2021年11月28日

CP製機械曲げマフラー試作第二取付チェック3

昨日ご来店頂いた京都出身、トロント在住の日本人の方で
けーいっちゃん」と言う方が一時帰国でご来店。
トロントでCB400Fourなどを入手されて
この度日本に一時帰国している間にCB400Fourの
ショップなどを巡り、色々と勉強されているとの事です。
トロントでは割とポピュラーなカーラッピングを
生業としておられ、You Tubeでも配信されています。
また驚いたのが、僕が良く通っているご近所の居酒屋「十笑」の
奥様とご親戚だったと言う事にも驚きましたw
トロントに帰国するまでの間、日本在住中に
色々とCB400Fourについて色々と知りたい事があるとの事なので
日本のCB400Fourスピリッツをカナダに
持って帰って貰おうと思います。


守口O様CB400F2レストア作業十一日目

内燃機加工送りのエンジン部品は、純正部品入荷待ちなので

守口O様CB400F2クランクケース問題あり! (1)今日はクランクケースのブラスト準備。

クランクケースから臓物を取り外して

オイルを洗浄して、乾燥させてから

ブラスト処理を行うので、その準備です。

守口O様CB400F2クランクケース問題あり! (2)ロアケースの汚れは結構酷いのですが

油と泥で腐食から保護される事が多いので

汚れ=腐食とはなりにくいので

油汚れは落とすのは大変ですが

守口O様CB400F2クランクケース問題あり! (3)エンジンにしてみれば、保護されている様な物w

で、アッパーケースの臓物を取り外すと…

何とまぁCB400Fourエンジンあるあるで

ガイドピンがめり込んで取れない!

守口O様CB400F2クランクケース問題あり! (4)これはミッション側もヤバい!と思い

メイン、カウンター共にチェックをしましたが

思っていたよりもダメージは軽微なので

ひょっとすると、既に交換済みなのかも知れない。

でもアッパーケースも内燃機屋さん送りとなったのは残念だ…。


CP製機械曲げマフラー試作第二弾取付チェック

昨晩閉店後にマフラーをマスタングで引取りに行って来ましたw

CP製機械曲げ第二弾仕上がり外観チェック (1)ではまずその仕上がり具合と

外観をチェックして行きます。

耐熱塗装に関しては取り合えずの塗装です。

恐らく本物を持っていないと

CP製機械曲げ第二弾仕上がり外観チェック (2)これが本物だと言われると

信じてしまう位の仕上がりで

かなり出来上がりは理想通りです。

別に荒を探している分けでは無く

CP製機械曲げ第二弾仕上がり外観チェック (3)僕の理想にどれだけ近づいた製品が

この試作第二弾に反映されたのかと

言う所の外観を、重点的に見ているので

あくまでもCP製機械曲げと言う物です。

CP製機械曲げ第二弾仕上がり外観チェック (4)サイレンサーの手直しもバッチリです!

この時点で本物との見極めヵ所は

5ヵ所ありますが、これは悪意のある

悪戯防止の為に3ヵ所は残すべきと思います。

CP製機械曲げ第二弾仕上がり外観チェック (5)本物と比べてもそん色無い仕上がりで

その見極めポイントを「画像で判断して下さい」

と言うレベルでは絶対に分からないレベルなので

これは危険な代物のレベルになってます。

CP製機械曲げ第二弾仕上がり外観チェック (6)集合部の加工も本物と見比べても

区別が付かないほどの仕上がりになってます。

こうやって比べて違いが分かると言う程度。

これで後は取り付けてチェックをしてみます。

CP製機械曲げ第二弾取付チェック (1)EXパイプをシリンダーヘッドに入れて

パイプを押し込み、フランジをセット

これもまた特段抵抗無く素直に収まりました。

で、仮ナットを入れずにマフラーエンドステーを

CP製機械曲げ第二弾取付チェック (2)合わせると、サブフレームが

曲がって居なければ、取付位置もバッチリ。

これで仮ボルトを入れますが、恐らく

新しいガスケットを使うと、EXフランジの

CP製機械曲げ第二弾取付チェック (3)仮締めは必要になると思います。

これでマフラーの取り付けは完了しました。

協力者の方から借りたマフラーからデーターを取り

ほぼその通りに仕上げてある感じになってます。

CP製機械曲げ第二弾取付チェック (4)センタースタンドも使えるので

スタンドストッパーラバーを取付るのですが

取り付け方は、男なら作法として

何時もやる感じで、パーツクリーナーで

CP製機械曲げ第二弾取付チェック (5)ラバーを濡らして滑りを良くして

穴に片側のカリを引っ掛けて

もう片方をグリっと優しく、少し強引に押し込んで

差し込めばスルッと挿入出来ます。

CP製機械曲げ第二弾取付チェック (6)で、試作第二弾を取り付け後の

拘りポイントをチェック!

エキパイ#4とオイルパンとの隙間名刺1枚分は

車両の個体差を加味して、少しだけ広め

CP製機械曲げ第二弾取付チェック (7)後ろ側のオイルパンとのクリアランスは

サンプルに送った協力者の方のマフラーが

干渉している事から、これもギリタッチしてます。

これは直ぐに改善出来る範囲なので問題では無い。

取り合えず398フレームに取り付けてみて

こんな感じになっているので

次に408フレームに取り付けてみる事にします。


peke_cb400f at 17:00│Comments(0) エンジン | 企画物

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔