2020年08月30日

ウエスト−20cm3

息子の新居が完成し、9月末に引っ越しをするらしいのだが
残念な事に息子は10月から姫路の脳外科専門病院へ
転勤になる事が決まり、単身赴任になるらしい…。
まぁ息子にしてみれば姫路で遊びまわれる事になるのだが
嫁にバレないようにしないと面倒な事になるかならなぁw
道は違えど、親子で同じ轍を踏む事になるわ…。
と、そんな話を嫁にしたら「どの口が言うとんねん!」と言われ
返す言葉が思い浮かばなかったわ…。


顧問業務用スーツ新調

9月から再開される顧問業務の為に新しくスーツを新調しに

顧問業務用スーツ新調 (1)昨日はお店を少し早仕舞いして

青山へ行ってきました。

2018年のデーターが残っていたのですが

現在のウエストは当時のデータから

顧問業務用スーツ新調 (3)−20cmだったのには驚きだったw

そりゃぁパンツもずり落ちてくるわと思った。

スーツと裾直しとシャツなどで合計5万円

まぁ昔程高くは無いにしろ

痩せるのにもお金が掛かると言う事が良く分かると思いますw


高知U号エンジンケース仕上げ

昨日ロアケースのフィン欠けとヘッドのEXスタッドねじ山修正が終わり

高知U号エンジンリタップ掃除 (1)ブラスト仕上げまで完了したので

ねじ山のリタップ掃除を済ませます。

ヘッドは熱が入ったのでバルブガイドの

Oリングを交換した後で再歪測定をします。

高知U号エンジンリタップ掃除 (2)ロアのクランクケースも

リタップ掃除が終わったので

ダイナミックバランスが終わったクランクの

メタル測定をボチボチ始めようと思います。


高知O様ご来店入庫

以前からご相談を頂いていた高知県のO様が

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (1)本日、車両持ち込みで来店下さいました。

作業内容はお電話である程度打ち合わせを

済ませていましたが、現車を見ながら

改めて打ち合わせもしました。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (2)で、少しだけダメ出しもついでに…。

キジマのメッキメーターカバーの

取付リングの入れ方が間違っているので

これはついでに修正しておきます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (3)次の問題はキースイッチを回しても

イグニッションがONしない件で

たまに何かの拍子にイグニッションが

ONするらしいので、余計に原因が掴みにくい。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (4)リアブレーキのリターンスプリング

スプリングを引っかける取り付け位置が

全然違う所に取り付けられており

スプリングが伸び切っているので交換ですね。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (5)よくある間違いのアクスルシャフト

入れる方向が逆なので

これもホイール交換のついでに

正規の方向に直して入れます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (6)ACGカバーが曲がっていたらしく

コイルが焼き付いてしまったらしい…。

ACGカバーも良い物が少なくなってきたので

ここはリプロ品を使う事になりそうです。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (7)キースイッチのカバー部分が割れており

カプラーの爪が不在だったので

ひょっとしてイグニッションがONしないのは

ここが原因かと思ったのですが

結果は違ったのですが、ロックが出来ないのでカバーは交換になるのですが

全体的にビニールテープが巻かれて居る所がとても怪しい雰囲気が

漂って来る気配を感じます…。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (8)しかもメインハーネスの取り回しで

ステムにDクランプが取付いていない事から

最悪はメインハーネスの断線も考えましたが

この時、ここが原因では無い感じだと思ったので

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (9)リプロのDクランプを取り付ける事にします。

ホイールは信頼のハヤシキャストもお持ちで

同時に持ち込まれてきたので

セブンスターからハヤシキャストに交換します。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (11)で、まずエンジンの問題としては

カムチェーンテンショナーセッティングボルトが

M8に拡大されており、これを修正するついでに

エンジンフルO/Hをやってしまいます。

高知O号エンジンOH作業などで入庫からのダメ出し (12)ヘッドカバーの安定の定番間違いは

M6×35のボルトが入る所に

UBSボルトが使われている事や

エンジンがボルト毎丸塗りされているので

ボルト類は全て再メッキをして使う事になると思います。

高知O号電装系チェック (1)で、不具合原因調査に一番時間が掛かりそうな

イグニッションがONしない件を調査。

セオリー通りバッテリーからチェックし

ヒューズボックスを開けてみると

高知O号電装系チェック (2)見た事が無いダイオード付きのヒューズボックスで

一か所抜けていたので差し込んでチェックするも

特に変化も無く、念の為ヒューズ切れが無いかも

チェックしたのですが、問題は無い。

高知O号電装系チェック (3)あちらこちらと電圧をチェックしていると

いつの間にかイグニッションが

ONし出したので、これで原因調査の範囲が

かなり絞れると思いチェックした所

高知O号電装系チェック (6)キーONでインジケーターの点灯が

ボヤーっと点灯するので、これは取付いている

ヒューズにダイオードが入っているので

ダイオードの不具合が原因の可能性が高くなった!

高知O号電装系チェック (7)で、ウオタニ対応の20Aヒューズ

サーキットプロテクションに交換したら

やはり原因はダイオード付きのヒューズが

原因かも知れない所まで辿り着き

暫くはこのまま様子を見る事にしたのですが

更によくよく調べると、残念な所まで原因が絞れました…。


イグニッション不具合原因

まぁもう少し原因ヵ所を絞ってみます。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | レストア

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔