傾向が多かったので

今回はメーカーを変えてみました。

さいとうR用LRDパイロットランプ (3)うーん・・・本体の外径が1mm小さかったのは

確認不足だった・・・

取合えずワッシャーを入れて

すっぽ抜けないようにしてみました。

さいとうR用LRDパイロットランプ (4)配線もキタコの物より短かった。

取合えず配線を終え振動対策も済ませ

パイロットランプの交換作業は完了。



さいとうRシングルシート固定ネジ城北タイプでゼッケンが貼れるタイプの

シングルシートを発注しているので

脱着し易いようにインナーフェンダーと

フレームの共締めする所を加工して

M6ネジにツマミを付けました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月05日

営業終了時間変更のお知らせ5

【営業終了時間変更のお知らせ】
当面の間ですが病院へ通院の為
営業終了時間を19時から18時に変更させて頂きます。
閉店間際にご来店の方々には
ご迷惑をお掛け致しますが
よろしくお願い致します。


今日の気分


 



さいとう号サーキット仕様へ

16号機、街乗りさいとう号をサーキット走行仕様へ変更する為

さいとう号サーキット仕様へ (1)朝一からご来店。

今日の変更点はマフラーと

アンダートレイの取付け

ラップタイマーの取付けです。

さいとう号サーキット仕様へ (3)マフラーを外したついでに

エンジンオイルも交換。





さいとう号サーキット仕様へ (4)マフラーのガスケットは

全部で12枚入ってました。

因みに今までの記録は

16枚が最高記録です。

さいとう号サーキット仕様へ (5)マフラーをアゲインマフラーから

当時物モリワキのカチアゲマフラーに変更。

ステップも交換したいのですが

本人の希望で純正ステップで走行したいらしい・・・

さいとう号サーキット仕様へ (6)センタースタンドも取外して

アンダートレイとラップタイマーの

センサーを取付けました。



さいとう号サーキット仕様へ (7)ラップタイマー本体を取付ける場所も無く

一応、仮付けなので

タンクをサーキット用に交換して

貼り付けました。

さいとう号サーキット仕様へ (8)これで13日の準備は一応整いました。

後は走ってみてから諸々の仕様変更。

一度体感してみてから変更したいと言うので

少しずつ変更して行き

最終的には、17号機製作へとなる予定です。

今日は夜勤らしいのでサッサとご帰宅。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月07日

ヘッドカバー達3

この所の急な冷え込みで
右足の痛みが増して歩くと痛いです。
明日の雨で明後日からまた冷え込むらしいので
辛いかも知れないなぁ・・・
まぁ週末の天気は良さそうなので
飛騨ツーは楽しめそうです。
エンジンを壊さない様に走らないと!
まずは明後日の姫とひつまぶしツーリングで
防寒度合いの検証をしてみます。


サニトラヘッドカバー交換

昨日弟のホイール交換作業の後に強制労働。

サニトラヘッドカバー交換 (1)サニトラのヘッドカバーを交換。

本当ならもっと明るい時間に

作業が出来るはずだったのに

モタモタとホイール交換をしていたので

サニトラヘッドカバー交換 (2)すっかり暗くなってしまった。

エンジンルーム全体の部品に

色を合わせたので青色結晶塗装で

仕上げたヘッドカバーです。

サニトラヘッドカバー交換 (3)どうかなぁ?良い感じ?

青色にする人はそんなに居ないと思うので

これで良いとします。

次はオイルパンの増し締めをやってもらおう。


18号機ヘッドカバー

18号機のヘッドが戻って来るまでエンジン組立て作業はストップ。

18号機ヘッドカバー下拵え (1)その間に諸々の下拵え

まずはヘッドカバーの組立て。





18号機ヘッドカバー下拵え (2)サクサクッと下拵え完了です。







18号機ヘッドカバー下拵え (3)ロッカーアームは

CPオリジナルリメイク品を使います。

もうまともなロッカーアームも残って無いので

レストア車両には必須アイテムです。

18号機用クラッチ (1)クラッチカバーも下拵え

オイルシールを入れて

レリーズを組込みました。



18号機用クラッチ (2)出来上がったのは良いんだけど

オイルレベルゲージを手に持って

何処に置いたのか分からなくなってしまい

あっちこっち探すも出てこない・・・

18号機用クラッチ (3)クラッチアウターも用意してたのに

何処に置いたのかが思い出せない・・・

あかんわ・・・もう・・・

仕事する気が無くなった・・・

僕のヘッドカバーを開けて中をチェックしないといけないなぁ・・・

18号機用クラッチアウター発見取合えずクラッチアウターは見つかったけど

オイルレベルゲージが見つからない。

本当に何処に置いたんだろうか?

時々物が消える事がある

不思議なお店です・・・


本日のご来店

エンジンから音がするのでカムチェーンだろうと思い

161107本日のご来店サービスマニュアル通りに調整しても

音が消えないので見て欲しいと

S様が久し振りにご来店。

あー・・・サービスマニュアル通りに

やっちゃってもうたのかぁ・・・残念だなぁと

カムチェーンテンショナーの構造と、サービスマニュアル通りにやっても

カムチェーンは張れない事を説明して、カムチェーンの張り方を伝授。

ついでに強制調整ボルトに交換。

セッティングボルトは残念な事にM8に拡大されていた・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年11月06日

アルミテープチューニング3

今巷の噂ではアルミテープチューニング
流行りつつあるらしく、トヨタでは特許も出願するらしい。
バイクの世界ではヨシムラジャパンも採用している。
オカルト的な感じもするけど
非金属部分に貼ると効果があるらしいよ。
ほんまかいな。


18号機腰下組立て

今日はT.O.T本番、昨日の特スポでは色んな波乱があったらしい・・・

お手伝いは出来ませんが、遠い大阪から応援しておりますので

怪我無き様、吉報を期待しています。

さて今日のお店では18号機のエンジン腰下組立てです。

18号機腰下組立て (1)スターティングワンウエイクラッチの部品

滅多に交換しないのですが

フルレストアなので、贅沢にも

スプリングやらローラー、一式新品に交換。

18号機腰下組立て (2)ぽいぽいっと具を入れて

何時もの記念撮影。





18号機腰下組立て (3)はい

腰下組立て完了です。





18号機腰下組立て (4)ミッション関係の具材を取付けて

シフトチェンジのチェック

磨耗の極めて少ない良い部品を使っているので

サクサクとシフトチェンジが出来ます。

使う予定だったヘッドのフィンが欠けてしまい

代替のシリンダーヘッドを内燃機屋さんへ送らないといけないので

今日はここまで。


新型強化オイルポンプ組立て

内燃機屋さんへヘッドを送るついでに

新型強化オイルポンプの加工もついでにやってもらうので

新型強化オイルポンプ組立て (1)加工済みのハウジングを組立てて

在庫を作る事にします。

ついでに、さいとうR号用強化オイルポンプも

組立てておく事にします。

新型強化オイルポンプ組立て (2)サクサクッとSTDタイプの強化オイルポンプと

さいとうR用フル強化オイルポンプRタイプを

組立てました。

これで在庫が幾つか出来上がりました。

新型強化オイルポンプベース分解1 (1)在庫分を組上げたので

新たにオイルポンプのハウジングを

加工に出す為に、ベースのポンプを分解して

組立てる準備をしておきます。

新型強化オイルポンプベース分解1 (2)サクサクッと分解して

中身をチェックして

問題無い物を加工に出します。

その前にウエットブラストで仕上げ。

新型強化オイルポンプベース分解1 (3)ブラスト完了。

今回ついでに18号機用の

STDタイプのオイルポンプも

ついでにO/Hしました。

18号機用STDオイルポンプOH18号機用のSTDオイルポンプを

組立てて、シリンダーヘッドと

オイルポンプハウジングを

内燃機屋さんへ送りました。


8号機足回りデチューン

今年のイベントを色々と手伝ってくれた弟に

以前から欲しがっていた17インチのスポークホイールセットを

8号機キャストからスポークへデチューン (1)あげる事にしました。

普段は呼んでも直ぐに来ないくせに

今朝は朝からやって来て

早速ホイール交換に取掛かってます。

8号機キャストからスポークへデチューン (2)まずはリアホイールから。

ブレーキキャリパーも交換になります。

そこへタイミング良く旧2号機オーナーもご来店。

当然ながら、作業を手伝わされます。

8号機キャストからスポークへデチューン (3)リアのフッティングが終わって

フロント側に取り掛かるのですが

ブレーキキャリパーが両押しなので

スポークに当るんじゃないのか?と横から口を出す。

8号機キャストからスポークへデチューン (4)案の定、キャリパーがスポークと干渉。

フロントはごっそり交換しないと

フロントホイールは付けれません。

諦めてフロントは現状復旧。

次回、部品を集めて再チャレンジだそうです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年10月21日

ロードパルLメンテナンスその23

今日から嫁がまた2泊3日で遊びに行った。
僕も現地集合で行こうかと思ったけど
月曜日も鈴鹿サーキットへ行く事もあり
週末も天気が悪いので行くのを止めました。
月曜日の天気が心配だなぁ。
それよりも今日の地震結構長い時間揺れてましたねぇ・・・
震源地は大丈夫なんだろうか?


ロードパルLキャブO/H

ロードパルのキャブがオーバーフローするのでO/Hする事にした。

ロードパルLキャブOH (1)サクサクッと車体から

キャブを取外しました。





ロードパルLキャブOH (3)キャブを分解すると、Oリンング

フロートチャンバーのガスケットなどの

ゴム類はパリパリに硬化していたので

ガソリンが漏れても当然。

ロードパルLキャブOH (4)ボディを洗浄。

フロートチャンバーはウエットで

仕上げました。



ロードパルLキャブOH (5)キャブの部品もまだ出るんですねぇ。

まぁ出ない物もありますが

今回はオーバーフローと言うより

パッキン類の硬化によるガソリン漏れですね。

ロードパルLキャブOH (6)サクッと組立てて

サクッと車体に取付け

エンジンの始動性も上がり

より快適になりました。


17号機フレーム塗装仕上がり

今日17号機用のフレーム関係が塗装から仕上がってきました。

17号機用フレーム塗装完了時間が出来次第フレームの組立てに

取掛かる予定です。

フルレストアになりますが

今ならまだお好みの仕様に出来ます。

オーナー募集中です。

サニトラ用ヘッドカバー結晶塗装ついでにサニトラ用ヘッドカバーの

結晶塗装が仕上がって来ました。

カスタム感を出すだけなので

青色の結晶塗装にしてみました。

これでまた弟の仕事が出来ました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月19日

妄想マッスル化3

今日もちゃっぴーと二人で店番…
今日の店長 (1)今日のちゃっぴーは
僕の膝から降りてくれないので
僕は何も出来ません。
ちょっとご機嫌を取っては
チョコチョコッと作業していると
グズグズと文句を言い出す始末…
喉が渇いていても
へそを曲げると水も飲まない…
まぁそれも今日の昼過ぎまでなので
ひょっとすると明日からは、逆に寂しいかも…


16号機マッスル化企画(案)

まだどうする、こうすると言う話でも無いのですが

一応その日が来る可能性があるので

今、在庫している部品がどれだけあるのかチェックを兼ねて

妄想16号機用マッスル化部品達その1 (1)妄想用部品を引っ張り出してみました。

ゲイルスピードのエアーバルブ

足回りのベアリング、ボルト類の一部

イニシャルアジャスター、全部新品です。

妄想16号機用マッスル化部品達その1 (2)ホイールも宝物庫から店に

持ち込んできました。

フロントホイールは全部で4本あるのですが

全部軽く曲がってます。

妄想16号機用マッスル化部品達その1 (3)このホイールも残念な事に

軽くこの部分が開いてました…

修正に出そうか、それとも

当りを引くまでYオクるか…

妄想16号機用マッスル化部品達その1 (4)リアホイールは問題ありません。

スプロケハブにはスプロケも付いてます。

ブレーキディスクが無いぐらいですが

色は塗った方が良い程度です。

昨日の帰りに偶然勤務中の本人と遭遇w「詳しくはブログで」とだけ伝え

家に帰りましたが、妄想が止まらないコメントが入ってました。

遣り出したら早いので、まぁ慌てず部品を揃える事にしましょうか?w


1号機タイヤ交換

時間のある内にタイヤ交換をしたかったのですが

1号機用フロントタイヤ半日店長のちゃっぴーが

僕に仕事をさせてくれません…

水飲ませろ、おやつくれ!

寝るから動くな!と僕にブツブツ言います。

今日の店長 (2)今はご機嫌宜しく、熟睡中…

僕も寝たいわ!

多分起きたら、散歩に連れて行けと

文句を言うと思います。

今日の店長 (3)やっぱり暫くすると文句を言い出したので

散歩に連れてでました…

あちこちマーキングして

納得してくれたようです。


1stギヤーブッシュ交換のご依頼

先日お電話でのご依頼を頂きました岡山のK様

1stギヤーブッシュ交換依頼 (1)今日1stギヤーが届きました。

ブッシュのディンプルが

かなり薄くなっているので

相当大きなガタツキがあったと思われます。

1stギヤーブッシュ交換依頼 (2)似非WPCで錆を取り

ギヤーとダボ穴の状態をチェック。

裏面にギヤーと関係無い所に

小さな傷がありました。

1stギヤーブッシュ交換依頼 (3)本体の磨耗の程度は

仕方の無い部分もありますが

1stギヤーだけを見る限りでは

問題なく使えると思います。


本日のご来店

仕事をする気も無く、ちゃっぴーと遊んでいたら

CBXに乗られた方がご来店。

160819本日のご来店調子が悪いので見て欲しいとの事

基本CBXのお預かりはお断りしているのですが

電装系の不具合と、車庫調の作業だったので

車高だけ上げて、電装系の不具合は

時間が掛かるので、症状が出た時か次回にと言う事で

今日は引き上げて頂きました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月11日

名古屋から自走でご来店3

昨日はご飯を作るのも辛かったのか
嫁から外食のお誘いがあったので
嫁のリクエストに答えてファミレスへ行きました。
そもそも僕はファミレス嫌いなのですが
何故ファミレス嫌いになったのかと言うと
若い頃行く度ほぼ毎回、店側とトラブルになっていたからで
今回も僕が我慢したから良かっただけで
やっぱファミレスは嫌いな理由は変わらなかった。


不安要素の排除

少し前に名古屋から自走でご来店頂いたT様が

名古屋T様ハーネス交換 (2)山の日の今日も自走でご来店。

前回チェックした不安要素排除の為です。

手作り感の多い車両で

シートヒンジも手作りなんですが

ヒートが完全に開かないので邪魔になるため、交換します。

名古屋T様ハーネス交換 (3)外装を全部取外して

メインハーネスの交換に

取掛かります。



名古屋T様ハーネス交換 (4)サクサクッと

メインハーネスの取外しは完了。





名古屋T様ハーネス交換 (5)ハンドルもCB750タイプの物が

取付けられていたので

ハンドルスイッチ関係が

ぱっつんぱつんになるのでハンドルも交換。

名古屋T様ハーネス交換 (6)クラッチレリーズの

リターンススプリングも手付リ。

レリーズカバーのパッキンも手作り…

オイルシールからオイル滲みがあります。

名古屋T様ハーネス交換 (7)見てしまった物は仕方ない…

トルクロッドのボルトの向きが逆なので

ブレーキロッドに干渉している上に

割りピンも入ってません。

名古屋T様ハーネス交換 (8)9年ほどこの車両に乗っていたらしいのですが

これが普通だと思っているので

何の違和感も無く乗っていたと言う事です。

他にも気になる所を修正して

名古屋T様ハーネス交換 (9)ハンドル、ハンドルスイッチ

メインハーネスの交換は完了しました。

ブレーキホースも長かったので

F2タイプに交換しました。

予定の時間をかなり過ぎてしまいましたが

見てしまった物は修正しないと気になって…


本日のご来店

山の日の今日フラッと遊びにご来店されたのは

160811本日のご来店旧2号機オーナーのOさんと吹田のKさん

年は少し違うのですが

この二人偶然にも

隣の中学校だったらしい

世の中狭いねぇw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月16日

仕上げ前チェック

SHIO HOUSEからCB400F用オリジナルバルブの
SHIO HOUSEオリジナルバルブ見本が届きました。
拘りのSHIO HOUSEらしい作りで
リプレイスとオリジナルの
区別が付かないぐらい
良い仕上がりです。
詳細は塩ブログに掲載されています。
ネットショップ(IN側)(EX側)にも
上がっているので普通に購入は可能です。
これでまた一つCB400Fの部品がメーカーではなく
我々の手でリプレイスされました。


滋賀O様作業ご予約

やっと週末の天気が良くなり、作業依頼のO様がCB400Fでご来店。

滋賀O様タイヤホイル交換 (2)鉄リムからHリムに交換の作業。

フロントはアクスルナットが締まっておらず

ガタガタの状態でした。

今回Hリムに交換する作業で発覚しました。

滋賀O様タイヤホイル交換 (3)赤いタンクのフォアに赤いHリム

オーナーはシルバーが

良かったらしいのですが

まぁ似合っていると思います。

来週辺りには車検の為入庫予定です。


愛媛T号リアサス入荷

7月中旬と言う予定通りに入荷してきたIKONのリアサス。

愛媛T号用IKONサス入荷取付け (1)取付けボルトは付属していないので

慌てて純正ボルトを発注。

連休明けの入荷になりますが

取合えず中古のボルトで取付け

愛媛T号用IKONサス入荷取付け (2)当時物アルミボディのKONIサスは

硬いのですが、逆にIKONは

軟らかめに出来てます。

仮に取付けていたKONIを取外し

愛媛T号用IKONサス入荷取付け (3)IKONサスを取付けました。

これで車両は発注通りの車両が完成。

ホンダから製造証明が発行されるのが

嫁に聞くと、3週間との事だった…

その後陸事に書類を提出してから1〜2週間、試乗して増し締めすると

納車は9月頃かもねぇ…無くした書類が見つかればもっと早いのに…


旧蝦夷3.5代目号仕上げ

昨日集中作業で仕上げた、旧蝦夷3.5代目号の

仕上げ作業に取り掛かります。

旧蝦夷3,5代目号ヘッドライト (1)提灯ヘッドライトでは光量が厳しいので

車検用のシビエに交換。

バッテリーも新品を充電中。



旧蝦夷3,5代目号ヘッドライト (2)更に光量をUPさせる為に

バッ直スイッチを間に入れて

光量をUPさせます。



旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (1)充電したバッテリーをセットして

イグニッションON!

これから灯火系のチェックに掛かります。



旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (2)まずはウインカー

前後左右共OK!

テールライト、ポジションブレーキ

ホーンもOK!

旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (3)ヘッドライト点灯。

ロー&ハイ、パッシングOK!

更にバッ直スイッチもOK!

これで保安部品灯火系は全部OKです。

旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (4)リプロタンクなので念の為

タンクにガソリンを入れて

漏れが無いかチェック!



旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (5)コックの漏れ無しOK!







旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (6)ガソリンホースをキャブに繋いで

オーバーフローのチェック!

これも問題なし!



旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (7)次にヨシムラ油温計のセンサーを

取付ける為に

オイルパスキャップの加工。

サクサクッと穴を開けてタップを切って

旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (8)このオイルパスキャップと交換。







旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (9)交換完了。

これでテンプメーター側の

設定をします。



旧蝦夷3,5代目号仕上げ前チェック (10)時計の設定OK

油温は基本120度でオーバーヒートなので

オーバー人の警告は115度にしてあります。

これで後は完全にオイルクーラー待ちです。


今日の強制労働

昨日弟に配線作りをさせていたのですが、少し部品が足りなかったので

160716今日の強制労働 (1)不足していた部品を買いに行かせて

サブハーネス類を完成させました。

別に自分で作っても良いんだけど

集中して作業したいからねぇ…

160716今日の強制労働 (2)作業が終わった弟は

自分のバイクの修復作業に

取り掛かっていました。

ひん曲がったブレーキペダルも復旧。

160716今日の強制労働 (3)何ならカスタムして仕上げるつもりらしく

トップブリッジのバフ掛けまでやり出した。

何やねん!、手術して三日目でも

そんな事まで出来るんやw

なーるほど…明日も強制労働決定だな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年06月27日

蝦夷号フレーム修正完了3

蝦夷号のフレーム修正がほぼおわったらしく
近日中には塗装に出せそうな雰囲気です。
それと、無くしたレクサスの鍵も
サニトラの中で見つかりました。
新しい鍵を注文したら2万円近くも掛かる所だったので
見つかって良かった。


滋賀O様足回りカスタム準備

中古ホイールを交換する時は

滋賀のO様タイヤ入荷待ち (1)ベアリングの交換も一緒にする方が

ベストですね。

ブレーキドラムの錆もそれなりに取りました。

中のホコリにはブレーキシューに含まれた

滋賀のO様タイヤ入荷待ち (2)アスベストが多く入っているので

処理には気を付けないといけません。

ドラムパネルも同様ですね。

シューは残っているのでこのまま使うそうです。

滋賀のO様タイヤ入荷待ち (3)これで後はタイヤ、チューブ、リムバンドの

入荷を待つだけとなりました。

昨日発注したのに、確認のメールが来ない…

後で電話してみようかな。


愛媛T号部品入荷遅れ中

取付け予定のアクティブのラウンドタイプオイルクーラーの入荷が

在庫切れで、9月中旬になるらしい…某オークションでは出てるのにねぇ…

他のオイルクーラーにするかどうするか、オーナーと相談しないと…

愛媛T号電装系チェック (1)取合えず充電したバッテリーを繋いで

電装系のチェックを済ませる事にした。

イグニッションON!OK!!

灯火系もOKなんだけど

愛媛T号電装系チェック (3)セルモーターの回りが悪い…

嫌な感じだなぁ…

バッテリー電圧も一気に下がったので

もう一度充電してみようかなと思って

愛媛T号電装系チェック (4)充電器を繋げてから思い出したのが

エンジンハンガーのボルトが短いので

アース線が完全ではなかったw

結果アース不良と言う事でした。

愛媛T号電装系チェック (5)そう言えば、蓋とかツールボックスとか

無かったけど、どうするのかなぁ?

CPでも用意出来るけど

これもオーナーと相談しないと。


蝦夷号分解開始

約2.5ヶ月ほど放置気味だった旧蝦夷号の分解作業を開始する為に

5ヶ月ぶりにお立ち台から降りるお立ち台から下ろす事にしました。

しかも旧蝦夷号のエンジンとフレームは

新しい外装に入れ替わり

嫁に出る事も既に決まっている。

そう言う事もあり、お立ち台から下ろしてエンジンを掛けてみようとセルを回すと

旧蝦夷号分解開始 (1)ACGカバーを外していた事を

すっかり忘れていたので

エンジンが始動した瞬間に

オイルパスプラグがすっ飛んで

そこいら中がオイルまみれになってしまい、僕のやる気を半分以上持って行った…

旧蝦夷号分解開始 (2)それでも何とかやる気を出して

旧蝦夷号の外装を剥がしにかかろうと

シートヒンジのRピンを抜こうとしたら

割りピンやん…もう…

旧蝦夷号分解開始 (3)テールライトのサブハーネスは朽ちて

絶縁被服が剥がれてます…





旧蝦夷号分解開始 (5)僕個人が好きではないタンデムバー

作業性が悪いので、ウインカーを

取外すのにも手間だけしか掛かりません…



旧蝦夷号分解開始 (6)余り拘ってないのかなぁ

割とこのタイプの純正じゃないボルトが

結構使われています。



旧蝦夷号分解開始 (7)メインハーネスからカニで割り込んで

電源を平気で取っている

僕はこれだけは絶対に嫌いです。

メインハーネスを傷めるだけだからねぇ

タンクのクッションゴムも朽ち掛けて千切れそう…

旧蝦夷号分解開始 (8)メーター取付けステーは

ボルトが折れたのか

加工されて貫通式になってます。

ライトステーも少し曲がってるし…

旧蝦夷号分解開始 (9)取合えず今の時点で取外せる物は

取り外しましたが、旧蝦夷号も

開けて見ると、結構やられてますねぇ



旧蝦夷号分解開始 (10)ステップ類も取外そうと思うと

シフトチェンジのワッシャーが

間違って奥に入ってますね。



旧蝦夷号分解開始 (11)分解する車両なので

余り細かい事を言っても仕方ないので

新蝦夷号はしっかりとした車両にすれば

良いだけですからね。

旧蝦夷号も新たに組み直すので、細かい所は修正します。

電装類は移植するとして、メインハーネスも移植で良いのかなぁ?

クロームメッキ部品やエンジンのバフ済みカバーも当然取り外します。

旧蝦夷号分解開始 (13)取合えずエンジンオイルを抜いて

オイルクーラーを取外す準備に掛かります。

お!入ってるねぇオイルシールホルダー!

最近見る事が多くなりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年06月13日

FUN&RUN! 2-Wheels申込み受付3

来月7月17日に鈴鹿サーキット開催される
FUN&RUN! 2-Wheelsのエントリーが始まりました。
車両は4月に走った状態のままなので
近々メンテナンスをしてから
今週の金曜日にも鈴鹿へ練習走行へ行ってきます。
それよりも増えた体重を何とかしないと…
今回はベホリとの真剣勝負
1年間の上下関係を決める
大事なレースなので、絶対に勝ちたいです!


三代目号フロントフォークリセッティング

リアサスが変わったのでフロントもリアに合わせてリセッティング。

三代目号フロントフォークリセッティング (1)速度センサーも交換するので

ついでに取外しました。

これは大事に保管しておかないと!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふふ…

三代目号フロントフォークリセッティング (2)先日交換したフォークオイルは

ワコーズの#10だったので

少し軟らかいので今度は

#20にする事にしました。

三代目号フロントフォークリセッティング (3)フォークを外したのでついでに

アウターケースをバフってみました。

練習程度のバフなので無償です。

後は自分で磨いて下さい。

三代目号フロントフォークリセッティング (4)両方共オイル交換とバフ掛け完了。

フロントフォークの具合は

多少硬くなったと思います。

後は乗ってみて下さい。

三代目号速度センサー交換 (1)三代目号の速度センサーを

取付ける為に購入したタップ

M5/0.5Pが予想に反して今日入荷。

早速タップを立てて

三代目号速度センサー交換 (2)センサーの取付け

後は走行時の事や、メンテナンス性重視で

配線ルートを考えて配線。

良い感じになったと思います。

三代目号速度センサー交換 (4)で、早速作動チェック

そこそこ正確なタイヤの外周を

インプットしないといけないのでメーカーHPから

タイヤの外径を調べて外周を計算

計算では2047となりましたが、操作方法が分からないので

明日オーナーにお任せします。


愛媛T号フレーム組立て下拵え

不足していた部品が入荷して来たので、まずはそれから片付けます。

愛媛T号フレーム組立て下拵え (1)フロントハブのリテーナーを入れて

ダストシールを圧入しました。





愛媛T号フレーム組立て下拵え (2)リアハブもダストシールを圧入して

リテーナーを締め付けます。

これでハブの仕上げ作業は完了。

後はHリムの入荷待ち。

愛媛T号フレーム組立て下拵え (4)次にフロントフォークの組立て

オリフィスのピストンリングがヘタっているので

新品に交換して組付けます。

オイルシールは持ち込みの社外品なので

愛媛T号フレーム組立て下拵え (5)オイル漏れの保障は有りません。

取合えず部品が不足していた分の

作業は完了したので

フレームの組立て下拵えに掛かります。

愛媛T号フレーム組立て下拵え (6)塗装されたフレーム関係の黒物部品達も

リタップしておかないと

塗装がねじ山に入っているので

締め付ける時に焼き付いて折れます。

愛媛T号フレーム組立て下拵え (7)フレーム側も同じくリタップと

養生剥がし、これがまた結構な作業。

120度で焼かれているので

養生テープもカッチカチになって

愛媛T号フレーム組立て下拵え (8)ノリも粘ついているので

洗い流すのが大変なんです。

部品を圧入する所は軽く

ペーパーで仕上げます。

愛媛T号フレーム組立て一日目取合えず今日はここまで

まだ生まれたばかりのバンビ状態です。

明日にはローリング出来るように

なってると思います。

今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年06月10日

貴重な晴れの日はPIT作業3

この梅雨の時期の貴重な晴れの日は
PIT作業を優先させて作業します。
納車可能な車両もあるのですが
引き取りにも天気で左右されるので
タイミング次第と言う事になります。
皆さんのご理解には感謝しています。


三代目号リアサス交換とオイル滲み

梅雨の晴れ間にPITから車両を外に放り出して作業スペースの確保。

三代目号リアサス交換 (1)三代目号のリアサスを

ノーマルからYSS特注の

リアサスに交換します。



三代目号リアサス交換 (2)ついでにリアから速度センサーを

取れる場所の考察、良いアイディアが浮かんだ。

センサーがあればこのついでに

取付けが出来たのに…残念です。

三代目号リアサス交換 (3)リアホイールをを取外して

ノーマルサスペンションも取外しました。

手間ですが、こうじゃないと

交換出来ない理由があるからです。

三代目号リアサス交換 (4)YSS特注メッキスプリング仕様

何だかシャフト径も、僕達が使っている物より

かなり太くなってます。

リアサスセッティング覚書

三代目号リアサス交換 (5)減衰:ダイアル全閉から20クリック戻し

コンプレッション:なし

プリロード:20mm

まずはこれで様子を見てもらいます。

三代目号リアサス交換 (6)リアショックの交換と仮セッティングの完了。

後は走ってみてからです。

フロントフォークのプリロードも

全閉にしてみましたが

これでダメならフォークオイルを硬めに交換となります。

三代目号オイル滲み処置 (1)次にオイル滲み箇所の特定をする為に

まず滲んでいるオイルを洗浄して

現像液をぶっ掛けてエンジンを温めて

暫く放置していたら3箇所からの滲みを確認。

三代目号オイル滲み処置 (2)ヘッドカバーを開けて

一旦増し締めしてみましたが

特に緩んでいるような所は

ありませんでした。

三代目号オイル滲み処置 (3)滲みのある場所のシールワッシャーと

シーリングワッシャーを交換して

袋ナットも交換して再び締め込み

これで滲んで来なければOKなんだけど

三代目号オイル滲み処置 (5)旧タイプと違うシールワッシャーを

秘蔵の裏表のある旧タイプの物と交換。

新型になってからここからのオイル滲みが

増えたような気がするなぁ…

三代目号オイル交換エンジンオイルも交換のご依頼ですので

同時にエンジンオイルも抜きます。

結構真っ黒ですね。



三代目号作業完了取合えず今回の作業は完了。

リアショックが良くなったので

フロントが軟らかい気がします。

やっぱりフォークオイルの交換かなぁ…


蝦夷号腰上組立て

PIT作業も終り、午後からは涼しい所でエンジン組立て。

蝦夷号腰上組立て (1)0.25OSピストン組込み完了。

シリンダー挿入準備完了です。





蝦夷号腰上組立て (2)サクッと挿入完了。

次にシリンダーヘッドの搭載。





蝦夷号腰上組立て (3)サクッと搭載完了。

後はフレームが出来上がるまで

ゆーっくりと増し締めと

ロッカーアームの調整をして行きます。

蝦夷号腰上組立て (4)オリジナルカムは磨耗が激しかったので

宝物庫から中古良品のカムを出しました。





蝦夷号腰上組立て (5)カムも搭載完了です。

ここからエンジン搭載までは

もう少し先になりますねぇ…

ボチボチオリジナルフレームを

分解する方が先になるか、愛媛のT号のフレームが先になるか微妙です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年06月09日

え?入梅?3

どうやら関西方面も入梅したらしい。
第三回CP月例ツーリングもやはり絶望的か?
17日のROCはせめて雨は降らないで欲しい。
何なら毎週日曜日は晴れて欲しい。
どうせなら、PIT作業の日は晴れて欲しい。
もう面倒だから梅雨明けして欲しい。


蝦夷号エンジン内燃機加工完了

雨も降るなら降るで、まじめに梅雨の仕事をしてもらわないと

こちらの都合もあるのに…とブツブツ言いながら

蝦夷号エンジン内燃機加工完了下拵え (1)内燃機加工から終わって今日届いた

蝦夷号のエンジン組立ての下拵えを

朝からはじめてます。



蝦夷号エンジン内燃機加工完了下拵え (2)0.25OSですがノーマルエンジンなので

純正のバルブスプリングをセットして

スタッドボルトは純正ノーマルを入れます。



蝦夷号エンジン内燃機加工完了下拵え (3)サクサクッとシリンダーヘッドの

下拵えは完了しました。





蝦夷号エンジン内燃機加工完了下拵え (4)次にシリンダーの機械油を洗浄。

新しく作った398専用0.25OSの

第一号車両になりました。



蝦夷号エンジン内燃機加工完了下拵え (6)ダイナミックバランスの終わった

398クランクです。





蝦夷号エンジン内燃機加工完了下拵え (7)これもサクサクッと

コンロッドをセットして

純正新品のプライマリーチェーンと

強化カムチェーンをセットして下拵えは完了。

蝦夷号腰下組立て (1)ポイポイっと具を入れて

何時もの記念撮影。





蝦夷号腰下組立て (2)腰下の組立てが完了しました。

今日中に組上げるつもりだったけど

朝からバタバタしてた事もあり



蝦夷号腰下組立て (3)今日はミッションの具をセットして終了です。

余り慌ててもフレームが無いし…

明日仕上げてから暫く放置して

増し締めする感じかな。


本日のご来店

新規の方でしたが、CB250Fに乗られた方が恐る恐るご来店w

CB250Fハンドル交換 (1)ハンドル交換のご依頼でしたが

ワイヤー、ホース類に全然余裕が無いので

その辺りの事を説明した上で

交換作業に取掛かりました。

CB250Fハンドル交換 (2)何とか交換は出来たのですが

ブレーキホースもパツンパツンで

クラッチワイヤーもパツンパツンに…

その内交換して下さい。

三代目号入庫丁度そのタイミングでご来店は三代目号

リアサスの交換を含めた

メンテナンス作業などのご依頼です。

この時期ちょっとPITはヤバイ状態です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年06月03日

ナイトツーリング3

今日は姫とナイトツーリングの為
嫁に店番を任せて、僕は15時から不在です。
1号機のフロントも狙った感じになったので
リアもイニシャルと減衰を調整してみました。
バッテリーもビンビンなので、これで今夜は発射します!
姫号も少しメンテナンス。
少し濡れてます…オイルで。
明日は朝から蒲郡の準備の為
バタバタすると思います。


KUM号カスタム

数年越しの妄想を実現する為に今日

KUM号カフェ化計画 (1)予定通りにご来店はKUM号

数年前からの妄想を

今日やっと実現させにやって来られました。

もう準備は万全です。

KUM号カフェ化計画 (2)作業中の画像は全然ありませんが

ドライブチェーンを520インサイドコンバートに

加工済みのチェーンカバーをセットして

リアサスをコニーからモンローへ変更完了です。

これでまた理想に一歩近付きました。


フレーム達

蝦夷号のフレームと愛媛のT号のスイングアームが届きました。

愛媛T号CB350Fスイングアーム加工完了まずは愛媛のT号用スイングアーム

CB350Fのスイングアームに

408用のタンデムステップベースを

溶接で取付けました。

これでフレームと塗装に出せます。

蝦夷号フレーム修理完了姫が来て出掛ける準備をするので

まだ梱包を開けてませんが

蝦夷号のフレーム修理完了。

明日確認しますので!

じゃぁ行ってきます!!!!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年02月06日

乗る事が最大のメンテナンス3

今の所嫁のインフルエンザは僕に感染していない。
感染していないと言うより
感染しない様にお互い気を使って
生活をしているからなのと
デブはインフルエンザに感染しにくいと嫁は言う。
ええやないか!健康なデブで!!


7号機

昨晩もちょっと遠回りして50キロぐらい走って

7号機慣らしやっと500キロ慣らしもやっと500キロまで行った!

でもキャブの調子は最悪だったので

イライラしながら走ったから全然面白くない。

なので、今日は7号機のキャブの掃除を

7号機キャブ分解掃除と同調 (1)最優先でする事にした。

サクサクッとキャブを車体から

取外し完了。



7号機キャブ分解掃除と同調 (3)恐らくJNホルダー辺りが

詰まっている感じだろうと思うけど

SJも通路も油面も一通りの所は掃除する



7号機キャブ分解掃除と同調 (4)特に手応えがあった訳でも無いけど

掃除も終りASを調整して

同調を調整する。



7号機キャブ分解掃除と同調 (5)アイドリングは1.000rpmで

ピタッと安定して

フケ上がりも良くなった。



7号機キャブ分解掃除と同調 (6)同調も#2が激しく狂っていたぐらいで

綺麗に揃えたので

7号機は完調になった。

これで今晩また試運転をしてみる。


久々の銀ちゃんの襲撃

最近仕事が忙しくて、閉店間際にもやって来なくなった銀ちゃんが

銀ちゃんの襲撃 (1)珍しく朝からご来店。

7号機が作業中のPITが空くのを

外でまだかと待っている…

いや…この後僕の仕事があるんだけど…

銀ちゃんの襲撃 (2)そんな事はお構いなしに

空いたPITにレーサーをぶち込んで

作業を始める銀ちゃん…

そんな強引な銀ちゃんが好きですけど…

銀ちゃんの襲撃 (3)エンジンオイルを抜いて

来週の鈴鹿ROCの為のメンテナンス。

2016年仕様のレーサーは

ハーフカウルが付くので

銀ちゃんの襲撃 (4)その加工をするらしいのだが…

まぁ今日は天気も良いし

暖かいので、僕は外で作業を

強いられる訳なので

ある意味、閉店間際の方が都合が良いかも知れない…


京都K号カスタム追加

ハンドル交換に伴い、ワイヤー、ホース類の交換も行う事になった

京都K号追加カスタム (1)京都のK号なんですが

今日の作業スペースは

店と外の間での作業です…



京都K号追加カスタム (2)クラッチワイヤー20cmロングで

ピッタリと良い感じに納まりました。

アクセルワイヤーはハンドルを切ると

引っ張られるので、外回しにしました。

京都K号追加カスタム (3)ハンドル周りの仕上がりイメージ。

まだ純正部品が入荷して来ないので

出来上がりではありません。

ブレーキホースはもっと内側によせます。

京都K号追加カスタム (5)ダイアフラムもちょっとお疲れ気味なので

ついでに交換しておきますね。

右が新品、左は伸びてるのが分かりますね。

ダイアフラムプレートはそのままでも良いでしょう。

京都K号カスタム完了 (1)ハンドル周りの仕上がり具合です。

まずは後ろ側から





京都K号カスタム完了 (2)そして正面から。

こんな感じになりました。





京都K号カムチェーン調整 (1)この前調整したはずの

カムチェーンの音が耳障りなので

再度?調整。

エンジンが温まってからだったので

京都K号カムチェーン調整 (2)結構熱いです…

でも調整して音が静かになっても

直ぐに音がしだすので

ボルトがダメかもねぇ…

京都K号修理 (1)バッテリーの振動もうるさいので

見るとバッテリーバンドなどが無い

むー…



京都K号修理 (2)バッテリーバンドの相方は

インナーフェンダーの間に挟まって

変形していたのを発見。

軽く修正してみました。

京都K号修理 (3)バッテリーを外すと

ラバーが全部不在だったので

新しいラバーをセットして

バッテリーをセット。

京都K号修理 (4)これで音も無くなるだろうし

何よりもバッテリーを固定していないとか

防振対策がしてないとか

ありえない。

今夜ちょっと試運転に行ってきます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月02日

セコム出動3

昨晩の帰りに店のエアコンを切り忘れて帰宅。
数分後、携帯電話が鳴っていたけど
三代目号の試運転中だったので気が付かず
嫁に電話が入ったらしい。
そして緊急出動で、セコムさんに
切り忘れたエアコンの電源を切ってもらった。
申訳ない…


三代目号納車前日

明日は定休日ですが、オーナーの都合に合わせるのがCP流。

三代目号慣らし230キロ昨晩もぐるっと遠回りして帰宅。

今晩もぐるっと回って帰宅予定。

5.000rpmだとスクーターにも

バカにされないぐらいは走ってくれるので

結構楽になってきました。

慣らしは何時も辛いけど、そのバイクの一番調子が良い時期を楽しめるのが好きです。

三代目号ヘッド増し締め (1)そして納車前に一回目の増し締め

開けたついでにあちこちのチェック

カムチェーンの初期伸びもまだ少ない。



三代目号ヘッド増し締め (2)前回はかなり締まったので

今回もそうなのか?と少し不安気味で

増し締めをするので

どれぐらい締まるのかを記録

三代目号ヘッド増し締め (3)全体的に90度も締まらなかったので

まぁこんなもんでしょう。

今晩最後の慣らし走行をして

明日の朝納車となります。


京都K号カスタム

調子の良くなった京都のK号ですが

ハンドル周りのカスタムの追加注文を頂き

京都K号ハンドル交換 (1)今日部品の一部が入荷。

早速取付け作業に取掛かります。

純正のF1ハンドルを取外して

配線も全部外し抜き取ります。

京都K号ハンドル交換 (2)クラッチ側のスイッチには

配線の逃げが無いので加工する為

配線を取外して削り粉が接点などに

入らない様にします。

京都K号ハンドル交換 (3)配線を挟んで切断しないように

結構削らないとダメなんですよね。





京都K号ハンドル交換 (5)今回取付ける部品達

ハリーケーンのハンドル25mmUPスペーサー

トップブリッジがバフ仕様なので

シルバーにしました。

京都K号ハンドル交換 (6)トマゼリコンドルプラス

オーナーの色々な理由があって

このハンドルをチョイスしたのです。



京都K号ハンドル交換 (7)取合えずザックリとハンドルをセット。

まぁ最終的な位置は

オーナーに決めてもらいます。

クラッチワイヤーのルートは

京都K号ハンドル交換 (8)説明した感じのルートが

一番ストレスも無く見た目も

そんなに悪くは無いと思います。

これでハンドル幅が大体600mmです。

京都K号ハンドル交換 (9)ブレーキホースが短いので

寸法を測って発注になります。

多分F2サイズでも短いので

BRCのブレーキホースになりそうですね。

京都K号ハンドル交換 (10)クラッチワイヤーも20cmぐらい短いので

これも交換になりますね。

アクセルワイヤーはキャブまで届き

取り回しも問題ありませんでした。

今日はここまで。


本日のご来店

まぁ結構な頻度でご来店している、旧2号機のオーナーなんですがw

旧2号機ヘルメットホルダー取付け (1)今日はとある目的があって

久々のフォアでご来店。

寒いけど太陽が出ていると

それなりに暖かいですね。

旧2号機ヘルメットホルダー取付け (2)その今日の目的とは

このヘルメットホルダーの取付けです。

昨日ちょっとお話をしていて

実はこう言う物もあるんですよって話から

旧2号機ヘルメットホルダー取付け (3)早速取付けにご来店と言う訳です。

取付けには少々加工が必要なので

ヘルメットホルダー側の加工を少々。



旧2号機ヘルメットホルダー取付け (4)理想通りの良い感じに取付け完了。

これでヘルメットの管理も楽になったと

ご満悦な旧2号機のオーナーです。

7号機にも取り付けようかなぁ…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月26日

一日遅れのバースディーケーキ3

気が付けば2016年の1月ももう終りと
毎年同じ事を思ってます。
早い物でCPも今年で6年目を迎えます。
今年もツーリングにレースにと考えてはいるのですが
昨年は計画しても雨に祟られるし
中々思う様に出来ていませんでしたが
今年はCPの店長が復帰する予定なので
色々と企画を手伝ってくれると思います。


瑞泉と対戦開始

お正月のご挨拶に来たF君から頂いた

10年古酒の琉球泡盛「瑞泉」と対戦開始。

160125瑞泉と対戦開始10年古酒と言う事で中々味わい深い

アルコール度数30度の兵でしたが

720mlなので、危うく飲み干してしまう所でした。

今晩倒します!


一日遅れのバースディケーキ

サプライズは失敗したけど、何気に喜んでくれた嫁。

1日遅れのバースディケーキ (1)一日遅れたけど、ケーキを披露。

ろうそくは10種類用意して

どれを選ぶのか踏み絵状態にしてみたけど

予想に反して、素直な選択。

1日遅れのバースディケーキ (2)特注バースディケーキに

嬉しいのか、恥ずかしいのか

サプライズは失敗したけど

結果オーライと言う事で。


三代目号火入れ

昨日は遅くまで多機能メーターの配線と格闘して

三代目号多機能メーター配線完了何とか閉店30分前には

結線も無事終わり、タコとスピード以外の機能は

チェックも終ったところで作業終了。

不用な配線はカットしてライトが収まるかどうか…

三代目号多機能メーター配線完了そんな事を悩みながらの今朝。

何とか配線を押し込んで

無事にヘッドライトが付きました。

開けると大変なので開けないで下さいw

三代目号火入れ準備完了 (1)で、早速火入れの準備から

エンジンオイルを入れて

何時もの様にクランキングのついでに

実圧縮圧力の測定、#1=1.3Mpa

三代目号火入れ準備完了 (2)三代目号火入れ準備完了 (3)







三代目号火入れ準備完了 (4)平均して1.3Mpaと少し高めですが

これはシリンダーとピストンのクリアランスを

3/100でボーリングして貰っているからで

特に気にしません。

三代目号火入れ準備完了 (5)オイルキャッチタンクがまだ

出来上がって来ないので

ブローバイホースは直で

パワーフィルターに…

三代目号火入れ準備完了 (6)塗装済みのマフラーも装着して

プラグもセット完了。

取合えずメーターの初期設定をする前に

オープニングの動画を撮影してみました。



どんだけオイルプレッシャーの表示があるねん!って感じですw

メーターの機能が多機能過ぎるし、シフトワーニングの設定もできるけど

細かい事はオーナーにお任せします。

さて、多機能メーターの設定も大体終わったのでいよいよ火入れです。



三代目号に火が入りました。

メーターの動きが怪しいのは、単純にアース不良なだけですので。

三代目号カスタムマッスル化完成マッスル化して生まれ変わった

三代目号の完成です。

そして今晩から地獄の慣らしが始まります。

法定速度なので煽らないで下さい…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年01月25日

サプライズ大失敗3

今日も滅茶苦茶寒いですね。
雪が降ったら休もうと思ってたのに
今日も晴天です。
雪が降らないのでスタッドレスの活躍も無く
寒い分だけ損をした気分です。
まぁFRのサニトラにスタッドレスを装着しても
効果は無いと思うけどね。


塩山ワイン退治

昨日は15分早仕舞いの予定を、更に15分早めて30分前に閉店。

嫁のバースディーケーキ (1)予約していた京都のケーキ屋さんへ行き

ケーキを受け取って帰宅。

嫁は朝から遊びに行っていないので

ケーキをベランダに隠して

160124塩山ワイン退治レオとチャッピーの面倒を見ながら

塩山ワインと対戦していたら

ついつい全部飲んでしまって

ソコソコ酔っ払ってしまい、自室で転寝…

次に目が覚めたのは、夜中の2時前…もう嫁は寝てます。

嫁の誕生日のサプライズに、今回も酒で失敗した。

次は6月の結婚30年目の記念日です!


三代目号火入れ前

多機能メーターの配線処理さえなければ

今日中に火入れが出切るぐらいの勢いで仕上げるのですが…

三代目号リアブレーキエア抜きまずはリアブレーキのエアー抜きから

キャリパーサポートのボルトは

ちょっと拘って、純正のボルトにしてみました。

中々良い感じです。

三代目号オイルクーラー装着 (1)次にアクティブのラウンドタイプの

オイルクーラーの装着。

その前に少し手直し。



三代目号オイルクーラー装着 (2)アクティブのオイルクーラーは

この防振ゴムがヘタルとサイドカラーの

取付けボルトが緩んで落下してしまうので

CPでは取付ける前にネジロックを塗ります。

これをやってない人は、緩んでないか要チェックです。

三代目号オイルクーラー装着 (3)全部で4本にネジロックを塗ります。

締め過ぎには注意して下さいね。

サクサクッとオイルクーラーの

取付けを終わらせました。

三代目号オイルクーラー装着 (4)オイルクーラーが取付いたので

オイルパンも取付け完了。

オイルパンがあると、作業効率が悪いので

後から取付けます。

三代目号FCR用ショートスピゴット入荷 (1)そして、ベストなタイミングで入荷してきた

スモールボディFCR用ショートスピゴット

JB特注加工品なので普通は納期2ヵ月ですが

たまたま在庫があったので助かりました。

三代目号FCR用ショートスピゴット入荷 (2)で、早速FCRを取外して

スピゴットの交換をしました。

これただ単にパワーフィルターを

取付ける為の物じゃなく

FCRのピックアップも良くなる代物ですが、少々お高いのが辛い所…

三代目号FCR用ショートスピゴット入荷 (3)これで難無くFCRに

パワーフィルターが装着出来ました。

こうやって見るとFCRのパワフィル仕様も

中々いいね!

三代目号電装系仕上げ (2)充電していたバッテリーに液を補充して

車体に取付けて、いよいよ配線の

作業に取掛かる準備。

テスト用のレギュレートレクチファイアーを装着。

三代目号電装系仕上げ (3)まず普通の配線を接続して

普通に電装系が作動する事をチェック。

自作のバッ直リレーはちゃんと

作動してるのかな?ライトが暗いぞ??

三代目号電装系仕上げ (4)多機能メーターには同じ機能がダブっているので

配線もタコとスピードに同じ物があります…

もう意地でも使える機能は

全部使う事にしてみようと思います。

三代目号妄想用画像取合えず今から地味な配線作業です。

オーナーの為に、妄想用写真を

撮影して置きました。

今日はこれで逝っちゃって下さい。

三時のおやつ三時のおやつに、昨日ケーキ屋さんで買った

モンキーバナナロールとシュークリームと

みっくちゅじゅーちゅを飲んで気分をリセット。



三代目号多機能メーター配線 (2)メーターの配線作業に取掛かります。

電源ラインを確認して作動チェック。





三代目号多機能メーター配線 (4)オープニング付きのメーターで

何気にカッコいい!





三代目号多機能メーター配線 (5)ケーブルを適当な長さまで引き裂いて

電線を出してギボシで接続して

ハンダ上げします。

まだ何本あるんだ…



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月23日

快気、解禁、禁酒終了3

今日、頭の最後の診察へ行ってきて
異常無し!の太鼓判を頂いたので
禁酒していた2週間とちょっとも今日で終りました。
早速今晩からアルコールを摂取しようと思います。


毒Zシェイクダウン

昨日は毒Zのシェイクダウンのお手伝いに鈴鹿まで行ってきました。

まっきーZ1シェイクダウン (1)Tマシーンとなるかも知れない

CB400Fも、最後の鈴鹿ROC入りか?





まっきーZ1シェイクダウン (2)アニーズで作った、まっきー毒Z1

今日が初走行、シェイクダウンです。

ホンダ命のまっきーですが

心までは売らないと言ってました。

まっきーZ1シェイクダウン (3)そして1本目の走行開始。

まずはタイヤの皮むきと

ニューマシーンに身体を慣らす為に

軽く走って、マシーンの調整。

まっきーZ1シェイクダウン (4)少し慣れた2本目は

周回を重ねる毎にタイムも上がりますが

この日はモタードも一緒に走っているので

ラインが交錯する合間を縫って

まっきーZ1シェイクダウン (5)ストップウォッチレベルですが

取合えずのベスト1’06:49をマーク

もう身も心もカワサキに染まってしまい

「フォアおっせー!」と言ってしまった…

しかし、ROCも終わりその帰りにホンダの神が舞い降りてきたらしいよ。


三代目号フレーム組立て

フレーム補強の後のフレーム塗装が終わって戻って来た三代目号。

三代目号フレーム組立て (1)急遽今日の予定を変更して

三代目号のフレーム組立て作業に

取掛かる事にしましたが

今日願うは、三代目号が立ち上がるまで

三代目号フレーム組立て (2)天気が持ってくれる事を考えながら

フレームの養生を剥がしてリタップ作業。

ここまで来るのに分解して仮組みして分解…

やっと今日、本組み作業になりました。

三代目号フレーム組立て (3)まずはフロント周りから

ステムベアリングは勿論純正新品を使用して

グリスをしっかり入れてセット。

エアクリボックス、メインスタンドも取付け。

三代目号フレーム組立て (4)フロントフォークを入れて

フロントタイヤをセットすれば

サクッと立ち上がりました!

ここからは怒涛の如く部品を取付けます。

三代目号フレーム組立て (5)リアホイール、リアフェンダー

ステアリングなどを取付けると

やっとバイクらしく

フォアらしくなってきました。

三代目号フレーム組立て (6)フロンと回りも拘りの仕様です。

ここまで来れば後はもう

チョイチョイっと手を入れれば

エンジン搭載まで直ぐです。

三代目号フロントブレーキ回り (1)大物が組み上がったので

次はブレーキ回り。

フロントブレーキは純正のニッシン

Wブレーキをそのまま流用。

三代目号フロントブレーキ回り (2)ブレーキマスターは拘りのCB400Fのマスター

Wディスク用5/8サイズなのでそのまま使えます。

インジケーターも加工して取付け

メーターはデジタル化してます。

三代目号リアブレーキ回り (1)リアサスはまだこれからですが

拘りの純正チェーンカバーを取付け

ホイールは拘りの18インチ

リムはCB1100EXを流用してます。

三代目号リアブレーキ回り (2)リアも勿論ディスク化してあります。

足回りは他車種の物で混合ハイブリッド化

CB1100EXのハブが使えれば

もっと簡単に出切ると思います。

明日は電装系の取付けに取掛かります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年01月05日

仕事初め4

2016年、今日から仕事初めです。
お正月の間は餅、アルコール、ラーメンのコンボで
ずっとお腹には未消化の物が入っている状態か
酔っ払っている状態で過ごしていたので
胃腸がかなりお疲れ気味でした。
そんな堕落した生活も、今日からは切り替えて
暫くの間は禁酒生活に入ります。


越後桜退治

元日の日にお神酒で飲んだ「越後桜」と夜に再戦。

越後桜退治おせち料理を頂きながら

サクッと退治してやりました。

取合えずこのお正月に飲んだ量は

越後桜720mlと新年のご挨拶に

行った先で缶ビール10本ぐらいに、お店で日本酒2合、カクテルのモヒート3杯

ぐらいまでしか覚えてませんが、まずまずの飲酒量でした。


初詣

足を悪くしてから人混みが怖いので、人出が少なくなった3日に初詣へ。

2016初詣 (1)嫁の親父の墓参りへ行き

気比神宮へ行ってきました。

3日の日でも駐車場は一杯で

入るのに一苦労でしたが

2016初詣 (4)ピークは過ぎているので

人の数は少ない方で、しかも暖かく

参道も濡れていないので歩きやすい

おみくじは吉で微妙でしたが

2016初詣 (5)商売繁盛の熊手を買いに行ったら

生憎¥5.000の中サイズが無くて

¥10.000の大でしたが中のお値段で買えました。

良いのかなぁこんなので?まぁラッキーでした。

2016初詣 (6)朝にお雑煮を食べたので

軽くおやつ程度で安定の味スガキヤへ行き

小腹を満たしてから新年のご挨拶先で

ビールを頂いたりして

2016初詣 (7)晩ご飯までの時間潰しにパチンコへ。

打ち方も分からぬまま暫くすると

いきなり確変を引いて、十数連荘してしまい

お正月の間に使った分を全部回収した。

2016初詣 (8)お正月三日目にして

今年の運を使い切ってしまったのかも知れない。

中途半端にご飯を食べて

寝る前に小腹が空いてしまうので

2016初詣 (9)仕方なく名物の屋台ラーメンを食べに。

久々のごんちゃんラーメンを食べて至福の一時

主食が酒とラーメンと言う

相変らず堕落したスタートからの2016年です。


仕事初め

お正月の間に溜まっているメール処理や、事務処理を済ませ

実務に取り掛かろうと思いながらも、中々身体が動こうとしない…

買い物かごおじさんお年始のご挨拶にご来店そんな感じでダラダラとしてたら

買い物かごおじさんが新年のご挨拶に

買い物かごをぶら下げてご来店。

今年もよろしくお願いします。

ちょっとやる気スイッチが入ったので、ゴソゴソと作業をやって

銀次号と三代目号積込み三代目号と銀次号を積込み。

三代目号はフレームの測定などの作業。

銀次号は僕が乗れないので

セッティングを出すのにアゲインへ行って

ダイノマシーンでセッティングをする事にしました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年12月27日

早仕舞い3

今年も残す所今日を入れて後4日。
ヘルニアに始まり、腫瘍で終わろうとしている2015年
忘年会も残す所後3回となりましたが
29日に名古屋で開催されるアニーズ忘年会に
嫁からのNGが出て行けなくなったので
後2回に減りました。
ベホリに合えなくて残念だけど
来年もまた元気に遊んだるわ。


白霧島退治

ここに来てペースがまた何時もの飲み方に戻りつつあります。

白霧島退治白霧島退治。

昨日も気が付いたら空っぽでした。

禁酒開始の1月6日まで

後9日。


闘魂号フロント周り

去年のCBオーナーズミーティングの時に初めてお会いして

車両を見せてもらった時に気になった

闘魂号フロント周り (1)フロントアクスルシャフト。

足回りの事なので

誤組みがあると危ないので

オーナーには「変ですねぇ」と伝えてました。

闘魂号フロント周り (2)よくよく見ると、フロントタイヤは

前から見て右側に寄ってますね。

オーナーも気になっていたらしく

今回ついでに作業となりました。

闘魂号フロント周り (4)じっくりと見ればアクスルシャフトの

カラーの間にワッシャー?。

しかもディスクを止めているボルトが

本来M8なのにM10に変更されてます。

闘魂号フロント周り (6)なのでこの、メーターギヤーボックスの

リテーナーカバーも取り付けれません。

これではギヤーボックスのダストシールが

ホコリで痛んでしまうし、グリスも飛び散ります。

悪く言えば、ステンレスのボルトなので硬いのですが折れます。

まぁM10に変更されているので、大丈夫かな?

闘魂号フロント周り (7)で、タイヤを外してアクスルシャフトを

緩めると、ここもトルク不足で

あっさりと緩んでしまった。

ついでに気になったのでM10に変更された

闘魂号フロント周り (9)ステンレスのボルトを緩めてみると

ここも案の定トルク不足で

やっぱり穴は拡大されてます。

これもディスクが割れる可能性があります。

ボルトはオーナーが純正品だと言ってましたが

闘魂号フロント周り (10)市販のステンレスボルトです。

念の為ホイールの幅を測ってみると

全長が5mm短い事が判明

それでつじつま合わせのワッシャーが

入っていた事が納得しました。

闘魂号スタビライザー装着丁度良いサイズのカラーや

ワッシャーも無いので

フロント周りを分解したついでに

ご依頼のスタビライザーを装着しました。

闘魂号メッキピポットシャフト交換 (1)ピポットシャフトもクロームメッキした

シャフトに交換します。

ここはしっかり締まってました。



闘魂号メッキピポットシャフト交換 (2)「メッキ命」の闘魂号

メッキと言えばCPの銀ちゃんw

多分お互いに刺激が強いと思います。



闘魂号プライマリーチェーンスライダー変形そして何かと問題の多い闘魂号。

エンジンのプライマリーチェーンスライダー

真ん中が凹んで変形してます。

これはエンジンに何か異常があった証拠。

絶版部品なので綺麗に直れば良いんだけどなぁ…

今日は早仕舞いなのでここまで。


サニトラサイドブレーキ調整

日曜日の今日は、朝から弟を呼び出して

サニトラサイドブレーキ調整サニトラのサイドブレーキの調整と

カーナビのスピーカー配線の

不具合調査の強制労働。

今度は春になったらスタッドレスから

普通タイヤに交換をお願いします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月24日

とんだクリスマスプレゼント2

今日後頭部のMRI撮影に行ってきました。
画像を見た瞬間に「でかっ!」って言うぐらい
頭部MIR画像大きな物が写っていて
ちょっと大き過ぎるののと
取り出すのにも頭を切る範囲が大きく
出血が多いと予想される事や
頭蓋骨に近過ぎるのと
感染症のリスクが多いので
チームで作戦会議をするらしい…
手術も年明け早々になる感じです。
もう…とんだクリスマスプレゼントでした。


黒霧島と対戦からの退治

某銀ちゃんから「腹黒なおっさんはこれでも飲んどけ!」と

151222黒霧島と対戦開始頂いた黒霧島と一昨晩対戦を開始

アルコール度数20度は

僕の敵では無い感じで

一応二晩に分けて

151223黒霧島退治サクサクッと飲んで

昨晩軽く退治してやりました。

クリスマス前夜祭の今日は

どれと対戦しようかな!


三代目号足回り

今日はとっても気持ちがブルーだけど

三代目号ホイールと特注スイングアーム (1)昨日の定休日に引き取りに行った

三代目号の前後ハブに

リムとスポークをセット。



三代目号ホイールと特注スイングアーム (3)アゲイン製CP特注サイズ

スチールスイングアーム。

これをフレームにフッティングします。



三代目号ホイールと特注スイングアーム (4)タイヤをセットしましたが

リアタイヤ80なので

タイヤを入れるのが結構大変でした。



三代目号リアホイールフッティング (1)タイヤもホイールも大きいので

ちょっと重いけど

安定感はありそうです。

バランスのチェックをして

三代目号リアホイールフッティング (2)特注スイングアームをセットして

ホイールを仮にフッティング。

いい感じですね。



三代目号リアホイールフッティング (3)チェーンカバーも取付けできる仕様。

タイヤが太いのでその分

カットしないといけないので

取付けは一番最後かな。

三代目号妄想用画像2フロントホイールもセットして

足回りのフッティングは完了です。

これでブレーキ回りを仕上げれば

フレームの補強に入れます。

年末はこれでハァハァして我慢して下さい。


CPオリジナルピストンクーラージェット

予定より早く出来上がってきたCPオリジナルPCJ。

CPオリジナルピストンクラージェット入荷フォアだけじゃなく

どの車種にも取付けは可能です。

まずは今エンジンを修理中の

あの人にテストしてもらおう!


ベホリ号用ヨシムラ機械曲げ修理完了

本物だから、費用を掛けてでも修理したヨシムラ機械曲げ

ベホリ用ヨシムラ機械曲げ修理完了耐熱塗装に出していた

パウダーコートカトーさんから

今日戻ってきました。

何とか年内に間に合ったので

早く引き取りに来てください。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月14日

明日の営業時間のお知らせ3

【営業時間のお知らせ】
明日12月15日(火曜日)は
バイク馬鹿野郎達の忘年会の為
営業時間は14時までとなります。
ご迷惑をお掛け致しますが
宜しくお願い致します。


雪の茅舎と対戦開始

長い事兄弟をやっていて、多分初めて弟から酒を貰った。

151211からの対戦相手 限定 雪の茅舎そんな11日の夜は遠足病で

眠れない夜を過ごすと思うので

長期出張中の弟が送ってきた

「雪の茅舎」と対戦開始。

生酒なので早く倒さないと!


12月12日ROC本当の走り納め

前回の鈴鹿ROCで不完全燃焼気味だったので

151212ROC (1)結局12日も鈴鹿へ行く事に。

当日は鈴鹿市民マラソンの準備や

ポルシェの走行会などがあり

PITはほぼ満員な上に

151212ROC (2)Bクラスも30名と言う過密状態だった。

こりゃぁ今回も不完全燃焼に

なりそうだなぁと開始前から

心が折れ掛けてましたが

151212ROC (3)案の定何時もの感じで

直線番長に絡まれて

01枠の走行ベストは1’09:547

と言う結果だし、合図を出さないとか

151212ROC (6)走行マナーが悪い奴ばっかりで

03枠の走行では、PITレーンに入る車両が

急に本線に戻って来て、危うく最終コーナーで

大クラッシュになるところだった…

そんな03枠のベストが1’09:454と全然ダメ。

03枠走行

最終コーナーでINに入る寸前で出てきたR1にビックリして

アウトに広がった所へ、CBRが僕のアウトから弾き出されクラッシュ寸前でした。

その後そのR1は2コーナーでクラッシュしてました。

そしてその日は、早めに店に帰って、明るい内暖かい内に

銀次号の慣らしへ出掛けようかと思っていた所へ

銀ちゃんレーサー号腰上OH (1)急に銀ちゃんがレーサーエンジンの

腰上O/Hをすると言い出したので

結局昼間の慣らしには出れず

O/H前のチェックなど諸々の強制労働。

銀ちゃんレーサー号腰上OH (2)実圧縮は頑張って1.2Mpaで

平均1.15Mpaに下がっているので

来年に向けて、パワーの回復の為

腰上をO/Hする事になった。

銀ちゃんレーサー号腰上OH (3)サクサクッとシリンダーヘッドを外して

ピストン、ヘッドをチェックすると

若干のオイル上がりが確認出来た。

やっぱりレーサーのエンジンは

銀ちゃんレーサー号腰上OH (4)壊れる前に保全的にO/Hするに限る。

そんな銀ちゃんはその日の内に

エンジンを組立てる勢いだったので

何とか後日に組立てる事にしてもらい

その日は開放してもらった…


現地解散夫婦旅

昨日は何時もの逆パターンで現地解散現地集合の夫婦旅へ

嫁と現地解散現地集合の旅 (1)出掛ける事になったのですが

よくよく考えたら、ただの送り迎えを

しているだけだったんじゃぁ…と…

朝からレクサスで洗車して

嫁と現地解散現地集合の旅 (3)嫁とレオとチャッピーを連れて名古屋まで

犬友が開催するクリスマスパーティーへ

途中御在所SAのドッグランで休憩して

犬友の待つ所まで送って現地解散。

嫁と現地解散現地集合の旅 (4)嫁が遊び終わるまで名古屋の秘密基地で

まっきーとベホリを呼び出して

僕の時間潰しのお相手を22時過ぎまで

してもらって22:30にお迎えへ行き

深夜1時前に無事帰阪しました。

多分今回の現地解散現地集合夫婦旅の、一番の被害者は

まっきーとベホリだったかも知れない。


三代目号イグニッションキー

当時物の国内純正中古良品のイグニッションキーセットが

三代目号純正国内イグニッション取付け (1)届いたので、勿体無いけど

早速加工してトップブリッジに取付け。

キーヘッドには当時のウイングマーク入り

ここは今回の拘りです。

三代目号純正国内イグニッション取付け (2)ハンドルロックも使えますし

シートロックもキー一本で使えます。

後は国内仕様になるように

ハンドルロックを取付けます。

三代目号純正国内イグニッション取付け (3)メーター、ライトステーの取付けイメージ

この辺も今回拘ってみる事にしました。

仕上がりのイメージは

思わず2度見して?マークが出る感じですw


ドライブチェーン入荷

滋賀県のO様からご依頼分のドライブチェーンが入荷

滋賀のO様用ドライブチェーン入荷後はご都合が合えば何時でも

PIT作業が開始出きる様に

諸々の部品を揃えてありますので

宜しくお願い致します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月27日

赤切符3

昨晩は極寒の中、銀次号のタコメーターの動きと
謎のガス欠症状のチェックの為
閉店後に何時ものショートコースを走ってきました。
タコーメーターの挙動は5.000rpm付近以外は
振動対策で直りましたが、やっぱり5.000rpmは
ちょっと挙動が怪しいのと、謎のガス欠症状も
やっぱり同じ5.000rpm付近で出ました。
症状が出た時に走りながら色々チェックした所
一旦アクセルをオフにするとガス欠症状は出なくなるので
点火系の問題の可能性が濃厚だと思うので
今度ウオタニのチェックをして見ます。


三代目号フロント

マッスル化する為の部品をNC36から流用しようと

部品を発注したら、既に何点かは絶版部品になっていた…

なので、ちょっと仕様を変更する事にしました。

ワコーズ仲村君昨日フロントフォークオイルが

足りなかったので、ワコーズのCP担当

仲村君に無理を言って

朝一番に持って来てもらいました。

今ワコーズは39th記念キャンペーン中と言う事なので

記念グッズを沢山押し売りしてもらってます…

三代目号CPSPフロントフォーク完成 (1)で、早速三代目号のフロントフォークに

フォークオイルを入れて

仕上げに掛かる事が出来ました。

仲村君!ありがとう!!

三代目号CPSPフロントフォーク完成 (2)これでフロントフォークは完成。

減衰具合も丁度良いので

後は実際に走ってみてチェックとなります。

イニシャルアジャスターも付けたので

調整の幅もある程度確保出来てます。

三代目号フロントホイール (1)昨日オーナーと打合せして

やはりフロントスポークは

交換と言う事になったので

タイヤを取外して

三代目号フロントホイール (2)スポークを取外して再メッキに出そうかと

思いましたが、スポークにハケで塗られた

塗装を剥がす手間を考えて

再メッキは諦めました。

三代目号フロントホイール (3)ハブもリムも見た目は綺麗だったけど

致命的なのは、やっぱりハケ塗り塗装。

両方共物の状態は良いので

これもアルマイトで仕上げた方が安いね。

三代目号ヨシムラパーツ入荷そんな事をやっていると

昨日発注したハイカムとピストンが

ヨシムラジャパンから早速届いた。

これだけ早いと言う事は

そこそこ在庫があるんだねぇ。


イエロー号用エンジン入荷

今日届くはずの黄色い君のレーサー用エンジンの入荷が遅いので

プレッシャースイッチ用サブハーネス時間潰しにオイルポンプの

プレッシャースイッチ用サブハーネスを

作って時間を潰していたら



151127本日入荷の部品達15時前にやっと荷物が届いた!

しかも三代目号用のオイルクーラーも

早くも入荷してきた!



三代目号用オイルクーラー取合えず三代目号用の

オイルクーラーはそのまま

部品保管スペースへ移動。



イエロー号用クランクとヘッド (1)待ちかねたイエロー号のクランク

バランスは少し狂っていたようで

こんな感じで修正されてます。



イエロー号用クランクとヘッド (2)シリンダーヘッドは平面研磨と

ポート研磨をした上に

ウエストバルブで給排気効率をUP

今日は時間的に取合えず下拵えだけかな…

イエロー号エンジン腰下組立て (1)と思いながらクランクに

コンロッドをセット。





イエロー号エンジン腰下組立て (2)ある程度段取りが終わってるので

コンロッドをセットしたら

やっぱりこうなっちゃいます。

何時もの記念撮影。

イエロー号エンジン腰下組立て (3)サクッと腰下の組立てが完了。







イエロー号エンジン腰下組立て (4)ミッションの具もセット完了。

シリンダーヘッドの下拵えを

やろうと思ってたら…

変なのが来た!


本日のご来店

エンジンガードが入荷して、これだけ天気が良ければ

151124本日のご来店 (1)多分やって来るんじゃないかなぁと

思っていたら、早速ご来店の旧2号機。

ちょっとエンジンが冷えるまで

待っててもらおうかと思っていたら

151124本日のご来店 (2)どうやら来る道中で枚方の領空侵犯

白バイにロックオンされ撃墜…

1発で6点と免許証を献上して

赤い召集令状を貰ってきたらしい…

枚方での取り締まりは、結構頻繁にやっているので安全運転でご来店願います。

151124本日のご来店 (3)この気温なので、エンジンも

まぁまぁ早く冷えたので

本来の目的のエンジンガードを

取付ける事に。

151124本日のご来店 (4)サクッと取付け完了。

これで倒れてもエンジンガードが

ちゃんと仕事してくれるし

ビジュアル的にもカッコいいね!

まぁFCR購入が少し遠くなったけど、今月は運が悪かったと言う事で…

これで2015年の検挙で銀ちゃん、黄色い君、10X君の青切符を抜いて

ダントツの1位を獲得しました。

151127本日の問題児そんな今日は珍しく

2015最初の青切符野郎がご来店。

何だか音がすると言い出して

作業を始め出したけど放置。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年11月26日

煩悩と妄想と部品達3

この所やたらとお腹が減るので
極力食べるのを我慢しているのですが
もう時期冬眠するんじゃないかと言うぐらいの勢いで
体重が確実に増加して
この分だと大晦日までには体重が
煩悩の数を超えてしまうかも知れない…


三代目号マッスル化カスタムパーツ達

ヨシムラマフラーは今日パウダーコートカトーさんへ塗装に出しました。

三代目号ステム加工完了昨日塗装が仕上がった

三代目号のステムを

フレームに仮組みしてフッテングのチェック。

ハンドルストッパーも良い感じです。

三代目号CPSPフロントフォーク組立て (1)フロントフォークのカスタムも色々と悩んで

オリフィスの穴サイズを決めて加工。

これが良い感じなら、僕の町乗りにも

反映されると言う、人柱。

三代目号CPSPフロントフォーク組立て (2)で、早速フロントフォークの組立開始。

頭の中での計算が上手く行けば

一発で減衰の調子が決まるはず!

だがここで、フォークオイルの在庫が

三代目号CPSPフロントフォーク組立て (3)足りない事が判明したので

CPスペシャルフロントフォークは

1本しか組めなかったけど

動きは計算通りの動きになった。

三代目号リアハブ組立てリアハブの加工も出来上がったので

ベアリングとシールを圧入して

520コンバートスプロケット38Tをセット。



三代目号リアブレーキキャリパーリアディスク用の他社種流用キャリパーの

リメイクも出来上がっているので

これも組立てました。



三代目号用フロントブレーキピストン入荷メーカー発送ミスのブレーキピストンも

改めて入荷して来たので

早速組立てて間違いの無い事を確認。

これでカスタム用部品も随分揃いました。


本日入荷の妄想用部品達

妄想が止まらない方達の部品が次々に入荷して来ました。

銀次号Hリム用タイヤ入荷まずは銀次号のHリム用前後タイヤセット。

早速入荷して来ました。

これで後はFCRが入荷してくれば

完成します。

タロッティエンジンガード入荷振り返ったらバイクが

見慣れない角度になっていて

ACGカバーBが傷だらけになっている方用

タロッティのエンジンガードが早くも入荷!

まさかの早さでしたね!

黄色い号用45度フッテング入荷黄色い君用のブローバイホース用

45度フッティングも入荷。

何でも明日にはエンジンが内燃機屋さんから

戻って来る感じなので

やっと三代目号のエンジンが作業台に乗ります。

黄色い号スイングアームオイルキャッチタンク化 (1)その前にこれだけはやって置かないと

後でやるとなると手が入らないので

大変な作業になる所でした。

一旦はストレートのフッティングを付けたのですが

黄色い号スイングアームオイルキャッチタンク化 (2)どうにもこうにも収まりが悪かったので

45度のフッティングにして

スイングアームをオイルキャッチタンク化。

最初はホームセンターに売っている

ビニールのメッシュホースが付いてたんだけど

黄色く変色して不細工だったので、ステンメッシュホースとフッティングで

かっこ良く仕上げてみました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月24日

悪意を感じる時3

昨日は家族揃って外食
しかも珍しく現地集合現地解散でもなかった。
食事をしながら一昨日の夜
僕が泥酔して玄関でひっくり返った事の話になり
詳しい状況を聞くと、後ろ向きにひっくり返って
後頭部を強打したらしいので
頭を触ってみると、本当にたんこぶがあった…
その後少し動かなくなったと言うので
「それって意識無くなってるやん!」と言うと
「そのまま死ねば良かったのに!」
このまま放置するか、どうしようかと悩んでいたらしい…
すると暫くしたら動き出したらしく
何とか立上がったら今度は前に倒れて
ホフク前進で家に上がって部屋に辿り着けず
そのまま階段で寝ていたらしい。
そんな話で盛り上がって、家族仲良く食事してました。
今年の忘年会は、命の危険を感じるので
酒の量を考えて飲む事にします。


三代目号カスタム用部品達

昨日三代目号オーナーと諸々の打合せをしていた時に

三代目号フロントホイール下拵え (1)この車両を購入した時の走行距離が

3.000キロちょっとだったと言う事なので

エンジンの状態から考えて

この走行距離は実走だと確信しました。

三代目号フロントホイール下拵え (2)三代目号マッスル化の

今後の仕様についても色々詰めて

社外品ですがまだ新しいサンスターの

インナーベルを黒に変更する事になり

三代目号フロントホイール下拵え (3)早速取り外しましたが

スポークは見た目錆が無いように

見えるのですが、これ色が塗られてました。

しかも一本づつハケ塗りです…

三代目号フロントホイール下拵え (4)この必死さに切なさと悪意を感じました。

ベアリングを交換しようと思い取外しましたが

このまま組んで良い物なのかと思い

新しいベアリングを入れるのは相談してからにします。

三代目号カスタム部品達 (1)このディスクはほぼ新品なので

かなり状態は良いです。

フローティングピンを外して

インナーベルだけにしようと思っていたのに

三代目号カスタム部品達 (4)どうやらこのローターは

フローティングピンを取外せる

タイプでは無いらしいので

このまま養生してもらって塗装をしてもらいます。

三代目号カスタム部品達 (2)トップブリッジも黒に塗り

あくまでも純正っぽく見えるように

仕上げる事で意見が一致。



三代目号カスタム部品達 (6)オリジナルペイントは薄いので

ウエットブラストで塗装を剥がして

下地処理を済ませました。



三代目号カスタム部品達 (7)マフラーも本物のヨシムラ手曲げ管なので

リペイントする事になりましたが

勿体無いのが、本物の耐熱ステッカーを

剥がさないといけない事です。

三代目号カスタム部品達 (3)オーナーがアゲインから購入した

バックステップも仕様を変更します。

CPはアゲインの正規部品販売代理店なので

CPでもアゲインの部品は購入出来ます。

そんな訳で、明日は定休日ですが外回りへ出る事になりました。

三代目号用ホンダ純正部品入荷1回目 (1)そして明日入荷してくると思っていた

純正部品が入荷して来ました。

これはステムベアリング関係の部品。

テーパーローラーベアリングは使いません。

三代目号用ホンダ純正部品入荷1回目 (2)これはマッスル化用フロントフォークの

純正部品一式。

これはまだ部品が揃ってないので

後回しかな。

三代目号用ホンダ純正部品入荷1回目 (3)これはフロントブレーキ用の

純正部品一式。

これは組めるので早速組立てますが

パットをどうするのか相談してなかった。

三代目号用ホンダ純正部品入荷1回目 (4)取合えずブレーキキャリパーを組立てたけど

ピストンがでかくて入らない?

何でだ!?と思って部品番号を見ると

全然違う部品番号で

RC24 VFR750Fのピストンで

メーカーの発送ミスだと判明した…連休ボケか?頼むぜぇ。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月30日

三代目号緊急入庫3

昨晩就寝前に今日の仕事の段取りを
考えながら寝た。
結果から言えば、僕は夢を見ていたのですが
その考えた段取りよりもサクサク仕事が進む!
おっと、もう15時だ早仕舞いして出掛けないと!
と言う所で目が覚めた…
何時もの感じで寝ているのに仕事しているので
その時点で激しく体力を消耗している上に
せっかく終わった仕事をもう一度やると言う
この気だるさ…


7号機カスタム

気だるさが残る今日は時間が中途半端なので

7号機新型強化オイルポンプに交換 (1)作業も適度な作業をやります。

7号機も旧型強化オイルポンプが付いてます。

まだ430キロしか使ってませんが

新型強化オイルポンプに交換する事にしました。

7号機新型強化オイルポンプに交換 (2)サクサクッと旧型を取外して

サクサクッと新型を装着。

7号機はオイルクーラーを付けてないのですが

熱ダレやオーバーヒートの経験はありません。

まぁフルレスで作ってから、400キロ程しか乗ってない

慣らしも終わって無い車両ですけどねぇ…w

7号機CJフェンダー取付け (1)ついでにこの味のあるメッキフェンダーも

カスタムついでに交換する事にしました。

先日塗装から戻ってきた

本物のCJフェンダーを取付けます。

7号機CJフェンダー取付け (2)ガラッと雰囲気が変わりましたね。

絶版のゴム類も全部揃っていて

状態も良かったし、元の色が黄色で

塗装が悪かったので丁度良かったです。


銀次号ACG取付け

昨日取付けるのを忘れていた銀次号のACGを

銀次号ACGカバー取付け (1)サクッと取付けました。

サブハーネスがちょっとねぇ…って感じですが

使えない訳では無いし

交換する気になれば自分でも出切るからね。

銀次号ACGカバー取付け (2)カバーBも取合えず現車に付いていた

オリジナルを取付けました。

ビジュアル的な問題で傷はあるけど

これも使えない物ではないからね。


398エンジンフルウエットブラスト下拵え

ただの時間調整的な作業になっちゃいますが

ウエットブラスト依頼の398シリンダーヘッド (1)フルウエットブラスト依頼のシリンダーヘッド

EXスタッドボルトの除去をします。

依頼主の方からは「折れるとやだから…」と

まぁ賢明な判断だと思います。

ウエットブラスト依頼の398シリンダーヘッド (2)純正のスタッドボルトでしたが

交換暦がありラインオフのオリジナルじゃ無く

部品として出た純正の物だと思います。

向きも何本か逆に入ってたりしてました。

意外とすんなり取外せました。


山本山号車検整備

CPで中古車の委託販売で購入してから早くも2年経ち

山本山号車検整備オイル交換忙しくて実質400キロ程度しか乗れておらず

車検も切れて放置気味だったのですが

やっと車検を受ける事になった京都の山本山号

まずはオイル交換ですが

汚れは無い物の、若干白く濁っているので軽く乳化気味でした。

山本山号オイル滲み整備 (1)オーナーの性格上オイル滲みも

嫌なんだそうで、僕は何時も言うのは

我慢出来る所まで我慢した方が

サイフに優しいよと言うのですが

実際は部品も高くなり、絶版部品も増えてきているので

判断をするのは難しく、選択肢も狭くなってきているのは間違いありません。

山本山号オイル滲み整備 (2)単純にヘッドガスケットを疑うよりも

その上から僕は疑います。

ブローバイホース、タペットキャプのOリング

ヘッドカバーのガスケット、共に消耗品です。

タペットキャップやヘッドカバーからの滲みが確認できますねぇ…

山本山号オイル滲み整備 (3)あらあら!キャブの#1もオーバーフロー…

フロートチャンバーに古くなったガソリンの

粒みたいな物や、錆の細かくなった物が

バルブに挟まったり、油面が悪かったり

開けて見ないと何とも言えません。

山本山号オイル滲み整備 (4)ブローバイホースも硬化しており

取り出し口からもオイルが滲んで

少し垂れてますねぇ…



山本山号オイル滲み整備 (5)タペットキャップのOリング

キャップを真横から見ると

Oリングが平らになっているのが分かります。



山本山号オイル滲み整備 (6)取り外すともうOリングと言うより

□リングと言う感じになってます。

これも消耗品なので交換します。



山本山号オイル滲み整備 (7)ついでの作業があるので

プラグを外すと真っ黒な上に

電極の先端が錆びてます…



山本山号オイル滲み整備 (8)念の為エアークリーナーをチェック

社外品が入ってました。

しかも、使用限界に近い状態です。



山本山号オイル滲み整備 (9)シリンダーヘッドカバーを取外し

ガスケットの状態をチェックすると

やはりもう○い部分は無く

潰れてしまってます。

山本山号オイル滲み整備 (10)ガスケットの面がカバーとほぼ一緒

これも消耗品なので交換になります。

ここまでやったついでに

カムチェーンテンショナーも調整。

山本山号オイル滲み整備 (11)おっと…インシュレーターも

ヒビが入ってきてますねぇ…

こちらもそろそろと考えておいて下さい。

カムチェーンを調整するセッティングボルトからも

山本山号オイル滲み整備 (12)オイルが滲んでいたので

Oリングを交換しようと緩めると

激しく抵抗があり中々緩んで来ないので

きっとあれだなぁ…と思ったらその通り

山本山号オイル滲み整備 (14)プッシュバーを押す先端が完全に潰れて

ねじ山が潰れてました…

これはかなりヤバイ状態なので

かなり焦りましたが

山本山号オイル滲み整備 (13)リタップしてねじ山を修正して

トルクもちゃんと掛かったので

一先ず安心です。

これも新品に交換しました。

山本山号オイル滲み整備 (15)シリンダーヘッドも増し締めをしてみましたが

特に緩んでいる物も無く

締まらなかったので

これで様子を見る事にしましょう。

意外と時間が掛かってしまったので今日はここまで!


三代目号緊急入庫

エンジンのフルO/Hの許可が出たらしくCPへご来店の予定?

来る途中で三代目号がグズってしまいエンジンストール…

三代目号緊急入庫そのまま緊急入庫となりました。

電話で聞く限りでは電装系のトラブルっぽく

その辺を弄ったらイグニッションが

点灯し、自走でご来店となりました。

原因は明日以降調査する事にして取合えずお預かりとなり

諸々の妄想も始まったらしいです。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月21日

書類送検、身柄引き受け人3

今日は朝早くから弟の事故の件で城東警察へ…
刑事記録を検察庁へ送るので
その事件の件で身柄引受人として
書類に署名捺印をしないといけないからです。
事故から約5ヶ月で警察の捜査は完了し
後は検察の判断で、どうなるかが確定します。
交通事故の事件としてどちらかが処罰されるか
双方不起訴になるかはまだ分かりませんが
いずれにしてもこの後
民事裁判で損害賠償請求をして行かないといけないので
長くて大体4年程度は掛かると思います。
相手側が非を認めれば、即決で保険屋との話し合いになるのですが
運送会社が相手だと、中々面倒な事になると思います。


サニトラオイル交換

弟が長期出張中でいないので、仕方なく自分でオイル交換。

サニトラオイル交換151020酷使した3,000キロを走行しました。

エンジンオイルは贅沢にバイクにも使っている

ワコーズのRRR10W-40を使ってます。

タワーバーとか柿本の特注フマフラーが欲しい!

Z750FXも欲しいし、欲しい物だらけ物欲の塊です。


新型強化オイルポンプ1ロット目

新型強化オイルポンプの1ロット目の加工が終わって戻ってきたので

銀次号用新型強化フルオイルポンプSTDタイプ早速銀次号用に

新型フル強化オイルポンプを組立てました。

圧力はノーマル圧力なので

流量のみの増量となります。

新型強化オイルポンプRタイプその他はレーサー用となり

新型フル強化オイルポンプRタイプが

3個とSTDタイプを2個仕上げました。

CP1号レーサーに取付けたいけど

今はそんな余裕が無いので、鈴鹿に走りに行くまでには交換したいです。


1号機復活へ


定休日の今日は、集中して1号機の作業に取り掛かれます。

1号機用57mmピストン重量測定 (1)まずはピストンピンなどの

重量計測をしてます。

同じピストンピンでも最大で0.05グラムの

重量に差があります。

サークリップで最大0.02グラムの差がありました。

1号機用57mmピストン重量測定 (2)ピストンも同じく重量測定。

重量の差は最大で0.89グラムありました。

なので重量合わせを兼ねた

バルブリセスの加工から開始する事に。

1号機Newピストンバルブリセス加工バルブリセスを加工しながら考える事は

これで13,000rpmまで回せる…と

破壊的思考が働いているのは

間違いなかった…

1号機Newピストン重量合わせ全部のピストンを加工し終わってから

総重量を測定、最大重量差は

0.9グラムも差があったので

1円玉ぐらい削らないといけない…

1号機57mmNewピストン重量合わせ重量合わせのバリ取りをやって

重量誤差±0.00グラムまで

何とか合わせました。



1号機510cc仕様組立て (1)ピストンリングを入れて

シリンダーを挿入。

オイルリングがかなり細いので

初めて老眼鏡を掛けて作業してました…

1号機510cc仕様組立て (2)そしてやっとシリンダーヘッドを搭載。

目標67psぐらいを想像して居る時点で

もはや破壊的思考しかない…

あわよくば70psぐらいだと嬉しい。

1号機510cc仕様組立て (3)などと考えながら、タペットクリアランスは

少し多めに取って1号機のNew

510ccエンジンは完成しました。

まだ少し時間も早いので

1号機510ccエンジン搭載 (1)1号機の作業が出来る

スペースを確保して…





1号機510ccエンジン搭載 (2)どーん!

搭載完了!

さて、今日は何処まで出来るかな?

ついでにFCRもO/Hしようっかな。

1号機510ccエンジン仕上げ (1)そんな事を考えながらの作業。

乾式クラッチセット完了。





1号機510ccエンジン仕上げ (2)ACG、セルモーター

新型強化オイルポンプRタイプ装着。

因みに、アゲイン製ミッション用

強化オイルポンプはゴソウダンパーツらしい…

1号機510ccエンジン仕上げ (3)今日はここまでかな。

明日FCRをO/Hしてから

1号機の火入れを予定しています。

ピストンクーラーの効果が楽しみです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月13日

ピストンクーラー取付け3

先日の事、弟にタコメーターを取付けてもらっていた日
店の電話が鳴り
「○○君の紹介でCBXのステムシールを交換して欲しいのですが、出来ますか?」
と言う電話だったけど
出来るか出来ないかで答えれば、出来るに決まっているけど
「基本CBXはお預かりの作業はお断りしてます」と伝えると
「作業時間は3.5時間になってるんで、朝持って行けば出来ますよね?」
「部品も全部持っているので…」
「2時間で終わらせれば1.5時間の儲けじゃないですか」
この時点で既に僕は、切れてます…
そもそも、ステムシールを何故交換するのか?
オイル下がり?オイル上がりかも知れないし
ステムシールだけ交換して「はいどうぞ!」って言う
安モンの仕事なんてしませんから。
すると「自分、以前車の整備士やってたんでそれぐらいできるでしょう」
・・・もう完全に切れましたが丁寧に
「整備士をやってたのなら3.5時間で出来るかどうか分かるでしょ?」
その後もしつこく食い下がってきたけど
もう僕は一切受け付けませんでした。
弟に「今こんな電話が掛かってきてん、誰やろ?」と言うと
「兄貴の事知ってる奴なら、そもそもそんな口の聞き方せんやろ」
と言われて、怒りは静まった。


1号機昨日の続き

結局昨日はあれからも、ゴソゴソと作業を続けてました。

1号機エンジンOH20151012 (5)オイルキャッチタンクには、ほぼ満タンに

エンジンから噴出したオイルが入ってた。

これが全部ばら撒かれていたら

自分のオイルで滑っていた事でしょう…

1号機エンジンOH20151012 (6)取外したピストンはスリーブと

激しく擦れた痕跡がありました。

このピストンは僕の趣味の収集物となり

「破壊の扉」行きです。

1号機エンジンOH20151012 (7)取外した腰上の洗浄も終りました。

どうやら#1のバルブは

ピストンの破片が噛みこんで

ほんの少し曲がっている感じでした…

1号機エンジンOH20151012 (8)フレームからエンジンを

下ろす準備も整ったので…





1号機エンジンOH20151012 (9)どーん!

下ろしました。





1号機エンジンOH20151012 (10)#1のスリーブをチェックすると

やぱり57mmのピストンを入れるような

運命的で致命的な傷が入っていました…

510cc化は避けられないようです。

1号機エンジンOH20151012 (11)まぁ、今回の目的は

ピストンクーラーのテストが

メインだと言う事で、腰下もサクッと割りました。

昨日はここまでで終了。

1号機腰上内燃機屋送りで、今日はここから作業再開。

シリンダーヘッドのプラグホールだけ

リタップして、ウエストバルブと

57mmのピストンとシリンダーを

内燃機屋さんへ発送しました。

1号機クランクケースピストンクラー用ノズル取付け (1)その後、クランクケースを洗浄して

本番なので緊張しながら下穴を開けて

折れそうな3mmのタップを立てて



1号機クランクケースピストンクラー用ノズル取付け (2)ピストンクーラーのノズルを取付けました。

念の為緩み止めも塗ってます。

ピストンクーラーの効果は見えないけど

また開けた時にちゃんと仕事しているか分かるはず。



麹屋伝兵衛退治

先日不整脈で退治し切れなかった「麹屋伝兵衛」と再戦

麹屋伝兵衛退治残りはグラスに半分ぐらいだったのに

結果やっつけるのに3日も掛かってしまった。

アルコール度数41度の兵でしたが

無事に退治してやりました!

ありがとう!銀ちゃん。


銀次号フレーム塗装準備

昨日バラバラにした銀次号のフレームを塗装に出す為に付属品の取外し。

銀次号塗装準備 (1)まずはスイングアームから

センターカラーは若干固着気味だったけど

抜いてみるとグリスはちゃんと入っていたし

偏磨耗も少ないので、このまま使えるレベル。

銀次号塗装準備 (2)アンダーラバーブッシュも当然取外します。

40年物のゴムなので

カッチカチに硬化してますから

当たり前に交換します。

銀次号塗装準備 (3)昨日分解する時に後回しにしたブレーキ

フルードは4年以上の熟成物。

ブレーキマスターもゴムがやばそうなので

インナーパーツを交換してO/Hかな。

銀次号塗装準備 (4)キャリパーピストンは予想通り

残念なリングが2箇所出来てます。

これも交換になりますね。



銀次号塗装準備 (5)せっかくなのでキャリパーも塗装しちゃいます。

剥離とブラストはCPでやる事にしてます。

何故なら塗装屋さんにはドライブラストしかないから

幾ら洗浄してもメディアが残る可能性があるので

銀次号塗装準備 (6)何時もCPで剥離とブラスト処理をしてから

塗装に出す事にしてます。

後は脱脂してマスキングして

塗装するだけなので、安心です。

これで黒物は全部塗装に出す準備が整いました。

銀次号塗装準備 (7)次はガソリンタンク。

残りのガソリンを抜くと

中はコーティングされており

錆の心配は無さそうですが

銀次号塗装準備 (8)やった事のある人は知っていると思いますが

ガソリンコックのフィルターが

やっぱり抜けませんでした…

もうこうなると破壊気味に抜くしかありません…

銀次号塗装準備 (9)まぁ、結果破壊して抜きましたが

次の為に、中を綺麗に磨いておきます。

これでコックの交換も多少は

楽チンになるはず。

銀次号塗装準備 (10)パッキンが当る面も少し荒れていたので

オイルストーンで凸凹を慣らします。

これでタンクの方も塗装準備が整いました。

後はまだオーナーと全体の仕上がりについて

詰めた話はしてませんが、メッキパーツなどが仕上がりの残念さを出しそうです。

フロントフォークのインナーも錆びてるけど、費用が結構掛かってきているので

外装関係は後でも良いかと自分の中での葛藤があります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年08月30日

枚方市長選挙投票3

昨晩焼酎を飲みながら30分置きに
アルコールチェッカーのテストをしてみた。
僕の脅威のアルコール処理能力の凄さなのか
飲酒を始めるとMAXで0.25Mg/lまでしか上がらず
飲みながらアルコールをどんどん分解している感じで
約2時間の飲酒で平均0.20Mg/lに安定
飲酒を止めて3時間後には0.15Mg/l
4時間後には0.05Mg/lになった。
恐るべし鉄の肝臓。


枚方市長選挙投票日

今日は枚方市長選挙の投票日

政治とか選挙とかに全く興味の無い嫁を連れて

枚方市長選挙最寄の投票所へ行ってきました。

投票の段取りも知らない嫁の

1票を投じた候補者が当選すれば

枚方ももっと面白くなるかも知れない。


ノンレス398カスタム

飲み薬が変わってから二日目になるのですが

副作用が酷くて、朝全然起き上がれないし

一晩中夢を見ているので、起きた時からヘトヘトに疲れています…

ノンレス398ヨシムラマフラー取付け (1)12時を回ると身体も楽になり作業開始。

当時物初期ヨシムラマフラーの取付けで

スタッドボルトも交換です。

労無く無事に全部抜けました。

ノンレス398ヨシムラマフラー取付け (2)マフラー取付け完了。

ヨシムラにソックリなマフラーもかなり有り

悪意のあるソックリさんは

見るだけでは分かりませんが

本物のヨシムラマフラーは手で持てば分かります。

LTDこちらはコメントを頂いた方への

おまけ画像。

J-C CO.LTD



城北ホンダシングルシート (1)次のアイテムも当時物

城北ホンダのシングルシート。

これはリペイントされてますが

状態も良いシングルシートです。

城北ホンダシングルシート (2)サクッと取付けてから気が付いた。

タンクを外さないと次の作業が出来ない事。

まぁボルト2本と配線3本外すだけだし…



ノンレス398ハンドル交換 (1)タンクを外してハンドル交換。

F2からF1に交換します。





ノンレス398ハンドル交換 (2)サクサクッとF2ハンドルを取外しました。

取外すのは簡単なんですけど

取付けは手間が掛かります。



ノンレス398ハンドル交換 (3)まぁ何とか今日中には出来上がりそうです。

暫く天気が悪そうなので

何時ぐらいに試運転が出来るかなぁ。

今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2015年08月28日

イベントの準備3

来月はイベントウィークで
今から準備で何かとバタバタしてます。
まずは来月9月6日に鈴鹿サーキットで開催される
FUN&RUN!に参加が決定。
身内からの参加はアゲイン、A.S.T、アニーズで
カスタムパラノイアレーシングチームからのエントリーは
C-350クラス1台、C-500クラス2台、C-OPENクラス1台
車両はCB350FとCB400Fです。
PITは#21.22.23ですので、お時間のある方は
現地での応援またはピットクルーのお手伝いも大歓迎です。
国際コース鈴鹿サーキットで一緒に遊びましょう!
9月13日は山中湖きららで開催される
スキャン株式会社様主催の「ヨンフォアミーティング in きらら」
こちらも並行して準備を進めています。
当日の展示車両には、この日、これを逃がせば
二度と目にする事の出来ないアイテムを持って行きます。
詳細は近日発表します。


イエロー号ポート研磨三日目

本日も自ら出頭して真面目に労役をする自由人君

イエロー号Newエンジンヘッドポート研磨三日目イエロー号Newエンジン用ポート研磨

三日目の作業をやってます。

ポート研磨をやった事がある人なら分かるけど

朝から晩まで削って、磨いての作業。

これがまた割と重労働なんですよねぇ…

自由人君ももうおっさんなので、後どれぐらい良いポートが削れるのかねぇ…

銀ちゃんレーサー用リアホイールパウダー完了それと、仕様変更した銀ちゃんレーサー用の

リアホイールがパウダー塗装から

仕上がって戻って来ました。

今晩は帰りが遅くなるのは確定。


初期BEETキャスト

CPでは厳選して状態の良いBEETキャストを入手していますが

そろそろ状態の良い物が手に入る事も少なくなって来ているので

ある意味危機感があります。

初期BEETキャスト入荷その中でも希少な初期のBEETキャストが入荷

以前からご予約頂いていた方に

入荷次第、順番でご連絡をしています。

価格も年々高騰する中での初期BEET

BEETキャスト装着 (1)今回装着する車両は国内398

ノンレス車両です。

フロント側、サクサクッと取付け。

ノンレスと言えども、勿論整備して取付けます。

BEETキャスト装着 (2)リアも交換完了しました。

当時物、オリジナル、ノンレス

まさにマニア向けです。



初期ヨシムラ手曲げこれもリメイクした当時物初期

ヨシムラ手曲げも装着します。

EXガスケットが在庫切れだったので

明日取付け予定です。


本日のご来店

以前からCPでカスタムをされている方のモンキーが入庫。

カスタムモンキー修理入庫カスタムされてからも

結構な距離を走行される方です。

エンジンから異音がするとの事で

チェックすると、タペット音が大きい感じです。

モンキーもこのタイプになってから?カムやロッカーアームが細くなっており

どちらかが磨耗している可能性が考えられるので

明日にはヘッドカバーを開けてチェックします。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年08月05日

サニトラ専門店3

定休日の今日は
久し振りにゆっくりと寝てようと思ったのに
朝、何時もの時間に嫁に起された上に
今晩は嫁が焼肉へ行くらしいので
僕は飯抜きらしい…
なので、今日も弟を呼び出して暇を潰してました。
まぁこの夫婦の一番の被害者は
真ん中の弟だと言う事らしい。


CP1号レーサー仕様変更

今日たまたま出掛けたついでに少し離れたホームセンターで見つけた

CP1号レーサー軽量化 (2)プラスティックナベ小ネジ

カウルのスクリーンを止めている

M3×15mmのネジが気に入らなかったので

何かの時に交換しようと思ってました。

CP1号レーサー軽量化 (1)これで数グラムは

軽量化出来たと思います。

カウルを外したついでに



CP1号レーサーFCRセッティング2015夏 (1)FCRのセッティング

先日のROCは慣らしだったので

冬仕様のセッティングで走ってました。

走っていても濃いのは分かってたので

CP1号レーサーFCRセッティング2015夏 (2)猛暑仕様に変更

【MJ覚書】#1.4=115、#2.3=118

変更前 #1.2.3.4=120



CP1号レーサー油圧クラッチ化 (1)FCRを外したついでに

350Fのエンジンに戻したレーサーの

クラッチワイヤーの切れが悪く

思うように調整出来ないので

CP1号レーサー油圧クラッチ化 (2)この際、油圧クラッチキットを

サクッと付けてみようと

甘い考えでいたんだけど

これがまた結構苦労しちゃって…

大変な一日になってしまいました。


サニートラックドリンクホルダー

これだけ熱いといくらクラー付きのサニトラでも限界だし

ドリンクホルダーやスマホすら置くスペースが無いので

サニトラ専門店 (1)店の近くにあるサニトラ専門店へ行きました。

直線距離にして約1.8キロなんですが

淀川をぐるっと回らないといけないので

まぁまぁな距離にあるお店です。

サニトラ専門店 (2)何でも最近はサニトラに

そんなに力を入れている訳でもないらしく

86の専門店化しているとの事でした…

まぁ場所も近いので暇な時には行きますが

サニトラテーブル取付け (1)このグローブボックスの蓋を取外して

ここにテーブルを置く事にしたので

そのテーブルを受け取りに行ってきました。



サニトラテーブル取付け (2)勿論取付けは弟の仕事

狭い車内なので、身体の小さい弟が

作業をする方が効率が良いから…



サニトラテーブル取付け (3)サクッと取付け完了です。

良い感じですね。

これでまたサニトラの居住空間が

良くなりました。

タコメーター欲しいわ…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月20日

店内整理3

サニトラに付けた中古のカーナビには
MDが付いているので
何とか音楽が聞きたいと言う欲望から
ミニディスクをあちこち探して購入。
店のデッキで、CDからMDに録音を先日から
試みているのですが、いまだに録音まで辿り付けません…
サニトラで音楽が聞きたい!


Dr.竜

医師仮免許から正式な医師免許が発行されたDr.竜ちゃんが

昨晩遅くに実家に帰って来た。

もう僕は食事を済ませていたんだけど

息子昨晩遅くに帰宅 (1)二人で近くのラーメン屋さんへ

食事に出掛ける事になった。

時間があれば、リジットなお鮨屋さんへ

行くつもりでしたが

息子昨晩遅くに帰宅 (2)時間が遅かったので今回は諦めました。

社会に出て少しは痩せるのかと思ったのに

全然痩せないし、何なら太ってるしw

食生活が乱れてるねぇ…


CP恒例模様替え

398のレストアベースを今の所3台確保しているのですが

CP店内入替え (1)3台分の部品が店内を圧迫しているので

整理整頓する事にしました。

結構な量の部品ですが

どれがどの車両用なのかは

CP店内入替え (2)僕にしか分からないと思います。

時間のある時にでも

ボチボチ作り上げて行く予定ですが

そんなに時間があるのか?

サニトラ ドルチェホーン取付けその頃強制的に呼び出された弟は

僕のサニトラ用にと弟がくれた

ドルチェホーンを取付けさせられてます。

取付けが終わって音を聞くと

サニトラには不似合いな音でしたw


本日のご来店

シートヒンジピンが何故か取れてしまった旧2号機がご来店。

150620本日のご来店 (1)普通には中々取れないはずなんですが

何故か取れてしまったらしい

とりあえず、新しいピンを入れて

処置は完了しました。

150620本日のご来店 (2)プラグがまだカーボンで真っ黒になる

症状が続いているので

もう一度キャブの同調をチェック

少しズレてましたがこれが原因では無さそう。

取合えずマフラーのウールを取外して、抜けを良くしてみました。

150620本日のご来店 (3)色々話をしていると、最近バッテリーを

リチュウムに交換したらしいのですが

充電系がアナログのままなので

レギュレートレクチファイアー化する事を勧めました。

150620本日のご来店 (4)リチュウムのバッテリーは未知数なので

アナログの充電システムよりデジタルの方が

バッテリーに良いと思います。

最近のリチュウムバッテリーも進化してますね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年06月19日

カスタムへの入口3

昨日の夕方にご来店された方が
ケニアの方で、2mぐらいの身長だった(マサイ族?)
話を聞くとどうやケニアでCB400に
乗りたいと言う友人がいるらしくて
CPに相談に来られたらしい。
でも、ケニアの気候とかがよく分からないし
イメージ的に、気温が高くてホコリっぽくて
道路も舗装されていなくて
猛獣が飛び出して来そうなイメージしか
思い浮かばないのがケニアのお客さんに申し訳なかった。
最後は、カブの方が良いんじゃない?
ハンターカブなら最高だよ!
と言う方向に話が進みました。


GS400間も無く完成

21日の天気は今の所微妙な感じですが

どちらにしてもGS400は間に合いそうにありません…

GS400ウインカー交換 (1)追加オーダーでウインカーの交換

どうやらステーが短く加工されており

これは違うとの事です。

部品が出るのかも分かりませんでしたが

GS400ウインカー交換 (2)注文したら出て来たのにはビックリ!

まぁ多少はコストダウン化されてましたが

出ないよりは全然良いですね!



GS400新品バッテリー充電中電装品を装着するに当って

バッテリーも新品を購入して充電中。

バッテリーも当時のサイズより

少しだけ小さくなっている感じです。

GS400アクセル、クラッチワイヤー交換 (1)ツーリング先でワイヤー類が

切れても困るので、新品に交換。

アクセルワイヤーとクラッチワイヤーです。

これも純正品が出ました。

GS400アクセル、クラッチワイヤー交換 (2)アクセルワイヤーの交換も

結構な手間でしたが

クラッチワイヤーの交換にも

泣かされました。

GS400アクセル、クラッチワイヤー交換 (3)長年?蓄積されたのか

何処かの田んぼ道を主に走っていたのか

泥だらけで、掃除が大変でした…



GS400アクセル、クラッチワイヤー交換 (4)綺麗に洗浄して、泥を落としました。

リフターのスクリュー部分は

分解してグリスアップ。



GS400アクセル、クラッチワイヤー交換 (5)クラッチレバーも新品に交換。

ASSYでも部品が出る所が素晴らしい。





GS400完成一歩前ヘッドライトケースをセットして

配線をつなぎ合わせて

バッテリーを繋いでテストしようと思ったら

スターターリレーが付いてないし

メインヒューズも無かったので、復活するのは早くても日曜日辺りだろうか…


サニトラ修理とプチカスタム

初期のカスタムへの入口は「ちょっとだけ」から始まり

後は果ての無い妄想に入り、妄想し疲れた時に魔が差してしまうパターン…

サニトラR側テールレンズ交換 (1)先日店の駐車場でバックする時

横着してバックしたら、CP営業車1号に

テールレンズを擦ってしまって…

ブレーキレンズが割れちゃいました。

サニトラR側テールレンズ交換 (2)交換するついでに、取外した部分を磨いて

ゴム類を新しくして、中古レンズも磨きました。

なので、左右で質感が違うので

シマッタ!と思っている所です。

サニトラアクセルペダル交換 (1)ちょっと気に入らなかったが

フロアから生えているアクセルペダルを

この当時物の吊り下げ式ペダルに交換します。

当時、この商品は大ヒットだったと思います。

サニトラアクセルペダル交換 (2)フロア固定のアクセルは重いので

あの頃、皆車を買うと直ぐに交換してましたね。

しかも、当時の製品クオリティは雑だったので

吊り下げ式のアクセルペダルは

サニトラアクセルペダル交換 (3)しっかりと固定出来なかった記憶を思い出す様に

このペダルも取付けに苦労しました。

これでフットレストがあれば完璧。

カスタムの入口はこう言った所から始まります。

サニトラドーピング剤サニトラにガソリンを満タンにする度に

交互に入れているワコーズの

フユーエル1とプレミアムパワー

フユーエル1はこれで3回目なので

蓄積されたカーボンは随分綺麗になったはずだし、高速走行する時にだけ

プレミアムパワーを入れて走ってます。

今の所、荷物ありの町乗りで燃費は1ℓ/12kぐらいです。

めぐみちゃんのダークな趣味のスペースこちらは嫁の趣味のコーナー

変わり者の嫁のダークな部分です。

ニューアイテムのなめごんは

充血した目玉がいいらしいです…


試作見本

まだ試作段階で、何も決まってませんが

ここを見て頂いている方にだけ、先行して情報を公開します。

CB400用キーヘッド商品見本 (1)CPロゴ入りキーヘッドなど

レーザーで刻んでいるので

細かなディティールも中々のハイクオリティ

デザインも色々な組み合わせが可能。

CB400用キーヘッド商品見本 (3)ただ手作りなので量産は大変です。

ロゴなどは大人の事情があるので

これは商品見本の試作と言う事です。



CB400用キーヘッド商品見本 (2)クラブロゴも作れますし

彫り込んだ所への墨入れも出来ます。

詳細は近日中に公開予定です。

※4in to1 Owner's Club関西ロゴの販権はクラブにあります。
 これはあくまでも見本と言う事になります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)