2009年11月04日

1号と2号とCBX3

F1のタイヤを独占していたブリジストンのF1撤退に続き
トヨタもF1から撤退する事が決まったらしいですね。
何処の企業も、懐事情は厳しいのでしょうかねぇ・・・
こんな時代にエンジンを
何回もO/Hしていて良いのだろうか・・・
壊しては、直すと言う贅沢な遊びですなぁ・・・
今回の原因は何だったのかと言うと
元々暖かい時期のセッティング自体ガソリンが薄かったのと
昨日の強烈な寒さで、空気が濃くなったのが原因として考えられるでしょう
最悪な状態を想定すれば、溶けたプラグの破片が
燃焼室で暴れてピストンと燃焼室がNG
バルブ曲がりやシート面もやられてスリーブもNGで
一体幾ら掛かるのだろうねぇ・・・
良い状態なら、ピストンがデトネを起こし
溶けた為に圧縮が下がっているだけで
スリーブはセーフで燃焼室もバルブも問題無ければ良いのになぁ・・・


お土産その2

カニ好きな嫁の為に、昨日海産物屋で買ったカニが届きました。

越前ガニ?まだ解禁前なので、ロシア産?

嫁「幾らしたん?」ぺ「¥4.500と送料¥500」

嫁「高っ!もっとまけてもらったら良かったのに」

ぺ「あぁ・・・そうやね・・・」

嫁「所で、家は3人家族やのに何でカニは2匹なん?」

ぺ「あぁ・・・そうやけど・・・あんたの為に買ってきたんやからええやん・・・」

と、何故か責められたんですが・・・


2号機発進!

1号機があんな事になったので、久しぶりに2号機を出庫

2号機発進乗らなくても普段から

手入をしているので問題はありません

まぁ、しいて言うなら

タイヤの空気圧ぐらいですね。

フォアとCBX今日は、約束していたCBXの方と

アゲインまでのランデブー走行です。

主な目的は、メンテナンスですが

不具合も多少抱えている様です。

CBXメンテナンスアゲインに到着して気になる所を相談

問題の切り分けと整備です。

まずはセルモーターのチェック

どうやら、セルは臨終目前だった様で

CBXメンテナンス (1)部品取り車両から程度の良さそうな物を

ひっぺがして、交換です。

オーナー曰く、不安箇所を抱えているままでは

安心して遠出も出来ないとの事

電装系を初め細かな不具合箇所を修正し、キャブを調整しましたが

スロージェットの不具合がはっきりとした様なので

近々入院予定となりました。

しっかりと直して、安心して一緒に遠出しましょう。

peke_cb400f at 21:29│Comments(2)TrackBack(0) メンテナンス 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ホンダ   2009年11月06日 16:41
お礼のコメントが遅くなりまして申し訳御座いません。先日はお忙しいなか通院の付き添いして頂きまして有難う御座いました。色んな箇所に不具合があると診断されましたが、いつかご一緒出来る日を楽しみに取っておき今は治療費を稼ぐために頑張ります(笑)
先日ご一緒させて走った距離が一番の遠出で、初めてのプチツーリング?楽しませて頂き有難う御座いました。
2. Posted by PeKe   2009年11月06日 17:21
5 > お礼のコメントが遅くなりまして申し訳御座いません。

いえいえとんでもない、私も勉強になりましたので^^

> 先日ご一緒させて走った距離が一番の遠出で、初めてのプチツーリング?楽しませて頂き有難う御座いました。

プチと言えども、楽しく走れましたね
今度はクラブツーリング等で一緒に走りましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔