2009年08月01日

豪雨4

今朝は、酷い雨の音でビックリして目が覚めました。
豪雨外を見てみると、家の前の道が
小さい川の様になっていたよ。
ガレージに水が入ってきたらどうしようかと
思うぐらい酷い雨だったけど
一瞬思ったのは駐車場にある僕の車が
流されてくれないかなぁって
悪い心が叫んでました。
こりゃぁPLの花火も中止かなぁ?


純キャブO/H部品整備編

再メッキに出す為にボルト類のワイヤリングをやりました。

キャブフルOH部品チェック編部品をまとめて針金で縛っていたら

チョークレバーの色が変です。

良くみれば・・・


キャブフルOH部品チェック編 (1)銀色を塗ってたんだね

キャブってあんまり目立つ所じゃないけど

何故かこう言う細かい所が錆びてたりすると

目に付き易いよね

キャブフルOH部品チェック編 (2)部品もメッキに出すと

何時もとは言わ無いけど

幾つかは紛失して戻ってきます。

手間ですが針金で縛ってメッキに出します。

それこそ無くなると組立てる事すら出来なくなるぐらい

大事な物ばかりなので、もうちょっと気を使って扱って欲しい物です・・・

キャブフルOH部品チェック編 (4)外したキャブの具です。

ASは社外品のようです。

JNには少し磨耗が見られます。

他は全体的に状態は良いようですが

今回は全部交換になります。

オーナーの指定で今回の具はSHIO HOUSEの物を使います。

キャブフルOH部品チェック編 (5)このキャブは国内398に取付けてあった物ですが

フロートチャンバーとプレートの形状から

元は408に付いていた可能性が

90%だと思います。

398タイプこれはバラバラにあった部品を集め

398を意識した内容で組立てたキャブです。

どの辺りが398,408かと言うのは

FourSeasonブログを参照してみて下さい。

届き物 (1)ガレージでゴソゴソやっていると

FourSeasonから届き物です。

中は外郎が入っていましたが

本来の目的は・・・

届き物クランクシャフトを保管する為のケースで

先日電話が掛かってきて

「必要なら送るよ」って事で送ってもらいました。

もちろん有償ですよ。

実は僕も、クランクの保管方法には色々困っていたので

正直これは優れものです。

話によれば、SHIO HOUSEはこれを多数発注したそうです。

流石SHIO HOUSE恐れい入りました。

届き物 (2)そんな事をやっていたら

SHIO HOUSEから荷物が入荷

キャブのフルO/Hキットです。

説明書付きで、熟読しましたが

説明書の内容は素晴しい内容で、とても分りやすく書いてあります。

僕も以前、取扱い説明書や、オペレーター教育用資料等を作って

講師的な事もやりましたが、何がめんどくさいって

こう言う説明書を、分らない人に活字で理解させる事の難しさ程

めんどくさい事はありません。

一生懸命作った資料も、読まずに放置されていたりすると

作った本人は、結構ダメージを受けるんですよねぇ・・・

届き物 (3)今回このキットで

僕が一番泣けてくるのが

このエアーベントチューブです。

これSHIO HOUSEのオリジナルです。

そして、割りピンが純正で出るのは知りませんでした。

peke_cb400f at 17:37│Comments(0)TrackBack(0) レストア 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔