レストア

2021年12月31日

やる事リスト覚書20213

【2020年持ち越し分2021/2/20現在】
CB400FエンジンフルO/H  5基   4基  (21年1月23日更新)
CB400Fエンジン腰上O/H  2基
CB400FキャブレターO/H  2基  1基 (21年2月20日更新)
CB400Fフルレストア  3台
CB400Fセルモーターリビルド 4個  3個  1個  (21年2月4更新) 
CB400F用CPマフラーYタイプ機械曲げ製作  金型製作開始
CB400F用RC風フロントフェンダー製作
CB400F用RSCポイントカバー2ndロット製作中、仕上がり未定
CB400F408ccタイプ用リプロホーンステー  追加製作 
CB350F旧CP1号レーサー改め24号機登録
モンキーZ50Jフルレストア

【2021年2月23日現在のやる事リスト覚書】
CB400Fリアホイールスプロケダンパー交換  2個  1個   (1月11日更新) 
CB400F用セブンスターフロントホイールブラスト仕上げ  (1月3日更新) 
CB400F用セブンスターホイール組み立て  (1月4日更新) 

CB400FキャブレターO/H  1基  (1月24日更新)
CB400エンジンO/H  1基  キャブレターO/H  1基  (1月6日更新)
CB400F国内408用メーターリビルド  1SET  (1月11日)
CB400Fフル強化オイルポンプ「極み」取付、総合チェック  (1月13日)
CB400F総合整備点検  部品入荷待ち  (2月13日13更新)
CB400Fハンドル交換、クラッチ交換  (2月22日)
CB400Fエンジン修理  (2月23日)

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月25日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月26日(金曜日)は毎日の放射線照射の後に
CDSの放射線科受診、血液検査、耳鼻科受診、歯科受診と言う
スケージュールになっており、何時頃帰れるのか分からないので
臨時休業とさせて頂きます。
放射線照射も折り返しを過ぎ残り14回となり
身体的にも影響が出始めている状態になっていますが
痛みはある物の、今の所順調に前に進んでおります。
もう暫くご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


男は黙って六四分け&ツーブロック

放射線の影響で左襟足付近の髪が抜けて来た事もあり

210224男は黙って六四分け&ツーブロック昨日何時もの理髪店へ行き

何時もの六四分けと、マスターと相談して

襟足付近のハゲをカバーする為に

ツーブロックで仕上げてもらいました。

少し顔が痩せたのか?意外と良い感じに仕上がりました。

ハゲた髪がまた伸びて来るまでは、こんな感じにしようかな。


CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て

クランク、コンロッドメタルが入荷して来たので

CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て (1)早速クランクにコンロッドを接続。

強化カムチェーンと純正新品の

プライマリーチェーンをセットして

クランクの準備が整いました。

CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て (2)クランク側もメタルベアリングをセット。

これであとは具材を放り込んで

締め付けるだけなのですが

その前にボルト類を準備しないと!

CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て (3)で、ボルト類を準備してから

具材を放り込んで

これで何時もの記念撮影をして

ロアケースを取り付けて締め付けます。

CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て (4)で、サクサクっと腰下の組み立てが完了!

貴重な国内398ccエンジンなので

フルオプション仕様で仕上げようと思います。

なのでカムチェーン強制調整ボルトも

CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て (5)マストアイテムですね。

極めて摩耗が少ないシフトドラムセンター

このエンジンの具材は全て極上品を使います。

CP25号機は僕が作る最後の車両に

CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て (6)なるかも知れないから

宝物庫のお宝部品を

ジャンジャン使って仕上げて行きます。

シフト関係の具もセットして動作確認もOK!

CB400国内398ccCP25号機腰下組み立て (7)シリンダーボアを計測しようかと

思っていたのですが…

ちょっと痛みが出て来たので

一旦休憩してからにします。


令和の破壊王GTH号復旧用部品入荷

今回のエンジンブローは比較的に軽傷だった事もあり

令和の破壊王GTH号復旧用部品入荷 (1)サクサクっと見積もりをしてオーナーに提出。

OKが出たので直ぐに部品を発注したら

早くも今日、全部の復旧用部品が揃ったw

これで後はエンジンを分解しチェックして

令和の破壊王GTH号復旧用部品入荷 (2)シリンダーヘッドを内燃機屋さんへ送ります。

今回オーナーに推奨する部品も入荷。

過去のエンジンブロー要因でもある

燃料供給不足解消アイテムで

ピンゲルの大流量コックを付ける事にします。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(1)

2021年02月21日

本日は絶好のバイク日和3

この所毎週末が暖かくて、今日も絶好のバイク日和!
通勤途中では多くのライダー達がお出掛けの様で
またコンビニなどでは待ち合わせの方も居られました。
僕も今日はバイクで出勤したかったけど
体力的に不安があるので諦めました…。
来月中旬で放射線照射が終わり
その時にどれだけの身体的影響が残っているか
また100%には絶対戻らない中でどれだけ回復するのか
それ次第になるのかなぁ…。


CB400F国内408ccCP20号機外装取り付け

絶好のタイミングでタンクとサイドカバーの塗装が仕上がて

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (1)戻って来たので、早速取付ます。

本当は自分のバイクにしようと目論んで

カラーリングはバーニッシュブルーにと

思っていたのですが、嫁が終活しろと言うので

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (2)仕方なくライトルビーレッドにしました。

サイドカバーを取り付けて、タンク側は

ガソリンコックやキャップチェック

タンクキャップを取り付けて車体にセットします。

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (3)タンクの準備も整ったので車体に搭載!

これでやっとフォアらしく見えます。

バーニッシュブルーも良いけど

やっぱり定番のライトルビーレッドも良いね!

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (4)後はメーターのリビルドが終わって

取り付ければ、20号機が完成します。

多分今月中には出来上がるかな?

CB400F国内408cc CP20号機ワンオーナー

間も無く完成となります。


CB400国内398cc25号機用エンジン組み立て準備

エンジン組み立て室にスペースが出来たので

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (1)早速今日から組み立て準備に取り掛かります。

まずはクランクシャフトの測定から。

既にダイナミックバランスは終わっているので

メタルを発注し腰下組み立てに取り掛かります。

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (2)アッパーケースにユニクロメッキした

スタッドボルトを入れて

クランクケースに対して直角に入っているか

測定をして、曲がっている物は

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (3)真っ直ぐに修正します。

ロアケースにも部品を組み込んで

後はクランクメタルを入れれば

下拵えが完了します。

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (4)アッパーケースも部品を入れて下拵え。

他の部品もボチボチと準備をして行きます。

他の新品純正部品は揃っているので

メタルが入荷すれば腰下は完成します。

シリンダーは後日内径を測定してから

ピストンサイズを決めてボーリングをする予定です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年02月20日

体調不良の為早仕舞い3

昨晩、息子とワクチン接種の件で話をした。
息子が勤務する病院でのワクチン接種は
3月中旬頃に接種する事が決まったらしい。
で、嫁にもう一度ワクチン接種をどうするのか聞いたけど
やっぱり接種しないと言う事だったので
僕も今更こんな身体だけど、接種はしない事にします。
まぁ夫婦二人とも基礎疾患があるから
何か面倒な事になるのも嫌だからねぇ…。


CB400国内398ccCP25号機用キャブレター組み立て

20号機がほぼ完成したので、次はエンジン組み立て室の

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (1)作業スペースを確保する為に

25号機用純正キャブレターをリビルドして

作業台のスペースを確保する事にします。

フル強化オイルポンプ「極み」の準備は完了。

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (2)以前ある程度下拵えを済ませていた

キャブレターボディを取り出して

組み立てを開始します。

チョークレバーに使うボールベアリングは新品。

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (3)リンクアームのフェルトパッキンも

当然ながら何時もの如く新品を使用。

これを4個分組み立てて行きます。

アジャストホルダーに使う

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (4)ダストパッキン(A/C)も当然ながら

新品に交換して組み立てます。

インナーパーツだけではなく

こう言ったメーカーから供給されなくて

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (5)劣化する部品は全て自分で作って

新品に交換して組み立てて行くので

出来上がったキャブレターのクオリティは

新品同様の仕上がりになります。

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (6)で、組み上がったボディを接続して

トップキャップを取り付ければ

これでキャブの上側が完成となりました。

エアベントなどのホース類は最後に取り付けます。

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (7)フローt-バルブを取り付けて

フロートの油面を調整。

これで後はニードルホルダーを入れて

MJとSJを取り付ければ完成。

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (8)フロートチャンバーを取り付けてれば

CB400国内398cc用キャブレターが出来上がり

これでやっと去年からの宿題も終わった。

398cc用なのでバフで仕上げて

CB400国内398cc25号機用キャブレター組み立て (9)贅沢仕様になってます。

ホース類を取り付ければこれで完成。

後はエンジン、フレームを仕上げれば

このキャブを取り付けて調整すれば

CB400国内398cc25号機用エンジン組み立て準備 (1)CPの在庫車両が3台になります。

またエンジン組み立て作業台も

スペースが確保出来たので

これで次の作業に取り掛かれますし

お待たせしている方の入庫準備に取り掛かります。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年02月19日

20号機火入れからの凡ミス発覚w3

昨日口内炎が出来た事を嫁に言ったのに
昨晩の晩御飯はカレーライスだった…。
口内炎が出来始めたら、刺激物は食べない様にと
主治医から言われていたのに…「何でカレーやねん!」
と言うと、「そんなもん口内炎が出来たら何食べても痛いわ!」
「嫌なら食うな!」と言うので、美味しく頂きました…。
で、今日放射線科の診察を受けてきました。
今日は喉仏にもデキモノが出来て痛いのですが
どうやら放射線照射を受けている患者の
平均的な身体的影響は、今の僕からすると
まだ軽い方らしいく、まだ味覚障害も出ていないので
暫くこのまま様子を見る事になった。
僕の身体は放射線にも人並み外れた所があるらしい。


半袖一家Y様CB400F用電装部品入荷

発電不良の原因だったレギュレートレクチファイアーなどの部品が入荷。

半袖一家Y様CB400F用交換修理用部品入荷 (1)リアブレーキのプレッシャースイッチも

断線していた事も分かったので

プレッシャースイッチも取り寄せました。

スイッチの配線をCB400F用に加工します。

半袖一家Y様CB400F用交換修理用部品入荷 (2)配線を伸縮チューブで纏めて

メインハーネスに接続する為に

ギボシを圧着してハンダ上げしました。

これで諸々の部品交換準備が整ったので

入庫予定をオーナーと打ち合わせしようと思います。 


CB400F国内408ccCP20号機火入れ調整

いよいよ今日は、昨日火入れ準備を済ませてあった

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (1)20号機エンジンの火入れ!

キャブにガソリンを流し込んで

オーバーフローが無い事をチェック!

チョークを引いてセルを数回回すも

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (2)エンジンが始動始動しないので

まずは点火系をチェック!

プラグを抜いてカブっていないか

火花は飛んでいるかを確認したけど

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (3)問題が無いのでセルを回すと

マフラーからアフターファイアーが出た!

スパークアドバンサーの接続ミスか?

と思ってチェックをしてみたけど問題は無い…

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (4)でも明らかに点火系の問題なので

試しにIGCコイル側で配線を入れ替えて

セルを回してみると、すんなりエンジンが始動。

え?どういう事?ガバナのカムの

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (5)入れ方を間違ったか?と思って

スパークアドバンサーを取り外し

ガバナを見ると…(笑)

原因はこれガバナのカムの入れ間違いw

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (6)どうやらカムにグリスアップをして

入れる時に向きを間違ったらしいわw

この1.4に対して合いマークが

この位置になっているのは間違いで

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (7)正解は1.4に対して合いマークが

この位置じゃないとダメですw

こんな間違いをしたのは初めてです…

むー…やっぱり放射線の影響なのかなぁ…

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (8)原因が分かったのでコイル側の配線を

元に戻して、バッテリーも弱くなったので

再充電をして、その間反省しながら休憩。

ただでさえしんどいのに、こんな凡ミスで

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火時期調整 (1)無駄に体力を使ってしまったわ…。

で、何とかエンジンに火が入ったので

点火時期を調整しました。

貴重な純正ND製NOS品のスパークアドバンサー

CB400F国内408ccCP20号機火入れ同調調整 (1)点火時期もバッチリ出たので

次に同調調整をしました。

キャブの調子も良いので

これもバッチリと同調が出ました。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (1)と言う事で後は発電量をチェック!

むー…これは発電量が少な過ぎる。

ステーターコイルがダメだな

と言う事で次のステーターコイルに交換。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (2)宝物庫から使えそうな中古品を

探し出してACGカバーに取り付け

焼けも少ないので多分大丈夫だと思い

これでまた発電量をチェック!

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (3)むー…少し発電量は上がったけど

これもだめだな…。

と言う事で第二宝物庫から中古品の

ステーターコイルを持って来て取り付け。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (4)これでダメなら隠し持っている

中古良品のステーターコイルにするか

テスト用に使っている物にするか

リプロ品に交換するしかない…。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (5)で、発電量の結果はと言うと

軽く14.27Vまであがったのでまずまずです。

粘ったらもっと上がると思うけど

また騒音の苦情が来るのも嫌なのでこれで我慢。



火入れも調整も無事に完了したCB400F国内408ccワンオーナー

CB400F国内408ccCP20号機火入れ210219CP20号機も残すは外装のみでリビルド中の

スピード、タコメーターと、塗装中の

タンク、サイドカバーが完成すれば

CP20号機が完成となります。

販売価格はまだ決まっていませんが

なるべく抑えた価格で販売する予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月18日

何かと体調不良続き3

昨日も放射線照射の為に関西医大へ行ったのですが
車椅子から立ち上がる時にどうやらまた
軽いギックリ腰をやってしまったみたいで
昨日は安静にしていましたが
まだ少し腰の痛みが残っている状態です。
で、ついに今朝口内炎が出て来た…。
普通放射線照射を10回前後続けると
口内炎になると聞いていたので
12回目にしてついにと言った感じです。
もうこんなのばっかりで散々ですわ…。
それでも無理しないと仕事が進まないし
待って頂いている方にもご迷惑が掛かるので
身体を労わりながらボチボチですが
仕事を進めて行きます。
申し訳ない。


CB400F国内408ccCP20号機仕上げ作業三日目

一昨日にエンジン関係の部品を取り付けたCP20号機。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (1)今日は純正キャブレターの

取り付けから作業を再開。

やはり体力が落ちているのだろうか

キャブレターを入れるのに苦労しました…。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (2)エアークリーナーなども仕上げて

新品純正OEM品のIGCを取付。

もう火入れをして点火時期や

同調調整もやってしまおうかなぁ…。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (4)取り合えず吸気系の作業が終わったので

アゲイン製マフラーを取り付けて

排気系も作業が完了しました。

まぁせっかくここまで来た事だし

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (5)明日火入れをするつもりで

エンジンオイルを入れて

調整準備を進める事にします。

バッテリーも充電しておきます。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (6)ドライブチェーンも入荷して来たので取り付け。

L側スプロケカバーも取り付けて

シフトペダルも取付が完了しました。

バッテリーの充電も完了したので

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (7)バッテリーを取り付けて

火入れの準備に取り掛かります。

これで一応外装以外の部品は

全て取付が完了しました。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (8)保安部品灯火系をチェック!

テールランプが付かないので見てみると

単純に電球が入っていなかっただけだったw

これで灯火系、保安部品もチェックが完了。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (11)次に何時もの様に実圧縮圧力を測定。

#1〜#4まで平均0.90Mpaと言う結果で

中々宜しいんじゃないでしょうか。

プラグに火花が飛ぶ事を確認しながら

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (13)プラグを取り付けて、火入れの準備。

キャブレターの同調調整をするので

同調調整用アダプターを取り付け。

これで何時でも火入れが出来る状態となりました。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (14)火入れ、点火時期調整、同調調整は

明日にする事にしようと思い

取り合えず準備だけは済ませて置き

明日病院が診察もあるので

午前中は潰れるだろうから、午後からになるかな?


ヨシムラマルチテンプメーターリコール修理完了

リコール対象のマルチテンプメーターが早くも修理から戻ってきました。

ヨシムラマルチテンプメーターリコール修理完了ご丁寧にお手紙と、ヨシムラ8耐レーサーマシーン

キーホルダーが付いて戻ってきました。

まだ21号機GTK号の製造ロッド番号が

未確認なので、ご都合の良い日をお伺いして

テンプメーターの製造ロッド番号をチェックしようと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月16日

放射線照射1/3終了3

今日で放射線照射全行程の1/3が終了して
トータル20Gyの照射が終わった。
まだ身体的負担は軽い方だけど
何故かふくらはぎに力が入らないし
喉の痛みも少しずつ痛くなってきたので
放射線科の先生に相談したら痛み止めを
処方してもらえば良いと言われたけど
既に今、まだ麻薬ではないロキソニンやリリカ
モルヒネ状のトアラセットなどの痛み止め飲んでいるので
この上はもう麻薬しかない…。
でも、痛みが酷い様であれば、モルヒネなどの麻薬になる
痛み止めを処方してもらえるらしい…。
でも、以前掛かり付け医に相談した時に
一度飲んだらもう止められなくなると言われた。
それは麻薬の快楽的な事では無く、痛みからの解放と言う意味。
なのでもう少し我慢する事にします。


CB400F国内408ccCP20号機仕上げ作業

昨日は体調が悪かったので、普段なら一日で出来る作業も中断し

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (1)今日は二日目になりますが、日に日に体調が

少しずつ悪くなってきているので

無理をしてでも仕上げないと!と思いながら

R側の仕上げ作業を再開しクラッチを取付。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (2)塗装が終わったクラッチカバーを

取り出してエンジンに取り付ける為

部品を取り付けて下拵えをします。

で、サクサクっとオイルシールなどを

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (3)クラッチカバーに取り付けて

組み立て準備が整ったので

取り付けようと反対側へ向かい

歩き出した所、少しヤバいかなぁと思ったら



これは防犯用の店内カメラ映像ですが

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (4)足がもつれてちょっと危なかったですねw

で、何とかクラッチカバーを取り付けて

めまいや身体が落ち着くまで

少し休憩をする事にしました。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (5)店が狭いので、倒れた時に打ち所が悪いと

えらい事になりそうですねw

絶版新品のND製スパークアドバンサーの

接点クリアランスをチェックして調整。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (6)オイルパン、オイルフィルターケースを

取り付けて、下回りの作業も完了です。

そんなに疲れていないはずなのに

既にもう身体が辛くなってきたので

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (7)今日はここまでにしておきます。

明日は定休日なので、ゆっくりと養生して

明後日にキャブを取り付ける事にします。

火入れや同調調整は当分先にしようかなぁ…。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (8)CP製408ccタイプ手裏剣カバー付き

ホーンASSYを取り付けました。

やっぱり408にはこの手裏剣カバー付き

ホーンが一番似合いますね。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (9)ブレーキペダルとステップを取り付け。

キックも取り付けました。

明後日取り付け予定のキャブレターも

取り付けスタンバイはOKです!

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ二日目 (10)まだ時間はたっぷりあるけど

体力的に余裕を持たせようと思うので

今日はここまでで終了とします。

タンクやサイドカバーの塗装が

まだ仕上がって来ないので、最終の仕上げはどうしようかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月15日

楽しい事は免疫力UP!2

昨日は嫁と姫と僕の家族三人で一緒に
家族でいちご狩り210214 (1)京都府八幡市にある、おさぜん農園で
いちご狩りを楽しんできました。
朝は身体の調子が悪かったので
少し心配だったけど
初めてのいちご狩りを楽しんだら
身体の調子も良くなって、痛みも楽になりました。
楽しいいちご狩りの写真をラインで息子に送ったら
一緒に写真に写っている姫の事を息子は知らなかったので
以前息子にはひょっとしたら何処かに
お前の兄弟、姉妹が居るかも知れんでと言う事は
伝えていたので、竜の妹やでと紹介してやったw
その後は晩御飯も一緒に食べて
バレンタインのチョコももらった。
夜も遅くなったので、家まで送ろうかと言う話にもなったけど
自分で帰ると言う事になり、新しい下僕も出来たので
バイクを置いたら、家まで送ってもらえる事になったらしいw
相変わらずたくましい姫だったw


CB400F国内408ccCP20号機エンジン搭載

今日も病院が長引いて午後からの営業となりましたが

CB400F国内408ccCP20号機エンジン搭載210215 (1)一昨日組み立てが終わった20号機のエンジンを

今日フレームに搭載します。

右腕の痛みや放射線の影響が

ボチボチと出始めているのですが

CB400F国内408ccCP20号機エンジン搭載210215 (2)まぁ何とかなるだろうと思い

何時も通りに

どーん!

エンジン搭載完了ですが

CB400F国内408ccCP20号機エンジン搭載210215 (3)何かやっぱり思っているより

身体的に調子が出ていないかな?

エンジンを搭載したフレームを

作業用リフトに搭載して

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ210215 (1)仕上げ作業に取り掛かります。

エンジンマウントボルトを締め込んで

まずはL側から仕上げ作業。

オイルシールホルダーも入れました。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ210215 (2)で、塗装が完了したACGカバーに

コイルをセットしてエンジンに取り付け。

ブリーザーカバーも取付が完了して

取り合えずL側の作業は完了しました。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ210215 (3)次にR側の作業をする為に

部品をチェックしながら

取り付けて行こうとしたのですが

ちょっとフラッと倒れそうになったので

危ないので今日はここまでで終了にします…。

こんな体調で痛みもある身体なのに、日本語も分からないおっさんと

僕の大事な時間をお前に使って、ごちゃごちゃ遊んでいる時間が勿体無いから

へ理屈ばっかりこねてないで、一人で自慰でもしとけw

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年02月01日

明日からの営業について3

【明日からの営業時間についてのお知らせ】
今日から2月になり、明日節分の2月2日(火曜日)から
いよいよ放射線照射が朝9時から始まります。
放射線照射開始は9時から約15分間ですが
照射が終わってからの事務手続きや
週に一度放射線科受診と、耳鼻科受診、歯科受診などがあり
恐らくその日は午前中一杯掛かると思います。
ですので、当分の間午前中は早くて11時から
遅いと午後からの営業になると思います。
ご迷惑をお掛け致しますが、放射線照射の身体的影響が無ければ
3月17日まで、午前中の営業開始時間は日によって変化しますので
よろしくお願いいたします。


シリンダーヘッド、シリンダー整備下拵え二日目

壊れたエンジンの状態が分からないので

シリンダーヘッド整備二日目 (1)まだどうなるかは分かりませんが

念の為令和の破壊王用シリンダーヘッドの

準備を進めて行きます。

まずはねじ山上りと、リコイル不良が

シリンダーヘッド整備二日目 (2)ほぼ全数ある事が分かったので

その修正を行い、使える様にします。

下手くそなリコイルをしたあったので

不良個所は抜き取って、新たにリコイル修正。

シリンダーヘッド整備二日目 (3)リコイル修正とリタップ掃除が終わったので

次にバルブガイドのOリング交換を

やってしまうのですが、バルブガイドは

交換されているかと思ったのですが

シリンダーヘッド整備二日目 (4)残念な事にやはり未交換で

Oリングも朽ちていました。

やっぱりここはデフォルトで

エンジンO/H時には強制交換ですね。

シリンダーヘッド整備二日目 (5)バルブガイドの摩耗は少ないので

このまま使うのですが

クリアランスの確認方法は

バルブガイドリーマーを使って

シリンダーヘッド整備二日目 (6)ガタ付きの大きさで判断しています。

バルブ側が摩耗する事は少ないのですが

バルブ側も段付きや偏摩耗が無いかは

チェックをしているので、問題ありません。

シリンダーヘッド整備二日目 (7)これでシリンダーヘッドの予備部品の

手入れが終わり、歪測定も終わりました

残念ながら歪は規定値を超えていたので

平面研磨をする事になるので

シリンダー整備 (1)後は内燃機加工へ出すだけです。

念の為シリンダーもブラスト仕上げをして

準備をしておきます。

今使っているシリンダーは何度も

シリンダー整備 (2)平面研磨をしているので

限界に近い可能性もあるのですが

予算次第ではちょっと細工をして

そのまま使えれば、コストが抑えれるので

後は分解してみてから相談して考える事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月29日

やる気のキャブレター祭り3

放射線照射開始まで今日を入れて後四日になりました。
朝9時からの放射線照射になりますが
その15分前までに放射線科の受付を済ませないといけないので
自宅から最短で15分程度の距離になるますが
朝の渋滞を考えると、遠回りして渋滞無しで20分程度。
渋滞を考えても30分は掛かるだろうし
車を止めて、病院の2階へ行き診察券を機械に通してから
地下の放射線科へエレベーターで行くので
病院内で15分程度時間をロスすると考えると
遅くとも朝8時には自宅を出発しないと
15分前に放射線科の受付が出来ないので
朝は7時〜7時30分に起きて、支度をしないといけなので
先日から早起きの練習をしています。
まぁそれでも普通の人に比べれば遅いんだけどね。
3月17日までの30回、これを続けるのですが体力が持つかなぁ…。


CB400F国内408ccCP20号機用キャブレターリビルド

今日は下拵えを済ませた20号機用キャブレターの

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (1)組み立て作業から開始!

まずは#1のキャブボディに

再メッキ済部品をボディにセット。

純正新品のJNをスロットルバルブに入れ

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (2)リンクアームには新品の

フェルトパッキンを使って組み立て。

これを残り3個同じ様に作り

繋ぎ合わせればキャブボディの

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (3)組み立ては完了となります。

CP製リプロ新品ダストパッキン(A/C)や

付属する部品を取り付けて

ステープレートを取り付ける準備も

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (4)整ったので、ステープレートを取付。

トップキャップはウエットブラスト仕上げで

取り付けて、後はフロートチャンバー内に

純正新品のインナーパーツを入れて

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (5)フロートの油面を調整。

これでフロートチャンバーを

取り付ければ、20号機用の

純正キャブレターが完成となります。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (6)はい!これで取り合えず

20号機用の純正キャブレターの

リビルドが完了しました。

もうキャブの作業をやり出したら

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (7)作業に集中してしまうので

写真を撮るのも忘れます。

ホース類も取り付けて

これにてキャブのリビルドが完了です。


CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレター準備

本格的に作るのはまだ先になりますが、諸々とキャブレターを作るついでに

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (1)25号機用純正キャブレターリビルドの

準備に取り掛かる事にします。

ボディは少々腐食したガソリンに

侵されて汚れが酷いのですが

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (2)本体の状態は差ほど悪くは無いので

取り合えずキャブクリ漬けにして

汚れを洗浄しておきます。

その他の部品も同じくキャブクリ漬け。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (3)ステープレートは組み立てて置いて

トップキャップは鏡面仕上げをした物が

あったので、これを使いフロートチャンバーは

バフ掛けをして仕上げる事にします。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (4)取り外した部品はワイヤリングして

ブラストで下地処理をしをしてから

再メッキに送る事にします。

まだ全然慌ててないのでボチボチと仕上げます。

予備ステープレート下拵えエンジンも出来てないからねぇw

ついでに予備のステープレートも

仮に組み立てをしておきました。

シャフトは再メッキ中だし

予備ステープレート下拵え (2)所々部品取りしているから

完全に組めるキャブも少ないんだよねw

先日打ち込んだリプロのブッシュ部分に

新品のフェルトパッキンを入れて

抜け止めのリングを打ち込んで、予備ステープレートも完成です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月24日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月25日(月曜日)は真正多血症定期健診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


京都K様CB400用純正キャブレターリビルド

今日は永遠の27歳になる嫁の誕生日なので

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (1)早仕舞いをしようかと考えているのですが…。

エンジン組み立て室の作業台が空いたので

兎に角キャブレターなどの組み立て作業を開始。

まずはステープレートに必要な部品を

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (2)再メッキから取り出し

サクサクっと組み付けました。

これでキャブレター組み立ての

下拵えが完了したので

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (3)次にボディに取り掛かるのですが

#1のチョークレバーのリンクアームが

ポロっと折れて取れてしまった…。

幸先が悪いスタートになってしまった…。

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (4)仕方が無いので取り合えず部品取り箱から

折れたリンクアームの代替品を探し出して

#1のキャブレターボディを組み立てて

ここからは問題無くサクサクっと

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (5)ボディの組み立てが進んで

4個共組み立てが完了です。

ダストパッキン(A/C)は硬化していたので

CP製リプロ新品ダストパッキン(A/C)と交換。

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (6)ボディが出来上がったので、次に

最初に作ったステープレートと接続。

フロートチャンバーとトップキャップが

予定通り今日届いたので

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (7)取り合えずインナーパーツを取り付けて

油面調整まで終わらせました。

フロートチャンバーの取付準備も整ったので

キャブレターの仕上げが出来ます。

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (8)で、サクサクっとフロートチャンバーと

トップキャップを取り付けて

京都K様CB400国内398cc用純正キャブレターの

リビルドが完了しました!


CB400F国内408ccCP20号機用セルモーターリビルド

キャブの組み立ても終わったので、そのまま引き続きで

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (1)20号機用のセルモーターを

リビルドしてしまいます。

ベースになるセルモーターはこれで

締め付け過ぎで、よくある電源ラインが

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (2)断線している物を使います。

サクサクっとバラバラに分解して

ブラストで仕上げる物は仕上げ

ボディは再メッキした物と交換し

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (3)消耗品も全て新品に交換します。

取り合えず整備が終わり

消耗部品を交換して組み立てます。

セルモーターの軸受け側に入っている

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (4)フェルトパッキンですが、実はこれ

キャブ用のフェルトパッキンと同じで

殆どのセルモーターの中は朽ちてしまい

入っていない物が殆どです。

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (5)再メッキしたボディにコイルを取り付けて

新品のカーボンブラシを取付ました。

コンミューター側にこびりついている

カーボンも磨いて、仕上げ準備が整いました。

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (6)で、サクサクっと組み付けて

20号機用セルモーターのリビルドが完了。

まだ25号機用もリビルドしないと…。

まぁ取り合えず1個はリビルドが出来たからね。

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (7)で、動作チェックの為セルモーターに

電流を流し、正常に動作するかをチェック!

ほぼ無音状態でキュィーン!と綺麗な音で

問題無く作動し、20号機用セルモーターの

リビルドも完了しました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年01月23日

只今絶賛リバウンド中3

健康の為にと言う事でダイエット生活を
昨年から行っていたのですが
癌が分かってからは食べれる時に
美味しい物を食べて置こうと言う気持ちになって
割と炭水化物や糖質が多い物を食べる様になり
体重は6キロも増えてしまいました…。
まぁ健康の為にと思って始めたダイエットですが
幾ら我慢しても癌になってしまったら
ダイエットなんてどうでも良くなりました。
でもアルコールは月一程度でほぼ呑まなくなったし
放射線照射が始まれば、完全に禁酒生活になるからねぇ。
幾ら健康に気を付けて我慢する食生活を送っても
食べれるのに食べれなくなってしまえば
何をやっている事なのか…って言う話ですわ。


CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ

クランクのダイナミックバランスの仕上がりが

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (1)予定より少し遅くなりましたが

本日内燃機屋さんから届きました。

9,000rpmでバランスを調整して貰い

#2のバランスウエイトの加工が結構な感じです。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (3)で、早速下拵えが済んでいるコンロッドを

接続して、強化カムチェーンと

純正プライマリーチェーンを装着。

これでクランクケースに放り込んで

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (4)ここからは何時もと同じ様に

ポイポイっと臓物を入れて

何時もの記念撮影。

これで腰下組み立て準備が整ったので

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (5)何時もの様にサクサクっと腰下が完成。

エンジンの仕様はカバー類も全て

オリジナル風の塗装仕上げで

仕上げる仕様になってます。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (6)腰下が組み上がれば、次にやる事は

シフト関係の具材をセットして

動作確認を済ませれば

これで腰下が完成となります。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (7)0.5mmOSの408cc専用ピストンを

コンロッドに接続して

腰上組み立て準備も整いました。

ここでお腹が空いたので昼食を食べてから

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (8)腰上組み立て作業に取り掛かります。

今日は集中して作業が出来るので

今日中にエンジンを仕上げて仕舞おうと思って

サクサクと作業を進めます。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (9)早くエンジン組み立て作業台の

スペースを空けて、キャブやセルモーターの

リビルドもしないといけないのと

令和の破壊王の車両が修理入庫を

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (11)待って頂いている状態なので…。

サクサクっとシリンダー挿入完了!

ヘッドガスケットは勿論CP製

ブロンズメタルヘッドガスケット。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (12)シリンダーヘッド!どーん!

搭載して締め込み完了。

ここで思い出したのがカバー類の塗装が

まだ戻って来ていない事だった!…。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (13)すっかり忘れていたわw

取り合えずカムシャフトを搭載して

明日以降にでも一度増し締めを

する事にしますが、紙のベースパッキンが

沈む程度しか締まらないので、増し締めをする必要な余り無いかもね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月22日

心配していた事が…3

息子が勤務する病院で先日クラスターが発生し
外来患者さんの診察は全て中止となったらしく
入院患者のみの治療になったとの事。
幸い息子は濃厚接触者もおらず、検査結果も陰性だが
脳外科医が仕事が出来ない環境になっており
救える命が救えなくなっている…。
医療従事者はワクチンを先行して受けれるらしいけど
息子はアレルギーもあるので、それも心配だし
僕も嫁も基礎疾患があるので、ワクチン接種は先に受けれるけど
嫁に聞いたら、ワクチン摂取はしないらしい。
日本政府も日本の製薬会社やFフィルム社などにお金を出せば
きっと安全なワクチンが作れると思うけどなぁ…。


CB400国内398cc25号機用不足部品取り付け

どのタイミングで25号機の下拵えを止めたら良いのか

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (1)ドンドンと分からなくなってきたのですがw

取り合えず純正ヘッドライトステーに

不足部品を取り付けて

メーター周りを仕上げてしまいます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (2)ヘッドライトステーにダンパーラバーを入れ

メーターステーを固定出来ました。

血統書付きの国内398ccなので

一つ一つの部品に拘って仕上げて行きます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (3)メーターステーが取付いたので

メーターセットリングを取り付け。

ダンパーラバーを入れました。

398cc用メーターはリビルド品があるので

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (5)そのメーターを取付ました。

まだ少し発注漏れがあったので

ヘッドライト、メーター周りは

これにて作業は一旦終了です。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (1)チェーンカバーも拘りの純正部品の

再メッキ品を使います。

拘るので再メッキは高いのですが…。

それも血統書付き車両なので拘ります。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (2)サクサクっと取り付けが完了しました。

ホイールハブはバフ仕上げだけの状態で

ベアリングやスポークはまだ組んで無く

ローリング状態にはまだ出来ないので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (1)付けた部品の点数だけ車重も重くなるけど

部品管理をし易く為に、取り付けなくても

組める物を組み立てて行きます。

で、必要な部品をピックアップしました。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (2)まず再メッキしたキックアームから

組み立てを開始です。

ほぼ全部の部品が絶版部品なので

貴重なキックアームの部品を

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (3)宝物庫から取り出して組み立て。

キックアームのブラインド蓋はリプロ品です。

それ以外は純正部品で組み立てました。

これでキックアームの下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (4)次にステップを組み立てました。

シフトペダルも純正品を再メッキしたので

仕上げる時にステップにセットします。

これでステップも下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (5)次にOEM品の新品IGCを組み立て。

OEM品なので、今までトラブルは一度も無く

信頼出来る部品になります。

これでIGCも下拵えが完了です。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (6)次にスターターマグネチックスイッチに

リプロ品ですが、配線を接続して

電装部品の下拵えを済ませます。

これで下拵えが終わったので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (7)エアークリーナーBOXに取り付け。

これで電装部品関係は

ほぼ下拵えが終わったかな?

後はメインハーネスを這わすだけです。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (8)もう25号機の作業もキリが無いので

この辺で一旦終わらせようと思い

作業用リフトからフレームを下しました。

明日からは20号機のエンジン組み立て作業に

取り掛かれそうなので、20号機のエンジンを仕上げてから

キャブレターやセルモーターのリビルドに取り掛かろうと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月21日

放射線照射スケジュール決定3

一昨日、関西医大へ行き放射線照射前検査のCT撮影と
放射線照射時に頭部を固定する為のマスクを作ってきました。
放射線照射開始日は2月2日(火曜日)の朝9時から
カレンダー通り平日毎日3月17日まで放射線照射を行います。
そして週に一度金曜日、放射線照射後に放射線科の診察があり
朝の開店時間が1時間〜午前中程度は遅れる事になります。
後は放射線照射により身体的な影響による体力、気力が
回復するまでの期間がどれ位な物になるのか
約30回に及ぶ未経験な予防的放射線照射次第と言う事になります。
後半はかなり辛くなるかも知れないとの事で
通常の業務に支障をきたす可能性もあるかも知れません。


部品整備 再メッキ

溜まった部品を再メッキに出そうと思い

CB400Four用部品再メッキ送り210121ブラストで汚れや錆を落として

再メッキ部品の下地処理を済ませました。

キャブレターのシャフトは特別なメッキ仕上げで

他はユニクロメッキで仕上げます。

CB400F国内408cc用部品達オイルパンのセパレターもメッキした方が

エンジンオイルにも優しい事が分かっているので

CPではメッキに出す事にしています。

これは20号機用の残りの部品達です。

クランクさえ仕上がって来れば後は早いのに…。

あ!キャブとセルモーターも作らないと!


CB400国内398ccCP25号機用不足純正部品入荷

CB400用純正部品を整理して、不足部品をチェックし発注し

CB400国内398cc用純正部品一部入荷 (1)25号機用の不足部品達が入荷。

これで外装以外の部品はほぼ揃ったかな?

1台分の純正部品を揃えると

これだけの量になるので

CB400国内398cc用純正部品一部入荷 (3)それなりの費用が掛かるのは

ご理解頂けると思います。

では早速取付が出来る部品を

邪魔にならない程度に取り付けて行きます。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (1)まずスイングアームのリアショック

アンダーラバーブッシュを

何時ものCP製オリジナルSSTを使って

サクサクっと圧入して行きます。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (2)ウインカーステー等は仮付けしておき

ウインカーは車両が立ち上がって

ローリング出来る様になってから取り付けないと

保管時に傷が付く可能性があるからねぇ。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (7)25号機に使う予定のウインカーは

当時物新品、一重レンズの

貴重なウインカーと言う事もあり

取り付けは一番最後になると思います。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (3)エアークリーナーBOXも

不足部品が入荷して来たので

しっかりと固定する事が出来たので

電装部品もしっかりと取付ました。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (4)次にハンドルスイッチを入れた

F2ハンドルをトップブリッジにクランプ。

インジケーターも取り付けました。

メーターセットリングはまだ未入荷なので

CB400国内398cc用純正部品取り付け (6)その他入荷した部品を使って

サイドスタンドや、取付が出来る物を

サクサクっと取り付けて

今日はここまでで終了です。

前後フェンダーやフロントフォークを取り付けると重たくなるので

暫くはこのままの状態になるかなぁ。


CB400F改520cc1号機部品交換

今日は気温が高いと言う事で、今年初乗りで店まで乗ってきましたが

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (1)朝の外気温は6.4℃だったわ…

で、今日は以前からの問題で

ヘッドライトのLED球が眩し過ぎて

時々煽られて交通トラブルの元になるので

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (2)やむなくハロゲン球に戻すついでに

インジケーターの中身も交換します。

まずは6,500KのLED球を取り外します。

ついでにインジケーターの配線を抜き

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (3)中身を交換してしまいます。

CP1号機はオイルランプを使わないので

CB500T用のインジケーターカバーを取り付けて

中身は新品のCB400Four用を

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (4)入れてあったのですが、ヘッドライトの

LED球を交換するついでに

インジケーターの中身もCB500T用に

交換してしまい、新品だったCB400Four用の

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (5)中身とカバーを保存して置こうと思い

LED球からH4ハロゲン球に

交換するタイミングで作業をしました。

本当は5,000KのLED球が欲しかったんだけど

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (6)売り切れてしまい手に入らなかったので

6,500Kを取り付けたのですが

これが明る過ぎて苦労をしていました。

一応車検対応のLED球との事だったので

取り付けたのですが、6,500Kの明るさはロービームでも

対向車は眩しいらしく、これで交通トラブルも無くなると思います。

貴重で1号機には不必要なインジケーターも回収出来たし

今年初乗りも出来たので、一石四鳥ぐらいにはなったな!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2021年01月18日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月19日(火曜日)は関西医大にて
放射線照射前検査の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


誕生日サプライズ失敗プレゼント

もう嫁にバレてしまっているサプライズ失敗の

サプライズ失敗の嫁の誕生日商品入荷誕生日プレゼントが今日届きました。

バレた時は予想道理の激オコでしたが

プレゼントはしっかりともらってくれるので

まぁそれだけでも良かったかなぁ…

普段からの感謝の気持ちを込めて、誕生日に渡す事にします。


CB400国内398ccF2 CP25号機部品整備二日目

邪魔にならない程度まで部品整備を進めようと思い

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (1)フレーム関係の部品や再メッキ部品

塗装に出してあった黒物部品などを

仮に取り付けて部品管理をして行きます。

純正部品を使ってサクサクっと組み付け

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (2)細々した部品の在庫が無い事も分かり

不足部品をまとめて発注をしました。

余り部品を取り付けると置き場所に困るので

取り合えず今日の仮組はここまでかな。

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (3)ローリングするのもまだ先なんだけど

スイングアームも取り付けました。

リアサスのロアブッシュも在庫切れだった。

この先組み立てに必要になる

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (4)新品の電装関係の部品や、ワイヤー類

F2ハンドルなども纏めて箱に入れて

25号機用部品をピックアップして

不足部品をチェックして、部品を発注しましたが

本気で作り出すのは当分先の予定を考えています。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月17日

25号機国内398ccF2製作準備3

定例の不動車コーナー車両バッテリー充電と
エンジンを始動させて、しっかりと熱を入れると言う
管理作業も現在2台だけとなって
かなり負担も減り、助かっていますが
それでも完全不動車が3台あり
ちゃんと動かすには、キャブレターをO/Hしないとダメなのと
バッテリーを交換する事です。
京都K様CB400と間も無く完成予定のCB400F国内408cc
モンキーZ50Jが完成すれば、また不動車コーナーも
一杯になって来るし、CB400国内398ccを
何時作り出そうかと思っている所です。


CB400F国内408ccCP20号機、CB400国内398ccCP25号機部品整備

放射線照射が始まる前にこの車両が完成しないと

CB400F国内408cc用CP20号機用IGCコイル組み立て (1)PITの都合や、気力体力面が

低下するかも知れないので…。

取り合えず今下拵えが出来る物を作ります。

まず純正OEM新品IGCの組み立て。

CB400F国内408cc用CP20号機用IGCコイル組み立て (2)サクサクっと組み立てて完成です。

スパークアドバンサーも純正品

NDのNOS品を使います。

次にフル強化オイルポンプ「極み」を準備。

CB400F国内408cc用CP20号機用フル強化オイルポンプ委「極み」 (1)ミッション用大流量強化オイルポンプも

装着して、圧力スイッチも取り付け。

ノーマルエンジンですが、もう「極み」は

CPレストア車両にはマストアイテムです。

CB400国内398cc25号機部品整備 (1)もうこれで完全にエンジンを組んでしまえば

作業用リフトに搭載出来る状態です。

で、今その作業用リフトに乗っているのは

CB400国内398ccF2のフレームですが

CB400国内398cc25号機部品整備 (2)これを下手に組んでしまうと

置き場所に困るので、取り合えず部品整備。

細かな所は仕上げて行きますが

まだ形にはしない予定です。

キャブレターも組まないといけないのですが

エンジン組み立て室に鎮座している国内408ccのエンジンを

仕上げて仕舞わないと、スペースが無さ過ぎる…。


ホーンステー、センタースタンドストッパー

拘りの408タイプ手裏剣カバー用ホーンステーと

ホーンステー、センタースタンドストッパー塗装送りセンタースタンドストッパーが

残り僅かになったので製作。

後はこれを塗装に出すだけです。

手裏剣カバーやホーンASSYも

拘りの方が多いのか、よく売れているので作って良かったと思います。


本日のご来店

ジャイロキャノピーのエンジンをご自分でO/Hすると言う

本日のご来店210117 (1)「枚方が好きやんツーリング部」の

K様が2回目のご来店。

エンジンをO/Hするに当たり

ベースエンジンを購入したので

本日のご来店210117 (2)そのエンジン部品をウエットブラストで

仕上げる為に本日もご来店です。

もうブラスト作業も今日で2回目なので

手慣れた感じでサクサクと仕上げて行きます。

本日のご来店210117 (3)今回はシリンダーヘッドやカバー類と

オイルポンプなどの細かい部品を

ブラストで仕上げいました。

まだシールやゴム類などの部品も出るらしく

オイルポンプは全部分解してブラストを当ててました。

完成が楽しみですね!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月16日

早くもサプライズ失敗3

嫁の誕生日を来週に控えた昨晩の事
カードの利用明細を嫁がチェックしていて
とある高額商品の購入がバレてしまった…。
で、予想通りの結果になり叱られました。
僕も素直に購入した理由を答えれば良いのに
気持ちを伝えるのが下手なので上手く伝えれられなくて…
でも、結局サプライズは失敗したけど
受け取ってはくれそうな感じの話になった。


CB400F国内408ccCP20号機部品下拵え

既に仕上げ段階に入ったCP20号機ですが

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (1)クランクのダイナミックバランス待ちで

作業は止まっている状態ですが

取り合えずシリンダーヘッドを下拵え。

ヘッド下面は平面研磨をしました。

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (2)純正新品のステムシールを入れて

バルブスプリングをセットして組み付け。

エンジンの仕様はピストン0.5OS位ですが

オイルポンプはフル強化オイルポンプ「極み」を

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (3)取り付ける予定になっているので

オリフィスなどのオイルラインも

加工済みとなっています。

EXスタッドとインシュレーターを取り付けて

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (1)シリンダーヘッドが完成しました。

タイヤとチューブなどを発注したので

ローリング用に使っていた仮の

アルミHリムを取り外して

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (2)D.I.Dの鉄リムを装着する準備を整え

これでタイヤチューブが入荷して来れば

ホイールに装着して、足回りは完成です。

ブレーキディスクは平面研磨仕上げです。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (3)そうこうしている内に注文していた

前後タイヤ、チューブなど一式が

入荷してきたので、早速ホイールに

取り付けて仕上げる事にします。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (4)サクサクっと鉄リムホイールに

新品のタイヤを前後とも装着。

エアーを充填し、これでタイヤホイールを

車体に取り付け出来ます。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (5)で、装着完了!

国内CB400F408ccCP20号機が

本仕様の足回りになりました。

後はエンジンとキャブを仕上げれば

タンクとサイドカバーを残すだけとなります。

多分来週にはエンジンも仕上がると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月15日

令和の破壊王入庫準備3

ここ数日昼間の天気が良いのですが
朝晩は寒いので、バイク通勤もちょっと…w
まだ今年はバイクに乗っていないのと
1号機を少し弄りたい所もあるのですが
まだ当分先になりそうだなぁ。
1号機用の部品は既に準備は出来ているんだけどねw
特に大きな変更をするんじゃないので
作業自体は簡単なんだけど、自分のバイクって
やっぱり面倒臭いよねw


PIT作業スペース確保

京都K様のCB400国内398ccの車体側レストア作業は

京都K様CB400ピリオンステップ取付 (1)取り合えずピリオンステップの

ピンが入荷して来たので取り付けて

暫くの間、部品が入荷するまで作業は一時中断。

まだ動かないモンキーも邪魔だわぁ…。

作業スペース確保不動車コーナーへ移動210115 (1)車両を不動車コーナーへ移動させる為

作業用リフトから車両を下して

CB400F国内408ccCP20号機を

作業用リフトへ搭載する準備をするのですが

作業スペース確保不動車コーナーへ移動210115 (2)まだエンジンが出来ていないので

作業用リフトにも搭載が出来ない状態。

エンジンが完成して搭載すれば

作業用リフトに搭載し、PITに余裕が出来るので

その後に令和の破壊王の車両入庫予定となっております。


CB400F国内408ccCP20号機エンジン臓物整備

そろそろクランクのダイナミックバランスが終わって

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (1)戻って来る頃だろうと思って

エンジン臓物関係の整備を開始。

まずミッションベアリング類交換。

カウンターシャフト2ndギアー焼き付き無しです。

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (2)プライマリーギアーダンパーラバー交換と

ニードルローラーベアリング交換なども

完了したので、後は細かい部品を洗浄して

状態をチェックすれば

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (3)20号機用エンジンの臓物関係部品の

チェックは完了です。

これでクランクのダイナミックバランスが

終わって戻って来れば

何時でも腰下組み立て作業に取り掛かれます。

あぁシリンダーヘッドの下拵えもしないといけないな!


京都K様CB400用純正キャブレターリビルド分解

エンジン、フレーム側の作業が一旦終わり

京都K様CB400キャブレターリビルド (2)車体は不動車コーナーへ移動させたので

次はキャブレターのリビルド作業の

ご依頼に取り掛かります。

フロートチャンバーとトップキャップは

京都K様CB400キャブレターリビルド (3)バフ仕上げとの事なので

先に取り外してバフ屋さんへ送り

その間にメッキ部品を取り外して

リビルドをして行きます。

京都K様CB400キャブレターリビルド (4)一見綺麗だったキャブレターですが

ゴム、Oリング類は硬化していたので

O/Hは正解だったようです。

キャブ本体の状態は極めて良好の様なので

京都K様CB400キャブレターリビルド (5)きっと良いキャブが出来上がると思います。

フロートチャンバーとトップキャップは

一旦ブラストで仕上げたので

これで発送準備に取り掛かります。

仕上がって戻って来る間にボディの方は仕上げる予定です。

20号機用のキャブも作らないといけないので

キャブレター作業集中日を作らないといけないなぁ。

あぁ部品も発注しないと!


CB400国内398ccF2レストア準備

まだ当分先ですが、今手掛けているCB400F国内408cc1オーナー車が完成たら

CB400国内398ccF2レストア準備これが次に取り掛かる398cc用フレーム

3オーナー車、これも408同様に

エンジン、フレ番マッチで類別、型式は

F2ですが枠内に残っている

エンジンの仕様はCP製398専用0.25OSピストンを使う予定で

エンジンケースの仕上げも、ある程度出来上がっていますが

まだ作業前の今なら、オーダー可能ですのでよろしくお願いいたします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月14日

精神衛生上休日も出勤3

正直な所、放射線照射による身体への影響が
どんな風に出て来るのかが不安で、体調不良や、体力の低下により
通常業務がどれだけ普通に出来るのかが気になってます。
なので、年末年始や定休日も休まず出勤して
少しでも作業を進めて置かないといけないと言う
脅迫観念みたいな感じの物が僕を覆っています。
実際は放射線照射が始まってみないと分からない事ばかりなのですが
最初は放射線照射を拒否していた僕を、嫁や息子が放射線照射をして
少しでも長く生きる確率を上げる事を進めてくれたので
その意見に従う事にした物の、全くの未知な領域なので
今は不安しか無く、その不安を取り除く事が仕事をする事になってます。
人によって放射線の影響が違うらしいけど
不安で辛い事には違いは無いです…。
昨日はそんな事を考えながら仕事をしている所へ
僕の事を気遣ってわざわざ遠方からご来店頂き
色々なお話を聞かせて頂き、また元気を頂きました。
ありがとうございました。


CB400F国内408ccCP20号機組み立て作業再開三日目

昨日の定休日も何処にも出掛ける予定が無かったので店に出勤して

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (1)残りの黒物部品の整備をしようと思って

ステップ周りの部品を組み立てようと

部品を探して集めた所、無いと思っていた

スリーウェイジョイントも見つかったので

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (2)それじゃぁと言う事で、フロントブレーキを

仕上げて仕舞おうと思いホース類を接続。

これがあればヘッドライトケース周りも

仕上げられるので、仕上げもグンっと進みます。

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (3)で、ブレーキマスターにホースを接続し

ブレーキフルードをを入れてエアー抜き。

これでフロントブレーキも使える様になり

ヘッドライト周りの作業も進められます。

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (4)取り合えず最初の目的だった黒物部品の

メインステップを組み立てました。

これで黒物部品は全て下拵えが完了。

後はエンジンとキャブを仕上げれば

CB400F国内408ccCP20号機ヘッドライトケース取り付け配線 (1)20号機は今月中には完成となります。

ヘッドライトケースを取り付けて

接続できる配線も接続、残りはメーター周り。

メーターもリビルドに出さないと!

CB400F国内408ccCP20号機ワイヤー類取付 (1)とまぁ昨日の定休日はここまで作業をして帰宅。

で、今日は取り合えず不足部品が

入荷して来るまでクラッチ、アクセル

スピードメーター用ワイヤー類を取付て

CB400F国内408ccCP20号機ワイヤー類取付 (2)ハンドルスイッチなどの配線も

仮に整線を済ませました。

国内408ccなので、速度警告灯が付属するので

CP製スピードワーニングユニットも取付。

CB400F国内408ccCP20号機メーターセットリング取付 (1)で、今日も細かい所の不足部品が

入荷して来たので、サクサクっと取付。

特に見た目が大きく変わった所は無く

まぁメーターセットリングが付いた位かな。

早くエンジンを乗せないと出来上がった感が全然ないねw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月12日

密かに嫁をリサーチ3

嫁の誕生日を2週間後に控えて
今年は忘れない様にと思って
それとなく嫁が気になっていそうな物を
普段の会話でリサーチ!
で、あ!これだ!と言う物を見つけて
早速注文をしたのですが
多分手渡した時、一瞬喜んだ後にきっと
「何でこんな高いもんこうたん!」と怒ると思う…。
それでも良いと思ったから買った。
後は24日までバレない様に隠して置くだけだなぁ。


CB400F国内408ccCP20号機組み立て再開二日目立ち上げ

今日一部の不足部品が入荷して来る予定なので

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (1)取り合えず出来る所から作業開始。

まずはフロントブレーキマスターを

組み立てる所から開始でです。

インナーキットは新品に交換して組み付けます。

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (2)アルマイトの焼けが極めて少ない

貴重なブレーキマスターを使います。

サクサクっと組み付けが完了。

クランプは新品がまだ出るので

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (3)新品を使ってハンドルにを取り付け。

その他の部品も勿論新品です。

これで取り合えずブレーキマスターも完成

でもフロントブレーキの仕上げは当分先です。

CB400F国内408ccCP20号機フロントフォーク組み立て (1)次に不足していたフロントフォークの

部品が入荷して来たので

組み立てに取り掛かります。

これが出来上がれば今日中に立ち上がります。

CB400F国内408ccCP20号機フロントフォーク組み立て (2)で、サクサクっとフロントフォークを

組み立てて、ステムに取り付けました。

フロントフェンダーなども取り付け

タイヤホイールは仮のHリムを取り付けて

CB400F国内408ccCP20号機自立 (1)取り合えずフロントだけですが

やっと自立する事が出来ました。

フロントブレーキはスリーウエィジョイントが

まだ仕上がって来ていないので使えません。

CB400F国内408ccCP20号機自立 (2)トップブリッジを締め付けて

イグニッションキースイッチを取り付け

国内408ccなので速度警告灯を取り付けました。

なるべく販売価格を抑えるつもりで作るのですが

CB400F国内408ccCP20号機自立 (3)貴重な国内408ccワンオーナー車なので

どうしても仕上がりに拘ってしまう…。

このまま自分が所有したい気持ちもあるので

別に売れなくても良いと思って作ってます。

残りの不足部品は15日位には入荷して来るかな?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月11日

CB400F国内408ccCP20号機製作再開3

何とか今月中に令和の破壊王の車両を
入庫させようと思い、昨年から溜まっている作業を
休みも返上で作業を進めており
現在クイック作業なども含めて全て
ご予約を頂いている状態になっております。
また重整備に関しては、PITが停滞気味になっており
調整が必要ですので、ブログをご覧頂いておられる方々には
ご協力をお願いしております。
来月から放射線照射が始まる事による身体的影響が
未知数な事もありますので、なるべくご迷惑が掛からない様に
作業を進めたいと思っております。


巷で噂のらーめん「たにの」

今枚方で噂の、京都府八幡市の男山に昨年12月26日にオープンした

京都府八幡市男山ラーメンたにの (1)らーめん屋さんの「たにの」へ

昨日嫁と二人で行って来ました。

駐車スペースはお店の裏に2台?ぐらいの

駐車スペースがあり、店内の座席は

京都府八幡市男山ラーメンたにの (2)コロナ対策なのか4席しか無いのですが

感染対策もしっかりとしている感じでした。

基本的なメニューは拉麺その一、その二

その三と言うメニューと金曜日限定メニュー。

京都府八幡市男山ラーメンたにの (3)で、僕はその二の明石蛸とボルチーニ茸スープ

麺大盛を発注し、嫁はその一の

天然羅臼昆布と黒毛和牛スープを発注。

待つ事しばし、出て来た拉麺の器の大きさが…

京都府八幡市男山ラーメンたにの (4)これは嫁が発注した拉麺その一

天然羅臼昆布と黒毛和牛スープ

レギュラーサイズで、スープを味見。

今まで味わった事が無い部類のスープでした。

京都府八幡市男山ラーメンたにの (5)で、僕が発注した拉麺その二

明石蛸とボルチーニ茸スープの麺大盛w

これも今まで味わった事が無いスープで

蛸の味と柚子の様な柑橘系のスープで

とても美味しく、変わり種のラーメンでした。

来月から始まる放射線照射で、味覚障害が出る前に来たかったので

行列が出来る前に来れて良かった。


CB400リアホールスプロケダンパー交換

インスタのDMで作業のご相談を頂いていた方からのご依頼で

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (1)CB400リアホイールスプロケハブダンパー

交換作業のご依頼です。

ダンパーゴムは完全に朽ちており

ボロボロになって取れました…。

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (2)アウターカラーは残ったままなので

何時も通り破壊して取外しました。

綺麗に掃除をして、純正新品の

スプロケダンパーを入れて、出来上がり。

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (3)ブレーキドラム側のベアリングが緩く

ポロっと落ちてきたのが少し残念ですが

スプロケットも入れて完成となりました。

これで乗り心地も変わると思います。


京都K様CB400仕上げ作業三日目

探しまくったACGカバーが昨日届いたのですが

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (1)まずはフロントフェンダーを取り外して

再メッキ送りの準備に取り掛かります。

綺麗なフェンダーなのに何故?って事ですが

実はこのフェンダー、Wディスク用に

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (2)ワンオフ加工がされており

まずは取付に問題が無いかを

チェックしてから一旦取り外し

再メッキに出す事になっていたのです。

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (3)勿論Wディスク用フェンダーの

プレス金型は無いので

全て手作りでの加工になります。

これで同じような加工で

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (4)RCフェンダーも量産が出来れば良いなぁ…

見た目は全く違和感が無いので

再メッキをすれば純正品と見紛う位の

出来栄えになっている拘りの一品ですね!

京都K様CB400ACGカバー取り付け (1)再メッキの仕上がりが楽しみです。

で、ACGカバーも届いてきた事なので

早速コイルを入れて仕上げに取り掛かります。

これでエンジンに取り付けて

京都K様CB400ACGカバー取り付け (2)エンジンガードも締め付けが出来ました。

スプロケットカバーはドライブチェーンが

届いてから取付になります。

同じくコーションステッカーも届き

京都K様CB400Aコーションステッカー貼り付け (1)早速貼り付けるのですが

唯一僕の天敵作業なので

結果はご想像にお任せします…。

まぁ自分では上手く貼れたと満足していますが…。

京都K様CB400限定ヨシムラマフラー取付 (1)フロントフェンダーの引取りに合わせて

限定ヨシムラマフラーもお持ち頂いたので

マフラーをエンジンに取り付けました。

その際に今後の作業についてオーナーと相談。

純正キャブレターフルリビルドもご依頼を頂いた事もあり

純正新品や拘りの部品が多いので、仕上がりはまだ当分先になりそうです。


CP20号機CB400F国内408cc組み立て再開

今月中に立ち上げまで済ませたい20号機の組み立て作業を再開。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (1)フレームにステムなどを組み付けました。

整理してあった純正部品ももう

何処にどの部品を入れたのかを忘れたので

一々部品を探さないといけない所からです…。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (2)フロントフォーク用部品が足りないので

立ち上げは早くても今週末になりそうです。

取り合えずハンドルスイッチを組み付けて

ローリング用にステアリングを取付ました。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (3)メインハーネスを這わせて

ハンドルスイッチと接続。

インジケーターも取付が完了しました。

この時点で付いて無い部品は発注漏れです。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (5)ヒューズボックスが何処に行ったのか

分からないのですが、何とか見つかって

ハーネス類も新品を取付ました。

まぁ今日はここまでで一旦終了となります。

フロントフォークの部品が入荷して来たら

サクサクっとローリング出来る様にして作業用リフトに搭載予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月09日

今年こそ忘れない様に!3

今日思い出した今年最初のイベントは1月24日
永遠の27歳である嫁の誕生日!
せっかく思い出したのだから
今年こそ忘れない様に、何かプランを考えておかないと!
奴は余り望み事を言わないので、何が良いかなぁ。
余計なお金を掛けると怒られるしなぁ。
何か良い物無いかな?今時外食も怖いんで
やっぱりプレゼントが良いのかなぁ…。


京都K様CB400仕上げ作業二日目

昨日オーナーと少し打ち合わせをして、テールライトユニットの

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン (1)ゴムパッキンは398後期タイプに

交換する事になり、在庫が1個あったはずなので

朝から部品を探しだして見つけました。

取り合えず部品はあったので

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (1)後で交換する事にして、先に残りの

黒物部品をピックアップして

組み立てて仕舞おうと思い

メインステップの部品を出して来て

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (2)ネジ穴部分の塗装をタップで掃除して

組み立て準備に取り掛かるのですが

ゴム類が届いていないのと

組み立てに必要な部品も届いてない事が分かった。

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (3)仕方が無いのでステップアーム類は

後で取り付ける事にして

ステップバーをフレームに取り付けて

ロアエンジンマウントを締め付けて仕舞います。

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (4)R側も同じくブレーキペダルと

ステップバーを取り付けて締め付けが完了。

ブレーキスイッチも不在なので

ここまでで終了です。

京都K様CB400仕上げ二日目残りの黒物部品達 (1)フロントブレーキ関係はインナーパーツ

マスター、スリーウエイジョイント

圧力スイッチ、ホース、ボルト類が

全然ないのでヘッドライトも取付が出来ません。

京都K様CB400仕上げ二日目純正新品IGC組み立て (1)これで取り合えずは黒物関係は終わったので

電装部品の純正新品のIGCを組み立て。

コイルだけの部品には配線クリップが無いんだね

サクサクっと組み立ててましたが

京都K様CB400仕上げ二日目純正新品IGC組み立て (2)IGCをフレームに取付るボルトも無いので

組み立てだけで終了です。

残りの不足部品の全容も見えて来たので

不足部品をザックリと調べると

キャブはO/H予定ですがその周りのゴム類などの部品と

エアークリーナ周辺部品、ゴム、金属ダクト関係、インレットネット

エアークリナーチャンバー他一式、ブリーザーチャンバー

電装品でレクチファイアー、電源ラインの配線類、ホーン、バッテリー

ハーネスクリップD、全ワイヤー類一式、フロントブレーキ関係部品一式

リアブレーキスイッチ、フロント圧力スイッチ、IGC取付ボルト

スピードユニットステー一式、クラッチケーブルガイド、速度パイロットランプ

ドライブチェーン、キックアーム、ステップ関係一式、シフトペダルゴム

タンクフロントクッションゴム、バッテリーバンド、左右ミラー

シートとタンク、サイドカバーやマフラーなどは打ち合わせ済みですが

マフラーはもう取付が出来るので、何時でも持って来て頂ければOKです。

後は細かいボルト類ですが、それぐらいは何も問題ありません。

キャブ以外この辺の部品が揃えば、1日もあれば完成します。

こちらで準備出来る部品も幾つかありますが、リプロ品も多く

絶版部品も多いので、純正新品てんこ盛り車両に使って良い物なのか…。

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン交換 (1)で、取り合えずテールライトユニットの

ベースパッキンをCB400国内398cc後期の

ベロ付きパッキンに交換して取付ます。

カラーも違う物が入っていたので交換です。

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン交換 (3)はい!これでテールライトユニットの

ベースパッキン交換が完了。

フレーム番号からも後期タイプのゴムで

マッチしていると思います。

京都K様CB400仕上げ二日目チェーンカバーボルト取付 (1)そこへタイミング良く発注していた

不足純正部品が入荷して来たので

チェーンカバー取付用ボルトを取付けて

チェーンカバーの取付が完了。

京都K様CB400仕上げ二日目チェーンカバーボルト取付 (4)後はピリオンステップピンが不在なので

取り付けが出来なかった位で

オーナーから送られてきた部品もかなり減り

残りは予備的な部品が入った箱1個と

京都K様CB400仕上げ二日目残りの部品達 (1)使う小さい箱1個とヘッドライト類一式が

入っているケースだけになりました。

この辺の部品は一番最後になる様な

部品だらけなので、今特に慌てては使いません。

京都K様CB400仕上げ二日目エンジンガード仮付け (1)以前オーナーとお話をしたWディスクの

ブレーキパイプのメッキはどうしようかなぁ…。

取り合えずエンジンガードを仮に取付ました。

ロアエンジンハンガーボルトが短いので

京都K様CB400仕上げ二日目作業終了210109 (1)他の純正ボルトを流用して取付。

フロントエンジンハンガーボルトは

付属のボルトで取り付けました。

クラッチレバーの部品もあったので取付

20号機フレーム組み立て再開準備210109後は部品が無いので

まぁ今日はここまでだな。

明後日からは20号機のフレームを

仕上げにでも取り掛かろうかなぁ。

明日は第二日曜日で定休日なのですが

ご来店のご予約があるので、午前中は出勤します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2021年01月07日

午後から放射線科受診3

本当なら今日から仕事始めの予定でしたが
午後から放射線科を受診するので
仕事始めは明日からと言う事にしました。
まぁ実際は1月2日から仕事はしてるので
何時が仕事始めだったのかは分かりませんがw
放射線照射が僕の身体に対する影響が未知数なので
お受けしている仕事は、元気な内に済ませて置こうと思って
まぁ結果的にお正月も仕事をしていたと言う事になるんですけどね。
仕事をしている時は痛みも忘れて没頭出来るし
多分僕の免疫力を上げるのはCB400Fourを触っている時が
一番幸せで、楽しいんだと思います。
なので、元気を維持する為にも仕事をさて下さい!


京都K様CB400不足部品取り付けローリング

病院へ行く前に昨日入荷して来た部品を、取り付け作業を済ませます。

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (1)まずはフロント周りの仕上げ作業から

フロントブレーキ用スタッドボルトが

不足していたのでまずはこれを取り付けて

フロント周りを仕上げて仕舞い

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (2)タイヤホイールを取り付けて

ローリング出来る状態に仕上げて仕舞います。

作業用リフトに乗せて仕舞えば

作業効率も上がるし、PITもスペースが

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (3)確保出来るので、次の車両の入庫や

20号機の仕上げも進められますからね。

不足部品はオーナーにも都度報告してあり

供給されている部品には入っていないので

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (4)都度部品をチェックして

不足している部品を発注してますが

少しですが後から箱の下から出て来たり

別便で送られて来た箱に入っていたりもしますが

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (5)その部品も微々たる物なので

待っている方が時間が掛かる為

不足部品はこちらで手配をしています。

これでフロントフォーク関係部品の取付けが完了。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (1)次にフロントフェンダーの不足部品で

フェンダーブレス用純正ロックピースです。

これはパーツリストに部品番号が無いので

独自に純正部品を調べて見つけました。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (2)で、サクサクっとフロントフェンダーの

取り付けがやっと完了しました。

これで後はフロントタイヤホイールを

取り付ければローリング出来る状態になります。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (3)で、先日下拵えをしていた

フロントタイヤホイールを取付ます。

ブレーキ回りの細かい部品も不足していますが

取り合えずはこれでローリングが出来ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (1)その前にマフラーブラケット取付の

ボルトも入荷して来たので

ブラケットを取り付けて

メインスタンドストッパーも取付ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (2)これでメインスタンドを跳ね上げても

フレームに干渉する事も無くなり

安心してローリング出来る様になり

作業用リフトに搭載が出来ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (3)で、作業用リフトの上を片付けて

京都K様CB400を搭載!

ここから先は部品が揃ってさえいれば

掛かっても3日あれば完成するのですが…。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (4)取り合えず不足部品のボルト類を取付て

部品点数を減らします。

シートロック取付ボルト

これでシートロックも取付が完了。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (5)次にインジケーター取付ビス。

キースイッチの芯にセットして

インジケーターの取付が完了です。

これでメーター類も取付が出来るかな?

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (6)仮止めしていたレギュレーターも

ワッシャーが入荷して来たので

これで固定が完了し、後は電源ラインの

ハーネスが届けば、電装関係は終わりです。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (7)絶版のナンバーブラケット用のカラーですが

只今手配中ですが、明日には入荷して来ると

思いますので、入荷次第取り付けます。

テールライトユニットのワッシャーも

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (8)取付たのですが、ベースパッキンは

貴重な398前期物、408タイプが付いており

取付のカラーとの互換性が無いので

隙間がありブラブラになってます。

これもまた相談する事になると思います。


CP20号機CB400F国内408エンジン

多分クランクのダイナミックバランスは早く出来上がると思うのですが

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (1)キャブ用の部品も作ってもらうので

仕上がって届くのは、ちょっと遅れるかな?

取り合えずクランクメタルが入荷したので

アッパーケースとロアケースに取り付けて

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (2)何時でも腰下が組み立て出来る様にと

スタンバイは完了しました。

後はミッションベアリングなどの交換と

ギアー類のチェックを済ませれば

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (3)腰下の下拵えが完了します。

コンロッドも新品のメタルベアリングを

セットしたので、クランクさえ戻って来れば

何時でもエンジンは仕上がる様になってます。

さてソロソロ病院へ行く時間なので、今日はここまでです。

peke_cb400f at 12:30|PermalinkComments(2)

2021年01月05日

まだ冬期休暇中、身体慣らし作業3

今朝は昨日と比べるとかなり寒い朝だった。
こんな事なら暖かだった昨日
少しでもバイクに乗って走って来れば良かったと思った。
1号機のバッテリーが上がって無いかと思い
家に帰ってエンジンを掛けてみたけど
バッテリーは上がってはいなかったのですが
今度いつ乗るのか分からないので
念の為充電器を接続して置く事にしました。
春はまだ先だなぁ…


京都K様CB400レストア車組み立て

もう組み立てを開始してから何日が経過しているのかも忘れたな。

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (1)今日まずは昨日持ち込まれた当時物の

セブンスターキャストのブラストと

組み立て作業から取り掛かる事にします。

まずはブラストからですが

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (2)リアと同じく、オリジナル塗装を残して

リムなどをブラストで仕上げ

時間は掛かりましたがフロント側も

割と塗装は綺麗に残りました。

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (3)で、リテーナー部分をリタップ掃除。

カラー類も錆を取って錆止め代わりの

グリスを塗って、ベアリングにも

追加でグリスを入れて

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (4)これでベアリングを手入れした

キャストホイールに組み込みます。

サクサクっとフロント側が完成。

少し傷があったり、塗装が剥がれた部分は

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (5)タッチアップして仕上げました。

同じくリアホールもベアリングを打ち込み

セブンスターホイールのリメイクが完成。

今、本物のセブンスターも結構なお値段だし

京都K様CB400用スピードメーターギアー組み立て (1)BEET初期キャストもとんでもない値段に

跳ね上がっているのを見てビックリです。

次に今レストア中車両用の

スピードメーターギアーを組み立てます。

京都K様CB400用スピードメーターギアー組み立て (2)これもサクサクっと組み立てが完了。

これでフロントホイールの準備が出来ます。

立ち上げに必要なボルトが数本

不足しているのですが、もうここまで来たら

京都K様CB400立ち上げ準備210105 (1)少々強引ですが立ち上げ準備に

取り掛かろうと思い、メインスタンドと

サイドスタンドを取り付けました。

もうスイングアームも取り付けようと思い

京都K様CB400スイングアーム取り付け (2)カラーを手入れして、取付準備に取り掛かります。

まずチェーンカバーにリアサス干渉用の

純正クッションゴムを取り付けて

チェーンカバーとリアサスの防振対策。

京都K様CB400スイングアーム取り付け (3)これを付けて無いとノイズも出るし

何より稀少な減衰付きアルミボディの

コニーリアサスに傷が入るからねぇ。

まぁ強引ですが今日中に立たせるので

京都K様CB400フロントホイール下拵え (1)先に取り付けが出来る物を取付ました。

次にフロントタイヤホイールですが

セブンスターキャストじゃなく

タカサゴのHリムを取り合えずですが

京都K様CB400フロントホイール下拵え (2)仮に取付る事になっているので

タイヤホイール取付の準備なのですが

ディスク裏が塗装されているので

まずはこれを剥がす所から…。

京都K様CB400フロントホイール下拵え (3)これでWディスク用フロントタイヤホイールの

組み立てが完了し、取付準備が整いましたが

フロント周りは不足部品が多いので

フロントタイヤホイールを取り付けるのは

京都K様CB400リアホイール下拵え (1)不足部品が入荷してからになります。

次にリアブレーキドラムを組み立てて

リアタイヤホイールの準備を整えて

取り付け準備をします。

京都K様CB400リアホイール下拵え (3)サクサクっとブレーキドラムを組み立てて

リアタイヤホイールにリメイクされた

純正ドリブンスプロケットを取付て

ブレーキドラムパネルもセットが完了です。

京都K様CB400エンジン搭載 (1)で、フレームを強制的に立ち上げて

リアタイヤホイールを取付ました。

フロントは取り合えず雰囲気だけでもと思い

転がして入れてみましたw

京都K様CB400エンジン搭載 (2)じゃぁここまで出来たんだからと言う事で

フレームの塗装がメラミンなので

しっかりと養生をして

エンジン搭載準備が整いました。

京都K様CB400エンジン搭載 (3)で!何時もの様に

はい

どーん!

エンジン搭載完了!

京都K様CB400エンジン搭載 (4)エンジンマウントボルトを仮に取り付け。

エンジンガードは邪魔なので最後に取付けます。

これで一応ですが京都K様CB400国内398ccが

産まれ立ての子鹿の様に立ち上がりました。

この先は部品が入荷してからかなぁ…エンジンは組めるけど

出来れば先にローリング状態にしたいからねぇ。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2021年01月02日

暇なので仕事始め3

本当なら今日は母親の誕生日なので
毎年兄弟が集まってのお食事会をするのですが
このコロナ禍の中での今年は中止しました。
今年は例年とは違いお酒も甘酒程度でまだ飲んでいませんw
で、このままだと堕落するだけなので
何かをしようと思って今日からお店に出てますが
特に何もする事が無いわw
7日から通常営業予定で、ご来店のご予約を頂いておりますが
午後から関西医大の放射線科を受診する事をすっかり忘れていたので
ご来店予定の方に連絡を取って時間帯を調整する事にします。


当時物CB400F用セブンスターキャスト

京都K様からのご依頼で、本物の当時物セブンスターキャストの

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (1)スプロケハブダンパー交換のご依頼。

オリジナルペイントを残して

ブラストもご依頼なのですが

年月も経過しており、ホイールの腐食や

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (2)塗料の密着具合にもよるのですが

オリジナルペイントを残すのは

かなり厳しい課題になりそうです。

取り合えずダンパー部分に

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (3)ラスペネを入れ内部に滲みこませ

抜け易い様にします。

塗装部分以外の地肌は全体的に

年月を感じさせられる具合に仕上がっています。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (4)まぁ取り合えずスプロケダンパーを抜くのですが

アウターカラーは緩んでいるけど

ダンパーゴムが完全に朽ちており

インナーカラーとゴムだけが

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (5)何時も通り抜けました。

こうなれば破壊しか手段が無いので

ホイールに傷を付けない様に

ネチネチと破壊して行き取り除きます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (6)後はブラストでオリジナル塗装を

残す方向で、これもまたネチネチと

ブラストを当てて行きました。

塗装が浮いている所は多少剥がれましたが

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (7)それでも割とオリジナル塗装は

残せた方だと思います。

で、まずはベアリングリテーナー部分を

リタップ掃除をして仕上げます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (8)次に今回のメインの依頼である

スプロケハブダンパーを挿入!

毎回同じ事を書きますが

これで乗り心地は全然変わってきます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (9)で、スプロケハブダンパーの交換が完了!

お正月で身体が鈍るので今年の仕事始め

はこんな感じで軽くスタートしました。

明日は何をしようかなぁ。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2)

2020年12月31日

やる事リスト覚書20203

【12月30日現在の作業予定やる事リスト覚書】
エンジンフルO/H  5基  4基  5基  4基  5基  6基  5基(12月26日更新)
エンジン腰上O/H  3基  2基 (7月31日更新)
キャブレターO/H  2基  1基  3基  2基 (12月26日更新)
フルレストア  3台  2台  4台  3台 (12月19日更新)
21号機 国内新規408製作 フレーム塗装送り(6月26日更新)
21号機エンジンフルO/H 部品整備中 (6月26日更新) 
21号機ご成約  (8月1日更新)
21号機登録準備  納車完了  (10月27日更新)
リアディスク公認改造、車検など 1台  (7月1日更新)
通常継続車検 1台(6月現在)終了 (6月26日更新)
7月?日クイック作業予約  2台  1台 (7月16日更新)
8月6日クイック作業予約  1台  
セルモーターリビルド 4個(7月11日更新)
強化オイルポンプ「極み」製作 10個  5個  10個 (12月30日更新)
強化オイルポンプ「極み」5個仕上がり(7月4日更新)
強化オイルポンプ「極み」5個仕上がり(12月12日更新)
ミッション用大流量オイルポンプ製作 30個 
(6月25日30個製作発注、納期3週間〜4週間)

ミッション用大流量オイルポンプ 本体価格¥19.500 (7月30日更新)
398車両販売 商談中 ご成約納車整備 1台(6月26日更新)
398ガラスコーティング完了、納車完了  (8月7日更新)
398買い取り商談  3台  2台(7月14日更新)
逆車408買い取り商談  2台   1台(7月14日更新)
CB350F買い取り商談  1台  (7月14日更新)
CPマフラーYタイプ機械曲げ製作 3D測定完了、金型製作開始(12月12日更新)
RC風フロントフェンダー製作   (試作9月26日更新)
ブロンズメタルヘッドガスケット製作 SUS製試作品完成  (7月10日更新)
ブロンズメタルヘッドガスケット完成  本体価格¥8.000
STDサイズ(各種OS対応)54.5サイズ、500cc以上対応  (7月26日更新)
RSCポイントカバー製作(7月5日現在見積り中)
RSCポイントカバー製作開始(9月8日更新)
RSCポイントカバー1stロット完売  (11月12日更新)
RSCポイントカバー2ndロット製作中、仕上がり未定  (12月3日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cメンテナンス (7月16日完了)
ミツオカ自動車BUBU505-C駆動系修理  (7月20日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第一弾終了  (7月21日更新)  
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第二弾 終了  (8月1日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第三弾 終了  (8月12日更新)
ミツオカ自動車BUBU505-Cカスタム 第四弾 終了  (10月29日更新)

408用ホーンステーリプロ品製作  (7月17日更新)
408用ホーンステーパウダーコート塗装送り  (7月26日更新)
408用リプロホーンステー完成 本体価格¥5,000(税抜き) (8月6日更新)
408cc用手裏剣ホーンカバー製作企画   (9月17日)
408cc用手裏剣ホーンカバー試作品完成テスト中  (9月25日)

408cc用手裏剣ホーンカバー完成  (11月5日更新)
408cc用手裏剣ホーンカバー本体価格  未定  近日販売開始
408cc用ホーンASSY手裏剣カバー付き本体価格 ¥19,000(11月6日更新)
クイック作業予約7月18日  1台   (7月20日更新)
逆車国内新規408商談 及び試運転など  7月18日予定 
逆車408買い取り商談8月11日車両引取り  予定  (8月2日更新)
国内408cc 20号機製作開始  近日  塗装送り  (9月17日更新)
国内408cc 20号機商談中  (9月17日更新)
旧CP1号レーサー改め24号機組み立て  (9月15日)
旧CP1号レーサー改め24号機登録準備  (10月29日更新)
モンキーZ50Jフルレストア開始  (9月19日)
レストアベース国内408cc買い取り商談  (9月29日)
国内398ccF2買い取り11月8日車両引取り  (11月7日更新)

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月30日

2020年最後の業務4

昨日で通常営業は終了して、今日は掃除や片付けをしに出勤。
今年を振り返ると色々あり、皆様には大変ご心配をお掛けした事を
とても申し訳なく思っております。
過去2018年1月に血液の癌「真正多血症」確定診断を受け
余命宣告半年から一年半を食らいましたが
血液の管理と瀉血治療を続ける事で
長く付き合って行く事が出来る病気だったのですが
今年2020年12月に高悪性腫瘍「唾液腺導管癌」確定診断。
この両方の癌の因果関係は全く分かりませんが
一応、早期発見、早期摘出が出来たので望みが無い分けでは無く
これから更なる癌サバイバーとして生きて行く事になりました。
来年には予防的放射線照射が始まる事になりそうです。
まぁこればっかりはどうしようも無い事ですが
皆様もお身体、ご健康にはくれぐれも注意して
まだまだこれからの人生を楽しく、健康で過ごせる事を心から願います。
僕も過去を振り返らずに前に向かって進んで行く事にしますので
2021年は皆様にとって、良い年である事を期待して新年を迎えましょう!
2020年!ありがとうございました!来年もよろしくお願いいたします。


京都K様CB400今年最後の作業

段ボール箱4箱分の部品の他にフレーム関係の部品などの

京都K様CB400部品チェックと仮組201230 (1)不足部品状態をチェックする為に

諸々の部品を仮組して行きました。

まずはリアフェンダーから組み立て開始!

組み立てて行くとやっぱり不足部品が

京都K様CB400部品チェックと仮組201230 (2)数点ある事が分かったので

テールライトユニット関係一式は

仮止めになってしまいました。

不足部品には絶版部品も含まれているので

京都K様CB400部品チェックと仮組201230 (3)この先どうするかをオーナーと

相談してから進める事にします。

取り合えずはフレームにリアフェンダーを取付。

これで少しは仕事した感が出るんでw

京都K様CB400部品チェックと仮組201230 (4)部品を探していたらトルクロッドを

発見したので取付ました。

カラーもあるのかと期待したけど

やっぱり不在だったのが残念だった…。

京都K様CB400部品チェックと仮組201230 (5)ヘッドライトステーとメーターステー

純正F1ハンドルを仮組してみました。

フロントフェンダーは部品が無いので

組み立ては出来なかった。

ブレーキ関係と電装部品をチェックして

段ボール箱を整理し、3個分の箱を処分出来ました。

絶版部品を含めたボルト関係などがかなり不足しているので

年明けに不足部品をまとめる事にします。

peke_cb400f at 14:00|PermalinkComments(0)

2020年12月29日

家族会議3

昨晩勤務を終えた息子が実家の我が家に帰って来て
久しぶりに家族三人での食事をしました。
今までこれが当たり前だった日々の事を思い出しながら
この先の治療について、息子と話し合う事も出来たし
今回僕の病気について自分なりに色々と調べてくれたみたいで
予防的放射線照射のメリットについても説明をしてくれた。
予防的放射線照射をするメリット>放射線照射をしないデメリット
予後癌転移確率の低下>再発転移の可能性
放射線照射による影響、デメリット>火傷や入院加療などのデメリット
そういう事を詳しく教えてくれたので
放射線照射をして積極治療に前向きになれました。
また一方で5年先の事、残された嫁の事、自宅をどう処分するかや
万が一の時、延命治療はしなくても良いと言う事を伝えました。
息子は「まぁ、それは転移が見つかってからでもいいんとちゃうん」
と言う事でしたが、レオ15歳、ちゃP14歳、誠司56歳この中で
誰が先に逝くかと言う話になり、そこは誠司だと嫁は言っていた事が
やっぱり嫁らしいと思いながら、ムカついたw


京都K様CB400フレーム組み立て

エンジン組み立てが終わったので、年末追い込み営業で

京都K様CB400スイングアーム組み立て201229 (1)今日から本格的にフレーム組み立て作業に

取り掛かっておりますが

既にこの時点で肝心な部品類が無いので

フレームを立ち上げる事が出来ない感じです。

京都K様CB400スイングアーム組み立て201229 (2)まずスイングアームを仕上げるのですが

ピポットブッシュが入る所の錆が酷く

錆取りに苦労しましたが

何とか磨き倒してブッシュを圧入。

京都K様CB400スイングアーム組み立て201229 (3)これでスイングアームの準備は

整ったのですが、肝になるカラーが無いので

フレームに取り付ける事が出来ませんし

ピポットシャフトのワッシャーも見当たりません。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (1)取り合えずフレームに取り付けれる物を

先に取り付けてしまう事にして

エアークリナーボックスを取付ましたが

ここも小さな部品が1個不足してます。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (2)取り合えず目に入ったエンジンハンガーの

ボルト類を取り付けましたが

長いロアマウントボルトが不在のようで

センタースタンドなどの部品も不在です。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (3)フレームにボトムレースを打ち込む時に

気が付いたのですが、これもよくある事で

このハンドルストッパーが

捲れ上がっていた事です。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (4)僕の所で塗装に出す時には

こう言ったダメージの有無を確認し

悪ければ修正してから塗装に出します。

まぁ幸いにも今回は大丈夫そうです。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (5)ベアリングを入れてステムをセットし

締め付けをバネ測りでチェックして

ステムの取付は完了したので

トップブリッジも取付ました。

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (6)サイドスタンドやセンタースタンドの

取り付け用部品も無いのですが

サイドスタンドのコの字受けが開いてました。

こう言うのも本来CPでは塗装前に

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (7)修正してから塗装に出すのですが…

何とか塗装を傷めずに、開いていた受けの

隙間を縮める事が出来ました。

肝心な一点物純正部品が無いので

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (8)フレームの組み立てもここまでしか出来ず

予定は大幅に狂ってしまいました。

ちょっとした純正部品は持っているので

店から出せば良いのですが

京都K様CB400フレーム組み立て201229 (9)特殊な部品になると在庫切れも多く

リアブレーキアームとピポットを連結する

ピンやスプリットピンの在庫は

探せばあると思いますが、探す方が大変なので

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (1)部品の組み立てもここまでで終了!

次に組める物はフロントフォークしか

組める物が無いので、部品を確認してから

取り合えずフロントフォークを

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (2)組み立てる事にしました。

純正オリジナル風で仕上げた

イタリア製Wディスク用アウターケースに

インナーチューブを入れて組み立てが完了。

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (3)仕上げに傷が入らない様に

しっかりと養生をしてあります。

で、フォークオイルを入れて

フロントフォークの組み立てが完了。

京都K様CB400フロントフォーク組み立て201229 (4)組み立てた物の置き場所に困り

取付ボルトが見つからないのですが

取り合えずフレームに仮付けまで済ませて

これ以上の作業は出来ない所までは

出来上がったので、本年の組み立て作業はここまでで終了です。

今まで全ての部品持ち込み車両のビルダー作業で

全部部品が揃っていると言われ、全て揃っていた例は過去一度も無く

部品を探す方の仕事量が多いのは間違いないw


年末追い込み強制労働四日目

通常営業での強制労働も今日が最終日となり

モンキーZ50J外装関係仕上げ201229 (1)明日から冬期休暇に入るのですが

強制労働予備日になっているので

そういう意味では余裕はあります。

で、今日はモンキーZ50Jの仕上げ作業ですが

モンキーZ50J外装関係仕上げ201229 (2)ここに来て細かい部品の発注漏れが

色々と出て来たので、完全に仕上がるのは

来年発注漏れ部品が入荷してからに

なる事が確定となりました。

モンキーZ50J外装関係仕上げ201229 (3)その上フロントフェンダーの再メッキが

下地処理の状態で戻ってきていると言う罠!

まぁ年末のこの時期にどうあがいても、

もう無理だわなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月28日

年末追い込み強制労働三日目3

2020年最後の日曜日の昨日は
遠方から沢山の方がCPにご訪問下さりとてもありがたく思い
僕の元気な顔を見て頂く事が出来て良かったと思います。
この先の事は、神のみぞ知る事ですが
人間には限りがある命があるからこそ
その日までの生き方が大事なんだと思います。
なので、これから僕が生きる為に出来る事をして行きます。
免疫力を上げる為に、楽しく仕事をして楽しく遊びます。
今晩息子も仕事が終わったら姫路から帰って来るので
取り合えず5年先の事について家族会議をする予定です。


名古屋I様CB400登録、納車

今朝は早朝に大阪を出発して、中部陸運支局まで一っ走り!

名古屋I様CB400登録納車201228 (1)8時過ぎに到着し、窓口が開くまで

ボーっとして時間潰し…。

まぁこれも予定通りなので問題無し。

今年最後の営業日の中部陸事も

名古屋I様CB400登録納車201228 (2)人が少なくガラガラだったので

年末最後だからそんなに人も居ないのかと

思っていたのですが、開店時間が迫って来ると

ドンドンと人が集まり出して

名古屋I様CB400登録納車201228 (3)まさに「密」状態!コロナ禍カオスでしたが

重量税の印紙購入と、受付が早かったので

サクサクっと書類が出来上がりました。

なので、こんな場所からはサッサと離れて

名古屋I様CB400登録納車201228 (4)オーナーの所まで一っ走りして

納車を済ませてきました。

と言う事で今日が2020年最後の登録、納車です。

CB400国内新規398登録、セミレストア

これにて完遂致しました。


モンキーZ50J組み立て三日目

年末追い込み強制労働三日目の小金持ちの自由人君の作業も

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (1)今日で三日目となりました。

昨晩エンジン組み立て完了後に

フレーム関係の部品チェックを済ませていた

小金持ちの自由人君。

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (2)僕が名古屋から戻って来ると

今日も朝からちゃんと作業をやっていた。

特に手伝う事も無いので

この後は取り合えず放置プレーですが

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (3)絶版部品や発注漏れの純正部品が

ポロポロと出て来た感じでらしいけど

今の所何とか組み立ては出来る状態です。

フロントフォークとステムを組み立てて

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (4)足回りをセットして行きます。

純正のリアサスは廃盤なので

取り合えずオリジナルのまま使います。

これでエンジン搭載準備も整った所で

モンキーZ50Jフレーム組み立て201228 (7)どーん?スッと?

エンジン搭載完了?フレーム搭載完了?

これで後はスタンドを取り付けて

前後のタイヤを取り付ければモンキーZ50Jが

自立する所まで出来上がりなのですが、今日はここまでで終了。

部品代や再メッキバフ代などを嫁が計算したら

50万を超えていたので、嫁は少しお怒りモード…

まぁ中途半端にレストアしても勿体無いからねぇ。


コンプレッサー室に照明設置

以前コンプレッサー室に部品棚を作ってから思っていた事で

コンプレッサー室照明設置 (1)部品を探す時に照明が無いので

照明が無いと、何かと苦労する事から

弟が居る内にこのコンプレッサー室に

照明を付けて貰う事にしました。

コンプレッサー室照明設置 (2)照明器具は余っていたので、それを取り付けて

VA線とスイッチボックスを近くの

ホームセンターコーナンで購入してきました。

照明器具はサクサクっと取付が完了したのですが

コンプレッサー室照明設置 (3)コンプレッサー室には200Vしか無いので

VAで露出外線を引き、這わせて

コンプレッサー室に100Vを引き込み

設置したスイッチBOXに接続すれば

コンプレッサー室照明設置 (4)ほーぅら!コンプレッサー室が

こんなに明るくなりました。

これで部品を探す時に苦労する事は

無くなるので、これはかなり良い!


京都K様CB400フレーム組み立て準備

殆どの部品はオーナーからの提供部品で、塗装もオーナー拘りの

京都K様CB400フレーム組み立て準備部品チェック201228 (1)メラミン焼き付け塗装になっており

僕はその提供された部品を使って

組み立てるビルダー作業なので

まずはフレームを立ち上げる為に必要な

京都K様CB400フレーム組み立て準備部品チェック201228 (2)部品を拾い出してチェックをしました。

数点不足している部品はあるので

それに関してはCPから出す事になってます。

取り合えずロアダンパーもついでに取り外して

京都K様CB400フレーム組み立て準備部品チェック201228 (3)ピポットブッシュも取付しようと思って

CP製SSTでダンパーを取り外したのですが

塗装の塗りムラが酷いのでタッチペンで補修…。

あぁ…そう言えばスイングアームの

センターカラーも無いなぁ…これでやる気が失せたので、今日はここまで

モンキーZ50Jが小さいくせに作業スペースを広く取っているので

このお正月の間にでも立ち上げる事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月26日

年末追い込み強制労働一日目3

2020年のやる事リストを消化しきれず
今年も残す所後僅かになってしまったので
今日からCPブレーン総動員での
年末追い込み強制労働が始まりました。
年内通常営業の29日まではこの体制で
少しでもやる事リストを消化する事にします。
30日から冬期休暇に入りますが
一応強制労働予備日になってますw


モンキーZ50Jフルレストア組み立て開始

今年の年末年始は小金があるので、毎日朝から酒を飲んでパチンコして

2020年末追い込み強制労働一日目 (1)悠々自適な正月を迎えるつもりでいた

小金持ちの自由人君を今朝自宅から引き摺り出し

CPで年末追い込み強制労働の刑。

モンキーZ50Jのレストア組み立て作業です。

2020年末追い込み強制労働一日目 (2)弟は朝から20号機用エンジン部品の

ウエットブラスト作業。

年明けには塗装に出す予定なので

その準備の為のブラスト作業です。

2020年末追い込み強制労働一日目 (3)その間にモンキーZ50Jのエンジン

組み立て作業もボチボチと進行中です。

交換出来る部品は全て新品に交換しました。

臓物をポイポイっと放り込んで

2020年末追い込み強制労働一日目 (4)クランクケースを合わせて締め込みます。

これでやっとモンキーの腰下が

やっと組み上がりました。

多分小金持ちの自由人君はやる気モードか?

2020年末追い込み強制労働一日目 (5)エンジンは今日中にある程度まで

仕上げて仕舞うと思っていたのですが

期待した程のハイペースでは無かったけど

クラッチを交換し組み立ても完了!

2020年末追い込み強制労働一日目 (7)クランクケースにセットまで完了。

部品点数も多くて、分類分けはしてある物の

必要な部品を探す時間のロスもあって

時間が経ち過ぎて記憶もあやふやになってるし

今日はここまでで終了かな?

まぁ明日も強制労働なので別にいいけどねw


大阪N様親方1号機CB400Fオイル交換

純正キャブレターフルO/Hをご依頼頂いていた大阪N様がご来店。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (1)セール中の強化オイルポンプ「極み」も

フル強化でご購入頂きました。

これでセールの強化オイルポンプ「極み」も

残り1個で完売となりセールも終了です。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (2)オイル交換に合わせて

既存の強化オイルポンプから

フル強化オイルポンプ「極み」に

付け替え作業もしてしまいます。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (3)エンジンオイルを抜いてから

既存の33%増量CP製の

フル強化オイルポンプを取り外し

「極み」フル強化オイルポンプに交換します。

親方号CB400Fオイル交換と「極み」交換201226 (4)サクサクっとフル強化オイルポンプ「極み」に

交換が完了しました。

これで親方号もオーバーヒートに

悩まされなくなります。

エンジンオイルを入れて、親方1号機のCB400Fメンテナンス作業は終了。

CB400F用フルリビルド純正キャブレターも仕上がったので良かったです。

RSCポイントカバーバフ仕上げ仕様も押し売りでご購入して頂きました。

明日は親方2号機のオイル交換とキャブレター交換作業予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月20日

スタッドレスとオイル交換3

相変わらず忙しい銀ちゃんが今日久しぶりにご来店。
退院のお祝いを持って来てくれた。
銀ちゃんも膝の状態が余り良くないらしくて
仕事も来年から現場へ出るのを控えて
営業業務に専念するらしい。
皆こうやってドンドンと爺になって行くので
出来る時に、出来る事をやって置かないと
身体が動かなくなってからだと楽しみがないよね!
僕は今日息子と今後の放射線治療に関して
相談をする予定になってます。


ハイエーススタッドレス交換とオイル交換

冬の移動に備えて、ハイエースのタイヤをスタッドレスに交換。

ハイエーススタッドレス交換とオイル交換201220 (2)勿論作業は弟が担当するのですがw

まぁ雪道を走る予定は無いけれど

念の為、安全の為に交換をしておきます。

リアタイヤも限界らしく春のタイヤ交換の時には

ハイエーススタッドレス交換とオイル交換201220 (4)タイヤを新品に交換しないとダメそうです。

まぁ5月に車検なので、このままスタッドレスで

車検を受けるか、タイヤを交換してから

車検を受けるかはその時に考える事にします。

ハイエーススタッドレス交換とオイル交換201220 (5)スタッドレスに交換も終わったので

ついでにエンジンオイルも3,000キロ以上

走ったので交換をしてしまいます。

ディーゼルなのでマメに交換しておかないと

ハイエーススタッドレス交換とオイル交換201220 (6)エンジンが長持ちしませんからねぇ。

これでハイエースも2021年を迎える

準備が整いました。

まぁ寒くなると車両の引取り納車も多くなるし

乗り物が多いから、何より平均して乗らないとバッテリーが

悪くなっちゃうからねぇ…やっぱり乗り物の数を減らさないとなぁ。


大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド三日目

まぁ今日は割と集中して作業が出来るので

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド (1)キャブのリビルドもサクサクと

進んでいるような気がします。

で、リンクシャフトのフェルトパッキン。

これも新品に交換します。

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド (2)作業に集中してしまうと

途中経過の写真を撮る事を忘れるので

もうボディ4個ともほぼ組み立てが完了し

接続をした状態になってます。

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド (3)純正のダストパッキン(A/C)は

46年経過しているので硬化しているので

CP製新品リプロのダストパッキン(A/C)に

交換して使います。

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド (4)CB400Fに限らず該当車種のキャブの

O/Hには欠かさないマストアイテムです。

これでCB400F純正キャブの上側が完成!

続いてフロートチャンバー側に

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド (5)純正新品のインナーパーツを入れて

油面調整まで完了しました。

集中して組み立てるとこんな感じで

サクサク出来るのが普通です。

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド (6)で、フロートチャンバーを取り付けて

大阪N様CB400F用純正キャブレターの

フルリビルドが完成しました。

予定通り23日までに出来上がって良かった。


名古屋I様CB400セミレストア火入れ

バッテリーの充電が終わらないので

名古屋I様CB400火入れ201220 (1)やっぱりこのバッテリーはもう

限界だと思われるので

交換した方が良いでしょう。

取り合えず火入れをする為に

名古屋I様CB400火入れ201220 (2)車体にバッテリーを取付ました。

セルを回すと、セルモーターから

異音がするので、ローターコイル軸受けが

摩耗しているのだと思います。

名古屋I様CB400火入れ201220 (3)エンジンを掛けて諸々のチェック!

CRキャブだからなのか

余り調子が良くない感じなので

念の為点火時期をチェックする事に

名古屋I様CB400火入れ201220 (4)タイミングライトでチェックしてみたら

#1.4、#2.3とも点火時期はバッチリだった。

でもアフターファイアーが出るので

セッティングが濃いのかも知れないです。

発電電圧も低いので、ステーターコイルに問題があるかも知れません。

まぁ車検は取り合えずこれで受ける事が出来るので

諸々の問題個所はその後にでもオーナーと相談します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月17日

年末のクソ忙しい時期に三連休の弟3

最近急に寒くなりましたねぇ
バイク通勤ももう指先が痛くなってきましたw
天気予報では今年は雪が多く降るらしいので
弟が居る内に、ハイエースのタイヤを
スタッドレスに交換しようと思っていますが
色々と忙しいので、まぁ週末から来週ぐらいには
スタッドレスに交換しようと思っています。


男は黙って六四分け201216

入院前に理髪店へ行き髪を整えて、手術の為髭も剃ってから

201216男は黙って六四分け早くも1ヵ月が経とうとしている師走の昨日。

伸びた髪を整えに、何時の理髪店へ行き

何時もの男は黙って六四分け!

で、また髭を伸ばす事にしました。

何か1ヵ月前と比べると、顔が少し痩せたかなぁ…。


大阪H様CB400F部品入荷仕上げ

弟が昨日の定休日を含めて明日も休みなので三連休になり

大阪H様CB400Fフロントブレーキ仕上げ201217大幅に作業予定を変更する事になりました。

まずは明日継続車検へ行く予定の

大阪H様CB400Fの固着していた

フロントブレーキ部品が入荷して来たので

大阪H様CB400F継続車検準備完了201217仕上げ作業に取り掛かります。

まさかのフロントブレーキパットまで

交換する事になってしまったこの車両。

早速フロントブレーキを仕上げて

継続車検の準備が完了したので

これで明日、金曜日に継続車検を受けに行く事が出来ます。


名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目

仕事の打ち合わせをして、予定では今日火入れまでやる予定だったのですが…

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (1)まだまだ他にやる事が沢山あるのに

何の為の打ち合わせ、段取りなんだか…

ムカつきながら、まぁ何時も通り一人で作業。

名古屋I様のCB400エンジンのオイルパンに

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (2)艶が無かったので、セパレーターを取り外し

ブラストで仕上げて、セパレーターも

メッキした物に交換して取付ました。

ACGとオイルパンとオイルフィルターケースの

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (3)取り付けが完了しました。

これでエンジンの残りの仕上げは

細々した部品を取り付けるだけとなりました。

そう言えばバッテリーの準備をていなかったので

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (4)急いでサルフェーション充電をしている間に

ドライブチェーンを張って

スプロケカバーとステップも取付たので

L側の作業も完了しました。

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (5)ブリーザーカバー、IGCを取り付けて

レデューサーのホースを交換して

大気開放するルートも変更しておきました。

当時物ヨシムラ手曲げマフラーも

名古屋I様CB400セミレストア仕上げ二日目 (6)取り付けが完了しました。

後はエンジンオイルを入れて

CRキャブを取付れば火入れが出来る

状態なのですが、ワイヤー類を新品に

交換するのかをちゃんと聞いて無かったので本日はここまでで終了です。

弟が居なくても、何時もこんな感じで一人でも作業を進められていたので

当てにするからムカつきます…もうここまで来ればほぼ完成です。


量産型強化オイルポンプ「極み」4,5ロット目

年末セール中の強化オイルポンプ「極み」が残り僅かになったので

量産型強化オイルポンプ「極み」4 (1)大急ぎで4,5ロット目の製作に

取り掛かってますが、もう年内の完成は

厳しい状態だと思います。

加工するのはオイルポンプローターハウジングと

量産型強化オイルポンプ「極み」4 (2)心臓部になるインナーローターに

ピンを入れる溝を放電加工します。

なので年内の完成はかなり厳しい状態で

やはり年末セールに追加での在庫は

間に合わないと思いますので、在庫が完売した時点でセールは終了となります。


大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド準備

慌てなくても良いよと言われてかなり前からお預かりしていた

大阪N様CB400F用純正キャブレターリビルド準備CB400F用純正キャブレターの

リビルドなんですが、既に準備は整っており

純正部品も揃えてあり、再メッキも済んでいます。

後は集中する時間だけがなかったので

明日集中する時間を作って仕上げる事にします。

遅くなって申し訳御座いません。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月15日

確定診断のご報告3

【確定診断結果のご報告】
沢山の方々にご心配と、励ましのメッセージなどを頂きまして
とてもありがたく思い、感謝しております。
昨日、摘出した腫瘍の病理検査結果を聞きに病院へ行き
確定診断を聞いて参りましたので、ご報告いたします。

病名:高悪性腫瘍 唾液腺導管癌(SDC)ステージ
腫瘍に接していたリンパ節には転移無しですが
癒着していた神経に関しては神経浸潤の疑いは残っています。
唾液腺導管癌判定の目安となる
AR(アンドロゲン受容体)30%以上 陽性
HER-2(人上皮増殖因子受容体)スコア3+陽性
まさかの両方共が陽性でした…。
T,N,M分類は今の所T:2>3、N:0、M0となってます。

今後の治療方針については、やはり抗がん剤は無いので
予防的放射線治療を1月から毎日2月中旬頃まで開始予定ですが
火傷や、食事などの摂取が困難になれば入院する可能性もあります。
三か月毎の胸部検索(主に肺に転移が多い事から)CT及びMRIなど。
1年後にPET検査これを1サイクルとして4クール継続し
経過観察をする方向で計画を立てる事になりそうですが
治療方針に関しては家族と相談してから決める事にします。

現在の体調に関しては、特に異常は無い様に思いますし
高悪性腫瘍だったと言う事に対しての現実味も無く
何よりもラッキーだったのは発見から全摘までの期間が短く
また、リンパ節に転移が見られなかった事で
不幸中の幸いとも言えるのかも知れません。
唾液腺癌についての情報1唾液腺導管癌についての情報2
参考論文PDFファイル:福岡大学医学部耳鼻咽喉科慶応大学医学部
臨床研究に関しての協力


強化オイルポンプ「極み」年末セール二日目

昨日の月曜日からセールを開始し

強化オイルポンプ「極み」セール二日目経過早々に昨日の午前中にお電話を頂き

残りが僅かとなりましたのでお知らせします。

年内の製造は厳しい状態だと思われる事や

今の所、この先製造出来る予定数も僅かで

正直、長期欠品、製作不能、若しくは廃盤になる可能性もありますので

ご入用の方は、手に入る内に是非ご購入をご検討下さい。


名古屋I様CB400セミレストア作業再開

致命的な不具合の修正も終わったので

名古屋I号セミレストア再開201215 (1)今日からセミレストア作業を再開。

まずはメインハーネスを這わせて

ヘッドライトブースターやETCなどの

配線も綺麗に這わせて整線してしまいます。

名古屋I号セミレストア再開201215 (2)電装品などの取り付けも完了し

配線の接続も完了しました。

今まで後付けの配線が絡み合っていたので

今回はその辺も綺麗に整線してしまいます。

名古屋I号セミレストア再開201215 (4)メーター、インジケーターを取り付け

ヘッドライトステーと

ETCのインジケーターも取付が完了。

これでヘッドライトケースを取り付けて

名古屋I号セミレストア再開201215 (5)配線を接続し、シビエを取り付けて

これで電装品関係の取り付けは完了。

実質組み立て二日の作業で

ここまで出来仕上がりました。

名古屋I号セミレストア再開201215 (6)分解から含めると今日で四日目になるかな?

で、この後は何時もの感じで

エンジンを搭載してしまうので

搭載準備を整えて

名古屋I号セミレストア再開201215 (7)はい!

エンジン

どーん!

これで搭載完了です。

名古屋I号セミレストア再開201215 (8)全てのエンジンマウントボルトを

取り付けて、エンジンを固定し

仕上げ作業に取り掛かります。

これで後は周辺部品を取り付ければ

既に書類関係は提出済みなので、後は何とか年内に登録が出来る予定です。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年12月05日

現在の体調について3

退院から1週間が経過し、審判の日を来週に控えた
今の身体の状態についてですが
手術後の傷の痛みも随分楽になりましたが
左後ろ側に振り返ったりする事や
傷口が服に擦れて痛いのが悩み位で
癒着して切除した神経の影響なのか耳の下辺りから
顎下のラインの感覚が薄く、口角はそんなに下がって無いのですが
下を向いて作業をしていると時々よだれが出てますw
手術の傷口の状態は極めて良好ですが
喉の腫れがまだ残っているのか
声が出し辛く余り喋ると声が出なくなります。
今一番病んでいるとすればメンタル位かなぁ…。
でも日に日に思うのは、今回も死なないような気がしてきた事。
1/5万人の真性多血症と1/10万人の唾液腺導管癌を
同時に患う人間の確率ってどんな確率なんだろうねw


名古屋I号仕上げ作業一時中断

今日中に電装系を仕上げてエンジン搭載準備をしようと思い

名古屋I号仕上げと手直しと不具合 (1)仕上げ作業前にオーナーと打ち合わせ。

ハンドルはF1だと思い込んでいたのですが

実はF2のままで良かったと言うオチだったので

F2に戻して取付ました。

名古屋I号仕上げと手直しと不具合 (2)その時に、ハンドルスイッチを

拘りの当時物新品キルスイッチに交換。

メインハーネスなどを取付けようとしたのですが

ちょっと致命的な不具合が判明したので

名古屋I号仕上げと手直しと不具合 (3)仕上げ作業は一時中断する事になりました。

取り合えず不具合に関係の無い部分の

部品は取り付けを済ませました。

まぁ全部仕上げて仕舞う前に

今回の不具合が分かって良かったと思います。


本日のご来店

中型免許の第一段階見極めが終わったと報告に来た

201205中免第一段階見極め小金持ちの自由人君ご来店小金持ちの自由人君がご来店。

今日中型免許の第一段階見極めを終えたらしい。

免許を取ったら、小金がある内に

フォアを購入させたろうかと思うのですが

バイクを買うよりも、パチンコに使った方が良いらしい…。

京都H号継続車検入庫201205 (1)続いてのご来店は京都のH様。

継続車検整備のご依頼での入庫となります。

少々仕様が変更されていたので

色々とチェックをすると

京都H号継続車検入庫201205 (2)タコメーターワイヤーの取り回しが

間違っていたので修正して

バックステップが付いていたのを

ノーマル仕様にしていたのですが

京都H号継続車検入庫201205 (3)エンジンハンガーボルトの入れ忘れと

ブレーキペダルがピポットシャフトに

完全に入り切っておらず

ブレーキペダルが脱落寸前だったのを修正。

京都H号継続車検入庫201205 (4)エンジンオイルを交換するので

オイルを抜いている間に他の部分も

チェックすると、細かな間違いが

結構あったので、それも修正をします。

京都H号継続車検入庫201205 (5)まずはこれもよくあるシフトペダルの

チェンジアームが裏表逆に装着されている。

取り付けボルトも短く、ねじ山に

ダメージがあったのでボルトも交換。

京都H号継続車検入庫201205 (6)これが正規の取付位置になります。

ペダルの高さも再調整をしました。

その時に気になったのが

シフトペダルの曲がりで

京都H号継続車検入庫201205 (7)かなり内側に入っているので

これはポジション的に

シフトチェンジをしにくいはずなので

角度を修正する事にしました。

京都H号継続車検入庫201205 (8)まぁこんな感じで仕上げてみました。

オリジナルもこれ位の角度が

付いているのが本当なので

内側に入っている物は大体転倒して曲がってます。

京都H号継続車検入庫201205 (9)ヘッドライトも提灯から

H4シビエに交換して、バッ直配線を

接続して光量をUPさせ

車検対応にしてあります。

京都H号継続車検入庫201205 (10)今回オイルフィルターも交換のご依頼なので

オイルフィルターケースを取り外して

洗浄したついでに、何時もの様に

ウエットブラストで仕上げて仕舞います。

京都H号継続車検入庫201205 (11)で、こんな感じになりました。

オイルフィルターを交換する際には

拘りの塗装仕上げが無い物は

ブラストで綺麗にするサービスをしてます。

京都H号継続車検入庫201205 (12)ブレーキフルードは割と綺麗ですが

これも車検毎に交換しているので

今回も強制パンチで交換します。

ダイアフラムも中で伸びていました。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (1)で、京都H様の小さいお子さんが

僕の病気の事を知って下さって

こんな僕にお手紙を書いてくれました。

これは一番上のおねいちゃんが

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (2)書いてくれた手紙です。

お父さんのバイクと、サンタさんの表紙に

しっかりした文字で、僕にメッセージを

書いてくれました。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (3)これは大きいお兄ちゃんが書いてくれた

メッセージカードです。

やっぱり時期的にはサンタさんですねw

お父さんのバイクも書いてくれてます。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (4)メッセージもしっかりと書いてくれてます。

お父さんのバイクの面倒を

これからも元気でしっかりと見ろと言う

とてもありがたいメッセージです。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (5)5人兄弟の小さいお兄ちゃんも

一生懸命書いてくれてます。

僕にはこの絵はどう見ても

CB400Fにしか見えません!

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (6)とてもありがたいメッセージで

こんなに小さい子供達にまで

心配をさせてしまっている事が

とても申し訳なく思い、とても励みになります。

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (7)保育園で習って作ってくれた折り紙と

メッセージカードはありがたく思い

お店に飾らせてもらいます。

またお守りまで頂きまして

京都H様のお子様からの嬉しいお手紙 (8)申し訳ない事ばかりで、涙が出てきます。

これを見れば子供の前で

弱音なんて吐けなくなりますね!

本当に心に響くメッセージを頂きました。

ありがとうございます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年12月04日

セミレストア車両組み立て3

本当に今更ですが、退院してから嫁が免疫力を上げろと言い
そう言った系統の食事が中心になっています。
朝もちゃんと食べて、お昼ご飯は青汁…。
夜は糖質やカロリー控えめで
しかも免疫力が上がると言う食材を食べてますが
少し緩和されたのは、食後のおやつですw
この先もう太りたくても太れなくなるんじゃないかと
おやつを食べながら思ってます。
やっぱり食べれる内に食べて、太れる内に太っておかないと
痩せるまでの幅が少ないよねw
あんまりネガティブな事を書くと
何時も僕が悪さをすると怒ってくれてくれた
中学校の同級生の女子が、今もあの頃の様に怒るので
うかつな事を書けないw
でも、今でも怒ってくれる同級生に感謝しています。
今思えばあの頃、何時も女子達に怒られていたような記憶しかないわw


弟からのサプライズ退院祝い

今まで弟がこんなサプライズをしてくれた事が無いので

弟からのサプライズ退院祝い (1)かなり照れ臭い所もあるのですが

退院祝いに特注で作ってくれた

筏釣り用パラソルスタンドを

僕にサプライズでプレゼントをしてくれた。

弟からのサプライズ退院祝い (2)しかもレーザー加工でCPロゴまで入れた

一点物になり、これはかなり嬉しかった。

また無理な発注を快く快諾して頂いた

浅利研磨さんにも感謝しています。

弟からのサプライズ退院祝い (4)まぁ僕が早死にしたら

このパラソルスタンドは

自動的に弟の手元に行くのですがw

これで死ぬまでに50cm越えの黒鯛を

釣らないといけないのと、パラソルスタンドはあるけど

パラソルが無いので、買わないといけなくなった罠w


三重M号納車日決定、試運転

今、手術の痕が痛くてヘルメットが被れないので

三重M号試運転201204 (1)試運転は弟に試運転のチェックポイントを伝授して

三重M号の試運転に乗ってもらいました。

アイドリングも安定しており

加減速もスムーズで、異音も無く

三重M号試運転201204 (2)特に問題は無いので、このまま予定通り

来週火曜日には納車予定となります。

腰上O/Hでピストンリングを交換しており

ONシーズンは逃してしまいましたが

慣らしは普通に走れば、問題無く快適に走れると思います。


名古屋I号組み立て作業開始

今週末から来週初めに掛けて、入庫予定が一気に5台になってしまったので

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (1)今日中に名古屋I号を組み立てて

ローリング出来る状態まで

仕上げて仕舞う事にしました。

まずはこの状態で先に取り付ける部品を

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (2)サクサクっと取り付けてしまいます。

メインスタンド、ステムなどを取付けて

ステムの締め付け具合も測定。

これで後はサクサクっと

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (3)部品を取り付けて行くのですが

まだ十分使えるのですが

ゴム類などの消耗品はこのタイミングで

全て交換してしまいます。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (4)スイングアームのアンダーラバーも

CPオリジナルSSTでサクサクっと抜き取り

手入れをしてから、純正新品の

アンダーラバーを入れます。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (5)チェーンカバーにはサスペンションとの

干渉材になるゴムが入っていませんでしたが

オーナー提供の部品類をチェックすると

ちゃんと入っていたので

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (7)チェーンカバーにゴムを入れました。

これで後はアンダーラバーを圧入して

細々した部品も新品に交換して

スイングアームを取り付ける準備が整いました。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (8)で、サクサクっとスイングアームを取り付けて

リアサスもセットが完了です。

エアークリーナーBOXも取付が完了したので

これで立ち上げ準備も整いました。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (9)まずはフロントフォークとフェンダーを取付て

F2からF1ハンドルに変更して取付。

フロントタイヤ当時物ハヤシキャストホイールを

取り付けて名古屋I号を自立させました。

名古屋I号セミレストアフレーム組み立て201204 (11)次にインナーフェンダーと

リアフェンダーを取り付けて

リアタイヤ当時物ハヤシキャストホイールを

取り付けこれでローリング出来る様になり

作業用リフトに搭載が出来たので、後は2日程時間を掛ければ

完成すると思いますが、ありがたい事に今回の入院手術で

退院、復帰をお待ち頂いていたお客様からの作業依頼が一気に増えて

かなりPITが混み合ってきてます。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年12月03日

年内追い込み作業3

どうやらオリエンタルラジオの藤森氏が
CB400Fourの398を購入したらしい。
オリジナル度の高い良い個体のようだ。
気になるのは、メインハーネスがクリップDで
ステムに固定されていない事と
ヘッドライト横のリフレクターが付いてないのと
拘ればクラッチレバーは旧タイプのゴムありなのに
ブレーキレバーは現行タイプが付いている事や
シートロックのシャッターが取れてるのと
フロントブレーキキャリパーのホースが
純正じゃなくステンメッシュになっている事が
良い個体になのに対して、個人的に残念に思う。
シートとガソリンタンクはリプロっぽい感じもするね。
ヨシムラの集合も現行で販売されている
機械曲げストレートサイクロンなのは
個人的にはちょっと残念に思うけど
芸能人だからJMCA認定の集合管じゃないとまずいよね。
お店の方の言葉には、共感出来る所が多いと思いましたが
しっかりメンテナンスをしていれば
そうそう出先で動かなくなる事はないけどね。
これでまた芸能人にCB400Fオーナーが一人増えましたね。


枚方Q坊号用部品入荷

先日スポークを張って取付準備をしていた枚方Q坊号の

枚方Q坊号フロントブレーキディスク取り付け (1)不足していた純正部品が入荷して来たので

早速組み付けてタイヤホイール交換の

下拵えを済ませてしまいます。

社外品のボルトナットが割と使われているので

枚方Q坊号フロントブレーキディスク取り付け (2)作業した所は、少しづつついでに手を入れて

綺麗に仕上げて行くのですが

フロントブレーキディスクの汚れを除去していると

何とまぁハブと接する面が塗装されていた…。

枚方Q坊号フロントブレーキディスク取り付け (3)ここは機械加工をされている所で

ハブとディスクが平面にならないといけない所

そこを塗装する事によって、塗膜が例え薄くとも

塗装をしてはいけない所になります。

枚方Q坊号前後タイヤホイール下拵え完了 (1)もう!これだわなぁ…と思いながら

やっつけ塗装なのでスクレッパーで簡単に塗装を

剥がしてからフロントホイールにディスクを装着。

スピードメーターギアーとアクスルシャフトを

フロントタイヤホイールにセット、リアスプロケットも取り付けて

これでタイヤホイールの準備が整いましたので

交換作業日の打ち合わせをオーナーと進める事にします。


三重M号2個目マフラー再メッキ仕上がり

まさかのオーナー持ち込みマフラー詰りが原因で

三重M号マフラー再メッキ仕上げ (1)お預かりからの期間がかなり長くなりました。

2本目のマフラー再メッキが仕上がって

戻ってきたので、オーナー拘りの仕上げで

マフラーを仕上げて装着します。

三重M号マフラー再メッキ仕上げ (2)再メッキされたマフラーの排気口は

耐熱艶あり塗装で仕上げます。

その他も拘りのオリジナル風防錆塗装で

仕上げて取り付け準備が整いました。

三重M号用バッテリー充電中 (1)で、不動車コーナーから車両を下すのですが

残念な事にバッテリーは既に死亡しており

新しいバッテリーを充電追加で購入し

希硫酸を入れて充電をしています。

三重M号マフラー、バッテリー取り付け仕上げ (1)その間に新しく再メッキした

マフラーを取付ました。

やはりリアサスが長いので

ギリでアクスルシャフトとの干渉はありませんが

三重M号マフラー、バッテリー取り付け仕上げ (2)取り付ける際には、コツコツとマフラーが

アクスルシャフトに当たるので

あまり気色の良い物ではないですねw

取り合えずこれでやっと完成したのですが

三重M号タペットクリアランス確認 (1)エンジンを掛けてみると

タペットクリアランスが広いのか

少し音が出るので、再調整をする事にしたけど

特にクリアランスが広くなっている個所は無く

三重M号カムチェーンテンショナーチェック (1)カムチェーンの音のような感じがするので

チェックしてみると、これがまた何とまぁ

テンショナーセッティングボルトの

ねじ山が上がってしまっている事が分かり

三重M号カムチェーンテンショナーセッティングボルトリコイル (1)それでテンショナーアームが緩んで

音がする事が判明した…。

こうなればセッティングボルトを

リコイルするしか手立てはないのだが

三重M号カムチェーンテンショナーセッティングボルトリコイル (2)セッティングボルトの周りには

液ガスが塗られていたので

どうやらねじ山上りの傾向はあったようです。

このまま納車も出来ないので

三重M号カムチェーンテンショナーセッティングボルトリコイル (3)取り合えずセッティングボルトのねじ山を

リコイル修正をする事にしました。

はい、これでセッティングボルトの

リコイルは完了しましたが

補助的に強制調整ボルトを入れた方が良いと思います。


組み立て待ちのフレーム達

不動車コーナーのスペースが空いたので

組み立て待ちフレーム達201203 (2)色々あって作業が進んでおらず

溜まる一方のフルレストア車両の

フレーム達をやる気を出すために

取り合えず並べてみました…。

国内408が1台(20号機)と398が3台の計4台分のフレーム達。

やる気と時間があれば、年内に立ち上げる事は出来ると思いますが…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年10月30日

20号機フレーム組み立て開始3

在庫が不足している純正部品を発注しようとしたら
また一つ部品が無くなっている事がわかった…。
まさかその部品が?!って言う感じだったのでビックリです。
長期欠品中の部品も含めて、何時入荷するか分からないし
このまま絶版になるかも知れないと思うと
店の純正部品の在庫整理をして、常に余分に持っておかないと
もう何も出来なくなってしまう…。


国内408cc20号機フレーム組み立て開始1日目

まだ仕様は決まっていませんが、仕様に関係なく組める所から

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (1)20号機のフレーム組み立てを開始。

普通にレストアで仕上げるか

オーダーで良い部品を使って仕上げるか

いずれにしても少々お高くはなります。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (2)まずは仕様に関係が無い部品や

エアクリーナーボックスなどを取付ます。

足回りもオーダーか普通のレストアかで

仕様が異なって来るのでまだ組みません。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (3)スイングアームは仕様に関係ないので

新品のブッシュなどに交換して

フレームに組み付けをします。

リアサスは取り合えずリプロ品になるかな?

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (4)これも毎度お馴染みになった

リアサスロアダンパーラバーブッシュを

CPオリジナルSSTで圧入しました。

CPのレストア車両はゴム類は全て交換します。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (5)スイングアームのピポットブッシュも

何時もの如く当然交換です。

圧入の際には破損に注意しながら

油圧プレスで圧入します。

20号機フレーム組み立て開始1日目201030 (6)スイングアームをフレームに取り付け。

後はステムを取り付けるのですが

部品の在庫が無かったのでこの先はまた後日。

これで後は足回りの仕様が決まれば

何時でもローリング出来る状態になります。


MRI検査準備0号機搭載

今日のMRI検査に行くために0号機をハイエースに搭載。

0号機ハイエースに搭載MRI撮影へ201030今日は少し膝が痛くて余り歩けないので

完全に0号機に乗って病院を徘徊します。

まぁ暫く検査の間0号機のお世話になるなぁ…。

入院手術もまた同じく0号機が大活躍するかな。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2020年10月15日

明日は喉の検査です3

明日10月16日は、例の喉のシコリの検査に行ってきますが
お店は弟が開けてくれるので
検査が終わり次第店に戻ってくるつもりですが
検査時間や内容などによっては
業務が出来る状態なのかは分かりません…。
で、今度の日曜日は私用の為臨時休業を予定しています。
御用の方はお電話にてお問合せ下さいますようお願いいたします。


201014の男は黙って六四分け

明日病院へ行く事も重なったし、髪も伸びていたので

男は黙って六四分け201014 (1)昨日の定休日は何時もの理髪店へ行き

何時もの男は黙って六四分け!

顎髭もかなり伸びて来たので

綺麗に揃えてもらいました。

男は黙って六四分け201014 (2)午後から店に戻り、盗難された仲間のバイクが

京都方面を走っていたらしいと言う

情報を聞いたので、12日の店の防犯カメラ映像を

3時間、映って無いかを見ていたのですが

数年前のGPS発信機残念な事にそれらしい者は映って無かった…

で、これは数年前に購入したGPSですが

今ではこの半分以下のサイズになっており

もっと簡単に取付られると思います。

姫号防犯盗難対策 (1)姫号も防犯や、もしもに備えてと思い

ちょっとした細工をする事にしました。

防犯上の都合から詳しい画像は掲載しませんが

その時が来たら追跡が出来る様な物も隠します。

姫号防犯盗難対策 (3)一応配線はしますが、配線を切断しても

バッテリーを取り外しても

バックアップ機能があるので大丈夫です。

もうこれ以上身内のバイクに被害が出ない様に

エンジン、フレームなどを組み立てる時に、個体を特定出来るような

転売防止マークを入れる事も考えて仕上げるようにしようと思ってます。

姫号にも個体を識別出来る様に細工をしようと考えています。


21号機国内新規登録完了

コロナの影響なのか、新規登録台数が多かったのか

21号機改めGTK号国内新規登録 (1)少し時間が掛かりましたが

今日やっと国内新規登録に行く事が

出来るので、車両を積み込み

寝屋川の陸事に新規登録車検に行き

21号機改めGTK号国内新規登録 (2)やっと本日、国内新規登録と車検が終わり

21号機がGTK号となりました。

で、早速ナンバーを取り付けて試運転の準備。

検査証ステッカーは割と綺麗に貼れましたw

21号機改めGTK号試運転 (1)ょっとクラッチが遠く硬かったのですが

調整をして、何時もの所で記念撮影。

とても調子が良かったので一安心です。

コロナの影響なのか、盗難が多いので

21号機改めGTK号試運転 (2)車両の管理には十分過ぎる程お気を付け下さい。

で、試運転の結果はブレーキ鳴きが酷かったので

店に戻りブレーキを調整して試運転は完了。

近日納車予定となってます。


高知O号内燃機加工完了

予定通り高知O号用エンジンの内燃機加工が終わり戻ってきました。

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (3)上下クランクケースの修理と

ロッカーアームリビルド

作業に取り掛かるのは

来週以降になると思います。

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (4)シリンダーとCP製398cc専用0.25OS

ピストンでボーリング。

まずは臓物関係の下拵えを済ませて

組み立てるのですが、シリンダーヘッドが

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (3)どうするのかが決まっていないので

まだ手付かずの状態になってます。

クランクもダイナミックバランスが終了。

今回も少しバランスが悪かったようで

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (4)ウエイトを少し調整してあります。

僅かな事ですが、これが振動やメカノイズ

クランクメタルの偏摩耗などにつながるので

一番肝になる所になります。


高知U号用メーターリビルド

実はすっかり忘れていたのですが…

高知U号用メーターリビルド催促しないと中々作業が進まない

メーターのリビルドが仕上がって

戻ってきました!

国内メーターODO指定の190キロスケール

これも他の荷物と一緒に本日発送致します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年10月10日

半休のお知らせ3

【半休のお知らせ】
10月11日(第二日曜)は定休日ですが
10月12日(月曜日)は真正多血症治療の為
午前中を半休とさせて頂きます。
午後からは通常営業を予定しておりますので
ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。


高知U号部品達

追加でご相談を頂いている部品達、強化オイルポンプ「極み」と

高知U号用追加部品達大流量ミッション用強化オイルポンプ

シフトシャフトオイルシールホルダー

キャブレターダストパッキン(A/C)

長期欠品中のヨシムラマルチ油温計は

高知U号用部品達発送準備中 (1)次の入荷予定が11月下旬になっていたのですが

在庫が一つだけあったので

一応これで揃ったかなぁ?

まだ何か一つ抜けている気がするけど

高知U号用部品達発送準備中 (2)その他お預かりして出来上がった部品達も

只今発送の為梱包をしている所で

タイヤホイールと部品で2個口になります。

エンジンと一部再メッキ忘れの部品は後日です。

高知U号当時物アルミボディKONI OH完了 (1)部品達を梱包している所へタイミング良く

オーナーが当時から使用していたと言う

思い入れのある、当時物アルミボディKONIが

納期三か月だと聞いていたのですが

高知U号当時物アルミボディKONI OH完了 (2)O/Hから仕上がって戻ってきたので

早速中をチェックしてみます。

やはり専門メーカーの業ですね!

内部のシールやダンパーは勿論の事

アッパーマウントまで交換されています。

その昔KONIをO/Hする為にこのソロバンゴムを作ろうと考えて

断念した事を思い出します。

今では当時出来ないとされていたアルミボディのKONIも

この様に新品同様に再生出来る様になりました。


0号機メンテナンス

ノーパンクタイヤに交換してからはメンテナンスをする頻度も下がったのですが

0号機メンテナンス201010月曜日に使うので念の為各所をチェック。

まともに歩けなかった頃は

かなりお世話になった0号機ですが

今では遠出か、病院に行く時に使う程度になり

フルオーダー、フルオプションの0号機、今でも時々お世話になってます。


姫号試運転

雨が止んで路面が乾いたので、ミッション系のトラブルで緊急入庫して来た姫号の

姫号ミッション系トラブル修理試運転201010復旧確認の為に試運転をします。

トラブルの原因は恐らくですが

複数の要因が重なって、シフトチェンジが

出来なくなった物と思われるのですが

一応不安要素部品を全て交換したので、これで復旧したと思います。

試運転でのシフトチェンジも軽やかで

スコスコとシフトチェンジが出来るので大丈夫だと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年10月02日

タンクライナー除去テスト3

昨晩は久しぶりに姫と食事に行ってきて
楽しい時間を過ごす事が出来ました。
残念ながら男はまだ出来ていないらしいのですが
今はフォアが彼氏らしいので
それはそれでまぁ良いかなぁ。
ツーリングも全然行けてないから
また今度ゆっくりとお泊りで来るらしいので
その時にでも酒でも飲みながら色々と話したいなぁ。


タンクライナー除去テスト

錆取り後によく施工されるタンクライナーですが

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (1)施工方法が悪かったり

しっかりと錆を除去せずに

タンクライナーで誤魔化されたりして

暫く放置されるとまた錆が出て

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (2)タンクライナーを浮かせてしまっているような

ガソリンタンクがたまにあるのですが

これをリペイントするとなるとかなり厳しく

ほぼ使い物にならないような状態なので

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (3)ちょっとテストで強めの有機溶剤を使って

タンクライナーを剥がしてみる事にします。

弟にどんな臭いがするか嗅がせてみたら

むせ返ってひっくり返っていたので

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (4)相当強く危険な有機溶剤だと言う事が分かり

念の為手袋をしてタンクに流し込み

中のタンクライナーが剥がせるかどうかを

暫く放置したり混ぜたりしてテストします。

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (5)この溶剤は揮発性が高くて

かなり有毒感がありそうで

暫くしてから中を覗いて見ると

結構な感じでタンクライナーが溶けていた!

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (6)取り合えずタンクから溶け出した

タンクライナーを一度排出してみると

サラサラの液体だった物がドロドロの

液体になっており、かなりタンクライナーが

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (7)溶け出している事が実証出来たので

更に新しく溶剤を流し込んで

残りを洗浄してみる事にします。

これ、意外と使えそうかもね!

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (8)で、2回目の洗浄後の溶剤を排出。

1回目とは違い割とサラサラの液体になって

中から出てきましたが、それでもまだ

溶けたタンクライナーの汚れが結構出てきて

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (9)溶けてタンクの底に沈殿して

固まり掛けたタンクライナーが

給油口からデローンっと固まって出て来たw

これやっぱり凄いかも知れない!

ガソリンタンク内部タンクライナー除去テスト (10)で、最後にもう一度洗浄をしてから

溶剤をシンナーで洗い流してみる事にします。

これで悩みのタンクライナーの

除去が出来る様になれば

今までリペイント出来なくなったタンクも

復活出来る様になるかも知れないな!


モンキーZ50JヘッドライトASSY入荷

前回部品単位で注文したので廃盤部品だと思っていた

モンキーZ50J用ヘッドライトASSY入荷モンキーZ50Jのヘッドライトですが

AYYSで注文したら新品が出ました…。

なので、このヘッドライト以外の新品部品は

不良在庫になってしまいました。

まぁこれも勉強だな。


20号機用エンジン測定と部品整備

予備部品のシリンダーヘッドの整備と20号機用シリンダーの

20号機用エンジン部品交換と測定 (1)測定などを済ませて、内燃機屋さんへ

送る準備を進めます。

まず予備部品のシリンダーヘッドの整備から

何時もの如くバルブガイドの

20号機用エンジン部品交換と測定 (2)Oリング交換から開始。

IN側のOリングも変形しており

EX側は朽ちていました。

これが意外とオイル下がりの原因にもなります。

20号機用エンジン部品交換と測定 (3)これでIN側EX側ともバルブガイドの

Oリング交換が完了しました。

クリアランスは問題無いので

ガイドの交換は今回は無しです。

20号機用エンジン部品交換と測定 (4)一応リーマーを通して掃除もしておきます。

まぁ先にこのリーマーを通しておけば

ガイドの摩耗具合も良く分かるのですが

バルブ側の摩耗具合もあったりする場合もあるので

20号機用エンジン部品交換と測定 (5)先に現物でガタツキをチェックしておきます。

次に20号機用408ccシリンダーの

ボア系を測定するのですが

まぁ0.5OSになると思います。

20号機用エンジン部品交換と測定 (6)で、測定結果は内径51mmに対して

+8/100なので純正ピストンの

スカート外径と合わせるとかなり広いので

やはり0.5OSのピストンを入れる事は確定です。

20号機用エンジン部品交換と測定 (7)で、シリンダーの歪測定結果は

ギリ範囲内なので、平面研磨無しで

このまま使う事にします。

なるべく平面研磨はしない方が良いからねぇ。

20号機用エンジン部品交換と測定 (8)で、予備部品のシリンダーヘッド側も

歪測定をしてみた所、かなり許容値を超えて

8/100以上の歪があったので

これは仕方なく平面研磨となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年09月21日

今日から秋の交通安全期間3

今日から秋の交通安全期間が始まったらしいけど
そんな事よりも、先日の夜TVで
美味しいインスタントラーメンの作り方をやっていたので
本当に美味しくなるのか?と思い
インスタントラーメンを盗み食いして
一昨日のお昼には久しぶりに吉牛を食べて
昨晩は嫁のお土産のヨーロッパ軒のかつ丼を食べて
今朝体重が1.5キロも増えていた…。
これだけ苦労して痩せるのに、太る事って簡単だなぁ。
また今日からダイエットに励もう!


高知U号エンジン組み立て三日目

今回はエンジン組み立ての段取りが悪くて

高知U号エンジン組み立て三日目 (1)エンジン組み立てが今日で三日目に突入!

しかも一部部品が足りないので

この連休明けじゃないと仕上げまで

出来そうにない事も今日分かった…。

高知U号エンジン組み立て三日目 (2)取り合えずヘッドを搭載して

WPC処理をした純正カムを取付ました。

これで明日増し締めをしてから

部品入荷後にヘッドカバーを搭載します。


旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道その10

今日は弟が体調不良だと連絡が入り、ズル休みをしたので

24号機フロントカウル取付 (1)一人寂しくお仕事をする事になり

仕事の予定が狂ったので

取り合えず24号機をカスタムする事に。

アゲインのビキニカウルを取り付けてみました。

24号機フロントカウル取付 (2)これで後はリアブレーキさえ出来上がれば

後は登録をするだけとなりました。

まぁ来月中には公道復帰が出来るかなぁ。

久々に1号機をローリングしてみたら

激しく重たかったので、普段乗りは24号機がメインになりそう。


モンキーZ50Jエンジン分解

この所毎日一人じゃなく話し相手がいたので

モンキーZ50Jエンジン分解200921 (1)モチベーションも上がっていたのですが

弟がズル休みをして落ち込んでいる所に

ノコノコとやって来た自由人君w

これで今日僕のモチベーションは上がりました!

モンキーZ50Jエンジン分解200921 (2)なので今日はモンゴリ師匠の手元で

僕は働かせて頂きます。

サクサクっと腰上を分解。

以外とエンジンの状態が良かったのですが

モンキーZ50Jエンジン分解200921 (4)交換出来る部品は全て新品に交換します。

で、実はこのエンジンモンキーの

エンジンじゃなくてシャリー70のエンジンで

まぁ特にボアアップとかする分けでも無く

モンキーZ50Jエンジン分解200921 (5)取り合えずはそのままBIGキャブでも

付けようかと思ってます。

まぁどうせ足が邪魔で乗れないから

綺麗にレストアして盆栽として

モンキーZ50Jエンジン分解200921 (6)楽しむぐらいになると思うので

出来る限り綺麗にレストアをしようと

思っているので、エンジンがシャリーだからとか

パワーがどうとかは別に良いんです。

モンキーZ50Jフレーム腐食修正 (1)フレーム側も腐食が激しいので

こう言った部分も全て修理してしまい

オリジナルカラーのフレームに

塗装をやり直して仕上げます。

モンキーZ50Jフレーム腐食修正 (2)まぁ年内に仕上がるかどうかは分かりませんが

完成したら一応は公道を走れるように

原付二種登録と自賠責には入り

田んぼ道でも走って楽しもうと思ってます。

僕のおもちゃ達これでまた僕のおもちゃが1台増えるけど

嫁の手前は販売車両と言う事に

しているのですが、たっぷりとお金を掛けて

レストアするので、採算なんて合わないので

モンキーZ50Jエンジン分解200921 (7)なるべく買いに来ないで欲しいw

取り合えずエンジンも全バラになったので

これからブラストを当てて仕上げて行き

エンジンの仕様を考える事にします。


沖縄A様クラッチアウターダンパー交換のご依頼

お電話でご相談を頂いていた沖縄のA様からの荷物が届いたので

沖縄A様ご依頼クラッチアウターダンパー交換 (1)早速作業に取り掛かります。

カシメ部分をドリルで揉んで取外して

カシメピンを抜き取ります。

ピンの抜き取りを失敗すると割れます。

沖縄A様ご依頼クラッチアウターダンパー交換 (2)プレートの穴を少し拡大。

返りを面取りで仕上げ。

アウター本体側も加工をして

これで組み立て準備が完了。

沖縄A様ご依頼クラッチアウターダンパー交換 (3)分解したついでにブラストで

綺麗に仕上げてから新しいダンパーに

シリコングリスを塗って、向きを揃えて

アウターギアーを入れます。

沖縄A様ご依頼クラッチアウターダンパー交換 (5)で、これで出来上がりになります。

一緒に送られてきたポジティブストッパーの

ピン修正と最後の1個だった

ハイパワー強化オイルポンプとを

まとめてこれで一緒に発送となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月20日

突然ですが、祝!21号機完成!!4

シルバーウィークの今日は嫁が不在。
何故かと言うと、嫁の妹の娘が男の子を出産したので
姪の子供の顔を見にそそくさと一人で出掛けていったのだ。
で、今朝は何時もよりかなり早くに起こされた僕は
まぁ良い迷惑なのかどうなのか?
僕も一緒に見に行きたいのに…と思いつつ嫁を見送った。
お土産はヨーロッパ軒らしいよw


21号機完成

一昨日火入れをして調子が良かったはずのキャブの具合が悪く

21号機キャブレーター再分解部品交換 (1)取り合えずエンジンから取外して

分解チェックをする事にした。

間違いは無いはずだけど

不安要素を排除する目的がメイン。

21号機キャブレーター再分解部品交換 (2)JNを取り外してクリップ位置を確認したり

ホルダーにゴミでも詰まっていないかなど

症状からしてガス欠のような感じなので

通路などもチェックして洗浄もして

21号機キャブレーター再分解部品交換 (3)更に念の為MJも交換して組み立てました。

まぁ分解した結果は特に問題個所は

見当たらなかったので、これで症状がまだ

出る様であれば、他の原因を探さないといけない。

21号機キャブレーター再同調調整 (1)点検を終えたキャブを取り付けて

再度同調調整をしてみたら

何故か調子が良いじゃないか⁉

原因が良く分からないのですが

21号機キャブレーター再同調調整 (2)まぁ同調も綺麗にあわせれたので

ブリッピングをしてみると

また調子が悪く、どうやら吸気系に

問題があるような感じがしたので

21号機キャブレーター再同調調整 (3)エアークリーナーをチェックしようと思い

そこで、あ!っと気が付いたのだ!

キャブの不調原因はこの画像にあります。

昨日の動画にもその原因が分かるような

21号機キャブレーター再同調調整 (4)動画が撮影されていたのであった!

で、その原因は…何とまぁこの

シートを養生しているビニールが

吸気ダクトを塞いでいた事が原因だったw

21号機オイルシールホルダー取付 (1)もうガックリだわ…笑うしかないなw

で、原因も分かった事なので一安心。

オーナーから追加注文を頂いた

オイルシールホルダーを装着します。

21号機オイルシールホルダー取付 (2)最初から不便さを知らずに付いていると

オイルシールホルダーの有難みも薄れますが

あった方が良いに決まっているので

装着はしておいた方が良いですね!

21号機外装取付仕上がり (1)そんな事をやっていたら外装の塗装が

仕上がって届いたので、付属品を取り付けて

車体に装着が完了しました。

オーナーはバーニッシュブルーと

21号機外装取付仕上がり (2)ライトルビーレッドで迷っていたのですが

お子さんの意見を優先されて

カラーリングはライトルビーレッドになりました。

これで連休明けにでも車検に行く事が可能なので

書類関係をお持ち頂けますようお願いします。

予定よりもかなり早く出来上がったので

このシーズンINに間に合って良かったと思います。


高知U号腰上組み立て

朝から色々とあってバタバタしていましたが

高知U号腰上組み立て (1)午後からは昨日の続きで高知U号の

腰上組み立て作業に取り掛かります。

まずWPC処理された純正ピストンに

ピストンリングをセットして行きます。

高知U号腰上組み立て (2)ピストンリングをセットしたピストンを

コンロッドに接続して

これでシリンダー挿入準備完了です。

で、サクッとシリンダーを挿入して

高知U号腰上組み立て (3)ブロンズメタルガスケットをセット。

このままの勢いでヘッドを搭載しようと

思っていたのですが、ヘッドの準備を

まだしていなかった!

高知U号腰上組み立て (4)大急ぎでシリンダーヘッドを組み立てましたが

時間的に余裕がない状態で作業を進めると

ろくな事が無いので、今日はここまでで終了。

明日ヘッドを搭載して仕上げる事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月18日

408cc用ホーン手裏剣カバーリプロ企画3

何か今日は朝から気分が憂鬱なスタートだった…。
僕の性格上、結構天邪鬼な所があるので
色んな事を指摘されると行動は真逆の事をやってしまう。
人の気持ちって言葉にしてくれないと分からない事が多いのに
分かっている事を言われるとやりたくなくなる…。
そんな欠陥だらけの人間なんです。


手裏剣カバーリプロ企画

以前から作ろうと考えていた408cc用ホーン手裏剣カバーのリプロ品。

408用ホーン手裏剣カバー製作企画ステーは割と簡単に作ったのですが

手裏剣カバーは中々作るにも

コストが掛かるのと、状態の良いベースカバーが

中々手に入らなかった事もあったりで

一応製作企画として考えており、見積もりなどを作るつもりです。

まぁ一部のマニア向けにしかならないかなぁ…。


21号機火入れ

今日予定していた高知U号エンジンの組み立てをしようとして居た所へ

21号機アゲインマフラー装着入荷未定だったアゲインマフラーが

入荷してきたので、予定を変更して早速取付。

これで火入れとキャブの同調調整が出来ると

残すは外装のみとなります。

21号機火入れ点火時期調整 (1)で、点火時期調整と同調調整をするので

サクサクっと準備をしてサクッと火入れ。

点火時期を調整してからキャブの同調調整。

でも、明らかに調子が良くない…。

21号機火入れ点火時期調整 (3)まず不調第一の原因はリプロのポイントで

#1.4が時々失火する事が判明した…。

やっぱりリプロはダメだなと言う結論に至った。

で、取り合えずキャブの同調調整を済ませて

21号機火入れ点火時期調整 (4)何とかアイドリングはするようになったけど

やはりキャブがアクセルに付いて来ないので

リプロのポイントから純正のポイントに

交換してみる事にした。

21号機火入れ点火時期調整 (5)で、結果はやっぱり純正だなと言う結果だけど

今度はキャブの調子が余りよろしくない

と言う結論になったので

取り合えず一旦エンジンを冷やしてから

21号機火入れ点火時期調整 (6)キャブを分解して再調整をする事にします。

エンジンを掛けたついでに諸々のチェックを

済ませて、発電系はかなり調子が良かった。

外装がまだな時間が掛かりそうなので

ボチボチとキャブの調整をやる事にします。


高知U号エンジン臓物下拵え

調子が良ければ今日中に腰下だけでも仕上げようと思っていたのですが

高知U号ミッション下拵え (1)色々とあって、思う様に作業がはかどらず

取り合えず臓物関係の下拵えを

先に済ませる事にしました。

まずはミッションを分解して

高知U号ミッション下拵え (2)ベアリングなどを交換します。

毎度お馴染みの1stギアーブッシュ交換と

ギアー類の洗浄を済ませます。

よく焼き付いているカウンターシャフトの

高知U号ミッション下拵え (3)2ndギアーですが、ベアリングを抜いて

焼き付いていない事を確認しつつ

取り外したギアーを洗浄して

ベアリングとOリングを交換します。

高知U号ミッション下拵え (4)これでミッション関係の部品交換と

摩耗などのチェックを済ませて

組み立てが完了しました。

次にプライマリーダンパーラバーを交換して

高知U号ミッション下拵え (5)ギアー類を洗浄して組み立てました。

ニードルローラーベアリングも新品に交換。

これでほぼエンジン臓物関係の

下拵えが完了しました。

高知U号カムチェーンテンショナーアーム修正 (1)おっと!忘れていたのがこれ

カムチェーンテンショナーアーム修正。

もう摩耗し切っている状態なので

このまま上手に削って動く様にして使います。

高知U号カムチェーンテンショナーアーム修正 (2)このエンジンに使われていた

テンショナースリッパーを見ると

下から上まで摩耗しているので

かなりの音がしていたと思います。

これで明日僕のやる気があれば、腰下の組み立て若しくは

エンジン組み立てが終わると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2020年09月14日

釣果報告3

定休日の昨日は生憎の天気でしたが
日本海は小浜の仏谷へ行き魚釣りを楽しんできました。
午前中は沖の筏に乗ったのですが
海のうねりが酷く、何度か海に落下しそうになり
冗談では無くなって、本当に海に落ちそうだったので
嫁からの指令で弟が僕に殺意がある気がしてきた…。
身の危険を感じて午後から内海の筏へ移動。
その後沖の筏はもっと酷く荒れだして
ほぼ全員が撤退したらしい。
で、我々の釣果ですが、僕と弟が真鯛を二枚づつぐらいで
弟はボラを釣ってたわw
まぁお持ち帰りにはサイズがもう少しだったので
全部リリースして来たけどねぇ…
今日は激しく筋肉痛でおかげで体重も、体脂肪率もかなり減りました。


三重M号マフラー錆取り

天気の具合や、ちゃんとした管理時間の都合で

三重M号用マフラー錆取り再チャレンジ (1)中々マフラーの錆取りが

出来なかったのですが

やっと今日錆取り剤をいれてみました。

暫くすると水抜き穴から液漏れが…

三重M号用マフラー錆取り再チャレンジ (2)薬品がきついのか、もうえらい事になってたw

キッチン用アルミテープが解けて

水抜き穴から漏れ出していたので

穴を竹串で塞いでもう一度やり直しました。

これで明日詰まった排気口が貫通してくれれば儲け物です。


21号機エンジン搭載

遊び疲れが残る今日ですが、仕事は仕事で今日の予定を進めます。

21号機エンジン仕上げからの搭載 (1)まずはシリンダーヘッドの増し締めをして

タペットクリアランスを調整し

タペットキャップを取り付けて

これでやっと21号機エンジンの組み立てが完了。

21号機エンジン仕上げからの搭載 (2)で、早速エンジン搭載準備!

いつも通り、どーん!の準備が

整いました。

で!

21号機エンジン仕上げからの搭載 (3)お手伝いの弟が居るので

楽にエンジンを

どーん!

搭載完了です。

21号機L側仕上げ (1)ここから先は一人でサクサクっと

いつも通りの仕上げ作業。

L側にはフル強化オイルポンプ「極み」と

大流量ミッション用強化オイルポンプを取付。

21号機L側仕上げ (2)これで諸々の配線などと

スプロケカバーとステップを取り付けて

L側が完成しました。

ドライブチェーンは後で入れます。

21号機R側仕上げ (1)次にR側に取り掛かります。

新品のクラッチ板などとポイントを取り付けて

R側も仕上がり手前となりました。

これでカバーを取り付けて

21号機R側仕上げ (2)クラッチを調整してワイヤーを接続。

クラッチワイヤーは初期伸びがあるので

慣らしが終わる頃に再調整となるかな。

アクセルワイヤーなども初期伸びがあるので

21号機オイルパン、フィルターケース取付仕上げ (1)初回点検時には再調整をします。

オイルパンとフィルターケースを取り付けて

エンジンオイルを入れて

オイル漏れが無いかもチェックしておきます。

21号機キャブレターなど取付 (1)次にキャブレターを取り付けて

アクセルワイヤーも取付ました。

これで後は外装とマフラーが

入荷すれば火入れとなります。

21号機キャブレターなど取付 (2)長期欠品中?の純正エアークリーナーも

在庫があったので純正品を取付ました。

これで吸気系も取付が完了です。

後はツールボックスを加工して

21号機キャブレターなど取付 (3)ETC本体を設置するだけなんですが

何時もながら配線が長いので

遠廻しをして配線をしているのですが

それでもかなり余るのが難点ですねぇ…。

明日からボチボチと仕上げて行きながら

高知U号エンジンの組み立て作業に取り掛かります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月03日

諸々の部品入荷3

9月1日に嫁側の姪に男の赤ちゃんが生まれました。
コロナ禍の中なので、家族も誰も立ち合いも出来ない中
一人で出産しましたが、元気で可愛い赤ちゃんが
我が親族に一人増えました。
嫁も会いたがっているのですが、今は我慢の時なので
仕方がないですね。
これでまた魔のお誕生日月間カレンダーの出費も増えますけどねw


大阪T様マッスル号用フロントフェンダー

足回りマッスル化後の課題として残っていた問題の

大阪T様マッスル号用フロントフェンダー仕上がり (1)フロントフェンダーが塗装から仕上がり

カラーリングはサイドカバーと同じ色の

ブラックで仕上げてあります。

これにワンオフで加工した取り付け用ステーを

大阪T様マッスル号用フロントフェンダー仕上がり (2)取り付けてフロントフェンダーが完成。

これで隙間も無くなるとは思いますが

取付後に微調整が必要になるかも知れません。

今週末は台風が接近しており

来週末は定休日もありますので、またご連絡をして

打ち合わせをしたいと思っております。


高知U号エンジン塗装仕上がり

ケース類の腐食が激しく、出来上がりが良くならないと

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (1)嫌がってゴネる塗装屋さんを宥めて

高知U号エンジンのケース類が

塗装から仕上がって戻ってきました。

塗装屋さんはこれだけ腐食している物は

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (2)プライドが許さないと言う事で

「もう二度とやらない」と言われましたw

まぁ腐食は激しいのですが

仕上がりは良い仕上がりになっているので

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (3)塗装屋さんのプライドに掛けても

オーナーもこれで満足してくれる事を

願うばかりです…。

次は腐食したケースの塗装はやってくれないので

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (4)そう言う意味でも貴重なエンジンに

なったと思います。

今PITもエンジン組み立て室も

ちょっと混雑しているので

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (5)組み立てはもう少し後になりますが

時間がある時にでも、ボチボチと

下拵えは進めて行く事にします。

シリンダーヘッドも修正が完了したので

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (1)バルブガイドのOリングを交換します。

エンジンの腐食具合からも

分かると思いますが、Oリングは当然ながら

朽ちて加水分解が始まってました。

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (2)全てのバルブガイドOリングを交換。

8個全てが朽ちているのも中々無いので

デフォルトで交換して良かったと言う

一例になりました。

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (3)で、歪測定の結果は、規定値内なので

平面研磨は無しで行けそうですが

カムチェーンが擦れて返りがあるので

そこはヤスリで修正をしてから

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (4)バルブのすり合わせに

内燃機屋さん送りとなります。

ヘッドが仕上がって来る頃には

エンジン組み立て室にも余裕が出来ると思います。


21号機メインハーネス入荷

BOだったメインハーネスも3セット入荷して来たので

21号機電装部品入荷取付 (1)早速21号機にメインハーネスを

這わせる準備に取り掛かります。

ハンドルもF2絞りが入荷して来たので

これで後はタンクカラーが決まれば

21号機電装部品入荷取付 (2)フレーム側は仕上がると思います。

リプロ品ですがリアウインカーの

取付が完了しました。

フロント側もウインカーを取り付けて

21号機電装部品入荷取付 (3)これで電装、保安部品関係は揃ったので

メインハーネスを這わせて

電装関係の仕上げに取り掛かります。

Dクランプもリプロ品が出たのはうれしいねぇ。

21号機電装部品入荷取付 (4)這わせたメインハーネスの

ヘッドライトケース内

配線接続が完了。

ハンドルはF2絞りがご希望なので

21号機電装部品入荷取付 (5)ハンドルスイッチを入れて取付完了。

スイッチなどとメインハーネス配線の

接続も完了したので

アクセル、クラッチワイヤーを取り付け

21号機電装部品入荷取付 (6)ヘッドライトも取付が完了して

少しフォアらしくなってきました。

これでフレーム側の作業もほぼ完了となり

これでエンジンが乗れば完成と言う事になります。


高知O号用フロントブレーキ不足部品入荷

フロントタイヤホイールを交換するにあたり

高知O号用フロントブレーキ不足部品入荷フロントブレーキディスク取付ボルトが

短い事と、加工穴隠しカバーも無かったので

アゲインから部品を取り寄せました。

明日フロントタイヤホイールを交換して

フレーム側の作業を終わらせます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月31日

アルミとステンレス異種合金腐食3

今日はちょっとした豆知識として
異種金属による電解水の影響による電食について
知ってもらおうと思います。
ここで言う異種金属はアルミとステンレスで
電解水を仮に雨水だとすれば
イオン化傾向により異種金属接触腐食が起こります。
つまりこれを電位差による電食と言います。
古いアルミ合金エンジンにステンレス製のボルトを
ドレスアップ的に使う方も多いと思いますが
電位差により腐食が進み、結果的にねじ山が上がる事になります。
「雨の日には乗らないから大丈夫!」と思う方もいると思いますが
そこで盲点なのは日本は高温多湿な気候なので
空気中に電解水の元となる水分が多いので
一概に雨とは限らないのです。
仮に9種類の金属があるとすれば、自然電位が一番低い物が
金、ゴールドで次にステンレスでアルミニュウムは
7番目に自然電位が高い順番になっているので
2番目と7番目の組み合わせと言う相性になります。
で、自然電位差でアルミニュウムの前後には亜鉛と鉄があり
これはエンジンに使われている純正ボルトなどでは
理に適っている事になります。
もっと簡単に言えば、理科の実験でカットレモンに
1円玉と10円玉を差し込めば発電する原理で
その発電に伴い1円玉が侵食されると言う事で
電位差の大きい異種金属と電解水と言う条件が揃えば
何でも腐食すると言う事になります。
まぁカスタムは個性であって、個人の自由ですが
古いエンジンには優しい部品を使った方が良いと言うお話です。


高知O号エンジン分解

早速今日、昨日入庫してきた高知O号のエンジン分解作業に取り掛かります。

高知O号エンジン分解 (1)で、最初に目に入ったのが

ボディーアース取付部分が緩んでいる?

締まっていない事ですが

これがイグニッション接触不良の

高知O号エンジン分解 (2)原因では無いとは思いますが…。

オーナーからも言われていたのが

クラッチケーブルガイドの取付位置。

簡易的な物が付いていますが

高知O号エンジン分解 (3)リプロ品に交換しておきます。

行方不明だったUBSボルトは

昨日のM6×35の部分とM6×40の所に

使われていたのを発見しましたw

高知O号エンジン分解 (4)バッテリーを取り外すと

エアークリーナーボックスの

ダンパーラバーが朽ちていました。

ここも安全の為交換した方が良いでしょう。

高知O号エンジン分解 (5)クラッチカバーを開けると

これも定番のやっつけ仕事で

ロックナットがマイナスドライバーなどで

叩きまくられていました。

高知O号エンジン分解 (6)クラッチを取り外すと手が真っ黒に…。

オイル管理が悪かったようで

スラッジも結構多いエンジンでした。

まぁO/Hのタイミング的には良かったかな。

高知O号エンジン分解 (7)フロントエンジンハンガー取付ボルト

入れる方向が逆ですね。

これも組み立てる時には

正規の方向に直しておきます。

高知O号エンジン分解 (8)ヘッドカバーを外しカムを取り外すと

カムチェーンガイド部分に

激しいダメージがあり、多少修正もしてあるので

腰上は一度開けられている感じです。

高知O号エンジン分解 (9)なのでヘッドはちょっと問題ありです。

で、サクッとヘッドを取り外すと

使うはずの無いM5のスプリングワッシャーが

コロコロっと転がって落ちてきましたw

高知O号エンジン分解 (10)やはり腰上は一度開けられており

定番のヘッドガスケットの向きが

間違って取り付けられていました。

しかも液ガスをたっぷりと塗られてました。

高知O号エンジン分解 (11)ピストンはオーナーが言っていた通り

ホンダ純正408タイプのピストンが

使われていましたが、サイズは分からないので

後で測定をしてみる事にします。

高知O号エンジン分解 (12)これで腰上の分解が終わり

軽くなったので

エンジンを下す準備が整いました。

で!

高知O号エンジン分解 (13)何時もの

はい!

どーん!!

腰下が下りました。

高知O号エンジン分解 (14)で、ここからもサクサクっと

腰下を分解して行くのですが

M8×60のボルトが締まってないと思ったら

錆から見ても分かるように折れてましたわ…。

高知O号エンジン分解 (15)プッシュバーセッティングボルトも

ヘリサート毎すっぽ抜けなので

クランクケースは両方とも

内燃機屋さん送りとなります。

高知O号エンジン分解 (16)他の腰下のボルトは無事に全部抜けたので

パッカーンとケースを割りました。

どうやら腰下は未開封のようです。

今の所臓物関係のダメージは

高知O号エンジン分解 (17)ポジティブストッパーとプッシュバー

テンショナーアーム位にダメージがある程度で

ミッション関係でカウンターシャフトの

1stギアーブッシュの摩耗がある位で

2ndギアーの焼き付きは無さそうで、後は消耗品は全部交換となるので

これで測定をしてからお見積りを作る事になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月30日

ウエスト−20cm3

息子の新居が完成し、9月末に引っ越しをするらしいのだが
残念な事に息子は10月から姫路の脳外科専門病院へ
転勤になる事が決まり、単身赴任になるらしい…。
まぁ息子にしてみれば姫路で遊びまわれる事になるのだが
嫁にバレないようにしないと面倒な事になるかならなぁw
道は違えど、親子で同じ轍を踏む事になるわ…。
と、そんな話を嫁にしたら「どの口が言うとんねん!」と言われ
返す言葉が思い浮かばなかったわ…。


顧問業務用スーツ新調

9月から再開される顧問業務の為に新しくスーツを新調しに

顧問業務用スーツ新調 (1)昨日はお店を少し早仕舞いして

青山へ行ってきました。

2018年のデーターが残っていたのですが

現在のウエストは当時のデータから

顧問業務用スーツ新調 (3)−20cmだったのには驚きだったw

そりゃぁパンツもずり落ちてくるわと思った。

スーツと裾直しとシャツなどで合計5万円

まぁ昔程高くは無いにしろ

痩せるのにもお金が掛かると言う事が良く分かると思いますw


高知U号エンジンケース仕上げ

昨日ロアケースのフィン欠けとヘッドのEXスタッドねじ山修正が終わり

高知U号エンジンリタップ掃除 (1)ブラスト仕上げまで完了したので

ねじ山のリタップ掃除を済ませます。

ヘッドは熱が入ったのでバルブガイドの

Oリングを交換した後で再歪測定をします。

高知U号エンジンリタップ掃除 (2)ロアのクランクケースも

リタップ掃除が終わったので

ダイナミックバランスが終わったクランクの

メタル測定をボチボチ始めようと思います。


高知O様ご来店入庫

以前からご相談を頂いていた高知県のO様が

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (1)本日、車両持ち込みで来店下さいました。

作業内容はお電話である程度打ち合わせを

済ませていましたが、現車を見ながら

改めて打ち合わせもしました。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (2)で、少しだけダメ出しもついでに…。

キジマのメッキメーターカバーの

取付リングの入れ方が間違っているので

これはついでに修正しておきます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (3)次の問題はキースイッチを回しても

イグニッションがONしない件で

たまに何かの拍子にイグニッションが

ONするらしいので、余計に原因が掴みにくい。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (4)リアブレーキのリターンスプリング

スプリングを引っかける取り付け位置が

全然違う所に取り付けられており

スプリングが伸び切っているので交換ですね。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (5)よくある間違いのアクスルシャフト

入れる方向が逆なので

これもホイール交換のついでに

正規の方向に直して入れます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (6)ACGカバーが曲がっていたらしく

コイルが焼き付いてしまったらしい…。

ACGカバーも良い物が少なくなってきたので

ここはリプロ品を使う事になりそうです。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (7)キースイッチのカバー部分が割れており

カプラーの爪が不在だったので

ひょっとしてイグニッションがONしないのは

ここが原因かと思ったのですが

結果は違ったのですが、ロックが出来ないのでカバーは交換になるのですが

全体的にビニールテープが巻かれて居る所がとても怪しい雰囲気が

漂って来る気配を感じます…。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (8)しかもメインハーネスの取り回しで

ステムにDクランプが取付いていない事から

最悪はメインハーネスの断線も考えましたが

この時、ここが原因では無い感じだと思ったので

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (9)リプロのDクランプを取り付ける事にします。

ホイールは信頼のハヤシキャストもお持ちで

同時に持ち込まれてきたので

セブンスターからハヤシキャストに交換します。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (11)で、まずエンジンの問題としては

カムチェーンテンショナーセッティングボルトが

M8に拡大されており、これを修正するついでに

エンジンフルO/Hをやってしまいます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (12)ヘッドカバーの安定の定番間違いは

M6×35のボルトが入る所に

UBSボルトが使われている事や

エンジンがボルト毎丸塗りされているので

ボルト類は全て再メッキをして使う事になると思います。

高知O号電装系チェック (1)で、不具合原因調査に一番時間が掛かりそうな

イグニッションがONしない件を調査。

セオリー通りバッテリーからチェックし

ヒューズボックスを開けてみると

高知O号電装系チェック (2)見た事が無いダイオード付きのヒューズボックスで

一か所抜けていたので差し込んでチェックするも

特に変化も無く、念の為ヒューズ切れが無いかも

チェックしたのですが、問題は無い。

高知O号電装系チェック (3)あちらこちらと電圧をチェックしていると

いつの間にかイグニッションが

ONし出したので、これで原因調査の範囲が

かなり絞れると思いチェックした所

高知O号電装系チェック (6)キーONでインジケーターの点灯が

ボヤーっと点灯するので、これは取付いている

ヒューズにダイオードが入っているので

ダイオードの不具合が原因の可能性が高くなった!

高知O号電装系チェック (7)で、ウオタニ対応の20Aヒューズ

サーキットプロテクションに交換したら

やはり原因はダイオード付きのヒューズが

原因かも知れない所まで辿り着き

暫くはこのまま様子を見る事にしたのですが

更によくよく調べると、残念な所まで原因が絞れました…。


イグニッション不具合原因

まぁもう少し原因ヵ所を絞ってみます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月27日

体脂肪率1/43

ダイエット停滞期の真っ最中で
最近ではパンツもずり落ちてきて困っていますw
体重が88キロ〜89キロを前後している日が続いているのですが
ダイエット開始前の体脂肪率は体重の1/3だった物が
やっと体脂肪率が1/4まで減りました。
なので、脂肪が減った分筋肉が付いてきたと言う事になるのかなぁ。
余ったお腹の皮を見ると、何とも言えない気分になります。
目標はあと10キロ、いやもっと痩せてやるぞ!


男は黙って六四分け

昨日の定休日はいつもの理髪店へ行き

男は黙って六四分け200826何時もの六四分けに仕上げてもらいました。

来月には顧問業務も再開予定なので

スーツも作りに行かないと…

新しいパンツも買ってもらおうと思います。


姫号バッテリー死亡

不動車コーナーの車両の月例定期メンテナンスをやっていたのですが

姫号バッテリー死亡姫号のサルフェーション充電が終わらないので

通常モードの2Aで充電したのですが

残念な事に姫号のバッテリーは

どうやら死亡したらしい…

まぁ不動車なので仕方ないけどね…。

また動かす時に新しいバッテリーと交換します。


21号機下拵えの続き

今日エンジンの不足部品が入荷してくる予定なので

21号機用キャブレターブラスト先にキャブレターの掃除を終わらせ

トップキャップとフォロートチャンバーを

ウエットブラストで仕上げました。

これでインナーパーツを組み付けて仕上げます。

21号機用キャブレター組み立て (1)新品のSJやフロートバルブなどを

組み込んでインナーパーツの組み込みが完了。

油面調整まで完了しました。

これでブラスト仕上げをした

21号機用キャブレター組み立て (2)フロートチャンバーとトップキャップを

取り付け、ホース類も新品に交換。

後はエンジン火入れまの日まで

暫く放置となります。

21号機用キャブレター組み立て (3)まぁフルO/Hやフルリビルドと言うまでは

行きませんが、ベースキャブの状態が

中々良いので、これで火入れをやって

調子を見てみる事にします。

21号機用エンジン腰下組み立て (1)、やっとエンジンの不足部品が

入荷して来たので、早速組み立て開始の

何時もの記念撮影!

まぁ、エンジンの具材に少し錆もあったので

21号機用エンジン腰下組み立て (2)臓物全てを分解して錆取りをしているので

手間としては1.5倍は余計に掛かっていますが

それ以外は状態が良いエンジンなので

しっかりと手を入れて仕上げました。

21号機用エンジン腰下組み立て (3)シフト関係の具材もセット。

ここも摩耗が少ないので

中々良い部品達が勢揃いですね。

シフトチェンジの動作も確認してから

21号機用エンジン腰下組み立て (4)ピストンをコンロッドに接続。

今回シリンダーの摩耗は無かったのですが

長期放置状態だったのでやむなく

ピストンは0.5OSピストンにボーリングしました。

21号機用エンジン腰下組み立て (5)で、シリンダーも挿入して

後はシリンダーヘッドが内燃機加工から

戻って来るのを待つだけとなった21号機エンジン

これにて腰下の組み立てが完了しました。

21号機用エンジン腰下組み立て (6)ヘッドガスケットは勿論!

只今人気上昇中のCP製

ブロンズメタルガスケットを使用します。

と言う事で今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月24日

CP1号レーサー街乗り仕様へ?3

昨日納車したGTH号オーナーから
追加で取り付けた大流量ミッション用強化オイルポンプの
レポートが届きました。
「ミッション用強化オイルポンプも感動しましためっちゃスムーズです!」
と言う、とてもありがたいレポートを頂き
作った甲斐があったと思いました。
代替えに乗せていた僕のレーサーエンジンにも
銀ちゃん特注仕様のブラックアルマイトバージョンの
ミッション用強化オイルポンプを取り付けました。
このままテスト用エンジンにしても良いのですが
レーサーを街乗りに仕様変更するか
それとも自分用の国内408を作るか迷っている所です。


21号機エンジンカバー類ブラスト下拵え

純正部品やリプロ部品がまだ揃っていないので

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (1)先に出来るカバー類のブラストを

やってしまいます。

まぁブラスト作業は弟がやるのですが

僕はのそ作業の下拵えをする事にします。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (2)画像には入っていませんが

オイルパンもブラストで仕上げます。

それ以外のケース類も全て

ブラスト仕上げでてしまいます。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (3)クラッチカバーは在庫部品を出し過ぎて

今、宝物庫には必要な数分しか

無くなってきたので、最近は部品に対しての

危機感が出てきだしました。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (6)シリンダーヘッドは歪計測と

デフォルトで交換するようになった

バルブガイドのOリングを交換したら

内燃機加工へ送る事になります。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (5)シリンダーは既に準備が出来ており

ピストンは0.5mmOSピストンになります。

キャブレターも近日中に分解掃除を始めて

インナーパーツを交換する予定です。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (7)まだ外装カラーが決まっておらず

今から塗装をお願いしても

3か月ぐらい掛かるそうなので

最終的には外装待ちになるかも知れません。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (9)それでも取り合えずエンジンは組めるので

今日中にエンジンの下拵えを済ませれば

明日には部品も入荷して来るので

腰下ぐらいの組み立ては出来上がると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月15日

長期欠品部品多数あり3

10月に泉大津で開催される予定だった
「WORLD-MOTO2020」も結局コロナの影響で
中止となってしまい、今年のイベントは全て中止?
後はスキャンさん主催のヨンフォアミーティングinソレイユの丘(予定)
になるのですが、場所的にも管理側からNGが出るのかも…。
昨年から今年のイベントに向けて色々と
準備をしていたので、残念で仕方がありませんが
このコロナ禍の中、今は我慢の時ですねぇ…。
ツーリングも大人数では行き辛いので
CPツーリングも今年は開催しておらず
弟と二人だけの弾丸ツーリングだけにしています。


三重M号迷走中

エンジンが掛からないので、腰上をやり直してみた物の

三重M号迷走中 (1)キャブをテスト用と交換したり

点火系も交換したりとやってみたけれど

全然問題が解決しないまま

激しく迷走している最中です…。

三重M号迷走中 (2)取り合えずもう一度ウオタニを

もう一度取り付けて現状復旧しました。

一旦頭の中もリセットしてから

考える事にしようと思いつつ

三重M号点火タイミング確認念の為ダイアルゲージで上死点を測定。

点火タイミングを確認してみたのですが

全然問題が無いので、カムチェーンや

クランクに問題は無い事は確定したので

他の原因を調べる事にします。


国内新規21号機製作

純正絶版部品のリプロ部品も長期欠品、純正部品も長期欠品の中

21号機フレーム関係組み立て (1)メーカー夏季休暇前に発注していた部品を

先に取り付けて行きます。

まずはエアークリーナーボックスの

電装関係部品を取り付けました。

21号機フレーム関係組み立て (2)ブリーザーチャンバーも純正と同じ仕様で

CO還元用リプロパッキンを取り付けて

純正ブリーザーチューブを取り付けました。

まぁエアークリーナーは汚れますが

21号機フレーム関係組み立て (3)地球に優しい仕様になります。

フロントブレーキも組付けが完了。

ハンドルが決まっていないので

スリーウェイジョイントから上はまだです。

21号機フレーム関係組み立て (4)ETCなどのインジケーターを取り付けて

メーター、ヘッドライトケースを仮付け。

リプロメインハーネスがBOなので

メーター回りもここまでで終了です。

21号機フレーム関係組み立て (5)長期欠品中だったBRCのリアサスも

夏季休暇前にやっと手に入ったので

仮付けしていたリアサスと交換。

後は部品が入荷してくるまでの間に

エンジンの組み立てに取り掛かろうと思っています。


CP営業3号車オイル交換

オイル交換のタイミングをすっかり忘れていたCP営業3号車の

CP営業車3号機オイル交換 (1)炎天下の中、弟の強制労働で

オイル交換をやってしまいます。

今回は4,000キロ以上乗ってしまったので

オイルも相当汚れていたようです。

CP営業車3号機オイル交換 (2)ワコーズのオイル添加剤も入れて

CP営業車3号機のオイル交換も終わったのですが

ついでに従業員割引と言うふざけたシステムで

弟のエンジンオイル代無料となってしまいました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)