2021年02月21日

本日は絶好のバイク日和3

この所毎週末が暖かくて、今日も絶好のバイク日和!
通勤途中では多くのライダー達がお出掛けの様で
またコンビニなどでは待ち合わせの方も居られました。
僕も今日はバイクで出勤したかったけど
体力的に不安があるので諦めました…。
来月中旬で放射線照射が終わり
その時にどれだけの身体的影響が残っているか
また100%には絶対戻らない中でどれだけ回復するのか
それ次第になるのかなぁ…。


CB400F国内408ccCP20号機外装取り付け

絶好のタイミングでタンクとサイドカバーの塗装が仕上がて

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (1)戻って来たので、早速取付ます。

本当は自分のバイクにしようと目論んで

カラーリングはバーニッシュブルーにと

思っていたのですが、嫁が終活しろと言うので

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (2)仕方なくライトルビーレッドにしました。

サイドカバーを取り付けて、タンク側は

ガソリンコックやキャップチェック

タンクキャップを取り付けて車体にセットします。

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (3)タンクの準備も整ったので車体に搭載!

これでやっとフォアらしく見えます。

バーニッシュブルーも良いけど

やっぱり定番のライトルビーレッドも良いね!

CB400F国内408ccCP20号機タンクサイドカバー塗装仕上がり (4)後はメーターのリビルドが終わって

取り付ければ、20号機が完成します。

多分今月中には出来上がるかな?

CB400F国内408cc CP20号機ワンオーナー

間も無く完成となります。


CB400国内398cc25号機用エンジン組み立て準備

エンジン組み立て室にスペースが出来たので

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (1)早速今日から組み立て準備に取り掛かります。

まずはクランクシャフトの測定から。

既にダイナミックバランスは終わっているので

メタルを発注し腰下組み立てに取り掛かります。

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (2)アッパーケースにユニクロメッキした

スタッドボルトを入れて

クランクケースに対して直角に入っているか

測定をして、曲がっている物は

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (3)真っ直ぐに修正します。

ロアケースにも部品を組み込んで

後はクランクメタルを入れれば

下拵えが完了します。

CB400国内398ccCP25号機エンジン組み立て準備 (4)アッパーケースも部品を入れて下拵え。

他の部品もボチボチと準備をして行きます。

他の新品純正部品は揃っているので

メタルが入荷すれば腰下は完成します。

シリンダーは後日内径を測定してから

ピストンサイズを決めてボーリングをする予定です。

peke_cb400f at 17:00│Comments(0) 部品 | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔