メンテナンス

2021年02月12日

さよならBUBU505-C3

終活しろ!断捨離しろ!と言う嫁の圧力から
僕のおもちゃやコレクションが次々と処分されており
ついに僕のBUBU505-Cも昨日北陸へ旅立った…。
新しいオーナーさんは僕より少し年配の紳士な方なので
きっと大事にしてくれると思います。
嫁曰く「死んだら私にはゴミにしかならんから、全部捨てる!」
との事なので、死んでたまるか!ボケ!


騒音苦情

昨日の事、制服警察官が3人も店にやって来たので

一体何事かと思ったら、どうやらご近所からバイクの音がうるさいと

苦情の連絡が警察に「カスタムパラノイア」の名指しで入ったらしい。

騒音苦情210211祝日だった事もあるのか、緊急事態宣言で暇なのか

店の前が更地になった事もあるので

バイクの音がうるさいらしい。

それにしても制服警察官が3人も来るなんて

何でそんなに物々しいのかと思ったら、元白バイ乗りのよく見る顔の警察官も居り

その方曰く「あのカスタムパラノイアが通報されるなんて!」と

思ったらしく、他の所から飛んで来たらしいw

まぁその方が居なければ、もっとキレてたかも知れないけどね。

開店から10年経って今更そんな通報されてもなぁ…

通報した奴はきっとコロナで鬱憤が溜まっているのだろう

全部コロナのせいだと思う事にする。

マフラーの音量は法令内の音量なのですが、不快に思う人も居るだろうけど

府道13号線を走る車の音量が約70db前後だしなぁ。

まぁ本音は「誰やねん!」「直接言いに来いや!」と心の中で叫ぶ!


半袖一家Y様CB400F充電不良原因調査

今日は午後からの作業で大方の通常整備は終わったので、後はエンジンを掛けて

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (1)発電、充電などをチェックするのですが

発電に関してはアゲインのACGカバーを

取り付けてあるので問題は無いはず。

リチュウムイオンバッテリーなので

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (2)レギュレートレクチファイアーにも

交換されているので、これも問題は無い。

後はエンジンを掛け発電量と整流電圧をチェック。

騒音に気を付けながらねw

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (3)取付けられているリチュームイオンバッテリーの

メーカーサイトをチェックしてみるとやはり

BMS(バッテリーマネジメントシステム)

搭載されている事もわかった。

そもそもリチュームイオンバッテリーはスマホなどにも使われている物で

高温には激しく弱い性質があり、充電電圧にも激しくシビアな物になります。

なのでメーカーにもよりますが1.46〜14.8V以上の電圧を掛けて充電すると危険

13.5V以上からでは無いと充電はしない性質があります。

で、アゲインのACGカバーとレギュレートレクチファイアーが付いていても

アイドリングで電圧消費量が高い電球が付いたCB400Fで

信号待ち、ブレーキ、ウインカー点灯又は夏場FCR装着の場合だと

バッテリー電圧が低下する事により、充電はしなくなる上に

リチュームイオンバッテリー本体の温度が60℃以上になると

BMSが制御をして、バッテリーを保護する為充電しないと言う事になる。

リチュウムイオンバッテリーは使えば使うほど電解液の温度が上昇する。

またこれもメーカーによりますが、一度リチュームイオンバッテリーの

電圧が過放電(バッテリー上り)や過充電をしてしまうと

二度と充電出来なくなる物もあるそうです。

勿論、過充電でもBMSが作動して充電はしなくなる。

BMS自体は過充電や不均等な充電電圧からセルを保護する役目があり

TVのニュースや衝撃映像などで時々見るバッテリー火災程ではありませんが

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (4)爆発などを防止する為の物になります。

リチュームイオンバッテリーについて

上記の事を前提にし、発電、充電をチェック。

まずはエンジンを掛けずバッテリー本体の

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (6)能力をチェックすると、流石リチュウムイオンと

言った感じの電圧ですね。

エンジンを始動させてアイドリングで

ACGの発電量をチェック、こんなもんでしょう。

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (7)アイドリングでの発電量をチェック

むー…低くなってるねぇ…

先にも記載した通りリチュウムの充電は

13.5V以上から充電するので、アイドリングでは

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (8)電圧を消費するだけですね。

で、今度は5,000rpmでの発電をチェック!

アゲイン製のACGカバー側の

三相交流発電は極めて良好です。

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (9)で、リチュームイオンバッテリー側の

電圧はと言うと、あぁこれは全然ダメだな。

回転数を上げて灯火系を使ってみても

点灯がかなり鈍いのでこのまま走行すると

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (11)バッテリー電圧を消費するだけだと思います。

念の為レギュレートレクチファイアーを

テスト品と交換してみたのですが

ACからDCに整流された電圧には

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (12)大差が無いので、このまま走っていれば

リチュームイオンバッテリーは上がると思います。

充電不良の原因は特定出来ませんが

要因として一般的には配線の劣化や錆

リチュームイオンバッテリー本体とCB400F側発電の互換性の違い

要は、アナログな旧車にデジタルなバッテリーとの相性や

消費電圧、発熱によるBMS回路の作動

若しくはバッテリー上りが過去に数回あった事により

既にリチュームイオンバッテリーに能力の低下がある。

今度オーナーに過去走行中のバッテリー上りが、どの様な状況下で発生したのか

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (13)事情聴取をする事にします。

後は油温も含めて電圧管理用に

電圧計などを付けた方が

今後の為にも良いと思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月11日

生きてます2

ブログの更新を暫くしていなかったので
色々とご心配をお掛けしており申し訳ございません。
体調の方は現在、放射線の影響で喉の腫れや
痛みがあり、放射線の影響では無いと思うのですが
タイミング悪く差し歯が折れてしまい
その治療が今のタイミングで出来るのかと言う所なども
ありましたが、放射線の影響は少ないようなので
差し歯の治療も可能になりました。
唾液も出にくくなっているし、声も出しにくくて声変わりしてますw
後は左腕の激しい痛みだけが今の所の問題です。
喉の腫れは、幸いな事に幸か不幸か叱られながらも嫁の誕生日に送った
ミラブルのウルトラファインミストのおかげで
軟らかいシャワーを患部に当てるだけで綺麗になりますw
放射線照射はまだ1/3も終わって無くてまだ7回で
まぁ先が思いやられると言った感じです…。
今日は祝日なので放射線照射はお休みですが
明日は放射線照射と診察があるので
午前中は潰れるので半休、午後からの営業になると思います。


半袖一家Y様CB400F総合点検

乗らなくなって三年ほど放置されていたY様のCB400Fですが

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (1)今回総合点検で入庫となりました。

体調の事もあるので

作業はスローペースになると思います。

オーナーと諸々の打ち合わせを終えて

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (2)まずはエンジンオイルの交換から開始。

3年間放置と言う事もあり

エンジンオイルは余り汚れておらず

乳化もしていない感じです。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (4)ついでにオイルフィルターも交換。

ついでのついでにフィルターケースは

何時もの様にウエットブラストで

仕上げてから取り付けました。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (5)次にブレーキフルードの交換。

まずはフロントからですが

フルードの量も減っていますが

何よりもこの色からすれば4年以上は

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (6)経過してる感じがします。

フルードを抜いて入れ替えが完了です。

ブレーキパットは全然問題無いので

フルードが減っている原因は分かりません。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (7)次にリアブレーキフルードも交換。

リアの汚れはまだ2年程度な感じです。

これもリセットでフルードを全部抜いて

新しいフルードを入れます。

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (8)ちょっと綺麗になりましたねw

と言う分けで今日はここまでで終了。

明日はエンジンを始動させてみて

発電、充電などに不安があるとの事なので

半袖一家Y様CB400F三年不動総合点検 (10)電装系をチェック知る予定。

なので、取り合えず今日はバッテリーの

サルフェーション充電をしようと思ったのですが

何かおかしいと思ってチェックしてみると

バッテリーはリチュームイオンバッテリーだったので

専用の充電器が無いと充電が出来ない…危なかったわw

まぁそういう事で、バッテリー上りの原因は

リチュームイオンバッテリーだと思います。


仕事サボっている間に

ここ数日仕事をサボっている間に

モンキーZ50J用部品他20号機用部品など不足入荷色々な部品が仕上がって戻ってきており

モンキーZ50J用フロントフェンダーの

再メッキや、20号機25号機用の

不足部品なども入荷してきました。

CB400国内398cc25号機用純正キャブレター用再メッキ部品入荷25号機用のキャブレターに

再メッキに出していた部品も

仕上がって戻って来ています。

これでキャブは組めるのですが…。

CB400Four20号機、25号機用エンジン部品塗装仕上がり20号機、25号機用エンジンなどの

塗装部品もまだ梱包すら開けてないのですが

仕上がって戻ってきています。

まぁボチボチと仕上げて行く事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月31日

念の為令和の破壊王用ヘッド準備3

今月中に入庫を予定していた
令和の破壊王の車両ですが、PITの都合が悪く
予定より遅れてしまいました。
準備が出来次第、早急にご連絡を致しますので
もう暫くお待ち下さい。
コロナの影響もあり外注作業が混み合っており
諸々の遅れが蓄積している状態です。
で、今日は少し体調が悪いので、念の為早仕舞いで帰宅して
自宅療養をする事にします。


CB400FCP21号機GTK号初回点検二日目

シリンダーヘッドやスタッドボルトからのオイル滲みは

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (1)確認されないので、シリンダーヘッドへの

負荷を考えて保全的増し締めは行わず

追加作業の油温計を取り付けます。

まずは電源ラインの配線加工から

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (2)ギボシを付けて、ハンダで仕上げました。

ヨシムラの油温計取付位置は

F2ハンドルなのでこの位置になります。

これで配線の取り回しをしてから

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (3)ヘッドライトケース内で電源ラインの

配線を接続して、センサーまでの配線の

取り回しも済ませました。

油温計の設定を済ませてから

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (4)イグニッションを入れて作動確認。

バッテリー側の電圧とヨシムラ油温計の

電圧表示誤差を測定します。

アイドリングで約0.5V程度電圧計の表示が

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (5)低い様ですが、回転数を上げると

誤差は差ほどでも無いので

問題は無いと思います。

油温の設定値は115℃で警告です。

CP21号機CB400FGTK号ブレーキ鳴き応急処置 (1)次にフロントブレーキが若干ですが

ブレーキ鳴きがするので

軽く原因を調べてみましたが

部品交換が必要になるかも知れないので

応急的に処置をしておきましたが、根本的な原因を探さないと

また直ぐにブレーキ鳴きすると思います。


シリンダーヘッド整備

近々使う予定があると思うので

シリンダーヘッド手入れ塗装剥離 (1)シリンダーヘッドの整備をしようと思い

宝物庫から取り出してきたのですが

残念な事に塗装がされていた…。

仕方が無いので塗装を剥がしてから

シリンダーヘッド手入れ塗装剥離 (2)ウエットブラストで仕上げる事に

取り合えずリムーバーをぶっ掛けて放置。

恐らくウレタン塗装なので中々塗料が 

リムーバーでは浮いて来なかったのですが

シリンダーヘッド手入れウエットブラスト仕上げ (1)何とか塗装を剥がす事が出来たので

ウエットブラストで仕上げます。

塗装をされていた割には

ベースの状態が良かったので

シリンダーヘッド手入れウエットブラスト仕上げ (2)仕上がりは良い状態に仕上がりましたが

ねじ山上りが多く、ほぼ全てのヘッドカバー

取り付けボルトのねじ山はリコイル修正を

しないとダメそうでした。

歪もあるので平面研磨が必要になります。

後はバルブガイドのOリングを交換して、内燃機屋さんへ送れば

シリンダーヘッドの部品整備は完了となります。

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(0)

2021年01月30日

今更ですがCB400F408ccは普通二輪免許で乗れるのか?2

先日「408ccは普通二輪免許で乗れるのか?」と言う
お問合せがあったのですが
1996年9月1日に施行された道路交通法により
1975年に改訂された免許区分自動二輪での条件
(中型に限る)と言う項目が削除され
小型自動二輪、普通自動二輪、大型自動二輪に区別され
俗に言う中免で401cc以上の車両を乗る事が条件違反から
無免許になった事から、CB400Fの408ccは大型免許が
必要だと言う認識となった事になり
「グレーゾーンなので、大型二輪を取得した方が良い」と
お答えしたのですが、これは誰しもが気になる所で
僕も気になったので、公な文章を調べてみました。
旧自動車検査独立行政法人(現自動車技術総合機構)の文中
5-3-13に記載されている「総排気量又は定格出力」には
【以下文中抜粋】
総排気量又は定格出力は、次によるものとする。
総排気量は、単位をℓとし、小数点第2位(少数第3位切り捨て)まで通知するものとする。
  ただし、二輪自動車及び側車付二輪自動車でその排気量が0.251ℓから0.259ℓまでのもの及び二輪自動車及び側車付二輪自動車以外の自動車で総排気量が0.661ℓから0.669ℓまでのものにあっては。それぞれ0.26ℓ及び0.67ℓとする。
  この場合において、総排気量を算出する必要があるときは、円周率を3.14とし、内径及び行程については、単位をmmとし、少数第1位(少数第2位切り捨て)までの値とする。
定格出力は、単位をkwとし、少数第2位(少数第3位切り捨て)まで通知するものとする。
  ただし、少数第2位が不明なものにあっては。少数第2位に「0」を通知する。

と、上記のような文面が記載されてあります。
この解釈で行くとCB400Four408ccは本来0.41ℓになるべきであり
398ccは0.40ℓと記載されると言う理屈になる。
だが、少数第3位を切り捨てられる事により408ccは
自動車検査証上0.40ℓと言う記載になっている事から
408ccのCB400Fourは普通免許で乗れると言う解釈になるので
知ったかぶりをしているK察官には408ccは普通二輪免許で乗れる事を
こちらから教えないと、不当な取り締まりを受ける事になると言う事になる。
まぁそれでも、今は大型二輪免許は自動車学校で取得出来るので
大型二輪免許を取得するに越した事は無いと思います。
【排気量計算式】
半径×半径×3.14×行程×気筒数=総排気量cc=単位ℓ=小数点第3位切り捨て
CB400Four408の場合
2.55×2.55×3.14×5.00×4=408.357cc=0.408ℓ=0.40ℓ
CB400Four398の場合
2.55×2.55×3.14×4.88×4=398.556cc=0.398ℓ=0.39ℓ


やる気のキャブレター祭り二日目

昨日に続き今日も朝からやる気のキャブレター祭り二日目です。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (1)CB400国内398ccCP25号機用のキャブを

キャブクリで腐食したガソリンを溶かし

専用の洗剤に熱湯を入れてボディを洗浄。

綺麗になった所で、エアブローをして

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (2)水気を飛ばして洗浄が完了しました。

残念な事に、この時点でボディの虹色は

余り残らなかったのですが

組み立てをしている内に多少は戻ると思います。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (3)アジャストホルダーはブラストで仕上げて

真鍮のトップキャップナットは

バフ仕上げをしてみました。

キャブクリに付け込んでいた

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (4)分解したパーツ類も洗浄。

今日は寒いので水が冷たい!

キャブクリを綺麗に洗い流して

部品の水気を拭き取り乾燥させます。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (5)部品は一応何かあるといけないので

余分目に洗浄をして準備しました。

ここで25号機の仕上げはまだ当分先なので

キャブだけ先行してもなぁって感じですが

予備ステープレート下拵え (2)再メッキに出す部品が仕上がって来ないと

組み立てが出来ないし、ここまで準備しておけば

本格的に組み立てを開始する時は

スムーズに作業が出来るだろうから

キャブレター祭りは一旦終了だな。

再メッキに出していたシャフトも戻ってきたので

予備のステープレートにアクセルワイヤーホルダーを取付て終了です。


CB400F21号機GTK号初回点検

今日と明日でGTK号の初回点検と

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (1)追加で油温計の取付のご依頼で

ご来店されたGTK号。

オイルポンプ「極み」からの

オイル滲みもあるので

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (2)このタイミングでそれも修正します。

熱々ですがまずはエンジンオイルを抜き

油温計の取付準備も並行しながら

オイルポンプ「極み」からのオイル滲みの

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (3)チェックをする事にします。

多分Oリングを挟んでしまったのか?

と言う感じなのですが

エンジンオイルを抜いてオイルポンプを

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (4)取外してチェックしてみると…

あぅ…Oリングが千切れてた…。

こんな所のOリングを挟んだのは始めて。

オイルポンプを入れる時にOリングが脱落して

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (5)そのまま締め込んで千切れたんだと思います。

で、油温計のセンサーを取り付けるので

エンジンガードを取り外して

オイルパスキャップを取り外しました。

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (6)次に油温センサーを取り付けた

オイルパスキャップを取り付け。

これでエンジンオイルを入れて

エンジンを始動させ、オイルポンプや

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (7)オイルパスキャップから

オイル漏れが無い事を確認します。

これで強化オイルポンプ「極み」からの

オイル滲みも無くなったので良かった。

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (8)で、諸々の初回点検を済ませて

問題が無かったので、油温計の配線を

加工して配線をする準備をします。

と言う事で今日はここまでで終了。

油温計の取り付けは明日だな。


ハイエースフロントタイヤパンク修理

この前からフロント左側タイヤのエアーが少しずつ抜けるので

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (1)急遽、弟を呼び出してタイヤをチェック!

僕が幾らチェックしても何も刺さって無いし

バルブからのエアー漏れも無いし

オゾンクラックも無いので

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (2)もうタイヤを外してチェックするしか

原因が掴めないと言う事で

弟を呼び出した分けです。

で、エアーを入れて怪しい所に洗剤を掛けて

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (3)エアー漏れが無いかをチェックすると

やっと見つけた小さな穴!

こんなの分からんわ!

しかも何も刺さって無いし!

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (4)穴の方向も分からないけど

取り合えず手探りと感で穴を拡大して

パンク修理をしてみた所

エアー漏れが止まったので

取り合えずはこれで、パンク修理も完了しましたw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月27日

明日の営業について3

【明日の営業についてのお知らせ】
明日12月28日(月曜日)は中部陸運事務局へ行き
登録を済ませてから、納車に行く予定になっておりますが
お店は通常通りに強制労働者達が居り営業しております。
新年を迎えるに当たり、ご来店の方や
お電話でのお問い合わせの方の対応も可能です。


京都K様CB400ヨシムラハイカム取付

ロッカーアームとカムに少々問題があり作業が止まっていた

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (1)京都K様のCB400のシリンダーヘッドを

増し締めを済ませて、オーナーと相談した結果

ヨシムラの中空ハイカムst1を入れる事になり

ロッカーアームはCPリビルド品に

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (2)交換する事になったので

早速作業を再開してハイカムを取付。

程度の良い純正のカムが無かったので

この選択肢になった次第です。

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (3)オリジナルに拘った作りなのですが

仕方が無いとは言えども

でもこれはこれで良いとは思います。

ボアアップしていなくても

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (4)カムのプロフィールが変わるだけで

乗っていて楽しいエンジンになる事は

間違いなく、14号機もほぼ同じ仕様で

ピストンサイズが0.25OSになっており

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (5)当時のヨシムラハイカムst1と

強化バルブスプリング程度が違うだけで

14号機は乗っていてとても楽しい車両です。

で、CP製リビルドロッカーアームをセットして

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (6)エンジンに組み込みが完了しました。

もうここまで来ればエンジンフルO/Hは

出来たも同然で、後はロッカーアームの

クリアランスを調整すれば完成となります。

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (7)で、サクサクっと調整を済ませます。

ハイカムなので、ヨシムラ指定の

クリアランス数値で調整しているので

ノーマルに慣れている方は少しだけ

京都K様CB400ハイカム取付ヘッドカバー搭載201227 (8)タペット音が気になるかも知れませんが

リズミカルなタペット音に慣れれば

調子の良し悪しも分かる様になると思います。

これでエンジンが完成したので

次はフレームの組み立て準備に取り掛かります。


大阪N様親方2号機CB400キャブレター交換

昨日ご来店頂き、親方1号機のオイル交換と

CB400親方2号機オイル交換とキャブ交換201227 (1)CP製33%増量フル強化オイルポンプから

66%増量フル強化オイルポンプ「極み」への

交換取付を済まて帰宅される中で

まず油温の上昇がかなり抑えられている事と

CB400親方2号機オイル交換とキャブ交換201227 (2)ミッションの入り方がとてもスムーズになった

とのご報告を頂きました。

で、本日は当時物ヨシムラスリップオンマフラー

装着の親方2号機のオイル交換と

CB400親方2号機オイル交換とキャブ交換201227 (3)キャブレター交換調整でご来店。

エンジンオイルを抜いている間に

キャブレターを交換し、同調調整準備も

整った所でエンジンを始動させ同調調整。

CB400親方2号機オイル交換とキャブ交換201227 (4)キャブの状態が良かったのでサクサクっと

同調調整は終わりました。

大流量ミッション用強化オイルポンプの

調子の良さにご納得頂き

次回の時にでもミッション用強化オイルポンプを

アゲイン製からCP製に交換する事になりました。


年末追い込み強制労働二日目

モンキーZ50Jフルレストア強制労働二日目。
2020年末追い込み強制労働二日目 (1)2020年末追い込み強制労働二日目 (2)







2020年末追い込み強制労働二日目 (3)昨日定時間内にクランクケースの

組み立てが完了したので

今日はその続きからの強制労働!

シリンダーヘッドの組み立てから開始です。

2020年末追い込み強制労働二日目 (4)まずはバルブガイドにリーマを通して

摺り合わせをする前にシートカット。

まぁモンキーのバルブの摺り合わせぐらいは

苦にならないし、どうせ自由人君がやるしw

2020年末追い込み強制労働二日目 (5)と言うと、一人前にブツブツと

文句を言いながら摺り合わせを終えて

カムとロッカーアームをセットして

シリンダーヘッドの組み立てが完了。

2020年末追い込み強制労働二日目 (7)次にピストンにリングを入れて

クランクケースにピストンをセット。

これで腰上組み立て準備が整いました。

カムチェーン、パッキンなどをセットして

2020年末追い込み強制労働二日目 (8)サクサクっと

シリンダーを挿入!

ヘッドも取付が完了です。

流石枚方のモンゴリ師匠!やる時はやる男。

2020年末追い込み強制労働二日目 (9)点火系も綺麗にして取り付けが完了。

これでエンジンは完成したので

明日からはフレームの組み立てに

取り掛かるらしいので、今日はここまでで終了。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月26日

年末追い込み強制労働一日目3

2020年のやる事リストを消化しきれず
今年も残す所後僅かになってしまったので
今日からCPブレーン総動員での
年末追い込み強制労働が始まりました。
年内通常営業の29日まではこの体制で
少しでもやる事リストを消化する事にします。
30日から冬期休暇に入りますが
一応強制労働予備日になってますw


モンキーZ50Jフルレストア組み立て開始

今年の年末年始は小金があるので、毎日朝から酒を飲んでパチンコして

2020年末追い込み強制労働一日目 (1)悠々自適な正月を迎えるつもりでいた

小金持ちの自由人君を今朝自宅から引き摺り出し

CPで年末追い込み強制労働の刑。

モンキーZ50Jのレストア組み立て作業です。

2020年末追い込み強制労働一日目 (2)弟は朝から20号機用エンジン部品の

ウエットブラスト作業。

年明けには塗装に出す予定なので

その準備の為のブラスト作業です。

2020年末追い込み強制労働一日目 (3)その間にモンキーZ50Jのエンジン

組み立て作業もボチボチと進行中です。

交換出来る部品は全て新品に交換しました。

臓物をポイポイっと放り込んで

2020年末追い込み強制労働一日目 (4)クランクケースを合わせて締め込みます。

これでやっとモンキーの腰下が

やっと組み上がりました。

多分小金持ちの自由人君はやる気モードか?

2020年末追い込み強制労働一日目 (5)エンジンは今日中にある程度まで

仕上げて仕舞うと思っていたのですが

期待した程のハイペースでは無かったけど

クラッチを交換し組み立ても完了!

2020年末追い込み強制労働一日目 (7)クランクケースにセットまで完了。

部品点数も多くて、分類分けはしてある物の

必要な部品を探す時間のロスもあって

時間が経ち過ぎて記憶もあやふやになってるし

今日はここまでで終了かな?

まぁ明日も強制労働なので別にいいけどねw


大阪N様親方1号機CB400Fオイル交換

純正キャブレターフルO/Hをご依頼頂いていた大阪N様がご来店。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (1)セール中の強化オイルポンプ「極み」も

フル強化でご購入頂きました。

これでセールの強化オイルポンプ「極み」も

残り1個で完売となりセールも終了です。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (2)オイル交換に合わせて

既存の強化オイルポンプから

フル強化オイルポンプ「極み」に

付け替え作業もしてしまいます。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (3)エンジンオイルを抜いてから

既存の33%増量CP製の

フル強化オイルポンプを取り外し

「極み」フル強化オイルポンプに交換します。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (4)サクサクっとフル強化オイルポンプ「極み」に

交換が完了しました。

これで親方号もオーバーヒートに

悩まされなくなります。

エンジンオイルを入れて、親方1号機のCB400Fメンテナンス作業は終了。

CB400F用フルリビルド純正キャブレターも仕上がったので良かったです。

RSCポイントカバーバフ仕上げ仕様も押し売りでご購入して頂きました。

明日は親方2号機のオイル交換とキャブレター交換作業予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月18日

CB400F、CB350F用強化オイルポンプ「極み」3

CB400F、CB350F用強化オイルポンプ「極み」の性能を
多くの方に知ってもらいたいと言う思いから
今回始めた年末セールですが
強化オイルポンプ「極み」の在庫が今日で残り1個となりました。
こんなに早く在庫が無くなると思っていなかったので
大急ぎで追加製作をしようと考えたのですが
年内はもう追加製作は間に合いそうにないので
やはり在庫限りとなってしまいます。
申し訳ございません。


大阪H様CB400F継続車検

やはりこの時期年末と言う事もあってなのか

大阪H様CB400F継続車検完了201218 (1)とても混み合っている寝屋川の陸事ですが

継続車検は無事に一発合格。

書類が出来上がるのが遅いので

かなり時間が掛かってしまいました…。

大阪H様CB400F継続車検完了201218 (2)で、ステッカーも何時も通り貼りました…

バッ直配線やヘッドライト交換など

現状復旧作業は、用事が出来たので

明日にする事にします。


大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド

今日から組み立て作業に取り掛かっている大阪N様の

大阪N様CB400F用純正キャブレターフルリビルド作業開始201218 (1)CB400F用純正キャブレター

フルリビルド作業ですが、CPでは

シャフトが入る所のフェルトパッキンも

新品に交換して、シャフトを入れます。

大阪N様CB400F用純正キャブレターフルリビルド作業開始201218 (2)で、プレートにクロメイトで再メッキした

付属部品を取り付けて

プレートが完成しました。

本当なら今日中に、サクサクっと

組み立ててしまうつもりだったのですが

弟に頼んでいた作業をしておらず、忘れていたりした事が分かったりで

中々集中して作業が出来なかった事もあり、今日はここまでで終了です。


名古屋I号CB400ワイヤー交換準備

オーナーから連絡がありワイヤー類は新品に交換する事になったので

名古屋I様CB400ワイヤー類交換準備 (1)全てのワイヤーにオイルを入れて

動きを良くしておきます。

これをするだけで、ワイヤーの抵抗が

少なくなって、動きが良くなります。

名古屋I様CB400ワイヤー類交換準備 (2)追加で保全的にクラッチを

交換する事になったので

昨日エンジンオイルを入れなくて

良かったと思いました。

で、急遽名古屋へとんぼ返りで行く事になったので

今日はこれで早仕舞いです。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2020年12月12日

明後日は審判の日3

腫瘍摘出手術から20日以上が経過し
傷口の状態も良くなりましたが
耳下と顎下に今までとは違う痛み、違和感を感じる様になりました。
で、明後日12月14日(月曜日)に摘出した腫瘍及び
リンパ節の病理検査結果を予定通り嫁と二人で聞きに行きます。
仮に今転移が見られないとしても、今後再発や
既に遠隔転移している可能性もあり
今後3か月毎の全身検索や予防的放射線治療は
基本的に、絶対にやって行かないと行けないのは決定事項です。
もし、転移が認められた場合でも基本は同じで
それ以上は何も出来ません。
なので本当に高悪性唾液腺導管癌(SDC)の場合
これと言った抗がん剤も無いのですが
以下のスコアによっては、SDC用抗がん剤では無いので
保険適応外になりますが、何とかなると言う論文もあります。
AR(アンドロゲン受容体)HER-2(人上皮増殖因子受容体2型)
ER(エストロゲン受容体)PR(プロゲステン受容体)などの
スコアが高ければ、前立腺がんや、乳がんなどの抗がん剤も
保険適用外ですが使える可能性があるらしい。
現在のT,N,M分類はT:3,N:0,M0でステージ靴箸覆辰討い泙垢
これ以上ステージが上がらない事を願うだけです。
また放射線治療や、仮に抗がん剤治療が始まれば
仕事をどうするのかなども考えないといけなくなるのかも…。


大阪H様CB400F継続車検準備

まだフロントブレーキ関係の部品は入荷して来ていませんが

大阪H様CB400F継続車検ヘッドライト交換201212 (1)継続車検の準備の為、ヘッドライトを提灯から

H4のシビエとバッ直配線を仮敷設し

継続車検の準備をしておきます。

まぁ何時も通りの作業ですね。

大阪H様CB400F継続車検ヘッドライト交換201212 (2)提灯ヘッドライトを取り外して

バッ直配線を仮敷設し

切り替えスイッチを取り付けて

これで準備が完了しました。

大阪H様CB400F継続車検ヘッドライト交換201212 (3)H4バルブのシビエを取り付け。

これで光量もUPしたので

車検は問題無く通ります。

後はブレーキ回りの部品入荷待ちとなりました。


本日は2台納車

京都H様のCB400F継続車検とレアパーツ盛りだくさんの

ジャイアン号納車201212神戸ジャイアン号のCB400一応の初回点検。

本日無事に納車が出来ました。

ジャイアン号のセブンスターは

本物の当時物セブンスターキャストで

その他ふんだんにレアパーツを使って仕上げた車両になります。

ジャイアンがフォアに乗って帰る姿を見た嫁が

「モンキーに乗ってるみたいw」とつぶやいてましたw


強化オイルポンプ「極み」2020年末セール

量産型強化オイルポンプ「極み」の3ロット目の加工が仕上がって

強化オイルポンプ「極み」5個限定年末セール20201212 (1)戻ってきたので早速組み立てに取り掛かります。

組み立てながら思ったのが

この先このオイルポンプを

後何個作れるのかが分からないので

強化オイルポンプ「極み」5個限定年末セール20201212 (2)このオイルポンプを少しでも

多くのオーナーに使ってもらいたいと思い

今回願掛けの願い、意味も込めて

2020年末セールをする事にしました。

5個限定販売、(Oリング付き)売り切れ終了です。

受付開始日は明後日月曜日午前10時から、2020年12月28日19時までの

2週間限定で電話でのみの受付になります。
カスタムパラノイア(072-380-9715)
価格61,000+消費税+送料となります。

ミッション用大流量オイルポンプを同時にご注文頂けると

組み換え無料サービスです。

強化オイルポンプ「極み」5個限定年末セール20201212 (3)この時期だとオイルクーラー装着車両は

冷え過ぎ注意です。

この機会に如何でしょうか。

年内はもう5個作る事は出来ないと思いますが

一応加工に出す為に、加工ベースを5個ブラスト仕上げしました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2020年12月08日

アメとムチと無知3

病気になってから嫁が免疫力を上げろとか
健康に良いから青汁を飲めとか
朝ごはんもちゃんと食べろとか言い
僕の健康の為に色々と心配りをしてくれる一方で
僕の大事なCB400Four用部品を「どうせもう使わんのやろ!」と言い
終活をしろと僕のお宝部品を
某YオクやMカリなんかに出品して売りさばいている最中なのに対して
僕も未だ密にCB400Fourの部品を集めていますw
嫁にしてみればゴミにしか見えない物らしいけど
僕にしてみれば大事なお宝になる物なので
現在我が家の水面下では激しい攻防戦が繰り広げられている…。
大体飴1に対して鞭が4位の割合になるかなw


大阪H号メンテナンス

車検切れて放置してあった大阪H様のCB400Fourの継続車検と

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (1)メンテナンスのご依頼なのですが

ブレーキは引き摺っておりバッテリーも死亡

恐らくキャブもダメかも知れない事など

内容は盛り沢山になってます。

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (2)取り合えず必要だと思われる部品を先に発注

オイル交換も先に済ませるのですが

オイル交換は何度かやっていると

お聞きしていたので、恐らくその時に

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (3)スプリングシートもフィルターと一緒に

捨てられてしまったのだと思います。

その間にバッテリーを充電しておきます。

で、充電が完了するまでの間に

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (4)死亡しているバッテリーを取り外し

新しいエンジンオイルを入れて

エンジン始動準備を進めています。

バッテリーの充電も完了したので取り付け

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (5)保安部品をチェックすると

右後ろのウインカーが点灯しない位で

他は問題無さそうだけど

スイッチ類の接点が余りよろしく無い感じ。

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (7)コックをONにすると案の定

キャブからガソリンが漏れてオーバーフロー

エンジンを始動するのですが調子は悪く

オイル下がりで白煙が凄い

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (9)で、点灯しないウインカーレンズを

取り外して、新しい球に交換をしました。

案の定ウインカー球は切れていたので

これで保安部品のチェックも完了。

大阪H号継続車検メンテナンス201208 (10)後は諸々の整備をしてから

調子が悪い部分をどうするか

オーナーと相談しながら整備して

車検を受ける事にします。


三重M号納車

今年2月初め頃にお預かりした三重M様のCB400で

三重M様CB400国内398cc納車201208まぁ追加作業もあったりで10ヶ月経過し

外注作業で時間が掛かった事がなどもあり

納車まで10ヶ月も掛かった理由で

その間色々な事があった車両ですが

本日やっとオーナーの元へ納車となりました。


CB400Four在庫車状況

少しですが在庫車両のお問合せがあるので

CB400F逆車408cc中古車398登録可能現在のCPの在庫車両をお知らせ致します。

CB400F逆車408cc中古車(価格ASK)
(398登録可能)
CB350Four改中古車(価格ASK)

今直ぐに動かせるのはこの2台になります。

CB400国内398ccF2用クランクケースブラスト25号機この他に製作途中(オーダー可能)車両が

CB400国内398ccF2が1台、これは

型式指定番号03307、類別区分番号0020枠内記載

3オーナー、エンジン、フレ番マッチCP25号機

CB400Four国内408cc20号機と398ccF225号機フレーム現在エンジンフルO/H準備中なのが1台と

製作途中、フレーム塗装済の

CB400F国内408cc、エンジン、フレ番マッチ

1オーナー、型式、類別枠落ち、CP20号機。

他にCB400F逆車408ccベース車両が1台と

手付かずのCB400国内398ccベース車両が宝物庫に眠っており

フレームも数台、398、408エンジンも数基在庫があります。

モンキー初期Z50J改72ccフルレストア途中が1台と

ミツオカ自動車BUBU505-C改も1台御座いますので、ご相談をお承ります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月07日

元気が出て来たので辛口にw3

SNSで某アカウントからのコメントがあり
そのアカウントが本物なのかを某所へ行き訪ねた所
そこではそのようなSNSは使っていないと言う事で
偽アカウントだった事が分かり、その偽アカウントに対しての
調査をして貰う事になった。
わざわざ面倒な事をする人がいるもんだと思った。
で、今までフォローしていたはずの方のアカウントが見つからず
SNSを止めたのか、ブロックされたのかは分かりませんが
仮に何かを吹き込まれてブロックされたのなら何か残念に思います…。
まぁそう言う事を言い回っている人は少なからず
一人、二人居るのは知っているので
その内会う事もあると思いますが、特に相手にするつもりは無いけど
くだらない事を吹いて回る事に対して対処する事にします。


大阪H号継続車検車両引取り

今日は朝早くから東大阪まで継続車検などのご依頼を頂いた

大阪H号継続車検&カスタムのご依頼201207 (1)車両H号の引取りに行ってきました。

この車両も全然乗っていなかったらしく

バッテリーは上がっており

ブレーキも引き摺っている状態だった。

大阪H号継続車検&カスタムのご依頼201207 (2)心配なのはキャブレターの状態です。

今回キャストホイールは本物の

ハヤシキャストをご購入されたとの事で

この危険なキャストホイールは

処分する事になりました。


ジャイアン号初回点検

今回初回点検と言う事で、シリンダーヘッドなどからのオイル漏れがあり

ジャイアン号初回点検201207 (1)当時物ヨシムラ手曲げマフラーを付けていると

シリンダーヘッドが揺れるので

大体の車両はスタッドボルトから

オイルが滲んでくる傾向があります。

ジャイアン号初回点検201207 (2)で、今回納車から2年以上経過していますが

ずっと乗っていなかった事もあり

初回点検になる分けですが…。

ACGカバー下にもオイルが溜まっているので

ジャイアン号初回点検201207 (4)まずはオイル漏れ箇所を特定する事にして

ローターを取り外して、クランクシャフトの

オイルシールなどもチェックします。

見る限りではオイルパスプラグ付近に

ジャイアン号初回点検201207 (5)オイルが溜まっているようなので

現像液を掛けてオイル漏れ箇所を

特定する事にしたのですが、心配だったクランクの

オイルシールからのオイル漏れは無く

ジャイアン号初回点検201207 (6)他からの滲みで溜まっている感じも無いので

まぁこのオイルパスプラグのOリングが

乗っていなくてもダメになって

いるんだろうと言う結論になったので

ジャイアン号初回点検201207 (7)オイルパスプラグを取り外し

Oリングを交換しました。

Oリング自体はまだしっかりとしているのですが

オイルパスプラグは割とぐら付きがあり

ジャイアン号初回点検201207 (8)簡単に抜けた事や、プラグを奥まで差し込むと

2〜3mmほどプラグが奥に入り込んでおり

油圧でプラグが押されたりするので

今後持病的な物になるかも知れない。

ジャイアン号初回点検201207 (9)次にシリンダーヘッドの増し締め。

ヘッドカバーを外してトルクレンチで

締めるのですが、シールワッシャーは

新品に交換する事になります。

ジャイアン号初回点検201207 (10)で、これがまたシリンダーヘッドのナットは

全体的にかなり緩んでいて

全体的に45度程度は締まったのですが

スペシャルナットに関してはもう

ジャイアン号初回点検201207 (11)手で緩む位に緩んでいたので

そりゃぁオイルがスタッドボルトから

滲んで来る分けですわねぇ…。

まぁ当時物ヨシムラ手曲げマフラーを

ジャイアン号初回点検201207 (12)付けている車両の殆どは

ヘッドにはかなり負荷が掛かるので

致し方無いと言えますね。

僕の1号機は機械曲げが付いているし

ジャイアン号初回点検201207 (13)レーサー号はアンダーカウルが付いているので

マフラーが揺れる事は余り無いので

オイルが漏れる事もありません。

これで取り合えずシリンダーヘッドの

増し締めが完了しました、後は他の所をチェックして

初回点検は完了となります。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年12月06日

明日の営業時間について3

【明日の営業時間についてのお知らせ】
明日12月7日(月曜日)は午前中大阪まで
車両引取りの為、半休とさせて頂きます。
午後からは通常通りの営業予定となっております。
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。


僕の宝物

昨日京都H様のお子様から頂いたメッセージカードや折り紙。

京都H様のお子様からのメッセージカード情けなくも思い、とても嬉しくて

また僕の宝物が増えました!

気持ちが下がった時、これを見る度に

また蘇る事が出来る心強いアイテムです。

ありがとうございました。

べホリついでの襲撃201206で、今朝店の開店準備をしていると

九州からの仕事の帰りのついでに

わざわざ顔を見せにやって来たべホリ…。

こんな爺を泣かせても仕方ないだろ!

すまないね、ありがとう、結果が出たら報告します。


京都GTH号メンテナンス

朝一番に点火系?か燃料系の調子が悪い感じとの事と

京都GTH号オイル交換メンテナンス (1)オイルとフィルター交換に

ご来店されたのは京都GTH号。

一通りの点検をしながら事情聴取をしたのですが

恐らくFCRのガソリン消費量と

京都GTH号オイル交換メンテナンス (2)ガソリンタンクコックからの燃料

供給バランスが吊り合っていない感じで

ガス欠状態になって調子が悪くなった

可能性がある事と、点火系もチェックした所

京都GTH号オイル交換メンテナンス (3)#1.4よりも#2.3の点火時期が遅れていたので

調子が悪い事に関しては納得しました。

プラグの焼け色は良かったので

これでまた暫く様子を見て貰う事にしました。


久々の1号機出動

今通勤で使っているBUBU505-Cのブレーキに不具合が出たので

久々に1号機で出動201206今朝は1号機で出勤しようとしたのですが

全然乗っていなかったので自宅を出る時

バッテリーが上がっていたので

嫁の車からバッテリーをつないでエンジンを始動。

何とか店まで乗って来れました。

空気圧は前後とも1.5Mpaだったので0.1Mpaしか減っていなかったけど

今回1.8Mpaまで入れておく事にしました。

本当に久々だったのでちょっと怖かったわw


本日のご来店

納車してからかれこれ2年以上経過したいるのですが

神戸ジャイアン号初回点検 (1)ハーレーばっかりに乗って浮気して

ずっと放置されていたフォアに

やっと乗り始めたので、やっとこれが

ジャイアン号の初回点検になります。

神戸ジャイアン号初回点検 (2)で、これまた申し訳ないのですが

神戸のジャイアンにまで気を使わせてしまい

わざわざお守りを買って持って来てくれました。

つくづく僕は幸せ者なんだと思って

201206ヒロ爺ご来店 (1)いる所へ今度はヒロ爺が久しぶりにご来店。

ん?こんな時間にどうしたんだろうと思い

久しぶりに会うヒロ爺と立ち話。

もうね、元気の無い顔なんて出来ないですし

201206ヒロ爺ご来店 (2)本当に弱音なんて吐けないように

周りから詰められてきてますw

しかもわざわざお守りを頂いたので

多分死ぬ事はないんだろうなぁと思ったw

本当にありがとうございましたとしか、言い様が無いのが申し訳ないし

感謝の気持ちを伝える一番の方法は

この病気に負けない事だけしか無いとつくづく思い

もう元気しか出て来ないですw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年12月05日

現在の体調について3

退院から1週間が経過し、審判の日を来週に控えた
今の身体の状態についてですが
手術後の傷の痛みも随分楽になりましたが
左後ろ側に振り返ったりする事や
傷口が服に擦れて痛いのが悩み位で
癒着して切除した神経の影響なのか耳の下辺りから
顎下のラインの感覚が薄く、口角はそんなに下がって無いのですが
下を向いて作業をしていると時々よだれが出てますw
手術の傷口の状態は極めて良好ですが
喉の腫れがまだ残っているのか
声が出し辛く余り喋ると声が出なくなります。
今一番病んでいるとすればメンタル位かなぁ…。
でも日に日に思うのは、今回も死なないような気がしてきた事。
1/5万人の真性多血症と1/10万人の唾液腺導管癌を
同時に患う人間の確率ってどんな確率なんだろうねw


名古屋I号仕上げ作業一時中断

今日中に電装系を仕上げてエンジン搭載準備をしようと思い

名古屋I号仕上げと手直しと不具合 (1)仕上げ作業前にオーナーと打ち合わせ。

ハンドルはF1だと思い込んでいたのですが

実はF2のままで良かったと言うオチだったので

F2に戻して取付ました。

名古屋I号仕上げと手直しと不具合 (2)その時に、ハンドルスイッチを

拘りの当時物新品キルスイッチに交換。

メインハーネスなどを取付けようとしたのですが

ちょっと致命的な不具合が判明したので

名古屋I号仕上げと手直しと不具合 (3)仕上げ作業は一時中断する事になりました。

取り合えず不具合に関係の無い部分の

部品は取り付けを済ませました。

まぁ全部仕上げて仕舞う前に

今回の不具合が分かって良かったと思います。


本日のご来店

中型免許の第一段階見極めが終わったと報告に来た

201205中免第一段階見極め小金持ちの自由人君ご来店小金持ちの自由人君がご来店。

今日中型免許の第一段階見極めを終えたらしい。

免許を取ったら、小金がある内に

フォアを購入させたろうかと思うのですが

バイクを買うよりも、パチンコに使った方が良いらしい…。

京都H号継続車検入庫201205 (1)続いてのご来店は京都のH様。

継続車検整備のご依頼での入庫となります。

少々仕様が変更されていたので

色々とチェックをすると

京都H号継続車検入庫201205 (2)タコメーターワイヤーの取り回しが

間違っていたので修正して

バックステップが付いていたのを

ノーマル仕様にしていたのですが

京都H号継続車検入庫201205 (3)エンジンハンガーボルトの入れ忘れと

ブレーキペダルがピポットシャフトに

完全に入り切っておらず

ブレーキペダルが脱落寸前だったのを修正。

京都H号継続車検入庫201205 (4)エンジンオイルを交換するので

オイルを抜いている間に他の部分も

チェックすると、細かな間違いが

結構あったので、それも修正をします。

京都H号継続車検入庫201205 (5)まずはこれもよくあるシフトペダルの

チェンジアームが裏表逆に装着されている。

取り付けボルトも短く、ねじ山に

ダメージがあったのでボルトも交換。

京都H号継続車検入庫201205 (6)これが正規の取付位置になります。

ペダルの高さも再調整をしました。

その時に気になったのが

シフトペダルの曲がりで

京都H号継続車検入庫201205 (7)かなり内側に入っているので

これはポジション的に

シフトチェンジをしにくいはずなので

角度を修正する事にしました。

京都H号継続車検入庫201205 (8)まぁこんな感じで仕上げてみました。

オリジナルもこれ位の角度が

付いているのが本当なので

内側に入っている物は大体転倒して曲がってます。

京都H号継続車検入庫201205 (9)ヘッドライトも提灯から

H4シビエに交換して、バッ直配線を

接続して光量をUPさせ

車検対応にしてあります。

京都H号継続車検入庫201205 (10)今回オイルフィルターも交換のご依頼なので

オイルフィルターケースを取り外して

洗浄したついでに、何時もの様に

ウエットブラストで仕上げて仕舞います。

京都H号継続車検入庫201205 (11)で、こんな感じになりました。

オイルフィルターを交換する際には

拘りの塗装仕上げが無い物は

ブラストで綺麗にするサービスをしてます。

京都H号継続車検入庫201205 (12)ブレーキフルードは割と綺麗ですが

これも車検毎に交換しているので

今回も強制パンチで交換します。

ダイアフラムも中で伸びていました。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (1)で、京都H様の小さいお子さんが

僕の病気の事を知って下さって

こんな僕にお手紙を書いてくれました。

これは一番上のおねいちゃんが

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (2)書いてくれた手紙です。

お父さんのバイクと、サンタさんの表紙に

しっかりした文字で、僕にメッセージを

書いてくれました。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (3)これは大きいお兄ちゃんが書いてくれた

メッセージカードです。

やっぱり時期的にはサンタさんですねw

お父さんのバイクも書いてくれてます。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (4)メッセージもしっかりと書いてくれてます。

お父さんのバイクの面倒を

これからも元気でしっかりと見ろと言う

とてもありがたいメッセージです。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (5)5人兄弟の小さいお兄ちゃんも

一生懸命書いてくれてます。

僕にはこの絵はどう見ても

CB400Fにしか見えません!

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (6)とてもありがたいメッセージで

こんなに小さい子供達にまで

心配をさせてしまっている事が

とても申し訳なく思い、とても励みになります。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (7)保育園で習って作ってくれた折り紙と

メッセージカードはありがたく思い

お店に飾らせてもらいます。

またお守りまで頂きまして

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (8)申し訳ない事ばかりで、涙が出てきます。

これを見れば子供の前で

弱音なんて吐けなくなりますね!

本当に心に響くメッセージを頂きました。

ありがとうございます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年10月31日

MRI検査3

昨日はお店を早仕舞いして関西医大へ行き
腫瘍の検査の為、MRI撮影をしてきました。
取り合えず上半身だけの撮影を済ませたので
結果は来週月曜日になるのかな?
その時にまたあの痛い生体検査もやるのかなぁ…。
6日にも関西医大へ行くので
そこで今後の治療方法を決めるのかなぁ…。
全然わからんわ。


中古車両整備

今お立ち台に上げている車両のフロントタイヤが

逆車408中古車整備 (1)パンクしているみたいなのでカッコ悪い

なのでお立ち台から降ろして

前後とも別のタイヤホイールに交換して

ついでにオイル漏れ修理と

逆車408中古車整備 (2)動態チェックもやる事にします。

リアタイヤは硬化しており

スリップサインも出ている状態です。

前後ともタイヤホイールを取り外して

逆車408中古車整備 (3)宝物庫に使っていい無い

中古タイヤホイールセットがあるので

そのタイヤホイールに交換してしまいます。

ついでにオイル漏れ箇所も調べて修理をします。

逆車408中古車整備 (4)バッテリーを繋げてエンジンを始動させましたが

どうやら1気筒動いていない様子なので

マフラーを触ると#1に火が入っていない様子。

プラグを抜いて調べると火は飛んでいるので

逆車408中古車整備 (5)恐らくキャブの詰りが原因だろうと思います。

キャブのオーバーフローもあるので

商談が入ってからキャブの掃除など

メンテナンスをする事にします。

逆車408中古車整備 (6)オイル漏れ箇所はどうやら

シフトシャフトのオイルシールから

オイルが滲んでいるようなので

これも後で交換をする事にします。

逆車408中古車整備 (7)で、前後タイヤホイールを交換して

オイル滲みがあるオイルシールを取り外して

新品のオイルシールに交換したので

これでオイル滲みが止まってくれると思います。

逆車408中古車整備 (9)逆車408中古車、398登録可能(別途費用)。

キャブ要分解掃除、車検整備込み

エンジンは数年前にCPにて腰上O/H済。

価格はお問合せ下さい。


GTH号用FCRキャブレター入荷

9月初めに発注し、納期2.5ヵ月との回答だった

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (1)GTH号用キャブレターが

やっと本日入荷してきたので

早速組み立てと、セッティングをして

取り付け準備を整えます。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (2)まずはJNのクリップ位置変更。

出荷時のクリップ位置は真ん中なので

JNを薄めにするのでクリップ位置を

上に上げて低中速の繋がりを良くします。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (3)持ち込まれたアルミファンネルを

取り付けるので、ついでに

インナーネットを取付ます。

これで大きな物は吸い込まなくなります。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (4)アルミファンネルを取り付けて

ガソリンホースとフィルターを取付て

ホースサイズも純正タンクコックに変換しました。

これで後はMJをGTH号に合わせて

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (5)交換すれば良いのですが

肝心のMJが車の中に入れてあるので

自宅に取りに戻ってから交換をします。

取り合えずこれからの時期や

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (6)安全マージンを考えてMJの

内外の番手を揃えずに#2.3を濃い目に

#1.4はそれよりも薄目にセッティングし

MJを取付ました。

GTH号用FCR入荷組み立てセッティング (7)後は車体に取り付けて実際に走って

繋がりをチェックしますが

大体データー通りになるので

これでほぼ決まりになると思います。


姫号試運転

今夜姫が久しぶりにお泊りにやって来るので

姫号試運転201031 (3)一緒に晩御飯を食べるのですが

その前に、前回シフト系の不具合で

緊急入庫となった事もあり

もう一度確認の為に姫号の試運転。

特に問題無くシフトチェンジが出来るので安心して走れると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月22日

BUBU505-Cエンジン不調2

天気が良い日はずっとBUBU505-Cに乗って
雨が降るとハイエースに乗っていたので
昨日久しぶりに1号機に乗ってみた。
10mも走らない内にボテゴケしそうになった…。
僕の1号機は乗りにくいフォアだと思った。
やっぱり普段乗りは24号機になりそうな気がしてきた。
で、そのBUBU505-Cも昨日から突然調子が悪くなった…。


GTH号ニューエンジン慣らし終了オイル交換

2度のエンジンブローから復活した

GTH号慣らし終了オイル交換200922 (1)GTH号のニューエンジンが

1,000キロの慣らしを終えて

最初のオイル交換にご来店。

例の如くレデューサーが効いてオイルが出ません。

GTH号慣らし終了オイル交換200922 (2)ついでにフロントブレーキ

ブレンボのブレーキパットの

残量もチェック!残り3.4mmなので

まだ大丈夫です。

来月にはFCRも入荷して来るので楽しみですね。


モンキーZ50Jタンク錆取り

結局フルレストアになってしまい

モンキーZ50Jタンク錆取り全バラになったZ50Jですが

レストアに時間が掛かりそうなので

当分乗る事が出来ないので

分解した部品をブラストで仕上げたり

モンキーZ50J用前後タイヤ入荷タンクの錆取りも一回では

取り切れなかったので

二回目の錆取りをやっている所なのに

まだまだ先になるタイヤがもう入荷w

モンキーZ50Jクランクケースニードルローラーベアリング取外しブラストを当てるのでクランクケースの

ニードルローラーベアリングを抜こうとしたら

全然抜けないので、破壊している所です。

他の部品などもブラストを当てて

モンキーZ50J用部品バフ送り準備バフ掛けの準備と再メッキ送りの

準備などをボチボチとやって

妄想を膨らませている最中です。

小物の黒物部品は塗装へ送ったので

後はフレームが修正から戻ってきたら、フレームも塗装送りになります。


BUBU505-Cエンジン不動

昨日の帰りにいつも通りBUBU505-Cに乗り帰宅しようとしたら

BUBU505-Cエンジン不動200922BUBU505-Cのエンジンが

掛からなかったので、バイクで帰宅

今日キャブを分解したり

プラグを変えてみたりしているのですが

BUBU505-Cエンジン不動PIT入り200922一向にエンジンが掛からないので

原因が全く分からない…。

もうほんまに鬱陶しいわぁ。

天候が怪しいので取り合えず今日はPIT入りです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月31日

リアディスク公認改造3

只今PCの設定が上手く進んでおらず
設定をする時間もない事から
メールの送受信が出来ない状態になっています。
もう暫くで復旧すると思いますが
その間、旧PCを起動させて、メールでの業務を
再開させる予定ですので、ご不便をお掛けいたしますが
PCのデーター完全移行にもう少し時間が掛かりそうです。


大阪T様マッスル号リアディスク公認改造

リアブレーキディスク化公認改造登録が完了し

大阪T号リアディスク公認構造変更車検 (1)無事に車検を受けて合格した

大阪T様のマッスル号の現状復旧と

ミッション用大流量強化オイルポンプ

取付作業の追加をご依頼頂きました。

大阪T号リアディスク公認構造変更車検 (2)で、取り合えず現状復旧を先に済ませます。

ヘッドライトを純正に戻して

バッ直配線も取り外し、サイレンサーを

車検対応からヨシムラRに交換してから

大阪T号リアディスク公認構造変更車検 (3)アゲイン製ミッション用強化オイルポンプから

CP製大流量オイルポンプに交換します。

メインポンプは新型強化が付いていますので

吐出容量的にはギリだと思いますが

大阪T号リアディスク公認構造変更車検 (5)アゲイン製ミッション用強化オイルポンプから

CP製ミッション用大流量強化オイルポンプに交換

このパターンのテストはやっていないので

100%の能力は発揮しないかも知れません。

大阪T号リアディスク公認構造変更車検 (7)これで大阪T様マッスル号のリアディスク

公認改造とドレスアップ&カスタム作業が

完了したので、車検証ステッカーを貼ったけど

安定の歪み貼りで、今日も絶好調です…。


三重M号火入れ前

大きな勘違いで2.3日ほど完成が遅くなりましたが

三重M号火入れ前200731 (1)今日はマフラーなどを取付けて

火入れの準備に取り掛かります。

サクサクっと純正マフラーを取り付けて

火入れの準備を整えます。

三重M号火入れ前200731 (2)で、取り合えずシートまで取り付けて

火入れの準備が整いましたが

メッキ部分に付いた指紋や脂を拭き取ってから

火入れに入ろうと思い磨き上げます。

三重M号火入れ前200731 (3)で、キャブの同調調整の準備も整い

キャブにガソリンを流し込んで

火を入れてキャブの同調調整をやろうと

セルを回すと、かなりバッテリーが弱く

三重M号火入れ前200731 (4)充電器を接続して、バッテリーの電圧残量を

チェックしてみると…何とまぁ

40%しか残っていなかったので

今日は諦めてバッテリーを充電して

仕切り直して、明日火入れとなります。


8号機ミッション用大流量強化オイルポンプ取付

銀ちゃんの被害者で、特注のブラックアルマイトボディを

8号機ミッション用大流量強化オイルポンプ取付 (1)強制的に購入する事になった弟の8号機に

ついでに取付てしまいます。

まずこのスプロケットカバーを

取り外すのですが、アゲインのBSが付いていると

8号機ミッション用大流量強化オイルポンプ取付 (2)何かと取り外しが面倒なのですが

8号機はスプロケットカバーを加工してあり

BSを取り外さなくてもアクセスできるので

メンテナンス性がかなり良いので

8号機ミッション用大流量強化オイルポンプ取付 (3)サクッと取り外して、サクッと交換が出来ます。

まぁしょっちゅう開ける場所では無いのですが

ちょっとした事で一々BSを取り外すのが

面倒なので、カバーを加工してあります。

8号機ミッション用大流量強化オイルポンプ取付 (4)で、ミッション用大流量強化オイルポンプを

サクッと交換、これで強制的に

ブラックアルマイト仕様になりました。

まぁ特注になるのでアルマイト代が少し高いです。

8号機のメインオイルポンプは「極み」が入っているので

流量は十分足りています。


新旧PC2台体制

メールの移行が出来ていなくて、業務に支障が出る事から

旧PC4号機と新PC5号機自宅PCのモニターを持ってきて

旧PCと接続してメールを受信しての

業務体制にしました。

受信メールが200件近くもあったのには

ビックリでしたが、これで当面は何とか業務に支障が無いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月28日

HDD修復完了3

大事なデーターが沢山入ったPCのHDDが
クラッシュしてしまい、修理に出していたのですが
昨日修理が終わりある程度のデーターが復旧出来ました。
フォルダー毎に分けていたデーターは
フォルダーから飛び出ていたりとかしているので
精査して、元に戻す作業が残ってはいます。
問題なのは、この世に存在してはいけない(エロい物ではなくてw)
削除した機密的なデーターも蘇ってしまったので
これもまたこの世から抹消してしまう事が必要になった。
やっぱりデーターは一度削除した位じゃ完全には消えないので
改めて恐ろしいと思ったけど
蘇らなかったデーターも結構あるのが残念です。
明日はPCも入替えするので、朝から忙しい定休日になります。


大阪T様マッスル号作業忘れとメンテナンス

昨日ある程度の大きな作業を済ませたつもりだったのですが

大阪T様マッスル号作業忘れ (1)オーナーからの作業指示書を見返してみると

肝心な事をやり忘れていた…。

なので、取付けたブリーザーカバーなどを

もう一度取外しての作業になります。

大阪T様マッスル号作業忘れ (2)ヘッドカバー周りの作業をやるついでに

ヘッドカバーガスケットの交換と

シリンダーヘッド増し締めを

すっかりと忘れていたのでした…。

大阪T様マッスル号作業忘れ (3)で、今日はまずその作業忘れの

シリンダーヘッド増し締めから作業を開始。

特に緩んでいるような所は無かった。

カムチェーンテンショナーの緩みも無く

大阪T様マッスル号作業忘れ (4)カムシャフトの摩耗もかなり少ないく

はやりとても良い状態のエンジンです。

これでヘッドカバーのガスケットを交換して

オイル滲みなどの対策作業も完了です。

大阪T様マッスル号作業忘れ (5)ロッカーアームも摩耗は無く

かなりの極上エンジンには間違いありません。

恐らく未開封エンジンなので

これから起こるであろうオイル漏れと

大阪T様マッスル号車検整備 (1)どう言う風に付き合って行くかが課題になります。

で、次に構造変更車検の準備に取掛ります。

保安部品、灯火系をチェックすると

ヘッドライトがノーマルなので

大阪T様マッスル号車検整備 (2)バッ直配線を這わせて、ヘッドライトも

車検用H4シビエに交換しました。

右前ウインカーが点滅しない原因は

今の所再現性が無いので良く分かりません。

大阪T様マッスル号車検整備 (3)次にフロントブレーキフルード交換。

マッスル化した時に交換をしているので

劣化具合はまだマシな方ですが

次2年後に交換なんて言うのはあり得ないので

大阪T様マッスル号車検整備 (4)ブレーキフルードは当然交換です。

フロント側には問題は無かったのですが

保安部品、灯火系をチェックしていると

リアブレーキが点灯しない事が判明。

大阪T様マッスル号車検整備 (5)原因を調査委した結果原因は

リアディスク用マスターの

圧力スイッチの不良と言う事が判明。

まぁ意外と壊れやすいと言う事は

大阪T様マッスル号車検整備 (6)オーナーには伝えてあったはずなのですが

このタイミングで見つかるとは…

急いで不良在庫ボックスを探して

圧力スイッチを探し出して配線を加工し

大阪T様マッスル号車検整備 (7)ブレーキフルード交換作業と合わせて

圧力スイッチを交換してしまいました。

これで車検には問題は無くなりました。

後は一通りのチェックをして、問題が無ければ

大阪T様マッスル号クラッチカバー修理 (1)金曜日にはリアディスクブレーキの

公認改造を取ってきます。

最後にねじ山が上がって加工されている

クラッチカバーを修理しておきます。

大阪T様マッスル号クラッチカバー修理 (2)リコイル用のキリを通してみると

かなり大きく拡大されているので

リコイル用のタップが使えるかどうか

微妙なさいずだったのですが

大阪T様マッスル号クラッチカバー修理 (3)何とかねじ山が出来たので

リコイルを挿入して、ねじ山を作りました。

まぁそんなに力が掛かる所でも無いので

これで問題無く使えるとは思います。

大阪T様マッスル号クラッチカバー修理 (4)クラッチケーブルアジャストボルトも

これで使える様になりました。

週末には納車が可能だと思いますので

またご連絡を致します。


三重M号腰上O/H組立

シリンダーの内燃機加工が終わって、やっと戻って来たので

三重M号腰上組立 (2)早速組立作業に取掛ります。

今回タイミング良くブロンズメタルの

ヘッドガスケットが出来上がって来たので

三重M号で量産タイプ初使用になります。

また松永社長も興味があったようで、電話が掛かってきて

松「ヘッドガスケットはどうなんですか?」P「銅です」

松「銅なんですか?」P「どうなんでしょうねぇw」

松「え、銅じゃないんですか?」P「いえ、銅です…」

と不毛な会話をして遊んでましたw

で、アゲインにもサンプルを送ったので、何かの車両に使って貰い

松永社長からも何かしらのインプレが聞けると思います。

三重M号腰上組立 (3)シリンダーは0.5mmOSにボーリング

エンジンケースは398ccなのですが

クランクが408クランクなので

ピストンはBRC製408対応ピストンを使用します。

三重M号腰上組立 (4)サクサクっとピストンを組立てて

コンロッドにセットして

シリンダー挿入準備が整いました。

で、サクッとシリンダーを挿入!

三重M号腰上組立 (5)ここで新作のブロンズメタル

ヘッドガスケットをセットします。

純正同様に#1側にポンチマークの

穴が開いているので、くれぐれも裏表を

三重M号腰上組立 (6)間違えない様にセットして下さい。

液体ガスケットを適量塗ってから

シリンダーヘッドを搭載!

まだWPCからカムなどが仕上がって来ないので

三重M号キャブレターリターンスプリング交換 (1)エンジンの組立作業はここまでで終了で

次に追加作業になるキャブレターの

リターンスプリングを

軽いマジックスプリングに交換。

三重M号キャブレターリターンスプリング交換 (2)このマジックスプリングを開発する時に

結構取付け取外しを何度もやって

苦労をしており、純正のスプリングは

絶対に抜けないので、交換する時は

三重M号キャブレターリターンスプリング交換 (3)あっさりとバックのリンクプレートを

取外した方が作業は簡単なのですが

マジックスプリング側は割と外れやすいので

組立てる時には脱落しない様に

三重M号キャブレターリターンスプリング交換 (4)注意して組立て下さい。

ヘタに分解しないままで交換出来たとしても

無駄に時間が掛かるだけなので

ここはサクッと分解して取付た方が早いです。

三重M号クラッチレリーズ交換 (1)で、クラッチレリーズ交換も

追加でのご依頼となったので

純正からBRC製のパワークラッチKITに

交換します。

三重M号クラッチレリーズ交換 (2)サクサクっと交換完了。

エンジンが掛かったらクラッチを

調整するのですが、半クラ領域が減るので

クラッチのリリースポイントは慣れるまで

少し乗りにくいかも知れません。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月27日

L型エンジンビッグバルブの相談3

弟に「何か今日、俺ちょっと鼻声やなぁ…」と言ったら
二、三歩後ずさりしやがったので
「なんでやねん!」と言うと
「いやぁ…やっぱりやばいと思って」
「あほか!、そんなんやったらもう遅いわ!」と
朝からそんな事を言っていたのですが
そこへ千葉のM君から電話が鳴ったので
またろくでも無い事なんだろうなぁと思いつつw
話を聞くと、L型エンジンの事での相談で
何でもビッグバルブが付いているエンジンで
残念な事にバルブが曲がっているので何とかならないか?
と言う案の定、ろくでも無い相談だったw
で、内燃機屋さんへ相談して何とかなる事を
折り返し電話したら電話に出ない!
と言う忙しいさなかのろくでも無いお話でした。


大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ

昨日の朝に入庫して来た大阪T様のマッスル号ですが

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (1)今日から作業開始。

作業の物量が多いので弟と二人掛かりで

今日中にある程度の所までは

仕上げて仕舞います。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (2)まずはエンジンオイルを抜いて

オイル交換をするついでに

クラッチが滑っているとの事なので

ついでにクラッチも交換します。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (3)で、ドレスアップの為にカバー類も

前もって用意して半艶仕上げの

バフ掛けをした物に交換して

ドレスアップもやってしまいます。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (4)まずL側のカバー類を取外して

ACGコイルを入れ替えて

カバー類を交換してしまうのですが

シフトシャフトのオイルシールから

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (5)オイル滲みがある事が分かったので

この際なので、ついでにシフトシャフトの

オイルシールも交換する事にして

この泥を綺麗に洗浄してしまいます。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (6)その間にACGカバーを交換して

取付が完了しました。

仕上がりは全体的にこんな感じに

仕上がって行きます。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (7)シフトシャフト周りの泥を洗浄して

オイルシールを引っ張ると

やっぱり簡単に抜けるので

ここからのオイル滲みは確定。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (8)新しいオイルシールを入れて

ついでに押し売りですが

せっかく綺麗にしたので

オイルシールホルダーも強制的に装着!

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (9)これでL側のカバー類交換が完了。

カバーを交換するだけなのですが

色々な物を取外さないと交換出来ないので

少々時間は掛かりました。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (10)次にR側、クラッチカバー交換と

ついでにクラッチ交換をやります。

このクラッチカバーには

ちょっと問題があるので後で修理しますが

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (12)防水用のゴムも無いので取付ます。

クラッチ新品にを交換すると

クラッチのリリースポイントが結構変わるので

リフターの調整なども含めて

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (13)ついで作業でやっつけてしまいます。

クラッチスプリングは赤色の

強化スプリングが入っていました。

これだと握力が上がるよねぇ…。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (14)ロックワッシャーを外そうと見ると

何だこれ…って感じに折り曲げられて

ロックされていましたが

まぁこれも取外すのでちゃんと仕上げます。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (15)と言う事でクラッチを取外して

エンジン側に残ったガスケットパッキンを

ネチネチと剥がしつつ各部品の

摩耗具合をチェックしましたが

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (16)未開封エンジンのようで摩耗も少なく

状態は極めて良好だと思います。

で、サクサクっとクラッチを交換して

組立が完了です。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (17)リフターのアジャスティングボルトの

Oリングもついでに交換。

ここも意外と交換されずに変形して

オイルが滲んでいる車両がたまにあります。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (18)で、R側も半艶バフ仕上げをした

クラッチカバーを取付けて

クラッチ交換と、カバー類の交換や

クラッチワイヤーゴムの取付が完了。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (19)インジケーターランプを

LED化するのですが

心配なのがオイルランプの配線で

時々オイルランプの配線が

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (20)逆になっているインジケーターがあります。

でもマッスル号は大丈夫でしたが

右前ウインカーのアース不良があるようで

ウインカーが時々点滅しない事が判明した。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (23)次にブリーザーカバーと

タペットキャップ交換。

ブリーザーカバーは半艶バフ仕上げと

交換するのですが、タペットキャップは

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (24)Oリングと一緒に新品に交換します。

エンジンオイルを抜く時に

少しエンジン内が負圧になっていない

感じがしたので、念の為レデューサーを

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (25)分解してチェックしてみると

ブローバイが少し多いようで

リードバルブに溜まっていたので

洗剤で水洗いでリードバルブを洗浄。

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (26)パーツクリーナーなどを使うと

ゴムにダメージを与えるので

中性洗剤と水洗いが一番良いです。

もし、ゴムが剥がれた場合は製作元の

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (27)前川エンジニアリングさんに送れば

無料で修理してくれます。

次にテールライトブラケットを交換。

この輸出仕様のブラケットだと

大阪T様マッスル号構造変更車検とドレスアップ (28)ナンバープレートが立ってしまうので

ブラケットを国内仕様のリプロ品を

補強して強化した物に交換しました。

と言う事で今日はここまでで終了。

明日には車検整備に取掛ります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月16日

久々のバイク通勤とBUBU通勤3

微妙な天気ですが、久しぶりにバイクで通勤。
BUBU505-Cのメンテナンスが終ったので
ミニカーで通勤もして
少しずつハートを強くしようと思っています。
でもすれ違う人ほぼ100%の方が二度見するので
かなり恥ずかしい…まぁ朝晩同じルートを通れば
珍しい物を見る側の方も慣れてくると思いますからねw
余り人目の付かない、迷惑にならない裏道を探して
BUBU505-Cで通勤しています。


BUBU505-Cタイヤ交換

注文していたタイヤが昨日入荷する予定だったので

BUBU505-Cタイヤ (1)定休日に出勤してタイヤを受け取り

早速タイヤ交換を始めました。

タイヤサイズは10インチ145SR

ミニクーパーと同じサイズになるのかな?

BUBU505-Cタイヤ (2)よく分からないけど

取合えず古いタイヤを取外して

サクサクっと新しいタイヤを取付けて

車体に取付けていたら弟がやって来て

BUBU505-C試運転 (1)試運転を愛犬のボーダーコリーのZEORと

僕よりも先に楽しんでました…。

ZEORは結構迷惑そうだったけどねw

まぁエンジンの調子も良く快適に走るので

BUBU505-C駆動系不具合暫くは楽しめると思いきや

駆動系に不具合が発生したので

色々と調べると、ギアーボックスが怪しいと

言う事になり、取外してチェックをしてみます。

パーツリストもサービスマニュアルも部品も無いので

致命的なダメージでなければ良いのですが…。


GTH号仮エンジンオイル交換

エンジン全損から未だに内燃機加工が

GTH号仮エンジンオイル交換200716仕上がって来ないGTH号エンジン。

梅雨の晴れ間の今日は仮エンジンの

オイル交換にご来店となりました。

作業中の写真を撮影するのを忘れていたので

オイル交換完了後の画像になります。

エンジン復旧積み替えの予定は今月末の予定になってます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月14日

国内398ccなど車両買い取り3

今日は予定通り朝から車両の買い取りへ行って来ました。
雨が酷くずぶ濡れになりながら
当初4台の車両を買い取る予定でしたが。
状態も悪く、価格交渉も合わなかったので
398を1台と、逆車408を1台の合計2台だけ買い取りが出来ました。
まだ3981台とCB350F1台の交渉は
また後日と言う事で、帰ってきましたが
車体番号三桁の200番台の398が残っているので
ご入用の方が居られれば、買い取りをして参ります。


BUBU505-Cメンテナンス二日目

PITを圧迫している一番の要因は実はこの車なんですがw

BUBU505-Cブレーキ周り分解整備 (1)昨日も遅くまで作業をして

ブレーキのメンテナンス。

FR側は割と綺麗だったのですが

ブレーキを踏むと音が出るFL側には

BUBU505-Cブレーキ周り分解整備 (2)少々問題があって、ミツオカ自動車に

部品を問い合わせないといけないかな。

ブレーキフルードも結晶化していたので

交換も大変で、中でもRR側が一番酷く

BUBU505-Cブレーキ周り分解整備 (3)画像はピンボケですが、引きずっていたので

ここが一番手古摺りました。

あんなに真っ黒なブレーキフルードも

中々見れない様な色だったわ…。

BUBU505-C用バッテリー入荷注文していたバッテリーも

今日入荷して来たので

早速充電をしています。

これで後はタイヤとUSB電源の入荷待ちです。

BUBU505-Cドラレコ取付 (1)で、今日は電装品関係のメンテナンスと

ドラレコを取付をするのですが

弟が嫌にドラレコの取付を押してくるので

翌々話を聞くと、弟の不良在庫を

BUBU505-Cドラレコ取付 (2)買わされると言う事だったわ…。

まんまと弟の策略にハメられてしまいましたが

まぁ今の時代には必需品なので

取付ける事にしましたが、取付も弟の作業ですw

BUBU505-Cドラレコ取付 (4)届いたバッテリーを充電しながら

車の中に潜り込み、配線をする為電源ラインを探し

ついでにスマホも充電するので

USBの電源の配線も準備して置く事にします。

この作業は僕には絶対無理だなw


高知U号部品

見積りが仕上がったのでオーナーと諸々の打合せも終えて

高知U号トップブリッジ打痕修正 (1)打痕があったトップブリッジは

打痕の返りが酷くあったので

削り落として、全体の打痕を慣らして

塗装へ送る事にしました。

高知U号トップブリッジ打痕修正 (2)凹んでいる所はどうしようもないので

何気に違和感の無い様に削りました。

まぁ塗装をしてしまえば

言われないと分からないと思います。

高知U号スピード、タコメーターリビルドご依頼貴重な国内408なのでオリジナルパーツを

そのまま使う為メーターもリビルド。

ODOもそのままにしてリビルドををします。

最近はメーターリビルド費用も値上がりしたので

高知U号リアサスコニーOHご依頼何かと費用が嵩張って掛かります。

アルミボディの当時物コニーも

O/Hが出来る様になり、納期は3か月待ちで

これも四月から基本費用が値上がりしています。

基本費用+劣化状態によっては中には10万以上掛かった物もあるそうです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年07月13日

右足年次点検3

明日は11時頃から398買い取り商談の為
不在になりますが、お留守番に弟がおり
ある程度の電話対応は可能だと思います。
帰りの時間がハッキリしないので
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


右足年次点検

今日は臨時休業を頂いて、年に一度になった恒例の

200713の右足 (1)右足年次点検へ行ってきました。

右画像から2018年、2019年となり

左のレントゲン画像が2020年今日の

右足のレントゲン画像になります。

200713の右足 (2)ここ数年では特に大きな変化は無いのですが

画像上部のロッキングプレートに

骨が被さってきて、金属と骨が

一体化してきていましたw

200713の右足 (3)まぁ恐らく僕が生きて居る間には

この現物のロッキングプレートを見る事は無く

家族が骨を拾う時にこのプレートを

見る事ぐらいだと思います。

で、相変わらず大きなお宝も映ってますが、気にしないで下さいw


BUBU505-C購入からのメンテナンスとカスタム妄想

昨日、雨が降る前にBUBU505-Cの試乗へ弟と

BUBU505-C試乗からの購入 (1)自由人君を呼び出し強制連行して

ミツオカ自動車BUBU505-Cの試乗を

皆で楽しんできました。

自由人君も楽しそうに試運転w

BUBU505-C試乗からの購入 (2)で、結局購入する事をその場で決めて

車両を引き上げてきました。

長期放置車両で、エンジンは問題無く動くのですが

ある程度のメンテナンスは必要なので

BUBU505-C試乗からの購入 (3)昨日と、臨時休業の今日の時間を利用して

交換が必要な部品などをチェックしつつ

ちょっとカスタムも弟と妄想したりして

今日、病院が終わった午後から本格的に作業。

BUBU505-Cレストア整備とプチカスタム (1)タイヤはオゾンクラックが激しいので

4本とも交換となるので発注。

ついでにブレーキ周りもO/Hと

ブレーキフルード交換などをします。

BUBU505-Cレストア整備とプチカスタム (2)フロントグリルも腐食があったので

取外してバフ掛けをします。

バッテリーもダメなので交換となります。

で、取外したフロントグリルを

BUBU505-Cレストア整備とプチカスタム (3)ブラストで腐食した部分を取り除き

バフを当てて光らせてみました。

元の腐食していた画像を撮り忘れたので

仕上がった画像だけですが

BUBU505-Cレストア整備とプチカスタム (4)グリルが光っただけでも、取付けると

結構見栄えが違って見えました。

中々良い感じで、満足してます。

弟にはエンジンと下回りの洗浄と

BUBU505-Cレストア整備とプチカスタム (6)チャンバーを取付けたいので

マフラーを取外して、チャンバーの

取付ルートを考えてもらい

エアークリーナーもどうせ腐っているだろうから

BUBU505-Cレストア整備とプチカスタム (7)取外してみてもらうと、案の定腐っていた。

もうこれはパワーフィルターに

交換しようと思います。

実際、速度が40キロぐらいしか出ないので

BUBU505-Cプチカスタムの妄想 (1)マフラーを交換する計画を妄想する為

純正マフラーを取外してみて

ルートや角度を確認している所で

必要な部品が揃えば、チャンバーを作るので

BUBU505-Cプチカスタムの妄想 (2)余っているマフラーを寄せ集めて

どう言う風にするかを考える事にします。

で、取合えず取回しが厳しいので

現物合わせで作る事になりそうです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年06月27日

国内398ccナンバープレート取得問題4

一昨日に寝屋川陸運事務局に二輪車の
現在のナンバープレートを確認した所5200番台との事で
昨日の高槻S号継続車検の時に
現在のナンバープレート番号を確認して来たのですが
最終で5262番だった。
オーナーからは4から始まるのは嫌だとの事だったので
そこはクリアー出来たのですが
こうなれば何とか良い番号を取得したいと言う事になり
頃合いを見計らって登録に行く事になりそうです。
ついでにガラスコーティングも施工する事になったので
オーナー好みのカスタムが完了したら
京都のガラスコーティング屋さんまで
車両を持って行く事になりました。


本日のご来店

朝一に大阪マッスル号オーナーが廃品回収にご来店されたので

本日のご来店200627関東の腐り物好きな友人から

スプロケットカバーを

譲って欲しいと言っている事を伝えて

快く快諾頂き、譲って頂きました。

拝啓 腐り物好きな方へついでに僕が持っている腐りの酷い

ブリーザーカバーもあるので

必要であれば一緒に送りますので

コメントをよろしくお願い致しますw


GTH号腰下下拵え

銀ちゃんが折ったタップの代替品が入荷して来たので

GTH号エンジンクランクケース下拵えリタップ掃除 (1)早速リタップ掃除をやってしまいつつ

部品も本日入荷予定なので

下拵えも同時に済ませます。

まずはアッパーケースのリタップ掃除。

GTH号エンジンクランクケース下拵えリタップ掃除 (2)次にロアケースのリタップ掃除に取掛ります。

これがリタップ掃除が終わって

入荷して来る予定の部品を組立て

早ければ今日中に腰下を組立たいなぁ…。

GTH号用ヨシムラ部品入荷200627まず全損したヨシムラの部品は入荷。

これでシリンダーをボーリングに出せます。

これで後は純正部品が入荷して来れば

サクサクっと仕上げる予定です。

GTH号エンジンクランクケース下拵えリタップ掃除 (3)取合えずアッパーケースに

スタッドボルトを真直ぐに立てて

アッパーケースの下拵え前準備も

整いましたが、結局純正部品が届かないので

今日はここまでで終了。


19号機納車整備

天気の関係や、PITの状況から今日お立ち台から19号機を下して

ご成約19号機納車整備とカスタム準備 (1)納車整備をしようと思い

タンクにガソリンを入れて

エンジンを始動したり

バッテリーの充電をしている所へ

ご成約19号機納車整備とカスタム準備 (2)19号機のオーナーがご来店w

お立ち台から降りた19号機を

何も言わずに眺めてニンマリとして

いらっしゃいましたw

シートも足付きを良くする為に、あんこ抜きシートに交換する事になり

このままだと追加作業ドンドンと増えそうですw

お立ち台に自由人君のゴリラを搭載で、お立ち台に乗せる車両が無いので

取合えず自由人君の限定メッキゴリラを

暫く搭載しておくのですが

売り物ではないのに、問い合わせが来るw

ご成約19号機納車整備とカスタム準備 (3)取合えず追加注文のキジマの

メッキメーターカバーを取付けました。

後はタンデムバーとヨシムラマフラー

タロッティのエンジンガードを取付ければ

ガラスコーティングに出す予定です。

バッテリーもサルフェーション充電が完了したので

エンジンを掛けて諸々のチェックを済ませます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年06月21日

個人面談3

今日はCP店内で顧問業務の個人面談。
コロナ禍の中環境がかなり変わった中での
通常業務に戻り、悩み多き若い社員の話を聞き
ベクトルを良い方向に向けれる様に
変えれれば良いと思っています。


約束のリジットなお鮨屋さん

昨晩は小金持ちの自由人君と嫁との三人で

小金持ちの自由人君と約束のリジットなお鮨屋さんへ (1)約束のリジットなお鮨屋さんへ!

功寿しも20年ぶり位になるだろうか

息子が中学校の頃に来たぐらいになるかなぁ。

嫁は会社でちょくちょく来ているらしい…。

小金持ちの自由人君と約束のリジットなお鮨屋さんへ (2)久しぶりの生ビールに日本酒を2合…

監視の目があるので控え目に頂きました。

炭水化物も久しぶりなので

かなり嬉しい!

小金持ちの自由人君と約束のリジットなお鮨屋さんへ (3)取合えずのお刺身盛り合わせ。

この時嫁に「明日結婚記念日やで」と言うも

やっぱりすっかり忘れていたらしいw

なので、34周年目の結婚記念日前夜祭も

小金持ちの自由人君と約束のリジットなお鮨屋さんへ (8)人のふんどしを借りて済ませました。

そう言えば自由人君との付き合いも

35年近くになるのですが

こんな高級なお店でしかも

小金持ちの自由人君と約束のリジットなお鮨屋さんへ (11)彼におごってもらう事を

今まで思っても居なかったので

変な感じもするのですが

美味しお鮨と旨い酒をゆっくりと

小金持ちの自由人君と約束のリジットなお鮨屋さんへ (15)2時間掛けて頂き、お腹も久しぶりの

炭水化物に満足してくれて

今朝の体重測定も数グラム程度しか増えておらず

体脂肪率は逆に下がっていたので

取合えず一安心で、とても楽しい夜になりました。


神戸F号キャブ、点火時期調整

今日は遠路はるばるツーリングがてらにご来店された神戸F号

神戸F号キャブ、点火時期調整 (1)数年前にCPでフルレストアした車両です。

少々キャブの調子が悪いとの事と

点火時期がかなりズレていたのを調整して

タコメーターの針が6.000rpm辺りで

神戸F号キャブ、点火時期調整 (2)踊る問題の修正などを実施しました。

またこれから夏の時期に掛けての

油温対策で、強化オイルポンプ「極み」の

導入も検討される事になりましたが

現在在庫切れ状態なので、次回のタイミングでの導入となりました。


部品取りエンジン分解

GTH号やマッスル号に使う部品を部品取りエンジンを分解して

部品取り408エンジン分解 (1)使おうと宝物庫から持って来て

分解を開始したのですが

クランキングしないので

嫌な予感しかしていなかったのですが

部品取り408エンジン分解 (2)カムチェーンをカットして

シリンダーヘッドを取外すと

案の定ピストンが錆び付いて

全く動きませんでした。

部品取り408エンジン分解 (3)で、ラスぺネをぶっ掛けて

トーチで炙って何とかシリンダーを

取外す事が出来ました。

後は明日にします…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月29日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日5月30日(土曜日)は私用により臨時休業とさせて頂きます。
緊急事態宣言解除後からの自粛要請解除となり
何時第二派の感染拡大により、自粛要請となる事も考えられ
この梅雨入り前の貴重な時を、三密を避けて移動してきます。
出先の関係先へは、事前に許可も頂いているので
経済活動と精神衛生上の観念から
この機を逃すと外出出来ないので、全くの私用ですが
臨時休業を頂きますので、宜しくお願い致します。


三重M号部品入荷リア周り仕上げ

細かい純正部品の不足が目立ち、またその部品の在庫が無いので

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (1)送料が勿体ないので、都度注文となり

入荷が遅れてしまっていたのですが

今日、ウオタニと揃って入荷してきました!

分けて入荷すれば良いのに…w

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (2)取合えずメインハーネスバンドを取付け

タイラップで拘束プレーされていた

せいなのかどうなのか分かりませんが

カバーはボロボロになってます。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (3)ブレーキロッドにRピンが使われていた所

ここは1.6×12のスプリットピン(割りピン)

Rピンだと脱落しやすく危険なので

純正品の割りピンに交換。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (4)トルクロッドにも入っているはずの

スプリングワッシャーが不在だったのですが

これまた運悪く在庫切れだったので

同じく部品の入荷待ち状態となっており

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (5)本日入荷して来たので、取付けました。

ここは普通の順番の入れ方とは違い

スプリングワッシャーが内側に入ります。

間違って入っている事は多いけど無いのは少ない。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (6)スイングアームのピポットシャフトに

モリブデングリスを注入!

こう言った圧力が掛かる所には

モリブデングリスが一番良いです。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (7)元々逆に入っていたスイングアームの

ピポットシャフトも正規の向きに入れて

セルフロックナットを新品に交換。

締付け過ぎると、スイングアームが

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (8)動かなくなるので、適度な締付け。

チェーンカバーにはプラグゴムが

入っていないので、ついでに取付けます。

リアショックと干渉してノイズの元になるので。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (9)これでプラグの取付が完了です。

ちょっとした事、ちょっとした部品ですが

せっかくなのに、ついでなのに

見たのに取付けないと言う選択肢は無い。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (10)チェーンカバーをスイングアームに

取付けたのですが、スイングアーム本体側

前側取付部分にねじ山上がりがあり

締付けが出来ない…。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (11)チェーンカバーの内側とスイングアームの

差し込み部分も、今回はちゃんと差し込みました。

これが差し込まれていないと

チェーンカバーから無駄にビビリ音がします。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (12)ねじ山上がりのスイングアームは

今回仕方なく裏側をナットで固定。

チェーンには干渉しないと思いますが

そもそもここのボルトもフランジでは無く

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (13)六角ボルトなんだけどね…。

次にリビルドしたリアホイールに

部品を移植する為、必要な部品を取外します。

スプロケットはリプロ品から

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (14)純正のNOS品に交換します。

ラインオフの純正リム再メッキに

オリジナル風仕上げハブと純正新品のスポーク

もっと拘れば、スポークニップルのメッキ違い。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (15)ブレーキドラムパネルも

純正風仕上げをした物に

具材を移植して行くのですが

ここもちょっとした罠があった。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (16)ブレーキシューはベズラ社製ですが

ブレーキカムはブレーキダストで

カサカサになっており

ブレーキシュー側もカサカサだった。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (17)極めつけはブレーキシューの脱落を

防止する役目があるワッシャーなどが

不在だった事です。

ここの部品は確か在庫があったはずなので

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (19)純正部品庫を探して取付ました。

いやぁここはある物だと思って

完全に油断、見落としてましたが

在庫部品があって良かった。

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (20)これでやっとリア周りの手直しと

純正風仕上げのタイヤホイールなどの

交換作業が完了しました。

本当ならリアサスも純正に拘っていたのですが

三重M号部品入荷リア周り仕上げ (21)ここは止む無くリプロ品となりました。

因みに、ちょっとしたうんちくですが

現行のチェーンアジャスターには

この様に微妙な感じのメモリがあるのですが

18号機チェーンアジャスター実は全然スイングアーム側のメモリと合いません。

これは丁度今入庫中の18号機ですが

当時物、ラインオフのチェーンアジャスターを

再メッキして取付けてあります。

1号機チェーンアジャスターうんちくメモリは1個でスイングアーム側のメモリと

リンクしているので、分かり易いです。

因みにゲテモノ1号機も、拘りの部品

当時物ラインオフ品を再メッキした

三重M号ウオタニ取付 (1)チェーンアジャスターを付けてます。

次にウオタニのフルパワーキットの取付。

まずタイミングローターに墨入れ。

タイミングライトで点火時期を調整する時

三重M号ウオタニ取付 (2)このラインが見えないので…白で墨入れです。

次にタイミングプレートを取付け。

ここまではサクサクっと作業が

出来たのですが、ハーネスクランプが

三重M号ウオタニ取付 (3)全部無いので、タイラップで固定。

次にコイルの取付とユニット本体の

ハーネス作成に取掛ります。

コイルにプラグコードを接続して

三重M号ウオタニ取付 (4)車体に取付けてコードの長さを合わせて

切断し、プラグキャップを取付けるのですが

先にクラッチワイヤーとガイドを

正規の場所に移動させておかないと

三重M号ウオタニ取付 (5)後からではちょっと作業がし辛い。

これでクラッチワイヤーと

ウオタニのコイルとプラグコードの

取付が完了しました。

三重M号ウオタニ取付 (6)後はユニットの配線処理をして

このユニットを何処に置くかと言う

問題があり、オーナーからは

ツールボックスには入れないで欲しいとの

三重M号ウオタニ取付 (7)要望があったので、別の所に取付けます。

ギボシを端子上げして、コネクターに接続し

ユニットを取付ける位置を決めて

型紙を作って、アルミ板を加工するのですが

三重M号ウオタニ取付 (8)これがまた中々厳しい位置になってしまう。

取合えずアルミ板を加工して

L側サイドカバー内に収めてみました。

失敗したのは付属の両面テープを使った事w

三重M号ウオタニ取付 (9)ベルクロにすれば良かったわ。

それでも何とか取付が完了したのですが

サイドカバーの中にユニットが

収まらなかったので色々と苦労して

三重M号ウオタニ取付 (10)何とか収まる様にしました。

チャンネルの設定もしやすいようにと

カッコ良くしたつもりでしたが

ちょっとだけミスったわ…w

まぁ何とかリアと、点火系の作業は終わりました。


本日のご来店

コロナの影響と言いつつ小金持ちの自由人君がご来店。

本日のご来店フィッシャーマンの自由人君200529 (1)仕事をするつもりが無い彼から

バス釣り用のロッドホルダー頼まれ

先日入荷していたのですが

今日そのロッドホルダーを取付にご来店。

本日のご来店フィッシャーマンの自由人君200529 (2)時間潰しに近所の野池で

バス釣りを楽しむらしい。

昔っからそう言うあぶく銭が入ると

仕事をせずに、遊ぶ癖は全然治ってないなw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月18日

部品整備3

何かと部品が届かないので、エンジンO/Hが2基と
GTH号の内燃機加工がまだ終わって帰って来ないのと
予定では今週2台の入庫があるのですが
天気が微妙な感じだし…。
今週の水曜日は天気の様子を見ながら
たまにはバイクで走りたいとも思ってますが
ラーメンを食べれなくなったので出掛けても仕方がない…。
まぁもう少し大人しく仕事する事にします。


レストア車用部品整備 

何時かやろうと思いながら、ずっと放置されている部品を集めて

レストア車用部品整備 (1)今日、まとめて部品整備をやってしまいます。

まずはフロントブレーキマスターから

インナーパーツを取外し、ブラストを当てて

アルマイトへ出す準備をします。

レストア車用部品整備 (2)ちょっと探したらまだマスターがあったので

結果マスター3個と他に見える範囲に

まだ2個あるけど面倒なのでスルー…

スリーウエイジョントとホルダーが2個

レストア車用部品整備 (4)アルマイトの下拵えが完了しました。

次にスピードメーターギアーを分解して

純正風に仕上げる準備に取掛ります。

サクサクっと分解したけれど

レストア車用部品整備 (5)1個ギアーの先っちょが折れてしまった…。

まぁそんな事もあるさぁ…。

取合えずギアーケースだけ仕上げてしまえば

後は部品取りがあればいいのだ!

レストア車用部品整備 (6)で、ケースをブラストで仕上げて

これでスピードメーターギアーの

下拵えが完了しました。

後は細かい部品を紛失しないように保管。

レストア車用部品整備 (7)目に付いた部品をついでにブラスト仕上げ

これ本気でやるとまだまだ沢山あるので

心が折れる手前の数だけやってしまう事に…

タペットキャップは古いと割れるので新品が良い。

21号機用部品整備 (1)れである程度終わったと思っていたら

スピードメーターギアーをもう一個

見つけてしまったので、仕方がない。

これは逆車408用21号機に使う用に

21号機用部品整備 (2)ブラスト仕上げで組立ました。

下手に探すと、まだまだ出てくるので

今日はもうこれ以上何も探さない。

これにて終了と思いながら

21号機用部品整備 (3)やる気のある内に21号機用の部品を

引っ張り出して、これもその内

整備をして置こうと思いつつ

やっぱり今日はここまでだな…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月17日

海外からの注文が増加中!3

最近FBのCB400Fourのコミュニティに招待され
まぁ海外も自粛や閉鎖などで、時間を持て余しているのか
CB400Fourに関しては、海外でも悩みは同じ見たいで
部品の不足やトラブルに関しての相談などがあります。
で、この所海外からの部品注文がチョコチョコあり
米国テキサスや英国サマセットなどから
キャブレターダストパッキン(A/C)などの注文がありました。
FBがペイパルとリンクしているので支払いも簡単になってました。
その他の部品も困っている様で
その都度アゲインのリンクを貼っているので
多分同じようにアゲインにも注文が行っていると思いますw
そんな今日は朝から日本在住の外国人の方がご来店。
CB750Fourを探していると言うので
速攻アゲインに在庫の電話をして、アゲインに行ってもらったw
日本語はしっかりと喋れるので、問題ないでしょうw
また、困った事があったら相談したいとも言われており
グーグル和訳でやり取りをしている状態ですw


14号機オイル交換

GTH号が修理完了するまでの間に代車でお貸ししている14号機の

14号機2年越しの慣らし完了オイル交換 (1)慣らしが終わり、本日オイル交換にご来店。

僕も乗ってもらう事によって

管理が楽になり、GTH号の修理が出来るまでの間

14号機で楽しめると言う関係があるので

14号機2年越しの慣らし完了オイル交換 (2)まぁお互いWin!Win!の関係と

言う事になると思います。

何とか次のオイル交換までに

GTH号が復活すれば良いのですが。

14号機2年越しの慣らし完了オイル交換 (4)で、14号機のエンジンオイルを抜くと

毎度お馴染みのレデューサーが

付いている事を忘れており

オイルが下りて来ませんw

14号機2年越しの慣らし完了オイル交換 (5)で、オイル交換も終わり、14号機に付けてある

強化オイルポンプ「極み」とミッション用

大流量強化オイルポンプのレポートもして頂き

普通に走って90℃までぐらいで

京都の街中で信号につかまっても、100℃程度だったとの事でした。

ミッションも軽快スムーズに入るそうです。


限定メッキゴリラR

マッスル号の納車とモンキーZ50Zの納車も終えて

限定メッキゴリラRフルカスタム (1)この自粛期間の暇つぶしにと思い

約20年以上不動になっていた

自由人君の限定のメッキゴリラ

R仕様を引き上げてきました。

限定メッキゴリラRフルカスタム (2)キャブはCR26が取付いており

エンジンは88ccにボアアップされ

当時のレーシングカムシャフトやクランク

フルクロスミッションも搭載されたエンジンで

限定メッキゴリラRフルカスタム (3)バックステップは当時のタケガワ製で

キックは使えないので押し掛けです。

殆どのゴム類はもう朽ちているので

交換になりますが、取付いている部品が貴重品。

限定メッキゴリラRフルカスタム (4)スイングアームはタケガワと

共同開発した物で、プロトタイプから

量産品になり、製造1個目のスイングアーム。

この頃は自由人君はタケガワに色々と

限定メッキゴリラRフルカスタム (5)特注で部品を作って貰っていたらしく

スイングアームはその報酬との事です。

エンジンは16,000rpmまで周りますが

まぁ実走では15,000rpmぐらいらしい。

限定メッキゴリラRフルカスタム (6)マフラーはCRキャブに干渉するのと

バンク角を稼ぐ為、左出しアップセンターを

タケガワに作ってもらったとの事です。

現在では恐らくこの車両に取付いている部品は

限定メッキゴリラRフルカスタム (7)手に入れる事は、かなり厳しいと思われ

貴重なテスト部品もあったりするので

時間潰しにこれを復活させようと

自由人君と話をしている所です。

限定メッキゴリラRフルカスタム (8)20年不動なので、ホコリこそ被ってますが

保管状態は良いので、やる気になれば

直ぐに復活すると思いますが

まぁこれを街乗りにしたら、直ぐにK察の

餌食になるのは間違いないと思います…。


CB400Fourレストア用部品下拵え

ちょっと時間に余裕があるこんな日は

CB400F用レストア用部品下拵え (1)レストア用部品の手入れと下拵え。

再メッキに出す部品を綺麗に

ブラストで下地処理を済ませて

天日干しで水気を取ってから再メッキに出します。

CB400F用レストア用部品下拵え (2)汚れたままだったり錆があったりすると

メッキ屋さんに断られるので…。

ブレーキ関係の部品は塗装や

アルマイトに出せる様に下地処理をします。

CB400F用レストア用部品下拵え (3)ブレーキマスターの分解とか

スピードメーターギアーの分解は

また今度する事にします…。

スリーウエイジョイントはブラスト済

他にも細かい部品があるので、それも纏めてまた今度にします。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月14日

第三回体幹トレーニング3

昨日の定休日も弟に手伝ってもらって
体幹トレーニングを一日やっていたので
なので今日もまた筋肉痛になってます。
昨日は気温も高くて、結構な汗をかいたので
体重は2キロも減って97キロになりました。
以前の様な痩せ方ではなくて筋肉を付けながら
脂肪を燃焼させているので中々良い感じです。
今の体脂肪率は約1/3が脂肪ですが
それも徐々に減りつつあります。

 
まっきーR納車へ向けて

まっきーRのニッシンの縦型フロントブレーキマスターは

まっきーRフロントブレーキマスターエアー抜き (1)少し放置すると、エアー嚙みしてしまうので

納車間近になってきそうなので

フロントブレーキマスターの

エアー抜きをして置く事にしました。

まっきーRフロントブレーキマスターエアー抜き (2)マスター本体にエアーが入るので

バルブからチョイっとエアーを抜けば

フロントブレーキが使える様になりました。

後は朝晩フロントブレーキを握って

エアー嚙みしない様にすれば大丈夫らしい。

このタイプのニッシンのマスターにはよくある事らしい

知らんけど…。


京都M号発電量チェック

先日配線の手直しをした時に、バッテリーが弱い事に気が付いたので

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (1)バッテリー電圧を測定してみた所

12Vを切っているので、このバッテリーも

少々寿命なのかも知れません。

で、念のため発電量もチェックしました。

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (2)5,000rpmをキープして測定しましたが

発電量は中々上がらず

結構頑張ってみて発電量を測定しました。

結果は、発電量もかなり低く

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (3)頑張っても13.5Vなので

ステーターコイルを交換した方が

良いかも知れません。

5,000rpmをキープして走行すると

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (4)結構な速度になるので

一般道では厳しいと思います。

取合えずバッテリーを充電したら

バッテリーが復活し発電量も大幅に改善傾向なので

後はオーナーにバッテリーの管理をして貰える様にお話をしました。


Z50Zブレーキシューチェック

本日オーナーがご来店され、「ブレーキシューの交換を」

Z50Zブレーキシューチェック (1)とのご要望があったので

純正部品を調べたら廃盤だったので

取合えず現物をチェックして見ようと

フロントタイヤを取外しました。

Z50Zブレーキシューチェック (2)ブレーキドラムを取外して

ブレーキシューをチェックして見ると

どうやら一度交換をされているようで

全然健全な状態でした。

オーナーから教えてもらった専門店の部品は

純正部品と明記されていたのですが、何か別の車両の流用品かも知れない。

廃盤のブレーキシューは本体があればシュー貼り換えが出来ますので

お値段的にも多少はリーズナブルです。


巷で悪評高きアベノマスクが届いた!

日本で悪評高きアベノマスクが今日配達されてきました。

巷で噂のアベノマスクが届いた!改めて実物を見ると

こんな物に数億円の費用を掛けて

本当にバカらしいと思った。

もう普通にマスクは手に入るようになったから

これは使わずに、僕の歴史の中に封印して保管する事にします。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月30日

我慢週間二日目3

我慢週間二日目に入りましたが
予想はしていましたが
やはり緊急事態宣言は延期されるようです。
このままもたもたしていると
何処のお店も、CPも持たないようになるなぁ…。
ツーリングはするなと言う所もあるのに
バイク屋は保証対象には入っていないし
自粛対象でもないけれど
誰もバイクに乗らず、お店に来なかったら
そりゃぁ瀕死状態になるよね。


14号機継続車検

2月に車検が切れて、放置してあった14号機

14号機継続車検200430 (1)2年間で走行164キロだったけど

今日、継続車検を受けに何時もの京都南へ

タイミングが良かったのかラインはガラガラ

検査員の方に聞くとやはりコロナの影響らしい。

14号機継続車検200430 (2)「また来てやー」と言ってくれたw

で、ラインも一発合格で

これでまた無駄に不動車の継続車検を

受けた分けではなくて、実は…。

14号機継続車検200430そしてGTH号の代車に (1)エンジンブローしたGTH号の代車として

エンジン修理が完了するまでの間

僕としてはメンテナンス代わりに乗ってもらい

GTH号が直るまでの間代車として貸し出しました。

まぁ乗らないと土に帰ろうとするので

お互いのメリットもある事から、今回代車にしました。


1号機シフトタイミングライト設定

昨日取付けたスタックのタコメーターの機能には

1号機スタックタコメーターシフトタイミングライト設定 (1)シフトタイミングライトの機能があるので

その機能を速度警告灯を利用して

配線をやり直す事にしました。

この速度警告灯ランプの配線を

1号機スタックタコメーターシフトタイミングライト設定 (2)スタックのタコメーターに接続して

これでシフトタイミングライトの

配線が完了しました。

レーサーで使っていたスタックのタコメーター

1号機スタックタコメーターシフトタイミングライト設定 (4)元の設定は11,000rpmで設定されていましたが

8,000rpmで速度警告灯が光る様に

設定をやり直し、シフトタイミングライトの

配線と設定が完了しました。

まぁこれが光るのは、何時になるか分かりませんけどね…。


peke_cb400f at 14:30|PermalinkComments(0)

2020年04月28日

明日から一応GWに入ります3

一応明日からGW(我慢週間)に入ろうと思いますが
恐らく退屈なので、店には居ると思います。
基本的にお店の電話は留守電になりますので
緊急の際は、折り返しの電話番号をメッセージに入れて下さい。
若しくは携帯電話番号をご存じの方は
直接電話を頂いても構いません。
携帯電話も都合によっては出れない場合もありますが
折り返しの電話は致します。
自粛期間中なのでレッカー手配及び緊急入庫は
無いと思っておりますが、皆様もこのGWを乗り越えて下さい。
 

日本刀鑑定

先日後輩からの依頼で持ち込まれた日本刀の鑑定をしました。

日本刀鑑定依頼 (1)全長は700mmで銘無しでしたが

当時で言うと甲斐国(甲州)の蔵から出た物。

鋒は中鋒で棟は庵棟仕上げ

茎はせり上げた跡があるので

日本刀鑑定依頼 (2)全長が短くなっており、刃こぼれもあるので

実際に使用された物だと思います。

反りは、せり上げられているので

腰反りか中反りなので、時代的には

日本刀鑑定依頼 (3)鎌倉時代中期〜後期に掛けての物か若しくは

室町時代〜江戸時代何れにせよ戦国時代の物

甲州の蔵から出た物なので、戦国時代の武将

武田信玄が統治していた地域になるので

日本刀鑑定依頼 (4)戦国の世で血を吸っているかも…

程度としては、準業物で5ランク中の

下から2番目程度、なまくら刀の上程度。

いわゆる並程度で、普通の武士クラスが

所有している感じの代物だと言う事になると思います。

参考までにランクとしてはこんな感じになります。

包丁<なまくら<準業物<業物<大業物<最上大業物

鑑定で重要になるのは、茎部の錆びと銘が有るか無いかで

茎の錆びは最も重要で、この錆びを取ってはダメです。

刃こぼれは無いに越した事は無いのですが、そんなに重要でもないです。


数年ぶりに二桁突入!

先月の血液検査結果が悪かったので、食生活を大幅に改善してから

数年ぶりの二桁突入!約1ヶ月が経過してやっと

煩悩の数だけあった体重が

久しぶりの二桁に突入しました!

この調子で行けば、あの頃の様な

かっこいい僕に戻れて、またモテモテになるな!


14号機継続車検準備

2月に車検が切れて、そのまま定位置の不動車コーナーに

14号機継続車検準備 (1)鎮座していた14号機を

重い腰を上げて、継続車検準備に

取掛る事にしました。

全く乗っていませんが、やる事は一緒。

14号機継続車検準備 (2)登録をしてから2年以上が経ちました。

貴重な398cc、型式指定、類別区分番号も

しっかり残っており、フレーム3桁

エンジン番号マッチの14番違い

14号機継続車検準備 (3)そんなお宝車両ですが

2年で164キロしか乗っていないので

この2年間の管理も大変でした。

仮にこの2年間毎週乗ったとしても

14号機継続車検準備 (5)週に3キロ程度の計算になりますw

ブレーキフルードは一応2年物です。

そんなに汚れていませんが

2年物なので交換します。

14号機継続車検準備 (6)で、新しいブレーキフルードを入れて

諸々の点検を済ませて

継続車検の準備が整いました。

このGW中の30日に行くか、5月になるかは

姫号不動車コーナーへ移動まだ何も決めていませんけどね…w

そして姫号は、PITスペース確保の為

14号機の代わりに不動車コーナーへ

上がる事になりました。

まぁこの時期乗りたいだろうけど、仕方がないよねぇ…。


GTH号用代替えシリンダーヘッド準備

宝物庫から状態が良いシリンダーヘッドをチョイスして

GTH号用代替えシリンダーヘッドの準備 (1)GTH号の代替えとして使える様に

ブラストで仕上げました。

他の交換用部品のコンロッドも

後で探す事にします。

GTH号用代替えシリンダーヘッドの準備 (2)ブラストも終わり何時もの

リタップ掃除も完了しました。

後はバルブガイドのOリングを

交換すれば、内燃機加工へ出す事になりますが

まぁGW明けになりますけどね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月24日

コロナ自粛が終わったら…3

とにかく自宅に居ろと言われても
何の保証も無い商店主の我々にはかなり厳しい。
まぁお店を開けて自分の趣味をしているだけ
みたいな物ですけどね。
コロナ自粛が終わったら、弟と二人で魚釣りにでも行こうと
今話が盛り上がっています。


ストレス発散BBQ

一昨日の夜に弟と二人で、ストレス発散にBBQをしよう!と

コロナ自粛弟と二人BBQ (3)魚釣りやツーリングや仕事の話をしながら

久しぶりに飲むアルコールと肉を

たっぷりと堪能しました。

これを海でやれたら面白いのになぁ…。

SHIMANOのリールカルカッタ分解グリスアップ (1)魚釣りの話も盛り上がり

怪我をしてから13年、仕事で忙しかったので

最低でも15年以上は行ってないので

釣り道具のメンテナンスをしないとw

SHIMANOのリールカルカッタ分解グリスアップ (2)まずはこのお高いリールから

分解してメンテナンスをする事にします。

中は特別に腐ってはいなかったので一安心。

取合えず稼働部分には給脂をして

メカニカルブレーキの調整をしたら、結構軽くなりました。

これで自粛明けが楽しみになってきました。


スタックタコメーター仕上げ

1号機用にスタックのタコメーターを取付け出来る様にする為の

スタックタコメーターロアカバー取付 (1)純正部品が入荷して来たので

早速組立を開始します。

純正メーターを加工して

スタックのタコメーターを取付けているので

スタックタコメーターロアカバー取付 (3)1号機に取付けるにはこの純正部品が

必要になってくるわけなのです。

サクサクっとロアカバーの組立が完了。

後はアクティブのメーターを何処に持って行くか

スタックタコメーターロアカバー取付 (4)このコロナ自粛の間に1号機の仕様を

色々と変更して行き、何とかこの

スタックのタコメーターを

取付けれる様にしたいと思っています。


銀ちゃん用オリジナルBS制作用治具フレーム

以前から銀ちゃんがオリジナルでBSを作ると言うので

銀ちゃんBS制作用治具の21号機制作用治具の21号機のフレームを

先日宝物庫から持ち込んだ所から

ダミーエンジンも持ち込んで搭載しました。

これで何時でも製作に取掛れます。


本日のご来店

エンジンオイル交換のご予約を頂いていた

本日のご来店ウルフ号オイル交換200424高槻のウルフ号がご来店。

サクサクっとオイル交換を終わらせました。

先日ポイント調整をしてから

調子も頗る良いとの事で安心しました。

小金持ちの自由人君エイプ用オイルキャッチタンク購入更に加工へ注文した部品が入荷したので連絡して

ご来店となった小金持ちの自由人君。

お高いタケガワのエイプ用

オイルキャッチタンクをご購入。

これをまたカブ用に改造して取付けるらしいです。

流石!小金持ちの自由人君ですw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月13日

HONDA SERVICE NEWS3

カオスな車の駐車場から、またカオスな駐車場へ
契約を変更したのですが、先日の天気が良い昼に
何時も気を付けて車をバックで止めるのですが
何時もの後ろにあるブロックの境目を
確認しして下がったつもりが
残念な事にそのブロックは隣のブロックからズレて
隙間がある部分だった事に気付かず
そのままの勢いでバックしたら、カオスなブロックの角に
ハイエースのバンパーを見事に直撃!
バンパーが壊れました…はぁ…。


経済活動

昨日の定休日に、最近顔を出せていない居酒屋さんが

経済活動200412お昼のテイクアウトを始めたと言う事なので

経済活動と、応援の為にテイクアウトしようと

お店に行ったのですが…残念な事に

営業時間が終わっていたのか?

お店はもう閉店してしまっていた?。

どうやら日曜日は定休日だったらしい…。

仕方が無いので、お昼は7〜11へ行き購入してきました…。


19号機予備車検準備

不動車コーナーのヒーロが乗るお立ち台に置いてあった19号機の

19号機予備検準備 (1)予備検を受ける為に

お立ち台から車両を降ろし

新規予備検の準備に取掛ります。

タンクはガソリンを入れると管理が面倒なので

19号機予備検準備 (2)14号機から取外して使用します。

キャブにガソリンを流し込んで

セル2回でエンジンが始動!

激しく調子が良いキャブとエンジンです。

19号機予備検準備 (3)取合えず予備検を受けれる様に

念の為保安部品や灯火系をチェック!

ヘッドライトが少し低かったので調整して

これで検査へ行けます、前に置いてあるのが

19号機予備検準備 (4)19号機のガソリンを入れていないタンク。

ブリッピングをしながら諸々のチェックと

しっかりとエンジンに熱を入れます。

この車両は空燃比が良いので

19号機予備検準備 (5)マフラーから水が出るからです。

このマフラーから出る水は

この車両の空燃比が良い証拠なのですが

これがダメなのは、中途半端にエンジンを

19号機予備検準備 (6)温めてしまう事によって、水分が徐発せずに

マフラーの中に溜まって、錆させる事や

エンジン内部は正圧なので

水分を含んだ空気を、ピストン運動で吸込みます。

なので、しっかりとエンジンに熱を入れて

水分を蒸発させる必要があるので

19号機予備検準備 (7)エンジンをしっかりと温めると言う事なんです。

バッテリーもサルフェーション充電が

終わったので、通常充電にして

明日の新規予備検査に備えておきます。

予備車検は3か月有効なので、その間にオーナーが決まらなければ

予備検査費用が勿体無いので、一旦僕の名義で登録をするかも知れません。

まぁナンバーを取得しても乗りませんが…。

19号機返納証明書書類も綺麗な書類で、型式指定番号や

類別区分番号もちゃんと残ってます。

初年度昭和52年4月登録、最後の方ですね。

平成6年までは動いていた感じで

返納したのは平成15年に返納しています。

19号機予備検準備 (8)お値段は少々お高いと思われますが

四半世紀近く放置されていたこの398ccを

ここまで仕上げる部品代などが

200万オーバー+車両代金を考えると

僕の手間賃なんて無いも同然の破格値です。

綺麗な書類でワンオーナー、フルレストア車両のオーナーを募集中です。
             (只今検討中で商談中ではない方は居ます)
もうこんな車両も中々出て来ないので

同じ物も作れなくなって来ています。

後は国内408ccの現状バラバラと逆車が数台ありますが

全てレストアベースになります。


HONDA SERVICE NEWS

昭和56年10月発行の「HONDA SERVICE NEWS」のペーパーが

劣化して来たので、電子データーに保存しておこうと思い

画像をスキャンして繋ぎ合わせる加工をしました。

その電子データー化したペーパーを、自宅で外出自粛している方へ送ります。

当時の読み物として観覧して下さい。

HONDA SERVICE NEWS 98 (1)HONDA SERVICE NEWS 98 (2)






HONDA SERVICE NEWS 98 (3)HONDA SERVICE NEWS 98 (4)







B3用紙タイプなのでA4でスキャンして接続してありますので

真ん中の繋目が多少切れていますが、僕も時間潰しになったし

読み物で時間潰しは如何ですか?

誠司17歳1 (3)昭和56年10月だと、僕は17歳で

ピンクのフォーク靴望茲辰討い泙靴拭

当時はバイクで事故する事やコケるなんて

考えもしなくて、自分では腕前が良いとさえ

思って勘違いをして、暴走していたなぁ…。

だから事故で怪我をして入院、ICU送りだったしなぁ…w。

検挙された回数は少なかったけど、それでも何度か検挙もされ

当時は割とアバウト感じで「またお前か!今回は大目に見たるわ」的なw

原チャリはヘルメットを被るのは努力義務程度になった頃だったし

中型車も原チャリ同様30キロ以下で走行すればノーヘルで良かった時代だった。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月09日

十三回忌3

政府から緊急事態宣言と外出自粛要請が出ましたが
昨日は以前から予定していた
僕の十三回忌になる日なので
外出自粛要請が出ていない京都府に住む弟と二人で
あの事故現場へ行ってきました。
あれから13年、あの日死んだ僕の人生を思い
今ある人生に感謝してきました。


オイルポンプデーター取り

十三回忌のお参りを兼ねて、弟と二人でオイルポンプのデーター取り。

僕の車両のエンジンは520ccなので余り参考にはなりませんが

弟の車両は466ccなので基本データーになります。

これは許される範囲の経済活動だと言う事で判断して

三密にならないように気を付けて走ってきました。

基本データーの取り方としては、オイルクーラー出口の油温を基本にして

最大+25℃〜15℃がオイルクーラー入口の温度とします。

弟の強化オイルポンプは50%増量のCP製ハイパワー+

アゲイン製ミッションのフル強化オイルポンプで

僕のはCP製「極み」+テスト中のCP製大流量ミッション用強化オイルポンプ。

強化オイルポンプデーター取り業務 (1)阪神高速を時速**キロ〜***キロで走行。

外気温16℃、弟の車両の油温計で約63℃

参考になりませんが僕の車両で約83℃

一般道、法定速度内で弟ので約76℃、僕ので94℃

強化オイルポンプデーター取り業務 (2)ミッション用大流量オイルポンプは

シフトアップの時に効果が分かり

クラッチを握ってシフトアップすると

抵抗が無いので、あれ?シフトチェンジ出来た?

強化オイルポンプデーター取り業務 (3)と思うぐらい抵抗が無かった。

シフトダウンはカチっと抵抗があるので

そこは安心して乗れます。

そこそこのデーターも取れたので

強化オイルポンプデーター取り業務 (4)昼食はヨーロッパ軒のスカロップ

当然お持ち帰りは暗黙の了解です。

人との接触は極力避けて

弾丸300キロをオイルポンプデーター取り業務が

完了して帰阪したのが15:30でした。


強化オイルポンプ達

既に一般リリースは始まっている強化オイルポンプ「極み」の

各種強化オイルポンプ仕上げ (1)トロコイドギアーの加工と

各種サイズのハウジング加工が終わり

戻ってきたので、早速組立を開始。

新型1個、ハイパワー2個、極み2個の組立です。

各種強化オイルポンプ仕上げ (2)2個の極みに関してはレーサー号を

街乗り仕様に変更する時に取付けます。

残り1個は、某青い方の予約品になるので

残りハイパワーが2個と新型が1個になります。

恐らくハイパワーに関しての製作は「極み」の効果が上なので

これで最後になると思います。


小金持ちの自由人君ご来店

あぶく銭を手に入れた自由人君は、愛車カブのヘッドライトを

小金持ちの自由人君ご来店 (1)LED化する為に部品を注文した物が

入荷して来たので、取付にご来店。

小金持ちなので、珍しく自販機で

ジュースをおごってくれました。

小金持ちの自由人君ご来店 (2)リジットなお鮨屋さんへ行く日は

コロナが収束してからになりました…。

で、LEDバルブですが予想通り取付かず

ヒートシンクを加工するらしいです。

ついでにシートの乗り心地が悪いらしいので

カスタムシートを注文して帰りました。

流石小金持ちになると、お金の使い方も変わるんですねぇw


イントルーダーントブレーキパット交換

継続車検も終わり、フロントブレーキパットの入荷待ちだったのですが

イントルーダーフロントブレーキパット交換 (1)予定より一日早く入荷してきました!

スズキ純正イントルーダー用です。

新品のパットの厚みを見ると

今のパットは2年は持たないぐらいです。

イントルーダーフロントブレーキパット交換 (2)サクサクっとフロントブレーキパットを

取外しました。

残りのパット厚みを測ったら

1.5个靴無かった。

イントルーダーフロントブレーキパット交換 (3)新しいブレーキパットを

キャリパーに取付けが完了!

新品の厚みと比べると

交換して良かったと思います。

イントルーダーフロントブレーキパット交換 (4)キャリパーを取付けて

これでイントルーダーの継続車検と

メンテナンスが全て完了しました。

フロントブレーキは、少し当たりが付くまで

余裕を持って走って下さい。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年04月07日

2台まとめて継続車検3

いよいよ今日緊急事態宣言が発表される事になり
外出自粛を要請される事になりそうですが
不要不急の外出は自粛しても仕事はしてもい良いらしい。
緊急給付金についても、6月に給付されるらしいけど
頂くには壁が高く、個人事業主には最高100万円が
給付されるらしいけども…だ!
6月に給付されても、日銭で何とか成り立っている所は
6月まで待てないよ…しかも壁が高すぎるわ。



イントルーダー&Z750RS継続車検

先週イントルーダーの継続車検に向かう向かうはずだったのですが

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (1)寸前で色々とトラブルが出た為

延期となり、今日Z750RSと二台まとめて

寝屋川へ継続車検へ向かいました。

まずはややこしく無い方の

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (2)イントルーダーからラインへ突入!するも…

遭えなく光軸が45度下を向いていると言う事で

1本目は見事に撃沈となった…

上下は固定されているのでどうするかなぁと…。

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (3)で、次にややこしいはずのZ750RSを

ラインに突入!…見事に一発合格!

むー…取合えずイントルーダーの光軸を

裏技で細工して何とか合格!

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (4)二台とも無事に継続車検を獲得!

で、店に帰ってからZ750RSに

検査票章を貼る!

割と真直ぐに貼れた!

Z750RSとイントルーダー2台纏めて継続車検 (5)続いてイントルーダーにも

車検票章を貼る!…

しまった!若干曲がったぞ!

まぁ昨日の青い方よりはマシなのでOKです…

これで取合えず大物2台の継続車検が完了しました。


店番と言う強制労働

継続車検へ向かう為に、弟を呼び出してお店の留守番をしてもらう

電装部品製作の強制労働と店番 (1)そのついでにCB400Four用の

サブハーネスを時間潰しにと

弟思いの僕は配線類などを用意して

あげると言う、弟思いの優しさ。

電装部品製作の強制労働と店番 (2)車検から戻って来ると

しっかりと時間潰しでサブハーネスを制作。

これで当分はサブハーネスに

困らずに済むようになるかと思ったのですが

電装部品製作の強制労働と店番 (3)残念な事に、ハーネスチューブが

無くなってしまったので

ACGのサブハーネス制作は

ここまでで終了なってしまった。

電装部品製作の強制労働と店番 (4)それじゃぁテールライトのサブハーネスを

作れば良いじゃないかと言う事で

テールライト用サブハーネスを

5セット作って、今日の内職は完了です。


1号機ヘッドライト光軸再調整

昨晩いつも通りバイクで自宅へ帰る途中の事

1号機ヘッドライト再調整 (1)対向車からハイビームにされて幅寄せされた…

何でだろうと思い考えてみたら

フロントタイヤを交換した為

フロントが上がってヘッドライトの光軸が

1号機ヘッドライト再調整 (2)少し上がった為、眩しかったのだろうと

言う事ぐらいしか思い当たらないので

仕方なくもう一度光軸を調整する事に…

今度はロービームをかなり下まで下げてみました。

1号機ヘッドライト再調整 (3)これならきっと対向車ももう

眩しくは無いと思けど、車検の時は

再調整する必要があるな。

まぁ余計なトラブルを

回避する為だから仕方がないなぁ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月06日

ついに緊急事態宣言発令だな…3

人それぞれに考え方の違いはあると思いますが
今この新型コロナが流行しているこの時期
バイクに乗って、ツーリングをしたらダメなのか…?
ヘルメットを被ると個室だよ?3密じゃないし、通気性も良いよ?
ガソリンは入れないと走らないけど
ガソリンスタンドで給油中に人は密集しないよ?
人間だから食事も摂らないと行けないから
出先では食事処に入る事自体は自宅以外何処に居ても同じで
逆に食材を買いに行く主婦の方が、レジに並んで人が密集してるよ?
健康だからバイクに乗って走れるし
ツーリングをする事によって、経済活動にも貢献してるよ?
不要、不急の意味=重要ではなく、急ぎでも無い事。
これは個人の主観によって捉え方の違いがあると思うけど
バイク屋さんにしてみれば、バイクに乗る事も仕事です。
走って消費して貰わないと死活問題にもなるんだけどね。
バイク屋さんも少なからずコロナの影響を受けているよ。
明日には緊急事態宣言は発令されるみたいだね。
そうなるとツーリングも残念だけど中止だな。
取合えず先に30万下さい。
車検場は普通に運営はしてもらわないと困るね。


某青い方継続車検へ

自分でユザー車検を受けに行くと、某青い方に諸々のレクチャーを済ませ

某青い方ユーザー車検に挑む! (1)今朝CP開店前の一番にご来店。

自賠責保険証を受け取って颯爽と

ユーザー車検に行かれました。

で、その結果は…?

某青い方ユーザー車検に挑む! (2)物の1時間もしない内に店に戻ってきた…。

全て一発合格!で新しい車検証ステッカーを

僕が貼ったのですが「曲がってるやん!」と

叱られましたが、これが俺流です…TT。

次回オイル交換時にオイルポンプを「極み」に交換して

セルモーターO/Hとドライブチェーン交換などを予定しています。


枚方Z750RS継続車検バッテリー充電

発電電圧が9VしかなかったZ750RSのバッテリーを

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (1)二日間サルフェーション充電したけど

終わらなかったので、通常モードで

充電をする事にしました。

そして数時間後

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (2)バッテリーの充電が無事に完了しました。

サルフェーション充電中に揮発した

希硫酸を補充して、バッテリーを

車両へ搭載する準備も整ったのですが

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (3)BFバッテリーあるあるで

本体が劣化するとキャップも劣化して

割れてしまう…今回は4個割れたので

他の物と交換しました。

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (4)充電後のバッテリー電圧を

チェックしてみたら13V近くまで復活

取合えず継続車検は大丈夫そうです。

で、念の為発電電圧も測定。

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (5)発電は健全に行われているようで

全然問題がないレベルだった。

オーナーには納車時にこの状況と

バッテリーの交換を提案しておきます。


暖かくなったら漁へ出掛けよう

こんな身体になってから、好きだった魚釣りにも

漁に出掛ける準備 (1)出掛けられなかったのですが

今度暖かくなったら、弟の介助の元

魚釣りに出掛ける予定になった!

使わなくなって十数年のリールも手入れして

漁に出掛ける準備 (2)糸を巻き替えないとダメだなぁ。

手作りのチヌ竿、金属部はオールチタン製。

グリップ部分は古民家のヤニ竹を使い

ロッドはカーボン製の逸品。

メータークラスのボラでもごぼう抜き出来るにも拘らず

竿先のしなやかさもある竿なので、暖かくなる日が楽しみです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年04月05日

断捨離と部品整理3

このご時世、何時どうなるかわからないので
念のため遺書を書こうと思って居るのですが
結果、遺書って何をどう書くの?って感じです。
遺言みたいなたいそうな財産も無いし
嫁が勝手に処理するだろうから
まぁ嫁にしてみればゴミみたいな
バイクの部品に関しては
どうするか分かる様にする事からだなw


1号機フロントタイヤ交換

今朝も天気が良いのでバイクで通勤していると

200405桜と1号機 (1)そう言えばもう桜も満開だなぁと思って

少し寄り道をして桜の木の下に

1号機を止めて今年初の桜とツーショット!

桜をマジマジ見る心の余裕が無い昨今

1号機タイヤホイール交換 (1)何だかやる気が出てきたので

フロントタイヤを交換するスイッチが入った!

ついでなので、フロントホイールを

マグタンに交換する事にしました。

1号機タイヤホイール交換 (2)レースで使ったタイヤですが

真ん中がほぼ新品状態ですし

両サイドも街乗りレベルでは

全然使えるのでエコでお財布にも優しい

1号機タイヤホイール交換 (3)T.O.T用にブレーキディスクを

NSR用に交換してあったので

ブレーキディスクは今取付いている

ブレーキング製のディスクを使います。

1号機タイヤホイール交換 (4)交換するタイヤホイールの準備が出来たので

1号機からCBR250RRの

タイヤホイール取外しも完了しました。

マグホイールと互換性があるのでポン付けです。

1号機タイヤホイール交換 (5)取外したCB250RRのホイールから

ブレーキング製ブレーキディスクを

移植して取付るのですが

スピードセンサーのピックアップ方法を

1号機タイヤホイール交換 (6)少し変更しないといけないので

取合えずディスク板を取付けて

ピックアップ方法を変更しました。

これで後は車体に取付けて

1号機タイヤホイール交換 (7)スピードセンサーとピックアップ側の

位置を微調整して

フロントタイヤホイールの

交換が完了したので、試運転をして

1号機シビエヘッドライト位置調整OKスピードセンサーとメーターの動きを確認。

スタックのスピードメーターの動きも

問題なく速度を表示したのでOKです。

ヘッドライトも昨晩走行したら

対向車の反応が今までと違うので、まぁ良かったかな。


本日のご来店

今日も弟が店にやって来て、何やら怪しい動きをしていると思ったら

万引き男ご来店 (1)案の定ゴソゴソとタンクを外し

昨日探し出して、ブラストで綺麗に仕上げた

キジマのタペットキャップの

交換をし始めやがった!

万引き男ご来店 (2)でも流石にOリングだけは

新品に交換しないといけないので

Oリングはご購入となりましたが

少しだけぼった食ってやったわw

某青い方継続車検のご相談そこへ久しぶりにご来店されたのは

某青い方、岡山から一時帰阪して

3号機の継続車検を明日自分で行くとの事で

書類の書き方や自賠責の手配を済ませ

車検の受け方のコツなども伝授し、念の為光軸もチェックしました。


HONDAエンブレムペーパーウエイト


断捨離中に見つけたHONDAロゴのタンクエンブレムを使って

HONDAタンクエンブレムもペーパーウエイトに (1)ペーパーウェイトを作ってみました。

イベントなどで物が風で飛ぶ時もあるので

こう言った物を置いていた方が

お洒落かなぁ…と思ってw

HONDAタンクエンブレムもペーパーウエイトに (2)裏側に真鍮製のプレトーを貼り付けているので

意外と重くて、これは使えると思います。

Firlady280Zのペーパーウエィトと並べると

何か良い感じがするのは気のせいかな?w

商品陳列整理まぁ自己満足ですけどね。

で、断捨離の延長で在庫部品を整理。

色んな所から余計な在庫部品が見つかったわw

まぁこれで部品の整理が出来て

在庫管理もやり易くなりました。

後は遺書の書き方を調べないといけないなぁ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月03日

高熱?知恵熱w3

詳しい事は書けませんが
息子が勤務する病院の医療従事者の方に
新型コロナ濃厚接触者の疑いがあり自己隔離とPCR検査中で
院内での濃厚接触者も居るらしいので検査中との事ですが
脳天気な脳外科医の息子は我関せずで
相変わらず飄々としているらしい。
そんな僕は昨晩、何か身体が怠いので
就寝前の何時もの体温測定をしてみたら
37.0〜37.1℃も体温が上がっていたので
僕にしてみたらかなりの高熱なので
少し恐怖を感じながら就寝して
今朝も体温測定をしたら35.8℃で
何時もより少し高い位の平熱だったので一安心。
実は予定していた作業も、この新型コロナの影響で
数件延期若しくはキャンセルとなっていますが
相変わらずPITは満タンですw


Z750RS継続車検メンテナンス

急遽昨日入庫となったノンレス2オーナーのZ750RSの

枚方T号Z750RS継続車検整備 (1)継続車検整備を先にする事にしました。

リアタイヤはスリップサインが

出ているので交換になります。

初年度昭和49年10月型式類別も残った貴重な車両

枚方T号Z750RS継続車検整備 (2)まずはエンジンオイルを交換して

エンジン内部の状況をチェックします。

キャブは少しオーバーフローしますし

走行距離が約40,000キロなので

枚方T号Z750RS継続車検整備 (3)そろそろお疲れ気味なのですが

異音も無く調子も良い状態です。

そんなタイミングで昨日発注したタイヤが入荷。

イントルーダーのフロントも同じく入荷したので

枚方T号Z750RS継続車検整備 (4)早速タイヤ交換をやってしまいます。

Z1000Mk兇覆匹念貭未蠅虜邏箸

マスターしているのでZ2でも

サクサクと作業をしてタイヤを取外し

枚方T号Z750RS継続車検整備 (5)新しいタイヤに交換が完了しました。

リアブレーキのチェックと

ドライブチェーンも調整して

これでリアタイヤホイール周りは完了です。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (6)次にフロントブレーキフルード交換。

まぁザっと2年物のフルードだと思います。

マスターも少しゴリゴリしているので

そろそろO/H時期だと思います。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (7)ブレーキフルードを交換して

フロント周りをチェック!

ブレーキパットがそろそろ交換時期なぐらいで

その他は特に問題はありませんでした。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (8)次に車検対応用でヘッドライトの光量を

UPさせる為に、バッ直スイッチの配線を

ヘッドライトに仕込む為

ヘッドライトを取外しました。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (9)シビエが取付いているのですが

バッテリー電圧も低くHIビームでも

見るからに光量不足様態で

これがバッ直スイッチOFFノーマル状態。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (10)で、こちらがバッ直スイッチONの状態。

基本的にバッテリー電圧が低い事もあり

車検までにサルフェーション充電を行い

継続車検に挑む事にします。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (11)光軸もOKなので、後はバッテリーだけの

問題になると思います。

これで一通りの継続車検整備完了ですが

バッ直スイッチを取付ける時に

枚方T号Z750RS継続車検整備 (12)電圧測ってみたら9Vしかなかったし

ホースが抜けている状態だった。

一応取外してチェックしてみる事にして

取外して見ると…何とまぁ…

枚方T号Z750RS継続車検整備 (13)セルに希硫酸が入っていない物箇所もあり

これじゃぁ電圧は低いわなぁ…

と言う事で、バッテリー液を補充して

サルフェーション充電をする事に。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (14)車検は火曜日に予約を入れたので

それまでにサルフェーションと

充電が終われば光量もちゃんと出ると思います。

と言う事で、Z750RSの継続車検整備は

取合えずここまでで終了です。


イントルーダーやり直し

昨日継続車検に行く段取りをしていたのですが

イントルーダーバッテリー交換 (1)フロントタイヤのオゾンクラックや

ヘッドライトのロービーム玉切れに

バッテリーの突然死などで継続車検を諦めて

急いで部品を発注した所、本日全て入荷したので

イントルーダーフロントタイヤ交換 (1)早速バッテリーを充電して

フロントタイヤの交換をするので

ジャッキUPをして、タイヤ交換の

準備が整いました。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (2)オゾンクラックが一番酷い所。

これは怖いし、昨日測ったら0だったので

これで岡山から帰って来たと言う事は

今考えれば恐ろしい事です…。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (3)サクサクっとフロントタイヤを

取外しましたが、フェンダーがでかいので

かなりジャッキを上げないと

タイヤが抜けなかったw

イントルーダーフロントタイヤ交換 (4)古いタイヤを取外して

ついでに空気が漏そうなバルブも

新品に交換してしまいます。

意外とバルブの劣化でエアー漏れもあります。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (5)フロントタイヤを取外したついでに

ブレーキパットチェックすると

残り1mm程度なので、オーナーに連絡し

交換する事になったので、部品を発注。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (6)フロントタイヤを取付けて

取合えず車検は受けれる状態なった所で

新品のバッテリーも充電が終わったので

早速取付て仕上げに掛かります。

イントルーダーバッテリー交換 (2)新しいバッテリーを取付けて

取外す時に結構ややこしかったシートを

ややこしく取付けました。

今日一日結構忙しくて

イントルーダーバッテリー交換 (3)ご飯を食べる時間も無かったけど

大物ばかりがPITを占拠しているので

天気が良い日にやって仕舞わないと

身動きが取れなくうからねぇ…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月02日

大内イベント延期3

4月12日に開催予定だったZ400FX&CB400Four
合同ミーティングが延期になったと
昨日、主催者側から連絡がありました。
それと同時に5月にツクバで開催されるレース
T.O.Tも中止となりました。
残念ですが、今の時期は仕方がありませんねぇ。
今は自分自身を守る事に徹しないと
いけない時期だと思います。


イントルーダー継続車検延期

今日は弟を呼び出して、イントルーダーの継続車検にと…。

イントルーダー継続車検中止 (1)嫌に取回しが重いと思ったら

フロントタイヤにエアーが

入って無かったのでエアーを入れて

タイヤを見ると激しいオゾンクラックが…

イントルーダー継続車検中止 (2)こりゃぁ何とかなるレベルでは無い上に

ヘッドライのロービームも玉切れの上に

H4バルブが青いので、これもNG。

取合えず玉切れと、青H4バルブはダメなので

イントルーダー継続車検中止 (3)普通のH4バルブに交換したのですが

ここでバッテリーの突然死!

エンジンも掛からないし

全ての表示が点灯しなくなった…。

イントルーダー継続車検中止 (4)バッテリーをチェックすると

電圧が4.2Vしかないので

こりゃぁダメだと言う事で

取合えずエンジンを掛ける為に

イントルーダー継続車検中止 (5)必殺のキャパシターを接続して

エンジンを掛けたけど

やっぱりバッテリーが死んでいるので

エンジンは直ぐにストールするし

イントルーダー継続車検中止 (6)タイヤも含めてダメなので

今日は継続車検を諦めて

仕切り直す事にしました。

そんなインケツな一日でした。


CB400Four用ハブリペア

今日の予定が狂ってしまったので、その内作業をする予定だった

ハブリペア4回目 (1)CB400Fourのハブをリペアする事に

リアハブのブレーキドラム内は

全く摩耗が無い極上物のハブで

恐らく購入後直ぐに取外して

ハブリペア4回目 (2)キャストを入れたのかも知れない。

スプロケハブダンパーは昨日から

ラスペネ漬けにしていたのですが

ダンパーのアウター側は残ってしまいました。

ハブリペア4回目 (3)で、何時もの如くアウター側カラーを

破壊して取外しが完了したので

前後ハブをブラストで仕上げる事にします。

その約1時間後…。

ハブリペア4回目 (4)前後ハブのブラストが完了!

最終的には貴重なD.I.DのHリムと

バフ仕上げにして組付けようと思っています。

ブラストも完了したので

ハブリペア4回目 (5)何時ものベアリングリテーナーを

リタップ掃除!

これをして置かないと

ベアリングリテーナーが

ハブリペア4回目 (6)素直に入らないハブもありますからね!

これでD.I.DのHリムとハブを

バフ屋さんへ送る準備が整いました。

特に使う用事は無いけれど

ハブリペア4回目 (7)せっかくの良いリアハブなので

貴重なD.I.DのHリムと組み合わせて

お宝として、また無駄に自己満足で

保管しておくか、それとも貴重な国内408を

組立てる時に使うかも知れません。


本日のご来店

新規の方で、車両を何時もメンテナンスいるバイク屋さんが

枚方T様ノンレス2オーナーZ750RS継続車検入庫200402閉店したとの事で、駆け込まれたZ750RS

ノンレス、2オーナーですが

激しく調子が良い車両です。

車検が明日切れるとの事で

CPに駆け込み入庫となりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月29日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月30日(月曜日)は血液の癌
真正多血症治療の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


まっきーR号火入れ前

昨日部品不足の為仕上げ作業が中断したまっきーR号。

まっきーR号バッテリー充電完了別に不足部品が入荷した訳では無く

バッテリー充電が終わり、不足部品などの

打合せも終わりました。

後は火入れ式兼毒ナベ大会の

日程を決めてから納車となります。


イントルーダー継続車検整備

PITスペースをかなり圧迫するので

枚方M様イントルーダー継続車検 (1)今週中に継続車検へ行く予定で

作業に取掛るのですが

恒例のフィッシュテールから

ノーマルマフラーへの変更から開始!

枚方M様イントルーダー継続車検 (2)もう何度も交換をしているので

サクサクっと交換完了です。

マフラーにクラックが入り

排気漏れするので、今回から純正に変更です。

枚方M様イントルーダー継続車検 (3)エンジンオイルを抜きましたが

交換回数が少ないのかな?

結構汚れており、減っていました。

定期的に交換するようにして下さい。

枚方M様イントルーダー継続車検 (4)2018年交換の2年物のブレーキフルード

良い色に変色しています。

ブレーキパットはまだ使えそうなので

次の車検の時でも良いでしょう。

枚方M様イントルーダー継続車検 (5)新しいブレーキフルードに入替え。

好水性のブレーキフルードは

車検毎の交換が望ましいです。

新しいフルードの色は透明です。

枚方M様イントルーダー継続車検 (6)灯火系、保安部品などのチェックを済ませ

継続車検点検は完了しました。

これで来週中には継続車検へ

行く準備が整いました。


本日のご来店

朝は怪しい天気だったので、僕も今日は車で出勤したのですが

200329本日のご来店 (1)午後からは曇り空になり

気温もまずまずで

やって来たのは銀ちゃんw

取合えずLEDヘッドライトの光軸を再調整。

200329本日のご来店 (2)ちょっと一っ走り行く事になり暖気をするも

強化オイルポンプ「極み」のおかげで

油温が中々上がらないと言う罠。

僕も先日のツーリングではMAXで100℃

200329本日のご来店 (3)信号待ちをしていると98℃まで下がったw

暖気もそこそこで取合えずガソリンを

給油してから、ブラっと出掛けて行きました。

銀ちゃん号は466ccなのでオイルポンプの

200329本日のご来店 (4)レポートが楽しみだと思って居る所に

銀ちゃんが戻ってきたので油温をチェック!

走行中は70℃代らしいです。

まぁ今日は少し寒いからねぇ

夏場のデーターがもっと欲しいです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月24日

臨時休業のお知らせ

【臨時休業のお知らせ】
明日3月25日(水曜日)は定休日で
姫のわがままツーリングに出掛けますが
明後日3月26日(木曜日)は顧問業務の為
臨時休業にさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


さよなら委託車両

LEDのヘッドライトに交換した1号機ですが

1号機ヘッドライト光軸再調整200324ロービームでもドライバーの方へ

どうやら迷惑を掛けているようで

申し訳ないので、今朝は1号機のヘッドライトの

光軸を少し下げる調整をしてみました。

さよなら委託車両最後のチェックで、今日は委託販売でお預かりしていた車両が

現状販売で、納車になったので

最後のチェックを済ませます。

今週末車幅の大きい車両が入庫してくる事もあり

PITも多少広くなるので助かります。

で、午後から無事に納車となりました。


純正部品の研究

CB400Fourのカスタムに流用出来る部品が無いかと

部品流用研究 (1)日々色々な部品を手に入れて

研究をしていおり

今回はコンロッドの研究です。

CB400Fourに流用出来ないかを

部品流用研究 (2)寸法などをチェックしました。

全長はCB400Fourと同じで

小端部の内径が大きいのがミソ

結果、加工をすれば使えると思いますが

今は別にいいかな…と言う結果でした。

こうしてまた、必要のない部品が宝物庫に眠る事になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月23日

ツーリングのお知らせ3

【ツーリングのお知らせ】
明後日3月25日(水曜日)に
姫のわがままツーリングを予定しています。
集合場所:カスタムパラノイア
出発時間:おおよそ9時頃
ツーリングに向かう方向は、一応和歌山方面ですが
変更する場合があります。
平日ですがお時間のある方は、姫の面倒を見て下さい…。


CB550Fリアタイヤ交換

CB400FourとCB550Fourの二台を

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (1)CPでメンテナンスさせて頂いている

京都H様からのご依頼で

今回はCB55Fのリアタイヤ交換と

リアショック交換のご依頼。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (2)今回は作業がやり易いように

作業用リフトに車両を搭載!

少し苦労しましたが、何とか

リアタイヤホイールを取外しました。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (3)タイヤホイールを取外したついでに

リアサスを純正からIKONに

変更するのですがロアマウントボルトが

マフラーに当たって抜けません!

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (4)何処かのバイク屋さんは10分もあれば

交換出来るよ!と言っていたらしい。

マフラーとタンデムステップを共締めで

固定しているボルトを抜いて

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (5)タンデムバーを取外して

やっとリアサスを取外せました。

取付る時にはアッパー側にグリスを塗ります。

ここも動く所なのでグリスを塗るだけで

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (6)リアサスの動きが違います。

これで左右ともリアサスを純正から

IKONに交換が完了しました。

スイングアームは少し曲がっていました。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (7)タイヤを新しい物に交換して

車体に取付けるのですが

トルクロッドのダンパーラバーが朽ちており

ワッシャーもロックピンも入っていなかった。

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (8)で、これが本来の姿になります。

実は取外す時トルクロッドのナットは

少し緩んでいましたし

ワッシャーが入っておらず

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (9)ダンパーゴムが潰れていたので

そりゃぁ緩むよねぇ…。

リアアクスルシャフトにも

割りピンが入っていなかったので

京都H様CB550Fリアタイヤ交換とリアサス交換 (10)メンテナンス性を重視して

Rピンを入れておきます。

これが入って無いと車検も通りません。

で、これで作業は完了です。

作業の都合によってはマフラーを外す事も考えていたけど

外さずに全ての作業が完了しました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年03月22日

通勤ルート上の怪奇現象3

まぁ嫁はもう慣れているのですが
僕は生まれつき霊感と言う物が強いらしく
度々そう言った類の物を見る事がありますが
特にそう言った方々に何をしてあげられる事も無いので
毎回丁重にお帰り頂いています。
ここ数ヶ月の間に気が付いたのですが
僕の通勤ルートに古墳があり、その横は火葬場とお墓があり
その上空30mぐらい上を光の玉が飛んでいたり
白い何かの形の物が浮遊していたりする事に
気が付いたので、嫁にその話をすると
「そうらしいで、あそこよく見えるって言う人多いで」と言う。
「何だ…よく見える場所なのか、じゃぁもう良いわ」
と言う事でした。
因みに夜中僕が誰かと会話している所や
般若信教を唱えている録音を嫁は持っているらしいw


姫号バッテリー充電完了

昨日姫号のガソリンコックを締め忘れていたので

姫号バッテリー充電完了200322姫号のキャブからは潮が吹いていたので

店の中がガソリン臭かった…。

俺のコックをぶち込んでおけば良かったぜ!

と言うわけで、バッテリーの充電は完了です。

これでツーリングの準備は整いましたが

行き先を漠然とした和歌山方面と言うのですが

お店が開いているかも分からないので、無難な所へ行くように

姫に提案する事にします。


強化プライマリー セカンダリーギアー入荷再販

売り切れから数年が経ち、お問い合わせも多かったのですが

強化プライマリーセカンダリーギアー再販入荷この度やっと、強化セカンダリーギアーが

入荷して来たので、再販出来るようになりました。

これもまた売切れると次は何時になるかは

保証できませんので、ご入用の方はお早めに!

因みに、過去今までに渡り、強化セカンダリーギアーに交換した事によって

猫なき現象が出るとの報告もありませんし

逆に猫鳴きが止まったと言う報告は頂いております。

価格は1万円+消費税=1,1万円になります。


エンジン断捨離

断捨離の一環でもありますが、使わないエンジンがまだ沢山あるので

CB350FEエンジン断捨離 (1)宝物庫から持って来ました。

既にセルモーターなどは外されています。

ひょっとしたらお宝が入っている

かも知れないので、念の為

CB350FEエンジン断捨離 (2)ヘッドカバーを外してチェックしましたが

残念ながらお宝は入っていませんでした。

で、これでも重量が35キロぐらいあり

重いので、佐川急便しか集荷してくれない事もあり

少しでも軽くする為に取外せる物は取外します。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月21日

ツーリング準備3

バイク業界に新型コロナの影響が有るのか無いのかと言われれば
少なからずとも有ると思います。
まずは部品の在庫であったり、流通であったり
乗り手である方が仕事で何らかの影響があれば
趣味的なバイクに関しては後回しになって当然だろう。
実際にCPも例年よりは今年に入ってから
多少なり、時間に余裕が出来ているのが実情。
まぁ僕的には今ぐらいが楽で良いんだけどね。


姫号ツーリング準備メンテナンス&洗車

昨年の雨の合同ツーリング依頼、ほったらかしの姫号。

姫号メンテナンス&洗車200321 (1)エンジンやバッテリーの管理は

月単位で僕がやっていたのですが

それ以外は基本的に自己責任なのですが…。

この前来た時「誠司和歌山にツーリング行くぞ!」

姫号メンテナンス&洗車200321 (2)と言う事になったのですが

せめて洗車しろや!と思ったけど

そのような気配を微塵も感じさせない女なので

仕方なく、メンテナンスと洗車をする事に…。

姫号メンテナンス&洗車200321 (3)クラッチレリーズカバーからオイル漏れか?

と思いカバーを開けると、クラッチワイヤーに

ラスペネを通した物が下に流れ出ていた事が

分かったので、一安心。

姫号メンテナンス&洗車200321 (4)取回しが重たかったので

タイヤの空気圧をチェックすると

減っていたので、前後共エアーを充填。

諸々のチェックを済ませエンジンを始動!

姫号メンテナンス&洗車200321 (5)少しバッテリーが弱っていたので

ツーリング当日までバッテリーメンテナンスと

充電をする事にします。

その他は汚れているだけで問題なしでした。

姫号メンテナンス&洗車200321 (6)次に汚れの酷い車体の洗車。

強力な洗剤をお湯で薄めて高圧洗浄。

雨で汚れた車体は見る見る綺麗に

なって行きます。

姫号メンテナンス&洗車200321 (7)今日は天気が良いので洗剤が乾かない内に

洗剤を水で洗い流します。

汚れは取れて綺麗になりましたが

錆が結構出ています…。

姫号メンテナンス&洗車200321 (8)水で車体を洗い流したら次は

エアブローをして水気を飛ばします。

上からメーター類、タンク、シート

エンジンのフィンの間や色々な隙間の

姫号メンテナンス&洗車200321 (9)水を飛ばしてから、エンジンを掛けて

温めて更に水気を飛ばします。

磨きや拭き上げは僕はしないので

そこは姫が愛情を込めて磨いて下さい。

姫号メンテナンス&洗車200321 (10)でも、結構錆が出ていたので

ツーリングが終わった時に

しっかり洗車しておけば良かったねぇ。

取合えず洗車とメンテナンスは完了。

姫号メンテナンス&洗車200321 (11)最後にバッテリーを

サルフェーション充電して

来週のツーリングまでに残りのチェックも

完璧に終わらせておきます。

姫!こんな感じでよろしいでしょうか!?


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月15日

今日は強制労働の日3

ネットで見たのですが2023年には
紙ベースの車検証がICカード化されるらしい。
メリット、デメリットはそれぞれあるらしいけど
財布の中に入れて紛失とかしそうだな。
知らんけどなw


GTH号純正キャブパワーフィルター化

FCR導入も視野にいれつつ、少しずつカスタムを楽しみながら

GTH号パワーフィルター取付 (1)今回純正キャブにパワーフィルターを

取付ける事になりました。

タイミング良く先日部品を整理していたら

廃盤になったシングルリードバルブの

GTH号パワーフィルター取付 (2)レデューサーが見つかったので

エンジンオイル乳化防止の為にも

取付ける事を勧めました。

過去に同じ方が二度もエンジンオイルが

GTH号パワーフィルター取付 (3)乳化した為、貴重な398クランクを

台無しにした事もありますからねぇ…

ウインカーレンズは今朝一っ走りした時に

落下したらしいです。

GTH号パワーフィルター取付 (4)パワーフィルターを取付けて

シングルリードバルブのレデューサーも

取付が完了しました。

で、将来FCRを取付ける事を予定しているので

GTH号パワーフィルター取付 (5)オイルキャッチタンクも取付けました。

これでエンジンオイルの酸化防止と

乳化防止になりますから

エンジン保護にはこのセットは

欠かせないと思います。


本日のご来店

今日久しぶりにやって来たのは銀ちゃん

不動車銀ちゃん号仕様変更 (1)バッテリーが死亡して不動車になったのに

ウインカーをヨーロピに仕様変更と

フロントフォークの出シロを調整。

バッテリーも新品に交換して

不動車銀ちゃん号仕様変更 (3)ヘッドライトはH4バルブから

販売終了になる前に購入してあった

5000KのLEDに変更です。

今まで使っていたウインカーの配線が

不動車銀ちゃん号仕様変更 (4)+と−の二本線を使っており

今回のウインカーは+が一本の配線なので

車体側のアース線が無いので

強制労働で、僕が配線を作りました。

200315本日のご来店そんな事をしている所へやって来たのは

親方1号機、出張から戻ってきたので

特注YSSリアサスと、O/HしたFCRを

引き取りにご来店でした。

今月の姫ツーと、来月の大内ドライブインで開催される

イベントに時間があれば参加して貰える様にお話をしました。

不動車銀ちゃん号仕様変更 (6)で、銀ちゃん号はバッテリーを

新品に交換して、不動車から一応脱却。

LEDヘッドランプも点灯しました。

5000Kは6500Kと比べれば少し暗いけど

青白く光らないので、車検は通りそうな感じです。


ハイエースオイル交換

やっと弟の時間が取れたので、寝ている所を電話で起し呼び出し。

ハイエースオイル交換200315 (1)ハイエースのオイル交換の強制労働!

今回は少し走り過ぎたのですが

まぁ4,000キロちょっとなのでまだ良いかな?

次回からはちゃんと定期的に

強制労働が出来ると思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月09日

納期未定部品が増えてきた3

一昨日取付けたLEDヘッドライトは
予想通り残念なLEDでしたが、電圧は下がらなかったので
今度はもっと良い物を購入する事にします。
最近は気温も暖かいので、お店の定休日には一っ走り行こう!
と思っているのですが、公休日に限って天気が悪かったり
気温が低かったりで、何でその日だけなんだろうと思います。
お酒を飲みに行こうとしても
嫁と外食に行こうと思ってもだけど
新型コロナの影響も考えると
人が大勢いる場所に行くのも考え物だねぇ…
13日に息子夫婦と食事に行く予定なんだけど
何処に行けば安全で良いのか全然わからない。
もし嫁や僕が感染したら、二人とも基礎疾患があるので
恐らく重篤化するんだろうねぇ…。
因みに今朝の体温は34.7℃で絶好調でした。
¥も暴落しているし、このままじゃぁ日本の経済も危ない。
大陸依存の製品や部品は軒並み入荷未定になってる。
バイクの部品も在庫切れが増えてきた。
そう言えばギターの練習も全然してないなぁ…。


1号機LEDヘッドライト球交換

先日ヘッドライトを安物のLED球に変更したけど

1号機LED球再び交換 (1)全然残念な光だったので

他の物を色々と探したんだけど

良い物が中々なくて

仕方なく手持ちの物で明るいLED球に変更。

別の物が入荷してくるまで、これで我慢します。


シーズンINに向けて プラグのお話

最近よく聞かれるのがスパークプラグの交換時期や

プラグの焼けについて聞かれる事が多く

シーズンINの参考までにプラグについて説明します。

一般的にノーメンテの場合での交換時期は20,000キロが目安ですが

時として、プラグの突然死もあります。

メンテナンスをすれば30,000キロでも良い場合もあります。

まっきーRプラグの場合 (1)また多くのプラグガイシの

カシメ部分に茶色く汚れが付きますが

これは寿命とかではなく、よくある事で

コロナ汚れと言う現象になります。



NGKプラグメーカーからも動画が配信されているので参考までに。

まっきーRプラグの場合 (2)電極の消耗や不具合も

NGKメーカーHPに分かり易く

説明があるので参考にして下さい。

メーカーHPを参考にすると

まっきーRのプラグの状態は良好と言えるでしょうね。


三重M号キャブレターパーツウエットブラスト仕上げ

すっかり忘れていたのですが、部品を整理して思い出した。

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (1)キャブレターのフロートチャンバーと

キャップのウエットブラスト仕上げのご依頼。

残念な事にサンドブラストで処理されていました。

まぁメディアにもよりますが

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (2)サンドブラストには威力があり

メディアが刺さって残ったり

その威力の為オーバーフローパイプを

破壊したりする事もあるので

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (3)フロートチャンバーにはお勧めではないので

何時もはわざわざチェックしないのですが

今回は念の為パイプをチェックしてみた所…

何とまぁ懸念していた事が見つかりました。

三重M号用キャブレターフロートチャンバーなどウエットブラスト (4)#1.2用のフロートチャンバーの

オーバーフローパイプが見事に破裂して

クラックが入っていました。

他も腐食が見られるのですが

穴は開いて無いような感じです…。

と言う事で、今日は姫がご来店となりましたので

皆でご飯を食べに行く事になり、今日は早仕舞いです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年02月13日

BEETキャスト入荷予定オーナー募集3

ウインドウズ7のサポートが終わり
OSをW10にバージョンUPした物の
グラフィックボードがクソになり
CPUも負荷が掛かり過ぎているのか?
メモリーもダメ?マザーボードもダメ?
近々PCの中身を更新しようと思います。
文字を打っても、キーボードを叩く速度が速いと
変換がおかしいとか、時々脱字になってしまう…。


大流量ミッション用強化オイルポンプテスト運転 

昨日の定休日は気温が高かったので

1号機ミッション用オイルポンプテスト走行からの「俺らー」 (1)1号機に取付けた大流量ミッション用

強化オイルポンプのテスト走行で

一っ走り何時もの宇治川ラインへ

行ってきました。

1号機大人げない音のサイレンサーに交換 (1)出発前に少し本気で走ろうと思い

フン詰まりな大人のサイレンサーから

大人げないサイレンサーに交換して

サウンドも楽しみます。

1号機大人げない音のサイレンサーに交換 (2)静かなサイレンサーを取外して

大人げないサイレンサーに交換し

フン詰まりからも解放されるサイレンサー

これを取付けて一っ走り!

1号機ミッション用オイルポンプテスト走行からの「俺らー」 (2)油温が100度まで上がらず

オイルクーラーの出口で80度ほどですが

520ccエンジンで今まで使っていた

メイン強化オイルポンプだとこの時期でも

1号機ミッション用オイルポンプテスト走行からの「俺らー」 (3)110度までは上がっていたのですが

それも丁度良い位の油温で

シフトもよりスムーズだったので

大流量ミッション用強化オイルポンプの効果が

体感出来たので、ご褒美に「俺らー」へ行って

お腹も満たされて帰宅しました。


不動車メンテナンス二日目

14号機のサルフェーション充電も終わったので

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック14号機 (1)エンジンを始動させて

動態チェックをする事にします。

14号機にも大流量ミッション用

強化オイルポンプが付いているので

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック14号機 (2)テスト走行をしたいと思い

不動車コーナーから降ろしたのですが

何かと忙しくて、中々乗れていません。

なので、今日はバッテリーのメンテナンスと

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック14号機 (3)エンジン動態チェックをやる事にします。

これも4〜5,000rpmでブリッピングをし

エンジンにしっかりと熱を入れて

発電量や異音などのチェックをします。

まだ慣らしも終わって無いし

大流量ミッション用強化オイルポンプのテストもかねて

次の休みの時にでも走ってこようかなぁ…。

同じく不動車コーナーにある銀ちゃん号もバッテリーのメンテナンス。

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(1)毎日一台ずつ動態チェックをして行きます。

まずはサルフェーション充電から。

まぁ明日には動態チェックが出来るかな?

銀ちゃん最近忙しいのか

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(2)全然遊びに来ないなぁ。

とか思っている内に充電も終わったので

早速エンジンを始動させて

動態チェックを済ませようとしたのですが

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(3)店にある管理用のスペアーキーで

イグニッションをONにして

セルを回そうとするも

リレーだけが動く音しかしない…。

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(4)あぁ…銀ちゃんのバッテリーも

ここに来てついに死亡したらしく

充電が終わった直後にも関わらず

電圧は9.3Vしかないので

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(5)このバッテリーはご臨終です。

取合えずキャパシターを接続して

セルを回して、エンジンを始動。

動態チェックだけ済ませる事にしました。

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(6)で、エンジンは無事始動しました。

銀ちゃん号のエンジンは

かなりレスポンスが良いので

ブリッピングしていると

不動車バッテリーメンテナンス動態チェック銀ちゃん号(7)レーサーのようなエンジンです。

これもまたしっかりと熱を入れて

異音などをチェックして

銀ちゃん号の動態チェックは完了です。

これもまた同じく不動車コーナーにあるM号で

不動車バッテリーメンテナンスM号(1)アクセス出来るようになったので

M号からバッテリーを取外しました。

バッテリーは完全に上がっており

希硫酸も減っているので

不動車バッテリーメンテナンスM号(2)補充してからバッテリーを

サルフェーション充電をする事にします。

希硫酸は思った程減ってはおらず

少しだけ継ぎ足す程度でした。

不動車バッテリーメンテナンスM号(3)これでサルフェーション充電をします。

解放型バッテリーなので

サルフェーションには

時間が掛かると思います。

後はキャブレターのガソリンが腐って無ければ良いのですが…。


BEETキャスト入荷予定

最近では余り手に入り難くなったBEETキャストですが

後期タイプBEETキャストオーナー募集参考画像 (1)近日中に入荷の予定あります。

これは現物の参考画像になります。

フロントのベアリングリテーナーは

溶接されています。

後期タイプBEETキャストオーナー募集参考画像 (2)リアーホイール側の参考画像です。

本物の後期タイプになります。

価格はそれなりの価格になりますが

手に入り難くなったBEETのキャストなので

この機を逃すと、次の入荷予定はありません。

またHリムなどの下取りも可能ですので、ご連絡をお願い致します。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年02月11日

不動車両達3

今年も確定申告の時期が近づき
我が家の経理のおばはんから
CPが収める税金のお知らせがあった。
因みに息子の給与所得税額を聞いたら
普通のサラリーマンの方の年収分ぐらいの
納税額だったのにはビックリした!
CPの年商よりは低いにせよ
医者って凄いなぁと改めて思った。
多分今年はCPの年商よりも多くなるかも知れない。


不動車コーナー車両動態チェック

今年は暖かい日が多く、不動車コーナーで冬ごもりしている

不動車コーナー車両動態チェック姫号 (1)車両達の動態チェックをボチボチ始めます。

まず昨晩からバッテリーを充電していた

姫号の動態チェックから開始。

エンジンは素直に始動したので

不動車コーナー車両動態チェック姫号 (2)4〜5,000rpmでブリッピングして

エンジンにしっかりと熱を入れる。

発電も問題なく、エンジンも快適で

異音も無く良好です。

不動車コーナー車両動態チェック14号機 (1)次に14号機のバッテリーメンテナンス。

これが終われば銀ちゃん号の

バッテリーメンテナンスと

動態チェックを済ませます。

不動車コーナー車両動態チェック不能車両達 (1)お立ち台の販売委託車両と

訳あり車両はバッテリーがもうダメなので

そのまま不動にしておきます。

1号機はたまに乗っているので大丈夫です。


リコ嬢の不動RZ50修理

部品が入荷したので、今日は不動リコ嬢のRZ50の修理に取掛ります。

不動リコ嬢のRZ修理 (1)バッテリーが死亡していたので

新しいバッテリー取付と

プラグに火が飛ばないので

新しいIGCを交換してみます。

不動リコ嬢のRZ修理 (2)で、バッテリーを取付けて

IGCを交換したけど

プラグに火が飛ばないので

次にCDIを取付ける事にします。

不動リコ嬢のRZ修理 (3)RZ50用と書かれてあるCDIだが…

取合えず説明書を読んで

ポン付けだと理解したので

早速リコ嬢のRZに取付けようとしたのだが

不動リコ嬢のRZ修理 (4)メインハーネスに互換性が無い?

ちょっとよく分からなくなった。

もうこの時点で心が折れたので

CDIは放置して、何か他の不具合なのかもと

不動リコ嬢のRZ修理 (5)一応はチェックしたけど

やっぱりプラグに火が飛ばない…。

もう一度CDIの説明書を読んだら

ちゃんと理解出来たわw

不動リコ嬢のRZ修理 (6)まぁ取合えずピックアップをチェック。

特におかしい所も無く

信号は出ているのは確認出来たので

ネットで色々調べてみたけど

不動リコ嬢のRZ修理 (8)余り情報が無かった…。

で、何とかCDIを接続出来たのですが

やはりプラグに火が飛ばないし

パルスも来ていない事だけははっきりと分かった。

もう完全に煮詰まったし

バッテリーも上がったので今日はここまでで終了。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月30日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月31日(金曜日)は左足火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


ウエットブラスト洗浄

本当は何時も年末に掃除をするんだけど

ウエットブラスト掃除 (1)昨年末は少しバタバタしていたので

今日朝一から掃除に取掛ります。

フィルターには結構な汚れが詰まっていたので

ブラストの効率もかなり悪かったと思います。

ウエットブラスト掃除 (2)汚れを綺麗に洗浄して

新しい水を張って、メディアを投入!

これで本体の掃除とメディアの

入れ替えが完了しました。

ウエットブラスト掃除 (3)仕切り板も綺麗に洗浄して

ターンテーブルも洗浄しました。

これで後はゴム手袋を交換します。

多分これが一番面倒なんですよねぇ…。

ウエットブラスト掃除 (4)気分を変えて黄色いゴム手袋を

青のゴム手袋にしてみました。

黄色と違って汚れが目立たないかもね。

これでまた1年使えます。


強化オイルポンプ「極み」量産準備

まだ試作で作った物が2個あるので、量産の準備だけしておきます。

強化オイルポンプ「極み」量産準備 (1)綺麗になったウエットブラストで

早速オイルポンプローターハウジングなどを

ブラスト仕上げを済ませました。

これを加工してアゲイン製ローターケースを

強化オイルポンプ「極み」量産準備 (2)流用して「極み」を作ります。

強化オイルポンプ「極み」用の肝になる

ローター本体ですが

これも加工をしないと使えません。

強化オイルポンプ「極み」量産準備 (3)CB400Fourのインナーローターピンは

片持ちですが、ここまで大きくなると

曲がるかも知れないので

両方にピンを出し、強化してあります。

純正のローター2個と比較すると、マックス66%増量ローター

「極み」の大きさがよく分かると思います。

季節によってはオーバーヒートの心配よりもオーバークールの

心配が必要になるかも?オイルクーラー要らずになると思います。


強風の影響

先日吹き荒れた強風の影響で、光回線ケーブルが落下して

光回線ケーブル (1)垂れ下がっていたので

元の位置に戻そうとしたのですが

僕一人での脚立作業は危ないので

嫁に手伝ってもらい直そうと思って居た所へ

光回線ケーブル (2)上手い具合にノコノコとやって来るのは自由人君w

当然強制労働で、垂れ下がっている

光回線用ケーブルを元に戻してもらい

復旧が完了しました!

しかし、何時も彼は良いタイミングでやって来るよねw


FCRトップキャップ塗装手直し

O/Hを済ませた親方号用FCRのトップキャップに

親方号用FCRトップキャップ結晶塗装手直し (1)以前結晶塗装をしたのですが
 
塗膜が厚くなり過ぎて、結晶と言うより

シワ塗装になってしまったので

塗装の手直しをする事にしました。

親方号用FCRトップキャップ結晶塗装手直し (2)失敗した塗装を剥がして

ブラスト仕上げで下地処理を済ませ

マスキングをしてから、再度結晶塗装!

これで少し乾燥させてから焼きます。

親方号用FCRトップキャップ結晶塗装手直し (3)余り思った時には仕上がらなかったけど

前回よりは上手く出来たので

まぁヨシとしましょう…。

親方の許可も貰って無いので

塗装は事後報告になりますけどね…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月26日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月27日(月曜日)は右足定期健診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


W7からW10へバージョンUP

W7のサポートが今月14日に終わったのでPCを作り変えるか

W7からW10へバージョンアップ色々と悩みながら、昨晩

バージョンUPにチャレンジ!

過去に何度もエラーでバージョンUPが

できなかったのですが、どうやら

デバッグも終わったのか、約3時間掛りましたが

W10にバージョンUPする事が出来ました。

これで当分は大丈夫ですが、やたらと作動が遅い!

パスワードも全部消えているので、全て再設定をやったりと

今日はPCの再設定で日が暮れそうです。


19号機ミッション用大流量オイルポンプ取付

モニター募集をしていたミッション用大流量強化オイルポンプですが

19号機にミッション用大流量強化オイルポンプ装着 (1)結局、19号機に取付けて

自分でテストをする事にしました。

19号機のメイン強化オイルポンプは

ハイパワー強化オイルポンプですが

19号機にミッション用大流量強化オイルポンプ装着 (2)諸々の条件にはぴったりなので早速

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプから

CP製ミッション用大流量強化オイルポンプに

交換してひとっ走りしてみると

やはりミッションの入り具合がとても良くて

心配していたクラッチにも何も問題はありませんでした。

もう少し乗り込んでみてから、量産に入ろうと思います。


4月12日開催!Z400FX&CB400Four合同MTG in 上野大内ドライブイン

FB上ではCPが主催になっておりますが

Z400FX&CB400Four合同MTG in 上野大内ドライブインCPはブース出店でお手伝いをさせて頂きます。

Z400FXだけのミーティングは

今年で5回目になり、今回はCB400Fourも

合同で開催されるミーティングになります。

中京圏内では初になると思いますので、徳島や関東方面は遠くて来られ無い方。

入場料無料ですので、ツーリングがてら気軽に参加出来るイベントですので

車両に関係なくお立ち寄りください!


リコ嬢ご来店

久々にご来店はリコ嬢の乗るRZ50ですが

久々のリコ嬢ご来店 (1)自宅イングに放置してあったらしく

エンジンが掛からなくなって

CPにバイクを持ってきたのだが

バッテリーも死んでいて使い物にならず

久々のリコ嬢ご来店 (2)他のバッテリーを接続して

セルを回しても、プラグに火が飛ばない

色々調べた結果、IGCとCDIが怪しいので

部品を揃えてから再チャレンジとなりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月13日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月14日(火曜日)は顧問業務の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

先日から嫁がインフルエンザでダウンしており
今日聞いた話では一番下の弟一家全員が
インフルエンザでダウンしているらしい。
恐らく年始に兄弟家族揃って出掛けた時に感染したのだろう・・・。
兄弟でインフルエンザになっていないのは
姪の成人式僕と中の弟とその娘だけだった。
で、今朝弟の娘は今日成人式へ向う前に
我が家に晴れ着を見せに
足を運んでくれたのです。
この親にして、中々の美形だと思うのですが
悪い事に性格は坂本家の性格なので
いちいち面倒臭いのだけは否めない・・・。
将来嫁に貰ってくれる旦那様は
かなり可愛そうかも知れない・・・。


CP1号レーサー分解完了

大幅な仕様変更の為、フレームからエンジンを下ろして

CP1号レーサーメーター回り分解 (1)バラバラにする作業に取掛かります。

まずはメーター回りなど電装部品や

配線などを取外して行きます。

まぁ配線はほぼ全て切断ですけどね。

CP1号レーサーメーター回り分解 (2)このスタックのタコメーターを

1号機に取付けたいけど

スペースが無いし、仕様変更する時に

使うからねぇ・・・ここは我慢かな。

CP1号レーサーメーター回り分解 (3)手作り配線関係を全て取外して

再利用する物は丁寧に取外し終わり

次にフロント周りを分解します。

サクサクッとフロント周りを分解して

CP1号レーサーフロント周り分解 (1)これでステム以外フロント周りの

分解が完了しました。

次にリアタイヤホイールを取外し

スイングアームなども取外して行きます。

CP1号レーサーリア周り分解 (1)サクサクッと分解して行きます。

残りのスイングアーム、サスペンションと

シートを取外してしまえば

分解が完了となります。

CP1号レーサーリア周り分解 (2)で、

はい!分解完了!!

これでフレームだけになったので

フレームのを仕様変更に出します。


1号機メンテナンス

寒いので去年から余り乗らなかったのですが

1号機メンテナンス200113 (1)ちょっとバッテリーがやばかったので

サルフェーション充電と

修理に出していたレーダー探知機も

無償で戻ってきたので取付けをして

1号機メンテナンス200113 (2)一通りのメンテナンスをしてしまいます。

レーダー探知機も取付が完了し

ちゃんと不具合も解消されていました。

何でもタッチパネルの不良だったらしい。

1号機メンテナンス200113 (3)次に前後タイヤのエアーチェック。

リアは特に減っておらず1.8Kpaをキープ

フロントは少し減っていたのでエアーを入れて

1.6Kpaにセットしました。

タイヤはピレリーディアブロなので空気圧は冷感で低めにしておかないと

冷えているとグリップ力が下がるからねぇ。


門真T号エンジンフルO/H入庫

先日ご相談にご来店になり、エンジンからの異音が気になると言う事で

門真T号エンジンフルOH入庫 (1)本日入庫となった門真T号。

恐らくタペットクリアランスが

広いのだと思うのですが。

オイル漏れもあり、この際と言う事で

門真T号エンジンフルOH入庫 (2)エンジンをフルO/Hする事になり

お預かりする事になりました。

取合えずエンジンが暖かい内に

エンジンオイルを抜いて準備を進めます。

門真T号エンジンフルOH入庫 (3)オイルフィルターケースを取外すと

何とまぁフィルターケース内にあるはずの

スプリングとスプリングシートが入って無い。

むー・・・これはひょっとすると・・・。

門真T号エンジンフルOH入庫 (4)マフラー、エキパイを取外して

EXスタッドボルトを全て抜取りました。

無事に全てのEXスタッドボルトは抜けたけど

エンジンの中は嫌な予感しかしないなぁ・・・。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年01月06日

聖火ランナー応募!はずれ?3

今年2020年開催のオリんピック、パラリンピックの
聖火ランナーが枚方を走るので
実は、一般公募枠で申し込みをしていたのですが
全然返事が来ないのでどうなっているのか分からない・・・。
もう後何年身体が動くか分からないので
応募してみたのですが・・・。
所で、僕のアルバムを整理していたら
誠司3歳 (1)誠司3歳 (2)僕の幼少期の頃から
青春時代のスレた頃を経て
血気盛んな頃の写真が出てきました。
幼少期は今の孫と同じ顔だったので
やっぱり孫は可愛いと思うのは
自分の生き写し、鏡を見ている様で
本能のような気がします。


親方号用FCR O/H二日目

昨日はFCRのO/Hメインのはずが、別の事に時間を割いてしまい

親方号用FCR OH二日目 (1)完成が遅れてしまったのですが

今日はその続きでフロートと

ニードルホルダー取付けて

パイロットスクリューのOリングを交換して

親方号用FCR OH二日目 (2)仕上げに掛かります。

ここのOリングは結構変形しているので

意外と不調の原因はここの場合があります。

PSとスプリングと平ワッシャーが入っており

親方号用FCR OH二日目 (3)その下にOリングが入っているので

紛失に注意して作業をして下さい。

Oリングを交換してMJを取付け。

【覚書】MJ#115

親方号用FCR OH二日目 (4)フロートチャンバーを取付ける前に

念の為ダイアフラムをチェックしたら

Uリングは変形しており、ダイアフラムも

反り繰り返っていたので、ここも交換しました。

親方号用FCR OH二日目 (5)フロートチャンバーのガスケットは

まだ生きているので、このまま再使用。

ここなら何時でも交換できますからね。

ガソリンの滲みも無いのでOKだと思います。

親方号用FCR OH二日目 (6)フロートチャンバーを取付けて

ドレンキャップのOリングを

チェックすると、変形していたので

ここは交換する事にしました。

親方号用FCR OH二日目 (7)で、今回一番手間が掛かったのが

トップキャップの縮み塗装w

CRの文字はバフ掛けしてあります。

少し塗装を厚塗りしてしまい

親方号用FCR OH二日目 (8)塗膜が厚くなってしまったので

オーナーには申し訳ないので

もしお気に召さなければ新品に交換します。

まぁこれは本当なら1号機でやりたかった事で

親方号用FCR OH二日目 (9)オーナーからの発注ではありません。

取合えず作動確認をする為に

丁度良く枚方K号があったので

O/Hが完了したFCRを装着しました。

親方号用FCR OH二日目 (10)枚方K号も新品のFCRが入荷すれば

取付け後はこんな感じになります。

では早速火入れに入ります。

エンジンを掛けると新品のマフラーが焼けて

親方号用FCR OH二日目 (11)モクモクと煙が出るのですが

エンジン内からの白煙は無いので

枚方K号の心配していたような

オイル下がりも無いのかも知れない。



親方号用FCR OH二日目 (12)中々調子は良いのですが

元々あったスロットル部分の

引っ掛かりの症状がより顕著にでて

アイドリングが時々下がらない・・・

やっぱりサイドリンクのここは、永遠のテーマだなぁ・・・。

で、テストでお借りした枚方K号はやっぱりボアアップされているのは確定だな。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年01月05日

仕事始め3

年末は大晦日31日までゴソゴソと仕事をして
夜は焼酎をロック気味でジョッキ3杯飲んで
年が明けて1日はお神酒を飲んで
2日の午後まで堕落してました。
3日は孫に遊ばれてヘトヘトに疲れ果てましたが
孫が「ジィジ」と呼んでくれたのは流石に嬉しかった。
まだ1歳4ヶ月程ですが、体格は2歳児以上だし
ちっともじっとしていないので大変でした。
4日は兄弟家族と全員で母親と食事をしたりして
割と健全な年末年始だったと思います。


1号機メンテナンス

2ヶ月近く乗っていなかったので、昨日は意を決しての初乗り!

外気温8度からの出発で三重まで走りましたが

1号機油圧クラッチエアー抜き油圧クラッチに不具合があったりで

何とか走りきった感じだった。

で、2020年の仕事始めは1号機の

油圧クラッチのフルード交換とエアー抜き

そう言えば去年から油圧クラッチの具合が悪かったので

乗らなかった事も重なりエアー噛みがハッキリと分かりました。


親方号用FCRO/H

冬期休暇中の時間潰しにやろうと思っていた親方号のFCRO/Hですが

親方号用FCR OH (1)堕落する時間が余り無かったので

今日から着手する事になりました。

部品は昨年末に入荷していたので

取合えず分解を開始したのですが

親方号用FCR OH (2)#3のファンネルを外す時に

「緩んでるやん」と思っていたのですが

実はボディ側のダボネジ穴が

千切れていた事が判明した・・・。

親方号用FCR OH (3)これはインケツだなぁと思った。

どうやって修復するか

それともボディーを交換するか・・・

取合えず分解を再開して#1.2を取外しました。

親方号用FCR OH (4)ちょっと気分転換にと

FCRのトップを

ウエットブラストで綺麗にして

時間潰しにゴニョゴニョとw

親方号用FCR OH (5)気持ちも入れ替わった所で

残りの#3.4を分解して

ボディーはバラバラになりました。

これで後は部品を交換して組立てるだけ。

親方号用FCR OH (6)サイドリンクなので#4を

組立てるのが一番面倒ですが

ここを仕上げれば後はサクサクッと!

折れたエアベントTジョイントも復活!

親方号用FCR OH (7)で、取合えずサクサクっと

組立てが完了しました。

これでフラットバルブの隙間を調整して

仕上げるのですが、今日はここまでにして

明日仕上げてから、テストで枚方K号に取付けてみます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)