2020年08月21日

GTH号復活2回目3

20キロの減量で今まで着ていた服が合わなくなり
9月から顧問業務も再開する予定なので
スーツも新調しないと、ブカブカでとても着れなくなり
近々オーダーをする事になった。
太るのもお金が掛かるし、痩せるとこれまたお金が掛かる。
若い頃ガリガリだったので、憧れの体型だったけど
目標は70キロ代なので、まだまだです。
今停滞期で88キロ〜89キロで停滞中…。


GTH号エンジン始動 

一旦復活した前回から数か月…新しいエンジンになりGTH号が今日

GTH号エンジン復活2回目200821無事に蘇りました。

実圧縮測定も平均1.2Mpaで点火時期も調整。

キャブの同調調整も終わらせたのですが

せっかくの作業工程画像をボーっとして

GTH号バッテリー充電完了間違って削除しちゃいました…

取り合えず油温を100℃まで上げて

バッテリーが少し弱いので

充電をしてから、試運転に出ようと思うのですが

GTH号復活試運転200821外が暑過ぎて、バイクに乗る気もしない

夕方にでも試運転に出る事にして

取り合えず他の作業を済ませてから

試運転に出る事にしました。


三重M号マフラー錆取り

オーナー指定のケミカル品を使って錆取りを試みた結果ですが

三重M号マフラー洗浄 (1)約二日間の放置で

結果に期待しながら塞いでいた穴を

解放してみる事にしたのですが

結果は残念な事に

三重M号マフラー洗浄 (3)思っていた結果にはならず

水抜き穴からは勢い良く洗浄液が

排出されるのですが

メインの排気口からは恐らく

三重M号マフラー洗浄 (4)錆の隙間からみ込んだ洗浄液が

少し出た程度でした…。

排気口から息を吹き込んでみたのですが

排圧が足らないのか、僕の息が通る事も無かった。

三重M号マフラー洗浄 (6)まぁ一応多少の汚れは取れた感じですが

本来の目的は達成できなかった。

取り合えず洗浄液を洗い流して

乾燥をさせようと、中に水を入れて洗浄。

三重M号マフラー洗浄 (8)弟は「マジックみたいw」と言っておりましたが

入れた水は施工前と同じく

排気口からは出てこなかった…。

で、塞いでいた水抜き穴を開放すると

三重M号マフラー洗浄 (9)水抜き穴は開通したらしいので

多少の効果はあったと思います…。

さて次はどうしようかなぁ…。

錆取り剤を入れても開通する補償は出来ません。


21号機エンジン組み立て準備

エンジン組み立て室もスペースが空いたので

21号機エンジン組み立て準備早速21号機のエンジン組み立て準備に入ります。

部品関係が今まで常温管理だったので

取り合えず組み立て室で冷やしてから

組み立てに取り掛かります。


1号機にもチェーンカバー取り付け

銀ちゃんも、弟もチェーンカバーを取り付けるので

1号機にもチェーンカバー取り付け1 (1)何か、僕も付けたいなぁと思って

買ってみて、仮合わせしてみました。

まぁ時間がある時にでもボチボチと

取り付ける事にしよっかなぁ…と

1号機にもチェーンカバー取り付け1 (3)思いつつ、取り合えずカットして

フィッティングまでやってみました。

まぁこれで後はステーなどを作って

取り付けるだけとなりましたが

1号機にもチェーンカバー取り付け1 (4)取り付けはまだ当分先になりそうな感じで

取り合えず加工が完了したので

ブラストを当ててアルマイトを剥がして

と…そんな事をやっていたら

銀ちゃんも登場wタイミング良く銀ちゃんが登場w

明日チェーンカバーを取り付けに来るらしく

必要な部品の確認にやって来たw

明日雨が降らなければ良いのにねぇ…。

何か今、CPではチェーンカバーの取付が流行ってますw

peke_cb400f at 18:00│Comments(0) エンジン | 修理

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔