電装品

2019年10月14日

浅瀬に仇波3

台風19号に備えた備品を今回も使う事無く
自宅も店も無事にやり過ごせましたが
被災された方々にはお見舞い申し上げます。
今回の台風で九州ツーリングは中止にしたのですが
結果フェリーも欠航となったため
九州ツーリングはこれで3日目の台風中止となりました。


ベホリ街乗り号引取り納車

九州ツーリングも中止になり、昨日家族と京都へ来たついでに

ベホリ街乗り号引取り納車19101318時頃CPに車両を引取りにご来店。

今年は一緒に走るチャンスは

もう無いのかなぁ・・・。

まぁ時間があれば枚方ナイトでも楽しもう!


不動車コーナー車両バッテリーメンテナンス

定期的に行っているバッテリーメンテナンスと動体確認。

不動車コーナーバッテリーメンテナンス14号機のサルフェーション充電が終わり

2Aでの充電が終わったら動体確認です。

ガソリンは劣化防止剤を入れてあるので

キャブが詰まる事はありません。

これで次の不動車M号の充電をする事になります。

不動車コーナーはこのローテーションを繰り返しています。

本当なら姫号と親方号も今日メンテナンスの為

入庫予定だったのですが、この雨で姫号のメンテナンスは

ツーリング前日になりそうです。


ジャイロキャノピーフロントホイールブラスト

枚方が好きやんバイク部の方からのご依頼で

ジャイロキャノピーフロントホイールブラスト (1)ジャイロキャノピーの

フロントホイールの錆び取りの為

ブラストのご依頼です。

患部の錆びは結構深かったのですが

ジャイロキャノピーフロントホイールブラスト (2)ブレーキローター部のダメージは

少ないようなのでした。

ホイールの内側は結構な錆び具合でしたが

使えない事は無い範囲です。

リペイントとベアリングの交換をして下さい。

そんで今日は納車の為何時もより早仕舞いさせて頂きます。

peke_cb400f at 17:30|PermalinkComments(0)

2019年10月11日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日10月12日(土曜日)は台風19号接近の為
念の為臨時休業とさせて頂きます。
海外でのハリケーンはカテゴリー5までしか無いのですが
その上を行くカテゴリー6レベルに匹敵するらしいので
台風の進路上また暴風、強風圏内の方は
万全の準備を備えて台風19号を乗り切って下さい。
対岸の火事と思わず、想定を超えて来る事を考えて
生命財産を守るように心掛けて下さい。


京都GTH号緊急入庫

先日から時折エンジンが不調になり

京都GTH号緊急入庫191010 (1)昨日の朝#1.4に火が飛んでいない事が判明。

復旧する事も無くなったので

疑わしきダイナSを交換してみるべく

閉店間際の時間でしたがご来店頂きました。

京都GTH号緊急入庫191010 (2)ダイナSの概観には問題はありませんでしたが

純正の機械式に戻して調整すると

四気筒共動き出したので

ダイナSの可能性が疑わしいのは間違いない。

これで再発するようであれば、IGCと言う事になりますが

何事も無く無事に帰京されたとの事でした。

新しいダイナSになってからCPでは初めての不具合になり

聞いただけでもこれで2例目になります。


若き悩めるフォア乗りがご来店

お電話でご相談を頂き、昨日ご来店されたのは21歳の新人フォア乗りの方

尼崎の若きフォア乗りご来店191010 (1)ご両親共にバイク乗りとの事で

お母様はCB750 K1に乗っているとの事。

お父様からも早くバイクに乗れと言われるぐらい

何とも羨ましいご家族だと思います。

尼崎の若きフォア乗りご来店191010 (2)どうせバイクに乗るなら絶対CB400Fだと決めて

探していたら、何と!貴重な国内408と出会い

この5月に購入したとの事です。

エンジンの状態からも恐らくこれは実走。

エンジン、フレ番共マッチしており

ヘッドカバーは一度開けられた痕跡はある物の

それ以外はほぼオリジナルのまま45年経過している感じです。

マフラーは当時物ヨシムラ手曲げが付いており

転倒などの痕跡も無く、とても良い状態でした。

サイドスタンドは多分ダメで、少しの白煙と

CRキャブが付いており、セッティグが濃いので黒煙も出てました。

完調とは言いませんが少しダメだしをして

今後の維持方法に付いて、お話をさせて頂きました。


九州ツーリングは中止

台風19号の接近に伴い、明日から予定していた九州ツーリングも

九州ツーリング中止安全の為中止する事に決まりました。

ベホリは連続3度目の九州ツーリング中止。

今回しっかりメンテナンスもしたベホリ号

僕もブロック注射をして体調も万全に整え

台風の進路的には九州方面に被害が及ぶ事は無いにしろ

台風19号の進路上にある愛知県がまず危ない事なども踏まえた上で

今回はベホリと話し合った結果、中止する事に決まりました。


台風停電対策

前回の台風15号を教訓に停電対策を考えていたのですが

台風19号停電対策こんなに早く対策をして置かなければ

ならない日が来るとは思っていませんでしたが

発電機からの電力を自宅のブレーカーに

入れる準備をしました。

これで家が倒壊でもしない限り、自宅で過ごす事が出来ます。

このブレーカーの準備をしていたら、まっちゃ〜んがご来店。

色々と考えさせてもらう貴重なお話をしてもらいました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年09月27日

早仕舞いのお知らせ3

【早仕舞いのお知らせ】
明日9月28日(土曜日)はイベント準備の為
早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


大阪K号新規登録とハンドル交換

消費税増税前なので、陸運事務局がてんやわんやの大騒ぎでしたが

大阪K号新規登録完了大阪K号の新規登録が完了して

ナンバーを無事取得してきました。

ブレーキマスターカップが別体式だったので

高さが4cm高かったのですが

無事に類別区分、型式指定番号を落とす事も無く登録が出来ました。

テールライトニュニットの配線が逆で

ナンバー灯とブレーキランプが逆だったりと

最後まで罠がありましたが、これぐらいの罠は

大阪K号最終仕上げハンドル交換 (1)大した問題ではありません。

新規登録も終わったので

ハンドルをF1に変更する作業に

取掛かります。

大阪K号最終仕上げハンドル交換 (2)類別区分番号が0020なのでF2ですが

やはりF1ハンドルの方が良いらしいので

書類を初心なまま残す為に

車検の度ハンドルを交換する事になります。

大阪K号最終仕上げハンドル交換 (3)はい!F1ハンドルに交換が完了。

ハンドルスイッチの配線を接続して

クラッチワイヤー、アクセルワイヤーを

接続して行きます。

大阪K号最終仕上げハンドル交換 (4)クラッチスイッチも新品を取付け。

アクセルのリターンスプリングを

マジックスプリングに交換したのですが

アクセルの戻りがかなり悪くなりました。

大阪K号最終仕上げハンドル交換 (5)取合えず交換が完了しました。

試運転に行きたいのですが

天候が怪しいので様子をみて

嫁が店番にやって来たので

大阪K号試運転190927大急ぎで試運転へ行ってきました。

何か久し振りに激しく良いエンジンで

調子も頗る良くて、キャブの調子も良い!

このエンジンはかなり良い出来で

走っていても一切のメカノイズが無かった。


ベホリRエンジン仕上げからの火入れ

ベホリRのシリンダーヘッドの増し締めを済ませたので

ベホリRエンジン仕上げ (1)ヘッドカバーを搭載するので

その準備を進めます。

サクサクッとヘッドカバーを搭載して

タペット調整も終わり

ベホリRエンジン仕上げ (2)ブリーザーカバーを取付けて

FCRもセット完了です。

これで後はマフラーを付けるのですが

よくよくマフラーを見ると

ベホリRエンジン仕上げ (3)集合部分の溶接にクラックが入ってました。

でも、排気漏れは今の所無さそうなので

1号機で関東合同ツーリングに

行った時みたいになる前に修理した方が良いかも。

ベホリRエンジン仕上げ (4)マフラーを取付けて何時もの

実圧縮圧力の測定です。

ピストンリングが元気になったのと

ヘッドの平面研磨の分で少し圧縮が上がったな。

ベホリRエンジン仕上げ (5)これで一先ず完成しました。

まぁ後は少しエンジンを回してから

オイル交換をして

シェイクダウンをして下さい。



セル3回ほどで息を吹き返しました。


京都K様398ブラスト四日目

昨日は途中で心が折れたので、今日は少し気合と

京都K様398アッパーケース塗装剥離ブラスト仕上げ (1)やる気スイッチをONにして

ブラスト作業に取掛かります。

で、心を鬼にして程度の良い

アッパーケースの塗装を剥離しました。

京都K様398アッパーケース塗装剥離ブラスト仕上げ (2)剥離した下地の腐食も少なく

やはり状態は良かった。

勿体無いけどリペイントをすると言う事で

塗装を剥がす事になりました。

京都K様398アッパーケース塗装剥離ブラスト仕上げ (3)リペイントをするので

ブラストの仕上げもワンランク下げてます。

で、何時ものリタップ掃除エアブロー

これでアッパーケースのブラストは終了。

京都K様398アッパーケースリコイル (1)リタップをしていると一箇所ねじ山上がり

カムチェーンテンショナーアームの

取付けボルトのねじ山が上がっていたので

塗装に出す前に修正をしてしまう事にしました。

京都K様398アッパーケースリコイル (2)ここはパイロットタップを使って

ねじ山を修正する事にしました。

奥までは入らないのである程度

タップが立ったら、普通のリコイル用タップを使い

京都K様398アッパーケースリコイル (3)リコイル用のねじ山を作って

リコイルを挿入して

修正が完了しました。

と言う事で今日はここまでだな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年09月14日

ボチボチとイベントの準備を始めます3

10月のイベントに向けてボチボチと準備を進めており
消火器も沢山準備が出来ているので
今度は消防署のお世話にならずにちゃんと鎮火出来ると思います。
未だに4月の火傷治療のため通院をしているのですが
2019年イベントの準備後2c屬阿蕕い硫仆が残っています。
ここが一番火傷が深かった場所だと思います。
今月は連休も多いので
通院も間が開いてしまいますし
この調子の治癒具合だと
10月も通院になりそう。
その10月は今の所31日中6日間が定休日。
まぁ中で仕事はしてますが…。
7日間がイベントや病院などで臨時休業になりますので
合計13日間仕事をする暇が無いかも知れない。
なので、今月は結構忙しくいておかないと。
でもまぁ年間通して、風邪やインフルなどで休んでないので
意外と健康な病人&怪我人な身体に感謝です。


大阪K号仕上げ社業三日目

昨日はエンジンの仕上げ作業をほぼ終わらせて

大阪K号仕上げ作業三日目 (1)今日からフレーム側、電装品関係の

仕上げ作業に取掛かります。

まずドライブチェーンの調整をやって

次にフロント周りの仕上げ作業に

大阪K号仕上げ作業三日目 (2)ヘッドライトステーを取付けて

ヘッドライトカバーに配線を入れてセット。

配線の接続は後からにして

ヨシムラのテンプメーター電源と

大阪K号仕上げ作業三日目 (3)USB電源を引っ張ります。

このキジマのUSB電源は中々の優れ物で

負荷が掛かっている時だけ電圧が掛かるので

バッ直配線でOKなんですよね。

大阪K号仕上げ作業三日目 (4)で、次にETCの取付けに掛かります。

まずはインジケーターは

安定の場所に取付けました。

ハンドル周りに取付けると色々と面倒なので

大阪K号仕上げ作業三日目 (5)アンテナはウインカーステーに

取付けるのですが

今回はヘッドライトステーに

共締めでステーを作って取付けました。

大阪K号仕上げ作業三日目 (6)取合えずヘッドライト周りは

これで完了しました。

車検を受けてからまた開けて

配線をやり直します。

大阪K号仕上げ作業三日目 (7)取合えずETCも配線は完了です。

後は本体をT号の様に

ツールボックスを加工して

納めるだけです。

大阪K号仕上げ作業三日目 (8)次にウオタニのコイルを取付けるので

配線を長さに合わせてカットしたり

電源用の延長線を作って

コイルに接続するのと

大阪K号仕上げ作業三日目 (9)コントロールユニットの配線の

ギボシを圧着して接続すれば

ウオタニの配線も完了となります。

で、サクサクッとコネクターの配線を

大阪K号仕上げ作業三日目 (10)製作して接続が完了したので

ウオタニの配線も取合えず

これで完了しました。

後は配線の取回しと整線をすればOKです。

大阪K号仕上げ作業三日目 (11)次にホーンの取付けなんですが

純正ホーンじゃ無かったので

取付けステーがありませんでした。

なので向きが変わるので

大阪K号仕上げ作業三日目 (12)タコメーターケーブルクランプを

取付ける事が出来ませんので

このクランプは使えません。

取合えずホーンを取付けて

大阪K号仕上げ作業三日目 (13)配線を接続して車検を受けれるような

形にはなりました。

後はステアリングダンパーを取付けて

キャブレター、外装を取付ければ

ほぼ出来上がりになり、クラッチスプリングの入荷待ちとなりますが

フロントタイヤホイール、スピードメーターの不具合が

どんな罠なのか気になる所です。

取合えず今日はここまでかな。


銀ちゃん号オイルポンプ「極み」に交換

1号機から取外したハイパワー強化オイルポンプに交換する予定でしたが

銀ちゃん号オイルポンプ極みに交換 (1)交換を1週間伸ばしたので

タイミング良く「極み」が

出来上がってきてしまったので

ハイパワーを止めて、「極み」に変更となり

銀ちゃん号オイルポンプ極みに交換 (3)新型強化オイルポンプから飛び級で

「極み」に交換となりました。

交換作業はセルフです。

ミッション用はそのまま移植です。

銀ちゃん号オイルポンプ極みに交換 (4)圧力スイッチも移植して

Oリングは勿論新品に交換です。

銀ちゃんの新型強化オイルポンプは

実質走行距離は500キロぐらいしか使ってません。

銀ちゃん号オイルポンプ極みに交換 (6)で、この「極み」もテストしてもらうのですが

効果効能の評価結果は

何時レポートが上がって来るのか気になるので

取合えず交換したついでに一っ走り

銀ちゃん号オイルポンプ極みに交換 (7)走りに出掛けてもらいました。

で、その結果は!何時もより油温の上昇具合は遅く

中々100度まで上がらなかった。

渋滞では120度まで上がらなかったとの事で

66%増量「極み」の実力を実感出来たとの事でした。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年09月05日

ツーリングシーズンに備えて3

天候は不安定ですが、イベントや
残り少ないONシーズンに向けて
新たに周辺機器の購入や修理、仕様変更などを
色々と妄想している最中です。
ホンダ純正ナビも購入したのですが
インカムが故障したので修理に出したりとか
火傷の治療とボディメンテナンスに加えて
リハビリも始める事にしました。


頚椎ブロック注射

前回のブロック注射の副作用で、少しブロック注射を控えていたのですが

190904頚椎ブロック注射もうどうにもこうにも痛みが激しいので

頚椎部分だけブロック注射を再開。

今までの痛みが嘘のように楽になりました。

主治医からはリハビリを進められたので

痛みと時間がある時にボチボチ行く事にします。


1号機速度センサー

注文していたオムロンの近接センサーが入荷して来たので

オムロン近接センサー入荷早速センサーの仕様を見ようと

説明書らしき物をみたけど

何処にも図解も日本語も書いてないので

結局オムロンのHPを閲覧する事に…。

オムロン近接センサー仮配線これを見るとこのセンサーは

僕の思っていた物とは用途が違う事が

分かったけど、一応作動するかもと

取付けてテストをする事にした。

で、テスト結果は30キロまでは作動しなくて40キロぐらいで動き出すけど

速度が全然合ってないので使い物にならない。

デイトナ近接センサー入荷 (1)次に入荷してきてきたのは

デイトナの近接センサー、3線なので

電源入力とパルス出力とGNDの配線が

必要になってくるタイプです。

デイトナ近接センサー仮配線 (1)取合えず配線と本体を仮付けして

設定走行をしてみたけど

速度が6倍位になるので

ディスクを止めているボルトを1本だけ

デイトナ近接センサー仮配線 (2)検出用に変えてみてもう一度テストしようと

思って居た所へ、ゲリラ豪雨が…。

路面が乾くまでテストは休止。

そう言えばハイエースのオイル交換に

弟が来るはずだったけど案の定来なかった。

で、昨日雨上がりにひたすらスピードメーターの設定をしていたら

近所の中学校から変質者扱いされました…。

校長先生と話をすると何でも3.4日程前に

バイクに乗った30〜40代の変質者がいたらしい。

1号機電気式スピードメーター近接スイッチ取付け本当にええ迷惑だわ!

そんな事よりもスピードメーターの設定が

全然出来ないので、タイヤの外周と円周率と

パルスのカウント数を計算して

1号機の現在のコックピット190905何とかスピードメーターの設定が出来たので

コックピットを復旧しました。

1号機の現在のコックピットです。

相変わらず色々な物が付いてます…。

タコメーターもスタックに変更したいんだけど

油圧計を別で付けないとダメなので、アクティブのタコメーターを使ってます。

【覚書】
走行距離2キロ パルスカウント数1080回 タイヤ外周1840mm
メーター設定数値540(計算値552)誤差?


名古屋tanji号リアタイヤ入荷

天候次第ですが今週土曜日にメンテナンスで入庫予定の

名古屋tanji号用リアタイヤ入荷190904tanji号用リアタイヤが

入荷してきましたので

天気さえ問題なければPITを開けてますので

予定通りご来店下さい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年09月03日

スタック速度センサーの迷宮3

先週末、息子夫婦はグァムへ
遅めの新婚旅行へ行きました。
天気にも恵まれているらしく
休暇を満喫している様子をSNSで送ってくれます。
帰国する時の台風が心配です。


スタック速度センサー

1号機に取付けた電機式スピードメーター用速度センサーが在庫切れなので

1号機マグネット式速度センサーテスト (2)代用品を色々と試しているのですが

マグネット式センサーを3種類使い

パルスの取り方を変えたりして

色々と試したのですが全然ダメだったので

デイトナの近接センサーとオムロンの近接センサーを発注しました。

スタック電気式スピードメーター説明書で、もう一度説明書を見直して

配線をとセンサーの理解を

深めてみたけど、最初に理解した通り

2芯線のセンサーを接続するだけで

コンピューターなど経由しなくても使える。

これでダメならスタックの近接センサーST668を探さないとダメだな…。


大阪T号カスタム作業三日目

今日オーナーが替わりのセパハンをご持参して頂いたので

大阪T号ハンドル再変更作業 (1)早速、再仕様変更をしてしまいます。

今度はCBX用だったかな?のセパハン

以前ブラスト処理をしたのですが

錆びて来ているので、再ブラスト処理をして

大阪T号ハンドル再変更作業 (2)今度は塗装をする事にしました。

塗装は速乾の黒染め塗装をチョイス。

まぁ錆び止め代わりですが

見た目も良くなると思います。

大阪T号ハンドル再変更作業 (3)ハンドルの塗装が完成するまでの間に

前回取付けたセパハンを取外しました。

今度はイメージ通りになると思います。

ワンオフのカスタムは

トライ&エラーの繰り返しから、思い描いたイメージに仕上がるのですが

大阪T号ハンドル再変更作業 (4)それだけの手間隙が掛かってしまいます。

SS材で出来たハンドルバーだけを

錆び止め代わりに塗ったのですが

アルミクランプ部分も塗れば良かったかなぁ…。

大阪T号ハンドル再変更作業 (5)取合えず塗装を焼いて強度を上げて

取付け作業に取掛かり、取付けが完了。

スタイルもポジションも

僕はこっちの方が良いと思います。


大阪K号タイヤ下拵え

少しの部品が無いので、中々先へ進めない大阪K号ですが

大阪K号前後タイヤ交換 (1)タイヤとドライブチェーンが

入荷してきたので、早速タイヤ交換に

取掛かろうと思います。

ドライブチェーンはエンジン搭載後です。

大阪K号前後タイヤ交換 (2)カチカチに硬化したタイヤを取外します。

メーターギアーボックッスの

リテーナーカバーが付いてませんね。

ホコリが入りやすいのであった方が良いです。

大阪K号前後タイヤ交換 (3)で、前後タイヤの交換が完了しました。

本当ならこれでローリングからの

エンジンどーん!なのですが

それはまた部品が入荷してからになります。

今日の大阪K号の作業はこれにて終了。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年08月31日

本日は早仕舞い3

【本日は早仕舞い】
本日は予定通り14時にて早仕舞いとさせて頂きます。
明日は通常通りの営業となりますので
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


大阪K号フレーム組立て三日目

ローリング出来る様になるには、部品が足りないのでまだ掛かりそうです。

大阪K号電装品取付け (1)なので今日は電装関係の取付けを済ませます。

まずはエアークリーナーボックスに

各電装パーツの組込みから

ウオタニと、ETCもあるので収納場所を

大阪K号電装品取付け (2)何処にどうやって確保しようかと

かなり悩んでいます。

車検証がF2なので車検用に

取合えずF2ハンドルを取付けました。

大阪K号電装品取付け (3)ヨシムラのマルチテンプメーターも

取付けて、設定も完了です。

後は配線を仕上げるだけですが

USB電源の取付けもあるので後で纏めてやります。

大阪K号電装品取付け (4)次にメインハーネスを這わせ

リアー周りとエアクリBOXの

配線までは終わらせました。

ウオタニは別の作戦で設置予定で

大阪K号電装品取付け (5)ETCはやっぱりサイドカバー収納が

一番スマートかなぁ…と思ってます。

ETC本体の取付けステーを

製作して取付ける予定です。

大阪K号電装品取付け (6)明日からの作業で、PITの作業スペースを

空けないといけないので

台車に乗せて移動が出来る様にしました。

部品が揃い次第作業再開です。


本日のご来店

本当は明日入庫の予定だったのですが

190831本日のご来店まだ雨が降っていなかったので

急遽本日入庫となった大阪T号。

明日から作業に取掛かります。

で、雨がポツポツとタイミング良く

降ってきたので、本日の社業はここまでで終了。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0)

2019年08月30日

明日は早仕舞い3

【明日の営業時間について】
明日8月31日(土曜日)は所用に付き
14時までの営業ととなり
早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


1号機用スタックスピードメーター

1号機のスピードメーターをどうしようかとずっと考えていて

1号機用スタック電気式スピードメーター (1)スタックの電気式スピードメーター

ST3802を購入してみました。

車用なので防水防塵ではないので

一応防水、防塵処理をしてみました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (2)このST3802は配線やセンサーも

付属していないので

早速配線を作ってみました。

センサーは汎用品ですが多分使えると思います。

1号機用スタック電気式スピードメーター (3)取合えずバッテリーに配線を接続して

作動確認をしてみます。

説明書が英国本土の説明書なので

大体のイメージで配線をしました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (4)で、電源を入れるとオープニングが始動。

無事に作動したので大丈夫です。

設定は走らないとダメらしいので

取付けてからになります。

1号機用スタック電気式スピードメーター (5)バックライトも点灯確認。

これもOKでした。

ライトONでバックライトが点灯する様に

配線を分けて作りました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (6)センサーの作動確認もOKで

取合えず時速260キロまで出して

2キロ走行となりましたが

ちゃんと設定が出来ていないからですw

バイクによく使われているST700だとタコメーターがメインになるので

1号機用スタック電気式スピードメーター (7)今回は試しにST3802にしてみたのですが

取付けに関しては問題は無さそうです。

後は耐久性と防水、防塵が気になりまが

ビキニカウルもあるので

取合えずこれを使ってみます。

近日中に取付け&設定予定です。


大阪K号フレーム組立て二日目

大体の下拵えが済んでいる大阪K号の

大阪K号フレーム組立て (1)本格的なフレーム組立て作業に

今日から取掛かります。

以前から欠品だった部品の在庫が

何処かにあったはずだと思い

大阪K号フレーム組立て (2)中々出て来なかったのですが

まさかそんな所に片付けてあったのか!

と言うような場所から出てきたので

今日から組立て作業の再開です。

大阪K号フレーム組立て (3)これも1号機のスピードメーターの

配線を探さなければ見つからなかったw

これでメインスタンドとサイドスタンドを

取付けれるようになりました。

大阪K号フレーム組立て (4)次にステムベアリングをセットして

ステムを取付けます。

締め付けはバネ計りで測定して

基準値で締め付けます。

大阪K号フレーム組立て (5)トップブリッジをセットして

フロントフォークを組込みます。

ステム部分のフォークを締め付ける

ボルトが入って無かったので、又後日です。

大阪K号フレーム組立て (7)フロントフェンダーを取付けるのですが

ボルト関係は探し出したけど

ブレスのセッティングピースが

見つからないのでフロントはここまで。

大阪K号フレーム組立て (8)スイングアームのピポットボルトを

再メッキ品と交換して取付けて

リアサスもセットが完了です。

後でタンデムバーを入れるのでここまで。

大阪K号フレーム組立て (10)エアークリーナーボックスの

ダクトを取付けるインレットバンドが

探しても見つからないので

これもここまでで終了。

大阪K号フレーム組立て (11)仕方が無いのでリアフェンダーと

ウインカーとタンデムバーを取付け。

テールライトの配線を少し手直し

ロングタイプのリアフェンダーでした。

テールライトブラケットのゴムが潰れているけどカラー入っているのかなぁ?

大阪K号フレーム組立て (12)チェーンカバーも取付け。

プラグゴムが無かったので

ここは在庫から出して取付けます。

ドライブチェーンは交換した方が良さそうなので

大阪K号フレーム組立て (13)取付けはしませんでした。

後はタイヤなどを発注して交換して

ローリング出来るようにして

不足部品をチェックしてからエンジン搭載だな。

組立てよりも部品を探す方が時間が掛かったかも…。

大阪K号フレーム組立て (14)で、不足部品のチェックをしていると

フレーム関係の未メッキ部品が入っている

袋の中にインレットバンドを発見!

再メッキ品と交換してダクトを取付け。

大阪K号フレーム組立て (15)こんな感じなので、オーナーが分解した

車両の持込みは、探す手間が余計に掛かるので

無いなら初めから無い方が良い。

車両の分解は半日も掛からないので

僕自身でやった方が、部品管理も自分流で出来るので分かりやすいんです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年08月02日

夏季休暇について3

【夏季休暇の予定】
夏季休暇の予定について下記の通りご連絡致します。
定休日の8月11日(第二日曜日)〜
同じく定休日の8月14日(水曜日)までを予定しています。
8月12日と13日は嫁が同窓会なので
自宅でレオとちゃPのお世話を命ぜられています。
今の所の予定としてはこんな感じで考えております。


大阪T号メンテナンス二日目

FCRが思っていた以上に状態が悪いので部品代の見積りをしています。

そんな今朝もガソリンが腐った臭いが漂う店内で

大阪T号FCRインナーパーツ洗浄 (1)ワコーズの泡状エンジンコンディショナーで

FCRのインナーパーツを洗浄。

物の5分程度で汚れは取れましたが

腐食があるので、これこのままを組んでも

大阪T号FCRインナーパーツ洗浄 (2)完調になるとは断言は出来ませんし

今まではフロートバルブが固着していたので

ガソリンが供給されないし

MJやSJが詰まっていたので

ガソリンを吸い出す事も無かったと言う事で

ガソリンの通路も詰まっているのだと思うので

仮にガソリンが流れ出す事によって、ジョイントパイプからガソリンが

漏れる可能性もあるので、推奨するのは全バラO/H若しくは新品購入の二択です。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (1)次にヨシムラマルチテンプメーター取付け。

オイルパスキャップを加工して

配線にギボシを打ちます。

入っているカニで割込み配線なんてしません。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (2)メーターステーをハンドルクランプに

取付けるのですが、ハンドルクランプは

お決まりの上下が逆に取付けられてました。

これで後は配線を繋いで整線します。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (3)純正のオイルパスキャップは肉厚が無いので

タップを立てる事が困難なので

CPではBRCのリプロ品に

タップを立ててセンサーを取付けます。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (4)で交換完了です。

オイルクーラーの出口の油温なので

走行中のMAX油温は+10度〜25度を目安に。

信号待ちだと今の時期、表示されている油温が

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (5)MAXだと思った方が良いでしょう。

キーをONにしてもバッテリーが

死んでいるので、電圧が表示されません。

取合えず油温計の取付けは完了です。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (1)次にハイパワーフル強化オイルポンプを

取付けるので、不動車になっている事から

オイルが古いと思うのでオイルを抜きます。

一見綺麗なオイルですが少し乳化気味でした。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (2)暫く放置してオイルを抜ききったのですが

妙に抜けたオイルの量が多いと思ったら

ガソリン臭かったのでFCRから

オーバーフローしたガソリンが

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (3)クランクケースに落ちたんだろうと思います。

作業をしていると色々な所に間違いを

見つけるのですが、ヘタに触ると

大惨事になりかねないので

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (4)ボルトの入れ間違いなどの修正も

依頼があるまで触りません。

取合えずノーマルオイルポンプを

取外しました。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (5)圧力スイッチを取外して

ハイパワーフル強化オイルポンプに

セットして、Oリングも新品に交換。

取付け準備が整いました。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (6)で、ハイパワーフル強化オイルポンプの

取付が完了しました。

これで今回依頼分の三つの作業中

二つが完了したのですが

FCRやバッテリーに関してはオーナーと相談した結果

新品を購入する事になりました。


大阪K号シリンダーヘッドフィン修正

シリンダーヘッドフィンが割れていた大阪K号の

大阪K号シリンダーヘッドフィン修正完了 (1)フィン再生が終わり戻って来ました。

最後の仕上げをしてから

ウエットブラストで仕上げました。

EXスタッドボルトの折れも修正も完了してます。

大阪K号シリンダーヘッドフィン修正完了 (2)修正箇所は多少のヤスリ傷は

残りますが、多分言われないと

分からないレベルになってます。

これでリタップ掃除とバルブガイドを入れて

大阪K号シリンダーヘッドフィン修正完了 (3)仕上げてから内燃機屋さんへ送ります。

スタッドの座面も4箇所ぐらい

荒れているので、修正をします。

お盆前なので、内燃機屋さんも混雑しているので

大阪K号シリンダーヘッド内燃機屋送り (1)大急ぎでシリンダーヘッドを

仕上げて内燃機屋さんへ送ります。

バルブガイドのOリングを交換して

バルブガイドを入れました。

大阪K号シリンダーヘッド内燃機屋送り (2)で、シリンダーヘッドの歪み測定。

歪みは規定値内なので

平面研磨は無しで大丈夫です。

スタッド座面の座グリは赤丸の4箇所を修正。

大阪K号シリンダーヘッド内燃機屋送り (3)これで今日内燃機屋さんへ

後発になりますがシリンダーヘッドを送ります。

先発したシリンダーとピストン

クランクシャフトなどは多分お盆前には

仕上がって来ると思います。

塗装に出したフレームもまだ仕上がって来ていません。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年07月16日

仮想セッティングと試運転3

明日の天気が回復傾向になってきたので
1号機の慣らしもやりたいし
千葉H号の慣らしもしないといけないし…。
久々にフォアで走ろうと思うので
時間を有効に使いたいと思ってます。


千葉H号セッティング&試運転 

昨日無事に火入れが完了した千葉H号の試運転前の

千葉H号仮想セッティングと試運転 (1)仮想セッティングをします。

ウオタニSP兇離譽屬12,000でセットして

進角を合わせるのですが

まだ慣らしも終わってないので

過去のデーターに合わせてセットしておきます。

千葉H号仮想セッティングと試運転 (2)次に低中速で少しもたつくので

JNのクリップ位置を変更します。

画像は出荷時のクリップ位置ですが

以前よりJNが一段下げられてますね。

千葉H号試運転 (1)取合えずこれで試運転をしてみました。

セッティングはまずまずだったのですが

走っていて気になったのは軽い順から言えば

速度警告灯が30キロで点灯するw

これは多分メーター側のセンサーがズレているんだと思います。

千葉H号試運転 (2)クラッチスイッチが配線されてないので

エンジンストールすると面倒な事と

タコメーターが6,000rpmで踊りだす事。

これはメータークッションゴムが劣化して

メーターがリジット状態になっている事が主な原因だと思う。

で、2.3キロ走るとガス欠状態になる事。

千葉H号試運転 (3)これはガソリンキャップが詰まっていて

タンクが真空になりキャブにガソリンが

供給されない事が原因だった。

なので、走り出しの後半はエンストするし

ガソリンが薄くなるのでヤバイです。

とまぁ15キロほど走って雨がポツポツと来たので大急ぎで帰ってきました。


大阪K号フロントフォークO/H分解

エンジンの方は大体下拵えが終わったので

大阪K号フロントフォークOH分解 (1)お預かりしていたフロントフォークを

O/Hする為に分解しました。

心配なのはインナーチューブの点錆びです。

サクサクッと分解完了。

大阪K号フロントフォークOH分解 (2)オイルシールは左右で純正と

リプロ品が入り交ざって使われているので

きっとオイル漏れした片側だけ

O/Hをしたのでしょう。

大阪K号フロントフォークOH分解 (3)インナーチューブを洗浄していて

少し違和感があったので

念のため曲がりをチェック

ここから右側だけ180度回転させると

大阪K号フロントフォークOH分解 (4)ありゃまぁ…ステム付近から

キュッと曲がってました。

使えない事も無いけど…点錆びもあるからなぁ

どうしようか…で作業ストップです。

大阪K号キャブ分解フロートチャンバー取外し (1)で、次に持ち込まれたキャブに取掛かります。

リターンスプリングを交換する程度の

作業かと思っていたのですが

念の為フロートチャンバーを開けてみると

大阪K号キャブ分解フロートチャンバー取外し (2)クッサー!ガソリンの腐食した臭いが…。

フロートも固着しているし

フロートチャンバーのOリングも

カッチカチに硬化してるし…。

大阪K号キャブ分解フロートチャンバー取外し (3)こりゃぁ思ってたよりも重症だなぁ。

キャブもO/Hが必要だったけど

何処までやれば良いのか

打ち合わせをしたんだったっけ?

大阪K号キャブ分解フロートチャンバー取外し (4)取合えずキャブも今日はここまでで終了。

エンジン組立て室はガソリンの

腐った臭いが充満してますが

それでも慣れれば平気でご飯が食べれますw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年07月07日

1号機火入れ3

昨晩CPから直線距離で約6キロの所で
爆発事故が発生したらしく、結構な規模で振動が
あったらしいけど、家に帰って嫁に言われるまで
全然知らなかったわ。
そして今朝、朝早くに例の姪から電話が鳴った…。
そしてまたバイクが動かなくなったと言う…。
いや…あの…まだ寝てるから…。
脳みそも寝てるから…。
で、散々ブチ切れられて電車で帰ったらしい。
また弟と打合せして引取りに行こうと思う…。


1号機火災からの復活への道その28

電装系に配線不良があり、デジタルメーターに電源が入らない。

プラグに火が飛ばないなどの不具合があったので残業で調査。

1号機電装系配線不良調査 (1)で、まず1点目デジタルメーターに

電源が入らない原因は、色々調べた結果

ヒューズが飛んでいた事が判明した。

見つけた時は「クッソー!」って感じです。

1号機電装系配線不良調査 (2)でデジタルメーターは起動したので

全ての設定をしたけど

やっぱりプラグに火が飛ばないので

ウオタニを調べると、アース不良が原因だった。

それでもコイルに電圧が掛からないので、ひょっとするとと思い

メインハーネスとハンドルスイッチを調べると案の定

コイルに繋がる配線に電圧が掛かって無かったので電源を引いて



無事に1号機のエンジンに火が入りました。

完全復活まで後少しです。


大阪K号フレーム修正完了

ハンドルストッパーやタンデムステップ取付けサブフレームに

ダメージがあった大阪K号のフレーム修理が終わり戻ってきました。

大阪K号398フレーム修理完了 (1)まずハンドルストッパー部の変形と

ハンドルストッパー交換修理。

あんなに変形していたのですが

こんなに綺麗に修正が出来ました。

大阪K号398フレーム修理完了 (2)次に398フレームのサブフレームに

付いていいるタンデムステップ取付け用

ブラケットの変形も、左右共綺麗に

修正が出来上がってます。

大阪K号398フレーム修理完了 (3)後、僕は気が付かなかったのですが

サイドスタンド部の曲がり修正。

治具に乗せればこう言う所の

不整も分かるんですねぇ。

大阪K号398フレーム修理完了 (4)で、ヘルメットホルダーも

取れ掛けていたらしく

ここも一旦取外して再溶接で修正。

これで黒物は全て塗装に出す事が出来ます。


千葉H号エンジン搭載

1号機がほぼ完成し、スペースが空いたので3月末に入庫してから

やっと今日エンジンがフレームに搭載出来ます。

千葉H号エンジン搭載 (1)その前にフレームの塗装が

所々剥がれているのでタッチアップ

よくよく見たら、結構な感じで剥がれていたので

錆びてる所はペーパーを当ててからタッチアップ。

千葉H号エンジン搭載 (2)エンジンを組立て室から運んで

フレームの養生をしてから

搭載しようと思っていたら

オイルクーラーのサンドイッチブロックが

千葉H号エンジン搭載 (3)ドロドロに汚れていたので

先にこれを綺麗に掃除してから

フレームの養生をして

エンジンを搭載する事に。

千葉H号エンジン搭載 (4)で、サンドイッチブロックは

油汚れが落ちて綺麗になりました。

タッチアップも乾いてきたので

フレームを養生してからエンジン搭載です。

千葉H号エンジン搭載 (5)で、

どーん!千葉H号フレームに

エンジン搭載完了!預かってから4ヶ月

作業に取掛かってから1ヶ月です…。

千葉H号エンジン仕上げ一日目 (1)エンジンハンガー、マウントボルトを

入れて締め付けます。

オイルポンプが出来上がってないので

L側の仕上げは少し後になります。

千葉H号エンジン仕上げ一日目 (2)ACGのサブハーネスがカッチカチに

硬化しているのと

途中で繋いであったりしているので

この際ついでに交換しておきます。

千葉H号エンジン仕上げ一日目 (3)取合えずL側の作業はここまで。

後はオイルポンプが出来上がってから

仕上げる事になります。

オイルパンもその時だな。

千葉H号エンジン仕上げ一日目 (4)R側クラッチカバーのオイルシールや

Oリングとリフターのベアリングを交換。

クラッチレリーズのリターンスプリングが

伸びているので交換します。

千葉H号エンジン仕上げ一日目 (5)で、クラッチカバーを取付けて

R側も作業はここまでで終了。

仕上がりはハイパワーオイルポンプが

出来上がり次第になります。

今日はここまで終了。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年06月27日

何でも鑑定団3

先日TVを見ていたらZ50M型モンキー
俗に言うリジットモンキー、M型モンキーの
側車付きが鑑定に出ていた。
製造から50年経ちフルレストアしたM型モンキーの鑑定額が130万だった。
まぁ今の価格とフルレストアし側車付きなら妥当だと思った。
フォアも後5年で製造から50年経つので
鑑定団に出せるようになるのかなぁ?


1号機火災からの復活への道その21

定休日の昨日は病院からの帰りに店に寄り 

1号機配線地獄二日目 (1)1号機の配線地獄の処理をしてました。

調べたはずのハンドルスイッチの配線を

すっかり忘れてしまったので

また調べ直さないと…。

1号機配線地獄二日目 (2)メーター関係は全てデジタル化したので

配線の量が異常に多いのですが

フロント部分の配線は頭の中に

配線図があるのでここは問題ない。

1号機スイングアーム取付け (1)スイングアームもチェーンスライダーの

型紙を作った事だし、もう邪魔なので

ローリング出来るように

リア周りを仕上げてしまいます。

1号機スイングアーム取付け (2)拘りのドライブチェーンアジャスター

当時物の状態が良い物を

再メッキしました。

何処が現行の物と違うのかと言うと

1号機スイングアーム取付け (3)横線が沢山入っている物が

現行の物になります。

まぁ…下手物車両なのに

そこは拘るのか?と言われると…w

1号機リアホイール取付け (1)取合えずローリング出来る様に

リアホイールを取付けました。

後はウオタニを取付ける予定なので

配線がまだ増えたりしますw


BOTTEGA GODLと対戦

昨晩はC350クラス初優勝記念で頂いたBOTTSGA GOLDと対戦開始。

BOTTEGA GOLDと対戦 (1)シャンペンファイト用ではなく

本物のシャンペンなので呑みます。

嫁も軽くコップ一杯の味見で

サクサクッと呑んで

BOTTEGA GOLDと対戦 (2)サクッと退治しました。

感慨深い思いが駆け巡りました。

空き瓶は洗浄して部屋に飾ります。

ご馳走様でした。


千葉H号エンジン内燃機送り

アッパーケースは塗装を剥がしてウエットブラスト仕上げになりました。

千葉H号クランクストローク測定 (1)取合えず気になるクランクを測定。

結果はやっぱり408クランクに

間違いありませんでした。

なので、ヨシムラピストンを組むと

千葉H号クランクストローク測定 (2)466ccになります。

見積もりに入れ忘れましたが

クランクはダイナミックバランス。

ピストンも入荷してきたので

一式内燃機屋さんへ送りましたがG20の影響で到着は来月になります。


キャブレターシャフト再メッキ仕上がり

沖縄A様の分と、その他のご依頼とCPの在庫分の

キャブレターシャフト再メッキキャブレターシャフトの再メッキが

仕上がって戻って来ました。

特殊な方法のメッキなので

普通にメッキをしてしまうと

太ってしまい、ブッシュとのクリアランスが無くなり

沖縄A様用キャブレター用部品再メッキ仕上がり入らなくなってしまいます。

A様用キャブレターの部品もタイミング良く

再メッキから戻って来たので

早速組立てに入ろうと思います。

沖縄A様キャブレターリビルド (1)まずはボディの洗浄から。

アルカリ性粉末タイプの

パーツクリーナーを入れて

お湯を入れて洗浄します。

沖縄A様キャブレターリビルド (2)余り付け過ぎると、純正キャブ独特の

色が落ちてしまいますし

このキャブのボディは中々良い物なので

表面の汚れだけを落とす感じで洗浄です。

沖縄A様キャブレターリビルド (3)ボディを暫く漬込んでいる間に

キャブのプレートを組立てるのですが

分解時に入って居なかった

チョークリンク部のワッシャーですが

沖縄A様キャブレターリビルド (4)在庫の予備部品を探したのですが

やはり無いので、仕方なく現状復旧。

新品の割りピンを入れて組上げました。

サイズも特殊なので丁度良い物は売ってないです。

沖縄A様キャブレターリビルド (5)で、プレートの組立てが完了しました。

どうせ全バラで手間はほぼ同じなので

メッキ代を+するだけでこんな感じに

仕上がりますからね。

沖縄A様キャブレターリビルド (6)本体の汚れは割りと少なく

アルカリ洗剤溶液は余り汚れてません。

ボディの艶が消える前に

取出して真水で洗浄して出来上がり。

沖縄A様キャブレターリビルド (7)スロットルバルブリンクアームに

付いているフェルトパッキンですが

入っていたのは2個だけで

どうせなので4個共新品に交換します。

沖縄A様キャブレターリビルド (8)で、#1のキャブボディが完成しました。

サクサクッと#2.3.4のボディも組上げて

キャブボディに再メッキされた部品が

取付いて、綺麗に仕上がりました。

沖縄A様キャブレターリビルド (9)ガソリンラインのOリングに

フッ素グリスを塗って挿入するのですが

耐ガソリン性のフッ素グリスなので

ガソリンで溶けずに残りますから

沖縄A様キャブレターリビルド (10)時々液体ガスケットに間違われます…。

お高いフッ素グリスなので

Oリングに優しくガソリンに溶けないので

Oリングはずっと柔らかいままです。

沖縄A様キャブレターリビルド (12)キャブの臓物関係のOリングなどは交換し

SJとMJは新品に交換しました。

油面も合わせましたが

同調はスロットルバルブの隙間を

沖縄A様キャブレターリビルド (13)合わせただけなので

実機のエンジンで同調調整をして下さい。

トップキャップとフロートチャンバーは

交換するらしいので、保護の為装着。

沖縄A様キャブレターリビルド (14)新品のOリングやパッキンは

使わずに一緒に送ります。

交換した部品と古いOリングや

使わなかった部品も一緒に送ります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年06月14日

残業内職とぎっくり腰3

大阪で開催されるG20サミットで
生活に影響が出るらしく、それに関して
宅配などの運輸関係が大阪府全般で
6月27日〜7月2日までの間受付ならびに配送を
中止するとクロネコヤマトさんから連絡がありました。
詳細は各宅配業者にお問い合わせ下さいとの事。
全くもう、困ったモンです。


1号機火災からの復活への道その16

昨日閉店後に1号機のETCを取付けをする為のステーを製作。

1号機用レギュレーター&ETC取付けステー (1)ついでにレギュレートレクチファイアーも

放熱効果を上げれるようにと思い

アルミ板を加工してエアークリーナBOXに

取付けてみました。

1号機用レギュレーター&ETC取付けステー (2)メンテナンス性も考えて蝶板を取付け

可動式にして更に

取外す事も可能です。

ETCは2.0にバージョンアップ。

1号機用レギュレーター&ETC取付けステー (3)ボルト固定部分はM6ナッターを

取付けてみました。

レギュレートレクチファイアーの配線は

内側から回せるので邪魔にはなりません。

まぁいい感じに出来上がりました。

次作る事があれば、もっと良い物が出来ると思います。


千葉H号エンジンO/H準備

今日は平日なのに午前中にご来店される方が多い一日でした。

千葉H号エンジンOH オイルパン取外し (1)で、午後から千葉H号の作業を開始。

まず抜いたオイルの沈殿物を検証。

特にビックリするような物も無く

ごく普通の金属粉程度でした。

千葉H号エンジンOH オイルパン取外し (2)次にオイルフィルターケースを取外し

フィルターの仕事具合をチェック。

ここもごく普通な量の鉄粉があるだけで

特に問題はありませんでしたが

千葉H号エンジンOH オイルパン取外し (3)オイルクーラーのサンドイッチブロックを

止めているセンターボルトが

全然締まっておらず手で外せました。

オイルパンがオイリーだったのはこれが原因か?

千葉H号エンジンOH オイルパン取外し (4)で、次にオイルパンを取外すのですが

取付けボルトの締め付けトルク不足。

オイルパンのパッキンはしっかりと

生きていたし、オイルが滲んでいた訳でも無く

多分ボルトをメッキに交換した時の締め付け不足だろうと予測。

千葉H号エンジンOH オイルパン取外し (5)オイルパンの中にもスラッジ以外

ビックリするような物は無かったし

ストレーナーもこんな感じの

ゴミの付着量だった。

千葉H号エンジンOH L側分解 (1)今日は天気が悪いのでPITの車両を

外に出せない事もありL側の分解から開始。

定番のオイルシールホルダーが入ってないw

ここのシールからも滲みがある感じです。

千葉H号エンジンOH L側分解 (2)次はオイルポンプを外そうとするも

中々外れないので多分だろうなぁと

思っていたら、やっぱり液体ガスケットを

こってりと塗られていた。

千葉H号エンジンOH L側分解 (3)セルモーターとACGを取外し

L側の部品は取外しが完了。

天気が良ければこのまま即効で

エンジン全バラに出来るのに…。

千葉H号エンジンOH エンジンハンガー取外し (1)仕方が無いので出来る事をと

ステップとエンジンハンガーを取外し。

フロントエンジンハンガーも締まってないし

オイルクーラーのホースをタイラップで

千葉H号エンジンOH エンジンハンガー取外し (2)固定してあるのですが断面が鋭利に尖ってます。

これメカニック泣かせの怪我するやつなので

片歯のニッパで根元からカット!

これで安全に作業が出来ます。

千葉H号エンジンOH R側分解 (1)R側の作業をしようと思い

少しPITのバイクを動かして

クラッチカバーを取外しました。

クラッチカバーも締め付けが緩かったし

パッキンは液体ガスケットだらけでした。

そしてこの後ギックリ腰になって動けなくなってしまった…。


沖縄からのご依頼

ぎっくり腰で動けなくなって居る所へ沖縄から荷物が到着。

沖縄A様からのご依頼 (1)A様からのご依頼でシリンダーを

1.5mmOSへ内燃機加工のご依頼で

シリンダーのブラストに付いては

お伺いして無いのですが

パッキンなどもこびり付いたままの状態です。

また歪み測定もしないといけませんので

その結果で平面研磨が必要になる場合があります。

沖縄A様からのご依頼 (2)キャブレターも部品交換のご依頼。

フロートチャンバーの色には

少しビックリしましたがw

取合えずこのぎっくり腰を

まず何とかしてからの作業になります…申し訳ない。

今日はもう無理なので、早仕舞いして自宅でゆっくりします。

明日の営業はどうなるか分かりません…。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2019年05月09日

今年のFUN&RUN出場辞退3

車両火災時の火傷が思っていたよりも酷く
早くて後2週間ぐらいで痛みが緩和し
そこから皮膚の再生へとなる感じなので
今年のファン&ランに出場しようと思って
申し込みはした物の、この調子では変に下手をすれば
感染症のリスクもありまた練習も全く出来ていない事から
物理的にも6月2日には絶対間に合わないと判断し
残念ですが出場を取りやめる事を決めました。
レースは逃げないし、徹馬もT.O.Tもあるからね!


ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目

作業に取掛かって今日で六日目になりました。

マフラーから排気漏れがあるので、EXガスケットも追加発注。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目フロントフォークOH (1)フロントフォークのO/Hに取掛かります。

キャリパーも引き摺り気味だったので

ピストンのメンテナンスもついでに実施。

触れば触るほど色んな物が付いて無かったり

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目フロントフォークOH (2)壊れたりしているので参りました。

コスワースのスタビライザー取付けボルト

ここはよく緩むのですが、これもまた

4本中3本緩んでいたのでネジロックを塗ります。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス六日目フロントフォークOH (3)フロントフォークを分解して

オイル漏れと錆びを除去し

シールやスライドメタルも新品に交換。

これでフロントフォークのO/Hが完了しました。


23号機左ハンドルスイッチ交換

オーナーが送ってきた安物の社外品から少しだけバージョンUPして

23号機用左ハンドルスイッチ加工二回目 (1)実績のあるハンドルスイッチを購入。

これならポジションもOFF出来ます。

配線を調べてカプラーから

配線を切断して加工をします。

23号機用左ハンドルスイッチ加工二回目 (2)ハンドルスイッチの配線を加工すると

5本ぐらい配線が余るのですが

バックライト用、アース線、ハザード用の

ラインが余るけどハザードスイッチはありません。

メインハーネス側も1本電源ラインが余ります。

23号機用左ハンドルスイッチ加工二回目 (4)今度は左ウインカースイッチも

ちゃんと切り替わるので

ウインカーもちゃんと点灯しました。

これで後は登録をして納車となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年05月08日

営業についてのお知らせ2

【営業についてのお知らせ】
只今諸般の事情により営業を制限しております。
現在入庫中の車両及び、入庫予約を頂いている方
又は継続車検の方のみ作業を承っており
また電話対応もしておりませんので
大変申し訳ないのですが御用の方は
メールにてお問い合わせをお願い致します。
ご迷惑をお掛けして申し訳御座いませんが
PITも大変込み合っており
作業スペースの問題も御座いますので
ご理解の程よろしくお願い致します。


ZEPHYR 750C4五日目

昨日エンジンを仕上げたZEPHYR 750C4の火入れも終わったのですが

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (1)ヘッドライトがチラつくし

バッテリーも上がってしまったので

昨日キャパシターでエンジンを掛けて

バッテリー電圧を測ると

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (2)10V程度しか上がらないので

色々と調べた結果三相交流は正常に発電している

でも直流への変換が出来ていない

原因を切り分ける為に

別のレギュレーターを取付けて電圧を測定すると13V以上発電するので

レギュレーターがパンクしている事が判明した。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (3)なので大急ぎで部品を発注しました。

バッテリーも上がってしまったので

取合えずサルフェーション充電。

中々思う様に仕事がはかどりません。

大阪T号ZEPHYR 750C4メンテナンス五日目充電不良 (4)で、今朝来てバッテリーはフル充電に

なっていたのですが、セルが回るほど

バッテリーにパワーが無かったので

バッテリーを取外してみると

ぷっくりと膨らんでおりご臨終でした。

もうこんなのばっかりで今日もまた部品を発注。

まぁこんな感じで部品がまた足りないので今日はここまで。

沢山の方にご迷惑をお掛けしているので

定休日も出勤で作業を進めております。


1号機火災からの復活への道その3

足の火傷の痛みも少しずつ楽になって来たけど

まだ皮膚が再生していないので、毎日病院通いです。

病院から戻る時に店に寄るのですが、店の中が焦げ臭い…。

1号機エンジンオイル抜取り (1)そんな状況から少しでも早く脱却する為に

1号機を一日でも早く復活させるべく

仕事の合間で少しずつ復旧作業を進めて

エンジンオイルを抜いてます。

1号機オイルキャッチタンクとレデューサー (1)丸焼けだったオイルキャッチタンクも

ウエットブラストで全体の焦げを取除き

エアクリBOXに納まって見えない所だけど

バフ仕上げをしようと思って居ます。

1号機オイルキャッチタンクとレデューサー (2)レデューサーも熱でゴムが浮いているので

マエカワエンジニアリング

修理に出しました。

ゴムの修理は無償なんです。

1号機復活へ向けてR側ステップバフ掛けR側のバックステップも取外して分解し

全部のパーツをバフ仕上げにしてみました。

アルマイトも考えたのですが

今度生まれ変わる1号機は銀ちゃん寄りかな?

1号機復活へ向けてオイルキャッチタンクバフ掛け見えなくなるオイルキャッチタンクも

しっかりとバフ仕上げをしました。

少しずつですが取外せる部品を

取外して復旧へ向けて仕上げてます。

1号機復活へ向けてミッション用オイルポンプバフ掛けミッション用強化オイルポンプも

ついでにアルマイトを剥がして

バフ仕上げにしてみました。

1号機はこれは見えるからねぇ。

1号機復活へ向けてリアフェンダー関係再メッキ送りリアフェンダーなども取外し

溶けてこびり付いた物を剥がし

熱で焼けた部分と消化剤で錆びた部分を

ブラストで綺麗に仕上げました。

これは再メッキに出して再使用します。

燃えた1号機の部品は極力再使用をして復活させるつもりです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年05月03日

ハイエース車検準備3

今日もガーゼ交換に行ってきましたが
昨日結構動いていたのでやっぱり今日も出血大サービス。
出血するとガーゼが貼り付くので
剥がす時が激しく痛い!
今日はなるべく大人しくしておこうと思ったけど
GW明けも何かと忙しいので
動かないと仕方が無い…、


23号機仕上げ

GW明けに登録と納車を予定している23号機の

23号機バッテリー充電 (1)配線を仕上げてしまいます。

まずバッテリーの充電から

バッテリーを接続して

ハンドルスイッチの動作確認をします。

23号機エンジンオイル モチュール300V (1)その間にエンジンオイルを

オイルジョッキに移し変え。

お高いオイルなのでしっかりと

最後まで搾り取ります。

バッテリーの充電も終わったので車体に取付けてターミナルを接続して

23号機配線チェック仕上げ (1)ハンドルスイッチの灯火系作動チェック

左ウインカーはOKでしたが

右ウインカーが点灯しないので

色々と調べたら、結果オーナーから送られてきた

23号機配線チェック仕上げ (2)安物社外品ハンドルスイッチの

不良だと言う事が判明した。

しかもヘッドライトスイッチに

Pが無くONとOFFだけなので

23号機配線チェック仕上げ (3)キーをひねるとポジションが点灯する。

このハンドルスイッチはダメだわ。

恐らく原付モンゴリ用だと思う。

取合えず他の灯火系は全てOKです。

23号機配線チェック仕上げ (4)左右のタコメーターにパルス線の

配線を接続して、タコメーターもOK

ヨシムラのテンプメーターが

表示しないので電池交換。

23号機配線チェック仕上げ (5)これで左ウインカースイッチ以外は

全てチェック完了です。

配線の整線済ませて

エンジン火入れの準備に取掛かります。

クランキングでエンジンオイルを回して

少しトラウマですがタンクにガソリンを入れて

セルを回すと1発で始動!&ストールw

無事にエンジンには火が入りましたが左ウインカースイッチはダメです。


本日のご来店

この所姿を見せないなぁと思っていた9号機のIさんですが

半年近く前に、自転車に乗っていてトラックに巻き込まれ

190503本日のご来店大怪我をしていたと聞いており

心配をしていたのですが

今日お元気そうな顔を見せにご来店。

左足を痛々しく引き摺ってました…。

バイクも余り乗れて居ないらしいのですが

マフラーをノーマルに交換してそれなりに楽しんで居た様です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月11日

スタックタコメーター3

自宅リビングの蛍光灯の器具が
どうやら壊れたらしく点かなくなった。
新築時に購入してから20年も使った蛍光灯の器具です。
これを機にリビング照明を蛍光灯から
LEDに変更しました。
リビングは見違えるような明るさになった。
明るさの設定は1,000ぐらいあるらしいけど
そんなに必要は無いけど、「アレクサ」とか
対応してる家電製品に変更して行かないと行けない時代だな。


190310と0311の体重

今回の本気度が嫁に伝わったのか、食事も低カロリーになってきた。

190310今朝の体重10日の朝の体重は何と!

104.8キロにまで減っていたので

昨晩は豆腐メインの食事にして

今朝の体重を測るのが楽しみだった。

190311今朝の体重で、今朝の体重は?…あれ?

一体何があったのか理解が出来ない?

どう言う事やねん!

何かの罠なのか?

190311今日のお昼ご飯そう言えば昨日は殆ど寝てたから

カロリーを消費しなかったからかもなぁ

今日のお昼も何時も通り少なめ。

後は一生懸命仕事してカロリーを消費します。


ウエストバルブ入荷

沖縄N様からのご依頼作業の続きで部品が入荷してきました。

沖縄N様バルブガイドリーマ加工 (1)ウエストバルブと純正バルブを比較。

これはIN側ですが、傘までの部分

ウエストが絞られているので

軽いポート研磨をしたのと

沖縄N様バルブガイドリーマ加工 (2)同じ程度の給排気効率が上がります。

早速バルブガイドのリーマ加工。

新品のバルブガイドは内径が小さいので

リーマを通さないとバルブは入りません。

沖縄N様バルブガイドリーマ加工 (3)一回のリーマ加工でこれだけ削れます。

これを全てのバルブガイドに施工して

ウエストバルブを入れて、抵抗が無いかを

チェックして作業は完了。

これで内燃機屋さんへ送ります。


コムアキ号フレーム分解準備

PITの都合でまだ完全に分解が出来ないコムアキ号ですが

コムアキ号フレーム分解準備取合えずエンジンを下ろす

準備を進めて行きます。

オイルパンとオイルフィルターケースを

取外したので、後はスペースが出来れば

コムアキ号NG箇所 (1)一瞬で全バラとなります。

その前に気になる所をチェック!

ドリブンギアーフィキシングボルトと

リアサス取付けボルトのクリアランスと

コムアキ号NG箇所 (2)リアサス取付けボルトのアンバランス

ロックナットを使っているけど

面一なので、余り効果が無いし

見た目のアンバランスが気になる。

コムアキ号NG箇所 (3)ロックナットも普通サイズなので

せっかくなのでここはもう少し

スマートに仕上げる事に

しましょうかねぇ。

コムアキ号NG箇所 (5)次にドリブンスプロケットですが

520コンバートされているのですが

ただ単純に薄いドリブンギアーを

取付けているので、遊びが多過ぎます。

コムアキ号NG箇所 (6)まぁスプロケットも磨耗しているので

ついでにCPオリジナルCB400F用

520コンバートスプロケットに

交換する事にします。

CB400F520コンバート用スプロケット (1)これがそのCPオリジナル

520コンバートスプロケットですが

520チェーン用にINサイド側と

OUTサイド側を削っているので

CB400F520コンバート用スプロケット (2)ワッシャーやサークリップとの

隙間も純正と同じ隙間になるので

遊びがありません。

CPオリジナル製品、ザムで作って貰ってます。

納期は三ヶ月です。


23号機スタックタコメーター

完成間近の23号機のスタックのタコメーター加工が仕上がりました。

23号機スタックタコメータフィッテング (1)スタックのタコメーターは

外径が大きいので、純正のケースに

入りきらないので、ケースを加工して

上から入れる感じになります。

23号機スタックタコメータフィッテング (2)まぁ気になれば気になるでしょうが

色々と試した結果、これが一番良いかもね。

1号機も銀ちゃん号もそれぞれ

取付け方は違いますが、これはこれで良いかもね。

23号機スタックタコメータフィッテング (2)スタックのタコメーターを

セッティングするスイッチですが

もう必要はないのですが

配線とライトを追加すれば設定で

23号機スタックタコメータフィッテング (3)シフトアップタイミングライトを

点灯させる事も出来ますから

一応取付けて置く事にします。

面倒だけど、スイッチ用ブラケットを製作。

23号機スタックタコメータフィッテング (5)ついでに配線を保護する為に

スパイアラルチューブを巻いて

断線しないように処理をして

配線の出口にはグロメットを入れました。

23号機スタックタコメータフィッテング (6)まだ純正部品などが

入荷してないのですが

取合えずセッティング用スイッチを

先に固定してから

23号機スタックタコメータフィッテング (7)スタックのタコメーターを

仮置きしました。

これで後はエースウェルの

スピードメーターが仕上がれば

配線を接続して一応は完成になります。

何時引取り準備が出来るのか分からないので

バッテリーを接続して、電装系のチェックをどうしようかと思案中です。

デジタル騒音計それとT.O.T用にデジタル音量計も

購入してみました。

お店の中の平常時音は60dBだった。

意外と五月蝿い店だなw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月07日

セカンダリードライブギアー3

最近またちょくちょくお問い合わせがある
セカンダリードライブギアーですが
諸般の事情により、昨年末完売したロットから
再販の目処が立っておりません。
初期ロットの時もでしたが、余り反応が無いと
再製造も考えなくなり、結果無くなってからの問い合わせが
多くなったので、セカンドロットを作ったのですが
その際にも製造が最後になる可能性がある事をお伝えしました。
例えどんなリプロ品と言えども
売れない物を作る事は無いと思います。
ですが、セカンダリードライブギアーに関しては
再販の可能性はあると思っても良いかも知れません。


3月5日6日

多分本気のダイエット生活を始めて四日目になります。

ぎん伶泠と対戦開始190305取合えず3月5日の夜は身体に良いと思う

発酵飲料をメインに筑前煮や

鯛の塩焼き、ポークソテーで

たんぱく質を摂取して、炭水化物は無し。

男は黙って七三分け190306翌朝は何時もの理髪店へ行き

男は黙って七三分け…。

これで数グラムは体重が減ったかもw

幸いな事に天候が不安定だったので

バイクに乗って「俺ラー」を食べにも行けなかった。

で、昨晩は野菜中心の鍋とたんぱく質の豚肉を食べて

炭水化物抜きの発酵飲料水だけと、食後は嫁の手作りフルーツヨーグルト。

乳製品のアイスクリームを少し食べ過ぎたのはダメだったかなぁ…

190307今朝の体重で、今朝体重計に乗って

三日間の成果を見てみたら

2キロは減っていたので

この調子で少しずつ減らせば今月中には

190307今日のお昼ご飯80キロ代に減っている計算になるな!

で、今日のお昼ご飯です。

これで何キロカロリーなんかな?

気になるので嫁に聞いてみよう。


22号機火入れ

幾ら充電してもバッテリー液が減るだけなので

22号機高槻S号バッテリー液補充ダメかも知れないけど

一応バッテリー液を補充して

再充電をしたのですが

やっぱりダメでしたが、バッテリー最後の仕事で

22号機高槻S号実圧縮圧力測定取合えず実圧縮圧力を測定。

平均0.9Mpaとまずまずでした。

これで火入れの準備を整えて

セルを回すも、バッテリーが死亡。

22号機高槻S号バッテリー交換仕方なく新しいバッテリーに交換。

レギュレートレクチファイヤーも

付いているので密閉式に変更しました。

充電が完了するまで少し休憩。

22号機高槻S号バッテリー交換 (2)事務仕事を1時間ほど先に済ませていると

バッテリーの充電が完了したので

早速取付けてエンジン始動!

見事セル1発で蘇りました。

22号機高槻S号火入れ (1)念の為点火時期をチェックして

キャブのASも調整しました。

エンジンはすこぶる調子が良いので

これでこの車両に隠された不具合も解消。

22号機高槻S号火入れ (2)後はこれで今シーズン楽しんでもらい

増し締めが必要であれば

都度対応して行く事にします。

これで次はCB550Fの腰上O/Hに取掛かれます。

22号機高槻S号完成 (1)17日までの間にこの22号機も含めて

3台納車の予定があるので

22号機の納車打合せと

CB550Fオーナーと入庫の打合せを

22号機高槻S号発電量チェック (1)先に済ませる事にします。

念の為発電量もチェック。

5,000rpmで15V程度まで上昇。

4,000rpmで14V程度だったので

少し元気が良いかもねぇ


ZRX400福井H号セルモーター組立て

セルモーターのカーボンブラシが入荷してきたので

ZRX400セルモーターOH組立て (1)早速組立てを開始します。

旧品と新品とを比べると

かなり磨耗している事が

分かると思います。

ZRX400セルモーターOH組立て (2)サクサクッとセルモターの

ブラシ交換が完了したので

早速取付けに掛かりますが

手がでかいので、ちょっと苦労しつつも

ZRX400セルモーターOH組立て (3)やっと取付けが完了したので

早速動作確認をしてみたら

やはり全然調子が良いので

これでこのZRX400福井H号の

ZRX400セルモーターOH組立て (4)整備は完了したと思います。

何かと手が掛かってしまいましたが

これで少しでも長く乗れると思うので

まぁ仕方が無いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年03月05日

本気のダイエット生活開始3

55歳を期に本気でダイエットに励もうと
昨晩から決意しました!
久々のピノ四葉のクローバーで、ダイエット前にピノを食べたら
僕のダイエット生活を祝うかのように
四葉のクローバーが出た!
幸先の良いスタートだと思った。
きっと数ヵ月後には過去最高の
90キロを下回っているはずだと思います。
今度はちゃんとダイエットして
彼女を作ろうと思います。


ダイエット生活一日目

基本的に炭水化物を控えて野菜中心の生活から始めます。

190304赤ワインと対戦 (1)まず葡萄から出来てポリフェノールが

沢山含まれている赤ワインをメインに

カイワレ大根や、肉じゃがなどの

野菜を取って、たんぱく質には

190304赤ワインと対戦 (2)肉じゃがの牛肉と魚のシラスだけで

炭水化物はナシの食事。

食後のデザートは無しで血糖値を上げる為に

アイスクリームを2個食べて

寝る前に薬を飲むので、薬が飲みやすくなるように

ピーチゼリーと一緒に薬を飲んで就寝。

今朝は便通も良く、きっと2キロは減ったと思います。


22号機仕上げ

昨日シリンダーヘッドの搭載まで済ませた22号機高槻S号。

22号機高槻S号仕上げ作業 (1)今日は増し締めから再スタート!

少しだけ締まったぐらいでした。

取合えずこれで増し締めも終わったので

仕上げ作業に取掛かります。

22号機高槻S号仕上げ作業 (2)カムシャフトを搭載して

カムチェーンを調整。

時々入れ忘れるオイルパイプを入れて

ヘッドカバー搭載準備完了。

22号機高槻S号仕上げ作業 (3)ヘッドカバーガスケットを新品に交換

ヘッドカバーを搭載し

ロッカーアームを調整して

タペットキャップOリングも交換して取付け。

22号機高槻S号仕上げ作業 (4)キャブレターを取付けて

実圧縮圧力を測定しようと思ったら

バッテリーが弱っていた…。

恐らくレギュレートレクチファイアーが

22号機高槻S号仕上げ作業 (5)パンクして出火する前から

充電機能は失われていたのかも知れない。

そう言う意味でも電圧管理は必要だと思う。

取合えず充電している間にお昼ご飯を頂く。

190305のお昼ご飯と嫁の罠 (1)お昼ごはんは少なめの白ご飯に

たんぱく質を中心にしたおかず達。

食後にはヨーグルトとバナナを一本

なんですが、僕がダイエットを始めると

190305のお昼ご飯と嫁の罠 (2)必ず毎回嫁が罠を仕込んでくる。

まぁパンは仕方が無いから食べるけど

あられは絶対に食べない!

多分嫁はデブ好きか、後妻業レベルかも知れない。

22号機高槻S号仕上げ作業 (6)で、お昼ごはんを食べ終わっても

バッテリーの充電が終わらないので

取合えず純正マフラーのエキパイを

取付けたけど、まだ終わらないので

22号機高槻S号仕上げ作業 (7)マフラーを取付けました。

これで後はバッテリーの

充電が終われば火入れになります。

明日は定休日なので、木曜日には火入れです。


ZRX400福井H号セルモーターO/H

バッテリーを交換して原因がハッキリと分かったZRX400の不調原因。

ZRX400福井H号セルモーターOH (1)恐らくセルモーターのブラシが

磨耗している事が原因だろうと

ちょっと苦労しましたが

セルモーターを取外しました。

ZRX400福井H号セルモーターOH (2)で、早速分解してみると

案の定ブラシがかなり減っていた。

これを交換すれば、エンジンも

始動性が良くなるはずです。

ZRX400福井H号セルモーターOH (3)取合えず急いで部品を発注。

分解したセルモターは

カーボンだらけだったので

綺麗に洗浄して、部品待ち状態になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年03月01日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月2日、3日は僕の55歳の誕生日と重なって
小旅行へ行く事になっており
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


アルゼンチン産アメディオと対戦

昨晩は赤ワインと対戦!

アルゼンチン産赤ワイン アメディオと対戦 (1)どっちを飲もうかと悩んでいたのですが

名前と生産地を見て「母を訪ねて三千里」を

思い出したので「アメディオ」と対戦!

あの頃まだ清い心を持った僕は

アルゼンチン産赤ワイン アメディオと対戦 (2)TVを見ながら「アメディオ」みたいな

サルが欲しいと思いながら

泣きながら見ていた思い出があります。

あの清い心は一体何処に行ったんだろう…。


CBX400F用ロッカーアームリメイク

前回テストでCBX400F用のロッカーアームをリメイクしましたが

CBX400F用ロッカーアーム修正前 (1)今回はサンプル用にカジリが入った

ロッカーアームをリメイクしてみました。

これがリメイク前のロッカーアーム。

ガッツリとカジってますね。

CBX400F用ロッカーアーム修正前 (2)これを特殊な方法で表面処理をし

カジリの入った部分を取り除き

純正と同じ仕上げ方法で

仕上げると言う方法でリメイクしてます。

価格は現在調整中、表面処理、リメイクで

CB400Fと同じぐらいの価格になると思います。


ZXR400福井K号ETC取付け

ZRX400福井K号のオーナーの名前が何か聞いた事があるなぁと思ってましたが

案の定クソガキ時代の悪友だった事にはビックリした!

お互い過去の事は言わない事にしようとだけ約束しましたw

ZRX400福井K号カウル修理とETC取付け (1)で、追加でETCの取付けを

依頼されたので、カウルを取外したついでに

割れた部分を補修する事にしました。

まず割れた部分を少し削り取り

ZRX400福井K号カウル修理とETC取付け (2)リペア剤を流し込み補強。

まぁこれでヒビが広がる事は無いでしょう。

これでカウルの補修は完了したので

ETCのアンテナと、インジケーターを

ZRX400福井K号カウル修理とETC取付け (3)どうしようかと悩んで

こんな感じになったけど

インジケーターの配線が

アンテナの上を通っているのが

ZRX400福井K号ETC取付け (1)少し気に入らないなぁ…。

と思いつつ電源ラインを探していたら

メインハーネスにテーピングしてあるのを発見!

ここだな!と思いテープを外すと案の定…。

ZRX400福井K号ETC取付け (2)ここからハンダで配線を接続して

ETCを接続し動作チェック!

まぁこんな感じで良いかな。

インジケーターの配線を横に避けても良いかもな。

ZRX400福井K号ETC取付け (3)本体はシートの下、フェンダーレスの

上に貼り付けましたが

シートと干渉してしまったので

本体の位置を少しずらしました。


構造変更車検

吹田のK様からのご依頼で、構造変更での継続車検です。

吹田K号構造変更継続車検明日納車なのですが

僕は不在なので嫁が対応致します。

車検前に諸々のチェックをしたら

バッテリー電圧が低いので

吹田K号構造変更継続車検大急ぎで充電をしてます。

で、構造変更も終わって

継続車検が完了しました。

明日は不在ですが、嫁が納車対応します。


23号機配線製作

ETCの配線を作っている時に少し時間が出来たので

23号機フロントブレーキ&クラッチスイッチ配線製作 (1)ついでに23号機のブレーキスイッチ用の

配線とクラッチスイッチ用の

配線も作ってしまおうと思い

準備をしたのですが

23号機フロントブレーキ&クラッチスイッチ配線製作 (2)配線の適当な色が青しか無かったので

まぁ良いかぁ…と思いながら

配線を製作しました。

これでクラッチとフロントブレーキが

23号機フロントブレーキ&クラッチスイッチ配線製作 (3)正常に作動し使えるようになります。

フロントブレーキは圧力スイッチより

アナログなスイッチを取付けて

メインハーネスのブレーキラインに接続。

23号機フロントブレーキ&クラッチスイッチ配線製作 (4)クラッチスイッチは元々レバーに

スイッチが付いていたのでここに接続し

ヘッドライトケース内にある

メインハーネスに接続します。

これで一応後はメーター周りだけになりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月25日

民事での請求失効期間とその援用

CPの店舗を平成23年に借りた時に日本賃貸住宅保障機構との契約で
¥6,500の年間保障委託料を支払う契約になっていたのですが
先週末に日本賃貸住宅保障機構蠅ら請求書が届き
今年の分も含めて6年分の¥39,000の請求書が届いた。
契約では1年毎の支払となっているのですが
6年間一度も請求書が届いた事も無いし
もしかしたら新手の詐欺かと思ったので電話をしてみた。
電話で「これは新手の詐欺か?」と話をして、民事での請求失効
含まれているのに6年分の請求はおかしくないか?と言ったら
あっさりと失効していない昨年分と
今年の分の2年間だけで良いと言う返事が即答で返ってきた。
余計に詐欺じゃないかと怪しい気もするけれど、本物の会社だったw
だが、請求の失効期間を知っている上で、あわよくば6年分の請求をして
払ってもらえればと言う日本賃貸住宅保障機構蠅浪しい会社だと思った。


ツーエイト号ETC取付け

この所ETCばかり取付けている気がしますがw

ツーエイト号ETC用電源配線今日は朝一からツーエイト号に

ETCの取付けのご依頼です。

ETC本体はオーナー持ち込みです。

ご来店までの間に電源用配線と

ツーエイト号作業スペース確保アンテナ用のステーを作って

ZRX400を外に放り出して

PITを空けてスタンバイ完了!

すると間も無くご来店なツーエイト号。

ツーエイト号ETC取付け (1)早速ETC取付け作業に取掛かります。

オーナーと車載機本体収納場所を

打合せしてから、配線の取回しを考えて

電源、インジケーターランプ、アンテナを

ツーエイト号ETC取付け (2)セットして取付けが完了。

動作確認を済ませて取付けはOKです。

セットアップはオーナー自らでお願いし

ツーエイト号のETC取付け作業は完了です。


京都I様タンクサイドカバーリペイント仕上がり

一時期に比べて、結構早く仕上がってきた京都I号の

京都I号タンクサイドカバーリペイント仕上がり (1)タンクとサイドカバーの

リペイントが終わり戻ってきました。

オーナーが気にされていた部分も

完璧に仕上がってます。

京都I号タンクサイドカバーリペイント仕上がり (2)と言うか、これが「当たり前」

なんですけどねぇ。

タンクのパテ埋め部分はしっかり

板金してから仕上げています。

京都I号タンクキャップ取付け (1)では最後の仕上げに、しっかり養生して

ワンタッチのキャップチェックを

取付けてカシメます。

これでキャップチェックは完了。

京都I号タンクキャップ取付け (2)次にタンクコックの取付けですが

最初に付いていたピンは

リプロのEリングで固定する

タイプの物だったので

京都I号タンクキャップ取付け (3)同じリプロですが

拘りのカシメタイプに変更して

取付ける事にします。

もうこれが無くなったら次は作らないと思う。

京都I号タンクキャップ取付け (4)で、タンクキャップを取付けて

カシメピンで固定完了です。

拘るなら、とことん拘る方が

マニア的には良いと思います。

京都I号タンクキャップ取付け (5)次の問題はタンクコック。

この傷が入ったコックを取付けても

良いのかどうかをオーナーと

打合せしてないので

都合の良い時にでも連絡をお願い致します。


23号機ウインカー&ヘッドライト

23号機用の前後純正タイプリプロウインカーが入荷してきたので

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (1)早速取付けを開始。

まずはリアウインカーから。

サクサクッと取付け完了。

やっぱりこれだよなぁw

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (2)次に予定とは変わってしまいましたが

フロント側ヘッドライトステーと

ウインカーを取付ける準備。

ダンパーゴムなどは勿論純正新品です。

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (3)これでヘッドライトステーに

ダンパーラバーとウインカーが

セット出来ました。

後は下側にステーを取付ける部品を

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (4)加工して取付けるだけなので

早速ステーを製作して

ヘッドライトステーを取付け。

ケースも取付けて配線を接続。

23号機ウインカー、ヘッドライト取付け (5)まだメーター周りの配線を

作らないとダメなんだけど

取合えず妄想用画像を撮影。

最初からこうして置けば

僕に余計な手間も掛けさせずに済んだし、こっちの方がええやん!


4オクターブの声を持つ男 泉 大介さん

枚方市政対策委員の、泉 大介さんがご来店!

泉大介 枚方枚方市政対策委員この方の歌を聴くと

涙が出てくるぐらいで

僕は直ぐにファンになってしまいました。

これからの枚方市を背負って立つ男

その先はきっと日本も背負ってくれると思いますので

この若い力を持った「泉 大介」さんを応援して下さい!


すばらしい歌声ですが、4オクターブの声を持つだけじゃないです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2019年02月24日

大人は黙って公認車検3

数日前のヤフーニュースに出ていた記事で
民間車検工場で、本来車検を通す事が出来ない
違法改造車の車検を通して運転者も、業者も検挙されています。
本来違法改造とされる物を「カスタム」と言う言葉で
オブラートに包んだように合法的なイメージで使いますが
カスタムが全て悪では無いにしろ
本来やってはいけない部分が多いのは事実です。
これは道路車両運送法違反となります。
また、同じくその車両を運転している者は道路交通法違反になります。
CPでもカスタムを依頼される事は多いのですが
公認改造申請を取る事を推奨しており、俗に言う闇車検は行いません。
毎回闇車検で高い費用を払うぐらいなら
一度だけ公認車検費用を払えば、法的にも合法で乗れて
次からは普通の車検料金で継続出来るので
CPでは、「大人は黙って公認車検」を推奨しています。


ZRX400ETC取付け

来月初めには納車予定のZRX400に今日はETCを取付けます。

ZRX400福井H号ETC取付け (1)アンテナは目立たない所に

インジケーターは見えやすい所に

取付けて配線を処理して

電源を接続して

ZRX400福井H号ETC取付け (2)本体をシート下に収納。

配線を整線して出来上がりです。

後は登録後にセットアップをするだけ。

ETCを取付けたついでに

ZRX400福井H号キャブレター同調調整 (1)キャブの同調をチェックします。

ホースを接続して

同調チェックの準備が完了。

で、エンジンを始動すると

ZRX400福井H号キャブレター同調調整 (2)ほんの少しだけですが

同調が狂っているので

軽く調整をしました。

バキューム圧はかなり低いね。

ZRX400福井H号キャブレター同調調整 (3)差ほどの変化はありませんが

同調調整も完了しました。

多少は良くなった感じがしますw

同調を合わせている時に

ワンウエイクラッチに少々違和感がありました…。

ZRX400福井H号エンジンオイル交換まぁよくある不具合かも知れません。

取合えずエンジンオイルを交換。

オイルは残念な事に乳化してました。

ワンウエイクラッチも交換した方が良いかもねぇ。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (1)取合えずオイル交換も終わったので

リアブレーキキャリパーと

マスターを取外してO/Hの準備。

サクサクッと取外しました。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (2)取外したキャリパーを

分解するのですが

案の定固着している状態でした。

ブレーキホースも交換になります。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (3)固着しているので

キャリパーを分解するのも一苦労でしたが

何とか分解が完了しました。

ガッツリと錆びてます。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (4)ここまでやったらマスターもO/H

サクサクッと分解完了。

これでリアブレーキキャリパーと

ブレーキマスターの分解完了です。

ZRX400福井H号リアブレーキキャリパー&マスター分解 (5)部品が早くて火曜日には

入荷してくるはずなので

錆びたキャリパーとマスターを洗浄して

部品が入荷したら直ぐに組立てれるように

下拵えを終わらせました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月22日

夢洲、万博にIRにF13

大阪市長が「F1大阪GP誘致、開催へ」と言う
2025年の大阪万博の頃に僕は60歳を超えている
例えIRが誘致されても1回行けば良い方だろう。
F1大阪GPが開催されても見には行かないだろう。
四輪モータースポーツも良いだろうけど
二輪モータースポーツも同時に考えてもらえれば
二輪業界も活性化すると思うし、F1に限らず
大阪に本格的なサーキット場が出来れば楽しいだろうなぁ
まぁ僕にはそんなに時間は無いけど…。


23号機プッシュキャンセルスイッチ

何か今日はめまいが激しくて

ひょっとしたら薬が変わり低血糖かも知れないので

ぶどう糖を摂取しながらスローペースで作業開始。

23号機ハンドルスイッチ&メーター周り仮付け (1)取合えず23号機のハンドルスイッチの

ギボシ打ち替え加工と配線チェックから

大体の配線色はホンダと同じですが

分解して配線とスイッチのチェックをして

23号機ハンドルスイッチ&メーター周り仮付け (2)カプラーを切断してギボシに打ち替え。

後はバッテリーを繋いだ時に

各スイッチをチェックする事にします。

ホーンの配線が届くか微妙です。

23号機ハンドルスイッチ&メーター周り仮付け (3)取合えず車体に取付けて

結線を済ませました。

二本ぐらい怪しいかもw

脳に栄養が届いてないので、まぁ良いかぁ…。

23号機ハンドルスイッチ&メーター周り仮付け (4)メーターロアカバーも純正新品を

取付けて、よりイメージが良くなり

後はここにエースウェルのデジタルメーターと

スタックのタコを入れ配線するだけです。

23号機ホーン他配線入荷取付け (1)そんな事をしていたら

23号機用の不足部品の一部が入荷。

ホーンとヘッドライトソケットと

マグネティックサブコードです。

23号機ホーン他配線入荷取付け (2)早速ヘッドライトソケットを接続し

ついでに、純正CB400Fタイプの

ヘッドライトステーを取付けるので

NC31用のステーも取外しました…。

23号機ホーン他配線入荷取付け (3)タイミング良くハンドルスイッチも

加工して取付けたので

ホーンも取付けて配線を接続。

配線は多分行けると思う…多分w

23号機ホーン他配線入荷取付け (4)マグネティックサブコードも取付け

これでバッテリーを接続して

配線のテストが出来るので

今度めまいが無い時にでもテストします。


1号機ターボ化計画アクチェーターホース再入荷

前回サイズを間違って発注してしまったホースの

1号機ターボ化計画アクチェーター用ホース再入荷 (1)サイズを変更した物が

再入荷してきたので、早速取付け!

意外と伸縮性が無かったので

ちょっと苦労しましたが、何とか挿入。

1号機ターボ化計画アクチェーター用ホース再入荷 (2)で、やっぱり20m単位でしか

購入出来なかったので

残りの約19m85cmと、間違った方の

20mの使い道をどうするかと現実逃避w

1号機ターボ化計画アクチェーター用ホース再入荷 (3)たったこれだけの為の自己満足ですが

今は残りのホースの事は

忘れる事にして、悦に浸る事にします。

次の悩みはオイルラインをどうするかです。


沖縄N様シリンダーヘッドカスタムのご依頼

ちょっとしたご縁がきっかけの沖縄N様からのご依頼作業。

沖縄N様シリンダーヘッドブラスト仕上げ測定 (1)シリンダーヘッドのカスタムですが

まずは分解から開始。

見た目の状態は悪くは無いのですが

少々ヘッド下面の腐食が気になる程度です。

沖縄N様シリンダーヘッドブラスト仕上げ測定 (2)バルブや、スタッドボルトを外し

ウエットブラストの準備が出来ました。

バルブガイドも交換予定で

ポート研磨?はまだちゃんと打合せが

沖縄N様シリンダーヘッドブラスト仕上げ測定 (3)出来て無かったと思います。

めまいがする中、約2時間

ブラスト仕上げが完了しました。

しっかり洗浄しエアブローで水気を飛ばし

沖縄N様シリンダーヘッドブラスト仕上げ測定 (4)何時もの如くリタップ掃除。

ねじ山は特に問題はありませんし

EX側スタッドボルトのねじ山も大丈夫。

スタッドボルトは交換しますが

沖縄N様シリンダーヘッドブラスト仕上げ測定 (5)純正?強化?どちらを使うかは

また打合せしてから決める事にします。

歪みも無くスタッドの座面も

綺麗な状態なので、良いシリンダーヘッドです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年02月19日

アイラブじーじぃ2

自宅の横に新築で引っ越してきた
新婚のご夫婦さんに、この1月赤ちゃんが生まれ
昨日嫁が抱っこさせてもらったらしい…。
我が家の嫁は孫を抱っこすらさせてくれないのに…
実はそこの新婚さんの旦那さんは
息子と同い年で、高校こそ違えど息子の事は
噂で聞いて知っているらしいw
で、昨日インスタで知ったよだれ掛け
嫁に買って送ってやれと言ったら
嫁に「ただの嫌味にしかならんわ」と言われた。
その通りの目的なんだけどな!


23号機の続き

昨日大方の電装関係を仕上げた23号機の続きで

23号機用ACGブラスト仕上げ (1)今日はACGの取付けです。

まずはこのベースになるACGを

分解してウエットブラストで

仕上げて取付ける準備をします。

23号機用ACGブラスト仕上げ (2)サクサクッと分解して

ウエットブラストで仕上げました。

これで発電装置が装着出来て

街乗り号として公道を走れます。

23号機用ACGブラスト仕上げ (3)ブラスト仕上げしたACGカバーに

中古良品のコイルをセット。

パッキンとノックピン、スクリューは

新品を使います。

23号機用ACGブラスト仕上げ (4)サクサクッとACGを取付けて

スプロケットカバーもセット完了したので

シフトペダルも接続しました。

これでL側の作業は完了です。

23号機ヘッドライト取付け (1)次にヘッドライトを取付けるのですが

昨日見た時に「あれ?これサイズが…」と

180Φのヘッドライトを用意しろと言ったのに

今日取付けてみるとやっぱり162Φだった。

それならフォア用のヘッドライトステーを付けたのに!

23号機ヘッドライト取付け (2)仕方が無いのでそれを無理やり付けると

安物のウインカーもポロリw

本体がプラだし、リジットなので

多分走行中に壊れるだろうな。

23号機バックミラー&スイッチ、レバー取付け (1)右側ハンドルにスターティングキルS/Wを

取付けて、絶対に後ろなんか見えない

クソみたいな短いミラーを取付けました。

後はフロントブレーキ圧力スイッチを付けるだけ。

23号機バックミラー&スイッチ、レバー取付け (2)左側にクラッチレバーを取付けて

同じくクソみたいなミラーをセット。

せめてヨシムラの油温計だけでも

格好良く付けたいなぁw

23号機スタックタコメーター取付けイメージスタックのタコメーター取付けイメージ

スピードメーターもエースウェルの

デジタルメーターを取付ける予定です。

メーターの取付けはこれまた加工が必要です。

23号機用左側プッシュキャンセルスイッチ左側ハンドルスイッチには

汎用のプッシュキャンセルスイッチを

取付けるのですが、カプラーなので

ギボシに打ち替えないと…めんどくさ…

23号機本日の作業はここまで!で、今日は早仕舞いなので

作業はここまでで終了です。

これで電装系は8割ぐらいは

終了したかな?

明日は定休日です。

peke_cb400f at 14:00|PermalinkComments(3)

2019年02月17日

ZRX打合わせ3

ZRXのオーナーがわざわざ福井県からご来店。
実車を見ながら、色々と打合わせをしました。
追加の作業も増えて、部品の追加も増えました。
納車はもう少し暖かくなってからになりそうなので
ボチボチと納車整備を進めて行く事にします。


GSX250Eスピードメーター取付け

リビルトが終わったGSX2550Eのスピードメーターの取付けに

GSX250Eスピードメーター交換 (1)朝一番に早速京都からご来店。

仮に付けていたメーターは

針が折れてしまってました。

少し仕様が違うのか、速度警告灯付きと

GSX250Eスピードメーター交換 (2)リビルトした方は速度警告灯が

無いタイプでした。

オーナーは3月ぐらいになると

思って居たらしいのですが

早々に出来上がって良かったです。


22号機高槻S号メインハーネス交換

古いタイプのレギュレートレクチファイアーが付いていたので

22号機高槻S号メインハーネス撤去 (1)出火してしまった22号機の 

メインハーネスを交換します。

残念な事にダメージは大きいのですが

ポジティブに考えて全焼しなかって良かった。

22号機高槻S号メインハーネス撤去 (2)ダメージが入ったメインハーネスを

サクサクッと撤去完了。

本体側も少々焦げてますが

まぁ大丈夫でしょう。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (1)続いて新しいメインハーネスを

這わせて行きます。

ヘッドライトケース内の配線

接続完了です。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (2)ハンドルスイッチ部も接続完了。

これで後はエアークリーナーボックス

テール側の配線を済ませば

メインハーネスの交換は完了です。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (3)サクサクッと復旧完了しました。

これで電装パーツ関係も

全て接続が完了したので

灯火系等保安部品のチェックも完了。

22号機高槻S号メインハーネス交換 (4)燃えてメインハーネスにダメージを与えた

レギュレートレクチファイアーを取外して

新しく、最新タイプになった

レギュレートレクチファイアーを

22号機高槻S号セカンドマシーンでご来店取付けて整線している所へ

22号機オーナーがセカンドマシーンに

乗ってタイミング良くご来店。

これで後はエンジンの内燃機加工が終われば

新たなエンジンで完全復旧となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月24日

姫号本格的修理準備へ向けて3

関東へ帰ったCP問題児が久し振りに来阪し
今日は嫁を実家に残してCPにご来店。
CB350F改の打合せを軽く済ませましたが
嫁に内緒なのが少々面倒かなぁw
仮に出来上がったとしても、持って帰れないと言う始末なので
僕のやる気レベルは地を這ったままです・・・
まぁ今週中には姫のバイクを修理に取掛かる予定なので
その後にボチボチ始める事にします。


滋賀の地酒シリーズと対戦開始

三重の地酒を退治したので、次は滋賀の地酒と対戦開始。

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (1)対戦相手はランダムに決定します。

まず一本目の対戦相手は

「喜楽長」と対戦開始!

多分二合瓶?余り量を気にしないので

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (2)よく分かりませんが、氷を入れたコップに

ギリでつるつる一杯なので

お口からお出迎えに行かないと

こぼれちゃうw

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (3)「喜楽長」をサクッと退治して

二本目「あみんちゅ」と対戦開始。

今のお酒って何でも呑みやすい?

するするっと入って行くし

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (4)全く酔わないのが不思議だ。

年内中に家にあるアルコールを

退治してやろうと思ってます。

今晩も滋賀県シリーズと対戦です。


2019年に向けて1号機慣らし中

2018年のエンジンブローは2018年中に修理が出来上がり

1号機慣らし中181224 (1)少しづつですが慣らしをしています。

今までやった事が無いエンジンの仕様なので

どんなトラブルがあるか分からないし

キャブのセッティングもまだ完璧ではない。

1号機慣らし中181224 (2)おまけに廃盤になったヨシムラの

デュアルテンプメーターとセンサーの

調子が悪かったので調べたら

センサーのコネクター部分の

1号機慣らし中181224 (3)差込が緩んでおり

それが原因で接触不良を起こして

居た事が分かったので

取合えず簡易的にビニテで固定した。

1号機慣らし中181224 (4)これでテンプBもちゃんと表示されるように

なったのは良いのだが・・・

既にアクティブのデュアルメーターを

注文していた後に分かった事だった・・・


奇跡の国内408充電系部品交換

長期欠品中だったレギュレートレクチファイアーが

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (1)タイミング良く再販されたので

早速取寄せて交換する事にしました。

最初はステーターコイルの

不具合かと思っていたので

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (2)コイルを取寄せたのですが

全然関係が無かったw

取合えず仮に接続して

発電量をチェックしてみます。

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (3)おぉ!これは中々元気が良い!

そんなに回さなくても

十分に発電してくれるので

今回の製品は中々良いようです。

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (4)チェックも終わり取付けも完了。

後はサイドカバーだけですが

納期は来年なので、取合えずこの状態で

納車のご協力をさせて頂きます。


名古屋AK号ステム塗装完了

これも年内は諦めかけて居たのですが

名古屋AK号ステム、トップブリッジ、タンク塗装完了 (1)ステムとトップブリッジと

タンクの塗装が終わり

タイミング良く戻ってきました。

明日にはステムを取付けて

名古屋AK号ステム、トップブリッジ、タンク塗装完了 (2)少しでも復旧に向けて進めようと

思っております。

後はボトムケースと

エンジンガードさえ修理が出来れば

来年早々には納車出来ると思いますので、もう暫くお待ち下さい。


Z50Z緊急入庫

今朝お店が開店して暫くして電話が入り緊急入庫となったZ50Z

Z50Z緊急入庫181224 (1)変なエンジンストールで止まった

との事での緊急入庫となりました。

クランキングもするし

圧縮もあるので、エンジンに問題は

Z50Z緊急入庫181224 (2)無さそうに思うのですが・・・

点火系も特に問題は無いので

後はキャブに問題がありそうなので

お預かりしてチェックする事になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月22日

スピードワーニングユニット3

何とか予定通り年内残り2台の納車が
出来そうな目処が立ち
姫号のフレーム修正と
エンジンフルO/Hに取掛かれそうです。
同時進行で関東の問題児号も取掛かれそうで
来週辺りに打合せにご来店予定となりました。
でもその車両、嫁に内緒って言うのが
面倒だわ・・・


三重の地酒「作」純米吟醸と対戦 

昨晩は嫁が会社の忘年会だったので、自宅でレオとちゃPとお留守番。

三重の地酒「作」純米吟醸と対戦181221 (1)一人寂しく三重の地酒「作」(ザク)と対戦!

誠司、行きまーっす!と呑んだのですが

まるで水の様な呑み口で

とてもフルーティーな味わいでワインレベル

三重の地酒「作」純米吟醸と対戦181221 (2)「嫁にしか殴られた事がないのに!」

とサクっと退治してやりました。

次は同じ「作」の純米大吟醸と

対戦するのが楽しみになってきた!


スピードワーニングユニット2ロット目完成

いきなり在庫が売れてしまい、無くなったので大急ぎで発注。

スピードワーニングユニット2ロット目完成何とか年内に完成して

昨晩納品されてきました。

まぁ年末のこの時期に在庫を抱えるのも

少々辛いタイミングですが

必要として下さっている方が居るだけで、作る甲斐があります。


Z1000Mk競ラッチワイヤー交換

クラッチの不具合から乗れなくなっていたZ1000Mk兇任垢

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (1)こんな日にしか作業できないので

狭いPITで太い身体をねじ込んで

クラッチカバーを取外しました。

何とかワイヤーを取外しました。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (2)レリーズが磨耗している可能性も

考えて居たのですが

若干の磨耗とベアリングの当りが

少し出て居る程度でしたが交換します。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (3)クラッチワイヤーは新品だったのですが

エンジンの熱で溶けており

これが原因だった事が判明しました。

多分また同じようになるだろうから

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (4)何か対策を考えないとダメだろうなぁ

新品のクラッチレリーズは早くに

手に入れていたので

サッサと交換してしまいます。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (5)取合えずクラッチは復旧しましたが

また熱でワイヤーが溶けそうなので

今度は少し熱対策を考えて

断熱を少し考えます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年12月20日

CP1号機火入れ復活3

残り僅かになっていたセカンダリードライブギアーですが
本日完売致しました。
次のロットが何時になるのか全然分からないのですが
仮に来年早々製作に取掛かれたとしても
早くて3月かも分かりませんし6月かも・・・
またそのまま作られる事がないかも分かりません。
今分かる事は何もありません。
再販が出来るようになりましたら、またよろしくお願い致します。


奇跡の国内408車検

発電不良と言う問題を抱えながら継続車検へ行くのに

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (1)少しだけジタバタしてみました。

まずはテスト用のACGに交換してみましたが

そもそも7000キロしか走っていない

国内408のACGはとても状態が良く

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (2)これが発電不良の原因では

無さそうなのは一目瞭然だった。

でも、念の為交換してみたけど

変化すらしなかったので

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (3)新品だと渡されたバッテリーを見ると

バッテリー内部のセルが変形しており

これも怪しいんじゃないかと・・・

交換してみましたが

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (4)0.5V上昇した程度だったので

バッテリーでも無さそうだったのですが

取外す時に見落としそうになり

何気に気になったのが

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (5)昔よく使われていた純正タイプ流用の

レギュレートレクチファイアー。

これを見た時に、あぁこれだわと

確信した。

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (7)元のバッテリーに戻して

これもテスト用の

レギュレートレクチファイアーに

付け替えて発電のチェックをした所

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (8)予想は的中!14.5Vとしっかり発電してます。

もっと早く気が付けば良かったのですが

ついうっかりと見落としてしまいました。

残念な事に今レギュレートレクチファイアーは

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (9)長期欠品中ですので、暫くお待ち下さい。

取合えず光量はギリクリアーして

車検を取得出来ました。

でもこのステッカーを剥がして貼るのは

しのびないので、このままにして置きます。

後は前後タイヤを交換すれば納車可能になりますが

本日天候不良の為作業スペースがありませんので

明日交換したいと思ってます。


tanji号手直し

本当なら今日仕上げて火入れの予定でしたが

tanji号エンジンハンガー手直し (1)生憎の雨で作業が出来ないし

エンジンハンガー取付けボルトを

入れる向きを、僕とした事が

反対に入れてしまっていたのです。

tanji号エンジンハンガー手直し (2)右側のダウンチューブが曲がっているので

ボルトを交換するにも数時間掛かり

やっと入れ替えが出来たけど

もうヘトヘトになってしまった・・・

tanji号マフラー取付けなのでエキパイとスリップオンマフラーを

取付けて、今日はここまでで終了。

明日天気が良さそうなので

奇跡の国内408のタイヤ交換をしてから

仕上げて、火入れしようと思ってます。


1号機火入れ

雨で予定が狂ってしまい、時間が余ったので

1号機火入れ復活20181220 (1)急遽1号機の火入れをする事にしました。

まずはエンジンオイルを入れて

何時ものクランキングをしつつ

実圧縮圧力を測定します。

1号機火入れ復活20181220 (2)燃焼室の容積を測定した時に圧縮比が

かなり低かったので、実圧縮圧力も

予想通り低く0.8Mpsだったw

まぁ壊れないから良いかなぁ・・・

これでレギュラーガソリン仕様になりました。

ヨシムラミクニTMR-MJN32Φにガソリンを流し込んで

セル1発で始動!8ヶ月の眠り、多分平成最後の目覚めです。


ヨシムラのテンプメーターとドラレコが何故か死んでました・・・

原因を調べてみるとテンプメーターは電池切れだったので交換して復旧

ドラレコも電池切れと、SDカードの不具合が原因だった事が判明した。

1号機火入れ復活20181220 (3)点火時期を調整して暖気して

オイル漏れも無かったので

近日試運転をしてみようと思います。

お客さんのバイクより先に復活してしまい

申し訳ないです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月27日

シャッター修理発注3

台風21号被害で破損したシャッターの保険が下りたので
早速シャッター修理工事を発注。
修理代金などが100%が保険から支払われる事になり一安心。
でも、修理に取掛かれるのは、早くて来年2月頃になるらしいけど
急なキャンセルや空きがあれば
予定より早めに取掛かれるかも知れないらしい。
もう来年は台風は勘弁して欲しい。


バイク海苔弁

毎日のお昼ご飯はおにぎりだったのですが

お昼はバイク海苔弁少し飽きてきたので、お弁当にして貰った。

去年鈴鹿サーキットで買った

バイク海苔弁当の容器に

おにぎりと、おかずを入れて貰ってます。

明日は定休日なので、久々にゆっくりしていようかと

思っていたのですが、急な仕事が入ったので代わりに今日ゆっくりしてます。

と言うか、やる事はあるけど、部品が無いので何も出来ない・・・


CB400とZ1000Mk

昨晩は割りと暖かかったので、久し振りにバイクで帰宅。

Z1000Mk兇魯ラッチワイヤーを交換しないとやばいので

久し振りに14号機に乗り走りましたが

14号機ステダン調整 (1)ハンドリングに違和感があったので

ステアリングダンパーの調節が

悪いんじゃないかと思い、今朝店に到着後

直ぐに、ステダンの取付けをチェックしてみた。

フロントフォークに対して、ステダンは直角90度で

14号機ステダン調整 (2)取付けられていたのですが

補助に取付けたステーとの角度が

悪い感じだったので、取外して調整。

これで抵抗が無くなったので良くなった。

久し振りにノーマルエンジンを乗ったけど

今更ながら低速での取回しが悪いので

せめてクロスミッションにすれば良かったと思った。

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (1)やる事がないのでついでに

Z1000Mk兇離瓠璽拭璽丱奪ライトを

LED化する事にしました。

実際、夜走る事も少ないのですが

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (2)ヘッドライト以外全てをLED化したいので

電球からLED球に交換して

点灯チェック!結構明るいねw

消費電量力も減る分、H4ヘッドライトに

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (3)全ての電力を注ぎます。

タコメーター側が意外と取付けに

苦労しましたが、こんな時にしか出来ないし

やる気がある時にやっておかないと

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (5)ずっと後回しになっちゃうからねぇ。

メーターを取付けて明るさをチェック!

良いんじゃないでしょうか。

これでヘッドライト以外の灯火保安部品系は

Z1000Mk競瓠璽拭璽丱奪ライトLED化 (6)全てLED化となりました。

スピードメーター側の電球は

1個切れてましたが、今度はLEDなので

こんな事には成り難いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月16日

純正部品がまた絶版3

この所毎日残業をしているのですが
今日は嫁と外食の約束をしているので
定時で帰ります。
それと名古屋の台風1号2号は
まっきーとべほりの事ですので
その他の名古屋在住の方の事ではありません。
名古屋の良心アニーズ寺田社長を始め
中部地区にお住まいの方には勘違いをさせてしまい
申し訳御座いませんでした。
まぁ台風1号2号の二人とも良き友人なので
そんな事も言えるのですけどねw


14号機凡ミス

毎朝毎晩お預かりしている車両で、不動車コーナーに

追いやられていない車両はエンジンを掛けて管理しているのですが

どうやら昨晩、14号機のイグニッションをONしたまま帰宅したらしく

今朝来てみてビックリして、何時も通りエンジンを掛け様としたら

14号機凡ミストラブル (1)掛からなかったので、しまった!

やってもうた!と思い

調べると火が飛んでないので

ダイナSかコイルを壊したと思い込んで

14号機凡ミストラブル (2)ダイナSを新品と交換してみるも

症状は全然変わらなかったので

これはIGCをパンクさせてしまった物だと

思い込んで、コイルの交換をしようと

14号機凡ミストラブル (3)プラグを外したら・・・4本とも

ガッツリとカブっていた・・・

で、掃除をしたらセル一発で始動。

きっと連日の残業で疲れているんだろうなぁ・・・

14号機凡ミストラブル (4)トラブル原因がダイナSやIGCじゃなくて

良かったと一安心しました。

どちらの不具合にしても

数万円が飛んで行く所でしたからね。


tanji号エンジン下拵え七日目

10枚ぐらい在庫していた純正のシリンダーヘッドガスケットが

tanji号のエンジンO/Hで残り僅かになったので、発注をしたら

tanji号用最後の純正ヘッドガスケット何とまぁ出なくなっていた・・・

なので、取合えずtanji号に使って

残り2枚となります。

しかしこれが廃盤になると厳しい・・・

tanji号エンジン下拵えロアケース (1)で、エンジンの下拵えの続きです。

塗装を剥がしてブラストが終わった

ロアケースに部品を取付けて行きます。

一度開けられた痕跡があるのですが

tanji号エンジン下拵えロアケース (2)クランクメタルを交換してある可能性も高く

測定結果と旧クランクメタルの選択は

全く同じだったのと、廃盤になったメタル

13315-333-003のA、黒色が使われており

ダメージも少ないので#1.2は新品が出るので交換し#3.4.5は

既存の物を使う事にして、ロアケースの下拵えは完了。

tanji号エンジン下拵えアッパーケース (1)次にアッパーケースの下拵え

スタッドボルトが全部緩んでおり

抜けたので、メッキしたスタッドボルトに

変更してしまいます。

tanji号エンジン下拵えアッパーケース (2)で、どーん?じゃーん!!

メッキスタッドボルト取付け完了。

これで多少は見た目も良くなり

錆び防止とナットとの電位差も下がります。

tanji号エンジン下拵えアッパーケース (3)スタッドボルトのセットが完了したので

アッパーケースに臓物を少々入れて

組立ての仕込みを済ませました。

クランクメタルはロアケースと同じです。

tanji号エンジン下拵え臓物 (1)プライマリードリブンのダンパーと

ニードルローラーベアリングを

新品に交換して、今日はここまで

後は内燃機加工が終わってからになるかな?


1号機復活への道その4

事故で怪我をした事故成金になる予定の

間も無く事故成金?自由人君が、時間潰しに

お店に遊びに来るけど

今はお金が無いので

仕方なくコーヒーをおごって

恩を貸し付けておきます。

今日は嫁と外食に行くので、一緒に行こうと誘ったけど

遠慮しぃの自由人君はそこは断ってきたw

保険会社の対応が悪いと愚痴をこぼすけど

そこはJ社クオリティなので諦めて

ボディブローを打ち続けて行くしか無いでしょうねぇ・・・

1号機用シリンダーヘッド完成181116そんな話を聞かされながら

僕は1号機のシリンダーヘッドを

仕上げましたが、机上ですが圧縮比を

計算したら、少し低い数字になったので

レギュラーガソリン仕様になるかも知れない。

取合えずシリンダーとピストンが帰って来たら

容積を測定してみないと何とも言えない。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月08日

孫の子守へ3

今日は息子の嫁が挙式披露宴に備えて
ネイルや髪をカットしに行くという事で
孫の子守を頼まれた嫁は
自分だけそそくさと息子の家に向い半日以上
孫の面倒を見るらしい・・・そんな僕は
何とも言えない気分で、悶々としながら仕事してます。
で、仕事が終わったらさっさと帰って
レオとちゃPにご飯を上げないといけないらしい・・・


tanji号エンジン下拵え三日目

定休日の昨日に分かった事ですが、tanji号のシリンダーヘッドの

tanji号シリンダーヘッド下拵え二日目 (1)ノックピンとガスケットが入る部分に

ダメージがある事が判明した。

バリも立っているし、穴も変形している

恐らくノックピンがズレて居るにも関わらず

tanji号シリンダーヘッド下拵え二日目 (2)無理やり叩いて入れたのだろうと思います。

歪みこそ無いので、バリが立って居る所を

砥石で磨いて、変形した穴を修正。

後はオイルさえ漏れなければ良いのですが・・・

tanji号シリンダーヘッド下拵え二日目 (3)新品のバルブガイドとOリングも

入荷してきたので

早速交換に取掛かります。

Oリングだけでも良いのでしょうが

tanji号シリンダーヘッド下拵え二日目 (4)せっかくバルブガイドを取外すので

どうせなら新品にした方が

良いに決まってますからね。

バルブのガタ付きは無くても

tanji号シリンダーヘッド下拵え二日目 (5)Oリングが腐っているので

触るだけで崩れてきます。

もう半世紀近く交換されていない

部品になるので、当然の事でしょう。

tanji号シリンダーヘッド下拵え二日目 (6)バルブガイドとOリングの

交換が終わったのですが

それだけではバルブは入りませんから

リーマを通して仕上げます。

tanji号シリンダーヘッド下拵え二日目 (7)これでバルブガイドとOリングは

新品になったので、オイル下がりは無くなります。

#2のEXバルブの動きが渋いので

若干曲がっているのかも知れない。

昨日のチェックでは問題は無かったのですが・・・

ガイドが新品になったからかも知れません。

これでシリンダーヘッドの下拵えは終わりました。


三重U号ハンドルスイッチ交換

前回電装系を取付けて保安部品の動作確認をした所

三重U号ハンドルスイッチ交換 (1)ホーンスイッチの故障が判明しました。

スイッチも取れて居た事もあり

恐らく事故の影響だと思われるので

ハンドルスイッチを左右共交換します。

三重U号ハンドルスイッチ交換 (2)スターターキルスイッチASSYは

配線の逃げ加工がされた物に変更されているので

取付けに関しては無加工で取付ける事が

出来る様になったので、拘らない方向けですね。

三重U号ハンドルスイッチ交換 (3)でもウインカースイッチASSY側は

従来通りの形状なので、純正以外の

ハンドルを取付ける時には加工が

必要になるのは変わってませんし

三重U号ハンドルスイッチ交換 (4)位置決めピンも残ったままになっており

純正以外のハンドルに取付ける場合は

この二点を加工しないと

取付けが出来ません。

三重U号ハンドルスイッチ交換 (6)ハンドルスイッチのボディーを削るので

中身を取出してから削ります。

削り粉がスイッチ内に入ってしまうと

ショートしてしまう可能性がありますからね。

三重U号ハンドルスイッチ交換 (7)で、サクサクッとリューターで

配線の厚み分を削りました。

同時に位置決めピンも切断。

取付けこれで準備完了です。

三重U号ハンドルスイッチ交換 (8)BEETのセパハンに取付けて

配線を圧迫していないかチェック。

大丈夫そうなので配線を接続して

ついでに古いサブハーネス類も新品に交換。

三重U号ハンドルスイッチ交換 (9)もう一度保安部品のチェックを済ませ。

ホーンも鳴るようになりました。

これで後は外装関係の塗装が

仕上がって来れば完成となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年11月03日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日11月4日(日曜日)は第六回淡路島バイクフェスタに
ブース出展の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、お時間が御座いましたら
平成最後で西日本最大のバイクイベントへご来場下さい。


三重U号作業七日目

外装さえあればもう今日で完成なのですが

三重U号仕上げ前チェック (1)取合えず完成前チェックをする為に

バッテリーを充電して

電装系のチェックなど諸々の

確認作業を終わらせる事にします。

三重U号仕上げ前チェック (2)バッテリーを接続して

ヘッドライトブースーターと

ホタルの配線も接続しました。

これで配線関係は全て完了。

三重U号仕上げ前チェック (3)エンジンオイルを入れて

エンジン始動準備と

保安部品のチェックを済ませます。

全て問題無いかと思っていたら

三重U号仕上げ前チェック (4)最後にホーンが鳴らない事が判明・・・

テスターで調べるとホーンラインに

電圧が掛かっていないので

恐らくハンドルスイッチに原因があると思う。

三重U号仕上げ前チェック (5)念の為、ホーン本体もバッ直でチェック。

ちゃんと鳴ったので、ホーン本体には

問題が無い事が確定したので

やはりハンドルスイッチ側に不具合がありそう。

三重U号仕上げ前チェック (6)ヨシムラミクニTMR-MJNに

ガソリンを流し込んで

いよいよ復活します。

セルを数回回すと

三重U号仕上げ前チェック (7)機嫌良くエンジンも復活!

これで一応三重U号の

事故復旧作業は完了しました。

後は外装のリペイント待ちですが

ハンドルスイッチをどうするかオーナーと相談します。


名古屋tanji号エンジンO/H開始

やっと今日から名古屋tanji号のエンジンO/H作業に取掛かります。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (1)一昨日から抜いていたエンジンオイルの

沈殿物をチェックすると

何とまぁこれは!危険信号がかなり出ており

以前よりも粒が大きく量も多くなってます。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (2)一抹の不安を感じながらも

タイミング的には丁度良かったのかもと

思いながらエンジンO/Hに取掛かります。

PITを空けて車両を中央に置いて作業開始。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (3)まず分解しながら取外した部品の

状態をチェックして行きます。

IGC#4断裂しています。

これはエンジンO/Hと別で余分な不具合です。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (4)ボルトの入れ間違いが数箇所ある

シリンダーヘッドカバーですが

M6×60のボルト部分が

何やら怪しい事をされています。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (5)ヘッドカバーを取外して

ロッカーアームとカムシャフトをチェック

少々の磨耗はある物の

カジリも無く状態としてはまぁまぁです。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (6)よくあるカムチェーンガイドの硬化による

ヘッドカバーへのダメージ痕が

少しありました。

カムチェーンガイドもダメです。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (7)ガバナの状態も悪く錆びがあり

かろうじて動く物の

キュッキュッと音がするので

磨耗具合が気になります。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (8)クラッチアウターのガタ付きは

仕方がないかなぁ

これはついでにリビルドしてしまいましょう。

このコトコト音が耳障りですからね。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (9)以前から分かっていた

フロントエンジンハンガーの変形。

果たして真直ぐな物が付くのか?

ダメならこれを使う事になるかも・・・

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (10)抜きにくかったアッパー側の

エンジンハンガーボルトを

何とか抜いてみると・・・ゴトっと音がして

エンジンの位置が変わりました。

まぁフレームを修正しても、エンジンマウント部分の修正は厳しいので

このまま何とかするしかありません。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (11)シリンダーヘッドを取外すと

ガイドのガスケットは朽ちて崩れてきました。

恐らく未開封のエンジンだろうと思います。

ヘッドカバーは一度開けられており

カムチェーンガイドの上下が入換えられてました。

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (12)リンダーを抜いてピストンとご対面。

まぁこれもよくありがちで

ピストンリングが割れてます。

これが酷くなると

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (13)棚落ちしてえらい事になります・・・

スリーブもダメなのでOSピストンにするか

中古良品のSTDピストンとスリーブの

撃ち替えをするかですが

名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (14)後者の方が費用が掛かります。

で、恒例の

エンジン



名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (15)どーん!

降りました。





名古屋tanji号エンジン分解開始181103 (16)サクサクッと腰下も分解。

見る限りでは大きな問題箇所は

無さそうなので一安心。

何時も通りの手順で行けそうです。

問題はスリーブの傷の深さですね。


本日のご来店

車を運転中に対向車が黄色車線をオーバーランしてきたとの事で

181103本日のご来店「正面衝突したわぁ」とご来店。

頚椎と右腕が痛いらしいのですが

それでもバイクには乗るw

分かるけどねw、お気をつけ下さい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年10月27日

明日から四連休3

昨日は商用にてお店を早仕舞いして
20年振りぐらいに京阪電車に乗り
心斎橋まで向かいました。
電車の混雑を避けるべく早めの出発にも関わらず
相変わらずの混雑具合だったので
もし電車内で何か突発的な事が起こっても
絶対に逃げられないんだろうと改めて思いました。
すれ違う人も日本語じゃない方も多く
やっぱり人ごみは怖いです。


大阪M号エンジン仕上げ

明日からイベント、癌治療、商用、定休日となりお店は四連休にまります。

大阪M号腰上OHシリンダーヘッド搭載 (1)そんな今日は予定通り大阪M号の

エンジン仕上げ作業に取掛かる為

シリンダーヘッドを搭載しました。

天気の良い土曜日の今日は

大阪M号腰上OHシリンダーヘッド搭載 (2)ご来客の方が多かったので

少々バタバタしましたが

シリンダーヘッド締付け完了。

後日増し締めしてから

大阪M号腰上OHシリンダーヘッド搭載 (3)ヘッドカバーを取付けます。

中古良品の純正カムシャフトをセット

新品のカムチェーンガイドと

スリッパーをセットして取合えず今日はここまで。


高槻S号点火時期調整

先日から点火系の不具合からカブリ気味の症状が出ており

高槻S号点火時期調整火花も弱い事から色々とチェックをして

不具合の改善に勤めている高槻S号。

調整した時は調子が良いのですが

暫くすると一気筒づつ調子が悪くなる。

なので、一箇所づつ調整しては、様子を見てもらっている所で

今回はポイントの掃除とギャップ調節、点火時期調整と

スローが濃い感じなので、ASを1/2回転開きました。

これで改善してくれればいいのですが・・・


エアーホースリール修理増設

昨日弟が店に来てエアーホースリールの修理と増設を

エアーホースリール修理増設 (2)終わらせるはずだったのに

ホースのサイズを間違えやがって

ワンタッチのアタッチメントが

取付け出来ず、今日改めて作業再開。

エアーホースリール修理増設 (3)エアーホースの分岐ブロックを増設して

ホースリールを裏出口側に増設。

これで店裏での作業が楽になり

駐車場側で青空作業も出来ます。

エアーホースリール修理増設 (4)車のタイヤのエアーチェックも

やり易くなったので

早速ハイエースのエアーチェック

少し減っていたので継ぎ足して明日に備えます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年09月24日

PITの空き状況と見積り作り3

この土日でPITの状況は一気に改善され
受け入れ可能台数が増えたのですが
一昨晩の自由人君の事故修理見積りや
大阪M号腰上O/Hの見積りや
カリスマFCRのO/H見積りなど
事務仕事がやたらと増えて、何だこれ?状態ですw
天気の状況も毎日変化しており
週末の天候も微妙な状態になってますが
30日は晴れ男達が何とかしてくれると思ってます。


房の露退治

最近調子に乗って呑んでしまっているので

房の露退治来月の九州合同ツーリングまでの間

少しセーブしようと思ってますが

呑み掛けの「房の露」は昨晩退治。

本当は日本酒は二日、焼酎は三日のペースで

自分ルールで呑むつもりだったのですが

今、調子に乗ってます。


GTH号フロントタイヤ交換からの

かなりのハイペースでタイヤの消耗が激しいGTH号。

GTH号フロントタイヤ交換からのポイント故障 (1)今日はフロントタイヤの交換と

オイル交換、フィルター交換の

ご依頼で朝一からのご予約でご来店。

開店時間より少し早めでしたが

GTH号フロントタイヤ交換からのポイント故障 (2)早速タイヤ交換の作業に取掛かります。

ワインディング走行がメインなので

良い感じに使い切ってますね。

サクサクッとタイヤ交換を終えて

GTH号フロントタイヤ交換からのポイント故障 (3)何気にブレーキパットを見ると

結構な感じで減っているので

ついでに交換をご提案しました。

在庫を持ってて良かった。

GTH号フロントタイヤ交換からのポイント故障 (4)恐らく次のタイミングになると

かなりヤバイぐらいに

なっているんじゃないかなぁ。

何でもついでが肝心ですから。

GTH号フロントタイヤ交換からのポイント故障 (5)ブレーキパットを交換してから

エンジンオイルとオイルフィルターも交換。

少しスローの具合が悪いとの事なので

キャブのASを調整したついでに

ポイントの接点調整と点火時期をチェックしていたら

#2.3が突然死したので点火系をチェック。

GTH号フロントタイヤ交換からのポイント故障 (6)プラグもIGCも問題ないので

どうやらポイントのコンデンサーが

死亡した感じなので

中古品と交換したら復活したので

NDのポイントの突然死と判明した。

まぁ出先じゃ無くて良かったです。

部品を交換して復活してくれれば良いのですが。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月31日

香川F村号仕上げ3

最近自由人君を見掛けないので
ひょっとしたら…
第一発見者になりたくないので
誰かが見つけるか、生きて現れるか
どちらにしても放置して置きます。
出来れば、腐敗していない事を願います。


金沢地酒呑み比べ

息子の嫁の実家からお中元で届いた金沢の地酒と対戦開始!

金沢地酒日本酒呑み比べセット対戦一日目 (1)600mlの小瓶が6本で一升

これだけ種類があると

どれから退治してやろうかと

悩みますねぇw

金沢地酒日本酒呑み比べセット対戦一日目 (2)取合えず呑んだ事がない地酒の

「風よ水よ人よ」と対戦を

する事にしました。

フルーティーで呑み易くて美味しかった。

金沢地酒日本酒呑み比べセット対戦一日目 (3)次は定番の「立山」と対戦開始。

これは安定の味「立山」と

言った所ですね。

今晩はどれと対戦しようかなぁw


Z1000Mk競咼ニカウル

ETCツーリングの為に仮に取付けたビキニカウルですが

Z1000Mk競ウル交換 (1)こんな安物じゃなく

ちゃんとした物を付けたいと思い

色も揃えたいし、出来ればZ1R風に

したなぁとか考えながら

Z1000Mk競ウル交換 (2)某Yオクで探してポチッと購入。

色は全然違いますが

行く行くは色を揃えて

ラインを入れたいと思ってます。


香川F村号カバー類交換五日目

今日はETCの取付けをメインに作業を開始。

香川F村号ETC取付け (1)まずは本体を置く場所を決めます。

ウオタニのユニットもあるので

スペース的に考えても

ここぐらいがベストかなぁ…と

香川F村号ETC取付け (2)カードの出し入れなども考えると

ここしかないですねぇ。

ここにベルクロで固定しました。

で、配線を纏めて隠しました。

香川F村号ETC取付け (3)本体の場所が決まれば

後は何時もの感じで

インジケーターは見やすい位置に

貼り付けました。

香川F村号ETC取付け (4)アンテナは目立たない場所でも

通信に支障が無い場所に

ステーを製作して取付け。

これでETCの取付けは完了ですが

車検証が入ってなくセットアップが出来ないので

ご自分で量販店などでセットアップして下さい。

香川F村号オイルパン、フィルターケース、マフラー取付け (1)最後にオイルパンと

オイルフィルターケースを取付けて

これでカバー類の交換作業は完了。

エンジンオイルをどうするのか

香川F村号オイルパン、フィルターケース、マフラー取付け (2)何を入れるか伺って無いので

伺ってから入れる事にします。

マフラーも取付けが完了し

これで全ての作業が完了致しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月05日

夏季休暇の予定3

【夏季休暇の予定】
例年の如く何も考えては居ないのですが
今年は例年と違い孫が生まれて来る事もあり
11日(土曜日)〜16日(木曜日)まで夏季休暇を頂く事にします。
予定日が今日なので、初産だと1週間ぐらいは遅れるだろうし
それ以上は遅らせないだろうから
遅くても11日までには出てくると予測してます。
妊婦の体調を考えると出産後4日後ぐらいに
孫の顔を見に行けるとすれば14日15日辺りになると思うので
その期間の作業予約をお受けする事が出来ませんので
通常業務をしつつ、何時でも出掛ける用意をする事にします。
ご迷惑をお掛けいたしますが、精神的に情緒不安定ゆえ
ご理解のほど宜しくお願い致します。
予測では8日9日10日の三連単だと思い
その中でも8日の単勝じゃないかと思ってますw


CB350F発電、充電不良チェック

書類再発行最終章になるCB350Fですが、昨日の続きから

高槻H号書類再発行最終章CB350F発電、充電不良調査 (1)毎度の事ながら一筋縄では行かず

発電していない様子は明白

さて原因を調査するのですが

最終的には多分コイルだと思うけど

高槻H号書類再発行最終章CB350F発電、充電不良調査 (2)まずは順番通りに調査して行きます。

レギュレーターの良否判定からですが

レギュレートレクチファイアーに交換

まぁこのレギュレーターの状態が

高槻H号書類再発行最終章CB350F発電、充電不良調査 (3)良いのかも怪しいのですが…

三相交流発電量をチェックしてみると

やはり発電量が低いので

コイルを交換してみる事にしました。

高槻H号書類再発行最終章CB350F発電、充電不良調査 (5)取合えずテスト用コイルで

ちゃんと使える物がどれだったか

分からなくなっていたので

何個かある内の一つを取付けてチェック。

高槻H号書類再発行最終章CB350F発電、充電不良調査 (6)結局これもダメあれもダメで

どうしようかと思っていたら

テスト用コイルを見つけたので

これで発電するだろうと思っていたのですが

高槻H号書類再発行最終章CB350F発電、充電不良調査 (7)結果何を交換してもACGは

正常に発電するけどDCに変換されない

レギュレートレクチファイアーに

交換しても何の変化も無いので

高槻H号書類再発行最終章CB350F発電、充電不良調査 (8)殺人的暑さと、僕の予測では

ハーネスに問題がある可能性を

考えたので、これ以上原因を調べても

結果的に、書類の再発行が目的なので

高槻H号書類再発行最終章CB350F車検準備完了 (1)充電不良の原因を追究する意味が

無いと判断し、取合えず光量UPの為

ちょうちんからH4に変更して

バッ直の配線を済ませて

高槻H号書類再発行最終章CB350F車検準備完了 (2)車検当日までバッテリーを充電して

その日を迎える事に考えを切り替え

また奥に仕舞い込み

充電してます。


Z1000Mk競疋薀譽蓋両

殺人的暑さにドラレコ本体もパンクしたらしく

Z1000Mk競疋薀譽蓋両 (1)モニターが故障し録画も出来ない状態に

なっていた事が分かったので

新しくドラレコを購入…

どうせOEM製品だろうから

Z1000Mk競疋薀譽蓋両 (2)互換性があるんだろうと思って

仮に既存のカメラに接続してみたら

コネクターの接続は問題無かったのですが

どうやら中の配線の仕様が変わっており

Z1000Mk競疋薀譽蓋両 (3)画像が映らなかったので

そこは当てが外れて残念だった。

仕方が無いので壊れたドラレコを

取外して、新しいドラレコに

Z1000Mk競疋薀譽蓋両 (5)交換する事にしました。

電源ケーブルはそのまま使えたので

カメラの配線を入れ替えて

モニターを交換するだけなので

サクサクッと交換が完了しました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年08月03日

トラブルは蜜の味2

Z1000Mk兇縫イルクーラーを取付けたので
油温はかなり下がりました。
マフラーを交換して、車重も軽くなり
取回しも楽になった上に
トルク感もパワーも出て回転数も上がり
スムーズな走りが出来るようになりました。
Z1000Mk恭擇群瓩ます。
ノーマルで乗るつもりが
どんどん行っては行けない方向に向いてます…


Z1000Mk凝伝系不具合

きっとフォアを乗らなくなった浮気者に天罰が下ったのでしょう。

ヘッドライトが点滅し出したので、玉切れか?と

思っていたのですが

症状からすると配線に問題がありそうなので

Z1000Mk凝伝系不具合 (1)メインハーネスをチェックすると

青の配線が切れてました…

配線図とにらめっこしながら

テスターでチェックすると

やはりヘッドライト系列の配線だった。

ただこれが何処から千切れた物かが分からず

場所を探すのに一苦労しましたが、何とか解決しました。

Z1000Mk凝伝系不具合 (2)その後、ドラレコのモニターが故障?

映らなくなっていたので

これも原因を探す事になったが

原因がさっぱり分からないので

ドラレコの故障かも知れない…

Z1000Mk競椒謄乾噂ね (2)ついでに先日ボテゴケしたので

アクセルグリップが破れた。

部品を注文するとスロットルパイプと

ASSYだった…面倒臭いなぁ…

Z1000Mk競椒謄乾噂ね (3)エンジンガードはちゃんと仕事してくれて

ポイントカバーは無事でした。

フォアでもボテゴケする時は

右側にしか倒れないのは

Z1000Mk競椒謄乾噂ね (4)右足が踏ん張れないので

仕方が無い事ではあるんだけど

車体が傷付くと同時に

ハートも傷付きますわぁ…交換完了です。

Z1000Mk桐僖鼻璽蝓 (1)それと自宅ガレージにZ1000Mk兇

収納しやすい様にと思い

バイクスタンドドーリーなる物を

購入してみたので、早速組立て。

Z1000Mk桐僖鼻璽蝓 (2)後輪とサイドスタンドを乗せる位置を決め

後輪をドーリーに乗せれば

ローラーで簡単に横移動が出来ます。

一応ローラーにはロック機能が付いてますが

Z1000Mk桐僖鼻璽蝓 (3)地震の時に役に立つレベルでは

無いと思いますが、フロントブレーキと

ローギアーに入れておけば

倒れたりする事は無いと思います。


高槻H号書類再発行最終章

奥様にバイクの書類を廃棄されてしまった高槻H号も

高槻H号書類紛失最終章CB350F入庫いよいよ最後の4台目CB350Fの

書類を再発行する事になったのですが

相変わらず不具合が多く

今回は発電しないのかそれとも

充電しないのか?分からないので、まずは充電器で充電して

それから不具合箇所を調査する事になります。

最後まで手が掛かるなぁ…


まっきーレーサーエンジン下拵え

頭の中が孫の事で一杯になっており、少し情緒不安定気味の此の頃…

まっきーレーサーエンジンアッパーケース下拵え (1)孫の為にも仕事しないと!と思い

ずっとほったらかしだった

まっきーレーサー号エンジンを

仕上げる為に下拵えを再開。

まっきーレーサーエンジンアッパーケース下拵え (2)ロアケースは下拵えを終えており

残るはアッパーケースの下拵え。

臓物を取外して洗浄してます。

液体ガスケットも掃除して

まっきーレーサーエンジンアッパーケース下拵え (3)シリンダーベースパッキンを

ネチネチと剥がして

アッパーケースの下拵えが

完了しました。

まっきーレーサーエンジンアッパーケース下拵え (4)一先ず乾燥させて

組立て準備に取掛かるので

取合えず持ち込まれた部品を

チェックする事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年08月02日

いよいよ今月坂本家に孫が!3

今月お爺ちゃんになる予定のPeKeです…。
嬉しい8割:爺になりたくない2割ぐらいかなw
予定日は5日ですが、初産なので多少遅れると考えると
連休前から、お盆前に掛けてかなぁ。
もう名前は決まっているらしいのですが教えてくれませんw
後はもう無事に健康に生まれて来るのを願うだけです。


地震被害チェック

先月の大阪北部地震によるお店の被害状況を

大家さんが保険会社の調査員を連れてやって来てくれました。

地震被害チェックと台風被害 (1)僕も店の中は気にしていたのですが

店の外観は全く気にしていなかった

よくよく見ると元々あった壁の

ヒビが広がり、かなり大きく

地震被害チェックと台風被害 (2)伸びているのがわかりました。

保険でカバー出来るのは50%程度らしく

とりあえず防水処理を

検討してくれるらしいです。

店の中ばかり気にしていたので、外観がこんな事になっていたとは…

地震被害チェックと台風被害 (4)台風で飛ばされた

自販機横のゴミ箱の蓋も

新しい物が取付けられ

台風被害も取合えず復旧しました。


姫とお食事

バイクを自宅に持ち帰っていた姫が、またお店に持って来た。

久しぶりに姫とお食事 (1)そのついでに、先日嫁と行った

鳥料理屋さんへ家族で行く事に。

高速道路でガス欠した姫を待って

予約していた時間より1時間遅れて食事。

久しぶりに姫とお食事 (2)姫に気に入ってもらえて良かったので

一緒にお風呂に入ろうと誘ったけど

やっぱり素無視されたw

仕方ないので一人で美味しいお酒を飲む…

久しぶりに姫とお食事 (3)湯葉のピザも美味しかった。

女性陣の〆は卵かけごはん。

僕は親子丼で〆て

会員ランクが一つ上がりました。


Z1000Mk競スタム

フォアから浮気中でZ1000Mk兇望茲辰討い襪里任垢

Z1000Mk競スタム (1)何かにつれて、毎回水で汚れる…

そんな泥汚れが溜まっていたので

洗車して水汚れの呪縛から

解放してみました。

Z1000Mk競スタム (2)ついでにインジケーターの電球を

LED化してみました。

後はメーターバックライトをLED化すれば

ヘッドライト以外LEDになります。

Z1000Mk競スタム (3)この暑さで、油温もかなり厳しいので

不本意ながらオイルクーラーを

取付ける事にしました。

定番はサイド回しなのですが

Z1000Mk競スタム (4)僕の場合、左側への立ちゴケが多いので

ホースの取回しを真ん中からにします。

コアも小さめの黒色で余り目立ちません。

苦労はしましたが、取付け完了です。

Z1000Mk競スタム (5)先日のツーリングで弟の後ろを走り

フォアの集合管の音に感化され

車重も軽くなるし、偶然にも手に入った

新品のKER KERマフラーを取付け

余り知らなかったのですが、KER KERマフラーは廃盤になって

値段が高騰していたらしいのですが、良い物が手に入りました。

パワーも出て音も良いので満足してます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年06月30日

CP月例ツーリングのお知らせ3

【CP月例ツーリングのお知らせ】
7月8日(日曜日)に開催予定のCP月例ツーリングについて
第一集合場所:CP
集合時間:8:00〜出発時間:8:30(時間厳守)
大山崎JCTから入り、京都縦貫道:園部IC出口
第二集合場所:道の駅美山ふれあい広場
集合時間:10:00〜出発時間:10:30(時間厳守)
昼食は月曜日に再度下見をしてから改めて決める予定です。
梅雨明け間近らしいのですが気温、湿度とも高いと思いますので
各自熱中症対策をして下さい。
天気の急変が懸念される為降水確率30%以上で中止。
月曜の下見ツーリングは8:00CP集合予定です。


名古屋N号納車

天気の良い合間を狙ってN号のお引取り納車に

名古屋K号車検その他のご相談 (1)タンデムでご来店はK様。

8月の継続車検もご予約頂きました。

少しエンジンからオイル滲みが

気になるご様子なので

お預かりした時にチェックする事になりました。

名古屋K号車検その他のご相談 (2)ついでに軽く数箇所のダメだしをして

純正だと思っていたテールライトブラケットが

リプロだった事にショックを受けて居られた様子で

更に追い討ちを掛けるかの様に

赤○部分にリプロ品テールライトブラケットあるあるのクラックを発見!

名古屋K号車検その他のご相談 (3)お早い目の処置をお勧めしたら

店にぶら下げてあった

純正再メッキテールライトブラケットを

見つけてキープされましたw

N号も晩秋頃の車検のご相談と、エンジンボアアップのご相談を頂きました。


13号機ETC取付け

7月7日の土曜日に納車予定の13号機のバッテリー交換とETCの取付け。

13号機ETC取付け (1)テスト用バッテリーを取外し

新しいバッテリーを充電して取付け。

USB電源もバッテリーから直接取出します。

この電源は機器を接続しないと作動しない上に

バッテリー電圧が下がるとOFFになる物なので、バッ直でもOKなんです。

13号機ETC取付け (2)ETC本体を何処に取付けようかと

かなり悩みましたが

発想の転換でシート側にベルクロで

固定しました。

13号機ETC取付け (3)これならカードの出し入れも簡単。

配線類はエアークリーナーBOXに

収納するので、あのごちゃごちゃと

余る配線もこれで多少は始末が良いと思います。

13号機ETC取付け (4)ヘッドライトも交換完了。

ETCのアンテナは

目立たない位置にとの事ですが

感知しないといけないので

13号機ETC取付け (5)それなりの位置に取付けました。

近日中にセットアップしてきます。

タンクにガソリンを入れて

久し振りにキャブにガソリンを流し込み

13号機ETC取付け (6)エンジンを始動させて最終チェック。

何の問題も無くエンジンに火が入り

快適に動いてます。

後もう少し試運転をしておきますね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年06月26日

レーシングカートの修理依頼3

明日の定休日は来月開催予定の
CPツーリングの下見に行って来ようと思ってます。
4月から乗れて居ない欲求不満気味の
S女にも声を掛けたので
多分来るんじゃないかと思ってます。


地震水漏れ原因調査

昨日は早仕舞いをして二階浴室からの水漏れ原因の調査など

地震水漏れチェックと家の点検 (1)プロの目で見て貰う事にしました。

まずは一階天井裏のチェックですが

脚立が低いのが残念・・・



地震水漏れチェックと家の点検 (2)次に一階階段横クローゼットの柱下。

幅木が浮き上がっているので

柱に異常が無いかを点検して貰いましたが

特に問題が無かったので一安心です。

地震水漏れチェックと家の点検 (3)次に二階浴室の側板を取外して

水漏れ箇所を検索してもらい

原因が判明しました。

単純に浴槽の排水ホースがずれて

排水溝からオーバーフローした事が原因だと判明。

原因が分からないと悪質な業者にぼったくられるかも知れなかった。

後は家を建ててから一度も掃除をした事がない浴槽の内側?

を綺麗に掃除して、修理をする事になります。


13号機仕様変更

仕上がり次第、香川へ嫁ぐ13号機の仕様変更と追加作業に取掛かります。

13号機仕様変更 (1)仕様変更の内容はタンク、サイドカバー

ヘッドライト、シートの交換と

ETCなど電装関係の追加取付けとなります。



13号機仕様変更 (2)まずは外装を全部取外して

ヘッドライトケースも取外しました。





13号機仕様変更 (3)新しくマーシャルのヘッドライトケースを

セットして、配線も完了。





13号機仕様変更 (4)スマホホルダーも取付けました。

これはオーナーからのご依頼です。





13号機仕様変更 (5)スマホ用USB電源も取付け

余り目立たない様にとの事ですが

本体の色と使い勝手も考えると

ここが一番ベストかなぁ・・・

13号機仕様変更 (6)後はETCの取付けなのですが

今までとは発想を変えて

取付けて見る事にします。



13号機仕様変更 (7)新品のバッテリーに交換するので

バッテリー液を注入して

充電をして置きます。



13号機仕様変更 (8)タンクキャップも絶版寸前で

BO状態がかなり続いています。

タンクキャップの滑り材も無いので

ジュラコンで滑り材を製作しました。

13号機仕様変更 (9)タンクを仕上げて仮に取付けて

イメージ様画像を撮影。





13号機仕様変更 (10)オーナーからのご依頼で

シートはタックロールシートに変更。

これもまたイメージ画像を撮影しました。

後はETCの取付けセットアップと

ヘッドライトの取付けで、仕様変更と追加作業は終わります。

取合えず今日はここまで。


ブログNG車両仕上げ一日目

完全ブログNG車両の仕上げ作業に取掛かります。

完全ブログNG車両仕上げ一日目 (1)ヘッドカバーが届いたのですが

ロッカーアームがほぼほぼカジっているので

全部交換する事になりました。

在庫のリメイクロッカーアームが

完全ブログNG車両仕上げ一日目 (2)1台分あったので助かりました。

これでヘッドカバーの仕上げが出来ます。

純正カムも新品なので

やっぱりこうでなくっちゃねぇ

もう後ここからは完全にNGとなります。

仕上がったエンジンの搭載準備が整いました!

で、どーん!搭載完了です。


後輩からの依頼

以前から相談を受けていた後輩が今日持って来た

レーシングカート修理依頼 (1)レーシングカートの修理依頼。

思っていた物とは状態が全然違う・・・

全部バラバラの状態物を

動く様にして欲しいと言って

レーシングカート修理依頼 (2)持って来たのは良いけれど

これは中々スペースが必要なので

ただでさえ狭い店なのに

この物を保管する事になった・・・

レーシングカート修理依頼 (3)取り合えずこの曲がった

ドライブシャフトを取外す事に。





レーシングカート修理依頼 (4)サクサクッとドライブシャフトは

取外しましたが

曲がっているのでピロボールベアリングが

抜けないのでシャフトをカットして

レーシングカート修理依頼 (5)抜く事にしたのですが

一番邪魔な車体を取合えず

立て掛けて保管する事にしました。

もう・・・


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

嫁の地震予知3

沢山の方々から連絡方法としてSNSや電話などを
頂きましてとてもありがたく思います。
震源地に近い事もあり、未だに余震はありますが
家族、兄弟、友人、後輩など僕の周りでは
被害の大小はある物の、全員無事にしております。
ご心配を頂きまして、ありがとう御座いました。
嫁が数週間前から階段の所に非常用持出し袋を置いてあり
中を入れ替えたりして点検をしていたり
つい三日程前にはレオとちゃP用の
非難防災グッズを入れる大型リュックが届いたばかりで
相変わらずそう言う嫁の怖さを感じました。
今朝もトイレでウンコをしていると
大き目の余震が来たので、もうウンコするのも
トラウマレベルになって来ました。


我が家の被害状況

昨日姫からメッセージが入り「水曜日ツーリング行こう!」と言ってきた・・・

別に行っても良いけど、それ所じゃないと思うけど・・・しかも雨だし。

と言う事で中止になりました。

我が家の昨日の地震被害 (1)嫁が数週間前から用意してあった

非常用持出し袋と、レオ&ちゃP用

大型リュックも1階に下ろしてあった。

日頃からの準備は万全なようである。

我が家のライフラインは特に問題はありませんが

嫁が「ガスが出んからご飯無し」と言うので

我が家の昨日の地震被害 (2)いやいや、ガスメーターのリセットすれば

ガスは使えるからと言ったら

舌打ちされた・・・

これ以外と知らなかった人が多いらしいね。

我が家の昨日の地震被害 (3)三階にある僕の部屋ですが

どうせまた地震が来るからと言って

片付けてくれません・・・

焼酎の空瓶が割れたぐらいで

他に机や椅子が散乱していた程度でした。

我が家の昨日の地震被害 (4)息子の部屋にも焼酎の空瓶が・・・

掛時計は落下しガラスが割れてました。

書類?などが散乱していた程度でした

因みに嫁の部屋は既に綺麗に片付いてました。

リビングを含めて家の家具類は転倒防止処置をしてあったので

倒れる事も無く、そう言った意味で怪我もありませんでした。

親兄弟達、親戚関係も全員無事で甥が地震の恐怖の余り

39度の知恵熱が出たぐらいです。

銀ちゃんはその時京都で仕事をしていたらしく無事。

僕の友人、後輩達も全員無事で一安心でした。

所で僕は明日からトイレに行くのをどうしようかと思います・・・

義妹から「そんなん地震がくるんやったら教えてよぉ」って言ってましたが

ナマズレベルの地震予知だし、北も南も頻発してたのに

関西では地震や噴火が無いので、そう言う意味では二人で警戒はしてました。


GSX1400クーリーレプリカETC取外し

CB400Fへの乗換えで下取り車両となったGSX1400クーリーレプリカ。

クーリーレプリカETC取外し (1)クーリーレプリカETC取外し (2)







オーナーからのご要望で業者オークション出品前にETCを取外します。

クーリーレプリカETC取外し (3)見えない所ですがこう言う雑い所が

イラッっとしますね。

僕の嫌いな配線割込みアイテム

俗に言うカニで電源を引込むのも嫌いです。

クーリーレプリカETC取外し (4)カニを外すと、メインハーネスは

こんな風に傷ついてます。

サブハーネスならまだしも

メインハーネスを傷付けるなんて

クーリーレプリカETC取外し (5)僕には考えられませんねぇ・・・

まぁ量販店では作業効率重視ですからね。

露出した配線を絶縁処理して

ETCの取外しが完了しました。


S君号継続車検準備

何時もの事ですが、突撃入庫のS君号の継続車検と

S君号2018継続車検準備 (1)諸々のカスタムのご依頼ですが

地震の影響で発注した荷物が届きませんし

その上今にも雨が降り出しそうなので

どうしようかと悩んで居る所でした。

S君号2018継続車検準備 (2)取合えず継続車検の準備をするのですが

マフラーが曲がっていて

サイレンサーが抜けない!仕方が無いので

一旦奥にサイレンサーを入れて

S君号2018継続車検準備 (3)曲がっている所を修正して

サイレンサーを抜いたのですが

車検用のサイレンサーが入らないので

穴をビスで埋めました。

次に総LED化とドレスアップの作業に取掛かります。

S君号総LED化とドレスアップ (1)S君号総LED化とドレスアップ (2)







まずインジケーターを総LED化しました。

S君号総LED化とドレスアップ (3)S君号総LED化とドレスアップ (4)







S君号総LED化とドレスアップ (5)ウインカーリレーをLED対応タイプに

変更しましたが

地震の影響で荷物が届きません。

テールライトもLED化しました。

S君号総LED化とドレスアップ (6)キジマのメッキメーターカバーも

メッキがくすんでいるので

新品に交換せよとの事です。



S君号総LED化とドレスアップ (7)メーターバックライト球もLED化するのですが

クッションラバーがもう溶けているので

ついでにこれも交換してしまいます。



S君号総LED化とドレスアップ (8)これでメーターバックライトも

LEDとなりました。

メータークッションラバーも

新品に交換して

S君号総LED化とドレスアップ (10)キジマのメッキメーターカバーも

新品に交換完了しました。

後はウインカーだけとなりました。

車検は今週中に終わらせますので

週末には納車させて下さい!!!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)

2018年06月14日

Z1000Mk競肇蹈灰ぅ票斡化オイルポンプ4

何故か最近食べても太らなくなってきた・・・
一週間に500g〜1kぐらいづつ体重が減ってきている。
お酒も飲んでないし何処か調子でも悪いのか?
この調子だと年内には僕の脂肪が無くなってしまう!
なので、僕の脂肪も絶滅危惧種に認定です。
太れなくなったらもう終わりも近いな。


Z100Mk競愁蹈帖璽螢鵐

購入してから初めて天候に恵まれた昨日は

180613下見ツーリング (1)朝から精力&体力を付ける為に

Z1000Mk兇能蕕瓩討

ソロツーリングへ出掛けました。

1979年製と2015年製のツーショット。

180613下見ツーリング (2)平日なので大型車両渋滞もあり

針テラスまで2時間弱掛かりましたが

無事に笠置から柳生の峠を

転倒せず走れて到着しました。

180613下見ツーリング (3)絶滅危惧種のうなぎを食べに

少し遅く10:30に初音までやって来ましたが

一巡目の10番目で入れたので

ラッキーでした。

180613下見ツーリング (4)何時食べれなくなるかも知れないので

特製御ひつまぶしを発注。

体力を付けないと、僕の脂肪が

どんどん減って行ってしまう。

180613下見ツーリング (5)そして待つ事暫しで

キター!

特製御ひつまぶし!久々です。

大変おいしゅう御座いました。

180613下見ツーリング (6)その後はホームコースを走り

草むらのヒーロー達と記念撮影。

マツダの三輪車T2000

僕が生まれて暫くは走っているのを見ました。

180613下見ツーリング (7)シートの下にはTE27トレノがあります。

これ欲しいですね。





180613下見ツーリング (8)180613下見ツーリング (9)







某所の車屋さんにはセドリックバンとコロナマーク粁戮魯吋鵐瓮蝓ローレル?

ここにはレストア中のホンダS800や日産プリンススカイライン、キャロル

もありますが写真撮影NGです。

180613下見ツーリング (10)ここにはセリカ2000GTLBが

三台あったのに暫く見ないうちに

一台減って二台になっていた!

きっと路上復帰しているんだろなぁ

で、合計走行距離約270キロを走りました。

ワインディングを走行した時に、思ったより曲がらないのでちょっとやばかった。

Mk兇辰動娚阿版拡颪悪いのでℓ/16kぐらいの燃費だった。

途中#2のEXスタッドのナットが緩んで外れて排気漏れもありましたが

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭室萇佞無事帰阪、店に戻りメールチェックを済ませ

アクティブのデジタルモニターを装着

センサー類は付けずに回転数と

電圧だけ分かるようにしたり

サイドスタンドを修理したりしてました。


Z1000Mk玉温、油圧センサー取付け

今日油温センサーが入荷してきたので

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭璽札鵐機柴荷取付け (1)早速取付け準備に取掛かります。

まずは油温センサーをセットする

オイルパスキャップに1/8のタップを立て

油圧センサーをセットするパスキャップには

10×12.5Pのタップを立てて準備が整いました。

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭璽札鵐機柴荷取付け (2)油温センサーはオイルパスキャップに

取付けて、純正油圧スイッチの所に

締付けてセット完了です。

次に

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭璽札鵐機柴荷取付け (3)油圧センサーを取付けるのですが

このセンサーは振動に弱いので

ブレーキホースを流用して

エンジンから離して取付けます。

なので10×12.5Pのタップを立てました。

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭璽札鵐機柴荷取付け (4)で、まずエンジンを掛けて

ホース内のエアーを抜きます。

まぁ油圧が下がるとホース内の

オイルも落ちてしまうんですけどね。

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭璽札鵐機柴荷取付け (5)そこに油圧センサーを取付けました。

これでエンジンからの振動は

センサーに伝わらないので

壊れませんね。

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭璽札鵐機柴荷取付け (6)で、早速エンジンを掛けてみると

まだエンジンは温まってないし

トロコイドポンプなのに

アイドリングでも23Kpaってどんだけ低いねん。

Z1000Mk競妊献織襯瓠璽拭璽札鵐機柴荷取付け (7)5,000rpmまで回してやっと

100Kpaまで上がりました。

油圧と言う物は一定なので

ホースが長いから低いと言う物ではありません。

僕の街乗りのCB400Fでアイドリングで温度が70度でも200Kpa〜なのに・・・

Z系純正ギアー式ポンプと試作トロコイド式ポンプを比較すると

理論上オイルの流量は43%アップする計算になっているので

純正ギアー式オイルポンプであのエンジンをまかなうって不思議で仕方が無いし

油圧が低いはずなので怖くて乗れないわ。

今は作って無いらしい実用新案を出している

埼玉の某ファクトリーでも理論値は純正の29%アップになります。

で、僕が量産を諦めた原因のDクラフト製の性能を調べてみると

世界に3個しかない僕のポンプと余り変わらないみたいです。


ブログNG車両エンジン仕上げ

明日は雨らしいので本格的な作業は明日からにします。

ブログNG車両エンジン仕上げ (1)取合えず雨でも作業が出来るように

スペースを開けるように

PITと作業スペースを整頓しました。



ブログNG車両エンジン仕上げ (2)やる気があれば明日中には

仕上がると思います。

なので今晩は嫁と焼き鳥を食べて

明日に備える事にしますわw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年06月11日

アウトレイジ&LED化3

せっかくの日曜日の定休日も雨で
Z1000Mk兇望茲辰峠亞櫃韻蕕譴覆った。
けど、明後日定休日の水曜日は天気が良さそうなので
一っ走り行けそうです。
水曜日の天気が変わらない事を祈ります。


名古屋N号総LED化完了

メインハーネスを交換し、インジケーターやメーターバックライトも

名古屋N号総LED化完了 (1)LED化して残るはウインカー本体だけで

今日LED用ウインカーリレーと

LED球が入荷して来たので

早速交換をしました。

名古屋N号総LED化完了 (2)全ての悩みも解決して総LED化となり

残す作業はオイル交換のみとなりました。

天気が良くなりPITが使える時に

作業を終わらせます。

タイミングと天候が良ければ、今週中に納車は可能になります。

Z1000MkLED化ついでに僕のZ1000Mk兇眩LED化へ

ウインカー、ポジション、テールライトまで

LED化したのですが、インジケーターと

メーターバックランプはまだやってません。

Z1000Mk桐僖▲ティブ油温油圧メーター入荷アクティブの油温、油圧メーターも入荷。

油温センサーの入荷が遅れています。

何処に取付けようかなぁ・・・w

やっぱりガンダム化してきちゃってますw

アウトレイジ3部作購入北野たけし監督のアウトレイジ最終章

全三部作を纏めて購入したのも

一緒に入荷してきました。

今日は仕事にならないかもねw


ブログNG車両エンジン仕上げ

アウトレイジ最終章のDVDを鑑賞してから作業開始。

ブログNG車両エンジン仕上げ搭載前 (1)ブログNG車両エンジンの不足部品が

入荷して来たので

早速組付けてエンジン搭載準備に

取掛かります。

ブログNG車両エンジン仕上げ搭載前 (2)純正スタッドボルト

取付け完了。





ブログNG車両エンジン仕上げ搭載前 (3)CRキャブ用にオフセットした

純正新品のインシュレーターも

取付け完了しました。

これで天気さえ良ければ

エンジン搭載が可能な状態になりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年06月09日

貴重な梅雨の晴れ間3

危うくすっかり忘れていたのですが
今月は毎年恒例の結婚記念日だった。
32年目なので、特に節目と言う分けでも無いし
嫁は余り物欲が無いので、何か美味しい物でも
食べに行こうかなぁ
そーっとリサーチしてみよう。


ブログNG車両エンジン仕上げ二日目

やっとヘッドまで搭載出来たブログNG車両のエンジン。

ブログNGエンジンヘッドカバー取付け (1)今日は増し締めをしてから

ヘッドカバーの下拵え

ヘッドカバーを搭載して

ロッカーアームの調整。

ブログNGエンジンヘッドカバー取付け (2)スタッドボルトが無かったし

インシュレーターもご臨終なので発注したら

インシュレーターAは7/6までBOだった。

でもCRキャブなので

ブログNGエンジンヘッドカバー取付け (3)インシュレーターBだけで良いんだよねぇw

何時も書いている事ですが

「部品は揃っている」は信じてませんし

例え揃っていても分けて無いので

探す手間が大変なんですよね。

取合えず今日はここまで天気が良いから搭載したかったんだけど

まぁタイミングが何時も悪いです。


まっきーレーサー号エンジンO/H準備

エンジン組立て作業台も空きそうなので

まっきーレーサーエンジンOH準備 (1)貴重な梅雨の晴れ間を利用して

まっきーレーサーエンジンO/Hの準備。

オイルパンは外されているけど

オイルフィルターは付いたままなので

まっきーレーサーエンジンOH準備 (2)モチュールの300Vは油膜が

しっかりと残るので

洗浄が大変なんですよねw

で、エンジンを下ろす準備を

闇を抱えたエンジン予備ヘッド完成 (1)しようとしていた所へ

闇を抱えたエンジン用予備ヘッドが

内燃機加工から仕上がって

戻ってきたので、先にこれを仕上げて

闇を抱えたエンジン予備ヘッド完成 (2)発送する事にしました。

サクサクっとバルブスプリングを

セットして、はい完成!

本日発送しました。

まっきーレーサーエンジンOH準備 (3)で、やりかけだった

まっきーレーサー号のエンジンを

どーん!

下ろしました。

まっきーレーサーエンジンOH準備 (4)そのままエンジン組立て作業室に

持って行こうと思ったら

滑ってこけそうになったので

見ると・・・もう・・・やっぱりこうなるよね。

まっきーレーサーエンジンOH準備 (5)オイルフラッグが出たので

スタートディレイとなり

コース上のオイルを除去して

エンジン組立て室までレッカー移動し

分解の時を待つばかりとなりました。


名古屋N号メインハーネス交換

今日の貴重な晴れ間をしっかりと使いたいので

名古屋N号メインハーネス交換総LED化 (1)名古屋N号のメインハーネスも

交換してしまいます。

サクサクッと・・・



名古屋N号メインハーネス交換総LED化 (2)取外しが完了しました。

続いて

サクサクッと・・・



名古屋N号メインハーネス交換総LED化 (4)新しい配線に交換完了。

ハーネスバンドも純正品にしました。





名古屋N号メインハーネス交換総LED化 (5)で、後は総LED化へ

メーターバックライトは白に交換。





名古屋N号メインハーネス交換総LED化 (6)インジケーターもLED化







名古屋N号メインハーネス交換総LED化 (7)ここは白だと色合いが変わるので

各色のLEDに変更しました。

後はウインカーとLED対応リレーが

入荷してくれば、総LED化も完了します。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年06月04日

CB400F CP20号機商談3

定休日の水曜日は新しい相棒Z1000Mk兇
一っ走り行って来ようかと思っていたのに
残念な事に天気が悪いらしい・・・
Zに浮気をしてから何かと雨に祟られるなぁ・・・
Z1000Mk脅宅から出勤朝、自宅からの出勤時
嫁に2階から隠し撮りされて
メールで送られてきた画像ですが
嫁が書いたメッセージに
バイク ちっさ」って書いてあった・・・
そんな事無いやろって思うぐらい
大きいはずなんだけど・・・
じゃぁフォアの時は
どう思っていたんだろう?
微妙にムカつくわぁ
Mk兇禄淑大きいと思うけどなぁ・・・


名古屋N号LED不具合調査三日目

電装系は原因が分かれば「何だ、これかぁ・・・」って感じなのですが

名古屋N号LED不具合調査三日目 (1)そこに辿り着くまでが苦労するわけで

調査開始からとうとう三日目になりました。

で、今日は横着をせずテスターで

メインハーネスをチェックして行きます。

名古屋N号LED不具合調査三日目 (2)イグニッションを入れっぱなしでの作業。

バッテリーが持たないので

充電しながら調べて行くと

何気に傾向が見えてきた!

名古屋N号LED不具合調査三日目 (3)メインハーネス側ウインカー電源線に

怪しい所が見つかった。

どうやらこのグレーのウインカー電源線に

何か問題がありそうなので追いかけると

ウインカーリレーに入っているメインハーネスの

黒の電源ラインに問題がある所まで辿り着いた。

名古屋N号LED不具合調査三日目 (4)白の仮配線でウインカーラインを

直結で接続してみると

ヘッドライトが点滅しなくなったので

これで原因はグレーらかに黒になった。

これはメインハーネスの電源ラインが地絡、溶着している可能性があり

運が悪ければ、メインハーネスが燃える場合があるので

交換する事がベストだと思います。

まぁ三日も掛かりましたが原因が分かって良かったです。


20号機ベース408商談

今ボチボチと手入れをしているベース車両408が

ベース408フロントブレーキキャリパーOH (1)商談に入りました。

まだブレーキのO/Hをしている途中。

レストアの方向も決めていない状態で

今からこのベースを使って

GSX1400クーリーレプリカ (2)好みの車両に仕上がるので良いと思います。

ご商談の方が今所有されている

限定GSX1400クーリーレプリカからの

乗り換えでご来店され商談中となりました。

ベース408を仕上げるとCP20号機となり

これもある意味アニバーサリー車両と言う事になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)

2018年06月03日

バイク用ドライブレコーダー3

店から自宅まで2キロちょっとの距離ですが
Z1000Mk兇やって来てから
片道1時間掛けて通勤しています。
そして毎日が遠足病で、朝3時には目が覚めてしまい
色々と妄想タイムに突入する今日この頃・・・
おかげで日中は眠いです。


Z1000Mk兇縫疋薀譽柿着

昨晩も閉店後にZ1000Mk兇縫疋薀譽柿着作業をしてました。

Z1000Mk競疋薀譽骸萇佞気が付くと時刻は21時前w

配線の仕舞いも程ほどで済ませ

店から1時間掛けて帰宅。

久し振りに毎日が楽しいけど、しんどいです。

雨でも降ってくれれば、遠足病も治るのにw


大阪H号用ブレンボWディスクキット入荷

ボトムケースの加工にかなり時間が経っており

大阪H号用Wディスクキット入荷どうにかならないかと思い

BRC秘蔵品、もうこれしかないと言う物を

強制的に取寄せました。

天気次第ですが

何時でも作業に取掛かれます。

改めてご連絡致します。


京都GTH号リアタイヤ交換

GTH号のオーナーも若干遠足病気味でCP開店前にご来店w

京都GTH号リアタイヤ交換180603 (1)貴重な入梅前の晴れ間に

リアタイヤ交換にご来店。

もう完全に使い切りましたねw



京都GTH号リアタイヤ交換180603 (2)フロントタイヤももうそろそろな感じです。

新しいタイヤになった所で

ドライブチェーンも調整して

早速奈良方面へ一っ走りへ向かいました。


名古屋N号LED不具合調査二日目

全く初めての現象で、色々な方面の方からも

名古屋N号LED不具合調査二日目 (1)アドバイスを頂きましたが

全く改善されないので

全部を疑って掛かる事になります。

まずはハンドルスイッチから交換。

名古屋N号LED不具合調査二日目 (2)えー!そこ千切れるぅー・・・

ちゃんと二股配線を作ってぇー・・・

余計な仕事が増えました。



名古屋N号LED不具合調査二日目 (3)で、左側ハンドルスイッチの

交換が完了しました。

僕的にはこれが一番怪しいと

思っているので、これで解決すると

名古屋N号LED不具合調査二日目 (4)思っていたのですが・・・

結果は・・・残念な事に改善されなかった。

もう既に心は折れてます。

それじゃぁ反対側のスイッチなのか?

名古屋N号LED不具合調査二日目 (5)と思い、F1車検用ハンドルに付いている

右側ハンドルスイッチの配線を

接続してみました。

これで解決してくれと願い

名古屋N号LED不具合調査二日目 (6)ヘッドライトを点灯して

ウインカーを操作した結果・・・

全然変化無しでした。

まぁこれでハンドルスイッチの

無罪は確定しましたが、僕のやる気スイッチはOFFになりました。

念の為アースが全部落ちてるかチェックしたけど全然問題ない。

名古屋N号LED不具合調査二日目 (7)もう眠たい・・・と思いながら

現状復旧。

次の作戦を考えるために

今日は後一つ確認をします。

名古屋N号LED不具合調査二日目 (9)電球タイプのテールライトユニットに

配線を差し替え

パーツ毎に問題が無いかを

確認をして、一つづつ無罪判定をします。

名古屋N号LED不具合調査二日目 (10)まぁ直ればラッキーだと思うんだけど

テールライトユニットも同じように

点滅するので、無罪が確定。

と言う事で、今日も完全に煮詰まりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年06月02日

運転練習中4

真っ直ぐ走る事は問題無いので
毎朝、毎晩、裏路地をゆっくり走って
取回しの練習やUターンクランクなどの
練習をしている所で、今日やっとUターンが
出来るようになりました。
フォアで簡単に出来る事がZ1000Mk兇任
中々出来難いのですが
CP1号レーサーよりは扱い易いです。
定休日に一っ走り行って来ようかと思ったのですが
どうやら入梅の気配がしますねぇ・・・涙。


Z1000Mk競譟璽澄蔀誼竜

昨日は残業をしてZ1000Mk兇縫譟璽澄蔀誼竜,覆匹鮗萇佞韻泙靴拭

Z1000Mk競譟璽澄蔀誼竜 USB 電源取付け電源を何処から取るのが一番良いのか

かなり悩みましたが、これでETCも含めて

取付けが完了し、後はドラレコを付けて

油温、油圧計を取付ける予定です。

何だかフォアと傾向が似てきたなぁ・・・


街道カフェレーサーT号オイルクーラー装着

やっと入荷してきたアクティブのオイルクーラーを

街道カフェレーサーT号オイルクーラー取付け (1)今日取付ける事になったT号なのですが

心配なのはカウルやカウルステーが

取付いている事が気になりますが

早速作業開始です。

街道カフェレーサーT号オイルクーラー取付け (2)まずはスピードメーターワイヤーの

交換から始めようとエンブレムを外すと

ステムボルトの締め付けが緩い。

こわ・・・しかもボルトが社外品で短い。

街道カフェレーサーT号オイルクーラー取付け (3)純正の正規の長さに交換。

少々短いのは許せても

トルクが掛かって無いのはダメだね。

スピードメーターワイヤーを交換して

街道カフェレーサーT号オイルクーラー取付け (4)エンジンオイルを抜きます。

メインのオイルクーラー取付けと

オイルポンプもフル強化オイルポンプに

今回交換してしまいます。

街道カフェレーサーT号オイルクーラー取付け (5)で、カウルステーを交わして

オイルクーラーの取付けが

無事完了しました。



街道カフェレーサーT号オイルクーラー取付け (6)オイルポンプもフル強化オイルポンプに

交換しましたが、交換後の画像を

撮影するのを忘れてました。

オイル漏れチェックも済ませて

今回オーナーの妄想は実現できました。


名古屋N号LED不具合調査一日目

ヘッドライトを点灯させウインカーを操作すると

名古屋N号LED不具合調査 (1)ヘッドライトも点滅する原因の調査を

午後から本格的に調査を

開始する事にしました。

配線を確認しようと思い

名古屋N号LED不具合調査 (2)シートロックを解除しようと思ったら

蓋が開かない?・・・ので

そろーっと開いてみると

鍵穴の表側がめくれていたのが原因だった。

名古屋N号LED不具合調査 (3)取合えずめくれ上がっている所を修正して

蓋が引っ掛からない様にしました。

で、タンクを取外して本題の

メインハーネスをチェック!

名古屋N号LED不具合調査 (4)メインハーネスからは

ETC電源ぐらいしか取ってない。

サイドカバーを開けると

何やらユニットがあって

名古屋N号LED不具合調査 (6)その電源をテールライトから

引いているだけで

特に問題になる箇所は無かったけど



名古屋N号LED不具合調査 (5)何とまぁ・・・テールライトまで

一緒に点滅している事が分かった。

そりゃぁそうだわなぁ・・・

ウインカーを操作すると

名古屋N号LED不具合調査 (7)LED系統に5V程度の電圧が掛かる。

ウインカーはLEDではないので

ある意味12V近く流れないと

反応しないので、何かが起こっているには

名古屋N号LED不具合調査 (8)間違いないのだけど、そう言う意味では

メインハーネス、ハンドルスイッチなどは

特に問題箇所が見つからないので

煮詰まってしまい、今日はギブアップ・・・

名古屋N号LED不具合調査 (9)ヘッドライトはLEDじゃなくH4でも

同じ症状が出るので

原因はLEDでは無い。

中々手ごわいですね。

ひょっとするとハンドルスイッチその物に問題があるのかも知れない。

この調査を本格的にすると時間がかなり掛かります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2018年06月01日

嵐の木曜日3

 昨晩はちゃんと天気予報と雨雲レーダーを見てから
これならZ1000Mk兇了遽薪召出来ると思い
スタンドへ行きガソリンを入れて出発したのですが
1キロも走らない内に東の空に稲光が!・・・
と思った瞬間
横殴りの大雨が降り出したので
大急ぎで店に戻ったけど、時既に遅くずぶ濡れ
雨宿りしても雨が横から降るので
どうしようもなかった・・・そんな時浮かんだ曲。

タンクカラーとワインもぴったりだと思った・・・
行ってしまった嵐の中に♪店に戻ったけど
雨でハートブレークだし、嵐がやんだらマイホームへ帰りました。


Z1000Mk粁泙僚蘊茲蠅らの電装系トラブル

入梅間近なので、貴重な晴れ間はバイクに乗りたいですよねぇ・・・

そんな僕も昨晩、ガソリンを入れて軽く走ってから

Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (1)帰ろうと思っていたのですが

突然の横殴りの大雨が降ってきて

ずぶ濡れでどうしようもない状態になった。

雨宿りしても横から降る雨には

Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (2)どうする事も出来なかった。

2キロも走ってないのに・・・

もう濡らしてしまった事が残念。

しかも寒い。

Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (3)1時間程軒下で退避していたら

雨も上がったので、取合えずエアブローして

水気を飛ばしたのですが

セルモーターが回らないトラブルが発生!

Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (4)クラッチスイッチの故障かと思い

満タンにガソリンが入った

タンクを取外して配線をチェック



Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (5)ワニ口クリップで短絡したけど

セルは回らないので

原因はセルボタンの可能性に移行。



Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (6)ついでに、どの道クラッチスイッチは

壊れる可能性があるので

配線を作って直結状態に処理をして置きます。



Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (7)セルボタンの接触不良かと思い

接点復活剤をスプレーしたけど

症状が改善される事は無かったので

諦めてキックでエンジンを始動させて

Z1000Mk狭覬の初乗りからのトラブル (8)何とか自宅まで帰る事が出来ました。

初乗りで土砂降りに遭ってしまい

旧車あるあるで、残念な故障も発生。



Z1000Mk響甬きリベンジ出勤前に遠回りそんな今朝は昨晩と打って変わって

きょっちえぇ天気だったので

何時もより早く家を出て軽く走ってきて

何時もの場所で記念撮影。

暫くは練習とETC等を取付けたりしてツーリングに行きたいのですが

セルが使えないのは辛いので、営業開始前に不具合チェック!

マグネットスイッチからチェックしようとサイドカバーを開けると・・・

Z1000Mk競札襯好ぅ奪糎両禪彊w何とまぁ・・・セルが動かなくなった

原因が分かりましたw

マグネットスイッチのギボシが

緩んでいたのが原因でしたw

Z1000MkETC取付け (1)ついでにETC等も取付けたのですが

何処から電源を引込めば良いのか

分からずにテスターで電源を探して

接続するとエンジンが掛からなかったり

Z1000MkETC取付け (2)20Aのヒューズが飛んだりするので

ドライブレコーダーの配線も

中止して、今日はここまでで終了。

でも、セルスターターが復活して良かった。


京都H号総合点検

来月北海道へツーリングに行くらしく

京都H号電装系総合点検 (1)総合点検で入庫してきた京都H号。

メカ的な所はザーッとチェックして

電装関係をメインにチェックします。

まずはオイル交換から。

京都H号電装系総合点検 (2)オイルを抜いている間に

プラグ交換なのですが

オーナー持参のプラグはD8EAで

使っていたプラグはRプラグ・・・

まぁ予備として持って行って下さい。

京都H号電装系総合点検 (4)バッテリー液などをチェックして

発電量もチェック。

15V近くまで元気良く発電してくれるので

問題は無いでしょう。

京都H号電装系総合点検 (5)ポイントも点検。

サンドペーパーで接点を磨いて

クリアランスをチェック。



京都H号電装系総合点検 (6)点火時期が少し遅れていたので

点火時期も調整。

これで電装系のチェックは完了。



京都H号電装系総合点検 (7)後は全体的にチェックを済ませました。

まぁ心配なのはワイヤーぐらいかなぁ

補修用のタイコを持って行った方が

良いかも知れませんね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年05月29日

電装系の罠達3

本日は夕方から私用での打合せの為早仕舞いです。
現在PITはオーバーフロー気味です。
サクサク捌いてゆく予定なのですが
これからの時期梅雨に入ると車両を
濡らす訳には行かないので
CPにとっても厳しくなる時期になって来そうです。


書類紛失車両408cc続き

ここ数日の間、電装系の罠にズッポリと首まで浸かっています。

で、今日は398に続き408の書類再発行に向けて

高槻H氏書類紛失第二段408ccホーン&ブレーキランプ不良調査 (1)車両をチェックしている所なのですが

相変わらず電装関係の不具合が多く

ホーンが鳴らないので原因を調査する為

ハンドルスイッチを疑ってみた所

やっぱりハンドルスイッチの故障が原因だったと判明しました。

高槻H氏書類紛失第二段408ccホーン&ブレーキランプ不良調査 (2)次にブレーキランプ、ナンバー灯が

点灯しないので、恐らくテールライトユニット

その物が一番怪しいと思う所で

念の為圧力スイッチをチェックしましたが

高槻H氏書類紛失第二段408ccホーン&ブレーキランプ不良調査 (3)やっぱり問題が無かったので

テールライトユニットを交換したら

無事点灯したので、これも原因が判明し

問題は解決したので

高槻H氏書類紛失第二段408ccホーン&ブレーキランプ不良修正 (1)早速交換し二つ目の罠も

無事クリアー出来ました。





高槻H氏書類紛失第二段408ccホーン&ブレーキランプ不良修正 (2)ホーンが鳴らない原因のハンドルスイッチを

修理しようかと思い分解しようとしたのですが

断線の可能性もあったので

分解修理も面倒なので

高槻H氏書類紛失第二段408ccホーン&ブレーキランプ不良修正 (3)使えるハンドルスイッチの

中古品を探し出して付け替え

これで大きな罠は全部クリアー



高槻H氏書類紛失第二段408ccホーン&ブレーキランプ不良修正 (4)これでやっと車検証再発行準備が

整いました。

近日中に車検証の再発行に

出す事が出来ます。


ベース408ウインカー

先日の火入れチェックの時にウインカーが点灯しなかったので

ベース408ウインカー点滅 (1)多分ウインカーリレーが

故障しているんだろうと予測していたので





ベース408ウインカー点滅 (2)実働確認済みのウインカーリレーと

交換してウインカーの点滅を

確認してみます。



ベース408ウインカー点滅 (3)結果はビンゴ!

ベース408のウインカーが点滅しました・・・

ん・・・?



ベース408ウインカー点滅 (4)フロントウインカーが点滅していないし

ハザードの如く消えそうな光で

前両方が点滅しています。

これはよくあるアース不良の現象です。

ベース408ウインカー点滅 (5)ヘッドライトを取外してみると

ヘッドライトステーはリペイントされており

カラーも不在だったので

原因はこれで明らかですね。

ベース408ウインカー点滅 (6)サクサクっとアース不良を改善。

無事にウインカーが点滅してくれました。

これでベース408の電装系不具合の罠も

無事に掻い潜りました。


GTH号リアタイヤ入荷

購入後10,000キロ走行し

GTH号用リアタイヤ入荷危険な状態だったGTHの

リアタイヤが入荷して来ました。

これで予定通り3日に交換作業を行いますが

雨天の場合は順延でお願いします。


さよならEN125

同級生から購入したEN125なのですが

さよならEN125実際に余り乗らない事や

スペースの関係などもあり

弟に引き取って貰う事になりました。

しかも自賠責は32年まで付けて・・・

僕の弟は相変わらずのわらしべ最低野郎です。

ついでの話ですが、CPでお預かりしている車両には

CPのちょっとした事作業中も含めタンクカバーは勿論の事

PITの都合上屋外に出す事も多く

メーターが日焼けしないように

UVカットの生地で作った

メーターカバーを付けて屋外に出しています。

ちょっとした事ですが、色々とした気遣いをしてます。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2)

2018年05月28日

飛び出し事故3

昨日CPのお客様から事故報告の電話がありました。
詳しい事はちゃんと聞いてないのですが
お客様は国道を直進走行中に信号の無い交差点から
おばちゃんが運転する車が急に飛び出してきて
それを避けようと左に回避したら
おばちゃんは左に曲がってきてガードレールと車に挟まれたらしい・・・
怪我は大した事はないとの事ですが
バイクのダメージも含めて災難としか言いようがありません。
水曜日に引き取りに行ってきます。

【早仕舞いのお知らせ】
明日5月29日は私用の為早仕舞いとなります。
営業時間は14時頃までになると思いますので
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


Z1000Mk凝喘羞于瓩修2

昨日アニーズさんからZ1000Mk兇硫菫が沢山届きました!

Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (1)画像はその途中経過です。

トランスミッションカバーを取外し

オイルシール交換。



Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (6)フォアとは違いこう言った部分の

オイルシールが交換できるのは

凄く良いですね。



Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (2)スプロケットカバーは

チェーングリスやオイルでドロドロでした。

これはフォアでも変わりませんねw



Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (4)綺麗に洗浄して

再メッキされた

サウンドアレスターに交換。



Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (3)オイルパンを取外し

溜まったスラッジなどを掃除し

異物が無いかチェック。

オイルポンプも取外してもらいました。

Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (5)綺麗になったオイルパン

特に異物も無く

状態が良いエンジンでした。



Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (9)試作で3個だけ作った

CP製トロコイド式強化オイルポンプを取付け

残り2個はJさんのZ1と

ダブルアップ社長三倉さんの

自家用車で実機に取付けてもらいテスト済みです。

CP製はZ1000Mk兇砲蘯萇佞韻可能な設計です。

試作では軽量化なども加えて、1個当たり30万掛かっていますが

Dクラフトさんから販売されたので、量産はあきらめました。

Z1000Mk凝喘羞于瓩修2 (7)前後ホイールは純正ホイールを

チューブレス仕様へ仕様変更。

早ければ今月中には・・・

あぁもう久し振りに辛抱溜まらん。


408ベース車両火入れ

昨日ご来店頂いたお客様がベース車両に興味を持って頂いた事もあり

またPITはオーバーフロー気味な所へ事故入庫もあるので

ベース408火入れ (1)やり掛けている事をさっさと済ませ

PITを空けないと!

そんな訳で、充電済みテスト用

バッテリーに交換して

ベース408火入れ (2)イグニッションON!・・・あれ?

何でだ?

むー・・・

取合えずヒューズをチェック!

ベース408火入れ (3)

やっぱりぃww

2個腐ってました。

新品に交換して

ベース408火入れ (4)再度!イグニッションON!

OK!

保安部品のチェックをすると

ウインカー以外は問題なし!

ベース408火入れ (5)プラグを外して掃除と

キックでゆっくりクランキング。

プラグは汚れていたので

エンジンは掛かっていたのでしょう。

ベース408火入れ (6)プラグに火が飛ぶ事を

チェックしてから取付け。





ベース408火入れ (7)テスト用キャブにガソリンを

流して火入れの準備が整いました。

で、セルを数回

回したら!

ベース408火入れ (8)はいー!

火が入りました!!

カムチェーンの音がしますぅ・・・



ベース408火入れ (9)それ以外は問題無さそうで

エンジンも良く回ります。



でも・・・

ベース408火入れ (10)白煙がぁぁぁw

まぁこれは仕方ないでしょうね。

無事に火入れと保安部品のチェックも

終わったので後は部品の入荷待ち・・・?

ベース408火入れ (11)あらあら、オイルフィルターから

エンジンオイルが噴出した!

Oリングが入ってないか

朽ちてるだけだと思います。

これでベース408の不具合箇所は電装系のウインカーを直すだけです。


滋賀O号セルモーター修理

セルモーターを回した時、最後の方で「クゥー」と音がする場合。

滋賀O様セルモーターOH (1)セルモーターのコンミューター軸受けに

何らかの問題が発生していると思って下さい。

滋賀O号も同じくセルモーターを回すと

最後に音が鳴り、セルにもパワーが無いので

滋賀O様セルモーターOH (2)完全に壊れる前に修理します。

スプロケットカバーを取外し

セルモターを取出して分解してみると



滋賀O様セルモーターOH (3)案の定えらい事になっていた。

軸受けはやっぱり磨耗して変芯して

コンミューターもその影響で

磨耗してしまってました。

滋賀O様セルモーターOH (4)もうこれだけ磨耗していると

これは使えないので廃棄処分。

代替のコンミューターを探し出す事に。



滋賀O様セルモーターOH (5)ブラシも使い切っている状態だったので

これは交換する事にします。





滋賀O様セルモーターOH (7)軸受け側も磨耗しているのが

分かるかなぁ?

カーボンやコンミューターの

磨耗した物が一杯です。

滋賀O様セルモーターOH (8)中古良品のコンミューターと

軸受けを探し出して交換して組込み

エンジンに装着しました。



滋賀O様セルモーターOH (9)これでセルは機嫌良く動くようになり

セル一発でエンジンも始動。

全部交換するよりはまだお値段も

お安く仕上がりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)