メンテナンス

2019年06月23日

1号機フレーム塗装完了3

何とかG20前にフレームの塗装が終わったと
連絡が入ったので、今日引取りに行って来ようと思います。
これで後はエンジンガスケットが入荷してくれば
1号機は新しいエンジンの仕様で
また復活となります。


GTH号オイル交換とハイパワーフル強化オイルポンプ

ミッション用強化オイルポンプの在庫切れと言う想定外の事があり

GTH号オイル交換とハイパワーフル強化オイルポンプ (1)取付け作業の順番をどうするかと

ご予約のお客様と相談していたのですが

もう早い者順と言う事になりました。

で、タイミング良くオイル交換に

GTH号オイル交換とハイパワーフル強化オイルポンプ (2)ご来店された京都GTH号にハイパワー

フル強化オイルポンプを取付けます。

まずはエンジンオイルを抜きます。

今回はフィルターも交換です。

GTH号オイル交換とハイパワーフル強化オイルポンプ (3)オイルを抜きながらノーマルオイルポンプを

取外しに掛かります。

少しシリンダーヘッドカバーから

オイル滲みがあるので

GTH号オイル交換とハイパワーフル強化オイルポンプ (4)次にでもヘッドカバーガスケットの

交換をした方が良いかも知れません。

純正オイルポンプを取外して

圧力スイッチを入れ替えて

GTH号オイル交換とハイパワーフル強化オイルポンプ (5)ハイパワーフル強化オイルポンプに

交換が完了しました。

エンジンオイルを入れて

セルを2.3回回すとオイルランプは消灯。

流石ハイパワーオイルポンプです。

CPにご来店前と後での油温の違いを体感して下さい。


千葉H号エンジンブラスト二日目

確かヨシムラの中空ハイカムst1はBOで納期が9月だったと思いますが

CPには在庫があるので問題はありません。

明日月曜日に電話で確認はしてみますがG20の影響で

内燃機屋さんへ送るのも来月になりそうです。

で、今日の千葉H号の作業メニューはオイルパンとオイルフィルターの

千葉H号エンジンブラスト二日目 (1)ブラストをやってしまいます。

オーナーのご希望でオイルフィルターケースは

塗装を剥がしてブラスト仕上げになります。

エンジンオイルを洗浄して

千葉H号エンジンブラスト二日目 (2)オイルフィルターケースは剥離剤を塗って

塗装を剥がして洗浄します。

1号機の塗装が終わっていると聞いているので

少しソワソワしながら作業を進めます。

千葉H号エンジンブラスト二日目 (3)ざっと1時間程でフィルターケースと

オイルパンのウエットブラストが完了。

セパレーターは錆びるので

ユニクロメッキ仕様に変更します。


本日のご来店

火傷で暫く店を閉めている時に何度かご来店されていたらしく

本日のご来店190623後から事情を知ったと言うウルフ号が

久し振りにご来店下さいました。

先月はご迷惑をお掛けして申し訳なく思います。

久し振りのお休みを今日は相棒と堪能して下さい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月20日

坂本家の姪と甥3

小学校の同級生で、途中転校し別の中学に進み
バイクや車の免許を取得してから行動範囲が広がり
一緒に暴走していた友人と約30年ぶりにSNSで繋がった。
当時彼は黄色いスカイランジャパンに乗り
僕はGS130 280Z2シーターに乗り遊んでいたり
同級生や先輩はFJ20スカイライン、ナマクラ、シルビア、べレット2000GT
ブタケツローレル、Z31Tバー、カリーナ、マーク供▲船Дぅ機次▲レスタ
ファミリア323、ジェミニZZ、ソアラ、セド、グロ330,403、ケンメリ
MR2、RX3、RX7、セリカLB、セリカXX、カマロZ28、ポルシェ、BMW
などを乗り回して遊んでいたのを思い出したわ。
懐かしいなぁ、あの頃「写るんです」で撮影した
写真なんかは結局現像もせずに何処かに無くしたなぁ…。


姪のズーマーエンジン始動

最近は日も長くなり18時を回ってもまだ明るいので

姪用3台目原チャリズーマー整備 (3)火曜日はそのまま姪のズーマーの

整備を継続してました。

キャブにアクセスするだけで

これだけの部品を外さないといけないのが

姪用3台目原チャリズーマー整備 (4)激しく苦痛ですが、姪の為なら嫌でも…。

そしてやっとキャブにアクセスが完了し

キャブを取外しました。

やはりガソリンは腐っており

姪用3台目原チャリズーマー整備 (5)ジェット類とオートチョークが

詰まっていたので掃除して

ジェット類の穴が貫通したので

元に復旧させて、ガソリンタンクに

姪用3台目原チャリズーマー整備 (6)ガソリン劣化防止剤をぶち込んで

セルで無事エンジン始動!

最初は少し臭いけど新しいガソリンを

入れて行けば、もっと快調になるはずです。

姪用3台目原チャリズーマー整備 (7)で、サクサクッと現状復旧しました。

程度の良い初期のズーマーで

エンジンの異音も無くて

中々の掘り出し物だと思います。

姪用3台目原チャリズーマー整備 (8)走行距離も実走の9000キロなので

中々出て来ない状態で良いのですが

ここまでやったのに、どうせまた

潰すんだと思うと、我血筋を恨むしかないかな…。


男は黙って七三分け

定休日の水曜日は朝から病院で火傷の治療をしてから何時もの理髪店へ行き

男は黙って七三分け何時もの七三分けにして来ました。

燃えた前髪も又少し伸びたので

良い感じになってきました。

多分来月には髪の毛も完全復旧だと思う。

甥が体調を崩して入院していると聞き、夕方に病院へ

甥 大臥君のお見舞いお見舞いに行ってきました。

もう随分と元気になっているので一安心ですが

一時期CRP値が13近く上がっていたらしい
(正常値は0.0〜0.3)
坂本家の男系は幼少期の頃は何故か

ひ弱な身体なのはこれも血筋なんだと思った。


CB750F強化オイルポンプ案

オイルポンプを各メーカー毎に調べていると色々と分かる事や

安価で強化できそうな物も沢山あるのですが

CB750FなんかはCB900F等のオイルポンプを流用して

CB750F用強化オイルポンプ案 (1)強化するのが一般的なのですが

このローターを他車種からの流用で

トロコイドギアーケースを少し加工すれば

少し大きなローターが使えて

CB750F用強化オイルポンプ案 (2)カバーも交換しなくても済むのですが

費用対効果のバランスが悪いかもねぇ。

まぁボツネタですけどね。

CB400F用のハイパワーオイルポンプは

S様ハイパワーオイルポンプフル強化のご依頼セカンドロットは完売しましたが

サードロットは既に2個BOが入りました。

完成は未定なので、暫くお待ち下さい。

取合えずS様用でハイパワーフル強化

オイルポンプの準備が整いましたので、明日お待ちしております。


沖縄A様キャブレターO/H

まだキャブレターO/Hの方向性は定まっていないのですが

沖縄A様キャブレターOHプレートブラスト (1)取合えずバックプレートを

ブラスト仕上げしてしまいます。

カシメピンの部分はタップを立てて

代わりのピンを入れる方法で

沖縄A様キャブレターOHプレートブラスト (2)何時でもまた分解が可能です。

キャブレターのインナーパーツなどは

在庫があるので、方向性さえ決まれば

何時でも作業に取り掛かれます。


CB550Fキャブレター部品入荷

色々と調査して、低中速での吹け上がりの悪さや

京都H号キャブレターOH二日目 (1)アイドリングの不安定原因も分かり

キャブレターの部品も入荷してきたので

早速キャブのO/Hを開始して

継続車検の準備です。

京都H号キャブレターOH二日目 (2)キャブレターのMJやSJは

社外品が使われていました。

MJはエアークリナーが無いので

#100にしてある感じなのかな?

でもSJのサイズは純正と同じ#38でしたが社外品なのでねぇ…。

京都H号キャブレターOH二日目 (3)同調も合わせようと思ったのですが

#1.2側のプレートが断裂している。

困ったなぁ…CB400Fの物が合うのかと

部品取り箱からプレートを取出して

京都H号キャブレターOH二日目 (4)寸法をチェックすると同じだったw

これで同調調整も出来るので

良かったです。

で、キャブを車体に取付けて

京都H号キャブレターOH二日目 (5)同調調整の準備をするのですが

エンジンを始動させて発電量を

チェックするとなんじゃこれ状態です。

油温計と電圧計は付いているのですが

モニターに表示される電圧はバッテリーと比較するとかなり低く

表示時間のタイムロスがあるので、あてにはなりませんでした。



こんな感じに不安定になるので、ステーターコイルの不具合なのか?

京都H号キャブレターOH二日目 (6)同調もバッチリ合って来たのですが

リターンスプリングが全然ダメなので

もう一度加工してみる事にします。

#1.2のホースも硬化しているのと

ルートが違って短いのでホースも交換。

タンクコックからはガソリンが漏れていますけどね…。

で、キャブの同調と点火時期を再調整したら、別のバイクになりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年06月18日

大阪北部地震から1年3

大阪北部地震から1年が経ち
またこの所頻繁に地震が発生しているのですが
昨晩TVで集団お見合いを見ていて
僕も何か忘れているなぁと思っていた事を思い出した!
それは、そう毎年恒例の今月21日ノープラン結婚記念日w
今年も昨晩思い出すぐらいだから
全くのノープランだけどどうしよう。
何周年目かも思い出せないわ。


京都H号キャブレターO/H

今日午後から継続車検予約を入れてあるCB550Fですが

京都H号CB550FキャブレターOH (1)車検所の話じゃないぐらい

ドンドンと調子が悪くなるので

大急ぎでキャブレターのO/Hを

してみる事にしました。

京都H号CB550FキャブレターOH (2)点火系は問題が無いので

もうキャブしかないと思い取外して

原因を切り分ける為にも

チェックだけでもしておこうと…。

京都H号CB550FキャブレターOH (3)フロートチャンバーを外すと…これだわ。

フロートガスケットに液ガスが

たっぷりと塗られており

中にもはみ出ているので

京都H号CB550FキャブレターOH (4)これがジェットの詰まりを引き起こし

エンジン不調の原因になったと

思われるので、液ガスを剥がして

Oリングは無いので発注となるので

京都H号CB550FキャブレターOH (5)今日の車検はキャンセルです。

更にリターンスプリングはこんな感じで

デロンデロンに伸びているので

延びた部分を加工してみます。

京都H号CB550FキャブレターOH (6)取合えず何とか処理出来たので

後は部品の入荷待ちとなりました。

これで直ると良いのですが

取合えず応急で修復して

京都H号CB550FキャブレターOH (7)一旦車両に取付けてみました。

多少は良くなったのですが

キャブレターの油面が高いのも

不調の原因だと言うのも分かり

リターンスプリングの張力もまだ足りない。

京都H号CB550F発電電圧チェックまた発電電圧も低くアイドリングや

低速ではショウライバッテリーに

十分な充電電圧が供給されないので

不調になる事も判明した。

IGCが悪いのか、コードからリークしている可能性があるのかも分かりません。


ハイパワーオイルポンプ組立て

一応今朝のメールでセカンドロット目の合計12個の予約は終了です。

ハイパワーオイルポンプセカンドロット (1)オイルポンプハウジングの加工も終わり

アゲイン製削り出しローターケースと

トロコイドギアーを組立てます。

サクサクッと組立てて

ハイパワーオイルポンプセカンドロット (2)これで完成、ご予約を頂いている方で

ミッション用もご希望の方の分は組付け済み。

左上から愛媛T様、高槻S様と今日メールで

最後の1個をご注文頂いたS様。

前列ツーエイト号様、とフルレストアのK様の分となっておりますが

K様の分はまだ後でも間に合うかな?

CPで取付けをご希望の方は、前もってご連絡を頂ければ対応可能です。

愛媛のT様分は発送準備をしておりますので、よろしくお願い致します。


沖縄A様1.5OSピストン入荷

本日お電話を頂き軽く打ち合わせをしました。

沖縄A様用シリンダーOSピストンボーリング送り (1)ご依頼を頂いた1.5mmOSピストンが

本日入荷してまいりましたので

内燃機加工へ送ります。

ボーリングと平面研磨を行います。

沖縄A様用シリンダーOSピストンボーリング送り (2)これがCPオリジナルの

398専用1.5mmOSピストンです。

408タイプのOSを398に使うと

パワーダウンの残念なエンジンになります。

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (1)キャブレーターのO/Hに付いてですが

一度分解された痕跡があり

シャフトを抜こうと叩いた痕跡もあり

カシメピンが曲がっているのか引っ掛かります。

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (2)沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (3)







2mm程度左右に動くので、いっその事抜いて再メッキした方が良いですね。

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (4)でカシメピンを取外して

シャフトを抜き取りました。

シャフト側の溝には問題は

ありませんでしたが

沖縄A様キャブレターシャフトの状態 (5)バックプレート側のカシメ部分の

ブッシュは予想通りの状態でしたが

まぁ手入れをすれば使えると思います。

シャフトはメッキに出す事にします。


姪のバイク

坂本家唯一の女子の姪ですが、血筋は同じなのでバイクを壊しまくるし

心と身体は女でも、やる事は男と大差が無いと言うか多分男?

叔父の僕が言うのも何ですが、結構可愛い顔しているのに残念な女で

平気で僕に喧嘩を売って来るような子ですw

姪用3台目原チャリズーマー整備 (1)そんな姪で、原チャリを立て続けに

二台廃車にしたので、三台目のバイクを

購入する事になり、その原チャリの整備を

早々にしないとクレームの電話が掛かってくる。

姪用3台目原チャリズーマー整備 (2)バッテリーを交換してセルが始動し

初爆はあるのですがガソリンが

腐っているのでタンクもキャブも

O/Hしないとダメそう。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月17日

ハイパワーオイルポンプ残り1個3

やっと部品が揃ったので純正オイルポンプの
ハウジングを5個加工に出して
明日には仕上がって戻ってくるのですが
既に4個は予約が入り残り1個となりました。
安定供給が無理なので、部品が揃い次第
作ると言う方法しかないので、次の製作は未定です。


ツーエイト号オイル交換

今朝何時も通り開店前にのんびりとメールチェックをしていたら

ツーエイト号オイル交換190617 (1)ツーエイト号がオイル交換にご来店。

ついでにオイルフィルターも交換です。

ハイパワーオイルポンプも

ご予約を頂きました。

ツーエイト号オイル交換190617 (2)もう2.3日遅ければオイル交換と同時に

オイルポンプも交換できたのですが

取合えずご購入のご予約を頂きました。

エンジンオイルを抜いて

ツーエイト号オイル交換190617 (3)オイルフィルターケースも取外し

汚れが酷かったので軽く洗浄の代わりに

ウエットブラストで洗浄します。

これをフィルター交換のタイミングで

繰り返しやっていれば、フィルターケースは何時もピカピカになってます。


京都H号CB550F継続車検入庫

CB400Fのメンテナンスが終わり引取りと同時に

京都H号CB550F継続車検とシリンダーヘッド増し締め入庫CB550Fが継続車検で入庫です。

ヘッドカバーから少しオイル滲みもあり

ついでにシリンダーヘッドの

増し締めもやってしまいます。

京都H号シリンダーヘッド増し締め (1)エンジンが少し冷えた所で作業を開始…

プラグキャップを外そうとしたら

コードからすっぽ抜けです。

先端をカットしてねじ込みました。

京都H号シリンダーヘッド増し締め (2)さあ!と思ったら何やら配線が

すっぽ抜けているではないか!

どうやら油温計の電源ラインなのだが

直スリーブの圧着をスカしているらしい。

京都H号シリンダーヘッド増し締め (3)何とか直スリーブの隙間にねじ込んで

しっかりと直スリーブを圧着しました。

こんな罠にはまりながら

何とかヘッドカバーを取外す事が出来ました。

京都H号シリンダーヘッド増し締め (4)シリンダーヘッドの増し締めをしました。

特に締まる所も無く問題無し!

バルタイとテンショナーもチェックして

ヘッドカバーを再び取付けて

京都H号シリンダーヘッド増し締め (5)点火時期をチェックするのですが

問題は無いのですが

調子が余り宜しくない。

色々とチェックしたのですが

京都H号シリンダーヘッド増し締め (6)どうやらキャブの調子が宜しくないと思われる。

取合えず車検の準備を進めて行く中で

気が付いたのがこのちょうちんヘッドライト。

これは困ったぞ!

京都H号シリンダーヘッド増し締め (7)これじゃぁ全然光量が全然足りない。

さてどうするかなぁ…と事務所に戻り

取合えず現実逃避する…。

で、時々現実に戻って…困った。

京都H号継続車検ヘッドライト交換 (1)取合えずヘッドライトを取外してみたら

あっかーん!シールドビームやん!…

どうしようかと思い色々悩んで

フォアの車検用シビエを取付けてみた。

京都H号継続車検ヘッドライト交換 (2)そして付けてみて笑ったw

これで車検に行ったら検査官に

「なめてるのか!?」と言われそうだけど

このままなめて検査に行こうと

京都H号継続車検ヘッドライト交換 (3)真剣に考えてヘッドライトを点けてみた。

光量はこれで問題は無いわなぁw

でも、なめてるよなぁw

そこで、「あ!」っと思い

京都H号継続車検ヘッドライト交換 (4)1号機用に準備していた

ヘッドライトがあったので

それに交換してみたらピッタリだったw

と言う事で、これでなめて無い車検が

京都H号継続車検ヘッドライト交換 (5)受けれるようになりました。

光量もUPさせてバッチリです。

これで京都H号CB550Fの

継続車検は問題なく通りますが

オーナーには今後の事も考えると

シールドビームは球切れしてしまうとヘッドライト毎交換になるので

180Φで何かヘッドライトを用意して置いた方が良いですね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年06月08日

保全的部品交換3

明日は第二日曜日で定休日。
通常ならCPツーリングの日ですが
僕の都合も悪く、天候も微妙なので
昨日お伝えした通り、今月の月例ツーリングは
中止とさせて頂きます。


1号機火災からの復活への道その14

昨日雨が酷かったので小降りになるまでと思い

1号機火災からの復活ハンドルスイッチ取付けハンドルスイッチなどを仮組して

激しく妄想を膨らませていました。

LEDウインカーリレーを

LEDハザードリレーに変更して

ハザードスイッチも増設ていたら、あっという間に時間がw

1号機火災からの復活フロントフォーク組立て (1)で、今日はフロントホークの部品が

一部揃ったので組める所まで

組立てをして、部品点数を減らします。

スライドメタルを打ち込んで

1号機火災からの復活フロントフォーク組立て (2)SFKのオイルシールを挿入しました。

これで後はカートリッジのニードル用

Oリングが入荷してくれば

フロントフォークは完成します。


北海道ツーリングリベンジの準備

昨日雨の降る合間、遅くに入庫してきた京都H号。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (1)フロントフォークから若干の

オイル滲みがあり、よく見ると

インナーに点錆びもあったので

保全的にフロントフォークO/Hとなり

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (2)そのままお預かり入庫となりました。

何でも昨年フォアで行くはずだった

北海道ツーリングのリベンジらしく

来月には行くらしい。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (3)ついでにヘッドライトを当時物純正の

状態の良いヘッドライトが

手に入ったので、あえて交換する事に。

ポジション球ベースの入荷が少し遅れるので

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (4)納車は来週火曜日以降になりそうです。

スピードメーターワイヤーロックボルト

固着して抜けないので

破壊して取外します。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (5)キャリパーホルダーピンは

かろうじて油分が残っているだけなので

ここもちゃんと動くように

整備しておきます。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (6)ボルト類は適当な長さの物が使われているので

正規のサイズに変更しておきます。

取合えずフォロントフォークは取外しました。

これで先に不具合箇所の修正を済ませます。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (7)スピードメーターワイヤー固定の

トラスネジの頭を飛ばして

逆タップで摘出完了。

タップを立てて処置は完了です。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (8)インナーチューブの点錆びは

思っていたより酷い状態で

フォークオイルがしっかりと

引上げられているので、交換時期は間違いない。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (9)ロントフォークを分解してみると

ピストンリングは交換されていないようで

4年ぐらい前にO/Hしたと言うのですが

インナーチューブを締め付けるボルトと

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (10)スペシャルワッシャーは使い回しの疑い。

取合えず点錆を磨いていると

何気に違和感があったので

まさかなぁと思いながら念の為

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (11)インナーチューブを並べてチェック。

ここから180度左側のインナーチューブを

回転させると…

結果はなんとまぁ…

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (12)隙間が開くので

しっかりと曲がってますなぁ…。

点錆びも多いのでこの際

インナーチューブを交換した方が良いかもねぇ。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (13)定規を当てて再度チェックしてみたけど

やっぱり曲がっているのは間違いない。

オーナーに連絡を取ってから

どうするかを決めるので連絡を取り

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (14)「一番良い方法で」との事だったので

点錆びや曲がりがある事から

インナーチューブは交換する事になり

サクッと交換しました。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (15)取外す時にフロントフォークのナットには

ワッシャーが入っておらず

フェンダーのボルトも長さが全て短く

ねじ山にダメージがあったので

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (16)全て新品に交換しました。

6×28の所には6×20のボルトが入って

6×16の所には6×10のボルトが

入っていたりと、残念な事になってました。

京都H号北海道リベンジツーリングの準備 (17)フロントフォークの交換は終わって

ヘッドライトの交換に取掛かります。

マーシャルのヘッドライトと

ケースを取外して、非常に程度の良い

純正ヘッドライトケースに交換しました。

これで後は部品の入荷待ちとなりました。


本日のご来店

CP22号機、高槻のSさんがフォアの衣替えをして、お見舞いがてらにご来店。

190608本日のご来店高槻S号少しスタッドボルト付近から

オイル滲みが始まってしまったらしい…。

PITの都合が付き次第増し締めと

ハイパワーオイルポンプも装着を

検討しているそうで、タイミングと物が揃えば何とかしようと思います。

ハイパワーオイルポンプの問い合わせが多いのですが

部品が揃わないので、それでもお待ち頂けるのであれば

出来上がり次第、随時お出し致しますので…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月05日

生後八ヶ月孫歩く3

僕が鈴鹿で走っている頃
掴まり立ちで歩いていた孫が
手を放して、2歩歩いた動画を息子が送ってくれた。
孫の人生始まって最初の歩みを見れた事が
優勝より嬉しいかもねぇw

ハイパワーオイルポンプに交換した14号機を昨晩
自宅まで乗って帰った結果
油温が中々上がらずやっと70℃まで上がったので
少し回して走ると、オイルクーラー無しでもどんどん冷えて行くw
信号待ちで油温は上がるけど走ると下がるし
油温が上がるスピードも遅いので
この夏オイルクーラー無しでも走れそうだな。


CB750F1継続車検

やっと大阪T様のCB750Fの継続車検を受け合格して来ました。

大阪T様CB750F1継続車検 (1)ヘッドライトはやっぱりNGだったので

H4バルブに交換したけど

光量がギリギリだったのと

音量と排ガスもギリギリだったw

大阪T様CB750F1継続車検 (2)で、運んでいるうちに

フロントフォークのオイル滲みも

相変わらずだったので

フロントフォークのO/Hをします。

大阪T様CB750F1継続車検 (3)タイヤホイールを取外し

ブレーキキャリパーもついでに

揉み出しメンテナンス。

インナーに少し点錆びはありますが大丈夫です。

大阪T様CB750F1継続車検 (4)フロントフォークにセパハンや

ヘッドライトステーが取付いているので

片方ずつの作業になります。

メンテナンス性は最悪でした。

大阪T様CB750F1継続車検 (5)フロントフォークを外して

フォークオイルを抜くと異臭が…。

恐らく一度も交換されていない感じで

スライドメタルも案の定磨耗してました。

大阪T様CB750F1継続車検 (6)オリフィスのピストンリングも交換。

シール、スライドメタルも全て交換。

フォークを洗浄して組立てて取付け。

もう片方も同じ用にO/Hを終えて

大阪T様CB750F1継続車検 (7)ヘッドライトを取外して元に復旧。

LEDバルブが付いているのですが

全然ダメで眩しいだけで車検は

通らなかったのです。

大阪T様CB750F1継続車検 (8)これでヘッドライト現状復旧が完了。

フロントフォークのO/Hも完了です。

オーナーと打合せして都合が良ければ

明日以降に納車の予定。

大阪T様CB750F1継続車検 (9)CB750Fを納車するついでに

先日納車したゼファーを引取ってきます。

ヘッドカバーの貫通している

ヘックスボルトの部分からオイルが滲み出る…。

何で穴を貫通してあるのかが理解できないわ。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2019年06月04日

6日の通常営業へ向けて3

火傷の治療が思っていたより時間が掛かりそうですが
6日の営業再開に向けて身体を慣らしてます。
溜まった仕事は殆ど捌けたので
後は関東からお預かりしている車両の
エンジンフルO/Hに取掛かるのみとなってます。
まぁ仕事の合間に1号機も復活へ向けて
作業をしようと思ってます。


CB750F1キャブレターO/H

継続車検整備で入庫中のCB750F1の部品が入荷してきたので

CB750F1キャブレターOリング交換取付け (1)早速キャブレターの復旧作業に取掛かります。

フロートチャンバーのガスケットを

発注したのですが、セットでしか

入荷してこなかったので

CB750F1キャブレターOリング交換取付け (2)パイロットなど、交換出来るOリングは

全て交換して車体に取付けました。

エンジンも調子良く始動しましたが

マフラーが五月蝿いのと

ヘッドライトがNGなので、ここを修正して車検に行きます。

その後にフロントホークのO/Hをする予定。


14号機ハイパワーオイルポンプ交換

サーキット走行でその威力を目の当たりにしたので

14号機ハイパワーオイルポンプ交換 (1)オイルクーラーを取付けていない

14号機にもハイパワーオイルポンプを

取付けようと思い自宅ガレージから

今朝自走でやってきました。

14号機ハイパワーオイルポンプ交換 (3)まだフルレストアしてから150キロしか

走行していない新型強化オイルポンプですが

オイルクーラーを取付けていない14号機に

ハイパワーオイルポンプを取付けます。

14号機ハイパワーオイルポンプ交換 (4)サクサクっと新型強化オイルポンプを

取外しました。

で!



14号機ハイパワーオイルポンプ交換 (5)はい!交換完了!!

そのままエンジン始動でオイルランプは

直ぐに消灯し、オイル漏れも無し。

今朝自宅からここまで85℃だったので

トロコイドポンプギアー比較 (1)帰りの油温がどうなるのか楽しみです。

トロコイドポンプギアーを比較すると

向かって右が純正、中央が新型

左がハイパワーのトロコイドギアー

トロコイドポンプギアー比較 (2)純正とハイパワーを比較すると

こんなにも体積が違いますから

当然の事ですが容量、吐出量も

違って来るのが分かると思います。

ハイパワーオイルポンプの問い合わせも多いのですが

確実に量産出来る分けでは無いので、作れる時に作るだけです。

今の所作ったのは1号機、CPレーサー、14号機、キムレーサー

手元にある商品見本1個、Yオクに2個出品した合計7個だけです。


Z750RSリアタイヤ交換

銀ちゃんの会社の先輩が乗るZ750RSのリアタイヤ交換のご依頼。

YさんZ750RSタイヤ交換190604 (1)お昼前にご来店されたので

早速作業開始ですが

Zのリアにはビートストッパーがあるので

僕は嫌いなんですけどねw

YさんZ750RSタイヤ交換190604 (2)取合えずリアタイヤホイールを取外して

ついでにドライブスプロケットを交換。

チェーンも交換のはずだったけど

自分でやるのかな?

YさんZ750RSタイヤ交換190604 (3)で、ドライブスプロケットの交換は

サクッと完了です。

結構磨耗していたので

丁度良いタイミングだったかな。

YさんZ750RSタイヤ交換190604 (5)苦手なビートストッパーも素直に入って

リアタイヤとチューブと

ビートストッパーも新品に交換が完了。

作業時間2時間の予定でしたが

1時間ちょっとで無事完了しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月31日

悩ましいオイル漏れ3

明後日鈴鹿サーキットで開催されるFUN&RUNの
クルーですが、後輩や枚方のお友達の方が
お手伝いに来てくれる事になりました。
現場で何とかなると思ってましたが
これで確実になったので
一安心してレースに集中出来そうです。
持つべきは友人だと思いました。
ありがとう。


代替用シリンダー

もうオイル滲みの原因がシリンダーにあるとしか考えられない三代目号。

三代目号用代替用シリンダー候補 (1)後一回確認作業をしてみてから

シリンダー本体に問題があると

確信が出来たら、代替のシリンダーと

交換を提案しようと思い

三代目号用代替用シリンダー候補 (2)幾つかあるシリンダーの中から

0.5mmOSになっている

代替シリンダーをチョイスしました。

費用も掛かる事ですので

三代目号用代替用シリンダー候補 (3)三代目号オーナーと良く相談してから

最終的にどうするか判断してもらいます。

在庫のシリンダーの中で

一番状態の良い物を出しました。

エンジンO/H前からのオイル滲みに余り変化が無いので

恐らくシリンダーが原因かと…。


Z1000Mk競イル交換

昨年からフォアに乗るよりもZ1000Mk兇望茲詈が多いなぁ…。

Z1000Mk競イル交換190531 (1)そんなZ1000Mk兇盧鯒の8月に

オイル交換をしてから

全然オイルを交換してなかったので

このタイミングでオイル交換をしてしまいます。

Z1000Mk競イル交換190531 (2)Mk兇皀譽妊紂璽機爾よく効いてます。

エンジンオイルはモチュール300Vスクエア

オーバーヒートの温度が130度〜140度まで

耐えられる良いエンジンオイルです。


1号機用HMスペアーキー

今度使う1号機のイグニッションキーのスペアーを作ってもらい

1号機用HMヘッドスペアーキーそのスペアーキーにHMマークと

ウイングマークが入った純正タイプの

ヘッドを作って貰いました。

中々需要は少ないのですが

1号機用ウイングマークとCPロゴ入りスペアーキー拘る方向けのスペアーキーです。

普段使いにはウイングマークと

CPロゴ入りのスペアーキーを使います。

まだこれを使うのは先ですけどね…。

着実に復活へ向けて部品が揃ってます。

さて、明日から始まるFUN&RUNに備えて今日は早仕舞いで準備します。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2019年05月30日

FUN&RUNの準備3

令和最初のFUN&RUNは全3クラスの内
C-500クラスのエントリーが無く
C-OPENクラスとC-350クラスと言うエントリーなので
速度差があり過ぎてちょっと危ない気がします。
しかも僕の場合今回メカニックなどのお手伝いも居ないので
当日どうしようかと悩んでいます。
まぁ今更仕方が無いので出たと勝負で頑張ってきます。


痛みと等価交換ボディメンテナンス

今週末のレースに備えて昨日

FUN&RUNの準備頚椎と腰椎に痛み止め (1)頚椎と腰椎に痛み止めの

ステロイド注射を2本打って貰った。

頚椎に1本両肩付近に2箇所と

腰椎にも1本4箇所に打ってもらったんだけど

FUN&RUNの準備頚椎と腰椎に痛み止め (2)その後直ぐに悪寒とめまいに襲われて

吐き気もあったので、これはステロイド注射の

副作用だと直ぐに分かった。

取合えず事務処理を済ませて家に帰り

そのまま倒れるように今朝まで寝込んでいた。

頚椎の痛みは取れたけど、ぎっくり腰の腰には余り効果が無かったかなぁ…。

それにしても昨日は辛かったわ。


コムアキ号火入れ

バッテリーのサルフェーション充電に48時間掛かったので

コムアキ号仕上げと火入れ (1)今日バッテリーを取付けました。

バッテリを取付けてバッテリーバンドを

引っ張ったら千切れた…ので新品に交換。

バッテリーマウンティングラバーBを入れて

コムアキ号仕上げと火入れ (2)408フレームのコーションステッカーと

ヘルメットホルダーのステッカーを貼って

やっと火入れが出来ました。

これで完全に仕上がったので

後は納車のタイミングだけになりました。


CB750F継続車検メンテナンス

ZEPHYRと入れ替えにCB750Fの継続車検とメンテナンス。

大阪T様CB750F1キャブ分解チェック (1)この車両もまたZEPHYRと同じく

長期放置の為キャブの#2.4が

詰まっているので、まずはキャブの掃除から

メンテナンスを開始します。

大阪T様CB750F1キャブ分解チェック (2)キャブレターを車体から取外し

フロートチャンバーを外すと

まずフロートチャンバーのガスケットが

ペッタンコになっていた。

大阪T様CB750F1キャブ分解チェック (3)しかも具合の悪い事に、再利用したのか

液体ガスケットが塗られている。

こう言うのもジェットの詰まり原因にもなる。

今回ガスケットは交換します。

大阪T様CB750F1キャブ分解チェック (5)で、火が入らなかった#1.3のSJは

長期放置の定めでガソリンが腐食して

詰まっていたのは言うまでも無い。

キャブを分解している時に何気に目に入った

大阪T様CB750F1フロントフォークオイル漏れ始め (1)フロントフォークのオイル滲み。

ダストシールを外してみると

フォークオイルの漏れ始めの症状。

長い事動かしていないので

これから乗ると必ず漏れてくるパターンの奴です。

走行距離と、シールの劣化具合から換え頃です。

大阪T様CB750F1キャブ分解チェック (6)取合えずキャブの方はO/H

後はフロートチャンバーの

ガスケット入荷待ちとなりました。

車検は来月早々になりそうです。

大阪T様CB750F1継続車検メンテナンス (1)取合えずオイル交換と

ブレーキ関係の点検、フルード交換など

継続車検整備を先行して終わらせて

部品が入荷次第交換します。


CP1号レーサー積込み

週末の準備をボチボチと始めて行くので

2019FUN&RUN CP1号レーサー積込み190530 (1)CP1号レーサーの最終チェックを終わらせて

機材とマシーンを積込みました。

練習不足な上に左足の火傷と

頚椎、腰椎の痛みもありしかもこの暑さ

2019FUN&RUN CP1号レーサー積込み190530 (2)当日の鈴鹿の天気は今の所曇り模様。

お守りのレインタイヤと

スペアタイヤも積込んで準備完了かなぁ

何か何時も何かを忘れている気がしてます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月27日

週末のレースに備えて3

現代風にアレンジされた5夜連続放送の
「令和」の「白い巨塔」が昨晩終わりました。
昭和の財前五郎は自殺した田宮二郎でしたが
令和の財前五郎はひらパー園長の岡田君でした。
息子が医者になってからは医療物のドラマを良く見るようになり
そんな事はありえない事は分かっていますが
つい自分の息子とダブらせてみて仕舞いがちですw


CP1号レーサーメンテナンス

来月初め、今週末に鈴鹿サーキットで開催されるレース

CP1号レーサーメンテナンス190527 (1)FUN&RUNに備えて、CP1号レーサーの

メンテナンスをやってしまいます。

オイル交換と新型強化オイルポンプから

ハイパワーオイルポンプに変更します。

CP1号レーサーメンテナンス190527 (2)夏でも無いのにこの異常なほどの

気温に耐えるには、エンジンオイルの

流量を増やす事がエンジンに必要です。

熱ダレを起こしてもある程度油膜を

CP1号レーサーメンテナンス190527 (3)保持できるオイルと、その粘土の下がった

エンジンオイルでも吐出してくれるポンプ

これがこの時期、この気温を乗り越える為には

絶対に必要になってくるはずです。

CP1号レーサーメンテナンス190527 (4)まだまだこの先気温は上昇するので

空冷エンジンにとって冷やす事を止めない

オイルポンプは絶対に必要だと思います。

14号機はオイルクーラーも付けていませんが

良いオイルと、そのオイルを循環させる能力があるポンプは

これからももっと必須になってくると思います。


1号機火災からの復活への道その10

やっとTIPも片付いてきたので

1号機火災からの復活腰下分解手入れ1日目 (1)本格的に1号機のエンジンO/Hの

腰下O/Hに取掛かります。

サクサクッと分解して

パカッと割りました。

1号機火災からの復活腰下分解手入れ1日目 (2)取合えずロアケースを洗浄して

ブラストでオコゲを綺麗に処理。

何時ものリタップ&エアブローで

ロアケースを仕上げます。

1号機火災からの復活腰下分解手入れ1日目 (3)これで1号機ロアケースの

手入れが終わったので

このまま下拵えも済ませます。

これで腰下ロアケースの

1号機火災からの復活腰下分解手入れ1日目 (4)下拵えまで完了しました。

油温センサーはアクティブの

デュアルテンプメーターに変更するので

センサーも交換しました。

明日はアッパーケースの手入れと

下拵えからの組立てまで出来れば良いかな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月21日

豪雨と地震と夏日3

大阪は深夜に激しい雨が降っていたらしいけど
我が家では外の音が殆ど聞こえないので
どれ程の量が降ったかは分かりません。
そして今朝は久々に震度3の直下型地震が発生。
大雨の後の直下型なので高槻、茨木の山沿いは心配ですね。
店も特に何も被害はありませんでした。
それにしても今日は暑い!
作業に集中してしまうと、血糖値が下がって倒れそうになる。


三代目号定期メンテナンス二日目

昨日メンテナンスが終わったエンジンを

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (1)今日搭載して仕上げてしまいます。

その前にセルモーターのターミナルカバーが

劣化して崩れているので

新しい物に交換してしまいます。

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (2)やっぱり発熱量が多いので

ゴム類の劣化は少し早いのかも知れない。

エンジンもヨシムラマフラーを装着すると

振動でヘッドが浮くので若干の排気漏れと

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (3)オイル滲みの痕がありました。

エンジンスタッドボルトからの

オイル滲みに関しては特に緩んませんでしたが

新しい処置を施しました。

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (4)問題の圧縮漏れと思われる所

黒くてオイリーなのはここから

圧縮が漏れている事を示す物で

ステー無し手曲げマフラーを装着している

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (5)エンジンにはよく見られます。

一応洗浄して取れる所は取りましたが

こればっかりは何ともなりません。

1号機も14号機も機械曲げが付いているので

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (6)この様な圧縮漏れのオイル滲みは皆無です。

で、エンジンどーん!

搭載完了しました。

後はサクサクッと仕上げます。

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (7)まずはL側から

サクサクッと仕上げて

エンジンマウントボルトを仮止め



三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (8)次にR側もサクサクッと仕上げて

エンジンマウントボルトを

今度は本締めしてエンジン搭載が

完了!

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (9)オイルクーラーサンドイッチブロックと

オイルフィルターケースを取付けて

オイルパンも取付ければ下回りも

完了!

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (11)TMR-MJNキャブレターを取付け

ウオタニも取付け完了。

油圧クラッチレリーズも取付け完了。

これで後はマフラーだけです。

三代目号エンジンメンテナンス二日目190521 (12)取外したマフラーは修理送りになるので

BRC製マフラーに変更して取付けました。

これで取合えず三代目号の

エンジンメンテナンスは完了です。

三代目号前後タイヤ交換190521 (1)そこへタイミング良く入荷してきた

三代目号用前後タイヤ。

BT45/18のフロントが廃盤なので

ピレリーのスポーツデーモンに変更です。

三代目号前後タイヤ交換190521 (2)タイヤ交換しながらエンジンオイルを

ボトルから搾り取ってエンジンオイルもOK

前後タイヤもスポーツデーモンに変更。

18インチの選択肢が少なくなってきたなぁ…。


1号機火災からの復活への道その8

燃え残ったアルミ部品を取外して

1号機火災からの復活への道フロント周りパーツ下拵え (1)ススや溶けたプラ部品の残骸を

ブラストで処理しました。

キャブレターを中心に燃えたので

前後足回りなどは割りと無事に残ってます。

1号機火災からの復活への道フロント周りパーツ下拵え (2)ブラストで仕上げたアルミパーツは

全てバフ仕上げにします。

燃えたボルト類などのメッキパーツは

再メッキへ送りました。

1号機火災からの復活への道フロント周りパーツ下拵え (3)イグニッションキースイッチの新品は

もう使わないだろうと思って

去年売っちゃたので

中古良品を使う事にします。

1号機火災からの復活への道フロント周りパーツ下拵え (4)分解して接点を磨いて給油し

カバーが割れていたので

絶版ですが新品に交換。

シートロックもメンテナンスして

1号機火災からの復活への道フロント周りパーツ下拵え (5)取付け穴を加工して

トップブリッジに取付け

メインキーが1個しかないので

スペアーキーも作ります。

1号機火災からの復活への道フロント周りパーツ下拵え (6)今度の仕様でウインカーは

流れるウインカーに仕様変更。

溶けたスライダーも補修部品と交換。

取合えず後は塗装と再メッキ待ち。

フロントフォークもO/Hしないとダメだわ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月20日

三代目号定期メンテナンス3

1号機火災からの復活へ向けて
取外した部品にブラストを当てて
使える物は再メッキに出したり
黒物も汚れを落としてリペイントの準備を
ちょこちょこと進めています。
問題はフレームの熱によるダメージですが
近日フレームが使えるかどうかのチェックと
使えるのであればある程度の補強も入れて
仕様も大幅に変更しようと思いながら
復活への道を模索しています。
あの状態からでも復活出来る事が楽しみです。


三代目号エンジンメンテナンス修正 

以前から少しエンジンに問題を抱えていた三代目号ですが

三代目号エンジンメンテナンス190520 (1)今回しっかりと修正する事になり

エンジンを下ろしての作業です。

ザクザクっと部品を取外しました。

これで後はオイルフィルターケースと

三代目号エンジンメンテナンス190520 (3)オイルパンを外せば

エンジンを下ろす事が出来る状態に

スタンバイ完了しました。

で、

三代目号エンジンメンテナンス190520 (4)どーん!

三代目号のエンジンが下りました。

ここからしっかりと悩みの種を

修正して行きます。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (5)まずはヘッドカバーのねじ山上がりから

まずトルクチェックすると

前回6箇所だったのが2箇所増えて

全部で8箇所のねじ山上がりになってました。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (6)ついでなので全部のネジを

リコイルしようと言う事だったのですが

ヤバイ!ヘリサートの玉が2発しかない!

仕方が無いので奥の手を出します。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (7)はいどーん!

インサートリコイルーぅ!

こちらは玉が沢山あるし

カムチェーンの所のタップも小さくて済みます。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (8)ヘッドカバーを開けて

シリンダーヘッドの増し締めをして

スタッドからのオイル滲みもあったので

これで止まってくれるはず。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (9)ついでにカムチェーンが

少し伸びていたのでこれも

強制調整ボルトで現物を見ながら

カムチェーンを張りました。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (10)ドリルを使い穴を開け

リコイルタップを使うので

シリンダーヘッドを

ガムテープでしっかりと養生。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (11)全部で19箇所のリコイル

まずは外側から仕上げて行きます。

インサートリコイルは割りと楽かな?

キリとタップが小さいのが利点です。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (12)最後に中央部に詰め物をして

ガムテープでまた養生して

同じようにドリルで下穴を開けて

リコイルタップを立てます。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (13)一番肉厚が少ない所も楽勝で

リコイルが完了しました。

これでもうねじ山上がりの心配は

しなくてもよくなりました。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (14)ヘッドカバーガスケットも

少々くたびれているので

ついでに交換しておきます。

これで当分開けなくても済みます。

三代目号エンジンメンテナンス190520 (15)明日エンジンを搭載する予定で

今日の作業はここまでで終了。

残りの時間は1号機の復活作業。

近日中にフレーム強度測定に出します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年05月19日

久々の銀ちゃん3

昨日は久々に休憩もしないで作業に没頭して
今日はまだその疲れが残ってます。
プロライダー小室氏のフレームも
塗装から仕上がって戻ってきているので
それが終われば通常営業に戻れると思います。


CBR400F残業で仕上げ

持ち込まれたメッキ部品に泣かされて

フロント周りの作業に6時間も掛かってしまいましたが何とか完成しました。

CBR400Fヘッドガスケットオイル漏れ修理ヘッドカバーのガスケットは

オーナーが交換したのですが

ボルトの入れ間違いや

液体ガスケットがこの場所に合ってなく

一応手当てはしましたが、これでダメならやり直しです。

CBR400F本日納車キャブは同調とかのレベルではなく

O/Hレベルなのでそのまま納車となります。

前後ブレーキは固着寸前だったし

昨日ご来店下さったお客さん達は

綺麗なCBRですねって言うけど…まぁ久々に激しく苦労しました。


想定内の方ご来店

昨日からソワソワしながらお店にやって来て

銀ちゃん号キックシャフト取付け (1)今日のPITの状況を確認して

自分のバイクに使わないのに

飾りでキックシャフトを付けると

言い出して、僕から奪ってい行った

銀ちゃん号キックシャフト取付け (2)キックシャフトとキックギアーを

取付ける為に朝からご来店。

ほぼほぼ走ってないバイクのオイルを抜き

クラッチカバーを外して

銀ちゃん号キックシャフト取付け (3)キックシャフトを取付ける準備を始める銀ちゃん。

エンジンを組む時に念の為キックギアーを

取付けれる様に加工してあったので

物を取付ける分には問題はない。

まぁ後はお客じゃないので作業はザ・セルフ!

銀ちゃん号キックシャフト取付け (4)ガスケットを剥がして外したクラッチカバーは

例の如くピカピカにバフ掛け。

相変わらずのやりたい放題ですが

全て放置してます。

銀ちゃん号キックシャフト取付け (6)クラッチカバーを取付けて

エンジンオイルも入れて

キックシャフトも取付けが完了。

ついでにマフラーのサイレンサーも

僕の使っていた99%サイレンサーのLを勝手に装着しやがった!


1号機火災からの復活への道その7

1号機と言えども燃えて不動になった車両は邪魔だし

1号機火災からの復活への道190519 (1)店は汚れるし、何時までも焦げ臭いので

今日は完全にバラバラに分解して

サッサと場所を空けようと思い

分解を開始します。

1号機火災からの復活への道190519 (2)まずはクランクケースを

何時ものようにどーんする

準備を整えました。



1号機火災からの復活への道190519 (3)どーん!

火災から1ヶ月弱掛かりましたが

エンジンがフレームから下りました。

これで先にエンジンだけでも仕上げれるかな?

1号機火災からの復活への道190519 (4)そこへ丁度タイミング良く

燃えた車両から取外したメッキ部品が

再メッキから仕上がって戻ってきた。

燃えた部品も綺麗に復活しました。

1号機火災からの復活への道190519 (5)燃えた部品ばかり触っているので

気分転換にリアフェンダーを組立て

燃え残ったナンバープレートも取付け。

これで1号機は少しだけ復活したかな。

1号機火災からの復活への道190519 (6)銀ちゃんはバイクを磨き

僕は燃えたバイクを分解している

非対称的な風景…。

クソ!と思いつつ作業に集中して

1号機火災からの復活への道190519 (7)やっと1号機を全て分解出来ました。

もう店中がススで真っ黒になってますが

もうこれでお店が汚れる事も無くなるはず。

取合えず先にブラストを当ててもらおうかな…。


本日のご来店

エンジン整備他諸々のメンテナンスで入庫してきた三代目号。

三代目号入庫190519相変わらず何時見ても綺麗で

色々な仕組みがあって僕も興味津々!

来週までには作業を終わらせるように

作業を進めたいと思ってます。

三代目号入庫190519 (2)明日からの作業に備えて取合えず

エンジンオイルを抜いておきます。

レデューサーがしっかり効いており

オイルが落ちてこないわwそんな感じ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月17日

姪 原チャリで単独事故2

姪が朝から電話をしてきた。
絶対にろくでもない電話だと思ったら案の定
原チャリで単独事故をしたらしいのだが
僕の先日の車両火災の件を見ている姪には
きつくは言えるはずも無く
ましてや朝は丁度病院でまさに火傷治療の
診察券を出している所だった…。
怪我の具合とか色々聞いて大した事がないらしいので
取合えず家に帰るように言って
弟に連絡を取って壊れたバイクの引取りの段取りを打合せした。
全く我家の血筋の者にはろくな奴がいない…。


CBR400F部品入荷待ち

昨日入庫してきたCBR400Fの部品が一部入荷して来るので

CBR400F部品入荷待ち190517取合えず店で部品入荷待ちの間に

作業の準備だけでも先にしておきます。

予定外に作業時間が掛かりそうなので

段取りを考えないといけないのと

荷物が届いたら姪のバイクを引取りにいかないと…。

CBR400Fスプロケハブベアリング圧入 (1)姪のバイクの引取りから帰ってきて

入荷した部品のチェックを済ませて

スプロケハブベアリングを入れる準備。

片側がオープンタイプなのでグリスを追加し

CBR400Fスプロケハブベアリング圧入 (2)油圧プレスでスプロケハブベアリングと

ダストシールを圧入します。

部品を預かった時にこの辺は

チェックをして置くべきだったと反省。

CBR400Fスプロケハブベアリング圧入 (3)これでスプロケットの交換と

ベアリング、ダストシールの交換が終わりました。

明日から本格的に部品交換作業に

取り掛かります。


姪の事故車両引上げ

夜勤明けの弟と連絡が取れたので最寄り駅で待ち合わせ。

姪のズーマ引上げ (1)事故現場近くのスーパーの駐車場に

止めていた姪の事故車両を

ハイエースに二人掛で積込んで

弟の自宅まで運びました。

姪のズーマ引上げ (2)パッと見何とも無いように見えましたが

フレームの一部になっている

アルミ合金素材のフレームが破損。

右ハンドルスイッチ破損…。

姪のズーマ引上げ (3)フロントフォークもガッツリと曲がって

タイヤと干渉している状態なので

やっぱり一人で積込みは出来なかった。

弟と二人でバイクを抱えて積込みました。

姪のズーマ引上げ (4)取合えず病院へは

連れて行く事にはなったけど

このバイクの状態からして

よくまぁ軽症で済んだと思います。

これも坂本家の血筋がなせる術なのでしょうか…。

部品代を調べたら5万〜6万ぐらいは掛かるので廃車した方が良いかもね。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2019年05月14日

機械曲げマフラー年内販売予定3

数年前から企画していた当時物機械曲げ
ヨシムラマフラーの三次元測定が終わり
年内には製作する予定まで何とか辿り着きました。
製作の目処が立ちましたら
初期ロッドの予約を承る予定としております。
現代の技術を使い、当時物の本物から忠実に測定した
極めて本物に近いレプリカマフラーが完成する予定です。


久保田祭り二日目

昨晩は久保田の「碧寿」と対戦してみました。

久保田祭り二日目碧寿と対戦190514 (1)呑んでいる時は火傷の痛みは無いので

久保田の旨さもあってスコスコと進み

例の如く、サクッと退治して

久保田祭りは終了しました。

久保田祭り二日目碧寿と対戦190514 (2)で案の定、3時間ほどすると

肝臓がアルコールを分解した後に

火傷の痛みが倍増してきたので

やっぱり治るまでアルコールは控える事にします。


令和最初の継続車検完了

午後から少し怪しい天気になってきましたが

令和最初の旧2号機継続車検完了旧2号機と12号機の

令和最初の継続車検が完了しました。

旧2号機の次の車検満了は

令和3年5月です。

令和最初の12号機姫号継続車検完了姫号も継続車検が完了し

これも同じく次の車検満了日は

令和3年6月です。

多分明日にはZEPHYR 750の部品も

入荷するはずなので、近日中には令和最初の新規登録へ行く事になると思います。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2019年05月13日

2号機12号機継続車検3

一昨日は枚方は日本で一番暑い日だったらしく
昨日もそこそこ暑い一日だった。
そんな今日も暑い一日で
僕のやる気を削ぎ取って行く…。
足の火傷も2度の所はほぼ乾燥して皮膚が出来て来たけど
2度深の所はまだまだ掛かるらしい。


久保田祭り

大した事無いと思っていた火傷の二日後23日の夜に呑みに行って

久保田祭り190512 (1)次の日から歩けなくなったw

先週もちょっと良い所に呑みに行って

夜中に足が痛くなって眠れなかった。

でももうそろそろ呑んでも

久保田祭り190512 (2)大丈夫かも知れないと思って

昨晩から久保田祭り

まずは「萬寿」と対戦してみたら

夜中に目が覚めてやっぱり痛かったw

こんな事で負けてたまるか!と思って今晩も久保田と対戦します!


明日2号機12号機継続車検

12号機はエンジンフルO/Hとフレーム修正をしたのに

男でも出来たのか全然乗りに来ない!

明日2号機12号機継続車検 (1)まぁ彼氏でも出来れば

僕達下僕も解放されると思うのだけど…

明日の継続車検の準備を整えて

まず12号機を積込みます。

明日2号機12号機継続車検 (2)次に旧2号機も積込み完了。

2台とも手間の掛からない

良い子ですが、旧2号機は

ヘッドカバーガスケット辺りに

少しオイル滲みがあるのですが、これはオーナーがクラッチワイヤーに

ラスペネを入れ過ぎたからなのかも知れない。

クラッチレバーまでラスペネまみれだし…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月11日

今日から春の交通安全期間3

恒例の交通安全期間が今日から始まりました。
今回の交通算全期間にはある意味
先日のような凄惨な事故をなくす為にも
警察には交通の安全を守ると言う大前提を厳守して
交通指導に当って貰いたいと思います。
覆面PCやヘリコプターを使って取締をやってまんねん的な
取締られる側にしてみれば「運が悪かった、やり方が卑怯」としかとられないのは
第87代国家公安委員長の古屋さんが言う言葉に近いと思います。
警察は抑止力を使い、覆面ではなく白黒PCを走らせ
ネズミ取では隠れたり、変装して取締る行為を止めるべきで
信号無視を減らしたければ交差点の真ん中に立つぐらいの事をしてこそ
本当の警察がやるべき交通の安全を守る仕事だと思う。
4281通達の如く(未だこの通達は有効な通達である)
点数主義に堕した取締りの為の取締り、検挙の為の検挙では無く
公務員として民間人の不利益にならないよう公平性に徹した取締りをしてこそ
運転者も交通の安全意識が高くなると思っています。
今、交通事故死亡率が減っているのは取締りを強化しているからでは無く
車が人の命を守っているから死亡率が減っているだけの事であって
それを交通取締りの成果と思わないで欲しいと強く思う。


旧2号機継続車検入庫

昨日遅くに旧2号機が継続車検のために入庫してきました。

旧2号機継続車検入庫姫号も6月はじめに車検が切れるので

2台纏めて継続車検に行く予定ですが

その前にZEPHYR 750の仕上げと

CBR400Fのメンテナンスも承っているので

まずはZEPHYR 750を先にやっつけないと。


ZEPHYR 750C4一部部品入荷

カワサキの部品は何故か入荷が遅い部品がたまにあるので参ります…。

ZEPHYR 750部品一部入荷 (1)まず今日入荷してきた

カワサキ純正新品のレギュレーター

これを交換してしまいます。



ZEPHYR 750部品一部入荷 (2)サクッと交換完了。

これでバッテリーに充電が

ちゃんと出来る様になります。



ZEPHYR 750部品一部入荷 (3)次に排気漏れいていたEXガスケット交換。

これも純正新品に交換します。

古いEXガスケットを取外して

新しいEXガスケットを入れて

ZEPHYR 750部品一部入荷 (4)マフラーを取付けます。

一人なので足の痛みに耐えつつ

マフラーを取付けました。



ZEPHYR 750部品一部入荷 (5)次はブローバイホースの取付け

最初から何か社外のホースが

付いていたのかは今となっては

分かりませんが

ZEPHYR 750部品一部入荷 (6)それらしい微妙なホースが

シートカウルの中に入っていたので

多分これを使おうとしていたのかな?

純正新品のブローバイホースを取付け。

ZEPHYR 750部品一部入荷 (7)バッテリーもGSユアサのバッテリーが

入荷してきたので、希硫酸を入れて充電中。

充電が完了したら取付けします。

今日のZEPHYR 750の作業はここまで。

後数点の部品が入荷してきたら車検を受けて納車になります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年05月09日

今年のFUN&RUN出場辞退3

車両火災時の火傷が思っていたよりも酷く
早くて後2週間ぐらいで痛みが緩和し
そこから皮膚の再生へとなる感じなので
今年のファン&ランに出場しようと思って
申し込みはした物の、この調子では変に下手をすれば
感染症のリスクもありまた練習も全く出来ていない事から
物理的にも6月2日には絶対間に合わないと判断し
残念ですが出場を取りやめる事を決めました。
レースは逃げないし、徹馬もT.O.Tもあるからね!


ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目

作業に取掛かって今日で六日目になりました。

マフラーから排気漏れがあるので、EXガスケットも追加発注。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目フロントフォークOH (1)フロントフォークのO/Hに取掛かります。

キャリパーも引き摺り気味だったので

ピストンのメンテナンスもついでに実施。

触れば触るほど色んな物が付いて無かったり

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目フロントフォークOH (2)壊れたりしているので参りました。

コスワースのスタビライザー取付けボルト

ここはよく緩むのですが、これもまた

4本中3本緩んでいたのでネジロックを塗ります。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目フロントフォークOH (3)フロントフォークを分解して

オイル漏れと錆びを除去し

シールやスライドメタルも新品に交換。

これでフロントフォークのO/Hが完了しました。


23号機左ハンドルスイッチ交換

オーナーが送ってきた安物の社外品から少しだけバージョンUPして

23号機用左ハンドルスイッチ加工二回目 (1)実績のあるハンドルスイッチを購入。

これならポジションもOFF出来ます。

配線を調べてカプラーから

配線を切断して加工をします。

23号機用左ハンドルスイッチ加工二回目 (2)ハンドルスイッチの配線を加工すると

5本ぐらい配線が余るのですが

バックライト用、アース線、ハザード用の

ラインが余るけどハザードスイッチはありません。

メインハーネス側も1本電源ラインが余ります。

23号機用左ハンドルスイッチ加工二回目 (4)今度は左ウインカースイッチも

ちゃんと切り替わるので

ウインカーもちゃんと点灯しました。

これで後は登録をして納車となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月08日

営業についてのお知らせ2

【営業についてのお知らせ】
只今諸般の事情により営業を制限しております。
現在入庫中の車両及び、入庫予約を頂いている方
又は継続車検の方のみ作業を承っており
また電話対応もしておりませんので
大変申し訳ないのですが御用の方は
メールにてお問い合わせをお願い致します。
ご迷惑をお掛けして申し訳御座いませんが
PITも大変込み合っており
作業スペースの問題も御座いますので
ご理解の程よろしくお願い致します。


ZEPHYR 750C4五日目

昨日エンジンを仕上げたZEPHYR 750C4の火入れも終わったのですが

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (1)ヘッドライトがチラつくし

バッテリーも上がってしまったので

昨日キャパシターでエンジンを掛けて

バッテリー電圧を測ると

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (2)10V程度しか上がらないので

色々と調べた結果三相交流は正常に発電している

でも直流への変換が出来ていない

原因を切り分ける為に

別のレギュレーターを取付けて電圧を測定すると13V以上発電するので

レギュレーターがパンクしている事が判明した。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (3)なので大急ぎで部品を発注しました。

バッテリーも上がってしまったので

取合えずサルフェーション充電。

中々思う様に仕事がはかどりません。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (4)で、今朝来てバッテリーはフル充電に

なっていたのですが、セルが回るほど

バッテリーにパワーが無かったので

バッテリーを取外してみると

ぷっくりと膨らんでおりご臨終でした。

もうこんなのばっかりで今日もまた部品を発注。

まぁこんな感じで部品がまた足りないので今日はここまで。

沢山の方にご迷惑をお掛けしているので

定休日も出勤で作業を進めております。


1号機火災からの復活への道その3

足の火傷の痛みも少しずつ楽になって来たけど

まだ皮膚が再生していないので、毎日病院通いです。

病院から戻る時に店に寄るのですが、店の中が焦げ臭い…。

1号機エンジンオイル抜取り (1)そんな状況から少しでも早く脱却する為に

1号機を一日でも早く復活させるべく

仕事の合間で少しずつ復旧作業を進めて

エンジンオイルを抜いてます。

1号機オイルキャッチタンクとレデューサー (1)丸焼けだったオイルキャッチタンクも

ウエットブラストで全体の焦げを取除き

エアクリBOXに納まって見えない所だけど

バフ仕上げをしようと思って居ます。

1号機オイルキャッチタンクとレデューサー (2)レデューサーも熱でゴムが浮いているので

マエカワエンジニアリング

修理に出しました。

ゴムの修理は無償なんです。

1号機復活へ向けてR側ステップバフ掛けR側のバックステップも取外して分解し

全部のパーツをバフ仕上げにしてみました。

アルマイトも考えたのですが

今度生まれ変わる1号機は銀ちゃん寄りかな?

1号機復活へ向けてオイルキャッチタンクバフ掛け見えなくなるオイルキャッチタンクも

しっかりとバフ仕上げをしました。

少しずつですが取外せる部品を

取外して復旧へ向けて仕上げてます。

1号機復活へ向けてミッション用オイルポンプバフ掛けミッション用強化オイルポンプも

ついでにアルマイトを剥がして

バフ仕上げにしてみました。

1号機はこれは見えるからねぇ。

1号機復活へ向けてリアフェンダー関係再メッキ送りリアフェンダーなども取外し

溶けてこびり付いた物を剥がし

熱で焼けた部分と消化剤で錆びた部分を

ブラストで綺麗に仕上げました。

これは再メッキに出して再使用します。

燃えた1号機の部品は極力再使用をして復活させるつもりです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年04月18日

徳島絶版バイクミーティング準備3

久し振りにZ1000Mk兇離┘鵐献鵑魍櫃韻茲Δ
セルを回してもエンジンが掛からなかったので
嫁にキックでエンジンを掛けてもらった。
後でよく考えたら、クラッチを握らないと
セルは回らない構造だった事を思い出し
クラッチを握ってセルを回したら
素直にセルが回りエンジンも始動した。
やっぱり定期的に乗らないとダメだなぁw


枚方市議会選挙

徳島絶版バイクミーティングと21日の枚方市議会選挙の

枚方市議会議員選挙期日前投票190416 (1)投票が重なってしまったので

火曜日の帰りに図書館へ行き

期日前投票をしてきました。

期日前投票は久し振りだったけど

枚方市議会議員選挙期日前投票190416 (2)図書館でも出来るのは知らなかった。

投票した候補者が

トップ当選すると良いなぁ。

まぁいずれにしても当選は間違いないはず。


ハイパワーオイルポンプ5個製作

エンジンの冷却効率をより良くと思い試験的に2個作り

ハイパワーオイルポンプ5個限定製作1個は1号機でテスト中。

もう一つはCPレーサー1号機に取付け予定。

で、全部で7個を作った事になり

その内の1個はキムレーサー号で

平成最後の徳島絶版バイクミーティングの準備テストしてもらうのと、一つは

オイルクーラーを装着していない

14号機にも取付ける予定で

商品見本として2個を徳島に持って行きます。

取合えず1号機の積込みも終わりました。


CBR400F用フロントフォークO/H用部品入荷

知り合いから依頼されているCBR400F用

CBR400F用フロントフォーク、ステム部品入荷フロントフォークO/H用部品などが

入荷してきましたが5点ほど

絶版だったので現在思案中です。

Oリングはサイズを見て考える事にします。


CB550F用絶版部品入荷

海外に在庫であったCB550F用絶版部品が数点入荷してきました。

京都H号用CB550F用絶版部品入荷これで京都H号CB550Fの部品が

全て揃いました。

後はシリンダーヘッドの

内燃機加工が終わって戻ってくれば

仕上げ作業に取掛かれます。


ZEPHYR 750C4メンテナンス

今日から本格的にZEPHYR 750C4の作業に取掛かります。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始前の罠 (1)まずはシートを取外して…と

シートロックキーを回すのですが

キーは動くけど、完全にロックが

外れないと言う罠から…。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始前の罠 (2)これは何かコツがあるのか?と

色々と試行錯誤をしているけど

全然シートロックが外れそうに無く

キーが曲がってきたので少し冷静に。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (1)で、やっとコツが分かって

シートを取外す事が出来ました。

今日は暑いので、既にこの時点で

汗だくにw

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (2)無事にシートとタンクを取外して

作業に取掛かれる状態になりました。

ヘッドカバーのシール関係は

今日入荷してくるはずなので

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (3)キャブの取外しから先に進めます。

知って知らずかエアークリーナBOXの

蓋のビスは締まっていなかった。

まぁこれぐらいの罠は良い方だな。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始 (4)フロントフォークもオイル漏れが

見つかりました。

メーター実走30,000キロなら

交換時期だと思うのでこれもO/Hします。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (1)で、火が入らない原因を特定したら

やっぱりキャブだったので

取外しました。

恐らく中は腐っていると思いつつ

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (2)#2のフロートチャンバーを

外してみると案の定緑色状態だった。

SJもMJもしっかりと詰まってました。

#2がこれなら他もダメだろうと

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (3)他も取外してみたら案の定

腐食したガソリンがMJに

纏わり付いている状態だった。

これも洗浄で何とかなると思います。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (4)キャブ本体側のプライマリーも

しっかり詰まっていました。

全部分解して洗浄して

ジェットリーマでお掃除。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッドカバー取外し (1)キャブのインナーパーツを

洗浄している間にヘッドカバーを

取外していたら、何とまぁヘッドカバーの

取付けボルトが折れていた。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッドカバー取外し (2)しかも2本も折れていた上に

バレないように液ガスで固定されていた。

明らかに確信犯ですねぇ

二本連なって折れているので

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッドカバー取外し (4)これを修正するにはヘッドを

下ろさないとダメなので

オーナーと相談した所OKが出たので

ヘッドを取外しました。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッド取外し (1)オイル下がりかオイル上がりが

ありそうで、燃焼室が湿っている

この際なのでステムシールと

ピストンリングも交換しておきます。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始ヘッド取外し (2)ここまでやったらやらないと勿体無い。

ヘッドは洗浄して折れたボルトを

取る為に内燃機屋さんへ

大急ぎで発送しました。

大阪T号ZEPHYR750メンテナンス開始キャブ取外し (5)また無理をお願いする事に…。

で、取合えず当初の予定だった

キャブレターのO/Hは完了しました。

この車両を何処で手に入れたのかを聞くと

2.3年前に某Yオクで買ったらしい、まぁそれなら仕方がないかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年04月16日

ストレス発散2

毎年の事ですがこの時期
内燃機屋さんは大忙しなのですが
徳島絶版バイクミーティングに間に合う様に
何時もの様に無理を言って
ハイパワーオイルポンプだけでも
早急に仕上げてもらうぐらいが精一杯でした。
CB550Fのヘッドはギリ連休前ぐらいかなぁ
海外から輸入した部品は今週中には届くらしいけど…。


ZEPHYR 750C4

昨日はお店を早仕舞いして自宅で少し休養してから

大阪T様の所へ車両を引取に、嫁と二人で行ってきました。

ダイエットする為にストレスを溜めて体調を壊すならと

車両を引取ってから二人で焼肉屋さんへ行き

生ビール5杯と肉を鱈腹食べてストレスを発散させてきたら

まぁ600グラムほど体重が増えてました。

大阪T様ZEPHYR 750車検整備入庫で、今朝一番にZEPHYR 750C4を

ハイエースから下ろしました。

#2に火が入らないのでキャブの分解と

ヘッドカバーからのオイル滲みなどや

他に通常通りの整備をして行く予定です。


徳島絶版バイクミーティングの準備

4月21日に開催される恒例の徳島絶版バイクミーティングの準備を

平成最後の徳島絶版バイクミーティングの準備ボチボチと始めて居る所です。

展示車両は相変わらずな感じですが

今回1号機にはNos噴射装置を付けたので

良い見世物にはなると思います。

まぁまだ実際に噴射させて走らせた事は無いのですが…。

Nos噴射装置はよくニトロと間違えられがちですが

実際はナイトラ、オキサイド、システム Nitrous Oxide Systemsの事を

Nosと言い、ニトロガスを噴射するのではなく亜酸化窒素を噴射します。

これを噴射する事により空気(酸素):亜酸化窒素=1:4の比率になりますが

ドライショットだけだと実際にはガソリンが不足するので

そんなにパワーは望めないだけでなく

ノッキングを起こして壊れるかも知れないので

ガソリンと同時に噴射するウエットショットの方が

ドッカンパワーが期待出来ると思います。

でも映画のマッドマックスやワイルドスピードを見ると

実際に使って走るのは怖いよねぇw

まぁそんな感じで、今日明日で何とか体調を戻して週末に備えるので

今日も早仕舞いで申し訳ないです。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2019年04月13日

平成最後のCPツーリングは中止2

非常に残念ですが、降水確率がかなり高いため
明日の丸乗っかりCPツーリングは
中止とさせて頂きます。
4月21日は徳島絶版バイクミーティングですので
皆様是非ご来場くださいますようお願い致します。

そしてまた仲間のCB400Four398ccが盗難に遭いました。
【以下FBより転載】
寒ちゃん号盗難4/10 21時から4/11朝7時までの間に
福岡市東区香住ヶ丘の自宅マンション駐輪場にて

盗難にあいました。
情報有りましたら宜しくお願い致します。

ホンダ CB 400 Four 1977年 赤
ナンバー 筑豊い 4901
HRCのハンドルクランプ
エンジンガード 錆びてます
ハンドルにETC 
タンク右側に凹みあり


特徴は貴重な国内398を45年掛け全体を錆びさせた車両です。
ご協力を宜しくお願い致します。


風邪

気温の変化について行けなかったのか

水曜日の雨で濡れたせいもあるのか、昨日から喉が痛くて熱っぽく

健康管理190413 (1)昨晩は一睡も出来ませんでした。

体温を測ると?体温計が「L」を表示?

何だこれ?と思いながら

何度か測定してみると

健康管理190413 (2)やっと体温が測定できたのですが

熱がある所か、低体温気味で

常温、室温レベルの体温だった。

死ぬのか?死んでるのか?

健康管理190413 (3)念のため血圧を測ってみたら

冬眠か?まぁまだ生きているらしいので

のど飴を舐めながら朝までゴロゴロと

時間を潰してました。

健康管理190413 (4)そして今朝起きてからもう一度

血圧を測定してみたら

心拍数も含めて正常なので

恐らく僕の場合は睡眠=冬眠なんだと思った。


ヒロ爺号ヘッドガスケット交換

CB550Fの作業も昨日でストップし、PITの都合も今日ぐらいしか

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (1)作業スペースの確保が厳しいので

シリンダーヘッドガスケット

交換作業を始める事にします。

取合えず外装を取外して

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (2)IGCコイル、ブリーザーカバー

キャブとマフラーをサクサクッと

取外しました。

さてここからもサクサクッと行きます!

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (4)サクッとヘッドカバーを

取外しました!

カムチェーンに緩みも無く

ロッカーアームなども問題無しですが

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (5)残念な事にねじ山上がりが一箇所。

まぁついでにリコイルしておきます。

他にも怪しい所がありそうですが

トルクチェックをすると

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (6)それのトルクチェックが最後の場合もあるので。

で、シリンダーを浮かせないように

ヘッドを取外しました。

オイル滲みの原因は両端の袋ナットが

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (8)緩んで居た事が主な原因と

全体的にも緩みがあり

スタッドボルトからもオイル滲みが

あったと思われます。

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (9)シリンダーヘッド側燃焼室内の

カーボンをネチネチと溶かして

剥がして綺麗に仕上げてから

再度ヘッドを搭載する準備をします。

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換 (1)シリンダー側も少し残った

液体ガスケットを綺麗に掃除して

絶版部品の純正新品ヘッドガスケットを

セットして、シール類も新品にしました。

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド取外し (10)その間にネチネチと作業をして

燃焼室のカーボンも綺麗に

除去出来ました!

で、後は綺麗に脱脂して

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッドリコイル修正 (1)作業台でリコイルをします。

パイロットタップなので楽ちん♪

他に怪しい所は無いかも

チェックしました。

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッドリコイル修正 (2)まぁ大丈夫でしょう。

取合えず一箇所のリコイルだけで

行けそうだと思います。

で、このヘッドをもう一度元に戻します。

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド搭載 (1)どーん!

シリンダーヘッド搭載完了!

サクサクッと締付けて

カムも

どーん!

ヒロ爺号シリンダーヘッドガスケット交換ヘッド搭載 (2)搭載完了!

バルタイOK!

カムチェーンもOK!

ヘッド内臓物関係全てOK!

ま、取合えず明日か明後日にでも増し締めをします。

今日は風邪でしんどいのでこれにて閉店。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(2)

2019年04月11日

GWの予定3

【GWの予定について】
少し早いのですが、10連休となるらしい今年の
GWの予定に付いてですが
今の所特に何も考えておらず。
孫次第の所もあり、通常通りの営業を予定しております。
メーカーもお休みなので
予定外重整備はお受けできない場合があります。
また緊急入庫対応はケースバイケースで対応しようと思います。


顧問業務

火曜日は朝から東京へ出張となり臨時休業を頂きました。

東京日帰り出張 (1)朝から一人で通勤ラッシュの中

電車で京都駅まで行きました。

コンコースを歩くのに時間が掛かると

思っていたのですが、少し早めに到着したので

東京日帰り出張 (2)新幹線を少し早めて乗車。

到着時間が中途半端になりそうなので

多分お昼は食べられないだろうから

軽めの朝食を頂きました。

東京日帰り出張 (3)天気も上々で富士山も綺麗だった。

到着したのは11時前で打合せが13時。

少し事務所で時間潰しをしてました。

打合せもすんなり終わったので

東京日帰り出張 (4)早めに帰阪する事になり

この日の顧問業務はこれにて終了。

仕事より移動時間の方が長いのは

よくある事です。

東京日帰り出張 (6)この頃にはお腹もかなり空いたので

車内販売でお弁当とビールを購入。

名古屋の手前まではゆっくりと眠りに入り

17時過ぎには京都に到着して

2002年発行のパスポート無事に家に帰りました。

念のためパスポートも発行しようと

準備はしています。

シンガポールへ行くつもりで2002年に

発行してもらったパスポートは、結局使わずに期限切れです。

それにしても若いねぇw

で、昨日は半日神戸で打合せをしてきました。


CB550F腰上O/H下拵え二日目

ヘッドガスケットなどを剥がす作業にかなり時間を費やして

京都H号用BC550F純正部品入荷二日目の作業に入りました。

取合えず必要な純正部品も入荷。

絶版部品は海外からの取寄せになります。

送料が65€と関税が掛かり高いので

京都H号CB550F腰上OHガスケット剥がし二日目 (1)絶版部品はかなり割高になってしまいます。

で、月曜日の続きからシリンダーヘッドの

ガスケット剥がしの続きを始めます。

後少しで綺麗に剥がれるので

京都H号CB550F腰上OHシリンダーブラスト仕上げ (1)リムーバーを掛けて浸透する間に

シリンダーのブラストをやってしまいます。

リークストッパーが塗られているので

かなり厄介です…。

京都H号CB550F腰上OHシリンダーブラスト仕上げ (2)その厄介なリークストッパーも

何とか取れる範囲は取って

シリンダーのブラストは一応完了。

若干フィンの間にリークストッパーが

残っていますが、これを取除くにはかなりの時間が掛かりそう。

京都H号CB550F腰上OHガスケット剥がし二日目 (2)シリンダーヘッドも残りのガスケットを

綺麗に剥がす事が出来たので

ヘッドも分解して、シリンダーと

測定に取掛かる準備に入ります。

京都H号CB550F腰上OHシリンダーヘッドブラスト仕上げ (1)まずはEXスタッドボルトの取外しから

スタッドボルトの半分ぐらいは

曲がってましたが、折れも無く

全て抜き取る事が出来ました。

京都H号CB550F腰上OHシリンダーヘッドブラスト仕上げ (2)バルブ関係も取外し完了。

IN側のスタッドボルトは絶版なので

取外さずこのままにしておきます。

これでウエットブラストの準備が完了。

京都H号CB550F腰上OHシリンダーヘッドブラスト仕上げ (3)サクサクっと?

まぁ結構手間は掛かりましたが

シリンダーヘッドもブラストが完了。

全てのねじ山をリタップ掃除。

京都H号CB550F腰上OHシリンダーヘッドリコイル (1)EXスタッドボルトのリタップをすると

#3内側のねじ山上がりが…。

ここはリコイルしておきます。

シリンダーヘッド側も2箇所ほど

京都H号CB550F腰上OHシリンダーヘッドリコイル (2)ねじ山上がりがあったので

リコイル修正となりました。

これでシリンダーヘッドの下拵えも

完了したので歪み測定。

京都H号CB550F腰上OHシリンダー&ヘッド歪み測定 (1)京都H号CB550F腰上OHシリンダー&ヘッド歪み測定 (2)







シリンダー、ヘッド共歪みは規定値内なのでこのままでOKです。

京都H号CB550F腰上OHシリンダー&ヘッド歪み測定 (3)シリンダー内径、ピストン外径とも

問題は無いのでそのまま

STDで問題無く使えるので

ピストンリングは純正STDを発注します。

京都H号CB550F腰上OHクランクケース上面下拵え (1)ピストンを取外したので

クランクケース上面に残った

ガスケットも剥がして下拵えを

終わらせます。

京都H号CB550F腰上OHクランクケース上面下拵え (2)こんな感じでクランクケース上面も

綺麗になりました。

GWも近いので先にシリンダーヘッドは

内燃機屋さんへバルブ摺り合せに送りました。

取合えずこれで見積りを作くれるので、今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月31日

4月のCPツーリングの予定3

【4月のCPツーリング】
平成最初で最後のCPツーリング開催のお知らせ。
日程:4月14日(第二日曜日)
集合場所:池田市古江町点セブンイレブン
集合時間:8時集合、8時半出発
福井県小浜方面へ向います。
今回は4in to1オーナーズクラブツーリング企画に
完全乗っかりとなります。
平成最後のツーリングを楽しみましょう!


190331今朝の体重

ラーメンがまだ出てこなくて、昨日は昼食を抜いてみましたが

190331今朝の体重出るものが出ないので体重も

横這い状態のままです。

多分今僕のお腹の中には

2キロぐらいのうんこが溜まっていると思うわw


GTH号リアタイヤ交換

CB400Fourのヘビーユーザー京都のGTH号が平成最後の

GTH号メンテナンス190331 (1)タイヤ交換にご来店。

ついでに平成最後のオイル交換も。

シリンダーヘッドからオイル滲みがあるので

ついでに増し締めもご依頼です。

GTH号メンテナンス190331 (2)ヘビーユーザーのGTH号

リアタイヤはもう少し使えそうですが

ギリギリまで使うんじゃなく

余裕を持っての交換になります。

GTH号メンテナンス190331 (3)エンジンオイルも定期的に交換ですが

今回は結構汚れていました。

そう言えば今年は初めてだったかな?

去年は秋に変えたぐらいかな?

GTH号メンテナンス190331 (4)サクサクッとリアタイヤは交換完了。

リアブレーキもチェックしましたが

特に問題はありませんでしたので

ご安心して下さい。

GTH号メンテナンス190331 (5)エンジンも冷えた所で

増し締めを実施したのですが

特に締まる所も無かったと思っていたら

一箇所だけ完全に緩んでいた?

GTH号メンテナンス190331 (6)いや、よく見るとナットのねじ山が

上がっていた事がオイル滲みの

原因だったと判明したので

この先の事も考えて4ヶ所のナットを交換。

これでオイル滲みも解消されると思います。


大阪T号足回りマッスル化四日目

今朝T号オーナがーフロントフェンダーを持参して下さったので

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (1)早速取付けてみようと準備を

開始したのですが

フェンダーが入らなかったので

よくよく見ると

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (2)フェンダーのスタビライザーに

ツヨメの折り返し兼ブレーキホースクランプが

付いており、この折り返しが

タイヤと干渉する事が判明したので

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (3)オーナーと相談してカットする事に。

アウター側フェンダー取付けのねじ山が

三箇所ぐらいやばいので

トルクが掛けられなかったけど

大阪T号足回りマッスル化四日目フロントフェンダー加工 (4)まぁこれで何とかなりそうな感じです。

フェンダーの色はまた後日塗装かな?

フロント周りのブレーキ部品が

入荷次第、仕上げに取掛かります。


1号機フロントブレーキマスター交換

ブレンボのラジアルマスターが欲しかったけど

1号機フロントブレーキマスター交換 (1)流石に高いし、嫁にばれるので

クラッチに合わせてフランドーの

ラジアルマスターを購入しました。

コスパ的にもビジュアル的にもねぇ…。

1号機フロントブレーキマスター交換 (2)油圧クラッチレリーズがフランドーだし

クラッチもフランドーのラジアルだし

統一感と費用対効果を優先に考えて

このニッシンのブレーキマスターから

1号機フロントブレーキマスター交換 (3)フランドーのラジアルマスターに

変更してみましたが、マスター径が

少し大きかったかなぁ?

微妙ですが調整出来るので良いかも。

平成最後の徳島絶版バイクミーティング平成最後の徳島絶版バイクミーティングの

案内も届いたので、後はNosを取付けて

ハイパワーオイルポンプのテストも

終わらせないといけないし

仕事もしないといけないし、今年は何かと忙しいです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月23日

セブンスター廃棄3

明日息子がレクサスの点検に家族で枚方に来るので
「食事でも?」と言う話をしています。
なので日曜日は場合に寄っては
早仕舞いになるかも知れません。
17時頃にお約束のご来店があるのですが
息子の都合次第?
いや息子の嫁の気持ち次第になると思います。
何でも僕達世代の常識は通用しない
考え方の持ち主らしく、強要的な事はNGらしい。


190323今朝の体重

昨日は野菜と肉の食事でしたが、ポテトサラダが出たので

190323今朝の体重「ポテトサラダって糖質が多いんやで」

と嫁に言いつつ、食後のデザートと

アイスクリームを食べてしまったので

少し増えたかもと思ってましたが

予定通り103.8キロとなり、やっと104キロの低い壁を越えました。


大阪H号Wディスク化

昨日オーナーに電話で現状を報告し

セブンスターのキャストは残念ですが廃棄する事になりました。

大阪H号Wディスク化組立て (1)でもWディスク化はノーマルホイールでも

問題なく装着出来るので

そのまま継続する事になったので

早速フロントフォークを取付け

加工したフロントフェンダーとキャリパーホルダーをセット

大阪H号Wディスク化組立て (2)5mm長いフロントフォークは

そのまま5mm突き出し…。

時期を見てインナーチューブを

交換する事を提案しようと思います。

大阪H号エンジンオイル交換 (1)エンジンオイルも交換のご依頼だったので

抜いてみると、何とまぁこれも

黄色い君並みに酷く真っ黒でしたが

幸いな事に鉄粉などは極めて少なかった。

大阪H号タイヤワックス除去洗浄 (1)タイヤホイールを元に戻す前に

転倒の危険性があるタイヤワックスを

除去する為に洗浄をしてしまうのですが

これがまた結構しつこいタイヤワックス!

大阪H号タイヤワックス除去洗浄 (2)こうなればケミカル品には

ワコーズのケミカル品で対抗!

水なしで洗浄出来る製品

フォーミングマルチクリーナーを

ぶっ掛けてタイヤワックスを落としました。

大阪H号セブンスターキャスト加工 (1)オーナーと相談してセブンスターは

廃棄処分にとの事で取外しましたが

加工不良の干渉箇所が判明したので

取合えずパチモンに負けてたまるかと思い

大阪H号セブンスターキャスト加工 (2)廃棄するぐらいならと考え

干渉箇所をベルトサンダーで削り倒し

何とか干渉しないようになったので

再び取付ける事にしました。

大阪H号セブンスターキャスト加工 (3)これでリア側のセブンスターは

何とか取付けが出来ました。

これってパチモンに勝利したのかなぁ?

取合えず本物のハヤシキャストを探します。

大阪H号セブンスターキャスト加工 (4)次はフロントのキャストを

取付ける準備に掛かります。

W用キャリパーをセットして

BRCのメーターギアーも入荷してきたので

大阪H号フロントセブンスターキャストメーターギアー (1)早速交換してフロントを仕上げます。

基本的にこのカラーが無いので

この手作りメーターギアーが使えないし

恐らくこの溶接では千切れるのは目に見えてる。

大阪H号フロントセブンスターキャストメーターギアー (2)で、やっとパチモンセブンスターを

装着出来るようになりました。

後はオーナーに走行前後の

ホイールチェックをして貰えば

大阪H号セブンスターキャスト装着完了何とか使えると思います。

月曜日は臨時休業になる予定なので

明日か火曜日に引取り納車の

予定となりました。


黄色い君シフト系トラブル

オイル交換で発覚したシフトスピンドルの破損。

黄色い君用シフトスピンドルシャフト代わりの部品を宝物庫から

探し出してきました。

PITの都合がよくなれば

交換作業に取掛かろうと思います。


CBR400F用オイルクーラー入荷

知り合いの方が当時乗っていたと言うCBR400Fを購入。

CBR400F用オイルクーラー入荷エンジンの調子も良いらしいのですが

色々と部品を購入した結果三桁になったらしい。

その内の部品の一つでアールズの

オイルクーラーをCPでご購入されました。

近日PITが空き次第入庫予定かな?。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月22日

情緒不安定3

55歳を機に始めたダイエットですが
ここ最近押さえている食欲のせいなのか
ちょっとした事でイライラしてしまいます。
自分でも切れるポイントが分からないぐらい
イライラして情緒不安定になっていると思う。
でも痩せてやる!


190322今朝の体重

ここに来てやっと体重に変化が出てきた!

190322今朝の体重今朝は104.6キロの壁を越えて

600グラムも減り104キロになった。

多分明日には103キロ代になっていると思う!

今日も一生懸命働こう!


問題児号に問題発生

車検の準備をしようとエンジンオイルを入れるために

黄色い問題児号に問題発生 (1)マグネットオイルドレンボルトを見ると

何かが引っ付いていた?何だこれ?

それは見た事がある形の物でした。

まぁよく気付かずに走れている物だと思った。

黄色い問題児号に問題発生 (2)その部品はシフトスピンドルの部品で

シフトチェンジの際に

ポジティブストッパーを叩いて

シフトアップやダウンをさせる為の

大事な部品の一部なので、修理するならオイルは入れられない。

仕方が無いのでオイルは入れずに他のメンテナンスを済ませます。

これでまたPITの都合が悪くなった。


大阪H様Wディスク下拵え

リアをパチモンセブンスターキャストに変更してつまづいたので

アゲインの工場長に電話して相談してみたら

過去にベアリングが粉々になっていた車両もあったらしい…。

それからアゲインでは、パチモンのセブンスターはお断りレベルとの事で

今回CPでもオーナーに諦めてもらう方向で話をしてみます。

大阪H号Wディスク化準備 (1)その間、Wディスク化する為に

部品を整備する事にしました。

まずは固着したキャリパーピストンを

油圧で押し出して取り外します。

大阪H号Wディスク化準備 (2)ブレーキレバーが動かなくなるぐらい

硬く固着してましたが

何とか動き出してくれたので

これでピストンは取外せます。

大阪H号Wディスク化準備 (3)取外したピストンとキャリパー…。

こりゃぁ酷いわ。

中には錆とフルードの結晶がたっぷり。

ピストンとシールは当然交換ですね。

大阪H号Wディスク化準備 (4)塗装も溶けていたので

一旦綺麗に剥がしてリペイントします。

今車両に取付けいる方のブレーキも

若干引き摺り気味なので

それも含めてオーナーと相談する事にします。

大阪H号Wディスク化準備フロントフォーク (1)次にW用フロントフォークの下拵え。

溶接して粗仕上げのままで

取付いている物はくすんではいる物の

バフ仕上げされているので

大阪H号Wディスク化準備フロントフォーク (2)左右のバランスを合わせる為に

バフ仕上げをする事にしました。

これで取合えずバフ掛けも完了。

一先ず交換準備は整いました。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (1)一応フロント側もセブンスターをセットして

どの道Wディスク化はするので

フロント周りを分解したけど

長さバラバラのホームセンターボルトと

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (2)クソみたいに緩々の締付けトルクだった。

取外したフロントフォークの

トップキャップを交換しようと思ったけど

何か違和感があったので長さを測定

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (3)インナーチューブが5mm長い上に

トップキャップのネジピッチも違うので

交換する事は出来なかった。

アウターは同じなので取付けは可能です。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (4)自作?メーターギアーにスペーサーが

付属してなかったので

多分ダメだろうなぁと思いつつ

アクスルシャフトを手で締めただけで

大阪H号ヨシムラ限定マフラー交換 (1)案の定ロックしてダメだったので

BRCのWディスク用メーターギアーを発注。

取合えず、マフラーを先に交換する事に。

この70Φのマフラーから

大阪H号ヨシムラ限定マフラー交換 (2)限定販売のヨシムラ手曲げマフラー

5ロット目發噺魎垢靴泙后

袋から出すと新品ですが

ビニールで擦れた痕があったのは残念。

大阪H号ヨシムラ限定マフラー交換 (3)マフラーだけはサクッと交換が

完了したのは安定のヨシムラだからか?

今となっては結構なお値段になっている

限定マフラーですねぇ。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (5)部品が入荷してこないので

引き続きWディスク化の作業。

引き摺り気味だった左ブレーキを分解。

綺麗に掃除してチェック!

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (6)ピストンなどには問題が無いので

シールだけ交換する事にしました。

ブレーキマスターもW用の5/8に

交換して取付けました。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (7)スピードメーターワイヤーも

W用に変更です。

これで大方の部品はW用に変更出来ました。

後は部品の入荷を待つだけです。

大阪H号Wディスク化準備フロント周り分解加工 (8)フロントフェンダーもついでに

W用にカットして加工。

これは僕のサジ加減になります。

取合えず今日はここまでかな。

後はオーナーと相談して進めます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年03月16日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月16日(日曜日)はZRX納車の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが。よろしくお願い致します。


甥の卒園パーティー

昨日急に弟の嫁から電話が入ったので

甥の卒園パーティー190315何かあったのかとビックリしましたが

甥が幼稚園を卒園したので

食事をしないかとのお誘いでした。

当然可愛い甥の事なのでお祝いに駆けつけました。

春から小学校1年生になるのですが、ランドセルの方が大きいw

我が家の孫も初節句なのですが、あの嫁がなぁ…。

190316今朝の体重食べ放題、呑み放題のコースで

僕は生ビールを4杯と肉と野菜だけ頂き

今朝の体重は1キロ減?

一体僕の身体のシステムはどうなっているのか

サッパリ分かりません。


CP1号レーサー仕様変更二日目

自宅宝物庫からレーサーに使うバッテンキャリパーを探したら

CP1号レーサーフロントブレーキOH取付け (1)結構な数のキャリパーが見つかった。

多分もっと探せばまだあると思う。

この中から一番状態の良い物を

チョイスしてO/Hしました。

CP1号レーサーフロントブレーキOH取付け (2)で、CP1号レーサーに取付けました。

後はセンサーなどを取付ける

ブラケットを作れば

一先ず完成かなぁ?

CP1号レーサー排気音量測定 (1)取合えず火入れして操作性をチェック。

1Gでフロントフォークがかなり沈む…

で、僕が乗ったらほぼフルボトム?

取合えず走ってみてチェックだな。

CP1号レーサー排気音量測定 (2)次の課題は音量なので

現状を参考までに測定すると

116dBだったので

これじゃぁ車検も通らない。

CP1号レーサー排気音量測定 (3)取合えずラージサイレンサーに

ウールを巻いてみて

再度チェックしてみる事に



CP1号レーサー排気音量測定 (4)で、測定結果は113dBで

大きな変化は無いので

正規の測定方法と回転数を調べて



CP1号レーサー排気音量測定 (5)正規の測定方法に近いように

測定機をマフラー後方500mmで

大体45度の角度に合わせて

再測定をしてみたけど

CP1号レーサー排気音量測定 (6)まだ後少し音量が高いので

今度はサイレンサーを変更して

測定をしてみる事にした。



CP1号レーサー排気音量測定 (7)ラージからスモールに変更して

さらにウールを巻いて

色々と小細工をしてから

音量を測定してみた。

CP1号レーサー排気音量測定 (8)エンジン回転数は8,000rpmを

キープして測定してみると!





CP1号レーサー排気音量測定 (9)来たこれ!

やっと105dB以下になった

けども…多分フン詰まりなんだろうなぁ

何か作戦を考えないと!


1号機ターボ化計画加給気用アルミ管入荷

ターボの加給気をキャブまで運ぶ配管が入荷してきましたが

1号機ターボ化計画加給気配管入荷 (1)2mのアルミ管が1本だと

思っていたのが

実は2mのアルミ管が2本だった…

通りでえらい値段が高いと思ってた。

まぁこれで失敗しても予備があると言う事で…。

1号機ターボ化計画加給気配管入荷 (2)取合えず妄想用に配管を

少し長めにカットして取付けてみました。

配管も直線的過ぎると

何かもう一つだなぁw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月15日

アレクサ3

リビングの照明をLEDに代えたので
嫁に「これからアレクサ的な物に対応した
家電に変えて行かんとあかんなぁ」と言ったら
蛍光灯用のリモコンを渡された。
当分我が家にはハイテク機器の導入は無さそうだと思った。


190315の体重

相変わらずの便秘気味とTVでグルメ番組を見ると

190315今朝の体重この所イライラしてくる様になった。

で、アイスクリームを食べてしまい

今朝は200グラムも増えていた。

多分ウンコが出れば1キロぐらいは

減るんじゃないかと思うわ。


CP1号レーサー仕様変更

5月のT.O.Tに間に合うか微妙になってきので

CP1号レーサー用フロントバッテンキャリパーOH (1)今日一日を有効に使わないと!

取合えず大急ぎでブレーキキャリパーを

O/Hする事にしたのですが

どうやらキャリパー本体が思っていた

CP1号レーサー用フロントバッテンキャリパーOH (2)車両のとは違う物だった事が今更分かった。

ピストン径などが全然違う物だった。

つい先日不用な物を片付けたばかりなので

キャリパーも持ち帰っているのでこれで終了。

CP1号レーサー仕様変更一日目 (1)仕方が無いので先にレーサー側の

仕様変更に取掛かります。

サクサクッとCP1号レーサーの

41Φフロントフォークを取外しました。

CP1号レーサー仕様変更一日目 (2)で、サクサクッと35Φの

フロントフォークにデチューンが

完了しましたが、色々と取回しも

変更しないといけなかったりで

CP1号レーサー仕様変更一日目 (3)ここからが大変だったけど

色々と位置を変えてみて

何とかなった感じに仕上がりました。

一番の利点は、ハンドルの切れ角が増えた事。

CP1号レーサー仕様変更一日目 (4)カウルもセットして取りあえずは

形になりました。

後はブレーキキャリパーを探して

O/Hして組付けたり、センサーを取付けたり

今日中に終わらそうと思ったけど

甥の卒園パーティーがあるので今日はこれで早仕舞いにします。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2019年02月26日

ホンダ絶版純正部品一部車種再販3

ホンダが人気車種であるNSR250Rに続き
CB750FourやCB750Fの部品再販を決定したらしい。
人気車種と言えば、永遠に不滅の人気車
CB400Four(74'〜77')もかなりの人気車種なんだが
突然の部品廃盤ばかりで困っているのになぁ…。
どないするねん、これまたほんまに。


里の曙退治

この所色々と忙しくて家呑みする時間も余りなかったのですが

越前からカニがやって来た!昨晩、嫁の妹夫婦が越前から

カニを送ってくれたので

こりゃぁ呑まないとダメだわ!

と言う事で、久々に家呑み!

里の曙退治美味しいカニを肴に

「里の曙」をサクッと退治!

今晩も対戦したい相手がいるのですが

明日は定休日ですが朝から顧問業務なので

少々控えめに対戦しようかなぁ…。


CP1号機ターボ化計画オイルライン部品入荷

ターボ化に当り幾つかの問題の内、タービンのオイルラインを

1号機ターボ化計画ユニオンボルト&バンジョウ入荷どうするかと言う課題で、まず#6サイズの

ユニオンを取付けてバンジョウボルトを

取付け、オイルラインの検証をしてみた。

結果的に見た目の良さは良いのだが

これだとエンジンからのオイルライン取出しが厳しいと思うので

もう少し別の方法でオイルラインの取出し方法を考えます。


ZRX400ブレーキ組立て

早ければ来月初めには納車が出来る予定の

ZRX400福井H号用前後ブレーキOH用部品入荷福井H号用のブレーキ部品が

やっと入荷してきた。

まだ不足部品はありますが

取合えずはこれで前後ブレーキO/Hが

ZRX400福井H号フロントブレーキキャリパー組立て (1)出来きるので、早速開始!

サクサクッと新しい部品を組込んで

フロントブレーキキャリパーの

O/Hが完了しました!

ZRX400福井H号フロントブレーキキャリパー組立て (2)で、取付け。

これで引き摺っていたブレーキから

開放されて、パットも新品になりました。



ZRX400福井H号フロントブレーキキャリパー組立て (3)同じくR側も取付け。

ブレーキフルードを入れて

エアー抜きも完了です。



ZRX400福井H号フロントブレーキマスター組立て (1)次にリアブレーキマスターの組立て

これもサクサクっと組立てが

完了したので



ZRX400福井H号フロントブレーキマスター組立て (2)タンデムステップステーに取付けて

ブレーキスイッチスプリングと

リターンスプリングを接続して

リアブレーキマスターもセット完了。

ZRX400福井H号リアーブレーキキャリパー組立て (1)で、リアブレーキキャリパーも

取付けが完了したので

ブレーキフルードを入れて

エアー抜き完了です。

ZRX400福井H号整備完了 (2)残りのカバー類などの部品も

届いたので取付け準備をして取付け。

これで一先ず納車整備など

打合せした物は全て完了。

ZRX400福井H号整備完了 (3)後は住民票などが届けば

登録の準備に取掛かります。

納車はオーナーがツーリングがてら

引取りに来るそうです。


京都I号408タンクコック取付け

昨日オーナーから電話が入りました。

京都I号408タンクコック取付け (1)で、新品のタンクコックを

取付ける事になったので

在庫してあった408コックを探し出して

取付ける事になりました。

京都I号408タンクコック取付け (2)コックは締付け過ぎると

パッキンが痛んでしまうのでダメです。

丁度良い所で、キュっと締まれば

ガソリンは漏れてきません。

ビビリ過ぎてもダメですけどねw


23号機純正エキパイ

昨日23号機オーナーから「純正エキパイだけでも付けて」欲しいと

23号機のわがまま (1)メッセージが来たけど

一応用意していたエキパイは

あるにはあるんですが

実は部品が足りない…。

23号機のわがまま (2)#2.3のチャンバーバンドが無いんですw

当然絶版部品なので手に入れるには

部品取りのボロボロマフラーからでも

取らないとダメな貴重な部品です。

23号機のわがまま (3)当然ですが、CPの宝物庫を探せばあります。

取付けるにはフランジや割りカラーも

要るんだけど、もう当初の予算は

かなりオーバーしてるけど、いいのかな?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月24日

大人は黙って公認車検3

数日前のヤフーニュースに出ていた記事で
民間車検工場で、本来車検を通す事が出来ない
違法改造車の車検を通して運転者も、業者も検挙されています。
本来違法改造とされる物を「カスタム」と言う言葉で
オブラートに包んだように合法的なイメージで使いますが
カスタムが全て悪では無いにしろ
本来やってはいけない部分が多いのは事実です。
これは道路車両運送法違反となります。
また、同じくその車両を運転している者は道路交通法違反になります。
CPでもカスタムを依頼される事は多いのですが
公認改造申請を取る事を推奨しており、俗に言う闇車検は行いません。
毎回闇車検で高い費用を払うぐらいなら
一度だけ公認車検費用を払えば、法的にも合法で乗れて
次からは普通の車検料金で継続出来るので
CPでは、「大人は黙って公認車検」を推奨しています。


ZRX400ETC取付け

来月初めには納車予定のZRX400に今日はETCを取付けます。

ZRX400福井H号ETC取付け (1)アンテナは目立たない所に

インジケーターは見えやすい所に

取付けて配線を処理して

電源を接続して

ZRX400福井H号ETC取付け (2)本体をシート下に収納。

配線を整線して出来上がりです。

後は登録後にセットアップをするだけ。

ETCを取付けたついでに

ZRX400福井H号キャブレター同調調整 (1)キャブの同調をチェックします。

ホースを接続して

同調チェックの準備が完了。

で、エンジンを始動すると

ZRX400福井H号キャブレター同調調整 (2)ほんの少しだけですが

同調が狂っているので

軽く調整をしました。

バキューム圧はかなり低いね。

ZRX400福井H号キャブレター同調調整 (3)差ほどの変化はありませんが

同調調整も完了しました。

多少は良くなった感じがしますw

同調を合わせている時に

ワンウエイクラッチに少々違和感がありました…。

ZRX400福井H号エンジンオイル交換まぁよくある不具合かも知れません。

取合えずエンジンオイルを交換。

オイルは残念な事に乳化してました。

ワンウエイクラッチも交換した方が良いかもねぇ。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (1)取合えずオイル交換も終わったので

リアブレーキキャリパーと

マスターを取外してO/Hの準備。

サクサクッと取外しました。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (2)取外したキャリパーを

分解するのですが

案の定固着している状態でした。

ブレーキホースも交換になります。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (3)固着しているので

キャリパーを分解するのも一苦労でしたが

何とか分解が完了しました。

ガッツリと錆びてます。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (4)ここまでやったらマスターもO/H

サクサクッと分解完了。

これでリアブレーキキャリパーと

ブレーキマスターの分解完了です。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (5)部品が早くて火曜日には

入荷してくるはずなので

錆びたキャリパーとマスターを洗浄して

部品が入荷したら直ぐに組立てれるように

下拵えを終わらせました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月23日

2月23日はZRX400の日?w3

昨日は少し調子が悪かったので
自宅に帰って食事を済ませてから
そのまま気分が悪いまま横になっていた。
で、気が付いたらもう今朝の6:30だった。
今日は飲む薬を調整したせいなのか
まぁまぁ普通な感じだと思う。
でも今日は花粉が飛んでいる感じで
治っていると思った花粉症なのに目が痒いわ!


ZRX引取り

今朝は開店時間を遅らせて、東大阪までZRXの買取へ行ってきました。

ZRX400福井K号引取り納車点検補修 (1)走行距離はメーター表示では

24,000キロだったのですが

車検証を見ると44,000キロに

なっていたので、メーターは交換してあり

ZRX400福井K号引取り納車点検補修 (2)交換後は300キロぐらいしか

走行してないので

まぁZRXの平均的な感じでした。

店に持ち帰り細かい所をチェック。

ZRX400福井K号引取り納車点検補修 (3)シートカウルは少し割れていたので

取外してリペアをする事にしました。

他は20年以上経過しているので

それなりな感じなので、こんなもんでしょう。

ZRX400福井K号引取り納車点検補修 (4)割れたカウルのリペアも完了。

色はまぁどうするか後で考えます。

前後ブレーキパットは交換予定。

他は普通に納車整備をして行きながら

チェックして行く事にします。

因みにフロントカウルとシートカウルは絶版でした。


ZRX部品一部入荷

カワサキの部品だけは入荷が遅いし、入荷がバラバラと入って来る…。

ZRX400福井H号納車整備中部品待ち (1)今日はフロントブレーキホースが

入荷してきたので、早速取付け

当然品番が違うので左右があります。

後は、フロンとブレーキパットと

ピストンやシールなどのキャリパーの部品と

リアブレーキマスターのインナーキットとパットとピストンの入荷待ち。

ZRX400福井H号納車整備中部品待ち (2)所で、クラッチワイヤーの取回しが

この車両の事を知らなくても

おかしな取回しだと分かると思うので

クラッチワイヤーを取外して

ZRX400福井H号納車整備中部品待ち (3)正規のルートに戻しました。

どう考えてもラジエターホースに

クラッチワイヤーが干渉しているなんて

絶対にありえないルートだと思うわ。

そんな訳で今日はカワサキZRXな一日でした。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月21日

1号機熱対策の迷宮3

屋根工事の進捗状況が全く読めないので
色々と困っているのですが
作業予定の車両が現在で7台も溜まっています。
22号機、23号機、ZRX400、コムアキ号
吹田K号、足回りマッスル化のT号は部品入荷待ち状態。
後は何時でも良いのですが、1号機とCP1号レーサー
部品の入荷とPITの都合で順番は前後しますが
随時作業は進めて行ってますので
もう暫くお待ち下さい。


1号機オイルクーラー電動ファン

昨日1号機に取付けたオイルクーラーコア9インチ13段は 

今の所今までとは明らかに油温の上がり具合が違いますが

1号機オーバーヒート対策用電動ファン (1)念の為、オイルクーラーコアに

取付けようと思い電動ファンを購入。

サイズは120mm角なので

ギリギリオイルクーラーコアと同じぐらい

でも厚みが33mmなので

1号機オーバーヒート対策用電動ファン (2)取付けスペースが少々厳しい…。

ホースの取回しを少し変更すれば

何とかなりそうです。

両耳はカットだな。

1号機オーバーヒート対策用電動ファン (3)後は現状でこのファンが必要かなのかを

実際に走ってチェックしてみるのですが

ファンのスイッチを何処に付けるかも

スペース的に厳しいので

新しいサムブレーキをBabyFaceさんに発注している所です。


ZRX400フロント周り整備

ブレーキホースなどまだ入荷していない部品もあるのですが

ZRX400用フロントフォークOH用部品入荷フロントフォークの部品が

入荷してきたので早速O/Hを

開始して行きます。

フロントブレーキも同時にO/Hするのですが

ZRX400フロントブレーキOH (1)回ブレーキキャリパーもO/Hするので

ブレーキフルードも抜き取ります。

マスターカップを開けると

フルードはかなり減ってました。

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (1)フロントタイヤホイール

フェンダーを取外し

フロントフォークも取外しました。

今回オーナーと相談した上での

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (2)メンテナンスなので

ブレーキホースも

交換するので取外しました。

これでフロント周りのO/H、交換部品は

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (3)全て取外したので

まずはフロントフォークオイルを抜きます。

フォーク二本で1ℓ以上のフォークオイルが

入っているはずなのに、全然入ってない。

ZRX400フロントホークOH&タイヤ交換 (4)で、フォークオイルを搾り出して

抜いている間に、フロントタイヤを

サクサクッと交換完了です。

タイヤは同じメーカーのタイヤをチョイス。

ZRX400フロントホークOH (1)次にフロントフォークを分解。

カワサキの車両はホンダと工具が

違うのですが、Z1000Mk兇鯒磴辰討ら

色々と揃えたんですよねw

ZRX400フロントホークOH (2)綺麗に洗浄して、インナーの点錆びも磨き

曲がりも無い事もチェックしたので

これで新しい部品をセットして

組み込みます。

ZRX400フロントホークOH (3)で、サクサクッと組立てが完了しました。

スライドメタルも当然新品ですが

ピストンリングがオリフィスとASSYで

しかも廃盤で交換できなかった。

ZRX400フロントホークOH (4)で、後はフォークオイルを入れるだけ

これがまた結構な量が入るので

少しビックリしました。

同じ41Φなのにホンダとは倍以上の量です。

ZRX400フロントホークOH (5)フォークオイルを入れて

フロントフォークのO/Hが完了。

ブレーキホースなどの入荷が遅れているので

ブレーキは取付けが出来ません。

ZRX400フロントホークOH (6)取合えずフロントフォークをセットして

タイヤホイールを取付けました。

これでフロントフォークのO/Hと

タイヤ交換が終わりました。

ZRX400フロントブレーキOH (2)フロントフォークのO/Hが完了したので

次は取外したブレーキキャリパーのO/H。

ゴム部品以外で使える所は

使うつもりのO/Hなのですが

ZRX400フロントブレーキOH (3)分解してみるとピストンなども

ほぼほぼダメなので

交換した方がベストだと判断しました。

洗浄してから、必要な部品を発注。

ZRX400フロントブレーキOH (4)取りあえずフロントブレーキキャリパーは

部品が入荷するまでの間

作業が出来ないので

今日はここまでで終了。


23号機部品入荷

昨日入荷してきた520コンバートのドライブチェーンを

23号機ドライブチェーン取付け (1)今日、早速取付けました。

これで後はマフラーをどうするか?

ぐらいになったかなぁ?

フロント関係、ウインカーなどが

23号機メーター周り追加純正部品入荷少々仕様変更となったので

追加の部品が入荷してきました。

これで少し予算がオーバーしたのと

メーター加工費用などが追加となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月14日

減らしても減らしても…3

息子がアベノハルカスの近くに建設予定の
高層マンションを購入する予定らしく
もう内覧会にも行っているらしい。
自分の家を持つと言う事は男として良い事だと思う。
でも僕が死んだら、僕の家も余るんだけどなぁ
僕も後9年経過したら、赤血病(真性多血症)の消耗期に入るので
20%の確率で白血病化するかも知れないのに
もう時期55歳だから9年経ったら64歳だけどなw


定休日の僕

何時もの事ですが、定休日と言えどもゆっくりしている訳でもなく

190213定休日の自宅ガレージ一昨日ハイエースに積込んだ

銀ちゃん号を自宅ガレージに移動し保管

これで不動車コーナーから2台

PITから2台の車両を引き上げてきましたが

190213定休日のPIT内昨日のCPのPIT内はこんな状態w

PITは−2台+2台=±0台

結果全然変化無しですが

今日1台減る予定で姫号も仕上がるので

自宅ガレージへ持って帰る予定です。

190213定休日に嫁の車の車検で、午後からは高槻へ嫁の車の

継続車検へ行ってきました。

高槻の検査場は混むし面倒だし

費用は全部僕が出さないといけないのが

訳が分かりません。


吹田K号構造変更継続車検

構造変更と継続車検のご依頼で入庫してきた吹田K号

吹田K号構造変更継続車検整備 (1)多分CPで販売してから

7.8年は経つはずですが

調子が良くノントラブルで乗って頂いてます。

今回構造変更がある為CPでの車検です。

吹田K号構造変更継続車検整備 (2)この際なので、総合点検もしてしまいます。

ですが意外とメンテナンスはしっかりと

行き届いていると思われます。

フルードが少し少ないので

吹田K号構造変更継続車検整備 (3)ブレーキパットをチェックしました。

パットAが微妙ですが

狂い咲き組みの方では無いので

一応相談してから決めます。

吹田K号構造変更継続車検整備 (4)点火時期もバッチリだったし

他には特に問題が無いので

日ごろのメンテナンスが良いのでしょう。

後は車検までの間にチョコチョコッと

全体をチェックして行きます。


姫号火入れ

折れたオイルクーラーのユニオンが入荷してきたので

姫号火入れ調整 (1)早速取付けて火入れの準備を進めます。

M10×1.25なので油断をすると

直ぐに折れてしまいます。

実は今日はこれで2本目w

姫号火入れ調整 (2)オイルクーラーのホースを

無事に接続が完了して

これで一安心です。

これでエンジンオイルを入れて

姫号火入れ調整 (3)クランキングして実圧縮圧力を測定。

平均0.925でかなり良い状態です。

やはり磨耗が少ないと言うのが

姫号の良い所ですね。

姫号火入れ調整 (7)これで火入れの準備に取掛かります。

キャブの同調もチェックして

ズレていれば調整をします。

キャブにガソリンを流し込んで

姫号火入れ調整 (8)セル2回目で姫号のエンジンに

火が入りました!

事故から2年弱、作業開始から

約3ヶ月の眠りから目覚めました。

姫号火入れ調整 (9)で、早速点火時期を調整。

接点が少々磨り減ってきているので

もうソロソロ交換した方が良いかも。

点火時期もOKとなったので

姫号火入れ調整 (10)次にキャブの同調をチェック。

少々バラついているし

バキューム圧も低いので

調整をする事に。

姫号火入れ調整 (11)サクサクッとバッチリ調整完了。

バキューム圧も上がって

良い感じになりました。

良い感じになると

姫号火入れ調整 (12)燃調も良くなり、気持ち良くなったら

マフラーから気持ちが良い汁が

垂れて来るようになったので

どや!ええか?ええのんか?って感じです。

姫号火入れ調整 (13)これで姫号の修理と

エンジンフルO/Hが完了しました。

軽く試運転をしてチェックも済ませました。

ヨシムラのテンプメーターの

姫号ハイエースに積込み配線コネクターに接触不良があり

配線を交換しないと直らないんだけど

もうこのタイプは廃盤なので

新しい物に交換しないとダメだろうなぁ…

でもエンジンも調子よくて、今までよりもきっと気持ち良いと思うよ!

で、自宅ガレージへ運ぶ為ハイエースに積込みも完了しました。


1号機ターボ化計画のミスw

アクチェーター用のホースをちょっと洒落た物に変更しようと思い

1号機ターボ化計画アクチェーター用ホース痛恨のミスw (2)極軟質ナイロンチューブを

購入したのは良いんだけど

ホースの内径サイズを間違って

発注してしまったらしいのですが

1号機ターボ化計画アクチェーター用ホース痛恨のミスw (3)ホース長も2mと思っていたのが

実は20mだったと言う罠…

この使えない20mのホースを

この先使う事があるのかは分かりません…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月09日

ETC車載機の使用期限3

アナウンスも情報も少なくETCのポータルサイトにすら
記載されていないので、知っている方は少ないと思いますが
2022年12月1日以降使えなくなる機種があるのをご存知でしょうか?
使えなくなる可能性があるのは2007年(平成19年)以前の
旧スプリアス規格に基づいて作られた一部の機種。
単純に言えば電波法の改正で、その当時OKだったけど
パーソナル無線などで使われていた
700メガや900メガ帯の電波が他に利用される事になるらしく
その電波帯をETCや携帯電話に使うんだろうと思うけど
国交省からのアナウンスはそんなに知られていないのが現状です。
なので、一度自分のETC車載機を確認してみましょう。
また某Yオクなどで中古品を購入する際は、製造年月日を確認しましょう。


ZRX400入荷

ご注文を頂いていた、カワサキのZRX400を

ZRX400入荷 (1)今朝引取りに行ってきました。

程度の良い車両が中々無い中

オーナーと相談して仕入れてきた一台です。

よく分からんのだけど

ZRX400入荷 (2)これがZRXMk2なのかなぁ?

Mk2仕様じゃないのかな?

興味が無いのでさっぱり分かりませんが

走行距離は平均するとこれぐらいが多く

エンジンも調子が良いので、予算との関係からこの車両となりました。

ボチボチと納車整備に取掛かります。


tanji号慣らし終了初回点検

最強寒波の中、名古屋からご来店のtanji号…。

tanji号慣らし終了初回点検 (1)エンジンフルO/H後慣らしが終わり

初回点検にご来店されました。

少しオイル漏れと電装系の

不具合があるとの事でチェック。

tanji号慣らし終了初回点検 (2)まずはエンジンオイルを抜いて

エンジンを冷やして居る間に

電装系をチェックしたのですが

特に問題箇所が見つからなかったので

そのまま様子を見てもらう事になりました。

tanji号慣らし終了初回点検 (3)オイル漏れもスタッドからの

オイル漏れの可能性は低いのですが

エンジンO/H後の初回点検として

シリンダーヘッドの増し締めを実施。

特に緩んでいる箇所は無かったのですが、念の為2箇所だけ処置をして増し締め。

tanji号慣らし終了初回点検 (4)ヘッドカバーに一箇所ねじ山上がりが…

まぁ処置しやすい所だったので

サクサクッとリコイルをしたのですが

ヘッドカバーを締める時にまた一箇所

ねじ山がヤバイ所が出てきてしまった…

tanji号慣らし終了初回点検 (5)取合えずエンジンO/H後の

初回点検とオイル交換は完了。

オーナー曰く「音が今までと全然違う」との事。

オイル漏れは巣穴が一箇所あったので

そこからかも知れないので、経過観察をお願いしました。


姫号キャブレター分解チェック

雨が降る予定だったので、姫のキャブの分解チェックをする予定で

姫号純正キャブ分解点検 (1)時間があればキャブを取付けて

同調調整まで済ませようかと

思っていたのですが

今日は時間的に厳しい感じになった。

姫号純正キャブ分解点検 (2)キャブの状態は少し油面に

バラつきがあったので調整。

その他は特に問題は無かったので

始動性の悪さは今回のエンジンO/Hと

姫号純正キャブ分解点検 (3)同調調整次第で良くなれば

良いかなぁと思ってます。

姫号の部品が一つ壊れたので

火入れは部品が入荷してからになります。

姫号仕上げ前 (2)取合えずキャブレターを取付けて

バッテリーを接続し保安部品

灯火系をチェック!ナンバー灯の

接触が悪い感じだな…

姫号仕上げ前 (3)マフラーを取付けて

残すはブレーキマスターの交換。

毎回バイクを投げ捨てるので

ブレーキマスターからフルードが

漏れるようになったので交換となりました。

後はエンジンオイルを入れて、キャブの同調調整をすれば完成です。


本日のご来店

最強寒波の三連休の中朝からご来店は京都のI様が

タンクとサイドカバーのリペイントのご相談でご来店。

その後は22号機オーナーの高槻S様がご来店。

190209本日のご来店入れ替わりに先日納車した後輩の

XJR400が「乗りやすいわ!」とご来店。

自分で色々とパーツを取付けて

帰って行きましたw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年02月02日

ブログNG車両納車3

当時物ヨシムラ手曲げマフラーセラコート仕上げは
売約済みとなりました。
もうこの先、当時物ヨシムラ手曲げマフラーが
手に入る目処が無いと思います。
また手に入れば、お知らせ致しますので
よろしくお願い致します。


奄美黒糖焼酎と対戦開始

昨晩からの対戦相手は奄美の黒糖焼酎「里の曙」と対戦開始。

里の曙と対戦開始何時も通りロック気味で

グラスに注いで呑むと…

アルコール度数のクセが強過ぎて

43度だったのでビックリしました。

少しの敗北感はありますが、ボチボチとやっつける事にします…


XJR400キャブレターO/H

オーバーフローとジェットの詰まりもあるので

XJR400キャブレターOH完了 (1)部品を発注していたのが

入荷してきたので、早速取外して

O/Hを始めます。

少々苦労しましたが取外しました。

XJR400キャブレターOH完了 (2)中のインナーパーツは洗浄し

スロージェットが1個詰まっており

Oリングやフロートチャンバーの

ガスケットもカッチカチになってました。

XJR400キャブレターOH完了 (3)キャブレターリンクOリングも

硬化していたので全て交換。

フロートバルブも新品に交換。

これでキャブのオーバーフローは直るはず。

XJR400キャブレターOH完了 (4)また少しだけ苦労して取付けた所に

オーナーがご来店…。

ついでにUSBの電源の配線をさせられたw

少しだけ手間取りましたが

XJR400キャブレターOH完了 (5)これでXJR400の納車整備は完了。

タンクコックやキャブレターの

部品代だけで結構な金額になりました。

もう少し車体価格を多く言っておけば良かったわw


姫号PIT入り

ブログNG車両が予定より一日早く引取りに来て頂けたので

姫号フレームPIT入り姫号のフレームをハイエースから

下ろす事が出来ました。

エンジンのシリンダーガスケットも

入荷してきたので、明日エンジンを仕上げます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月30日

定休日のカスタムパラノイア3

昨年からCB400Fの足回りマッスル化計画を
進めている大阪のT号のフロントフォーク用
特注スプリングの入荷が2月中に入荷予定と言う
連絡がやっと入りました。
と言う事は、それまでに姫号を仕上げないと
いけないと言う事になりそうですし
22号機高槻S号も並行して作業を進めないとダメなので
レーサーを触っている暇が無いなぁ…


男は黙って七三分け

1月は忙しくて中々理髪店へ行けなかったのですが

2019年最初の男は黙って七三分け今日2019年最初の理髪店へ行きました。

色々な業務も兼務している事もあり

昨年からパンチは封印して

男は黙って七三分けになってます。


ブログNG車AK号少し作業

定休日の今日は嫁に服を汚すなと言われているので

ブログNG車AK号ステップ&ブレーキペダル交換 (1)今日は普段着で出勤して

汚さないように作業をしています。

昨日取付けようと思っていた

ブログNG車AK号のステップとブレーキを

ブログNG車AK号ステップ&ブレーキペダル交換 (2)最初に交換してしまいます。

交換するに当りボルトを4個取外すのですが

その内2個は締まってませんでした。

そんな所が多いこのバイク、大丈夫なんだろうか。

398用トーキョー鉄管マフラー次にトーキョー鉄管のマフラーを取付け。

元々取付いていたマフラーは

転倒時のダメージが酷かったのですが

トーキョー鉄管へ修理を依頼したけど

左当時物ヨシムラ、右トーキョー鉄管マフラーマフラーエンド部分しか

修理出来ないと言われ

エンド部分のみ修理をしてもらい

後は部分修理屋さんでエキパイなどの

ブログNG車AK号トーキョー鉄管取付け凹んだ所を修正してもらいましたが

費用的には新品を買った方が

良かったかもね…。

マフラー装着完了で、今日はここまで。

後は明日タコメーター交換、ブレーキマスター交換

フロントフェンダー取付けで完成する予定です。


XJR400納車整備二日目

新品のバッテリーが入荷してきたので

XJR400納車整備 (1)早速充電して取付け準備。

充電が完了するまでの間に

事務処理を済ませていると

充電完了になったので

XJR400納車整備 (2)バッテリーを交換。

安心のGSユアサバッテリーです。

交換して電圧をチェックし

イグニッションONで問題ありません。

XJR400納車整備 (3)ついでにブレーキフルードの交換。

フロントはそんなに汚れて無いけど

1年物っぽい感じなので

交換してしまいます。

XJR400納車整備 (4)これでフロントブレーキフルードは

新しくなりリセット完了です。

フルードは2年毎には交換しましょう。

次にリアブレーキフルードの交換。

XJR400納車整備 (5)ウッヒャーwこれは熟成されているので

4年物っぽい感じですね。

フルードは好水性なので

2年を目安に交換して下さい。

XJR400納車整備 (6)じゃないと後々マスターやキャリパーを

O/Hしないといけなくなり

余計な費用が掛かりますからね。

これでXJR400は後コックの

ガソリン漏れ修理だけになりました。

peke_cb400f at 15:30|PermalinkComments(0)

2019年01月26日

明日は早仕舞い2

明日1月27日は嫁が朝から東海方面へ遊びに行くので
レオとちゃPにご飯を上げないといけない事もあり
明日の営業時間は18時までになります。
明後日は今年最初の癌治療(瀉血)の為
臨時休業になる予定です。


DS250部品交換メンテナンス

作業をする予定が今日しか無い事もあり

DS250部品交換191026 (1)今朝は朝一からDS250が

入庫してきました。

天気予報では今年最大の寒波らしいけど

幸いな事に雨も雪も降ってなかった。

DS250部品交換191026 (2)で、早速キャブのインシュレーター

交換作業に取掛かります。

タンクを外すのにシートを全部

外さないといけないと言う

DS250部品交換191026 (3)メンテナンス性の悪さに少し

イラっとしながらインシュレーターを

何とか取外しました。

左が古い方でもう限界ですね。

DS250部品交換191026 (4)Oリングなども新しくして

インシュレーター取付け完了です。

これで一番面倒な作業が終わったので

後はサクサクッとやっつけようと思って

DS250部品交換191026 (5)クラッチホルダーとレバーを取外したら

アジャスティングボルトにも

ダメージがあって、ワイヤーもダメだった…

ここの部品は注文してなかったわ…

DS250部品交換191026 (6)取合えずホルダーとレバーを

新品に交換してから

オーナーに連絡して今日の納車は

部品が不足しているので無理だと伝え

DS250部品交換191026 (7)急いで不足部品を発注して

ドライブチェーンの交換をしようと

準備をしていたら、急に猛吹雪になり

大急ぎでバイクを店内に戻したけど

DS250部品交換191026 (8)暫くすると雪も止んだので

作業を再開しようとしている所へ

自由人君がご来店し、部品の注文。

少し僕の時間を取られました。

DS250部品交換191026 (9)で、再度作業を再開しようと

純正のドライブチェーンを見ると…

生意気にエンドレスチェーンだった。

もう、手間しか掛からないバイクだわ。

DS250部品交換191026 (10)とことんメンテナンス性の悪い

DS250を分解しまくって

やっとドライブチェーンの

交換が完了しましたが、スプロケもダメだわ。

DS250部品交換191026 (11)今度から純正ドライブチェーンは

絶対に発注しないと心に決め

ピンタイプのドライブチェーンを

発注する事にします。

取合えずクラッチワイヤーを交換するので、今日はここまで。

久々のピノミッキーマーク一息付こうと思いおやつに

ピノを頂いた所、苦労した僕に

ミッキーマークのご褒美!

久々に出ましたw


22号機高槻S号炎上緊急入庫

予定では今日からエンジン腰上O/Hで入庫となる22号機が

22号機高槻S号緊急入庫 (1)CPへ来る道中、左サイドカバーから

火が出て停車し消化すると言う

一つ間違えれば全焼になっていたかも

知れないトラブルです。

22号機高槻S号緊急入庫 (2)で、緊急搬送での入庫となりました。

出火原因はレギュレートレクチファイアー

販売当時トラブルが割と多かった

タイプの物が取付けられていたのかも…

22号機高槻S号緊急入庫 (3)火はメインハーネスまで燃やしており

腰上O/Hだけの予定が

メインハーネスも交換する事になりました。

でも全焼は免れ、不幸中の幸いだったのかも…


CP店舗補修工事予定

台風の影響でお店の屋根にダメージが入り雨漏りがするので

強風でブルーシートが!ブルーシートで養生をしていますが

今日の強風に煽られ飛んで行きそうな

勢いなので、管理会社に電話した。

一応の処置はして貰ったので一安心。

そしてどうやら予定では来月の中頃にやっと

屋根の修理に取掛かれそうだと言う事になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月19日

三連休だけどお仕事3

ユニクロのヒートテックを着だしてから
ここ最近3割ぐらいの確率で
シャツを前後反対に着てしまう事が増えだした…
パンツを逆に履き出したらもう
介護が必要になるんじゃないかと思っています。


1月15日

以前から予定していたのですが、15日閉店間際に関東から

小室号納車とお預かり (2)小室 旭選手がフォアを積んでご来店。

プチカスタムと諸々の仕様変更で

ご相談を頂いておりました。

ボチボチと作業を進めて行く予定です。

小室号納車とお預かり (1)ついでにお預かりしていた車両を

お引取りされて行かれました。

トライアル車両で体幹トレーニングしたり

山で遊んだりするのかなぁと。

小室選手2018年お疲れ会 (3)その日は大阪泊だったので

嫁と三人で食事へ向かいました。

今年は年パスを頂いていたのに

一度も観戦、応援に行けなくて残念だった。

小室選手2018年お疲れ会 (4)年寄りの胃には若干もたれそうな

分厚いお肉を堪能して頂き

2019年もご活躍を楽しみにと

話も弾みました。


1月16日、17日

午前中は店で事務処理を済ませ、午後から東京出張へ

東京出張 (1)嫁が作ってくれたパラノイアの

ロゴ入りスイカw

何でも作れるんだなぁと関心。

使い方はよく分かりませんが…

東京出張 (2)取合えずのぞみに10年以上ぶりに乗車。

朝から何も食べて無かったので

サンドイッチとビールを買って

御上りさん状態です。

東京出張 (3)ホテルにチェックインして直ぐに

東京の友人と新橋で待ち合わせ。

初めてのSL広場へ到着。

ポケモン族達が沢山いた。

新橋で仕事の話をしながら生ビールを4杯と焼酎を皆で3.4本呑んで

東京出張 (4)翌日、ちゃんと仕事を済ませて

また新幹線で帰阪。

帰りもお決まりのお弁当とビール。

久々の新幹線に乗り疲れましたが

人の多さにも疲れました。


1月18日

昨日は午後から近畿運輸局、寝屋川の陸運事務所へ。

国交省近畿運輸局研修 (1)今後の事業の役に立つと思い

研修へ行ってきました。

研修時間は3時間…

お経のような研修内容で

国交省近畿運輸局研修 (2)睡魔と闘いながら、無事に研修を終えて

研修終了証明書を貰いましたが

二輪に関する項目が少なかったのが

何気に不満と言っちゃぁ不満だった。


ハイエースタイヤ交換

弟の身体がやっと空いたので、強制労働の為呼び出し。

190119ハイエーススタッドレスへタイヤ交換今回はハイエースのタイヤ交換です。

暖冬だと言え、日本海側や関東は

雪や凍結しているので

関西と言えども心配なので

念のためスタッドレスに変更してもらいました。

嫁の車ポジションLED化190119ついでに嫁の車のヘッドランプも

LED化したのですが

ホグランプの調子が悪く

これもついでに強制労働で

LED化させれれているらしい。


モンキーZ50Zメインハーネス交換

走行中に原因不明のエンジンストールをすると言う事から始まり

キャブをO/Hして点火時期を調整したのですが

Z50Zメインハーネス交換 (1)一向に改善しなかったので

原因を調査した結果

メインハーネスの劣化による

断線が原因だった事がわかり

Z50Zメインハーネス交換 (2)リプロのメインハーネスと

交換する事になり

オーナーと相談して

多分使えるであろうとZ50A用の

Z50Zメインハーネス交換 (3)メインハーネスを取寄せたのですが

所々仕様が変更されていたりしているので

色々と変更しないといけない場所があり

ちょっとした作業が必要になる。

Z50Zメインハーネス交換 (4)仮に新しい配線を接続して

問題ないかをチェックした所

配線の位置などが微妙に違うので

ハーネステープを剥がして

Z50Zメインハーネス交換 (5)位置を変更したりして

配線の長さを調整し

問題なく交換出来る事を

確認した上で交換作業に取掛かり

Z50Zメインハーネス交換 (6)サクサクッと交換が完了。

エンジンを始動させて

保安部品の灯火チェックをし

これで全てOK!

Z50Zメインハーネス交換 (7)エンジンストールする事も無くなり

これでメインハーネス交換作業は

完了しました。

明日は天気が悪くなりそうなので

エンジンのウエットブラスト作業に集中出来そうです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年01月12日

減らないPIT3

予約作業のCB1300は無事に納車が出来ましたが
仕方が無いのですが、予定外の事故入庫が多く
事故処理の見積りを保険屋からせかされてます…
PITは常に満タン状態な上に今日の天気…
僕の導線だけは何とか確保出来ているぐらいです。
姫のエンジンは分解したままで
全く何も進んでいません…
来週は定休日の16日から18日まで臨時休業になります。


フィレ肉と赤ワイン対戦

昨晩は牛フィレ肉だったので 、仕方なく赤ワインと対決。

赤ワインと対戦 (1)我が家では肉はサーロインよりも

脂の少ないフィレにしています。

肉を頂くんだったらやっぱり

赤ワインですよね。

赤ワインと対戦 (2)で、アルコールを摂取する時は

白ご飯を食べないようにしていますが

昨日は鏡割りだったので

食後には御汁粉を頂いたので

結果炭水化物を摂取してしまったと言う罠。


GTH号納車メンテナンス

ブレーキが若干引き摺り気味なのと、効かない事もあり

アゲインのブレンボキットに変更する事になりましたが…

190112のPIT状況天候が怪しいので作業スペースは

最小限にして、雨が降る前に

作業を終わらせようと思ってます。

多分今日クロスカブと、アドレスは

GHT号フロントブレーキ強化 (1)引取りに来てくれると思うのですが…

取合えずGTH号納車に向けて

フロントブレーキを強化。

お馴染みのアゲインブレンボキットです。

GHT号フロントブレーキ強化 (2)年末のセールの時に購入して

今日やっと取付けとなりました。

ディスク板、交換完了。

取外した純正キャリパー等は

GHT号フロントブレーキ強化 (3)奥さんが乗るCB250へ移植するとの事。

これでフロントブレーキキットの

交換が完了しました。

今日引取りに来れるか聞いてみよう!

GHT号フロントブレーキ強化 (4)車検に合わせての作業だったので

ブレーキフルードも勿論交換。

次の計画はバックステップへ

変更する事を考えているらしいです。

GHT号フロントブレーキ強化 (5)継続車検も終わっているので

明日定休日ですが納車となりました。

僕は不在なので、嫁が対応します。

明後日は14日、15日は通常営業です。


アドレスV125G納車、Z50Z入庫…

大仏君が気を使ってくれて、圧迫されているPITからアドレスを

持って帰ってくれたのですが

Z50Z再び入庫その代わりにまたZ50Zが入庫してきた。

軽くチェックしたけどキャブも問題無く

プラグにも問題は無いけど

エンジンが掛からず

直ぐにカブってしまうので、アドレスの変わりにZ50Zが入ってきた。


CP1号レーサー用フロント

ディスクのオフセットの計算ミスから

CP1号レーサー35Φステム変更 (1)結果CB750FBのステムに

変更してみました。

ステムの長さが長いので

加工が必要になりますが

CP1号レーサー35Φステム変更 (2)肝心なのはブレーキディスクの

オフセットがバッチリになりました。

後はカラーとフェンダーステーの

製作とサムブレーキのカラーなどが出来れば

レーサーと組替えて、鈴鹿でテストしてみます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年01月11日

新元号大胆予測!3

4月1日に発表される新元号の予測なんて無理だろうから
アルファベットの略なら26文字なので
ある程度は絞り込めると思い、昨晩から悩んでました。
日本政府が発足してから、明治:M、大正:T、昭和:S、平成:H
の四文字を省けば22文字で、今までの傾向から
濁音などは無いだろうからB,D,G,J,P,Q,V,Zの7文字も省いて
見間違いや書き間違いやすいアルファベットC,E,F,I,O,R,W,Xも
省けば残り6文字のA,K,L,N,U,Yとなり
Lは小文字で書くと「l」になり「Iアイ」と紛らわしいので
残り5文字A,K,N,U,Y「a,k,n,u,y」
ここから個人的に間違えそうなイメージがあるN,U,Yを取って
AかKとなると、新元号になる漢字の組合せも読めそうな気がしてきた。


米、麦の異酒格闘

お年賀で、和歌山のお土産で貰った日本酒と焼酎の

米と麦の異酒格闘190110 (1)異酒格闘戦を昨晩対戦。

まずは日本酒から対戦開始!

丁度我が家のコップ一杯サイズなので

クイっと呑んでサクッと退治。

米と麦の異酒格闘190110 (2)中々呑みやすい「紀伊国屋文左衛門」

食前酒には丁度良い感じでした。

軽く米を退治したので続いては

麦と対戦、第二ラウンドは焼酎なので

米と麦の異酒格闘190110 (3)最近ロックは止めているので

炭酸割りで対戦、これもサクッと退治。

良い感じのほろ酔い気分で

ちゃPにちょっかいを出して、嫁に叱られました。


BIG-1ラジエター取付け

昨年11月末に修理依頼を受けたBIG-1のラジエター修理が終わったので

BIG−1 CB1300ラジエター修理取付け (1)取付け作業をする為に

朝一に引取りに行きPIT IN

車両が大きいので今日中に

持って帰って頂くので、サクサクと作業に!

BIG−1 CB1300ラジエター修理取付け (2)ラジエターの取付けが完了し

不凍液を入れてエアー抜きをするのに

エンジンを掛けたら

サーモスタットが入っていないのか?

壊れているのか不凍液が飛び出してびしょ濡れw

BIG−1 CB1300ラジエター修理取付け (3)そんな事もありながら

何とかラジエターの復旧作業は完了。

よそでカスタムされた車両って

分からない事だらけですね。


アドレスV125G

後輩の大仏君から依頼されていたスクーターV125Gが入荷。

大仏君のアドレスV125G入荷このバイク製造年はもう古いのに

何故か人気があり、状態が良ければ

結構なお値段になります。

僕が以前買った時よりも高いやないか!

東京へ帰った奴に安く売るんじゃなかったわ!


銀ちゃん街乗り号公認改造

年々車検が厳しくなって来るので、公認改造が取れる内にと

銀ちゃん街乗り号公認改造車検 (1)銀ちゃん街乗り号もリアブレーキの

公認改造を取りました。

これで今後からコソコソせずに

堂々と継続車検を受ける事が出来ます。

銀ちゃん街乗り号公認改造車検 (2)で、例年の事ですがヘッドライト

色が青だった事を忘れていて

毎回面倒だわ…。

銀ちゃんに言って普通のタイプに

銀ちゃん街乗り号公認改造車検 (3)変更してもらう事にします。

ブレーキ改造公認改造車検証。

これからは本当に公認改造が取れる内に

ちゃんと取って置いた方が、絶対良いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年12月23日

枚方が好きやんツーリング部3

昨日はアゲインRCの暴年会があったのですが
色々と用事があり参加出来ませんでした。
まぁ例年の如く酷い事になっていたとは思いますが・・・
朝から用事もあり、宿泊も出来ないので
参加は諦めました。


三重の地酒純米大吟醸「作」と第二ラウンド

一昨晩は同じ「作」の純米吟醸と対戦し軽く倒して

三重の地酒「作」純米大吟醸と対戦 (1)昨晩は純米大吟醸の「作」と第二ラウンド。

これは一昨晩呑んだ「作」と違い

更に上を行くフルーツジュースのような味

激しく美味しかったと言うのは言うまでも無い。

三重の地酒「作」純米大吟醸と対戦 (2)余りにも美味しいお酒だったので

直ぐに無くなってしまった。

女性にもお勧めな日本酒だと思います。

こんな呑み方をして申し訳ないぐらいです。


枚方が好きやんツーリング部公式ツーリング

年末で少々忙しく、納車待ちの車両もあるので

ひら好きバイク部2018年12月度公式ツーリング (1)今回は参加出来ませんでしたが

せっかく1号機も復活したので

お見送りだけ参加してきました。

まだ路面は濡れてましたが

ひら好きバイク部2018年12月度公式ツーリング (2)天気は回復傾向なので

2018年最後の枚好きバイク部

公式ツーリングを安全に楽しんで

きて下さい。


奇跡の国内408タイヤ交換

多分今日やってしまわないと、作業をする時間が無いと思い

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (1)空の様子を見ながら

タイヤ交換をする為

PITから他の車両を出して

まずはフロントから作業開始。

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (2)タイヤはほぼ新品の状態でしたが

2003年の37週目でした。

今から15年前のタイヤです。

流石にこれは怖いですね。

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (3)ホイールからタイヤ、チューブ

リムバンドを取外すと

40年以上前のリムには錆び一つ無く

激しく状態の良いリムです。

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (4)正にラインオフ、新車の状態でした。

これは凄い!こんな状態のホイールを

今まで見た事がありません。

取合えずフロントは3インチに交換完了。

奇跡の国内408タイヤ交換リア (1)次にリアホイールに取掛かります。

当然ながらハブも状態が良い。

スプロケットも磨耗しておらず

正にお宝車両ですね。

奇跡の国内408タイヤ交換リア (2)タイヤは同じく2003年の36週目

これもほぼ新品ですが

やはりこれだけ古いと怖いですね。

タイヤサイズも4インチになってます。

奇跡の国内408タイヤ交換リア (3)これもタイヤ、チューブ、リムバンドを

外すと、同じ様に錆び一つ無い

激しく良い状態でした。

まぁ後はリムなど、光物を磨けば

奇跡の国内408タイヤ交換リア (4)見た目ももっと良くなると思います。

ホコリなど少しは拭き取りましたが

クロームメッキはどうしても

ピンホール的な錆の元が出るので

奇跡の国内408試運転今の内に磨いていた方が良いでしょう。

取合えず試運転をしてみましたが

とても快調で楽しく走れました。

今回良い車両を触らせて頂きました。


本日のご来店

以前エストレイアのシリンダーヘッドのバルブの件で

181223本日のご来店 (1)ご来店されたK様が

出来上がったエストレイアでご来店。

エンジンは異音も無く

とても良い状態で仕上がってます。

181223本日のご来店 (2)で、今回は取外し交換した

シリンダーヘッドを予備部品として

保管して置くとの事でご来店。

バルブの摺り合わせにだしますが

181223本日のご来店 (3)その前に汚れが酷いので

サービスで軽くウエットブラストで

仕上げてみる事にしようと思い

ブラストをしてみました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月16日

本日は半休です2

【半休のお知らせ】
本日は諸般の都合により
午後から半休とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


GTH号オイル交換

午前中の作業でご予約を頂いていた、京都GTH号のオイル交換作業など

京都GTH号オイル交換と点火系修理 (1)来年年明け直ぐに継続車検の為

入庫の打合せも済ませつつオイル交換。

フロントブレーキもアゲインの

ブレンボキットに変更する事になりました。

京都GTH号オイル交換と点火系修理 (2)以前からの持病で点火系の不具合があったので

仮のポイントを付けていたのですが

コンデンサーを新品に交換してみた物の

結果接点が悪かった事が判明したので交換。

京都GTH号オイル交換と点火系修理 (3)調子が良くなったので一安心です。

電装系は思っても居ない所が

原因だったりするので

その原因を探すのが大変です。


tanji号不動車コーナーから作業スペースへ

本当なら今日tanji号のエンジンを搭載する予定でしたが

tanji号不動車コーナーからPITへ移動諸般の事情により午後から休業です。

でも天気の良い内にtanji号を

不動車コーナーからPITへ下ろしました。

これでエンジン搭載準備は完了です。


1号機2019年仕様

年末年始に1号機の復活作業をやる予定で準備を進めています。

1号機2019年仕様準備完了 (1)三代目号から取外したYSSリアサス

アッパーダンパーをゴムから

ジュラコンに交換しました。

これで動きも良くなります。

1号機2019年仕様準備完了 (2)アッパーケースのボーリングも終わり

内燃機屋さんから戻ってきました。

少し洗浄してから、時間がある時に

仕上げる事にします。

1号機2019年仕様準備完了 (3)新しいエンジンは510ccから

515ccに更にボアアップしますが

ピストンはローコンプになる為

燃焼室はハート型に加工した物を使います。

ピストンピンも13Φから14Φに変更するので

もう壊れないと思います・・・多分・・・

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(0)

2018年12月08日

NGK杯サンデーロードレース3

鈴鹿サーキットで開催されているNGKスパークプラグ杯
サンデーロードレース最終戦のナショナルJSB1000の
本日の予選に、我らがちんねん師匠こと
R1に乗る#52田中選手が出場しているので
FBのライブ配信で見ており、全然仕事をする気がしなく
現場に居るメカニックの小まっちゃんに調子を聞いた所
「あいつ全然タイム出てないから、あいつ呼ばわりで良いんです」って
言ってましたw
で、予選結果は20秒で11位と言う結果でした。
明日は決勝です。


奇跡の国内408キャブレターチェック2個目

昨日オーナーが別のキャブレターを持ってご来店されました。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (1)受取った時に軽く見たのですが

見た目はこちらの方が綺麗なので

こちらを使う事にしたのですが

奇跡の国内408のキャブレターの罠は

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (2)まだまだ続きそうな予感しかしません。

インナーパーツは社外品に

なっているんだろうと思います。

その証拠に空き箱が・・・

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (3)交換された残骸を見ると

JNも交換されているし

願わくばフロートチャンバーの

Oリングをエキガスで固定されていなければ・・・

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (4)本体も不足部品があり

チョークレーバーの部品がありません。

しかも硬球も無くなっており

結果全バラになるのに代わりが無いです。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (5)フロートチャンバーを外すと

ほぼ新品状態のフロートチャンバー

ですが、インナーパーツは中古品。

ボディの腐食が目立ちます。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (6)フロートチャンバーのOリングは

硬化しておりペッタンコに

潰れてしまっているので

かなりの時間の経過を感じさせます。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (7)インナーパーツは一部を除き

純正でしたが、Oリングは全滅です。

ニードルホルダーは社外品なので

恐らくニードルも社外品でしょう。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (8)ただ残念なのは本体で

ボディの腐食がかなり酷く

MJが入る所が4箇所とも溶けて

使い物になりそうにありませんでした。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (9)これならまだ腐っていたキャブの

ボディの方が状態が良いので

どっちを使うにしろ全バラは

確定なので、使途不明なインナーパーツや

不足部品などもある事から、良いとこ取りの二個一で

まともなキャブを一基仕上げた方が良いと思います。

まぁ手間はほぼほぼ同じなので、オーナーと相談する事にします。


高槻S号オイル交換

もうOFFシーズンに入ったと思っていたのですが

181208高槻S様22号機オイル、フィルター交換来週はタイヤとオイル交換の予約が入り

今日は高槻S号のオイル交換と

オイルフィルター交換のご依頼を

お電話でご予約を頂きました。

以前から点火系の調子が悪かったので

色々と原因を調べていたのですが、今日その原因が分かりました。

フルレストア後約10年近く放置していた事もあり

オイル上がりが原因では無いかと言う判断に至り

近々ピストンリング交換を予定する事になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月07日

年内何台完成、納車出来るか!3

2018年も1/4が終わろうとしているのですが
CPのPIT状況は全然変わっておらず
不動車コーナーに6台(内レーサー1台と委託車1台)
その中でエンジンO/H中、フルレストア予定などの車両が4台。
PITに8台(内作業リフトに1台で完成は2019年予定)
修理とメンテナンス中などが7台・・・(内1台が1号機)
完成間近が2台から3台で、入庫予定が5台?
結果、全然減らないと言う事かぁ・・・


京都H号継続車検

1台でも減らしたいので、手離れの良い車両を優先して仕上げます。

2018京都H号継続車検整備 (1)まずは京都H号の継続車検。

ほぼ整備は終わっており

後はオイルフィルターを交換するだけ

なのですが、当時物ヨシムラ後期なので

2018京都H号継続車検整備 (2)マフラーを取外さないと

オイルフィルターケースが取れない。

ケースを取外すと、おやまぁw

スプリングシートが不在でした。

2018京都H号継続車検整備 (3)何でだろうと思いつつ

スプリングシートを入れてオイル交換完了。

ブレーキフルードを交換して

そのまま継続車検へ行き

2018京都H号継続車検整備 (4)車検が完了したので

何時でも納車が出来ます。

これで1台PITから減ります。

オーナーと電話で相談した所

土曜日に引取り納車予定となりました。


三重U号事故復旧完了

継続車検とタンクのリペイントがタイミング良く終わり

三重U号ホタル復旧車検の為に取外したホタルを

現状復旧しました。

構造変更もご依頼でしたが

三重県の陸運事務所まで行かないと出来ないので

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (1)今回は見事にスルーして

継続車検を受けて通してきました。

ガソリンタンクのキャップチェックが

入荷してきたので早速取付けて

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (2)これで2台目が完成したので

PITのスペースが空く予定です。

後は引取り納車の予定を

オーナーと相談して決める事にします。

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (3)これでスペースが出来ると思うので

次の入庫予定の方と日程の

調整打合せをする事にします。

その前にtanji号のロッカーアームが

仕上がって来てくれると助かるんだけどね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月03日

CB550Four3

お客様のご都合に合わせて
なるべく早く入庫させて、作業に取掛かろうと
PITのやりくりをしているのですが
天気が悪くなるとそれも中々困難になり
車両を濡らす訳に行かないので前もって
作業をする車両の配置を考えているのですが
本当にどうにもならんわ・・・


CB550Four

京都のH様の継続車検で、納税証明書が無かったので夕方に持って来て頂いた。

京都H号CB550F増車CB400Fの車検が終わった後に

最近増車したCB550Fourの腰上O/Hも

予定しているので、このタイミングで

まずは車両の現状をチェック。

思ったよりも状態は良く、エンジンのメカノイズも少ない良い車両でした。

腰上をO/Hする予定でのご相談です。


奇跡の国内408車検整備

昨日ブレーキの不具合原因が判明し、それの修正途中で作業が終わったので

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (1)今日はその続きからです。

キャリパーは焼付け塗装をして

その他の部品は新品と既存の物を使います。

パットグリスは塗られて無かったので

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (2)グリスを塗って、割れていたパットAの

スペーサーを中古良品から取外しセット

車体にキャリパーを取付け。

キャリパーホルダーも調整。

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (3)ブレーキフルードを入れてエアー抜き。

これでフロントブレーキが

ちゃんと使えるようになりました。

何故ブレーキが間違った組まれ方に

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (4)なっていたかは分かりませんが

これで問題はありません。

念の為リークチェックもしておきます。

次にオイルとオイルフィルターの交換。

奇跡の408オイル交換 (1)エンジンオイルを抜いている間に

吸気系もチェックしておきます。

オイルの状態は綺麗な方ですが

少々乳化しているので交換がベストです。

奇跡の408オイル交換 (2)毎度おなじみ使い回された

ドレンボルトのクラッシュワッシャー

CPでは当然オイル交換毎に交換します。

ここまで潰れると取外すのに苦労しますw

奇跡の408オイル交換 (3)エアークリーナーの状態をチェックしようと

シートを開けて見ると、貴重な純正工具が

ちゃんと入っていました。

ツールトレイソリッドが無かったのは残念。

奇跡の408オイル交換 (4)で、エアークリーナーの状態はと言うとw

エアーリーナーケーススリッドも

不在だったけど、エアークリーナーの

フィルターが取外されていた。

奇跡の408オイル交換 (5)何かの理由があるのかな?

取合えずエレメントスプリングの

向きが間違っていたので

正規の向きに直しておきました。

奇跡の408オイル交換 (6)エンジンオイルを抜いて

オイルフィルターケースを取外すと

あら・・・スプリングの居場所が違います。

こうなると当然、スプリングシートも

奇跡の408オイル交換 (7)不在だろうなぁと見ると

案の定不在で、フィルターのゴムも

逆付けのスプリングでやられて

めくれ上がってました。

奇跡の408オイル交換 (8)で、新しいスプリングシートを入れて

これが正規の順番ですね。

最初にスプリング、スプリングシート

最後にオイルフィルターが入ります。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (1)次にバッテリーを取付けて

保安部品のチェックですが

割れたサイドカバーは別の物を用意して

塗り直しをする予定です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (2)バッテリー側のサイドカバーを取外すと

下の方が少々色が剥がれていました。

これをどうするかはオーナーと

相談してから決める事にします。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (3)充電が終わったバッテリーを取付け

多分ヘッドライトブースターと思われる

配線があったので、これも一緒に接続。

ツールボックスの中にあったIGC用は

何処から電源を取ってるのかなぁ?

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (4)で、取合えず保安部品をチェックする為

イグニッションON!

前後ブレーキ、ナンバー灯OK

ホーンOK、パッシングOK

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (5)ウインカー・・・NG

アース不良かと思ったけど

調べるとリレーが死に掛けていたので

リレーを交換する事になります。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (6)ちょうちんヘッドライトOK・・・

ハイビームもOKですが

このままだと光量不足なので

ヘッドライトを車検用に変更です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (7)その前にウインカーリレーの交換。

点滅しないので、コンパチを入れると

1回だけ点滅しますw

コンパチで直るかと思ったけど無理なので

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (8)リレーを交換しました。

純正リレーですが二極の物に

統合されているので

緑色のアース線は浮きます。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (9)これでウインカーは点滅するように

なったのですが、インジケーター側の

ランプが点灯してないやん・・・

玉切れの可能性が高いので

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (11)インジケーターカバーを取外して

球を交換したら

ちゃんと点灯点滅するようになった。

これでウインカー関係は完了です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (12)次にちょうちんヘッドライトを取外すと

やっぱりケースの中にヘッドライト用の

リレーが入っていたので

バッ直の配線をしなくて済みました。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (13)ちょうちんヘッドライトから

車検用H4シビエに変更が完了。

これで光量もアップするので

車検は大丈夫なはずです。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (14)ヘッドライトを点灯させると

少し分かり辛いですが

かなり明るくなってます。

これでエンジンを掛ければOKでしょう。

奇跡の国内408エンジン始動 (1)エンジンを点火する前にプラグのチェック

んー#4だけ汚れてない・・・

これは何かの罠かなぁ・・・

と思い念の為点火系をチェック。

奇跡の国内408エンジン始動 (2)社外品のコイルから#4の

シリコンコードを引っ張ってみると

簡単に抜けたけど

これは#4だけじゃなく構造上抜けるようだ・・・

プラグにも火花は飛ぶので火入れには問題はなさそうなので

エンジンオイルを入れて火入れの準備。

奇跡の国内408エンジン始動 (3)多分オーバーフローは

するだろうなぁと思いながら

ガソリンを流し込んで暫く見ていると

案の定オーバーフローしだしたのだが・・・

奇跡の国内408エンジン始動 (4)最初に出て来たガソリンの色は

緑色だったので、あかんやつやん・・・

キャブのガソリンは抜いてあった

との事でしたが、タンクコックにホースが

奇跡の国内408エンジン始動 (5)繋がっていたのでジワジワとガソリンが

キャブの中に滲み込んでしまい

フロートに溜まったガソリンが

腐ってしまっているに違いないでしょう。

#1.4からガソリンがジャージャー漏れ・・・

奇跡の国内408エンジン始動 (6)取合えずエンジンを掛けてみると

アイドリングもしないので

SJも詰まっていると思いますし

2気筒から3気筒しか火が入っていないので

恐らくMJも詰まっていると思います。

奇跡の国内408総括これでキャブレターは取外してO/Hが決定。

ゴム関係もかなり硬化しているので

触ると全部千切れてしまいます。

まぁ取合えず今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月02日

我愛すべき変態的思考者達3

この世に生まれてまだ4ヶ月も経たない孫が
寝返りをするようになり
その動画を息子が送って来てくれた。
よく笑うしこの調子ならハイハイも
立ち上がり歩くのもかなりのハイペースになる勢い?
やっぱ我家の孫が一番だわw


奇跡の国内408メンテナンス

明日から天気が崩れてくるらしいので

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (1)早速車検整備メンテナンスに取掛かります。

まずは新品のバッテリーを充電しながら

作業に取掛かりますが

奇跡の国内408と言えど結果的に

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (2)長期不動車両な訳ですから

動き出すと、不具合は必ず出ると思います。

まぁ最低でも腰上はO/Hした方が

良いのですが、兎に角動く様にする方を

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (3)優先に作業を進めて行きます。

ブレーキは固着している訳でもなく

エアーが噛んでいるだけなのかも

知れないのですが

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (4)ブレーキマスターの動きが悪く

握ると中々戻って来ないので

マスターシリンダーの

インナーは交換した方が良いでしょう。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (5)ブレーキレバーを握ると

ここからゆっくりと戻っては来るのですが

全然ピストンを押している感触が無い。

キャリパーもフルード漏れの後があるので

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (6)当然ですがキャリパー側もO/Hをします。

塗装が剥がれているので

リペイントもした方が良いかなぁ

と考えているよりもまず分解。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (7)で、取外して分解すると

固着こそしていませんでしたが

固着寸前な状態で、フルードの結晶が

結構出てました。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (8)ピストンは所々虫食い状態なので

シールと一式交換する事にします。

実はこのピストン、キャリパーの中に

逆向きに入っていたのです・・・

虫食いがあり、何かの意図があって逆に入れたのかな・・・

それにしても・・・って感じです。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (9)キャリパー本体も塗装が

フルードに犯されており

汚れを拭き取っただけで

こんなになってしまったので塗装します。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (11)ブレーキマスターも取外すと

フルードの結晶が結構出ており

インナーパーツは交換する事にします。

一応全部の部品は在庫しているので

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (12)早速マスターシリンダーを

分解してみると・・・なんとまぁ

インナーパーツのプライマリーキャップが

不在だった・・・それでブレーキの動きが

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (13)変だった事が理解できた。

新しいインナーパーツに交換して

ブレーキマスターのO/Hが完了。

後はキャリパーのリペイントだけです。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (14)O/Hしたブレーキマスターを取付け

レバーダンパーゴムも朽ちていたので

新しい物に交換しました。

取合えず今日はここまでかな。


キャブレター再メッキ依頼の不足部品

キャブレター部品再メッキの件でオーナーに連絡して

キャブレター部品再メッキ依頼不足部品 (1)色々とお話をさせて頂き

車両のレストアに付いての方向性など

色々とお聞きして、共感出来る所も多く

最初から付属していなかった部品ですが

キャブレター部品再メッキ依頼不足部品 (2)今回無償提供する事にしました。

こんな所のワッシャーですが

拘らない方には理解出来ないと思います。

でもここにこのワッシャーがあるのが本当なら

あるべき部品だと言う事が、変態的思考の方なら分かると思い

変態的思考を共有し、共感出来たのが少し嬉しかったw


本日の入庫

継続車検で、ご予約を頂いていた京都H様の車両が入庫。

京都H号継続車検入庫書類関係をチェックしたら

納税証明書が無かったので

今日中にまた改めてご来店となりました。

京都H様の車両の継続車検は

CPでは今回で2回目の継続車検になります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年11月27日

シャッター修理発注3

台風21号被害で破損したシャッターの保険が下りたので
早速シャッター修理工事を発注。
修理代金などが100%が保険から支払われる事になり一安心。
でも、修理に取掛かれるのは、早くて来年2月頃になるらしいけど
急なキャンセルや空きがあれば
予定より早めに取掛かれるかも知れないらしい。
もう来年は台風は勘弁して欲しい。


バイク海苔弁

毎日のお昼ご飯はおにぎりだったのですが

お昼はバイク海苔弁少し飽きてきたので、お弁当にして貰った。

去年鈴鹿サーキットで買った

バイク海苔弁当の容器に

おにぎりと、おかずを入れて貰ってます。

明日は定休日なので、久々にゆっくりしていようかと

思っていたのですが、急な仕事が入ったので代わりに今日ゆっくりしてます。

と言うか、やる事はあるけど、部品が無いので何も出来ない・・・


CB400とZ1000Mk

昨晩は割りと暖かかったので、久し振りにバイクで帰宅。

Z1000Mk兇魯ラッチワイヤーを交換しないとやばいので

久し振りに14号機に乗り走りましたが

14号機ステダン調整 (1)ハンドリングに違和感があったので

ステアリングダンパーの調節が

悪いんじゃないかと思い、今朝店に到着後

直ぐに、ステダンの取付けをチェックしてみた。

フロントフォークに対して、ステダンは直角90度で

14号機ステダン調整 (2)取付けられていたのですが

補助に取付けたステーとの角度が

悪い感じだったので、取外して調整。

これで抵抗が無くなったので良くなった。

久し振りにノーマルエンジンを乗ったけど

今更ながら低速での取回しが悪いので

せめてクロスミッションにすれば良かったと思った。

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (1)やる事がないのでついでに

Z1000Mk兇離瓠璽拭璽丱奪ライトを

LED化する事にしました。

実際、夜走る事も少ないのですが

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (2)ヘッドライト以外全てをLED化したいので

電球からLED球に交換して

点灯チェック!結構明るいねw

消費電量力も減る分、H4ヘッドライトに

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (3)全ての電力を注ぎます。

タコメーター側が意外と取付けに

苦労しましたが、こんな時にしか出来ないし

やる気がある時にやっておかないと

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (5)ずっと後回しになっちゃうからねぇ。

メーターを取付けて明るさをチェック!

良いんじゃないでしょうか。

これでヘッドライト以外の灯火保安部品系は

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (6)全てLED化となりました。

スピードメーター側の電球は

1個切れてましたが、今度はLEDなので

こんな事には成り難いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月23日

枚方駅前交番警察24時3

日曜日は呑み過ぎてしまい
二日酔いでな無いけど、呑み疲れで胃が痛くて
一日中嫌な脂汗が出ていました。
例年の如く11月から忘年会が始まるので
呑み過ぎには注意します。


第二回公式枚好きバイク部ツーリング

21日の日曜日は、臨時休業をいただいて顧問をさせて頂いている

枚方市民のコミュニティ「枚方が好きやん ツーリング部」の

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (1)第二回公式ツーリングに参加してきました。

正直、普段のツーリングと違い

枚方市民の目があるので

コンプライアンス重視のツーリングです。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (2)遅めの集合からの出発前に

しっかりとミーティングして

下見ツーリングで以前から

気になっていた噂のラーメン屋さんへ。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (3)ここは意外と隠れた名店

まさに「噂のラーメン」でした。

お昼近くになると次々にライダー達や

旧車、スーパーカーに乗ったお客が

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (4)次々にご来店となり

あっという間に満席になってました。

以前から気にはなっていたのですが

近過ぎるので、するーしてましたが

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (5)ここはここで美味しいラーメンだった。

僕はスタンダードラーメンを発注。

デリシャスラーメンなど

色々な種類がありました。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (8)お腹も満たされた所で軽く走り

和スイーツの「叶匠寿庵」へ

古民家を移設した案内所へより

ちょっと休憩。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (9)中は広い空間になっており

ゆったりと休憩が出来るスペース。





枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (10)ここで無料のお茶とお茶菓子を頂き

血糖値を上昇させます。

観光地でもあるので

女性の方が多かったねぇ

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (11)梅ソフトクリームもあったので

味見をしてみました。

このソフトクリームは

本当に梅ですw

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (12)映画「極道の妻達」の撮影現場でもあり

かたせ梨乃がここで

映画撮影していたのも有名な話です。



枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (13)入り口には水鏡があります。

嫁のお土産も購入して

次のポイントまで向かうのですが

一台充電系の不具合があり

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (18)途中リタイアしたのですが

リタイア後直ぐに止まったとの事だったので

予定を変更して冷やかしレスキューへ

向かう事になりました。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (19)すると連鎖的にもう一台

充電系の不良が発生し

どうなるのかと思いましたが

何とかなりそうな感じだった。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (22)発電不良の車両は無事に

レッカー移動となりここでリタイヤ

他に3台用事の為リタイヤで

出発じが12台だったのですが

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (23)最終的には8台となってました。

不具合の遭ったもう一台は

押し掛けで無事に始動したので

予定を変更してコスモス畑へ向かう事に。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (26)時期的には少し遅かったのですが

穂谷にあるコスモス畑に

初めてきました。

中々インスタ映えする所です。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (27)Z1000Mk兇肇灰好皀

コスモスの本数が減っていたので

ちょっと残念でだったのですが

はげ散らかしている所を隠して撮影。

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (29)弟のCB400Fもコスモスを背景に一枚

映えてる?生えてるw

で予定はさらに変更になり

ここで解散となって反省会をする事になり

枚好きツーリング部第二回公式ツーリング (32)枚方市駅にある「夢屋」さんへ集合。

生ビール3杯とレモンチュウハイ

「通天閣」なる物など鱈腹呑んでしまい

そのまま久しぶりに何時もの駅前交番へ向い

枚方市駅駅前交番24時、職質を強要する男 (1)派出所のお巡りさんにご挨拶してから

パトカーを撮影していたら

若い警察官が飛び出てきて

ぐずり出すので

枚方市駅駅前交番24時、職質を強要する男 (4)色々とお話をして

今まで職務質問をされた事が無いので

職務質問をしてくれと頼んだけど

丁重にお断りされ、最後は謝ってきた・・・


出張

昨日は呑み疲れた身体で名古屋へ出張しておりました。

ベホリ街乗り号メンテナンス&パワーチェック (1)そこへタイミングよく

今週末に裏合同ツーリングで

木曽へ向かうベホリがアニーズに来るので

車両のチェックと調整をするついでに

ベホリ街乗り号メンテナンス&パワーチェック (2)パワーチェックもする事になりました。

国内408ccカタログデーター上は37Ps

ノーマルエンジンでノーマルキャブ

マフラーは当時ものヨシムラ機械曲げで

後輪出力35Psとまずまずでした。

大体カタログデーターよりは0.85低いのですが

中々調子が宜しいようでした。

ハイエースヘッドライト黄ばみ取り (1)そんな事をしていたら

アニーズのお客さんが

趣味でお高いバフの機械を購入されて

寺田社長の車のヘッドライトを

ハイエースヘッドライト黄ばみ取り (2)磨くついでに、CP営業車3号機の

ヘッドライトも磨いてくれました。

僕はてっきり本職の方かと

思っていたのですが

ハイエースヘッドライト黄ばみ取り (3)あくまでも趣味で

ダブルアクションのバフ掛け機で

磨き上げて頂き、黄ばんでいたヘッドライトは

見事に蘇りました!

帰りは多分僕の前を走る車は眩しかったと思いますw

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2018年10月18日

シャッター補強工事3

自由人君の事故の件で相手側保険会社
J社本体は何時も誰も出てこずにアジャスター任せです。
まぁ素人が保険会社をやっているような所ですから・・・
で、ネゴだけはしてくるのですが
それもアジャスター任せで僕に言って来るのですが
それは事故当事者本人との話じゃないの?
こっちに言われても、ただ本人に伝えるだけなのにねぇ・・・
地震、台風などで保険金の支払を渋る所もあり
特に外資系やSジャパンに加入している人は可愛そうです。
安かろう悪かろうで加入者が泣きを見始めているので
やばい保険会社もあるとの噂もあります。
やはり国内の大手三社が一番です。


 枚好きバイク部下見ツーリング

21日に開催される枚方市のコミュニティ「枚方が好きやん バイク部」の

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (2)下見ツーリングへ、部長代行と

125ccのスクーターに乗ったY嬢を

引き連れて行ってきました。

10:30過ぎに出発した物の

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (4)どれだけゆっくり走っても

昼食を食べる所に到着したのは

11時過ぎ・・・近過ぎじゃね?

しかも開いてないし・・・

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (5)看板に書かれている事を読むと

11月19日までは平日休み?狩りなの?

ラスカル鍋?アライグマ?子犬分譲?建売?

初代300円?二代目450円?謎だらけでした。

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (6)仕方がないので昼食場所を別の所にと

考えながら、次のポイント

叶 匠寿庵へ向かったのですが

生憎水曜日は定休日だった・・・

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (7)仕方がないので本コースに戻りR422へ

ここは走りやすい道なのでフリー走行も

可能ですし、景色を楽しみ走るも良し。

R307との合流地点で狂い咲き組みは待機。

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (8)その先にあるセブンイレブンで

小休止した後に

R5を紅葉を楽しみながら走るも良し

狂い咲き組みはかっ飛んでも良し・・・

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (9)だがしかし・・・紅葉してないし・・・

台風で散らばった枯葉が道路に端に

あるだけだった・・・w



枚好きバイク部下見ツーリング181017 (10)何なら紅葉所か、針葉樹だしw

結果、初秋を堪能して走って下さい。

田んぼの稲刈りは殆ど終わっていました。

で、まだ昼食を取ってないので

「俺らー」を目指すも14時を回っており閉店ガラガラ。

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (11)仕方なく気になるラーメン屋さん

自称「噂のラーメン」の看板に

誘われて駐車場に入ると



枚好きバイク部下見ツーリング181017 (12)ここもお休みだった・・・

仕方がないので少し戻って

天下一品へ行ったけど定休日・・・

別にラーメンじゃなくても良いんだけど

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (13)もう口がラーメンの口になっているので

京田辺まで戻って「きたろう」へ

来たけど到着したのが2:40分で

2:30で閉店していたお店を

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (15)無理やりこじ開けて入店させてもらった。

で、僕は10月からの冬季限定

塩ちゃんぽんを発注。

初めての方はイベリコラーメンがお勧め。

きたろう店主食べた後にご飯を入れると

リゾット風になり

もうラーメンじゃありませんw

お店の店主の方のイメージは

まさにこの感じです。

水も美味しいので、是非飲んで下さい。

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (14)お店の裏には妖怪ポストの

残骸らしき物もあり

きっと鬼太郎の関係者に間違いないと思います。

ラーメンに妖怪テイストが入っているかも・・・

枚好きバイク部下見ツーリング181017 (16)コース的には100キロコースでしたが

寄り道しまくったので結果130キロを走行。

お山は少し肌寒いので

それなりの装備で走りましょう。


ウルフ号メンテナンス

ご予約を頂いていた高槻ウルフ号のフロントタイヤ交換とメンテナンスで

ウルフ号フロントタイヤ交換 (1)朝一に入庫されてきました。

CPで購入されてから約1年が経ち

仕事が忙しく中々乗れないとの事ですが



ウルフ号フロントタイヤ交換 (2)フロントタイヤはかなり減ってます。

この少ないシーズンを安全に楽しむ為

タイヤ交換とオイル交換のご依頼。

サクサクっとフロントホイールを取外し

ウルフ号フロントタイヤ交換 (3)サクサクっと交換完了。

ブレーキもまだ大丈夫です。

これでフロントタイヤの交換と

諸々のチェックは完了。

ウルフ号フロントタイヤ交換 (4)次にオイル交換。

真っ黒なのはそれだけ汚れを

取っているので良い事です。

少しオイル漏れが合ったのでチェック。

ウルフ号フロントタイヤ交換 (5)恐らくシフトシャフトの

オイルシールか漏れていると思い開けると

CP製オイルシールホルダーが入っていたので

最悪な事にはならなかった感じです。

ウルフ号フロントタイヤ交換 (6)オイルシールを引っ張ると

簡単に抜けたので、新品に交換して

様子を見てもらう事になりました。

で、そのまま少し走りに行かれました。


三重U号事故復旧作業再開二日目

今日中にフロントフォークを仕上げるつもりだったのですが

三重U号アウターケースバフ掛け (1)自由人君の事故の件で

時間を取られてしまいました。

で、アウターケースのバフ掛けだけでも

済ませようと作業開始。

三重U号アウターケースバフ掛け (2)取合えず荒仕上げが完了。

やはり少し深い傷は残りますねぇ・・・

仕方がないのですがこれで

仕上げのバフを当てる事にします。

三重U号アウターケースバフ掛け (3)これでバフは完了しました。

シャッター補強工事も始まったので

今日はここまでで終了。

組立ては明日にする事になりました。


シャッター補強工事

台風21号の影響で壊れたシャッターの修理が当分出来ないので

シャッター補強工事181018 (1)防犯対策を含め、シャッターの

補強工事をお願いしていたのですが

その工事に今日取掛かってもらってます。

補強の詳細は防犯上の都合から

シャッター補強工事181018 (4)掲載はしませんが

正面向かって右側は完全封鎖しました。

出入り口側の左側は補強を入れたので

防犯対策もこれでOKです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月16日

作業再開3

10月も半ばに入り作業予約もドンドンと
混み合ってきています。
重整備が多いのでPITを空けたのですが
また直ぐにPITが満タンになりつつあります。
一年後には消費税が10%に上がる事が確定したので
それまでに例え2%と言えど
勿体無いので、時期相応な方はお早目のご予約や
前以て必要な部品をご購入されておいた方が良いでしょうね。


22号機S号ドライブチェーン調整

先日お電話で作業予約を頂いた高槻S号がご来店。

22号機高槻S号ドライブチェーン調整 (1)本日の作業はドライブチェーンの調整。

何時も綺麗に乗って頂いているので

ありがたいと思っております。

ドライブチェーンを見るとかなり伸びており

22号機高槻S号ドライブチェーン調整 (2)サクサクッとチェーンを張って作業終了。

点火系の不具合も解消されたので

機嫌良く走ってくれているそうです。

残り少ないシーズンを楽しんで下さい。


三重U号事故復旧作業再開

普段から対応が遅いJ保険会社ですが、台風などで忙しいのか

三重U号フレーム下拵え (1)結構放置された状態がまだ続き

未だに示談が成立していないので

オーナー自ら修理代金を立替える事になり

そんな訳で作業再開となりました。

三重U号フレーム下拵え (2)メインスタンド取付けブラケットが

痛んでいた事もあり今回修正したので

メインスタンドも取付けます。

で、CP製メインスタンドストッパーをセットし

三重U号フレーム下拵え (3)アゲイン製リプロ品メインスタンドを

取付けました。

これでメンテナンス製も良くなるし

フロントフォークのバネに掛かるGも軽減。

三重U号フレーム下拵え (4)サイドスタンドも取付け完了です。

初期の補強なし408フレームなので

サイドスタンドブラケットが

少々曲がっていました・・・。

三重U号フロントフォークOHインナーチューブ交換 (1)取合えずフレームの下拵えは完了したので

フロントフォークのO/Hと

インナーチューブ交換に取掛かります。

アウターケースに事故の傷があるのと

三重U号フロントフォークOHインナーチューブ交換 (2)全体的に綺麗になるので

アウターケースはバフ掛けで仕上げます。

フォークオイルは割りと綺麗だったので

メンテナンスはされてたようです。

三重U号フロントフォークOHインナーチューブ交換 (3)フロントフォークを全てを分解した所で

ふと思い出して過去の履歴を調べたら

去年6月にフロントフォークを

僕がO/Hしている事を思い出したw

お客様の修理メンテナンス履歴は、個別に外付け媒体に保管してあり

エンジン計測データーも残っているので

メタル選定を間違える事もなく、必要な時に比較出来るようになってます。

三重U号フロントフォークOHインナーチューブ交換 (4)で、フォアのインナーチューブは

スリップダウンしても曲がります。

この状態から180度回転させると・・・



三重U号フロントフォークOHインナーチューブ交換 (5)こんな感じに開きます。

なので、インナーチューブは交換。

取外したオイルシールなども

当然ですが新品に交換となります。

三重U号フロントフォークOHインナーチューブ交換 (6)曲がったインナーチューブは

鉄屑入れにポイ!

です。



三重U号ボトムケースウエットブラスト (1)組付ける前に、傷が入ったアウターは

ウエットブラストで仕上げ

バフ仕上げをして傷を消します。



三重U号ボトムケースウエットブラスト (2)ウエットブラストが完了しました。

取合えず今日はここまで

木曜日にバフ掛けして

フロントフォークを仕上げます。

後タンクのリペイントの事ですが

何色にするのかちゃんと聞いてなかったので、ご連絡をお願いします。


8号機用タンク錆取り

弟の特権なのか?作業費用などは身体で払うと言う条件で

8号機用カスタムペイントタンク錆取り (1)タンクの錆取りをする事に・・・

そろそろ24時間経つので

ワコーズのピカタンを流して

タンク内の洗浄をしないと!

8号機用カスタムペイントタンク錆取り (2)ピカタンを流して水道水で

中を洗浄してます。





8号機用カスタムペイントタンク錆取り (3)見える範囲では錆は取れてますね。

後でスコープを使って

中の状態を確認します。



8号機用カスタムペイントタンク錆取り (5)流したピカタンの残留物・・・

結構取れてますが

気温が低いので、ピカタンの能力が

100%ではないと思うなぁ。

8号機用カスタムペイントタンク錆取り (6)取合えずエアーブローをして

中の水分を飛ばしていると

MAC TOOLS'の営業の方がやって来て

弟の為にとばかりにタイミング良く

8号機用カスタムペイントタンク錆取り (7)新製品の説明・・・

WiFiでスマホに映像を送れる

スコープカメラの販売だった・・・

何と言うタイミングの良さに思わず購入・・・

8号機用カスタムペイントタンク錆取り (8)AF機能は付いてないので

スカートの中とか隠し撮りは

出来ませんが、今まで使って居る物とは

画質が全然違うので凄いです。

8号機用カスタムペイントタンク錆取り (9)Bluetoothと違いWiFi機能が

内蔵されているのも中々の優れもので

サーキットでも使えるし色々なシーンで

活用出来ると思いました。

8号機用カスタムペイントタンク錆取り (10)やっぱり完全には取り切れてないので

後はフューエル1でも入れないと仕方ないな・・・

段ボール箱にタンクを入れて

ヒートガンで暖め、残りの水分を飛ばします。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)