2021年05月11日

ヨシムラPRO-GRESS2に関して

【ヨシムラPRO-GRESS2に関して】
この所お問い合わせが多いヨシムラPRO-GRESS2ですが
現在メーカー長期欠品となっており
入荷予定は9月末になっております。
CP在庫分リコール処理してもらった物も在庫切れとなっております。
恐らくコロナや半導体工場火災の影響も
少なからずあると思います。
「何時までもあると思うな純正部品」純正部品も次々と絶版になっていますので
必要な部品はある時に、手に入る時に手に入れておいた方が良いです。
CP製部品は僕が動ける内は供給し続けますが
今の所、5年後に僕が生きている確率は40%程度だし
今日は久しぶりに大阪北部が震源の小さい地震も来た。
東南海地震地震もそう遠く無い先に発生するんだろうなぁ…。


沖縄A様CB400エンジンO/H用部品整備

沖縄からフェリー&自走で6月14日入庫予定のA様用

沖縄A様用部品チェックお整備 (1)エンジン用部品が先に到着したので

早速チェックをしました。

まずは予備のキャブレターですが

状態はまずまず良さそうなので

沖縄A様用部品チェックお整備 (2)何かあれば部品取りが出来そうです。

ニードルホルダーは社外品でしたが

まぁ取り合えず関係ないし、車両側のキャブを

分解してみないとどうなるか分かりません。

沖縄A様用部品チェックお整備 (3)次に色々と送られて来たエンジン臓物関係で

少し気になったのがこのカウンターシャフト

2ndギアー部分が少し焼けて変色しているのが

不安要素になるので、まずカウンターシャフトから

沖縄A様用部品チェックお整備 (4)分解してチェックをする事にします。

で、分解してみるとやはり若干ですが

カジリ掛けているので、取り合えず全バラをして

修正が出来るかやってみます。

沖縄A様用部品チェックお整備 (5)画像をアップにしてみるとこんな感じ。

2ndギアー部分に焼き色が入ってます。

言わばこれはまだましな方なのですが

果たしてこれを使うメリットがあるのか?

沖縄A様用部品チェックお整備 (6)と言うレベルの話になります。

カウンターシャフトの処理をする為

ギアーを全て取り外しました。

今の時点で2ndギアーの動きは悪いです。

沖縄A様用部品チェックお整備 (7)で、CPで出来るカジリ再生処理をしてみましたが

焼き色が取れた位で若干の肌荒れが

見て取れるので、取り合えず部品紛失防止の為

組める所は組んでしまう事にしておきます。

沖縄A様用部品チェックお整備 (8)で、カウンターシャフトの仮組が完了しましたが

やはり2ndギアーの動きが悪いので

出来る事ならこれは使わない方が良いと思います。

なので、取り合えず組み立てはここまでで終了。

沖縄A様用部品チェックお整備 (9)メインシャフト側は問題無いのですが

このミッションを使うのであればお金を掛けて

ラッピングかWPC処理をするしかないのですが

あくまでもこのミッションが使用可能かどうか

沖縄A様用部品チェックお整備 (10)と言う診断で言えば、出来る事なら

使いたくないと言う診断になります。

その他の部品は問題ありません。

この事をオーナーに報告した所

予備で持っているミッションを新たに発送してもらう事になりました。


CP前空き地建設工事開始21/05/10

今朝何時もの様に店に来てみると、店の前の空き地に

CP前空き地建設工事開始210511建設業者らしき方が作業を始めていた。

プレハブハウスも設置されているので

そこそこの物が建設される感じだと思います。

僕の希望は諦めますが、どうかせめてもの願いで

住宅では無く、商業施設が建設されますように!


CB350R仕様変更作業二日目

オーナーからメッセージが入り「俺の!俺の!俺の!俺の!俺の!俺の!」と

CB350R24号機仕様変更作業二日目 (1)バックマウントを取られました。

で、昨日フルカウルを仮付けして

変更点が見えたので、取り合えず

今日はその作業の続きを始めます。

CB350R24号機仕様変更作業二日目 (2)カウルを取り外してヘッドライトを装着。

作業用リフトから車両を下し

ハンドルを分解し取り外しました。

これで後はフロント周りを分解します。

CB350R24号機仕様変更作業二日目 (3)サクサクっとフロント周りを取り外し

フロントフォークを抜いて

セパハンを入れました。

これでカウルとハンドル周りのクリアランスは

CB350R24号機仕様変更作業二日目 (4)確保出来る様になっているはずです。

サクサクっと復旧させましたが

ハンドルの切れ角が深過ぎて

タンクにハンドルスイッチが当たるので

CB350R24号機仕様変更作業二日目 (5)切れ角を調整してからフルカウルをセット。

レーサーの時と違って保安部品が付いており

カウルを少し加工したりして取り合えず

カウルの取付が完了しました。

後はアッパーステーの加工と、ACGカバーの穴を開けるだけかな。

peke_cb400f at 17:00│Comments(0) エンジン | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔