2020年10月23日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日10月24日(土曜日)と10月25日(日曜日)は
私用の為臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。


高知O号エンジン組み立て下拵え

ボルトの再メッキの事をすっかり忘れていたので

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (1)組み立てがまだ少し先になるので

今日もエンジン部品の準備と

組み立て下拵えを先に済ませます。

まず代替えの仕上げ済みのシリンダーヘッドを

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (2)宝物庫から取り出して最後の組み立て。

EXスタッドボルトを取り付けて

CRキャブから純正キャブに変更するので

インシュレーターも#1.4だけ交換して取付。

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (3)次にクラッチカバーにオイルシールをセット。

レリーズ関係は再メッキがまだなので

取り付けは出来ませんが

取り合えずカバーの下拵えは完了です。

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (4)シリンダーにもOリングを挿入します。

元々このシリンダーには408タイプの

ピストンが使われており、残念な仕様だったので

今回CPオリジナル398専用0.25OSピストンで

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (5)ボーリングをして仕上げてあります。

次にシリンダーヘッドカバーを

ブラスト仕上げしてから組み立てをします。

ロッカーアームやカムシャフトに大きな

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (6)カジリが無かったので、このまま使います。

ヘッドカバーのブラストが終わり

リタップ、エアブロー掃除も完了したので

タコメーターギアーとロッカーアームを

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (7)ヘッドカバーに組み付けました。

これでヘッドカバーの下拵えも完了です。

後はついでにクラッチも新品に交換して

セットをしておく事にします。

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (8)クラッチアウターなどはスラッジで

汚れがかなり酷かったのですが

ガタツキは少ないのは唯一の救い。

フリクションプレートなど一式を

高知O号エンジン組み立て下拵え二日目 (9)新品に交換しておけば、これで

エンジンが組み上がった時に

サクッと取付ができます。

取り合えずエンジン部品関係の下拵えは

ほぼ完了したので、後はボルト類の再メッキ待ちと

キャブレター分解掃除を残すだけとなりました。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔