2019年08月

2019年08月31日

本日は早仕舞い3

【本日は早仕舞い】
本日は予定通り14時にて早仕舞いとさせて頂きます。
明日は通常通りの営業となりますので
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


大阪K号フレーム組立て三日目

ローリング出来る様になるには、部品が足りないのでまだ掛かりそうです。

大阪K号電装品取付け (1)なので今日は電装関係の取付けを済ませます。

まずはエアークリーナーボックスに

各電装パーツの組込みから

ウオタニと、ETCもあるので収納場所を

大阪K号電装品取付け (2)何処にどうやって確保しようかと

かなり悩んでいます。

車検証がF2なので車検用に

取合えずF2ハンドルを取付けました。

大阪K号電装品取付け (3)ヨシムラのマルチテンプメーターも

取付けて、設定も完了です。

後は配線を仕上げるだけですが

USB電源の取付けもあるので後で纏めてやります。

大阪K号電装品取付け (4)次にメインハーネスを這わせ

リアー周りとエアクリBOXの

配線までは終わらせました。

ウオタニは別の作戦で設置予定で

大阪K号電装品取付け (5)ETCはやっぱりサイドカバー収納が

一番スマートかなぁ…と思ってます。

ETC本体の取付けステーを

製作して取付ける予定です。

大阪K号電装品取付け (6)明日からの作業で、PITの作業スペースを

空けないといけないので

台車に乗せて移動が出来る様にしました。

部品が揃い次第作業再開です。


本日のご来店

本当は明日入庫の予定だったのですが

190831本日のご来店まだ雨が降っていなかったので

急遽本日入庫となった大阪T号。

明日から作業に取掛かります。

で、雨がポツポツとタイミング良く

降ってきたので、本日の社業はここまでで終了。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0) レストア | 電装品

2019年08月30日

明日は早仕舞い3

【明日の営業時間について】
明日8月31日(土曜日)は所用に付き
14時までの営業ととなり
早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


1号機用スタックスピードメーター

1号機のスピードメーターをどうしようかとずっと考えていて

1号機用スタック電気式スピードメーター (1)スタックの電気式スピードメーター

ST3802を購入してみました。

車用なので防水防塵ではないので

一応防水、防塵処理をしてみました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (2)このST3802は配線やセンサーも

付属していないので

早速配線を作ってみました。

センサーは汎用品ですが多分使えると思います。

1号機用スタック電気式スピードメーター (3)取合えずバッテリーに配線を接続して

作動確認をしてみます。

説明書が英国本土の説明書なので

大体のイメージで配線をしました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (4)で、電源を入れるとオープニングが始動。

無事に作動したので大丈夫です。

設定は走らないとダメらしいので

取付けてからになります。

1号機用スタック電気式スピードメーター (5)バックライトも点灯確認。

これもOKでした。

ライトONでバックライトが点灯する様に

配線を分けて作りました。

1号機用スタック電気式スピードメーター (6)センサーの作動確認もOKで

取合えず時速260キロまで出して

2キロ走行となりましたが

ちゃんと設定が出来ていないからですw

バイクによく使われているST700だとタコメーターがメインになるので

1号機用スタック電気式スピードメーター (7)今回は試しにST3802にしてみたのですが

取付けに関しては問題は無さそうです。

後は耐久性と防水、防塵が気になりまが

ビキニカウルもあるので

取合えずこれを使ってみます。

近日中に取付け&設定予定です。


大阪K号フレーム組立て二日目

大体の下拵えが済んでいる大阪K号の

大阪K号フレーム組立て (1)本格的なフレーム組立て作業に

今日から取掛かります。

以前から欠品だった部品の在庫が

何処かにあったはずだと思い

大阪K号フレーム組立て (2)中々出て来なかったのですが

まさかそんな所に片付けてあったのか!

と言うような場所から出てきたので

今日から組立て作業の再開です。

大阪K号フレーム組立て (3)これも1号機のスピードメーターの

配線を探さなければ見つからなかったw

これでメインスタンドとサイドスタンドを

取付けれるようになりました。

大阪K号フレーム組立て (4)次にステムベアリングをセットして

ステムを取付けます。

締め付けはバネ計りで測定して

基準値で締め付けます。

大阪K号フレーム組立て (5)トップブリッジをセットして

フロントフォークを組込みます。

ステム部分のフォークを締め付ける

ボルトが入って無かったので、又後日です。

大阪K号フレーム組立て (7)フロントフェンダーを取付けるのですが

ボルト関係は探し出したけど

ブレスのセッティングピースが

見つからないのでフロントはここまで。

大阪K号フレーム組立て (8)スイングアームのピポットボルトを

再メッキ品と交換して取付けて

リアサスもセットが完了です。

後でタンデムバーを入れるのでここまで。

大阪K号フレーム組立て (10)エアークリーナーボックスの

ダクトを取付けるインレットバンドが

探しても見つからないので

これもここまでで終了。

大阪K号フレーム組立て (11)仕方が無いのでリアフェンダーと

ウインカーとタンデムバーを取付け。

テールライトの配線を少し手直し

ロングタイプのリアフェンダーでした。

テールライトブラケットのゴムが潰れているけどカラー入っているのかなぁ?

大阪K号フレーム組立て (12)チェーンカバーも取付け。

プラグゴムが無かったので

ここは在庫から出して取付けます。

ドライブチェーンは交換した方が良さそうなので

大阪K号フレーム組立て (13)取付けはしませんでした。

後はタイヤなどを発注して交換して

ローリング出来るようにして

不足部品をチェックしてからエンジン搭載だな。

組立てよりも部品を探す方が時間が掛かったかも…。

大阪K号フレーム組立て (14)で、不足部品のチェックをしていると

フレーム関係の未メッキ部品が入っている

袋の中にインレットバンドを発見!

再メッキ品と交換してダクトを取付け。

大阪K号フレーム組立て (15)こんな感じなので、オーナーが分解した

車両の持込みは、探す手間が余計に掛かるので

無いなら初めから無い方が良い。

車両の分解は半日も掛からないので

僕自身でやった方が、部品管理も自分流で出来るので分かりやすいんです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 電装品 | レストア

2019年08月29日

往復1,700キロの旅3

一泊二日の関東納車一人旅も無事終えて
まだ疲れが残る今日は通常営業です。
走って食べて飲んで寝て又走って食べての旅だったけど
関東在住の方から沢山ご連絡を頂き
とてもありがたく思いました。
こんなんだったら、また一っ走り行きたくなりますねw


関東納車旅行

27日の11時に出発した時点でもう眠かったけど

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (1)頑張って300キロ走り静岡SAでトイレと

昼食と給油を済ませました。

本当は浜松SAに寄ろうと思っていたのですが

SA入り口で大型がトラぶっていたのでパス。

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (2)暫く走ると前から一度行きたかった

鮎沢PA、ここの東名上り線でしか

食べられないと言う噂のラーメンを

食べてみる事にしたんだけど

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (3)殆どの麺類は売り切れており

選択肢は醤油ラーメンだけでしたが

PAのラーメンにしてみれば

とても美味しかったので

売り切れていたメニューも食べてみたいと思いました。

お腹はかなり満腹状態で何とか横浜ベイブリッジまで到着。

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (4)ここで若い頃車を止めて皆並んで

立ちションベンをした事があるのですが

下からの風でションベンが舞い上がり

ずぶ濡れになった思い出がありますw

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (5)そしてアクアラインへ

ここは多分これで3度目ぐらいかな?

海ほたるでトイレ休憩をしたかったけど

渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので

そのまま千葉へ上陸してオーナーの自宅付近で迷子になり電話でヘルプw

オーナーに迎えに来て頂いて、無事納車が出来ました。

防犯上の都合から、ブログ用画像の撮影は控えました。

木更津ナイトの話もあったのですが、今回はメンバーが揃わなかったので

又次回に延期となり、江戸川ナイトへ心を弾ませていたのですが

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (6)こちらも都合が合わず又の機会となり

レインボーブリッジを渡り

一路赤羽ナイトへ向う事になりました。

海ほたるでトイレ休憩を逃したまま

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (7)首都高の事故だらけの渋滞に巻き込まれ

僕の膀胱はかなりヤバイ状態だった。

で、何とか高速を降りてコンビニの7/11で

トイレを借りようと思ったら

「鍵が壊れて使えない」と言われ「俺が開けたるわ!」と言ったけど

関東の方には冷たくあしらわれたので、駐車場で済ませました…。

往復1700キロ関東満喫の旅190827 (8)21時にやっと赤羽で元問題児と合流。

赤羽のディープなお店、やきとんの「米山」で

昭和初期の雰囲気を満喫させて頂き

そのまま酔いが覚めるまで一旦就寝。

往復1700キロ関東満喫の旅190828 (9)翌朝5時過ぎにツクバサーキットに到着。

6時開門で適当な所に車を止めて仮眠。

7時過ぎに小室氏がツクバ入りして

起こしてもらいました。

往復1700キロ関東満喫の旅190828 (10)で、やっと車両を納車出来て一安心です。

この日小室氏はツクバで走る

ライダーの達のインストラクターのお仕事。

余りゆっくり話す事が出来ませんでしたが

往復1700キロ関東満喫の旅190828 (11)出来上がり具合を結構気に入ってもらい

またライディング教室でフォアを使って

サーキットを走るそうです。

言い忘れましたがオイルフィルターの交換時に

スプリングシートを一緒に捨てないで下さいね。

往復1700キロ関東満喫の旅190828 (12)大急ぎで次のポイント名古屋までとんぼ返り

もう眠さ全開だったので9時半頃に

駿河湾沼津SAでトイレ休憩と食事を

済ませて一旦仮眠を取る事にしました。

往復1700キロ関東満喫の旅190828 (13)ここでもやっぱりシラス丼w

釜揚げシラス、生シラス、沖付けシラス

桜海老などが入った五色丼をいただいて

3時間ぐらい寝たんだろうか…。

往復1700キロ関東満喫の旅190828 (14)大急ぎで名古屋まで走って

ベホリRを引取ってきました。

作業に掛かれるのは来月初め以降かなぁ

何とか詰めてやってみます。

往復1700キロ関東満喫の旅190828 (15)ついでに398のクランクケース2個

398クランク付きを引き上げて

20時過ぎには無事自宅に戻る事が出来ました。

往復1,700キロの旅でヘトヘトに疲れ果て

晩御飯を食べてそのまま朝まで深い眠りに入りました。


京都GTH号クランクケース下拵え

今日はクランクケース側に残ったシリンダーガスケットの除去作業。

京都GTH号エンジンカスタムクランクケース下拵え (1)リムーバーが使えないので

ネチネチ剥がし作戦しか手段が無い。

取合えず使わないピストンを取外して

ゴミが入らないように養生をして作業をします。

京都GTH号エンジンカスタムクランクケース下拵え (2)ピストン取外し完了!養生も完了です。

オイルラインにも詰め物をして

ゴミが入らないようにしてから

ネチネチとガスケットを剥がします。

京都GTH号エンジンカスタムクランクケース下拵え (3)で、約1時間ちょっとが経過して

やっと綺麗に残りのガスケットを

全て剥がし終えました。

ヘッドカバーも掃除が完了です。

京都GTH号テンプメーター交換次に壊れてしまった旧ヨシムラの

テンプメーターから新しいタイプの

メーターに交換しました。

設定も完了して、後はセンサーを取付けるだけ。

京都GTH号キャブレターMJ交換 (1)キャブレターも純正キャブのまま

ヨシムラキットのボアアップなので

MJを変更しておきます。

取合えず薄めの#80を入れてみます。

京都GTH号キャブレターMJ交換 (2)ガソリンホースもお洒落な

ステンメッシュホースに変更。

見える所だけらしいけどw

これでキャブも取合えずはOKです。

後はハイパワーオイルポンプを装着してあるので

オイルラインの加工を済ませて、内燃機加工の仕上がり待ちとなります。


本日のご来店

貴重な国内408に乗った高槻S号がご相談にご来店。

本日のご来店190829 (1)何でも1.2週間ぐらいサイドスタンドで

置いてあると、サイドスタンド部分に

オイルが滲んで溜まるらしく

ご相談にご来店されたので

本日のご来店190829 (2)外から見ると、恐らくシフトシャフトの

オイルシール辺りからのオイル滲みが

怪しい事を説明してカバーを開けると

案の定シフトシャフト部分からのオイル滲み。

本日のご来店190829 (3)サクッとオイルシールを引き抜いて

新しいオイルシールと交換して

保全の為CPでは推奨している

オイルシールホルダーも装着して復旧。

これで様子を見てもらう事になりました。

サイドスタンド付近にオイル滲みがあったら

まずシフトシャフトのオイルシールを疑って見て下さい。

走行中や出先でこれが抜けると大騒ぎになります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4) Custom Paranoia | エンジン

2019年08月27日

関東納車の旅4

本日は今から関東方面へ納車の旅へ向いますので
臨時休業とさせて頂きます。
昨晩は納車の旅なのに何故か遠足病で眠れなかったけど
長旅なので安全運転で行って来ます!


明石T号エンジン引取り納品

エンジンの組立てが終わり、本当は先週引取り予定だったのですが

明石T号エンジン引取り納品色々とご都合が合わなくなり

本日午前中に、お引取となりました。

後はご自分で仕上げるとの事なのですが

ご不明な所が御座いましたら

ご連絡を頂ければ、対応は可能です。


関東納車の旅

関東納車車両積込み完了と言う事で本日は病院へ行って

エンジンを納品してからの

超早仕舞いで、今から関東へ

納車の旅に向います。

東京で一泊して歌舞伎町ナイトでも楽しんでみたなぁ…。

peke_cb400f at 10:30|PermalinkComments(0) エンジン | Custom Paranoia

2019年08月26日

明日は10時開店、10時閉店です

予定では明日、超早仕舞いの予定ですが
10時開店、10時閉店の勢いなので
ほぼ臨時休業になると思います。
ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。


京都GTH号エンジンカスタム分解

予定通り昨日入庫してきた京都GTH号のカスタム作業に

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (1)今日から早速取掛かります。

まずはマフラーを取外して

腰上分解の準備を進めます。

ACGカバーはオーナーが磨きたいとの事で

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (2)昨日PIT INの時に取外しました。

ヘビーユーザーなので

2017年にCPで購入されてから2年半で

2万キロを走破しているので

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (3)Oリング、ガスケット類はもう限界で

オイル滲みが始まっていました。

そのタイミングでのエンジンカスタム

と言う事になります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (4)リメイクしたロッカーアームを

装着していたGTH号ですが

オイル管理も良く、2万キロ走っても

表面は当りが付いたぐらいで問題ありません。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (5)元々強化カムチェーンを入れてあり

カムチェーンの伸びも無く

しかもCB350F用ダンパー付き

カムチェーンギアーを入れてあるので

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (6)メカノイズも軽減され静かです。

僕の1号機とレーサーは軽量化の為

408タイプを入れてあるんですが

本当はCB350Fのギアーを入れたいぐらいです。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (8)ヘッドとシリンダーの取外しが完了。

思い出したのはクランクケースの

アッパーケースは純正仕様の

塗装仕上げだった事を思い出しました。

京都GTH号エンジンカスタム腰上分解 (9)2万キロ走行したピストンリング。

吹き抜けも無くセカンドリングはまだ

1万キロは走れそうな感じの磨耗具合です。

まぁ少し早めの腰上O/H的な感じですね。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (1)カムチェーンスリッパーは

多少磨り減っていますがまだ使えます。

ガイドも全然問題ありません。

両方共上下を逆にして使います。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (2)今からシリンダーとクランクケースの

ガスケットを剥がすのが大変ですが

先に内燃機屋さんへ送る方を

優先して作業を進めます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (3)流石にシリンダーヘッドのバルブは

リークがあるので摺り合わせが必要です。

ついでにバルブガイドのOリングも

交換してしまいます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (4)EXバルブをエアーで吹付けると

ブクブクと泡が出るのが分かります。

バルブスプリングも強化に変更予定。

取合えずお昼ご飯を食べて

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (5)シリンダーヘッドの下拵えを始めました。

EXスタッドボルトを抜いて

インシュレーターも取外しました。

インシュレーターやOリングはまだ健全ですが

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (6)Oリングは交換となります。

バルブを取外して、カーボンを取る為

ついでにウエットブラストで

仕上げてしまいます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (7)ブラストで綺麗になった所で

バルブガイドを抜き取りました。

バルブガイドはそのままで大丈夫なので

Oリングのみ交換になります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (8)で、取外したOリングですが

やはりEX側だけがボロボロに

崩れて、朽ち果てている状態でした。

IN側はまだマシですが同じく新品に交換です。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (9)新しいOリングに交換して

バルブガイドを入れて

一応リーマーを通して

これでOリング交換は完了です。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (10)シリンダーヘッドの座面が

6箇所荒れているので

ここは修正しておかないと

オイル漏れの原因になります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (11)次にシリンダーのガスケット剥がしに

取掛かります。

ワコーズのリムーバーをぶっ掛けて

暫く放置しておくと

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (12)こんな感じで簡単に剥がれました。

ここのOリングは熱で硬化していたので

パリパリに割れて取れました。

で、シリンダーもブラストで仕上げます。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (13)これでシリンダーもブラストが

完了しました。

後は測定をしてから

内燃機加工へ送ります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (14)で、シリンダーの測定結果は!

ギリで規定値内だったので

シリンダーはヨシムラピストンの

ボーリング加工だけとなります。

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (15)続いてシリンダーヘッドは!

残念!ギリ規定値外だった…。

シリンダー側がギリ規定値内なので

ここはやむなく平面研磨しておいた方が

京都GTH号エンジンカスタム腰上下拵え (16)より良いと思います。

取合えず発送準備が整ったので

早速内燃機加工へ送ります。

後はクランクケース側の下拵えだけど

塗装をしてあるのでリムーバーが使えないので

シコシコと剥がすしか方法が無いね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | カスタム

2019年08月25日

超早仕舞いのお知らせ3

【超早仕舞いのお知らせ】
明後日8月27日(火曜日)はエンジンの引取りが終わり次第
早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


コムアキ号納車準備

中々納車が出来なかったコムアキ号の納車に28日に行く事になり

コムアキ号バッテリー充電昨日から諸々の最終チェック。

だけど元々バッテリーが弱かった事もあり

バッテリーが上がっていたので

昨日からサルフェーション充電。

今朝は満充電になっていたので

エンジンを始動させて最終チェックを済ませました。


千葉H号オイル漏れ修正完了

昨日何度かエンジンを温めて、冷やしてを繰り返した後に

千葉H号オイル漏れ修正完了 (1)一晩放置してチェックしていた千葉H号。

今朝チェックするも、オイル漏れも無く

油圧が掛かる所では無いので

これで大丈夫だと思います。

千葉H号オイル漏れ修正完了 (2)カバーを装着して完全復旧。

最後に少し試運転をしてから

オーナーに納車日の相談をしました。

ちゃんとした原因は不明のままですが

千葉H号最終試運転いずれにしても内側からの破壊が原因と思われ

これはあくまでも推測ですが

過去に長いボルトを入れられ

今回その箇所の亀裂が広がったのかも…。

まぁ今回は上手く修正が出来たので

このまま何事も無く長く楽しめれれば良いと思います。


1号機ブレーキレバー交換

この前のボテゴケで骨折してしまったブレーキレバー

1号機ブレーキレバー交換 (1)アフターパーツの入荷が

9月中頃だったので

どうしようかと思っていたのですが

オプションで例の可動式レバーがあったので

1号機ブレーキレバー交換 (2)発注したら直ぐに届いたので

今の内に交換してしまいます。

まぁ過去にこう言った可動式レバーを装着して

ボテゴケした際、思ったような事に

1号機ブレーキレバー交換 (3)ならなかったのは

言うまでもありませんが…。

まぁレバーガードもあるし…。

でもこのレバーガードも僕の思惑と違い

1号機ブレーキレバー交換 (4)ボテゴケした際にレバーを

守りきれなかったのですが…。

そもそもレバーガードの使い方が

違うんだけどねw

何ならレバーガードの方がレバーより高いしw

レバーガードガードが欲しいぐらいだわ。


GTH号エンジンカスタム入庫

消費税増税前、また作業工賃値上げ前にエンジンカスタムの

京都GTH号エンジンカスタム入庫190825 (1)ご予約を頂いた、京都GTH号が

本日入庫して来ました。

エンジンが冷えてからの作業になり

実務的な作業は明日からですが

京都GTH号エンジンカスタム入庫190825 (2)月曜日には分解して測定などを済ませて

内燃機加工送りにする予定を考えてます。

納期の日程は内燃機加工の

混み具合次第ですので、暫くお待ち下さい。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | カスタム

2019年08月24日

ノートPCマウスカーソル行方不明3

会社から貸与されているノートPCW10の
マウスカーソルが二日ほど前から家出しており
画面から消えた。
まぁタッチパネルになってるので
業務的には問題は無いのだけど
何故家出したのか?何処に逃げたのか?どうやれば戻って来るのか?
この3点に付いて知りたいので
どなたかW10のノートPCのマウスカーソルを探して下さい。


千葉H号オイル漏れ修理

先日再入庫してきた千葉H号のクランクケースのクラックからの

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (1)オイル漏れの修正処置を行って

48時間経過したので復旧作業に取掛かり

エンジンオイルを入れて

漏れが止まったかをチェックをします。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (2)まず大丈夫だと思いますが念の為です。

オイルパンを装着してエンジンオイルを入れ

まずは常温で漏れが無いかを見てみます。

まぁこの時点で滲んできたら問題外です。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (3)後でマフラーを装着して熱を入れ

オイルの粘度を軟らかくして

またクランクケースの熱膨張もあるので

それで漏れなければ大丈夫です。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (4)取合えず常温では大丈夫そうなので

マフラーを装着して火入れの準備。

2.3分エンジンを始動させて

オイルを補充、少し大目に入れてみました。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (5)再度エンジンを始動、油温を100度程度まで

上昇させてオイル漏れが無いかを

何度か繰り返してチェックをしてみます。

油温計の時間が12時間違うので修正しときます。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (6)1回目:アイドリングで

油温106まで上昇させて

オイル漏れ箇所のチェック。



千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (7)漏れ無し!

これで一旦エンジンを冷やしてから

何度か同じ様にエンジンを温めて

冷やしてを繰り返してチェックします。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (8)食事も終えてエンジンも冷えた午後から

オイル漏れが無い事をチェックしてから

再度エンジンを温めてオイル粘度を

軟らかくしてみました。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (9)今度はスタートが60度からだったので

早めに100度に到達しました。

これでまたオイル漏れのチェック。



千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (10)今の所どうやら大丈夫そうです。

これを今日一日繰り返してみて

一晩放置して漏れてなければ

大丈夫だと思います。

千葉H号クランクケースオイル漏れ修正チェック (11)オーナーと電話で今の状況を説明し

納車までの期間に問題が無ければ

自社便で千葉まで走ろうと思います。

どっちがついでになるのか分かりませんが

コムアキ号も一緒に積んで納車する事にしました。


大阪K号フレーム部品下拵え二日目

予定では今日か明日にはエンジンを搭載する予定でしたが

大阪K号ヘッドライトステー下拵え (1)取合えずフレーム関係の

部品チェックも兼ねて

各部品の下拵えを済ませます。

まずはヘッドライトステーから。

大阪K号ヘッドライトステー下拵え (2)これもまぁダンパーラバーと

カラーを入れるだけなんですけどね。

あぁそうだ確か箱の中に

ウインカーもあったなぁ!

大阪K号ヘッドライトステー下拵え (3)で、ウインカーも取付けました。

レンズが割れているので

検査官によっては車検NGの場合が

ありますが、まぁ大丈夫でしょう。

大阪K号トップブリッジ下拵え (1)次にトップブリッジの下拵え

シートロックキーは

フレームに取付けました。

イグニッションキーと

大阪K号トップブリッジ下拵え (2)インジケーターを取付け

この時点でワッシャーが2枚

不足して居る事が判明しました。

そう言えばメーターもあったなぁ。

大阪K号トップブリッジ下拵え (3)メーターを探し出して箱を開けると

何とまぁ、保管方法が逆になってる!

ダンパーオイルが漏れてなければ良いのだが

どれぐらいの期間この形で保管されていたのか?

大阪K号トップブリッジ下拵え (4)取合えずメーターステーに

タコとスピードメーターを仮付け

アゲインのリプロメーターなので

まぁ大丈夫かなぁ…。

大阪K号ピリオンステップ下拵え (1)次にピリオンステップの下拵え。

これは全部部品が揃っているので

組立ててフレームに取付ける事にします。

ピンの入れ方を左右揃えて

大阪K号ピリオンステップ下拵え (2)サクサクッと組立てが完了です。

取付けボルトも入っていたので

フレームに取付けます。



大阪K号ピリオンステップ下拵え (3)これでシートロックと

ピリオンステップが

フレームに取付きました。

後はエンジンマウントなど

再メッキボルト関係のチェックだけかな?

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 修理

2019年08月23日

持込み部品の検索時間3

今朝のゲリラ的な雨は凄かった。
まだまだ天候が安定しないので作業をする上で
この天気はかなり厳しい…。
早く天候の回復を願うばかりです。


大阪K号フレーム組立て下拵え 

持込み部品が多い場合は、部品の検索に時間が掛かってしまうので

大阪K号フレーム組立て下拵えスイングアーム (1)逆に困るのが本音です。

オーナーが予想していない不足部品もあったり

又その逆もあったりします。

今回スイングアームではピポットブッシュと

大阪K号フレーム組立て下拵えスイングアーム (2)ダストシールキャップが用意されて無かった。

無いのは別に良いんだけど、無いと思っていたら

後から出てくるパターンがあります…。

まぁ何時もそんな感じですが

大阪K号フレーム組立て下拵えスイングアーム (3)サクサクッとアンダーラーラバーブッシュを

交換して、用意された部品に入っていなかった

ピポットブッシュを在庫部品から取出して

スイングアームの手入れをしてから

大阪K号フレーム組立て下拵えスイングアーム (4)油圧プレスで圧入します。

パウダーコートなど焼き付け塗装をすると

ピポットブッシュは焼けて縮むので

交換しないとダメです。

次にトルクロッドの取付けですが

エンジン関係のボルトは僕が分解して管理し、個々に再メッキに出しますが

今回残念な事にフレーム関係のボルトは先日持込まれたので

再メッキに出すチャンスを逃してしまっているので

大阪K号フレーム組立て下拵えスイングアーム (5)手持ちの再メッキ部品から

交換と言う形で、再メッキ品に変更ですが

これもまた僕の部品整理が悪いので

探すのに時間が掛かります。

大阪K号フレーム組立て下拵えスイングアーム (6)で、午前中の時間を費やして

作業が完了し出来上がったのは

スイングアームだけです。

非効率な事極まりないです。

大阪K号フレーム組立て下拵えステムシャフト (1)次にステムシャフトの下拵え

ボトムコーンレースの打込みです。

スチールボールは在庫してなかったので

ステムの取付けは後日になります。

大阪K号フレーム組立て下拵えステムシャフト (2)サクッと打込み完了です。

ステムベアリング関係の部品は

持込み部品には無かったので

店の在庫部品を使ったのですが

在庫が無い場合もあるので、その場合はそこで作業はストップです。

大阪K号フレーム組立て下拵えエアークリーナーボックス (1)次にエアークリーナーBOXの下拵え

まぁこの下拵えはゴムをはめて

カラーを入れて、パウダー塗装の

リタップをするだけです。

大阪K号フレーム組立て下拵えエアークリーナーボックス (2)で、これで下拵えは完了です。

サイドカバーブラケットの

取付けボルトは無かったので

発注しておきます。

大阪K号フレーム組立て下拵えメインフレーム (1)次にやっと本日のメインイベント

フレームの下拵えに取掛かります。

まずは修正したフレームに

ボールレースを打込みます。

大阪K号フレーム組立て下拵えメインフレーム (2)これで上下共レースの打込みが完了。

工具はホンダ純正のSSTを使っているので

レースに傷が入ったりする事はありません。

大体の車両のステム類はこれでまかなえます。

大阪K号フレーム組立て下拵えメインフレーム (3)下拵えをしたエアークリーナBOXを

フレームに取付けます。

サイドカバーグロメットも取付けて

インナーフェンダーも仮付け完了です。

大阪K号フレーム組立て下拵えメインフレーム (4)サイドスタンドとメインスタンドを

取付けようとしたのですが

サイドスタンド取付けボルト、ナットの

良品が無く、メインスタンドはフレーム側の

マフラーステーが無いので取付ける事が出来ないので

リプロ品を発注したけど在庫切れだったので、本日はここまでで終了。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2019年08月22日

何かとてんやわんや3

昨日の天気予報ではゲリラ的な雨が降るとの事で
バイクで出掛けるのを諦めて、病院から帰ってきて
定休日も水遣り嫁のプランターに水を撒いた後に
アマゾンプライムで映画鑑賞。
午後から嫁が店に来たので
「パイナップル葉が結構伸びたで」
「まだ実は出てこんなぁ」と言うと
「何を言うとん、出来るまで3年掛かるで」
「!!!!!!3年!!!!!!!」
「知らんかったわ!」
てか、後3年も水を撒かないといけないのね。
パイナップル農家さん、何時も美味しいパイナップルをありがとう。


只今PIT内整理中

お盆休みが明けて、一気に部品などが入荷してきたのですが

予定通りに物事が運ばないと連鎖反応的に総崩れになってしまいました。

大阪マッスル化T号リアサス入荷大阪マッスル化T号用リアサス

本日入荷しましたが

作業の目処が立ちませんので

暫くお待ち下さい。

大阪K号用外装パーツ持込本日大阪K号の外装関係や

純正部品をお持ち頂く予定だったので

PITは部品だらけになりました。

部品を再チェックした所

フレームを組立てる順番上、必要な部品が無かったので追加で発注となり

組立て開始も少し遅れます。

千葉H号出戻り千葉H号も今日予定外の出戻りとなり

更にPITが大変な事になってしまった。

天気が不安定な事も重なっており

作業用リフトに搭載したいのですが

作業用リフト整理今週引き取り予定のエンジンが

延期となりリフトに鎮座しており

まずはスペースの確保と

作業プランの練り直しから再スタート。

取合えずリフト上の物は片付けました。


千葉H号オイル漏れ原因調査

納車後暫くしてオーナーからオイル漏れの連絡を受けていた千葉H号。

千葉H号オイル漏れ不具合調査 (1)その原因を大体予測して

そして恒久対策を考えてました。

で、早速原因調査の為マフラーを取外し

片付いたリフトに搭載しました。

千葉H号オイル漏れ不具合調査 (2)で、L側カバーを取外して

オイルパンを取外し原因を調査します。

予想どうりであれば、カバーのボルト穴に

何らかのダメージがあるはずです。

千葉H号オイル漏れ不具合調査 (3)オイルパンを取外して覗き込むと

L側カバー取付けボルトエンド部分が

少し膨らんでいます。

やっぱりここに何かのダメージが入ってる。

千葉H号オイル漏れ不具合調査 (4)裏から光を当てるとはっきりと

亀裂が確認出来ました。

予想どうりの原因ですが

何故こうなったのかが不明です。

千葉H号オイル漏れ不具合調査 (5)ここの取付けボルトはパンスクリューで

M6×35mmで、実際の穴の深さは

カバーを入れて約43mmの深さがあるので

この様に内部から押し出すような

亀裂を入れようと思うと、45mm以上のボルトを入れないと

この様にはならないのですが…。

エンジン分解、ブラスト時の画像を見ても亀裂はありませんでした。

兎に角この亀裂の処置をしますが、溶接では不純物が多く無理なので

千葉H号オイル漏れ不具合修正別の方法で処置を試みます。

取合えず準備してあった物を二重で

亀裂を内側から埋めました。

このまま2.3日放置しておきます。


本日のご来店

かなり久し振りになりますが、本日オイル交換にご来店は親方さん。

親方3号機オイル交換190822 (1)色々と忙しくしておられらしく

親方3号機の車検を受けて

ご来店となりました。

この先親方1号2号と順にメンテナンスに

親方3号機オイル交換190822 (2)来られる事になりそうで

まずは手始めに3号機からオイル交換。

他に色々と部品のご注文も頂きました。

オイルを抜いてペール缶に移す時

親方3号機オイル交換190822 (3)網にポジティブストッパーの破片が!

親方3号から出たのかと思い

クラッチカバーを外してチェックしたけど

親方3号機のでは無かった…。

一体誰のだろうか…。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | レストア

2019年08月20日

部品入荷待ち3

今週は天候が不安定で
昨日まで明日の天気は良かったので
一っ走り行って来ようと思っていたのに
どうやら無理そうなので、明日は病院から帰ってきたら
お店で毎朝の日課をこなしてから
自宅へ帰りのんびりする事にします。


大阪K号エンジン組立て二日目

昨日組上げた大阪K号のエンジンの仕上げ作業に取掛かります。

大阪K号エンジン組立て二日目 (1)まずは増し締めからですが

両サイドの4本が締まったぐらいで

他は少し動いた程度でした。

後は何処かのタイミングで点検するぐらいです。

大阪K号エンジン組立て二日目 (2)ヘッドカバーも取付けて

タペットクリアランス調整。

タペットキャップを取付けて

これで一先ず完成となります。

大阪K号エンジン組立て二日目 (3)後はフレーム側の組立て用部品を

拾い出すのですが

オーナー手持ちのの部品が

どれだけあるのかが分からないので

取合えず在庫部品もあるので、後は組立てながら相談かな?


予備油圧クラッチシリンダー

壊した油圧クラッチシリンダーと、壊れた油圧クラッチシリンダーと

油圧クラッチシリンダー3個一予備組立て (1)燃えた油圧クラッチシリンダーの

合計3個を分解して良いとこ取りの

部品取りをして、1号機の予備用で

油圧クラッチシリンダーを一つ組みました。

油圧クラッチシリンダー3個一予備組立て (2)次に今まではアルミ丸棒を加工して

作っていたクラッチレリーズアームと

油圧クラッチシリンダーのリンク用太鼓を

今度は真鋳合金で作る事にしました。

油圧クラッチシリンダー3個一予備組立て (3)先日のトラブルはこの太鼓に開けた

3mmのねじ山が上がってしまい

すっぽ抜けてしまった事が

トラブルの原因なので

油圧クラッチシリンダー3個一予備組立て (4)今回は強度を上げて真鋳合金に仕様変更。

これで3mmねじ山の強度も上がるので

大丈夫だと思いますし

念の為予備も作りました。

ブレーキフルードもロングツーリングの時には小分けして持ち歩くので

これで出先で何かあっても、大丈夫です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2019年08月19日

この所の毎日毎朝の日課3

朝、月曜日から土曜日まで毎日火傷治療の為病院へ通い
定休日でも店に来て、日曜日も含めて
嫁がプランターに植えている向日葵と
パイナップルと、小さな花壇のコスモスに散水。
その後メールチェックなどの事務処理を済ませる毎日です。
当然ツーリングに行く日の朝も同じです。
まだ残暑が厳しいのですが、今週の天気を乗り越えれば
いよいよ空冷シーズンINだと期待しています。


一日予定が延びた大阪K号エンジン組立て開始

嫌いじゃないので、ついつい誘いに乗ってしまい

昨日は走りに出掛けた挙句にマシントラブルになり

帰って来るのが遅くなり、仕事が出来なかった…。

で、今日はまじめに朝から大阪K号のエンジン組立て作業に取掛かります。

大阪K号エンジン組立て一日目 (1)下拵えはもう終わっているので

何時もの様に具をポイポイっと入れて

何時もの記念撮影。

クランクメタルも問題が無かったので再利用。

大阪K号エンジン組立て一日目 (2)で、サクサクッと腰下の組立てが

完了しました。





大阪K号エンジン組立て一日目 (3)シフト関係の具もセット完了。

動作確認もOKです。

次にピストンにリングをセットして

コンロッドに接続。

大阪K号エンジン組立て一日目 (4)シリンダーにOリングを入れて

シリンダー挿入準備が完了しました。

で、サクッと挿入完了。

シリンダーヘッドを搭載する準備に掛かります。

大阪K号エンジン組立て一日目 (5)貴重な純正ヘッドガスケットをセット。

ハイパワーオイルポンプを装着するので

ついでにオリフィスを加工してセット完了。

発注漏れだったインシュレーターが

大阪K号エンジン組立て一日目 (6)今日タイミング良く入荷して来たので

シリンダーヘッドの下拵えを

先に完了してからヘッドの搭載をします。

サクサクッと部品を取付けて

大阪K号エンジン組立て一日目 (7)どーん!

シリンダーヘッドの搭載完了。

カムシャフトも搭載するのですが

オリジナルは磨耗とカジリがあるので

大阪K号エンジン組立て一日目 (8)アゲインSTDカムシャフトを取付け。

カムチェーン強制調整ボルトで

カムチェーンを調整して

大阪K号エンジンの今日の組立てはここまで。

明日増し締めして仕上げてから、フレームの準備に取掛かります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2019年08月18日

仕事サボってツーリング2

この所日が落ちるのが早くなり
夜も涼しく感じて過ごしやすいし
バイクに乗っても気持ちが良いので
夜走りしたくなるねぇ。


仕事サボってツーリングからのクラッチトラブル

昨晩の閉店前にやって来た銀ちゃんが「明日何処行く!」と言うので

仕方なく、朝駆けでツーリングに行く事になったので

銀ちゃんの足の具合もあるので、コースはショートコース。

弟も誘ったけど、今朝の待ち合わせ時刻には来なかった。

仕事サボってツーリングからのクラッチトラブル (1)仕方なく銀ちゃんと二人で一っ走り。

先週に引き続き針テラスにやってきた。

時刻は9時半、ボチボチ暑くなる時間なので

次のポイントの大内ドライブインへ行き

仕事サボってツーリングからのクラッチトラブル (2)「おすみ」で早めの昼食を頂きました。

銀ちゃんはホルモン定食とはらみ串。

僕はホルモン炒飯と野菜炒めを頂いて

お腹も満たされたので、午後からの仕事に戻る為

仕事サボってツーリングからのクラッチトラブル (3)朝駆けを終わらせて戻る道中の

月ヶ瀬辺りで油圧クラッチにトラブル発生!

騙し騙し何とか戻って来て

壊れた油圧クラッチレリーズを修理。

仕事サボってツーリングからのクラッチトラブル (4)きっと仕事サボったバチが当ったのか…。

それとも合同ツーリングまでに

こんな不具合が出たので返って良かったのか。

取合えず修復が完了しました。

ついでに予備部品も作ったので、次は大丈夫です。

油圧クラッチシリンダーも予備を持っておこうかな…。

peke_cb400f at 17:00|PermalinkComments(0) ツーリング | 修理

2019年08月17日

W7のサポート終了まで残り僅か3

お店のPCがまだW7なのですが
サポート終了まで残り僅かと迫って来ており
やむなくOSをW10にするに当り
CPUやマザーボードとそれに付随するグラボから何から
W10対応に変更しないといけないのだけど
それぐらいはたやすい事なのですが
メールアドレスの設定など色々な設定が一番面倒…。
問題は何時やるかだな。


かる鴨の親子その後からのボテゴケ

以前インスタで撮影したかる鴨の親子と今朝病院からの帰りに遭遇。

鴨の親子のその後成長過程はちょくちょく見ていましたが

今朝はのんびりとしていたので

シャッターチャンス!と思い撮影

親は岸辺で子供達を見守っている光景に

親って人も他の生き物も母性本能は同じなんだと思い

火災からの復活初のボテゴケw190817 (1)心が穏やかになったと思い店に戻る道中

ミシシッピー赤耳亀に気を取られ

農道の右折する角で内側を回り過ぎて

そのままボテゴケしてしまい

レバーガードは曲がりブレーキレバー骨折…。

レバーガードはボテゴケには余り効果が無い事がこれで

火災からの復活初のボテゴケw190817 (2)ハッキリと分かりました。

取合えず新しい部品を発注しましたが

それまでの間の為に曲がったレバーガードを

それなりに復旧し骨折したレバーもそれなりに…

せっかく優しい気持ちになれたのに、残念な一日の始まりだった。


明石T号エンジン組立て二日目

こんな日はロクでも無い事が続くので、気持ちを落ち着かせてから作業。

明石T号エンジン仕上げ190817 (1)まずはガバナのメンテナンスから

#1の固めのリチュウムグリスを

たっぷり塗って動きを良くします。

スプリングは状態が良いですね。

明石T号エンジン仕上げ190817 (3)で、コンタクトブレーカー取付けて

クリアランス調整まで済ませました。

本当はエンジン搭載時に壊してしまう

可能性があるので、搭載後に取付けるのですが

明石T号エンジン仕上げ190817 (4)オイルパンやストレーナーなどが

手元に無いので、オーナーが

搭載するんだろうと思い

出来る事を全てやっておく事にしました。

明石T号エンジン仕上げ190817 (5)シリンダーヘッドの増し締めを済ませ

ヘッドカバーのボルトを用意するのですが

元々長さがバラバラだったり社外品の

ボルトが使われていた事もあり数本出しました。

明石T号エンジン仕上げ190817 (6)ヘッドカバーを取付けて

タペットクリアランスを調整して

タペットキャップを締め付け。

ほこり除けにブリーザーカバーを仮付けして

明石T号エンジン仕上げ190817 (7)これで明石T号エンジンが取合えず完成!

オーナーに連絡をして

引取りに来てもらいます。

これで作業用リフトが空けば

京都GTH号のボアアップ作業に取掛かれますので

もう暫くお待ち下さい。


大阪K号エンジン組立て下拵え

続いての作業は大阪K号のエンジン組立て下拵え。

大阪K号エンジン組立て下拵え (1)まずはシリンダーヘッドから

インシュレーターが発注漏れだったので

月曜日には入荷する予定です。

ではバルブスプリングをセットします。

大阪K号エンジン組立て下拵え (2)サクサクッとバルブスプリングと

純正新品EXスタッドボルトを組込んで

シリンダーヘッドの下拵えが完了です。

リコイルなどは内燃機加工前に処置済みですね。

大阪K号エンジン組立て下拵え (3)次はヘッドカバーの組立て

タコメーターギアーを組込んで

ロッカーアームはカジリがあったので

リメイクした物を組付けます。

大阪K号エンジン組立て下拵え (4)これがリメイク後のロッカーアーム。

リメイクの作業工程はザックリ言うと

カジリがある部分の加工を溶かして

上から純正と同じ加工をしてあります。

大阪K号エンジン組立て下拵え (5)これでヘッドカバーの下拵えも完了。

カジリと磨耗している

純正のカムシャフトは廃棄して

アゲインSTDカムシャフトに変更です。

大阪K号エンジン組立て下拵え (6)ダイナミックバランスが終わった

クランクシャフトにコンロッドを接続。

クランクのバランス加工は3箇所でした。

コンロッドメタルはオリジナルを再利用。

大阪K号エンジン組立て下拵え (7)これもサクサクッと組立てて

新品のプライマリーチェーンと

強化カムチェーンを投入しました。

これで後はミッションの下拵えに取掛かります。

大阪K号エンジン組立て下拵え (8)メインシャフトのベアリングは

サクッと交換するだけなので簡単ですが

カウンターシャフト側はやる事がいっぱい!

まずは1stギアーブッシュの交換から

大阪K号エンジン組立て下拵え (9)油圧プレスで抜いてからギアーを

似非WPCで仕上げてから

新品のブッシュを圧入します。

これで次はベアリングを取外します。

大阪K号エンジン組立て下拵え (10)大阪K号のカウンターシャフトは

やっぱり焼き付きも無く

状態も良い状態でした。

これも似非WPCで仕上げてから組付け。

大阪K号エンジン組立て下拵え (11)これで臓物関係の下拵えが終わりました。

明日からエンジンの組立て作業に

取掛かれるのですが

明日は日曜日なのでご来店の方が

大阪K号エンジン組立て下拵え (12)いらっしゃるかも知れないし

電話も鳴るので、作業を始めると

手が止められなくなるので

まぁ一日あるからボチボチと進める事にして

取合えずボルトなどの準備まで済ませました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2019年08月16日

今日から通常営業3

幸いな事に台風10号の影響は心配していた程でも無く
最悪を考えた準備も無駄になり、ありがたく思います。
災害の準備、備えが無駄になる事が一番ですが
その裏では、被害を受けた方も居られるのでお見舞い申し上げます。
まだまだこの先に控えた台風シーズンもあるので
鶏の脳みそじゃない頭で、経験した事を対岸の火事と思わずに
より良い備え、準備を怠らないようにして行くつもりです。


嵐の中のエアコンクリーニング

昨日は台風10号が迫る中、お掃除本舗さんにリビングのエアコンを

自宅リビングエアコンクリーニングクリーニングしてもらいました。

コマーシャルのような汚れとカビが酷く

クリーニング後は寒いぐらいに冷房が効きました。

リビングは油汚れを吸込み埃や黴が多いらしい。

特にお掃除機能付きは汚れが酷い傾向にあるらしい。

新品を買い換えるより、お掃除本舗で掃除してもらった方が安いね。

ベランダの樋が詰まっていたので、前もって掃除をしたら

中から干しシイタケと、嫁が下着泥棒に盗まれたと

思っていたらしいパンツが出てきたらしいわ…。


明石T号エンジン組立て

下拵えも十分終わっているので、今日からエンジン組立て作業に取掛かります。

明石T号エンジン組立て腰下190816 (1)と作業を始めると早くも罠が仕込まれていた…。

テンショナーアームが曲がってる!

流石にこれは気が付かなかった。

取外してプレスで修正しました。

明石T号エンジン組立て腰下190816 (2)で、修正が完了したので取付け。

まぁ多少納得はしていませんが

予算の都合が無ければ交換ですけどね。

取合えずこれで大丈夫でしょう。

明石T号エンジン組立て腰下190816 (3)具を全部入れてから何時もの記念撮影。

今思えばこのエンジン

結構色々な罠が仕込まれてましたねぇ…。

もうこれ以上は勘弁して欲しいですw

明石T号エンジン組立て腰下190816 (4)でも何とかこれで腰下の組立ては完了。

テンショナースリッパーは

少し磨耗してますが、まだ使えるので

このまま使う事にしました。

明石T号エンジン組立て腰下190816 (5)シフト関係の具もセット完了。

ポジティブストッパーはリビルド品に交換。

動作確認もOK!

これでやっと腰下の組立ては完了です。

明石T号エンジン組立て腰下190816 (6)次に腰上の組立てに取掛かります。

ピストンをコンロッドに接続。

ピストンピンは交換されてました。

ピストンが少し沸いているのはご愛嬌かな。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (1)純正ベースパッキンを入れて

ピストンリングコンプレッサーで

ピストンリングを挟んで

シリンダーの挿入準備が完了。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (2)シリンダーにOリングをセットして

サクサクッとピストンをシリンダーに挿入。

で、シリンダーヘッドの下拵えを

すっかり忘れていた事に気が付く…。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (3)貴重な純正ヘッドガスケットをセット。

新品のノックピンAにガスケットをセット。

オリフィスバルブにもガスケットをセット。

これでシリンダーの準備は完了です。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (4)次にシリンダーヘッドの下拵え。

シリンダーはバルブの摺り合わせ

平面研磨と荒れていたスタッド座面の

座グリ加工をしてあります。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (5)バルブガイドにスプリングをセット。

腐って折れたりしたEXスタッドボルトは

内燃機屋さんで除去してもらいました。

で、純正新品に交換になります。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (6)インシュレーターもかなり硬化しているので

このまま使っても先は見えているので

これもOリングと、インシュレーターは

純正新品に交換します。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (7)これでシリンダーヘッドの

下拵えが完了したので

このままエンジンに

搭載してしまいます。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (8)で、

どーん!

搭載完了!!。

暫く放置してから増し締めをする予定です。

明石T号エンジン組立て腰上190816 (9)カムシャフトも純正中古良品を

セットまで完了です。

エンジンをフレームに搭載するのは

オーナーがご自分でするのかなぁ?

明石T号エンジン組立て仕上げ前190816 (1)どうだったか忘れちゃったけど

SSTなどが必要になる部分は

いずれにしても、仕上げてしまいます。

で、クラッチセット完了。

明石T号エンジン組立て仕上げ前190816 (2)リフターベアリングは

錆びてゴロゴロだったので新品に交換

クラッチスプリングは無駄に強化だったので

純正新品に交換した方が良いと判断。

明石T号エンジン組立て仕上げ前190816 (3)これでクラッチ側の部品は

カバー以外全部取付が完了です。

余り全部組んでしまうとフレームに

搭載する時重くなるからなぁ…。

明石T号エンジン組立て仕上げ前190816 (4)L側もオイルポンプとセルモター

ACGローターの取付が完了したので

今日の作業はここまでで終了。

エンジン搭載はフレームを持って

店に来るって言ってたんだっけ…?


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2019年08月15日

危機管理意識の低さが起こすカオス2

最近の自然災害は常に想定を超えてくると言う事を前提に
鉄道各社なども計画運休や、海運会社は勿論の事
航空会社、自動車専用道、高速道路なども
災害の怖さを再認識している所も多い中
会社も帰宅困難が予想される所は、出勤禁止になっている。
遊園地やテーマパークの多くもパーククローズする中で
海沿いにある関西某大手テーマパークは
今日も開園していると言う安全意識が低い
カオス好きなテーマパークがあるらしい。
運営している遊戯施設は、きっと航空機や鉄道よりも安全なんだろうねぇ。
ニュースでは「危険を感じる前に避難を!」と呼び掛けているのにね
郊外大型モールなどの施設もクローズ。
遊園地なども同じく下記のようにクローズしています。
ひらかたパーク、アドベンチャーワールド、生駒山上遊園地
姫路セントラルパーク、アンパンマンミュージアム、須磨海浜公園
みさき公園、天王寺動物園などもう書ききれないぐらい多数ある中で
関西最大規模のテーマパーク某U*Jは
鶏程度の脳みそしかない運営人がいるのか
昨年の21号の教訓なんてクソ食らえ的なのか営業しているので
勇気がある方は台風の中楽しんで来てください。


我が家の防災

地震、噴火、台風など自然災害に何時遭遇するか分からない中でも

我が家の防災グッズ唯一予報が出来る天気が台風であり

接近して来るまで時間的余裕もある事から

前もって被災した場合に備える事が出来る災害。

我が家も発電機と冷蔵庫、ガソリンなどと

何時も準備している非常用持ち出し袋や非常食も準備万端です。


明石T号エンジン下拵えアッパーケース

明日は病院で午前中の開店時間が遅くなりますが

明石T号アッパーケースプッシュバーセッティングボルト修理恐らく通常営業が出来ると思います。

で今日は雨風が酷くなる前に明石T号エンジンの

下拵えを終わらせる事にしました。

修理から戻ってきたアッパーケース。

明石T号アッパーケース下拵え (1)これにまたスタッドボルトを入れて

緩まないようにしっかりと締め込み

真直ぐに立てました。

後は明日の組立てに備えて

明石T号アッパーケース下拵え (2)クランクメタルや臓物をセットして

これでアッパーケースの下拵えは

やっと完了しました。

もうこの先不具合は無いと思います。

明石T号クランクコンロッド接続下拵え (1)次にクランクにコンロッドを接続。

クランクは9箇所新たに穴が開けられており

相当にバランスが悪かったみたいでしたが

その為のダイナミックバランスなので問題なし。

明石T号クランクコンロッド接続下拵え (2)クランクにコンロッドを接続。

プライマリードライブチェーンや

カムチェーンは交換されているので

このまま使う事にします。

でそろそろ雨風が強くなってきたので帰る事にします。

合同ツーリングの準備

10月に開催される関西、関東4in to1オーナーズクラブ合同ツーリングの

合同ツーリングの準備190815 (1)準備をボチボチと進めてます。

燃えてしまったシートバッグの

ベルトが単品で出ないしモデルチェンジしたので

仕方が無く新しいシートバッグを購入。

合同ツーリングの準備190815 (2)今回は少し大きめのシートバッグです。

古い方も使えない事は無いので

捨てないで置いて置く事にします。

これで荷物は大丈夫です。

合同ツーリングの準備190815 (3)次に昨日入荷したナビの配線を接続。

ナビ本体は別売りのステーと

ボールユニットプレートを購入しました。

偶然にも1インチのボールがあったので

合同ツーリングの準備190815 (4)サインハウスのクランプに

移植してボールを取付けました。

中々この隙間に入る物が無いので

こんな感じで試行錯誤してます。

合同ツーリングの準備190815 (5)アマゾンから届いたステーと

ボールユニットをホンダ純正

GathersMナビの電源アダプターに

取付けて準備完了です。

合同ツーリングの準備190815 (6)これでハンドルに取付けたクランプと

アダプターとステーの接続が完了しました。

ここにホンダ純正GathersMナビゲーションG3を

セットして作動確認。

合同ツーリングの準備190815 (7)イグニッションキースイッチONで

ナビが起動しました…が

結局1号機のコックピットは

色んな物で一杯になっていると言う罠。

peke_cb400f at 13:30|PermalinkComments(0) エンジン | 部品

2019年08月14日

明日明後日の営業について3

【明日明後日の営業に付いてのお知らせ】
大阪は台風10号の直撃は免れましたが
予報では雨風がかなり強いらしく
昨年の21号の事もあるので
明日明後日は一応臨時休業とさせて頂きます。
また台風の進路上にお住まいの方に置いては
くれぐれもご用心をして下さい。


個人面談毒ガス抜き

12日の月曜日は個人面談で食事会でした。

ガス抜き個人面談 (1)ここは割とよく行くお店なので

僕の好みも知っているので

何時もメニューで余り注文はしなくて

「ええとこバサっと持って来て」

ガス抜き個人面談 (3)と言う注文の仕方ですw

まずは刺身盛りから始まって

ビールで乾杯してから

個人面談が始まります。

ガス抜き個人面談 (4)何かとガスが溜まっているのですが

美味しい物を食べながら話をすると

その溜まったガスも徐々に抜けて行きます。

マツタケの天ぷらおいしゅう御座いました。

ガス抜き個人面談 (5)これからの業務に関して色々と

意見交換をして、どの様にすれば

円滑な業務が出来る様になるのかと話し合い。

金目の煮付けもおいしゅう御座いました。

ガス抜き個人面談 (6)それぞれの立場や、現在の状況などを聞き

社員のスキル向上、要望事項も含め

健康管理など個々に方向性を話ました。

土瓶蒸しも大変おいしゅう御座いました。

ガス抜き個人面談 (7)働き方改革や36協定に基づき

残業なども減らしつつ、困難な日常業務に

現場の声を聞きながら期待度が大きい業務を

鮑の刺身を頂きながら、この日の個人面談は終了。

僕も現場を離れてから10年以上経ちますが

実際に話をしないと分からない事が沢山ありました。


完全乗っかり企画ツーリンツ

昨日は関西4in to1オーナーズクラブ&チーム三重合同ツーリングに

完全乗っかりCPツーリング (1)完全に乗っかってCPチームも

第一集合場所のアゲインまでに少し

ややこしい事がありましたが

無事に合流し第二集合場所でチーム三重と合流

大台ケ原方面は台風の影響で雨模様なのでルートを変更しましたが

完全乗っかりCPツーリング (3)大目のマイナスイオンを浴びながら

道の駅大宇陀で昼食を頂きました。

山に入り外気温が25度に下がった時に

1号機はオーバークール気味の油温は70度w

信号待ちでは電動ファンが威力を発揮しオーバーヒートはありませんでした。

完全乗っかりCPツーリング (5)で、ルート変更の為に龍穴神社により記念撮影

ここで三重チームとはお別れし

関西チームは針T.R.Sへ向い

少し休憩してから解散となりました。

今回1号機が完全復活してから初めてのツーリングでしたが

新型強化オイルポンプでは515ccの時はオーバーヒートしていたのですが

520ccまでボアアップした1号機、外気温35度前後でも

ハイパワーオイルポンプの威力を体感出来て

電動ファンもかなりの効果があった事。

外気温によってはオーバークールになる事なども分かりました。


ホンダ純正二輪用ナビ

以前から探していたホンダ純正二輪用ナビが見つかったので即購入。

ホンダ純正ナビGathersMナビゲーションG3 (1)もう修理サポートや地図更新などは

終了しているのですが

一応新品未使用品を購入したので

早速セットアップに取掛かります。

ホンダ純正ナビGathersMナビゲーションG3 (2)USB電源を差し込めると思っていたのですが

充電する時だけUSB電源が使えるだけで

通常時は別の配線を接続しないと

ダメだった事が判明した…。

ホンダ純正ナビGathersMナビゲーションG3 (3)取合えず一通りの設定とブルーツースを

接続する設定まで完了しました。

車両に取付けようと思ったのですが

オプションパーツのマウントが必要だと分かり

ホンダ純正ナビGathersMナビゲーションG3 (4)マウントベースとアームを発注しました。

後はこの配線を接続すれば

使えるようになります。

このホンダ純正ナビGathersMナビゲーションG3の

何が良かったかと言うと、起動時の画面の

ウイングマークが良かっただけなんだけどね。

peke_cb400f at 15:30|PermalinkComments(0) グルメ | ツーリング

2019年08月10日

夏季休暇と台風の影響3

明日から夏季休暇と言うお留守番に入る分けですが
台風10号の進路次第では、15.16日も
休みを頂くつもりでおりますので
皆様も台風10号の進路にはお気を付けて
お盆休みを満喫して下さい。
僕は休み中もお店には出勤して
嫁がガーディニングをしているので水を撒いて帰ります。
今朝も水を散布していたら、セアカゴケグモが
沢山居て蜘蛛の巣を張っていたので取合えず全部潰しました。


火傷治療その後

昨日受診した皮膚科で塗ってもらった薬が強過ぎて

190809の火傷治療自宅に帰ってから患部を見ると

何時もなら小ガーゼ一枚で少しの浸出液なのに

昨日は大ガーゼ2枚にも関わらず

塗り薬と滲出液が激しく出ていた…。

こりゃぁ痛いはずだわと、今日も病院へ行き塗り薬を元に戻してもらった。

で、昨晩は足を冷やしながら寝てました。


大阪K号フレーム塗装仕上がりチェック

昨日パウダーコーティングカトーさんから届いたフレームを

大阪K号フレーム塗装梱包外し箱から出して念の為チェック。

カトーさんなので大丈夫なのは分かっていますが

一応のチェックをしておかないとね。

問題は無いのでこのままPITの片隅へ移動。

オーナーが純正部品を持っているらしいので?

取合えず、どんな部品を持っているかを確認してから部品発注をする予定です。


千葉H号トラブル報告

今日、夕方近くに先月納車した千葉H号のオーナーから連絡があり

千葉H号トラブル報告スプロケットカバー取付けボルト穴から

オイルが漏れ出したと一報が入った…。

ここは油圧が掛かる所でも無い場所です。

クランクケース内にスプロケットカバーの

クランクケースカバー取付けボルト穴ボルトを取付ける為の出っ張りがある。

原因は不明なのですが、この部分に

何かのダメージが入った可能性がある。

この深さは23mmありカバーと合わせると

43mmになるので、純正の35mmのボルトを入れても

この部分にダメージが入る事はないのだが…。

原因はどうあれ、処置をする事となり車両を送り返して貰う事になりました。

こんな不具合は初めてですが、走行中で無かった事が一番です。

千葉H号ロアケースブラスト仕上げ&下拵え (2)記録に残っている画像を調べて

チェックしてみましたが

その様なダメージがあるようには

全然見えません。

千葉H号ロアケースブラスト仕上げ&下拵え (3)ブラストなど施工時に何かあれば

気付くはずなのですが…。

見落としも無いと思います。

今の所、原因は分かりません。


新型強化オイルポンプとハイパワーオイルポンプ

荷物の入荷が17時とかなり遅かったのですが

大阪K号明石T号内燃機加工完了 (1)一度に全部の物が入りました。

もう、一度に全部送ってきたので

逆にてんやわんやになってますが

どの部品が誰のかはわかっていますので。

大阪K号明石T号内燃機加工完了 (2)手前大阪K号398クランク

奥側明石T号408クランク

両方共かなりバランスが悪かったようで

結構な加工が施されてます。

新型強化オイルポンプ1個&ハイパワー3個完成で、部品を選り分けながら

この時間から出来る物を先に片付ける事に。

まず強化オイルポンプの組立て作業に

取掛かる事にして4個出来上がりました。

内訳は、値上げ前最後の新型強化オイルポンプが1個と

ハイパワーオイルポンプが3個出来上がりましたが

1個は予約分なので、ハイパワーの残りは2個となってます。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 治療 | レストア

2019年08月09日

休み前の追い込み入荷3

ここに来て一気にフレーム塗装が終わり本日届き
エンジンの内燃機加工が終わり
明日入荷して来る事になり
お盆明けの作業予約もあるので
PITのやりくりをどうしようかと思案中。
作業の順番は前後すると思いますが作業スペースを確保する為
先に明石T号のエンジンを仕上げる事にして
作業用リフトを空ける事にします。


本日のご来店

昨日は30分ぐらい早めに店じまいをして帰宅。

190808虹色の雲帰りの夕日に照らされて

雲が虹色に光っていた。

飛行機に乗った時に見るような

ブロッケン現象みたいな感じだった。

で、今日も火傷の治療に何時もの病院へ行ったのですが

治りが悪いので皮膚科を受診する事になり、朝から痛い思いをしてきました。

おかげで開店時間が30分ぐらい遅くなりましたが

大阪H号オイル交換190809 (1)オイル交換でご予約のH様が

時間を調整してご来店。

今日から暫くの間の治療で足が痛いので

思う様に作業が出来なくなります。

大阪H号オイル交換190809 (2)エンジンオイルを抜くのですが

レデューサーが取付いていたのを

忘れていたのでオイルが落ちて来ませんw

まぁ温度が高いので一気に出ると

そこら中オイルまみれになるのでこの方が良いんだけどね。


大阪K号フレーム塗装仕上がり

丁度良いタイミングで塗装が終わり入荷してきた

大阪K号フレーム塗装仕上がり大阪K号のフレームが

パウダーコートが仕上がり今日届きました。

でも、こんな日に限って火傷治療を

皮膚科で受診したので、痛くて歩けない…

そんなタイミングで銀ちゃんも膝の爆弾が炸裂したらしく

病院の帰りに足を引き摺ってご来店…今日はもうダメだわ…。

痛過ぎてめまいと吐き気がするので今日は自宅療養します。

peke_cb400f at 13:30|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2019年08月08日

令和元年1号機継続車検3

ここ数日お店のシャッターが開け難いと思って
昨日レールをチェックしてみたら
ここ数日の酷暑のせいなのか
お店のシャッターレールが曲がっていた…。
もうね、酷暑だとか台風だとか、地震に噴火
VWビートル生産終了、政治家の結婚まで
話題に事欠かないね。


1号機火災からの復活継続車検

昨日の定休日は病院が思ったより早く終わったので

1号機火災からの復活初、令和初の継続車検午後から何時もの京都南で継続車検。

若い検査官がCB400Fourを知らないらしく

ハンドルロックだの、音量を測ると言うので

暑くてイライラしているのに色々教えてあげて

音量測定は無しになりました。

光量、光軸も問題なく一発クリアーで15分ぐらいで継続車検は完了でした。


ヨシムラアルミカバー入荷

注文が少し遅れたので、予定では9月初旬頃に入荷予定だったのですが

ヨシムラCB400F用カバー入荷本日初期ロットでの入荷となりました。

ついこの前納車したばかりの方の

ご依頼だったので、タイミングが悪かったのか

初期ロットで入荷して良かったのか…。

まぁ10月車検なので、暫くの間は見世物にしておこうかな。


明石T号プレッシャープレート

T号オーナーがエンジン分解にチャレンジした際に

明石T号用クラッチプレッシャープレート (1)足を1本壊してしまった

クラッチのプレッシャープレートですが

代わりになる部品をご持参していた物が

明らかにCB400F用ではなく

明石T号用クラッチプレッシャープレート (2)良く似ているのですが

ホンダ系の別車種の物なので

多分合わないだろうと思いチェックをした所

大きさなどほぼ同じだったのですが

明石T号用クラッチプレッシャープレート (3)クラッチスプリングを入れる

折れた足の長さが全然違うので

残念な事にこのプレッシャープレートは

使えません…まぁ加工すれば使えない事も無いけど

明石T号用クラッチプレッシャープレート (4)その費用の方が高いので

在庫の中古良品と交換します。

当然CPには新品もあるのですが

値段の付けようが無いですね。

間違って購入したクラッチは、恐らくフォーク系の物だと思います。

peke_cb400f at 17:30|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2019年08月06日

火傷の悪化3

梅雨が明け8月に入りこの暑さのせいなのか
治り掛けていた火傷が悪化してきて
また毎日通院が始まりました。
暫くの間、朝の営業開始時間に影響が出ると思いますので
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


納車の帰り

何時もですが、閉店後に嫁と納車に行った帰りは色々と食べ歩き

大阪T号納車の帰り (1)この所鮨とか海鮮物が続いたので

昨晩は枚方の麺麗へ行き

鴨白湯スープラーメンを発注し

鴨ロース6枚をトッピング。

大阪T号納車の帰り (2)嫁は鴨つけそばを発注。

元々フレンチのシェフだったと言う

オーナー拘りの鴨ラーメンです。

とても美味しく頂きました。


内燃機加工待ち

この時期込み合う内燃機加工ですがCPも内燃機加工待ちとなっており

内燃機加工待ち (1)エンジン2基分の内燃機加工が

多分今日明日中には終わる筈なのですが…

予定よりかなり遅れているので

作業が止まったままになってます。

内燃機加工待ち (2)事務所のエンジン組立て室も

作業用リフトの上も作業が止まったままの

エンジンが乗っかったままです。

今の内に溜まった仕事を進める事にします。

内燃機加工待ち (3)下取りした古いFCRも状態が悪く

分解したままなのですが

一度何処まで復活出来るか

チャレンジしてみようかなぁ…。

それとも夏の高校野球が始まったので観戦しようか…。


1号機継続車検準備

4月の火災から蘇った1号機の継続車検を明日受けに行こうと思い

1号機継続車検準備 (1)その準備をする事にしました。

と言っても、蘇ったばかりだし

公認改造車なので特に何もする事も無く

まぁサイレンサーの交換ぐらいしか

1号機継続車検準備 (2)変更する所は無いのですが

まだ蘇ってから400キロも走ってないし

まぁ落ちるとすれば光軸ぐらいだと思います。

明日病院が終わって午後から行って来る事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 治療 | 部品

2019年08月05日

新型強化オイルポンプ販売終了3

火傷の治療も順調だったのですが
今日はまた出血があり、傷口もここに来て
予想していたよりが治りが急減速…いや
逆に状態が悪くなってしまい
また毎日の通院が必要になってしまいました…。
きっとこの気温のせいだと思うわ。


携行缶使用確認書

例の京都の事件があったからではないのですが

携行缶使用確認書便利が悪いので、丁度6月末に

何時も利用している

セルフスタンドに話をして

セルフスタンドでも携行缶に

給油出来るようにしてもらったのですが

これは例の事件前だったので、今後どうなるかは分かりません。

まぁセルフだろうがそうじゃ無かろうが

頭の回路が狂った奴には通用しないよね…。

巨大天然すっぽんそんな今日も酷暑の中

用水路暮しの天然すっぽんも

のんびりと甲羅干しをしてたけど

そもそもすっぽんって甲羅干しするのか?

僕の人生で初めて見た光景だったわ。


新型強化オイルポンプ一応販売終了

在庫分の新型強化オイルポンプは一応完売となり

新型強化オイルポンプ販売終了大阪T様分で販売は一旦終了となります。

部品を整理していたら新品のトロコイドギアーが

1個見つかったのでこれの分に関しては

今まで通りの価格で販売が出来ますが

これ以降は価格改定となります。

ハイパワーオイルポンプも同時期に2個仕上がって来るので

近日中にはお知らせが出来ると思います。


Z1000Mk桐兔秬汽灰奪リメイク

絶版のZ1000Mk桐冉確船灰奪のインナーバーツが手に入ったので

Z1000Mk桐兔秬汽灰奪リメイク (1)メッキ部品は再メッキに出していた物が

戻ってきたので、早速純正NOSの

ガスケットとコックのOリングと

ダイアフラムのOリングを交換して

Z1000Mk桐兔秬汽灰奪リメイク (2)ボディはウエットブラストで

洗浄してから組立てました。

新品のように復活した純正コック。

今度Mk兇鮗宅から持って来て

交換する事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 治療 | 部品

2019年08月04日

お祭り男達の襲撃3

FCRの部品やキャブ本体の見積もりをビトーさんに
お願いしたのですが、FRC本体の納期が
9月初旬だと言う返事があったのですが
まぁそれでも1.2週間ぐらいで届くはずなのですが
丁度お盆と重なる為、ちょっと納期的に厳しいので
アゲインに連絡したら、丁度在庫があったので
そのキャブをこちらに回してもらいました。


いきなり亀八BBQとカラオケ大会

昨日はお祭り男達の襲撃を受けて、午後から強制的に閉店となり

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (1)ホットプレートで亀八風BBQ。

手馴れたお祭り男達に圧倒されて

僕はただただウロウロするだけでした。

そして始まった店内占拠の飲み会。

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (2)思えば約一月ほど前から探りの

ネタ振りがあった事を思い出しました。

準備も整いお昼の12時に宴会がスタート!

時間が経つにつれ酔いも周り

片っ端から知り合いに呼び出しメッセージを送り出したり

dayさんのギターで歌ったりと結構楽しく過ごしてました。

で、呼び出しに引っ掛かってしまったのは

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (3)アゲイン社長松永氏もご来店。

今回は車での参加だった為残念な事に

ノンアルだったので、理性を保ったまま

早々に引き上げて行かれましたw

店内占拠いきなりBBQパーティ190803 (4)で、襲撃犯の手引きをしたK氏は

早々に撃沈して事務所でダウンして

1時間後に復活して来ていました。

トータル6時間に及ぶ店内占拠の大宴会も

主犯格の「次行くぞー!」と言う一声で引上げて行かれました。

こんなサプライズ的な襲撃でしたが、とても楽しい時間でした。


T様キャブレターシャフト再メッキ

今回少し手違いがあり、時間が掛かってしまい申し訳なかったのですが

T様ご依頼キャブレターシャフト再メッキT様ご依頼のキャブレターシャフトの

再メッキが仕上がって戻ってきたので

早速発送させて頂きました。

遅くなり大変申し訳御座いませんでした。


銀ちゃんご来店

昨日来れば良かったのに!w、多分動物的直感で身の危険を感じたのか

銀ちゃんご来店190804 (1)本日開店直後にご来店した銀ちゃん。

多分ハイテンションなので

仕事で徹夜明けだと思うけど

急に乗りもしないフォアのサイレンサーを

銀ちゃんご来店190804 (2)交換すると言い出して

僕が使っていたYタイプのサイレンサーと

アゲイン試作のショートタイプの

ラージサイレンサーと交換。

銀ちゃんご来店190804 (3)多分このショートタイプの

アゲインラージサイレンサーは

これだけだったと思います。

この先レア物に登録されるかも知れないね。

銀ちゃんご来店190804 (4)で、サイレンサーを交換し終わって

ちょっと一っ走り行って来るって事になり

タイヤの空気圧を点検すると

半分ほどしか入っていなかったw

銀ちゃんご来店190804 (5)出発準備も整ったので

多分何時ものコースを

パトロールしてくるんだろうと思います。

お気をつけて行ってらっしゃい!

と言ったその30分程度で「もう暑過ぎ!」と言って戻ってきました。


大阪T号新品FCRセット

お盆もある事から、納期が全然読めなかったので

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (1)アゲインの在庫を分けてもらい

その組立てとセッティングをします。

まずは箱からFCRを取出すと

何も付いていない状態になってます。

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (2)で、JNのクリップ位置を

エンジンの仕様に合わせて変更します。

大阪T号のエンジンはノーマルエンジンなので

クリップ位置を上げて薄めの設定にします。

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (3)次にMJも交換、送られて来た状態の

MJは#125が入っており、これは450に

ボアアップしてあっても、500ccや510cc

更には僕の520ccでもかなり濃くなってます。

大阪T号用新品FCR組立てセット出し (4)でMJをノーマルエンジンでも少しだけ

濃い目にセットしておきます。

これなら1年を通してでも普通に乗れる

セットだと思いますが、この夏の暑さは

少し濃い目ですが、ONシーズンなら丁度良いと思います。

大阪T号FCR取付け (1)新しいFCRを取付ける前に

腐ったガソリンがオーバーフローして

クランクケース上にあるので

タール化する前に洗浄して綺麗にします。

大阪T号FCR取付け (2)ちょっとてこずりましたが

腐ったガソリンはまぁほぼほぼ綺麗に

除去できたので、新しいFCRを

取付けて火入れの準備をします。

大阪T号FCR取付け (3)で、FCRを取付けて

プラグを掃除して取付け

エンジンオイルを入れて

古いバッテリーを取外して

大阪T号FCR取付け (4)新しいバッテリーを充電している間に

タンク内の古いガソリンを捨てて

新鮮なガソリンを入れました。

これで後はバッテリーの充電待ち。

大阪T号FCR取付け (5)バッテリーの充電が終わりエンジンを始動!

ヨシムラマルチテンプメーターの電圧と

バッテリー電圧の誤差は0.2V程度でした。

エンジンの状態も良好なので試運転へ。

大阪T号試運転1908046,000rpm辺りでタコメーターが踊るのは

メーターアップステーかクッションに

問題があると思いますし

アイドリングの表示も正確ではありませんが

下から上までスムーズに回るのでこれで良いと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) お気楽 | キャブレター

2019年08月03日

本日は開店休業…4

昨日の枚方市の気温は全国2位の
37度だったらしいけど
実際は39度だった所もあるので
気温の計測ポイントの差が結構あると思う。
そんな今日も今年一番の暑さらしいけどね。
毎日が今年一番やん…。


tanji号定期オイル交換

朝一晩にご来店は大阪のマッスル車両のT号で

サスペンションの打ち合わせでご来店を頂きました。

tanji号オイル交換 (1)その後ご予約でご来店は名古屋から

エンジンオイル定期交換のtanji号。

ちょっとした事情で暫くバイクに

乗れなかったらしいのですが

tanji号オイル交換 (2)近日中に仲間の方経ちとツーリングに

行く事になったので

オイル交換にご来店となりました。

外気温が高いので帰りは高速で帰るそうです。

tanji号オイル交換 (3)シリンダーからオイル滲みがあり

どうやら巣穴らしき物があるらしく

応急処置をしてみました。

これでもまだ滲みがあるようでしたら

次の対策を考える事にします。


真昼の遊び人襲撃

何かこの前から様子が変だと思っていたのですが

お祭り男達の乱入BBQ&カラオケ大会 (2)突然店内に乱入してきて

バイクを外に出してテーブルやスピーカー

ギターを搬入して準備をはじめ出した遊び人達。

なので今日は開店休業となりました。

peke_cb400f at 12:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | お気楽

2019年08月02日

夏季休暇について3

【夏季休暇の予定】
夏季休暇の予定について下記の通りご連絡致します。
定休日の8月11日(第二日曜日)〜
同じく定休日の8月14日(水曜日)までを予定しています。
8月12日と13日は嫁が同窓会なので
自宅でレオとちゃPのお世話を命ぜられています。
今の所の予定としてはこんな感じで考えております。


大阪T号メンテナンス二日目

FCRが思っていた以上に状態が悪いので部品代の見積りをしています。

そんな今朝もガソリンが腐った臭いが漂う店内で

大阪T号FCRインナーパーツ洗浄 (1)ワコーズの泡状エンジンコンディショナーで

FCRのインナーパーツを洗浄。

物の5分程度で汚れは取れましたが

腐食があるので、これこのままを組んでも

大阪T号FCRインナーパーツ洗浄 (2)完調になるとは断言は出来ませんし

今まではフロートバルブが固着していたので

ガソリンが供給されないし

MJやSJが詰まっていたので

ガソリンを吸い出す事も無かったと言う事で

ガソリンの通路も詰まっているのだと思うので

仮にガソリンが流れ出す事によって、ジョイントパイプからガソリンが

漏れる可能性もあるので、推奨するのは全バラO/H若しくは新品購入の二択です。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (1)次にヨシムラマルチテンプメーター取付け。

オイルパスキャップを加工して

配線にギボシを打ちます。

入っているカニで割込み配線なんてしません。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (2)メーターステーをハンドルクランプに

取付けるのですが、ハンドルクランプは

お決まりの上下が逆に取付けられてました。

これで後は配線を繋いで整線します。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (3)純正のオイルパスキャップは肉厚が無いので

タップを立てる事が困難なので

CPではBRCのリプロ品に

タップを立ててセンサーを取付けます。

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (4)で交換完了です。

オイルクーラーの出口の油温なので

走行中のMAX油温は+10度〜25度を目安に。

信号待ちだと今の時期、表示されている油温が

大阪T号ヨシムラマルチテンプメーター取付け (5)MAXだと思った方が良いでしょう。

キーをONにしてもバッテリーが

死んでいるので、電圧が表示されません。

取合えず油温計の取付けは完了です。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (1)次にハイパワーフル強化オイルポンプを

取付けるので、不動車になっている事から

オイルが古いと思うのでオイルを抜きます。

一見綺麗なオイルですが少し乳化気味でした。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (2)暫く放置してオイルを抜ききったのですが

妙に抜けたオイルの量が多いと思ったら

ガソリン臭かったのでFCRから

オーバーフローしたガソリンが

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (3)クランクケースに落ちたんだろうと思います。

作業をしていると色々な所に間違いを

見つけるのですが、ヘタに触ると

大惨事になりかねないので

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (4)ボルトの入れ間違いなどの修正も

依頼があるまで触りません。

取合えずノーマルオイルポンプを

取外しました。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (5)圧力スイッチを取外して

ハイパワーフル強化オイルポンプに

セットして、Oリングも新品に交換。

取付け準備が整いました。

大阪T号ハイパワーフル強化オイルポンプ取付け (6)で、ハイパワーフル強化オイルポンプの

取付が完了しました。

これで今回依頼分の三つの作業中

二つが完了したのですが

FCRやバッテリーに関してはオーナーと相談した結果

新品を購入する事になりました。


大阪K号シリンダーヘッドフィン修正

シリンダーヘッドフィンが割れていた大阪K号の

大阪K号シリンダーヘッドフィン修正完了 (1)フィン再生が終わり戻って来ました。

最後の仕上げをしてから

ウエットブラストで仕上げました。

EXスタッドボルトの折れも修正も完了してます。

大阪K号シリンダーヘッドフィン修正完了 (2)修正箇所は多少のヤスリ傷は

残りますが、多分言われないと

分からないレベルになってます。

これでリタップ掃除とバルブガイドを入れて

大阪K号シリンダーヘッドフィン修正完了 (3)仕上げてから内燃機屋さんへ送ります。

スタッドの座面も4箇所ぐらい

荒れているので、修正をします。

お盆前なので、内燃機屋さんも混雑しているので

大阪K号シリンダーヘッド内燃機屋送り (1)大急ぎでシリンダーヘッドを

仕上げて内燃機屋さんへ送ります。

バルブガイドのOリングを交換して

バルブガイドを入れました。

大阪K号シリンダーヘッド内燃機屋送り (2)で、シリンダーヘッドの歪み測定。

歪みは規定値内なので

平面研磨は無しで大丈夫です。

スタッド座面の座グリは赤丸の4箇所を修正。

大阪K号シリンダーヘッド内燃機屋送り (3)これで今日内燃機屋さんへ

後発になりますがシリンダーヘッドを送ります。

先発したシリンダーとピストン

クランクシャフトなどは多分お盆前には

仕上がって来ると思います。

塗装に出したフレームもまだ仕上がって来ていません。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 電装品 | 部品

2019年08月01日

新型強化オイルポンプについて3

【新型強化オイルポンプについてのご連絡】
レギュラー商品だった強化オイルポンプですが
一部部品の販売終了により供給が安定しない為
取合えず在庫限りとなります。
部品が揃えば製作も可能なので、現在部品を集めておりますが
次ロットより値上げとさせて頂く事になりますので
ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承の程宜しくお願い致します。
因みに在庫は2点と商品見本1点の計3個となっております。


男は黙って七三分け

何でも巷ではグレイヘアーが流行っていると聞いてます。

190731の男は黙って七三分けいっその事白に染めてしまおうかと相談したら

僕の髪の色はブルーグレーらしく

吉川晃司と同じ系統の色で

グレイヘアーの中でも一番カッコいいらしい。

なので、このままの方が良いので染めない方が良いらしいよ。


明石T号エンジン下拵え三日目

今日はシリンダーヘッドカバーとクラッチカバーの下拵え。

明石T号ヘッドカバータコメーターギアーオイルシール交換 (1)シリンダーヘッドカバーは

タコメーターギアーのオイルシール交換。

ロッカーアームに若干のカジリがあるのですが

今回はスルーする事にします。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (1)次にクラッチカバーの下拵え

まずはカバー側に残ったパッキンを

ネチネチと剥がします。

純正塗装が残っておりリムーバーが使えません。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (2)なので仕方なくネチネチと

ガスケットを剥がして

綺麗に剥がせました。

オイルシールなども取外して

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (3)クラッチアジャストボルトの

ねじ山をリタップ。

レリーズカバーのねじ山も錆びが回っていたので

同じくリタップ掃除。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (4)持込まれた部品の中から新品の

クラッチボールリテーナーを探し出し

レリーズレバーも状態が良い方をチョイス。

リターンスプリングが無いと

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (5)思っていたら一緒に入ってました。

クラッチアジャスティングボルトの

Oリングも新品に交換しました。

ここ45年物が多いですね。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (6)これで組立て準備が整いました。

ボールリテーナーはまだ十分使えます。

一度だけ激しく磨耗している物をみましたが

オーナーの意向で新品に交換してしまいます。

明石T号クラッチカバーオイルシール交換 (7)これでクラッチカバーの下拵えも完了。

レリーズカバーも状態が良い方に交換。

アジャストボルトも新品を装着し。

オイルレベルゲージのOリングも新品です。

まぁこれで明石T号の部品下拵えは完了です。


大阪T号エンジン不動入庫

約2年前にCPでメンテナンスをした大阪T号が

大阪T号不動CB400F整備入庫 (1)今回は不動車になり入庫。

不動車になったと言う理由は

乗らなかったからと言う事で

恐らくガソリンが腐ってしまい

大阪T号不動CB400F整備入庫 (2)FCRのジェット類を詰まらせたのか…。

クランクケース上には腐ったガソリンが

漏れてきているのでまず間違いは無いと

思うのですが、念のため点火系も

大阪T号不動CB400F整備入庫 (3)チェックをしてみてから

FCRを取外す事にします。

今回、ハイパワーフル強化オイルポンプと

テンプメーターも装着する事になってます。

大阪T号不動CB400F整備入庫 (4)取合えずIGCに電気が流れているかを

IGCテスターでチェックをしてみましたが

IGCには問題はなく電気を供給しているので

次にプラグをチェックしようかと思った時に

大阪T号不動CB400F整備入庫 (5)いきなりインジケーターが消えた…。

何やねんな…もう…と

取合えずサイドカバーを取外して

ヒューズをチェックしてみると

大阪T号不動CB400F整備入庫 (6)見事にメインヒューズが切れていたので

予備のヒューズに交換して

キーを回しても、インジケーターが

点灯しないので、何?もう何やねん…

大阪T号不動CB400F整備入庫 (7)と思っているとインジケーターが

知らない間に点灯したので

あぁ…これバッテリーの突然死やん…。

またサイドカバーを外してテスターで電圧を測ると

6Vぐらいだったのですが、MFバッテリーなので復活しようと頑張って

12Vまで電圧は上がるけどセルボタンを押すと死ぬ…。

このタイミングで色々な事が一度に起こるのでビックリです。

大阪T号不動CB400F整備入庫 (8)取合えずプラグを外してチェック。

まぁ動いてないのでこんなもんでしょう。

良くも悪くも、可もなく不可もなくです。

となるとやはりキャブ本体の問題になる訳で

大阪T号FCRチェック (1)FCRを車体から取外すと

より一層ガソリンが腐った

臭いが強くなってきたので

間違いないんだろうなぁ…と

大阪T号FCRチェック (2)フロートチャンバーを取外すと

くっさー!やっぱりやんw

お店の中が一瞬で臭くなった…涙。

しかもガスケットも死んでいる上に

大阪T号FCRチェック (3)液ガスで固定されてるやん…。

MJもSJもPSも全部腐食したガソリンに

やられているので何処まで

分解すれば良いのかと言う所です。

全バラになるのなら新品を買った方が、調子も良いかもねぇ…。

大阪T号FCRチェック (4)取合えずインナーパーツを取外そうと

分解をしたのですが、フロートバルブが

固着してバルブが抜けなかったし

固定ビスは錆び付いている状態。

大阪T号FCRチェック (5)何とか軽く破壊してバルブは抜きましたが

今度はバルブシートが固定している

ビスが腐っているので

このビスも破壊して取外しました。

大阪T号FCRチェック (6)もうインナーパーツは全滅です。

通路も一部詰まっているのですが

キャブクリーナーを使うと

非分解のパッキンを痛めてしまうので使えない

大阪T号FCRチェック (7)MJは#125が入っているし

パイロットは3回転と1/4開に

セットされていたので

かなり強引なセッティングだな。

取合えずインナーパーツだけキャブクリーナーに漬込んだけど全然ダメだな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | キャブレター