2020年08月

2020年08月31日

アルミとステンレス異種合金腐食3

今日はちょっとした豆知識として
異種金属による電解水の影響による電食について
知ってもらおうと思います。
ここで言う異種金属はアルミとステンレスで
電解水を仮に雨水だとすれば
イオン化傾向により異種金属接触腐食が起こります。
つまりこれを電位差による電食と言います。
古いアルミ合金エンジンにステンレス製のボルトを
ドレスアップ的に使う方も多いと思いますが
電位差により腐食が進み、結果的にねじ山が上がる事になります。
「雨の日には乗らないから大丈夫!」と思う方もいると思いますが
そこで盲点なのは日本は高温多湿な気候なので
空気中に電解水の元となる水分が多いので
一概に雨とは限らないのです。
仮に9種類の金属があるとすれば、自然電位が一番低い物が
金、ゴールドで次にステンレスでアルミニュウムは
7番目に自然電位が高い順番になっているので
2番目と7番目の組み合わせと言う相性になります。
で、自然電位差でアルミニュウムの前後には亜鉛と鉄があり
これはエンジンに使われている純正ボルトなどでは
理に適っている事になります。
もっと簡単に言えば、理科の実験でカットレモンに
1円玉と10円玉を差し込めば発電する原理で
その発電に伴い1円玉が侵食されると言う事で
電位差の大きい異種金属と電解水と言う条件が揃えば
何でも腐食すると言う事になります。
まぁカスタムは個性であって、個人の自由ですが
古いエンジンには優しい部品を使った方が良いと言うお話です。


高知O号エンジン分解

早速今日、昨日入庫してきた高知O号のエンジン分解作業に取り掛かります。

高知O号エンジン分解 (1)で、最初に目に入ったのが

ボディーアース取付部分が緩んでいる?

締まっていない事ですが

これがイグニッション接触不良の

高知O号エンジン分解 (2)原因では無いとは思いますが…。

オーナーからも言われていたのが

クラッチケーブルガイドの取付位置。

簡易的な物が付いていますが

高知O号エンジン分解 (3)リプロ品に交換しておきます。

行方不明だったUBSボルトは

昨日のM6×35の部分とM6×40の所に

使われていたのを発見しましたw

高知O号エンジン分解 (4)バッテリーを取り外すと

エアークリーナーボックスの

ダンパーラバーが朽ちていました。

ここも安全の為交換した方が良いでしょう。

高知O号エンジン分解 (5)クラッチカバーを開けると

これも定番のやっつけ仕事で

ロックナットがマイナスドライバーなどで

叩きまくられていました。

高知O号エンジン分解 (6)クラッチを取り外すと手が真っ黒に…。

オイル管理が悪かったようで

スラッジも結構多いエンジンでした。

まぁO/Hのタイミング的には良かったかな。

高知O号エンジン分解 (7)フロントエンジンハンガー取付ボルト

入れる方向が逆ですね。

これも組み立てる時には

正規の方向に直しておきます。

高知O号エンジン分解 (8)ヘッドカバーを外しカムを取り外すと

カムチェーンガイド部分に

激しいダメージがあり、多少修正もしてあるので

腰上は一度開けられている感じです。

高知O号エンジン分解 (9)なのでヘッドはちょっと問題ありです。

で、サクッとヘッドを取り外すと

使うはずの無いM5のスプリングワッシャーが

コロコロっと転がって落ちてきましたw

高知O号エンジン分解 (10)やはり腰上は一度開けられており

定番のヘッドガスケットの向きが

間違って取り付けられていました。

しかも液ガスをたっぷりと塗られてました。

高知O号エンジン分解 (11)ピストンはオーナーが言っていた通り

ホンダ純正408タイプのピストンが

使われていましたが、サイズは分からないので

後で測定をしてみる事にします。

高知O号エンジン分解 (12)これで腰上の分解が終わり

軽くなったので

エンジンを下す準備が整いました。

で!

高知O号エンジン分解 (13)何時もの

はい!

どーん!!

腰下が下りました。

高知O号エンジン分解 (14)で、ここからもサクサクっと

腰下を分解して行くのですが

M8×60のボルトが締まってないと思ったら

錆から見ても分かるように折れてましたわ…。

高知O号エンジン分解 (15)プッシュバーセッティングボルトも

ヘリサート毎すっぽ抜けなので

クランクケースは両方とも

内燃機屋さん送りとなります。

高知O号エンジン分解 (16)他の腰下のボルトは無事に全部抜けたので

パッカーンとケースを割りました。

どうやら腰下は未開封のようです。

今の所臓物関係のダメージは

高知O号エンジン分解 (17)ポジティブストッパーとプッシュバー

テンショナーアーム位にダメージがある程度で

ミッション関係でカウンターシャフトの

1stギアーブッシュの摩耗がある位で

2ndギアーの焼き付きは無さそうで、後は消耗品は全部交換となるので

これで測定をしてからお見積りを作る事になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2020年08月30日

ウエスト−20cm3

息子の新居が完成し、9月末に引っ越しをするらしいのだが
残念な事に息子は10月から姫路の脳外科専門病院へ
転勤になる事が決まり、単身赴任になるらしい…。
まぁ息子にしてみれば姫路で遊びまわれる事になるのだが
嫁にバレないようにしないと面倒な事になるかならなぁw
道は違えど、親子で同じ轍を踏む事になるわ…。
と、そんな話を嫁にしたら「どの口が言うとんねん!」と言われ
返す言葉が思い浮かばなかったわ…。


顧問業務用スーツ新調

9月から再開される顧問業務の為に新しくスーツを新調しに

顧問業務用スーツ新調 (1)昨日はお店を少し早仕舞いして

青山へ行ってきました。

2018年のデーターが残っていたのですが

現在のウエストは当時のデータから

顧問業務用スーツ新調 (3)−20cmだったのには驚きだったw

そりゃぁパンツもずり落ちてくるわと思った。

スーツと裾直しとシャツなどで合計5万円

まぁ昔程高くは無いにしろ

痩せるのにもお金が掛かると言う事が良く分かると思いますw


高知U号エンジンケース仕上げ

昨日ロアケースのフィン欠けとヘッドのEXスタッドねじ山修正が終わり

高知U号エンジンリタップ掃除 (1)ブラスト仕上げまで完了したので

ねじ山のリタップ掃除を済ませます。

ヘッドは熱が入ったのでバルブガイドの

Oリングを交換した後で再歪測定をします。

高知U号エンジンリタップ掃除 (2)ロアのクランクケースも

リタップ掃除が終わったので

ダイナミックバランスが終わったクランクの

メタル測定をボチボチ始めようと思います。


高知O様ご来店入庫

以前からご相談を頂いていた高知県のO様が

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (1)本日、車両持ち込みで来店下さいました。

作業内容はお電話である程度打ち合わせを

済ませていましたが、現車を見ながら

改めて打ち合わせもしました。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (2)で、少しだけダメ出しもついでに…。

キジマのメッキメーターカバーの

取付リングの入れ方が間違っているので

これはついでに修正しておきます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (3)次の問題はキースイッチを回しても

イグニッションがONしない件で

たまに何かの拍子にイグニッションが

ONするらしいので、余計に原因が掴みにくい。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (4)リアブレーキのリターンスプリング

スプリングを引っかける取り付け位置が

全然違う所に取り付けられており

スプリングが伸び切っているので交換ですね。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (5)よくある間違いのアクスルシャフト

入れる方向が逆なので

これもホイール交換のついでに

正規の方向に直して入れます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (6)ACGカバーが曲がっていたらしく

コイルが焼き付いてしまったらしい…。

ACGカバーも良い物が少なくなってきたので

ここはリプロ品を使う事になりそうです。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (7)キースイッチのカバー部分が割れており

カプラーの爪が不在だったので

ひょっとしてイグニッションがONしないのは

ここが原因かと思ったのですが

結果は違ったのですが、ロックが出来ないのでカバーは交換になるのですが

全体的にビニールテープが巻かれて居る所がとても怪しい雰囲気が

漂って来る気配を感じます…。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (8)しかもメインハーネスの取り回しで

ステムにDクランプが取付いていない事から

最悪はメインハーネスの断線も考えましたが

この時、ここが原因では無い感じだと思ったので

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (9)リプロのDクランプを取り付ける事にします。

ホイールは信頼のハヤシキャストもお持ちで

同時に持ち込まれてきたので

セブンスターからハヤシキャストに交換します。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (11)で、まずエンジンの問題としては

カムチェーンテンショナーセッティングボルトが

M8に拡大されており、これを修正するついでに

エンジンフルO/Hをやってしまいます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (12)ヘッドカバーの安定の定番間違いは

M6×35のボルトが入る所に

UBSボルトが使われている事や

エンジンがボルト毎丸塗りされているので

ボルト類は全て再メッキをして使う事になると思います。

高知O号電装系チェック (1)で、不具合原因調査に一番時間が掛かりそうな

イグニッションがONしない件を調査。

セオリー通りバッテリーからチェックし

ヒューズボックスを開けてみると

高知O号電装系チェック (2)見た事が無いダイオード付きのヒューズボックスで

一か所抜けていたので差し込んでチェックするも

特に変化も無く、念の為ヒューズ切れが無いかも

チェックしたのですが、問題は無い。

高知O号電装系チェック (3)あちらこちらと電圧をチェックしていると

いつの間にかイグニッションが

ONし出したので、これで原因調査の範囲が

かなり絞れると思いチェックした所

高知O号電装系チェック (6)キーONでインジケーターの点灯が

ボヤーっと点灯するので、これは取付いている

ヒューズにダイオードが入っているので

ダイオードの不具合が原因の可能性が高くなった!

高知O号電装系チェック (7)で、ウオタニ対応の20Aヒューズ

サーキットプロテクションに交換したら

やはり原因はダイオード付きのヒューズが

原因かも知れない所まで辿り着き

暫くはこのまま様子を見る事にしたのですが

更によくよく調べると、残念な所まで原因が絞れました…。


イグニッション不具合原因

まぁもう少し原因ヵ所を絞ってみます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2020年08月29日

デブ好き嫁の罠3

今朝の事…、いつも通り体重計に乗り体重測定。
結果、1キロ増だったので、ヤバいなぁと思いながら
リビングに戻って痛み止めを飲んでいると嫁が
嫁「パン食べる?」と聞くので、P「いや…やめとくわ」と言うと
嫁「体重増えたんか?」と言うので、P「増えたわ」
嫁「最近調子に乗っ取るからなぁ」P「…」
嫁「このパン美味しいねんでw」と言うので、P「じゃぁ食べる」
嫁「やめとき!」P「じゃぁ何でそんな事言うねん!食うわ!」
と言う事で、体重が増えたので朝食抜きにしようと思ったのに
結果、嫁の思うつぼに騙された気分で美味しいパンを頂きました。


高知U号用エンジン溶接仕上げ

昨日から取り掛かっている高知U号エンジンの溶接作業ですが

高知U号エンジン溶接作業仕上げ (1)外で削り仕上げをしているのですが

昨日は溶接後の削り仕上げ中に

ゲリラ的な雨が降り出したのでいったん中止して

今日は朝から仕上げ作業に取り掛かってますが

高知U号エンジン溶接作業仕上げ (3)弟からのダメ出しが多く

何度もやり直しをさせられています。

シリンダーヘッドのスタッド穴の修正は

#1の外側はタップまで完了しました。

高知U号エンジン溶接作業仕上げ (4)ロアケースはやっと合格点をもらえたので

ブラストで仕上げて完成です。

後はリタップ掃除を終わらせれば

ロアケースの下拵えは完了となります。

200829のゲリラ豪雨で、また恒例の夕立?ゲリラ豪雨?

まぁ何とか削り作業が終わった後なので

良かったかな!今からブラストと

リタップ掃除を終わらせます。


CP1号レーサー改め24号機組み立て準備

分解したまま放置されていたCP1号レーサーの部品が邪魔なので

CP1号レーサー改め24号機スポークホイール仕上げ (1)仕様を変更して、街乗り仕様にする為に

ボチボチと時間を見つけては

部品を組み立てて準備をして行きます。

ホイールはNC36ハブ流用の

CP1号レーサー改め24号機スポークホイール仕上げ (2)17インチスポークにチェンジするので

元々互換性がある仕様を考えて作ったレーサーの

ブレーキディスクとアクスルシャフトを

フロントスポークホイールに組み替えました。

CP1号レーサー改め24号機スポークホイール仕上げ (3)リアホイールも同じく互換性がある

組み合わせなので、ディスクを付け替えれば

後はスプロケハブを加工するだけで

ポン付けになる仕様になってます。

CP1号レーサー改め24号機スポークホイール仕上げ (4)リアブレーキのキャリパーサポートも

早くから準備はしていたので

やっと出番がやって来たという感じで

リアスポークホイールにセットしました。

CP1号レーサー改め24号機スポークホイール仕上げ (5)そこへタイミング良く注文していた

タイヤチューブが入荷して来たので

早速タイヤも入れ替えまで完了しました。

これでフレーム側の部品が入荷してきたら

CP1号レーサー改め24号機スポークホイール仕上げ (6)前後タイヤホイールを取り付けて

ローリング出来る状態まで

仕上げる事が出来る様になりました。

ホンダの車種って組み合わせを変えると

色々と流用が出来るので、とても便利ですが

ここまでたどり着くまでは、色んな部品を試してきた結果だと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 修理

2020年08月28日

CP1号レーサー公道復帰への道3

明日は弟に店番を任せ、来月から再開する
顧問業務用スーツを作りに行ってきます。
不在の時間は未定ですが、太るのも痩せるにも
お金が掛かると言う事を学習しました。


元CP1号レーサー公道復帰への道

自分用のノーマルの国内408を作ろうか

CP1号レーサー公道復帰への道200828 (1)それともレーサーマシーンを

公道復帰させようかと悩んだ挙句

後者のレーサーマシーンを

公道復帰させる方を選択しました。

CP1号レーサー公道復帰への道200828 (3)と言うのも、レースを辞めた時に

公道復帰させる計画も元々あって

その為の部品も用意していた事もあります。

国内408も所有したいので

CP1号レーサー公道復帰への道200828 (4)レアな部品を保管していたのですが

Z1000Mk兇鯒磴辰浸に思ったのが

そんなに台数を所有していても

結果乗れないと思った事もあるので

CP1号レーサー公道復帰への道200828 (5)結構悩んでいたのです。

ホイールはレースで使っていたCBR250RRから

NC36流用17インチスポークホイール仕様

エンジン:CB350Fベース510ccにFCR28

フロントフォークはCB750F改のバケヨン仕様に仕上げるつもりですが

忙しいので、時間が空いた時にでもボチボチと仕上げる事にします。


高知U号エンジンフィン修正

もうソロソロエンジンカバー類の塗装が仕上がって来る予定なので

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (1)ご依頼されている欠けている

エンジンフィンの修正と

シリンダーヘッドEXスタッドボルトの

ねじ穴修正をやってしまいます。

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (2)まずはロアケースのフィン欠けを

溶接で肉盛りして、大体の形を作ります。

この後余分な溶接部分を削り取り

フィンの形を形成して行きます。

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (3)シリンダーヘッドも横の部分のフィンが

削れて荒れているので、ここも溶接して

肉盛りをしてから同じく形成して

仕上げて行きます。

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (4)またこのヘッドのEXスタッドボルト部は

M8に拡大されていたり、ねじ穴の角度も

悪いので穴を埋めて修正をします。

#3EX内側スタッド部M8に拡大。

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (5)同じく#1EX外側は穴位置と

角度がかなりズレているので

周りを削り取り溶接で穴を埋めて

新しくスタッドボルト用の穴を開けて

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (6)タップを立て直します。

サクサクっと#3の穴埋めが完了。

溶接はそんなに手間では無いのですが

仕上げなどがかなり手間が掛かります。

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (7)#1も同じく穴埋めが完了。

これで治具を使って新しいEXスタッド用の

穴を開け直して仕上げます。

で最後はもう一度ブラストで綺麗に仕上げです。

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (8)取り合えずヘッドのフィンは修正が完了。

後はブラストで全体を馴染ませれば

言われないと分からないぐらいになります。

EXスタッドボルト部分は

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (9)高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (10)







下穴を開けれる様に溶接部分を平らに慣らして

高知U号エンジンフィンとEXスタッドボルト修正 (11)治具を使ってスタッドの穴を開け直します。

ロアケースも荒仕上げ途中ですが

ここからは細かな形成をやって行き

フィンを再構築してからブラストで仕上げます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) レーサー | 部品

2020年08月27日

体脂肪率1/43

ダイエット停滞期の真っ最中で
最近ではパンツもずり落ちてきて困っていますw
体重が88キロ〜89キロを前後している日が続いているのですが
ダイエット開始前の体脂肪率は体重の1/3だった物が
やっと体脂肪率が1/4まで減りました。
なので、脂肪が減った分筋肉が付いてきたと言う事になるのかなぁ。
余ったお腹の皮を見ると、何とも言えない気分になります。
目標はあと10キロ、いやもっと痩せてやるぞ!


男は黙って六四分け

昨日の定休日はいつもの理髪店へ行き

男は黙って六四分け200826何時もの六四分けに仕上げてもらいました。

来月には顧問業務も再開予定なので

スーツも作りに行かないと…

新しいパンツも買ってもらおうと思います。


姫号バッテリー死亡

不動車コーナーの車両の月例定期メンテナンスをやっていたのですが

姫号バッテリー死亡姫号のサルフェーション充電が終わらないので

通常モードの2Aで充電したのですが

残念な事に姫号のバッテリーは

どうやら死亡したらしい…

まぁ不動車なので仕方ないけどね…。

また動かす時に新しいバッテリーと交換します。


21号機下拵えの続き

今日エンジンの不足部品が入荷してくる予定なので

21号機用キャブレターブラスト先にキャブレターの掃除を終わらせ

トップキャップとフォロートチャンバーを

ウエットブラストで仕上げました。

これでインナーパーツを組み付けて仕上げます。

21号機用キャブレター組み立て (1)新品のSJやフロートバルブなどを

組み込んでインナーパーツの組み込みが完了。

油面調整まで完了しました。

これでブラスト仕上げをした

21号機用キャブレター組み立て (2)フロートチャンバーとトップキャップを

取り付け、ホース類も新品に交換。

後はエンジン火入れまの日まで

暫く放置となります。

21号機用キャブレター組み立て (3)まぁフルO/Hやフルリビルドと言うまでは

行きませんが、ベースキャブの状態が

中々良いので、これで火入れをやって

調子を見てみる事にします。

21号機用エンジン腰下組み立て (1)、やっとエンジンの不足部品が

入荷して来たので、早速組み立て開始の

何時もの記念撮影!

まぁ、エンジンの具材に少し錆もあったので

21号機用エンジン腰下組み立て (2)臓物全てを分解して錆取りをしているので

手間としては1.5倍は余計に掛かっていますが

それ以外は状態が良いエンジンなので

しっかりと手を入れて仕上げました。

21号機用エンジン腰下組み立て (3)シフト関係の具材もセット。

ここも摩耗が少ないので

中々良い部品達が勢揃いですね。

シフトチェンジの動作も確認してから

21号機用エンジン腰下組み立て (4)ピストンをコンロッドに接続。

今回シリンダーの摩耗は無かったのですが

長期放置状態だったのでやむなく

ピストンは0.5OSピストンにボーリングしました。

21号機用エンジン腰下組み立て (5)で、シリンダーも挿入して

後はシリンダーヘッドが内燃機加工から

戻って来るのを待つだけとなった21号機エンジン

これにて腰下の組み立てが完了しました。

21号機用エンジン腰下組み立て (6)ヘッドガスケットは勿論!

只今人気上昇中のCP製

ブロンズメタルガスケットを使用します。

と言う事で今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2020年08月25日

バッテリー破裂3

一昨日のゲリラ豪雨からなのか
少し朝晩の気温が低くなった気がして
そろそろ秋の臭いもしてきたかなぁって感じです。
最近は姫もコロナの影響なのか
ツーリングに連れて行けと連絡が来ないのですが
不動車コーナーに上がっている姫号は
何時でも走れるようにとメンテナンスは行っているのですが
バッテリーメンテナンスでサルフェーションが終わらないので
そろそろバッテリーがヤバい感じになって来てます。
まぁ一度走ってみてヤバそうだったら交換した方が良いかもねぇ。


CP1号レーサー街乗り仕様変更計画

分解したレーサーを公道復帰させようと思い

バッテリー破裂 (1)まずはバッテリーのメンテナンスをと

サルフェーション充電から

2Aでの充電が完了したので

充電器を取り外すと

バッテリー破裂 (2)バッテリー本体が異常に発熱していたので

ヤバい!と思ってチェックをしてみると

あちこちにクラックが入っていたわ…

ほっといたら出火する所だったかもなぁ…

レーサー公道復帰計画の出だしからこれじゃぁ先が思いやられますわ…


21号機エンジン シリンダーヘッド下拵え

ブラスト処理が終わっているシリンダーヘッドの歪測定と

21号機シリンダーヘッド歪測定バルブガイドOリング交換 (1)デフォルト作業になった

バルブガイドOリングの交換をやって

内燃機加工送りの準備をします。

歪測定の結果は残念な事に

21号機シリンダーヘッド歪測定バルブガイドOリング交換 (2)基準値を大きく超えて0.1mm以上の

歪があったので、平面研磨をする事になります。

最近はヘッドも良い物が少なくなりましたし

某Yオクではとんでもない値段になってますねぇ…。

21号機シリンダーヘッド歪測定バルブガイドOリング交換 (3)で、バルブガイドを取り外して

Oリングを交換してしまいます。

まぁ案の定Oリングは朽ちていたので

やはりここのOリングは

21号機シリンダーヘッド歪測定バルブガイドOリング交換 (4)デフォルトでの交換が良いと思います。

他にもヘッドを2個仕上げてから

一緒に内燃機屋さんへ送ります。

エンジン部品の不足部品の入荷が遅れており

21号機用キャブレター分解掃除 (1)明日の定休日に入荷になるけど

明日は用事があるので受け取れるかなぁ…。

で、次にキャブレターの分解掃除。

このキャブも長期放置なので中は…

21号機用キャブレター分解掃除 (2)と思いつつ分解してみた所

まぁ多少はガソリンが腐っていましたが

思っていた程でも無く取り合えず一安心。

これ位なら可愛い物です。

21号機用キャブレター分解掃除 (3)まぁ異臭は同じですが…。

取り合えずインナーパーツを取り外して

スロットルバルブも#4が固着してましたが

キャブクリーナで洗浄したら動きました。

21号機用キャブレター分解掃除 (4)他の部品もキャブクリ風呂に入れて洗浄。

使えない部品は発注となりますので

注文を入れて、これもまた部品入荷待ち。

トップキャップとフロートチャンバーは

ブラストで綺麗に仕上げる事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | キャブレター

2020年08月24日

CP1号レーサー街乗り仕様へ?3

昨日納車したGTH号オーナーから
追加で取り付けた大流量ミッション用強化オイルポンプの
レポートが届きました。
「ミッション用強化オイルポンプも感動しましためっちゃスムーズです!」
と言う、とてもありがたいレポートを頂き
作った甲斐があったと思いました。
代替えに乗せていた僕のレーサーエンジンにも
銀ちゃん特注仕様のブラックアルマイトバージョンの
ミッション用強化オイルポンプを取り付けました。
このままテスト用エンジンにしても良いのですが
レーサーを街乗りに仕様変更するか
それとも自分用の国内408を作るか迷っている所です。


21号機エンジンカバー類ブラスト下拵え

純正部品やリプロ部品がまだ揃っていないので

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (1)先に出来るカバー類のブラストを

やってしまいます。

まぁブラスト作業は弟がやるのですが

僕はのそ作業の下拵えをする事にします。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (2)画像には入っていませんが

オイルパンもブラストで仕上げます。

それ以外のケース類も全て

ブラスト仕上げでてしまいます。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (3)クラッチカバーは在庫部品を出し過ぎて

今、宝物庫には必要な数分しか

無くなってきたので、最近は部品に対しての

危機感が出てきだしました。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (6)シリンダーヘッドは歪計測と

デフォルトで交換するようになった

バルブガイドのOリングを交換したら

内燃機加工へ送る事になります。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (5)シリンダーは既に準備が出来ており

ピストンは0.5mmOSピストンになります。

キャブレターも近日中に分解掃除を始めて

インナーパーツを交換する予定です。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (7)まだ外装カラーが決まっておらず

今から塗装をお願いしても

3か月ぐらい掛かるそうなので

最終的には外装待ちになるかも知れません。

21号機用カバー類ブラスト仕上げ (9)それでも取り合えずエンジンは組めるので

今日中にエンジンの下拵えを済ませれば

明日には部品も入荷して来るので

腰下ぐらいの組み立ては出来上がると思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2020年08月23日

GTH号納車3

今朝一番にニューエンジンを搭載した
GTH号を無事に納車しました。
二度の不幸に見舞われ、原因は分からないままですが
また新たに慣らしからのスタートになります。
ヘビーユーザーな方で、酷暑でもほぼ毎日フォアに乗っています。
二度ある事は三度あるにならない事を願います。


21号機電装系下拵え

メインハーネスがまだ入荷して来ないので、電装系の下拵えを進めます。

21号機電装系下拵え (1)まずはヘッドライトリレーの配線改造。

これで光量をUPさせるので

車検にも対応可能になります。

フォアには必須アイテムになります。

21号機電装系下拵え (2)これを車体側に取り付けるのですが

レギュレートレクチファイアーを

別の所に取り付けてあるので

空いたスペースを利用してリレーを取り付け。

21号機電装系下拵え (3)メーター周りの不足部品も入荷して来たので

ヘッドライトリレーの配線と

不足部品も一緒に取り付けました。

ETCのアンテナも取付ようと思うのですが

21号機電装系下拵え (4)毎回取付位置に悩むので

もうデフォルトの取付位置を

決めようと考え中です。

目立たずにしかも電波も遮断せず

21号機電装系下拵え (5)取り付け、メンテナンス性も良い場所に

と言う事で、ETCのアンテナは

ステムに取り付ける事を今後は

デフォルトにする事にしました。

ここならまだ、フロントエンブレムの取付も問題ない位置になります。

で、今日は午後から少し別件の用事で出掛けたので

弟と嫁に店番をやってもらったので、ここまでで終了。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 電装品 | 部品

2020年08月22日

不良3

まぁ僕も人の事を言えた柄ではないのですが
昭和の時代の若い頃はまともな人生は歩けないし
歩こうともしていなかった時期もあったけど
今は割と真面目な社会人として生きているつもりです。
で、もう30年以上の付き合いがある後輩なのですが
多少の事は目をつむって、少し距離を開けて付き合ってきたのですが
余りにも鬱陶しい事を言い出したので
少し付き合い方も考えようと、別の後輩と話をしています。
もう面倒臭いわぁ…。


21号機エンジン腰下組み立て開始

GTH号のエンジンが無事に搭載出来たので

21号機腰下組み立て準備部品整備 (1)次の21号機用エンジンを組み立てます。

まずはクランクの組み立てから

既にダイナミックバランスは終わっているので

コンロッドを取り付けてチェーンをセット。

21号機腰下組み立て準備部品整備 (2)次にロアケースの下拵え。

実はこのエンジン、走行距離が少なく

摩耗も殆ど無いエンジンなので

かなりの掘り出し物なんですよね。

21号機腰下組み立て準備部品整備 (4)77'モデル国内新規になりますが

まぁ全体的な状態は余り良くなかったので

フルレスとなる車両になった分けです。

アッパーケースも下拵えが完了。

21号機腰下組み立て準備部品整備 (5)後は臓物の整備と、下拵えを済ませて

組み込めば腰下は完成なのですが

ニードルローラーベアリングの在庫が

無かったので、入荷する来週まで

組み立てはお預けです。


銀ちゃん号チェーンカバー取り付け

今日は珍しく開店前に来なかった銀ちゃんは、朝駆けしてたらしいw

銀ちゃん号チェーンカバー取り付け (1)で、早速自分の作業スペースを確保して

チェーンカバー取り付けを開始。

僕はこの二人の作業手順を学習して

自分の車両に取り付ける時は

銀ちゃん号チェーンカバー取り付け (2)もっと楽に取付が出来る様に

工夫しようと思い、横目で苦労している

作業風景を眺めています。

弟も取付加工に半日以上掛ったし

銀ちゃん号チェーンカバー取り付け (3)銀ちゃんも同じく半日以上掛かって

やっと完成しました。

三人ともちょっとずつフェンダーの形が違うので

僕も同じように苦労するのかなぁ…。

で、完成したタイミングでゲリラ豪雨が来たので

只今帰れずにお店で屯していらっしゃいますw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | カスタム

2020年08月21日

GTH号復活2回目3

20キロの減量で今まで着ていた服が合わなくなり
9月から顧問業務も再開する予定なので
スーツも新調しないと、ブカブカでとても着れなくなり
近々オーダーをする事になった。
太るのもお金が掛かるし、痩せるとこれまたお金が掛かる。
若い頃ガリガリだったので、憧れの体型だったけど
目標は70キロ代なので、まだまだです。
今停滞期で88キロ〜89キロで停滞中…。


GTH号エンジン始動 

一旦復活した前回から数か月…新しいエンジンになりGTH号が今日

GTH号エンジン復活2回目200821無事に蘇りました。

実圧縮測定も平均1.2Mpaで点火時期も調整。

キャブの同調調整も終わらせたのですが

せっかくの作業工程画像をボーっとして

GTH号バッテリー充電完了間違って削除しちゃいました…

取り合えず油温を100℃まで上げて

バッテリーが少し弱いので

充電をしてから、試運転に出ようと思うのですが

GTH号復活試運転200821外が暑過ぎて、バイクに乗る気もしない

夕方にでも試運転に出る事にして

取り合えず他の作業を済ませてから

試運転に出る事にしました。


三重M号マフラー錆取り

オーナー指定のケミカル品を使って錆取りを試みた結果ですが

三重M号マフラー洗浄 (1)約二日間の放置で

結果に期待しながら塞いでいた穴を

解放してみる事にしたのですが

結果は残念な事に

三重M号マフラー洗浄 (3)思っていた結果にはならず

水抜き穴からは勢い良く洗浄液が

排出されるのですが

メインの排気口からは恐らく

三重M号マフラー洗浄 (4)錆の隙間からみ込んだ洗浄液が

少し出た程度でした…。

排気口から息を吹き込んでみたのですが

排圧が足らないのか、僕の息が通る事も無かった。

三重M号マフラー洗浄 (6)まぁ一応多少の汚れは取れた感じですが

本来の目的は達成できなかった。

取り合えず洗浄液を洗い流して

乾燥をさせようと、中に水を入れて洗浄。

三重M号マフラー洗浄 (8)弟は「マジックみたいw」と言っておりましたが

入れた水は施工前と同じく

排気口からは出てこなかった…。

で、塞いでいた水抜き穴を開放すると

三重M号マフラー洗浄 (9)水抜き穴は開通したらしいので

多少の効果はあったと思います…。

さて次はどうしようかなぁ…。

錆取り剤を入れても開通する補償は出来ません。


21号機エンジン組み立て準備

エンジン組み立て室もスペースが空いたので

21号機エンジン組み立て準備早速21号機のエンジン組み立て準備に入ります。

部品関係が今まで常温管理だったので

取り合えず組み立て室で冷やしてから

組み立てに取り掛かります。


1号機にもチェーンカバー取り付け

銀ちゃんも、弟もチェーンカバーを取り付けるので

1号機にもチェーンカバー取り付け1 (1)何か、僕も付けたいなぁと思って

買ってみて、仮合わせしてみました。

まぁ時間がある時にでもボチボチと

取り付ける事にしよっかなぁ…と

1号機にもチェーンカバー取り付け1 (3)思いつつ、取り合えずカットして

フィッティングまでやってみました。

まぁこれで後はステーなどを作って

取り付けるだけとなりましたが

1号機にもチェーンカバー取り付け1 (4)取り付けはまだ当分先になりそうな感じで

取り合えず加工が完了したので

ブラストを当ててアルマイトを剥がして

と…そんな事をやっていたら

銀ちゃんも登場wタイミング良く銀ちゃんが登場w

明日チェーンカバーを取り付けに来るらしく

必要な部品の確認にやって来たw

明日雨が降らなければ良いのにねぇ…。

何か今、CPではチェーンカバーの取付が流行ってますw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 修理

2020年08月20日

819の日、定休日でも強制出勤3

昨日の定休日は819の日でしたが
流石にこの殺人的暑さでは
バイクに乗る気も失せました。
で、特に何も予定をしていなかった久しぶりの定休日なので
ゆっくりと自宅でゴロゴロしているつもりだったのに
何故か朝3時半に目が覚めてしまって眠れないw
多分予定が無い事に興奮した遠足病だったと思います…。
仕方が無いので定休日でもいつも通り出勤して
事務処理をしてました…。


8号機チェーンカバー取り付け

昨日の定休日は午後から店にやって来た弟が乗る8号機の

8号機チェーンカバー取り付け (1)カスタム作業に付き合わされました。

娘用タンデムステップも無事に取付られ

更に娘の安全の為にとチェーンカバーも

フィッテングして取り付けるついでに

8号機チェーンカバー取り付け (2)ドリブンスプロケットも交換。

もうね使い過ぎで、もうちょっとで

この前の僕みたいになってたよw

このスプロケはお買い上げ頂きましたw

8号機チェーンカバー取り付け (3)でもタイヤ交換作業は出来ないと言うので

結局僕がやらされましたw

まぁ17インチのスポーク仕様なので

チューブを破られても面倒なので…。

8号機チェーンカバー取り付け (4)で、スイングアームにタンデムステップを

取り付けた特注のアゲインスイングアームが

不要になったと言う事で

どうやら以前から狙ったいたと言う

8号機チェーンカバー取り付け (5)僕がレーサーで使っていたスイングアームを

たまたま店の前で原付の音量取り締まり中の

交通機動隊と話をしている最中に

サクサクっと交換していたわ!

8号機チェーンカバー取り付け (6)で、結果いつもの営業終了時間まで掛かって

仮組が完了しました。

僕の大事なお休みの日を

こんな事で浪費してしまいました。


三重M号マフラー洗浄

不具合原因がマフラーだった事で、オーナーから連絡があり

三重M号マフラー目詰まり修正チャレンジ (1)マフラー内部の洗浄を試みて欲しいとの事で

取り合えずマフラーを振ってみた所

中から結構な量の錆が出てきました。

これで半分ぐらいかな…。

三重M号マフラー目詰まり修正チャレンジ (2)で、オーナー指定のメタルクリーン剤を

マフラーの中に入れる事になりました。

使った事が無いので、どうなるのか分かりません

錆取りならワコーズのピカタンか

三重M号マフラー目詰まり修正チャレンジ (3)花咲か爺でも良かったのかも?と思いながら

取り合えずマフラーに水を入れてみたけど

マフラーの排気口から水が出てくる事は無く

相当大変な事になっている事は確実だな…。

三重M号マフラー目詰まり修正チャレンジ (4)ポットでお湯を沸かして

メタルクリーン剤を溶かしました。

念の為排気口には洗面台の栓をして

水抜き穴にはアルミテープ貼りました。

三重M号マフラー目詰まり修正チャレンジ (5)で、メタルクリーン溶液を投入!

漏れは全くありませんので

このまま暫く放置して様子を見る事にします。

これでダメなら、ピカタンが花咲か爺だな。


GTH号復活への道その2

一昨日入庫してきたGTH号のエンジン交換作業に早速取り掛かります。

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (1)まずはエンジンオイルを抜きます。

その間に、マフラーなどの付属部品を取り外し

エンジンを下す準備を整えます。

今回は二人で作業をやるので

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (2)オイルパンを付けたままで

エンジンを下します。

一旦簡易のエンジン架台に乗せますが

後でエンジンテスト用架台に乗せ換えます。

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (3)で、いつも通り

どーん!

エンジンが下りました!

やっぱり二人だと楽ちんですw

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (4)で、そのままの勢いで

新GTH号エンジンを搭載します。

これも二人なので楽々に搭載!

で!

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (5)どーん!

搭載完了!

後はそのまま取り外した部品を

現状復旧作業です。

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (6)サクサクっとL側の部品を取り付けました。

今回追加でご依頼を頂いた

ミッション用大流量強化オイルポンプも

取り付けました!

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (7)よくよく考えると、GTH号には

オイルシールホルダーが付いていないので

せっかく綺麗にしたついでに

強制的にオイルシールホルダーも取付ました。

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (9)続いてR側もサクサクっと組み立て。

キャブレター、オイルパン、

オイルフィルターケースを取り付け

エンジンオイルを入れて、エンジン交換が完了。

GTH号エンジン復活へ向けてその2 200820 (10)おっと!マフラーも取り付けて

これで火入れの準備が整いました!

と言う事で、今日はここまでで終了。

明日火入れ予定となります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 修理

2020年08月18日

GTH号完全復活へ向けて3

夏季休暇中に孫のお誕生会をやった時に
息子と少し話をしたのですが
担当している患者さんの、脳の手術について
何かと辛い告知をする事もあるそうで
この前の手術前に患者さんに告知したのは
「手術をして良くても歩けなくなります。」と告知して
執刀したらしいのですが、手術は大成功と言う事で
歩けないと告知したのに、歩けるまで回復したらしい。
そりゃぁ患者さんも、家族も大喜びだったらしく
僕も息子を誇らしく思い、僕も同じく歩けない時期があったので
その話を聞いて、涙が出ました。
あの身体で、繊細な脳の手術が出来るんだから
今の医療って凄いですね!


8号機カスタム

三重M号問題が解決したので、PITの余裕を持たせてあった事もあり

8号機タンデムステップ取付 (1)入庫予約を調整していたのですが

昨日あっさりと問題個所が分かった事で

今日のPIT作業は特に予定が無く

弟の8号機を少しカスタムします。

8号機タンデムステップ取付 (3)銀ちゃんと同様に娘とタンデムをするので

チェーンカバーと、タンデムステップを

取り付けるので、今日時間がある時に

加工をしてステーを取り付けます。

8号機タンデムステップ取付 (4)元々リアサスはレイダウン用の

アッパーマウントを取り付けていたので

そのマウントを流用してタンデムステップの

ステーを取り付けました。

8号機タンデムステップ取付 (5)もでR側はリアブレーキマスターカップが

邪魔なので、マスターカップを

交換しないとタンデムステーが

干渉してしまうので、アルミビレットの

8号機タンデムステップ取付 (6)マスターカップに変更して

タンデムステップステーを取り付けました。

フジツボで化粧して

何気に取って付けた感も無く

8号機チェーンカバー加工取付 (1)良い感じで取り付けが出来ました。

そんな事をやっていたら、タイミング良く

チェーンカバーが入荷して来たので

早速洗浄して車体にフィッテングして

干渉する所をケガいてカットし取り付け準備を済ませて

またPITに空きがある時に取付をします。


BUBU505-Cフロントスクリーン交換

特注で発注していたBUBU505-C用のフロントガラスが

BUBU505-Cフロントアクリル板を強化ガラスに交換 (1)夏季休暇前に入荷していたのですが

交換する時間が無かったので

今日、時間がある内に交換してしまいます。

まずこの安っぽいアクリル製のスクリーンを

BUBU505-Cフロントアクリル板を強化ガラスに交換 (2)取り外しますが強化ガラスなので

アクリルより1mm分厚く4mmなので

ゴムを加工しないと中には入らない。

で、ゴムを加工して、脱落しない様に

BUBU505-Cフロントアクリル板を強化ガラスに交換 (3)ワコーズのガスケットを塗って

車両用強化ガラスをセットしました。

まぁ余り変化は無いのですが

曇ったアクリル板よりも

車両用強化ガラスの方が、絶対良い感じだと自己満足してます。


GTH号入庫

PITの都合で入庫のタイミングをお待ち頂いていたのですが

GTH号復活入庫200818目途が付いたので、昨日連絡を入れて

本日入庫となりました。

交換用のエンジンは出来上がっているので

サクサクっと積み替えて調整をするだけです。

早ければ今週中には作業が完了する予定です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | カスタム

2020年08月17日

エンジン不動不具合原因判明4

昨日に続き今日も殺人的暑さで
店内のエアコンは24時間フル稼働中なので
来月の電気代が恐ろしいわ。
朝店に来てからエアコンを入れても
冷えるまでの電気代が結構掛かるらしいし
一度熱がこもった店内が、作業出来るぐらいに冷えるまで
何もやる気が起こらないので、それならお金で解決するのなら
エアコン24時間稼働でも全然いいわ。


三重M号エンジン不動原因判明

夏季休暇前からエンジン不動に悩んでいた三重M号の不具合原因が判明。

三重M号不具合原因判明取り合えず仕上がり (1)取り合えず今回調査の為に

テスト用キャブを取り外し

弟の8号機からFCRを取り外して

三重M号に取り付けてみる事にしたのですが

三重M号不具合原因判明取り合えず仕上がり (2)多少エンジンは掛かりそうになるも

それでも症状は変わらないので

夏季休暇前に弟にマフラーからの排圧を

確認させていたのですが、どうも怪しいと思い

三重M号不具合原因判明取り合えず仕上がり (3)自分で確認した所、なんとまぁ

全く排圧が出ていないではないか!

でマフラーを取り外してエンジンを始動させた所

一発でとても元気良くエンジンが始動!

三重M号不具合原因判明取り合えず仕上がり (4)弟に「クソが!」「ちゃんと確認しろ!」と

言った物の、結果自分で確認しなかった事が

今日までのやり直し作業になったのだと思い

ちょっとはイラっとしたけれども

三重M号不具合原因判明取り合えず仕上がり (5)まぁ散々悩んだ原因が分かったので

純正キャブに戻して、同調調整をやった。

マフラーの詰りが無ければ

夏季休暇前には納車出来ていた事が悔やまれます。

三重M号不具合原因判明取り合えず仕上がり (6)一応は「完成!」と言いたい物ですが

せっかく高い費用を掛けて再メッキした

純正マフラーが詰まっているので

これを持って完成と言って良い物なのか?

三重M号不具合原因判明取り合えず仕上がり (7)今後の事はオーナーと相談する事にしますが

まさかの不具合原因が、マフラーの詰りが

原因だなんて、思ってもみなかっただけに

結果予想通り原因が分かればこんな物と

エンジンをやり直したり、何度もキャブを付けたり外したりと

果てしなく苦労した約1か月間でしたが

まさかの不具合原因がマフラーだったとはねぇ…。

そりゃ抜けないんだから圧縮圧力も上がらないはずです…。


BUBU505-Cマフラー修理

昨日の帰りにBUBU505-Cのマフラーが脱落し、直管になってしまったので

21号機メーター回り部品一部入荷夏季休暇が終わり21号機の部品が

少し入荷してきたので

部品を取り付けてからPITを

BUBUに明け渡してマフラー修理作業。

BUBU505-Cマフラー修理 (1)まぁ適当に溶接して作ったマフラーなので

排気漏れはするし、振動で何度か脱落して

いた物を騙し騙し使っていたので

まぁ何時かはこうなると思っていたけどね。

BUBU505-Cマフラー修理 (2)今度はエキパイとマフラーを

スプリングで接続して

マフラー本体をステーで固定したので

これで暫くは大丈夫だと思います。

まぁまたマフラーをワンオフで自作しますわ。

21号機作業用リフトに搭載取り合えず三重M号の不具合原因も

分かったので、作業用リフトから降ろして

21号機を搭載して作業スペースを確保。

入庫をお待たせしているGTH号の

エンジン交換作業準備に取り掛かりたいと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2) キャブレター | 部品

2020年08月16日

久々に開店前の男ご来店3

防犯対策強化の為に、今回店内に防犯用ライブカメラを増設。
録画した画像と音声はクラウドに保存されるようになってます。
また夜間はモーション機能も付いており
スマホと連動しているので、異常を検出した時点で
お知らせも来るようになってます。
まぁ嫁にも監視される事になるので
諸刃の剣ですけどねw


弟と二人で暑気払い 

昨日はお店を少し早仕舞いをして、香里園にある焼き鳥屋「秋吉」へ

弟と暑気払い (1)弟と二人で暑気払いに行ってきました。

久しぶりの秋吉で、食欲がそんなに

あるわけでも無いので、ボチボチと注文。

結果、僕が控えめの生ビール7杯と串95本

弟と暑気払い (2)弟が串60本と言う事で

全盛期の半分程度の本数でした。

不思議と秋吉の生ビールは進むので

アルコール度数が低いような気がするわw

で、今日もお腹の中には焼き鳥が残ってました。


お盆休みの開店前の男ご来店

まぁそろそろそう言う感じでやって来るとは予想してましたが…。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (1)まだ9時過ぎの店内では既に

奴がウエットブラストを当ててましたw

それは銀ちゃん号にチェーンカバーを

取り付ける為の作業をやっているのだ。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (2)で、弟が僕を店裏の駐車場に呼ぶので

見に行くと、銀ちゃんの車のタイヤに

何かが刺さっているじゃなかw

取り合えず面倒臭いのでスルーですが

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (3)一応銀ちゃんにはお知らせ。

まぁ本人も面倒臭そうだったので

取り合えず後回しになったw

それよりも今日の銀ちゃんの目的は

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (4)最近引っ越したので、不動車コーナーから

銀ちゃん号を引き上げる為の準備と

チェーンカバー取り付けなどの作業が

最優先事項になっているらしい。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (5)取り合えずチェーンカバーを合わせて

加工する個所を現物合わせで

ケガキを入れて加工をするらしい。

ある程度の加工ポイントが決まったので

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (6)少しずつチェーンカバーを切り取っては

車体に合わせて妄想しては

切り取りを何度か繰り返して

何とか妄想通りに仕上がったらしく

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (7)次はお決まりのバフ掛けw

これが終われば取付ステーを作って

チェーンカバーを取り付けて

新しい住居に銀ちゃん号を持って帰るらしい。

お盆休みの開店前の男ご来店200816 (8)おかげで今日は全く仕事になりません。

バフ掛けも終わり、納得したようで

後は取付方法を考えるだけとなって

今日はここまでで終了らしい。

銀ちゃん号にも大流量ミッション用強化オイルポンプ装着 (1)で次の作業は、銀ちゃん特注

ブラックアルマイト仕様

ミッション用大流量オイルポンプの

取付作業に取り掛かります。

銀ちゃん号にも大流量ミッション用強化オイルポンプ装着 (2)スプロケットカバーを取り外して

アゲイン製ミッション用強化オイルポンプを

取り外して、CP製大流量ミッション用

強化オイルポンプに交換します。

銀ちゃん号にも大流量ミッション用強化オイルポンプ装着 (3)で、サクサクっと交換が完了。

これで銀ちゃん号にも

CP製フル強化オイルポンプセットの

取り付けが完了しました。

銀ちゃん通勤車フロントタイヤに異物 (1)これで一仕事終わったので

車のタイヤの異物はこのままスルーかな?

と思っていたのですが

銀ちゃんは忘れてなかったらしいので

銀ちゃん通勤車フロントタイヤに異物 (2)刺さっていた異物を抜き取ると

案外浅かったので、タイヤへのダメージは

ほぼ無かったし面倒臭い事を

やらなくて済んだのはラッキーでした。

不動車コーナー一台減車取り合えず銀ちゃん号は不動車コーナーから

新居へ移動する事になったので

7年間置きっぱなしの不動車コーナーが

一台減ったので、何かと便利になったけど

何となく寂しくもなったかなぁ…。


1号機もリアタイヤに異物が

これまた弟が呼ぶので何事かと思って

1号機リアタイヤに異物が刺さっていたw (1)銀ちゃんの作業スペースを確保する為に

炎天下の中外に放り出された1号機の

リアタイヤにも何やら異物が刺さっていた…。

取り合えず暫く乗っていないし

1号機リアタイヤに異物が刺さっていたw (2)エアーも抜けていないので

引っこ抜いてみたけど

大丈夫そうなので一安心。

これだけの穴だとタイヤ交換レベルだったな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | カスタム

2020年08月15日

長期欠品部品多数あり3

10月に泉大津で開催される予定だった
「WORLD-MOTO2020」も結局コロナの影響で
中止となってしまい、今年のイベントは全て中止?
後はスキャンさん主催のヨンフォアミーティングinソレイユの丘(予定)
になるのですが、場所的にも管理側からNGが出るのかも…。
昨年から今年のイベントに向けて色々と
準備をしていたので、残念で仕方がありませんが
このコロナ禍の中、今は我慢の時ですねぇ…。
ツーリングも大人数では行き辛いので
CPツーリングも今年は開催しておらず
弟と二人だけの弾丸ツーリングだけにしています。


三重M号迷走中

エンジンが掛からないので、腰上をやり直してみた物の

三重M号迷走中 (1)キャブをテスト用と交換したり

点火系も交換したりとやってみたけれど

全然問題が解決しないまま

激しく迷走している最中です…。

三重M号迷走中 (2)取り合えずもう一度ウオタニを

もう一度取り付けて現状復旧しました。

一旦頭の中もリセットしてから

考える事にしようと思いつつ

三重M号点火タイミング確認念の為ダイアルゲージで上死点を測定。

点火タイミングを確認してみたのですが

全然問題が無いので、カムチェーンや

クランクに問題は無い事は確定したので

他の原因を調べる事にします。


国内新規21号機製作

純正絶版部品のリプロ部品も長期欠品、純正部品も長期欠品の中

21号機フレーム関係組み立て (1)メーカー夏季休暇前に発注していた部品を

先に取り付けて行きます。

まずはエアークリーナーボックスの

電装関係部品を取り付けました。

21号機フレーム関係組み立て (2)ブリーザーチャンバーも純正と同じ仕様で

CO還元用リプロパッキンを取り付けて

純正ブリーザーチューブを取り付けました。

まぁエアークリーナーは汚れますが

21号機フレーム関係組み立て (3)地球に優しい仕様になります。

フロントブレーキも組付けが完了。

ハンドルが決まっていないので

スリーウェイジョイントから上はまだです。

21号機フレーム関係組み立て (4)ETCなどのインジケーターを取り付けて

メーター、ヘッドライトケースを仮付け。

リプロメインハーネスがBOなので

メーター回りもここまでで終了です。

21号機フレーム関係組み立て (5)長期欠品中だったBRCのリアサスも

夏季休暇前にやっと手に入ったので

仮付けしていたリアサスと交換。

後は部品が入荷してくるまでの間に

エンジンの組み立てに取り掛かろうと思っています。


CP営業3号車オイル交換

オイル交換のタイミングをすっかり忘れていたCP営業3号車の

CP営業車3号機オイル交換 (1)炎天下の中、弟の強制労働で

オイル交換をやってしまいます。

今回は4,000キロ以上乗ってしまったので

オイルも相当汚れていたようです。

CP営業車3号機オイル交換 (2)ワコーズのオイル添加剤も入れて

CP営業車3号機のオイル交換も終わったのですが

ついでに従業員割引と言うふざけたシステムで

弟のエンジンオイル代無料となってしまいました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2020年08月14日

お立ち台久々にCB400F搭載3

CP夏季休暇前に21号機の組み立て作業を始め
その日の内に自立させたのですが
その他の部品入荷がお盆明けと他に
BOとなっている部品も数が多く
最速で組み上がったとしてもお盆明けから
3か月は掛かると思います。
これもコロナの影響なのかと思うのですが
純正部品やリプロパーツなどの部品が
長期欠品が多くなっており、部品入荷待ち状態が
この先もかなり続くと思います。
今日の打ち合わせで決まった事は
CP製フル強化オイルポンプを取り付ける方向になりました。


並行408中古車入荷

久しぶりにCPお立ち台にCB400Fが上がりました。

並行408中古車入荷並行408の中古車両になります。

ヘッドライト、シート、前後フェンダーなど

リプロ新品に交換してあり現状となります。

数年前にエンジン腰上O/H済み。

車体価格はお問合せ下さい。


手古摺る三重M号

バッテリー充電も完了したんので、エンジンを始動するも

三重M号手古摺る (1)どうも、キャブの調子が出ないので

またキャブを取り外して

テスト用に交換してみる事になったのだが

それでもエンジンの調子が

三重M号手古摺る (2)良くなる分けでも無く…。

で、よくよく思い出したのが

元々付いていた溶接されたガバナ!

これは何かあるに違いないと思ったので

三重M号手古摺る (5)エンジンが掛かっていた元の状態に

戻してみる事にした。

ウオタニを取り付ける時に

Tマークは確認してあるのですが

三重M号手古摺る (4)念の為再チェックしましたが問題なし。

で、機械式ポイントに交換して

エンジンを掛けてみるも全然ダメなので

今度はテスト用ガバナとIGCに

三重M号手古摺る (5)交換してみる事に。

こちらはTEC製ガバナを取り付け。

Tマークも確認したけど

これも問題は無いので

三重M号手古摺る (6)テスト用ガバナセットを取り付けてみて

IGCもテスト用を取り付けてみたのだが

何も変化が無い…もうお手上げ状態…

で、以前見た事があり関東の方からも

三重M号手古摺る (8)アドバイスを頂いた、極稀にある

クランクの穴位置がズレている事なのだが

これは夏季休暇前に腰上をやり直した時に

上死点をチェックして確認して組んだので

やはりこれも問題ない。

原因が全く分からなくて、かなり手古摺っている状態です…。

多分分かったら単純な事なんだろうなぁ…クッソ!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 販売 | キャブレター

2020年08月13日

夏季休暇終了 本日より通常営業3

連休から先取りで夏季休暇を頂き
まぁ遊んだり仕事したりで
結果余りゆっくりしている時間は無かったけど
あっという間の夏季休暇でした。
今日からはアゲインと入れ替わりで通常業務に入ります。


夏季休暇期間中の諸々

仕事も兼ねての先取り夏季休暇期間中の出来事。

19号機テスト走行納車まずは19号機、ガラスコーティング引取りからの

試運転と納車に行ってきました。

当日、京都からオーナー宅までの道路は猛暑と

事故渋滞でしたが快適に走ってくれました。

弟アドレススピードメーターワイヤー交換 (2)その後は弟のアドレスV125の

スピードメーターワイヤーが

入荷してきたのでワイヤー交換。

一応社員割引で部品代無料…タイミング良すぎ。

ジニアスオーダーツーリンググローブ完成フルオーダーツーリング用グローブを

ジニアスさんに注文していた物が入荷。

まぁ今年ツーリングに何回行けるのか

分からないけど、大事に使いたいと思います。

孫2歳の誕生日孫の2歳のお誕生会も親族でお祝い。

まぁそりゃぁ僕の血を引く子なので

2歳児とは思えないぐらいの暴れっぷりw

とても相手が出来ないので嫁に任せて退散w

BUBU505-Cエンジンカスタム第三弾 (1)BUBU505-Cエンジン分解整備と

カスタム第三弾もこの夏季休暇を利用して

やっつけてしましました。

ギアーボックスO/Hと修理のついでに

BUBU505-Cエンジンカスタム第三弾 (2)エンジントルクをアップする為に

ピストンとシリンダーを交換。

これで坂道発進が出来るようになれば

より快適に走れると思います。

BUBU505-Cエンジンカスタム第三弾 (3)MAX速度も頑張って50キロしか出なくて

危ないので、楽に50キロ出れば

他の交通の邪魔にならないようにと

故障個所もかなりの費用をかけて改善したので

これでもう修理する事も無くなると思います。

こんな感じの夏季休暇前半戦でした。


三重M号腰上やり直し

夏季休暇前に仕上げたエンジンは、思った以上に実圧縮が低く

三重M号腰上やり直し (1)エンジンが掛からなかったので

もう一度エンジンを開けてチェックし

ピストンを交換してからの増し締め。

これでヘッドカバーを取り付けてから

三重M号腰上やり直し (2)実圧縮圧力を再度測定してみました。

で、その結果は#1〜#4まで

綺麗に0.95Mpaに揃ったので

原因はピストンにあったと言う事になります。

三重M号腰上やり直し (3)三重M号腰上やり直し (4)






三重M号腰上やり直し (5)これで原因がはっきりと分かったので

キャブを取り付けてエンジンが掛かれば

仕上げに取り掛かれるようになります。

原因の詳細はちゃんと仕上がってから

三重M号エンジン始動からのバッテリー充電 (1)ご報告と言う事で、無事にエンジン始動!

だがしかし!…バッテリー電圧が低くて

エンジンストールしてしまい

キャブの同調調整まで辿り着けずに

三重M号エンジン始動からのバッテリー充電 (2)またバッテリー充電となりました。

まぁ実圧縮も上がったし

取り合えずバッテリーを充電して

後は仕上げるだけとなりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2020年08月07日

CPは明日から夏季休暇5連休です4

【明日から夏季休暇5連休】
明日8月8日(土曜日)から8月12日(水曜日)までの間
夏季休暇(お盆休み)を頂きます。
アゲインさんは8月13日(木曜日)から
8月16日(日曜日)までが夏季休暇(お盆休み)と
なっておりますので、休み期間中の急なトラブルなどは
各ショップでカバー出来るのでご遠慮なくお申し付け下さい。


三重M号腰上再組み立て

特にこれと言った不具合は見つからなかったのですが

三重M号腰上再組み立て200807 (1)念の為、ピストンを交換して

再組み立てをします。

新しいピストンをセットして

シリンダーを挿入!

三重M号腰上再組み立て200807 (2)これでシリンダーの挿入が完了です。

後はサクサクっと腰上を組み立て行きます。

で、念の為この時点で色々と

測定を済ませました。

三重M号腰上再組み立て200807 (3)で、再利用が可能なブロンズメタルの

ヘッドガスケットが早速大活躍するとは…。

一応CP推奨の液体ガスケットをもう一度

適量塗ってセットが完了です。

三重M号腰上再組み立て200807 (4)で、サクッとシリンダーヘッドを搭載!

これで問題は解決するはずなのですが

念の為休み明けにでも増し締めをしてから

先に実圧縮圧力を測定する事にします。

三重M号腰上再組み立て200807 (5)カムシャフトも搭載して

バルタイも何度も確認したので

前回もそうですが、間違いはありません。

と言う事で、今日はここまでで終了です。


21号機フレーム塗装仕上がり

高知のU様からのご依頼分と、21号機用フレームがパウダーコートから

21号機フレーム立ち上げ (1)仕上がって戻ってきたので

早速立ち上げ作業に取り掛かります。

梱包から取り出して必要な養生テープを残し

不必要な養生テープを取外して

21号機フレーム立ち上げ (2)サクサクっと組み立てて行きます。

まずはメインスタンド、サイドスタンド取付け

ボトムレースをホンダ純正SSTで打ち込んで

これで立ち上げ準備が完了です。

21号機フレーム立ち上げ (3)で、ステムとトップブリッジを取り付け。

僕がテーパートラーベアリングが嫌いなので

純正のベアリングをセットして

バネ測りで測定しながら締め付けます。

21号機フレーム立ち上げ (4)これでフロントフォークを組付けて

キャリーパーホルダーと

フロントフェンダーを取付け

フロントタイヤホイールを組み付ければ

21号機フレーム立ち上げ (5)こんな感じで21号機が立ち上がりました。

ここからはサクサクっと部品を

取り付けて行き、大体の形にまで仕上げます。

色々な部品がBOになっており

21号機フレーム立ち上げ (6)納期がかなり遅れるのですが

出来る所までは仕上げてしまいます。

エアクリボックスとインナーフェンダー

リアフェンダーとリアタイヤホイールをセット。

21号機フレーム立ち上げ (7)これで21号機が完全に自立して

仮のハンドルですが、ローリング出来る

状態にまで仕上がりました。

後はボチボチと仕上げて行きます。

これで今日は19号機のガラスコーティングが終わったので

試運転を兼ねて納車に行ってくるので、早仕舞いになります。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(2) エンジン | レストア

2020年08月06日

BUBU505-C 2台目購入検討3

昨日の定休日に旧PC4号機からのデーター移行が
新PC5号機に完全移行が無事に完了して
今日からPC1台だけでの業務が
出来るようになり、不便さも解消されましたが
メールブラウザーがOutlookからWライブメールに
変更してからのOutlookなので
使い方が何かと違う所があって
慣れるまで使い辛いわ。


BUBU505-C 2台目購入計画

BUBU505-Cのカスタムを進めているのですが

BUBU505-Cエンジンボアアップ計画 (1)エンジンを積み替えてから

多少なりともパワーは上がった物の

エンジントルクが低く坂道を登らなくて

危険なので、もうこうなったら

BUBU505-Cエンジンボアアップ計画 (2)エンジンボアアップも仕方がない

と言う結論になり、AF28用エンジン

ボアアップキットを購入しました。

時間が出来たら作業に取り掛かろうと思います。

BUBU505-C2台目購入計画 (1)で、昨日2台目のBUBU505-Cの購入を

検討しようと言う事になり

BUBU505‐C後期を所有している

とある場所へお伺いをして

BUBU505-C2台目購入計画 (2)車両を拝見させて頂きました。

保管状態は良いのですが

現車の状態はかなり悪く

フルレストア前提になるので

BUBU505-C2台目購入計画 (3)これを全部修理するにも

部品が全く無いので

これはかなり厳しい車両になりそうなので

今回は購入を見合わせようかと思ってますが

BUBU505-C2台目購入計画 (4)もうBUBU505-Cの修理ノウハウも

色々と勉強出来たので

直せない事はないと思っているのですが

費用が掛かり過ぎるのが問題なだけで

BUBU505-C2台目購入計画 (5)どなたか道楽者の方がおられましたら

おもちゃに、いやセカンドカーにでも

一台如何でしょうか?

もう走れば注目の的間違いなしの車両です。


枚方Q坊号リアブレーキ回り部品交換の罠

以前からクイック作業のご依頼を頂いていた枚方Q坊号が本日入庫。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (1)リアブレーキアームとトルクロッド

交換作業のご依頼と、ついで作業で

ブレーキドラムパネル交換作業のご依頼

なのですが、この時後の罠があるなんて…。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (2)リアブレーキペダルはご自分で作業されたのか?

定番のスプリング落ち込みがあります。

きっとペダルを塗装した時にでも

取り外して、復旧する時にミスったのでしょう。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (3)この周りの作業をするついでに

ピポットシャフトを取り外し

グリスUPもしておく事にします。

トルクロッドを取り外しピポットシャフトみたけど

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (4)特に錆も無く、油分もしっかりもあったので

この辺のメンテナンスはしっかりと

やってあるので、まぁ悪くはないなぁと

思ってはいたのですが…。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (5)で、何気にスイングアームの汚れを

綺麗にしていると何やら擦った跡があった。

これも原因は後にわかるのですが

スプロケットカバーが擦った痕です。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (6)ピポットシャフトを綺麗に洗浄してから

新しいグリスを塗って、リプロ品の

アゲイン製ブレーキロッドと

同じくアゲイン製トルクロッドを組付けます。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (7)ブレーキペダルを取付けるのですが

まぁこれが正規の位置まで入った状態です。

リターンスプリングが一巻き落ちると

最初の画像の様にピポットシャフトが凹んでます。

で、ブレーキスイッチスプリングが曲がっていたので

念の為、イグニッションをONにしてみるとブレーキランプが

点灯しっぱなしだったので、曲がったスプリングを伸ばしてから

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (11)ブレーキドラムパネルを交換。

オーナーが愛情込めて磨いたパネルです。

で、取付いていた方のブレーキカムを抜くと

錆て抜けにくかったので、ここは油ッ気が無く

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (12)カッサカサになって錆も回っていたので

綺麗に洗浄してから、ブレーキ用グリスを

カムに塗って組付けます。

当然ブレーキシューもカッサカサでした。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (14)で、割と早く作業が終わったと

思っていたのですが

アクスルシャフトを規定トルクで締めると

リアタイヤが回らない…あぁこのホイールは

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (15)あれだな…取合えずオーナーに

作業完了報告と現状を立ち合いで

ご報告して打開案をご相談しました。

簡単に言えば、アクスルシャフトを

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (16)規定トルクで締めると

ベアリングが押されてしまい

リアタイヤが回らなくなると言う事です。

取合えずオーナーに純正ホイールを持って来て貰い

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (17)ディスタンスカラーを取り外してみた物の

そもそもこのキャストホイールには

ディスタンスカラーBが存在しないので

互換性は全く無いと言う代物だったのだ。

枚方Q坊号リア回り部品交換メンテナンス200806 (18)で、何とか調整をしてみた物の

結果、多少良くなった程度で

とても安全に走れるホイールでは無い事が

余計にちゃんとわかっただけだった。

スイングアームの擦れた痕も、結果このホイールを使ったから

出来た傷だと言う事も分かったので、今後このホイール装着車両に関して

何かが起こっても一切の責任は負いません。


21号機部品下拵え二日目

多分今週中にフレームが塗装から仕上がって来るとはずなので

21号機部品下拵え前後タイヤホイール組立て (1)タイヤも入荷してきたので

準備していたホイールに

タイヤをセットしてしまいます。

この時期暑いのでタイヤの取付は

21号機部品下拵え前後タイヤホイール組立て (2)余りやりたくないのですがw

暑いのでサクサクっと

フロントタイヤの取付が完了。

メーターギアーとフロントディスクもセット

21号機部品下拵え前後タイヤホイール組立て (3)次にリアホイールにタイヤをセット。

これもサクサクっとセットが完了。

これでフレームが届けばサクサクっと

立ち上げまで出来ちゃうと思います。


408cc用リプロホーンステー完成

398タイプのホーンステーのリプロ品はあるのに

408用リプロホーンステー完成 (1)408タイプのホーンステーのリプロが

無かったので、作って塗装に出していた物が

仕上がって戻ってきました!

これで408ccオーナー拘りの手裏剣カバーが

408用リプロホーンステー完成 (2)目立つようになると思います。

クッションゴムとカラーはまだ

純正部品が出るので、これをセット。

むー…出来上がりが本物と見分けが付きません…。

408用リプロホーンステー完成 (6)本物と比べてみたけど

しっかりと作り込んであるので

こりゃぁ分からんわ。

ホーンは純正でまだあるのですが

手裏剣カバーは手に入らないので、これも何か考えないとねぇ…。

ホーンは別途ですが、カラーとラバー付きで

本体価格¥5,000(税抜き)になります。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2020年08月04日

夏季休暇の予定3

【夏季休暇の予定について】
まぁ例年の如く何も考えてはいないのですが
一応予定としては今週末からの連休は私用などがあるので
ついでにお休みを頂こうかと思っておりますので
下記の通りご連絡を致します。
8月8日(土曜日)私用の為休業
8月9日(日曜日)私用の為休業
8月10日(月曜日)孫の2歳のお誕生会の為休業
8月11日(火曜日)車両買い取り商談の為休業
8月12日(水曜日)定休日
以降は通常営業を予定していますが、特に何も考えていません。
よろしくお願いいたします。


三重M号エンジン仕切り直し

エンジン不動原因が分からないので

色々と考えた結果元々の実圧縮が低かった事も

改善されていないのでピストンを交換してみる事にして

再度組み立てを行う事にしてピストンを発注しました。

三重M号シリンダーヘッドリコイル (1)取り合えずシリンダーヘッドを

取り外したついでに

ねじ山上りを修正する事にします。

パイロットタップでリコイル用タップを切り

三重M号シリンダーヘッドリコイル (2)リコイルを挿入します。

これが今回は2ヵ所あるので

2ヵ所とも修正をしますが

次にヘッドを締める時に

三重M号シリンダーヘッドリコイル (3)また違う場所のねじ山が上がって

仕舞うかも知れないのですが

その時はその時でまぁ考える事にしますが

一番ややこしい場所の4ヵ所とも

リコイルとなったので、まぁ少々の事では大丈夫だと思います。


21号機用部品達と下拵え

6月末に塗装へ出した21号機のフレームが近日中に仕上がって

21号機用純正部品達とか (1)戻って来るらしいので

取り合えずお店の在庫部品をかき集めます。

中には長期欠品のボルトやゴム類などもあり

在庫していて良かったと思いました。

21号機用純正部品達とか (2)予算の都合から、リプロ部品も使いますし

純正再メッキ部品も使いますし

中古良品部品も使って

何とかオーナーのご要望に沿った上で

21号機用純正部品達とか (3)CPクオリティもキープ出来るように

色々と思案しながら仕上げて行く事にします。

取り合えず必要な大物部品は大体揃ったので

組める物を組んで下拵えに入ります。

21号機用純正部品達とか (4)次にスイングアームの下拵え

純正新品のリアサスロアダンパーを

CPオリジナルSSTを使って

圧入して行きます。

21号機用純正部品達とか (5)次にスイングアームのピポットブッシュを

油圧プレスを使って圧入します。

この作業には色々とコツがあって

失敗すると確実に割れます。

21号機用純正部品達とか (7)たっぷりとモリブデングリスを塗って

センターカラーを入れて

グリスをニップルからも入れます。

タンデムステップと純正再メッキの

21号機用純正部品達とか (8)トルクロッドをセットして

ダストシールキャップと

再メッキのピポットシャフトをセット。

これでスイングアームの下拵えは完了。

21号機用純正部品達とか (10)次にエアークリーナーボックスを組み立て

純正新品のダンパーラバーをセットして

中古良品のエアーダクトなどもセット

これでエアークリーナーボックスも

下拵えが完了したので、後はフレームが届くのを待つだけとなりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2) エンジン | 部品

2020年08月03日

8号機強化オイルポンプレポート3

昨日ツーリングに行った8号機(弟)からのレポートです。
マシーンスペック
エンジン466ccボアアップ、ハイカムst1、ポート研磨
アゲインクロスミッション、FCR28
アクティブラウンドタイプオイルクーラー装着
CP製メイン強化オイルポンプ「極み」装着
CP製ミッション用大流量強化オイルポンプ装着
外気温:30℃〜32℃
法定速度内で走行し3.4速5.000rpm巡行
油温:オイルクー出口で測定 80℃〜96℃
シフトチェンジがかなりスムーズになり
時々「あれ?シフトアップ出来たかな?」と思うぐらいだった。
と言うのが昨日のツーリングレポートで
デメリットとしては、シフトアップがスムーズ過ぎて
シフトチェンジが出来たか不安になり、もう一回上げてみると
2速のつもりが3速だったりした事らしいw


三重M号キャブレター取外しチェック

初爆はありエンジンは掛かろうとするのだが、それでもダメなので

三重M号エンジン不動原因調査キャブ交換 (1)キャブをもう一度取り外してチェック。

一度は火入れは出来たキャブなのですが

念の為取り外してチェックをしてみます。

シリンダーヘッドのバルブからは

三重M号エンジン不動原因調査キャブ交換 (2)圧縮漏れは無かったのですが

これもキャブを取り外したので

念の為漏れが無いかをチェックしましたが

4気筒とも圧縮漏れはありませんでした。

三重M号エンジン不動原因調査キャブ交換 (3)で、キャブをテスト用に交換して

エンジンを掛けてみたのですが

症状は改善されないので

点火系やキャブの問題ではなく

三重M号エンジン不動原因調査腰上分解 (1)内燃機側に何か問題がある事が

一番怪しいと言う事になったので

もう一度腰上を分解する事にしました。

で、また2ヵ所のねじ山上りが…。

三重M号エンジン不動原因調査腰上分解 (2)シリンダーヘッドを取り外してみたけど

特におかしな所は見つからない…。

ブロンズメタルガスケットは

正常に取付いていたので全く問題はない。

三重M号エンジン不動原因調査腰上分解 (3)取り合えずシリンダーを取り外して

ピストンリングもチェックしたけど

これも何も問題は無い…。

全然原因が分からないのですが

三重M号エンジン不動原因調査腰上分解 (4)一旦リセットと言う形にして

ピストンも取り外して

ちょっと考えてみる事にします。

元々の実圧縮も低かったので

三重M号エンジン不動原因調査腰上分解 (5)何か隠された罠があるかも知れません。

ブロンズメタルガスケットは

シリンダーヘッド側にしっかりと貼り付いてます。

これは再利用が出来るので

綺麗に掃除と洗浄をして再利用します。


高知U様御依頼分

足回りのバフ仕上げが仕上がって戻ってきたので

高知U様バフ仕上げ部品組み立て (1)早速仕上がり具合をチェックして

組み立てに取り掛かります。

前後ハブとブレーキドラムパネル

フロントフォークアウターケースです。

高知U様バフ仕上げ部品組み立て (2)まずはフロントハブの組み立てから開始。

ベアリングを油圧プレスで圧入。





高知U様バフ仕上げ部品組み立て (3)ベアリングリテーナーを

ホンダ純正SSTで組み込んで





高知U様バフ仕上げ部品組み立て (4)ダストシールも油圧プレスで圧入。

これでフロントハブは完成です。





高知U様バフ仕上げ部品組み立て (5)次にリアハブ組み立て

純正新品のスプロケットハブバンパーを

油圧プレスで圧入します。



高知U様バフ仕上げ部品組み立て (6)次にベアリングも圧入して仕上げます。







高知U様バフ仕上げ部品組み立て (7)で、最後にリテーナーにダストシールを

圧入して、SSTで締め込んで

これで前後ハブの組み立てが完了。

フロントフォークの組み立ては

高知U様バフ仕上げ部品組み立て (8)明日以降にでも組み立てる事にします。

スポークは拘りの当時物風スポークで

リムはラインオフ物を現在再メッキ中です。

再メッキが終わったらスポークを張って

仕上がりになるのですが、まだ当分再メッキから戻って来ないと思います…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | キャブレター

2020年08月02日

枚方が好きやんツーリング4

先月7月末までの間は雨でかなり泣かされましたが
梅雨明け後の昨日は一気に真夏の天気で
もう老体の体には体調が追いつきません。
で、今日は小雨ぱらつく鬱陶しい天気になり
これはこれで予定が狂ってしまい鬱陶しい。
もう身体も痩せて仮にでも安定の80キロ代をキープしており
今年の夏は数十年ぶりに夏バテしそうです。


第六回枚方が好きやんツーリング部公式ツーリング

今日は枚方市のコミュニティ「枚方が好きやん」内にあるツーリング部の

枚方が好きやんツーリング部公式ツーリングお見送り (1)公式ツーリングだったのですが

顧問を任せられている僕は

残念な事に今回は仕事の都合で参加は

出来ませんでしたが、修理とカスタムが終わった

枚方が好きやんツーリング部公式ツーリングお見送り (3)BUBU505-Cに乗って嫁とレオとちゃPとで

お見送りに行ってきました。

駐車場ではBUBU505-Cの試乗会も少しあり

元走り屋の女子も乗って楽しんでくれました。

枚方が好きやんツーリング部公式ツーリングお見送り (4)で、出発前に参加してくれた女性と

レオとちゃPも一緒に記念撮影。

これでFBのトップ画面もむさっ苦しい

おっさん達の画像から、美しい女性達の画像に

枚方が好きやんツーリング部公式ツーリングお見送り (5)入れ替わると思います。

最後に元走り屋の彼女にBUBU505-Cに

乗ってもらい、セクシーポーズで記念撮影。

嫁も駐車場やったら乗れば良かったとボソッとw

まぁ嫁も若い頃は、僕の300馬力オーバーのFairlady 280Z改に乗って

子供の幼稚園のお迎えや、スーパーへの買い物に行ってましたから

決して嫌いでは無いので、このBUBU505-Cも否定的では無い事が分かって

まぁ良かったかなぁ…。

何とか今日に合わせて夜遅くまで修理をした甲斐がありました。


三重M号不具合調査二日目

エンジン腰上O/Hまでは、不調ながらもエンジンは掛かっていたので

三重M号エンジン不具合調査 (1)その原因を昨日から調査しているのですが

バルタイも間違っていない事は確認をし

全てのプラグに火が飛ぶ事も確認済みなので

今日はヘッドカバーを復旧しキャブレターの確認と

三重M号エンジン不具合調査 (2)二次エアーをチェックしてみる事にします。

フロートチャンバーにはガソリンは

溜まっているので、ガソリンの供給には

問題は無いと思いますが…。

三重M号エンジン不具合調査 (3)一応キャブを取り外してみて

インシュレーターの確認も

ついでにやってみる事にしますが

何故か実圧縮圧力が低いので

三重M号エンジン不具合調査 (4)分解した時にチェックはしたのですが

ひょっとしたらバルブに問題があるのかなぁ…。

と、色々悩んでいる所なのですが

最悪はヘッドを取り外して再チェックだなぁ…。

三重M号エンジン不具合調査 (5)取り合えずバルタイなどの調整ミスは無く

エンジンの組み立てには問題は無い事は

確認出来たので、もう一度エンジンを

掛けてみる事にしたのだけど

三重M号エンジン不具合調査 (6)初爆は一度あったのですが

バッテリーが持たずに終わったので

また充電からやり直して

バッテリーの充電が完了したら

再チャレンジと原因調査をする事にします。


CB350F用カウンターシャフト

インスタ繋がりの方からのご依頼で

CB350F用カウンターシャフト (1)CB350F用のカウンターシャフトを

探しているとの事でご相談を頂いたので

宝物庫を探して何とか1個だけ見つかった

カウンターシャフトを分解して

CB350F用カウンターシャフト (2)ベアリングを圧入するついでに

中途半端が嫌いなので、ギアー類を取り外し

きれいに洗浄してから組み立てをしました。

これで今日発送をしました。

気に入ってもらえると嬉しいです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) ツーリング | 修理

2020年08月01日

只今絶賛ドツボ中3

ちょっとした遊びのつもりで購入したミニカー
BUBU505-Cの駆動系トラブルと
搭載させているエンジンAB19の部品が
一切純正部品が出ない事から
エンジン積み替えを検討しています。
幾ら修理しても、三日も持たないんじゃぁダメだわ。
なので、今度の修理では、駆動系を取り外す事が
出来ないぐらいにするつもりです。


三重M号エンジン不動

昨日はバッテリーの充電不足が原因で

三重M号エンジン不動調査 (1)エンジンが掛からなかったので

バッテリーを充電してから

実圧縮圧力を測定した所

余りにも低く目を疑うぐらいの数値で

三重M号エンジン不動調査 (2)エンジンも掛からないので

点火系?と思いチェックするも問題は無く

キャブ?と思いチェックするも問題は無く

バルタイ?と思いチェックするも問題がない…。

三重M号エンジン不動調査 (3)そうこうしているうちにヘッドカバーを

締める怪しいねじ山部分が数か所

上がっていたので、そこを修正しながら

今までこんな事は無かったのにと色々悩む…。

三重M号エンジン不動調査 (4)で、何度チェックして見ても

今の所エンジン不動原因が分からない。

前回と違う所はピストンを0.5mmOSに変更し

ピストンリングも新品になったぐらい…。

今月は全くどの車両も絶賛ドツボにはまっています。


BUBU505-C駆動系修理からのエンジン載せ替え

駆動系の不具合が相次ぐ上にエンジンパワーが全く無く

BUBU505-Cエンジン載せ替え (1)しかもAB19系エンジンの必要な部品が

全て廃盤になっておりどうしようもないので

このホンダAB19系エンジンを下して

まだ部品が出るAF28系Dioのエンジンを

BUBU505-Cエンジン載せ替え (2)搭載する事にしました。

某Yオクでキャブ付きのエンジンを購入。

エンジンマウントの位置が違うので

マウントも製作しないと乗らないので

BUBU505-Cエンジン載せ替え (3)エンジンマウントも作ります。

取り合えず駆動部分のカップリングを

接続してエンジンのセンターを出して

エンジンマウントを作る準備。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (4)カップリングの位置を合わせて

アッパーのエンジン固定マウントを加工。

これでエンジンの位置は決定しました。

後はロア側のエンジンマウントを作ります。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (5)なるべくオリジナルを加工したくないので

この位置でロアのエンジンハンガーを作り

固定出来るようにする作戦です。

その間に配線やワイヤー類を交換して

BUBU505-Cエンジン載せ替え (6)まずこのエンジンが正常に動くのかを

確認するのですが、ここで肝心なのが

EXマニの位置と大きさが違うので

マフラーも作らないといけない事です。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (7)このエンジンの燃料系は燃ポンが取付くので

燃ポンも取り付けたついでに

ガソリンコックも398のコックに交換し

コックのON/OFFが使える様に変更。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (8)燃ポンの負圧ホースとキャブと

アクセルワイヤーも交換して

エンジン始動準備が整ったので

取り合えずエンジンが掛かるのかをチェック!

BUBU505-Cエンジン載せ替え (9)エンジンは無事に始動したのですが

作ったマフラーは直管なので

このままでは家に帰れないので

サイレンサーに詰め物を沢山入れて静かにしました。

BUBU505-Cエンジン載せ替え (10)その他色々な不整合を処理して

何とか無事に動くようになりました。

これで後はマフラー

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 修理