2009年11月17日

第一回目の忘年会2

日々衰えて行く身体を抱えて
もう、そんな時期になってしまったんだなぁと
思う今日この頃・・・
今年も、あっという間も無く終ろうとしているんだねぇ
今週末は、関西クラブの忘年会が開かれますので
振るってご参加下さい。
各方面から著名人?も来られるらしいので
これまた、ディープな夜になる事間違いなしです。
もちろん、暴君の濃過ぎる話もあるそうです。


特商法改正

2009年12月1日から改正施行される

「特定商取引に関する法律及び割賦販売法の一部を改正する法律」

の事で、ネット販売も含めた事が改正されるのですが

中でも興味がある部分が下記の点です。

返品の可否・条件・送料の負担を広告に表示していない場合は、8日間、送料消費者負担で返品(契約の解除)が可能に。【改正特商法第15条の2】

何だかややこしい内容ですが、簡単に言えば

ネット通販で購入した物についても商品到着から起算して

8日を経過するまでは返品が可能になる、と言う事です。

もちろん返品送料は購入者が負担するんですが

大切なのは、インターネット通販のサイト上の「最終申込み画面」で

返品についての特約を表示していないと、返品特約を有効に出来ない

と言う事なのですが、これはネットオークションにも

摘要される事もあると言う事なんです。

個人、法人を問わずネットオークションで販売する

事業者と認められた場合摘要されるので

お決まりのノークレーム、ノーリターンが通用しない?

と言う事になると言う事なんでしょうかね。

全てのオークションと言う訳でなくて、中でも僕らに関係あるのは

消費者トラブルが多いカテゴリの2番目に

「自動車二輪車の部品」が明記されているので、気になりますね。

そして、事業者と認定される条件は、繰り返しの出品や

不用品の処分の限度を越えた物、と言った何かグレーな内容です・・・

僕も全てを理解した訳ではないので、気になる人はちゃんと調べましょう。

オリジナル製品まぁこの内容だと僕もいわゆる

販売事業者となる訳です。

当然ですが、僕の作った物は

自信はある製品なんで返品しないでね・・・w

ダンパーリムーバーは説明書をまだ作ってないけど

20個作った内の半分は買ってもらえました。

次を作るか悩んでいるんだけどね。

さて、疑問なのが手数料を取ってるオークションサイトの対応です。

販売IDも個人が複数持つ事を規制されるそうだし

返品時のサイト側の対応はどうなるんでしょう?

返品送料は購入者負担で、返金手数料は?

返品で儲かるのは金融機関と、配送業者?

本当に消費者の為の法改正と言える?

寒いのと、やる事が無いので勉強しようかな。

PS:参考HP

peke_cb400f at 20:01│Comments(0)TrackBack(0) ネットショップ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔