2021年01月

2021年01月31日

念の為令和の破壊王用ヘッド準備3

今月中に入庫を予定していた
令和の破壊王の車両ですが、PITの都合が悪く
予定より遅れてしまいました。
準備が出来次第、早急にご連絡を致しますので
もう暫くお待ち下さい。
コロナの影響もあり外注作業が混み合っており
諸々の遅れが蓄積している状態です。
で、今日は少し体調が悪いので、念の為早仕舞いで帰宅して
自宅療養をする事にします。


CB400FCP21号機GTK号初回点検二日目

シリンダーヘッドやスタッドボルトからのオイル滲みは

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (1)確認されないので、シリンダーヘッドへの

負荷を考えて保全的増し締めは行わず

追加作業の油温計を取り付けます。

まずは電源ラインの配線加工から

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (2)ギボシを付けて、ハンダで仕上げました。

ヨシムラの油温計取付位置は

F2ハンドルなのでこの位置になります。

これで配線の取り回しをしてから

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (3)ヘッドライトケース内で電源ラインの

配線を接続して、センサーまでの配線の

取り回しも済ませました。

油温計の設定を済ませてから

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (4)イグニッションを入れて作動確認。

バッテリー側の電圧とヨシムラ油温計の

電圧表示誤差を測定します。

アイドリングで約0.5V程度電圧計の表示が

CP21号機CB400FGTK号油温計取り付け (5)低い様ですが、回転数を上げると

誤差は差ほどでも無いので

問題は無いと思います。

油温の設定値は115℃で警告です。

CP21号機CB400FGTK号ブレーキ鳴き応急処置 (1)次にフロントブレーキが若干ですが

ブレーキ鳴きがするので

軽く原因を調べてみましたが

部品交換が必要になるかも知れないので

応急的に処置をしておきましたが、根本的な原因を探さないと

また直ぐにブレーキ鳴きすると思います。


シリンダーヘッド整備

近々使う予定があると思うので

シリンダーヘッド手入れ塗装剥離 (1)シリンダーヘッドの整備をしようと思い

宝物庫から取り出してきたのですが

残念な事に塗装がされていた…。

仕方が無いので塗装を剥がしてから

シリンダーヘッド手入れ塗装剥離 (2)ウエットブラストで仕上げる事に

取り合えずリムーバーをぶっ掛けて放置。

恐らくウレタン塗装なので中々塗料が 

リムーバーでは浮いて来なかったのですが

シリンダーヘッド手入れウエットブラスト仕上げ (1)何とか塗装を剥がす事が出来たので

ウエットブラストで仕上げます。

塗装をされていた割には

ベースの状態が良かったので

シリンダーヘッド手入れウエットブラスト仕上げ (2)仕上がりは良い状態に仕上がりましたが

ねじ山上りが多く、ほぼ全てのヘッドカバー

取り付けボルトのねじ山はリコイル修正を

しないとダメそうでした。

歪もあるので平面研磨が必要になります。

後はバルブガイドのOリングを交換して、内燃機屋さんへ送れば

シリンダーヘッドの部品整備は完了となります。

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2021年01月30日

今更ですがCB400F408ccは普通二輪免許で乗れるのか?2

先日「408ccは普通二輪免許で乗れるのか?」と言う
お問合せがあったのですが
1996年9月1日に施行された道路交通法により
1975年に改訂された免許区分自動二輪での条件
(中型に限る)と言う項目が削除され
小型自動二輪、普通自動二輪、大型自動二輪に区別され
俗に言う中免で401cc以上の車両を乗る事が条件違反から
無免許になった事から、CB400Fの408ccは大型免許が
必要だと言う認識となった事になり
「グレーゾーンなので、大型二輪を取得した方が良い」と
お答えしたのですが、これは誰しもが気になる所で
僕も気になったので、公な文章を調べてみました。
旧自動車検査独立行政法人(現自動車技術総合機構)の文中
5-3-13に記載されている「総排気量又は定格出力」には
【以下文中抜粋】
総排気量又は定格出力は、次によるものとする。
総排気量は、単位をℓとし、小数点第2位(少数第3位切り捨て)まで通知するものとする。
  ただし、二輪自動車及び側車付二輪自動車でその排気量が0.251ℓから0.259ℓまでのもの及び二輪自動車及び側車付二輪自動車以外の自動車で総排気量が0.661ℓから0.669ℓまでのものにあっては。それぞれ0.26ℓ及び0.67ℓとする。
  この場合において、総排気量を算出する必要があるときは、円周率を3.14とし、内径及び行程については、単位をmmとし、少数第1位(少数第2位切り捨て)までの値とする。
定格出力は、単位をkwとし、少数第2位(少数第3位切り捨て)まで通知するものとする。
  ただし、少数第2位が不明なものにあっては。少数第2位に「0」を通知する。

と、上記のような文面が記載されてあります。
この解釈で行くとCB400Four408ccは本来0.41ℓになるべきであり
398ccは0.40ℓと記載されると言う理屈になる。
だが、少数第3位を切り捨てられる事により408ccは
自動車検査証上0.40ℓと言う記載になっている事から
408ccのCB400Fourは普通免許で乗れると言う解釈になるので
知ったかぶりをしているK察官には408ccは普通二輪免許で乗れる事を
こちらから教えないと、不当な取り締まりを受ける事になると言う事になる。
まぁそれでも、今は大型二輪免許は自動車学校で取得出来るので
大型二輪免許を取得するに越した事は無いと思います。
【排気量計算式】
半径×半径×3.14×行程×気筒数=総排気量cc=単位ℓ=小数点第3位切り捨て
CB400Four408の場合
2.55×2.55×3.14×5.00×4=408.357cc=0.408ℓ=0.40ℓ
CB400Four398の場合
2.55×2.55×3.14×4.88×4=398.556cc=0.398ℓ=0.39ℓ


やる気のキャブレター祭り二日目

昨日に続き今日も朝からやる気のキャブレター祭り二日目です。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (1)CB400国内398ccCP25号機用のキャブを

キャブクリで腐食したガソリンを溶かし

専用の洗剤に熱湯を入れてボディを洗浄。

綺麗になった所で、エアブローをして

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (2)水気を飛ばして洗浄が完了しました。

残念な事に、この時点でボディの虹色は

余り残らなかったのですが

組み立てをしている内に多少は戻ると思います。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (3)アジャストホルダーはブラストで仕上げて

真鍮のトップキャップナットは

バフ仕上げをしてみました。

キャブクリに付け込んでいた

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (4)分解したパーツ類も洗浄。

今日は寒いので水が冷たい!

キャブクリを綺麗に洗い流して

部品の水気を拭き取り乾燥させます。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (5)部品は一応何かあるといけないので

余分目に洗浄をして準備しました。

ここで25号機の仕上げはまだ当分先なので

キャブだけ先行してもなぁって感じですが

予備ステープレート下拵え (2)再メッキに出す部品が仕上がって来ないと

組み立てが出来ないし、ここまで準備しておけば

本格的に組み立てを開始する時は

スムーズに作業が出来るだろうから

キャブレター祭りは一旦終了だな。

再メッキに出していたシャフトも戻ってきたので

予備のステープレートにアクセルワイヤーホルダーを取付て終了です。


CB400F21号機GTK号初回点検

今日と明日でGTK号の初回点検と

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (1)追加で油温計の取付のご依頼で

ご来店されたGTK号。

オイルポンプ「極み」からの

オイル滲みもあるので

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (2)このタイミングでそれも修正します。

熱々ですがまずはエンジンオイルを抜き

油温計の取付準備も並行しながら

オイルポンプ「極み」からのオイル滲みの

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (3)チェックをする事にします。

多分Oリングを挟んでしまったのか?

と言う感じなのですが

エンジンオイルを抜いてオイルポンプを

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (4)取外してチェックしてみると…

あぅ…Oリングが千切れてた…。

こんな所のOリングを挟んだのは始めて。

オイルポンプを入れる時にOリングが脱落して

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (5)そのまま締め込んで千切れたんだと思います。

で、油温計のセンサーを取り付けるので

エンジンガードを取り外して

オイルパスキャップを取り外しました。

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (6)次に油温センサーを取り付けた

オイルパスキャップを取り付け。

これでエンジンオイルを入れて

エンジンを始動させ、オイルポンプや

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (7)オイルパスキャップから

オイル漏れが無い事を確認します。

これで強化オイルポンプ「極み」からの

オイル滲みも無くなったので良かった。

CP21号機CB400FGTK号初回点検 (8)で、諸々の初回点検を済ませて

問題が無かったので、油温計の配線を

加工して配線をする準備をします。

と言う事で今日はここまでで終了。

油温計の取り付けは明日だな。


ハイエースフロントタイヤパンク修理

この前からフロント左側タイヤのエアーが少しずつ抜けるので

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (1)急遽、弟を呼び出してタイヤをチェック!

僕が幾らチェックしても何も刺さって無いし

バルブからのエアー漏れも無いし

オゾンクラックも無いので

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (2)もうタイヤを外してチェックするしか

原因が掴めないと言う事で

弟を呼び出した分けです。

で、エアーを入れて怪しい所に洗剤を掛けて

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (3)エアー漏れが無いかをチェックすると

やっと見つけた小さな穴!

こんなの分からんわ!

しかも何も刺さって無いし!

ハイエースフロントタイヤパンク修理 (4)穴の方向も分からないけど

取り合えず手探りと感で穴を拡大して

パンク修理をしてみた所

エアー漏れが止まったので

取り合えずはこれで、パンク修理も完了しましたw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) キャブレター | メンテナンス

2021年01月29日

やる気のキャブレター祭り3

放射線照射開始まで今日を入れて後四日になりました。
朝9時からの放射線照射になりますが
その15分前までに放射線科の受付を済ませないといけないので
自宅から最短で15分程度の距離になるますが
朝の渋滞を考えると、遠回りして渋滞無しで20分程度。
渋滞を考えても30分は掛かるだろうし
車を止めて、病院の2階へ行き診察券を機械に通してから
地下の放射線科へエレベーターで行くので
病院内で15分程度時間をロスすると考えると
遅くとも朝8時には自宅を出発しないと
15分前に放射線科の受付が出来ないので
朝は7時〜7時30分に起きて、支度をしないといけなので
先日から早起きの練習をしています。
まぁそれでも普通の人に比べれば遅いんだけどね。
3月17日までの30回、これを続けるのですが体力が持つかなぁ…。


CB400F国内408ccCP20号機用キャブレターリビルド

今日は下拵えを済ませた20号機用キャブレターの

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (1)組み立て作業から開始!

まずは#1のキャブボディに

再メッキ済部品をボディにセット。

純正新品のJNをスロットルバルブに入れ

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (2)リンクアームには新品の

フェルトパッキンを使って組み立て。

これを残り3個同じ様に作り

繋ぎ合わせればキャブボディの

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (3)組み立ては完了となります。

CP製リプロ新品ダストパッキン(A/C)や

付属する部品を取り付けて

ステープレートを取り付ける準備も

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (4)整ったので、ステープレートを取付。

トップキャップはウエットブラスト仕上げで

取り付けて、後はフロートチャンバー内に

純正新品のインナーパーツを入れて

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (5)フロートの油面を調整。

これでフロートチャンバーを

取り付ければ、20号機用の

純正キャブレターが完成となります。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (6)はい!これで取り合えず

20号機用の純正キャブレターの

リビルドが完了しました。

もうキャブの作業をやり出したら

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド (7)作業に集中してしまうので

写真を撮るのも忘れます。

ホース類も取り付けて

これにてキャブのリビルドが完了です。


CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレター準備

本格的に作るのはまだ先になりますが、諸々とキャブレターを作るついでに

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (1)25号機用純正キャブレターリビルドの

準備に取り掛かる事にします。

ボディは少々腐食したガソリンに

侵されて汚れが酷いのですが

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (2)本体の状態は差ほど悪くは無いので

取り合えずキャブクリ漬けにして

汚れを洗浄しておきます。

その他の部品も同じくキャブクリ漬け。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (3)ステープレートは組み立てて置いて

トップキャップは鏡面仕上げをした物が

あったので、これを使いフロートチャンバーは

バフ掛けをして仕上げる事にします。

CB400国内398ccCP25号機用純正キャブレターリビルド準備 (4)取り外した部品はワイヤリングして

ブラストで下地処理をしをしてから

再メッキに送る事にします。

まだ全然慌ててないのでボチボチと仕上げます。

予備ステープレート下拵えエンジンも出来てないからねぇw

ついでに予備のステープレートも

仮に組み立てをしておきました。

シャフトは再メッキ中だし

予備ステープレート下拵え (2)所々部品取りしているから

完全に組めるキャブも少ないんだよねw

先日打ち込んだリプロのブッシュ部分に

新品のフェルトパッキンを入れて

抜け止めのリングを打ち込んで、予備ステープレートも完成です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) キャブレター | レストア

2021年01月28日

2021徳島絶版バイクミーティング中止決定のお知らせ3

BRC社様主催の「徳島絶版バイクミーティング2021」ですが
コロナの終息が見込め無い事から、残念ですが
早くも昨年に続き今年も中止が決定した模様です。
今年こそはと思っていたのに残念で仕方がありませんが
少しでも感染拡大を防ぐには、こう言ったイベントの
自粛をして行くしか無いのだと思います。
早くこのコロナ感染症が終息する事を願いながら
今年もバイクライフを楽しみましょう。


男は黙って六四分け

来月から始まる放射線照射前にと思い

210127の男は黙って六四分け昨日の定休日に何時もの理髪店へ行き

何時もの六四分けをやってもらいました。

これで放射線照射に向けて全ての準備が整ったので

覚悟を決めて挑もうと思います。


CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド

CB400F国内408ccCP20号機用のセルモーターをリビルドしたついでに

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (1)CB400国内398ccCP25号機用と

予備にもう一個セルモーターの

リビルドをやってしまおうと思い

溜まっていたセルモーターから部品をチョイス

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (2)1個は1号機で使っていたセルモーターで

エンジンブローの時に破壊された物で

部品取りのセルモーターから部品を取り外し

二個一で仕上げようと思い部品を準備。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (3)サクサクっと分解をして洗浄と

ウエットブラストで仕上げて

組み立て準備が整いました。

で、サクサクっと組み立てを開始。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (4)軸受け側にはフェルトパッキンを入れて

オイルを染込ませた上にシリコングリスを

スペーサー等に軽く塗って組み立てます。

Oリングも新品に交換ですね。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (5)で、そのままの勢いで予備用に

もう一個作って置く事にします。

これもサクサクっと分解をして

同じ手順でサクサクっと組み立てました。

CB400国内398ccCP25号機用セルモーターリビルド (6)これで25号機用のセルモーターと

予備のセルモーターが出来上がりました。

昨年からリビルドをする予定だったが

ずっと伸び伸びになっていたのですが

これで合計3個のセルモーターリビルドが出来上がりました。


CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド準備

細かな仕事をやる気がある内にと思い

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (1)CP20号機用の純正キャブレターの

リビルド作業に取り掛かります。

まずはボディの洗浄から開始。

汚れが酷いので熱湯風呂に入れて洗います。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (2)他の部品も揃えて、純正新品部品は

在庫で一台分持っていた物を使います。

フロートチャンバー等は

ウエットブラストで仕上げようと思います。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (3)で、熱湯風呂に入れたボディに

洗浄用の洗剤を入れ、シコシコと

手洗いをして汚れを落としながら

ボディの状態をチェックします。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (4)付け置き洗いのその間に

フロートチャンバーなどを

ウエットブラストで仕上げました。

他の細かい部品もピックアップして

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (5)キャブクリーナー風呂に入れて

これも付け置き洗いで

タール状に腐ったガソリンを

洗浄して綺麗に下拵えをしておきます。

CB400F国内408ccCP20号機用純正キャブレターリビルド下拵え (6)洗浄が終わったボディですが

少しの腐食はある物の

それ以外は中々の上物で

ボディの虹色も綺麗に残っていました。

これで明日から組み立てに入ろうと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 電装品 | 修理

2021年01月26日

血液検査数値的にほぼ健康体3

一昨日誕生日だった嫁に、サプライズ失敗な上に
ぼろクソに叱られたプレゼントの
ミラブルのシャワーヘッドを渡しました…。
で、嫁の反応はと言うと、結構喜んでいるご様子で
説明書をしっかりと読んで、早速シャワーヘッドを取り付けて
食後にお風呂に入っていました。
使った感想を聞くと、ミスト状なのでシャワーの温度が下がるのと
お風呂の中がミストだらけで、結構乾燥掃除が大変らしいけど
割と手足の末端まで温かさが継続しているらしい
後は取り合えず1週間使ってみて
お肌の具合に良い変化が出る事が楽しみです。


210125の血液検査結果

昨日は2018年1月に発症確定した血液の癌

210125の血液検査結果 (1)真正多血症検査の為、関西医大の

血液内科を受診して来ました。

首の手術をしたせいなのか

赤血球の数値はかなり下がりましたし

210125の血液検査結果 (2)アルコールを飲んでいないので

γ-GTPやコレステロール値なども正常。

ヘモグロビンA1cや尿酸値も正常値で

唯一高かったのが血糖値と中性脂肪が高い位。

もう糖尿病も治り掛けているんじゃないかと思ったわ。

SDCになって、調子に乗って食べ過ぎてさえいなければ

血液の数値的には健康体になっているんじゃなのかなw


キャブレターステープレート用ブッシュ製作

キャブレターをリビルドするに当たり

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (1)時々悪戯をされているキャブレターがあり

ステープレートのカシメ側にある

ブッシュが割れている物があるので

今回そのブッシュを補修部品として

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (2)試験的に製作してみる事にしました。

ブッシュを圧入するSSTも作るので

寸法を拾い出して、図面を引いてと

費用を掛けて作ってみました。

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (3)で、完成したブッシュがこれで

取り合えず10個だけ作ってみました。

シャフトの位置決め穴は圧入後に開けるので

穴は開いていません。

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (4)圧入用治具を使って作ったブッシュを

軽圧入すると、ブッシュはセンターまで

圧入される様になる仕組みになっています。

これでフェルトパッキンなどを

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (5)ちゃんと入れる事が出来る様になります。

ブッシュを入れてから、カシメピン部分に

穴を開けるので、穴位置がズレる事は無く

これで使えなくなって諦めて

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (6)捨てようかと思っていたステープレートも

元通り使える様になりました。

シャフトの位置決め用部分に穴を開けます。

キリを通すと内側に返りが少し出ます。

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (7)タップを切ってから内側のバリ取りをして

これでブッシュが割れたステープレートが

復活して使える様になりました。

CPでもこれで2個ステープレートが復活して

CB400Four用キャブレターシャフト用ブッシュ (8)キャブレター組み立て用に使える

ステープレートが2枚から4枚に増えて

予備部品を探さなくても良くなった。

もし、ステープレートのブッシュを割ってしまい

CB400国内398ccCP25号機用ステープレート組み立て困っている方が居られましたら

ご相談にも乗れると思います。

ついでに25号機用のステープレートも

再メッキ部品で組み立てて

キャブレター組み立ての準備をして置きました。


フロントホイールハブねじ山修正ご依頼

フロントホイールハブのベアリングリテーナー部のねじ山が

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (1)痛んでしまったとの事でご相談を頂き

早速送って頂いたホイールをチェック。

何とまぁかなりのダメージが入っていました。

まぁタップを立てれば何とか修正は

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (2)出来ると思うので、早速リタップ。

ハブのねじ山はかなりのダメージで

少々手古摺りましたが

タップは奥までキッチリと入りました。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (3)で、リタップして再生出来たねじ山です。

これなら何とか締め込む事が

出来ると思うので、ベアリングを入れて

組み立てをしてしまいます。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (4)ディスタンスカラーを見ると…。

錆が酷いので、せっかくなので

錆を取ってから錆止め代わりの

グリスを塗ってからベアリングを入れます。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (5)で、ウエットブラストで仕上げて

ディスタンスカラーの錆を綺麗に取りました。

ホイールベアリングの交換なんて

そうそうはしないので、錆が怖いよねぇ。

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (6)で、ベアリングを入れて、SSTを使い

リテーナーをねじ込んで行きますが

アンチシーズを塗って締め込んでも

結構な抵抗がありましたが

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (7)無事に奥まで締め込む事が出来ました。

一緒に送られてきたダストシールを入れ

ディスク側の作業は完了です。

で、ディスタンスカラーに

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (8)錆止め代わりのグリスを

たっぷり塗り込んで、もうこれ以上

錆びない様にしてからハブの中に入れて

メーターギアーボックス側の

フロントホイールハブベアリングリテーナーねじ山修正 (9)ベアリングを入れて完成です

これでご依頼のフロントホイールハブ

ベアリングリテーナーねじ山修正と

組み込み作業が完了しました。


CB400F国内408ccCP20号機シリンダーヘッド増し締め

ブロンズメタルヘッドガスケットを使い出してから今まで

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン増し締め (1)増し締めを一応行ってきたのですが

差ほど締まる事が無いので

組み付け後の増し締めはしなくても

良いんじゃないかと思います。

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン増し締め (2)後は初回点検でも、当時物ヨシムラ手曲げ

マフラー以外のマフラーであれば

緩む事も無いと思います。

取り合えずオイルパイプをセット。

CB400F国内408ccCP20号機用フル強化オイルポンプ「極み」取付ついでにフル強化オイルポンプ「極み」も

取り付けてしまう事にしました。

これで後はカバー類の塗装が

仕上がって来るのを待つだけとなりました。


京都K様CB400キャブレター追加作業

一昨日仕上がった京都K様の純正キャブレターに追加で

京都K様CB400用キャブレターマジックスプリング取り付け (1)アクセルが軽くなるマジックスプリングを

取り付ける事になりました。

丁度在庫もあったので

早速純正のリターンスプリングを取り外し

京都K様CB400用キャブレターマジックスプリング取り付け (2)マジックスプリングに交換するのですが

時間を掛けず、確実に交換するには

あっさりとステープレートを取り外した方が

交換しやすいので、サクサクっと取り外し。

京都K様CB400用キャブレターマジックスプリング取り付け (3)まぁ過去に色々と交換作業を試したのですが

結果、急がば回れと言う事でしたw

これでリターンスプリングの交換が完了。

これで残りの部品が揃って

作業スペースが確保出来れば、火入れが出来る様になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 治療 | 部品

2021年01月24日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月25日(月曜日)は真正多血症定期健診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


京都K様CB400用純正キャブレターリビルド

今日は永遠の27歳になる嫁の誕生日なので

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (1)早仕舞いをしようかと考えているのですが…。

エンジン組み立て室の作業台が空いたので

兎に角キャブレターなどの組み立て作業を開始。

まずはステープレートに必要な部品を

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (2)再メッキから取り出し

サクサクっと組み付けました。

これでキャブレター組み立ての

下拵えが完了したので

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (3)次にボディに取り掛かるのですが

#1のチョークレバーのリンクアームが

ポロっと折れて取れてしまった…。

幸先が悪いスタートになってしまった…。

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (4)仕方が無いので取り合えず部品取り箱から

折れたリンクアームの代替品を探し出して

#1のキャブレターボディを組み立てて

ここからは問題無くサクサクっと

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (5)ボディの組み立てが進んで

4個共組み立てが完了です。

ダストパッキン(A/C)は硬化していたので

CP製リプロ新品ダストパッキン(A/C)と交換。

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (6)ボディが出来上がったので、次に

最初に作ったステープレートと接続。

フロートチャンバーとトップキャップが

予定通り今日届いたので

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (7)取り合えずインナーパーツを取り付けて

油面調整まで終わらせました。

フロートチャンバーの取付準備も整ったので

キャブレターの仕上げが出来ます。

京都K様CB400用純正キャブレターリビルド (8)で、サクサクっとフロートチャンバーと

トップキャップを取り付けて

京都K様CB400国内398cc用純正キャブレターの

リビルドが完了しました!


CB400F国内408ccCP20号機用セルモーターリビルド

キャブの組み立ても終わったので、そのまま引き続きで

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (1)20号機用のセルモーターを

リビルドしてしまいます。

ベースになるセルモーターはこれで

締め付け過ぎで、よくある電源ラインが

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (2)断線している物を使います。

サクサクっとバラバラに分解して

ブラストで仕上げる物は仕上げ

ボディは再メッキした物と交換し

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (3)消耗品も全て新品に交換します。

取り合えず整備が終わり

消耗部品を交換して組み立てます。

セルモーターの軸受け側に入っている

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (4)フェルトパッキンですが、実はこれ

キャブ用のフェルトパッキンと同じで

殆どのセルモーターの中は朽ちてしまい

入っていない物が殆どです。

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (5)再メッキしたボディにコイルを取り付けて

新品のカーボンブラシを取付ました。

コンミューター側にこびりついている

カーボンも磨いて、仕上げ準備が整いました。

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (6)で、サクサクっと組み付けて

20号機用セルモーターのリビルドが完了。

まだ25号機用もリビルドしないと…。

まぁ取り合えず1個はリビルドが出来たからね。

CB400F国内408cc用セルモーターリビルド  (7)で、動作チェックの為セルモーターに

電流を流し、正常に動作するかをチェック!

ほぼ無音状態でキュィーン!と綺麗な音で

問題無く作動し、20号機用セルモーターの

リビルドも完了しました。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) キャブレター | レストア

2021年01月23日

只今絶賛リバウンド中3

健康の為にと言う事でダイエット生活を
昨年から行っていたのですが
癌が分かってからは食べれる時に
美味しい物を食べて置こうと言う気持ちになって
割と炭水化物や糖質が多い物を食べる様になり
体重は6キロも増えてしまいました…。
まぁ健康の為にと思って始めたダイエットですが
幾ら我慢しても癌になってしまったら
ダイエットなんてどうでも良くなりました。
でもアルコールは月一程度でほぼ呑まなくなったし
放射線照射が始まれば、完全に禁酒生活になるからねぇ。
幾ら健康に気を付けて我慢する食生活を送っても
食べれるのに食べれなくなってしまえば
何をやっている事なのか…って言う話ですわ。


CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ

クランクのダイナミックバランスの仕上がりが

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (1)予定より少し遅くなりましたが

本日内燃機屋さんから届きました。

9,000rpmでバランスを調整して貰い

#2のバランスウエイトの加工が結構な感じです。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (3)で、早速下拵えが済んでいるコンロッドを

接続して、強化カムチェーンと

純正プライマリーチェーンを装着。

これでクランクケースに放り込んで

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (4)ここからは何時もと同じ様に

ポイポイっと臓物を入れて

何時もの記念撮影。

これで腰下組み立て準備が整ったので

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (5)何時もの様にサクサクっと腰下が完成。

エンジンの仕様はカバー類も全て

オリジナル風の塗装仕上げで

仕上げる仕様になってます。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (6)腰下が組み上がれば、次にやる事は

シフト関係の具材をセットして

動作確認を済ませれば

これで腰下が完成となります。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (7)0.5mmOSの408cc専用ピストンを

コンロッドに接続して

腰上組み立て準備も整いました。

ここでお腹が空いたので昼食を食べてから

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (8)腰上組み立て作業に取り掛かります。

今日は集中して作業が出来るので

今日中にエンジンを仕上げて仕舞おうと思って

サクサクと作業を進めます。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (9)早くエンジン組み立て作業台の

スペースを空けて、キャブやセルモーターの

リビルドもしないといけないのと

令和の破壊王の車両が修理入庫を

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (11)待って頂いている状態なので…。

サクサクっとシリンダー挿入完了!

ヘッドガスケットは勿論CP製

ブロンズメタルヘッドガスケット。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (12)シリンダーヘッド!どーん!

搭載して締め込み完了。

ここで思い出したのがカバー類の塗装が

まだ戻って来ていない事だった!…。

CB400F国内408ccCP20号機エンジン仕上げ (13)すっかり忘れていたわw

取り合えずカムシャフトを搭載して

明日以降にでも一度増し締めを

する事にしますが、紙のベースパッキンが

沈む程度しか締まらないので、増し締めをする必要な余り無いかもね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2021年01月22日

心配していた事が…3

息子が勤務する病院で先日クラスターが発生し
外来患者さんの診察は全て中止となったらしく
入院患者のみの治療になったとの事。
幸い息子は濃厚接触者もおらず、検査結果も陰性だが
脳外科医が仕事が出来ない環境になっており
救える命が救えなくなっている…。
医療従事者はワクチンを先行して受けれるらしいけど
息子はアレルギーもあるので、それも心配だし
僕も嫁も基礎疾患があるので、ワクチン接種は先に受けれるけど
嫁に聞いたら、ワクチン摂取はしないらしい。
日本政府も日本の製薬会社やFフィルム社などにお金を出せば
きっと安全なワクチンが作れると思うけどなぁ…。


CB400国内398cc25号機用不足部品取り付け

どのタイミングで25号機の下拵えを止めたら良いのか

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (1)ドンドンと分からなくなってきたのですがw

取り合えず純正ヘッドライトステーに

不足部品を取り付けて

メーター周りを仕上げてしまいます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (2)ヘッドライトステーにダンパーラバーを入れ

メーターステーを固定出来ました。

血統書付きの国内398ccなので

一つ一つの部品に拘って仕上げて行きます。

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (3)メーターステーが取付いたので

メーターセットリングを取り付け。

ダンパーラバーを入れました。

398cc用メーターはリビルド品があるので

CB400国内398cc25号機メーター周り仕上げ (5)そのメーターを取付ました。

まだ少し発注漏れがあったので

ヘッドライト、メーター周りは

これにて作業は一旦終了です。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (1)チェーンカバーも拘りの純正部品の

再メッキ品を使います。

拘るので再メッキは高いのですが…。

それも血統書付き車両なので拘ります。

CB400国内398cc25号機用純正再メッキチェーンカバー取り付け (2)サクサクっと取り付けが完了しました。

ホイールハブはバフ仕上げだけの状態で

ベアリングやスポークはまだ組んで無く

ローリング状態にはまだ出来ないので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (1)付けた部品の点数だけ車重も重くなるけど

部品管理をし易く為に、取り付けなくても

組める物を組み立てて行きます。

で、必要な部品をピックアップしました。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (2)まず再メッキしたキックアームから

組み立てを開始です。

ほぼ全部の部品が絶版部品なので

貴重なキックアームの部品を

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (3)宝物庫から取り出して組み立て。

キックアームのブラインド蓋はリプロ品です。

それ以外は純正部品で組み立てました。

これでキックアームの下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (4)次にステップを組み立てました。

シフトペダルも純正品を再メッキしたので

仕上げる時にステップにセットします。

これでステップも下拵えが完了。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (5)次にOEM品の新品IGCを組み立て。

OEM品なので、今までトラブルは一度も無く

信頼出来る部品になります。

これでIGCも下拵えが完了です。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (6)次にスターターマグネチックスイッチに

リプロ品ですが、配線を接続して

電装部品の下拵えを済ませます。

これで下拵えが終わったので

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (7)エアークリーナーBOXに取り付け。

これで電装部品関係は

ほぼ下拵えが終わったかな?

後はメインハーネスを這わすだけです。

CB400国内398cc25号機外装部品下拵え (8)もう25号機の作業もキリが無いので

この辺で一旦終わらせようと思い

作業用リフトからフレームを下しました。

明日からは20号機のエンジン組み立て作業に

取り掛かれそうなので、20号機のエンジンを仕上げてから

キャブレターやセルモーターのリビルドに取り掛かろうと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月21日

放射線照射スケジュール決定3

一昨日、関西医大へ行き放射線照射前検査のCT撮影と
放射線照射時に頭部を固定する為のマスクを作ってきました。
放射線照射開始日は2月2日(火曜日)の朝9時から
カレンダー通り平日毎日3月17日まで放射線照射を行います。
そして週に一度金曜日、放射線照射後に放射線科の診察があり
朝の開店時間が1時間〜午前中程度は遅れる事になります。
後は放射線照射により身体的な影響による体力、気力が
回復するまでの期間がどれ位な物になるのか
約30回に及ぶ未経験な予防的放射線照射次第と言う事になります。
後半はかなり辛くなるかも知れないとの事で
通常の業務に支障をきたす可能性もあるかも知れません。


部品整備 再メッキ

溜まった部品を再メッキに出そうと思い

CB400Four用部品再メッキ送り210121ブラストで汚れや錆を落として

再メッキ部品の下地処理を済ませました。

キャブレターのシャフトは特別なメッキ仕上げで

他はユニクロメッキで仕上げます。

CB400F国内408cc用部品達オイルパンのセパレターもメッキした方が

エンジンオイルにも優しい事が分かっているので

CPではメッキに出す事にしています。

これは20号機用の残りの部品達です。

クランクさえ仕上がって来れば後は早いのに…。

あ!キャブとセルモーターも作らないと!


CB400国内398ccCP25号機用不足純正部品入荷

CB400用純正部品を整理して、不足部品をチェックし発注し

CB400国内398cc用純正部品一部入荷 (1)25号機用の不足部品達が入荷。

これで外装以外の部品はほぼ揃ったかな?

1台分の純正部品を揃えると

これだけの量になるので

CB400国内398cc用純正部品一部入荷 (3)それなりの費用が掛かるのは

ご理解頂けると思います。

では早速取付が出来る部品を

邪魔にならない程度に取り付けて行きます。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (1)まずスイングアームのリアショック

アンダーラバーブッシュを

何時ものCP製オリジナルSSTを使って

サクサクっと圧入して行きます。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (2)ウインカーステー等は仮付けしておき

ウインカーは車両が立ち上がって

ローリング出来る様になってから取り付けないと

保管時に傷が付く可能性があるからねぇ。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (7)25号機に使う予定のウインカーは

当時物新品、一重レンズの

貴重なウインカーと言う事もあり

取り付けは一番最後になると思います。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (3)エアークリーナーBOXも

不足部品が入荷して来たので

しっかりと固定する事が出来たので

電装部品もしっかりと取付ました。

CB400国内398cc用純正部品取り付け (4)次にハンドルスイッチを入れた

F2ハンドルをトップブリッジにクランプ。

インジケーターも取り付けました。

メーターセットリングはまだ未入荷なので

CB400国内398cc用純正部品取り付け (6)その他入荷した部品を使って

サイドスタンドや、取付が出来る物を

サクサクっと取り付けて

今日はここまでで終了です。

前後フェンダーやフロントフォークを取り付けると重たくなるので

暫くはこのままの状態になるかなぁ。


CB400F改520cc1号機部品交換

今日は気温が高いと言う事で、今年初乗りで店まで乗ってきましたが

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (1)朝の外気温は6.4℃だったわ…

で、今日は以前からの問題で

ヘッドライトのLED球が眩し過ぎて

時々煽られて交通トラブルの元になるので

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (2)やむなくハロゲン球に戻すついでに

インジケーターの中身も交換します。

まずは6,500KのLED球を取り外します。

ついでにインジケーターの配線を抜き

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (3)中身を交換してしまいます。

CP1号機はオイルランプを使わないので

CB500T用のインジケーターカバーを取り付けて

中身は新品のCB400Four用を

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (4)入れてあったのですが、ヘッドライトの

LED球を交換するついでに

インジケーターの中身もCB500T用に

交換してしまい、新品だったCB400Four用の

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (5)中身とカバーを保存して置こうと思い

LED球からH4ハロゲン球に

交換するタイミングで作業をしました。

本当は5,000KのLED球が欲しかったんだけど

CB400F改520ccCP1号機ヘッドライト&インジケーター交換 (6)売り切れてしまい手に入らなかったので

6,500Kを取り付けたのですが

これが明る過ぎて苦労をしていました。

一応車検対応のLED球との事だったので

取り付けたのですが、6,500Kの明るさはロービームでも

対向車は眩しいらしく、これで交通トラブルも無くなると思います。

貴重で1号機には不必要なインジケーターも回収出来たし

今年初乗りも出来たので、一石四鳥ぐらいにはなったな!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2) 部品 | レストア

2021年01月18日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日1月19日(火曜日)は関西医大にて
放射線照射前検査の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


誕生日サプライズ失敗プレゼント

もう嫁にバレてしまっているサプライズ失敗の

サプライズ失敗の嫁の誕生日商品入荷誕生日プレゼントが今日届きました。

バレた時は予想道理の激オコでしたが

プレゼントはしっかりともらってくれるので

まぁそれだけでも良かったかなぁ…

普段からの感謝の気持ちを込めて、誕生日に渡す事にします。


CB400国内398ccF2 CP25号機部品整備二日目

邪魔にならない程度まで部品整備を進めようと思い

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (1)フレーム関係の部品や再メッキ部品

塗装に出してあった黒物部品などを

仮に取り付けて部品管理をして行きます。

純正部品を使ってサクサクっと組み付け

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (2)細々した部品の在庫が無い事も分かり

不足部品をまとめて発注をしました。

余り部品を取り付けると置き場所に困るので

取り合えず今日の仮組はここまでかな。

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (3)ローリングするのもまだ先なんだけど

スイングアームも取り付けました。

リアサスのロアブッシュも在庫切れだった。

この先組み立てに必要になる

CB400国内398cc部品取り付けと部品管理 (4)新品の電装関係の部品や、ワイヤー類

F2ハンドルなども纏めて箱に入れて

25号機用部品をピックアップして

不足部品をチェックして、部品を発注しましたが

本気で作り出すのは当分先の予定を考えています。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月17日

25号機国内398ccF2製作準備3

定例の不動車コーナー車両バッテリー充電と
エンジンを始動させて、しっかりと熱を入れると言う
管理作業も現在2台だけとなって
かなり負担も減り、助かっていますが
それでも完全不動車が3台あり
ちゃんと動かすには、キャブレターをO/Hしないとダメなのと
バッテリーを交換する事です。
京都K様CB400と間も無く完成予定のCB400F国内408cc
モンキーZ50Jが完成すれば、また不動車コーナーも
一杯になって来るし、CB400国内398ccを
何時作り出そうかと思っている所です。


CB400F国内408ccCP20号機、CB400国内398ccCP25号機部品整備

放射線照射が始まる前にこの車両が完成しないと

CB400F国内408cc用CP20号機用IGCコイル組み立て (1)PITの都合や、気力体力面が

低下するかも知れないので…。

取り合えず今下拵えが出来る物を作ります。

まず純正OEM新品IGCの組み立て。

CB400F国内408cc用CP20号機用IGCコイル組み立て (2)サクサクっと組み立てて完成です。

スパークアドバンサーも純正品

NDのNOS品を使います。

次にフル強化オイルポンプ「極み」を準備。

CB400F国内408cc用CP20号機用フル強化オイルポンプ委「極み」 (1)ミッション用大流量強化オイルポンプも

装着して、圧力スイッチも取り付け。

ノーマルエンジンですが、もう「極み」は

CPレストア車両にはマストアイテムです。

CB400国内398cc25号機部品整備 (1)もうこれで完全にエンジンを組んでしまえば

作業用リフトに搭載出来る状態です。

で、今その作業用リフトに乗っているのは

CB400国内398ccF2のフレームですが

CB400国内398cc25号機部品整備 (2)これを下手に組んでしまうと

置き場所に困るので、取り合えず部品整備。

細かな所は仕上げて行きますが

まだ形にはしない予定です。

キャブレターも組まないといけないのですが

エンジン組み立て室に鎮座している国内408ccのエンジンを

仕上げて仕舞わないと、スペースが無さ過ぎる…。


ホーンステー、センタースタンドストッパー

拘りの408タイプ手裏剣カバー用ホーンステーと

ホーンステー、センタースタンドストッパー塗装送りセンタースタンドストッパーが

残り僅かになったので製作。

後はこれを塗装に出すだけです。

手裏剣カバーやホーンASSYも

拘りの方が多いのか、よく売れているので作って良かったと思います。


本日のご来店

ジャイロキャノピーのエンジンをご自分でO/Hすると言う

本日のご来店210117 (1)「枚方が好きやんツーリング部」の

K様が2回目のご来店。

エンジンをO/Hするに当たり

ベースエンジンを購入したので

本日のご来店210117 (2)そのエンジン部品をウエットブラストで

仕上げる為に本日もご来店です。

もうブラスト作業も今日で2回目なので

手慣れた感じでサクサクと仕上げて行きます。

本日のご来店210117 (3)今回はシリンダーヘッドやカバー類と

オイルポンプなどの細かい部品を

ブラストで仕上げいました。

まだシールやゴム類などの部品も出るらしく

オイルポンプは全部分解してブラストを当ててました。

完成が楽しみですね!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月16日

早くもサプライズ失敗3

嫁の誕生日を来週に控えた昨晩の事
カードの利用明細を嫁がチェックしていて
とある高額商品の購入がバレてしまった…。
で、予想通りの結果になり叱られました。
僕も素直に購入した理由を答えれば良いのに
気持ちを伝えるのが下手なので上手く伝えれられなくて…
でも、結局サプライズは失敗したけど
受け取ってはくれそうな感じの話になった。


CB400F国内408ccCP20号機部品下拵え

既に仕上げ段階に入ったCP20号機ですが

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (1)クランクのダイナミックバランス待ちで

作業は止まっている状態ですが

取り合えずシリンダーヘッドを下拵え。

ヘッド下面は平面研磨をしました。

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (2)純正新品のステムシールを入れて

バルブスプリングをセットして組み付け。

エンジンの仕様はピストン0.5OS位ですが

オイルポンプはフル強化オイルポンプ「極み」を

CB400F国内408ccCP20号機用シリンダーヘッド下拵え (3)取り付ける予定になっているので

オリフィスなどのオイルラインも

加工済みとなっています。

EXスタッドとインシュレーターを取り付けて

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (1)シリンダーヘッドが完成しました。

タイヤとチューブなどを発注したので

ローリング用に使っていた仮の

アルミHリムを取り外して

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (2)D.I.Dの鉄リムを装着する準備を整え

これでタイヤチューブが入荷して来れば

ホイールに装着して、足回りは完成です。

ブレーキディスクは平面研磨仕上げです。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (3)そうこうしている内に注文していた

前後タイヤ、チューブなど一式が

入荷してきたので、早速ホイールに

取り付けて仕上げる事にします。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (4)サクサクっと鉄リムホイールに

新品のタイヤを前後とも装着。

エアーを充填し、これでタイヤホイールを

車体に取り付け出来ます。

CB400F国内408ccCP20号機仮タイヤホイール交換 (5)で、装着完了!

国内CB400F408ccCP20号機が

本仕様の足回りになりました。

後はエンジンとキャブを仕上げれば

タンクとサイドカバーを残すだけとなります。

多分来週にはエンジンも仕上がると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月15日

令和の破壊王入庫準備3

ここ数日昼間の天気が良いのですが
朝晩は寒いので、バイク通勤もちょっと…w
まだ今年はバイクに乗っていないのと
1号機を少し弄りたい所もあるのですが
まだ当分先になりそうだなぁ。
1号機用の部品は既に準備は出来ているんだけどねw
特に大きな変更をするんじゃないので
作業自体は簡単なんだけど、自分のバイクって
やっぱり面倒臭いよねw


PIT作業スペース確保

京都K様のCB400国内398ccの車体側レストア作業は

京都K様CB400ピリオンステップ取付 (1)取り合えずピリオンステップの

ピンが入荷して来たので取り付けて

暫くの間、部品が入荷するまで作業は一時中断。

まだ動かないモンキーも邪魔だわぁ…。

作業スペース確保不動車コーナーへ移動210115 (1)車両を不動車コーナーへ移動させる為

作業用リフトから車両を下して

CB400F国内408ccCP20号機を

作業用リフトへ搭載する準備をするのですが

作業スペース確保不動車コーナーへ移動210115 (2)まだエンジンが出来ていないので

作業用リフトにも搭載が出来ない状態。

エンジンが完成して搭載すれば

作業用リフトに搭載し、PITに余裕が出来るので

その後に令和の破壊王の車両入庫予定となっております。


CB400F国内408ccCP20号機エンジン臓物整備

そろそろクランクのダイナミックバランスが終わって

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (1)戻って来る頃だろうと思って

エンジン臓物関係の整備を開始。

まずミッションベアリング類交換。

カウンターシャフト2ndギアー焼き付き無しです。

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (2)プライマリーギアーダンパーラバー交換と

ニードルローラーベアリング交換なども

完了したので、後は細かい部品を洗浄して

状態をチェックすれば

CB400F国内408ccCP20号機用エンジン臓物整備 (3)20号機用エンジンの臓物関係部品の

チェックは完了です。

これでクランクのダイナミックバランスが

終わって戻って来れば

何時でも腰下組み立て作業に取り掛かれます。

あぁシリンダーヘッドの下拵えもしないといけないな!


京都K様CB400用純正キャブレターリビルド分解

エンジン、フレーム側の作業が一旦終わり

京都K様CB400キャブレターリビルド (2)車体は不動車コーナーへ移動させたので

次はキャブレターのリビルド作業の

ご依頼に取り掛かります。

フロートチャンバーとトップキャップは

京都K様CB400キャブレターリビルド (3)バフ仕上げとの事なので

先に取り外してバフ屋さんへ送り

その間にメッキ部品を取り外して

リビルドをして行きます。

京都K様CB400キャブレターリビルド (4)一見綺麗だったキャブレターですが

ゴム、Oリング類は硬化していたので

O/Hは正解だったようです。

キャブ本体の状態は極めて良好の様なので

京都K様CB400キャブレターリビルド (5)きっと良いキャブが出来上がると思います。

フロートチャンバーとトップキャップは

一旦ブラストで仕上げたので

これで発送準備に取り掛かります。

仕上がって戻って来る間にボディの方は仕上げる予定です。

20号機用のキャブも作らないといけないので

キャブレター作業集中日を作らないといけないなぁ。

あぁ部品も発注しないと!


CB400国内398ccF2レストア準備

まだ当分先ですが、今手掛けているCB400F国内408cc1オーナー車が完成たら

CB400国内398ccF2レストア準備これが次に取り掛かる398cc用フレーム

3オーナー車、これも408同様に

エンジン、フレ番マッチで類別、型式は

F2ですが枠内に残っている

エンジンの仕様はCP製398専用0.25OSピストンを使う予定で

エンジンケースの仕上げも、ある程度出来上がっていますが

まだ作業前の今なら、オーダー可能ですのでよろしくお願いいたします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月14日

精神衛生上休日も出勤3

正直な所、放射線照射による身体への影響が
どんな風に出て来るのかが不安で、体調不良や、体力の低下により
通常業務がどれだけ普通に出来るのかが気になってます。
なので、年末年始や定休日も休まず出勤して
少しでも作業を進めて置かないといけないと言う
脅迫観念みたいな感じの物が僕を覆っています。
実際は放射線照射が始まってみないと分からない事ばかりなのですが
最初は放射線照射を拒否していた僕を、嫁や息子が放射線照射をして
少しでも長く生きる確率を上げる事を進めてくれたので
その意見に従う事にした物の、全くの未知な領域なので
今は不安しか無く、その不安を取り除く事が仕事をする事になってます。
人によって放射線の影響が違うらしいけど
不安で辛い事には違いは無いです…。
昨日はそんな事を考えながら仕事をしている所へ
僕の事を気遣ってわざわざ遠方からご来店頂き
色々なお話を聞かせて頂き、また元気を頂きました。
ありがとうございました。


CB400F国内408ccCP20号機組み立て作業再開三日目

昨日の定休日も何処にも出掛ける予定が無かったので店に出勤して

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (1)残りの黒物部品の整備をしようと思って

ステップ周りの部品を組み立てようと

部品を探して集めた所、無いと思っていた

スリーウェイジョイントも見つかったので

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (2)それじゃぁと言う事で、フロントブレーキを

仕上げて仕舞おうと思いホース類を接続。

これがあればヘッドライトケース周りも

仕上げられるので、仕上げもグンっと進みます。

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (3)で、ブレーキマスターにホースを接続し

ブレーキフルードをを入れてエアー抜き。

これでフロントブレーキも使える様になり

ヘッドライト周りの作業も進められます。

CB400F国内408ccCP20号機ステップ組み立て (4)取り合えず最初の目的だった黒物部品の

メインステップを組み立てました。

これで黒物部品は全て下拵えが完了。

後はエンジンとキャブを仕上げれば

CB400F国内408ccCP20号機ヘッドライトケース取り付け配線 (1)20号機は今月中には完成となります。

ヘッドライトケースを取り付けて

接続できる配線も接続、残りはメーター周り。

メーターもリビルドに出さないと!

CB400F国内408ccCP20号機ワイヤー類取付 (1)とまぁ昨日の定休日はここまで作業をして帰宅。

で、今日は取り合えず不足部品が

入荷して来るまでクラッチ、アクセル

スピードメーター用ワイヤー類を取付て

CB400F国内408ccCP20号機ワイヤー類取付 (2)ハンドルスイッチなどの配線も

仮に整線を済ませました。

国内408ccなので、速度警告灯が付属するので

CP製スピードワーニングユニットも取付。

CB400F国内408ccCP20号機メーターセットリング取付 (1)で、今日も細かい所の不足部品が

入荷して来たので、サクサクっと取付。

特に見た目が大きく変わった所は無く

まぁメーターセットリングが付いた位かな。

早くエンジンを乗せないと出来上がった感が全然ないねw


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月12日

密かに嫁をリサーチ3

嫁の誕生日を2週間後に控えて
今年は忘れない様にと思って
それとなく嫁が気になっていそうな物を
普段の会話でリサーチ!
で、あ!これだ!と言う物を見つけて
早速注文をしたのですが
多分手渡した時、一瞬喜んだ後にきっと
「何でこんな高いもんこうたん!」と怒ると思う…。
それでも良いと思ったから買った。
後は24日までバレない様に隠して置くだけだなぁ。


CB400F国内408ccCP20号機組み立て再開二日目立ち上げ

今日一部の不足部品が入荷して来る予定なので

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (1)取り合えず出来る所から作業開始。

まずはフロントブレーキマスターを

組み立てる所から開始でです。

インナーキットは新品に交換して組み付けます。

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (2)アルマイトの焼けが極めて少ない

貴重なブレーキマスターを使います。

サクサクっと組み付けが完了。

クランプは新品がまだ出るので

CB400F国内408ccCP20号機フロントブレーキマスター組み立て (3)新品を使ってハンドルにを取り付け。

その他の部品も勿論新品です。

これで取り合えずブレーキマスターも完成

でもフロントブレーキの仕上げは当分先です。

CB400F国内408ccCP20号機フロントフォーク組み立て (1)次に不足していたフロントフォークの

部品が入荷して来たので

組み立てに取り掛かります。

これが出来上がれば今日中に立ち上がります。

CB400F国内408ccCP20号機フロントフォーク組み立て (2)で、サクサクっとフロントフォークを

組み立てて、ステムに取り付けました。

フロントフェンダーなども取り付け

タイヤホイールは仮のHリムを取り付けて

CB400F国内408ccCP20号機自立 (1)取り合えずフロントだけですが

やっと自立する事が出来ました。

フロントブレーキはスリーウエィジョイントが

まだ仕上がって来ていないので使えません。

CB400F国内408ccCP20号機自立 (2)トップブリッジを締め付けて

イグニッションキースイッチを取り付け

国内408ccなので速度警告灯を取り付けました。

なるべく販売価格を抑えるつもりで作るのですが

CB400F国内408ccCP20号機自立 (3)貴重な国内408ccワンオーナー車なので

どうしても仕上がりに拘ってしまう…。

このまま自分が所有したい気持ちもあるので

別に売れなくても良いと思って作ってます。

残りの不足部品は15日位には入荷して来るかな?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月11日

CB400F国内408ccCP20号機製作再開3

何とか今月中に令和の破壊王の車両を
入庫させようと思い、昨年から溜まっている作業を
休みも返上で作業を進めており
現在クイック作業なども含めて全て
ご予約を頂いている状態になっております。
また重整備に関しては、PITが停滞気味になっており
調整が必要ですので、ブログをご覧頂いておられる方々には
ご協力をお願いしております。
来月から放射線照射が始まる事による身体的影響が
未知数な事もありますので、なるべくご迷惑が掛からない様に
作業を進めたいと思っております。


巷で噂のらーめん「たにの」

今枚方で噂の、京都府八幡市の男山に昨年12月26日にオープンした

京都府八幡市男山ラーメンたにの (1)らーめん屋さんの「たにの」へ

昨日嫁と二人で行って来ました。

駐車スペースはお店の裏に2台?ぐらいの

駐車スペースがあり、店内の座席は

京都府八幡市男山ラーメンたにの (2)コロナ対策なのか4席しか無いのですが

感染対策もしっかりとしている感じでした。

基本的なメニューは拉麺その一、その二

その三と言うメニューと金曜日限定メニュー。

京都府八幡市男山ラーメンたにの (3)で、僕はその二の明石蛸とボルチーニ茸スープ

麺大盛を発注し、嫁はその一の

天然羅臼昆布と黒毛和牛スープを発注。

待つ事しばし、出て来た拉麺の器の大きさが…

京都府八幡市男山ラーメンたにの (4)これは嫁が発注した拉麺その一

天然羅臼昆布と黒毛和牛スープ

レギュラーサイズで、スープを味見。

今まで味わった事が無い部類のスープでした。

京都府八幡市男山ラーメンたにの (5)で、僕が発注した拉麺その二

明石蛸とボルチーニ茸スープの麺大盛w

これも今まで味わった事が無いスープで

蛸の味と柚子の様な柑橘系のスープで

とても美味しく、変わり種のラーメンでした。

来月から始まる放射線照射で、味覚障害が出る前に来たかったので

行列が出来る前に来れて良かった。


CB400リアホールスプロケダンパー交換

インスタのDMで作業のご相談を頂いていた方からのご依頼で

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (1)CB400リアホイールスプロケハブダンパー

交換作業のご依頼です。

ダンパーゴムは完全に朽ちており

ボロボロになって取れました…。

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (2)アウターカラーは残ったままなので

何時も通り破壊して取外しました。

綺麗に掃除をして、純正新品の

スプロケダンパーを入れて、出来上がり。

CB400リアホイールスプロケダンパー交換 (3)ブレーキドラム側のベアリングが緩く

ポロっと落ちてきたのが少し残念ですが

スプロケットも入れて完成となりました。

これで乗り心地も変わると思います。


京都K様CB400仕上げ作業三日目

探しまくったACGカバーが昨日届いたのですが

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (1)まずはフロントフェンダーを取り外して

再メッキ送りの準備に取り掛かります。

綺麗なフェンダーなのに何故?って事ですが

実はこのフェンダー、Wディスク用に

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (2)ワンオフ加工がされており

まずは取付に問題が無いかを

チェックしてから一旦取り外し

再メッキに出す事になっていたのです。

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (3)勿論Wディスク用フェンダーの

プレス金型は無いので

全て手作りでの加工になります。

これで同じような加工で

京都K様CB400フロントフェンダーメッキ送り (4)RCフェンダーも量産が出来れば良いなぁ…

見た目は全く違和感が無いので

再メッキをすれば純正品と見紛う位の

出来栄えになっている拘りの一品ですね!

京都K様CB400ACGカバー取り付け (1)再メッキの仕上がりが楽しみです。

で、ACGカバーも届いてきた事なので

早速コイルを入れて仕上げに取り掛かります。

これでエンジンに取り付けて

京都K様CB400ACGカバー取り付け (2)エンジンガードも締め付けが出来ました。

スプロケットカバーはドライブチェーンが

届いてから取付になります。

同じくコーションステッカーも届き

京都K様CB400Aコーションステッカー貼り付け (1)早速貼り付けるのですが

唯一僕の天敵作業なので

結果はご想像にお任せします…。

まぁ自分では上手く貼れたと満足していますが…。

京都K様CB400限定ヨシムラマフラー取付 (1)フロントフェンダーの引取りに合わせて

限定ヨシムラマフラーもお持ち頂いたので

マフラーをエンジンに取り付けました。

その際に今後の作業についてオーナーと相談。

純正キャブレターフルリビルドもご依頼を頂いた事もあり

純正新品や拘りの部品が多いので、仕上がりはまだ当分先になりそうです。


CP20号機CB400F国内408cc組み立て再開

今月中に立ち上げまで済ませたい20号機の組み立て作業を再開。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (1)フレームにステムなどを組み付けました。

整理してあった純正部品ももう

何処にどの部品を入れたのかを忘れたので

一々部品を探さないといけない所からです…。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (2)フロントフォーク用部品が足りないので

立ち上げは早くても今週末になりそうです。

取り合えずハンドルスイッチを組み付けて

ローリング用にステアリングを取付ました。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (3)メインハーネスを這わせて

ハンドルスイッチと接続。

インジケーターも取付が完了しました。

この時点で付いて無い部品は発注漏れです。

CP20号機CB400F国内408フレーム組み立て再開 (5)ヒューズボックスが何処に行ったのか

分からないのですが、何とか見つかって

ハーネス類も新品を取付ました。

まぁ今日はここまでで一旦終了となります。

フロントフォークの部品が入荷して来たら

サクサクっとローリング出来る様にして作業用リフトに搭載予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月09日

今年こそ忘れない様に!3

今日思い出した今年最初のイベントは1月24日
永遠の27歳である嫁の誕生日!
せっかく思い出したのだから
今年こそ忘れない様に、何かプランを考えておかないと!
奴は余り望み事を言わないので、何が良いかなぁ。
余計なお金を掛けると怒られるしなぁ。
何か良い物無いかな?今時外食も怖いんで
やっぱりプレゼントが良いのかなぁ…。


京都K様CB400仕上げ作業二日目

昨日オーナーと少し打ち合わせをして、テールライトユニットの

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン (1)ゴムパッキンは398後期タイプに

交換する事になり、在庫が1個あったはずなので

朝から部品を探しだして見つけました。

取り合えず部品はあったので

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (1)後で交換する事にして、先に残りの

黒物部品をピックアップして

組み立てて仕舞おうと思い

メインステップの部品を出して来て

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (2)ネジ穴部分の塗装をタップで掃除して

組み立て準備に取り掛かるのですが

ゴム類が届いていないのと

組み立てに必要な部品も届いてない事が分かった。

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (3)仕方が無いのでステップアーム類は

後で取り付ける事にして

ステップバーをフレームに取り付けて

ロアエンジンマウントを締め付けて仕舞います。

京都K様CB400仕上げ二日目ステップ周り仕上げ (4)R側も同じくブレーキペダルと

ステップバーを取り付けて締め付けが完了。

ブレーキスイッチも不在なので

ここまでで終了です。

京都K様CB400仕上げ二日目残りの黒物部品達 (1)フロントブレーキ関係はインナーパーツ

マスター、スリーウエイジョイント

圧力スイッチ、ホース、ボルト類が

全然ないのでヘッドライトも取付が出来ません。

京都K様CB400仕上げ二日目純正新品IGC組み立て (1)これで取り合えずは黒物関係は終わったので

電装部品の純正新品のIGCを組み立て。

コイルだけの部品には配線クリップが無いんだね

サクサクっと組み立ててましたが

京都K様CB400仕上げ二日目純正新品IGC組み立て (2)IGCをフレームに取付るボルトも無いので

組み立てだけで終了です。

残りの不足部品の全容も見えて来たので

不足部品をザックリと調べると

キャブはO/H予定ですがその周りのゴム類などの部品と

エアークリーナ周辺部品、ゴム、金属ダクト関係、インレットネット

エアークリナーチャンバー他一式、ブリーザーチャンバー

電装品でレクチファイアー、電源ラインの配線類、ホーン、バッテリー

ハーネスクリップD、全ワイヤー類一式、フロントブレーキ関係部品一式

リアブレーキスイッチ、フロント圧力スイッチ、IGC取付ボルト

スピードユニットステー一式、クラッチケーブルガイド、速度パイロットランプ

ドライブチェーン、キックアーム、ステップ関係一式、シフトペダルゴム

タンクフロントクッションゴム、バッテリーバンド、左右ミラー

シートとタンク、サイドカバーやマフラーなどは打ち合わせ済みですが

マフラーはもう取付が出来るので、何時でも持って来て頂ければOKです。

後は細かいボルト類ですが、それぐらいは何も問題ありません。

キャブ以外この辺の部品が揃えば、1日もあれば完成します。

こちらで準備出来る部品も幾つかありますが、リプロ品も多く

絶版部品も多いので、純正新品てんこ盛り車両に使って良い物なのか…。

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン交換 (1)で、取り合えずテールライトユニットの

ベースパッキンをCB400国内398cc後期の

ベロ付きパッキンに交換して取付ます。

カラーも違う物が入っていたので交換です。

京都K様CB400仕上げ二日目後期用ゴムパッキン交換 (3)はい!これでテールライトユニットの

ベースパッキン交換が完了。

フレーム番号からも後期タイプのゴムで

マッチしていると思います。

京都K様CB400仕上げ二日目チェーンカバーボルト取付 (1)そこへタイミング良く発注していた

不足純正部品が入荷して来たので

チェーンカバー取付用ボルトを取付けて

チェーンカバーの取付が完了。

京都K様CB400仕上げ二日目チェーンカバーボルト取付 (4)後はピリオンステップピンが不在なので

取り付けが出来なかった位で

オーナーから送られてきた部品もかなり減り

残りは予備的な部品が入った箱1個と

京都K様CB400仕上げ二日目残りの部品達 (1)使う小さい箱1個とヘッドライト類一式が

入っているケースだけになりました。

この辺の部品は一番最後になる様な

部品だらけなので、今特に慌てては使いません。

京都K様CB400仕上げ二日目エンジンガード仮付け (1)以前オーナーとお話をしたWディスクの

ブレーキパイプのメッキはどうしようかなぁ…。

取り合えずエンジンガードを仮に取付ました。

ロアエンジンハンガーボルトが短いので

京都K様CB400仕上げ二日目作業終了210109 (1)他の純正ボルトを流用して取付。

フロントエンジンハンガーボルトは

付属のボルトで取り付けました。

クラッチレバーの部品もあったので取付

20号機フレーム組み立て再開準備210109後は部品が無いので

まぁ今日はここまでだな。

明後日からは20号機のフレームを

仕上げにでも取り掛かろうかなぁ。

明日は第二日曜日で定休日なのですが

ご来店のご予約があるので、午前中は出勤します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2) 部品 | レストア

2021年01月08日

一応本日より仕事始め3

昨日関西医大へ行き、今後の放射線照射についての
お話と、検査及びスケジュール
身体に起こる変化などについて詳しく打ち合わせをしてきました。
放射線照射開始予定日は2月2日から開始予定。
それまでの間に造影剤を入れてのCT撮影と
放射線照射する個所の型取りや歯科受診などがあります。
歯科受診は放射線を照射する事により
歯の付け根が溶けたりすると
歯の治療が出来なくなったりする事があるらしい。
後は放射線を照射する事による障害についての説明で
禿げるかも知れない事やw、味覚障害が起こる事
聞く所によれば、土や粘土を食べている感覚になるらしく
食事も離乳食見たいな物になるかも知れない…。
他は火傷や、唾液が出無くなる事でこれは全て
放射線照射が終われば日にち薬で90%近くは治るらしい。
一応仕事の事もあるので、朝一の計画での放射線照射を希望しておりますが
お店の開店時間が遅れる様になると思いますし
後半、体力的に辛くなれば入院する可能性もあります。
なので、今月中に美味しい物を食べて置こうと思った。


京都K様CB400レストア仕上げ作業1日目

放射線治療が始まる前にと思い、冬期休暇中に作業を進めていた

京都K様CB400スピード、タコメーター取付 (1)京都K様CB400の仕上げ作業に

今日から取り掛かります。

まずは一番目立つ所の純正新品スピードメーターと

タコメーターを取付ました。

京都K様CB400セルモーターOH (1)次にセルモーターを分解掃除して

カーボンブラシを交換するのですが

外側は割と綺麗な状態なので

洗浄だけでのO/Hをします。

京都K様CB400セルモーターOH (2)分解するとやはり、使用回数が少ない個体で

カーボンブラシの摩耗も少なく

このままでも使えるレベルでしたが

せっかくなので中も洗浄してブラシも交換します。

京都K様CB400セルモーターOH (3)これで取り合えずセルモーターの

分解掃除は完了したので

エンジンに取り付けて仕上げて仕舞います。

やっぱり良い状態のベースエンジンでしたね。

京都K様CB400L側仕上げ中 (1)で、L側の仕上げ作業に取り掛かるのですが

店中を探しても見つからないので

ACGカバーがまだ届いてないと思うのですが

取り合えず途中ですがここまでで一旦終了です。

京都K様CB400取り付け用部品チェック (1)次にオイルパンにメッキした

セパレーターを取り付けて

ボルトやガスケットの部品をチェック。

全部揃っているので、これは取付が出来ます。

京都K様CB400取り付け用部品チェック (2)L側の部品もチェック!ACGカバー以外は

全部あるので、これも取り合えずは

揃っていると言う事なので

外付け記憶媒体の画像をチェックした所

京都K様CB400取り付け用部品チェック (3)やっぱりこちらにはまだ届いて無いと思います。

次にオイルフィルターケースと

その周辺部品ですが、フィルターの

スプリングが不在なので

京都K様CB400取り付け用部品チェック (4)CPの在庫から出して組み付けます。

R側クラッチカバーとクラッチなどの部品

これは一式あったので組めるのですが

レリーズカバーが見当たらない?

京都K様CB400R側仕上げ中 (1)何処か一緒にあるはずだと思います。

で、サクサクっとクラッチを組み付けて

後は不足部品が少々と、行方不明部品を

探し出さないと!…。

京都K様CB400オイルパン、フィルターケース取付 (1)オイルパンとオイルフィルターケースも

取り付けが完了しました。

で、思い出したのがブローバイカバーは

見つかったのですが、塗装に出していた?

京都K様CB400取り付け用部品チェック (5)レリーズカバーとACGカバーは

いくら探しても無いし、初めから見て無いので

こちらにはまだ届いてないのかも?

と思っていたのですが…あ!っと思い

京都K様CB400取り付け用部品チェック (6)別の袋に入っていたカバー類を

忘れていた事を思い出したw

当時物ホンダロゴ入りキジマのカバー

でもやっぱりACGカバーは無いなぁ…。

京都K様CB400ブリーザーカバー仕上げ中 (1)まぁ取り合えずブリーザーカバーを

取り付けて、エンジンの仕上げは

8割方仕上がった感じになりました。

そこへタイミング良く発注していた

京都K様CB400ナンバーブラケット用カラー入荷取付 (1)絶版ナンバーブラケット用カラーの

リプロ品が入荷して来たので早速取付。

使うのは3個ですが、送料がもったいないので

4台分を注文しました。

京都K様CB400ナンバーブラケット用カラー入荷取付 (2)このリプロ品のカラーを

ナンバーブラケットの

ダンパーラバーに入れて

ボルトを締め付ければ

京都K様CB400ナンバーブラケット用カラー入荷取付 (3)これでナンバーブラケットは仕上がりました。

後はテールライトユニットゴムを

どうするかを決めて頂ければ

リア回りは仕上がります。

京都K様CB400仕上げ一日目終了210108 (1)取り合えず、今日取付が出来る物は

これで一応全部取付が完了したので

本日の京都K様のCB400レストア

ビルダー作業は、これにて終了です。

不足部品がまだかなりあるので

明日は残りの部品をチェックして組める物を探します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 治療 | 部品

2021年01月07日

午後から放射線科受診3

本当なら今日から仕事始めの予定でしたが
午後から放射線科を受診するので
仕事始めは明日からと言う事にしました。
まぁ実際は1月2日から仕事はしてるので
何時が仕事始めだったのかは分かりませんがw
放射線照射が僕の身体に対する影響が未知数なので
お受けしている仕事は、元気な内に済ませて置こうと思って
まぁ結果的にお正月も仕事をしていたと言う事になるんですけどね。
仕事をしている時は痛みも忘れて没頭出来るし
多分僕の免疫力を上げるのはCB400Fourを触っている時が
一番幸せで、楽しいんだと思います。
なので、元気を維持する為にも仕事をさて下さい!


京都K様CB400不足部品取り付けローリング

病院へ行く前に昨日入荷して来た部品を、取り付け作業を済ませます。

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (1)まずはフロント周りの仕上げ作業から

フロントブレーキ用スタッドボルトが

不足していたのでまずはこれを取り付けて

フロント周りを仕上げて仕舞い

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (2)タイヤホイールを取り付けて

ローリング出来る状態に仕上げて仕舞います。

作業用リフトに乗せて仕舞えば

作業効率も上がるし、PITもスペースが

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (3)確保出来るので、次の車両の入庫や

20号機の仕上げも進められますからね。

不足部品はオーナーにも都度報告してあり

供給されている部品には入っていないので

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (4)都度部品をチェックして

不足している部品を発注してますが

少しですが後から箱の下から出て来たり

別便で送られて来た箱に入っていたりもしますが

京都K様CB400フロントフォークスタッドボルト取付 (5)その部品も微々たる物なので

待っている方が時間が掛かる為

不足部品はこちらで手配をしています。

これでフロントフォーク関係部品の取付けが完了。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (1)次にフロントフェンダーの不足部品で

フェンダーブレス用純正ロックピースです。

これはパーツリストに部品番号が無いので

独自に純正部品を調べて見つけました。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (2)で、サクサクっとフロントフェンダーの

取り付けがやっと完了しました。

これで後はフロントタイヤホイールを

取り付ければローリング出来る状態になります。

京都K様CB400フロントフェンダータイヤホイール取付 (3)で、先日下拵えをしていた

フロントタイヤホイールを取付ます。

ブレーキ回りの細かい部品も不足していますが

取り合えずはこれでローリングが出来ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (1)その前にマフラーブラケット取付の

ボルトも入荷して来たので

ブラケットを取り付けて

メインスタンドストッパーも取付ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (2)これでメインスタンドを跳ね上げても

フレームに干渉する事も無くなり

安心してローリング出来る様になり

作業用リフトに搭載が出来ます。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (3)で、作業用リフトの上を片付けて

京都K様CB400を搭載!

ここから先は部品が揃ってさえいれば

掛かっても3日あれば完成するのですが…。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (4)取り合えず不足部品のボルト類を取付て

部品点数を減らします。

シートロック取付ボルト

これでシートロックも取付が完了。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (5)次にインジケーター取付ビス。

キースイッチの芯にセットして

インジケーターの取付が完了です。

これでメーター類も取付が出来るかな?

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (6)仮止めしていたレギュレーターも

ワッシャーが入荷して来たので

これで固定が完了し、後は電源ラインの

ハーネスが届けば、電装関係は終わりです。

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (7)絶版のナンバーブラケット用のカラーですが

只今手配中ですが、明日には入荷して来ると

思いますので、入荷次第取り付けます。

テールライトユニットのワッシャーも

京都K様CB400不足部品取り付け取付 (8)取付たのですが、ベースパッキンは

貴重な398前期物、408タイプが付いており

取付のカラーとの互換性が無いので

隙間がありブラブラになってます。

これもまた相談する事になると思います。


CP20号機CB400F国内408エンジン

多分クランクのダイナミックバランスは早く出来上がると思うのですが

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (1)キャブ用の部品も作ってもらうので

仕上がって届くのは、ちょっと遅れるかな?

取り合えずクランクメタルが入荷したので

アッパーケースとロアケースに取り付けて

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (2)何時でも腰下が組み立て出来る様にと

スタンバイは完了しました。

後はミッションベアリングなどの交換と

ギアー類のチェックを済ませれば

CP20号機国内408ccクランクメタルセット (3)腰下の下拵えが完了します。

コンロッドも新品のメタルベアリングを

セットしたので、クランクさえ戻って来れば

何時でもエンジンは仕上がる様になってます。

さてソロソロ病院へ行く時間なので、今日はここまでです。

peke_cb400f at 12:30|PermalinkComments(2) 部品 | レストア

2021年01月06日

明日の営業について3

【明日の営業についてのお知らせ】
本来なら明日が仕事始めの予定でしたが
明日は関西医大にて放射線科受診の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


1号機バッテリーメンテナンス

明日からまた寒波がやって来るそうで、中々バイクに乗る機会が少なく

2021年1号機バッテリーメンテナンス (1)気温が上がるまでは乗らないと思うので

またバッテリーが上がってしまいそうです。

なので、乗らない間は充電器を

接続して置こうと思い、車から充電器を下し

2021年1号機バッテリーメンテナンス (2)1号機に接続して放置して置く事にしました。

予防的放射線照射が始まると

66Gyの放射線を照射する事から

味覚障害と、何より火傷でヘルメットが

被れなくなるかも知れないので、暫くバイクに乗るのは

お預けになるかも知れないなぁ…。


駐車禁止除外指定車証期限切れ

てっきり今年の4月に期限が切れて、更新をするつもりだったのですが

駐車禁止除外指定車期限切れ更新 (1)実は去年の4月に期限が切れていた事が判明した

駐車禁止除外指定車証の更新に

今日、枚方警察へ行ってきました。

平成から令和に年号が切り替わって

駐車禁止除外指定車期限切れ更新 (2)すっかりと勘違いをしており

知らずにこのまま使っていたら

無駄に反則金を取られる所でしたが

無事に更新も終わったので

これでまた使える様になりました。


初荷ホンダ純正部品達入荷

今日は定休日ですが、諸々の純正部品達が本日初荷で入荷するので出勤。

20号機CB400F用メタルベアリング入荷210106まずはCB400F国内408cc用

クランク、コンロッドメタルが入荷。

早ければ今月中にはエンジンが

仕上がると思います。

CB400F408ccタイプ用ホーン用ダンパー類入荷210106CB400F408ccタイプ用ホーンステー用

ダンパーラバーとカラーも入荷。

拘りの408用手裏剣カバーも

ボチボチとお買い上げ頂いております。

モンキーZ50J用不足部品入荷210106モンキーZ50J用の不足部品も一部入荷。

これで今月中には形になると思いますが

フロントフェンダーにちょっとした

手違いがあり、完成は遅れる感じです。

京都K様CB400用不足部品諸々入荷210106京都K様CB400用不足部品類も入荷。

この部品全てが京都K様用では無いのですが

これでフロント周りが組めるので

ローリング状態に出来る様に仕上げられます。


peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0) 治療 | 部品

2021年01月05日

まだ冬期休暇中、身体慣らし作業3

今朝は昨日と比べるとかなり寒い朝だった。
こんな事なら暖かだった昨日
少しでもバイクに乗って走って来れば良かったと思った。
1号機のバッテリーが上がって無いかと思い
家に帰ってエンジンを掛けてみたけど
バッテリーは上がってはいなかったのですが
今度いつ乗るのか分からないので
念の為充電器を接続して置く事にしました。
春はまだ先だなぁ…


京都K様CB400レストア車組み立て

もう組み立てを開始してから何日が経過しているのかも忘れたな。

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (1)今日まずは昨日持ち込まれた当時物の

セブンスターキャストのブラストと

組み立て作業から取り掛かる事にします。

まずはブラストからですが

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (2)リアと同じく、オリジナル塗装を残して

リムなどをブラストで仕上げ

時間は掛かりましたがフロント側も

割と塗装は綺麗に残りました。

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (3)で、リテーナー部分をリタップ掃除。

カラー類も錆を取って錆止め代わりの

グリスを塗って、ベアリングにも

追加でグリスを入れて

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (4)これでベアリングを手入れした

キャストホイールに組み込みます。

サクサクっとフロント側が完成。

少し傷があったり、塗装が剥がれた部分は

京都K様CB400用セブンスターキャストリメイク (5)タッチアップして仕上げました。

同じくリアホールもベアリングを打ち込み

セブンスターホイールのリメイクが完成。

今、本物のセブンスターも結構なお値段だし

京都K様CB400用スピードメーターギアー組み立て (1)BEET初期キャストもとんでもない値段に

跳ね上がっているのを見てビックリです。

次に今レストア中車両用の

スピードメーターギアーを組み立てます。

京都K様CB400用スピードメーターギアー組み立て (2)これもサクサクっと組み立てが完了。

これでフロントホイールの準備が出来ます。

立ち上げに必要なボルトが数本

不足しているのですが、もうここまで来たら

京都K様CB400立ち上げ準備210105 (1)少々強引ですが立ち上げ準備に

取り掛かろうと思い、メインスタンドと

サイドスタンドを取り付けました。

もうスイングアームも取り付けようと思い

京都K様CB400スイングアーム取り付け (2)カラーを手入れして、取付準備に取り掛かります。

まずチェーンカバーにリアサス干渉用の

純正クッションゴムを取り付けて

チェーンカバーとリアサスの防振対策。

京都K様CB400スイングアーム取り付け (3)これを付けて無いとノイズも出るし

何より稀少な減衰付きアルミボディの

コニーリアサスに傷が入るからねぇ。

まぁ強引ですが今日中に立たせるので

京都K様CB400フロントホイール下拵え (1)先に取り付けが出来る物を取付ました。

次にフロントタイヤホイールですが

セブンスターキャストじゃなく

タカサゴのHリムを取り合えずですが

京都K様CB400フロントホイール下拵え (2)仮に取付る事になっているので

タイヤホイール取付の準備なのですが

ディスク裏が塗装されているので

まずはこれを剥がす所から…。

京都K様CB400フロントホイール下拵え (3)これでWディスク用フロントタイヤホイールの

組み立てが完了し、取付準備が整いましたが

フロント周りは不足部品が多いので

フロントタイヤホイールを取り付けるのは

京都K様CB400リアホイール下拵え (1)不足部品が入荷してからになります。

次にリアブレーキドラムを組み立てて

リアタイヤホイールの準備を整えて

取り付け準備をします。

京都K様CB400リアホイール下拵え (3)サクサクっとブレーキドラムを組み立てて

リアタイヤホイールにリメイクされた

純正ドリブンスプロケットを取付て

ブレーキドラムパネルもセットが完了です。

京都K様CB400エンジン搭載 (1)で、フレームを強制的に立ち上げて

リアタイヤホイールを取付ました。

フロントは取り合えず雰囲気だけでもと思い

転がして入れてみましたw

京都K様CB400エンジン搭載 (2)じゃぁここまで出来たんだからと言う事で

フレームの塗装がメラミンなので

しっかりと養生をして

エンジン搭載準備が整いました。

京都K様CB400エンジン搭載 (3)で!何時もの様に

はい

どーん!

エンジン搭載完了!

京都K様CB400エンジン搭載 (4)エンジンマウントボルトを仮に取り付け。

エンジンガードは邪魔なので最後に取付けます。

これで一応ですが京都K様CB400国内398ccが

産まれ立ての子鹿の様に立ち上がりました。

この先は部品が入荷してからかなぁ…エンジンは組めるけど

出来れば先にローリング状態にしたいからねぇ。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2021年01月04日

今日も時間潰し3

昨晩は甥とゲーム三昧でしたが
双六や人生ゲーム的な桃鉄令和版をやって遊んでいましたが
小学校二年生の甥に桃鉄は中々過酷なゲームで
仲良くゲームで遊びたいとか、億単位のお金を稼ぐと言う
次元は中々理解出来ない様で、ゲームを始める前に
拗ねたり、泣いたり、怒ったりしない事を約束したけど
案の定、拗ねて泣いてゲームを放棄したw
仕方が無いので、甥の得意なゲームで対戦するんだけど
僕に操作方法や何をするかを全く教えてくれないと言う
姑息な手段に出てきやがった!
まぁそれでも機嫌良く遊んで、泊まって行ったので良かった。
孫ともこうやって遊べる日が来る事が楽しみだわ。


CB400F国内408cc20号機腰下組み立て準備

昨日クランクの測定を済ませて、メタルベアリングを発注し

CB400F20号機用エンジン腰下下拵え210104 (1)今日は腰下の組み立て下拵え。

ロアケースに部品を入れて組み込み。

これで後はクランクメタルをセットするだけ。

次にアッパーケースの下拵え。

CB400F20号機用エンジン腰下下拵え210104 (2)アッパーケースも具をポイポイっと

放り込んで下拵え。

クランクメタルベアリングは入荷次第

ミッション関係はまた次の時にでも

手入れをする事にして、これで後はクランクのダイナミックバランスが

終わって戻って来れば、腰下の組み立てが出来ます。


京都K様CB400不足部品入荷

セブンスターのリアホイールが割と上手く仕上がったので

京都K様CB400用セブンスターキャストフロント側 (1)フロント側も同じくブラスト仕上げと

ベアリングなどの組み込みもご依頼を頂き

本日持ち込んで頂きました。

オリジナルの風合いを残す事になり

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (1)あえてバフ掛けはやらない方向です。

不足していた部品も一部届いたので

早速組める物を選んで部品チェック!

若干部品が足りないのでスイングアームや

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (2)センタースタンドはまだ取付が出来ません。

リアブレーキロッドとピポットシャフトを

接続して取付準備が整いました。

ロアエンジンハンガーボルトも入荷です。

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (3)フロント周り、クラッチスイッチと

フロントフォークとステムを

締め付けるM8ボルトも入荷して来たので

取り付けてフロントフォークの固定が完了。

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (4)エアークリーナーボックスに

エアーダクトを取り付けて

サイドカバーブラケットも取付て

前後ウインカーも取り付けたので

京都K様CB400用不足純正部品入荷210104 (5)メインハーネスを這わせて

ハンドルスイッチの配線を接続し

その他の電装部品も取り付けて接続。

まだ不足部品があるので仮止め個所もありますが

取り付けて行き部品点数を減らして行く事が目的で

最終的に何が無いのかが分かればKOです。

peke_cb400f at 16:00|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2021年01月03日

今日は甥とゲーム三昧3

今日は今年小学校三年生になる甥と
ニンテンドースイッチで対戦ゲームをする事になったので
何としてでも勝って、泣かしてやろうと考えてます。
実は昨晩も遅くまで二人でゲームをしていたのですが
ピクミンの対戦ゲームでぼろ勝ちしてやったら
最後は卑怯な手を使ってきたので
今日桃鉄を買ってきて、キングボンビーで虐めてやろうと思い
お泊りで遊びに来る事になっていますw
楽しみだわww


京都K様CB400電装部品取り付け

本当なら今日は電装部品の不足分をチェックしながら

京都K様CB400電装部品取り付け200103 (1)部品を取り付けて行く予定だったのですが

甥とゲームで対決する約束をしたので

ハンドル周りの部品を組み付けるだけに

する事にして、他の部品チェックはまた後日。

京都K様CB400電装部品取り付け200103 (2)イグニッションキースイッチを

取り付けてるのですが、ボルトが無いので

在庫を出して取付が完了です。

次に仮付けしてある純正ハンドルに

京都K様CB400電装部品取り付け200103 (3)ハンドルスイッチの配線を通して

今度はしっかりと取り付けましたが

ステッカー類をどうするのかを聞いて無いので

これもまたオーナーと打ち合わせをする事に。

インジケーターも取付ましたが、ビスが無いので乗せているだけです。

多分取付ビスやボルト関係はかなり足りないと思います。


20号機エンジン組み立て

クランクを測定する事とダイナミックバランスに出していないので

CB400F20号機クランクメタル測定210103 (1)測定を済ませてから部品を発注し

ダイナミックバランスに出すので

メタル測定を済ませてしまいます。

本当は腰下の下拵えもしようと思っていたけど

CB400F20号機クランクメタル測定210103 (2)まぁ今日は甥と遊ぶ事約束があるのでw

サクサクっと測定を済ませて

メタルを発注して、クランクは

ダイナミックバランスへ送る準備を済ませました。


14号機RC風フロントフェンダー用Wディスクフロントフォーク

RC風フロントフェンダーの試作ですが

CB40014号機RCフェンダー用Wディスクフロントフォーク (1)現在塗装の段階で足踏み状態。

でも塗装が仕上がって来たら

何時でも取付が出来る様にと思い

Wディスク用フロントフォークを組み立てて

CB40014号機RCフェンダー用Wディスクフロントフォーク (2)取り付ける準備を整えます。

サクサクっと組み立てが完了しましたが

今使っているフォークスプリングがWPなので

フェンダーが出来上がってから

CB40014号機RCフェンダー用Wディスクフロントフォーク (3)交換する事になるので、それまでの間は

取り付けはお預けになります。

フェンダーが出来上がり次第

Wディスクに仕様を変更して

今年開催されるかも知れない、バイクイベントに持って行く事にします。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0) 電装品 | エンジン

2021年01月02日

暇なので仕事始め3

本当なら今日は母親の誕生日なので
毎年兄弟が集まってのお食事会をするのですが
このコロナ禍の中での今年は中止しました。
今年は例年とは違いお酒も甘酒程度でまだ飲んでいませんw
で、このままだと堕落するだけなので
何かをしようと思って今日からお店に出てますが
特に何もする事が無いわw
7日から通常営業予定で、ご来店のご予約を頂いておりますが
午後から関西医大の放射線科を受診する事をすっかり忘れていたので
ご来店予定の方に連絡を取って時間帯を調整する事にします。


当時物CB400F用セブンスターキャスト

京都K様からのご依頼で、本物の当時物セブンスターキャストの

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (1)スプロケハブダンパー交換のご依頼。

オリジナルペイントを残して

ブラストもご依頼なのですが

年月も経過しており、ホイールの腐食や

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (2)塗料の密着具合にもよるのですが

オリジナルペイントを残すのは

かなり厳しい課題になりそうです。

取り合えずダンパー部分に

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (3)ラスペネを入れ内部に滲みこませ

抜け易い様にします。

塗装部分以外の地肌は全体的に

年月を感じさせられる具合に仕上がっています。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (4)まぁ取り合えずスプロケダンパーを抜くのですが

アウターカラーは緩んでいるけど

ダンパーゴムが完全に朽ちており

インナーカラーとゴムだけが

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (5)何時も通り抜けました。

こうなれば破壊しか手段が無いので

ホイールに傷を付けない様に

ネチネチと破壊して行き取り除きます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (6)後はブラストでオリジナル塗装を

残す方向で、これもまたネチネチと

ブラストを当てて行きました。

塗装が浮いている所は多少剥がれましたが

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (7)それでも割とオリジナル塗装は

残せた方だと思います。

で、まずはベアリングリテーナー部分を

リタップ掃除をして仕上げます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (8)次に今回のメインの依頼である

スプロケハブダンパーを挿入!

毎回同じ事を書きますが

これで乗り心地は全然変わってきます。

京都K様CB400F用当時物セブンスタースプロケダンパー交換 (9)で、スプロケハブダンパーの交換が完了!

お正月で身体が鈍るので今年の仕事始め

はこんな感じで軽くスタートしました。

明日は何をしようかなぁ。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2) レストア | 部品

2021年01月01日

謹賀新年5

謹賀新年

2021年 令和3年元日

本年も宜しくお願い致します。

令和3年元日




peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(2) Custom Paranoia