2009年11月11日

製品リプロ情報3

未だに熱が下がらなくて
フラフラしている状態なんですが
横になってウトウトしていると
ブログ更新しなくちゃ・・・と、うなされるので
ゆっくり休む事が出来なかったり・・・
なので、少しでも調子の良い内に更新しときます。
明日は今月行われる裁判で、証人尋問があり
弁護士との打合せをしに出向かないと・・・


試作品

一般受けしないかも知れないのですが

キャブリンケージシャフトリプロ純正キャブレターの

リンケージシャフト(ステンレス製)と

留めピン、砲金カラーの

試作品が届きました。

キャブリンケージシャフトリプロ (1)砲金カラーも芸が細かく

留めピンに至っては、加工屋泣かせの代物です。

中でも、やはりステンレス製のシャフトが

涙物の一品なんです。

キャブリンケージシャフト再メッキ僕がキャブをリビルトする時には

シャフトを再クロームメッキで仕上ています。

何故かと言えば、やはりコストの関係です。

リプロ品を製造しようと思っていましたが

この半月のキー溝を削る刃物を持っている加工屋さんが

中々見つからず刃物を買えばその分高くなるので

1本辺りのコストが、●●●●円と言った感じに跳ね上がるので

リプロを諦めていましたが、今回FourSeasonでリプロしてくれました。

キャブリンケージシャフトリプロ (4)なので、こう言う細かい所まで

配慮した作りになっている訳です。




キャブリンケージプレートの中にはカラーが

入っているのですが

シャフトを無理に抜くと簡単に割れます。


キャブリンケージ (1)留めピンがシャフトの溝に入り

シャフトを固定しているからなのですが

知らずにシャフトが錆びているからと言って抜くと

取り返しの付かない事になります。

キャブリンケージシャフト再メッキ (1)通常は、こう言った形で抜けない様に

打ち込んであり、しかもこのピンが

異常に硬い!


キャブリンケージシャフト再メッキ (2)ハンドドリルや、ボール盤等で揉める様な

代物では無いので

ここはプロに任せましょう。


キャブリンケージシャフト再メッキ (3)次O/Hしやすい様に

タップを立てて加工します。

そうすれば、キャブが調子悪くなっても


キャブリンケージシャフト再メッキ (4)すぐに分解出来るしね。

シャフトはステンレス製になれば

もう錆びる事もなく

輝き続ける様になるね。

まだ試作段階ですがお問合せはFourSeasonまで。

peke_cb400f at 16:59│Comments(2)TrackBack(0) レストア | 企画物

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ばんぶ〜です   2009年11月12日 21:25
いつも楽しく読んでます。
今度のリプロ計画は、ツールトレイリッドなんて
いかがでしょう?
需要あると思うのですが・・・。
しかしPEKEさん、なんでも造っちゃって
すごいなぁ〜! 全国のヨンフォアファン
感謝、感謝ですよ。
2. Posted by PeKe   2009年11月13日 17:34
5 > いつも楽しく読んでます。

お久方ぶりのカキコミ、ありがとう御座います。

> 今度のリプロ計画は、ツールトレイリッドなんて
> いかがでしょう?
> 需要あると思うのですが・・・。

その件で画策はしましたが実際の所、廃盤のアナウンスが出た時に
大量に購入した方も居られる様ですし
安く提供しようと思えば、金型を起こし最低ロッド500個〜になると思います。
そうすると、大量の在庫まみれになると言う
恐ろしい事になると思います…

> しかしPEKEさん、なんでも造っちゃって
> すごいなぁ〜! 全国のヨンフォアファン
> 感謝、感謝ですよ。

フォア乗りの方の為に、もっと小回りの利く様になりたいと思っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔