2020年10月09日

部品発送準備3

お店の前にある建物が解体される事になり
今日から工事に取り掛かる事になった。
元々人気があった四川ラーメン屋さんが入っていた
店舗兼住宅なのだが、一昨年地主の方が亡くなられて
売りに出されていた土地で、CPの駐車場も同じ地主で
高い駐車場代を払う位ならいっその事売ってくれと
管理会社に申し込んでいるのだが
ノラリクラリとして一向に話が前に進まないので
取引銀行から不動産会社を紹介してもらい
交渉を代理してもらう段取りをしている所です。


高知U号エンジン仕上げ部品発送

先週にはエンジン搭載準備まで出来上がっていた高知U号エンジン。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (1)オーナーと打ち合わせをした所

取り合えず仮組で仕上げて発送する事になり

諸々の部品を組み立てて

発送準備に取り掛かります。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (2)まずはクラッチを取り付けるのですが

部品を洗浄してチェックをすると

クラッチプレッシャープレートに

何やら変な筋が入っている事に気が付いた。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (3)恐らくクラッチ板に何か金属ゴミか

何かが挟まって、溝が出来たのだろうと

思われますが、使用には問題ない範囲なので

このまま使う事にしました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (4)クラッチスプリングは社外品の

強化タイプが使われていたようです。

これも取り合えずこのまま使う事にして

クラッチを組み付ける事にしました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (5)新しいクラッチディスクセットを入れて

ロックワッシャーやナットも

新品に交換して組み立てが完了。

リフターベアリングも新品に交換です。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (6)塗装で仕上げたカバーを取り付けて

クラッチアジャストを調整。

リターンスプリングは錆びていたので

新品に交換してR側は取り合えず完成です。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (7)次にL側の仕上げに取り掛かります。

ニュートラルスイッチはエンジン搭載後に

差し込んだ方が良いので入れていません。

オイルポンプは「極み」のフル強化を

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (8)ご検討されておられるのですが

まずはノーマルと比較する為に

一旦ノーマルオイルポンプを取付る事にして

取り合えずセルモーターを取り付けました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (9)ノーマルオイルポンプを分解して

ブラストで仕上げてから組み立て。

これを一旦エンジンに取付ます。

油温管理の為にヨシムラの油温計を

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (10)取り付ける予定になっていますが

2ndギアーは油膜が切れれば焼き付くので

ミッション用強化オイルポンプは

早い目に交換した方が良いでしょう。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (11)ACGカバーが塗装の手直しになっているので

取り付けがまだ出来ないのですが

取り合えずL側はここまで完了です。

オイルフィルターケースも仮付けしました。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (12)で、最後にオイルパンを取付ます。

セパレーターはユニクロメッキ仕様に

変更して取付ました。

この方がオイルが乳化した時に錆びないからね。

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (13)オイルパンの取付ボルトは仮締めで

オイルパン取付が完了しました。

これでエンジン配送時の手作り木箱に

エンジンを入れるのですが

高知U号エンジン発送準備仕上げ前 (14)忘れていたのですが

どうやらL側のスプロケットカバーは

取り外してあったらしく入らなかったので

取外して架台にエンジンを取付ました。

エンジン組み立て室作業台開放201009これで後はACGカバー待ちとなったので

他の部品は先に発送する事にします。

これでやっとエンジン組み立て室の

作業台もスペースが空いたので

次のエンジン組み立て準備に取り掛かれます。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 部品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔