2018年12月

2018年12月31日

2018年最後のブログ更新4

大晦日の今日もお店に出勤して
事務処理などをやってます。
まだ請求書とか伝票も作らないといけないけど
もう来年にして、今日はさっさと帰って
堕落しようと思います。
皆様良いお年をお迎え下さい。


ハイエース洗車

昨日諸々の用事を済ませてから、ハイエースの洗車へ向いました。

ハイエース洗車181230 (1)ハイエースが入る洗車場は

今の所一軒しか見つけてないのですが

案の定洗車機渋滞だった。

て言うか、背の低い車が無駄に多い・・・

ハイエース洗車181230 (2)まぁ仕方が無いけど

待つ事45分・・・やっと後一台になった。

年末なのでフルコースに

トッピングを入れて¥2,900の洗車コース。

ハイエース洗車181230 (3)これでハイエースも綺麗になり

2019年を迎えられます。

洗車が終わり家までの帰り道で

鳥にウンコを落とされたのだけがムカツクけどね。

自宅に帰ってもやる事も無いので、仕方なく大晦日に呑もうと思っていた

久保田千寿と対戦 (1)「久保田 千寿」と対戦をする事にした。

流石の「久保田 千寿」です。

まるで水の様にサクサク進みます。

しかも鶴橋の「カルビハウス」で買った

久保田千寿と対戦 (2)チャンジャで呑むので

気が付いたら空っぽ・・・

1時間も持たなかった。

2018年最後の対戦「久保田 千寿」

無事退治しました。


T.O.Tへの道

35Φのフロントフォークを使い、来年のT.O.Tに

35Φフロントフォーク加工ディスク仮付け (1)出場する為色々と考えている所で

取合えずアウターの加工してみました。

ステムとトップブリッジが来年になるので

フロントホイールの位置が決まりません。

35Φフロントフォーク加工ディスク仮付け (2)取合えずホイールに確認用の275Φの

ディスクローターを取付けて

クリアランスとキャリパー位置を

チェックしようと思い取付け。

35Φフロントフォーク加工ディスク仮付け (3)つくばはブレーキをよく使うので

Wディスクにしようかとも思っているので

別のアウターも準備しようと思ってます。

でもそんなに速度も出せないので

必要性があるのかも全然わからないけど

色々な組合せを試してみる事にします。

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(0) Custom Paranoia | レーサー

2018年12月30日

2019年に向けて4

先日から車を洗車しようと思いながら
洗車機の行列に嫌気が挿してます。
明日は大晦日なので何とか年内には
ハイエースの洗車をしたいなぁ・・・


孫と面会

息子の仕事の都合もあり、中々孫に合えないのですが

孫と面会181229昨日やっと愛おしい孫と

面会が出来ました。

生後四ヶ月ですがかなりでかいので

オムツや服もサイズが全然合わないらしいw

早く喋ったり、歩いたりしないかなぁ・・・w


不定期巡回

お店は冬期休暇に入ってますが、不定期に店に来て

メールチェックや、郵便物などを確認に来ています。

ご近所のCB400オーナー通勤途中にある美容室には

新たに購入されたCB400が

飾ってありました。

良い車両にめぐり合えて良かったと思ってます。

CB350F改用フレーム搬入そんな今日は2019年から

作業に取掛かる予定の

CB350F改用のフレームを搬入。

年明け後にはまず新年会から始まり

CB550F腰上O/H、アドレスV125G納車、姫号フレーム修正送り&エンジンO/H

トライアルバイク引き取り、東京出張、CB1300ラジエター復旧

CB400F車検&ブレーキカスタム、CB400F足回りマッスル化

CB400F腰上O/Hなど既に予定がパンパンです。

CP1号機TOT用フロント周り製作中そんな中また懲りずにT.O.Tに向けて

レーサー用の部品を集めてます。

今度こそ、本気で作ろうと思い

以前集めた部品を処分したにも関わらず

また部品を集めだすと言う負のスパイラルが2019年も続きます。

peke_cb400f at 15:00|PermalinkComments(0) Custom Paranoia | 部品

2018年12月28日

仕事納め3

本日はカスタムパラノイア2018年最後の通常営業になります。
今年一年色々ありましたが
こんな僕を頼りにして頂いているCB400Fユーザーの方
またこれからCB400Fに乗りたいと思っておられる方の力に
これからもなれるように努力をして行こうと思っております。
2019年も色々と企画を考えておりますので
ご期待頂ければありがたいと思います。
その為にはまず、1号機を壊さない事が一番ですがw
それでは皆様
良いお年をお迎え下さい。


1号機2019年仕様完成

セパハンに変更してからミラーの角度が悪くなり後方確認が

1号機バックミラー角度調節 (1)見辛くなっていたので

色々と角度が違うミラーを

探していたのですが、中々良い物が

見つからずに困っていた中で

1号機バックミラー角度調節 (2)25度角度が付いたミラーアダプターを

見つけたので、早速購入して取付け

ミラーの角度も下に下がり

位置も少し外に出たので

後方確認がしやすくなりました。

1号機用アクティブデュアルテンプメーター不良在庫 (1)で、ヨシムラのデュアルテンプメーターが

壊れてしまったと思って発注した

アクティブのデュアルテンプメーターも

一緒に入荷してきました・・・

1号機用アクティブデュアルテンプメーター不良在庫 (2)サイズは意外と小さいのですが

取り付ける角度によっては

光の加減で文字が見えないのが難点なのと

ヨシムラのテンプメーターが正常に使えるので

不良在庫BOX行きになります・・・


CB1300BIG1ワンオフラジエター修理完了

ワンオフラジエターの修理が終わり戻ってきましたが。

大人のおもちゃ入荷着払いの伝票には・・・

こんな物が書かれてました。

しかも御婦人用って・・・

俺のは?

K様BIG1ワンオフラジエター修理完了で、中に入っていたのはCB1300用の

ラジエターで、修理屋さん曰く

元々の製作不良で、漏れるはずの無い

コアの所から漏れていたとの事だった。

オーナーと打合わせしてからの修理で

ラジエターコアのフィンは復旧出来ないので取外す事になりました。

来年早々にでも取付け作業に取掛かりたいと思います。


姫号腰下分解

余りお下劣な方向になると怒られるので

2018年最後のブログはまじめな方向で書こうと思います・・・ :P

姫号腰下分解チェック181228 (1)昨日取外した姫号の 下半身を 

腰下を作業台に優しく乗せて

黒くなったピストンを取外し

無の境地で優しく 愛撫 分解して行きます。

姫号腰下分解チェック181228 (2)未開封で初めての腰下を

優しく開きました。

中はとても綺麗な状態で

オイルさえ 濡れて 漏れて無かったら

姫号腰下分解チェック181228 (3)このままでも良かったと思います。

 愛撫中に 作業中に中指を少しだけ

出血してしまった・・・僕は今

血が止まらないので結構出るんです。

姫号腰下分解チェック181228 (4)では、姫のエンジンの具をチェック!

カウンターシャフトの2ndギアー部は

焼き付きも無く綺麗な状態なので

多分問題ないでしょう。

姫号腰下分解チェック181228 (5)流石にテンショナーアームは

カチカチに固着してしました。

これは仕方が無いですね。

対策品を入れ、 調教 強制調整ボルトを入れます。

姫号腰下分解チェック181228 (6)クランクメタルも意外と状態が良く

このまま使っても良いと思いますが

一応姫と相談してから、どう 攻めて

どう修正するかを相談します。

姫号腰下分解チェック181228 (7)クランクからコンロッドを取外し

クランクとコンロッドをチェック。

全ての臓物の状態はかなり良い。

クランクも問題は無いけど

姫号腰下分解チェック181228 (8)ダイナミックバランスには出します。

コンロッドの小端も問題なさそうだし

メタルもこのまま使っても良い状態。

どうやら姫は当りを引いていたようです。

今日はこれで仕事納めなので、後は片付けて早々に店仕舞いします。

peke_cb400f at 16:30|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2018年12月27日

明日は仕事納め3

2018年も後残り僅かになり
2019年を迎える準備もほぼ整いました。
年明け1月の予定はほぼ埋まって来ているので
ありがたい事に来年出だしから忙しくなります。
一応明日は仕事納めになり、29日から冬期休暇
仕事始めは2019年1月7日からになります。


定休日はらーめんの口

昨日の定休日は今年最後に「俺らー」へ行こうと思ってましたが

お昼は嫁が間違って作ってくれたお弁当を食べました。

鴨出汁そば麺麗 (1)でも、口は朝からラーメンの口なので

夕方に一度行ってみたかった

大峰にある「面麗」の鴨出汁らーめんを

食べに行ってきました。

鴨出汁そば麺麗 (2)メニューは3品ですがどれを食べようか

かなり迷い、取合えず鴨出汁そばを発注

鴨肉はロースとヒレのミックス

麺は細麺で、鴨の出汁がよく効き

鴨出汁そば麺麗 (3)とても美味しいラーメンでした。

二品目は鴨つけそばを発注。

とんこつ風の鴨出汁に平打ち太麺で

これもまた美味しいラーメンでした。

身も心も満たされて帰宅しましたが、晩御飯はお腹一杯で食べられ無かったw


滋賀の地酒最終戦

ラーメンでお腹が一杯だったので対戦を延期しようかと思いましたが

滋賀の地酒最終ラウンド (1)少し時間を置き小腹を空かせてから

最終戦の対戦を開始!

まずは「湖濱」と対戦開始。

連日通りサクサクッと退治して

滋賀の地酒最終ラウンド (2)最終戦第一ラウンドが無事終了し

「湖濱」を退治したりました。

さて次で四日間の滋賀県地酒対戦

最終ラウンドになります。

滋賀の地酒最終ラウンド (3)その最終ラウンドの対戦相手は

「薄桜」と対戦開始!

これを飲み干せば滋賀県地酒対決

総飲量2.4ℓとの対戦が終わりを迎えます。

滋賀の地酒最終ラウンド (4)これもサクサクッと退治して

四日間に及ぶ連戦

滋賀県地酒シリーズ戦が終了しました!

次はこの年末年始の対戦まで

少し休息して、また新たな戦いに挑む事にします。


エストレイアシリンダーヘッド

先日ご依頼を頂いたエストレイアのシリンダーヘッドバルブ摺り合せが

エストレイアシリンダーヘッドバルブ摺り合せ完了早々に仕上がって内燃機屋さんから

本日戻ってきました。

年内ギリギリの納品となったので

これはこれで良かったかな。


姫号修理開始

やっと今日から姫号の修理作業に取掛かります。

姫号外装取外し (1)まず外装関係を取外しました。

これで姫号は一糸纏わぬ姿になったので

後は僕の好きな体勢で弄って行きます。

さて、何処から攻めて行こうかなぁ・・・

姫号外装取外し (2)まずは診察ごっこから始めます。

インナーチューブは曲がっていたので

新品に交換してありますが

正面から見るとフレームのネック部分が

向かって左に曲がっているのが分かると思います。

姫号外装取外し (3)エンジンからはイヤラシイ汁が

漏れ溢れているので

おじさんが綺麗にしてあげるから

安心してね・・・

姫号エンジン分解 (1)オイルパンとフィルターケース

オイルクーラーを取外して

L側カバーを外すと、新型強化オイルポンプと

オイルシールホルダーが入っていた。

姫号エンジン分解 (2)自分がやった事を忘れてたけど

意外と姫号をちゃんとしてるなぁと

少しビックリしたw

L側部品の取外がこれで完了です。

姫号エンジン分解 (3)R側もサクサクッと取外して

いよいよ上半身に取掛かります。

ヘッドは何箇所かねじ山上がりがある。

これもしっかり調教して置きます。

姫号エンジン分解 (4)インシュレーターももう限界が

近いので、この際交換した方が

良いでしょうねぇ。

予算が限られているので

姫号エンジン分解 (5)足りない分は身体で払ってもらおうか・・・

僕がね・・・

サクッとヘッドを取外すと見えるのは

黒くて硬くて太いピストン達。

姫号エンジン分解 (6)そのシリンダーを抜くと

力尽きたピストンが四亀頭出てきて

もう限界だと言わんばかりにダラーっと・・・

後でしっかりとお手入れをする事にします。

姫号エンジン分解181227 (7)取合えず上半身は取外したので

下半身をどーん!する準備。

これが本当に今年最後の

フレームから下半身を駅弁スタイルで

姫号エンジン分解181227 (8)どーん!

下りました。

明日は下半身を弄くり倒して

ヒィヒィ言わせます。

姫号ダミーエンジン搭載フレームを修正する為に

ダミーエンジンの下半身

南極二号を搭載しました。

これで年明けにフレーム修正に出します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2) エンジン | レストア

2018年12月26日

定休日のカスタムパラノイア3

定休日はラーメンデーと決めていたのですが
嫁が何故か勘違いをして
何時も通りお昼のお弁当を作ってくれたので
仕方なくラーメンを食べるのを止めて
何時も通りのお弁当を頂きました・・・


滋賀の地酒と対戦三日目

滋賀との対戦も後半戦を向かえ三日目に突入!

滋賀の地酒と対決三日目 (1)まず昨晩の対戦相手は「萩乃露」

昨日はおやつにミスドを頂いたので

晩御飯は野菜と湯豆腐だけにしました。



滋賀の地酒と対決三日目 (2)で、何時も通りサクサクっと退治して

後はきゅうりのQちゃんを肴にして

第二ラウンドへ



滋賀の地酒と対決三日目 (3)第二ラウンドは「美冨久」と対戦開始。

これもサクサクッと退治。

今更ながらに気が付いたのは

この瓶は300ml入りだったので

滋賀の地酒と対決三日目 (4)約1合半と言う事なので

そりゃぁ酔わないはずだわと思いました。

そして今晩が最終戦になります。

合計で滋賀の地酒2.4ℓとの対戦も終わります。


男は黙って七三分け・・・

まぁ色々と事情がありまして、パンチパーマは風体が悪いのと

男は黙って七三分け20181226業務上の都合から

やはり七三分けだなぁと思った次第です。

来年16日17日と東京へ出張も

決まった事もあり、やむなく七三分け継続です。


名古屋AK号速度警告灯ステッカー

昨日フロント周りを組んでから、しまった!と思って

名古屋AK号速度警告灯ステッカー (1)取付けたハンドルを取外し

速度警告灯ステッカーを

貼る事にしました。

まぁ実際にはハンドルの下になるので

名古屋AK号速度警告灯ステッカー (2)見えなくなってしまうのですが

そこは拘る所なので

手直しでハンドルを外して

速度警告灯ステッカーを貼りました。

名古屋AK号速度警告灯ステッカー (3)多分こんなステッカーがある事すら

知らない方も居ると思いますが

オリジナルコンディション重視の

仕上げに拘ってみました。


CP製バッテンキャリパー用サポート

プロライダーの小室 旭氏につくばサーキットで使ってもらっている

CP製バッテンキャリパーサポートinつくばサーキットCP製バッテンキャリパーサポート

ご存知の通り、つくばサーキットは

ブレーキをかなり使うコースなので

ノーマルブレーキでは厳しいコースです。

しかもそれをタンデムでコースを疾走するプロライダー小室 旭氏。

フォアのエンジンもCPで仕上げ、ブレーキもCP製で

ノーマルルックの18インチスポークで走るんだから

プロライダーって本当に凄いよね!

peke_cb400f at 16:30|PermalinkComments(0) Custom Paranoia | 部品

2018年12月25日

平成最後のイブ4

以前から交渉していたCB400F用
RSC製クロスミッションがやっと手に入る事になりました。
鈴鹿サーキットのフルコース用で作られたらしく
ヘアピンはローギアーで回れるぐらいの
ギアー比になっているので
街乗りで言えば、セカンドギアー的な感じになる。
一般道では使い辛いミッションになります。
新しいレース用エンジンを作ろうかなぁw


滋賀の地酒と対戦二日目

嫁と二人だけの平成最後のイブの昨晩も

滋賀の地酒シリーズと対戦二日目 (1)滋賀の地酒シリーズと対戦二日目。

まずは「○市」から対戦開始!

洋風のクリスマスディナーを肴に

日本酒でメリークリスマス!

滋賀の地酒シリーズと対戦二日目 (2)「○市」をサクッと退治。

嫁は軽く食事を済ませて

サッサとケーキを出してくるので

慌てて二本目と対戦へ

滋賀の地酒シリーズと対戦二日目 (3)二本目は「富鶴」と対戦開始ですが

今度はクリスマスケーキを肴に

サクッと退治しまして

倒した写真を撮り忘れました。

嫁と二人だけのイブ (1)結構お腹は一杯でしたが

ケーキを二人で分けて頂きました。

もう今年も残り僅かとなって来たなぁと

振り返りながら・・・

嫁と二人だけのイブ (2)サンタは我が家にはやって来ず

嫁は孫にクリスマスプレゼントを

送っていた。

来年はどんな年になっているのかなぁ

そんな事を思うのはまだ早いかw


Z50Zエンジン不動修理

昨日緊急入庫してきたZ50Zの修理をサクサクッとやってしまいます。

最初はキャブが怪しいと思っていたのですが

Z50Z電装系不良修理 (1)何故か今日はプラグに火が飛ばないので

まず何処かの接触不良を疑い

チェックすると、キースイッチが

緩んでおり、アース不良かと思ったけど

Z50Z電装系不良修理 (2)それでも無かったので

ポイントをチェックしたけど問題なし。

これは配線が怪しいと的を決めて

まずコイルの抵抗をチェックしたけど

Z50Z電装系不良修理 (3)問題は無かったので

キースイッチとメイン電源系の接点を

取外してチェックしたら

少々緑青が沸いていたので

Z50Z電装系不良修理 (4)接点復活剤を掛けて配線を接続したら

プラグに火が飛ぶようになり

無事にエンジンが掛かりました。

まぁ手間は掛かったけど

Z50Z試運転181225原因が分かって良かった。

取合えず試運転。

100キロ以上の負荷が掛かっても

しっかり走るので大丈夫だと思うよw


名古屋AK号フロント周り仮復旧

ステムとトップブリッジが仕上がってきたので

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (1)早速フロント周りの仮組みを

始めて行きます。

まずはステムに純正ボールベアリング用

ボトムコーンレースを打ち込んで

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (2)フレーム側にもグリスをたっぷり塗って

ボールベアリングを並べて

トップコーンレースを入れました。

これでステムを入れて

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (3)トップスレッドを締め込みます。

バネ計りで締め込みの具合を

計り、調節しながら締めて行きます。

締め過ぎても緩過ぎてもダメです。

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (4)取合えずフロントフォークを入れて

メーター周りをセットしました。

左のアウターケースの修理がまだなので

インナーチューブだけ仮にセットしました。

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (5)メーター周りをセットして

ヘッドライトステーを取付けて

シビエのライトケースも取付けて

配線を接続まで完了したので

名古屋AK号フロント周り復旧作業 (6)名古屋AK号はちょうちんから

シビエに進化しました。

後は来年になりますが

時間がある時にでも

名古屋AK号用純正新品NOSディスクカバーブレーキマスターを

交換しようと思ってます。

純正新品未使用俗に言うNOSの

ディスクカバーですが、袋を開けると

少々保管傷があったのが残念だったかな。


姫号不動車コーナーからPITへ移動

一昨年の左直事故も何だかんだとあって時間は掛かりましたが

姫号作業準備不動車コーナーからPITへ移動修理代は保険からちゃんと出たので

作業をするタイミングだけの

問題だった姫号ですが

やっと作業に取掛かれるので

不動車コーナーから下ろしました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 修理 | 部品

2018年12月24日

姫号本格的修理準備へ向けて3

関東へ帰ったCP問題児が久し振りに来阪し
今日は嫁を実家に残してCPにご来店。
CB350F改の打合せを軽く済ませましたが
嫁に内緒なのが少々面倒かなぁw
仮に出来上がったとしても、持って帰れないと言う始末なので
僕のやる気レベルは地を這ったままです・・・
まぁ今週中には姫のバイクを修理に取掛かる予定なので
その後にボチボチ始める事にします。


滋賀の地酒シリーズと対戦開始

三重の地酒を退治したので、次は滋賀の地酒と対戦開始。

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (1)対戦相手はランダムに決定します。

まず一本目の対戦相手は

「喜楽長」と対戦開始!

多分二合瓶?余り量を気にしないので

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (2)よく分かりませんが、氷を入れたコップに

ギリでつるつる一杯なので

お口からお出迎えに行かないと

こぼれちゃうw

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (3)「喜楽長」をサクッと退治して

二本目「あみんちゅ」と対戦開始。

今のお酒って何でも呑みやすい?

するするっと入って行くし

滋賀の地酒シリーズと対戦開始一日目 (4)全く酔わないのが不思議だ。

年内中に家にあるアルコールを

退治してやろうと思ってます。

今晩も滋賀県シリーズと対戦です。


2019年に向けて1号機慣らし中

2018年のエンジンブローは2018年中に修理が出来上がり

1号機慣らし中181224 (1)少しづつですが慣らしをしています。

今までやった事が無いエンジンの仕様なので

どんなトラブルがあるか分からないし

キャブのセッティングもまだ完璧ではない。

1号機慣らし中181224 (2)おまけに廃盤になったヨシムラの

デュアルテンプメーターとセンサーの

調子が悪かったので調べたら

センサーのコネクター部分の

1号機慣らし中181224 (3)差込が緩んでおり

それが原因で接触不良を起こして

居た事が分かったので

取合えず簡易的にビニテで固定した。

1号機慣らし中181224 (4)これでテンプBもちゃんと表示されるように

なったのは良いのだが・・・

既にアクティブのデュアルメーターを

注文していた後に分かった事だった・・・


奇跡の国内408充電系部品交換

長期欠品中だったレギュレートレクチファイアーが

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (1)タイミング良く再販されたので

早速取寄せて交換する事にしました。

最初はステーターコイルの

不具合かと思っていたので

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (2)コイルを取寄せたのですが

全然関係が無かったw

取合えず仮に接続して

発電量をチェックしてみます。

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (3)おぉ!これは中々元気が良い!

そんなに回さなくても

十分に発電してくれるので

今回の製品は中々良いようです。

奇跡の国内408レギュレートレクチファイアー入荷 (4)チェックも終わり取付けも完了。

後はサイドカバーだけですが

納期は来年なので、取合えずこの状態で

納車のご協力をさせて頂きます。


名古屋AK号ステム塗装完了

これも年内は諦めかけて居たのですが

名古屋AK号ステム、トップブリッジ、タンク塗装完了 (1)ステムとトップブリッジと

タンクの塗装が終わり

タイミング良く戻ってきました。

明日にはステムを取付けて

名古屋AK号ステム、トップブリッジ、タンク塗装完了 (2)少しでも復旧に向けて進めようと

思っております。

後はボトムケースと

エンジンガードさえ修理が出来れば

来年早々には納車出来ると思いますので、もう暫くお待ち下さい。


Z50Z緊急入庫

今朝お店が開店して暫くして電話が入り緊急入庫となったZ50Z

Z50Z緊急入庫181224 (1)変なエンジンストールで止まった

との事での緊急入庫となりました。

クランキングもするし

圧縮もあるので、エンジンに問題は

Z50Z緊急入庫181224 (2)無さそうに思うのですが・・・

点火系も特に問題は無いので

後はキャブに問題がありそうなので

お預かりしてチェックする事になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 電装品 | 修理

2018年12月23日

枚方が好きやんツーリング部3

昨日はアゲインRCの暴年会があったのですが
色々と用事があり参加出来ませんでした。
まぁ例年の如く酷い事になっていたとは思いますが・・・
朝から用事もあり、宿泊も出来ないので
参加は諦めました。


三重の地酒純米大吟醸「作」と第二ラウンド

一昨晩は同じ「作」の純米吟醸と対戦し軽く倒して

三重の地酒「作」純米大吟醸と対戦 (1)昨晩は純米大吟醸の「作」と第二ラウンド。

これは一昨晩呑んだ「作」と違い

更に上を行くフルーツジュースのような味

激しく美味しかったと言うのは言うまでも無い。

三重の地酒「作」純米大吟醸と対戦 (2)余りにも美味しいお酒だったので

直ぐに無くなってしまった。

女性にもお勧めな日本酒だと思います。

こんな呑み方をして申し訳ないぐらいです。


枚方が好きやんツーリング部公式ツーリング

年末で少々忙しく、納車待ちの車両もあるので

ひら好きバイク部2018年12月度公式ツーリング (1)今回は参加出来ませんでしたが

せっかく1号機も復活したので

お見送りだけ参加してきました。

まだ路面は濡れてましたが

ひら好きバイク部2018年12月度公式ツーリング (2)天気は回復傾向なので

2018年最後の枚好きバイク部

公式ツーリングを安全に楽しんで

きて下さい。


奇跡の国内408タイヤ交換

多分今日やってしまわないと、作業をする時間が無いと思い

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (1)空の様子を見ながら

タイヤ交換をする為

PITから他の車両を出して

まずはフロントから作業開始。

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (2)タイヤはほぼ新品の状態でしたが

2003年の37週目でした。

今から15年前のタイヤです。

流石にこれは怖いですね。

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (3)ホイールからタイヤ、チューブ

リムバンドを取外すと

40年以上前のリムには錆び一つ無く

激しく状態の良いリムです。

奇跡の国内408タイヤ交換フロント (4)正にラインオフ、新車の状態でした。

これは凄い!こんな状態のホイールを

今まで見た事がありません。

取合えずフロントは3インチに交換完了。

奇跡の国内408タイヤ交換リア (1)次にリアホイールに取掛かります。

当然ながらハブも状態が良い。

スプロケットも磨耗しておらず

正にお宝車両ですね。

奇跡の国内408タイヤ交換リア (2)タイヤは同じく2003年の36週目

これもほぼ新品ですが

やはりこれだけ古いと怖いですね。

タイヤサイズも4インチになってます。

奇跡の国内408タイヤ交換リア (3)これもタイヤ、チューブ、リムバンドを

外すと、同じ様に錆び一つ無い

激しく良い状態でした。

まぁ後はリムなど、光物を磨けば

奇跡の国内408タイヤ交換リア (4)見た目ももっと良くなると思います。

ホコリなど少しは拭き取りましたが

クロームメッキはどうしても

ピンホール的な錆の元が出るので

奇跡の国内408試運転今の内に磨いていた方が良いでしょう。

取合えず試運転をしてみましたが

とても快調で楽しく走れました。

今回良い車両を触らせて頂きました。


本日のご来店

以前エストレイアのシリンダーヘッドのバルブの件で

181223本日のご来店 (1)ご来店されたK様が

出来上がったエストレイアでご来店。

エンジンは異音も無く

とても良い状態で仕上がってます。

181223本日のご来店 (2)で、今回は取外し交換した

シリンダーヘッドを予備部品として

保管して置くとの事でご来店。

バルブの摺り合わせにだしますが

181223本日のご来店 (3)その前に汚れが酷いので

サービスで軽くウエットブラストで

仕上げてみる事にしようと思い

ブラストをしてみました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) ツーリング | メンテナンス

2018年12月22日

スピードワーニングユニット3

何とか予定通り年内残り2台の納車が
出来そうな目処が立ち
姫号のフレーム修正と
エンジンフルO/Hに取掛かれそうです。
同時進行で関東の問題児号も取掛かれそうで
来週辺りに打合せにご来店予定となりました。
でもその車両、嫁に内緒って言うのが
面倒だわ・・・


三重の地酒「作」純米吟醸と対戦 

昨晩は嫁が会社の忘年会だったので、自宅でレオとちゃPとお留守番。

三重の地酒「作」純米吟醸と対戦181221 (1)一人寂しく三重の地酒「作」(ザク)と対戦!

誠司、行きまーっす!と呑んだのですが

まるで水の様な呑み口で

とてもフルーティーな味わいでワインレベル

三重の地酒「作」純米吟醸と対戦181221 (2)「嫁にしか殴られた事がないのに!」

とサクっと退治してやりました。

次は同じ「作」の純米大吟醸と

対戦するのが楽しみになってきた!


スピードワーニングユニット2ロット目完成

いきなり在庫が売れてしまい、無くなったので大急ぎで発注。

スピードワーニングユニット2ロット目完成何とか年内に完成して

昨晩納品されてきました。

まぁ年末のこの時期に在庫を抱えるのも

少々辛いタイミングですが

必要として下さっている方が居るだけで、作る甲斐があります。


Z1000Mk競ラッチワイヤー交換

クラッチの不具合から乗れなくなっていたZ1000Mk兇任垢

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (1)こんな日にしか作業できないので

狭いPITで太い身体をねじ込んで

クラッチカバーを取外しました。

何とかワイヤーを取外しました。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (2)レリーズが磨耗している可能性も

考えて居たのですが

若干の磨耗とベアリングの当りが

少し出て居る程度でしたが交換します。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (3)クラッチワイヤーは新品だったのですが

エンジンの熱で溶けており

これが原因だった事が判明しました。

多分また同じようになるだろうから

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (4)何か対策を考えないとダメだろうなぁ

新品のクラッチレリーズは早くに

手に入れていたので

サッサと交換してしまいます。

Z1000Mk競ラッチワイヤー&レリーズ交換 (5)取合えずクラッチは復旧しましたが

また熱でワイヤーが溶けそうなので

今度は少し熱対策を考えて

断熱を少し考えます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 電装品 | 部品

2018年12月21日

サンタがCPにやって来た3

寒いのは仕方が無いとして
年末のここに来ての雨続きで
作業が滞り気味になってきてしまい困ってます。
年内後2台は納車したいし、2台は分解する予定なのですが
少し予定が厳しい感じになってきた。
明日からの天気が面倒だわ・・・


少し早めのサンタクロースご来店

昨晩、閉店間際に今年一年良い子にしていた僕の所へ

日垣サンタご来店20181220サンタクロースがやって来た!

特にプレゼントは無かったけど

この歳でサンタに合えたのは良かった

孫が物心付いた時にでもまた来て欲しい。


今度はプレゼントをよろしくお願いします。

出来れば、30代から40代の可愛い女性で!


tanji号火入れ

天候不良が続き、今日も路面が濡れているので狭いPITでの作業。

予定していた奇跡の国内408のタイヤ交換は天候が不安定なので延期です。

tanji号仕上げ (1)まず電装関係の取付けから

ホーン、ポイントを取付けて

ポイントの掃除とギャップ調整を

済ませました。

tanji号仕上げ (2)次にブレーキペダルとステップ

キャブレターをセットして

アクセルワイヤーを接続。

もうこの頃には汗だくだったので

tanji号仕上げ (3)外を見るとピーカンの天気だった。

どっちやねん・・・

でもまた午後以降は天気が

不安定になるらしい?

tanji号仕上げ (4)新品のエアークリーナーフィルターを

セットして、純正同等新品IGCを準備。

ホルダーはウエットブラスト仕上げて

ノイズサプレッサーキャップと移植して

tanji号仕上げ (5)車両に取付けて、エンジンオイルを入れて

何時ものクランキングのついでに

実圧縮圧力を測定、#1〜#4まで

平均0.9MpaでOKです。

tanji号エンジン火入れ (1)ではいよいよ火入れの準備に

取掛かります。

キャブにガソリンを流し込んで

同調調整用ノズルをセットして



セル2回で無事にエンジンに火が入りました!

tanji号エンジン火入れ (2)まず点火時期を調整。

#1.4、#2.3ともバッチリです。

エンジンも温まってきた所で

アイドリングもまずまず安定してますが

tanji号エンジン火入れ (3)キャブの同調はこんな感じで

バラバラです。

ではこれを調整して行きます。



tanji号エンジン火入れ (4)バキューム圧は少し低いですが

一応良い感じに揃いました。

後はASの調整をすれば

良くなると思います。

tanji号エンジン火入れ (5)この時期中々油温が上がらないので

温まるとアイドリングが

上がるかも知れないです。



tanji号試運転取合えず試運転をしてみます。

3,000rpm縛りですがパワフルで

快適に走ってくれるので

久し振りにフォアに乗った気分になりました。

1号機試運転181221ついでに1号機も試運転

3,000rpmでもかなり早く

実圧縮が低くてもかなり

トルクを感じる仕上がりだったので

早く慣らしを終わらせて、フルパワーで走りたいw

て言うか、今日結構良い天気で暑かったやん・・・

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | レストア

2018年12月20日

CP1号機火入れ復活3

残り僅かになっていたセカンダリードライブギアーですが
本日完売致しました。
次のロットが何時になるのか全然分からないのですが
仮に来年早々製作に取掛かれたとしても
早くて3月かも分かりませんし6月かも・・・
またそのまま作られる事がないかも分かりません。
今分かる事は何もありません。
再販が出来るようになりましたら、またよろしくお願い致します。


奇跡の国内408車検

発電不良と言う問題を抱えながら継続車検へ行くのに

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (1)少しだけジタバタしてみました。

まずはテスト用のACGに交換してみましたが

そもそも7000キロしか走っていない

国内408のACGはとても状態が良く

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (2)これが発電不良の原因では

無さそうなのは一目瞭然だった。

でも、念の為交換してみたけど

変化すらしなかったので

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (3)新品だと渡されたバッテリーを見ると

バッテリー内部のセルが変形しており

これも怪しいんじゃないかと・・・

交換してみましたが

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (4)0.5V上昇した程度だったので

バッテリーでも無さそうだったのですが

取外す時に見落としそうになり

何気に気になったのが

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (5)昔よく使われていた純正タイプ流用の

レギュレートレクチファイアー。

これを見た時に、あぁこれだわと

確信した。

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (7)元のバッテリーに戻して

これもテスト用の

レギュレートレクチファイアーに

付け替えて発電のチェックをした所

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (8)予想は的中!14.5Vとしっかり発電してます。

もっと早く気が付けば良かったのですが

ついうっかりと見落としてしまいました。

残念な事に今レギュレートレクチファイアーは

奇跡の国内408車検と発電不良調査 (9)長期欠品中ですので、暫くお待ち下さい。

取合えず光量はギリクリアーして

車検を取得出来ました。

でもこのステッカーを剥がして貼るのは

しのびないので、このままにして置きます。

後は前後タイヤを交換すれば納車可能になりますが

本日天候不良の為作業スペースがありませんので

明日交換したいと思ってます。


tanji号手直し

本当なら今日仕上げて火入れの予定でしたが

tanji号エンジンハンガー手直し (1)生憎の雨で作業が出来ないし

エンジンハンガー取付けボルトを

入れる向きを、僕とした事が

反対に入れてしまっていたのです。

tanji号エンジンハンガー手直し (2)右側のダウンチューブが曲がっているので

ボルトを交換するにも数時間掛かり

やっと入れ替えが出来たけど

もうヘトヘトになってしまった・・・

tanji号マフラー取付けなのでエキパイとスリップオンマフラーを

取付けて、今日はここまでで終了。

明日天気が良さそうなので

奇跡の国内408のタイヤ交換をしてから

仕上げて、火入れしようと思ってます。


1号機火入れ

雨で予定が狂ってしまい、時間が余ったので

1号機火入れ復活20181220 (1)急遽1号機の火入れをする事にしました。

まずはエンジンオイルを入れて

何時ものクランキングをしつつ

実圧縮圧力を測定します。

1号機火入れ復活20181220 (2)燃焼室の容積を測定した時に圧縮比が

かなり低かったので、実圧縮圧力も

予想通り低く0.8Mpsだったw

まぁ壊れないから良いかなぁ・・・

これでレギュラーガソリン仕様になりました。

ヨシムラミクニTMR-MJN32Φにガソリンを流し込んで

セル1発で始動!8ヶ月の眠り、多分平成最後の目覚めです。


ヨシムラのテンプメーターとドラレコが何故か死んでました・・・

原因を調べてみるとテンプメーターは電池切れだったので交換して復旧

ドラレコも電池切れと、SDカードの不具合が原因だった事が判明した。

1号機火入れ復活20181220 (3)点火時期を調整して暖気して

オイル漏れも無かったので

近日試運転をしてみようと思います。

お客さんのバイクより先に復活してしまい

申し訳ないです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 電装品 | レストア

2018年12月19日

1号機復活への道3

今日は病院の日で、血液検査だったのですが
どうせ良い数値は出ないし、お正月の間に呑んだくれるので
その時の数値でええわと思い
2018年最後の血液検査はキャセルしてやったw
年明け1月末なら、数値的に多少は下がっているはずと
期待をしてます。


腰にブロック注射

最近腰痛が酷いので、腰にブロック注射をしてもらった。

181219年最後のブロック注射これで年内は何とかなるかなぁ

やっぱり根本的に痩せないとダメだ。

この年末年始は食べ過ぎ呑み過ぎに注意して

ちゃんと健康管理を仕様かなぁと

激しく妄想中ですが・・・痩せた自分の身体を妄想しているだけですけどね。


1号機2019年仕様で復活への道

先日の天候不良の日に、一気に1号機のエンジンを仕上げ

1号機ヘッドカバー搭載バルブクリアランス測定 (1)ヘッドカバーを被せて

タペット調整を終え

クランキングしてみましたが

特に問題は無さそうなので

1号機ヘッドカバー搭載バルブクリアランス測定 (2)バルブクリアランスの測定を

念の為やって置きます。

ローコンプピストンなので

大丈夫なはずですが、精神衛生上の為測定。

1号機ヘッドカバー搭載バルブクリアランス測定 (3)やっぱりバルブクリアランスは

2mm以上あるので大丈夫です。

後は実圧縮圧力がどれだけあるかと

515ccになった事でパワーの変化と

1号機ヘッドカバー搭載バルブクリアランス測定 (4)ヨシムラミクニTMR-MJN32Φの

セッティングにまた

悩まされるのだろうと思うと

少し気が重いのですが・・・

1号機復活への道エンジン搭載20181219 (1)取合えずこれでやっと

新1号機が2019年に復活します。

少しスペースを開けて

エンジン搭載準備をします。

1号機復活への道エンジン搭載20181219 (2)

どーん!

多分2018年最後のどーん!です。

今日は腰の痛みも全く感じない鉄人です!

1号機復活への道エンジン搭載20181219 (3)取合えずR側、乾式クラッチをセット。

ダイナSも古いタイプですが

もう10年以上使えています。

まぁ予備も持ち歩いてますけどねw

1号機復活への道エンジン搭載20181219 (4)油圧クラッチレリーズもセットして

世界に二個しかないヨシムラミクニ

TMR-MJN32Φも取付けました。

今回は上手くセッティングが出せるのかなぁ・・・

1号機復活への道エンジン搭載20181219 (5)次にL側の仕上げに取掛かります。

フル強化オイルポンプRタイプと

アゲイン製ACGカバーキットを

サクサクッと取付けました。

1号機復活への道エンジン搭載20181219 (6)セルモーターはぶっ飛んで壊れたので

程度の良い物をO/Hしてから取付けます。

今回オイルパンのセパレーターを

ユニクロメッキ仕上げの物にしてみました。

1号機復活への道エンジン搭載20181219 (7)オイルパンを取り付けて

今回、ラジアルタイプの

オイルフィルターケースに

変更して取付けてみました。

1号機復活への道仕上げ20181219 (1)宝物庫に隠してあった

新品同様のセルスターターモーター

もうこの機を逃したら使う事も

無くなるだろうから、今回使います。

1号機復活への道仕上げ20181219 (2)セルモーターをサクサクッと取付けて

L側カバーも取付け完了したので

このままの勢いで

L側を仕上げてしまいます。

1号機復活への道仕上げ20181219 (3)BSを取付けて、エンジンガードも取付け

これでエンジンマウントボルトも全部

締付ける事が出来るようになります。

同じくR側もステップと

1号機復活への道仕上げ20181219 (4)エンジンガードを取付けて

マフラーを取付けました。

これでR側も完成となり

後はエンジンオイルを入れて

火入れをするだけとなりましたが、今日はここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2) エンジン | 修理

2018年12月18日

セカンダリードライブギアー3

明日は定休日で血液検査の日です。
この所腰痛も激しいので、ついでに腰に
ブロック注射をしてもらいます。
病院が終わってから、平成最後になるはずの
1号機のエンジンをどーん!しようと思ってます。
シリンダーヘッドは10年近く前に構想していた物で
今回少し方向を変更してキャリロのコンロッドに
14Φのピストンピンを使用して、ローコンプながら
割とレーシーな感じのするピストンを装着しました。
どんなエンジンに仕上がるのか楽しみです。
1号機が復活したら今度はZ1000Mk兇
余り乗らなくなるかもねぇw


強化セカンダリードライブギアー 

今までこの強化セカンダリーギアーに交換して

セカンダリードライブギアー在庫数ネコ無きなどの報告が無いので

そう言う意味でも意外とイケテル部品だと

思いますが、在庫は残り3個となってしまい

次の入荷は全く未定となりました。

ご入用の方はお早めにお願いします。


tanji号エンジン搭載

色々とあって、予定が少し遅れましたが

tanji号エンジン搭載181218 (1)今日やっとtanji号のエンジンを

搭載して仕上げに取掛かれるようになり

早速朝一から作業に取掛かっております。

天気も良いので、作業スペースを開けて

tanji号エンジン搭載181218 (2)エンジン搭載準備が整ったので

どーん!搭載完了です!

後は年内納車めがけてサクサクと

仕上げて行きます。

tanji号エンジン搭載181218 (3)エンジンハンガーボルトを入れて行くと

やはりフロントエンジンハンガーの

ボルトが全然入りません・・・

フレーム、ダウンチューブが内側に入ってます。

tanji号エンジン搭載181218 (4)そして格闘する事約2時間・・・

ひねくり回してやっと全ての

エンジンハンガーボルトを

入れる事が出来ました。

多分フロントのエンジンハンガーを取るには

他のボルトを全て抜かないと取れないと思います・・・

tanji号エンジンL側仕上げ181218 (1)で、やっと仕上げ作業に取掛かり

L側の仕上げが完了しました。

今回フル強化オイルポンプを

強制的に投入したりました。

tanji号エンジンL側仕上げ181218 (2)オーナーが気にしていたACGカバーですが

今回はエンジン内部に全力注入したので

外から後で触れる所は後回しにしました。

恐らく以前のあの状態からすれば

tanji号エンジンR側仕上げ181218 (1)全然違うフォアになっているはずです。

R側、クラッチを取付けました。

リフターベアリングも当然新品に交換。

ロックナットは散々使い回されているので

tanji号エンジンR側仕上げ181218 (2)新品に交換して取付け完了。

カバーも取付け完了ですが

今回塗装はしませんでした。

クラッチワイヤーを取付けて調整。

tanji号エンジンオイルパンフィルターケース181218 (1)オイルパン、オイルフィルターケースを

取付けて、今日はここまでで終了。

エンジンハンガーボルトの取付けに

結構手間が掛かったので

その分今日の完成にならなかったかなぁ。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4) エンジン | 部品

2018年12月17日

2019年への1号機復活へ向けて2

昨日は早仕舞いをさせて頂き
武川雅之様のお通夜へ参列してきました。
家族葬との事でしたが、ご友人や仕事関係の方が沢山ご参列され
故人の人柄やお付き合いの幅の広さを改めて感じさせられました。
物を作る事が好きで、販売するとか利益を得るとかには興味を持たず
わがままな生き方と聞きました。
突然の事でしたが最後は生前本人が
希望していた通りの逝き方になったそうです。
本日の葬儀に参列出来ずとても残念ですが
故人武川雅之様のご冥福をお祈り申し上げます。


1号機エンジン下拵え

昨晩からの雨で路面が濡れている為、バイクをPITから出せないので

1号機エンジン下拵え (1)仕上がってきた1号機のアッパーケースの

下拵えをする事にしました。

まずはリタップをしてから

スタッドボルトを入れて行きます。

1号機エンジン下拵え (2)今回はメッキのスタッドボルトを

セットしてみました。

カムチェーン強制調整ボルトも

セット完了です。

1号機エンジン下拵え (3)強制ボルトは調整しやすい物に

変更してあります。

アッパーケースの具を準備して

ここからは電話が鳴ろうが、お客さんが来ようが

1号機エンジン仕込み記念撮影 (1)一気に仕上げに取掛かります。

ポイポイっと具を入れて

何時もの記念撮影!

もう1号機のこの画像を何回見た事か・・・

1号機エンジン腰下仕上げ (1)サクサクッとボルトを締めて

2019年仕様の腰下が完成!

今回のエンジンは果たしてどうなるのか?

もう壊れない方向ですが、果たしてパワーは?

1号機エンジン腰下仕上げ (2)で、取合えずシフト関係の具を

何時も通りセットして

ミッションの動作確認もOK!

このままの勢いで腰上を仕上げます!

1号機エンジン腰上仕上げ (1)まずはホンダの57.3Φピストンを

キャリロのコンロッドに接続。

ピストンピンは14Φになってます。

リングが薄いので耐久性が気になります。

1号機エンジン腰上仕上げ (2)そして新しく作ったシリンダーを挿入。

ピストン高もまずまずなので

バルブクリアランスも大丈夫だと思います。

後は燃焼室の加工との兼ね合いで

1号機エンジン腰上仕上げ (3)実圧縮が幾つになっているのかが

組んでみないと分からないのですが

感触的には12Mpa〜位を予想してます。

これでヘッドも搭載完了しました。

1号機エンジン腰上仕上げ (4)アゲインハイカムst2を搭載して

今日はここまでで終了。

後日ヘッドカバーを乗せて

バルブクリアランスの測定をしてみます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) エンジン | 修理

2018年12月16日

本日は半休です2

【半休のお知らせ】
本日は諸般の都合により
午後から半休とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


GTH号オイル交換

午前中の作業でご予約を頂いていた、京都GTH号のオイル交換作業など

京都GTH号オイル交換と点火系修理 (1)来年年明け直ぐに継続車検の為

入庫の打合せも済ませつつオイル交換。

フロントブレーキもアゲインの

ブレンボキットに変更する事になりました。

京都GTH号オイル交換と点火系修理 (2)以前からの持病で点火系の不具合があったので

仮のポイントを付けていたのですが

コンデンサーを新品に交換してみた物の

結果接点が悪かった事が判明したので交換。

京都GTH号オイル交換と点火系修理 (3)調子が良くなったので一安心です。

電装系は思っても居ない所が

原因だったりするので

その原因を探すのが大変です。


tanji号不動車コーナーから作業スペースへ

本当なら今日tanji号のエンジンを搭載する予定でしたが

tanji号不動車コーナーからPITへ移動諸般の事情により午後から休業です。

でも天気の良い内にtanji号を

不動車コーナーからPITへ下ろしました。

これでエンジン搭載準備は完了です。


1号機2019年仕様

年末年始に1号機の復活作業をやる予定で準備を進めています。

1号機2019年仕様準備完了 (1)三代目号から取外したYSSリアサス

アッパーダンパーをゴムから

ジュラコンに交換しました。

これで動きも良くなります。

1号機2019年仕様準備完了 (2)アッパーケースのボーリングも終わり

内燃機屋さんから戻ってきました。

少し洗浄してから、時間がある時に

仕上げる事にします。

1号機2019年仕様準備完了 (3)新しいエンジンは510ccから

515ccに更にボアアップしますが

ピストンはローコンプになる為

燃焼室はハート型に加工した物を使います。

ピストンピンも13Φから14Φに変更するので

もう壊れないと思います・・・多分・・・

peke_cb400f at 13:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | エンジン

2018年12月15日

今年の漢字3

12月も残り半分になり、流行の今年の漢字を考えてみました。
僕の中での一位はやっぱり「孫」ですねぇ。
あんなに子供が可愛いと思った事は無かったかも知れないです。
で、二位は「癌」でこれは僕の人生で初めての
一応の癌告知と一応の余命宣告でしたが
ずっと治療をしていれば8割死なない癌だったのでまぁ良かったかなぁ・・・
でも、がん保険に入っていれば良かったのになぁ・・・
この癌告知の後にお世話になっている保険会社から
がん保険の案内が来たけど、「遅いわ!」って話でした。
三位はやっぱり「災」ですかねぇ。
地震に台風で被害がありましたが、身内に人的被害が無かった事は
救いだったのかも知れません。
2019年はどんな年になるのか、楽しみですね。

【訃報】
急な事ですが、本日16時過ぎにアゲイン松永社長から連絡を頂き
フォアの部品など色々と設計、製作して頂いていた方が
昨日お亡くなりになられたので
明日ご予約のお客様の作業が終わり切りが良い所で
御通夜の為、臨時の早仕舞いとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


2018/12/13 暴年会in名古屋

一昨日は台風1号、2号のお膝元名古屋へ出向き恒例?の暴年会。

2018年名古屋暴年会 (2)アニーズで少し用事を済ませてから

ホテルにチェックイン!

ロビーではJ-GP3年間三位!小室選手の

サイン会が開催されてましたw

2018年名古屋暴年会 (3)そして第一会場の焼肉屋さんへ行き

まっきーの口上で乾杯!

ここで覚えている限り生ビールを6.7杯?

二次会の会場では焼酎ロック気味の水割りを

しこたま呑んで覚えていませんが、終わったのは日付を超えてました。

そして恒例のコンビニ男気爆買いへ・・・でも何時もなら

6千円〜なのに今回は2千円ぐらいで済んだのですが

2018年名古屋暴年会 (4)会計が終わって袋の中を見ると

何故かコンドームが入っていたわ!

もうこんなの誰と何処で使うねん!

しかも自慢じゃないけど普通サイズは

僕のお宝には小さ過ぎて入らないんだよねw

2018年名古屋暴年会 (5)でも今回知らなかったのですが

小室選手から今年の全日本選手権の

年間パスを頂いて居た事です。

なのでなお更、全戦応援に行けなかった事が

2018年名古屋暴年会 (6)残念で仕方がありません・・・

今思えばそんな2018年だったのかと・・・

2019年もレースに遊びに酒に

ラーメンにと、やる事が一杯あるから

相変わらず忙しい一年になりそうですが、コンドームはどうしようかな・・・


奇跡の国内408キャブレター同調

今週は年末行事でまともに仕事もしておらずに

奇跡の国内408同調調整仕上げ (1)やっと今日、奇跡の国内408の

キャブレター同調調整をやる事が出来るので

サクサクッと準備を進めて行きます。

まずは点火系の調整から・・・

奇跡の国内408同調調整仕上げ (2)あぁ・・・ダイナやったわwと言う事で

ここはこのままでOKなんだと・・・

せっかく開けたのでガバナの動きを

チェックして、給脂だけしておきました・・・が

奇跡の国内408同調調整仕上げ (3)キャブにガソリンを流し込んで

オーバーフローも無くOK!

チョークを引いてセルを2回まわすと

それなりに機嫌良くエンジンが始動しました。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (4)ASを少し開き気味にしていたのですが

同調が合わなかったので

STDな設定に戻してバッチリ合いました。

ブリッピングをすると何かノッキング気味?

奇跡の国内408同調調整仕上げ (5)おかしいなぁ?と思って点火時期を

チェックすると、思いっきり狂っていた・・・

ダイナが壊れているのかと思い

取合えず調整してみると

奇跡の国内408同調調整仕上げ (6)点火時期もバッチリになりましたが

進角がフル進角していないので

どっちに合わすかなぁと言う感じで

蘇ったばかりなので少し悩む事にします。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (7)次に発電系のチェックをします。

同調と点火時期を合わせている間に

エンジンもそこそこ温まったので

5,000rpmキープで発電力を測定。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (8)結構5,000rpmで頑張って

発電量は13.55Vだったので

少々発電不足です。

それともIGCに食われているか?

奇跡の国内408同調調整仕上げ (9)前後タイヤの空気圧をチェック。

まぁ当然ですが全然入ってなかった。

前後ともタイヤはサイズUPされています。

タイヤもですがチューブの劣化が心配ですね。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (10)駆動系、ミッションのチェックを済ませ

油温も結構上がりましたが

今の所白煙も無く良い感じです。

センタースタンドストッパーが少し

気になりましたが、スタンドがチェーンに干渉しないのでOKです。

奇跡の国内408同調調整仕上げ (11)少しカムチェーンの音がするので

カムチェーンテンショナーの調整。

タペットクリアランスも少し

広い感じの音がするのですが

奇跡の国内408同調調整仕上げ (12)ハイカムを入れてある可能性もあるので

取合えず現状のままにします。

ヘッドカバーを開ける時にでも

中をチェックしてからにします。

これで何時でも車検の準備が整いました。


tanji号ロッカーアーム修正完了

やっと今日tanji号のロッカーアーム修正が終わり戻って来ました!

tanji号エンジン増し締め仕上げ (1)年内は厳しいかなぁと思っていたので

良いタイミングで出来上がって来た。

これで年内納車に向けて最終仕上げに

取掛かろうと思います。

tanji号エンジン増し締め仕上げ (2)まずシリンダーヘッドの増し締めから

数箇所だけ軽く締まった程度でした。

また慣らしが終わった頃にでも

増し締めをした方が良いでしょう。

tanji号エンジン増し締め仕上げ (3)ヘッドカバーにリメイクした

ロッカーアームをセット。

ロッカーアームはリメイクが

出来る様になったけど

相変わらずハズレ落札カムの中古良品も少なくなってきたので

この先は社外品になるかもねぇ・・・

今回落札したエンジン部品も

カムが綺麗かと思ったけどカジってるし

シリンダーフィン欠けと排気量刻印が削られており

tanji号エンジン増し締め仕上げ (4)シリンダーもゴミでしたわw

で、組み上がったヘッドカバーを

ヘッドに被せてタペット調整。

再メッキしたボルト類も数をチェック!

tanji号エンジン増し締め仕上げ (5)今回新品のタペットキャップに交換。

何だかタペットキャップも仕上がりが

雑くなっているので、廃盤も近いかも・・・

大体純正部品の末期って

こんな感じで廃盤になって行くんだよねぇ・・・

これでやっとtanji号のエンジンが仕上がったので

明日、ご予約の作業が終わったらどーん!します。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) キャブレター | エンジン

2018年12月12日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月13日(木曜日)と
明後日12月14日(金曜日)は
名古屋出張からの忘年会になりますので
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


定休日はラーメンデー

今朝は病院の日だと思っていたので、少し寝坊しながら

病院へ行ったら、予約の日を間違っていて一週間も早かった・・・

血液検査があるので、アルコールを我慢していたのに・・・

多分来週の血液検査の数値はえらい事になってると思います。

仕方が無いので久し振りに「俺らー」へ行こうと

定休日はラーメンデー (1)そのまま向かったのですが・・・

何と残念な事に、まさかの定休日だった。

もう口がラーメンの口になっているので

帰りのルート上で少し迂回して

定休日はラーメンデー (2)店舗が移転して新しくなった

天下一品へ行く事にしました。

ここ京都南の陸事の直ぐ近くなので

今後車検へ行ったら、多分ここに寄ると思う。

定休日はラーメンデー (3)天一では何時ものこってりに

チャーシュー二倍盛りを発注。

何とかラーメンの口が収まったけど

ラーメンを食べに行く道中で

直ぐ目の前で2件もの大きな交通事故があり大渋滞・・・

その大渋滞を潜り抜けてやっと食べれたので

店に戻って事務処理などをする気になりました。


奇跡の国内408キャブレター取付け

昨日はフロートチャンバーのOリングが硬化して

プラスティック状態だったので、Oリングを溶剤で溶かして剥がし

奇跡の国内408キャブレターOH完了 (1)新しいOリングをセットして

キャブレター本体に取付けて

やっと出来上がりました。

ドレンボルトのOリングも交換して

奇跡の国内408キャブレターOH完了 (2)奇跡の国内408のキャブレターO/Hが

完了しました。

二個一作戦は結構手間取りましたが

とても良い状態のキャブが出来上がりました。

奇跡の国内408キャブレター取付け完了 (1)で早速車体に取付け。

車体側のドレンホースも新品に交換。

でも車体側のゴム、ホース類は

全て同じ様に硬化しており

奇跡の国内408キャブレター取付け完了 (2)恐らくエンジンを掛けると

タペットキャップやヘッドカバーなどから

オイル漏れする可能性が高く

最悪はインシュレーターもヤバイかも知れない。

取合えず同調調整は名古屋から帰って来てからやります。


大阪T号足回りマッスル化計画

密かにフォアにビトーのマグタンを取付ける計画を

大阪T号足回りマッスル化計画部品入荷進めているのですが

リアディスク板を専用アタッチメントに

固定するボルトが入荷してきました。

まぁこれも少し加工が必要なのですが・・・

後はフロントフォークの特注スプリングが出来上がれば

一気にマッスル化出来るのですが・・・


自由人君ご来店

今日は木曜日だと思っていたらしく、自由人君がご来店w

定休日なのに自由人君ご来店 (1)折れた薬指も若干くっ付いたらしく

やっと抜釘できたらしいけど

案の定指が曲がらなくなっているし

手はまだ腫上っているのに

定休日なのに自由人君ご来店 (2)相変わらず対応が遅い保険会社のJ社。

抜釘が終わって左腕のMRI撮影をした所

じん帯が切れており、水も溜まって居る事が

今更ながらに分かって、装具で固定w

もう事故から2ヶ月経過してるのにねw

保険会社から兵糧攻めに遭っており、休業補償すらまともに

払って貰えないらしい・・・ほんと鬼だなJ社は。

ポート研磨が出来なくなったらどうしてくれるんだ!!JA!!!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) グルメ | キャブレター

2018年12月11日

100円自販機設置3

昨日はルミナリエ渋滞と阪神高速の事故で
帰りがかなり遅くなり、少し疲れ気味です。
しかもひょっとすると年内東京出張もあるかも・・・
そんな感じでまた別の意味でこれから忙しくなりそうです。
2025年に開催される大阪万博の頃には
僕はもう61歳になっていますが
それまで生きていて、身体が動いていてくれれば
まだまだバイクには乗っていると思います。
そして、どの業界でも技術者が人手不足な中
あと5年で製造から半世紀が経過するフォアを
維持管理出来る後継者も作らないと
いけないと、危機感を持ってます。


100円自販機設置

以前の自販機は売り上げが悪く、自販機会社が撤去したので

100円自販機設置 (1)やはり自販機が無いと不便なので

100円自販機を置く事になりました。

これもある程度売れないと

撤去されるので、ご来店された際は

100円自販機設置 (2)1本100円なので、ご協力をお願いします。

自販機の色もCPらしい黄色なので

気に入ってますし、設置する向きも

歩道に面して設置したので一般の方も

購入しやすいんじゃ無いかと期待しています。


奇跡の国内408キャブレターO/H組立て

昨日は臨時休業を頂き、作業が出来なかったので

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (1)今日は朝一からキャブレターボディの

洗浄作業から開始します。

キャブクリーナーで通路などの

洗浄を終わらせた後は

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (2)ボディを入念に洗浄する工程に移ります。

この時毎回超音波洗浄機が

欲しいと思いますねぇw

まぁその内購入するまではネチネチと

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (3)手洗いで仕上げる事にします。

洗剤を水で洗い流して 乾燥中。

見る限りは良いキャブに

仕上がりそうです。

奇跡の国内408キャブレター洗浄 (5)リターンスプリングですが

車体に付いていた物(右側)は伸びており

汚れもあるので、部品取りキャブの

状態が良い方を使う事にします。

奇跡の国内408キャブレター組立て (1)スロットルバルブからJNを取外し

新品に交換します。

これを交換する為に、面倒ですが

全部分解してついでに可動部分を洗浄し

奇跡の国内408キャブレター組立て (2)グリスアップして動きを良くします。

取外したJNセットと新品のJNセットを

比較すると、車体に付いていた物よりは

磨耗していませんが、これだけ違います。

奇跡の国内408キャブレター組立て (3)世界のトヨタも高過ぎると言って

購入をしなかったフッ素グリス

ご存知の通りフッ素グリスは

耐ガソリン性に優れているので

奇跡の国内408キャブレター組立て (4)ガソリンに溶けないので

知らない人が見ると

液ガスを塗られていると

勘違いする程ガソリンに溶けないので

Oリングに塗る事により、Oリングの寿命を延命出来る物です。

奇跡の国内408キャブレター組立て (5)ホース類も硬化しているので

新品に交換して上側は完成。

後は車体に取付けて

同調調整をするだけにして

奇跡の国内408キャブレター組立て (6)ひっくり返してJNホルダーを入れて

フロートバルブも新品にしました。

MJは純正の#75に対して

給排気の具合から、取合えず#80を入れました。

奇跡の国内408キャブレター組立て (7)フロートをセットして

油面の調整も完了しました。

後はフロートチャンバーを

取付ければ完成なのですが

奇跡の国内408キャブレター組立て (8)今日一日でキャブを一つしか

仕上げられないなんて言うのは

今までには無かったのですが

全てはこの硬化したOリングを

剥がしたりする手間が激しく掛かった為です・・・

もう今日は諦めて、明日定休日ですが病院が終わったら

仕上げる事にしようと思います。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) キャブレター | レストア

2018年12月09日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日12月10日(月曜日)は別事業打合せの為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。


奇跡の国内408キャブレターO/H分解

車体に取付けられていたキャブレターは残念な事に

腐ったガソリンに犯されておりフルO/Hしないと使えない状態だった。

また、新たにオーナーが持参したキャブレターは外観的には

とても綺麗で、状態も良さそうだったのですが

残念な事に、キャブレター本体が腐っており

MJを差し込む部分が腐って使えない状態だったので

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (1)二個一に組替えて、インナーパーツも

新品に交換する方向になりました。

まずは後から持ち込まれた

概観の綺麗なキャブを分解しました。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (2)こんな感じで本体以外は綺麗なので

再メッキをしなくても良いぐらいです。

この綺麗な部品を使って

車体に付いていたキャブレターに

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (3)綺麗な部品を入替えて使えば

それなりの状態のキャブレターが

出来上がると思います。

分解した車体側のキャブレター部品と

比べて見ても状態の違いが分かると思います。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (4)でも残念な事に、車体に付いていた

キャブレターも、チョークレバーの

スプリングと硬球が不在でした・・・

仕方が無いので、ここの部品は在庫から出します。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (5)腐ったガソリンに犯されたボディも

完全に分解が完了しました。

通路が詰まっているぐらいで

腐食してないので、こちらのボディを使います。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (6)概観が綺麗だった方のボディは

MJが納まる部分が溶けて

朽ちて居るのが分かりますね。

残念ですがこのボディはもう使えません。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (7)取合えずこれで両方のキャブが

バラバラになりました。

これで組立ては良いとこ取りの

二個一で仕上げます。

奇跡の国内408キャブレターOH分解 (8)その前にガソリンの通路が詰まった

ボディをキャブクリーナーを通して

通路の掃除をしてから

後日ボディを綺麗に洗浄する事にします。

今日は定休日なのでここまでで終了です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2) キャブレター | 部品

2018年12月08日

NGK杯サンデーロードレース3

鈴鹿サーキットで開催されているNGKスパークプラグ杯
サンデーロードレース最終戦のナショナルJSB1000の
本日の予選に、我らがちんねん師匠こと
R1に乗る#52田中選手が出場しているので
FBのライブ配信で見ており、全然仕事をする気がしなく
現場に居るメカニックの小まっちゃんに調子を聞いた所
「あいつ全然タイム出てないから、あいつ呼ばわりで良いんです」って
言ってましたw
で、予選結果は20秒で11位と言う結果でした。
明日は決勝です。


奇跡の国内408キャブレターチェック2個目

昨日オーナーが別のキャブレターを持ってご来店されました。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (1)受取った時に軽く見たのですが

見た目はこちらの方が綺麗なので

こちらを使う事にしたのですが

奇跡の国内408のキャブレターの罠は

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (2)まだまだ続きそうな予感しかしません。

インナーパーツは社外品に

なっているんだろうと思います。

その証拠に空き箱が・・・

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (3)交換された残骸を見ると

JNも交換されているし

願わくばフロートチャンバーの

Oリングをエキガスで固定されていなければ・・・

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (4)本体も不足部品があり

チョークレーバーの部品がありません。

しかも硬球も無くなっており

結果全バラになるのに代わりが無いです。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (5)フロートチャンバーを外すと

ほぼ新品状態のフロートチャンバー

ですが、インナーパーツは中古品。

ボディの腐食が目立ちます。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (6)フロートチャンバーのOリングは

硬化しておりペッタンコに

潰れてしまっているので

かなりの時間の経過を感じさせます。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (7)インナーパーツは一部を除き

純正でしたが、Oリングは全滅です。

ニードルホルダーは社外品なので

恐らくニードルも社外品でしょう。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (8)ただ残念なのは本体で

ボディの腐食がかなり酷く

MJが入る所が4箇所とも溶けて

使い物になりそうにありませんでした。

奇跡の国内408代替用キャブレターチェック (9)これならまだ腐っていたキャブの

ボディの方が状態が良いので

どっちを使うにしろ全バラは

確定なので、使途不明なインナーパーツや

不足部品などもある事から、良いとこ取りの二個一で

まともなキャブを一基仕上げた方が良いと思います。

まぁ手間はほぼほぼ同じなので、オーナーと相談する事にします。


高槻S号オイル交換

もうOFFシーズンに入ったと思っていたのですが

181208高槻S様22号機オイル、フィルター交換来週はタイヤとオイル交換の予約が入り

今日は高槻S号のオイル交換と

オイルフィルター交換のご依頼を

お電話でご予約を頂きました。

以前から点火系の調子が悪かったので

色々と原因を調べていたのですが、今日その原因が分かりました。

フルレストア後約10年近く放置していた事もあり

オイル上がりが原因では無いかと言う判断に至り

近々ピストンリング交換を予定する事になりました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) キャブレター | メンテナンス

2018年12月07日

年内何台完成、納車出来るか!3

2018年も1/4が終わろうとしているのですが
CPのPIT状況は全然変わっておらず
不動車コーナーに6台(内レーサー1台と委託車1台)
その中でエンジンO/H中、フルレストア予定などの車両が4台。
PITに8台(内作業リフトに1台で完成は2019年予定)
修理とメンテナンス中などが7台・・・(内1台が1号機)
完成間近が2台から3台で、入庫予定が5台?
結果、全然減らないと言う事かぁ・・・


京都H号継続車検

1台でも減らしたいので、手離れの良い車両を優先して仕上げます。

2018京都H号継続車検整備 (1)まずは京都H号の継続車検。

ほぼ整備は終わっており

後はオイルフィルターを交換するだけ

なのですが、当時物ヨシムラ後期なので

2018京都H号継続車検整備 (2)マフラーを取外さないと

オイルフィルターケースが取れない。

ケースを取外すと、おやまぁw

スプリングシートが不在でした。

2018京都H号継続車検整備 (3)何でだろうと思いつつ

スプリングシートを入れてオイル交換完了。

ブレーキフルードを交換して

そのまま継続車検へ行き

2018京都H号継続車検整備 (4)車検が完了したので

何時でも納車が出来ます。

これで1台PITから減ります。

オーナーと電話で相談した所

土曜日に引取り納車予定となりました。


三重U号事故復旧完了

継続車検とタンクのリペイントがタイミング良く終わり

三重U号ホタル復旧車検の為に取外したホタルを

現状復旧しました。

構造変更もご依頼でしたが

三重県の陸運事務所まで行かないと出来ないので

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (1)今回は見事にスルーして

継続車検を受けて通してきました。

ガソリンタンクのキャップチェックが

入荷してきたので早速取付けて

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (2)これで2台目が完成したので

PITのスペースが空く予定です。

後は引取り納車の予定を

オーナーと相談して決める事にします。

三重U号キャップチェック取付け事故完全復旧完了 (3)これでスペースが出来ると思うので

次の入庫予定の方と日程の

調整打合せをする事にします。

その前にtanji号のロッカーアームが

仕上がって来てくれると助かるんだけどね。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2018年12月06日

平成最後の師走の予定3

毎年11月から始まる忘年会も
今年は都合が合わなくて、忙しくもあったので
CP忘年会の企画すら出来ませんでした。
今の所決まっている平成最後の
師走の臨時休業や忘年会、年末年始の予定は下記の通りです。
12月9日:定休日
12月10日:別事業、業務打合せの為臨時休業
12月11日:恒例バイク馬鹿仲間達の激しい忘年会(大阪)
12月12日:定休日(朝から病院&血液検査)
12月13日:暴風暴年会(名古屋)
12月14日:まじめな忘年会(神戸)
来週は仕事をする暇も無く、ハードな週になりそうです。
クリスマスも多分家庭に問題児に、おっさん女にと忙しかも
年末年始の予定は12月29日〜2019年1月7日ぐらいから営業かな?
早ければ4日から営業しているかも。
多分年末年始の休みを利用して1号機を仕上げると思います。


三重U号継続車検

修理中に車検が切れてしまったので

三重U号継続車検完了 (1)そのまま継続車検のご依頼を頂き

流石にホタルは車検が通らないので

取付けていたホタルを取外して

継続車検へ行って来ました。

三重U号継続車検完了 (2)心配していたホイールは何とかスルー

高さが変わっているので

構造変更になるのですが

三重の陸事まで行かないと行けないので

三重U号継続車検完了 (3)それもフフフーンとスルー出来て車検は合格です。

そのタイミングで仕上がってきたタンク!

納車前に激しくグッド!です。

早速付属部品を取付けて納車準備へ!

三重U号継続車検完了 (4)元々フユーエルコックは

交換する予定だったのですが

車両も綺麗になりタンクも綺麗に

なったのに、ここだけ何か残念なので

三重U号継続車検完了 (5)この際タンクキャップも新品に交換します。

失敗したのがキャップチェックの在庫が

無かったので今日大急ぎで発注したので

明日には入荷すると思います。

三重U号継続車検完了 (6)で、新品のタンクキャップを取付けました。

キャップチェックは明日入荷したら

直ぐに取付けます。



三重U号継続車検完了 (7)タンクコックも新品に交換。

天気が悪いので車両が出せず

取外したホタルを取付ける事も

出来ないので、まぁ明日午後には完成です。

三重U号継続車検完了 (8)車両にタンクを乗せて

これで99%完成したので

9割はレストア車両になります。

逆にやってない所と言ば

リアフェンダー周り位になりましたw


京都H号継続車検準備

今日の残念な天気で作業の予定が大きく狂ってしまったのですが

京都H号継続車検準備 (1)京都H号の継続車検準備を進めます。

黄色いヘッドライトは年式により

NGな場合があり、しかも光量も

少々低いので交換して行きます。

京都H号継続車検準備 (2)ヘッドライトにバッ直の配線をして

車検用ヘッドライトに交換しました。

整備関係がこの天気で出来ないので

明日には作業を終わらせる予定です。

2018京都H号継続車検準備 (3)取合えずエンジンオイルを抜きます。

オイルフィルターは当時物ヨシムラ後期の

マフラーを取外さないと交換出来ないので

明日交換する予定です。


tanji号腰上内燃機加工仕上がり

毎年の事ですが、この時期は内燃機屋さんも大忙しで

tanji号腰上内燃機加工完了 (1)やっと仕上がってきたtanji号の腰上。

ロッカーアームはまだ少し

時間が掛かるので

先に出来上がったヘッドとシリンダーを

tanji号腰上内燃機加工完了 (2)送ってもらう事にして

下拵えと仕込みをしてしまいます。

まずはヘッドの下拵えから

歪が無かったので面研はしていません。

tanji号シリンダーヘッド下拵え&仕込み (2)バルブガイドを打ち替えたので

シートカット、フェースカットして

バルブの擦り合せをしました。

バルブスプリングをセットして

tanji号シリンダーヘッド下拵え&仕込み (3)純正インシュレーターや

純正スタッドボルトなども

全て新品に交換してしまいます。

これでシリンダーヘッドの

tanji号シリンダー下拵え&仕込み (1)仕込み下拵えが完了しました。

次にシリンダーとピストンの

下拵えと仕込みに取掛かります。

シリンダーはスリーブを交換したので

tanji号シリンダー下拵え&仕込み (2)シリンダー上面の平面研磨を

0.075mmしてあります。

シリンダーにOリングを入れます。

後は脱脂してシリンダーの仕込みが完了したので

tanji号腰上仕上げ (1)398専用0.25OSピストンに

ピストンリングを入れて

コンロッドに接続完了!

シリンダー挿入準備が整いました。

tanji号腰上仕上げ (3)で!シリンダー挿入完了!!

純正ヘッドガスケットを入れて

シリンダーヘッド搭載準備が

整いました!で!!

tanji号腰上仕上げ (4)どーん!シリンダー搭載完了!!!

サクサクッとトルクを掛けて

締付け完了!!!!

若干のカジリがあるカムシャフトを

tanji号腰上仕上げ (5)中古良品と交換して、カムシャフトも

搭載完了しました!!!!!

ロッカーアームのリメイクがまだなので

今日はここまでで終了です。

フレーム搭載前に増し締めする事にします。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | エンジン

2018年12月04日

奇跡の国内408の罠3

バイクや車に乗っていてよく煽られる側の立場として
法律の定義や、解釈によってその罪に対して
求められる罰則に相違があるのは
仕方が無いのかも知れないけど
人として心情的に言えば無罪ではないと思いたい。
また、そこまでならやっても良いんだと言う考えを
持つ者も居るかも知れないし、そうすれば良いんだと
考える者もいるようになるのが怖いね。
まぁ確かに抜け穴だらけの法律があるのは事実で
それを理解すれば、武器にも、盾にもなるからねぇ・・・
こんなので法治国家と言う日本の国の上にあぐらをかいて
座っていると明日は我が身なので
自分の身は自分で守れるようにしておかないとねぇ。


奇跡の国内408キャブレターO/H

フロントブレーキ、保安部品などのチェックが終わり

オイル交換などを済ませ、エンジンを始動させるまで

奇跡の国内408キャブレターOH (1)一気に作業は進んだのですが

残念な事にガソリンが腐り

キャブレターの不調が判明したので

キャブレターを取外してO/Hをします。

奇跡の国内408キャブレターOH (2)取外したキャブレターに付けてあった

ガソリンフィルターが硬化、劣化して

ホースを動かしたら千切れました・・・

この際なのでホースも新品に交換します。

奇跡の国内408キャブレターOH (3)取外したキャブレターの

フロートチャンバーを

取外すと・・・くっさ・・・

ドロドロに腐ってる。

奇跡の国内408キャブレターOH (5)しかも液体パッキンを塗られており

ガソリンで溶けてブヨブヨです。

フロートも固着してました。

フルO/Hはしたくないのですが

奇跡の国内408キャブレターOH (6)この様子だとダメかも知れない・・・

オーバーフローしていた#1.4は

やはりガソリンが激しく腐ってました。

#2.3はジェット類がダメです。

奇跡の国内408キャブレターOH (7)インナーパーツを取外して悩む事しばし・・・

フロートバルブは全滅、SJもMJもダメ

通路も若干詰まり気味なので

取合えずニードルホルダーを取外すと

奇跡の国内408キャブレターOH (8)これもかなり腐ったガソリンに犯されて

ドロドロになっているので

ニードルも交換した方が良いだろうなぁ・・・

むーこれは残念だなぁ。

奇跡の国内408キャブレターOH (9)キャブクリーナーで取合えず洗浄。

JNを交換するとなれば全バラなので

その際ボディも洗浄する事にはなるのですが

これは予定外だったかなぁ。

月初めの今日は営業やご来店の方が多いし、何だかクソ熱いので

今日はここまでで終了。


1号機2019年仕様エンジンアッパーケース修理完了

アッパーケースだけ少々修理しないとダメだったので

1号機2019年仕様エンジン用アッパーケース修理完了 (1)分解してそのまま修理へ送った物が

今日修理から戻ってきたので

早速塗装を剥がして

残ったベースパッキンも剥がします。

1号機2019年仕様エンジン用アッパーケース修理完了 (2)最後にウエットブラストで仕上げて

これでアッパーケースの

ボーリング準備が出来ました。

スタッドボルトが三本抜けないので

内燃機やさんで抜いてもらいます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) キャブレター | エンジン

2018年12月03日

CB550Four3

お客様のご都合に合わせて
なるべく早く入庫させて、作業に取掛かろうと
PITのやりくりをしているのですが
天気が悪くなるとそれも中々困難になり
車両を濡らす訳に行かないので前もって
作業をする車両の配置を考えているのですが
本当にどうにもならんわ・・・


CB550Four

京都のH様の継続車検で、納税証明書が無かったので夕方に持って来て頂いた。

京都H号CB550F増車CB400Fの車検が終わった後に

最近増車したCB550Fourの腰上O/Hも

予定しているので、このタイミングで

まずは車両の現状をチェック。

思ったよりも状態は良く、エンジンのメカノイズも少ない良い車両でした。

腰上をO/Hする予定でのご相談です。


奇跡の国内408車検整備

昨日ブレーキの不具合原因が判明し、それの修正途中で作業が終わったので

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (1)今日はその続きからです。

キャリパーは焼付け塗装をして

その他の部品は新品と既存の物を使います。

パットグリスは塗られて無かったので

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (2)グリスを塗って、割れていたパットAの

スペーサーを中古良品から取外しセット

車体にキャリパーを取付け。

キャリパーホルダーも調整。

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (3)ブレーキフルードを入れてエアー抜き。

これでフロントブレーキが

ちゃんと使えるようになりました。

何故ブレーキが間違った組まれ方に

奇跡の国内408ブレーキ仕上げ (4)なっていたかは分かりませんが

これで問題はありません。

念の為リークチェックもしておきます。

次にオイルとオイルフィルターの交換。

奇跡の408オイル交換 (1)エンジンオイルを抜いている間に

吸気系もチェックしておきます。

オイルの状態は綺麗な方ですが

少々乳化しているので交換がベストです。

奇跡の408オイル交換 (2)毎度おなじみ使い回された

ドレンボルトのクラッシュワッシャー

CPでは当然オイル交換毎に交換します。

ここまで潰れると取外すのに苦労しますw

奇跡の408オイル交換 (3)エアークリーナーの状態をチェックしようと

シートを開けて見ると、貴重な純正工具が

ちゃんと入っていました。

ツールトレイソリッドが無かったのは残念。

奇跡の408オイル交換 (4)で、エアークリーナーの状態はと言うとw

エアーリーナーケーススリッドも

不在だったけど、エアークリーナーの

フィルターが取外されていた。

奇跡の408オイル交換 (5)何かの理由があるのかな?

取合えずエレメントスプリングの

向きが間違っていたので

正規の向きに直しておきました。

奇跡の408オイル交換 (6)エンジンオイルを抜いて

オイルフィルターケースを取外すと

あら・・・スプリングの居場所が違います。

こうなると当然、スプリングシートも

奇跡の408オイル交換 (7)不在だろうなぁと見ると

案の定不在で、フィルターのゴムも

逆付けのスプリングでやられて

めくれ上がってました。

奇跡の408オイル交換 (8)で、新しいスプリングシートを入れて

これが正規の順番ですね。

最初にスプリング、スプリングシート

最後にオイルフィルターが入ります。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (1)次にバッテリーを取付けて

保安部品のチェックですが

割れたサイドカバーは別の物を用意して

塗り直しをする予定です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (2)バッテリー側のサイドカバーを取外すと

下の方が少々色が剥がれていました。

これをどうするかはオーナーと

相談してから決める事にします。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (3)充電が終わったバッテリーを取付け

多分ヘッドライトブースターと思われる

配線があったので、これも一緒に接続。

ツールボックスの中にあったIGC用は

何処から電源を取ってるのかなぁ?

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (4)で、取合えず保安部品をチェックする為

イグニッションON!

前後ブレーキ、ナンバー灯OK

ホーンOK、パッシングOK

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (5)ウインカー・・・NG

アース不良かと思ったけど

調べるとリレーが死に掛けていたので

リレーを交換する事になります。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (6)ちょうちんヘッドライトOK・・・

ハイビームもOKですが

このままだと光量不足なので

ヘッドライトを車検用に変更です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (7)その前にウインカーリレーの交換。

点滅しないので、コンパチを入れると

1回だけ点滅しますw

コンパチで直るかと思ったけど無理なので

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (8)リレーを交換しました。

純正リレーですが二極の物に

統合されているので

緑色のアース線は浮きます。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (9)これでウインカーは点滅するように

なったのですが、インジケーター側の

ランプが点灯してないやん・・・

玉切れの可能性が高いので

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (11)インジケーターカバーを取外して

球を交換したら

ちゃんと点灯点滅するようになった。

これでウインカー関係は完了です。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (12)次にちょうちんヘッドライトを取外すと

やっぱりケースの中にヘッドライト用の

リレーが入っていたので

バッ直の配線をしなくて済みました。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (13)ちょうちんヘッドライトから

車検用H4シビエに変更が完了。

これで光量もアップするので

車検は大丈夫なはずです。

奇跡の国内408バッテリー取付け保安部品チェック (14)ヘッドライトを点灯させると

少し分かり辛いですが

かなり明るくなってます。

これでエンジンを掛ければOKでしょう。

奇跡の国内408エンジン始動 (1)エンジンを点火する前にプラグのチェック

んー#4だけ汚れてない・・・

これは何かの罠かなぁ・・・

と思い念の為点火系をチェック。

奇跡の国内408エンジン始動 (2)社外品のコイルから#4の

シリコンコードを引っ張ってみると

簡単に抜けたけど

これは#4だけじゃなく構造上抜けるようだ・・・

プラグにも火花は飛ぶので火入れには問題はなさそうなので

エンジンオイルを入れて火入れの準備。

奇跡の国内408エンジン始動 (3)多分オーバーフローは

するだろうなぁと思いながら

ガソリンを流し込んで暫く見ていると

案の定オーバーフローしだしたのだが・・・

奇跡の国内408エンジン始動 (4)最初に出て来たガソリンの色は

緑色だったので、あかんやつやん・・・

キャブのガソリンは抜いてあった

との事でしたが、タンクコックにホースが

奇跡の国内408エンジン始動 (5)繋がっていたのでジワジワとガソリンが

キャブの中に滲み込んでしまい

フロートに溜まったガソリンが

腐ってしまっているに違いないでしょう。

#1.4からガソリンがジャージャー漏れ・・・

奇跡の国内408エンジン始動 (6)取合えずエンジンを掛けてみると

アイドリングもしないので

SJも詰まっていると思いますし

2気筒から3気筒しか火が入っていないので

恐らくMJも詰まっていると思います。

奇跡の国内408総括これでキャブレターは取外してO/Hが決定。

ゴム関係もかなり硬化しているので

触ると全部千切れてしまいます。

まぁ取合えず今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) メンテナンス | 部品

2018年12月02日

我愛すべき変態的思考者達3

この世に生まれてまだ4ヶ月も経たない孫が
寝返りをするようになり
その動画を息子が送って来てくれた。
よく笑うしこの調子ならハイハイも
立ち上がり歩くのもかなりのハイペースになる勢い?
やっぱ我家の孫が一番だわw


奇跡の国内408メンテナンス

明日から天気が崩れてくるらしいので

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (1)早速車検整備メンテナンスに取掛かります。

まずは新品のバッテリーを充電しながら

作業に取掛かりますが

奇跡の国内408と言えど結果的に

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (2)長期不動車両な訳ですから

動き出すと、不具合は必ず出ると思います。

まぁ最低でも腰上はO/Hした方が

良いのですが、兎に角動く様にする方を

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (3)優先に作業を進めて行きます。

ブレーキは固着している訳でもなく

エアーが噛んでいるだけなのかも

知れないのですが

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (4)ブレーキマスターの動きが悪く

握ると中々戻って来ないので

マスターシリンダーの

インナーは交換した方が良いでしょう。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (5)ブレーキレバーを握ると

ここからゆっくりと戻っては来るのですが

全然ピストンを押している感触が無い。

キャリパーもフルード漏れの後があるので

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (6)当然ですがキャリパー側もO/Hをします。

塗装が剥がれているので

リペイントもした方が良いかなぁ

と考えているよりもまず分解。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (7)で、取外して分解すると

固着こそしていませんでしたが

固着寸前な状態で、フルードの結晶が

結構出てました。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (8)ピストンは所々虫食い状態なので

シールと一式交換する事にします。

実はこのピストン、キャリパーの中に

逆向きに入っていたのです・・・

虫食いがあり、何かの意図があって逆に入れたのかな・・・

それにしても・・・って感じです。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (9)キャリパー本体も塗装が

フルードに犯されており

汚れを拭き取っただけで

こんなになってしまったので塗装します。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (11)ブレーキマスターも取外すと

フルードの結晶が結構出ており

インナーパーツは交換する事にします。

一応全部の部品は在庫しているので

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (12)早速マスターシリンダーを

分解してみると・・・なんとまぁ

インナーパーツのプライマリーキャップが

不在だった・・・それでブレーキの動きが

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (13)変だった事が理解できた。

新しいインナーパーツに交換して

ブレーキマスターのO/Hが完了。

後はキャリパーのリペイントだけです。

奇跡の国内408車検整備メンテナンス (14)O/Hしたブレーキマスターを取付け

レバーダンパーゴムも朽ちていたので

新しい物に交換しました。

取合えず今日はここまでかな。


キャブレター再メッキ依頼の不足部品

キャブレター部品再メッキの件でオーナーに連絡して

キャブレター部品再メッキ依頼不足部品 (1)色々とお話をさせて頂き

車両のレストアに付いての方向性など

色々とお聞きして、共感出来る所も多く

最初から付属していなかった部品ですが

キャブレター部品再メッキ依頼不足部品 (2)今回無償提供する事にしました。

こんな所のワッシャーですが

拘らない方には理解出来ないと思います。

でもここにこのワッシャーがあるのが本当なら

あるべき部品だと言う事が、変態的思考の方なら分かると思い

変態的思考を共有し、共感出来たのが少し嬉しかったw


本日の入庫

継続車検で、ご予約を頂いていた京都H様の車両が入庫。

京都H号継続車検入庫書類関係をチェックしたら

納税証明書が無かったので

今日中にまた改めてご来店となりました。

京都H様の車両の継続車検は

CPでは今回で2回目の継続車検になります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4) 修理 | メンテナンス

2018年12月01日

走行距離課税ってばかなの?3

走行距離課税とはこれまた突飛な考えの課税を考えたなぁと・・・
環境問題などでハイブリッド減税をしてハイブリッド車の
販売を後押しした物の、ガソリンが売れなくなり税収入減。
インフラ整備されている都市部は車を持つ必要が無くなるし
そもそも維持費が掛かるから車買わないし
持っていても乗らないし。
この走行距離課税って乗用車だけなのか?
運送、宅配業は相当な距離を走るけど
運賃の値上げになるんじゃないのかなぁ。
故障した車両を引取りに行く場合も
当然レッカー代も上がるから
保険会社のレッカー無料が維持できるのか?
バイクならメーター新品に交換するか
脱着可能なメーターにするわw
人間が生きて行くだけでどれだけ税金を取るんだ?
息するだけで税金を払っているようなもんだな。
政治家って馬鹿なのか?


Z1000Mk競瓮鵐謄淵鵐構ね

ガソリンコックからのガソリン漏れと

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (1)ヘッドカバーからのオイル滲みも

日に日に酷くなってきているので

そろそろ限界だなぁ・・・と

時間の余裕的にも今日やってしまわないと!

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (2)ガソリンタンクを外して

ヘッドカバーの増し締め。

10Nmで増し締めをしてみると

ここから

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (3)ここまで、こんな感じで

全体的に45度程度締まりました。

これでオイル滲みが

止まってくれれば良いのですが。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (4)キャブレターのスロットルバルブの

戻りが悪いので、トップキャップを外して

耐ガソリン製のフッ素オイルを

吹き付けてみました。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (5)ついでに取外したトップキャップを

ブラストで仕上げてから

バフ仕上げしてみようと思い

四個とも全部やってみた。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (6)タンクバンドも伸びて劣化して

千切れかけているのが分かっていたので

部品は早くに準備してあったので

ついでに交換。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (7)取外したガソリンタンクも

コックからのガソリン漏れがあるので

これも一緒に交換します。

コックは廃盤なので、ガスケットだけ交換です。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (8)取外したガスケットは特に

硬化している感じではなかった。

トヨタでさえ高過ぎると言う理由で

仕入れなかった耐ガソリン製の

フッ素グリスを塗って、交換完了です。

このグリス、本当に良いグリスで、僕はキャブのOリングにも塗るのですが

知らない人が見ると、液ガスを塗られていると勘違いするようですw

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (9)これもついでの作業でプラグ交換。

純正タイプのプラグが付いているのですが

こんな感じで真っ黒になってます。

エンジンの始動性も悪く、行く行くは

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (10)ウオタニに変更しないと

40年近く経った無接点の

ピックアップポイントも

何時パンクするか分からないので

その準備の為に、先にプラグをブリスクにしてみました。

Z1000Mk競悒奪疋バー増し締め他メンテナンスなど (11)タンクコックも綺麗になって

キャブもそれなりに良い感じになり

これでガソリンと、オイル漏れが止まれば

良いのになぁと。


CB400F用キャブレター部品再メッキ仕上がり

先日分解した部品取り用キャブレターの再メッキが仕上がって

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (1)戻ってきたので、早速部品チェックと

メッキの仕上がり具合と

紛失の有無チェックをやって

分類毎に分けて発送の準備をします。

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (2)メッキの乗りは良く仕上がっていますが

軽くザッと見る限りで

何やら足りない感じがする・・・

取合えず数を数えて仮組みして

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (3)何が足りないのかをチェックすると

3.4個の部品が不足しているようです。

足りない分は在庫から出しますが

最初から無かった部品については

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (4)補充するのは厳しいと思います。

取合えず再メッキ部品を仮組みする為に

リンクアームをブラストで仕上げます。

部品が細かいので組付けた方が管理しやすい。

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (5)で、再メッキ部品の仮組みをして行くと

やはり部品が数点無くなっていました・・・

在庫部品から不足分を探して

最初に取付いていた全部の部品を揃えました。

キャブレター部品再メッキ依頼181201 (6)不足していた部品はこの四点。

貴重な部品なのでなるべく

紛失して欲しくないんだけど

それを余り言うとやってくれなくなるので・・・

明日には伝票を纏めてご連絡致します。


AJカラーCBX1000タイプアムロ仕様タンク

今日AJCBX1000AMR仕様CB400F用タンクのオーナーがやって来て

AJCBX1000アムロ仕様CB400Fタンク仕上がり (1)タンクキャップなどを取付けて

最終の仕上げをやりに来ました。

本人は「ええわぁ・・・最高や!」と

言ってましたが・・・

AJCBX1000アムロ仕様CB400Fタンク仕上がり (2)僕にはさっぱり理解できませんが

兎に角、オーナーの理想通りに

タンクの塗装が仕上がったので

良かったです。


2オーナー国内408入庫

長らく入庫をお待ち頂いていた、寝屋川の408が車検整備の為に入庫。

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (1)古いBMWのレストアをやっている

お店の方の車両なので、自社の積車で

搬送されてきました。

見るとほぼ全てオリジナルの状態でした。

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (2)タンクのキャップチェックも

当時の三角キャップが付いており

シートもラインオフ、ウインカーは一重

残念なのは左側のサイドカバーが割れている事。

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (3)走行距離も実走の7300キロ

当然、型式番号、類別区分は残っており

この国内408、僕が欲しいと思った!

状態もとても良く保管されており

寝屋川国内408車検整備入庫151201 (4)この状態の車両は中々無いと思います。

こんなお宝車両がまだ眠っているんですね。

ナンバーも切らず税金を払い

このままで眠っていた国内408。

これは凄く良い!これ欲しい!!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0) 部品 | 修理