電装品

2021年09月13日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日9月14日(火曜日)は癌検査の日帰り手術の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


CB400国内398ccF2 CP25号機Rウインカー交換

先日予備車検を受けて来たCP25号機をチェックしたいた所

CB400F2CP25号機RLウインカー本体交換 (1)リアウインカーL側に見覚えのない傷が…。

何時何処でこんな傷が入ったのか?

まだ納車前なので、ウインカー本体を

新品に交換する事にしました。

CB400F2CP25号機RLウインカー本体交換 (2)新品なので、ウインカーレンズは現行の

俗に言う二重文字レンズなので

レンズだけはそのまま一重文字のレンズを

移植して使う事になります。

CB400F2CP25号機RLウインカー本体交換 (3)これで謎の傷が入ったウインカー本体は

新品の本体になりました。

ウインカー本体に付いた謎の傷が

納車前に見つかって良かったです。


CB400高槻O様エンジン不調原因調査入庫

先月からエンジン不調でご相談を頂いていた高槻O様。

高槻O様CB400エンジン不調原因調査入庫210913 (1)PITが空いたので早速本日自走で入庫。

アイドリングが不安定な事と

シフト系若しくはクラッチの不具合など

まぁ実質10年程ノントラブルだったので

高槻O様CB400エンジン不調原因調査入庫210913 (2)部品の劣化など、仕方が無い部分も

あると思いますが、取り合えずは

まず点火系チェックから見てみると

かなり点火時期がズレていたので調整。

高槻O様CB400エンジン不調原因調査入庫210913 (3)これでアイドリングは安定し

吹け上りも良くなったので一安心ですが

念の為同調チェックをしてから

インシュレーターもそろそろ交換時期なので

高槻O様CB400エンジン不調原因調査入庫210913 (4)ついでにオーバーフロー気味のキャブも

分解掃除をする事にします。

その他にシフト、クラッチ系統にも

何か問題を抱えている様なので

クラッチも分解する事になります。




peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年08月29日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
昨日は映画撮影出演初日に参加してきました。
色々な俳優さん女優さんが撮影しているシーンの撮影。
撮影現場はピリッとした空気の中
僕は邪魔にならないようにその場の雰囲気に
上手く溶け込めた演技が出来たかな?
やっぱり芸能の方達の演技力は凄いと思う様な撮影一日目でした。
昨日殺害された出演者4名w
で、明日8月30日(月曜日)は昨日に続き映画撮影の為
臨時休業とさせて頂きます。


CP1号機強化オイルポンプ「極み」レポート

CP1号機エンジン仕様:排気量520cc(公認改造車)吸気:特注FCR33Φ

オイルクーラー:アクティブラウンド12段、電動ファン付き

外気温:35℃、一般道国道1号バイパス制限速度60キロ巡行

オイルクーラー入り口約100℃、オイルクーラー出口約85℃

阪神高速走行、制限速度?オイルクーラー入り口約110℃、出口約97℃

その後一般道信号待ちオイルクーラー入り口約117℃、出口約112℃

大阪市内の信号待ちが油温MAXでしたw


CB400Fourオーリンズリアサス

コメント欄にお問合せがあったので、ご参考になればと思います。

サブタンク付きオーリンズ (1)CP1号機に取り付けられているリアサスは

CB750F用サブタンク付きオーリンズで

車高をギリギリまで上げてあり取付芯360mm

バネレートは変更してあります。

サブタンク付きオーリンズ (2)スイングアームに取り付けるエンドアイは

CB400Four用、外側にオフセットされている物。

現在はメーカー廃盤になっています。

このオーリンズはメーカO/H対応可能なタイプ。

サブタンク付きオーリンズ (3)で、当初一般的に使われていたCB400Fourに

取り付けが可能なサブタンク付きオーリンズは

XJR400用の物が使われて居た事が多く

現在も販売しているとは思いますが問題は

サブタンク付きオーリンズ (4)下コの字のエンドアイが廃盤な事です。

銀ちゃん号に取り付けられているリアサスは

俗に言う「ヤマリンズ」でXJR400純正品で

取り付けピッチが340mmでCB400Four

純正ピッチより25mm長くなりますが、320mmの物もあったはずです。

エンドアイはオフセット無しです。

下コの字の幅も広いので間にスペーサーを入れてあります。

型番によってはメーカーO/H不可になって居ますが

オーリンズ社外でO/Hをやってくれる所はあるのでO/Hは可能です

これでご参考になれば幸いです。


銀ちゃん号CB400オーナー募集

若い頃に大きな事故で足に大きなダメージを受けて30年が経ち

CP5号機銀ちゃん号メンテナンスオーナー募集 (1)今そのダメージが年齢と友に悪化し

せっかく自宅もバイクを保管出来る所に

引っ越しもしたのですが、この前の車検でも

2年間で300キロしか乗れておらず

CP5号機銀ちゃん号メンテナンスオーナー募集 (2)日々磨く事でストレスを発散させていた…

この車両を作る時に銀ちゃんに

「カスタム車両は売れないよ!」と言い

本人も一生乗るつもりで、ここまで仕上げるのに

CP5号機銀ちゃん号メンテナンスオーナー募集 (3)少なくとも総額700万は掛けている車両です。

CB400F408cc 398登録リアディスク公認改造

マシーンスペック:エンジン466ccハイカムst1

CP製フル強化オイルポンプ「極み」

CP5号機銀ちゃん号メンテナンスオーナー募集 (4)銀ちゃん特注カラーブラックバージョン

ミッション用大流量オイルポンプ。

アゲイン3速クロスミッション

8ディスククラッチ、ACGキット

CP5号機銀ちゃん号メンテナンスオーナー募集 (5)足回りNC31流用、Fブレーキブレンボ「幻」

リアブレンボ新カニ(公認改造)

スイングアームCP特注3mmワイドメッキ仕上げ

フロントサスホンダ純正流用組み換えCP SP

CP5号機銀ちゃん号メンテナンスオーナー募集 (6)吸排気系:マフラーアゲインメッキ管

FCR28、BS銀ちゃんオリジナル品

電装関係:スタックタコメーター、ACEWELL

ユピテルレーダー探知機、前後ドラレコ装備、ETC

ヨシムラ限定油温計など、平成13年にフルレストアで仕上げて

走行距離はこの8年で9,111キロでまだまだ現役で走れます。

フレーム補強(フレーム番号三桁500番台)シングルリードバルブレデューサー

CPオリジナルオイルキャッチタンクなどもう書ききれない位なので

ノーマル箇所はリアフェンダーとテールライトユニット、シート

シャネルブラックカスタムペイントの408タイプタンクなど

カスタムヵ所は都度お問合せ下さい。

価格は一般流通の中古車価格とほぼ同等レベルだと思って下さい。

CP5号機銀ちゃん号メンテナンスオーナー募集 (7)銀ちゃんが言うには

「このフォアを乗らずに朽ちさせる位なら」

「大事に乗って頂ける方に…」

との事で、今日は銀ちゃん本人が

愛情を込めて最後のメンテナンス…。

まぁ新しいオーナーが決まるまでは現状の調子を維持する為に

僕が乗ったり、銀ちゃんの身体の調子が良い時に軽く乗ると思うので

走行距離は多少伸びると思います。


京都T様CB400ヨシムラ油温計取付

BOだったヨシムラの油温計が先日2個入荷して来たのですが

京都様CB400油温計と速度警告灯取付210829 (1)1個はご予約の方用で取り置きで

残りは早い物勝ち状態で入荷を

お待ちだった京都T様のCB400が

予定の時刻にご来店。

京都様CB400油温計と速度警告灯取付210829 (2)早速油温計取付作業に取り掛かります。

センサー取り付け箇所はこの何時もの

オイルパスキャップBから取り出します。

純正のパスキャップは肉厚が無いので

京都様CB400油温計と速度警告灯取付210829 (3)BRC製リプロのオイルパスキャップを

加工してセンサーを先に取り付けます。

この後油温計本体の取付場所をどうするか

オーナーと相談している時、オーナーが

京都様CB400油温計と速度警告灯取付210829 (4)「この速度警告灯も光らせたいんですよね」

との事だったので、球切れかもと思い

レンズを取り外してみると…w

その下には何も付いていない事が判明した。

京都様CB400油温計と速度警告灯取付210829 (5)で、これもBRC製速度警告灯ランプを

取り付けたのですが、実は肝心な

スピードワーニングユニットも付いて無かった。

なので、ここまで来たらと言う事で

京都様CB400油温計と速度警告灯取付210829 (6)CP製ワーニングユニットも

取り付ける事になり、予定外の作業ですが

どっち道ヘッドライトケース内の配線を

接続しないといけないので、手間は大差が無く

京都様CB400油温計と速度警告灯取付210829 (7)油温計と速度警告灯の取付が完了。

油温計は問題無く作動したので

後は速度警告灯が点灯する様になったのかを

オーナーに確認してもらうので

その報告待ちとなりました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年08月26日

ヨシムラ油温計在庫なし追加発注3

ヨシムラ製油温計、本日完売となりました。
次回入荷予定は10月中旬となっております。
また強化オイルポンプ「極み」に付いても
現在在庫切れ、(取り置き分2個あり)
納期未定となっております。
ご迷惑をお掛け致しますが
よろしくお願い致します。


 カワサキDトラ125ccシート交換

天気予報では今日やっと晴れたので、久しぶりに1号機で出勤!

カワサキDトラ125ccシート交換210824 (1)今日の帰りは試運転がてら

Dトラに乗って帰ろうと思うのですが

その前にメンテナンスをしようと思い

まずこの硬化したシートを交換します。

カワサキDトラ125ccシート交換210824 (2)シートは先日入荷した純正新品のシートです。

で、取り合えず古いシートを取り外しました。

シートを交換している間に他もチェック!

前後ディスクなのでリアブレーキフルードを

カワサキDトラ125ccシート交換210824 (3)交換するのは結構面倒な感じ…

エンジンオイルを交換する事にしました。

エンジンオイルは淡い期待でしたが

交換されてあるのかな?と思ったのですが

カワサキDトラ125ccシート交換210824 (4)結構汚れていたので、交換して良かった。

で、オイル交換も終わったので

新品のシートを開封して取り付け。

これで一昨日天気も回復したので

カワサキDトラ125ccシート交換210824 (5)試運転がてら帰宅したのですが

真っ直ぐ走らないのでチェックしたら

フロントフォークが左に捻じれており

ハンドルが右手前じゃないと

真っ直ぐに走らなかったので、タイヤに蹴りを2.3発入れて

フロントフォークの捻じれが直り、真っ直ぐに無しれる様になりました。

まぁ所詮安定の某Yオク販売車両w相変わらず流石です。


京都T様用CB400ヨシムラ油温計取り付け準備

まぁそもそもこんな事になるとは思っていなかったので

京都T様CB400用ヨシムラ油温計取り付け準備210826 (1)在庫の発注も2個しか発注して

いなかったので、早い物勝ちと言う事で。

今朝朝一にご連絡を頂いた京都T様用に

取り付け準備の為配線などの加工を済ませます。

京都T様CB400用ヨシムラ油温計取り付け準備210826 (2)加工と言ってもこの電源ラインを

ギボシ上げするだけなんですが

配線が細いのですっぽ抜け防止で

ギボシで圧着した後ハンダも流し込みます。

京都T様CB400用ヨシムラ油温計取り付け準備210826 (3)取り出しのオイルパスキャップBは

先日加工してあるので、これで準備は完了。

今度の土曜日は映画の撮影で休業になる為

日曜日のご来店となりました。

30分程あれば取り付けは完了します。

プッシュキャンセルスイッチ製作準備210826それと他にプッシュキャンセルスイッチも

作らないといけなくなってますw

今度は配線色を揃えて、接続間違いが無い様に

ちゃんと分かりやすくして仕上げますので

もう暫くお待ち下さい。


前期メルバキャストホイール修正

10年前ならもっと安く買えたと思いますが

メルバキャストホイールレストア (1)取り付ける予定も無いのについ何となく

ポチってしまい購入してしまった…。

で早速届いたので、開封し歪などをチェック

フロント側は特に問題無かったのですが

メルバキャストホイールレストア (2)リアは残念な事に一カ所曲がっていた…。

こうなればまた僕のレストア魂に火が付き

綺麗に仕上げてやる!って事になってしまった。

メルバは当時元レーサーの生沢 徹氏が

生沢 徹氏 (1)最初に輸入をしたと聞きましたが

イタリアホンダやスズキ、カワサキなどから

オプションで販売されていたと言う

情報の確認は取れていません。

生沢 徹氏 (2)何方か確かな情報があれば教えて下さい。

このメルバホイールにも前期モデルと

後期モデルがあり、前期モデルは

メーカ浮き文字や刻印ありませんが

生沢 徹氏 (3)後期モデルになると可愛らしい文字で

メーカーロゴが入っています。

当時の雑誌に掲載されているメルバにも

メーカーロゴなどは入っていない事が分かります。

生沢 徹氏 (4)で、余談ですが福山雅治さんも

フォアオーナーなのは有名ですが

世界の星野一義氏もフォアオーナーだった

と言う事は余り知られていないかも知れません。

(参考画像提供:関西4in to1オーナーズクラブKUM氏)

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年08月05日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
昨日関西医大にて、緊急的なMRI撮影をしてもらい
その結果発表会が明日8月6日(金曜日)にあります。
結果次第では今後の治療方針に付いての話もあると思います。
何事も無ければ、それはそれで良いのですが
痛みがある以上、この痛みを何とかしないといけないので
痛みの原因を調べないとならないので
また色々な検査になると思います。
MRI撮影で痛みの原因が分かれば良いのか?悪いのか?
結果は!Coming Soon‼


1号機継続車検

昨日は暑かったので、久々に京都南検査票へ行き

1号機継続車検210804 (1)1号機の継続検査を受けて来ました。

真夏の車検場は木陰も無く暑いので

朝一に済ませようと8時過ぎに到着。

相変わらずここの検査場はガラガラです。

1号機継続車検210804 (2)証紙を買って8時45分に書類審査を受けて

始業10分前にラインに並ぶ…暑い‼‼

検査官も暇なので普段ならやらない事も

しっかりとチェックされましたが無事合格。

1号機継続車検210804 (3)合格印を貰って「型式認定74年の逆車だけど」

とブツブツ文句を言ったら細かな所で

上げ足を取られたので素直に引き下がりましたw

で、ラインも無事に1発合格で9時10分には

1号機継続車検210804 (4)書類も出来上がった、実質10分で終わりです。

さっさと店に戻り直ぐにサイレンサーを交換。

検査標章を貼って、これにて継続検査完了。

今までは車検標章シールすら貼っておらず

しょうもない事で止められるのも面倒なのでまぁ一応は表示した。

今度涼しい時に前に持って来ようかな、僕も少しは大人になったな!

車検場からの帰りに少し走って油温の状態をチェック!

オイルクーラー入り口の温度は107℃で、出口の温度が94℃だった。

やっぱり「極み」を入れたらオイルクーラーは余り関係ないかもね。

そう言えばブレーキフルードを交換してないなw

まぁまた時間がある時に交換します。


CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作

昨日MRI撮影まで時間があったので、ちょっと配線色を間違えましたが

CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作210804 (1)一応試作で純正ハンドル対応の

プッシュキャンセルSW左右セットが完成。

操作が左側に集中するので何かと便利で

FCRなどのキャブ用ハイスロも使えます。

CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作210804 (2)左スイッチの配線を延長してギボシを打ち

すっぽ抜け防止のハンダ上げまで

ちゃんと処理をしてあります。

ヘッドライト用の黒に黄色の配線を黒に

CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作210804 (3)間違えて仕上げて仕舞いましたが

試作なので特に問題ではありません。

これで一応試作のプッシュキャンセルSWが

完成したので、まぁその内テスト車両に

CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作210804 (4)取り付ける事にします。

で、汎用品ですがスターティングキルSWも

入荷して来たので、早速これも

純正ハンドル対応に配線を延長します。

CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作210804 (5)配線図が付属していなかったので

分解して配線色をチェック!

ブレーキスイッチの配線はは必要無いので

取外して、残った配線の寸法を測って

CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作210804 (6)配線を接続して延長します。

間違った配線色をスターティングキル

スイッチ側に使いましたw

8Φのハーネスチューブを入れるのに

CB400Four用純正ハンドル対応プッシュキャンセルSW試作210804 (7)ちょっと苦労したので

次は10Φのハーネスチューブに

変更しようかな…取り合えず完成。

これで一応試作のCB400Four純正ハンドル対応

プッシュキャンセルスイッチセットが完成しました。


沖縄A様CB400エンジン搭載PIT配置換え

やっと不足部品が入荷して来たのでサクサクっと取り付けて

沖縄A様CB400エンジン搭載PIT配置換え210805 (1)エンジン搭載準備が再び整いました!

何時もの様にフレームを養生して

エンジンを搭載します!

で!

沖縄A様CB400エンジン搭載PIT配置換え210805 (2)はい!

どーん‼

エンジン搭載完了!

これで後は仕上げて行くだけです。

沖縄A様CB400エンジン搭載PIT配置換え210805 (3)取り合えず25号機を作業用リフトから降ろし

PITの車両を一旦外に出して

車両の配置を考え、作業スペースを確保します。

取り合えず沖縄A様CB400をリフトに搭載

沖縄A様CB400エンジン搭載PIT配置換え210805 (4)リアショックが少し長いので

メインスタンドの下に板を入れて

リアを浮かせてリフトに搭載しました。

これで仕上げ作業を進められます。

沖縄A様CB400エンジン搭載PIT配置換え210805 (5)リフトから降ろした99%完成の25号機と

登録納車間近の旧CP1号レーサー改め

24号機を、取り合えず動線と作業の

邪魔にならない場所に配置しました。

ではサクサクっと仕上げて仕舞おうかと思っていたのですが

暑さのせいなのか、朝飲んだ痛み止めがもう切れて

頭痛が激しくなってきたので、取り合えずモルヒネを飲んで

痛みを抑えるのですが、眠気が出る為エンジン仕上げ作業に

影響が出るといけないので、少し休憩してから作業を再開します…。

後から分かった事ですが、枚方の今日の気温ランキングは14:20分で

全国5位で38.2℃だったらしい…通りでフラフラするはずだわw

沖縄A様CB400エンジンマウント取り付け210805 (1)モルヒネを飲んだら直ぐに頭痛が治まり

少し体調を整えてから作業を再開!

まずはエンジンマウントボルトを入れて

エンジンを固定する準備をします。

沖縄A様CB400エンジンマウント取り付け210805 (2)エンジンガードがあるので締め付けは

ACGなどを取付けてから締め付けます。

このエンジンガードタロッティかと思ったら

違うメーカーの物で、僕は見た事無いかも。

沖縄A様CB400エンジンマウント取り付け210805 (3)取り合えず先に油温計センサーを取り付け。

これでエンジンガードを仮止めすれば

全てのエンジンハンガーボルトの

取付が完了となります。

沖縄A様CB400エンジンマウント取り付け210805 (4)で、エンジンガードの仮止めまでが完了。

明日はMRI検査結果を聞いてから

歯医者も行かないといけないので

一旦朝一に出勤してから直ぐに病院へ行き

診断が終わってから事務処理を終わらせて、歯医者へ行く感じです。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年07月21日

定休日も仕事してます3

来週月曜日にSDC癌摘出後から半年以上経過しているのですが
耳の裏から顎下に掛けての痛みと激しい頭痛があり
痛みで口が広げられなくなっている事などの事があり
息子に相談した所、「直ぐに診察を受けろ」との事で
急遽予約をして診察を受けるのですが
最悪の事を考えると定休日でも仕事をして
お客様に迷惑が掛からない様にと思い
今日も何時も通り出勤して仕事を少しでも進めて置く事にしました。
後は月曜日の診察と来月2日のエコー検査次第になるかも知れない…。


1号CB400F改継続車検準備

一応は定休日なので、今日は面倒臭いけど1号機のリアタイヤを

CP1号機CB400F改車検準備リアタイヤ交換210721 (1)交換する事にしました。

もう日中の気温が高過ぎるので

作業はまだそんなに気温が高くない

朝の9時から開始します!

CP1号機CB400F改車検準備リアタイヤ交換210721 (2)本音は真夏のタイヤ交換なんて暑くて

やってられないのに、ましてや自分のだと

余計に面倒臭いのにね…でも仕方が無いので

汗だくになりながら嫌々タイヤ交換。

CP1号機CB400F改車検準備リアタイヤ交換210721 (3)でも作業をやっている内にスイッチが入って

結局汗だになりながらでも

サクサクっとタイヤ交換が完了しました。

これで来月の継続車検も問題無く受けれます。


大阪T様CB400Fオイル漏れ調査その後

結局の所あれから現像液を掛けたまま一晩放置して置きましたが

大阪T様CB400Fオイル漏れチェック三日目210721 (1)オイルが漏れる気配が無いので

やはりドライブチェーンに過剰給油した結果

オイルがスプロケットカバー内に溜まって

流れ落ちたんだと思います。

大阪T様CB400Fイグニッションランプ交換210721オーナーに電話で確認したのですが

どうやらご近所のバイク屋さんが

この車両のメンテナンスをしているようで

オーナーは何もご存じでは無かったので

一度ご近所のバイク屋さんに聞いて貰う事にしました。

イグニッションランプの球切れも交換したので、一応これにて作業は完了。

金曜日の午後に引取り納車となりました。


大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ交換

ハンドルスイッチが入荷して来たので

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ加工交換210721 (1)早速現物をチェック!やはり汎用品と違い

NSR系統のリプロ品なので

余計な配線も無く、配線色もホンダ用に

揃っている所が嬉しい商品でした。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ加工交換210721 (2)前回取り付けたプッシュキャンセルの

ハンドルスイッチは汎用品なので

CB400Fourには使わない余分な配線と

互換性が無い色々な色の配線があって面倒だった。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ加工交換210721 (3)で、取り合えずカプラーを切断して

配線色の説明書を見ながら

ギボシ上げをし済ませました。

一本だけ配線色が違っているのですが

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ加工交換210721 (6)それが+側の配線になるので

接続には問題ありません。

ギボシがすっぽ抜けない様ハンダで処理。

配線の長さも少し長めなのは嬉しいですね。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ加工交換210721 (7)で、加工が終わったプッシュキャンセルスイッチ

一応交換前に仮接続をして

スイッチの動作確認をする事にします。

サクサクっと配線をせつぞくしたのですが

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (1)1本+側の配線が足りないので

ホーンとパッシングスイッチが反応しない。

なので、配線図を調べ少し考える事に…

取り合えず他の部分のチェックを済ませます。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (2)ウインカーはヘッドライトケースを

交換したので、アース不良になって点滅しない。

これは後で修正が可能なので問題無し!

次に今回の原因だったロービームを点灯。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (4)はい!問題無く点灯しました!

これでそもそもの問題個所は解決しましたが

ホーンとパッシングの問題が増えましたw

まぁそれも解決すると思うので

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (5)取り合えずハイビームを点灯!

これも問題無く点灯したので

ハンドルスイッチ側にホーンと

パッシング系統に接続する配線が無いので

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (6)+電源を得る為にメインハーネス側で

ジャンパー配線を作って接続し電源を供給。

これでホーンもパッシングも使える様になった。

ウインカーはアーズ不良を改善してこれも解決。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (7)で、ETCのアースを接続する所が

ハンドルスイッチを交換した事によって

無くなってしまったので

分岐のアース線を作って接続しました。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (9)これで全ての機能が復活したので

配線を整線して、壊れたハンドルスイッチの

配線を撤去しました。

このハンドルスイッチ純正カスタム用の

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (10)ハイスロ仕様などにも使えると思います。

配線を延長すれば純正ハンドルに

プッシュキャンセルと、ハイスロの

組み合わせにも使えますね!

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (11)スイッチ側には位置決めのピンがありますが

マッスル号には不要なので

この位置決めピンはカットして取り付けますが

純正ハンドルにはこれも使えるので良いですね。

大阪T様CB400Fマッスル号ハンドルスイッチ接続チェック210721 (12)これでマッスル号の復旧が完了。

後は忘れていたオイル交換をして

明日朝に納車と言う事になりました。

前回のハンドルスイッチを選んだのは

大阪T様CB400Fマッスル号オイル交換210721 (1)汎用品しか選択肢が無かったのですが

今回はNSR系統用のプッシュキャンセル

スイッチがあったので

少し買い溜めして置く事にします。

で、オイル交換を忘れていたので、取り合えず抜いて置き

明日朝一にエンジンオイルを入れる事にします。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年05月13日

鼠経ヘルニア?3

昨日の午後位に突然、下腹部の右股間辺りが痛み出し
丁度男にしか分からない様なキン〇マを
強打した感じの痛み若しくは、キ〇タマの位置が悪く
自分で挟んでしまった時の様な激しい痛みが出だした…。
嫁に説明するも「私にはキンタ〇は付いて無いからその痛みは分からん」
と、確かに分からんわなぁ…と言う事で
息子に症状と、痛みの患部の画像を送って問診してもらった。
鼠経ヘルニアで、その返事が嫁から返って来たのだが…
これがその返事のメールで
鼠経ヘルニアかも知れないとの事。
息子は鼠経ヘルニアと書いてあると思うけど
嫁の付け足しの「脱腸やな、脱腸」と
言う付け足しが嫌にムカつく!
余り痛みが酷くなる様であれば
病院へ行くしか無いのかなぁ…。
もう病院は嫌や!
でも昨日は最悪な事も考え癌の遠隔転移かもと落ち込んでました。
この先も嫌な痛みや、出来物が出来るとビクビクする生活になると思うと
気が狂いそうになるかも知れない…。


CP前空き地建設工事12日、13日

昨日は定休日だったのですが、緊急入庫があったので出勤。

210512のCP前空き地の様子CP前空き地の工事も着々と進んでおり

ガードフェンスの中では何やら作業をしていた。

一体何が出来るのか、ご近所の情報通の

奥様が居るので聞いてみる事にします。

210513のCP前空き地の様子で、今朝は地盤改良車が来ており

現場に横付けされているので

恐らく地中推進工事をして薬剤を

池中深くに流し込み地盤改良をするのだと思う。


CB400枚方Q坊号電装系トラブル入庫

トラブルが発生したのは一昨日の事で

CB400枚方Q坊号電装系トラブル緊急搬送210512 (1)イグニッションがONしなくなったと

ヘルプコールが入り、色々と電話対応で

復旧を試みたのですが、残念な事に復旧せず

昨日の定休日に緊急入庫となりました。

CB400枚方Q坊号電装系トラブル緊急搬送210512 (2)まずはバイクを下す前に電装品トラブルの

基本からチェックをして行くと

ヒューズに導通はある物の、ホルダーが

緑青で錆び付いており導通が無い事が判明。

CB400枚方Q坊号電装系トラブル緊急搬送210512 (3)そのまま当時物純正ヒューズBOXを取り外し

サーキットプロテクションに交換したら

見事に復旧となりました。

まぁ原因が分かればこんなもんです。

この先の課題は出先で止まらない様に不安要素を取り除いて行く事が

オーナーの今後の課題になると思います。


モンキーZ50J火入れ

元小金持ちの自由人君が小金持ち以前の様にノコノコとやって来たので

モンキーZ50J火入れ試運転 (1)「小遣いやるからモンキー仕上げろ!」と

言うと、嫌がらずにサクサクと仕上げを始めた。

やっぱりあれだけの保険金を2年程で

全部パチンコで使い果たした様だったw

モンキーZ50J火入れ試運転 (2)だからあれほどパチンコをせずに

手に入ったお金を元手にしろと

色々アドバイスをしたのに、結果

彼は何十年経っても自由人だった…。

モンキーZ50J火入れ試運転 (3)してこれからも彼は僕が死ぬ方が先か

彼が自由人として死ぬ方が先か分からないけど

僕から小遣いを貰いながら、自由な人生を

生きて行くスタンスは変わらないのだろう。



やっぱりモンキー用のBIGキャブだと小さいのと

モンキーZ50J火入れ試運転 (4)マフラーが抜けが悪くフン詰り気味だけど

このモンキーのフルレストアの費用で

CB400Fourのエンジンフルレストア位の

費用が掛かってしまったので

モンキーZ50J火入れ試運転 (5)どの道僕は乗れないのから

当分は盆栽で飾って置く事にします。

まぁ嫁の手前、お値段が合えば販売も可能ですが

ベース車両と部品代、手間賃を計算すると

結構なお値段になってしまっています。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年04月25日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日4月26日(月曜日)は真正多血症定期健診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


CB400F枚方GTK号テンプメーター取り付け

ヨシムラジャパンのテンプメーターリコールの為取外していた

CB400F枚方GTK号オイル交換とテンプメーター取り付け (1)テンプメーター取付とオイル交換の為に

ご来店の枚方GTK号がご来店。

ついでにオイル交換のご依頼も頂きました。

リコール済みのテンプメーターを

CB400F枚方GTK号オイル交換とテンプメーター取り付け (2)取り付ける前にエンジンオイルを先に抜きながら

テンプメーターを取付ます。

エンジンオイルはまだ綺麗な状態でしたが

3ヵ月経過している間に少し乳化していました。

CB400F枚方GTK号オイル交換とテンプメーター取り付け (3)なので交換するタイミング的には

良いタイミングだったと思います。

次にテンプメーターの取付に掛かります。

ヘッドライトを取り外して、配線を接続。

CB400F枚方GTK号オイル交換とテンプメーター取り付け (4)テンプメーターの初期設定を済ませ

動作チェックもOKです。

これでCPのリコール問題の

ヨシムラテンプメーターの件は全て解決しました。


CB400F国内408cc奈良Y様ヨシムラテンプメータ

何故か何時も同じ作業が重なる事が多いのが不思議なんですが

CB400F国内408ccCP20号機ヨシムラテンプメーター取り付け (1)納車を来週に控えた奈良Y様のCB400Fに

ヨシムラのテンプメーター取り付けご依頼。

まずはセンサーを加工取り付けを済ませて

本体の電源配線にギボシを打ち

CB400F国内408ccCP20号機ヨシムラテンプメーター取り付け (2)本体を何時もの場所に取り付けました。

取り付けは代り映えしないですが

F1ハンドルの場合ここが一番見やすくて

一番邪魔にならない場所なんですよね。

CB400F国内408ccCP20号機ヨシムラテンプメーター取り付け (3)電源ラインはヘッドライトケース内に接続。

余分な配線もヘッドライトケース内に収納。

後は先程センサーを取り付けた

オイルパスキャップに接続をして

CB400F国内408ccCP20号機ヨシムラテンプメーター取り付け (4)整線を済ませ、動作確認と

時計など各設定を済ませます。

オイルクーラー無しなの車両ですが

強化オイルポンプ「極み」が取り付けてあるのと

大流量ミッション用強化オイルポンプも取り付けてあるので

慣らし中とは言え、この時期中々70℃まで上がりませんし

80℃を超えても走行すると冷えるので

この時期は若干オーバークール気味な感じだった。


CB400国内398cc高槻M様ご来店

速度警告灯ランプをLEDに交換して居た為

CB400国内398cc高槻M様部品交換など210425 (1)ノイズの影響を受けて、時々点灯するので

LED球から普通の電球に交換します。

そのついでにブレーキもチェックの

ご依頼など、車両の目視チェック。

CB400国内398cc高槻M様部品交換など210425 (2)まずは速度警告灯のLED球を交換。

まぁここは80キロ以上出さないと

点灯しないので、電力の消耗とは余り

関係が無い所なので、電球で十分ですね。

CB400国内398cc高槻M様部品交換など210425 (3)ついでにキャブレターの便利アイテム

リモートアイドルスクリューも

取り付けのご依頼を頂きました。

何か知らない間にリアサスがアルミボディの

減衰付きコニーに代わっていたので、少し焼き気持ちを焼いてしまったw


ホークCB250高槻I様メンテナンスのご相談

以前からご来店を頂いていた高槻のI様がCB400Fかフォーク250の

CB250ホーク高槻I様メンテナンスのご相談210425どちらかの購入をご検討されていたのですが

結局CB250フォークをご購入されて

アイドリングが下がらないので

二次エアーを吸っているのではとご相談。

で、結果から言えば、エンジンが温まればエンジンオイルの粘度が下がり

クランクなどの抵抗が少なくなり、アイドリングが上がる為

アイドルスクリューで回転数を調整するのですが

調整をしていない事がアイドルリングが上がる原因だった。

その他にも車両全体をチェックしダメ出しを済ませて

今後のメンテナンス計画を立てました。

まずは第一弾の部品を発注したので、入荷待ちです。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2021年04月16日

明日は早仕舞い3

【明日の営業時間についてのお知らせ】
明日4月17日(土曜日)は車両引取りの為
14時までの営業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


京都H様CB400F前後タイヤ交換

今日は朝から小雨がパラついていたので

京都H様CB400Fタイヤ交換雨天延期210416午後からの天気も怪しいので

今日の作業は延期かも知れないと

思いつつ一応準備をしていた所へ

わざわざオーナーから連絡があり

前後タイヤ交換作業は20日に延期となりました。

まぁ基本CPでは雨の日のクイック作業などは受け付けていない事もあり

延期になって良かったと思います。


京都K様CB400国内398cc保安部品灯火系チェック

タイヤ交換作業が延期になったので予定を繰り上げ。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (1)バッテリー充電が終わったので

車体に取り付けて灯火系や

保安部品をチェックする事にしました。

ヘッドライトブースター用リレーは

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (2)配置場所が決まっていないので仮です。

イグニッションをONにして、ウインカー

ブレーキ、ナンバー灯などをチェック。

でもヘッドライトとセルスイッチが反応無し…。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (3)ヘッドライトのポジションランプは

点灯するけど、Low、HIビームは点灯しない

配線ミスか?そんな事は無いはずだけど…

念の為再チェックをする事に。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (4)インジケーターが点灯するので

ヒューズボックスは問題ないはずだけど

念の為に導通チェックをしたけど

やはり問題は無いので

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (5)セルリレーがぶっ飛んでいるのかと思い

バッ直でセルリレーに電源を入れたけど

リレーもセルモーターも正常に動くので

リレーやセルモーターの不具合でも無い。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (6)そう言えばハンドルスイッチに茶に赤で

黄マークの見た事が無い色の配線が

あった事を思い出した。

ホンダ系の茶色はランプ系になり

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (7)赤ラインが入っているのは+ラインになる。

念の為ヘッドライトケース内の配線も

チェックしたけど問題は無かったので

これは本腰を入れて捜索しないと行けなくなった。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (8)まずテスターでセルスイッチに

電圧が掛かっているかをチェック。

セルスイッチを押すと11.30Vの電圧が

ちゃんと掛かっているのでスイッチは無罪。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (10)次に、二次側セルモーターリレーの配線に

電圧が掛かっているかをチェック。

セルリレーは無罪なので恐らくこのラインに

電圧が掛かっていない事は想像出来る。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (11)で、案の定セルリレーの配線に

電圧が掛かっていない事が判明した。

一体どう言う事だ?メインハーネスか?

アース不良も疑ってバッテリーから

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (13)直接アースを引くも、何も変わらない。

むー…、ヘッドライトとセルへの配線に

電圧が掛かっていない事は配線から考えると

別の問題になると思ったので

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (14)一旦ブースターリレーをキャンセルして

オリジナルの配線に変更してみる事に。

ヘッドライトコネクタを純正に

交換してチェックをしたのですが

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (15)結果は同じで、ヘッドライトが

点灯する事は無かった。

と言う事はセルが回らない事と

ヘッドライトが点灯しない事は

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (16)同じ事が原因になると思った。

本来この黒色の四股にハンドルスイッチの

黒色配線が4本入るのだが

右ハンドルスイッチに本来3本あるはずの

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (17)+ラインの黒色が2本しか無いので

取り合えず現行のハンドルスイッチを接続して

原因の切り分けをする事にしたんだけど

この時オリジナル旧タイプハンドルスイッチの

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (18)配線色に違和感を見つけたのだけど

一旦整理する為に、現行のハンドルスイッチを

接続してテストをしてみる事にした。

そしてその結果は…

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (19)問題無く右ハンドルスイッチは

ちゃんと動作し、ヘッドライトが点灯した。

と言う事は旧タイプのハンドルスイッチ側の

配線色が異なる配線色だったと言う事になる。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (20)セルスイッチも正常に作動し

勢い良くセルも動いてくれた。

と言う事で、異なる配線色の2本の

メインハーネス側との接続ミスと言う事になる。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (21)旧タイプのハンドルスイッチの

異なる配線色はこの2本で

本来はこの配線のどちらかが黒色で

どちらかが黒に赤と言う事になるので

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (22)2択で間違った配線を接続した事になるw

で、今度は先程と逆に配線を接続した。

こんなんありえへん配線色やわ…。

で、結果はこれで全てが解決したと言う事です。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (23)何時もの事ですが、2択の場合100%

間違った方向の選択をすると言う事ですw

で、動く様になったセルを回して

実圧縮圧力を測定し、平均0.95Mpaと言う結果。

CB400国内398cc京都K様電装系チェック (24)これでプラグを取り付け、後はワイヤー類が

入荷してきたら、火入れ点火時期調整

キャブ調整が出来る様になりました。

部品の入荷が早ければ日曜日には

火入れが出来るかも知れない感じです。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年04月05日

純正部品入荷待ち3

結局4週続けて日曜日は雨だったようで
ストレスが溜まるよねぇ…。
今日は午前中は病院だったので午後からの営業。
口内ケアをやったので口内炎はかなり良くなり
味覚も少しずつですが回復している?
甘い物が苦く感じたりしますw
めまいもかなり治まって来ている感じなので
主治医にアルコールを飲んでも良いのか?と聞いたけど
まだダメな様ですし、どうせ味覚が無いので
お酒が美味しいと思えるかどうかw
炭酸系ドリンクはただの炭酸水を飲んでいる感じなので
多分アルコールも普段から水の様に飲むので
味覚障害云々よりも普通に水にしか感じないと思うw
まぁ日にち薬だなぁ。


CB400国内398cc京都K様不足部品取り付け

もう何度も不足部品の連絡をしていたのですが

CB400京都K様不足部品居り付け10405 (1)絶版純正部品が届くと思っていたのですが

一向に届かないのでリプロ品ですが

手持ちの配線関係部品を出します。

電源関係や、速度警告灯などの配線です。

CB400京都K様不足部品居り付け10405 (2)これを取り付けないとL側の仕舞いが付かなく

もういい加減待ちくたびれたし

時間が空いてしまうと忘れてしまう事も多いので

取り付けてしまう事にしました。

CB400京都K様不足部品居り付け10405 (3)で、サクサクっと配線を取り付けて

これでやっとL側の電装品取り付けが完成。

R側のアースケーブルも取り付けたので

後はバッテリー入荷待ちとなりました。

CB400京都K様不足部品居り付け10405 (4)これで今はヘッドライトブースターリレーを

どう処理しようかを悩んでいる所で

取り合えずL.Rサイドカバー内の配線は完了。

ヘッドライトケース内の仕舞いも

CB400京都K様不足部品居り付け10405 (5)速度警告灯が無かったので

純正品が出て来る物だと思って

待っていましたが、一向に届かないので

手持ちのリプロ品を取り付ける事にしました。

CB400京都K様不足部品居り付け10405 (6)これでヘッドライトケース内の

配線接続は全て完了したのですが

ヘッドライトを取り付けるのに

純正部品が足りないので入荷待ちとなり

本日はここまでで終了です。


CB400国内398ccCP25号機エンジン仕上げ

今日は時間が中途半端になってしまったので

CB400国内398ccCP25号機用エンジン仕上げ (1)先週の雨の日に腰上を組み立てた

CP25号機用エンジンを仕上げます。

一応増し締めをしましたが

一週間経ってもやはり締まるはずも無く

CB400国内398ccCP25号機用エンジン仕上げ (2)ヘッドカバー搭載準備に取り掛かります。

オイルパイプをセットして

カムにはペーストを塗って

これでエンジン側の準備は完了です。

CB400国内398ccCP25号機用エンジン仕上げ (3)次にヘッドカバーの準備ですが

仕上げはバフ仕上げで仕上げた物を使います。

貴重な国内398ccのフルレストア

贅沢仕上げで組み立てようと思い

CB400国内398ccCP25号機用エンジン仕上げ (4)カバー類は全てバフ仕上げで仕上げています。

ロッカーアームも少しカジリがあったので

CPオリジナルリビルドで仕上げた

カムをセットしました。

CB400国内398ccCP25号機用エンジン仕上げ (5)シーリングボルトを出してあったと

思ったのですが、見当たらないので

多分この25号機用部品箱の何処かに

眠っているはずだけど、探すのが面倒なので

CB400国内398ccCP25号機用エンジン仕上げ (7)シーリングボルトは後で付ける事にして

ヘッドカバーを搭載し、タぺクリ調整。

これで一応エンジンの組み立てが完了。

タペットキャップは出してあったので

CB400国内398ccCP25号機用エンジン仕上げ (8)ヘッドカバーに取り付けました。

エンジン搭載はフレーム側の部品が

長期欠品なので、早くて今月中以降になるかなぁ?

取り合えず部品を探す気力が出てから

この先何を仕上げて行くか色々と考える事にします。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年03月29日

作業時間のリミット3

考えてみればこの所日曜日は毎週雨だった様な気がする。
今日病院の帰りに満開の桜を堪能してきました。
もうバイクもONシーズンになっているのかな?
早く体力を回復させてバイクに乗らないと!
5月は釣りも行きたいし、ツーリングもしたいからなぁ
味覚障害も早く治ってほしいし、まだお酒も飲めないから
全然面白くないわ…。
唾液が出ないので口内ケアも毎週歯医者に通っているので
口内炎がかなり良くなってきたのは嬉しい。
でも何時も15時前後に襲われるめまいには悩まされるので
作業時間は朝10時から15時の5時間が限界です。


CB400F大阪Y様リアブレーキ圧力スイッチ 

前回のチェックの時に分かり、部品を発注していた大阪Y様の

CB400F半袖一家Y様ブレーキ圧力スイッチ交換 (1)リアーディスクブレーキ圧力スイッチが

入荷して来たので、Y様のタイミングに合わせて

入庫して来たのですが、昨日は雨で

作業が出来なかった事もあり

CB400F半袖一家Y様ブレーキ圧力スイッチ交換 (2)交換修理が出来ませんでした。

でも今日は良い天気になったので

サクサクっと交換作業を始めます。

このタイプの圧力スイッチはよく断線しますね。

CB400F半袖一家Y様ブレーキ圧力スイッチ交換 (3)お値段も高い物と安い物がありますが

取り付けやすいと言う事で

このタイプがよく使われてます。

でも踵が当たったり、風圧で断線したりします。

CB400F半袖一家Y様ブレーキ圧力スイッチ交換 (4)で、これもお高い圧力スイッチですが

接触して折れたりする事もありますが

取り付け方法である程度はリカバリー出来ます。

と言う事で、サクサクっと交換が完了。

CB400F半袖一家Y様レギュレートレクチファイアー交換 (1)次にレギュレートレクチファイアーの

整流不良で、充電不良になっていたので

お買いしていたテスト品から正規品に交換。

交換後に発電量を測定すると

CB400F半袖一家Y様レギュレートレクチファイアー交換 (2)4.000rpmでもバッチリ発電して

大体14.90Vで制御しているので

これでもう充電もバッチリ!

安心して走れるようになります。

CB400F半袖一家Y様レギュレートレクチファイアー交換 (3)で、ついでにガソリンタンクの

リアークッションゴムが硬化して

千切れたとの事で交換のご依頼。

まぁこれもよくある事ですが

サクッと交換して半袖一家Y様のCB400F電装関係の部品交換が完了です。


CB400F国内408ccCP20号機ETC取り付け

ご成約頂いたオーナーからのご希望でETCを取り付ける事になりました。

CB400F国内408ccCP20号機ETC取付 (1)オーナーからはインジケーターなど

余り目立たない所へ取り付ける様にと

ご指示を頂きましたが、視認性を考えると

やっぱり何時もと同じ場所になります。

CB400F国内408ccCP20号機ETC取付 (2)車載機本体もやっぱり何時もと同じ場所。

配線が余るのも何時もと同じです…。

一応ETC車載器取り付けは本体が

固定されている事が条件になります。

CB400F国内408ccCP20号機ETC取付 (3)まぁ何時もと同じくベルクロで固定ですが。

電源線を加工してインジケーターをチェック。

これで取り付けはOKです。

これを量販店でやってもらうと

CB400F国内408ccCP20号機ETC取付 (4)こんなに時間を掛けずに、メインハーネスに

カニで割り込んで電源を取り出して仕舞われ

残念な仕上がりになってしまいます。

アンテナは検知しないと面倒なのですが

CB400F国内408ccCP20号機ETC取付 (6)余り目立たない所へ取り付けたつもりです。

本当は今日メーターを取り付けて仕舞えば

完成だったのですが、仕方が無いので

タコメーターだけ取り付けました。

ちょっと予定が狂って仕舞いましたがメーターは直ぐに修正されて

戻って来ると思うので、もう暫くお待ち下さい。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(2)

2021年02月19日

20号機火入れからの凡ミス発覚w3

昨日口内炎が出来た事を嫁に言ったのに
昨晩の晩御飯はカレーライスだった…。
口内炎が出来始めたら、刺激物は食べない様にと
主治医から言われていたのに…「何でカレーやねん!」
と言うと、「そんなもん口内炎が出来たら何食べても痛いわ!」
「嫌なら食うな!」と言うので、美味しく頂きました…。
で、今日放射線科の診察を受けてきました。
今日は喉仏にもデキモノが出来て痛いのですが
どうやら放射線照射を受けている患者の
平均的な身体的影響は、今の僕からすると
まだ軽い方らしいく、まだ味覚障害も出ていないので
暫くこのまま様子を見る事になった。
僕の身体は放射線にも人並み外れた所があるらしい。


半袖一家Y様CB400F用電装部品入荷

発電不良の原因だったレギュレートレクチファイアーなどの部品が入荷。

半袖一家Y様CB400F用交換修理用部品入荷 (1)リアブレーキのプレッシャースイッチも

断線していた事も分かったので

プレッシャースイッチも取り寄せました。

スイッチの配線をCB400F用に加工します。

半袖一家Y様CB400F用交換修理用部品入荷 (2)配線を伸縮チューブで纏めて

メインハーネスに接続する為に

ギボシを圧着してハンダ上げしました。

これで諸々の部品交換準備が整ったので

入庫予定をオーナーと打ち合わせしようと思います。 


CB400F国内408ccCP20号機火入れ調整

いよいよ今日は、昨日火入れ準備を済ませてあった

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (1)20号機エンジンの火入れ!

キャブにガソリンを流し込んで

オーバーフローが無い事をチェック!

チョークを引いてセルを数回回すも

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (2)エンジンが始動始動しないので

まずは点火系をチェック!

プラグを抜いてカブっていないか

火花は飛んでいるかを確認したけど

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (3)問題が無いのでセルを回すと

マフラーからアフターファイアーが出た!

スパークアドバンサーの接続ミスか?

と思ってチェックをしてみたけど問題は無い…

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (4)でも明らかに点火系の問題なので

試しにIGCコイル側で配線を入れ替えて

セルを回してみると、すんなりエンジンが始動。

え?どういう事?ガバナのカムの

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (5)入れ方を間違ったか?と思って

スパークアドバンサーを取り外し

ガバナを見ると…(笑)

原因はこれガバナのカムの入れ間違いw

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (6)どうやらカムにグリスアップをして

入れる時に向きを間違ったらしいわw

この1.4に対して合いマークが

この位置になっているのは間違いで

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (7)正解は1.4に対して合いマークが

この位置じゃないとダメですw

こんな間違いをしたのは初めてです…

むー…やっぱり放射線の影響なのかなぁ…

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火系不具合 (8)原因が分かったのでコイル側の配線を

元に戻して、バッテリーも弱くなったので

再充電をして、その間反省しながら休憩。

ただでさえしんどいのに、こんな凡ミスで

CB400F国内408ccCP20号機火入れ点火時期調整 (1)無駄に体力を使ってしまったわ…。

で、何とかエンジンに火が入ったので

点火時期を調整しました。

貴重な純正ND製NOS品のスパークアドバンサー

CB400F国内408ccCP20号機火入れ同調調整 (1)点火時期もバッチリ出たので

次に同調調整をしました。

キャブの調子も良いので

これもバッチリと同調が出ました。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (1)と言う事で後は発電量をチェック!

むー…これは発電量が少な過ぎる。

ステーターコイルがダメだな

と言う事で次のステーターコイルに交換。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (2)宝物庫から使えそうな中古品を

探し出してACGカバーに取り付け

焼けも少ないので多分大丈夫だと思い

これでまた発電量をチェック!

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (3)むー…少し発電量は上がったけど

これもだめだな…。

と言う事で第二宝物庫から中古品の

ステーターコイルを持って来て取り付け。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (4)これでダメなら隠し持っている

中古良品のステーターコイルにするか

テスト用に使っている物にするか

リプロ品に交換するしかない…。

CB400F国内408ccCP20号機発電チェック (5)で、発電量の結果はと言うと

軽く14.27Vまであがったのでまずまずです。

粘ったらもっと上がると思うけど

また騒音の苦情が来るのも嫌なのでこれで我慢。



火入れも調整も無事に完了したCB400F国内408ccワンオーナー

CB400F国内408ccCP20号機火入れ210219CP20号機も残すは外装のみでリビルド中の

スピード、タコメーターと、塗装中の

タンク、サイドカバーが完成すれば

CP20号機が完成となります。

販売価格はまだ決まっていませんが

なるべく抑えた価格で販売する予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月18日

何かと体調不良続き3

昨日も放射線照射の為に関西医大へ行ったのですが
車椅子から立ち上がる時にどうやらまた
軽いギックリ腰をやってしまったみたいで
昨日は安静にしていましたが
まだ少し腰の痛みが残っている状態です。
で、ついに今朝口内炎が出て来た…。
普通放射線照射を10回前後続けると
口内炎になると聞いていたので
12回目にしてついにと言った感じです。
もうこんなのばっかりで散々ですわ…。
それでも無理しないと仕事が進まないし
待って頂いている方にもご迷惑が掛かるので
身体を労わりながらボチボチですが
仕事を進めて行きます。
申し訳ない。


CB400F国内408ccCP20号機仕上げ作業三日目

一昨日にエンジン関係の部品を取り付けたCP20号機。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (1)今日は純正キャブレターの

取り付けから作業を再開。

やはり体力が落ちているのだろうか

キャブレターを入れるのに苦労しました…。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (2)エアークリーナーなども仕上げて

新品純正OEM品のIGCを取付。

もう火入れをして点火時期や

同調調整もやってしまおうかなぁ…。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (4)取り合えず吸気系の作業が終わったので

アゲイン製マフラーを取り付けて

排気系も作業が完了しました。

まぁせっかくここまで来た事だし

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (5)明日火入れをするつもりで

エンジンオイルを入れて

調整準備を進める事にします。

バッテリーも充電しておきます。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (6)ドライブチェーンも入荷して来たので取り付け。

L側スプロケカバーも取り付けて

シフトペダルも取付が完了しました。

バッテリーの充電も完了したので

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (7)バッテリーを取り付けて

火入れの準備に取り掛かります。

これで一応外装以外の部品は

全て取付が完了しました。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (8)保安部品灯火系をチェック!

テールランプが付かないので見てみると

単純に電球が入っていなかっただけだったw

これで灯火系、保安部品もチェックが完了。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (11)次に何時もの様に実圧縮圧力を測定。

#1〜#4まで平均0.90Mpaと言う結果で

中々宜しいんじゃないでしょうか。

プラグに火花が飛ぶ事を確認しながら

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (13)プラグを取り付けて、火入れの準備。

キャブレターの同調調整をするので

同調調整用アダプターを取り付け。

これで何時でも火入れが出来る状態となりました。

CB400F国内408ccCP20号機仕上げ三日目210218 (14)火入れ、点火時期調整、同調調整は

明日にする事にしようと思い

取り合えず準備だけは済ませて置き

明日病院が診察もあるので

午前中は潰れるだろうから、午後からになるかな?


ヨシムラマルチテンプメーターリコール修理完了

リコール対象のマルチテンプメーターが早くも修理から戻ってきました。

ヨシムラマルチテンプメーターリコール修理完了ご丁寧にお手紙と、ヨシムラ8耐レーサーマシーン

キーホルダーが付いて戻ってきました。

まだ21号機GTK号の製造ロッド番号が

未確認なので、ご都合の良い日をお伺いして

テンプメーターの製造ロッド番号をチェックしようと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月13日

明日は思い出作り4

今日、明日は良い天気で、絶好のバイク日和。
取り締まりの車両も沢山出動していますねw
僕もバイクで出勤しようかと思ったけど
体力的に心配だったのであきらめて車で出勤です。
そんな明日の定休日は近場ですが家族でお出掛け
何度か行こうと案は出ていたのですが
結婚してから一度も行っていない
イチゴ狩りへ行く事になりました。
コロナ禍の中ですが、時間予約制で人数制限もあるので
安心して楽しめる所です。
ハウスが広いし、少し体力的に不安もあるので
車椅子を持って行く事にします。


横浜銀蝿 ’翔’ スペシャルライブ2day

まだ緊急事態宣言中なのでどうなるかは分かりませんが

横浜銀蝿’翔’スペシャルライブ2day (1)2月27日(土曜日)会場は大阪:京橋にて

二部制、人数制限ありですが開催されます。

まだチケットには余裕はあると思いますが

ライブに参加されたい方はご連絡下さい。

横浜銀蝿’翔’スペシャルライブ2day (3)ポスターとチラシも頂いたので

早速貼らせて頂きます。

で、2dayなので二日目28日(日曜日)は

京都で開催されます。

横浜銀蝿’翔’スペシャルライブ2day (4)会場:アメリカングラフティーズ

京都市中京区山崎町236六角テラスビル1F

17:00オープン、17:30スタート

当日は撮影スタッフの河本氏のお供で

僕も何かお手伝いをさせて頂ければと思い、一緒に行く予定です。

また、緊急事態宣言中に付き、ライブ開催状況が左右されると思いますので

確定次第ご連絡を致します。

どちらにしてもチケットは、早めのご購入をお勧め致します。


半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換

昨日オーナーに調査結果を報告して打ち合わせ。

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (1)リチュームイオンバッテリーは

オーナーも意図して購入した分けでは無く

ちょっとしたミスから購入したらしい。

CB400Fの発電量が13.5V以下なので

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (2)リチュームイオンバッテリーには

充電はしないので、普通のMFバッテリーと

交換する事になったので、交換用の

MFバッテリーを充電中です。

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (3)バッテリーの充電も終わったので

早速車体に取り付けて電圧チェック。

当然新品なので問題無い電圧ですが

念の為これも諸々のチェックをしておきます。

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (4)エンジンを始動させ充電電圧をチェック。

むー…、これは発電していない。

では更に原因を絞り込んで行かないと!

念の為アゲイン製ACGカバーからの

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (5)交流発電を直接チェックしてみたのですが

やはり全然問題は無かった。

となるとやっぱり発電不良の原因は

レギュレートレクチファイアー?

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (6)で、昨日と同じ様にテスト品の

レギュレートレクチファイアーに

交換してみて、発電量をチェックすると

何とまぁ昨日はここまで上がらなかったのに

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (7)しっかりと発電しているので

充電不良の主原因が判明した。

でも在庫が無いので交換が出来ない。

取り合えず今日引取りにご来店されるので

半袖一家Y様CB400Fバッテリー交換210213 (8)仮にテスト品を取り付ける事にしました。

取り合えずまたご相談をさせて頂いた上で

後日正規品に交換する事にして

一旦これで納車する事にしました。


CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ

ヘッドカバーの塗装仕上がり待ちで仕上げ作業が止まっていた

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げヘッドカバー搭載 (1)CP20号機国内408ccエンジンの

仕上げ作業に取り掛かります。

塗装が終わったヘッドカバーに

タコメーターギアーやロッカーアームを

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げヘッドカバー搭載 (2)組み込んで、下拵えが完了です。

ヘッドカバーガスケットを入れて

エンジンに組み付け準備が整いました。

で、サクサクっとエンジンに搭載して

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げヘッドカバー搭載 (3)ボルトを締め込んで、これでやっと

ヘッドカバー搭載が完了しました。

後はこれをフレームに搭載するのですが

左腕に痛みがあるので搭載出来るかなぁ…。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げヘッドカバー搭載 (4)取り合えずタペットクリアランスを調整。

純正ノーマルカムなのでタぺクリは0.05mm。

調整の緩めor渋めはメカニックの好みで

僕はフルレスの場合だとバルブが後々

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げヘッドカバー搭載 (5)沈んで来る事を想定して、若干緩めですが

アジャストボルトが摩耗して緩くなる事があるので

その時は再調整すれば良いだけです。

クリアランスが少なくなって

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げヘッドカバー搭載 (6)バルブが開きっぱなしになるよりはマシですから。

タペットキャップは新品を取り付け。

これも中古を使って、何度か痛い目に遭ったり

ご迷惑をお掛けした事があるので新品を使います。

これで搭載準備も整ったので、ボチボチと搭載して仕上げる事にします。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月12日

さよならBUBU505-C3

終活しろ!断捨離しろ!と言う嫁の圧力から
僕のおもちゃやコレクションが次々と処分されており
ついに僕のBUBU505-Cも昨日北陸へ旅立った…。
新しいオーナーさんは僕より少し年配の紳士な方なので
きっと大事にしてくれると思います。
嫁曰く「死んだら私にはゴミにしかならんから、全部捨てる!」
との事なので、死んでたまるか!ボケ!


騒音苦情

昨日の事、制服警察官が3人も店にやって来たので

一体何事かと思ったら、どうやらご近所からバイクの音がうるさいと

苦情の連絡が警察に「カスタムパラノイア」の名指しで入ったらしい。

騒音苦情210211祝日だった事もあるのか、緊急事態宣言で暇なのか

店の前が更地になった事もあるので

バイクの音がうるさいらしい。

それにしても制服警察官が3人も来るなんて

何でそんなに物々しいのかと思ったら、元白バイ乗りのよく見る顔の警察官も居り

その方曰く「あのカスタムパラノイアが通報されるなんて!」と

思ったらしく、他の所から飛んで来たらしいw

まぁその方が居なければ、もっとキレてたかも知れないけどね。

開店から10年経って今更そんな通報されてもなぁ…

通報した奴はきっとコロナで鬱憤が溜まっているのだろう

全部コロナのせいだと思う事にする。

マフラーの音量は法令内の音量なのですが、不快に思う人も居るだろうけど

府道13号線を走る車の音量が約70db前後だしなぁ。

まぁ本音は「誰やねん!」「直接言いに来いや!」と心の中で叫ぶ!


半袖一家Y様CB400F充電不良原因調査

今日は午後からの作業で大方の通常整備は終わったので、後はエンジンを掛けて

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (1)発電、充電などをチェックするのですが

発電に関してはアゲインのACGカバーを

取り付けてあるので問題は無いはず。

リチュウムイオンバッテリーなので

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (2)レギュレートレクチファイアーにも

交換されているので、これも問題は無い。

後はエンジンを掛け発電量と整流電圧をチェック。

騒音に気を付けながらねw

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (3)取付けられているリチュームイオンバッテリーの

メーカーサイトをチェックしてみるとやはり

BMS(バッテリーマネジメントシステム)

搭載されている事もわかった。

そもそもリチュームイオンバッテリーはスマホなどにも使われている物で

高温には激しく弱い性質があり、充電電圧にも激しくシビアな物になります。

なのでメーカーにもよりますが1.46〜14.8V以上の電圧を掛けて充電すると危険

13.5V以上からでは無いと充電はしない性質があります。

で、アゲインのACGカバーとレギュレートレクチファイアーが付いていても

アイドリングで電圧消費量が高い電球が付いたCB400Fで

信号待ち、ブレーキ、ウインカー点灯又は夏場FCR装着の場合だと

バッテリー電圧が低下する事により、充電はしなくなる上に

リチュームイオンバッテリー本体の温度が60℃以上になると

BMSが制御をして、バッテリーを保護する為充電しないと言う事になる。

リチュウムイオンバッテリーは使えば使うほど電解液の温度が上昇する。

またこれもメーカーによりますが、一度リチュームイオンバッテリーの

電圧が過放電(バッテリー上り)や過充電をしてしまうと

二度と充電出来なくなる物もあるそうです。

勿論、過充電でもBMSが作動して充電はしなくなる。

BMS自体は過充電や不均等な充電電圧からセルを保護する役目があり

TVのニュースや衝撃映像などで時々見るバッテリー火災程ではありませんが

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (4)爆発などを防止する為の物になります。

リチュームイオンバッテリーについて

上記の事を前提にし、発電、充電をチェック。

まずはエンジンを掛けずバッテリー本体の

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (6)能力をチェックすると、流石リチュウムイオンと

言った感じの電圧ですね。

エンジンを始動させてアイドリングで

ACGの発電量をチェック、こんなもんでしょう。

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (7)アイドリングでの発電量をチェック

むー…低くなってるねぇ…

先にも記載した通りリチュウムの充電は

13.5V以上から充電するので、アイドリングでは

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (8)電圧を消費するだけですね。

で、今度は5,000rpmでの発電をチェック!

アゲイン製のACGカバー側の

三相交流発電は極めて良好です。

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (9)で、リチュームイオンバッテリー側の

電圧はと言うと、あぁこれは全然ダメだな。

回転数を上げて灯火系を使ってみても

点灯がかなり鈍いのでこのまま走行すると

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (11)バッテリー電圧を消費するだけだと思います。

念の為レギュレートレクチファイアーを

テスト品と交換してみたのですが

ACからDCに整流された電圧には

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (12)大差が無いので、このまま走っていれば

リチュームイオンバッテリーは上がると思います。

充電不良の原因は特定出来ませんが

要因として一般的には配線の劣化や錆

リチュームイオンバッテリー本体とCB400F側発電の互換性の違い

要は、アナログな旧車にデジタルなバッテリーとの相性や

消費電圧、発熱によるBMS回路の作動

若しくはバッテリー上りが過去に数回あった事により

既にリチュームイオンバッテリーに能力の低下がある。

今度オーナーに過去走行中のバッテリー上りが、どの様な状況下で発生したのか

半袖一家Y様CB400F発電、充電チェック (13)事情聴取をする事にします。

後は油温も含めて電圧管理用に

電圧計などを付けた方が

今後の為にも良いと思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月05日

ヨシムラマルチテンプメーターリコール3

2021年2月3日ヨシムラジャパンより製品情報として
マルチテンプメーターに不具合製品があり
リコールの開示がありました。
不具合内容:内部プログラムが不適切な為
油温が5℃〜10℃程度低く表示される。
【対象商品】
PRO-GRESS2 マルチテンプメーター
品番:419-P02-0100
【対象商品ロット番号】(販売時期の目安2020/8月〜)
「20G15」「20J16]「20K30」
【ロット番号確認方法】
ヨシムラマルチテンプメーターリコール詳細はヨシムラジャパンの
HPでご確認下さい。
CPの在庫品にもリコール製品がありました。
CPでご購入、または取り付けをされた
お客様には、別途ご連絡をし
対応させて頂きますが
個人でもヨシムラジャパンに
リコール対応は可能ですが
取外しなどもあると思いますので、CPにて無償対応をさせて頂きます。
詳細はヨシムラジャパンのHPにてご確認下さい。
【追記】
HPの発送先住所が間違っています。
【誤】
<商品発送先>
〒243-0303
神奈川県愛甲郡愛川町6748
株式会社ヨシムラジャパン
メーター回収係宛
【正】
<商品発送先>
〒243-0303
神奈川県愛甲郡愛川町中津6748
株式会社ヨシムラジャパン
メーター回収係宛


右腕の激痛

SDCの手術後から左腕に違和感があり

右腕カクテルブロック注射その後から左腕に激痛が走る様になり

本日、関西医大耳鼻科の主治医に相談をし

急遽、掛かり付けの病院に行き

激痛がある肩の関節に

カクテル注射を打ってもらい、痛みは多少マシになった程度で

完全にはブロック出来ていない状態だったので

本日は、臨時休業とさせて頂きました。

もう身体は2007年4月の事故での右下肢機能全廃、右下肢5cm以上短縮

その後の姿勢の悪さから、頸椎からの右腕全体のしびれ、腰痛、頭痛など

で、ここからは2年置きに身体に変調が起こり出し

2016年11月確定診断の糖尿病発症(現在も治療中)

2018年1月確定診断の血液の癌「真性多血症」発症。

この時人生で初めて一応の余命宣告、半年〜1年半、瀉血治療、現在経過観察中。

2020年12月確定診断の高悪性腫瘍「唾液腺導管癌」(SDC)発症。

現在治療中で、原発部に放射線照射中、経過観察中。

この病気が全て医者になった息子が早期に見つけてくれたおかげで

今の所、身体は満身創痍ながらも、死なずに生きてます。

次は2022年に何が起こるのかなぁ…。

で、取り合えず今から歯医者へ行く事になりました。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0)

2021年02月04日

久々に息子が帰宅3

放射線照射が始まって今日で3日目になります。
実は初日の日の放射線照射前に上半身の衣服を脱ぐ時
自分で作ったパワーストーンネックレスの
0.45mmのワイヤーが切れてパワーストーンが
放射線照射室中に転がって大変だったw
でもパワーストンのワイヤーが切れる時って言うのは
パワーストンネックレスvr2一つの節目と言われているので
放射線照射初日に切れたと言うのは
良い方に考えれば願いが叶う時
身代りとなって切れる時などと
言われる事があります。
今回ワイヤーで作ったので
早々切れる物では無いと思っていましたが
まさかあのタイミングで切れるなんて…
と思い、早速今度は1mmのワイヤーを買ってきて作り直しました。
次は中々切れないと思います。
で、昨日の定休日に息子が帰宅、病院がクラスターで外来患者の
診察が出来ないので、当直を含めて週二日しか仕事が出来ないらしい。
一緒に食事をしながら、ワクチン接種の話や昨年の所得税の金額のが
CB400国内398ccのレストア車が買える位納めないといけない事など
色々な話をして、ついでに僕の身体をチェックしてもらった。
緊急事態宣言中なので、孫にも合えない中、久々に楽しい晩餐でした。
で、明日は放射線照射後に耳鼻科受診の為、午前中は半休になると思います。


CB400Four用セルモーターリビルド4個目

去年からの宿題だった、セルモーターリビルド最後の4個目の

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (1)リビルド作業に取り掛かります。

これが完成すれば一応宿題も終わり

予備部品が出来るので

余裕も出来る様になります。

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (2)で、サクサクと分解して

必要な消耗部品は交換

その他の部品は洗浄、ブラストをして

ボディやビス類は再メッキ部品と交換。

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (4)で、これで組み立て準備が整いました。

後は何時もの様にサクサクっと組み立て。

多分この辺の部品のリビルドは

やる気次第でサクサクっと出来るから

2020年からの持ち越し作業予備セルモーターリビルド (5)何時も後回しになるんだろうなぁ…。

と言う事で、去年からの持ち越し作業だった

セルモーターリビルド作業はこれにて完了。

やっと去年予定していた分が一つ片付きました。


キャブレターリビルド準備

これは去年からの持ち越し作業には含まれない予備の予備になる

予備純正キャブリビルド下拵え (1)リビルド予定以外のキャブの下拵え。

部品取りのボディが多いので

組み立てすら出来ないのですが

綺麗なボディなので、下拵えだけを済ませました。

CB400国内398cc25号機用キャブレター部品入荷 (1)次にCB400国内398cc25号機用

純正キャブレター用の部品が入荷して来たので

取り合えずJNを取り付けて下拵え

取り合えず手が付けられる所で

CB400国内398cc25号機用キャブレター部品入荷 (2)再メッキ部品の仕上がり待ち状態まで

下拵えを済ませました。

フロートチャンバーなどのバフ掛仕上げの

納期が1ヵ月程度掛かるらしいので

組み立てはまだ当分先になるなぁ。


CB400Four408ccタイプホーン組み立て

408ccタイプホーンASSYの在庫が無くなって来たので

408ccタイプホーンASSY (1)取り合えず2個だけですが組み立て。

国内398ccの生産台数はF2で約5,500台

F1で約1,000台程度になり、国内408ccは

約2,200台で、逆車408ccは約200,000台。

国内車両の現存数はまぁ半分位かなぁ?

逆輸入輸車はどれ位だろか?また輸出国残留車もかなり残っている感じで

海外でも人気は高く海外では408ccが本当のCB400Fourと言う認識が高い。

と言う分けで、拘りを持つ方も多くなってきた感じで

408ccタイプホーンASSYも少しずつ人気アイテムになって来ている感じです。

と言う事で、放射線照射の影響なのか顎下辺りが腫れてきたのと

頭痛が酷いので、今日は早仕舞いで帰ります…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2021年01月28日

2021徳島絶版バイクミーティング中止決定のお知らせ3

BRC社様主催の「徳島絶版バイクミーティング2021」ですが
コロナの終息が見込め無い事から、残念ですが
早くも昨年に続き今年も中止が決定した模様です。
今年こそはと思っていたのに残念で仕方がありませんが
少しでも感染拡大を防ぐには、こう言ったイベントの
自粛をして行くしか無いのだと思います。
早くこのコロナ感染症が終息する事を願いながら
今年もバイクライフを楽しみましょう。


男は黙って六四分け

来月から始まる放射線照射前にと思い

210127の男は黙って六四分け昨日の定休日に何時もの理髪店へ行き

何時もの六四分けをやってもらいました。

これで放射線照射に向けて全ての準備が整ったので

覚悟を決めて挑もうと思います。


CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド

CB400F国内408ccCP20号機用のセルモーターをリビルドしたついでに

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (1)CB400国内398ccCP25号機用と

予備にもう一個セルモーターの

リビルドをやってしまおうと思い

溜まっていたセルモーターから部品をチョイス

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (2)1個は1号機で使っていたセルモーターで

エンジンブローの時に破壊された物で

部品取りのセルモーターから部品を取り外し

二個一で仕上げようと思い部品を準備。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (3)サクサクっと分解をして洗浄と

ウエットブラストで仕上げて

組み立て準備が整いました。

で、サクサクっと組み立てを開始。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (4)軸受け側にはフェルトパッキンを入れて

オイルを染込ませた上にシリコングリスを

スペーサー等に軽く塗って組み立てます。

Oリングも新品に交換ですね。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (5)で、そのままの勢いで予備用に

もう一個作って置く事にします。

これもサクサクっと分解をして

同じ手順でサクサクっと組み立てました。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (6)これで25号機用のセルモーターと

予備のセルモーターが出来上がりました。

昨年からリビルドをする予定だったが

ずっと伸び伸びになっていたのですが

これで合計3個のセルモーターリビルドが出来上がりました。


CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド準備

細かな仕事をやる気がある内にと思い

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (1)CP20号機用の純正キャブレターの

リビルド作業に取り掛かります。

まずはボディの洗浄から開始。

汚れが酷いので熱湯風呂に入れて洗います。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (2)他の部品も揃えて、純正新品部品は

在庫で一台分持っていた物を使います。

フロートチャンバー等は

ウエットブラストで仕上げようと思います。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (3)で、熱湯風呂に入れたボディに

洗浄用の洗剤を入れ、シコシコと

手洗いをして汚れを落としながら

ボディの状態をチェックします。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (4)付け置き洗いのその間に

フロートチャンバーなどを

ウエットブラストで仕上げました。

他の細かい部品もピックアップして

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (5)キャブクリーナー風呂に入れて

これも付け置き洗いで

タール状に腐ったガソリンを

洗浄して綺麗に下拵えをしておきます。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (6)洗浄が終わったボディですが

少しの腐食はある物の

それ以外は中々の上物で

ボディの虹色も綺麗に残っていました。

これで明日から組み立てに入ろうと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年01月03日

今日は甥とゲーム三昧3

今日は今年小学校三年生になる甥と
ニンテンドースイッチで対戦ゲームをする事になったので
何としてでも勝って、泣かしてやろうと考えてます。
実は昨晩も遅くまで二人でゲームをしていたのですが
ピクミンの対戦ゲームでぼろ勝ちしてやったら
最後は卑怯な手を使ってきたので
今日桃鉄を買ってきて、キングボンビーで虐めてやろうと思い
お泊りで遊びに来る事になっていますw
楽しみだわww


京都K様CB400電装部品取り付け

本当なら今日は電装部品の不足分をチェックしながら

京都K様CB400電装部品取り付け200103 (1)部品を取り付けて行く予定だったのですが

甥とゲームで対決する約束をしたので

ハンドル周りの部品を組み付けるだけに

する事にして、他の部品チェックはまた後日。

京都K様CB400電装部品取り付け200103 (2)イグニッションキースイッチを

取り付けてるのですが、ボルトが無いので

在庫を出して取付が完了です。

次に仮付けしてある純正ハンドルに

京都K様CB400電装部品取り付け200103 (3)ハンドルスイッチの配線を通して

今度はしっかりと取り付けましたが

ステッカー類をどうするのかを聞いて無いので

これもまたオーナーと打ち合わせをする事に。

インジケーターも取付ましたが、ビスが無いので乗せているだけです。

多分取付ビスやボルト関係はかなり足りないと思います。


20号機エンジン組み立て

クランクを測定する事とダイナミックバランスに出していないので

CB400F20号機クランクメタル測定210103 (1)測定を済ませてから部品を発注し

ダイナミックバランスに出すので

メタル測定を済ませてしまいます。

本当は腰下の下拵えもしようと思っていたけど

CB400F20号機クランクメタル測定210103 (2)まぁ今日は甥と遊ぶ事約束があるのでw

サクサクっと測定を済ませて

メタルを発注して、クランクは

ダイナミックバランスへ送る準備を済ませました。


14号機RC風フロントフェンダー用Wディスクフロントフォーク

RC風フロントフェンダーの試作ですが

CB40014号機RCフェンダー用Wディスクフロントフォーク (1)現在塗装の段階で足踏み状態。

でも塗装が仕上がって来たら

何時でも取付が出来る様にと思い

Wディスク用フロントフォークを組み立てて

CB40014号機RCフェンダー用Wディスクフロントフォーク (2)取り付ける準備を整えます。

サクサクっと組み立てが完了しましたが

今使っているフォークスプリングがWPなので

フェンダーが出来上がってから

CB40014号機RCフェンダー用Wディスクフロントフォーク (3)交換する事になるので、それまでの間は

取り付けはお預けになります。

フェンダーが出来上がり次第

Wディスクに仕様を変更して

今年開催されるかも知れない、バイクイベントに持って行く事にします。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0)

2020年12月24日

気付けば今日はイブお決まりのノープラン3

何かこの所、僕の人生のターニングポイントになる様な事が
色々あった上に、仕事も忙しくさせて頂いており
TVを見て今日がクリスマスイブだって事を改めて知ったw
なので今年の?もクリスマスは全くノープラン!
あ!でもそう言えば自宅のカレンダーに「ケーキ」って
嫁が書いていたのを思い出した!
と言う事は多分嫁がケーキは準備しているんだろうな。


京都K様CB400エンジン腰上組み立て二日目

シリンダーヘッドガスケットをどうするかで作業が止まっていた

京都K様CB400エンジン腰上仕上げ二日目 (1)京都K様のCB400に取付ける

ヘッドガスケットが

CP製ブロンズヘッドガスケットに決まったので

早速取付てヘッドを搭載します。

京都K様CB400エンジン腰上仕上げ二日目 (2)で、どーん!

搭載完了、締め付け完了です。

お預かりしてからここまで来るのに

1年以上経過しているので

京都K様CB400エンジン腰上仕上げ二日目 (3)僕の記憶もあやふやな上に

PCのHDがクラッシュしているので

記録画像がほぼ無い状態なので

自分のブログを検索すると言うw

京都K様CB400エンジン腰上仕上げ二日目 (4)で、思い出したのがカムシャフトや

ロッカーアームにカジリがある事で

それをどうするかの相談をしたのか

してないのか?分からないので

京都K様CB400エンジン腰上仕上げ二日目 (5)この先はまたオーナーにお伺いしてから

仕上げる事になるので

取り合えずO/Hしたオイルポンプを取付て

今日はここまでで終了です。


名古屋I様CB400電装部品入荷

陸事に提出していた書類の決済が出たので、明日車検を受けに行く予定なのですが

名古屋I様CB400ACGステーターコイル交換 (1)名古屋ナンバーなので28日までに

登録を済ませ無いと年内の納車は厳しい。

で、タイミング良く不具合があった

電装部品も入荷してきたので

名古屋I様CB400ACGステーターコイル交換 (2)まずはステーターコイルから交換します。

元々付いていなかったダイナモカバーA

配線出口用ゴムも入荷して来たので

一緒に取り付ける事にします。

名古屋I様CB400ACGステーターコイル交換 (3)AC発電に元気がないステーターコイルは

コイル巻き替えよりもお手頃な

リプロのステーターコイルに交換します。

サクサクっとステーターコイルを交換をして

名古屋I様CB400ACGステーターコイル交換 (4)配線出口用ゴムもちゃんと入れて

これでステーターコイルの交換が完了となり

オリジナルの状態で車検を受ける事が出来ます。

オリジナルのACGカバーを車体に取り付け

名古屋I様CB400ACGステーターコイル交換 (6)これでオリジナルとリプロの交流発電量を

比較する為三相交流の発電量を

相関で測ってみる事にします。

で、測定結果は!

名古屋I様CB400ACGステーターコイル交換 (7)何とまぁ素晴らしい!

相関で約100V程度は発電しているので

元々付いていた物と比べると30V以上も

発電量が上がりました!

名古屋I様CB400レギュレートレクチファイアー交換 (1)これでAC発電不良問題は解決したので

次に電圧制御のレクチファイヤーを

レギュレートレクチファイアーに交換しました。

これでバッテリーもMFバッテリーが使えます。

名古屋I様CB400レギュレートレクチファイアー交換 (2)ステーターコイルも交換して

レギュレートレクチファイアーに

交換したので、今度は整流された

直流発電の電圧を測定して最終確認!

結果はこの通り!発電電圧もビンビンになりました。

夕方オーナーに連絡して、これで明日車検を受けて何事も無く無事に検査が通れば

28日に名古屋まで走り登録、納車をする事になりました。


ジャイロキャノピーエンジン部品ブラスト

FBでの枚方のコミュニティ「枚方が好きやん」の中にある

枚好きツーリング部K様ご来店201224 (1)ツーリング部メンバーのKさんがご来店。

ジャイロキャノピーのエンジンO/Hの為

購入したエンジンをウエットブラストで

仕上げたいとの事で、ご相談を頂いており

枚好きツーリング部K様ご来店201224 (2)エンジン部品を持ち込まれての

ウエットブラスト作業です。

機械の操作やブラストの当て方を伝授し

今日中に仕上げる予定で作業を開始。

枚好きツーリング部K様ご来店201224 (4)で、約4時間以上経過して

恐らく心は折れかけていると思いますが

ここまで綺麗に仕上がりました。

これで後はリタップ掃除をすれば

綺麗になったエンジンを組み立てる事が出来ると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月22日

放射線科受診後の治療方針3

今日関西医大の放射線科を受診して
今後の治療方針について放射線科のDr.と話をしてきました。
予防的放射線治療に対して僕の考えは
後ろ向きだった事もあり、放射線科のDr.と
色々と話をしたのですが、66Gyの放射線照射を
33日間続ける事による身体への負担が
火傷、味覚障害、唾液が出なくなる、食事が摂取出来なくなるなどがあり
放射線治療後半はかなり体力的にも辛くなり
治療終了後に元に身体の状態に戻る期間も
人それぞれで、2.3ヵ月〜年単位になる場合もあるらしい…。
また場合によっては入院治療になる場合もあるかも…。
身体の状態も100%元の状態にはならず
80%〜90%戻れば良い方だろうと言う事だったので
予防的放射線治療をする事に対して、それだけのリスクがある事に対して
少し考える時間と整理する時間が必要だと言う結論になりました。
医学的観点や統計的から言えば、放射線治療はやった方が良いとの事ですが
予防的放射線治療をしたからと言って、再発、転移しないと言う保証は無く
高悪性癌故の再発や転移自体、神のみぞ知ると言えるだろう。
暫くは放射線治療の方針に関して考える時間が欲しいと思ったので
来年早々からの治療は延期してもらう事にした。


京都K様CB400エンジン腰上組み立て一日目

腰下の組み立てを終えてから今日は腰上の組み立てに取り掛かります。

京都K様CB400エンジン組み立てシリンダー挿入 (1)シリンダーの摩耗とピストンの

摩耗が極めて少なく

良い状態のエンジンだったので

このままSTDサイズのピストンを使い

京都K様CB400エンジン組み立てシリンダー挿入 (2)仕上げる事になっていた京都K様のCB400

ピストンにリングをセットして

コンロッドに接続が完了したので

シリンダー挿入準備が整いました。

京都K様CB400エンジン組み立てシリンダー挿入 (3)で、サクサクっとシリンダーを挿入!

ヘッドガスケットをどうするのかを

聞いていないので、今日はここまでで終了。

海外から取り寄せた純正の秘蔵品を使うのか

京都K様CB400フルレストアフレーム準備 (1)それともリプロかCP製を使うのかを決めて

シリンダーヘッドを搭載する事にします。

取り合えずフレーム側の養生を剥がして

フレーム組み立ての準備もしておきます。


名古屋I様CB400充電不良原因調査

オーナーと打ち合わせをした結果、バッテリーは交換。

名古屋I様CB400バッテリー交換充電 (1)寒い時期は勿論ですが余り乗らないので

また直ぐにバッテリーが

弱ってしまうとの事なので

お手頃なバッテリーに交換する事になり

名古屋I様CB400バッテリー交換充電 (2)サルフェーション充電をやってから

通常モードで充電をしました。

で、バッテリーの充電も終わったので

車体に取り付けてエンジンを

名古屋I様CB400発電不良調査二日目 (1)始動させるのですが、始動性が悪いので

カブッたのかと思いプラグをチェックすると

真っ黒になっていたので掃除して取付ると

エンジンも素直に始動!

名古屋I様CB400発電不良調査二日目 (2)で、発電不良原因を調査するのですが

純正中古良品のレクチファイアーに

交換しても、発電電圧に変化が無い…

ひょっとしてと思いつつ、念の為

名古屋I様CB400発電不良調査二日目 (2)レギュレートレクチファイアーに交換して

発電電圧を測定したのだが

これでも発電電圧に変化は無いので

やっぱりあれなのか?と思い

名古屋I様CB400発電不良調査二日目 (4)純正中古良品のテスト用レギュレーターに

交換してみる事にした。

基本レギュレートレクチファイアーに

交換すればこれは必要ない物になるのですが

名古屋I様CB400発電不良調査二日目 (5)原因を絞り込むためにと思い

配線を接続したままで発電電圧を

チェックしていたのですが

どうやらレギュレーターに問題がある事が

これでハッキリと分かったので、対策はできます。

まず、ステーターコイルをリプロ品に交換してから

1、既存のレギュレーターが修理可能なのかをチェックする。
2、純正新品のレギュレーターを手に入れて交換する。
3、純正OEMタイプのレギュレーターに交換する。
4、中古良品のレギュレーターを手に入れて交換する。
5、レギュレートレクチファイーヤーに交換する。


本日のご来店

先日の火曜日午後に、映画監督、肌絵師、彫師の河本氏がご来店。

日本機械遺産認定スバル360テントウムシご来店2012222016年に日本機械遺産認定されたあの名車!

"テントウムシ„ことスバル360です。

以前からエンジンO/Hのご相談を頂いていたので

その打ち合わせにご来店下さいました。

早ければ来年春には取り掛かる予定になってます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年12月21日

明日の営業について3

【明日の営業についてのお知らせ】
明日12月22日(火曜日)は午後から放射線科を受診し
今後の治療に関しての説明を聞きに行ってきます。
SDC確定診断から1週間が経過しましたが
ほぼ毎日今後の事に関して嫁と話をしており
昨晩は息子とも話をしましたが
僕は息子としての意見を聞きたかったのですが
息子曰く「今はもう医者やから、医師としての立場でしか意見は言えない」
と言ってました。
息子も自分なりに色々とSDCについて調べてくれたみたいで
残された時間をどう言う風に生きるかは僕次第で
その意見は医師としては尊重してくれると言ってくれた。
好きなバイクを弄って、乗って、魚釣りをしてと
悔いの無い生き方をすれば良いと…。
家族は予防的放射線治療に関して前向きな意見なので
明日、放射線科のDr.と話をしっかりとして
今後の治療方針についての話をしてきます。


名古屋I号CB400発電不良調査

サルフェーション充電していたバッテリーは

名古屋I様CB400発電不良調査 (1)今朝にはもう上がっていたので

エンジンを暖気する為

キックで始動させて暖気を開始して

この三相交流の発電量を確認します。

名古屋I様CB400発電不良調査 (2)既存のACG発電量は5,000rpmで67Vと

ちょっと元気が無い発電量で

三相の相関を測定しても余り変わらなかったので

交流の発電量としては低い方になります。

名古屋I様CB400発電不良調査 (3)で、テスト用のACGに交換して

三相交流発電量をチェックを

する事にしてサクサクっと交換が完了です。

これで交流発電(AC)の発電量をチェック!

名古屋I様CB400発電不良調査 (4)こっちはこう見えて元気が良いので

同じく5,000rpmでのAC発電量は

87Vとかなり元気が良いので

やはりステーターコイルに不安がありますねぇ。

名古屋I様CB400発電不良調査 (5)で、この状態でバッテリーの充電電圧を

測定してみたのですが、バッテリーが

充電を受け付けないのか、若しくは

純正のレクチファイアーがダメなのか?

名古屋I様CB400発電不良調査 (6)と思い取り合えずテスト用の

レギュレートレクチファイアーに交換したけど

余り変わらないので、やはりまずはこの状態で

バッテリーを交換する事から始めないと

車検の時に光量不足で落とされる可能性があります。


京都K様CB400レストアエンジン組み立て開始

お預かりしてから、かなり時間が経ってしまいましたが

京都K様CB400レストア組み立て本格的に開始201221 (1)今日から作業に取り掛かりるので

エンジン組み立て前に部品をチェック。

ある程度の部品はオーナー側からの

供給部品になり、不足分はCPから出します。

京都K様CB400レストア組み立て本格的に開始201221 (2)まずはアッパーケースにスタッドボルトを

真っ直ぐ直角に立てて締め付けます。

スタッドボルトも両端は絶対緩むので

中強度のネジロックを使って締めます。

京都K様CB400レストア組み立て本格的に開始201221 (3)で、腰下の下拵えに当たりオーナーから

供給された部品を店開きし

使用する部品をチェックして

下拵えに必要な部品をピックアップします。

京都K様CB400レストア組み立て本格的に開始201221 (4)で、まずはロアケースの下拵えから開始。

絶版部品以外、純正で出る部品は全て

新品に交換する仕様なので部品代だけでも

かなりの費用になりますね。

京都K様CB400レストア組み立て本格的に開始201221 (5)で、ロアケースの下拵えが終わったので

次にスタッドボルトを入れた

アッパーケースの下拵えに取り掛かり

一先ずこれで下拵えが完了しました。

京都K様CB400レストア組み立て臓物下拵え201221 (1)続いて臓物関係の下拵えも完了。

純正新品プライマリーダンパーラバー

ニードルベアリング、1stギアーブッシュ交換。

ミッションベアリング交換などが完了です。

京都K様CB400レストア組み立て臓物下拵え201221 (2)次にコンロッドベアリングを交換して

クランクの下拵えをやってしまいます。

クランクのダイナミックバランスは

随分前に終わらせている状態です。

京都K様CB400レストア組み立て臓物下拵え201221 (3)で、コンロッドベアリングを交換して

純正新品カムチェーンと

プライマリーチェーンを交換して

クランクも下拵えが完了したので

京都K様CB400レストア組み立て腰下201221 (1)ここからは一気に!下拵えをした臓物を

何時も通りポイポイっと放り込んで

これまた何時もの記念撮影をしてから

ロアケースを被せて締め込みます。

京都K様CB400レストア組み立て腰下201221 (2)で、サクサクっと腰下の組み立てが完了。

部品さえ揃えば組み立ては何時も通り

サクサクと出来るのですが

全ての部品が揃うのと

京都K様CB400レストア組み立て腰下201221 (3)作業を始めるタイミングが

中々合わなかったりで

今まで伸び伸びになっていた分けなんですね。

で、シフト関係の具もセットして

京都K様CB400レストア組み立て腰下201221 (4)ミッションの動作確認もOKです。

オイルパスプラグは折れているので

これは手持ちの中古良品と交換して使います。

これで腰下は完成したので

明日以降は腰上の下拵えと、組み立て作業に取り掛かる予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年11月11日

定休日の臨時営業3

本日は定休日ですが、時間が無いので臨時営業としました。
今朝何時もの病院へ行き糖尿病の検診と
顎の腫瘍201111頸椎の検診を受けてきたついでに
喉の腫瘍の件を報告して来ました。
で、今日は何故か何時もより痛みが酷く
弟に見てもらったら昨日よりも
腫れが酷くなっているらしく
弟が言うにはゆで卵半分ぐらいになってるとの事。
画像で見ると確かにおおきくなっているので
通りで今日は痛いはずだわと思った。
日に日に悪くなっているのかなぁ…。
摘出しても色々と障害が残るのは、本当は嫌だけど
まぁ仕方がないかなぁ。


高知O号エンジン仕上げ三日目

僕が作業出来る日数が残り少ないので、今日は定休日ですが

高知O号吸気系仕上げ (1)弟を招集して臨時営業としました。

まずはキャブを取り付ける前に

エアークリーナー周りをチェックすると

チャンバーはドロドロでホースも朽ちていた。

高知O号吸気系仕上げ (2)先日オーナーから送られてきた

エアークリーナーチャンバーですが

キャブレタージョイントゴムと

リアラバーが無いので

高知O号吸気系仕上げ (3)リプロ品ですが新品を出す事にして

取り付ける事にします。

エアークリーナーチャンバーも

少し変形していたので修正をしました。

高知O号吸気系仕上げ (4)で、この部品をオーナーから送られてきた

エアークリーナーチャンバーに取り付け

これでエアークリーナーチャンバーの

準備も整いました。

高知O号吸気系仕上げ (5)ブリーザーチャンバーも掃除が終わり

朽ちてビニールテープで止められていた

ホースもとりはずして、新品に交換します。

2本のホースの内1本はブリーザーチャンバーと

高知O号吸気系仕上げ (7)エアークリーナーチャンバー用になります。

ブリーザーホースも元々正規品ではない

太い物が付いていたので、リプロ品ですが

正規の内径ホースに交換します。

高知O号ACGステーターコイル交換 (1)これで純正キャブ取付準備も整いました。

で、問題があったACGステーターコイルは

昨日オーナーから連絡があり

どうやら怪しい商品だったらしく

高知O号ACGステーターコイル交換 (2)ちゃんとしたリプロ品に交換する事になったので

在庫品のリプロステーターコイルと

交換して、修正したACGカバーに

取り付けをしましたが、防水ゴムが無いので

高知O号ACGステーターコイル交換 (3)取り付けは部品が入荷してからになります。

一応仮付けをして確認しましたが

問題無く取付が出来るので

やはりステーターコイルの問題だったのでしょう。

高知O号エンジンオイル モチュール3000+ (1)取り合えずエンジンオイルを先に入れます。

使用するオイルは100%鉱物油モチュール3000+

ノーマルエンジン、ノーマル仕様なので

このオイルで十分ですし何しろコスパが良いです。

高知O号マフラー取付 (1)オイルも入ったので、次にマフラー取付。

これでかなり形になってきました!

後はキャブレターを取り付ければ

今日中に火入れが出来るかも!と…

高知O号エアークリーナー配線やり直し (1)思っていたのですが、エアークリーナBOXの

中には何とまぁ、ウオタニのユニットが

入っていました…まぁそりゃぁそうだわなぁ…

取り合えず配線ルートも悪いので取外して

高知O号エアークリーナー配線やり直し (2)エアークリーナーダクトを取り付けて

ウオタニの配線も取り外して

配線ルートからやり直さないと

全ての物の納まりが付かない。

高知O号エアークリーナー配線やり直し (3)で、取り合えずウオタニの配線を

一旦取り外して、ユニットを取り付ける位置は

キャブを付けた後に考える事にするのですが

かなりスペースが厳しい。

高知O号純正キャブレター取付 (1)で、取り合えず何とか純正キャブレターを

取り付ける事が出来たので

アクセルワイヤーを取り付けて調整をするのですが

マジックスプリングが付いているので

高知O号純正キャブレター取付 (2)アクセルの戻りが悪いと思ったので

取り合えずアクセルワイヤーの

動きを良くしようと思いラスペネを入れたけど

全然改善されないので

高知O号純正キャブレター取付 (3)スロットルを取り外してみると

グリスっ気が全然ないので

これじゃぁ滑りが悪いよなぁと思い

グリスを塗ろうとスロットルを取り外すと

高知O号純正キャブレター取付 (4)今度は何とまぁ、バーエンドに何やら

溶接されており、そのコブが抵抗になってるし

そもそもフォアのハンドルの内側には

スロットルが動き易い様に加工されているので

高知O号純正キャブレター取付 (5)これじゃぁ全然その役目も

あったもんじゃないので

この溶接部分を取り外す事にしました。

こんなの初めてですが、恐らく貫通グリップに

高知O号純正キャブレター取付 (6)バーエンドでも取り付けていたのでしょう。

で、無事に何とか取り外す事が出来ました。

クラッチ側も確認して見るとやはり

同じように入ってましたが

高知O号純正キャブレター取付 (7)ハンドル操作などに影響は無いので

取り合えずそのままにしておきます…。

スロットルにモリブデングリスを塗ったので

これでアクセルの動きも全然良くなりました。

高知O号ウオタニIGC取り付け (1)で、ウオタニのコイルを取り付けるのですが

#1.4と#2.3のコイルの配置が左右逆なので

少し勘違いしそうですが、まぁこれはもう

仕方が無いのでこれでこのまま行きます。

高知O号ウオタニIGC取り付け (2)アクセルの動きはこれで良くなったのですが

後はユニットの配線と、ユニットを

何処に設置するかを考えるのですが

やっぱりツールBOXに入れるしか無いかなぁ…。

高知O号エアークリーナー交換セット (1)取り合えずエアークリーナーを入れるのですが

送られてきたエアークリーナーは…

これはいくら何でもダメなので

流石にこれは新品と交換します。

高知O号ウオタニユニット取り付け (1)で、問題のウオタニのユニットの設置場所は

幸いな事にETCが付いていないので

やっぱりツールBOXに設置する事にしました。

もう早い物勝ちと言う事で…。

高知O号バッテリー再充電 (1)ETCを取り付ける時はまた考えて下さいw

取り合えず火入れは明日にして

今日はここまでで終了します。

バッテリーも再充電をしておきます。

高知O号メインハーネスダメ出し (1)仕上げの時に気になったのがこのメインハーネス。

クランプが取付いていないので

ハンドルを動かす度に配線にストレスが掛かり

断線する可能性もあるので、部品を発注しました。

高知O号火入れ前 (1)と言う事で、休日出勤で何とか

火入れ前まで完成出来ました。

明日バッテリーを接続して

火入れと、キャブレター調整をする事にします。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2020年10月15日

明日は喉の検査です3

明日10月16日は、例の喉のシコリの検査に行ってきますが
お店は弟が開けてくれるので
検査が終わり次第店に戻ってくるつもりですが
検査時間や内容などによっては
業務が出来る状態なのかは分かりません…。
で、今度の日曜日は私用の為臨時休業を予定しています。
御用の方はお電話にてお問合せ下さいますようお願いいたします。


201014の男は黙って六四分け

明日病院へ行く事も重なったし、髪も伸びていたので

男は黙って六四分け201014 (1)昨日の定休日は何時もの理髪店へ行き

何時もの男は黙って六四分け!

顎髭もかなり伸びて来たので

綺麗に揃えてもらいました。

男は黙って六四分け201014 (2)午後から店に戻り、盗難された仲間のバイクが

京都方面を走っていたらしいと言う

情報を聞いたので、12日の店の防犯カメラ映像を

3時間、映って無いかを見ていたのですが

数年前のGPS発信機残念な事にそれらしい者は映って無かった…

で、これは数年前に購入したGPSですが

今ではこの半分以下のサイズになっており

もっと簡単に取付られると思います。

姫号防犯盗難対策 (1)姫号も防犯や、もしもに備えてと思い

ちょっとした細工をする事にしました。

防犯上の都合から詳しい画像は掲載しませんが

その時が来たら追跡が出来る様な物も隠します。

姫号防犯盗難対策 (3)一応配線はしますが、配線を切断しても

バッテリーを取り外しても

バックアップ機能があるので大丈夫です。

もうこれ以上身内のバイクに被害が出ない様に

エンジン、フレームなどを組み立てる時に、個体を特定出来るような

転売防止マークを入れる事も考えて仕上げるようにしようと思ってます。

姫号にも個体を識別出来る様に細工をしようと考えています。


21号機国内新規登録完了

コロナの影響なのか、新規登録台数が多かったのか

21号機改めGTK号国内新規登録 (1)少し時間が掛かりましたが

今日やっと国内新規登録に行く事が

出来るので、車両を積み込み

寝屋川の陸事に新規登録車検に行き

21号機改めGTK号国内新規登録 (2)やっと本日、国内新規登録と車検が終わり

21号機がGTK号となりました。

で、早速ナンバーを取り付けて試運転の準備。

検査証ステッカーは割と綺麗に貼れましたw

21号機改めGTK号試運転 (1)ょっとクラッチが遠く硬かったのですが

調整をして、何時もの所で記念撮影。

とても調子が良かったので一安心です。

コロナの影響なのか、盗難が多いので

21号機改めGTK号試運転 (2)車両の管理には十分過ぎる程お気を付け下さい。

で、試運転の結果はブレーキ鳴きが酷かったので

店に戻りブレーキを調整して試運転は完了。

近日納車予定となってます。


高知O号内燃機加工完了

予定通り高知O号用エンジンの内燃機加工が終わり戻ってきました。

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (3)上下クランクケースの修理と

ロッカーアームリビルド

作業に取り掛かるのは

来週以降になると思います。

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (4)シリンダーとCP製398cc専用0.25OS

ピストンでボーリング。

まずは臓物関係の下拵えを済ませて

組み立てるのですが、シリンダーヘッドが

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (3)どうするのかが決まっていないので

まだ手付かずの状態になってます。

クランクもダイナミックバランスが終了。

今回も少しバランスが悪かったようで

高知O号用エンジン内燃機加工完了 (4)ウエイトを少し調整してあります。

僅かな事ですが、これが振動やメカノイズ

クランクメタルの偏摩耗などにつながるので

一番肝になる所になります。


高知U号用メーターリビルド

実はすっかり忘れていたのですが…

高知U号用メーターリビルド催促しないと中々作業が進まない

メーターのリビルドが仕上がって

戻ってきました!

国内メーターODO指定の190キロスケール

これも他の荷物と一緒に本日発送致します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月15日

20号機製作仕様を考え中3

貴重な国内408ccのレストア作業に取り掛かるのですが
最初は僕が所有しようと思って
レアな部品を集めて保管していたのですが
レーサーを公道復帰させた事や
天気が良い日はBUBU505-Cばっかり乗って
1号機に全然乗っておらず
バッテリーが上がってしまうなど…
で、色々と悩んだのですが
これ以上増車しても管理が出来ないので
20号機は普通にレストアをする事にしようかとまだ悩んでいます。
外装カラーは408ccにだけ与えられた
バーニッシュブルーにするつもりですが
仮に新しいオーナーが決まれば、今ならまだ仕様変更も可能です。


21号機ETC取付

昨日エンジンを搭載した21号機にバッテリーを乗せて

21号機バッテリー接続電装系、保安部品チェック (1)電装系のチェックをするに当たり

ツールボックスを加工して

ETCの配線を収納出来るように

仕上げに取り掛かります。

21号機バッテリー接続電装系、保安部品チェック (2)後は整線をしてETCの取付が完了。

丁度タイミング良くバッテリーの

充電が終わったので、搭載して

全ての電装系と灯火類、保安部品の

21号機バッテリー接続電装系、保安部品チェック (3)動作確認を済ませます。

ETCも含め、保安部品、灯火系は

全て問題無く作動が確認出来ました。

テールライトのブレーキランプが

21号機バッテリー接続電装系、保安部品チェック (4)点灯していたので、フットブレーキの

スイッチを調整して問題無く作動。

これで後はセルを回して

実圧縮圧力を測定をします。

21号機実圧縮圧力測定本当ならマフラーさえあれば

火入れと同調調整も出来たのに…。

まぁ火入れは当分先になりそうです。

で、測定結果は0.85Mpa〜0.9Mpaとまずまず。

後は部品が入荷して来るまでの間、暫く放置になります。


三重M号マフラー錆取り2回目

マフラーの目詰まりを何とかしようと

三重M号マフラー錆取り2回目 (1)今度はワコーズのピカタンに

お湯を入れて24時間放置して

マフラー出口の栓を抜いてみたのですが

染込んだピカタンが一瞬排気口から出ただけで

三重M号マフラー錆取り2回目 (2)後は水抜き穴らか爺のしょんべんみたいに

チョロチョロとしか出て来ないので

こりゃぁダメだなぁ…とピカタンを流して

取れた錆を見てみたけど

三重M号マフラー錆取り2回目 (3)そんなにガッツリでは無かった…。

内部を洗浄するついでに

マフラーの貫通チェックをしたのですが

やはり残念な事に排気口から流し込んだ

三重M号マフラー錆取り2回目 (4)洗浄用の水も排気口から出て来なくて

水抜き穴からしか出て来ない…。

さてと困ったなぁ…と…。

取り合えず一旦中を乾燥させてから

ちょっとマフラーを弄ってみようかなぁ…。


旧CPレーサー1号機改め24号機公道復帰への道その8

公道復帰に向けてウオタニなど不足部品が入荷して来たので

24号機メーターカバー取り付け (1)早速取付て電装関係の仕上げをします。

電タコなどの配線なども済ませ

エンジンオイルも入れて

エンジンを始動させる準備に取り掛かります。

24号機点火系ウオタニ取付ちょっとビジュアル的にと思い

メーターにメッキカバーを被せてみました。

ウオタニも取付て点火系もこれでOKです。

バッテリーも充電が完了したので

24号機保安部品灯火系チェック (1)接続してこれも、保安部品、灯火系をチェック。

ETCなども含めて全てOKとなったので

後は配線を整線してから、諸々の確認をして

火入れの準備に取り掛かります。

24号機保安部品灯火系チェック (2)まぁ明日の定休日にでも一度火入れをして

点火時期の調整でもしておこうかな。

登録は番号が良い番号の時を狙って

登録する事にします。


本日のご来店

朝交差点で自由人君とバッタリ会ったので、仕事でもしてるのか?

200915本日のご来店と思っていたら、やっぱり彼は

根っからの自由人なので

まだ小銭があるらしく、仕事はしていなかったw

で、何を思ったのかオイル交換にご来店。

まぁ僕も彼に色々と相談したい事があったので丁度良かったかな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月12日

本日は早仕舞い4

今日は明日の魚釣りの準備の為
勝手ながら、早仕舞いとさせて頂きます。
今年は本命に恵まれず、大型の鱧やアカエイ、ネコザメなど
危険な海洋生物調査しか出来ていおらず
ボラすら釣れていないので、明日もボラは釣らずに
本命の魚を釣ってこようと思います。


大阪T様マッスル号ドレスアップ

先日フロントフェンダーを交換して、スタイルがかなり引き締まったので

大阪T様マッスル号フロントエンブレム取り付け (1)更にカスタムのスイッチが入ったのか

今日はフロントエンブレムの取付にご来店。

先日のご来店時に取り付け位置と寸法を

測定してあったので、タップ穴の確認と

大阪T様マッスル号フロントエンブレム取り付け (2)リタップ掃除をしてから

フロントエンブレム用ステーを

M6ボルトに変換して取り付けました。

M6の取付ボルトは当然純正ボルトです。

大阪T様マッスル号フロントエンブレム取り付け (3)ステーの取付が完了したので

エンブレムをセット!やっぱり良いですね!

フロントまたこれで引き締まりました。

取り合えずマッスル号カスタム第一章は

これにて完了となりました。


21号機シリンダーヘッド仕上がり組み立て

今日、内燃機加工から戻ってきた21号機用シリンダーヘッドの

21号機用シリンダーヘッド内燃機加工仕上がり (1)組み立て作業に取り掛かります。

測定した所少し歪が大きかったので

予定外でしたが平面研磨をして

バルブの摺り合わせも完了してます。

21号機用シリンダーヘッド内燃機加工仕上がり (2)で、早速バルブスプリングの

取り付けに取り掛かろうとして居た所へ

懐かしい方がバイクに乗って突然のご来店!

少しお話をさせて頂きました。

21号機用シリンダーヘッド内燃機加工仕上がり (3)懐かしいお話をしながらですが

シリンダーヘッド組み立て作業も

進めて行き、バルブスプリングの

組み立てが完了しました。

21号機用シリンダーヘッド内燃機加工仕上がり (4)後はインシュレーターと

EXスタッドボルトをセットして

シリンダーヘッドの下拵えが完了です。

これでエンジンにヘッドを搭載します。

21号機用シリンダーヘッド搭載 (1)で、サクッとシリンダーヘッドの搭載が完了。

そこへ丁度良いタイミングで

21号機オーナーがご来店。

もうオーナーが直に見る事が無いであろう

エンジンヘッド内部を見て頂き、オイルポンプも

「極み」と大流量ミッション用強化オイルポンプをご購入頂きました。

勿論オリフィスなどの加工も済ませてあります。

これで月曜日にはエンジンを搭載する予定です。


本日のご来店

怪我をする前の仕事で、色々とお世話になった懐かしい方が

本日のご来店200912神戸M様CB1300 (1)15年ぶり?ぐらいのサプライズ襲撃でご来店!

アルコールと言う凶器を持たなければ

とても優しいくて良い方ですw

コロナ禍の中なので中々食事でも!

とは行かないのが残念なのですが

このCB1300 SUPER BOL D'R<ABS>を今後カスタムして行く
                              TOURING     
お手伝いをさせて頂く事になりました。


peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0)

2020年09月10日

RSCポイントカバー製作開始3

大変お待たせしておりましたRSCポイントカバーの
見積もりがやっと出来上がり
早速製作に取り掛かっておりますが
前回製作時よりも原価が上がっている事から
販売価格も少し上がってしまいます。
今回は元型も少し変えているのですが
その型が潰れたら製作は終了となると思います。


旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道その7

昨日の定休日にいつも通り出勤して

旧CP1号レーサー改め24号機デジタルメーター取付 (1)いつも通り事務処理を終えてから

ACEWELLのデジタルマルチメーターの

配線を加工しました。

一応全ての機能が使える様にして

旧CP1号レーサー改め24号機デジタルメーター取付 (2)24号機に取り付け、配線の接続も完了。

1号機みたいにデーターを取る必要が無いので

コックピットはスッキリと仕上げます。

これで後はウオタニを取り付ければ

1号機バッテリー上りw公道復帰が完了となるのですが

まだ特注の部品が仕上がって来ないので

公道復帰は当分先になると思います。

で、ついでに1号機のエンジンを

数か月掛けていなかったので、たまにはエンジンを掛けようと思ったら

バッテリーが上がってたわw


高知U号タイヤホイール組み立て

純正ラインオフリムの再メッキと拘りのスポーク組み立てで

高知U号ホイールにタイヤをセット (1)仕上げたホイールにタイヤを取り付けます。

真夏の暑い時期には余り

やりたくない作業ですが

まだ今朝はましかな?

高知U号ホイールにタイヤをセット (2)サクサクっとタイヤを取り付けて

これで前後タイヤホイールが完成しました。

タイヤチェンジャーの周りには

タイヤホイールのセットが沢山あり過ぎw


高知O号クランクケースブラスト一日目

今朝オーナーから連絡があり、問題があったシリンダーヘッドは

高知O号クランクケースブラスト一日目 (1)こちらで用意する事になりました。

今日は天気が悪くて右足が激しく痛いのですが

不具合のあるエンジン部品を早く

内燃機屋さんへ送りたいので

高知O号クランクケースブラスト一日目 (2)取り合えず今日はロアケースの

ブラスト作業をやってしまいました。

リタップ掃除をしようと思っていたけど

足の痛みが激しく、熱っぽいので

今日はここまでで終了です。


大阪K号継続車検

常にPITがオーバーフロー気味なので

大阪K号継続車検2009010 (1)サッサと終わらせられる物は終わらせます。

一見、特に問題無く継続車検が

合格したかの様に見えるのですが

色々と小細工をしないと合格はしません。

大阪K号継続車検2009010 (2)でも、このマフラーのバッフルは

直前まで気付かなかったので

かなりビックリしましたがw

無事に継続車検一発合格でしたw

で、今日はもう右足が激しく痛くて、熱が出て来たので早仕舞いにします…。

peke_cb400f at 16:45|PermalinkComments(0)

2020年09月08日

事件ですか⁉3

昨晩自宅に帰って車を駐車場に入れようとしていると
どう見ても刑事にしか見えない女性一人を含めた
6人の刑事がワラワラと集まって来たので
え!俺?でも何も心当たりがない…事もないかも…
と思っていると、その場を仕切っている人を中心に
何やら捜査方針の打ち合わせを始めだした。
まぁ正直、俺じゃないのか!良かったw
って感じですけどねw
で、何を話しているのかと思い、わざわざ近づいてみたけど
声が小さ過ぎて何を言っているのか分からなかったw
きっと何かがあって、捜査しているに違いないと思った。
でも、目的は俺じゃないと思う。


高知O号エンジンブラスト開始

昨日ブラスト準備をしていた高知O号のエンジンブラストを

高知O号シリンダーブラスト今日から開始します。

で、サクッとシリンダーの

ブラストが完了。

温度管理後に測定をする事にします。

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (1)次にシリンダーヘッドのブラスト準備。

ブラストに不要な部品を取り外して行きながら

部品の状態もチェックして行きます。

まず気になったのはEXスタッドボルトで

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (2)8本中7本が逆向きに入れられてました。

この画像で言うと、向かって左側の

#2内側のみが正しい入れ方でした。

また曲がっている物もあったので当然交換です。

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (4)取り外したインシュレーターは2個社外品でした。

バルブスプリングを取り外すと

嫌にバルブが緩いのでチェックをしてみると

IN側もOUT側も少々ガイドが摩耗しているようで

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (5)バルブが上下に動く事が確認出来ました。

よって、バルブガイドのOリングを

交換するついでに、バルブガイドも

交換した方が良いと思います。

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (6)恐らく結構オイル下がりがあったと思います。

次に#2IN側の同調パイプ取付のM5+ネジが

締まっていなかったので取り外すと

案の定液ガスが塗られていたので

高知O号シリンダーヘッドブラスト準備 (8)ねじ山が上がっていると思われます。

取り合えずリムーバーを塗って

ガスケットと塗装を剥離して洗浄。

これでヘッドのブラストに取り掛かります。

高知O号シリンダーヘッドブラスト (1)で、ブラストが完了しました!

これでリタップ掃除をやってから

測定に取り掛かるのですが…

一点すっかり忘れて居た事があったわ…

高知O号シリンダーヘッドブラスト (2)まぁこの同調パイプ取付用M5のねじ山は

使う気があれば修正すれば良いし

他のねじ山も怪しい所は沢山ありましたが

どれもこれもそんな問題じゃなくて

高知O号シリンダーヘッドブラスト (3)そもそもこのヘッドが使えないと言う事を

すっかりと忘れていました…。

このカムチェーンガイドの部分が

大きく削られてしまっているので

このヘッドは使えないと言う事でした…。

さて困ったなぁ…どうしようか…。


大阪K号継続車検メンテナンス

オーナーからは特に何もしなくても良いと言う指示が出ており

大阪K号継続車検メンテナンス (1)唯一の作業はブレーキフルードの交換のみ。

他はチェックだけして

不整合や気になる所があれば作業をする

と言うオーダーになっています。

大阪K号継続車検メンテナンス (2)取り合えずブレーキフルードを交換して

諸々の点検などを終わらせました。

特に問題が無いので、このまま継続車検を

受ける事になると思います。


旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道のそ6

電タコメーターの缶詰が出来上がったので

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (1)早速24号機に取り付けてみました。

特に文字盤に拘りがある分けでも無いので

まぁ中々良い感じに出来上がりました。

これで電タコの作業は完了したので

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (3)次に毎度お馴染みのACEWELLの

デジタルスピードメーターを

加工取付に取り掛かります。

まずは純正メーターベースを加工して

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (4)取り付ける高さを調整して

このデジタルメーターを取り付けます。

まぁ何時もの感じでこんな感じに取付。

これはバックライトが要らないので楽ちんです。

旧CP1号レーサー改め24号機メーター取付 (5)で、缶詰の蓋をして、取り合えず完成です。

後は配線を加工して取り付けるのですが

何処までの機能を使うかで配線の加工を

やらないといけないので、面倒だなぁ…。

明日の定休日にでもボチボチと加工しようかなぁ…。


8号機チェーンカバー取り付け

今日は銀ちゃん号に続き弟の8号機もチェーンカバーの

8号機用チェーンカバーバフ仕上げ完了取付作業に取り掛かります。

加工後にバフ屋さんへ送り

バフ仕上げから戻ってきたチェーンカバー。

今日はこれをサクサクっと取付てしまいます。

8号機チェーンカバー取り付け (1)で、取り合えず再フィッティング。

中々良い感じになってます。

て言うか、CP1号レーサーから強奪された

僕のスイングアームを返して欲しいわ!

8号機チェーンカバー取り付け (2)チェーンカバーの固定方法は三か所で

外側はステーを製作してボルト止め

内側はスイングアームにナッターを入れて

間にカラーを入れて隙間を調整して取付。

8号機チェーンカバー取り付け (3)タイヤエッジの逃げ加工は

元々逃げ加工がされているので

無加工でタイヤが取り付けが出来ます。

まぁ良い感じに出来上がったと思います。

8号機チェーンカバー取り付け (4)取り合えず完成となったので

全体の仕上がった雰囲気は

こんな感じになりました。

まだ色々と作業の途中らしいので

今日は無駄に残業させられそうです…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月06日

食欲の秋到来…3

最近調子に乗って体重が2キロ増になった…。
その理由は嫁が寝てからの盗み食い。
分かってはいるんだけど、ついつい食べてしまう。
それを今の所嫁はただただ傍観しているだけで
何も言わないので、余計に調子に乗って食べてしまう。
ある方からは「ストレスを貯めずに、食べたい物を食べれば良い」と
言われたのですが、両極端な僕には中間での調整が難しいので
またストイックな生活に戻そうと思います…。


弟の通勤号タイヤエアー管理不足

昨日の帰りに前を走る弟のリアタイヤを見ると

弟のアドレスエアー管理不足 (1)嫌にタイヤ全体に路面との設置痕があったので

帰宅してから弟に電話をして

アドレスのタイヤ空気圧管理してる?

と聞き、多分エアー抜けてるでと教えてやった

弟のアドレスエアー管理不足 (2)で、今朝出勤して、何か刺さっているかもと

チェックをしたら、つまようじが刺さっていた。

でもパンクはしていなかったので

単純にエアー管理が悪かっただけだった。

弟のアドレスエアー管理不足 (3)エアーゲージで測ると、案の定空気圧は0だったw

仮にでもバイク屋で仕事をしているんだから

恥ずかしい事をしないで欲しいと思ったわw

これで今後はエアー管理をする様になるだろう。


高知U号エンジン下拵え

エンジン塗装などが終わって戻ってきているので

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (1)ボチボチとエンジン組み立ての下拵えと

クランクシャフトのメタル測定を

やってしまわないと、エンジンの仕上げが

渋滞している状態になってます。

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (2)塗装から戻ってきたアッパーケースに

スタッドボルトを入れて

アッパーケースの下拵えを済ませます。

これで一応アッパーケースの下拵えが完了。

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (3)次にヘッドカバーの組み立て

リビルトしたロッカーアームと

WPC仕上げしたシャフトを

ヘッドカバーに組み込みます。

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (4)タコメーターギアーとオイルシールをセット

新品のシーリングボルトを入れて

組み立てが完了しました。

これでヘッドカバーも下拵えが完了。

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (5)次はクラッチカバーの組み立て

シール類、Oリング類は全て純正新品。

レリーズのリターンスプリングが

在庫切れだったので急いで発注。

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (6)で、取り合えず組み付けが完了です。

レリーズのリターンスプリングは

結構在庫してあったのに

いつの間に在庫切れになってたんだろう…。

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (7)次にACGカバーにコイルをセットします。

取り付けビスの+ネジは新品に交換します。

ACGカバーBも在庫が無かったので

取り合えず発注をしておきました。

高知U号エンジン組み立て下拵えその1 (8)で、サクッと組み立てが完了。

これで後はクランクケースを組み立てれば

エンジンが仕上がるのですが

エンジン組み立て室が満員御礼なので

仕上げはもうちょっと先になりそうです。


旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰手の道その5

電装部品の取付と加工が終わったので今日はメインハーネスを這わせます。

旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道その4電装部品加工完了 (1)まずはクラッチスイッチを作って取付。

スイッチ本体も取り外してあったので

部品庫からスイッチを探し出して

クラッチレバーホルダーに取り付けました。

旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道その4電装部品加工完了 (2)次にハンドルスイッチの加工が終わったので

プッシュキャンセルスイッチを

ハンドルに取り付けて配線ルートをチェック。

これが終わればメインハーネスを這わせます。

旧CP1号レーサー改め24号機公道復帰への道その4電装部品加工完了 (3)プッシュキャンセルスイッチを

ハンドルに取り付けて位置決め。

タンクとのクリアランスもOKなので

これでメインハーネスをセットします。

24号機公道復帰への道その4メインハーネス取付 (1)まずはサイドカバー内の配線と

リア回りの配線を接続が完了。

整線はまた後でやる事にして

ACGサブハーネスなどの接続も完了。

24号機公道復帰への道その4メインハーネス取付 (2)次にハンドルスイッチの配線を接続。

スターティングキルスイッチの配線が

少し短いので後で延長をする事にします。

ETCと油温計の電源も接続。

24号機公道復帰への道その4メインハーネス取付 (3)ヘッドライトケース内の配線も接続して

これで電装関係の作業は完了です。

後はウオタニを注文して取り付ければ

24号機が再び息を吹き返し

24号機公道復帰への道その4メインハーネス取付 (4)サーキットから公道を走れる仕様になります。

車体が1号機よりも軽いし

ハンドルの切れ角もかなりあるので

チョイ乗りには丁度良い感じになりますし

その気になれば、サーキットも走れるからねぇ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月05日

仕事サボらず営業中3

本当なら明日臨時休業を頂いて
弟と二人で魚釣りに行く予定があったのですが
巨大台風が来ると言うので
これは真面目に仕事をしろと言う事なのだと思い
仕事をさぼって魚釣りに行く事を中止にしたのですが
今日明日は結構良い天気らしいわ…。
まぁそんなもんだなと思った。
でもそんなのんきな事が言えるのも
台風10号が関西方面に来ないからであって
明日は我が身と思いつつ、常に準備と心構えをしています。
台風10号の進路上の方々のご無事を願うばかりです。


大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換

台風の影響で天候が心配だったのですが

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (1)逆に暑いぐらいの天気の中ご来店は

大阪T様のマッスル号。

今日はかねてからの課題である

フロントフェンダーの交換作業になります。

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (2)今取付いているCB750F用フェンダーだと

タイヤとの隙間が広く

ちょっと不細工だったので

色々と悩んでいたのですが

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (3)CPレーサー1号機の足回りをT.O.T仕様の

35Φに変更する時にCB750Fの足回りを

流用して、フロントフェンダーを取り付けたので

マッスル号にもフロントフェンダー流用が

大阪T様マッスル号フロントフェンダー交換  (4)反映出来る事が分かったので取り付けました。

CP1号レーサーはタイヤウォーマーを巻くので

隙間は広めにセットしましたが

マッスル号はかなり攻め気味でステーを製作。

仕上がりも引き締まって見える様になりました。

後まぁ電装系の不具合を二か所程チェックして

やっと課題のフロントフェンダーが完成となりました。


高知O号バッテリーラバー交換

純正部品が少し入荷して来たので

高知O号エアークリーナーボックスラバー交換 (1)高知O号のバッテリーケースの

朽ちたラバー類を交換します。

このラバーが朽ちていると

バッテリーに衝撃が伝わるので

高知O号エアークリーナーボックスラバー交換 (2)セルが割れたりする場合もありますからねぇ

で、取外した朽ちたラバー類…

もう取り外す時には、崩れて千切れ

バラバラになってしまいました。

高知O号エアークリーナーボックスラバー交換 (3)で、純正新品のラバーを装着完了。

入っているはずのカラーも無かったし

まぁ見る限りゴム類は全滅だと思いますが

何かのついでに交換しないと

作業量が大変な事になりそうです。


旧CP1号機改め24号機公道復帰への道その4電装部品取り付け

メインハーネスを取り付ける前に電装部品を先に取り付けます。

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (1)まずはヘッドライトカバーを取り付けて

配線、ホース、ワイヤー類の

取り回しを確認しながら

ヘッドライトも仮に取り付けてみました。

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (2)結果、色々と課題が見つかりました。

次に電装部品関係を取り付けました。

点火系はウオタニを取り付けるので

ヒューズもウオタニ対応のヒューズ

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (4)サーキットプロテクションを取り付け。

元レーサーマシーンだったので

発電は不要だったのでACGを取り付けました。

これで発電関係も大丈夫です。

旧CP1号レーサー改め24号機電装部品取り付け (5)これで後は左側ハンドルバーに

クラッチスイッチと配線を作って

プッシュキャンセルスイッチを加工取り付け

メインハーネスを這わせれば

電装関係はウオタニ、ETCとUSB電源、油温計等だけとなります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年09月03日

諸々の部品入荷3

9月1日に嫁側の姪に男の赤ちゃんが生まれました。
コロナ禍の中なので、家族も誰も立ち合いも出来ない中
一人で出産しましたが、元気で可愛い赤ちゃんが
我が親族に一人増えました。
嫁も会いたがっているのですが、今は我慢の時なので
仕方がないですね。
これでまた魔のお誕生日月間カレンダーの出費も増えますけどねw


大阪T様マッスル号用フロントフェンダー

足回りマッスル化後の課題として残っていた問題の

大阪T様マッスル号用フロントフェンダー仕上がり (1)フロントフェンダーが塗装から仕上がり

カラーリングはサイドカバーと同じ色の

ブラックで仕上げてあります。

これにワンオフで加工した取り付け用ステーを

大阪T様マッスル号用フロントフェンダー仕上がり (2)取り付けてフロントフェンダーが完成。

これで隙間も無くなるとは思いますが

取付後に微調整が必要になるかも知れません。

今週末は台風が接近しており

来週末は定休日もありますので、またご連絡をして

打ち合わせをしたいと思っております。


高知U号エンジン塗装仕上がり

ケース類の腐食が激しく、出来上がりが良くならないと

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (1)嫌がってゴネる塗装屋さんを宥めて

高知U号エンジンのケース類が

塗装から仕上がって戻ってきました。

塗装屋さんはこれだけ腐食している物は

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (2)プライドが許さないと言う事で

「もう二度とやらない」と言われましたw

まぁ腐食は激しいのですが

仕上がりは良い仕上がりになっているので

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (3)塗装屋さんのプライドに掛けても

オーナーもこれで満足してくれる事を

願うばかりです…。

次は腐食したケースの塗装はやってくれないので

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (4)そう言う意味でも貴重なエンジンに

なったと思います。

今PITもエンジン組み立て室も

ちょっと混雑しているので

高知U号用クランクケース類塗装仕上がり (5)組み立てはもう少し後になりますが

時間がある時にでも、ボチボチと

下拵えは進めて行く事にします。

シリンダーヘッドも修正が完了したので

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (1)バルブガイドのOリングを交換します。

エンジンの腐食具合からも

分かると思いますが、Oリングは当然ながら

朽ちて加水分解が始まってました。

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (2)全てのバルブガイドOリングを交換。

8個全てが朽ちているのも中々無いので

デフォルトで交換して良かったと言う

一例になりました。

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (3)で、歪測定の結果は、規定値内なので

平面研磨は無しで行けそうですが

カムチェーンが擦れて返りがあるので

そこはヤスリで修正をしてから

高知U号用シリンダーヘッド下拵え内燃機屋送り (4)バルブのすり合わせに

内燃機屋さん送りとなります。

ヘッドが仕上がって来る頃には

エンジン組み立て室にも余裕が出来ると思います。


21号機メインハーネス入荷

BOだったメインハーネスも3セット入荷して来たので

21号機電装部品入荷取付 (1)早速21号機にメインハーネスを

這わせる準備に取り掛かります。

ハンドルもF2絞りが入荷して来たので

これで後はタンクカラーが決まれば

21号機電装部品入荷取付 (2)フレーム側は仕上がると思います。

リプロ品ですがリアウインカーの

取付が完了しました。

フロント側もウインカーを取り付けて

21号機電装部品入荷取付 (3)これで電装、保安部品関係は揃ったので

メインハーネスを這わせて

電装関係の仕上げに取り掛かります。

Dクランプもリプロ品が出たのはうれしいねぇ。

21号機電装部品入荷取付 (4)這わせたメインハーネスの

ヘッドライトケース内

配線接続が完了。

ハンドルはF2絞りがご希望なので

21号機電装部品入荷取付 (5)ハンドルスイッチを入れて取付完了。

スイッチなどとメインハーネス配線の

接続も完了したので

アクセル、クラッチワイヤーを取り付け

21号機電装部品入荷取付 (6)ヘッドライトも取付が完了して

少しフォアらしくなってきました。

これでフレーム側の作業もほぼ完了となり

これでエンジンが乗れば完成と言う事になります。


高知O号用フロントブレーキ不足部品入荷

フロントタイヤホイールを交換するにあたり

高知O号用フロントブレーキ不足部品入荷フロントブレーキディスク取付ボルトが

短い事と、加工穴隠しカバーも無かったので

アゲインから部品を取り寄せました。

明日フロントタイヤホイールを交換して

フレーム側の作業を終わらせます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月23日

GTH号納車3

今朝一番にニューエンジンを搭載した
GTH号を無事に納車しました。
二度の不幸に見舞われ、原因は分からないままですが
また新たに慣らしからのスタートになります。
ヘビーユーザーな方で、酷暑でもほぼ毎日フォアに乗っています。
二度ある事は三度あるにならない事を願います。


21号機電装系下拵え

メインハーネスがまだ入荷して来ないので、電装系の下拵えを進めます。

21号機電装系下拵え (1)まずはヘッドライトリレーの配線改造。

これで光量をUPさせるので

車検にも対応可能になります。

フォアには必須アイテムになります。

21号機電装系下拵え (2)これを車体側に取り付けるのですが

レギュレートレクチファイアーを

別の所に取り付けてあるので

空いたスペースを利用してリレーを取り付け。

21号機電装系下拵え (3)メーター周りの不足部品も入荷して来たので

ヘッドライトリレーの配線と

不足部品も一緒に取り付けました。

ETCのアンテナも取付ようと思うのですが

21号機電装系下拵え (4)毎回取付位置に悩むので

もうデフォルトの取付位置を

決めようと考え中です。

目立たずにしかも電波も遮断せず

21号機電装系下拵え (5)取り付け、メンテナンス性も良い場所に

と言う事で、ETCのアンテナは

ステムに取り付ける事を今後は

デフォルトにする事にしました。

ここならまだ、フロントエンブレムの取付も問題ない位置になります。

で、今日は午後から少し別件の用事で出掛けたので

弟と嫁に店番をやってもらったので、ここまでで終了。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月22日

部品整備3

最近堕落した生活をしている弟を
昨日から自由出勤ですが
アルバイトと言う強制労働をさせる事にしました。
小金持ちの自由人君には「無駄遣いをするな!」と
言っているのですが、持ちなれない大金を
湯水の様に使っているようで
自分の用事がある時にしか店に来ないので
暫くの間自由人君は強制労働をやらせそうにないので
その代わりに弟を強制労働させる事にしました。


枚方Q坊号用部品入荷

数日前にはもうご注文頂いていた部品が入荷しており

枚方Q坊号用トルクロッドなど部品入荷ご連絡をしておらず申し訳御座いません。

この時期お天気の具合もありますので

入庫のご予定を打合せしたいと

思っておりますので、ご連絡をいたします。

宜しくお願い致します。


大阪T様マッスル号用部品整備

先日オーナーがバフ掛けのご依頼で持ち込まれた部品3点が

大阪T様マッスル号用エンジン部品整備 (1)塗装を剥がしてウエットブラストを当てて見たら

残念な事に全滅な状態だったので

この三点はお持ち帰りとなります。

で、追加の部品も合わせてCPで準備する事になり

大阪T様マッスル号用エンジン部品整備 (2)バフ掛けしても問題が無い部品を

宝物庫から持ってきて

ウエットブラストで仕上げたので

これでバフ屋さんへ送る事が出来ます。

大阪T様マッスル号用エンジン部品整備 (3)クラッチも滑っているらしいので

構造変更の新規車検入庫時に

カバー交換と、クラッチプレートなどを

交換する事になりました。

大阪T様マッスル号用テールライトブラケット (1)ついでにテールライトブラケットも

国内仕様タイプに交換します。

これはリプロ品ベースですが

ブラケット取付部分は補強を入れてあります。

大阪T様マッスル号用テールライトブラケット (2)リプロ品のテールライトブラケットの

ウイークポイントである

三点支持取り付けボルトの下部が

ほぼ全滅的にこの様に割れるので

大阪T様マッスル号用テールライトブラケット (3)割れたテールライトブラケットに

朽ちた純正のテールライトブラケットから

部品取りをして溶接して補強してあります。

リプロ品にはこの折り返しが無く

ベースの厚さも薄いので、大体の車両のこの部分に亀裂が入っています。

大阪T様マッスル号用インジケーターLED化 (1)で、インジケーターをLED化するとの事で

少々お高いのですが、やはり安物と違い

いままで壊れたと言うような報告は

一切ありませんので、安心して使えます。


銀ちゃん号ドラレコ取付

2020年仕様に変更し、半オリジナルBSのメッキが仕上がれば

銀ちゃん号ドラレコ取付 (1)本格的に走りに行く予定をしている

銀ちゃん号に、もしもの時の為に

と言う事で、ドラレコを取付け。

今日の担当は、強制労働の弟が担当者。

銀ちゃん号ドラレコ取付 (2)ややこしいマシーンなので

カメラの取付位置をどうするかから考えて

フロントのカメラ位置が何とか決まりました。

ここならフルボトムしても大丈夫だと思います。

銀ちゃん号ドラレコ取付 (3)リアカメラはナンバープレートの上に

ステーを加工して取付るので

ここは簡単に取付位置が決まりました。

後は配線をやっつけるだけです。


GTH号用シリンダーヘッド下拵え

エンジン再構築に取掛っているGTH号

GTH号用シリンダーヘッド下拵えブラスト終了今日はシリンダーヘッドの下拵え。

ブラストとリタップ掃除が終わりました。

バルブガイドのOリングの在庫が無かったので

今日はここまでですが、後は歪測定をやって

シリンダーと一緒に内燃機加工へ送る予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年06月15日

70'RCレーサー風フロントフェンダー3

臨時休業の土曜日と、定休日の日曜日で
名古屋と小浜へ行ってきたので
事務作業がたっぷりと溜まっていたので
午前中はお昼ご飯も食べずに事務処理業務でした。
体重も92キロ代に落ちたので
今年の夏は久しぶりに夏バテするかもw


CB400Four用RCレーサー風フロントフェンダー

詳しい事は書けませんが、当時実際にサーキットで走っていた

RCレーサー風CB400F用フロントフェンダー製作計画 (1)RCレーサーのフロントフェンダーを分解し

そこから型を起こした後に

それをCB400F用にカスタマイズした

スタビライザーをWディスク用で作り

RCレーサー風CB400F用フロントフェンダー製作計画 (3)フェンダーはFRPで製作したサンプルになります。

本来のカラーリングはシルバーの

塗装仕上げになりますが

オプションでスタビライザー部分は

RCレーサー風CB400F用フロントフェンダー製作計画 (4)クロームメッキも可能ですし

フェンダーの塗装もタンクカラーに

合わせる事も多分可能だと思います。

なぜ多分なのかと言うと

RCレーサー風CB400F用フロントフェンダー製作計画 (5)組立工程の中で最終的に

リベット止めになるのですが

フェンダーとスタビライザーの形状から

組立時に塗装面に傷が入る可能性もあります。

RCレーサー風CB400F用フロントフェンダー製作計画 (7)何工程か作業を増やせば

メッキやカラーリングも可能だと思いますが

その分費用が掛かると思います。

まだスタンダードの価格も決まっていないので

ホンダコレクションホールCB750Four試作を何点か作ってみる事にします。

【参考画像】ホンダコレクションホールより

CR750Fourレーサー画像

このタイプのフロントフェンダーになります。


三重M号キャブレター同調調整

テスト用エンジンが無いので、天気が良いので弟を呼び出して

8号機純正キャブ同調調整中のバッテリー突然死 (1)三重M号キャブレターの同調を

調整する事にしました。

で、色々と考えたのですが

ひょっとしてガソリンがハイオク?

劣化している?とも考えました。

測定した実圧縮が低いのでハイオクはNGですからね。

まぁ元々ノーマルエンジンは実圧縮が

1.0Mpa以下なのでレギュラーガソリン仕様ですから。

8号機純正キャブ同調調整中のバッテリー突然死 (2)で、まずはテスト用キャブの同調を確認を

はじめ出したのですが、突然8号機が死亡…。

原因を調べるのですが、配線には問題無いし

サーキットプロテクションも問題無しで

8号機純正キャブ同調調整中のバッテリー突然死 (3)バッテリー電圧も測定した所13.0Vあったのですが

結果、充電器を接続して充電量を測定したら

10%しか無かった上に、エラーが出て

充電も出来ない状態だったので

原因はバッテリーの突然死だと言う事だったので

新しいバッテリーをお買い上げとなりましたw

毎度おおきに!

で、目的のキャブレター同調調整は明日になりました…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月26日

心凹むも…上げて行こうぜ!3

昨日は流石に心が折れてしまい
作業をする気になれなかった…
でも、この現実からは目を背ける分けにも行かず
作業のご予約も平常時に戻りつつあるので
何時もの様にサクサクと作業を進めます。
明日は理髪店へ行こうと思っていたけど
緊急事態宣言も解除され、外出自粛要請も解除された事だし
ちょっと気分転換に一っ走り行って来る事にします。
30日からは県境を越えた移動もOKになるんだよねぇ?


GTH号涙のエンジン分解

この所作業予約が入り、経済が復活しようとしている事を感じるので

GTH号エンジンブロー修理二回目 (1)受け入れ態勢も整えないと行けない。

何時までも凹んでいる分けには行かないので

GTH号のエンジン分解を始めます!

取外したオイルパンの中には悲しみの欠片が…。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (2)凹む心を鼓舞しながら

サクサクっとL側を取外しました。

取外す振動でエンジンの中から

ポロポロと零れ落ちる悲しみ部品達…。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (3)出て来たのはコンロッドの破片と

ピストンピンだった。

この破片を見る限りでは

コンロッドは三分割されている…

GTH号エンジンブロー修理二回目 (4)サクサクっとR側も分解して

エンジンを下す準備が整いました。

クランクに破片が挟まって回らないので

取合えずエンジンを下します。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (5)で、

はい!どーん!!

エンジンが下りました。

カムチェーンを切断しても良いんだけど

GTH号エンジンブロー修理二回目 (6)結局の所クランクが回らない事には

何かと不便なので、下したエンジンを

ひっくり返してみると、EXバルブの傘が

最後まで抵抗をしていました。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (10)で、壊れた部品の摘出を開始!

まずはコンロッドの小端を摘出!

大きめのピストンの破片も2個と

オイルリングも摘出して

GTH号エンジンブロー修理二回目 (12)で、やっとクランクの回転を邪魔していた

EXバルブの傘も摘出して

かろうじてクランクが回転出来る様になった。

今回の破壊度合いは前回よりも激しいなぁ。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (13)クランクが回転するようになったので

ヘッドからヨシムラのカムシャフトを

取外す事が出来ました。

これでヘッド取外します。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (16)むー…燃焼室のダメージも

前回よりも酷い…。

ピストンやピストンピンなどは

ヨシムラの新品なので、やはり原因は…

GTH号エンジンブロー修理二回目 (18)ボーリングしたての#3スリーブ内は

完全に空っぽになってます。

スリーブを入れ替えたとしても

こうこれ以上の平面研磨をしたく無いなぁ…。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (21)GTH号メモリアルパーツ置き場の

2個目のシリンダーヘッドです。

まっきーRから始まって、この所

#3のバルブ傘落下が立て続けです…。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (22)シリンダーを取外してました。

もうスリーブは交換した方が良いだろうなぁ…

クランクが回転するので

ピストンを取外すのも楽ちんでした。

GTH号エンジンブロー修理二回目 (23)で、クランクケースを開けようとした時に…

あ”−!…ケース割れてるやん…。

はい、これにて本日は終了です。

エンジン全損と言う結果になりました。

これまた更に心が折れました。


三重M号ACG交換

点火系をウオタニに更新するに当たり

三重M号ACGコンバージョンキット取付 (1)発電系も強化する事になり

FOUR ONE製ACGコンバージョンキットに

更新する事になり、部品が入荷してきたので

早速取付を行います。

三重M号ACGコンバージョンキット取付 (2)まずはマグネットローターを取付けます。

これは多分軽量版のマグネットローターに

なると思うので、クランクが軽くなり

ピックアップも良くなるタイプの方だと思います。

三重M号ACGコンバージョンキット取付 (3)純正のACGカバーから

ステーターコイルなどを取外して

マグネットローター用ステーターコイルを

純正ACGカバーに取付けました。

三重M号ACGコンバージョンキット取付 (4)で、サクッと交換が完了しました。

この純正ACGカバーに取付けが出来る所が

このコンバージョンキットの良い所で

さりげなく発電系が強化できますね。

三重M号ACGコンバージョンキット取付 (5)で、この新しい三相交流発電機の

配線3本なんですが、サブハーネスが

硬化しているので、交換した方が良いと

思うのですが、ボルト類も含めて

三重M号ウオタニ対応サーキットプロテクション取付 (1)オーナーから連絡が無いので、接続は保留。

で、何かにつけて全てのボルト類は

オーバートルク気味で、このヒューズボックスも

本来は、+ナベねじM6×16なんですが…

三重M号ウオタニ対応サーキットプロテクション取付 (2)まぁ今回ウオタニになる事から

サーキットプロテクションに変更となり

仕様が変わってボルト止めでは無く

ベルクロ止めになっていました。

三重M号ACGコンバージョンキット取付 (6)後はレギュレートレクチファイアーを

交換するだけなのですが

ウオタニのユニットを取付ける場所と

この大き目のレギュレートレクチファイアーを

何処に取付けようかなぁ…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年05月21日

インスタ不正ログイン乗っ取り3

僕のインスタグラムのアカウントに不正ログインがあり
結果乗っ取られてしまいました。
インスタ不正ログインからの乗っ取りPCのメールに不正ログインを知らせる
メールが来たのですが
その時は、これも何かの
騙しメールだと思ってスルーしていたのですが
結果その数時間後に
僕が投稿していない画像が勝手に
インスタに投稿されてしまいました。
まぁ今の所それ以上の実害は無いにせよ
インスタ不正ログインからの乗っ取り僕の投稿だと思い「いいね」を
押して頂いたフォロアーの方には
不快な思いをさせてしまったかも知れません。
今回の不正ログインはモバイル端末からで
埼玉県杉戸町北勝鹿郡からとなっていますが
恐らくこの端末もクラックされて
海外のサーバーを経由して利用されていると思います。
取合えずFBとの紐付けは外して、パスワードを変更して
二段階認証にセキュリティを上げました。
皆様もお気を付けください。


三重M号作業開始延期

本当なら今日からでもボチボチと作業を開始する予定だったのですが

三重M号バッテリー充電エラー (1)車両の状態が思いもよらぬ状態だったので

交換用純正部品の在庫が無く

入荷するまで本格的な作業は延期です。

しかも今朝出勤してみると

三重M号バッテリー充電エラー (2)バッテリーはエラー表示がでており

充電が終わっていなかった…。

取合えずサルフェーション充電から

やり直す事にしました。

三重M号キャブレターの怪しい雰囲気 (1)他に不足部品などが無いかをチェックしたら

何やらキャブに怪しい仕掛けの

スプリングが入っていた…。

一体何の意味があるのか?

三重M号キャブレターの怪しい雰囲気 (2)この怪しいスプリングは

#1.2も#3.4にも取付られており

やっぱり一筋縄では行かない様な

不安しか感じない気がする…。

不足している部品は小さな部品ですが

作業の流れ上必要な部品なので、強いては事を仕損じるが如く

まずはじっくりと腰を据えて取掛らないと、大惨事になりそうです。


枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ

昨日入庫してきた枚方Q坊号のオイル漏れ修理と

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (1)シリンダーヘッド増し締め作業に取掛ります。

お決まりですがUBSボルトは不在。

ボルトは通称ブタ鼻にアンダーライン入りの

現行タイプに交換はされていますが…。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (2)ブリーザーカバーのボルトも

長さが間違って入れられており

ここは本来M6×32が入るのですが

実際はM6×28が入っており、一か所ねじ山が…。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (3)タペットキャップのOリングは

これもお決まりのペッタンコに

ここは消耗品なので、漏れだしたら

交換する物だと思って下さい。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (4)で、ヘッドカバーを取外しました。

ガスケットは毎度お馴染みのペッタンコ。

ヘッドカバーのガスケットも消耗品です。

ロッカーアームには目立ったカジリはありません。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (5)カムチェーンも特に緩みは無く

カムシャフトも特に問題はありませんし

シリンダーヘッドのねじ山上がりも

無かったので、取合えずは状態は良いかな。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (6)でも、シリンダーヘッドの増し締めを

して見ると、180度から360度ぐらいは

全体的に締まったので

シリンダーヘッド全体的に

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (7)かなり緩みがありました。

取合えずシリンダーヘッドの

増し締めも完了となったのですが

今朝CP開店直後にオーナーがご来店され

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (8)取外したカバー類をついでに

ウエットブラストで仕上げて欲しいと

伝えにご来店されました。

元々ボルト類は再メッキ品に交換するつもりで

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (9)せめてブリーザーカバー位は

サービスで、ブラストをするつもりだったのが

正式にご依頼を頂いたので

ロッカーアームなどを取外して

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (10)取外した部品全てをブラストで仕上げました。

まぁ今後シリンダーや腰下のヤレ具合が

気になると思いますが

その時期が来た時にでも…。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (11)一通り取外した部品のブラストが完了したので

リタップ掃除をしたのですが

ブリザーカバーの取付ボルトが

短かった事から、やっぱり一か所

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (13)ねじ山上がりがありました。

ここは今の状態で修正をしておかないと

取付けてからでは

少々ややこしい場所になります。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (14)パイロットタップでリコイル用の

タップを立ててから、正規のタップで

奥までリコイル用のねじ山を切って仕上げ。

一か所だけで良かったわ。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (15)で、リコイルを入れて

ねじ山の再生が完了しました。

これでロッカーアームや

タコメーターギアーを取付けて

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (16)ヘッドカバーの下拵えが完了しました。

ヘッドカバーガスケットも

新品に交換して、増し締めを済ませた

エンジンにカバーを取付け。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (17)不在だったUBSボルトも新たに取付けて

ボルトも再メッキ品ですが

アンダーバーが無いブタ鼻ボルトを

正規の長さに合わせて交換しました。

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (18)タペットクリアランスも調整して

タペットキャップのOリングも

新品に交換をし、ブリーザーカバーも

正規の長さのボルトに交換して

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (19)ヘッドカバーの復旧が完了しました。

エンジンのフィンに残ったオイルを

パーツクリーナーで綺麗に洗浄して

暫く暖気運転をして、オイル漏れが無いか

枚方Q坊号シリンダーヘッドカバーオイル漏れ修理 (20)チェックを済ませて

今回のオイル漏れ修理と

プチカスタムが完了しました。

所々綺麗になりました。


本日のご来店

何度か一緒にツーリングをした、枚方のN様が乗る

本日のご来店200521ワルキューレオイル漏れ (1)ワルキューレがご来店。

何度かご来店して頂いていたらしいのですが

タイミングが悪かったみたいで

今日やっと来れたとの事でした。

本日のご来店200521ワルキューレオイル漏れ (2)で、このV6エンジンを関東のショップで

半年程前にフルO/Hをしたらしいのですが

オイル漏れがあるとの事でご相談。

漏れている箇所を調べると

本日のご来店200521ワルキューレオイル漏れ (3)シフトシャフトのオイルシールから

オイルが漏れている事が分かりました。

シフトペダルのリンクが結構オイルシールに

負荷を掛けているようで

シフトペダルを動かすと、オイルシールが動きます…。

その内飛び出るかも知れませんねぇ…。

取合えず部品を発注したので、部品が入荷したら交換しするのですが

定価300円もしないオイルシールを交換するのに

マフラーを取外したりしないと、アクセス出来ないと言う

メンテナンス性の悪さと作業コストの高さ…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月14日

第三回体幹トレーニング3

昨日の定休日も弟に手伝ってもらって
体幹トレーニングを一日やっていたので
なので今日もまた筋肉痛になってます。
昨日は気温も高くて、結構な汗をかいたので
体重は2キロも減って97キロになりました。
以前の様な痩せ方ではなくて筋肉を付けながら
脂肪を燃焼させているので中々良い感じです。
今の体脂肪率は約1/3が脂肪ですが
それも徐々に減りつつあります。

 
まっきーR納車へ向けて

まっきーRのニッシンの縦型フロントブレーキマスターは

まっきーRフロントブレーキマスターエアー抜き (1)少し放置すると、エアー嚙みしてしまうので

納車間近になってきそうなので

フロントブレーキマスターの

エアー抜きをして置く事にしました。

まっきーRフロントブレーキマスターエアー抜き (2)マスター本体にエアーが入るので

バルブからチョイっとエアーを抜けば

フロントブレーキが使える様になりました。

後は朝晩フロントブレーキを握って

エアー嚙みしない様にすれば大丈夫らしい。

このタイプのニッシンのマスターにはよくある事らしい

知らんけど…。


京都M号発電量チェック

先日配線の手直しをした時に、バッテリーが弱い事に気が付いたので

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (1)バッテリー電圧を測定してみた所

12Vを切っているので、このバッテリーも

少々寿命なのかも知れません。

で、念のため発電量もチェックしました。

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (2)5,000rpmをキープして測定しましたが

発電量は中々上がらず

結構頑張ってみて発電量を測定しました。

結果は、発電量もかなり低く

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (3)頑張っても13.5Vなので

ステーターコイルを交換した方が

良いかも知れません。

5,000rpmをキープして走行すると

京都M号バッテリーチェックと発電量チェック (4)結構な速度になるので

一般道では厳しいと思います。

取合えずバッテリーを充電したら

バッテリーが復活し発電量も大幅に改善傾向なので

後はオーナーにバッテリーの管理をして貰える様にお話をしました。


Z50Zブレーキシューチェック

本日オーナーがご来店され、「ブレーキシューの交換を」

Z50Zブレーキシューチェック (1)とのご要望があったので

純正部品を調べたら廃盤だったので

取合えず現物をチェックして見ようと

フロントタイヤを取外しました。

Z50Zブレーキシューチェック (2)ブレーキドラムを取外して

ブレーキシューをチェックして見ると

どうやら一度交換をされているようで

全然健全な状態でした。

オーナーから教えてもらった専門店の部品は

純正部品と明記されていたのですが、何か別の車両の流用品かも知れない。

廃盤のブレーキシューは本体があればシュー貼り換えが出来ますので

お値段的にも多少はリーズナブルです。


巷で悪評高きアベノマスクが届いた!

日本で悪評高きアベノマスクが今日配達されてきました。

巷で噂のアベノマスクが届いた!改めて実物を見ると

こんな物に数億円の費用を掛けて

本当にバカらしいと思った。

もう普通にマスクは手に入るようになったから

これは使わずに、僕の歴史の中に封印して保管する事にします。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年05月05日

我慢週間七日目3

今週木曜日からの通常営業再開前に
自宅に沢山あるアルコゾール原液を7:3で割って
消毒液を嫁が作りました。
商品名は:めぐみゾール消毒液らしいです。
販売はしておりませんw
で結果、緊急事態宣言は延期になったけど
自粛要請は6日で終わるのかと思って居たのですが
各都道府県知事の権限で緊急事態措置を講ずる事が
出来る事をすっかりと忘れてたわ…。
せっかく我慢週間が終わったら、魚釣りにでも行こうと思って
釣り道具の手入れをしていたのに、残念で仕方がない…。
で、今日は五月五日なので、孫に現金とおもちゃを送った。
最初は楽しそうに遊んでいたらしいけど
直ぐに飽きてしまったらしい。
そう言う所も爺さん譲りなんだなw


小金持ち自由人君用オイルキャッチタンクニップル入荷

タケガワのエイプ用オイルキャッチタンクを

小金持自由人君用オイルキャッチタンク用ニップル入荷カブ用にカスタムする自由人君用の

タケガワ純正部品のニップルが入荷。

これで後はオイルキャッチタンクの

溶接などのカスタムが終われば

小金持ち自由人君がご来店となりますw


1号機デュアルテンプメーター取付

スタックのタコメーターを取付けたので

1号機デュアルテンプメーター取付 (1)行き場所が無くなってしまった

アクティブのデュアルテンプメーターの

取付位置が決まりました。

左がオイルクーラーのIN側で右が外気温度。

1号機デュアルテンプメーター取付 (2)アクティブのデジタルタコメーター機能は

スタックのタコメーターに移動させたので

オイルクーラーOUT側の油温を測定し

油圧と電圧だけにしました。



で、結局1号機のコックピットはまた何時ものジャングルジム状態になりました。


GTH号エンジン復活への道その4

昨日腰下の組立が終わったGTH号エンジン復活作業の続きで

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (1)今日はピストンのカーボン取りを

やって仕舞う事にしました。

今のピストンの状態はこんな感じです。

異常燃焼などはありませんね。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (2)ピストンリングもまだ健全な状態で

トップリングからの圧縮漏れも無く

セカンドリングの摩耗もまだまだ使える範囲。

でも、ついでなので新品に交換します。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (4)多分使う事はないと思いますが

ピストンリングは一応丁寧に取外し

それぞれ取外した気筒分に分けて

念の為保管出来る様にしてあります。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (5)リングを取外したピストンの

カーボンを除去するために

リムーバーをぶっ掛けて放置して

カーボンを浮かせて取除きます。

GTH号用ヨシムラピストンカーボン掃除 (6)これを何度か繰り返して

ピストンにこびり付いたカーボンを

少しずつ綺麗に剥がして行くと

こんなに綺麗になりました。

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (2)次にオイルパンを分解洗浄するので

このピストンなどの残骸をポイするので

セパレーターを取外して洗浄をします。

ついでにオイルフィルターケースも

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (3)洗浄してブラストで仕上げてしまいます。

結構な量の粉々になったピストンの

残骸が残っていました…。

オイルパン自体も汚れが酷いので

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (4)セパレーターとオイルパンを

ウエットブラストで再仕上をしました。

これでまた以前の様に艶っぽく戻りました。

オイルフィルターケースもブラストを済ませ

GTH号オイルパン、フィルターケースブラスト仕上げ (6)オイルパンのセパレーターを取付け。

これで残骸だらけだったオイルパンと

フィルターケースも下拵えが完了です。

後はシリンダーヘッドカバーの掃除ぐらいで

下拵えは完了するかな?


peke_cb400f at 14:00|PermalinkComments(0)

2020年04月30日

我慢週間二日目3

我慢週間二日目に入りましたが
予想はしていましたが
やはり緊急事態宣言は延期されるようです。
このままもたもたしていると
何処のお店も、CPも持たないようになるなぁ…。
ツーリングはするなと言う所もあるのに
バイク屋は保証対象には入っていないし
自粛対象でもないけれど
誰もバイクに乗らず、お店に来なかったら
そりゃぁ瀕死状態になるよね。


14号機継続車検

2月に車検が切れて、放置してあった14号機

14号機継続車検200430 (1)2年間で走行164キロだったけど

今日、継続車検を受けに何時もの京都南へ

タイミングが良かったのかラインはガラガラ

検査員の方に聞くとやはりコロナの影響らしい。

14号機継続車検200430 (2)「また来てやー」と言ってくれたw

で、ラインも一発合格で

これでまた無駄に不動車の継続車検を

受けた分けではなくて、実は…。

14号機継続車検200430そしてGTH号の代車に (1)エンジンブローしたGTH号の代車として

エンジン修理が完了するまでの間

僕としてはメンテナンス代わりに乗ってもらい

GTH号が直るまでの間代車として貸し出しました。

まぁ乗らないと土に帰ろうとするので

お互いのメリットもある事から、今回代車にしました。


1号機シフトタイミングライト設定

昨日取付けたスタックのタコメーターの機能には

1号機スタックタコメーターシフトタイミングライト設定 (1)シフトタイミングライトの機能があるので

その機能を速度警告灯を利用して

配線をやり直す事にしました。

この速度警告灯ランプの配線を

1号機スタックタコメーターシフトタイミングライト設定 (2)スタックのタコメーターに接続して

これでシフトタイミングライトの

配線が完了しました。

レーサーで使っていたスタックのタコメーター

1号機スタックタコメーターシフトタイミングライト設定 (4)元の設定は11,000rpmで設定されていましたが

8,000rpmで速度警告灯が光る様に

設定をやり直し、シフトタイミングライトの

配線と設定が完了しました。

まぁこれが光るのは、何時になるか分かりませんけどね…。


peke_cb400f at 14:30|PermalinkComments(0)

2020年04月29日

我慢週間一日目2

GW 我慢週間一日目が始まりましたが
今朝はゆっくり寝ていようと思っていたのに
結局何時もと同じ時間に起床して
店に向かう事になる…。
それしかやる事がないからで
家に居ても、嫁と気まずい雰囲気になるからなぁ…。
ほんまに辛いGWですわ。


1号機仕様変更

以前セパハンをバトルからハリケーンに交換しようとした時に

GW中に1号機セパハン交換200429 (1)油圧クラッチのホースが短くて

交換を断念したのですが

かなり前にホースは購入していたので

暇な今日は1号機のセパハンを交換します。

GW中に1号機セパハン交換200429 (2)今のバトルのセパハンが悪い分けじゃなく

ポジション的に腰に優しくしようと

思ったのと、スタックのタコメータを

取付けるにあたり、油温計などを

GW中に1号機セパハン交換200429 (3)何処に移動させるかと悩んだ挙句

ハリケーンのセパハンだと

ハンドルバーの長さがバトルより長いので

取付スペースが出来ると思った次第です。

GW中に1号機セパハン交換200429 (4)で、まずはブレーキ側からハンドルを

交換する作業に取掛りました。

色んな物が取付いているので

ハンドルを外すだけでも面倒なんだなぁ…。

GW中に1号機セパハン交換200429 (5)で、ハンドルを交換して

ブレーキレバーを取付けようとしたら

そりゃぁクラッチのホースが短いんだから

ブレーキホースも短いわなぁ…。

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (1)で、ハンドル交換は諦めて

スタックのタコメーターを取付ける事に。

配線をやり替えて、油温計などのメーターを

取外して別の所に移動させるのですが

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (2)ハンドル交換が前提だったので

油温計と油圧計は何とか

取付ける事が出来たけど

デュアルテンプメーターを

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (3)取付けるスペースが無い…。

困ったなぁと取合えず現実逃避して

1号機の復旧作業に取掛りましたが

このメーターだけはどうにもならなかった…。

GW中に1号機スタックタコメーター取付 (4)仕方なく裏のベルクロを使って

マスターカップのリストバンドに

メーターを貼り付けて、空を見上げる…。

まぁまた今度考えよう…。

ブレーキホースも注文しておこうと思った。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(4)

2020年04月20日

CPオリジナルピストン発送休止3

新型コロナウィルスの影響で
現在倉庫が休業に入っており
CB400FourやCBX400Fなどのピストン及び
ピストンリングの発送を一応
5月6日までの間休止しております。
ご迷惑をお掛け致しますがご理解のほど
宜しくお願い致します。


1号機カスタム妄想二日目

レーサーの公道復帰を諦めたので、昨日から部品取りを開始してます。

1号機用?スタックタコメーター小細工 (1)その中でスタックのタコメーターを

1号機に使う妄想をしている所で

取付寸法が決まったのでちょっと小細工。

純正メーターカバーをカットして塗装。

1号機用?スタックタコメーター小細工 (2)メッキして加工してあった

純正メーターベースに

カットしたカバーを取付けて

純正風に仕上げてしまいます。

1号機用?スタックタコメーター小細工 (3)缶詰のリングをカシメて

ハイ!出来上がり!

これで純正風メーターのスタック仕様が

完成したので、ここにスタックの

1号機用?スタックタコメーター小細工 (4)タコメーターを入れて取付ます。

出来上がりはこんな感じです。

後はこのタコメーターを

取付けるだけなのですが

今付いているデーター取り用のメーターを

何処に移植するのかが決まれば良いのですが…。

1号機用オーリンズリアサス (1)リアサスもこの際なのでオーリンズに

変更しようと思い、長さを短くしたけど

今より10mm近く長くなるので

センタースタンドが使えるかどうか微妙。

明日やる気スイッチが入ったら交換してみます。


CP1号レーサ用CB350Fエンジンを

街乗りで登録して使おうかと思っていたレーサーですが

CP1号機エンジンをベホリR Tエンジンに (1)正直、このコロナ自粛の中で

そんなぬるい事を考えている場合じゃないので

このレーサーエンジンを、ベホリRの

Tエンジンにしようと思いました。

CP1号機エンジンをベホリR Tエンジンに (2)なので、取合えずエンジン架台に搭載して

部品を取付けて行く事にしました。

オイルパンを取付けて

強化オイルポンプ「極み」をセットしたのですが

CP1号機エンジンをベホリR Tエンジンに (3)何とまぁ残念な事にM8のねじ山が上がった…。

くっそ!と思いつつも修正しない事には

先には進めないので

取合えずリコイルで修正をします。

CP1号機エンジンをベホリR Tエンジンに (4)ドリルで下穴を開けて

リコイル用タップでねじ山を作り

ヘリサートを挿入して、ねじ山上がりの

修正が完了しました。

CP1号機エンジンをベホリR Tエンジンに (5)強化オイルポンプをセットして

FCRとレデューサーもセット。

後はCP製ミッション用大流量

強化オイルポンプが完成すれば取付けます。

CP1号機エンジンをベホリR Tエンジンに (6)まぁこのコロナが落ち着いてからに

なると思うけど、一応僕の魂は

ベホリR用のTエンジンになる事に

方向を定めました。

まぁ今のエンジンを壊さない事が一番だけど

これで予備エンジンがあると言う安心感が生まれると思います。

エンジンスペック:排気量501cc、メガサイクルst2ハイカム、ポート研磨

強化バルブスプリング、ウエストバルブ、特注3速クロスミッション

8ディスククラッチ、FCR28(ショートスピゴット)、ピストンクーラー

強化セカンダリーギアー、強化オイルポンプ「極み」+

大流量ミッション用強化オイルポンプ装着予定。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月19日

自粛なので1号機のやりたい事を妄想3

正直、コロナの影響で予定が変わってしまい
今までに無かったぐらい暇です。
なので、色々考える時間が出来てしまい
何かと妄想を膨らませています。
CB350Fのレーサー号も分解したままで
このまま街乗りにしてもなぁ…とか思い始めて
1機入魂!にしようかな…とか…。
まぁ妄想はつきません。


1号機の諸々

と言う事で、今日は1号機の妄想を色々とやる事にしました。

1号機NC31系純正ヘッドライトとシビエにポジション球 (1)まずは、NC31系ヘッドライトには

ポジション球がライト内部に無く

先日ヘッドライトをシビエに交換したので

ハンドルスイッチでポジションが点灯する様に

1号機NC31系純正ヘッドライトとシビエにポジション球 (2)スイッチの配線を入れ替えて

ポジション球が使える様にしました。

ついでなのでレンズカットの傾きを変えて

ロービームでも対向車が眩しくないようにと

1号機レンズ角度調整ヘッドライトのレンズを結構傾けて

対向車の運転席にLEDの光が入らないよう

ライトレンズに角度を付けてみました。

ついでにハイビームの位置も上げたので

これは今夜検証してみる事にします。

1号機油温計配置変更 (1)次にデーター取りの為に付けている

各種メーターの温度表示の配置を

もっと見易い配置に変更する事にします。

これが現状の配置で、外気温がメインの所に…。

1号機油温計配置変更 (2)これをオイルクーラーOUT側をメインにし

デュアルテンプメーターのメインは

そのままオイルクーラーのIN側で

サブに外気温を取る様に配線を入れ替えました。

1号機にスタックのタコメーター取付の妄想 (1)で、今悩んでいるのは、このレーサーで使っていた

スタックのタコメーターを1号機に使おうかと

悩んでいる所です。

一応は形的にもう既に取付出来る様に

1号機にスタックのタコメーター取付の妄想 (2)加工は済んでますが、もう一つ手を入れます。

デジタルメーターの行き先が決まらないので

取付る事が出来ない状態になっているだけ。

まぁこのコロナの影響次第で時間があれば…。

1号機リアサス交換の妄想 (1)次にリアサスなんですが

今付けているYSSが硬過ぎて

フロントが負けてしまうので少し危ない。

ワンオフレイダウンキットを取外して

1号機リアサス交換の妄想 (2)取付位置をSTDに戻して

オーリンズを取付けようかと妄想中。

CB750F用なので一番短くして350mmです。

ギリギリメインスタンドが使えるかな。

スタックのタコメーター付けたいわぁ…。


レイバンのサングラス

断捨離中に見つけた、今から約25年〜30年以上前に流行っていた

25年〜30年前のレイバン断捨離レイバンのサングラスを売りに出してみたら

画像真ん中のレイバンが

結構な高値で売れました。

何でも、高倉健さんが使用していたモデルらしい。

こうなると断捨離も面白いね。


ACG強化サブハーネス

弟に内職させて作ってもらっていたACG強化サブハーネスが

強化ACGサブハーネス制作5本やっと完成して届きました。

AC配線の黄色はもちろんの事

全ての配線サイズを上げて

強化タイプにして作りました。

なので、ニュートラルスイッチはギリ入る太さなので

心を折らずにニュートラルスイッチの穴に入れて下さい。


本日のご来店

同じ枚方に在住の方で綺麗にカスタムされたNC36に乗られた方。

200419本日のご来店「旧CB400Fourのお店があるで!」と聞き

わざわざご来店下さいました。

旧CB400Four仕様で17インチ化してあり

纏まったカスタムになっていました。

またご都合が合えば、一緒に走りましょう!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月06日

ついに緊急事態宣言発令だな…3

人それぞれに考え方の違いはあると思いますが
今この新型コロナが流行しているこの時期
バイクに乗って、ツーリングをしたらダメなのか…?
ヘルメットを被ると個室だよ?3密じゃないし、通気性も良いよ?
ガソリンは入れないと走らないけど
ガソリンスタンドで給油中に人は密集しないよ?
人間だから食事も摂らないと行けないから
出先では食事処に入る事自体は自宅以外何処に居ても同じで
逆に食材を買いに行く主婦の方が、レジに並んで人が密集してるよ?
健康だからバイクに乗って走れるし
ツーリングをする事によって、経済活動にも貢献してるよ?
不要、不急の意味=重要ではなく、急ぎでも無い事。
これは個人の主観によって捉え方の違いがあると思うけど
バイク屋さんにしてみれば、バイクに乗る事も仕事です。
走って消費して貰わないと死活問題にもなるんだけどね。
バイク屋さんも少なからずコロナの影響を受けているよ。
明日には緊急事態宣言は発令されるみたいだね。
そうなるとツーリングも残念だけど中止だな。
取合えず先に30万下さい。
車検場は普通に運営はしてもらわないと困るね。


某青い方継続車検へ

自分でユザー車検を受けに行くと、某青い方に諸々のレクチャーを済ませ

某青い方ユーザー車検に挑む! (1)今朝CP開店前の一番にご来店。

自賠責保険証を受け取って颯爽と

ユーザー車検に行かれました。

で、その結果は…?

某青い方ユーザー車検に挑む! (2)物の1時間もしない内に店に戻ってきた…。

全て一発合格!で新しい車検証ステッカーを

僕が貼ったのですが「曲がってるやん!」と

叱られましたが、これが俺流です…TT。

次回オイル交換時にオイルポンプを「極み」に交換して

セルモーターO/Hとドライブチェーン交換などを予定しています。


枚方Z750RS継続車検バッテリー充電

発電電圧が9VしかなかったZ750RSのバッテリーを

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (1)二日間サルフェーション充電したけど

終わらなかったので、通常モードで

充電をする事にしました。

そして数時間後

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (2)バッテリーの充電が無事に完了しました。

サルフェーション充電中に揮発した

希硫酸を補充して、バッテリーを

車両へ搭載する準備も整ったのですが

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (3)BFバッテリーあるあるで

本体が劣化するとキャップも劣化して

割れてしまう…今回は4個割れたので

他の物と交換しました。

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (4)充電後のバッテリー電圧を

チェックしてみたら13V近くまで復活

取合えず継続車検は大丈夫そうです。

で、念の為発電電圧も測定。

枚方T様Z750RS継続車検バッテリー充電 (5)発電は健全に行われているようで

全然問題がないレベルだった。

オーナーには納車時にこの状況と

バッテリーの交換を提案しておきます。


暖かくなったら漁へ出掛けよう

こんな身体になってから、好きだった魚釣りにも

漁に出掛ける準備 (1)出掛けられなかったのですが

今度暖かくなったら、弟の介助の元

魚釣りに出掛ける予定になった!

使わなくなって十数年のリールも手入れして

漁に出掛ける準備 (2)糸を巻き替えないとダメだなぁ。

手作りのチヌ竿、金属部はオールチタン製。

グリップ部分は古民家のヤニ竹を使い

ロッドはカーボン製の逸品。

メータークラスのボラでもごぼう抜き出来るにも拘らず

竿先のしなやかさもある竿なので、暖かくなる日が楽しみです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)

2020年04月04日

通常業務中の顧問業務、個人面談3

今日は午後から顧問業務の個人面談を
CPの店内で行いました。
コロナの影響で業務委託先が
無期限の休業となったため
今後の業務についての面談でしたが
やる事、仕事は沢山あるので
今の所、特に問題では無い範囲かなぁ?


1号機ヘッドライト交換

ヘッドランプをLEDに変更した為、ロービームで走行していても

1号機ヘッドライシビエにト交換 (1)対向車のドライバーは眩しいみたいで

運転しながら目を覆ったり

パッシングや、幅寄せ、怪訝な顔をされるので

純正のヘッドライトだとLEDの光が散って

1号機ヘッドライシビエにト交換 (2)眩しいのかも知れないと思い

もう試しに、仕方なくシビエを購入し

交換してみる事にしました。

純正よりシビエのレンズカットの方が

1号機ヘッドライシビエにト交換 (3)境目がはっきりしているので

良いかなぁと思い

対向車の迷惑にならないと思って

交換してみる事にしました。

1号機ヘッドライシビエにト交換 (4)で、光軸を合わせてみました。

まずはロービームですが

やはり少し高いので少し低めに設定。

これで対向車の迷惑にならないと思う。

1号機ヘッドライシビエにト交換 (5)で、これがハイビーム

少し光軸が下っぽいですが

車検まではこのままで行こうと思います。

LEDなのにバッ直リレーが付いているのが

1号機ヘッドライシビエにト交換 (6)何だか残念でならないです…。

ま、取合えずこれで走行してみて

対向車の反応を見てみる事にします。

正規の車検の光軸を優先するか

1号機ヘッドライシビエにト交換 (7)対向車の迷惑にならない方を選択するか…。

ハイビームをギリギリまだで下げて

ロービームの光の反射が

このラインぐらいになりました。

1号機ヘッドライシビエにト交換 (8)ハイビームは中心から少し下がって

これぐらいかなぁ?

少し光が散っているので

的もかなり広い…まぁ車検が通ればOKなんですが

1号機フロントタイヤ間も無く交換時期フロントタイヤも交換時期なのですが

もう面倒臭くなったので

また次回にでも交換する事にします。

まぁ次のツーリングが終わったら交換かな?

なんせ、自分のバイクのメンテナンスは面倒臭いので

誰かにやって貰いたいぐらいです。


大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫

1号機のフロントタイヤを交換するか悩んでいた時に

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (1)タイミングよくご来店されたのは

大阪T様のマッスル号。

オイルパスキャップBからの

オイル漏れとの事で入庫となりました。

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (2)仮に僕がやる気があったとしたら

タイヤ交換中だったので

少々お待ち頂く事になっていたと思います。

で、物を見てみると確かにオイルパスキャップ付近

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (3)念の為ポイントカバーを外して

クランクシャフトからのオイル漏れが

無い事を確認して、パスキャップを取外し

Oリングを見てみると、やはり潰れていた。

大坂T様マッスル号オイル漏れ入庫 (4)取外したオイルパスキャップは

ウエットブラストで綺麗にしてから取付。

綺麗にして置けば、またオイル滲みがあれば

何処からなのかが分かると言う利点もあります。

他のオイルパスプラグや、キャップAも恐らくOリングは死んでいるので

漏れて来るのは時間の問題なので、オイル交換やフィルター交換の時にでも

ボチボチと交換をして行けば良いと思います。

またシリンダーヘッドカバーからもオイル滲みがあるので

それもまたGW明けぐらいに、リアディスクブレーキの

構造変更の強度試験をするので、そのタイミングで作業予定となりました。


断捨離のお手伝い

今日はお休みの弟がやって来て「断捨離を手伝ったるわ!」と

断捨離のお手伝い? (1)バイクに乗ってご来店。

8日の水曜日に兄弟二人で

ちょっと走りに行こうとなったので

色々と店から部品を万引きしてます…。

断捨離のお手伝い? (2)断捨離も手伝ったるわと言って

店内を荒らしまくった後に

コンプレッサー室も整理したるわ

と言いながら、何か物色してる。

断捨離のお手伝い? (3)そして探し出したのが

キジマのタペットキャップが

山盛り?出てきたのを集めて

何かニコニコしている…。

断捨離のお手伝い? (4)まぁコンプレッサー室は

それなりに片付けてくれたので

それはそれで良かったし

あれほど探していた部品も出てきたw

断捨離のお手伝い? (5)で、弟は探し出したキジマの

タペットキャップを勝手に

ウエットブラストでニコニコしながら

仕上げ出した…多分万引きするつもりだろう…。


奈良I様嵐のヨンフォア

数年前にエンジンをO/Hしたエンジンなのですが

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (1)少しオイルが漏れていると

以前から相談を受けていたのですが

中々タイミングが合わず

今日やっとタイミングが合ったので

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (2)オイルとフィルター交換をする事に。

少しエンジンから異音するので

諸々のチェックをしました。

オイル交換をしながら、ふとタイヤ見ると

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (3)明らかに空気圧が低いと思ったので

チェックすると、案の定リアは

1.5Mpaとかなり低い状態だったので

オーナーにタイヤの空気圧に関して教育w

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (4)フロントもチェックすると

1.2Mpaとこれもまた危険な空気圧だった。

I様の乗り方だと、かなり危険な状態。

無事CPにたどり着いた物だ…。

奈良I様嵐のヨンフォアオイル交換 (5)で、オイル漏れ箇所を探すと

原因はタコメーターギアー部の

オイルシールからのオイル漏れと

原因が判明したので、取合えず一安心。

次回日程を調して諸々のメンテナンスをする事になりました。


顧問業務 個人面談

CPの諸々の業務が終わってから、顧問業務を開始。

顧問業務個人面談200404コロナ関係の問題があり

勤務先が出勤停止となる事から

今後の事に関しての個人面談を実施。

休業に関して少々ややこしい話もありましたが

まぁ一応の個人面談は完了しました。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年04月03日

高熱?知恵熱w3

詳しい事は書けませんが
息子が勤務する病院の医療従事者の方に
新型コロナ濃厚接触者の疑いがあり自己隔離とPCR検査中で
院内での濃厚接触者も居るらしいので検査中との事ですが
脳天気な脳外科医の息子は我関せずで
相変わらず飄々としているらしい。
そんな僕は昨晩、何か身体が怠いので
就寝前の何時もの体温測定をしてみたら
37.0〜37.1℃も体温が上がっていたので
僕にしてみたらかなりの高熱なので
少し恐怖を感じながら就寝して
今朝も体温測定をしたら35.8℃で
何時もより少し高い位の平熱だったので一安心。
実は予定していた作業も、この新型コロナの影響で
数件延期若しくはキャンセルとなっていますが
相変わらずPITは満タンですw


Z750RS継続車検メンテナンス

急遽昨日入庫となったノンレス2オーナーのZ750RSの

枚方T号Z750RS継続車検整備 (1)継続車検整備を先にする事にしました。

リアタイヤはスリップサインが

出ているので交換になります。

初年度昭和49年10月型式類別も残った貴重な車両

枚方T号Z750RS継続車検整備 (2)まずはエンジンオイルを交換して

エンジン内部の状況をチェックします。

キャブは少しオーバーフローしますし

走行距離が約40,000キロなので

枚方T号Z750RS継続車検整備 (3)そろそろお疲れ気味なのですが

異音も無く調子も良い状態です。

そんなタイミングで昨日発注したタイヤが入荷。

イントルーダーのフロントも同じく入荷したので

枚方T号Z750RS継続車検整備 (4)早速タイヤ交換をやってしまいます。

Z1000Mk兇覆匹念貭未蠅虜邏箸

マスターしているのでZ2でも

サクサクと作業をしてタイヤを取外し

枚方T号Z750RS継続車検整備 (5)新しいタイヤに交換が完了しました。

リアブレーキのチェックと

ドライブチェーンも調整して

これでリアタイヤホイール周りは完了です。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (6)次にフロントブレーキフルード交換。

まぁザっと2年物のフルードだと思います。

マスターも少しゴリゴリしているので

そろそろO/H時期だと思います。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (7)ブレーキフルードを交換して

フロント周りをチェック!

ブレーキパットがそろそろ交換時期なぐらいで

その他は特に問題はありませんでした。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (8)次に車検対応用でヘッドライトの光量を

UPさせる為に、バッ直スイッチの配線を

ヘッドライトに仕込む為

ヘッドライトを取外しました。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (9)シビエが取付いているのですが

バッテリー電圧も低くHIビームでも

見るからに光量不足様態で

これがバッ直スイッチOFFノーマル状態。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (10)で、こちらがバッ直スイッチONの状態。

基本的にバッテリー電圧が低い事もあり

車検までにサルフェーション充電を行い

継続車検に挑む事にします。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (11)光軸もOKなので、後はバッテリーだけの

問題になると思います。

これで一通りの継続車検整備完了ですが

バッ直スイッチを取付ける時に

枚方T号Z750RS継続車検整備 (12)電圧測ってみたら9Vしかなかったし

ホースが抜けている状態だった。

一応取外してチェックしてみる事にして

取外して見ると…何とまぁ…

枚方T号Z750RS継続車検整備 (13)セルに希硫酸が入っていない物箇所もあり

これじゃぁ電圧は低いわなぁ…

と言う事で、バッテリー液を補充して

サルフェーション充電をする事に。

枚方T号Z750RS継続車検整備 (14)車検は火曜日に予約を入れたので

それまでにサルフェーションと

充電が終われば光量もちゃんと出ると思います。

と言う事で、Z750RSの継続車検整備は

取合えずここまでで終了です。


イントルーダーやり直し

昨日継続車検に行く段取りをしていたのですが

イントルーダーバッテリー交換 (1)フロントタイヤのオゾンクラックや

ヘッドライトのロービーム玉切れに

バッテリーの突然死などで継続車検を諦めて

急いで部品を発注した所、本日全て入荷したので

イントルーダーフロントタイヤ交換 (1)早速バッテリーを充電して

フロントタイヤの交換をするので

ジャッキUPをして、タイヤ交換の

準備が整いました。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (2)オゾンクラックが一番酷い所。

これは怖いし、昨日測ったら0だったので

これで岡山から帰って来たと言う事は

今考えれば恐ろしい事です…。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (3)サクサクっとフロントタイヤを

取外しましたが、フェンダーがでかいので

かなりジャッキを上げないと

タイヤが抜けなかったw

イントルーダーフロントタイヤ交換 (4)古いタイヤを取外して

ついでに空気が漏そうなバルブも

新品に交換してしまいます。

意外とバルブの劣化でエアー漏れもあります。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (5)フロントタイヤを取外したついでに

ブレーキパットチェックすると

残り1mm程度なので、オーナーに連絡し

交換する事になったので、部品を発注。

イントルーダーフロントタイヤ交換 (6)フロントタイヤを取付けて

取合えず車検は受けれる状態なった所で

新品のバッテリーも充電が終わったので

早速取付て仕上げに掛かります。

イントルーダーバッテリー交換 (2)新しいバッテリーを取付けて

取外す時に結構ややこしかったシートを

ややこしく取付けました。

今日一日結構忙しくて

イントルーダーバッテリー交換 (3)ご飯を食べる時間も無かったけど

大物ばかりがPITを占拠しているので

天気が良い日にやって仕舞わないと

身動きが取れなくうからねぇ…。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月19日

今日は早仕舞い3

新型コロナの影響で部品の入荷が遅れ気味。
担当地域のクロネコヤマトの所長と話す事があったので
色々聞いたけど、仮に物流現場でコロナ感染者が出たら
集荷、配送、は停止、集配センターも閉鎖となるらしい。
しかも集配達員は複数の人と接触するので
そうならないように
かなり厳重に管理しているらしいよ。
関西最大級のテーマパークも22日開園再開を
目指しているらしいけど、今の現状では開園は厳しいと思う。
恐らく延期になるんじゃないのかなぁ…。
所で今、ひらパーってやってるのかな?


男は黙って七三分け


定休日の昨日は、枚方K号の納車を終えてから

200318男は黙って七三分け何時もの理髪店へ行き、何時もの

男は黙って七三分けをして来ました。

理髪店もやはりコロナの影響で

定期的に来店される高齢の方が

出歩くのを控えているらしく、何時もよりは来客数も減っているらしい。


1号機インジケーター表示不良

ヘッドライトをハイビームにした時に点灯するはずの

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (1)インジケーターの青色が点灯しないので

インジケーターのLED球の不具合かと思い

カバーを外してチェックをする事にした。

ハイビームとニュートラルを入れ替えて

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (2)LED球をチェックしたけど

球には何も問題が無いので

ここ数日の間にヘッドライトを何度も

開け閉めしたので、ひょっとすると配線が?…

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (3)と思いヘッドライトケースを取外し

配線をチェックすると…案の定

インジケーターへの配線が抜けていたわ。

クッソ!配線を復旧して

1号機インジケーターハイビーム表示不良修正 (4)インジケーターが点灯するかをチェック!

無事点灯しました。

一昨日の夜の帰りにヘッドライトを付けて

帰宅したけど、ロービームでも対向車の

ドライバーは眩しそうにしていたのが申し訳ないと思った。


CB550F用リアタイヤ入荷

予定より二日遅れて入荷してきたCB550F用リアタイヤ。

CB550F用リアタイヤ入荷やはり流通が少し滞っているのか?

これで来週予定通りに入庫頂いて

作業に取掛れます。

後は天候次第ですね。


セブンスターキャストスプロケダンパー

京都K様からのご依頼で、セブンスターキャストの

京都K様セブンスターキャストダンパー挿入 (1)スプロケダンパーを新品に入替え。

部品が入荷してきてきたので

早速スプロケハブダンパーを

CPオリジナルSSTで挿入します。

京都K様セブンスターキャストダンパー挿入 (2)サクサクっと挿入が完了!

これでセブンスターキャストの

組立が完了しましたので

またお時間のある時にでも

お引き取りにご来店下さい。


小金持ちの自由人君ご来店

僕の知り合いの弁護士を投入して、やっと事故の保険金が入って

小金持ちの自由人君ご来店200319金持ちになった自由人君が

愛車のオイル交換に来店。

小金持ちなので愛車のカブに

モチュール300Vを入れます。

今仕事が忙しいらしいので今度時間が出来た時にでも

リジットな高級鮨屋さんへ連れて行ってもらう事にします。

と言う事で、今日は16時から顧問有無の為、早仕舞いとなります。


peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0)

2020年03月17日

全治11ヶ月3

昨年4月20日の車両火災で左足を火傷してから
ずっと治療を続けていたのですが
やっと火傷の傷口に薄い皮膚が張ったので
火傷から11ヶ月も経過して傷口が治癒しました。
これでやっと通院から解放されると思います。
20日は休日で病院はお休みなので
27日には治療が完了となります。


1号機ヘッドライトLED化光軸調整

先週1号機のヘッドライトをLED化したのですが

1号機LEDヘッドランプ光軸調整 (1)光軸が全然違っていたので

今日は光軸を合わせる為に

寒い中バイクで出勤。

その時適当に合わせたロービームの位置がこれで

1号機LEDヘッドランプ光軸調整 (2)このままハイビームにすると

ターゲットより光の焦点が下にある。

走っている時はこれ位でも良いと

思っていたのですが、実際はかなり低い。

1号機LEDヘッドランプ光軸調整 (3)で、少し上向きに調整してみたら

今度は上がり過ぎてしまった。

LEDの光が結構散るので

分かりにくいのですが、微妙に高いので

1号機LEDヘッドランプ光軸調整 (4)もう一度調整をしてみてやっと

これなら光軸は行けるだろうと

言う位置に持って来れましたが

6500Kの光が若干青白いので

1号機LEDヘッドランプ光軸調整 (5)実際に車検が通るかどうかは

次回の車検の時に分かると思います。

まぁ検査官次第の所もあるんだけどねぇ

対向車は眩しいかも知れないけど

一応は光軸を取っているので、パッシングとか意地悪しないでね。


CB350FEエンジンブラスト再チャレンジ

昨日宝物庫から持って来たエンジンは残念なエンジンだったので

CB350Fクランクケース断捨離 (1)今日こそCB350FEエンジンの

ブラストをやろうと思っていたのですが

部品整理とか、事務仕事や調べ物を

やっていたら、あっと言う間に

CB350Fクランクケース断捨離 (2)時間が経過していました。

取合えず大急ぎでアッパーケースの

塗装を剥離してブラストの準備に

取掛り掛かろうと思ったのですが

オリジナルの純正塗装がまだ生きているので

洗浄だけして、断捨離します。

CP1号レーサーエンジンの予備に保管してあった物なので

状態はかなり良い方です。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年03月12日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日3月13日(金曜日)は左足火傷治療の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

昨日はTVで東日本大震災の報道特集が流れていた。
あの日、僕は自宅に居た時だった。
その報道を見ながら色々と思い出して涙した…。
何時、何処で、誰に、何が起こっても不思議ではない。
次は僕の番かも知れない。


久々に京都南検査場へ

昨日の定休日はバイクで出掛けて、用事をすませつつ

京都南陸運事務局へ一っ走りして「俺らー」へ行くつもりだったのに

また、生憎の雨だったわ…くそだな!

仕方なく車で京都南検査場へ行ってきました。

流石に年度末なので、京都南と言えど混雑してた。

200311昼食は天一で (1)新型コロナウイルスの影響で

車検満了期間が一ヶ月伸長されたにも関わらず

この業界は通常業務でした。

検査場で用事を済ませてから

200311昼食は天一で (2)一昨日の夜から、昨日のお昼はラーメンと

思っており、口は既にラーメンの口だったので

検査場からの帰りに、近くの天一へ行き

こってりチャーシューを食べて

お店に戻って事務処理を済ませました。


1号機ヘッドライトLED化最終章

色々とヘッドランプを試しましたが、結果から言えば

1号機ヘッドライトLED化最終章最初からこれにしておけば良かった…。

と言う結論に達しました。

6500Kで発光色は白くなりますが

明るさや光の反射などは

これが今までで一番良いと思います。

まぁお値段もいいお値段ですが、遠回りした事を考えると

最初からこれにすれば良かったと思います。

もう5000Kは売り切れなので

6500Kしか無いのでこれも売切れたら

もう後の選択肢は電球色の3000K(車検対応)しかないです。


三重M号用キャブレターフロートチャンバー

先日ウエットブラストで仕上げたフロートチャンバーの代替え品を

三重M様キャブレターフロートチャンバー (1)宝物庫から一応探してきました。

フロートチャンバーにもちょっとした

種類があって#1.2用で2種類探しました。

違いはドレンボルト部分の形で

三重M様キャブレターフロートチャンバー (3)画像で見比べれば分かると思いますが

微妙に金型が違うのが分かると思います。

で、どちらのタイプか分からなかったので

一応#1.2用で探しておきましたが

三重M様キャブレターフロートチャンバー (4)オーバーフローチューブが壊れているものと

同じタイプの物は上記画像の

左側のようなのですが

何気に他のフロートチャンバーを見ると

三重M様キャブレターフロートチャンバー (5)#3.4用も形が違っているじゃないか…。

まぁ後は何処まで拘りを持つかだけの

問題だなぁ…まぁ宝物庫を探せば

多分どちらかに揃える事は可能だと思います。

いずれにして、1個は使えないのでオーナーが手持ちで

持っているかも知れないので、どの様にするかはオーナー次第です。


フルレストア398お立ち台へ移動


お立ち台に乗せてある委託車両のお問い合わせは多いのですが

お立ち台車両入替え (1)もう一つ商談までは行かないので

車両をフルレストア車と入れ替えて

お立ち台に乗せました。

良い物を沢山使い過ぎた車両なので

お立ち台車両入替え (2)別に売れなくても良いと思ってますw

お立ち台から降ろした委託車両は

キャブなどのメンテナンスをして

取合えずバッテリーを充電して

お立ち台車両入替え (3)エンジンを掛けて

動態チェックをする事にします。

多分キャブは掃除しないと

ダメだろうとは思います。

お立ち台車両入替え (4)で、バッテリーなんですが

やっぱりバッテリー本体に問題があり

充電ができないので

これまたバッテリーの交換となります…。

委託車両キャブレター分解掃除 (1)取合えずキャブレターを取外して

分解掃除をしてしまいます。

サクサクっとキャブ取外しました。

お預かりするまで動いていた車両で

委託車両キャブレター分解掃除 (2)キャブもガソリンを抜いていたので

フロートチャンバーの中は

腐っていませんが、フロート高さが

狂っているので、ついでに

委託車両キャブレター分解掃除 (3)ジェット類も取外して

洗浄をする事にしました。

ニードルホルダーも取外して

ボディもキャブクリで掃除を済ませ

委託車両キャブレター分解掃除 (5)ついでのついでにフロートチャンバーも

ウエットブラストで仕上げました。

これでキャブの分解掃除も完了したので

車体に取付けて火入れの準備。

委託車両キャブレター分解掃除 (6)後は新しいバッテリーの充電

が完了したら交換して火入れ。

動態チェックを済ませて

現状で相応な価格で販売予定です。


枚方K号オイル漏れチェック入庫

そろそろシーズンINに近づいてきた感のある今日この頃ですが

枚方K号オイル漏れチェック入庫 (1)1月に納車した枚方K号が

オイル漏れがし出した為

本日入庫となりました。

見るとL側からのオイル漏れと

枚方K号オイル漏れチェック入庫 (2)カムチェーンテンショナーの

セッティングボルトがM8に

拡大されており、しかも角度も悪いので

その部分からもオイル漏れがありそうです。

枚方K号オイル漏れチェック入庫 (3)取合えずエンジンが冷えてから

オイル漏れ箇所をチェック!

まずはカムチェーンセッティングボルト

取外してみると、シール性の無い

枚方K号オイル漏れチェック入庫 (4)ステンレス製平ワッシャーが入っていたので

銅ワッシャーに交換して、念の為

液体ガスケットを塗って締付け。

これでこの部分からのオイル漏れが

枚方K号オイル漏れチェック入庫 (6)止まってくれればラッキーです。

次にL側のオイル漏れ箇所をチェックするので

カバーを取外しオイルで汚れた所を

綺麗に洗浄してから、現像液を塗布。

枚方K号オイル漏れチェック入庫 (8)暫くしてからエンジンを掛けると…

メインもカウンターシャフトからも

シフトシャフトもオイルポンプも

セルモーターのOリングからも

ACGのオイルパスプラグからも…

L側の全てのOリングやオイルシールからオイルが滲んでいる事が判明。

L側で交換出来る物は全て交換して、メインシャフトのブラインドシールと

カウンターシャフトのオイルシールは外側から応急処置をする事にします。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月18日

3連休のお知らせ3

明日2月19日は定休日ですが、翌日20日〜21日に掛けて
20日は顧問業務、21日は左足治療と顧問業務の為
トータルで3連休になります。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


リコ嬢RZ50エンジン復活

プラグキャップの不良が原因で

リコ嬢RZ50エンジン始動 (1)プラグに火が飛ばなかった事がわかり

新しいプラグキャップが

早くも入荷したので早速取付ました。

今回はNGK製の物に変更です。

リコ嬢RZ50エンジン始動 (2)エンジンを取付ける前に

プラグに火が飛ぶ事を確認して取付。

チョークを引いてセルを回すと

すんなりとエンジンが始動したけど

リコ嬢RZ50エンジン始動 (3)チョークを戻すとエンジンが止まる…。

リコ嬢曰く「キャブは綺麗です」との事だけど

多分スローがダメなのかも知れない。

取合えず硬化したガソリンホースを交換して

リコ嬢RZ50エンジン始動 (4)タンクを乗せて復旧は完了しました。

2ストなので店の中でエンジンを掛けると

大変な事になるので、外に出してエンジンを始動

チョークを引いていると機嫌よく

エンジンは掛かっているのだが

戻すとダメなのでやっぱりキャブは怪しい。


三重M号拘りの部品整備三日目

拘りのオリジナル仕上げの為の部品整備も今日で三日目になり

三重M号部品整備 (1)開けていない袋を開けると

交換予定のエンジンハンガーボルトや

スイングアームのピポットシャフトがあり

記載されていた部品名が一部間違ってました。

三重M号部品整備 (2)ピポットシャフトは2本あり

リアアクスルシャフトは再メッキをするのかな?

作業指示に記載されて無い部品もありますが

大体は理解しているつもりです。

三重M号部品整備 (3)スピードメーターギアーも2個あり

1個はブラストで仕上がっているので

仕上げていない方を分解しました。

これもオリジナルに拘るのであれば

三重M号部品整備 (4)ヘアライン仕上げとクリアー塗装になります。

オイルレベルゲージはシルバーになるのですが

エンジン側の色と合わせるのであれば

実車の色見本が必要になります。

三重M号部品整備 (5)キャリパーホルダーもオリジナルは

シルバーで塗装されているので

取合えずウエットブラストで仕上げましたが…

下にあるのが僕の手持ちになる色見本です。

三重M号部品整備 (6)ただオーナーから送られてきた

キャリパーホルダーの腐食が残念なので

これも含めて全て要ご相談

打合せが必要だと思います。

三重M号部品整備 (7)次に追加作業でフロントフォークも

オリジナル風仕上げのご依頼を頂き

早速レストア車に置いてあった

フロントフォークを分解して

三重M号部品整備 (8)下拵えを始めます。

フォークオイルをドレンボルトから抜き

インナーチューブを取外して

ウエットブラストで下拵えをします。

三重M号部品整備 (9)バフ仕上げ後にヘアラインを入れるので

スタッドボルトも取外して

アウターケースだけにします。

で、ウエットブラストで仕上げて

三重M号部品整備 (10)これで一通りの下拵えは出来ましたが

色々問題がある部品や

作業依頼に含まれていない物も含め

何処までオリジナル風に仕上げるのか

打合せをしないと先には進めない感じかなぁ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月17日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月17日(月曜日)は顧問業務の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


三重M号用拘り仕上げ用部品下拵え

昨日中に仕上げたかったのですが、色々と忙しく出来ませんでした。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (1)で、今日は雨なので集中して

下拵え作業に取組む事が出来ます。

まずはスプロケハブダンパーの破壊から

ダンパーのインナーリングを取外し

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (2)ダンパーゴムを切り取り

アウターリングだけ残った状態になりました。

この残ったアウターリングを

ネチネチと破壊して取除きます。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (3)スプロケハブダンパーの

アウターリングを綺麗に破壊すると

こんな感じで取れます。

これを4ヵ所共繰り返して

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (4)全てのスプロケハブダンパーの

取外しが完了しました。

結構面倒ですが、工具と時間と慣れがあれば

サクサクっと取除く事が出来るようになります。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (5)抜き取ったリアハブ側に

傷はこの様にほぼ無い状態になります。

これでブラスト仕上げをして

バフ屋さんへ送る準備をします。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (6)で、ウエットブラストが完了!

ブラストをせずに送る事も可能ですが

その分費用が高くなりますから

CPで出来る所はやってしまいます。

三重M号用リアハブ下拵え二回目 (7)最後にベアリングリテーナーの

ねじ山をリタップ掃除して

これで三重M号用リアハブの

下拵えが完了しました。

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (1)次に純正マフラーは再メッキされた物なので

オリジナル風に塗装を施します。

マフラー出口の黒耐熱塗装。

半艶仕上げになります。

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (2)シルバーの錆止め耐熱塗装は

オリジナルと同じで無骨な雰囲気で

ハケで手塗りの塗装になります。

メッキの行き届いていない場所や

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (3)溶接で出来た巣穴を錆から守る為の

塗装になるので、見えない所をメインに

ハケで手塗りの仕上げになります。

これでマフラー側は完了です。

三重M号用マフラーオリジナル風塗装 (4)エキパイもチャンバー接続部分の

溶接個所に同じく手塗りの

耐熱錆止め塗装を施します。

この無骨さがオリジナルのような

仕上がりと言える感じになると言う事です。

取合えず今日の作業はここまでで終了です。


リコ嬢のRZ50修理

プラグに火が飛ばない現象を解決するべく

リコ嬢RZ50修理の続き (1)試行錯誤しながら点火系の

電装部品を交換しているのですが

何とかIGCまで電気が来る所まで着きました。

このテスターが緑色の時は通電ナシで

リコ嬢RZ50修理の続き (2)セルを回して接点から信号が出ると

テスターがこのように赤で点滅します。

なのでケーブルまでは通電アリ

と言う事になるので

リコ嬢RZ50修理の続き (3)プラグも新品を発注した物が

入荷したので、新品に交換して

チェックをする事にしたのですが…



リコ嬢RZ50修理の続き (4)何故かプラグに火が飛ばない。

シリコンケーブルはテスターで

確認出来ているのに…

プラグキャップがダメなのか?

リコ嬢RZ50修理の続き (5)と思い、フォア用のプラグキャップに

交換してみると…。

なんとまぁ

ちゃんと火が飛ぶではないか…

取合えずプラグキャップを発注した所で

バッテリーも弱ってきたので、本日の作業はここまでで終了。

何かキャブも怪しい気がするわ。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年02月15日

拘りのオリジナル仕上げ3

昨日のバレンタインで
嫁は初めてチョコを買わずに
代わりに手作りのチョコレートパフェを作ってくれた。
どうやらチョコ好きの嫁も食べたかったらしい。
まぁチョコパもアリかも知れないと思った。
美味しく二人で頂きました。


不動車コーナーM号バッテリー死亡

サルフェーション充電の時間は最大48時間を目安にするのですが

不動車コーナーM号バッテリー死亡 (1)不動車コーナーM号のバッテリーも

サルフェーション開始から

48時間経過したのですが

サルフェーションが完了しないので

不動車コーナーM号バッテリー死亡 (2)取合えず通常モードで

充電を試してみる事にしましたが…

通常モードに切り替えた数秒後

充電器からエラーの警告音が鳴る。

不動車コーナーM号バッテリー死亡 (3)Er3が表示されているので

このバッテリーは充電電圧を

受け付けれる状態ではないと言う事なので

残念ですが復活する見込みがありません。

何か他のバッテリーを接続してエンジンを始動させる事にします。


三重M号用拘り仕上げ部品下拵え

昨日リアハブの状態が悪い事をオーナーに報告し

三重M号用リアハブ廃棄費用を掛けるだけの価値が

無いと言う事を伝えたのですが

やはり昨日下拵えしたリアハブは

残念ですが廃棄処分となりました。

三重M号用代替えリアハブ (1)代わりのリアハブは宝物庫から

ブレーキドラム内径の摩耗が少ない

状態が良い物を準備しました。

フロントのアウターケースも追加で

ご注文を頂きましたのでまた宝物庫から探し出してみる事にします。

三重M号用代替えリアハブ (2)取合えず用意したリアホールから

リテーナーとベアリングを取外し

スプロケハブダンパーも

破壊して取外す準備をしました。

三重M号用代替えリアハブ (3)レストア車用に保管していたので

ブレーキドラム内の摩耗は

極めて少ないとても良い状態の

リアハブなので、何処に出しても

三重M号用代替えリアハブ (4)恥ずかしく無い代物です。

タイヤを取外してスポークを切断。

これでハブだけになりました。

後は残ったスプロケハブダンパーの残骸を

三重M号用代替えリアハブ (5)ネチネチと破壊して取り除き

ブラストで仕上げるだけとなりました。

ちょっと今日は別件の顧問業務で

個人面談業務があるので

本日の作業はここまでで終了です。


本日のご来店

顧問業務の件で打合せがあり、弟を呼んだのですが

200215本日のご来店 (1)体調不良の弟の代理犬のボーダーコリーの

ZERO君がご来店…。

少々興奮気味だし、レストア車両に

マーキングをされても困るので

200215本日のご来店 (2)お店の前で待機してもらいました…。

そこへ以前もご相談でご来店頂いた
 
悩み多きフォアオーナーのM様がご来店。

やはりカムチェーンの音が気になるとの事。

200215本日のご来店 (3)で、カムチェーンの調整を

試みる事になったのですが

セッティングボルトは8Mに拡大されており

更に残念な事に拡大されたM8ボルトの

ねじ山も上がっている状態で

テンショナーも固着しており調整が出来なかったので

この状態から抜け出すにはエンジンを分解するしか方法無い事を説明しました。

ただオイル漏れも無くエンジンの調子も良いので

今では無くても、今後何かの時、何かのタイミングか若しくは

余程カムチェーンの音が気になって仕方がなくなった時で良いと思います。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)