2009年06月18日

壊れて行くぅ…3

この前からPCにエラーが出るので何でだろうと思っていたら
どうやらサウンドボードがぶっ壊れているらしい・・・
ヘッドホンでしかDVDの音声が聞えなくなったよ。
エアコンも大阪ガスが今日修理にくるはずだったのに
前の工事が長引いて来れなくなったらしい・・・
このクソ暑いのに、リビングはデブにとっては地獄です。
修理代も7万越えで、かなり痛い出費です。


SS400用、Four用Oリング入荷です。

SS400用Oリング入荷大変お待たせしました。

ちょっと僕のこだわりで

Oリングの入荷が遅れました。

左から:純正品、二トリルゴム、フッ素ゴムです。

アゲインへ出向いた時には持参しますが

今の所予定がなくて・・・連絡して下さい。

このOリングですが、フォアのカウンターシャフトの所にも使えるんです。

なので僕も高級なフッ素ゴムのOリングを試しに使ってみようと思います。

カウンター良品組立てシャフトにダメージがあったので

良品と交換して組立てました。

この前オイルパンを洗浄していたら

金属片が出てきたよ!!

カウンターギア破損良く見てみると古いカウンターシャフトの

ギアーの歯が欠けてます・・・

きっと事故の前に欠けていたのだと思いますが

全然気付きませんでした・・・

メインギアダメージメインシャフトのギアーにも

ダメージがあります・・・

うわぁ・・・危なかったねぇ

って、事故してなかったらどうなっていたのか・・・

ミッション廃棄うーん、何か複雑な心境ですねぇ・・・

取合えず、予備エンジンの部品から

良品を使う事にします。

なので2本とも廃棄処分です。


純正キャブ完全O/H

予備のキャブから外した部品のメッキが仕上がってきたので

脳みそが溶けて組立て方を忘れる前に、大体の形に組立てます。

純正キャブ完全リビルトシャフトを固定してあったカシメ部分に

4mmのタップを立てて

ボールスクリューをねじ込みます。


純正キャブ完全リビルト (4)チョークレバーの所の割りピンなんですが

良い長さの物がありません。

なので取合えずRピンで固定しました。


純正キャブ完全リビルト (2)キャブのボディーにカシメてあるメクラ蓋や

リング状の部品の交換です。

ここにもフェルトのパッキンが入っています。

破らないように慎重に交換します。

純正キャブ完全リビルト (3)写真の部分が入替わっただけでも

相当見栄えが違いますね。

ボディーの虹色もちゃんと残っていて

かなりいい感じです。

純正キャブ完全リビルト (5)バタフライやチョークレバーを取付けますが

バタフライの取付けビスはカシメてあったので

緩み止めの為にネジロックを使います。

チョークの鋼球は前に50個買ってあったので

純正キャブ完全リビルト (6)これも交換します。

まだ仕上がってきていない部品もあるので

記憶の鮮明な内に、大体の形に組立てました。

具はまだ入っていません。

純正キャブはこの先使う事ないけど

綺麗に仕上て観賞用に部屋飾ろうと思っています。



peke_cb400f at 21:07│Comments(0)TrackBack(0) レストア 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔