2016年02月

2016年02月29日

立ち飲み先輩3

銀ちゃんの町乗り号用に買ったFCRの調子が悪いので
去年、メーカーに点検に出したのですが
未だに戻って来ず、メーカーからも何の連絡も無いので
今日問合せの連絡をしたけど
まだ原因が分からないとの事だった…
近日中に現在の状況を連絡すると言って
電話を切ったけど、もう新品出してくれたらええやん…
と、思ったけどな。


黒伊佐錦退治

この所の早出と残業で疲れ気味なのか

黒伊佐錦退治 (1)710mlの焼酎を倒すのに少々時間が掛かった。

昨晩は立飲みの先輩から頂いた

染井吉野の古酒も飲んでみたけど

正しい飲み方が分からない…

黒伊佐錦退治 (2)ま、取合えず黒伊佐錦だけは退治。

嫁が以前使っていたタブレット端末が

新しいPCを買ったので不用になり貰った。

これで自宅でFBとYオクが出切る様になった。


浜のK号100キロ突破

昨日も残業で遅くなったけど、雨も降ってなかったし暖かかったので

浜のK号慣らし100キロ突破何時ものコースを走ってきました。

ノーマルだけど、結構パワフルなエンジンで

中々調子が良いので、きっとオーナーも

喜んでくれると思います。


熟成号部品整備

こんな天気の悪い日は、エンジン組立ての準備の為

大阪熟成H号カムチェーンテンショナーアーム修正 (1)色々と下拵えを済ませます。

この固着した

カムチェーンテンショナーアームの修正。



大阪熟成H号カムチェーンテンショナーアーム修正 (3)それと前後入れ間違っている

ダンパーゴムの交換など。





大阪熟成H号カムチェーンテンショナーアーム修正 (5)固着していたテンショナーアームは

問題箇所を削り取って仕上げ

動く様になりました。



大阪熟成H号カムチェーンテンショナーアーム修正 (6)ダンパーラバーも交換。

上下逆に入ってましたが

これが正解です。

エンジン部品の伝票を仕上げて

必要な部品を箱詰めして、不足部品は発注しました。


まごじ号の憂鬱

雨なのでPIT作業は出来ないので

まごじ号エンジンのエンジンから部品を取外して

まごじ号の憂鬱洗浄とガスケット剥がしの作業なんだけど

本来この内側にあるはずの

サークリップが入っていませんでした…

まぁベアリングが脱落する事は無いけどねぇ…

まごじ号シリンダーガスケット剥がし (1)クランクケースから部品を全部取外して洗浄。

次にシリンダーのガスケットを剥がすのですが

シリンダーに拘りの塗装がしてあるので

うかつにリムーバーを使えないので

まごじ号シリンダーガスケット剥がし (2)シコシコとベースパッキンを

何時もの倍以上の時間を掛けて

剥がしました…

いい加減飽きてきたけど

まごじ号シリンダーガスケット剥がし (3)まだヨシムラのシリンダーガスケットが

ガッツリと残ってます。

これ表面がエポキシ系なので

取るのが大変なんです…

まごじ号シリンダーガスケット剥がし (4)1時間近く掛かってやっと1/3終りました。

取合えず飽きたので休憩しながらです。

これで後から塗装を剥がしても良いとなったら

殺意を感じると思います。

まごじ号シリンダーガスケット剥がし (5)今日の残りのやる気を振り絞って

やっとシリンダーのガスケットが

剥がし終わりました。

でも…

まごじ号シリンダーガスケット剥がし (6)まだヘッド側も残ってます。

多分今日中にやらないと

やる気がしないと思ったので



まごじ号シリンダーガスケット剥がし (7)必死でやり切りました。

何か久し振りにアナログな事を

した気分で、ヘトヘトになりました。



まごじ号シリンダーガスケット剥がし (8)ふと見ると?おや??

こんな所にシールワッシャーの破片が…

一体どう言う事なんでしょうね?



まごじ号シリンダーガスケット剥がし (9)うーん…

このインシュレーターも微妙ですねぇ。

取合えずこのまま使ってみて

ダメなら交換と言う事にしますか。

まごじ号シリンダーガスケット剥がし (10)もう疲れてやる気も無いので

測定は明日にします。

まだピストンのカーボンも取ってないや…

今からやります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)エンジン | 部品

2016年02月28日

エンジン分解と組立て3

今日は何時もより1時間早出して
実務時間を少しでも増やす為に
早々に事務処理を終わらせて
作業の準備を整えました。
今日は日曜日だし天気も良く暖かいので
誰か遊びに来るかなーって思ってたら
来たのは暇を持て余した
元自由人君だった…


まごじ号エンジンの憂鬱

昨日フレームから下ろしたまごじ号エンジンの腰下を今日は分解します。

腰上を分解しただけで使い回しされた消耗品が多かったので若干心配です。

まごじ号スタッドボルトの罠 (2)スタッドボルトは社外品の強化タイプ?

シリンダーは後塗りかよ…

それにしてもこのボルト上ネジが長いなぁ

その謎は直ぐに分かった。

まごじ号スタッドボルトの罠 (3)スタッドボルトを抜くと

上下で5mmも長さが違う

つまり15mm側が上で20mm側が

下であるべきなのを上下逆に入れてあった。

まごじ号スタッドボルトの罠 (5)それでこの長い袋ナットが使われていたり

トルクが掛かっていなかった所があった

と言う事なのだと理解しました。



まごじ号スタッドボルトの罠 (7)袋ナットを入れて締めると

こう言う事になるので

全体的にトルク不足だったのであろうと

考えられますねぇ…

まごじ号の憂鬱 (1)分解しているとフォアマニアとして

イラッとする所がチラホラと

町のバイク屋と専門店のCPの違いは

メカニックがフォアマニアかどうか

と言う所の比重が一番大きいと思うなぁ…

まごじ号の憂鬱 (2)細かい事を言うと

このニュートラルスイッチの

固定プレートも残念ながら逆である。



まごじ号の憂鬱 (3)クランクケースを開けると

「どんだけあんねん」と

思わず突っ込みを入れて

笑ってしまうOリングの残骸w

まごじ号の憂鬱 (4)コンロッドは軽量化されて

多分重量合わせもしてあると思います。

記号、番号は消されてないので

一安心。

まごじ号の憂鬱 (5)プライマリーダンパーラバー

感触的に40年物に間違いありません。

前回交換しなかったのか?

それとも…交換したと言う体なのか?

まごじ号の憂鬱 (6)クランクケースのUBSボルトが

一本締まってなかったのでチェックすると

どうやらネジ上がりでした。



まごじ号の憂鬱 (7)意外とネタの多かったまごじ号

取合えずクランクメタルは

このまま使っても良い感じでした。

ただ、この丸塗り塗装に染込んだ汚れは

どうする事も出来ないのですが、オーナーはこのままを強く希望している…


カスタムモンキーエンジン修理

タイミング良く遊びに来た自由人君は、案の定強制労働。

カスタムモンキーエンジン修理 (1)カスタムモンキーのエンジン修理を

強制的に手伝わせます。





カスタムモンキーエンジン修理 (2)ブツブツ文句を言いながらでも

作業に取掛かる従順な可愛い奴です。





カスタムモンキーエンジン修理 (3)エンジンオイルを抜くと

中は偉い事になっているのは

分かっているけど

何処まで使えるのか…

カスタムモンキーエンジン修理 (4)取合えずエンジンどーん!

下ろしました。





カスタムモンキーエンジン修理 (5)サクサクッと分解すると

予想通りクランクがご臨終。

部品を発注したので

また後日。


10年熟成号エンジン下拵え

もうじき内燃機加工が終わるだろうと思うので

10年熟成H号クランクケース下拵え (1)ボチボチエンジンの下拵えに掛かります。

まずはロアケースから





10年熟成H号クランクケース下拵え (2)新品のクランクメタルを入れて

ちょいちょいっと組立ての段取りまで

これでロアケースの下拵えは終了。



10年熟成H号クランクケース下拵え (3)次にアッパーケース。

メッキしたスタッドボルトを入れます。

最近これがCPでは流行ってますねw



10年熟成H号クランクケース下拵え (4)具を入れて

これでアッパーケースの下拵えは完了。

部品が内燃機加工から戻って来れば

何時でも仕上がります。

10年熟成H号クロスミッション組換え (1)プライマリーダンパーは

交換暦があったけど

何か変に溶けていたので交換しました。

似非WPC仕上げですw

10年熟成H号クロスミッション組換え (2)ミッションもバラバラにして

クロスミッションに交換です。

心配していたカウンターシャフトの

2ndギヤーの焼付きも無く一安心

10年熟成H号クロスミッション組換え (3)似非WPC仕上げで、カウンターシャフト側

クロスミッションの組替え完了。

交換したギヤーは今後の為にも

大事に保管してくださいね。

10年熟成H号クロスミッション組換え (4)メインシャフト側も全部バラバラ

これも似非WPCでギヤーを仕上げて

組替えます。



10年熟成H号クロスミッション組換え (5)これで1.2.3速のクロスミッションが

完成しました。

せっかくバラバラにするので

ギヤーは全部似非WPC仕上げになります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)エンジン | レストア

2016年02月27日

花粉症俺最強伝説3

2.3日前からくしゃみや鼻水がダラダラになり
慌てて近代サプリを飲み始めて3日目。
既に効果は実証済みですが
改めて、近大サプリの効果に
この時期「俺最強!」に復活しました。
くしゃみ一つ出なくなったし、鼻水も出ません。
もうこのサプリ無しじゃぁこの時期は乗り越えられません。
あの辛さを思うと、近大サプリ中毒になっても良いと思う。


黒伊佐錦と対戦開始

昨日も残業で帰るのが遅くなりましたが

黒伊佐錦と対戦開始対戦は予定通り開催されました。

多分疲れが残っているのか

余り対戦ラウンドは進みませんでしたが

1/3ほどのダメージを与えて

昨晩の対戦は終了です。


10年熟成H号エンジン整備

クランクケースのウエットブラストが終わってから

ちょっとバタバタして、毎晩何故か残業続きで

仕事の段取りも、部品の整理や見積もり、請求書などが

全然出来てない状態なのですが、今日から自分のペースに戻ります。

10年熟成H号クランクケース下拵え (1)今日はまず、熟成号の

クランクケースの整備をやってしまいます。

部品も揃えてはいるのですが

伝票が出来てないので、それはまた追々…

10年熟成H号クランクケース下拵え (2)昨日分解したフレームは

今朝塗装屋さん送り

そしてケースのリタップ掃除を終えて

クロスミッションを入れる事になったので

10年熟成H号クランクケース下拵え (3)まずはキックシャフトのギヤーを組替えて

クランクケースを加工する準備をします。





10年熟成H号クランクケース下拵え (4)キックギヤーの交換だけでも

全部バラバラにするので

そのついでに



10年熟成H号クランクケース下拵え (5)似非WPCで仕上げてから

組込みます。





10年熟成H号クランクケース下拵え (6)出来上がり。

そして





10年熟成H号クランクケース下拵え (7)ロアのクランクケースを

ギヤーのサイズに合わせて削ります。

これで干渉しなければOK。

取合えず今日はここまで。


まごじ号エンジン分解

以前から銀ちゃんに12号機のフレームの

タッチアップをお願いしていたのですが

仕事が忙しくて中々時間が取れず、先に組み上がってしまってました。

12号機フレームタッチアップそんな今朝徹夜明けでやって来てくれて

12号機のフレームにペーパーを当てて

錆びている部分のタッチアップ作業を

やってくれました。

銀ちゃんありがとう!

で、塗装が乾くまで触れないので、まごじ号の作業が出来ないw

まごじ号オイル抜き取り取合えずエンジンオイルを抜いて

時間を稼ごうと思い、オイルを抜き始めた。

あ…オイルが出てこないw

減圧バルブが入ってるんだね。

まごじ号作業開始からのダメだし (1)エンジンオイルを抜いている間に

マフラーを外そうとしたら

オイルクーラーを外さないとマフラーが

外せないと言うメンテナンス性の悪さ…

まごじ号作業開始からのダメだし (2)FCRを外そうと思ったら

ワイヤーの取付け角度が悪い。

これじゃあヘタすると外れるか

切れるリスクがありますから

まごじ号作業開始からのダメだし (3)直します。

どうした!まごちゃん…

マフラーも締まってないし

色々とメンテナンス性が悪いぞ!

まごじ号作業開始からのダメだし (4)ヘッドカバーがこうなっているのは

想像が付きますが、ダメなのが

平ワッシャーを下に入れてある事

ボルトを抜き差しする時にエンジン内に

落としてしまうリスクがあるので、これはダメですね。

まごじ号作業開始からのダメだし (5)鬼の様に締まっているタペットキャップ

半数は破壊気味に取れましたが

この二個だけはどうしても無理…

何とか緩める事が出来たと思ったら…?

まごじ号作業開始からのダメだし (6)割れました。

完全に締め過ぎですね。

そんな事をやっていたら

何やら空模様が怪しくなってきたので

外に出してあるバイクを中へ入れて、最小限の作業スペースを確保。

まごじ号作業開始からのダメだし (7)カムチェーンは結構緩んでいます。

これはプッシュバーのセッティングボルトに

問題があるパターンだと思います。



まごじ号作業開始からのダメだし (8)オイルパイプのOリング…

液ガス塗って使い回しって

どうなの…



まごじ号作業開始からのダメだし (9)クラッチカバーを外すと

中からオイルフィルター用の

Oリングらしき物が出てきた?

どうやって入った??

まごじ号作業開始からのダメだし (10)ダイナS化してメンテナンスフリーだけど

フリー過ぎると、キュッキュと音が鳴り

磨耗して使えなくなりますよ…



まごじ号作業開始からのダメだし (11)シリンダーヘッド

かなり面研してる?

スタッドボルトが随分

長かった気がします。

まごじ号作業開始からのダメだし (12)ヨシムラピストン

オイル上がり気味ですね。





まごじ号作業開始からのダメだし (13)昔の話では

スリーブがメッキスリーブだと

聞いた記憶がありますが?

記憶違いかな。

まごじ号作業開始からのダメだし (15)オイルパンの中にもOリングの破片が…

本当にどうやって中に入れたのかが

どうしても知りたい!



まごじ号作業開始からのダメだし (16)そしてフレームからエンジンを

下ろす準備が整いました。





まごじ号作業開始からのダメだし (17)どーん!

下りました。

中はどうなっているのか

不安を感じるのは僕だけか?



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)エンジン | レストア

2016年02月26日

お疲れ気味3

ゆっくり休みたい・・・
とうとう花粉症の季節がやって来て
僕も昨日から近大サプリを飲み始めました。
今年もこれで花粉症の時期を
乗り切れると良いのですが…


宮ヶ浜退治

アルコール度数27度の一升瓶の焼酎は

宮ヶ浜退治退治するのに4日掛かったのですが

この所の帰宅が遅くて

連日21時過ぎからの対戦でしたが

何とか4日で退治してやりました。

ご馳走様でした。


10年熟成大阪H号フレーム分解

正直予定より作業は遅れており、お待ちの方には申し訳ないと思ってます。

試運転も心が折れるぐらい夜は寒いので辛いです…

10年熟成大阪H号フレーム分解 (1)さて、今日から本格的に

10年熟成車両を復活させるべく

作業に取り掛かります。

サイドスタンドしかないので

10年熟成大阪H号フレーム分解 (2)仮のメインスタンドを取付けて

作業を効率良く進めます。

長い目で見るとメインスタンドは

あった方が良いですけどね。

10年熟成大阪H号フレーム分解 (3)フロント周りの分解からしていると

ホイールの所にクモがいる…

しかも背中が赤いやつ…セアカゴケグモ…

サクサク作業がいきなり警戒モードに切り替わる。

取合えず殺虫剤で処分したけど、まだ居るのかと思うとペースが落ちるねぇ…

10年熟成大阪H号フレーム分解 (4)ハンドルストッパーに修正跡がありますが

ステム側のストッパーが曲がっているので

これはこのままにしておくか

ステムの交換ぐらいしかないです。

10年熟成大阪H号フレーム分解 (6)フロント周りは全部分解完了。

セアカゴケグモは見つけただけで

2匹居ましたが、全部処分しました…

も、もう居ないかなぁ…

10年熟成大阪H号フレーム分解 (7)下地処理の違う物はウエットブラストで

下地処理を済ませました。

他の黒物は、塗装屋さんに任せます。



10年熟成大阪H号フレーム分解 (8)これで10年熟成大阪のH号は

完全にバラバラになりました。

塗装の仕上がりは、内燃機屋さんと

同じぐらいかなぁ

10年熟成大阪H号フレーム分解 (9)ついでに土に返ろうとしている

国内408もフレームの錆を取ってもらって

どれだけ朽ちているのかをチェックして

修正可能なら、蘇らせたいと思ってます。

明日からいよいよ、まごじ号のエンジン分解に取り掛かります。


悩める京都のH号入庫

エンジンをO/Hする事を、夜寝ると夢にまで見てうなされるそうで

悩める京都のH号精神衛生上良くないと言う事になり

エンジンO/Hのご依頼で

今回入庫する事になりました。

これで今夜から見る夢は楽しい夢になると思います。


CP1号レーサータイヤ交換

夕方から試運転に出る予定だったのですが

どうやら雨が降ると言うので、予定を変更して

CP1号レーサーリアタイヤ交換 (1)レーサーのタイヤ交換をしました。

五角形に磨耗しているのと

タイムも上がってきたので、まだ使えるけど

リスク回避の為の交換です。

CP1号レーサーリアタイヤ交換 (2)お立ち台に乗っているので

作業し易いのかと思ったけど

意外と中腰で辛かったり…

取外しはまぁ簡単だけど、取付けは…

CP1号レーサーリアタイヤ交換 (3)ピレリーのロッソ兇ら

同じピレリーのディアブロに交換。

これで来月、自己記録が更新出来れば

良いのになぁ!


12号機試運転

天気予報では16時から雨との事なので

12号機ももか号大急ぎで12号機の試運転へ行って来ました。

シートが新品なので、足付きが心配ですが

調子良く走る車両でした。

まずはCB400Fに乗ると言う事をしっかり教えて

止まらないノーマルブレーキで、止める運転方法とかから練習だなぁ。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)レストア | エンジン

2016年02月25日

12号機完成4

車検に出しているサニトラの
下回りのゴム類の劣化が酷くて
総換えになる勢いだったので
話の流れのついでに、欲しかった部品を
勢いで買ってしまった…
車検が終わったらまた弟に強制労働で
取付け作業をさせよっかなぁ!


浜のK号慣らし

昨日はX10z君がキャブを自分でO/Hするというので

半徹のX10z君夜遅くまで付き合いながら

僕は自分の仕事を進めてました。

X10z君に留守番をさせて出掛けたり



12号機ナンバープレート装着姫のナンバープレートが登録出来たので

残り少ない純正の状態の良い

ナンバープレートホルダーに入れて

取付けたり…

浜のK号慣らし二日目 (1)極寒の中、浜のK号の慣らしに出たりして

ついでに給油して記念撮影。

何だかんだと時間を潰してたけど

全然終わらないので、もう放置して帰宅しました。

浜のK号慣らし二日目 (2)今朝病院へ行くので

何時もより早く出勤して

店番を任せて、お買い物も済ませてきました。

車両チェックをしてもうちょっと少し走ります。


12号機フロント周り仕上げ

ナンバー登録も終わった12号機の仕上げ作業を急ピッチで進めてます。

12号機フロント回り仕上げ (1)今日はフロント周りの部品交換。

フロントフォークO/Hなどの作業です。





12号機フロント回り仕上げ (2)ヘッドライトは選択肢が無いのでマーシャル。

ウインカーもリプロ新品に交換。

メーター回り全部純正新品。



12号機フロント回り仕上げ (3)メーター、インジケーターは

アゲイン製リプロ新品に交換。

イグニッションキーも新品に交換。



12号機フロント回り仕上げ (4)フロントフォークをO/Hしている時に

三代目号オーナーがご来店。

お客さんも総出で12号機の仕上げ作業。

マフラーを磨いてもらってます。

12号機フロント回り仕上げ (5)その間僕はフロントフォークを

仕上げているのですが

X10z君は自分の車両に掛かりっきり…

そして

12号機フロント回り仕上げ (6)フロントフォークも組み上がりました。

フロントフェンダーはリプロ新品。

ブレーキ関係は純正リビルド品。

サイドカバーもセット完了したので

12号機フロント回り仕上げ (7)タンクをセットして完成。

国内398ですが、彼女の拘りのカラー

バーニッシュブルーフォア至高の色です。

ツーリングが楽しみです。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)販売 | 修理

2016年02月24日

結果的に定休日も営業中3

定休日の今日も朝からバタバタしてます。
今日の予定は
理髪店、病院、試運転、車両チェック
問題児来店、車両整備、病院…
最近ちょっと疲れている気がします。
花粉も飛んでるので、また近大サプリのお世話にならないと。


男は黙ってパンチ

今年の初めに手術の為に髪を短くしたのですが

男は黙ってパンチ160224エロいので髪の毛が直ぐに伸びてしまい

ボサボサになってしまったので

急遽何時もの理髪店へ行き

何時ものパンチで仕上げてもらいました。

浜のK号試運転 (1)その後明るい内に浜のK号の慣らしへ行き

何時もの所で記念撮影。

このまま軽く走りたかったけど

定休日の店に行って事務処理やら

溜まっている仕事を片付けないと…

浜のK号試運転 (2)浜のK号のエンジンの調子は良いのですが

ブレーキが効かないのと、ブレーキフルード漏れが…

リビルトされたクラッチが馴染んでないのか

カラカラとうるさいけど

当りが付けば静かになるかな?

浜のK号ブレーキフルード漏れ対策(1)取合えずダイアフラムのチェックをしたけど

穴が開いているとかは無いので

ダイアフラムプレートをチェックすると

オリジナルの古い物がついていた。

浜のK号ブレーキフルード漏れ対策(2)ダイアフラムは新しいタイプの物なので

プレートも新しいタイプの物に交換して

様子を見る事にします。

当時の物に拘るのも良いけど

劣化している可能性もあるからねぇ。


12号機部品交換

定休日を利用して12号機の仕上げ作業をやっているのに

定休日に来店する問題児X10z君何故か定休日の店に居る彼…

X10zのキャブのO/Hをするらしいんだけど

本に戻せるのか?

取合えず放置プレーです。

12号機ももか号部品交換 (1)僕はそんな事よりも

彼女がこの12号機を薄汚れた感じで

乗るのが気に入らないので

この辺から綺麗に仕上げます。

12号機ももか号部品交換 (2)ACGカバーは取外してブラスト仕上げ

カバーBは新品に交換してスプロケカバーは

オリジナル塗装を残して綺麗にしました。

シフトペダルもリプロ新品を装着して

X10z君がジャンケン大会でゲットした、アゲイン製エンジンガードも装着。

12号機ももか号部品交換 (3)シリンダーヘッドのシーリングボルトが

錆びていてかっこ悪いので

これも交換します。



12号機ももか号部品交換 (4)こう言う細かい所を交換するだけでも

ビジュアルが変わりますね。





12号機ももか号部品交換 (5)ブレーキペダルも純正の中古良品ですが

メッキの輝きがくすんでいるので





12号機ももか号部品交換 (6)リプロ品ですが新品に交換しました。







12号機ももか号部品交換 (7)リプロ新品エアークリーナーチャンバー

O/H済みキャブレター装着。

ホース類、ワイヤー類は全て新品。

今日はここまでかな。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)販売 | Custom Paranoia

2016年02月23日

以前の職場3

今朝久し振りに以前の職場の方からメールがあった。
メールの内用は
2001〜2002年の仕事の詳細を覚えて無いか?
と言う用件だったけど
昨日の事すら覚えて無い僕の脳ミソをフル回転させ
記憶の引き出しの奥に仕舞っていた引き出しから
ある程度の事を引き出す事が出来た。
その後、元部下から電話があって
「もうそろそろこっちに戻って来んと、あかんのとちゃんすか?」
「メールの内用と僕の記憶を元に、今日は会議してますよw」
と言うので、僕は「今はバイク屋さんで
自分の残りの人生を楽しんでるから、止めてくれw」と言いました。
もうそんな日本全国を飛び回る体力も無いわ…


宮ヶ浜と対戦開始

闘魂号が無事に引き取られて行ったので

宮ヶ浜と対戦開始今日から宮ヶ浜と対戦開始です。

アルコール度数27度ですが

その度数を感じさせないぐらい

紅芋の香りのする飲みやすい焼酎です。


浜のK号火入れ

一日延期となった浜のK号の火入れ作業に

浜のK号火入れ (1)今日は朝から取掛かってました。

キャブの怪しい所はそのままですが

火入れの準備を進めます。



浜のK号火入れ (2)アイドルスクリューもかなり出てますから

ちょっと梃子摺るのかな?

と思いながら準備。



浜のK号火入れ (4)まずは実圧縮圧力の測定

#1

1Mpaとまずまず。



浜のK号火入れ (5)#2

これも1Mpaで、良い感じですね。





浜のK号火入れ (6)#3

おっと…0.9Mpaに下がってますが

ピストンリングだけ交換しただけなので

これだけあれば上等ですね。

浜のK号火入れ (7)#4

1.1Mpaと少し高いのですが

まぁ平均して1Mpaと言う事で。



浜のK号火入れ (8)火入れの準備も整ったので

早速セルを5回ほど回して

無事に火が入りました。



浜のK号火入れ (9)チョークレバーを引いているので

アイドリングは高めですが

エンジンは機嫌良く動いてくれてます。



浜のK号火入れ (10)接点を調整して

点火時期を調整して

それなりには快適に動いている感じですが



浜のK号火入れ (11)同調はそれなりに揃っているけど

バキューム圧がかなり低いので

やっぱりキャブの調整をする事に。



浜のK号火入れ (12)誤組みされたプレートを取外すと

下に入っているワッシャーが

市販の5MMの薄いワッシャーか?



浜のK号火入れ (13)本来の部品はこちらね。

これを予備部品入れから取出して

浜のK号に装着します。



浜のK号火入れ (14)エンジンも温まってくると

マフラーの中に溜まっていた

オイル分が結構な感じで出だして

店の中は大騒ぎ!

浜のK号火入れ (15)同調をやり直して

アイドリングも安定しました。





浜のK号火入れ (17)バキューム圧もバッチリです。







浜のK号火入れ (18)そして多分今晩から慣らし運転が

また始まる…

明日は定休日だし…まぁ…

夜は寒いねぇ…と今更ながらに悩んでます。


吹田のK号オイル漏れ

先日エンジン不調で入庫して来た吹田のK号。

大阪のK号ブレーキOH (2)ブレーキフルードの漏れやヘッドカバーからの

オイル滲みも気になるので

そのまま入庫する事になりました。

そこでPITを少しでも広くしたいので

大阪のK号ブレーキOH (3)直ぐに終わる作業を先にやってしまい

この先に備えたいので

飛び入り作業です。

ピストンを抜くと錆こそ無い物の

大阪のK号ブレーキOH (4)何故か縦傷がありました。

ピストンシールはご臨終。

漏れたフルードでキャリパーも

残念な事になってます。

大阪のK号ブレーキOH (5)ダイアフラムもそろそろ限界。

ブレーキパイプも朽ち掛けていて

これを外すのに一苦労でした。

まぁこの際なので

大阪のK号ブレーキOH (6)リビルト済みのキャリパーと

丸ごと交換した方が

吹田のK号のビジュアルには良いだろうと

勝手に決めて交換作業。

大阪のK号ブレーキOH (8)手間も同じ、費用も差ほど変わらないので

絶対お勧めだと思います。

黒は黒、メッキはメッキでこの方が

良い感じになってるでしょ。

大阪吹田のK様オイル漏れ修理 (1)続いてヘッドカバー周りのオイル滲み

ブリーザーカバーを外すと

ブリーザーホースにもクラックが入って

ここからブローバイガスと共にオイルが滲みます。

大阪吹田のK様オイル漏れ修理 (2)ヘッドカバーを開けて

ガスケットの交換をするのですが

ついでにカムチェーンの状態もチェックしたり

ヘッド周りのチェックもやって置きます。

大阪吹田のK様オイル漏れ修理 (3)キャブを外したついでに

ブリーザーホースも交換します。

ついでが肝心ですから。



大阪吹田のK様オイル漏れ修理 (4)ついでにシリンダーヘッドの増し締めチェック

3箇所ほど締まりましたが

ついでが肝心。



大阪吹田のK様オイル漏れ修理 (5)全体のチェックも済ませて

今の所気になる所はバッテリー以外

無さそうなので、車両の総合チェックは終了。



大阪吹田のK様オイル漏れ修理 (6)後はオイル交換をするだけです。

結構真っ黒ですが

気になるような異物はありませんが

細かな鉄粉が普通より多かったと思います。

今後も継続してチェックして行きましょう。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャブレター | 修理

2016年02月22日

サニトラ車検3

昨日は早出の残業、何だかんだで
家に帰ったのは24時前
微妙な疲れで、アルコールも飲まずに
そのまま就寝、そして今朝も早出。
暫くこんな感じが続きそうです。


イエロー号エンジン搭載

昨日のペースならちょっとの残業で、イエロー号も仕上がる勢いだった。

イエロー号エンジン搭載 (1)町乗り号の作業が終わって

続いてレーサーのエンジン搭載。

何時もの定位置において



イエロー号エンジン搭載 (2)どーん!

搭載完了。

レーサーなので付属の部品は少ないので

サクサク作業が進むはずだったけど

イエロー号エンジン搭載 (3)後少しで完成する間際でやる気が失せて

作業終了となったのが23時。

続きは今朝からとなりました。



イエロー号仕上げ (1)で、今日の朝

何時もより1時間早出して

イエロー号の仕上げ

火入れチェック調整。

イエロー号仕上げ (2)30分も掛からず終了しました。

ワイヤリングはレース前で良いかなぁ?

締め忘れは無いはずなので

これで来月鈴鹿で走行テストとなります。


闘魂号引取り

曜日と日にちを一日勘違いしていたらしく、曇り空の中

闘魂号納車引取り (1)闘魂号は今日引取りとなりました。

手元に届くのは2.3日後かな?

これから暖かくなるので楽しみですね。

エアーフィルターは慣らしが終わった頃にでも

闘魂号納車引取り (2)純正品に交換した方が良いでしょうね。

搬送はメインスタンドを指定してあります。

200キロちょっと走ってますので

5.000rpmからスタートして下さいね。


浜のK号仕上げ

昨日黄色い君のマシーン2台のエンジン交換作業をやらされて

浜のK号仕上げ (1)仕上げ作業が出来なかった浜のK号。

今日は黄色い君が強制労働で手伝って

浜のK号の仕上げ作業です。



浜のK号仕上げ (2)ノーマルオイルポンプのO/H

Oリングは全部交換しました。

カウンターシャフトが焼き付いていたので

出来れば強化オイルポンプが良いのですが…

浜のK号仕上げ (3)まぁ在庫も無いのですけどね。

サクサクッとL側の組立て完了。

サブハーネスも新品に交換しました。



浜のK号仕上げ (4)クラッチアウターはリビルド品を装着。

クラッチ板は新品を入れました。

エンジンハンガーも塗装してあるのですが

フレームが割りと綺麗なので

全体の違和感は気にならないと思います。

浜のK号仕上げ (5)メインスタンドの付け根部分を曲げてしまった

との事でスタンドを外して修正。

スタンドのシャフトは錆びており

中々抜けませんでした…

ついでに誤組みを正規の組み方に戻して修正しました。

浜のK号仕上げ (6)ノーマルマフラーを装着。

今日中に火入れ出来るかと思ってたけど

バッテリーの充電を忘れていたので

今日の火入れは諦めました。

浜のK号仕上げ (8)新しいIGCを取付けて

キャブもセット完了しましたが

雲行きが怪しくなってきたので

車両をPITに大急ぎで戻して

本日の作業は終了です。


サニトラ車検

僕の誕生日に車検が切れるサニトラの継続車検を

160222サニトラ車検何時ものカーフィックスさんにお願い。

ガソリンタンクに繋がるホースに

亀裂が入っているので

ガソリンが漏れたり…

何かと金の掛かるのは、フォアと余り変わりませんねぇ…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)レーサー | エンジン

2016年02月21日

不良に占拠されつつ行列が出来る店3

今日は不良グループ達がCPのPITを
予告占拠しにやって来るので
何時もより早めに店に行き
自分の仕事を先に済ませると言う
ありえない状況での営業です。


大阪H号腰上ブラスト

PITを占拠する予告をされていたので

大阪H号クランクケースブラスト (4)昨日は少し遅くまでブラスト作業。

塗装を剥がしたH号の

アッパーケースを仕上げてました。



大阪H号クランクケースブラスト (5)まぁ何とか20時には終わって

自宅に戻ることが出来た。

本当なら今日もやる事が一杯あるのに

今日は何も出来ません。

ドネリ2本目退治 (1)不良グループのメンバーの

X10z君にも多少の良心があるらしく

PITを占拠するのが申し訳無いと言う事なのか

何時ものファンタグレープを頂きましたが

ドネリ2本目退治 (2)サクッと退治して

翌朝早出になるので

さっさと就寝して

1時間早く開店準備をしてました。


愛媛のT号フレーム修理

まだ部品のチェックすら出来ていないのですが

愛媛T号フレーム修理 (1)取合えず先に出来る事を進める為に

フレームの修理からやってました。

折れたサイドスタンドの付け根

適当な感じの補修…

愛媛T号フレーム修理 (2)マッスル化する為に削られた

ハンドルストッパーと

錆びたテーパーローラーベアリングの

リテーナー…

愛媛T号フレーム修理完了 (1)その修理が今日仕上がって戻って来ました。

サイドスタンドの補修は

後期の補強付きタイプに変更して

仕上げました。

愛媛T号フレーム修理完了 (2)ハンドルストッパーも

オリジナルのように忠実に再現して

付け替えました。



愛媛T号フレーム修理完了 (3)一度入れると中々取れない

テーパーローラーベアリングリテーナーも

上下とも取外しました。

近日中に部品のチェックをして塗装に出します。

土に返る国内408フレーム他にもこんな感じで

土に返る寸前の国内408があり

錆を取ると穴が空きます…

でも、こんなのでも綺麗に蘇る事がCPでは出来ます。


浜のK号エンジン搭載

PITを占拠される前に、僕の仕事を少しでも進めたいので

浜のK号エンジン搭載 (1)出来上がった浜のK号のエンジンを

フレームに搭載しちゃいます。





浜のK号エンジン搭載 (2)どーん!

搭載完了ですが

ここからの作業をやらせて貰えないので



浜のK号エンジン搭載 (3)ゴミが入らない様に養生だけ済ませて

店内のバイクは全部外に出されて

PITは不良達に占拠されてしまいました。



PITを占拠する不良グループ達そして、我が物顔で作業を始める

不良グループ達。

今日のCPはこの二人に強姦されてます。

僕は時々様子を見て

スカタンな作業をやっている二人を監視するだけです。

不良グループ達 (1)X10z君はやっとキャブが外れて

今日の目的の8割は完了したらしい。





不良グループ達 (2)一番厄介なのがこの黄色い奴

相変らず一々面倒臭い男なのですが

放置出来ないので

手伝う事になります。

不良グループ達 (3)そしてやっと町乗り号から

レーサー用エンジンを

下ろす準備が整いました。



不良グループ達 (4)どーん!

レーサーエンジンが下りました。





不良グループ達 (5)そのままの勢いで

町乗りエンジンを町乗り号に

搭載してしまいます。



不良グループ達 (6)どーん!

搭載完了しました。

後は黄色い君に任せて

僕はレーサーのエンジンをセット

不良グループ達 (7)ヘッドカバーを外して増し締め。

新しいヨシムラのガスケットは

意外と沈まないけど

多少は締まったね。

不良グループ達 (8)その間手持ち無沙汰になった奴らは

今度は僕のアドレスV125Gの改造を

勝手に始めた上に

売るとも言って無いのに

さよならアドレスV125G勝手に僕のアドレスを

買い取る方向で話が進んで

僕のアドレスとは今日で

お別れになりました…

今日はまだ、黄色い君のレーサーも仕上げないといけないので

残業になりそうです。


本日のご来店

エンジンの不調でご相談を頂いていた大阪のKさんがご来店。

160221本日のご来店 (1)サクサクッと調子を見ると

点火時期が怪しいのと

クリーナーもダメっぽい。



160221本日のご来店 (2)ノーメンテのポイントの調整をしたら

エンジンも機嫌良くなりましたが。

ヘッドカバーからのオイル漏れが気になるのと

総合点検もご依頼となり

160221本日のご来店 (3)またCPのPITは車両が一台増えました。

フロントブレーキもフルード漏れがあるので

ブレーキのO/H作業も追加です。

今日闘魂号が引取り納車の予定だったのに

160221本日のご来店 (4)運送会社がやって来なかった…?

でも京都のK様がご来店で

無事に引取りとなり1台入庫の1台引取りで

差し引き0と言う事です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)エンジン | レストア

2016年02月20日

魁!小室塾3

やっぱり今日も激しい筋肉痛で
動きが鈍いです。
ある意味雨が降ってくれて良かったかも…
明日は忙しいらしいので
今日はボチボチと仕事を進めてましたが
取り戻したはずの遅れも、ここに来てまた遅れ出して
ご迷惑をお掛けしており、申し訳なく思ってます。
多分来週から残業になると思います。


鈴鹿ROC前夜祭

18日午後から、嫁に店番を頼んで僕はお出掛け。

RSタイチでウインドウショッピング (1)姫とリジットなお鮨屋さんでランチを済ませ

京都のRSタイチへウインドウショッピング。

商品入替えの時期だったので

物は品薄でしたが、何か凄く楽しかった。

RSタイチでウインドウショッピング (2)人生初のフルフェイスを試着する姫。

タイチの店員さんに親子に間違えられてたけど

何か心地良いのでそのまま親子風でした。

春までには装備を整えて走り出す予定。

ROC前夜祭 (1)姫と別れて店に戻ると、待っている現実…

嫁と、まっきーが待ってました。

このままROC前夜祭へ向けて

2台で名古屋まで走ります。

ROC前夜祭 (2)名古屋のホテルに入ろうとした時に

プロライダーの小室氏もタイミング良く到着。

少し時間を潰して



ROC前夜祭 (3)前夜祭の会場へ

今夜の会場は「風来坊」

嫁が羨ましがってました。



ROC前夜祭 (4)参加者はまっきー、プロライダーの小室氏

アニーズ寺田社長とイブちゃん

カメラマンの夏目氏と僕の6名



ROC前夜祭 (5)まずはカラカラの喉を潤す乾杯から。

この後鈴鹿の走り方から

ディープな話まで色々と話題が飛び交う中

まっきー曰く僕の飲んだアルコール量は

ROC前夜祭 (6)生ビール5.6杯と、ひれ酒10杯以上飲んだらしく

プロライダーの小室氏から走り方の

ご教授を頂き、絶対忘れないで置こうと思ったけど

案の定、全部記憶に御座いません、と言う

ここに参加出来なくて残念な奴が居るのに、その上を行く残念な僕でした。

160219鈴鹿ROC (1)翌朝、ROCは午後からなのですが

ホテルを9時にチェックアウトして鈴鹿入り

余裕の時間で準備を進めてました。



160219鈴鹿ROC (2)腰上O/Hしたまっきー号に

プロライダーの小室氏が乗って

マシーンのチェックと各自の

走りをチェックしてもらいます。

160219鈴鹿ROC (3)まっきーレーサーアニーズZもスタンバイ。

これも小室氏が乗ってマシーンの

出来上がり具合や状態をチェックして貰います。



160219鈴鹿ROC (4)小室氏のプライベートマシーン

CB400Fも鈴鹿入りしてますが

これは今回走りません。



160219鈴鹿ROC (5)仕事で徹夜明けの銀ちゃんも

せっかくのこの機会を逃すのは残念なので

仕事で疲れた身体を酷使しての参加。



160219鈴鹿ROC (6)そして1本目を走り終えて

各自に的確なアドバイスをレクチャー

このままこのアドバイスを生かして

2本目で実戦チャレンジです。

160219鈴鹿ROC (7)アドバイスとは関係無く

まっきー号は最後の周回ストレートエンドを

5速で引っ張り過ぎてしまいエンジンブロー

その後ろをピッタリ走っていた僕は

オイルまみれになって、前から転がってくるクランクケースを回避して

赤旗終了となりましたが、マシーンは壊れたけど怪我も無く無事です。

160219鈴鹿ROC (8)そしてこの所のスランプで

平均10秒台だった僕のタイムが

平均8秒台まで一気に2秒縮まりました!

もう少しで自己ベストを更新する所です。

160219鈴鹿ROC (9)やはりプロの言う事は理に叶ってますね。

4月までには何とか7秒台になるかなぁ。

3本目はオールクラスなので見学。

ここで残念なのは、何時ものGO Proカメラを

160219鈴鹿ROC (10)持って来るのを忘れてしまっていた事。

酒飲んで記憶を無くし、肝心な時に

カメラを持って来ない残念な僕ですが

今回のROCで得た物は大きいです。

夕方店に戻り、疲れた身体で後片付けを済ませ

ドネリ退治 (1)X10zくんから頂いたドネリと対戦。

ファンタグレープみたいに

ゴクゴク飲んで



ドネリ退治 (2)サクッと退治して

そのまま朝まで寝てました。

こんな感じのハードな二日間。

食べ過ぎ飲み過ぎで、ちょっと太ったかもなぁ…


雨の日のCP

予定では今日は浜のK号のエンジンを搭載して仕上げる予定でしたが。

160220雨の日のCPのPIT生憎の雨で、正面までの通路しか

確保出来ない状態でPIT作業が出来ない。

明日は明日で問題児達が

僕の仕事の邪魔をしに来るらしい…

大阪H号シリンダーヘッド内燃機屋さん送り準備完了 (2)まぁ取合えず今日出来る事を進める事に。

大阪H号のシリンダーヘッド

バルブガイド交換、リーマを通して

ヘリサート修正を1箇所以外終わらせました。

これで今日内燃機屋さんへ発送となります。

大阪H号代替コンロッドコンロッドも宝物庫から持ってきたので

似非WPCをして測定を済ませました。

クランクの測定も終わっているので

メタルベアリングの発注をします。

コンロッドボルトも当然新品になります。

大阪H号クランクケースブラスト (1)PIT作業は出来ませんが

エンジン組立て室の作業や

ウエットブラストは作業が出来るので

大阪H号のクランクケースのブラスト作業。

大阪H号クランクケースブラスト (2)耐熱シルバーを塗られていたを気付かず

ちょっと手間が掛かってしまいましたが

塗料も汚れも液体ガスケットも腐食も

全部綺麗になりました。

大阪H号クランクケースブラスト (3)アッパーケースも純正塗装の上から

耐熱シルバーが塗られているので

取合えず全部剥離します。

時間的に今日はここまでかな。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レーサー | エンジン

2016年02月18日

臨時休業のお知らせと中古車情報3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月19日は鈴鹿サーキットライドオンクラブ
走行の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。


神聖第二ラウンド目終了

昨晩は寒過ぎたので、闘魂号の慣らしは流石に中止して。

神聖第二ランド終了早々に帰宅して「神聖」をサクッと退治。

4日で二升を飲み干してやりました。

その加減なのか体重が2キロ増えてしまった。

日本酒はあかんなぁ…飲んでまうわ。


浜のK号エンジン仕上げ

昨日は一応定休日だったので、今日浜のK号のエンジンの仕上げ。

浜のK号ヘッドカバー搭載 (1)二晩放置での増し締めでしたが

そんなに沈んで無かったのか

余り締まりませんでした。



浜のK号ヘッドカバー搭載 (2)では、ヘッドカバーを搭載する

準備に取り掛かります。





浜のK号ヘッドカバー搭載 (3)タコメーターギヤーの

オイルシール交換。





浜のK号ヘッドカバー搭載 (4)ロッカーアームシャフトのチェック。

特に問題の無い状態ですが

前後を入替えて

使って無い所を使う様にします。

浜のK号ヘッドカバー搭載 (5)ヘッドカバーを搭載して

タペット調整も完了です。

今日は午後からウインドショッピングデートなので

浜のK号の作業はここまで。


大阪H号シリンダーヘッド修正

内燃機加工へ出す前にCPで出きる事を済ませようと

大阪H号シリンダーヘッド修正 (1)シリンダーヘッドのバルブガイドを

交換しました。

リーマー加工も出きるので

ついでにサクサクッとやっちゃいます。

大阪H号シリンダーヘッド修正 (4)今までは面倒だったので

CPではやらなかったのですが

費用を抑える為にも

今回はやる事にしました。

大阪H号シリンダーヘッド修正 (2)ねじ山上がりも多い中で

ヘリサートミスが一箇所あり

どうやら2個のヘリサートを入れていたらしく

奥に半分残って取れないので

これは内燃機屋さんで処理してもらう事になります。

CPでやるのと、内燃機屋さんでやるのとでは費用が違いますからねぇ

抑えて抑えてやってます。

リコイルが終わったら内燃機屋さん送りになります。


積込み完了

明日のROCライドオンクラブは

CPレーシングチームの為に、特別にプロのレーサーの方から

160218ROC積込み完了一緒に走行してもらい

ご指導を頂けると言う事になっており

今年のレースで表彰台を取る為にも

ガッツリと練習してきます。


委託販売車11号機詳細画像

多くのお問い合わせを頂いておりまして、ありがとう御座います。

オーナーから最新の仕様画像を送って貰いました。

11号機最新仕様画像 (1)レストア後の走行距離は

約2.000キロ程度だそうです。

現在も調子は良好です。



11号機最新仕様画像 (2)ハンドルはハリケーンのコンドルを装着。

ヘッドライトはマーシャルの黄色

ウインカーはヨーロピ








11号機最新仕様画像 (3)エンジンはフルウエットブラスト仕上げ

からの、カバー類はCPオリジナル

純正風塗装仕上げ。

ピストンはノーマルサイズの398cc

11号機最新仕様画像 (4)フロントWディスク

エクセルHリム

スピードメーターワイヤーの

入れ方が間違ってますねw

11号機最新仕様画像 (5)コブラパターンのタックロールシート

リアサスはBRC製です。

フレームはパウダーコート仕上げ。








11号機最新仕様画像 (6)マフラーは社外品

メーカー不明

イグニッションコイルは

純正同等リプロ新品です。


11号機最新仕様画像 (7)ブレーキパネル

バフ仕上げ

スイングアームはCB350F用で

強化タイプになります。

11号機最新仕様画像 (8)フィラーキャップは油温計タイプ

ピポットシャフトも350F用





11号機最新仕様画像 (9)キャブレターはCPにて

フルリビルドした物が付いてます。

トップキャップ、フロートチャンバーは

バレル研磨仕上げ。

アゲイン製リモートアイドルスクリュー付き。

製作工程はこのブログ内を検索すれば

分かると思います。

現車確認をご希望の方は、前もってご連絡をお願い致します。

カスタムパラノイア:075-380-9715

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Custom Paranoia | レストア

2016年02月17日

第3回「徳島絶版バイクミーティング」3

【告知】
第3回徳島絶版バイクミーティング&第6回西日本ヨンフォアミーティング」が
5月1日にジョイントで開催される事が決まり
詳細が出ましたので告知です。
よろしくお願い致します。

【明日の営業のお知らせ】
明日は営業はしておりますが
所用にて僕が留守になります。
申し訳御座いません。


神聖第2ラウンド対戦開始

昨日は問題児達がいたので、危うく残業になる所でしたが

とっとと追い出して、闘魂号の慣らしへ

神聖2本目対戦開始昨晩は無茶苦茶寒かったねぇ…

家に帰って二本目の「神聖」と

対戦を開始しました。

本当なら今日は定休日なので

レクサス洗車一升飲んでしまおうかと思っていたのですが

レクサスの洗車とか、色々用事がある上に

結果的に今日も休日出勤で

作業となってます…


イエロー号レース準備

定休日の今日、休日出勤となった理由は

イエロー号エンジン交換準備やっぱりCP問題児のせいです…

4月のレースに備えて作ったエンジンの

慣らしが終わったので

レーサーに積みかえる準備の為に

休日出勤となってしまった訳ですが

大阪H号用ヨシムラピストン入荷その代わりに、20日頃に入荷予定だった

大阪のH号用ヨシムラピストンを

受け取る事が出来ました。

これで内燃機屋さんへ送る事が出来ます。

イエロー号から町乗りエンジン取外し (1)作業を開始して間も無く

俄に空模様が怪しくなってきて

霙混じりの雨が降ってきやがった!

くっそ!レクサスも洗車した所なのに!

と叫びながら出したバイクを中に戻し…

イエロー号から町乗りエンジン取外し (2)狭いPITで黄色い君と二人で

四苦八苦しながらエンジンを

下ろす準備が整いました。

そして

イエロー号から町乗りエンジン取外し (3)どーん!

何とかエンジンを下ろす事が出来ました。

日曜日に町乗り号からレーサーエンジンを

取外して入替え作業となります。

黄色い君と闘魂号の慣らしツーリング (1)作業も終わったら天気も回復して来たので

黄色い君と闘魂号の慣らしがてらの

ショートツーリングへ行こうと言う事になり

とりあえず「俺らー」へ向かったけど

黄色い君と闘魂号の慣らしツーリング (2)外気温6℃に心も折れて

暖かくて美味しい何時もの濁とろ塩チャーシュー

メンマトッピングを食べて

身体が温まった所で帰りました…

黄色い君と闘魂号の慣らしツーリング (3)本当なら今日は

ガッツリと走るつもりだったのに

この寒さには参りました。

でも200キロで5.000rpmまで

回せるようになったので、走るのも楽になりました。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レーサー | エンジン

2016年02月16日

新製品試作完成3

昨日は少しだけ残業してました。
今月は休日出勤と残業で
作業の遅れを取り戻そうと努力してますが
所々で鈴鹿まで遊びに行っちゃうので
差し引きマイナスで、結果的に遅れてます。
申し訳ない…


闘魂号慣らし三日目

昨日の夜は結構寒かったねぇ…

闘魂号慣らし三日目 (1)22日に納車が決まった闘魂号。

寒かろうが暑かろうが慣らしは続く…

そして2回目の給油で8ℓ入れました。

スタンドのおねいちゃんも寒そうでした。

神聖1本目退治残業でも、家でご飯も食べずに待っている

嫁と僕の燃料。

日本酒の一升瓶は

やっぱり二日しか持ちませんでした。

闘魂号慣らし三日目 (2)闘魂号もやっと140キロ

油温は信号待ちで85℃で

走って70℃まで下がりました。

昨晩は寒かったから余計に冷えたかな?


新製品試作

何とか5月までには完成させたい新製品。

新製品図面と試作完成詳細はまだ出せませんが

感の良い方なら直ぐに分かると思います。

主に国内のCB系全般に使えます。

後は入れ物だけです。


まっきーレーサー号火入れ

予定に無い入庫でCPのPITを圧迫しているまっきーレーサー号

まっきーレーサー号バッテリー充電中さっさと引き取って貰いたいので

お待ちの方には申し訳ないのですが

順番を飛ばして先に片付けちゃいます。

火入れ準備の為にバッテリー充電。

まっきーレーサー号腰上OH完了 (1)ヘッドカバーを閉めるのですが

9箇所ネジ上がりの為

トルクが掛けれません…



まっきーレーサー号腰上OH完了 (2)一先ず完成したので

火入れの準備に掛かります。





まっきーレーサー号火入れ (1)サクッと火が入りました。







まっきーレーサー号火入れ (2)念のため点火時期をチェックすると

思いっきり点火時期がズレてました…

何やってんの!



まっきーレーサー号乾式クラッチオイルポッド窓交換 (1)エンジンも温まったので

オイルを抜いて次の作業。

購入当初からこのオイルポッド窓から

オイルが滲み出てたのをやっと直します。

まっきーレーサー号乾式クラッチオイルポッド窓交換 (2)フォアの乾式クラッチは

触り慣れてないと誤組みしがちです。

ここまで分解したついでに

消耗品も交換します。

まっきーレーサー号乾式クラッチオイルポッド窓交換 (3)このOリングも既に硬化してるので

ここは毎回交換したい所ですね。





まっきーレーサー号乾式クラッチオイルポッド窓交換 (4)オイルポッド窓は破壊して抜きます。

オイル滲みに抵抗して

窓の周辺に何か塗られてますが

効果は無かったらしい…

まっきーレーサー号乾式クラッチオイルポッド窓交換 (5)綺麗に掃除して

巣穴らしき物が無いかを検索したけど

特に見つからないので

オイルポッド窓の不良か?

まっきーレーサー号乾式クラッチオイルポッド窓交換 (6)新しいオイルポッド窓を装着。

今度は漏れませんように…

サクサクッと復旧作業。



まっきーレーサー号乾式クラッチオイルポッド窓交換 (7)リフターのベアリングも新品に交換。

これで18日の引き取りに間に合いました。

今週末は納車ラッシュになりそうです。

PITも広くなるので、作業もはかどります。

タイミング良く問題児の襲撃 (1)そこへまさかのご来店は

CP問題児のX10z君…

自分の作業スペースを確保する為

掃除を始め出す…

まっきーレーサー号エンジンオイル300V15W-50 (1)取合えずエンジンオイルを入れて

窓からのオイル滲みが無いかチェック

今の所大丈夫そうです。



まっきーレーサー号エンジンオイル300V15W-50 (2)エンジンを暖めて暫く放置。

取合えず大丈夫そうなので

巣穴じゃなくオイルポッド窓の

不良だったと言う事でしょうね。

タイミング良く問題児の襲撃 (2)で、彼は一体何をするのか…

せっかく空いたPITを占拠する

6気筒エンジンが、激しく邪魔です。

置いて帰る事も考えているらしい…


浜のK号腰上組立て

まっきーレーサー号の作業も片付いたし、X10z君は放置して

浜のK号腰上組立て (1)浜のK号の腰上組立て作業に取り掛かります。

ピストンピン交換

勿論ピストンリングは新品です。

クランクにセット完了。

浜のK号腰上組立て (2)サクッとシリンダー挿入完了。







浜のK号腰上組立て (3)またまたサクッと

シリンダーヘッド搭載完了。





浜のK号腰上組立て (4)アゲインSTDタイプ新品カムを搭載。

明日増し締めして

ヘッドカバーとタペット調整後に

フレームに搭載します。


今日のCPのPIT

偶然にもピット作業が少なかった今日を狙ったかのように

類は友を呼ぶ (1)次々とやって来るCPの問題児達。

X10z君に続いてやって来たのは

黄色い君…

今まで何やっとんねん!て感じです。

類は友を呼ぶ (2)当て逃げされてハンドルスイッチが壊れたので

新しく交換するので

ハンドルスイッチボックスの加工をやって

交換する準備も整ったけど

類は友を呼ぶ (3)我が物顔でPITを占拠するX10z君。

今日も無駄に残業な予感がします。

黄色い君とは4月のレースの打合せ。

来週辺りから本格的に始動らしい。

160216今日の問題児達 (1)で、結局CBX1000は

無理やりお立ち台に乗せて

置いて帰る事になりました…



160216今日の問題児達 (2)やっとPITが空いたので

黄色い君のハンドルスイッチ

交換作業を開始。

サクサクッと交換して

160216今日の問題児達 (3)後の仕舞は自分でやってもらうスタイル

CPの問題児達にはスパルタです。

来週もこの二人は店の状況などお構い無しに

やって来るらしい…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)レーサー | エンジン

2016年02月15日

中古車情報3

国内398
カスタムパラノイアで2014年にレストアした
11号機の委託販売です。
最新の仕様の画像が無いのですが
状態は保障付きの車両です。
興味のある方はカスタムパラノイアまで
お問い合わせをお願い致します。
現在車両はオーナーの手元にあり現車確認をご希望の方は
前もってご連絡下さい。
カスタムパラノイア:072-380-9715


神聖と対戦開始(1本目)

昨日闘魂号の慣らしから帰宅後

宝物庫ミッション検索自宅宝物庫のミッション保管箱から

使えそうなミッションを探し出しました。

カウンターばかり消耗するので

メインギヤーが余ってきてます…

160214神聖1本目と対戦開始そして冷えた身体を温める為に

「神聖」(1本目)と対戦開始。

凄く飲みやすいのでついつい五合ほど…

多分今晩で一本目は倒します。


闘魂号ヨシムラ油温計装着

追加のご依頼で、ヨシムラの油温計の装着です。

闘魂号慣らし苦痛の100キロ終了昨日、今日で苦痛の慣らし100キロ終了。

今日から4.000rpmで走れます。

さてヨシムラの油温計の装着ですが



闘魂号油温計取付け (1)サクサクッと取付けれると思ったら

大間違いなのです。

エンジンガードとマフラーが邪魔だし

闘魂号の場合配線ルートも考えないと。

闘魂号油温計取付け (2)モニターの取付け位置は

どう考えてもここが一番

ベストな位置になってしまいます。



闘魂号油温計取付け (3)オイルパスキャップを交換して

センサーを取付けました。

色々外さないといけないので

出来上がる前の方が手間が掛からなかったかな。

闘魂号油温計取付け (5)発電の電圧表示誤差は0.3V程度なので

ほぼほぼ正確な表示だと思って下さい。

時刻の設定もやりましたし

油温の警告温度は115℃にしてあります。

闘魂号油温計取付け (6)油温計取り付け復旧完了。

サクサクっとは行きませんでしたが

満足して頂けると思います。

今晩何度まで上がるか見てみます。

BMWボンネット大破作業が終わって工具を片付けていると

表で「ボン!」と大きな音が

見るとBMWのボンネットが開いて大破…

ダンパーも千切れてボンネットは曲がって

完全に閉らないまま、恥ずかしそうに走り去って行った…


浜のK号カウンターシャフト交換

微妙な天気の中、PITを少しでも広くしたいので

一番邪魔なまっきーレーサー号を仕上げようと思っていたのに

雨…急に雨が降り出した…

あの雨男まっきーめ!

ついでにまごじ号を次の作業ポイントに

移動させて、浜のK号を仕上げポイントに移動。

浜のK号カウンターシャフト交換 (1)雨雲が通り過ぎるまで

浜のK号のカウンターシャフトの

交換作業をする事にしました。

カウンターシャフトからギヤーを取外して

浜のK号カウンターシャフト交換 (2)代替のカウンターシャフトと2ndギヤーや

その他のギヤーをついでに似非WPCで

仕上げてから組み込みます。



浜のK号カウンターシャフト交換 (3)これでミッションが完成したので

エンジンの組立てが

出来るようになったので早速



浜のK号腰下組立て (1)ポイポイっと具を入れて

何時もの記念撮影

テンショナーアームは修正不能だったので

リプロ品を使用しています。

浜のK号腰下組立て (2)サクッと腰下の組立てが完了。

このままの勢いで





浜のK号腰下組立て (3)何時もの感じで

シフト関係の具をセット

作動確認OK!

明日腰上の組立てになります。


まっきーレーサー腰上O/H

まっきーレーサー号=雨雲と言う方程式から抜け出せない今日この頃。

銀ちゃんレーサー用リアタイヤ交換のこのこと自分のレーサーの

タイヤを交換しに来た銀ちゃんw

この期を逃す訳にはいかないよねぇ

タイヤ交換が終わるのを待って

まっきーレーサー号腰上OHまっきーレーサー号のエンジン仕上げを

当然ながら強制的に手伝ってもらいました。

おかげで狭いPITでも、サクサクっと

作業が進んでシリンダーヘッドまで一気に搭載完了。

まっきーレーサー号腰上OHハイカム搭載 (2)ハイカムも搭載完了。

明日増し締めして仕上げて火入れ後

エンジンオイルを抜いて

クラッチカバーの修理です。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)部品 | エンジン

2016年02月14日

休日出勤2回目3

昨日は嫁が急用でお店は早仕舞いで
今日15時に戻ってきて
昨日遣り残した仕事をちょっとでも進める為に
また休日出勤となりました。
明日は残業かも知れません…


嫁の御伴

昨日17時に大阪を出発して某所へ。

嫁の御伴で (1)お腹が空いたので

途中のレストランで

ミニカツ丼とミニパリ丼を発注。



嫁の御伴で (2)豪華にスカロップも発注して

お腹も満足。

筋肉痛と疲れからそのまま転寝…

そして今朝はかなりの早起きをして

嫁の御伴で (3)もうお腹が空いたので

お昼はリジットなお鮨屋さんで

嫁とランチ。



嫁の御伴で (4)僕は上にぎりで

ちょっとだけ贅沢をしてみました。

胃が小さくなったのか

これだけでもうお腹は一杯です。

嫁の御伴で (5)嫁は海鮮丼。

甘エビは大阪で食べるよりも

遥かに美味しい。

また来月。


闘魂号油温管理

追加の作業発注を頂いた闘魂号。

闘魂号ヨシムラ油温計下拵え (1)昨日入荷して来たのですが

生憎の天気で作業が進みません。

なので、明日サクッと取付け出切る様に



闘魂号ヨシムラ油温計下拵え (2)−側の配線にもギボシを

セットしようと思い下拵え。





闘魂号ヨシムラ油温計下拵え (3)ついでに+側もハンダ上げして

作動チェックを済ませました。

今日も天気がよろしくないので

明日取付け予定です。


浜のK号エンジン下拵え

少しでも溜まっている仕事を片付けようと

浜のK号エンジン部品下拵え (1)休日出勤をして作業を進めてます。

ダイナミックバランスが終わった

クランクに新しいメタルをセットした

コンロッドを取付けます。

浜のK号エンジン部品下拵え (2)カムチェーンは純正新品

プライマリーチェーンも純正新品をセット

これでクランクの下拵えは完了。



浜のK号エンジン部品下拵え (3)プライマリーギヤーのダンパーゴム交換。

ニードルベアリング交換。

この辺はデフォルト作業ですね。



浜のK号エンジン部品下拵え (5)確認不足だったのがミッション

カウンターシャフトが焼き付いてました…

今日宝物庫から中古良品を探して

明日交換します…

浜のK号エンジン部品下拵え (6)今日中に腰下を組もうと思って

汗だくになりながら下拵えしてたのに

すっかり意気消沈…

もっと早くチェックしておけば良かった。

浜のK号エンジン部品下拵え (7)残念ながら今日はここまで。

せっかく休日出勤したのに…

明日は天気が持ちそうなので

PIT作業がメインだな。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)グルメ | エンジン

2016年02月13日

例の如く筋肉痛3

昨日の天気予報は晴れで
気温も高いと聞いていたのに
どんよりとした雲だし、何なら雨も降ったし…
去年に引き続き、まっきーは雨男らしいよ。


今年初の鈴鹿ライドオンクラブ

多分去年から2ヵ月近く走っていないので

色々と興奮して、例の遠足病が出るといけないので、酒を飲んで寝る事に。

160211忍者と対戦開始闘魂号の作業着手前にオーナーから頂いた

辛口の「忍者」とやっと対戦が出きます。

サクサクッと5合ぐらい飲んで

そのまま寝たけど、夜中の2時に

酔いが覚めて目が覚めて、結局そこから眠れなくなった…

遠足病は恐ろしい病だわ。

160212鈴鹿ROC (1)少し早めに自宅を出発したら

鈴鹿の通勤ラッシュに引っ掛かって

ちょうど良い感じの時間に到着した。

リアサスは大体の位置で合わせてありますが

実際走ってみないと何とも分かりません。

160212鈴鹿ROC (2)アニーズの寺田社長も鈴鹿入り

まっきーレーサーZ号をまっきーに合わせて

リセッティングするので

暫くはこんな感じでしょうね。

160212鈴鹿ROC (3)2016年仕様の銀ちゃんのマシーン

空力抵抗も良くなってトップスピードも上がり

タイムも上がる事が期待されます。

銀ちゃんも今年これが初で、この仕様も初です。

そして走行開始時間となりました。

01枠

リアサスの具合も丁度良い感じなので

セッティングをやり直さずに走りきりましたが

当日の天候の影響で参加台数が12台となり、僕はほぼ一人旅状態です。

03枠

序盤早々にまっきーZをぶち抜いてやりましたが

その後ぶち抜き返しに合い、追いつく事はありませんでした。

最後の方、2コーナーでシフトミスしたけど、慌てる事も無く復帰出来ました。

160212鈴鹿ROC (4)それにしても銀ちゃん早い…

銀ちゃんにラップされた周回だけ

いきなり2秒縮まって9秒台で走る僕w

ベホリがおらんと全然面白くないわ!

160212鈴鹿ROC (5)帰りは何時もの「俺らー」へ

行列が凄くて1時間待ちでしたが

無事にありつけました。

何時もの濁とろチャシュー大、めんまトッピング

160212鈴鹿ROC (6)食べ終わってもまだ凄い人数の行列が…

大体この時間は空いているはずなのに

一体何があったんだろうか?

この後店に戻ってレーサーを片付けて

160212闘魂号慣らし日の高い内に、闘魂号の慣らしへ出発

道路が渋滞してたので3.000rpmでも

全然辛くは無かった。

取合えず何時もの所で記念撮影。

160212闘魂号慣らし (2)疲れているので100キロは辛いけど

ちょっと頑張って78キロを走ってきました。

ヨシムラのテンプメーターの追加注文も

頂いたので、入荷次第早々に取付けます。

160212忍者退治自宅に戻り残りの「忍者」を

サクッと退治してやりました。

疲れていたのかそのまま居間で転寝。

目が覚めたのは24時で

相変らずアルコールの分解時間は4時間です。


まっきーレーサー号エンジン

午後から天気が崩れると言うので、PIT作業は厳しいので

まっきーレーサー用ピストンバルブリセス加工まっきーレーサー号のエンジン組立ての

下拵えをする事にしました。

バルブリセスを0.5mm追い込み加工した

ピストンも出来上がって来た。

まっきーレーサー号組立て下拵え (1)ピストンのカーボンを取除いて

重量を測定すると

最大で0.1gの誤差があった。

しかも#3のピストンだけに…

まっきーレーサー号組立て下拵え (2)面倒に思って取合えずシリンダーと

メタルガスケットの手入れをしながら

色々と悩んだ挙句、やっぱりレーサーだし

重量合わせはやっておかないと…

まっきーレーサー号組立て下拵え (3)そう思い、新品在庫のサークリップを

袋から取出して重量測定。

サークリップの重量誤差で

調整しようと言う目論みです。

まっきーレーサー号組立て下拵え (4)その目論みは見事に的を得て

最大誤差0.03gまでに

調整する事が出来たので

手間が掛からずに済みました。

まっきーレーサー号組立て下拵え (5)シリンダーヘッドの燃焼室も

カーボンの掃除をしながら

待ってる時間も勿体無いので



まっきーレーサー号組立て下拵え (6)クランクケースの液体ガスケットを

綺麗に掃除したりを

何度か繰り返して



まっきーレーサー号組立て下拵え (7)シリンダーヘッドの燃焼室も

そこそこ綺麗になったので

これぐらいで我慢して

測定の終わったピストンに

まっきーレーサー号組立て下拵え (8)ピストンリングをセットしてクランクにセット。

雨で作業スペースが無いので

シリンダーを入れる事が出来ないので

今日はここまで。


浜のK号内燃機加工終了

これもまたタイミング良く戻って来た

浜のK号内燃機加工完了 (1)浜のK号の内燃機加工

クランクは相当バランスが悪かった様で

過去に無いぐらいの加工がされていた。

#3の所に深めに3箇所。

浜のK号内燃機加工完了 (2)#1の両方に1箇所と2箇所

結構深めだったので

相当な振動だったと思います。



浜のK号内燃機加工完了 (3)シリンダーヘッドのバルブ摺り合せも

終わっているので

早速バルブスプリングを

セットして下拵えを進めます。

浜のK号内燃機加工完了 (4)サクサクッとシリンダーヘッドの

下拵えは完了しました。

EXスタッドボルトは純正新品

インシュレーターも交換したい所ですが

まだ少し使えそうなので、Oリングのみ交換しました。

外の雨も酷くなってきてるし、定休日の明日に休日出勤しても

雨が酷いらしいので、今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レーサー | エンジン

2016年02月11日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月12日は鈴鹿サーキットで
僕が今年初のROC走行の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが
よろしくお願い致します。


開店前の男

今日は闘魂号の火入れをやってから

僕のレーサーマシーンのメンテナンスをする予定でいたのですが

160211開店前の男 (1)まだ開店の準備もしていないのに

奴がやって来て、勝手に開店準備をして

作業スペースも確保して

自分のレーサーマシーンを入れて来た…

160211開店前の男 (2)何をやるのかと思ったら

明日のROCの準備で

フロントフォークのセッティングで

分解を始めた…

まぁ終わったら強制労働だな。


闘魂号火入れ

やっと闘魂号に火を入れれる日が来ました。

闘魂号実圧縮圧力測定 (1)まずは恒例の実圧縮圧力の測定から

#1

1.05Mpa

いいね!

闘魂号実圧縮圧力測定 (2)#2

1.00Mpa





闘魂号実圧縮圧力測定 (3)#3

1.00Mpa





闘魂号実圧縮圧力測定 (4)#4

1.00Mpa

綺麗にそろってます。



闘魂号火入れ (2)そしてセル2発で

息を吹き返した闘魂号

点火時期を調整してキャブの同調調整。



闘魂号火入れ (3)キャブの状態が良いのか

同調もサクサクっと出来上がって

良い感じにエンジンも動いてます。



闘魂号火入れ (4)異音もオイル漏れも無し

キャブは最初にちょっと

オーバーフローしたぐらいで

激しく調子が良いです。

闘魂号火入れ (5)エンジンも温まって来ると

1.000rpm以下の800rpmでも綺麗に

アイドリングしてくれてます。



闘魂号試運転銀ちゃんに店番を任せて

試運転がてらガソリンの給油へ

今日から苦痛の3.000rpm縛りの

100キロがまた始まります…

闘魂号オーナーもタイミング良くご来店されて

出来上りホヤホヤの愛機を目にされて、ご満足頂けました。

納車の打合せも出来たので、それまで出来る限り走ってチェックします。


CP1号レーサーメンテナンス

午後からは明日のROCの準備とリアサスを交換する作業。

CP1号レーサーリアサス交換 (1)久々に珍しい方もご来店で

色々と打合せもしながら

レーサーのメンテナンスをしてました。

このリアのYSSはベホリが使う予定。

CP1号レーサーリアサス交換 (2)そしてオーリンズに交換したCP1号レーサー

ゼッケンプレートの取付け方法を

考えないといけなくなりました。

明日、オーリンズのセッティングを兼ねて

160211CP1号レーサー積込み完了鈴鹿を走ってきます。

久々の積込みも完了。

忘れ物がある様な気がしてならないけど

まぁ明日は皆来るからいいかぁw

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)レーサー | エンジン

2016年02月10日

休日出勤3

今日の定休日は
レーサーのメンテナンスを
朝からやろうと思っていたのですが
急遽アゲインへ行く事になったので中止に…
五、十日なので車だと混むだろうなぁと思い
高速も乗れるし、早い1号機を引っ張り出して出陣!
やっぱり1号線も、阪神高速も混み混みだったので
寒かったけど正解だった。


南蔵 赤退治

昨日久し振りにご来店のX10z君。

南蔵 赤と対戦開始 (1)僕に気を使ってくれて

僕の好物を持って来てくれました。

せっかくなので家に帰って早速

対戦を開始。

南蔵 赤退治そして

サクッと退治してやりました。

アルコール度数25度なんだけど

全然効かない…どうなっているんだこの身体。


1号機出撃

さぁ久々に出撃する1号機。

1号機久々の出動 (1)殆ど乗ってなかった1号機だけど

セル1発で起動したのは良いけども

ヨシムラのディアルテンプメーター(廃盤)が

電池切れになっていたので交換。

1号機久々の出動 (2)エンジンを暖めている間に

メールの処理をしてサクッと出発。

やっぱり乗らないとダメだなぁ…

久し振りに乗る510ccの1号機

早いから怖いので8.000rpmまでしか回せない…


闘魂号ダイアフラム交換

ブレーキフルードがマスターカップから零れて来ると

闘魂号ダイアフラムチェック (1)オーナーが言うので

そんな事例は滅多に聞かないので

まぁきっと何かあるんだろうと

開けて見ると

闘魂号ダイアフラムチェック (2)うっひゃー!これは酷い。

これを見て直ぐに分かった事は

ダイヤフラムに穴が開いているに

違いないと思い、穴を検索。

闘魂号ダイアフラムチェック (3)そして発見!

この破れ方だと、挟んだ可能性もあるけど

劣化しても亀裂は入るから

原因ははっきりしないけど

闘魂号ダイアフラムチェック (4)減っていたフルードも注ぎ足して

新しいダイアフラムに交換。

これで零れる事もなくなります。



闘魂号オイルクーラー用バンジョウボルト (1)そしてアゲインで仕入れてきた

バンジョウボルト。

1個だけ持って帰るのもしゃくなので

5個買って来てやったぜ!

闘魂号オイルクーラー用バンジョウボルト (2)サクサクッとオイルクーラーに取付けて

角度もOKですね。

明日エンジンオイルを入れて

火入れ予定です。


レーサー用オーリンズ

先日頂いたオーリンズですが、オイル漏れのO/Hが終わったので

CP1号レーサー用オーリンズOH完了&スプリング交換 (1)早速レーサー用に使う為に

スプリングの交換をします。

何故か持っていたオーリンズのスプリング

黒い方のバネレートが少し硬いし

CP1号レーサー用オーリンズOH完了&スプリング交換 (2)2巻き多いのでこれを使います。

同じCB750F用なので長さも同じです。

手で押してみても黄色い方は

腰折れしますが、黒い方はしっかりしてます。

CP1号レーサー用オーリンズOH完了&スプリング交換 (3)交換完了。

明日レーサーに取付けて

明後日鈴鹿でセッティングしてみます。

これでまた早くなるかなぁ!

まっきーレーサー号ピストン取外し (1)まっきーレーサー号の

ピストンも取外しました。

バルブリセスの加工と

ピストンリングの交換をする為です。

まっきーレーサー号ピストン取外し (3)トップリングからの圧縮漏れで

かろうじてセカンドで止まっている感じ

サーキットは過酷な走り方だから

レーサーはマメにエンジンをO/Hしないとねぇ…


三代目号ライダーズカフェへ

うざいマスターとして有名な

ライダーズカフェマッハ靴惺圓辰燭澆燭い

動画を発見!w

キーワードにカスタムパラノイアって言葉が一言も無いのが

激しく残念だ…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)部品 | レストア

2016年02月09日

残業3

週末は天気が崩れるのは知ってたけど
まさか今朝雨が降るなんて
思ってもいなかったので
午前中の予定を午後にするなど
PITのやりくりが大変でした。
今週末はどうなる事やら…


まっきーレーサー号腰上O/H

ほぼ満車状態のPITに、無理やり持込んで置いて帰った挙句に

2月19日には納車しろと言う…

作業の順番もあるので、時間外の残業で作業開始。

まっきーレーサー号オイル漏れ修理 (1)まずはミルフィーユ状態に盛られた

オイル漏れ対策のエポキシ系の物とか

リークリペアとか色々な塊を剥がす作業から。

持って来る前に剥がしておけば良い物を…

まっきーレーサー号オイル漏れ修理 (2)でも意外ともろくて簡単に取れたので

まぁ許すとして、そもそもピストンの

バルブリセスの加工があまいから

ベースパッキンで誤魔化す事になった訳です。

まっきーレーサー用ピストンリング入荷今回組む時は、僕が加工する事にします。

新しいピストンリングも入荷してきたし

残業でボチボチやって19日までには

終わらせる事が出来ると思いますが…

まっきーレーサー号残業で腰上OH (1)レーサーなので、余計な物がついてないので

分解組立ての手間は楽ですね。

まぁワイヤーのカットぐらいが

余分な仕事なぐらいです。

まっきーレーサー号残業で腰上OH (3)サクッと腰上を取外したら

#1の燃焼室に異物があったのでビックリ!

よくよく見るとタイヤカスを燃焼室に

吸い込んでいたらしい。

よくこんな大きな物が入って、燃えもせずに残っていた物ですねw


京都K号作業忘れ

エンジンオイルの漏れが止まった感じで喜んでいたのですが

何か忘れているような気がしてたので悩んで

昨晩やっと思い出したので、今日の作業。

京都K号フロントブレーキ引き摺り (1)フロントブレーキの引き摺りを

修正するのを忘れてました。

早速分解、好きですねこの穴付きボルト。

ほぼこのボルトに交換されてます。

京都K号フロントブレーキ引き摺り (2)キャリパーからブレーキシューを取出すと

案の定錆びてるし、何ならパットグリスも

塗られてない状態でした。

ピストンを押し出してみる限りでは

錆の有無ははっきりと見えませんでしたが、まぁ大丈夫でしょう。

パットの錆を取って、キャリパーAもBもパットグリスを塗って

京都K号フロントブレーキ引き摺り (3)動きも良くなったので

キャリパーホルダーの調整…

ここの穴付きボルトはちょっとイラッとしましたが

これで忘れ物も無いので大丈夫です。


大阪H号部品一部入荷

詳細な方向性が決まったのでH号の作業も並行してやって行くので

大阪H号用ヨシムラ中空ハイカムst1入荷必要な部品を発注したのですが

ヨシムラは中空ハイカムst1しか届かなかった。

どうやらピストンキットは在庫切れで

2月20日を目標に出荷よていらしい…

いや…ピストンの方が先に欲しかった…

FCRは値上がり前の駆け込み需要が捌けた感じで

通常の納期2ヶ月に戻ったらしい。


闘魂号エンジン搭載

午後から天気も回復して路面も乾いてきたので

闘魂号エンジン搭載 (1)PITからバイクを出して

やっと闘魂号にエンジンを乗せれます。

搭載準備完了!

そして

闘魂号エンジン搭載 (2)どーん!

搭載完了です。

部品を取付けようとしたら

俄に空模様が怪しくなり、ポツリポツリと…

闘魂号エンジン搭載 (3)大急ぎで大事なバイクを中に入れて

狭いながらも闘魂号の作業が出切る

スペースを確保して、作業準備を始めようとしたら

晴れてきた…ムカつくパターンのやつです…

闘魂号仕上げL側 (1)雲の動きをネットで見ながら作業再開。

セルモーターの絶縁ゴムが

完全に劣化しているので

交換しますね。

闘魂号仕上げL側 (2)サクッとL側の部品を取付けました。

新型フル強化オイルポンプも装着。

本当にね、この強化オイルポンプは凄いよ!

オイルプレッシャーSWが直ぐに反応するからね。

天気が回復してきたので、バイクを出してPITを空けて闘魂号作業を再開

闘魂号ブリーザーホース (1)ボール式のクランクケース減圧バルブを

装着していたらしいのですが

乳化したオイルでボールが動かなくなって

内圧が上昇して最後は

あちこちからオイルが噴出すので、この減圧バルブは

メンテナンスをしっかりする方向けでしょうか?

闘魂号ブリーザーホース (2)ブローバイホースを新しく交換。

シングルリードバルブのレデューサーが

廃盤にならなければ、こんな事には

ならなかったはずなのに、と思います。

闘魂号R側完了サクサクッとR側もセット完了。

エンジンガードは邪魔なので

一番最後に取付けます。



闘魂号キャブ取付け完了リビルドしたキャブも取付け完了。

多分明日には火入れするつもりなので

同調もその時ですね。



闘魂号間違い修正 (1)ちょっと気になったので

ついでに修正。





闘魂号間違い修正 (2)これが正解。

さて、これからオイルクーラーを

上下逆に取付けるのですが

結構手間取りそうですなぁ…

闘魂号IGコイル交換取合えずイグニッションコイルの

交換から始めて

気分の切り替えをして



闘魂号オイルクーラー付替え (2)オイルクーラーのコアを

上下逆にセットしてハンドルを右に切って

ステアリングダンパーに干渉しない

位置を探り出して

闘魂号オイルクーラー付替え (3)今度は左に切ってみて

この位置が良いかなぁと

これでセットしてみました。

オーナーの拘りもあって

闘魂号オイルクーラー付替え (4)ホースの取回しは、結構拘ってみたけど

後でマフラーに干渉するとかで

結構苦労した上に…

何度かやり直していると

闘魂号オイルクーラーバンジョウ断裂オイルクーラーのバンジョウボルトが

ポロリと折れた…

明日アゲインに発注します。



闘魂号一先ず完成で、火入れは木曜日辺りに延期…

もう!腹立つわぁ…

おや?後ろに変なバイクが

写りこんでます。

今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レーサー | エンジン

2016年02月08日

またやってもうた3

昨晩はキャブ調整後の7号機の試運転。
気持ち良く走れて満足げに家に帰ると
嫁が「あんた!またセコムから電話掛かってきたで!」と
激しく叱る!…あ!しまった!!
またエアコン切り忘れた…と反省しているのに
まだ激しく怒る嫁…もうインフルエンザ治ったんかい…
もう2.3日具合が悪かったらええのにと
心の中で叫んでやった。
そう言えば先日は、カバンの中に入れていた
ココセコムを間違って作動させてしまい
ココセコムから電話が掛かって来たなぁ…
セコムさん、ごめんなさい。


京都K号追加の追加作業

オイル漏れがどうやらスタッドボルトからの物だと言う判断から

京都K号増し締め&追加作業 (1)シリンダーヘッドの増し締めと

シールワッシャー、シーリングワッシャーの

交換作業などの追加作業を

ご依頼頂きました。

京都K号増し締め&追加作業 (2)ヘッドカバーを外したついでに

あちこちのチェックもしちゃいます。

ロッカーアームが全体的にカジリがあり

カムも同じ様にカジってます。

京都K号増し締め&追加作業 (3)んーこれは残念

一箇所だけスプリングが上下逆でした。

インナースプリングはどうなってるか

分かりませんけど…



先日調整したはずのカムチェーンは、また緩んでカタカタです。

これはセッティングボルトがプッシュバーを保持しきれないからです。

京都K号増し締め&追加作業 (4)取外したプッシュバーセッティングボルト

オーナーにも伝えてましたが

先が磨耗しているので

プッシュバーを押し切れないのです。

こうなっているのに、無理に締め込むと、折れたり

ネジ山が上がったりと大惨事になる訳なのです。

京都K号増し締め&追加作業 (5)作業性が悪いのでエンジンマウントと

マフラーを外すついでに

エンジンマウントのボルトの差し込む向きが

逆なのでこれもついでに修正します。

京都K号増し締め&追加作業 (6)さて、これでオイルチェックボルトに

アタックし易くなりました。





京都K号増し締め&追加作業 (7)カムチェーン強制調整ボルトに交換

セッティングボルトもOリングも硬化してるし

念のためついでに新品に交換。



京都K号増し締め&追加作業 (8)で、メインのオイル漏れ箇所の修正。

全体的にオーバートルクで締まっていたが

#2.3の所は緩んでいたので

恐らくここからのオイル漏れが原因箇所だろう。

京都K号増し締め&追加作業 (9)面の荒れも少ないので

このまま新品のワッシャーに

サクサクッと交換して作業終了。

エンジンハンガーのボルトの向きも修正。

京都K号増し締め&追加作業 (10)これで追加の追加作業も完了。

一度熱を入れてみて

オイル漏れが無いかの

チェックをして見ます。


三代目号600キロ

納車したその日に400キロぐらいを走行した三代目号が

三代目号ドライブチェーン調整 (1)ドライブチェーンの初期伸び調整の為

入庫して来ました。

天気の良い今日もガッツリと走って

慣らしを終わらせる勢いらしい。

三代目号ドライブチェーン調整 (2)無理やり取付けたチェーンカバーの

取付けステーに、ドライブチェーンが

伸びると干渉してしまうので

音がし出したら、調整時期の合図みたいな…

今日もお気を付けて走って下さい。


闘魂号エンジンメッキ完了

やっと闘魂号のカバー類のメッキが仕上がって戻って来ました。

闘魂号エンジン部品メッキ仕上がり結構なお値段になりましたが

オーナー曰く、ここだけは絶対に譲れないポイント

との事で、拘りの仕様となってます。

取合えずキャブを仕上げてから

闘魂号キャブ仕上げ (1)エンジンを仕上げる段取りで開始。

綺麗過ぎるので結構気を使います。

最初は付いて無かったホースガイドも

再メッキ品を取付けてみました。

闘魂号キャブ仕上げ (2)フロートチャンバーは2箇所のネジが

M5に拡大されており

フロートチャンバー側もその位置だけが大きいので

元の位置にセットして組立て完了です。

闘魂号エンジン仕上げ (1)次にヘッドカバーの仕込みに取掛かります。

ロッカーアームシャフトは

宝物庫の中古良品を探し出して

これを使います。

闘魂号エンジン仕上げ (2)ロッカーアームはオリジナルの

ヘッドカバーから移植して

取付けが完了です。



闘魂号エンジン仕上げ (3)暫く放置していたエンジンも

増し締めチェックをしましたが

特に締まる事も無かった。



闘魂号エンジン仕上げ (4)ヘッドカバーを搭載してタペット調整。

ピカピカなので激しく気を使います。

手で触った後にウエスなんかで拭いたら

せっかくの仕上がりがクスミますからねぇ…

闘魂号エンジン仕上げ (5)タペットキャップを締めるのも

激しく気を使います。

中古良品とは言えども新品とは違うので

締める時に割れる事もあるし

舐めてしまったらやり直しですからねぇ…

これで明日エンジン搭載準備が整いました。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エンジン | キャブレター

2016年02月07日

12号機ご成約3

ちょっと前から嫁が新しいノートPCを買うからと言って
コスパとPCのスペック的にどれが良いのかと
しつこく聞いて来るので
幾つかの機種の中から東芝のダイナブックを勧めて
結果、それを購入した訳なんですが
W10のセットアップも終り使える様になったとたん
「あんたには使わさん」と言う寝ぼけた事を言い出した。
僕の家のPCはXPなので
最近ではヤフオクも出来ないし、金融機関の取引や
ちょっとしたセキュリティの高いHPの観覧すら出来ない。
ほんと、ムカつく!


京都K号試運転

完成した京都のK号の試運転へ昨晩何時ものコースを走ってきました。

京都K号夜走り試運転キャブの方はとても調子良くなり

ハンドルを交換して幅が狭くなった分

操作性、操縦性が悪くなったぐらいですが

どうやらフロントブレーキが少々

京都K号オイル漏れ引き摺っている感じでした。

他にもこの先の課題的な事も感じましたが

オイル漏れが止まってないので

これが何処まで我慢出来るかですね。

バッテリーボックスもそうでしたが、外装関係のゴム類の劣化も心配ですね。

一先ず完成と言う事で。


12号機納車準備

去年からCB400Fourにどうしても乗りたいと言う

12号機納車準備 (1)可愛い女子との商談がまとまったので

今日からボチボチ納車準備に取掛かります。

基本レストアベース車両なので

それなりにやれている状態です。

12号機納車準備 (2)ドライブチェーンは新品ですが

スプロケットが錆びてたり

カバーも汚れているので

小奇麗な物と交換します。

12号機納車準備 (3)トルクロッドやブレーキロッドなども

錆びているのでこれも交換。

女子の足元は綺麗でなくちゃ!



12号機納車準備 (4)ブレーキシューも社外品ですが

新品に交換します。





12号機納車準備 (5)パネルはウエットブラストで仕上げて

アームはリプロの新品に交換します。





12号機納車準備 (6)チェーンカバーもリプロ品ですが

新品に交換しました。





12号機納車準備 (7)リアショックもBRCの新品に交換。

いっその事僕が費用を持って

フルレストアしたいぐらいですが

嫁の目もあるし、娘ぐらいの歳だしw

12号機納車準備 (8)分かり辛い所もちゃんと

メンテナンスして納車するんです。

だって…

オーナーが女の子だから!

12号機納車準備 (9)リアフェンダーもリプロ新品

ウインカーもリプロ新品





12号機納車準備 (10)電装関係は純正新品と

残り少ないメイドインジャパン製

レギュレートレクチファイアーを

装着しました。

12号機納車準備 (11)シートもリプロ新品

足付きの良いあんこ抜きタイプを

勧めたけど、このスタイルが

良いらしいよ。

12号機納車準備 (12)メインハーネスも新品

イグニッションコイルも

純正タイプのリプロ新品です。



12号機納車準備 (13)メインスタンドは純正の

リペイントと交換。





12号機納車準備 (14)キャブ回りは後日に







12号機納車準備 (15)メーターは部品が揃い次第

アゲインリプロ新品に交換。

ハンドルはリプロ新品に交換して

スイッチ類は純正新品に交換します。

12号機納車準備 (16)フロントフォークはO/H

フロントフェンダーはリプロ新品

ホイールは中古良品に交換。

ワイヤー類は全て新品に交換。

12号機納車準備 (17)ハンドル関係の純正部品が

一部あったので交換します。





12号機納車準備 (18)純正新品ミラーと

純正新品ハンドルスイッチをセットして

使えないけど国内398なので

スピード警告灯もリプロ新品を取付けました。

今日はここまでかな。


サニトラメンテナンス

日曜日の今日は強制的に弟を呼び出して

サニトラ強制メンテナンス (1)サニトラのメンテナンスをしてもらいます。

まずは余り使い場所が無かった

スタッドレスから

夏用タイヤに交換です。

サニトラ強制メンテナンス (2)エンジンオイルも交換時期だったので

交換しながら諸々の作業を

強制してやってもらいます。



サニトラ強制メンテナンス (3)レデューサーの部品もある程度揃ったので

見栄え良く、かっこ良く取り付ける様に

考えて取付けをしてもらいます。



サニトラ強制メンテナンス (4)90度ニップルや180度ニップルを駆使して

ホースも使って、良い感じに

レデューサーが取付きました。

これで燃費も走りも良くなります。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)PC | レストア

2016年02月06日

乗る事が最大のメンテナンス3

今の所嫁のインフルエンザは僕に感染していない。
感染していないと言うより
感染しない様にお互い気を使って
生活をしているからなのと
デブはインフルエンザに感染しにくいと嫁は言う。
ええやないか!健康なデブで!!


7号機

昨晩もちょっと遠回りして50キロぐらい走って

7号機慣らしやっと500キロ慣らしもやっと500キロまで行った!

でもキャブの調子は最悪だったので

イライラしながら走ったから全然面白くない。

なので、今日は7号機のキャブの掃除を

7号機キャブ分解掃除と同調 (1)最優先でする事にした。

サクサクッとキャブを車体から

取外し完了。



7号機キャブ分解掃除と同調 (3)恐らくJNホルダー辺りが

詰まっている感じだろうと思うけど

SJも通路も油面も一通りの所は掃除する



7号機キャブ分解掃除と同調 (4)特に手応えがあった訳でも無いけど

掃除も終りASを調整して

同調を調整する。



7号機キャブ分解掃除と同調 (5)アイドリングは1.000rpmで

ピタッと安定して

フケ上がりも良くなった。



7号機キャブ分解掃除と同調 (6)同調も#2が激しく狂っていたぐらいで

綺麗に揃えたので

7号機は完調になった。

これで今晩また試運転をしてみる。


久々の銀ちゃんの襲撃

最近仕事が忙しくて、閉店間際にもやって来なくなった銀ちゃんが

銀ちゃんの襲撃 (1)珍しく朝からご来店。

7号機が作業中のPITが空くのを

外でまだかと待っている…

いや…この後僕の仕事があるんだけど…

銀ちゃんの襲撃 (2)そんな事はお構いなしに

空いたPITにレーサーをぶち込んで

作業を始める銀ちゃん…

そんな強引な銀ちゃんが好きですけど…

銀ちゃんの襲撃 (3)エンジンオイルを抜いて

来週の鈴鹿ROCの為のメンテナンス。

2016年仕様のレーサーは

ハーフカウルが付くので

銀ちゃんの襲撃 (4)その加工をするらしいのだが…

まぁ今日は天気も良いし

暖かいので、僕は外で作業を

強いられる訳なので

ある意味、閉店間際の方が都合が良いかも知れない…


京都K号カスタム追加

ハンドル交換に伴い、ワイヤー、ホース類の交換も行う事になった

京都K号追加カスタム (1)京都のK号なんですが

今日の作業スペースは

店と外の間での作業です…



京都K号追加カスタム (2)クラッチワイヤー20cmロングで

ピッタリと良い感じに納まりました。

アクセルワイヤーはハンドルを切ると

引っ張られるので、外回しにしました。

京都K号追加カスタム (3)ハンドル周りの仕上がりイメージ。

まだ純正部品が入荷して来ないので

出来上がりではありません。

ブレーキホースはもっと内側によせます。

京都K号追加カスタム (5)ダイアフラムもちょっとお疲れ気味なので

ついでに交換しておきますね。

右が新品、左は伸びてるのが分かりますね。

ダイアフラムプレートはそのままでも良いでしょう。

京都K号カスタム完了 (1)ハンドル周りの仕上がり具合です。

まずは後ろ側から





京都K号カスタム完了 (2)そして正面から。

こんな感じになりました。





京都K号カムチェーン調整 (1)この前調整したはずの

カムチェーンの音が耳障りなので

再度?調整。

エンジンが温まってからだったので

京都K号カムチェーン調整 (2)結構熱いです…

でも調整して音が静かになっても

直ぐに音がしだすので

ボルトがダメかもねぇ…

京都K号修理 (1)バッテリーの振動もうるさいので

見るとバッテリーバンドなどが無い

むー…



京都K号修理 (2)バッテリーバンドの相方は

インナーフェンダーの間に挟まって

変形していたのを発見。

軽く修正してみました。

京都K号修理 (3)バッテリーを外すと

ラバーが全部不在だったので

新しいラバーをセットして

バッテリーをセット。

京都K号修理 (4)これで音も無くなるだろうし

何よりもバッテリーを固定していないとか

防振対策がしてないとか

ありえない。

今夜ちょっと試運転に行ってきます。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)修理 | カスタム

2016年02月05日

そろそろ来たか!3

これからの時期、暖かくなると
悩まされるのが花粉症。
今朝数回のくしゃみが出た…
でも僕には合法ドラッグの近大サプリがあるので
今年も花粉症に悩まされずに済むと思う。

【お知らせ】
第3回徳島絶版バイクミーティング&
第6回西日本ヨンフォアミーティングがジョイントで
2016年5月1日(日曜日)に *雨天決行
徳島県徳島市東沖洲2-14 沖洲マリンターミナル駐車場にて
開催される事が決定しました。
詳細は別途ご連絡いたしますが
GW中のイベントとなりますので
予定を確保して下さい。 


7号機メンテナンス

三代目号の慣らしが終わってしまい

何気に寂しい感じがするので、7号機に乗ってますが

放置気味なので、バッテリーは弱いしキャブも不調だった。

7号機メンテナンス (1)取合えずキャブの不調は

今度時間のある時にでもじっくりと…

まずはエアーチェックから

前後とも1/4ぐらい抜けてました。

7号機メンテナンス (2)バッテリーもメンテナンス充電。

夜走りがメインになるので

しっかり充電しておきます。

乗る事が一番のメンテナンスなので

時間のある時にじゃなく、なるべく毎日乗ります…


大阪H号エンジン測定

オーナーと打合せして、ザックリとした見積もりじゃなく

大阪H号シリンダーガスケット剥がし細かい見積もりをしっかり取ってから

レストアの方向性を決める事になり

見積もりの為に、エンジンの掃除です。

シリンダーはガスケット剥がし。

大阪H号シリンダーウエットブラスト仕上げガスケットを剥がし終えたら

塗装も剥がしてウエットブラストで

測定面を仕上げつつ、全体も綺麗に仕上げ

シリンダーの測定準備は完了。

大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (1)次にシリンダーヘッドの測定準備。

バルブやスタッドボルトに

インシュレーターを取り外します。

バルブガイドが若干磨耗している感じなので

大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (2)後で測定してみようと思います。

特にIN側のガタツキが大きい感じ。

INポートもえらい真っ黒ですねぇ…



大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (3)ヘッドもリムーバーでガスケットを

剥がすついでに

雑い塗装も剥がす事にします。



大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (4)サクッとブラスト完了。

早速測定に掛かります。





大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (1)まずはシリンダーの測定。

歪みは規定値内なので

判定は良!



大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (2)次にシリンダーヘッドの歪み測定。

歪みは規定値内なので

これも判定は良!なのだが…



大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (3)バルブガイド全8箇所中

7箇所が判定否…





大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (4)ヘッドカバーの取付けボルトも

全19箇所中8箇所がNG

残りは全部ヘリサートされていました。



大阪H号見積もり調査 (1)先日オーナーと打合せした時に

フレーム関係の方をどうするかと言う

話になったので、コストを押える方向で作業を

進める様な形で考える事になっていますが

大阪H号見積もり調査 (2)フロントフォークのインナーもこの通りなので

ほぼほぼフルレストアっぽくなりそうで

フレームは分解して使えるか使えないかの

判定が別に必要な部分が多少あると思います。

取合えず、MAXで見積もってみました。

大阪H号クランクコンロッドチェック (2)見積もりも大方出来たので

クランクを取り出してチェックします。

コンロッドを取外しました。



大阪H号クランクコンロッドチェック (3)コンロッドメタルは我慢すれば

使えるかなぁ…ボルトも使えない事はない…

でも、ボアアップするのなら

交換する方がベストですね。

大阪H号クランクコンロッドチェック (4)ところが…

コンロッドの小端に激しいダメージが…

特に#2と#4はかなりカジってます。

#1も軽くカジってますが#3は大丈夫。

大阪H号クランクコンロッドチェック (5)この画像で見るよりも

ガサガサにカジっているので

コンロッドも交換しなってしまいます…

意外とボディブローが効いてくるエンジンです…



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メンテナンス | エンジン

2016年02月04日

インフルエンザ3

久し振りに嫁と現地集合現地解散じゃなく
1台の車で出掛ける予定だったので
本当なら明日まで臨時休業の予定でしたが
嫁がインフルエンザを勤め先で感染させられ
僕に感染するとダメだからと嫁が言うので
一人旅になってしまった…
そもそもインフルエンザの疑いがある人が
出勤して人に感染させると言うのもどうかと思うが
悪くすれば、訴えられても仕方のないぐらい
管理と考え方が甘い、会社の責任者だと思う。


一人旅

リジットなお鮨屋さんで恵方巻きを予約していたので

一人でも行かざる終えない状況で、つまらない思いをしながら

スガキヤ肉入り、ねぎ、メンマ、肉×2トッピング取合えずお昼をスガキヤで済ませた。

定番の肉入りラーメンに

ネギ、メンマ、肉×2をトッピングした

スペシャル肉入りラーメンを食べて

夜まで時間潰し…

恵方巻き&リジット鮨 (1)20時に予約していたリジットな

お鮨屋さんへ行き、これまた一人寂しく

酒も飲まずにお鮨を食べてました。

余り食べ過ぎると恵方巻きが入らないので

恵方巻き&リジット鮨 (2)適当に切り上げて特上恵方巻きを

持って帰って一人で食べる…

恵方がどっちなのかも分からないし

そんな事よりも激しく寂しい…

感謝と久保田退治 (1)仕方が無いので

冷蔵庫にあった酒を飲む。





感謝と久保田退治 (2)ペロッと倒してしまって

中途半端過ぎて酔いもしていない…

仕方が無いので



感謝と久保田退治 (3)もう一本飲む。

良い感じに酔っ払ったのでそのまま寝る。

翌朝一人で起きて

家に帰りたくなったので

リジットなお鮨屋さんが開くのを待って

嫁にお土産の恵方巻きを作ってもらって帰ってきた。

明日から通常営業です。

しまった!ぜんざいを食べるのを忘れてた。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)グルメ | Custom Paranoia

2016年02月03日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日2月4日と5日は所用の為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


三代目号納車

昨晩も閉店後に三代目号の最後の慣らしへ行ってきました。

三代目号納車の日増し締めもしたので、定休日ですが

休日出勤で最終チェックなどを

済ませました。

もうじき300キロになります。

三代目号納車の日 (2)そして今日オーナーに引渡し。

久々の愛機に若干緊張気味なでしょうか?

今日は時間の許す限り楽しんで

新しい三代目号に身体を馴染ませて下さい。


7号機にもヘルメットホルダー

昨日、旧2号機に取付けたヘルメットホルダー

7号機ヘルメットホルダー取付け (1)取付けが割りと上手く出来たので

7号機にも取付けたいと激しく思い

早速隠し持っていたヘルメットホルダーを

サクサクッと加工して

7号機ヘルメットホルダー取付け (2)7号機にも取付けが完了しました。

旧2号機よりも良い感じに

取付けれたかも知れません。



7号機ヘルメットホルダー取付け (3)試しに僕のヘルメットでテスト。

良い感じです。

本当は1号機にも付けたいのですが

1号機にそんなスペースが無いので

7号機ヘルメットホルダー取付け (4)ヘルメットホルダーが

付けれなかったのです。

でもこれで7号機には取付けが出来て

便利に使える様になりました。

2016年初7号機出動さて、今日は天気も良いし

暖かいので久し振りに7号機で

軽く出動してきます。

もう僕的には気温が10度あれば

ONシーズンです。

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レストア | 部品

2016年02月02日

セコム出動3

昨晩の帰りに店のエアコンを切り忘れて帰宅。
数分後、携帯電話が鳴っていたけど
三代目号の試運転中だったので気が付かず
嫁に電話が入ったらしい。
そして緊急出動で、セコムさんに
切り忘れたエアコンの電源を切ってもらった。
申訳ない…


三代目号納車前日

明日は定休日ですが、オーナーの都合に合わせるのがCP流。

三代目号慣らし230キロ昨晩もぐるっと遠回りして帰宅。

今晩もぐるっと回って帰宅予定。

5.000rpmだとスクーターにも

バカにされないぐらいは走ってくれるので

結構楽になってきました。

慣らしは何時も辛いけど、そのバイクの一番調子が良い時期を楽しめるのが好きです。

三代目号ヘッド増し締め (1)そして納車前に一回目の増し締め

開けたついでにあちこちのチェック

カムチェーンの初期伸びもまだ少ない。



三代目号ヘッド増し締め (2)前回はかなり締まったので

今回もそうなのか?と少し不安気味で

増し締めをするので

どれぐらい締まるのかを記録

三代目号ヘッド増し締め (3)全体的に90度も締まらなかったので

まぁこんなもんでしょう。

今晩最後の慣らし走行をして

明日の朝納車となります。


京都K号カスタム

調子の良くなった京都のK号ですが

ハンドル周りのカスタムの追加注文を頂き

京都K号ハンドル交換 (1)今日部品の一部が入荷。

早速取付け作業に取掛かります。

純正のF1ハンドルを取外して

配線も全部外し抜き取ります。

京都K号ハンドル交換 (2)クラッチ側のスイッチには

配線の逃げが無いので加工する為

配線を取外して削り粉が接点などに

入らない様にします。

京都K号ハンドル交換 (3)配線を挟んで切断しないように

結構削らないとダメなんですよね。





京都K号ハンドル交換 (5)今回取付ける部品達

ハリーケーンのハンドル25mmUPスペーサー

トップブリッジがバフ仕様なので

シルバーにしました。

京都K号ハンドル交換 (6)トマゼリコンドルプラス

オーナーの色々な理由があって

このハンドルをチョイスしたのです。



京都K号ハンドル交換 (7)取合えずザックリとハンドルをセット。

まぁ最終的な位置は

オーナーに決めてもらいます。

クラッチワイヤーのルートは

京都K号ハンドル交換 (8)説明した感じのルートが

一番ストレスも無く見た目も

そんなに悪くは無いと思います。

これでハンドル幅が大体600mmです。

京都K号ハンドル交換 (9)ブレーキホースが短いので

寸法を測って発注になります。

多分F2サイズでも短いので

BRCのブレーキホースになりそうですね。

京都K号ハンドル交換 (10)クラッチワイヤーも20cmぐらい短いので

これも交換になりますね。

アクセルワイヤーはキャブまで届き

取り回しも問題ありませんでした。

今日はここまで。


本日のご来店

まぁ結構な頻度でご来店している、旧2号機のオーナーなんですがw

旧2号機ヘルメットホルダー取付け (1)今日はとある目的があって

久々のフォアでご来店。

寒いけど太陽が出ていると

それなりに暖かいですね。

旧2号機ヘルメットホルダー取付け (2)その今日の目的とは

このヘルメットホルダーの取付けです。

昨日ちょっとお話をしていて

実はこう言う物もあるんですよって話から

旧2号機ヘルメットホルダー取付け (3)早速取付けにご来店と言う訳です。

取付けには少々加工が必要なので

ヘルメットホルダー側の加工を少々。



旧2号機ヘルメットホルダー取付け (4)理想通りの良い感じに取付け完了。

これでヘルメットの管理も楽になったと

ご満悦な旧2号機のオーナーです。

7号機にも取り付けようかなぁ…

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)カスタム | エンジン

2016年02月01日

作業メニューと見積もり3

と言う訳で、今日から2月…
身体中の痛みも楽になり
今日からまたジャンジャンバリバリ働きます。
部品の加工が遅れているので
仕上がるはずの車両が仕上がらなかったりで
予定より全体的に1週間ほど遅れが出ています。
今日も天気が怪しいので、PITも混雑して
雨雲の動きと相談しながらの作業となってます。


三代目号慣らし200キロ突破

3日or4日に納車予定の三代目号。

三代目号慣らし200キロ突破納車までの間乗れるだけ乗る予定で

今朝店の前でやっと200キロを突破

今晩から5.000rpmまで回せるので

そこそこ楽に走れる様になります。

三代目号マフラー干渉手直し (1)分解する時はマフラーブラケットと

マフラーにクリアランスがあったのですが

組み直したらボルトとヒットしてしまいました。

社外のステンレスボルトなので

三代目号マフラー干渉手直し (2)純正のボルトと交換してみましたが

ギリギリ当ってます…

ヨシムラマフラーにはよくある事なのですが

ちょっと考えます。


大阪H号見積もり作業

先日取外したキャブの中をチェックして

大阪H号純正キャブ内部チェック完了 (1)ついでなので、ある程度洗浄だけ済ませました。

この先の選択肢として、FCRもありえるのと

純正キャブの状態を把握できたので

取あえずの目的は達成。

大阪H号純正キャブ内部チェック完了 (2)洗浄したキャブの廃液です。

まだフロートチャンバーの下には

しつこい汚れがこびり付いてますが

このままフロートチャンバーは

大阪H号純正キャブ内部チェック完了 (3)元に戻して、この純正キャブを

今後どうするかは、オーナーと相談です。

少々手篭めにされている所もありましたが

十分O/H可能なキャブです。

さて、微妙ながらも天気が持ちそうなので

大阪H号エンジン分解開始 (1)バイクを入替えてH号の作業に

取り掛かります。

雨が降れば直ぐに外の車両は中に

避難出切る様にスペースも確保してあります。

大阪H号エンジン分解開始 (2)配線関係も交換する予定ですが

あるはずの物が無いので

スピードウォーニングユニットが

とんでもない所に無理やり取付けられてました。

大阪H号エンジン分解開始 (3)取合えずマフラーを外して

エンジンオイルを抜きます。

使って無い状態のエンジンオイルですね。

フレームはオリジナル塗装では無いようです。

大阪H号エンジン分解開始 (4)絶版部品の配線のクランプが全部ありません…

エンジンは乗せ換えなしのようで

398のベース車両としては極上な方ですね。

塗装が浮きまくっているので

大阪H号エンジン分解開始 (5)剥がした方が良さそうです。

ポジティブストッパーの磨耗は

仕方ないですね。

クラッチ関係も結構手篭め気味でした。

大阪H号エンジン分解開始 (6)シフトドラムセンターの磨耗は軽く

ニュートラルストッパーも

状態は良い方ですね。



大阪H号エンジン分解開始 (7)これ、よくやる間違いですね。







大阪H号エンジン分解開始 (8)シリンダーヘッドのねじ山上がりが

全体の半分ぐらいありそうです。





大阪H号エンジン分解開始 (9)ロッカーアームはカジリも無く

カムの磨耗も少ないのですが

何故かヘッドカバー側の

カムチェーンガイドの押さえにダメージが…

大阪H号エンジン分解開始 (10)この走行距離は実走なのか?

どうなのか?





大阪H号エンジン分解開始 (11)エンジンは雑い感じのするメカニックに

一度全バラされているようで

バルブスプリングが上下逆に組まれてます。



大阪H号エンジン分解開始 (12)よくやられるスペシャルナットの所の

シールワッシャーが

シーリングワッシャーにされてます。

漏らなければ良いけれども

部品代金が320円と800円なので500円×2を余計に

請求してるなら、悪意しか感じませんね。

大阪H号エンジン分解開始 (14)シリンダーヘッドとシリンダーを

取外しました。

おや?



大阪H号エンジン分解開始 (15)こんな間違いは初めて見ました。

スタッドボルトの上下が逆になってます。





大阪H号エンジン分解開始 (16)これも良くやられるミス

オイルフィルターケースの合わせを

知らないで適当に締めると

こうなって割れる奴ですね。

大阪H号エンジン分解開始 (17)そして、エンジンを下ろす準備が

整ったので!





大阪H号エンジン分解開始 (18)どーん!

下ろしました。

スタッドボルトもついでに外したら

全部緩んでました…

大阪H号エンジン分解開始 (19)オイルポンプが中々外れなかったので

反対側から押し出してみると

液体ガスケットがタップリと

塗られてました。

大阪H号エンジン分解開始 (20)で、御開帳!

ミッションは1stギヤーブッシュの磨耗

2ndギヤーは見る限りでは焼付きは無さそうで

全体的に磨耗も少なく良い感じです。

大阪H号エンジン分解開始 (21)クランクメタルは全体的に一皮剥けており

レベル的には、この際なので

まぁ交換した方が良いレベル

と言った所でしょう。

大阪H号エンジン分解開始 (22)ワンウエイクラッチも三箇所中

一箇所にダメージがありました。





大阪H号エンジン分解開始 (23)カムチェーンテンショナーアームは固着

直して直せない事は無いレベルと

中古良品か、リプロ品と交換した方が良いと

迷う中間より、交換寄りのレベル…

大阪H号エンジン分解開始 (24)スリッパーのダンパーは

前後逆に入れられている。

割とネタの豊富なエンジンでした。

さて、例のメニューで仕上げて

これからのフォアライフを楽しみましょうか!

peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)キャブレター | エンジン