2009年10月10日

500ccパワーチェック・・・3

昨日の晩ご飯に久しぶりに
コーンバターが出てきたので
嫁に「コーンバターなんて久しぶりに出てきたなぁ」って言ったら
嫁「これ缶詰やねん、賞味期限が2年前に切れててん」
ぺ「???何を言うとんの?」
嫁「大丈夫やで、蓋開けてサッと火ぃ通したから」
ぺ「???何が?」
嫁「怖いんか?」
ぺ「怖いわ・・・怖いに決まっとる!」
最初何を言ってるのか理解できませんでした・・・


フォア再生計画の始まり

先日電話で、エンジンのO/H依頼を受け、今日入庫して来ました。

フォアの状態としては、最悪と言っていいぐらいの音で

診察&入院カムチェーンの音はもちろん

タペット、プライマリーダンパー、クラッチ・・・

それに酷いオイル漏れなど・・・

不具合の見本の様な状態です。

診察&入院 (1)EXのスタッドボルトは2本折れて

中にキリが折れ込んでいる状態・・・

幸いな事に、テンショナーボルトは

原型を留めているので一安心

ギヤー抜けがあるとの事なので、最悪はポジティブストッパーの

角が折れている可能性があります。

中を開けて見るのは、早ければ火曜になると思います。


パワーチェック

FCRのセッティングがまだ完全ではないのですが


今日、パワーチェックをして来ました。

結果は散々な物で、54馬力と言う結果でした。

クラッチは滑り、FCRの中間が薄いのかそれともポートが狭いのか・・・

450で金型ヘッドの時に52.5馬力だったのが

450で砂型ヘッドにして49.5馬力にダウン・・・

そのまま砂型ヘッドで500にして、FCRも特に合わせず54馬力なら

セッティングを詰めればもう少しは行きそうな気配です。

綺麗ときちゃないたまたま居合わせた暴君に

ぼろくそ言われたのは言うまでもありません

まぁ、単純に450から500にして

取りあえず5馬力UPしたので

次の目標が出来たと言う事で・・・

油温計作動チェックついでにヨシムラのデジタル油温計のチェック

アナログ油温計は完全に潰れてしまったので

取外しました。


油温計作動チェック (1)今度又、分解してどんな風に壊れたか

研究してみます。




油温計作動チェック (2)電源を別に引っ張って

本体をプラグコードに近づけると

やはりノイズで表示がおかしくなります・・・

原因も分ったので、ノイズ対策で何とかなりそう。

納車昨日弟から電話で

事故で潰れた車を買い換えたそうです。

事故に巻込まれて、結局被害者側には

何も良い事はなくて損するばかりなので

ほんと、事故はめんどくさいです。

まぁ、大きな怪我が無くて良かったねぇ



peke_cb400f at 23:23│Comments(0)TrackBack(0) 修理 | レストア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔